議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 東村

平成 27年 3月 予算審査特別委員会(定例会) 03月06日−01号




平成 27年 3月 予算審査特別委員会(定例会) − 03月06日−01号









平成 27年 3月 予算審査特別委員会(定例会)




┌─────────────────────────────────────────────┐
│平成27年第3回東村議会予算審査特別委員会会議録                      │
├─────────┬───────────────────────────────────┤
│招集年月日    │平成27年3月6日                           │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│招集場所     │東村議会委員会室                           │
├─────────┼───┬─────────────────┬───┬─────────┤
│開・閉の日時   │開会 │平成27年3月6日 午後2時00分  │委員長│仲 嶺 眞 文  │
│及び宣言     │散会 │平成27年3月6日 午後2時31分  │委員長│仲 嶺 眞 文  │
├─────────┼───┼─────────────┬───┼───┴─────────┤
│出席(応招)委員 │議 席│氏   名        │議 席│氏   名        │
│         │番 号│             │番 号│             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │1  │港 川 實 登      │6  │比 嘉 重 範      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │2  │伊 佐 真 次      │7  │平 田 嗣 雄      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │3  │神 谷 牧 夫      │8  │池 原 憲 勇      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │5  │仲 嶺 眞 文      │   │             │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│欠席(不応招)委員│   │             │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │   │             │   │             │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│会議録署名委員  │1  │港 川 實 登      │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │2  │伊 佐 真 次      │   │             │
├─────────┼───┴────┬────────┴───┴─────────────┤
│職務のために出席 │事 務 局 長 │平 田 尚 樹                   │
│した者の職氏名  ├────────┼──────────────────────────┤
│         │臨 時 職 員 │仲 嶺 眞太郎                   │
├─────────┼────────┼────────┬────────┬────────┤
│地方自治法第121│村長      │伊 集 盛 久 │建設環境課長  │宮 平 勇 二 │
│条により説明のため│副村長     │金 城 紀 昭 │農林水産課長  │宮 城   準 │
│出席した者の職氏名│教育長     │比 嘉 一 之 │教育課長    │比 嘉 鶴 見 │
│         │会計管理者   │松 田 恵里子 │        │        │
│         │総務財政課長  │福 永 政 也 │        │        │
│         │企画観光課長  │金 城 幸 人 │        │        │
│         │住民課長    │宮 城 調 秀 │        │        │
│         │福祉保健課長  │上 原 朝 文 │        │        │
└─────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘






△平成27年第3回東村議会予算審査特別委員会議事日程表(第1号)

平成27年3月6日

開 会 午後2時


┌────┬─────┬──────────────────────────────┐
│日程番号│議案番号 │件        名                    │
├────┼─────┼──────────────────────────────┤
│1   │     │会議録署名委員の指名(1番 港川實登君・2番 伊佐真次君) │
│    │     │                              │
│2   │議案第8号│平成26年度東村一般会計補正予算(第7号)について      │
│    │     │                    (質疑・討論・採決)│
│3   │議案第9号│平成26年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)について│
│    │     │                    (質疑・討論・採決)│
└────┴─────┴──────────────────────────────┘






○委員長(仲嶺眞文 君) こんにちは。早速、予算審査特別委員会を開きます。         (14時00分)



△日程第1.会議録署名委員の指名を行います。

 会議録署名委員は、1番、港川實登君、2番、伊佐真次君を指名します。

 暫時休憩します。                                     (14時00分)

 再開します。                                       (14時01分)



△日程第2.議案第8号平成26年度東村一般会計補正予算(第7号)についてから日程第3.議案第9号平成26年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)についてまでを一括して議題といたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(仲嶺眞文 君) 「異議なし」と認めます。したがって、日程第2.議案第8号から日程第3.議案第9号までを一括して議題とすることに決定しました。

 質疑を行います。質疑の発言を許します。6番、比嘉重範君。



◆6番(比嘉重範君) では、11ページ、歳出の沖縄振興特別推進市町村交付金の15節と18節、19節の内容の説明をお願いします。

 もう一つは、19ページ、商工費の負担金550万円、どうして今ごろなってるのか、年度末だけども、その内容をお願いします。



○委員長(仲嶺眞文 君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいま比嘉議員の御質問にお答えします。

 沖縄振興特別推進交付金、一括交付金なんですが、各課にこの一括交付金というのは事業またがっておりますが、13節では文化交流施設機能強化事業ということで、農研のほうの改修のためのもので約5万円、東村観光誘客機能強化事業で、仮称なんですが、44万3,000円の増となってます。

 あとは、東村観光産業人材育成でマイナスの20万3,000円、東村魅力PR事業でマイナスの35万9,000円、福地川河口周辺環境委託調査で54万円の減、東村屋内運動場施設機能強化事業でマイナス66万円の減というふうになってます。

 続きまして、15節の工事費についても同じ、各課にまたがるんですが、ブルーツーリズム体験施設で673万5,000円、工事費です。

 続きまして、屋内運動機能強化事業で1,234万3,000円、トータルが1,509万8,000円の増になっております。

 続きまして、同じく一括交付金の18節の備品購入費、これは村内の小学校へ電子黒板設置事業で232万円の減であります。

 もう一つ、東村海洋資源活用推進事業、これは1,282万7,000円なんですが、これは組みかえでまた別のこの負担金、下のほうの負担金のほうにいっております。

 以上です。



○委員長(仲嶺眞文 君) 企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) ただいまの比嘉委員の御質問にお答えいたします。

 11ページ、何ページでしたっけ。すいません。19ページの商工会の負担金の550万円につきましては、ふるさと創生法案関係の事業の予算となっています。本事業については、27年度から今後5カ年計画を定めて事業を実施していくというものと、26年度、緊急的に補正予算が国のほうから交付があります。

 で、もう一つ、地方創生型というのもあるんですけども、関連して、歳入の8ページをご覧になってください。地方創生型として1,727万6,000円、それから商工会のほうに今回委託する地域消費喚起生活支援型ということで535万1,000円の歳入があります。

 今回、商工会のほうで実施します550万円につきましてはプレミアム商品券です。東村経済振興商品券の発行事業となっております。商工会においては、当初、次年度、事業を実施したい旨の計画がございました。それを1年前倒しをして予算を計上しております。緊急的な予算の国からの処置ということから、実質的には繰り越しとして事業を実施するということの予定をしております。

 以上です。



○委員長(仲嶺眞文 君) 6番、比嘉重範君。



◆6番(比嘉重範君) 負担金の759万5,000円、補助金ということですけども、どこに補助するのか、これ委託金なのか補助金なのかよくはっきりわからないので、その辺もお願いします。

 それから、商工会の前倒しでということでありますけども、特定財源を見ると535万1,000円、それからその他103万8,000円というのが内訳であるんだけども、その補助金でこれ、その他もなっているのか、ちょっと教えてもらいたいと思います。19の財源内訳。19ページ、さっきの観光費550万円がありましたけども、財源内訳で国・県支出金が135万1,000円あるんだけども、その他という103万8,000円、ありますよね。その内容を。



◎総務財政課長(福永政也君) 比嘉委員の御質問にお答えします。

 大変すいません。ちょっと各課にまたがってて、私のほうで全体的把握すればいいんですが、先ほどの19節の負担金759万5,000円は、これは、備品からの組みかえで、東村海洋資源活用推進事業ということで、そちらのほうに負担金として組みかえてます。同じ19節の中で、すいません。休憩お願いします。



○委員長(仲嶺眞文 君) はい、暫時休憩します。                     (14時10分)



◆8番(池原憲勇君) (中断)78万円の説明と、次、12款の定住促進住宅集合型使用料のマイナス177万4,000円の説明をお願いします。



○委員長(仲嶺眞文 君) 教育課長、比嘉鶴見君。



◎教育課長(比嘉鶴見君) 7ページの教育費負担金の7節の給食費負担金ですけども、こちら78万円ありますけども、ちょっと不登校児童生徒がいて、その分を見込んではいたんですけども、給食、登校なしですので、給食の負担がないということでその分と、あと先生方の病休とか、その先生方が休む部分での給食の負担がなくなったということで、その減額でございます。

 以上です。



○委員長(仲嶺眞文 君) 企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) ただいまの御質問にお答えいたします。

 定住促進の収入につきましては、集合型の収入の減になっています。当初、7月から3月の当初計画で家賃の収入を見込んでおりました。完成等の時期であったり、実際入居した時期が9月以降でしたので、その分の収入減になります。

 先ほどの比嘉議員の追加のこともよろしいでしょうか。



○委員長(仲嶺眞文 君) 大丈夫です。



◎企画観光課長(金城幸人君) 先ほどの18ページの商工費の特定財源の内訳につきましては、9ページの雑入をご覧になってください。ダム周辺管理委託金の減額と、あとオータムジャンボ宝くじ、夏祭り等、そういったイベント等に充当している金額の減額等も関係してきています。

 以上です。



○委員長(仲嶺眞文 君) 質疑はありませんか。3番、神谷牧夫君。ボタンをお願いします。



◆3番(神谷牧夫君) 17ページなんですが、給食費、滞納で9万3,000円受けてるんですが、今現在もまだ滞納があるんですか。もしあるんでしたら、どれぐらいの金額で何名ぐらいいるんでしょうか。



○委員長(仲嶺眞文 君) 教育課長、比嘉鶴見君。



◎教育課長(比嘉鶴見君) 細かい数字はあれですけども、ほとんど給食費の滞納分はないというふうにしております。今のところ大丈夫です。



○委員長(仲嶺眞文 君) 3番、神谷牧夫君。



◆3番(神谷牧夫君) それと、幸人課長にお聞きしたいんですけども、たしか商工会のほうで婚活の予算を計上したと思うんですが、婚活したという話聞いたことないんですけど、ああ、あっちか。じゃあ、済いません。お願いします。



○委員長(仲嶺眞文 君) 福祉保健課長、上原朝文君。



◎福祉保健課長(上原朝文君) 福祉保健課のほうで婚活のほうは見ておりますが、今年、26年度、80万円を補助金として流しております。26年度実施の方向で検討しておりましたが、募集したところ、ごくわずかしか応募がなかったということで、この額を全額27年度に実施したいということで報告を受けております。

 以上です。



○委員長(仲嶺眞文 君) 3番、神谷牧夫君。



◆3番(神谷牧夫君) 募集がないというのは、東村に魅力がなくて女性のほうが募集なかったんですか。



○委員長(仲嶺眞文 君) 福祉保健課長、上原朝文君。



◎福祉保健課長(上原朝文君) 詳しいことはわからないんですけれども、男性が数名、女性も二、三名来ていましたけれども、最近、婚活でこの田舎に来てパーティーをするというような形式のものが、ちょっとニーズが落ちてきているということもあって、27年度においては別の形で婚活をしていこうということで、いろいろ趣向を凝らしてやりたいということでの申し出がありました。

 以上です。



○委員長(仲嶺眞文 君) ほかに質疑はございませんか。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○委員長(仲嶺眞文 君) 質疑なし。はい、質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 暫時休憩します。                                     (14時26分)

 再開します。                                       (14時29分)

 これより討論を行います。討論の発言を許します。

(「なし」と言う者あり)



○委員長(仲嶺眞文 君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 議案第8号について採決を行います。

 お諮りします。議案第8号は原案のとおり可決すべきものと決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(仲嶺眞文 君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第8号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 議案第9号について採決を行います。

 お諮りします。議案第9号は原案のとおり可決すべきものと決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(仲嶺眞文 君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第9号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 お諮りします。本委員会で決定されました事件について、その条項、字句、数字、その他整理を要するものについて、その整理を委員長に一任されたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(仲嶺眞文 君) 「異議なし」と認めます。よって、そのとおり決定しました。

 この際、お諮りします。本件付託事件に対する委員会報告の作成については、委員長に一任されたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○委員長(仲嶺眞文 君) 異議なしと認めます。よって、そのとおり決定しました。

 以上で、本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれにて閉会します。御苦労さまでした。                       (14時31分)