議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 東村

平成 26年 6月 定例会(2回) 06月06日−01号




平成 26年 6月 定例会(2回) − 06月06日−01号









平成 26年 6月 定例会(2回)





△平成26年第2回東村議会定例会会期日程


                                 自:平成26年6月6日
                                        8日間
                                 至:平成26年6月13日
┌───┬────┬──┬────┬─────────────────────────┐
│日 次│月 日 │曜 │会議区分│摘        要               │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第1日│6月6日│金 │本会議 │1.開会宣告                   │
│   │    │  │    │2.会議録署名議員の指名             │
│   │    │  │    │3.会期の決定                  │
│   │    │  │    │4.議長諸般の報告                │
│   │    │  │    │5.行政一般報告                 │
│   │    │  │    │6.提案理由の一括説明              │
│   │    │  │    │7.議案の内容説明                │
│   │    │  │    │8.散会宣告                   │
│第2日│6月7日│土 │休会  │議案研究                     │
│第3日│6月8日│日 │休会  │議案研究                     │
│第4日│6月9日│月 │委員会 │環境対策特別委員会                │
│第5日│6月10日│火 │休会  │議案研究                     │
│第6日│6月11日│水 │委員会 │予算審査特別委員会(平成26年度1号補正予算)   │
│   │    │  │    │常任委員会                    │
│第7日│6月12日│木 │休会  │議案研究                     │
│第8日│6月13日│金 │本会議 │1.一般質問                   │
│   │    │  │    │2.委員長報告                  │
│   │    │  │    │3.質疑、討論、採決               │
│   │    │  │    │4.閉会宣告                   │
└───┴────┴──┴────┴─────────────────────────┘



┌─────────────────────────────────────────────┐
│平成26年第2回東村議会定例会会議録                            │
├─────────┬───────────────────────────────────┤
│招集年月日    │平成26年6月6日                           │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│招集場所     │東村議会議事堂                            │
├─────────┼───┬─────────────────┬───┬─────────┤
│開・散の日時   │開会 │平成26年6月6日 午前10時00分  │議長 │安 和 敏 幸  │
│及び宣言     │散会 │平成26年6月6日 午前11時14分  │議長 │安 和 敏 幸  │
├─────────┼───┼─────────────┬───┼───┴─────────┤
│出席(応招)議員 │議 席│氏   名        │議 席│氏   名        │
│         │番 号│             │番 号│             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │1  │仲 嶺 眞 文      │7  │池 原 憲 勇      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │2  │比 嘉 重 範      │8  │金 城 允 士      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │3  │神 谷 牧 夫      │9  │安 和 敏 幸      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │5  │平 田 嗣 雄      │   │             │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│欠席(不応招)議員│6  │大宜見 朝 健      │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │   │             │   │             │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│会議録署名議員  │7  │池 原 憲 勇      │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │8  │金 城 允 士      │   │             │
├─────────┼───┴────┬────────┴───┴─────────────┤
│職務のために出席 │事務局長    │平 田 尚 樹                   │
│した者の職氏名  ├────────┼──────────────────────────┤
│         │臨時的職員   │仲 嶺 眞太郎                   │
├─────────┼────────┼────────┬────────┬────────┤
│地方自治法第121│村長      │伊 集 盛 久 │建設環境課長  │宮 平 勇 二 │
│条により説明のため│副村長     │金 城 紀 昭 │農林水産課長  │宮 城   準 │
│出席した者の職氏名│教育長     │比 嘉 一 之 │教育課長    │比 嘉 鶴 見 │
│         │会計管理者   │松 田 恵里子 │        │        │
│         │総務財政課長  │福 永 政 也 │        │        │
│         │企画観光課長  │金 城 幸 人 │        │        │
│         │住民課長    │宮 城 調 秀 │        │        │
│         │福祉保健課長  │上 原 朝 文 │        │        │
└─────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘






△平成26年第2回東村議会定例会議事日程表(第1号)

平成26年6月6日

開 会 午前10時


┌────┬─────┬──────────────────────────────┐
│日程番号│議案番号 │件        名                    │
├────┼─────┼──────────────────────────────┤
│1   │     │会議録署名議員の指名(7番 池原憲勇君・8番 金城允士君) │
│    │     │                              │
│2   │     │会期の決定                         │
│    │     │                              │
│3   │     │議長諸般の報告                       │
│    │     │                              │
│4   │     │行政一般報告                        │
│    │     │                              │
│5   │     │提案理由の一括説明                     │
│    │     │                              │
│6   │報告第3号│平成25年度東村一般会計繰越明許費繰越計算書について     │
│    │     │(報告・質疑)                       │
│7   │承認第1号│専決処分の承認を求めることについて(東村税条例等の一部を改正│
│    │     │する条例)                         │
│    │     │(内容説明・質疑)                     │
│8   │承認第2号│専決処分の承認を求めることについて(平成25年度一般会計補正予│
│    │     │算(第7号))                       │
│    │     │(内容説明・質疑)                     │
│9   │議案第17号│東村定住促進住宅(集合型)の設置及び管理運営に関する条例の制│
│    │     │定について                         │
│    │     │(内容説明・質疑)                     │
│10   │議案第18号│東村村民の森の設置及び管理運営に関する条例の一部を改正する条│
│    │     │例について                         │
│    │     │(内容説明・質疑)                     │
│11   │議案第19号│平成26年度東村一般会計補正予算(第1号)について      │
│    │     │(内容説明・質疑・委員会付託)               │
│12   │議案第20号│平成26年度東村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について│
│    │     │(内容説明・質疑・委員会付託)               │
│13   │議案第21号│平成26年度東村後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第1号)に│
│    │     │ついて                           │
│    │     │(内容説明・質疑・委員会付託)               │
│14   │議案第22号│平成26年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について│
│    │     │(内容説明・質疑・委員会付託)               │
│15   │議案第23号│指定管理者の指定について(東村定住促進住宅(集合型))   │
│    │     │(内容説明)                        │
│16   │同意第1号│東村監査委員の選任について                 │
│    │     │(内容説明)                        │
│17   │同意第2号│固定資産評価審査委員会委員の選任について          │
│    │     │(内容説明)                        │
│18   │陳情第10号│宇出那覇川要請の件について                 │
│    │     │(委員会付託)                       │
│    │     │                              │
└────┴─────┴──────────────────────────────┘




○議長(安和敏幸君) 今から、平成26年第2回東村議会定例会を開会します。         (10時00分)

 本日の会議を開きます。



△日程第1.会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、7番、池原憲勇君、8番、金城允士君を指名します。



△日程第2.会期の決定の件を議題とします。

 お諮りします。本定例会の会期は、本日6月6日から6月13日までの8日間にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって会期は本日6月6日から6月13日までの8日間に決定いたしました。



△日程第3.議長諸般の報告を行います。

 まず初めに、公務の報告でございます。

 3月8日は、北部広域圏議会が開催され、参加してまいりました。

 3月25日は、北部振興会評議委員会が北部会館にて開催され、参加してまいりました。

 4月4日は、北部広域市町村圏事務組合議会臨時会が開催され、参加してまいりました。

 4月12日は、フェリーいへや(?)の就航式典が伊平屋村で開催され、参加してまいりました。

 4月21日は、道路六団体理事会が開催され、参加してまいりました。

 4月25日は、沖縄県議長会定例理事会が開催され、参加してまいりました。

 また、同日開催されました沖縄振興拡大会議にも参加してまいりました。

 5月8日は、名桜大学との懇談会に参加してまいりました。

 5月9日は、豊見城市において開催されたTPP県民集会に、平田議員、比嘉議員、神谷議員ともに参加してまいりました。

 5月19日は、本村において、北部市町村議会議長会の定例総会が開催され、参加しております。

 5月26日から28日の3日間、第39回町村議会議長・副議長研修会が東京都内で開催され、参加してまいりました。

 以上、議長の公務の報告でございました。

 次に、地方自治法第235条の規定により、例月現金出納検査の結果報告書をお配りしております。議員各位お目通しをお願いします。

 請願・陳情・要請書について申し上げます。

 3月から6月までに受理された陳情は、陳情第5号から陳情第12号までの8件となっております。付託一覧とその写しを配付しておりますので、各自お目通しをお願いします。

 公共工事発注状況については、報告書が提出されておりますので御確認をお願いいたします。

 これで、議長諸般の報告を終わります。

 次に、日程第4.行政一般報告を行います。

 村長から行政一般報告の申し出がありました。これを許します。副村長、金城紀昭君。



◎副村長(金城紀昭君) 平成26年第2回東村議会定例会の開会に当たり、行政一般報告を行います。

 初めに、総務財政課関係について申し上げます。

 平成24年度の事故繰越事業として進めておりました、国頭地区行政事務組合東分遣所の建設については、5月30日に竣工検査を終え、6月1日より業務を開始しております。身近になった消防・救急活動で村民の生命財産が迅速に守られ、対応できるものと期待をしております。

 平成26年度分沖縄振興特別推進市町村交付金(一括交付金)については、今年度分は東村の国庫配分額(補助ベース)で2億5,200万となっております。一次申請分の7事業1億7,807万円については、4月交付決定を受けました残りの事業費については、今後沖縄県と協議の上、事業採択に向け取り組んでまいります。

 交通安全関係については、7月末現在で居住地別飲酒運転検挙者数は1名となっており、県内では上位から4番目と悪い状況となっております。

 去る4月28日には、村内の若者による交通死亡事故が発生し、とうとい命を失いました。故人の御冥福をお祈りいたします。村としても、交通安全運動の一環として、来る7月11日に東村飲酒運転根絶村民大会を予定しておりますので、村民並びに議員各位の参加をお願い申し上げます。

 次に、企画観光課関係について申し上げます。初めに第32回東村つつじ祭りを3月1日の山開きから3月23日までの間実施いたしました。ことしは例年より花の開花状況がよく、祭り期間の前半から満開の状態となりました。

 入園者数については、祭りの前半、特に週末の悪天候の影響で入園者数は、目標であった4万人までは届きませんでしたが、3万8,316人の来園がありました。来年の開催に向けては、園内に展望ステージを設置し、つつじの開花状況がより楽しめるよう施設改良を施すなど、また多彩なイベント等を企画し多くの方が来園していただけるように取り組んでまいります。

 第21期緑のふるさと協力隊として、本村に6人目の協力隊員として派遣された大阪府出身の高田光香さんが4月から約1年間、本村の農業を初め、観光産業等をお手伝いし、地域活性化に寄与していただくことになりました。

 現在は、観光推進協議会において民泊農家のお手伝いを主に活動しており、本人のブログでその活動内容や東村の文化・行事等の紹介をするなど、精力的に活動しております。議会並びに村民の皆様におかれましては、村内で高田さんを見かけましたら、ぜひ気軽に声をかけてください。

 沖縄北部連携促進特別振興事業の福地川河口周辺連携強化整備事業については、4月25日に平成25年度予算として補助金の交付決定があり、繰越事業として進めております。事業の進捗状況については、4月30日に土質調査委託業務、5月8日に土木・建築・外構設備設計の委託業務、5月13日に測量調査委託業務入札を済ませております。

 なお、工事着工については9月以降を予定としており、大変厳しい工期となりますが、万全を期して取り組んでまいります。

 なお、本工事にかかる予算については、消費税及び4月以降からの工事単価等の増額により、補正予算を本議会に提案しておりますので、議員各位の御理解を賜りますようお願い申し上げます。

 沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)にて、宮城地域に整備計画が進めておりますブルーツーリズム体験施設等整備事業については、4月25日に測量・土木設定委託業務、6月5日に建築設計委託業務の入札を済ませております。

 本事業においては、宮城区の運動場施設用地の一部を活用する事業計画にあることから、宮城区及び関係団体等と調整を図りながら事業を進めております。なお、本事業の実施に伴い、既存施設のゲートボール場及び倉庫の移動改築費用にかかる予算については、本議会に補正予算提案しておりますので、議員各位の御理解を賜りますようお願い申し上げます。

 同じく一括交付金事業において、魅力ある観光資源の情報発信及び、観光客の利便性を図る目的で整備計画を進めております観光基盤整備事業Wi-Fiスポット等の整備事業については、関係機関等の調整が済み次第、速やかに設計委託業務を発注し、事業を進めてまいります。

 同じく一括交付金(ソフト事業)において、東村の観光物産芸能及び定住促進に係る情報発信を一堂に行う東村魅力PR事業の東村フェアーについては、7月4日から6日の開催に向けて現在沖縄タイムス社並びに関係団体等と連携を図り調整を進めております。

 なお、7月5日土曜日に予定している芸能フェアーでは、村内各地域の伝統芸能を披露する予定としており、郷友会(あけぼの会)を初め、村民の皆様の観覧ができるよう案内する予定としております。

 同じく一括交付金事業(ソフト事業)にて事業計画しております、東村観光産業人材育成事業については、事業の受託先の東村観光推進協議会及び東村ふるさと振興株式会社との調整を済ませ、事業を進めております。

 また、村内を花や緑に包まれたむらづくりを目指す目的で事業計画しております、東村花いっぱい運動推進事業については、各種団体等と連携を図りながら7月までに(仮称)東村むらぐるみ花いっぱい推進協議会を設立し、事業を進めてまいります。

 次に、住民課関係について申し上げます。

 平成25年度村民税の徴収状況については、3月末現在においての徴収率が現年度分99.4%、過年度分が28.3%、合計で96.3%となっております。

 平成26年度の村民税、固定資産税については、5月末までに納税通知を送付したところであり、引き続き自主財源である村税確保の重要性を認識し、徴収に努力してまいります。

 次に、福祉保健課関係について申し上げます。

 森林整備加速化・林業再生基金事業で整備した保育所施設の事業目標達成に向けた取り組みは、つつじ祭りが開催される3月に保育所花まつりを開催し、東村立保育所を木造施設としてPRするため、3月に花いっぱい計画を実施しました。のり面に花文字を作成するなど、園庭に迷路やタワーをつくって集客を図りました。

 訪れた方にコーヒーを飲みながらゆっくりと過ごしていただき、木造建設のよさをアピールすることができました。成果として1,488名もの集客を図ることができました。今年度はさらに発展させ、より多くの集客ができるよう取り組んでまいります。

 本年度の保育所の入所状況は、5月末現在で33人となっています。入所予定してる家庭が複数あり、今後ゼロ歳児の増加が見込まれてることから、受け入れ態勢を整えてまいります。

 平成24年度より開始している、北部9町村によるファミリーサポートセンター事業につきましては、今年度も継続しており、子育て世代の負担軽減を図っております。今年度は、子ども・子育て支援事業計画策定年度となっており、策定委員会を立ち上げ、児童福祉の向上を目指してまいります。

 子ども医療費助成事業は、東村立歯科診療所にて4月より現物給付を実施しております。村内の児童生徒の口腔衛生を向上させ、虫歯ゼロを目指した取り組みであります。4月の診療は88件となっております。

 県内医療機関において、自動償還システム導入に向け、取り組んでおりますので、実施までしばらくお待ちいただきたいと思います。

 老人福祉の増進につきましては、村社協に委託している事業がより効果的に機能するよう、支援と連携強化を進めております。今年度も引き続き、社会福祉協議会と連携を図りつつ、地域福祉の増進に取り組んでまいります。

 包括支援センターでは、介護予防教室の転倒・骨折予防教室を各地区で実施しております。また、各字月1回、北部地区医師会病院の理学療法士が各地区を巡回実施しております。社会福祉協議会に委託実施しているふれあいサロン事業は、5月から1日型とし、週1回実施しております。登録人数は46人、平均参加者は20人となっております。

 総合相談件数は、5月末時点で約30件となっており、介護や退院後のサービス調整、サービス事業所との調整などとなっております。きめ細かなサービスが行えるよう地域ケア会議の開催に向け関係各所と調整し、早期開催に向け取り組んでおります。

 障害者福祉サービスについては、一人一人にきめ細かなサービスを実施するため、需要とニーズの調整を図りつつ支援事業を実施することとしております。

 平成26年度中に、障害者個々の計画相談支援の完全実施が義務づけられてることから、現在個別調査を実施しております。5月末現在43人中23人の調査を終了させております。今年度中には全ての調査を終了させ、サービスの充実に向け取り組んでまいります。

 1級・2級の重度身体障害者やA1・A2の療育手帳保持者の医療を助成する重度医療費助成金は、46名の受給者がおり、平成25年度は394万693円の実績となりました。

 自立した日常生活または、社会生活を営むことができるよう、障害の程度を軽くするなど機能回復改善を目的とした医療を受けられるサービスである、自立支援医療制度としての更生医療があり、平成25年度の該当者は11人で、今年度も継続して制度を利用しております。

 日常生活の能率の向上を図る目的で、補装具を必要とする身体障害の方々に対し、補装具の支給を行う事業では、日常生活用具としてストマが5件、補装具として補聴器、下肢装具が4件の給付実績となっております。

 社会福祉協議会に委託しております移動支援事業については、平成25年度実績で村内送迎103件、村外送迎1,023件で、特に村外送迎については1.7倍の需要増がありました。

 生活サポート事業は、5名の方々に対し674時間のサービス提供となりました。住みよい環境を構築するため平成26年度も引き続き事業の実施をしております。

 保健衛生におきましては、住民検診を初めとする、各種検診を実施し、戸別訪問を通して疾病の発症予防、重症化予防に努めてまいります。

 ウオーキングマップづくりやオリジナル健康体操を作成し、楽しみながら健康になる環境づくりと意識づくりに取り組んでまいります。

 4月に行われた乳幼児検診には11名の対象者のうち5名の受診者45.5%の受診率となっております。毎月1回、村内の子育て中の親子交流を目的にすこやか教室を実施しており、3月から5月には延べ11組27名が参加しております。

 精神保健事業の中で、村内の精神障害者の方が活動を通して社会復帰、社会参加を行うためにデイケア事業を実施しております。3月から5月には述べ19名の方が参加しております。また、心の健康づくりとして2カ月に1回、心理療法士を招いて、ゆったりこころの相談室を実施しております。

 国保事業について、平成25年度現年度分徴収率は5月27日現在95.29%となっております。収納額は3,288万1,200円となっております。今後とも徴収率向上を図るため納税の意義を周知するとともに、徴収員の巡回を強化し職員の戸別訪問等の実施に取り組んでまいります。

 次に、建設環境課について申し上げます。

 水道事業については、村内水道施設の適切な管理を行うため、東村簡易水道施設マッピングシステム構築委託業務を5月20日に発注しております。

 慶佐次、高江地区において老朽化に伴う配水管の布設がえ工事を今月発注予定で、現在関係機関を調整を行っております。

 平成25年度からの繰越事業として進めております、東村定住促進住宅(集合型)についてを、5月末現在45%の出来高で7月末の完成を予定しております。また東村定住促進住宅(個別型)については、現在、地権者が相続手続を行っており、手続が済み次第、用地購入及び設計業務を発注してまいります。

 村道、農道関係については、宮城16号農道の修繕工事を5月29日に完了しております。また、今年度も4月2日から3名の作業員を雇用し、村道、農道の除草作業を中心に行っております。福地ダム循環線、福地線、有銘本字団地線の道路台帳整備業務を6月2日に発注しております。

 次に、農林水産課関係について申し上げます。

 初めに、本村の平成25年度加工用パイナップル原料は、1,050トンの計画に対し、827トンと計画比78.8%、前年比123.4%で5年ぶりに増産となりました。

 北部地区では、1,750トンの計画に対し、1,418トンと計画比81.0%、前年比109%で、減産傾向に歯どめをかけることができました。平成26年度の北部全体での加工用原料生産計画は1,850トン、本村で1,100トンを計画しております。

 また、生食用パイナップルの生産計画は、北部地区でこれはJA扱いです448トン、本村では268トンとなっております。

 また、県の優良種苗増殖事業計画によると、本年度優良母茎株の輪切り増殖苗125万本の配付計画となっております。本村には77万5,000本が配付されることとなっております。

 JAが事業主体である、災害に強い栽培施設の整備事業(強化型パイプハウス)については、本年度も予定されており、JA及びパイン生産部会と連携を図り取り組んでまいります。

 人・農地プランについいては、昨年村内5地区において、今後の農業の中心となる経営体の抽出を行い、計画の変更を行うとともに、新たに2経営体に対し青年就農給付金事業を行ってきたとこであります。本年度は、残り1地区について事業を推進するとともに、青年就農給付金事業の拡大を図ってまいります。

 有害鳥獣のカラス、イノシシ対策については従来より実施している狩猟隊及び捕獲器による平成25年度の捕獲実績は、カラス2,957羽、イノシシは35頭の実績となっております。また、廃棄処分となったモズク網を利用したイノ垣設置(農家36名、総延長1万6,776メーター)を行うとともに、単独事業の有害鳥獣施設補助を活用したワイヤメッシュ等の進入防止柵(農家32名、延長約1万618メーター)の設置をいたしております。

 平成25年度の農林水産業振興補助金の実績については、優良農機具・農林業施設補助金が30件で153万円、水産業奨励補助金では7件で36万8,000円、有害鳥獣被害防止施設補助金で、42件で324万7,000円となっております。

 土づくり推進事業の有機肥料購入補助金については、776万1,190円都前年比に比べ3.3%の増となっております。

 農薬購入補助金については205万3,520円で前年度とほぼ同額となっております。

 病害虫の徹底防除を行い生産量の増加と品質の向上を図るために、村共同防除協議会総会を5月15日に開催し、本年度の第1回共同防除を5月20日から5月31日までの間実施しました。第2回については、10月に行う予定であります。

 人材サポートセンターの平成25年度の斡旋件数は、74件の実績となりました。引き続き求人者、求職者の募集や周知を図り、農家の労働力不足の解消に向け、支援してまいります。

 チャレンジ農場については、昨年度消防分遣所の造成工事の残土を活用し、圃場整備を終えたところです。平成26年度4月末現在、約2万7,300平米の圃場となっております。

 本年度は、ゴールドバレルやN67-10の植えつけを行い、引き続き優良種苗の確保と栽培面積の拡大を図り、新規就農対策及び生食用パインのブランド化、加工用原料対策に資する取り組みを行ってまいります。

 東漁港及び慶佐次漁港の整備については、4月10日に実施計画の入札を終え、設計業務を進めているところであり、設計書が完了次第工事に着手してまいります。

 次に、農業委員会の活動報告について申し上げます。

 平成25年度の農業委員会総会案件については、農地法第3条の規定による許可申請が20件、第4条の許可申請が1件、第5条の許可申請が5件、利用権設定による許可申請が14件、非農地証明が9件、一時転用が10件、農地利用集積円滑化事業規定が1件、農振地域整備計画の一部変更が3件となっております。

 耕作放棄地解消事業については、4月12日の耕作放棄地対策協議会の総会において、本年度の事業計画が承認されましたので、耕作放棄地再生事業活用し、耕作放棄地の解消に向けJA並びにパイン生産部会の関係機関と連携し、本年度目標3ヘクタールの耕作放棄地を解消し、認定農業者や新規就農者並びに規模拡大農家等やる気のある農家へ農地集積を図り、地域農業の活性化に努めてまいります。

 最後に教育委員会について申し上げます。

 初めに児童生徒の活躍状況ですが、去る5月18日行われた沖縄陸上競技選手権兼国体選考会において、東校出身で現在北山高校3年の比嘉大悟君が5,000メーター競歩で22分49秒39の大会記録、県高校記録、県記録の3記録を塗りかえる快挙をなし遂げ、今後は全国インターハイや国体への出場が期待されます。

 5月28日に開催いたしましたチャレンジデー2014では、村民、民泊児童等を含め850名参加があり、村民人口に対し44.8%の参加率でした。対戦した熊本県山江村に勝利し銀賞を受賞しました。来年は65%以上金賞返り咲きを目指します。

 5月29日の村学力向上推進委員会総会及び文化講演会には、公私とも御多忙の中、議員各位を初め、村民約150名の参加をいただき、盛会に終えることができました。健康をテーマにした宮城正照先生による講演は、中学生を初め多くの村民に示唆を与えてくれました。

 7月からは、基礎学力の向上と受験対策を目的に、村内中学3年生を対象とする村営学習塾、あがいてぃーだ塾第3期目を開校いたします。受験までの約8カ月間、週3回名護市の一般学習塾から講師を招き、主要科目を中心に講義を実施いたします。昨年度は村内中学生16名中13名が入塾し、受験生全員が希望高校へ合格できました。あわせてことしは夏休み期間中に、村内中学1、2年生を対象とした週2回の夏期講習を実施し、中学生全体の学力の向上を図ります。

 次に、本村の人材づくりの一環で継続している交流事業では、山形県酒田市八幡地区の児童30名を7月25日から、福島県北塩原村児童約30名を、7月30日からともに3泊4日の日程で受け入れ準備を進めています。両県の児童たちが本村滞在中、楽しく心に残る交流体験ができるよう最善の取り組みに努めます。

 また、国際社会に貢献できる人材の育成を図ることを目的に、第5回東村海外短期留学派遣事業の選考試験を5月11日に実施しました。今年度は、昨年度より1名増の計4名の派遣を決定しました。7月9日から7月29日までの21日間の日程で米国を訪問する準備を進めているところです。

 また、米国での留学と同様に英語に親しみ会話力の向上を図る目的で、第4回英語キャンププログラムを8月4日から8日間の日程で、県内において実施し、村内から5名の児童生徒を派遣を予定しています。米国大学からの講師による授業や宿泊生活を体験させ、楽しみながら英語を学ぶことができるよう取り組んでまいります。

 一括交付金の繰越事業で進めている川田福地公園機能強化事業ですが、現在7月末の完成を目指し工事を進行中です。流水池や遊具、ミストなどを完備、整備されることにより、楽しめる公園として利用促進が期待できます。

 以上報告いたしましたが、計画通りの事業執行に向け、最大の努力をいたす所存でございますので、引き続き議会、村民の皆様の御理解、御協力を賜りますようお願い申し上げ、行政一般報告といたします。

 平成26年6月6日、東村長伊集盛久。

 以上であります。



○議長(安和敏幸君) 行政一般報告が終わりました。

 次に日程第5.提案理由の説明を一括して求めます。村長、伊集盛久君。



◎村長(伊集盛久君) 平成26年第2回東村議会定例会一括提案理由。

 平成26年度第2回東村議会定例会において提案いたします議案について、一括して提案理由を申し上げます。

 報告第3号平成25年度東村一般会計繰越明許費繰越計算書については、平成25年度一般会計において8件の事業を村の事業より繰り越しさしております。それぞれ繰越計算書の調整をいたしましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告いたします。

 承認第1号専決処分承認を求めることについて(東村税条例の一部を改正する条例)地方税法一部改正、地方税法施行条例等の一部改正に伴い、東村税条例を改正し4月1日から施行する必要が生じたが、議会招集のいとまがなく専決処分いたしましたので、地方自治法第179条第3項の規定に基づき提案いたします。

 承認第2号専決処分の承認を求めることについて(平成25年度一般会計補正予算第7号)補正の必要が生じたが、議会の招集のいとまがなく専決処分をいたしましたので、地方自治法第179条第3項の規定に基づき提案いたします。

 議案第17号東村定住促進住宅(集合型)の設置及び管理運営に関する条例の制定については、東村定住促進住宅(集合型)の建設に伴い、条例を制定する必要があるため提案いたします。

 議案第18号東村村民の森設置及び管理運営に関する条例の一部を改正する条例については、施設の用途変更、新施設の設置、施設使用料の変更を行いたく、条例の一部を改正する必要があるため提案いたします。

 議案第19号平成26年度東村一般会計補正予算(第1号)について、議案第20号平成26年度東村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、議案第21号平成26年度東村後期高齢者医療保健特別会計補正予算(第1号)について、議案第22号平成25年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)についての4会計については、現時点における事務事業費の過不足補うため、地方自治法第218条第1項の規定に基づき本案を提案いたします。

 議案第23号指定管理者の指定について、東村定住促進住宅(集合型)は、東村公の施設にかかる指定管理者の指定手続等に関する条例第5条の規定により選定しており議会の議決を得る必要があるので提案いたします。

 同意第1号東村監査委員の選任について、東村監査委員を選任したいので地方自治法第196条第1項の規定により提案します。

 同意第2号固定資産評価審査委員の選任について、東村固定資産評価審査委員の選任をしたいので地方自治法第423条第3項の規定により提案いたします。

 以上で、議案の一括説明といたしますが、御審議の上、原案どおりの議決を賜りますようお願いいたします。

 これで、提案理由の説明を終わります。



○議長(安和敏幸君) 提案理由の一括説明が終わりました。

 それでは次に、日程第6.報告第3号平成25年度東村一般会計繰越明許費繰越計算書についてを議題といたします。

 報告を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 報告第3号平成25年度東村一般会計繰越明許費繰越計算書の報告については、平成26年第1回東村議会定例会議案第7号平成25年度東村一般会計補正予算(第5号)で繰越明許費を行った事業について、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告します。

 事業については、東村分遣所用地購入、福地川河口周辺連携強化整備事業、川田・福地公園機能強化事業、子ども・子育て支援制度に関する電子システム等構築事業、子ども医療費自動償還システム導入、漁村地域整備交付金事業、東村定住促進住宅(集合型)建設事業、特別負担金(消防分遣所整備事業)の計8件で、繰越総額は6億9,657万円となっています。

 なお、詳細については各自お目通しお願いします。

 以上で内容説明といたします。



○議長(安和敏幸君) 報告が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 次に日程第7.承認第1号専決処分の承認を求めることについて(東村税条例等の一部を改正する条例)を議題とします。

 内容説明を求めます。住民課長、宮城調秀君。



◎住民課長(宮城調秀君) 承認第1号専決処分の承認を求めることについて(東村税条例等の一部を改正する条例)の内容説明を行います。

 地方税法等の改正により関連する東村税条例等の一部を改正するものであります。主な内容につきましては、法人割税の12.3%から9.7%への税率の引き下げであります。それと軽四輪車等及び小型特殊自動車の標準税率を、自家用車については1.5倍、その他は1.25倍に、平成27年度分から引き上げます。平成27年4月以後に最初の新規検査を受けるものから新税率が適用されます。

 また、法改正にあわせての項目ずれ等のずれに伴う見直しも行っております。

 以上で内容説明といたしますが、詳細については各自でお目通しをよろしくお願いします。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。



△日程第8.承認第2号専決処分の承認を求めることについて(平成25年度一般会計補正予算(第7号))を議題とします。

 内容説明を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 承認第2号平成25年度東村一般会計補正予算(第7号)については、日本経済再生に向けた緊急対策交付金で、平成24年度の事業交付金であります。東村定住促進住宅(集合型)建設事業が繰越となったことで予算の減額が生じたため、地方自治法第179条第3項の規定に基づき承認を求めます。

 なお、詳細については各自お目通しお願いします。

 以上で内容説明といたします。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 次に、日程第9.議案第17号東村定住促進住宅(集合型)の設置及び管理運営に関する条例の制定についてを議題とします。

 内容説明を求めます。企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) それでは、議案第17号の内容説明を行います。東村定住促進住宅(集合型)の設置及び管理に関する条例の制定については、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決を求めます。

 平成26年6月6日提出、東村長伊集盛久。

 制定理由につきましては、現在東村慶佐次地区において整備を進めております、東村定住促進住宅(集合型)の建設に伴い、施設の設置及び管理に関する条例を制定するものであります。次ページ以降に条文を添付しておりますので、各自お目通しをお願いいたします。

 以上で、内容説明といたします。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 次に日程第10.議案第18号東村村民の森設置及び管理運営に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 内容説明を求めます。企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) それでは議案第18号の内容説明を行います。

 東村村民の森設置及び管理運営に関する条例の一部を改正する条例については、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決を求めます。

 平成26年6月6日提出、東村長伊集盛久。

 主な改正点につきましては、東村村民の森・つつじエコパークの施設の用途変更と、新たな施設の設置及び消費税の改正により施設使用料の変更を行う必要があり、条例の一部を改正するものであります。

 ページを2ページあけていただきまして、3ページですか、あけていただきまして、別記1をごらんになってください。施設の用途変更となった新たな施設の設置については、説明書をパターゴルフ場からパークゴルフ場への変更となります。

 また、ことし3月に整備いたしました大型遊具の追加によるものとなっております。

 次ページの別記2をごらんになってください。施設使用料の変更につきましては、オートキャンプ場、バンガロー及びPA施設の現行の使用料を下段にあります改正案のとおりに変更するものとなっております。

 なお、条文等につきましては、詳細につきましては各自お目通しをお願いいたします。

 以上で内容説明といたします。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 次に、この際お諮りします。日程第11.議案第19号から日程第14.議案第22号までを一括して議題としたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって日程第11.議案第19号から日程第14.議案第22号までを一括して議題とすることに決定しました。

 議案第19号から順に内容説明を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) では、議案第19号についての内容説明を行います。平成26年度一般会計補正予算(第1号)については、歳入歳出それぞれ1億6,257万3,000円の増額補正となっております。

 主な歳入については、国庫支出金で、番号制度システム整備費補助で536万8,000円、財政調整基金繰入で4,500万円、村債で1億1,090万円となっております。

 歳出については、総務費の北部振興事業2,452万5,000円、総務費の戸籍住民基本台帳費の315万4,000円、衛生費の塵芥処理費の国頭地区行政事務組合特別負担金9,947万1,000円、商工費、工事費600万円となっております。いずれも現時点での過不足を補うための補正となっております。

 なお、詳しい詳細については各自お目通しをお願いします。

 以上で、内容説明といたします。



○議長(安和敏幸君) 次に、福祉保健課長、上原朝文君。



◎福祉保健課長(上原朝文君) 議案第20号について内容説明を行います。

 平成26年度東村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)となっております。

 歳入歳出それぞれ130万6,000円を追加して、歳入歳出の予算総額をそれぞれ4億460万8,000円となっております。

 主な内容を申し上げます。歳入は一般会計からの130万6,000円の繰り入れとなっております。

 歳出は、人事異動に伴う人件費の差額分の補正で、総務管理費に130万6,000円の増額、あと4款1項1目19節の負担金補助及び交付金のうち平成24年度の前期高齢者納付金の確定を受けまして3,000円の補正を行っております。これは予備費からの組み替えとなっております。

 11款1項1目23節償還金利子及び割引料において、修正申告の増加に伴う保険税還付金として15万円の補正を行っております。これも予備費からの組み替えとなっております。

 11款1項4目23節償還金利子及び割引料において、修正申告に伴い1万円の補正をしております。これも予備費からの組み替えとなっております。したがいまして12款1項1目の予備費で16万3,000円の減額となっております。

 以上で、議案第20号についての内容説明を終わります。

 引き続き、議案第21号になります。平成26年度東村後期高齢者医療保健特別会計補正予算(第1号)となっております。

 歳入歳出それぞれ10万円を追加して、歳入歳出の総額をそれぞれ1,833万9,000円となっております。歳入は、6款2項2目諸収入で償還金及び還付加算金として広域連合からの諸収入10万円となっております。

 歳出は、3款1項2目23節償還金利子及び割引料で10万円を増額補正しております。還付加算金の内容ですけれども、137件ということになっております。

 以上で内容説明を終わります。



○議長(安和敏幸君) はい次、建設環境課長、宮平勇二君。



◎建設環境課長(宮平勇二君) 議案第22号平成26年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について内容説明を行います。

 歳入歳出それぞれ515万の増額補正となっております。

 歳入の主な内容については、繰越金で515万円の増となっております。

 歳出の主な内容については、事業施設費の委託費で福地川の企業局水管橋撤去に伴い設計費で270万円の増、施設管理費の修繕費等で238万2,000円の増額となっております。

 なお、補正後の予算額は歳入歳出それぞれ1億6,840万円となっております。

 以上、内容説明といたしますが、詳しい内容につきましては各自お目通しをお願いいたします。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております、議案第19号から議案第22号までを会議規則第39条の規定により、議長を除く議員全員で構成する予算審査特別委員会を設置し、これに付託審査することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって議長を除く議員全員で構成する予算審査特別委員会を設置し、付託審査することに決定しました。

 早速、予算審査特別委員会において、委員長及び副委員長の互選をしていただきます。

 暫時休憩します。                                     (11時00分)

 それでは、再開いたします。                                (11時05分)

 これから、議長諸般の報告を行います。

 休憩中に予算審査特別委員会を開催し、委員長及び副委員長の互選が行われました。その結果、委員長に1番仲嶺眞文君、副委員長に2番、比嘉重範君が選出されております。

 以上で議長諸般の報告を終わります。

 なお、予算審査特別委員会は、6月の11日水曜日午前10時より委員会室にて行いますので、御参集のほどよろしくお願いします。

 次に、日程第15.議案第23号指定管理者の指定について(東村定住促進住宅(集合型))を議題とします。

 内容説明を求めます。企画観光課長、金城幸人君。



◎企画観光課長(金城幸人君) それでは議案第23号の内容説明を行います。

 指定管理者の指定については、管理者を次のとおり指定したいので地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めます。

 施設の名称東村定住促進住宅(集合型)、指定する団体、那覇市銘苅180番地の7、株式会社沖創建設、代表取締役社長、垣花隆夫、指定の期間、平成26年6月20日から平成31年3月31日まで。

 平成26年6月6日提出、東村長伊集盛久。

 主な提案理由について申し上げます。

 現在、慶佐次地域のほうで整備を進めております東村定住促進住宅(集合型)につきましては、今回指定管理を予定しております、株式会社沖創建設が建築、施工を行っており、また沖創建設が行っている賃貸住宅の管理業務県内実績については、平成25年度で439棟、管理戸数4,693戸の管理実績があります。

 同社によります入居者の募集業務については、自社のホームページや住宅情報誌による幅広い情報発信力を備えているなど、賃貸住宅の運営管理業務に精通しております。

 以上のことから、東村公の施設にかかる指定管理者の指定手続等に関する条例第5条の規定により、株式会社沖創建設を選定いたしましたので、議員各位の御理解を賜りますようお願い申し上げます。

 以上で内容説明といたします。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 次に、日程第16.同意第1号東村監査委員の選任についてを議題とします。内容説明を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 同意1号監査委員の選任について。東村監査委員に選任したいので、地方自治法第196条第1項の規定により議会の同意を求めます。

 住所、東村字高江466番地19、指名浦崎永仁、生年月日、昭和28年10月6日、詳細については各自お目通しをお願いいたします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 次に、日程第17.同意第2号固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題とします。内容説明を求めます。住民課長、宮城調秀君。



◎住民課長(宮城調秀君) 同意第2号固定資産評価審査委員の選任についての内容説明を行います。

 東村税条例第77条において、村固定資産評価審査委員会をおくこととされ、第78条では定員が3名となっておりますが、1名の委員が6月20日に任期が切れることから地方税法第423号第3項に基づき、議会の同意を得るものであります。

 住所、東村高江83番地34、氏名、仲嶺武夫、生年月日、昭和14年2月6日、以上で内容説明といたしますが、詳細については各自でお目通しをよろしくお願いします。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 次に、日程第18.陳情第10号宇出那覇川要請の件についてを議題といたします。

 お諮りします。本件については、環境対策特別委員会を設置し、これに付託審査することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、本件については環境対策特別委員会を設置し、これに付託して調査することに決定しました。

 引き続き、環境調査特別委員の選任を行います。

 お諮りします。環境調査特別委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定によってお手元に配りましたとおり、議長を除く議員全員を指名したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって環境調査特別委員会はお手元に配りました、議長を除く全議員を選任することに決定いたしました。

 これより、環境対策特別委員会において委員長及び副委員長の互選をしていただきます。

 暫時休憩します。                                     (11時14分)

 それでは、再開いたします。                                (11時17分)

 これから、議長諸般の報告を行います。

 休憩中に環境対策特別委員会を開催し、委員長及び副委員長の互選が行われました。その結果委員長に8番、金城允士君、副委員長に5番、平田嗣雄君が選出されております。

 以上で議長諸般の報告を終わります。

 なお、環境対策特別委員会は、6月の9日月曜日午後2時より委員会室にて行いますので、参集のほどよろしくお願いします。

 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。次は、6月13日金曜日会議を開きますので参集してください。

 本日はこれにて散会します。御苦労さんでした。                       (11時14分)