議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 沖縄市

第247回 沖縄市議会定例会 06月21日−07号




第247回 沖縄市議会定例会 − 06月21日−07号







第247回 沖縄市議会定例会






┌──────────────────────────────────────┐
│   平成13年                              │
│           沖縄市議会定例会会議録                │
│   第247回                              │
│                                      │
│         平成13年6月21日(木)午前10時開議         │
└──────────────────────────────────────┘

議  事  日  程   第 7 号
平成13年6月21日(木)
                午前10時 開議

第1 一般質問
     ──────────────────────────────
本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件
(議事日程のとおり)
     ──────────────────────────────
出  席  議  員  (35名)

1  番 仲 眞 由利子 議員    21 番 仲宗根 国 夫 議員
2  番 新 田 保 友 議員    22 番 島 袋 邦 男 議員
3  番 小 浜 守 勝 議員    23 番 登 川 重 男 議員
4  番 仲宗根   弘 議員    24 番 島 袋 善 栄 議員
5  番 内 間 秀太郎 議員    25 番 渡嘉敷 直 久 議員
6  番 新 里 八十秀 議員    26 番 具志堅 徳 重 議員
7  番 花 城 貞 光 議員    27 番 照 屋 寛 徳 議員
8  番 江 洲 眞 吉 議員    28 番 照 屋 健 栄 議員
9  番 上 間 正 吉 議員    29 番 浜比嘉   勇 議員
10 番 佐久田 朝 政 議員    30 番 高江洲 義 宏 議員
11 番 照 屋   馨 議員    31 番 島 袋 勝 元 議員
12 番 仲宗根   忠 議員    32 番 仲宗根 義 尚 議員
13 番 棚 原 八重子 議員    33 番 比 嘉 清 吉 議員
14 番 普久原 朝 勇 議員    34 番 島 袋 誠 勇 議員
15 番 新 垣 萬 徳 議員    35 番 池 原 秀 明 議員
16 番 山 内 盛太郎 議員    36 番 中 石 義 雄 議員
17 番 与那嶺 克 枝 議員
19 番 喜友名 朝 清 議員
20 番 桑 江 朝千夫 議員
     ──────────────────────────────
欠  席  議  員  (な し)
     ──────────────────────────────
説明のため出席した者の職、氏名

市  長   仲宗根 正 和    福祉部長   根路銘 一 郎

助  役   稲 嶺 盛 隆    経済文化部長 平 良 正 吉

収入役    砂 川 正 男    建設部長   宮 城 弘 志

総務部長   知 念 秀 光    東部海浜   山 田   勝
                  開発局長
総務課長   仲宗根 秀 雄    水道局長   高 良   武

企画部長   池 原   清    水道局部長  金 城   功

企画部参事  山 下   泉    消防次長   亀 浜 朝 雄
                  兼署長
企画部参事  具志堅 康 秀    教育長    小 渡 良 一

企画部参事  島 袋 芳 敬    教育部長   普久原 朝 健

市民部長   名嘉真 祐 治
    ──────────────────────────────
職務のため議場に出席した事務局職員の職、氏名

事務局長   島 袋 勝 輝    議事課長補佐 平 田 嗣 巳
                  兼調査係長
事務局次長  喜 瀬 照 夫

議事課長   中 村 哲三郎    議事係長   當 間 朝 康






○新里八十秀議長 おはよございます。これより本日の会議を開きます。ただいまの出席議員数34名でございます。浜比嘉 勇議員、遅刻の届出があります。以上、34名でございます。

 本日は議事日程第7号によって議事を進めます。



△日程第1 これより一般質問を行います。棚原八重子議員。



◆棚原八重子議員 おはようございます。今日の一般質問も、やはり女性ですから、爽やかにまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。一般質問に入る前に少しだけ私見を申し上げたいと思います。

 役所とは市民にとって最も身近なものでなければならないはずであります。またそうでなければ、市民の福祉の向上とか、あるいは市民サービスなんて、とてもできるはずがありません。役所が市民にとって、気軽に行き来できることは大変すばらしいことであり、そのための努力を市長をはじめ職員が一体となって実践されていることと思いますが、市民の中には役所に行きたがらない方も少なくありません。そういうことですが、今回、発刊されました沖縄市市民ガイドブックは役所をより身近なものとして認識させ、また常日頃、聞きたい、見たい、行きたい、知りたいと思うことがふんだんに盛り込まれ、すばらしい内容になっておりまして、広報課をはじめとする関係者のみなさま方に感謝いたしております。

 このガイドブックは1冊で役所の仕組みが全部分かるようになっておりまして、貴重なガイドブックだと喜んでいる一人でございます。このガイドブックはこれがそうなんですね。中をめくってみますと全部分かります。家にいて、役所に来たことのない人でも、電話1本で全部分かるような仕組みになっておりまして、非常にすばらしいガイドブックになっております。役所と市民が距離が近くなることによって、お金には代えられない信頼と協力関係が構築されることと思います。そういうことで、一般質問に入る前に意見を申し上げました。

 それでは一般質問に入ってまいります。まずはじめに、質問事項1.教育行政についてであります。?小・中学校におけるいじめ、不登校の対策強化等、課題についてお伺いをいたします。今日、子供たちをめぐる環境は大きく変化しており、いじめ、不登校や児童虐待など様々な問題が生じております。そのため文部科学省では、全国小中学校で子供たちが不登校になっている事態を深刻に受けとめて、不登校生徒の適応指導総合調査研究委嘱、スクーリングサポートプログラムの予算が付き、地方自治体にもその予算が下ろされ、その事業はすでに実施されているようであります。その予算の使途については、不登校児を受けている民間施設等の運営や、指導方法についての調査研究を行うとありますが、沖縄市においてはどのようにして、スクーリングサポートプログラム事業に係わっておられるか、お伺いいたします。

 次に、不登校児を受け入れている施設についても教えてください。

 もう1点、いじめ、不登校等に関する地域とのネットワークづくりはどのように取り組みがなされているか、お伺いをいたします。

 それから質問事項2.福祉行政について、お伺いをいたします。去る1月29日の論壇でしたが、児童を差別しないでという見出しがありました。どういうことかと読んでみましたら、無認可保育園にも法の位置づけをしてほしいという切実な訴えでありました。「児童福祉法の第1条第2項にはすべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない。」とあります。第2条では行政と保護者がともに児童を育成する責任を負うとあります。第3条には、この原理はすべて児童に関する法令の施行にあたって、常に尊重されなければならないとあります。

 無認可保育園の児童は、この法律のもとで保育がなされていないかどうか、非常に疑問に思っていた矢先に、これでよいのか、沖縄の子供たち。無認可園の問題を考える大集会へのご案内をいただき参加いたしました。その大会の目的は、沖縄県か市町村の保育の実態を明らかにすることと、さらに沖縄県内のすべての生徒、議会会派に無認可保育園の実態をよく知ってもらうこと。もう1点は2001年、今年ですが、全ての市町村議会で、無認可保育園問題を取り上げてもらうということでありました。

 多くの保育士や関係者の方々の事例発表から、現場からの生の声を拾ってみましたので、ご紹介しながら、ご意見を伺いたいと思います。

 沖縄県の乳幼児期の保育事情が極めて厳しい状況に放置されているということですね。本来であれば、国、県市町村の手厚い保護のもとで保育されるべきではないか。同じ規模での認可保育園と無認可保育園での差別の実態等と、無認可の子供たちにも認可の子供たちにも、同じような明るい太陽が当たるようにという訴えからしますと、その背景には、実際に保育に携わっておられる関係者のご苦労が手にとるように感じ、思わずこれでよいのか、沖縄の子供たちと叫びたくなりました。そこで何点かお伺いをいたします。

 1点目に、公立保育園、認可保育園、無認可保育園への支援について教えてください。2点目に、公立保育園、認可保育園、無認可保育園、それぞれ園の数と入園児または待機児童の人数を教えてください。3点目に、行政から見た無認可保育園の位置づけについて。4点目に、特別保育事業が実施されているかどうか、教えてください。以上、4点についてご答弁をお願いいたします。

 質問事項3.環境行政について、お伺いをいたします。?指定ごみ袋徴収手数料についてお伺いをいたします。ごみ減量化を目的に、家庭や事務所などから出る一般廃棄物の資源化や、ごみ袋を指定し、平成12年12月1日よりごみ有料化に踏み切りました。全国都市清掃会議のこれまでの調べによりますと、有料化した全国の自治体で、約3割が実施、1年後に1割から3割以上、ごみが減ったと回答をしております。我が沖縄市においては、実施後、3カ月で1,148トンの減量、パーセンテージでは19.2パーセントの減量となり、確実にその成果が見られました。ごみ袋を指定し、その袋から徴収手数料が発生をしております。現在、その徴収手数料が一般財源の塵芥ごみ処理費の特定財源として、充当されておりますが、果たして、この徴収手数料が一般財源に計上することが適正かどうか、非常に疑問に思っております。そこでお伺いいたします。ごみ袋徴収手数料については、特定財源として、別途会計としての取り扱いができないかどうか、お伺いをいたします。市長のご所見をお伺いいたします。

 次に、?生ごみリサイクルについてお伺いいたします。一般家庭から出る燃やせるごみの約45パーセントが生ごみだと言われております。生ごみをリサイクルすることによって、ごみ焼却炉の延命や燃やすことによって発生するダイオキシンの抑制、ダイオキシンは人間の体に最も有害だと言われております。生ごみリサイクルについては、ごみ処理器に2万円の補助でもって、今年度は150基、予定をされております。

 確かにその効果も市民の間ではかなり評価されておりますが、市民負担がかなり大きいのではないかという声がありまして、補助額を増やしてほしいという声があります。市長のご所見を賜りたいと思います。

 さらに、生ごみをもっと効率的にリサイクルをする方法について、ご検討なされたことがありますか、お伺いをいたします。例えばモデル地域を指定して、大型の処理器を設置する方法等はいかがでしょうか。

 それから燃やせないごみの実態と、袋の見直しについてお伺いいたしますが、月2回ほど燃やせないごみが回収をされております。そのごみ、一般廃棄物回収を実施する以前と比べて、いまどのぐらい燃やせないごみが出ておりますか、教えてください。

 さらに、袋が大きすぎるのではないかという声が多いです。燃やせないごみを普通の買い物袋に代えることができないかどうか、教えてください。

 それから、?悪臭対策について、お伺いしますが、この件については、昨日、同じような質問がお二人の議員からありました。かなりかみ砕いた質問でありましたので、ご答弁もいただきました。私は視点を変えて、要望にとどめたいと思います。悪臭問題については、私は市民との公約でありますので、これまでも幾度となく定例議会で質問をしてまいりました。

 いま市民から相談なり、お互いの会話の中から出てくる言葉は、葬祭場周辺の臭いを何とかしてほしいということが多いです。これまでの今の住宅地に散在しておりました豚舎とか、そういう畜産ですか、今の団地に移した歴史的な経緯がございます。それで、いろいろ因果関係がお互いは知る必要があるんじゃないかなあという気もいたします。そういうことで、市民は市民なりの意見を持っていまして、行政は行政なりの意見を持っています。そして農家は農家の意見を持っております。お互いが意見をみんなもってやっておりますけれども、こういうふうに意見を持っていたのでは、どこかで歩みよる機会をもって、どうしてそれができないのかということを真剣に考えるべきではないのではないかということで、お互いが共通理解をみるには、どうしてもみんなが話を聞き、行政が話を聞き、市民の声も聞き、あと農家の声も聞いて、本当にどういう道が一番最善策なのかということは絶対、必要じゃないかなあというふうに思いまして、今回は要望に代えてまいります。

 それから5番目ですが、これは質問事項の5にあります。行政評価システム導入についてお伺いをいたします。長期にわたる不況と無理な景気対策の煽りを受けて、税収の低迷などで、財政事情が厳しい状況におかれていることと思います。総務省が1月に発表した1999年度、都道府県及び市町村の決算状況によりますと、多くの都道府県や市町村が交際費が大幅に増えた公共事業費や単独事業は減り、義務的経費が大幅に増えた。このままの状態ではますます地方財政に困難をもたらすのではないかと懸念されます。このような情勢をいかに乗り切るのか、これからの課題だと思います。

 地方分権一括法を受けて、自治体の独自の課税の検討が盛んに行われているが、実現への道のりは険しそうであります。財政不足を補うためだけでなくて、具体的な財政目的を達成するための手段と考えるべきではないかと思います。法律的に、行財政運営を求める世論を受けて、行政評価、業務評価の試みが多くの自治体で始まっております。まだまだ手法としては十分、確立しておりませんが、本市でも行政評価システム導入する考えはないかどうか、市長のご所見をお伺いいたします。

 次は、質問事項の6に入りますけれども、建設行政、この?と?、それから次の7市民サービス行政の?のほうは、去る4月24日に、沖縄市の女性団体と沖縄市の女性議員との交流会がありました。その中から質疑がありましたのは、まず?の中の町一方通行の舗装タイルの件についてですけれども、非常に見苦しいと、あっちこっちデコボコになっていまして見苦しいし、またそこに両サイドに立っている石のイスみたいなものがありますね、あれが非常にじゃまになっているということなんです。それで、何とかこれを撤去して、普通のアスファルトに戻せばいいんじゃないかという声がありました。

 それからコリンザの前の道路の歩道の件についてでありますけれども、最近、工事をされまして、非常にきれいになっております。ところが、歩道の中に丸いボールみたいなものが座っていまして、これが非常にじゃまだということなんですね。これは障害を持った方々や、それから夜歩くときに非常に危険だということがありました。これはどうして、そこにこれが設置されたのか。もし、取って差しつかえなければ、取っていただくことができないかどうか、お伺いいたします。

 それから窓口業務の人事についてお伺いしますが、これは窓口に来たときに、案内をする方がいらっしゃいますね。その方に聞いたら、結構、たらい回しにされたということがあったそうで、特に窓口の人事については、いろいろ知っている方、でなければ、事前に協力をして、そういう人事をしたほうがいいのではないかということでありましたので、その件についてもお伺いをいたします。以上で、1回目を終ります。



○新里八十秀議長 教育部長。



◎普久原朝健教育部長 おはようございます。それでは小・中学校におけるいじめ、不登校の対策強化についてお答えいたします。いじめや不登校、それから長期欠席者については、沖縄市不登校問題等対策会議において、いろんな対策を取っております。この対策会議というのは、まず準備会というのが前もって開かれるんですが、月に7日以上、欠席した子供たちのリストを上げてもらって、準備会の中で、いろいろ検討します。その中で、学校で対応すべきもの、それから準備会に上げるべきものというふうにして選り分けをしまして、準備会のほうに上がってまいります。

 そこで、準備会の中では一人ひとりの子供たちについて、これは青少年センターで対応すべきものなのか。それとも教育研究所で対応すべきものなのか。そういった選り分けをします。場合によっては警察での相談をするとか、児童相談所にお願いするとか、地域にいらっしゃる民生委員に気を配ってもらうとか、そういった感じで、一人ひとりの子供たちについて、毎月そういったことを繰り返しています。

 そういったことで、子供たちについてのそういう個人個人の名前については一応掌握はしておりますけれども、何しろ学校に来ないものですから指導するチャンスが少ないというのが実状です。

 それから学校の状況ですけれども、定期的に教育相談日を設定しています。それからスクールカウンセラー、これは指定研究事業として、現在のところ、小学校2校、中学校4校にカウンセラーを配置しております。それから心の教室相談員、これは中学校8校に配置しております。そういうものと、それから先生方のカウンセリングマインドを高めて指導にあたっているというようなことも行っております。

 課題としましては、教師のカウンセリングマインドの技能の向上、それからスクールカウンセラーの全小中学校への配置というのが課題ではないだろうかと、そのように考えております。以上です。



○新里八十秀議長 教育長。



◎小渡良一教育長 おはようございます。SSP事業についての考え方ということで説明をしたいと思います。前のSはスクーリングという、次のSがサポート、そしてプログラム、つまり学校へ行くことを支援する事業ということになりますね。この事業は不登校の児童生徒を適応指導総合調査研究、委託事業になりますが、いま文部科学省ですが、旧文部省の事業として、平成11年から取り組まれています。

 現在、不登校といいますと、生徒がたくさんいるわけですが、それ以前に平成4年度から沖縄市は取り組んでおりまして、主として、心因性の子供たちを中心に扱ってきたわけですが、現在では怠学傾向の不登校の子もたくさんいまして、これをどこがどういうふうに適切に指導するかということで、先程、部長からも説明がありましたが、沖縄市では主として心因性の子供たちは研究所の適応教室、巣立ちという名前にしてありますけれども、そちらで指導をしております。怠学傾向の子供たちは青少年センターのほうで対応しているわけです。これは調査、研究委託事業です。ですからすべての学校に配置されているのではなくて、手を挙げた市町村、そちらに委託がされていて、毎年、こういう報告書を出すようになっております。

 現在、沖縄市、本年度の平成13年度は5名の生徒がたまたま入所しておりまして、それも本当に偶然ですが、5名とも中学3年生で、来年度の高校受験に向けて頑張っている状況であります。



○新里八十秀議長 福祉部長。



◎根路銘一郎福祉部長 おはようございます。まず無認可保育所でございますけれども、平成11年の少子化対策のときに把握した数字でいきますと、55箇所の保育所がございました。そこで3,010名の子供たちが保育されております。無認可保育所に対する助成措置でございますけれども、給食費や教材費、保険料、この3項目について、市の一般財源のほうから補助をいたしております。一人当たり健康診断事業で1,400円、それから保育所助成補助で一人当たり約6,500円になります。総額でいきますと、1,625万円の補助を予定しおります。これは前年度と比べましても、367万5,000円の増額をいたしました。

 そして認可保育所でございますけれども、公立が11箇所、それから認可保育所が19箇所、合計30箇所ございます。それで、4月1日時点での入所児童の数でございますが、2,069名でございます。そして認可保育所に対する補助でございますが、たいがい項目は一緒でございますが、そのほかに職員の人件費等も公立の場合は含まれておりまして、平成12年度の実績でいきますと、17箇所で5,110万4,000円の補助を出しております。

 次に待機児童の問題でございますけれども、4月1日時点で95名の待機児童がございました。その後、6月1日になりまして、58名の増をいたしましたので、現時点では37名程度の待機児童になるんじゃないかと思います。ただこれは毎月毎月、入所もございますので、数字については変動が出てまいります。

 それから特別保育事業でございますけれども、現在、延長保育が17カ園、やっております。それから一時保育が2カ所、それから障害児保育で12カ所、それから地域子育て支援センター、このほうは公立に1カ所、それから認可保育所1カ所というふうになっております。



○新里八十秀議長 市民部長。



◎名嘉真祐治市民部長 環境行政についてお答えします。まずごみ袋の手数料の歳入の件でございますが、これは別途会計にしたらどうかというご意見でございますが、これにつきましては現在、塵芥処理費の特定財源として計上してございます。別途会計にしまして、基金ということになるんでしょうか、そういう方法もございますが、それも一つの方法ですが、直接、市民に還元して、新しい事業の原資とするのもそれも一つの方法と思いますので、財政を担当します部と協議をしてまいりたいと考えております。

 それから生ごみ処理費でございますが、現在、2万円を上限にしまして補助してございまして、本年度は150基分計上してございまして、もうすでに140件ほど消化してございます。そういうことで、補助金の増額につきましては新年度で検討するとしまして、市民の要求が多うございますので、9月でも財政部局と調整しまして、台数を増やしていきたいというふうに考えております。

 それからモデル地域の設定でございますが、これにつきましても、生ごみ処理器の普及というのは間違いなく生ごみの減量につながりますので、それについても新年度に検討していきたいと考えています。

 それから燃えないごみの袋の件ですが、これは普通の買い物袋を使ったらどうかということですが、これは袋については有料化が原則でございますので、それについてはちょっと無理かなあと考えています。それから燃えないごみの袋をもっと小さくしたらどうかということでございますが、これについても、アンケート調査といいますか、それを実施しまして、そういう要求が多ければ、それは検討していきたいというふうに考えています。以上でございます。



○新里八十秀議長 建設部長。



◎宮城弘志建設部長 6番目の中の町1号線についてでございます。議員のおっしゃるとおり補修部分が目立ちはじめております。これは3月議会でもご答弁申し上げましたとおり、現在、全面改修に向けて検討をしているところでございます。

 それからコリンザ前の歩道の件、これは車止めでございます。歩道付近の広い道路では逆に車が歩道部分に乗り入れて、通行者の支障になる場合がございます。それを防止するために車止めを設置しているわけでございまして、これは道路管理上、必要な施設でもございます。ただしかしながら、こういう、逆にそれが通行者の支障になっているということであれば、どこに問題があるのか。構造的な問題なのか、いろいろ調査して、また周辺の意見も聞きながら、対応を検討していきたいと考えております。



○新里八十秀議長 企画部参事。



◎具志堅康秀企画部参事 質問事項5の要旨、行政評価システムの導入についてお答え申し上げます。地方分権化の地方行政は、ご承知のとおり、現在、政策につきましても、自らの自由な選択と結果の蓄積、これを強く求められるようになってまいりました。経済財政諮問会議で、骨太の方針案が出されましたけれども、その内容であるとか、あるいは国政レベルで様々に議論されている内容からしまして、その風圧も強まってきたような感じがいたします。

 よって地方公共団体はこれまでのスタンスでありました行政運営という姿勢から地域経営、あるいは自治経営というスタンスに転換する必要があると要請されております。この要請に対しまして対応するため、いま最もよい方法、最善の手法といたしましては、行政評価システムの導入であると全国的に注目を集めているところでございます。従いまして、私ども沖縄市におきましても、その導入は必然であると思っております。

 ただ、そのシステムにつきましては、いま確立された、あるいは統一された確かな手法というものはないわけでありまして、沖縄市独自のスタイルのものを開発していく必要ありということで、鋭意その調査研究をしているところでございます。



○新里八十秀議長 総務部長。



◎知念秀光総務部長 市民サービス行政についてでございますが、窓口におけるタライ回し、あってはならないことです。市民のみなさんにご迷惑をかけております。深くお詫び申し上げます。そういう窓口の人事につきましては、適正のある職員の配置、あるいは窓口、接遇研修等、そういうことも含めて、常々から考えて実施もしているわけでございますが、なかなかそれが完全にはなくならない。そういうことでございまして、今後とも部長会、あるいは各部の課長会等々にて対応策を協議をして、そういうことのないように注意をしていきたい、このように考えております。



○新里八十秀議長 棚原八重子議員。



◆棚原八重子議員 観光行政についてでありますけれども、本格的な観光シーズンが到来をしております。沖縄県では昨年、沖縄サミットが開催されまして、世界遺産を9箇所、登録をされました。そういうことで、沖縄が世界に発信されたかと思います。明るい未来のある沖縄市をいかにつくり出すか。それはその地域に住む市民が知恵を出し合ってこそ、成功を見ることができると思います。沖縄市の歴史や文化を大切にし、産業を興し、観光客の誘致を図ることが沖縄市の経済や雇用にもつながることと確信をいたしております。

 昨日も江洲議員のほうから姉妹都市である豊中市や米沢市から滞在型の観光客を沖縄市へ受け入れたらどうかという質問がありました。大事なことだと思います。そのためにはやはり既存のまちのインフラ整備は不可欠だと思います。11月には世界のウチナーンチュ大会もあります。故郷に帰って来てよかった、もう一度、沖縄市へ行ってみたいなあと思わせるまちにしたらどうかと思います。それはやはりごみのない、花のまちであります。きっとリピーターが増えます。そこでお伺いしますが、国道330号、ライカム入口のほう、ほか7箇所の幹線道路の今後の美化について、どうなさいますか、お伺いをいたします。

 それから比謝川清掃について、少しふれておきたいと思いますが、毎年第2日曜日、午前9時から11時まで、比謝川清掃が毎年行われております。その目的といいますと、比謝川は市民の大切な水資源であるということがありました。いくつも目的がありますけれども、そこでお伺いしたいことは、いま現在は比謝川に面した自治体だけがいま清掃を行っております。そのほかにもいろんな協力団体、協賛団体もおられますけれども、なぜ比謝川に面したところだけが清掃をしなければいけないのか。

 自治会に行きますと、老人パームが多く出るんですね。非常に危険なんです。もちろん、いろんな方々も出てくださいますけれども、そういうことで今回は非常によかったことは、コザ信用金庫さんが大勢で参加してくださいました。うちの地域でも約40名近く、理事長さんはじめ、支店長、そして若い人たちも大勢参加してもらいましたので、聞いてみましたら、今度からボランティア活動の一環として、地域に何かできれば協力するということらしいですね。非常に私は感動しまして、やっぱり地域を支えるのは、そこだけではなくて、みんなで支えなければいけないと思います。そこで、なぜ比謝川の清掃については、そういうことで自治会だけなのかということを疑問に思って、約7カ年ぐらいになりますよ。自治会長のときにも、再三申し上げてまいりました。なかなか改善してもらえませんね。その件についてお伺いいたします。

 そして年に1回の清掃なものですから、地域に分けてしまいますと、なかなか完全にできないわけですね。うちの地域でしたら、半分ぐらい残ります。2時間ですから、大事な河川ですので、できましたら、2回をとっていただいて、あと1回はその地域以外の方々、結局は36自治会ある中で、12自治会が清掃をしておりますので、是非そのほかの方々も参加していただいて、比謝川をみんなで清掃をしたほうがいいのではないかと思いますけれども、いかがでしょうか。

 それからもう一つ、非常に不思議なことがありまして、これには市の職員も、各地域の集合場所へということは案内はしているみたいなんですけれども、やっぱり市の職員もそういうときには積極的に参加していただきたいなあと思います。それで、うちの地域においては、本当に市の職員も何名か、決まって名前をあげたいぐらいの方がいらっしゃいますよ、市の職員にしても、それから役員の方にしてもいらっしゃいますが。多くは参加されません。そういうことで、なぜ市の職員がわずか2時間のボランティアに参加できないのかということで、非常に不思議なんです。その件についてどうなのか、お伺いさせてください。

 今回は市の職員が何名、参加をされましたでしょうか。数字が分かりましたら、お答えください。私の認識の中には、課長以上の方々じゃないかなあと思いますが、一般の職員はどうなさいましたでしょうか。

 生ごみの件ですが、そのままこれを一般財源に入れておきますと、これは税金の二重取りになりませんか。ならないかどうか、教えてください。

 ごみの指定袋の件につきましては、ご検討いただきたいと思います。そしてまた来年度の検討事項としまして、ごみ処理器の補助の増額についてもご検討いただきたいと思います。

 そして、もう一つ、保育園の件ですけれども、昨日の新聞に、総理は2004年度までには15万人を受け入れて、待機児童を解消しますとあります。それは認可保育園を増やすことではないのかなと思いますけれども、期待をしております。そういうことで、沖縄市においては無認可保育園の子供たちが約6,000円余りの補助がされておりますけれども、他の市町村に比較してみても、沖縄市はいいほうなんですね。ある市町村においてはゼロのところもありまして、なぜそういうようなことが、言葉はどうだか分かりませんが、差別的になっているんじゃないかという気がしまして、やっぱりもう少し、できましたら、市の財源でもってアップすることができないかどうか、教えてください。以上、2回目終ります。



○新里八十秀議長 建設部長。



◎宮城弘志建設部長 幹線道路の花壇整備でございますが、緑と花は観光因果と言われておりますので、幹線道路の花壇づくりについては、今年も引き続き整備してまいります。ただ、これまでどおりの全面植え替え方式じゃなくて、今年は多年草、これをおり混ぜながら、花壇づくりをしていく計画でございます。



○新里八十秀議長 総務部長。



◎知念秀光総務部長 比謝川清掃への職員のボランティア参加でございますが、これは毎年、やっておりまして、特にその地域地域の班長に対しましては、市民部、それから建設部の課長のみなさんが過去、例年班長を努めていると、そしてその地域に住んでいる職員については、できるだけ参加してくださいという呼び掛けをしておりますし、他の地域で各自治会ではその他いろいろ環境週間等で、自治会でやる地域の清掃、美化運動、そういうのが自治会から呼び掛けがありましたら、各自治会の職員はそこに参加してください、そういうことを部長会とかで呼び掛けをしております。比謝川につきましては、やはり地域の職員を多く参加してもらう。さらにまた地域以外の人にも呼び掛けをしております。



○新里八十秀議長 助役。



◎稲嶺盛隆助役 いま市職員のボランティアの問題もご指摘でございます。基本的にはいま総務部長からお答えしているとおりでございますけれども、これにつきましては私ども全く気にしないわけではございません。例えば、市が大きいイベント、まつりを催す、そういう場合にも、どうも市の職員が少ないのではないのかとか、そういうような指摘もあるわけですから、そのへんについて、全体として、もう少しそういった地域、あるいはそういった行事に参加できるようにすべきだろうということで呼び掛けもしておりますし、ただこういったものは土、日に一般的にはやるものですから、強制することはできないんですよ。呼び掛けとしてはやっておりまして、特に管理職は是非、それに参加してもらいたいということで呼び掛けをしております。

 総務部長が申し上げますように、地域においては、それなりに近い場所ですから参加もしているように報告も受けますけれども、全体としてはまだ弱いのかなあと、これからの時代ですから、市の職員も積極的に参加していくべきだろうというような認識を持っております。

 それからごみ袋の件ですけれども、これは有料でもってやるということに条例でも決めてあるわけでございまして販売しておりますけれども、これは予算審査特別委員会だったですか、その中でもちょっと話し合いがありましたが、ちょっと少し収益もあるものですから、そのへんについてはごみ処理器、そのへんの補助に使う、あるいはもっと大事なことは、今年度まではまちの美化として花壇整備等に補助金があとあとですけれども、これもうち切られます。ですから、今後はそのへんへの対応とか、使い道をまちをきれいにするという、そういうところへ使っていけばいいのではないのかなあというような考え方を持っております。是非そのようなご理解をお願いしたいと思います。



○新里八十秀議長 福祉部長。



◎根路銘一郎福祉部長 無認可保育所への助成でございますけれども、現在は市の一般財源だけで対応しておりますので、自ずと限界もございます。今後は県のほうも一緒になってやってもらうような要請活動もやってみたいと思っております。



○新里八十秀議長 休憩いたします。

  休 憩 (午前10時51分)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  再 開 (午前10時52分)



○新里八十秀議長 再開いたします。

 市民部長。



◎名嘉真祐治市民部長 市民研修推進協議会のほうが利用しているようでございまして、報告は受けておりますので、資料については後程、提供いたしたいと思います。



○新里八十秀議長 棚原八重子議員。



◆棚原八重子議員 行政評価システム導入についても、是非前向きにお願いしたいと思います。

 そしてSSP事業ですけれども、心因性の子供たちは教育研究所のほうですか、そしてわりと怠けぐせというんですか、そういう子供たちは青少年センターということですね。それ以外に、沖縄市では民間のボランティアが関わりをもって、この仕事にあたっているところがありますか。ほかでは結構そういう子供たちを定年された先生方が関わりをもって指導しておられるということもありますので、沖縄市ではいかがでしょうか。

 悪臭問題について先程は要望いたしましたけれども、是非みんなが共通理解できるように、議員もみんな交えて、お話し合いをする場所と時間を是非設定していただいて、話し合いができればいいなあと思いますね。要望いたします。以上で、終ります。



○新里八十秀議長 教育長。



◎小渡良一教育長 不登校の子供たちの民間との関わりですが、現在は行っておりません。学校から報告があったのは先程ありましたように準備会で、この子は適応教室、この子は青少年センター、この子は学校がというふうに、割り振りをして取り組みますので、民間は使っておりませんし、さらに退職された先生方、そういう関わりは現在、とっておりません。といいますのは、慎重にやっているつもりです。少々心得のある先生も中にはおられるとは思うんですが、こういう子供たちは人間関係づくり、これが非常に難しいわけですね。そこで、できるだけ専門の人、それから学級担任だとか、身近な人、そういう方々にお願いをしておりまして、慎重にこれは扱っていきたいと思っております。



○新里八十秀議長 以上で棚原八重子議員の一般質問を終ります。

 次、島袋誠勇議員。



◆島袋誠勇議員 おはようございます。市長をはじめ三役のみなさん、たいへんごくろうさんです。先程、棚原さんからもありましたけれども市民ガイドブック、市の便利帳ということで、たいへん便利なものですね。議員のみなさん分かりますか。これは各家庭に配布されているようでありますが、全世帯に配布されているようで、たいへん便利なものでありますので、大変ありがとうございます。



○新里八十秀議長 休憩いたします。

  休 憩 (午前10時56分)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  再 開 (午前10時58分)



○新里八十秀議長 再開いたします。

 島袋誠勇議員。



◆島袋誠勇議員 まず最初に教育行政についてでありますけれども、北美小学校の全面改築について、教育委員会、何度か耐力度テストをやられたと思いますけれども、北美小学校の全面改築については、どのようになっているのか、お聞かせをいただきたいというふうに思います。

 それからこれは環境整備についてと書いてありますけれども、北美小学校の西側道路、西側道路と関連するんですね。学校用地、どうしてもこれがかかるんですね、西側道路を整備するには。そういうことでは、早めに改築しないと、その道路が職業短大、職業大学に通ずる道路でありますので、大学生もたいへん不便を感じている。そこにスクラップの車がだいぶ並んでおりますけれども、道路整備をすることによって、スクラップ車の解消にもなるというふうに思います。そういうことで、これは土木も一緒になって早めに北美小学校の全面改築ということに、いま沖縄市では学校がいっぱいあるんだけれども北美小学校ではないんだけれども、是非、北美小学校を先にしないといけないということなんです。私は文教民生委員長の場合に、このことについては、当局にも委員会から要請されております。そのへんも勘案して答弁をしていただきたいというふうに思います。

 それから市長、沖縄バイパスについてですけれども、これは市長に動いてもらわないといけないというふうに思うんですけれども、どのような今の進捗状況なのか、教えていただきたい。このバイパスは石川のほうから池原のほうで止まっています。平成17年とか言われておりますけれども、その進捗状況を教えていただきたいというふうに思います。

 それと環境整備のほうで、下水道の計画ということがあります。下水道計画、それから進捗状況等でありますけれども、いま池原、登川の一部、それから久保田の方がまだ残っておりますけれども、特に2〜3年前は計画にも入ってなかった池原、登川の地域、現在では川崎橋の方まで、具志川のほうから来ているようであります。栄野比まで来ているので、そのへんについて市として、どのような計画をなされているのか、お聞かせいただきたいというふうに思います。

 合併処理、新築をする場合には浄化槽が必要だと、その浄化槽に対して、いま申し上げました池原、登川の一部、それから久保田、その地域で建設をする、建築をする場合にはたへん困っている。というのは、合併処理を義務づけられたために、その負担が多くなっているということ。それから、管理費が出るということ。年間3万5,000円の管理費が出るということで聞かされておりますけれども、その管理費を誰が決めたのか。どういうことで管理費が出るのか。そこらへんを教えていただきたいと思います。

 次に、市道池原37号線ですけれども、旧パイプラインですね。これについては進捗状況を教えていただきたいと思います。と同時に、現パイプラインの植樹のほうも、前は話はしてあったんだけれども、そこらへんももし済んでいるのであれば、教えていただきたいというふうに思います。

 それから井戸から水銀が出たとか、ヒ素が出たとかということで、先月、ああいうふうに新聞に出て、市民が非常にドゥマンギィテイル。とにかく池原では、今の井戸を使っている所が12〜13箇所あるんですよ。そういうことで、市としてどういう対応をするのかと、私は早めに自治会長には言ったんだけれども、保健所へ行って、調査をさせなさいと、全員、井戸をいま現在使っているところの管轄で申請をしなさいということを言っておりますけれども、まず市を通じて、これをさせていただきたいというふうに思います。是非そのことについては・・・。市民は分からないわけですよ、ヒ素はちょっとだと言っていたと、そのへんが分からないものですから、たいへん市民が心配をしている。そういうことで、是非これは市としても、予算を組むなりして、県のほうともタイアップして、調査をしてほしいなあと、そのことを是非、地域に説明してほしいということをお願い申し上げまして、1回目を終ります。



○新里八十秀議長 答弁を求めます。

 教育部長。



◎普久原朝健教育部長 北美小学校の全面改築についてでございますけれども、8月中旬には耐力度調査の結果が出ます。そのことを踏まえて、平成14年度、15年度事業として、全面改築に取り組みたいと、そのように考えております。



○新里八十秀議長 建設部長。



◎宮城弘志建設部長 沖縄バイパスについてお答えします。現在、この沖縄バイパスは当初のスケジュールより、だいぶ遅れているような感じがいたします。実は北部国道事務所にお話を聞いた範囲内でお答えしたいと思いますが、環境アセスメントの件で、だいぶスケジュールが遅れているような話を聞いておりまして、その第一段階の環境アセスメントの方法書これが平成12年度末に終了いたしまして、公告縦覧も終っているということでございます。それに基づきまして、準備書の作成があります。その準備書を現在、素案づくりをしているという状況でございまして、公告縦覧を平成13年11月頃を予定しているということでございます。

 そしてそれが終わりますと、評価書の作成になります。それ以後のスケジュールはいま明確に定まってないというようなお話でございました。引き続き私どもとしては国側に要請していきたいと、早期整備に向けた要請を続けていきたいと思っております。

 それから2点目の北美小学校西側線、これについてはご答弁申し上げる前にちょっとお詫び申し上げたいと思いますが、3月議会で、この事業の事業期間と申しますか、これが平成13年度が最終年度でございました。そういうことで、平成13年度には完成させたいということで、ご答弁申し上げたわけでございますが、北美小学校との校舎の建設との関係もございまして、どうしても工事を進める中で、それとの整合性を取りながら進めたほうがベターじゃないかということになりまして、補助期間、この事業期間の延長が認められましたので、今年度は学校側に影響のない部分を工事いたしまして、学校建設と併せながら完成させていきたいと、このように考えております。

 それから池原37号線でございます、パイプライン、これにつきましては、今年度、10月頃を予定しておりますけれども、調査設計を入れまして、工事まで完成させたいと、このように考えております。

 それからパイプライン道路の植栽につきましては、低木が許可されたという話を聞いておりますので、その低木植栽について、財政とも調整をしながら、検討していくということでございます。

 下水道計画について、流域下水道、沖縄市と具志川市の境界、そこまで平成14年度で完成する予定になっております。ですから、それに併せまして、それが供用開始できるときに、市の公共下水道も供用開始しようということで、今年、本年度の平成13年度から工事に入る予定になっております、池原地区ですね。発注は8月頃、工事にかかるということでございます。



○新里八十秀議長 市民部長。



◎名嘉真祐治市民部長 井戸の水銀問題についてでございますが、これは基本的に昨日、申し上げましたとおり、県のほうから調査拡大すると、それについては市と調整して実施したいということになっているんですが、現在、環境課としましても、各自治会で井戸の個数を調査していまして、実際、飲料に使っているのがあれば、それについてはやはり、県にも申し上げて、またそれが県のほうが対応できなければ、それは健康に係わる問題でございますので、飲料に使っている分については、市独自の調査も必要になると考えています。

 それから合併浄化槽の件でございますが、ご承知のとおり、浄化槽法が改正されまして、今後は単独浄化槽は建設禁止だということになっておりまして、管理費については、これは単独浄化槽のほうも維持管理費については自己負担だということでありますので、特に合併浄化槽になって、管理費が自己負担になったということではございませんので、ひとつご承知願います。



○新里八十秀議長 島袋誠勇議員。



◆島袋誠勇議員 市民部長、今の合併処理について、部長、これは管理するのはやはり個人なんですよね。管理費が出るということであったものだから、それはどうなっているのかと。そして、合併処理についてのこれは補助などはないんですか。そういった考えは持っておられるかということ。というのは、沖縄市では久保田、池原、登川しか、こういったものはないものだから、これからはほとんどそういうことになると、合併処理ということになって、これまでの浄化槽よりも、50万円ほど高くなったという声があるわけですよ。さらに管理費ということで、管理は自分でやるんだよということを僕は言ったんだけれども、管理費が出るよということも言うものですから、やはりこれは指導の不徹底かなあというふうに思ったりする。このへんをもう一度、聞かせてください。いくらかの補助もあるのか、その条例もあるのかどうか、教えていただきたいというふうに思います。

 それから井戸水銀について、これは自治会から市のほうにはまだ出ていないんですか。市をとおして、やはり県、保健所などに要請するようにということで、地域のほうで話がありましたけれども、自治会長から市のほうにはまだ出ていないんですか、登川でもいいです、池原もこれを出すように言ってあったんだけれども、出されているかどうか。これは是非、池原だけじゃなく、地下水は池原の場合は山城から地下水が流れて来ている。そして、登川に来ている。知花から登川に行っている、地下水の流れとして。そういったことがあるんですよ。それから川崎に行っているものだから、地下水の流れというのはそういうものですよ。具志川の部隊のほうで、全部吸い上げてから、具志川の区民には無料で配布している。こういうことで、川崎は水が多い、地下水が多いと言われております。

 池原の第1次土地改良区の水源地、第2次は北美小学校のほうであります。北美小学校のもうちょっと前のほうから、北美土地改良区の水源地があるわけですね。そういうことで、地下水の流れということでいっているものですから、全部井戸は池原から登川へ行って、知花から登川へ行っているというのが、この資料が県にありますよ。県のほうで持っていますので、是非そのへんの資料のほうもご覧になって、県のほうで保健所も一緒になって、美里も、コザ地域も、地下水を利用している所を全部調べて、調査をしてほしいなあというふうに思います。そこらへんを検討していただきたいというふうにお願い申し上げます。

 それから下水道の計画が平成13年、今年の8月からやられるということで、是非頑張っていただきたいというふうに思います。

 それから北美小学校の西側線も、是非とにかく向こうに学校がありますので、沖縄全県から集まってきますよね、職業短大には、若い子供たちはブールナイ、車もやるものだから事故も多い。そういうことでは早めに整備をしてあげないといけないなあというふうに思うんですよ。だから、先程あったように北美小学校もこういうことで、できるだけ早めに全面改築をしてもらって、向こうはなぜ遅れたかということは、パイプラインがあったんですよ。学校の中からパイプラインが通っていたために、未だに校舎自体が高い位置にあるわけで、今後はもっと引き下げて、もうパイプラインはないんだから、きれに引き下げて、校舎側とそれから今の運動場と、交換してもいいんじゃないかと思うぐらい、このへんを早めに計画どおりやってくださいね。

 耐力度テストは何回かやっておりますけれども、もう耐力度テストをやる必要はないですよ。もう決定をして早めに進める。これも予算ですので、是非早めにしていただきますように、これはお願いをしておきます。ひとつよろしくお願いします。



○新里八十秀議長 市民部長。



◎名嘉真祐治市民部長 合併浄化槽の件ですが、議員がおっしゃるとおり、設置費が例えば5人槽で88万8,000円、かかるということで、その補助が国が4分の2、県、市が4分の1ということで、40パーセント補助だということになっておりまして、確かにおっしゃるとおり、下水道が供用開始されてない地域に対しての場合ですので、これはやっぱり下水道の普及している地域というのは、市の下水道計画もございますが、そういうことで、管理費については、現在のところそういう制度はございませんが、確かに新たな余分な負担と申しますか、市民にそういうおかけしている現状がございますので、そういう面では管理費の補助については、今後前向きに検討していきたいと考えております。

 それから井戸の調査については、これは県のほうもコザ保健所、それから県の衛生管理課研究所と一緒になって、市と調整しながら、実施するということを報告を受けておりますので、そういう調整をしながら実施したい。

 それから確かに飲料水については、いま自治会からいろいろお願いをしまして、そういう調整をやっておりますが、できるだけ結果が判明するまでは飲料には利用なさらないよう、何らかの要請をしてまいりたいと、そういうふうに考えております。



○新里八十秀議長 島袋誠勇議員。



◆島袋誠勇議員 最後にみなさんにお礼を申し上げたいなあと思います。池原地域では、ラード工場の問題もありました。何か断念したようでありますけれども、これは議会のみなさん、それから市長をはじめ、新しい場合については、三役のほうでほかの利用もできるような相談をしてあげていただきたいなあというふうに思うんです。向こうとして断念したという話を聞いておりますので、そのへんはみなさんのお力だと思います。大変ありがとうございました。以上をもって終ります。



○新里八十秀議長 以上で島袋誠勇議員の一般質問を終ります。休憩いたします。

  休 憩 (午前11時20分)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  再 開 (午前11時37分)



○新里八十秀議長 再開いたします。

 次、内間秀太郎議員。



◆内間秀太郎議員 簡潔に一般質問をやりたいと思いますが、まず一般質問に入る前に所見を述べたいと思います。全会一致で推進している事業に対して、本員が市民投票条例制定の請求者代表になっているということで、疑問が出ているようでございます。私は市民からの願いや、その要求を受けとめて、それを活動するというのが市議会議員の責務だと考えております。従いまして、市民からの要請を受けて、沖縄市選挙管理委員会に資格審査をいただき、資格を確定をして、そして市民の声を集め、直接請求を行ってきたわけでございます。結果、9,415人の市民から市民投票を行うようにとの請求を出すことができたわけです。

 昨日の一般質問で、佐久田議員からクビレミドロについて、よく分からなかったと、こういう発言もございました。また市民からも埋立事業に関連して、よく分からないことが多すぎるという声が上がっております。そのような中で、東部海浜開発に関する調査特別委員会では、7月4日から3日間の慎重審議をいただくということになっており、本員として、そのことを高く評価したいと思います。

 自然に大きな影響を及ぼす埋立事業にあたって、着手する前に十二分に審議をする。これは市民の市議会に対する期待に応えることであります。市長が市民投票は必要ないと言っているから右へ倣えということではなく、市議会として、審議を十分に尽くすことが求められていると思います。それを受けて、十分に審議を尽くすことが執行部をチェックする市議会の機能であり、9,415人の市民の請求に対して、市議会として、重く受けとめる必要があると本員は考えるわけでございます。

 次に、畜産団地の環境対策事業についてでございます。畜産団地は市内に点在する畜産経営を今の地域に政策的に誘導し、今日に至っております。もし、畜舎が臭いを出さないということであれば、市街地にそのまま存在することができたわけでございます。それを政策的に移転をさせ、現在の土地に立地させました。現在、その地域は農業振興地域となっております。当時は、東南植物園には水上楽園はありませんでした。その後に拡張され、現在に至っております。いま酪農団地は数億円の補助事業を導入をし、糞尿処理の事業改善を取り組んでおります。基本的に事業者の責任であるというふうに申しましても、多額な資金を要する事業であり、酪農団地のように数億円の補助事業を導入されてはじめて、その解決を見ることができるわけでございます。では養鶏団地には、補助事業の導入はできないので、事業者の責任で解決しなさいと、こういうふうに言われても、その能力からして不可能だということしか言えません。酪農団地と同様、行政が前向きに対策を講ずる以外に解決の方法はないと考えます。

 結びに、自然環境を守るということは、みんなの一致した願いであります。おびただしい生き物を生き埋めにする埋立事業に心を痛めない人はいないと思います。従って、私は埋め立て反対であります。だからといって、干潟を守る連絡会に集うみなさんが埋め立て反対で集まっているということではありません。埋立事業の内容をもっと吟味することが必要だとか、事業内容が十分に検討されなければならないとか、説明責任を十分に果たされなければならないとか、市民が納得のうえで事業を推進するべきだとか、いろいろな考え方の人が集まって連絡会がつくられているわけでございます。

 埋め立てられる干潟は、20パーセントしかないというようなことを言っておりますね。しかし、人間に例えるならば、その20パーセントというのは頭の部分であっても20パーセント、手の部分であっても20パーセント、足の部分であっても20パーセント、こういうふうになると思いますが、果たして、どういう部分が埋め立てられるのか。そして80パーセントを残せば、保全されるというようなことになるのかどうか。ここが大きな問題でございます。環境検討委員会でも、移植を可能とする根拠は疑問であるというようなことで、非常に今の技術の確立がまだ十分でないというような指摘をされているわけでございます。片足や片手ぐらい切断しても何でもないと、大きな影響を与えないというようなことにはなっていない。それが大きな影響を与える。そして保全策も十分、技術として確立されていない。こういったようなのが明らかになっているわけでございます。そういったことで、是非冷静なご検討をみんなでやっていただきたいと、こういうふうに思うわけでございます。

 通告に従いまして、一般質問を行いますが、その前に、通告書にある議員の氏名を書いてありますが、削除させていただきます。去る6月7日付の沖縄タイムス朝刊の論壇で、ある議員が「土地の処分は進出が決まった企業の申し出分だけを順次県から買い取り、上下水道の費用やかかった利息などを上乗せして速やかに企業側に売却する方式」であると、こういうふうに説明しております。



○新里八十秀議長 休憩いたします。

  休 憩 (午前11時45分)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  再 開 (午前11時46分)



○新里八十秀議長 再開いたします。

 内間秀太郎議員。



◆内間秀太郎議員 こういうふうなことで、土地処分について、売却する方式について説明をしております。これについて、去る議案審議の中で、具志堅議員から質疑が出ました。その質疑に対して、東部海浜開発局長は、このことは舌足らずである分があると、こういうふうに答えております。どこが舌足らずなのか、それをお聞かせいただきたいと思います。それから米軍への埋立地の提供面積はいくらなのか。それからその軍用地の取得にかかる土地代は今の取得価格で、その分に充てるとどれぐらいになるのか。それから軍用地はどのように共同使用されるのか。特に土地利用の内容、面積などについて、教えてもらいたいと思います。土地利用目的の変更は埋め立てて、あと何年ぐらいで可能なのか、すぐできるのか。それともそういった土地利用計画の変更はできないのか、そこを教えていただきたい。いわゆる埋め立てするときにはホテルだといって、そのほかの目的に変えられるのかどうか。そのことを教えていただきたい。住宅地は一般市民にも分譲されるのか。それともそのホテル関係とか、そこの関係者に分譲されるのか、教えていただきたいと思います。

 土地開発公社については、これは他法人というようなことで、一応割愛をしたいと、こういうふうに思います。

 次、テレワークセンターについてでございますが、雇用効果はどうなっているのか。運営費は年間どのぐらいなのか。月平均してどのぐらいなのか。利用状況はどうなのか。テレワークを立ち上げるのに、どのぐらいの予算がかかったのか。テレワークセンターの経済効果はどのように分析されているのか、教えていただきたいと思います。

 コリンザについても別法人でありますので、あしびなーの負担が、特にリニューアルオープンにかかって、だいぶあしびなーが負担をするというふうになりましたが、それは今年度はどういうふうになるのか。また去年の負担はどのぐらいになったのか、負担は軽減されているのかどうか、教えてもらいたいと思います。

 次に、銀天街多目的広場についてでございます。事業の進捗状況を教えてください。着工の見通しはどうなっているのか。住民の合意は十分、とられているのかどうか、教えていただきたいと思います。

 次に、漁業振興についてお尋ねいたします。モズク漁はどのような状況にありますか。それから埋立地に栽培漁業センターというようなのを配置しているようですが、その取り組みはどのようになっているのか。栽培漁業センターの用地として計画されている土地はどのぐらいの面積であるのか、教えていただきたいと思います。

 それから観光行政についてであります。市内のホテルがどのように稼働しているのか。稼働率がどのぐらいかを教えていただきたいと思います。ホテルが不足しているという話もありますが、グランメールホテルがオープンしないとか、シェラトンホテルが閉まっているということは、不足しているのになぜですかということで教えていただきたい。

 雇用拡大の取り組みですが、雇用拡大のためにどのような取り組みをしておりますか。雇用状況の調査をしておりますか。現在の沖縄市の失業者の状況を教えてください。

 農地確保について、農地確保のためにどのような取り組みをしておられますか。

 それから畜産振興についてでございますが、畜産は年間どのぐらいの所得を上げているのか、教えてください。牛、豚、鶏、山羊などの主要頭羽数、これは沖縄市と沖縄県全体の中で、沖縄市はどういうふうな状況になっているのか、教えていただきたいと思います。それからそれ以外にも飼養されている畜種があるならば、教えていただきたいと思います。

 次に、教育行政についてであります。教科の中で自然教育というのはどのように位置づけられているのか、教えていただきたいと思います。学校教育で、泡瀬干潟の生き物について、どのように取り扱われているか、教えてください。それから学校でジェンダーフリーについて、どのような取り組みがされているか、教えてください。男女混合名簿についての考え方をお聞かせください。男女混合名簿を実施している学校はどこどこか。それから男女混合名簿の推進をどのように取り組むのか、具体的に教えてください。学校では、先生方が長時間労働でゆとりがないという話があります。勤務実態を調査していますか、教えてください。心の相談員制度の充実をどのように取り組んでおりますか。

 次に、男女共同参画社会基本法の周知徹底が学校でどのように取り組まれているのか、教えてください。男女平等の研修はどのように計画されておりますか。それから男女共同参画社会を目指して、教育委員会として、目標設定はどのようになっているのか、教えてください。それから進捗状況の点検、いわゆる目標設定がどのように進んでいるのか。その点検はどのようになされているか、教えてください。男女平等教育はどのように取り組まれておりますか。男女平等教育を推進するために、何が大切だとお考えですか。それから男女平等教育は必要だと考えますかということで、教育長にお伺いしたいと思います。

 男女共同参画社会の取り組み、市長に対して、役所の中でジェンダーフリーの取り組みを具体的にどのようにしているのか、教えていただきたい。男女共同参画社会を実現するためにどのような取り組みをしているのか、教えてください。それから全庁的男女平等を推進するために、どのような取り組みがなされておりますか。いま一番力を入れている課題は何ですか。男女平等施策の推進が必要だと思いますかということで聞いております。

 それから次、中心市街地の活性化です。空き店舗はどのような状況になっているのでしょうか。この5年間の推移を教えてください。空き店舗対策によって、空き店舗は減少していますか。対策の効果を教えてください。さらに中心市街地の活性化のために、何をやればよいとお考えですか。中の町A地区の取り組みの進捗状況を教えてください。B地区はどうなっておりますか。空港通りにカジノ構想があります。中の町小学校、コザ小学校、諸見小学校、住宅地との関連はどのように考えればいいのか。市長はこの構想を推進するお考えかどうか、お答えいただきたいと思います。山里地区の再開発の進捗状況を教えてください。

 長寿苑の問題については割愛させていただきます。

 自然保護の推進について、ゴミ焼却場の新炉建設の進捗状況を教えてください。それから資源ゴミ収集の実績、どういうふうになっているか、教えていただきたいと思います。それから自然保護として、泡瀬干潟をどのように考えているか、教えてください。湿地の保全策について、どのような取り組みをしているか、教えていただきたいと思います。

 次に、倉敷環境との契約について、契約事項のチェックは十分に行われているのかどうか。埋め立て状況の把握はどうなっているか。地下水汚染や周辺水質汚濁との関連はないかどうか。環境改善策を検討しているかどうか。かさ上げが行われているが、どのような指導をしているか。契約事項が遵守されるように、どのような取り組みをしておりますか。行政指導や立ち入り検査を定期的に行っておりますか。

 最後に人事行政についてであります。まず採用基準を教えていただきたいと思います。昇任、昇格基準、それから人事異動基準、配置基準、課や係への人員配置の基準はどのように行っているのか。それから臨時職員の配置基準はどのように行っているのか。療養休暇を必要とする職員の数について、教えてください。その対策やケアはどのように行っておりますか。最後に研修計画について、どのような研修計画を持っておられるのか、お聞かせいただきたいと思います。以上、1回目の質問を終ります。



○新里八十秀議長 休憩いたします。

  休 憩 (午後12時02分)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  再 開 (午後 2時00分)



○新里八十秀議長 再開いたします。

 休憩いたします。

  休 憩 (午後2時01分)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  再 開 (午後2時33分)



○新里八十秀議長 再開いたします。

 休憩いたします。

  休 憩 (午後2時34分)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  再 開 (午後2時38分)



○新里八十秀議長 再開いたします。当局の答弁を求めます。東部海浜開発局長。



◎山田勝東部海浜開発局長 1点目の東部海浜開発について、イでありますけれども、昨日の具志堅議員の質問の中で、ある議員の新聞投稿の内容についてでございますが、沖縄タイムス、琉球新報の新聞の論壇ということでございますけれども、沖縄タイムスでは平成18年度から4年間にわたりということが入っておりますので、琉球新報のほうと比べますと、琉球新報のほうには新聞の字数の問題もありまして、その分が内容に載ってないわけですね。そういうことで、沖縄タイムスに比べて、琉球新報のほうは舌足らずの部分があったのではないのかというようなことを申し上げたわけでございます。

 それから、ロでありますが、米軍との共同使用面積は31.2ヘクタールでございます。

 それから、ハについて、共同使用地の取得金額についてでありますが、取得時期については、平成21年度以降を予定しておりますけれども、そういう時期の周辺地価、あるいは近傍類似価格、それから土地利用形態等、総合的な判断に基づきまして、土地の鑑定評価額が設定されるものと考えております。

 それから、ニについて、共同使用になる部分の土地利用の内容と面積についてでございますが、多目的広場用地が約17ヘクタール、業務研究施設用地が約4.3ヘクタール、住宅用地が約3.3ヘクタール、宿泊施設用地が約0.4ヘクタール、その他が6.2ヘクタール、合計31.2ヘクタールでございます。

 それから、ホの土地利用の変更についてでございますが、国の埋立地は港湾管理者である県のほうにまず譲渡されるわけでございます。その後の利用につきましては、港湾計画に沿った土地利用が基本ということになりますけれども、港湾計画につきましては、正当な理由があればということでございますが、必要に応じて見直すことは可能とのことでございます。

 それから、ヘの住宅地は泡瀬地区に就業する人を優先に分譲する予定でございます。以上でございます。



○新里八十秀議長 経済文化部長。



◎平良正吉経済文化部長 通告書の11ページからお答えいたします。テレワークセンターの雇用効果について、沖縄市テレワークセンターに入居している企業2社の雇用状況は401名で、雇用の効果が出ております。次に、運営費についてでございますけれども、月平均で436万7,000円の支出でございます。逆に使用料として、月441万7,000円になっております。利用状況でございますけれども、個人利用者が平成12年までに6,477名ですけれども、先だって10,000名の利用になっております。だいたい月平均1,300人程度の利用者がいらっしゃいます。

 テレワークセンターの予算でございますけれども、総事業費が11億6,260万2,000円でございます。テレワークセンターの効果でございますけれども、現状の経済情勢、並びに雇用環境から推理すると、大型雇用を実現し、沖縄市テレワークセンターはマルチメディアアイランド構想を推進している立場から、県の取り組みとともに他府県に注目されているような状況でございます。

 コリンザについてでございますけれども、その中のあしびなーの負担でございます。平成12年11月から平成13年3月までの5カ月間の支出、1,924万6,000円の支出でございます。4月以降、リニューアルオープンいたしましてからは、前の共益費の分、月62万8,000円の平均の支出になっております。

 それから銀天街の多目的広場についてでございますが、用地取得、物件補償契約は全地権者と済んでおります。しかし、1名の建物所有者とそこに賃貸しております2名の方々は、その移転先が7月末までかかるということで、その転居を待っている状態でございます。その後に、また建設につきましては入札を経て、事業執行してまいりたいと思います。それから住民合意でございますけれども、平成10年度、平成11年度、2カ年にかけて、専門家を招いて、意見交換を重ねておりおます。従って、住民の合意は得られているものと考えております。

 漁業振興についてでございます。モズク漁は平成10年度、平成11年度は順調に伸びてまいりました。平成12年度に至り、水揚げ量が極端に減少はしておりますが、その理由としては、単価の暴落による漁業者の収穫手控えによるものというふうに報告を受けております。

 それから、ロの取り組みについてでございますが、平成7年、中城湾沿岸漁業振興推進協議会並びに財団法人中城湾沿岸漁業振興基金より県に対し、栽培漁業センターの設置等、中城湾港の漁業振興についての要請が提出されております。経済文化部といたしましても、関係機関との協力をして、誘致に向け取り組んでいきたいというふうに考えております。用地としての土地面積はヘクタールでございます。

 それから観光行政でございますが、市内のホテルの稼働率は44パーセントでございます。ホテルが不足しているということに関しましては、旅行パターンによって、ホテルの利用方法が違ってくるのではないかというふうに考えております。例えば修学旅行を誘致するにあたっては、どうしても大型ホテルが必要になってまいります。そういうことでは中規模のホテルでは、修学旅行とか、そういう大がかりな誘致が厳しいというような状況でございます。グランメールホテルのオープンの件につきましては、活性化としてはそれはオープンしていただければ、ありがたいなあというふうに思っております。

 次に、雇用拡大の取り組みのイについてでございますけれども、雇用拡大に向け、企業誘致や中心市街地の活性化、都市基盤の整備など、産業振興のため、様々な施策を市の総合計画に基づき推進してまいりました。最近では1年、IT関連企業の誘致に取り組んで、特にコールセンターの誘致の実現により、新たな雇用の場を確保してきたと考えております。

 雇用状況の調査については、いま市議会にも度々出ておりますけれども、市独自の雇用状況の調査については、行っておりません。現在の沖縄市の失業率の状況につきましては、平成7年度の国政調査の資料によりますと、13.9パーセントでございます。

 農地確保について、農地確保は農業振興施策の重要な施策でございます。農振法、農地法の適正な運用を図り、保全に努めてまいります。今後、農地情報管理システムを整備し、農用地の有効活用に努めてまいりたいと考えております。

 また遊休農地の解消についても、農地流用化円滑化プロジェクトチームを通じて、農業委員会との連携を図って推進してまいりたいというふうに考えております。

 所得についてでございますけれども、第29次沖縄農林水産統計年報、平成11年から12年によれば、本市畜産、養鶏を除くの総生産額が15億6,000万円でございます。ロの飼養頭羽数でございますけれども、肉用牛、沖縄市が764頭、県が80,491頭、沖縄市は0.9パーセントです。乳用牛、市が636頭、県が7,661頭で8.3パーセントでございます。豚が14,785頭、県が298,657頭、4.9パーセント、山羊が266頭、県が14,419頭、1.8パーセント。採卵鶏が118,181羽、県が1,614,507羽、7.3パーセントになっております。

 それ以外のものとしましては、ミツバチが農家3戸で663の飼養、そして県が1,944、市のほうが33パーセントになっております。

 次に、中心市街地の活性化、5年の推移となっておりますけれども、空き店舗、平成9年が259店舗、平成11年が252店舗、平成13年が244店舗ということで、わずかではありますけれども、空き店舗は減少している状況でございます。

 中心市街地の活性化はどうやればいいかということでございますけれども、中心市街地活性化基本計画に基づいて、市街地の整備、改善のため、事業や商業等の活性化のための事業等を推進してまいりたいと思っております。以上でございます。



○新里八十秀議長 教育長。



◎小渡良一教育長 簡潔に答えていきたいと思いますので、よろしくお願いします。まず自然教育はどのように位置づけられているかということですが、現在、小学校では1年生、2年生がもともとありました社会科、それから理科を一つにしまして、生活料となっております。その中での目標ですけれども、自然との関わりに関心を持たせ、そして自分の生活について考えさせるというふうになっておりまして、身近な自然ということに関心を持たせるような取り組み、そして3年生では地域学習、4年生では県だとか、5年生で日本の地理、中学校で地理学習、自然、産業等に結びつくような取り組みになっております。

 次に、泡瀬干潟の生き物について、どのように取り扱われているかですが、最近は自由研究、あるいは総合的な学習の時間で、地域の自然だとか、文化について、自由研究ができるようになっておりまして、例えば泡瀬小学校の先生が市の教育研究所で半年研修をしまして、泡瀬小学校に適した教材についての開発的な研究をしておりまして、その中で、泡瀬干潟の生き物についても、これはいい教材になるということで、報告が出ております。さらに例えば近くの高原小学校、あるいは美東小学校でもそれなりの、高原小学校の場合は泡瀬干潟というよりも湿地の生き物、それについて取り組みをするとか、美東小学校では去年、取り組みがありました。その中でも取り上げられておりますし、さらに美東中学校でも地域の自然について、応援をしたり、東中学校でもそういう自由研究がなされているところです。

 次、ジェンダーフリーについてですけれども、現在、憲法だとか教育基本法は男女の平等を基礎に進められているわけで、その中で特に学校では、指導教科等の点検をやっておりまして、特にその中で、男女平等を意識したような取り組みといいますか、例えば現在は技術家庭科などは男女一緒に取り組みをやっていますね。それから社会科ではもちろん、女性の地位の向上だとか、そういう歴史的な見直し、そういうことにもふれているようでありますし、それから現在、小学校でも、中学校でも、学級経営におきましては、男女を意識させないような経営をしておりますし、さらに児童会等は小中学校とも、どちらかといいますと、女性が優位であります。児童会の会長、あるいは生徒会の会長はもうほとんど女生徒であると。さらに達成度テスト等、学力テストもやっておりますが、断然女生徒がいいわけですね。さらに読書量などを見ましても、小学校で男女の差が30冊以上も差があるわけです。むしろ男生徒は読まない子が多いので、それをどうするか、いまそれを念頭に取り組みをしているような状況であります。

 次に、男女混合名簿についてですが、例えば出席簿をとってみますと、ほとんどが1番目から何番目までは最初は男生徒、それから後半になって女生徒という名簿が多いんですけれども、別にこれは男生徒が優れているからそうしてあるということではありませんね。昔からの慣習的なものだと思いますが、これで優位が云々されたか大変ですけれども、そういうことではございません。市内で、そういうふうにやっている学校は1校もありません。県内ではいくつかあるようであります。

 この問題をこれからどのように取り組むかですけれども、これは学校に任せてありますので、もし必要に応じては校長会等でも話し合いをしてみようかなあと思っております。

 次に、先生方の長時間労働問題ですけれども、調査したことがありますかということですが、これは特に調査の実施はしておりません。

 それから心の相談員の制度の充実ですが、市内8校の相談員の方々の話し合い、それからそこからいろんな要望も出てくると思うんですけれども、そういう取り組み、さらに前にも何回かお話ししておりますが、できましたら小学校にも置けたらなあというふうに方向性を考えております。

 それから男女平等教育の問題ですけれども、これについては教育活動全体で考えているということですね。具体的には道徳とか、社会科、あるいは家庭科、保健、技術、学級活動等で、性教育も含めてですが、ジェンダーフリーの立場で取り組みをしているわけです。

 それからこの男女平等教育を推進するために、何が大切だとお考えですかということですが、まず一つは家庭での男女平等意識の確立が必要ではないかと。二つ目に、やはり学校教育の中でも、その教育を推進していく。それから三番目には、地域でも男女平等の啓発が必要ではないかなあと考えます。

 最後の男女平等教育は必要だと思いますかということですが、やはり人権を尊重するような立場からしますと、意識の形成ということ、これに努めていきたいと考えております。以上です。



○新里八十秀議長 教育部長。



◎普久原朝健教育部長 それでは、リの男女共同参画社会基本法の周知徹底はどのように取り組まれていますかという質問ですけれども、沖縄市男女共同参画計画女性きらめきプランというのが発刊されております。それを学校にも配って、その啓蒙を図りたいというふうに考えております。

 それから男女平等の研修はどのように計画されておりますかという質問がございますけれども、研修会計画はございません。

 それから、ルの男女共同参画社会をめざしてどのような目標設定がされていますかという質問がございますけれども、これは女性きらめきプランに13の主要目標が示されております。教育委員会も沖縄市の一翼を担って、その主要目標の実現に向けて努力をしているところでございます。

 それから、ヲの進捗状況の点検はどのようになされておりますかということについては、これは沖縄市の平和男女共同課が実施している進捗状況の点検シートによって、実施状況を報告しているところであります。以上でございます。



○新里八十秀議長 市民部長。



◎名嘉真祐治市民部長 12番目の男女共同参画社会の取り組みについて、ご答弁申し上げます。現在、男女共同参画につきましては、各種講演会の実施、あるいは市の女性きらめきプランの発行、職場研修、女性相談の開設というような事業の展開をしてございます。

 それから15番目の自然保護の推進についてでございますが、1番のゴミ焼却炉の新設でございますが、これの進捗状況は現在、候補地を特定しまして、1箇所に絞りまして、地域説明会、あるいは関係団体の説明会を実施してございます。

 それから資源ゴミの収集実績でございますが、資源ゴミにつきましては平成11年8月から実施してございまして、平成11年度が86トン、平成12年度が242トンの実績でございます。

 それから自然保護としての泡瀬干潟に関するご質問でございますが、これにつきましては事業主体のほうが人口干潟をつくりまして、環境保全を図りたいということでございますので、自然には最終限度の影響の方法でもって事業を推進されるものと考えております。それから湿地の保護につきましては、関係部等と調整して、その保全に万全を期したいと考えております。

 それから倉敷環境に関してでございます。倉敷環境周辺の水路につきましては、これは毎年、調査を実施してございまして、そこのほうからの水銀の検出はございません。

 それから行政指導をやった経験者の件でございますが、これは随時、立ち入り検査をやってございまして、定期的に行うことについては、保健指導を共同しながら、今後は実施していきたいと考えております。以上です。



○新里八十秀議長 企画部参事。



◎島袋芳敬企画部参事 通告書の14ページの2行目、中心市街地の活性化と、それから質問の要旨二であります。中の町A地区市街地再開発事業につきましては、施工者である地域振興整備公団と市が役割分担をして執行しているわけであります。昨年度は地域公団におきましては、事業計画作成のための土地建物等現況調査、さらに基本計画、基本設計、それから資金計画作成、それから電波受信障害調査、地盤調査等の業務を行っています。

 一方、私ども市におきましては、公益施設、これは(仮称)ミュージックタウンの整備と言っておりますけれども、その基本調査を行いました。今年度はその事業計画認可申請に向けて、権利者及び関係機関との協議を行っているところであります。

 さらに引き続き、公益施設の基本設計等を進めてまいりまして、その事業の推進にあたっていくというような状況でございます。以上でございます。



○新里八十秀議長 企画部長。



◎池原清企画部長 13番のホの空港通りにカジノ構想ということでございますけれども、この件につきましては、去る3月議会でもお答え申し上げましたけれども、本市のほうとしましては、この件について、検討したこともございません。従いまして、この構想を推進するという考えは持っておりません。



○新里八十秀議長 建設部長。



◎宮城弘志建設部長 14ページ、13番の二、中の町B地区について、この地区については平成12年度に土地再生区画整理事業の調査を行っております。この調査結果をもとに、現在、事業手法の検討をしているところでございます。

 それから13番のヘ、山里地区について、この地区は平成10年8月に準備組合が設立されておりまして、役員のみなさまは積極的に活動いたしております。しかし、再開発事業の成立条件というものは、地権者の合意形成でございます。その合意形成が今いち熟度が低いというような感じでございまして、このようなことから、現在策定中の第3次沖縄市の総合計画の中で検討していきたいというふうに考えております。



○新里八十秀議長 総務部長。



◎知念秀光総務部長 質問事項16番の倉敷環境との契約についてでございますが、イの契約事項のチェックは十分に行われているか。これにつきましては、随時、現場を確認し、県や保健所、あるいは関係機関と連携をとって、さらに契約事項の特記事項等につきましては、県が指導していくということになっております。

 それから埋め立て状況の把握はどのようになっているかについてでございますが、これにつきましても、随時パトロールを行いまして、処分場の埋め立てレベルの杭を確認しながら、その状況について、県に対して報告を行っております。

 それからホのかさ上げが行われているが、どのような指導をしているかでございますが、7月中旬までに倉敷環境が県に対しまして、計画書を提出する予定でございまして、倉敷環境といたしましては、融溶炉の設置を検討しているということでございます。

 それから、ヘの契約事項が遵守されるように、どのような取り組みをしているかでございますが、契約事項の遵守につきましては、特記事項に基づきまして、許認可権を持つ県が指導いたしているということを回答を得ております。それから今後は関係機関と協議、協力しながら取り組んでいきたいと考えております。それから汚水の流出等については、随時、現場を確認し、県及び保健所に報告をし、その対応を求めているところでございます。

 それから、トの行政指導や立ち入り検査は定期的に行っているかでございますが、現場の確認を月に2〜3度、現場を確認して、県とタイアップをして、指導を行っているところでございます。

 次に、17番の人事行政についてでございますが、まず、イの昇任基準について、職員の昇任につきましては、沖縄市職員の初任給、昇級、昇格に関する規則を準用し、これを行っております。

 それから、ロの採用基準ですが、職員の採用につきましては、沖縄市職員の任用に関する規則に基づいて、試験または選考により、これを実施しているというところでございます。

 それから、ハの昇格基準でございますが、昇格とは職員の職務の級を同一の給料表の上位の職務の級に変更することでございまして、職員を昇格させる場合には、沖縄市職員の初任給、昇格、昇給に関する規則に定められている昇格条件に基づいて、適正な昇格運用を行っているところでございます。

 それから、ニの研修計画でございますが、研修計画は大きく分けまして、一般研修と、それから派遣研修、自主研修でございますが、いずれもいま計画をし、実施いたしているところでございまして、ちなみに平成12年度は延べ685人の職員が研修を受けております。

 それから、ホの課や係への人員配置についてでございますが、人員配置につきましては、沖縄市職員定数条例により、各任命権者ごとに職員の定数が定められておりまして、当該事務部局内の職員定数配分は各任命権者が定めたことになっております。

 それから、ヘの臨時職員の配置についてでございますが、平成13年5月末現在、242名が市長部局で配置されております。まず配置の理由でございますが、定数内職員で処理のできない業務を処理するために配置いたしております。ちなみに各課の予算で203名、それから人事課予算で39名でございますが、その人事課の予算の39名の内訳が欠員代替、それから療養代替、産休代替、育児代替ということでございます。

 それから、トの療養休暇を必要とする職員の数について、その対策やケアはどのようになっているかでございますが、平成12年度の市長部局における療養休暇取得者、これは56名おりまして、療養の期間といたしましては、短い方で5日間、それから長期で853日となっておりまして、その対策といたしましては、産業医の活用、相談、それから長期の自宅療養者につきましては、人事課において定期的に疾病の状況確認を行い、必要に応じては産業医のアドバイスを受けさせているということでございます。

 それから最後に、人事異動基準でございますが、基本的に定期の人事異動につきましては、毎年度、基本方針並びに実施要項を作成し、人事異動を実施いたしております。定期の人事異動につきましては、例年おおむね25〜30パーセントを以内として実施いたしております。

 それから要綱の内容につきましてですが、課長及び係長職で、3年以上が異動の対象でございまして、5年以上を異動、それから主事及び技師等につきましては4年以上を異動対象、5年以上を原則として異動させると、そういう基準を設けているところでございます。以上でございます。



○新里八十秀議長 休憩いたします。

  休 憩 (午後3時19分)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  再 開 (午後3時20分)



○新里八十秀議長 再開いたします。

 内間秀太郎議員。



◆内間秀太郎議員 先程、東部海浜開発局長の説明は琉球新報のどうのこうのと言っているんですが、私は沖縄タイムスの6月7日付の記事をここに出しているんです。これに対して、前回、舌足らずであるというような話だったんですが、実際に土地の処分は進出が決まった企業の申し出分だけを順次県から買い取り、上下水道の費用やかかった利息などを上乗せして速やかに企業側に売却する方式であるという説明なんですが、そのとおりですか。そうだから、市民負担はないということなのかどうか。これははっきり答えてもらわないと、どうも琉球新報のどうのこうのとは私は聞いてはないわけです。こういうふうに書いてある。これは新聞によって、全県民に配られているわけですから、そうであるか、そうでないか。はっきりそのへんを答えていただきたいと、こういうふうに思います。

 それから教育長にお伺いしますが、男女共同参画社会基本法に基づいて、いろいろ男女平等を進めるということは、教育委員会でも具体的な計画を持たないといけないというふうに思うんですが、そういった計画は持たなくてもいいという考えなのか。市長部局でそれは管轄すべきであって、教育長のほうではこういうふうな法律ができて、いろいろ義務づけされているわけですが、それについて、教育長のほうとして計画を策定をするというふうな考えがないかどうか。それをお答えいただきたいと思います。

 それから、男女共同参画社会の取り組みで、市民部長はお答えをいただきましたが、一番力を入れるべき課題は何なのか。もう一度、そのへんをお答えいただきたいと思います。男女共同参画社会をめざすのに、やはり一番力を入れるべき課題、これをどのように捉えているか。それで、みなさんはいろいろ計画を立てて、チェックをしているようでございますけれども、そういった進捗が実際にチェックをされているかどうか、教えていただきたいというふうに思います。

 それから中心市街地の活性化で、空き店舗が減少しているというふうなことなんですが、実際に空き店舗対策をやった件数、どのぐらいの空き店舗対策をやられたか、それをちょっと教えていただきたい。

 それから雇用状況の取り組みなんですが、先程来、雇用状況の調査も取り組みたいというような答弁もありましたけれども、実際にそういう雇用状況の調査というようなのを取り組む具体的な計画が来年度予算の中に入れるのか。それとも今年度の予算の中に追加して入れていくのか。そのへんをお聞かせいただきたい。

 それから漁業振興についてですが、栽培漁業センターの用地として7ヘクタール、計画をされている。湾岸の漁協のみなさんから要請があるというようなことでございましたけれども、これは湾岸からの要請を受けるということになれば、当然、県辺りの対応になるんじゃないかと。それを沖縄市が対応していくというお考えなのか。

 それからモズク漁についてですが、平成10年、平成11年、どのぐらいの水揚げだったのか。平成12年にはどのぐらいの水揚げになっているのか。この数を教えてください。

 それからもう一度、農地確保のために、どのような取り組みをしているのか。これをちょっと教えていただきたい。

 それから畜産振興の中で、鶏のほうの飼養羽数ですが、これはちょっと報告がなかったように思うんですが。以上、2回目の質問を終ります。



○新里八十秀議長 東部海浜開発局長。



◎山田勝東部海浜開発局長 新聞投稿の内容についての関連でありますけれども、私が与党連絡会の勉強会で申し上げたのは、企業誘致の目処づけをした後、年次計画的に用地を取得しまして、その後、インフラ整備、土地処分の手順で進める。そういうことを申し上げたのであります。



○新里八十秀議長 暫時会議時間の延長をいたします。教育長。



◎小渡良一教育長 教育委員会としても計画を持つべきではないかということですが、私たちの施策は県の施策と整合性を持たせて行っておりますけれども、男女平等は当然でありますけれども、男女共同参画型社会基本法に向けてのものは、まだ県のものにも具体的に載っておりませんので、向こうの指導も受けながら、これから取り組んでいきたいと思います。



○新里八十秀議長 市民部長。



◎名嘉真祐治市民部長 男女共同参画事業の中で、一番力を入れている課題ということでございますが、いま女性に対する暴力というのがちょっと社会問題化しているということもございまして、そのための啓蒙を図るということで、ドメスティックバイオレンス、これの講演会、これは今年度は3回程度予定してございます。それから男女共同参画週間事業としまして、女性相談の開設ということを計画してございます。以上でございます。



○新里八十秀議長 休憩いたします。

  休 憩 (午後3時31分)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  再 開 (午後3時32分)



○新里八十秀議長 再開いたします。

 経済文化部長。



◎平良正吉経済文化部長 空き店舗のこれまでの補助店舗総数、平成8年度から平成13年度6月現在で120件でございます。

 それから雇用の状況調査につきましては、昨日のご質問にもお答えしたんですけれども、平成12年度に国勢調査をされております。その結果が平成14年1月、来年の1月に好評されるわけですから、その次の国勢調査の中間あたりで、この事業を実施してみたいということでございます。

 モズク漁につきましては、平成10年度が120,128トン、額にしますと3,031万1,000円でございます。平成11年度が256トン、そして7,894万6,000円、平成12年度が111トン、1,932万3,000円でございます。その年の単価によっても違うんですけれども、その状況になっております。

 漁業振興についてでございますけれども、先程も申し上げましたように、中城湾港沿岸漁業振興推進協議会は、8漁港11市町村の中城湾の沿岸漁業でございます。その中で、栽培漁業センターの設置等について、中城湾域の漁業振興について要請書が提出されていると、そういう意味で本市もその関係機関に協力要請をして、誘致に向けて取り組んでいきたいということでございます。

 それから農地の確保につきましては、先程申し上げましたけれども、今後の農地情報管理システムを整備して、農用地の有効活用に努めてまいりたい。それから遊休農地の解消についても、農地流動化円滑化プロジェクトチームをつくって、先程申し上げましたように、農業委員会等とも十分連携をとって推進していきたいということでございます。以上でございます。



○新里八十秀議長 内間秀太郎議員。



◆内間秀太郎議員 いま栽培漁業センターの用地は、沖縄市が買い取ることになっているわけですが、今のお話からすると、8漁協が関わる、11市町村が関わる事業である。なぜそれを沖縄市が用地を取得をして、栽培漁業センターの用地として計画しないといけないのか。これは計画を立てている東部海浜開発局、今の埋立地にこういうふうな栽培漁業センター用地は、実際それは沖縄市が買うことになっているわけですね。だからそれは当然、いまの話からすると、これは県のほうが所管すべきことではないのかというふうに思われますけれども、なぜ沖縄市がそこは買い取らないといけないのか、お答えいただきたい。

 それから先程の東部海浜開発局長の答弁ですと、明確に先程の投書に書かれているということは間違いだということですよね。いわゆる平成18年には土地を買わなければならないと、平成19年にはまた新たに土地を買わなければいけないと、平成19年20年、平成21年と4カ年にわたって土地は買い取ると、それまでに自分たちは企業の配置をしたいということでしょう。ところが、ここではそうは書いてない。進出が決まった企業の申し出分だけを順次県から買い取ると書いてある。明確にこれは間違いなんです。だからこういうふうな間違った情報を、そして自分たちの費用負担はないというふうに言いくるめるというやり方はいかがなものかと思いますよ。こういうふうに借金丸抱えになるわけですよ。そういうような見通しが立たなければ、結局はこれはどうにもならないわけでしょう。

 それともう一つ、土地利用について、目的変更をやるというのは、港湾計画に沿って目的変更ができる。ではホテル用地は、ほかの目的に変更できるのかどうか。埋め立てて、ホテル用地をほかの目的に変更できるかどうか。はっきりこれは答えてください。こういうようなことをみんなが分かるように説明をいただきたいというふうに思います。

 それからいま教育長にもう一度、聞きますが、職員のそういう健康管理とか、そういったようなのは、雇用者の責務だと思いますね。いわゆる先生方にいろいろ病気が多くなっているというふうになると、しかも長時間労働が多いんじゃないかというようなこともあるので、そういった職員の健康管理について、どういうふうにやるのか、やはり調査をする必要がないかどうか。そこはやはり是非、任命権者として、そのへんの考え方をお聞かせいただきたいというふうに思います。



○新里八十秀議長 教育長。



◎小渡良一教育長 勤務時間が長いのではないかということでしたので、その調査はやっていないとお答えしましたが、確かに健康上の理由で年休をとったりとかという方々がいます。そういう面からの調査、そのへんが普段の学校での勤務だけからきていることなのか、あるいはその他の条件からきている、疲労だとか、健康上の問題なのかを含めまして、調査は行いたいと思います。



○新里八十秀議長 東部海浜開発局長。



◎山田勝東部海浜開発局長 まず1点目の新聞投稿に関しましては、先程答弁をしたとおりでございまして、そういうことで、ご理解をいただきたいし、そういう内容でありますので、それぞれの議員で判断をしていただきたいと、こういうふうに思います。

 2点目の栽培漁業センターについてでありますけれども、これにつきましては平成7年に中城湾沿岸漁業振興推進協議会のほうから県のほうに要請があったということでございまして、確かに私どもの取得する予定に栽培漁業センター用地ということになっておりますけれども、そういうことで県のほうから、その分について、こういった活用をしたいということであれば、また県のほうに処分をしていくということでございます。

 それから3点目の土地利用の変更についてでありますけれども、これは先程もご説明しましたけれども、正当な理由があればということでございまして、私どもの計画としては沖縄市の課題解決のためには、是非そういうホテルが、それも多種多様なホテルが必要だということでありますので、現計画でいくということでございます。



○新里八十秀議長 以上で内間秀太郎議員の一般質問を終ります。休憩いたします。

  休 憩 (午後3時45分)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  再 開 (午後4時03分)



○新里八十秀議長 再開いたします。

 次、具志堅徳重議員。



◆具志堅徳重議員 こんにちは。一般質問を始めます前に字句の訂正を職員のみなさんにお願いしたいと思います。質問の要旨大きい1番の地域イントラネットですけれども、フと書いてあるはずです。ミスワープロですので。大きい4番の倉浜衛生施設組合の焼却施設の焼という字がちょっと間違った字になっておりますので、ご訂正をよろしくお願いしたいと思います。それでは通告に従いまして、一般質問を行います。

 質問事項1市長の施政方針についてお伺いします。質問の要旨1地域イントラネット整備事業についてお伺いします。ブロードバンドシティー沖縄の事業概要には、超高速で利用者の経費負担のない光ケーブルによる自営情報通信網を、本市の公共施設小中学校、自治会、福祉施設、外郭団体施設、県立の高等学校及び養護学校等、120の施設に敷設し、行政の諸事業の概要、最新の統計情報、公募情報等、より充実した行政情報を提供することと共に、画像や動画情報の配信または電子会議等、円滑な情報基盤ならではの高度な情報システムを活用した学校間の交流、また、本庁と出先機関との行政事務を安全に行う事等、最先端の情報ネットワークの構造で、電子市役所の実現を目指すという概要になっておりますので、お伺いします。

 ?公共施設以外の整備について、今後の維持管理費はどうなるのか。?民間施設における整備、非整備についての基準はどうなっておりますか。将来的な公共施設はどうなるか。市民への情報教育はどうなさるのか。特に高齢者の教育についての対策はどうなっているのか。サーバーの容量がどうなっているかをまとめてお伺いします。

 質問の要旨2 戦後文化資料館建設事業についてお伺いします。?取り組み状況はどうなっているか、お伺いします。?構想の進捗状況を教えてください。建設場所はどこを想定なさっておられるか、さしつかえなければ教えてください。

 質問の要旨3 こども未来ゾーンについてお伺いします。子供たちが動物を直に見、触れ、ともに遊ぶことを通して、生命の不思議さと自然の偉大さを知り、驚き、それをより詳しく知りたいと探求心をはぐくみ、生の尊さとそれに対するいくつしみの心を培うとともに、大好きな動物に会えることや、珍しい動物に出会えることに喜び、そして子供たちが都市の中の自然の中で心を落ち着かせて憩い、親子で語り合うことができるようにしていく必要があり、また動物の行動・生態等の学習や珍しい動物を直に見、触れることによることを通じて、生命の尊さ、生き物への親しみ、共に生きる仲間として大切に思う心を育てる情操教育の一環を担うものとして整備されなければならないと考えます。

 また沖縄こどもの国は単に子供向けの娯楽施設にとどまらず、福利厚生のための施設はもとより、総合的なレクリエーション施設として県民に親しまれ、子供たちに大きな夢を与えてきたものであり、県民共有の財産として位置づけられるものと思います。このことは、沖縄こどもの国の利用者が本島のみならず、離島地域を含む全県から訪れていることにも示されており、これからも県民共有の財産として県も責任の所在を明らかにすべきだと考えます。未来館の整備に向けて、運営が大きな課題になると思いますが、現在の進捗状況はどうなっているか、お伺いします。

 4 倉浜衛生施設組合の焼却施設について、お伺いします。?進捗状況はどうなっているか、お伺いします。?沖縄市の負担割はどうなっているか、お聞かせください。

 質問事項2 建設行政について、質問の要旨?室川市営住宅について、お伺いします。沖縄市営室川団地の建て替え工事で、新しい1号棟から3号棟が完成し、6月からは入居が始まったようですが、この入居については当初から入居しておられた方々が再入居されて、新しい入居者の募集予定はないとのことですが、新しい建物の部屋数は3棟で何部屋あって、家賃はいくらからスタートするか、お伺いします。

 質問の要旨?公園管理についてお伺いします。諸見里近隣公園の管理についてお伺いします。公園を使用する場合は沖縄市都市公園条例第2章第4条により市長の許可を受けなければならないとありますが、該公園で野球をするために許可をしたことがありますか、お伺いします。

 また該公園駐車場に放置車両がありますが、平成12年12月13日に沖縄市管理公社による通告書が張られております。半年も経過しておりますが、その処置はどのようになさるのか、お伺いします。

 それからこの公園の駐車場は車やオートバイの出入りが一晩中頻繁に行われており、騒音が激しいうえに、車のドアを開けてカーコンポを聞いたり、野球した後にみな集まってビールを遅くまで飲んで騒ぐなどして、付近住民が大変な迷惑を被っているとのことでありますが、このことについて当局のご見解をお伺いします。

 それから質問事項3 環境行政についてはたくさんの方々がご質問なさっておりますので、割愛させていただきます。1回目終ります。



○新里八十秀議長 企画部参事。



◎山下泉企画部参事 地域イントラネット基盤整備事業についてお答えいたします。まず1点目の公共施設以外の整備についてでございますが、今回は市内の介護支援事業者をこのイントラの回線接続をいたします。それから将来の公共施設ができた場合の対応ですけれども、これにつきましては今後は市の単独事業での接続になると思いますが、ただ市内に今回で相当ネットが行き渡ってございますので、その先からの接続になりますので、そんなに経費は、役所から直接引くような経費はかからないというふうに考えております。

 それから情報教育でございますが、これにつきましては、特に高齢者についてでございますが、現在、テレワークセンターを利用しまして、深夜ネットというのが立ち上がってございまして、これは60歳以上の方の情報教育を自主的に、市民が主体となって立ち上がっているものでございます。こういったものを今後も支援していきたいということでございます。そのほかの市民の教育につきましては、次年度以降にかけて、これから検討していきたいというふうに考えております。

 それからサーバーの容量は大丈夫かということでございますが、実は今回のイントラネット事業の中で、サーバーの購入費もございます。ただこれは議会の議決を経るだけの金額ではございませんので、予算には入っておりますけれども、議会の議決には出てまりませんが、サーバーも今回、予定してございますので、そのへんの対応も考えているということでございます。



○新里八十秀議長 総務部長。



◎知念秀光総務部長 2番目の戦後文化資料館建設事業についてお答えいたします。まず構想の進捗状況ですが、当時のタイムスケジュールによりますと、オープン予定が平成12年ということでございました。現在は平成5年度の準備室の開設段階で停滞をしているという状況でございまして、現在の作業状況といたしましては、戦後文化資料館の資料の収集、それから関係者からの聞き取り等、そういうことでハード面についてはストップしておりますが、ソフト面については現在も精力的に行っているという状況でございます。



○新里八十秀議長 企画部参事。



◎島袋芳敬企画部参事 質問要旨の3番目、こども未来ゾーンについてであります。私どもがいま進めている事業につきましては、こども未来館及びその周辺施設整備事業としてやっているわけでありまして、こども未来館だけの箱ものだけの整備ではなくて、その中には動物園を含めて、そういう整備計画をしております。

 まずは1点目のふれあい動物園でございますが、これにつきましては平成12年度から平成13年度にかけて整備する予定です。特にこの件につきましては、低学年の子供たちに非常に人気があるコーナーでありまして、今回、場所を移しまして、現在のコアラ館があった広場、約1,600平米ぐらいですが、そこにふれあい動物園を設置するということで、今年度の予算で完成というふうないま計画で進めています。

 動物園を含めて、新たな施設につきましての運営計画につきましては、相当課題が大きいわけでございますが、私どもがいまそういう運営計画を入れる段階で、1点目には現在のこどもの国の課題、あるいは総括という形で理事会でちゃんと議論していただきたいということで申し入れをしております。その結論を待って、前から方針を述べさせてもらってはいるんですが、新しい施設を含めて、現在の動物園を含めての一つの運営主体を立ち上げることができないかという形で、いま方針を持っています。これにつきましては、沖縄市、それから沖縄県、それからこどもの国の理事会、あるいは市民代表のみなさんで構成する運営主体のためのこれはまだ仮称でありますが、こども未来ゾーン運営管理主体の協議会を早めに立ち上げたいということで、いま調整中でございます。同時に庁内におきましては、関係部局で構成する幹事会をいま立ち上げる予定であります。

 さらに最後に県との協議はどういうふうになっているかというお話ですが、今回、つくるこども未来館とそれから周辺施設整備につきましては、基本的に市が設置する事業であります。従いまして、こども未来館につきましては今月、発注しまして、来月いろいろお諮りする予定ですが、これにつきましてはあくまでも市の公共施設であるということが基本であります。従いまして、これに要する運営費等につきましては、市の負担が出てまいります。

 ただ私どもが県に要望しておりますのは、こどもの国のこれまでの経緯、それから未来館の経緯を含めて、当然、県も応分の負担をすべきだということで前から申し上げているわけです。これにつきましては、平成10年3月27日付で県のほうから回答を得ています。ちょっと概要を1行だけ読みますと、県構想の理念が生かされ、広域的施設となる場合、施設の運営管理に対して、財政支援の検討をするというふうな回答をいただいています。ただこどもの国を含めて、未来ゾーン全体の運営につきましては、なお県との協議が必要であるというふうに考えています。以上でございます。



○新里八十秀議長 市民部長。



◎名嘉真祐治市民部長 倉浜衛生施設の新炉建設の進捗状況でございますが、先程ご説明申し上げましたとおり、現在、用地についても特定、候補地を絞りまして、地元説明会をしたいという状況でございます。従いまして、2市1町の負担金割合については、まだ詰められておりません。以上です。



○新里八十秀議長 建設部長。



◎知念秀光建設部長 2番目の建設行政について、室川市営住宅でございますが、入居者はすべて再入居でございます。1号棟の室数、1号棟は41室、2号棟が39室、3号棟が39室、合計119室でございます。

 それから家賃につきましては、いま現在、個々の家賃表は持ち合わせていないんですけれども、だいたい平均して3万円ちょっとということでございます。3万円をちょっとオーバーするぐらいでございます。

 それから公園管理についてでございます。公園条例に基づく使用許可の申請でございますが、ここ1〜2年、こういう申請はございません。

 それから2番目の放置車両、これは現在、所有者確認のためにいろいろやっているわけでございますけれども、所有者がいま現在、確認できない状態でございます。そういうことで、警察とも連絡を取り合いながら、措置方を考えていきたいと考えております。

 それから3番目の騒音について、住宅の近くで騒音を発しているということで、これはあるまじき行為だと思っておりますし、立て看板などを立てて、注意を喚起していきたいというふうに考えています。



○新里八十秀議長 具志堅徳重議員。



◆具志堅徳重議員 ちょっとお伺いしますけれども、みなさんのご計画、大変すばらしいんですが、公益団体としますと、いろいろあるわけですよね。そこらへんの線引きをどういうような形で、これからも介護支援団体とか、いろいろあるわけですけれども、やっぱりそれが今後、増えてきはしないかというようなことになりますので、だいたいどこらへん、どういう事業まではできるんだという線引きが必要になるんではないかなあと思うんですが、そこらへんもう一度聞かせてください。

 それからこの事業につきましては、公民館もすべて入るわけです。そうすると、その公民館によっては事務所が狭くて、ほかの場所に指定しなければいけない。あるいはこの事業の機械を設置することによって、お客さんが頻繁に来るわけです。ですから、やっぱり事務所の中では相当な面積がないといけないではないか。それと常時、職員がそこにいなければいけないということもあるわけですが、そこらへんの自治会の予算の範囲でできるのかどうか、そこらへん、ご検討なされたことがありますか。そこらへんをお聞かせください。

 それから情報教育ですけれども、これはこれから相当、勉強しないと、やっぱり利用する方々は少ないと思うんですよ。特に高齢者になりますと、相当な勉強が必要になるんじゃないかなあと思うんですけれども、みなさん方は60歳以上の方々がお勉強なさっていらっしゃるということですけれども、市民がインターネットをどういうふうにして使うかというような勉強の仕方、結局これからどういう形で市民への啓蒙運動、あるいは勉強の仕方を教えていかれるのか、そこらへんをお願いします。

 サーバーは当分の間はこれでいいわけですよね。やっぱり5年、10年になりますと、これだけでは少なくなるんじゃないかなあと思うんですが、そのときは結局、議会の議決を得なくてもできるということですか。結局、これに使う予算はビザを増やしていくことができるということか、お願いします。

 総務部長の答弁は聞きにくくて、たいへん申し訳なくて、あまり受けとってないんですけれども、すいませんが、もう一度お願いしましょうね。

 それからこども未来ゾーンについて、ふれあい動物園はコアラ館の側に設置なさっているらっしゃるということで、1,600平米、これは動物は現在よりは多くなっているのか、少なくなっているのか。それと、ふれあい動物園のこの面積にしますと、だいたいどれぐらいの児童生徒がそこで動物と遊ぶことできるのかどうか。そこらへん、お願いします。

 それから運営維持、経費については、県も応分の負担をするということで、文書を受け取っているということですけれども、やっぱりそれだけでは不十分じゃないかなあと思いますが、覚書か何かをきちっとまとめていただいて、基本的には市のものではありますけれども、やっぱりこういうものは、全県民的に利用されますので、県は是非応分の負担をしないといけないというふうに考えるわけですけれども、やっぱりそのためには、その覚書はきちっとしたものを取っておかないと、あとでまた予算がないとか、いろんなことで問題が出てきはしないかと思うんですが、そこらへんをどういうふうに考えていらっしゃるか、お願いします。

 それから室川市営団地の件ですけれども、すばらしい建物ができているんですが、119室あるわけですよね。それを家賃3万円。この団地、結局、もともといらした方々でいっぱいして、新しい方々は募集をなさっていらっしゃらないというんですけれども、119の室にまだ待機なさっていらっしゃる方もいらっしゃるのか。結局、まえ入っていらした方々、3棟に入っていらしたんですけれども、新しい家に入れない方々がいらっしゃるのか。いらっしゃるのであれば、だいたい何世帯ぐらいいらっしゃるのか、お聞かせください。

 それから公園管理ですけれども、近隣公園で、野球をするために許可はしてないということですよね。あっちはまた野球ができるところじゃないと思うんです。せまくてソフトボールぐらい、そしてサッカーの説明もされているんですが、こっちで夕方など野球の練習をする方々がいらっしゃるということです。

 そして向こうで野球をしますと、距離が狭いものですから、隣までボールは入ってくるわけですよ。そういうことでありますので、そこらへんを何とかしてもらいたい。それとさっきも申し上げましたように、下の駐車場、野球のあとでまたさんさんごうごう集まってきて、遅くまでビール等を飲んで、大変うるさいということと、車の出入りがずっとあるので、さっき立て看板でもということでありましたが、きちっと駐車場の中も、それから入口もそういうような形での看板以外にはないんじゃないかなあと思うんですが、そういうことでお願いしたいと思います。それをだいたいいつ頃ぐらいまでにできるかどうか、お願いします。以上。



○新里八十秀議長 企画部参事。



◎山下泉企画部参事 イントラネット事業について、お答えいたします。まず1点目の民間施設の線引きの件でございますが、今回のイントラネット事業に関しましては、今回、接続いたしました介護関係の支援業者、これは先に地域インターネット導入促進事業というので、すでに接続されております。いわゆる回線を借りて、現在接続されています。それをそっくりそのままこの回線に移し変えるという考え方でやってございます。それ以外については、現在は考えてございません。

 それから自治会で、当然、今まで以上に地域のみなさんに使っていただくようなお願いもするわけでございますが、基本的には自治会のほうで管理をお願いするということになりますけれども、ただ例えば自治会で研修をしたいとか、そういったものについての支援は積極的に対応していきたいというふうに考えています。

 それから情報教育の件でございますが、議員、おっしゃるように、たいへん大事なことでございまして、これにつきましては、本年度は国のIT教育の事業がございますので、それをまずきちんとやっていく。次年度以降につきましても、やはり引き続き市民全般を対象にした、こういった事業を前向きに検討していく必要があるんじゃないかということで、内部ではそういう話を出しているところでございます。

 高齢者につきましては、先程申しましたように、民間で自主的にそういった活動がかなり活発にいま行われてございます。それから最近、沖縄市子ども会育成連絡協議会のほうも、学校に上がる前の子供たちにそういった教育をしたいということで、いろいろ協力要請がございまして、そのへんの支援を現在やっています。

 それからサーバーについてでございますが、今回議案としてお願いいたしましたパソコンの購入、これは主として学校関係でございますが、パソコンとは別個にサーバーという特殊な機械がありまして、これは例えば有害情報をシャットアウトする役割とか、インターネットメールを管理するサーバーとか、そういったインターネットそのものを交通整理するサーバーとか、こういった別のサーバーという機械がございまして、これは通常のパソコンとは全く別の種類でございますので、議会の議決をお願いしたものとは別途に、非常に専門的なものになりますので、しかも市内業者で対応できるというのは、まずかなり厳しいので、その分だけは別途に予算を確保しておりまして、それはまた別途でまた入札をするという考えでございまして、これにつきましては十分対応できるようなサーバーを構築していこうというふうに考えてございます。



○新里八十秀議長 総務部長。



◎知念秀光総務部長 戦後文化資料館建設事業でございますが、平成5年の準備室発足、その段階から停滞いたしております。まず年度別の事業計画からすると、平成5年度に準備室を発足させる。それから平成6年度には候補地の選定、財政計画、平成7年度には用地の確定、平成8年度に用地購入、それから平成9年度には、建築の実施設計をする。平成10年度には建築工事を、そして平成11年度には資料の整理をして、平成12年度にはオープンの予定でありました。そういうことで、平成5年度からハード面については停滞をしているわけですが、現在は資料収集を中心にソフト面に力を入れているという状況でございます。



○新里八十秀議長 建設部長。



◎宮城弘志建設部長 室川市営住宅の件でございますが、現在、29室ぐらい開き室があります。それにつきましては、第2期工事で、やがて取り壊しが始まります。そこからまた再入居をさせるということでございます。

 それから諸見里公園の件でございますが、あの球場はもともとソフトボールをやるということでの規模でつくられたものでございまして、野球には適さないということでございます。そういうことから野球に対して、使用を慎めというんですかね、そういう立て看板も検討していきたいと思いますけれども、それも住宅に防球柵が取れるかどうか、そのへんも含めて検討していきたいと思います。



○新里八十秀議長 具志堅徳重議員。



◆具志堅徳重議員 戦後文化資料館については、計画からだいぶ遅れているということですね。まだ資料の収集ということで頑張っていらっしゃるわけです。そうしますと、その計画はこれからもずっと続けていかれるのか。文化資料館の場所もまだ決まってないわけですよね。予定なさっている場所があるかどうか。もしよかったらお聞かせください。なかったらなかったでいいんですけれども。

 それから建設行政の室川団地、実は室川団地から別の市営住宅に移られた方々がいらっしゃるわけですが、新しい団地をつくるために移動された方々がいらっしゃるわけですが、そこにまだ入れないというような方もいらっしゃるものですから聞いているんですけれども、結局そこから出ていかれた方々はすべてそこに入ってもらわないといけないかと思うんですけれども、そういう漏れがあるみたいですので、もしそういう部屋がいっぱいしているのであれば、ちょっと難しいかもしれませんけれども、そこらへんは調べていただきたいと思います。

 それから放置車両ですけれども、半年もかかっておりますけれども、その前からあったんじゃないかなあと思うんですよ。かなり捨ててありますので。ああいう長い間、ああいうふうにして置きますと、また持って来て置きはしないかなあという心配があるものですから、チリ捨て場になりはしないかなあという心配があるものですから、早めに措置してもらわないと大変困ると思いますので、そこらへんは早めにお願いします。

 それからさっきもおっしゃっておられましたけれども、できるのであれば、防球ネットのほうがいいんですけれども、立て看板は、是非入口と駐車場のほうにしていただければいいかなあと思うんですが、立て看板のほうはよろしくお願いします。

 それから地域イントラネット基盤整備事業ですけれども、各公民館での使用、これはさきから申し上げているように予算がかかりますので、今年は何かそういう事情があるとおっしゃいますけれども、来年以降の各自治会に対する、この事業に対しての補助、そういうものはなければいけないと思います。そうしてもらわないと、自治会が大変になるんですよ。お客さんがいらっしゃると、お茶菓子、接待、そういういろんなものがありまして、自治会長、あるいは書記もたいへん困るし、それからこの方々がいらっしゃる間はずっとこの職場にいないといけないという形、同じ事務所ということになりますので、そこらへんは是非考えていただきたいというふうに思います。これは要望で終ります。



○新里八十秀議長 総務部長。



◎知念秀光総務部長 戦後文化資料館につきましては、建設場所はまだ確定はいたしておりません。



○新里八十秀議長 以上で具志堅徳重議員の一般質問を終ります。休憩いたします。

  休 憩 (午後4時45分)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  再 開 (午後5時02分)



◆具志堅徳重議員 再開いたします。

 次、山内盛太郎議員。



◆山内盛太郎議員 こんにちは。一般質問をさせていただきます。通告書にございますように、非常に限られたような格好で質問させていただきます。まずはじめに、公園整備についてでございますけれども、市当局におかれましては、お忙しい中、いろいろと公園整備をなさっておりまして、南桃原もそういった意味合いでは非常に恩恵を受けているところでございます。1番目に、山里近隣公園についてお伺いいたします。遊具はございますけれども、端に集中しております。部落の隣接地に新しく公園ができまして、隣接整備されまして、そこに立派な遊び場ができておりますけれども、入口から中心地にそれが少ないということで、まず検討していただきたいと思います。

 それから同じく(ロ)の休憩所がないということですね。それも主要な山里近隣公園の入口から入っていきますと、そちらに日よけの鉄骨の休憩所がございましたけれども、錆やらでなくなりまして、それがそのままになっているという状況がございます。そのへん、休憩所をつくってほしいということです。同時に、前は老人クラブがよく利用しておりますゲートボール場がございますけれども、そちらは老人クラブ自らがトタンで休憩所をつくっておりましたけれども、台風で壊れまして、それからそのままになっております。そのへん、再度できませんかということです。

 それから同じく公園整備の2番目ですけれども、南桃原児童公園には、半分、山を公園にしたという状況と、それから畑の部分を整備したというような状況があって、山には相当、大木がありました。現在でも大きな松が4本余りありますけれども、それに最近、木が切り倒された。これは倒したときは撤去されたわけですが、おそらく樹齢からしますと50年ぐらいになろうかと思います。大きな木としては、だいたいモクマオウがありました。そのへん、切り倒した理由と、またその後のアウトラインといいますか、そこをまたどうしていくかという計画がありますかということでお聞きしたいと思います。

 次、質問事項の2、児童公園建設でございますけれども、平成10年頃にも一般質問でお願いしたところでございますが、再度、ご検討をお願いしたいと思っております。南桃原1丁目、同じく山里3丁目一帯は県道24号線を挟んで、それから環状線、それから球陽高校と、その中に公園が一つもないわけでありまして、道を越えていくということであります。そういうことで、そこら辺りに必要だということで、検討いただければなあというふうに思っております。

 それから3番目、南桃原第3地区という名称だったと思いますけれども、これは川畑自練がございまして、その裏側でございますが、地積と個人所有と、それから区画整理ですけれども、地主と道路の境目が複雑であります。長いこと非常に今まで地主に1〜2度、ずっと前にお願いしたこともありますけれども、そのまま、金がかかるということでできなかった。それが役所が積極的にそのへんの調査に入るということで予算が出まして、その取り組みをしております。そのへんの進捗状況について、お聞かせをお願いをしたいと思います。私どもは非常に期待をしているわけであります。

 次、4番目に道路建設及び里道の整備について、これは南桃原2丁目17番から同じく2丁目18番にまたがる道路建設、それからそれは里道等も通っておりまして、そこに結びつくものでございますけれども、これは12〜13年前に排水工事は役所にやってもらっております。それを再度、そのへん、里道に結びつく道路をつくっていただけませんかということでございます。

 そして2丁目17番1号、こちはら住宅でございますけれども、その隣、里道部分が崩れているという申し出がありますので、そのへん補修できますか。道路工事を含めて、ご検討をお願いしたいというふうに思います。以上、1回目お願いいたします。



○新里八十秀議長 建設部長。



◎宮城弘志建設部長 お答えします。山里近隣公園について、この公園は昭和52年開設されておりまして、かなりの年数は経っておりますし、施設も老朽化しております。そして、施設等も数少ないわけでございますが、今後、リニューアルでもって検討できないかどうか、そのへんの調査をしていきたいと思っております。

 それから南桃原児童公園の件でございますが、この公園は自治会事務所に接しているわけでございます。自治会のほうから草木の繁茂しているところにシンナー遊びをしている少年たちがたむろしているということで、見通しがきくように、間引きや枝打ちをしてくれという要請がありまして、それで、自治会と一緒になって施設管理公社が適当なモクマオウなども倒したということでございますが、一緒になって枝打ち、あるいは間引きをしたということでございます。

 それから児童公園の建設についてでございますが、これは川畑自練、いろいろ場所を探してみても、適当な場所と申しますと、児童公園が設置できる場所となりますと、川畑自練の西側、球陽高校のグラウンドの裏側ということになりますけれども、ご存知のように、こちらは人家から離れております。そしてまた球陽高校からみましても、かなり高低差のあるところでございまして、公園の安全管理面からの問題がちょっと出てくるんじゃないかということと、それからいま街区公園と申しますけれども、街区公園はいま補助事業の適用がなくなっております。そういうことで、用地買収から施設整備、単独費用となりますと、かなり膨大な費用がかかりますので、そのへんを含めて、今後いろいろ検討させていただきたいというふうに思います。

 それから筆界未定の地域でございますが、これは現況と公図が不一致のためにいろいろ支障をきたしているということで、その修正業務を平成12年度から行っております。現在、換地図面も作成されておりますし、地権者の同意も得られております。そういうことで、登記申請に向けて業務を進めておりますし、おそらく8月か9月頃には登記完了するんではないかということでございます。

 それから次の南桃原2丁目の道路建設ということでございますが、この道路の現況は畑に通ずる1メートルぐらいのあぜ道がございまして、一部里道、一部私道という状況でございます。ですからこの取り付いている道路も3メートルぐらいの幅員しかございませんので、奥まったところを道路整備するということになりますと、これもかなり現況からして厳しい状況にございます。



○新里八十秀議長 山内盛太郎議員。



◆山内盛太郎議員 山里公園につきましては、調査してどんどんやっていくということで、非常に喜んでおります。

 それから南桃原児童公園につきましては、昔も度々シンナーのあとが残ったりして、それで青少年センターやあるいはまた警察に巡視するようにやったこともございます。その中で、多分にシンナー遊びは日中ではなくて、夜だったと、自分たちが自治会長している時分も、昼は見かけなかったんですよ。シンナーを吸っている人たちは発見したことはないですね。ただ、朝出勤して見回りすると、何かビニールに入ったシンナーの袋があったというような状況があって、だからそのへんはたいへん薬物乱用等を含めて、警察にやるべきだったんじゃないかなあと思いますね。どちらかといいますと、大木は大事にしないといけないような感じがして、しかもそれが剪定はされてはおりますね。大きな木は残して剪定はされている。そういったことでできなかっただろうかということなんです。だからこれは下草が生えてくるという欠点も日照があれば出てきます。またその場所は今は公園ができて、公民館とセットして庭になって、よくなっている、昔は畑と山の時代はハブの生息地という名前もあります。一番ハブが多い所だったんです。そう言われておりました。

 そういったことで、下草があまり生えると非常に危険が伴う、公民館建設の時もハブは出ておりましたし、そういったこともあって、なるべく下草が生えないようにやったほうが非常にいいような感じもしたんです。そこの木を大切にするということで、やるべきだったんじゃないかなあと、もう1つは、私は周辺の何メートルか、山手の周辺の何メートルかを花いっぱい運動に使うのかなあとも思ったりなんかもしたんですが、そういったことは自治会に任せてもらうということも必要かなあと思いますけれども、別に計画はなかったんでしょうか。ただ、もうシンナー遊びを牽制するために木を切ったというのみだったんでしょうか。その点だけお願いして、残りにつきましては再度自分たちも考えてみたいと、例えば児童公園の建設でございますけれども、向こうはお陰様で長田原区画整理地域が筆界確定の段取りが進んでいるということで非常に喜んでおりますけれども、それに基づいていままでできなかった排水工事とか、そういったこともまたお願いしていきたいというふうに思っております。その中で公園問題、再度お願いする場合もありますので、念頭に置いていただきたいというふうに思っております。

 以上です。1点だけお答えお願いしたいと思います。



○新里八十秀議長 建設部長。



◎宮城弘志建設部長 南桃原公園の木の間引き、枝打ちについては管理公社の話によりますと、自治会からの要請に基づいて自治会の職員も一緒に状況を見ながらやったという話を聞いております。ただ、もしその今後の植栽計画等については再度また自治会の方とちょっと調整しながら検討していきたいというふうに考えております。



○新里八十秀議長 以上で山内盛太郎議員の一般質問を終わります。

 次、与那嶺克枝議員。



◆与那嶺克枝議員 こんにちは。お疲れだと思いますが、もうしばらくお願いいたします。

 6月定例議会、一般質問をさせていただきます。いま全県が注目をしております東部海浜開発事業について若干重複している質問は省きましてお伺いいたします。

 今回は「泡瀬の干潟で遊ぶ会」の皆さんのおかげで、東部海浜開発の事業が全国に知れ渡ったと思います。市民に情報を公開することは当然であり、意見も聞き、また反映させることは基本であります。その意味でも議会での決議、また市民総決起大会等、多くの市民は夢と期待を持ちながら東部海浜開発の事業を楽しみにしております。

 そしてやがて20年後にはアワセマリンタウンに、全国から、観光客が集い合い、すばらしい所ですね。と、感銘を受け、昔反対だった方達も一緒になって、和気藹々と、杖をつきながら、散歩する光景を、想像すると大変に楽しくなってきます。みんなで長生きをして東部海浜の事業を見届けようではありませんか。

 ある著名の方から、「本来、科学も政治も経済も、全ては人間の現実の苦しみを減らし、幸福を増すためにある。徹底して、そのために貢献させていかなければならないのである。」と伺ったことがあります。

 政治は、国民に夢と希望を与え、また公僕である私たち議員と当局は国民の幸せのために全力で取り組まなければなりません。これまで東部海浜開発の担当職員の皆さんが長い間のご苦労と執念を持って業務に取り組んできたことに大変に私は感銘を致します。本日はその影の功労者で頑張ってきました職員の皆様に対し、私は感謝の拍手を送りたいと思いますが、皆さんいかがでしょうか。

 さて、通告に従いまして質問をさせていただきます。まず1点目に、市民の7割が埋め立ては必要ないと報道されていますが、どういうことでしょうか、どのぐらいの数を上げているのかお伺いいたします。

 次に、埋め立てによって自然環境が破壊されると言われておりますが、昨日喜友名議員からも説明があったとおり、このままの状態では泡瀬干潟は全滅してしまいます。大変この間掃除をしながら感じましたが悪臭もあります。こういったことを踏まえながら、今回の開発には特に環境に細心を図り、また大変に環境問題について取り組んでおられますので、生物のためにもよりよい環境づくりになると思いますが、その点について自然環境破壊ということについてご答弁をお伺いいたします。

 更に、地元の方々の反対についてなんですが、先日護岸の清掃に参加をし、約200名余りの方が一生懸命に清掃しておりました。そして皆さん口々に早く着工してほしいと、更にはその埋め立てが出来たらその中には環境教育センターとか、本当に子供達と一緒に遊べる場所を作ってほしいと、本当に高齢者の方がお話をしているのを聞きますと、私たちが本当に頑張らなければいけないなということを強く感じました。

 やはりそういった意味では地元の方ほとんど賛成をしているのではないかと思いますが、反対している皆さんはもしかしたら市外の方ではないのかと思いますけども、そういった何故反対するのか、そういった点についてお伺いいたしたいと思います。

 また次に、役所に勤める職員の皆さんもこの東部海浜開発について知らないという声が出ていますが、どういうことでしょうか、最も重要な政策としてこれまでイデオロギーに関係なく取り組んできました、やはり役所に働く職員として無関心な方が多いのでしょうか、大変残念に思いますがいかがでしょうか。

 最後に市民投票の目的として反対ではなく、凍結と謳っております事業には、時期というのがあります。この時期を外してしまっては再度事業を起こすことは大変に不可能なことだと思います。21世紀を迎え、本市の将来の経済基盤をつくり、いま取り組まなければ後世に大きな負担を与えます。このままではいま仕事がなくて生活が不安定で、また離婚率も上がり、年間現在1年間で200名ほどの離婚があるそうであります。そういったことをやはり経済的な問題からきていると思いますが、やはりこういったことも考えながら、この本市でやはりこういった雇用拡大、また経済の活性化のためにはそういった事業をしなければ、これから沖縄市は本当に魅力もない、もう経済力もない、ただの沖縄市になってしまうのではないかと思います。やはり凍結ということが、この事業に対しいかに重要なことか、既にまたこの事業は進み、工事を発注をしている中で多くの市民生活を脅かしてしまうと思います。現場では若い人達や、また中高年の人達が仕事が無く、不安定な生活をしている方が多い中で、そういったことでは本当に沖縄市の経済はどうなるのかという観点からこの経済の、この東部海浜における経済についての影響は大変に大きいものと思いますがいかがでしょうか。

 2点目に、無認可保育園についてお伺いいたします。沖縄タイムスの子宝の島というテーマで少子化問題を取り上げている中に、特にこれまで光の当たらなかった無認可保育園についてシリーズが載っております。保育園の民営化ということについて当局はどう考えていらっしゃるのか教えていただきたいと思います。

 また本市の待機児童数が、先程の答弁の中で37名とありましたが、無認可に預けている50パーセントは待機児童とみなされるというお話がありました。そういった中で単に申請する数のみを待機児童と捉えていいのでしょうかお伺いいたしたいと思います。

 次に障害児の学童保育園についてお伺いいたします。現在、12カ園で障害児保育をしており、一人ひとりの障害児の程度に合わせ、受け入れる体制が図られており、今後障害児が地域の保育所を希望するニーズはますます高まっております。そういった中で、当局の前向きな姿勢に対して大変感謝をしております。今回は学童保育、障害児の学童保育についてお伺いいたします。

 まず1点目に、障害児の学童保育の実態はどうなっていますか、2点目に、前回1999年2月の新聞にありましたが、県から2分の1補助を受けて那覇市と浦添市、沖縄市と障害児学童保育を実施するということになったと報道がありましたが、その後の状況についてお伺いします。

 次に、学校の安全対策についてお伺いします。昨日から質問があり、ご答弁をいただきましたが、学校等の安全管理体制を総点検をすると共に、PTA、地域への協力体制を設置していくと理解をしております。安全であるべき学校という場所において今回の事件は大変にショックな残酷なことであります。警察庁によりますと、幼稚園や小・中・高・大学などへの進入事件というのは、過去1990年には778件あったそうです。また2000年には1,355件と激増している実態があります。そういったことがあるにもかかわらず、これまで具体策をとらなかったことも今後多く重要視すべきことだと思います。

 それで米国においては民間警備会社に委託をしてガードマンを配置するスクールポリスというシステムが普及しているようであります。今回の事件後で各学校におきましてはいま来客の方をチャックをしたり、また名前の記入をさせたり、また授業のない先生方に巡回をさせているそうですが、長期的に考えると大変無理な政策ではないかと思います。やはり各教室に防犯ベルの設置等、またカメラの設置、特にスクールポリスという配置等について提案したいと思いますが、いかがでしょうか。

 いま各小学校にも変質者が多いということで学校側からできるだけ児童の送迎をしてほしいという依頼もあるようでありますが、やはりそういった点では大変に管理体制を充分にすべきじゃないかと思います。併せて学校給食の配膳室についても部外者が自由に出入りできないかどうか、食缶等の安全管理ができているかどうかお伺いいたします。

 次に、悪臭を無くすためにEM研究会について取り上げました。この悪臭については今日最初に棚原議員が悪臭対策についてもう我慢できないと、ドカーンと言ってくれるかなあと思いましたけど、大変スリムな要望になりましたので、再度私のほうから悪臭について健康上からも大変に危険であるということから質問をさせていただきます。まずここの地図を、これは東南植物楽園周辺環境現況図というのがあります。ちょっと見えにくいかと思いますが、そこが東南植物楽園になっております。これから北側に400キロ、600キロと書かれていますけど、1キロ内に約10箇所の産業廃棄物の処理工場があります。だから植物楽園は1972年に、ここが本当の皆さんの憩いの場、セラピー、皆さんが本当に気持ちを和らげるということでそこで植物園を経営し、そういった中で2カ年後からこういったものがいろいろ出来てきたわけですけども、やはりこの地図を見ましたら、今後この地域がどういうふうな計画があるのかどうか、ここに素晴らしい憩いの場所がありながら、そういった大変大切な施設であるんですけども、こういった悪臭を放す、やはり産業廃棄物を入れた企業がありますと、どうしてもこれ環境問題としてきちんと政策をとらなければますますこの地域は悪臭地域になってしまいます。そしてこの一番素晴らしい東南植物園の緑、こういったものが全て失われてしまうんです。そういったことのゾーニンクはどうなっているかどうか、よろしくお願いいたします。

 そしてこの悪臭に対してはやはり市民誰もが体験をしております。こういった問題について沖縄市倉敷環境保全協力会というのがあるそうですが、これは当局の皆さんお分かりでしょうか。

 そして大変申し上げにくいですが、最初に内間議員からも挨拶がありました、やはり私も事業所も大変に苦労していると思います。こういった問題、一人だけの問題じゃあありません。やはりこれは私たち議員としても、また行政としても、やはり皆で考えなければならないという問題であると思います。そういった意味からこういった悪臭を無くすための研究もいまどんどん進められておりますので、是非このEM研究会ということが沖縄市にありますので、そういった研究も材料にしながら真剣に取り組んでいかなければならないと思いますが、いかがでしょうか。

 そこで県内、また外国でも実証されておりますEM効果についてあると思いますので、この悪臭退治をした例がありましたら教えて下さい。

 それと、この冒頭、畜産団地は行政側から政策的に誘導され、現在に至っていると、また悪臭問題については当事者のみでは解決は不可能であるというお話がありました。しかしこの環境、沖縄市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例というのがあります。また事業者の責務というのがあります。また家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律というのもあります。そういった意味から事業者としてはどういうことをしなければならないのか、条例とこの法律について当局のほうからお話を、説明をお願いします。以上です。



○新里八十秀議長 東部海浜開発局長。



◎山田勝東部海浜開発局長 東部海浜開発について、まず1点目でありますが、マスコミ報道についてでございます。これにつきましては、琉球大学のある教授からアンケート協力願ということが出されておりますが、そこの中に沖縄市選挙人名簿より無作為抽出で3,000人を抽出し、実施しますということと、2点目に、研究目的以外には使用しませんと、そういう条件の下にアンケートが実施されているようでございます。このマスコミ報道でありますけども、回収した609人の68パーセント、412人の市民が埋め立て必要ないと回答した。そのことを沖縄市民の7割が埋め立てを必要ないと報じたものと思っております。

 それから次の環境問題でありますけれども、まず干潟につきましては82パーセントが保全されるということでありますし、比屋根湿地もそのまま保全されます。それから多くの野鳥が飛んでまいりますけども、その野鳥の採餌場となる沿岸部分についても200メーター沖合に展開するわけでありますから、そういうことで保全されるということでございます。それから藻場につきましては、移植実験をしておりまして3年ほど経過しておりますけれども、順調に育っているということで技術的に可能ということでございます。

 それからクビレミドロにつきましては、新聞の報道にありますとおり、まだ移植技術は確立されていないということでありますけども、その部分につきましては、工事の2期工事部分に入っておりますので、それまでに技術の確立に向けて努力をすると、そういうことでございまして、環境には十分配慮した、そして自然を生かしたといいますか、自然を活用した、そういう観光、あるいは学生達の自然体験の学習ができる場にもしていきたいと、そういうことで自然環境に充分配慮された計画であるということを申し上げておきたいと思います。

 それから泡瀬地元の方は開発に反対なのかということでありますけども、これにつきましては個人個人いろんなお考えがあるというふうには思いますけども、私は最近でありますけども、泡瀬復興期成会に行ってまいりました。いま復興期成会の会長は交代しておりますけども、前会長の伊佐真徳会長とお話をしてまいりました。いま盛んに凍結の問題等が出ておりますけども、先生のほうは非常に心配されてております。

 そして平成2年の頃を振り返って、こうおっしゃっておりました。平成元年から2年にかけて地元復興期成会約7,000名の会員のようですけども、そこでは相当の反対の議論が展開されたということで、そのころを振り返ってみるといよいよ着工かということで非常に感慨深いものがあるということをおっしゃっておりまして、その当時の新聞を是非みてほしいということがありましたので、沖縄タイムス、琉球新報ちょっと取り寄せておりますけども、見出しだけを説明いたしますと、ご紹介いたしますと、「泡瀬復興期成会、海を閉じこめるな、海岸埋立て計画に反発」というふうな見出しであります。それから「地元の同意が得られず、第8次港湾計画先送り」ということがございます。それから「計画凍結に沖縄市の東部海浜開発市民ショック」というふうなことが、その当時の新聞に報じられております。そういうことでいま地元の泡瀬復興期成会を中心に、また既成市街地もそうでありますけども、本当に多くの市民がこの事業の着工、そして実現完成を待ち望んでいると、そういうことをいろんな方々からお電話、あるいは激励のお言葉をいただいておりまして、そういうことで私ども本当に先程お話がありましたように、当初からかかわっている職員もおります。そういうことで、一生懸命今後とも取り組んでいきたいとそういうふうに思っております。

 それから市職労から職員も本事業ほとんど知らないということであります。これにつきましては、確かにチラシの中に東部海浜開発計画の中身、それから泡瀬干潟の自然環境について知っていますかというふうなことで、チラシが作られております。その結びのほうに役所の職員の中でさえ十分な認識を持ち得ていない状態が多々見受けられるのに、本当に「東部海浜開発の中身」や「泡瀬干潟の自然環境」の情報は市民に浸透しているのでしょうかというふうに結んでおります。

 これにつきましては組合の執行委員会、あるいは職場委員会の中で相当議論があったようでありますが、そういうことでそのことについて機関決定でありますので、口を挟むつもりはありませんけども、ただ同じ働く仲間として、また先程言いましたように、当初から関わった職員、それからいろいろこれまで人事異動等で別の部署に行っている職員もおりますけども、そういうことで関わった職員のことを考えますと、もう少しこのお互い仕事を一緒にしているものとして、毎議会でもそういうふうな東部海浜開発のことについて議論されておりますし、また市長のほうとしては新年の挨拶、あるいは新年度の訓辞の中でも東部海浜開発のことについては、絶えず触れておりますし、そういうことではそういう本当に職員が必要であれば、私どもの局のほうに来ていただいて、そして知らないことについては十分理解の上で市民のほうに持ち帰って家族、知人、友人、そういうことでお伝えできればこの事業の正当性、あるいは必要性、そして干潟がどの程度守れられて、どうかということについてもそういう浸透するのではないかと、そういうことで今後とも組合のほうとも連携をとりながらそういうことでお互い役所職員として、そういう市民の周知に向けて努力をしていきたいとそういうふうに思っております。

 それから最後ですけども、凍結ということは取り止めにつながると思うがということであります。これにつきましても、いろいろな議論があるところであります。

 ある考えによりますと、凍結は必ずしも取りやめではないんだということをおっしゃる方もおりますけども、先程お話がありましたとおり、時期を失するといいますか、そういうことでは私たちの事業は新港地区と連動いたしております。そういうことでは、その浚渫土砂の受け入れ時期、そういうこともありまして、8月には着工ということであります。

 ですから市民に浸透していないということで、その一定程度立ち止まって、市民に周知をする必要があるということですけども、私どもの立場からいいますとそうではなくて、この事業を進めながら、ある一定部分新たな若者層については浸透していない部分もありますので、今後とも埋め立てするまでに10年かかりますから、その間、この事業が市民に周知できるように一生懸命努力をしていきたいと、そういうふうに思っております。



○新里八十秀議長 福祉部長。



◎根路銘一郎福祉部長 まず待機児童の問題でございますが、4月1日現在で30箇所の認可、それから公立で2,069名の児童が入所しております。これは定員が1,920名でございますので、定員の弾力運用で7.8パーセント増で入所をやっております。

 待機児童がその時点で95名でございましたけれど、6月1日はあと58名増員になっておりますので、37名が待機児童というようなとらえ方をいたしております。

 ただ無認可の保育所のほうには55箇所で3,010名の子供達が入所しております。それでこの保育に欠ける状態というのは、その無認可の子供達の55パーセント程度は保育に欠ける状態だというふうな実態調査もございます。そういうことからすると、この保育に欠ける子供達が全部公立や認可の保育所に申し込みをすると、かなりの待機児童が出てくるようなことも想定されます。

 ただしかし、いまの時点では沖縄市の場合は、こういったどうしても申し込みをして入れなかった子供達を待機児童というとらえ方を国、県がやっているもんですから、そういうカウントの仕方をいたしております。

 そして、次に公設民営化の問題でございますけれども、いま無認可のほうからも5箇所ほどが認可に格上げしてもらいたいというふうな要望もありますので、この待機児童の数を見ながら、この無認可から認可に引き上げをしていくというのが先決だと考えております。

 それから次の学童クラブの問題でございますが、現在、民営で9箇所、それから市営で2箇所、それから福祉文化プラザの重度障害児のデイサービスが1箇所というふうに展開しております。この学童クラブにつきましては、障害者が2人以上学童クラブに行っておりますと、加算分がございます。しかしながら、現在の民営の9箇所、あるいはまたは市営の2箇所にも重度の障害児はまだ入っておりません、そういう意味で今後学童クラブの必要性というのはますます増していきますので、そういった新しく開設されるとところに重度の障害児も入れるように、あるいはまた現在やっているところでまた受け入れの体制が整えられないかどうか、検討を進めていきたいと思っております。



○新里八十秀議長 教育長。



◎小渡良一教育長 学校周辺の安全対策についてですが、今朝の新聞でも那覇の松島小学校の記事が載っていますし、更に岐阜県での7歳の女の子を傷つけたとか、そういう記事が載っておりまして、この事件の後に似たような事件があっちこっちで起こっているわけですが、もうむしゃくしゃしてやったと、こんなことで子供が傷つけられたんじゃもうたまったもんじゃないと思っているわけですが、それでその学校のいま取り組みですけれども、学校ではいくらやっても限界があるので、どうしてもパトロール等をちゃんとした警備会社、これも検討してもらいたいという学校からの要望もあることはありますが、いまスクールポリスまでは考えておりません。ただ政府のほうではいま検討中のようであります。安全確保のために何が出来るかということで、追って結論が出るのではないかなあと思っていますが、その間は私たちは学校を中心にしてやれることを一生懸命やってみようというところであります。

 そこで、特に子供達に対しましては、一人で登下校の時に一人歩きをしないようにと、できるだけ2〜3名、ぎりぎりのところまでも一緒に行くということで、それからあまり人通りの少ないところを通らない、学校によっては校区の安全マップとかいうのを作られていて、だいたいどの辺が草が多いんだと、あるいはキビがある程度伸びたときには見通しが悪くなるのでどうのとか、そういうのを確認したものがありますので、そういう危険だと思われる場所はできるだけ通らないとか、それから見知らぬ人に声を掛けられてときにはどうするとか、そういうのを子供達にずっと指導をして、継続するということ。

 それから8つの中学校を中心にしまして、生徒指導ブロック会議というのがあります。これには小学校の校長も含めて地域の自治会の方々、婦人会、老人会、青年会等の方々、民生委員の方々等を網羅した組織になっておりまして、その協力の仕方、あるいはパトロールの問題等、連携がとれるようなしくみになっておりますので、それを活用していきたいと考えております。

 現在、校長会等終りましてから、この間に各幼稚園、小学校、中学校での取り組みをいま報告してもらっておりますが、非常にきめ細かく殆どの学校が取り組んでおります。

 ただ何と申しましても、100パーセントということはなかなか無理です。多くの方の協力、それから目が必要です。是非皆さん方も校区の学校にも声を掛けられて、ご協力をお願いしたいと思います。よろしくお願いします。



○新里八十秀議長 市民部長。



◎名嘉真祐治市民部長 悪臭問題でございますが、倉敷近辺の悪臭問題については、何回も申し上げますのは、まず悪臭の規制地域指定がされてないというふうなのがございまして、強制的な行政指導はできない状況でございます。ただ動物のし尿についてはおっしゃるとおり産業廃棄物でございまして、産業廃棄物処理法とか、うちの条例でも事業者の責任によって処理するという義務規定がございます。ただ動物のし尿につきましては、特別法律でございまして、これは平成11年制定の法律なんですが、家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律というのがございまして、この中にもちろんその事業所の義務化と、それと資金免除で支援措置、畜舎の改築につきまして、農林漁業公庫からの支援とか、そういう支援措置がございますので、その屎尿処理については経済部と協議しながら何かの対策を講じたいというふうに考えています。以上です。



○新里八十秀議長 教育長。



◎小渡良一教育長 答弁漏れですが、学校給食、配膳室の管理ですけれど、これについては殆ど部外者が出入りできないようになっています。給食センターから配送車が来ますと、まず外からカギが開けられます。中からは用務員の方がカギを開けて、そこへコンテナーが入ってきます。それを入れますと、今度学校では学級を持っていない先生方、それから4校時空いていた先生方がコンテナから一応出しまして、食缶とか食器類、これを各教室ごとにワゴン、それに乗せ変えます。そういう作業をずーとやるわけですから、子供達が4校時済んで取りに来るまで待機されます。本当に短時間にそれをやらないといかんものですから、ここ誰もいないと状態はないと思います。そういう意味で安全は保たれると思っています。



○新里八十秀議長 経済文化部長。



◎平良正吉経済文化部長 悪臭対策についてでございますけれども、これまで昨日もご答弁申し上げましたけれども、農家と協議を重ねて悪臭緩和剤、及び害虫駆除剤の配布をいたしております。

 その選択については、農家の皆さんに委ねているのが現状でございます。一部畜産団地の中にもEMを使用しているところがございます。今後の使用導入については、その効果状況等も確認をしながらまた農家と協議をしてまいりたいというふうに思います。

 県内でも情報によりますと、EMを活用した畜舎がございます。ですけれども、活用しても継続的にやらないことにはこれはその成果がでないのではないのかなあというふうに思っております。



○新里八十秀議長 与那嶺克枝議員。



◆与那嶺克枝議員 ありがとうございます。まず最初の東部海浜開発につきましては、やはり局長、また先日からこれまで長い間議論していたことで、やはりもう21世紀の新しい沖縄市の経済、また自立経済を目指す上からも是非とも皆で団結をしながらこの事業を成功させたい、是非成功させていただきたいと強くお願いいたします。

 障害児学童保育についてですが、実は昨日棚原議員、または仲眞議員、私3名でゆいゆいという障害児の学童保育を訪ねました。ここには朝は、午前中は養護学校、また小児発達センターを通いながらやはりお母さんが仕事をしていますので、午後から子供達を預かっている、本当に単独で、自分達で、その障害児の学童保育をしている方がいらっしゃいます。常時5名預かっているそうでありまして、また隣近所からはまた6名ぐらい遊びに来て、常時10名ぐらいの子供達が小さな施設でありますけども、本当に一生懸命協力をしながら学童保育をしている現状もありました。いま県のほうでは公的な助成がありまして、この障害児の学童保育に対しては1箇所あたり、人件費として68万円の補助を出しております。これは市と折半になっておりますので、もしこれが人数が学童保育の場合20名と決まっていますので、やはり障害児20名というのは大変無理でありますので、そこに5名でもいればそこでまた市が単独事業としてそこに折半として、人件費少しは出せないかどうか、本当にいま働く、働かなければならない、そういった状況の家庭の皆さんが障害児を抱えながら、この子供達の将来のことを考えて活動しなければならないんですね、そういったときにこの子供達と常に一緒に行動することはたいへんに困難であります。そういった中からやはり一般の子供達と同じように学童保育というのは子供達の障害児の学童保育も大変に必要なものであります。また子供達が将来大きくなったときに、知的障害の方たちや、いま地域の中で助産施設があります。沖縄市におきましてもたくさんの授産施設に補助を出しながら運営して、たいへんに成功しております。そういった中から重度の障害児を抱えた子供達、親が将来高齢になったときに、この子供達の行き場所がないということでいまお母さん方が、その将来に向けての活動をするために障害児の学童保育について、是非とも設置してほしいという強い要望がありますので、これは単独で、市単独事業として取り組めないかどうかできましたら市長からご答弁をお願いしたいと思います。

 それと学校の安全につきましては、実はこのかりゆしウェアーは青少年センターの指導員のユニフォームなんです。夏からの指導員のユニフォームでありまして、これを着けて今月から夜、夜間指導をしていくということで大変にやさしい感じがすると思うんですね、だからこういったユニフォームを着けながら学校を警邏しながら、巡回しながら、いまからは青少年指導員の皆さん夜だけじゃなく、もしかしたら昼間でも、朝でも、時間のある方はそういったところからも指導員を利用しながら、活用しながら、スクールポリスという形で動くべきじゃないかなあと思います。やはり事件が起きたあとからでは大変であります。事件をやはり起こさない、防止対策としてこういった青少年指導員に対する今後のあり方についても検討していただければと思います。

 それと悪臭についてでありますが、いま市民部長からこの法律についてと、また条例についての説明がありました。やはりこの条例の中には、やはり事業者というのは自らの責任において適正に処理しなければならないと謳っております。更にまた法律の中にもまた目的と、また管理基準というのがあります。この家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律第3条の第2項のほうには「畜産業を営む者は、管理基準に従い、家畜排せつ物を管理しなければならない。」と法律があるんですね。もしこの法律に反するとどうなんですか、教えて下さい。

 それと東南植物園は1968年、32年前に創立したそうであります。それからやはりいろんな各地域に畜産関係の団地が出来まして、特に沖縄市の養鶏団地のほうにおきましては、お互いに協力会というのを設置をしたそうであります。

 その中ではやはりお互いにこういった環境問題に取り組んでいこうということで協力会というのが設置されたそうでありますが、その協力会の会則の中に第2条の目的のほうに、やはりこの会というのは畜産振興、また観光振興を図り、悪臭問題を取り組むことによって善隣関係を推進し、畜産業と環境産業の共存共栄を図ることを目的とするとあります。

 更に、これは負担金で運営されておりますが、こういった中から覚え書きというのもありまして、その中には甲というのが東南植物でありますが、甲が東南植物園で乙が沖縄市養鶏団地組合となっておりますが、その組合の中でお話し合いが持たれた中には、甲と乙はお互いに環境産業と畜産業が共存共栄を図っていくことをお互いに確認した。乙の施設から発生する臭気対策に万全を期することにより、環境産業の発展に協力することを約束をし、甲は畜産業の現状に理解を示すと共に、植物園で使用される有機質肥料を乙から購入することによって共存共栄が出来るように取りはからうことで合意した。また甲の施設に乙の臭いの影響があるときには、乙は直ちに臭い対策の措置を講ずるものとする。また蠅の発生を防止する努力をするものであると、更にまた甲乙は共存共栄を図りながら悪臭対策事業を推進し、情報交換を行うことを目的とした協力会を設置するものとする。この協力会というのが1996年2月にお互いの合意書でもって締結されております。

 そして更に、この甲乙はそういった協力会の円滑な運営のために甲乙共に毎月20 万円の負担金を拠出するものとするというのがあります。更に、協力会設置のための合意書という中には、やはりこの協力会というのは悪臭対策が円滑に推進されるようにということで消臭剤、資材、いろいろ防虫剤等のこういった経費が出るわけですね、こういった負担金は毎月20日まで乙の指定する口座に振り込むものとする。更に負担金の使途については、農事組合法人沖縄市養鶏団地組合に確認するものとある。これが平成8年にこういった合意書があります。これからやはり5年、6年経った中で、やはりまだこの問題が解決をされてない、お互いにこれだけの負担金を出しながら解決ができない、これは私たち当事者だけに任せていいものかどうか、この地域環境、またその東南植物園、また沖縄葬祭場に行く市民の人達は、沖縄市民だけじゃありません。大変な沢山の方々が毎日行って、そこの空気を吸っているわけですから、これは本当に沖縄市の問題として是非行政側もしっかりと足を入れて取り組まなければならないんじゃないかと思いますが、いかがでしょうか。ご答弁をお願いします。



○新里八十秀議長 福祉部長。



◎根路銘一郎福祉部長 ゆいゆいの件では本当に行政側から一切の援助も受けないでこれまで保護者の方々が一生懸命運営なさっていることに対しましては、本当に頭が下がる思いです。この学童クラブの場合には、国、県から3分の2の補助がございます。そしてまたそれに3分の1の市からの補助というぐあいにして、基準を満たせばそういった補助制度に馴染む事業でございます。ただこの県の承認を得るためには、3つぐらいの条件がございます。

 例えば指導員に対しては臨時職員なみの給与が補償されているんだとか、あるいはまた児童の入退所については市町村が関与するとか、もう1点は定員だとか、1日の開設時間だとか、それから年間の事業計画だとか、こういったのが行政側と相談の上立てられているんだと、概ねこの3つの要件が補助基準の対象になっています。

 それで私たちと致しましては、市単独でその補助をしていくためにはやはり短期間の問題でありましたら、可能性も出てくると思いますけれども、継続してやはりこの事業を続けていくためには、できるだけこういった補助適応の事業所に持っていけるように、いろいろ今後ご相談をしていきたいなあというぐあいに思っています。



○新里八十秀議長 市民部長。



◎名嘉真祐治市民部長 家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律でございますが、この法律では県知事のほうから業者のほうに家畜排せつ物の適正管理するよう指導助言することができます。その勧告命令に従わない場合、これは罰則のほうで第5条第2項の規定に反した場合、50万円以下の罰金という規定がございます。



○新里八十秀議長 教育長。



◎小渡良一教育長 議員がおっしゃるように青少年センターが委嘱しています指導員、こういう方々を昼のパトロールにも協力してもらえるかどうかは相談してみたいと思います。

 何しろあの方々は日中お仕事という方もだいぶいらっしゃいますから、すぐ来て下さいというわけにはいかないと思います。議員の皆さんの中にもそういう方々いらっしゃる、有り難いと思っています。ちょっと検討させてください。



○新里八十秀議長 休憩いたします。

  休 憩 (午後6時13分)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  再 開 (午後6時33分)



○新里八十秀議長 再開いたします。

 経済文化部長。



◎平良正吉経済文化部長 悪臭問題については昨日からご答弁申し上げているわけですけれども、その対策といたしましては、処理施設の建設及び改善に向けての補助事業が2分の1の補助付リース事業等の導入をいたしまして、その制度資金を十分活用していきたいと、そしてまた農家と市、また県のほうにはそういうふうにその悪臭緩和できるように努力をしていきたいというふうに思っております。よろしくお願いいたします。



○新里八十秀議長 与那嶺克枝議員。



◆与那嶺克枝議員 この悪臭問題につきましては、いまに始まったことではありません。本当に25年、27年〜28年なると思います。やはり私たち地域におきましても、この悪臭というのは大変に気分が悪くなるし、また頭が痛くなる、そういった健康面に大変に不安とまた危険と、そういうふうになってきますので、これはやはり行政側の指導をしっかりしていかなければ解決できますせん。そして当事者だけに任せてもいけないと思います。

 それから市民部長、これから出番ですので、本当に21世紀、新しくこの沖縄市が国際文化観光都市と言われるときに、あの年間100万人を誘客してくれる東南植物園がああいった悪臭問題で苦しんでいることをどう思いますか。もし私が社長だったら、市民部長そばにもし住んでいたらどう思いますか。四六時中、24時間悪臭に悩まされたら大変なことです。これもう一度市民部長お答えお願いします。これまでどういった、こういった畜産団地関係に指導してきたのか、再度お伺いいたします。

 これはやはり沖縄市の問題、沖縄県の問題になると思いますので、よろしくお願いしたいと思いますが、今回悪臭問題を勉強することによって、私自身また産業経済委員長としてやはりこの沖縄市の経済、また産業経済を推進すめたにも、こういった環境問題、これはセットですので、併せて一緒に取り組んでいきたいなあと思います。私の所感なんですが、やはり私たち人間というのは、地球環境を守る中で自然と共存共生、共鳴と密接に関わりながら環境的側面と、主体的側面を保ちながら歩まなければならないと思います。公害問題というのはどこの国にあってもあります。大切なのはこの問題解決の柱であるリーダーの人間性であると思います。どう誠実に、どう着実に、どう希望を与えつつ、現実を変えて行けるのか、変えていこうとしているのか、そういった意味でも大変に怖いのは心の公害であります。利害のみを、利潤のみを追及する人間のエゴイズムは弱者の犠牲と社会の棄権をもたらすのではないかと思います。いかがでしょうか。よろしくお願いします。



○新里八十秀議長 市民部長。



◎名嘉真祐治市民部長 悪臭問題について、先程からご答弁しておりますが、要するに悪臭地域の規制地域の指定がなされてないと、ですからそういうことですので、地域指定されませんと、強制的には行政指導できないという状況なんです。そういうことで是非ご理解いただきたいと思います。



○新里八十秀議長 以上で与那嶺克枝議員の一般質問を終わります。

 休憩いたします。

  休 憩 (午後6時38分)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  再 開 (午後6時39分)



○新里八十秀議長 再開いたします。延会についてお諮りいたします。本日はこれにて延会いたしたいと思います。これにご異議ありませかん。

(「異議なし」の声あり)



○新里八十秀議長 再ご異議なしと認めます。

 よって本日はこれにて延会することに決しました。

 次の本会議は明日6月22日金曜日午前10時より会議を開きます。本日はこれにて延会いたします。たいへんご苦労さんでした。

  延 会 (午後6時41分)