議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 石垣市

平成14年  9月 定例会(第3回) 10月11日−07号




平成14年  9月 定例会(第3回) − 10月11日−07号







平成14年  9月 定例会(第3回)




             平成14年第3回石垣市議会(定例会)
                 10月11日(金)
                   (最終日)

                                開 議 午前10時02分
                                閉 会 午後 3時55分

 出 席 議 員
   ┌────┬────────────┬────┬────────────┐ 
   │番  号│   氏    名   │番  号│   氏    名   │ 
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤ 
   │  1 │ 松 川 秀 盛  君 │ 13 │ 宇根底 智 生  君 │ 
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤ 
   │  2 │ 上 門 孝 子  君 │ 15 │ 伊良皆 高 信  君 │ 
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤ 
   │  3 │ 砂 川 利 勝  君 │ 16 │ 知 念 辰 憲  君 │ 
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤ 
   │  4 │ 小 底 嗣 洋  君 │ 17 │ 石 垣 宗 正  君 │ 
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤ 
   │  5 │ 仲 嶺 忠 師  君 │ 18 │ 仲 間   均  君 │ 
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤ 
   │  7 │ 平 良 秀 之  君 │ 19 │ 入嵩西   整  君 │ 
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤ 
   │  8 │ 大 浜 哲 夫  君 │ 20 │ 亀 谷 善 一  君 │ 
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤ 
   │  9 │ 崎 原 吉 正  君 │ 21 │ 粟 盛 哲 夫  君 │ 
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤ 
   │ 10 │ 大 立 致 市  君 │ 22 │ 宮 良   操  君 │ 
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤ 
   │ 11 │ 富 里 八重子  君 │ 23 │ 大 石 行 英  君 │ 
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤ 
   │ 12 │ 石 垣 三 雄  君 │ 24 │ 砂 川 俊 夫  君 │ 
   └────┴────────────┴────┴────────────┘
                                        
 欠 席 議 員
   ┌────┬────────────┬────┬────────────┐ 
   │番  号│   氏    名   │番  号│   氏    名   │ 
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤ 
   │  6 │ 真喜志 幸 男  君 │ 14 │ 辻 野 ヒロ子  君 │ 
   └────┴────────────┴────┴────────────┘
                                        
1.地方自治法第121条の規定による出席者
  (初日に同じ)

1.議会事務局出席者
  局  長 慶田盛   務 君      次  長 長 浜 慶 秀 君
       松 原 秀 治 君      庶務係長 東 迎 正 則 君
       石 垣 博 史 君      主  事 前 底 正 之 君

              議  事  日  程 (第7号)

┌─────┬────────────────────────────────────┐ 
│ 日 程 │          件              名          │ 
├─────┼────────────────────────────────────┤ 
│ 第  1│議案第75号 石垣市漁港管理条例の一部を改正する条例           │ 
│     │      〔経済民生委員会審査報告〕                 │ 
│ 第  2│議案第77号 平成14年度石垣市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号) │ 
│     │      〔   〃   〃   〕                 │ 
│ 第  3│議案第78号 平成14年度石垣市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)   │ 
│     │      〔   〃   〃   〕                 │ 
│ 第  4│議案第79号 平成14年度石垣市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号) │ 
│     │      〔   〃   〃   〕                 │ 
│ 第  5│議案第85号 平成14年度石垣市公設市場事業特別会計補正予算(第1号)   │ 
│     │      〔   〃   〃   〕                 │ 
│ 第  6│議案第73号 石垣市火災予防条例の一部を改正する条例           │ 
│     │      〔総務財政委員会審査報告〕                 │ 
│ 第  7│議案第76号 平成14年度石垣市一般会計補正予算(第2号)         │ 
│     │      〔   〃   〃   〕                 │ 
│ 第  8│議案第80号 平成14年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算   │ 
│     │      (第1号)                         │ 
│     │      〔建設土木委員会審査報告〕                 │ 
│ 第  9│議案第81号 平成14年度石垣市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)  │ 
│     │      〔   〃   〃   〕                 │ 
│ 第  10│議案第82号 平成14年度石垣市水道事業会計補正予算(第1号)       │ 
│     │      〔   〃   〃   〕                 │ 
│ 第  11│議案第5号 金融環境の改善及び「金融アセスメント法」の制定を求める意見書│ 
│ 第  12│決議第4号 「子どもたちが夢と希望のもてる石垣市宣言」決議       │ 
│ 第  13│閉会中の継続審査の申し入れについて                   │ 
│     │〔経済民生委員会〕                           │ 
│ 第  14│閉会中の継続審査の申し入れについて                   │ 
│     │〔議会運営委員会〕                           │ 
│ 第  15│所管事務調査の申し入れについて                     │ 
│     │〔三常任委員会〕                            │ 
└─────┴────────────────────────────────────┘

┌─────┬────────────────────────────────────┐ 
│ 第  16│認定第2号 平成13年度石垣市一般会計歳入歳出決算認定について      │ 
│ 第  17│認定第3号 平成13年度石垣市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定に │ 
│     │      ついて                           │ 
│ 第  18│認定第4号 平成13年度石垣市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について│ 
│ 第  19│認定第5号 平成13年度石垣市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について│ 
│ 第  20│認定第6号 平成13年度石垣市公設市場事業特別会計歳入歳出決算認定について│ 
│ 第  21│認定第7号 平成13年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算 │ 
│     │      認定について                        │ 
│ 第  22│認定第8号 平成13年度石垣市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定に  │ 
│     │      ついて                           │ 
│ 第  23│認定第9号 平成13年度石垣市港湾事業特別会計歳入歳出決算認定について  │ 
│ 第  24│認定第10号 平成13年度石垣市公有水面埋立事業特別会計歳入歳出決算認定に │ 
│     │      ついて                           │ 
│ 第  25│認定第1号 平成13年度石垣市水道事業会計決算認定について        │ 
│ 第  26│審議会・審査会等の委員の選出について                  │ 
│ 第  27│八重山広域市町村圏事務組合議会議員の選任について            │ 
│ 第  28│農業委員会委員の推薦について                      │ 
│ 第  29│議案第6号 特別委員会の設置について                  │ 
│     │(追加日程)〔石垣市土地改良事業実態調査特別委員会〕          │ 
│ 第  30│議案第7号 特別委員会の設置について                  │ 
│     │(追加日程)〔石垣市環境保全実態調査特別委員会〕            │ 
│ 第  31│議案第8号 特別委員会の設置について                  │ 
│     │(追加日程)〔新石垣空港建設促進特別委員会〕              │ 
└─────┴────────────────────────────────────┘
                                            
              本日の会議に付した事件及び処理結果

┌─────┬──────────────────────────┬─────────┐ 
│ 番 号 │    件                名    │ 処 理 結 果 │ 
├─────┼──────────────────────────┼─────────┤ 
│議案第75号│石垣市漁港管理条例の一部を改正する条例       │ 原 案 可 決 │ 
│議案第77号│平成14年度石垣市農業集落排水事業特別会計補正予算  │ 原 案 可 決 │ 
│     │(第1号)                     │         │ 
│議案第78号│平成14年度石垣市介護保険事業特別会計補正予算(第1号) 原 案 可 決 │ 
└─────┴──────────────────────────┴─────────┘

┌─────┬──────────────────────────┬─────────┐ 
│議案第79号│平成14年度石垣市国民健康保険事業特別会計補正予算  │ 原 案 可 決 │ 
│     │(第2号)                     │         │ 
│議案第85号│平成14年度石垣市公設市場事業特別会計補正予算(第1号) 原 案 可 決 │ 
│議案第73号│石垣市火災予防条例の一部を改正する条例       │ 原 案 可 決 │ 
│議案第76号│平成14年度石垣市一般会計補正予算(第2号)     │ 修 正 可 決 │ 
│議案第80号│平成14年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計補正予│ 原 案 可 決 │ 
│     │算(第1号)                    │         │ 
│議案第81号│平成14年度石垣市公共下水道事業特別会計補正予算(第1│ 原 案 可 決 │ 
│     │号)                        │         │ 
│議案第82号│平成14年度石垣市水道事業会計補正予算(第1号)   │ 原 案 可 決 │ 
│議案第5号│金融環境の改善及び「金融アセスメント法」の制定を求め│ 原 案 可 決 │ 
│     │る意見書                      │         │ 
│決議第4号│「子どもたちが夢と希望のもてる石垣市宣言」決議   │ 原 案 可 決 │ 
│     │閉会中の継続審査の申し入れについて         │ 承     認 │ 
│     │〔経済民生委員会〕                 │         │ 
│     │閉会中の継続審査の申し入れについて         │ 承     認 │ 
│     │〔議会運営委員会〕                 │         │ 
│     │所管事務調査の申し入れについて           │ 承     認 │ 
│     │〔三常任委員会〕                  │         │ 
│認定第2号│平成13年度石垣市一般会計歳入歳出決算認定について  │総務財政委員会付託│ 
│認定第3号│平成13年度石垣市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算│経済民生委員会付託│ 
│     │認定について                    │         │ 
│認定第4号│平成13年度石垣市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定│ 〃     〃 │ 
│     │について                      │         │ 
│認定第5号│平成13年度石垣市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定│ 〃     〃 │ 
│     │について                      │         │ 
│認定第6号│平成13年度石垣市公設市場事業特別会計歳入歳出決算認定│ 〃     〃 │ 
│     │について                      │         │ 
│認定第7号│平成13年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計歳入 │建設土木委員会付託│ 
│     │歳出決算認定について                │         │ 
│認定第8号│平成13年度石垣市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算 │ 〃     〃 │ 
│     │認定について                    │         │ 
└─────┴──────────────────────────┴─────────┘

┌─────┬──────────────────────────┬─────────┐ 
│認定第9号│平成13年度石垣市港湾事業特別会計歳入歳出決算認定に │建設土木委員会付託│ 
│     │ついて                       │         │ 
│認定第10号│平成13年度石垣市公有水面埋立事業特別会計歳入歳出決算│ 〃     〃 │ 
│     │認定について                    │         │ 
│認定第1号│平成13年度石垣市水道事業会計決算認定について    │ 〃     〃 │ 
│     │審議会・審査会等の委員の選出について        │ 選     出 │ 
│     │八重山広域市町村圏事務組合議会議員の選任について  │ 選     任 │ 
│     │農業委員会委員の推薦について            │ 推     薦 │ 
│議案第6号│特別委員会の設置について              │ 原 案 可 決 │ 
│     │〔石垣市土地改良事業実態調査特別委員会〕      │         │ 
│議案第7号│特別委員会の設置について              │ 原 案 可 決 │ 
│     │〔石垣市環境保全実態調査特別委員会〕        │         │ 
│議案第8号│特別委員会の設置について              │ 原 案 可 決 │ 
│     │〔新石垣空港建設促進特別委員会〕          │         │ 
└─────┴──────────────────────────┴─────────┘
                                            












             平成14年第3回石垣市議会(定例会)

                 10月11日(金)

                   (最終日)

                                開 議 午前10時02分







○議長(小底嗣洋君) おはようございます。会議に入る前にご報告をさせていただきます。辻野ヒロ子議員、真志喜幸男議員、両名より本日1日欠席する旨の届け出がありましたので、ご報告をさせていただきます。

  これより本日の会議を開きます。

  本日の議事日程は、お配りしてあるプリントのとおりであります。それでは直ちに議事に入ります。

  日程第1、議案第75号石垣市漁港管理条例の一部を改正する条例。日程第2、議案第77号平成14年度石垣市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)。日程第3、議案第78号平成14年度石垣市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)。日程第4、議案第79号平成14年度石垣市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)。日程第5、議案第85号平成14年度石垣市公設市場事業特別会計補正予算(第1号)。以上5件を一括議題といたします。

  経済民生委員会委員長の審査報告を求めます。富里八重子さん。



◎経済民生委員長(富里八重子君) おはようございます。委員会審査報告をいたします。

  本委員会に付託審査となりました事件に関し、慎重審査の結果、下記のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。

            記

 1.事件及び結果

  (1)議案第75号 石垣市漁港管理条例の一部を改正する条例

           〔原案可決すべきものと決定した〕

  (2)議案第77号 平成14年度石垣市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

           〔原案可決すべきものと決定した〕

  (3)議案第78号 平成14年度石垣市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

           〔原案可決すべきものと決定した〕

  (4)議案第79号 平成14年度石垣市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

           〔原案可決すべきものと決定した〕

  (5)議案第85号 平成14年度石垣市公設市場事業特別会計補正予算(第1号)

           〔原案可決すべきものと決定した〕



 1.理 由

  (1)議案第75号について

  本件は、石垣市漁港管理条例の一部を改正する条例であります。

  今回の補正は、漁港法の一部を改正する法律(平成13年法律第92号)の施行に伴う改正であります。

  その主な内容は、第1条中「漁港法」を「漁港漁場整備法」に改め、第5条、第6条、第9条を削除し、第12条の2第1項第1号中「甲種漁港施設」の次に「(法第39条第5項の規定により市長が指定する区域内に存する施設に限る。次条第1項において同じ。)」を加えるものであります。さらに、第12条の3を第12条の4とし、同条の前に「(漁船以外の船舶についての制限)」の条項を加えてあります。

  以上が本条例の主な概要でありますが、本委員会は審査の結果、本件は適切なものと認め、原案可決すべきものと決定した。

  (2)議案第77号について

  本件は、平成14年度石垣市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)であります。

  今回の補正は、予算の総額に変動はなく、歳出の2款建設費の組み替え補正のみとなっております。

  その内容は、社会保険料24万円の減額。これは、当初4名を予定していた用人が3名となったためで、これを研修旅費として24万円増額。また、備品購入費58万7,000円と公課費9万5,000円を減額し、処理施設用地購入に係る価格設定のための手数料(不動産鑑定料)として68万2,000円を増額するものであります。

  以上が本補正予算の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本件は適切なものと認め原案可決すべきものと決定した。

  (3)議案第78号について

  本件は、平成14年度石垣市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)であります。

  今回の補正は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,980万円を追加し、予算の総額をそれぞれ20億1,475万円と定めるものであります。

  その主な内容は、歳入において3款国庫支出金534万6,000円の増で、これは介護給付費国庫負担金396万円と介護給付費調整交付金138万6,000円であります。4款支払基金交付金950万4,000円の増、5款県支出金247万5,000円及び7款繰入金247万5,000円の増は支援サービス給付費増額分を計上してあります。

  一方、歳出にはおいては2款保険給付費1,980万円の増でありますが、これは支援サービス給付費であります。

  以上が本補正予算の主な概要でありますが、本委員会は審査の結果、本件は適切なものと認め、原案可決すべきものと決定した。

  (4)議案第79号について

  本件は、平成14年度石垣市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)であります。

  今回の補正は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,405万9,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ33億9,475万6,000円と定めるものであります。

  その主な内容は、歳入においては1款国民健康保険税950万円の増、3款国庫支出金1,558万1,000円の増で、これは財政調整交付金であります。4款療養給付費交付金254万1,000円の増は、退職被保険者等に係る社会保険支出基金からの交付金であります。8款繰入金643万7,000円の増は、一般会計からの職員給与費等繰入金であります。

  一方、歳出においては1款総務費660万4,000円の増で、これは一般管理費の人件費の増額補正が主なものであります。9款諸支出金で2,745万5,000円を増額計上してありますが、これは保険税還付金及び償還金であります。

  以上が本補正予算の主な概要でありますが、本委員会は審査の結果、本件は適切なものと認め、原案可決すべきものと決定した。

  (5)議案第85号について

  本件は、平成14年度石垣市公設市場事業特別会計補正予算(第1号)であります。

  今回の補正は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ43万6,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ5,767万3,000円と定めるものであります。

  その内容は、歳入において4款繰入金43万6,000円の増で、これは前年度歳計剰余金であります。

  歳出は、1款総務費43万6,000円の増で、これは空調設備修繕費に充るものであります。以上が本補正予算の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本件は適切なものと認め、原案可決すべきものと決定した。

  以上、報告します。



○議長(小底嗣洋君) 質疑を許します。仲間 均君。



◆18番(仲間均君) 委員長にお聞きします。議案第77号についてですね。

  社会保険料24万円の減額、当初4名を予定していたけれども3名になった。そしてその金額を研修費にあてがった。それからまた備品購入費が58万7,000円、その公課費9万5,000円減額、その減額をしたものを、また今度は処理施設用地の購入に係る価格設定のための手数料と、このようになっているんだけれども、全く計画性がないのではないのかということと、この説明を、きちんとした説明をして下さい。



○議長(小底嗣洋君) 経済民生委員長。



◎経済民生委員長(富里八重子君) ただ今の仲間 均議員からの議案第77号の削減、その他のいろいろ減額等々の説明を担当課長、詳しく説明してもらいたいと思います。



○議長(小底嗣洋君) むらづくり課長。



◎むらづくり課長(仲唐英彦君) 農業集落排水事業について説明いたします。

  社会保険料24万円の減ですけれども、当初、用人を4名この予算で計画していましたけれども、配置が3名になりましたので、その1名分の減です。

  そして、手数料は不動産鑑定料ですけれども、処理施設を次年度で計画して、いま用地の選定にあたっているんですけれども、この地権者から用地価格を早めに提示してくれということがありまして、今年度で組み替えしたものです。

  公課費なんですけれども、重量税を自動車購入のために別個に組んでいたんですけれども、自動車の販売会社との話で、これはみんな含めて一括して予算の車両代にあるということで、その分を減額したものです。それを研修旅費が当初削られましたので、それを旅費の方に回したということです。

  以上です。



○議長(小底嗣洋君) 仲間 均君。



◆18番(仲間均君) 当初からですね、そういったような例えば車の購入費という今話をしたけれども、じゃあ車を使えるのに車の購入費を当初から予算化していたのかね。不思議でしょうがないんですよ。だからもう少し計画性をもってですね、予算というのは組み入れなくちゃないらないと、このように思っております。

  以上です。



○議長(小底嗣洋君) 質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。本5件について、経済民生委員会委員長の審査報告どおり原案可決することにご異議ございませんか。

            〔(異議なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ご異議なしと認めます。よって議案第75号議案第75号石垣市漁港管理条例の一部を改正する条例。議案第77号平成14年度石垣市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)。議案第78号平成14年度石垣市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)。議案第79号平成14年度石垣市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)。議案第85号平成14年度石垣市公設市場事業特別会計補正予算(第1号)については原案可決されました。

  日程第6、議案第73号石垣市火災予防条例の一部を改正する条例。日程第7、議案第76号平成14年度石垣市一般会計補正予算(第2号)。以上2件を一括議題といたします。

  総務財政委員会委員長の審査報告を求めます。亀谷善一君。



◎総務財政委員長(亀谷善一君) 本委員会に付託審査となりました事件に関し、慎重審査の結果、下記のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。

            記

  1.事件及び結果

  (1)議案第73号 石垣市火災予防条例の一部を改正する条例

           〔原案可決すべきものと決定した〕

  (2)議案第76号 平成14年度石垣市一般会計補正予算(第2号)

           〔修正可決すべきものと決定した〕



 1.理 由

  (1)議案第73号について

  本件は、石垣市火災予防条例の一部を改正する条例であります。

  今回の改正は、消防法の一部を改正する法律等が公布されたことに伴いなされるもので、火災の予防上必要な事項等について点検を要する防火対象物及び避難上必要な施設等の管理を要する防火対象物を定めるほか、自動火災報知設備を設置すべき防火対象物及び消防用設備等について点検を要する防火対象物の範囲を拡大する等、所用の規定の整備をするもので、又、別表として従来燃料の種類及び火気設備の周囲の建築物等の構造により、別表第3から第6までに分類して示したものを一つにまとめるとともに、電気を熱源とする設備・器具の離隔距離を合わせて、別表第3として定めてあります。

  以上が本条例の主な概要でありますが、本委員会は審査の結果、本件は適切なものと認め、原案可決すべきものと決定した。

 (2)議案第76号について

  本件は、平成14年度石垣市一般会計補正予算(第2号)であります。

  今回の補正は、既決予算の総額に歳入歳出それぞれ1億6,357万円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ187億873万8,000円と定めるものであります。

  この主な内容は、まず歳入において5款特別地方交付金で、同交付金の廃止に伴い758万6,000円全額を減額計上してあります。次に、9款地方特例交付金で60万2,000円、10款地方交付税2,100万6,000円を計上してありますが、これはそれぞれ確定通知によるもので、12款分担金及び負担金378万3,000円は養護施設開所に伴う負担金等が主なものであります。

  13款使用料及び手数料では768万6,000円を減額計上してありますが、これは幼稚園入園者数の減による教育使用料及び手数料1,356万8,000円の減、及びごみ有料化に伴う一般廃棄物処理手数料514万9,000円の増等が主なものとなっております。また、14款国庫支出金898万2,000円の増、15款県支出金1,184万5,000円の減は、内示確定に各種負担金及び補助金等を計上してあります。

  17款寄附金の130万円は、島袋憲一氏、石垣栄一氏、山城興良氏からの奨学費としての寄附であります。

  また、19款繰越金では平成13年度の純剰余金の1億3,798万円、20款雑入で433万4,000円、21款市債で1,270万円をそれぞれ増額計上してあります。

  一方、歳出においては1款総務費で1億1,879万7,000円を計上してありますが、これは財政調整積立基金4,950万円、減債基金積立金5,000万円の積立金、国土利用計画策定委託料504万円等が主なものであります。

  3款民生費2,652万5,000円は、介護保険及び国民健康保険事業特別会計への繰出金、養護施設開所に伴う身障者更生援護費等が主なもので、4款衛生費は2,324万8,000円で、クリーンセンターの定期点検委託料のほか、ごみ有料化実施事業費等を計上してあります。

  6款農林水産業費731万8,000円の減は、主に内示確定による補助金等で、8款土木費807万4,000円は道路橋りょう費274万2,000円、空港管理費344万7,000円等が主なものとなっております。

  10款教育費では588万円を減額計上してありますが、これは人事異動による職員の給料等の整理をするとともに、双葉公民館建設事業補助金、石垣小学校屋内運動場整備工事請負費等入札残を石垣中学校管理棟新増築工事請負費へ組み替える等の組替補正が主なものとなっております。

  また、11款災害復旧費では公共施設災害復旧費として234万9,000円を計上してあります。

  以上が本補正予算の主な概要でありますが、本委員会が審査を進めるなか、今議会に上程されている「石垣市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例」、いわゆるごみ有料化に伴う予算が計上されていることから、本委員会でも同予算についての意見が集中し、ごみ有料化実施に向けては市民への啓蒙がまだ不十分であり、また、ごみ有料化に伴い不法投棄が増えることが懸念させ、実施には時期尚早であるとのことから、委員よりごみ有料化に伴う予算を減額する修正案が提出されました。

  本委員会は審査の結果、同修正案については賛否両論あり、採決の結果、賛成多数で本件については修正可決すべきものと決定した。

  同修正案の概要は、今回計上されている予算から、歳入歳出それぞれ514万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ187億358万9,000円とするものであります。

  その内訳は、歳入において13款使用料及び手数料で、一般廃棄物処理手数料の514万9,000円を全額削除してあります。

  一方、歳出においては、2款総務費で財政調整基金積立金より176万3,000円を減額し、4款衛生費においては、ごみ有料化に伴う予算の338万6,000円を減額修正してあります。

  なお、修正案についての詳細は報告書に添付してあります。

  以上、報告いたします。



○議長(小底嗣洋君) 質疑を許します。

            〔(質疑なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) 質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。まず議案第73号石垣市火災予防条例の一部を改正する条例について、総務財政委員会委員長の審査報告どおり原案可決することにご異議ございませんか。

            〔(異議なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ご異議なしと認めます。よって議案第73号石垣市火災予防条例の一部を改正する条例については原案可決されました。

            〔(休憩して下さい)という者あり〕

  暫時休憩します。

                               休 憩 午前10時27分

                               再 開 午前10時47分



○議長(小底嗣洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  お諮りいたします。議案第76号平成14年度石垣市一般会計補正予算(第2号)については、総務財政委員会委員長の審査報告のとおり修正可決することにご異議ございませんか。

            〔(異議なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ご異議なしと認めます。よって議案第76号平成14年度石垣市一般会計補正予算(第2号)については修正可決されました。

  日程第8、議案第80号平成14年度石垣都市計画区画整理事業特別会計補正予算(第1号)。日程第9、議案第81号平成14年度石垣市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)。日程第10、議案第82号平成14年度石垣市水道事業会計補正予算(第1号)。以上3件を一括議題といたします。

  建設土木委員会委員長の審査報告を求めます。松川秀盛君。



◎建設土木委員長(松川秀盛君) 委員会審査報告を行います。

  本委員会に付託審査となりました事件に関し、慎重審査の結果、下記のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告いたします。

            記

  1.事件及び結果

  (1)議案第80号 平成14年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

                       〔原案可決すべきものと決定した〕

  (2)議案第81号 平成14年度石垣市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

                       〔原案可決すべきものと決定した〕

  (3)議案第82号 平成14年度石垣市水道事業会計補正予算(第1号)

                       〔原案可決すべきものと決定した〕



  1.理 由

  (1)議案第80号について

  本件は、平成14年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)であります。

  今回の補正は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ881万7,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ2億3,322万円と定めるものであります。

  その主な内容は、まず歳入で3款繰入金で基金繰入金583万7,000円、4款繰越金で前年度決算剰余金343万円をそれぞれ増額計上してあります。

  一方、歳出では1款総務費に70万円、2款土地区画整理事業費で811万7,000円をそれぞれ増額してありますが、これは2款土地区画整理事業費の12節役務費44万7,000円及び13節委託料603万5,000円を減額し、これを主に15節工事請負費750万円等にあてがうものであります。

  以上が本補正予算の主な概要でありますが、本委員会は審査の結果、本件は適切なものと認め原案可決すべきものと決定した。

  (2)議案第81号について

  本件は、平成14年度石垣市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。

  今回の補正は、予算の総額に変動はなく、2款建設費の22節の補償、補填及び賠償金8,000万円を減額し、13節委託料8,000万円に組み替え、計上してあります。

  本委員会は、審査の結果、本件は適切なものと認め原案可決すべきものと決定した。

  (3)議案第82号について

  本件は、平成14年度石垣市水道事業会計補正予算(第1号)についてであります。

  その主な内容は、まず収益的収入において既決予算の総額に1,258万8,000円を追加し、予算の総額を1億2,141万円と定めるもので、これは2款簡易水道事業収益で他会計負担金として一般会計から繰入金を計上し、支出においては1,258万8,000円を簡易水道事業変更認可申請書作成業務委託料として計上してあります。

  一方、資本的収入及び支出においては既決予算額に1億741万2,000円を追加し、予算の総額を9億7,696万1,000円とするものであります。

  その内訳は、1項企業債で上水道事業債として6,000万円、5項国庫補助金で簡易水道等施設整備費補助金の6,000万円を増額計上し、2項負担金で1,258万8,000円を減額してあります。

  次に、支出においては既決予算に1億2,350万円を追加し、予算総額を13億7,413万円と定めるもので、これは1款1項上水道建設改良費1目原水及び浄水設備費で5,466万7,000円を減額し、同2目嵩田地区国立天文台及び最終処分場西通りの配水管布設工事及び設計委託料として1億7,466万7,000円を計上してあります。

  また、2款簡易水道建設改良費では県道79号(ミジュン崎〜ケーラ崎)の配水管布設工事変更設計業務委託料として350万円を計上してあります。

  なお、今回の本補正で企業の限度額「3億3,300万円」を「3億9,300万円」に改めてあります。

  以上が本補正予算の主な概要でありますが、本委員会は審査の結果、本件は原案可決すべきものと決定した。

  以上、報告いたします。



○議長(小底嗣洋君) 質疑を許します。

            〔(質疑なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) 質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。本3件につきまして建設土木委員会委員長の審査報告のとおり原案可決することにご異議ございませんか。

            〔(異議なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ご異議なしと認めます。よって議案第80号平成14年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)。議案第81号平成14年度石垣市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)。議案第82号平成14年度石垣市水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、それぞれ原案可決されました。

  日程第11、議案第5号金融環境の改善及び「金融アセスメント法」の制定を求める意見書についてを議題といたします。

  提案者の説明を求めます。宮良 操君。



◆22番(宮良操君) 金融環境の改善及び「金融アセスメント法」の制定を求める意見書。朗読して提案をいたします。

金融環境の改善及び「金融アセスメント法」の制定を求める意見書

  「金融システムの安定」を目的に、国民的大議論を巻き起こしながら大手金融機関を中心に公的資金が大量に投入されたにもかかわらず、中小企業をめぐる金融環境は不安定さを増している。その背景には、現在進められている金融政策があり、特に早期是正措置や「金融検査マニュアル」の影響が大きい。

  早期是正措置は、自己資本比率を唯一の基準として金融機関の経営健全性を見るなど、中小企業に対する円滑な融資を損なう原因となっている。

  また、中小企業の実態にそぐわない「金融検査マニュアル」の一律適用と、ペイオフの決済制預金の解禁は、地域金融機関の資金不足と中小企業への融資抑制を生ずる懸念が高まっている。

  さらに、政府が進めようとしている「不良債権の最小処理」によって、連鎖倒産や失業者の激増などが予想され、地域経済や中小企業への深刻な影響が出ている。

  よって、政府においては次の事項について措置を講ずるよう強く要請する。

            記

  1.ペイオフの決済性預金の解禁にあたっては、全面解禁は延期し、中小企業金融の円滑化に

    充分配慮した対策を講ずること。

  2.中小企業向け融資の場合には、中小企業の実情に沿った別の基準をもとに「金融検査マニ

    ュアル」を作成し、それを適用すること。

  3.不良債権の最終処理にあたっては、中小企業や地域経済への影響を最小限とする方策を講

    ずること。

  4.保証協会業務の一層の強化をはかり、保証の条件として第三者保証を求めないこと。また、

    「安定化特別保証制度」の返済期間(現行5年)を10年に延長すること。

  5.社会的に要請されている望ましい分野に資金が円滑に供給されているかどうかを調査(ア

    セスメント)して、銀行業務本来の公共性を確保することを監督機関に義務付ける「地域

    と中小企業の金融環境を活性化させる法律案(金融アセスメント法)」の制定を進めるこ

    と。

  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

    平成14年10月11日

                                石 垣 市 議 会

  あて先

   衆議院議長、参議院議長、財務大臣、金融担当大臣。

  以上です。提案いたします。



○議長(小底嗣洋君) 質疑を許します。

            〔(質疑なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) 質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。本件について原案可決することにご異議ございませんか。

            〔(異議なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ご異議なしと認めます。よって議案第5号金融環境改善及び「金融アセスメント法」の制定を求める意見書については原案可決されました。

  日程第12、決議第4号「子どもたちが夢と希望のもてる石垣市宣言」決議についてを議題といたします。

  提案者の説明を求めます。大浜哲夫君。



◆8番(大浜哲夫君) 最近、全国的に児童買春など、子どもたちを取り囲む環境が劣悪化しているわけでありまして、本市における子どもたちに夢と希望を持てるような環境づくりのために決議を提案したいと思います。

「子どもたちが夢と希望のもてる石垣市宣言」決議

  近年、青少年に関わる事件・事故が全国的に多発し、国民に衝撃を与えているが、本県においても、人間としての尊厳を揺るがす「性」に関わる事件がおきている。

  沖縄の未来を担って立つ前途有望な子どもたちが、このような事件の被害者になったことについて、心が痛み、激しい憤りを禁じ得ない。子どもたちを守り、健全に育てていくのは、大人としての責任である。

  全ての家庭、学校、地域、そして各種団体がそれぞれの立場で問題を共有し、取りうるべき責任と、努力を今一度点検、確認しなければならない。

  今こそ、すべての石垣市民の協力のもと、子どもたちが健やかに育つ豊かな環境をつくり、子どもたちが夢と希望のもてる石垣市の実現に向け、事件の未然防止を期するものである。

  以上、決議する。

      平成14年10月11日

                                石 垣 市 議 会

  以上であります。



○議長(小底嗣洋君) 質疑を許します。

            〔(質疑なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) 質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。本件について原案可決することにご異議ございませんか。

            〔(異議なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ご異議なしと認めます。よって決議第4号「子どもたちが夢と希望のもてる石垣市宣言」決議につきましては、原案可決されました。

  日程第13、閉会中の継続審査の申し入れについてを議題といたします。

  経済民生委員長の説明を求めます。富里八重子さん。



◎経済民生委員長(富里八重子君) 閉会中の継続審査の申し入れについて。

  本委員会で審査中の下記事件については、引き続き慎重審査の必要を認め、委員会での結論について全会一致で留保することに決定したので、会議規則第104条の規定により申し出ます。

            記

  1.議案第74号 石垣市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例



○議長(小底嗣洋君) ただ今の経済民生委員長の説明のとおり承認することにご異議ございませんか。

            〔(異議なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ご異議なしと認めます。よって経済民生委員会の閉会中の継続審査の申し入れにつきましては、承認されました。

  日程第14、閉会中の継続審査の申し入れについてを議題といたします。

  議会運営委員長の説明を求めます。入嵩西 整君。



◎議会運営委員長(入嵩西整君) 閉会中の継続審査の申し入れについて。

  本委員会は下記の事件について平成16年9月定例会まで閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、会議規則第104条の規定により申し出ます。

            記

  1.議会の運営に関する事項

  2.議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項

  3.議長の諮問に関する事項

  4.その他必要な事項

  以上です。



○議長(小底嗣洋君) 本件につきまして、議会運営委員長の説明のとおり承認することにご異議ございませんか。

            〔(異議なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ご異議なしと認めます。よって議会運営委員会の閉会中の継続審査の申し入れにつきましては、承認をされました。

  日程第15、所管事務調査の申し入れについてを議題といたします。

  本件につきましては、三常任委員会委員長よりの申し入れでございます。議長において朗読し承認を求めたいと思います。

  それでは朗読をいたします。

所管事務調査の申し入れについて

  三常任委員会は下記により、閉会中において所管事務調査を実施することに決定したので、議会の承認を求めます。

            記

  1.事 項……対象部課等の分掌事項

  1.目 的……議会運営に資するため

  1.方 法……事務及び現地調査

  1.期 間……7日以内

  以上のとおり

  承認することにご異議ございませんか。

            〔(異議なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ご異議なしと認めます。よって三常任委員会の閉会中の所管事務調査の申し入れについては承認されました。

  改めてお諮りをいたしたいと思います。次の日程第16から第25までの決算認定については、当局の説明の後、質疑省略のうえ、直ちに所管の常任委員会に付託し、審査せしめたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

            〔(異議なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ご異議なしと認めます。よって決算審査の取り扱いについては、さよう取り計らってまいります。

  日程第16、認定第2号平成13年度石垣市一般会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。

  当局の説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(友利一男君) 認定第2号。本件は平成13年度石垣市一般会計歳入歳出決算認定でございます。主な内容といたしまして、歳入につきましては、予算額194億3,879万9,774円に対しまして、収入済額は188億1,605万2,254円で、執行率は96.8%となっております。

  一方、歳出におきましては、予算額194億3,879万9,774円に対しまして、支出済額186億4,319万9,788円で、執行率は95.9%となっております。

  なお、歳入総額から歳出総額を差し引きました収支額1億7,285万2,000円のうち、3,487万2,000円は平成14年度へ繰り越してございます。以上が本決算の主な内容でございます。地方自治法第233条第3項の規定によりまして、議会の認定を求めるものでございます。よろしくお願いします。



○議長(小底嗣洋君) 当局の説明は終わりました。

  本件につきましては、総務財政委員会に付託をし、閉会中の継続審査といたします。

  日程第17、認定第3号平成13年度石垣市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について。日程第18、認定第4号平成13年度石垣市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について。日程第19、認定第5号平成13年度石垣市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について。日程第20、認定第6号平成13年度石垣市公設市場事業特別会計歳入歳出決算認定について。以上、4件を一括議題といたします。

  当局の説明を求めます。保健福祉部長。



◎保健福祉部長(野国昌清君) 認定第3号についてご説明いたします。

  本件は、平成13年度石垣市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定についてであります。

  まず、歳入については、予算総額37億9,691万1,000円に対し、収入済額が36億7,026万876円で、96.7%の歳入率となっております。

  一方、歳出については、同じく予算総額37億9,691万1,000円に対し、支出済額が37億5,950万3,265円で、99%の執行率となっております。

  認定第4号についてでございます。本件は、平成13年度石垣市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定であります。

  まず、歳入におきましては、予算総額28億8,305万円に対し、収入済額27億9,133万9,521円で96.81%の歳入率となっております。

  一方、歳出については、予算総額28億8,305万円に対し、支出済額27億3,918万514円で、97.45%の執行率となっておりなす。

  認定第5号についてでございます。本件は平成13年度石垣市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定であります。

  まず、歳入については、予算総額20億1,784万5,000円に対し、収入済額20億2,470万970円で、100.3%の歳入率となっております。

  一方、歳出については、予算総額20億1,784万5,000円に対し、支出済額20億1,378万2,383円で、99.8%の執行率となっております。

  以上、地方自治法第233条第3項の規定に基づいて認定に付しますので、よろしくお願いいたします。



○議長(小底嗣洋君) 企画開発部長。



◎企画開発部長(高木健君) おはようございます。

  認定第6号、本件は、平成13年度石垣市公設市場事業特別会計歳入歳出決算認定でございます。

  歳入におきましては、予算総額5,837万5,000円に対し、収入済額は5,861万8,857円で100.4%の歳入率となっております。

  一方、歳出では、予算総額5,837万5,000円に対し、支出済額は5,818万2,668円で99.7%の執行率となっております。

  なお、43万6,189円は平成14年度へ繰り越しております。

  以上、地方自治法第233条第3項の規定により監査委員の意見を付しまして認定に付しますので、ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(小底嗣洋君) 当局の説明は終わりました。本4件につきましては、経済民生委員会に付託し、閉会中の継続審査といたします。

  日程第21、認定第7号平成13年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定について。日程第22、認定第8号平成13年度石垣市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について。日程第23、認定第9号平成13年度石垣市港湾事業特別会計歳入歳出決算認定について。日程第24、認定第10号平成13年度石垣市公有水面埋立事業特別会計歳入歳出決算認定について。日程第25、認定第1号平成13年度石垣市水道事業会計決算認定について。以上5件を一括議題といたします。

  当局の説明を求めます。都市建設部長。



◎都市建設部長(豊川雅行君) 認定第7号、認定第8号、認定第9号、認定第10号についてご説明いたします。

 認定第7号は平成13年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定であります。

  歳入において、予算総額1億2,974万8,000円に対し、収入済額は1億2,975万1,253円で、収入率は100%となっております。

  歳出におきましては、予算総額1億2,974万8,000円に対し、支出済額は1億2,632万647円で執行率は97.4%であります。

  認定第8号について。本件は、平成13年度石垣市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定であります。

  歳入、予算総額は13億9,425万3,000円に対し、収入済額は10億3,772万1,333円で、収入率は74.4%となっております。

  歳出では、予算総額13億9,425万3,000円に対し、支出済額は10億1,794万1,716円で、執行率は73%であります。

  認定第9号について。本件は、平成13年度石垣市港湾事業特別会計歳入歳出決算認定であります。

  歳入、予算総額12億3,493万9,000円に対し、収入済額は10億8,254万7,579円で、収入率は87.7%となっております。

  歳出では、予算総額12億3,493万9,000円に対し、収入済額は10億7,875万7,855円で、執行率は87.4%であります。

  認定第10号について。本件は、平成13年度石垣市公有水面埋立事業特別会計歳入歳出決算認定であります。

  歳入、予算総額1億4,586万7,000円に対し、収入済額は1億4,586万8,951円で、収入率は100%となっております。

  歳出におきましては、予算総額1億4,586万7,000円に対し、支出済額は1億4,584万4,388円で、100%の執行率となっております。

  以上、地方自治法第233条第3項の規定により認定に付しますので、ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(小底嗣洋君) 水道部長。



◎水道部長(下地篤幸君) おはようございます。

  認定第1号平成13年度石垣市水道事業会計決算認定について。地方公営企業法第30条第4項の規定により、平成13年度石垣市水道事業会計決算を監査委員の意見を付けて、議会の認定に付します。

  決算の主な内容。営業について。

  当年度の業務状況は、上水道事業の給水戸数1万8,609戸、配水量773万4,669m3。有収水量653万5,976m3で、有収率が84.5%。簡易水道の給水戸数は843戸、配水量27万2,558m3。有収水量25万707m3で有収率94.3%となっております。

  建設改良工事について。

  当年度の上水道事業国庫補助工事は配水管布設工事を21工区に分割して施工し、すべて完了しています。

  また、簡易水道事業補助工事につきましては、平成12年度繰越分、野底浄水場着水井、ろ過池築造工事、導・配水管布設工事及び配水管布設工事(4工区から7工区)をすべて完了いたしました。

  平成13年度工事につきましては、久宇良配水池築造、電気計装設備、薬品注入棟、次亜注入設備工事を発注し、また配水管布設工事を12工区に分割して発注を行い、年度内に完了しております。

  単独工事につきましては、野底浄水場への導水管布設工事(1工区、2工区)と野底浄水場植栽工事及び舗装工事を発注し、年度内にすべての工事を完了しています。

  経理について。

  収益的収支(税込み)は、総事業収益13億6,427万7,418円(内仮受消費税6,094万6,390円)、総事業費12億6,318万8,701円(内仮払消費税1,186万9,968円)で、消費税納付額は2,449万4,300円となっております。税抜きの収益的収支につきまましては、総事業収益は13億328万5,917円で、総事業費は12億2,746万3,682円となっております。その結果、収支差引7,582万2,235円の純利益であります。その内容は上水道事業で1億3,486万6,115円の純利益、簡易水道事業で5,904万3,880円の純損失となっております。

  また、資本的収入は決算額で11億9,987万円となっております。その内訳は企業債3億5,330万円、負担金1億8,337万円、補助金6億6,320万円となっております。

  一方、資本的支出の決算額は14億9,414万1,877円となっており、その内容は、建設改良費12億1,712万9,187円、企業債償還金2億7,701万2,690円となっている。

  なお、当年度の資本的収入が資本的支出に不足する額2億9,427万1,877円を損益勘定留保資金で補填してあります。

  以上のことについて、ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(小底嗣洋君) 当局の説明は終わりました。本5件につきましては、建設土木委員会に付託し、閉会中の継続審査といたします。

  日程第26、審議会・審査会等の委員の選出についてを議題といたします。

  暫時休憩します。

                               休 憩 午前11時25分

                               再 会 午後 零時21分



○議長(小底嗣洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  審議会・審査会等の委員につきましては、休憩中に調整をいたしましたとおり氏名を読み上げたいと思いますので、ご了承いただきたいと思います。

  石垣市自治功労表彰審査委員、宮良 操君、大石行英君、石垣宗正君、小底嗣洋君。

  石垣市青少年健全育成審議会委員、大立致市君、辻野ヒロ子さん。

  石垣市農業自営者奨学生選考審査会委員、崎原吉正君、砂川利勝君。

  石垣市観光開発審議会委員、真志喜幸男君、知念辰憲君。

  石垣市都市計画審議会委員、仲嶺忠師君、宮良 操君、粟盛哲夫君、伊良皆高信君、亀谷善一君。

  石垣市市史編集審議会委員、富里八重子さん、亀谷善一君。

  石垣市リゾート開発審議会委員、砂川俊夫君、粟盛哲夫君、入嵩西整君。

  石垣市国際交流推進委員会委員、平良秀之君、上門孝子さん。

  石垣市民生委員推薦会委員に仲間 均君。

  石垣市国民健康保険運営協議会委員に富里八重子さん。

  石垣青少年センター運営協議会委員に大浜哲夫君、宇根底智生君。

  以上のとおり選任することにご異議ございませんか。

            〔(異議なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ご異議なしと認めます。よって審議会・審査会等の委員の選出についてはさよう決せられました。

  暫時休憩いたします。午後2時再開いたします。

                               休 憩 午後 零時23分

                               再 開 午後 2時17分



○議長(小底嗣洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  日程第27、八重山広域市町村圏事務組合議会議員の選任についてを議題といたします。

  お諮りをいたします。本件につきましては、休憩中に申し合わせしましたとおり、本組合議員に大石行英君、富里八重子さん、石垣宗正君、伊良皆高信君、以上4名を選任することにご異議ございませんか。

            〔(異議なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ご異議なしと認めます。よって八重山広域市町村圏事務組合議会議員についてはさよう決せられました。

  日程第28、農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。

  農業委員会委員の議会推薦につきましては、農業委員会等に関する法律第12条第1項第2号及び石垣市農業委員会規定第2条第3項により、議会の推薦人数を4人とすることになっております。

  暫時休憩します。

                               休 憩 午後 2時19分

                               再 開 午後 2時19分



○議長(小底嗣洋君) 再開いたします。

  休憩中にお諮りしたとおり、農業委員会委員の議会推薦を議長において指名したいと思いますが、それにご異議ございませんか。

            〔(異議あり)という者あり〕

  暫時休憩します。

                               休 憩 午後 2時20分

                               再 開 午後 2時55分



○議長(小底嗣洋君) 再開いたします。

  農業委員会委員の議会推薦につきましては、指名推薦の方法と投票による方法がありますが、いかがな方法で執り行なうかお諮りをいたしたいと思います。宮良 操君。



◆22番(宮良操君) 先ほどこの件について異議ありの答弁をしまして、私は投票方法につきましては、連記無記名の投票、つまり4名を自分の推薦したいそれぞれの議員が4名を選定して連記無記名で投票することを提案いたします。



○議長(小底嗣洋君) 石垣宗正君。



◆17番(石垣宗正君) ずっと今までは連記無記名できたんだけど、単記無記名ということも諮って下さい。



○議長(小底嗣洋君) お諮りをいたします。農業委員会委員の議会推薦につきましては、投票による方法で行います。

  さらにお諮りをいたします。投票は単記無記名投票と連記無記名投票がございますが、いかなる方法で投票をなさるのかお諮りをいたしたいと思います。

  まずはじめに単記無記名投票に賛成なさる方の挙手を求めます。

(単記無記名投票賛成者挙手)

  単記無記名投票につきましては、少数でございます。よってこの度の投票につきましては、連記無記名投票で行うことに決定をいたしたいと思います。

            〔(議長、休憩)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) 休憩します。

                               休 憩 午後 2時58分

                               再 開 午後 3時04分



○議長(小底嗣洋君) 再開いたします。

  お諮りをいたします。先ほど今回の農業委員会委員の議会推薦につきましては、連記無記名投票による方法で推薦人を決定するということで決定がなされております。

  この際、お諮りをいたします。投票の結果により推薦人と決定することについては、得票数の多い順より4人を農業委員会等に関する法律第12条第1項第2号に規定する議会推薦人とすることにご異議ございませんか。

            〔(異議なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ご異議なしと認めます。よって投票結果により議会推薦人と決定することについては、得票数の多い順より4人とすることに決定をされました。

  それでは、これより農業委員会等に関する法律第12条第1項第2号の規定により、議会推薦人についての投票を行います。

  暫時休憩します。

                               休 憩 午後 3時05分

                               再 開 午後 3時05分



○議長(小底嗣洋君) 再開いたします。

  投票箱の点検を行います。

            〔投票箱の点検〕



○議長(小底嗣洋君) 投票箱の点検を終了いたします。

 投票用紙を配布いたします。

            〔投票用紙の配布〕



○議長(小底嗣洋君) 投票用紙の配布漏れはございませんか。

            〔配布漏れなし〕



○議長(小底嗣洋君) 配布漏れはなしと認めます。

  それではこれより議席順に事務局長の点呼に従い投票を願います。



◎事務局長(慶田盛務君) では、お願いします。

  松川秀盛議員、上門孝子議員、砂川利勝議員、仲嶺忠師議員、平良秀之議員、大浜哲夫議員、崎原吉正議員、大立致市議員、富里八重子議員、石垣三雄議員、宇根底智生議員、伊良皆高信議員、知念辰憲議員、石垣宗正議員、仲間 均議員、入嵩西 整議員、亀谷善一議員、粟盛哲夫議員、宮良 操議員、大石行英議員、砂川俊夫議員、以上です。



○議長(小底嗣洋君) 投票漏れはありませんか。

            〔投票漏れなし〕



○議長(小底嗣洋君) 投票もれはないと認めます。投票を終了いたします。

  これより事務局職員をして投票の決定を確認いたします。

  暫時休憩します。

                               休 憩 午後 3時10分

                               再 開 午後 3時19分



○議長(小底嗣洋君) 再開いたします。

  投票の結果を申し上げます。根間建有、14票、石垣市伊原間26番地の8、生年月日、昭和38年8月16日生まれ。又吉貫栄、13票、石垣市野底637番地、生年月日、昭和25年2月12日生まれ。前津恵子、13票、石垣市大浜774番地の8、生年月日、昭和27年11月26日生まれ。東山盛一、13票、石垣市新川2450番地、生年月日、昭和30年1月7日生まれ。

  以上、上位4人の方が農業委員会等に関する法律第12条第1項第2号の規定による農業委員会委員の議会推薦人と決定をされました。

  暫時休憩します。

                               休 憩 午後 3時20分

                               再 開 午後 3時20分



○議長(小底嗣洋君) 再開します。入嵩西 整君。



◆19番(入嵩西整君) 動議として特別委員会の設置を提出いたします。

            〔(賛成)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ただ今、入嵩西 整議員から特別委員会の設置についての動議が提出されました。所定の賛成者がおりますので、動議は成立をいたしております。

  お諮りいたします。ただ今の動議を日程に追加し、審議することにご異議ございませんか。

            〔(異議なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ご異議なしと認めます。よって議事日程第29、30、31を追加し、審議することに決定をいたしました。

  それでは直ちに審議に入ります。

            〔(議長)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) 休憩します。

                               休 憩 午後 3時20分

                               再 開 午後 3時20分



○議長(小底嗣洋君) 再開いたします。

  日程第29、議案第6号特別委員会の設置について(石垣市土地改良事業実態調査特別委員会)。日程第30、議案第7号特別委員会の設置について(石垣市環境保全実態調査特別委員会)。日程第31、議案第8号特別委員会の設置について(新石垣空港建設推進特別委員会)を議題といたします。

  提案者の説明を求めます。入嵩西 整君。



◆19番(入嵩西整君) 議員の皆さんお分かりですので、特別三委員会でをすね。一回に朗読して提案し、皆さんの同意を得たいと思います。最初に石垣市土地改良事業実態調査特別委員会の設置について。

  土地改良事業に関する諸問題の調査並びに対策の樹立のために設置をしたいということでございます。

  賛成者議員は、宮良 操議員、以下お配りしてあるプリントのとおりです。

  調査事項についてもお配りしたプリントのとおりでございますので、皆さんの方で読んで下さい。お願いします。

  次、石垣市環境保全実態特別調査委員会の設置についてですが、この特別委員会は、環境保全に関する諸問題の調査並びに対策の樹立のために設置をしたいということでございます。

  賛成者議員は、前のとおり宮良 操議員、以下7名です。

  次に、この特別委員会は新たに設置する委員会でございますけれども、前々から執行の方としては新石垣空港の早期建設に向けての促進を進めてきたんですけれども、議会の方も何かすることはあるだろうということで、私はずっと前から提案をしていたんですけれども、今回多くの方々の同意を得るような感じで設置ができそうな感じでありますので、喜んでおりますけれども、新石垣空港建設促進特別委員会の設置でございます。

  この委員会は新石垣空港の建設の促進及びこれに関する諸問題の調査並びに対策の樹立のために提案したいと思います。

  賛成者議員は宮良 操議員、以下7名でございます。これは朗読します。

  1.本議会に新石垣空港建設促進特別委員会を設置し、9名の委員をもって構成する。

  1.本議会は特別委員会に対し、次の事項を付託する。

   (1)新石垣空港建設に関する書類並びに現地調査について。

  1.同調査特別委員会は、閉会中も調査を行うことができるものとし、議会が本件調査終了を

    議決するまで継続して調査を行うものとする。

  以上、3件、朗読して提案いたします。



○議長(小底嗣洋君) 提案者の説明は終わりました。

  お諮りをいたします。本件について原案可決することにご異議ございませんか。

            〔(異議なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ご異議なしと認めます。よって議案第6号、議案第7号、議案第8号、以上3件の特別委員会の設置につきましては、原案可決されました。

  暫時休憩をいたします。

                               休 憩 午後 3時27分

                               再 開 午後 3時49分



○議長(小底嗣洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  先ほど設置されました石垣市土地改良事業実態調査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条の規定により、議長において指名をいたします。崎原吉正君、大立致市君、大石行英君、仲嶺忠師君、亀谷善一君、宇根底智生君、松川秀盛君、入嵩西 整君、石垣宗正君、以上9名を選任することにご異議ございませんか。

            〔(異議なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ご異議なしと認めます。よって本特別委員会の委員につきましてはさよう決せられました。

  それでは、特別委員会を委員会室において招集いたします。直ちに正副委員長互選のうえ報告されるよう願います。

  暫時休憩します。

                               休 憩 午後 3時50分

                               再 開 午後 3時50分



○議長(小底嗣洋君) 再開します。

  時間を延長します。

            〔(休憩して)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) 休憩します。

                               休 憩 午後 3時51分

                               再 開 午後 3時52分



○議長(小底嗣洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  石垣市土地改良事業実態調査特別委員会委員長に亀谷善一君、副委員長に大立致市君。

  以上、報告いたします。

  石垣市環境保全実態調査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条の規定により、議長において指名をいたします。

  仲間 均君、宇根底智生君、上門孝子君、粟盛哲夫君、亀谷善一君、平良秀之君、大浜哲夫君、石垣三雄君、富里八重子君。以上となっております。

  暫時休憩します。

                               休 憩 午後 3時53分

                               再 開 午後 3時54分



○議長(小底嗣洋君) 再開いたします。

  石垣市環境保全実態調査特別委員会委員長に粟盛哲夫君、副委員長に大浜哲夫君。

  以上、報告をいたします。

  さらにお諮りをいたします。新石垣空港建設促進特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条の規定により、議長により同じく指名をいたします。

  入嵩西 整君、松川秀盛君、石垣宗正君、粟盛哲夫君、辻野ヒロ子君、仲嶺忠師君、宮良 操君、真喜志幸男君、砂川俊夫君。以上でございます。

  暫時休憩します。

                               休 憩 午後 3時54分

                               再 開 午後 3時55分



○議長(小底嗣洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  新石垣空港建設促進特別委員会委員長に入嵩西 整君、副委員長に宮良 操君。

  以上、報告をいたします。

  以上で本定例会における議事すべて終了いたしました。

  この際、お諮りをいたします。本定例会で議決になりました事件の字句、数字、その他整理を要するものにつきましては、議長に委任することにご異議ございませんか。

            〔(異議なし)という者あり〕



○議長(小底嗣洋君) ご異議なしと認めます。よって本定例会で議決になりました事件の字句、数字、その他整理を要するものにつきましては、議長に委任をされました。

  以上をもちまして平成14年第3回石垣市議会定例会を閉会いたします。

  お疲れさまでございました。

                               閉 会 午後 3時55分