議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 石垣市

平成27年  3月 定例会(第3回) 03月16日−07号




平成27年  3月 定例会(第3回) − 03月16日−07号







平成27年  3月 定例会(第3回)





            平成27年第3回石垣市議会(定例会)
                 3月16日(月)
                   (最終日)
                               開 議 午前10時01分
                               閉 会 午後 零時35分
 出 席 議 員
   ┌────┬────────────┬────┬────────────┐
   │番  号│   氏    名   │番  号│   氏    名   │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  1 │ 仲 間   均  君 │ 12 │ 福 島 英 光  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  2 │ 仲 嶺 忠 師  君 │ 13 │ 崎 枝 純 夫  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  3 │ 石 垣 涼 子  君 │ 14 │ 前 津   究  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  4 │ 長 山 家 康  君 │ 15 │ 宮 良   操  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  5 │ 友 寄 永 三  君 │ 16 │ 長 浜 信 夫  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  6 │ 東内原 とも子  君 │ 17 │ 井 上 美智子  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  7 │ 箕 底 用 一  君 │ 18 │ 小 底 嗣 洋  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  8 │ 石 垣   亨  君 │ 19 │ 今 村 重 治  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  9 │ 平 良 秀 之  君 │ 20 │ 伊良皆 高 信  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │ 10 │ 砥 板 芳 行  君 │ 21 │ 知 念 辰 憲  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │ 11 │ 我喜屋 隆 次  君 │ 22 │ 大 石 行 英  君 │
   └────┴────────────┴────┴────────────┘

 欠 席 議 員
  (な し)

1.地方自治法第121条の規定による出席者
  (初日に同じ)

1.議会事務局出席者
  局    長  松 原 秀 治 君     次    長  浦 崎 英 秀 君

  副 主 幹 兼  宮 良 八十八 君     主    査  山 盛 心 山 君
  議事調査係長

              議  事  日  程 (第7号)
┌─────┬───────────────────────────────────────┐
│ 日  程│           件             名             │
├─────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第  1│ 議案第25号 権利の放棄について                       │
│     │       〔総務財政委員会審査報告〕                   │
│ 第  2│ 議案第38号 石垣市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正│
│     │       する条例                            │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  3│ 議案第39号 大濱信泉記念館設置条例の一部を改正する条例           │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  4│ 議案第40号 石垣市立幼稚園入園料及び保育料に関する条例の一部を改正する条例の│
│     │       一部を改正する条例                       │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  5│ 議案第41号 石垣市行政手続条例の一部を改正する条例             │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  6│ 議案第45号 石垣市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例        │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  7│ 議案第11号 平成27年度石垣市一般会計予算                  │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  8│ 議案第20号 石垣市家畜等処理センター指定管理者の指定について        │
│     │       〔経済民生委員会審査報告〕                   │
│ 第  9│ 議案第26号 石垣市福祉のまちづくり条例の一部を改正する条例         │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  10│ 議案第27号 石垣市介護保険条例の一部を改正する条例             │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  11│ 議案第28号 石垣市地域包括支援センターの職員に係る基準等を定める条例    │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  12│ 議案第29号 石垣市子ども・子育て会議条例の一部を改正する条例        │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  13│ 議案第30号 石垣市保育所における保育に関する条例を廃止する条例       │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  14│ 議案第31号 石垣市子どものための教育・保育給付に関する利用者負担額を定める条│
│     │       例                               │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  15│ 議案第32号 石垣市保育所条例の一部を改正する条例              │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  16│ 議案第42号 石垣市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基│
│     │       準を定める条例の一部を改正する条例               │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
└─────┴───────────────────────────────────────┘
┌─────┬───────────────────────────────────────┐
│ 日  程│           件             名             │
├─────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第  17│ 議案第43号 石垣市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並│
│     │       びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な│
│     │       支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例     │
│     │       〔経済民生委員会審査報告〕                   │
│ 第  18│ 議案第44号 石垣市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支│
│     │       援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める│
│     │       条例                              │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  19│ 議案第12号 平成27年度石垣市国民健康保険事業特別会計予算          │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  20│ 議案第13号 平成27年度石垣市後期高齢者医療特別会計予算           │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  21│ 議案第14号 平成27年度石垣市介護保険事業特別会計予算            │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  22│ 議案第15号 平成27年度石垣市農業集落排水事業特別会計予算          │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  23│ 議案第21号 新たに生じた土地の確認について                 │
│     │       〔建設土木委員会審査報告〕                   │
│ 第  24│ 議案第22号 町の区域の変更について                     │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  25│ 議案第23号 市道の一部廃止について                     │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  26│ 議案第24号 市道の認定について                       │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  27│ 議案第33号 石垣市景観地区条例の一部を改正する条例             │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  28│ 議案第34号 石垣市自然環境保全条例の一部を改正する条例           │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  29│ 議案第35号 石垣市住区基幹公園条例の一部を改正する条例           │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  30│ 議案第36号 石垣市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例   │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  31│ 議案第37号 石垣市水道事業給水条例の一部を改正する条例           │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  32│ 議案第16号 平成27年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計予算       │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  33│ 議案第17号 平成27年度石垣市港湾事業特別会計予算              │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  34│ 議案第18号 平成27年度石垣市公共下水道事業特別会計予算           │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
└─────┴───────────────────────────────────────┘
┌─────┬───────────────────────────────────────┐
│ 日  程│           件             名             │
├─────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第  35│ 議案第19号 平成27年度石垣市水道事業会計予算                │
│     │       〔建設土木委員会審査報告〕                   │
│ 第  36│ 議員提出議案第5号 スカイマーク株式会社の「南ぬ島石垣空港と那覇空港」を結ぶ│
│     │           路線の早期復活を求める要請決議             │
│ 第  37│ 議員提出議案第6号 新県立八重山病院建設に係る工事の地元八重山郡内企業への分│
│     │           離分割最優先完全発注に関する要請決議          │
│ 第  38│ 議員提出議案第7号 石垣・那覇間航空路線運賃及び料金に関する要請決議    │
│ 第  39│ 議員提出議案第8号 議員の派遣について                   │
│ 第  40│ 議員提出議案第9号 飲酒運転撲滅宣言決議                  │
│ 第  41│ 議員提出議案第10号 特別委員会の設置について                │
│ 第  42│ 閉会中の所管事務調査の申し入れについて                   │
│ 第  43│ 同意第1号 教育委員会委員の任命について                  │
└─────┴───────────────────────────────────────┘

              本日の会議に付した事件及び処理結果
┌─────┬────────────────────────────┬──────────┐
│ 番 号 │      件             名       │   処理結果   │
├─────┼────────────────────────────┼──────────┤
│議案第25号│ 権利の放棄について                  │ 可     決  │
│議案第38号│ 石垣市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例 │ 可     決  │
│     │ の一部を改正する条例                 │          │
│議案第39号│ 大濱信泉記念館設置条例の一部を改正する条例      │ 可     決  │
│議案第40号│ 石垣市立幼稚園入園料及び保育料に関する条例の一部を改 │ 可     決  │
│     │ 正する条例の一部を改正する条例            │          │
│議案第41号│ 石垣市行政手続条例の一部を改正する条例        │ 可     決  │
│議案第45号│ 石垣市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例   │ 可     決  │
│議案第11号│ 平成27年度石垣市一般会計予算             │ 可     決  │
│議案第20号│ 石垣市家畜等処理センター指定管理者の指定について   │ 可     決  │
│議案第26号│ 石垣市福祉のまちづくり条例の一部を改正する条例    │ 可     決  │
│議案第27号│ 石垣市介護保険条例の一部を改正する条例        │ 可     決  │
│議案第28号│ 石垣市地域包括支援センターの職員に係る基準等を定める │ 可     決  │
│     │ 条例                         │          │
│議案第29号│ 石垣市子ども・子育て会議条例の一部を改正する条例   │ 可     決  │
│議案第30号│ 石垣市保育所における保育に関する条例を廃止する条例  │ 可     決  │
│議案第31号│ 石垣市子どものための教育・保育給付に関する利用者負担 │ 可     決  │
│     │ 額を定める条例                    │          │
│議案第32号│ 石垣市保育所条例の一部を改正する条例         │ 可     決  │
│議案第42号│ 石垣市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運 │ 可     決  │
│     │ 営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例    │          │
│議案第43号│ 石垣市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設 │ 可     決  │
│     │ 備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る │          │
│     │ 介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定め │          │
│     │ る条例の一部を改正する条例              │          │
│議案第44号│ 石垣市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指 │ 可     決  │
│     │ 定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の │          │
│     │ 方法に関する基準を定める条例             │          │
│議案第12号│ 平成27年度石垣市国民健康保険事業特別会計予算     │ 可     決  │
│議案第13号│ 平成27年度石垣市後期高齢者医療特別会計予算      │ 可     決  │
│議案第14号│ 平成27年度石垣市介護保険事業特別会計予算       │ 可     決  │
│議案第15号│ 平成27年度石垣市農業集落排水事業特別会計予算     │ 可     決  │
│議案第21号│ 新たに生じた土地の確認について            │ 可     決  │
│議案第22号│ 町の区域の変更について                │ 可     決  │
│議案第23号│ 市道の一部廃止について                │ 可     決  │
│議案第24号│ 市道の認定について                  │ 可     決  │
└─────┴────────────────────────────┴──────────┘
┌─────┬────────────────────────────┬──────────┐
│ 番 号 │      件             名       │   処理結果   │
├─────┼────────────────────────────┼──────────┤
│議案第33号│ 石垣市景観地区条例の一部を改正する条例        │ 可     決  │
│議案第34号│ 石垣市自然環境保全条例の一部を改正する条例      │ 可     決  │
│議案第35号│ 石垣市住区基幹公園条例の一部を改正する条例      │ 可     決  │
│議案第36号│ 石垣市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正す │ 可     決  │
│     │ る条例                        │          │
│議案第37号│ 石垣市水道事業給水条例の一部を改正する条例      │ 可     決  │
│議案第16号│ 平成27年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計予算  │ 可     決  │
│議案第17号│ 平成27年度石垣市港湾事業特別会計予算         │ 可     決  │
│議案第18号│ 平成27年度石垣市公共下水道事業特別会計予算      │ 可     決  │
│議案第19号│ 平成27年度石垣市水道事業会計予算           │ 可     決  │
│議員提出 │ スカイマーク株式会社の「南ぬ島石垣空港と那覇空港」を │ 可     決  │
│議案第5号│ 結ぶ路線の早期復活を求める要請決議          │          │
│議員提出 │ 新県立八重山病院建設に係る工事の地元八重山郡内企業へ │ 可     決  │
│議案第6号│ の分離分割最優先完全発注に関する要請決議       │          │
│議員提出 │ 石垣・那覇間航空路線運賃及び料金に関する要請決議   │ 可     決  │
│議案第7号│                            │          │
│議員提出 │ 議員の派遣について                  │ 可     決  │
│議案第8号│                            │          │
│議員提出 │ 飲酒運転撲滅宣言決議                 │ 可     決  │
│議案第9号│                            │          │
│議員提出 │ 特別委員会の設置について               │ 可     決  │
│議案第10号│                            │          │
│     │ 閉会中の所管事務調査の申し入れについて        │ 承     認  │
│同意第1号│ 教育委員会委員の任命について             │ 同     意  │
└─────┴────────────────────────────┴──────────┘



            平成27年第3回石垣市議会(定例会)

                 3月16日(月)

                   (最終日)



                               開 議 午前10時01分





○議長(知念辰憲君) おはようございます。ただいまより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元にお配りしてあるプリントのとおりであります。

 日程第1、議案第25号権利の放棄について。日程第2、議案第38号石垣市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例。日程第3、議案第39号大濱信泉記念館設置条例の一部を改正する条例。日程第4、議案第40号石垣市立幼稚園入園料及び保育料に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例。日程第5、議案第41号石垣市行政手続条例の一部を改正する条例。日程第6、議案第45号石垣市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例。日程第7、議案第11号平成27年度石垣市一般会計予算。以上7件を一括議題とし、総務財政委員会委員長の審査報告を求めます。総務財政委員会委員長、平良秀之君。



◎総務財政委員会委員長(平良秀之君) おはようございます。それでは、総務財政委員会審査報告を行います。

              委 員 会 審 査 報 告 書 

 本委員会に付託となりました事件に関し、慎重審査の結果、下記のとおり決定したので会議規則第39条の規定により報告をいたします。

                     記

(1)議案第25号について 

 本件は、権利の放棄についてであります。

 その主な内容は、沖縄県が実施しております石垣新川川河川改修事業において、本市が買い戻し特約を設定してあります土地の一部を、沖縄県が河川用地として取得するため、買い戻し特約を抹消するものであります。

 以上が本件の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本件については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

(2)議案第38号について 

 本案は、石垣市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律の制定に伴い、条例の一部を改正するものであります。

 その主な内容は、消防団員の処遇改善を図るため、報酬(別表1)及び費用弁償(別表2)を改定するもので、附則において平成27年4月1日から施行するものであります。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については上位法の改正によるもので適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

(3)議案第39号について 

 本案は、大濱信泉記念館設置条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、研修室等の利用料金について、冷房料を室料とは別に定めることにより、利用者負担の公平性を図るため、条例の一部を改正するものであります。

 その主な内容は、第17条第2項中「利用料金」の次に「のうち室料」を加え、別表2の「利用料金」を「室料」と「冷房料」に定めるもので、附則において平成27年6月1日から施行するものであります。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

(4)議案第40号について 

 本案は、石垣市立幼稚園入園料及び保育料に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、平成27年1月14日に閣議決定された平成27年度政府予算案において、特定教育・保育施設等の利用者負担の上限額基準の一部が軽減されたことに伴い、当該一部改正条例の一部を改正するものであります。

 その主な内容は、附則の次の「別表(第2条関係)」の「4,800円」を「3,000円」に改め、同表備考に「5 ひとり親世帯等、在宅障がい児(者)のいる世帯及び生活保護法に定める要保護者に準ずる程度に困窮していると市長が認めた世帯の園児の保育料は、第2階層は徴収しないものとし、第3階層は上表の額から1,000円を減額するものとする。」を加えるもので、附則において平成27年4月1日から施行するものであります。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

(5)議案第41号について 

 本案は、石垣市行政手続条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、行政手続法の一部を改正する法律の施行に伴い、条例の一部を改正するものであります。

 その主な内容は、行政指導を行う際、現行の「趣旨、内容、責任者」に加え、「根拠法令の条項、条項に規定する要件、要件に適合する理由」を明示するものとし、法律の要件に適合しない行政指導を受けたと思う場合には、指導を受けた相手方は市に中止等を求めることができることとするとともに、何人も法令違反の事実を発見したときは、是正のための処分等を市に求めることができるものと定めるもので、附則において平成27年4月1日から施行するものであります。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については上位法の改正によるもので、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(6)議案第45号について 

 本案は、石垣市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、平成26年度人事院勧告において、「地域間の給与配分の見直し」「世代間の給与配分の見直し」「職務や勤務実績に応じた給与の配分」の課題に対応するための「給与制度の総合的見直し」の勧告に基づき、条例の一部を改正するものであります。

 その主な内容は、第2条中「乗じたもの」の次に「から1週間当たりの勤務時間を5で除したものに18を乗じたものを減じたもの」を加え、第16条第3項中「2,000円」を「2,300円」に、「2万900円」を「2万6,200円」に改めるとともに、給料表について総合的な見直し等を行うもので、附則において平成27年4月1日から施行するものであります。

 以上が本改正の主な概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については国の人事院及び県の人事委員会の勧告に鑑み、一部改正するもので、適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(7)議案第11号について 

 本案は、平成27年度石垣市一般会計予算であります。

 本年度の当初予算は、歳入歳出それぞれ260億6,760万円と定めるもので、前年度当初予算に比べ30億4,808万5,000円(13.2%)の増額で、一時借入金の借り入れの最高額は40億円と定めてあります。

 本予算案の概要は、まず歳入において、自主財源が62億5,095万円(構成比24%)で、前年度比で4億8,846万6,000円(8.5%)の増となっております。

 その主な内訳は、自主財源の根幹をなす1款市税は47億4,353万2,000円(構成比18.2%)で、前年度比2億5,425万8,000円(5.7%)の増となっており、これは主に市民税及び固定資産税の増収見込みによるものであります。

 19款繰入金は6億3,224万2,000円(構成比2.4%)で、前年度比1億2,393万7,000円の増となっており、これは財政調整基金積立金繰入金5億117万2,000円、減債基金積立金繰入金5,000万円等が主なものであります。また、13款分担金及び負担金3億1,492万1,000円、14款使用料及び手数料3億4,477万7,000円、21款諸収入1億2,072万7,000円をそれぞれ計上してあります。

 一方、依存財源は198億1,665万円(構成比76%)で、前年度比25億5,961万9,000円(14.8%)の増となっております。

 その主な内容は、11款地方交付税69億9,690万8,000円(構成比26.8%)で、前年度比2億1,103万3,000円の減額、15款国庫支出金43億677万円(構成比16.5%)で、前年度比2億4,834万円の増額、16款県支出金49億4,006万2,000円(構成比19%)で、前年度比13億7,723万円の増額、22款市債26億4,594万9,000円(構成比10.2%)で、前年度比9億744万5,000円の増額となっております。

 次に歳出でありますが、まず、性質別状況において義務的経費が130億6,235万円(構成比50.1%)で、前年度比1億4,826万6,000円(1.1%)の増額となっております。また、投資的経費は48億9,641万5,000円(構成比18.8%)で、前年度比28億2,963万7,000円の増額となっております。

 その主な内容は、2款総務費で23億2,399万9,000円(構成比8.9%)を計上してありますが、これは職員給与費を初め、新市庁舎建設推進事業、石垣市民会館設備改修事業等が主なものであります。

 3款民生費は99億692万6,000円(構成比38%)で、歳出において最も大きな比重を占め、前年度比で11億784万6,000円の増額となっております。その主な内容として、国民健康保険事業特別会計繰出金7億8,413万4,000円、介護保険事業特別会計繰出金6億1,905万4,000円、介護・訓練等給付費12億9,155万5,000円、臨時福祉給付金給付事業費1億3,008万3,000円、保育所施設整備費9億2,024万9,000円、生活保護事業18億8,606万8,000円等を計上してあります。

 4款衛生費は27億7,653万3,000円(構成比10.7%)で、その主なものは、後期高齢者医療事務費4億9,810万4,000円、ごみ処理施設維持管理3億3,046万5,000円、最終処分場維持管理費1億4,904万6,000円、女性特有のがん検診推進事業415万7,000円、石垣市火葬場建設事業6億9,563万5,000円等を計上してあります。

 6款農林水産業費は19億8,353万9,000円(構成比7.6%)で、前年度比1億8,052万2,000円の増額となっております。その主なものは、特定地域経営支援対策事業1億6,458万3,000円、登野城漁港水産生産基盤整備事業1億1,813万9,000円、畜産担い手育成総合整備事業6,212万4,000円、農山漁村活性化対策整備事業(明石地区)1億47万7,000円等を計上してあります。

 7款商工費は4億3,202万6,000円(構成比1.7%)で、その主なものは、IT支援センター管理費1,964万8,000円、ものづくり、マーケティング総合支援事業5,537万4,000円、商店街・中心市街地活性化並びに商業振興事業3,200万円等を計上してあります。

 8款土木費は20億3,194万8,000円(構成比7.8%)で、その主なものは、観光施設及びキャンプ場誘客整備事業1,200万円、新石垣空港国際線旅客施設強化事業598万円、港湾事業特別会計繰出金1億9,677万1,000円、土地区画整理事業特別会計繰出金6,048万8,000円、公共下水道事業特別会計繰出金6億5,844万3,000円、亜熱帯都市公園整備促進事業7,800万円等となっております。

 9款消防費は7億3,023万2,000円(構成比2.8%)で、前年度比807万4,000円の増額となっております。その主なものは、消防救急デジタル無線及び消防共同指令センター整備費負担金1億3,426万2,000円、救急車整備事業4,040万円、地域防災力強化育成事業4,524万1,000円等を計上してあります。

 10款教育費は35億4,599万7,000円(構成比13.6%)で、前年度比で13億3,540万円の増額となっております。主な事業として、登野城小学校校舎新増改築事業14億2,539万7,000円、学ぶ意欲・わかる授業を支援する事業7,738万7,000円を計上するとともに、各項にまたがり各種補助金・負担金等を計上してあります。

 また、14款予備費は5,000万円となっております。

 以上が本予算の概要でありますが、本委員会では各種説明資料や市長の施政方針における諸施策・事業を勘案しながら歳入歳出の順を追って審議を進めてまいりました。不明な点については追加資料を要求して詳細な説明を求め、改善すべき点については逐一指摘し、早急に見直すよう求め、本委員会は審査の結果、本案については原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 以上、報告をいたします。



○議長(知念辰憲君) ただいまの委員長報告に対する質疑を許します。仲間 均君。



◆1番(仲間均君) 委員長にお伺いをいたします。

 議案第38号について、消防団員の定員、任免、給与、それから服務等の上位法の改正によって条例の一部を改正するということでございますけれども、まず1点目、消防団の処遇改善を図る報酬、費用弁償、これがこれまでに幾らだったのか。改正されたらどうなるのか。それと、現在の消防団の予算。国、県、市の割合、この点についてお伺いをいたします。



○議長(知念辰憲君) 平良秀之君。



◎総務財政委員会委員長(平良秀之君) ただいま仲間議員より質問がございました議案第38号、消防団のものに関するものでございますが、詳細にわたって当局より答弁をさせていただきたいと思います。



○議長(知念辰憲君) 休憩します。

                                休 憩 午前10時20分

                                再 開 午前10時21分



○議長(知念辰憲君) 再開します。消防長、大工嘉広君。



◎消防長(大工嘉広君) お答えいたします。

 議員ご質問のように、法律が制定されまして、今回、消防団員の年間報酬、また費用弁償を改善するものです。例えば消防団長がこれまで年間4万2,000円が6万3,000円、それから副団長が3万円が4万5,000円、それから分団長が2万4,000円が3万6,000円、部長が2万4,000円が3万6,000円、また班長及び団員が1万8,000円が2万7,000円と、それぞれ1.5倍上げられてます。改善するものです。

 それから、費用弁償につきましては、これまでの水火災出動1回につき2,000円が3,000円に、それから行事出動1回につき4,000円が6,000円、また警戒及び訓練、例えば4時間未満3,000円が4,500円、4時間以上4,000円が6,000円と、これも1.5倍に改善するものです。

 以上でございます。

             〔(消防団の現在の予算)という仲間 均議員〕



○議長(知念辰憲君) 休憩します。

                                休 憩 午前10時22分

                                再 開 午前10時23分



○議長(知念辰憲君) 再開します。平良秀之君。



◎総務財政委員会委員長(平良秀之君) ただいまのものに関しては、詳細に関しては、手元に資料がございませんので、整い次第提出させていただきたいと思います。



○議長(知念辰憲君) 箕底用一君。



◆7番(箕底用一君) 総務財政委員長にお伺いしたいのですが、27年度一般会計予算の7款1項2目19節の負担金補助金及び交付金という中に、生活バス路線確保対策補助金とあります。私も以前、総務財政にいるときは、この生活バス路線確保補助金に対してはしっかりと負担金を出す、企業側としっかり議論して、経営改善もしながらという形で指摘した経緯もございます。

 これが、今年度4,337万8,000円の予算計上がされております。これは、毎年このような金額がされておりまして、執行当局のほうは相手側の企業とどのような経営改善の対策の話し合いがされているのか、それが1点とですね。

 そして、水産課の6款3項2目11節種苗供給施設の維持管理の件ですけども、以前、私、12月の定例会で、唯一、公共施設の中では使用料金を取っていない施設ということで指摘しております。新年度4月から使用料金も取って、維持管理体制も含めて改善する必要があるんじゃないかということも指摘しました。にもかかわらず、今回、一般会計の中には、前回が、この維持管理に使用する電気料、月額20万1,000円だったものが、ことしの一般会計の計上には、電気料金が月額40万円、要するに2倍にふえました。一気に倍にふえました。

 このような状況の中で、今の種苗供給施設、受益者としても公共施設を借りて、そこで利益を生んでいる利用者の方々もいらっしゃいますので、そこら辺はしっかりと利用料金を徴収してやっていくべきだろうと、そう思っておりますけども、そこら辺の調整はどのようになっているのか伺いたいと思います。

 それと、あとは……



○議長(知念辰憲君) 箕底議員、委員長に対する質疑をしてくださいよ。



◆7番(箕底用一君) 済みません、委員長のほうにお伺い、そのような議論が委員の中あったかどうか、その説明を求めたいと思います。

 それと、あと一点、いきいき学び課、10款5項1目19節補助金の中に子ども会の補助金がありますけども、子ども会の補助金が今年度は5万4,000円計上されております。年々子ども会の補助金のものが減ってきているという状況の中で、委員の中でどのような質疑があったのかご説明をお願いいたします。



○議長(知念辰憲君) 委員長、平良秀之君。



◎総務財政委員会委員長(平良秀之君) 箕底委員より3点の質問がございました。外れてたら、もう一度確認させてくださいね。1点目が生活路線バスに関する補助金に対してのもの、2つ目が6款3項2目種苗施設のもの、3つ目が10款5項1目の子どもの補助金に対するものでございました。

 委員会の中では、これに関する特段のご意見ございましたかね。記憶にございませんけれども、担当部課より説明をさせていただきたいと思います。

             〔何事かいう者あり〕

 3つとも担当部署より説明をさせていただきたいと思います。



○議長(知念辰憲君) 商工振興課長、天久朝市君。



◎商工振興課長(天久朝市君) 箕底議員のご質問にお答えいたします。

 まず、生活バス路線についてですが、生活バス路線の中で、住民の生活の足を維持するために、その赤字バス路線の経営等の維持をして、それに対する補助をしているところでございます。

 赤字路線バスにつきましては、運行の実績に基づきまして、毎年、その補助額を県と市の検査により事業額を決定しております。事業額は、おおむね市が3分の2、県が3分の1でございます。先ほどご質問のありました、バス会社に事業の事務の改善を求めたかということになりますと、現在確認したところでは、文書、口頭により事務の改善を求めたことはありません。

 ただ、しかしながら、議員のおっしゃるとおり、事務の改善は必ず必要だと思っておりますので、今後はともに、補助を出している県とも連携の上、またバス会社とその辺の話し合いも、改善点について、できるものについては早急にやってもらう、その辺を求めていきたいと考えております。



○議長(知念辰憲君) 農林水産部長、岩下幸司君。



◎農林水産部長(岩下幸司君) お答えいたします。

 水産課所管の種苗供給施設の利用者につきましては、モズクやシャコ貝等で約20経営体が利用しております。この利用料の徴収につきましては、ご指摘のとおり、今検討を進めておりまして、ただ、条例の制定が必要ということでございます。

 平成26年につきましては聞き取り調査などを進めてきておりまして、今後、使用者と使用料の調整をさらに進めまして、27年度中には使用料条例を制定して、利用料を徴収していきたいと考えおります。27年度予算につきましては、その条例制定までの経過措置ということでご理解をお願いいたしたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(知念辰憲君) いきいき学び課長、丸山さい子さん。



◎いきいき学び課長(丸山さい子君) 確かに箕底議員がおっしゃるように、27年度は4,000円減りまして、5万7,000円から5万4,000円になりました。その理由でございますけれども、平成22年度に補助金の見直し、5年ごとに見直しということが話されたようでございまして、今年度はちょうど27年度、5年度の見直しの件もございますし、また、暫時4%シーリングということで、5万4,000円に減額されたということでございます。

 以上です。



○議長(知念辰憲君) 箕底用一君。



◆7番(箕底用一君) 種苗施設の件から、しっかりと、このように一般質問でも指摘してますので、ちゃんと利用者に対して利用料金設定して、その維持管理を充てるような形でやっていただきたいなと。

 そしてまた、あわせて、その種苗施設に入っている方々は、長い方もたくさんいらっしゃいまして、今、公平公正の観点からいいますと不平等な状態になっております。そのようなこともご指摘しまして、水産課に申し上げたいと思います。

 次に、いきいき学び課の子ども会の費用ですけども、私は子ども会というもの、私も小さいころは子ども会をやっておりましたので、子ども会があってこその地域の発展がつながっていると私は思っております。このような公民館単位で字会費とか、そういった地域住民から費用を集めて、そこで子どもたちのために強化費もつくったり、そこでまた補えないものは市から補助をいただいてやっている状況がありますので、子どものための予算というのは減らすんじゃなくてふやしていくという方向でやらないと、今後の石垣市の発展にも、これは私は危惧するんじゃないかなとそう思っておりますので、そこら辺、絶対、教育委員会も予算を減らさないで、ふやしていく一方でお願いしたいと、そう思っております。

 次に、生活路線バスに対しても、これは西部北部の生活弱者、交通弱者のために生活路線バスの確保という形で、赤字運行だから……

             〔何事かいう者あり〕

 赤字の確保だから、赤字ということで出していますので、そこら辺は執行当局もしっかりと予算をつけるんだったら、経営改善を同時に申し入れるべきだと、私はそう思っております。

 そこら辺も申し上げまして、ご指摘しまして、この一般会計の予算は私は賛成したいと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(知念辰憲君) 質疑を終結します。

             〔(議長、休憩して)という者あり〕

 休憩します。

                                休 憩 午前10時34分

                                再 開 午前10時34分



○議長(知念辰憲君) 再開します。

 質疑を終結します。

 お諮りいたします。本7件について、総務財政委員会委員長の審査報告どおり、原案のとおり可決することにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、議案第25号、議案第38号、議案第39号、議案第40号、議案第41号、議案第45号、議案第11号については、それぞれ原案のとおり可決されました。

 次に、日程第8、議案第20号石垣市家畜等処理センター指定管理者の指定について。日程第9、議案第26号石垣市福祉のまちづくり条例の一部を改正する条例。日程第10、議案第27号石垣市介護保険条例の一部を改正する条例。日程第11、議案第28号石垣市地域包括支援センターの職員に係る基準等を定める条例。日程第12、議案第29号石垣市子ども・子育て会議条例の一部を改正する条例。日程第13、議案第30号石垣市保育所における保育に関する条例を廃止する条例。日程第14、議案第31号石垣市子どものための教育・保育給付に関する利用者負担額を定める条例。日程第15、議案第32号石垣市保育所設置条例の一部を改正する条例。日程第16、議案第42号石垣市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例。日程第17、議案第43号石垣市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例。日程第18、議案第44号石垣市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例。日程第19、議案第12号平成27年度石垣市国民健康保険事業特別会計予算。日程第20、議案第13号平成27年度石垣市後期高齢者医療特別会計予算。日程第21、議案第14号平成27年度石垣市介護保険事業特別会計予算。日程第22、議案第15号平成27年度石垣市農業集落排水事業特別会計予算。以上15件を一括議題とし、経済民生委員会委員長の審査報告を求めます。経済民生委員会委員長、大石行英君。



◎経済民生委員会委員長(大石行英君) おはようございます。委員会審査報告を行います。

              委 員 会 審 査 報 告 書 

 本委員会に付託となりました事件に関し、慎重審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第39条の規定により報告します。

                     記

(1)議案第20号について 

 本件は、石垣市家畜等処理センター指定管理者の指定についてであります。

 今回の指定は、平成22年度より実施している指定管理者の指定期間満了に伴い、引き続き株式会社八重山食肉センターを指名するもので、その期間は平成27年4月1日から平成31年3月31日までの4年間となっております。

 本委員会は審査の結果、本件については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(2)議案第26号について 

 本案は、石垣市福祉のまちづくり条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、石垣市自治基本条例との関連を示すため、第1条中「目的とする」を「目的とし、石垣市自治基本条例第28条の規定に基づき定めるものとする」に改め、公布の日から施行するものであります。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(3)議案第27号について 

 本案は、石垣市介護保険条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、第6期介護保険事業計画における平成27年度から平成29年度までの3年間に必要な介護保険サービスに対応するため、65歳以上の第1号被保険者の介護保険料の保険料率を低所得者への負担軽減の観点から見直すとともに、所得段階区分を従前の8段階区分から11段階区分に細分化するため、所要の規定の見直しを行うものであります。

 また、附則において介護予防・日常生活支援総合事業等の円滑な実施に必要な準備を行うための経過措置規定を設け、平成27年4月1日から施行するものであります。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(4)議案第28号について 

 本案は、石垣市地域包括支援センターの職員に係る基準等を定める条例であります。

 本条例は、介護保険法の一部改正に伴い、介護保険法第115条の46第4項の規定に基づき、地域包括支援センターの職員及び当該職員の員数に係る基準並びに基本方針等について、国が定める従うべき基準及び参酌すべき基準を踏まえて必要な事項を定めるもので、全5条及び附則から構成され、平成27年4月1日から施行するものであります。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(5)議案第29号について 

 本案は、石垣市子ども・子育て会議条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、石垣市自治基本条例との関連を示すため、第1条第2項として「この条例は、石垣市自治基本条例第25条の規定に基づき定めるものとする」を加え、公布の日から施行するものであります。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(6)議案第30号について 

 本案は、石垣市保育所における保育に関する条例を廃止する条例であります。

 本条例は、子ども・子育て支援新制度の施行に伴う児童福祉法の一部改正により、保育の実施基準を条例で定める必要がなくなったことから、廃止するものであります。なお、本条例に規定されていた事項で新制度施行後も引き続き必要な内容については、条例の新規制定及び一部改正において所要の整理を行うものであります。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(7)議案第31号について 

 本案は、石垣市子どものための教育・保育給付に関する利用者負担額を定める条例であります。

 本条例は、子ども・子育て支援新制度の施行に伴い子ども・子育て支援法の規定に基づき、利用者負担額及び利用者負担額の減免等について必要な事項を定めるもので、全4条及び附則から構成され、平成27年4月1日から施行するものであります。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(8)議案第32号について 

 本案は、石垣市保育所設置条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、子ども・子育て支援新制度の施行に伴う児童福祉法の一部改正及び子ども・子育て支援法の規定に基づき、題名を「石垣市保育所条例」に改めるとともに、保育所の設置及び入所の要件等について、所要の規定の追加・見直しを行い、平成27年4月1日から施行するものであります。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(9)議案第42号について 

 本案は、石垣市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、介護保険法及び省令の一部改正に伴い、「複合型サービス」の名称を「看護小規模多機能型居宅介護」に改称するなど、国の改正内容に準じて変更するため所要の規定の追加・見直しを行い、平成27年4月1日から施行するものであります。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(10)議案第43号について 

 本案は、石垣市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営に並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、介護保険法及び省令の一部改正に伴い、登録定員及び利用定員等について国の改正内容に準じて変更するため所要の規定の追加・見直しを行い、平成27年4月1日から施行するものであります。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

(11)議案第44号について 

 本案は、石垣市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例であります。

 本条例は、介護保険法の一部改正に伴い、介護保険法第115条の22第2項第1号等の規定に基づき、指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等について、国が定める従うべき基準及び参酌すべき基準を踏まえて必要な事項を定めるもので、全35条及び附則から構成され、平成27年4月1日から施行するものであります。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(12)議案第12号について 

 本案は、平成27年度石垣市国民健康保険事業特別会計予算であります。

 本予算の総額は、歳入歳出それぞれ81億4,755万1,000円と定めるとともに、一時借入金の借入最高額を20億円と定めるものであります。なお、前年度当初予算と比較すると13億1,363万5,000円の大幅な増額となっております。これは、保険財政共同安定事業の見直しにより事業の対象となる医療費が全ての医療費に拡大されたことが主な要因となっています。

 その主な内容は、歳入において、1款国民健康保険税で11億2,765万1,000円、4款国庫支出金で27億2,096万1,000円、5款療養給付費等交付金で2億461万5,000円、6款前期高齢者交付金で8,155万1,000円、7款県支出で5億7,609万4,000円、9款共同事業交付金で20億5,249万4,000円、11款繰入金で一般会計繰入金等として7億8,413万5,000円、13款諸収入で5億9,763万7,000円をそれぞれ計上してあります。

 一方、歳出においては、1款総務費で1億7,095万円、2款保険給付費で40億3,181万3,000円、3款後期高齢者支援金等9億5,025万9,000円、6款介護納付金で5億2,889万5,000円、7款共同事業拠出金で23億1,653万7,000円、8款保健事業費で6,714万2,000円、11款諸支出金で6,642万7,000円をそれぞれ計上してあります。

 なお、一般会計繰入金のうち1億5,000万円を法定外繰入金として保険給付費等に充当するとともに、諸収入において歳入欠陥補填収入として5億8,286万1,000円を定めることで予算上の収支の均衡を図っております。

 以上が本予算の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(13)議案第13号について 

 本案は、平成27年度石垣市後期高齢者医療特別会計予算であります。

 本予算の総額は、歳入歳出それぞれ3億895万5,000円と定めるものであります。なお、前年度当初予算と比較すると2,406万9,000円の増額となっております。

 その主な内容は、歳入において、1款後期高齢者医療保険料で1億8,654万円、3款繰入金で一般会計繰入金として1億2,215万8,000円をそれぞれ計上してあります。

 一方、歳出においては、1款総務費で1,103万4,000円、2款後期高齢者医療広域連合納付金で2億9,586万6,000円、3款諸支出金で105万5,000円をそれぞれ計上してあります。

 以上が本予算の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

(14)議案第14号について 

 本案は、平成27年度石垣市介護保険事業特別会計予算であります。

 本予算の総額は、歳入歳出それぞれ39億6,782万円と定めるとともに、一時借入金の借入最高額を1億円と定めるものであります。なお、前年度当初予算と比較すると3億3,551万2,000円の増額となっております。

 その主な内容は、歳入において、1款保険料で6億5,983万7,000円、3款国庫支出金で10億8,108万8,000円、4款支払い基金交付金で10億4,768万2,000円、5款県支出金で5億4,530万8,000円、7款繰入金で一般会計繰入金等として6億1,905万8,000円、9款諸収入で1,462万3,000円をそれぞれ計上してあります。

 一方、歳出においては、1款総務費で総務管理費及び認定審査会費等として1億2,713万1,000円、2款保険給付費で介護給付費及び予防サービス給付費等として37億2,459万9,000円、4款地域支援事業費で介護予防事業費及び包括的支援事業・任意事業費として1億1,355万6,000円をそれぞれ計上してあります。

 以上が本予算の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(15)議案第15号について 

 本案は、平成27年度石垣市農業集落排水事業特別会計予算であります。

 本予算の総額は、歳入歳出それぞれ8,116万円と定めるとともに、一時借入金の借入最高額を2,000万円と定めるものであります。なお、前年度当初予算と比較すると3,494万1,000円の減額となっております。

 その主な内容は、歳入において、1款使用料及び手数料で下水道使用料等として1,055万2,000円、2款県支出金で事業費に対する補助金として225万円、4款繰入金で一般会計繰入金等として6,556万7,000円、6款諸収入で太陽光発電売電料等として278万8,000円をそれぞれ計上してあります。

 一方、歳出においては、1款総務費で施設管理費等として4,187万5,000円、2款建設費で下水道接続促進事業補助金として450万円、3款公債費で公営企業債の償還金等として3,378万5,000円をそれぞれ計上してあります。

 以上が本予算の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上、報告をいたします。よろしくお願いいたします。



○議長(知念辰憲君) ただいまの委員長報告に対する質疑を許します。

             〔(質疑なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) 質疑を終結します。

 お諮りいたします。本15件について、経済民生委員会委員長の審査報告どおり、原案のとおり可決することにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、議案第20号、議案第26号、議案第27号、議案第28号、議案第29号、議案第30号、議案第31号、議案第32号、議案第42号、議案第43号、議案第44号、議案第12号、議案第13号、議案第14号、議案第15号、以上15件については、それぞれ原案のとおり可決されました。

 次に、日程第23、議案第21号新たに生じた土地の確認について。日程第24、議案第22号町の区域の変更について。日程第25、議案第23号市道の一部廃止について。日程第26、議案第24号市道の認定について。日程第27、議案第33号石垣市景観地区条例の一部を改正する条例。日程第28、議案第34号石垣市自然環境保全条例の一部を改正する条例。日程第29、議案第35号石垣市住区基幹公園条例の一部を改正する条例。日程第30、議案第36号石垣市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例。日程第31、議案第37号石垣市水道事業給水条例の一部を改正する条例。日程第32、議案第16号平成27年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計予算。日程第33、議案第17号平成27年度石垣市港湾事業特別会計予算。日程第34、議案第18号平成27年度石垣市公共下水道事業特別会計予算。日程第35、議案第19号平成27年度石垣市水道事業会計予算。以上13件を一括議題とし、建設土木委員会委員長の審査報告を求めます。建設土木委員会委員長、砥板芳行君。



◎建設土木委員会委員長(砥板芳行君) 委員会審査報告。

              委 員 会 審 査 報 告 書 

 本委員会に付託となりました事件に関し、慎重審査の結果、下記のとおり決定したので会議規則第39条の規定により報告いたします。

                     記

(1)議案第21号について 

 本件は、新たに生じた土地の確認についてであります。

 対象となる土地は、石垣港港湾改修事業(直轄事業)に伴い、石垣市美崎町1番地及び浜崎町1丁目1番地から3丁目5番地に至る沖合の公有水面埋立地で、地積は6万2,658.17平方メートルであります。

 以上が本件の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本件については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(2)議案第22号について 

 本件は、町の区域の変更についてであります。

 これは、議案第21号で石垣市美崎町1番地及び浜崎町1丁目1番地から3丁目5番地に至る沖合の公有水面に新たに生じた土地6万2,658.17平方メートルを南ぬ浜町に編入し、区域を変更するものであります。

 以上が本件の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本件については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(3)議案第23号について 

 本件は、市道の一部廃止についてであります。

 その主な内容は、当該道路は久宇良横4号線で、民間事業者等の開発行為に伴い市道の一部を廃止するもので、起点を字平久保234番301、終点を同234番322から同234番251とし、幅員を4.4メートルから5.3メートルに、延長を589.3メートルから452.8メートルにするものであります。

 以上が本件の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本件については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(4)議案第24号について 

 本件は、市道の認定についてであります。

 当該道路は、野呂水2号線で起点を字新川1360番12、終点を同1134番15とし、平均幅員14.4メートル、延長1,080メートルの道路であります。

 以上が本件の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本件については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(5)議案第33号について 

 本案は、石垣市景観地区条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、石垣市自治基本条例との関連により、第1条中「目的とする」を「目的とし、石垣市自治基本条例第32条の規定に基づき定めるものとする」に改めるものであります。

 以上が本条例の主な概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(6)議案第34号について 

 本案は、石垣市自然環境保全条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正の主な内容は、届け出となる開発行為等を明確にするため、開発行為の定義を都市計画法における定義に改めるとともに、開発行為等の定義を追加し、また、届け出対象となる行為面積を一部改め、その他文言等の所要の整理を行い、平成27年4月1日から施行するものであります。

 以上が本条例の主な概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(7)議案第35号について 

 本案は、石垣市住区基幹公園条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、土地区画整理事業法第106条第2項及び石垣市公有財産規則第10条の規定に基づく施設管理者移管のため、同条例の第1条第2項の表にアップル公園(字登野城905番2)並びにパイナップル公園(字登野城629番1)の名称及び位置を挿入するものであります。

 以上が本条例の主な概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(8)議案第36号について 

 本案は、石垣市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、三川第二市営住宅並びに八島町第二市営住宅の施設整備完了に伴い、同条例の別表1中に同団地の名称及び位置を、別表2中に同駐車場の名称及び位置を挿入するものであります。

 以上が本条例の主な概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(9)議案第37号について 

 本案は、石垣市水道事業給水条例の一部を改正する条例についてであります。

 今回の改正は、水道料金等を納付期限内に納付しない者に対し、督促状を発する際に督促手数料を徴収するため、同条例の第38条に「徴収並びに督促に関する手続及び費用については、第54条の規定により管理者が定める。」ことを追加し、平成27年4月1日から施行するものであります。

 以上が本条例の主な概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(10)議案第16号について 

 本案は、平成27年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計予算であります。

 本予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億6,850万7,000円と定めるとともに、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入最高額を6,820万円と定めるものであります。

 その主な内容は、歳入において、1款保留地処分金で1,748万7,000円、3款繰入金で一般会計並びに登野城地区土地区画整理事業基金からの繰入金8,267万2,000円、6款市債で登野城地区土地区画整理事業債の6,820万円をそれぞれ計上しております。

 一方、歳出においては、1款総務費で一般管理費の265万8,000円、2款土地区画整理事業費1億6,435万2,000円、4款公債費49万7,000円、5款予備費で100万円をそれぞれ計上してあります。

 以上が本予算の主な概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

(11)議案第17号について 

 本案は、平成27年度石垣市港湾事業特別会計予算であります。

 本予算の総額は、歳入歳出それぞれ19億4,105万5,000円と定めるとともに、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入最高額を6億2,400万円と定めるものであります。

 その主な内容は、歳入において、1款使用料及び手数料で、係船料、埠頭通過料、ターミナルビル使用料、駐車場使用料等の2億8,923万7,000円、2款国庫支出金で1億8,027万5,000円、3款県支出金で3億480万1,000円、4款財産収入で危険物取扱施設用地売り払い金並びに美崎町貸地料等の7億3,005万8,000円、5款繰入金で一般会計繰入金等の1億9,677万3,000円、7款諸収入で1,470万9,000円、8款市債で2億2,520万1,000円をそれぞれ計上してあります。

 一方、歳出においては、1款総務費で人件費、各種委託料等の8億7,513万2,000円、2款港湾整備事業費で1億600万3,000円、3款環境整備事業費で2億10万円、4款港湾建設改良費で4億5,547万円、6款公債費で2億9,934万7,000円、予備費で500万円をそれぞれ計上してあります。

 本年度の主な事業は、南ぬ浜町整備工事(人工ビーチ及び背後緑地)、サザンゲートブリッジ塗装工事、離島フェリー埠頭整備工事等を予定しております。

 以上が本予算の主な概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(12)議案第18号について 

 本案は、平成27年度石垣市公共下水道事業特別会計予算であります。

 本予算の総額は、歳入歳出それぞれ17億5,170万5,000円と定めるとともに、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入最高額を6億円と定めてあります。

 その主な内容は、歳入において、1款使用料及び手数料で8,983万3,000円、2款国庫支出金で2億4,700万円、3款県支出金で5億480万円、5款繰入金で一般会計繰入金等の6億6,244万3,000円、7款諸収入で602万7,000円、8款市債で公共下水道事業債の2億4,160万円をそれぞれ計上してあります。

 一方、歳出においては、1款総務費で人件費及び各種委託料等の1億6,998万7,000円、2款建設費で汚水管渠布設工事費等の12億7,324万6,000円、3款公債費で3億647万2,000円、4款予備費で200万円をそれぞれ計上してあります。

 以上が本予算の主な概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

(13)議案第19号について 

 本案は、平成27年度石垣市水道事業会計予算であります。

 本予算は、収益的収入予算の予定額を18億9,635万8,000円、支出の予定額を17億5,721万8,000円と定めるとともに、資本的収入の予定額を1億9,244万1,000円、支出の予定額を8億7,942万8,000円と定めるものであります。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額6億8,698万7,000円は、消費税資本的収支調整額1,236万4,000円、減債積立金1億8,000万円、建設改良積立金9,000万円及び損益勘定留保資金4億462万3,000円で補填するものであります。

 その主な内容は、まず収益的収入においては、第1款上水道事業収益15億7,456万2,000円、第2款簡易水道事業収益3億2,179万6,000円を計上してありますが、これは給水収益、下水道使用料徴収業務委託料、一般会計繰入金等が主なものとなっております。

 一方、収益的支出においては、第1款上水道事業費に14億4,715万円、第2款簡易水道事業費に3億1,006万8,000円を計上してありますが、これは職員給与費、各施設の維持管理費である委託費、動力費及び修繕費並びに減価償却費等が主なものとなっております。

 また、資本的収入は、一般会計繰入金9,396万3,000円、国庫補助金9,845万3,000円等が主なものとなっております。

 一方、資本的支出は、上水道建設改良費1億4,127万円、簡易水道建設改良費1億2,679万7,000円、企業債償還金6億636万1,000円、予備費500万円等であります。

 なお、本年度の主な事業は、真栄里及び浜崎町地区並びに南ぬ島石垣空港周辺の排水管布設工事、野底浄水場電気機械設備更新工事等を予定しております。

 以上が本予算の主な概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 以上、報告いたします。



○議長(知念辰憲君) ただいまの委員長報告に対する質疑を許します。

             〔(質疑なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) 質疑を終結します。

 お諮りいたします。本13件について、建設土木委員会委員長の審査報告どおり、原案のとおり可決することにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、議案第21号、議案第22号、議案第23号、議案第24号、議案第33号、議案第34号、議案第35号、議案第36号、議案第37号、議案第16号、議案第17号、議案第18号、議案第19号、以上13件については、それぞれ原案のとおり可決されました。

 次に、日程第36、議員提出議案第5号スカイマーク株式会社の「南ぬ島石垣空港と那覇空港」を結ぶ路線の早期復活を求める要請決議を議題とし、提案者の説明を求めます。友寄永三君。



◎5番(友寄永三君) こんにちは。議員提出議案第5号スカイマーク株式会社の「南ぬ島石垣空港と那覇空港」を結ぶ路線の早期復活を求める要請決議。

 このことについて、石垣市議会会議規則第14条の規定により提出いたします。平成27年3月16日。

 提出者、友寄永三、賛成者は議運の皆様です。石垣市議会議長知念辰憲殿。

 理由、スカイマーク株式会社の「南ぬ島石垣空港と那覇空港」を結ぶ路線の早期復活を求めるため。

 スカイマーク株式会社の「南ぬ島石垣空港と那覇空港」を結ぶ路線の早期復活を求める要請決議。

 離島県である本市において、離島航空路線は住民の生活路線としての役割に加え、観光産業や農林水産業など離島の産業振興を図る上で極めて重要な交通ネットワークでありますが、割高な航空運賃の低減が長年の課題となっておりました。

 平成25年7月よりスカイマーク株式会社の南ぬ島石垣空港と那覇空港を結ぶ路線への就航により、既存の航空会社も含めて運賃の低減が実現しました。

 その結果、八重山郡民のみならず域外からの観光客も大幅に増加し、昨年の観光客数は112万人に達し、離島振興に大きく寄与していることは多くの八重山郡民、航空利用者も認めるところであります。

 そうした中、このたびの貴社の民事再生法の申請並びに石垣路線からの運休方針が示されたことに対し、八重山郡民はもとより、観光客に大きな不安が広がっております。

 よって、当市議会は、貴社の運休・撤退により八重山郡民並びに観光客の航空交通利用における負担増大の可能性があり観光産業等市民生活や地域経済に多大な損失と影響を及ぼすことが明らかでありますので、貴社の南ぬ島石垣空港と那覇空港を結ぶ路線の早期復活を切に要請するものであります。

 以上、決議する。平成27年3月16日、石垣市議会。宛先、スカイマーク株式会社。



○議長(知念辰憲君) 説明は終わりました。

 質疑を許します。小底嗣洋君。休憩ですか。

             〔(休憩してください)という小底嗣洋議員〕

 休憩します。

                                休 憩 午前11時16分

                                再 開 午前11時19分



○議長(知念辰憲君) 再開します。

 質疑を終結します。

 お諮りいたします。本案について、可決することにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第5号については可決されました。

 次に、日程第37、議員提出議案第6号新県立八重山病院建設に係る工事の地元八重山郡内企業への分離分割最優先完全発注に関する要請決議を議題とし、提案者の説明を求めます。箕底用一君。



◎7番(箕底用一君) 議員提出議案第6号新県立八重山病院建設に係る工事の地元八重山郡内企業への分離分割最優先完全発注に関する要請決議。

 このことについて、石垣市議会会議規則第14条の規定により提出いたします。

 賛成者の皆さんは議運の皆さんです。

 理由、新県立八重山病院建設工事における地元八重山郡内企業への最優先完全発注を求めるため。

 本市は、南ぬ島石垣空港開港以降、観光客の増加に伴い、観光関連産業持ち直しの兆しが見られ、基幹産業である建設業においても建設投資は増加傾向にあるものの、建設業者は受注競争が激化しており、経営環境は依然として厳しい状況にあります。

 さて、県立八重山病院は、関係各位のご尽力により2017年度の開院へ向けて着実に進捗しております。

 しかしながら、新県立八重山病院建設工事においては、建設工事が大型化し地元企業が受注できる範囲を超えてしまう可能性があり、地元企業が受注できない状態に陥ってしまうことが最大の懸念材料となっております。地元企業によって建設されて、初めて公共投資の本来の目的をなすものであり、建設産業界が厳しい状況にある中、地域経済活性化を図るためにも地元企業の工事受注が必要不可欠となっております。

 よって、当市議会は、「新県立八重山病院」建設に係る工事の地元八重山郡内企業(八重山建設産業団体連合会会員)への最優先完全発注に向け、下記事項の実現に特段のご高配を賜りますよう強く要請いたします。

 記。1、新県立八重山病院建設工事に係る土木建築工事、造園工事、設備工事及び建設資材購入等については、地元八重山郡内企業(八重山建設産業団体連合会会員)への分離分割最優先完全発注すること。

 2、新県立八重山病院建設に伴い、建築工事、電気設備工事及び機械設備工事、その他附帯工事を工事別に分割し、地元企業へ発注すること。

 以上、決議する。

 宛先、沖縄県知事、沖縄県議会議長、地元選出県議会議員であります。



○議長(知念辰憲君) 説明は終わりました。

 質疑を許します。

             〔(質疑なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) 質疑を終結します。

 お諮りいたします。本案について、可決することにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第6号については可決されました。

 次に、日程第38、議員提出議案第7号石垣・那覇間航空路線運賃及び料金に関する要請決議を議題とし、提案者の説明を求めます。砥板芳行君。



◎10番(砥板芳行君) 議員提出議案第7号石垣・那覇間航空路線運賃及び料金に関する要請決議。

 このことについて、石垣市議会会議規則第14条の規定により提出いたします。

 理由、石垣・那覇間航空路線運賃及び料金に関する航空法第105条第2項の規定による運用の取り扱いに配慮を求めるため。

 決議文読み上げます。

 石垣島から沖縄本島に渡る唯一の生活路線である公共交通は航空路線のみであり、市民生活や地域経済における航空運賃負担は他の地域に比べ突出して大きい。

 平成25年3月7日、石垣市民待望の本格的なジェット化空港「南ぬ島石垣空港」が開港したことにより、既存の航空会社よりも低額の運賃及び料金で航空運送事業を行うスカイマーク株式会社が、南ぬ島石垣空港と那覇空港間の路線に新規就航を行い、既存の航空会社も割引運賃等を大幅に引き下げ、同路線利用者の運賃負担は大幅に低減化が図られた。

 また、昨年12月19日には、新興航空会社であるスカイネットアジア航空株式会社(ソラシドエア)が、本年3月29日より当該路線に既存の全日本空輸株式会社との共同運航という形態で新規就航を行うことが発表され、当該路線は、これまで以上に航空利用者がニーズに合わせ航空会社と運賃及び料金サービスを選択することが可能となり利便性が向上した。

 このような中、経営が窮境状態にあったスカイマーク株式会社は、本年1月28日、経営を再建するため民事再生法の適用を申請し、経営再建の一環で、当該路線から3月29日より、撤退することを決定した。

 同社の路線撤退後の既存の航空会社及び共同運航での新規就航を行う航空会社は、本年6月30日までの運賃及び料金体系を現行の運賃及び料金制度に近い運賃及び料金設定としているが、航空利用者の利便性を保護する目的で規定されている航空法第105条第2項の運用により、当該路線に既に就航している航空会社の利用者のニーズに合わせた運賃及び料金設定が制限を受けている状況にある。

 よって当市議会は、地域の実情及び当該路線の特殊性に鑑み、航空法第105条第2項の規定に基づく運用の取り扱いに配慮するよう強く要請する。

 以上、決議する。

 宛先は国土交通大臣でございます。

 ここで、文章中にあります航空法第105条第2項の補足説明をさせていただきます。

 これは、航空会社の運賃及び料金を定める、航空法の中に運賃及び料金を第105条で定めております。

 その中の条文ですが、航空運送事業者は料金及び貨物の運賃及び料金を定め、あらかじめ国土交通大臣に届けなければならない。これを変更しようとするときも同様である。

 国土交通大臣は、前項の運賃または料金が次の各号いずれかに該当すると認めるときは、当該航空運送事業者に対し、期限を定めてその運賃または料金を変更することを命ずることができるとあります。

 その中に、第2項1号、2号、3号ありまして、今回のケースにおいては、第3号の他の航空運送事業者との間に、不当な競争を引き起こすこととなるおそれがあるものであるときとありまして、この改正航空法について、平成12年及び平成15年に、当時の運輸省航空局長が、この第105条第2項の規定に基づく運賃及び料金の変更命令に係る取り扱いについて詳細に通達をしております。

 その中でこの3号については、個別的、具体的な事例ごとに判断されるものであるが、基本的には、当該路線における路線の特性、当該航空事業者の市場の支配力、運賃または料金の設定の意図、運賃または料金の継続性、当該運賃または料金の設定が他の航空運送事業者に与える影響とありまして、それらを勘案して総合的に判断するとあります。

 その中で、例えばといたしまして、略奪的運賃または料金という個別ケースに関して、当該路線においてプライスリーダー、この路線の価格決定をできる指導的企業になりますが、プライスリーダーたる一定の市場支配力を有する航空運送事業者の路線に他の航空運送事業者が新たに参入し、価格競争を開始した場合において、市場支配力を有する航空運送事業者が当該市場支配力の維持等を目的として、不当に運賃または料金の額を引き下げる場合、当該市場の将来における市場支配力の獲得等を目的として、他の航空運送事業者に対し、不当に運賃または料金を引き下げる場合という、このような内容で、さらに個別具体的に航空会社等に指示等が出されている模様でございます。

 今回、石垣空港のスカイマークの撤退に伴うことと、ソラシドエアの新規参入というのがくしくも同じ日に重なってしまいまして、この条文が目的とするものが、那覇・石垣路線に関しては逆のケースとなってしまい、ソラシドエアが全日空の既存の路線2往復4便を減便する中で、ソラシドエアが共同運航という形で2往復4便参入をしてくる。このことによって、図らずともソラシドエアの航空運賃がこの同路線の価格のベンチマークになっている、水準点になっているということが現在の大きな問題でございます。

 スカイマーク参入以降、航空会社、1座席1キロ運ぶこのコスト、ユニットコストと言うそうですが、このユニットコストの低減化には相当努力をしており、現在の運用でいけば、ソラシドエアの価格に準じなければならない。

 しかしながら、スカイマークが参入した後、航空会社はさらなる努力をしているので、さらに自由な価格設定が行うことによって、利用者の利便性が向上するものと思われます。

 以上、補足説明をさせていただきました。よろしくお願いいたします。



○議長(知念辰憲君) 説明は終わりました。

 質疑を許します。

             〔(質疑なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) 質疑を終結します。

 お諮りいたします。本案について、可決することにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第7号については可決されました。

 次に、日程第39、議員提出議案第8号議員の派遣についてを議題とし、提案者の説明を求めます。砥板芳行君。



◎10番(砥板芳行君) 議員提出議案第8号議員の派遣について。このことについて、石垣市議会会議規則第14条の規定により提出いたします。

 賛成者は議運の皆さんでございます。

 理由、今議会で議決された要請事項について直訴するため。

 下記により派遣することを承認されますよう、石垣市議会会議規則第167条の規定により議会の議決を求めます。

 目的、今議会で議決された事項について要請行動をするため。

 要請先、国(関係省庁)、沖縄県知事、沖縄県議会議長、スカイマーク株式会社。

 要請事項、石垣・那覇間航空路線運賃及び料金に関する要請決議。スカイマーク株式会社の「南ぬ島石垣空港と那覇空港」を結ぶ路線の早期復活を求める要請決議。新県立八重山病院建設に係る工事の地元八重山郡内企業への分離分割最優先完全発注に関する要請決議となっております。

 期間は2泊3日、人員は6人以内となっております。



○議長(知念辰憲君) 説明は終わりました。質疑を許します。仲間 均君。



◆1番(仲間均君) さきに伊良皆議員が提案した尖閣諸島魚釣島の遺骨収集の件に関して要請決議、直訴するということで、前にたしか議決されていると思うんですけども、これも一緒に上陸の要請、直訴したいなと、こう思っているんですが、議長、前の要請決議が生きてるんですかね。直訴……。



○議長(知念辰憲君) 委員長に質疑ですか、それとも……。



◆1番(仲間均君) それで、提案者にお願いするんですが、この件も追加をして、ぜひ同じ直訴するんだったらお願いをしたいなと、このように思っておりますが、提案者の考え方お願いします。



○議長(知念辰憲君) 砥板芳行君。



◎10番(砥板芳行君) ただいまの仲間議員の質問でございますが、尖閣諸島の戦時遭難者遺骨収集慰霊祭の開催につきましては、9月の定例会で議決……。

             〔(慰霊祭じゃない、遺骨収集)という仲間 均議員〕

 遺骨収集、済みません。に関しては、9月の定例会で可決され、その際に、議員派遣、直訴まで可決をして、直訴の予定をしておりましたが、その後、衆議院の解散総選挙となりまして、派遣が現在に至るまで実現しないわけでございますが、議運の中では、文章等はもう既に関係省庁に送付しているので、今回の直訴には、この件はよろしいのではないかというような意見が相次ぎました。

 それを受けまして、この決議を要請されました提案者のほうに確認をしたところ、今回の直訴では、これは除いてもいいですよという了解を得られましたので、今回、外させていただいております。

             〔(わかった)という仲間 均議員〕



○議長(知念辰憲君) 伊良皆高信君。



◆20番(伊良皆高信君) ただいまの議員派遣の要請についてでありますが、確かに、私は提案者として了承はいたしました。

 しかし、ここで申し上げたいのは、私が提案した思いは全然伝わっていないということが1つ。戦後70年を前にして、いまだ七十数名余の方々の遺骨が、あの尖閣の魚釣島の地でまだ眠っていらっしゃると。あやくも、一日でも早く、この遺骨を収集して、ご遺族の皆さん方に返すというのが、今生きてる我々の責任じゃないですか。これは、領土問題とかそういう問題じゃない。人の心としての問題だよ。野党の皆さん方、強く要望したい。

 ですから、混乱はさせたくないという意味で取り下げました。いいですよと。

 しかし、もう一つ言いたいのは、こういう前例をつくってしまうと、二度とそうした案件に関して要請活動はできませんよということです。強く申し上げまして、私の質問を終わります。



○議長(知念辰憲君) 質疑を許します。

             〔(質疑なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) 質疑を終結します。

 お諮りいたします。本件について可決することにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第8号については可決されました。

 なお、人選及び日程、その他必要な事項については、議長に一任させていただきたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、議員派遣の人選及び日程、その他必要な事項については、議長に一任されました。

 次に、日程第40、議員提出議案第9号飲酒運転撲滅宣言決議を議題とし、提案者の説明を求めます。長山家康君。



◎4番(長山家康君) 議員提出議案第9号飲酒運転撲滅宣言決議。このことについて、石垣市議会会議規則第14条の規定により提出いたします。

 賛成者は議運の皆様でございます。

 理由、悪質な飲酒運転を撲滅し、安全で安心して暮らせる社会を実現するためであります。

 交通事故のない安全で安心して暮らせる社会の実現は、私たち石垣市民の切実な願いであり、長年の課題である。

 飲酒運転による交通事故は、危険運転致死傷罪の新設や飲酒運転の厳罰化等を背景に、全国的には減少傾向にあるものの、依然として悪質な飲酒運転による人身事故は後を絶たない状況である。

 沖縄県の交通人身事故のうち飲酒に絡む事故の割合は、統計を取り始めた1990年から現在まで24年連続全国ワースト1位であり、石垣市では県内11市の中で、人口1,000人当たりの飲酒運転検挙者数がワースト1位である。毎週1名から2名が飲酒運転で検挙されるという異常事態である。

 こうした状況下において、過日、教職員が加害者となる飲酒運転死亡事故が発生し、未来ある若い命が奪われ、市民に大きな衝撃と深い悲しみをもたらし、飲酒運転の恐ろしさを改めて痛感させた。こうした状況は、市民全体の飲酒運転撲滅への意識が希薄化していることに起因している。

 この異常事態を解消し、二度と悲劇を繰り返さないためにも、市民とともに飲酒運転を撲滅する決意を新たにする必要がある。

 よって本市議会は、石垣市及び関係機関、団体、家庭、職場、地域において、「飲酒運転は絶対にしない・させない・許さない」という意識改革を早急に進め、諸施策を強力に実践することを誓い、ここに宣言する。

 以上、決議する。平成27年3月16日、石垣市議会。



○議長(知念辰憲君) 説明は終わりました。質疑を許します。

             〔(休憩、休憩を求めます)という者あり〕

 休憩します。

                                休 憩 午前11時41分

                                再 開 午前11時42分



○議長(知念辰憲君) 再開します。

 質疑を終結します。

 お諮りいたします。本案について可決することにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第9号飲酒運転撲滅宣言決議については可決されました。

 次に、日程第41、議員提出議案第10号特別委員会の設置についてを議題とし、提案者の説明を求めます。箕底用一君。



◎7番(箕底用一君) 議員提出議案第10号特別委員会の設置について。このことについて、石垣市議会会議規則第14条の規定により提出いたします。

 賛成者の皆さんは、議会運営委員会の皆さんでございます。

 理由、本市の観光振興に係る全てを調査・研究し、関係機関と連携を図り、本市の観光行政に反映させるため。

 特別委員会の設置について。

 1、特別委員会の名称、石垣市観光振興対策特別委員会。

 2、特別委員会の任務、本特別委員会は、沖縄県観光振興条例に基づき、本市の観光振興に係る全てを調査・研究し、関係機関と連携を図り、本市の観光行政に反映させる。

 3、調査権限、本議会は、上記2.に掲げる事項の調査を行わせるため、地方自治法第98条第1項の権限を上記特別委員会に委任する。

 4、期間、審査終了まで。なお、地方自治法第109条第8項の規定により、閉会中も審査することとする。

 5、特別委員会の人数、本特別委員会委員の数は10人とする。

 以上です。



○議長(知念辰憲君) 説明は終わりました。質疑を許します。

             〔(質疑なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件について可決することにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第10号特別委員会の設置については可決されました。

 暫時休憩します。

                                休 憩 午前11時45分

                                再 開 午前11時57分



○議長(知念辰憲君) 再開いたします。

 ただいま設置されました石垣市観光振興対策特別委員会委員については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名いたします。小底嗣洋君、前津 究君、福島英光君、崎枝純夫君、長山家康君、今村重治君、我喜屋隆次君、石垣涼子さん、仲嶺忠師君、箕底用一君、以上10名であります。

 それでは、正副委員長互選のため、議長において石垣市観光振興対策特別委員会を招集いたします。正副委員長互選の上、ご報告を願います。

 暫時休憩します。

                                休 憩 午前11時58分

                                再 開 午前11時58分



○議長(知念辰憲君) 再開いたします。

 ただいま石垣市観光振興対策特別委員会正副委員長の互選の結果の報告がありますので、ご報告いたします。同特別委員会委員長に箕底用一君、副委員長に我喜屋隆次君、以上のとおり報告いたします。

 次に、日程第42、閉会中の所管事務調査の申し入れについてを議題とします。

 本件については、お配りしてあるプリントのとおり、三常任委員会の委員長より申し入れであります。本件について承認することにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、閉会中の所管事務調査の申し入れについては承認されました。

 この際、お諮りいたします。市長より、教育委員会委員の任命についての議案が提出されております。本件について、本日の日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、同意第1号教育委員会の委員の任命については、日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

 暫時休憩いたします。

                                休 憩 午前11時59分

                                再 開 午後 零時01分



○議長(知念辰憲君) 再開いたします。

 日程第43、同意第1号教育委員会委員の任命についてを議題とし、提案者の説明を求めます。市長、中山義隆君。



◎市長(中山義隆君) ご説明申し上げます。同意第1号は、教育委員会委員の任命についてでございます。

 本件については、本市の教育委員会委員について、新たに委員の任命を行うため、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。

 今回新たに任命する者は、氏名、新田健夫。

 なお、住所、生年月日、履歴等については、資料に記載されているとおりでございます。ご同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(知念辰憲君) 説明は終わりました。

 お諮りいたします。本件については人事案件でありますので、質疑を省略し、即決することにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。

 さらにお諮りいたします。本件について同意することにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、同意第1号教育委員会委員の任命については同意されました。

 以上で、本定例会における議事は全て終了いたしました。

 この際、お諮りいたします。本定例会で議決になりました事件の字句、数字、その他整理を要する事項については、会議規則第43条の規定に基づき、議長に委任させていただきたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、本定例会の議決になりました事件の字句、数字、その他整理を要する事項については議長に委任されました。

 暫時休憩をいたします。

                                休 憩 午後 零時03分

                                再 開 午後 零時30分



○議長(知念辰憲君) 再開いたします。

 最後に、市長より挨拶の申し入れがありますので、これを許します。市長、中山義隆君。



◎市長(中山義隆君) 平成27年第3回石垣市議会定例会の閉会に当たりまして、ご挨拶を申し上げます。

 去る2月24日に開会いたしました定例市議会は、本日に至る21日間にわたり、本会議並びに各常任委員会を通じて、活発なご議論と慎重審議をいただきました。

 議員各位におかれましては、連日のご精励に対し、心より敬意と感謝を申し上げます。おかげをもちまして、本日をもって平成27年度当初予算を初め、条例の制定、改正など、重要案件並びに平成26年度補正予算につきましても、熱心にご審議をいただきました。その結果、全ての議案を可決していただき、また教育委員会委員につきましても同意を賜り、まことにありがとうございます。厚く御礼申し上げます。

 本会議並びに常任委員会等の審議を通じ、賜りました貴重なご意見やご提言等につきましては、真摯に受けとめ、今後の市政運営において十分留意し、誠心誠意努めてまいる所存でございます。

 さて、南ぬ島石垣空港を開港し、2年が経過しました。昨年の観光入客は、111万6,000人と大きく伸び、本市のリーディング産業である観光業が本市経済を強く牽引し、農業等、他の産業にも波及し、大きな経済効果をもたらしております。

 また、アジアに開かれた南の玄関口として、外国人観光客数も大きく伸びてまいりました。今後とも本市の地理的優位性を生かし、また、特色あるすぐれた観光地として、より一層質の高い観光地づくりに邁進してまいります。

 一方、スカイマーク社の石垣・那覇路線の運休は、航空運賃の高騰を招きかねず、離島である本市の市民生活や観光に大きな影響を及ぼしかねないことから、航空運賃の低廉化の維持に向け、議員の皆様とも連携を図りながら、航空会社及び国、県へ強く働きかけてまいります。

 平成27年度は、いよいよ子ども・子育て支援新制度がスタートいたします。マニフェストでも約束をいたしました待機児童ゼロに向け、子育て環境の整備・充実に向け、全力で取り組んでまいります。

 また、沖縄振興特別推進交付金の活用につきましては、本市の振興発展に向け、実情に即した施策の効果的な実施に向け、迅速かつ適正な事業執行に取り組んでまいります。

 現下の経済情勢、変化に伴い、本市を取り巻く環境も著しく変化をしてきました。国においては、地方創生事業が本格的に始動いたします。本市においても、将来を見据えた地域戦略を策定し、市民サービスの向上と生活の安定に向け、職員一丸となって取り組んでまいります。

 平成27年度は、登野城小学校校舎新増改築事業や新火葬場建設事業等、大規模な建設工事に着手いたします。空港開港後の新石垣市の経済状況は明るい兆しが見えてきたものの、財政事情はまだまだ厳しいものがあります。施政方針でもお示ししたとおり、市民の皆様の期待とご支援に応えるべく、日本一幸せあふれるまち石垣づくりに邁進し、施政方針に掲げた政策の実現に向け、市民とともにさらなる飛躍発展を期して市政運営に取り組んでまいりたいと考えております。

 平成26年度も、あと15日を残すのみとなりました。これまで幅広い知識と豊富な経験により、市民福祉の向上のために頑張ってこられました多くの職員が、定年等により退職いたします。退職される皆様には、長年にわたり、それぞれの分野において市民の皆様の声を聞き、全力を挙げて職務に精励していただきました。公務を離れましても、地域社会の一員として、地域の活性化に一役も二役も買っていただき、必ずや市政発展にご尽力いただけるものと確信をいたしております。

 陽春の候、議員各位におかれましては、何かとご多忙のことと存じますが、健康には十分留意されまして、何とぞ市政の運営にご尽力を賜りますようお願い申し上げまして、閉会に当たってのお礼のご挨拶とさせていただきます。まことにありがとうございました。お疲れさまでした。(拍手)



○議長(知念辰憲君) それでは、これをもちまして、平成27年第3回石垣市議会定例会を閉会いたします。お疲れさまでした。

                               閉 会 午後 零時35分