議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 豊見城市

平成18年第2回豊見城市議会定例会会議録 03月13日−03号




平成18年第2回豊見城市議会定例会会議録 − 03月13日−03号







平成18年第2回豊見城市議会定例会会議録




  ┌─────────── 平 成 1 8 年 第 2 回 ───────────┐
  │  豊見城市議会(定例会)会議録(第3号)              │
  │        平成18年3月13日(月曜日)午前10時開議        │
  └──────────────────────────────────┘




出席議員 23人

 (1番)大 城 英 和 議員          (14番)仲 田 政 美 議員

 (2番)玉 城 文 子 議員          (15番)當 間 邦 憲 議員

 (3番)高 良 正 信 議員          (16番)赤 嶺 勝 正 議員

 (4番)知 念 善 信 議員          (17番)瀬 長 美佐雄 議員

 (5番)島 袋   大 議員          (18番)照 屋 つぎ子 議員

 (6番)照 屋 真 勝 議員          (19番)上 原 幸 吉 議員

 (7番)大 城 吉 徳 議員          (20番)大 城 隆 宏 議員

 (9番)宮 平 眞 造 議員          (21番)宮 城 盛 次 議員

 (10番)大 城 勝 永 議員          (22番)宜 保 安 一 議員

 (11番)新 田 宜 明 議員          (23番)儀 間 盛 昭 議員

 (12番)佐 事 安 夫 議員          (24番)瀬 長   宏 議員

 (13番)大 城 盛 夫 議員





欠席議員 なし



職務のため出席した事務局職員の職氏名

  事務局長  金 城   豊          主  査  宮 里 卓 道



  次  長  新 城 秀 雄          主任主事  森 山 真由美



  係  長  仲 俣 弘 行



地方自治法第121条による出席者

 市     長  金 城 豊 明      助     役  赤 嶺 要 善



 収  入  役  安谷屋 敏 昭      教  育  長  大 城 重 光



 総 務 部 長  大 城 健 次      企 画 部 長  座 安 正 勝



 市民福祉部長   喜 瀬 恒 正      市 民 福 祉 部  国 吉 倖 明

                       参  事  監



 経 済 部 長  国 吉 正 弘      建 設 部 長  天 久 勝 廣



 水 道 部 長  當 銘 清 弘      消  防  長  金 城 盛 三



 学校教育部長   瀬 長   満      生涯学習部長   宜 保   剛



 総 務 課 長  又 吉 康 喜      振興開発室長   新 垣 栄 喜



 国保年金課長   當 銘 健 一      国保年金課参事  本 底 広 彦



 健康推進課長   赤 嶺   豊      市 民 課 長  大 城 光 明



 農林水産課長   長 嶺 清 光      商工観光課長   比 嘉 弘 勇



 道 路 課 長  大 城 清 正      都市計画課長   真保栄   明



 区画整理課長   仲 村 善 隆      下水道課長    宮 良 一 高



 生 涯 学 習  赤 嶺 光 治      会 計 課 長  上 原 武 弘

 振 興 課 長



 選管兼監査委員  赤 嶺 盛 光

 会事務局長



本日の会議に付した事件

 日程第1.      会議録署名議員の指名

 日程第2.議案第15号 平成17年度豊見城市一般会計補正予算(第5号)

 日程第3.議案第25号 豊見城市豊崎地区地区計画区域内における建築物の制限に関する

            条例の一部改正について

      陳情第3号 自治会内の私有地道路及び公民館、公園用地等の市道と公共用地

            への認定陳情について

               △以上2件一括上程



        平成18年第2回豊見城市議会定例会議事日程(第3号)

          平成18年3月13日(月) 午前10時 開 議




┌──┬──────┬───────────────────────┬─────┐
│日程│ 議案番号 │       件        名       │備   考│
│番号│      │                       │     │
├──┼──────┼───────────────────────┼─────┤
│ 1 │      │会議録署名議員の指名             │     │
│ 2 │議案第15号 │平成17年度豊見城市一般会計補正予算(第5号) │総財委員長│
│  │      │                       │報告後議決│
│ 3 │議案第25号 │豊見城市豊崎地区地区計画区域内における建築物の│経建委員長│
│  │      │制限に関する条例の一部改正について      │報告後議決│
│  │陳情第3号 │自治会内の私有地道路及び公民館、公園用地等の市│  〃  │
│  │      │道と公共用地への認定陳情について       │     │
│  │      │   △以上2件一括上程           │     │
│  │      │                       │     │
│  │      │                       │     │
│  │      │                       │     │
│  │      │                       │     │
│  │      │                       │     │
│  │      │                       │     │
│  │      │                       │     │
│  │      │                       │     │
│  │      │                       │     │
│  │      │                       │     │
│  │      │                       │     │
│  │      │                       │     │
│  │      │                       │     │
│  │      │                       │     │
│  │      │                       │     │
│  │      │                       │     │
│  │      │                       │     │
│  │      │                       │     │
└──┴──────┴───────────────────────┴─────┘


 本会議の次第



○議長(大城英和)

 おはようございます。ただいまから本日の会議を開きます。

     開  議(10時00分)

 議事日程の報告であります。本日の議事日程はあらかじめお手元に配布したとおりであります。



 ─◇日程第1◇─





○議長(大城英和)



△日程第1、会議録署名議員の指名であります。会議規則第81条の規定により、本日の会議録署名議員に新田宜明議員、佐事安夫議員を指名いたします。



 ─◇日程第2◇─





○議長(大城英和)



△日程第2、議案第15号 平成17年度豊見城市一般会計補正予算(第5号)についてを議題に供します。

 本件は総務財政常任委員会へ付託しましたので、委員会における審査の経過と結果について委員長の報告を求めます。



◎総務財政常任委員長(赤嶺勝正議員)

             平成18年3月13日

豊 見 城 市 議 会

議長 大 城 英 和 殿



      豊見城市議会総務財政常任委員会

      委員長     赤 嶺 勝 正



    委員会の審査報告について



 本委員会に付託の案件は、審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。



1.付託案件

 議案第15号 平成17年度豊見城市一般会計補正予算(第5号)



2.審査の経過

 本委員会に付託の案件は、平成18年第2回定例会開会中に関係部課長の説明を受け、審査を行った。

 審査内容について少し報告します。まず、起債額がふえて繰入金が減っているのはなぜかという質疑がありました。それにつきましては「保育所のアスベスト除去工事や現在も進行中であります第2遊水池排水等整備事業及び瀬長島物産センター環境整備事業等について状況の変化により起債の充当が可能になったので、起債を充当したい。その分一般財源を充当していた分が起債に振りかわったので、基金からの繰入金を減額した。なお、充当予定の地域再生事業債については、後年度交付税措置があるのではないか」という説明でありました。

 続きまして、地域再生事業債の交付税算入率はどうなっているのかという質疑に対しましては、元利償還金については後年度標準事業費方式、これは算定方式でありまして、これにつきましては単位費用掛ける人口等により、地方交付税の基準財政需要額に算入されるということでありました。

 それから「平成16年度決算剰余金を3億円基金に編入したが、今度の補正後の基金の状況はどうなっているか」につきましては、「平成17年度当初予算で約4億円基金取り崩しを行ったが、決算剰余金からの基金繰り入れや補正予算による基金繰り入れの減額等により、補正後ベースで財政調整基金と減債基金をあわせて約9億円程度になるもの。しかし、その中から平成18年度当初予算に減債調整基金から2億円、減債基金から2億円、合計4億円の繰り入れを計上しているので、残金としては約5億円になる」との説明でありました。

 それから「後期基本計画は当初の説明では外部委託ではなく、職員でつくり上げるということだったが、なぜこの時期に委託するのか。基本計画は実施計画の上位計画であるにもかかわらず、基本計画なしで実施計画が作成されているのは整合性がとれていないのではないか」との質疑に対しましては、「当初は確かに職員でつくり上げる予定であったが、その間に集中改革プラン等の新たな業務が生じたことから、内部での策定が厳しくなった。しかしある程度の準備は職員で進めている。今後はこのようなことがないようにしたい」という答弁でありました。



3.審査の結果

 議案第15号については、賛成多数により原案可決すべきものと決定した。

 以上であります。



○議長(大城英和)

 本件に対し質疑を許します。



◆23番(儀間盛昭議員)

 委員長に1点伺いたいと思います。

 今、委員長報告にもありましたが、この委託料、第三次総合計画後期基本計画の審議なんですが、提案のときから言われてましたが、なぜこういう時期にということなんですが、ほかの業務で対応がおくれてしまったんだと。それでこの時期に専門家に発注するんだということがわかりましたが、これまでにある程度職員でいわゆる自前で準備、対応してきましたという話も一方では聞いています。この予算書を見ると400万円を超す計上になっています。これは発注する額として大きい数字なので、本当に丸々業者に発注するそういう仕事量なのかなと。ある程度自前で作成していて、印刷製本代だけでこうなのか、どの程度の委託料だというふうなことなのかが少し見えません。一定の準備もしていると、これまでも何度か計画はつくっていますから、本当ならば、では前回の、前期の計画費用は何百万円ぐらいの委託料だったと、それと比べてある程度職員で準備もしてきたから、今回少ない委託料だというのがわかるのであれば、むだはないなというふうに思うんですが、一定仕事もしてきて、準備もしてきて最後、製本をさせるんですということでこういう金額、もし例年どおりの計画書をつくる委託料と同じような額が計上されているのであれば多すぎるなというふうなことにもなるんですが、皆さん審議の中ではどの程度深められたんでしょうか、お答えください。



◎総務財政常任委員長(赤嶺勝正議員)

 儀間盛昭議員の質疑にお答えします。

 先ほども報告いたしましたが、やはり当初の計画では職員で内部の方でやるということで準備を進めていたわけですが、途中から政府がいわゆる集中改革プラン、これの方を早目に作成しなさいということで、職員も退職者が出ても不補充だったと、補充できなかったという事情もありまして、そのことが進められなかったと。ある程度という説明だけでありまして、どこまで進んでいたかは審議の中では明らかにはされませんでした。



○議長(大城英和)

 以上で質疑を終結いたします。

 これより討論に移ります。

 議案第15号 平成17年度豊見城市一般会計補正予算(第5号)に対し、反対討論の発言を許します。

     (反対討論なし)

 次に賛成討論の発言を許します。

     (賛成討論なし)

 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

 これより採決いたします。議案第15号 平成17年度豊見城市一般会計補正予算(第5号)について、委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     (賛成者挙手)

 挙手多数であります。よって本案は原案可決と決しました。



 ─◇日程第3◇─





○議長(大城英和)



△日程第3、議案第25号 豊見城市豊崎地区地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正について、陳情第3号 自治会内の私有地道路及び公民館、公園用地等の市道と公共用地への認定陳情について、以上2件を一括して議題に供します。

 本件は経済建設常任委員会へ付託しましたので、委員会における審査の経過と結果について委員長の報告を求めます。



◎経済建設常任委員長(上原幸吉議員)

             平成18年3月13日

豊 見 城 市 議 会

議長 大 城 英 和 殿



      豊見城市議会経済建設常任委員会

      委員長     上 原 幸 吉



    委員会の審査報告について



 本委員会に付託の案件は審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。



1.付託案件

 議案第25号 豊見城市豊崎地区地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正について

 陳情第3号 自治会内の私有地道路及び公民館、公園用地等の市道と公共用地への認定陳情について



2.審査の経過

 本委員会に付託の案件は、平成18年第2回定例会開会中に関係部長及び課長並びに陳情者の説明を受けるとともに現場調査の上、審査を行った。

 まず、議案第25号についてですが、臨空港型産業用地から観光関連用地に変更とのことで建築物のいろいろ規制等の緩和等の陳情があります。委員から改正によるデメリット、市への負担はないかということについては、「工業用地では売れない。準工業用地ならリゾート関連の企業が誘致できる」。それから市の負担はないかということに対しては、負担はないと。「これまでどおり商工観光課と土地開発公社が協力し、企業誘致を行っている。また、現在までには大規模利用の問い合わせも多い」ということであります。成功した例が北谷町美浜の方ですが、美浜の方も土地利用計画を変更して成功したと。美浜地区においては住宅用地からリゾート関連用地への変更であったということで成功例が挙げられております。

 次に、陳情第3号ですが、これは今私有地となっている道路とか公園等ありまして、それを早目に市の方で市有地に切りかえるべきというような陳情であります。松田産業という業者がありまして、その業者が何か駆け込みで法律施行前に整備してきたというようなことがありまして、今までそういう状況になっていると。しかし行政としては日常的な管理については今でも行政が行っているということの執行部からの報告がありました。そのほか委員からほかにそういう地域があるのかということに対しては、別にもあるということであります。それにつきましては、今後地権者等とも調整しながら協力要請していきたいということであります。



3.審査の結果

 議案第25号については、賛成多数により、原案可決すべきものと決定し、陳情第3号については、賛成多数により採択すべきものと決定した。

 以上であります。



○議長(大城英和)

 本案に対し質疑を許します。



◆10番(大城勝永議員)

 付託案件、議案第25号 豊見城市豊崎地区地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正について、1点だけ質疑いたします。

 今回の条例改正については、地域が観光振興地域指定を受けて、より一層観光地域として振興するための改正だと思いますが、私は常日ごろから市の考え方がしっかりしていれば、その他の調整区域内の白地についてもこういった具体的な計画がなされれば開発用になるんじゃないかという考え方でいつも思っております。ところが、豊崎地区については当初から市街化区域にということでありましたけれども、こういったところの開発と別の地域の開発について、委員会の中でもほかの地域も用途の変更ができれば審議の対象になるんじゃないかなと、そういった内容の意見があったかどうか。

 それと陳情第3号 自治会内の私有道路及び公民館、公園用地等の市道と公共用地への認定陳情についてでありますけれども、他にもこういった事例があるということですが、具体的にこれは個人有地だと思います。それはその陳情の中で市は買い上げをするというような前提のもとでの審議だったのか、今後この件については無償で委託を受けての対応というようなことのどちらだったのか。そこのところのもし意見があればその方向について答弁をお願いしたいと思います。

 以上2点です。



◎経済建設常任委員長(上原幸吉議員)

 まず議案第25号についてですが、今回豊崎地区の方だけしか審議していません。ほかの地区についての話は出ておりません。

 それから陳情第3号についてですが、これはこういう事例が大分あるということで、買い上げではなくて地権者にお願いしての協力ということでの、要するに無償譲渡で提供できれば整備していきたいというような執行部の答弁でありました。

 以上です。



◆24番(瀬長宏議員)

 議案第25号、陳情第3号、伺いますが、豊崎地区の建築物の制限に関する条例については、本会議の方で一定質疑をさせていただきましたが、売れないので売れる方向へ変更して、特に条例では準工業地区の中でも条例でこういう建物は制限しようと、そういう中身になっておりますが、その議論のときに「売れればいいということではなくて、どういう整備をして、どういう事業がここに誘致をされて本市にどれだけの財政的なメリットが、いい方向にメリットとして改善をする見通しがあるのかどうか。あるいは雇用関係など総合的にどういう判断のもとにこういう変更を今進めているのか」ということが私の本会議での質疑の一つの柱でしたが、これはどう深められたのか。

 あるいは役割分担が出てくるのかということで、これは委員会で議論するということでしたが、これまで基本的に言うと県の土地開発公社が企業誘致に責任を負うというところが、今回のこういう変更の中で本市も一定程度の役割分担を担う形になるということも聞いておりましたので、これについてはどの程度なのか。そしてそれに見合う形での職員の体制の強化ということもきちんと見通して考えているのかどうか。モデル地区、先ほど美浜のお話をされていましたが、美浜は用途変更については二転三転、何度も何度も変更して現在に至っておりますが、これは面的に言うと本市の埋立地の面と同じような程度の用途変更をしているのか。しかし向こうはすごい虫食い状態で、あっちはこう変更しました、ここはこう変更しましたということで、すごい細かいところでの用途変更をしていると思うんですが、規模が違うんじゃないかなというふうに思うんですが、本当にそういうモデルとして見合う形の面的な比較ができるのかどうか、これはどうだったのか。

 あと陳情第3号については、道路とかあるいは公園、公民館、公共用地にぜひ認定できるようにということなんですが、この間、佐事議員などがよくこういう問題を提起し、行政がいろんな課題として残っているところを早目に対策を打つようにということで指摘もしてきましたが、この件につきましては行政としてはどのような手を打ってきて今回の陳情という状況に至っているのかどうか。この間の行政の対応についてはどうだったのか伺います。



◎経済建設常任委員長(上原幸吉議員)

 まず議案第25号の質疑にお答えしたいと思います。

 市あるいは開発公社としても早目に埋め立てに企業誘致してやれば、借入金の返済等もできるし、また市としては固定資産税の徴収ができる、また雇用効果もあるということでの話でありました。

 確かに美浜の件はまだどういう状態か詳しく比較はしていませんが、ただ委員の方から埋立総面積が161.1ヘクタールと。今回準工業地区が47.0ヘクタール、約29.4%と非常に壮大な面積で分譲は大丈夫かというようなこともありましたが、執行部の方では現在大型企業あたりからの要請が来ているということで、また商工観光課と県土地開発公社が今までどおりタイアップをしていけば問題ないということの答弁でありました。

 それから陳情第3号についてですが、今回この箇所は道路と公園、それから浄化槽の跡もあったようですが、浄化槽用地につきましては、市の方が下水道をひいたために現在では下水道用地は地権者に返されているということを現場で確認しております。維持管理等は現在市の方がやっているようですが、ただこの分譲地は半分ぐらいが土地を買っている方とまた賃貸をしている方であるというふうなことがありまして、早目に道路と公園あたりを市の方に移管して管理運営をしてもらうための要請であります。

 以上です。

※(4番)知念善信議員 遅参(10時21分)



◆24番(瀬長宏議員) −再質疑−

 ちょっとわかりにくいんですが、都計審では役割分担が今回発生していて、47ヘクタールのうち幾らかは本市が、幾らかは県の方でということになるという話でありました。今回はそういうところがしっかり今答弁されていないんですが、文字通り作業としてはお互い協力しながら情報交換をしながら用途変更に見合う形での売買がうまくいくように作業は進めていくにしても、今回この準工業地域についての豊見城市の販売における責任がどうなっているのかどうか、こういう何ヘクタールは市ですよ、何ヘクタールは県の土地開発公社ですよとということが都計審でも数字として出されておりましたので、そこはどうなっているのか。

 あと、陳情についてはこれまでの市の対応について具体的にこういうことをやってきた、そういう上でこういう陳情が出ているのかどうか。市はこれまで対応としてこういう地主さんと公共用地にできるような交渉など、口頭でもよろしいんですが何らかの対応があったのかどうか、なかったのかどうか。それだけ明確にしてください。



◎経済建設常任委員長(上原幸吉議員)

 今の質疑にお答えします。

 臨空港型産業の誘致については、県の方がやるということで役割分担してあったようですが、今回は準工業地になって47.01ヘクタール、これ何割、何割というようなことを分担というのは委員会では出ていません。

 それから陳情第3号についてですが、今まで市の対応については話の中では出ていないです。



○議長(大城英和)

 休憩いたします。

     休  憩(10時25分)

     再  開(10時34分)



○議長(大城英和)

 再開いたします。

 以上で質疑を終結いたします。

 これより討論に移ります。

 初めに議案第25号 豊見城市豊崎地区地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正について、反対討論の発言を許します。

     (反対討論なし)

 次に賛成討論の発言を許します。

     (賛成討論なし)

 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

 これより採決いたします。議案第25号 豊見城市豊崎地区地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正について、委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     (賛成者挙手)

 挙手多数であります。よって本案は原案可決と決しました。

 次に、陳情第3号 自治会内の私有地道路及び公民館、公園用地等の市道と公共用地への認定陳情について、反対討論の発言を許します。

     (反対討論なし)

 次に賛成討論の発言を許します。

     (賛成討論なし)

 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

 これより採決いたします。陳情第3号 自治会内の私有地道路及び公民館、公園用地等の市道と公共用地への認定陳情について、委員長の報告は採択であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     (賛成者挙手)

 挙手多数であります。よって本案は採択と決しました。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

 なお、次の本会議は、3月15日午前10時開議といたします。

 大変お疲れさまでした。



     散  会(10時37分)





 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。





   豊見城市議会議長  大 城 英 和





   署名議員(11番)  新 田 宜 明





   署名議員(12番)  佐 事 安 夫