議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 南城市

平成25年12月定例会代表質問通告書 資料




平成25年12月定例会代表質問通告書 − 資料









平成25年 12月 定例会(第7回)



        平成25年12月定例会 代表質問通告書

                      平成25年12月6日(金)



質問者
発言事項
要旨
答弁者



日本共産党・革新共同の会
松田兼弘議員
1.「特定秘密保護法案」について
 「特定秘密保護法案」は、米軍、自衛隊の運用、TPP交渉の経過等々政府の恣意的判断で特定秘密が決められ重刑で国民を監視し、国民の言論・表現を規制する弾圧立法である。米軍機の運用や演習、事件、事故など基地外から住民への被害を防ぐための自治体職員、住民の監視活動が刑罰の対象になるもので、又、国会議員、地方議員の調査活動を制限するもので言論、表現の自由を侵し国民の知る権利をじゅうりんするものである。市民の生命、財産を守る立場から市長の見解を問う。
市長


2.社会保障制度改革プログラム法案の影響について
 消費税増税に伴う社会保障の中期的計画を定めた「社会保障制度改革プログラム法案」の内容は、あらゆる分野で国民への負担増・給付削減を押し付けるものである。国民に「自己責任」を求める仕組みづくりは、社会保障制度に対する政府の責任放棄であり、許されるものではない。プログラム法案によって懸念される、医療・介護保険制度における本市への影響について問う。
(1)70歳〜74歳医療窓口負担増による
 ?人数
 ?金額は
(2)「要支援」認定人数は
 訪問介護・通所介護の利用人数は
(3)介護3以下の特養入所者数
 2割負担対象者数(介護給付費・保険料も)
 サービス維持を求める。
市長


3.農業振興について
 農業者と消費者の共同を広げて、「食の安全」と地域農業の発展をめざす。亜熱帯性気候の特性を生かした農業の振興の柱にする。
(1)本市の農業と経済に壊滅的打撃を与えるTPPに参加しないよう国に強く求めること。
(2)新規就農者の参入・定着を支援するための「就農者支援制度」、「定年後就農者支援制度」を確立すること。「青年就農給付金事業」の要件を緩和すること。
(3)耕作放棄地の農地として有効活用のための抜本的な対策をとる。
(4)やさい、花卉・果樹などの振興をはかるために拠点産地品目の指定を増やし生産の拡大を図る。
(5)台風、干ばつ被害から農作物を守るために、防風林、防潮林の植栽・近代化施設の導入、かんがい施設未整備地区の整備促進。
市長



ゆまぢり会
吉田 潤議員
1.望ましい人口増加の施策について
1、若年層の帰郷及び定住促進施策において、若年世帯が定住しやすい環境を整える視点に立って進めていると思われますが経過の状況を伺います。
2、若年世帯の定住促進に繋がる安価な住まいの提供で都市計画の見直しによる民間企業による宅地開発、小規模区画整理事業等への支援、連携の状況を伺います。
3、2世帯住宅への支援と3世代同居等支援事業の制度設計を伺います。
4、国家戦略プロジェクトの一つとして環境未来都市構想を展開しておりますが南城市においての状況を伺います。
市長


2.主要交差点の改良について
1、前回の答弁では、県内の改良交差点は数多く、要請を行なっている3交差点(仲間・仲程・銭又)は優先順位が上位に位置付けされてなく、いい回答が得られてなく、再度要請をしていくとの見解でしたがその後の状況を伺います。
2、津波古交差点改良事業は平成24年度〜平成27年度に繰越事業で執行してると思われます。又平成23年度〜平成27年度までの予定で、津波古公民館入口から新里の間、津波古地区交通安全対策事業が行なわれていると思われますが2か所の進捗状況を伺います。
市長


3.子育て支援について
1、保育所の施設整備補助金として、安心子ども基金事業が平成24年度でなくなると心配でしたが1年間の延長があり安心したと思いますが、施設整備の状況を伺います。
2、県の一括交付金事業で、無認可保育園を認可しやすい環境作りを計画し実施してると思いますが現在の状況を伺います。
市長


4.南城市人材育成基金条例について
1、基金を有効に活用したいとのことで関係する規則、要綱等の改正や整備を検討していくとのことでしたが、その後の見解を伺います。
教育委員長



ニライの会
瀬底正真議員
1.シュガーホールに係わるイベントと周辺整備によるまちづくりについて
?今回の尚巴志ハーフマラソン、スタートが30分遅れた理由と次回に向けての対処法を伺います。
?出店テナントをもっと増やす考えはないか
?シュガーホール駐車場内にある農地を借地し利用する考えはないか
?国指定文化財になった佐敷城跡(上グスク)を整備しランナーなど多くの人が安全完走祈願で訪れる仕組を作れないか
?3月4日三線の日にシュガーホールを開放し、多くの市民でかぎやで風を演奏し、伝統芸能にふれる日として位置付けられないか
市長



誠風会
大城憲幸議員
1.天然ガスの利活用について
 本市では、平成21年ユインチホテル内での試掘調査により、50度以上の湯と天然ガスが確認された。
 また今年度は、大里地域において天然ガスの試掘調査が実施されており、その利活用について本市でも調査・計画を進めている。
 我々誠風会は、去った10月に先進事例の調査を行った所であり、今後の事業実施に向け以下の点について伺う。
1 ユインチ鉱山の現状と課題
2 大里地域の試掘事業及び、本市の利活用案策定事業、状況と今後のスケジュール
3 天然ガス利活用の可能性と課題
市長


2.ムラヤー構想について
 今年3月に「ムラヤー建設補助金交付要綱」を定めその他施策と合わせ、自治公民館の充実に取り組んでいる所であるが、その補助率が限度額見直しの議論がある。
 方針や課題について確認し、今後の施策に生かせるよう以下の点について伺う。
1 補助金の補助率や限度額等、新たな補助の概要、方針
2 これまでの経過
3 財源も含め、今後の計画
市長