議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 南城市

平成27年  8月 臨時会(第4回) 08月11日−01号




平成27年  8月 臨時会(第4回) − 08月11日−01号









平成27年  8月 臨時会(第4回)



★告示

         平成27年第4回南城市議会 臨時会

               会期日程

       自 平成27年8月11日(火)+

                      | 1日間

       至 平成27年8月11日(火)+

(議案に対する質疑通告締切:8月7日(金)正午)





曜日
種別
日程



30

 
議会運営委員会


31

 
 





 
 




 
 




 
 




 
招集告示・議案送付




 
 




 
                         資料要求締切(正午)




 
                   議案に対する質疑通告締切(正午)




 
 




 
 


10

 
 


11

本会議?
議案説明聴取・質疑・討論・表決


12

 
 


13

 
 


14

 
 



◯本会議 1日  ◯議会運営委員会 7月30日(木)

       平成27年第4回南城市議会(臨時会)会議録

1.招集年月日  平成27年8月11日(火)

2.招集の場所  南城市議会議事堂

3.開会・開議  8月11日 10時00分 宣告

4.閉会     8月11日 10時16分 宣告

5.応招議員

   1番 上地寿賀子議員  11番 松田兼弘議員

               12番 玉城 健議員

   3番 仲間光枝議員   13番 前里輝明議員

   4番 伊禮清則議員   14番 親川孝雄議員

   5番 新里 嘉議員   15番 大城憲幸議員

   6番 安谷屋 正議員  16番 国吉昌実議員

   7番 比嘉直明議員   17番 吉田 潤議員

   8番 平田安則議員   18番 城間松安議員

   9番 國吉 明議員   19番 照喜名 智議員

  10番 中村直哉議員   20番 大城 悟議員

6.不応招議員

   2番 知念俊也議員

7.出席議員   応招議員と同じ

8.欠席議員   不応招議員と同じ

9.本会議に職務のため出席した事務局職員の職、氏名

  事務局長      山内 博

  事務局係長     浦崎輝子   事務局主査     森山 靖

10.地方自治法第121条の規定により、会議事件説明のため出席した者

  市長        古謝景春   教育部長      知念 進

  副市長       座波 一   上下水道部長    屋比久勝之

  総務部長      當眞隆夫   土木建築部長    伊集 稔

  企画部長      具志堅兼栄  農林水産部長    山村研吾

  市民部長      山入端美智子

  福祉部長      津波古充仁

11.議事日程

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       平成27年第4回南城市議会臨時会 議事日程

               平成27年8月11日(火)午前10時開議

日程第1       会議録署名議員の指名について

日程第2       会期の決定について

日程第3 議案第33号 久高地区津波避難施設建設工事請負契約について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

12.会議に付した事件

  議事日程の事件と同じ

13.会議の経過

  次のとおり



○議長(大城悟) 

 ただいまから平成27年第4回南城市議会臨時会を開会します。

 これより本日の会議を開きます。

 諸般の報告を行います。

 知念俊也議員より本日は欠席する旨の届け出がありました。

 市長より議案第33号・久高地区津波避難施設建設工事請負契約についてが提出されております。

 本日の議事日程は、先日お配りしたとおりであります。

 これで諸般の報告を終わります。

 それでは臨時会招集にあたっての市長の挨拶を受けたいと思います。



◎市長(古謝景春) 

 皆さん、おはようございます。御挨拶を申し上げます。

 本日、ここに平成27年第4回南城市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員の皆様方におかれましてはお忙しい中、御参集いただき、誠にありがとうございます。

 また、先週末は私たち市民が待ち望んでおります南部東道路に関し、安全祈願祭と起工式が多くの来賓各位の参列のもととり行われました。議員各位におかれましても、御参加いただきましたことに対し、厚くお礼を申し上げます。ありがとうございます。今後は早期の竣工を目指し、沖縄県と協力して取り組んでまいりたいと考えております。

 さて、本臨時会につきましては、平成26年度から進めております久高地区津波避難施設建設工事請負契約について提案をしております。久高地区におきましては、海抜が一番高いところで14.1メーターと低地帯であり、久高近海で最大の津波が発生した際に甚大な被害が想定されること、住民や観光客の安全確保を図る目的で本避難施設を整備するものであります。区民及び観光客の生命を守る上で重要な案件でございますので、議員各位におかれましては、慎重に御審議をいただき議決を賜りますようお願い申し上げまして、議会招集にあたっての挨拶といたします。



○議長(大城悟) 

 これで臨時会招集にあたっての市長の挨拶を終わります。

 日程第1.会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、17番吉田潤議員及び18番城間松安議員を指名します。

 日程第2.会期の決定を議題とします。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は、本日1日間にしたいと思います。

 御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、会期は本日1日間に決定しました。

 日程第3.議案第33号・久高地区津波避難施設建設工事請負契約についてを議題とします。

 提出者の説明を求めます。



◎市長(古謝景春) 

 議案第33号・久高地区津波避難施設建設工事請負契約について御説明を申し上げます。

 本議案は、久高地区津波避難施設建設工事の請負契約にあたり、南城市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものであります。

 契約に関する詳細につきましては、送付した議案及び資料に記載させておりますので、説明を省かせていただきます。

 以上、御説明いたしましたが、議員各位におかれましてはよろしく御審議いただき、議決を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(大城悟) 

 これで提出者の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。

 議案第33号・久高地区津波避難施設建設工事請負契約についての質疑を許します。

 松田兼弘議員。



◆11番(松田兼弘議員) 

 ハイサイ、グスーヨチューウガナビラ。松田兼弘でございます。通告に従い質疑を行います。

 議案第33号・久高地区津波避難施設建設工事請負契約について、我が国の沿岸地域はどこも津波の影響を被る可能性がありますが、特に南海トラフ地震、東海、東南海、南海の各地震及びこれらの連動地震は近い将来の発生が懸念され、これに伴う巨大津波が西日本の太平洋沿岸地域に及ぶことが危惧されております。

 こうした中で国は、東日本大震災による甚大な被害を踏まえ、津波対策の推進に関する法律2011年6月、津波防災の地域づくりに関する法律、同年12月を制定しました。

 これまで地震対策の一環として位置づけていた津波対策を、被害の形態が特異で規模も甚大であることから、対策も特別の配慮を要するとの考えによるものです。したがって、今後の自治体における津波防災対策は、津波防災地域づくり法に基づいて推進することになっております。

 津波防災地域づくり法の特徴は、従来の防潮堤整備と避難対策を中心とした対策とは違い、津波被害を回避できる地域構造にする津波防御施設の整備・管理によって、巨大津波に対処する防潮堤等の多重防御、そして身近な避難ビル、津波避難建造物の指定等による避難対策の強化など、ハード・ソフト対策を組み合わせた総合対策といえます。以上、国の指針を踏まえ、以下の点について伺います。

 1番目に、本事業の構造物の概要について伺います。

 2番目に、予算の内訳、国・県・市の負担割合を伺います。

 3番目に、指名競争入札に付した理由は地方自治法施行令第167条1号〜3号に照らし、本事業入札について伺います。

 4番目に、本施設の完成後の管理・運営について伺います。以上です。



◎総務部長(當眞隆夫) 

 おはようございます。松田兼弘議員から4つの質問が出ております。そのうちの1、2、4については私のほうでお答えをしまして、3番目の指名競争入札に付した理由につきましては、土木建築部長がお答えしますので、よろしくお願いいたします。

 まず1点目の、構造物の概要についてお答えいたします。久高地区津波避難施設は鉄骨造で、地上高が10.7メートル、海抜では21.35メートルになります。延べ床面積が300平米で、300人が収容可能となっております。

 次に、2点目の予算の負担割合についてお答えいたします。本事業は沖縄振興特別推進交付金事業を活用することから、県が10分の8、市が10分の2の負担割合となっております。

 4点目の、施設の完成後の管理・運営等については、本施設が久高島島内にあるということで、市が直接監視するよりも、久高区が管理・運営を行うことが望ましいことから、久高区へ委託して管理する方法で区と調整中でございます。



◎土木建築部長(伊集稔) 

 おはようございます。松田議員の3点目の御質問について、土木建築部のほうからお答えいたします。

 久高地区津波避難施設建設工事の入札については、工事現場等への距離が近く、地理的要素を含め現場に関する知識等を要しており、契約の確実な履行ができることと、地元の経済の活性化にも寄与することなどを考慮して、地元企業を優先する指名競争入札を採用しております。よって、地方自治法施行令第167条第3項の一般競争入札に付することが不利と認められるときに該当し、指名競争での実施となっております。以上です。



◆11番(松田兼弘議員) 

 具体的に、一定の構造物とか理解しました。住民説明も何回か開いたと伺っております。

 気になるのが、構造物の景観と環境の部分で住民からの意見が出なかったか含めて、その辺の意見等ありましたらお願いします。



◎総務部長(當眞隆夫) 

 松田兼弘議員の再質問にお答えいたします。住民説明会については、これまで何度か開催をしております。その中で、やはり位置等々についていろいろ地元との協議をする中で、住民が生活している地理的中心地に建設するほうが望ましいということで、現在の久高小中学校敷地内に建設するということが確認をされております。

 これについては、いろいろ地元の意見等々も踏まえながら進めておりますので、これについては地元の理解のもと我々は進めているということで御理解いただきたいと思います。



◆11番(松田兼弘議員) 

 具体的に地元の皆さんと意見交換をすると。あと、地元の久高区が管理するということで理解しました。

 本事業は、東日本大震災の教訓を踏まえ、いかなる大規模な地震及びこれに伴う津波が発生した場合においても、人命だけは何としても守るということと、地域社会が致命的に支障を負わない、ハードとかソフト面からの総合対策ということが進められます。

 本事業に当たって、担当部署の職員がしっかりとその事業に当たっていただきたいとエールを送って、質疑を終わります。以上です。



○議長(大城悟) 

 これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第33号・久高地区津波避難施設建設工事請負契約については、会議規則第37条3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第33号・久高地区津波避難施設建設工事請負契約については、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

     (「討論なし」と呼ぶ者あり)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから議案第33号・久高地区津波避難施設建設工事請負契約についてを採決します。

 本案は可決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、議案第33号・久高地区津波避難施設建設工事請負契約については可決されました。

 次に、議決事件の字句及び数字等の整理についてお諮りします。本臨時会において議案等が議決されましたが、その条項、字句、数字その他の整理を要するものについては、その整理を議長に委任されたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、条項、字句、数字その他の整理は、議長に委任することに決定しました。

 これで本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 平成27年第4回南城市議会臨時会を閉会します。

     (閉会 10時16分)

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

議長    大城 悟

署名議員  吉田 潤

署名議員  城間松安