議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 東村

平成 27年 3月 臨時会(4回) 03月30日−01号




平成 27年 3月 臨時会(4回) − 03月30日−01号









平成 27年 3月 臨時会(4回)





△平成27年第4回東村議会臨時会会期日程


                                 自:平成27年3月30日
                                        1日間
                                 至:平成27年3月30日
┌───┬────┬──┬────┬─────────────────────────┐
│日 次│月 日 │曜 │会議区分│摘        要               │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第1日│3月30日│月 │本会議 │1.開会宣告                   │
│   │    │  │    │2.会議録署名議員の指名             │
│   │    │  │    │3.会期の決定                  │
│   │    │  │    │4.提案理由の一括説明              │
│   │    │  │    │5.議案の内容説明                │
│   │    │  │    │6.質疑、討論、採決               │
│   │    │  │    │7.閉会宣告                   │
│   │    │  │    │                         │
└───┴────┴──┴────┴─────────────────────────┘





┌─────────────────────────────────────────────┐
│平成27年第4回東村議会臨時会会議録                            │
├─────────┬───────────────────────────────────┤
│招集年月日    │平成27年3月30日                           │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│招集場所     │東村議会議事堂                            │
├─────────┼───┬─────────────────┬───┬─────────┤
│開・閉の日時   │開会 │平成27年3月30日 午前10時00分  │議長 │安 和 敏 幸  │
│及び宣言     │閉会 │平成27年3月30日 午後3時08分  │議長 │安 和 敏 幸  │
├─────────┼───┼─────────────┬───┼───┴─────────┤
│出席(応招)議員 │議 席│氏   名        │議 席│氏   名        │
│         │番 号│             │番 号│             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │1  │港 川 實 登      │6  │比 嘉 重 範      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │2  │伊 佐 真 次      │7  │平 田 嗣 雄      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │3  │神 谷 牧 夫      │8  │池 原 憲 勇      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │5  │仲 嶺 眞 文      │9  │安 和 敏 幸      │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│欠席(不応招)議員│   │             │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │   │             │   │             │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│会議録署名議員  │3  │神 谷 牧 夫      │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │5  │仲 嶺 眞 文      │   │             │
├─────────┼───┴────┬────────┴───┴─────────────┤
│職務のために出席 │事務局長    │平 田 尚 樹                   │
│した者の職氏名  ├────────┼──────────────────────────┤
│         │臨時的職員   │仲 嶺 眞太郎                   │
├─────────┼────────┼────────┬────────┬────────┤
│地方自治法第121│村長      │伊 集 盛 久 │建設環境課長  │宮 平 勇 二 │
│条により説明のため│副村長     │金 城 紀 昭 │農林水産課長  │宮 城   準 │
│出席した者の職氏名│教育長     │比 嘉 一 之 │教育課長    │比 嘉 鶴 見 │
│         │会計管理者   │松 田 恵里子 │        │        │
│         │総務財政課長  │福 永 政 也 │        │        │
│         │企画観光課長  │金 城 幸 人 │        │        │
│         │住民課長    │宮 城 調 秀 │        │        │
│         │福祉保健課長  │上 原 朝 文 │        │        │
└─────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘






△平成27年第4回東村議会臨時会議事日程表(第1号)

平成27年3月30日

開 会 午前10時


┌────┬─────┬──────────────────────────────────┐
│日程番号│議案番号 │件        名                        │
├────┼─────┼──────────────────────────────────┤
│1   │     │会議録署名議員の指名(3番 神谷牧夫君・5番 仲嶺眞文君)     │
│    │     │                                  │
│2   │     │会期の決定                             │
│    │     │                                  │
│3   │     │提案理由の一括説明                         │
│    │     │                                  │
│4   │議案第15号│東村行政手続き条例の制定について                  │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│5   │議案第16号│福地川海浜公園の設置及び管理運営に関する条例の制定について     │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│6   │議案第17号│東村支給認定及び保育施設等の利用調整等に関する条例について     │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│7   │議案第18号│東村特定保育施設及び特定地域型保育事業の保育料に関する条例の制定に │
│    │     │ついて                               │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│8   │議案第19号│東村保育所設置条例の全部を改正する条例の制定について        │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│9   │議案第20号│東村国民健康保険税条例の一部を改正する条例について         │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│10   │議案第21号│東村表彰条例の一部を改正する条例について              │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│11   │議案第22号│東村課設置条例の一部を改正する条例について             │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│12   │議案第23号│東村職員定数条例の一部を改正する条例について            │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│13   │議案第24号│特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を  │
│    │     │改正する条例について                        │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│14   │議案第25号│東村特別職報酬等審議委員会条例の一部を改正する条例について     │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│15   │議案第26号│特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する │
│    │     │条例について                            │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│16   │議案第27号│教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例を廃止する条例に │
│    │     │ついて                               │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│17   │議案第28号│教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例の制定について     │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│18   │議案第29号│教育長の勤務時間その他の勤務条件に関する条例の制定について     │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│19   │議案第30号│東村立幼稚園保育料等に関する条例の制定について           │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│20   │議案第31号│東村教育委員会の委員の定数を定める条例の一部を改正する条例について │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│21   │議案第32号│平成26年度東村一般会計補正予算(第8号)について          │
│    │     │    (内容説明・質疑・委員会付託・委員長報告・質疑・討論・採決)│
│22   │議案第33号│平成26年度東村国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について    │
│    │     │    (内容説明・質疑・委員会付託・委員長報告・質疑・討論・採決)│
│23   │議案第34号│平成26年度東村後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第3号)について │
│    │     │    (内容説明・質疑・委員会付託・委員長報告・質疑・討論・採決)│
│24   │議案第35号│平成26年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第5号)について    │
│    │     │    (内容説明・質疑・委員会付託・委員長報告・質疑・討論・採決)│
│25   │議案第36号│指定管理者の指定について                      │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
│26   │議案第37号│ビーチクリーナー購入事業物品購入契約について            │
│    │     │                    内容説明・質疑・討論・採決)│
│27   │発議第1号│(東村議会委員会条例の一部を改正する条例の件            │
│    │     │                   (内容説明・質疑・討論・採決)│
└────┴─────┴──────────────────────────────────┘






○議長(安和敏幸君) おはようございます。議員定数8名中7名の議員が出席し、定足数に達しておりますので、ただいまから、平成27年第4回東村議会臨時会を開きます。                   (10時00分)



△日程第1.会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、3番、神谷牧夫君、5番、仲嶺眞文君を指名します。



△日程第2.会期の決定の件を議題とします。

 会期は3月30日、本日限りの1日間にしたいと思います。これに、御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、会期は3月30日、本日限りの1日間に決定しました。



△日程第3.提案理由の説明を一括して求めます。村長、伊集盛久君。



◎村長(伊集盛久君) 平成27年第4回東村議会臨時会一括提案理由申し上げます。平成27年第4回東村議会臨時議会に提案いたします議案について、一括して提案理由を申し上げます。

 議案第15号東村行政手続条例の制定については、行政指導及び届け出に関する手続きに関し、共通する事項を定めることによって、行政運営における公正の確保と透明性の向上性を図り、もって権利利益の保護に資するため、本案を提案したします。

 議案第16号、福地川海浜公園の設置及び管理運営に関する条例の制定については、福地川海浜公園の建設に伴い条例を制定する必要があるので本案を提案します。

 議案第17号、東村支給認定及び保育施設等の利用調整等に関する条例の制定については、「子ども・子育て関連3法」の平成27年度本格施行に伴い、保育を必要とする保育者の申請を受けた市町村が、客観的基準に基づき給付を支給する仕組みとするため、条例を制定する必要があるので本案を提案します。

 議案第18号東村特定保育施設及び特定地域型保育事業の保育料に関する条例の制定については、「子ども・子育て関連3法」の平成27年度本格施行に伴い、保育を利用した保護者の保育料の支払い基準を定める必要があるので本案を提案します。

 議案第19号東村保育施設設置条例の全部を改正する条例の制定については、「子ども・子育て関連3法」の平成27年度本格施行に伴い、法律の規定する保育を行う施設として設置するため本案を提案します。

 議案第20号東村国民健康保険税条例の一部を改正する条例については、市町村国民健康保険税条例(例)との整合性を図るため全面改正を行うとともに法律及び政令の改正があり、条例を改正する必要があるため本案を提案します。

 議案第21号東村表彰条例の一部を改正する条例については、法律の施行に伴い、東村表彰条例の一部を改正する必要があるので本案を提案します。

 議案第22号東村課設置条例の一部を改正する条例については、法律の施行により東村課設置条例の一部を改正する必要があるので本案を提案します。

 議案第23号東村職員定数条例の一部を改正する条例については、法律の施行により東村職員の定数条例の一部を改正する必要があるので本案を提案します。

 議案第24号特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例については、法律の施行により条例の一部を改正する必要があるので本案を提案します。

 議案第25号東村特別職報酬等審議委員会条例の一部を改正する条例については、法律の施行により条例の一部を改正する必要があるので本案を提案します。

 議案第26号特別職の職員で非常勤のものの給料及び旅費に関する条例の一部を改正する条例については、法律の施行により条例の一部を改正する必要があるので本案を提案します。

 議案第27号教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例を廃止する条例については、法律の施行により条例を廃止する必要があるので本案を提案します。

 議案第28号教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例の制定については、法律の施行により条例を制定する必要があるので本案を提案します。

 議案第29号教育長の勤務時間その他の勤務条件に関する条例の制定については、法律の施行により条例を制定する必要があるので本案を提案します。

 議案第30号東村立幼稚園保育料金などに関する条例の制定については、法律の施行により条例を制定する必要があるので本案を提案します。

 議案第31号東村教育委員会の委員の定数を定める一部を改正する条例については、法律の施行により条例の一部を改正する必要があるので本案を提案します。

 議案第32号平成26年度東村一般会計補正予算(第8号)について、議案第33号平成26年度東村国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について、議案第34号平成26年度東村後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第3号)について、議案第35号平成26年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第5号)についての4会計については、現時点における事務事業費の過不足を補うため、地方自治法第218条第1項の規定に基づき提案します。

 議案第36号指定管理者の指定については、東村公の施設に係る指定管理者の指定手続などに関する条例の規定により選定したいので本案を提案します。

 議案第37号ビーチクリーナー購入事業物品購入契約については、平成27年3月23日の指名競争入札に付した購入事業については、物品購入契約を締結したいので本案を提案します。

 以上で、議案の説明といたしますが、御審議の上、原案どおりの議決を賜りますようお願いいたします。これで、提案理由の説明を終わります。



○議長(安和敏幸君) 提案理由の一括説明が終わりました。

 次に、日程第4.議案第15号東村行政手続条例の制定についてを議題とします。

 内容説明を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 議案第15号東村行政手続条例の制定については、東村行政手続条例を制定したいので地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項の規定により議会の議決を求める。

 平成27年3月30日提出、東村長伊集盛久。

 提案理由、届け出に関する手続に関し、共通なルールを定めることによって、公正の確保と透明性の向上を図り、村民への権利利益の保護を目的とします。

 次ページ以降については、条文になっております。

 全体で第1章から第6章までの構成になっております。例えば、住民が役場で手続をする上で、職員が住民にわかりやすい審査基準や手続、またはそれにかかる時間、あるいは拒否する根拠等を示さなければならない。その内容及び経過を住民に明らかにしなければならないという、住民の権利利益の保護に資することを目的にする条例であります。

 以上で、内容説明といたしますが、詳細については、各自お目通しをお願いします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 それでは、議案第15号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数6票、賛成6票、反対0票。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第15号は、原案のとおり可決されました。

 次に、日程第5.議案第16号福地川海浜公園の設置及び管理運営に関する条例の制定についてを議題とします。内容説明を求めます。企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) 議案第16号福地川海浜公園の設置及び管理運営に関する条例の制定について……。



○議長(安和敏幸君) ちょっと課長、暫時休憩します。                   (10時20分)

 それでは、再開します。                                  (10時28分)

 内容説明を求めます。企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) はい、それでは内容説明を行います。

 議案第16号福地川海浜公園の設置及び管理運営に関する条例の制定について。

 福地川海浜公園の設置及び管理委運営に関する条例を別紙のとおり制定したいので、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決を求めます。

 平成27年3月30日提出、東村長伊集盛久。

 制定理由につきましては省略いたします。

 次ページをお開けください。

 内容は、福地川海浜公園の整備完了に伴い、本施設の設置に関する名称、位置や指定管理による管理方法、業務内容及び利用時間等、基本的なものの内容の制定するものとなっております。

 なお、内容等については、各自お目通しをお願いいたします。

 以上で、内容説明といたします。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。2番、伊佐真次君。



◆2番(伊佐真次君) 質問します。

 福地川河口の公園の駐車場の件について、ちょっと質問したいと思います。

 村民の方々からも駐車場を料金を取るというようなことですけれど、これは一般的には、例えばヒルギ公園など無料で駐車場は入れて憩いの場になってるということがありますけれども、そのそういう公園と、この福地川公園との違いというのは、駐車場料金を取って利用してくださいというような、何か違いがあるのかどうか質問したいと思います。



○議長(安和敏幸君) 企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) はい、福地川海浜公園につきましては、本日の議案第36号において指定管理について提案をさしていただいております。

 管理者により、ここの施設を使いまして営利目的の事業展開をいたします。例えば、シーサイドエリアでのマリン体験、それからリバーサイドエリアの護岸を活用してカヌーなどの上げ下ろしを体験をいたします。

 ヒルギ公園につきましては、観光客がボードウォークなどカヌーなど実施をしておりますが、指定管理者の中でそういった利用料金というのを制定をしておりません。ちょっと、条例については後ほど確認をいたしますが、本施設につきましては、観光客のみならず村民も多く使うということであるんですけど、特に村民の多くの農家の皆さんが民泊等行っているんですが、そういった受け入れの生徒さんたちも多く訪れるという利用も見込んでおりますので、駐車場料金、村民につきましては、一般利用者の半額以下ということで制定をさしていただいて、料金を条例の中でも制定さしていただいております。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 2番、伊佐真次君。



◆2番(伊佐真次君) それは、じゃあ民泊をやってる方々のためだけの公園というふうに捉えられても仕方がないのじゃないかと、一般、じゃあ民泊してない人たちは、そこで休憩をしてはいけないのかと、海に見たいんだけど、その東村の海をちょっと、例えば親戚とかお友達とか連れて行く時に、そこの駐車場を利用する時にもやはりお金を払わないといけないのかというようなことになりますけど、その辺はいかがでしょうか。



○議長(安和敏幸君) 企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) はい、ただいまの御質問にお答えいたします。

 本施設につきましては、観光客を特に誘致を図るということで、本村の観光産業を振興を図るという大きな目的がございます。もちろん、村民も含み公正等も考えますと無料にするということもあるんですが、その大きな施設を管理するには管理費用についても結構かかると考えておりますので、その分皆さんにもその辺は御理解いただきまして、料金等につきましては駐車場のみならず、例えば広場のサイトであったり、ロッカーなどの料金も含めて村民の皆さんには一般利用者の半額以下ということで設定しておりますので、その辺は村民の皆さんにも御理解をいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。1番、港川實登君。



◆1番(港川實登君) 条例で12条の中に、原状回復の義務というところで、12条ですね、指定管理者はその指定に期間が満了した時は、または指定を取り消された場合等はというのがあるんですけども、指定管理者は指定を取り消される場合というのは、例えばどんなことを想定してますか。



○議長(安和敏幸君) 企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) はい、ただいまの質問にお答えいたします。

 本施設につきましては、国庫予算等の補助金で整備をしております。その施設を改修、業務目的にしたがって、その都度改修する可能性がないともいえません。そういった場合には現状に返していただくというものを想定しております。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) いいですか。ほかに質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。2番、伊佐真次君。



◎2番(伊佐真次君) 大体部分は非常にいいという計画でありますけれど、一つやはり気になることは、村民に広く利用できるための公園ということを考えれば、駐車場という駐車料金はやっぱり取ってほしくないというふうに、一つお願いをしたいと思います。

 もし、駐車料金というのであれば、例えば利用料金とかそういうものに改めるとか、あるいは、この営利目的というのでありましたら、やはりシャワー室とかあるいはパーラーの利用、そういうもので収入を得るようなことで努力をしていただいて、村民には広く活用できるような公園であってもらいたいというふうに思います。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 2番、伊佐君。討論の場合には、賛成か反対かというのが入ってきますので、その辺を強調してください。もう一回。



◎2番(伊佐真次君) はい。賛成の立場でありますが、そこは見直しがあればぜひ今後、条の見直しをお願いもしたいというふうに思っています。



○議長(安和敏幸君) じゃあ、賛成ということで受けとめます。ほかに討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 それでは、議案第16号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告します。投票総数6票、賛成6票、反対0。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第16号は、原案のとおり可決されました。

 次に、日程第6.議案第17号東村支給認定及び保育施設等の利用調整等に関する条例ついてを議題とします。

 内容説明を求めます。福祉保健課長、上原朝文君。



◎福祉保健課長(上原朝文君) それでは、議案第17号の内容説明を行います。

 子ども・子育て支援法が平成27年4月1日に施行されることに伴い保育給付を行う場合、市町村が保育認定を行い保育必要料を決定することとなっております。法律の施行に伴う条例整備を行う必要がありますので、今回御提案申し上げております。

 条文等、詳細につきましては、資料をご覧いただきたいと思います。これで、内容説明を終わります。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 それでは、議案第17号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告します。投票総数6票、賛成6票、反対0票。したがって、全会一致で賛成であります。

 議案第17号は、原案のとおり可決されました。

 次に、日程第7.議案第18号東村特定保育施設及び特定地域型保育事業の保育料に関する条例ついてを議題とします。

 内容説明を求めます。福祉保健課長、上原朝文君。



◎福祉保健課長(上原朝文君) 議案第18号の内容説明を行います。

 子ども・子育て支援法に基づき保護者が負担すべき費用については、必要な事項を定めることとなっており、その内容を示す条例となっております。

 保育料はその家庭の属する所得の状況等を勘案して定めることとなっております。条例制定に伴い、東村保育の実施に関する条例は廃止となります。

 詳細については、資料を御参照いただきたいと思います。

 これで、内容説明を終わります。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 議案第18号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) これにて、投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数6票、賛成6票、反対0票。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第18号は、原案のとおり可決されました。

 次に、日程第8.議案第19号東村保育所設置条例の全部を改正する条例の制定についてを議題とします。

 内容説明を求めます。福祉保健課長、上原朝文君。



◎福祉保健課長(上原朝文君) 議案第19号の内容説明を行います。

 家庭において必要な保育を受けることが困難である乳幼児の保育を行うため、児童福祉法第39条に規定する保育所として東村立保育所の設置を規定する条例となっております。

 改正の主な内容は、保育所入所資格の各認定入所手続等、子ども・子育て支援法施行に合わせた改正となっております。

 詳細につきましては、条文等資料をご覧いただきたいと思います。

 内容説明を終わります。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 議案第19号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数6票、賛成6票、反対0票。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第19号は、原案のとおり可決されました。



△日程第9.議案第20号東村国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 内容説明を求めます。福祉保健課長、上原朝文君。



◎福祉保健課長(上原朝文君) 議案第20号について内容説明を行います。

 今回の改正については、市町村国民健康保険税条例の充足と東村国民健康保険税条例の整合性を図るための改正となっており、東村国民健康保険税条例の内容が変わるものではありません。現在、村の国民健康保険税条例は国の示す市町村国民健康税条例等、条文の並び等の相違があることから法改正に伴う市町村国民健康税条例の一部改正事務においては、膨大な時間を費やしている現状にあります。

 これは、長年にわたる法改正において各市町村に該当しない改正項目については、当該市町村国民健康保険税条例の追加等を行わなかったことが条文番号に枝番をつけて改正したこと等の経緯によるものであり、不整合が生じております。

 今回、本条例改正に伴い、条則との整合性を図ることで今後の法改正に伴う東村国民健康保険税条例の一部改正事務をスムーズに確実に行うものと考えております。

 また、平成27年1月14日閣議決定された、平成27年度税制改正の大綱において国民健康保険税の課税限度額を引き上げるとともに、国民健康保険税の軽減措置について5割軽減及び2割軽減の対象世帯に係る所得判定基準を改正するものとされたことに伴い、国民健康保険税についても同様の措置を講ずるため、国民健康保険法施行令の一部改正に伴って、東村国民健康保険税条例を改正するものとなっております。

 詳細については、資料を御参照いただきたいと思います。

 これで、内容説明を終わります。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 議案第20号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) これにて、投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数6票、賛成6票、反対0。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第20号は、原案のとおり可決されました。

 次に、日程第10.議案第21号東村表彰条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 内容説明を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 議案第21号東村表彰条例の一部を改正する条例について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決を求める。

 平成27年3月30日提出、東村長伊集盛久。

 提案理由は省略させていただきます。

 次ページは、改正条文になっております。

 その次は、新旧対照表になっております。

 詳細については、各自お目通しをお願いいたします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 議案第21号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数6票、賛成6票、反対0。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第21号は、原案のとおり可決されました。

 次に、日程第11.議案第22号東村課設置条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 内容説明を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 議案第22号東村課設置条例の一部を改正する条例について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決を求める。

 平成27年3月30日提出、東村長伊集盛久。

 提案理由は省略いたします。

 次ページは条文になっております。

 その次は、新旧対照表です。

 詳細については、各自お目通しをお願いします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 それでは、議案第22号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数6票、賛成6票、反対0。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第22号は、原案のとおり可決されました。



△日程第12.議案第23号東村職員定数条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 内容説明を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 議案第23号東村職員定数条例の一部を改正する条例について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決を求める。

 平成27年3月30日提出、東村長伊集盛久。

 提案理由は省略します。

 次ページは改正条文です。

 その次は、新旧対照表になっております。

 詳細については、各自お目通しをお願いします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 議案第23号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数6票、賛成6票、反対0。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第23号は、原案のとおり可決されました。

 次に、日程第13.議案第24号特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 内容説明を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 議案第24号特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決を求める。

 平成27年3月30日提出、東村長伊集盛久。

 提案理由は省略いたします。

 次ページは条文です。

 その次は、新旧対照表です。

 その次は、別表1として原稿と改正後の表が入ってます。

 詳細については、各自お目通しをお願いします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 それでは、議案第24号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数6票、賛成6票、反対0。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第24号は、原案のとおり可決されました。

 暫時休憩します。                                     (11時00分)

 それでは、再開いたします。                                (11時10分)

 それでは、次に、日程第14.議案第25号東村特別職報酬等審査委員会条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 内容説明を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 議案第25号東村特別職報酬等審査委員会条例の一部を改正する条例について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決を求める。

 平成27年3月30日提出、東村長伊集盛久。

 提案理由は省略いたします。

 次ページは改正条文です。

 その次は、新旧対照表です。

 詳細については、各自お目通しをお願いします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 議案第25号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対0。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第25号は、原案のとおり可決されました。



△日程第15.議案第26号東村特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 内容説明を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 議案第26号特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決を求める。

 平成27年3月30日提出、東村長伊集盛久。

 提案理由は省略いたします。

 次ページは改正条文です。

 その次は、新旧対照表です。

 詳細については、各自お目通しをお願いします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 それでは、議案第26号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対0。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第26号は、原案のとおり可決されました。

 次に、日程第16.議案第27号教育長の給与、勤務時間その他の勤務条例に関する条例を廃止する条例についてを議題とします。

 内容説明を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 議案第27号教育長の給与、勤務時間その他の勤務条例に関する条例を廃止する条例について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決を求める。

 平成27年3月30日提出、東村長伊集盛久。

 提案理由は省略します。

 次ページは条文です。

 詳細については、各自お目通しをお願いします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 議案第27号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対0。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第27号は、原案のとおり可決されました。



△日程第17.議案第28号教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例の制定についてを議題とします。

 内容説明を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 議案第28号教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例の制定について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決を求める。

 平成27年3月30日提出、東村長伊集盛久。

 提案理由は省略いたします。

 次ページは条文です。

 詳細については、各自お目通しをお願いします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 議案第28号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対0。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第28号は、原案のとおり可決されました。

 次に、日程第18.議案第29号教育長の勤務時間その他の勤務条例に関する条例の制定についてを議題とします。

 内容説明を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 議案第29号教育長の勤務時間その他の勤務条例に関する条例の制定について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決を求める。

 平成27年3月30日提出、東村長伊集盛久。

 提案理由は省略いたします。

 次ページは条文です。

 詳細については、各自お目通しをお願いします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 議案第29号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対0。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第29号は、原案のとおり可決されました。

 次に、日程第19.議案第30号東村立幼稚園保育料等に関する条例の制定についてを議題とします。

 内容説明を求めます。教育課長、比嘉鶴見君。



◎教育課長(比嘉鶴見君) 議案第30号の内容説明を行います。

 東村立幼稚園保育料等に関する条例の制定したいので、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決を求める。

平成27年3月30日提出、東村教育委員長山口栄三。

 この条例は、子供・子育て支援法関連3法の平成27年4月1日の本格施行に伴い、村立幼稚園の保育料等を制定する必要があるためです。

 条例の概要は、村立幼稚園における保育料が給食費、預かり保育代、おやつ代等を改め、新たに定める条例で施行規則においてそれぞれの金額等は定めます。

 なお、この条例の施行に伴い、これまでの東村立幼稚園入園料、保育料及び給食費徴収条例は廃止とする内容です。

 以上を内容説明としますが、詳しくは、お配りの条文を御確認下さい。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 議案第30号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対0。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第30号は、原案のとおり可決されました。

 次に、日程第20.議案第31号東村教育委員会の委員の定数を定める条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 内容説明を求めます。教育課長、比嘉鶴見君。



◎教育課長(比嘉鶴見君) 議案第31号の内容説明を行います。

 議案第31号東村教育委員会の委員の定数を定める条例の一部を改正する条例について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決を求める。

 平成27年3月30日提出、東村教育委員長山口栄三。

 提案理由は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の平成27年4月1日の施行に伴い、東村教育委員会の委員の定数を定める条例の一部を改正する必要があるためです。

 次ページは、条文の内容となってます。5人の委員を教育長及び4人の委員に改めるという形です。

 次の表は、新旧対照表となっております。

 以上、お配りの条文をまた詳しくは御確認下さい。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 それでは、議案第31号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)

 暫時休憩いたします。                                   (11時28分)

 それでは、再開します。                                  (11時30分)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告をいたします。投票総数7票、賛成7票、反対0。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第31号は、原案のとおり可決されました。

 この際、お諮りします。



△日程第21.議案第32号から日程第24、議案第35号までを一括して議題としたいと思います。

 これに、御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。

 よって、日程第21、議案第32号から日程第24、議案第35号までを一括して議題とすることに決定しました。

 それでは、議案第32号から順に内容説明を求めます。



◎総務財政課長(福永政也君) 議案第32号平成26年度東村一般会計補正予算(第8号)についての内容説明を行います。

 歳入歳出それぞれ2,844万2,000円の増額です。補正後の額は28億5,104万5,000円となっています。

 主な歳入については、10款1項地方交付税4,966万5,000円13款1項民生費国庫負担金1,275万9,000円、14款1項県負担金141万1,000円が主な歳入の内容となっています。

 主な支出については、国庫支出金、県支出金及び基金繰入等で事業費等の減額補正及び現時点での過不足を補うための補正となっています。

 また、5ページの第2表、繰越明許費で東村防災会議委員報酬を初め、ほか18件の事業については、補助金交付決定時期や諸手続等の遅れにより平成26年度から平成27年度の繰り越し出向をするため、第2表のとおり繰越明許費4億119万5,000円を計上しております。

 以上で、内容説明としますが、詳しい内容については各自お目通しをお願いします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) はい、次、福祉保健課長、上原朝文君。



◎福祉保健課長(上原朝文君) 議案第33号の内容説明を行います。

 国民健康保険特別会計補正予算(第4号)は、歳入歳出それぞれ4,503万4,000円を減額し、予算の総額を3億9,620万9,000円とするものであります。

 今回は、最終補正となることから、これまでの実績に基づく過不足調整を行うとともに、マイナンバー制度に向けたシステム改修に関する予算の計上が主な内容となっております。

 第1表に示されておりますが、歳入につていは国民健康保険税収入を433万1,000円減額し3,506万7,000円、国庫支出金を1,503万4,000円減額し1億3,005万7,000円、療養給付費交付金を439万2,000円減額し1,243万9,000円、前期高齢者交付金を4万4,000円減額し1,005万9,000円、共同事業交付金を1,081万5,000円減額し6,772万5,000円、繰入金を2,268万6,000円減額し6,141万6,000円となっております。

 なお、県支出金においては、1,232万7,000円の増額で3,782万9,000円となっております。

 その主な内容としては、高額療養費、共同事業負担金で136万3,000円の増額、これは、高額な医療に関する給付の発生により国保財政に与える影響を緩和するために実施されるもので、国及び県の方から4分の1ずつのトータル2分の1、市町村で2分の1の持ち出しということで増額となっております。

 もう一つ、財政調整交付金で1,102万2,000円の増額となっております。これは、市町村の所得格差を緩和する国の措置としてのものであります。

 歳出においては、保険給付費を3,235万4,000円減額し1億9,477万7,000円、共同事業拠出金を329万円減額し6,953万8,000円、予備費を772万8,000円減額し2,769万6,000円となっております。

 続きまして、第2表が繰越明許費の内容となっております。

 平成28年1月からスタートするマイナンバーに対応するための国保システムの改修に伴うシステム改修費を268万5,000円、全額繰り越すこととしております。システム開発に相当な時間を要したため、単体欠損等を平成26年度繰り越し事業として、今年の12月いっぱいで完了させる予定となっております。

 以上で、内容説明を終わりますが、詳細につきましては資料をご覧いただきたいと思います。

 以上です。

 続きまして、議案第34号後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第3号)は、歳入歳出それぞれ9万3,000円を減額し、予算総額を1,957万5,000円とするものであります。今回は、最終補正となっておりますので、実績に基づく過不足調整を行う内容となっております。

 以上でございます。内容説明を終わりますが、詳細につきましては資料をご覧いただきたいと思います。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 次に、建設環境課長、宮平勇二君。



◎建設環境課長(宮平勇二君) 議案第35号平成26年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第5号)について、内容説明を行います。

 歳入歳出それぞれ587万円の減額補正となっております。

 歳入の主な内容は、繰入金で587万円の減、歳出の主な内容は、簡易水道事業費の総務管理費で7万6,000円の減、簡易水道事業費で747万1,000円の減、予備費で167万7,000円の増となっております。

 なお、補正後の予算額は、歳入歳出それぞれ1億7,166万円となっております。

 以上で、内容説明といたしますが、詳しい内容については各自お目通しをお願いします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 以上で、内容説目を終わります。

 これより一括して質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第32号から議案第35号までを会議規則第39条の規定により、議長を除く議員全員で構成する予算審査特別委員会を設置し、これに付託審査することにしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。

 したがって、議長を除く議員全員で構成する予算審査特別委員会を設置し付託審査することに決定しました。

 それでは、さっそく予算審査特別委員会において、委員長及び副委員長の互選をしていただきます。

 暫時休憩します。                                     (11時39分)

 それでは再開いたします。                                 (11時43分)

 これから、議長諸般の報告を行います。

 休憩中に予算審査特別委員会を開催し、委員長及び副委員長の互選が行われました。その結果、委員長に3番、神谷牧夫君、副委員長に5番、仲嶺眞文君が選出されております。

 以上で、議長諸般の報告を終わります。

 それでは、早速予算審査特別委員会を開催し、付託された議案の審査をしていただきます。

 暫時休憩します。                                     (11時43分)

 それでは再開いたします。                                 (14時30分)

 付託しておりました予算審査特別委員会の報告を求めます。予算審査特別委員長、神谷牧夫君。



◎予算審査特別委員長(神谷牧夫君) 

平成27年3月30日

 東村議会議長 安 和 敏 幸  殿

予算審査 特別委員長 神 谷 牧 夫

委 員 会 審 査 報 告 書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので会議規則第77条の規定により報告します。



事件の番号件       名審査結果

議案第32号平成26年度東村一般会計補正予算(第8号)について原案のとおり可決すべきもの(全会一致)

議案第33号平成26年度東村国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について原案のとおり可決すべきもの

(全会一致)

議案第34号平成26年度東村後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第3号)について原案のとおり可決すべきもの

(全会一致)

議案第35号平成26年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第5号)について原案のとおり可決すべきもの

(全会一致)

 以上、報告申し上げます。



○議長(安和敏幸君) ただいま予算審査特別委員長から報告が終わりました。

 この際、お諮りします。委員長に対する質疑終結、討論を終結したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、委員長に対する質疑終結、討論を終結することに決定しました。

 それでは、これより採決を行います。

 お諮りします。

 まず初めに、議案第32号について採決を行います。予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第32号は、委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第32号は委員長報告のとおり決定しました。

 次に、議案第33号について採決を行います。予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第33号は、委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第33号は委員長報告のとおり決定しました。

 次に、議案第34号について採決を行います。予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第34号は、委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第34号は委員長報告のとおり決定しました。

 次に、議案第35号について採決を行います。予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第35号は、委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第35号は委員長報告のとおり決定しました。



△日程第25号.議案第36号指定管理者の指定についてを議題とします。

 内容説明を求めます。企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) それでは内容説明を行います。

 議案第36号指定管理者の指定について。

 指定管理者を次のとおり指定したいので、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めます。

 1、施設の名称、福地川海浜公園。

 2、指定する団体、東村字平良471番地24、NPO法人東村観光推進協議会 理事長 吉本淳。

 3、指定期間、平成27年4月1日から平成30年3月31日まで。

 平成27年3月30日提出。東村長、伊集盛久。

 選定しました理由などについて申し上げます。

 3月20日に完成いたしました福地川海浜公園につきましては、カヌーが楽しめるリバーサイドエリアとマリン体験や海水浴が楽しめるシーサイドエリアの2つのエリアで構成されており、各エリアのフィールドを活用した各種体験プログラム等を実施するための拠点施設となる施設となっております。今回、指定管理者として提案いたしましたNPO法人東村観光推進協議会においては、エコツーリズム協会及びブルーツーリズム協会の会員には、自然体験プログラムを実施するための人材が多く在籍しており、当協議会が会員間の連絡調整等も行っております。また、東村観光推進協議会においては、福地川周辺のサキシマスオウノキや東村立山と水の生活博物館、福地ダム並びにつつじエコパークなどといった観光施設と本施設、福地川海浜公園と連携した体験プログラムを開発し、交流人口の増加につなげるとしております。

 以上などのことから、東村公の施設に係る指定管理者の指定手続などに関する条例第5条の規定によりNPO法人東村観光推進協議会を選定いたしましたので、議会各位の御理解を賜りますようお願い申し上げます。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。3番、神谷牧夫君。



◆3番(神谷牧夫君) 委託先のNPO法人観光推進協議会に委託するということには、私も賛成ではありますが、1つ質問したいのは、まず、まだ施設が完全にでき上がっているわけじゃないので、実際いつ頃からオープンするのか。それと、ここでのこの施設の体験事業も随分あるみたいですけども、今現在の観光推進協議会の職員で対応できるのかどうなのか、その辺お聞かせください。



○議長(安和敏幸君) 企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) ただいま神谷議員の御質問にお答えいたします。

 施設につきましては、外郭施設等、建物などはほぼ完成しております。今、工事で整備をしているのは、その備品等を収納する倉庫、あと防砂棚については今整備中です。先ほど予算のほうでもありましたように、繰り越しで一部まだ単独予算で実施する部分がございます。

 いつごろオープンをするかということですけれども、観光推進協議会においては、そういった備品等が整備をされて、本格的に実施できるのは夏ごろになります。ただ、ゴールデンウイークなどには、多くのキャンパーがつつじエコパークに訪れるなど東村のほうに多くの県内のお客さんが来ますので、オープニングあたりに海浜については開放したいということで、今考えているということです。

 その施設を運営するための人材につきましては、もちろん若干名、何名かはそういった方を募集をして人材をあてて、あと職員等々で運営に1年目は携わるということを伺っております。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 議案第36号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) 再開いたします。これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対0。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第36号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第26.議案第37号ビーチクリーナー購入事業の物品購入契約についてを議題とします。

 内容説明を求めます。企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) それでは内容説明を行います。

 議案第37号、ビーチクリーナー購入事業物品購入契約について。

 東村財務規則第114条に基づき、平成27年3月23日指名競争入札に付したビーチクリーナー購入事業について、物品購入契約を締結するため地方自治法第96条第1項第8号の規定により議会の議決を求める。

 契約の目的、ビーチクリーナー購入事業。契約の方法、指名競争入札による契約。契約金額、1,846万8,000円、内消費税136万8,000円。契約の相手方、浦添市城間4丁目24番1号、株式会社ジムキ文明堂 代表取締役 石川元章。

 平成27年3月30日提出。東村長、伊集盛久。

 提案理由は省略させていただきます。

 なお、購入備品、機器等の内容につきましては、トラクター本体、ビーチクリーナー自体の機器がトラクター本体とあわせて装備品の組み合わせによるものです。装備品がビーチクリーナー、それからフロントローダー、海藻除去用のスプリング冷気、グラウンドマット等を整備するものとなっております。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) 海がシーサイドエリアということで、このビーチクリーナーの必要、僕も大事だと思います。ですけど、やっぱりこの本体及び装備品で1,800万円、大きな装備だと思います。これのやっぱり安全対策等々で、ぜひお願いしたいのは、脱着、装着とかでやるときの時間帯とかいろいろ出てくるとは思うんですが、ちょっとその安全管理の面をちょっとでよろしいですので、本会議ですのでちょっと伺いたいと思います。



○議長(安和敏幸君) 企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) ただいまの仲嶺議員の御質問にお答えいたします。

 本機器、ビーチクリーナーにつきましては、先ほど指定管理を提案させていただきました東村観光推進協議会のほうに機器の管理を委託したいと今のところ考えております。議員がおっしゃるように、安全対策については万全を期さなければならないと考えております。その機器の運用に係る要綱など、規則などの整備につきましてはこれからです。ですから、そういった物々も確認を行います。特に、公道で移動ができるというような今回、備品になっておりますので、そういった技術的にも安全対策をしっかりできる方を主に運行できるように、指定できるように調整させていただきます。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) トラクターとか畑とかっていうときには、ナンバープレートなくても移動等可能なんですが、例えば先ほどおっしゃったようにナンバープレートも必要だということと、また有資格者みたいなところ、運転免許が必要とか出てくるんですが、例えばこの職員で今日はこの人がやるとか、あの人がやるとかやったときに、そのアタッチメントの取りかえ等々でちょっとへましたらもう大けがにつながりかねないとか、よくこのトラクターの隙からサイドキ、スラッシャーとか、いろいろそういったものだと思うんです。

 ですから、ジムキ文明堂さんには、ぜひそのアタッチメントの取りかえとかそういったもろもろの指導までを確実に、1,800万円余りの機材を入れるわけですから、それが一巡するぐらいまでは、常に今は浜、今はこのアタッチメントというときには、ぜひ講習ではないんですけど、皆さんでわかるような取り組みをして、引き継いでもらいたいなと、これは要望です。それやっていただきたいと思います。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はございませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は、押しボタン式投票で行います。

 議案第37号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投票)



○議長(安和敏幸君) これで投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。

 したがって、議案第37号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第27.発議第1号東村議会委員会の条例の一部を改正する条例の件を議題とします。

 内容説明を求めます。8番、池原憲勇君。



◎8番(池原憲勇君) 発議第1号東村議会委員会の条例の一部を改正する条例の件。

 平成27年3月30日。東村議会議長、安和敏幸殿。提出者、池原憲勇。

 趣旨説明。教育委員長と教育長を一本化した新たな責任者、教育長を置くことなどを内容とする地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律とあわせ、地方自治法第121条、長及び委員長等の出席義務が改正されたことから、別紙のとおり提出します。

 東村議会委員会条例の一部を改正する条例。東村議会委員会条例(平成20年条例第9号)の一部を次のように改正する。

 第19条中「教育委員会の委員長」を「教育委員会の教育長」に改める。

 附則。

 施行期日。1、この条例は、平成27年4月1日から施行する。

 経過処置。2、この条例の施行の際現に地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第76号)附則第2条第1項の規定により、教育長がなお従前の例により在職する場合においては、この条例による改正後の東村議会委員会条例第19条の規定は適用せず、改正前の東村議会委員会条例第19条の規定は、なおその効力を有する。

 あとは、比較対照表です。

 終わります。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 お諮りします。

 発議第1号に対する質疑終結、委員会付託省略、討論を終結したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。

 したがって、発議第1号に対する質疑終結、委員会付託省略、討論を終結することに決定しました。

 これより採決を行います。

 お諮りします。

 発議第1号は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。

 したがって、発議第1号は原案のとおり可決されました。

 今臨時会において議決されました事件について、その条項、字句、数字その他整理を要するものについては、その整理を議長に一任されたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。よって、さよう決定いたしました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 平成27年第4回東村議会臨時会を閉会します。                        (15時08分)



以上、地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。


                東村議会

                議  長  安 和 敏 幸 

                署名議員  神 谷 牧 夫 

                署名議員  仲 嶺 眞 文