議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 南城市

平成26年  1月 臨時会(第1回) 01月28日−01号




平成26年  1月 臨時会(第1回) − 01月28日−01号









平成26年  1月 臨時会(第1回)



★告示

         平成26年第1回南城市議会 臨時会

               会期日程

       自 平成26年 1月28日(火)+

                       | 1日間

       至 平成26年 1月28日(火)+

(議案に対する質疑通告締切日:1月24日(金)午前中)





曜日
種別
日程



19

 
 


20

 
 


21

 
議会運営委員会、招集告示・議案送付、資料要求書送付


22

 
 


23

 
 


24

 
     資料要求・議案に対する質疑通告締切(午前中)


25

 
 


26

 
 


27

 
 


28

本会議?
議案説明聴取・質疑・委員会付託(連合審査)・委員長報告・委員長報告に対する質疑・討論・表決
     執行部資料送付・配付(午前9時)


29

 
 


30

 
 


31

 
 





 
 



◯本会議 1日  ◯議会運営委員会 1月21日(火)

       平成26年第1回南城市議会(臨時会)会議録

1.招集年月日  平成26年1月28日(火)

2.招集の場所  南城市議会議事堂

3.開会・開議  1月28日 10時00分 宣告

4.閉会     1月28日 14時12分 宣告

5.応招議員

   1番 大城竜男議員   11番 比嘉直明議員

   2番 前里輝明議員   12番 瀬底正真議員

   3番 親川孝雄議員

   4番 玉城 健議員   14番 島袋賢栄議員

   5番 松田兼弘議員   15番 国吉昌実議員

   6番 城間松安議員   16番 長嶺勝盛議員

   7番 座波 一議員   17番 屋?宣勇議員

   8番 吉田 潤議員   18番 仲村和則議員

   9番 伊禮清則議員   19番 大城 悟議員

  10番 中村直哉議員   20番 照喜名 智議員

6.不応招議員

  13番 大城憲幸議員

7.出席議員   応招議員と同じ

8.欠席議員   不応招議員と同じ

9.本会議に職務のため出席した事務局職員の職、氏名

  事務局長  城間 競  事務局係長 大城竹康  事務局主事 嶺井良太

10.地方自治法第121条の規定により、会議事件説明のため出席した者

  市長        古謝景春   教育長       高嶺朝勇

  副市長       與那嶺紘也  教育部長      當山達美

  総務部長      山城 馨   上下水道部長    飯田高男

  企画部長      新屋 勉   産業建設部長    港川 猛

  市民部長      永村玲子   福祉部長      小谷 肇

11.議事日程

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       平成26年第1回南城市議会臨時会 議事日程

               平成26年1月28日(火)午前10時開議

日程第1       会議録署名議員の指名について

日程第2       会期の決定について

日程第3 議案第1号 島尻消防、清掃組合規約の変更について

日程第4 議案第2号 東部清掃施設組合規約の変更について

日程第5 議案第3号 島尻消防、清掃組合の共同処理する事務中、ごみ焼却施設の設置及び管理運営に関する事務の一部事務移管に伴う財産処分について

日程第6 議案第4号 平成25年度南城市一般会計補正予算(第5号)について

     日程第3から日程第6は一括議題で議案説明、質疑後、常任委員会へ付託のうえ

     総務福祉委員会、産業教育委員会との連合審査会

     委員会終了後討論、表決

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

12.会議に付した事件

  議事日程の事件と同じ

13.会議の経過

  次のとおり



○議長(照喜名智) 

 おはようございます。ただいまから平成26年第1回南城市議会臨時会を開会します。

 これより本日の会議を開きます。

 諸般の報告を行います。

 市長より議案第1号・島尻消防清掃組合規約の変更について他3件が提出されております。

 1月21日に行われました議会運営委員会の決定事項については、お手元に配付してあるとおりであります。

 本日の議事日程は、先ほどお配りしたとおりであります。

 これで諸般の報告を終わります。

 それでは、臨時会招集にあたっての市長のあいさつを受けたいと思います。



◎市長(古謝景春) 

 おはようございます。ごあいさつを申し上げます。

 本日、ここに平成26年第1回南城市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員の皆様方におかれましては、お忙しい中、ご参集いただきましてありがとうございます。

 さて、私はこのたびの南城市市長選挙におきまして、市民の皆様をはじめ、各方面からの力強いご支援と暖かいご厚情により、無投票で当選することができました。引き続き3期目の市政を担わせていただくことは、身に余る光栄であり、これも議員各位並びに、市民の皆様のご支援の賜物と心から感謝を申し上げる次第であります。市民の皆様の付託に応え、市政の舵取りを担うという、責任の重さを改めてひしひしと感じ、身の引き締まる思いであります。

 私は、初代南城市長に当選以来、任期8年にわたり、市民の皆様が、ふるさと南城に自信と誇りを持ち、夢と希望に満ちた、日本一元気で魅力ある南城市を実現していくため、市民の皆さんと力を合わせて全力で市政運営に取り組んでまいりました。おかげを持ちまして、市民と行政の協働によるまちづくりも着実に進展し、南城市発展の礎となる一定の成果を生み出すことができたと自負しているところであります。

 また、どの地域に行っても激励の言葉をかけていただき、感謝をしております。このたびの無投票当選は、私に託された、市民の皆様の期待の大きさであると考えております。その思いを真摯に受け止め、市民と共に作る市民のための市政を基本姿勢に、市民の皆様が誇りと希望、安らぎと生きがいに満ちた市民主役の平和で明るいまちづくりを進めてまいります。

 地域の時代を迎え、これから市職員は市の将来を見据えつつ、市民ニーズに対応した行政運営を適切に行える基礎力と社会環境の変化に対応できる柔軟さが求められております。

 向こう4年間、これまで以上に多様化、高度化する市民ニーズへ迅速かつ的確に対応し、市民本意の市政、自治体としての市政を重視ながら市民の暮らしを第一に考え、地域特性、自然、歴史、文化を最大限に活かした日本一元気で魅力ある南城市を推進するため、職員と一丸となって全力を傾けていく決意であります。

 議員、各位並びに市民の皆様には、今後とも一層のご支援と、ご鞭撻を賜りますよう心からお願いを申し上げます。

 今臨時会に提案している案件は、喫緊の課題であるごみ処理に関する関係一部、事務組合の規約の変更並びに財産処分など議会と一体となって進めなければいけない重要なものであります。

 議員各位におかれましては、よろしく審議の上、議決を賜りますようお願いを申し上げ、議会招集にあたってのあいさつといたします。よろしくお願いします。



○議長(照喜名智) 

 これで臨時会招集にあたっての市長のあいさつを終わります。

 日程第1.会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、10番中村直哉議員及び11番比嘉直明議員を指名します。

 日程第2.会期の決定を議題とします。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は、本日1日間にしたいと思います。ご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、会期は本日1日間に決定しました。

 日程第3.議案第1号・島尻消防清掃組合規約の変更についてから、日程第6.議案第4号・平成25年度南城市一般会計補正予算(第5号)までの4件を一括議題とします。

 提出者の説明を求めます。



◎市民部長(永村玲子) 

 おはようございます。それでは、議案第1号・島尻消防清掃組合規約の変更について、ご説明いたします。

 南部3清掃組合を構成する6市町は平成25年1月21日にサザンクリーンセンター推進協議会、理事会において、南城市玉城字奥武の島尻環境美化センター跡地に一般廃棄物最終処分場を建設を決定しております。

 この決定によりこれまで、佐敷地区を除く南城市八重瀬町の可燃ごみ処理の役割を担っていた島尻環境美化センター敷地内のごみ焼却処理施設が、一般廃棄物最終処分場建設による解体工事に入るため、平成26年3月31日をもって閉鎖されることに伴い、平成26年4月1日より、東部清掃施設組合にて、同地区の可燃ごみ焼却処理を、一部事務移管することになっております。このため、地方自治法第286条第1項の規定により、組合の規約を変更する必要があることから、同法第290条の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。詳細については、新旧対照表をご参照ください。

 次に、議案第2号東部清掃施設組合規約の変更についてご説明いたします。

 現在、南部地区の3清掃組合においては、一般廃棄物最終処分場を保有してないため、消却残渣等の処理を他地区に委託している状況にあります。3清掃組合を構成する6市町は、平成25年1月21日にサザンクリーンセンター推進協議会理事会において、南城市玉城字奥武の島尻環境美化センター跡地に一般廃棄物最終処分場建設を決定しております。

 この決定により、これまで佐敷地区を除く、南城市八重瀬町の可燃ごみ処理の役割を担っていた島尻環境美化センター敷地内のごみ焼却施設が、一般廃棄物最終処分場建設によって、平成26年3月31日に閉鎖されることに伴い、平成26年4月1日より東部清掃施設組合で、同地区の可燃ごみ焼却処理事務を行い島尻消防清掃組合で、南城市佐敷地区の可燃ごみ以外の処理事務を行うことになっております。このため、地方自治法第286条第1項の規定により、組合の規約を変更する必要があることから、同法第290条の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。詳細については、新旧対照表をご参照ください。

 次に、議案第3号・島尻消防清掃組合の共同処理する事務中、ごみ焼却施設の設置及び管理運営に関する事務の一部事務移管に伴う財産処分についてご説明いたします。

 最終処分場建設による島尻環境美化センター内の焼却施設閉鎖に伴い、島尻ごみ処理施設の設置及び管理運営に関する事務の一部を東部清掃施設組合へ事務移管することにより、財産処分が生じたため、地方自治法第289条の規定に基づき、構成市町の協議が必要となったことから、同法第290条の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。詳細については、協議書をご参照ください。

 以上、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



◎副市長(與那嶺紘也) 

 こんにちは。私のほうから、議案第4号・平成25年度南城市一般会計補正予算(第5号)について、説明をさせて頂きます。

 歳入歳出予算の補正は、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ4,800万円を追加し、歳入歳出予算の総額を214億9,300万円とするものであり、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び金額は、第1表、歳入歳出予算補正によるものであります。地方債の補正は、第2表、地方債補正よるものであります。起債限度額26億6,282万7,000円から26億9,982万7,000円にするものであり、衛生債の増に伴う地方債の補正であります。歳入歳出予算の補正については、歳入歳出補正予算事項別明細書で説明を申し上げます。

 なお、あらかじめお断り申し上げますが、本補正予算につきましては、各項目の増減の理由等を記した説明書を事前にお配りしてございますので、私のほうからは、補正予算の概略について簡潔に説明をさせていただきます。どうぞご了承を賜りたいと存じます。

 それでは、歳入のほうから説明を申し上げます。7ページであります。

 19款2項1目財政調整繰入金1,100万円は、歳出に対する歳入不足を財政調整基金から繰り入れて補うものであります。22款1項3目衛生費合併特例債の3,700万円は、最終処分場建設等負担金の事業債を新たに計上するものでございます。

 南部広域行政組合、南部広域行政事務組合では、来たる2月に起債をして、用地購入費等の財源に充てますが、その費用は後年度に構成団体が負担することになります。南城市にありましては、次年度以降に一般財源から負担金を支出する予定でありましたが、昨年12月の県との協議により、有利な合併特例債の発行が可能になったため、今回補正をするものでございます。

 以上で、歳入の説明を終わります。

 次に歳出について説明を申し上げます。8ページであります。4款2項1目清掃総務費3,896万円は、最終処分場建設等の公共用地先行取得事業に、合併特例債の発行が可能になったことにより、負担金を計上してございます。それから10款3項1目学校管理費904万円は新年度に向けて、大里中学校の身障者専用トイレ改修の委託料と工事費を計上してございます。それから9ページの地方債の現在高見込みに関する調書については、説明を省かせて頂きますのでご了承お願いいたします。

 以上で、平成25年度南城市一般会計補正予算(第5号)の説明を終わりです。どうぞよろしくご審議賜りますよう、お願いを申し上げます。ありがとうございます。



○議長(照喜名智) 

 これで提出者の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑の通告がありますので発言を許します。

 まず議案第1号・島尻消防清掃組合規約の変更についての質疑を許します。



◆4番(玉城健議員) 

 おはようございます。冒頭、市長からのあいさつにもございましたが、市政を担って3期目。再選、おめでとうございます。公約通りですね、市民党立場での行政を進めてもらいたいと思います。よろしくお願いいたします。

 さっそく、質疑通告にしたがってまいりたいと思います。議案第1号ですね。島尻消防清掃組合規約変更についてでございます。その中の第1章第3条(2)のごみ処理に関することの中の(可燃ごみ処理焼却処理及び、これに付帯する事務を除く)ということで、不燃ごみが残ってしまいます。この建物をですね。この焼却炉と同一建物でなっておりまして、これから先、この残った不燃ごみの処理方法をですね、どうするのかということと、これから先の計画ですね、それを伺いたいと思います。よろしくお願いいたします。



◎市民部長(永村玲子) 

 玉城健議員の議案に対する質疑についてお答えいたします。

 議案第1号島尻消防清掃組合規約の変更についてのご質疑ですが、残った不燃ごみにもいろいろございまして、今回の質疑でいう残った不燃ごみとは、南部広域行政組合に譲与するごみ焼却施設に隣接する、不燃物資源化施設で処理する缶類・瓶類・陶磁器類と解釈しお答えいたします。

 最終処分場建設のため、島尻消防清掃組合の焼却施設、及び付帯施設も譲与となり、不燃物資源化施設も解体となります。

 しかし、当組合は、可燃ごみ以外に関しては今まで通り処理いたしますので、不燃物資源化施設については、解体作業が入る平成27年度後期までは、南部広域行政組合から無償賃貸の契約で活用し、平成26年、及び27年前期までにストックヤードに隣接して、新しい不燃物資源化施設を作る予定でございます。



◆4番(玉城健議員) 

 資料請求もしてございましたので、計画内容がですね、わかりました。

 その中でですね、この建設にあたりですね、予算の問題、補助事業を使った場合にやるのか、それとまた単独でやっていくのかという問題とですね、それにかかる、これ33年度に一元化するということでありますが、新しく建て替えた場合、補助事業でやった場合については、当分の間また解体できず、使い続けなければいけないということで、そのことでのこれから33年間に一元化するということについてのですね、整合性がちょっとないんじゃないかなということで、新しく建て替えるということについての、その考え方ですね、それよろしくお願いいたします。



◎市民部長(永村玲子) 

 玉城健議員の再質問にお答えいたします。

 最終処分場を建設するために、取り壊さなければならない不燃ごみ処理施設の物件保障という考えから、最終処分場経費という位置づけで、6市町で負担ということで確認をしております。その際、額につきましては1億2,000万ということで、確認しております。これは、事業主体は島尻清掃組合でもっですね。予算につきましては、6市町で負担するということで確認しております。



◎市長(古謝景春) 

 お答えいたします。

 33年の一元化についての部分とのは、全く関係はございません。

 今の現状をどうするかということを考えて、これから33年の議論は平行してやっていくわけでありますから、今のそのままごみを置いていくと、そのままずっとたまりっぱなしですから、それを処理するための件でありますから、33年の一元化とは全く関係はないということでございます。



◆4番(玉城健議員) 

 33年の整合性が関係ないということはないと思っております。

 新しく建て替えた場合には、33年と申しますとすぐもう、あと5年ですか。そういうことでありますので、本当に補助事業とかでまたやった場合については、簡単に崩すことはできないということになりますので、そういうのはやっぱりこれから先、どういうふうに解決していくかというものが問題になると思いますので、詳しいことはまた委員会であると思います。そこでやっていきたいと思いますので、その方向性ですね、考え方としてどうなのかというのを、もう一度市長お願いします。



◎副市長(與那嶺紘也) 

 ストックヤードに隣接をして、新しくまた不燃物資源化施設を作ると。

 それと33年度の一元化との関係でございます、ご質問でございますが、市長が申し上げましたように、現時点で33年度の一元化と絡めて、この資源化施設を作るということではございません。もちろん33年度は一元化の想定でありますが、かなりいろんな面で、すぐ一元化が実現するとは、大変いろんなもの、困難な問題も予想されます。そういった面では、資源化施設については今、豊見城の糸満、豊見城清掃組合とも絡みましてね、破砕処理をどうするかということで、協議をしてる最中です。豊見城からも破砕処理については今、島尻が請負入れてるすべてを受け入れることは不可能だってことで、特に産業系、事業系のごみについては、非常に難しいというふうな回答も出ていましてね、調整を進めている段階でございます。

 また、そういった中で、この不燃物の資源化施設の破砕につきましても、新しい物を設置するんでなくて、その間のことですから、中古の機械を設置すればいいんじゃないかとか、いろんな議論をしている最中でございますので、どうぞそのへんはご理解頂いて、できるだけ33年度の一元化にはあまり支障がないように。負担金で、6兆と負担金でやりますので、どうぞよろしくご理解いただきたいと思います。



○議長(照喜名智) 

 次に、議案第2号・東部清掃施設組合規約の変更についての質疑を許します。



◆4番(玉城健議員) 

 第2号議案についてでございます。

 東部清掃施設組合規約変更についての質問でございます。

 第2章の組合議会第5条で議員数をこれまでの18人から13人と5人減とし、議員配分も変更されておりますが、この変更に至った理由と理由の説明をお願いいたします。



◎市民部長(永村玲子) 

 玉城健議員の議案第2号・東部清掃施設組合規約の変更についてのご質疑にお答えいたします。

 東部清掃施設組合では、現在、し尿等下水道放流施設を建設中であります。それに伴い、当該事業については、事業費が大きいことから、各市町村からの議員定数を同数の3名で協議してまいりました。

 しかし、同施設の完成後は事業費が減ることはもちろんのこと、運転経費に全体に占める割合もごみ処理に関する経費7に対し、し尿処理にかかる経費3となることから、議員定数については負担する経費が大きいごみ処理関係にかかる市町村から各2名、し尿処理関係にかかる市町村から各1名にする旨の変更に至りました。



◆4番(玉城健議員) 

 減の部分については、部長の説明からわかりました。

 ごみ処理が多くて、し尿が7対3の割合で、その配分として各1人ずつにしたということで5名減になったということで、理解しております。ありがとうございました。



○議長(照喜名智) 

 これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第1号・島尻消防清掃組合規約の変更についてから、議案第4号・平成25年度南城市一般会計補正予算(第5号)については、会議規則第37条第1項の規定により、お手元に配付の議案付託表のとおり総務福祉委員会と産業教育委員会に付託いたします。

 それでは、休憩します。

     (休憩 10時27分)

     (再開 14時00分)

 再開します。

 大城憲幸議員がきょうは欠席するという報告に変わります。以上です。

 それでは、議案第1号・島尻消防清掃組合規約の変更についてから、議案第4号・平成25年度南城市一般会計補正予算(第5号)についての委員長の報告を求めます。



◆総務福祉委員長(国吉昌実議員) 

 皆さん、こんにちは。総務福祉委員会委員長国吉昌実、委員長報告を行います。

 本日、総務福祉委員会に付託になりました議案第1号、2号、3号及び4号について、連合審査会を開き、総務福祉委員会、産業教育委員会、両常任委員会で執行部より担当課出席のもと、質疑を行いました。

 全議員が参加しておりますので、連合審査会での質疑答弁、及び議員間討議の内容は省略をいたします。総務福祉委員会での議案に対する結果を報告いたします。

 まず、議案第1号・島尻消防清掃組合規約の変更について、本案に対する討論はなく、採決の結果、全会一致で可決することに決定しました。

 次に議案第2号・東部清掃施設組合規約の変更について、本案に対する討論はなく、採決の結果、全会一致で可決することに決定しました。

 次に議案第3号・島尻消防清掃組合の共同処理する事務中ごみ焼却施設の設置及び管理運営に関する事務の一部事務移管に伴う財産処分について、本案に対する討論はなく、採決の結果、全会一致で可決することに決定しました。

 次に議案第4号・平成25年度南城市一般会計補正予算(第5号)、総務福祉委員会関連についてでございます。本案に対する討論はなく、採決の結果、全会一致で原案可決することに決定をいたしました。

 以上で、議案1号、2号、3号、及び4号についての委員長報告といたします。



◆産業教育委員長(座波一議員) 

 産業教育委員長座波一、委員長報告を行います。

 産業教育委員会に付託になりました議案第4号・平成25年度南城市一般会計補正予算(5号)については、本日総務福祉委員会及び産業教育委員会の連合審査を行いました。

 それでは報告をいたします。

 質疑答弁内容を申し上げます。

 障がい者便所改修工事事業の経緯についての質疑があり、現在大里北小学校に在籍しており、就学指導委員会の中で協議調整を行ってきた。特別支援教育の方針が平成25年9月に決定しており、保護者及び本人が決めたのが、平成25年12月5日のため緊急で対応となった。保護者からの要望で、財政課とは以前から協議していたとの答弁でありました。

 また、今後の学校施設整備の方向性についての質疑があり、インクルーシブ教育の方針で行っていく。保護者、本人の意見を尊重し、バリアフリーが必要であれば、行政の立場で対応する。法律であれば、国が負担すべきだと考えており、県とは調整している。南部の協議会でも国への働きかけをとっているとの答弁がありました。

 議員間の討議におきましては、今後の対応については議論が必要だが、補正予算の組み方については問題ないとの討議がありました。

 また、産業教育委員会に戻りまして、本案に対し国の方針で、障がい者の意思を尊重するものであるため、対応すべきである。国、県への働きかけを行っており、今後は改築する際には対応する方針となっているため、既存の施設では課題が残っているための補正であるとの賛成討論があり、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決することに決定しました。

 以上で、議案第4号・平成25年度南城市一般会計補正予算(5号)、産業教育委員会関連についての委員長報告といたします。



○議長(照喜名智) 

 これで委員長の報告を終わります。

 委員長報告に対する質疑は、議会運営に関する申し合わせ事項、第41条第3項の規定により、省略します。

 これから議案第1号・島尻消防清掃組合規約の変更についての討論を行います。

 賛成討論を認めます。



◆4番(玉城健議員) 

 こんにちは。ただいまの議案1号についての討論に参加したいと思います。

 立場上は賛成ということではありますが、委員会の中でもいろいろ議論がありましたが、その残った不燃ごみの処理方法についてですね、これ規約の変更で、4月1日から施行されるわけでありますが、この残った不燃ごみ処理について、中身がほとんど決まってないような状態であるのが、ちょっと気になりました。予算は1億2,000万ということで決まっておりますが、その計画がまだまだなされてないと。

 それと質問、委員会の質問の中でも、市民部長がもう全くわからない状態ということでですね、これちょっと、やはりそれは市民向けに説明が足りない、できないんじゃないかと。規約は議会で通ったけど、その中身がついてきてないと。その計画について遅れているという感じがいたしました。ぜひですね、この計画についてですね、市民が納得できるようにですね、早急に計画を立てて、説明も含めてやってもらいたいということをですね、指摘して賛成といたします。



○議長(照喜名智) 

 ほかに討論ありませんか。

     (「討論なし」と呼ぶ者あり)

 これで討論を終わります。

 これから議案第1号について採決をします。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、議案第1号・島尻消防清掃組合規約の変更については、委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第2号・東部清掃施設組合規約の変更についての討論を行います。

     (「討論なし」と呼ぶ者あり)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから議案第2号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、議案第2号・東部清掃施設組合規約の変更については、委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第3号・島尻消防清掃組合の共同処理する事務中ごみ焼却施設の設置及び管理運営に関する事務の一部事務所移管に伴う財産処分について討論を行います。

     (「討論なし」と呼ぶ者あり)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから議案第3号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、議案第3号・島尻消防清掃組合の共同処理する事務中ごみ焼却施設の設置及び管理運営に関する事務の一部事務移管に伴う財産処分については、委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第4号・平成25年度南城市一般会計補正予算(第5号)について討論を行います。

     (「討論なし」と呼ぶ者あり)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから議案第4号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、議案第4号・平成25年度南城市一般会計補正予算(第5号)については、委員長の報告のとおり原案可決されました。

 次に議決事件の字句及び数字等の整理についてお諮りします。

 本臨時会において議案等が議決されましたが、その条項、字句、数字、その他の整理を要するものについては、その整理を議長に委任されたいと思います。ご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、条項、字句、数字、その他の整理は議長に委任することに決定しました。

 これで本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 平成26年第1回南城市議会臨時会を閉会します。

     (閉会 14時12分)

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

      議長   照喜名 智

      署名議員 中村直哉

      署名議員 比嘉直明