議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 東村

平成 26年 8月 臨時会(4回) 08月29日−01号




平成 26年 8月 臨時会(4回) − 08月29日−01号









平成 26年 8月 臨時会(4回)





△平成26年第4回東村議会臨時会会期日程


                                 自:平成26年8月29日
                                        1日間
                                 至:平成26年8月29日
┌───┬────┬──┬────┬─────────────────────────┐
│日 次│月 日 │曜 │会議区分│摘        要               │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第1日│8月29日│金 │本会議 │1.開会宣告                   │
│   │    │  │    │2.会議録署名議員の指名             │
│   │    │  │    │3.会期の決定                  │
│   │    │  │    │4.提案理由の説明                │
│   │    │  │    │5.議案の内容説明                │
│   │    │  │    │6.質疑、討論、採決               │
│   │    │  │    │7.閉会宣告                   │
└───┴────┴──┴────┴─────────────────────────┘



┌─────────────────────────────────────────────┐
│平成26年第4回東村議会臨時会会議録                            │
├─────────┬───────────────────────────────────┤
│招集年月日    │平成26年8月29日                           │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│招集場所     │東村議会議事堂                            │
├─────────┼───┬─────────────────┬───┬─────────┤
│開・閉の日時   │開会 │平成26年8月29日  午前10時00分 │議長 │安 和 敏 幸  │
│及び宣言     │閉会 │平成26年8月29日  午前10時43分 │議長 │安 和 敏 幸  │
├─────────┼───┼─────────────┬───┼───┴─────────┤
│出席(応招)議員 │議 席│氏   名        │議 席│氏   名        │
│         │番 号│             │番 号│             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │1  │仲 嶺 眞 文      │6  │大宜見 朝 健      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │2  │比 嘉 重 範      │7  │池 原 憲 勇      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │3  │神 谷 牧 夫      │8  │金 城 允 士      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │5  │平 田 嗣 雄      │9  │安 和 敏 幸      │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│欠席(不応招)議員│   │             │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │   │             │   │             │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│会議録署名議員  │8  │金 城 允 士      │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │1  │仲 嶺 眞 文      │   │             │
├─────────┼───┴────┬────────┴───┴─────────────┤
│職務のために出席 │事務局長    │平 田 尚 樹                   │
│した者の職氏名  ├────────┼──────────────────────────┤
│         │臨時的職員   │仲 嶺 眞太郎                   │
├─────────┼────────┼────────┬────────┬────────┤
│地方自治法第121│村長      │伊 集 盛 久 │建設環境課長  │宮 平 勇 二 │
│条により説明のため│副村長     │金 城 紀 昭 │農林水産課長  │宮 城   準 │
│出席した者の職氏名│教育長     │比 嘉 一 之 │教育課長    │比 嘉 鶴 見 │
│         │会計管理者   │松 田 恵里子 │        │        │
│         │総務財政課長  │福 永 政 也 │        │        │
│         │企画観光課長  │金 城 幸 人 │        │        │
│         │住民課長    │宮 城 調 秀 │        │        │
│         │福祉保健課長  │上 原 朝 文 │        │        │
└─────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘




△平成26年第4回東村議会臨時会議事日程表(第1号)


平成26年8月29日
開 会 午前10時
┌────┬─────┬──────────────────────────────┐
│日程番号│議案番号 │件        名                    │
├────┼─────┼──────────────────────────────┤
│1   │     │会議録署名議員の指名(8番 金城允士君・1番 仲嶺眞文君) │
│    │     │                              │
│2   │     │会期の決定                         │
│    │     │                              │
│3   │     │提案理由の説明                       │
│    │     │                              │
│4   │議案第26号│福地川河口周辺連携強化整備事業土木工事(1工区)工事請負契約│
│    │     │について                          │
│    │     │(内容説明、質疑、討論、採決)               │
│5   │議案第27号│福地川河口周辺連携強化整備事業土木工事(2工区)工事請負契約│
│    │     │について                          │
│    │     │(内容説明、質疑、討論、採決)               │
│    │     │                              │
└────┴─────┴──────────────────────────────┘




○議長(安和敏幸君) それでは、おはようございます。ただいまから平成26年第4回東村議会臨時会を開会します。                                            (10時00分)

 本日の会議を開きます。



△日程第1.会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、8番、金城允士君、1番、仲嶺眞文君を指名します。



△日程第2.会期の決定の件を議題とします。

 お諮りします。本会期は8月29日、本日限りの1日間にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、会期は8月29日本日限りの1日間に決定しました。

 次に、日程第3.提案理由の説明を求めます。村長、伊集盛久君。



◎村長(伊集盛久君) 平成26年第4回東村臨時会、一括提案理由の説明をいたします。

 平成26年第4回東村議会臨時会において、提案いたします議案について一括して提案理由を申し上げます。

 議案第26号福地川河口周辺連携強化整備事業土木工事(1工区)工事請負契約について、議案第27号福地川河口周辺連携強化整備事業土木工事(2工区)工事請負契約について、平成26年8月26日指名競争入札に付した、前記それぞれの工事について、請負契約を締結したいので、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、提案いたします。

 以上で議案の一括説明といたしますが、御審議の上、原案どおりの議決を賜りますようお願いいたします。これで提案理由の説明を終わります。



○議長(安和敏幸君) 提案理由の説明が終わりました。

 次に、日程第4.議案第26号福地川河口周辺連携強化整備事業土木工事(1工区)工事請負契約についてを議題といたします。

 内容説明を求めます。企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) それでは、議案第26号の内容説明を行います。

 福地川河口周辺連携強化整備事業土木工事(1工区)工事請負契約について、でございます。

 東村財務規則114条に基づき、平成26年8月26日指名競争入札に付した、福地川河口周辺連携強化整備事業土木工事(1工区)について、工事請負契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 契約の目的、福地川河口周辺連携強化整備事業土木工事(1工区)、契約の方法、指名競争入札による契約、契約金額、1億7,226万円、契約の相手方、名護市字為又87番地、株式会社東開発、代表取締役社長仲泊栄次、平成26年8月29日提出、東村長、伊集盛久。提案理由は省略いたします。

 なお、本工事につきましては、福地川河口周辺連携強化整備事業の土木工事、1工区、2工区と分けて工事をしております。その1工区の分に当たります。

 そのほか、建築工事、それから外構設備工事、建築工事というのを順次、今後発注していく予定にしております。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。6番、大宜見朝健君。



◆6番(大宜見朝健君) この物件に対して、ちょっと疑問がありますので質問します。

 この1工区に関して全て村外業者からの指名になってます。地元では、この指名競争入札に参加できなかったのか、それとも、意図に外したのかそこのところ答弁願いたいと思います。



○議長(安和敏幸君) 企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) 大宜見議員の御質問にお答えいたします。

 議案第27号において、2工区の土木工事において後ほどまた御説明申し上げますが、その2工区においては、村内の業者を選定しております。ですから。(発言する者あり)



○議長(安和敏幸君) ちょっと待ってくださいよ。ちょっと待ってください。



◎企画観光課長(金城幸人君) 今回1工区になぜ村内業者が入ってないかということですが、村内業者に限らず、1工区、2工区とも、業者自体をダブって参加をするということを、今回は検討し、ダブらないようにしております。

 理由は、本事業自体が平成25年の事業ということで、ことし4月25日に交付決定がきて、約11カ月という大変厳しい工期の中で、繰り越し事業として事業を進めております。

 ということで、工期決定後設計等についても、かなり、急ピッチで業者選定をして、設計を仕上げております。工事発注につきましても、定例議会が9月にすぐあるんですが、1日でも早く工事を発注し、工期内の完成を目指したく事業を進めております。

 そういったこともありまして、1工区、2工区、特に土木工事におきましては、早く発注をし、他の、これから発注します建築、それから設備等に影響がないように事業をなるべくスムーズに進める上でも、村内の業者が1工区だめではなくて、1工区とも、2工区とも業者自体をダブらないようにやっております。

 仮に1工区、2工区を入札で落札する可能性も100%ないということもありませんので、工事をスムーズに進める上で分けたということをしましたので、御理解をよろしくお願いします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 質問者、答弁者に申し上げます。双方の質問、答弁の内容をしっかり理解した中で、質問、答弁を簡潔にお願いしたいと思います。

 暫時休憩します。                                     (10時10分)

 再開します。                                       (10時13分)

 6番、大宜見朝健君。



◆6番(大宜見朝健君) 今、休憩中に質疑応答しての中で、ちゃんとこの役場のこの書類の中にも、第4条の3項にこう書かれてるわけですよね。2ランクアップというのは書かれとるわけです。行政がつくって、個人がつくってるんじゃない、行政がこういうあれをしてるんですよ。それを何で実行できないのかということです。

 僕としては、もう大変失礼な言い方かもしらんけど、東村の行政の発注による、この関係しとる、課というのかな、村外に目を向けてるようなことを考えておるみたいで、村内の業者を発展させていき(  )として、村内の活性化につながるようなことは全然考えてないみたいな感じがする。それに対する答弁をお願いします。



○議長(安和敏幸君) 企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) ただいまの大宜見議員の御質問にお答えします。

 村内の業者を軽視をしてるわけではございません。御理解をお願いしたいと思います。

 確かに、東村建設工事競争入札参加指名及び指名基準等に関する規則においては、2階級、上下を選定することができるとあります。もちろん、村内だけではなく、村外の事業者においても、1階級上下、1階級何ですけれども、該当者を選定することができるっていうことですが、村外からは、1階級ということは今回しておりません。

 工事自体が、先ほども申し上げたんですが、休憩中に申し上げたんですが、本来土木工事を1つで発注することもできたんですが、やはり工期のこととかいろいろ考えて、スムーズにいくように2工区に分けております。今回、じゃあ、その1工区のほうに村内の業者を入れればよかったんじゃないかということにもなるかと思いますが、この工事自体がもともとランクとしては特A級のクラスになっているということで、今回は1工区については、特Aの業者だけで指名をしております。

 村内の業者が入れないこともなかったんですけども、2工区のほうで、またしっかり工事を進めていただきたく、2工区のほうには、該当する村内の業者を全て選定しておりますので、御理解をよろしくお願いします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 6番、大宜見朝健議員。



◆6番(大宜見朝健君) 今の行政側に質疑あえて質疑したと思うんだけど、全部、返ってくるのは同じ言葉だったです。2工区に入って、1工区は外しております。我慢してください。これ行政のやり方なんです。行政というものはもっと村民のことを考えて事業をするのが行政じゃないの、行政の仕事じゃないのかと僕は思います。

 例えば、今、Bクラスから、これは何クラスかなDクラスがいるかな東村には。そういう業者を育てるのも行政の役目じゃないの。何で、村外だけに目を向けるの。ここで、こういうことで東村はこういう事業を、これだけの事業がありましたけど、Bクラスだけど東村の規約なのか、何か知らんけど、2ランクアップして指名をさせますというふうな感じでやるのが行政側の仕事じゃないかと。

 または、他村、大宜味村、国頭村は、このランクは関係あるんですけど、5,000万以上はフリーなんです、向こうも。

 村長もこれ消防議会の中での、この雑談の中で、その話を聞いてると思います。僕も村長に話をしました。東村もそういうふうにしたほうがいいんじゃないかと、村長頑張ってみてと。

 大宜味村、国頭村はできるだけ地元の業者に仕事をさせようというふうに考えてるのに、何で東村はこの地元の業者をそっちのけに、こっちから見てですよ、そっちのけにしてるのは感じがするんです。

 課長、聞いてますか。何か、つーんとしてるみたいな感じがするんだけど、これ僕の。ただ、変な見方してるっていうかもしれんと思うんですけど、何かちょっと顔がちょっと変わってるみたいだったよ。



○議長(安和敏幸君) まとめてください。



◆6番(大宜見朝健君) それで、最後に、今後、その村があげた、この2ランクアップのことを重視して、それに従って発注できますか、できないのか。その答弁をお願いします。1つはですね。

 それと、もう1つは、僕自体から1工区のことだけについて話をしようということを言いましたけど、東村の建設業の等級を名前を挙げて発表してもらえないですか。

 その2点です。



○議長(安和敏幸君) ちょっと待ってください。今、整理します。

 2ランクアップについて、今後、規定どおり運用できるかってことですよね。



◆6番(大宜見朝健君) そうそう。



○議長(安和敏幸君) それと、村業者の建設業業者のランク。



◆6番(大宜見朝健君) ランクの説明です。



○議長(安和敏幸君) これは、今の工事と関係ありますよね。今の議案とはね。



◆6番(大宜見朝健君) あると思います。



○議長(安和敏幸君) じゃあ、その点踏まえて答弁お願いします。企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) ただいまの大宜見議員の御質問のお答えいたします。

 今後、村内の業者が2ランクまでの上位、下位の該当者から選定することを行ってほしいという旨の話です。

 指名委員会の中で、今回大宜見議員からそういったことがあったことをお伝えいたします。私のほうからそれを履行しますというお約束はできないんですが、指名委員会の中でそういった話があったということをしっかり伝えていきたいと思います。

 もう1点、村内のランク付けにつきましては、今、手元に資料がございませんので、担当課のほうから後ほど資料を取り寄せてあとで提出したいと思います。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はございませんか。



◆6番(大宜見朝健君) お願いです。もう1点だけ、さっと終わります。



○議長(安和敏幸君) 3回の前に休憩しました。休憩もしていますから、ちょっと取り次ぐことはできません。ほかの議員の質問もあると思いますので、第2工区の件もありますから、今の挙手は却下します。

 ほかに質疑はございませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで、質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。お諮りします、議案第26号は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第26号は原案のとおり可決することに決定しました。

 次に日程第5.議案第27号福地川河口周辺連携強化整備事業土木工事(2工区)工事請負契約についてを議題とします。

 内容説明を求めます。

 企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) 議案第27号内容説明を行います。

 福地川河口周辺連携強化整備事業土木工事(2工区)の請負契約について、東村財務規則第114条に基づき平成26年8月26日、指名競争入札に付した、福地川河口周辺連携強化整備事業土木工事(2工区)について、工事請負契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 契約の目的、福地川河口周辺連携強化整備事業土木工事(1工区)、契約の方法、指名競争入札による契約、契約金額、8,586万円、契約の相手方、東村字有銘27番地4、兼善建設、代表者田場兼善、平成26年8月29日提出、東村長、伊集盛久。提案理由は省略いたします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。6番、大宜見朝健君。



◆6番(大宜見朝健君) 1工区の現場に対してちょっと喧々諤々やりましたけれど、2工区の件に関しては、大変、いいことだと思います。なぜいいことだと思うかというと、地元の業者がとってます。地元の業者がとった場合に、東村というのは何らかの形で東村に金が落ちるので、潤うと思います。その東村の業者が、もっとこういう事業に、入札参加ができるように業者のほうも頑張っていってもらいたいと思います。

 ひとつ、1工区の質問に対して、4回できなかったという思いで、この事業を兼ねてちょっと質問したいと、村長に一言だけ質問したいと思います。

 この入札関係に対して、1工区の事業と喧々諤々した中で、この2ランクアップのことを、村長としてはどういうふうに進めていくのかが答弁願いたいと思います。



○議長(安和敏幸君) 村長、伊集盛久君。



◎村長(伊集盛久君) 答弁をいたします。

 26号議案の中で、第1工区の入札、指名入札についてのいろいろと問題点が出されておりましたが、この件については担当課長が答弁したとおりでありまして、非常に厳しい工期の中でそういうような形になったわけでありますが、今後このランクの問題については、やっぱり指名委員会でも十分に検討して、また関係課長ともしっかりと検討して、方向性をきちっと決めていきたいというふうに思っております。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 6番、大宜見朝健議員。



◆6番(大宜見朝健君) このランクの関係、指名のあり方を村長のほうから今後いい方向に向けてこの関係課と協議して進めていくというありがたい答弁がありました。大変ありがとうございます。

 東村では、これだけ仕事がない中、全部そういう事業が出てくるのを待つわけです。だから、そういうところを行政側も村民一体となって、できるだけ地元の事業は地元の業者で仕事ができるような指名のあり方をもうちょっと考えて発注してもらいたいと思います。

 以上です。大変ありがとうございました。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。3番、神谷牧夫君。



◆3番(神谷牧夫君) 先ほどから、この入札の件聞いて、1つちょっと疑問になったんで、1つだけ聞きたいんですけども、この企画委員会の中で、東村の中での工事だと2ランクアップの工事までできるという申し合わせなんですか、それとも規定が明記されてるかどうかわかりませんが、そういう話で進んでるんですが、過去に2ランクアップの工事を受注された実績があるのか、ないのか、この辺お聞かせ、願いたいなと。



○議長(安和敏幸君) 企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) ただいまの神谷議員の御質問にお答えいたします。

 まず、2ランク、2階級上下の該当者を選定するっていうものにつきましては、東村建設工事競争入札参加資格及び指名基準等に関する規定に載っております。あとで、確認をお願いしたいと思います。

 それと、過去にそういった実績があったかということに関しましては、今手元にそういった資料がございませんので、建設課のほうで一応工事関係をまとめておりますので、建設課のほうにそういった資料がございましたら、あとで提出したいと思います。

 御理解よろしくお願いします。以上です。



○議長(安和敏幸君) いいですか。ほかに質疑はありませんか。1番、仲嶺眞文君。



◆1番(仲嶺眞文君) ちょっと大宜見朝健議員の質問とあれするんですが、この案件に関して2工区落札した兼善建設は今何のランクで、今その工事8,000万の工事は、何クラスの工事なのか、その辺2つちょっとお願いします。



○議長(安和敏幸君) 企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) ただいまの仲嶺議員の御質問にお答えいたします。

 本事業の落札いたしました業者の兼善建設さんにつきましては、Cランクになっております。その工事のランクにつきましては、5,000万円以上、1億5,000万未満ということで、本来Aランクのランクの事業となってあります。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 1番、仲嶺眞文君。



◆1番(仲嶺眞文君) Cランクの兼善建設さんからすると、Bクラス、Aクラスの仕事ができるということは、実績につながって、次年度はまたBクラスになるのかもということが、先ほどの大宜見さんのことと一緒、要するに経験を積んでランクを上げていけるという意味で、そういったことを聞かれたと思うんです。

 ということは、じゃあそのBクラスもいますっていう、村内の業者が2階級上げると、特A級、Aクラスいって、次、特Aだから、Aクラスのもんにも指名が入ってそういったことに参加できると、そこで積算したり、入札したり、取れる、取れないにしてもスキルアップにつながるよっていうことで、今僕は感じたんですが、それがCクラスの兼善さんが、Aクラスのものを取れたというのが実績、それになりますよね。

 やっぱりそういった形で、取る、取らないに関わらずやっぱり実績踏まえていけば、そのランクも上がっていって、東村の業者の育成にもつながるのではないのかなと思っています。

 村内業者が取っていますので、工期のことだけAクラスの導水管工事とかいろいろあるとは思うんですが、工期のとこだけ注意しながらやっていけたらいいのかなと思います。

 やっぱり、最後に伊集村長に1工区も、2校区も一緒のとこなんですが、ぜひ、このスキルアップというか、村内の事業所の育成という形でも、その指名業者の参加の何かとかで2階級上がるというところで積算したり、悩んだり、工事、入札して、落札できる、できないに関わらず、やっぱり村内業者を育成するためにも、その2階級上げてやるとうたわれてるんであれば、ぜひその辺を村長、指名委員会にでも、村長のほうから言って、やったらいいのではないかなと思いますが、どうですか、村長。



○議長(安和敏幸君) 村長、伊集盛久君。



◎村長(伊集盛久君) 今、いろいろと言われておりますが、ランクの問題もやっぱりいろいろとあるみたいでありますが、我々は基本的に村内業者をいかに育成していくかというのが基本でありますので、そういったところも踏まえて、関係機関、あるいは指名委員会の皆さん方、委員長、村長でありますので、今後、こういった面で十分検討して、あるいはまた隣接村国頭、大宜味ですね、北部地域の指名入札のあり方も検討しながら、ちょっと再検討してみようというふうに思っておりますので、御理解をいただきたいと思っておりますので、御理解をいただきたいと思ってます。

 よろしくお願いします。



○議長(安和敏幸君) 7番、池原憲勇君。



◆7番(池原憲勇君) 関連すると思いますので、指名のあり方なんですが、指名委員会があるということで、多分、各課長中心に副村長さんだったかなという感じもするんですが、この指名委員会のメンバーの構成をお聞きしたいというのと、それと規則にも東村内の業者を記載するということでランクを上下配慮をしているという形でやられてる。

 行政がいろんな水道事業とか、工事の中で分割をして、村内の業者がなるべく参加できるようにということで大分この数年毎年毎年の工事で発注についても配慮してるのはわかるんですが、やはり村内の業者が苦戦をして、昔は十三、四社あったのが、今5社です。やっぱし村内の中で、一番の土木建設業とか、土木業というのは、雇用の大きな、若い方々の雇用の場でもあります。そういうために、入札の規則の中で指名基準の中でそういう規定がとられたと思いますので、今後そのどの形で、入札、せっかくつくったこの2ランクアップ、村内業者育成の考え方を今後指名入札をされる方々が、どういうふうに今後それを取り扱って検討されて、指名に生かしていくのか、ちょっとお聞きしたいなと思います。



○議長(安和敏幸君) 副村長、金城紀昭君。



◎副村長(金城紀昭君) 私が指名委員会の委員長という形をとっております。構成は、議会事務局長と会計管理長を除いた事業を行う全ての課長ということになります。そういうことで、基本的には今おっしゃった2ランクアップの話も当然頭に置きながら、その業者選定をしていくわけですから、ただ、今回みたいに非常に工期を心配をしていながらというところで、各課長たちも、その指名委員会に上げるとき、非常にジレンマを感じながらやっていくふうもあります。

 そういうことで、今後とも皆さんの御意見もありますし、我々もその当然当局として村内業者の育成という部分を含めて、そういった2ランクアップのことも重きを置きながらやっていきたいということであります。

 今後ともよろしくお願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 7番、池原憲勇君。



◆7番(池原憲勇君) 各課長、議会を除くということであります。事業を実施する側がそういう規則もわかって進めていくわけですが、その辺の規制となりますと、いろいろ工期の件、これは明繰り事業ですから、事故繰り越しはできませんので、大分、その僕ので今回は外したということではあるんですが、やはり受ける側からすると、なぜここには我々は2ランクアップというのがあるのに、そこには入れないかという、やはり行政側、やる側と受ける側の立場のいろんな違いもあります。だから今後、やはりそういう大きな工事ができるかいうのは、行政の育成とこともありますので、いうぜひ今後はそういう大きな事業についてもよっぽど特殊なものでない限りは、村内業者も入れるような配慮をしながらやっぱし発注する側、受ける側が納得のいくような感じの指名をしてもらえたら今後も東村の建設業、トップ事業も発展するのではないかと思っておりますので、最後にそれをお願いして、質疑を終わりたいと思います。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はございませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) これで、質疑を終わります。

 これより、討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで、討論を終わります。

 これより採決を行います。お諮りします、議案第27号は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第27号は原案のとおり可決することに決定いたしました。

 今臨時会において議決されました事件について、その条項、字句、数字その他整理を要するものについては、その整理を議長に一任されたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。よって、さよう決定いたしました。

 以上で本日の日程は全て終了しました。

 会議を閉じます。

 平成26年第4回東村議会臨時会を閉会します。お疲れさんでした。               (10時43分)

 



以上、地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。



                東村議会



                議  長  安 和 敏 幸 



                署名議員  金 城 允 士 



                署名議員  仲 嶺 眞 文