議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 南城市

平成27年 12月 定例会(第6回) 12月01日−01号




平成27年 12月 定例会(第6回) − 12月01日−01号









平成27年 12月 定例会(第6回)



★告示

         平成27年第6回南城市議会 定例会

               会期日程

       自 平成27年12月1日(火) +

                       |18日間

       至 平成27年12月18日(金)+

(代表質問通告締切日:11月30日(月)正午) (一般質問通告締切日:12月1日(火)正午)

(議案に対する質疑通告締切日:12月8日(火)正午)

(委員長報告に対する質疑通告締切日:12月16日(水)正午)





曜日
種別
日程


11
24

 
招集告示・議案送付、資料要求書送付


25

 
 


26

 
 


27

 
 


28

 
 


29

 
 


30

 
                  代表質問通告締切(正午)


12


本会議?
議案説明聴取            一般質問通告締切(正午)
                  資料要求書締切(午後3時)




休会
議案研究日




休会
議案研究日




本会議?
代表質問




 
 




 
 




本会議?
一般質問?           執行部資料送付・配付(正午)




本会議?
一般質問?         議案に対する質疑通告締切(正午)




本会議?
一般質問?


10

本会議?
議案に対する質疑・委員会付託
常任委員会?


11

休会
常任委員会?


12

 
 


13

 
 


14

休会
常任委員会?


15

休会
常任委員会?


16

休会
常任委員会?     委員長報告に対する質疑通告締切(正午)


17

休会
事務整理日


18

本会議?
委員長報告・質疑・討論・表決


19

 
 


20

 
 



◯本会議 7日  ◯委員会 5日  ◯議会運営委員会 11月16日(月)

       平成27年第6回南城市議会(定例会)会議録

1.招集年月日  平成27年12月1日(火)

2.招集の場所  南城市議会議事堂

3.開会・開議  12月1日 10時00分 宣告

4.散会     12月1日 11時00分 宣告

5.応招議員

   1番 上地寿賀子議員  11番 松田兼弘議員

   2番 知念俊也議員   12番 玉城 健議員

   3番 仲間光枝議員   13番 前里輝明議員

   4番 伊禮清則議員   14番 親川孝雄議員

   5番 新里 嘉議員   15番 大城憲幸議員

   6番 安谷屋 正議員  16番 国吉昌実議員

               17番 吉田 潤議員

   8番 平田安則議員   18番 城間松安議員

   9番 國吉 明議員   19番 照喜名 智議員

  10番 中村直哉議員   20番 大城 悟議員

6.不応招議員

   7番 比嘉直明議員

7.出席議員   応招議員と同じ

8.欠席議員   不応招議員と同じ

9.本会議に職務のため出席した事務局職員の職、氏名

  事務局長      山内 博   事務局係長     浦崎輝子

  事務局主査     森山 靖

10.地方自治法第121条の規定により、会議事件説明のため出席した者

  市長        古謝景春   教育長       山城 馨

  副市長       座波 一   教育部長      知念 進

  総務部長      當眞隆夫   上下水道部長    屋比久勝之

  企画部長      具志堅兼栄  農林水産部長    山村研吾

  市民部長      山入端美智子 土木建築部長    伊集 稔

  福祉部長      津波古充仁

11.議事日程

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     平成27年第6回南城市議会定例会 議事日程[第1号]

               平成27年12月1日(火)午前10時開議

日程第1       会議録署名議員の指名について

日程第2       会期の決定について

日程第3       行政報告

日程第4 報告第3号 専決処分の報告について

日程第5 報告第4号 専決処分の報告について

日程第6 議案第48号 区域外の公の施設の利用について

日程第7 議案第49号 区域外の公の施設の利用について

日程第8 議案第50号 区域外の公の施設の利用について

日程第9 議案第51号 指定管理者の指定について

日程第10 議案第52号 指定管理者の指定について

日程第11 議案第53号 指定管理者の指定について

日程第12 議案第54号 指定管理者の指定について

日程第13 議案第55号 指定管理者の指定について

日程第14 議案第56号 指定管理者の指定について

日程第15 議案第57号 指定管理者の指定について

日程第16 議案第58号 指定管理者の指定について

日程第17 議案第59号 指定管理者の指定について

日程第18 議案第60号 指定管理者の指定について

日程第19 議案第61号 指定管理者の指定について

日程第20 議案第62号 指定管理者の指定について

日程第21 議案第63号 南城市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例について

日程第22 議案第64号 南城市税条例等の一部を改正する条例について

日程第23 議案第65号 南城市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について

日程第24 議案第66号 南城市保育所条例の一部を改正する条例について

日程第25 議案第67号 南城市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について

日程第26 議案第68号 南城市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について

日程第27 議案第69号 南城市農業委員会の委員の定数に関する条例の一部を改正する条例について

日程第28 議案第70号 南城市農地利用最適化推進委員の定数に関する条例について

日程第29 議案第71号 南城市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について

日程第30 議案第72号 平成27年度南城市一般会計補正予算(第3号)について

日程第31 議案第73号 平成27年度南城市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)について

日程第32 議案第74号 平成27年度南城市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について

日程第33 議案第75号 平成27年度南城市水道事業会計補正予算(第2号)について

日程第34 議案第76号 平成27年度南城市下水道事業特別会計補正予算(第2号)について

日程第35 議案第77号 土地の取得について

     日程第4から日程第35まで一括議題で説明聴取

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

12.会議に付した事件

  議事日程の事件と同じ

13.会議の経過

  次のとおり



○議長(大城悟) 

 ただいまから、平成27年第6回南城市議会定例会を開会します。

 これより、本日の会議を開きます。

 諸般の報告を行います。

 比嘉直明議員より、本日は欠席する旨の届け出がありました。

 市長より、本定例会の付議事件として、報告第3号・専決処分の報告について他31件が提出されております。

 市教育委員会より、平成26年度南城市教育事務点検評価報告書が提出されております。

 市監査委員より、平成27年8月分、9月分、10月分の例月出納検査の結果がお手元に配付のとおり報告されております。

 11月13日までに受理した陳情は、お手元に配付した陳情文書表のとおりであります。

 それから所管の常任委員会に付託しましたので報告します。

 本日の議事日程は、お手元に配付してあるとおりであります。

 議長関係行事については、お手元に配付してあるとおりであります。

 議員派遣については、お手元に配付してあるとおりであります。

 11月16日及び24日に行われた議会運営委員会の決定事項については、お手元に配付してあるとおりであります。

 これで諸般の報告を終わります。

 日程第1.会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第88条の規定によって12番玉城健議員及び13番前里輝明議員を指名します。

 日程第2.会期の決定を議題にします。

 お諮りします。本定例会の会期は、本日から12月18日までの18日間にしたいと思います。ご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、会期は本日から12月18日までの18日間に決定しました。

 日程第3.市長の行政報告を行います。



◎市長(古謝景春) 

 おはようございます。行政報告を行います。

 9月1日、9月の定例会の本会議後の行事日程でございます。

 3日には、第64回保健師業務の研究発表会がございました。

 5日には、奥武島うみんちゅ祭りオープニングセレモニー及び帆かけサバニの大会がございました。

 8日には、大里のシャークス、少年野球の、虹の松原大会の出場報告がございました。

 11日には、フィリピンヴィクトリアスのパランカ市長が来訪し、また交流会もあざまサンサンビーチで盛大に行われております。

 18日には、ニカラグアの駐日大使が来訪をしております。

 20日には、南城市青年芸能フェスタin沖縄が行われております。

 26日には、あかばんたー毛遊び、南城市かいされー大会、知念岬公園大観月会が開催をされました。

 27日には、ファン・アフリカin南城2015がシュガーホールで行われております。

 28日には、熊本県芦北町の観月会に参加をしてまいりました。この観月会の場所が、佐敷城跡で行われております。これは漢字も全部一緒でございます。歴史的に関係が深いだろうと思っております。

 4日には、南城市陸上競技大会が盛大に行われております。

 7日から、全国史跡整備市町村協議会がございまして、富山県の高岡市に出張をしてまいりました。

 15日には、青森県で全国土地改良大会がございました。

 19日には、のあちゃんを救う会の役員が来訪しております。ぜひ、皆さんのお力添えを賜りたいと存じます。

 同じく19日には、かりゆし塾の講師を務めております。

 20日には、JAおきなわの砂川理事長が来訪しております。これは、新庁舎の業務についての、場所の確保等々の要請がございました。

 23日には、おきなわ農業農村整備の集いがございました。

 24日には、沖縄メディカル病院と馬天シータウンとの津波避難施設協定式がございました。

 25日には、南城市MUSIC FESTA 2015が行われております。

 29日には、東京出張で、島尻安伊子内閣府特命担当大臣へ国保問題について要請をしてまいりました。

 30日には、第26回沖縄振興審議会が内閣府で行われました。市長会の代表として参加をいたしました。

 11月1日、第14回南城市尚巴志ハーフマラソン大会が盛大に行われました。その日は、奥武島観音堂400年祭も行われております。

 2日には、農業者との意見交換会がございました。

 4日には、同じく東京で土地改良連合会の会長会議に参加をいたしました。

 5日は、日比谷公園で道づくりを求める全国大会がございました。

 9日からはまた、沖縄県自治会館の行政研修がございました。

 17日には、沖縄県の浦崎副知事に要請をしてまいりました。この件は、あざまサンサンビーチの老朽化に伴う改修と南部東道路と玉泉洞につなぐ道路の要請をしてまいりました。

 20日には、市の係長級の職員の宿泊研修がございました。53名ですか。

 21日には、島尻安伊子内閣沖縄・北方担当大臣の南城市物産館と久高島視察に同行いたしました。

 22日には、離島フェアの激励に行ってまいりました。

 25日、南城市祝賀実行委員会がございました。今回の該当者は9名を予定しております。

 26日には、農林水産大臣に要請をしてまいりました。

 27日、全国農業農村の集いがございました。

 29日には、南城市健康づくり推進大会がございました。

 30日には、新たな法改正により教育長、教育委員との総合教育行政会議、第1回目が行われております。以上でございます。



○議長(大城悟) 

 以上で、市長の行政報告を終わります。

 日程第4.報告第3号・専決処分の報告についてから日程第35.議案第77号・土地の取得についての32件を一括議題といたします。

 順次、提出者の説明を求めます。



◎市長(古謝景春) 

 それでは、提案理由の説明を行います。

 今議会に、提出してある議案は報告2件、議案30件の合計32件であります。

 それでは、報告第3号・専決処分の報告について御説明を申し上げます。本報告は、平成26年12月19日に議決を受けた佐敷幼稚園、佐敷小学校水泳プール改築工事(建築請負契約)4億6,457万2,800円に984万9,600円を追加する変更契約が生じたので、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分し、同条第2項の規定により報告するものであります。

 次に、報告第4号・専決処分の報告について御説明いたします。本報告は、平成26年12月19日に議決を受けた馬天小学校屋内運動場改築工事(建築請負契約)3億4,538万4,000円に343万2,240円を追加する変更契約でございます。地方自治法第180条第1項の規定により専決処分し、同条第2項の規定により報告するものであります。

 次に、議案第48号・区域外の公の施設の利用について御説明いたします。本議案は、南城市大里字嶺井520番地に建設予定のサンエー食品館が、与那原町の水道施設を利用することについて与那原町と協議をするため、地方自治法第244条の3第3項の規定により議会の議決を求めるものであります。

 次に、第49号・区域外の公の施設の利用について御説明いたします。本議案は、南城市大里字嶺井520番地に建設するサンエー食品館が、与那原町の公共下水道を利用することについて与那原町と協議をするため、地方自治法第244条の3第3項の規定により議会の議決を求めるものであります。

 次に、議案第50号・区域外の公の施設の利用について御説明いたします。本議案は、与那原町に隣接する南城市佐敷字津波古の住民が与那原町の公共下水道を利用することについて与那原町と協議をするため、地方自治法第244条の3第3項の規定により議会の議決を求めるものであります。

 次に、議案第51号から議案第62号・指定管理者の指定については一括して御説明いたします。本議案は、公の施設について指定管理者を指定するため地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。施設名、指定管理者、指定期間につきましては議案を御参照ください。

 次に、議案第63号・南城市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例について御説明いたします。本議案は、平成25年5月に公布されました行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律及び行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴い、南城市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例を制定するものであります。

 主な内容は、法の施行により住民基本台帳に記録されている全ての個人に個人番号が、全ての法人及び納税義務のある人格のない社団等に法人番号が割り振りされることとなったことから、割り振りされた個人番号の利用及び個人番号を含んだ特定個人情報の提供に関し、法により条例で指定することとされた事項について定める内容であります。

 次に、議案第64号・南城市税条例等の一部を改正する条例について御説明をいたします。本議案第1条の改正は、地方税法等の一部を改正する法律が平成27年3月31日に公布され、地方税法に定める税収等に係る猶予制度が見直され、一定事項については各地域の実情等に応じて条例で定めることとする旨の一部改正が行われたことに伴い、徴収猶予に係る徴収金の分割納入、納付方法、徴収猶予の申請手続き及び換価の猶予の手続き等について定めるものであります。

 第2条の改正は、地方税法施行規則等の一部を改正する省令が平成27年9月30日に公布されたことに伴い、第2回(5月)南城市議会臨時会において承認していただきました承認第1号・南城市税条例の一部を改正する条例の一部について改正するもので、行政手続きにおける特定の個人の識別をするための番号の利用等に関する法律、いわゆるマイナンバー制度の関連の内容となっております。詳細につきましては、別添資料の新旧対照表を御参照ください。

 次に、議案第65号・南城市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について御説明いたします。本議案は、国民健康保険税の仮算定を廃止し本算定のみで課税するための一部改正であります。

 改正の主な内容は、第12条中、4月から2月の11期となっている納期を7月から3月の9期に改め、仮算定に関連する第21条及び22条を削除するものであります。詳細につきましては、別添資料の新旧対照表を御参照ください。

 次に、議案第66号・南城市保育所条例の一部を改正する条例について御説明いたします。本議案は、国家戦略特別区域法(平成25年法律第107号)の改正に伴う国家戦略特別区域限定保育士制度創設により職員の配置について改正する必要があり、議会の議決を求めるものであります。詳細につきましては、別添資料の新旧対照表を御参照ください。

 次に、議案第67号・南城市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について御説明いたします。本議案は、国家戦略特別区域法(平成25年法律第107号)の改正に伴う国家戦略特別区域限定保育士制度創設、児童福祉法施設最低基準の一部改正及び家庭的保育事業等の設備運営に関する法律の一部改正に伴い、職員の配置について条例を改正するものであります。また、事業所内保育事業の乳児室の面積を1.65平方メートルから3.3平方メートルに改正する必要があり、議会の議決を求めるものであります。詳細については、別添資料の新旧対照表を御参照ください。

 次に、議案第68号・南城市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について御説明いたします。本議案は、議案第66号同様、国家戦略特別区域法の改正に伴う職員の配置について改正する必要があり、議会の議決を求めるものであります。詳細については、別添資料の新旧対照表を御参照ください。

 次に、議案第69号・南城市農業委員会の委員の定数に関する条例の一部を改正する条例について御説明いたします。本議案は、農業協同組合法等一部を改正する等の法律が平成27年9月4日に公布、平成28年4月1日に施行されることにより、農業委員会等に関する法律が改正されることに伴い市長が任命する農業委員会の委員の定数について条例で定める必要があり、南城市農業委員会の委員の定数に関する条例の一部改正について議会の議決を求めるものであります。詳細については、別添資料の新旧対照表を御参照ください。

 次に、議案第70号・南城市農地利用最適化推進委員の定数に関する条例について御説明いたします。本議案は、議案第69号と同じく、農業委員会等に関する法律が改正されることに伴い農業委員会が委嘱する農地利用最適化推進委員の定数について条例で定める必要があり、議会の議決を求めるものであります。

 次に、議案第71号・南城市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について御説明いたします。本議案は、議案第69号と同じく、農業委員会等に関する法律が改正されることに伴い新設される農地利用最適化推進委員の報酬について定める必要があり、南城市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について、議会の議決を求めるものであります。詳細については別添資料の新旧対照表を御参照ください。

 次に、議案第72号・平成27年度南城市一般会計補正予算(第3号)から議案第76号・平成27年度南城市下水道事業特別会計補正予算(第2号)については、副市長、関係部長が説明をいたしますので、よろしくお願いします。

 最後に、議案第77号・土地の取得について御説明いたします。本議案は、大里北小学校改築事業(移転地の用地の取得)にあたり、南城市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 以上、御説明いたしましたが、議員各位におかれましては、よろしく御審議いただき議決を賜りますようお願い申し上げまして、説明といたします。



◎副市長(座波一) 

 おはようございます。議案第72号・平成27年度南城市一般会計補正予算(第3号)について説明をさせていただきます。

 歳入歳出予算の補正は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3億3,500万円を追加し、歳入歳出予算の総額を222億4,200万円とするものであり、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び金額は、第1表歳入歳出補正予算によるものであります。

 地方債の補正は、第2表地方債補正によるものであります。起債限度額17億6,990万円から17億4,970万円にするものであり、総務債、民生債、衛生債、土木債の増減に伴う地方債の補正であります。

 歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出補正予算事項別明細書で御説明申し上げます。なお、あらかじめお断り申し上げますが、本補正予算につきましては、各項目の増減の理由等を付記した説明書を事前にお配りしてございますので、私のほうからは補正予算の概略について簡潔に御説明を申し上げます。どうぞ御了承賜りたいと思います。

 それでは、歳入のほうから御説明いたします。8ページであります。

 13款2項1目民生費負担金1,701万4,000円の減額は、公立保育所及び法人保育園の保育料の算定方法が、子ども・子育て支援新制度により所得税から住民税に変更したことに伴い減額するものであります。

 15款1項1目民生費国庫負担金9,359万8,000円について説明します。まず、児童福祉費負担金6,726万2,000円の減額は保育園運営負担金の新制度施行後の積算基準が示されたことにより減額するものであります。

 次に、障害者福祉費国庫負担金4,715万9,000円は障害者医療費国庫負担金、障害者自立支援給付費国庫負担金、障害児施設給付費国庫負担金の法律改正により、サービス内容の充実に伴い実績見込みを勘案し追加計上するものであります。また、生活保護費国庫負担金1億1,370万1,000円は、生活保護対象者の増等により実績見込みを勘案し追加計上するものであります。

 15款2項1目総務費国庫補助金840万3,000円の減額は、地域公共交通調査等事業国庫補助金が地域公共交通会議へ直接補助交付されるための減額と、選挙人名簿システム改修費補助金を新たに計上するものであります。

 2目民生費国庫補助金814万8,000円は、放課後子どもプラン事業を実施する事業所の増等に伴い追加計上するものであります。

 9ページです。7目教育費国庫補助金1,307万1,000円の減額は一時預かり事業(幼稚園型)の国庫補助金基本額の確定によるものであります。そのうち、971万2,000円は県補助金への組み替えをするものであります。

 16款1項1目民生費県負担金1,005万2,000円の減額について説明します。まず、児童福祉費県負担金3,363万1,000円の減額は、保育園運営県負担金の新制度施行後の積算基準が示されたことにより減額するものであります。

 次に、障害者福祉費県負担金2,357万9,000円は障害者医療費県負担金、障害者自立支援給付費県負担金の法律改正により、サービス内容の充実に伴い実績見込みを勘案し追加計上するものであります。

 16款2項1目総務費県補助金3,528万円の減額につきましては、総務費県補助金72万円が不発弾安全化処理事業費の実績見込みを勘案した追加計上で、沖縄振興特別推進交付金においては、水産振興事業の変更に伴い3,600万円を減額するものであります。

 2目民生費県補助金1億7,603万9,000円の減額について説明します。9ページから10ページです。障害者福祉費県補助金525万7,000円は、重度心身障害者医療費補助事業県補助金の実績を勘案し追加計上するものであります。

 児童福祉費補助金1億8,129万6,000円の減額につきましては、法人保育園の建設場所変更に伴い、事業費1億9,082万1,000円の減額。

 放課後子どもプラン事業補助金814万8,000円は、事業所の増に伴う追加計上。保育士年休取得等支援事業補助金137万7,000円は、保育士の離職防止や復職促進として新たに計上するものであります。

 3目衛生費補助金335万3,000円は、子ども医療費助成事業県補助金の実績見込みを勘案し追加計上するものであります。

 4目農林水産業費県補助金818万の減額について説明いたします。農業振興費補助金91万9,000円は養豚農家へ優良品種を普及し生産向上を図る事業を新たに計上するものであります。林業振興費補助金109万9,000円の減額は、デイゴヒメコバチ防除事業費の実績に伴い減額するものであります。沖縄振興公共投資交付金800万円の減額は、新規就農一貫支援事業費の実績見込みを勘案し減額するものであります。

 5目土木費県補助金3,200万円の減額は、社会資本整備総合交付金の確定によるものであります。

 6目教育費県補助金1,060万5,000円は、主に一時預かり事業の補助金基本額の確定に伴い国庫補助金から971万2,000円の組み替えと、学びの基礎学力育成事業費89万3,000円を新たに計上するものであります。

 7目労働費県補助金93万8,000円の減額は、沖縄県緊急雇用創出事業臨時特例補助金事業費の確定によるものであります。

 11ページです。18款1項7目教育費寄附金50万円は、海外短期留学実行委員会に対する企業からの寄附金であります。

 19款2項1目財政調整基金繰入金5億4,136万6,000円は、歳出に対する歳入不足を財政調整基金から繰り入れて補うものであります。

 21款4項4目過年度収入50万7,000円は、主に平成26年度障害児通所給付等県負担金の確定に伴い新たに計上するものであります。

 5目給付金190万円の減額は、臨時職員社会保険料等納付金の実績を勘案し減額するものであります。

 12ページです。22款1項1目総務債1,750万円の減額は、庁舎等複合施設建設事業費の公有財産購入費の確定により事業債を減額するものであります。

 2目民生債3,010万円の減額は、法人保育園の事業変更に伴い事業債を減額するものであります。

 3目衛生債の3,500万円は、最終処分場建設等負担金事業債を追加計上するものであります。

 5目土木債760万円の減額は、社会資本整備総合交付金の道路事業費の確定に伴い事業費を減額するものであります。以上で歳入の説明を終わります。

 次に、歳出について御説明を申し上げます。13ページからです。1款1項1目議会費136万2,000円は、ブラジル南城市民会創立10周年記念式典参加の旅費に新たに計上するものであります。

 2款1項1目一般管理費698万6,000円について説明します。職員手当等は職員退職に伴う退職手当特別負担金409万円の追加、旅費及び報償費198万4,000円は、ブラジル南城市民会創立10周年記念式典への参加経費として新たに計上、補助金91万2,000円は、台風による被害が発生した各自治会の管理する防犯灯の修繕費として追加計上するものであります。

 6目企画費1,572万7,000円の減額につきましては、離島航路補助金476万4,000円を実績に伴い減額、ムラヤー等建設補助金226万3,000円は、申請自治会からの取り下げによる減額、南城市地域公共交通会議補助金870万円は、国から同会議で直接補助金のため減額するものであります。

 10目防災諸費75万8,000円は、不発弾処理経費として実績を勘案し追加計上するものであります。

 11目文化振興費284万9,000円は、南城市高千穂町姉妹都市20周年事業費34万9,000円を報償費、食糧費、手数料に新たに計上、負担金補助及び交付金250万円は、文化センターで実施するオペラ事業の強化に伴い文化のまちづくり事業実行委員会補助金を追加計上するものであります。なお、南城市高千穂町姉妹都市20周年事業では高千穂町から40人の訪問団が予定されております。

 14ページです。2款4項1目選挙管理委員会費59万4,000円は、選挙権が18歳以上に法律改正されたことに伴うシステム改修委託料を新たに計上するものであります。

 6目農業委員選挙費328万7,000円の減額は、農業委員の選出方法を公選制から市長の選任制への法律改正に伴い関係経費を減額するものであります。

 15ページです。3款1項1目社会福祉総務費4億9,600万2,000円は、国保特別会計の歳入欠陥補填収入へ繰出金を新たに計上するものであります。

 2目障害者福祉費1億1,305万5,000円は、主に扶助費で自立支援医療費、自立支援給付、障害児通所給付費は、法律改正によりサービス内容の充実に伴う実績見込み、重度身障者医療費助成事業は実績見込みを勘案し追加計上するものであります。また、償還金の657万1,000円は、主に平成26年度の障害者自立支援給付費の国庫負担金等の確定に伴う償還金を新たに計上するものであります。

 15ページから16ページです。3款2項3目児童福祉施設費3億4,277万円の減額は、主に負担金、補助金及び交付金であります。まず、減額となった事業から説明します。法人保育園運営費負担金1億4,992万3,000円の減額は、新制度施行後の積算基準が示されたことにより実績を勘案し減額するものであります。また、子育て支援対策臨時特例交付金(安心こども基金)2億2,262万6,000円の減額は、法人保育園の建設予定地の変更で今年度事業の見送りに伴い減額するものであります。増額となった事業は、放課後子どもプラン事業補助金の2,444万5,000円で学童クラブの増によるものであります。また、保育士年休取得等支援事業153万1,000円につきましては、保育士の離職防止や復職促進のため新たに計上するものであります。財源は、県の一括交付金が活用されます。

 4目母子福祉費71万6,000円は、償還金で平成26年度母子家庭等対策総合支援事業国庫補助金と平成26年度児童入所施設措置費等国庫負担金の確定に伴い新たに計上するものであります。

 3款3項1目生活保護費1億5,160万3,000円は、主に生活保護受給者の増により実績見込みを勘案し追加計上するものであります。

 4款1項1目保健衛生総務費586万円は、子ども医療費助成費の申請手続きが簡素化されたことによる扶助費550万円の追加と、平成26年度未熟児養育医療国庫負担金確定による償還金36万円を新たに計上するものであります。

 17ページです。4款2項1目清掃総務費3,685万9,000円は、最終処分場建設事業の増額分を南部広域行政組合ごみ処理事業負担金に追加計上するものであります。

 6款1項3目農業振興費800万円の減額は、新規就農一貫支援事業補助金の実績見込みを勘案し減額するものであります。

 4目畜産振興費92万3,000円は、養豚農家へ優良品種を普及し生産向上を図る事業費を新たに計上するものであります。財源は、県の一括交付金であります。

 18ページ。6款2項1目林業振興費122万円の減額は、デイゴヒメコバチ防除委託事業の実績に伴い減額をするものであります。

 6款3項2目水産振興費4,500万円の減額は、水産振興奨励補助金で浮き魚礁の設置計画が事業の中止となったことにより減額するものであります。

 7款2項1目観光費93万8,000円の減額は、平成27年度沖縄県緊急雇用創出事業臨時特例補助金事業(マリンスポーツ人材確保支援事業委託)の実績に伴い減額するものであります。

 19ページです。8款2項1目道路維持費500万円は、道路維持費の実績を勘案し追加計上するものであります。

 8款2項2目道路新設改良費3,610万円の減額は、主に社会資本整備総合交付金事業の確定に伴う減額と、事業執行のため事業間の財源組み替えをするものであります。

 8款6項1目公共下水道費690万円の減額は、下水道事業特別会計の消費税確定に伴い下水道事業特別会計繰出金を減額するものであります。

 8款8項1目施設整備費1,838万の減額は、庁舎等複合施設建設事業費の公有財産購入費の確定により減額するものであります。

 20ページです。10款1項2目事務局費842万3,000円の減額は、非常勤職員社会保険料等の実績見込みを勘案し減額するものであります。

 10款3項1目学校管理費383万円は、障害児ヘルパー等の臨時職員賃金286万6,000円と光熱水費96万4,000円の実績見込みを勘案し追加計上するものであります。

 2目教育振興費185万2,000円は、準要保護児童生徒援助費の実績見込みを勘案し追加計上するものであります。

 10款4項1目幼稚園費282万2,000円は、主に土曜日預かり保育の臨時職員賃金の実績見込みを勘案し追加計上するものであります。

 21ページです。10款5項1目社会教育総務費50万円は、企業からの海外短期留学実行委員会への寄附金を計上するものであります。

 10款7項1目学校給食費の982万6,000円の減額は、本年度より運営されている学校給食センター運営費の実績見込みを勘案し減額するものであります。なお、22ページから24ページの給与費明細書、25ページの地方債の現在高見込みに関する調書につきましては、説明を省かさせていただきますので御了承お願いします。以上で平成27年度南城市一般会計補正予算(第3号)の説明を終わります。よろしく御審議賜るようお願い申し上げます。



◎市民部長(山入端美智子) 

 ハイタイグスーヨーチュウウガナビラ。議案第73号、74号におきましては私のほうで続けて説明といたします。

 議案第73号・平成27年度南城市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)について説明を申し上げます。

 1ページをお開きください。今回の補正につきましては、第1条で歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億5,485万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ77億5,308万7,000円とするものであり、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び金額は第1表歳入歳出予算補正によるものであります。また、2条で一時借入金の借り入れの最高額に5億円を追加し、一時借入金の借り入れの最高額を20億円とするものであります。

 それでは、歳入歳出予算事項別明細書に沿って御説明をいたします。歳入の6ページをお開きください。

 3款1項1目療養給付費等負担金100万3,000円、3款2項1目財政調整交付金28万2,000円、6款2項1目28万2,000円の増額は、一般被保険者療養費の増額により実績見込みを勘案し国庫及び県補助金分を追加計上するものであります。

 4款1項1目療養給付費等交付金670万9,000円の増額は、平成26年度療養給付費等交付金の確定により追加計上するものであります。

 7款1項2目保険財政共同安定化事業交付金3,400万円の増額は、一般高額療養費の増額により実績見込みを勘案し追加計上するものであります。

 10款1項1目一般会計繰入金4億9,600万2,000円の増額は、平成26年度国民健康保険事業特別会計分の歳入欠陥を補填する繰上充用金の確定に伴うものであります。

 12款4項7目歳入欠陥補填収入3億8,342万3,000円の減額は、本年5月第1号補正予算において平成26年度の予測決算額に基づき、歳入欠陥補填の予算計上を行ってまいりましたが、繰上充用金の確定に伴い減額するものであります。

 歳出の9ページをお開きください。1款1項1目一般管理費542万9,000円の減額は、人事異動に伴うものであります。

 2款1項3目一般被保険者療養費313万6,000円の増額は、療養費の伸びに伴い実績見込みを勘案し追加計上するものであります。

 10ページをお開きください。2款2項1目一般被保険者高額療養費9,726万8,000円の増額は、医療費の伸びに伴い実績見込みを勘案し追加計上するものであります。

 11款1項3目償還金6,287万9,000円の増額は、平成26年度療養給付費等負担金等事業の確定に伴い超過交付金交付額の返還するものであります。

 12款1項1目前年度繰上充用金299万9,000円の減額は、平成26年度への繰上充用金の確定に伴うものであります。以上で補正予算の説明を終わりますが、御審議の上、可決賜りますようよろしくお願いいたします。

 引き続き議案第74号に移ります。平成27年度南城市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)につきまして御説明をいたします。

 1ページをお開きください。今回の補正につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ596万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億3,709万6,000円とするものであり、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び金額は第1表歳入歳出予算補正によるものであります。

 それでは、歳入歳出予算事項別明細書に沿って説明をいたします。歳入の6ページをお開きください。

 4款1項1目事務費繰入金の133万円の減額は、人事異動等に伴うもので事務費繰入金について減額するものであります。

 5款1項1目繰越金の729万円の増額は、平成26年度決算に伴い増額するものであります。

 歳出の7ページをお開きください。1款1項1目一般管理費の133万円の減額は、人事異動に伴うもので給料60万円、職員手当48万円、共済費25万円を減額するものであります。

 2款1項1目後期高齢者医療広域連合納付金の729万円の増額は、平成27年4月及び5月の保険料等徴収額確定に伴い増額するものであります。以上で補正予算の説明を終わります。御審議の上、可決賜りますようよろしくお願いいたします。



◎上下水道部長(屋比久勝之) 

 おはようございます。それでは、議案第75号・平成27年度南城市水道事業会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。今回の補正は、水道事業収益の特別利益が168万5,000円の増額、資本的収入の寄附その他資本的収入が558万2,000円の増額、資本的支出の建設改良費が222万7,000円の増額であります。

 内訳でございますが4ページをお開きください。収益的収入の配水施設移設補償費として168万5,000円の増となっております。そのため、収益的収入の特別利益の補正前が1,000円でありましたが、今回168万5,000円を増額して補正後は168万6,000円となります。

 次に5ページをお開きください。資本的収入の財産売却収入として558万2,000円の増、資本的支出の国庫補助金消費税分返還金として38万4,000円の減、国庫補助金返還金として261万1,000円の増でございます。国庫補助金消費税分返還金を除いては、南部東道路建設による土地売却及び工作物補償関連でございます。また、国庫補助金消費税分返還金については、一括交付金事業によるものであり、平成25年度決算後平成26年度中に返還したことによる補正減でございます。資本的収入の寄附その他資本的収入の補正前は2,000円でありましたが、今回558万2,000円を増額して558万4,000円となります。資本的支出の建設改良費の補正前は1億6,355万円でありましたが、今回222万7,000円を増額して1億6,577万7,000円となります。以上で平成27年度南城市水道事業会計補正予算(第2号)について説明を終わります。御審議賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 続きまして、議案第76号・平成27年度南城市下水道事業特別会計補正予算(第2号)について御説明いたします。

 1ページをお開きください。今回の補正は、歳入歳出総額にそれぞれ380万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ9億3,142万3,000円と定め、歳入歳出の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正額の歳入歳出予算の金額は第1表歳入歳出予算補正によるものであります。詳細については、歳入歳出補正予算事項別明細書で御説明いたします。6ページをお開きください。歳入について御説明いたします。

 1款1項1目公共下水道処理使用料、1節の現年度使用料については、接続件数の増に伴い170万円の増額補正であります。

 5款1項1目の一般会計繰入金については、7款3項1目の消費税還付金900万円の増額に伴い一般会計繰入金690万円を減額補正するものであります。

 次に7ページをお開きください。歳出に移ります。2款1項4目汚水処理施設維持管理費の12節役務費の汚泥処分費250万円と19節負担金補助及び交付金の中の中城湾南部流域下水道維持管理負担金130万については、増額補正で接続件数が増えたことによるものであります。以上、議案76号の説明を終わります。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(大城悟) 

 以上で、提出者の説明を終わります。

 以上で、本日の日程は全部終了しました。

 お諮りします。議案研究のため12月2日及び3日を休会にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、12月2日及び3日を休会とすることに決定しました。

 次回は12月4日金曜日、午前10時から本会議を開き代表質問を行います。

 本日はこれで散会します。

     (散会 11時00分)

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

議長    大城 悟

署名議員  玉城 健

署名議員  前里輝明