議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 東村

平成 25年 6月 定例会(2回) 06月07日−01号




平成 25年 6月 定例会(2回) − 06月07日−01号









平成 25年 6月 定例会(2回)





△平成25年第2回東村議会定例会会期日程


                                 自:平成25年6月7日
                                        8日間
                                 至:平成25年6月14日
┌───┬────┬──┬────┬─────────────────────────┐
│日 次│月 日 │曜 │会議区分│摘        要               │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第1日│6月7日│金 │本会議 │1.開会宣告                   │
│   │    │  │    │2.会議録署名議員の指名             │
│   │    │  │    │3.会期の決定                  │
│   │    │  │    │4.行政一般報告                 │
│   │    │  │    │5.提案理由の一括説明              │
│   │    │  │    │6.議案の内容説明                │
│   │    │  │    │7.散会宣告                   │
│第2日│6月8日│土 │休会  │議案研究                     │
│第3日│6月9日│日 │休会  │議案研究                     │
│第4日│6月10日│月 │休会  │議案研究                     │
│第5日│6月11日│火 │休会  │議案研究                     │
│第6日│6月12日│水 │休会  │議案研究                     │
│第7日│6月13日│木 │委員会 │予算審査特別委員会                │
│第8日│6月14日│金 │本会議 │1.一般質問                   │
│   │    │  │    │2.委員長報告、質疑、討論、採決         │
│   │    │  │    │3.閉会宣告                   │
│   │    │  │    │                         │
│   │    │  │    │                         │
└───┴────┴──┴────┴─────────────────────────┘



┌─────────────────────────────────────────────┐
│平成25年第2回東村議会定例会会議録                            │
├─────────┬───────────────────────────────────┤
│招集年月日    │平成25年6月7日                           │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│招集場所     │東村議会議事堂                            │
├─────────┼───┬─────────────────┬───┬─────────┤
│開・散の日時   │開会 │平成25年6月7日  午前10時00分 │議長 │安 和 敏 幸  │
│及び宣言     │散会 │平成25年6月7日  午前10時51分 │議長 │安 和 敏 幸  │
├─────────┼───┼─────────────┬───┼───┴─────────┤
│出席(応招)議員 │議 席│氏   名        │議 席│氏   名        │
│         │番 号│             │番 号│             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │1  │仲 嶺 眞 文      │6  │大宜見 朝 健      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │2  │比 嘉 重 範      │7  │池 原 憲 勇      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │3  │神 谷 牧 夫      │8  │金 城 允 士      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │5  │平 田 嗣 雄      │9  │安 和 敏 幸      │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│欠席(不応招)議員│   │             │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │   │             │   │             │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│会議録署名議員  │8  │金 城 允 士      │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │1  │仲 嶺 眞 文      │   │             │
├─────────┼───┴────┬────────┴───┴─────────────┤
│職務のために出席 │事務局長    │ 平 田 尚 樹                  │
│した者の職氏名  ├────────┼──────────────────────────┤
│         │臨時的職員   │ 仲 嶺 眞太郎                  │
├─────────┼────────┼────────┬────────┬────────┤
│地方自治法第121│村長      │伊 集 盛 久 │建設環境課長  │宮 平 勇 二 │
│条により説明のため│副村長     │金 城 紀 昭 │農林水産課長  │宮 城   準 │
│出席した者の職氏名│教育長     │比 嘉 一 之 │教育課長    │比 嘉 鶴 見 │
│         │会計管理者   │松 田 恵里子 │        │        │
│         │総務財政課長  │福 永 政 也 │        │        │
│         │企画観光課長  │金 城 幸 人 │        │        │
│         │住民課長    │宮 城 調 秀 │        │        │
│         │福祉保健課長  │上 原 朝 文 │        │        │
└─────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘




△平成25年第2回東村議会定例会議事日程表(第1号)


平成25年6月7日
開 会 午前10時
┌────┬─────┬──────────────────────────────┐
│日程番号│議案番号 │件        名                    │
├────┼─────┼──────────────────────────────┤
│1   │     │会議録署名議員の指名(8番 金城允士君・1番 仲嶺眞文君) │
│    │     │                              │
│2   │     │会期の決定                         │
│    │     │                              │
│3   │     │議長諸般の報告                       │
│    │     │                              │
│4   │     │行政一般報告                        │
│    │     │                              │
│5   │     │提案理由の一括説明                     │
│    │     │                              │
│6   │報告第2号│平成24年度東村一般会計繰越明許費繰越計算書について     │
│    │     │(報告・質疑)                       │
│7   │報告第3号│平成24年度東村簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書につい│
│    │     │て(報告・質疑)                      │
│8   │承認第1号│専決処分の承認を求めることについて(東村税条例の一部を改正す│
│    │     │る条例)                          │
│    │     │(内容説明・質疑)                     │
│9   │承認第2号│専決処分の承認を求めることについて(平成24年度東村一般会計補│
│    │     │正予算(第8号))                     │
│    │     │(内容説明・質疑)                     │
│10   │議案第21号│平成25年度東村一般会計補正予算(第1号)について      │
│    │     │(内容説明・質疑・委員会付託)               │
│11   │議案第22号│平成25年度東村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について│
│    │     │(内容説明・質疑・委員会付託)               │
│12   │議案第23号│平成25年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について│
│    │     │(内容説明・質疑・委員会付託)               │
│13   │同意第2号│固定資産評価審査委員の選任について             │
│    │     │(内容説明)                        │
│    │     │                              │
└────┴─────┴──────────────────────────────┘




○議長(安和敏幸君) おはようございます。ただいまから平成25年第2回東村議会定例会を開会します。     (10時00分)

 本日の会議を開きます。



△日程第1.会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、8番、金城允士君、1番、仲嶺眞文君を指名します。



△日程第2.会期の決定の件を議題とします。

 お諮りします。本定例会の会期は、本日6月7日から6月14日までの8日間にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、会期は本日6月7日から6月14日までの8日間に決定いたしました。

 次に、日程第3.議長諸般の報告を行います。

 まず初めに、公務の報告でございます。

 3月8日は、自治会館管理組合議会が開催され、参加してまいりました。

 3月18日には、沖縄県市町村総合事務組合議会定例会が開催され、参加してまいりました。

 3月23日には、北部広域市町村圏事務組合議会の定例会が開催され、参加してまいりました。

 3月27日には、北部振興会評議員会・総会が開催され、参加してまいりました。

 4月4日は、北部市町村議会議長会臨時理事会及び総会が開催され、参加してまいりました。また、同日開催されました名桜大学入学式にも参加しております。

 4月19日には、那覇空港道路建設促進期成会の理事会が行われ、参加してまいりました。また、同日開催されました沖縄県副知事就任激励会にも参加しております。

 4月20日は、食肉センター創業10周年記念式典が開催され、参加してまいりました。これは北部食肉ですね。

 4月23日には、町村議会議長会定例理事会及び沖縄振興拡大会議が開催され、参加してまいりました。

 5月2日は、新旧名護警察署長歓送迎会が開催され、副議長、仲嶺議員、比嘉議員、神谷議員とともに参加してまいりました。

 5月14日は、那覇空港道路建設促進期成会総会が開催され、参加してまいりました。

 5月20日は、北部議長会理事会・総会が宜野座村にて開催され、参加してまいりました。

 5月24日は、村交通安全推進協議会定例会及び村青少年健全育成協議会定例総会が開催され、参加してまいりました。また、同日開催されました東村観光推進協議会総会にも参加しております。

 5月27日から29日までの3日間、第38回全国町村議会議長・副議長研修会が開催され、平田副議長とともに研さんを積んでまいりました。

 以上、議長の公務の報告でございました。

 次に、地方自治法第235条の規定により、例月現金出納検査の結果報告書をお配りしております。議員各位、お目通しをお願いします。

 また、請願、陳情、要請書について申し上げます。

 3月から6月までに受理された陳情は、陳情第7号から陳情第12号までの6件となっております。付託一覧表とその写しを配付しておりますので、各自お目通しをお願いします。

 また、公共工事発注状況について、報告書が提出されておりますので御確認をお願いします。

 これで、議長諸般の報告を終わります。

 次に、日程第4.行政一般報告を行います。

 村長から行政一般報告の申し出がありました。これを許します。副村長、金城紀昭君。



◎副村長(金城紀昭君) 平成25年第2回東村議会定例会の開会に当たり、行政一般報告を行います。

 総務財政課関係について申し上げます。

 平成24年度の繰越事業として進めております、国頭地区消防東分遣所の建設については、国庫補助事業の北部連携事業を活用し、国頭地区行政事務組合消防本部において事業の執行を行っています。7月には造成工事、その後、建設工事等の入札を行い、年度内竣工を目指しております。村としても事業用地の確保及び事業の円滑な執行に協力してまいります。

 同じく繰越事業の東村農民研修施設等太陽光発電設備新設工事につきましては、6月10日に入札を予定しており、今議会で追加議案として契約案件の提案を予定しておりますので、議員各位の御理解を賜りますようお願いいたします。

 平成25年度沖縄振興特別推進市町村交付金(一括交付金)については、現段階において東村の国庫配分額(補助ベース)2億5,000万円で9事業を予定しております。一次申請分の5事業1億2,945万3,000円は、先月交付決定を受けました。残り4事業の1億2,054万7,000円については、今後、沖縄県と協議の上、事業の採択に向け取り組んでまいります。

 高江土地所有権移転登記手続請求控訴裁判については、去る5月21日に判決が出ました。結果は、村の主張が認められ勝訴となりましたが、原告側の上告も考えられることから今後の動向を注視し、事務処理等を進めてまいります。

 この件につきましては、昨日、弁護士から連絡ありまして上告がなされたという情報が入っております。

 企画観光課関係について申し上げます。

 初めに、第31回東村つつじ祭りを3月1日の山開きから3月20日までの間、実施しました。今回は、大型台風や温暖化の影響で例年より花の開花が早く、祭り期間の前半には満開の状態となりました。

 入園者数については、祭り後半の開花状況が悪かったにもかかわらず、週末の天候にも恵まれて多くの皆さんが来園をいただき、入園者は目標であった4万人を突破し、総数で4万1,850人となりました。

 今年度は、村制90周年の記念事業としてさまざまなイベント等を企画し、多くの皆様がまた来園していただけるように取り組んでまいります。

 第20期緑のふるさと協力隊として、本村に5人目の協力隊員として派遣された大阪府出身の藤原佐智さんが、ことし4月から1年間、本村の農業を初め、観光産業等をお手伝いし、地域活性化に寄与していただくことになりました。藤原さんが赴任して2カ月になりますが、民泊農家の皆様から大変助かっていますとの声や、本人のホームページで東村の文化、行事や体験内容を紹介するなど、精力的に活動をしております。今後も各地域の行事に参加するなど地域振興につながる活動を期待いたします。

 5月29日に、東村特産品加工直売所サンライズひがしにおいて、村の特産品の販売促進、観光振興及び地域の活性化を図る目的で開催したFM沖縄ハッピーアイランド東村スペシャルの公開生放送において、本村の特産品である生食用パインアップルを初め、ブルーツーリズム等の体験観光等、広く県民にアピールすることができました。特に、今年度は教育委員会が開催するチャレンジデー2013と同日に開催したこともあり、主会場となったサンライズひがしが大いににぎわっておりました。

 沖縄北部連携促進特別振興事業(北部連携事業)において、現在、福地川河口周辺連携強化整備事業の整備計画を進めております。本事業の採択に向けては、他市町村との連携や類似施設との調整等多くの課題があり、その課題解決に向けて現在、北部広域市町村圏事務組合、内閣府及び関係機関と調整を進めているところであります。早ければ今月中に事業採択の可能性があり、実施に向けた予算等については補正予算での対応となりますので、議員各位の御理解を賜りますようお願い申し上げます。

 沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)にて整備計画を進めております東村観光客受け入れ強化事業及び東村海外移住者子弟研修受け入れ事業については、県から交付決定を受けましたので、実施に向け速やかに事業を進めてまいります。

 住民課関係について申し上げます。

 平成24年度市町村税の徴収状況3月末現在について申し上げます。徴収率が91.1%となっており、県内で9位となっております。引き続き自主財源である村税確保の重要性を認識し、徴収に努力してまいります。

 福祉保健課関係について申し上げます。

 平成24年度に北部8町村による広域事業として、やんばるファミリーサポートセンターが開所しております。今年度は、新たに1村が加わり9町村で広域事業を運営してまいります。ファミリーサポートセンターでは、子供の預かり支援などを行うことによって保護者等の負担を軽減することで住みよい地域づくりに貢献してまいります。東村においては、24名の会員で3件の実績がありました。当事業の周知を行うとともに、当事業の有用性を検証していくこととしております。

 また、保育所の利活用等については、通常の保育に加え、木造建築のよさをアピールするため施設を利用した各種事業を展開しております。3月に開催されたつつじ祭り期間中において3回目となるフリーマーケットを開催し、301名の参加がありました。また、クラフト体験では貝がらのストラップづくりやコースターづくりを行い、81名の参加がありました。沖縄グッドトイ委員会とタイアップしたイベントを開催し、木のおもちゃを中心とした子供の知性を育てるおもちゃ広場を開催しております。5月には、山菜ツアーを開催し、東村の自然を内外にアピールすることができました。参加人数は38名で、ことしの参加者は延べ627名となっております。今後とも木造建築のよさをPRし、事業の目的達成に向け取り組んでまいります。

 次に、精神保健事業について申し上げます。

 今年度より、こころの健康相談と題した心理療法士による個別相談会を6回予定しております。気軽に利用できるよう計画してまいります。

 東村障害者移動支援事業については、障害者等に対し社会生活上不可欠な外出及び余暇活動等社会参加のための外出支援事業を実施しており、平成24年度の利用者数は26名で、村内102件、村外589件となっています。

 東村障害者生活サポート事業については、日常生活をする上で介護が欠かせない障害者の御家庭にホームヘルパーを派遣し、家事などの介護を行っており、平成24年度の利用者数は8名で、ホームヘルパーの派遣時間は延べ674時間となっています。

 次に、高齢者福祉について申し上げます。

 少子高齢化が進む中、本村においても高齢化が進行していくものと思慮され、これに伴って高齢者福祉のサービス強化を行う必要があり、今後とも高齢者を対象にしたサービスの充実を目指してまいります。高齢者への福祉事業の提供は社会福祉協議会へ委託し、各種事業を行っているところです。長寿健康づくり施設等利用料助成事業では、エコパークにあるパークゴルフ場において実施しております。平成24年度は18名の方に利用券を発券し、年間64回の利用料助成を行っております。

 高齢者外出支援事業においては、月平均22名の方の利用があり、年間を通して村外医療機関への送迎を247件、診療所や役場等公共施設への送迎が250件となっております。

 食の自立支援事業では、月平均23名の方の利用があり、年間3,954食の利用がありました。

 ヘルパー派遣事業では、毎月6名から7名の方が週1から3回利用しており、ヘルパー派遣件数は月平均36回、年間431件となっております。地域支援事業として地域包括支援センターが行っている介護予防事業の運動機能向上教室や転倒防止教室など、ふれあいサロン事業では毎回高齢者の皆様から好評を得ております。

 母子保健事業では、乳幼児健診を年4回実施し、歯科相談も6カ月から就学前までのお子さんを対象とし、年4回実施しております。また、月1回、健やか教室を、保育所に入所してない子やお母さんたちの仲間づくりの場として開催し支援しております。妊婦健診も15回の実施において14回助成しております。本年度も福祉事業において、乳幼児から御高齢の方々の福祉向上に事業を推進してまいります。

 農林水産課関係について申し上げます。

 初めに、本村の平成24年度加工用パインアップル原料は、1,130トンの計画に対し670トンと、計画比59.3%、前年比91%で、4年連続の減産となりました。

 北部地区では、2,000トンの計画に対し1,300トンと、計画比65%、前年比95.9%で、年間を通して減産傾向で推移しております。

 平成25年度の北部全体での加工用原料生産計画は1,750トン、本村で1,050トンを計画しております。

 また、生食用パインアップルの生産計画は、北部地区で、これJA扱い、340トン、本村で177トンとなっております。

 また、県の優良種苗増殖事業により、優良母茎株の輪切り増殖83万本の配布計画のうち、本村に54万本配布されることになっております。

 去る5月17日に、総合農産加工施設において加工施設選果機起工式並びに光センサー選果施設の稼働式がとり行われました。一元集荷を始め、より高品質のパインを販売することで農家所得の向上を図ってまいります。

 沖縄振興一括交付金事業を活用し、JAが事業主体となり災害に強い栽培施設の整備事業(強化型パイプハウス)が予定されており、JA及びパイン生産部会と連携を図りながら取り組んでまいります。

 次に、人・農地プランについては、昨年、村内4地区において、今後の地域の中心となる経営体の抽出や、2人に対し青年就農給付金事業を行ってきたところであります。本年度は、残り2地区について事業を推進するとともに、青年就農給付金事業の拡大を図ってまいります。

 農業振興地域整備計画の策定については、県との事前協議中であり、策定に向け取り組んでまいります。

 農地利用集積円滑化事業については、優良農地の確保、耕作放棄地再生、新規就農、担い手の育成等に資するよう取り組んでまいります。

 有害鳥獣のカラス対策については、従来より実施している狩猟隊及び捕獲器による駆除を実施し、平成24年度の捕獲実績は4,186羽となっております。イノシシについても、狩猟隊等による捕獲を周年を通じて行っており、58頭の実績となっております。また、廃棄処分となったモズク網を利用したイノ垣設置(農家26名、総延長約8,892メートル)を行うとともに、単独事業の有害鳥獣施設補助を活用したワイヤメッシュ等の侵入防止柵(農家25名、総延長約7,790メートル)も設置をしております。

 平成24年度の農林水産振興補助金の実績については、優良農機具、農林業施設が11件で、補助額81万1,000円、水産業奨励補助金は8件で、補助額117万8,000円となっております。

 土づくり推進事業については、有機肥料購入補助は751万1,994円と、前年度に比べ約1.3%の増となっています。

 農薬購入補助金については、205万4,020円の実績となっており、前年度と比較して約6.5%の減少となっております。

 5月15日に村共同防除協議会総会を開催し、第1回共同防除を5月20日から5月31日までの間、実施しました。第2回目については10月に行う予定であります。

 人材サポートセンターの平成24年度実績は、54件のあっせんを行いました。引き続き求人者、求職者の募集や周知を図り、農家の労働力不足の解消に向け支援してまいります。

 チャレンジ農場については、平成24年度末現在で1万2,623平米の圃場を整備し、苗の植え付けと栽培管理を行っております。引き続き優良種苗を確保し、栽培面積の拡大を図り、新規就農対策や生食用のブランド化、加工用原料対策に資する取り組みを行ってまいります。

 東漁港及び慶佐次漁港の整備については、最終的な事業詳細について、県及び関係者と調整中であります。

 農業委員会の活動報告について申し上げます。

 平成24年度の農業委員会総会案件については、農地法第3条の規定による許可申請が17件、第4条の許可申請が3件、利用権設定による許可申請が16件、非農地証明が8件、現況証明が1件、一時転用が1件となっております。

 次に、4月12日の耕作放棄地対策協議会の総会において、本年度の事業計画が承認されました。今後、耕作放棄地全体調査による現状を把握し、耕作放棄地再生事業を活用し、耕作放棄地の解消に向け、JA並びにパイン生産部会、サトウキビ生産部会等の関係機関と連携を図り、今年度3ヘクタールの耕作放棄地解消を目標に、認定農業者や新規就農者並びに規模拡大農家等、やる気のある農家へ農地集積を図り、地域農業の活性化に努めてまいります。

 建設環境課について申し上げます。

 水道事業については、慶佐次地区において老朽化に伴う配水管の布設がえ工事を今月発注予定で現在、関係機関と調整を行っております。

 平成24年度からの繰越事業について進めております定住促進住宅(川田地区)については、測量及び外構設計委託業務を5月31日に委託契約を締結しております。

 また、本年度予定しています東村定住促進住宅(集合型)の第1回用地選定委員会を5月22日に開催いたしました。今後、用地が決まり次第、関係機関との調整を図り、早期発注を予定しております。

 農道関係については、繰越事業の平良5号農道災害復旧工事を5月31日に工事契約締結し、8月末の完了を予定しております。

 村道、農道管理については、今年度も4月2日から3名の作業員を配置し、除草作業を中心に作業を行っております。

 墓地関係については、昨年、整備を行った平良椎原墓地団地が台風の影響によりのり面が一部崩壊したため、のり面保護工事を5月31日に工事発注をしております。

 最後に、教育委員会について申し上げます。

 まず初めに、去る5月16日に、名桜大学と北部11市町村教育委員会の連携に関する協定書の締結を行った旨を御報告申し上げます。地域社会における豊かな人間性を育む教育活動の支援等を目的に、北部地域唯一の公立大学である名桜大学とさまざまな連携を図ってまいります。今後は、学習やスポーツ活動の支援を中心に、教育環境整備活動など本村の現状、ニーズに合った取り組みを協議し、実践していきます。

 次に、5月29日に開催しましたチャレンジデー2013では、村民、観光客等を含め1,300名の参加があり、67.1%の参加率を獲得することができました。6年連続の65%以上、金賞を受賞しております。一村民一運動をテーマに、日ごろから健康づくりを目指し、毎年同じ時期に継続実施をしてまいります。

 5月30日の村学力向上推進委員会総会及び文化講演会には、公私ともども御多忙の中、議員各位を初め、村民約200名の参加をいただき、盛会に終えることができましたことに感謝申し上げます。甲子園春、夏連続優勝をなし遂げた我喜屋優先生の講演は、村民に多くの示唆を与えてくれました。

 7月からは基礎学力の向上と受験対策を目的に、村内中学3年生を対象とする村営の学習塾あがいてぃーだ塾を開校いたします。昨年度に引き続き、2期目の生徒募集し、受験までの約8カ月間、週3日、名護市の一般学習塾から講師を招き、主要科目を中心に講義を実施いたします。ちなみに、昨年度は村内中学3年生19名中16名が入塾し、受験生全員が希望高校へ合格できました。

 次に、本村の人材づくりの一環で継続している交流事業では、福島県北塩原村児童約30名を7月20日からの3泊4日、山形県酒田市八幡地区の児童30名を7月26日からの3泊4日の日程で受け入れ準備を進めています。両県の児童たちが本村滞在中、楽しく心に残る交流体験ができるよう最善の取り組みに努めます。

 また、国際社会に貢献できる人材の育成を図ることを目的に、第4回東村海外短期留学派遣事業の選考試験を5月12日に実施しました。今年度は、有銘校から2名、東校から1名、計3名の派遣を決定しました。7月12日から8月1日までの21日間の日程で、米国を訪問する準備を進めているところです。また、米国での留学と同様に、英語に親しみ会話力の向上を図る目的で、第3回英語キャンププログラムを8月4日から8日間の日程で県内において実施し、村内から5名の児童生徒を派遣いたします。米国大学からの講師による授業や宿泊生活を体験させ、楽しみながら英語を学ぶことができるよう取り組んでまいります。

 最後に、昨年7月から開始いたしました東村給食費徴収条例に基づく給食事業では、村が一括して給食費を徴収し、材料費を支払いすることにより村内3校の事務的負担が大幅に軽減され、平成24年度徴収率も100%を達成することができました。今年度は給食費の助成を昨年度の3分の1から2分の1に引き上げ、さらに保護者の負担を軽減し、子育て支援の充実を図ってまいります。

 以上、報告いたしましたが、計画どおりの事業執行に向け最大の努力をいたす所存でございますので、引き続き議会、村民の皆様の御理解、御協力を賜りますようお願い申し上げ、行政一般報告といたします。平成25年6月7日、東村長伊集盛久。

 以上でございます。



○議長(安和敏幸君) 行政一般報告が終わりました。

 次に、日程第5.提案理由の説明を一括して求めます。

 村長、伊集盛久君。



◎村長(伊集盛久君) 平成25年度第2回東村議会定例会において提案いたします議案について、一括して提案理由を申し上げます。

 報告第2号平成24年度東村一般会計繰越明許費繰越計算書については、平成24年度一般会計において9件の事業を諸般の事情により繰り越ししております。それぞれ繰越計算書の調整をいたしましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告いたします。

 報告第3号平成24年度東村簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告については、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告いたします。

 承認第1号専決処分の承認を求めることについて(東村税条例の一部を改正する条例)、地方税法一部改正、地方税法施行令等の一部改正に伴い、東村税条例を改正し、4月1日から施行する必要が生じたが、議会招集のいとまがなく専決処分いたしましたので、地方自治法第179条第3項の規定により提案いたします。

 承認第2号専決処分の承認を求めることについて(平成24年度一般会計補正予算(第8号))、補正の必要が生じたが、議会招集のいとまがなく専決処分をいたしましたので、地方自治法第173条第3項の規定により提案いたします。

 議案第21号平成25年度東村一般会計補正予算(第1号)について、議案第22号平成25年度東村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、議案第23号平成25年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)についての3会計については、現時点における事務事業費の過不足を補うため、地方自治法第218条第1項の規定により提案いたします。

 同意第2号固定資産評価審査委員の選任については、東村固定資産評価審査委員の選任をしたいので、地方税法第423条第3項の規定により提案いたします。

 以上で、議案の一括説明といたしますが、御審議の上、原案どおりの議決を賜りますようお願いいたします。

 これで提案理由の説明を終わります。



○議長(安和敏幸君) 提案理由の一括説明が終わりました。

 次に、日程第6.報告第2号平成24年度東村一般会計繰越明許費繰越計算書についてを議題とします。

 内容説明を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 報告第2号平成24年度東村一般会計繰越明許費繰越計算書の報告については、平成25年第1回東村議会定例会、議案第13号平成24年度東村一般会計補正予算(第7号)で繰越明許費を行った事業について、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告します。

 事業については、クリーンエネルギー推進事業、消防費特別負担金、台風に強い施設づくり、簡易水道事業特会、川田地区定住促進住宅建設事業、有銘地区避難所公園整備事業、道路ストック総点検事業、川田地区海岸のり面崩落防止事業、平良5号農道災害復旧事業の9件で、繰越総額は3億6,539万1,000円となっています。

 なお、詳細については、各自お目通しをお願いいたします。

 以上で内容説明といたします。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。



△日程第7.報告第3号平成24年度東村簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書についてを議題といたします。

 内容説明を求めます。建設環境課長、宮平勇二君。



◎建設環境課長(宮平勇二君) 報告第3号平成24年度東村簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について、3月議会で、議案平成24年度東村簡易水道特別会計補正予算(4号)で明許繰越を行っております。地方自治法施行令第142条第2項の規定により、別紙のとおり報告いたします。

 事業の内容につきましては、東村簡易水道事業配水管布設工事で9,750万、浄水場内における小水力発電工事費のほうで2,700万円の事業費となっております。

 以上、内容説明といたします。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 次に、日程第8.承認第1号専決処分の承認を求めることについて(東村税条例の一部を改正する条例)を議題とします。

 内容説明を求めます。住民課長、宮城調秀君。



◎住民課長(宮城調秀君) 承認第1号専決処分の承認を求めることについて(東村税条例の一部を改正する条例)の内容説明を行います。

 地方税法の改正により関連する東村税条例の一部を改正するものであります。

 主な内容は、所得税の住宅ローン控除の適用者について、所得税から控除し切れなかった額を村民税から控除することの延長と拡充、また、国税の見直しに合わせ、地方税にかかる延滞金利率の見直し、また、個人住民税の公的年金からの特別徴収制度の見直しなどがあります。

 以上で内容説明といたしますが、詳細については、各自でお目通しをお願いいたします。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。



△日程第9.承認第2号専決処分の承認を求めることについて(平成24年度東村一般会計補正予算(第8号))を議題とします。

 内容説明を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 承認第2号専決処分の承認を求めることについては、平成24年度東村一般会計補正予算(第8号)で、北部市町村圏事務組合による北部連携事業190万9,000円の負担金の過不足が生じたためであります。

 なお、詳細については、各自お目通しをお願いいたします。

 以上で内容説明といたします。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 この際、お諮りします。日程第10.議案第21号から日程第12.議案第23号までを一括して議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、日程第10、議案第21号から日程第12、議案第23号までを一括して議題とすることに決定しました。

 議案第21号から順に内容説明を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 議案第21号平成25年度東村一般会計補正予算(第1号)について内容説明を行います。

 歳入歳出それぞれ1,745万3,000円の増額補正となっております。

 主な歳入については、財政調整基金繰り入れ2,000万の増、総務費のコミュニティー助成事業250万円の増、農業振興費県補助金60万円の増であります。

 なお、民生費では、マイナス573万円の減額の補正となっています。

 主な歳出については、総務費の347万4,000円、共済費119万5,000円、戸籍住民基本台帳費207万5,000円の増であります。これは4月の職員の人事異動による人件費の増額であります。企画費の備品購入費270万円、環境衛生費繰出金1,202万4,000円などの増額となっております。

 なお、補正については、現時点での過不足を補うための補正であります。

 以上、内容説明といたしますが、詳細については、各自お目通しをお願いいたします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 次に、福祉保健課長、上原朝文君。



◎福祉保健課長(上原朝文君) 議案第22号東村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について内容説明を行います。

 歳入歳出それぞれ118万9,000円を増額しております。

 歳入の内容ですが、118万9,000円全額、一般会計からの繰り入れとなっています。

 歳出については、総務費で87万1,000円、増額となっています。これは4月の人事異動に伴う人件費となっています。

 次に、前期高齢者納付金で1万8,000円を増額しております。これは、県から示された給付率の変更により増額されましたので、不足分を増額したということになっています。あと、特定保健指導レベル判定数値の変更に伴うシステムの変更で31万5,000円の増額ということになっております。

 以上でございます。詳細については、お配りの資料をお目通しいただきたいと思います。

 以上で説明を終わります。



○議長(安和敏幸君) 次に、建設環境課長、宮平勇二君。



◎建設環境課長(宮平勇二君) 議案第23号平成25年度東村簡易水道特別会計補正予算(第1号)について内容説明を行います。

 歳入歳出それぞれ1,202万4,000円の増額補正となっております。

 歳入のほうでは、一般会計からの繰入金で1,202万4,000円の増になっております。

 歳出の主な内容につきましては、事業施設費の委託費で、小水力発電施設整備に伴う施工管理費で199万円の増、工事請負費で、同じく小水力発電施設整備及び国道331号シオガミ橋の建てかえ工事に伴う水道管移設などにより640万円の増、施設管理費の修繕費で、伊是名ポンプ場自家発電設備などの修繕費で356万5,000円の増額となっております。

 以上で内容説明といたしますが、詳しい内容につきましては、各自お目通しをお願いいたします。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第21号から議案第23号までを、会議規則第39条の規定により、議長を除く議員全員で構成する予算審査特別委員会を設置し、これに付託審査することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議長を除く議員全員で構成する予算審査特別委員会を設置し、付託審査することに決定いたしました。

 早速、予算審査特別委員会において、委員長及び副委員長の互選をしていただきます。

 暫時休憩します。                                     (10時45分)

 それでは、再開します。                                  (10時49分)

 これから、議長諸般の報告を行います。

 休憩中に、予算審査特別委員会を開催し、委員長及び副委員長の互選が行われました。その結果、委員長に1番、仲嶺眞文君、副委員長に3番、神谷牧夫君が選出されております。

 以上で、議長諸般の報告を終わります。

 なお、予算審査特別委員会は、6月13日木曜日午前10時より委員会室にて行いますので、御参集のほどよろしくお願いします。

 次に、日程第13.同意第2号固定資産評価審査委員の選任についてを議題とします。

 内容説明を求めます。住民課長、宮城調秀君。



◎住民課長(宮城調秀君) 同意第2号固定資産評価審査委員の選任についての内容説明を行います。

 東村税条例第77条において、村固定資産評価審査委員会を置くこととされ、第78条では定員が3名となっておりますが、1名の委員が6月に任期が切れることから、地方税法第423条の第3項に基づき、議会の同意を得るものであります。

 住所、東村平良471番地、氏名、金城悟、生年月日、昭和29年11月3日。

 以上で内容説明といたしますが、詳細については、各自でお目通しをお願いします。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 次の会議は6月14日金曜日、会議を開きますので御参集してください。

 本日は、これにて散会します。                               (10時51分)