議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 南城市

平成26年12月定例会一般質問通告書 資料




平成26年12月定例会一般質問通告書 − 資料









平成26年 12月 定例会(第7回)



        平成26年12月定例会 一般質問通告書

                      平成26年12月8日(月)



質問者
発言事項
要旨
答弁者



松田兼弘議員
1. 津波古区海岸地域の台風被害対策について
 台風19号による越波被害、飛砂被害の対策を求める。
(1)馬天シータウンの越波被害の状況と復旧対策について伺う。
(2)津波古人工ビーチ(天の浜)の飛砂の周辺住宅、事業所への実態と今後の復旧対策を伺う。
(3)津波古区民、馬天シータウン住民への復旧対策の住民説明の要請について
市長


2. 県道137号線(新里坂)の安全対策について
(1)カーブミラー、ガードパイプの修復を求める。
(2)道路面のすべり止めの対策を求める。
(3)その他今後のこの新里坂(ビラ)交通安全の抜本対策について伺う。
市長


3. 不法投棄対策について
(1)本市の不法投棄対策の現状について伺う。
(2)小谷から市道(花城屋取線終点側)の対策を求める。
市長



比嘉直明議員
1. 市内の土地利活用について
 土地の地目には、大半が畑・宅地・山林・原野・雑種に分類されるが、地権者より開発計画を進めたいが法規上の問題で開発許可が認められない事例が多々あります。
 そこで、次の事項について伺います。
?過去5年間の農振除外申請(地目転用許可)の件数
?農業振興地域整備計画の策定年と見直し時期は
?農業振興地域の農用地区域内(農振青地)の農地は市内ではどの地域が該当するのか。
?農地を購入したい場合は、どんな規制があるのか。
?土地改良事業で整備された土地は永久に開発できないのか。
?建築確認申請許可は本市が独自で行っているのか。
市長



親川孝雄議員
1. 農地中間管理機構について
 国が成長戦略の柱に位置付けている農地中間管理機構が各都道府県に設置されることとなり、農地の貸し借りを公的機関が担うことで農地の流動化が促進されるとともに農地の集約化が加速され、耕作放棄地の解消や後継者育成に大きな期待がかけられています。
 沖縄県においては、県農業振興公社に設置される事と思いますが、その仕組みと機構に関して市町村及び農業委員会の果たす役割について伺います。
市長


2. 山里トンネル付近の夜間安全対策について
 南城市知念字山里にある山里トンネルに通ずる道路は、親慶原、つきしろ方面から知念地域への進入道路として広く利用されておりますが、夜間においては「かちひん橋」から山里トンネルまでの間は真っ暗で見通しが悪い状況にあります。
 この道路は自転車通学している高校生にも利用されており、事故防止の観点から照明灯の設置ができないか伺います。
市長



仲間光枝議員
1. 市民サポートダイヤル(仮称)の設置について
 市民からの相談や行政サービスに関する問い合わせなどを集約する相談窓口「南城市民サポートダイヤル(仮称)」を設置するよう提案します。
 市民が相談、あるいは行政サービス等について問い合わせする場合、どこに電話していいのかがよくわからない、伝えたい事をうまく説明できずに意志の疎通が困難であったなどの相談を度々受けました。
 その場合、目的とする担当者に繋がるまで、あるいはきちんと回答を得られるまでに、時間がかかる、たらい回しになる場合があり、迅速で思いやりのある市民サービスが提供できないケースが出てきます。
 そういったことを防止するためにも、相談受付用の専用ダイヤルを設置し、記録をきちんと取ることでムダのない効果的な市民サポートが可能になるものだと考えます。
市長


2. ワン・ストップ・サービスに対する市の考え方と現状について
 さまざまなサービスを一つの場所で受けられる環境を総称してワン・ストップ・サービスと呼んでいますが市役所においてワン・ストップ・サービスとして考えられること、あるいは南城市において今後検討していることがあればお聞かせ下さい。
 また、各種証明の発行については自動交付機でも対応できるようになり、ずいぶん利便性が向上したと思われますが、窓口でしか発行してもらえない証明もまだまだありますので、今後交付できる証明書について増やしていく予定はあるのかどうかも伺います。
市長


3. 新庁舎建設時にオストメイト用トイレの設置を求める。
 今や日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡するという時代です。その中でも近年、男女共に急増しているのが大腸がんで、食生活の欧米化がおもな原因と考えられ、今後も増加していくことが予測されています。
 患者の中には、止む無くストーマ(人工の肛門・膀胱)造設した方もいて(その方々をオストメイトと言います)そんな方々が安心して外出できるように、公共施設や大型ショッピングセンターにオストメイト用トイレを設置するところが増えてきています。
 南城市においては、これから新庁舎が建設される予定ですので、ぜひオストメイト用のトイレの設置を検討して頂くよう求めます。
市長



平田安則議員
1. 佐敷地区高台避難道路の整備について
 沖縄県津波被害想定調査によると、沖縄東方琉球海溝付近で地震が発生した場合、津波は佐敷新開地区で最大遡上高7.2m・津波到達時間31分、同兼久地区で7.3m・32分と報告されて、佐敷地区ほとんどの居住地域が、赤色の海抜表示板で「速やかに避難する」区域になっています。
 これまでの教訓からも、災害時における緊急避難、救助及び救助物資の輸送、復旧支援には安全地域からの幹線連絡道路の整備が重要であることが言われております。
 佐敷地区における高台避難道路として、津波古地区から大里方面への市道、新里地区には親慶原方面への県道がありますが、東部地区(佐敷〜仲伊保間)には手登根〜知念方面に抜ける水兼農道しかありません。又新開地区から大里方面へも農道しかない状態です。以上から以下の2点について伺います。
1、手登根区の国道331号から知念地区の県道まで高台避難道路として、早急に計画し整備する必要があると考えるが所見を伺います。
2、新開地区から大里方面ルート新開田原線の事業進捗状況を伺います。
市長


2. 島尻消防佐敷出張所の移転について
 津波等自然災害時に、住民の避難援助や救助、救命等災害緊急対応の佐敷地区における重要拠点となる、島尻消防佐敷出張所付近は、海抜3.0mで「速やかに避難する」区域になっています。
 前項述の津波が発生した場合、壊滅的被害が発生する恐れがあり、住民生活の安全・安心確保の観点からも、早期に高台への移転が必要であると考えるが、当局の見解及び計画があれば計画の進捗状況を伺います。
市長


3. 台風19号後の課題について
1、馬天シータウン、天の浜海岸越波被害について
 越波被害の原因をどのようにとらえていますか?
 被害の復旧の市・県の責任境界は?
 現在も隣接緑地内に、縁石や雑石が散乱したままだが、片付けは誰が行うべきですか?
 被災後の復旧の為、建設関連団体との防災協定が必要と考えるがその有無は? その内容は?
 隣接する漁港護岸高さは当市側より約2m程度高く、消波ブロックも設置されており、当市区域への景観に配慮した越波の抜本的対応を求める必要があると考えるが、県へどのような要望を出しているか伺いたいです。
2、仲伊保海岸護岸(海洋産業との境界付近)が転倒する恐れがあるので、早急に対応が必要だと考えます。
 仲伊保港の知念地区久原側は護岸が無い状態で、多量のサンゴ礫が打上げられ、水路口を閉塞し上流の浸水被害、仲伊保港の船揚げ場に堆積、漁船の揚げ降ろしに支障をきたしており、早急な護岸整備が必要であると考えます。
 県へどのような要望を出しているのか、実施計画はあるのか、あればいつ実施予定であるか伺いたいです。
市長



玉城 健議員
1. 玉城・中山地区の排水について
 玉城、中山地区土地改良区の排水問題についてでございますがこの地域では台風、大雨時に海岸への排水溝が詰まりこれまで幾度となく、畑の冠水による農作物への被害が出ており早急な抜本的対策が要求されており、その対策について伺います。
1.これまでの被害状況と対策について具体的にお答えください。
2.この地区の排水改良計画についてお願いします。
3.国道中山トンネル線との排水の影響についての地域との意見交換についてどのように行われたか伺います。
市長


2. 多面的機能支払交付金について
 農業の多面的機能の維持・発揮のため地域活動や営農活動を支援する新たな日本型直接支払制度「多面的機能支払」の実施活用について伺います。
1.制度の内容について予算規模も含めてお願いします。
2.南城市での実施状況をお願いします。
3.農地・水保全管理支払との関係及び違いをお聞かせください。
市長


3. 県道17号線湧稲国の橋の改良工事について
 県道17号線湧稲国の橋の改良工事についてはこれまで事業実施に向けて取り組まれてきましたが工事に着手できない状態であり早急な解決が望まれるところです。
1.これまでの経緯と現状、市としての見解を伺います。
2.全面交通止めでの工事も検討しなければならないと考えますが市の所見を伺います。
市長









        平成26年12月定例会 一般質問通告書

                      平成26年12月9日(火)



質問者
発言事項
要旨
答弁者



前里輝明議員
1. 子ども・子育て支援新制度について
 平成24年8月に子ども・子育て関連3法の成立により平成27年4月から始まる子ども・子育て支援新制度について伺います。
◯新制度移行により子育て制度が変わる所と市の対応について伺います。
◯園児が学童保育を利用できなくなる5歳児保育問題について市の対応について伺います。
◯新制度対象者への周知方法について伺います。
◯新制度移行による本市の課題について伺います。
市長


2. 生活困窮者自立支援法について
 平成27年4月から施行される生活困窮者自立支援法について本市の取り組みを伺います。
◯本市の生活困窮者の現状について伺います。
◯生活困窮者自立支援法の施行に向けての本市の取り組み体制や事業について伺います。
市長


3. 知念農道3号、佐敷底川原農道1号について
 県道86号南風原知念線の沖縄刑務所から陸上自衛隊知念分屯地に向かう途中にある佐敷地域と知念地域を結ぶ道路があります。今後は南部東道路ICのアクセス道となる機能を持つ道路となりますが今後の整備計画について伺います。
市長



国吉昌実議員
1. 学校給食における食物アレルギーの対応について
 学校給食法にその目的の一つとして「学校給食が児童及び生徒の心身の健全な発達に資するもの」と極めて有効な教育的役割が期待されており、その目的を達成するために更に7項目の目標が掲げられております。そういう意味では、学校給食の意義はかなり大きいと言えます。
 そのような中、現実にクラスメイトと共に学校給食が楽しめない生徒がいることに目を背けてはならないと思います。H25年9月定例会でも取り上げましたが、以下の点についてお伺いします。
1)市内13校中アレルギー対応のガイドラインの活用徹底の現状は
2)マニュアルを作成している学校は何校ありますか
3)学校における管理職や職員等の研修の実施について
教育委員長


2. 県道・市道等の清掃(雑草除去)について
 多くの同僚議員が一般質問で取り上げた課題です。
 草木の生長するピークは過ぎておりますが、以下の点についてお伺いします。
1)国道、県道の清掃作業について年間何回分の予算措置がされているのでしょうか。
2)今後の見通しと市の対応はどのように考えておりますか。対応については、市道も含めてお願いします。
3)以前に仮称「道路の里親制度」導入を提案させて頂きました。前向きに検討されたと思いますがどのような結論になったでしょうか。
市長


3. 市営団地について
 老朽化が進む3か所の市営団地について、今後の建て替えも含めた方針をお伺いします。もちろん今後の人口の動向もありますが、積極的に人口増及び定住促進の観点からお願いします。
市長



安谷屋 正議員
1. 新庁舎周辺の道路整備について
 ゆまぢり会代表質問の、道路網整備についての関連質問として以下のことをお伺いします。
(1)ユインチホテル周辺に新庁舎及び3,000台規模の駐車場整備の計画がなされているが、南部東道路からのアクセス方法が検討されているか。
(2)イベント(尚巴志ハーフマラソン等)開催時の交通渋滞が懸念されるが対応策の検討はなされているか。
(3).(2)に関連して、親慶原ロータリーの信号機を時差式にすることができないか。
・理由として、現状でも朝夕の交通量が多く、百名方面から来る車両が多い時間帯では、佐敷方面から来て喜良原方面へ行く車両が右折できずに立ち往生し、危険性をはらんだ状況をよく目にする。
 新庁舎や駐車場整備に伴いさらなる交通量の増加が予測されることから、安全確保の観点から改善をお願いしたい。
市長


10
中村直哉議員
1. 道路整備について
 南城市では、道路網計画に沿って、道路の整備が行われております。継続して、整備している路線、新規で整備する路線と様々ですが、整備が完了すれば移動時間の短縮や渋滞の緩和に役立っていて、市民に喜ばれていると認識しています。
 今後も、南部東道路の整備着工に伴うインターチェンジ付近の整備やゆまぢり会の代表質問にあったように、交差点の改良工事も並行して整備されると思います。
 その一方で、工事が完了するのはいつか、あるいは、いつ整備してくれるのか、といった意見・要望があるのも又事実であります。
 そこで次の点について伺います。
?新原入口の道路は、現状だと危険だと思うが整備する必要性はないか。また、擁壁についてはどうか。
??について地元から要望等が出されているか。出されている場合その対応はどうしたか。
?南風原〜福原線について、整備する距離と事業年度、開通の時期はいつか。
?南部東道路の着工に伴い、道路網計画の見直しもあるのか。
市長


2. 漁業者支援について
 漁業従事者を取り巻く環境は、農業従事者と同様に天候に大きく左右されます。また、昨今の燃料費の高騰や魚価の低下等、日々変化します。他の地域では、後継者がいない、あるいは、新規の就業者がいない、等の課題が出る中、南城市においては、古謝市長を始め担当の皆さんのご尽力でしっかりと振興策がなされており、着実に実績が挙がっており敬意を表したいと思います。
 今後、まだまだ水産業を発展させるため、以下について伺います。
?志喜屋漁港内に網の干場がなく苦慮しています。設置できないか伺います。
?パヤオ設置については、一括交付金の活用を含め前向きに検討する旨の答弁を以前もらいましたが現在の状況はどうか。
市長


3. 子育て支援について
 子供・子育て支援新制度については、9月定例会で可決されました。その後、各地で説明会等が開催されたと思いますが、まだまだ理解されていないように感じます。新聞でも報道されたように、南城市では、いち早く対応策を打ち出したが、保護者や、事業者はまだまだ混乱していると思われます。
 そこで次の点について伺います。
?各地域での説明会での保護者の意見と対応
?学童を利用していた保護者の金銭的負担は、幼稚園の預かりを利用した場合どの様に変わるのか。
?幼稚園での預かり保育に係る人員確保については大丈夫か。
市長


11
上地寿賀子議員
1. デマンド交通(おでかけなんじぃ)について
 南城市内の交通弱者への対策としてデマンド交通が実施されていますが、以下の2点について伺います。
?オペレート及び予約業務の委託について
?予算内訳について
市長


2. 市営塾の開設について
 南城市内の未来ある子ども達へは公平公正な学習環境を整える必要がありますが、以下の2点について伺います。
?南城市が運営する市営塾の開設計画について
?実施へ向けての取組み及び課題について
教育委員長









        平成26年12月定例会 一般質問通告書

                     平成26年12月10日(水)



質問者
発言事項
要旨
答弁者


12
新里 嘉議員
1. H27年度介護保険制度改正について
 今回の制度改正で要支援1、2の対象者について、介護保険給付(予防給付)から、訪問介護と通所介護を外し、対応するサービスについて地域支援事業を再編成していくと方向性が示されています。それにより市町村の役割、機能強化が重要になっていくと考えられますが、南城市ではどのような取り組み、調整を行っているのか、以下の事も含めてお伺いします。
・市内には対象となる要支援者がどれくらいいらっしゃるのか伺います。
・現在利用している通所介護・訪問介護の事業所を継続して利用出来るのか伺います。
・対象者御家族さんへの説明はどのように行っているのかお伺いします。
市長


2. 通学路の安全確保について
 大里北小学校は集団登校が定着し、多くの生徒が徒歩通学を行っております。健康づくりの面も含めて大変素晴らしい事ですが、一方では通学路の未整備等安全面での不安もあります。特に嶺井区内の市道1号線は通学時間帯の車の往来が激しく、大変危険な状況です。道幅も狭く、中には猛スピードで走行する車も少なくありません。9月の定例議会でも要望いたしました。スピード減速装置(ハンプ)の早急の設置ができないか、改めてお伺いします。
市長


13
城間松安議員
1. 自主防災組織について
 自主防災組織について伺います。これまで日本においていろんな災害が発生し、尊い人命が毎日のように失われております。1995年に発生した阪神・淡路大震災でありますが、都市直下型地震で死者・行方不明者合わせて6437名の戦後最大規模の多くの人命が失われ世に大きな混乱をもたらしました。その時に負傷された方々を救出し活躍されたのが地元の人たちだったと言われております。この震災をきっかけに各自治体に自主防災組織が立ち上げられたと言う事であります。我が沖縄県においても近年大型台風の襲来が目に付くようになりました。今年の7月に猛烈な台風8号が接近し、特別警報が出されました。この特別警報と言うのは気象災害・地盤災害・地震・噴火等の重大な災害が起きる恐れが著しく大きい場合に気象庁が、警告の為に発表する情報と言う事であります。
 また南海トラフ地震が発生する確率も高くなっていると言う情報もあり、災害が発生した場合に最小限に、くい止める為にも自主防災組織の立ち上げが、急務ではないかと思います。現在市内において自主防災組織を立ち上げされている自治会は何箇所か、また今後市として自主防災組織を、推奨していく考えはあるのか伺います。
市長


2. 地域の課題について
 先ず一点目でありますが、大里字仲程1174-1番から1146-1番までの市道に排水溝がなく、小雨でも水溜まりが出来、溜まり水を避けようとして、自動車に接触し、人身事故に繋がる恐れがあり区民は、幾度となく危険な場面に遭遇しております。当該市道の近辺には大里南小学校やイオンタウン南城等が隣接しており、人口増や外部車両の通り抜けも重なり、交通量が多くなっております。市民生活の快適な住環境の整備の観点から排水溝の整備が出来ないか伺います。
 続いて二点目でありますが、大里字真境名区の公民館の側から長堂上原線に抜ける市道の途中で脇道に入る私道が長さ約8メートル位亀裂が入り陥没しております。そのままにしておくと市道まで崩壊する恐れがあり、歩行者や通行する車両等が、崖下に転落する危険性があります。早急な整備が出来ないか伺います。
 続いて三点目でありますが、ゆまぢり会派の代表質問の道路網整備についての関連で質問をいたします。市庁舎建設に伴い、ユインチホテル周辺への大里地域からのアクセスが不便であり、大里稲福区から上がっていく市道が一番近距離でありますが、幅員が狭く対向車両の通行がスムーズに出来ない状況でありますので、拡張できないか伺います。
市長


14
大城憲幸議員
1. 大里中学校学習環境の現状と整備について
 大里中学校の保護者及び学校評議員からの要望を踏まえ、10月に大里地区出身議員5名で現地視察を行い、その修繕と備品の設置について要望したところである。
 次年度予算編成に向けた取り組み状況と方針について以下の点を伺う。
?行事等学校経営に特に支障をきたしている放送設備の整備と体育館パイプイス不足分の購入について
?校舎間通路の雨漏り防止工事と、校舎の電気スイッチや照明器具等多数の破損ヵ所の修繕について
?その他施設の老朽化等に伴う修繕・整備要望への対応について
教育委員長


2. 南城市の将来人口と財政見通しについて
代表質問の関連質問。
市長


15
伊禮清則議員
1. エリアメールの利用について
 最近、身近な地域で不審者の出没や殺傷事件が増えてきていますが、学校側が保護者に連絡を取るのに苦労している状況があります。そこで、下記の点について伺います。
?市が利用しているサーバーを使って、各学校単位で一斉送信をする事が出来ないか伺います。
?各学校での、学年及びクラス単位での一斉送信をする事が出来ないか伺います。
市長


2. 台風被害について
 今年の台風による被害は甚大なものがありましたが、津波古区の人工ビーチ(天の浜)の砂の飛散は最悪でした。
 また、馬天シータウンでも砂や石・泥の飛散で最悪でした。そこで、下記の点について伺います。
?津波古区が要請をして造った天の浜ですが、周辺住宅では、毎年砂の被害を受けています。その為、砂は入れるなという話がありますが、市の考えを伺います。
?馬天シータウンが砂や石・泥の被害を受けないための工事を早急に行ってほしいが、市の考えを伺います。
市長


16
知念俊也議員
1. 玉城野球場について
 旧玉城村時代に建設された野球場でありますが、市内外からの利用者も多く、また、体協行事や玉城中学校野球部も活用させていただいている野球場であります。
 しかし、近年バックネットの老朽化が激しく倒壊の危険さえ感じる程であり、安全上問題である。早期の改修が必要と感じるが以下の点について伺います。
?利用状況
?年間の使用料収支
?改修計画はあるか
市長
教育委員長


2. 玉城那覇自転車道について
 県管理の自転車道であるが、地域の方々のウォーキング、子供達のサイクリング等の遊び場、通学路として利用されてきた。
 しかし、近年屋嘉部区付近自転車道において、雑草の繁茂がひどく利用に支障をきたし、ハブの目撃情報もあり安全上問題である。早期の改善が必要である。以下の点について伺う。
?市の対応は
?維持管理等、自治会に委託など県側と協議できないか

市長