議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 沖縄市

第237回 沖縄市議会定例会 06月12日−01号




第237回 沖縄市議会定例会 − 06月12日−01号







第237回 沖縄市議会定例会






┌──────────────────────────────────────┐
│   平成12年                              │
│           沖縄市議会定例会会議録                │
│   第237回                              │
│                                      │
│         平成12年6月12日(月)午前10時開議         │
└──────────────────────────────────────┘

議  事  日  程   第 1 号
平成12年6月12日(月)
                午前10時 開議

第1 会議録署名議員の指名
第2 会期の決定
第3 報告第91号 議員の辞職許可について
第4 議案第185号 沖縄市福祉文化プラザの設置及び管理に関する条例
第5 議案第186号 沖縄市事務分掌条例の一部を改正する条例
第6 議案第187号 沖縄市印鑑の登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例
第7 議案第188号 沖縄市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例
第8 議案第189号 専決処分の承認を求めることについて
第9 議案第190号 財産の購入について
第10 報告第92号 平成11年度沖縄市一般会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について
第11 報告第93号 平成11年度沖縄市土地区画整理事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について
第12 報告第94号 平成11年度沖縄市下水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について
第13 報告第95号 平成11年度沖縄市土地開発公社事業報告及び決算の報告について
第14 報告第96号 平成11年度財団法人沖縄市公共施設管理公社事業報告及び決算の報告について
第15 報告第97号 平成12年度沖縄市土地開発公社事業計画、予算及び資金計画の報告について
第16 報告第98号 平成12年度財団法人沖縄市公共施設管理公社事業計画及び予算の報告について
第17 選任第3号 議会運営委員会の補欠委員の選任について
     ──────────────────────────────------
本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件
(議事日程のとおり)
     ──────────────────────────────------
出  席  議  員  (35名)
 1 番 仲 眞 由利子 君   20 番 桑 江 朝千夫 君
 2 番 新 田 保 友 君   21 番 仲宗根 国 夫 君
 3 番 小 浜 守 勝 君   22 番 島 袋 邦 男 君
 4 番 仲宗根   弘 君   23 番 登 川 重 男 君
 5 番 内 間 秀太郎 君   24 番 島 袋 善 栄 君
 6 番 喜友名 朝 清 君   25 番 渡嘉敷 直 久 君
 7 番 花 城 貞 光 君   26 番 具志堅 徳 重 君
 8 番 江 洲 眞 吉 君   27 番 照 屋 寛 徳 君
 9 番 上 間 正 吉 君   28 番 照 屋 健 栄 君
10 番 佐久田 朝 政 君   29 番 浜比嘉   勇 君
11 番 照 屋   馨 君   30 番 高江洲 義 宏 君
12 番 仲宗根   忠 君   31 番 島 袋 勝 元 君
13 番 棚 原 八重子 君   32 番 仲宗根 義 尚 君
14 番 普久原 朝 勇 君   33 番 比 嘉 清 吉 君
15 番 新 垣 萬 徳 君   34 番 島 袋 誠 勇 君
16 番 山 内 盛太郎 君   35 番 池 原 秀 明 君
17 番 与那嶺 克 枝 君   36 番 中 石 義 雄 君
19 番 新 里 八十秀 君
     ──────────────────────────────
欠  席  議  員  (な し)
     ──────────────────────────────
説明のため出席した者の職、氏名
                    東部海浜
市  長   仲宗根 正 和 君    開発局長   山 田   勝 君

助  役   稲 嶺 盛 隆 君    市民部長   富名腰   進 君

収入役    砂 川 正 男 君    福祉部長   根路銘 一 郎 君

企画部長   山 下   泉 君    経済文化部長 高 良 憲 光 君

総務部長   池 原   清 君    水道局長   高 良   武 君

総務課長   仲宗根 秀 雄 君    建設部長   知 念 秀 光 君
水道局部長  新 垣 盛 貫 君    選挙管理   上 地 康 雄 君
                    委員会委員長

消防長    内 間 安 彦 君

教育長    小 渡 良 一 君

教育部長   冨 里 隆 也 君
     ──────────────────────────────------
職務のため議場に出席した事務局職員の職、氏名

事務局長   島 袋 勝 輝 君    議事課長補佐 中 村 哲三郎 君

議事課長   外 間 政 行 君    議事係長   平 田 嗣 巳 君

調査係長   狩 俣 和 彦 君






○新里八十秀議長 おはようございます。ただいまから平成12年6月第237回沖縄市議会定例会を開会いたします。

 ただいまの出席議員数30名でございます。棚原八重子君、普久原朝勇君、山内盛太郎君、与那嶺克枝君、連絡ありません。桑江朝千夫君、遅刻の届出があります。以上、30名でございます。

 ただちに本日の会議を開きます。市長のごあいさつをお願いいたします。市長。



◎仲宗根正和市長 おはようございます。本日、ここに第237回沖縄市議会6月定例会が開催されるにあたり、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員諸賢におかれましては、公私共にたいへんご多忙の中、定例会にご出席を賜り、厚く御礼申し上げます。皆さま、すでにご承知のこととは存じますが、この度、本市の島袋正雄先生が重要無形文化財保持者、いわゆる人間国宝に認定されました。琉球古典音楽の修行に長年打ち込まれてきました先生のご功績に心から敬意を表するとともに、この度の快挙を12万市民と共々に心から祝福申し上げたいと存じます。

 ところで、九州・沖縄サミットの開催まで、いよいよ残り40日を切りました。本市もクリントン米国大統領の記念講演及び記念植樹等を積極的に推進しながら、サミットの成功に向け、鋭意取り組んでいるところであり、議員諸賢並びに関係各位のご支援、ご協力をお願い申し上げる次第であります。

 さて、今議会におきましては、沖縄市福祉文化プラザの設置及び管理に関する条例をはじめ13件の議案等を提出いたしております。諸議案の内容につきましては、後程詳しく説明させていただきたいと存じますが、何とぞ議員諸賢におかれましては、賢明なるご審議を賜りますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが、ごあいさつといたします。よろしくお願いいたします。



○新里八十秀議長 以上で市長のごあいさつを終ります。

 本日は議事日程第1号によって議事を進めます。



△日程第1 会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員の指名は、会議規則第81条の規定により議長において小浜守勝君および比嘉清吉君を指名いたします。休憩いたします。

  休 憩 (午前10時02分)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  再 開 (午前10時15分)



○新里八十秀議長 再開いたします。



△日程第2 会期の決定を議題といたします。お諮りいたします。本定例会の会期はただいま休憩中に議会運営委員長からの報告のとおり、本日6月12日から6月22日までの11日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」の声あり)



○新里八十秀議長 ご異議なしと認めます。よって会期は本日6月12日から6月22日までの11日間と決定いたしました。



△日程第3 報告第91号 議員の辞職許可についてであります。本件については平成12年6月1日付をもって、我々の同僚でありました金城 勉君から沖縄県議会議員立候補のため、沖縄市議会議員を辞職したい旨の申し出がありましたので、同日付をもって辞職許可をいたしましたことを会議規則第140条第2項の規定により報告いたします。なお公職選挙法第111条第1項3号の規定により、沖縄市議会の議員中、欠員が生じた旨を沖縄市選挙管理委員会委員長に通知したことを併せてご報告いたします。



△日程第4 議案第185号 沖縄市福祉文化プラザの設置及び管理に関する条例を議題といたします。本件について提出者の説明を求めます。福祉部長。



◎根路銘一郎福祉部長 おはようございます。議案第185号についてご説明申し上げます。

沖縄市福祉文化プラザの設置

及び管理に関する条例

 沖縄市福祉文化プラザの設置及び管理に関する条例を別紙のとおり提出する。

 (提案理由)

 福祉文化プラザの設置に伴い、条例を制定する必要があるため、この案を提出する。

 次のページをお開きになっていただきたいと思います。まず条例の内容に入ります前に、福祉文化プラザの概要について、ご説明を申し上げたいと思います。福祉文化プラザの位置でございますが、沖縄市字高原705番1でございます。高原小学校のグラウンドの西側にあたります比屋根区画整理地域内でございます。

 それから事業年度でございますが、平成10年度から12年度までの3カ年事業となっております。総事業費が用地費、設計費、建築費、備品等を含めまして14億6,242万7,000円の予定でございます。なおこの財源内訳でございますが、起債と一般財源でなっておりまして、起債は90パーセントの充当率の地域総合整備事業債をお願いをいたしております。このほうは元利償還の約50パーセント程度が交付税に算入されることになっております。

 次に用地面積でございますが、3,887平米、延べ床面積が3,258.17平米、鉄筋コンクリートの2階建てでございます。

 次に福祉文化プラザの機能といたしまして、1点目に精神障害者の生活支援センターがございます。このほうは沖縄県の精神障害福祉連合会のほうへ委託を予定しております。それから2点目に、高齢者のデイサービスセンターがございます。このほうは介護保険の認定漏れ者を対象に事業展開をしていきたいと考えております。それから次、3点目に視聴覚室がございます。このほうは障害者も利用できるような視聴覚ライブラリーが主な内容になります。次、4点目に、児童センター、このほうは2階部分になっていくわけでございますが、学童保育と、それから重度心身障害児のデイサービス事業を行っていきます。次に交流機能といたしまして、交流ホール、このほうは150人収容のホールでございます。それと研修室が3箇所ございます。そのほか料理実習室も備えております。

 以上が福祉文化プラザの概要でございますが、まず第3条のほうに事業をうたっております。1号で市民の保健及び福祉の増進を図るための諸事業に関するほか、3点ほど事業を掲げております。なお第4条から第11条までにおきましては、交流センターの使用許可や手続き関係、それから使用料に関する規定を設けてございます。

 次に、施行期日でございますが、平成12年8月1日より施行することになっております。ひとつよろしくご審議のほどをお願いいたします。



○新里八十秀議長 以上で提出者の説明を終ります。なお質疑等については後日行います。



△日程第5 議案第186号 沖縄市事務分掌条例の一部を改正する条例を議題といたします。本件について提出者の説明を求めます。総務部長。



◎池原清総務部長 おはようございます。議案第186号についてご説明申し上げます。

沖縄市事務分掌条例の一部を

改正する条例

 沖縄市事務分掌条例の一部を改正する条例を別紙のとおり提出する。

 (提案理由)

 救急診療事業の廃止に伴い、条例を改正する必要があるため、この案を提出する。

沖縄市事務分掌条例の一部を

改正する条例

 沖縄市事務分掌条例(平成12年沖縄市条例第2号)の一部を次のように改正する。

 第2条福祉部の項第8号を削る。

  附 則

 この条例は、公布の日から施行する。

 本件につきましては、救急診療事業の廃止に伴いまして、福祉部の事務分掌より救急診療所に関することを削る案件でございます。何とぞひとつよろしくお願いを申し上げます。



○新里八十秀議長 以上で提出者の説明を終ります。なお質疑等については後日行います。



△日程第6 議案第187号 沖縄市印鑑の登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。本件について提出者の説明を求めます。市民部長。



◎富名腰進市民部長 議案第187号についてご説明申し上げます。

   沖縄市印鑑の登録及び証明に

   関する条例の一部を改正する

   条例

 沖縄市印鑑の登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり提出する。

 (提案理由)

 民法の一部改正に伴い、条例を改正する必要があるため、この案を提出する。

 次のページをお開き願いたいと思います。

   沖縄市印鑑の登録及び証明に

   関する条例の一部を改正する

   条例

 沖縄市印鑑の登録及び証明に関する条例(昭和52年沖縄市条例第33号)の一部を次のように改正する。

 第15条第1項第5号を次のように改める。

 (5)後見開始の審判を受けて、成年被後

  見人となったとき

  附 則

 この条例は、公布の日から施行する。

 現在、第15条第1号第5号の中に、禁治産の宣告を受けたときとありますのを、後見開始の審判を受けて、成年被後見人となったときに改めるものであります。この条例は公布の日から施行するということでございます。よろしくお願いします。



○新里八十秀議長 以上で提出者の説明を終ります。なお質疑等については後日行います。



△日程第7 議案第188号 沖縄市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例を議題といたします。本件について提出者の説明を求めます。総務部長。



◎池原清総務部長 議案第188号についてご説明申し上げます。

   沖縄市固定資産評価審査委員

   会条例の一部を改正する条例

 沖縄市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例を別紙のとおり提出する。

 (提案理由)

 地方税法の一部改正に伴い、条文を整備する必要があるため、この案を提出する。

   沖縄市固定資産評価審査委員

   会条例の一部を改正する条例

 沖縄市固定資産評価審査委員会条例(昭和49年沖縄市条例第14号)の一部を次のように改正する。

 第9条第4項中「関係者」の次に「(審査申出人及び市長を除く。)」を加え、「かえて」を「代えて」に改める。

 第11条第1項中「前2条」を「前3条」に改める。

  附 則

 この条例は、公布の日から施行する。

 本件は地方税法の改正に伴う条例の一部改正でございまして、2ページ目に記述してございます第9条というのは、口頭審理のことでございます。その中で関係者というのがございますけれども、今回関係者の中から、審査申出人と、それから市長を除くということになります。これは口頭による証言に代えて、口述書の提出を許すことができる対象ということでございましたけれども、言い替えますならば、口述書の提出は、審査申出人と市長はできないということになるわけでございます。

 それから語句の変更がございまして、「かえて」を「代えて」に改めるものでございます。それから第11条は、議事についての調書でございますが、これは条項の番号の整理でございます。何とぞひとつ、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○新里八十秀議長 以上で提出者の説明を終ります。なお質疑等については後日行います。



△日程第8 議案第189号 専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。本件について提出者の説明を求めます。総務部長。



◎池原清総務部長 議案第189号について、ご報告、ご説明申し上げます。

  専決処分の承認を求めること

  について

 地方自治法第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。

 本件は母法であります地方税法の一部を改正する法律が、平成12年3月31日に公布され、4月1日から施行のため、議会に諮るいとまがなく、3月31日に市税条例の一部を改正する条例の専決処分を行ったものであります。よって地方自治法第179条第3項の規定により、これを報告し、承認を求めるものでございます。

 その内容でございますけれども、まず第24条関係の第2項でございますけれども、これは非課税限度額の引き上げでございます。個人の市民税均等割について、生活保護基準を下回らないように、非課税基準を28万円に本人、控除対象配偶者及び扶養親族の合計数を乗じて得た金額に、現行は14万4,000円でございますが、これを8,000円引き上げまして、15万2,000円に加算額が引き上げられたものでございます。

 次に、個人の市民所得割についてでございますが、これも加算額が現行は31万円でございますが、1万円引き上げられまして、32万円に引き上げられてございます。

 次に、平成12年度の評価替えに伴いまして、住宅用地については現行と同様の負担水準に応じた負担調整措置を継続する。この負担調整措置は、平成9年から平成11年度まででございましたけれども、今度の法改正によりまして、平成12年度から14年度まで継続されるということになっております。

 次に、負担水準の高い商業地等の税負担の上限を現行の80パーセントから、平成10年度及び13年度は75パーセントに、平成14年度は70パーセントに引き下げる措置でございます。

 それから今回の税法改正で創設されました特定中小会社の株式の譲渡益に対する課税の特例の創設でございます。これはいわゆるベンチャー企業等に対する一般投資家の投資リスクを避けるために、個人資金の供給を促進するための税の軽減措置でございます。

 以上が今回、専決処分を行いました主な概要でございます。何とぞご承認を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○新里八十秀議長 以上で提出者の説明を終ります。なお質疑等については後日行います。



△日程第9 議案第190号 財産の購入についてを議題といたします。本件について提出者の説明を求めます。教育部長。



◎冨里隆也教育部長 議案第190号についてご説明申し上げます。

財産の購入について

 このことについて、別紙のとおり財産を購入したいので、地方自治法第96条第1項第8号及び沖縄市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求める。

 (提案理由)

 市内小学校の教育用コンピュータを購入する必要があるため、この案を提出する。

  次のとおり財産を購入する。

1.契約の目的 市内小学校の教育用コ

        ンピュータ整備

2.数    量 教育用コンピュータ機

         器等一式

3.契約方法 指名競争入札

4.契約金額 金47,239,500円(消費

         税込み)

5.契約の相手方

 住    所 那覇市首里当蔵町二丁目

        13番地

 商号又は名称 合資会社 近江商事

 代表者氏名 無限責任社員 石崎雅彦

 この財産購入につきましては、入札を平成12年5月31日に行いまして、仮契約も同日行ってございます。本議会の議決をもって本契約を締結したいと思いますので、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○新里八十秀議長 以上で提出者の説明を終ります。なお質疑等については後日行います。



△日程第10 報告第92号 平成11年度沖縄市一般会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について提出者の報告を求めます。企画部長。



◎山下泉企画部長 おはようございます。報告第92号についてご説明申し上げます。

   平成11年度沖縄市一般会計

   予算繰越明許費繰越計算書の

   報告について

 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第146号第2項の規定に基づき平成11年度沖縄市一般会計予算繰越明許費繰越計算書を調製したので報告します。

 1ページをお開き願います。今回の繰越事業は、沖縄市福祉文化プラザ(仮称)建設事業、それからこども未来館(仮称)及びその周辺施設事業等20件でございまして、翌年度繰越額の合計額が21億5,636万8,000円でございます。主な繰り越し理由でございますが、1点目は国の2次の補正予算事業で、市の予算計上が年度途中になったという関係の事業と、それからこれは例年でございますけれども、用地や補償交渉業務で難航して、繰り越しになった事業、そういったものが主なものでございます。

 以上をもちまして、平成11年度沖縄市一般会計予算繰越明許費繰越計算書のご報告といたします。



○新里八十秀議長 以上で提出者の報告を終ります。なお質疑等については後日行います。



△日程第11 報告第93号 平成11年度沖縄市土地区画整理事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について提出者の報告を求めます。建設部長。



◎知念秀光建設部長 報告第93号についてご説明申し上げます。

  平成11年度沖縄市土地区画

  整理事業特別会計予算繰越明

  許費繰越計算書の報告について

 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第146条第2項の規定に基づき平成11年度沖縄市土地区画整理事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書を調製したので報告します。

 次のページをお願いいたします。左から5番目の欄の一番下をご覧になってください。今回の繰越額は事業費で2億9,749万9,000円でございます。

 次のページ、内訳書でご説明申し上げます。まず1番目の美里土地区画整理事業(補助事業)の15節工事請負費1億1,900万円でございますが、未契約繰り越しでございまして、地区内の98街区の擁壁工事及び街路築造工事を予定しておりましたが、擁壁工事の見直し等で、権利者のご要望がございまして、平成12年度に繰り越しをいたしておりますが、合意に至っておりますので、平成12年度内に完了させたいと思っております。

 それから2番目、同じく美里土地区画整理事業の22節補償、補填及び賠償金2,000万円についてでございますが、未契約繰り越しでございます。これにつきましては、同街区の流木及び工作物の移転補償でございます。15節工事請負費同様、合意に至っておりますので、平成12年度内に完了する予定でございます。

 それから3番目、美里第二土地区画整理事業(交付金事業)、22節補償、補填及び賠償金2,812万6,000円、これにつきましては、物件移転1件の移転先が決まらずに繰り越しとなっております。今年度に入りましてから、移転先が決まっております。

 それから最後の同じく美里第二土地区画整理事業(地方特定道路整備)の22節補償、補填及び賠償金1億3,037万3,000円につきましては、契約繰り越し分が2件で5,026万1,000円、それから未契約繰り越し分が3件で8,011万2,000円でございます。なお契約繰り越し分につきましては、平成12年度移転の完了及び未契約分につきましては、3件のうち1件は新年度に入って契約を行っており、残り2件につきましても鋭意努力してまいりたい、このように考えております。

 以上で報告を終ります。よろしくお願いいたします。



○新里八十秀議長 以上で提出者の報告を終ります。なお質疑等については後日行います。



△日程第12 報告第94号 平成11年度沖縄市下水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について提出者の報告を求めます。建設部長。



◎知念秀光建設部長 報告第94号についてご説明申し上げます。

   平成11年度沖縄市下水道事

   業特別会計予算繰越明許費繰

   越計算書の報告について

 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第146条第2項の規定に基づき平成11年度沖縄市下水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書を調製したので報告します。

 次のページをお願いいたします。今回の繰越金額は5,301万円でございます。

 次のページの内訳でご説明申し上げます。2ページをお願いいたします。繰り越しの内訳は15節工事請負費でございまして、国の景気浮揚対策といたしまして、去る1月、臨時議会で補正1億円を計上いたしておりまして、美里第二土地区画整理地域内に2件の工事を着工いたしましたが、年度内完成が見込めず、明許費繰越をいたしております。なお工事につきましては、現在完了いたしております。

 以上、報告申し上げまして、よろしくお願いいたします。



○新里八十秀議長 以上で提出者の説明を終ります。なお質疑等については後日行います。



△日程第13 報告第95号 平成11年度沖縄市土地開発公社事業報告及び決算の報告について提出者の報告を求めます。企画部長。



◎山下泉企画部長 報告第95号についてご説明申し上げます。

   平成11年度沖縄市土地開発

   公社事業報告及び決算の報告

   について

 地方自治法第243条の3第2項の規定により、平成11年度沖縄市土地開発公社事業報告及び決算の報告を別添のとおり議会に報告します。

 1ページをお開き願います。事業報告書でございます。1番目の事業概要の(1)用地取得について、(ア)公有地取得事業でございますが、これは街路市庁舎前線でございまして、面積699.99平米、金額9,099万8,700円を取得してございます。詳細につきましては、7ページの事業執行状況を後程ご参照願います。

 2ページをお願いいたします。(2)用地売却についてでございます。(ア)公有地取得事業でございますが、これは2件とも福祉文化プラザの用地でございます。面積3,619平米、金額2億6,695万9,423円を売却してございます。これにつきましても、詳細については8ページを後程ご参照願います。

 3ページをお開き願います。(3)あっせん等事業についてでございまして、これはこども未来館関係の用地取得事業でございまして、面積が11,349,30平米、金額3億6,353万2,722円を執行いたしてございます。これにつきましての詳細は9ページを後程ご参照願います。

 10ページをお開き願います。決算報告書でございます。1番目の収支決算書の収益的収入でございますが、一番下の収入合計といたしまして、決算額2億8,158万2,298円でございまして、主な事業内容といたしましては、備考のほうにございます公共事業用代替地取得事業外1件、これは文化プラザでございます。それからその下のこども未来館及びその周辺施設整備事業でございます。

 11ページをお開き願います。収益的支出のほうでございますが、これにつきましても主なものは、備考欄にございます公共事業用代替地取得事業外1件という、これは福祉文化プラザでございまして、12ページをお開き願います。支出合計といたしまして、決算額で2億7,088万2,199円でございます。

 13ページをお開き願います。資本的収入でございます。これは借入金でございまして、決算額といたしまして8億9,108万8,776円でございまして、この内訳につきましては、22ページにございますので、後程ご参照願います。

 14ページをお開き願います。資本的支出でございます。支出合計といたしまして、決算額で11億4,659万3,817円でございます。備考欄にございますように、公共事業用の代替地取得事業、これは市庁舎前線でございます。その下の公共事業用代替地取得事業外4事業とございます。それから更に下の公共事業用代替地取得事業外4事業、こういったものが主なものでございます。

 17ページをお開き願います。沖縄市土地開発公社損益計算書でございます。これはご案内のように、土地開発公社の平成11年度の営業成績と言えるものでございまして、最終的な結論から申し上げますと、一番下の欄でございます。当期純利益が1,070万99円ということでございまして、平成11年度はこれだけのプラスが出たということでございます。

 以上で平成11年度沖縄市土地開発公社事業報告及び決算のご報告といたします。



○新里八十秀議長 以上で提出者の報告を終ります。なお質疑等については後日行います。



△日程第14 報告第96号 平成11年度財団法人沖縄市公共施設管理公社事業報告及び決算の報告について提出者の報告を求めます。企画部長。



◎山下泉企画部長 報告第96号についてご説明申し上げます。

   平成11年度財団法人沖縄市

   公共施設管理公社事業報告及

   び決算について

 地方自治法第243条の3第2項の規定により、平成11年度財団法人沖縄市公共施設管理公社事業報告及び決算を別添のとおり議会に報告します。

 1ページをお開き願います。事業報告の総括、事業概要でございます。当公社は、平成11年度の事業として、沖縄市立総合運動場、沖縄勤労者体育施設水泳プール、沖縄市民会館、沖縄市都市公園等(都市公園80箇所、沖縄市が管理する65街路を含む)、沖縄市老人福祉センター、沖縄市野外ステージ、沖縄市水道事業施設(検針、不正使用・量水器の異常・漏水等の報告)の管理運営に関する業務を受託し事業を実施した。

 事業実施につきましては、公社設立の趣旨を踏まえながら、「市民サービスの向上」と「経費の効率化」をモットーとして事業の管理運営に当っている。

 尚、各施設別事業実施状況につきましては、7ページから10ページにわたりまして、ご報告がございます。後程ご参照をお願いいたします。

 11ページをお開き願います。平成11年度の決算でございます。まず(1)収支計算書の総括表でございますが、1.収入の部でございます。収入合計といたしまして、(B)の欄でございますが、決算額4億8,329万5,781円でございます。主なものは2のほうの補助金等収入でございます。

 それから支出の部でございますが、当期支出合計、(C)の欄でございます。決算額4億8,066万2,599円でございまして、その主なものは2番目の事業費でございます。次期繰越収支差額でございますが、(B)から(C)を引いた差額でございます。決算額といたしまして、263万3,182円でございます。詳細につきましては、23ページから31ページにございますので、後程ご参照願います。

 14ページをお開き願います。(2)正味財産増減計算書総括表でございます。1.増加の部でございますが、合計金額が当期決算額といたしまして、395万1,683円でございます。減少の部が合計額といたしまして、344万6,594円でございます。従いまして、当期正味財産増減額が50万5,089円でございまして、前期繰越正味財財産額が3,686万7,003円ございますので、期末の正味財産合計額が3,737万2,092円となってございます。各項目の内訳につきましては15ページにございます。

 16ページをお開き願います。(3)貸借対照表総括表でございます。1.資産の部でございますが、資産合計といたしまして、9,451万2,203円でございます。負債の部の合計といたしまして、5,714万111円でございまして、正味財産といたしまして、3,737万2,092円でございます。負債及び正味財産の合計が9,451万2,203円でございまして、各項目の内訳につきましては、17ページにございます。後程ご参照願います。

 18ページをお開き願います。(4)財産目録でございます。1.資産の部でございます。合計額が一番右の欄でございますけれども、9,451万2,203円でございます。それから2.負債の部でございます。負債合計といたしまして一番右の欄でございますが、5,714万111円でございまして、正味財産は先程申し上げましたように、3,737万2,092円でございます。

 以上、平成11年度沖縄市公共施設管理公社の事業報告及び決算のご報告といたします。



○新里八十秀議長 以上で提出者の報告を終ります。なお質疑等については後日行います。



△日程第15 報告第97号 平成12年度沖縄市土地開発公社事業計画、予算及び資金計画の報告について提出者の報告を求めます。企画部長。



◎山下泉企画部長 報告第97号についてご説明申し上げます。

平成12年度沖縄市土地開発

公社事業計画、予算及び資金

計画の報告について

 地方自治法第249条の3第2項の規定により、平成12年度沖縄市土地開発公社事業計画、予算及び資金計画を別添のとおり議会に報告します。

 1ページをお開き願います。まず事業計画でございますが、(1)土地造成事業、これはアメニティプラン用地がまだ2筆残ってございますので、その分の取得111平米でございます。(2)あっせん等事業、これは2,611.39平米の取得でございますが、こども未来館関係の用地取得のあっせん等事業でございます。(3)土地造成事業、111平米でございますが、処分でございます。アメニティプラン用地の2筆分を予定してございます。

 3ページをお開き願います。予算でございます。第2条の収益的収入及び支出でございますが、第1款第2項土地造成事業収益1,045万8,000円でございます。これはアメニティプラン用地の2筆分でございます。それから支出のほうでございますが、第1款第2項土地造成事業原価1,025万5,000円でございます。これはアメニティプラン用地の2筆分でございます。それから第2款第1項販売費及び一般管理費1,789万4,000円でございますが、これは主として土地開発公社の事務経費でございます。支出合計といたしまして、2,865万1,000円でございます。なお詳細につきましては説明書の10ページから13ページにございますので、後程ご参照願います。

 4ページをお開き願います。資本的収入及び支出でございますが、収入のほうの第1款第1項は借入金でございまして、8億2,619万1,000円でございます。支出のほうでございますが、主な資本的支出は第4項借入金償還金でございまして、8億1,014万6,000円でございます。これにつきましても、詳細につきましては説明書の14ページから16ページにございますので、後程ご参照願います。

 6ページをお開き願います。これは資金計画書でございます。受入資金といたしましては、主なものは借入金でございまして、受入資金合計額といたしまして、9億8,096万8,000円でございます。支払資金のほうも主なものが借入金償還金でございまして、8億1,014万6,000円でございます。差し引きまして、1億2,534万2,000円ということでございます。

 以上をもちまして、平成12年度沖縄市土地開発公社事業計画、予算及び資金計画のご報告といたします。



○新里八十秀議長 以上で提出者の報告を終ります。なお質疑等については後日行います。



△日程第16 報告第98号 平成12年度財団法人沖縄市公共施設管理公社事業計画及び予算の報告について提出者の報告を求めます。企画部長。



◎山下泉企画部長 報告第98号についてご説明申し上げます。

平成12年度財団法人沖縄市

公共施設管理公社事業計画及

び予算の報告について

 地方自治法第243条の3第2項の規定により、平成12年度財団法人沖縄市公共施設管理公社事業計画及び予算を別添のとおり議会にご報告します。

 1ページをお開き願います。平成12年度の事業計画でございます。まず公共施設管理運営受託事業でございますが、事業名といたしまして、イ.総合運動場等受託事業、ロ.野外ステージ受託事業、ハ.市民会館受託事業、ニ.老人福祉センター受託事業、ホ.水道事業施設受託事業、ト.公園等受託事業でございます。

 6ページをお開き願います。平成12年度の収支予算書でございますが、まず1款収入の部でございます。主なものが2補助金等収入でございまして、1受託事業収入、3億6,524万3,000円、2市補助金収入、1億3,808万5,000円でございます。収入合計といたしまして、(B)でございますけれども、5億463万6,000円でございます。

 ?支出の部でございます。7ページをお開き願います。主なものが2款事業費でございまして、1項総合運動場等受託事業費が1億844万円、2項市民会館受託事業費が1億3,443万8,000円等が主なものでございます。当期支出合計といたしまして(C)でございますが、5億463万6,000円でございます。従いまして、次期繰越収支差額、(B)から(C)を引いたものでございますが、0でございます。8ページ以降に収支予算の説明書を添付してございますので、後程ご参照願います。

 以上をもちまして、平成12年度沖縄市公共施設管理公社事業計画及び予算のご報告といたします。



○新里八十秀議長 以上で提出者の報告を終ります。なお質疑等については後日行います。



△日程第17 選任第3号 議会運営委員会の補欠委員の選任を行います。本件については金城 勉君が沖縄県議会議員立候補に伴い、沖縄市議会議員を辞職したため、議会運営委員会の委員に欠員が生じましたので、これを選任するものであります。

 お諮りいたします。議会運営委員の補欠委員の選任については、委員会条例第8条の規定により、照屋寛徳君を議会運営委員に指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」の声あり)



○新里八十秀議長 ご異議なしと認めます。よってただいま指名いたしました照屋寛徳君を議会運営委員に選任することに決しました。

 休会についてお諮りいたします。明日6月13日は議案研究のため休会といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」の声あり)



○新里八十秀議長 ご異議ありませんので、さよう決定いたします。

 次の本会議は6月14日水曜日午前10時より会議を開きます。以上で本日の日程は全部終了いたしましたので、本日はこれにて散会いたします。たいへんごくろうさんでございました。

  散 会 (午前11時00分)