議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 糸満市

平成15年第2回糸満市議会臨時会会議録 05月09日−01号




平成15年第2回糸満市議会臨時会会議録 − 05月09日−01号







平成15年第2回糸満市議会臨時会会議録



 平成15年5月9日糸満市議会臨時会が本市議会議事堂に招集された。



出席議員 26人



1番 新 垣   新 君   2番 徳 元 敏 之 君



3番 奥 田 末 吉 君   4番 上 原   勲 君



5番 賀 数 武 治 君   6番 照 屋 正 清 君



7番 前 原   晃 君   8番 奥 村 幸 巳 君



9番 長 嶺 一 男 君   10番 長 嶺   實 君



11番 喜 納 正 治 君   12番 金 城   勉 君



13番 玉 城 朗 永 君   14番 玉 城 隆 一 君



15番 東 江 光 野 君   16番 大 城 健 福 君



17番 照 屋 仁 裕 君   19番 大 城 美智子 君



20番 新 垣 安 彦 君   21番 砂 川 金次郎 君



22番 菊 地 君 子 君   23番 浦 崎   暁 君



24番 玉 城 英 明 君   25番 當 銘 孝 男 君



26番 伊 礼 哲 雄 君   27番 大 城 正 行 君





欠席議員  1人



18番 玉 城 和 信 君





 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席したものは、次のとおりである。



市  長 山 里 朝 盛 君   助  役 長 嶺 輝 一 君



収入役  上 原 健 市 君   教育長  金 城 政 安 君



                 総務企画

水道局長 仲 門 用 孝 君   部  長 山 川 国 正 君



市民部長 上 原 裕 常 君   福祉部長 上 原   悟 君



農水産商工

部  長 玉 城 一 春 君   建設部長 国 吉 真 光 君



                 教育委員会

消防長  金 城 安 秀 君   総務部長 慶留間 清 栄 君



教育委員会

指導部長 上 原   武 君





 本議会に職務のため出席したものは次のとおりである。



事務局長 伊 敷 康 子 君   次  長 豊 平 朝 信 君



議事係長 金 城 邦 宏 君   主  査 前 田   淳 君



主  事 上 原   亘 君   主  事 照 屋 勝 矢 君





本日の議事日程

日程第1 諸般の報告

日程第2 会期の決定

日程第3 会議録署名議員の指名

日程第4 議案第34号 糸満市立保育所設置及び管理に関する条例の一部を改正する

           条例について

日程第5 議案第35号 糸満市指定金融機関の指定についての議決内容の一部変更

           について

日程第6 議案第36号 専決処分の承認について

日程第7 議案第37号 専決処分の承認について

日程第8 議案第38号 専決処分の承認について

日程第9 議案第39号 専決処分の承認について

――――――――――――――――――――――――――――――

(開会宣告午前10時07分)



○議長(大城正行君) これより平成15年第2回糸満市議会臨時会を開会いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(大城正行君)



△この際、「諸般の報告」を行います。

 5月9日付、市長から今期臨時会に付議する議案の送付がありました。

 以上で、諸般の報告を終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(大城正行君)



△次に、「会期の決定」を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期臨時会の会期は、議会運営委員会の答申のとおり、本日1日といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大城正行君) 御異議なしと認めます。

 よって今期臨時会の会期は、議会運営委員会の答申のとおり、本日1日とすることに決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(大城正行君)



△次に、「会議録署名議員の指名」を行います。

 今期臨時会の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、9番 長嶺一男君、13番 玉城朗永君の両君を指名いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(大城正行君) 直ちに本日の会議を開きます。



△議案第34号「糸満市立保育所設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について」、議案第35号「糸満市指定金融機関の指定についての議決内容の一部変更について」、議案第36号「専決処分の承認について」、議案第37号「専決処分の承認について」、議案第38号「専決処分の承認について」、議案第39号「専決処分の承認について」、以上6議案を一括して議題といたします。

 各議案に対する提案理由の説明を求めます。



◎市長(山里朝盛君) 平成15年第2回糸満市議会臨時会を招集しましたところ、議員各位の御出席をいただき、感謝申し上げます。

 それでは、本臨時会に提出しております議案について、その概要及び提案理由を御説明申し上げます。

 議案第34号 糸満市立保育所設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、

 本案は、糸満市立座波保育所増改築事業の完了に伴い、座波保育所の位置を字座波54番地から字座波611番地の6に改めるため、条例の一部を改正するものであります。

 議案第35号 糸満市指定金融機関の指定についての議決内容の一部変更について、

 本案は、平成10年第5回糸満市議会定例会において議決された糸満市指定金融機関の指定の一部を変更するものであります。

 内容について申し上げますと、平成15年7月1日から平成17年6月30日までを株式会社琉球銀行、平成17年7月1日から平成19年6月30日までを株式会社沖縄銀行と指定しておりましたが、株式会社琉球銀行の辞退に伴い、平成15年7月1日から平成17年6月30日まで株式会社沖縄銀行に指定変更するものであります。

 議案第36号 専決処分の承認について、

 本案は、年度末において起債事業の許可額が確定した結果、起債額の増減が生じ予算科目の補正が必要となったため、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、平成14年度糸満市一般会計補正予算(専決第1号)を平成15年3月31日に専決処分を行ったので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものであります。

 第1条の歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」のとおりであります。

 主な内容を申し上げますと、歳入について、17款繰入金の公共施設整備基金繰入金を3億7,180万円減額計上し、20款市債の1目民生債を950万円増額、2目農林水産業債を450万円増額、3目土木債を3億4,480万円増額、4目教育債を1,800万円増額、5目災害復旧事業債を500万円減額し、市債合計では3億7,180万円の増額計上となっております。

 議案第37号 専決処分の承認について、

 本案は、地方税法等の一部を改正する法律が平成15年3月31日に公布され、同年4月1日等から施行されることに伴い、糸満市税条例の一部を改正する条例を、平成15年3月31日に地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分を行ったので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものであります。

 改正の主な内容は、(1)「法人である政党又は政治団体」が収益事業を行わない場合に限り均等割を非課税とする改正。(2)「特別土地保有税」を課していた土地について、平成15年度以降は非課税とし、及び、平成15年1月1日以後新たに取得された土地についても非課税とする改正。(3)たばこ税の税率を「1,000本につき2,434円」から「1,000本につき2,743円」に引き上げる改正。(4)一般市街化区域農地に対する固定資産税の課税標準額の上限を評価額の3分の1とする改正等であります。

 議案第38号 専決処分の承認について、

 本案は、特別土地保有税審議会の設置根拠の削除を内容とする、地方税法等の一部を改正する法律が平成15年3月31日に公布され、同年4月1日から施行されることに伴い、糸満市特別土地保有税審議会条例を廃止する条例を、平成15年3月31日に地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分を行ったので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものであります。

 議案第39号 専決処分の承認について、

 本案は、地方税法等の一部を改正する法律が平成15年3月31日に公布され、同年4月1日等から施行されることに伴い、糸満市国民健康保険税条例の一部を改正する条例を、平成15年3月31日に地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分を行ったので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものであります。

 その内容につきましては、介護納付金課税額に係る課税限度額7万円を8万円に引き上げ、先物取引の差金等決済に係る損失の繰越控除に係る国民健康保険税の課税の特例条項を新設するものであります。

 以上、議案6件について、その概要及び提案理由を説明させていただきました。御審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(大城正行君) ただいま議題となっております6議案に対する質疑を許します。

 お諮りいたします。

 6議案に対する質疑を省略いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大城正行君) 御異議なしと認めます。

 よって6議案に対する質疑を省略いたします。

 ただいま議題となっております6議案については、お手元に配布してあります議案付託表のとおり、それぞれの所管の常任委員会へ付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(大城正行君) 休憩いたします。

(休憩宣告午前10時19分)

(再開宣告午後3時04分)



○議長(大城正行君) 再開いたします。



△議案第35号 糸満市指定金融機関の指定についての議決内容の一部変更について、議案第36号 専決処分の承認について、両議案を一括して議題といたします。

 両議案については、その審査を総務委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。



◆21番(砂川金次郎君) 本総務委員会に付託のありました議案第35号 糸満市指定金融機関の指定についての議決内容の一部変更について、議案第36号 専決処分の承認について、会議規則第102条の規定により委員長報告を行います。

 本案は、平成10年第5回糸満市議会定例会において議決された糸満市指定金融機関の指定の一部を変更するものであります。

 内容について申し上げますと、平成15年7月1日から平成17年6月30日までを株式会社琉球銀行、平成17年7月1日から平成19年6月30日までを株式会社沖縄銀行と指定しておりましたが、今年2月27日付で、株式会社琉球銀行頭取名で「糸満市指定金融機関(輪番)の当番見送りについて」という文書が送られてきました。この文書によりますと、御市から求められております派出時間では、弊行としましては対応しかねますので、弊行条件、営業時間9時から4時等に合致するまでは、まことに残念ですが、御市の指定金融機関の当番を見送りさせていただく、という回答でありました。この文書が発送される前年平成14年10月22日付では、輪番制を引き受ける条件の18項目なるものが発送されておりまして、その一例としましては、派出所の営業時間の見直しについてということで、現行の8時30分より5時までを9時より午後4時までとすること。それから行政財産市役所内に設置している銀行派出所の無償使用についてということで、現在、年間59万9,932円で賃借しているものを無償にするということ。それから収納代理金融機関等が作成している税目毎の日計表作成の廃止等を求めること。きわめつけは契約書中の「財務規則等」文言を削除すること。そして現在派遣されている3名の派遣を改善では1名にして、不足人員は糸満市で対応していただく等、こういう要望が昨年に出されておりまして、そしてこれが本市は条件としてのめなかったわけですけれども、先ほど申し上げましたように、2月には正式に辞退の文書が届きました。それに伴いまして、平成15年7月1日から平成17年6月30日まで株式会社沖縄銀行に指定変更するということであります。審査の結果は、原案のとおり可決すべきものと決しております。

 議案第36号 専決処分の承認について、

 本案は、年度末において起債事業の許可額が確定した結果、起債額の増減が生じ予算科目の補正が必要となったため、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、平成14年度糸満市一般会計補正予算(専決第1号)を平成15年3月31日に専決処分を行ったので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものであります。

 第1条の歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」のとおりであります。

 主な内容を申し上げますと、歳入について、17款繰入金の公共施設整備基金繰入金を3億7,180万円減額計上し、20款市債の1目民生債を950万円増額、2目農林水産業債を450万円増額、3目土木債を3億4,480万円増額、4目教育債を1,800万円増額、5目災害復旧事業債を500万円減額し、市債合計では3億7,180万円の増額計上となっております。

 特に、委員外質疑において、起債のメリットや100パーセント交付税で充当されるとの答弁に対し、その確実性などをただす質疑が行われました。また、臨時財政対策債は、公債費比率の算定には加味されない等の答弁がありました。審査の結果は、承認すべきものと決しました。

 以上で、委員長報告を終わります。



○議長(大城正行君) 委員長報告に対する質疑を許します。

 お諮りいたします。

 委員長報告に対する質疑を省略いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大城正行君) 御異議なしと認めます。

 よって委員長報告に対する質疑を省略いたします。

 議案第35号 糸満市指定金融機関の指定についての議決内容の一部変更について、本案に対する討論を許します。

 お諮りいたします。

 本案に対する討論を省略いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大城正行君) 御異議なしと認めます。

 よって本案に対する討論を省略いたします。

 これより採決を行います。

 議案第35号 糸満市指定金融機関の指定についての議決内容の一部変更について、本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 起 立 24人



○議長(大城正行君) 起立全員であります。

 よって本案は、委員長報告のとおり原案可決されました。

――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(大城正行君) 議案第36号 専決処分の承認について、本案に対する討論を許します。

 お諮りいたします。

 本案に対する討論を省略いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大城正行君) 御異議なしと認めます。

 よって本案に対する討論を省略いたします。

 これより採決を行います。

 議案第36号 専決処分の承認について、本案に対する委員長報告は承認であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 起 立 24人



○議長(大城正行君) 起立全員であります。

 よって本案は、委員長報告のとおり承認されました。

――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(大城正行君)



△議案第34号 糸満市立保育所設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、議案第37号 専決処分の承認について、議案第38号 専決処分の承認について、議案第39号 専決処分の承認について、以上4議案を一括して議題といたします。

 4議案については、その審査を民生委員会に付託してありましたので、委員長の報告を求めます。



◆11番(喜納正治君) 議案第34号 糸満市立保育所設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、議案第37号 専決処分の承認について、議案第38号 専決処分の承認について、議案第39号 専決処分の承認について、民生委員会に付託がありましたので、会議規則第102条の規定により報告いたします。

 議案第34号につきましては、糸満市立座波保育所増改築事業の完了に伴い、座波保育所の位置を字座波54番地から字座波611番地の6に改めるため、条例の一部を改正するものであります。審査の結果、全会一致で可決すべきものと決しました。

 議案第37号 専決処分の承認について、本案は、地方税法等の一部を改正する法律が平成15年3月31日に公布され、同年4月1日等から施行されることに伴い、糸満市税条例の一部を改正する条例を、平成15年3月31日に地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分を行ったもので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものであります。

 改正の主な内容は、先ほど説明がありましたとおり、「法人である政党又は政治団体」が収益事業を行わない場合に限り均等割を非課税とする改正。「特別土地保有税」を課していた土地について、平成15年度以降は非課税とし、及び平成15年1月1日以後新たに取得された土地についても非課税とするものであります。その中で審議されましたことは、この特別土地保有税の廃止に伴い、本市では4社あり、590万円の税収があったということであります。たばこ税の税率を「1,000本につき2,434円」から「1,000本につき2,743円」に引き上げる改正でもあります。これは、糸満市の場合は約10パーセントの上乗せがあり、今の計算でいくと3,000万円ぐらいの増になるんではないかというふうに、審議の中では答弁がありました。また、一般市街化区域農地に対する固定資産税の課税標準額の上限を評価額の3分の1とするなどの改正でありますが、今の本市の税率の場合には、その3分の1に届いていないというのが審議の中で説明がありました。そしてまた、宅地とか商業用地は最高限度額を7割とするということでもありましたが、本市については、それも34パーセントぐらいまでしか、今のところはないということであります。また、株式関係取引は、今までは申告すべきでありましたけれども、今回の地方税法の改正で、取引する会社が申告することに変わっておりますが、1年間取引で赤字が生じた場合、本人で申告すればその場合は軽減になるということでもありました。審査の結果、全会一致で承認すべきものと決しました。

 議案第38号 専決処分の承認については、先ほど申し上げましたように、特別土地保有税審議会の設置根拠が削除される地方税法等の一部改正により、特別土地保有税審議会の設置が削除されたので、それに伴い糸満市特別土地保有税審議会条例を廃止するとのことであります。審査の結果、全会一致で承認すべきものと決しました。

 議案第39号 専決処分の承認について、これも同様、地方税法等の一部を改正する法律が平成15年3月31日に公布され、同年4月1日等から施行されることに伴い、糸満市国民健康保険税条例の一部を改正する条例を、平成15年3月31日に、地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分を行ったのであります。審査の中では、なぜそれを行う必要があるかということに対しましては、被保険者の負担の公平をさせるための関係から、今まで7万円だった国民健康保険税介護分の上限額を8万円に引き上げるものでありますとのことでありました。限度額の引き上げを据え置くことができるかとの質疑に、据え置くことはできるが、交付金が減されるとのことでありました。糸満市においては、7万円から8万円に引き上げることに、何件ぐらいが適用するかということに対しましては、231件、いわゆる231万円が市民の負担になるとのことでありました。審査の結果、全会一致で承認すべきものと決しました。

 以上で、委員長報告を終わります。



○議長(大城正行君) 委員長報告に対する質疑を許します。

 お諮りいたします。

 委員長報告に対する質疑を省略いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大城正行君) 御異議なしと認めます。

 よって委員長報告に対する質疑を省略いたします。

 議案第34号 糸満市立保育所設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、本案に対する討論を許します。

 お諮りいたします。

 本案に対する討論を省略いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大城正行君) 御異議なしと認めます。

 よって本案に対する討論を省略いたします。

 これより採決を行います。

 議案第34号 糸満市立保育所設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 起 立 24人



○議長(大城正行君) 起立全員であります。

 よって本案は、委員長報告のとおり原案可決されました。

――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(大城正行君) 議案第37号 専決処分の承認について、本案に対する討論を許します。



◆22番(菊地君子君) 議案第37号 専決処分の承認について、委員長報告には賛成ですが、指摘しておきたいところがありますので、指摘をして討論にかえさせていただきます。

 議案第37号 専決処分の承認については、糸満市税条例の一部を改正する条例の中身となっているのがこの議案第37号であります。今回の市税条例の改正というのは、国会での地方税法改正に伴うものでありますので、その部分にも触れて討論といたします。

 今回の地方税法の改正は、持続的な経済社会の活性化を実現するためのあるべき税制の構築に向けた改革の一環ということでの法律案の提案理由が述べられ、国会で審議をされました。その結果、(1)法人事業税への外形標準課税の導入、(2)不動産取得税の税率の引き下げ、(3)特別土地保有税の課税停止、(4)新増設に係る事業所税の廃止、(5)固定資産税の評価がえに伴う税負担の調整、(6)配当所得及び株式等譲渡所得に係る課税方式の見直し、(7)配偶者特別控除の上乗せ分の廃止、(8)地方のたばこ税の税率の引き上げなどが行われました。その中でも、(7)配偶者特別控除の上乗せ分の廃止について述べてみたいと思います。

 この配偶者特別控除に上乗せをして適用されていた部分が今度からこの控除が廃止をされるということなんですが、国レベルでいいますと、これは総務省が出している資料なんですが、それでいいますと、増税額は2,554億円、国税と合わせると7,344億円となり、標準世帯の負担増は約5.9万円と見積もられているとのことであります。さらに、この影響を受ける納税者は、1,370万人とされ、とりわけ控除の廃止によって課税の最低限が引き下がる。個人住民税の所得割では325万円から270万円に引き下げられ、所得税に関しては、384万2,000円から325万円に引き下げられるということであります。それで、新たに130万人程度が納税者となるということが重大だと言われております。本市において、特別配偶者控除に上乗せされる部分の人数だとかというのは具体的に現段階では出ないということなんですが、配偶者控除に上乗せをして適用される部分の控除額の総額が10億円となるという説明でした。その中の3パーセントが課税をされるわけですから、糸満市においては、3,000万円の税収の増になるということでありましたが、これは言葉をかえて言えば、市民にとっては3,000万円の新たな増税になるということですので、このことについては、この不況下で市民生活が大変苦しいという中での増税については、問題があるのではないでしょうかということで指摘をしておきたいと思います。



○議長(大城正行君) お諮りいたします。

 本案に対する討論を終了いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大城正行君) 御異議なしと認めます。

 よって本案に対する討論を終了いたします。

 これより採決を行います。

 議案第37号 専決処分の承認について、本案に対する委員長報告は承認であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 起 立 24人



○議長(大城正行君) 起立全員であります。

 よって本案は、委員長報告のとおり承認されました。

――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(大城正行君) 議案第38号 専決処分の承認について、本案に対する討論を許します。

 お諮りいたします。

 本案に対する討論を省略いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大城正行君) 御異議なしと認めます。

 よって本案に対する討論を省略いたします。

 これより採決を行います。

 議案第38号 専決処分の承認について、本案に対する委員長報告は承認であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 起 立 24人



○議長(大城正行君) 起立全員であります。

 よって本案は、委員長報告のとおり承認されました。

――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(大城正行君) 議案第39号 専決処分の承認について、本案に対する討論を許します。

 お諮りいたします。

 本案に対する討論を省略いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大城正行君) 御異議なしと認めます。

 よって本案に対する討論を省略いたします。

 これより採決を行います。

 議案第39号 専決処分の承認について、本案に対する委員長報告は承認であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 起 立 24人



○議長(大城正行君) 起立全員であります。

 よって本案は、委員長報告のとおり承認されました。

――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(大城正行君) お諮りいたします。

 今期臨時会において議決されました議案等について、その条項、字句、数字等、その他整理を要するものにつきましては、その整理を議長に委任されたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大城正行君) 御異議なしと認めます。

 よって条項、字句、数字等、その他整理を要するものにつきましては、議長に委任することに決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(大城正行君) 以上をもちまして、平成15年第2回糸満市議会臨時会を閉会いたします。

(閉会宣告午後3時32分)



 上記のとおり会議の次第を記録し、これを証するため署名する。



糸 満 市 議 会



議   長  大 城 正 行



9   番  長 嶺 一 男



13   番  玉 城 朗 永