議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 糸満市

平成15年第3回糸満市議会定例会会議録 06月24日−05号




平成15年第3回糸満市議会定例会会議録 − 06月24日−05号







平成15年第3回糸満市議会定例会会議録



平成15年6月24日

出席議員 27人



1番 新 垣   新 君   2番 徳 元 敏 之 君



3番 奥 田 末 吉 君   4番 上 原   勲 君



5番 賀 数 武 治 君   6番 照 屋 正 清 君



7番 前 原   晃 君   8番 奥 村 幸 巳 君



9番 長 嶺 一 男 君   10番 長 嶺   實 君



11番 喜 納 正 治 君   12番 金 城   勉 君



13番 玉 城 朗 永 君   14番 玉 城 隆 一 君



15番 東 江 光 野 君   16番 大 城 健 福 君



17番 照 屋 仁 裕 君   18番 玉 城 和 信 君



19番 大 城 美智子 君   20番 新 垣 安 彦 君



21番 砂 川 金次郎 君   22番 菊 地 君 子 君



23番 浦 崎   暁 君   24番 玉 城 英 明 君



25番 當 銘 孝 男 君   26番 伊 礼 哲 雄 君



27番 大 城 正 行 君





欠席議員  なし





 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席したものは、次のとおりである。



市  長 山 里 朝 盛 君   助  役 長 嶺 輝 一 君



収入役  上 原 健 市 君   教育長  金 城 政 安 君



                 総務企画

水道局長 仲 門 用 孝 君   部  長 山 川 国 正 君



市民部長 上 原 裕 常 君   福祉部長 上 原   悟 君



農水産商工

部  長 玉 城 一 春 君   建設部長 国 吉 真 光 君



                 教育委員会

消防長  金 城 安 秀 君   総務部長 慶留間 清 栄 君



教育委員会            農水産商工部

指導部長 上 原   武 君   参事監  山 城   勉 君





本日の議事日程

日程第1 一般質問

――――――――――――――――――――――――――――――

(開議宣告午前10時01分)



○議長(大城正行君) これより本日の会議を開きます。

――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(大城正行君) 一般質問を行います。質問通告表により、順次質問を許します。



◆15番(東江光野君) おはようございます。一般質問を行う前に、ちょっと訂正をお願いします。件名2、観光行政について、小項目2に「(ア)、(イ)」があります。それを「(3)、(4)」に訂正します。

 それでは、通告表に基づき、提言を交えながら一般質問を行います。誠意ある御答弁をよろしくお願いいたします。まず、質問の内容を申し上げてから、入りたいと思います。

 今議会、継続審査をしています第3次糸満市国土利用計画の西崎地区と糸満地区、喜屋武地区、三つの地区について、土地利用計画の活性化に向けて質問を行います。

 件名1、糸満市国土利用計画に伴う水産商工行政について(活性化策)について、小項目1、国道331号糸満バイパス進入道路(ランプ)に伴う周辺地域の活性化について(西崎地域について)。

 現国道331号の渋滞緩和と西崎工業団地の製品等並びに市内の水産物及び農産物の流通のために、国道331号バイパスは、我が糸満市の活性化に最も重要な動脈であります。糸満市の内陸部を走る道路と海岸線を走る国道331号バイパスは、ひとしく糸満市の活性化に重要な役割を担っている。通過型観光を解消するためにも、バイパスのランプ周辺地域の活性化は最も重要な課題であります。そこで、小項目(ア)から(キ)まで質問いたします。

 (ア)海の駅への起業の支援について。

 県内各地に道の駅が建設され、最近では、この種の海に関する海の駅が中北部でオープンしています。海の駅は本来であれば、真っ先に本市に立ち上がってほしかったものです。さて、昨年、水産業トビウオの活性化と知的障害者の勤労の場を創出する目的で、トビウオを主原料にした加工場、海の駅の建設計画がある団体から提案され、このほどこの建設場所の借用の要請がなされていると聞いております。市長は、平成15年度施政方針の中で、個性ある地域づくりを推進していくために、今後、ボランティア団体あるいはNPO団体等とお互いにパートナーシップを組んで対応していくと述べられております。そこで質問いたします。

 海の駅への起業の支援について、どのように行おうとしているのか、その考えをお伺いいたします。

 (イ)本格的なお魚センターの設置について。

 現在の漁協直売店のお魚センター(アンテナショップ)は、平成7年4月にテスト的に開設したものでありますが、消費者が浜でとりたての新鮮度の高い魚を欲しがっていることもあって、アンテナショップは集客力、販売面からしてもしっかり地域になじみ、根づいているものと思っております。安心、安全で手ごろな値段の魚を消費者に供給するために、漁業のまち糸満に合った水産物流通を再構築し、本格的なお魚センターを設置する必要があると考えております。そこで、行政並びに漁協は、水産物直売店に新たな事業構想についてどのように考えているのかお伺いいたします。

 (ウ)ファーマーズの店舗拡大について。

 JAおきなわ糸満支店によると、ファーマーズマーケットが開店し、新たな経済活動の拠点として期待されています。しかしながら、最近の経済活動の広域化に対応するためには、単独による事業の展開ではなく、産業界が一体となった取り組みを行う必要があります。とりわけ、お魚センターとファーマーズマーケット、そのほかに予定されております海の駅、県漁連の糸満市移転など、水産業及び農業等の食品関連物産を一堂に展示販売し、市民の生活や活動の場及び交流の場としても活用することで、本市経済の起爆剤として期待できます。そこで質問いたします。

 行政並びにJA糸満支店は、どのような事業展開を考えておりますか、お伺いいたします。

 (エ)糸満魚市場株式会社の今後のあり方について。

 当魚市場は、平成8年10月から魚価の低迷により、休眠状態にあります。先般、第9回営業及び決算報告によりますと、平成15年度も厳しい漁業情勢が続き、会社の引き続き再検討するという営業報告がありますが、社長でもあります市長として、どのような方針を考えておられますか、お伺いいたします。

 (オ)県漁連市場の移転に伴う地域経済への波及効果について。

 県漁連市場が本市に移転することについて、本員は、平成12年第8回糸満市議会定例会において、一般質問を行っております。その後の進捗状況をお伺いし、また本市の水産加工への波及効果についてもお伺いいたします。

 (カ)糸満市地場産品の展示即売施設(物産館)について。

 糸満市経済団体協議会から糸満市物産館の早期建設と専従職員の配置方についての要請があります。要請によりますと、水産業及び農業の食品関連物産を一堂に展示、販売し、市民の生活や活動及び交流の場としても活用されるということであります。本市経済の起爆剤として期待されます糸満物産館の建設について、当局の対応をお伺いいたします。

 (キ)マリノベーション事業による将来の市水産業の施策展開について。

 糸満地区マリノベーション拠点漁港漁村総合整備計画が認定され、地域産業振興を図ることを目的に推進されております。本員は、平成12年第8回糸満市議会定例会においても一般質問を行っています。そこでお伺いいたします。

 将来の本市水産業の施策展開についてどのように考えていますか、御答弁を求めます。

 次、小項目2、糸満地域について質問いたします。

 (ア)公設市場の整備と漁協周辺をどのように結んで活性化するか。

 公設市場周辺の再開発に向けて取り組まれてきたが、不十分で思うように進展が見られない現状であります。建築物、施設に老朽化が目立ち、建てかえや改修については緊急な課題であります。中心商業地の商店主の高齢化も進み、今後は、市街地の活性化という視点からTMOの立ち上げも視野に入れて、行政と密接な協力体制のもとに、商業環境の再構築の具体的な案はないかお伺いいたします。

 (イ)旧市役所の跡地利用について衰退しない施策はあるか、複合施設はないか。

 議員提出議案第5号に対する附帯決議は、庁舎移転と不離一体の国道331号バイパス建設事業とともに、市場周辺地区市街地の活性化に対し、施策の具現化に特段の配慮の要請であります。地域住民には、市場周辺が移転によって衰退しない施策がまだまだ見えてきません。当局の施策の具現化についてお伺いいたします。

 (ウ)中央公民館及び隣接体育館の老朽化に伴う地域利用計画はないか。

 中央公民館は、今年で築29年を迎え、また勤労者体育館は23年になり、建物の老朽化が著しく進行しております。この二つの施設は、老朽に伴い、近い将来取り壊さなければならない状況にあると思います。もし、中央公民館及び隣接の勤労者体育館が取り壊された場合、その跡地に地域住民が夢の持てる、そして地域活性化の拠点として新しい施設建設ができないものかと考えている次第であります。なぜならば、市庁舎が移転し、高架橋の建設に伴う立ち退き、競り市場の移転、公設市場の衰退などで、周辺地域が沈滞化してきた中で、地域の再開発が必要な時期にきているものと考えるからであります。したがって、特に中央公民館や勤労者体育館を建てかえるということではなく、海に近く、その景観や地域特性の環境を生かし、地域の活性化と結びつけたユニークな施設建設ができないのか。市全体の構想としての地域利用計画について市はどのように考えているかお伺いいたします。

 小項目3、喜屋武地域について質問いたします。

 (ア)水産試験場の移転と水産関連施設は何があるか、その活用について。

 水産試験場の移転を本市域内とすべく要請決議が、平成12年6月の糸満市議会定例会において全会一致で決議し、県に要請行動をとってまいりましたが、いまだに水産試験場移転計画が見えてこないが、進捗状況はどうなっているかお伺いいたします。本市水産業の振興発展を図る上で、水産業にかかわる人々の意識改革は極めて重要であるといわれております。普及事業は漁業技術の開発と並んで、水産行政上の根幹をなすものであり、地元水産業の共通認識と水産業展望を抱かせるような前向きに取り組む姿勢についてお伺いいたします。移転に伴い、従来の水産試験場施設以外の水産関連施設は、どのようなものがあるか、またその活用についてお伺いいたします。

 (イ)海洋深層水の研究所と関連する起業はあるか。

 沖縄県は、本格的に海洋深層水研究開発事業への取り組みを開始されました。ここでの研究は、海洋深層水のさまざまな特性、水産、農業、工業分野に多角的に利用され新たな産業が興る可能性が最も高く、若者たちの雇用の創出につながると期待されます。本市として、水産試験場と関連して、どのように展開していくかお伺いいたします。

 件名2、観光行政について、小項目1、市及び観光協会の観光行政に対する取り組みについて。

 本市は、国内唯一の戦跡国定公園を有し、恵まれた自然環境、個性ある地域特性を背景に、多様な観光資源、施設が集中する本県の主要観光地域となっております。通過型観光を解消するためには、行政及び観光協会が市民を含めて観光関連業界の協力連携に努め、自立発展に向けた組織の基盤強化を図る必要があると思われます。当局はどのような施策を講じるかお伺いいたします。

 小項目2、西崎地区にホテル誘致の考えはあるか。

 本市は、国内唯一の戦跡国定公園を有し、恵まれた自然環境、個性ある地域特性を背景に、多様な観光資源、施設が集中する本県の主要観光地域となっております。また、西崎運動公園を中心に、スポーツ関連施設や各種レクリエーション施設が立地し、潜在能力が高い地域であります。しかしながら、本市の観光は、滞在型観光に資する多様な宿泊機能や組織的な対応が不十分であり、通過型観光を解消するために、漁民の福利厚生施設等、ホテルを誘致すべきだと思います。その計画はどのようになっているか、お伺いいたします。

 小項目3、喜屋武荒崎地区(カサカンザ)の保護、保全しつつ観光化はできないか。

 本市は、国内唯一の戦跡国定公園を有し、恵まれた自然環境、個性ある地域特性を背景に、多様な観光資源、施設が集中する本県の主要観光地域がであります。特に、荒崎海岸には、海岸特有の植物が群生しており、海岸線に平行な帯状の植生と植物生態系が観察できる地域であります。幸いにも本地域は、自然公園法並びに森林法で保護された、自然景観のすばらしいところでもあります。また、本来の意味で、本島最南端であることから、新たな観光化ができないかお伺いいたします。

 小項目4、観光農園(株)ワイン館の管理運営について、販路計画はどうなっているか。

 糸満観光農園全体の開園を待たずに、一部開園のワイン館が平成15年11月にオープン予定であります。この事業の柱にフルーツワイン事業が位置づけられています。そのために、糸満観光農園とフルーツワイン事業の認知度を高めていくにはどのような方法がありますか。また、行政側と当観光農園の役割分担はどのようになっていますか、お伺いいたします。一部開園となると、当初の事業施設の内容では、観光客を誘引するためのインパクトが弱いと思うのでありますが、来園者の確保と、近い将来における全体事業計画実現に向けた経営基盤強化の確立と損益分岐点を超える収益獲得を目標とするには、どのような事業計画が示されていますか、お伺いいたします。

 件名3、情報関連産業について、小項目1、マルチメディア・テクノセンターの今後の活用について。

 糸満市における通信・放送機構(TAO)を通じたマルチメディア事業は、沖縄振興特別施策における新産業の創出という観点から、情報通信分野での起業を支援するための施設であります。人材育成を目的とした研修施設や専門分野の方々が活用できる共同利用施設関連企業の集積、振興を図る構想であります。ここで質問いたします。

 今までの実績と中・長期的展望についてお伺いいたします。

 以上、本席より終わります。



◎市長(山里朝盛君) 東江光野議員の御質問、件名1、糸満市国土利用計画に伴う水産商工行政について、小項目3、喜屋武地域について、その(ア)水産試験場の移転と水産関連施設は何があるか、その活用について、お答えいたします。

 沖縄県水産試験場本場の本市内への移転は、本市の水産振興を推進する上で、欠くことのできないものであるとの認識から、平成9年から本市内への移転要請を行ってまいりました。現在、沖縄県水産試験場移転先については、本年3月に開催された、沖縄県水産試験場移転整備基本計画策定に向けた検討委員会で、移転先を本市喜屋武地域との結論が出されています。県では、検討委員会からの意見を受けて、移転先決定に向けた作業が進められています。本市の水産業振興を図る上で、水産試験場の漁船漁業に関する試験研究、魚介類の資源管理型漁業及び栽培漁業に関する試験研究等の機能を十分に活用した振興策を推進する必要があると考えています。新たな水産試験場は、現水産試験場の現有機能を拡大した、総合水産研究所としての位置づけが期待されています。

 そのほかの御質問につきましては、担当部長及び担当参事監より答弁をさせます。



◎総務企画部長(山川国正君) 東江光野議員の質問にお答えいたします。

 件名1、糸満市国土利用計画に伴う水産商工行政について、小項目1、国道331号糸満バイパス進入道路(ランプ)に伴う周辺地域の活性化について、(ア)海の駅への起業の支援についてお答えいたします。

 御質問の支援策については、去る6日に、市有地の借用要請が出ている段階であり、全体的な支援については、現在のところ考えてございません。

 それから、件名1の中の小項目2、糸満地域について、(イ)旧市役所の跡地利用について衰退しない政策はあるか、複合施設はないかについてお答えいたします。

 旧市役所の跡地利用については、町端区自治会、高干瀬振興会、前端区自治会、商工会、糸満市大綱引行事委員会、糸満ハーレー行事委員会からの要望を踏まえ、役所内部の関係課で協議した結果、すぐに事業化できる計画がないことから、当面は地域周辺住民より要望の強い多目的広場として整備し、活用することにしており、したがって、現在のところ複合施設の建設は考えておりません。

 小項目3、喜屋武地域について、(イ)海洋深層水の研究所と関連する起業はあるかについてお答えいたします。

 海洋深層水は、低温性、富栄養性、清浄性という三大特性を持ち、環境調和型の有望な資源として近年注目を浴びております。その利活用については、水産業や農業への活用のほか、エネルギー資源、健康食品分野、医療分野、観光分野への応用など、多様なテーマによる研究開発を初め、再生循環型の環境にやさしい資源として、新たな産業を創出し、本県を初め、本市の経済発展に寄与するものとして期待をしております。本市の喜屋武地域は、海洋深層水の取水適合海域にも距離が近く、深層水の取水地として最適地であります。また、本市には県水産試験場を初め、現在計画が進められている農業研究センター等の研究施設などがあり、これらの事業との連携が図られるなど、水産業や農業、医療、健康食品、観光産業等のニーズにも十分対応できる地域であり、海洋深層水を活用した諸事業を展開する上でも、最も適した地域であります。そのようなことから、いち早く県知事に対して、海洋深層水利用の研究施設の誘致要請を行ってきたところであります。その後についても、南部市町村会と連携を図りながら、機会あるごとに国や県に要請をしてきたところであります。また、この5月には、南部振興会、南部市町村会、島尻地域振興開発推進協議会関係の首長で、県知事を初め、細田沖縄担当大臣や内閣府の関係部署、尾身幸次衆議院議員、橋本龍太郎自民党沖縄振興委員会委員長などへ南部地域の振興開発と活性化促進に関する要請の中で、喜屋武地域における海洋深層水利用施設の建設について、特段のお願いをしてまいりました。今後は、本市として、喜屋武地域における水産試験場と海洋深層水利用施設を併設した整備計画等の策定を行い、その中で研究施設とともに、海洋深層水のビジネスゾーンを設置して、農水産業の枠を超えた、他産業による新商品開発など、起業の場を提供しながら、新規産業の創出につながるよう事業推進に取り組んでまいります。以上でございます。



◎農水産商工部長(玉城一春君) 東江議員の御質問にお答えいたします。

 件名1、糸満市国土利用計画に伴う水産商工行政について、小項目1、国道331号糸満バイパス進入道路に伴う周辺地域の活性化について、(イ)本格的なお魚センターの設置についてお答えいたします。

 販売、購買、信用という漁協事業の三本柱がすべて深刻な事態に陥っている中で、経営の新たな柱を直売事業に求めようという動きは全国的に見られる現象であります。糸満漁業協同組合においては、とる漁業も大事であるが、売る漁業にも知恵を絞るべきであるとの観点から、当漁協所有地の一角に本格的な新お魚センターを建設し、魚食普及、魚のさばき方等の体験学習コーナーを催しながら、海産物レストランも併設し、集客力を高めるために、家族で遊べるようなパットゴルフ場等を余剰地につくり、漁村糸満に合った水産物直売店の新たな事業構想があります。市としても、水産産業、観光産業の振興を図る上で、全面的な支援が必要であると考えています。

 (エ)糸満魚市場株式会社の今後のあり方について、(オ)県漁連市場の移転に伴う地域経済への波及効果については、順次お答えいたします。

 平成12年2月3日に、泊漁港に予定されています県水産物流通総合センター整備計画に関する覚書調印式が、沖縄県農林水産部長立ち会いのもと、県漁連と3漁業団体で取り交わされています。調印の内容は、平成15年をめどに、同センターを完成させ、同時に県漁連の市場機能を糸満に移転するという覚書であります。現在、県水産物流通総合センターは、基本設計がなされ、工事着工は平成16年を予定しているとのことであります。それと並行して、水産公社理事会、移転に向けた幹事会で話し合いが行われており、市場機能の糸満への移転は平成16年以降と確認しています。市場機能が本市に移行した場合、水産産業、観光産業に与えるインパクトはかなり大きなものがあると予想されます。その中で、糸満魚市場株式会社の展開について、株主であります県漁業協同組合連合会、糸満漁業協同組合、沖縄糸満市水産物流通協同組合、糸満市の四者間で具体的な取り組みが強化されていくものと考えています。

 (カ)糸満市地場産品の展示即売施設(物産館)についてであります。

 糸満物産館については、糸満市経済団体協議会においても、JA糸満支店のファーマーズに隣接する那覇鋼材資材置き場に、糸満漁協のお魚センターと糸満工業団地協同組合、商工会等による糸満物産センターを建設することによる相乗効果を生かし、本市経済活性化の起爆剤にとの議論がなされています。市としても、本市全体の経済振興をなすため、最善のあり方を関係団体とともに推進していきたいと考えています。

 続きまして、(キ)マリノベーション事業による将来の市水産業の施策展開についてお答えいたします。

 糸満地区マリノベーション拠点漁港漁村総合整備計画は、?糸満漁港増養殖漁業振興施設整備、?糸満マリノベーション関連土地利用構想、?糸満漁港中地区ハーレーパーク整備構想、?糸満漁港造船団地形成構想、?糸満フィッシャリーナ整備構想、?糸満漁港ふれあいビーチ整備構想、?糸満漁港グリーンプロムナード整備構想の七つのプロジェクトから成り立っております。その中で、?の増養殖漁業振興施設であります養殖場は、今年度の5月に整備が完了し、7月からの供用開始の予定であり、今後の糸満市水産業の一翼を担う漁業へ発展、振興する計画であります。また、本年2月に竣功認可を受けたふれあい地区においては、フィッシャリーナやふれあいビーチが完成間近であり、当該施設を中心に、観光漁業やリタイアした漁業者の再雇用の場や長年培ってきた漁労技術を生かした体験漁業等の拠点として位置づけたいと考えております。さらに、造船団地においては、伝統ある糸満の造船技術並びに県内初の造船関連産業の集積地として位置づけております。

 続きまして、同じく小項目1の国道331号糸満バイパス進入道路に伴う周辺地域の活性化についてのうちの(ウ)ファーマーズの店舗拡大についてお答えいたします。

 JA糸満支店によれば、当初計画においては、将来的にファーマーズマーケットの集客を高めるため、JAの総合事業機能を生かしたグリーンショップ、農産加工所、食堂、喫茶店等を併設する計画ですが、現時点は、ファーマーズのコンセプトである朝取りの新鮮な野菜や生産者の顔の見える販売による安全、安心をもとに地産地消による事業展開を進めております。そのような中、漁協との連携による事業展開に大きな関心を持って取り組んでいるところと聞いております。さらに、経済活動の広域化に対応するためには、JA単独による事業展開だけではなく、漁協を含めた他産業との相乗効果が発揮できる施設集積による事業展開が望ましいとのことであります。そのようなJA糸満支店の考えについて、行政としては、内容の掌握が不十分な状況でありますが、本市の活性化を模索し、今後の展開を研究することは必要なことと思います。

 続きまして、小項目2、糸満地域について、(ア)公設市場の整備と漁協周辺をどのように結んで活性化するかについてでありますが、当該商業地の再構築を図る方向として、公設市場の商業施設整備に限らず、地域特性を生かし、にぎわいをもたらす機能を導入する必要があると認識しております。特に、漁港や下町情緒を全面に押し出すことにより、周辺地域を生活者視点の暮らしの広場や観光客などの来街者との交流の場として再評価し、演出することによって、活力を取り戻す新たな活性化策が必要であると考えております。加えて、振興策を効果あらしめるためには、まちづくりを運営管理する、タウンマネージメント機能の充実に努めることも大切であります。市におきましては、このような観点から、今年度策定する市街地活性化基本計画の中で、商業観光の振興やTMOの事業化を含めた具体的な案を検討してまいります。

 続きまして、件名2、観光行政について、小項目1、市及び観光協会の観光行政に対する取り組みについて、小項目2、西崎地区にホテル誘致の考えはあるかについて、順次お答えします。

 本市は、県外観光客の約3割近くが訪れる本県の主要観光地域でありますが、宿泊機能や組織的対応力の未成熟さから滞在型観光の実現に至っていないのが現状であります。そのような中、各種観光振興策が有効に機能し、組織的対応力を高めるために、糸満市観光協会の組織強化に努めているところであります。これまで名城ビーチ開発に関しては、何度となく開発申請の企画がなされてきた経緯がありますが、その実現には至っていません。今回、名城ビーチRVリゾートの開発工事が平成16年4月完成に向けて、株式会社ドゥ・オキナワ、沖縄RVリゾート開発株式会社で進められています。なお、西崎地域の宿泊機能の整備については、ふれあい漁港漁村整備事業の事業化での整備を進めていますが、その地域内での低層型長期滞在宿泊用地には、コンドミニアムを約10棟から12棟で構成し、部屋数にして約100室を計画しております。これまで大型ホテルを誘致計画しておりました長期滞在宿泊用地については、当初計画を見直し、約100棟程度の別荘用地として計画しております。

 観光行政について、小項目3、喜屋武荒崎地区の保護、保全しつつ観光化はできないかについてお答えいたします。

 御承知のように、喜屋武荒崎地区一帯は、海岸部の景観にすぐれており、特に海岸植生の広がりや太平洋を一望することができるところであります。環境保全を図ると同時に、景観観賞、植生観賞等の活用を考えておりますが、現在、道路アクセスが悪く、未整備のため、進入しにくい状況にあります。今後は、平和の道の整備との関連で、具志川城跡や平和の塔周辺を海岸景観ゾーンとしての観光化に向けて、新たな展開を考えていかなければならないと思っております。

 続きまして、件名3、情報関連産業について、小項目1、マルチメディア・テクノセンターの今後の活用についてお答えいたします。

 利用状況実績は、平成13年度42件、平成14年度316件、平成15年度5月末現在で34件となっております。糸満市マルチメディア・テクノセンターでは、これまでもデジタルアニメーション放送技術者研修が実施されるなど、デジタルアニメーション技術者の育成のために活用してきました。また、平成15年度沖縄県緊急地域雇用創出特別事業の一環として、糸満市マルチメディア・テクノセンターを活用し、14名の方が利用しております。そのうち、糸満市出身8名が事業に参加しております。プロモーション活動につながる作品を制作し、活用することによって、情報通信関連産業の集積、活性化、ひいては雇用の拡大を図り、同施設においてデジタルアニメーション制作企業の協力のもとに、利用企業とのコラボレーション、企業支援、求職情報等を一括して求職者に提供し、人材育成と雇用を効率的に結びつけていきたいと考えております。以上です。



◎教育委員会指導部長(上原武君) 東江光野議員の御質問、件名1、糸満市国土利用計画に伴う水産商工行政について、小項目2の糸満地域について、(ウ)中央公民館及び隣接体育館の老朽化に伴う地域利用計画はないかについてお答えします。

 中央公民館は、本市での生涯学習施設として、長年、市民各層における学習活動を支援しております。そこでの主催事業やサークル活動は年々充実しており、多様化する市民の学習要求に寄与しております。中央公民館に隣接する体育館においても、スポーツ施設として、特に勤労者を対象にした健康増進への貢献度は高いものがあります。中央公民館及び体育館とも建物の老朽化が進んでおりますが、現時点では、取り壊して建てかえるとか、別の場所に移転新築するという計画はありません。両施設とも、市民の利用において、特に危険を及ぼすということがないものと判断していますので、当分は、現状のままで管理運営を続けていきたいと思います。



◎農水産商工部参事監(山城勉君) 東江光野議員の御質問、件名2、観光行政について、小項目4、観光農園(株)ワイン館の管理運営について、販路計画はどうなっているかについてお答えいたします。

 初めに、ワイン事業等の認知度を高めていく方法と行政側との役割分担は、どのようになっているかということでありますが、その主な方法として、マスコミのパブリシティ効果、地元及び広域行政機関や関連団体等との連携によるパブリシティ効果、地域広報紙や地元FM局等のパブリシティ効果、ホームページの開設、CI戦略に基づいたパンフレットやチラシ等の作成、配布、ロードサイド広告、旅行エージェントへの営業、マスコミへの広告宣伝、道路標識への記載要請、各種イベントの開催などの取り組みを考えております。市におきましても、市民に親しまれ地域活性化に寄与する事業としての位置づけにあることを十分に意識した取り組みが肝要であり、市の広報紙や市のホームページへの掲載やイベントなどのあらゆる機会をとらえて周知を図るとともに、運営会社の活動に可能な限りの連携、支援を行ってまいります。

 次に、経営基盤強化の確立のために、どのような事業運営計画が示されているかについてでありますが、観光農園は多様な機能を備えた拠点を目指しておりますが、昨今の社会経済環境の中での大規模な先行投資は困難であります。したがいまして、採算性、継続性を重視した無理のない事業化スケジュールによる段階的な施設整備を考えており、閉園プレオープン当初から取り組む果樹生産やワイン加工販売事業を中心に、平成16年度からの展開を予定しているフルーツ加工販売事業、技術普及交流施設、レクリエーション施設の運営管理プログラムと収支シミュレーションを構築しながら、一部開園に備えているところであります。さらには、一層の経営基盤の強化・確立を図るためには、状況の変化やニーズに即したもの、収益性などを見据えつつ、柔軟に対応、整備する必要があり、レストラン、バーベキュー、物販機能施設を検討しているところであります。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前10時47分)

(再開宣告午前10時48分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆15番(東江光野君) 私が、なぜ糸満市の国土利用計画を例に出して質問したかというとですね、糸満地区と西崎地区、喜屋武地区は、糸満市が発展する重要な拠点なんですよ。なぜかといえば、水産加工団地を含めて、ファーマーズの問題、お魚センターの問題、県漁連の誘致の問題、それからマリノベーションの問題、あの地区は、これから糸満市の大きな夢を秘めた地域なんですよ。ここを活性化するために、私はこういう例をとって質問したんです。この中に、もう一つは、国道331号のバイパスの問題、ランプといったら上がったり下がったりするのをランプと言っているらしい。ここで乗り降りして、糸満市に観光客の皆さん、あるいは地域の皆さんに来てもらうためには、活性化しないとみんな素通りしますよ。だから331号バイパスにおけるランプの問題、この周辺が糸満市に大きな活性化を生むものですよということを私は言いたい。例えば、糸満地区だったら、旧市役所問題、この辺の活性化はどうなっているのか。先ほど私は中央公民館と、それから体育館の話をした。今現在は建っています。将来は、この地区が大きな活性及び地域住民の大切な憩いの場、いろんな面が出てくるんですよ。そういう意味で私はですね、今つぶしてこれやりなさいという意味じゃないですよ。だから国土利用計画は10年あと、平成12年から平成22年に対しての国土利用計画の審議なんです。喜屋武地区の場合は、水産試験場、あるいは海洋深層水、今言ったように荒崎地区の問題、それと皆さんわかるように大学院大学で国際観光と話し合いした、この土地利用の計画も含めて、我々の今からの大きな課題です。ちょっといくと、今度は地下ダムの問題、地下ダムは、私の聞いた範囲で平成17年で大体終わって、平成18年は引き上げるという話を聞いたんです。これほんと私も聞いた。そうすると、その国営地下ダムが帰らないうちに、この地域をどうするか、これから今大きな課題です。私は、この国土利用計画というものは、最重要なもんだという意味で質問しております。中には、国土利用計画と中央公民館、何のつながりがということもあるはずだけれども、私はこれからの、将来の発展のために提案しているんです。それから、私たちは今国から、県からマリノベーションというものを、沖縄県において糸満しかないんですよ。これを利活用することが我が糸満市の発展の大きな、潜在的な、我々の将来の大きな強みです。それをまだまだ皆さん方わかっていない、我々もわかっていないけれども。今からこれに取り組まないと大変なことになる。私は、さっきの331号バイパスの問題、今まで通過型の観光、滞在型というのはない、通過型の観光をしている。バイパスができると素通りですよ。素通りするときに、糸満の西崎にはすばらしいのがある、ここで降りてみようというのを我々はつくる義務があるんですよ。また字糸満においては、漁港を含めて、市場を含め、心の安らぐような地域開発をすれば、字糸満にも下りてみようじゃないかと。次は、喜屋武に行きますと、すばらしいカサカンザという、ああいうもの、ディー見てみよう、そういうものがこれからの、21世紀の糸満市の将来の問題ですよ。そういう意味で私は質問したけれども、あまり時間はないですが。

 一つだけ、海の駅について、今検討していないと言うんですけれども、この海の駅に関連する皆さんの話では、知的障害者の関係なんですよ。知的障害者の皆さんが働く場所をつくろうと、そしてこの皆さんを独立、自立させようということなんですよ、そういう場をつくりたいということなんです。そして、この場所が、ファーマーズや、あるいはお魚センターや糸満物産館の隣に海の駅をつくることによって、たくさん観光客が来るということなんです。そこには、レストラン等いろいろあるんですよ。これは、特産物の開発、これは英明議員からそういうものをつくりなさいというような提言もあったと思う。これは漁協の皆さんトビウオの加工なんですよ、それを海の駅でつくって、インターネットで販売もし、観光団にも来てもらうということなんですよ。私たちは、これは漁協の皆さんが本当にトビウオをどうするかということは、商工水産課では大いに研究しているところですよ。そういうものがこの海の駅である。そういうものを市長は考えていただきたい。今、検討していないということで今後の課題としますけれども、この辺を含めてぜひ再検討をしていただきたい。

 それからもう一つ大きな問題は、荒崎地区のカサカンザというのはすばらしいところなんですよ。行ってみて初めてわかった。平和の道については、我々、前原議員やいろいろな方が質問した。これは順調にまだ進んでいないけれども、とりあえずでもいいから、荒崎地区における自然観察という意味で、ぜひとも保全しながら、ここが観光化できないかをお聞きして、これは次の9月定例会で質問するということで、今言った荒崎地区における考え方をもう一度聞きたい。

 それと、教育委員会に、なぜこの辺は植物の観察に適当であるのかをもう一度お願いします。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前10時56分)

(再開宣告午前10時56分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎農水産商工部長(玉城一春君) 東江議員の再質問にお答えいたします。

 カサカンザを含めた喜屋武一帯の観光化について考えたらどうかという御提言だと思うんですが、先ほども答えましたように、そこら辺はいろんな自然保護の地域でもあります、観光化につきましても新たな展開を求めて考えていく必要があるだろうというふうには考えております。今すぐどのようなということではございませんが、一帯については、平和の道の整備との関連で、我々のサイドとしてまた観光化については、検討をしていきたいと思います。



◎教育委員会総務部長(慶留間清栄君) 東江議員の再質問にお答えいたします。

 議員御質問のとおり、荒崎海岸は海岸植物、海岸地形とも自然環境に恵まれた特異な場所であります。教育委員会としましても、恵まれた自然環境を多くの市民、県民に紹介したいところでありますが、荒崎までのアプローチ道路が狭く、大型車が進入できないことや海岸地表面がぎざぎざの地形のため、足場が悪く、転ぶと大けがを招くことがあって、現在は、安全面を考慮して、大人か少人数の子供に限って案内をしているところであります。植物の生態系を学習する場として、地形を学ぶ絶好の場所として、荒崎には多くの学習題材があります。さらに、本島最南端でもあり、観光客など多くの人を招きたいとは思いますが、天然記念物など、文化財や自然遺産を守る側といたしましては、人の到来で植物への影響や自然破壊が起こらぬよう、荒崎海岸の保護と活用の面では慎重に対処する必要があるかと思われます。以上です。



◆26番(伊礼哲雄君) 質問に入ります前に、市政に対し、2点の所見を申し上げたいと思います。

 昨今の経済不況は底が見えず、日本国の前途には暗雲が立ち込めています。企業倒産は後を絶たず、解雇、リストラと、雇用不安は募るばかりで充満をしています。中高年層はもとより、若年の雇用の場は極めて少なく、失業率は一段と高く、適齢期になっても結婚もおぼつかず、少子化の中、深刻な事態となってきました。そんな中、市民からこんな手紙をいただきました。「若者に真に夢を与えるため、職員採用選定委員の皆さんには、良識と良心を持って、公正で公平な立場で職員を採用してほしい。ぜひコネクションを排除するために、第三者機関にゆだねて下さい。糸満市が信頼されるようにお願いします」ということでありました。

 昨年の市立座波保育所の場所選定に当たっても多くの疑惑と疑問を抱かせながら選定をされたことは御承知のとおりであります。いずれの選定委員も、すべて市の助役と部長で構成されています。利害が発生しやすい選定に関することは、まさに第三者にゆだねた方がよいとのことになります。また、今定例会初日の糸満市土地開発公社の経営状況説明の場に、議員から公社理事長、すなわち助役の長嶺輝一氏の出席を求めたものの、拒否したことに強い憤りを私は感じております。南浜の埋立て処分状況が極めて劣悪な状況のもとでの出席拒否でありました。糸満市は、債務負担行為をしています。売却は滞り、経営状況が悪化し、金融機関への借り入れ返済に影響してまいります。返済が不能になると、本市はその負担をしなければならなくなり、結果は、市民の血税で賄うことになります。ただですら、金がない本市であります。財政は壊滅的打撃を受けてしまいます。理事長、すなわち助役は、昨年の6月定例会にも出席に応じていませんでした。この厳しい状況を克服するために、今まさに、英知を結集するべきときに出席しないことに、理解に苦しみ、怒り心頭してまいります。公務で出張等、真にやむを得ない状況であるならばいざ知らず、助役は庁舎内の自席にいながらであります。助役、理事長の仕事は一体何なのか私は疑問を持つものであります。

 では、通告表に従い、順次一般質問を行います。

 件名1、宜野湾市長選挙に伴う市長及び後援会役員の逮捕、判決についてであります。

 内容については、前回も申し上げておりますが、後援会の役員と立候補しました比嘉元市長が逮捕されておりますが、それは公職選挙法違反と政治資金規正法違反の罪でありますが、去る5月19日に、那覇地裁で判決公判がありました。後援会長の諸喜田被告が執行猶予5年、禁固1年6カ月、知念清順、知念和夫両被告が同10カ月、仲村正治衆議院議員の元政策秘書の金城被告は同1年が言い渡されました。横田裁判官は判決理由で「被告人らは多額の目標額を定めて、市内建設業者らに寄付の取りまとめをさせた。業者も将来の利益を期待して協力しており、選挙の公明化などの法の趣旨に反する犯情は悪質」と述べています。そして5月26日には、前宜野湾市長の比嘉盛光被告には、禁固2年、追徴金500万円が求刑され、6月11日には、判決が言い渡されています。市長は、一審判決に対し、どのような所見を持っていますでしょうか。また、金権選挙とその背景についてどのように認識をしていますでしょうか、お伺いをします。

 件名2、バランスシート(貸借対照表)の作成についてであります。

 現在の地方財政は、地方税収入の低迷などにより、大幅な財源不足が生じているとともに、数次の景気対策による公共事業の実施や減税などの実施等に借入金残高が急増しており、その償還が将来に大きな負担となるなど、極めて厳しい状況にあります。一方、地方分権や今後の少子高齢化の進展などに伴い、地方公共団体の果たす役割はますます大きくなっているものと考えられ、住民の理解と協力のもとに、自主的、自律的な行財政運営を行っていくことが強く求められます。

 沖縄県は、1972年度から1999年度の普通会計決算、いわゆる公営企業会計を除いた特別会計と一般会計の合計をもとに、学校や道路、橋など、復帰後28年間で形成された社会資本を金額で評価をし、その調達財源となった国庫支出金、県債などを合わせ、企業会計的手法で資産状況をまとめたバランスシートを作成し、公表しております。那覇市も市の財源健全化に向け、思い切った行財政改革を断行するとのことで、バランスシートを作成しています。民間企業の会計手法を取り入れることで、コスト概念を導入し、厳しい財政に対して、本格的にメスを入れる改善をしていくとのことであります。ほか沖縄市、宜野湾市、名護市、石垣市も作成していると聞いています。本市の財政状況は、御存じのように、年々厳しさが増し、破綻状況で先行き不安は募るばかりであります。体力度調査、健康度のチェックは大切であります。前にも質問をしておりますが、私の質問に重要であると認識し、バランスシートのみでなく、行政診断も必要な時期であるので検討したいと答弁をしています。そして前回の3月定例会で、照屋正清議員の質問に対しても検討するとの答弁をしております。私が質問をしてから、2年も経過している今日においても、遅々として進展していないのであります。いま一度、その認識と作成についてお伺いをします。

 件名3、行政評価システムの作成について、行政評価システムは、総合計画に掲げられた施策やそれを具体化するための事業を対象として、目的や成果、コストなどに着目をして評価し、その結果を予算などに反映させることにより、効果的、効率的な行政運営の継続的な改善を目指すものであります。体力度、健康度チェックのバランスシートとともに、システムを確立して、限られた財源を効果的、効率的に活用することによって、柔軟で機動的な行財政運営を図っていくことが必要であります。事業の必要性、妥当性、有効性、効率性などを分析、評価、効果の薄いものについては、より効果のあるものにシフトさせるなどの、まさにスクラップ・アンド・ビルドの徹底をすべきであります。行政評価システムに対する認識と作成の意思があるかについてお伺いをします。そして導入の意思があるならば、その時期をこの際明確にしていただきたい。

 件名4、人事評価システムの導入について。

 この件も前に取り上げました。私の質問に対しまして、今後、国、県の状況を注視しながら導入について、調査、研究していくとの答弁をしておりますが、これまでどのような調査研究をしてきたのでしょうか。そして、この導入の時期についても明確にしていただきたい。

 件名5、指定金融機関からの琉銀の離脱についてであります。

 指定金融機関は、昭和48年契約から公金取り扱いが開始され、平成11年7月からは、これまで琉銀単独の指定から地元3行とJAによる2年ごとの交代制に移行し、今日に至っております。そして本年7月からは琉銀の順番になっていたものの、離脱をして沖銀が繰り上がりました。いかなる理由でもって、離脱されたのでしょうか、お伺いをします。

 件名6、県水産試験場の移転問題についてであります。

 4月18日の新聞の見出しであります。「県水産試験場の喜屋武地区移転を糸満市長が知事に要請」、私は、興味を持って食い入るように新聞を読みました。しかし、読んでいくうちに怒りを抑えることができなくなりました。糸満市長が水産試験場の移転を正式に県に要請するのは初めてとのことでありました。移転問題は、数年前からクローズアップされ、県内の各自治体もおらが市町村へと誘致に向けて積極的に取り組みをしているのであります。これまで本市の議会においても、試験場は本市の既得権では決してないので、手をこまねることなく、積極的に対応、対策していくべきと議論をしてきました。本市は、今まで何をしてきたのかと疑問を持ってしまいます。大学院大学の誘致に向けて取り組んだ報告を兼ねての要請であります。いかにも、大学院大学は失敗したので、水産試験場を喜屋武地域にとの消極姿勢にしか私には見えないのであります。お伺いします。

 移転の時期と各市町村の動向、そして本市の取り組み状況についてお伺いをします。

 件名7、兼城校区(武富地域)のスクールバスの運行についてであります。

 スクールバスの運行は、武富ハイツが分譲、販売、居住当初から子供たちの通学不便解消を図るために個人有償バスで今日に至っています。近年は、利用者生徒数も多少減少傾向にあるものの、武富ハイツの地域のみならず、近隣地域からも利用者があり、その需要と必要性は大なるものがあります。ところが、道路運送法施行規則第50条第2項の規定により、地域協議会の協議結果に基づくものとして、自家用自動車の有償運送の許可を申請できるのは、地方公共団体となり、今後は、個人有償バスは運行することができなくなります。そのため、地域自治会やPTA関係者から、子供たちの利便を確保してほしいとの熱い思いの中から地方公共団体の市に対し、陳情が提出されました。当局はその必要性についてどのように認識をされていますでしょうか。そして関係者からの陳情に対する回答はどうなっているでしょうか、お伺いをいたします。

 件名8、市道喜屋武岬線の拡幅整備についてであります。

 岬とは、その多くが陸地の沈水や隆起、あるいは溶岩や土砂の流出によって海に突き出してできたものであり、波の浸食を受けた複雑かつユニークな景観は大きな魅力を持っています。そして、その突端に立つ船乗りの守り神である灯台は、岬のシンボルであります。本市の喜屋武岬は、沖縄本島の最南端に位置し、岬から見る景観は他の追随を許さないくらいにすばらしく、観光の名所としても北の辺戸岬とは双璧であり、つとに名をはせています。ガイドマップには当然のごとく掲載され、県内はもとより、観光客も訪れる場所であります。また岬には、第62師団管下の部隊が全滅し、そのみたまを祭っている平和の塔や隣接して、今後復元が待たれる具志川城跡もあります。ところが岬へのアクセス道路は整備されていなく、でこぼこ道で幅員も狭く、ほこりだらけの未整備道であります。地域の皆さんにとっては、生活産業道路として、重要な道路となっており、一日も早い拡幅を望んでおります。地域自治会からも平成3年に2回にわたって陳情されています。当局は、県道として整備要請しつつ、他の事業での整備を検討し、幅員については、地元で調整をしてほしいと前向きな回答をしております。ところが、平成15年の今日に至っても何ら進展していないのであります。当局は、現況をどのように認識をされているのか、整備の意思があるのか。あるならば、この際、時期を明確にしていただきたい。喜屋武岬は本市のシンボルでもあります。そのシンボルへのアクセス道が整備されていないことは、糸満市の恥のきわみであります。市長は、5月17日、県水産試験場の喜屋武地区移転の要請の際にこのように述べております。糸満市民も道路が不便なために、喜屋武岬に出かけることは少ないと、こう言っております。くれぐれ申し上げますが、この道路は市道です。

 件名9、市道座波阿波根線の整備事業について。

 この事業は、平成3年に採択され、10年以上も経過し、これまで繰り下げ、繰り下げで、今年度で終了する予定でありますが、果たして予定どおり完了できるのか気になるところであります。その進捗状況と課題についてお伺いをします。

 ぜひ、課題を克服し、整備され、一日も早く供用できるように御奮闘願い、本席での質問を終了します。



◎市長(山里朝盛君) 伊礼哲雄議員の御質問、件名1、宜野湾市長選挙に伴う、市長及び後援会役員の逮捕について、小項目1、金権選挙に対する認識についてお答えいたします。

 金権選挙については、これまで国政、地方行政を問わず、過去さまざまな選挙と金にまつわる事件が発生し、選挙の腐敗が指摘されてきたところであり、公職選挙法においても、連座性が強化されるなど、その根絶は国政、地方行政の健全な発展の上で、極めて重要な課題だと認識しています。

 次に、小項目2、一審判決に対する市長のコメントについてお答えいたします。

 今回の宜野湾市における事件については、同じ県内地方自治体の長として、大変遺憾に思っております。この事件もまさに選挙と金にまつわる事件であり、この事件を教訓として、二度と同様な事件があってはならないものです。選挙の候補者は、公職選挙法や政治資金規正法などの法の精神を肝に銘じ、遵法精神の強い自覚をもって選挙に臨む必要があり、このことは、当選後においても同様であります。また、今回の事件のような建設業者との関係は、入札制度等の制度面についても検討を要するものだと考えております。本市においては、今年度から公共工事設計金額の事前公表を実施しております。今後とも、不祥事の未然防止を図る観点から鋭意検討していく所存であります。

 そのほかの御質問につきましては、担当部長より答弁をさせます。



◎総務企画部長(山川国正君) 伊礼議員の質問にお答えいたします。

 件名2、バランスシート(貸借対照表)の作成について、認識と意思についてお答えいたします。

 バランスシートを作成することにより、本市の公有財産や負債の状況等を的確に把握するとともに、各種事業の行政コストの計算や効果等を調べ、分析し、今後の行財政運営に生かす重要なものであると認識しております。つきましては、本市においても、早目にバランスシートを作成し、内容等を分析して議会や市民に公表するとともに、職員へのコスト意識を徹底し、行政コストの削減等を図ってまいりたいと考えております。

 次に、件名3の行政評価システムの作成について、小項目1、認識と意思についてお答えいたします。

 行政評価とは、市民ニーズに対応した行政サービスの向上を実現するため、行政の行っているさまざまな事務事業がその費用に見合うだけの効果、成果を出しているか、むだや重複になっている部分はないのかといった視点から、行政の活動を見直し、行政の進め方を改善していく取り組みであります。具体的には、市の事務事業を一定の基準で、できる限りわかりやすい指標を用いて、その必要性や成果などについて評価し、予算編成等に活用するものであります。行政評価システムの導入については、新糸満市行政改革大綱の指針に基づいて、実施計画を定め、現在、行政改革検討委員会の専門部会で導入の時期や実施方法について検討しているところであります。

 次に、件名4、人事評価システムの導入について、小項目1、認識と意思についてお答えいたします。

 平成13年12月に、閣議決定されました公務員制度改革大綱において、国家公務員制度の改革に準じ、地方公務員についても能力本位に、適材適所の任用や、能力、職責、業績が適切に反映される給与処遇を実現するということになっています。これまでの年功序列型から能力や業績等に比重を移した制度への転換となるため、人事評価については、より透明性、公平、公正性及び納得性の高い評価システムを構築する必要があると認識しております。これまでの調査研究については、資料収集のみを行っていて、具体的には検討したことはありません。制度導入時期につきましては、国が平成18年度を目指しているため、それに歩調を合わせる必要があることから、今後制度の調査、研究をより一層具体的に進めていかなければならないと思っております。

 次に、件名5、指定金融機関からの琉銀の離脱について、その理由についてお答えいたします。

 結論から申し上げますと、琉球銀行から引き受け条件の提示を受け、事務調整を重ねてまいりましたが、指定金融機関制度そのものと本市が要望した窓口業務時間の現状維持に対し、理解が得られず、合意に至りませんでした。琉球銀行からの先送りの回答により、断念をした次第であります。そのことにより、次期予定の沖縄銀行に事情説明と繰り上げ調整をお願いし、快諾をいただいて、さきの臨時会に提案し、議決のもと、告示をした次第であります。今回の18項目の改善条件、その内容は、即改善できるものや将来に調整を重ね改善できるものといろいろありましたが、最終的には、現在の窓口業務時間である8時30分から5時を9時から4時にするとした琉銀の要求をのむことができず、憂慮すべきものと判断しました。市としましては、交代制の一巡目であり、できる限り順番どおり、これまでの踏襲をしていただき、公金取扱業務がスムーズに運営できるようお願いしたところでありますが、今回の琉銀からの回答は残念であります。以上でございます。



◎農水産商工部長(玉城一春君) 伊礼哲雄議員の件名6、県水産試験場の移転問題について、小項目1、移転時期、小項目2、各市町村の動向、小項目3、糸満市への移転取り組みについて、順次お答えします。

 小項目1、移転時期についてであります。現在、沖縄県水産試験場移転先については、本年3月に開催されました沖縄県水産試験場移転整備基本計画策定に向けた検討委員会で、移転先を本市喜屋武地域との結論が出されています。県では、検討委員会からの報告を受けて、移転先決定に向けて作業が進められており、現時点における移転時期の明確な情報はありません。

 小項目2、各市町村の動向でありますが、本市以外に、これまで恩納村議会が誘致決議を行っています。

 小項目3、糸満市への移転取り組みについて。

 沖縄県水産試験場の本市への移転は、本市の水産振興を推進する上で欠くことのできないものであるとの認識から、平成9年から、本市内への移転要請を行ってまいりました。主な取り組みは、平成9年度、県・南部市町村行政連絡会議への要望書の提出。平成10年度、県・南部市町村行政連絡会議へ要望書の提出。平成11年8月11日、沖縄県水産試験場の移転要請、糸満市長より沖縄県知事へ文書で要請。平成12年6月22日、沖縄県水産試験場の移転要請、糸満市議会議長より沖縄県知事へ。平成14年7月23日、水産試験場移転に関する情報交換会を行っております。そのときの参加者が県水産課長、県水産課長補佐、水産試験場の場長、県の水産公社、糸満漁協長と参事、糸満市長、農水産商工部長、商工水産課長。以上であります。



◎市民部長(上原裕常君) 伊礼哲雄議員、件名7、兼城校区のスクールバスの運行について、小項目1、その必要性についてお答えいたします。

 当該地域においては、居住当初より、子供たちの通学不便解消のため、個人の有償バスを利用しておりましたが、陳情にもありましたとおり、自家用自動車の有償運送の許可の対象となるものは地方公共団体とすることになり、従来の個人による有償運送ができなくなりました。御質問の武富地域スクールバスの運行の必要性については、従来からの利便性を確保するとの意味からは必要だと感じております。これまで個人の運送で利便を図ってもらっていた児童生徒には不便をおかけすることになりますが、当該地域を運行している路線バスを活用していただきたいというふうに考えております。

 2点目に、関係者からの陳情に対する回答についてでございます。

 平成14年12月18日付、武富ハイツ自治会長、兼城小学校PTA武富ハイツ支部長、兼城中学校PTA武富ハイツ支部長から連名での要請があり、願者へ、平成15年3月6日付で回答したところであります。願者からの要請は、道路運送法第80条の規定に基づいて、市が国土交通大臣の許可を受けて個人に有償運送を委託することにより、当該区域の児童の通学に供するバスの運行を継続したいとの趣旨と理解しておりますが、次の3点により、願意にこたえることができませんでした。まず1点目ですけれども、本市は、去る8月30日の糸満市バス対策会議において、糸満市民の生活交通を確保する観点から、平成15年度も補助金制度による路線バスの運行方針を決定しております。したがって、当面、経営上のリスクを負うなど新たな財源を伴う自家用自動車の有償運送の運営方針を実施する段階ではありません。2点目に、願意により、市が許可を受けた場合でも、実質的には名義貸しの形態となり、同法の趣旨に逸脱することになります。3点目に、さらに許可に付する条件には、当該運送区域において路線バス等が開通したときは、本許可を失効するという条項があり、同法はあくまで、過疎地域における地域住民の足を確保するための規定であることから、武富ハイツ経由の路線バスが運行している現状では、陸運事務所長への許可申請自体厳しいものと思慮されます。以上のことを願者へ回答しております。



◎建設部長(国吉真光君) 伊礼哲雄議員の件名8、市道喜屋武岬線の拡幅整備について、小項目1、現況認識についてお答えいたします。

 当該道路の現状は、議員御指摘のとおり、狭隘で路面の状態が悪い部分もあり、利用者に対し御迷惑をおかけしていることは十分認識しております。

 次に、小項目2の整備の意思についてでありますが、御承知のとおり、本市においては、現在、平和の道実現に向け、全力で取り組んでいるところであり、平和の道が当該市道を補完するものと考えております。

 小項目3、意思があればその時期を明確についてでありますが、当該道路周辺での土地改良事業の推移及び平和の道整備事業実現のめど等を見極めながら検討していきたいと考えております。

 続きまして、件名9、市道座波阿波根線の整備事業について、小項目1、進捗状況と今後の課題についてお答えいたします。

 進捗状況は、平成14年度末で工事費85パーセント、用地補償費96パーセントで、総事業費で93パーセントとなっております。今後の課題についてでありますが、本路線は、今年度が最終年度となっており、まだ用地交渉が6件交渉中であり、事業完了に向けて頑張ってまいります。また、県道那覇糸満線の交差点部分が五差路交差点となっているため、車の流れが悪い状況であります。その解消に向けて関係機関と調整してまいります。



◆26番(伊礼哲雄君) 先に、近いところからやりたいと思いますが、建設部長、先ほど市道喜屋武岬線の件ですけれども、今後の対応するメニューとしては、平和の道で補完をするんだとか、あるいは土地改良事業を見極めながらということですけれども、それはそれぞれいつになりますか。



◎建設部長(国吉真光君) お答えいたします。

 時期については、まだ見通しが立っておりません。



◆26番(伊礼哲雄君) 市長は、私が演壇で申し上げましたように、未整備のために糸満市民ですらなかなか向こうに出向かないということで、新聞で大きく、大々的に報じられていました。私はこの道路が例の大学院大学の誘致に向けて大きな、こちらに来なかった一因になっていると認識もしますけれども、いかがですか。



◎市長(山里朝盛君) 私は、そのことはたしかに申し上げました。それは平和の道という構想をぜひ実現したいということを前提にしておりまして、今のこの市道のことの拡幅を前提にしての話ではありません。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前11時35分)

(再開宣告午前11時35分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) 確かにこの地域には、大学院大学を誘致するためのアクセス道路ということは必要な道でございます。そのことについて、私どもは、平和の道をつくることによって、アクセス道路になるものだという考えでありました。



◆26番(伊礼哲雄君) 市長、大学院大学は、こちらに誘致されるとしたら、時期はいつになっていたんでしょうか。



◎市長(山里朝盛君) 時期等については、これは国のことですから、今から十分わかりません。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前11時36分)

(再開宣告午前11時38分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆26番(伊礼哲雄君) 糸満市長は、大学院大学を喜屋武地域に、南部一体となって取り組んだ。しかしながら、糸満市長は、大学院大学がいつ着工されるかという見通しについても一切知らないで、このような取り組みをしたということは、私は糸満市民の一人として大きな恥であります。こんなことで大学院大学が糸満市の方にほんとに来るんでしょうか。調べれば簡単な話です。だからこそ、平和の道もいつになるかわからないということを言っているんです。この道のアクセス道路が整備されないからここに来るはずがないんじゃないでしょうか。ヘリコプターで向こうまで行くんですか、あれだけでこぼこ道をあれだけの有識者の方。そして、選考委員でしょうか、検討委員でしょうか、こっち現場を視察する際に、喜屋武地域を通らないで、美化センターでやっている。この道路が大きな原因ではないでしょうか、お答え下さい。



◎市長(山里朝盛君) 説明の多くは確かに美化センターを利用いたしました。ただ、現地へ入りたいということで、この位置からこうなりますということで、喜屋武の方からも実際に、現場を踏襲したこともあります。



◆26番(伊礼哲雄君) この件で、時間を割くのももったいないです。あきれて物が言えません。質問を再開する気にもなりません、この件に関しては。

 武富地域のスクールバスの運行についてでありますが、3点、部長は理由を述べられました。1点目は、新たな財源を伴うので実施する段階にないということで言われています。その糸満市のバス対策会議のメンバーを教えて下さい。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前11時40分)

(再開宣告午前11時41分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) バス対策会議のメンバーということですけれども、全員で11名おりまして、助役、それから市民部長、市民生活課長、企画財政課長、社会福祉課長、教育委員会学校教育課長、糸満市商工会代表、糸満市区長会代表、糸満市PTA連合会代表、糸満市婦人連合会代表、糸満市老人クラブ連合会代表となっております。



◆26番(伊礼哲雄君) そのメンバーにどのような資料を提示されたんですか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前11時42分)

(再開宣告午前11時42分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 答弁させていただきます。

 スクールバスの件につきましては、バス対策会議の中において協議はしておりません。



◆26番(伊礼哲雄君) 新たな財源とはどういうことですか。



◎市民部長(上原裕常君) 新たな財源というのはどういったことかという御質問ですけれども、要請の趣旨が、市の方で許可を受けて委託させてくれということですので、当然委託する費用として発生するということでございます。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前11時43分)

(再開宣告午前11時46分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 新たな財源についてということで御質問ですけれども、収入としても見込めるんではないかというお話でしたけれども、当然こちらの方も経営主体として運営していく上においては、あちらの方から料金収入という形は入ってくるかもわかりませんけれども、それ以外にもいろんな経費が発生する可能性が十分あります。そういった意味で新たな財源を伴うと、そういった意味も含めての話でございます。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前11時46分)

(再開宣告午前11時47分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆26番(伊礼哲雄君) 新たな財源が伴うということですけれども、その財源の内訳について教えて下さい。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前11時47分)

(再開宣告午前11時47分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 新たな財源の内容を答弁してくれということでございますけれども、新たな財源の詳細な内容までは検討をしておりません。



◆26番(伊礼哲雄君) 詳細はやっていないということですが、大まかにはやったんでしょうか。



◎市民部長(上原裕常君) 一般的に、保険料、それから車の維持経費等々が発生するんではないかという考え方は持っております。



◆26番(伊礼哲雄君) その陳情を受けたのはいつですか。



◎市民部長(上原裕常君) 陳情を受けた日付は、先ほども申し上げましたけれども、平成14年12月18日付でございます。



◆26番(伊礼哲雄君) 回答書はいつでしょうか。



◎市民部長(上原裕常君) 回答した日付は、平成15年3月6日付でございます。



◆26番(伊礼哲雄君) 糸満市は、陳情とか要請に対して回答する期日を要綱で定めてあると思うんですが、どのスパンですか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前11時50分)

(再開宣告午前11時50分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 陳情処理要綱で1カ月ということになっております。



◆26番(伊礼哲雄君) 皆さんは、1カ月で十分検討することができないということで、こうして3カ月にわたって経過をしながら出しているということで、私は善意で受けとめたかったんですけれども、しかしながら3カ月間何も検討されていないということじゃないですか。待つ側としては、どんな心境で待っているか、業務の怠慢じゃないですか。市民サービスの観点というのは、常に市民というのを意識して対応しないといけないんじゃないですか、どうですか。市長、この方については、市長の認識をお伺いします。



◎市長(山里朝盛君) 迅速に対応するということは大事なことだと思っております。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前11時51分)

(再開宣告午前11時52分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆26番(伊礼哲雄君) 皆さんは、財源がないということなんですけれども、財源はあるんですよ。東風平町では5台やっています。そして、1台につき地方交付税で措置されるのが年間500万円でありますけれども、理解しておりますでしょうか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前11時52分)

(再開宣告午後0時12分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 先ほどの再質問にお答えいたします。

 普通交付税の小学校費及び中学校費の経費の中におきまして、スクールバス、ボート数の報告はございます。それで普通交付税の数値を一応試算してみますと、約500万円程度になります。



◆26番(伊礼哲雄君) 今、試算の中で500万円と、まさにそのとおりなんですよ。東風平町は5台運行しておりますけれども、1台につき500万円ずつ地方交付税で措置されて下りてくるんです。そして乗車賃がある、料金があります。そこでもって運営できているんですよ。ここら辺のところも皆さんは判断材料としてやったんでしょうか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時13分)

(再開宣告午後0時14分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) それについて検討したかという御質問ですけれども、それについては検討しておりません。



◆26番(伊礼哲雄君) 市長にお伺いします、2点簡潔にお伺いします。

 まず、糸満市の要綱に基づいて1カ月以内に、陳情が出ればやるということです。それが3カ月経過しました。このことについての市長の見解と今、財源が伴うということの回答書を得ていますけれども、財源については、一切検討していないということ、交付税で500万円あるのに、このことについて市長の見解をお伺いします。



◎市長(山里朝盛君) 確かに、陳情要請を受けてから1カ月は経過しております。3月6日にしか回答をしておりませんから。それはおくれたことはおわび申し上げます。

 次に、財源のことでございますが、この武富ハイツの置かれた位置は、今の通常のバス路線に入っている区域だということが大きいわけです。そのことで、私はそういう地域には有償運送は適用されないということの回答を受けておりますから、したがって、交付税もないものだと思っております。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時15分)

(再開宣告午後0時17分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) 財源について、十分に対応していないのではないかということでございますが、私どもの検討としては、これは交付税の対象になる場所ではないという判断で、三つの回答をした次第でございます。



◆26番(伊礼哲雄君) 役所は陸運事務所を訪ねていますか。



◎市民部長(上原裕常君) 陸運事務所に行ったかということでございますけれども、伺っております。



◆26番(伊礼哲雄君) 我々も長嶺一男議員と一緒に陸運事務所に行きました。そして有償バスを運行しているところ、地方自治体がやっているところを回って財源も調べてきました。だからこそ、裏打ちされていると言っているんです。陸運事務所は、係る3点目については、実施する市町村が主体的であれば対応できるということを言明しているんですけれども、いかがですか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時18分)

(再開宣告午後0時25分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 伊礼議員の再質問にお答えいたします。

 質問の趣旨としては、事業実施主体が市の場合は、許可が得られるんじゃないかというお話が陸運事務所の方であったということですけれども、確かに、今我々陸運事務所の方におじゃまして、そちらの方で話を伺っている中で、そういった質問はしておりませんけれども、ただ、あちらの方から出ている要請の趣旨が、先ほどもちょっと申し上げましたけれども、個人に有償運送を委託することにより、当該区域の児童の通学に供するバスの運行を継続したいということでの趣旨ですので、そういった意味からすれば、実質的に名義貸しになるというようなことで、その観点から陸運事務所の方で話を聞いてきております。以上です。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時26分)

(再開宣告午後0時28分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆26番(伊礼哲雄君) 議員の皆さんも、あるいはモニターや傍聴席で見られている市民の皆様も、当局の対応というんでしょうか、あるいは認識というんでしょうか、日ごろの行政の対応の仕方というものをかいま見たのではないでしょうか。いかに不誠実で、市民サービスを提供しようという積極的な意識が全くかけらもない。しっかり勉強もしてこない、こんな認識で行政運営をこれからされたのではたまったものではないと、こういうことを私は感じます。このことについて、逐一るる質問しようと思ったんですけれども、時間の都合で、これにてこの分についてはとりあえず終了したいと思います。

 次、宜野湾市長選挙に伴う、市長及び後援会役員の逮捕、判決についてでありますが、市長は、宜野湾市長選に絡む一連の違法献金事件に関して、沖縄タイムスにコメントを寄せています。沖縄タイムスは、10市首長にやっておりますけれども、「企業献金は選挙に必要か」という問いに、10名の市長の中で糸満市長だけ「関係法規に照らして、適法行為による献金は必要」ということを言明しています。ちなみに、お隣の豊見城市長、金城豊明市長は、不必要ということで答えています。その理由は、企業との癒着防止と金のかからない選挙につながると理由を述べております。平良市の伊志嶺市長は、利益誘導につながらないためにも不必要だということを述べております。市長は、どのようにしてこういう見解を持たれたのでしょうか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時30分)

(再開宣告午後0時31分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) ただいまの件は、去る2月10日に、沖縄タイムスからの問い合わせでございます。企業献金についてそうは思わないということでありましたが、私は、選挙にかかわる者は、関係法規を正しく理解する上で、有権者及び企業関係者の協力も関係法規を遵守すべきであるということで、これは思わないということを答えております。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時31分)

(再開宣告午後0時33分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) 先ほどもお答えしましたが、選挙にかかわる者は、関係法規を正しく理解の上、有権者及び企業関係者への協力も関係法規を遵守してやるべきだということで、そう思わないということで答えました。



◆26番(伊礼哲雄君) 必要ということだということでやったということですけれども、それから、市長は、企業からの献金を政党支部などを迂回して受け取ることも、これも適法行為であればよいということで答えております。糸満市長だけです。ちなみに、石垣市の大濱市長は、禁止すべきとしています。沖縄市の仲宗根市長は、法の趣旨に反すると述べているんです。市長は、これらのものに関して、適法であれば何でもありということでしょうか、これが法に抵触しなければ、法をつくる、必要とするならば、法の趣旨があるわけです、それに反してもいいということですか。いかがですか。



◎市長(山里朝盛君) 法の趣旨に反するということでは、私は申し上げておりません。適法行為であればよいということで答えました。



◆26番(伊礼哲雄君) 琉大の教授で、江上教授という方が言っているんですけれども、「法の趣旨破綻、全面禁止すべき」ということなんですね。政党に限って、企業献金が受けられるということで、各県の政党支部が企業献金の受け皿になっている。これはまさに、法の抜け道で、法の趣旨に破綻しているということを言っているんですよ。そのことについての市長の見識を伺っているわけです。よろしく。



◎市長(山里朝盛君) これは、規正法関係のことでございますから、関係法規に照らして、合法であればよいということで答えたんです。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時36分)

(再開宣告午後0時36分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆26番(伊礼哲雄君) 市長のこうしたものに関しての見識について、本当に常識や良識を持っているのかなということで、疑問を抱かざるを得ないわけであります。

 本市もとかく、市長選挙をする際には、業者選挙ということで、市内はもとより市外からもやゆされていますけれども、本市のこの間の市長選挙のあり方についてどのような見解を持っておられますか。



◎市長(山里朝盛君) 今までの選挙は確かにそういう傾向がありました。平成12年3月以降ということになりますと、これは大分今後は変わっていくものだと思っております。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時37分)

(再開宣告午後0時38分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) 選挙は、市民のためにやっております。私はそのような意味で答えています。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時38分)

(再開宣告午後0時39分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) 過去の選挙の経緯でございますが、確かにこの場で何回となく指摘がありましたように、その選挙が何か業者を中心に動いているんではないかと誤解を受ける趣旨もあったに思います。ただ、本来選挙というのは、市長選挙というのは、市民のためにやるべきものだと私は認識しています。



◆26番(伊礼哲雄君) お集まりの皆さんの頭では理解できても、私の頭では理解ができないんですが、質問にあまり答えていない。

 市長、市長の就任1周年、2周年の祝賀会のときに、業者と市職員が中心になって取り組んでいるさまを私は見てきたんです。そして指名業者の社長らが、入り口の方で誘導しているさまを見てきたんですが、これについてどのような認識を持ち、見解を持ち、そして今後どのように対応されるのかお伺いいたします。



◎市長(山里朝盛君) 業者ということは私はないと思います。私は2周年までの行事はいたしましたが、これからの行事を営むに当たっては、公明正大に行っていきたいと思います。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時41分)

(再開宣告午後0時41分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆9番(長嶺一男君) とっても活気があって、いい議会ではないでしょうか。そういう議論は大いに結構だというふうに私は思います。皆さん御承知のとおり、きのうは、全戦没者追悼式が本市の摩文仁において行われました。さすがに、きょうの朝刊は、きのうの追悼式関連の記事で多くの紙面を割いております。そして、追悼式に先んじて、21日には、本市のボランティア清掃、平和の礎の清掃がありました。私も家内と一緒に参加いたしました。その平和の礎を拭き清めながら自分の身内の名前を見まして、思わず涙が込み上げてきました。実は、私の母方の祖父、そして母の弟、つまり私の叔父二人、戦死です。3名の名前も刻まれております。そして家内の側の叔父を含めていとこたち7名の名前も刻まれております。その他、親族あるいはシマンチュのたくさんの名前が刻まれておりました。戦争って本当にむごいことだなと、不戦の誓いを新たにしたところであります。そして、清掃が終わりましてから、平和祈念資料館に行きました。別の用事もありましたので、足早に回るつもりであったんですけれども、ある1枚の写真の前で私は足をくぎづけにされてしまいました。どういう写真だったかといいますと、「少年兵か?」ということで、特定はできていないんでしょう。少年兵の文字の後にクエスチョンマークがついた写真であります。軍服姿で、丸坊主で、本当にあどけない、私から見ますとまさに少年兵に間違いないだろうと思われるような、二人の少年に対して、米兵が何か尋ねているような1枚の写真であります。そのときに、私の叔父、二中1年のとき学徒徴兵されまして、通信隊に配属されておったようでありますけれども、戦死しております。南部に敗走している途中で家族に会いに来たようであります。そのときに、祖父は、この戦は勝ち目はないからもう行くなと必死にとめたようでありますけれども、叔父は大和魂がそれではいかんだろうというようなことで、制止を振り切って出て行ったきり、結局戻ってこなかったわけですね、要するに戦死しているわけです。どこでどういう死に方をしたんだろうと、特に祖母が気にしておりました、昭和63年になって、死に場所、死にざまは確認できました。本当に戦争ってむごいものだなと改めて痛感させられました。そして、毎年この時期に行われている戦没者追悼式、恒例行事で終わらせてはいかん、二度と戦争をしないんだという気持ちを持って、今後とも実施されるべきだというふうに私は思います。

 さて、前置きがちょっと長くなりましたが、一般質問に入ります。

 まず件名1、饒波川の整備と溝原橋のかけかえについてであります。

 本件につきましては、去る3月定例会に続いて二度目の質問であります。この件につきましては、平成13年3月定例会で他の議員が取り上げていましたし、また、本員も平成14年3月定例会で質問をしております。過去2回の定例会における答弁からしまして、当局は、特に老朽化が著しい溝原橋の現状と早期かけかえの必要性は十分認識されているものと受けとめられます。したがいまして、現状説明は割愛しますが、平成13年3月定例会から1年3カ月が経過しようとしている今日、県との調整の経過と今後の見通しについて、再び答弁を求めるものであります。時系列的に、具体的な答弁をお願いします。

 次に、件名2、児童・生徒の災害共済給付制度についてであります。

 本制度は、公立の幼、小、中、高校の園児、児童生徒を対象にした通園、通学中を含め、園や学校におけるけがや疾病の際、一定の範囲内の医療費や見舞金を給付する、いわゆる互助制度であります。ところで、2001年度までの過去5年間の県内の給付率は、全国平均の3分の1程度で推移している状況のようであります。このような低率の実態の原因は、同制度の浸透度合いの弱さが影響しているのではないかと、関係機関はそういう見方をしていると新聞は報じております。そこでお尋ねします。

 本市においては、同制度がどの程度活用されているのか答弁を求めます。

 さて次は、件名3、成年後見制度について質問をいたします。

 同制度は、痴呆症や知的障害、あるいは精神障害が理由で、判断能力が不十分な人に対して、財産管理や介護、または施設入所の契約を保護する支援制度といわれています。制度の趣旨からして、早目の実施が強く望まれるわけでありますけれども、残念ながら県内市町村の取り組みが鈍く、関係者から批判の声が上がっているとの新聞報道があります。本市においては、一年以上も前から、同制度をスタートするための要綱の策定に向けた調査研究がなされているとのことでありますが、現在の進捗状況を尋ねるものであります。実施予定時期も含めてお答え願います。

 以上、本席からの質問はこれで終わります。あとは、自席から再質問をいたします。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時52分)

(再開宣告午後2時03分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) 長嶺一男議員の御質問、件名3、成年後見制度について、本市の取り組みについてお答えいたします。

 成年後見制度は、介護保険サービス等の利用の観点から、痴呆高齢者や精神障害者及び知的障害者の方々が、成年後見人を必要とする事態になったとき、身寄りがない場合など、当事者による申し立てが期待できない状況にある者について、市町村長が本人の保護を図るため、家庭裁判所へ申し立てを行うこととしております。このため、糸満市成年後見制度に基づく市長の申し立てに関する要綱の制定に向けて、昨年10月ごろから資料収集や関係課で要綱案づくり等の作業を進めてきましたが、現在、要綱案を作成し、具体的な手続きや予算の検討を進めているところであります。今後、早い時期の実施に向けて取り組んでまいります。

 そのほかの御質問につきましては、教育長を初め、担当部長より答弁をさせます。



◎教育長(金城政安君) 長嶺一男議員の件名2、児童・生徒の災害共済給付制度についてお答えいたします。

 日本体育・学校健康センターの災害共済給付制度は、学校の管理下における児童生徒の災害について、児童生徒の保護者に対して災害共済給付を行うものであります。給付対象は、学校の管理下のもと、学校が編成した教育課程に基づく授業や児童生徒の通常の通学経路及び方法による事故等で療養に要した費用が5,000円以上を対象としております。平成13年度の糸満市教育委員会の給付率は4.34パーセント、沖縄県3.07パーセント、1件当たりの給付額は糸満市教育委員会1万2,803円、沖縄県1万2,847円となっており、糸満市においては、給付率は県平均を上回っております。ちなみに、平成14年度の糸満市の小中学校における病院治療を要した件数は358件となっており、そのうち平成15年3月までに申請された件数は322件で、対象者の89.9パーセントが災害共済給付の申請をしており、請求率は高いものだと思われます。申請は、事故発生後2カ年までとなっていることから、校長会等を通して、学校職員への災害給付制度の周知と保護者への周知を十分に行いたいと考えております。



◎建設部長(国吉真光君) 長嶺一男議員の件名1、饒波川の整備と溝原橋のかけかえについて、小項目1、県との調整の経過と今後の見通しはについてお答えいたします。

 平成15年3月定例会後の4月28日開催の平成15年度県・市町村行政連絡会議においても、溝原橋、饒波川の整備についてと題しまして要請いたしておりますが、現在河川課と調整中であります。この件に対し確認を求めたところ、補助事業での採択が可能かどうか、可能であれば溝原橋まで一気に採択するか、段階的に採択するか、検討中であるとのことであります。溝原橋の老朽化の問題につきましては、ある土木コンサルタントから溝原橋設計企画書を本市に提供していただいておりますが、これによりますと、橋梁の現状は、主けた及び橋台とも損傷や劣化は見られないとなっており、著しく老朽化しているとは考えておりません。しかしながら、欄干の損傷につきましては、当局も認識しており、できるだけ早い時期での補修を考えております。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後2時09分)

(再開宣告午後2時11分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆9番(長嶺一男君) 通告表の順で再質問をいたします。

 まず、饒波川の整備と溝原橋のかけかえについてでありますけれども、ただいま建設部長は、4月28日の県・市町村行政連絡会議の中で取り上げたという説明がありました。その件につきましては、私も確認はしております。先日、別件で市長にお会いしたときも、3月定例会の約束、約束というよりは、そうするつもりでおるということを言っておられたんですけれども、確かに、そうしていただいたということで、私はお礼を申し上げたところであります。その中身まで、私は持っておりますけれども、そして、橋そのものについては、あるコンサルタントに調査してもらったということなんですか。要するに耐久度というんですか、その検査をやってもらったということなのか、そしてそのコンサルタントはどこなのか、その辺まで答弁をお願いします。



◎建設部長(国吉真光君) お答えいたします。

 その企画書でございますが、我々にそういう案がございますという企画書を出してもらっているところです。いつかと申し上げますと、これは平成14年4月に出していただいております。詳細な写真もつけてもらいまして、調査結果を報告していただいております。それとコンサルタント名につきましては、控えさせて下さい。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後2時14分)

(再開宣告午後2時14分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎建設部長(国吉真光君) 先ほどの御質問に再度答弁させていただきます。

 企画書の中身でございますけれども、まず、報告としまして、主けたにつきましては、上下部工一体のラーメン構造形式である。側面のみから判断する限り、特に大きな損傷や劣化は見られない。橋台でございます、主けたと同様に大きな損傷や劣化は見られないが、小さなひび割れが見られる。橋面、高欄は場所打ちのコンクリートであるが、損傷や劣化が非常に厳しい状態であり、安全上も問題がある。舗装については、わだちが水たまりとなっている。耐久度調査ということではございません。以上です。



◆9番(長嶺一男君) 建設部長から答弁していただいた内容、企画書なるものは、特に耐久度調査ではないと。ないけれども、その報告書からすると、まだまだ大丈夫だというふうな認識を持っているのかどうか、その辺確認させて下さい。



◎建設部長(国吉真光君) 構造物については、頑丈でございますが、欄干について問題があるということでございます。



◆9番(長嶺一男君) 問題がある箇所については、どうするつもりでおるのか、答えて下さい。



◎建設部長(国吉真光君) この件に関しましては、議員も先ほどおっしゃっておりましたように、市長からも、市町村行政連絡会議の方に取り上げてもらって、県の方にやってもらうように働きかけていますということでございます。



◆9番(長嶺一男君) 時期的にいつごろになるのか、見通しは持っておりますか、いかがですか。



◎建設部長(国吉真光君) お答えいたします。

 時期につきましては、見通しはありません。



◆9番(長嶺一男君) 欄干の傷み具合については、以前から皆さんよく承知していることでありますけれども、橋全体のかけかえについては、まだ先でも構わないかなというふうな思いがあるんですが、欄干部分については、どうするつもりでいますか。時期を明示して下さい。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後2時19分)

(再開宣告午後2時19分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎建設部長(国吉真光君) お答えいたします。

 予算を伴いますので、時期については、明確な回答はできませんけれども、先ほど申し上げましたように、早い時期に取り組みたいと思います。



◆9番(長嶺一男君) 欄干部分の補修については、ただいまの答弁に私は大きな期待を持って待っております。いつまでも予算云々言うんじゃなくて、本当に付近住民が心配していると、ついては早期の改善を私は強く要求しておきます。

 さて、河川課は私も二度ほど行ってまいりました。奥村議員は報得橋のそれもありまして、二人して二回ほど河川課に行ってきましたけれども、私たちは勉強させて下さいということで行ってきました。本当に県の課長以下4名の方が懇切丁寧にいろいろ教えていただいたわけですけれども、今後もそういう形でいろいろ勉強していきたいなというふうに思っているところであります。

 その中で知り得たことでありますけれども、現在、県が持っている事業からしますと、平成19年度までというふうになっておりますね。そして一部については、県の単独事業として、とっくに済んでいる部分があるんですね、これはその後、現地で、これまでは車から見た程度でしたけれども、今度は川沿いを歩いて確認いたしました。そうしましたら、溝原橋から下流側、直線距離にしまして約300メートルぐらいありますけれども、そこに平成10年1月にできた立派な橋があるんですね。直線距離にして300メートル、溝原ゆがふう橋というふうに命名されております。そのちょっと先までは、きれいに整備されております。したがって、結局は溝原橋を境にして、上流側については、皆さん御承知のとおり、農林土木事務所の事業で拡幅整備がなされておりますね。下流側は今私が話した県の単独事業で整備されているんです。まさしく現状は、4月28日の南部地区から出されている饒波川の整備、その理由で皆さん表現している、いわゆるボトルネックの状態なんです。上としては広くて、橋のところそのもので絞りとられている感じになっているんですね。これ確認していますか、わかっていますか。となりますと、今県が持っている事業、平成19年度までの、それが済んでからの補助事業の採択となりますと、かなり先になってしまうと心配されるんですね。ですから、私はこのように提案したいと思いますけれども、上流側、下流側、いずれも県の事業でやった、その関係で橋のところで本当にああいうふうになっているという現実があるわけですから、角度を変えて、河川の整備じゃなくて、橋そのもののかけかえを要請していったらどうだろうかなというふうに思っておりますけれども、当局の、私の提案に対する考え方をお聞かせ下さい。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後2時24分)

(再開宣告午後2時25分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎建設部長(国吉真光君) お答えいたします。

 橋梁のみの整備を先にやったらどうかというようなことでございますけれども、この件につきましては、そういうメニューがあるかどうか、探してみて、検討したいと思います。



◆9番(長嶺一男君) ぜひ、そういう角度からの解決ということも念頭にしてやっていただきたい。そして、今私に対する答弁については、後でまたチェックしますので、そのつもりでひとつ誠意をもって取り組んでいただきたいというふうに思います。そして、これも早目に。それがだめであれば、少なくとも欄干部分の補修を先に済ませておくと。そして市民の不安を除去するということをぜひやっていただきたいというふうに思います。

 去る19日、一般質問の2日目でございますけれども、台風6号の影響だったんでしょうか。19日深夜あたりからかなりの雨が降っておりますね。気象台へ確認しましたら、19日の13時ごろまでに31ミリを超すような降雨量だったというふうなことなんですね、大きな雨がありました。私は、水かさがどうなのか、あるいは流れはスムーズなんだろうかと確認しておきたいということで、ちょっとこの本会議を遅刻してしまいましたけれども、もちろん連絡してあります、おくれるという連絡はしております。確認してきましたら、その程度の雨では、水かさはそんなに上がりませんね。そして、流れそのものもとってもスムーズに見えたんですね。先ほど話しましたように、下流側300メートル余りについては、既に整備が済んでおります。ということで、あとは豊見城市の方で、その下は一生懸命頑張っていただくということになろうかと思います。豊見城市の方にも、お互い連携をとりながら継続した整備に向けて頑張りましょうという話もしております。そういう状況からしまして、河川整備と結びつけた橋のかけかえというのは、ちょっと可能性としては薄いかなという考えがあったので先ほど提案をさせていただいたわけです。ひとつ、頑張っていただくようにお願いをしたいと思います。

 それから、次に進みますけれども、教育委員会関係ですね、災害共済給付制度についてでありますけれども、給付申請ですけれども、その手続きですが、これいつ、だれがやっているのか。添付書類はどういうものがあるのか、その辺ちょっと教えて下さい。



◎教育委員会指導部長(上原武君) 再質問にお答えします。

 書類や請求等につきましては、養護教諭、保健室の方にその書類がございます。それについて事件、事故が発生した概要等を記入できるような形になっております。そういうことで、学級担任が書く場合もあるし、それから養護教諭が書く場合もあります。この様式については、災害報告書、これは最終的に学校長が証明するような形になっております。あと1点は、医療等の状況、この二つが申請の書類となっております。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後2時30分)

(再開宣告午後2時31分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆9番(長嶺一男君) その報告の義務化は現在ありますか、すべて学校任せになっているのかどうか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後2時31分)

(再開宣告午後2時31分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎教育委員会指導部長(上原武君) 再質問にお答えします。

 特に、報告の義務はありません。



◆9番(長嶺一男君) 平成13年度の給付率が4.34パーセントの実績ということですけれども、この4.34パーセントの率ですね、どういうふうに評価していらっしゃるのかお尋ねします。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後2時32分)

(再開宣告午後2時32分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎教育委員会指導部長(上原武君) 再質問にお答えします。

 数字的な部分だけで見ますと、かなり低そうな感じを受けるんですけれども、全国が8.97ですね。数字は議員も御存じのように、県平均が2.93なんです。それからすると糸満市においては、この給付率は上の方かと思います。これは御存じのように、金額等が5,000円以上とするという制度であって、特に3割負担ということで、小さなけが等については、ほとんど対応していないようなものが現場の現状だと思います。そういう認識で、数値的には糸満市の方は、ほかの市町村に比べると高いと思います。



◆9番(長嶺一男君) 全国平均より低めと。3分の1と私質問の中で話しましたけれども、ということです。だから低いところと比較するのではなくて、むしろ全国平均と比較してどうなのかという見方をされた方が私は妥当だというふうに思いますので、ひとつその辺の認識を持っていただきたいなということをまず申し上げておきます。なぜ、その件をお聞きしたかといいますと、要するに学校任せ、現場任せとなりますと、場合によってはこの程度ならいいだろうというふうなことで申請しないということが発生するかもしれないんです。だからこの半年ごとでもよろしいと思うんです。あるいは1年ごとでもいいと思うんです。委員会に対して現場からの報告の義務を課せば、毎年度どういう状況にあるんだなと、事故の発生状況も把握しやすいと思うんですよね。今後、そういうふうに改めていくおつもりはないかどうか。



◎教育委員会指導部長(上原武君) 再質問にお答えいたします。

 病院等に運ばれるケースについては、報告の義務をしておりますけれども、今議員がおっしゃるような形の対応については、若干課題もあろうかと思います。そういうことで、校長会や養護教諭の研修会等で、比率アップのためにぜひ努力して下さいと、知らないお父さん、お母さんもいらっしゃるので、そういうことについても随時学校が指導して下さいということで勧めていきたいと思います。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後2時37分)

(再開宣告午後2時38分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆9番(長嶺一男君) 次は、件名3、後見制度の件でありますけれども、長い時間がかかってしまっているなという感じがします。これ急いで下さいね。対象になる方が、先ほど市長が答弁されたお年寄りであるとか、あるいは弱い立場にある方ですよ、急がないといけませんよ。それをお願いしておきます。再度、質問はいたしません。

 それから、何と4月28日の県・市町村行政連絡会議は、各市町村の共通項目を含めて112件に及ぶ要望事項が出されておりますね。そういう状況の中で、そこで出したからということで安閑としていたんじゃ、これは後回しにされてしまいますよ。うんと営業に励んでいただきたいということを私は強く望みまして、一般質問を終わります。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後2時39分)

(再開宣告午後2時40分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆1番(新垣新君) お昼の大変ニーブイする時間帯ですが、大きな声で元気よく一般質問をやっていきますので、当局の皆様、先輩議員の皆様、最後の最後までよろしく聞いていただきたいと思います。

 一部訂正があります。件名1、庁舎跡地の利用について、小項目3、「福祉複合施設について」と書いてありますが、訂正して「平成13年12月定例会で述べた複合化施設並びに福祉施設複合化について」に訂正させていただきます。

 それでは、件名1から始めていきたいと思います。

 件名1、庁舎跡地の利用について。

 まずもって、山里市長に御礼を申し上げたいことがあります。今月、6月7日の町端区高干瀬振興会の集会所落成式には、お忙しい中、御臨席の栄を賜り、丁重な来賓祝辞もいただき、心から感謝を申し上げます。ありがとうございます。

 さて、市長は、落成式のごあいさつでも述べられたように、高干瀬振興会の地域住民には30年間もお世話になったので、高干瀬地域の振興発展にいろいろな観点から考えていきたいとおっしゃっておられました。そこで、件名1の庁舎跡地の利用についてお伺いしたいと思います。

 当初、32年前、市役所周辺のよい環境を求めて、他の場所よりも立地条件がよい、また市役所が目の前にあり、近くの北側には、高干瀬公園用地として予定されており、高干瀬住民は、土地代は多少高くても環境がよいという価値観で土地を求め、マイホームを新築し、定着しました。しかし現状は、高干瀬地域住民のために用意されたであろう公園用地もいつの間にか当時の市の財政が厳しいということで、高額入札希望者に対し随時切り売り処分され、高干瀬北側公園に憩いと安らぎの場を求めていた地域住民の期待は見事に裏切られました。さらには、旧北側の高干瀬集会所隣接地までもが糸満市の広報で分譲することになり、広報記事には、さすがに地域住民総出でこれ以上当局の勝手にさせないということで、集会場周辺をブロックで囲む自己防衛闘争にまで発展した経緯があります。すべては当時の市当局の財政の都合であります。また今後は、さらに国道331号バイパスの高架橋工事により、高干瀬地域の環境も悪化するのは火を見るより明らかです。地域のシンボルだった庁舎が移転し、跡地は更地のまま放置され、大雨のたびに表面の土砂が側溝に流れ、ひどい場合は、道路まで土砂が流れている現状も見られます。また、庁舎跡地の土砂が道路わきの側溝から海へ流れ、自然や環境を悪化しています。市長、庁舎跡地のかわりに来るのはとてつもない高架橋工事です。夜明けの太陽を遮り、日の出を拝めず、騒音と排気ガスに我慢を強いられることになります。このことを想像して考えた場合、その代償として早く地域住民が望ましい施設を整備してあげなければならないという気持ちはよぎりませんか。市長の前向きな誠意ある答弁をお聞かせ下さい。

 小項目1、将来の庁舎跡地利用の展望についてお聞かせ下さい。

 小項目2、公園整備事業についてお伺いいたします。

 町端区高干瀬振興会が平成14年度から市長に要請書を提出し続けるのは、公園整備が中心と、差し当たっては、跡地のあちらこちらに飛び出ている鉄筋を取り払い、地ならしをして、グランドゴルフや月見会、盆踊りが一日も早くできるように要望いたします。そんなに金をかけなくてもいいから芝生公園を整備してもらいたいということが切実な願いです。また、芝生公園整備と一緒に側溝への土どめ対策として、跡地西側にブロック塀をしてあげればよいと思いますが、どうですか。町端区高干瀬振興会の要請書では、屋根つきベンチの設置や多目的広場の整備とありますが、補助事業導入としての公園整備となるといつになるのか、気が遠くなる思いで、5年後か、10年後か全く検討がつきません。また、元気者で高齢化しつつある町端区、高干瀬役員の皆様や地域住民には待たせてはいけないと思いますので、一日も早く芝生公園の整備をお願いいたします。市長、30年間お世話になった高干瀬地域住民に何のお土産も残さずに、ほったらかして去るのは、「立つ鳥跡を濁さず」ということわざもありますが、市長、高干瀬住民や字糸満の住民の声を理解してくれませんか。芝生公園整備事業がいつになるのかお聞かせ下さい。市当局の考えをお聞かせ下さい。

 小項目3、平成13年12月定例会で述べた、複合化施設並びに福祉施設複合化について。

 私が平成13年12月定例会で述べた中央公民館の老朽化を考慮して、また、将来の少子高齢化、福祉社会を考え、字糸満住民、高干瀬住民の皆様が一番望んでいた健康増進センターを、庁舎跡地に中央公民館、文化施設等と統合し、複合することはどうでしょうか。そこで2点お伺いいたします。

 1点目には、西崎の土地開発公社跡地の願寿館で利用している字糸満の人数と利用率をお聞かせ下さい。

 2点目には、先ほど述べた中央公民館等の施設と健康増進センターと商工会、将来の高干瀬公民館の複合化を考えていくべきではないでしょうか。

 小項目4、町端区・前端区両方の高干瀬振興会と商工会、行政との協議について。

 本員が件名1、小項目1から3まで述べたように、字糸満の各区長、町端区長、前端区長、町端区、前端区両方の高干瀬住民の皆さんと商工会、行政の皆様で、将来の庁舎跡地利用を考える会として協議会を発足することはどうでしょうか、お聞かせ下さい。

 演壇では終わり、あとは自席で再質問をします。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後2時51分)

(再開宣告午後3時17分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。

 本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長いたします。



◎市長(山里朝盛君) 新垣新議員の御質問、件名1、庁舎跡地の利用について、小項目1、2につきましては、関連しますので一括してお答えいたします。

 旧庁舎跡地の土地利用につきましては、昨年、高干瀬振興会、前端区自治会、大綱引行事委員会、ハーレー行事委員会等からそれぞれ要望があり、市内部で検討した結果、公園整備事業としての計画はありませんが、商工会用地、高干瀬振興会用地を除く残地約1,000坪については、当面、地域住民が自由に活用できる多目的広場として活用する考えであります。

 残りの御質問につきましては、関係部長より答弁させます。



◎総務企画部長(山川国正君) 新垣新議員の質問にお答えいたします。

 件名1、庁舎跡地の利用について、小項目3、平成13年12月定例会で述べた複合化施設並びに福祉施設複合化についてお答えいたします。

 現在の中央公民館の機能は、今後建設予定の市民会館との複合化を考えておりまして、したがいまして、現段階では、庁舎跡地に移設配置する計画や商工会館、健康増進センター、高干瀬公民館との複合化の計画は考えておりません。

 次に、小項目4、町端区・前端区両方の高干瀬振興会と商工会、行政との協議についてお答えいたします。

 町端区・前端区両方の高干瀬振興会と商工会、行政との協議会発足については、提案でございますので、今後検討をさせていただきます。



◎市民部長(上原裕常君) 新議員の件名1、庁舎跡地の利用について、小項目3、平成13年12月定例会で述べた複合化施設並びに福祉施設複合化についてのうちの願寿館の利用状況についてお答えいたします。

 願寿館のこれまでの利用者ですけれども、平成14年11月15日から平成15年5月30日現在までの数字でございますけれども、6,891人となっております。その内訳としましては、願寿館教室で5,089人、リラクゼーションルームで670人、団体利用で370人、それと市の主催事業で762人ということになっております。御質問の地区別の利用者数についてですが、利用実態として、利用者一人一人が申請書を提出するわけではありません。願寿館教室については、登録制で、団体利用については代表者名で、そして市主催事業については、保健予防課等で利用するということで、地区別の利用者統計はとっておりません。ちなみに、運動指導を中心とする願寿館教室利用者の登録者数は、糸満地域が74人、三和地域が19人、高嶺地域が19人、兼城地域が82人、そして西崎地域が116人で、合計310人となっております。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後3時23分)

(再開宣告午後3時24分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎総務企画部長(山川国正君) お答えいたします。

 高干瀬地域に、庁舎近くにということで、当時は土地を求めてきたと。ところが途中から、特に高干瀬公園予定地が住宅地に処分されて、夢が減ったということですが、それは当時の財政事情で、一部公園予定地が住宅用地に処分されたということは我々も聞いております。以上です。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後3時25分)

(再開宣告午後3時25分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆1番(新垣新君) 先ほど、件名1の小項目1、2につきましては、関連していますので一括してお答えしますと述べましたが、旧庁舎跡地の土地利用につきましては、去年、高干瀬振興会、前端区自治会、大綱引行事委員会、ハーレー行事委員会等からのそれぞれの要望を市内部で検討した結果だと、商工会用地、高干瀬振興会用地を除く残地約1,000坪と先ほど述べていますが、内部で検討したのは何回あったんですか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後3時26分)

(再開宣告午後3時26分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎総務企画部長(山川国正君) お答えいたします。

 庁舎跡地利用についてどうするかということで協議しましたのは、財産運用委員会で、普通財産ですから、今は庁舎用地じゃなくなったわけですから、普通財産として今後どうあるべきかということで、関係課を集めまして土地利用について協議をしております。その中で、先ほど申し上げました各自治会、前端、町端ですね、それから各種団体からの要請もございましたので、それを踏まえて、今後どうあるべきかということで、関係課を集めて、たしか運用委員会で3回ほど集まった覚えがあります。そういうことで、結論から申し上げますと、各関係課ともいろんな考え方があるんですが、即事業化できるような計画はみんな持ち合わせていないわけです。そういうことも踏まえまして、今高干瀬地域中心にして、先ほど議員も言われたような多目的広場もほしいということもございましたので、当面は…、先ほど市長が当面と言ったのはその意味です。将来はいろんな形で、地域の活性化も考えて、施設をつくるにしても即事業化できるものはないので、当面は、整備をして多目的広場にしましょうということで、役所内部では当面の措置としてそういう考え方であるということを申し上げたつもりです。



◆1番(新垣新君) 総務企画部長にお伺いします。

 当面は、地域住民の憩いの場として活用できる芝生公園の整備を考えておりますとお伺いしましたが、それはいつごろなんですか。お伺いいたします。



◎総務企画部長(山川国正君) お答えいたします。

 先ほどの質問にもございましたが、今、少し跡地の方が道路よりも上がっているということで、雨が降ると周辺に土砂等の流出もあるので、早目に整備はやるべきでしょうと。また雑草等も生えてくるわけですから、そういうことで早い機会にということですが、ただ、財源が厳しい中なので、来年、新年度は整備しないといけないんじゃないかということで、市長とも相談をしております。



◆1番(新垣新君) 総務企画部長、前向きな答弁をありがとうございます。今度は建設部長にお伺いいたします。

 庁舎移転に伴い、本来ならば旧庁舎の跡地ですね、鉄筋、土砂、そういった問題を、普通はアパート引っ越すときにはきれいにして返すじゃないですか、移転するときには。これきれいになっていないですよね、ちゃんとチェックしたんだろうか、お伺いします。



◎総務企画部長(山川国正君) お答えいたします。

 鉄筋等が飛び出ているという話もありまして、担当者を行かして調べてくれということだったんですが、飛び出ているんじゃなくて、鉄筋の切れっ端等が横に寝ている程度ということで、私は報告を受けておりまして、要するに取り残しがあって鉄筋が立っているという状況ではないという報告を受けております。



◆1番(新垣新君) では、市長にお伺いいたします。

 先ほど総務企画部長が述べた、鉄筋が立ちっぱなしじゃなくて、寝ているという表現がありましたが、これは高干瀬地域住民の皆様がハンマーでたたきおろしたんですよ、土砂対策も。旧庁舎跡地からこっちの潮崎の新しい市役所へ移るときに、ここはきれいじゃないですか。去るときには、普通きれいにして返す、ある程度地域住民の意見を聞いて、普通、やさしさと気配りを持つのが行政側の対応ではないでしょうか、市長お伺いいたします。



◎市長(山里朝盛君) おっしゃるとおりです。



◆1番(新垣新君) 今後、このような手落ちがないように気をつけていただきたいと思います。

 続きまして、小項目3について再質問したいと思います。

 私が先ほど複合化と述べたことは、現在、商工会用地、町端区高干瀬振興会用地があります。そして商工会が将来南側の公園用地に建設予定地と聞いておりますが、これ建設するのかお伺いいたします。商工会を旧庁舎の南側に建設するのかお伺いいたします。



◎市長(山里朝盛君) 用地の位置づけは、そこにやっております。建設は、これは商工会の仕事です。



◆1番(新垣新君) 市長、この南側に商工会が決定するのは、もう決定と考えてよろしいんですか、もう一度お聞きしますが決定ですか、つくるのは商工会なんですが、場所です、場所。



◎市長(山里朝盛君) そのように位置づけをしてあります。



◆1番(新垣新君) 私がなぜ、現町端区高干瀬振興会用地と商工会の現用地を健康増進センター等の施設と中央公民館の老朽化を踏まえてやってほしいかということを一括して説明していきたいと思います。私、地域住民1軒1軒一人で歩いたんですよ。相当市当局は手落ちがあるんですよ。本来ならば、商工会をつくる前に、気配りとして、やさしさとして30年間お世話になった町端区高干瀬振興会に、商工会と同時にやるか、後にやるか。地域住民の声を真摯に受けとめると、前の決議ではこうやって受けとめると、受けとめて施策の具現化に特段の配慮と努力を強く要請すると。高干瀬振興会の皆さん前々からずっとやっています。本来ならばこのくらいやっていく、一緒に並行してやっていく、また、本来ならば商工会は、本来のあるべき姿は…、私は旧庁舎に商工会が来るのはうれしいです、地域が活性化する、バザーもある、喜びもある、しかし、本来ならば西崎のマチグヮーや商店街や字糸満のマチグヮーに行くのが普通常識なんです。これは市民が力強く私に行政の場で言ってこいと。じゃなければ、アリンクリンこっちに二つもつくったら困ると、場所がとられると、一つになった方がいいんじゃないかと、こういう意見があるんです、今現在。当局は、平成9年にアンケートを1回、本来ならば行政側の対応というのは、まずは1軒1軒歩いてチラシを配って、地域説明会を3回でも、5、6回でもやるのが常識なんです、気配りなんですよ。そのくらいの行政の気配りというのが…。今地域住民の皆様はさめているんですよ。例えば、町端区高干瀬振興会には若い、子供を抱える、そして糸満保育所の幼児を抱えている親の皆さんが結構多いんですよ。保育所の園長先生とも私はお会いしました。玉城和信さんの奥さんでもありますが、もしそこに公園を整備し、そしてみんなお年寄りから子供まで遊べるようになったら、子供はいいように伸びていくよと。お年寄りも現在寂しがっているんですよ。自分の孫ぐらいの子と遊ぶのがとても楽しいんですよ、一緒にヨチヨチしながら。そういったことで、市長、私は商工会の会長ともお会いしました。その中で、先ほど小項目4で述べた地域住民の皆様の意見を考慮して、これから地域振興発展のために行政と町端区振興会両方と一緒に力を合わせて頑張っていこうと。まずお互いに意見交換をしながらやっていこうと。そういった中で先ほどの小項目4の協議会ですね、協議会を発足する考えは持っていませんと…、失礼しました、検討していくと。それなのに、普通は最初からこうやっていくのが常識じゃないですか、最初から。移転の前に。どうですか、市長にお伺いします。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後3時38分)

(再開宣告午後3時39分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) 地元と前もって協議すべきだったんではないかということでございますが、確かにこのことは協議はしておりません。今、この小項目4で示してあるように、地域のことをこれから検討していくわけでございますから、そこで話し合いができればと思っています。



◆1番(新垣新君) 遅すぎます。私は、去年平成14年に、総務企画部長にこのことを述べているんです。総務企画部長は、あなたたちでやったらいいさと。こんな適当な発言、ナーナーメーの、寂しかったですよ、本当は。こうやってね、今まで困っている人が多いんですよ。この庁舎跡地周辺は、飲食店結構倒産しているの多いですよ。公設市場やあんまー魚市場もデパートができたせいであまり活気がない、だから私は総括して述べているんです。アリンクリンつくるよりも、一つになった方がいいんです。そして、一つになることによって地域住民の憩いの場が大きく保てるんです、触れ合いができるんです。狭かったら遊んではしゃぐ子供たちもいないじゃないですか、お年寄りも。どうでしょうか、総務企画部長。



◎総務企画部長(山川国正君) 要は、地域の活性化につながればいいわけですよね。私が皆さんでやってほしいというのは、地域は地域で一応は話し合いをして下さい、行政は行政でやりますよという意味で、そういう言い方をしているんですが。それで行政は、今は当面の問題としては、多目的広場にするよという答え方をしたわけですが、地域は地域で一応は話し合いをやっていただいて、行政とも、今言われたように提案がありますので、検討しますということを申し上げたわけです。これから多目的はあくまでも暫定的だということですから、本格的な施設が必要かどうかは、これから周辺住民と行政が話し合いをして決めますということで申し上げたわけです。



◆1番(新垣新君) ありがとうございます。私が述べている複合化というのは将来的なビジョンなんです。平成19年に331号バイパスができると同時にそういった努力をしていただきたい。地域のためにも、商店街の人のためにもこういった形で、旧庁舎は字糸満のシンボルだったんです。皆様、この場所にこの複合施設を設けることによって、人はわかって来るんじゃないですか、場所もわかるから簡単に、そうじゃないですか。

 それから、市民部長にお伺いします。

 現在、医療関係者の方から意見を聞きましたが、お年寄りを抱える方からの意見をお聞きしましたが、お年寄りの一部の方ですが、寂しくて病院に週2、3回も、健康なのに友達と病院に遊びに行く、また健康なのにおまけに風邪を引く、悪循環な現状があるんです。その寂しさを紛らわすためにも、字糸満に、この旧庁舎跡に、町端区と振興会、商工会、その中に健康増進センターを複合で一緒にやることはどうでしょうか。また、字糸満の65歳以上のお年寄りの人口が、高齢者数2,257名です。あと4校区、西崎、兼城、高嶺、三和と比較すると、やはり字糸満の方が多いんです。私、医療関係者の方から聞きました。医療関係者は統計をとっているみたいなんですが、字糸満には農家がないんです、ウージ農家が。そういったことで寂しいんですよね。何か、健康なんですよ、農家は。字糸満はそういった農業する場所がないじゃないですか、そういったことで統計や意見を聞いております。そこで、本市の、国保の1人当たりの療養諸費をお聞かせ下さい。また、前年度の対比と額をお聞かせ下さい。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後3時44分)

(再開宣告午後3時46分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 新垣新議員の再質問にお答えします。

 まず1点目に、健康増進センターの複合化ということですけれども、健康増進センターのイメージそのものについてはどういったイメージを持っているかはっきりしておりませんけれども、ただ、願寿館的要素の健康増進センターということであれば、先ほども利用状況について御説明申し上げましたけれども、確かにそういった意味では、非常に高い利用率を示しておりますので、字糸満の中にもそういった施設を我々は今後ともつくっていきたいというふうに考えております。

 それと2点目の国保の療養諸費の話ですけれども、平成13年度で1人当たり19万287円ということになっております。対前年度の率につきましては、今ちょっと手元に資料がございませんので、これで御勘弁の方お願いいたします。



◆1番(新垣新君) 福祉部長にお伺いします。

 本市の介護保険料の1人当たりの負担額は11市の中で1番と聞いておりますが、また全国でも上位に入ると、その中で市が介護保険を医療に納める給付費をお聞かせ下さい。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後3時48分)

(再開宣告午後3時48分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎福祉部長(上原悟君) お答えをいたします。

 平成15年度で28億円予定しております。



◆1番(新垣新君) そのために、健康いとまん21というのが策定されたと。私はこのマニュアル本を見て、健康いとまん21、すごくこれいいなと思います。西崎には現在ありますが、字糸満ももちろん、三和地域にも、高嶺にも、兼城にも将来つくっていただきたいんですよ、本当に。糸満市というのは国保も、老健も、介護も県内で上位に入っているんです。だから何が必要なのか、65歳以上の方が運動して、一緒に心と心触れ合って、ずっとずっと健康でいられるように、長生きできるように、特に私、お年寄りの皆様には高く敬意を表しております。戦争で、今の経済をつくってくれた先輩たちですから、今度は恩返ししていきたい。私もいつかは、親が年をとる、親にはずっと健康でいていただきたいと、これはだれがでも願う気持ち。そういった形で市民の気持ちに立って私は述べております。そういう方向でどうか、総務企画部長、商工会と健康増進センターと将来の高瀬、両方の公民館を複合してくれないか、考えてくれないか、前向きに検討してくれないかお伺いいたします。



◎総務企画部長(山川国正君) お答えいたします。

 複合施設につきましては、先ほども申し上げたんですが、今高瀬、あるいは前端、町端区からいろんな要望がございます。健康増進センターであるとか、あるいは歴史資料館とか、いろんな要望がございます。だからさっき、これ申し上げたのはその辺があるわけです。いろんな考え方があるので、行政もこれからそういった地域の振興策になるものを何があるか検討させてほしいということであります。その一環として、今言われる複合施設も視野に入れて、先ほど中央公民館、勤労体育センターの老朽化の話もありました。そういったもろもろを含めて今後検討させてほしいということであります。



◆1番(新垣新君) 最後に、市長の決意をお伺いしたいと思います。

 旧庁舎跡地は字糸満、糸満市民の皆様が昔は市役所があったとわかるんです。そしてその周辺には経済、仕事をして飯を食っている方もいる。そしてその字糸満にはお年寄りも多い、65歳以上が2,257名。私はローカルとグローバルを述べているんです、ローカルといえば地域、グローバルというのは幅広く、糸満市の全体をこういうふうに考えたらどうかと。あそこには経済のまちがあるんです。古いのを残さないといけないんです。新しいのは新しいのでつくって、古いのは守らなければいけないんです。あそこは歴史と文化があるんです、糸満市の。親は三和チュですけれども、私は糸満チュです。そういった気持ちを考慮していただきたい、心の底から。そしてもう1回協議会で再検討していただきたい。本当に地域住民みんなで集まって、こうやってみんないっぱい集めて説明会を3回ぐらいやっていただきたい。市長、決意をお聞かせ下さい。



◎市長(山里朝盛君) 庁舎移転に当たりまして、この場所に移るに当たっては議会からの附帯事項もございます。それも含めて、この庁舎跡地利用については、これからも十分検討していきます。



◆22番(菊地君子君) 一般質問に入る前に、きのうは慰霊の日でありました。改めて憲法第9条、平和憲法の重みを受けとめるとともに、平和の発信地としての本市の平和行政を推進していく必要性を痛感したところであります。しかし、本市の第3次糸満市総合計画実施計画の平成15年から17年度までに平和都市づくりのための平和の推進事業計画が全くないというのは悲しい限りであります。

 それでは、一般質問に順次入っていきます。

 大項目1、介護保険について質問いたします。

 2001年10月から第1号被保険者の保険料の満額徴収が行われ、保険料や利用料の減免や制度改善の要求がますます切実なものになっています。介護を社会全体で支え、家族の介護負担をなくし、介護サービスも選べるようになると導入された制度であります。しかし、実際にはさまざまな矛盾が全国で噴き出しています。2000年10月から65歳以上の第1号保険料の徴収開始で、市民の皆さんから苦情や不満が殺到しました。翌2001年10月からこの保険料が倍になり、やはり苦情や不満が殺到しました。もう長生きしたくないという訴えまでありました。そして今年度の大幅な引き上げです。介護保険に対する市民の支持は大きく揺らいでいます。厚生労働省の調査でも、当初の半額だった保険料ですら負担感が大きいと感じている人は44パーセントに上りました。また、厚生労働省の平成12年度介護保険事業状況報告(年報)によると、年金から天引きされない普通徴収の収納率は2000年度は92.8パーセントでした。この2000年度というのは、特別措置で10月までは保険料の徴収がありませんでした。しかも、10月からの徴収も半額でした。それでありながら92.8パーセントですから、満額徴収の現在はさらに低下しているものと思われます。本市においても、普通徴収の滞納が生じており、既に1割を超えております。そこで順次お伺いいたします。

 小項目1、介護保険料の月平均5,680円は、市民の生活実態に合っているかどうか。

 小項目2、保険料の減免は、所得階層第1段階も対象にするべきであると思います。この段階の滞納が深刻なわけですから、市長の御見解を求めます。

 小項目3、介護保険法第142条では、保険料の減免を行うことができるとされています。三原則にとらわれない市独自の減免が必要だと思うが、市長の御答弁を求めます。

 件名2、国民健康保険について。

 国民健康保険税は、高すぎて払えないという市民の訴えが相次いでいます。保険税はどんどん引き上げられ、特に低所得者の負担が重くなっています。政府は95年度に国保税の中に占める応益割の割合を高めることを促進するという改悪を強行しました。法定減額での2割減額の新設は、低所得者の負担が増大するという国民の批判をかわすために、政府が取り入れたものであります。これは一定の改善策のように見えますが、これを実施できる自治体は、国保税全体の中に占める応益割の比率を45パーセント以上55パーセント未満へと高めた自治体に限るという厳しい条件がつけられています。もともと法定減額制度は、国保税がどんどん高くなり、特に低所得者の苦しみが増す中で、国民と日本共産党議員団を先頭にした運動により生まれたものであります。しかし、各自治体で法定減額制度の改定を理由にして、各自治体で応益割の引き上げが進められ、応益割の1人当たりや世帯当たりの金額を2割も3割も引き上げさせながら、減額率はわずかに引き上げるというやり方を地方に押しつけています。また、国保税の減免については、ほかに申請減免の制度があります。本市においても、そのための減免取扱基準が我が党の要求により策定をされております。ところが、申請減免について、豊見城市で年間約150件実施しているのに対し、本市においてはわずか2ないし3件という実態で、減免のための減免取扱基準はほとんど活用されておりません。ないに等しい状況です。そこで伺います。

 小項目1、申請減免について。

 減免取扱基準では、失業や病気等で収入が大幅に減った場合、どのように減免するとなっていますか。

 小項目2、収納率を上げるための対策について、昨年どのような対策をとり、今後どのような対策を講じますか。

 小項目3、医療費の抑制について認識を伺います。

 市民健診が有料になり、受診率が低下していますが、この状況は医療費の抑制にどのような影響があると思われますか。

 小項目4、国保税の引き上げの凍結について。

 税収の落ち込みでもわかるように、市民所得が減る中で引き上げるべきではないと思いますが、これについて答弁を求めます。

 件名3、庁舎跡地利用について、小項目1、アンケート調査の必要性について。

 旧庁舎は、全市民が利用しやすい立地条件に恵まれたところにありました。その利便性を生かして全市民が利用しやすい施設、庁舎移転後、周辺商店街等の衰退が激しいことから、集客能力の高い施設を建設するべきだと思います。跡地利用について、全市民対象のアンケート調査が必要だと考えますが、市長の答弁を求めます。

 件名4、障害者支援費制度について質問いたします。

 自治体職員の桂木志保氏は、障害者支援費制度について、財政や理念ばかりが先行し、利用者不在、そして担当する市町村の実情無視で進められた介護保険の轍は踏むまい、そう心に決めてまだ行く末の混沌とした障害者支援費制度にこの1年間取り組んできました。しかし、振り返れば決意とは裏腹に障害者の選択と決定を尊重する利用者本位のはずの支援費制度が、介護保険同様、理念倒れとやゆされる状況にあることは現実です、と述べております。本市においては、制度における相談や情報収集の窓口となる支援センターの予算すら十分に確保されていないという厳しい状況でのスタートとなっています。市の体制はどうでしょうか。身体障害者福祉法等では、市町村が第一義的に障害者の相談に応じ、情報提供をすることを規定しているほか、サービス利用についてのあっせん、調整、要請を行うことも規定しています。この機能は、介護保険制度における介護支援専門員と同じです。いわゆるケアマネージャーと同じ役割であり、市の相談支援の体制整備は重要です。支援費制度は、障害者福祉における行政責任を保持しながらも、福祉サービス利用について利用者の選択や決定を尊重するシステムとして導入されたものです。各種サービスが選べるとした介護保険と同様であります、そこで伺います。

 小項目1、在宅、施設サービスとも受け皿は十分でしょうか。各サービスについて御答弁を求めます。

 小項目2、費用の利用者負担分について。負担感はないか、また今後調査する必要があると思うがどうか。

 小項目3、支援センター、役所の担当等、支援体制は十分かどうか、以上について答弁を求めます。

 あとは、自席から再質問を行います。



◎市長(山里朝盛君) 菊地君子議員の御質問、件名1、介護保険について、小項目1から3まで、順次お答えいたします。

 小項目1、月5,680円は、市民の生活実態に合っているかということでございますが、本市の基準額5,680円は、全国でも2位ということからしますと、厳しい額であると認識しております。

 小項目2、保険料の減免は、所得階層第1段階も対象にするべきだと思うが、ということですが、議員も御承知のとおり、第1段階については、減免ではなく、全額免除ということになり、その免除した分の費用を確保するためには、1号被保険者の保険料をさらに引き上げることになり、介護保険制度の趣旨からいたしまして、好ましくなく、免除については考えておりません。

 小項目3、減免に対する三原則にとらわれないようにということでございますが、三原則と申しますのは、一つ、保険料の全額免除、二つ、収入のみに着目した一律の減免、三つ、保険料減免に対する一般財源からの繰り入れは適当でない、というのが三原則でございます。三原則を遵守しつつ、十分検討した上で第1段階に近い、2段階層の軽減策を実施いたします。

 そのほかの御質問につきましては、順次、担当部長より答弁をさせます。



◎市民部長(上原裕常君) 菊地君子議員の件名2、国民健康保健について、小項目1、申請減免についてお答えいたします。

 国民健康保険税の申請減免については、糸満市国民健康保険税条例第13条第1項において、「市長は、次の各号の一に該当する者のうち特に必要があると認められる者に対し、保険税を減免する」とし、第1号に「天災その他に類する災害により保険税の納付が困難である者」第2号で、「その他特別の事情がある者」とされています。そこで第2号の適用を受けて減免する際の運用基準として、国民健康保険税減免取扱基準が設けられております。御質問の失業や病気等で収入が大幅に減った場合に、取扱基準ではどのようになっているかとのことですが、前年中の世帯合計所得の10分の7以下に減少すると認められ、かつ600万円以下である場合に、世帯合計所得金額階層別に所得の減少程度に応じてそれぞれ減免する率が定められております。ただし、申請減免については、地方税法第717条を根拠規定とするものであり、その運用に当たっては、徴収猶予、換価猶予、納期限の延長等を行ってもなお納税が困難であると認められるような担税力の薄弱な者を対象として、慎重に取り扱う旨の逐条解説がなされています。したがいまして、国民健康保険税減免取扱基準については、その趣旨を尊重し、運用していきたいと考えています。

 小項目2、収納率を上げるための対策はという御質問ですけれども、収納率向上の基本は、課税された税額を納期内及び年度内にいかに納付していただくかにあります。平成14年度においては、広報活動や口座振替の推進を行い、滞納者に対しては、督促状や催告書により早期納付を促すほか、電話による納付催告、臨戸等、面談による納付催告をふやしてまいりました。広報活動については、毎期ごとに広報車で街頭広報をするほか、庁舎敷地内に設置した電光掲示板により納期の周知を図ってまいりました。また、毎年11月には、沖縄県、県国保連合会、南部地域の各市町村合同で街頭パレードを実施し、早期納付を呼びかけてまいりました。未納者に対しては、督促状や催告書等による納付のお願いをしておりますが、なお納付に応じない滞納者については、やむなく滞納処分を実施しています。これまで国民健康保険税では、差し押さえ及び換価等の滞納処分は実施しておりませんでしたが、平成14年4月1日の機構改革により、国保とその他の市税等の納付部門の統合がなされた後は、国民健康保険税の滞納者も滞納処分を執行してまいりました。平成15年度においても、前年度同様な対策を講じてまいりますが、特に収納率向上には、滞納処分は不可欠であり、今後とも強化してまいりたいと考えております。

 小項目3、医療費抑制についての認識についてお答えいたします。

 基本健診の有料化は、平成10年度から実施しました。平成9年度以前の受診率は35パーセント台で推移してきましたが、平成10年度から13年度の間は27パーセントから28パーセントと、比較して7ポイントから8ポイント落ち込んでおります。それに対して、国民健康保険1人当たりの療養諸費の伸び率は、平成7年度から平成9年度までの間は4パーセントから9パーセントで推移しておりますが、平成10年度と11年度は1パーセントから4パーセントと伸び率が鈍化しております。この状況からすると、特に有料化の影響があるものとは思われません。

 小項目4、国保税引き上げの凍結についてお答えいたします。

 今回、引き上げの理由として、保険給付費の増額、所得基準額の落ち込み及び平成14年度決算に赤字が生じたことによるものであります。本市においては、平成9年度以降税率の改正を控えてきましたが、本来ならば独立採算で運営しなければならない特別会計にもかかわらず、毎年一般会計から赤字補てんとして過去6年間、10億4,800万円の繰り入れをしてきました。しかし、その一般会計の財政状況も年々厳しくなる一方であるため、今回税率の改正に踏み切ったわけであります。なお、今回の税率の改正に当たっては、他市の状況や1人当たりの調定額など、比較検討の上決定したものでありますので、御理解を賜りますようお願い申し上げます。



◎総務企画部長(山川国正君) 菊地君子議員の御質問にお答えをいたします。

 件名3、庁舎跡地利用について、小項目1、アンケート調査の必要性についてお答えいたします。

 庁舎跡地利用については、平成9年に建設部市街地開発課が行った庁舎跡地利用計画についてのアンケート調査報告の中で、公共施設で一番高い要望があったのは、15.6パーセントで健康増進センターでありました。次に、14.1パーセントの同率で公園と多目的広場であり、合計で28.2パーセントとなっていました。また、平成10年に、商工会より商工会館建設用地の確保についての要請があり、庁内検討会議で検討した結果、市庁舎跡地が適地であると決定した経緯があります。さらに、平成14年4月から7月にかけて、地元の高干瀬振興会、前端区自治会、大綱引行事委員会、ハーレー行事委員会の各団体からそれぞれの要望があり、公有財産管理運用委員会において審議した結果、市役所跡地利用につきましては、商工会用地として600坪、高干瀬振興会集会場用地として40坪、残りの用地約1,000坪につきましては、地域住民が有効的に活用できる多目的広場として位置づけ、活用する予定であると回答しております。

 よって、地域住民の要請、要望等を拝聴しており、住民の声を反映した跡地利用と思っております。したがいまして、今のところ新たな市庁舎跡地のアンケート調査は、必要ないのではないかと考えています。



◎福祉部長(上原悟君) 菊地君子議員の御質問、件名4、支援費制度について、小項目1、在宅、施設サービスとも受け皿は十分か、小項目2、費用の利用者負担分について、小項目3、支援体制は十分かについて、順次お答えをいたします。

 まず小項目1、在宅、施設サービスとも受け皿は十分かについてお答えをいたします。各サービスについてでございます。

 支援費制度の対象サービスは、議員のおっしゃるように大きく二つに分けられます。一つは、施設訓練等支援を行う施設サービスと、二つ目には、居宅生活支援を行う居宅サービスでございます。また、これらのサービスは、身体障害者、知的障害者及び障害児関係の三つの法令に規定される関係の支援が対象となります。

 身体障害者関係についてでありますが、施設サービスも居宅サービスも、従来の措置及び委託事業と利用者はさほど変更がなく、特に支援費制度移行による事業の運営に支障はないものと考えております。次に、知的障害者関係についても施設サービスと居宅サービスに従来と変化がなく、むしろサービスをする事業者がふえたことで、利用者にとってプラスになると考えており、十分対応可能と考えております。障害児関係についてでありますが、この事業は、支援費制度になって市町村におりてきた事業であります。本年から糸満がじゅまる児童センターがデイサービス支援事業として行っている状況でありますが、これは従来、障害児通園事業として、エンゼルが行っておりました事業でありますが、今後も利用者に不便がないように、関係機関、事業所と連携をとりながら事業を進めていきたいと考えております。

 以上が、糸満市における各サービスごとの支援費制度の受け皿の状況でありますが、さらに利用者が安心して制度を利用し、将来にわたって安定して運営されていくためにも、情報の提供や相談の窓口を糸満市障害者生活支援センター、それから障害児地域療育等支援センター、これはみなみの里でございます。身体障害者相談員及び知的障害者相談員等とも連携を図りながら、体制機能の充実を期していきたいというふうに考えております。

 次に、小項目2、費用の利用者負担分について、負担感はないか、また今後調査する必要はないかについてお答えをいたします。

 まず、負担感はないかについてでありますが、利用者本人、あるいは扶養義務者の負担額の算定は、厚生労働大臣が定める基準による取り扱いとなっております。したがいまして、収入に応じて、いわゆる負担能力内の階層により利用者の負担額が決定されるものでありますので、応分の負担と考えております。また、今後調査する必要はないかについてでありますが、新規、それから毎年実施をしております費用改定時に負担額算定の基準に基づき、負担額の決定を行っておりますので、もし、利用者から負担額について不服や疑義がある場合においては、適正を期すため、調査だけではなく、認定についてもその都度対応してまいりたいと考えております。

 次に、小項目3、支援センター、役所の担当等、支援体制は十分かについてお答えをいたします。

 支援センターにつきましては、平成14年10月からスタートをし、嘱託員1名、臨時職員1名の2名体制で運営しているところでありますが、これまでの運営内容や他市状況も勘案しながら、適正な体制を確立していきたいと考えております。役所の体制につきましては、担当3名と担当係長の4名で行っております。

 支援費制度の円滑運営を図るため、専用の管理システムの導入も行っておりますが、制度発足間もないこともあり、現状では厳しい状況ではありますが、支援センターとも連携を密にしながら、同制度が円滑に運営されるよう努めてまいりたいと考えております。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後4時20分)

(再開宣告午後4時27分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) 先ほどの私の答弁に間違いがありましたので、訂正いたします。

 小項目2、保険料の減免は、所得階層第1段階も対象にすべきだと思うが市長の見解は、についてでありますが、議員御承知のとおり、第1段階については、減額ではなく、全額免除ということになり、その免除した分の費用を確保するためには、1号被保険者の保険料をさらに引き上げることになり、介護保険制度の趣旨からして好ましくなく、減額も減免についても考えておりません。



◆22番(菊地君子君) それでは、再質問を行います。

 まず、支援費制度についてであります。支援体制は十分かということで私伺ったんですけれども、例えば、身障の窓口で昨年12月に、浴室の段差解消の申請をしたんですね。ところが、実際に段差解消の工事をやられたのは5月、約半年も待たされているわけです。その理由が何なのかということで調べたところ、支援費制度の導入に追われてそれどころじゃなかったということなんですよ。このこれは、確かに支援センターも含めて、役所の窓口の担当者も合わせて、この相談に今後は乗っていかないといかないわけです。いわゆる介護支援センターと同じようなケアマネージャーみたいな役割も、または支援専門職員のような仕事も窓口の人が担わなければいけないという状況になるわけです。であれば、この体制については、強化が必要だと思うんですが。答弁求めます。



◎福祉部長(上原悟君) お答えをいたします。

 議員がおっしゃるとおり、支援費制度の移行に伴って、その準備ということで相当厳しい日程をこなしてまいりました。その中で、今言った申請から5カ月もかかっているという状況もございますが、今後こういった支援費制度については落ちついてきておりますので、その中でまた状況等も踏まえながら、職員の体制についても考えていきたいと、そういうふうに考えております。



◆22番(菊地君子君) 体制も考えていくということでありますが、例えば今年に入っても支援費制度、障害者の申し込みをしても、これもなかなか時間がかかるという状況なんですよ。体制について、障害者の皆さんは申請をすればいつサービスが受けられるかということで、大変心待ちにしているわけですよ。不自由な思いをしながら。ですからこれについてはすぐに対応ができるような状況をつくるべきじゃないでしょうか、そういう形でこの体制を考えていくというふうに解釈してよろしいんでしょうか。



◎福祉部長(上原悟君) お答えをいたします。

 現在、障害者支援センターについても人員が足りないということで、その分についても対応しようということで今考えておりますので、そこと連携もしながら、うちの方の体制も強化していきたいと考えております。



◆22番(菊地君子君) 体制も強化していきたいということですが、大体どのくらいをめどにしているんでしょうか。



◎福祉部長(上原悟君) 9月で補正をしていきたいというふうに考えております。



◆22番(菊地君子君) 9月の補正で考えていくということですので、ぜひ、障害者の皆さんがサービスを受けるに当たって、申請に当たって支障がないようにやっていただきたいということを強調しておきたいと思います。

 それから、庁舎跡地利用についてですけれども、アンケート調査について必要がないということですが、前の庁舎移転のときに附帯決議が付されました。そのときに、市民の要求をよく聞いてほしいということで、あのときは議論が巻き起こったわけですよ。現在でも市民の中には、利便性の高い地域に役所はあったわけですので、その跡地に利便性を生かして、周辺商店街がどんどん衰退していくという中では、どうしても集客能力が高い、そして全市民が利用しやすいような、そういう施設が今求められているわけです。先ほどの議員からの質問もありましたけれども、市民はそういうことを要求しているわけですね。ところが、皆さんは違う方向に進もうとしている。例えば、商工会については、今、西崎とか旧市街地にも空き店舗は幾らでもあるわけですよ。そういうところも活用すれば私はいいんじゃないかと思うんですが。まず、このアンケート調査の必要性について、もう一度全市民を対象にしたアンケート調査をする必要があると思うんですが、もう一度このことについて伺います。



◎総務企画部長(山川国正君) 全市民を対象にしてのアンケート調査をやるべきじゃないかということでありますが、このアンケート調査、先ほど答弁しましたのは、平成9年に市街地開発課がやったときの調査等を先ほど申し上げたんですが、一番多いのが公園、多目的ということで、これは対象が町端、前端の2地区の1,201世帯に配って、郵送で返事をしてもらうということでアンケート調査した結果なんですが、これが先ほど申し上げましたように28パーセント、一番希望者が多かったと、多目的、公園的利用ですね。そういうものと、あと高瀬区民に対して独自に調査したアンケートもあります。これやったのは、この資料では定かじゃないんですが、結果を見ますと、高瀬周辺の住民が望んでいるのは、一番目に多いのが健康増進センターの56パーセント、それから多目的広場が44パーセント、市民交流センターが21パーセントというふうに、全体的に周辺住民は大体そういった意向を示しているということがあるわけですよ。そういうことでは、私は先ほど、今はそれほど調査する必要はないんじゃないかと。大体周辺住民の考えはそういった考えを持っているんじゃないかという意味で調査は必要ないんじゃないかと申し上げたんですが。全体の、地域の活性化を考えての施設づくりの場合は、アンケートはまたそのときはそのときで必要じゃないのかなということは感じがします。



◆22番(菊地君子君) この庁舎跡地については、全市民的な問題だと思うんですよ。全市民が一番利用しやすい場所にあるのが庁舎跡地なんです。しかも周辺の商店街が本当に衰退していく一方だと、公設市場の方も本当に客数が減ったと、もう人の流れそのものが変わったという訴えなんですよね。そういうときに役所は、地方自治法にもありますよ、住民の暮らし、営業を守る、これは地方自治の果たすべき役割じゃないですか。そういうことからすれば、やっぱり集客能力の高い施設を私はここに持ってくるべきだということで、現在そうなっていないので、だからこそアンケート調査を再度やって、増進センターみたいな集客力の高い施設をということで主張したいと思っているんです。

 時間がありませんので、次、国民健康保険に移ります。

 申請減免についてでありますけれども、この間、皆さんがやっていますね、この申請減免をやっても却下する、その不承認の理由の中に、預金額が基準以上で担税力があると判断されたためと答えているのがあるわけですよ。ここでいう、担税力というのは、基準の中の、条文の中のどこに出てきますか。



◎市民部長(上原裕常君) 取扱基準の中において、担税力という表現が出てくるかという御質問ですけれども、取扱基準の中には出てきません。ただし、先ほども申し上げましたように、申請減免につきましては、地方税法第717条を根拠規定としておりますし、さらに、この取扱基準の基本的な考え方の中にも、担税力の考え方を示されております。



◆22番(菊地君子君) それじゃあ伺いますが、皆さんが言う預金額が基準以上でと、預金額の基準とは幾らですか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後4時39分)

(再開宣告午後4時53分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 再質問にお答えいたします。

 預貯金が200万円以上ある分についてどうなのかという御質問ですけれども…。我々が担税力を判断する一つの目安として、国税徴収法施行令第34条の方に、差押禁止財産の範囲というのが示されております。この基本的な考えとしては、その金額を下回るようであれば、生活に困窮するわけですから、その分については差し押さえをすることはできませんということが、その考え方として示されています。したがいまして、我々はその差押禁止財産の範囲を一応採用しまして、それを目安に担税力の部分については判断していますということでございます。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後4時55分)

(再開宣告午後5時02分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 判定会議は、一応5月8日に行われております。



◆22番(菊地君子君) 私、この件で役所の窓口を伺ったのは6月ですよ。その時点で皆さんは基準がないと、それでは恣意的な判断になるんじゃないのかということで私指摘しました。それでも基準はないという説明を受けたんですよ。6月に入ってそういう説明を受けたんです。そのときにそういうふうな話をしておいて、後でこれができたと。皆さんが、このケースの場合、わかりますよね、このケース。看護学校に行くために、3年間の学費のつもりで一生懸命貯めたお金。それを担税力があるということで却下されているんですね。しかも本土から引っ越してきて。この糸満市では人生設計も立てられないのかという訴えですよ。しかも、預貯金の調査をするのに、滞納者でもないのに同意書もなくて調査をしている。皆さんがいう預金額が、じゃあこのケースの場合は預金額が基準以上でと、幾ら以上が担税力があるというふうに判断するわけですか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時04分)

(再開宣告午後5時05分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 金額は、一応159万6,000円でございます。



◆22番(菊地君子君) それからね、皆さん先ほどから国税法、地方税法いろいろ出してきております。このケースについて、預貯金の調査をしておりますけれども、同意書なしでできるという法的な根拠はどこにありますか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時06分)

(再開宣告午後5時06分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 調査の法的根拠はということですけれども、地方税法の第733条の4、法定外目的税に係る徴税吏員の質問検査権というのがあります。その中において、納税義務者又は納税義務があると認められる者については調査することができるということがありますし、さらに国民健康保険法第113条の2に、市町村は、被保険者の資格、保険給付及び保険料に関し必要があると認めるときは、被保険者若しくは被保険者の属する世帯の世帯主の資産若しくは収入の状況につき、郵便局その他の官公署に対し、必要な書類の閲覧若しくは資料の提供を求め、又は銀行、信託会社その他の機関若しくは被保険者の雇用主その他の関係者に報告を求めることができる、ということになっております。それに基づきまして一応調査したわけです。



◆22番(菊地君子君) じゃあ、伺いますが、国税徴収法の第141条、質問及び検査についてはどのように認識しますか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時08分)

(再開宣告午後5時09分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 国税徴収法の第141条についてどうなっているかという御質問ですけれども、第141条では、徴収職員は、滞納処分のため滞納者の財産を調査する必要があるときは、という形になってございます。



◆22番(菊地君子君) そのときに認められる範囲内について、次に挙げるものに対し調査ができるというふうになっているんですよ、滞納者なんですよ。申請減免するのは滞納ですか、申請減免中の、滞納者扱いですか。そういう調査をするということでしょうか。私が聞いているのは滞納者についてじゃないんですよ、申請減免をしている者に、無断で、今個人情報保護法がとても大事に言われている、プライバシーの保護が言われているときにですよ。そういうときに、同意書も得ないで勝手に調査をするということ、とんでもないことですよ。この141条に反しますよ。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時10分)

(再開宣告午後5時11分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 確かに国税徴収法の第141条では、滞納者という形で限定されておりますけれども、先ほど申し上げましたように、我々、地方税法第733条の4、それから国民健康保険法第113条の2において、調査権限がうたわれておりますので、それに基づいて実施したということです。



◆22番(菊地君子君) 都合がいいときには、地方税法、国保税法とあちこちいきますけれども、国税徴収法でうたわれているんですよ、滞納者と限ると。それを破ってそういうことをやっているんですよ。皆さん、その都度その都度法の解釈をしますけれども、地方税法の中でもこういう申請減免のときにもやっていいということが実際にうたわれていますか。そして皆さんがつくっている国民健康保険税減免取扱基準の中に、どこにその調査をすると書いてあるんですか。こういうことも減免のあれになるとなっていないですよね。基準の中のどこにそれがありますか、条文のどこにありますか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時12分)

(再開宣告午後5時14分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 調査権限を取扱基準の中に明示しているかという御質問ですけれども、明示はされておりません。



◆22番(菊地君子君) この取扱基準は、本来国保の申請減免をしたいと言っても基準が全くないと。窓口の対応でその都度その都度ケースバイケースでやりますということで、今まで答弁があったんですよ。それで私、この取扱基準を役所の窓口で、しっかり、だれもがこの基準表に沿って減免の対象になるならないということで、各個人の、相談を受ける側の恣意の範囲で減免にするしないということが決定されないように、きちんと基準をつくるべきであるということで議会で取り上げて、皆さんつくったわけですよ。そこの中にどこにもないにもかかわらず、皆さんの態度はこれまで、申請減免をさせないでおこうと、できるだけさせないでおこうと、こういう姿勢がありありなんですよ。だから、この取扱基準のどこにもないようなことをやる、なぜ基準の中にないようなことをやらなくちゃいけないんですか。この基準は本来何のための基準ですか。これ先ほど言っていましたね、病気で働けない、失業の場合も対象になりますと。ところがその場合、皆さんは家屋敷があったら対象にしないと言っているんですよ、申請減免の。いいですか、居住権は憲法でも認められているんですよ、生活保護法の中でも居住権認められているんですよ。この居住権すら否定をするということを言っているわけです。家屋敷があれば申請減免の対象にしません。たとえ所得がない、失業して収入が全くない、預貯金もない、そのときに申請減免に来たらどうしますかということを聞いたんです、私窓口で。そうしたら皆さん、家屋敷があったら対象になりませんということをはっきり言っているわけですよ。こういう居住権も認めないんでしょうか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時17分)

(再開宣告午後5時17分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) 居住権は認めます。



◆22番(菊地君子君) それでは、今まで窓口でそういうふうに対応してきたということは間違いであるというふうに認識しますか、確認します。



◎市民部長(上原裕常君) 我々は国保税という税を取り扱っていますので、地方税法の精神にのっとって、担税力という立場から判断していきたいというふうに考えています。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時18分)

(再開宣告午後5時20分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆22番(菊地君子君) 担税力の問題でやり合っていても時間がなくなりますので。ところで、伺います。今年は滞納繰越分について、収納対策室はどういうふうな対策をとっていきますか。どのくらいの収入予定でしょうか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時20分)

(再開宣告午後5時21分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 滞納対策について平成15年度どのようにやるかという御質問ですけれども、基本的には、先ほど申し上げましたように広報活動、あるいは振りかえの推進などを行いまして、未納者を減らすということとあわせて、基本となる部分につきましては、滞納処分を強化していきたいというふうに考えています。それと金額の件ですけれども、今金額については、まだ持ち合わせておりません。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時22分)

(再開宣告午後5時22分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆22番(菊地君子君) 皆さん、滞納繰越分も徴収するんですよね、滞納処分もするということで昨年強化してきました。昨年、この国保について滞納処分をしたのは何件ありますか。金額とあわせて答えて下さい。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時22分)

(再開宣告午後5時23分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 滞納処分の実績ですけれども、まず不動産差し押さえが2件、預貯金の取り立てが22件、電話加入権公売が3件、国税還付金の差し押さえが19件、強制競売交付要求が2件でございます。それで未納税に充当した金額につきましては391万3,000円でございます。



◆22番(菊地君子君) 滞納処分の対策は今後もやっていくんですよね。それで当初予算に出されているのはたしか6,900万…、約7,000万円近くの滞納繰越分について徴収をするということで皆さん予算立てていますね。当初予算の説明では、皆さんは収納率92パーセントとしています。今度の税引き上げの中の説明では、算定基準の説明の中では、90パーセントにしています、これどうしてでしょうか。



◎市民部長(上原裕常君) 徴収率の違いについてということですけれども、基本的に国保税は6月で課税されます。それにあわせて一般会計からの繰り入れ等々の調整がありますので、それで6月の段階で、最終的な予算を確定いたします。そうしますと、結局当初予算の段階では、そういった数字がはっきりしておりませんので、実際に歳出する額と国庫金の特定財源、それを差し引いた額を便宜上国保税に積み上げているということです。便宜上積み上げているわけですけれども、そのときに一応目安として徴収率を92パーセントという形で設定しました。しかし、現実的な話として、6月の段階で今回90パーセントという形で設定しておりますけれども、現在の徴収率の状況が過去5カ年見てもあまり芳しくないということで、大体87、8パーセントで推移してございます。そういった意味で今回6月で最終補正をする段階において、90パーセントという形で徴収率を設定しました。以上です。



◆22番(菊地君子君) 介護保険についても、先ほど市長は、全国で2番目に高いということで、厳しいということをおっしゃっていましたね。国保税と介護保険と合わせて払うわけですよ。ほんとに皆さん厳しいわけです。そもそも試算調定額が当初予算の説明のときより、これ低くなっているのはどうしてでしょうか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時27分)

(再開宣告午後5時27分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 試算調定額が当初予算で計上した調定額より低いのはなぜかという御質問ですけれども、今回この試算調定額につきましては、基本的に平成15年度の収入ですね、前年度の収入の数字が出ておりますので、それで現行の税率で計算し直したということでやった場合に、調定額として上がってくるのは、現行の税率であれば11億8,000万円しか上がりませんということです。ですから当然、当初予算の段階では、先ほど申し上げましたように、便宜上差し引きの分ですね、税の方に積み上げているということで、その数字そのものはまだ確定しておりません。したがいまして、そういった差が出ているということであります。



◆22番(菊地君子君) 今、委員会の説明の中でも皆さんおっしゃっていました。税収は所得の低下によるもの、これ大きいと。いいですか、市民所得が低くなる、この平成15年度に国保税を引き上げる、このことについて市長どういうふうに考えますか。市民所得は低くなるんですよ。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時29分)

(再開宣告午後5時30分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) 糸満市の総所得金額の状況を見ますと、平成12年から平成15年まで変動はないんです。そういう状況にあります。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時31分)

(再開宣告午後5時31分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 先ほども市長の方から糸満市民の所得金額について答弁がありましたけれども、大体毎年410億円台で動いております。今回、我々、条例を説明する中において、説明申し上げたのは、所得基準額が落ち込むということで説明したつもりです。その所得基準額が落ち込むのはなぜかということですけれども、今まで譲渡所得につきましては、それもストレートに課税されておりました。しかし、今回から譲渡所得につきましては、特別控除の適用を受けますので、その分が落ち込んできたと。それで所得基準額そのものが落ち込むという形になっています。



◆22番(菊地君子君) 国が法律を改正するという中でこういう事態が起きているわけですよ。地方に全部負担を押しつけるという国のやり方にも問題があると思うんですけれども。いいですか、皆さんは今度の引き上げで約7,000万円の赤字が出ると、この分をどうしても市民負担にしないといけないということで説明があったわけですけれども、それは間違いはないわけですよね。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時33分)

(再開宣告午後5時33分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 今回、改正の理由として、保険給付費の増額、それから先ほど申し上げました所得基準額の落ち込みが直接的な原因でございます。ただし、平成14年度も実質的に赤字になっておりますので、背景としてそういったものがありますので、今回税率を改正するということになっております。



◆22番(菊地君子君) 税率を改正するとどのくらいの増になるわけですか、税収。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時34分)

(再開宣告午後5時35分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 今回の税率改正で幾らふえるかということですけれども、現行税率と比較しますと、11億8,000万円と12億5,000万円ということで、約7,000万円ほどふえます。



◆22番(菊地君子君) ちなみに、たしか去年の滞納繰越分の徴収が5,698万円だったと思います。6,000万円にはちょっと足りないんですが、5,600万円から5,700万円、これ間違いないことだというふうに思うんですけれども。これですね、今年皆さん、当初予算で6,956万3,000円、これ滞納繰越で入れているわけですよ、予定。毎年決算にも入ってきているわけです。ところが、今度の税率試算の中には、市民に7,000万円の負担をやるけれども、滞納繰越分の徴収はどういうふうにやるわけですか、これでゼロということですか。この滞納繰越分で皆さんが当初予算で立てた計画どおりきちんとやれば、約7,000万円、何も税率改正しなくてもできるということなんじゃないでしょうか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時36分)

(再開宣告午後5時37分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 今回ふえる分とそれから滞繰分の数字がほぼ一致しているんですけれども、偶然に。我々は、滞繰分は滞繰分として従来どおり徴収していきたいと考えていますし、その7,000万円を徴収すればその分の負担、税率を改正しなくてもいいんじゃないかという御質問ですけれども、委員会の中でも説明申し上げましたように、今回の税率改正でも約1億7,200万円は不足が生じるということでございます。したがいまして、結局、滞繰分がそのまま徴収されたところで、不足分の解消にはならないという結果になります。



◆22番(菊地君子君) 市民生活を絶対顧みていない、実態を見ていないということを私強く言いたいんです。皆さんが出している金額ですね、当初予算の中ではしっかりと滞納繰越分の徴収を4億6,375万5,000円掛ける15パーセント、6,956万3,000円の滞納繰越をやると、これはしっかりと収入見込みの中にうたわれているんですよ。これは今回入らないわけですか、この試算でいくと。ですから、国保税を引き上げるためにこの滞納繰越分のことについては一切触れない。この不足額について1億7,000万円、一般会計から繰り入れるわけですよ。約7,000万円の赤字になると、この試算ではね。だからこそ調定を充ててこの1人当たりの調定、1世帯当たり引き上げるという今度の税率改正なわけですよ。ところが現実的には皆さんはこの滞納繰越分は徴収するということなんですよ。であれば繰越分を充てれば、市民生活をしっかり見るという立場でやれば上げなくていいんじゃないですか。市長、どうですか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時40分)

(再開宣告午後5時40分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) 今、糸満市の負担は、県内各自治体の中でも22番目だということで、どうしてももうちょっと国保税の負担をしてもらいたいというのが私どもの今回の改定のねらいでございます。そして、このように6年間で10億4,800万円の一般会計からの繰り出しということが今後も続くかというと、そうはいかないわけです。今回、値上げしてもさらに私どもは1億7,000万円は一般会計から補わなければいかんのではないかということがありますので、そういうことにおいて値上げは必要と思っております。



◆22番(菊地君子君) 地方自治の本旨は何でしょうか。住民の暮らし、福祉を守るというのがそうじゃないですか、滞納している人たちの苦しみがわかりますか、市長。保険手帳が交付されない、病院に行きたくても行けない、悲壮な実態があるんですよ。そういう中で、市民所得も低いという本市が今度国保税引き上げをする、二十何番目だから引き上げる、こういうことじゃないでしょう。市民の生活実態を見るのが市長の役割じゃないですか、生活の実態に見合っていない、高すぎて払えない、払わないのではない、高すぎて払えないというのが市民の思いなんですよ。じゃあ、市民所得は11市の中で何番目ですか。これ伺います。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時41分)

(再開宣告午後5時57分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 市民所得の順位が何番かという御質問ですけれども、沖縄県の統計課が発行しております沖縄県市町村民所得、平成12年度版ですけれども、それによりますと、11市中糸満市は10位でございます。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時58分)

(再開宣告午後5時58分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 申しわけございません。平成12年度はまだ豊見城が市の方に昇格しておりませんので、10市レベルで比較しますと、9位ということになります。



◆22番(菊地君子君) 市民所得はそういう状況にあるわけです。それで今回値上げをすると、国保税1人当たり調定額何位になるわけですか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後5時59分)

(再開宣告午後6時00分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 1人当たりの調定額は、県内で第何位になるかという御質問ですけれども、平成13年度ベースで比較してみますと、第16位になることが予想されます。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後6時00分)

(再開宣告午後6時01分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 市レベルではどうかという御質問ですけれども、平成13年度ですけれども、豊見城市を含めた場合には、6番目でございます。



◆22番(菊地君子君) 市民所得は恐らく11市になると10番目だと思うんですが、その中での国保税6番目ということについて、市長、どのように認識されますか。



◎市長(山里朝盛君) 今回、私どもがこれだけの国保税の値上げをしなければいかないのは、市民がそれだけ国保を利用しているから高くなるんです。そういう意味においては、比較は私は別だと思います。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後6時02分)

(再開宣告午後6時06分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) 今回の国保税の引き上げですが、確かに高額にはなります。ただ、今私どもはこのように一般会計から持ち出してやって維持をしているわけでございますから、今後も一般会計からの持ち出しはあるということでの考えに立って今回の値上げはするわけでございます。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後6時07分)

(再開宣告午後6時08分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆22番(菊地君子君) 市民所得が低い、そういう中で5.9パーセント引き上げることについてどう思いますか。



◎市長(山里朝盛君) やむを得ない処置だと思います。



◆22番(菊地君子君) 赤字財源は市民の責任ですか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後6時08分)

(再開宣告午後6時09分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) 市民の責任というよりは、制度上の問題。繰り上げ充用をしてもなおかつ間に合わないということで、私どもは今回踏み切るわけです。



◆22番(菊地君子君) どんどん制度を改悪してきた国に責任はないというふうに思いますか。



◎市長(山里朝盛君) この国保制度の発足当初と現在では、大幅に変わっていると思います。国のことは、これは国会で決めることでございますから、それに基づいて、私どもは糸満市内の運営をしていかなければいかないわけです。



◆22番(菊地君子君) たび重なる制度改悪による地方財政の負担についてはどう思いますか。



◎市長(山里朝盛君) 確かに今後、地方財政は交付税自体減らされているわけでございますから、厳しくなっている現状は非常に残念だと思っております。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後6時11分)

(再開宣告午後6時11分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆22番(菊地君子君) 市民所得は、11市の中でも10番目ですね、豊見城市が入っても10番目になるでしょう。そういう中で、国民健康保険税については、今度5.9パーセントも引き上げて6位になるわけです。市民の負担は大きくなるわけです。このことについて、行政の長として、地方自治の本旨からいって住民の暮らし、健康、福祉を守る、この観点が抜けていませんか。あまりにも市民に冷たいんじゃないでしょうか。そういう状況で上げる、滞納繰越分もきちんと計上すれば何も上げる必要はないんですよ。市民所得を考えたときに、市民の生活実態に見合った値上げだというふうに認識していらっしゃるんですか。もう一度伺います。



◎市長(山里朝盛君) これは何度も申し上げておりますが、今回の引き上げは、過去6年間において一般会計から10億4,800万円も持ち出していると、そういう現状にございますので、その一部を補うためにも、ぜひ国保に加入している市民の皆さんは、それぞれの税金を負担してもらいたいということが今回のお願いの趣旨でございます。



○議長(大城正行君) 以上で、一般質問を終了いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(大城正行君) 以上で、本日の会議を終了いたします。

(散会宣告午後6時13分)