議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 石垣市

平成26年 12月 定例会(第8回) 12月11日−05号




平成26年 12月 定例会(第8回) − 12月11日−05号







平成26年 12月 定例会(第8回)





            平成26年第8回石垣市議会(定例会)
                 12月11日(木)
                   (5日目)
                               開 議 午前10時01分
                               散 会 午後 4時26分

 出 席 議 員
   ┌────┬────────────┬────┬────────────┐
   │番  号│   氏    名   │番  号│   氏    名   │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  1 │ 仲 間   均  君 │ 12 │ 福 島 英 光  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  2 │ 仲 嶺 忠 師  君 │ 13 │ 崎 枝 純 夫  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  3 │ 石 垣 涼 子  君 │ 14 │ 前 津   究  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  4 │ 長 山 家 康  君 │ 15 │ 宮 良   操  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  5 │ 友 寄 永 三  君 │ 16 │ 長 浜 信 夫  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  6 │ 東内原 とも子  君 │ 17 │ 井 上 美智子  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  7 │ 箕 底 用 一  君 │ 18 │ 小 底 嗣 洋  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  8 │ 石 垣   亨  君 │ 19 │ 今 村 重 治  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  9 │ 平 良 秀 之  君 │ 20 │ 伊良皆 高 信  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │ 10 │ 砥 板 芳 行  君 │ 21 │ 知 念 辰 憲  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │ 11 │ 我喜屋 隆 次  君 │ 22 │ 大 石 行 英  君 │
   └────┴────────────┴────┴────────────┘

 欠 席 議 員
  (な し)

1.地方自治法第121条の規定による出席者
  (2日に同じ)

1.議会事務局出席者
  局    長  松 原 秀 治 君     次    長  浦 崎 英 秀 君

  副 主 幹 兼  宮 良 八十八 君     庶 務 係 長  伊 盛 加壽美 君
  議事調査係長

  主    査  山 盛 心 山 君     主    事  仲 田 守 善 君

              議  事  日  程 (第5号)
┌─────┬───────────────────────────────────────┐
│ 日  程│           件              名            │
├─────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第  1│             一   般   質   問             │
└─────┴───────────────────────────────────────┘

              本日の会議に付した事件及び処理結果
┌─────┬───────┬───────────────────────────────┐
│件   名│ 氏   名 │       処 理 結 果( 質 問 事 項 )       │
├─────┼───────┼───────────────────────────────┤
│     │       │1.ゴルフ場建設問題について                 │
│     │       │ (1) 建設推進に関しての優先順位について           │
│     │       │ (2) ゴルフ協会との関係について               │
│     │ 仲間  均君│ (3) 公約不履行についての市長の責任の取り方について     │
│     │       │2.人事問題について                     │
│     │       │ (1) 副市長人事について                   │
│     │       │ (2) 人事案件に対する市長の発言について           │
│     ├───────┼───────────────────────────────┤
│     │       │1.労働環境について                     │
│     │ 長山 家康君│2.アベノミクスについて                   │
│     │       │3.今後の待遇向上に向けて                  │
│     ├───────┼───────────────────────────────┤
│ 一般質問│       │1.保育行政について                     │
│     │       │ (1) 平成27年度から始まる「子ども・子育て支援新制度」の  │
│     │       │   取り組みについて                    │
│     │       │  ?石垣市子ども・子育て支援会議の進捗状況について     │
│     │       │  ?公立幼稚園における午後の預かり保育の実施内容について  │
│     │東内原とも子君│  ?認定こども園への移行について              │
│     │       │  ?認可外保育施設等の認可化で何が変わってくるのか     │
│     │       │  ?子ども・子育て支援新制度を控えた来年度の組織体制につ  │
│     │       │   いて                          │
│     │       │2.教育行政について                     │
│     │       │ (1) 図書館の現状について                  │
│     │       │ (2) 移動図書館について                   │
└─────┴───────┴───────────────────────────────┘
┌─────┬───────┬───────────────────────────────┐
│件   名│ 氏   名 │       処 理 結 果( 質 問 事 項 )       │
├─────┼───────┼───────────────────────────────┤
│     │       │3.農業行政について                     │
│     │       │ (1) 石垣市のさとうきび生産振興対策について         │
│     │       │ (2) さとうきび増産基金事業による生産資材の補助事業につい  │
│     │       │   て(農薬・肥料)                    │
│     ├───────┼───────────────────────────────┤
│     │       │1.平和行政について                     │
│     │       │ (1) 普天間の辺野古移設断念の建白書に係る確認書について   │
│     │       │2.市政運営について                     │
│     │       │ (1) 石垣市自治基本条例について               │
│     │       │  ?本条例と石垣市福祉のまちづくり条例との関連について   │
│     │ 福島 英光君│  ?本条例の周知について                  │
│     │       │ (2) 行政改革について                    │
│     │       │  ?平成26年度石垣市行政評価結果報告書より        │
│     │       │3.福祉行政について                     │
│     │       │ (1) 障害福祉計画並びに障がい者福祉計画の進捗状況について  │
│ 一般質問│       │4.水道行政について                     │
│     │       │ (1) 観光入域客数の増加と水需要との関連について       │
│     ├───────┼───────────────────────────────┤
│     │       │1.新火葬場計画について                   │
│     │       │ (1) 規模・計画の中身が見えないと指摘されるが、周知と市民  │
│     │       │   意見をどう反映させるか。                │
│     │       │2.救急搬送について                     │
│     │       │ (1) 各地域への現場到着時間について             │
│     │       │ (2) 現場到着までどのようにしているか            │
│     │ 石垣  亨君│ (3) 近隣の人に場所を尋ねることについて           │
│     │       │ (4) 行政連絡員等を活用し独自の地図情報の必要性について   │
│     │       │ (5) 白保のような案内板をつくれないか            │
│     │       │3.旧空港跡地について                    │
│     │       │ (1) 現状と進捗状況について                 │
│     │       │ (2) 旧地主等に対する法的判断について            │
│     │       │ (3) 今後の課題点について                  │
└─────┴───────┴───────────────────────────────┘



            平成26年第8回石垣市議会(定例会)

                 12月11日(木)

                   (5日目)



                               開 議 午前10時01分





○議長(知念辰憲君) おはようございます。これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お配りしてあるプリントのとおり、昨日に引き続き一般質問となっております。

 それでは、本日最初の質問者、仲間 均君の質問を許します。仲間 均君。



◆1番(仲間均君) おはようございます。それでは、早速、一般質問に入ります。

 ゴルフ場建設問題についてお伺いをいたします。

 この問題については、前回9月定例会でも一般質問をいたしました。再度、取り上げることの重要性に鑑み、改めて中山市長のご見解を賜りたいと思います。

 今議会で、中山市長は、副市長人事に関連して、漢那前副市長を再上程するに当たり、これまで手がけてきた仕事があるので、あと2年間だけお願いをしたい、漢那副市長でないと市庁舎や水族館建設ができないとの趣旨で、与党だけでなく野党に協力を要請したのには憤りを覚えるばかりか、あきれるばかりであります。

 さて、漢那前副市長がいなければ市庁舎や水族館ができないのであれば、市長のリーダーシップや行政マンである部課長の能力のなさをみずから露呈するものであります。市長を誕生させた与党・自民党をほごにし、反対勢力の野党にすり寄る市長の情けないあの姿を議場において見るのは忍びがたく、情けないものであることを申し上げざるを得ないのであります。

 中山市長の漢那前副市長に対する思いは余りにもあからさまであり、何らかの思惑があるとしか思慮できません。疑惑を招きかねないことも申し上げ、新たな副市長人事を検討することを指摘しておきます。

 改めて思い起こすと、中山市長が漢那氏を副市長にしたいと相談を受けたときに、漢那氏は県の土木建築部長だったので、ゴルフ場建設を強力に推進できるとの趣旨で、私に同意を求めたことを思い出しました。

 さて、中山市長発言の中で、政策の優先順位がおぼろげながら浮き彫りとなっているのは、まずは市庁舎建設であり、水族館建設であるものと言わざるを得ません。しかしながら、市庁舎建設も水族館建設も時間をかけて、じっくりと検討すべきものであるものと考えます。最優先課題をお忘れではないでしょうか。

 もちろん、市民の安心・安全を最優先に、さまざまな行政課題に取り組むことは重要であり、政策課題として経済効果を醸し出し、市民に潤いを傾注させることも重要であります。

 市庁舎建設にしても、一義的には建設関連で潤いがありますが、継続的ではありません。水族館建設にしても、現状では莫大な管理運営費による収支バランスが悪いと言われ、建設そのものの見直しが求められております。

 その中で、中山市長が公約として掲げたゴルフ場建設については、莫大な予算がかかるにしても、多くの収入が見込めることから、経済効果は30億円とも40億円とも言われております。ゴルフ場建設の必要性や経済効果は改めて言うに及びませんが、なぜ中山市長がゴルフ場建設について最優先課題として取り組むことを目に見える形で明らかにしないかということであります。

 ゴルフ協会が、12月までにはゴルフ場建設位置を発表するとマスコミで明らかにしましたが、ある候補地について、中山市長との約束がほごにされ、暗礁に乗り上がっていると聞き及んでおります。市長が英断を下せば、市有地と隣接する企業用地を借り受けて、公営によるパブリックゴルフ場建設が可能との話を聞き及んでおりますが、市長が首を縦に振らないと関係者は嘆いております。

 民間企業がゴルフ場建設を計画することを推進することは当然ではありますが、中山市長の公約を実現するには、市有地を活用し、公営のパブリックゴルフ場を建設することではないでしょうか。

 そこで、お伺いをいたします。中山市長の政策課題として、最優先で取り組む課題にゴルフ場建設は優先順位として何番目で、どのようなスタンスを持って取り組むのか、市長みずから明確にご答弁を賜りたいと思います。

 次に、ゴルフ協会との関係については、今月中に候補地を絞り込み、発表するとのことですが、中山市長の判断を待って候補地を絞り込むとしており、市有地を利活用したパブリックゴルフ場建設について、市長の考えをお示し願いたいと存じます。

 また、ゴルフ場建設は中山市長の公約であり、第2回市長杯ゴルフ大会表彰式の席上で、政治生命をかけてゴルフ場建設をしますと発言しており、今月中に建設場所を発表できない場合において、公約不履行の責任のとり方について明確に答弁を賜ります。

 次に、人事問題についてお伺いをいたします。副市長人事についてであります。

 前回の9月定例会でも取り上げましたが、市長は皆さんのご指摘を踏まえながら市政運営を頑張りたいと発言し、与党議員との話し合いを行うものと思っておりましたが、事前調整なく、結果的には市長が追加上程を断念することとなりました。

 市長は、事前調整したと、一部新聞で反論しておりますが、臨時議会での話し合いは物別れに終わり、その後、12月定例会議会開会までの期間、何ら相談もなく、みずからの考えを押しつけただけではないでしょうか。

 しかも、今回は与党との話し合いが物別れに終わったことから、野党議員に協力要請を堂々と行い、与党に見切りをつけたと思われるような行動に打って出たことは驚きであります。市長の支持母体であるはずの与党・自民党との信頼関係は、崩壊したと言わざるを得ません。

 ところで、中山市長は、議員時代に大?市政の出張問題を取り上げ、市長不在による行政の不備を厳しく指摘したことを覚えておりますでしょうか。しかし、みずから市長になったとたんに、みずからは不必要と思われる出張にのこのこと出かけ、市役所は市長不在にもかかわらず、何ら責任の所在を明らかにしないのは、言っていることとやっていることが違うのではないかとの指摘をしておきます。

 さて、副市長人事においては、副市長就任以来、識名トンネル問題が発覚し、当時の建設部長として深くかかわっていたのではないかと、県議会でも不正が指摘されたのはご承知のとおりであります。

 副市長人事については問題が多過ぎて、議会でも何度か指摘されて、辞任を求める動きは与党を問わず指摘してきたにもかかわらず、中山市長は多くの市民の声に耳をかすことはありませんでした。

 副市長の辞任勧告の決議の際にも、議会では少数で否決されたことを受け、中山市長は独断と偏見で副市長を再度提案してきたことはあきれるばかりか、憤りを隠すことはできません。なぜなら、副市長人事については、昨年の12月にみずからの市長選を戦う上で、与党の自民党の協力を仰ぐことを計らい、年度末の3月にはやめさせることを明らかにし、選挙協定を結ぶことに見事成功したからであります。

 しかし、再選を果たすや否や、副市長人事については忘れたかのように振る舞い、あげくの果ては、3月にはやめさせますからと言いながら、6月議会を何とか乗り切った後は任期を全うさせてほしいと願い出るなど、あきれるほどの不誠実さに終始してきました。

 このように中山市長の不誠実さや調整力のなさ、実行力のなさは、保守自民党である与党議員に対して不信感を生む結果となり、与党だけでなく、野党からも反発を招く結果となったと言わざるを得ません。

 改めてお伺いしますが、副市長人事について、中山市長の考えと、今後、どのようになさるのかの考えをお示し願いたいと思います。

 以上、質問を申し上げましたけれども、必要とあらば自席より再質問をしたいと思います。中山市長の誠意ある明快なる答弁に期待いたします。



○議長(知念辰憲君) 仲間 均君の質問に対する当局の答弁を求めます。

             〔何事かいう者あり〕

 休憩します。

                               休 憩 午前10時12分

                               再 開 午前10時15分



○議長(知念辰憲君) 再開します。仲間 均君の質問に対する当局の答弁を求めます。企画部長、嘉数博仁君。



◎企画部長(嘉数博仁君) おはようございます。仲間議員のゴルフ場建設問題について、3点の質問に順を追ってお答えいたします。

 1点目の建設推進に関しての優先順位についてお答えいたします。

 現在、石垣市は市制誕生から67周年になり、議員ご指摘のとおり、市役所庁舎、博物館、火葬場、学校施設、スポーツ施設等の各種公共施設の老朽化による建設、建てかえが大きな課題となっています。

 さらには、新石垣空港開港後の観光客の大幅増による観光地や観光施設の充実強化や水族館等、時代のニーズに適応できる各種誘客施設等の設置を島内外から要望されています。仲間議員が、数年来、何度もこの議場でご提案されているゴルフ場建設も、その1つであります。

 どれをとっても必要不可欠な要件ですので、一括交付金やさまざまな助成制度を活用しながら、順次推進しているところであります。

 ゴルフ場建設においても、内外のゴルフ愛好家から絶賛される石垣島ならではのゴルフ場建設の実現に向けて、あらゆる方策を調査研究し、一日も早くその条件が整うように、今後も努力してまいります。

 2点目のゴルフ協会との関係についてお答えいたします。

 この件に関しては、仲間議員の9月議会でのご質問でもお答えいたしましたとおり、ゴルフ場建