議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 南城市

平成19年 10月 臨時会(第7回) 10月12日−01号




平成19年 10月 臨時会(第7回) − 10月12日−01号









平成19年 10月 臨時会(第7回)



★告示

          平成19年第7回南城市議会臨時会

               会期日程

          自 平成19年10月12日(金)+1日間

          至 平成19年10月12日(金)+





曜日
種別
日程


10


 
 




 
 




 
 




 
 




 
招集告示




 
 




 
 




 
 




 
 


10

 
 


11

 
 


12

本会議?
質疑(委員長に対して)・討論・表決


13

 
 


14

 
 


15

 
 


16

 
 


17

 
 


18

 
 


19

 
 


20

 
 



 ◯本会議 1日

 ◯議会運営委員会 10月3日(水)

          平成19年第7回南城市議会(臨時会)会議録

1.招集年月日  平成19年10月12日(金)

2.招集の場所  南城市議会議事堂

3.開会・開議  10月12日 10時00分 宣告

4.散会・閉会  10月12日 10時12分 宣告

5.応招議員

 1番 仲里 隆議員       12番 島袋賢栄議員

 2番 大城憲幸議員       13番 大城 悟議員

 3番 佐久川政信議員      14番 具志堅哲美議員

 4番 比嘉徳吉議員       15番 嘉数松一議員

 5番 屋?宣勇議員       16番 照喜名 智議員

 6番 国吉昌実議員       17番 仲村和則議員

 7番 長嶺勝盛議員       18番 照屋盛敬議員

 8番 座波 一議員       19番 玉城正光議員

 9番 仲村勝秀議員       20番 中村康範議員

10番 嶺井達也議員       21番 大城幸雄議員

11番 小波津幸雄議員      22番 川平善範議員

6.不応招議員  なし

7.出席議員   応招議員と同じ

8.欠席議員   不応招議員と同じ

9.本会議に職務のため出席した事務局職員の職、氏名

  事務局長 玉城秀雄   次長   普天間官一  主幹   山城一己

10.地方自治法第121条の規定により、会議事件説明のため出席した者

  市長       古謝景春       教育長      高嶺朝勇

  副市長      與那嶺紘也      教育部長     呉屋善永

  総務企画部長   仲宗根正昭      上下水道部長   當山全章

  総務企画部参事  知念良光       産業建設部長   仲村正浩

  市民福祉部長   八幡正光

  市民福祉部参事  宮城清吉

11.議事日程

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   平成19年第7回南城市議会 議事日程[第1号]

                  平成19年10月12日(火)午前10時開議

日程第1      会議録署名議員の指名について

日程第2      会期の決定について

日程第3      南城市地域イントラネット基盤施設整備事業請負契約について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

12.会議に付した事件

  議事日程の事件と同じ

13.会議の経過

  次のとおり



○議長(川平善範) 

 ただいまから平成19年第7回南城市議会臨時会を開会します。

 これより本日の会議を開きます。

 諸般の報告を行います。玉城正光議員より本日は欠席する旨の届け出がありました。

 本日の議事日程は、先程お配りしたとおりであります。

 これで、諸般の報告を終わります。

 それでは臨時会招集にあたっての市長のあいさつを受けたいと思います。



◎市長(古謝景春) 

 おはようございます。平成19年第7回南城市議会臨時会の招集にあたり、ごあいさつを申し上げます。

 先程も議長からございました教科書検定に関する沖縄県民大会は、皆さんのおかげをもちまして、大盛会裏に終えることができました。政府も大変難しい内容の中でやっとこの沖縄問題を考えるようになったという県民の熱い気持ちが伝わってきたんではないかなと思っております。ぜひまた今後ともこういう県民ぐるみの大会においては、議員各位におかれましても率先してご協力を賜りたいと思っております。我々もまた皆さんと行動を共にして参りたいと思っております。

 それと南城市の第2回の陸上競技大会におきましてもまだ2日間の大会ということで若いメンバーが土曜日休めないと、2日は休めないというような状況があるということを聞いております。特に消防職員というのは優秀な職員がおりまして、今日休むと明日は休めないというような状況があるということで、1日でどうにかクリアできないかなという若い人たちからの要望もございました。そういうことがまた体協の中で検討され導入するかということをまたやると思いますので、ひとつ体協長、その点もひとつご理解を得てお願いを申し上げたいと思います。

 今回の議案第54号の南城市地域イントラネット基盤施設整備事業請負契約についてということで継続審議となって皆さんのご理解のもと今日臨時議会を開催する運びになっておりますが、この地域イントラネット基盤施設整備事業というのは、皆さんもご承知のように我が南城市ではまだまだそのインフラが整備されてないということで、まずは公共用施設間のイントラを確立して、そして20年度、来年度に民間部門を整備していこうというようなのが段階的な整備という形になりますが、私は当初から総務省にも行って、なぜ一体的にそれができないのかということを言ったら、メニューがそういう形にしかなってないというふうなことがございました。そういったことで今の情報化社会においては、大変大事な部門でございます。教育の観点からもぜひ我が南城市が合併において四つの町村が一緒になったということで、まず、イントラネットの基盤の整備をしていこうというようなことでございますので、ひとつご理解を願いまして議決を賜りますようお願いを申し上げ、あいさつといたします。よろしくお願いします。



○議長(川平善範) 

 これで市長の招集挨拶を終わります。

 日程第1.会議録署名議員の指名を行います。本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定によって、10番嶺井達也議員、及び11番小波津幸雄議員を指名します。

 日程第2.会期の決定を議題にします。

 お諮りします。本臨時会の会期は、本日1日間にしたいと思います。ご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。したがって、会期は本日1日間に決定しました。

 日程第3.議案第54号・南城市地域イントラネット基盤施設整備事業請負契約についてを議題とします。一般会計予算決算審査特別委員会の委員長報告を求めます。



◆一般会計予算決算審査特別委員会委員長(大城幸雄) 

 委員長報告、南城市一般会計予算決算審査特別委員会委員長、大城幸雄。

 平成19年9月14日に一般会計予算決算審査特別委員会に付託になりました議案第54号・平成19年度南城市地域イントラネット基盤施設整備事業請負契約について審査の経緯及び結果について報告します。

 9月20日、26日、10月3日に南城市一般会計予算決算審査特別委員会を開き、当局より関係部長、副参事、課長出席のもと慎重なる審査をいたしました。全員が構成員でありますので、主なものだけを報告いたします。営業所と契約の相手方についての質疑に対して、東京都港区赤坂2丁目2番19号、商号、NSK株式会社、氏名、代表取締役社長、松浦薫と契約しているとの答弁がありました。営業所の確認の質疑に対して、職員5人いると、365人体制でやっているとの答弁がありました。NSK株式会社は、旧町村と取引はあったかの職員に対して、ないですとの答弁であります。登記の問題に対しての質疑に対して、那覇市安里102号、安里トラストビル6階は営業所として登記してないとの答弁であります。仮契約もしてないのに議会に議決を求めるのはいかがなものかとの質疑に対し、事務的な誤りがありました。今後、慎重を期して提案したいとの答弁でありました。鉄塔6箇所の件、結果みてびっくりした。審査の結果はという質疑に対して、6億円の説明、途中でボツにしました。大きな鉄塔は今回なしとの答弁であります。

 次の展開はどうなるか。大里地域、もっと遅れるのではないかという質疑に対して、公民館まで光がきていますので、その後は検討中、大里を中心に調査、地域イントラと併せて年内にグリーンタウンは試験的にやりたいとの答弁でありました。今回の事業の関連会社が庁舎を借りているということはどうかという質疑に対して、各種団体の部屋は確保されていて、合理的に活用するために賃貸契約をしているとの答弁であります。選定委員の知識経験者はどのように決めたか委員長の質疑に対して、契約ネットに紹介してもらった。委員長は総務企画部長があたるとの答弁でありました。

 討論はなく採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。以上で議案第54号・平成19年度南城市地域イントラネット基盤施設整備事業請負契約についての委員長報告といたします。



○議長(川平善範) 

 これで一般会計予算決算審査特別委員会の報告を終わります。

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

          (「質疑なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

          (「討論なし」と呼ぶ者あり)

 討論なしと認め、採決に入ります。

 議案第54号・南城市地域イントラネット基盤施設整備事業請負契約についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、議案第第54号・南城市地域イントラネット基盤施設整備事業請負契約については、原案のとおり可決されました。

 次に、議決事件の字句及び数字等の整理について、お諮りします。

 本臨時会において、議案等が議決されましたが、その条項・字句・数字、その他の整理を要するものについては、その整理を議長に委任されたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、条項・字句・数字その他の整理は、議長に委任することに決定しました。

 これで本日の日程は、全部終了しました。

 会議を閉じます。

 平成19年第7回南城市議会臨時会を閉会します。

          (閉会 10時12分)

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

      議長   川平善範

      署名議員 嶺井達也

      署名議員 小波津幸雄