議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 東村

平成 20年 2月 臨時会(1回) 02月18日−01号




平成 20年 2月 臨時会(1回) − 02月18日−01号









平成 20年 2月 臨時会(1回)



平成20年第1回東村議会臨時会会期日程


                         自:平成20年2月18日
                                   1日間
                         至:平成20年2月18日
┌───┬────┬──┬────┬─────────────────────────┐
│日 次│月 日 │曜 │会議区分│摘        要               │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第1日│2月18日│月 │本会議 │1.開会宣告                   │
│   │    │  │    │2.会議録署名議員の指名(2番・3番)      │
│   │    │  │    │3.会期の決定                  │
│   │    │  │    │4.提案理由の説明                │
│   │    │  │    │  議案第1号〜3号               │
│   │    │  │    │5.内容説明・質疑・討論・採決          │
│   │    │  │    │  報告第1号(報告のみ)            │
│   │    │  │    │  議案第1号〜3号               │
│   │    │  │    │6.趣旨説明・質疑・討論・採決          │
│   │    │  │    │  決議第1号〜決議第2号            │
│   │    │  │    │7.閉会宣告                   │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
└───┴────┴──┴────┴─────────────────────────┘





┌─────────────────────────────────────────────┐
│平成20年第1回東村議会臨時会会議録                            │
├─────────┬───────────────────────────────────┤
│招集年月日    │平成20年2月18日                           │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│招集場所     │東村議会議事堂                            │
├─────────┼───┬─────────────────┬───┬─────────┤
│開・閉の日時   │開会 │平成20年2月18日  午前10時00分 │議長 │安 和 敏 幸  │
│及び宣言     │   │                 │   │         │
│         │閉会 │平成20年2月18日 午前10  時46分│議長 │安 和 敏 幸  │
├─────────┼───┼─────────────┬───┼───┴─────────┤
│出席(応招)議員 │議 席│氏   名        │議 席│氏   名        │
│         │番 号│             │番 号│             │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │1  │島 袋 徳 和      │6  │宮 城   勉      │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │2  │金 城 允 士      │7  │大 城   博      │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │3  │池 原 憲 勇      │8  │大宜見 朝 健      │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │5  │平 田 嗣 雄      │9  │安 和 敏 幸      │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│欠席(不応招)議員│   │             │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │   │             │   │             │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│会議録署名議員  │2  │金 城 允 士      │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │3  │池 原 憲 勇      │   │             │
├─────────┼───┴────┬────────┴───┴─────────────┤
│職務のために出席 │事 務 局 長 │ 上 原 朝 文                  │
│した者の職氏名  ├────────┼──────────────────────────┤
│         │臨 時 職 員 │ 古 堅 周 作                  │
├─────────┼────────┼────────┬────────┬────────┤
│地方自治法第121│村長      │伊 集 盛 久 │教育課長    │吉 本 健 夫 │
│条により説明のため│副村長     │金 城 紀 昭 │農業委員会   │港 川 尚 樹 │
│出席した者の職氏名│会計管理者   │當 山 全 伸 │  事務局長  │        │
│         │総務財政課長  │宮 城   準 │        │        │
│         │企画観光課長  │宮 城 調 秀 │        │        │
│         │住民福祉課長  │比 嘉 一 之 │        │        │
│         │環境保健衛生課長│港 川 尚 樹 │        │        │
│         │農林水産建設課長│金 城 幸 人 │        │        │
└─────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘






△平成20年第1回東村議会臨時会議事日程表(第1号)


                                平成20年2月18日
                                開 会 午前10時
┌────┬─────┬─────────────────────────────┐
│日程番号│議案番号 │件        名                   │
├────┼─────┼─────────────────────────────┤
│1   │     │会議録署名議員の指名(2番 金城允士君・3番 池原憲勇君)│
│    │     │                             │
│2   │     │会期の決定(2月18日 1日間)              │
│    │     │                             │
│3   │     │提案理由の説明                      │
│    │     │                             │
│4   │報告第1号│議会の委任による専決処分の報告について(川田浄水場建設  │
│    │     │工事(機械電気設備その2)請負契約の変更)(報告のみ)  │
│    │     │                             │
│5   │議案第1号│平成19年度東村一般会計補正予算(第4号)について     │
│    │     │(内容説明・質疑・討論・採決)              │
│6   │議案第2号│慶佐次送水系機械電気設備工事請負契約について       │
│    │     │(内容説明・質疑・討論・採決)              │
│7   │議案第3号│送水管布設工事(その2)請負契約について         │
│    │     │(内容説明・質疑・討論・採決)              │
│8   │決議第1号│米兵による女子中学生拉致暴行事件に対する意見書について  │
│    │     │(趣旨説明・質疑・討論・採決)              │
│9   │決議第2号│米兵による女子中学生拉致暴行事件に対する抗議決議について │
│    │     │(趣旨説明・質疑・討論・採決)              │
│    │     │                             │
│    │     │                             │
│    │     │                             │
│    │     │                             │
│    │     │                             │
│    │     │                             │
│    │     │                             │
│    │     │                             │
│    │     │                             │
│    │     │                             │
│    │     │                             │
│    │     │                             │
│    │     │                             │
│    │     │                             │
│    │     │                             │
│    │     │                             │
│    │     │                             │
│    │     │                             │
└────┴─────┴─────────────────────────────┘




○議長(安和敏幸君) おはようございます。ただいまから平成20年第1回東村議会臨時会を開会します。

(10時00分)

 本日の会議を開きます。



△日程第1.会議録署名議員の指名 を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、2番、金城允士君、3番、池原憲勇君を指名します。



△日程第2.会期の決定の件 を議題とします。

 お諮りします。本臨時会の会期は、本日2月18日限りの1日間にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、会期は本日2月18日限りの1日間に決定しました。



△日程第3.提案理由の説明 を求めます。

 村長、伊集盛久君。



◎村長(伊集盛久君) 平成20年第1回東村臨時会一括提案理由の説明を申し上げます。

 平成20年第1回東村議会において提案いたします議案について一括して提案理由を申し上げます。

 報告第1号議会の委任による専決処分の報告について(川田浄水場建設工事(機械電気設備その2)請負契約の変更)について、平成19年3月13日、議案第1号で議決された川田浄水場建設工事(機械電気設備その2)請負契約について、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分したので、御報告をいたします。

 議案第1号平成19年度東村一般会計補正予算(第4号)については、総合農産加工施設整備に関する補正が主となっております。そして、現時点における事務事業費の過不足を補うため、地方自治法第218条第1項の規定に基づき、本案を提案いたします。

 議案第2号慶佐次送水系機械電気設備工事請負について、議案第3号送水管布設工事(その2)請負契約については、指名競争入札に付した前期工事について請負契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号の規定により提案いたします。

 以上で議案の一括説明といたしますが、御審議の上、原案どおりの議決を賜りますようお願いいたします。

 これで提案理由の説明を終わります。



○議長(安和敏幸君) 提案理由の説明が終わりました。



△日程第4.報告第1号議会の委任による専決処分の報告について を議題とします。

 内容説明を求めます。副村長、金城紀昭君。



◎副村長(金城紀昭君) 

 報告第1号



議会の委任による専決処分の報告について



  地方自治法第180条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告する。



 平成20年2月18日提出

東村長  伊 集 盛 久



 報告理由は省略をいたします。

 次のページをお願いいたします。

 専決第1号



専 決 処 分 書



川田浄水場建設工事(機械電気設備その2)請負契約の変更について



 平成19年3月13日議案第19号をもって議決された川田浄水場建設工事(機械電気設備その2)請負契約について、下記のとおり変更したいので、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分する。





 1 既 契 約 金 額    1億5,553万8,600円

 2 変更金額    △121万8,000円

 3 合計変更契約金額    1億5,432万円

 4 専 決 年 月 日    平成20年1月9日



 平成20年1月9日提出

東村長  伊 集 盛 久



となっております。

 次のページは告示の文書であります。

 以上でございます。



○議長(安和敏幸君) 報告第1号についての内容説明が終わりました。



△日程第5.議案第1号平成19年度東村一般会計補正予算(第4号)について を議題とします。

 内容説明を求めます。副村長、金城紀昭君。



◎村長(金城紀昭君) 

 議案第1号



平成19年度東村一般会計補正予算(第4号)



 平成19年度東村一般会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ17億8,396万6,000円を追加して、歳入歳出予算の総額をそれぞれ39億2,064万2,000円とする。

  2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正この歳入歳出の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 第2条 既定の村債の変更は、「第2表村債の補正」による。



平成20年2月18日提出

東村長  伊 集 盛 久



 提案理由は省略いたします。

 次のページをお願いいたします。



 



 

 次のページをお願いいたします。歳出です。

 



 

 次のページをお願いいたします。

 



 

 次のページからは、事項別明細書になっておりますので、ごらんになっていただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(安和敏幸君) 議案第1号についての内容説明が終わりました。

これより質疑に入ります。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 10ページのパインアップル等果樹加工施設整備事業費についてお伺いをしたいと思います。

 まず初めに、その設置場所の選定を行って、その水がボーリング調査をやられたと思うんですが、その結果水が地下水だと思うんですが、その水の供給の調査が行われたと思いますが、その報告をひとつお願いをしたいと。

 それともう一つは、今回13年度末に事業が予算がついたわけですが、これから工事を次年度もまたがると思うんですが、どういう経過で今後この事業が展開をしていくのか、設計からいろいろ計画をして、これから運営も含めてあると思うんですが、その辺の事業の進行していく、どのように進行をしていくのか、その2点をひとつ伺いたいと思います。



○議長(安和敏幸君) 振興事業推進室長、山城定雄君。



◎振興事業推進室長(山城定雄君) ただいまの池原議員の御質問にお答えします。

 まず、水の調査について、どういうふうなことになったかということですけれども、これは12月議会の行政報告の中で詳しく報告をしたところでありますけれども、自然放射能探査という東京から機械を持ち込んで検査をしましたら、ちょうど幸いその予定地の入り口付近にかなり有望な水脈の反応があるというデータをいただきまして、それをもとにこの事業の中で実際のボーリングを行う予定にしておりますけれども、ただ有望な水脈の反応といいましても、実際何トン出るのかということについては、掘ってみなければわからない。

 ただ、周囲5キロ四方に渡って詳細な調査の結果、かなり有望な水脈という反応を示しておりますので、我々も期待をしておるところですけども、実際は掘ってみなければ、その日量何トン出るのかっていうことについては、正確には申し上げれないとこですけども、ただそれ以外のポイントについても、データはいただいておりますので、仮に当初我々が想定している場所が、余り水の出がよくないということになれば、別のところを掘っていくというふうなことを考えております。

 いずれにしても、村の簡易水道の水だけでは到底足りませんので、水の確保については、万全を期して進めていくことでありますし、そういったことで国や県にも理解をいただいているところであります。

 次に、今後のスケジュールについての御質問ですけれども、御承知のように、去った1月25日付で財務省からの内示があったということで、新聞にもかなり詳しく紹介されたとこであります。

 その後、1月29日付で実際承認をされたというふうなことになっておりますけれども、今後我々の方では、もう今年度も残りあと一月ちょっとということでありますので、まず今年度中に繰越の事務の手続を進めさせていただいております。

 そして、国への交付金の申請を行うと同時に、指令前の着手の手続を経まして、今年度中、3月までに土木と建築設計の業務を発注したいと考えております。

 さらに、5月ごろ土木の設計が完了する予定ですので、完了後すぐ造成工事に係っていきたいというふうに考えております。さらに8月ごろには、建築の設計が完了。さらに土木の造成も完了という予定を考えてますので、9月ごろには建築、電気機械の発注を予定しております。そして、3月の工期内に竣工をしまして、20年度にすべての業務を完了するというふうなスケジュールを考えております。

 そして、翌年、平成21年の4月から機械の実際の試運転に係りまして、平成21年のなつみの操業からは、新工場でパインアップルを初めとして、もろもろのそのタンカン、シークワーサー等の総合農産加工施設としての体制が整うというふうに考えております。



○議長(安和敏幸君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) スケジュールから見ると、16億の工事を推進するのに、ほぼ1年ですべて操業までこぎつけるという非常にハードなスケジュールだと思います。

 そういう中で、8月までにほぼ設計を完了するということでありますが、大体工場の具体的に、多分詰めるところまだあると思うんですが、具体的にその農産加工場の大まかな大体内容といいますか、施設の概要といいますか、その辺もしあれであれば、ひとつ御説明いただけると思います。



○議長(安和敏幸君) 振興事業推進室長、山城定雄君。



◎振興事業推進室長(山城定雄君) ただいまの質問にお答えをします。

 設備の概要ですけども、まず敷地、当地は村有地ですけれども、かなり広い面積ですけれども、そのうちの9,840平米が今回の敷地として考えております。そして、建物の面積が3,728平米の2階建てを考えております。

 さらに、パインのいわゆる缶詰の加工ラインは2ライン、そして果樹のラインが1ラインというふうに設備を入れたいというふうに予定をしております。

 そして、今そのパイナップルをくり抜く機械については、現在のところ国内で機械をつくっているメーカーがありません。現在は台湾の方の機械がタイとかインドネシアで動いてるというふうなことですので、一部については外国の機械も入れることを想定をしております。

 細かな概要等々については、事務の説明会等々にもお使いをしてデータがございますので、もし御必要であれば、構想の絵を差し上げたいというふうに考えております。



○議長(安和敏幸君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 資料は後で、我々もまだ中身具体的にどのように工場ができるかというのは、まだしっかりとまだ確認をしておりませんので、もしあれば、後でもらいに行きたいと思います。

 それと、農協の選果場がありますよね。一部村民から、ここはどうなるのかという声もありますので、この選果機今収出荷場ですか、今の計画の中でどこに行くのか、これで質問を終わりたいと思います。ありがとうございます。



○議長(安和敏幸君) 振興事業推進室長、山城定雄君。



◎振興事業推進室長(山城定雄君) ただいまの池原議員の質問にお答えします。

 まず、今現在の平良の選果場については、もう機械も耐用年数を過ぎて、いつも故障をしがちで、年間100万程度の修理費もかかってるというふうな声を伺っております。

 そういう中で、新工場では選果機能も備えた今設備を考えております。ですので、順調にいけば、これまで平良の選果場に運んでいたものが、直接村内については、直接工場に運ぶというふうなことを想定をしております。

 特に、これは現在そのいわゆる打撲化といいましょうか、そのどんどん移動することによって、かなりパイナップルが傷をついておりまして、一昨年まで大体年間この打撲化で加工できずに廃棄処分になったそのパイナップルの原料代が、大体300万ぐらいあると伺ってます。これが今年はどうも500万ぐらいあるということで、ですから300万から500万のそういう廃棄するパイナップルが出るということは、工場の経営に大きな影響を及ぼすというふうなことを、我々も危惧しておりまして、新工場では1ラインの選果機能を備えた装備を今考えております。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。2番、金城允士君。



◆2番(金城允士君) 1億7,800万もいわゆる村債を発行して、この事業に取り組んでいくわけであります。そこで運用開始してからの話になりますけども、村内の経済的なメリット、いわゆる雇用効果ですね。そういった試算出されているのかどうか。



○議長(安和敏幸君) 振興事業推進室長、山城定雄君。



◎振興事業推進室長(山城定雄君) ただいまの金城議員の質問にお答えします。

 まず、総合農産加工施設では、常勤の職員が24名必要だろうというふうに考えてます。さらに非常勤といいましょうか、パートの方々が76人必要、あわせて100人の雇用が発生するというふうなシュミレーションを描いてますんで、そのことによって、もちろんパートについては、村外からも応援をいただくことになるかと思いますけど、可能な限り村内の雇用の場を確保することが、また私たちの使命であるというふうに考えております。



○議長(安和敏幸君) 2番、金城允士君。



◆2番(金城允士君) じゃあもう一点。いよいよ工事に入るみたいでありますけども、これは毎回毎回お願いしてることであります。地元の業者を優先に仕事を与えられるかどうか、そこら辺の考えをお聞きします。



○議長(安和敏幸君)  振興事業推進室長、山城定雄君。



◎振興事業推進室長(山城定雄君) ただいまの質問にお答えします。

 当然、地元の対策については、万難を排していきたいというふうに考えておりますし、特にスタートの造成等々の工事については、地元でも十分できるというふうに考えてます。

 ただ、上物のいわゆる鉄骨、あるいは設備については、地元のまた企業ができない部分もあるかもしれませんけども、可能な限り超ハードなスケジュールということもあるんですけれども、そういう中でも地元の企業ができるようについては、当然やっていただくというふうなことを念頭に置いて進めさせていただきたいなというふうに思ってます。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑を終結したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっています議案第1号については、会議規則第39条第2項の規定により、委員会の付託を省略することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。よって、議案第1号は委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論に入ります。討論の発言を許します。討論はありませんか。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論を終結したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。これで討論を終わります。

 これより採決に入ります。

 お諮りします。議案第1号平成19年度東村一般会計補正予算(第4号)については、本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第6.議案第2号慶佐次送水系機械電気設備工事請負契約について を議題とします。

 内容説明を求めます。副村長、金城紀昭君。



◎副村長(金城紀昭君) 

 議案第2号



慶佐次送水系機械電気設備工事請負契約について



 東村財務規則第114条に基づき、平成20年2月13日指名競争入札に付した慶佐次送水系機械電気設備工事について、下記のとおり工事請負契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、議会の議決を求める。





 1.契約の目的    慶佐次送水系機械電気設備工事

 2.契約の方法    指名競争入札による契約

 3.契約金額     7,339万5,000円

 4.契約の相手方   浦添市西原3−4−14

            株式会社  丸石設備

            代表取締役 石原昌重



 平成20年2月18日提出

東村長  伊 集 盛 久



 提案理由は省略をいたします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 議案第2号についての内容説明が終わりました。

これより質疑に入ります。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑を終結したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっています議案第2号については、会議規則第39条第2項の規定により、委員会の付託を省略することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。よって、議案第2号は委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論に入ります。討論の発言を許します。討論はありませんか。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論を終結したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。これで討論を終わります。

 これより採決に入ります。

 お諮りします。議案第2号慶佐次送水系機械電気設備工事請負契約について、本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第7.議案第3号送水管布設工事(その2)請負契約について を議題とします。

 内容説明を求めます。副村長、金城紀昭君。



◎副村長(金城紀昭君) 

 議案第3号



送水管布設工事(その2)請負契約について



 東村財務規則第114条に基づき、平成20年2月13日指名競争入札に付した送水管布設工事(その2)について、下記のとおり工事請負契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、議会の議決を求める。





 1.契約の目的    送水管布設工事(その2)

 2.契約の方法    指名競争入札による契約

 3.契約金額     4,935万円

 4.契約の相手方   東村字宮城155−3

            有限会社  津嘉山建設

            代表取締役 津嘉山朝?



 平成20年2月18日提出

東村長  伊 集 盛 久



 提案理由は省略をいたします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 議案第3号についての内容説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 送水管布設工事、これ6工区に分かれたと聞いたんですが、工区が何工区に。分かれたのか。それと、地元の企業が何社か入ってるというふうに聞いていますが、地元の業者が何社入って、多分入札も行われたと思うんですが、その金額ひとつお教え願いたいと思います。



○議長(安和敏幸君) 環境保健衛生課長、港川尚樹君。



◎環境保健衛生課長(港川尚樹君) ただいまの池原議員の質疑にお答えします。

 まず、工区ですけども、まず6工区に分けてございます。だから送水管を4工区、そしてあと先ほど議決を賜りました慶佐次送水系機械電気設備工事、そしてポンプ場の築造工事、計6工区に分けてございます。

 その中で、村内業者の指名でありますけども、今回の送水管布設工事には1社指名してございます。あと残りの工事につきましても、それぞれ振り分けまして約4社ほど指名いたしました。

 そして、ポンプ場の築造工事に関しても4社を指名しております。

 今回のこの予定価格ではありますけども、一応4,788万円、これ税抜きで設定してあります。全体的な工事約、ここに手元に詳しいのはありませんけれども、約2億8,000万円ほどの全体的な事業になったかというふうに思います。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 3番、池原憲勇君。



◆3番(池原憲勇君) 後で入札は行われたわけですよね。その入札金額は後でもらえます。後でもらいます。はい。



○議長(安和敏幸君) 環境保健衛生課長、港川尚樹君。



◎環境保健衛生課長(港川尚樹君) 先ほどの池原議員から求められた資料につきましては、後ほど提示したいと思います。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はございませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑を終結したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっています議案第3号については、会議規則第39条第2項の規定により、委員会の付託を省略することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 異議なしと認めます。よって、議案第3号は委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論に入ります。討論の発言を許します。討論はありませんか。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論を終結したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。これで討論を終わります。

 これより採決に入ります。

 お諮りします。議案第3号送水管布設工事(その2)請負契約について、本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第8.決議第1号米兵による女子中学生拉致暴行事件に対する意見書について を議題とします。

 趣旨説明を求めます。提出者、平田嗣雄君。



◆5番(平田嗣雄君) 

 決議第1号

平成20年2月18日



 東村議会議長 安 和 敏 幸 殿



提出者 東村議会議員 平 田 嗣 雄

賛成者 東村議会議員 宮 城   勉



米兵による女子中学生拉致暴行事件に対する意見書(案)について



 上記の件について、別紙のとおり、東村議会会議規則第14条の規定により提出します。



 趣旨説明

 米兵による婦女暴行事件が発生したことに対し、再発防止に向けた対策を講じるよう要請し、米軍の綱紀粛正を強く求めるため、本案を提出する。



米兵による女子中学生拉致暴行事件に対する意見書(案)



 去る2月10日午後8時30分頃、本島中部において、在沖海兵隊員による女子中学生拉致暴行事件が発生した。米兵は少女を車で連れまわし、公園前路上で犯行におよび翌11日女性暴行容疑で逮捕された。

 今回の事件は、県民に大きな衝撃と恐怖を与え、女性の人権を蹂躙する極めて悪質な犯罪であり、この米兵による蛮行は、沖縄県の抱える基地あるが故の苦悩を如実にあらわすものである。米兵による事件は、戦後絶えることなく繰り返され、度重なる事件の発生は米軍の再発防止策の弱さと日米地位協定の運用改善だけでは対処できないことが明らかとなった。もはや防犯対策を講じるのみでは解決できるものではない。平和な地域を守り築いていくのは大人の義務であり子に対する責務である。政府においては、このような事件が三度おこらないよう早急に新たな対策を講じ、これ以上被害者を増やしてはならない。

 よって、東村議会は今回の女子中学生拉致暴行事件及び米軍に起因する相次ぐ事件・事故に関し、米軍当局並びに関係機関に対して満身の怒りをこめて抗議するとともに、事件・事故の再発防止等に向けて下記事項を速やかに実現するよう強く要請する。





 1 被害者及び家族への謝罪と完全な補償を速やかに行うこと。

 2 米軍人、軍属の綱紀粛正を徹底させること。

 3 事件の再発防止と具体的な解決策を日米両政府で作成し、早期公表すること。

 4 日米地位協定の抜本的な見直しを図ること。

 5 米軍基地の一層の整理縮小と海兵隊を含む兵力の削減を行うこと。



 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。



平成20年2月18日  

沖縄県国頭郡東村議会



  あて先

   内閣総理大臣、外務大臣、防衛大臣、外務省特命全権大使(沖縄担当)、沖縄防衛局長



 以上です。



○議長(安和敏幸君) 決議第1号についての趣旨説明が終わりました。

 お諮りします。ただいま議題となっています決議第1号は、質疑終結、委員会付託を省略、討論を終結したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。

 これより採決に入ります。

 お諮りします。決議第1号米兵による女子中学生拉致暴行事件に対する意見書について、本案は原案のとおり採択することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。よって、本案は原案のとおり採択されました。



△日程第9.決議第2号米兵による女子中学生拉致暴行事件に対する抗議決議について を議題とします。

 趣旨説明を求めます。提出者、池原憲勇君。



◎3番(池原憲勇君) 

 決議第2号

平成20年2月18日



 東村議会議長 安 和 敏 幸 殿



提出者 東村議会議員 池 原 憲 勇

賛成者 東村議会議員 大 城   博



米兵による女子中学生拉致暴行事件に対する抗議決議(案)について



 上記の件について、別紙のとおり、東村議会会議規則第14条の規定により提出します。



 趣旨説明

 米兵による婦女暴行事件が発生したことに対し、再発防止と米軍の綱紀粛正を強く求めるため、本案を提出する。



米兵による女子中学生拉致暴行事件に対する抗議決議(案)



 去る2月10日午後8時30分頃、本島中部において、在沖海兵隊員による女子中学生拉致暴行事件が発生した。米兵は少女を車で連れまわし、公園前路上で犯行におよび翌11日女性暴行容疑で逮捕された。

 今回の事件は、県民に大きな衝撃と恐怖を与え、女性の人権を蹂躙する極めて悪質な犯罪であり、この米兵による蛮行は、沖縄県の抱える基地あるが故の苦悩を如実にあらわすものである。米兵による事件は、戦後絶えることなく繰り返され、もはや防犯対策を講じるのみでは解決できるものではない。

 度重なる事件の発生は米軍の再発防止策の弱さと日米地位協定の運用改善だけでは対処できないことが明らかとなった。平和な地域を守り築いていくのは大人の義務であり子に対する責務である。このような事件が三度おこらないよう早急に新たな対策を講じることが必要である。米軍は県民が一層不審を抱いた現状を厳しく受け止め、自ら襟を正さなければならない。

 よって、東村議会は今回の女子中学生拉致暴行事件及び米軍に起因する相次ぐ事件・事故に関し、米軍当局並びに関係機関に対して満身の怒りをこめて抗議するとともに、事件・事故の再発防止等に向けて下記事項を速やかに実現するよう強く要求する。





 1 被害者及び家族への謝罪と完全な補償を速やかに行うこと。

 2 米軍人、軍属の綱紀粛正を徹底すること。

 3 事件の再発防止と具体的な解決策を日米両政府で作成し、早期公表すること。

 4 日米地位協定の抜本的な見直しを図ること。

 5 米軍基地の一層の整理縮小と海兵隊を含む兵力の削減を行うこと。



 以上、決議する。

平成20年2月18日  

沖縄県国頭郡東村議会



  あて先

   在日米国大使、在日米軍司令官、在日米軍沖縄地域調整官、在沖米国総領事



 以上。



○議長(安和敏幸君) 決議第2号についての趣旨説明が終わりました。

 お諮りします。ただいま議題となっております決議第2号は、質疑終結、委員会付託を省略、討論を終結したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。

 これより採決に入ります。

 お諮りします。決議第2号米兵による女子中学生拉致暴行事件に対する抗議決議について、本案は原案のとおり採択することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。よって、本案は原案のとおり採択されました。

 お諮りします。

 今臨時会において議決されました事件について、その条項、字句、数字、その他整理を要するものについては、その整理を議長に委任されたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、さよう決定しました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。平成20年第1回東村議会臨時会を閉会します。御苦労さんでした。       (10時46分)



以上、地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。


                東村議会

                議  長  安 和 敏 幸 

                署名議員  金 城 允 士 

                署名議員  池 原 憲 勇