議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 東村

平成 27年 3月 定例会(3回) 03月12日−02号




平成 27年 3月 定例会(3回) − 03月12日−02号









平成 27年 3月 定例会(3回)




┌─────────────────────────────────────────────┐
│平成27年第3回東村議会定例会会議録                            │
├─────────┬───────────────────────────────────┤
│招集年月日    │平成27年3月12日                           │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│招集場所     │東村議会議事堂                            │
├─────────┼───┬─────────────────┬───┬─────────┤
│開・閉の日時   │開議 │平成27年3月12日 午前10時00分  │議長 │安 和 敏 幸  │
│及び宣言     │閉会 │平成27年3月12日 午前10時40分  │議長 │安 和 敏 幸  │
├─────────┼───┼─────────────┬───┼───┴─────────┤
│出席(応招)議員 │議 席│氏   名        │議 席│氏   名        │
│         │番 号│             │番 号│             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │1  │港 川 實 登      │6  │比 嘉 重 範      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │2  │伊 佐 真 次      │7  │平 田 嗣 雄      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │3  │神 谷 牧 夫      │8  │池 原 憲 勇      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │5  │仲 嶺 眞 文      │9  │安 和 敏 幸      │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│欠席(不応招)議員│   │             │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │   │             │   │             │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│会議録署名議員  │7  │平 田 嗣 雄      │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │8  │池 原 憲 勇      │   │             │
├─────────┼───┴────┬────────┴───┴─────────────┤
│職務のために出席 │事務局長    │平 田 尚 樹                   │
│した者の職氏名  ├────────┼──────────────────────────┤
│         │臨時的職員   │仲 嶺 眞太郎                   │
├─────────┼────────┼────────┬────────┬────────┤
│地方自治法第121│村長      │伊 集 盛 久 │建設環境課長  │宮 平 勇 二 │
│条により説明のため│副村長     │金 城 紀 昭 │農林水産課長  │宮 城   準 │
│出席した者の職氏名│教育長     │比 嘉 一 之 │教育課長    │比 嘉 鶴 見 │
│         │会計管理者   │松 田 恵里子 │        │        │
│         │総務財政課長  │福 永 政 也 │        │        │
│         │企画観光課長  │金 城 幸 人 │        │        │
│         │住民課長    │宮 城 調 秀 │        │        │
│         │福祉保健課長  │上 原 朝 文 │        │        │
└─────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘






△平成27年第3回東村議会定例会議事日程表(第2号)

平成27年3月12日

開 会 午前10時


┌────┬─────┬──────────────────────────────────┐
│日程番号│議案番号 │件        名                        │
├────┼─────┼──────────────────────────────────┤
│1   │議案第2号│ブルーツーリズム体験施設等整備事業土木工事(2工区)請負契約の変更 │
│    │     │について                              │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│2   │議案第3号│東村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について       │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│3   │議案第4号│単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を │
│    │     │改正する条例について                        │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│4   │議案第5号│東村社会教育委員に関する条例の一部を改正する条例について      │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│5   │議案第6号│東村立山と水の生活博物館の設置及び入館料に関する条例の一部を改正する│
│    │     │条例について                            │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│6   │議案第7号│東村子ども・子育て支援事業計画の策定について            │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│7   │議案第8号│平成26年度東村一般会計補正予算(第7号)について          │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│8   │議案第9号│平成26年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)について    │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│9   │議案第10号│平成27年度東村一般会計予算について                 │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│10   │議案第11号│平成27年度東村国民健康保険特別会計予算について           │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│11   │議案第12号│平成27年度東村後期高齢者医療保険特別会計予算について        │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│12   │議案第13号│平成27年度東村簡易水道事業特別会計予算について           │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│13   │議案第14号│平成27年度東村人材育成基金特別会計予算について           │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│14   │     │閉会中の継続調査の件                        │
│    │     │                                  │
│15   │     │議員派遣の件                            │
│    │     │                                  │
└────┴─────┴──────────────────────────────────┘






○議長(安和敏幸君) おはようございます。直ちに本日の会議を開きます。          (10時00分)

 まず初めに、日程第1.議案第2号ブルーツーリズム体験施設等整備事業土木工事(2工区)請負契約の変更についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) ブルーツーリズム体験施設等整備事業ですね、契約金額が3,400万、変更契約が5,047万余り、2,600万ぐらいの増減があるんですが、その辺の工事の金額の変わったところの説明をお願いしたいと思います。



○議長(安和敏幸君) 企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) ただいまの仲嶺議員の御質問にお答えいたします。

 宮城地区に現在整備をしてますブルーツーリズム施設につきましては、1工区の建物の部分の土木と、今回変更するのは2工区、海岸工、陸上部分から海岸までおりる海岸工の工事の内容の変更となっています。

 主な、今回増額に伴った変更の内容につきましては、提案の中でも御説明いたしましたが、昨年10月の台風19号の影響により、のり面の一部崩壊等があり、工法を変更するものとなっております。

 内容につきましては、のり面保護工において、モルタル吹きつけ枠工を200マスから150マスに変更するものと、海岸工、ボードウオークを設置するわけでございますが、当初支柱のみで支えるという予定をしておりました。それを、のり面側のほうに階段を変更し、のり面と支柱の支えで階段工を設置するというための変更。それと、仮設工において足場の追加があります。あと、土工において、機械、工法が難しい部分につきまして、人力での工法が必要となり、そういったものが重なりまして増額の要因となっております。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 それでは、議案第2号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票。全会一致で賛成であります。したがって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第2.議案第3号東村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 議案第3号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告します。投票総数7票、賛成7票、反対票ゼロ票。全会一致で賛成であります。したがって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第3.議案第4号単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 議案第4号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告します。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第4.議案第5号東村社会教育委員に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 議案第5号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告します。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第5.議案第6号東村立山と水の生活博物館の設置及び入館料に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 議案第6号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告します。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって、議案第6号は原案のとおり可決されました。



△日程第6.議案第7号東村子ども・子育て支援事業計画の策定についてを議題といたします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。3番、神谷牧夫君。



◆3番(神谷牧夫君) 計画書の60ページにあります放課後児童健全育成事業について質問いたします。

 この事業は事業内容にかかってるとおり、小学校に通学する児童に対し、授業終了後にその小学校の余ってる教室、それから児童館等を利用して、子供たちの適切な遊び場を与えるという事業です。この計画書では、31年度までは2カ所確保する予定で、とりあえず28年度は有銘公民館と川田公民館を計画されているみたいですが、各公民館で預かるのも非常にいい計画でぜひやっていただきたいんですが、ただ公民館においては、夏休みの期間中、これは、今回夏休みの期間中だけ前回だったんですが、今後年間を通してそういった預かりをするのか、ひとつこれを聞かしてください。

 それと、公民館では、各種の字の年間行事があります。これで公民館を豊年祭とかいろんな行事で使うんで、子供たちが預かるのにちょっと都合の悪い時期もあるんではないかと思います。それもあわせてちょっとお聞かせください。



○議長(安和敏幸君) 福祉保健課長、上原朝文君。



◎福祉保健課長(上原朝文君) ただいまの御質疑にお答えいたします。

 現在、計画の中では、想定できる範囲っていうのが非常に狭い状況でありまして、学校には空き教室がないということもありますし、施設を新たにつくるかというと、またそれなりの計画と学校統廃合とかも想定されてるようですので、そこら辺も加味しながら、現状をなるべく変更しないような形で既存の施設を利用したいということもあって、公民館以外にちょっと想定できる場所がありませんでしたので、策定会議の中では、当面の間は公民館を利用したいということを考えています。

 利用の形態としては、年間200日以上利用するということで、日曜日除く毎日の利用を想定していますので、今後区長さん方々と、あと、PTAというか、父兄の皆様と十分調整しながら検討していきたいと思っています。

 それよりもいい方法があれば、27年度中に検討して、対処していきたいなと思っております。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 3番、神谷牧夫君。



◆3番(神谷牧夫君) なぜこれを聞いたかといいますと、東村は伊集村長の当初から村民を2,000名にするということでいろんな事業をして、定住促進住宅、それから集合住宅等々を建設して、実際そこに村外から、県外からも住まわれてる方も増えてきてます。しかし、今の人口を現状維持するのが精いっぱいで、なかなか増えてきてない状況です。特に、若い方々、若い世代の夫婦を誘致するには、この低学年の子供たちを安心して預けれる場所がはっきりとPRできないと、心配でなかなか住むのに二の足を踏むんじゃないかと思います。

 地元の方々でしたら、放課後、おじいさんやおばあさん、それから親戚の方々が面倒見てくれるんですが、全く友人、知人がいないところに新たに来る若い夫婦では、仕事をしていても、大変この子供たちのことが心配で、東村に移住することが難しく考えてる場合もあるかもしれませんので、是非いろんな施策の中で、東村は子供たちの住みよい村ということを目指してやっているわけですので、どうかこの辺も小学校の低学年の子供たちが安心して地域で放課後も見守れるような仕組みをぜひ早急に確保していただきたいなと思います。

 この中でやはり、この事業内容にあるように、小学校の中で、学校終わった後に、そこで子供たちが遊べて、勉強なりできるような仕組みが一番いいんじゃないかなと私個人では思っております。空き教室がないというんでしたらしょうがないんですが、もう今子供たちも人数減ってきて、この空いてる教室出てくるんじゃないかなとは思うんですけども、いろんなことを皆さんで考えて、ぜひこの辺は早急にこの事業の内容があるとおりには方向で進めていっていただきたいと思います。



○議長(安和敏幸君) 質問ですか。(発言する者あり)村長、伊集盛久君。



◎村長(伊集盛久君) ただいま神谷議員の質問ですが、東村としては少子高齢化世代がどんどん進んできますので、いかにこれを、子育て環境をよくするかということが大切ではないかというふうに思っております。

 公民館の利用とか、あるいはまた空き教室の利用とか、将来についてはこども園の設置とか、この子育て支援体制というのも満遍にやっていかないといけないというふうに思っておりまして、どうしても人口2,000人の目標を達成するためには、あらゆる面から対策をとっていかなければいけないということでありますので、関係各所との調整しながらやっていきたいというふうに思ってます。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。2番、伊佐真次君。



◆2番(伊佐真次君) ちょっと関連した質問ですけれども、その学童の時間帯は何時から何時までなのか。

 それと、働く側の採用はどうなってんのか。この学童だけの時間帯だけの採用なのか、あるいは一日用としての採用なのか。そうなると、時給制というかそういうことになるのか、その辺ちょっとお伺いしたいと思います。



○議長(安和敏幸君) 福祉保健課長、上原朝文君。



◎福祉保健課長(上原朝文君) ただいまの御質疑にお答えいたします。

 具体的にまだ検討の段階で、27年度中に計画を策定していきたいと考えております。

 この学童で預かる時間帯なんですけれども、想定としては2時間程度と考えています。学校が終わって大体6時、長くても6時半でしょうか、その程度の時間帯を考えております。

 職員についても、その時間帯だけの雇用となると安定した雇用は図れませんので、それなりの業務をしていただいての兼務になるのか、それともリタイアされた方、有償ボランティアという考え方もありますので、そこら辺も含めて、一年をかけて議論していきたいと考えております。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) じゃあ、質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 議案第7号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告します。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

 この際、お諮りします。日程第7.議案第8号から日程第8.議案第9号までを一括して議題としたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、日程第7.議案第8号から日程第8.議案第9号までを一括して議題とすることに決定しました。

 付託しておりました予算審査特別委員長の報告を求めます。予算審査特別委員長、仲嶺眞文君。



◎予算審査特別委員長(仲嶺眞文君) 

平成27年3月12日

 東村議会議長 安 和 敏 幸  殿

予算審査特別委員長 仲 嶺 眞 文

委 員 会 審 査 報 告 書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので会議規則第77条の規定により報告します。

 事件番号、件名、審査結果の順に報告します。




┌─────┬──────────────────────────────┬─────────────┐
│事件の番号│件       名                     │審査結果         │
├─────┼──────────────────────────────┼─────────────┤
│議案第8号│平成26年度東村一般会計補正予算(第7号)について      │原案のとおり可決すべきもの│
│     │                              │(全会一致)       │
├─────┼──────────────────────────────┼─────────────┤
│議案第9号│平成26年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)について│原案のとおり可決すべきもの│
│     │                              │(全会一致)       │
└─────┴──────────────────────────────┴─────────────┘


 以上、報告申し上げます。



○議長(安和敏幸君) ただいま、予算審査特別委員長から報告が終わりました。

 この際、お諮りします。委員長に対する質疑終結、討論を終結したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、委員長に対する質疑終結、討論を終結することに決定しました。

 これより採決を行います。

 お諮りします。

 まず初めに、議案第8号について採決を行います。予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第8号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第8号は委員長報告のとおり決定しました。

 次に、議案第9号について採決を行います。予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第9号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第9号は委員長報告のとおり決定しました。

 この際、お諮りします。日程第9.議案第10号から日程第13.議案第14号までを一括して議題としたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、日程第9.議案第10号から日程第13.議案第14号までを一括して議題とすることに決定しました。

 付託しておりました予算審査特別委員長の報告を求めます。予算審査特別委員長、仲嶺眞文君。



◎予算審査特別委員長(仲嶺眞文君) 

平成27年3月12日

 東村議会議長 安 和 敏 幸  殿

予算審査特別委員長 仲 嶺 眞 文

委 員 会 審 査 報 告 書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので会議規則第77条の規定により報告します。

 事件番号、件名、審査結果の順で報告します。




┌─────┬──────────────────────────────┬─────────────┐
│事件の番号│件       名                     │審査結果         │
├─────┼──────────────────────────────┼─────────────┤
│議案第10号│平成27年度東村一般会計予算について             │原案のとおり可決すべきもの│
│     │                              │(全会一致)       │
├─────┼──────────────────────────────┼─────────────┤
│議案第11号│平成27年度東村国民健康保険特別会計予算について       │原案のとおり可決すべきもの│
│     │                              │(全会一致)       │
├─────┼──────────────────────────────┼─────────────┤
│議案第12号│平成27年度東村後期高齢者医療保険特別会計予算について    │原案のとおり可決すべきもの│
│     │                              │(全会一致)       │
├─────┼──────────────────────────────┼─────────────┤
│議案第13号│平成27年度東村簡易水道事業特別会計予算について       │原案のとおり可決すべきもの│
│     │                              │(全会一致)       │
├─────┼──────────────────────────────┼─────────────┤
│議案第14号│平成27年度東村人材育成基金特別会計予算について       │原案のとおり可決すべきもの│
│     │                              │(全会一致)       │
└─────┴──────────────────────────────┴─────────────┘


 以上、報告申し上げます。



○議長(安和敏幸君) ただいま、予算審査特別委員長から報告が終わりました。

 この際、お諮りします。委員長に対する質疑終結、討論を終結することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、委員長に対する質疑終結、討論を終結することに決定しました。

 これより採決を行います。

 お諮りします。

 まず初めに、議案第10号について採決を行います。予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第10号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第10号は委員長報告のとおり決定しました。

 次に、議案第11号について採決を行います。予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第11号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第11号は委員長報告のとおり決定いたしました。

 次に、議案第12号について採決を行います。予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第12号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第12号は委員長報告のとおり決定いたしました。

 次に、議案第13号について採決を行います。予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第13号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第13号は委員長報告のとおり決定いたしました。

 次に、議案第14号について採決を行います。予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第14号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第14号は委員長報告のとおり決定しました。

 次に、日程第14.閉会中の継続調査の件を議題とします。

 会議規則第75条の規定により、別紙お配りのとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りします。申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。



△日程第15.議員派遣の件を議題とします。

 平成27年度の議会研修及び調査等に係る議員派遣は、お配りのとおり決定したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、平成27年度の議員研修及び調査等に係る議員派遣は、お配りのとおり決定しました。

 暫時休憩します。                                     (10時34分)

 それでは、再開します。                                  (10時39分)

 今定例会において議決されました事件について、その条項、字句、数字、その他整理を要するものについては、その整理を議長に一任されたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。よって、さよう決定いたしました。

 以上で、本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。平成27年第3回東村議会定例会を閉会します。お疲れさまでした。       (10時40分)

以上、地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。


                東村議会

                議  長  安 和 敏 幸 

                署名議員  平 田 嗣 雄 

                署名議員  池 原 憲 勇