議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 沖縄市

第239回 沖縄市議会臨時会 07月11日−01号




第239回 沖縄市議会臨時会 − 07月11日−01号







第239回 沖縄市議会臨時会






┌──────────────────────────────────────┐
│   平成12年                              │
│           沖縄市議会臨時会会議録                │
│   第239回                              │
│                                      │
│         平成12年7月11日(火)午前10時開議         │
└──────────────────────────────────────┘

議  事  日  程   第 1 号
平成12年7月11日(火)
午前10時 開議

第1 会議録署名議員の指名
第2 会期の決定
第3 意見書第30号 米軍人によるひき逃げ事件に関する意見書
第4 決議第19号 米軍人によるひき逃げ事件に関する抗議決議
第5 議員の派遣承認について
     ──────────────────────────────
本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件
(議事日程のとおり)
     ──────────────────────────────
出  席  議  員  (32名)
 2 番 新 田 保 友 君   21 番 仲宗根 国 夫 君
 3 番 小 浜 守 勝 君   22 番 島 袋 邦 男 君
 4 番 仲宗根   弘 君   23 番 登 川 重 男 君
 5 番 内 間 秀太郎 君   24 番 島 袋 善 栄 君
 7 番 花 城 貞 光 君   25 番 渡嘉敷 直 久 君
 8 番 江 洲 眞 吉 君   26 番 具志堅 徳 重 君
10 番 佐久田 朝 政 君   27 番 照 屋 寛 徳 君
11 番 照 屋   馨 君   28 番 照 屋 健 栄 君
12 番 仲宗根   忠 君   29 番 浜比嘉   勇 君
13 番 棚 原 八重子 君   30 番 高江洲 義 宏 君
14 番 普久原 朝 勇 君   31 番 島 袋 勝 元 君
15 番 新 垣 萬 徳 君   32 番 仲宗根 義 尚 君
16 番 山 内 盛太郎 君   33 番 比 嘉 清 吉 君
17 番 与那嶺 克 枝 君   34 番 島 袋 誠 勇 君
19 番 新 里 八十秀 君   35 番 池 原 秀 明 君
20 番 桑 江 朝千夫 君   36 番 中 石 義 雄 君
     ──────────────────────────────
欠  席  議  員  (3 名)
 1 番 仲 眞 由利子 君    9 番 上 間 正 吉 君
 6 番 喜友名 朝 清 君
     ──────────────────────────────
説明のため出席した者の職、氏名

市  長   仲宗根 正 和 君    総務部長    池 原   清 君

助  役   稲 嶺 盛 隆 君    総務課長    仲宗根 秀 雄 君

収入役    砂 川 正 男 君    企画部参事   瑞慶覧 長 信 君

企画部長   山 下   泉 君
     ──────────────────────────────
職務のため議場に出席した事務局職員の職、氏名

事務局長   島 袋 勝 輝 君    議事課長補佐  中 村 哲三郎 君

議事課長   外 間 政 行 君    議事係長    平 田 嗣 巳 君

調査係長   狩 俣 和 彦 君






○新里八十秀議長 おはようございます。ただいまから平成12年7月、第239回沖縄市議会臨時会を開会いたします。

 ただいまの出席議員数32名、仲眞由利子君、連絡なし、喜友名朝清君、上間正吉君、欠席届がございます。以上、32名でございます。

 ただちに本日の会議を開きます。市長のごあいさつをお願いいたします。市長。



◎仲宗根正和市長 おはようございます。本日、ここに第239回沖縄市議会臨時会が開催されるにあたり、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員諸賢におかれましては、去った7日に引き続いての臨時会にも関わりませずご出席を賜り、心から感謝申し上げます。さて過日の米海兵隊員によるわいせつ事件に対し、議会並びに本市が米軍に対し、綱紀の粛正を強く申し入れている中、またしても市内で空軍兵士によるひき逃げ事件が発生しております。12万市民の平穏な生活と、尊い生命・財産を守る立場から、また九州・沖縄サミットの開催を直前にひかえ、警察を中心に関係機関が総力を挙げて各国首脳はじめ、関係者の安全対策に取り組んでいるおり、誠に憂慮すべき事件であります。

 本臨時会には米軍人によるひき逃げ事件に関する意見書、並びに同抗議決議が提出されております。二度とこのような事件・事故が繰り返さないためにも議員諸賢の特段のご配慮をお願い申し上げまして、簡単ではございますが、ごあいさつといたします。よろしくお願いいたします。



○新里八十秀議長 以上で市長のごあいさつを終ります。

 休憩いたします。

  休 憩 (午前10時05分)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  再 開 (午前10時07分)



○新里八十秀議長 再開いたします。

 本日は議事日程第1号によって議事を進めます。



△日程第1 会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員の指名は、会議規則第81条の規定により議長において内間秀太郎君および島袋勝元君を指名いたします。



△日程第2 会期の決定を議題といたします。お諮りいたします。本臨時会の会期は本日7月11日の1日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」の声あり)



○新里八十秀議長 ご異議なしと認めます。よって会期は本日7月11日の1日間と決定いたしました。



△日程第3 意見書第30号 米軍人によるひき逃げ事件に関する意見書を議題といたします。本件については提出者 桑江朝千夫君、賛成者 江洲眞吉君、島袋善栄君、新垣萬徳君、内間秀太郎君、池原秀明君、仲宗根 弘君、小浜守勝君、佐久田朝政君、以上、9人から提出されております。提出者の説明を求めます。桑江朝千夫君。



◎桑江朝千夫議員 おはようございます。またしても抗議の臨時議会であります。怒りをもって意見書を読み上げて説明とさせていただきます。

   米軍人によるひき逃げ事件に関する意見書

 去る7月9日午前3時すぎ、沖縄市園田の国道330号で米軍嘉手納基地所属の米軍人が横断歩道を渡っている男性をはね、そのまま逃走するという悪質事件が発生した。

 沖縄市では去る3日にも米海兵隊員による女子中学生わいせつ事件が発生し、その再発防止を強く要請した矢先、今度はひき逃げ事件の発生で相次ぐ米軍人による事件に市民の怒りも極限に達している。

 しかも、今回の事件は、在沖米四軍調整官が県民に謝罪し、「綱紀粛正や兵士に対する教育プログラムの徹底」を約束したばかりであるだけに、米軍の言う「綱紀粛正」の四文字は空手形にすぎないと米軍に対する不信感は募るばかりである。

 事故を起こした米兵は仲間3人と基地内で酒を飲み、遊びに行く途中、赤信号を見落として、人身事故を起こしながら逃走し、約20分後に事故現場に戻ってはきたものの、「運転していたのは名前も知らない米海兵隊員」と虚偽の申告をする等、道徳心にかけた野蛮人としか言いようがない。

 米軍当局は、このような事件・事故に対する罪意識の認識が低く、県民の再発防止に対する再三再四の要請にも応えることなく、またしてもひき逃げ事件を起こしている。

 よって沖縄市議会は、今回のひき逃げ事件に厳重に抗議するとともに、係る事件事故をなくすには、日米両政府が早急に協議を行ない、全国の75パーセントが集中する「在沖米軍基地の基地負担の軽減を図り、基地の整理縮小」を強く求めるものである。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出します。

         沖縄市議会

         平成12年7月11日

 あて先

  内閣総理大臣

  内閣官房長官

  外務大臣

  防衛庁長官

  防衛施設庁長官

  那覇防衛施設局長

  衆議院議長

  参議院議長

 以上であります。



○新里八十秀議長 以上で提出者の説明を終ります。ただちに質疑に入ります。

質疑はありませんか。

    (「なし」の声あり)



○新里八十秀議長 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております意見書第30号は、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」の声あり)



○新里八十秀議長 ご異議なしと認めます。よって意見書第30号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより意見書第30号について討論に入ります。討論はありませんか。

    (「なし」の声あり)



○新里八十秀議長 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

 これより意見書第30号 米軍人によるひき逃げ事件に関する意見書について採決いたします。本件は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

    (「異議なし」の声あり)



○新里八十秀議長 ご異議なしと認めます。よって意見書第30号は原案のとおり可決されました。



△日程第4 決議第19号 米軍人によるひき逃げ事件に関する抗議決議を議題といたします。本件については提出者 桑江朝千夫君、賛成者 江洲眞吉君、島袋善栄君、新垣萬徳君、内間秀太郎君、池原秀明君、仲宗根 弘君、小浜守勝君、佐久田朝政君、以上、9人から提出されております。

 お諮りいたします。決議第19号につきましては、先程可決されました意見書第30号とほぼ同趣旨であります。あて先の違いだけでありますので、説明を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」の声あり)



○新里八十秀議長 ご異議なしと認めます。よって本件については説明を省略することに決しました。

 ただちに質疑に入ります。質疑はありませんか。

    (「なし」の声あり)



○新里八十秀議長 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております決議第19号は、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」の声あり)



○新里八十秀議長 ご異議なしと認めます。よって決議第19号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより決議第19号について討論に入ります。討論はありませんか。

    (「なし」の声あり)



○新里八十秀議長 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

 これより決議第19号 米軍人によるひき逃げ事件に関する抗議決議について採決いたします。本件は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

    (「異議なし」の声あり)



○新里八十秀議長 ご異議なしと認めます。よって決議第19号は原案のとおり決議されました。



△日程第5 議員の派遣承認について議題といたします。お諮りいたします。ただいま議決いたしました米軍人によるひき逃げ事件に関する意見書、および同抗議決議については、各関係機関への抗議行動および要請行動を行うため、正副議長および基地に関する調査特別委員会委員を議会代表として派遣いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」の声あり)



○新里八十秀議長 ご異議なしと認め、さよう決定いたします。

 お諮りいたします。本臨時会において議案等が議決されましたが、その条項、字句、数字、その他整理を要するものにつきましては、その整理を議長に委任されたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」の声あり)



○新里八十秀議長 ご異議なしと認めます。よって条項、字句、数字、その他整理は議長に委任することに決しました。

 これにて平成12年7月、第239回沖縄市議会臨時会を閉会いたします。たいへんごくろうさんでした。

  閉 会 (午前10時14分)



 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。



  平成12年  月  日




         議     長  新 里 八十秀



         会議録署名議員  内 間 秀太郎



         会議録署名議員  島 袋 勝 元