議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 南城市

平成26年 3月定例会一般質問通告書 資料




平成26年 3月定例会一般質問通告書 − 資料









平成26年  3月 定例会(第2回)



        平成26年3月定例会 一般質問通告書

                      平成26年3月18日(火)



質問者
発言事項
要旨
答弁者



島袋賢栄議員
1.AEDのコンビニ設置について
 AEDの設置を進める考えはないか伺う。
市長


2.市民サービスに対する指定管理者制度の効果について
 経費の削減効果がどれだけ表れているか伺う。
市長


3.市営住宅への母子家庭の優先入居について
 母子家庭を優先入居の予定はないか伺う。
市長



比嘉直明議員
1.ブックスタート事業について
 1992年に、イギリス国において取り組みが始まり日本では2000年から市区町村自治体の事業として866の自治体が取り組み、沖縄県では21市町村が取り組んでいます。本市はこの事業の重要性をどう認識しているのか、伺います。
市長


2.南城市地域物産館について
 国土交通省への道の駅として、登録申請中と認識してますが、これまでの進捗状況について伺います。
市長


3.市道仲程〜南風原線(0-3)について
 今後の道路整備計画について伺います。
市長



屋?宣勇議員
1.消費者教育の推進について
 平成24年8月、国会において消費者教育の推進に関する法律(消費者教育推進法)が可決・成立した。この法律は消費者の「保護」から更に踏み込んで、消費者自らの消費生活に関する行動が、現在及び将来の世代にわたって社会経済情勢及び地球環境に影響を及ぼすことを自覚して、消費者の自立を支援する目的で制定された。その為に、幼児期から高齢期まで、学校、家庭、地域、職域等において、食育・環境教育・国際理解教育・法教育等を含めた消費生活に関連する消費者教育の推進を基本理念としている。そして、国の責務、地方公共団体の責務を定めて、年齢等に即した体系的で教育の場所を問わない多角的視点と、各種教育施策の有機的な連携を図って、国民一人ひとりが消費者市民社会の担い手として参画することを内容としている。そこで、以下のとおり質問致します。
(1)南城市消費者生活相談室の機能拡充について
?消費生活の被害、悩み解決の相談活動に加えて、被害・悩みの実態分析を生かした消費者教育、出前講座等の啓発活動の機能拡充が出来ないか伺います。
(2)南城市食育推進計画の策定について
?南城市食育推進計画の運用状況について伺います。
?食育と消費者教育の有機的な連携について伺います。
(3)南城市環境基本条例について
?南城市環境基本条例及び環境基本計画で定められた、環境教育・環境学習の推進が、具体的にどの様に実施されているか伺います。
(4)幼・小・中学校における消費者教育の推進について
?幼・小・中学校における消費者教育はどの様に実施されているか伺います。
(5)地域における消費者教育の推進について
?ミニデイサービス、高齢者等関係団体、地域関連行事等において、消費者教育はどの様に実施されているか伺います。
(6)消費者教育推進地域協議会、消費者教育推進計画について
?消費者教育推進法でいう市町村単位での、消費者教育推進地域協議会の設置及び消費者教育推進計画の策定について、南城市で取組む計画があるか伺います。
市長
教育委員長



松田兼弘議員
1.新開区周辺の環境整備について
(1)生活道と生活排水の改修整備を求める。
 丸大佐敷店近くの旧民間分譲住宅地。病院、公共施設、商業施設や児童、生徒の登下校の通学道になっています。昼夜とも車と人の往来があり、交通事故も発生している。豪雨時には浸水もあります。早期の整備を求める。
(2)新開第1橋、新開第2橋の老朽化対策の進捗について伺う。
(3)水路の浚渫等の浄化整備を求める。
 佐敷老人センター、給食センターから新里、新開、津波古に接する水路は、河口からの漂流ゴミ、不法投棄や泥土の流入、雑木の繁茂によるネズミ、蚊の発生により周辺住民の衛生上環境が悪化しています。泥土の浚渫と雑木の伐採を求める。
市長


2.浜崎川流域の改修事業について
(1)浜崎川流域の改修事業の進捗状況を伺う。
(2)周辺住民への説明等について伺う。
市長


3.仲伊保港護岸整備について
(1)仲伊保港護岸整備事業の進捗状況を伺う。
 仲伊保区民への説明等、住民の理解について、県、市のとりくみ状況を伺う。
市長


4.就学援助について
(1)本市の事業内容を伺う。
?支給内容と単価(小学校、中学校)
1.学用品費  2.通学用品費  3.校外活動費
4.新入学児童、生徒学用品費  5.修学旅行費
6.学校給食費  7.医療費
?算定基準
 認定の仕組を伺う。
?保護者への制度案内と申請の方法を伺う
?過去5年の申請数と受給状況
?準要保護世帯への支援対策は
(2)就学援助の拡充を求める。
?準要保護世帯基準を元の国庫補助の復活を国に求める
?市独自の給付を求める
 クラブ活動費、生徒会費、PTA会費等々。
?ひとり親世帯の支援を求める
市長
教育委員長



親川孝雄議員
1.デマンドバスの実証実験の実施状況について
 南城市は地形的条件による路線バス等の公共交通機関が少ないため、昨年12月9日より予約型乗合タクシー愛称「おでかけなんじぃ」の実証実験がスタートしております。65歳以上の南城市民や観光客を対象に、南城市内であればどこでも送迎するという画期的な試みで新聞やテレビで大きく報道されました。
 その実証実験の実施状況について次の通り伺います。
(1)対象者の登録状況について
(2)利用状況(1日当たりの利用者数等)について
(3)利用者の利活用目的(行き先等)について
(4)市民からの反応や要望等について
(5)観光客の利活用状況について
(6)その他
市長


2.知念岬公園の環境美化及び体育館の維持管理について
 知念岬公園は中城湾から太平洋に連なる広大な海域にサンゴ礁で結ばれた津堅島、久高島及びコマカ島が点在する景観のすばらしい場所であり、ここを訪れる観光客は増加の一途を辿っております。
 また、この公園の近くには世界遺産の斎場御嶽があり、その斎場御嶽の駐車場が平成25年11月に閉鎖されたため公園の駐車場は常に満車の状態になり、多くの観光客が行き交う場所ともなっています。
 この様に眺望が素晴らしく、多くの人が訪れる公園であるが、一方で公園の芝生や駐車場には野良猫の糞、空き缶、タバコの吸い殻等が散乱して見苦しい状況にあります。
 また、多数の観光客が公園内の体育館のトイレを利用することから、トイレの汚れもひどい状況にあります。
 南城市の観光の一大スポットになっている知念岬公園を持続・発展させるためには周辺環境の美化及びトイレ設置等を管理する要員の配置が必要だと考えますが、市長の見解をお伺いします。
 なお、南城市知念体育館はバレーボールやバドミントンを楽しむ市民を始め、中・高校生のマーチングバンド練習、文化展、老人会運動会、税金の確定申告、ハイサイダンスコンテント予選会、トレーニングルームの利用など年間を通じて多くの市民に広く活用されておりますが、利用者からは施設内の照明が暗いという苦情があり、その対応策についてもお伺いします。
市長
教育委員長



玉城 健議員
1.雄樋川防災対策について
 雄樋川は大里の大城ダムを起点に玉城の船越・愛地・前川石川原・前川(玉泉洞)を通って港川へと流れています。
 大雨時には氾濫し県道17号線から下流の土地改良区のさとうきび畑から出荷前積んであったきび3山がガードレールを超えて流される被害も出たことも位の水量です。雄樋川の流れは前川玉泉洞のガンガラーの谷の所でガマの中に入っていきます。ガマの入口は大きくて出口がかなり小さくなっていて大雨時はガンガラーの谷の遊歩道も冠水し危険な状態です。最近ではガマの出口には農業用のビニールや流木等が流されてきます。万が一ガマの出口に引っかかって詰まった場合に大変なことになると心配する市民の声があります。そこで以下の点について伺います。
?市はどのくらい把握しているか。
?雄樋川の管理はどのようになっているか。
?調査する必要があると思いますがどのように考えるか。
?雄樋川には2ヶ所の農村集落排水処理施設があり雄樋川へ放流していますが川の増水時と放流時間が重なった場合の対策はどのようにしているかお願いします。
市長


2.南城市産業祭り開催について
 合併して8年、これまで市の産業祭りが開催されていませんが南城市の特産品をはじめ観光、商工業等、あらゆる産業を紹介し元気な南城市の更なるPRをするために南城市産業祭りの開催が必要と思いますが市としての考え方をお聞かせください。
市長


3.グスクロード公園コア施設の展示物について
 グスクロード公園内のコア施設の昔の農業・農村風景の展示がされておりますが展示物が色あせ、破損して見にくい状態になっております。新しく貼り換えができないか伺います。
市長









        平成26年3月定例会 一般質問通告書

                      平成26年3月19日(水)



質問者
発言事項
要旨
答弁者



中村直哉議員
1.武道場の整備について
 平成24年度から、新学習指導要領がスタートしました。
 変更になった一つに武道の授業があります。
 以前の議会でも、担当する先生方の指導法や安全策等について議論がありました。
 市内の中学校のなかでも、玉城中学校が武道場が整備されない中、新学習指導要領での2年が経過しようとしています。
 今回は、武道場の施設等について次の点について伺います。
?市内各中学校での武道の選択状況はどうなっているか。
?市内各中学校での武道場の整備状況はどうなっているか。
?2年間でけが等の報告はないか。
?玉城中学校の武道場整備計画はあるか。
市長


2.放課後の児童の居場所づくりについて
 昨年末、知念地域に知念図書館等複合施設がオープンしました。その中に知念児童館があって利用者から喜ばれています。
 一方これまでの議会でも度々議論があるように、玉城小学校区、船越小学校区には、児童館がありません。両校区の保護者やこれから両小学校へ入学を予定している保護者から、児童館の整備を望む声があります。
 アパート等も新しく建築され、今後も若い子育て世帯が増加する校区でもあると思いますので、改めて質問いたします。
?市内各小学校区別の児童館の数
?玉城・船越小学校区での今後の取り組み
?放課後児童クラブ公的施設移行促進事業で設置できないか
市長



城間松安議員
1.嶺井団地の建て替えについて
 住宅供給公社の管理する嶺井団地は昭和48年に建設され、築40年が経過をしております。建物の耐震性において国が定めた基準を満たしておらず、コンクリート中の塩分量も規定値を大きく上回り、鉄筋膨張により天井や壁などの剥離、剥落が多く確認され老朽化が進行して大変危険であり早急な建て替えが必要であります。平成23年の12月定例会においても一般質問をしましたが、その時の答弁では県や公社と協議をしながら建て替えを進めて行きたいと言う答弁がありました。その後の進捗状況を伺います。
市長


2.県道86号線沿いの側溝の整備について
 県道86号線沿いの大里仲間89番地に隣接する斜面の側溝で大雨の度に増水し、現在の側溝では水はけが十分に機能せず、頻繁に冠水被害が出ており早急な整備が必要であります。当間区からも平成25年3月に改善要請が出されております。早急な整備が出来ないか伺います。
市長


3.南部東道路の接続について
 南部東道路の接続について伺います。南部東道路はつきしろから山川までの区間で今年から本格的に工事が始まり平成30年度完成予定であります。南部東道路が完成しますと、つきしろから那覇まで、20分圏内という非常に便利になり、南部地域の産業及び観光に大きく寄与するものと期待をする所であります。当初は沖縄自動車道に連結すると言う説明だったと思いますが図面を見ますと、沖縄南IC手前の側道の一般道に下りており沖縄自動車道の出口と重なり渋滞が予想され利便性が悪くなりますので、沖縄自動車道に直に連結するように県に強く要請して頂きたいと思いますが如何でしょうか。
市長



前里輝明議員
1.子ども・子育て新制度について
 子ども・子育て新制度について伺います。
◯新制度導入により子育て制度の何が変わると予測されますか。
◯新制度導入による本市が考えるメリット、デメリットについて伺います。
◯子ども・子育て新制度についての南城市の対応・今後の取り組みについて伺います。
教育委員長


2.インクルーシブ教育システムについて
 インクルーシブ教育システムについて伺います。
◯現在市内小中学校の障がいのある児童生徒を受け入れる体制について現状を伺います。
◯現在の障がいのある児童生徒に対する支援体制について伺います。
◯今後のインクルーシブ教育システムに対しての本市の対応と方向性について伺います。
教育委員長


10
伊禮清則議員
1.道路整備について
 道路整備で下記について伺います。
1)桃原川良線
 住宅が増えてきていることで、特にこの道を利用する方々から、津波古33号線との合流付近を何とかしてほしいとの声がありましたので質問します。
 津波古33号線から進行した場合、右側から来る車両にヒヤッとされることが何度かあると聞いています、又、川を挟んで津波古1号農道が並行して走っていますが、橋梁を曲りにくそうにしている車をたまに見かけます、橋梁の幅を広げることが出来ないか伺います。
2)浜之端連絡線
 一部完成していない部分があります。前に、馬天兼久島之前線の馬天自練側から県道138号線間の道路改良を行う際に、検討すると聞いた覚えがありますが、なぜ出来なかったのか伺います。
市長


11
大城憲幸議員
1.財政状況と庁舎建設について
 今議会冒頭、市長は施政方針で新庁舎の建設について「早期の供用開始を目指して取り組む」と明言しました。
 財政面からその影響について共通認識を持ち、市民の議論を喚起するため以下の点について伺う。
1 合併当初と現在、地方債や基金等の財政状況及び、歳入や歳出の構造がどう変わったか。
2 合併に伴う補助金や交付税等の優遇措置の合計と、10年以降の推移。
3 庁舎建設に伴う市財政への影響と見通し。
市長


2.地域物産館の状況と方針について
 知念岬に昨年オープンした地域物産館、今月で初年度が終わるが、その状況と今後の取り組みについて以下の点を伺う。
1 オープンからの売り上げの推移
2 テナントの状況
3 これまでの課題や改善点
4 今後の事業計画や方針
市長


12
吉田 潤議員
1.避難道路計画について
1、今後も東日本大震災規模の地震が沖縄でも発生すると想定した場合、南城市において、玉城・知念・佐敷地域で津波が発生すれば、特に知念地域の東側から佐敷地域においては避難する道路が必要と思いますが所見を伺います。
2、島尻消防佐敷出張所は海抜5メートルにあるのが現状です。島尻消防、清掃組合では新城と佐敷出張所の建て替えの計画があるようですが、佐敷出張所を高台に移転する考えがあるのか伺います。
市長


2.道路整備について
1、国道331号、津波古交差点から新里においては交差点と右折帯工事はほぼ完了ですが、今後の整備として知念久手堅地域から玉城地域にかけて以下の整備を伺いたい。
?アスファルトの舗装工事
?歩道の拡張工事
?街灯の設置工事
2、南部東道路建設にあたり、銭又交差点の那覇空港自動車道路に接続工事の変更が可能か伺います。
市長


3.教育委員会制度改革について
1、総合教育会議は、首長が教育行政に対し指導力を発揮する場と位置付け学校施設の統廃合や教職員定数などが協議事項と想定されるが以下のことを伺います。
?改正された場合、政治的中立性が保てるのか伺います
?教育は、子供の健全な成長発達のため、学習時間を通じて一致した方針の下、安定的に行われることが必要ですが、改正された場合、継続性、安定性が保てるのか伺います。
教育委員長









        平成26年3月定例会 一般質問通告書

                      平成26年3月20日(木)



質問者
発言事項
要旨
答弁者


13
長嶺勝盛議員
1.コンビニのAED設置について
 現在、市内各地の公共施設などにはAEDは設置されていますが、殆どは平日昼間のみの使用で制限があります。しかし、AEDが必要な事態が起こる可能性は、24時間365日あります。コンビニにAEDを設置することにより、24時間体制で迅速な救命措置が可能になります。
 那覇市と沖縄市において、一括交付金を活用してAEDのコンビニ設置を進めています。南城市においても早めの設置を希望します。
市長


2.街路灯の設置について
 玉城字船越の県道48号線雄桶川付近は、近年、新興住宅地域となり人口が増加したため、バス停も設置されています。それに伴い、多くの市民が通勤通学に利用しておりますが、夕方以降は大変暗く、歩行者も運転者も危険な状況であります。
 市民が安全に道路を通行できるように、街路灯の設置を南部土木事務所に強く要請して頂きたいと思います。
市長


14
国吉昌実議員
1.観光振興について
 先だって国際線ターミナルが完成し、那覇空港の第2滑走路の建設も始まりました。もはや観光客の沖縄県への入域客数1000万人時代は夢ではなくなりました。当然南城市へ訪れる観光客も増加をしていくものと思われます。現に観光使用料も年々増加をしており、玉泉洞はもちろんサキタリ洞遺跡も学術的価値も大変高いでしょうが、観光地としてのアピールポイントも大変高いと思います。
 観光振興については、仕組みの作り方次第では明るい展望が持てる状況にあります。そこで以下にお伺い致します。
1)昨年11月にオープン致しました地域物産館及び11月下旬に開催されました全国ハーブフェスティバルの経済効果をどのように評価をしているのでしょうか。またそこから見えてきた課題をどのように捉えているのでしょうか。
2)観光客へのインパクト及び「観光の質」を高めるためにも斎場ウタキ周辺に仮称「文化資料館」の設置が必要と思いますがご見解をお伺い致します。
市長


2.市内各小学校の体育館の音響設備について
 先日大里南小学校の学芸会を参観させて頂きました。子どもたちが一生懸命発表している姿に大変感銘を受けました。しかしプログラムが劇の発表になりますとスタンドマイクが3本ほど設置されておりますが、全く聞き取れない大変残念な状況がありました。そこでお伺い致しますが
1)現状は把握しておりますか、また他の市内各小学校の状況はどうだったのでしょうか。お聞かせ下さい。
2)体育館においては、通常の音響設備は設置されていると思います。学芸会などの特別な発表会の時などは、どのように対応しているのでしょうか。お伺いいたします。
3)折角の子どもたちの学習発表であります。万全な体制がとれるよう設備を補強すべきだと思いますがいかがでしょうか。お伺いいたします。
教育委員長


3.市内における公園の管理運営と今後の方針について
1)ものの本によると公園とは、公衆が憩いまたは遊びを楽しむために公開された場所。として書かれておりました。所管する部署においては、市民生活との関りの中でどのような認識をしておりますか。お伺い致します。
2)南城市の市政要覧の公園というくくりの中に、広場、農村公園、都市公園、その他の公園という分類がされておりますが、分類基準をお伺いします。
3)市政要覧の公園を調査致しますと、子どもたちの遊具が設置されている個所されてない個所が現状としてあります。また設置はされているが壊れて使い物にならないものもそのまま放置されている所もあります。今後の方針をお伺い致します。
4)要覧の公園一覧に掲載されてない公園もありますが、その公園については、今後どのような取り扱いになるのでしょうか。お伺いいたします。
5)地域の声として、アパートが増え若い人たちが増えている愛地付近に公園を作ってほしいとの声があり、Gタウンにおいては、第1公園には防護ネット、第3公園には、壊れた遊具を取り替えてほしいとの声がありますが、行政としては、どのような対応を考えてますか。お伺いいたします。
市長


15
大城竜男議員
1.温もりある福寿(健康・福祉)のまちづくりについて
(1)南城市の福寿のまちづくりにおいて、ライフステージに応じた健康増進の取り組みは、各課の横断的な連携が今まで以上に重要で必然となるが、今後の連携強化に向けた取り組みを伺う。
(2)介護保険については第5期介護保険事業計画の最終年度となり、今年度は第6期事業計画策定の年度となる。広域連合では事業計画策定委員会による進捗管理評価等のもと、事業計画との比較検証を行い、業務運営に取り組むという方針を打ち出している。第5期の整備計画が遅れている本市においては、次期計画に影響がでないか懸念するところである。そのような観点から、現在の整備計画と次期計画に向けての取り組み今後の広域連合との連携について伺う。
市長


2.心豊かな人材を育む教育・文化のまちづくりについて
 南城市の未来を担う子どもたちが、ふるさとに愛着を持ち、心身ともに家族も一緒になって健やかに成長していく環境づくりの将来像をどのように思い描いているか伺う。
教育委員長


16
仲村和則議員
1.避難道路の整備について
 佐敷東地域と知念東部地域の住民が災害発生時において迅速に避難できる道路の整備を早急にやる必要があります。先の3月11日の大震災でも道路網の整備で命が助かったという事例が報告されております。災害はいつ発生するか予測できません。中期計画では遅すぎます。今後の整備計画について伺います。
市長


2.浸水防止対策について
 平成23年11月9日、集中豪雨により浜崎川が氾濫し、床上浸水等により、住宅や農作物に甚大な被害を被っております。その後の浸水防止対策について伺います。
1、浜崎川の改修の進捗状況について伺います。
2、浜崎川に流入する市管理の排水路の改修について伺います。
3、上流への調整池の設置について伺います。
市長


3.農業用水の確保について
 佐敷地区の農業用水の確保については、何度も一般質問で取り上げておりますが、あまり進展していない状況にあります。特に去年は、降雨量が極端に少なく、農家のみなさんが農業用水の確保に大変困っておりました。安定供給するには、ため池等の農業用水の整備が必要であります。整備計画について伺います。
市長


17
大城 悟議員
1.下水道整備事業について
?未整備の大里地区下水道整備事業計画について伺います。
?接続率、大里地区、佐敷地区、知念地区、玉城地区について伺います。
?接続率を上げる取り組みについて伺います。
市長


2.市道整備事業について
?大里南小学校線整備事業
?長堂・上原線整備事業
?南風原・福原線整備事業
 用地買収状況・工事の進捗状況・今後の整備計画について伺います。
市長