議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 浦添市

平成 9年 12月 定例会(第103回) 12月12日−04号




平成 9年 12月 定例会(第103回) − 12月12日−04号









平成 9年 12月 定例会(第103回)

        第103回浦添市議会定例会会議録(第4号)



 第103回浦添市議会定例会第4日目は平成9年12月12日午前10時より浦添市議会仮議事堂において開かれた。



1.出席議員は次のとおりである。



       1番   渡久山  朝  一     16番   宮  城  英  吉

       2番   知  念  シゲ子     17番   奥  本  道  夫

       3番   具志堅  全  輝     18番   大  城  実五郎

       4番   高  良  光  雄     19番   亀  川  雅  裕

       5番   与  座  澄  雄     20番   島  尻  忠  明

       6番   松  原  正  夫     21番   金  城  秀  雄

       7番   西  銘     勉     22番   佐和田     直

       8番   比  嘉  愛  子     23番   川  上  宰  夫

       9番   下  地  秀  男     24番   又  吉  謙  一

      10番   仲  座  方  康     25番   又  吉     栄

      11番   棚  原     宏     26番   又  吉  真  孝

      12番   石  川  清  義     28番   又  吉  正  信

      13番   赤  嶺     昇     29番   上  原  憲  英

      14番   佐久川  昌  一     30番   大  城  永一郎

      15番   宮  城  重  哲     





2.欠席議員は次のとおりである。



      27番   下  地  恵  典





3.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者は次のとおりである。



     市     長   宮 城 健 一    都市計画部長   具志堅 光 男

     助     役   照 屋 寛 順    建 設 部 長   福 里   済

     収  入  役   吉 長 盛 勝    消  防  長   赤 嶺 洋 海

     教  育  長   福 山 朝 秀    教 育 部 長   宮 里 良 一

     水道事業管理者   澤 岻 勝 雄    指 導 部 長   大 城 淳 男

     総 務 部 長   銘 苅 紹 夫    水 道 部 長   前 島 明 男

                          総務部庁舎

     企 画 部 長   又 吉 英 蔵              幸 地 正 夫

                          建設局長

                          企画部西海岸

     市 民 部 長   吉 村   清              東恩納 敏 夫

                          開発局長

     福祉保健部長   翁 長 盛 正





4.職務のため出席した事務局職員は次のとおりである。



     事 務 局 長   銘 苅 敏 守    主     任   吉 本 真紀夫

     次     長   朝 崎   ロ伊    主     任   慶 田   朗





5.議事日程





             議 事 日 程 第 4 号

           平成9年12月12日(金)午前10時開議



 1.一 般 質 問

  1 又 吉   栄      4 石 川 清 義

  2 高 良 光 雄      5 金 城 秀 雄

  3 下 地 秀 男





6.本日の会議に付した事件



   会議に付した事件は議事日程第4号のとおりである。





○棚原宏議長 これより本日の会議を開きます。        (開議時刻 午前10時00分)



△一般質問



○棚原宏議長 日程第1.これより一般質問を行います。

 通告順により登壇の上、それぞれ発言を許します。又吉 栄君。



◆又吉栄議員 皆さん、おはようございます。きょうも一日市民のために頑張りましょう。それでは、通告に従いまして一般質問をさせていただきます。

 先ごろ本市教育委員会が発行しました「浦添市の教育」を読ませていただきました。教育目標、それを達成するための教育方針、さらに教育努力目標というふうに、平成9年度における市教育委員会重点施策と市教育全般に対するあらゆる観点、視点からの粋が網羅された、完成された冊子として高い評価をする一人であります。

 また、日ごろ当局を初め、現場の先生方の御努力に対しましても敬意を表する次第であります。その中における教育目標の子供に生きる力とは、21世紀を展望した我が国の教育のあり方についての第15次中央教育審議会の答申を受けて、本市が取り組む教育目標の一端と理解をいたすところであります。子供に生きる力をはぐくむという教育目標の背景には、深刻な教育現場でのいじめ、登校拒否に対処するために、学校における豊かな人間性とたくましく生きるための健康や体力、またみずからを律しつつ他人と協調し、他人を思いやる心や感動する心をはぐくむ教育が必要課題として提起されているということは周知のところであります。

 また、中央教育審議会答申の一方の課題である子供たちのゆとりについては、時間のゆとりではなく、心のあり方として理解をするもので、教育内容を基礎、基本に厳選し、授業時数を縮減するもので、新たな社会事情に対する内容を学校教育で扱うことにすることにおいては、その必要性を十分吟味し、新たな内容を取り入れる場合には、必要性が総体的に低下した内容を厳選するとあり、決して学校5日制の施行は公務員の週休2日制完全実施のために行うものでなく、純粋な教育配慮で実施すべきであり、週5日制に合わせて検討され、学習指導要領が計画実施され、明確に実施されることを希望します。

 さて、本市の教育行政につきましては、知、徳、体のどの教育観点におきましても、他市町村にまさるとも劣らない現状は自他ともに認めるところではありますが、牧港地域における児童生徒が利用する通学路については、本市の行き届いた教育環境にそぐわない場所に該当するものと早急に当局の対応を要請するものであります。

 その1点は、御案内のとおり、牧港五丁目上野地域からの通学路であり、もう一点は港川中学校区の牧港地域からの通学路であります。

 もう一件につきましては、昨今起きてはならないことが頻発にあります。皆様が周知のとおり、それが自然現象であり、社会現象でありますように、特に自然現象におきましては、最近本県におきましても体感地震が頻繁にあるように、沖縄においても大地震が起こらないとは限りません。天災と緊急時における本市の対策をお教えください。

 再質問につきましては、自席にてさせていただきます。よろしく御答弁のほどお願いします。



○棚原宏議長 宮里良一教育部長。



◎宮里良一教育部長 又吉議員の1番の(1)牧港上野地域(五丁目)の小中学生の通学路についての御質問にお答えいたします。

 牧港上野地域の通学路については、上野自治会館の横より沖縄電力敷地のフェンスをセットバックさせた道路、生活道路が設けられております。この道路は、上野自治会館から国道58号を抜ける300メートルで、牧港五丁目の生徒や地域住民が国道に抜ける近道となっております。教育委員会といたしましては、当該道路は通学路とともに生活道路にもなっておりますので、道路整備については、地主と地域住民との意見を徴して関係部署と調整していきたいと思っております。現在沖縄電力敷地よりフェンスの外に向け、防犯灯が水銀灯で4基、大型の街灯が1基設置されており、防犯の面で配慮していただいておりますが、草刈り等については、環境浄化に向けて努力していきたいと思います。

 それから、1の(2)の牧港地域(港川中学校区)の通学路についてでございますが、当該通学路については、明治乳業より浦添商業高校通りに抜ける道で、牧港地区の生徒や付近の住民が通る抜け道の際、パイプライン通りを迂回して通る近道になっております。

 なお、教育委員会におきましては、当該通学路の地主、企業3社、個人2者より毎年賃借料をお支払いして使用させていただいております。この通学路の安全面については、車の往来はないが、墓地が密集し、夜間は暗いため、クラブ活動等を終えた生徒の防犯のため、父兄によって土日を除く帰宅時間、午後6時半から7時半ごろの1時間、街頭指導を行っております。当該道路については、教育委員会より防犯灯が2基設置されており、通学路沿いの企業、沖縄明治乳業の配慮で、工場の建物より夜間通学路に向け2基のライトを照らして、利用の安全確保に役立てております。また、教育委員会より定期的にシルバー人材に草刈り作業を依頼し、環境美化にも努めているところでございます。

 なお、当該道路は将来、都市計画街路3・5・13号宇治真線として整備計画される予定であります。以上、お答え申し上げます。



○棚原宏議長 銘苅紹夫総務部長。



◎銘苅紹夫総務部長 おはようございます。又吉議員の緊急時における市民の避難場所を確保することにつきましてお答えを申し上げます。

 災害時というのは、御指摘のとおり、いつ何どき起こるかわからない、特に地震等についてはそういうことでございまして、日ごろからのそれに対する心構えを、どうしても市の責任ある立場としてそのあり方について行政もしているところでございます。このたび平成9年の11月いっぱいということで、既に配布をしてございますけれども、こういう「保存版我が家の防災便利帳」というのを製本いたしまして、各自治会、それから各小中学校の方にお配りをしてあります。その中で、例えば地震発生があった、そのときはどうするかと、あるいは避難所はどういうところにあるのかということ等を書いてございまして、なるべくそういうことをお読みいただきまして、いざというときに備えていただきたいという趣旨で現在取り組んでいるところでございます。



○棚原宏議長 又吉 栄君。



◆又吉栄議員 御答弁は、一通りいただきましたんですが、もう少し私が当局に改善を要求しました上野地域の状況を詳しく申し上げますと、きのう赤嶺議員からも御指摘がありましたんですけども、まず一つの通学路としまして、皆様がよく御存じの漁港から出てきましてですね、それから工事のために少し国道沿いに入ってくる岩山の下を通る通学路ですね、それからもう一点、地域の子供たちが利用している通学路としまして、建設会館の下から通り抜ける道がございます。これは、あくまで個人の道路でありまして、門扉もついとりまして、時間が来たら閉まります。低学年の児童につきましては、舗装もされてますし、通りやすいですし、ある意味では勝手に通学路としての使用をしているという状況があるようでございます。ただし、あの道は鉄筋を積んだ大型車両とか、もしくは乗用車とかが通りますので、大変危険であります。

 それから、もう一ルートはですね、電力と民間地の里道を利用した、牧港テラブのガマからおりてくるクランク状になった通学路であります。それにつきましてはですね、幅員が大変狭隘で、1メートルあるかないかで、それも左右に段差がついてましてね、大変走行がしにくいんですよ。そういう直線が50メートルぐらいありまして、さらに曲がりまして、これは旧埋立ての海岸の、アダンの木が生えてましてですね、そういう昔のこの海岸沿いを思わせるような、若干二、三十メートル、そういう地域がありましてね、それからまた整備されてない石段がありまして、そういう過程でですね、里道の通学路のこの3点あるわけなんです。

 私が特に今回通学路の問題をこの地域の通学路の問題として取り上げましたのは、その地域で、今上野自治会の世帯数が約120世帯前後ぐらいあると思われますけども、来年度におきまして、民間が宅地造成をしておりましてですね、60世帯以上、半分以上の建て売りが向こうにできる、今準備をしております。造成をしております。そうなりますと、どうしても沖縄の方言で言われるところのヤータチャー(分家)が引っ越してきますから、そうすると子供たちはまだ小さいですし、通学路としての重要性がまた出てくるわけですね。しかし、そういう不備な通学路から子供たちを通学させるものはいかなるものかと、その1点と、先ほど教育部長からも御説明がありましたんですけど、夜間になりますと、とてもじゃないですけど、薄気味悪いとこなんです。それぐらい防犯灯なりもしくは環境がよくないんですね。そういうことも踏まえて、ぜひ早急な整備が必要じゃないかということであります。

 それから、もう一点の牧港地域ですけども、これは私は去った9月定例会でも申し上げましたとおり、これは今に始まったことじゃないんですね。これは、地域の皆さんから、ひょっとするとこれは10年来、私以外にも先輩の議員方が取り上げられて、当局に対しての要望をされていると思うんですけども、これはまさに今教育部長が状況を申し上げましたように、PTAが、特にお母様方がですね、夕食時の忙しい、準備をしなくちゃいかん時期を子供たちのためにですね、輪番制で街頭指導に出なくちゃいかんようなところなんですよ。と申しますのは、時期によりましては変なおじさんが出るんです。そういうことでですね、危惧することがいっぱいあるわけですよ。そういうこともぜひ執行部の皆様方はですね、認識をいただいてですね、私が申し上げている内容につきまして確認もいただきまして、早急な対策をお願いしたいと思いますけど、いかがなもんでしょうか、御答弁をお願いします。



○棚原宏議長 宮里教育部長。



◎宮里良一教育部長 今又吉議員が御指摘のように、上野自治会から小学校へ通う子供たちの通学路としては、確かに従来正規な道を通れば安全だろうということで考えておりましたが、岩山の状況、それから岩山の幅員などからすると、その道もどちらかというと安全性に危惧する部分がございます。そして、何か聞きますところによりますと、三つあるルートの中の、沖縄県の建設会館の中が一番近くて便利だと、要するに地下2階から1階にエレベーターで上がったりして通学して、地域の人に聞きますと、三つある中でそこしか利用してないと。しかし、そこについては大変問題がありまして、おっしゃるように企業の敷地を通るし、企業用の車が頻繁に出入りしている状況がございますんで、この辺は指導としてもその道を通っていただくということにはならないだろうと思います。ですから、状況としましては、今一番いずれも安全じゃない部分でございますが、学校の校長先生あるいはPTA会長さんなどは、沖縄電力側のフェンス沿いの敷地から通る道を勧めているようですが、現実には先ほどの沖縄県建設会館のところを通っているのが実情のようです。この地域の開発についても、近々100世帯ほど増えるという情報も聞いておりますので、将来的にも通学路として確保するには、その三つとも一番安全だというような状況がございませんので、本来の道を整備するか、あるいは道路行政の方で今後調整していかないといかない分野じゃないかなということで考えております。

 それから、明治乳業の上の道路につきましては、おっしゃるように長い期間街路としての位置づけはございますが、我々としてもできるだけ指導と、できるだけの地域の方々への協力のお願いはしてございますが、根本的に解決するためには、やっぱり道路行政的な面からの解決方法しかないんじゃないかと考えております。



○棚原宏議長 又吉 栄君。



◆又吉栄議員 それからですね、今の2点目の牧港地域からの、中学生が主に通学路として利用している道路でございますけれども、きのうも佐久川議員の質問の中にもございましたですけど、市が区画整理なり、もしくは街路計画をなされてですね、しかし現実的にはこの道路というのは、やっぱり生活道路なり通学路として利用しているわけですね。そこに不備があるわけですよ。じゃ、皆さんの仕事というのは何が優先するかということをまず考えた場合にですね、一番は御承知のように公益性が出てくると思うんですね。どれだけの人がそこの道路を通るために恩恵を受けているかと、どれだけのニーズがあるかと、そういうことが優先されるべきじゃないかと私は思うんですけれども、それでもそういう区画整理なり、もしくは街路計画なりの一部にかかった場合は、本市のそういう計画どおりでしかできないということは、ちょっと納得がいかないんですよ。これは緊急性があるから、必要性があるから、早急に対応する必要があって、それで私どもがお願いをするわけでありますから、その街路にその通学路と重なる部分があればですね、ほかを外してでも安全な道路を確保するという考え方も一理あると思うんですが、これいかがでしょうか。



○棚原宏議長 福里建設部長。



◎福里済建設部長 お答えいたします。

 きのう佐久川議員の質問にもお答えしたところでございますけれど、確かにおっしゃるようにですね、市内道路、我々建設部で管理しております市道がですね、いろんな区画整理事業とか、街路事業とか、そういう網がかぶさっているところがございます。その中におきまして、不便をかけているところにつきましては、その街路事業なり区画整理事業なりと相反しないようなですね、形での必要最小限の道路機能を維持する作業につきましては、我々の方としても皆さん方の意に沿うような形でですね、精いっぱいやっていかなくちゃならないというふうに考えております。



○棚原宏議長 又吉 栄君。



◆又吉栄議員 先ほども申し上げましたように、この件はですね、私は9月にも取り上げさせていただきまして、お願いを申し上げました。それからまだ3カ月余ぐらいですけれども、当局としてはどのような対応をなさろうとされているのか、その点についてもお聞かせください。



○棚原宏議長 福里建設部長。



◎福里済建設部長 お答えいたします。

 まず、御質問の1の安全で明るい通学路の確保についてでございますけれど、まず(1)のですね、牧港上野地域の小学生の通学路の件でございますけれど、この件につきましては、通学路として利用されているということでございます。先ほど教育部長からもお話のありましたとおり、この部分につきましては、一部沖縄電力の社有地等があるというふうに承っております。そのためその地主の承諾ですね、それから自治会からの要請と、そういうことをもって対応できるんじゃないのかなというふうに考えております。一般的に道路行政の中におきまして、我々建設部の中において市道の管理等を行っておりますけれど、その他一部生活道路等ですね、そういうものにつきましても地域住民からの要望とかですね、そういうものにのっとって、資材の提供とか、側溝の整備とか、ガードレールの設置とか、そういうものもやっておりますんで、この部分につきまして、そういう地主の承諾、それから自治会からの要請等がございましたら、早速整備していきたいなというふうに考えております。



○棚原宏議長 又吉 栄君。



◆又吉栄議員 それでは、通学路の件はそれぐらいにしまして話を変えます。

 2番目のですね、緊急時における市民の避難場所を確保することにおいて、先ほど申し上げましたように、自然現象、すなわち災害におきましては、いつ起こるかわからないというのが災害の最たるものでありましてですね、実はですね、皆さんも御承知のように、せんだって残波沖を震源地としましてですね、最近にはない震度1か2、体感地震がございましたですね。そういうときにですね、果たして、例えば本土であれば防災に対するそういう知識が周知されてますので、ドアをあけるとか、公団であればですね。夜間であればドアをあける、火を使ってたら火を消すとか、そういう対応がですね、自然に体で覚えてると思うんです。ところが、本市に至ってはですね、沖縄が火山帯から外れてるということで、特に地震に対してはですね、私は、防災観念といいましょうかね、そういう災害に対しての、やっぱり体もしくは知識にしても、やっぱり皆さんあんまり意識的にお持ちじゃないんじゃないかという懸念があるわけですね。

 実は、せんだってハワイから親戚が見えましてですね、エルニーニョ現象のせいだろうとは言ってるんですけど、ハワイに100年ぶりに台風が来てるわけですね。それで、100年も来てないもんですから、無防備です、それは。それで、この肝心な通信網まで全部途絶えましてですね、大変そういう大きな災害になったということを聞いておりますけども、ひとつきのうの総務部長の御答弁もございましたんですけども、何らかの対策を今講じている途中であるということでですね、私そう感じながら、また前日ちょうど私がこの一般質問の原稿を出した後にですね、家庭にこういう、先ほど御説明がありました防災便利帳というのが配られてきたんですね。さすがタイムリーだなと、さすが総務部長、本市の執行部はやっぱりすばらしいと思ったんですけども、ただめくってみて1点だけですね、中を見ますと、避難所一覧というところに学校しか掲載されてないんですね。それにつきましてちょっと、何で公園がないのかですね、それをお尋ねしたいんですが。



○棚原宏議長 銘苅総務部長。 



◎銘苅紹夫総務部長 お答えをいたします。

 この辺は、私も読み直しをしてですね、今後のそういう整理をどのようにするかなということで、率直に言いまして、まだ主管の課長といいますか、担当者等もこの辺をもう少し研究をしないといけないということでしてますけども、一つは今おっしゃるように、語句的な言い方ですけども、避難所という言い方ですね。避難所というのは、災害等が起こることがほぼ予定されているとか、あるいは既に起こっているとか、そういうときにですね、避難場所に対して避難所というのは、上物というんですか、箱物が設置できるというのが語句的なことで、何か避難所という語句を使っているようでございます。そういう中で、既にそういう上物があってということになると、やはり学校しかないと。しかしながらですね、新しく今度運動公園の中に屋内運動場というのがありますけども、その下の階にはそういう避難所を想定したような設備が可能じゃないかということで今検討されていますので、今のところは、この避難所に当たるところは、上物がそろっている学校しかないという認識をしております。しからば、避難場所ということを考えると、やはり公園とかですね、そういうこと等も、どの程度の規模、そういうことも含めまして、やはりちゃんとした形で見て、値するかどうかも含めましてですね、特に地震とか津波とかとなると、単なる公園だけじゃちょっと不備なところがあろうかと思いますので、今後の検討課題としてやっていきたいと思っております。



○棚原宏議長 又吉 栄君。



◆又吉栄議員 実はですね、これも9月のときにも1遍お願いを申し上げたんですけども、その際に具志堅部長の方から、公園の機能の一つに避難所もしくは避難場所というあれもありますよという御返事をいただきましたもんですから、それに公園の位置、現在市内にある公園の位置をスライドさせますとですね、どうしてもやっぱり牧港地域のそういう避難場所にしても公園の場所にしてもですね、該当する部分にしても、どうしてもこの地域が空白になるんですよ、一丁目、二丁目から。それを私またあえて申し上げますけど、その地域には公園は必要なんですよ。これは、9月にも申し上げましたように、その後また当局としてどういう計画のもとに前向きに検討されているのかどうなのか、その辺をお聞きしたいと思います。



○棚原宏議長 具志堅光男都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 お答えいたします。

 又吉栄議員からは、前回の本議会でも御質問がありました。確かに牧港地域には、いわゆる街区公園等ですね、公園らしい公園がないという認識に立ちまして、前回もお答えしましたように、地元との協力でもってですね、何とかその地域に設置したいなということで、現在その場所をですね、選定中であります。



○棚原宏議長 又吉 栄君。



◆又吉栄議員 ありがとうございます。私も3月に市民の負託を受けましてですね、それでこういう機会を与えさせてもらってはいるんですけども、今の部長の答弁をお聞きしましてですね、少し安堵をしました。執行部の中にはですね、私も同年生や先輩方や、もしくは後輩の皆さんも日夜一生懸命本市のためにですね、尽力を尽くされていることは重々承知しております。しかし、その中でですね、どうしてもやっぱり我々が要望することと本市のそういう行政との不一致を見るときがあるわけですね。その中でですね、私は新人ですから、職員の方にも言われたんですけども、栄議員、追及型の議員になってはいかんよと、提言型の議員になりなさいと。そういうことでですね、私も一生懸命勉強をしましてですね、提言型の方にこれから邁進したいというぐあいに考えておりますので、今後とも当局の前向きなですね、対応を期待をしましてですね、また切にお願いをしまして、終わりたいと思います。ありがとうございました。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 通告に従いまして一般質問を行います。

 1点目、街路3・4・24号パイプライン線の県道への格上げについて。今日まで本市のパイプライン線として、また街路として市民はなじみ、親しんできたかと思います。また、当局も政策的継続事業として整備を行い、市民サービスに努めてきたと思いますが、どのような経緯で県道に格上げ、移管されるのか、お伺いをいたします。

 2点目、表彰条例について。本市の表彰条例の目的、第1条に「この条例は、市の政治、経済、教育、文化、社会、その他各般にわたって市政振興に寄与し、または市民の模範と認められる行為があった者を表彰し、もって市の自治振興を促進することを目的とする」とありますが、これまでですね、表彰を受けた方々の表彰内容と内訳はどのようになっているか、お伺いをいたします。

 3点目、西海岸開発について、これまで質問や答弁が重複するかと思いますが、よろしくお願いいたします。第2次埋立事業の棚上げについて、どのような経緯で棚上げに至ったかお尋ねします。

 2点目ですね、県の国際都市構想と西海岸開発はどのようにリンクさせていく考えがあるか、お伺いします。あとは、自席にて再質問させていただきます。



○棚原宏議長 宮城市長。



◎宮城健一市長 高良議員の質問で西海岸開発の問題でありますが、西海岸開発につきましては、本市にとって大きなプロジェクトであり、重要な開発事業であることは従来と同じ認識であります。したがって、西海岸開発全般については、県の提唱する壮大な国際都市構想との整合性もとりながら、頑張って推し進めてまいりたいと思います。ただし、第2次埋立事業につきましては、先日から何回も申し上げておりますように、計画時点と現状との経済状況の著しい変動や、当市の諸般の調査結果等を見ても、そのまま推し進められる状況にないという判断で棚上げの結論が出たわけであります。以下につきましては、各部長に説明をさせます。



○棚原宏議長 福里建設部長。



◎福里済建設部長 高良議員の1番目、街路パイプライン線の県道格上げについて御答弁申し上げます。

 今回県道に認定するパイプラインにつきましては、人口30万人、県都である那覇市の那覇新都心土地区画整理事業地区、そして又吉道路の方を起点として、宜野湾市のコンベンションリゾートシティー入り口を終点とした路線となる予定でございます。ところで、那覇市と宜野湾市を結ぶ幹線道路として、国道58号と国道330号がある宜野湾市を結ぶ県道として認定することは、主要市間の連帯を高めるとともに、国道330号を補完する道路として国道58号も含めた渋滞緩和に寄与するものであるということでございます。まず、起点側の那覇市におきましては、新都心地区の区画整理事業が進められております。同事業による計画人口は、約2万1,000人程度を見込んでおり、同事業の整備とともに交通量の増大が予想されることから、幹線道路として同地区を、南北に走る道路を含む当該路線を県道として認定していくと。そうすることによりまして、那覇市と宜野湾市間の連帯と産業交通の利便に寄与することとあわせて、同事業の整備に伴い新たに発生する交通の円滑な処理に資するとともに、新たな行政、商業業務の中心地の一つとなる新都心地区と宜野湾市のコンベンションリゾートシティーを結び、当該地域の文化、学術研究及び産業交通の利便に寄与することになるという理由で、道路法第7条第1項第1号に該当する路線として一応県道に格上げを要請しているところでございます。



○棚原宏議長 又吉企画部長。



◎又吉英蔵企画部長 表彰について御答弁申し上げます。

 表彰の内容でございますが、浦添市の表彰条例第2条の定めによりまして、功労表彰と、それから善行表彰の2種類となっております。その内訳といたしましては、平成7年の市制施行25周年記念式典においては功労表彰が4名、そして善行表彰が46名の計50名となっております。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 一通り答弁いただきました。再質問させていただきます。

 まず、パイプライン線が県道への格上げ移管については、ただいま部長からの答弁で、その説明内容がありましたけれども、今日までですね、この市道や街路等々が県道に格上げされた例があるかですね、そして他市町村でもそういう例があるのかどうかお伺いいたします。



○棚原宏議長 福里建設部長。



◎福里済建設部長 お答えいたします。

 本市におきましては、その街路が県道に格上げされた事例はないというふうに受けとめております。それから、県内におきましては、糸満の市道ですか、これが琉球政府に引き継がれたというふうに聞いております。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 琉球政府時代に糸満が県道に移されたということですが、まずですね、これまでの経過ですね、昨日、一昨日でしたか、県の方から多分呼びかけ、那覇市さんとも一緒になっての呼びかけがありましたけども、そこでどのような経緯でですね、その話が持たれたか御説明をお願いします。



○棚原宏議長 福里建設部長。



◎福里済建設部長 失礼いたしました。先ほどの市町村道等の県道昇格についてですね、「琉球政府」と申し上げましたけれど、「沖縄県土木建築部」でございます。平成7年の9月28日でございます。私の記憶違いでございました。失礼いたしました。

 きのうも御説明申し上げましたけれど、まず平成9年の3月14日にですね、沖縄県から県道昇格することについて、その必要性の説明がなされております。そして、5月には各市町村、各市から持ち寄った疑問点及び現状維持等についていろいろ調整等なされております。そして、平成9年7月の時点におきましては、県から県道昇格の趣旨及び今後のスケジュール等の説明等がありまして、再度の協力要請等がなされております。その大きな理由といたしまして、なぜ県道かということに申しましては、先ほど概要を説明申し上げましたけれど、要するに那覇市の天久新都心、それから浦添、そしてコンベンションシティーと宜野湾までを結ぶことによってその地域の文化、経済等ですね、もろもろの発展を期すということでございます。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 この街路、パイプライン線は、今日までですね、街路事業整備でやるし、区画整理事業でやってきたところもありますし、そういうことでですね、この県道に移管された場合に、その街路事業の整備、それから区画整理地域での整備はどのようになりますか。



○棚原宏議長 具志堅都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 お答えします。

 議員御質問のように、この街路につきましては、いわゆる街路事業と、それから区画整理事業、双方でやっております。したがいまして、いわゆる街路事業につきましては、県道になった場合には県の方で引き継ぐと、事業をですね。それから、区画整理についてはそのままの形で続行するという形になります。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 今日までですね、この街路事業の整備というものはですね、やはり市内業者がほとんど整備に当たってきただろうというふうに思うんですよ。そこで、県道に移った場合ですね、やはり市内業者優先でですね、整備事業を発注していただきたいというふうにですね、考えるんですがね、そこら辺についてはどのようになりますか。県に移ったからといってほかの業者が入ってきたら、市内のやはり地域をね、県道を整備するし、そこら辺についてですね、ぜひ市内業者優先という形でですね、整備事業についてはですね、当たらせていただきたいという考えありますが、どうですか。



○棚原宏議長 福里建設部長。



◎福里済建設部長 お答えいたします。

 今までもそのパイプライン、市道としまして、市内業者の皆さん方の協力を得てここまで整備を見てきたわけなんですけれど、県に移管した場合もですね、県の方で工事等を発注することになろうかと思いますけれど、ただいま議員のおっしゃっている趣旨をですね、県の方に要請していって、市内の業者の皆さん方に今後とも引き続きその事業をうまくやっていただきたいというふうに要請をしていきたいというふうに思います。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 ぜひですね、市内業者優先でですね、整備に当たらせていただきたいというふうに思っております。

 ところでですね、このパイプライン線のですね、進捗状況ですが、皆さんからいただいた資料の中には、事業費進捗率が75.8、用地進捗率が79.1、本工事進捗率が66.5、そこなんですよね。これ平成8年度末ということになっておりますから、まだまだ整備する箇所があるんですよ。そういうことでですね、整備する場合にはぜひ市内の業者優先でですね、県の方にも強く申し上げていっていただきたいというふうに思います。

 ところで、ちょうどこの内間地域がですね、今整備かかってるんですね。県道に移管された場合、そのまま事業が継続事業でずっとなされるというふうに答弁はなさっておりますけれども、今内間給油所前、十字路、内間スーパー前ですね、そこから那覇市の整備済み境界までの、距離は数百メートルあるだろうと思いますけれども、その距離区間は何メートルあるのか、そしてですね、用地買収の進捗ですね、その区間の。そして、工事完了時期ですね、そこら辺をちょっとお聞かせください。



○棚原宏議長 具志堅都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 お答えします。

 今の御質問の区間といいますのは、いわゆる内間区間だと思います。この長さはですね、事業間が707メートルございまして、そのうち完了した部分が300メートルということで、その率は77%になっております。

 それから、用地ですけども、その区間で残っている部分ですね、これは面積、約で申し上げます。約1,100平米で31筆ほど残っております。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 なぜそういうことを聞きますかといいますとですね、今回県に移管されますけれども、これを伺っておきたいというのはですね、進捗率が今までどおり順調に進んでいけるかということを一応見守っておきたいというふうに思っております。

 それで、今日までですね、この街路事業にですね、どれぐらいの財政的投資が行われたかですね、その辺も御説明願います。



○棚原宏議長 具志堅都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 その件につきましては、昨日も川上議員にお答えしましたけれども、総事業費が47億8,300万、これは端数は省略します。それから、そのうち国庫補助が39万8,400円、一般財源が7億9,900万、そういった感じになっております。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 県へ格上げ移管する場合に、そこに何か協定書というか、確認書というか、そういうのをしっかりと結ぶ予定があるのかどうかですね、そこら辺をお聞かせいただきたいと思いますが。



○棚原宏議長 福里建設部長。



◎福里済建設部長 お答えいたします。

 一般的に市道を県道に格上げする場合、市町村からの要請というような形をとっていきます。そういうことで、県から3月の時点でその要請あった時点で、我々内部の方で検討して、そしてこうこうこういう問題につきましては、どうですかというような照会等をしてございます。その照会に関する回答、文書ではまだいただいておりませんけれど、口頭ではやっておりまして、その照会が来次第、こちらの方からその昇格についての要請というような手続になっていきます。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 先ほどの説明の中にもですね、5月にいろいろな問題提起をしたと思いますが、どのような問題提起といいますか、行われたかですね、御説明お願いします。その中においていわゆる協約を結ぶか、それから確認書を結ぶか、そこにいろいろと条件をつけるべきものがないかどうかですね、ここら辺で。



○棚原宏議長 福里建設部長。



◎福里済建設部長 県道昇格案に対する懸案事項について照会というような形で県の方へ送付してございます。いろいろございますけれど、街路事業の起債の問題とかですね、そして今後の整備促進の問題、そして今後の維持管理の問題と、こういうものについて県の方に照会をしてございます。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 この県への格上げ移管の方も大分急いでいるようですが、この街路3・4・24の廃止はいつになるのか、そして県が格上げ認定というんですか、それはいつになる予定ですか。



○棚原宏議長 福里建設部長。



◎福里済建設部長 お答えいたします。

 当初県と調整する中におきまして、県の方といたしましては、9月議会で県道に持っていきたいということでございましたけれど、いろいろ検討する中におきまして、先ほど申し上げました懸案事項等についていろいろ調整する中で、県の方としては12月議会に県道に承認をしたいと、議会の議決を得たいということでございます。それから、廃止の件につきましては、当市といたしましては、来年の4月以降に廃止の予定をしてございます。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 県の方はもう早々、今度の12月議会開会中だろうと思いますけど、そこの方でもう認定なされるわけですね。そして、本市は来年の4月以降というと、このずれがありますけれども、別にそういったのは関係ないですか、法的にもそういう認定する場合には、または廃止する場合は。



○棚原宏議長 福里建設部長。



◎福里済建設部長 お答えいたします。

 市道と県道と重なったらどうなるかということでございますけれど、法的に何ら問題ございません。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 別に問題なければ結構かと思いますが、このたび県にですね、格上げ移管されることになりますが、市民からもですね、ぜひ喜ばれるような、万全を期してですね、その作業を進めていただきたいということを申し上げておきます。



○棚原宏議長 休憩します。                   (休憩時刻 午前11時03分)○議長 棚原宏君 再開します。                   (再開時刻 午前11時04分) 具志堅都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 お答えいたします。

 パイプラインの件でございますけれども、先ほどのこれまで投資された事業費の件で、ちょっと位の間違いがあるようでございますので、もう一度お答えいたします。

 この件につきましては、御承知のように、街路事業と、それから区画整理事業がございまして、区画整理事業については少々性格が違いますので、区画整理事業にかかわる用地費についてはこの分に含まれておりません。そういうことで、街路事業と区画整理事業双方で総事業費47億8,300万、それから国庫補助が39億8,400万、それから一般財源が7億9,900万、そういうことになっております。先ほどのお答えした数字につきましては、間違いでありましたので、訂正いたします。

 工事の事業認可期間がですね、平成13年度まで現在とられておりますけれども、御承知のように事業の進捗の状況によっては延びる可能性があるということでございます。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 皆さんからいただいた資料はですね、そのパイプライン線の事業認可期間ということで、平成10年というふうに訂正されていただいておりますけどもね、じゃこれは一応後でまた確認したいというふうに思います。

 質問を変えます。表彰条例についてですが、本市には先ほど功労表彰、善行表彰ありましたけども、いろいろありますね。産業功労賞、名誉市民表彰、国際親善名誉市民表彰とありますけれども、主たるものは功労表彰と善行表彰ではないかなというふうに思いますが、ほかのですね、表彰のですね、それがもし資料がありましたらお願いいたします。

 そして、先ほどは平成7年、これ25周年記念、本市の市制施行25周年記念のみだと思いますが、今日までのこの功労表彰、善行表彰を合計してどれぐらいおりますか。



○棚原宏議長 又吉企画部長。



◎又吉英蔵企画部長 御答弁申し上げます。

 これまでの表彰につきましては、市制施行時からこの表彰の実施をしております。市制施行時から今日に至るまでの累計で申し上げますと、225名の方々が表彰を受けておりまして、そのうち功労表彰で69名、そして善行表彰で156名の方々が表彰を受けております。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 本市の場合は、その市制施行節目ごとの記念事業のときにやっているだろうというふうに思いますけれどもね、条例を見てみますとですね、はっきりいつやるというふうな条項というのがないんですよね、本市の場合は。那覇市の例をとってみますとですね、毎年市制施行記念日5月20日というふうに条例に定めております。そういうことで本市の場合にはですね、その条例に期日を設ける必要はないのかあるのかですね、はっきりした方がいいんではないかなというふうに思います。特別にね、また表彰すべき人が発生した場合にはやるというふうな条項等もね、必要ではないかどうかですね、お伺いいたします。



○棚原宏議長 又吉企画部長。



◎又吉英蔵企画部長 御答弁申し上げます。

 市の表彰条例についての言及がございまして、確かに那覇市との比較等においては御指摘のとおりでございます。ただ、この表彰そのものについては、この表彰の趣旨等々にかんがみた場合において、その市制の記念式典という大変厳粛に行われる式典の中、各界階層の方々が一堂に会する席上において、その功労あるいはその行為等についての労をねぎらい、かつ褒めたたえるという意味においては、その表彰を受ける方々の名誉に大変寄与するんではないかという、その節目というものが大変重要になってくるという趣旨から、そのような形をとらせていただいております。各実施の状況の中においても、確かに御指摘のとおり、那覇市を初め毎年表彰している市もございますけれども、この重みと、なおかつその累計と、あるいは実施ごとの状況を考えた場合においては、本市の現在の施行の仕方が適切ではないだろうかというふうに理解をしております。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 そういうのが検討課題ではないかなというふうにも思います。条例のですね、3条の方に、功労表彰者、限定された方々ですね、市長職、それから市議会議員、各種委員、市立学校の校長、教頭等々がありますが、いわゆる功労表彰というのは、やはりもう少し広げてもいいんではないかなというふうに思います。といいますのはですね、那覇市の場合に、その条項の中にですね、6項に規定しておりますけれども、その他市政に関し特に功労が顕著である者というふうにうたわれております。ということはですね、やはりこの限られた方々だけじゃなくしてですね、もっと市民には広く実績のある方々がいるだろうと思うんですよ。そういうことでですね、その功労表彰を行ったらどうかなというふうに思います。確かに善行表彰というのはありますけれども、これは公益事業関係の皆さん、またそれから公益に寄与した方とか、一般市民の模範となるというのは、この善行表彰の中に入っておりますけれども、これもはっきりとですね、一般市民の模範となるというのは、よい行いをした人たちということにはなると思いますけれども、それも公益関係に係る人たちではないかなというふうに理解するんですよ。そこで、さっき申し上げました、いわゆるその他の方で、その他市政に関し特に功労が顕著である者というふうにうたっておけば、本当は皆さん、お互いの仕事、当たり前の仕事をやってきた仲なんですよね。そういうことでですね、さっき申し上げたようにですね、広く市民の方にも実績のある方々いるだろうと思うんですよ。そこら辺ぜひ御検討していただきたいというふうに考えますが、いかがですか。



○棚原宏議長 又吉企画部長。



◎又吉英蔵企画部長 御答弁申し上げます。

 現在御指摘の点は、那覇市の現行条例、あるいは浦添市の条例との比較の中での御指摘でございます。確かに那覇市の場合においては、2条の第6号の中で、その他市政に関し特に功労が顕著である者ということで、市長の裁量権がうたわれております。これに対しまして本市の場合には、功労表彰の中ではその部分が入っておりません。しかし、浦添市の場合においては、この善行表彰の中で第1号に、市の公益事業に尽力し、または公務を助力し、その功績が顕著な者というふうな定めがございまして、現在までの表彰の中でも、この第3条で該当、機関的なものが中心になってですね、該当しない中においても、功績そのものについて十分表彰に値するという方々については、この部分で現在補完しているという状況であります。そして、これは表彰の区分けの中で功労と善行に分かれてきます。功労の中では産業功労とか、あるいは公務功労とかいろいろありますけども、その善行功労に対しましても、表彰そのものの中では、その表彰の内容をですね、いわゆる表彰状の中身については同じ文面のつくり方をします。表彰状はあくまでも表彰状だし、内容についても産業に、あるいは自治功労に対してというふうな形の文面が入ってまいりまして、その部分で補完をしているという状況でございます。それは、制定された中で裁量権といいますか、そういったものをむしろ規則に定める委員会の中で審議を尽くして表彰をしていくというふうなシステムがとられているというふうに御理解をしていただきたいと思います。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 あと2カ年もすると市制施行30周年を迎えるだろうというふうに思います。そういうことでですね、ぜひもう一度その表彰条例についてですね、整備する必要があるかないかですね、御検討をする必要があるんではないかなということで私は今まで申し上げてきました。そういうことでよろしくお願いします。

 質問を変えます。西海岸開発についてでございますが、今回当局から出されてきました第2次埋立事業に関する基本的考え方、それから経営診断及び企業分析関連データ、大変細かく提示しておりますけれども、そこでそれは理解できるような感じをいたしております。本市の西海岸埋立事業を進めていく中で、皆さんが今日までいろいろ調査した中で、第1次調査で266社、第2次調査で152社、そして今回の分析でわずか16社というふうになっております。この16社は、適合会社というふうに理解しておりますが、平成6年8月29日に、第2次埋立て規模を縮小することを庁議決定がなされておりますね。それは、120ヘクタールから92ヘクタールへの縮小です。そのころからこの第2次埋立事業についてはですね、そのまま推進すると大変なリスクが発生するんではないかというふうに感じていたのではないかと思いますが、いかがですか。



○棚原宏議長 東恩納西海岸開発局長。



◎東恩納敏夫企画部西海岸開発局長 お答えいたします。

 まず、120ヘクタールから規模の縮小につきましては、その縮小の段階でも御説明いたしましたけど、あくまで護岸の位置する部分の水深が深くて、護岸工事に費用を要し、処分単価にはね返るということでの縮小でございます。そういう予想のもとでの縮小ではございません。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 確かに環境調査も入れてですね、いろいろと御説明当時ありました。平成6年の8月29日ですね、この規模縮小。そして、翌年7年の6月7日ですが、第17回西海岸開発特別委員会の会議録一部抜粋されたのがあるんですね、大事なところだったろうと思います。そこの方でですね、ちょうど東恩納局長の答弁の中からですが、平成3年からバブルの崩壊というのが起こっているわけでございます。それは、残念ながら計画時点においては、この戦後最悪と言われているバブル崩壊、経済の低迷というのは予測できなかっただろうというふうに私自身も考えております。ただ、今後大事なことは、計画立案の段階において、予測できなかったことが起こった以上は、この起こった後の状況といいますか、その辺を十分把握し、計画段階の事業そのものが計画どおり推進すべきであるかどうかは、大至急チェックすべきだろうというふうに考えておりますと答弁しております。そして次に、現段階で考えておりますのは、今申し上げたように、早目にその周辺の調査をやって、この事業そのものは現状どおりでいいのか、もしくは修正すべき必要性があるのであれば大至急修正し、やらなければならないというふうに考えております。今後その辺の調査を大至急入れまして、事業の範囲といいますか、その辺はまた皆様方のお知恵も借りながら決定していきたいというふうに考えておりますというふうに答弁しております。

 そこでですね、大至急というのが3度使われているんですよ。十分把握し、現段階の事業そのものが計画どおり推進すべきかどうかは大至急チェックすべき、そして次に、修正すべき必要があるのであれば大至急修正すると。そして、今後その辺の調査を大至急入れるということでですね、やはりその辺からこの事業が大変不安要素があり、そこら辺で何か重大決意すべきことがあったと思いますよね、これぐらいなら。御見解をお聞かせください。



○棚原宏議長 東恩納西海岸開発局長。



◎東恩納敏夫企画部西海岸開発局長 お答えいたします。

 この第2次埋立事業が投資した資金を回収しなければならないという考え方から再度の企業診断を行って、慎重に対応しなければならないということで、議会及び西海岸開発特別委員会においても答弁してまいりました。そして、御指摘のように、バブル崩壊後のこの厳しい経済環境や流通革命等による卸売業の厳しさから、確かに予測はやっておりました。ただし、単にこの予測だけでそういう判断するんではなくて、やはり正確なデータをもとに精細に検討を行った結果でなければ、自信を持って事業を推進することも、そして今回の結果のような場合には、関係者の御理解も得られないだろうということで今日まで時間を要しております。そして、今御指摘の点につきましては、平成7年の11月1日には、那覇港公有水面第2次埋立事業需要動向調査ということで調査を入れ、そしてそれをもとに今日まで検討を要したということでございます。



○棚原宏議長 高良光雄君。



◆高良光雄議員 時間もなくなったようでございますが、やはり行政を預かる皆さんですね、そこの方でいつまでも停滞させるんじゃなくして、決断をするときはですね、速やかにそこら辺の決断をしていただければですね、長引かさないで市民にも負担にならないというふうに思いますので、そこら辺のことですね、よく重々認識をしていただきたいということを指摘申し上げて終わります。



○棚原宏議長 10分間休憩いたします。               (休憩時刻 午前11時25分)○議長 棚原宏君 再開いたします。                 (再開時刻 午前11時35分) 下地秀男君。



◆下地秀男議員 通告に従って一般質問を行います。

 まず初めに、福祉行政についてお尋ねをいたしたいと思います。まず、障害者が自立した生活の基礎となる就労の受け皿づくりについてであります。昨今福祉のノーマライゼーションが必要であると言われております。福祉プラザの中にも、社協が知的障害者等に対し、一生懸命フォローして一生懸命頑張っておられます。本当に敬意を表したいと思います。これから障害者のですね、自立した生活の基礎となる就労の受け皿づくりについて、当局はもっと積極的に取り組むおつもりはないかお尋ねいたします。

 そして、関連しますが、(2)のですね、内間地域福祉センターについても全く同じように地域との密着性が出てくると思います。要するにボランティア等、先ほどの福祉ノーマライゼーションに沿った福祉センターの運営があるべきであると考えます。どのようにお考えなのかお尋ねをいたします。

 それから、2番目に市役所周辺の車の流れと道路の整備についてであります。新庁舎は、行政棟ができまして、現在議会棟をこれから建設するという段階に入っておりますけれども、市道45号線の延長であります市役所から農協前までがあまりにもちょっと狭隘で、道路の幅が小さく、歩行者ですね、子供たち、児童を含め、歩道も全然ないという状況の中で、通学路としてあまりにも子供たちに配慮が欠けているのではないかなと思います。何とか役所、将来的には都市計画道路としての計画はあるようでありますが、都市計画課にお尋ねしたところ、都市計画街路としては、都市計画図には載ってはいるけれども、全く計画のプランにまだのっていないという状況のようであります。緊急性を私は持つと思っておりますので、何とかこの役所から農協前までのせめて一部拡幅でもですね、行うべきではないかと思います。その辺についてお尋ねいたします。

 それから、関連しますけれども、やはり子供たちのですね、そういう生命を守るという立場から、スクールゾーンを設置していくべきではないかと思います。その辺についてお尋ねいたします。

 そして、関連しますけれども、現状がですね、何とかそういう、前段を含めまして、今現在議会棟建設予定地としてさくをめぐらせておりますけれども、何とかその里道になっている部分がもっと生かされないのかなと、その辺についてもお尋ねいたします。

 そして、大きい3番、2番と関連しますけれども、あまりにも議会棟がですね、里道側に寄り過ぎておりまして、その辺の歩行者に対する配慮があまりにもないし、里道は国道ともとれる、また市道ともとれるといういろんな要素があります。あまりにも接近し過ぎていて、なおかつ民間とも接近しております。プライバシーの問題とかいろいろあると思います。ひとつお考えをお聞かせください。

 それから、高良議員もお尋ねになっておりました市道213号線、パイプラインの県道認定についてであります。県道認定になったとして、進捗がスムーズにいくのか、その辺についてお尋ねをいたします。

 それから、5番目に国際都市形成構想についてであります。県は、基地経済から何とか県の自立経済へと向けて、何としても国際都市形成構想を行っていかなければならないというふうにおっしゃっております。我が浦添市も西海岸というのは、県の国際都市形成構想には、ハブ港としての大きな位置づけを持っているようであります。西海岸と、そしてこのハブ港、どのように皆さんは取り組んでいかれるおつもりなのか、その辺についてお尋ねいたします。

 あとは、自席にてまた再質問を行っていきたいと思います。よろしくお願いいたします。



○棚原宏議長 翁長福祉保健部長。



◎翁長盛正福祉保健部長 下地議員の福祉行政についてお答えをいたします。

 まず、(1)の障害者が自立した生活の基礎となる就労の受け皿づくりについてでありますが、本市の身体障害者手帳所持者の数が約2,000人でございます。そして、療育手帳を持っていらっしゃる方が370人、そのうち精神薄弱者につきましてが約250人、そして精神薄弱児が120人というような実態になっております。精神薄弱児につきましては、当然大平養護学校でありますとか、そういう学校に通っております。そして、精神薄弱者の250人のうち大体110人程度が県内の各施設に入所しているという状況であります。そうなりますと、大体140人程度が在宅ということになろうかというふうに思います。そういうふうに精神薄弱者の方々が、いわゆる在宅でうちに閉じこもるということによる弊害というのがかなり指摘されておりまして、そういった方々の行き場づくりということが大きな行政課題になっていることは、御承知のとおりであります。

 浦添市内の状況を申し上げますと、御承知のように、平成9年の4月1日にスタートいたしました若竹が法人化いたしました。そちらの方には現在40人の障害者の方々が通所して毎日の訓練に励んでいるという状況であります。そしてまた、福祉プラザの中で活動をしておりますそなえ会がありますが、そちらの方にも15名程度の障害者が通所をしているということでありますが、いずれにしましても、障害者の自立に向けた就労の受け皿づくりということにつきましては、極めて重要な行政課題として受けとめておりますので、今後ともさらなる前進に向けて努力をしたいと、このように考えております。

 それから次に、内間地域福祉センターについてでありますが、地域福祉センターは、地域における福祉活動の拠点として、地域住民の福祉ニーズに応じた各種相談や入浴、給食サービス、機能訓練等の福祉サービスを行うなど、地域住民の福祉増進及び福祉意識の高揚を図ることを目的としたもので、内間市営住宅の1階部分に併設をする計画で準備を進めております。本市の地域福祉センターは、老人デイサービス、これはD型でありますが、この老人デイサービスとボランティア団体等による食事サービス事業、そしてボランティア活動支援事業等を実施予定をいたしております。そして、そのほかにも地域の特性や個々の利用者のニーズに応じて、もろもろの事業を検討して実施をしていくという予定にいたしております。この地域福祉センターにつきましては、市民全体の福祉活動の拠点でありまして、多くの市民が御利用をいただき、福祉向上につなげていけるように努力をしてまいりたいと、このように考えております。



○棚原宏議長 福里建設部長。



◎福里済建設部長 下地議員の2番目の市役所周辺の車の流れと道路の整備についてお答えいたします。

 (1)の市道45号線の一部拡幅についてでございますけれど、当該道路は確かに狭隘な道路となっております。御承知のとおり、都市計画街路として決定されており、道路事業として整備するには街路事業との関連で無理がございます。そこで、街路事業が実施されるまでの間、どういう方法で交通混雑の緩和、それから歩行者の安全性の確保が図られるのか、いま一度ですね、関係者と協議をしていきたいというふうに考えております。



○棚原宏議長 吉村市民部長。



◎吉村清市民部長 スクールゾーンの設置についてお答えいたします。

 御指摘の箇所でございますけども、既に昭和63年にスクールゾーンの設置はされております。現在スクールゾーン路面標示の設置をいたしまして、運転手への注意喚起をしているという状況でございます。今後農協の近くにですね、今度はスクールゾーン広報板、これを1基設置を予定をいたしております。



○棚原宏議長 幸地庁舎建設局長。



◎幸地正夫総務部庁舎建設局長 お答えいたします。

 議会棟の工事がもう始まっておりますが、その一部を仮設道路として使用できないかというお尋ねでございますが、御案内のとおり、現在この工事予定地が狭隘でございます。その中に工事車両、あるいは工事のための工具を置いたりということで、また地下工事のために近々シートパイルで土どめの工事もやってまいりますので、どうしてもこの敷地いっぱい使わなければならないということで、お尋ねの仮設道路として使用できないかということにつきましては、なかなか難しいということでございます。よろしく御理解いただきたいと思います。

 議会棟の位置についてでございますが、議会棟は、先ほど申し上げましたように、この工事現場いっぱいを使って建設されますけれども、どうしてもこの議会棟と、それから行政棟のバランスということで計画されておりまして、現在のような形になっております。したがいまして、この棟につきましては現在工事が発注されておりますが、そのとおりで工事を進めさせていただきたいということでございます。よろしくお願いいたします。



○棚原宏議長 具志堅都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 下地議員にお答えいたします。

 パイプラインの事業についてでございますけれども、先ほどもお答えいたしましたけれども、この事業につきましては街路事業と、それから区画整理事業でもって整備を進めておりますが、区画整理事業につきましては、現在の市施行でそのままでございまして、街路事業は、県道になりましたら、県の方で引き継いで、いわゆる用地、それから物件補償、工事等について続行していくということになります。その場合に、これまでの話からいたしますと、きちっと協議をしましてですね、現在の事業のおくれがないようにですね、進めてまいりたいと、そのように思います。



○棚原宏議長 又吉企画部長。



◎又吉英蔵企画部長 下地秀男議員の5番について御答弁申し上げます。

 国際都市形成構想基本計画は、議員からも御指摘がございましたように、産業基盤の脆弱性あるいは厳しい雇用環境、さらには広大な米軍基地等の課題に対し、沖縄の地理的特性を生かした21世紀沖縄グランドデザインとして策定されたものが国際都市形成構想基本計画であります。これを国策に位置づけた沖縄の国際都市形成に向けた新しい政策の方向性を示したものと理解をいたしております。これは、同時に将来における西海岸開発の発展ポテンシャルに対して非常に高いものがあると判断されます。また、沖縄県の経済の自立をリードし、本市の地域活性化を図る上からも、西海岸開発ベースポート地区及び国際ハブ港湾がぜひ必要であります。浦添埠頭が国際ハブ港として位置づけられれば、当然国際ハブ港湾と整合性のとれた土地利用というものが必要となってまいります。特にさきの沖縄復帰25周年記念式典で橋本総理大臣は、沖縄経済振興21世紀プランの策定を表明して、その経済振興策の一つに空港、港湾などのインフラ整備を掲げております。したがいまして、議員御指摘のように、大いにこれに期待し、かつこれに対して県と相提携し、積極的に推進をしたいと思っています。



○棚原宏議長 暫時休憩いたします。               (休憩時刻 午前11時53分)



○棚原宏議長 再開します。                   (再開時刻 午後1時16分)

 下地秀男君。



◆下地秀男議員 再質問をさせていただきます。

 先ほど福祉部長から答弁がありました。るる障害者の状況が報告されましたけれども、てだこ福祉プラン21が一昨年ですか、完成されまして、その中にノーマライゼーション思想の具現化と地域福祉という項目があります。そこにありますけども、これまでの我が国の社会福祉は、社会保障制度の一環である生活保護のような公的扶助と社会福祉サービスが区別されないまま救貧的に考えられ、経済的給付が重視されてきましたと。しかし、今日の社会福祉サービスは、生活困窮者だけに必要なサービスではなく、住民の必要と求めに応じて利用するサービスへと転換しています。また、サービス提供の仕方についても、家族や地域社会から離れて入所型施設に入所させてきた方法から、可能な限り在宅で必要なサービスが利用できるように変わってきています。このことは1950年代後半から、デンマークやスウェーデンなどにおいて精神薄弱者に対する社会福祉サービスのあり方として提唱されてきた、障害を持つ人も持たない人も、高齢者も児童も、男も女もともに生きていけるように環境を整備することが必要であり、それが社会としては正常な姿であるというノーマライゼーションの思想が我が国においても浸透しつつあることを示していますと。また、このノーマライゼーションの考え方のもと、施設福祉型の福祉サービスから、できる限り在宅での生活を支援していくという発想への転換は、個人の生活の全体性や主体性を基本に、身近な地域社会においてサービスのあり方を問い直すことにほかなりません。このようにノーマライゼーション思想の浸透と福祉の地域化は、我が国における社会福祉の新たな展開としての地域福祉を意味しておりますと、このように載っております。要するに地域密着度がいかにあるべきかということだと思います。要するに障害者と社会とをどうやって密着度を持たせていくかというようなことだと思いますけれども、その具体的な方法、福祉部の方として何かそういうのをお持ちでありますかどうか。



○棚原宏議長 翁長福祉保健部長。



◎翁長盛正福祉保健部長 お答えをいたします。

 御案内のように、本市には福祉プラザというのがありまして、これは福祉活動の拠点として位置づけておりまして、そのプラザを中心といたしまして、福祉関係者、それから一般市民がそこで交流を深めるというような施設でありますけれども、その施設の中で、一つの行動が起こせないかということで、実は具体的な検討に入っておりまして、それは市内には、先ほど申し上げましたように、精神薄弱者の小規模作業所がそなえ会の活動として今展開されております。そしてまた、若竹もございます。そしてまた、沖縄コロニーということで、障害者がそこでつくる品物があるわけなんですね。こういったものを何とか販路に乗せられないかということを実は考えておりまして、福祉プラザを利用してですね、そういったことがまず何とかできないのかなということと、それから老人福祉も私どもの範疇でありますけれども、毎年1回老人クラブの方で、お年寄りがつくった作品展ですね、それがあるわけなんですけれども、非常に経験豊かな方々がつくったいいものがあるんです。こういったものがですね、つくった後は自宅に寝ているか、あるいはお友達に上げるかというようなことなんですけれども、そういったこと等も含めてですね、一つの福祉ショップみたいな形でですね、その中で事業展開できないかなということで、実は具体的な検討を今指示しているところでありまして、まさにそういったことをすることによって、障害を持った方も福祉関係者も、そして一般市民もそこの福祉プラザの中に出入りをするんだと、そういうことがひいてはこのノーマライゼーションの理念を推進するということになるのではないかなということでございまして、具体的にはこういったことを今考えて進めているというところであります。



○棚原宏議長 下地秀男君。



◆下地秀男議員 ぜひですね、積極的な取り組みをしていただきたいと思います。一例なんですが、福祉プラザの中に喫茶店をね、設けて、それで就労もコミュニケーションの場も兼ねながらやったらどうかという、そういう意見もありました。それについて福祉部長、どういうふうにお考えですか。



○棚原宏議長 翁長福祉保健部長。



◎翁長盛正福祉保健部長 非常にいい御提言であるというふうに受けとめております。この件につきましては、他の自治体等でも既に取り入れてですね、推進をしているところがございまして、私どももその情報収集に今当たっているところでありますけれども、ただ採算的にペイするかどうかという問題は抜きにしまして、この障害者の社会参加という観点からもですね、非常に意義深いことだと思っておりますので、あわせて検討していきたいと思っています。



○棚原宏議長 下地秀男君。



◆下地秀男議員 ぜひとも積極的な取り組みをよろしくお願いしたいと思います。

 次に、地域福祉センターについてでありますが、先ほど福祉部長がるる福祉センターの目的等もですね、答弁していただきました。その中で、デイサービスはもちろんとしましてですね、デイサービスの中に項目がいろいろあるかと思います。給食サービスはもちろんのこと、それから入浴サービス事業とか、創作的活動とかですね、機能回復訓練の事業とかいろいろありますけれども、それらについてどのように位置づけというか、どのように組み入れていくのかですね、その辺をお聞かせください。



○棚原宏議長 翁長福祉保健部長。



◎翁長盛正福祉保健部長 地域福祉センターの事業につきましては、先ほども申し上げましたように、デイサービス事業、それからボランティア団体等が行う食事サービス事業、そしてボランティア団体活動支援事業、こういったものは必須事業となっております。ぜひやらなければならない事業でございますけれども、そういった中で特にデイサービス事業につきましてはD型ということでございまして、基準でいきますと、8名以上ということになっておりますけれども、御案内のように、このデイサービス事業についても絶対的に不足しているという状況もありますので、できるだけ多くということで、私どもの考え方としましては、15名程度の受け入れということで当面進めていこうかなというふうに思っております。

 それから、ボランティア団体等が行う配食サービスでありますけれども、これは現在社会福祉協議会の方で週1回の配食サービスを実施しております。それとのかかわり等も出てくるわけでありますけれども、現在社会福祉協議会の方でやっている配食サービスにつきましては80食、週1回ということでありますけれども、この地域福祉センターが完成いたしますと、できるだけ国の制度に乗っかるような形の配食サービスを実施してみたいということで、今検討を進めているところであります。これは、具体的にどういうことかといいますと、1日30食をですね、週4回以上配食するということが基本条件になっておるわけです。そういう中で、この配食サービスにつきましても、整備拡充が今叫ばれている折でありますので、そういったところも事業として展開できるように努力をしてみたいと、こういうふうに考えているわけであります。

 それから、ボランティア団体の活動につきましても、現在浦添市内には43団体のボランティア団体、そして1,300人の構成員がいるわけでありますけれども、さらにそういうボランティア活動に従事する人たちの拡大を図るというようなことも、この中で検討していきたいというふうに思っております。そしてまた、地域福祉センターの方では、できるだけ地域の方々に広く利用してもらうという観点から、開所時間ですね、そういったことにつきましても利用しやすいような形でですね、十分に検討していって、例えば昼間の時間帯は老人クラブであるとかお年寄りを中心にお使いいただくと、そしてまた夜間につきましては、地域の青年あるいは婦人、そしてまたボランティア団体、そういった方々に御利用をいただくというようなことを考えて、今その利用のあり方について検討を進めているところであります。



○棚原宏議長 下地秀男君。



◆下地秀男議員 もう一つですね、つけ加えたいんですけど、幼児、児童健全育成事業というのがその他の事業として入ってくるかと思うんですけども、本来であれば、もっと地域型というふうに考えれば、幼児もですね、含めてのそういう計画があってもいいのではないのかなと、複合施設みたいなですね、できるだけお年寄りだけ、そして幼児だけ、児童だけというのではなくて、幼児とお年寄りと複合できるような、そういうことは考えられませんか。



○棚原宏議長 翁長福祉保健部長。



◎翁長盛正福祉保健部長 もっともな御意見だというふうに承っております。平成11年の6月の開所に向けまして、現在その事業の内容等につきまして、運営委員会あるいは検討委員会等でその事業の内容について今現在検討を進めているところでありますので、こういったところも含めて十分に検討を加えていきたいと思います。



○棚原宏議長 下地秀男君。



◆下地秀男議員 昨日もですね、佐久川議員が取り上げておりましたサテライト型デイサービスですね、どうしてもこれからはそういう地域の協力なしには、こういう福祉政策も前に進まないのではないのかなという課題がやっぱりあるのではないかと思います。今回は、福祉センターということで、かなりいい福祉センターを進めているわけなんですけども、先ほどの15名というのは、デイサービスの対象者が15名ということですか、15名というのは、これはどういうことですか。



○棚原宏議長 翁長福祉保健部長。



◎翁長盛正福祉保健部長 1日当たりの利用数を15名程度ということで考えております。



○棚原宏議長 下地秀男君。



◆下地秀男議員 やっぱりもっとですね、広く受け皿をつくっていかないといけないのではないかなと思います。きのう佐久川議員がおっしゃっていたようにですね、もっともっと広く公民館なども利用して、サテライト型デイサービスをですね、もっと真剣に取り組んでいかなければ、わずか1日15名ではですね、ちょっとこれは厳しいんではないのかなと思います。ぜひ公民館、そういう自治会との連携をどのようにこれからとっていくのか、その辺をちょっとお聞かせください。



○棚原宏議長 休憩します。                   (休憩時刻 午後1時31分)



○棚原宏議長 再開します。                    (再開時刻 午後1時31分) 翁長福祉保健部長。



◎翁長盛正福祉保健部長 お答えをいたします。

 デイサービスの場合に、国で示された基準というのがありまして、御承知のように、社会福祉協議会の方でB型のデイサービスがあります。ありあけの里の方にもありますけれども、こちらの場合ですと基準はですね、15名になります。15名以上ということでありますけれども、これは送迎をいたしましてですね、その日の1日の健康チェックに始まって、1日のスケジュールがあるわけですけれども、大体その基準前後がですね、一番サービスの提供としてはいいというような基準になっているわけですから、そういう中で社会福祉協議会の場合は今30名ぐらい、ちょっとオーバーしてサービスしてますけれども、そしてまたありあけの里の方が25名ですね、そういうことであまり人が増え過ぎてもですね、やっぱりこのサービスの内容にいろいろまた問題が出てくるということでありますので、ある程度基準というものを見ながらですね、その中で対応可能な人数ということでサービスを提供するというのが一般的な考え方であります。

 そういう中で、このデイサービス事業をですね、地域で行うという、サテライトサービスということを今進めようとしているところでありますけれども、そういう場合にもやはり地域の協力なくしては、これはできない事業であります。通常のデイサービスと違いまして、施設を建設する必要がまずないということで、既存の施設が活用できるということで、非常に私どもとしても取り組みやすい、すぐ対応できるようなものでありますし、また地域でそういったことを展開することによりまして、地域のボランティアのかかわり、そういったこと等もやっぱり深まってまいりますし、いろんな意味でいい効果が出るのではないかなと、こういうふうに考えておりますので、今後積極的に取り組んでいきたいと、このように考えております。



○棚原宏議長 下地秀男君。



◆下地秀男議員 ぜひともですね、地域のニーズに合ったそういう福祉サービスをですね、ぜひ提供していっていただきたいと思います。

 次に、市役所周辺の車の流れと道路の整備についてでありますが、建設部長より関係当局と協議をしていきたいという答弁がありました。前向きに検討といういつものあれではなくて、本当に実施していくと、そういうことでよろしいですか、部長。



○棚原宏議長 福里建設部長。



◎福里済建設部長 お答えいたします。

 おっしゃるとおりですね、即こちらの方、街路事業が計画されておりまして、その部分につきまして、建設部関係の道路事業として整備するには無理があると、そういうことでどういう方法が考えられるかと、これ一つの例ですけれど、拡幅が今のところ難しいというのであれば、一方通行の問題とかですね、子供たちの通学関係、今のところ農協の後ろの方に子供たち回っているケース等も考えられますけれど、そういうような形でですね、その車の切り回しとかですね、そういうものができないものかどうか、そういうもの等も含めて関係者と一応協議していきたいなというふうに考えております。



○棚原宏議長 下地秀男君。



◆下地秀男議員 棚上げのないようにぜひよろしくお願いします。

 朝児童生徒がちょっとかわいそうなんですね。農協前にお店がありますけども、電信柱がありましてね、児童が歩いてきて、と同時に車が安波茶の交差点の方から来ると、要するにひっきりなしに役所の下の通りにも来ます。その生徒は電柱に隠れてですね、車の流れがとまるまでここにずっと立ったまんまなんですよ。学校に行く時間もぎりぎり、車はもうひっきりなしに来ると、出れないんです、スペースがもう全然なくて。だから、庁舎にね、これだけお金をかけたんですから、もっと子供たちにもそういう交通路の問題、もっと配慮していくべきだと思うんですよ。建設部長もそうですけども、これは教育委員会に関連することですから、教育長、ひとつその辺お考えをお聞かせください。



○棚原宏議長 福山教育長。



◎福山朝秀教育長 これは、教育委員会だけでできるような仕事ではございませんので、関係部署と相談をしながら早目に解決していきたいと思います。



○棚原宏議長 下地秀男君。



◆下地秀男議員 教育長、いつもこちらは目にしていると思うんですよ。役所の近くでもありますしね、もちろん教育長だけじゃなくて、行政の皆さんは、この役所の前は皆さん、いつも朝何らかのかかわりはあることだと思います。行政がもっと市民に対してその辺細かい部分の配慮、細かいというか、大事なことだと思うんですけど、ぜひその辺をですね、大事にしていただきたいなと思います。

 それから、市民部長、先ほどスクールゾーンについての設置を既にやってあるということでしたけども、一向に機能してないという状況ではないのかなと私は見ております。それについてもう少し詳しくお聞かせください。



○棚原宏議長 吉村市民部長。



◎吉村清市民部長 お答えいたします。

 御承知のようにスクールゾーン、現在御指摘の場所はスクールゾーンという路面標示をして、運転手の皆さんに注意喚起を促しているわけでございます。どこも路面標示と、あるいはもう一つはスクールゾーンの広報板、この設置ありますけども、今は路面標示だけでございますが、これから農協の入り口の方に広報板設置、これを予定して、1基を設置をしたいというふうに考えているわけでございます。



○棚原宏議長 下地秀男君。



◆下地秀男議員 市民部長もぜひその辺にもですね、配慮のほどひとつよろしくお願いいたします。

 そして、議会棟ができますと、議会棟の入り口は市道45号線に面するような感じになってきます。もっとさらに農協の前からの交通の需要性というのは何か出てくるような状況になっているようですが、この交差点、いつまでもこういう状況でいいのかどうなのか、その辺についてお聞かせください。

 実はですね、都市計画道路が計画されているようでありますけれども、その都市計画道路と県道38号線のつながりの部分はね、今の交差点ではまずいと思うんですよ。都市計画部長、何かありましたらお願いします。



○棚原宏議長 具志堅都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 お答えします。

 ただいま議員がおっしゃっている箇所については、大変市民の皆さんに御不便をかけているということでは、非常に申しわけなく思っております。ただ、そこの街路の整備ですね、これは交差点も含めてでありますけれども、区画整理の南第2地区との関係もございます。そういうこともありまして、すぐには街路事業が入れないという状況もあります。そして、ただいま御提言の交差点の形態についてでありますけれども、非常に県道38号線に鋭角になっております。その分につきまして、交差点のいいあり方をですね、今後考えていかなきゃならないと。それと同時にですね、街路の延伸を安波茶地区にできないのかと、これは今この図を見ながら、あるいはこれまで話をしてきているところなんですけれども、この街路の形態についても今後考えていく必要があると、このように思います。



○棚原宏議長 下地秀男君。



◆下地秀男議員 ぜひ周辺への配慮をですね、本当に行政棟、議会棟庁舎にこれだけお金をかけたんですから、その周辺についてももっと配慮をすべきだと私は思いますよ。特に議会棟は民家にもう寄り過ぎたね、プライバシーも本当にどうかなというふうに思います。本当にその辺の配慮はぜひともお願いいたします。もし何かありましたらよろしくお願いします。

 次に、市道213号線パイプライン線についてでありますけれども、事業が県へ移ることによって、我が市の意思が伝わらなくなったら困ると思います。当局のこれまでの、先ほど述べられましたけども、これまで推移してきた完了予定期間、日程はいつだったですか、もう一度お尋ねします。



○棚原宏議長 具志堅都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 お答えいたします。

 現在事業認可をとっている区間は内間区間ですね、その区間が707メートルありますけれども、平成13年度までの予定で事業認可をとっております。



○棚原宏議長 下地秀男君。



◆下地秀男議員 ぜひ県にはその旨お伝えしていると思いますけれども、その辺はきちっとやっていただくようよろしくお願いいたします。

 それから、伊祖から宜野湾にかけての問題をどうするのか、そしてまた財源の問題を、47億のうちの7億が市持ち出し、その辺についてもう少し詳しくお聞かせください。



○棚原宏議長 具志堅都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 お答えします。

 現在までかけた総事業費が47億8,300万、これは先ほど申し上げた数字でございまして、そのうち国庫補助がありまして、39億8,400万で、市の一般財源の方が7億9,900万、これは端数は省略しております。以上です。



○棚原宏議長 下地秀男君。



◆下地秀男議員 そういういろんな財源等の問題もあります。その辺もきちっとですね、我が市に対してメリットのあるようにぜひお願いしたいと思います。

 時間がないので、申しわけないんですけども、次に国際都市形成構想なんですけども、県は本当に基地の島から平和の島への転換を図ろうということで、平和交流、技術交流、経済交流のそういう基本方針で国際都市形成構想を盛ってきております。西海岸とのハブ港、もう一度皆さんの取り組みをひとつよろしくお願いしたいと思います。



○棚原宏議長 又吉企画部長。



◎又吉英蔵企画部長 お答えいたします。

 西海岸開発事業につきましては、今日まで議員各位からいろんな御提言をいただいております。やはり21世紀を目前に迫った本県の経済の立て直しといいますか、抜本的な構築という視点から、国際都市形成構想計画が立案をされております。その中で、特に島嶼県である我が県は、経済の基本と言われているコストに、いわゆる流通というハンディを背負っているという観点、これはある意味においてはマイナス要因でございますけども、逆にこのマイナス要因と言われている島嶼県の沖縄の位置が、逆に環太平洋の中における考え方からすると、利点にも生かせる可能性が秘められているということ等もございます。そのためには、現在の那覇重要港湾のあり方ではまずいと、どうしても国際ハブ港的な位置づけと、そしてアジアの沿岸地域との一体化という視点に立った港湾計画の整備が必要になってくるということについて、やはり浦添市の受け持つ役割は大変大きいものがあるだろうというふうな考え方を持っています。したがいまして、経済界の皆さん方からも十分意見を参酌する中で、浦添の市長等も含めて、県の方に今後連携をとりながら対応してまいりたいと思っています。



○棚原宏議長 石川清義君。



◆石川清義議員 一般質問を行います。

 まず最初に、痴呆対策型老人共同生活援助事業についてからお尋ねをいたします。現在日本は、世界に類を見ないほど急速な高齢化に伴い、痴呆性老人も増加の一途をたどっております。そのため、痴呆性老人を抱える家族は果てしのない介護のために、生きがいまでも奪われていると言っても過言ではないと思います。これまでの痴呆性老人対策は、その多くが老人ホームや病院等のように大規模施設収容的なものであり、療養するというよりは、むしろ社会防衛的発想による抑制や行動規制を目的とした隔離対策であったように思われてなりません。しかし、ノーマライゼーションの台頭により、施設収容からだれもが住みなれた家庭や地域社会で暮らせていけるような在宅福祉、地域福祉へと移行が進められております。特に痴呆性老人への対応は、平成6年の新ゴールドプランの策定では、小規模な共同生活の場、いわゆるグループホームの充実が加わり、また平成6年度、7年度に全国8カ所でモデル事業が行われ、さらに介護保険制度大綱にも介護給付の対象に挙げられております。

 そこで、お尋ねをいたします。グループホームの定義、特徴、施設の要件等について御答弁をお願いをいたします。

 2番目に、キャンプ・キンザー内有害物質保管についてお尋ねをいたします。去る11月13日、キャンプ・キンザーの薬品倉庫から出火をし、市民を震撼させる事故が発生をいたしました。本市議会も意見書、抗議決議を速やかに採択をして関係機関へ抗議を行っておりますし、また公明沖縄としても抗議を直接行ってまいりました。新聞報道によりますと、原島沖縄大使は、今回の火災は今までの事故と違い、住民に被害が及びかねないケースと理解をしていると指摘をし、米側の原因究明の結果が出た段階で改善策を検討するとなっております。米側の原因究明の結果はいつごろ出るのか。そして、燃焼しなかった残存量はどのぐらいあるのか、その措置はどうなったのか。また、当該404号倉庫以外の他の建造物にも有害物質がないかどうか、その辺の把握されておりましたら、御答弁をお願いをいたします。

 3番目に、こども110番太陽の家についてお尋ねをいたします。9月議会でもこの件は取り上げましたが、最近ちらほらと目についてくるようになりました。現在市内における太陽の家の現状と、今後の計画について御説明をお願いいたします。

 なお、模擬訓練も今後必要になってくると思いますけれども、その計画もあわせて御答弁をください。

 4番目に、リサイクル法について。家庭などから出る一般ごみは、厚生白書によりますと、全国で年間5,300万トンを超え、その処理費用は総額で2兆2,833億円となり、国民一人当たり1万8,300円の負担となり、私たちの税金でこれが賄われております。そのごみの減量化を図るために、容器包装ごみリサイクル法がことし4月から施行をされました。リサイクル法の特徴は、事業者に再商品化義務が課せられ、処理費用も含めたコストの認識が強まり、包装の簡素化も進むものと考えられておりましたけれども、現状ではどうなっているのか、また施行後どのような変化をもたらしているのか、その辺を御説明をお願いいたします。

 5番目の、浦添中学校の諸整備についてでございますが、本年の3月定例会におきまして、給食室の冷房化、冷蔵庫の増設、テント張りアーケード、部室の照明、教室の照明、進入路の整備、体育館いすの取りかえ、50周年事業等、さまざまな整備をお願いをいたしました。これまでの整備状況を御説明をお願いいたします。

 6番目に、防空ごうの整備活用について、これまで何度かこの件は取り上げておりますので、御説明は無用と思います。昨年は、防空ごうの内容も視察をさせていただきました。あまり進展はないかとも思われますけれども、現状と今後の計画がございましたら、御説明をお願いをいたします。

 7番目に、海抜標識設置についてでございます。本年度は、たしか調査費が計上されておったかと思いますけれども、経過及び今後の考え方を御答弁を願います。

 8番目に、コミュニティーFM放送について、去る11月のスポレク沖縄'97の最中に、本市にもFM放送局が開設をしたとのニュースを小耳に挟みました。スポレク期間中のものだったのか、永続性のものなのか、御説明をお願いをいたします。

 最後に、9番目の(仮称)国立組踊劇場誘致についてでございます。この件につきましては、本議会でも数名の議員より質問が集中しておりまして、関心の高さがうかがわれます。最近の話によりますと、那覇市の方では、積極的に関係機関へ働きかけておりまして、中央の方でも天久新都心へ固まりつつあるという情報も入ってきております。当局の情報と今後の取り組む決意等もあわせて伺いたいと思います。

 あとは、自席より再質問を行います。



○棚原宏議長 翁長福祉保健部長。



◎翁長盛正福祉保健部長 石川議員の1番目の御質問、痴呆対応型老人共同生活援助事業についてお答えをいたします。

 この事業は、平成9年度から創設された国の事業でありまして、共同生活を営む痴呆性老人に対し日常生活における援助等を行うことにより、痴呆の進行を穏やかにし、問題行動を減少させ、痴呆性老人が精神的に安定して、健康で明るい生活を送れるように支援し、痴呆性老人の福祉の増進を図ることを目的とした事業であります。この事業につきましては、平成9年度におきまして、全国では25カ所で実施が予定されていると聞いておりますが、県内ではまだ取り組まれていないのが現状であります。

 御案内のとおり、現在市の方で実施しております痴呆性老人デイサービス事業と比較いたしますと、デイサービス事業が日帰り介護でありますが、そしてまた重度の痴呆の方が対象であるということがこの痴呆性老人のデイサービスでありますけれども、この事業は軽度の方が対象ということになります。そして、1日24時間の共同生活に対する支援事業ということになりますが、若干この制度の内容等についてつけ加えておきますと、事業の実施主体は市町村とすると。そして、ただし事業運営の一部を特別養護老人ホームなどを経営する社会福祉法人等に委託することができるというようなことになっております。

 そしてまた、利用対象者でありますけれども、グループホームの利用対象につきましては、おおむね65歳以上の中程度の痴呆性高齢者ということになっておりまして、そして家庭環境などによって家庭での介護が困難である者、おおむね身近の自立ができており、共同生活を送ることの支障がないことなどが利用対象者になっております。そして、定員等につきましては、5人以上9人以下というようなことになっております。そして、建物の件でありますけれども、原則として実施主体及び運営主体が建物の所有権または賃借権を有していることということでございます。あと設備等の要件もありますけれども、割愛をさせていただきます。おおむねこういう内容になっております。



○棚原宏議長 赤嶺消防長。



◎赤嶺洋海消防長 石川議員の2番目の質問にお答えいたします。

 残存量がどれぐらいかという御質問なんですが、実は私ども消防職員、次長、予防課長、出張所長、3名が翌日の午前に現場の視察に行っております。名目は現場検証ではございません、あくまでも今後の消防戦術の研究にしたいということの名目で入っていっております。これは、どういうことかと申しますと、国際法上の外交的特権と申しますか、つまり日米安保条約第6条に基づく地位協定の第3条によって日本国内の法令が適用されないということで、日本の消防法の適用がされないために、危険物の貯蔵だとか、査察だとかできないということで、そういうことで私ども1986年12月5日に海兵隊の施設を管轄とする消防署、バトラー消防本部と浦添市長の方で消防相互援助協定を結んでおります。その協約第6条に基づいて、運営細目ということで、そのa項の中で、特殊火災、特に爆発性の危険のあるもの、毒性ガス、その他それらに類するものの火災については、応援の要請をしないという協約事項がありますんで、あくまでも浦添消防本部が出動しましたのは、キャンプ・キンザーにある憲兵隊の日本人の方から、待機という形での要請でありましたんで、国道58号の宮城の下り線の方で待機をしていたという状況でございます。そういう意味で、新聞報道によりますと、ほかにまだあるという元基地従業員の証言もあるようでございますが、私ども消防としては確認することはできてないというのが現状でございます。

 あと、焼失したものについては、1月13日の8時30分、那覇防衛施設局施設部連絡調整室からの連絡によって浦添市の方に入ったものによりますと、1,692ガロンで、1箱6ガロン入りの282箱が焼失をしたということでございまして、消防職員が入ったときには後片づけをされて、なかったというのが現状でございます。以上です。



○棚原宏議長 大城指導部長。



◎大城淳男指導部長 こども110番太陽の家について、石川清義議員にお答えいたします。

 こども110番太陽の家は県警の事業として取り組まれておりますが、本市におきましては、浦添署が中心になりまして推進し、本市のPTA連合会及び自治会、学校等の協力のもとに太陽の家を各校区に委嘱してございます。市内の委嘱状況ですけれども、浦添署はPTA関係の方々と五、六回の会合を持ちまして、11月初旬までに、全校区ごとに4ないし15カ所設置済みでございます。合計いたしますと185カ所設定しております。主な場所といたしましては、保育所、理髪店、大通りに面した家、店舗等ということでございます。それから、今後の課題といいますか、今後話し合いたいというようなことでございますが、関係者といいますと、PTAや委嘱を受けた家のことでございますが、取りつけましたプレート板がですね、小さ過ぎて目につきにくいということもあるようでございます。それから、子供たちへの接し方、あるいはアドバイスの仕方等についてのマニュアルが欲しい等の要望があるようでございまして、PTA連合会におきましては、12月中に委嘱された方々、あるいはまたPTAの役員を集めまして、勉強会を計画しているとのことでございます。各学校別の名簿と地図は作成されているところでございますが、本格的な児童生徒への周知徹底はこれからというところでございます。学校によっては学校の玄関に表示し、児童生徒にまたプリントして知らせているところもございます。また、学校によってはPTA新聞で紹介しているというところもございます。

 最後にお聞きになっていました模擬訓練の計画についてでございますが、そのことについては聞いておりません。しかし、浦添地区太陽の家連絡協議会が設置されておりますので、今の件につきましては、その中で話し合っていかれることだというふうに考えております。以上でございます。



○棚原宏議長 吉村市民部長。



◎吉村清市民部長 リサイクル法についてお答えいたします。

 御承知のように、平成9年の4月施行になりますが、増え続けていくごみに歯どめをかけようというようなことで、今回リサイクル法が施行されております。その特徴点といたしまして、私ども市町村の役割、それから事業所の役割があります。市町村では、分別収集をしたものをさらに分別をして保管をしておくと、そしてそれを事業者は回収して再商品化をする義務を負うというようなものがその法の趣旨でございます。それが施行されてどう変わるかというわけでございますが、せんだっての臨時議会でリサイクルプラザ建設の契約承認をいただきました。これは、平成11年の4月に稼働する予定でございます。それにあわせて特徴的なものを御説明申し上げますと、特に瓶類、それからペットボトル、それの収集体制のシステム、それが若干違ってまいります。そういうことで、従来までは瓶につきましては、そのまま分別せず、最終的には処分場へということになっておりました。また、ペットボトルについては、燃えるごみに分別をして燃やしたわけでございますけども、今回から瓶については茶色、それから白、それからその他ということで、3種類に分けます。そして、それを事業者の方で回収して再商品化をすると、ペットボトルもそういうことで、今まで燃えるごみに分別をしていたのを資源ごみとして回収をするということになっております。平成11年の4月までには市民の皆さんにその収集方法の変更をまたお願いをするという予定でございます。



○棚原宏議長 宮里教育部長。



◎宮里良一教育部長 石川議員の5番と6番の御質問にお答えいたします。

 まず、浦添中学校の諸整備については、緊急性のあるものから修繕等で生徒の良好な学習環境を維持するよう努めるとともに、その他の軽重な修繕についても、学校からの要請により、その都度可能な限り対応してまいりました。3月定例会で御質問がありました事項について、その後どうなったかということでございますが、まず学校給食室につきましては、今月いっぱいに一応取りつけの見通しになっております。それから、給食受け室への通路の屋根、アーケード設置について、これにつきましても3月いっぱいまでに対応できることで、今発注の準備をしているという状況でございます。それから、北側校舎の廊下の電灯の改善等について、これは対応済みでございます。さらに、校門の進入路のでこぼこ等については、シルバーへ委託しまして、アスファルトで部分補修で対応しております。それから、部室の整備につきましても、年度中途で補正をいただきまして、部室の整備に取りかかっております。さらに、グラウンドの照明につきましては、恐らく部室の整備の状況で予算的に状況がありましたら、一、二基の形で考えておりますが、予算との関係で今のところ何とも言えない状況でございます。

 さらに、そのほか体育館のいす等の取りかえなどがございましたが、体育館のいす等につきましては、備品というより消耗品的な観点で見ておりまして、学校に割り当てる消耗品の中から優先して、できるだけ教育委員会側からもこれまで不足の分、あるいは必要分ということで、一気に取りかえるということじゃなくて、部分的に取りかえていっていただきたいということで指導しております。そのほか26件ほどの学校からの要望などがございましたが、そのうち15件ほど、金額にして570万ほど別個に改善しております。主立ったものは、調理実習室等の調理台などの取りかえとか、あるいは図書室の床の張りかえ、あるいは事務室の教育相談室への変更とか、部室のドアの取りかえとかいう形で別途に15件ほどの改善をしております。

 それから、6番目の防空ごうの整備活用についてでございますが、従来の考えどおり、これは浦添城の方にかなり集中してございます。浦添城の整備計画の中では、1期計画がようどれの復元ということで、ことしから復元の段取りが始まっておりますが、戦跡地区の整備につきましては、平成11年から24年までの第2期の整備計画の中に段取りしております。以上でございます。



○棚原宏議長 銘苅総務部長。



◎銘苅紹夫総務部長 石川議員の質問番号7番、海抜標識設置につきましてお答えいたします。

 経過とこれからの計上の考えについての御質問でありますので、海抜標識の設置につきまして、御指摘のとおり平成9年度において計画を考えたわけなんですけども、他の市の事業の選択優先度というんですか、そういうものから残念ながら、今回平成10年度の予算に計上の見込みというのが立たなくなっております。

 それといま一つは、御承知のとおり、県におきまして従前の台風対策を中心にした防災関係が、地震編ということでもって新たな直下型地震、あるいはそれに伴う津波等を予測した防災計画の見直しが既にまとまりを見ているというような情報もあります。そういうこと等をあわせまして、また今回計画いたしましたのは、その地域における10カ所程度の掲示標識を考えておりましたけども、かなり額的な問題等もありまして、これから例えば地域公民館とか、あるいはそういう現存する公共的、恒久的な建造物とか、そういうこと等をあわせた標識関係等もつくれないのかどうかと、なるべく経費をかけなくて、かつ目的が達せられるような標識方法がどういうのがあるかということをこれから検討して、11年度実施の方に向けまして、鋭意進めていきたいと思っております。以上です。



○棚原宏議長 又吉企画部長。



◎又吉英蔵企画部長 石川清義議員の8番と9番について御答弁を申し上げます。

 まず、コミュニティーFM放送についてであります。御質問は、今回の臨時FM放送の今後のあり方等についての御質問でありました。浦添市にFMコミュニティー放送局をつくる会というのが臨時放送局から今回電波を発信しておりまして、そこに問い合わせましたところ、今回のスポレクの実況中継は一時的なもので、将来のFM放送局の設置を想定した実験的な放送であったという返事をいただいております。そして、今後の件については、同会は今後事業を安定的、継続的に実施できるよう、事業のあり方等についての学習会、推進するための協議会の設置等について現在勉強をする傍ら、その活動を展開している最中でありますということ等にとどまっております。

 それから、組踊劇場の誘致について、市の取り組みの決意等についての御質問であります。国立組踊劇場につきましては、これまで議員から御指摘ありましたように、この本会議等でいろいろと御質問をいただき、かつ叱咤激励をされてまいりました。市政といたしましては、この組踊劇場については重要な政策というふうな位置づけをしておりまして、あらゆる機会をとらえて努力を払っております。この件につきましては、御案内のように、いち早く誘致の意思表示を行ったのが浦添であるということがまず一点ですね。それから、その誘致期成会の結成についても、那覇と比較した場合においては、大変全市民の組織を代表するような方々でもって構成するという意味では、いち早く結成されたという認識をしてます。また、市議会においても誘致決議を行っていただいたということについては、那覇がまだ決議をしてない中においては、大変その意思のあらわれというふうに執行部としては受けとめております。

 また、誘致要請につきましても、機会をとらえて、あるいは国のこの組踊の取り組みの状況を情報として把握するとともに、その段階的な成り行きを見て、即市長が上京して要請をするというような取り組みを積極的にやってまいりました。今後ともこのような積極的に取り組み、かつまた強力な推進というものには変わりません。ぜひ御支援方をお願いいたしたいと思います。



○棚原宏議長 10分間休憩いたします。             (休憩時刻 午後2時20分)



○棚原宏議長 再開いたします。                (再開時刻 午後2時31分)

 石川清義君。



◆石川清義議員 御答弁をいただきましたので、再質問をさせていただきます。順序は通告とは異なると思いますけれども、御了承のほどお願いいたします。

 2番目のキャンプ・キンザーの方から先に伺います。今消防長、答弁いただきまして、火災の発生をした翌日に、視察ではなくて戦術の研究ということで現場に行かれたということがございました。これまでの皆さんの答弁を聞いておりますと、被害状況が1,692ガロン、これは282箱という大量のものが燃焼しております。この箱の数字だけではちょっとぴんとこないんで、ドラム缶にするとどのぐらいになるかなと計算をしてみたら、31本分が燃えてるんですね、ドラム缶で。かなりの量だなというのがこの量でわかったんですけれども、皆さんが現場に行かれて、建物の中まで入れたのかどうか。もし入れているのであれば、そこで燃えた形跡があるはずだから、建物のどの程度の面積なのか、その燃えた量、あと残存量というのは、まだ燃えてない地域のものはどのぐらいあったのか、その燃えた箇所はどうなんですか。



○棚原宏議長 赤嶺消防長。



◎赤嶺洋海消防長 お答えいたします。

 量については、石川議員おっしゃるとおりドラム缶約32本でございます。焼損面積が約200平米、建物全体の面積としては825平米、これについては推定でございます。ということで、四つに間仕切りをされておりまして、その中の北側から2番目のブロックで囲われた部分でございます。それについて、実は当日私が療養中で入院中でありましたんで、次長、予防課長、出張所長の3名で、現場検証とかということになりますと、立ち入りできませんので、今後の消防戦術の研究という形でお願いをして、404号倉庫の中まで入ったということでございます。これにつきましては、案内はキャンプ・キンザー内へ電話をいたしまして、それから15分ほどして許可を受けまして、予防係長の案内で現場へ入っております。そして、いろいろその中で質疑もやっているんですけれども、倉庫内には何が入っているんですかということで質問しましたら、ケミカルですということで、ケミカルとは何ですかという質問しましたら、浄化する薬品ですと。あのケミカルというのが、知っていて質問したんですが、化学物質の総称みたいですね。そういう中で応答をしております。危険物、希硫酸と聞いたが、それは入っているんですかと言うと、左側の倉庫内に入っていますと。延焼することはないんですかと言うことについて、延焼はしませんと。消火は化学液ですか、水ですかと言うと、水で消火しましたと。ガスは発生したんですかということについて、その予防課長も、消火中倉庫の側にいたが、呼吸器等も装着せず立っていたが、何も感じなかったというような受け答えがなされております。以上です。



○棚原宏議長 石川清義君。



◆石川清義議員 いろいろお尋ねになったようですけれども、気になるのがこの残存量ですが、今4分の1は燃えて、あと4分の3は燃えてないわけですね。そこに品物があったと思うんですね。どの量があったのか、それはどうしたのかということはお尋ねになりましたか。



○棚原宏議長 赤嶺消防長。



◎赤嶺洋海消防長 お答えいたします。

 現場行ったのは火災の翌日で、後片づけされた後でございましたんで、そこら辺については確認をしておりません。



○棚原宏議長 石川清義君。



◆石川清義議員 消防長、聞かなかったんじゃなくて、次長は今いるでしょう、後ろに。どうですか。そこんとこもっとはっきりしてください。



○棚原宏議長 休憩します。                   (休憩時刻 午後2時37分)○議長 棚原宏君 再開します。                   (再開時刻 午後2時38分) 赤嶺消防長。



◎赤嶺洋海消防長 404号倉庫、四つにコンクリートで耐火構造で仕切られておりまして、その中の1区画でありますが、片づけて何もなかったということでありましたんで、幾ら残っているかということについては確認をしておりません。ただ、希硫酸の方は南側の端っこの方に入っているということの応答の会話の中でそういうことを言っておられます。予防課長というのは日本人で、そしてそこの現地の米軍責任者との間の応答でございます。以上です。



○棚原宏議長 石川清義君。



◆石川清義議員 こういう事故が発生するとですね、今後またこのような事故が発生しないかどうかというのが市民としては大変懸念されるところなんで、聞いてるんですけども、もう一つ、今消防長にちらっと出たんですが、城間のバス停の近く、国道58号の金網から40メートルか50メートルぐらい離れたところに707ですか、倉庫がございまして、そこにも有害物質が保管されているんじゃないかという元従業員、去年まで働いた人の話がありますね。聞いていると思うんですが、この人はその倉庫に働いているときに、その倉庫の中には、容器にも可燃性だとか、あるいは毒物とか、酸などと記載をされておって、中には放射性物質を示すマークが張られていたものも存在したということは、この元従業員、去年まで働いた人が話しているんですけれども、そういった話は聞いてますか。



○棚原宏議長 赤嶺消防長。



◎赤嶺洋海消防長 お答えいたします。

 12月28日の新聞報道で私どもそれを聞いておりますが、私どもの消防法の適用するために、現場での視察確認とかということについてはできません。ということで、消防としてはそれに対する対応の方策はないということでございます。



○棚原宏議長 又吉企画部長。



◎又吉英蔵企画部長 関連した内容になりますので、私の方から御答弁申し上げます。

 12月9日に再度のキャンプ・キンザー司令官への抗議と要請ということで文面を持ってお訪ねをし、その中で市長の方から特に11月27日の新聞記事等の内容を持って司令官の方に問いただしたところ、今回の火災事故等で起こった具体的なその原因等については、現在米軍の中の管轄が違うというふうなことで、捜査当局というのがあるそうですが、こちらの方が今捜査中で、その結論が出た暁に正式なルートを通して公表するということになるということです。そして、この記事の内容については、この従業員の方が直接そういう形での勤務をしていたということについては定かではないが、そのようなことはないというふうな、いわゆる当時対応した方は副司令官ではありますけども、一応市長への答弁としてはそのように言明をしております。しかし、市長としてはこれだけこのような形で出たということについては、行政を預かる者として疑わざるを得ないと、今後とも倉庫等の中についてはできるだけ明らかにするよう、ぜひ改善方をお願いしたいという要望をしております。



◆石川清義議員 この元従業員の話の中にも、約10年前にポリ塩化ビフェニールというものが腐敗をして容器から流れ出しまして、その流れた跡が、セメントが不気味に溝ができていたという証言をしております。恐らくこの従業員は、日本の毒物とか劇物などの危険物取り扱いの国家資格も軍の方からとらされたと言っておりますが、その関係性のあるものがあると思われます。消防長のように、もう私たちは何ら立ち入ることできない、調査も何にもできないという、そうじゃなくて、やはり市民に影響を及ぼすことであれば、市長は今言う調査をできる当局があるというお話もありますし、何らかのつてを開いてでもですね、そういったものはしっかりと調査をして、善処方をしていただきたいと思いますけれども、それについて御見解賜りたいです。



○棚原宏議長 又吉企画部長。



◎又吉英蔵企画部長 御答弁申し上げます。

 今回の基地内からのこのような火災事故による住民を巻き込んだ、いわゆる一つのパニックといいますか、これは大変憂慮されるべき問題でありましてですね、この件については厳重に、指導監督庁である防衛施設庁を初め総領事あるいは外務省沖縄特命大使等についても指導方の強化をお願いをしております。現地米軍さんについては、その原因の究明、そして通報体制についての確立等を厳重に申し入れてあるわけです。現場責任者としても、今回の事故については大変御迷惑かけて申しわけないという謝罪の言葉もいただいております。その中で、万が一にもこのようなことが起こった場合においてということで、その通報体制については、責任者が責任者に対して連絡網を確立するということで、直接市長の方に電話をするということと、さらには米軍の責任者と、それから消防との間に一応連絡はとれるようにというふうなことで、電話番号等もお知らせをしてあるというようなことについては、今までの基地行政のあり方からすると、若干門戸を少し開いたかなという感じはいたします。しかし、これは治外法権といえども、住民地域に近接して、そこに隔離がないというふうな意味合いからすると、これは行政の介入できる内容に本来はなるべきだろうというふうなことで、今後ともこのような姿勢で取り組んでいきたいし、また検討もしてまいりたいというふうに思っております。



○棚原宏議長 石川清義君。



◆石川清義議員 城間の場合は、国道58号からわずかの距離しか離れてない建物、先ほど707と言いましたけども、727倉庫ですね、その件もぜひ市の方が納得できるように改善策をお願いいたしたいと思います。

 それから、組踊劇場について企画部長にお尋ねしますけれども、先ほども私向こうで申し上げましたが、本市の方も一生懸命頑張っていらっしゃるのはよくわかります。しかし、那覇市の方も本市よりもさらに輪をかけて頑張っているような、そういう話を聞いております。向こうの方に傾いているんじゃないかという話も聞いておりますし、こうなってはいけないわけです。現在浦添が誘致をする場合には、拓南製鐵さんの跡ということになっておりますけども、その用地交渉等は順調に行われておりますか、情報聞いてますか。



○棚原宏議長 又吉企画部長。



◎又吉英蔵企画部長 御答弁申し上げます。

 用地交渉そのものについては、やはり用地が決まってから交渉というのは行われるべきものでして、ただ組踊劇場を誘致するという前提で、誘致が決定された暁にはその用地の提供方についての御協力をお願いするということについては、内容等を十分理解をするということで、文書でもって協力を約束するというふうな公文書をいただいております。



○棚原宏議長 石川清義君。



◆石川清義議員 部長がおっしゃるのは、表立ってはそういうことになると思います。しかし、交渉をこれからやっていく段階で、那覇市と浦添市の拓南製鐵跡の値段がどうなのか、折り合いがつくかどうかという下調べというのは前もってやりますね。その段階で、浦添市の方はもう値段の折り合いがつかないと。だから、浦添の方もだめじゃないかというような、そういう情報も聞いてますが、そういうふうに聞いてませんか、そういう話は。



○棚原宏議長 又吉企画部長。



◎又吉英蔵企画部長 御答弁申し上げます。

 この組踊劇場について、浦添の候補地といいますか、予定地については、幸いにしてその所有者であります会社の方が浦添市に対しての誘致要請、あるいは県に対しての誘致要請等もなされております。なおかつ浦添市のこの組踊劇場誘致期成会の一員にも加わっていただいているということであります。さらには、この用地を取得するに当たっての基本的な考え方については説明を申し上げてあります。と申しますのは、企業は企業なりの一つの方向性を見出して動くということ等もございましてですね、いわゆる税対の問題とか、あるいは価格の設定のあり方等については、この事務方、直接向こうが担当する事務方ですね、そして社長、そして顧問を含めてですね、このお話はしておりますし、これについては十分理解をするというふうなことでございます。



○棚原宏議長 石川清義君。



◆石川清義議員 どうも私の方が早とちりをしておったか、あるいは情報が間違えていたかなんですけれども、順調にいけばよろしいんですが、途中で私が今申し上げたようなことになると大変困るもんですから、その点もぜひ頭の片隅には入れておいていただきたいと思います。

 それから、リサイクル法、4番目の方をお尋ねいたしますけれども、ペットボトルのこれまで燃やしておったものをリサイクルとして扱うというお話がございました。これまで那覇市あたりではペットボトルも燃やすわけにはいかないで分別しておったわけですけれども、このペットボトルを、北九州市の方では、ことしの11月5日から回収を始めたようでございまして、市内の約6,600カ所に専用ステーションを設置をして、そこから年間総排出量の約7割に当たる約1,000トンを回収する目標で今スタートをしたようでございますけれども、このステーション方式を北九州市では今後やっていくようですが、本市ではどのような方法をとっていかれるんですか。



○棚原宏議長 吉村市民部長。



◎吉村清市民部長 お答えいたします。

 全国それぞれの自治体で、それぞれの工夫でもって収集しているわけでございますが、私どもも今現在のやり方、門前収集、それが一番ベストだと考えております。引き続きですね、そういう資源ごみ、あるいはほかのごみも同じように収集体制はそのまま当分続けてみたいと考えております。いわゆる門前収集でございます。



○棚原宏議長 石川清義君。



◆石川清義議員 それで、この回収されたペットボトルはどのようにするんですか。



○棚原宏議長 吉村市民部長。



◎吉村清市民部長 現在はですね、燃えるごみとして収集し、クリーンセンターの方で燃やして処理をしているわけでございます。ただ、平成11年4月にオープンする予定のリサイクルプラザ、それができますと、資源ごみの一つとして分別をして収集をする、そしてそこで保管をするというような形になります。そして、保管をしたものを処理業者が、そして収集をしていくというシステムになります。



○棚原宏議長 石川清義君。



◆石川清義議員 要は回収をした後の処理の方法ですけれども、今申し上げました北九州市の方では、西日本ペットボトルリサイクル株式会社というものを建設をいたしまして、九州一円のすべての自治体からそこに集中して集めて処理をすると。そして、ペットボトルを引き取ってから再加工、ペレット化をして出荷をするという方法をとるようですけれども、本市の場合は業者というとどのような業者があるんですか。



○棚原宏議長 吉村市民部長。



◎吉村清市民部長 お答えいたします。

 県内に指定受けた、あるいは許可を受けたというんですか、そういう処理業者が3社ほどあるようです。県内ではその3社がですね、各自治体のペットボトルとか、そういう再生のために回収をするということになっております。



○棚原宏議長 石川清義君。



◆石川清義議員 わかりました。

 質問を変えますけれども、そのごみの中でもですね、一番発泡スチロールという、燃えもしない、埋めるわけにもいかないという大変厄介なごみがございますけれども、この発泡スチロールを大分県の佐伯市の方では、発泡スチロール減容再生車というのを導入をいたしまして、235度の熱風で凝縮をして21キロのブロックに固めると。固められたそのブロックを中国の方に輸出をしているというのがございますけれども、本市ではこの発泡スチロールについてはどのようになさいますか。



○棚原宏議長 休憩します。                   (休憩時刻 午後2時58分)



○棚原宏議長 再開します。                   (再開時刻 午後2時59分)

 吉村市民部長。



◎吉村清市民部長 現在の処理ですけども、発泡スチロールは燃えるごみに分別をされておりまして、クリーンセンターで燃やして処理をしているという状況でございます。ただ、ペットボトルについてはですね、リサイクルプラザがオープンした時点で分別をして、先ほど説明したように、処理業者の回収を待つということになっておりますけども、発泡スチロールの取り扱いについては、従来どおり燃やして処理をするというようなことでございます。



○棚原宏議長 石川清義君。



◆石川清義議員 今私が申し上げました、熱風で溶かして21キロのブロックにするという、発泡スチロール減容再生車というものがあるようですけども、それ検討する必要ありませんか。



○棚原宏議長 吉村市民部長。



◎吉村清市民部長 お答えいたします。

 御質問を受けてから、私どもの方でその大分県の佐伯市に問い合わせをしてみました。その内容でございますけども、自動車にその機械を搭載をして、つまり移動式でございます。市内を回って、その発泡スチロールを回収をする。そして、熱風で処理をして固形化をすると。そして、それを中国あたりに輸出をするというような流れになっているようでございます。それから、自動車搭載の移動タイプのその機械というんですか、処理機ですか、それが2,000万かかるようでございます。そして、それを年間熱風処理をして固形化をして、そして売却するわけでございますけども、その売却代が年間ですね、7万円から8万円ぐらいということでございまして、ただその発想理念としては非常にすばらしいとは思うんですけども、ただ費用対効果の面からすると、いかがなものかなということを感じておりまして、いましばらく成り行きを見守っていきたいと、このように考えております。



○棚原宏議長 石川清義君。



◆石川清義議員 今のごみ問題でもう一点お尋ねしますけれども、県内で逆工場の設置をしている企業等ございますか。



○棚原宏議長 吉村市民部長。



◎吉村清市民部長 お答えいたします。

 逆工場ということでございますが、私どもまだ耳にしたことがございません。恐らく質問の内容からいたしますと、ごみゼロ工場というような内容と同一のものじゃなかろうかと考えます。つまりその企業が工場で物を生産する場合にいろんなごみが出てまいります。そのごみを自前で処理をすると、工場内で処理をする、外に出さない、ごみを出さないというような方法でございまして、これはつい最近本土でもですね、大手のビール会社さんがそういう考え方でスタートをしたばかりのようです。それで、私どももどうなるのか非常に注目しているんでございますが、というわけで県内ではまだまだその域に達してないと、そういうこともまだ聞いたことはございません。



○棚原宏議長 石川清義君。



◆石川清義議員 わかりました。

 質問を変えます。3番目の太陽の家ですけれども、指導部長、先ほど答弁をいただきまして、185カ所の設置を見ていると。大変数が多くて私の予想以上に進んでいるなという感は持っておりますけれども、先ほど部長もおっしゃったようにですね、看板そのものがとっても小さい、表札よりちょっと大きいぐらいのものですから、もし万一子供たちがそういう危険な目に遭ったときに、大体危険な目に遭うと今までの設置場所がどこだったのかというようなものを思い起こす余裕はないと思うんです。目に飛び込んできたその看板が大きければ、すぐ飛び込んでいくかもしれませんけれども、あんな小さいものじゃ記憶をたどるほかないわけですね。ですから、どうせ設置してもらうんであれば、もう少し大き目な看板にかえられないかどうか、機会あるときにぜひ提案をしてほしいと思うんですけど、その点についてはどうですか。



○棚原宏議長 大城指導部長。



◎大城淳男指導部長 お答えいたします。

 御意見として承って、今後委員会もございますので、そこで検討していくということにしたいというふうに思います。以上です。



○棚原宏議長 石川清義君。



◆石川清義議員 時間も残り少なくなってきたんで、1番の方をもう少し聞いてみたいと思います。グループホームですけれども、まだ本年よりスタートしたばっかりでございますけれども、この予算というものは、国、県、本市、3者で予算出していくと思うんですけども、どういう割合になってますか。グループホームを建設する場合の、あるいは運営する場合の運営予算、そういったものはどうなっていますか。



○棚原宏議長 休憩します。                   (休憩時刻 午後3時06分)



○棚原宏議長 再開します。                   (再開時刻 午後3時07分)

 翁長福祉保健部長。



◎翁長盛正福祉保健部長 お答えをいたします。

 この事業を実施するに当たっての経費でありますけれども、国庫補助基準がございまして、利用定員7人から9人の場合に、運営費といたしまして、1カ所当たり1,659万6,000円の補助がございます。そして、初年度に当たりましては設備がありますので、1カ所当たり100万円以内ということでございまして、それを超える場合には市の負担ということになろうかというふうに思います。



○棚原宏議長 石川清義君。



◆石川清義議員 7名から9名の場合、運営費が1,659万6,000円、これは国が2分の1、都道府県が4分の1、市町村が4分の1という割合じゃないんですか。全部市が負担するんですか。



○棚原宏議長 休憩します。                   (休憩時刻 午後3時09分)



○棚原宏議長 再開します。                   (再開時刻 午後3時10分)

 翁長福祉保健部長。



◎翁長盛正福祉保健部長 国庫補助につきましては、先ほど申し上げましたように、利用定員7人から9人の場合には1カ所当たり1,659万6,000円、そして初年度の設備費として1カ所当たり100万円、そしてもう一つでありますけれども、利用定員が5人から6人の場合につきましては、運営費が1カ所当たり1,181万2,000円、設備費が1カ所当たり100万円ということでございまして、その基準を超える額については、市の持ち出しというふうになるかというふうに理解をしております。



○棚原宏議長 石川清義君。



◆石川清義議員 この制度、ことし既にスタートしているわけですから、国あるいは県の方としては予算はもう準備されているわけですね。市の方の対応はどうなってますか。例えば本市の方にグループホームをつくりたいと、その申し込みがあった場合の対応は大丈夫ですか。



○棚原宏議長 休憩します。                   (休憩時刻 午後3時11分)



○棚原宏議長 再開します。                   (再開時刻 午後3時11分)

 翁長福祉保健部長。



◎翁長盛正福祉保健部長 お答えをいたします。

 事業を実施する場合には事前協議が前提でございますので、県の方と、例えば次年度事業を実施するということでありましたら、もう既に事前協議に入ってなくちゃならないわけです。ですから、平成10年度の事業としては本市は出してないということでございまして、また県内において平成9年度実施箇所はないということで御答弁申し上げましたけれども、ですからよその市町村も平成9年度の事業としては県とは協議をしてないということで、現年度においては予算の対応がないということと、次年度においては本市は予定はしてないということでございます。



○棚原宏議長 石川清義君。



◆石川清義議員 最近は、デイケアの問題も大きな社会問題になっておりまして、多くのお年寄りが何らかのかわる場所を今模索している状況の中で、このような新しい制度で受け入れるところがあるならば、それを積極的に市としてはやらなくちゃならないと思うんです。ですから、こういった制度がもうスタートするのであれば、恐らく私は次年度当たりからは申し込みが来るであろうと予想いたします。したがいまして、今後来た場合は対応できるような、そういう考え方もぜひ持っていただきたいと思います。



○棚原宏議長 金城秀雄君。



◆金城秀雄議員 きょうの一般質問のしんがりでございます。連日皆さん方お疲れのようでございますから、ごく簡単に、2時間以内には終わりたいと思います。ひとつ御協力よろしくお願いします。

 1番目に、内間西公園について、(1)進捗状況についてお伺いをいたします。内間西公園は、私の記憶によりますと、昭和58年に事業着手以来、調査設計、お墓の移転、用地買収、そして整備工事も順調に進められ、現在では利用者も多く、ほとんど完成に近い状態になっておりますが、その進捗状況と、いつごろ完成の予定をしているのかお聞かせください。

 (2)多目的広場の改修工事についてお伺いいたします。現在の多目的広場は、コンクリートのような非常にかたい浸透水舗装をされているため、そこで遊んで転ぶとけがをするおそれがあり、ほとんど利用されてない現状である。そこで、キャッチボールやサッカー、ハンドボール、ゲートボール、グラウンドゴルフなど、すべてのスポーツや団体が活用できるように、浸透水舗装を除去して、赤土や砂などを入れて、御万人が安全で安心して利用できるように改修工事をしていただきたいと思いますが、当局の考え方をお聞かせください。

 2番目に、都市計画街路2・3・1の進捗状況についてでございます。勢理客線は完了しているようですが、内間区間と沢岻区間の進捗状況はどうなっているか、また今後の事業計画はどうなっているか、お聞かせください。

 3番目に、宮仲線3・5・3の進捗状についてお伺いをいたします。また、西公園から環状2号線までの今後の事業計画はどうなっているか、お聞かせ願いたいと思います。

 4番目に、大宮地区土地区画整理事業についてお伺いをいたします。(1)進捗状況についてお聞かせください。

 (2)区画整理事業に係るパイプライン沿線のつぶれ地補償はどうなっているかお聞かせください。

 5番目に、都市計画街路3・4・24(旧パイプライン線)の件でございますが、この件につきましては他の議員からも御質問がございましたけれども、先ほどの答弁で、用地買収が31件と残っているということで、それにまた物件補償等がまだ残っているとのことでございますが、どの箇所が残っているのかですね、それとまた進捗状況と、何年度までの予定になっているか、再度お聞かせ願いたいと思います。

 それから、西海岸開発についてお伺いをいたします。本市の西海岸開発区域は那覇重要港湾として位置づけられ、昨年7月に運輸大臣より那覇港湾区域拡大の認可を受け、第2次埋立てへ向け準備を進めていたところである。宮城市長は、ことし3月定例会の所信表明の中で、「本市の西海岸一帯は、浦添市のみならず沖縄県においても最も枢要な地区であり、本市の戦略的開発プロジェクトとして、その開発には積極的に取り組んでまいる所存であります。そして、那覇重要港湾を経済特別地区、すなわちフリーポートとして位置づけ、沖縄県の進める国際都市形成構想における「国際都市OKINAWAメイン・コア」としてその整備を促進してまいります」とおっしゃっておりました。ところが、市長は本市議会において西海岸開発を促進しますと公約しておきながら、なぜ促進をしないで、就任1年足らずで急遽第2次埋立事業を棚上げすることを新聞紙上で公表したのか、またやる気があるのかないのか、再度お聞かせ願いたいと思います。

 あとは、自席にて再質問をさせていただきます。



○棚原宏議長 宮城市長。



◎宮城健一市長 金城議員の御質問にお答えします。

 先ほど新聞紙の問題がありましたけれども、先日から申し上げておりますように、この点につきましては、皆さんに諮る前に新聞に私の言葉がきっかけとなって出たということについては、大変申しわけなく思っているところであります。西海岸開発につきましては、本市にとって大きなプロジェクトであり、重要な開発事業であることは従来と変わりません。したがって、西海岸開発全般については、県の提唱する壮大な国際都市構想とも整合性をとりながら頑張ってまいりたいと思っております。ただし、第2次埋立事業につきましては、先日から何回か申し上げておりますように、計画時点と現状との経済状況の著しい変動、当市の諸般の調査結果を見ても、そのまま推し進められる状況にはないという判断で棚上げの結論が出たわけであります。

 以下の細かいものにつきましては、関係部長から答弁をさせます。



○棚原宏議長 具志堅都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 金城秀雄議員にお答えいたします。

 内間西公園でございますけれども、全体の事業費ベースでいきますと、96.6%の進捗率でございます。完成の予定でありますが、現在の施行期間期限といたしまして平成11年3月までがとられております。

 それから、多目的広場でございますけれども、この件につきましては、以前から金城議員の御提言がございますけれども、御承知のように、この内間西公園はまだ国庫補助で整備中でございまして、この事業が完了するまでは部分的な改修はできないことになっております。

 次に、2番目の都市計画街路、これは2・3・1という御質問でございますが、この路線番号が3・5・21に変わりましたので、よろしくお願いいたします。御質問のように、国道58号から内間西公園までの分につきましては、もうほとんど完了して、その交差点の改良のみが残っております。それから、内間西公園からパイプラインの間でございますが、この間につきましては、現在の進捗率は37%でございます。この事業期間も平成3年から平成11年度という施行期間で今やっておりますけれども、かなり事業が難航しておりますので、期限については延長の可能性があるということでございます。

 次に、宮仲線3・5・3でございますけれども、これにつきましては御質問の延長分110メートルございますけれども、この件につきまして、非常にこの箇所、補償物件がございまして、難航しております。現在のところ27.5%の進捗率であります。これも事業期間は平成11年度までとられておりますが、現在の状況からしますと延びる可能性があります。

 4番の大宮地区の区画整理事業でありますが、これは事業費ベースでいきますと、約84%の進捗率であります。

 (2)のパイプラインの沿線のつぶれ地についてでありますけども、これにつきましてはこのパイプラインは、先ほど来話をしておりますように、区画整理事業と、それから街路事業双方で事業を進めておりますが、大宮地区にかかわる部分であるというふうに解釈いたしまして、その分につきましては、区画整理事業を昭和54年から始めていると。そして、そのパイプライン線にかかわるつぶれ地が返還になって補償になった分、時期がですね、昭和60年というずれのこともあります。そういうことで、このパイプラインにかかわる分については基本事業費に組み込まれていると、いわゆる区画整理事業の事業計画に組み込まれているということから、換地のできない沿線、いわゆる小面積の部分ですね、これについては事業の完了後にですね、清算金で対処をしていくというふうに決めてございます。それについては、この権利者に説明もなされております。

 5番の旧パイプライン線、3・4・24の進捗状況であります。これは、全長が4,237メートル、市域ですね、ありまして、その現在のところ街路事業でやっている分が2,057メートル、区画整理でやっているのが2,180メートルございます。街路事業延長の中には、伊祖以北の分も含めて、約500メートでございますが、含めてございますが、街路事業と、それから区画整理事業を含めて全延長、これ延長率でございますが、現在の整備率は74%でございます。

 それから、現在進めている内間地区でございますけれども、これは平成2年から平成13年度までの施行期間で事業を進めております。現在の進捗率は約77%でございます。以上です。



○棚原宏議長 金城秀雄君。



◆金城秀雄議員 それでは、再質問をさせていただきます。

 まず、1番目の西公園でございますが、この西公園のちょうどど真ん中になるかと思うんですが、そこに1基ですね、昔からの亀甲墓というんですか、大きいのが今残っているわけなんです。遺骨の方は、既に移転をされておりまして、この亀甲墓のふたもあいております。これは、文化財的なものなのかですね、非常に大きいお墓でございますが、この亀甲墓はそのまま保存しておくのかですね、それともこれから撤去するのか、その辺をひとつどういうふうにお考えなのかお伺いしたいんですけれども。



○棚原宏議長 休憩します。                   (休憩時刻 午後3時31分)



○棚原宏議長 再開します。                   (再開時刻 午後3時31分)

 具志堅都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 お答えいたします。

 おっしゃるように、このお墓については、亀甲墓ですか、非常に大きな墓が残っております。そういうことで、補償いたしまして、そのまま保存という方針でございます。



○棚原宏議長 金城秀雄君。



◆金城秀雄議員 保存するということでございますが、何のために保存するのかですね、一つの沖縄の文化財みたいなものとして保存するのか、壊すのがもったいないから、保存するのかですね、その辺いかがですか。



○棚原宏議長 具志堅都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 お答えします。

 このお墓の位置からいたしますと、議員おっしゃるように、この公園の大体真ん中近辺にございます。ただ、沖縄の従来の、いわゆる亀甲墓という墓の原型がですね、そのまま残っている状態にありまして、これはやはり公園の中にですね、残して、後世の方々に見せてもいいんではないか、それだけの価値があるんではないかということでございます。



○棚原宏議長 金城秀雄君。



◆金城秀雄議員 大変結構なことだと思います。この墓地のですね、中庭の一角にお骨が入っていたと思われるような小さいタンクがあるんですよ。骨入れ用のタンクが2個ぐらいあるんですね。これも中身は移転されていると思うんですが、それもひっくり返されてですね、中庭の一角にこれが二つある。それと、お墓の入り口のふたですね、厚さ約5センチぐらいあるかと思いますが、墓の移転のときにお墓あけて、そのふたは半分に割って、入り口のそばにそのままほったらかしにされているんですよ。公園というのは、子供から大人まで、散歩に来る人もおれば、ジョギングに来る人もいる、あるいは団体でいろんな行事をされる場合もあるわけなんです。そういう保存するということであればですね、見苦しくないように、やっぱりお墓ですから、見た感じぞっとしますよね。そういうことからしまして、そういうタンクとか、そういったお墓のふたがそういうふうにほったらかしにされておりますので、こういうものは速やかに撤去していただきたいなと、それに中庭の方もですね、きれいに整備をしていた方がいいんじゃないかと、見た感じそうなんです。それに、お墓の入り口、ふたとってあいていますから、子供たちあたりが中に入ったりするんじゃないかなと。ここ浮浪者みたいな人たちがよく遊びに来るんですよ。そこで酒を飲んだりとかいうことで、浮浪者風の方々が毎日のように来ると、こういう方々が中に入って寝たりするおそれもあるんじゃないかということでですね、やはり中に入れないように鉄格子をするなりですね、ふたまではしなくていいと思うんですけれども、鉄格子等とか、そういうもので中に入れないようにした方がいいんじゃないかなというふうに思っているわけなんですけれども、その辺の速やかなタンクあたりの撤去とかですね、入り口のそういった鉄格子あたりするとかいうふうにしていただきたいんですけれども、そういうところいかがですかな、速やかにお願いしたいんですけれども。



○棚原宏議長 具志堅都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 お答えします。

 ただいまの御提言、すぐですね、現地を調査してですね、どういう方法で対応したらいいか検討いたします。



○棚原宏議長 金城秀雄君。



◆金城秀雄議員 私は、あまりうそ言ったことないんです。何回か自分で調査しましてね、きのうも帰りがけ寄ってみたらまだあるわけですね。ですから、皆さん方も直接調査していただいて、速やかにそういうものは撤去していただいて、気持ちのいい公園にしていただきたいと御要望を申し上げておきたいと思います。よろしくお願いします。

 次にですね、また公園のちょうど真ん中、この亀甲墓のすぐ隣にあるんですが、トイレがあるんですね。トイレはぜひ必要なんですけれども、2カ所あります。1カ所は、後原排水路のそばに、きれいないいところに、別に邪魔になるようなところじゃありません。いいところ。亀甲墓のすぐ隣に、またど真ん中に、これも高台ですからね、そのトイレのそばに大きな木があって、もう木の枝がトイレに全部のしかかってきて、木陰がいっぱいなんですね。もったいないところにトイレつくってあるなと、きれいにつくってあるんですよ、これがまた。ピノキオみたいなデザインをつくってですね、しかし格好のいい場所にトイレつくってあるもんですから、そのトイレ、どこかの角の方に移動できないものかですね、もしできればどっかの角の方に移動した方が公園としての価値も出てくるしですね、非常に感じもいいなという感じがするんですが、その辺いかがでしょうか。



○棚原宏議長 具志堅都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 お答えします。

 トイレの位置の件でございますけれども、位置の変更となると大変、先ほど申しましたように、今事業中であります。しかも、計画上位置的にこの真ん中近辺がいいということで今の位置に設定したと思いますので、その変更は難しい状況にあります。



○棚原宏議長 金城秀雄君。



◆金城秀雄議員 場所的には使いやすくて便利ではあるんですけれども、ちょうど高台でど真ん中で、大きな木の木陰の下にあるもんですから、人は公園に来るとですね、家族連れとか団体となれば、またそこでござを敷いたり、グリーンシートを敷いたりとかで、そこで食事をしたりとか、休憩をしたりとか木陰を選ぶんですね。ですから、そういうことから考えると、もったいない場所につくったなという感じがするわけなんです。おいおいそういう移転ができれば、そういうふうにしていただきたいと御要望を申し上げておきたいと思います。

 時間があまりないようですから、急ぎます。それから、多目的広場の改修工事でございます。確かに浸透水舗装ということで、コンクリートでもなければ石でもないと、雨が降ったら、水の浸透が早いもんですから、非常にいいんですね。道路だったらいいんですよ。だけど、この多目的広場、どこの公園へ行ってもその多目的広場にそういう浸透水舗装したところがない。多目的広場といえば、子供たちが来てキャッチボールしたり、あるいはサッカーをしたり、あるいはお年寄りがゲートボールをしたりとか、いろんなスポーツをする時代になっているわけですから、また転ぶと完全にけが、皮をむいてしまってけがするおそれがあるんですね。しかも、公園の角の方に直径五、六メートルぐらいあるような池があるんですよ。中には電灯もついているし、ポンプもついている。噴水ということでつくってあるかと思うんですが、以前は水がたまって真っ黒くしてですね、本当にどぶ水みたいになっていましたが、今は全部この水はとって空っぽであります。非常に金をかけてつくった割には機能してないといいますか、そういうことでやっぱり多目的広場というのはそういうものをつくらんで、できるだけ広場を大きくした方が利用価値があっていいんじゃないかと。最近は、学校運動場も子供たちはですね、放課後は部活動でどこの学校、小中学校、高校でも使えない。だから、一般の人はそういう広場を求めて、今は健康管理のために自分で運動をするような時代になっているわけです。以前から私、もう何度となくこの件を取り上げて質問しておりますけれども、ひとつですね、事業が完了しないと、これ改修できないということですが、事業が完了し次第ですね、ぜひこの浸透水舗装も取っ払ってもらって、池も取っ払ってもらってですね、できたら赤土や砂を入れて、広場を広くして有効利用させてもらうようにお願いを申し上げておきたいと思いますので、ひとつよろしく御配慮のほどお願いをいたします。

 次にですね、進みます。2番目の都市計画街路の番号間違っていたようです。3・5・21の進捗状況についてとお伺いしましたが、内間西公園のところから下水道ポンプ場の手前まで今工事をやっております。西公園のところ上がっていますから、この西公園のところは山を切り開いて道路をつくるのか、それともトンネル方式にするのかですね、その辺どういうふうな工法でやるのか、お聞かせ願いたいと思いますが。



○棚原宏議長 具志堅都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 お答えします。

 これは、大変申しわけないんですけれども、その部分を切り開くということになります。



○棚原宏議長 金城秀雄君。



◆金城秀雄議員 トンネル方式にすれば、その上には大きな松の木とか、いろんな大きな昔からの木がいっぱいあるんですね。トンネル方式にすれば、自然を保護するという意味で、また公園も広くできるなというふうに私見ていたんですけれども、切り開くということであれば、これはやむを得ないんですが、できればトンネルにすればですね、景観もよくなるし、公園も広くなるしということで、いま一度考え直してみてはいかがなものでしょうか、ひとつお願いします。

 それから、次に進みます。この3・5・21の街路でございますが、下水道ポンプ場のそばに按司墓とカンジャーヤー洞窟がありますね。その上に大きなガジュマルの木があるわけです。その按司墓とカンジャーヤー洞窟、その上にあるガジュマル木はそのまま取っ払うのか、あるいはまた残してこのガジュマル木は名護のヒンプンガジュマルみたいなああいう方式にするのかですね、その辺の工法はどうなっているか、ひとつお伺いしたいと思います。



○棚原宏議長 休憩します。                   (休憩時刻 午後3時45分)



○棚原宏議長 再開します。                   (再開時刻 午後3時47分)

 具志堅都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 お答えいたします。

 勢理客線の関係だと思いますが、公民館の近くに大きなガジュマルがあるものについては、街路を迂回させましてですね、保存するという方向でございます。



○棚原宏議長 金城秀雄君。



◆金城秀雄議員 このガジュマル木は、この按司墓というお墓とカンジャーヤー洞窟の真上にあるもんですから、ガジュマル木を保存するとなれば、この按司墓、カンジャーヤー洞窟はそのまま保存するということにならんといかんと思うんですが、そういうふうになるわけですか。



○棚原宏議長 具志堅都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 お答えいたします。

 このガジュマルの下の状況とか、そういうものは実際に今私把握しておりませんけれども、聞いたところによりますと、ガジュマルを保存するための方策を練っているということでございますので、議員が今御提言のような方向でいけるのではないかと思います。



○棚原宏議長 金城秀雄君。



◆金城秀雄議員 ぜひですね、じきじきに調査をしていただきたいと思います。この按司墓は、内間自治が昔から毎月1日拝みで拝んでいるところなんですよ。非常に重要なところでありますから、慎重にひとつ御検討お願いしたいと思います。

 時間があまりないようですが、それからですね、この同じ街路なんですが、内間公民館の南側傾斜になっているんですね。7メートルから8メートルぐらいの傾斜地があります。そこは以前、道路の工法としてどうするかということで都市計画課で私聞いたこともあるんですが、ここは間知ブロックののりづけにするというふうな話も聞いた覚えがあるんです。しかし、今内間公民館の中庭の方が70坪ぐらいしかないんですよ。非常に狭い。それで、この公民館南側の傾斜地の方をですね、垂直のコンクリートの流し込みの逆T型にすれば、幅がですね、約2メートルから2メートル50ぐらい南側の方に延びるんですね、道路側の方に。東側の方も3メートルぐらい延びると。そういうことで、のりづけにしないで逆T方式で、垂直の擁壁をしていただければ、公民館の庭の方があと50坪ぐらい広くなる。70坪から120坪ぐらいの大きさになるわけなんです。公民館と申しますと、地域区民の皆さんの活動の拠点として常に利用されているわけですから、できるだけ内間自治会としてもですね、この公民館の中庭を広くしたいという考えで今いるわけなんです。できましたらですね、この公民館南側の傾斜地の方の擁壁の方法として、逆T方式の垂直の擁壁にしていただければ大変ありがたいなというふうに思っておりますが、その辺の工法の仕方ですね、どういうふうにお考えなのか、いま一度お聞かせ願いたいと思いますが。



○棚原宏議長 休憩します。                   (休憩時刻 午後3時51分)



○棚原宏議長 再開します。                   (再開時刻 午後3時52分)

 具志堅都市計画部長。



◎具志堅光男都市計画部長 お答えします。

 今のお話の内容ですね、既に現地ではもう変更されているということでございます。公民館の広場がですね、広くなるようにこののり面をですね、できるだけ勾配を立てるような方法で考えているそうです。



○棚原宏議長 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。                   (散会時刻 午後3時52分)