議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 糸満市

平成15年第3回糸満市議会定例会会議録 06月19日−03号




平成15年第3回糸満市議会定例会会議録 − 06月19日−03号







平成15年第3回糸満市議会定例会会議録



平成15年6月19日

出席議員 27人



1番 新 垣   新 君   2番 徳 元 敏 之 君



3番 奥 田 末 吉 君   4番 上 原   勲 君



5番 賀 数 武 治 君   6番 照 屋 正 清 君



7番 前 原   晃 君   8番 奥 村 幸 巳 君



9番 長 嶺 一 男 君   10番 長 嶺   實 君



11番 喜 納 正 治 君   12番 金 城   勉 君



13番 玉 城 朗 永 君   14番 玉 城 隆 一 君



15番 東 江 光 野 君   16番 大 城 健 福 君



17番 照 屋 仁 裕 君   19番 大 城 美智子 君



20番 新 垣 安 彦 君   21番 砂 川 金次郎 君



22番 菊 地 君 子 君   23番 浦 崎   暁 君



24番 玉 城 英 明 君   25番 當 銘 孝 男 君



26番 伊 礼 哲 雄 君   27番 大 城 正 行 君





欠席議員  1人



18番 玉 城 和 信 君





 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席したものは、次のとおりである。



市  長 山 里 朝 盛 君   助  役 長 嶺 輝 一 君



収入役  上 原 健 市 君   教育長  金 城 政 安 君



                 総務企画

水道局長 仲 門 用 孝 君   部  長 山 川 国 正 君



市民部長 上 原 裕 常 君   福祉部長 上 原   悟 君



農水産商工

部  長 玉 城 一 春 君   建設部長 国 吉 真 光 君



                 教育委員会

消防長  金 城 安 秀 君   総務部長 慶留間 清 栄 君



教育委員会

指導部長 上 原   武 君





本日の議事日程

日程第1 一般質問

――――――――――――――――――――――――――――――

(開議宣告午前10時01分)



○議長(大城正行君) これより本日の会議を開きます。

――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(大城正行君)



△一般質問を行います。質問通告表により、順次質問を許します。



◆13番(玉城朗永君) おはようございます。きのうは、朝から夕方まで質問者に対する当局の答弁がかみ合わないところがありまして、議員になって初めて、2時間35分という一人の一般質問を聞かされました。そういうことで、きょうは当局と質問者がコミュニケーションが合って、スムーズに一般質問が進むよう当局にもお願いしたいと思います。

 一般質問に入る前に、夕べは台風6号が沖縄本島にも来るんじゃないかと大変心配しておりましたけれども、幸いにいたしまして、久米島の西側を通り、最大瞬間風速が27.6メートルと。ちょっと被害のあれは出ていませんけれども、八重山では約7,400万円の被害が出ているということであります。沖縄は、恵みの台風といったら悪いんですけれども、虫よけのためにもそのぐらいの風はよかったのではないかと思われます。そういうことで、農家の皆さんにとっては恵みの台風だったんじゃないかなと思われます。

 それでは、通告表に従いまして、一般質問に入らせてもらいます。

 件名1、西崎6丁目への大駐車場建設について。

 ショッパーズ糸満(ダイエー)が撤退してから早いものでもう10カ月が過ぎました。西崎ファミリー通りやその地域周辺が暗くなり、活気もなくなっています。その活気を取り戻すためにはショッパーズ糸満(ダイエー)跡の開発と大駐車場建設が大きな課題だと思います。今、西崎6丁目には市の駐車場が3カ所ありますが、残念なことにその駐車場は周囲のアパートの住民や事業所の人たちの車が駐車し、一般のお客さんの車が駐車することができない状態になっています。市の発展や地域の活性化には、大駐車場を建設し、たくさんのお客さんをこの地域に呼び戻すことが必要だと思います。2年前より、西崎ファミリー通り会や西崎大駐車場を実現する会の方々による立て看板の設置や実現に向けてのさまざまな活動が繰り広げられていますが、一向に実現されていません。大駐車場をつくり、発展している北谷町の美浜や那覇市の新都心がそのよい見本だと思いますが、大駐車場建設計画があるのか、市当局の考えをお聞かせ下さい。

 小項目1、西崎6丁目に大駐車場をつくる敷地はあるか。

 小項目2、現在の駐車場は何カ所あるか。車の駐車台数はどのくらいか。

 件名2、市民会館の建設について。

 3月定例会において、市長が、市民会館の基本設計費1,500万円の予算を計上したときは、大変喜びました。しかし、中身を聞いたときにはとても残念に思いました。専門の設計士の話によると、800名入場の市民会館は人口2万5,000人の村のつくる会館と言われ、糸満市民5万6,000人の市であれば、1,500名以上の入場ができる市民会館でなければいけないと言われました。これではあまりにも規模が小さすぎます。小さくつくれば大きく利用はできません。大きくつくればいろんな使い道があると思います。800名入場の市民会館建設であれば、私を初め、多数の議員の皆さんも反対しております。また、糸満市の市民会館を必要とする60団体の皆さんもがっかりすると思います。市の財政が厳しければ、平成18年の完成ではなく、平成20年の完成でもよいのではないでしょうか。1,500名以上の入場ができる市民会館を建設していただきたいと思いますが、市当局の考えをお聞かせ下さい。

 以上で、本席からの質問を終え、あとは自席からの再質問を行います。



◎市長(山里朝盛君) 玉城朗永議員の御質問、件名2、市民会館の建設について、小項目1、市民会館建設の基本設計についてお答えいたします。

 市民会館建設の基本設計については、平成10年度に作成報告された基本計画を踏襲した上で、基本設計に取り組んでまいります。基本計画の施設整備の基本コンセプトにおいて、施設整備方針及び施設運営方針等をもとに、市民会館建設に向けてさまざまな角度から総合的な検討が図られております。同基本計画によると、市民ホールは800席の多目的ホールと小ホールからコンパクトに構成され、施設としては延べ床面積4,000ないし4,500平方メートル程度が適当な規模とし、市民会館の計画を進めるに当たっては、市民、建設設計者、各種専門家及び行政関係者と意見交換を行い、実現に向けてよりよいものへと検討することが望ましいと結んでおります。平成15年度当初予算で、基本設計費1,500万円を措置し、その執行は同事業の規模、内容等ほとんどが決定づけられるものと認識しており、将来に悔いを残さぬよう万全な体制で臨んでまいります。御質問では、1,500席ということでございますが、そのことについてもこれから検討されるものだとは思いますが、現在の基本設計においては800席ということになっております。

 そのほかの御質問につきましては、担当部長より答弁をさせます。



◎総務企画部長(山川国正君) 玉城朗永議員の御質問にお答えいたします。

 件名1、西崎6丁目への大駐車場の建設について、小項目1、西崎6丁目に大駐車場をつくる敷地はあるか、小項目2、現在の駐車場は何カ所あるか、車の駐車台数はどのくらいかについて、順次お答えいたします。

 まず、小項目1の方でございますが、現在、西崎6丁目に大駐車場をつくる敷地は想定できません。よって大駐車場を整備する計画も現在のところございません。なお、玉城朗永議員御提案の報得川にふたをして、西崎商業地域に大駐車場をつくり、商業地…。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前10時12分)

(再開宣告午前10時12分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎総務企画部長(山川国正君) 現在の駐車場は何カ所あるか、車の駐車台数はどのくらいあるかについてお答えいたします。

 現在、西崎6丁目の商業地域内にある駐車場は、3カ所ございます。そして車の駐車台数についてでありますが、もとダイエーの北側にある駐車場が70台、もとダイエーのすぐ南側にある駐車場が60台、近隣公園の隣にある駐車場が80台で、合計台数が210台となっております。以上でございます。



◆13番(玉城朗永君) 聞き取り調査に来てから、私が再質問をしようとしているものまで答弁しようとするなんて、前代未聞ではありますけれども、その辺が部長のいいところかなと思うんですけれども。今、部長から3カ所あって、合計210台の車が駐車できると。そして、その実態を調査したことがあるかということですね、私は、先ほどその駐車場周辺のアパートの住民が駐車をし、あるいは事業所の方々が駐車し、そして一般のお客さんの駐車する場所がないと言いましたけれども、その辺は部長、調査いたしましたか。お答え願います。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前10時15分)

(再開宣告午前10時15分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎総務企画部長(山川国正君) 具体的な調査はいたしておりません。



◆13番(玉城朗永君) 私は、聞き取り調査に来たときに、大体でいいですから、車の番号を調査すれば、例えば夜1日、2日でもいいですからずっととめているんだったら、これは隣住民の車であるということがわかるだろうと思いますと。これは、これから調査をいたしまして、もし周辺アパートの人たちが駐車しているんであれば、駐車料金は取れないのか、あるいは駐車場隣の事業所の方々がそこにいつも車を駐車しているんであれば、その駐車料金も取れないのかどうか、お聞かせ下さい。



◎総務企画部長(山川国正君) お答えいたします。

 3カ所の駐車場、有料でできないかということだと思いますが、現在の目的は、さっき議員が言われたように、商店街に買い物に来られる方々のための駐車場だという位置づけでございますが、今言うように、周辺アパートの方々がとめて、独占しているところも一部あります。実態はそういうことで認識はしておりますが、有料駐車場にするかどうかについては、今後その辺も含めて農水産商工部と一緒になって検討していきたいというふうに思います。



◆13番(玉城朗永君) きのう、和信議員がショッパーズ跡地利用について、いろいろビジョンを述べておられましたけれども、やはりその跡地をいろんな形で利用するに至っても、駐車場がなければどうしようもないと。また駐車場がなければ業者も来ないということであります。先ほども言いましたけれども、やはりいい例が北谷町の美浜ではないでしょうか、そして最近では那覇の新都心。北谷町でもジャスコの前、美浜7PLEXの前なんか、もう何千台もの車がとめられる駐車場があります。我が市に至りますと、6丁目では210台しかとめられないと。しかも、その210台のうちに周辺住民が、あるいは周辺事業所の方々が無料駐車をし、そこに買い物に来るお客さんがとめられる駐車場がないということで、大変6丁目の発展を妨げているんじゃないかと。また、糸満市の中心市街地としては、その6丁目の西崎ファミリー通りや西崎通り、そこが市の中心的な役割も果たすんじゃないかなというふうに思っております。

 そこで、大駐車場建設について、部長はその大駐車場をつくる敷地がないとおっしゃいましたけれども、前に東江議員が一般質問をなさっておりますけれども、国有財産が6丁目から旧糸満にかけて、多分1,000坪か1,200坪かな、はっきり坪数はわかりませんけれどもあると思います。こういうのも国に要請し、市の財産として市に払い下げていただけないかということを国に要請したことはありますか、これをお聞かせ下さい。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前10時20分)

(再開宣告午前10時21分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎総務企画部長(山川国正君) 大駐車場の建設要請でありますが、無願埋立地と廃川敷を利用して大駐車場をということで要望あるわけですが、国の方にその要請をしたことがあるかということですが、それはやっておりません。



◆13番(玉城朗永君) この国有財産も大変長い歳月が過ぎておりますので、ぜひ、市長の方でもこれを糸満市に払い下げできないかどうかですね、再度、国に呼びかけて、何も使われていないわけですから、国としても、糸満市がぜひ糸満市に払い下げてほしいというような強い要望を繰り返せば、できるんじゃないかなと思います。ひとつ糸満市に払い下げるように努力していただきたいと思います。それと先ほど、部長が西崎町にはそういう大駐車場をつくる場所がないということでありましたので、私の方でひとつ提案を申し上げたいと思います。西崎南橋から西崎中の橋、そして西崎北大橋、長さにしますと全長約2,900メートルございます。その川幅が西崎南橋から西崎中の橋は大体50メートル、そして西崎中の橋から西崎北大橋までは65メートルという川の幅でございます。そこは県管理の川ではありますけれども、私が提言したいのは、その川にふたをして、そこを大駐車場として使えば、車が約5,800台とめられます。それだけの駐車場ができれば西崎町内の全区域の駐車場が建設されるわけであります。特に、小中学校の運動会の時などを見ますと、もう違法駐車とわかっていながら、駐車場がないから道路にとめている状態ですね。警察もそれは駐車違反とはわかっていますけれども、暗黙の了解で駐車違反を見逃していると。そういう大きな行事ですから。ぜひ、これは県に、市長を先頭に、そしてわれわれ議員団全員、そして糸満市民を網羅して要請したら、私はできるんじゃないかなと思っておりますけれども、部長の答弁はどうですか。



◎総務企画部長(山川国正君) お答えいたします。

 報得川を利用して駐車場はできないかということでございますが、御提言の報得川にふたをして西崎地域に大駐車場をつくって、商業地の活性化を図ったらどうかということだと思うんですが、大変斬新な発想でありまして、早速報得川の管理者であります沖縄県の河川課にその可能性について問い合わせをいたしておりますが、その利用は法令によって認められないということであります。それは2級河川でございまして、報得川の河川区域内に工作物を設置する場合は、河川法第24条及び第26条の規定に基づく許可が必要となります。そして河川の占用許可を行う場合、河川敷地占用許可準則が基準となり、その当該準則第7に占用許可をすることができる施設が限定されており、その中で報得川の河川の上にふたをしての駐車場の整備は認められておりません。そういうことで、無理であるということであります。ちなみに河川の地下に設置する場合は、公共駐車場は可能のようであります、地下の場合ですね。いずれにいたしましても、財政面や費用対効果の問題もあり、現在のところ整備する計画はございません。以上でございます。



◆13番(玉城朗永君) 大変後ろ向きな答弁で、人間がつくった法律でありますので、それは人間が変えることはできるわけですよ。糸満市民はどうしてもこの駐車場が必要だと、それがなければ糸満市の発展もないんだと、西崎町の発展もないんだということを、これは市当局と我々議員の皆さん、一般市民が県に押しかけて要請すれば、私は人間がつくった法律は、人間が変えることはできると思いますよ。部長、沖縄の琉歌で「成しば何事ん 成ゆる事やしが 成さん故いからどぅ 成らん定み」という、意味わかりますか、わからない。何事でもやろうと思えばできるんですよ。しかし、やろうとしないからできないんです。それが情けないんだなというふうな解釈にもとれますけれども。ですから、市当局がそこに、どうしても川に駐車場をつくらなければ、糸満市の発展もないんだと、そういう位置づけで一生懸命やれば、なせばなると、なさねばならんというふうな言葉も道理が当たるんじゃないかなと思いますけれども、その辺について、部長、もう一度やる気があるのかどうかお聞かせ下さい。



◎総務企画部長(山川国正君) 玉城議員の駐車場をつくる熱意は、我々も大変参考にしなくちゃいけないと思いますが、今さっき答弁しましたように、やはり法律で定めた事項はまた我々守る側にもあるわけですから、できるだけ努力はしますが、今県が無理だということがありますので、我々としては今のところ向いていないのかなということでございます。



◆13番(玉城朗永君) もう答弁を受けたら本当に情けないですね。そういう法律があるからできない、法律は私もわかっていますよ。しかし、先ほども言ったように、人がつくった法律ですので、これは変えることはできるんじゃないかなと。私は部長の答弁を期待したのは、やってみようではないかと、そういう答弁がくるんじゃないかなと大変期待していたんですが、そういう法律であるから大変難しいというふうなことを言われると残念でなりません。その辺のものをちょっと市長の考えもお伺いしたいんですけれども、よろしくお願いします。



◎市長(山里朝盛君) 当初、私どもはあの地域の駐車場を旧河川敷、それから向こうにある無願埋立地、その辺も利用できないかということで話をしたんですが、やはり県は、ちょっとそのことについては話に応じないものですから、話に行かないような状況になってしまいました。それで、今河川にふたをするということになりますと、この工事は役所がしなければいかないわけですよ。そうすると、これは橋をかけるのと同じような費用になりますから、平方メートル当たり大変な金になるわけです。工事を県がすることがないわけで、それを貸してもらって市がするということになるわけですので、そういうことになりますと市は到底その負担はできませんので、先ほど総務企画部長の方から答弁したとおりでございます。



◆13番(玉城朗永君) 今、工事費がかかるというような答弁もありましたけれども、私はその駐車場が完成すれば、そのメリットは工事費の2倍にも、3倍にもなって返ってくるんじゃないかなと思っておりますけれども、市長の答弁が弱気でありますので、一応駐車場の件はこれだけにしておきます。

 じゃあ、先ほどお話しました国有財産ですね、これは一応国に要請し、糸満市に払い下げてもらいたいという要請は、市長やっていただけますか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前10時33分)

(再開宣告午前10時34分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) 要請はしていきたいと思っております。



◆13番(玉城朗永君) ぜひ、国に要請し、今全然使われていないわけですので、これを糸満市に払い下げてもらって、そこにまた大駐車場も、できれば建設してもらいたいと、市長の頑張りを期待して、駐車場の件は終わります。

 件名2、市民会館の建設についてでありますけれども、基本設計は800席というふうなことでありますけれども、例えば糸満市の人口が現在5万6,000人でありますけれども、これが10年、20年になったときには糸満市の人口が10万人もなるか、あるいは突破するか、それに足りないかわかりませんですけれども、とにかく人口はふえていきます。しかし、市民会館を小さくつくれば、もうこれは50年はつくりかえできないはずですので、としますと、10万人の市民がこの800席の市民会館を使うということになれば、大変不便が生じ、そして周囲のまちから、例えば平成19年には331号バイパスができますから、那覇から糸満までも15分で来れると、そういうことであれば1,500名以上の入場者の市民会館であれば、今那覇市でやっているいろんな行事、あるいは浦添市でやっている行事でも、全部大体糸満市に来るんではないかと。800席の市民会館の維持管理費、1,500席の市民会館をつくっての維持管理費、それはそんなに差はないと思います。あとは、どれだけの利用者がいるかということであります。やはり利用者の数が多ければそれだけ維持管理費も少なく済むわけでありますので、ぜひこの基本設計の見直しを私はお願いしたいと思います。

 それと関連いたしまして、市の方で今ダイエー跡地に市民会館ができないかどうかと、それを当局で一応簡単な設計図でありますけれども、進めております。それが今どの辺まで計画が進んでいるのか、あるいは予定では1階をテナントに残し、2階、3階、4階をぶち抜いて、4階の一部をちょっとドーム型にしてつくれば、1,500名以上の市民会館ができるというふうな構想の検討がなされておりますけれども、その進行状況はどうなっていますか、お聞かせいただきたいと思います。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前10時38分)

(再開宣告午前10時38分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎農水産商工部長(玉城一春君) ただいまの玉城朗永議員の再質問にお答えいたします。

 今、話されましたのは、正式にやっているものではございません。ただ、内部でいろんな可能性について勉強しているという資料でございます。そういうことで御理解お願いいたします。



◆13番(玉城朗永君) 部長、市当局じゃなくて、内部でやっているということでありますけれども、私もこの構想検討については、もしできるんであればこれは、市長の方の市民会館建設は20億円の予算をということで聞いておりますけれども、そこができるんであれば、多分15億円ぐらいでとまるんではないかというふうに考えられます。市当局じゃなくて、役所の一部でやっているということでありますけれども、しかし、一部であってもやっている以上は、ある程度の進行状況というのはやはりわかると思いますけれども、どうですか部長。



◎農水産商工部長(玉城一春君) お答えいたします。

 いろいろお考えになっていると思いますが、これは先ほど申し上げましたように正式にやっているものではなくて、まだ上司に報告とか云々でもなくて、担当として、今向こうを将来考えていく場合に、何が考えられるかというのを、それの参考にするためいろいろな人の意見を聞きながら、課内でただ勉強しているというものでございます。それ以上のものではまだございません。まだ、外に出すとか、上に相談するとかというようなものでもございません。前にもいろんな方の質問に答えましたが、そのダイエー店跡地を市が買うということも決めておりません。今のところ断念しているのが実情でございます。そういう状況です。



◆13番(玉城朗永君) 職員の一部でできないかどうかと検討しているわけですけれども、じゃあこれは市当局としてはそういうダイエー跡地に市民会館をつくるという計画はないわけですか。



◎市長(山里朝盛君) そのような計画は今持っておりません。



◆13番(玉城朗永君) なぜ私がそう申し上げましたかというと、15億円でダイエー跡地に市民会館ができれば、今の糸満市役所の後ろ側にあります市民会館用地も結局は売れるわけですよね。そうすると、そこを売って、ダイエーの跡地に市民会館をつくれば、財政の方もそんなに厳しくならないのではないかという提案で私は申し上げたわけですけれども、市長を初め、市の方々がそういう予定がないということでありますので、私も残念でなりませんですけれども、そこができなければ一応今の予定地、役所の南側につくるわけですけれども、その基本設計の見直しですね、市長は3月の施政方針で平成18年までにはこの800席の市民会館をつくろうということでありましたけれども、私は、やはり市民の声をよく聞いて、本当に800席の市民会館で市民の活用が十分にできるかどうか、やはりどんなあれでも1,300から1,500名以上の席の市民会館が必要となりますけれども、その基本設計の見直しはありますかどうか、お聞かせ下さい。



◎助役(長嶺輝一君) 玉城朗永議員の再質問にお答えいたします。

 市民会館の今の基本計画の中で見直しができるかと、特に、客席が800席計画されておりまして、それについて議員は1,500席ぐらいが欲しいということのようでございますけれども、これまで専門家を含めた、あらゆる角度で今の800席というのはでき上がって報告を受けております。それについて今年基本設計をやりますけれども、その中で見直しも含めて、今回計画をしていこうかなと。ただ、この800席から1,500席になりますと倍の席数になりますし、倍のボリュームになります。その点財政、要するに工事費は膨らみます、あるいは膨らまさない程度であれば他の施設が小さくなるという感じになりますので、そこら辺も含めて、50年先までの市民会館でありますと、悔いを残さないようにやらんといかんということは、私たちも考えております。場所につきましても、この場所に私たちはつくっていきたいと。全琉のあらゆるところから利用する人が来る場合、相当の、千数百名の車の台数がありますので、到底駐車場確保ができない地域では非常に無理じゃないかなということで、ここが適地じゃないかなと考えておりますので、議員がおっしゃるように見直しも含めて、基本設計で見直しをしていきたいとこのように思っております。



◆13番(玉城朗永君) 助役のよい答弁をいただきまして、感謝しております。やはりこれから糸満市もどんどん発展していって、人口も5万6,000人から、あるいは10年先、20年先になりますと、その倍になるかもしれません。5万6,000人で800席であれば、20年後に例えば人口が12万人にもなると、やはり市民会館の要素も1,500名以上が入場できる席が必要となってまいりますので、やっぱり目先のことではなく、10年、20年後のことも考え、助役がおっしゃったようにそういう基本設計の見直しもできれば、ぜひ1,500名以上の入場ができるすばらしい市民会館をつくっていただきたいと思いまして、私の一般質問を終わります。



◆11番(喜納正治君) 一般質問を行います。

 私の一般質問の場合、玉城朗永議員の壮大な発想と違ってですね、報得川にふたをしてしまうという発想と違って、本当に市民が、あるいは記念日を持つ人たちが望んでいる、本当に小さいというんですか、そのことでありますけれども、市長の、あるいは行政当局の政策の一環に入れていただきたいことを願って、一般質問を行います。

 今回は道路行政についてでありますが、小項目で2点お伺いいたします。

 まず1点目の市道の里親制度についてお伺いをいたします。

 本員は、道路の里親制度は、大変評価をしているところであります。一つには、植樹帯がいつも清掃されているのと同時に、環境の美化にもなっているのであります。二つ目は、土地がない人でも土いじりをしながら、花を植えたり、育てたりする喜びができること。その制度は、本員としても高く評価しております。この道路の里親制度を多くの市民に知らしめ、市民に里親になってもらいたいと思うので質問を行いました。この制度は、平成13年度から始まっていますが、現在15団体及び家族や事業所で登録されております。平成13年度は、6団体、14年度4団体、15年度5団体が認定されて、合計15団体で、距離にして3,510メートルとなっています。もっと多くの人に里親になってもらいたいと思いますが、市民に対してどのような方法で広報されているのかお聞かせいただきたいと思います。そして、認定した団体にはどのような形で援助しているのか、例えば花やその種を提供したり、堆肥を配ったり、かまを提供したりはやっているのか、お聞かせいただきたいと思います。本員としては、このような道路の里親の希望者が多くなり、本市の市道を緑と花で埋め尽くしてもらいたいと思うので、この質問をいたします。よい対策をとって多くの人がこの制度に参加してほしいし、我がまちをちょっと歩いてみたいと思える糸満市にしてもらいたいと思っております。

 次に、小項目2、市道の植栽の記念樹の提供についてお伺いいたします。

 人生には記念日になる日が必ずあります。結婚記念日や子供の誕生日、入学記念、あるいはトゥシビー記念とかがあります。人生の中での喜びの記念に木を植えたいと思っている人もたくさんいらっしゃると思いますし、本員もその一人であります。土地や庭にでも植えることができますが、土地が狭く、あるいはアパート暮らしの人たちはその記念日に木を植えることができたら大変喜ぶものだと思っております。自分で植えた記念樹でありますから、手入れをするのも大変喜んですると思っております。本員の考え方は、小項目1点目の道路の里親制度とやや同じでありますが、この記念樹の場合は、自分で植えるのであります。もちろん、記念樹の選定は市当局で決めることを条件にすべきだと思います。植樹する市道も同じ条件です。例えば、子供の誕生日記念には市道のどこからどこまでと決める必要があると思います。そして、申し込みがあったとしても審査を行い、そして抽選にすべきと思っております。審査といいましても、本市に住んでいるのか、あるいは本市出身なのか審査し、そして植樹する日も本市が決め、そしてまた、すぐに植えられるように穴は掘っておき、植える人は土をかけて、木を固定したりという作業方法で行うのであります。ただではなく、希望者からは幾らかの金を取ることが基本と思っております。それを行うには、いろんな規定が必要だと思いますが、本市として記念植樹の提供場所はどう考えているのかお伺いしたいと思います。また、他府県では山やその他の場所に木を植えさせ、木の里親制度もあると聞いておりますが、その状況もあわせてお伺いいたします。記念樹の里親制度をすれば、市の財政も少しは楽になると思いますが、いかがでしょうか。この場所での質問を終わり、あとは自席から質問をしたいと思います。



◎市長(山里朝盛君) 喜納正治議員の御質問、件名1、道路行政について、小項目1、市道の里親制度の活用状況についてお答えいたします。

 まず、里親制度は、市民に対してどのような方法で広報しているかについてですが、これまで幾度となく、市の広報紙に掲載し、市民への啓蒙を図るとともに、パンフレットを建設課の窓口や総合案内等に備えつけて、市内外を問わず、関心のある方に配布しております。さらに、年度初めの自治連絡員会におきまして、各自治会へ里親制度の案内と同制度への登録の御協力をお願いしているところでありますが、今後、さらに広く周知させる必要があると思っております。努力いたします。

 また、里親制度に登録された方々へどのような援助をしているかとの御質問ですが、現在のところ、軍手、ごみ袋、簡単な清掃用具などの消耗品と、必要に応じて腐葉土を支給しております。花につきましては、今後要望があれば検討してまいります。また、そのほかの希望する里親の方々には、当該道路の表示板、ここはだれが里親ですよという表示板を設置しております。

 そのほかの御質問につきましては、担当部長より答弁をさせます。



◎建設部長(国吉真光君) 喜納正治議員の件名1、道路行政について、小項目2の市道への記念植樹を提供できるかについてお答えいたします。

 御質問いただいた記念植樹につきましては、里親制度の一環としてすばらしい御提案ではありますが、制度として実施するに当たり、内容等を十分検討させていただく必要がありますので、記念樹の提供につきましては、現時点では明確な回答は差し控えさせていただきます。他県での状況についての御質問がありましたが、木の里親制度については、現に実施している自治体は、残念ながら確認することはできませんでした。



◆11番(喜納正治君) 演壇でも申し上げましたけれども、市道の里親制度は、本市の道路の清掃等、あるいは植樹帯の清掃等、そして土いじりをする喜びを与えているので本員も大変評価しております。本員が申し上げたいのは、その里親制度をやって一生懸命きれいにしたり、花を植えたりしているところは、表彰してあげてもいいんじゃないかなと。あるいはどの地域の団体が一番きれいに管理されているという、これは大げさじゃなくても表彰をやってあげてもいいんじゃないかなという気持ちを持っております。西崎の市道を通ってみますと、片方ではきれいに管理されて、花も植えられておりますけれども、片方は、ちょっと行くともう草がぼうぼうして何もされていないというところがあります。ほんとに農村地域では自分の家の周りとか、この家の人がきちっと毎日清掃をしております、草も生えないように一生懸命清掃をしております。西崎地域の場合は、植樹帯があってですね、花を植える場所があるということはその人たちにとっても幸せじゃないかなと思っております。例えば、私の住んでいる真栄平では、県道沿いに全部花を植えているんです、植樹帯に。もちろん県からの協力もいただきながら。花の苗も県からいただきながらやっておりますけれども、そういう制度を本市でもつくっていいんじゃないかなということを思って、この質問をいたしました。ですから、先ほどの市長の答弁は、花の苗や種の提供も考えていいということでありましたので、もっとその人たちに優遇措置を与えていただきたいなということであります。

 さて、本員が一番希望としているのは、市道の植栽の記念樹の場所の提供であります。今部長は、いろんな制約がありますから、今のところできるできないという答弁は控えさせていただきたいということでありました。できないところはどこで、どうできないのか、答弁をお願いしたいと思います。



◎建設部長(国吉真光君) 再質問にお答えいたします。

 記念植樹について、場所の提供ができないのはなぜかという御質問でございますけれども、現在、市道におきまして、植樹帯があるのは非常に限られております。ほとんど西崎一帯、あるいは現在整備中の道路、その本数に限られておりますので、市内全域にわたりまして、記念植樹の場所の提供ということになりますと、道路の幅員が相当制約されてまいります。非常に危険な状態になる可能性があります。そういうことも含めまして、今後どういうふうな形で御提案におこたえすることができるのか、検討をさせていただきたいということでございます。



◆11番(喜納正治君) 今、部長はちょっと理解していないところがあると思いますけれども、私が申し上げたいのは、これから市道として計画して植樹する場所、だから、それは市が決めてほしい、そして距離もどのくらいかと、場所も市が決めてもらいたい。例えば新しく市道つくるところにここからここまでは子供の誕生記念に植えてもらいたいという広報を出してですね、希望者があると抽選になる、全員どこでも植えなさいというんじゃなくて、これから新設する道路、あるいは植樹帯があったとしても、木が枯れてしまっているところ、そこに限定して構わないと。すべて市の方で規定もつくり、いろんな審査のやり方も市でつくり、そういう希望をする人に提供できないかと言っているだけですよ。その件について部長お願いします。



◎建設部長(国吉真光君) お答えいたします。

 検討する余地はあると思います。



◆11番(喜納正治君) 市長、私はやっぱり糸満市を緑にするし、そしてこの糸満市の市道も市民が大切にしていく、そして植樹帯にも花を植えたい、あるいは子供の記念に木を植えたら、先ほども朗永議員が言っていましたけれども、50年後までも子供が年とるまで、自分のために親がこの木を植えたんだよという記念になるんです。そして私は、それは政策の一つでもこういうものをやっていいんじゃないかなと思います。市長の考え方をお聞きしたいと思います。



◎市長(山里朝盛君) この市道ということになると、道路は今車ということが中心になるものですから、植樹とどういうふうになじませるか、非常に気を使うんです。御提案の趣旨はわかります。この市道を公園に置きかえてくれたら非常にありがたいと思っております。そのようにして、市民が参加してもらえる場所、それは今後求める必要があります。今、市民憲章の中で、市民をどのように緑になじませるかということは、非常に大事なことですから、御提案の趣旨は私も重々関知しております。



◆11番(喜納正治君) 本員は、公園の方にも、希望をするんであれば、植えることが本当は望ましいと思っておりますけれども、公園になりますと、希望する人たちを抽選するのに大変じゃないかなと思っているところなんです。もちろん、公園にでも植える場所を提供してくれるんであれば、喜んで植えたい人はいっぱいいると思うんです。本員が申し上げたいのは、ただで植えるんじゃないんです。この記念樹を植えるのには市民からもお金をいただくんです。植えたい人からも。そしたら財政…。この道路の植樹帯に植える木ですね、1本幾らぐらいしますか、建設部長。木によって、大きさによって変わると思いますけれども、大体今まで植えたのは幾らぐらいしているんですか。



◎建設部長(国吉真光君) 樹種や大きさによって相当開きがございますけれども、高木ということで2、3メートルの植樹ということになると2、3万円かなという感じはします。ただし、樹種についても非常に差がございます。



◆11番(喜納正治君) 2、3万円出して、市が1本1本財政から繰り出して植えるのと、あるいは市民から1本植えるのに場所の提供代として3万円取るのとでは6万円の差があるわけです。そういうことも市の財政を浮かすという考え方からもその方を検討していただきたい。例えば、今、報得川から糸満小学校のところを通って、南へ出る、向こうに木を植える場所がありますよね。そこもきちんと植える場所はあるわけです。そういうところを利用して、木を植える日を何日にするから希望者は申し出て下さいと、もちろん抽選もやりますと、金も幾らかかりますという方法をとってもいいんじゃないかなと。市長がおっしゃるように公園にやるのも大変いいんです。ただ、その記念樹を植える場所を提供していただきたいと。市長、公園だったら提供する意思はあるんですか。



◎市長(山里朝盛君) 公園のことには私は検討していきたいと思っております。



◆11番(喜納正治君) 検討すると申し上げておりますけれども、それはいつぐらいまでにできますか。例えば、子供が生まれた、あるいは結婚した、二人が結婚したから一緒に植えようという若い夫婦がいたらやりますので、できたら早い時期に、糸満市にはそういう制度があるんだと。その公園は自分たちが行って、木の周囲の草も刈って、この木をきれいにしていこうという気持ちがあると思うんですよ。いつぐらいまでに検討できるんですか。



◎市長(山里朝盛君) これは今、時期を明確にすることはできませんが、年度で私どもは仕事をしますので、いつからこの公園はこういうことをしたいということは計画的に申し上げたいと思います。



◆11番(喜納正治君) 市長、年度で計画やると…、予算面とかそういうものでやると思うんですよ、年度は。ただ、これは入ってくる、金が入ってくるのに年度で計画するという考え方は…、例えば次年度からそれを始めていきたいとか、そういう話だったらわかるんですが、年度でやりますから、何年度、何年度とこれは区切りがあるわけですよね、次年度から検討していきたいということがあるんですが、年度でやりますからという答弁ではおかしいんじゃないですか、次年度でやるのかどうかの質問をやっているんです。



◎市長(山里朝盛君) 議員は今、この木を提供、金額も提供してもらうということにしてのお考えのようですが、私どもは今そこまでは…、一つの植えている木をこの方に里親になって管理してもらいたいということの考えがあるんです。自分で植えるということになると、木の樹種、そのほかいろいろありますから、公園になじむかどうかということもありますので、まずは、私どもの方針を決めてから発表いたします。



◆11番(喜納正治君) 私が申し上げたいのは、市の方で全部植える木も決めてもらいたい、この木でなじむかどうかも市で検討してもらいたい、そして植える場所も市で検討してもらいたいと言っているんです。ただ、やみくもにここにどういう木を植えるとか、個人の希望じゃなくて、市でどういう木を植えるからという、市で決めていただきたいということを申し上げているんです。だから、先ほどの質問と今の答弁はちょっと違うんじゃないかなと思いますが、どうですか。



◎市長(山里朝盛君) 役所の仕事は、内部で検討してこのようにいたしますということでしか市長はこの場で申し上げられません。そのことがまだないままに、このようにいたしますということもできないわけでございますから、検討はさせて下さい。道路については、私どもはどこからどこまでは私は管理しますと言えば受け付けをしておりますので、道路の里親は結構でございますが、木の里親ということになりますと、この管理が非常に後までも続くわけでございますから、ちゃんとした制度をつくってからやりたいと思っております。



◆11番(喜納正治君) 道路の木の里親も制度をつくればできるというふうに理解していいわけですか。そしてその制度も検討していくということで理解してよろしいですか、市長。



◎市長(山里朝盛君) 木の里親、街路樹もあります、そのことについてもさせるさせないということはちゃんと検討をして報告はいたします。



◆11番(喜納正治君) 市長、一般質問出たときに、これはできるかできないか検討して、普通、議会では答弁すべきだと思うんですよ。先ほど朗永議員が再質問しないうちに、答弁までしてしまう。そこまで皆さんは検討して当たり前だと思うんですよ。一般質問出されてその場で検討するかどうかを、その議場で決めるというような形ではおかしいんじゃないかな。これでできるのかできないのかは、本当はこの一般質問の前に、当局と話し合うべきじゃないかなと思いますが、いかがですか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前11時15分)

(再開宣告午前11時16分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎建設部長(国吉真光君) 再質問にお答えいたします。

 非常に答弁に四苦八苦しておりますけれども、この件に関しまして、インターネットで検索をしておりますけれども、道路における木の里親というのは、先ほども御答弁申し上げましたが、実施している自治体は確認することはできなかったと。どういうところで植樹がされているかということも調べてみましたが、森林を守り育てるとか、あるいは林野火災現場におけるボランティア植樹だとか、あるいは水源涵養林におけるボランティア植樹、それから市長からもお話がありましたが、公園において100年後の子孫に残すための緑の財産づくりという形のボランティア植樹、そういうものはございます。しかしながら、道路において、そういう記念植樹をするということ自体、他の自治体では確認することはできなかったと。我々の方としても、道路においては、非常に十分に内容を検討してからということで答弁をさせていただいたわけでございます。以上でございます。



◆11番(喜納正治君) 他の自治体がそれをやっていないから、調べてもどういうふうになっているかわからないからという答弁をしておりますけれども、何でほかの自治体がしなくても糸満市がやろうと思えばできることだと本員は考えているんです。ただ、それが後々までどうこうなるというような心配がありましたら、そこで申し上げていますように、規定をつくって、その道路を新設する場合には、その樹木の持ち主としての権利を放棄するとか、そういうことも規定をつくれば、道路建設したら大体100年ぐらいは使えますでしょう、50年ぐらいは。それの規定をつくればできないことはないと思います。私も道路に記念樹の里親というのもどこがやっているかわかりませんけれども、先ほど部長がおっしゃっていました森林に杉を植えて、そして何万円を出して何本植えると、そしてその後、この森林から出た杉はあなたたちの子孫のものとして提供しますという自治体があるんですよ、それは私もわかりますけれども、ただ、糸満市ではその森林というのはないものですから、せめて道路の植樹する場所に提供できないかということを申し上げているんです。検討する必要があると思うんですが、どうなんですか、そこを聞きたいんですよ。



◎建設部長(国吉真光君) お答えいたします。

 現段階で結論をお答えすることはできないということでございますけれども、検討はいたします。その結論については、検討した結果ということでお願いをしたいということでございます。



◆11番(喜納正治君) もうしょっちゅう、何度質問しても同じ答弁しか返ってこないですから、終わりたいと思いますが、本当に、子供たちが生まれた、親はこの子の記念に何かしたい、あるいは結婚したから二人で木を植えたいというのがあると思うんです。そういう人たちのために、そういう場所を提供してもらいたいことを強く要望して、そしていい方向に検討できるように希望して、一般質問を終わります。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前11時21分)

(再開宣告午前11時38分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆3番(奥田末吉君) きょうで2日目の一般質問でありますが、ひとつ御協力よろしくお願いします。

 字句の追加をお願いします。件名1、防災計画について、小項目2の現在の消防・救急体制でを追加していただいて、地域防災計画の目的を達成できるか。それから件名2の市有地の管理について、小項目1の前の方に「西崎地域にある公営駐車場について」ということを追加していただきたいと思います。

 私は、5万6,000市民の安全で安心して暮らせる糸満市を目指して、平成14年3月、平成15年3月定例会において、私たちの日常生活に身近な問題であります消防行政について一般質問を行ってまいりました。特に、平成14年3月定例会において、ここ14、5年、国内外を問わず、いつどこで何が起こるかわからない事件、事故、テロや災害の発生は、一般市民の日常生活にも恐怖感さえ与えていると述べました。

 さて、糸満市は第3次糸満市総合計画、平成13年5月の七つの基本計画の中に、安心都市づくり、保健医療・福祉・防災を挙げておりますが、果たしてバランスのとれた政策を行ってきたと言えるでしょうか。備えあれば憂いなしと昔から言われておりますが、風格都市づくり、安心都市づくり、潤い都市づくり、魅力都市づくり、活力都市づくり、平和都市づくり、協働都市づくりの七つの政策のうち、防災以外については、十分とはいかなくてもそれぞれ目に見える形での施策は行われていると思います。市民の生命、財産にかかわる行政の責務として、最も大切な防災、日常の消防・救急行政が一番ないがしろにされているのではないかと感じるのであります。平成6年前後は、西崎消防支所について議論し、実施計画を作成し、平成8年防災計画を策定、防災訓練の実施、平成10年3月には防災マップを作成して、全家庭に配っております。

 それでは、一般質問に移らせていただきます。

 件名1、糸満市地域防災計画について。

 糸満市において、昭和48年10月、災害対策基本法の規定に基づき、糸満市防災会議条例を制定しております。同時に、糸満市災害対策本部条例を制定しております。質問1、(1)防災会議条例の制定後、防災会議は何回開催いたしましたか。(2)防災会議委員の範囲と数、現在の委員は。記録は残っておりますか。会議は機能しておりますか。

 次に、市は平成8年3月、災害対策基本法に基づき、糸満市地域防災計画を策定しております。この計画の目的は、糸満市における防災活動体制の整備、確立を図るとともに、防災行政を総合的かつ計画的に推進し、もって市土の保全と市民の生命、身体および財産を災害から保護し、防災体制の万全を期することを目的とするとあります。この防災計画策定後、平成8年11月14日に、西崎4丁目、株式会社ホクガン西隣空き地で一度だけ防災訓練を実施しております。この計画には、第1章から第4章災害復旧計画まですばらしい項目を並べております。特に、第2章の災害予防計画など、災害の発生を未然に防止するため、防災に関する教育・訓練、災害用食糧・物資・資材の備蓄・整備、防災・救助施設の整備、火災・その他の災害の予防措置について定め、その実施を図るとありますが、平成10年3月、各家庭に防災マップを作成して以来、目に見えた形が見えてこないのであります。絵にかいたもち、厳しい言葉と言われるかもしれませんが、これが現実であります。

 質問2、(1)なぜ現在の状況になったのか。(2)行政としての責任をどう考えますか。(3)現在担当者は。行革、財政との問題ですか。那覇市や近隣市町村の状況はどうでしょうか。(4)平成8年策定の計画は現在の糸満市の現状と合わないのでは、新しく計画を修正する予定はありませんか。平成10年以降分の資料で結構ですので、お願いします。6月9日、FMたまんにおいて、特別番組、情報月間の中で、防災についての番組がありましたが、消防長、総務課長がどんな気持ちで質問に答えていたか、皆さんおわかりでしょうか。身近にある、地域のFMたまんを十分活用するのも防災の面から、市民福祉の問題も含めてこれからは大切なことだと思います。

 次に、市内における陸上活断層について、昨年3月定例会で述べましたが、糸満市地域防災計画の中に、1948年から91年までの台風、豪雨、大雨、突風、竜巻、地震により、糸満市が直接被害に遭った事例50件を載せてあります。阪神・淡路大震災を機に危機管理という言葉が叫ばれるようになり、国、地方自治体はもちろん、企業、個人も含めて真剣に考える機会となりました。国の災害対策基本法も次々と起こる災害の教訓から、法改正が進められ、国、地方自治体を初め、市町村の責務についても明記されておりますが、ここ4、5年糸満市の防災計画、その他条例は変わっておりません。私は、防災以前に、市民にとって大切な日常における消防・救急体制の重要性から、昨年3月、今年3月定例会で、市の消防・救急行政について取り上げて、指摘し、提言してまいりました。現在の消防体制で糸満市地域防災計画の目的達成ができるとは思えません。県の地域防災計画は、平成9年、12年と修正されております。今年3月定例会で、市長を初め、総務企画部長の前向きな答弁をいただいて、今期待をしているところでありますが、新糸満市行政改革大綱の中でも広域消防組合の検討について、近隣市町村と研究会を設置して検討を行うとあります。果たして、5万6,000市民の日常の対応もできない、県下最下位の現状で、一緒に取り組んでくれる近隣市町村があるとは思えません。もっと真剣な議論をしていただきたいと思います。そこで、市長に質問いたします。

 市長は、現在の市の消防体制、防災に対する取り組みを行政の責任者としてどう考えますか。

 次に、件名2、市有地の管理について伺います。

 平成14年6月定例会において、西崎6丁目の公営駐車場の管理の質問ですが、ショッパーズ糸満の撤収以来、通り会も解散状態と聞いておりますが、依然として現状は変わっておりません。答弁で、農水産商工部長は、帰属の問題についていつまでも延ばすわけにはいかないので、内部で検討していくと答えております。私たち市民は、一生かけても30坪から50坪の土地が求められるのか、家が持てるのか、厳しい現実の中にあります。そこで質問します。

 あれから一年を経過しております。これまでの取り組みをお聞かせ下さい。

 これで、本席からの質問を終わります。



◎市長(山里朝盛君) 奥田末吉議員の御質問、件名1、防災計画について、小項目2についてお答えいたします。

 糸満市地域防災計画の中における消防計画は、消防組織及び設備の整備充実、火災予防査察、特殊建築物の防火対策、火災警報、火災の警戒、火災の出動、応援要請などの項目で定められています。各項目とも、消防本部の通常業務の中で進められていますが、特に、施設設備や陣容については、これまでの一般質問においても答えてまいりましたように、十分とは考えておりません。そのため、今後、体制の強化を図り、消防の任務である市民の生命、身体及び財産を保護するとともに、災害の防除と被害の軽減に努めていく所存であります。

 そのほかの御質問につきましては、消防長並びに担当部長より答弁をさせます。



◎総務企画部長(山川国正君) 奥田末吉議員の質問にお答えいたします。

 件名1、防災計画について、小項目1、平成8年3月策定の「糸満市地域防災計画」についてお答えいたします。

 まず、御質問の1点目、防災会議条例制定後、防災会議を何回開催したかとのことでございますが、手元にある資料で確認できた分だけ申し上げますと、平成7年度に3回、平成8年度に3回、平成10年度に1回、平成11年度に2回となっております。次に、防災会議委員の範囲と数、現在の委員は、記録は、会議は機能しているかとのことでございますが、防災会議委員の範囲につきましては、糸満市防災会議条例第3条において定められており、次のとおりとなっております。

 (1)指定地方行政機関の職員のうちから市長が任命する者として、糸満郵便局長並びに第11管区海上保安本部救難課長。(2)沖縄県の知事の内部の職員のうちから市長が任命する者として、沖縄県南部福祉保健所長並びに沖縄県南部土木事務所長。(3)糸満…。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前11時52分)

(再開宣告午前11時52分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎総務企画部長(山川国正君) 委員の数でございますが、24名程度になると思われます。なお、現在の委員は任命されておりませんので、会議を機能させるためには、新しく委員の任命を行う必要があります。また、これまで会議の記録につきましては、会議の都度、議題、議案事項を前もって設定し、それにより審議されております。

 次に、御質問の2点目でございますが、なぜ今日の状況になったのか。行政として責任をどう考えますかについてお答えをいたします。

 奥田議員の御指摘のとおり、防災訓練については、十分とは言えません。平成8年度に西崎4丁目において、また平成11年度には西崎運動公園東側道路及び県営西崎団地一帯において、市独自の防災訓練を実施しております。その後、4年間訓練は実施しておりませんが、当初計画のとおり、3年に一度程度は防災訓練を行うべきだと思っておりますので、今後、実施の方向で考えていきたいと思います。また、市民の生命と財産を守ることは、行政の責務だと思っております。

 次に、担当者、係は。これも行革、財政との問題ですか、那覇市や近隣市町村の状況はについてお答えいたします。

 本市の防災担当職員は、兼務で一人であります。行政改革によって、職員間の流動的な配置が図られ、平成14年4月1日より、担当でありました総務課行政係が選挙管理委員会事務局との併任発令となり、直接の担当者の配置がなくなりました。現在は、係長が兼務で行っております。近隣市町村の状況でございますが、那覇市が市民防災係として4人配置し、豊見城市は係長が兼務、東風平町は課長補佐が兼務、具志頭村は係長が兼務となっております。

 平成8年度策定の計画は、現在の糸満市の現状と合わないのでは、新しく計画を修正する予定はについてお答えいたします。

 御指摘のとおり、平成8年度策定時と現在の糸満市の現状とは合わないところがあり、見直すべきだと考えております。震災編については、新しく作成すべきところもありますので、新しい防災基本計画書を策定していきたいと考えております。以上でございます。



◎農水産商工部長(玉城一春君) 奥田末吉議員の件名2、市有地の管理について、小項目1、平成14年6月定例会の答弁後の取り組みについてお答えします。

 当該駐車場は、公社所有地を西崎地区の商業活性化等のために、有効利用を図る目的で西崎商業用地駐車場として設置されています。奥田議員御指摘のように、多くは周辺アパートの住民等が利用し、本来の目的は達成されていないのが現状であります。平成12年12月1日に、市土地開発公社と西崎商業用地駐車場の管理委任について協議書を締結しております西崎ファミリー通り会は、平成15年2月24日の定期総会において、解散が承認されています。土地の帰属問題につきましては、平成14年11月に、助役ほか各部長、参事監、土地開発公社専務8名の検討委員会、総務企画部長ほか13関係課長の専門部会で実施された検証作業と協議の成果がまとめられた糸満市土地開発公社の今後のあり方に関する検討会議の運営業務報告書の中で、平成15年度で市への移管の方針をつくり、平成16年度には、市への移管がなされるように取り組みスケジュールが作成されています。市企画財政課、契約管財課、商工水産課、市土地開発公社で、この報告に基づき、事務調整を進めていく方針であります。



◆3番(奥田末吉君) 現在の防災会議条例ができてから、もう昭和48年ですので、相当たっているんですけれども、特に平成10年、11年あたりから会議の開催自体が少なくなっております。そこで、結局は担当者の問題になってくると思うんですが、この平成8年の地域防災計画をつくられたときに、現在の総務課長が苦労されたのも大変わかっているんですけれども、結局は課長の方におんぶになりますが、現在の体制で本当にできるのかどうかですね。後で市長にお伺いしますけれども、那覇市は別にしましても、ほかの市町村も担当者を決めるには大変困っているようでありますが、やはり問題はこの業務をどう考えているか。また具志頭、東風平にしても、消防の体制は糸満以上に、島尻消防は県下で一番体制が整っている状況でありますので、小さいながらも日常の問題、防災の問題についても関心は高いようであります。やはり、特にこの4、5年の糸満市の持っていき方、政策の中での継続の問題を含めて、一つ一つ見ていくと厳しいというのか、寂しい状態であります。ここに県の防災計画があります、それから糸満市の計画があります。この中に、市町村が実施すべき事項という項目がありますけれども、これ県がせっかく項目を挙げてぴしゃっとしているのに、この中身にも市で挙げていないのが1、2、3カ所ほどあります。もう少し詰め直していくべきものがありますので、これはどうしても検討していただかないと今の時代に対応できない状況であります。去る3月定例会で、防災計画について随時見直しを行っております、消防につきましては、年度当初までに結論を持っていきたい、というお答えをいただいているんですが、とりあえず防災について随時行っているという答弁をされております。どこを変えていますか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時02分)

(再開宣告午後0時02分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎総務企画部長(山川国正君) お答えいたします。

 市の計画は、平成8年に策定されたわけですが、部分的に随時見直しというのは組織機構が改正されましたので、計画の中にはそれぞれ部も課も全部うたっておりますので、そういったものも見直しをしたと、一部分的に見直しをしたということであります。機構改革に伴う部分の見直しもしましたということであります。



◆3番(奥田末吉君) 機構改革に伴う見直しということで、係、担当者は全然変わっておりませんよね、兼務であり、だれが見るんですか、この業務は総務課長が見るんですか。



◎総務企画部長(山川国正君) 防災関係の担当はだれがみるかということでございますが、先ほども答弁の中でも申し上げたんですが、今行政係長が兼務で見ているという状況でございます。



◆3番(奥田末吉君) 行政係長が兼務でこれができますか。このままずるずる、またあと4、5年たっても同じことじゃないですか、お答え下さい。



◎総務企画部長(山川国正君) お答えいたします。

 兼務体制でできるかということでございますが、先ほども議員から指摘ありましたように、防災会議の回数が平成11年以降ですね…、確かに平成12年は開催しておりません。その理由は、防災会議の場合は、防災計画を策定する場合に防災会議を開くと、あるいはまた防災訓練を実施する場合に防災会議を開いて相談をするということもありまして、平成12年は1回も開いていないんですが。そういうことで、今そういう会議を実際に実施する場合には、確かに業務がふえてくると思います。今は兼務でやっておりますが、もし、防災の訓練をする場合には、確かに業務もふえてまいりますので、また課内で応援体制でそれはカバーしていきたいと思います。



◆3番(奥田末吉君) これは防災訓練があるから、計画を、大綱をつくるからじゃないんですよね。県条例でもうたっていますし、市の計画にもちゃんと載っているじゃないですか。市町村としてやるべき業務、それから事務などがありますよね。第5節の中で防災機関の処理すべき事務又は業務の大綱という中に、これも糸満市の方も入れていますけれども、日常、それなりの情報収集、準備をしておかなければ、点検を含めましてできる問題じゃないんですよ、仕事自体は。ひとつ、市防災会議及び市災害対策本部に関する事務、防災に関する教育訓練の実施、防災に必要な物資及び資材の備蓄整備、防災に関する施設及び設備の整備、災害に関する警報の発令、伝達及び避難措置、災害情報の収集、伝達及び被害調査、水防、消防、救助その他の応急措置、災害時の衛生及び文教対策、災害時における交通輸送の確保、被災施設の災害復旧、被災者に対する融資等対策、地域の関係団体、防災上重要な施設の管理者が実施する災害応急対策等の調整、その他災害の発生の防御又は拡大防止のための措置という任務があります。これだけの業務を日常、情報収集を積み重ねていかなければ、何もできない状態なんですよ。消防がそれだけの体制と思えば消防さんがやる分についてはある程度本部事務の方で少しはできると思いますが、市全体を見て、例えば県が危険地域として指定されるだけでも漁港海岸保全区域、これも1カ所ですね、糸満市は少ない方です。地すべりによる危険が予想される箇所が2カ所、急傾斜地崩壊危険箇所5カ所、そして人工斜面の危険箇所が2カ所、こういうのも見回りも必要だと思うんです。建設部だけがやるだけの問題じゃないと思います。こういうものを含めて、果たして本当に兼務の係でできるのかどうかというのを真剣に議論していただきたいと思います。

 それともう一つ、今度は別に飛びますと、いっぱい言いたいことがあるんですが、時間が限られますので。ここに防災マップがあります、これ糸満市のです。すばらしいのをつくっていますけれども。相当お金かかっています。これは家庭用向きではありませんよね。これだけ大きくて、どこに置くんですか。一般の会社の事務所でも…、ないよりは上等ですけれども、ここにもう一つ、糸満市よりも1万2,000名ぐらい少ない市があります。ちょうど半分の大きさにしまして、こういういろいろな救急からすべて入れてあります、マップからですね。この行政は1円もお金を出しておりません。NTTさんに協力をお願いして、この市が協力をして、NTTの支店が発行しているんです。お金がなければないなりに、いろんな発想もできるけれども、担当者もいないようではやっぱり考えていけないと思うんですよ。やっぱり財政が厳しい、行革があるからとおっしゃいますけれども、こういうものを一つ一つ、やはり勉強する余裕、そういうのもしないとですね、やっぱり係がいないと、結局担当の係ができなければ、総務課長の方にかぶってきます。できるはずがありません。片手間でやれる仕事じゃないと思います。那覇市は消防職員の経験のある消防職員を引っ張ってきています、防災担当として。これも糸満市も市の消防体制がある程度充実すれば、少しは事務の方でも両方で手伝いもできると思うんですけれども、これもできないから言うんですが、それでも今のままでやっていけますか。



◎総務企画部長(山川国正君) お答えいたします。

 確かに我々も兼務で十分だとは考えておりません。今、奥田議員が言われるように、確かに防災訓練だけじゃなくて、日常の文書の収発もたくさんございます。実際問題として、いろいろな問い合わせの文書とか、そういった事務的なものも多々ございます。また情報収集もやる必要もございますし、危険箇所の見回りということも確かにやるべきことであります。そういうことは重々わかってるんですが、今一人しか兼務で配置しておりませんので、もし無理であれば、またそれなりに協力体制もとってですね、先ほども申し上げましたが、課内で協力体制もとってですね、それでもできなければまた次の段階を考えるということで考えていきたいというふうに思います。



◆3番(奥田末吉君) 七つの政策の中で、先ほども言いましたけれども、消防だけやっぱりおくれているんじゃないですか。それを市長としてお気づきになっておられるのか。さっきも言いましたように、ほかにつきましては、十分とまではいかなくても、教育、福祉、老人問題、いろいろ含めまして、ある程度目に見える形でやっておられることは認めます。産業の誘致にしてもまだまだ来ないですけれども。それでも、やっぱり一番大事なものが抜けていると私とすれば思っています。今お話して他市の状況、それから現在の担当の問題を含めて、市長としては本当にこれでいいのですか。ここで完全に4、5年停滞してしまっていますけれども、これは防災の計画もですけれども。条例ももう一度、本当に生きるためにつくるべきであって、条例つくればいいという問題じゃありません。それからこの計画大綱なんかも実情に合わせて見直しはどんどんやっていかなければだめだと思いますし、そういうのは日常の業務自体ができない状態なんですよね。本当にこれでいいと思いますか、市長。



◎市長(山里朝盛君) お答えいたします。

 防災計画を新しくこれはつくり直さなければいかないと思っております。それから危機意識に対する体制、それ自体が大変な重要なことですが、特にこの消防行政についてどうするかということは、先ほどもお答えいたしましたように、十分ではないと考えております。それで、近隣の市とともにこれから話し合おうということをやっているところであります。防災というのは、地続きの地域が一体となって考えないといかんわけでございますので、そこも含めて私どもは検討したいと思っています。



◆3番(奥田末吉君) よく言われるんですが、防災、もちろん糸満市だけでできるものではありません。災害の規模によって相当変わってきます。しかし、消防もそうですけれども、自分の地域の市民を守れないのに、隣の市町村が応援してくれません。まず、原則的なものと、せめて県の平均ぐらいにやってかないと、先ほども言いましたけれども、果たして一緒に組んでくれる地域がありますか。自分たちでやれる分は、せめて県の平均並みぐらいでもなければやっていけないと思いますので、やっぱりそういう姿勢が大事だと思います。人の手を借りる。例えば広域になったとして、豊見城市の埋立てに先につくられたら糸満市は遠くなります。それ以前に糸満市はちゃんとした計画をもってやらないと。それとせめて平均並みにやっていかないと、県に意見も言える段階ではないと思います。いろんな救急病院、基幹病院にしても、これは県がやるべきことはいっぱいありますので、ただし、足元もできないのに、希望だけは言えませんので、やっぱりこれを大事にしていただきたいと思います。

 消防・救急につきましては、行革大綱第2回の実施計画の中で、平成15年から17年まで、定数職員の数を削減ということで、514名から463名、51名の削減を挙げております。確かに市長は、3月の答弁で、消防についてはまた考えるということでありますが、ちょっと気づくだけでも、じゃあ今までの職員数は何だったのか。行政に対するニーズ、それから分権で業務の量の増大とか、いろんなことで機構改革とかいろいろやっておられますけれども、今各部署でもいろいろ問題があると思います。それをもう一度、本当に本音で話し合って、必要なところは必要、むだを省くのは当たり前です。どうしてもあとは行革の問題に絡んできますので、次の議会で取り上げさせていただきますけれども、ほんとに真剣に議論していただきたいと思います。

 ちょっと時間がなくなりましたが、消防・救急行政についてはまた取り上げていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 それから、西崎6丁目の土地の問題で、締結されたのは平成12年…、埋立ててから22年近くなっているんですよね、先ほど言いましたように、我々一般市民は、30坪、40坪の土地に家をつくるのは大変なことです。財産の管理という面から、ただ、取り上げやすいから西崎6丁目の3カ所だけを挙げておりますけれども、この移管について、16年度ぐらいで帰属できるだろうという話でありますが、財務が動かないのか、このままずるずるしてもいいのかという感じが否めません。でも、取り組んだ分については、御苦労にほんとに感謝したいと思いますが。現在、放置車両が何台あるか、この間も数えてきました。普通、食事に来て、よそから来た人は車入れられないんです。本当にあれでいいのかということをもう一度真剣にやっていただかないと。この3カ所がもしできないようでしたら、市内にある賃地、市有地、それから市道への管理認定が相当おくれると思います。埋立てした大きい道路等はすぐ簡単に市道認定とかやれますけれども、それはいろんな問題が絡んで難しい面はあると思います、財産権の問題から、つぶれ地の問題から。思いますけれども、日常やるべき、金がない、金がないと言うんだったらもう少し業務を洗い直して、もっと真剣にやっていただければと思います。私は文句ではありません。もう一度、原点に返っていただきたいから言っていることですので、わかっていただきたいと思います。

 きょうは、消防・防災・救急というのは一番関連しますので言いましたけれども、まだ時間が足りません。もう少し、要領を得ながら勉強していきたいと思います。それと、市の財産管理の問題、日常の業務の問題を含めて、これからまた行革も含めてやっていきたいと思います。行革については、目的がおかしくなってきているんですよね。財政もこれは一部の問題である、それから人員削減も一部の問題、これが主ではないんですよ、行政改革なんて。例えば、保健師の問題でも、糸満市が本当にあと何名必要なのか。これも詰めていないと思います。消防が本当にどれだけ必要なのか、各部、各箇所でどれだけ必要なのか、やっぱり真剣に議論して、やってみて、文句ばかりでないで。ということで、いい糸満市の運営を山里市長に託したいので、あえて厳しいところはつついていきます。以上で終わります。



◆5番(賀数武治君) 皆さん、もう腹も減ってきていますけれども、どうかもう少しお話をお聞き下さい。それでは、一般質問を始めます。

 件名1、環境問題についてであります。

 新聞や広報いとまんで周知のことでしょうが、6月は環境月間となっております。本年度の統一テーマは「はじめています。地球にやさしい新生活」となっておりまして、国民一人一人の生活の見直しと、新たな環境技術に対する理解と行動に視点を置き、国や市町村で環境保全活動普及啓発に努めるとなっております。稲嶺知事は環境の日に当たり、新聞報道で、複雑多様化している今日の環境問題を解決していくためには、私たちのライフスタイルや事業活動を根本から見直し、社会のあり方そのものを持続可能なものへと変革していくことであり、その持続可能な社会を構築するためには、県民、事業者、行政のそれぞれが主体的に、環境に配慮した行動を実践していくことが大切だとコメントしております。農薬や畜産のふん尿、家庭雑排水による水質汚濁、大気汚染による地球温暖化やオゾン層の破壊。そのような地球規模の環境汚染は、私たち人間文明が引き起こした罪科だと言われております。では、私たちが環境汚染をどのように解決するのか、本員なりに考えているときに、ある本に出会いました。それは琉球大学教授の比嘉照夫さんの著書「地球を救う大変革」という本であります。有用微生物群、つまり世間でよく知られるようになったEM菌であります。そのEMで環境汚染を浄化できるというものであります。一番身近な家庭の中で、費用も安く、簡単にだれにでもできるということが大きなポイントでありまして、このEMによる効果を本の中から抜粋して申し上げます。

 家庭の排水を3層の循環式浄化槽でEM活性液を投入して循環させると、トイレの排水から洗剤まで混入した汚水が24時間で飲み水に使えるほどきれいになり、具志川市の図書館では、こうした汚水の再利用システムを完成させ、年間120万円もかかっていた水道代が6万円で済ませることができたということでございます。それから岐阜県可児市では、家庭から出る生ごみ処理にEMを使い始めたら、生ごみが良質の有機質肥料として、畑や家庭菜園などで使えるため、生ごみをあまり出さなくなり、年々15パーセントもふえ続けていた市のごみ回収費が、逆に15パーセントも減ったということであります。では、我が糸満市の場合はどうなのかということになりますが、ごみの分別回収が始まり、市民もごみ問題に対する認識が以前より高まってきております。そこでお伺いします。

 小項目1、糸満市のごみ処理状況について。

 (ア)可燃ごみとして処理される総重量、(イ)可燃ごみ総重量の何パーセントが生ごみなのか、(ウ)学校給食の生ごみの処理はどうしているのか、(エ)可燃処理に必要な燃料費の総額をお教え下さい。

 小項目2、生活排水の処理状況について。

 公共下水道を除いた地域の生活雑排水、し尿処理の状況はどうなっているのか。そして、においの原因でもある畜産ふん尿の処理対策もお聞かせ下さい。

 小項目3、糸満市の環境保全への具体的政策について。

 現在、どのような環境対策が行われているのか、そして糸満市の環境保全政策の将来的な方向づけはどうなっているのかお聞かせ下さい。

 以上で、本席からの質問を終わり、自席より再質問をいたします。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時25分)

(再開宣告午後0時25分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) 賀数武治議員の御質問、件名1、環境問題について、その小項目1、糸満市のごみ処理状況についてお答えいたします。

 御質問の可燃ごみの総重量ということですが、過去5カ年間の可燃ごみの処理状況について申し上げますと、平成10年度が1万5,438トン、平成11年度が1万6,125トン、平成12年度が1万6,833トン、平成13年度が1万7,641トンと、毎年約4パーセントずつ増加してきましたが、平成14年度は平成14年12月から実施した資源ごみの収集により、1万7,733トンと、対前年度比で0.5パーセント増と伸び率が鈍化しております。なお、ごみの総搬入量に占める可燃ごみの割合は87パーセントとなっています。

 次に、可燃ごみの総重量の何パーセントが生ごみかとの質問ですが、平成14年度の糸満市・豊見城市清掃施設組合に搬入された可燃ごみの中で、生ごみの占める割合は7.9パーセントとなっております。

 次に、可燃ごみの処理に必要な燃料費の総額は幾らかとの質問ですが、糸満市・豊見城市清掃施設組合では、平成14年度で灯油で4万9,999リットル使用されており、金額にして175万円となっております。

 そのほかの御質問につきましては、担当部長より答弁させます。



◎市民部長(上原裕常君) 賀数武治議員の環境問題につきまして、小項目2、生活排水の処理状況について答弁させていただきます。

 御質問の公共下水道を除いた地域の生活雑排水やし尿処理の状況はどのようになっているかとのことですが、現在、本市における公共下水道を除いた地域の生活雑排水の処理については、現在のところ合併処理浄化槽及び単独処理浄化槽により処理しておりますが、将来的には農業集落排水施設の導入も検討しているところであります。なお、浄化槽につきましては、浄化槽法の規定により、家屋の新設の際は、合併処理浄化槽の設置が義務化されているため、市の広報紙を通じて啓発しているところであります。

 次に、小項目3、糸満市の環境保全の具体的政策についてですが、最初に環境保全対策の将来的な方向づけについてお答えいたします。

 本市には、イノーが発達したサンゴ礁を中心とした海岸線や眺望がすばらしい石灰岩段丘の急崖のほか、貴重な動植物が生息する斜面緑地など、自然環境にすぐれた地域を有しています。これら残された自然環境は、市民の大切な財産であり、将来に受け継いでいく必要があります。したがいまして、環境保全対策の将来的な方向づけについて、そのスタンスを堅持しつつ、あらゆる状況にも柔軟に対応できる施策を実施していきたいと考えています。

 次に、現在実施している具体的な施策については、自然環境を保全する立場から、環境基本法を中心とする水質汚濁防止法や悪臭防止法などの環境関連法令に基づき、原因者に対する指導を行うと同時に、本市独自の開発行為指導要綱による開発行為の規制や地下水源の適正利用を趣旨とする地下水保護管理条例の周知などを行うと同時に、民間ボランティアの支援などを実施しております。また、我々が生活する中から発生するごみ問題については、資源ごみの回収により、一定の成果を上げているところであります。自然環境の維持、保全については、特に市民一人一人がその重要性を認識することが必要であることから、啓蒙活動については今後とも地道に続けていきたいと考えております。



◎教育委員会総務部長(慶留間清栄君) お答えいたします。

 賀数武治議員の御質問、糸満市のごみ処理状況についての中の学校給食センターの生ごみの処理についてでありますが、給食センターから排出する野菜くず等の生ごみは、清掃業者に委託をして、糸豊環境美化センターで処理をさせている状況であります。量につきましては、その日の献立等によって変動がありますが、一日平均約300キログラムであります。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時33分)

(再開宣告午後0時33分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎教育委員会総務部長(慶留間清栄君) お答えいたします。

 センターから出る残飯につきましては、市内の養豚業者の方に無償で提供しております。



◆5番(賀数武治君) では、再質問をいたします。

 まず、生ごみについてでありますが、この生ごみは統計的に見て年々ふえ続けているのですか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時34分)

(再開宣告午後0時35分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 生ごみの量がどのようになっているかという御質問ですけれども、今手元の方に平成13年度と14年度の資料がございます。それでちょっと御説明申し上げますと、平成13年度が11.4で、14年度が先ほど答弁いたしました7.9ということになっております。



◆5番(賀数武治君) 私の想像よりははるかに少ないような気がして、本当にうれしい思いがしているんでございますけれども、私もこの問題を取り上げている以上、それに限らずですね、これから再質問をしていきたいと思います。

 この焼却炉は常に900度という高温を維持するように機能が設定されているわけでございまして、水分を多く含んだ生ごみを投入することによって、急激な温度低化が起こると、そのことによってダイオキシンの発生が起こると言われております。しかし、この清掃施設は、前に建てかえして、そのような一定の温度を保つような機能があるということで、そんなにはないだろうと私も思っておりますけれども、しかし、その余分な温度を上げるための燃料費がかさむわけでございますよね。ですからどうしてもこの生ごみを減量化しなければいかないと、そういう意味からしても、ただいま糸満市ではごみ減量化のための予算はどのくらいあるのか、それをひとつお伺いいたします。市民に対してのですよ。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時37分)

(再開宣告午後0時38分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 賀数議員の再質問にお答えいたします。

 生ごみの減量化についての予算措置はどのようになっているかという御質問ですけれども、現在、生ごみを減量化するために、EM菌を利用したボカシを今つくっている最中でございます。これは、婦人会の方にお願いいたしまして、そのボカシづくりをやっておりますけれども、その経費としまして、約58万円ほど現物支給してございます。それとあわせまして、各家庭にも、一般の方々に対しましても、生ごみの処理容器というものと、それから生ごみ処理機という形のものを補助金で流しております。それにつきましては、平成14年度の実績で申し上げますけれども、生ごみの処理容器が4万5,000円、それから生ごみ処理機が10万円でございます。



◆5番(賀数武治君) 確かにそれだけの予算措置では物足りないような気が私はいたしております。もっともっとふやしていただければ、市民の環境問題に対する考え方も大いに変わってくるだろうと思っております。

 では次に、生活排水のことでありますが、各家庭では浄化槽で処理されているとのことですが、これには適正な維持管理のための義務が決められていますよね、それをちょっと申し上げてもらえませんでしょうか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時40分)

(再開宣告午後0時40分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 賀数議員の再質問にお答えいたします。

 浄化槽法の中において、年1回の清掃の義務づけがなされております。今ちょっと手元の方に浄化槽の法律を持ち合わせておりませんので、一応そういう内容になっているということで御理解の方をお願いいたします。



◆5番(賀数武治君) これは、多分私が聞き取り調査とか、話している間でも、農村の人たちはほとんど年1回のくみ取りが義務づけられていると、そういう適正な維持管理をしないといけないことの認識が全然ないわけでございます。それをただ新築のときに取りつけたらそのまま20年も全然さわったことがないと。それをそのまま河川に流していると、そういう状態でございます。私はEMを勉強するときに、私たち農村地域は将来は、集落排水事業により処理事業をするという形になっております。そして、このEM活性液を利用した浄化槽から集落排水事業につなぐことで、公共下水道より将来ははるかに安くなると言われているわけです。要するに、浄化槽で処理した水が集落排水事業所に持ち込まれる。そうすることによって、集落排水事業所の処理機能がほとんどいらない。ただ単なる貯水池に変わると、そういう形の状態になると言われております。それで、その貯水池化したものから中水道として家庭の菜園なり、水まきとかですね、いろんなものにリサイクルができると、そういう形で将来は下水道よりはるかに安くなるんじゃないかと言われております。私たち地域も今そういうEMの活性液を使った事業を、将来に向けて、集落排水事業に向けての取り組みを立ち上げたばかりでございます。

 次に、私は、この間、おきなわEM女性会議という環境学習フォーラムの発表会に参加したんでございますが、その中で子供たちの体験発表がありました。これをちょっとかいつまんでお話したいと思いますので、ぜひ教育委員会の方たちはお聞き下さい。

 浦添市の当山小学校で、理科の学習でふ化をさせたメダカを近くの牧港川に放流しようと考え、川の様子を実際に調べたら、メダカの住める状態ではなかったと。これでは大変だからということで、急遽、メダカの住める牧港川にという形にテーマを変えたそうでございます。そして、5年生の総合学習の時間の中で、米のとぎ汁でつくったEM活性液、そしてEMだんごを牧港川に月1回投入しまして、浄化活動を行うとともに、地域の子供たちがチラシをつくって、地域住民に生活排水の流し方について協力をお願いして、日常生活でのEM活動を進めていると。そして鎌倉市のある中学校では、生ごみ発酵処理容器を各家庭に配り、毎月EM発酵肥料を回収して、50坪の農園に投入して土づくりを行い、野菜栽培に取り組んだ結果、生徒たちからは生ごみがリサイクルできるなんて知らなかったと、そして、周りの人たちにもぜひ教えたいと、そういう声が挙がったそうであります。

 指導部長、これを聞いてどう思われますか。EMを使った学習は本当に経済的であり、一番身近な家庭の中からそういう環境学習問題が学べるというすばらしい教材だと私は思います。ぜひ、糸満市でも学習の中に取り入れてもらいたいということなんですけれども、答弁をお願いします。



◎教育委員会指導部長(上原武君) 再質問にお答えします。

 まさに、学校と地域が連携した取り組み、EMに限らず、糸満市内においてもこういう取り組みは展開されているところです。まず、この総合的な学習の中身は、学校の実態と地域の実態を勘案しながら、学校が総合的な取り組みを展開する。そして子供たちが生きる力をはぐくむということがねらいになっています。まさに、今賀数議員が発表された内容はとても大事なことだと思います。これを参考にして、校長会あたりでも紹介しながら勉強していきたいと思います。

 また、ごみの問題について、昨年度糸満市内の小中学校で取り上げた学校も結構あります。喜屋武小学校であるとか、西崎小学校、真壁小学校、それから米須小学校等についても環境問題について取り上げておりますし、それから光洋小学校においてはリサイクル運動ということでいろいろと取り組まれております。中学校でも課題に応じた取り組みの展開をされておりますけれども、中学校の中では兼城中学校が糸満市のごみの再利用ということで取り組みをしております。そういうことで今のお話をぜひ参考に校長会あたりでも紹介したいと思います。



◆5番(賀数武治君) そのごみ問題なんですけれども、学校給食の問題が先ほど出ましたけれども、私は残飯をどうしているのかと、自分たちが食べ残した残飯ですよね。それを子供たちがそういうリサイクルをして、EM堆肥をつくると。そういうことになると、身近な自分たちの周りにあるものがそういう土に変わると。そういう学習経験ができるわけでございますので、子供は小さいころからそういう環境問題になじむことがとっても大切なことでありますので、ぜひ検討していただきたいと思います。

 それから、これはだれに聞けばいいのかわからないですけれども、毎年EM関係の会社から200万円の寄附があるそうでございますけれども、今これはどのように使われているのかちょっとお伺いしたいと思います。



◎農水産商工部長(玉城一春君) 再質問にお答えいたします。

 これを私が答えるというのはですね、いろんな農業関係の関連から、その寄附を受ける場合に立ち会いをしている関係で、私が答えたいと思います。

 この寄附は、負担つき寄附ではなくて、一般寄附でございます。ただ、寄附する側からしては、糸満市の環境問題にぜひ活用していただきたいという希望を持っております。現在のところ、市でいただいた金はすべてそれに向けて使っているわけではございません。先ほど、市民部長から話がありましたが、いろいろな対策で使っておりますが、これに向けたということではなくて、一般会計の方に入れさせて、いろいろなところで活用させてもらっているというのが実情でございます。



◆5番(賀数武治君) そういう答弁はあるかと思いますけれども、私は、その方は、ぜひ環境問題にほとんど使ってほしいと、そういう思いが強いだろうと思います。その証拠に、実施計画を見ますと、この環境保全の予算については、平成15年、16年、17年、ほとんどゼロなんですね。だからそれから見ましても、その方はそういうふうにおっしゃったのかどうかわからないんですけれども、そういう環境保全の普及活用をするには、予算をかけて年次的に実施計画が必要だろうと思うんですよ。その件に関してはどう思いますか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時50分)

(再開宣告午後0時52分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市民部長(上原裕常君) 再質問にお答えいたします。

 賀数議員の総合計画の中に、環境保全対策の費用が上がっていないんじゃないかという御指摘でございますけれども、今後、環境保全対策につきましては、確かに総合計画の中に計上されておりませんけれども、実質的な予算措置としましては、先ほども申し上げましたように、そういった形での予算措置はしております。今後、総合計画の中で、どういった形で計上していくかにつきましては検討していきたいというふうに考えております。



◆5番(賀数武治君) 先ほど、環境保全の具体的施策についてのすばらしい答弁をいただいておりますけれども、予算を見ますと、その中身は本当に100万円にも満たないと。それだけの答弁をしておきながら、それだけの予算で、本当に答弁どおりのことができるのかどうか。予算は210億円ありますよ、その中の200万円も出せないと。寄附した方の気持ちにこたえるためにも、ぜひ大きな予算を使って、市民への啓蒙活動に本当に皆様が御尽力下さることをお願いしまして、一般質問を終わります。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後0時53分)

(再開宣告午後2時01分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆16番(大城健福君) 一般質問に入る前に字句の訂正をお願いします。件名3、道路行政について、(1)の「南部新横断道路」となっているものを「県南部新横断道路」、「県」の挿入をお願いいたします。

 では、一般質問を行います。

 件名1、教育行政について。

 2003年5月9日、沖縄タイムスによると、「公立幼稚園保育充実へ、3年、預かり、実施通知」のタイトルで報道されています。県教育委員会は、公立幼稚園で三歳児から受け入れる「三年保育」と、夏休み期間中や平日の午後も園児を受け入れる「預かり保育」を2007年度までに実施するよう、各市町村教育委員会に通知した。障害児の受け入れについても「適切な教育が実施できるよう、保育の内容・方法を検討し、教育の充実を図る」ことを求めている。県教育庁義務教育課は「三歳児から社会性は芽生えている。少子化できょうだい同士のふれあいが薄くなっており、三歳から幼児教育の環境整備が必要」と指摘した。通常の就園時間外も幼児を受け入れる「預かり保育」は、働く母親の増加などに応じた子育て支援の一環、「地域の保育園と連携しながら、地域の実態や保護者のニーズに合わせて推進してほしい」と報道されています。県教育委員会から、いつ糸満市教育委員会に通知が来たか。通知の内容はどのような内容かお伺いいたします。

 小項目1、幼稚園の預かり保育について。(ア)夏休み期間中の預かり保育について、(イ)平日の保育時間延長について、(ウ)障害児の受け入れについて、(エ)県内で実施している市町村はどこか、(オ)市は預かり保育について実施する計画はあるか。

 件名2、大型店舗(ダイエー)撤退後の市の対応について、小項目1、現状をどのように認識しているか。

 去年5月下旬、ダイエー糸満店閉鎖発表から1年、8月31日閉店から10カ月が経過し、ダイエーの従業員の再雇用問題はどのようになったでしょうか。ダイエー店舗テナント業者はどのようになったか。西崎町あたりにお店を出している業者も一部あるが、旧糸満市街には今さら店を構えることは不可能と。また、大型店舗(ダイエー)撤退後の周辺かいわいは核となる大型店舗の影響を受け、空き店舗もふえている実情に対し、どのように認識しているか。糸満市小売業協同組合の要請に対しての市の取り組みはどのようになっているか、お伺いいたします。

 小項目2、今後の対策はどのように思慮されるか。

 大型店舗(ダイエー)撤退後の跡地利用については、糸満市はどのように検討してきているか。8月31日閉店後、10カ月、市当局はいろいろな角度から検討して、行政の範囲で担当部署に指示をしているとの議会答弁であったが、どのように検討をしてきているかお伺いいたします。NHK放送等で、全国各地での大型店舗撤退後の利用方法として、官民共同利用方法という形で各地での再利用、再開発が行われている例が報告されていたが、糸満市では検討なされているでしょうか。例えば、西崎消防支所、西崎地区公民館、市健康センター、博物館(ハーレー、十五夜、市内各地の伝統行事等)、文化センター、西崎図書館分館等、公共施設と民間業者との共同経営、あるいはテナント別の経営方法等、幾つかの検討方法は思慮されないでしょうか。

 件名3、道路行政について、小項目1、県南部新横断道路(東西線)建設について。

 第3次糸満市国土利用計画についての総務委員会の審議の中で、将来の南部発展のためには、東は知念村より、西は糸満市までの南部を横断する道路建設が必要という本員の発言に対し、市長は、南部地域内道路網整備計画(構想)図の中には入っているという発言があったが、南部振興会等あたりでの動きはどのようになっているかお伺いいたします。南部地域内道路網整備計画の中でのおおよその市町村ルートはどのような計画か、お伺いいたします。

 南部市町村の合い言葉は「南部は一つ」ということであらわしているが、南部市町村は、内陸部の直線道路がないため、特に東西市町村の交流、文化、スポーツ、経済的分野での不便をこうむっているのが実情である。糸満市の持つ地域性を生かし、南部の核となる都市づくりには早期に取り組む必要があろうかと思慮されます。糸満市は国道バイパス早期建設に期待しているが、本員は、次の糸満市の経済効果を生み出す道路網整備として、平和の道建設と県南部新横断道路(東西線)建設だと思慮しますが、糸満市議会議員の皆さんはいかがでしょうか。行動する必要性はないでしょうか。糸満市は、大型店舗(ダイエー)の撤退で、経済的イメージダウンを受けているが、将来に向けての経済戦略として、糸満市の活性化として、本員は県南部新横断道路(東西線)を国道バイパスにアクセスさせ、南部は一つとしての南部全体の結びつきを深くするためにも早期建設に取り組む必要性はないでしょうか、お伺いいたします。

 次に、市道狭間線整備について。

 市道狭間線は、字座波より字兼城までの市道で、字座波、字兼城、兼城ハイツの学道として利用されている。また、農免道路の開通も予定され、交通量がふえることが予想されます。市道狭間線は、30年前より地域として道路整備が必要だと言われている市道で、本員も幾度となく一般質問を行ってきましたが、いまだに整備見通しが立っていない市道である。市道狭間線は、道路幅員が狭く、サトウキビ収穫前には特に見通しも悪く、登下校の際には、危険な状況である。軽自動車、小型乗用車の対面でも危険な状態であり、一部では不可能な状態であるが、当局は認識しているか。市道の実情をいま一度確認する必要はないか、市内の通学路で一番危険な市道だというのが地域の声であるが、認識はどうか。市道狭間線は、交通安全施設整備事業で、平成15年度採択ということで、地域として長い間の苦労も実ったと喜んだのもつかの間、交通安全施設整備事業では不可能だとのことで、市道狭間線整備の見通しが立たなくなっているが、なぜ交通安全施設整備事業で整備ができなかったのか、理由は何であったのかお伺いいたします。また、交通安全施設整備事業で見送られたということにより、新たな整備計画は必要だということで、検討する必要があるが、検討はしているか。市道狭間線整備について、採択の見通しについては平成何年度が可能かをお伺いし、本席での質問を終わります。



◎市長(山里朝盛君) 大城健福議員の御質問、件名3、道路行政について、小項目1、県南部新横断道路(東西線)の建設についてお答えいたします。

 県南部新横断道路の建設については、昭和61年3月に、島尻・21世紀への発展戦略、島尻地域振興開発構想の中で策定されたものであります。ルートとしては、本市真栄里の県立南部病院付近から佐敷町の厚生年金休暇センター付近に至る幹線道路を構想したものです。南部市町村会では、平成11年6月に行われた県土木建築部との市町村行政懇談会において、要望してきたところであります。そのときの県の回答は、南部管内における幹線道路の整備につきましては、島尻地域の振興開発を促進するため、現在、国において331号豊見城糸満バイパスの道路整備を初め、県においても国道507号や主要地方道の那覇糸満線、奥武山米須線の整備を推進しているところであります。御要望の道路については、これら南部の骨格道路の進捗や既存道路との整合、地域開発の動向を勘案しながら今後検討してまいりたいと考えております、と答えております。今回、南部市町村会の事務局において問い合わせしましたところ、南部新横断道路については、国道331号が名城バイパスや具志頭バイパスの整備、玉城村、知念村内における拡幅整備が行われていることから、重点整備路線となっていないとのことであります。本市においても、道路網の整備については、国道331号豊見城糸満バイパスの早期整備や平和の道、県道奥武山米須線、主要地方道の糸満与那原線、県道糸満具志頭線などの整備を最優先整備路線と考えております。よって、県南部新横断道路の建設については、それら路線の整備状況の進捗や地域開発の動向を勘案しながら、南部市町村会とも連携を図り、南部は一つの精神で取り組んでまいりたいと思います。

 ほかの御質問につきましては、教育長を初め、担当部長より答弁をさせます。



◎教育長(金城政安君) 大城健福議員の御質問にお答えをいたします。

 件名1、教育行政について、小項目1、幼稚園の預かり保育について。(ア)夏休み期間中の預かり保育について、(イ)平日の保育時間延長について、(オ)市は預かり保育について実施する計画はあるかについて、まとめてお答えをいたします。

 新聞報道にありました幼稚園教育に関する文書は、沖縄県幼児教育振興プログラムについての通知が、平成15年3月25日付で受け付けられております。その内容としては、一つ、各市町村における満3歳、4歳児教育の推進及び入園を希望するすべての満3歳、4歳児の就園並びに条件整備の促進、二つ、預かり保育の促進、三つ目が、地域における子育て支援の充実などについての通知でありました。預かり保育については、近年の少子化、核家族化、女性の社会進出の増大などから、そのニーズが高まっており、平日や夏休み等での預かり保育が求められております。教育委員会では、幼稚園における預かり保育に関する実態把握のため、アンケートを実施し、平成16年度から一部の幼稚園で実施できるように検討していきたいと考えております。

 次に、(ウ)の障害児の受け入れについてお答えをいたします。

 障害児の受け入れについては、浦添市でも受け入れておりますが、糸満市においても、1幼稚園において受け入れ、学校ヘルパーも派遣しております。受け入れ幼稚園においては、園長先生を初め、全職員で連携、協力し、指導に当たっております。また、スロープ等の施設も整備しております。今後、このような状況が出てきた場合も支援体制の整備・充実を図っていきたいと考えております。

 次に(エ)の預かり保育を県内で実施している市町村はどこかについてお答えをします。

 預かり保育の実施状況ですが、島尻地区では東風平町、南風原町など8市町村、11市の中では浦添市、沖縄市など7市の一部の幼稚園においてモデル的に行われております。



◎農水産商工部長(玉城一春君) 大城健福議員の件名2、大型店舗(ダイエー)撤退後の市の対応について、小項目1、現状をどのように認識しているかについてお答えします。

 まず初めに、ダイエーの従業員再雇用問題でありますが、108名の離職者のうち、昨年11月現在、62名の再就職が図られております。また、テナント業者については、14店舗のうち8店舗が廃業、残りは市内に場所を移転し、営業を続けております。

 次に、空き店舗がふえてきている実情に対する認識についてお答えいたします。

 ダイエー糸満店撤退以来、西崎商店街は中心地が空洞化し、明かりが消えた状態となっております。特に、長引く不況の中、跡地利用がおくれれば、商店街全体の集客力や機能がさらに低下し、空き店舗がふえていくものと予測され、商店街再生やまちづくりに及ぼす影響は極めて深刻であると認識いたしております。

 続きまして、糸満市小売業協同組合の要請に対しての取り組みはどのようになっているかとのことですが、買い取り要請後、数回にわたり、オーナー企業やダイエー側と情報交換を行い、さらに関係部局で要請内容について検討を行ってまいりました。その結果、市側の財政が厳しいことや取得目的、取得後の利用、運用計画がまとまらないことなどの理由により、買い取りを断念しております。

 続きまして、小項目2、今後の対策はどのように思慮されるかについてお答えいたします。

 まず初めに、市はダイエー跡地利用に対し、どのように検討してきているかでありますが、市においては、この問題は従来の自治体の商工行政の枠には到底おさまらない問題であるとの認識から、再利用計画が民間ベースで立案し、遂行され、一日でも早く商店街に活気をもたらす施設が誘致できるよう検討を加えてまいりました。その結果、数件の引き合いが市側にあったものの、現時点において、誘致の実現に至っておりません。また、市役所全部局へ跡地利用にかかる意見聴取を実施し、公的活用での検討を行ったところ、3件の提案、老人福祉センター、保健センター、西崎消防署の設置等を受けております。官民での跡利用については、これまで各方面から幾つかの提案がなされており、旧ダイエー糸満店跡地を市が購入するなどの、公的介入がある際には、あわせて検討してまいります。



◎建設部長(国吉真光君) 大城健福議員の件名3、道路行政について、小項目2、市道狭間線の整備についてお答えいたします。

 軽・小型乗用車の対面通行に対する危険性の認識、また市内の通学路で一番危険な市道という認識はしているかとのことでありますが、一番かどうかは別としまして、ある程度の危険性はあろうとの認識は持っておりますし、また、現状は何度も確認しております。

 続きまして、交通安全施設整備事業でできなかった理由につきましては、同事業の採択要件が2車線通行の場合、歩道設置後の車道幅員が5.5メートル以上必要であり、現道3メートルそこそこの道路に歩道を設置した場合、一方通行道路になってしまうため、断念しております。新たな整備計画が必要とのことでありますが、高額補助が見込めない以上、幅員を縮小して片側歩道での整備も検討する必要があるものと考えております。また、採択の見通しにつきましては、市町村道の補助事業の縮小、あるいは廃止等の議論があり、採択時期の見通しは非常に厳しい状況であります。



◆16番(大城健福君) 自席より再質問を行います。

 市長、南部新横断道路について、今の御答弁では何か厳しいという感じを受けたんですが、というのは、私が非常に市長に働いてほしいと思うのは、1点目は、まず県立の農業試験場が来ていると、そういうことになると、やはり西から東までの道があるということは、利用度において、相当のものが出てくる。それからあんなに嫌がる廃プラを糸満に持ってきていると、そういう意味からするとやっぱり南部市町村に対してある程度のお願いも聞いていると。そういうことであれば、南部首長の皆さんにも、ぜひ糸満の声も聞いてほしいと。そういうことであれば、市長、この道路の市としての必要性ですね、私は恐らく南部トリムマラソン、それから現在行われているNAHAマラソンにおいてもこの道路ができることによって、相当利用度も増すだろうと。それからバイパスにつなぐことによっての経済性の面から言っても、非常に利用価値があるんじゃないかということですが、糸満市としては、県が、または南部市町村がやらないから、糸満もいいですということになるのか、それと、新たな視点で、糸満が南部の核ということで市の行政にもうたわれているんですよね。今見ると、全部道は那覇に向かっているんですよ、それが核の始まりだと思うんですけれどもね。この認識をどのようにお考えでしょうか。



◎市長(山里朝盛君) 確かに以前は、この道路の計画もいたしましたが、今は順番としてはずっと後にしていると先ほど申し上げました。費用対効果ということが今非常に大きな採択の条件でもあります。今、南部東道路というものを、知念、佐敷、そして大里を通って、南風原に結ぶということを考えております。それと、今の那覇糸満線につなげないかということになるわけですが、あくまでも字糸満南へつなぐとなると、新設にしかなりませんので、このことについては、まだ同意とか、その地域地主への説明とか、そういうことまでも至っていないのが実情です。前にその話は出たということで申し上げておきます。



◆16番(大城健福君) 非常に寂しい気がするんです。私、ちなみに南風原の方に、私は南農の出身なものですから、よく南風原あたりが中心ということで集まりがあって行くんですが、以前は那覇から豊見城経由で行く関係で45分もかかったんですよ。今は山川に行くのに、武富ハイツからバイパスができているおかげで15分で行くんですよね、3分の1で行くんですよ。そういう意味からしても、今糸満から知念、玉城、佐敷へ行く場合、迂回して行かないといかんものですから、これ以上の差があるんですよ。私非常に寂しいのは、南部は一つという合い言葉があれば、すべて那覇に行くんじゃなくて、東西線はぜひ必要じゃないかと。そういう観点からすると、南部振興会あたりでも、市町村会あたりでも、いま一度何らかのこの声というものは出していただいて、ああいう短い区間でもこれだけの差があるわけですから、将来の糸満市づくり、その中での位置づけというのは非常に大きいのがあると思うんですよね。そういう意味からして、再度…、また、仲村正治先生も南部に道が少ないと、4車線あたりの道も必要じゃないかという新聞のコラムも出ていますので、その辺について、市長、もう一度南部振興会あたりでこの問題を取り上げてみる意思はないでしょうか。



◎市長(山里朝盛君) この要望を取り下げてはおりません。ただ、優先順位として後にあるということでございまして、取り下げてはおりません。



◆16番(大城健福君) 可能性としては20年後ということになるんですか。



◎市長(山里朝盛君) 今、完成、着工はいつになるかという時期はちょっと申し上げられません。



◆16番(大城健福君) 非常に寂しい気がするんですが、とにかく位置づけをしていただいて、南部の行事とか、それから糸満のスポーツ、トリムも含めて、やはり東西線というのは、糸満が今後、南部の中で発展する一つの基礎になりうる材料だと思いますので、もっと強力に、この問題については取り組んでいただきたいと思います。

 それから狭間線の整備についてですが、糸満市の第3次総合計画の実施計画の中で、その10ページに、地上交通ネットワークということでいろいろ市道整備があるんですが、この中で今年度、来年度にかけて終わる予定のものは何本ですか。



◎建設部長(国吉真光君) 再質問にお答えいたします。

 整備の予定が6本でございましたけれども、1本につきましては、北波平武富線、事業量がまだ多いということで来年度まで延長したいと、それと南浜1号線については、予算が少々足りないということで、補正ができれば今年度終了、補正がなければ次年度までということで、現在確定しているのは4本でございます。



◆16番(大城健福君) 先ほど部長のあれでは、来年にあと2本は終わるということで、6本ほど路線が終わるんですが、それでも厳しいということであるんですが。実際軽自動車を2台、けさも通してみたんですよ、軽自動車2台も通らないんですよ。しかも軽自動車のそばから人が通っていて危なくて、子供たちは車が行くのを待つか、あるいは車が逆に、どちらか通行者が先に行くか後になるかという形で、こういう状況なんですよ。こういう状況であってもまだ見通し立っていないというのは非常に不可思議に思うんですが、本当に整備する意思があるんですか。



◎建設部長(国吉真光君) お答えいたします。

 今、整備が非常に難しいと申し上げましたのは、昨日、小泉首相が経済財政諮問会議に三位一体改革を指示されているということの新聞報道がございました。この内容としましては、補助事業を廃止して、その財源の8割を税源移譲ということで地方におろすと、そして交付税は減らすというような内容になっておりまして、その内容が十分に我々にまだ伝わっていないということもございまして、この補助事業廃止論が次の我々の事業にどういうふうに影響するのか、それがまだ見えていないということでの回答でございます。



◆16番(大城健福君) 部長、これはそういうことになると、今後市道は1本もつくれないという感覚で受けていいんですか。それとも、次こういうものがはっきりどういう形でやるかわかった場合に、この狭間線を優先的に取り組むという考え方であるのかどうかお伺いします。



◎建設部長(国吉真光君) お答えいたします。

 整備メニューにつきましては、現在のところ不明でございますけれども、現在同意率が90パーセント以上という路線につきましては、狭間線1本でございます。その面からしても、優先的な整備ということにはなろうかと思います。



◆16番(大城健福君) 先ほど部長から説明してもらったんですが、交通安全施設整備事業で整備できるということで、美智子議員も私もそうなんですが、選挙前に、選挙人の皆さんたちに、できますよと。美智子議員も私もそうだと思うんですよ。まともに受けて、私らはうそをついたことになるんですが、こういう行政の手法でよろしいんですかね、市長。



◎市長(山里朝盛君) この交通安全施設整備事業の内容についてですね、事務当局において手違いがあったということはおわび申し上げます。



◆16番(大城健福君) 市長、先ほど部長からもそういうことで受けたんですが、恐らく市道の中で一番悪いと思うんですが、それは認識なされていますか。それともう一つは、90パーセントの同意ももらっているので最優先として、いろいろな手法も、それからいろいろな補助事業という形もあると思うんですが、その段階においては、最優先という形で取り組んでいただけるかどうかお伺いいたします。



◎市長(山里朝盛君) 市道狭間線につきましては、これまで何度となくこの場で話し合いもされました。だが、実施に移されていないということがあります。これは優先すべき道路だと思っております。



◆16番(大城健福君) 私も、選挙人に、うそをつかない大城健福議員でしたと言わせるように、市長ぜひよろしくお願いします。議員も信頼関係があって、立候補するし、立候補した以上は、先ほど市長がおっしゃるように、私もここで何回も質問やっているんですよ。そしてできるということで、ところがまたこれではできないということになった場合、非常に選挙人にうそをついたということで、当選しているからこの場でこういう説明もできるんですが、もし落選でもしておれば、ユクサーヤテェークトゥ落選セエーサということになると思うんですよ。こういう面は、今後行政手法の中で十分反省していただきたいと思います。

 では、幼稚園の預かり保育についてお伺いいたします。

 通知ということではあるんですが、この預かり保育、特に夏休みですね、それから時間延長については、この新聞の趣旨に出ているように、子育て、それと母親の支援、特に農村部においては、預かる場所が少ないということで、非常に重要だと思うんですが、もし、それを実施するとなると、施設の問題、それからこういう嘱託、または臨時ということになると思うんですが、平成16年度から一部の幼稚園で実施できるよう検討はあると言うんですが、予算措置とそれに対応する取り組みはどの程度まで進んでいるかお伺いいたします。



◎教育委員会指導部長(上原武君) 再質問にお答えします。

 進捗状況ということの質問でありますが、現在のところ平成16年を目標に新しくメンバーを立ち上げて、今出された大きな課題について一つ一つ整理しながら進めていきたいと考えております。財源等についても、この中でアンケート等も実施しながら、課題は何なのかを整理しながら進めていきます。



◆16番(大城健福君) 先ほど、東風平町と浦添市の方が実際にやっているというんですが、父兄の状況、それから運営の方法、それも含めて今どういう状況で進んでいるかお伺いいたします。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後2時41分)

(再開宣告午後2時42分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎教育委員会指導部長(上原武君) 再質問にお答えします。

 現在、浦添市における預かり保育については、11幼稚園ありますが、全幼稚園において全部実施しております。実施日は、週2回の弁当会のある日ということで、保育料は月5,000円となっております。また、4歳児については午前中のみで、対象は家庭保育のみとなっております。あと、東風平町におきましては、保育料が5,000円、それから食事代5,000円、食事については、以前から民間委託ということを考えておりましたけれども、現在はおやつ代を食費に含んでいるような形でやっております。今のところ資料としては、このように報告しておきます。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後2時43分)

(再開宣告午後2時44分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎教育委員会指導部長(上原武君) 農村地域ということで、東風平町についてお答えしますと、父母のニーズに対応するような形で、1時から6時までが預かり保育の時間になっています。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後2時45分)

(再開宣告午後2時45分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎教育委員会指導部長(上原武君) お答えします。

 夏休みの内容については、ちょっと把握しておりません。



◆16番(大城健福君) それと、今市で取り組むというのも非常にいいんですが、浦添みたいに向こうは30代、40代の若者が多く、市全体で含んでいるということで、早期に取り組む必要があるということで出てきていると思うんですが、糸満市の場合は民間の方が先に走っているんですよね。そうなると、競合する場合の可能性もあるものですから、通知だから必ずやらなくていいということになるのか、または、先ほどの16年というのもありましたが、取り組み方として、この2点ですね。農村部からやるのか、それともアンケートの結果を見てからだと思うんですが、現在やっている糸満市の法人、無認可、またはそういう学童を中心にやっているところとの問題点ですね。その辺については、いろいろあると思うものですから、取り組む中での考え方としてはどういう考えがあるんでしょうか。



◎教育委員会指導部長(上原武君) お答えします。

 議員もある程度把握しているかと思いますけれども、これから立ち上げていく検討委員会の中で十分出てきます。これはあくまでも私的な考えでありますけれども、待機している5歳児が集中しているところをまず一つ、それからアンケート調査の結果、ニーズの高い地域、このあたりを考えながら取り組みたいと考えております。



◆16番(大城健福君) そうしますと、ニーズの高いということになると、農村部あたりはニーズは高いかもしれないですが、人数が少ないとかそういうことで、結果的に子育て支援にはならないような形に出る可能性もあるんですが、その辺についてはどうお考えですか、例えば三和地区、高嶺地区。



◎教育委員会指導部長(上原武君) 確かに、今御指摘があるような形の心配、懸念があるかと思います。そこら辺は、そのメンバーの中でどう解消していくかということを検討していきます。



◆16番(大城健福君) 私が一番心配なのは、時間延長についてはさほど問題はないと思うんですよ、というのは今入園しているものでありますので。特に三和地区、高嶺地区あたりでの3歳児、4歳児の場合の取り扱いですね、これについては先ほどこういうアンケート、ニーズ性とかいろいろ考えてやるということであったんですが、この辺に加味しての考え方はどうなるんですか。例えば、現施設では使えないですよね。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後2時49分)

(再開宣告午後2時49分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎教育委員会指導部長(上原武君) 再質問にお答えいたします。

 昨日も勲議員の方に答弁いたしましたけれども、当面、教育委員会におきましては、他の市町村に負けないように、5歳児を対象にした預かり保育を中心にして、その後で2年保育について、また検討課題を克服しながら頑張っていきます。



◆16番(大城健福君) 特に、先ほど財源のお話もしたんですが、今はっきり言って障害児の受け入れということになると、相当量の改善が必要だと思うんですよね。そうなると、果たして財源、その辺についても十分予算措置とか、対策とか、入ってきてから今回いろいろ障害児問題が出ているんですが、そうならないような対策も考えていますか。



◎教育委員会指導部長(上原武君) 再質問にお答えいたします。

 今年、障害児を持つ幼稚園については、教育委員会頑張ってまいりましたので、その件については、十分次年度予算等で配慮していきます。



◆16番(大城健福君) 今の話を聞いていると、何となく座波保育所の建設が時代の流れに合わないような気がして、市長、ちょっと寂しい思いをするんですよね。3歳児の方は、保育所に任せて、5歳、6歳は幼稚園ということになると、やっぱりそばの方がよかったんじゃないかなという気がするんですよね。時代に逆行しているのが糸満市の行政だなと、つくづく心の底で何だったかなと感じております。

 では、ダイエーの件ですがね、実情について、明かりが消えて寂しいと。こういう状況であるということは認識しているということでお伺いしたんですが、また就職についてもほぼいっているんじゃないかという考え方で、ある程度は理解していいのかという気もしたんですが、実際上、今ダイエーについて求められている市民からの声として、部長はそのかいわいの生の声というのはどのように感じていますか。



◎農水産商工部長(玉城一春君) お答えいたします。

 ダイエー撤退後の周辺の問題について、いろんな話を聞いてどういうふうに考えているかということだと思いますが、非常に地域に活力がなくなって、そこの活性化についていろんな提案なり、心配とかをされているというのは聞いております。



◆16番(大城健福君) 10カ月というのは、農業でいうと1農年、1年なんですよ。人間の子供、牛なんかにしても1年で生まれるんですよね。1年という、10カ月というのはすごい大きいあれがあると思うんですよ。果たして糸満市自体が今後どういう考えを持つのか。もっと地域の声、生活ということの中で息づいているわけなんですよ。それからすると、もっとスピーディーに、そしてやはり糸満市の中に、西崎のそういうところに店出してよかったなと、そして今後もそこの店で、この地域で商売して、行政も、糸満市民も関心を持ってそういう問題をやってくれたと、やれそうだという声というのが欲しいんですが、ダイエーのこの問題については、目安というのは全然ないんですか。新しい形で、市の発展とダイエー周辺の皆さんにこたえるような形の目安というのはないんですか。



◎農水産商工部長(玉城一春君) 再質問にお答えいたします。

 確かに今御指摘のとおり、いろんな問題があります。ただ、皆さんもおっしゃられたと思うんですが、地域の活性化にはそこに住んでいる方、そこで商業を営んでいる方、それと行政、お互いが一緒に協力し合わなければそれは難しい問題だと思います。それで市では、地域と一緒になった市街地の活性化基本計画を今年一緒になってつくろうという計画をしております。これはどっちかが欠けてもいい活性化計画はできないと思いますので、いろんな話は、いろんな方からございますが、それは地域の総意として、今年1年かけて西崎地域一帯の活性化のための基本計画を一緒になってつくっていく考えでございます。



◆16番(大城健福君) ちょっと寂しいようで、あと1年かけるというと、この1年住んでいる人たち、商売を営んでいる人たちはどうなるのかなと。部長は役所の方から給料をいただいているし、私らも市の方からもらっているから自分らの生活上問題ないんですが、実際上、向こうに住んでいる人たち商売を営んでいる人たちは、この跡地利用はどうするのかと。そして、それによってどんな可能性があるかということを受けるんですが、例えば、民間のものが入るとすると、駐車場問題を今いろいろ言われたんですが、北谷町あたりはどのくらい駐車場があるんですか。



◎農水産商工部長(玉城一春君) 約2,000台と聞いております。



◆16番(大城健福君) 朝の答弁からすると、200台と2,000台、この取り組みというのが全然違うんじゃないかなと思うんですが、市長、駐車場とかいろんな基本的な整備ですね、それを含めて今後のダイエー問題にどのような考え方をお持ちでしょうか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後2時57分)

(再開宣告午後2時57分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) 先ほども、また昨日からも申し上げておりますが、中心市街地活性化計画というのは、役所だけじゃなくて、地元におられる方、そこでまた仕事をしている方々も含めてつくらないといけないわけです。そのことが非常に大事なことで、今、私どもは二極化構想ということで、糸満の今の公設市場と新しいダイエーを中心としたまちづくりを進めたのが昭和50年代でございます。そのころは、まだ那覇市においても大きな店舗が少なかった時代で、非常に活性化しました。非常に移り変わりが激しい、また沖縄の商業面積、需要と供給のバランスというんでしょうか、その辺で供給が多いのではないかというようなことで、過当競争が起こっている。そういうこともありまして、私ども自分のまちづくりはどうするか。そのことを含めて、今回の中心市街地活性化基本計画は策定していきたいと思っております。それに基づいて、またまちづくりを進めていきます。



◆16番(大城健福君) 私が聞いているのはまちづくりじゃなくて、ダイエーとか、その周辺についてどのようにお考えでしょうかということを聞いているんですよ。その辺どうお考えでしょうか。



◎市長(山里朝盛君) 先ほど述べましたのもその一環でありまして、確かに私どもが当初目指したまちづくりから、非常にかけ離れた状況にあるということは残念であります。



◆16番(大城健福君) 市長、私、今の取り組みを再度お聞きしたいんですが、ダイエー周辺を活性化させるものと、ダイエー跡をいかに生かすか、その2点についてお聞きしたいんです。



◎市長(山里朝盛君) 先ほど申し上げました、この活性化計画をつくって取り組んでいきたいと考えています。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後3時00分)

(再開宣告午後3時14分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆25番(當銘孝男君) 一般質問に入ります。

 まず、最初に、市長の公約についてお伺いいたします。

 1点目の平和の道建設に対する市の対応について、2点目、市民会館建設事業20億円の資金計画、起債に対する考えについてお伺いいたします。

 まず、平和の道建設に対する市の対応についてであります。

 3月定例会の質問に対して、当局は、南部土木事務所と協議を持ちましたが、地権者の同意がないと事業の採択は非常に厳しいと指摘を受けておりますということで答弁しております。そして、現在のところ事業採択の時期も決まっておりません。それに対し当局は、国、県に対して、要請、対応等は、そしてまた、地権者の同意ができれば事業の採択はできるのかお伺いいたします。

 次、市民会館建設事業についてお伺いいたします。

 市民会館建設について、これも同じく3月定例会の質問に対して、当局は補助事業の導入が可能か調査をいたしましたが、該当する事業はございませんという答弁でありました。そして企画財政課でも、県の教育委員会の方にもこういった関連の補助金がないかということでお聞きしたが、市民会館については、補助金がないということで、起債で財源に充てるしかないという考えでありますという答弁であります。そして、建設費20億円程度の資金計画をしているが、完成目標年度については、平成18年度ということで答弁しておりますが、市に対して、その考えは前回の答弁と変わらないのか質問をいたします。

 これで本席での質問を終わります。



◎市長(山里朝盛君) 當銘孝男議員の御質問、件名1、市長の公約について、小項目1、平和の道建設に対する市の対応についてお答えいたします。

 当該道路に対するその後の当局は、国、県への要請をいたしております。平成15年5月7日には、糸満市選出の県議初め、県土木建築部長、県南部土木事務所長、県道路建設課長以下の職員参加のもと、現地視察を実施するとともに、意見交換等も行っております。また、平成15年度県・市町村行政連絡会議においても当該道路の整備についての要請を行っております。

 また、地権者の同意ができれば、事業の採択はいつごろかとのことでありますが、県道魂魄之塔線と県道3号線を結ぶ案であれば、早い時期に採択は可能であるものと考えております。

 そのほかの件につきましては、担当部長より答弁をさせます。



◎総務企画部長(山川国正君) 當銘議員の質問にお答えいたします。

 件名1、市長の公約について、小項目2、市民会館建設事業20億円の資金計画、起債に対する考えはについてお答えいたします。

 平成15年度糸満市総合計画実施計画において、市民会館建設工事費約20億円を予定しており、その財源については、地方債許可予定限度額で約15億円、残りの市対応費については、公共施設整備基金から繰入金として約5億円を予定しております。起債に対する考え方については、市民需要の高い市民会館建設のためには、起債活用は必要不可欠なことと考えており、公債費比率及び地方債許可制限比率等が高くなることはやむを得ないことでありますが、縁故債等の繰り上げ償還等でその改善は努めていきたいと思います。以上でございます。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後3時20分)

(再開宣告午後3時20分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎総務企画部長(山川国正君) お答えいたします。

 平成18年度で完成をする予定ということであります。



◆25番(當銘孝男君) 再質問を行います。

 まず、市長が今答弁した平和の道事業についてお伺いいたします。

 これは、平成2年に概略設計が入ったんですね。これはそのときには、ちょうど市長の選挙の前の年で、市長の選挙公約にも入っているんですね。それがこの3年間経過して、事業がほとんど前に、現実に進んでいない状況なんです。だから今回この質問をしたわけであります。そして皆さんの答弁の中で、最初の平和の道構想の位置づけがいつの間にか魂魄之塔線、3号線に変わってきているんですね。その理由はなんですか。平成12年に1,000万円の調査費が計上されました。そしてその後から、ずっと今まで県の予算は入っておりません、これ3月定例会にも聞きましたから。これあくまでも県の事業であるんですけれども、この魂魄之塔線、3号線に変わる路線が出てきたわけですね。そのために、最初の平和の道構想が進まないのか。



◎建設部長(国吉真光君) 再質問にお答えいたします。

 県が、先ほど平成2年とおっしゃいましたが、平成12年に概略設計を入れておりますけれども、その概略設計の中で整備可能なルートを探るということで、糸満市が構想する平和の道は、真栄里の方から摩文仁までということで要望を出しておりましたけれども、県の方としましては、整備可能なルートとして、県道から県道につなぐルートが整備可能であると、糸満市の構想で出してもらった平和の道というのは、糸満市内に起点、終点を置いてある糸満市内だけの道路にしかならないということで、県道の新規採択はまず無理であるということから、この整備可能なルートということで県の方から提案をしていただいております。それを現在、地元と調整中であります。以上であります。



◆25番(當銘孝男君) 皆さん方は、協議の中で、字喜屋武、上里、束辺名、山城から県に対して協議を持っているわけですよね、この要請書の中で。そういう中で、何か地元の方々が当初の平和の道構想の、摩文仁までの構想がいいということで話が浮上しているということなんですけれども、間違いないですか。



◎建設部長(国吉真光君) お答えいたします。

 終点につきましては、摩文仁までではなくて、魂魄之塔線でもいいということではございますけれども、起点については、名城方面から持ってきてもらいたいという案がございます。



◆25番(當銘孝男君) 部長、この平和の道事業というのは、これ沖縄県、糸満市、南部地区全部そうなんですけれども、大きな構想なんですね。それがこういう平成12年に概略が決まって、その後から法線が変わると、本当に当局が県に対してこの案を出してから変わるということは、私は皆さん方の計画はこの予算的なものでも、いろんな面で大変だと思うんですよ。市の考えとして、基本的な考えはあくまでも当初計画なんですか。それとも県が要望している魂魄之塔線、3号線なんですか。基本的には、市はどのような方向を考えておりますか。



◎建設部長(国吉真光君) お答えいたします。

 最終的な構想といいますのは、やはり糸満市の構想であります真栄里から摩文仁でございます。しかしながら、整備可能なルートということで早期実現ができるルートをまず着手をして、その後構想の中で、最終的にはその構想を実現させたいというのが本音でございます。



◆25番(當銘孝男君) じゃあ、先ほど市長が答弁したとおり、この魂魄之塔線、3号線までのルートの地権者の同意があれば、事業は間違いなくこの短期間で採択されるんですね。



◎建設部長(国吉真光君) お答えいたします。

 5月7日に、県の土建部長も、それから県の南部土木事務所長もお出ましをいただいて、現地視察をしております。これは実現可能だということで、我々は、現地に調査に来ていただいたというふうに見ております。



◆25番(當銘孝男君) もし、この路線を事業採択した場合において、最初の構想がこの時点で、もし、事業採択した後ですよ、最初の構想はストップする可能性はありませんか。魂魄之塔線に持ってきた場合、この事業を採択した場合、今度は摩文仁に行くと土地利用の問題が出てくると思うんですよね。自然保護の問題、国との問題のかかわりが出てきます、向こうは当然。そうすると、これが完了したら、当初計画はこっちでストップする可能性はありませんか、これを事業採択した場合。



◎建設部長(国吉真光君) お答えをいたします。

 この件につきましては、我々の構想を説明する段階から糸満市の構想でいくと20年かかるか、それ以上かかるか、我々としては責任は持てないというのが県の説明でございました。しかしながら、整備可能なルートということで、ルートを探るんであれば、県の方としてはこのルートを提案したいということでございます。その後、糸満市の方で最終的な構想を持って、また整備要請をすればいいのではないかとの事務段階での、調整の中では出ております。



◆25番(當銘孝男君) 再度市長にお聞きいたしますけれども、市長は、5月7日に県の土建部長さんとお会いしたということですけれども、要請にも行ったそうでありますけれども、今言うように、この路線がもし決まった場合、糸満市の当初計画の平和の道、摩文仁までの構想が、本当にここでストップしないのかどうか、市長の考えを。今建設部長の答弁はもらいましたけれども、市長が要請して行っているわけですから。これは何でかと言うと、地域の皆さん方から当初構想がいいといううわさが今ちらちら聞こえてくるんですね。この魂魄之塔線じゃまずいとか何とかでね。その辺は市長が確約をとらないと、当初の構想が本当に20年かかるのか、そして短期間でできるのか、それだったら国に何度も何度も市長みずから要請をして。大学院大学はしょっちゅう要請に行きましたよ。そういうときにも国の建設維持課、私も何度か行きましたけれども、こういうところもどしどし行って、そして十分できると思うんです。それは何でかと言うと、市長は、今沖縄県の道路整備促進期成会の会長をなさっておりますよね。これから答弁お願いします。



◎市長(山里朝盛君) まず、ただいま申し上げましたように、県道3号線及び魂魄の塔線をつないだらできますよということの工事を私は先にやってもらいたいと思います。そうすると、先に私どもが持っていた大きな構想はとまるんではないかということでありますが、このことは、相手が採択してくれないことにはとまるんですよ。したがいまして、まずは、荒崎、喜屋武岬一帯へどうしても道路をつくる必要がございますから、そのことを優先してやりたいと。私どもが大きな構想を持っていたのは、その次に考えていいことだと思っています。

 全国地方道路整備促進期成会沖縄支部の会長をしております。そういうこともありまして、私は何度かお願いにも行ったわけでございますが、やはり県としては今申し上げた範囲しか今はできませんよということでありました。



◆25番(當銘孝男君) この平和の道構想については、ぜひ、一日も早く、これは市長の前回の選挙の公約ですから、これ今から事業採択して、完成までにはまだまだ時間がかかるんです。今言うように、魂魄之塔線が本当にいいのか、そして地域の皆さんが、地権者の皆さんが反対していないのか。そしてほんとに同意があれば、この事業が採択できるのか。先ほどの質問にもありましたけれども、糸満市は同意があっても三位一体の国の方針があって、予算が落ちないということを部長さっき答弁しているんだから。本当に地権者の同意があれば、間違いなくこの事業が採択できるんであったらさっきの答弁みたいなことはやらない方がいいですよ。平和の道事業については、地域の前原議員も後で質問するそうでありますから、ぜひ実現方に向けて頑張って下さい。

 次に、市民会館についてお伺いいたしますけれども、答弁の中で、ほとんど起債、15億円の起債、残りの5億円はどこから持ってくるのか私もわかりませんけれども、ちょっと確認だけいたします。第4次埋立てのときに、文化センターをつくるとき5億円の公社からの繰入金があったはずなんです。それを充てる予定なんですか、確認しておきます。



◎総務企画部長(山川国正君) お答えをいたします。

 今、市民会館の財源についての中で、15億円は起債で、あとの5億円は基金の方からということで申し上げたんですが、実は、この基金も市の財源が大変厳しいので、5億円は公社の方から一般会計の方に繰り出していただくと、それを財源に市民会館に充当して建設をやっていきたいというのが考え方であります。



◆25番(當銘孝男君) 今、公社からの5億円の繰り入れ問題について、第4次埋立てのあの一帯で、文化施設の予定があったわけですよね。この予算は、あの地域から要望の用地を購入するとき関連施設ができるということで予算投入する資金じゃないですか。それがこの南浜の今の埋立ての文化施設に、市民会館の予算に充当するということは、本当にこれは適正なんですか。



◎総務企画部長(山川国正君) 5億円についてなんですが、確かに言われるように、西崎文化センター用地を公園事業で、補助事業で取得いたしまして、その財源を5億円浮かして、公社で内部留保金ということで持っておりますので、それを一般会計に繰り出してもらったということでありますが、西崎での文化センター建設については、いろいろ今教育委員会も計画しておりますが、今市長としては、まず市民会館を優先して、それにまず充てたい。その後、西崎文化センター、複合施設ということで教育委員会は計画しているわけですが、その辺は市民会館を優先してつくって、またその後で建設を考えるというのが今基本的な考えです。



◆25番(當銘孝男君) 今度の実施計画の中に、市民文化の振興の中に市民会館が入っているわけですけれども、そしてここに文化センターの問題については、やっぱりこういう公社からの繰入金があるからこそああいう大きな計画を立てたと思うんです。しかし、今見たら、この5億円の予算をここに財源を充てるということは、皆さん方の財政の計画は絶対なっていないと思います、基本は。そこでまたお聞きいたしますけれども、市長、この市民会館をつくるときに、今言うようにほとんど持ち出しです。公社の財産にしても、これは糸満市の債務負担行為で生んだ財産です。公社も今56億円ぐらいの借金がありますから、これだけ借金して、今度の決算を見たら年間9,000万円の利息を払っているんですよね、糸満市は200億円、相当上がりましたけれども。これはあくまでも市の大きな財産なんですよね、やっぱり皆さんが言うようにほとんど借金と同じなんですよ、20億円というのは。そこで、この市民会館をつくるときに、市長も防衛施設周辺民生安定施設整備事業ですか、その方向で防衛庁の局長にお会いしたそうですけれども、市長は一度だけですか、それと職員に指示もしておりますので、こういう予算措置のあり方についてどんな方向で、何回、どういうところに行って、だれと会ってきたのか、そういう話をして、全部起債でやるという答弁になっていますから、どんな行動をとってきたのか説明を求めます。



◎市長(山里朝盛君) 防衛施設庁の金が回せないかと、補助金が受けられないかということでお願いはしたんですが、これは確かに回数は少ないです。具体的にこれから資金の造成は考えないといかんわけですが、確かに前もってこれは話をしなければいかないことでございますので、何回かということになりますと、これは3回しか話をしていませんし、まだ文書は提出しておりません。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後3時39分)

(再開宣告午後3時40分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。

 本日の会議時間を議事の都合により、あらかじめこれを延長いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大城正行君) 御異議なしと認めます。

 よって本日の会議時間は、これを延長することに決しました。

 休憩いたします。

(休憩宣告午後3時41分)

(再開宣告午後3時42分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎総務企画部長(山川国正君) お答えいたします。

 職員が何回行ったかということですが、去る4月21日に、那覇防衛施設局の方を訪ねまして、これは事業部の施設対策第一課ですが、そこを訪ねまして集会施設の補助はないかということで問い合わせに行っているんですが、この要綱の中に、これは学習等供用施設設置助成事業という要綱があるんですが、その中で特別集会施設という事業があるんです、中身があるんですが、これに該当するかどうかですね。これは市の基本設計書がないと判断できないということで、要するに中身がわからないとこれ該当するかしないか判断できないということであります。まだ、我々基本設計はこれからやるわけですから、その内容が提示できなかったということで、今のところはできるという回答を得ていないということであります。4月21日に1回行っております。



◆25番(當銘孝男君) 市長、こういう市民の要望の高い施設をつくるときに、3月定例会で私が通告したからその後に行っているんですよ。それをこういう国、県からの予算をもらうために1回で予算がもらえるんだったらだれがも行きますよ。私も阿波根に馬場をつくるときに、防衛庁に36回行きました。防衛庁の担当はしょっちゅうかわりました。1回でできることであったら予算なんて簡単な問題じゃないですか。それでもう一度聞きますけれども、助役、さっき玉城朗永議員からの質問で、平成10年に概略設計、答申が来た、今度また基本設計1,500名が入る市民会館ですね、先ほど助役は、朗永議員の800名から1,500名に、施設の定員の基本的な考えを変えるということを答弁しているんですね、そうじゃなかったですか。議長、休憩して下さい、確認して下さい。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後3時46分)

(再開宣告午後3時46分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◆25番(當銘孝男君) たくさんの文化関係者の皆さん方が、長年、こういう施設をつくるために、財源の問題から計画をして、答申をして、質問したら、この計画の見直しをやる。こんなことでたくさんの皆さんの、市民会館に携わった人たち、どんな考えを持つかね。そうじゃなければ検討しますとかいう答弁でしたらまだいいですよ。そうすると、皆さん方がこの資金計画を出している20億円というのはまた変わってきますよ、すぐ。こんないい加減な計画で、本当に市民会館がつくれますか。本当にこの見直しをするんですか。



◎助役(長嶺輝一君) 當銘孝男議員の再質問にお答えをいたします。

 午前中でしたか、朗永議員の再質問にも今の基本計画を見直しをすると、そういうことで質問者は1,500名ぐらい欲しいと、今の計画は800名だということで、いろいろ検討せざるを得ないのかなということで見直しをしますと。これ少なくとも座席だけじゃなしに、全体を見る中での見直しをせざるを得ないということの案でありまして、1,500席にやりますとは言ってはおりません。幾らかのプラスアルファは考えております。



◆25番(當銘孝男君) 市長、ここにこの市民会館に携わった方々がたくさんいらっしゃいますね、名簿確認しましたけれども、多くの方々がこの議論をしてきている。それと今、助役の答弁がありましたけれども、市長は本当にこれでいいんですか、助役の答弁でいいんですか。



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午後3時48分)

(再開宣告午後3時50分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



◎市長(山里朝盛君) ただいまの助役のお答えで私はよろしいと思っています。



◆25番(當銘孝男君) 長年、計画して多くの文化関係者の皆さん方の意見を集約して、こういう答えが出てきている中で、こういう市長の答弁は、私は基本的に大きなマイナスの要因だと思っております。

 そこで、またお聞きいたしますけれども、先ほど市長は、3回行ったと言っておりますけれども、4月21日にまた部長も行ったと言いますけれども、これはできるかできないか私もわかりませんけれども、石垣市も国庫補助金予算をもらっています、わずかでありますけれども。そして特に前回の3月定例会でも、浦添市は約45億円の補助金、これは防衛庁の予算で、特別の補助金が45億円。これは資料全部私は持っています。ただ、これは浦添市民会館は文化交流センターという名称になっておりますけれども。だからこういう予算がとれるとれないは別として、1回行って一職員と会って、こういう簡単な答弁をした場合、もしこの予算が該当した場合どんなことになるんですか。これはとれるとれない、私わかりません。1回行ってとれるんであったら私も行きますよ。そして、ここに維持管理の問題もあります、私は、皆さん方は維持管理の問題は一つも考えていないと思います。石垣市の維持管理費が約5,000万円、浦添市が1億2,000万円、そして名護市が約9,100万円ぐらいですね、これ維持管理だけです。そういうものも市民会館をつくるときに…、市民要望の高いのわかります。しかし、財政を預かっている皆さん方は、さっき言ったように、計画立案して、多くの人たちの意見を取り上げてやっているのがこう簡単に変わると大変な問題があると思います。浦添市の資料は、もし皆さんがよかったら後で差し上げます。これは補助にかかる申請書です。私は、市長にもさっき言いましたけれども、県の道路整備促進期成会関係の会長さんもなさっているし、そして、沖縄県議会議員もいます、国会議員の方がたくさんいらっしゃいます。差別をしないで補助金がとれる沖縄県選出国会議員をぼんぼん使って下さいよ。それが国会議員の役割です、県会議員の役割ですよ。自分たちでできなかったら政治使ったらどうですか、大いに。そうすると以外とこういう補助金が、県の職員がわからない補助金もたくさんあります。沖縄県がわかる、糸満市の職員がわからないのはたくさんあります。私はこの前、経済産業省に行きましたときにびっくりしましたよ。浦添市は今度大きな学校をつくります、これはほとんどが国の補助金です。だから、そういう中で、45億円の補助金をとってくるんですから、幾ら特別といってもやり方によってはこういうのも可能なんですよ。ぜひ、1回きりでいい加減な返事はしないで下さい。職員の皆さん方もね、いろんな観点からとれるかどうかもっと議論すべきだと、もっと市長も東京へ出張に行くときには、いろんな国会議員の皆さん方に、各課に行って要請すべきだと思います。一つの目的で行ったとしても、時間があれば各省庁を回ってやるべきだと思います。そういう意味で、市長はこれ公約ですから、来年はまた市長選挙がございます。そして今度は基本設計の1,500万円もとっています。これは皆さん方単費です。もしこういう補助金がとれた場合、こういう一般財源の持ち出しが国に説明するための1,500万円だったら、つくらなくても私はできると思いますよ。人間的な、政治的な問題です、こういうの。

 最後に、市長にお伺いいたしますけれども、この市民会館の今の建設費20億円、5億円は公社から一般会計に繰り入れして基金から出すと言っています。これは市長の考えはお変わりございませんか、最後までその方針は変わりませんか。確認して、答弁によっては質問するか知りません。再度、市長の答弁を求めます。



◎市長(山里朝盛君) 今、市民会館をつくるということは表明いたしましたが、財源はどうするかということで、非常に私ども考えてのことでございます。それで20億円というのはこのようにして生み出そうということは話したところであります。



◆25番(當銘孝男君) じゃあ、市長、最後になりましたけれども、この市民会館については、今度は公園関係で公社から用地の購入もありますので、これは触れておりませんけれども、これも糸満市は公社から莫大な公園用地を買わなければいけません。この辺も出てきますので、これだけの財源じゃ当然終わりません。公園用地の中に市民会館をつくるわけですから、この土地の購入もまだしておりません。公社は、市が早く買わないから、五十何億円の借金がある、返しきれないからです。しかし、糸満市も財源がない。そういう状況ですから、しっかりした資金計画をつくって、ぜひ、市民要望の高いものは、これは私も同感であります。本当にみんながよかったなという施設をつくっていただきたいことを希望して、質問を終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(大城正行君) 以上で、本日の会議を終了いたします。

(散会宣告午後3時56分)