議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 南城市

平成20年 6月定例会一般質問通告書 資料




平成20年 6月定例会一般質問通告書 − 資料









平成20年  6月 定例会(第5回)



          平成20年6月定例会一般質問通告書

                           平成20年6月6日(金)



質問者
発言事項
要旨
答弁者


1島袋賢栄議員
南城市における宅老所(有料老人ホーム)の現状について
◯南城市の宅老所の現状について
◯県に受理された宅老所の件数
◯届出が保留になった件数
◯宅老所の全ての件数
 上記の件について、南城市でも把握していますか。
市長


独居老人の死亡防止対策について
(1)南城市の一人暮らしの把握と現状について
(2)独居老人の死亡防止対策について
市長


通学路の歩道設置について
(1)嶺井土地改良1号、前当〜多々良線の通学路の歩道設置の予定はありますか、伺う。
市長


2大城幸雄議員
工事の発注とコストについて
 19年度で完成しなければいけない工事区域が平成20年度に継続工事繰り越されているものが見受けられる。市民からも細切れ工事で何時になったら完了するのか、苦情も聞こえるその原因はどこにあるかよく調査してみますと、合併以前からそうでありましたが担当課の言い分ですとまず金がない厳しいです。そして地権者が同意書に印鑑を押してくれないからやむにやまれない処置あります。返事だった
地権者からは、交渉に来てくれない。来ても持ち帰って検討します後は返事がない、工事は発注されている時間がないから早めにお願いとか、十分納得できる説明がない。担当者が計画から用地や物件の買い取り交渉まで担当するということは無理がある。3月の予算決算特別委員会でも繰越明許費で論議をして検討することになっておりましたがその経緯はどうなっておりますか。そのようなことから分割発注による効率の悪いコスト高の無駄な工事がつづけられていると思います。合併以前も良く見受けられました。又その他工事発注にも一社でも十分に出来る工事範囲(仕事量)でも南城市になってからも分割発注されている。所なども見受けられるが金の無駄使い建設コストの割高になってないか。次の件でうかがいます。
(1)分割することにより管理面での経費はどの位変わりますか。
(2)分割する事による工事総額への跳ね返りはありますか。
(3)用地や物件の交渉専従者を検討する事になっておりましたが結果はどうなっておりますか。
市長


平成20年度予算の説明会について
 南城市より行政のサービスの一環としてマイク放送によるPR活動もなされましたが知念大里地域を見るだけでは何のための説明会なのか市民よりそっぽを向かれ、余りにも参加者が少なかった。参加した方も説明員40〜50名くらいで、プレッシャーで気を使った。いかなければよかったとの事でありました。市民の考えと余りにも乖離している。つぎの件で伺います。
(1)どうしてこのような結果になったのか。
(2)何処に問題があったか。
(3)今後はどうなりますか。
市長


3座波一議員
市内難視聴地域の現状と対策について
(1)市内のテレビ難視聴地域における現状を把握しているか。
 ・難視聴(共同アンテナ組合、組合外)地区、世帯数、負担金等
 ・難視聴解消に向けた市の取組は
(2)市内全域の地デジ化対策の見通しは。
 ・国、県、NHKとの対策協議について
 ・共同アンテナ組合や組合外の難視聴地区の世帯への取組は
(3)地域イントラネットを活用した対策の可能性は。
市長


市営火葬場の方向性について
(1)広域化(南斎場)計画ありきでいいのか。
 ・地元、旧玉城、市民全般の意見は反映できているか。
(2)広域化計画が実施されるまでの地元への対応は。
 ・過去の要望書への対応(村時代から現在まで)
 ・地元へ配慮あり対策(ばい煙、周辺整備等)が必要では。
市長


市体協の活性化について
(1)合併前と合併後の比較で
 ・参加者数や競技力(記録)等の分析や対策は
 ・体協の理念に基づいた方向性(計画)の施策は
 ・字対抗に限らず、近隣字同士や、学校区によるチーム編成も検討できないか。
市長


4小波津幸雄議員
ごみ行政の取組状況について
(1)平成19年度の本市全体のごみの総排出量は何トンですか、1人1日当りの量は何グラムですか。形態別の家庭系ごみは何トンで1日1人当りの量は何グラムですか。家庭系ごみが全体の何パーセントをしめていますか。事業系ごみは何トンですか。
 紙類のリサイクルされているのは何トンで資源化量全体の何パーセントを占めていますか。
 生ごみ・剪定枝は何トンで焼却処理している量は何トンですか。
(2)本市の平成19年度の減量化目標値は、家庭系ごみ、事業系ごみの1人1日あたり設定値はいくらですか。
 生ごみ・剪定枝の減量化強化策は考えていますか。
 イベント時のごみ排出抑制対策は考えていいますか。
 事業者における生ごみ処理機導入の普及は考えていますか。
市長


悪臭対策について
(1)佐敷東地区の悪臭対策はその後どうなっていますか。
市長


5屋?宣勇議員
市民の安心・安全の消費者生活を守るために
(1)お金・健康・孤独は、高齢者の3大不安と言われている。以下について、南城市民の実態把握とその対応について求める。
?悪質業者による訪問販売、電話勧誘販売等による被害の実態と対応
?高齢者虐待の実態があるかどうか
(2)自殺防止対策について、平成19年度に南城市として具体的に取組んできた事項及び今後の取組みについて。
(3)「消費者行政推進会議」は、市町村が「消費者生活センター」を来年度から3年以内に創設した場合、国が年間1千万円を5年にわたって給付する仕組みを提案している。そこで、我が南城市でも「南城市消費生活センター」の創設に着手する考えがあるかどうか。
市長


沖縄厚生年金休暇センター(ウエルサンピア沖縄)買取りの姿勢について
(1)沖縄厚生年金休暇センター跡地利活用検討会からの報告書について
?南城市のまちづくりの観点から、同休暇センター跡地をどう位置づけているか。
(2)同休暇センター跡地の南城市が買取る是非に関して、庁内検討委員会は、以下についてどの様な検討がなされたか。
?南城市のまちづくり、土地利用計画との関係について
?同休暇センター跡地が南城市の心臓部に位置していることによる、南城市まちづくりへの影響と効果について
?一般競争入札以外の方法による、南城市の買取り策について
(3)市長は、南城市まちづくりの政策実現のために、同休暇センター跡地は、場所的に必要な敷地と考えるか。
市長


6長嶺勝盛議員
横断歩道の設置について
 船越公民館前、旧玉城48号線(山川道〜大城線)は、大里、与那原、南風原へ抜ける通過車輌が多く、見通しが悪いうえにスピードを出す車輌が多く、大変危険な場所であります。
 又、合併に伴い庁舎間の車の往来や市民の利用が増え一段と危険度が増しています。
 すぐ側には、ゲートボール場があり毎日たくさんの老人が出入りしているため交通事故の発生が予想されます。
 横断歩道を設置することにより、注意を促す効果があります。
 市民の安全、生命、財産を守るのが行政の役割であり市民サービスであります。早急な対策が必要と考えます。
 市長の所見を伺います。
市長





                           平成20年6月9日(月)



質問者
発言事項
要旨
答弁者


7国吉昌実議員
情報化の推進について
(1)南城市情報化基本計画について
?委託先は、お決まりですか。また何時頃完成の予定ですか。委員会方式であれば、構成と総人数をお伺い致します。
?基本計画策定に至った最大の理由はなんですかお伺い致します。また委託先へは、策定にあたっての角度と方向性をお示しであると思いますが、その内容についての説明を求めます。
(2)市民開放ネットワーク事業について
?事業運営の委託先名と契約内容について概要で結構ですので説明を求めます。
?通信速度が、54メガbpsとなっておりますが、どの位の早さですか。ちなみに佐敷地域で利用されているADSLとは、どちらが早いですか。
?利用者(加入者)負担と供用開始時期についての説明。さらに加入者促進の方策と運営事業者の持続可能性についての見解を伺います。
?本工事箇所の17ヶ所以外の地域は、比較的ネット環境が良い場所ですが、その地域でのプロバイダー乗り換えについては想定しておりますか。その時にどんな事態が発生すると予測しているかお伺い致します。
(3)情報通信産業振興地域の指定について
?要請の結果はいつ頃確定するのでしょうか。また指定を受けると本市にどのようなメリットがあるかお伺い致します。
?沖縄セルラーが「南城市ネットワークセンター局舎」を玉城地域において建築中ですが、税金や雇用の面、更に回線使用料の面などで本市にメリットはありますかお伺い致します。
市長


8玉城正光議員
合併特例債について
 合併して今年度で2回目の予算編成になるがこれまでに合併特例債は総額いくら使われたか。南城市は合併しても厳しい財政状況は変わらない中で127億円の合併特例債は全部使う予定であるのか伺いたい。
市長


予算の不用額について
 予算の不用額については賛否両論あると思うが、財政収入が少ない状況の中で節約型行政運営を行い支出を切り詰め不用額を増やすことは評価すべきと考える。平成20年度予算がスタートしたばかりであるが、必要なものは出す中で無駄をなくし支出を抑え不用額を増やしていく考えはないか。
市長


厚生年金休暇センター・ウエルサンピア沖縄について
 厚生年金休暇センター・ウエルサンピア沖縄の購入について検討委員会を立ち上げて検討してきたと思うが、現在の検討状況はどのようになっているのか。
市長


9仲村勝秀議員
歴史資料館が必要
 市は、沖縄県内の戦前、戦中、戦後の貴重な写真や遺品をNPO法人琉米歴史研究会から引き取り保管している。
 南城市や北中城村は、何度か、その写真展を開催し、戦後の壊滅的な郷土の復興に取り組んだ県民の姿を観てもらい、地元住民をはじめ、多くの県民に感激を与えた。
 このような貴重な資料がどのぐらいあるのか。又、市内には、多くの城跡や戦争中に利用された壕やガマがあります。
 戦後は、米軍政府や琉球民政府が置かれた経緯があり、それと合わせて歴史資料館等の設置も含めて、その活用方法を早めに検討すべきだと思いますが市長の所見を伺いたいと思います。
市長


10具志堅哲美議員
観光振興について
 南城市も毎年観光客は増えております。
 主な観光地として、玉泉洞・斎場御嶽・サンサンビーチがありますが、特に県外からの観光客が多く訪れるようになりました。また体験滞在交流型観光の推進により、平成20年度は民宿事業も活性化し、約4,000名も県外から予定しているようでありますが。
 これ以外の観光客については、まだまだ素通り型が多く感じられます。
 今後観光客を呼べるスポットとして、我が南城市でも「那覇大綱」を展示してみてはどうかと思いますが。
 市長の考えをお伺い致します。
市長


馬天港の活用について
 以前の馬天港は大変活気がありました。
 その背景には南北大東島を結ぶ定期船で賑わいを見せた時期もありましたが、近年はまったく寂しい限りであり、あの昔の賑わいを期待してなりません。
 今後馬天港の整備計画がなされておりますが。
 整備後の利活用計画はどう考えなのかお伺い致します。
市長


11比嘉徳吉議員
姉妹、友好町市締結について
 姉妹、友好都市、交流事業については合併協定で新市に引継ぎ実施するようになっているが、南米移民国からの子弟受け入れ事業やマラソン等一部を除いては公的にはまだ実施されてない状況にある。
 合併も3年目に入りそろそろその事業を展開し、双方の良い面を取り入れお互いの発展、活性化に活かすべき時期に来てないか。
 南城市においては、合併前に3町村が本土の3町と姉妹、交流町村としていろいろな形の事業を展開しそれなりの成果をあげてきた経緯があるが、交流を通して南城市をピーアールする拠点交流市町として位置づけ、全国にPRすべきだがどう思うか。
 南城市としてはやはり体験滞在型の観光の誘致、統合医療、冬場の長期滞在型の健康、薬草、癒しを全面に打ち出した受け入れ事業等、地域産業、文化、芸能等地域資源を活かした交流を進めるべきである。
 合併前の玉城町、高千穂町、大里町からの姉妹、交流についての打診等はあるのか。或いは南城市からはどうなっているか伺います。
市長


平良入口の県道、市道の交差点付近の浸水対策について
 県道77号線と市道仲程〜南風原線の平良入口交差点ファミリーマート近くから、字平良近くまでの県道、市道は大雨の度に浸水し車輌は勿論、児童生徒を始め地域住民の通行に多大な支障と危険な状況にある。
 昨年は6月から8月11日にかけての大雨及び12月21日にも例に漏れず浸水し住民生活に多大な支障が生じている。
 この件については通報で当局も把握して、災害報告書及び災害図面にも載っているとおりである。
 下流部の饒波川上流については市の努力で立派に改修されスムーズな流れが確保されているが、この交差点付近については市道と県道の排水路側溝が一部詰まり、横断溝の断面の狭隘等有機的に機能してないと思われるので、県とも十分調整の上一体的に改修を図って貰いたい。
 この件は前にも質問しているが、市道仲程〜南風原線改修とも関連があるが、この路線整備計画はどうなっているか。関連性を見極め早めの改修を実施し住民不安の解消に努めて貰いたい。
市長


12照喜名智議員
離島漁業再生支援事業について
 漁場の生産力の向上、地域資源の保全と最大限の活用、集落活動の活性化を目的に平成17年度に始まり今年度で4年目になる。事業実施期間が5年間であることからこれまでの成果を踏まえながら今後に活かす意味で経過、課題について伺う。
市長


国道331号における整備要請につて
(1)市内国道331号沿いで整備計画がありながら用地交渉がうまくいかず、未整備となっている箇所がある。交通安全上、好ましくない。地権者の方から、早期解決を望む声もありました。誠意ある対応が望まれるが、市の今後の対応と見通しについて伺う。
(2)字久原〜字知名間の街灯設置要請がこれまで幾度となく出されているが、その経過と今後の見込みは。
(3)レンタカーでのドライブ観光が多くなっている。サンサンビーチ入口バス停〜がんじゅう駅前間は風光明媚であるがカーブ、坂道でありわき見運転、スロー運転による事故の危険性がある。路上駐車で写真撮影する観光客も見受けられる。危険性の除去と風景を楽しむ為のスペースとして、ビューポイント路側駐車帯と歩道の整備について要請してはどうか、所見を伺います。
市長





                          平成20年6月10日(火)



質問者
発言事項
要旨
答弁者


13仲村和則議員
悪臭対策について
◯佐敷字屋比久、冨祖崎地域の豚舎、伊原地区の食品加工場の悪臭調査を実施しておりますが、その調査結果はどのようになっておりますか。
◯今後どのような、指導、対策を行っていきますか。
市長


浸水対策について(伊原地区)
◯一部対策を実施されておりますが、まだまだ不十分である。今後抜本的な対策が必要ですが、どのようにお考えですか。
市長


14中村康範議員
温暖化防止と生活環境整備について
(1)ごみの再資源化(リサイクル)どのようにすすめているのか。
(2)小型風力発電、太陽光発電などの導入について。
(3)未整備の集落内生活用道路整備について。
 以上伺います。
市長


15嘉数松一議員
地震対策について
 昨今のアジアは、大きな自然災害が連続して起こっています。
 2004年のインド洋大津波や最近起きたミャンマーのサイクロン、中国四川省大地震などこれは全てアジアで起き、何十万人もの命と何百万人の生活を奪っています。
 以上のことを踏まえて、我が市でも自然災害からの被害を未然に防ぐ体制が整えられているのかお伺いいたします。
(1)地震発生時市民への避難場所情報の徹底は。
(2)学校関係者をはじめ福祉施設利用者、市民全ての避難訓練は。
(3)市の公共施設(学校)等の耐震強度調査は。
(4)市内全域崩壊寸前の岩の調査は。
(5)緊急用具、緊急生活用品の各家庭常備について
市長


農漁業振興による農魚畜産のブランド化について
 本市の基幹産業の一つである農漁業は、どの分野においても大変厳しい状況であります。農漁業従事者の足元を見れば就業人口の減少、担い手の高齢化などの問題、食料自給率の低下など確かな打開策が見出せない状況が続いています。
 昨今の厳しい環境のもと創意工夫をし、農漁業従事者が所得向上のために行政側からの指導等や考えはないかお伺いいたします。
(1)農産(野菜、果樹、花の出荷)漁業、畜産の販売状況は。
(2)南城市産ブランド化の取り組みについて。
(3)各業種とのタイアップ及び契約事業について(契約栽培)
市長


貯水池の進捗状況について(山里地区)
 同事業は元気な地域づくり交付金事業で、平成17年度から平成21年度迄の期間と総事業費6億89,838千円で旧知念村から継続しています。
 そこで、5点程お伺いいたします。
(1)貯水池1号基の当初計画(総事業費1億3,900万円)に対し、変更後の総事業費と容量(立方メートル)又、変更した理由は。
(2)同1号基の貯水量を確保のため同2号基からパイプラインで連結とのことですが、連結の位置は(貯水池)。
(3)現在湧水を使用している同2号基周辺の生産者に対し連結の説明は。
(4)同3号基設置の変更は。又、変更後受益者に対しての事業説明はいつごろまでに行うか。(山里公民館)
(5)貯水池3号基今後の設置予定は。
 


16大城憲幸議員
南城市特定健康診査に関する取り組み状況について
 本年度からスタートした特定健診、まだ始まって2ヵ月だが、地域や個人による取り組みが話題になっている。しかし、その主旨や仕組みについて、市民の理解はまだまだこれからであると感じる。
 市民への理解の広がりと、課題を整理するため以下の点について伺う。
(1)特定健診の対象者数とこれまでの健診率について
(2)市の計画と目標値、取り組み状況について
(3)各自治体における取り組み状況について
(4)目標達成に向けた今後の課題についてどう考えているか。
市長


17大城悟議員
農業用水施設整備計画について
(1)市全体の整備計画はどうなっているか。
(2)整備完了地区と現在実施地区整備予定地区の説明を伺います。
(3)目取真地区農業用水施設の進捗状況を伺います。
市長


国営土地改良事業「島尻地区」(再生水を利用したかんがい事業)について
(1)事業概要と実施計画について
(2)維持管理費(農家負担)等
(3)圃場整備されてない地区の事業の導入について
(4)南城市で事業導入予定地区について説明をお願いします。
市長


大里南小学校移転計画について
(1)進捗状況と実施計画について伺います。
市長


稲嶺十字路の交差点改良について
(1)進捗状況と今後の実施計画について伺います。
市長


18仲里隆議員
保健事業関係について
(1)人間ドックについて
 今年4月からの新しい後期高齢者医療制度の導入で、年齢による保健事業に差が出ている状況にありますので次のことについてお伺いします。
?前年度まで、職場等で健診を受ける機会のない18歳以上の助成対象市民は何人でしたか。
?前年度まで、75歳以上の助成対象者は何人でしたか。
??、?の助成対象者がドック健診を受けた人は何人か。その実績効果はいかがなものであったのか説明して下さい。
??、?の助成対象者が4月から助成対象の対象外になった主な理由は何か具体的に説明して下さい。
?助成対象外市民の健診対策として、今後、どう取り組まれていくのかお伺いします。
(2)国民健康保険特別会計について
 2年連続して赤字を計上した国民健康保健事業の赤字の主な要因と赤字解消のための対策をいかに考えているのかお伺いします。
市長


行政サービスについて
(1)市民を守る防犯カメラの設置について
 毎日のように殺傷事件が起きている状況において、市民が事件や事故に巻き込まれないための対策が必要不可欠になっている。市民が安心して生活ができる南城市であるためにも市内の要所(通学路、商店街、公園等)における防犯カメラの設置が必要かと考えます。当局はどう考えますかお伺いします。
(2)屋根付きバス停の設置について
 先の議会において提案要望しました知念字久手堅地内の斎場御嶽前と字久原地内の屋根付きバス停設置の進捗状況はどうなっているのかお伺いします。
(3)葬祭簡素化の推進状況について
 去る3月に市冠婚葬祭簡素化推進委員会が設立され4月から実施されていることは意義あることで、生活改善につながるものと思います。今後さらなる推進に向け取り組んでもらいたい。当局はどう取り組んでいくのかお伺いします。
市長