議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 南城市

平成28年  9月 定例会(第5回) 09月07日−03号




平成28年  9月 定例会(第5回) − 09月07日−03号









平成28年  9月 定例会(第5回)



       平成28年第5回南城市議会(定例会)会議録

1.開議     9月7日 10時00分 宣告

2.散会     9月7日 15時26分 宣告

3.出席議員

   1番 上地寿賀子議員  11番 松田兼弘議員

   2番 知念俊也議員   12番 玉城 健議員

   3番 仲間光枝議員   13番 前里輝明議員

   4番 伊禮清則議員   14番 親川孝雄議員

   5番 新里 嘉議員

   6番 安谷屋 正議員  16番 国吉昌実議員

   7番 比嘉直明議員   17番 吉田 潤議員

   8番 平田安則議員   18番 城間松安議員

   9番 國吉 明議員   19番 照喜名 智議員

  10番 中村直哉議員   20番 大城 悟議員

4.欠席議員  なし

5.本会議に職務のため出席した事務局職員の職、氏名

  事務局長      山内 博   事務局係長     浦崎輝子

  事務局主任主事   仲村勝尚

6.地方自治法第121条の規定により、会議事件説明のため出席した者

  市長        古謝景春   教育長       山城 馨

  副市長       具志堅兼栄  教育部長      新垣 聡

  総務部長      當眞隆夫   上下水道部長    屋比久勝之

  企画部長      玉城 勉   農林水産部長    屋我弘明

  市民部長      城間みゆき  土木建築部長    伊集 稔

  福祉部長      津波古充仁

7.議事日程

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     平成28年第5回南城市議会定例会 議事日程[第3号]

                平成28年9月7日(水)午前10時開議

日程第1       会議録署名議員の指名について

日程第2       一般質問(6人)

           (1)新里 嘉

           (2)玉城 健

           (3)国吉昌実

           (4)安谷屋正

           (5)城間松安

           (6)上地寿賀子

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

8.会議に付した事件

  議事日程の事件と同じ

9.会議の経過

  次のとおり



○議長(大城悟) 

 これから本日の会議を開きます。

 諸般の報告を行います。

 本日の議事日程はお手元に配付したとおりであります。

 これで諸般の報告を終わります。

 日程第1.会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第88条の規定によって3番仲間光枝議員及び4番伊禮清則議員を指名します。

 日程第2.これより一般質問を行います。

 なお、本日の質問者はお手元に配付してあります議事日程のとおりであります。

 順次発言を許します。

 最初の質問者、新里嘉議員。



◆5番(新里嘉議員) 

 皆さん、おはようございます。

 一般質問2日目ですね。本日のトップバッターを務めさせていただきます。どうかよろしくお願いします。傍聴席の皆さんもどうか一日よろしくお願いいたします。

 先ほど議長からもありましたけれども、台風13号のほう風の影響は特に大きな被害はなかったんですけども、雨のほうがやっぱり昨日から断続的に降り続いて、南城市のほうも場所によっては土砂災害警報も出ております。また道路のほうも冠水されているところも何カ所か見られますので、どうぞ通行の際には気をつけて、お仕事なり学校の下校時も重なると思いますので、その辺は気をつけていただきたいと思っております。

 今回4点ほど一般質問を通告しておりますので、早速ではありますが始めさせていただきたいと思います。

 発言事項の1番目、大里地区校区変更について

 昨年の10月より、指定通学区域の見直しについて南城市学校教育審議会を設置し審議を行っていると思いますが、現在の進捗状況をお聞かせください。

 発言事項の2番目、大里内原公園について

 昨年の9月定例会でも質問させていただきましたが、大里内原公園のさらなる活性化を要望し、以下の質問をさせていただきます。

 ?外灯及びトイレの不具合箇所の修繕等の進捗状況を伺います。

 ?市民参加で、花いっぱいの公園を皆で造ろう憩いの場と称し、公園の一部に花壇を整備できないかお伺いします。

 発言事項の3番目、地域課題について、以下の2点の進捗状況について伺います。

 ?県道77号線、福原入り口交差点の信号改良について

 ?市道南風原福原線について

 発言事項の4番目、市内体育施設について

 市内には野球場、体育館、多目的広場等、多くの施設があり、日頃より多くの市民が健康増進、レクリエーションを目的に汗を流しておりますが、その大半が合併前の旧4町村時代に整備された施設で、老朽化が著しく不具合が多く出始めております。市では今後、安全面等を考慮しながら順次改修、建て替えを行っていくのか、統廃合も視野に入れながら改修、建て替えを行うのか、市の見解をお聞かせください。よろしくお願いいたします。



◎教育部長(新垣聡) 

 おはようございます。

 新里議員の大里地区校区変更についての御質問にお答えいたします。

 今年1月に、指定通学区域の見直し区域として検討している4地区、平良区、当間区、銭又区、大里団地自治会に住民説明会及び意見交換会を行いました。通学路の安全対策、スクールバスの運行検討等その他多くの意見がございました。

 これまで3回の学校教育審議会を開催し、住民意見等を踏まえ検討を行ってまいりました。現在、第4回の学校教育審議会開催に向けて取り組んでおりますが、通学路の安全対策をはじめ、大里南小学校、大里北小学校の教育環境の現状を検証し、課題解決に向け各関係部局と調整を行っているところでございます。

 教育委員会としては、大里地区の児童生徒にとって最適で安全な教育環境の形成及び保護者に対し、合意形成が得られるよう環境整備を整えるための作業に取り組んでまいります。

 続いて、大里内原公園の御質問についてお答えいたします。

 初めに、1点目の外灯及びトイレの不具合箇所の修繕等の進捗状況についてお答えいたします。

 内原公園内の外灯の腐食や故障等により点灯できない箇所については、都市公園の所管課であります都市建設課において、今議会に改修予算を計上しているところであります。

 次に、トイレの不具合箇所の修繕等の進捗状況についてお答えいたします。

 管理事務所側のトイレについては、6月に配水管の詰まりを除去し一時的に使用可能な状況でありますが、木の根っこが配管を圧迫し流れが悪いため根本的な解決には至っておらず、除去作業を繰り返しながら管理しているのが現状であります。

 今後の対応といたしましては、配管の取り替えと併せて和式から洋式トイレへの変更等も含めて検討してまいりたいと考えております。

 また、多目的グラウンド側のトイレにつきましては、浄化槽までの配管の距離が長くて詰まりの原因箇所が、今、特定できていない状況でありまして、現在も使用禁止となっております。

 公園の施設整備に関する今後の対応としましては、軽微な修繕又は改修工事等については都市建設課と調整をしながら取り組んでいきたいというふうに考えています。

 2点目の内原公園の一部に花壇整備ができないかについてお答えいたします。

 教育委員会では現在、都市公園内の体育施設等の管理運営について現在教育委員会のほうで管理をしております。公園内の花壇の設置については、教育委員会としては現在考えておりません。

 4点目の市内体育施設の改修、建て替え、統廃合についてお答えいたします。

 体育施設と都市公園内の一部施設を含め、建築年数30年を経過し老朽化に伴い延命的な修繕で現在対応をしているところであります。

 今後は、安全性、サービスの効率性、施設の稼働率や維持管理費などを勘案しながら、策定予定であります公共施設等総合管理計画等に基づき整理してまいりたいと考えております。

 以上であります。



◎市民部長(城間みゆき) 

 皆さん、おはようございます。

 昨日は欠席で大変御迷惑をおかけいたしました。改めて健康のありがたさが身にしみた一日でありました。本日から役割を果たしていきますので、またよろしくお願いいたします。

 それでは、新里嘉議員の3点目の質問、地域課題についてお答えいたします。

 ?県道77号線、福原入り口交差点の信号改良についてですが、現在、信号機が県道のみに設置されておりますが、今年度中に市道への設置を行う旨の情報を得ております。

 以上です。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 おはようございます。

 新里議員の御質問3の市道南風原福原線の進捗状況についてお答えいたします。

 本事業は現在、終点側、沖縄空港自動車道の側道部分の取り付け部分の歩道の舗装工事の延長58メートルをただいま発注している状況であります。起点側、県道77号線側においては2名の同意取りつけに難航しており、用地交渉を随時行っているところであります。地権者の同意が得られれば、未舗装部分も含めて工事発注する予定であります。



◆5番(新里嘉議員) 

 ありがとうございます。

 再質問させていただきますが、ちょっと順番はばらばらなんですけれども、発言事項大きな3番目の地域課題についてからちょっと再質問をさせていただきたいと思います。

 ?の信号機の改良のほうなんですけれども、実は昨日も福原のほうの改良を今年度中に行う予定があるということで答弁がありましたので、今日はどういった形でこの信号機のほうが、今現在は押しボタン式なんですけれども、これがどういった形で今後は設置されるのか、市道部分に設置されると思うんですけど、現在ある県道部分の信号機は押しボタンですので、どういった形でこの交差点の信号機が設置されるのか、その辺も公安委員会のほうからもし来ているのであればよろしくお願いします。

 ?のほうで市道のほう、こちらもちょっと併せて質問させていただきたいと思うんですけれども、このほう、28年度中で事業が終了するということで私把握しているんですけれども、その中で始点部分の2カ所がちょっと同意がなされていないということでありましたけれども、ちょうど1年前に私、定例会でも質問させていただいたんですけれども、そのときよりもさらに交通量が現在も増えております。全線開通というか舗装されていなくても今現在、島袋側のほうから福原側、南風原方面に抜けるこの道もかなり朝夕、日中問わず、かなり交通量が多くなっています。

 その点から考えますと、やはり本市道は用地交渉の難航は、相手側もあって大変難しいことだと思うんですけれども、福原区の皆さんの安心安全の面からも、あともう一つ大里北小区域、ひいては市の発展のためにもこの市道は重要な市道でありますので、私としては市としては強い意志を持って、相手方があることなんですけれどもしっかり交渉をしていただいて、今年度中に全線開通を目指していただきたいと思っておりますが、その辺も含めて答弁のほうよろしくお願いいたします。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 信号機についても私のほうで答弁したいと思います。

 どうしても、この信号機は南風原福原線との十字路、ここ改良になります。その時点で今、この事業が始まってから県の公安委員会とは調整を行っている状況でありますので、両方から交通の安全がとれるような信号機になるというふうに確認をしております。

 それと、福原線の起点側ですけれども、随時何回も市長を含めて交渉を行っている状況であります。事業には賛成だということの理解を得ているんですけれども、細かい点でまだまだ本人の理解、同意を得られないということであります。



◆5番(新里嘉議員) 

 ぜひ本年度中の事業でありますので、誠意を持って相手側とも交渉して全線開通できるように、ぜひ御尽力していただきたいと思います。よろしくお願いいたします。ありがとうございます。

 続いて、発言事項大きな2番目のほういきたいと思います。

 内原公園のほうなんですけれども、再三、もう同僚議員も以前から内原公園の活性化を願って、草の繁茂の件とか整備の件、いろんな方が質問させていただいていると思うんですけれども、その中でも私も昨年も取り上げました。その中で私が気になっているのは外灯のほう、今部長からも答弁ありましたけれども、これは都市建設課のほうの管理であるけど、今回は補正で予算を上げて修繕に取り組みたいということです。

 聞くところによると、これやっぱり全部26基ありますので、それを全部替えるのはなかなかちょっと厳しいということで部分的に幾つかやるということです。

 その中で私が要望したいのは、やはりこの内原公園、現在今、健康器具のほうがグラウンドのトイレのほうに設置されているんですけれども、そちらのほうが去年も言いましたけど、暗くて日没後はなかなか足を運ぶ方がいらっしゃらないということもありますので、駐車場からのこの動線、健康器具のところまでですね、そこら辺を中心的に外灯のほう修繕をしていただきたい。やはり内原公園自体が広いですので、上の遊歩道とかそちらのほうとか半分半分ではなくて、やはり駐車場からの動線、まずはこちらのほうしっかりやっていただいて、さらに市民の皆さんが本当に足を運びやすい公園、そういった形に持っていくのが私としては理想だと思うんですけれども、その辺について部長、ひとつよろしくお願いします。



◎教育部長(新垣聡) 

 ただいまの新里議員の再質問についてお答えします。

 やはり公園内でもかなりの広範囲になりますので、どの施設が有効に活用され現在使われているのかということも考慮して、今新里議員から御提案のある健康器具周辺、その周辺にはテニスコートもあって、また野球場も多目的広場ですか、それもありますのでそこら辺を中心に今回の整備ができないかどうかを担当課とも調整をしてやっていきたいと思います。



◆5番(新里嘉議員) 

 ありがとうございます。ぜひ、本当に人が集まる魅力を感じる公園を整備し、維持していくことが市としての使命だと思っておりますので、ぜひよろしくお願いいたします。

 内原公園の件、もう一点ですけど、トイレのほう、こちらのほうも先ほどありましたけど、やはり運動場側のほうはなかなか目に見えない配管のほうの詰まりがあって、なかなかちょっと整備できないというのが現状であるということは理解しております。

 本館といいますかトイレ側のほう、こちらのほう答弁の中でも、現在、男性側が和式が2つですけども、1カ所は壊れております。ですから実際は今和式1基、女性側のほうが3つあるうちの2つが洋式で1つが和式なんですけれども、そちらのほうもぜひ、今、答弁でもありましたけど順次不具合箇所をしっかり修繕していただきたいなというふうに思っています。

 それともう一つ、こちらのほうもちょっと去年提案させていただいたんですけれども、和式の部分、座ったり立ったりするのが困難な高齢者の方々とか、そういった方々も内原公園、ウォーキング等で利用しますので、ぜひ手すり等そういったものがあればもっともっと利用しやすくなると思いますので、そちらのほうもまた再検討していただきたいなというふうに思っています。これは要望にとめておきますのでよろしくお願いします。

 花壇のほうはなかなか考えてないということでした。去年も市民農園はどうかということでしたけど、市民農園はやはりこれは利用目的外ということですので、公園の位置づけにそぐわないということでした。

 私が再三なぜ市民農園とか花壇とか言うかというと、やはり内原公園、以前からもありました、雑草の繁茂、要は多目的広場とか健康器具、そういった場所以外の広範囲なところにどうしても草が生い茂ってしまいます。そこを草刈る作業も軽減されるのではないかということも一つ含めて、去年も引き続きちょっと提案させていただいたんですけれども、その中でも私今回の一般質問の大きな見出しにもしましたけれども、やはり市民参加で花いっぱいの公園を皆で造ろう憩いの場という感じで、市民を巻き込んで、ぜひ維持管理を含めてもしっかり市民も行政も一緒になって、この公園は市のみんなが活用できる本当にいい公園なんだよと、市民一人一人が思える公園を目指して、内原公園以外の公園も南城市たくさんあります。そちらのモデルとなれば幸いかなと思って質問させていただいたんですけれども、その辺に関して市民農園は無理だという話でしたけど、花壇に関しては例えば部長の認識で、そういった形で例えば市民の小学校とか保育園がここの一角を花壇にして管理する。ジャガイモとかサツマイモとか特にそういった学習で使う場合もありますので、その一角として用地を利活用するというのは、これは可能なことなのでしょうか。その辺、よろしくお願いいたします。



◎教育部長(新垣聡) 

 新里議員の再質問にお答えします。

 先ほども申し上げましたように、都市公園内の教育委員会が管理を行っているのは体育施設です。これは内原公園に限らず冨祖崎公園ですか、そちらも体育施設については一括で社会体育施設と体育施設を貸し借りの関係で、どの施設があいているよというたらい回しになりますと市民もあれですので、一括で管理をしたほうがいいだろうということで、教育委員会で管理をしております。

 今、ちょっとした花園が管理棟のところにもありますけれども、そこもなかなか草が繁茂して御迷惑をおかけしているような状況ですけれども、それ以外の場所に公園を設置するとかっていうことになりますと、また関係課との前回の市民農場のときに目的外使用になりますよと。あれは都市公園としての目的外ということになったかと思うんですけれども、教育委員会としてはどこに造るか、例えば体育施設の周辺であれば、もしかしたら教育委員会の管理の中の一角として。ただ、お話しされるようなそういう子ども達がジャガイモを作ったりとか、結構広い面積になるのかなと。それと作った場合でも、今現在も市で管理をしていますけれども、なかなか予算の関係上もあって除草作業がうまくいっていない状況であります。

 そういうふうに花園を造ったときに、逆にそこが草が繁茂してしまうと見苦しい環境と。ですから、よく地域の団体等がこの場所は私たちが管理をしていますよと立て看板も立てて、そういうような形で管理されているようなものがあるんですけれども、そういうところの市民団体がいらっしゃるのかどうか。結構離れている地域ですので、やはり幼稚園とか学校からそこまで足を運んでということになりますと、移動の距離、あるいはその時間とか、そういうので果たして学校とか幼稚園がそこを使えるのかどうかっていうのはまた疑問も残るところですので、一応教育委員会として場所がどこになるかによっても変わってきますので、今のところ教育委員会としてはそれを考えていないということでお答えしたところであります。



◆5番(新里嘉議員) 

 部長、ありがとうございます。

 教育委員会としては、教育施設に関しての管理を行っているということで、やはり都市建設課等の部分とのまた兼ね合いもあって、その辺もまた整合性を合わせないといけないとか、そういった面もあると思うんですけれども、私は丸っきり行政で管理も維持管理もしてくださいじゃなくて、冒頭でも言いましたけれども、しっかり市民が参加して、もしそういった状況が整えるのであれば花壇とかそういった生涯学習の場としても内原公園は利用として可能な場所なのかという質問だったんですけれども、その辺も含めて、また私のほうもいろいろちょっと調べながら、また御提案させていただきたいと思います。

 ぜひ、この繁茂の少しでも軽減になって、皆さんがまた足を運んでいただく魅力ある公園を内原公園に限らず他の地区の公園にも、南城市の公園にも実現していきたいと思っておりますので、ぜひその辺はよろしくしていただきたいなというふうに思っております。

 続いて、?番目の大里地区校区変更について再質問させていただきたいと思います。

 大里南小学校の現状なんですけれども、現在、生徒数が858名です。28年4月より、普通教室が足りなくて3階にある算数教室が普通教室に1カ所なっています。1階の会議室が、こちらのほうも特別支援教室に今年度から代わっております。現場の声を聞きますと、もう来年、再来年にはやはりこの状況が続くとプレハブもやむを得ないのではという声も実際聞かれております。

 それをこの地区、この校区は現在子供たちの人口がやはり増え続けております。その辺も含めて、これは前任の部長が答弁した同僚議員の質問に対して答えた答弁なんですけれども、この校区変更についてはぜひやっていかなければいけない、理解を求められるまで親切丁寧に実情等も踏まえて対応していきたい。このやはり実情等というのが、先ほど答弁であったように、通学路の安全管理とか、そういったまた北小学校との兼ね合いとかその辺だと思うんですけれども、その中で、去年の11月に南城市の学校教育審議会を設置して今まで3回ありますけど、3回目が今年の3月で終わっていると。ということは半年間、実際この審議会が開催されていないということで、特に4地区の地元の方々というのは大変、今現在とても本当に心配しております。一体どうなっているのかという声が本当にあちらこちらから聞こえてくるのが現状であります。

 先ほど答弁からありましたけど、いろいろな中で庁内では調整とか行っていると思うんですけれども、やはり目に見える形で今現在こういった形でしっかり調整はしているんだよということは、発信していかなければ市民の皆さんの不安というのはますます増大していくわけではないかなというふうに思っておりますので、その辺も含めて、私は本当に前任の部長の答弁に対して、今まで現在、教育委員会が行ってきたことをこの答弁に対して、今実際に行っていることが逆行しているんじゃないかなというふうに思っておりますので、再度、教育委員会として強い意志でこの方向性に持っていきたいという意志があれば、ぜひお聞かせください。よろしくお願いします。



◎教育部長(新垣聡) 

 再質問にお答えします。

 教育委員会としての方針は全く変わっておりません。今後も誠意ある対応で進めていきたいと思います。

 冒頭にも御説明したように、大変難しい問題をたくさん抱えておりまして、今、市では道路網整備計画の見直し作業を行っております。それに合わせて、やはり一番大きな問題として、今まで説明会やあるいは審議会の中で出てきた意見というのが道路の幅員が大変狭いと。御承知のとおり、あの集落あたりは、通常でも今、与那原辺りに抜けていく一般の車があります。それに新たに4地区の方々が送迎のためにそこを通っていくというようなことで、大変そこら辺をとっても危惧されています。

 またこちらのほうでは、これまで再三、将来は道路拡張とか歩道をつけて安全対策をこうしますと言っているんですけれども、実際の当事者の方々は後づけというのはどうも信用できないとか、そういうこともあって大変心配される面があります。ですからここで間違った情報とか、あるいは予想、想定、こうしますよとかというあれをやりますと、またせっかく何か今でさえ相当慎重にやっていかないといけない部分がたくさんある中で、今まだ市民に対して具体的な情報を流すというのはまだ早いと。道路網計画とかそういう計画にしっかり乗っかって、こうやっていきますよとか、そういうのも条件整備がされれば、一部こういうところから情報発信できる部分も出てくるのかなということで、教育委員会としては確かに6カ月間の月日はたっておりますけれども、慎重にそこら辺は対応していきたいと。

 先ほども言いましたように、やはり将来の南城市の校区の編成、それから子供たちが安全・安心して通える環境づくりのためには、どうしてもこの校区の編成はやっていかなければいけないというふうに考えております。



◆5番(新里嘉議員) 

 部長、ありがとうございました。

 ぜひ、本当に地元の皆さんで親切丁寧に、先ほど部長からもありましたけれども、なかなかいろんな調整があって、はっきりしたことが決まらないうちに曖昧なことを言ってしまうと余計な不安を与えてしまうということでしたけれども、その中でも、やはり全く何もないというのはそれもまた不安をあおるということもありますので、現に今、皆さん本当に不安がっておりますので、その辺では例えば地元の区長さんをちょっと招集して、こういった形しっかり動いているから皆さん御理解、御協力お願いします。内容面も第4回も今後行われるということでしたけれども、それまでには多分もう少し期間があると思いますので、ぜひ区長さんにはそういったことはしっかりあるんだよということを、ぜひお伝え願いたいなというふうに思っています。これ要望ですので、ぜひよろしくお願いいたします。

 あとしっかりですね、これは教育委員会だけではできない編成でございますので、しっかりこれは庁内で連携をとっていただいて、道路拡張の面でいうとやはり都市建設課とかしっかり関係してきますので、その辺はまた連携をとっていただいて、地域の皆さんの要望に応えられるように、ぜひよろしくお願いします。

 最後になりましたけれども?番目のほう、これもちょっと教育部長のほうに質問なんですけど、よろしくお願いします。

 社会体育施設の整理統合、私個人的には必要だと思っております。答弁のほうでもしっかり今度、この辺についてもちょっと申しわけないんですけれども、やっぱり施設の多くが維持管理も申しわけないですけどちょっと中途半端な状態で、今まで合併してから10年間なんですけど、数多くの議員も昨日も親川議員のほうからも知念体育館の件で上がりました、以前も佐敷新開球場のネットの件、いろいろ上がりましたけれども、なかなか前に進んでいないのが現状であります。その中でやはりどうしても施設の数が多いということが大きな課題となっているんですね。

 長年、この場所を利用されている市民の皆さんにとっては、とても断腸の思いのところもあると思うんですけれども、廃合されるこの施設もその地域の皆さんにとっては、また学校体育施設というものがあります。社会体育施設の他に学校体育施設、これ言うなれば小学校、中学校の体育館、運動場ですね。それは各地域しっかり整備されておりますので、そこをやはり市民の皆様にもうまく活用していただくような環境をしっかり作れば、今でも使われているんですけれども、なかなかちょっと施設的にうまくスムーズにいかないということもあって活用されていない部分があるんですけれども、その辺をうまく活用していけば、僕は社会体育施設の整理統合もスピーディーにしっかりできるんじゃないかなというふうに思っています。

 そうなるとある意味、集約的にその部分の整理統合、廃合した、また一部をしっかりとした立派な施設、本当に市民が誇れる施設という形で、今後は市がまた維持管理していければ、もっともっと市民の皆さんのためにもなるんじゃないかなというふうに思っていますので、現状はなかなか先ほども言いましたけど、ちょっとまだ中途半端で手前味噌な感じで修繕するから、またすぐ雨漏りしたり、ネットがすぐ剥がれたりとかする状況でありますので、その辺をしっかり対応していただいて、早期の実現をしていただきたいなというふうに思っています。

 それではもう一つ要望なんですけれども、これは跡地の中には売却する施設の場所も出てくると思います。その売却した予算をぜひ他の、今度は統合する社会体育施設の整備、要は整備費にぜひこれは充てていただいて、しっかりりっぱな施設を南城市のほうにも造っていただきたいなというふうに思っておりますが、それについて部長、答弁のほうよろしくお願いします。



◎教育部長(新垣聡) 

 ただいまの社会体育施設の統廃合等の再質問についてお答えします。

 先ほども申し上げましたように、今現在、市では社会体育施設のみならず、公共施設等の総合管理計画というのを策定作業に取りかかっています。その中で、今言う社会体育施設等も含まれてございます。

 それから昨日の質問でもありましたように、社会福祉協議会の施設を統合しますよと。その場合であっても、やはり住民サービスを低下させてはいけないというのが原則だと思います。

 御提案がありましたように、仮に統合された場合であっても当然、質を落とすようなことがあってはならない。そうであるならばしないほうがいいという話になりますので、今、教育委員会としても合併で多くの施設を抱えている関係で、管理の職員があちこちにばらばらに散って維持管理もままならないと。先ほどの公園のケースもそうなんですけれども、なかなか管理のほうに行き届かないというのがあって御迷惑をおかけしております。

 また、多くを抱えていることで莫大な予算というんですか、その修繕、施設等も老朽化してまいりましたので、かなりの経費を要することになっています。

 ただやっぱり地域にあっては、身近な地域にそういう施設があるということがありますので、先ほど御提案がありました学校施設に、学校には小学校、中学校、この地域に2つずつの体育館が設置されておりますので、学校開放事業等も含めてやはり統廃合の際には、そこら辺を地域の方々に有効に活用していただけるような方策をとらないといけないと思います。

 その場合にあっては、やはり学校施設でありますので、一般の方が使ってここら辺にたばことか、あるいは酒瓶が転がっているというようなことがあってはならないので、学校サイドとも教育委員会としてはしっかり連携をとりながら、その方向で検討してまいりたいと思います。



○議長(大城悟) 

 残り1分です。



◆5番(新里嘉議員) 

 ありがとうございます。

 先ほどからありましたけれども、ぜひ公共施設等総合管理計画にしっかり基づいて、市内にある社会体育施設、その辺の整理統合をしっかりしていただきたいなというふうに思っています。

 学校のほうも、うまく活用しながらということでしたけれども、その中で現在、大里地区のほうでは大里中学校、大里南小学校の体育館、ほとんど平日は夜、社会人というか一般の方々が使っておりますが、その辺はやはりしっかり学校のほうも、先ほども言いましたけど、たばこの捨て殻とか飲み物の空き缶の捨て、そういったのもしっかりマナーを守っていただくということは重々皆さんにも理解しておりますので、その辺もしっかり私はうまくできると思っておりますので、ぜひ前向きに早目に対応していただきたいなというふうに思っております。

 これで私の一般質問を終わらせていただきます。



○議長(大城悟) 

 次の質問者、玉城健議員。



◆12番(玉城健議員) 

 ハイサイ、グスーヨー、チュウウガナビラ。昨日はいきなり宮古島の近海で台風が発生しまして、天気が崩れて大変心配されましたが、農作物に大した被害もないようで、それからサトウキビにとっては本当に恵みの雨になったかなと思います。そして海では、今心配されておりますサンゴの白化現象、これもまた、この台風で海水がかき混ぜられて少しでも冷えてこの白化現象がとまれば幸いだなと思っております。

 それから、今日から二十四節の白露でございまして、季節的には夜冷えて草花に朝露がつく季節となると。この沖縄でも大変夏の暑さも和らいで、過ごしやすい季節になるということでの白露であります、今日から。そして、明日は旧暦の8月8日、トーカチの日でございます。巳年生まれのトーカチ88歳、健康を祝う日となっております。この季節は中秋の名月といわれる季節に入り、月がとってもきれいな時期に入ります。これから先、また観月会等いろいろあると思いますが、本当沖縄にとって大変過ごしやすい季節になると思います。

 前置きはこれくらいにして、一般質問に入っていきたいと思います。

 私は3点通告してありますが、1点目の保育所民営化における財産の処分についてでございます。昨日の一般質問の中でも同僚の松田議員がちょっと触れまして、重複するところもあると思いますがよろしくお願いいたします。

 あと2点につきましては、また後ほど自席で行いたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 まず1点目、保育所民営化における財産処分についてでございます。

 市立保育所民営化にあたり、公有財産の処分のあり方について、市民より議決なき公有財産の処分は地方自治法違反であるとして、市と市議会に公開質問状が送られ発覚したことでございます。私自身、行政をチェックする議員として気づかなかったことについて、市民に対して大変申しわけない気持ちでございます。そこで、どうしてこのようなことが起こったのかしっかり検証し、反省する意味から伺います。

 まず1点目に、平成21年度知念保育所民営化から始まり、議案として提案しなかった原因と28年度まで気づかなかった理由をお願いいたします。

 2点目に、取り壊す施設を無償譲渡する代わりに取り壊す経費を法人が持つ約束のようでございますが、取り壊された各保育所別に取り壊しの費用と無償譲渡された財産の試算額、土地の無償貸付期間の貸付金額の試算額をお示しください。

 3点目に、各保育所別の無償貸付後の土地の借地料金の金額と算出の根拠をお願いいたします。

 4点目に、知念東部保育所、佐敷第2保育所跡地の財産の利用状況及び契約内容をお願いいたします。

 5点目に、今回の件で市民に大変御迷惑をかけておりますが、市民に対しての説明と謝罪をどのような形で行うかをお願いいたします。よろしくお願いします。



◎福祉部長(津波古充仁) 

 まず玉城議員の1点目、保育所民営化における財産処分についてお答えします。

 まずこれまで議案として提案しなかった原因と28年度まで気づかなかった理由についてお答えします。

 財産の無償譲渡、無償貸付に関しましては、議会の議決か市の条例に定められた場合のみ可能とされていますが、条例等の誤認により平成21年度の知念保育所から議会に提案をしておりません。その後も前例を踏襲した事務手続をしたことにより、現在に至っております。

 次に取り壊しの費用と無償譲渡された財産の試算額、土地の無償貸付期間の貸付金額の試算額についてお答えします。

 各保育所別の取り壊し費用につきましては、知念保育所391万9,000円、佐敷第1保育所が231万円、佐敷第2保育所が477万7,000円、船越保育所が347万9,000円、玉城保育所が310万5,000円となっております。

 無償譲渡された財産につきましては、民営化後数年以内で新しい施設を整備し解体することを条件としていることから、不動産鑑定評価をしていないために試算額については把握しておりません。

 土地の無償貸付の期間の貸付金額につきましては、知念保育所が5年間で約797万3,000円、東部保育所が1年間で約68万6,000円、佐敷保育所が5年間で約981万7,000円、船越保育所が5年間で約562万1,000円、玉城保育所が2年間で約229万1,000円、わかば保育所が2年間で約162万6,000円の試算額となります。

 次に土地の借地料金の金額と算出根拠につきましては、南城市使用料条例に基づき固定資産税評価額と面積に応じて年間の使用料を算出しております。知念あさひ保育園で158万8,000円、さしき保育園で196万3,000円、船越保育園で112万4,000円と試算しております。

 次に知念東部保育所、佐敷第2保育所跡の財産の利用状況及び契約内容についてですが、知念東部保育所につきましては現在、産業振興課へ所管替えし、野菜安定供給推進事業による植物工場として施設を活用しております。佐敷第2保育所につきましては、建物は平成23年度に解体撤去し、土地の地権者へ返却しております。

 次に市民に対しての説明と謝罪についてですが、今議会終了後、市広報並びにホームページにて説明と謝罪を考えております。



◆12番(玉城健議員) 

 ありがとうございました。

 今回の件、本当に私自身大変ショックを受けて、何で気づかなかったんだろうと。一市民からこういう形で指摘されるということは私も本当に恥ずかしいということで、大変反省しております。私自身も何度か話を聞いたんですが、返ってきた答えが、今まで、廃止条例だけでやってきたよと。それでできていたから、土地のものについては別だよと。そうなのかということで、これ以上調べてどうにかしようということには至らなかったという点で、大変反省をしております。

 やはりまだ、昨日の答弁の中で副市長が、行政内で検証して、これまでどおりのものがちゃんとあたっているかという、ちゃんと調べてみると、確認をするということを研修をしながら確認したということでありますが、それがなぜできなかったんだろうということが大変不思議で、いまだかつて職員、また部長、係長も代わったときにどうして気づかなかったんだろうかなということを大変疑問に持ちながら、市民に対して大変申しわけなかったなということで、これからそういうことがないように、私自身も頑張っていきたいと考えております。

 まずですね、2点目の取り壊す施設を無償譲渡する代わりに、法人が経営しやすいように土地も5年間無償で貸したということで、今回、答弁の中に各保育所の取り壊しの費用が提示されておりますが、これを見た場合においては、大体5年間の土地使用料、加えても大体、民営化して取り壊し費用は取り戻しているなと、おつりが来ているような感じがしております。

 それはそれで、民営化に関しての問題はないと思いますが、法人保育所6保育所、今7つあるのをまたやりますが、やるという考え方でありますが、独自で立ち上げた法人と民営化して財産を無償で譲渡してもらって、それからまた土地も、民間から比べればかなり安い金額で借りているんじゃないかなという形ではありますが、そこら辺の整合性がこれからどういう形で現れてくるのかなという点で、二十幾つかの法人保育所もありますが、これ市から公立の民営化したのと格差が出てくるんじゃないかなということがちょっと自分心配なんですね。

 そこら辺について、どういう考え方を持っているのかお願いいたします。



◎福祉部長(津波古充仁) 

 ただいまの玉城議員の質問にお答えします。

 従来、独自に積極的に法人を設立して保育行政を担ってきた法人と、民営化してそれに応じて経営に臨む法人との格差があるんじゃないかということなんですが、確かに金額的な部分については、多少差は出てくるのかなというふうなことは十分理解しております。

 ただ、やはりこれまで行政が携わってきた公立の保育所を引き受けてもらえる法人なのですから、当然ですね、やはり経済的なメリットも多少はないといけないのかなというふうに理解しております。



◆12番(玉城健議員) 

 やはり多少はあるということですね。やはり民営化された場合においては、もう5年間過ぎて無償譲渡も終われば、他の法人も全部同じでありますので、そういう形では格差が出ないようにしっかりやってもらいたいということを考えています。

 子供たちは、親は保育所をどこと選べないわけですよね。もう、入れるところにしか入れないという形でありますので、各法人の差が出ないようによろしくお願いいたします。

 これから、またこの土地の借地料ですね、これにつきましては南城市使用料条例に基づいて決めたということでございますが、私たちの自治会でも字有地を貸しておりますが、坪あたり大体450円ということでありますが、そういうのを比べれば安いのかなということを思っておりますが、同じく大里南小学校跡地をイオンに貸しておりますが、あれと比べては、同じ状況の中で算出したものですかね。よろしくお願いします。



◎副市長(具志堅兼栄) 

 玉城議員の再質問にお答えします。

 大里南小学校跡の企業に貸した土地の借地料につきましては、公募いたしたときに金額の提示をしております。その中で決定をしています。

 今回、保育所等につきましては、市の条例に基づきまして算出していますので、その差額等については出ております。



◆12番(玉城健議員) 

 差があるということでございますが、やはり市民からすれば、市民の財産であるものを、向こうは学校施設跡、ここは保育園跡ということで余りにも差が出れば、やはりこれは不公平感を感じるということはあると思います。

 商売と保育施設という、ある程度公益なものの部分については全く同じではないとは思いますが、そこら辺は市民に納得できるような説明がほしいんではないかなということを考えております。

 やはり向こうは学校、ここは保育園ということで、財産からの収入ですね、それについては明確にちゃんと説明できるようによろしくお願いいたします。

 次に、同じ保育所で、知念東保育所が産業振興課で野菜工場ですかね、植物工場にやってあると、そこら辺今、どういう貸付契約になっているかっていうのが見えてないんですが、そこのほうお願いします。



◎農林水産部長(屋我弘明) 

 玉城議員の再質問にお答えします。

 知念東部保育所の利用状況、契約内容についてお答えします。

 知念東部保育所は、平成25年度に野菜安定供給推進事業を実施し、平成26年度からは野菜工場運営の可能性について検証するため、無償による施設使用賃借契約を民間業者と締結しております。

 まだ採算がとれない状況でありましたが、今後売り上げを伸ばしていく見込みがあり、平成29年4月からは有償での賃借契約に向けて事業者と今、調整中であります。

 以上です。



◆12番(玉城健議員) 

 同じ保育所の跡地利用でございますが、今、実証実験中という形ではあると思いますが、これもですね、やはり無償で、29年度から有償という方向ではあるということでありますが、そういうのもですね、やはり市民に納得できるようにやってもらいたいと思います。

 最後に、今回のこの件で、市民に対して物すごい迷惑をかけたという点で、今、説明責任等どういう謝罪を考えているかということに対して、今会議終了後に市広報及びホームページにて説明、謝罪等を考えているというお答えがございましたが、市長これについてですね、やはり行政の最高責任者として、これだけ市民に迷惑をかけた上でありますので、その点につきまして、どういう形でその件について思っておられるのか、そしてまた、謝罪のとり方にしてもですね、一部市民からは減給もあり得るんじゃないかという声も聞こえます、実際。

 そういうことも含めての答弁お願いいたします。



◎副市長(具志堅兼栄) 

 お答えします。

 謝罪のとり方をどうするかということなんですが、冒頭でも担当部長がお話しましたように、ホームページ又は市の広報誌を活用しまして、丁寧に謝罪をしていきたいと思います。

 それと、この本議会が始まる前の議案説明の中で、冒頭で市長のほうからは、この案件につきましてはちゃんとした形で謝罪をしています。

 皆さん、玉城議員も中身等よく御存じで本日の質問になったわけですが、この案件につきましては、市民の皆さんにも経済的な負担もさせておりませんし、受託をした法人さんも初期投資のほうの負担軽減ができたということもございます。

 ただ、謝罪等につきましては、丁寧に広報誌又はホームページ等で謝罪をしていく考えであります。



◆12番(玉城健議員) 

 市長におかれましては、冒頭で謝罪をしたと、正式にしたということでございますが、やはりこれは市民に迷惑をかけなかったというこの金銭的なものではなくて、行政的にこういうものはちゃんと地方自治法にのっとってやるべきものをやらなかった責任についてはどうするのかっていうのが、やはり少し足りないのかなということは感じておりますので、その点につきまして市長お願いします。



◎市長(古謝景春) 

 お答えします。

 この事務的な内容については、過去にもいろんな形で不具合というのは生じてきます。これは皆さんも御承知のように議会で、委員会でも議論されると思いますが、市民に対して不利益をこうむるような状況だったのかということと、今、法人に対してもプラスになるような、そういうことを最初に私は議会の中でも説明をいたしましたし、また、議員の皆さんも、1期目の議員の皆さんは全員がまたそれを理解してもらって、そういう形で進めた経緯がございますので、手続としては今遡及してそれをやるわけでありますから、十分議論した中で、ぜひ、不利益があったのかどうか、そして、我々が責任をとるべきような内容なのかどうかも含めて御検討願えればと思います。



◆12番(玉城健議員) 

 市民に対してやっぱり納得できるような、これ以上疑問を持たれないようにですね、よろしくお願いいたします。

 続きまして、2点目に移りたいと思います。

 児童・生徒の海外派遣事業についてでございます。

 南城市では児童生徒の海外派遣事業に取り組み、子供たちの国際交流に役立っております。

 本年10月26日パレード、交流会から始まり、27日から30日までの予定で世界のウチナーンチュ大会が開催されます。平成2年に第1回が開催され、5年に1度の開催で第6回目になります。5年に一度の里帰りで、家族や親戚、県民との交流を深める大会でございます。

 南城市でもこの大会に併せて歓迎・交流の夕べin南城というのが開催されます。沖縄県の貴重な人的財産である世界各地の県人会との密接な親睦が期待されます。この機会に、南城市出身の方々と新たな取り組みができないか伺います。

 まず、質問の1点目、沖縄県と南城市出身の県人会がある国名と会員数をお願いいたします。

 2つ目に、海外の南城市出身の方々に児童生徒のホームステイを受け入れる事業が取り組めないかをお願いいたします。



◎企画部長(玉城勉) 

 玉城健議員の児童生徒の海外派遣事業についての1点目、沖縄県と南城市出身の県人会がある国名と会員数についてお答えいたします。

 まず、沖縄県人会は29カ国、92の団体があり、会員数は約6万3,500名で、代表的な国はハワイ沖縄県人会で約4万5,000名、その他ブラジル、ペルー、アルゼンチンなど南米各国で約2,000名を超える会員数であります。

 本市出身者は主にブラジル、ペルー、ボリビア、アルゼンチン、アメリカ、カナダの6カ国12団体に所属しており、南城市民の会として組織があるのはブラジル、ペルー、ボリビア、アルゼンチンの4カ国です。

 現在、把握している本市出身の親族の人数については、ブラジル南城市民の会の450名、ボリビア南城市民の会の110名となっております。



◎教育部長(新垣聡) 

 玉城健議員の2点目の、児童・生徒の海外派遣事業についてお答えします。

 ?の海外の南城市出身の方々に本市の児童・生徒のホームステイを受け入れる事業が取り組めないかということでありますけれども、本市は合併以前から平成18年度まで、旧佐敷町、知念村、玉城村で行っていた国際交流事業では、ハワイ州の旧各町村同士会の協力のもとに生徒のホームステイ受入事業を行っていた経緯があります。

 その後、同事業は、語学力、コミュニケーション能力など、国際社会に適用する能力の向上を図ることを目的に、派遣事業の内容等が変更となって、派遣場所もアメリカ本国のワシントン州へ変更になり、現在まで継続して実施しているところであります。

 海外の南城市出身者は、各国に多くの方々がいらっしゃるものだと推測をしております。先ほど、企画部長からも御説明があったとおりかと思います。その海外の南城市出身の方々にホームステイ受入をお願いすることは、どの国へ派遣するのか、現地の治安状況はどうなのか、組織体制、そして信頼関係や連携等を構築していくことは相当の労力が必要であることから、事業導入は大変厳しいものがあると考えており、現時点での実施は考えておりません。



◆12番(玉城健議員) 

 ありがとうございます。

 本当に、ウチナーンチュは世界どこへ行っても、ふるさとを忘れないということで、今回、北米の方ですかね、世界のウチナーンチュ大会へ向けての北米県人会会長から、そういうコメントが寄せられておりました。世界中から集まるウチナーンチュは、言葉は違うが不思議に家族的な親しみを感じるということを話しております。

 そういう点で、以前は、合併前は行っていたということでございますが、新聞記事ではありますが、宜野座の件があります。英語を学び異文化体験ということで、宜野座が村内の子供たちの外国語学習への意欲喚起や、豊かな国際感覚を持った人材を育成することを目的として、今回で25回目ということで、ハワイ東海インターナショナルカレッジに派遣したということで、英語の授業など受けたり、週末にはハワイ在住の宜野座村人会のメンバーの家でホームステイなどを行ったと。2週目からは、ホームステイ受け入れ先の各家庭に滞在したと。

 前回までは、滞在先が米国のシアトル州だったが、今年16年からはハワイの県人会に変更したということで、この件につきましては、先ほど北米の会長からもありましたように、ホームステイ行った後のつながりが、県人会を通せば本当に5年に1度帰ってくるし、その後のつながりが物すごく良くなるんじゃないかなと。そして、ここから行った方、後の交流がスムーズに行くんではないかということで、どうしても今回来られる方々に、今はできなくてもあと5年後に、どうにか目指せるような話し合いを持てないかなということで提案しておりますが、その点につきまして、よろしくお願いします。



◎教育部長(新垣聡) 

 玉城議員の再質問についてお答えします。

 今回いらっしゃる方々と、そういうような取り組みができないかということですけども、実は現在、先ほど他の市町村の事例があって、ハワイに逆に移ってと、本市の場合は逆にハワイからアメリカに行っております。

 これは、単なるホームステイとか、そういうのだけでは語学力が身につかなかったという反省点を生かして、大学のほうで専門的に、集中的に講義を受けて英語力を高めるということで、そういう方向へ方針転換をして、今現在に至っているところであります。

 それで、アメリカに送っておりますけども、実は当初の頃はアメリカでもホームステイを行っておりましたが、アメリカ国務省の国際教育旅行のための企画評議会というところから、トラブル防止のためにホームステイ先のファミリー身元調査を地元警察が行った後でないと、ホームステイを受け入れてはならないという法律ができました。

 これは、いろいろホームステイ先でトラブルがあったと。以前、沖縄の子が向こうに行って、イベントのときに人のおうちを訪ねたら拳銃で撃たれたというような悲惨な事件もありましたけれども、そのようにですね、逆に受けいれ先が今度は警察の調査を受けるということになって、このホームステイが実施できないような状況になってきました。

 先ほども言いましたように、やはり教育委員会としては子供たちを安全に送り届けて、そこで安全なホームステイが確保できるのかというところが1番の問題で、県人会とつながりがあって、その家庭では何もないと思うんですけど、そのホームステイ先の周辺の治安とか、そこが本当に安全・安心なところなのかということも含めて検証していかない限りは大変厳しいものがあると。

 先ほど、企画部長からあった、本市から派遣されている、海外に行っている方々の国の状況を見ますと、必ずしも、治安が安全なところではないかというふうに私は思っております。

 ハワイはどちらかというと、これまでも本市も送り込んでいて、治安的にも相当、観光客等も多くて治安も安全なところかなと思いますけれども、やはりそれ以外の国については、昨今の国際情勢を見ますと、大変厳しいものがあるかなと。

 その方向が、しっかり安全であるというところが確認できない限りは、教育委員会としても前向きに検討することはかなり厳しいところがあると思います。



◎市長(古謝景春) 

 部長からも、我が南城市は、佐敷知念同士会ということでハワイに子供たちを送り込んでおりましたけど、私は助役のときにハワイに同行して、子供たちとその家族のホームステイの内容を全部見てまいりましたけれど、むしろ我が沖縄県から送った子供たちの日本語を習うための役割を担っていたんですね。逆に。

 そういうことを、子供たちから話を聞いて、英語を勉強したいのにという話がございまして、これはどうにかこのシステムを変えなければいけないなというときに、今の、アメリカの留学の話があって、これがいいのかなということで、それと同時に、皆さん御承知の、先ほどの安全・安心ということですが、学校の先生方がホームステイをするんですね。

 そういう身元がしっかりして安全性が確認できるということが魅力で、それで今、アメリカワシントン州に送っているのは、そういう経緯がございます。

 また、それと今、中国にも子供たちを送っておりますが、それもホームステイをやっておりますが、その方々についても、企業団が、皆さん御承知のように40名ぐらい我が南城市にゴルフしにおいでになられておりました。そういう方々が、しっかり安全性をサポートするという約束を取り付けてから、今送っておりますので、そういうことも含めて安全・安心というのは、今送ってれば、すんなりやってるのは何でもないんですが、何かあったら健さんみたいに、市長何を責任とりますかと言う方になりますから、そういうことをしっかり、安全・安心を確かめて頑張っていることをひとつよろしくお願いします。



◆12番(玉城健議員) 

 市長に責任とらすのまだ足りなかったかなというような余裕であるみたいですので、次からは、もっと強く突っ込んでいきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 大変、治安面で厳しいということではありますが、今の事業とは新たに県人会との、南城市出身との新たな交流という形で、また新たな形の取り組みができないかということなんですよ。

 これはこれで、今やっているのを変えなさいではなくて、本当に5年に1度来るんですから、そうすればさらにまた親睦も深まり、もっと海外とのつながりができるんじゃないかなと。

 逆に、先ほど言いましたように、日本語を向こうで教えてきても、また次からの交流につながりますのでよろしくお願いいたします。

 次、交通安全についてでございます。

 市道T−53、船越〜石川線から県道48号線に出る交差点から玉城庁舎向けで、アパートLu,Crear前の県道で歩道がアパートの反対側にあり、道路もカーブになっており横断が大変危険で困難な状況だと住民からの声がございます。近くに横断歩道もございますが、アパート側に歩道がなく車道を歩くしかなく、大変危険な状況になっております。

 早急な対応が必要と思われますが、市の見解をお願いいたします。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 玉城健議員の御質問の3点目についてお答えいたします。

 現場を確認したとこころ、船越〜石川線と県道48号線の交差点から糸数交差点までの区間の県道48号線は片側歩道でアパート側には歩道がない状況であります。アパートから船越〜石川線までの距離が100メートルありますが、そこを通行する場合、草木が繁茂している状況のため路肩から通行することができず車道を通行するため非常に危険な状況であります。また、アパートの前を横断するときはアパートからの見通しは良いが、反対側からの歩道からアパートへの横断をするときには、歩道にある街路樹等が視野を妨げており見通しが悪い状況であります。

 このようなことから、現在の危険な状況を県に説明し、改善ができるよう要請をしていきたいというふうに考えております。

 以上です。



◆12番(玉城健議員) 

 この地点は見通しが悪くて、この交差点で物すごい事故があったんですよ。それで見通しを良くするために、見通しが良くなるような部分だけ県が買いとって、見えるようにコンクリートしてあるんですけど、途中からそれがなくなって歩けない状態でございます。

 親切に車がとまって横断させた場合には、後ろから来る車が



○議長(大城悟) 

 残り1分です。



◆12番(玉城健議員) 

 追突すると。そういう危険もあるということで、大変危険だということであります。

 このアパートには12世帯、また、民家が2軒ございますが、小学生が5、6人、中学生が2人いるということで、登下校は大変危険だということでありますので、学校側はどういう対応をしているのかよろしくお願いいたします。



◎教育部長(新垣聡) 

 玉城健議員の3番目、交通安全についての再質問にお答えします。

 南城市の幼稚園や学校におきましては、学校内外を問わず児童生徒の安全・安心が最優先事項であります。学校は教育委員会と報連相を確実に行い、危険箇所の修繕と改善等安全対策を万全にしつつ、児童への生活、交通、災害等、安全への徹底指導を通して児童生徒の危険予知能力、危険回避能力の育成に努めております。また、朝夕のホームルームの時間に、登下校の安全対策についても気をつけるように指導をしているところであります。

 御指摘の場所の歩道設置につきましては、以前、上地寿賀子議員からもありました、大里の、いろんな団体から要請をしたほうがいいだろうという話がありましたので、学校としましては教育委員会、それから関係機関と調整をして、道路管理者へ要請文を出していきたいと考えおります。



◆12番(玉城健議員) 

 その件に関して、学校側も交通安全施設設置についての要望書というのを作ってはおります。どういう形で出せばいいかなということで、相談したいということで校長先生からございましたので、そういう点につきまして、教育委員会も含めて早急なる改善をよろしくお願いいたします。

 本当にここはもう大人でも大変危険な状況でありますので、土木部長からありましたように、



○議長(大城悟) 

 時間です。



◆12番(玉城健議員) 

 改善できるよう要請したいということでありますので、早急なる措置よろしくお願いいたしまして、一般質問を終わります。

 ありがとうございました。



○議長(大城悟) 

 休憩します。

     (休憩 11時20分)

     (再開 11時30分)

 再開します。

 次の質問者、国吉昌実議員。



◆16番(国吉昌実議員) 

 皆さん、こんにちは。

 議長のお許しもいただいておりますので、早速、一般質問を始めてまいりたいと思います。お昼も間近に迫っておりますので、20分で終わりたいなと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 初めに、発言事項の1番ですね。B型肝炎ワクチン接種についてお伺いいたします。

 日本ではB型肝炎ウイルスHBVに起因する肝がんの死亡者数は年間約5,000人、肝硬変による死亡者数は約1,000人と推計されております。また、B型慢性肝疾患の治療には高額な費用がかかります。現状改善のため厚生労働省は本年10月より0歳児を対象にB型肝炎ワクチンの定期接種化に踏み切りました。

 10月よりの実施ということになりまして、幾つかの問題をはらんでおりますので、大変うれしいことではありますけれども、その辺について以下にお伺いをいたします。

 (1)B型肝炎ウイルスの特徴。

 (2)今回の補正に838万5,000円計上されておりますが、ワクチン定期接種の実施計画とワクチンの安全性の認識をどう思われているのかお伺いしたいと思います。

 (3)なぜ0歳児のみ対象なのか。そして、1歳から3歳まで任意接種に対して行う助成制度構築の必要性を感じますが所見をお伺いします。

 なお、残余の発言事項2番と3番については、自席にて行いますのでよろしくお願いいたします。



◎市民部長(城間みゆき) 

 国吉昌実議員の1点目のB型肝炎ウイルスの特徴についてお答えいたします。

 B型肝炎ウイルスの特徴としては、人の肝臓に感染して肝炎を起こします。肝炎が持続すると慢性肝炎から肝硬変、さらには肝細胞がんへと進展する可能性があることです。

 次に、2点目の今回の補正に838万5,000円計上されておりますが、ワクチン定期接種の実施計画とワクチンの安全性の認識についてお答えいたします。

 実施計画では平成28年4月1日以降に生まれた、1歳に至るまでの間にある者を対象に、既にお知らせのチラシを送付してあります。9月下旬頃には予診票を郵送し、10月1日からは接種できるように準備を進めています。

 安全性の認識については、接種後の副反応として、ワクチンを接種した部位の痛みや腫れ、かゆみ、発熱、倦怠感などがみられることがありますが、いずれも数日のうちに治まると言われております。また、ワクチンは1985年から使用されていて、これまでに重大な安全性の問題は報告されていないようですので、安全ではないかと考えております。

 次に、3点目のなぜ0歳児のみ対象なのか。1歳から3歳児まで任意接種に対して行う助成制度構築の必要性を感じますが所見をお伺いしますについてお答えいたします。

 0歳児のみを対象としたのは、予防接種法の改正で定期の予防接種の対象者として、1歳に至るまでの間にある者と規定されているからです。B型肝炎ワクチンは0歳児に接種すると効果が高いとされていることから、1歳から3歳児までの接種に対しての助成制度構築は、現時点では予定しておりません。

 以上です。



◆16番(国吉昌実議員) 

 昨日は、市民部長はお休みでございましたので、今日はどうなるのかなと思っておりました。

 先ほどの御本人のお話によると、健康のありがたみがわかったということでありますので、過労等そういったもので倒れられたのかなと思って心配もしておりますけれども、今日はひとつよろしくお願いをしたいと思います。

 今年の10月1日から、0歳から1歳未満の方々を対象に行うということで、大変素晴らしいと思っております。

 その中で、このウイルスは、先ほども部長のほうからもありましたけど、人の肝臓に感染して肝炎を起こすと。肝炎がずっと続いていくと肝硬変、さらには肝細胞がんへと発展をしていく、進展をすると先ほども御説明がありました。

 冒頭申し上げましたように、日本においては肝がんの死亡者数が年間で約5,000人、それから肝硬変で1,000人ということで、合計6,000人の方々がその病気で亡くなっているというような状況であります。これは、B型肝炎に起因するものということで6,000名になっているわけですね。

 ただ、沖縄県については、日本の、この感染を受けた人たちをキャリアと言いますけど、キャリア率が高いといわれております、沖縄県は。40歳以上の成人で全国の1%に対して、沖縄県は約3%となっているようでございます。約3倍ということになっております。

 そこで確認をしたいんですが、南城市においてB型肝炎ウイルスに起因すると思われる肝がん、肝硬変の発症件数がわかりましたら教えていただきたいと思いますが、どうでしょうか。



◎市民部長(城間みゆき) 

 国吉昌実議員の再質問にお答えしたいところですけれども、大変申しわけございません。今、資料を持っていないことからちょっと回答できません。

 以上です。



◆16番(国吉昌実議員) 

 資料を持っていないということで、回答ができないということでございましたので、仕方ないかなと思っております。後でわかりましたら、また教えていただきたいと思います。

 そのことがわかることによって、このワクチンの定期接種の重要性というのがわかってくると思いますので、ぜひお願いをしたいと思います。

 このB型肝炎を発病すると、医療費がかなり高額になると思われますけれども、実際そういうふうな状況であるのかどうか、ひとつ確認をさせてください。よろしくお願いいたします。



◎市民部長(城間みゆき) 

 ただいまの再質問にお答えいたします。

 肝臓がんに対してということについてはちょっと把握しておりませんけれども、がん全体ではすごく高額な医療費が出ている状況です。

 以上です。



◆16番(国吉昌実議員) 

 今の御答弁からいたしますと、個別にはわからないけれどもかなり高額になっているようであると。そういう中で台湾では1986年からこのユニバーサル接種というか、定期接種が行われておりまして、台湾におけるB型肝炎由来の肝がんは劇的に減少しているというような結果が出ております。そういう中で我が南城市においても、そのワクチン接種をすることによって将来的にこれが激減するということになれば、かなり医療費の削減にもつながっていくかなというようなことが言えると思っております。

 肝がんや肝硬変のこの病気の発症する状態としては一過性と、それから持続感染の両方ありますけれども、持続感染は先ほど市民部長が御答弁されていたとおり年齢によるところが多く、感染する確率が90%ぐらいは1歳以下で感染をすると言われているんですね。1歳から4歳で25%から50%感染するというふうに言われております。ですから、0歳児から1歳未満のお子様に対してこのワクチン接種を行うことが重要であると、そういうふうな認識だと思っております。

 この辺に間違いがあれば訂正をしていただきたいと思いますが、一旦こういった形で持続感染をしてしまうと一生涯、いつ発病するかわからないということで、悩みながらというか、恐怖におびえながら生活をしていくというふうなことになっていくと思います。

 感染経路というか、そういった部分についてこの部分を市民部長のほうから説明を頂ければ大変ありがたいと思いますが。



◎市民部長(城間みゆき) 

 ただいまの再質問にお答えいたします。

 先ほど国吉議員がお話しされていました、0歳児に接種した場合、感染化の割合が90%、1歳から4歳までに接種した場合が25%から50%というのは正解でございます、という表現はおかしいんですけれども、私が仕入れた資料でもそのように記載がされておりました。

 今回0歳児に対してという部分では、これまでの研究結果として、B型肝炎ワクチンを0歳児に接種した場合98.1%に効果があるという研究結果が出ていることから、今回0歳児を対象に定期接種に移行されたんだろうなと思っております。

 それから、感染の経路についてですけれども、先ほど国吉議員からもありましたように、感染の種類としては一過性感染と持続性感染があって、持続性感染にかかった場合が大変ですよということで、感染の経路としましては、感染には垂直感染と水平感染がございまして、垂直感染は母親がB型肝炎ウイルス保有者の場合に妊娠中あるいは出産時に母親の血液によって、胎児あるいは新生児がウイルスに感染する、これが垂直感染といわれています。兄弟やまた父親あるいはまた保育所等の施設で感染するのを水平感染といいます。

 以上でよろしいでしょうか。



◆16番(国吉昌実議員) 

 今、御答弁いただいたように、御説明いただいたように、この垂直感染、いわゆる母子感染という部分についてはこのワクチンの接種を行っているわけですよね。これについては母子感染予防のためにやっているので、保険適用がされるというふうな状況だと思っております。

 問題はこの母親がキャリアでない場合のその子供たちというのは感染がわからないので、この辺がちょっと問題なんですね。今回0歳児から1歳未満というふうなことでやったというは、もう全ての子供たちにやろうというようなことになったのは、ひとつ先ほども市民部長の御答弁にもありましたけれども、例えば保育園やそういったところで感染する可能性もあると。同年代の子、そして同年齢の子、そしてひょっとしたらこの保育士の方から感染をする、そういった危険性もあるというふうなことだと思うんですよね。

 それから、お母さんはキャリアではないけれども父親がキャリアの場合には、この父親のほうから、例えば唾液であるとか汗、涙、そういった部分からも体液で感染すると、そういうふうなことで、今回その辺の部分の手当をしていこうというふうなことだと思っております。

 ただし、先ほども2016年4月1日以降に生まれた子で、今回は10月から実施をするということになっております。今の計画では1歳を過ぎると定期接種ではなく、自分自身の、自費接種ということになりますね。ですから、このワクチンは3回接種が必要だと思っております。

 そういうふうに書いてありましたので、この標準的なタイミングというのは生後2カ月が第1回目、第2回目が生後3カ月、第3回目が生後7カ月から8カ月と、そういうふうな状況からすると、10月から開始するのであれば来年の3月末でこの年度、4月1日から超えてしまいますので、3回目の接種というのは自費接種というふうなことになりかねないわけですね。

 そうすると、3回目完結しない部分が出てきますし、それから、じゃあ去年生まれた子供はどうするのかとか、そういうふうな部分の話もいろいろ出てくると思いますので、より多くの子供たちを救っていくためにも、どうしてもこの3回接種をきちんと完結するまでやっていかなきゃいけない、そう考えたときにスムーズにいくためには、どうしてもこの1歳から3歳まで、もしくは2歳まで、この1、2年を時限的に、この0歳児から1歳未満という対象だけではなくて、1歳超えて2歳、3歳までできないかと。

 0歳児対象については定期接種でいいです。1歳超えた場合には任意接種に移して、その中でこの助成制度の構築化ができないかというようなことをお尋ねしているのですが、その辺についてはどうでしょうか。全く考えていないということでばっさり切られておりますけれども、その辺のところの重要性というのは認識されているのかどうかも含めてお願いいたします。



◎市民部長(城間みゆき) 

 お答えいたします。

 そうですね、助成について全くばっさり切るのかということでございましたけれども、今年の10月1日からスタートしますので、4月1日以降生まれまでの方々において、スムーズにいけば3月いっぱいで終われるというのが国の方針ではございますけれども、我が南城市としましては、今担当課におきましては7月頃までやりたいなと、前向きにそれを検討していきたいなと、次年度の予算措置になりますので、今の時点で、はい、じゃあ7月まではその分やりますということはちょっと差し控えたいんですけれども、担当課としてはそのように考えているところでございます。

 1歳から3歳までについてですけれども、国においては研究結果を検証して、0歳児に接種することが、予防効果が高いとの判断で定期接種に移行したと思われますので、市としても国に歩調を合わせたいと思っております。

 確かに1歳から3歳児までの任意接種に対しても助成ができればいいにこしたことはないのですが、最近定期接種になったのが水痘、ヒブ、小児用肺炎球菌等なんですけれども、この場合におきましても該当しない年齢の任意接種に対しては助成していない状況であります。県内においても現時点ではB型肝炎ワクチンに対する助成は予定していないと聞いております。これまでの経緯も踏まえた結果、助成制度の構築には至らなかったということです。

 以上です。



◎副市長(具志堅兼栄) 

 ただいまの国吉議員の、1歳児から3歳児までの任意接種に対して助成ができるかについてお答えいたします。1歳児から3歳児までにかかる費用が概ね3,000万かかります。その3,000万を全部助成するということは、先ほど市民部長からお話しがありましたとおり、他の支出との関係で厳しいものがあるかなと。ただ、その辺を2分の1の助成でどうかとかという部分については、今後必要な部分があるかなと。

 それと併せまして、このB型肝炎ウイルスにかかった後の医療費との比較なども含めて、その1歳から3歳までは当然大きな効果があるわけですから、その辺も勘案して御検討させてください。



◆16番(国吉昌実議員) 

 お二人、副市長の答弁もいただきまして、説明もいただきました。前向きにちょっといろいろと試算をしながら検討していきたいということでありますので、できれば3歳までということではあるんですが、2歳まででもかなり効果があるかなというふうに思っておりますので、ちなみに1歳、2歳、南城市においては約760名、それが100%、全員に全額助成をしたとすると1,368万円かかります。

 これが任意接種ですから、ひょっとしたら50%ぐらい、60%ぐらいの接種かなというふうなことを考えると、さらにまた半額ぐらいになってくるわけです。

 1回につき、自費でやる場合には6,000円かかるわけですね。3回やらなきゃいけませんので、3×6=18、1万8,000円かかりますので半額助成をするとか、そしてそういった中で、半額助成にすると600万というふうな感じの金額になっていきます。

 そういった意味で、この任意接種でなおかつ助成を100%するのか、半額にするのか、3分の1にするのかという、この辺のいろんな将来の医療費を考えながら、その辺も含めてぜひいろいろと試算をして、検討していただきたいなというふうに思っております。

 これは市民部長が、ほんとに早く元気になっていただいて、財政部局とも市長ともしっかりと相談をし、重要性を訴えていかなきゃいけないものだと思っておりますので、その辺について再度御決意を頂戴したいと思います。よろしくお願いいたします。



◎市民部長(城間みゆき) 

 国吉議員にはいろいろ心配していただいて、ありがとうございます。私、健康でございます。昭和40年ぐらいの健康優良児でございますので大丈夫です。どうもありがとうございます。

 先ほどの、決意ということでございますので、先ほど国吉議員のほうから一回あたり6,000円程度ということがございましたけれども、今こちらの予算措置の段階では一回あたり7,174円になってございます。それで3回ですので、先ほど副市長からありましたように、1歳から3歳まで全員が接種したときというのは3,000万ぐらいかかりますよということで、今定期接種の接種率が概ね、全予防接種を見たときに80%程度ということですので、任意接種になりますと国吉議員のおっしゃるとおり50%、それ以下なのかもしれませんので、その辺も精査しながらいい方向に持っていければなと、先ほど副市長からも答弁ございましたので、私も自信を持ってまた原課に戻りまして、助成ができるようにこの仕組みづくりに取り組んでまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 以上です。



◆16番(国吉昌実議員) 

 大変ありがとうございます。ぜひ頑張っていただきたいと思います。

 この間、9月5日、沖縄タイムスのほうに載っておりましたけれども、県では金武町と南大東村がこのB型肝炎の公費助成を行っているというふうなことでございましたので、それを一応お伝えしておきたいと思います。

 ぜひ、1歳から3歳、1歳から2歳、この辺の部分についても時限的、この1、2年をやればずっとスムーズにいくと思いますので、ぜひ御検討をお願いしたいと思います。

 次にまいりたいと思います。発言事項の2番目、選挙の投票率アップについてですね。近年様々な選挙が実施されてまいりましたが、投票率が低くなってきているという印象を受けております。

 (1)期日前投票の周知度と選挙公報の効果についての評価と投票率向上のための今後の方策をお伺いしたいと思います。

 (2)投票率アップのために、投票を終えた有権者に地域の活性化につながる商品券、もしくは振興券等を配布することができないか。実施する場合にはクリアすべき課題というのは多いと思います。

 その辺についてお伺いしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。



◎総務部長(當眞隆夫) 

 それでは、国吉昌実議員の2点目の(1)期日前投票の周知度と選挙公報の効果についての評価と投票率向上のための今後の方策についての質問にお答えいたします。

 先に行われた沖縄県議会議員一般選挙及び参議院議員通常選挙における市民への期日前投票の周知については、市広報誌への掲載、FMなんじょうでの啓発放送、市明推協による広報車両での選挙啓発活動、懸垂幕による啓発掲示及び市内各中学校において選挙啓発用のチラシと啓発シールの配布を行っております。

 また、18歳から投票が可能となった参議院議員通常選挙におきましては、市明推協の啓発事業として、知念高校校門前において生徒の皆さんに対し、ゆるキャラなんじぃとともに選挙啓発物資の配布と投票の呼びかけを行っております。いずれの活動も期日前投票を促すもので市民への周知度は高かったと評価しております。

 選挙公報は有権者が投票する候補者を選ぶための重要な情報であります。選挙公報を市内全世帯に配布することができ、有権者が候補者を選ぶのには十分な効果があったものと考えております。

 投票率の向上に向けては地道ではありますが、次の取り組みを行ってまいりたいと考えております。1点目に南城市明るい選挙推進協議会の協力のもと、選挙前の啓発活動を今後も継続的に行い、啓発の内容についても工夫・検討してまいります。

 2点目に、将来有権者となる市内の小・中学校に対する主権者教育については、南城市明るい選挙推進協議会及び市教育委員会と連携した事業を行ってまいりたいと考えております。

 3点目に、期日前投票及び不在者投票についての市民への周知を高めてまいります。

 4点目に、市ホームページやSNS等を活用した情報発信にも取り組んでまいりたいと考えております。

 2点目の投票を終えた有権者の地域の活性化につながる振興券等の配布をすることはできないか。実施する場合にクリアすべき課題は何かについての質問にお答えいたします。御質問の内容は、投票した有権者に振興券を配布することにより、投票率向上につなげられるのではないかというユニークなアイデアだと考えております。

 しかしながら、参政権は憲法で保障された有権者個々の権利であり、その権利行使はあくまでも有権者に委ねられているため、現段階においては、先に述べた4項目の取り組みを実践していくことで投票率の向上に努めてまいりたいと考えております。

 振興券を配布する、実施する場合においては、市の財政状況を考えますとかなり財政負担が大きいということで、厳しいと考えております。



◆16番(国吉昌実議員) 

 どうもありがとうございました。

 市の明推協の皆さんも頑張っていないというわけではありません。本当に頑張っていただいていると思います。でも、なかなか投票率が上がっていないというのが実状かなというふうに思っております。これが、投票率が50%以下になってしまうと、それよりもさらにまた低くなっていくと、ほんとの民意というのはどこにあるのかなというのがかなり薄れてくるのではないかなというふうなことを思ったりもしているものですから、一つはこの振興券、商品券みたいなものを配布することによって投票率のアップにつながるのではないかなという、非常に邪推です。邪道だとは思っております。こういうことを神聖な投票の中でやるということはあんまりそぐわないかなとは思っているんですが、そういった中でやっぱり投票率を少しでもアップし、なおかつ地域の中でしか使えないというふうなことになれば地域の活性化にもつながっていくのではないかと、一つは思っております。

 今後の投票率アップのためにということで、4点上げていただきました。もっとも、どれもこれも大変大事なものだと思っておりますので、ぜひ進めていただきたいと思います。

 最後に答弁なさっておりましたけれども、市の財政状況から考えると振興券の、これは作成に係るものが多分厳しいのではないかなというふうに思っておりますので、この辺については例えば選挙公報については、あんまり先ほどの部長の答弁がありましたけれども、あんまり有効になっていないのではないかと。大体投票日の3日前に来るんですね。ですから既に期日前投票もやっておりますし、大体この選挙公報にかかる経費、作成、それから配布する、どのぐらいの経費がかかっているのか、もしわかりましたら教えていただきたいと思いますが、よろしくお願いいたします。



◎総務部長(當眞隆夫) 

 選挙公報に関する費用についてですけれども、南城市の独自の選挙では今まで一度も実施しておりません。これは告示期間がどうしても短いということで、手元に届くのが前日であるとかそういうことで、過去にもこれについてはかなり厳しいですということの御提言をしております。

 今回、国政選挙あるいは県議会選挙におきましては、告示期間が長いということで、これは県の選管のほうで印刷をして、こちらは配布のみということになっている関係で、費用についてはこちらのほうで、手元で把握しておりませんので、申しわけございませんけれども御答弁はできないということで、御理解いただきたいと思います。



◆16番(国吉昌実議員) 

 それからもう一点、投開票日の投票時間の短縮について、期日前投票がずっと1週間考えると、月曜日から土曜日までやっております。そういう中でかなり周知度もアップしておりますし、そういう中で投票日当日の、この投票日の時間短縮というのはできるのではないかなと、その辺についてはどういう見解をお持ちなんでしょうか。



◎総務部長(當眞隆夫) 

 投票時間の短縮につきましては、こちらにつきましては、執行権者である選挙管理委員会、そちらのほうに今後検討していただいて、可能であれば事務負担の軽減等も含めて検討していきたいというふうに考えております。



◆16番(国吉昌実議員) 

 もちろん選挙によって財源の出所が違ってくると思いますので、その辺は投票時間の短縮であるとか、選挙公報の部分で、これは全部投票率アップのためにというふうなことでやられていると思いますので、その辺が使えるんであれば、先ほどの振興券の作成の財源というのは出てくるんではないかなというふうに思っておりますので、一応御検討いただきたいと思います。

 時間がありませんので次にまいります。ふるさと納税についてでございます。

 当初予算にも委託料として900万円計上されており、本市においても本格的に取り組んでいこうとの意志の表れと受けとめ、期待をしております。

 寄附していただいた方への返礼品の充実も大事かと思いますが、まちづくりの企画を広く知ってもらい寄附をいただくのも大事な視点ではないかとの思いで以下にお伺いいたします。

 (1)進捗状況はどうでしょうか。

 (2)ある民間会社がこの7月よりふるさと納税に特化したクラウドファンディングサイト、F×Gをオープンしたとの情報がありますが、今後利用することも考えておりますか、お伺いいたします。



◎総務部長(當眞隆夫) 

 国吉昌実議員の3点目、ふるさと納税についてお答えいたします。

 1点目の進捗状況と実績につきましては、本市においてはふるさと納税ポータルサイトを立ち上げまして、今年の7月31日から、1万円以上の寄附をいただいた方を対象に本市の特産品を初めとする返礼品を寄附額に応じて選択できるようになっております。

 実績としましては、27年度の寄附件数が35件、寄附額が345万円。今年度、28年度に入ってから返礼品を開始する前の寄附件数が12件、寄附額が189万円。返礼品を開始後、7月31日以降、実際に入金が確認できた分だけですと、寄附件数が43件、寄附額が84万円となっています。ただ、クレジット決済で入金待ちということでいきますと、件数が61件、額にしますと124万円というのが現在確認できている状況でございます。返礼品を選択できるようになって約1カ月で、件数的には前年度を上回る状況となっております。

 入金方法につきましては、以前は窓口や郵便振替での納付のみの取り扱いで、申込書や払込用紙の郵送等でのやりとりにも時間を要しておりましたが、現在はインターネットサイト上でクレジット決済での支払も利用できるようになり、寄附者の手続も簡素化されております。実際、開始後はほとんどがクレジットによる入金でございます。

 次に、2点目のクラウドファンディング型ふるさと納税についてお答えいたします。企業が運営するサイト上でまちおこしなどの事業に対する支援者を募集し寄附を募るクラウドファンディング型のふるさと納税も全国的に増えつつあります。県内では名護市が実施をしております。

 本市においては、返礼品事業を開始したばかりであり、まだクラウドファンディング型の検討には至っていないというのが現状であります。

 返礼品事業の経過を踏まえ効果の検証を行い、今後、全国的な事業の成功事例なども参考に、クラウドファンディングによる効果についても検証し、新たな財源確保かつ地元発展に寄与する有効な手段となり得るものであれば、積極的に導入について検討してまいりたいと考えております。



◆16番(国吉昌実議員) 

 進捗状況については進展があるというようなことでありますので、大変いいことだと思っております。でもまだまだ委託料等に比べると、まだ増やさなければいけないと思っておりますので、さらなる奮起をまたお願いしたいと思います。

 クラウドファンディングにおいては、



○議長(大城悟) 

 1分前です。



◆16番(国吉昌実議員) 

 検討をしていないけれども一応視野には入れておくと、念頭には入れておくということでございますので、それでひとつよろしくお願いしたいと思います。

 自分の考えを申し上げますと、笛吹けど踊らずという言葉がありますけれども、こういった地方自治体が多い中で、南城市は市長の市政の浸透が反映されてか、部長を初めとする多くの職員が絶えず前へ、前へとの意識が非常に高いと思っております。ですから、この返礼品の充実だけでなく、単発的でもいいと思います。企画をしっかり立てて、この企画に対して寄附をいただくという視点は大変大事なものではないかと思っておりますので、ぜひ検討していただきたいと思います。

 もう一点、今回第3回南城市まつりがあります。そういった中に、この寄附していただいた方であるとか、10年間もふるさと南城市に帰ってないとか、そういった方が応募するのでもいいですし、



○議長(大城悟) 

 時間です。



◆16番(国吉昌実議員) 

 納税をしていただいた方を御招待したらどうかなと、この辺も、もし御所見等ありましたらよろしくお願いいたします。



◎総務部長(當眞隆夫) 

 今回まつりの、寄附者に対して招待したらどうかということでございます。ただ、何百社という会社が寄附を、現状でもやっている状況でございますので、これについては招待するかどうかはまつり実行委員会等々もございますので、そちらのほうで検討してまいりたいと考えております。

 失礼いたしました。ふるさと納税者の寄附者の招待ということでございますけれども、ふるさと納税の場合ほとんどが県外ということで、実際には御案内をしてもなかなか参加は厳しいかなということで考えております。



○議長(大城悟) 

 休憩します。

     (休憩 12時12分)

     (再開 13時30分)

 再開します。

 市民部長から、先ほどの国吉昌実議員の質問に対しての資料を持っていないということで答弁できなかった件を答弁してもらいます。



◎市民部長(城間みゆき) 

 午前中にお答えできなかった件、国吉昌実議員の質問に対してお答えいたします。

 すみません、皆さん聞こえますか。先ほど議長から私の声が小さくて聞こえないという御指摘がございましたので、ちょっと大きく話しようと思っております。



○議長(大城悟) 

 もっと大きく。



◎市民部長(城間みゆき) 

 すみません。先ほど南城市内の肝臓がんの死亡者数は何名かという御質問がございまして、お昼時間中に確認したところ、死亡者、平成25年度南城市内で6人、26年度5人ということです。県全体におきましては、平成25年度172名、平成26年度190名ということでした。

 医療費、肝臓がん患者の医療費ですけれども、平成27年度にかかった医療費が入院患者でトータル1,042万円、外来患者で613万円です。そして入院と外来で合わせて1,655万。B型肝炎の患者の入院、年間トータルで185万円、これ平成27年度です。外来患者が693万円。入院、外来合わせて878万円となっております。

 人数についてですけれども、ちょっと資料が原課にないということで金額のみ出させていただいております。人数につきましてはまた委員会で答弁できればいいなと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(大城悟) 

 次の質問者、安谷屋正議員。



◆6番(安谷屋正議員) 

 皆さん、こんにちは。昼の一番ということで、この時間帯になると毎回同じような挨拶になるかと思うんですが、隣の比嘉議員がいつものごとく、ちょこちょこそばからうるさいものですから、さっさと終わらせていきたいと思います。

 ところで皆さん、今日、9月7日がどんな日なのか、ちょっといきなりだとぴんとくる方はいらっしゃらないのかなと思うんですけれども、2年前の9月7日がこの南城市議会議員の投開票日で、人生の中で一番長い、厳しい一日を味わったかなという日だったことを、今日の朝ちょっと思い出して、車の中でこの2年間何ができたんだろう、何かしないといけないと思いながらも、何もやれずに終わったのかなとかいうふうに考えながら車を走らせてきました。

 だからというわけではないんですけれども、本日の質問は、過去の質問の中からまだ答えが明確に見つかっていない部分を2点質問として上げさせていただいております。

 それでは、通告書に従って質問をしていきたいと思います。

 まず質問事項の1.電線類地中化について、2年前、平成26年9月議会で取り上げた電線類地中化についてですが、当時、山積しているインフラ整備事業が落ち着いてから検討していきたいとの答弁がありました。

 南部東道路建設工事が着手され、与那原町には大型MICEの誘致が決定するなど、2年前とは社会状況も大きく変化してきております。

 以上のことを踏まえて、電線類地中化に向けての市の見解を再度お伺いいたします。

 質問事項2、県道137号線の環境整備について、尚巴志ハーフマラソンコースの変更により、昨年から県道137号線の親慶原地域をランナーが通ることになりました。137号線の整備については、これまで何度か議会で取り上げられていますが、まだ手つかずの状況になっています。歩行者や尚巴志ハーフマラソンのランナーの安全面を考えると急ぎの対応が必要と思われますが、具体的な整備スケジュールについてお伺いいたします。

 以上2点、よろしくお願いいたします。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 安谷屋正議員の御質問にお答えいたします。

 まず最初に、電線類地中化についてお答えいたします。

 現在、国道331号線の斎場御嶽進入路周辺を、南部国道事務所による無電柱化事業が着手しております。それに併せて市道知念1号線も平成29年度事業化に向けて取り組んでおります。また、無電柱化を推進するため、南部国道事務所や他町村と情報交換等をし、連携を図っているところであります。

 無電柱化事業に関しては、安全で快適な通行空間の確保、防災や良好な景観の形成、観光振興等に寄与するものと考えており、今後とも南部国道事務所初め、関係機関と調整を図りながら事業化に向けて取り組んでまいりたいと考えております。

 次に2点目の県道137号線の環境整備についてお答えいたします。

 本年度も沖縄県土木建築部との行政懇談会や南部土木事務所へ直接要請を行っております。

 昨年6月議会で質問のあった上親慶原から下親慶原にかけての歩道の段差解消及びユインチホテル入り口交差点の滑りどめ舗装については、今年度改修する旨の回答を得ております。



◆6番(安谷屋正議員) 

 順番は前後しますけれども、まず137号線の問題からいきたいと思いますが、今回の答弁によりますと、歩道の段差含めてユインチホテル入り口の滑りどめ舗装まで、今年度内で改修するということですけれど、これは満額回答という捉え方でよろしいのでしょうか。今年度中でもう実施をするという考え方でよろしいのでしょうか。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 この件については、前々から県の土木事務所のほうでは今年度改修をするという話でございました。今回安谷屋議員からまたそういう質問がございまして、再度土木事務所の管理班長に確認をとり、今年度でやるという旨の回答を得ております。

 以上です。



◆6番(安谷屋正議員) 

 ありがとうございます。

 この件に関しては、親慶原区の清掃活動の一環として、年間、アブシバレーの時期とか旧盆前とか、あとは正月前、そういう形でいろいろ取り組んできたんですけれども、やっぱり根本となっているひび割れとか、あと歩道のなえの段差、その辺が解決されない限り繁茂が激しくて、夏場だともうどうしても間に合わないという中で今回も、先月ちょうど盆の前に、今回は夏祭りをやっていこうという地域の親慶原の青年会、OB会が活動の一環として、はせ参じてボランティアで草刈りをした経緯がありまして、彼らは年間の営み、行事の中で区内の独居老人の清掃作業とか、草刈り作業とかそういったものを地域に率先して取り組んでいて、大変頼もしい活躍をしているメンバーがいて、そういった清掃活動をそういうボランティアでやることに関しては僕らも全然協力は惜しまないつもりではいるんですけれども、いかんせんやっぱり元となるそういう段差、亀裂を解消しないと膨大な作業量になりますので、今回の回答でかなり早急の改善が図られるものだというふうに考えておりますので、ぜひ結果の出るように、またこれは、こちらのほうとしても確認作業はとっていきたいと思っています。回答ありがとうございました。

 続きまして、電線類地中化についてでございますが、2年前の質問のときには、たしか一般財源が7,000万以上の財政支出が見込めるということで、これではちょっと財政的にも厳しいというような返事だったんですけれども、今回市道知念1号線というのが、間隔とすれば国道からセーファ入り口までの区間なのかなとは思うんですけれども、その辺の確認と、あと今度2年前と変わってその市道知念1号線を市が整備事業化に向けて取り組むという、その経緯といいますか、そこのところを説明いただけますでしょうか。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 安谷屋議員の再質問にお答えいたします。

 この件に関しましては、去った26年度に安谷屋議員から御質問があった中から、何回か市長とも協議を重ねた結果、最低限斎場御嶽に関する道路については、無電柱化が必要じゃないかということでそういう状況になり、事業化を進めていくことになっております。

 この事業化を進めることにおいて、先ほど7,000万円持ち出しという形を前回、報告させていただいたのですけれども、まだそういう細かい点は中には入っていないんですけれども、今回、先進地がございまして、金武町と北中城村が事業を進めております。

 その中で、9月1日に3町村で、国道事務所さんも含めて4団体で勉強会をしております。この勉強会、今後、何回となく繰り返してやっていきたいなと思っております。

 補助事業については、今、社会資本整備事業等一括交付金という形になろうかと思うんですけれども、今後また沖縄電力さんともどういった補助金が可能か、それと事業化が安くできるか、いろいろな方面で調整をしていかなければいけないというふうに考えております。

 以上です。



◆6番(安谷屋正議員) 

 今の説明ですと、財政的な面はクリアできるかどうかというところの検討まではまだ入っていないという理解でよろしいんでしょうか。

 そういう中で、ちょっと29年度の事業化に向けて取り組むことになったという経緯のところで少し説明が足りないのかなという気がするんですけれども。

 例えば前回の答弁だと、それだけの費用がかかるのであれば財政的にも厳しいので、なかなか難しいよということだったと思うんですが、今回そういう財政的な根拠もまだはっきりしない中で、29年度の事業化に向けて取り組んでいくと。そこのところに対する説明を、もう少し掘り下げてしていただけますでしょうか。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 再質問にお答えいたします。

 国道事務所さんのほうが、今年度事業採択をして、29年度から30年度に完成をする予定であります。

 その中で、その後、電力の接続部分を向こうで設置していただければ、その後に順を追ってうちのほうも事業化を進めるという考えでもって今思っている状況です。

 事業化は市長との調整の中でも、今回、意見書のほうも議員の皆さんにも御提案しているところでありますので、その面も含めて事業化が着手するのはもう決定しているということを、市長との確認もとっております。

 以上です。



◆6番(安谷屋正議員) 

 国道のほうがそこのセーファ入り口周辺の331号線を整備する、その事業化が国道のほうで先にあるので、それに乗っかって、市道知念1号線、セーファまでの路線も整備していこうというような認識でよろしいんでしょうか。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 はい、そういうことになります。



◆6番(安谷屋正議員) 

 今のところでちょっと、先に国道のほうが整備事業着手して、整備する計画があるがゆえに、それの取りつけの知念1号線ですか、セーファまでの路線も整備に向けてやっていけるという回答なので、ちょっと今後のことについてなので、ちょっと厳しいかなとは思いつつも、無電柱化することによって住みやすいまち、災害にも強いようなまちづくりが進んでいくという観点のもとでいきますと、この庁舎を中心とした複合施設、そこを防災の拠点として位置づけするというところからいきますと、斎場御嶽に関しては観光客のことも考えると大変いい取り組みだとは思いますが、ぜひセーファだけにとどまらず中核地、そこをまず防災拠点として捉える観点から、そこに対する事業の取り組みを、今後、検討していけるのかどうかについてお答えできますでしょうか。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 再質問にお答えいたします。

 今回は、斎場御嶽前の市道の整備の状況を見ながら庁舎建築の中核施設においても、今後その状況を見ながら検討していきたいというふうに考えております。



◆6番(安谷屋正議員) 

 ぜひ、せっかく複合施設として庁舎を中心として、そこに社協も入ってくると、なおかつ2,000台規模の駐車場も整備し、そこを防災拠点の一つとして捉えた場合、やっぱり何かと市民はそこに集まりやすい中心地にもありますので、そういう形であればぜひ、そこも全く、そこに来れば安心なんだよと言えるようなまちづくりができるように、やっていただければと思います。

 その観点からいきますと一応、南部東道路も工事着手して、なおかつ庁舎建設もそこを中核地に進んでいくと、どっちにしても向こうが中心地になっていくでしょうし、あとまた2020年ですか、与那原の大型MICE施設の誘致も決まっております。そういう中では、南城市に来られる観光客の皆さん、どんどん、ますます増えていくだろうというふうに容易に想像がつくところなんですが、そのたびに、昨日の台風は早足で過ぎてしまって大きな被害もなく終わったんですが、やっぱり台風が来るたびに、僕らの親慶原なんかだと、普通に停電が始まるともう2、3日は回復しないというような状況がありますので、できればこういったことを改修するためにも、ぜひそういう観光拠点地、あと中核施設、防災拠点施設を中心に無電柱化を推進していただいて、ゆくゆくはまち全体が、大変厳しいことだとは思うのですが、そういう夢のあるまちづくりにつながれば、当然定住する人間も増えてこようかと思います。

 いつも市長が、本籍人口を取り戻すという、また南城市らしい身の丈に合ったまちづくりという観点から、ぜひ市内から出て行かれた皆さんを引き戻す、新たな定住者を増やしていく、そういうことでもぜひ、長い話、スパンにはなるかとは思うのですけれども、そういう夢のある話で、今度セーファーを拠点として、そういう無電柱化がモデル地域としてできますので、実際目の前で無電柱化したときの景観とか、そういう停電のない状況を経験すれば、市民の皆さんもまた十分理解が進むと思います。

 そういうところで、今後の市の無電柱化に対する考え方を少し、市長のほうから所見をいただければと思いますが、よろしくお願いいたします。



◎市長(古謝景春) 

 お答えいたします。

 無電柱化については、これは3者の、国道事務所の国の問題、そして事業者である沖縄電力の問題、そして、市道の我々の事業化の問題がありまして、それを調整するのに相当困難でありました。

 当初は、無電柱化については、お金がかかるということで、沖縄電力の部分は引けていたんですね。なかなか事業化したくないというような部分だったのですが、それが、原因者負担としてできるんじゃないかというようなことも含めて検討し、また斎場御嶽だけの1号線だけだとなかなか効果がないだろうということで、それを国道にお願いをして国道もやるということになって、その事業化を進める経緯になっております。

 今後も我が南城市は、皆様御承知のように景観のいい、見晴らしのいい場所ですから、できれば無電柱化、国道も含めて沖電の皆さんが許すのであれば、それも含めてお願いをしていこうかなと思っております。

 向こうから、皆様がご覧になってわかると思いますが、電柱がなくなると相当景観が変わるんですね。そして、電柱はなくなりますけれども道路も色づけしようということで、もう色も決めてあります。そうしますと、この地域は何か違うなというような雰囲気を醸し出そうということで今やっておりますので、道路の舗装も含めて検討していることを、ぜひ御理解をしていただきたいと思います。



◆6番(安谷屋正議員) 

 まさしく南城市の観光においては自然、景観が財産だと思います。そういったことも含めて前向きな答弁いただいたものだと認識しております。

 確かに今、地中化に関してはいろんな技術的な面でかなりコストの高い整備費用になっていることは重々理解しております。電力も、NTTさんもそこの地域を整備してどれだけの効果があるのということで、かなり苦心しているというのも聞いております。

 しかし、今後はかなり電線地中化においても材料が安価なものが使えるようになって、国の方針も今、電線の地中化に関してはバックアップする形の政策にどんどん動いておりますし、技術革新によってかかる経費もかなり軽減されてくるかとは思いますので、今後ぜひまたこの島尻、南部の先駆者として、南城市がまた新しいまちづくりのモデルを示されるような取り組みを期待していきたいと思っています。

 今日の質問に関しては確認事項が主であったのですが、2点ともかなり前向きないい答弁をいただきました。ぜひ今後も南城市に来てよかったなと、南城市に住んでよかったなというようなまちづくりに向けて、そういう環境面、あと防災面含めてしっかりと前向きに取り組んでいただければと思います。

 以上で質問を終わります。



○議長(大城悟) 

 次の質問者、城間松安議員。



◆18番(城間松安議員) 

 ハイサイグスーヨー、チュウウガナビラ。傍聴席、さっぱりしております。私の頭もさっぱりしておりますけれども、よろしくお願いいたします。

 8月8日でしたか、中国江陰市、政務調査で行ってまいりました。我々ゆまじり会、8名の議員と市長、企画部長そして子ども達と行ってまいりました。4泊5日でしたか、行ったときにはすかっと晴れていましてですね、スモッグがないんですね。こういう光景は珍しいよという話でございました。

 一番感じたのが、最初はホテルに行っても大理石でばーっと敷き詰められて、相当豪華に見えるんですね。豪華ではあるんですが、細かいところが行き届いていないと。例えば窓枠が、風がひゅーひゅー入ってくるような感じで、また床のほうが雑。そういう感じがありました。一番大変だったのが、水が水道水から飲めないと。それがあって、夜酒盛りしたときに氷をもらった、それを飲んでみんな下痢ピーしたんです。それが一番こたえました。本当に、南城市の上下水道のありがたみを痛感したわけであります。

 それでは、一般質問3点ほど通告しておりますので、よろしくお願いいたします。

 嶺井団地の建て替えについて伺います。

 御承知のように嶺井団地は昭和48年に建設され42年が経過し、老朽化が進んでおります。近年、我が日本において大きな地震が立て続けに発生しており、耐震性が低いこのような団地が真っ先に犠牲になるのではないかと懸念するわけであります。

 建て替えについては、これまで幾度となく議論をしてまいりました。ようやくここにきて、沖縄県住宅供給公社が主体となり地域居住機能再生推進事業を活用して沖縄県住宅供給公社の嶺井団地、県営新開団地、県営第2団地合わせて約300戸以上の規模の団地の建て替えをするという話がありました。大変安堵をしているところであります。

 平成27年10月には沖縄県、沖縄県住宅供給公社、南城市で地域居住機能再生推進協議会を立ち上げと聞いております。平成28年度には事業認定を受けるために資料の作成中であるという話がありました。その後の進捗状況を伺います。

 続いて2点目でありますが、大里、当間の当間2号農道整備でありますが、距離にして約574メートルありますが、幅員が狭く車の通行、農作業に支障を来しております。この道路整備は平成23年8月に事業採択されて、平成25年には設計、測量も完了しております。いよいよ工事が始まるものと地域の方々は大変喜んでおられました。その後2、3年たっても一向に工事をする気配がなく、担当課に確認したところ、費用対効果が上がらなく頓挫した状態であるという説明でありました。

 事業採択から5年が経過しており、平成30年度が事業最終年度だと聞いております。既に補助金も投入しておりますので、所管課の英知を結集し、整備ができるようにしていただきたいと思いますが、今後の方針を伺います。

 続いて3点目でありますが、糞尿処理施設について伺います。

 現在、酪農の一番の課題は糞尿処理であります。核家族化が進み、牛舎の周りに住宅が押し寄せてきている状況があり、それによって圃場に糞尿を散布するとすぐ悪臭がするという苦情が寄せられ、ほとんどの農家が処理に苦慮している状況があります。

 酪農部会では、糞尿処理施設の建設を待ち望んでおります。補助メニューも終了するという話が聞こえてきます。糞尿処理施設の建設ができないか伺います。よろしくお願いいたします。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 城間議員の嶺井団地建て替え工事の進捗状況についてお答えいたします。

 昨年10月に沖縄県、沖縄県住宅供給公社、南城市の3者による南城地域住居機能再生推進協議会を立ち上げております。そして、同年12月に地域居住機能再生計画書を策定し、今年4月に地域居住機能再生推進事業の新規事業として採択されております。本年度は、沖縄県住宅供給公社において、公社嶺井団地建て替え事業計画の策定業務を行っており、先月、8月25日に嶺井団地入居者と分譲住宅にお住まいの方を対象に、嶺井団地建て替えの意向調査と住民説明会を実施するなど作業を進めております。

 以上です。



◎農林水産部長(屋我弘明) 

 城間松安議員の当間2号農道整備についてお答えします。

 この事業は村づくり交付金事業、南城市西部地区で真境名、稲福、大城を除く大里地域を対象とした農業生産基盤の整備であります。

 質問の当間2号線については、農地と農道の高低差があり、擁壁等の構造物が多く費用対効果が上がらない状況でありました。

 本事業については、再度現況を確認し、受益者、沖縄県と調整し設計の見直しを行い、平成29年度から整備を実施していきたいと考えております。

 次の糞尿処理施設の建設についてであります。

 畜産農家にとって糞尿処理の問題はどの農家にも非常に苦慮していることは十分に把握しております。糞尿処理施設の建設につきましては、専門業者からの提案等によりますと、建設費には莫大な金額を要し、仮に施設を建設したとしても年間の維持管理費に係る費用は個々農家が負担する経費も多額になり得る報告を受けております。

 前回も同様な質問にお答えしましたが、本市単体では実現が厳しく、南部一帯を網羅し整備していくことが現実的であると思われるため、今後、国・県等との機関とも調整しながら検討していきたいと思っております。

 以上です。



◆18番(城間松安議員) 

 答弁ありがとうございました。

 嶺井団地の件から再質問を行います。

 部長の答弁では、再生計画書を策定し4月には新規事業として採択されたと答弁がございました。また、住民説明会、先月の8月25日でしたか、あったという話でありますけれども、住民説明会の中でどういった説明がなされたのか、内容わかるのであれば教えていただきたいと思います。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 先月、公社主催で入居者並びに団地にお住まいの方々に説明会を行っております。その中で、公社嶺井団地の建て替え事業の概要等を説明なされて、意見を聞いているようでございます。

 調査項目の中には、人数、建て替え後の入居の可能性とかですね。それと現状、足りない部分とか、それと建て替え後の要求部分とかですね、いろいろな方面で意見を聴取しているようでございます。

 今後、スケジュール等も報告されているようでございます。平成28年度に、さっき申し上げた計画策定等を行うということと、それと29年度に建築基本実施設計、地質調査等を行うということ。それと、平成30年以降に仮設住宅の移転、それと現建物の解体等の着手を行う。それと、平成31年以降に完成、住居移転という御説明をされております。

 以上です。



◆18番(城間松安議員) 

 居住機能再生計画書を策定したとありますけれども、その中で今、嶺井団地は104世帯、それで4棟で4階建てでしたかね、現状の形態になるのか、その辺はどうでしょうか。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 再質問にお答えいたします。

 現在4棟あるのですけれども、多分2棟で建築されるんじゃないかというふうに考えております。その分、あく分に利用をするということも、これからの計画の中に入っていくということになります。

 先ほど、意向調査の中で、今、駐車場の問題とかもございまして、車の台数とか細かい部分まで調査をしているという状況でございます。

 世帯については、今現在104世帯の入居する機能は持っておりますけれども、前回増えたと聞いておりますので96、97世帯まで入っているのかなということを聞いております。

 建て替えまでに、この話が進むまでに、どうしても104世帯は入ってもらいたいと。その分しか建築はされません。現在、建て替えする分、入居者がいる分に関して建て替え、この部屋を、居住する世帯を造っていくという形になります。

 以上です。



◆18番(城間松安議員) 

 現在97世帯でしたか、入居しているのが。あと7世帯あいていますので、皆さんふるって入居してください。

 先ほど、仮設住宅の話があったと思いますが、これは移転のための、住民のための仮設住宅でしょうか。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 そういうことになります。建築中は別な場所に移転をするということになります。

 以上です。



◆18番(城間松安議員) 

 その引っ越し費用とかは、全部補助は出るんでしょうか。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 はい、引っ越し費用も補助対象になります。それと、まだ細かい調整は公社と調整はしていないんですけれども、市町村の持ち分等が今後、議論されることになろうかと考えております。

 以上です。



◆18番(城間松安議員) 

 これから、事業採択はされておりますけれども、これから実施設計に入るということでありますので、まだまだ完成までには4、5年はかかるのかなと思っております。本当にスピード感をもって、強い地震とか今頻繁に起きている状況がありますので、ぜひ3者が連携を強化して事業を早目、早目に進めていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 続いて、当間2号の農道整備であります。

 部長からも前向きな答弁がありました。29年度から整備を実施していきたいという答弁がありました。工事最終年度が30年度と聞いておりますので、本当にこれもぎりぎりの線かなと思っております。

 当間2号の農道整備というのは、この道路周辺にはマンゴー栽培、菊栽培、サトウキビ、採草地等があります。中でもマンゴー栽培、菊栽培は結構売り上げが上がっているのではないかと思います。それでも費用対効果が上がらないというのは、マンゴーの出荷は平成26年度から出荷しておりますので、事業採択が平成23年度であり、設計測量が平成25年度でありますから、マンゴーの出荷以前に、費用対効果の算定を実施したのではないかと推測いたしますが、いつ頃この費用対効果というのは算定を実施したのか伺います。



◎農林水産部長(屋我弘明) 

 城間松安議員の再質問にお答えいたします。

 この事業が採択されて翌年度から実施設計をやられていますけれど、その時点で費用対効果が得られない。当初は大体、概算の場合はもう大まかな、大体メーターあたり幾らということで出して、それで費用対効果1にするんですけれど、今回、先ほど申したんですけれど、農地と農道の高低差が結構あったりして、そこで大型の擁壁が出てきたり、そういう実施設計になった時点でちょっと費用対効果が上がっていないという報告を受けております。



◆18番(城間松安議員) 

 費用対効果が、思った以上に工事費がかさんだということで、費用対効果が上がらないという話でありましたけれども。このマンゴー出荷が26年、27年、28年の3年間、もう順調に軌道に乗っております。これを勘案すると、とんとん、1ぐらいいくんじゃないかなという自分の思いがありますけれども、できるだけ調整して、やる方向でということで部長の答弁もありましたので、ひとつその辺は田園整備課にお任せをいたします。

 この道路、一周道路になっていて、福原、古堅への連絡線としても重要な道路であります。幅員が狭くでこぼこのひどい道路となっていて、対向車との通行がスムーズにできない状況であり、農作業をするにも大変不便を感じており、生産意欲の低下が懸念されます。

 費用対効果が上がらなく頓挫している状況でありますので、この費用対効果を上げるにはどうすればいいのか工夫をしていただきたいと思います。

 農家の方々と調整をしながら、この工事が早めに着工できるように、最終年度が30年度でありますので、タイムリミットも切っております。これ以上工期を延ばすことはできないと思います。地域の方々も早急な農道整備を待ち望んでおります。早目に着工できるようにお願いをいたします。

 続いて、糞尿処理施設にいきます。

 糞尿処理施設の建設についてでありますが、平成11年に家畜排泄物の管理適正化及び利用の促進に関する法律が制定され、同年11月1日に施行されました。畜産農家は管理施設を整備し、対応に努力してきましたが、環境意識の高まりから規制が強化され、環境対策へのさらなる対応が求められております。

 本来なら、耕種農家と連携して圃場への還元が理想ではありますが、冒頭でも申し上げましたように、住宅が畜舎の周りに迫ってきており、圃場へ散布すると悪臭の苦情が出る状況であります。

 処理施設の建設は、畜産農家の喫緊の課題であります。酪農家でも悪臭が出ないように、自然食品等を飼料に混ぜて対策を実施しており、悪臭の軽減につながっております。それでも圃場へ散布すると、視覚的感覚から不快感を与える状況があります。実際には嫌悪感のある悪臭はほとんどしないのが現状であります。

 酪農部会では、今年の2月に静岡のほうへ糞尿処理施設の視察に行っております。私は日程が合わなくて行けなかったんですが、話を聞いたところによりますと、オゾンで水処理をして河川に放流し、固形の糞は発酵させて堆肥にして販売するという施設であります。オゾン処理水は、水質汚濁防止法に定める放流基準値をクリアして、脱色も可能であるということであります。オゾン処理水は、オゾン発生装置と電気代が必要で、経済的な負担が大きいということでありますけれども、農家負担のランニングコストは月10万以内と試算をしております。このような施設であれば十分運営できるということであり、部会の皆さんの一致した意見であります。

 放流型のオゾン処理施設の建設について再度伺います。



◎農林水産部長(屋我弘明) 

 再質問にお答えいたします。

 今、城間議員からのオゾンを含んだ施設とか提案がございましたけれども、糞尿処理施設にはバイオマスを巡らせた事業とか、多くの事業があるんですけれども、ところがそれが建設費が10億、20億あるいは30億、そう膨らんでいくものですから、どうしても補助事業等を導入しながらやっていかないと、なかなか難しいと考えております。

 去年、耕畜連携事業で八重瀬町が糞尿処理施設を造ってございますけれども、それは耕畜連携というのは、畜舎の糞尿をバキュームして畑へまくという事業をして、それについては今説明あったように、やっぱり悪臭ということでなかなか苦情が多くて、なかなか進まないという状況なんですけれど。

 その施設を造る前に来年度、まだ予算化していないんですけれど、畜産悪臭対策事業で養豚のやつで有望な悪臭対策の施設が見えてきているんですけれど、それをまず来年度実施して、臭いがなければ地域の畑にまいても苦情はないんですよ。その臭いを消すような事業、悪臭対策の事業を次年度計画して、それがうまくいけば、特に養豚とか酪農については水分が多いのでその処理について有効な効果が出ないか、そういった形でいろいろ悪臭対策は実施していきたいと。まずは、大きな施設を造るには予算化が必要なもので、その前にそれを次年度、検証していきたいと考えております。

 以上です。



◆18番(城間松安議員) 

 膨大な予算が伴うということで、ちょっと厳しいという答弁ございました。南部一帯で網羅し調整していくことが現実的であるという答弁もありましたけれども、八重瀬町では最近造った施設と14、15年くらい前に造った施設、2カ所あるんですね。なかなかそう南城市には、一番、4割が集中している畜産の割には1カ所もないということで、最近本当に個人差があるんですよ、農家にしても。圃場に還元して十分やっていける農家と、そうでない農家。そうでない農家が今大半を占めていると。若い人たちがばんばん参入してきているんですが、なかなかそれに苦慮している状況があります。

 30億の話がありましたけれども、普通見た感じでは10億以内で大体とまると、そのように見ております。オゾン水処理でも。ランニングコストがちょっと高めではあるんですが、処理水をやれば色も取れるとそういう話でありますので、他の塩分とかそういうのも、アンモニアとかそういうのも全部抜いて放流できるというような感じでありますので、もしできるのであれば検討していただきたいなと思っております。

 部会では先走って、用地についても検討しております。ある場所に糞尿処理施設として最適だろうという目星をつけております。もし建設の話が進むのであれば、ぜひこの用地を紹介したいと思います。

 農家の皆さん方が糞尿処理に本当に苦慮している状況であり、糞尿処理の課題を解決しない限り、後継者に安心して引き継ぐことも躊躇しますし、新規参入も厳しいと思います。安定した酪農経営もできない状況でありますので、早急な糞尿処理施設が建設できるようにお願いをいたします。

 最後に市長の所見を伺います。



◎市長(古謝景春) 

 お答えいたします。

 酪農については糞尿処理というのは、もう基本なんですね。私も平成7年くらいにその糞尿処理についての微生物の研究をしまして、今はEMが主流になっていますが、アガリエ菌、放線菌を扱って知名の豚舎をこのアガリエ菌で処理をして、今も平成7年からずっと継続しております。入れ替えもしておりませんし、臭いもありませんし、そして放線菌自体が今マンゴー農家に相当の人気があって、その糞尿の乾燥は予約制で足りないくらいだということを聞いております。

 皆さんも、知名の方も御存じだと思いますけれども、当時はこう、お家に座っていても臭いがするし、また河川の海の部分は真っ黒で汚れておりました。今、全然それはないですね。三層をやって三層の部分から循環して、この豚舎を洗っております。そのことがずっとあれして放流は全部していませんから。この部分で全処理、循環型の処理工程をやっているということ。私はあの部分をもう少し勉強してやれば、まだ微生物はございますから、そういったものも含めて今ある施設にそういった微生物を使っていくということが、私は大事だと思っております。まだ菌は持っていると思いますから、私も宜野座に行ってまた探ってこようかなと思っているのですが。奥さんが今継続してやっておりますから。そういうことをやれば、持続的なものができるんじゃないかと思っておりますので、そういうことも含めて。

 それと同時に、私は八重瀬町の、15年くらい前から、もっとなるんじゃないですかね、その方々にその微生物を試してもらったんです。試してもらったら10分の1くらいに減っちゃうんですね。そうすると堆肥、売る部分がなくなるんですよ。微生物が食べて10分の1に少なくするものですから、畜産農家にとっては大変いい微生物じゃないかなと思っておりますが、そういったものを固形の部分を凝縮していくということであれば、いわゆる堆肥コウジを畜舎の側に積載すれば、それが全部食ってしまう、そういうことの部分もありますから、それも今持っているという話ですから、そういうことも含めて検討すべきだと思っております。

 前から言っているのですが、なかなか皆さんそういうもの動いてくれませんが、ぜひこのシステム自体を見て、放線菌がどういう役割をするかということも含めて、その実態を豚舎を持っている方に聞いて、そしてどういったサイクルで臭いがなくなっているかということもやれば、自ずと結論は私は出てくると思いますが、なかなか主管課も言っても、どういうことをやっているかどうかわかりませんが、身近にあるものをやって結論としてどうあるべきかというのは、私は勉強すべきだと思っております。



◆18番(城間松安議員) 

 市長、ありがとうございました。

 先ほど部長からも答弁がありました。悪臭をとるのは皆さん畜産農家は努力しているんですよ。現在、私もやっています。やっていて圃場に散布してもそんなに臭いは、6割7割くらい取れるような感じです。だから散布してもそんなに苦情はこないです。努力はしているんですが、その処理の仕方なんですよね。皆さんが本当に時期がこう、雨のある時期に処理できないとそういうのがあって、コンスタントに圃場に還元できるのであればいいんだけれど、牛舎の堆肥場があふれるくらい、雨の時期はそういうのを処理するのに困っているような感じで。悪臭をとるのは各々、我々もやっております。大体6割から7割くらい軽減されている状況があります。

 この処理施設、全協でしたかね、視察で日田市に行ったバイオマス、所管事務調査で行ったときに、生ごみを回収しているんですね全部、家庭から。それを一緒に入れて発酵させていると。そういうのもいいんではないかなと私は思ったんですが、生ごみでありますが、燃やすごみに最近入れて出している状況であり、ごみ収集の方に聞きましたら年々増えていると、生ごみを出す家庭が。それは持ってわかるものですから、重いものですから。

 これはどういうことかと言いますと、生ごみを焼却するのに大量の燃料が必要であると言われており、また焼却炉の傷みが早いと言われております。生ごみを回収して牛糞と混ぜて堆肥にすれば、ごみ焼却炉の燃料減、維持管理の削減等で長寿命化につながると思います。ぜひ処理施設ができるようになれば検討していただきたいと思います。よろしくお願いをいたします。

 以上で終わります。



○議長(大城悟) 

 休憩します。

     (休憩 14時30分)

     (再開 14時40分)

 再開します。

 次の質問者、上地寿賀子議員。



◆1番(上地寿賀子議員) 

 皆様、お疲れさまでございます。

 本日、一般質問2日目最終の質問となりましたので、私から前振りはなしで早速通告に基づいて質問させていただきます。

 まず1点目に、子供達の通園路、市民生活の環境整備について

 子供たちや保護者が安心して通える通園路や市民生活の環境整備につきましては、平成27年3月議会におきましても、大里目取真区市道1の46号線、公方線になりますが、その道路整備につきましても一般質問をしております。その後この市道沿いに、おひさま保育園、木の国保育園が設立されています。子供たちや市民の安全確保のためにも、その後の道路整備等、以下について伺います。

 ?その後の道路整備について

 ?現状の道路状況におきまして、利用する市民への危険性はどの程度想定されるかについて

 ?今後の道路整備としまして道路拡張計画を進められないかについて

 以上。

 2点目、3点目につきましては自席にて質問をさせていただきます。よろしくお願いをいたします。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 上地議員の御質問、道路整備についてお答えいたします。

 一部の排水補修についてはこの現場は済んでおり、舗装工事については9月中旬に入札を予定しております。

 2点目の現状の道路状況での市民への危険性はどの程度想定されるのかについては、路肩部分は雑草が繁茂しており狭いように見えますが、全面舗装することにより幅員が確保され、車のすれ違いが容易になり安全が確保されるものと考えております。

 3点目の道路拡張計画を進められないかについては、舗装工事後の道路利用状況を確認しながら、市内全域の道路整備計画も含めた中で、判断してまいりたいと考えております。



◆1番(上地寿賀子議員) 

 この質問につきましては昨年の3月議会でも取り上げているんですけれども、まず道路拡張整備計画について伺いますが、本当にこの一帯にはおひさま保育園、そして木の国保育園の2つの園の新設、また、すぐ近くにも松の実保育園と3つの保育園があるわけです。昨年も申し上げましたけれども、この3園の子供たちの児童の定員数からしても、毎日の朝、夕方には約240台の車が行き来をすることになるわけです。そしてプラス、地域の住民の生活道路としても利用されていて、とても重要な生活道路となっているわけですけれども、ゆくゆくはこの沿道の保育園側にも、例えば住宅が増えることが今予想されているのですけれども、この住宅が増えた後で拡張工事をしようとしても用地の買収に恐らく大きな費用がかかるかと思いますが、今のうちに拡張工事を進めるべきではないかなというふうに考えています。この市道は幅員が4メートル以上ありますので、幅員をさほど広げる必要もなく、今なら用地買収もしなくてもいいということで、拡張工事ができる状態であるかと思いますけれども、これまでにも地元住民の同意は得られていますし、昨年の答弁でも緊急性、必要性、そして地域住民の意向や優先度を確認しながら道路整備計画を整備していくとあります。

 今は保育園とか住宅もできてきていますので、以前の状況とは違ってきていると思います。この状況からしましても十分に優先度は高いと考えますが、いかがでしょうか。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 上地議員の再質問にお答えします。

 先ほどいただいた現場の写真等も含めた中で、実際素掘りの排水路も、おひさま保育園ですか、その部分から約70メーター、今ざっと計算入れても800から1,000ぐらいの排水路が必要じゃないかと思うぐらいの設置しなければいけない状況になるのかなという検討をしております。

 今、道路網整備計画、今年度改定しておるんですけれども、市内にこれから関係各課、部を含めて優先度の議論をしていくんですけれども、市内にはまだまだ早急にすべき道路排水路が多々あると。特に上地議員出身の大里地区があります。

 それと、北小学校建設に向けても必要な路線が出てくるんじゃないかということも想定されておりますので、いろんな方面からして検討すべきことだと考えております。

 以上です。



◆1番(上地寿賀子議員) 

 大里地区は、合併前は福祉部門のほうにちょっと力を入れて、道路整備は優先度が低かったというふうに聞いていまして、今がまさに大里地区の道路整備のタイミングではないかと思うわけですけれども、今、答弁のほうでも全面舗装をする、また舗装工事後の道路需要状況を確認しながら全域の道路整備計画も含めて計画を進めていきたいというふうにありましたけれども、この道路整備計画網にも入れていただくことも視野に入れてもらいながら、拡張するまでの当面の対応としまして質問しますけれども、写真にもありますように陥没しているところが至るところにあるわけですけれども、ここは本当に毎日、多くの車が往来するわけで、例えば簡易的な補修をしても、またすぐに補修した部分が往来する車によって穴があいてしまう、でまた補修をする。その繰り返しになってきているわけです。

 ただでさえ狭い道を、陥没があるがゆえに車の通行に支障を来していまして、また利用する方には大変危険な状態であると聞いています。現に、新聞配達をする方が朝の薄暗い中でバイクでこの道を運転して、この陥没につまずいてしまって横転してけがをしてしまったということも起きていまして、この地域住人の方もちょっともう不満をあらわにして大変困っているという状態であるわけです。

 答弁でも全面舗装をするということでいただいていますけれども、この市道に関しましては、全面舗装として、この穴の陥没の穴埋めだけでなくアスファルト舗装をするという解釈でよろしいんでしょうか。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 再質問にお答えします。

 全面舗装等をすることになるんですけれども、排水側に路面が傾いているところは、ある程度土盤の整備をしてから、その分のアスファルトの舗装をしていくという形になりますので、安全面はある程度確保できるというように考えております。

 実際には、この路線をちゃんとした整備をするとなると、安全面を確保するとなると、また次はガードレールが必要となってくるんじゃないかと、いろんな想定がされます。順を追ってですね、今度舗装をした結果を見ながら、次には何が大事かと、生命財産の確保をするのは排水よりもガードレールじゃないかなということも含めて、今後、危険性が伴うのであればそれも検討していきたいなということを考えています。

 以上です。



◆1番(上地寿賀子議員) 

 ぜひですね、アスファルト舗装は排水路側のほうだけというふうな解釈をしましたけれども、アスファルトを前面張り替えるというぐらいの舗装をしていただきたいと思います。

 今ガードレールの話もありましたけれども、計画は先の先も見据えてやるべきだと思いますので、アスファルトも張り替えるぐらいの前面舗装を、ぜひ検討して推し進めていただきたいと思います。

 そして写真にあります?になりますけれども、これは木の国保育園の辺りになりますけれども、この市道さらに道幅が狭い箇所がありまして、これは片方の路肩が崩れてしまって車が1台通るのも本当にすれすれといった状態になっています。ただでさえ車とか人の往来が多い道ですから、安全対策としても幅員が足りないところ、そこにトンブロックを置くなり、また雑石を積んで対応ができないかということを伺います。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 上地議員の再質問にお答えします。

 土木建築部のほうでも、航空写真と地籍をかぶせてみて、今、ある程度現場の状況を確認しているんですけれども、当場所が個人の用地である、私有地であるのか、公有地あるのかまだ確認をされておりません。

 もし市道、公有地であれば、その分盛り土をして、できる範囲内で拡幅できるか検討していきたいというふうに考えております。

 以上です。



◆1番(上地寿賀子議員) 

 今、盛り土という答弁でしたけれども、盛り土での対応となると、またすぐ何らかの問題が生じてくるのではないかと思われますが、いかがでしょうか。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 再質問にお答えします。

 今年度は舗装面の予算確保がされている状況であります。今後、うちの維持管理費で、その擁壁等が可能であれば検討し、危険性を伴うのであれば検討していきたいなというふうに考えています。

 以上です。



◆1番(上地寿賀子議員) 

 現に、バイクで運転している方が転倒したりとかというような危険性だとか、あとは通園する子供たち、また送り迎えの保護者の車の交通安全面からしても危ない状態でありますので危険性は高いと考えます。

 今、9月中には舗装工事についての入札を入れるということですけれども、今、申し上げました路肩が崩れているところの補修も含めて、トンブロックを置いてもらうなりの補修も含めて、また、アスファルト全面張り替えの補修の工事の予算をぜひ獲得していただきたいのですけれども、例えばこの補修にかかる予算はどのくらい想定されていますでしょうか。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 再質問にお答えします。

 今ざっと見積もった中で、舗装工事においては170万程度だというふうに確認しております。

 それと、今の最低限安全を確保するためにも、ガードレールとか、いろんな面で整備するためには最終単独でする場合は、あと500、600万は必要であるのかなというふうに、今、想定をしております。



◆1番(上地寿賀子議員) 

 今、この補修に関しましては路肩が不足している部分、そして市道全面的なアスファルト張り替え、そしてもう一つ、排水路が未整備のところもありまして、写真の?になりますが、ここは穴を掘っただけの素掘りの状態になっているために掘ったところが土砂などで埋まってしまって、排水の機能をしていないわけですね。今日みたいに雨が降ると雨水が排水路には流れていかないという状態もありますので、そこの3点も含めて、この補修工事に関する予算の獲得をお願いしたいと思います。170万を想定ということですけれども、単費500、600万も含めて、ぜひ予算の確保をお願いしたいと思います。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 再質問にお答えします。

 単費で今800万、900万円というふうに一般会計で支出するとなると、補助事業となるとその80%が補助事業で整備ができるという状況になりますので、当面、先ほども申し上げたように危険性を伴うことを優先的に改善していきながら、時期を見て本格的な補助事業の道路整備が可能か、今後の検討事項だと考えております。

 以上です。



◆1番(上地寿賀子議員) 

 ぜひ、今までのような簡易的な補修で、補修を繰り返す、繰り返すというようなことがないように、申し上げました3点、アスファルトの全面張り替え、幅員が足りないところの補修、そして排水路がない部分の未整備の部分についての整備、この3点について引き続き予算を確保していただいて進めていただくようにお願いいたします。

 では次に2点目の質問に入ります。

 大きい2点目、市内の草刈り作業に対する対策について

 市内に繁茂する雑草の草刈り作業は、地域やPTA、ボランティア団体も取り組み日頃から環境美化に努めていますが、より市民が作業に取り組みやすいようにするための対策として以下について伺いをいたします。

 ?地域やPTA、ボランティアが刈り取った草の回収補助が可能かどうかについて

 ?草刈りにかかる経費の助成(草刈り機の燃料代など)の助成ができないかについて

 ?草刈り作業に関する要項が作成されているか、作成する計画はあるかについてお伺いをいたします。



◎市民部長(城間みゆき) 

 上地寿賀子議員の2点目の市内の草刈り作業に対する対策についてお答えいたします。

 ?の地域やPTA、ボランティアが刈り取った草の回収補助が可能かどうかの質問についてでありますが、現在、生活環境課におきましては、回収補助として公用2トン車の貸し出しを行っております。また、市道や公共施設において刈り取った草木等の回収補助につきましては、施設管理をしている担当課で対応をしております。

 ?の草刈りにかかる経費の助成(草刈り機の燃料代など)ができないかについてでありますが、草刈り作業に関係する課が複数存在するため、今後、関係各課と調整しながら、機材等の貸し出しや燃料費の助成ができる仕組みについて協議していきたいと思います。

 ?の草刈り作業に関する要項が作成されているか、作成する計画はあるかについてでありますが、現在、要項はございませんが、この件についても関係各課と調整し連携しながら、要項作成に向け議論していきたいと思います。

 以上です。



◆1番(上地寿賀子議員) 

 ただ今答弁で、施設管理をしている担当課で回収は対応しているのもあるということでしたけれども、今の地域やPTA、ボランティアの皆さんも快く市内の草刈りをしているんですけども、よく聞くのが、刈った草の処理に困っているということを聞くわけです。これが家庭ごみに出せるような量の草ではないので、シルバー人材センターに軽トラとか2トントラックで2回、3回も往復して草を運んで処理をしているといった状態ですけれども、そういう中でやっぱり草の処理に手間と費用の負担が生じているということを聞くわけですが、この担当課で回収をしているということは市民に対して周知はされているんでしょうか。



◎市民部長(城間みゆき) 

 上地寿賀子議員の再質問についてですけれども、市道についての回収については伊集部長に答弁させたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 市道についての御質問にお答えします。

 特に土木建築部の都市建設課においては、都市公園の部分と、それと市道の幹線道路においては、直接シルバー人材センターに委託をしております。年間委託をして、その分については処理費、人件費等で一括の委託をしている状況でございます。

 以上です。



○議長(大城悟) 

 伊集部長、質問は市民に周知しているかでしたよ。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 今、地域でボランティア等、それとPTAとかいろんな方々がボランティア活動をなさっているというふうに考えております。

 市が直接委託している以外については、その状況等を確認はしておりませんけれども、その車等の貸し出し、それと調整においては、いつも聞いているんですけれども、細かい点については市民のこういう処理と自前処理でやっている各々の対応を、来た場合に調整をしているという状況でございます。



◆1番(上地寿賀子議員) 

 今回ですね、私がなぜこの質問をしたかと言いますと、なんでもかんでも行政を頼るということではなくて、やっぱり自分たちの地域、そして自分たちの目の前の道は自分たちできれいにしましょうという仕組みづくりができないかと質問をしているわけですけれども、刈った草をスムーズに回収してくれる仕組みがあれば、もっと積極的に草刈りをするボランティアとか個人の方も増えてくるんじゃないかと思っています。そして、この草刈りをした後の沿道に花植えをするとかしたいなという気持ちも出てきて、相乗効果も出て花いっぱいの南城市というのが描けるんじゃないかと思います。

 例えば県道でしたら、今は南部土木事務所から委託を受けている沖縄県緑化推進委員会というところが、県道の草刈りをしましたら事前に連絡をしたら、後日、刈った草を回収してくれるんですけれども、これはボランティア登録されている団体などが対象となるんですけれども、先日確認しましたらPTAとか企業さんとか、そういったところもボランティア申請をすれば県道沿いの刈った草は回収しますよということでした。

 そしてまた、刈った草刈りの距離に応じまして報奨金が上限5万円あったり、また道具の進呈があったり、お花の苗の進呈もあったりするわけですけれども、その担当の方も双方にメリットがあるということで、このボランティア団体を、南部では今の1.5倍の団体数は増やしていきたいということで、今も、現在も募っているというわけです。

 このように、県道で刈った草はこの緑化推進委員会が回収してくれますよという周知も含めながら、市道の部分の周知も含めながら、南城市のエリアに関しても刈った草の回収などという形でサポートをしていただきたいのですけれども、回収が例えば難しいというようなことでしたら、小型の破砕機などもあると思いますので、それを導入して自治体へ提供するとか、あるいは貸し出しをするというようなことができないかと思います。

 先ほど、市民部長の答弁でも機材等の貸し出しについて協議していきたいというふうにありましたので、その件も含めてお伺いをいたします。



◎市民部長(城間みゆき) 

 上地寿賀子議員の再質問にお答えいたします。

 今、上地議員からありました県のボランティア団体の件は、私たちのほうでもちょっと調べさせていただいたところで、現在、県ではボランティア支援制度というのがあってボランティア活動の活性化、あるいは道路愛護の心を育むことを目的に、県が管理する道路において道路植栽等の管理活動を行う住民団体等を募集し、住民と行政の協働による美しい道路環境づくりを推進しているようです。

 事前に連絡をすれば、確かに刈り取った草も回収していただけることと、年に定額の支援金が支払われる他、苗や肥料等の提供も行われているということですので、私たちもこの県の事例あるいはまた先進自治体等があれば、その自治体の事例も参考にしてぜひ南城市型の要項や助成制度が確立できればいいなと思っているところでございます。

 ただ、先ほど答弁したように、事業実施化が他課にまたがっておりますので、調整が必要になりますので時間をいただきたいと思います。ぜひつくっていきたいなと。この機材の貸し出し、助成制度についても、前向きに検討していきたいと考えております。

 以上です。



◆1番(上地寿賀子議員) 

 この草刈りをした回収サポートとか、また他にも機材の貸し出しのサポート等があれば、例えば女性だけのグループの草刈りも可能になってくるのかな、作業がしやすくなってくるのかなと思うんですけれども、雑草が繁茂している悪影響としまして、雑草が生い茂っているためにそこにゴミのポイ捨てが起きて、そのごみを餌にハブが増えてくるということがあるんですけれども、最近では外来種の台湾ヒメハブが生息地を遠方からも広げていて、今はもう具志頭辺りまで広げているということも聞くわけですけども、このような悪影響を防ぐためにも草刈りが大事になってくると思います。

 環境美化も含めてですけれども、子供たちがまたこの雑草をよけて車道を歩いているというような光景も見られますので、その安全確保のためにも草刈りがしやすくなるような仕組みづくりを推進していただきたい。

 そして、要項に関しましては作成に向けて議論をしているということですけれども、これまでにも要項を作成するという計画がありましたけれども、その当時、区の区長さんたちはその作成にとても期待していたようなんですけども、いつの間にか計画が流れてしまったということになっているわけです。なので、草刈り機の燃料代の助成なり、また機材の貸し出しなり、お花の苗の進呈なり、そういったことも盛り込んで、ぜひ作成に取り組んでいただきたいと思います。いかがでしょうか。



◎市民部長(城間みゆき) 

 上地寿賀子議員の再質問にお答えいたします。

 要項作成につきましては、過去に都市建設課のほうでちょっと進めていたということの情報は得ておりますけれども、中身については私のほうが把握していなくて、今後、本当に南城市型のつくっていけたらなと。私たちも協働のまちづくりを推進しておりますので、みんなが気持ち良く、自分たちのまちは自分たちできれいにしていこうというお互いのこの気持ちが通じて南城市のまちづくりができたらいいなと思っていますので、前向きに検討していきたいと思っておりますので、ぜひアドバイス、意見等どしどし申していただければありがたいなと思っていますので、よろしくお願いいたします。

 以上です。



◆1番(上地寿賀子議員) 

 ぜひ都市建設課とも連携、協力していただいて作成に踏み込んでもらいたいと思います。

 地域でできることは地域で、それにほんの少し行政がサポートすれば、またさらに協働のまちづくりができていく仕組みがまたできていきますし、ボランティアの輪もますます広がっていくんじゃないかと思います。観光立県沖縄、斎場御嶽がある南城市ですから、このような要項を作成する意義とか価値も見出せると思いますので、ぜひお願いをしたいと思います。

 次に、3点目の質問に移りたいと思います。

 大きい3点目、利用しやすいスキルアップ講座の開設について

 本市におきましてもスキルアップにつながる講座は開催をしてきていますが、より多くの方が利用しやすくするために、仕事帰りに通える夜の講座や、託児所付き講座の開設、再就職、転職に有利になるような資格取得ができる講座が求められていますが、以下についてお伺いをいたします。

 ?本市がこれまで開催した各種講座の内容、時間帯、利用人数、年齢層について

 ?講座修了後のフォローアップ調査について

 ?夜の講座開設や託児所付講座の開設が可能かどうかについて

 以上、お願いをいたします。



◎企画部長(玉城勉) 

 上地寿賀子議員の御質問の利用しやすいスキルアップ講座について、企画部関連についてお答えいたします。

 本市では平成25年度から厚生労働省の採択を受け、南城市地域雇用創造協議会を設立し、求職者、転職希望者、創業希望者を対象とした人材育成講座等を開催しております。

 まず1点目のこれまでの開催した各種、講座の内容については、IT基礎、就活実践養成セミナーや企画立案、営業能力養成セミナーなど計7種のスキルアップ講座を実施、時間帯は協議会スタッフの勤務時間内の平日の10時30分から16時45分でありました。

 平成27年度の利用人数については、各種講座合計281名、年齢層については20代15%、30代12%、40代27%、50代29%、60歳以上17%の構成でありました。

 次に、講座修了後のフォローアップ調査については、受講者全員に対して電話での聞き取り調査を行い、研修後の就職状況、未就業者に対する就業に向けた情報提供などを継続的に実施しています。

 夜の講座開設については、事業の性質上なんですけども、原則として協議会スタッフの就業時間内での実施であったため、開催はしておりません。

 また、託児所付つき講座の開設につきましては、事業の対象にはしておりませんでした。

 今後の可能性については、受講者のニーズ把握とその必要性の観点から実施計画の変更が可能かどうか見きわめていくことになります。



◎教育部長(新垣聡) 

 上地寿賀子議員の3点目、利用しやすいスキルアップ講座の開設について、教育委員会サイドの答弁を申し上げます。

 初めに、本市がこれまで開催してきた各種講座の内容、時間帯、利用人数、そして年齢層についての御質問についてお答えします。

 教育委員会が中央公民館にて開設している講座は、市民の教養の向上や健康の増進、参加者同士の交流による仲間づくりを促進させることを目的として開催しております。ものづくりや運動の趣味を見つける、又は語学や史跡めぐりなど教養の向上を主としたものであります。講座を行う時間帯につきましても、平日又は休日の日中、それから平日の夜間など、講座の内容に合わせて受講者が参加しやすいように設定をしております。受講者は10代から80代まで年齢層が幅広く、毎年500人以上の参加をいただいております。

 次に、2点目の講座終了後のフォローアップ調査につきましては、公民館講座等は就業に向けた専門性を求めるものではなくて、受講者本人の教養、資質の向上に向けた講座開設となっており、現在行っておりません。

 続いて3点目の、夜間講座の開設や託児所付き講座の開設が可能かどうかについてでありますけれども、夜間の講座開設については現在も行っております。

 託児所付き講座につきましては、託児所に匹敵する場所、それから設備等の整備や専門職員等の配置等大変厳しいものがあり、開設を予定しておりません。

 以上です。



◆1番(上地寿賀子議員) 

 今、答弁をいただきまして、フォローアップ調査につきましては、受講者全員に対して電話での聞き取りなど調査を行っているということで、その後の状況、また情報提供も行っているということで、いい取り組みだと思います。

 あと、もうちょっと講座の内容につきまして、専門的な営業能力養成セミナーとか就活実践養成セミナー企画立案などされていますけれども、もうちょっと再就職とか転職に有利になるような講座の開設をしていただきたいと思いますけども、例えばですけれども、今、スキルアップにもいろいろあると思いますけども、最近ではニーズが高いと言われていますのが介護事務講座とか調剤薬局事務講座というのがあります。

 介護事務講座っていうのは介護報酬請求業務の一つで、介護を利用した方の9割分の介護サービス報酬を事業所、施設の報酬として、その市町村に請求する業務であるわけです。そしてまた、医療事務と並んで人気があるのが調剤薬局事務というお仕事になるんですけども、これは専門資格なのに手軽に取りやすいということと、あと、結婚出産後も働きやすいなど多くの女性から注目を集めている資格であるわけです。

 また、国の施策によって診察は病院で薬は調剤薬局でという医薬分業が進んでいますので、私たちが住んでいる周りにも多くの薬局を見かけるようになっていますけども、自宅の近くの職場に通勤ができる、働き方もフルタイム、週2日、午前中とか生活スタイルに合わせた柔軟な働き方ができる職場とされています。

 このような再就職、転職に有利になるような講座をぜひ市内で、また、昼間でも夜間でも託児所付きの講座開設ができないかと伺います。



○議長(大城悟) 

 残り1分です。



◎企画部長(玉城勉) 

 上地寿賀子議員の再質問についてお答えします。

 御提案があった、介護とか医療事務等々の部分での講座開設等についての可能性はどうかという再質問だと思いますが、今現在、企画部でやっている地域雇用創造協議会というのは厚労省の事業を受けてやっております。この性質というのが、地域の事業者、地域の資源を活用して、そこに創業者と一緒になってスキルアップをして、これが就職につなげていくという形になります。

 そういったことから、南城市のほうでは基本的なこととしてIT関係ではエクセル、ワードとかの基本操作等々のスキルアップ、外国語対応コミュニケーション、これはもっぱら南城市の観光に着目したセミナー。

 それと、企業側の部分については、新しい事業展開、営業能力を上げるためのセミナー等々をやっています。それと同時に、やっぱり南城市のほうでは農産物という部分を6次産業化という視点から、こういった部分でのスキルアップを目指す、それと食品加工技術等々ということで、南城市の特色に合った事業をつくり出してその中から雇用を見出す、それと人材育成をしてくという事業内容になっておりまして、今、御指摘があった、御提案のあった部分については、この事業計画の中に盛り込むというのは厳しい状況なのかなと。

 これ1回、この事業計画で出して、その中で進めていく、地域の特色に応じて地域資源を活用してというコンセプトになっているので、御指摘のような医療事務とかなんとかっていう部分については、例えば南城市のほうにですね、こういった教育施設とか大きな病院があって、そこに人材が求められているという状況があれば、その厚生労働省の事業が活用できるんですけども、そういった部分も含めた事業計画になっておりますので、その辺の部分についてはちょっと厳しいのかなと、別のやり方を少し考えないといけないというふうに考えおります。

 それと、夜の講座開設とか託児所の部分なんですけども、夜の講座開設の部分については、厚生労働省ということでオーバータイム等々の部分については抑制していくという団体でありまして、夜に講座を開いたりなんとかっていう部分については、なかなか認めづらいというところがあります。

 その部分については、ニーズが高ければ今後やって、事業計画の変更が可能かどうかっていうことで、担当課のほうでは考えていきたい。

 それと同時に、託児所の部分についても、その辺のニーズを踏まえた上で、この事業計画の変更、実施が可能かどうか調査していきたいというふうなことであります。



◆1番(上地寿賀子議員) 

 ぜひですね、厚労省の事業だけにとらわれるわけではなくて、補助事業をつかみ取る優秀な職員が南城市には本当そろっていますので、ぜひ適した補助金なりを探していただいて、また託児所付き講座に関しましても、県内で実施している講座、民間もありますので、その辺も参考にしながら実現に向けて取り組んでいただきたいと思いますが、ちょっとまだ質問し足りないので、本会議終了後にでもまた引き続き相談をさせていただきたいと思います。

 残る時間もあと1分に迫っていますけど、今回3点の質問を取り上げましたけれども、1点目の市道の道路整備につきましては、この一帯に保育園が連なっているということからの、安全面の観点からも踏まえまして、明日は一般質問の出番が来ないであろう福祉部門の福祉部長から安全面の観点からとして答弁をいただいて、



○議長(大城悟) 

 時間です。



◆1番(上地寿賀子議員) 

 私の質問といたします。



◎福祉部長(津波古充仁) 

 まさか、最後の最後に振られるとは、これっぽっちも思ってもいませんでした。

 福祉部としましても、あの近辺に新しく2園の保育所が整備されたことは大変喜んでおりますが、一番懸念していたことが、やっぱり道路の整備の状況でした。

 福祉部としてもですね、土木建築部と協同しながら協力していきたいというふうに思っております。



○議長(大城悟) 

 これで本日の一般質問を終わります。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 次回は、9月8日木曜日、午前10時から本会議を開き一般質問を行います。

 本日はこれで散会します。

     (散会 15時26分)

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

議長    大城 悟

署名議員  仲間光枝

署名議員  伊禮清則