議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 東村

平成 20年 3月 予算審査特別委員会 03月14日−01号




平成 20年 3月 予算審査特別委員会 − 03月14日−01号









平成 20年 3月 予算審査特別委員会





┌─────────────────────────────────────────────┐
│平成20年第2回東村議会予算審査特別委員会会議録                      │
├─────────┬───────────────────────────────────┤
│招集年月日    │平成20年3月14日                           │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│招集場所     │東村議会委員会室                           │
├─────────┼───┬─────────────────┬───┬─────────┤
│開・閉の日時   │開会 │平成20年3月14日  午前10時00分 │委員長│大 城   博  │
│及び宣言     │閉会 │平成20年3月14日  午後3時39分 │委員長│大 城   博  │
├─────────┼───┼─────────────┬───┼───┴─────────┤
│出席(応招)議員 │議 席│氏   名        │議 席│氏   名        │
│         │番 号│             │番 号│             │
│         │1  │島 袋 徳 和      │6  │宮 城   勉      │
│         │2  │金 城 允 士      │7  │大 城   博      │
│         │3  │池 原 憲 勇      │8  │大宜見 朝 健      │
│         │5  │平 田 嗣 雄      │9  │安 和 敏 幸      │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│欠席(不応招)議員│   │             │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │   │             │   │             │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│会議録署名議員  │   │             │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │   │             │   │             │
├─────────┼───┴────┬────────┴───┴─────────────┤
│職務のために出席 │事 務 局 長 │ 上 原 朝 文                  │
│した者の職氏名  ├────────┼──────────────────────────┤
│         │臨 時 職 員 │ 古 堅 周 作                  │
├─────────┼────────┼────────┬────────┬────────┤
│地方自治法第121│村長      │伊 集 盛 久 │振興事業推進室長│山 城 定 雄 │
│条により説明のため│副村長     │金 城 紀 昭 │農林水産建設課長│金 城 幸 人 │
│出席した者の職氏名│教育長     │吉 本 健 夫 │農業委員会   │金 城 幸 人 │
│         │会計管理者   │當 山 全 伸 │    事務局長│        │
│         │総務財政課長  │宮 城   準 │教育課長    │福 永 政 也 │
│         │企画観光課長  │宮 城 調 秀 │        │        │
│         │住民福祉課長  │比 嘉 一 之 │        │        │
│         │環境保健衛生課長│港 川 尚 樹 │        │        │
└─────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘






△平成20年第2回東村議会予算審査特別委員会議事日程表(第1号)


                                平成20年3月14日
                                開 会 午前10時
┌────┬─────┬──────────────────────────────┐
│日程番号│議案番号 │件        名                    │
├────┼─────┼──────────────────────────────┤
│1   │議案第13号│平成20年度東村一般会計予算について             │
│    │     │(質疑・討論・採決)                    │
│2   │議案第14号│平成20年度東村国民健康保険特別会計予算について       │
│    │     │(質疑・討論・採決)                    │
│3   │議案第15号│平成20年度東村老人医療費特別会計予算について        │
│    │     │(質疑・討論・採決)                    │
│4   │議案第16号│平成20年度東村後期高齢者医療特別会計予算について      │
│    │     │(質疑・討論・採決)                    │
│5   │議案第17号│平成20年度東村簡易水道事業特別会計予算について       │
│    │     │(質疑・討論・採決)                    │
│6   │議案第18号│平成20年度東村人材育成基金特別会計予算について       │
│    │     │(質疑・討論・採決)                    │
│    │     │                              │
│    │     │                              │
│    │     │                              │
│    │     │                              │
│    │     │                              │
│    │     │                              │
│    │     │                              │
│    │     │                              │
│    │     │                              │
│    │     │                              │
│    │     │                              │
│    │     │                              │
│    │     │                              │
│    │     │                              │
│    │     │                              │
│    │     │                              │
│    │     │                              │
└────┴─────┴──────────────────────────────┘







○委員長(大城博君) おはようございます。ただいまから平成20年度第2回東村議会予算特別委員会を開きます。

(10時00分)

 暫時休憩いたします。

(10時00分)



○委員長(大城博君) じゃよろしくお願いします。

 再開します。

(10時01分)



△日程第1.議案第13号平成20年度東村一般会計予算について を議題とします。

 これより質疑に入ります。

 質疑の発言を許します。質疑ありませんか。3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 歳出の総務費、全体的な予算の中で、前年度と本年度2億3,346万2,000円という大幅な増額に今見るとなっているようでありますが、まず、その一つの説明と、歳入の中で村税、法人税が1,041万円増額になって、前年度に比べて10ぺージ、なってますね。

 それと、もう一つ、国有資産等所在市町村交付金が300万2,000円の減額になってる。それ説明ですね。

 あともう一つ、地方道路譲与税、本年度4,001万9,000円、前年度が413万9,000円──400ですね。さっき4,000と言ったの間違い、401万9,000円、次が前年度413万9,000円となって、その減額になっておりますが、この地方道路譲与税と今国会で非常に問題になっております町道譲与税、国の特定財源2008年度以降の道路財源が今国会でなられて、3月末、本年度で期限切れになりそうなんですが、多分国会の中では、少し、期限切れになってガソリン代が下がるとなって、これ衆議院の方で再可決をするとしても4月の後半だと新聞等でやられてますね。

 そういうもし仮に、この道路財源がこの法案が通らなかった場合に、この地方道路譲与税とその国の特定財源のこれと、どの程度関連性があるのか、全くないのか、それとも相当の影響が出てくるのか。その辺少しもしあれであれば御説明をしていただきたい。一応、これだけ。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) ただいまの池原委員の御質問にお答えをいたします。

 まず、総務費が2億数千万を増額になっていると。その大きな要因は、ブロード関係の2億5,000万、企画費にございます。その分が大きな要因になっております。

 それと、総務に係る国有提供、それと地方道路云々がありましたので、その辺について御説明をいたします。

 国有提供については、毎年度前年度の交付金の98%を計上をしております。ことしについても平成19年度の助成交付金の98%を見込んで見積もっております。昨年よりは、国有提供については、今、減額というような話があったんですが、逆に私の資料では少しふえていると思います。(発言する者あり)はい、減額ではなくて、若干ふえていると理解をしておりますので、御理解をお願いをしたいと思います。

 基本的に、国が交付した前年実績をもとにして計上をしております。中身のどれがどう形に算定をされているかという分については、かなり厳しい部分があります。要は、国有に提供している市町村、うちは高江の国有提供がありますが、そこの面積あるいは固定資産で評価できない部分を見込んで国がそれに値するものを交付するという形ですので、中身のどこがどう変わってどうふえるというのまではちょっと把握できておりません。

 それと、譲与税関係と昨今の特定道路財源との関係がありましたけど、実は新聞でも出ておりましたけど、私なりに少し計算をしてみましたけど、道路特定財源の暫定税率が廃止して、本村に与える影響は3つの、譲与税2つと交付金1つに影響が出てくるだろうと考えています。自動車重量譲与税と地方道路譲与税と自動車取得税交付金と、この3つに影響が出てきます。

 まず、自動車重量譲与税に影響を及ぼす額は692万8,000円です。計算式がありまして計算してみましたけど、それと、地方道路譲与税に関係する額が69万円、自動車取得税交付金に係るものが246万2,000円、締めて本村にそれが廃止になった場合の影響額は1,000万を見込んでいます。

 私からは以上でございます。



○委員長(大城博君) 住民福祉課長、比嘉一之君。



◎住民福祉課長(比嘉一之君) 池原委員の質問にお答えします。

 10ぺージですね、村税の。個人税が1,245万伸びた理由としまして、高額所得者の4名、名前を伏したいんですけど、4名の方がいまして、平良の方と言えばわかると思います。平良の方の4名の、10ぺージの個人税ですよね。(「法人税」と呼ぶ者あり)ああ法人税ですか。大変申しわけないです。

 法人税は、これも一会社の去年算定を実績なんですが、去年は995万余り実績が入ってきてます。去年、この方、大分低く見積もって、今回、去年のその実績の90%を見込んで、当初から90%を見込んで、去年はほとんど低く見積もっていたのに、今度はこの90%見積もったために、ざっと上がって、去年の見込みを入れた数字で、それだけ増となっております。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 総務課長に再度伺います。地方道路譲与税がまず廃止されたとき1,000万ほどぐらいの影響があるということですが、まず、今、東村の道路、ある程度整備をされてきておると思うんですが、その1,000万が減ることによって東村のこれからの道路建設とか、そういう部分に、もし仮に廃止された場合、その工事とか、道路のこの建設をするに当たって大分この予算的な部分で今年事業を計画されてるのを断念せざるを得ないという状況がもし仮に1,000万が廃止された場合に影響があるという答えでしたので、もしなくなった場合に、その影響が出る部分があるのかどうか。その辺ちょっと伺いたいと思います。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) ただいまの池原委員の御質問にお答えをいたします。

 ことしの予算の中で道路関係といいましょうか、一般道路の部分についてのほとんどございません。ですから、この特定の1,000万が仮になくなった場合、そこに直接的な影響を及ぼすことはないと思いますが、ただ、予算は全体の予算の中でそれを見込んでおりますので、これを減収したものを見込んではおりませんので、当然あるだろうという想定でやって見込んでますので、予算全体にかかる影響は少なからず出てくるものだと思います。

 終わります。



○委員長(大城博君) 1番、島袋徳和君。



◆1番(島袋徳和君) 歳入の使用料関係で28ぺージ、12款か。その中で公共住宅使用料の住宅使用料過年度分の収入として121万3,000円を予定をされているわけですが、多分とれなかった部分があると思うんですが、これの状況について……じゃもう一回、住宅使用料の過年度分についての説明をお願いします。

 それと、教育使用料の博物館の入館料について、人数と細かい資料があるんでしたら、これの方も説明をお願いしたいと思います。まず、以上から。



○委員長(大城博君) 住民福祉課長、比嘉一之君。



◎住民福祉課長(比嘉一之君) ただいま島袋委員の質問にお答えします。

 住宅使用料の過年度分ということですが、見積もり121万3,000円ということでありますが、19年度の見込みと18年の見込みをプラスして、それだけの120万余りという金額を出しております。実際的には、かなりのもうこれのもう1けた違う額のこの使用料をあるんですが、この中のとれる範囲はそれだけぐらいではないかということで積算して、見積もり額と出しております。大変、委員の皆さん方には非常に迷惑をかけていますが、担当としましては、現年度分を中心として滞納のないように徴収はしているんですが、過年度分も毎年100%徴収するように設けてはいるんですが、若干毎年毎年少しずつ過年度分も徴収できてなく、毎年毎年少しずつふえている現状でございます。

 20年度に入りましては、現年度分もそうではあるんですが、過年度分も電話等あるいはいろいろ訪問して徴収業務に励んで、ほかの市町村と言えば、浦添市あたりが非常にそういったものに力を入れて、給与とかあるいはこの財産の差し押さえ等も行って成果を出しております。20年度からは、東村住民課としましても、給与関係あるいはほかの何らかの形でそういった徴収をできるようにやって、今までどおり、ただ、請求してできないというんじゃなくて、いろんなことを今考えて、この過年度分もどうにか徴収していこうかなということを考えております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 教育課長、福永政也君。



◎教育課長(福永政也君) ただいまの島袋委員の質問にお答えします。

 博物館の入館料、全体で3,200名を予定しております。本年度ですね。その内訳は、ちょっと料金がそれぞれ異なりますので、ちょっと説明したいと思います。

 村外の児童生徒が、500名を予定して、約100円で5万円。村内の一般の方々200名を予定していて2万円。これ100円ですね、1人当たり。村外一般200円を予定していて2,500名、トータル50万、総計57万円というふうに予算を計上しております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 1番、島袋徳和君。



◆1番(島袋徳和君) 住民課長にもう一回確認したいんですが、この住宅使用料の現年度の未収分は、そのパーセントで言ったらどれぐらいのパーセントなのか。というのは、毎年どれぐらいのパーセントで徴収できない金額が出てるのかということと、これはパーセントであらわせなければ数字でもいいです。

 あと、合計額が現在、さっき大分1けた違う額と言ってたんですが、合計額がどれぐらいになってるのかということと、さっきいろんな形で浦添の事例も話をして、その徴収に向けて努力をするということですが、やっぱりこれ具体的にやっていかないと、多分なかなか取れないのもあるんじゃないかなと。さっき言った財産の差し押さえ等もいろいろ考えていく可能性もあるということではあるんですが、どういう方法ができるのかというのを含めてお尋ねをしたいと思います。

 それと、入館料、教育課長からの答弁があった博物館の件なんですが、多分これ57万というのは、前年よりは少ない額じゃないかなという見積もりになってると思うんですが、やっぱり最初の段階で、予算の段階で余り少なく見積もるということは、要するにことしもそんなに入らないという状況になってくると思うんで、ある程度努力をしていただいて、自主運営は無理にしても、相当数の数を呼び込む工夫をしないとできないと思うんですが、今の人数以上に呼び込むような方法が考えているのかどうか、お尋ねしたいと思います。



○委員長(大城博君) 住民福祉課長、比嘉一之君。



◎住民福祉課長(比嘉一之君) 島袋委員の質問にお答えします。

 19年度中の使用料の今徴収の実績ですが、今、現在まだ締めておりませんので、先月の残のそれを今資料持ってませんので、休憩か、あるいはまた後資料を提出したいと思います。

 また、18年度はもう決算で締めておりますので、大変申しわけないんですが、それも今手元にありませんので、後で担当から資料をいただいて提出したいと思います。

 それで、具体的な方策ですが、一番まず今考えていますのが、財産ある方は、財産の差し押さえというの考えてますが、それで、給与、一番このすぐ実績出る、働いてる人がその住宅にいれば、給与の差し押さえ等のその方からやっていきたいと思います。使用料の残の方は後で金額は提出したいと思います。



○委員長(大城博君) 教育課長、福永政也君。



◎教育課長(福永政也君) 島袋委員の質問にお答えいたします。

 そうです、確かに昨年に比べて大分20万ぐらいの差はあるんですね、入館料に関してはですね。ただ、我々としても、このいろいろイベントを打ってる傾向がありまして、現在でも開催しております博物館の方で「漂流物展」ということで、この時期時期にイベントを打っているんですが、なかなか来館者が少なくて、それで、その見積もった額を入館してます。

 ちなみに、この時期が大体年間を通して博物館の入館者が多くて、今現在実施しております「漂流物展」でもきのう現在で383名の方が来館しております。今後も何かにつけてイベントを組んでいけたらいいなというふうに思っております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 住民福祉課長、比嘉一之君。



◎住民福祉課長(比嘉一之君) 先ほどの島袋委員の質問にお答えします。大変申しわけないです。積算資料が手元にありましたので、大変申しわけないです。

 19年度の見込みと18年度の収入の残が1,213万7,000円がありまして、これの0.1、10%を見込んで今回121万3,000円となっております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 1番、島袋徳和君。



◆1番(島袋徳和君) 先ほど教育課長からあった博物館の件、もう一回だけちょっと質問したいんですが、やっぱり入館者を多くする工夫というのは、単独の例えば博物館とか教育委員会だけで頑張るというの非常に難しい話だと思うんですよ。それで、提案として、東村に観光推進協議会ていう観光を受け入れる組織がありますので、そこの人たちとどういう形で入館者を観光客を要するに振り向けていくかという工夫が必要だと思うんですね。

 これの対策を先ほども言ったように、委員会だけで考えるんじゃなくて、巻き込んだ形でやっぱり考えていく必要があると思うんで、早急にそういう話し合いを持ったらどうかという提案をしたいと思います。できたら、そういう形でやっていただきたいと思います。

 それともう一点、収入手数料の件で、ちょっとこれに載ってないんだけど、1件確認なんですが、慶佐次と有銘の間にあるごみ加工の村有地を貸借、これ賃貸料にも多分ことし入ってないですよね。もう賃貸は切れてるていう話は、去年か一昨年だったかな、あったと思うんですが、現在の状況を向こうがどういう状況になってるのかというのをちょっとお尋ねをしたいと思います。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) ただいまの島袋委員の御質問にお答えをいたします。

 使用料云々には入らなくて、予算項目としては財産収入、貸し付けという部分で入ってきます。それの滞納繰越分の、実は現在もう調定額はあります。予算としては結構見込めませんから入ってはおりません。決算のときにも申しましたように、五味さんはもう倒産をして会社そのものはありません。決算時に御指摘があったように、とれないものを調定としてずっと残しておくのはいかがなものかという御指摘もありましたので、実は、もう今年の決算、最後の締めで不納で落そうかという今考えを持っております。いずれにしても取れる見込みは全くないという状況でございます。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 先ほど徳和委員から公営住宅の過年度分の払わない方々の生活状況、どういう方々がなぜ払えないのか。その辺、ひとつお願いをします。多分、怠けて払わない、あるんだけど払わないのか、それとも、相当仕事がないとか、生活が相当困窮をして払えないのか。これはもう滞納金というのは、多分100%今後、毎年使用料の取れない方々が出てくる、これはもう本当は100%払ってもらいたんだが、なかなかそういうのが出てくるんですが、その辺、どうしても生活が困窮してできないであれば、やっぱしその状況を見ながら生活保護をするなり、いろんな手だてをしながらやらんといけないと思うんですが、その辺のなぜ払えないのか、その少し状況をひとつ説明をお願いをしたいと思います。

 それと、博物館の入館料57万円、割とつくる当初は活性化をして大きいダムまで活性化をして観光ルートとしてひとつ福地、川田その辺を結んでいく路線、今、ダムの工事がことしでしたかな。最後一部残って、これが完了すれば通っていくと。それが通れば少し使い道もまたさらにふえてくるのかなと思うんですが、今現在、この博物館に何名の方々が働いて、維持経費にはどの辺かかってるのか。

 そして、徳和さんからもあったように、今後、今の状況で、ただ、やってては、多分もう抜本的なその活用の方法というのは、多分不可能とは言いませんが、大分厳しい状況にある。その辺を含めて、今後どういう考えて、この施設の活用を図るのか。この辺2点ほど伺わせていただきたいと思います。



○委員長(大城博君) 住民福祉課長、比嘉一之君。



◎住民福祉課長(比嘉一之君) 池原委員の質問にお答えします。

 今、現在、6字に団地はありますが、委員が指摘するとおり、非常に最近のこの皆さんの生活環境あるいはこのそういったいろんなこの収入等を見れば、どの人たちも今非常に生活が厳しいです、困窮しています。でも、それで使用料を納めないという理由にはならないと思います。

 それで今現在担当あるいは住民福祉課としては、夜の訪問あるいは電話等、ある今現在も保証人まで役場に呼んで、おたくが保証してる人のこの方は今もう現在、これだけ使用料が残ってますよという相談までしております。

 それと、中には、3年間、4年間全く使用料を払わない方がいまして、もうこれがどうにもならないですよ。もう出ていくしかありませんよという。したら、ことし19年度から過年度分をもう1カ月分払ったら、この現年度分しか払えない、2カ月分お願いしますということでやって、そしたら、もう三、四年間払わなかった方が、もう2カ月分ずつ払って改善されてる方もいます。その方をまたお願いしたら、また、ほかの方がまた払わなくなって、大変非常にもうそういった現状で、生活上は厳しいんですが、ある程度、そういった自分なんかが調査すれば、子供も働いてるし、それとお父さんも働いてるし、お母さんも働いている。じゃ、このお金はどこにいきますかという、これはもう生活にいろいろあって、これに工面してますと。じゃ、この団地代はどんなしますかと言いましたら、いや、これも考えていますといった状況で、もらってるんですが、そういった何名かのこういった方がいまして、また、その方をもらったら、また、あの方が支払わないという状況で、今、大変もうこういったことで住民福祉課も頭が痛くて、来週も何名かは呼んでいますが、そういった状況であります。

 そして、委員が言うように、生活保護にしたらどうなんですかと言うんですが、その中に、何名かは生活保護、この住宅補助をしてる方も実際います。そういった状況で大変厳しい中ではありますが、住民福祉課としましては、お願いして徴収をして、今後もしていきたいと思います。

 以上です。



○委員長(大城博君) 教育課長、福永政也君。



◎教育課長(福永政也君) 池原委員の質問にお答えいたします。

 現在、博物館で働いている職員は、臨時職員、日々の臨時職員ですね、お一方と、給料を支払っている女性の職員2人で博物館に駐在しております。月曜日を除いて毎日ほとんど出勤しております。

 今回の平成20年度の予算当初計上では、計画は1,400万ぐらいを計上しております。この1,400万ほとんど施設の管理維持費の方がウエートを占めてると思います。

 それと、今後の展開ですが、先ほど島袋委員からもありましたように、観光推進協議会と今年度あたり意見を交えながら、あるいはいい方向を見出せればいいなと思っております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 多分今先ほど言われたように、たくさん家族がいて、給料をとってる方が何名もいるのに払わない方々、それと、老人世帯で収入がなくて困ってる方々、それでも若くても少し、どうしても少し地域になじめなくて、少し弱い部分があって、仕事を見つけられなくて、どうしても払い切れない方々、いろいろあると思うんですね。

 だから、私は、先ほどは浦添でしたか。そこへ行って財産を差し押さえするという部分もやはりそういう怠けて、払えるのに払わないという方々は、それでいいと思うんですが、実際、じゃ仕事もないとか、1人、言葉は少しどうかわからんですが、なかなか社会になじめないとか、年齢的なもの、体調的なものとか、そういう部分でもしそういう方払えない状況にある場合は、やはりただ払いなさいと言ってもなかなか僕はこれはもう現実的にやっぱり生活が優先ですから、食べるものにどうしても行ってしまうという部分で、その取り方を2段、3段、そして、弱い方々、弱者については、何らか、役場全体の中でこうただ請求するんじゃなくて、何か取る方策というものがないものなのか。例えば、仕事がなかなか社会に適合できなくて仕事がないという方々は役場のいろんな公共の施設の草取りなり、雑草から取らしたり、何か使い道があると思うんですね。そういう取り方も今後はやっていかないと、民生課だけでなくてこれはもう毎年出てくることです。もう何十年たとうが、多分、延々と続く未納金の回収というのは行政の課題だと思うんですね。ただ、怠け者に対しては、やはり財産差し押さえとか、それは構わんと思うんですが、どうしても社会的に無理な方々等もいると思うんですね。だから、取り方というのを行政全体の中で仕事を与えながら、そこの中から幾らかずつを徴収していくという考え方もやってみたらどうかとひとつ思うんですが、それについてひとつ感想とか、考え方があればひとつお願いをしたいと思います。

 それと、一応、博物館については、今後、多分せっかくつくった施設ですから、一つの目的として、ただ、教育の場として今後やっていくのか。それとも、これからは、地域の活性化の一つの施設として成り立たせていくのかという部分については、やっぱりこれは教育委員会だけでは多分なかなか今後、博物館の有効活用というのは難しいのかなと思いますので、その辺はやっぱし役場なり、いろんな観光なり、そういう部分と連携をしていって、何とかその活用の方法をやっていただきたいなと思います。



○委員長(大城博君) 住民福祉課長、比嘉一之君。



◎住民福祉課長(比嘉一之君) ただいま池原委員の質問にお答えします。

 今、委員がおっしゃるとおり、役場で庁議という、各課長と三役のメンバーで庁議等あります。その中で農林あるいは環境課の方で事業をやってる賃金等がありましたら、そういった方も含めてどうにかお願いして、雇用して、その中から、またそういった使用料に回していきたいと思います。そういった考えは持っています。

 以上です。



○委員長(大城博君) 2番、金城允士君。



◆2番(金城允士君) じゃ23ぺージ。国有提供施設市町村の交付金ですね。ことし約7,000万、前年度も約それぐらいで同額で推移しております。

 そこで、僕が意見を申し上げたいのは、これは、北部訓練場の交付金だというふうに認識しておりますけれども、昨今、高江地域において、いわゆるヘリパット闘争等が盛んに行われております。もし議会も当局も建設に関しては容認という姿勢で今までやってきておりますけれども、議会の方としては、余りにも民家に近いので、ひとつ移動してくださいと。店舗を移動をしてくださいというふうに議会で議決はやられましたが、なかなかそれが思うようにいかないと。現在の国の計画しておる場所につくられるんじゃないかということのようであります。

 そこで、地元としては、今までいろんな意味で生活に苦痛を受けてきたわけでありますし、また、今後もそういった環境の中に入っていくと思うんです。それと、定かではありませんけども、機種の変更、例えば、オプスレイ、これが入る可能性も十分あるんですね。

 そういったことを考えみますと、いわゆるこの交付金の思い切って増額のできないものかどうか、そこら辺の働きかけができないものかどうか、お聞きしたいというふうに思います。課長の判断でちょっと難しいんであれば、村長を出席させてください。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) ただいまの金城委員の御質問にお答えをいたします。

 まず、国有提供、先ほども池原委員からあったように、少し言われてる趣旨が違うのかなというふうに思います。実は、普通交付税の中に軍人の数、面積云々は査定をされて交付されてます。本村に2億ちょっとの普通交付税の中にその部分が入っております。

 先ほど言いましたように、この国有提供云々については、本来課税すべきもの、課税できない部分について、国の方がその想定の課税額だということで入ってきます。ですから、国有云々についてのこれを上げてくれというのは、査定が決まっていると思いますので、かなり難しい部分もあろうかなと思います。

 ただ、普通交付税の中で、基礎となっているのが軍人の数と施設、面積ですか、面積と軍人の数がありますので、そういう部分の中で軍人が多く駐在をしている軍族が多くなれば、当然その交付金は上がってくるのかなという予想されますけど、要請云々については、政治的な部分もありますので、その分についてはちょっと控えをしたいんですが、流れとしてはそういう見方になろうかなというふうに思います。



○委員長(大城博君) 2番、金城允士君。



◆2番(金城允士君) 先ほどの課長の説明は、いろいろ傾斜配分のことじゃないかなと思っております。僕が、申し上げたいのは、いわゆる今までもこれからも地元の方々が非常に迷惑がかかってくると、苦しい思いをしていくんだと。生活環境がだんだん悪くなっていくと。それに対して傾斜配分の以外の特段な政治的判断でそういったあれができないものかどうか。そこら辺をちょっとお聞きしたいと思うんですよ。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) そういう交付金、はっきりしたことわかりませんけど、基本的にはないというふうに思ってます。要請云々については、言われましたように、もし長がやるんであれば、そのお手伝いをしますけど、交付金そのものがそういう交付金が創設されているというのは、ないというふうに理解をしております。



○委員長(大城博君) 2番、金城允士君。



◆2番(金城允士君) やっぱり声を出さなければ、もうそういった運動も進まないわけでありますし、国等としても、なかなか耳を傾けてくれないんじゃないかなというふうに思っております。

 ただ、黙っていて、環境だけを悪くするいうふうな生活の状態ではやっぱりいかないと思いますので、村長とも議会ともよく相談をしながら、この問題を真剣に取り上げていっていただきたいというふうに強く要望いたします。

 その旨は、村長に課長の方から十分伝えていただくようにお願いいたします。

 次に、42ぺージの水源基金の件であります。

 費目存置で1,000円というふうになっておりますけれども、今後の補てんというのは全くないんですか。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) これは基金の繰り入れですから、基金を崩すということですから、ここにないということは、非常に健全なことをやっているということですので、できるだけここに数字が出てこない方が望ましいというふうに理解をしてます。

 当然、水源基金は、県から入ってきます。1,203万ちょっとのお金が平成たしか26年ぐらいまでだったと思いますけど、入ってきます。

 ですから、ここの42ぺージは、今積んでる基金を繰り入れて予算化するということですので御理解をお願いをしたいなと思います。



○委員長(大城博君) 2番、金城允士君。



◆2番(金城允士君) 議会と村長、総務課長もそうでしたけれども、12月に岐阜県の白川村に調査に行きました。そのときに、白川村の方では、地元の御母衣ダムからのダムの財源が相当おりてくるということで、金額的にはちょっと忘れましたけれども、非常に実質比率に占める割合が大きかったというふうに認識しております。

 今、課長おっしゃるとおり、議会とその当時の茂村長も一緒になって、企業局、それから、県の方にひとつ水源基金のかさ上げをお願いしますということで運動を展開してまいりました。昨今、いわゆる県からの市町村合併とか、どうのこうのいう問題も出てきておりますし、自主財源が確保できるんであれば、小さな東村2,000名でも何も合併しなくても自立できていくというふうに思っております。目の前にあるこのダムを再度要請行動にとれないものかどうか、お聞きします。



○委員長(大城博君) 企画観光課長、宮城調秀君。



◎企画観光課長(宮城調秀君) ただいまの金城委員の質問にお答えします。

 実は、その件につきましては、北部6市町村ですかね、ダムの所在する市町村がありまして、その件に関して今後どうしていこうかということで組織をつくっております。課長クラスで幹事会ということで、先月ありまして、実は、その件の組織の総会が今週15日ですかね。理事会は村長たちなんですけれども、その中で20年度の活動方針を決めるということになっております。

 実は、税方式、そのお金に関しては、税方式にするだとか、あとはいろんな協力金だとか、幾つかの報酬金を検討していて、具体的にじゃどの方式をやっていくかということを今後議論して、そのことについて、当然この組織だけで検討しても進まないわけですから、議会、村議会だとか、県議会とか、各方面にいろんな働きかけをしていって、どうにかその基金が切れるまでに、その内容を決めて、できるだけその金が取れるような形にしていこうということで今取り組みをしている最中です。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) 先ほど水源基金のいつまでかという部分の中で、少し26年とか云々、あいまいな話をしましたけど、資料がありますので、23年まで水源基金、追加の部分が10年間というパターンの中で23年まで一応あります。

 ですから、今企画課長が言われたように、今3村の中でも目的税にするのか。目的税にした場合は、非常に限られると。そうじゃなくて、すべてのものに使えるような方策はできないかということで、もう走り始めています。

 言われるように、23年度をめどにして、それに変わるような方策をしようということでやっているところでございます。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) じゃ39ぺージの財産貸付収入の分で、高江で個人住宅の村有地を個人貸し付けをして、おうちを今8戸ほどおうちが建てられて、今現在もう8軒ほどいると思うんですが、大分前にそれは貸し付けをされて、お家、土地を持たない、住宅地を持たない方々に提供をされて今に至ってると思うんですが、この収入は、財産貸付収入に入っていますか。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) 池原憲勇委員の御質問にお答えをします。

 御指摘のとおり、財産貸付収入の説明の個人貸付分24万2,000円、この分になります。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) これ現在、年間幾らなのか。そしてちゃんと払ってもらってるのか。その辺伺いたいと思います。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) お答えをいたします。

 現在、9名の方に貸し付けをしております。基本的には、平米50円以内ですから、50円で貸し付けをして、1人当たり約300坪ぐらい貸し付けておりますので、年間にしたら一番多いのが1万6,500円の方々がほとんどです。

 実は、中には納めてない方がおります。お1人といいましょうか、焦げついている人がおります。あとの方々は払っていただいております。中には、やっぱり年度を過ぎてお払いになる方もおりますが、焦げついている状況ではありません。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) これも何年ぐらいになるか、僕もはっきりまだ、その今一応聞いてみましょう。これは貸し付けをして何年ぐらいになるのか。それと、多分、払ってないというのは施設の土地貸付滞納繰越の25万8,000円個人貸付分だと思います。大体、聞けばだれかなというものは大体およそ多分見当する方だと思っておりますが。

 今回、村長が定住促進の施政方針の中で定住促進をしていくということで、大まかの一般質問でもやるんですが、多分途中大まか大体こういうふうに進んでいくのかなという判断するんですが、これとの一つの定住促進という部分で、このやっぱし個人向けの住宅地として提供して貸し付けをされてますので、これは今後、じゃそこに住んでる方々が今後やはり自分の代、そして、子、孫に引き継いでいく土地、そしてもともとここに住んでる方々が山の下から土地がなくて、そこに借りて来てるという状況があるんですね。

 それとやはり、いつまでもじゃ代々住んでいくという、やっぱしここをふるさとにしてやってる方々が、いつまでもこの自分の土地じゃないものを借地料を払ってずっと住むということは、多分このおうち自体の立ってる土地がやっぱりいつも人のもんだということでは、なかなか思い切ってこのおうちの庭とか、何かをやる場合、思い切ってできないという部分があるんですね。

 だから、私は、今後、定住促進をまた進めていくとは思うんですが、やっぱし前にやられたそういう意味で、そうやられた事業というのか、そのやった行政がやってあげたことを今後はやはりその貸し付けじゃなくて、やはりその方々に売却をして、そのやはり東村に、ずっともともとここに住んでる方々ですから、常に、借地料を取るんじゃなくて、もう売却をして、本当にここに東村の足元に知恵をおろして生活をしてもらいたい。

 そうすると、また、そういう彼らから意見を聞いたら、そういうふうになるべくなら、もう払い下げてもらいたいというふうに数名がおっしゃってましたので、今後、まず、総務課長として、今後、その私が今言った部分に対して今後それが望ましいと思うのか、その感想なりひとつお願いします。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) ただいまの池原委員の御質問にお答えをいたします。

 まず、貸し付けが始まったのは、昭和54年ごろからやられてます。それで、54年に全部一斉にやったわけじゃなくって、それから、一番新しいのが、昨年まで続いております。54年、平成になっても何名か、その都度、その土地を申請があって、300坪ぐらいの仕切りをして貸しているという状況でございます。

 先ほど一般質問の方にもその件少し出ておりますが、一般質問のときにやった方がいいんじゃないですかね。考えとして、行政の方にもそういう話があったというのは聞いておりますし、ただ中には、年間1万6,500円を払ってもいいという話も聞いたことがありますし、その辺はやっぱり地元、その賃貸をしている方々との意見徴収とか、そういったものまだ正式には何もやられてない部分がありますので、その辺もして、やらなければ方向性はすぐには出せないのかなと。特に、財産の払い下げになりますので、いろんな条例の整備とか、そういったのも必要になってくると思いますので、その辺は慎重に検討していきたいというように思います。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 基金運用収入、従来1万2,000なのに344万6,000、多分基金運用収入ということですが、基金をどのように運用されて、前年度並みに事務が314万円になってふえたのか。

 それと、雑入の部分で何件か聞いてみたいと思います。対米請求権助成事業というのが280万あります。この説明ひとつお願いします。

 そして、46ぺージに、そして、水源基金追加助成金、これは先ほど允士委員がやって、23年までという、それと多分関係あるのかなと思いますが、その説明ひとつお願いをしたいと思います。

 それともう一つ、機械使用料、多分これは、機具のハーベスターなのかなと思いますが、その辺の説明お願いをします。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) ただいまの池原委員の御質問にお答えをします。

 基本的に基金運用収入というものは、基金に積み上げているものをすべて定期にしておりますので、その分の利子でございます。

 昨今、利率が少し回復をいたしております。それで、従来、いろんな金融庁が厳しい部分があって、決裁性預金をしようというんで、ゼロ、要するに金利がつかない預け方をした部分もあって、その部分がほとんどつかない状況があったんですが、見通しとして銀行の方も大丈夫であろうということで定期の方にやってきておりますので、定期の部分が大分いい方向にいってるということで、その利子分をここに入れております。

 上の利子配当は、逆に言ったら、株券、証券、それの部分になります。

 それと、雑入の中で、総務に関係する部分をお答えをしたいと思います。

 まず、26、水源基金追加助成というのは、先ほど言われたように、平成23年までの追加分の助成金でございます。



○委員長(大城博君) 企画観光課長、宮城調秀君。



◎企画観光課長(宮城調秀君) 池原委員の質問にお答えします。

 対米請求権事業協会からの雑入280万の件に関してなんですけれども、平成20年度については、その前に沖縄県対米請求権事業協会という組織がありまして、そこから毎年助成事業、金額は、毎年変動するんですけれども、要望といいますか、市町村から要望を出すと、その幾つかの事業が認められるという仕組みがあるんですけれども、平成20年度に関しては、パインアップル成分分析調査ということと、それと、文化振興事業ということで、これに関しては、教育委員会の方でやる予定なんですけれども、各字の文化振興を図るというような目的でやる予定です。収入の見込みが280万ということに今なっております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) 池原委員の質問にお答えいたします。

 雑入の機械使用料につきましては、ハーベスターの利用料を計上しております。その1,500トンを見込みまして、使用料5,000円ということで731万2,000円を計上しております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) その他というところに、432万5,000円といって割と金額的にも割と大きいようなんですが、そのその他というのは何なのか、御説明をお願いします。(「ページ」と呼ぶ者あり)ページ46ぺージ。雑入の中の説明の細節。432万5,000円と割と金額的にも大きいんですが、その他というのは何なのか。



○委員長(大城博君) 住民福祉課長、比嘉一之君。



◎住民福祉課長(比嘉一之君) ただいま池原委員の質問にお答えします。

 今回431万9,000円を介護広域地域支援事業委託金として431万9,000円を収入と見込んでおります。

 以上です。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) ちゃんとした理由があるんであれば、ちゃんとそこに介護なら介護と書くべきではないかね。結構400万という金額その他となると、なかなか我々が見て、その他と一体どういうものなのかと。金額も割と大きいということで、ちゃんと聞いたら説明が介護何とかということで言えるわけですから、それは、その他何ぼかという話もあるんですが、その辺少しやっぱし、その他の項目であれば、そこに介護何とかという部分を入れるとか、少しそういう部分を配慮してもらえると非常にありがたいな。その他の部分は、各課みんな見ると、その他というのかなりどこにもありますから、やっぱりただその他と言ったって税金ですから、その他の項目必要かもしらんが、少しそこに配慮していただければ大変ありがたいのかなと思います。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) ただいまの池原委員の御質問にお答えをします。

 歳出をつくるのはすぐできますので、これを次年度に向けてその項目をふやして説明ができるように対応、対処していきます。



○委員長(大城博君) 暫時休憩いたします。                       (11時06分)

 再開いたします。                                     (11時15分)

 2番、金城允士君。



◆2番(金城允士君) 歳出の方に入っていきます。歳出の119ぺージ、パイナップル等果樹加工施設整備事業の関連で質問ですが、2月の臨時議会で施設の着工に関しましては議会も同意いたしました。その中の僕の質問で、いわゆる村内の経済効果ということで、雇用関係、質問いたしましたところ、課長は、まず100名程度だというふうにたしか答えたと思います。それで、職員が30名、臨時が70名、合計100名だというふうに覚えております。

 そこで、30名の職員の採用内容と申しましょうか、現在、伊差川の方で農協さんが経済連ですかね、が抱えている職員がそのまま横そびれしてくるのかどうか。そこら辺もお伺いします。



○委員長(大城博君) 振興事業推進室長、山城定雄君。



◎振興事業推進室長(山城定雄君) お答えします。

 100名ていうのは、パートの方も含めてなんですけれども、通常常勤の職員は26名程度というふうに思ってます。ただ、この新しい職員の採用については、あの運営について一般質問も出ておるわけなんですけれども、いわゆる新会社をつくりますんで、新しい会社の方での採用ということになりますけれども、当然、現在の伊差川工場で働いている、いわゆる特に技術関係の人たちは、ここに転籍なり出向なりで来る方もおられるかと思います。ただ、全部、転籍なり異動ということになると、村内の雇用効果は全く生れませんし、単なる伊差川工場の受け皿会社ということにしかなりませんので、そうであってはいけないよというふうなことで、せんだってもJAの理事長を初めとして意見の交換がありました。その際、一定の枠について東村から雇用できるようぜひ御検討をというふうにお願いをしてあります。

 ですから、これから工場建設が始まって新会社がつくって、いろんな身分等々の調整が入った段階で村内の雇用等々についても出していきたいなというふうに思ってますけれども、少なくとも東村採用、あるいはJAの採用でもなく、新会社の採用ということになりますので、これは極力じゃなくて、もう絶対東村の人たちがすべてがパートでしかないということじゃなくて、常勤含めて働ける場をつくっていけるよう、我々としても最大限努力をしていきたいなというふうに思ってます。



○委員長(大城博君) 2番、金城允士君。



◆2番(金城允士君) 今、室長がおっしゃるとおり、箱物はつくるのにある程度の役場の方も借り入れをしてるわけですから、ただ、物だけつくって、おいしいところはぱっとよその方に持っていかれるということでは非常に困るわけです。

 だから、課長のおっしゃったとおり、室長のおっしゃるとおり、この雇用問題というのは、非常に東村にとっては大きな問題になりますので、誠心誠意努力していただいて、より多くの方が村内から採用されるようなということを強く希望いたします。

 それと、女工さん、パート、同じこと言えるかと思いますけれども、希望される方々は、やっぱりまずは地元が最初で、足りない分はよその地域から持ってくるというふうなやり方で十分に配慮をお願いしたいと思います。

 以上、終わります。



○委員長(大城博君) 振興事業推進室長、山城定雄君。



◎振興事業推進室長(山城定雄君) ただいまの委員の意見は、より肝に銘じて、また、トップの村長にも申し上げておきたいと思っておりますし、特に、パートについては、現在でも名護、今帰仁、国頭、もちろん本村も含めてバスで送迎をして働いてもらっているわけですけれども、これについては恐らく、村内ですべて調達ていうのは、恐らく無理だと思います。しかし、先ほどの住宅関連、税の滞納等々でもありましたけれども、お一人でもパートでも働く場所を確保して、それ以外を村外から求めるというのは、もうこれすごく当たり前ですので、その線で足りない分を名護なり、今帰仁なり等から購入するということですけれども、ただ現時点で伊差川工場でもいろいろ働いてもらってるんですけど、なかなか結構重労働、立ちっぱなしということもあって、女工といいましょうか、パートの方々から敬遠されておって、実際結構年配の方々がこれまで同様働いているということもありますので、ぜひ委員の皆さんも含めてぜひ働く場所に働けるよう、またお力添えをいただきたいなというふうに思ってます。

 以上です。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 少し幾つか説明を受けたいのでお聞きします。

 さっき52ぺージの説明の17、18に、例規支援サービスと例規サポートシステム委託という、この割と毎年そういう部分は大きい委託料を出したりしてやってるんですが、その内容説明をお願いします。

 それと、次のぺージに、ブラジル移民100周年というもんが16万6,000あります。それと、交付税傾斜配分が説明の22、988万ありますが、これは前年に比べて下がってきてるのかどうなのか。それと、今の現在、ここまたこれをどんどん何%かずつカットしていくのか、その辺ひとつ伺います。

 それと、次、57ぺージ、今、庁舎の委託料の中で庁舎の消防設備とか、消防設備の点検とか、庁舎の消火槽の点検、そして、昇降機、多分エレベーターだと思うんですが、年間結構保守点検料35万3,000円という部門があるんですが、今後もやっぱり施工のエレベーターというのは、動かさないといけないのかどうか。その辺もまた一つ。

 あと、14節の清掃用具使用料19万2,000というのは、清掃用具使用料というのは、何を使用料というのは、どういうものなのか。それ一つ説明お願いします。

 それと、15の工事請負費の件、農研の防水防犯灯設置工事が農研関係であるんですが、今後の農研というのは、今後どのように考えているのか。今後とも補修をして今度使っていくのか。それともまた別の部分で移転をしてやるのか。その辺の部分まで含めて説明をしていただきたいと思います。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) ただいまの池原委員の御質問にお答えをいたします。

 まず、行政例規のサポートの件ですが、実は、今、例規集を紙ベースとデータ化した2つで見れるように、要するにインターネット、各パソコンの中で見れるような形にしております。実は、例規ベース、紙ベースを本当は、どちらかをやりたい、とめたいといいましょうか、基本的には、最終的には、紙ベースはなくしたいというようなことを考えておりますが、なかなかまだこの機械、パソコンという機械になじめない方々もたくさんいるという部分があって、今、紙ベースも残しております。

 職員は、ほとんどこのパソコンを利用して、そこから例えば何々を打ったら、その例規がぽんと出てくる、検索できるような形になってます。それのサポートをするシステム。

 結局、年間条例の改正、公布、すべてありますので、そこの中にそれを打ち込んでいってもらう仕事もこれの中に入っております。

 それと、ぺージの53のブラジル移民の100周年記念で、ことし移民の100周年ということでブラジル、それとハワイプラザ事業ということで、新たに沖縄県から1,000万でしたかね。それをしようということで、各市町村の均等割と人口割、移民の人口割で負担金として単年度ですけど計上してくれということで、町村会の方で可決されている事項です。それで予算を計上させていただいています。

 それと、交付税の傾斜配分ですが、基本的には、昨年の額を保っております、ことしは。村長の強い要求もあって、当初2,000万程度あったのが、もう2分の1に削減をされたということで、行革の中では削減、毎年5%の削減計画がありますが、ある一定の効果は持てたんではないかという判断と、ことしは交付税も平成15年以来前年対比、少し伸びましたので、その辺も加味して、前年のじゃ据え置きをしていこうという形で、若干逆に前年度より少し多目に組んでおります。

 それは、一つには、高江地域、宮城地域は、当初からほかの地域よりも少し追加の部分といいましょうか、厚く見られてる部分がありましたけれども、高江地域についてその分を確保しようということで、少し配慮といいましょうか、村長の配慮でできるという部分で少しふやしております。

 それと、ぺージ57のいろんな庁舎関係の維持補修という部分で、エレベーターは、この2階建ての部分でエレベーターにするのか、スロープにするのかということで、庁舎をつくるときに大分議論をして、要は障害を持った方々がどうしても傍聴等もありますので、そのためには、このエレベーターというものはどうしても必要であります。ただ、法定でこれは、点検をしなければいけないというのがありますので、これは、これからもずっと残っていきますので、よろしくお願いをしたいと思います。

 あと清掃用具の使用料、実は、リースキン、モップの使用料です。職員が皆さん朝出勤をして掃除をしております。普通のはけじゃなくてモップの部分の年間の使用料でございます。毎月交代をいたしますので、その分でありますのでよろしくお願いをいたします。

 それと、下の防犯灯工事、設置工事は、これは、農研の防犯灯の設置工事ではなくって、従来、各地域からの要望に応じての防犯灯の設置工事でございます。ただ、単独事業で、これまでの項目が今も存置で残っております。ただ、農研の外枠の改善については、今、予算的な余裕が出ればやりたいというのがあって、今も存置で残している状況でございます。

 ただ、総合福祉センターとの兼ね合いがあって、その辺がめどをつけばやる必要もないし、つかなければ当然、今の階段の部分は補修をしていかないとちょっと厳しいのかなという考えで思っております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) バス路線確保対策補助金853万、今予算化されてるんですが、今この内容説明をひとつお願いをしたいと思います。

 そして、もう一つ、その部分の下に指定金負担金48万4,000円あるんですが、これはここの庁舎内にある、多分そこの負担なのかなというと思っておりますが、どの辺、そうなのかひとつお願いをしたいと思います。

 それともう一つ、先ほどの委託費、いろんな消防から衛生とかの委託費、庁舎の浄化槽とか、国頭に多分前に、何月でしたか、聞いたときには国頭のある業者に点検をさせているということがあったんですけれども、今そういう部分の委託はどういう業者にさせて、多分消防の部分の整備点検と、また庁舎の浄化槽点検とはまた無線管理委託とか、これは多分ソウコウ法だと思うんですが、その部分について、大体どういう業者が入ってやってるのか。そして、それは、競争入札で入ってるのか、随意契約で入ってるのか、その辺少しわかるんであれば説明をお願いをしたいと思います。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) ただいまの池原委員の御質問にお答えをいたします。

 まず、ぺージ54、バス路線確保対策の補助金ですが、基本的に歳出の出口ベースです。バス路線を維持するため、今、川田線、それと、辺野古から来る平良までの折り返し線、この路線に対する補助金を出しております。

 両路線とも結局は、バス会社としては採算が合わないということで、採算が合うために、この事業を活用してやっております。

 詳しい積算の内訳は、ちょっと今手元にありませんけど、基本的な考えは2分の1は県から要するに補助が来ます。そして、残りの2分の1について、たしか80%は交付税で帰ってきます。ですから、850万のうちの2割は地元で負担をしていくというような内容の事業だったと思います。

 ですから、出口ベースの850万、それすべてが村の持ち出しではないということを御理解をしていただきたいと思います。

 それと、同じ54ぺージの指定金融の負担金、実は、御承知のように、農協そのものの窓口は、金融4時には締まります。役場には5時過ぎまでいてもらってます。その1時間の超勤代といいましょうか、残業してもらってるという部分で昨年から予算を計上してお願いをしてやってるところであります。

 それといろんな委託の部分をやっております。御指摘のように、国頭衛生の方に浄化槽とか、そういったものの委託をしてお願いをして、今やっております。この一、二年は、随契といいましょうか、その至った経緯の前に見積もりをして、国頭衛生さんの方が非常に安い値段でやっておりましたので、その後は、今お願いをして継続をして随契という形でやっております。

 あとの消火栓とか、そういったいろんな部分については、ちょっと資料を今手元になくて、どういう会社にどういう形でやってるというのが、恐らく見積もりを徴収をして随契という形にしていると思いますが、後ほど取り寄せて報告をさせていただきたいなと思います。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) バス路線、説明によるとほとんど2分の1県が出していると。そして、残りはまた交付税で返ってくると。本来こちらが実際に負担するのは20%──2割程度だというふうに説明受けてますが、仮に、今後このバスをそういう事業じゃなくって、村単独でまずこのバスをどういう形になるかは、大まか大きな考え方はないんですが、将来、民生も含めて地域の福祉もかねて村内のバス、高江、有銘から、そういう部分を中心の農協役場、診療所、歯科医と結んだ部分が将来まず仮にやったらどうかという。それはなぜかというと、観光も含めて、そういうバスが日に何回か村内の住民の足として確保していくとした場合に、多分、今のこの補助率からすると非常に2割程度で今維持をしてもらってるという部分があるんですが、いずれは合併も含めて議論になろうかと思うんですが、村内、村営バスを運行した場合に、仮にすぐは返答はできないかもしれませんが、総務課長としてこの国頭の部分も含めて村内バスの運行について、どういう考え方を持ってるか、少しお聞きしたいと思います。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) ただいまの池原委員の御質問にお答えをいたします。

 実は、現村長、伊集村長の選挙の公約といいましょうか、その中にもバス路線のこの村内のバス路線の部分が触れられております。実は、今、補助金、今やってる補助金の部分、例えば、村が直営でやって、やっても、同じような補助金の流れの部分はできます。それで、今、国頭もそうなんですが、国頭はその補助金の部分は使わないで単独でやってるようです。その辺も担当に調査をさせておりますが、基本的に、長としてそういうバスの運行をしたいと、できないか探ってくれということで指示を受けております。ですから、その指示のもと、ことしそれが本当に経営的にできるのか。その辺を調査していきたいというふうに今考えておりますが、基本的に、総合的に考えないと、かなり厳しい部分があると思います。それには、例えば、将来的に学校の統合とか、そういったものを見据えて、そういうバスの運行体制も考えていくのか。また、採算的に実際上合うのか。村の財政負担にならないのか。その辺も検討してみたいというふうに今考えております。

 恐らく、福祉関係にしても何にしても、かなり効率的に使える可能性は十分あると、今考えておりますし、それに向けてことし少し検討させていきたいなと思っております。



○委員長(大城博君) ほかにありませんか。1番、島袋徳和君。



◆1番(島袋徳和君) 59ぺージをお願いしたいと思います。企画費の中で、委託料のダム周辺管理業務の委託料、それから、工事請負費補助事業が2億5,000万、それと、あとちょっとこれのどういう内容になってるかという説明をお願いしたいんですが、過疎協議会、それから、地域活性化センター、それから、やんばる自然体験推進協議会というのにも予算が出てますが、そのどういう活動内容になってるのかをお尋ねをしたいと思います。



○委員長(大城博君) 企画観光課長、宮城調秀君。



◎企画観光課長(宮城調秀君) ただいまの島袋委員の質問にお答えします。

 59ぺージの委託料、ダム周辺管理の委託に関しては、これに関しては、福地ダムの方から役場がそのダム周辺、福地原川ダムを委託を受けまして、それを現在、東村ふるさと振興株式会社の方へ最終的にまた委託をしているていう形に今なっております。金額に関しましては、今年度実績ベースで計上をしているところです。

 次に、15、工事請負費に関しましては、これについては、ブロードバンド整備事業ということで2億5,000万ということで、こちらの方に計上しているところです。

 次に、負担金及び交付金についてなんですけれども、過疎協議会に関しましては、全国組織の協議会がありまして、そこで過疎についてのいろんな要請活動だとか、その調査、そういったいろんな資料がそれに参加することによって来るというような状況になっております。

 次に、地域活性化センターなんですけれども、こちらの方も全国的な組織になってまして、こちらの方も参加して、いろんなその地域の活性化だとか、いろんなそういった情報がもらえるというような状況になっております。

 次に、12番なんですけれども、やんばる自然体験推進協議会という組織なんですけれども、こちらの方は、北部山村と環境省、県ですね、負担金を出し合っての協議会でありまして、活動内容に関しましては、そのやんばるの自然体験を推進していくていうことになってまして、たしか去年でしたかね。そういった人材育成を図るような形で、たしか去年、ちょっと細かいの忘れたんですけれども、人材育成の目的に職員、職員ていいますか、村内からの人材派遣というような活動をしていたり、あとたしか年に何回か自然観察会等を開いていたかと思います。たしか、慶佐次だとか、そういった何カ所かでやっていたかと。ちょっと詳細は今はっきりしないんですけれども、そういった活動をしている状況です。

 以上です。



○委員長(大城博君) 1番、島袋徳和君。



◆1番(島袋徳和君) 15節のブロードバンドの件についてなんですが、これは、平成20年度事業で国からの助成を受けながら事業として行われると思うんですが、これは、完成はいつ完成で供用開始はいつごろになるのかということと、あとやんばるの自然体験活動推進協議会の中でも議論をされていると思うんですが、国立公園化に向けての話し合いが今何か環境省の方で進んでいるという情報もあるんですが、この状況をお願いしたいと思います。



○委員長(大城博君) 企画観光課長、宮城調秀君。



◎企画観光課長(宮城調秀君) 島袋委員の質問にお答えします。

 高次のブロードバンドの整備に関しましては、工事に関しましては、平成20年度完成、最終的には、年度中、供用開始できるかどうかはあれなんですけれども、その年度内完成、供用開始。もしかすると、次年度の平成22年度の4月1日というような形になるかとは思うんですよね。いずれにしても、その完成ということに関しては、20年度に目標としているところです。

 次の国立公園に関してなんですけれども、これに関しましては、環境省さんのその音頭をとりまして、検討委員会ていうのが持たれまして、平成19年度に関しては、その国立公園化に関しての方向性を議論をされて、たしか今月でしたかね。ちょっと日にちは忘れたんですけども、方向性はたしか報告書として出たかと思います。

 今月の29日でしたか、それのシンポジウムの方を大宜味村のたしか、あれは道の駅でしたかね。向こうの方でシンポジウムが開かれるというふうに聞いております。

 次年度に関しては、たしか、そのエリアとか、そういったエリアをくくるような形の調査、村民とか、いろんな各方面からの意見を聞いたりというようなことをするというふうに環境省の方からは伺っております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 62ぺージの15目、村制施行85周年記念事業、420万3,000円組まれてますが、どういう形でその事業をやるのか。ひとつ事業の内容等ですね。それから、予算見ると需用費136万円、役務費273万、広告料となっていますが、若干かかるなと思ってるんですが、その村制施行やられるときは必要なのか、それとももう少しやり方によっては抑えることができるのか。計画的に80、事業の内容にもよると思いますので、どういう形で今度実施をしようと思っているのかその中身をひとつお願いします。それで、予算の方の163万と273万の中身、御説明をお願いします。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) ただいまの池原委員の御質問にお答えをいたします。

 施政方針の中でも、ことしは村制施行85周年ということで、今、6月の22日に村制施行85周年の式典をしようということで、今、考えを持っております。村長の意思としては、80周年みたいな大きなものではなくて、村内の身内でできるような形にしたいという部分があって、想定はことし300名ぐらいの式典になるのかなということでこの食料費とか消耗品、消耗品については、いろんな式典に伴って村制の功労賞とか、そういったのがありますので、その辺の記念品とか、その他もろもろのものが入って56万を計上させていただいています。

 例えば、顕彰者の記念品代、それと花、賞状、いろんなそういったものをこれまでの式典に例を倣って単価を入れて計算をして出しております。

 広告につきましては、2社、1社当たり自前でやった場合は、このぐらいかかると。当然、広告をとりましたら相当押さえ込むこともできます。紙面を全部使わないで半分にすれば、当然それの半分にもなるだろうし、目いっぱい使ってこれだけでしようということで、当初一応予算を計算して頂きますが、詳細についてはこれから煮詰めていきますので、当然その予算の中で詰められる分については詰めていきますし、最低限これだけあれば、式典はできるだろうということでお願いをしているところでありますので御了解をお願いしたいと思います。



○委員長(大城博君) 5番、平田嗣雄君。



◆5番(平田嗣雄君) 60ぺージの交通安全対策費、事業費の修繕費49万2,000円と工事請負費の道路反射鏡設置工事、これは部落内か、それと村農道か説明お願いします。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) ただいまの平田委員の御質問にお答えをいたします。

 まず、修繕費の部分がありますが、実は、昨年の台風4号、大きな台風で、交通安全の看板がほとんどもう倒れてしまったり破損をしてしまいました。その部分の修繕を少しやりたいということでやっております。

 ちなみに、看板では、平良・伊是名間の、海側に今何もない裸だけが立ってるのがあります。その部分について、また復元をしてやりたいなと。

 それと、かなり金もかかるもんですから、有銘、それと、入り口、源河から来るものと棒については今一応撤去をして、旧役場の倉庫の方に今一時保管をしております。それについても、少し手直しして、また設置をしていきたいなということで計上させていただいています。

 修繕費の中には、それ以外にカーブミラー関係の修繕でできる部分もありますので、その辺の予算をその中に盛り込んでおります。

 それと、道路反射鏡、カーブミラーなんですが、それについては、現在のところ村道、農道、要請の順位といいましょうか、来ておりますので、その辺を各区長さんと調整をして、これから場所は選定をしていきます。毎年、要求の中である程度の数がありますので、毎年100万程度、100万で五、六基できますので、その辺は調整をして頻度の高いところからやっていきたいと、重要性があるところからやっていきたいというふうに考えております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 暫時休憩いたします。                       (11時55分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。                             (13時30分)



△日程第1、議案第13号平成20年度東村一般会計についての議事を続けます。

 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 85ぺージ、委託料の中で少し説明をしてもらいたい部分があります。

 老人センター建物点検15万出てますね。あの老人センター相当老朽化をしているということでありますが、今度また、この庁舎のそばに総合福祉センターでしたかな。名称仮称、北部振興事業で今採択されるように努力をされていると思うんですが、その辺の考え方について今後、その総合老人福祉センターにもっていって、今後、定期点検をするわけですが、その老朽化をしてるという部分は数年前から聞いておりますので、今後、どういう形でその老人センターを持ってきたいと考えているのか、少しお聞きをしたいと思います。

 それと、地域包括支援センター委託料とあるんですが、余り中身わかりませんので、その中身お願いをしたいと思います。

 それと、もう一つ、流水健康教室、割と75万6,000という金額であります。これ去年も何かそういう部分が出て現状聞かれたと思うんですが、ことしもそのような状況でやってるんですが、今その流水健康教室の現状とそして、波が受けてどういう効果が出てるのか、ひとつお願いをしたいと思います。

 次、19節に下がって、東村老連に86万、適正老人クラブ47万、小規模老人クラブ4万7,000とあるんですが、その名称が変わって、割と金額も大きいんですが、その一つ一つのクラブとか老連のその団体の説明をお願いをしたいと思います。

 それと、87ぺージの13委託料、日中一時支援事業というの、どういう事業なのかひとつ説明をお願いします。

 それと、戻って86ぺージ、老人保護処置費入所者処置費というのの説明は次の500万というのがありますし、どういう中身なのか、少しこの説明をお願いしたいと思います。



○委員長(大城博君) 企画観光課長、宮城調秀君。



◎企画観光課長(宮城調秀君) 池原委員の質問にお答えします。

 総合福祉センターに関して2款なんですけれども、まず、老人センターはかなり老朽化してるというのは、こちらの方でも現場等確認して認識しているところであります。今後の整備の方向性についてということだと思うんですけれども、今、総合福祉センターの内容に関しては老人センター、あと保育所、あとは診療所等、幾つかのそういった施設を総合的に整備していきましょうという予定なんですけれども、これに関しては、引き続き北部振興事業もしくは防衛省と調整してその辺の公立補助の得られるところからのその事業名義で検討していきたいなというふうに考えています。

 以上です。



○委員長(大城博君) 住民福祉課長、比嘉一之君。



◎住民福祉課長(比嘉一之君) ただいま池原委員の質問にお答えします。

 まず、85ぺージの地域包括支援センターの826万ですが、この方は介護保険事業の一環としまして、今現在、やんばるの家の方に委託しております。事業としまして、毎週水曜日、もとの第二保育所、そちらの方で対象者15名ぐらいの方を集めて、やんばるの家の方に委託していますので、そこの方がまたさらに委託しまして、北部医師会の方から専門のリハビリ師の先生が来て、週一遍このひざとか腰の悪い方々を体操させたり、いろいろ指導してますね。その委託料でございます。

 それと、流水教室、この方、名護スイミングスクール、そこの方に委託しまして、こちらの方、商工会の前の方に集合しまして、今、ちょっと週一遍だったか2回だったか、ちょっと今──週1回ですね、週1回この対象者の皆さんを集めてバスで送迎してます。名護スイミングスクールに委託してる事業です。この方もプールの中、歩いてからやって、この方も大分ひざとか効果が出ております。

 あとの東村老連86万2,000円、これは、村老人連合に補助してます。村老連ですね。それと、適正老人クラブ、小規模老人クラブとありますが、まず、小規模老人クラブの方は、1つの区、高江の方に4万7,000円ですね。それと、あと47万あとほかの5区、このように人口によって小規模とか適正とか、この名称があります。

 それと、86ぺージの老人保護措置費なんですが、この方は、今現在、東村対象の人が2人いまして、名護療育園の方に措置費として毎月支払いしています。幾分かは個人の負担もありますが、2人の措置費でございます。

 87ぺージの日中一時支援事業に関して、今ちょっと手元に資料を持っていませんので、後ほどちょっと資料を集めてお答えしたいと思います。

 以上です。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) 実は、昨年の6月までちょっと携わっておりましたので、地域包括支援センターがやる業務は、まず、介護、要するに、ちゃんと施設に入って介護を受ける前の人たちをどうそういう施設に行かさないがための訓練をするところです。要するに、元気な人たちをどう維持していくかというような部分で先ほどあったようないろんな体の、例えば、足腰、特に、地域の公民館を利用して、その健康保健教室をやるとか、そういったものの部分です。ですから、それを過ぎちゃったら、介護に、もう施設に入りますけど、地域で頑張ってる人たち、要するに介護に行かないようにどうしていくかというための支援事業ですので、御理解をそういうふうにしていただきたいなというふうに思います。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 流水教室ですね、何名参加してるかという部分と、それと、今、総合福祉センターを今推進をしているということですが、そこの中に農研の部分も考えて、農研の部分を入れることも想定されてるのか。それとも農研は入ってないのか。前に農研の部分のホールの部分ですかね。それもでき得れば加味したものができないのかというお話を聞いた覚えがあるんですが、少し外れはすると思うんですが、農研の施設もその総合福祉センターの中に想定されてるのか、されてないのか、ひとつ伺いたいと思います。

 それと、もう一つ、小規模老人クラブと適正老人クラブ、各字の老人会に多分補助してるというふうに考えてますが、各字の老人会にまで補助をする必要があるのかどうか。だから、区の老人会でやるとしたら、その字の老人会で何かをやって、そのための補助なのか。ただ、字の老人会に活動費として上げているのか。そして、それが今後も必要なのか。結局、村老連にも86万2,000円出してますよね。それと、老人の方々、過去はじゃ小規模等20人おって小規模と言ったり適正老人クラブと言ったりするということですが、各字の老人会に多分行ってると思うんですが、ただ老人会の活動費として補助されてるのか。それとも、各字の老人会の中にそれぞれの目的の何かをしてもらうがために補助しているのか。そうすると、各字には、婦人会あり、いろんな団体があるんですが、何もない、ただの活動費で上げるとなると、まあはっきり言えば、ほかの婦人会からすると、じゃ我々も字の事業を頑張ってるから少しずつはやってもらうというような理屈にもなりかねないと思いますが、その辺、ひとつお願いします。



○委員長(大城博君) 住民福祉課長、比嘉一之君。



◎住民福祉課長(比嘉一之君) ただいま池原委員の質問、お答えします。

 流水健康教室ですが、15名の、月15名の方が今スクールに通っております。それと、老人クラブの86万2,000円ですが、この一応各字から決算書とか、いろいろこの活動の計画書とかいただいて、それをもとにして活動費として、かつこの小規模とこの47万と、この4万7,000円のは、この各字からこの先ほど言ったように、決算書、予算書、活動計画などを見て、この運営補助を通してながしております。それで、86万2,000円というのは、村のまた、運営補助というふうにながしております。

 ですから、この一応は、総務課の方と調整して毎年5%ずつカットはしておる状況でございます。

 以上です。



○委員長(大城博君) 企画観光課長、宮城調秀君。



◎企画観光課長(宮城調秀君) 池原委員の質問にお答えします。

 総合福祉センターにつきましては、最大の要望ということで、農研も含めて要望しているところではあります。ただ、相手があることですので、その相手が認めるかどうかは、ちょっと何とも言えないところなんですけれども、せっかくの公立補助ですので、できましたら最大要望ということで、とりあえず農研まで含めて今要望しているところです。

 以上です。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) この総合福祉センター実現の可能性、個人的見解で構いませんので。どの程度ありますか。



○委員長(大城博君) 企画観光課長、宮城調秀君。



◎企画観光課長(宮城調秀君) 個人的意見としては、状況ということで御理解いただきたいんですけれども、北部広域の方等保護振興については調整しているところではあるんですけれども、残り北部振興事業が2カ年になっておりまして、各市町村、いろんな要望が出ているという状況で、実は、これ2カ年の枠をかなりオーバーしているという状況なのでっていうことは言われてはいます。その中で一応は、こちらとしては、努力していくというところであります。

 あと、防衛に関しては、防衛もそのできるできないていう状況としては調整してるところではあるんですけれども、防衛も実は、別の市町村の事例を向こうは言ったんですけれども、その防衛で、防衛の内部で了解になって、財務省を持っていっても、けられる場合があるという話がありまして、結構、その担当省庁は了解をしても、結構財務省でけられたりということがあるということで、この辺は、もう何とも言えない状況です。ですから、個人意見というか、そういう結構厳しい状況にあるということは事実です。

 以上です。



○委員長(大城博君) 1番、島袋徳和君。



◆1番(島袋徳和君) 今の池原委員の関連で、総合福祉センター含めて、村長の施政方針でも(仮称)総合福祉センターと保育所の設置について努力するという、その建設についてていうのが表明してますので、今さっき課長からのお話では、企画課長の話では、見通しはそんなに明るくはないだろうと。要するに、今の振興策の予算の中ではという話だろうと今理解してるんですが、では、どういう形でやっていくのか。例えば、別メニューを探すか、あるいは既存の施設の再利用を考えるのか。そういうところまで踏み込んだ考えを持っているかどうかをまずお尋ねしたいと思います。



○委員長(大城博君) 企画観光課長、宮城調秀君。



◎企画観光課長(宮城調秀君) 島袋委員の質問にお答えします。

 現時点では、やっぱり補助率の面から言いますと、最大、その北振とか、できましたら防衛でできれば一番補助率がいいわけですから、選択域としてはそちらの方が優先なのかな。ただ、見通し厳しいという状況に至った場合には、その別メニューでやっぱり探していくことも検討すべきだろうとは思ってはいるんですけれども、とりあえず現時点ではそういう財政面から公立補助の分、その別メニューに関してはとりあえず検討することは必要だとは思います。

 以上です。



○委員長(大城博君) 1番、島袋徳和君。



◆1番(島袋徳和君) じゃ、これが補助事業でできないとなった場合に、もう耐用年数がそろそろ来てるわけですよね。だから、そういう面でも切実な耐用年数が来てるということと、あとは、老朽化で建物自体にひずみが出てる。2つの施設ともそういう事態だと思うんですよ、話を聞いてみたらですね。その中で、やっぱり建てかえが必要であるというのは間違いないだろうし、さっきちょっと聞いたように、建てかえなければ、既存の施設の再利用とかは頭に入ってるのかどうか。ここのところどうですか。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) ただいまの島袋委員の御質問にお答えをいたします。

 当然、先ほどから企画課長が言ってるように、最大限公立補助を活用してやっていくというのが基本でございます。ただ、昨今のいろんな状況の中で、国もかなりいろんな面でハードルが高くなってきております。その中でどうしても公立の補助、補助メニューがない場合は、当然今ある施設を、例えば、農研にすれば、実はメニューもあります。ただ、その中で、農研も少し見ようという部分があって、例えば、昨年二、三年前に体育館のリニューアル事業をやりましたけど、そういった事業も実際は農研の方もできます。ですから、今少し様子見をしている部分もあります。

 ただ、保育所にしても、老人センターにしても、かなり厳しい部分がありますので、今の部分を例えば、第一保育所をリニューアルしてもかなり厳しいのかなという部分もありますので、それはそのとき単体のメニューでもそれはやらなければいけない場合は、それも選択肢の一つだというふうに考えています。

 ただ、現在は、公立北振かあるいは防衛あたりの公立補助でどうにかやりたいというふうな考えであります。



○委員長(大城博君) 5番、平田嗣雄君。



◆5番(平田嗣雄君) 188ぺージ、公共土木施設復旧工事土木災害復旧費、工事請負費単独事業で200万、そして、ぺージあけて189ぺージ、公有施設災害復旧費1,800万の場所の説明をお願いします。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) ただいまの平田委員の御質問にお答えいたします。

 まず、188ぺージの土木災害復旧工事の200万につきましては、川田ダム循環線の道路の復旧工事となっております。

 続いて、189ぺージの工業施設の復旧費の工事費の1,800万でございますけれども、役場の中庭の方が一部のり面が崩壊しておりまして、これは、昨年6月の雨期の時期から少しずつ崩れてきたんですが、7月4日の大きな台風4号などで一気に崩れたことから、その復旧工事の単独事業で工事費を見ております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 5番、平田嗣雄君。



◆5番(平田嗣雄君) 場所は、こっちですよね。この斜面ですよね、崩れとるところ。わかりました。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 115ぺージ、有害鳥獣被害防止施設補助、これ500万あります。これの説明をお願いします。

 次に、117ぺージ、川田営農雑用水事務補助66万、ひとつ説明をお願いします。

 そして、118ぺージ、14ですね。川田雑用水パソコン使用料、川田雑用コピー使用料、この辺の説明と、次15、工事請負費1,600万、突堤単独事業というのが60万あるんですが、そこの説明をお願いします。

 それと、下がって土地改良連合会負担金補助交付金300連合会、もう東村の方は土地改良はほぼ終わってるんですが、土地改良連合会にまだ346万という補助金交付金を出している、その中身をひとつお願いをしたいと思います。大体これだけと思います。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) ただいまの池原委員の御質問にお答えいたします。

 まず、有害鳥獣の500万の補助金なんですけれども、これは村が従来実施をしております村の単独事業に農薬や堆肥などを補助してる単独事業なんですが、そこにいのがきなどの資材代に対する補助ということで予算を計上しております。

 従来、農家さんが単独でワイヤーメッシュによるいのがきや、あとは網などを使っているんですけれども、その資材にかかる費用ということで補助を予定しております。



◆3番(池原憲勇君) 何%ぐらい。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) 予定としましては、資材費の25%以内の範囲で行うということで予定にしております。

 117ぺージの川田の営農雑用水に予算にかかるパソコンの使用料ということで予算をとっております。15節の工事費につきましては、(発言する者あり)済みません。川田営農雑用水の事業の事務費ということで賃金を6カ月分見ております。使用料といたしまして14節でパソコン使用料を予算を見ております。

 工事につきましては、平成19年度から同事業を行っておりますけれども、19年度で延長1,673メーターのうち790メーターについては、19年度事業を実施して済んでおります。残りの883メーターにつきましては、繰越予算で一部410メーター分を予定しておりまして、この1,600万余りにつきましては20年度予算で残りの473メーター分の工事費ということで計上をしております。

 ちょっとお待ちください。──ちょっと待ってもらえますか。済みません。19節の土地改良連合会に計上しています346万円につきましては、現在、有銘地区の方で農業用水の整備ができないものかと、県営の方で農整備なんですけども、それに係る団体営調査の設計費として一応計上をしております。ただ、まだ、その地域での農業用水の可能性につきましては、県の方と現在、検討中でありまして、地域での説明会なども何度か現在行っておりまして、まず、流水調査、実際にそういう水量があるかという調査などもいろいろ進めた上で、ダンチョウに入っていくということで予定をしております。

 以上です。



◆3番(池原憲勇君) もう一つ、123ぺージ。(「聞いてません」と呼ぶ者あり)



○委員長(大城博君) 暫時休憩します。                         (13時58分)

 再開します。                                       (13時59分)

 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 川田地区がこの数年をかけて大変立派な農業用水が今我々も通りながらよく見てますし、今、課長の説明では20年度ぐらいには終わるということで、非常に東村の中では多分非常にいいモデル的な農業用水の設置になると思うんですね。それで、ひとつ今後もそういう各地域、部落、そういう要望とかがあれば、今後、そういうやるという考え方が課長の意見で構いませんので、やってみたいと思うのか、ひとつ伺いたいと思います。

 それともう一つ、次は、土地改良連合会、これは僕はまた、県の何か土地改良連合会に金を何か出すのかなと思ってたら、有銘区の農業士の調査費ということで非常にぱっと見ると、非常に見た目になかなかわからんと。もう少し土地改良連合会に360万という、そのここにあらわし方というのが、少しもう少し私たちがぱっと見てわかるような少し、これは前に平田委員が多分有銘区の土地改良の農業士何とかという部分で一般質問をされたときに返答したこの事業だと思うんですが、これから見ると、もう全くこう見ては理解ができない。だから、その書き方やるんだったら、そこにもう少し書き方の方法がみんながわかりやすい書き方がないのか。有銘区の土地改良の農業用水の調査の事業実施であります、そういう書き方をすれば、だれでも理解できるんですが、なかなかこれではどこにこれから補助をこんなにうまく出すのかという見方にしかなりませんので、今後その辺をもう少し直していく必要があるんじゃないかというふうに思います。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) ただいまの池原委員の質問にお答えいたします。

 川田地域以外に、もうそういう計画がないかということなんですが、今、村内で地域の方からは、宮城区の魚の方に農業用水がありますけれども、そこのタンクからの漏水があるとか、そのダムからの取水状況がすごく悪いということがありまして、実は要望が出ております。その宮城地区に関しましても、県、今、有銘で事業実施計画をしてます事業の中でできないものかということで、それも県とあわせて現在、調整を図っているところでございます。

 あと、平良地区の宇出那覇にあります農業用水のタンクにつきましても、容量の方が、夏場散水などで使う時期には足りないということから増設していただけないかということで要望があります。その件につきましては、同じように事業で予定はしてるんですが、まだ、調査というのを十分行っておりませんので、今後、地域の生産組合などとも調整を図り検討してまいりたいと思います。

 以上です。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) ただいまの池原委員の御質問にお答えします。

 予算書の中の表現の仕方の工夫という部分ですが、実は、土地改良連合会が事業主体になってやるということで、土地改良に東村の分の負担金を出すということのようですので、それでこういうあらわし方をしております。

 ただ、2段書きにして、例えば、有銘の農業用水とか、そういうような形のあらわし方はできると思いますので、その辺少し工夫をさせていただきたいと思います。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) じゃ経済課長、有害鳥獣被害防止施設500万、大変いいことだと思います、この設備していってもらいたいし、また、123ぺージにも有害鳥獣駆除というのが220万あります。多分、これは一般に対する1,000円の部分だと思いますが、このやはりパインとか、いろいろ農作物を幾ら手を入れてきれいなものをつくっても、カラスとかイノシシが食ってしまったら、これはもう本当にやる気をなくすということであります。そういう意味で、今、東村鳥獣被害対策協力会というのも昨年できております。そういう部分で、今後、この鳥獣被害、カラスのネットからいろんなものを含めて今いろんな事業をやられてるんですが、トータル的に大体課長が今この鳥獣被害協力会も含めてどういうような形でこの一連ことし20年度のこの鳥獣被害対策をやっていくのか、少しトータル的に説明いただければありがたいと思います。協議会も含めてひとつお願いをしたいと思います。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) ただいまの池原委員の御質問にお答えいたします。

 予算にも計上していますとおり、従来、駆除にかかる補助に関しましても20年度も実施していきたいと考えております。

 また、委員からもございました東村有害鳥獣協力会が昨年12月に立ち上がりまして、村が実施する有害鳥獣駆除等に協力していきたいという思いがありまして、すごく助かっております。

 今後は、東村有害鳥獣対策協議会というのを立ち上げまして、具体的には、そのメンバーには村の鳥獣害協力会、この狩猟者、先ほど狩猟者が中心になってる協力会なんですが、その代表者や地域の代表者、それから、もちろん村、あとその他関係者などで協議会を立ち上げたいと考えております。

 その協議会を立ち上げることによりまして、国が20年度から実施を予定しております鳥獣害防止総合対策事業というのが導入できますので、各地域にあった、例えば、いのがき、それから、平張りの網かけ施設などを導入できればと考えております。

 そういった対策につきましても、また、駆除計画につきましても今後はこの協議会等で話し合って1年間の基本的な鳥獣害防止について話し合い対策を講じていきたいと考えております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 1番、島袋徳和君。



◆1番(島袋徳和君) 115ぺージの農業関係の補助金の件でちょっとお尋ねをしたいんですが、できれば、例えば補助率何パーセントかを後でいいですから資料として提出していただきたいと思います。

 例えば、農薬補助金270万のうち、農家何パーセントが補助率なのか。去年と一緒なのか、変わってるのかも含めて、後でいいですからお願いをしたいと思います。

 その中で、その4節と8節の村の共同防除と農薬購入補助金というのがあるんですが、これは、どういう形で出されてるのか。両方とも農薬の補助になってるんじゃないかなと思うんですが、これはどういう補助形態になってますか。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) ただいまの島袋委員の御質問にお答えいたします。

 4節の共同防除に関しましては、村で共同防除協議会というのがございまして、その中で主にパイナップル、それから、サトウキビを中心に年に2回共同防除を行うということにしております。その中で、その時期が5月の約中旬から下旬、それから、10月の中旬から10月の末に2回実施を行うんですが、その中で使用した農薬につきまして補助を行っているのが4節になっております。

 8節の農薬購入補助の270万につきましては、農協さんの方で農家さんが購買の方で農薬を購入する際に自動的に農薬の補助が受けられるような仕組みになっておりまして、その補助になっております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 1番、島袋徳和君。



◆1番(島袋徳和君) 昨今、食の安全の問題で、できるだけ農薬を使わない農法というのを国も奨励してますし、消費者が求めているところがあると思うんですよ。その中で、例えば、この農薬購入した場合、パイナップルとかパインではなくて、野菜等もやっぱり農薬使われてるわけですから、そこのところの農薬を使わないやつに有機農法と言われるところも含めて、課長の考え方ちょっと聞きたいと思います。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) ただいまの島袋委員の御質問にお答えします。

 確かに最近、中国野菜などで農薬に関するのが世間で問題視されております。特に、国内においては、トレーサビリティーなどの問題がありまして、農薬の使用につきましては、従来より厳しくというか、そういったものになっております。

 農協さん等におきましては、各部会等においては、その農薬の指定された農薬を使用するような指導とか講習会などをやっておるようです。

 農家さんには、無農薬で栽培をしたいという果樹を栽培してる方も中にはいるんですが、どうしても病害虫との戦いというんでしょうか、幾らかは消毒をしたり農薬も必要だということがございまして、仕方ないのかなとは思っております。

 ただ、村の方で堆肥の補助もあわせて従来の25%から50%にアップしておりますし、有機農法につきましても今後とも奨励、推進していきたいと考えております。

 先日、パイナップルの日パ協の方から優良農家に対する表彰がございまして、村内からは4名おりまして、その中でもちろん生産量が50トン以上ということもありましたけれども、農薬に関する使用につきましても、適正に必要最低限の農薬を利用してるということもありまして、表彰を受けた農家さんもおりましたので御報告いたします。

 以上です。



○委員長(大城博君) 1番、島袋徳和君。



◆1番(島袋徳和君) 今、課長の答弁にもあるように、できるだけ農薬を使わない農業をするには、じゃどうするかというのを、役場の中でも土づくり推進の方で50%したと。要するに、地力がつけば、当然、作物に力がつくわけですから農薬が減るという多分論理の中でやってると思いますので、その中で提案なんですが、ばらまき型の農薬の助成の仕方は、今後考えるべきじゃないかなと。これは、役場当然考えてると思いますが、適正に使うていう形であればいいと思うんで、できるだけ減らすような方向で農薬の方は、これは政策としてやっぱり必要だと思います。また、社会のニーズがそういうニーズになってると思いますので、そういうところをぜひお願いしたいなと思います。

 以上で終わります。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) まず、道路134ぺージ、土木費の道路維持費の中に道路側溝清掃ということで414万という予算がありますが、その中身の説明をお願いをします。

 それと、もう一つ、135ぺージ、村道農道維持管理重機使用料、その内容説明をお願いをいたします。

 それと、戻って132ぺージ、これは村長にもお聞きしたいので、ちょっと呼んでもらいたいと思います。東村高規格道路期成会、予算1,000円、費目存置ですよね。さった年でしたかな。あの道路期成会、村長なってから一応その会合があって、その期成会の活動というのは今後も推進をしていくというふうに総会の中で話されたように記憶をしておりますが、1,000円ということは、今度20年度の活動は全く想定をしてないということになります。そうなると、この高規格道期成会というのは、今必要なのか。それとももう今後なくすのかという部分をはっきりしていかないと、総会の中では必要だと、推進をすると、これからやるとしながら、予算の中では、もう1,000円した費目存置、前も費目存置で何も示さんよということになってるんですね。その辺、少し村長の考え方、必要でなければもうなくした方が多分いいでしょうし、これは、経過があって、割と宮城茂の場合に、村長の場にあって、しばらくこう総会もなくって、新しい村長になって高規格道総会を開いて、このもうなくした方がいいて賛否のある中でまた推進をしていくという方向になったと思うんですね。ただ、しかし、今度の予算で1,000円ということになると、今までの何か村長の言ってたことと実際の予算の部分では全くこれはもう費目存置で、もうなくした方がいいんじゃないかという我々が見たらそうなるんですが、その辺をはっきりして今後もやっていくのか。必要ないのかという少しその辺の意見を村長として、会長でもありますから、聞いてみたいなという部分もありますので、委員長。



○委員長(大城博君) 暫時休憩いたします。                       (14時17分)

 再開いたします。                                     (14時18分)

 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) ただいまの池原委員の御質問にお答えいたします。

 高規格道路につきましては、今年度費目存置ということで1,000円しか計上しておりませんけれども、期成会につきましては別途会計を持っておりまして、予算についてはこれまで三、四年分の繰越金が大分あるもんですから、その予算を活用して今後要請活動などをしていきたいと考えております。

 今年度、総会の際には、3月末ごろにはそういう視察、研修会等を行いたいということで事業を予定しておりましたけれども、国、県のちょっと所用がありまして、4月以降にぜひ実施をしてほしいということもありまして、4月に総会もかねて活動したいと思っております。

 ただ、今後の期成会の考え方と申しますでしょうか、どういった活動をするかというのもあわせて次回の総会では議論しまして、今後のあり方というんでしょうか、活動等についても話し合っていきたいと考えております。

 続きまして、134ぺージの道路側溝につきましては──どうも済みません。賃金です、賃金で組んでおりますけれども、これは台風とかそういった異常気象があった場合に村道なり、そういった道路の側溝の清掃のための賃金をとっております。また、今年度実は、パイナップルの今度工事を予定しております慶佐次から江洲に抜ける農道があるんですけれども、この農道につきまして、慶佐次地域や有銘地域が58号線に抜けるために結構道路を利用してるということがありまして、慶佐次地域と有銘地域の区長さんからの要望がありまして、そこの草刈り管理等もこの予算で20年度も行いたいと考えております。

 135ぺージの村道、農道の維持管理、重機使用料につきましては、これも先ほどの予算と兼ね合いがあるんですけれども、台風とか、そういった災害が出た場合に、ダンプやバックホーなどの重機の使用料として予算を計上をしております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) この村道の道路維持費、それは今説明してよく理解をしました。なぜやったかというと、東村の村道、農道の管理を今後どうしていくのかというひとつの私は課題があろうかと思います。

 それと今各区に、3区か、川田、平良、宮城でしたかね。3区の区に村道の草刈り等をお願いをされてるということで、その村道の周辺の草刈り等を行わせて毎年やらせてと思うんですが、今後もそういうあり方でいいのか。それとこれからもう少しこの村道、農道の管理について、本来なら農道は確かに受益者が本来やるべきだと思うんですが、しかし、今東村の状況の中で、これだけ後継者が、昔は広大であって相当の人口がいて、相当利用されてて、そして、砂利敷きとかがあって、相当協調というかなんというか、みんなでやろうというユイマールの部分があって、各部落相当この農道整備にやってこられた歴史が相当あるんですね。しかし、近年農道が整備されて、なかなかそういうもうユイマールで自分らの農道を整備するというもう感覚がなくなってくる。そしてまた、人口も高齢化をしてる。そして、後継者もいない。そして、奧に行けば不毛地がたくさん出てくる。そうなると受益者で全部やりなさいというのは、もう限界に来て、今相当ところどころは、農道歩いてみると、結構草が伸びて、木が伸びて、本当は大きいんだけど、ちょっと道路が草の刈り取りがあるのを数年多分来られんのではないか。結果道路が非常に狭くなってるということで、非常に行き交うのもちょっとまずいというような状況があるんですね。確かに受益者が当然やるべきという部分の基本的な部分はあるんですが、少しもうそれが限界に来てる。そういう部分では、私、今後、今回は、各区に領けるという部分も多分20年度もやられると思うんですが、もう少しその農道とか、多分下水の側溝の掃除、それと草刈り、その辺を行政的な部分で行政がそこをやってあげるということが、今後できないのかどうか。少しこれはこれから外れると思うんですが、課長もしその僕のあれに対して何か意見があれば。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) 池原委員の御質問にお答えいたします。

 確かに現在、村道におきましては、特に、観光施設やダム等に連携している平良区の川田区にあります村道、それから、宮城区の村道に関しましては、区の方と契約をしまして、区の方が賃金を雇いまして管理している状況にあります。

 農道につきましては、基本的に受益者が管理するということで行っておりますが、先ほどの答弁でもお話ししたんですが、慶佐次にあるような農道につきましては、村道と同等の機能を果たしている道路等につきましては、村の方でも一部管理をしている状況にあります。

 費用につきましても、現在19年度の見込みで、村道の管理で114万、それから、その他重機とか農道とかの管理につきまして150万ほどかかっております。すべての農道を管理するとなりますと、やっぱりそれなりの費用もかかりますので、そこはまた財政の方とも調整を図り、また、その農道の中でも利用が多いところがどこなのかとか、いろいろ調査もして検討してまいりたいと思います。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 区に委託されてる草刈り等あるんですが、少しこの予算を上げて、実際区長が中心に人を雇ってあるんですが、どうも能率が上がってない部分もあると思うんですね。これはいろいろ見た人からそういう話がありまして、ただ、区長任せの部分でいいのかどうかという、この要するに予算を上げて区に任せた部分、もちろん頑張ってるというのが本来だと思うんですが、どうも実際、人を使ってあるのに、少し作業能率がちょっと低いのかなという部分もありますので、その辺は新しいまた、今のまま続けるんであれば、そのあり方が作業能率がいいのかどうか、悪いのか、少しその部分は、今後やる場合にもその予算の執行をちゃんとやる場合に、少したまには見て、どの程度まで、かなり出すんであれば、じゃ何日でどこまでというような部分をぴしっとして予算の執行が区がやるからもう任したから適当といっては予算のむだ遣いになりますので、その辺は当然課長としても流す場合には、そのたまには見て監視もするような、見て回るというだけでも相当緊張して作業能率上がるかもしれませんので、その辺を少し予算執行の場合には、少し監視の部分、監視というたらおかしいんですが、たまには見て、作業の部分をちゃんとやる確認も必要だと思います。



○委員長(大城博君) 8番、大宜見朝健君。



◆8番(大宜見朝健君) きょうは、質問しないつもりでいたんですけど、ちょっと農林経済課長の方からちょっとおかしいなと思うところが、疑問点があったんで、池原憲勇委員の質問に対しての答弁はおかしいんじゃないかなと思うところがあったんで、ちょっと僕も質問したいと思います、関連で。

 慶佐次から江洲に抜ける道の草刈りと、有銘区と慶佐次区から要請が出てるというふうに答弁がありましたけど、向こうは村道になってるんですか県道になってるんですか。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) 大宜見委員の御質問にお答えいたします。

 県営の農道になっておりまして、本来だと県の方で管理をしないといけないようなことになっております。ただ、県の方といたしましても、今後は村の方に移管をしたいという考えもありまして、なかなか管理を十分にしていただけてないのが現状にあります。特に、その地域におきましては、学校、高校などに行くための普通、送り迎えについての通学路というんですか、で頻繁に使ってるということから、両方から大分木が茂っておりまして、道路幅が極端に狭い部分もあり、交通安全面からもかなり危険なところもありましたので、村の方で今年度管理をして、次年度もやっていきたいと考えております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 8番、大宜見朝健君。



◆8番(大宜見朝健君) 僕も農林の内間課長がおるときに、大分再三こういう両サイド草が茂ってるからどうにかできないかというふうに個人的に要望とかいろいろしてきた仲ですけど、農林サイドの方は、両道をつくって、その維持管理というのはないということで、そのときには答弁聞いておりました。

 しかし、今村道にもならない県のサイドで道をつくって、まだ委託業務も村に完成してない中で、それだけの出費が出るというのは、村の一般財源からの趣旨で出ると思うんで、そういうのに対してちょっともうちょっと農林サイドにかけ合って予算を請求してもいいんじゃないかという気がするんですけど、それはできないんですか。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) 大宜見委員の御質問にお答えいたします。

 まだ、私が直接要望などしたことがありませんので、今後確認などしたいと思います。ただ、県の方の考えもある程度は受益者の方で管理していただきたいというのもあるようでございますので、ただ、余りにも道幅が狭い部分もありましたので、今後は村だけではなく県の協力も得られないか等の要望なども行ってまいりたいと思います。

 以上です。



○委員長(大城博君) 8番、大宜見朝健君。



◆8番(大宜見朝健君) 一応、100%は村負担じゃなくして、50%、50%でもいいし、そういうふうな駆け引きでぜひ県サイドからもそれだけの事業をするんですので、ぜひ何らかの項目でこの計画を進めてきてもらいたいと思います。

 もう一点ですけど、これも池原委員の質問の関連ですけど、今、県道、国道、業者の方で草刈りされてますよね。県道沿いの草刈りとか、それされてますよ。それが、草を刈って片づけまでで、平米100円から高くて110円だと思います。そうした場合に、今、村道のサイドを草刈りした場合に、何平米、何千平米あるかは知らないんですけど、何人区で何十万ぐらいかかってるのか、何百万ぐらいかかってるのか。わかる範囲内でいいんで、ちょっと答弁をお願いしたいと思います。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) ただいま大宜見委員の御質問にお答えいたします。

 県、国道につきましては、委託をして管理されていて、平米100円か110円ということでお聞きしたんですが、村としましては、その延長にかかる金額が幾らとか、ちゃんとした積算をしておりませんので、ただ、その金額でどれだけの延長が管理できてるのかというのを今手元の方にはちょっと資料がございませんので、調べて後で御報告ということでよろしいでしょうか。



○委員長(大城博君) 8番、大宜見朝健君。



◆8番(大宜見朝健君) 今、厳しく言うつもりはないんですけど、一つの例として、県予算として100円から110円ということを念頭に置いて、それ平米の単価ですよ。片づけまで入れてです。今、各区がやってるシステムでどれだけの金額がかかって、どういうふうなやり方でやってるという平米数も計算して、どれが安いのか、どれが高くつくのか、それを検討して今後前に池原委員が言ったように、検討する余地があるんじゃないかと思うんで、そういう質問をしてるんで、ひとついい方に進めるような考えをして進めてもらいたいと思います。

 以上です。



○委員長(大城博君) 2番、金城允士君。



◆2番(金城允士君) 教育課長、148ぺージです。子ども達が一番非常に1年のうち楽しみにしておりますし、そしてまた、いい面で結果も出しております八幡地区の交流の翼事業でございますが、今後の従来どおりの交流事業ができるものなのかどうかお聞きします。



○委員長(大城博君) 教育課長、福永政也君。



◎教育課長(福永政也君) ただいまの金城委員の質問にお答えいたします。

 八幡地区との交流事業、ことしで14回目を迎えましたが、先般、昨年の10月ごろでしたか、向こうの(ミツヅカ)さんという室長が来て、今後も当方としては形は変わっていくかもしれない。例えば、酒田市全体での八幡地区ですので、酒田の子供たちが仮に今後入ってきたり、今は八幡地区だけの子供たちなんですよ。そういう形になってでもいいから、今後は私たちとしてはやっていきたいと。私たちも村の方としてもぜひお願いしたいということでありますので、しばらくの間は続けていきたいというふうに思っております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 2番、金城允士君。



◆2番(金城允士君) 今課長がもう先ほどからおっしゃいましたんですけれども、やっぱり吸収合併されまして酒田市になってるわけですから、いつまでも八幡地域を特別扱いというわけには今後はいかないと思うんですよ。だけども、せっかく14回も重ねてきている交流の事業でありますし、子供たちにとっても非常にいい社会勉強になりますし、大人になったら人生の過程において大変プラスになる事業じゃないかなと思います。

 それで、そのまた別のサイドで津波小も交流事業をやってるみたいではあるみたいですけれども、やっぱり当初の八幡地域のこの小学校を対象としたこの事業ていうのは、先方がどういう形で出てくるか、それはちょっとわかりませんけれども、何とかスムーズに今後も継続できる方法がとれるんであれば継続をお願いしたいと思います。もしそれができないというんであれば、北塩原ですかな。それに1本に絞っていってもいいんじゃないかなというような感じがしますけどね。どうでしょうか。



○委員長(大城博君) 教育課長、福永政也君。



◎教育課長(福永政也君) その前に先ほどの私、(ミツヅカ)という室長の名前を間違えましたが、三柏でした。大変失礼いたしました。

 先ほど今の金城委員の質問にお答えいたします。

 そうですね。私どもとしても、今後酒田市八幡地区との交流事業、そして、福島県北塩原村との交流事業も継続してできていったら、向こうの先方の方の財政の事情もあるんですが、向こうの方がよろしければ続けていきたいなというふうに思っております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 2番、金城允士君。



◆2番(金城允士君) じゃ質問をまた変えます。

 学校建設費153ぺージで、工事請負費で1,400万出ておりますけれども、どこの学校でしょうか。



○委員長(大城博君) 教育課長、福永政也君。



◎教育課長(福永政也君) 平成20年度は、高江小学校教員宿舎を予定しております。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 学校管理費少し二、三伺いたいと思います。

 管理費151ぺージ、単独事業で232万円ついてますが、この中身の説明お願いします。

 次、下がって公有財産購入費87万2,000。何をどこ、内容の説明をお願いします。

 そして、允士委員からありました補助費、多分説明あった教員住宅だと思いますが、教員住宅1戸なのかどうか。そして、主たる単独事業ていうと115万5,000円があります。この単独事業の中身ですね。

 それと、先ほどに戻りますが、いずれ合併するという考え方が教育委員会の中にあるのかどうか。それで、今後まず、教員住宅多分高江校区(発言する者あり)ちょっと単独事業のすぐ上だからね。1,365万、これ多分予算化すると1戸、高江の校長を前にちょっとあれしたら2戸ぐらいほしいという意見もあったんですが、しかしながら、前に合併の話が出て、少しとんざした部分はあるんですが、この合併について今後教育委員会として少し考え方があればひとつ伺いたい。

 なぜかというと、合併が仮に5年後とか何年後にという想定をしてると。この教員住宅数年で不要の長物になるという可能性もあります。そういう部分から見て、合併というものの想定が教育委員会の中に大体あるのかないのか。それとあるとしたら、何年後ぐらいになるのかという部分をひとつお聞きしたいと思います。



○委員長(大城博君) 教育課長、福永政也君。



◎教育課長(福永政也君) ただいまの池原委員の質問にお答えします。

 ぺージ151ぺージの単独事業ですね。ことしは高江小学校が100周年の記念の年になります。この高江小学校100周年の記念、学校の方から出てきている要望で視聴覚室、給食室の塗装──ペンキ塗りです。それに約126万円ぐらい。そして、今度、学校の学校車ていうんですかね、ワンボックスカーがあるんですが、8人乗りの。それの今の現状としては、トタンぶきでとても耐用年数も古くて、その車庫をつくってほしいという要望がありまして、それに100万。トータルで約230万ぐらい入っております。

 続きまして、下の公有財産87万4,000円ですね。これは、現在、東小学校の体育館の部分が5筆、5名の方々の名前がそのまま生きてて、現在東村名義なってないんです。その財産を購入しようということで平米単価大体770円を1,134平米を予定しております。東小学校運動場及び体育館の土地ですね。

 次は、153ぺージの単独事業でした。単独事業に関しては、これは先ほど金城委員からの御質問ありました高江小学校教員宿舎の補助事業の部分の1,365万は建設なんですが、取り壊しに関しては、見てもらえないものですから、現在ある既設のあるやつの取り壊し料です。

 以上です。(「何棟ね」と呼ぶ者あり)

 大変済みません。50平米の1棟です。現在のと一緒です。(発言する者あり)

 中学校の統合問題についてなんですが、昨年7月に教育長が誕生いたしまして、本年度から、平成20年度からこの教育長の方針で統合をやっていきたいということでありますので、今回もこの何年かに向けてはよくまだ未知数なんですが、ことしから統合委員会を立ち上げて進めていきたいというふうに思っております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 東校の敷地の購入、大分あそこは前から学校体育館があって、大分多分公共の事業ですから、登記とかそういうものは大分手順として相当立派にやって今が本来はあると思うんですが、これだけたって、今ごろから登記が5名あって、それを払うというのは、なぜそれがわかったですか。後で調べたらそれが出てきたから払わんといかんと思ってるのか、それとも登記した地主の方からこれは私たちの土地だから、これは購入しなさいとか、何かあったのか。その辺のひとつ事の起こりのひとつの説明ですね。

 それと、学校統合委員会、教育長なって、今後検討委員会をつくるということですので、まず仮に検討委員会を持って、そういうひとつまた教育長のまだ発想の段階ですから、今後どういうふうに動くかはわからないんですが、まず、その学校も当然こういうの視野に入れて動くとなると、やっぱり学校公共施設の整備とか、そのする場合に、この統合というものと常に見ながらバランスをとりながら事業費をやらないと、ただ一学校が要求あるから単年度単年度でどんどんやってしまうと、仮に統合が5年後にとかなった場合に、この事業がむだになるんですね。だから、その辺も含めて慎重にやっていかないと、もちろん統合の考え方、統合委員会をつくるんであれば、そういう動きとともになって予算を考えんといかんですけど、その辺は今後ともそういうものが今考え方として教育長の中にあって委員会をつくるんであれば、これからその辺は慎重にしていっていただきたいなというふうに思います。



○委員長(大城博君) 教育課長、福永政也君。



◎教育課長(福永政也君) 公有財産購入の件なんですが、私も昨年の7月に教育課長を拝命されて、事務引き継ぎの中にそれがありまして、私としてもちょっと今どういう答弁していいかよくわからないんですが、事務引き継ぎにあったと。平成20年度から整備していこうというふうに思いまして今回この形になっております。

 統合の問題に関しては、今、池原委員がおっしゃるとおり、やはり今後もいろいろ施設の整備等も加味しながら、いろいろな面で検討していけたらいいなというふうに思っております。

 以上です。



○委員長(大城博君) ほかに質疑はありませんか。8番、大宜見朝健君。



◆8番(大宜見朝健君) 122ページの賃金の方で、有害鳥獣駆除の42万円があるんですけど、それと、123ページの有害駆除の202万円があるんですけど、これは202万円の件に関しては補助金の交付金とされているんですが、賃金というのは、これはどういう賃金なのか、説明をお願いします。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) 大宜見委員の御質問にお答えいたします。

 賃金に関しましては、従来、狩猟者の方に駆除の際に払っている賃金となっております。20年度におきましては、協力会が立ち上がっておりますので、その協力会の方を中心に駆除をお願いしたいと考えております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 8番、大宜見朝健君。



◆8番(大宜見朝健君) 42万円の積算の方法は、どういうふうな方法で42万円という賃金のあれが出たのですか。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) お答えいたします。

 年間3回を予定しておりまして、実質的2名の方が19年度も駆除に携わっていただいております。それを7,000円の10日、2人で3回ということで積算をしております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 8番、大宜見朝健君。



◆8番(大宜見朝健君) これは、カラスとか、そういうイノシシとか等の被害の駆除をする賃金だと思いますけど、そこで、有害鳥獣駆除の202万円というのは、イノシシのあごとか、カラスのくちばしに対しての補助金だと思います。そこで、鉄砲隊が、そういうメンバーが、公費を使って駆除をするというふうなことになっている中で、その方々が、駆除してきたカラスの口とか、イノシシのあごとか、そういうものに対しての補助もそれに、賃金の別にそれが入ってくるのかどうか。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) 大宜見委員の御質問にお答えいたします。

 駆除を行っている狩猟者の方からは、以前から狩猟するのにももちろん時間も要しますし、一番その玉代というのでしょうか、そういったものも結構な費用がかかるということから要望がありまして、賃金はとっております。で、その狩猟者が、もちろん駆除しましたカラスにつきましても、補助金をカラス、イノシシにつきましても1,000円の、1発当たり1,000円の補助を交付しております。



○委員長(大城博君) 8番、大宜見朝健君。



◆8番(大宜見朝健君) その公費を使って捕獲した物件に対して、補助をつけるというのは、僕の頭がおかしいのかどうか知らないんですけど、矛盾しているんじゃないかという気がします。

 そこで、今答弁の中で、これに対しての玉とか、そういうのが高いというふうなと答弁がありましたけど、あえてこの賃金というのを本当に7,000円の計算では物すごく安いと思っています。そこで、弾代まで、この関係者が出すとなると、本当にかわいそうだとは思います。そこで、賃金をアップして、捕獲した鳥獣関係に対しての補助金っていうのは、削除できないのかどうか。それに補助金を出すものに対して、それを賃金に上乗せをして支払いをした場合に、もう生産者から見ても説明が行くんじゃないかという気がするんですけど、それに対しての答弁をひとつお願いします。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) 大宜見委員の御質問にお答えいたします。

 先ほど、今後の駆除の考え方につきましても答弁をいたしましたけれども、今後、協力会っていうのを狩猟者の皆さんで立ち上げておりますので、駆除方法とか、実際にかかっている費用とかっていうのも、十分に意見を聞きまして検討していきたいと思います。

 狩猟者の方が、実際1日当たりどのぐらいの弾代であったり、時間を要してというのを積算などをしておりませんので、そういったものも、今後は狩猟者の皆さんと意見を聞き、検討してまいりたいと思います。



○委員長(大城博君) 8番、大宜見朝健君。



◆8番(大宜見朝健君) これで最後の質問になるんですけど、前回の4日でしたか、3月4日に議会運営委員会の中で、要望書の中に、公費を使った有害鳥獣駆除はしてはならないというふうな国からとか、県、国ですかね、そういうところからの要請文の中に、そういう文言が含まれてきていたんですけど、地元としては、役場としては、今後どのようなものが決まった場合に、どういうふうな対策をとっていくか、ちょっと答弁をお願いしたいと思います。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) 大宜見委員の御質問にお答えをいたします。

 その件に関しましては、ちょっと私の方が掌握をしておりませんので、確認をして報告をしたいと思っております。

 また、先ほど鳥獣会の対策協議会に向けても取り組んでいきたいということも答弁をいたしましたけれども、その中でも、駆除隊の編成など、そういったものもその事業で導入ができるか等も検討していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 以上です。



○委員長(大城博君) 8番、大宜見朝健君。



◆8番(大宜見朝健君) 今、環境の方から1回も質疑を受けたことがないということでのちょっとした冗談っぽい言葉が出たので、それに関して、ちょっと環境衛生の件で質問したいと思います。

 赤土等流出防止対策、そういうふうな関連での事業というのは、県の補助金とかそういうもので進んでいる中で、3次振興計画、4次振興計画の中にも含まれている汚水とか、悪臭問題に対してもそういう取り組みに対しては、どういうふうになっているのか答弁願いたいと思います。



○委員長(大城博君) 環境保健衛生課長、港川尚樹君。



◎環境保健衛生課長(港川尚樹君) ただいまの大宜見委員の質問にお答えします。

 たしか、汚水とかの悪臭の問題、ある地域からかなり毎年のごとく来ております。それにつきまして、一応担当課としましたら、悪臭の発生源と思われる方のところに出向いて、一応指導等をやっている状況です。

 今後、どのようにするかということでありますけれども、今東村は、この悪臭防止法による、一応網、ある程度かぶせておりますので、その辺を踏まえてあと県保健所あたりとタイアップしながら悪臭は抑制できるような方策を考えていきたいと思っております。



○委員長(大城博君) 8番、大宜見朝健君。



◆8番(大宜見朝健君) 悪臭問題とか、汚水に関しては、今後進めていくというふうにとってよろしいわけですね。



○委員長(大城博君) 環境保健衛生課長、港川尚樹君。



◎環境保健衛生課長(港川尚樹君) 大宜見委員の質問にお答えします。

 この悪臭の苦情等につきましては、宮城区からも区長さん名で一応指導といいますか、そういった要望も来ておりますので、その要望を踏まえながら担当課としては取り組んでいきたいというふうに考えております。



○委員長(大城博君) 8番、大宜見朝健君。



◆8番(大宜見朝健君) ここまではっきりした質問はしたくないんですけど、公共施設からの汚水、悪臭が出ていることで、僕は役場に赴いて農林建設経済課長と話しをしたことがあります。それで、どういうふうな根源で、ここから悪臭が出ていると、汚水が出ているというふうなことも話ししました。しかし、一向に対応されていないわけですよ。ヒューム管ののみ口の方が詰まって、そこに汚水がたまって悪臭が漂っているというふうな話しまでしたんです。それが、全然されていないと、あと手をつけられていないと、今現在です。それで、今後それに前向きに検討していきたいと、悪臭問題、汚水問題に対して検討していきたいというふうな答弁だけで、本当に済ますのか、本当に実施していくのか、ここではっきりしてもらいたいと思います。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) 大宜見委員の御質問にお答えいたします。

 以前、委員からありました団地からの汚水の件だと思います。調査をしましたところ、浄化槽のくみ取り等が定期的になされていないというのがわかりまして、その浄化槽のくみ取りにつきましては、入居している住民の方が協力して行うということになっておりまして、そういったものがちゃんとなされていないっていうのがありまして、定期的に処理業者の方にお願いをして、くみ取りするようお願いをしているところでございます。

 ただ、まだ一部若干確かににおいがするところもありますけれども、そういったのをまた調査して改善していきたいと思います。

 以上です。



○委員長(大城博君) 8番、大宜見朝健君。



◆8番(大宜見朝健君) 今、農林経済建設課長からの答弁がありまして、浄化槽の問題がされていなかったと答弁が出ておりましたけど、浄化槽だけの問題じゃないと思います。実際、台所からのおわんを洗ったり、いろいろなこういう汚水が直接U字溝に流れて、人の家の玄関の前にヒューム管が出て、それから、ヒューム管ののみ口があって、それから下流の方に流れていくシステムになっているんですけど、そこの口が詰まっているんですよ、半分以上。そこに水がたまれば、生ごみは、そこにたまると、そういうふうなところから、そういう悪臭というのが出てくると、僕はそう思うので、そこまで、ぜひこの行政側として対応してもらいたいと、これを強く要望します。

 以上です。



○委員長(大城博君) 農林水産建設課長、金城幸人君。



◎農林水産建設課長(金城幸人君) 大宜見委員の御質問にお答えいたします。

 今後そういった箇所をもう一度点検いたしまして、対応していきます。できましたら、もう一度、詳細のほどは、後ほど教えていただければと思います。よろしくお願いします。

 以上です。



○委員長(大城博君) ほかに質問はありませんか。

 質疑を終結したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 これで質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 討論の発言を許します。討論ありませんか。

 討論を終結したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 これで討論を終わります。

 しばらく休憩をいたします。20分まで。                           (15時08分)

 再開いたします。                                     (15時20分)

 これより採決に入ります。

 お諮りします。議案第13号平成20年度東村一般会計予算について、本案は原案どおり可決すべきものと決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 よって、本案は原案どおり可決すべきものと決定されました。



△日程第2.議案第14号平成20年度東村国民健康保険特別会計予算について を議題とします。

 これより質疑に入ります。

 質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

 質疑を終結したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 これで質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 討論の発言を許します。討論はありませんか。

 討論を終結したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 これで討論を終わります。

 これより採決に入ります。

 お諮りします。議案第14号平成20年度東村国民健康保険特別会計予算について、本案は原案どおり可決すべきものと決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 よって本案は原案どおり可決すべきものと決定されました。



△日程第3.議案第15号平成20年度東村老人医療費特別会計予算について を議題とします。

 これより質疑に入ります。

 質疑の発言を許します。3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 初日の本会議の中でも質問をしたと思いますが、後期高齢者医療制度の移行がなされるようであります。そして、その移行することによって老人保健、また新しく後期高齢者当初予算というのができてきます。その部分を再度詳しく御説明をしていただきたいと思います。



○委員長(大城博君) 住民福祉課長、比嘉一之君。



◎住民福祉課長(比嘉一之君) 池原委員の質問にお答えします。

 先日、本会議で、先ほどありましたように質問がありましたように、本会議での答弁を訂正し、本日再度質問に答弁いたします。

 老人医療特会ですが、去年は、昨年の予算は支払い基金交付金の方で1,100万円、国庫支出金で700万円、県支出金で約200万円、それで繰り入れで約200万円、失礼しました。今言ったのがことしの予算で、前年度の予算が、支払い交付金で1億2,000万円、国庫支出金で8,100万円、県支出金で2,000万円、トータル、繰入金が2,000万円、トータル2億4,400万円の予算が、今回2,300万円ということで、大幅に2億2,000万円のマイナスとなっております。

 それについては、後期高齢者の広域連合ができたために、こういった支払い基金、国庫支出金、県支出金が、そのままその事業が、広域連合の方に流れていきます。そこで事業が展開されるため2億円余りの減となっております。

 今回、ことしの2,300万円というのは、ことしの後半部分の医療費の処理が残るために、若干は、支払い基金、国庫支出金、県支出金の方から、実際報告をしまして、そのお金が入ってくるために、その残の20年、21年ぐらいまではかかりますので、大体その事業の2,300万円が、ことしは残っております。そのために、大幅な後期高齢者の連合会ができましたので、そちらの方に2億円余りは、そこの方で事業が展開されるということで、これだけの大幅な2億2,000万円のマイナスとなっております。

 以上です。



○委員長(大城博君) ほかに質疑はありませんか。

 質疑を終結したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 これで質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 討論を終結したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 これで討論を終わります。

 これより採決に入ります。

 お諮りします。議案第15号平成20年度東村老人医療費特別会計予算について、本案は原案どおり可決すべきものと決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 よって本案は原案どおり可決すべきものと決定されました。



△日程第4.議案第16号平成20年度東村後期高齢者医療特別会計予算について を議題とします。

 これより質疑に入ります。質疑の発言を許します。

 1番、島袋徳和君。



◆1番(島袋徳和君) 3月7日の沖縄タイムスに、こういう記事が出ているのを皆さん、担当課長、これ見ていますよね。で、低所得ほど負担増という記事が、実は出ているんですが、東村の場合、所得が県内でもそんなに高い方ではなくて、下から数えた方が早いという低所得になるわけですが、ということは、東村の場合は、より負担がふえるのか、要するに75歳以上の後期高齢者の場合の負担金の割合なんですが、どれぐらい増になるとシミュレーションしているのかお尋ねをしたいと思います。



○委員長(大城博君) 住民福祉課長、比嘉一之君。



◎住民福祉課長(比嘉一之君) ただいま島袋委員の質問にお答えします。

 先日の新聞で、そういった報道をされて、自分も即担当の方に聞いたですね。東村も広域の方で算定はするのですが、そういった低くて、そういった増になるということは、市町村によって違いますが、東村は、こういった過疎地区という部分で軽減されるものがあるんですよ。それを入れたら上がることは、担当の方に確認したらないそうです。ですから、都市地区は軽減措置がないんですよ。こういったところ、過疎の場合軽減措置がありますから、それをいろいろ所得割、均等割、いろいろな計算はあるのですが、そういった軽減されて、この新聞報道されたように上がるというふうな、東村としてはないということを確認しております。

 以上です。



○委員長(大城博君) 1番、島袋徳和君。



◆1番(島袋徳和君) 確かに、この新聞で報道されたのは市の場合、6つの市で試算をした場合に、こういうのが出たということで出ておりますので、それだけを見たら、確かに、全市町村にまたがった形で考えがちなんですね。課長が言ったように、それが、過疎地の手当であるとか、その他のもので、今までより上がることはないという状況であれば、それにこしたことはないと思いますので、まだ具体的な多分数字は出ていないものと思いますが、そういう今課長の答弁がそういうことであれば、それでやっていただきたいと思います。

 以上で終わります。



○委員長(大城博君) ほかに質疑ありませんか。

 質疑を終結したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 これで質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 討論の発言を許します。討論はありませんか。

 討論を終結したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 これで討論を終わります。

 これより採決に入ります。

 お諮りします。議案第16号平成20年度東村後期高齢者医療特別会計予算について、本案は原案どおり可決すべきものと決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 よって本案は原案どおり可決すべきものと決定されました。



△日程第5.議案第17号平成20年度東村簡易水道事業特別会計予算について を議題とします。

 これより質疑に入ります。質疑の発言を許します。

 質疑はありませんか。

 質疑を終結したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 これで質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 討論の発言を許します。討論はありませんか。

 討論を終結したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 これで討論を終わります。

 これより採決に入ります。

 お諮りします。議案第17号平成20年度東村簡易水道事業特別会計予算について、本案は原案どおり可決すべきものと決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 よって本案は原案どおり可決すべきものと決定されました。



△日程第6.議案第18号平成20年度東村人材育成基金特別会計予算について を議題とします。

 これより質疑に入ります。質疑の発言を許します。

 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 施政方針の中にあったと思いますが、文化協会を設立するというような文言があったと思うのですが、事業費の中で芸能文化助成対応費とか、いろいろあるんですが、この文化協会というのがどういう形のものができるのか、そして、今芸能文化、そういう部分が、多分この辺にあるのかなという気もするのですが、その辺、この人材育成と関係があるのか、予算的に、ちょっとその辺の中身、少し内容を説明していただければ。



○委員長(大城博君) 総務財政課長、宮城準君。



◎総務財政課長(宮城準君) ただいまの池原委員の御質問にお答えをいたします。

 まず、人材育成基金と文化、施政方針にありました協会との兼ね合いはないと思っています。一般会計の中の文化財がありますので、そことの関連性が大きいのかなと思います。

 あくまでも、人材育成の場合は、貸与していくという部分ですので、そこのそういう協会の設立云々のかかわりは、教育委員会の分野になろうかと思っています。



○委員長(大城博君) ほかに質疑ありませんか。

 質疑を終結したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 これで質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 討論の発言を許します。討論はありませんか。

 討論を終結したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 これで討論を終わります。

 これより採決に入ります。

 お諮りします。議案第18号平成20年度東村人材育成基金特別会計予算について、本案は原案どおり可決すべきものと決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 よって本案は原案どおり可決すべきものと決定されました。

 以上で、本日の日程は、全部終了いたしました。

 この際、お諮りいたします。付託事件に対する委員会報告書の作成につきましては、委員長に委任されたいと思います。御異議ございませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(大城博君) 「異議なし」と認めます。

 よって、さよう決定しました。

 これで予算審査特別委員会を閉会いたします。

(15時39分)