議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 東村

平成 27年 9月 予算審査特別委員会 09月11日−01号




平成 27年 9月 予算審査特別委員会 − 09月11日−01号









平成 27年 9月 予算審査特別委員会


┌─────────────────────────────────────────────┐
│平成27年第6回東村議会予算審査特別委員会会議録                      │
├─────────┬───────────────────────────────────┤
│招集年月日    │平成27年9月11日                           │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│招集場所     │東村議会委員会室                           │
├─────────┼───┬─────────────────┬───┬─────────┤
│開・閉の日時   │開会 │平成27年9月11日 午前10時00分  │委員長│比 嘉 重 範  │
│及び宣言     │閉会 │平成27年9月11日 午前11時26分  │委員長│比 嘉 重 範  │
├─────────┼───┼─────────────┬───┼───┴─────────┤
│出席(応招)委員 │議 席│氏   名        │議 席│氏   名        │
│         │番 号│             │番 号│             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │1  │港 川 實 登      │6  │比 嘉 重 範      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │2  │伊 佐 真 次      │7  │平 田 嗣 雄      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │3  │神 谷 牧 夫      │8  │池 原 憲 勇      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │5  │仲 嶺 眞 文      │   │             │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│欠席(不応招)委員│   │             │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │   │             │   │             │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│会議録署名委員  │1  │港 川 實 登      │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │2  │伊 佐 真 次      │   │             │
├─────────┼───┴────┬────────┴───┴─────────────┤
│職務のために出席 │事務局長    │平 田 尚 樹                   │
│した者の職氏名  ├────────┼──────────────────────────┤
│         │臨時的職員   │親 泊 彩 華                   │
├─────────┼────────┼────────┬────────┬────────┤
│地方自治法第121│村長      │伊 集 盛 久 │建設環境課長  │宮 平 勇 二 │
│条により説明のため│副村長     │金 城 紀 昭 │農林水産課長  │宮 城   準 │
│出席した者の職氏名│教育長     │比 嘉 一 之 │教育課長    │比 嘉 鶴 見 │
│         │会計管理者   │松 田 恵里子 │        │        │
│         │総務財政課長  │福 永 政 也 │        │        │
│         │企画観光課長  │金 城 幸 人 │        │        │
│         │住民課長    │宮 城 調 秀 │        │        │
│         │福祉保健課長  │上 原 朝 文 │        │        │
└─────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘






△平成27年第6回東村議会予算審査特別委員会議事日程表(第1号)

平成27年9月11日

開 会 午前10時


┌────┬─────┬──────────────────────────────┐
│日程番号│議案番号 │件        名                    │
├────┼─────┼──────────────────────────────┤
│1   │     │会議録署名議員の指名(1番 港川實登君・2番 伊佐真次君) │
│    │     │                              │
│2   │議案第50号│平成27年度東村一般会計補正予算(第2号)について      │
│    │     │                    (質疑・討論・採決)│
│3   │議案第51号│平成27年度国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について  │
│    │     │                    (質疑・討論・採決)│
│4   │議案第52号│平成27年度東村後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第1号) │
│    │     │について                          │
│    │     │                    (質疑・討論・採決)│
│5   │議案第53号│平成27年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について│
│    │     │                    (質疑・討論・採決)│
│6   │議案第54号│平成27年度東村人材育成基金特別会計補正予算(第1号)について│
│    │     │                    (質疑・討論・採決)│
└────┴─────┴──────────────────────────────┘






○委員長(比嘉重範 君) おはようございます。早速、予算審査特別委員会を開きます。     (10時00分)



△日程第1.会議録署名委員の指名を行います。

 会議録署名委員は、1番、港川實登君、2番、伊佐真次君を指名します。

 暫時休憩します。                                     (10時00分)

 再開します。                                       (10時01分)



△日程第2.議案第50号平成27年度東村一般会計補正予算第2号についてから日程第6.議案第54号平成27年度東村人材育成基金特別会計補正予算第1号についてまでを一括して議題としたいと思います。

 これに御異議はありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(比嘉重範 君) 「異議なし」と認めます。したがって、日程第2、議案第50号から日程第6、議案第54号までを一括して議題とすることに決定しました。

 質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) ページ、7ページです。ふるさとづくり給付金っていうのは、どこからか。どこからというか、給付金ですのでどこからなのかというのと、9ページのふるさと納税委託料というのはどういう業者にどういった形で入札等をやったのか、またどういう会社名なのか。済みません、じゃあ7ページと9ページお願いします。



○委員長(比嘉重範 君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいま仲嶺委員の御質問にお答えします。

 ページ、7ページのふるさと東村ふるさとづくり給付金500万の収入があります。関連してページ、9ページの13節の委託金のふるさと納税委託料ということであります。

 現在、私たちふるさと納税をやっているんですが、今日現在、1件で10万しか入っていなくて、それではなかなか前に進まないと考えまして、業者に委託をさせようということであります。その業者は結構県内でもいい業者でありまして、まだ契約はやっていないんですけど、各町村方でも結構実績のある業者でありまして、大体私たちとしては残り半年ぐらいで500万ぐらい収入を見込んでいます。

 関連してページ、9ページはこのふるさと納税委託業者についての謝礼金というか、委託料と御礼の品々の分であります。例えば、比率的には御礼の品としては全体100%とした場合、33%、委託会社へは15%、その他手数料で2%の50%、そして村へは50%というフォームをイメージしております。15%というのは、またその内訳がありまして、10万未満が15%、業者の手数料です、10万から50万未満でしたら10%、50万から100万でしたら7%、100万以上でしたら5%というふうに金額が上がれば上がるほど業者の手数料は低くなっていくというようなイメージをしております。以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) ふるさと納税を啓蒙というか、それをもう業者にずっと任すと、よくインターネット等あります、いろんな地域の。50万までだったら宿泊がついたりとか、いろんなやり方があるとは思うんだけど、それをそのまま500万ふるさと納税のうちの50%をそういう委託する。じゃあ、後でもいいですので、その沖縄でも有名な会社であるんだったらその会社の概要みたいなものあると思いますので、やっぱり資料があったら、会社の、見てみたいと思います。

 じゃあ、次行きます。10ページ。

 備品購入となっております。一般管理費の中で564万円、また企画課も253万円か、その下の委託料補助事業とは、機械器具備品購入補助事業、その下の11ページの工事請負5,700万、どこかまた、もう決まったのか入札も終わったのか、お願いします。



○委員長(比嘉重範 君) 企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) では、仲嶺委員の御質問に、まず私のほうからお答えいたします。

 10ページの企画費の備品購入の253万円につきましては、一般コミュニティ事業で実施をする備品購入となっております。今年度は宮城区のほうでテーブル、椅子、テント、ポータブルスピーカー等を川田区においてはテーブル、椅子、テント、慶佐次区においてはカラオケ設備の備品を購入する予定になっております。

 なお、歳入のほうでも雑入で249万9,000円補正をしておりますので説明といたします。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいまの仲嶺委員の御質問にお答えいたします。

 ページ、10ページの備品購入564万円、これは現在の村庁舎専用の公用車であります。現在の公用車が平成10年11月に購入されておりまして、経過としては16年と10カ月、走行距離にして約40万キロ、39万キロは走っております。

 昨日も公用車が、この1号車が村長を乗せて出張に出たんですが、途中でとまってしまってエンジンがかからない状態でありまして、どうしてもちょうど買いかえたタイミングもよくて、公用車の代金が564万円の予定であります。

 続きまして、13節の委託料、これは農民研修施設、事業名は東村文化交流施設機能強化事業ということであります。これは前回まではフロアのほうを改修したんですが、今回は舞台から楽屋を、舞台一面をあの辺の委託料を予定しています。

 それに伴って15節、その工事費であります。その工事費が5,756万8,000円ということになっております。一括交付金関係の補助事業であります。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) もう工事の入札等は終わったのかというのと、ちょっと1つ10ページの需用費の中の修繕費はどこなのか。もう公用車は車種とかの検討とかも入ってますか。この3つお願いします。



○委員長(比嘉重範 君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいまの仲嶺委員の御質問にお答えいたします。

 まず、工事委託等については、今議会の予算が通らないといけませんので、そのための補正予算でありますので御了承ください。議会終了後、発注して契約に進めます。公用車の検討ということでありますので、村長自身に聞いたら、やはりクラウンのほうがしっかりボディが安定しているということで、私たちはできたらこのクラウンロイヤルサルーンというタイプを予定しております。

 どうしてもこのタイプだと、前回も平成13年に前村長、宮城村長のときに後ろに乗ってて、後ろからごつんと追突された経緯がありまして、しっかりボディが安定しているほうがいいということで大きめのタイプを予定しております。

 続きまして、修繕費です。



○委員長(比嘉重範 君) 企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) 仲嶺委員の御質問にお答えいたします。

 企画費の修繕費の184万4,000円につきましては、イントラネット東村BBの修繕になります。

 実際、7月の台風9号で東部交流館慶佐次の水道の浄化センターのほうにあります中継局が台風等の影響で壊れまして、それに伴う修繕です。

 あと平良伊是名間の国道の崩落によって光ケーブルが切断被害に遭いました。その復旧にかかる修繕等の費用になっております。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) 総務費の東村航空写真画像データ構築業務とは。(「ページ」と言う者あり)ページ、11ページ、総務の13委託料です。



○委員長(比嘉重範 君) 住民課長、宮城調秀君。



◎住民課長(宮城調秀君) ただいまの仲嶺委員の御質問にお答えいたします。

 住民課のほうでは固定資産の管理として土地台帳とかを管理しているんですけど、その中に東村の航空写真のデータが入っております。現在の写真が平成19年に入れまして、もう7カ年経っていることからあちこち東村の形状も結構変わってきているんじゃないかということで、この航空写真の入れかえを予定しております。

 これにつきましては、住民課だけじゃなくて農業委員会とか全域の写真ですので、何かあればいろんな課が活用できるデータですので、決して安い金額ではないんですけど、総合的に判断して入れかえをしようということでの485万の写真データの入れかえ業務になります。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) わかりました。

 確認なんですが、農業委員会の地籍図と今新しく平成19年のだから入れるのとは一緒なのか、それとも別々の地籍、農業委員会が持っているのと今入れようとしているのは、一緒なのかどうか。固定資産のあれをみるのと地籍図は地籍図で農業委員会のがありますよね、航空写真みたいなのがあって番号が振られて、それとそれは一緒のことを言っているのか、それとも別々なのか確認。



○委員長(比嘉重範 君) 住民課長、宮城調秀君。



◎住民課長(宮城調秀君) ただいまの仲嶺委員の御質問にお答えいたします。

 システム的には別なんですけれども、ただ住民課のほうで地籍のデータ、土地の動きがあった場合には修正します。それはまた農業委員会のほうにも反映されるということになっています。この見え方とかいうのは、扱いとかは(聴取不能)が違いますので違うんですけれども、基本的なデータは一緒であります。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 納得いかなければ休憩する。(「休憩お願いします」と言う者あり)

 休憩します。                                       (10時18分)

 再開します。                                       (10時19分)

 質疑。1番、港川實登君。



◆1番(港川實登君) 先ほど、ふるさと納税のことが出ていましたので関連してお尋ねをします。

 500万ぐらいの収入を見込んでいるということで、特にその会社だったら期待に沿えるだろうという会社だと思うんですけれども、私、その委託を地産地消という意味も込めて、雇用のことも考えて他の事業所じゃなくて村内の事業所、例えばNPO、あるいはふる振もあるじゃないですか、商工会もあると思うんです。人材を雇用するという意味でも、できたら初めてのことだからそのように会社のこと考えておられると思いますけど、私はやっぱり人材を育てる意味でも村内の事業所にっていうのが好ましいんじゃないかなと思うわけです。

 一旦、この大きな会社に、コンサルにお願いすると多分半永久的にそこがやっていくでしょう。やっている途中で、いやこっちにしますというのはなかなか厳しいと思うので、最初にもう少しそこを選択の幅を広げて自分の村内の事業所ができないかというのは考えていただけないかなと思いますけれどもいかがですか。



○委員長(比嘉重範 君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいまの港川委員の御質問にお答えいたします。

 確かにこの業者さん自体も先ほども申し上げましたように結構いい業者でありまして、私たちもちょっとおんぶにだっこみたいな恰好になってしまって、頼らざるを得なくなった状況でもあるんですけど、ただまだ契約もしてませんので、そこら辺は村内業者でできるのかどうかという検討も踏まえて、またそのぐらいの力がこっちの業者でもあるのか、あるいは人材育成をできるのかという検討も踏まえながら、ちょっと内部でまた検討させてください。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 1番、港川實登君。



◆1番(港川實登君) 課長のおっしゃることももちろんわかるんです。これは初めてのことで村内の事業所が果たして初めての業務をちゃんと適正に扱えるのか、あるいは期待に応えれるかというのはわかるんです。

 しかし、先ほども言いましたように村内でそういったことができるという人材を育てる、今、東村では人材育成事業というのもそういった観点から考えていると思いますので、できればやっぱり村内の事業所を育てるという意味でも、ひいてはやっぱり損益につながることですから、そういった形でぜひお願いしたいなと思います。

 終わりです。



○委員長(比嘉重範 君) 2番、伊佐真次君。



◆2番(伊佐真次君) 今、人材育成の2ページに国際交流研修助成とかスポーツ振興助成とかありますけど、具体的にこれはどういう内容なんでしょうか。



○委員長(比嘉重範 君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいまの伊佐委員の御質問にお答えいたします。

 予算科目として7万円を入れております。これは国際交流ということで、実際に私たち過去の実績ではうちの吉本久也とか、そうやって国際大会とかに行った場合の助成であります。特に、毎年毎年出てくるというわけではないんですけど、過去の実績はそういうのがあります。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 2番、伊佐真次君。



◆2番(伊佐真次君) その派遣費ということで考えてよろしいわけです。



○委員長(比嘉重範 君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいまの御質問にお答えします。

 はい、旅費等も含めて派遣費として考えて結構だと思います。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 質疑はありませんか。8番、池原憲勇君。



◆8番(池原憲勇君) 15ページの農地費の577万9,000円の補正、修繕費となっていますが、説明を少しお願いしたいと思います。



○委員長(比嘉重範 君) 建設環境課長、宮平勇二君。



◎建設環境課長(宮平勇二君) ただいまの池原委員の御質問にお答えいたします。

 農地費の修繕費なんですけど、これまでの7月の大雨、台風等でかなり農道が壊れています。伊是名農道、伊是名の行くマタキンにあそこのほうでも去った通行どめになって今解放しているんですけど、そこの修繕費で91万2,000円、高江土地改良のほうで2カ所壊れています。それで360万5,000円、川田のほうで川田の1番ダムからの頂上のほうから左側に農業用水あるんですけど、それから右に曲がってじきそこのほうがかなり前から洗掘されて、もう路肩もありませんのでそこで82万9,000円、あと平良のほうで、平良1号農道、副村長のこちらから行く手前のほうから登って、そこのほうで1カ所沈下しておりますので43万3,000円の計上となっております。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 8番、池原憲勇君。



◆8番(池原憲勇君) 大雨で大分壊れていると思うですが、これは業者さんに請負ということになりますか。



○委員長(比嘉重範 君) 建設環境課長、宮平勇二君。



◎建設環境課長(宮平勇二君) ただいまの委員の御質問にお答えします。

 業者から見積もりをもらって村内業者、仕事ということで村内業者に修繕をお願いしたいと思います。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 8番、池原憲勇君。



◆8番(池原憲勇君) 大きいところ、技術の必要なところは業者さんということで、これは妥当だと思います。ただ、ちょこっと思うのはそんなにまだ業者が必要ないんだけど、少し崩れて農道の一部、車は通れはするんですが、少しずれ落ちてとまっているところも農道歩いているとちょこちょこ見えるんです。そうなると、そこだけ業者というのも大変だと思うんです。しかし、市村道の部分については草刈り等も臨時職員雇って村民いろいろやって対応、農家は助かってると思うんですが、そこのところにやっぱり雨とか大雨のときに詰まったり、また土砂が少し押されたりして手でやるのは大変なところが多々あるんです。そこである程度大きく壊れるとこれは業者さんを頼んで予算を確保してやらないといけないんですが、やはり農道というのは雨というのは1年に何回も降りますから、そういうときにやっぱりこの作業員、臨時職員を使って、作業されている農道をやっている方々を使って、手では無理ですので(聴取不能)なり重機なりを役場が備品として持って、そういうところはさっと取り除いてすぐできるような形がとれないのか。予算的な部分も、大分機械を持つということは修理時間に大分かかるとは思うんですが、やはりどうしても農道を見ると排水の詰まりとかちょっとした崩れで下水が詰まってスコップでとるのは大変だろうという部分で、そういう部分がときどき見受けられるものですから、こういうのは課のほうでもしかしたら2トンダンプとかはあると思うんですけど、そこにシャボなり、ミニユンボを役場自体が持つことによって農道掃除をしながら、ここは少し土砂を取り除いたほうがいいと簡単にできるものです。そういうのはやったほうがいいと思うんですが、課長どう思いますか。



○委員長(比嘉重範 君) 建設環境課長、宮平勇二君。



◎建設環境課長(宮平勇二君) ただいまの池原委員の御質問にお答えいたします。

 現在、おっしゃるように草刈り隊で3名常時、年間通してこれをしています。主に草刈りを中心にしているんですけども、今いるメンバーの中にも元重機オペレーターもいますので、おっしゃるように排水等が詰まって、それが原因で土砂崩れ等も起こっているかなという部分もありますので、その辺は重機使用料等が今ありますので、今後農道を見回りしながらこのメンバーで対応できる分については対応していきたいと思います。

 あと役場で重機を購入ということなんですけども、やはり予算かなりするものですから、将来的には必要になってくるかと思うんですけど、現在は重機使用料を確保してその辺でまずは対応していって、よそを見ながら今後検討する必要もあるかと思います。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 8番、池原憲勇君。



◆8番(池原憲勇君) 今、課長がおっしゃったように、やはりそういう部分、工事車を使わないような小さな土砂崩れというのがときどき見受けられます。そうするとどうしても下水を抑えてしまいますので、また道もちょっと車は通れるが少し押されてしまうという部分で、どうせ村道は作業をしますので、そういう機会に借りてくるのも一つのあれなんですが、重機1つぐらい常に持っておれば十分これは作業しながら、草刈りをしながらすぐ臨機応変に対応できると思うんです。その辺は今後もやはり農道の整備には欠かせないと思いますので、ぜひそういうのも今後もしあれであれば考えていただいてやっていったほうが農道の整備にもいいかと思いますので、ひとつよろしくお願いします。



○委員長(比嘉重範 君) 質疑はありませんか。3番、神谷牧夫君。



◆3番(神谷牧夫君) 収入の7ページと8ページの繰入金と繰越金がこれは補正が組まれているんですけど、どうしてこのように修正したのか説明お願いします。



○委員長(比嘉重範 君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいまの神谷議員の御質問にお答えいたします。

 7ページの財政調整基金の繰入金であります。これは当初は1億3,200万を予定しておりました。

 続きまして、8ページの繰越金、本年度繰越金が1億3,276万円になっています。繰越金がこの額が入ってきたので財政調整基金は歳入としては必要ないというふうなことであります。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 暫時休憩します。                         (10時34分)

 再開します。                                       (10時35分)

 3番、神谷牧夫君。



◆3番(神谷牧夫君) 幼稚園のとこなんですが、18ページ。

 これ一般財源をカットして国の補助金になっているから別にいいんですけど、ただここにある幼稚園で旅費、こんなに使うのかどうか。この辺の内容ちょっと説明してもらえますか。



○委員長(比嘉重範 君) 教育課長、比嘉鶴見君。



◎教育課長(比嘉鶴見君) ただいまの質問ですけど、幼稚園のこの旅費は有銘幼稚園、東幼稚園、今度新採用ということでこの方々の研修、新任の研修があるんですけど、それの予算が当初は組まれてませんでしたので、その分の旅費ということでこちらにプラス10万1,000円しております。

 以上です。(発言する者あり)



○委員長(比嘉重範 君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいまの神谷委員の御質問にお答えいたします。

 この組みかえは当初一般財源として224万9,000円を予定していたんですけど、一括交付金事業で幼稚園の預かり保育事業というのが許可されましたので、その国庫のほうに入っているのはこの一括交付金の235万円であります。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) ほかに質疑はありませんか。7番、平田嗣雄君。



◆7番(平田嗣雄君) 17ページの村営住宅、説明をお願いします。



○委員長(比嘉重範 君) 建設環境課長、宮平勇二君。



◎建設環境課長(宮平勇二君) ただいま平田委員の御質問にお答えいたします。

 村営住宅の修繕費で366万5,000円は、今年度に入りまして現在、宮城、慶佐次有銘の3棟を修繕しております。今後もまた出る予定があるということで、当初予算も使って、今見積もりをもらっている分でも有銘団地のほうで280万、慶佐次団地で36万8,000円、もう1カ所の有銘団地でフロアリング等で15万7,000円等の見積もりが上がっていますので、今後、修繕予定ということで366万5,000円の計上になっております。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 8番、池原憲勇君。



◆8番(池原憲勇君) 平田議員が質問したものに関連して質問をしたいと思います。

 近年、毎年団地が古くなって修繕費がかさんできてると思うんですが、大体、修繕費でどういう形の修繕なのか、少しこの辺聞いてみたいと思います。



○委員長(比嘉重範 君) 建設環境課長、宮平勇二君。



◎建設環境課長(宮平勇二君) ただいま池原委員の御質問にお答えいたします。

 主に現在入っている方の部分の修繕については、台所等のフローリングの床が腐れて、その辺の張りかえで、その部分についてはそんなにかからないんですけれども、退去した場合にはやっぱりこれまで長い間住んでて大分傷んで、ほとんど内装のやりかえになっています。例えば、雨漏りする場合には防水とか、畳の入れかえ、鍵の交換とか、余り年数の古いものについてはトイレ等の排水関係とか、全体、退去した場合にはどうしてもやっぱりペンキ等も塗ったり、その辺が出てきますので、やっぱり築古いものについては大分壁とか傷んでしまって全部張りかえということで、退去のときにはかなりの予算がかかってきております。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 8番、池原憲勇君。



◆8番(池原憲勇君) 中身聞くとやはり近年割と修繕費が予算的に大分上がって多くなってきていると思うんです。

 それとこの建物も大分前に聞いたときに30年ぐらいになると記憶しているんで、そうなると多分退去してもこれくらいになってくると中の修繕が大分かかってくる。それと30年もこうしてくるとそろそろ外側の本体のほうも大分傷みが出てくると思うんです。ただ、時期的にはいつがいいのか。余り建てかえをしないで修繕ばっかりでも今後大分維持管理費がついてくる。そしてまた、余り古くなり過ぎても住んでる方々も居心地は余りよくないという部分もあります。

 そういうことからして、今後のこの古い団地をどんどんこれからもっともっと古くなっていきますから修繕かさんでくると思うんです。

 また、東村は大分この村営団地についてはほかの市町村よりは普及率、設置率が高いというのもあります。やはりそういうのも今後は建てかえる必要はないのかどうか。どの程度の維持管理費と建てかえたほうがいいのかそれとも修繕をして後何年かはもたせたほうがいいのか、その辺どうですか。



○委員長(比嘉重範 君) 建設環境課長、宮平勇二君。



◎建設環境課長(宮平勇二君) ただいま委員の御質問にお答えします。

 確かに、やっぱり役場としては築30年近くなっている部分もありますので、建てかえもそろそろしたほうがいいじゃないかなということも検討しています。

 まず、一応修繕がいいのかも含めて、この辺委託を出して計画を立てて、今現在、担当のほうで調べているんですけども、どうしてもやっぱり単独だとかなりの予算がかかってきますので、県の事業等を含めて補助事業ないのか次年度以降また担当のほうで調べていますので、その辺やっぱりどうしても建てかえをもう検討したほうがいいんじゃないのかなという部分もあります。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 8番、池原憲勇君。



◆8番(池原憲勇君) この数年、大分修繕費がかかってきていると思います。それで築も大分古いかと思いますが、やはりその時期はどうなのかを役場が常に管理してやってますので、やはりその時期、補助事業のまたどういうものがあるのかというものも含めて、住む方々にもまた新しいほうが気持ちいいのは決まっているわけですが、だからといってすぐ壊しなさいではないんですが、やはりそういう時期、いつが取り壊しの時期なのかをそろそろ役場内でもある程度検討をしていい予算があればやはり新しくつくりかえるのも一つの手ではないのかなという気がします。ひとつ頑張ってください。



○委員長(比嘉重範 君) 1番、港川實登君。



◆1番(港川實登君) 今、修繕のことで話が出ていますので関連してお聞きしたいと思います。

 例えば、10年この住宅に住んで出るときに契約上、この出て行く人たちは何か、例えばこの長い間使ったこの部屋をある程度掃除して出ないかんとか、何か規定上ありますか。



○委員長(比嘉重範 君) 建設環境課長、宮平勇二君。



◎建設環境課長(宮平勇二君) ただいま港川委員の御質問にお答えします。

 確かに退去する場合には、この方々ちゃんと掃除をしてもらっています。あと、一番最初に入居する際に共益費として4万円余りいただいているんですけども、やっぱりそれは返さないで畳代とかそういった逆にそれ以上予算かかっていますので、それはもう返さない方向で修繕費、畳の入れかえ等で使用して、それ以外の分については役場のほうで対応しています。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 1番、港川實登君。



◆1番(港川實登君) 今聞いたのは、よく放送で、今後空いてますから申し込みしてくださいよというのがありますけど、それで入居する方から入ろうと思っているけれどもかなり入るには厳しいような状況だよという声が何件か寄せられているわけです。ですから、出るときには当然そこのところの補修はして引き渡すと思いますけれども、その補修というのは業者に委託する、当然そうなると思うんです。その委託した後、修繕が終わったら行政は立ち合いというのがやりますか。



○委員長(比嘉重範 君) 建設環境課長、宮平勇二君。



◎建設環境課長(宮平勇二君) ただいま港川委員の御質問にお答えします。

 退去して修繕については役場のほうで対応して、そのときに業者さんがクリーニング業者も入れてちゃんと掃除をしております。例えば、募集期間から入居するまでかなり期間空く場合には、どうしても新しい畳だとかび等も生えてきますので、役場のほうに一旦持ち帰って管理しながら、実際入居するときには住民課のほうの担当も含めて鍵の引き渡し等もありますので、その辺立ち合いをしながら入居を行っております。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) ほかに質疑はありませんか。3番、神谷牧夫君。



◆3番(神谷牧夫君) ふるさと納税の件についてもう一度お伺いします。

 還付率は大体50%ということではあったんですが、その中でもう一度この御礼の品についての何%をもう一度教えてください。

 それと100万円以上50万円以上ということで、この金額をある程度設定されていると思うんですが、その例えば100万円以上の寄附のあった場合、その場合の御礼の品のセット内容はどういったものがあるのか。そういった段階的なセットメニューの内容がもう既に計画されてあるんでしたら、その資料も今もらえたらいいんですが。



○委員長(比嘉重範 君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいまの神谷委員の御質問にお答えします。

 寄附金の金額は先ほども申し上げましたけど、10万円未満は15%、10万から50万未満は10%、50万から100万未満は7%、100万以上は5%という具合になっています。

 続きまして、この100万円以上の方はどういうのを予定しているのかということでありますけど、私たちとしては今のところ高額だということでありまして、今現在、あくまでも内部だけの素案ではあるんですけど、エコパークを1泊2日で企業さんとかそういった方々に無料で提供するという方法を想定しております。

 続きまして、目安的にはうちの地産地消でありますパインとかそういったパインなどを地元の東村の水とかそういったものを商品化を予定しております。

 結構私たちの村の生活改善の面々が頑張って、いろいろな缶詰類とかそういったものが豊富でありますので、そういったもののセットに合わせたり、そういったものをいろいろ想定しております。

 資料につきましては後ほど提供したいと思います。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 3番、神谷牧夫君。



◆3番(神谷牧夫君) 僕が聞いたのは御礼の品のパーセンテージなんですが、例えば100万寄附した場合は御礼の品7%っていったら7万円分の御礼の品しかないということですか、これは。委託手数料ではないです、僕がさっき聞いたのは。



○委員長(比嘉重範 君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいまの質問にお答えします。

 そうです。確かに先ほどのは業者への委託の料金の設定であります。ですから、例えば10万円以上50万円未満はどういう商品なのかというのは、あるいは50万から100万未満はどういう商品なのかというのは今後これからちょっとまた関連する業者さんとか村内の生産者というふうに相談していきたいと思っています。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 3番、神谷牧夫君。



◆3番(神谷牧夫君) まだ具体的に決まっていないということですので、これは要望なんですが、ぜひ御礼の品を今回ふるさと納税につけるのは初めてなわけですので、商工会、それから先ほど言った地元の観光推進協議会だとか関係業者、そういった方々も入れて、この御礼の品の商品をどういったものをセットにするかというのはそういった民間の方々の知恵も借りて、ぜひそのチームをつくって決めていただけならなと思います。

 特にこの前見たテレビでは100万円以上のものについては、内地からの往復券、それから地元だったらエコパークとかその辺の宿泊費、それから地元の業者の利用料、それから使用料、そういったものも1人ではそんな金額ならんですけども、家族4名、5名分のものをセットにすると100万円寄附した人たちにも十分メリットがあるということで、打ち出しておりました。特に内地の方々は相続税とかそういったいろんな高額な税金を払う方々がいるものですから、これをネットで調べてどうせ税金をやるぐらいでしたら半分ぐらいでもいいからこういったメリットのあるところをわざわざ調べてから寄附しているみたいでした。

 北海道のあるところは年間で8億寄附金があったらしいです。村の一般自主財源が7億という町だったんですけど、そこでその寄附金だけで8億入っておりましたので、ぜひこういった高額の商品をつくってPRできるように皆さんで頑張っていただけならなと思います。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 暫時休憩します。11時5分まで。                  (10時53分)

 再開します。                                       (11時05分)

 質疑はありませんか。3番、神谷牧夫君。



◆3番(神谷牧夫君) 先ほどのふるさと納税に関連して質問しますけど、東村のこのふるさと納税に関して所得税か何かがその関係で減った実績とかいうのはわかります。例えば、前年度他の町村に寄付した場合、翌年控除されます、その金額。そういった控除された金額がふるさと納税に係わって控除されたのがわかるかどうかその辺どうですか。



○委員長(比嘉重範 君) 住民課長、宮城調秀君。



◎住民課長(宮城調秀君) ただいまの神谷議員の質問にお答えいたします。

 この2カ年の間の中では自分が知る限りではそういった申告はなかったと記憶しています。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 3番、神谷牧夫君。



◆3番(神谷牧夫君) わかりました。

 じゃあ、ふるさと納税じゃなくて、建設環境課長、水道事業、今回もまた補正が上がっているんですけど、この工事の内容についてちょっとお聞かせください。



○委員長(比嘉重範 君) 3番、神谷牧夫君。指で指示しないでください。

 建設環境課長、宮平勇二君。



◎建設環境課長(宮平勇二君) ただいま神谷委員の御質問にお答えします。

 水道会計、7ページの工事請負費、単独事業で123万5,000円、現在、有銘、慶佐次のほうに調整池を今工事、補助事業で発注しているんですけども、フェンスについては維持管理ということで補助事業の対象にはなっていませんので、調整池、タンクができたあとのフェンス設置の工事費となっております。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 8番、池原憲勇君。



◆8番(池原憲勇君) 11ページ、沖縄振興特別推進市町村交付金の中の5,756万8,000円、工事請負費の御説明をお願いいたします。



○委員長(比嘉重範 君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいまの池原委員の御質問にお答えします。

 先ほども申し上げましたけど、一括交付金事業で農民研修施設の舞台の部分から一帯、両サイドの楽屋含めて、その分の工事費であります。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 8番、池原憲勇君。



◆8番(池原憲勇君) 舞台の改修、あれ大分古いの。



○委員長(比嘉重範 君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいまの委員の御質問にお答えします。

 そうです、昭和52年だったと記憶していますので、その前の一昨年についてはフロアのほう全体やりましたので、今回は舞台を含めて音響とか照明とかそういったものを含めて入っています。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) ほかに質疑はありませんか。5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) 簡易水道事業7ページ、220万、修繕ということで施設管理費の説明をお願いします。



○委員長(比嘉重範 君) 建設環境課長、宮平勇二君。



◎建設環境課長(宮平勇二君) ただいまの仲嶺委員の御質問にお答えします。

 この部分については修繕費、現在、平良のほうで潮上橋、工事中なんですけども、この橋ができた後に移すときには村の事業費になりますので、今年度でできるだろうということで、220万を計上しています。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) わかりました。

 18ページ、教育費の小学校の32万修繕費と中学校ですか、37万学校等どういった修繕なのかをお願いします。



○委員長(比嘉重範 君) 教育課長、比嘉鶴見君。



◎教育課長(比嘉鶴見君) ただいまの質問にお答えします。

 まず、小学校の32万5,000円ですけど、こちらのほうは高江校のプールのろ過装置と東校の同じくプールのろ過装置がちょっと壊れているということであります。そしてあと、東校のバスケットリングに不具合が生じているということで部品の取りかえということであります。

 あと中学校のほうは、去った台風9号で高江校のほうで屋外に設置している時計が壊れたということで、あと屋外のスピーカー、同じく高江校の運動場の掲揚ポールが真ん中のポールが折れたということで、そちらの修繕で37万2,000円ということで計上しております。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) あと1点。教育費保健体育費の備品購入で275万、社会体育備品、どういった器具なのか。



○委員長(比嘉重範 君) 教育課長、比嘉鶴見君。



◎教育課長(比嘉鶴見君) ただいまの質問にお答えします。

 社会体育備品のほうは現在工事が進められている村営体育館の西側のほうですけども、備品の倉庫とミーティングルームが新しく建物として建ちますけども、そこに入れるテーブル、そして椅子、椅子の収納台、そのほか、これは今ある体育館のフロアのほうにあるフロアシートがありますけども、それが乱雑に置かれているんで、そのフロアシートを巻いて収納するということで巻く道具、あとはミーティングルーム等で使うホワイトボード、パンフレットスタンドとか、あとはこちらミーティングルームのほうは常時ミーティングで使うわけではなくて、できたら年寄りあるいは女性などがこちらで体を動かすことができるような形で体重計とか血圧計なども設置するということで、そういうもろもろの備品で275万を組んでいます。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) 14ページの農業委員会の報酬等、農地費の577万9,000円の修繕、これやりました。(「やりました」と言う者あり)じゃあ、済みません、農業委員会のほうだけお願いします、説明。



○委員長(比嘉重範 君) 農林水産課長、宮城準君。



◎農林水産課長(宮城準君) ただいまの仲嶺委員の御質問にお答えをします。

 6月の定例会で特別職の非常勤の報酬の改定がなされました。それに伴う委員の増額した分の補正であります。



○委員長(比嘉重範 君) 8番、池原憲勇君。



◆8番(池原憲勇君) 13ページ、老人福祉費の108万円の補助金、それと民生費の賃金、賃金保育士109万5,000円、大体賃金とか当初で予算組むと思うんですが、9月で補正をするというのはどういう理由なのか少し伺わせていただきたいと思います。



○委員長(比嘉重範 君) 福祉保健課長、上原朝文君。



◎福祉保健課長(上原朝文君) 13ページ、3款1項3目老人福祉費の中の19節負担金補助金及び交付金ということで108万、今回計上させていただいております。

 これは有銘区からの要請がありまして、老人会が主に使うかと思いますが、ゲートボール場の改修にかかる補助金として108万計上させていただいております。

 これは前々から要請は受けておりました。平成25年ごろから川田区とともに要請を受けておりましたけれども、有銘区のほうが実績がないということで、実績をつくってから交付をしますということがお約束しておりましたので、今回、この2年ちょっと頑張ってもらって老人会の活動も活発になってきましたので補助しますということであります。

 それと3款の賃金のほう、賃金保育士ということで、今年の上半期に産まれた子供たちが6カ月を過ぎて保育所に入所してきます。零歳児の子供たちが増えてくるとどうしても3名に1人ということの枠がありますので、保育士をどうしても増やさないといけないということになってきます。また、保育所自体が人員減になっておりましたので、この保育士の増員も図らないといけないということで、保育士の免許を持った方を9月からお願いしたいと思っています。1人分の賃金ということになっています。

 以上です。



○委員長(比嘉重範 君) ほかに質疑はありませんか。3番、神谷牧夫君。



◆3番(神谷牧夫君) ページはちょっとわかりませんけども、青年隊への補助金、これ当初で80万組まれてたような気がしたんですけど、何で今回50万また新たに組まれてるのか。

 それともう1点は漁港なんですけど、川田漁港の改修について、村単独の改修についてなんですが、字のほうから要請か何かあったのかどうか。まだないのか。この辺両方お願いします。



○委員長(比嘉重範 君) ちょっと待って、何。この予算と関係ないこと聞いてから。



◆3番(神谷牧夫君) いや、予算80万組まれてるからこれ川田のほうかどうか聞きたい。



○委員長(比嘉重範 君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいまの神谷委員の御質問にお答えします。

 沖縄産業青年開発協会50万の補助金については議員の方々の協力によって、当初85万8,000円の毎年の負担金がありました。今年は産業開発青年隊創立60周年記念事業ということで、結構そういう活動がありまして、60周年記念式典に向けての給付金、これは10年に1遍ということでありますので、それであります。

 青年隊については以上です。



○委員長(比嘉重範 君) 農林水産課長、宮城準君。



◎農林水産課長(宮城準君) 神谷委員の御質問にお答えします。

 ページ、16ページの漁港管理の80万の件だと思うんですが、この80万については去った7月の台風9号で慶佐次漁港の航路灯が壊れてしまいました。その修繕のための80万です。

 先ほどありました東漁港の恐らく西側のほう部分のことを言っていると思うんですが、それについては今のところ区からの要請はございません。



○委員長(比嘉重範 君) ほかに質疑はありませんか。

(「質疑なし」と言う者あり)



○委員長(比嘉重範 君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 暫時休憩します。                                     (11時21分)

 再開します。                                       (11時24分)

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○委員長(比嘉重範 君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 議案第50号について採決を行います。お諮りします。議案第50号は原案のとおり可決すべきものと決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(比嘉重範 君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第50号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 議案第51号について採決を行います。お諮りします。議案第51号は原案のとおり可決すべきものと決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(比嘉重範 君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第51号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 議案第52号について採決を行います。お諮りします。議案第52号は原案のとおり可決すべきものと決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(比嘉重範 君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第52号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 議案第53号について採決を行います。お諮りします。議案第53号は原案のとおり可決すべきものと決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(比嘉重範 君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第53号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 議案第54号について採決を行います。お諮りします。議案第54号は原案のとおり可決すべきものと決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(比嘉重範 君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第54号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 お諮りします。委員会で決定されました事件について、その条項、字句、数字その他整理を要するものについて、その整理を委員長に一任されたいと思います。これに御異議はありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(比嘉重範 君) 「異議なし」と認めます。よって、そのとおり決定しました。

 この際、お諮りします。本件付託事件に対する委員会報告の作成については委員長に一任されたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(比嘉重範 君) 「異議なし」と認めます。よって、そのとおり決定しました。

 以上で、本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれにて閉会します。御苦労さんでした。                       (11時26分)



以上、地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。


                東村議会

                委員長   比 嘉 重 範 

                署名委員  港 川 實 登 

                署名委員  伊 佐 真 次