議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 石垣市

平成26年  9月 定例会(第6回) 10月14日−07号




平成26年  9月 定例会(第6回) − 10月14日−07号







平成26年  9月 定例会(第6回)





            平成26年第6回石垣市議会(定例会)
                 10月14日(火)
                   (7日目)
                               開 議 午前10時01分
                               散 会 午前11時18分
 出 席 議 員
   ┌────┬────────────┬────┬────────────┐
   │番  号│   氏    名   │番  号│   氏    名   │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  1 │ 仲 間   均  君 │ 12 │ 石 垣 涼 子  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  2 │ 仲 嶺 忠 師  君 │ 13 │ 崎 枝 純 夫  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  3 │ 長 山 家 康  君 │ 14 │ 前 津   究  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  4 │ 友 寄 永 三  君 │ 15 │ 宮 良   操  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  5 │ 東内原 とも子  君 │ 16 │ 長 浜 信 夫  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  6 │ 箕 底 用 一  君 │ 17 │ 井 上 美智子  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  7 │ 石 垣   亨  君 │ 18 │ 小 底 嗣 洋  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  8 │ 平 良 秀 之  君 │ 19 │ 今 村 重 治  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │  9 │ 砥 板 芳 行  君 │ 20 │ 伊良皆 高 信  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │ 10 │ 我喜屋 隆 次  君 │ 21 │ 知 念 辰 憲  君 │
   ├────┼────────────┼────┼────────────┤
   │ 11 │ 福 島 英 光  君 │ 22 │ 大 石 行 英  君 │
   └────┴────────────┴────┴────────────┘

 欠 席 議 員
  (な し)

1.地方自治法第121条の規定による出席者
  (初日に同じ)

1.議会事務局出席者
  局    長  松 原 秀 治 君     次    長  浦 崎 英 秀 君

  副 主 幹 兼  宮 良 八十八 君     主    査  山 盛 心 山 君
  議事調査係長

              議  事  日  程 (第7号)
┌─────┬───────────────────────────────────────┐
│ 日  程│           件              名            │
├─────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第  1│ 議案の一部訂正について                           │
│     │ 〔議案第52号 石垣市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例〕│
│     │ 〔議案第53号 石垣市放課後児童健全育成の設備及び運営に関する基準を定める条 │
│     │        例〕                             │
│ 第  2│ 承認第5号 専決処分の承認について〔平成26年度石垣市一般会計補正予算(第  │
│     │       4号)〕                            │
│     │       〔総務財政委員会審査報告〕                   │
│ 第  3│ 議案第48号 石垣市税条例の一部を改正する条例                │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  4│ 議案第49号 石垣市固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例   │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  5│ 議案第56号 石垣市心身障がい児適正就学指導委員会条例の一部を改正する条例  │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  6│ 議案第66号 沖縄県都市交通災害共済組合の解散について            │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  7│ 議案第57号 平成26年度石垣市一般会計補正予算(第5号)           │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  8│ 議案第50号 石垣市母子及び父子家庭等医療費助成に関する条例の一部を改正する条│
│     │       例                               │
│     │       〔経済民生委員会審査報告〕                   │
│ 第  9│ 議案第51号 石垣市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準│
│     │       を定める条例                          │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  10│ 議案第52号 石垣市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例  │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  11│ 議案第53号 石垣市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条│
│     │       例                               │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  12│ 議案第58号 平成26年度石垣市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)   │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  13│ 議案第59号 平成26年度石垣市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)    │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  14│ 議案第60号 平成26年度石垣市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)     │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  15│ 議案第61号 平成26年度石垣市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)   │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  16│ 議案第54号 石垣市中央運動公園条例の一部を改正する条例           │
│     │       〔建設土木委員会審査報告〕                   │
│ 第  17│ 議案第55号 石垣市住区基幹公園条例の一部を改正する条例           │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
└─────┴───────────────────────────────────────┘
┌─────┬───────────────────────────────────────┐
│ 日  程│           件              名            │
├─────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第  18│ 議案第67号 石垣市公共下水八島町汚水中継ポンプ場の建設工事委託に関する協定 │
│     │       (機械・電気)について                     │
│     │       〔建設土木委員会審査報告〕                   │
│ 第  19│ 議案第68号 石垣港港湾区域内公有水面埋立について              │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  20│ 議案第69号 工事請負契約についての議決内容の一部変更について        │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  21│ 議案第70号 工事請負契約について                      │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  22│ 議案第62号 平成26年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)│
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  23│ 議案第63号 平成26年度石垣市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)    │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  24│ 議案第64号 平成26年度石垣市港湾事業特別会計補正予算(第1号)       │
│     │       〔   〃   〃   〕                   │
│ 第  25│ 議案第71号 工事請負契約について                      │
│ 第  26│ 議案第72号 工事請負契約について                      │
└─────┴───────────────────────────────────────┘

              本日の会議に付した事件及び処理結果
┌─────┬────────────────────────────┬──────────┐
│ 番 号 │      件              名      │   処理結果   │
├─────┼────────────────────────────┼──────────┤
│     │ 議案の一部訂正について                │ 承     認  │
│承認第5号│ 専決処分の承認について〔平成26年度石垣市一般会計補正 │ 承     認  │
│     │ 予算(第4号)〕                   │          │
│議案第48号│ 石垣市税条例の一部を改正する条例           │ 可     決  │
│議案第49号│ 石垣市固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正す │ 可     決  │
│     │ る条例                        │          │
│議案第56号│ 石垣市心身障がい児適正就学指導委員会条例の一部を改正 │ 可     決  │
│     │ する条例                       │          │
│議案第66号│ 沖縄県都市交通災害共済組合の解散について       │ 可     決  │
│議案第57号│ 平成26年度石垣市一般会計補正予算(第5号)      │ 可     決  │
│議案第50号│ 石垣市母子及び父子家庭等医療費助成に関する条例の一部 │ 可     決  │
│     │ を改正する条例                    │          │
│議案第51号│ 石垣市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営 │ 可     決  │
│     │ に関する基準を定める条例               │          │
│議案第52号│ 石垣市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定 │ 可     決  │
│     │ める条例                       │          │
│議案第53号│ 石垣市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基 │ 可     決  │
│     │ 準を定める条例                    │          │
│議案第58号│ 平成26年度石垣市国民健康保険事業特別会計補正予算(第 │ 可     決  │
│     │ 2号)                        │          │
│議案第59号│ 平成26年度石垣市後期高齢者医療特別会計補正予算(第  │ 可     決  │
│     │ 1号)                        │          │
│議案第60号│ 平成26年度石垣市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)│ 可     決  │
│議案第61号│ 平成26年度石垣市農業集落排水事業特別会計補正予算(第 │ 可     決  │
│     │ 1号)                        │          │
│議案第54号│ 石垣市中央運動公園条例の一部を改正する条例      │ 可     決  │
│議案第55号│ 石垣市住区基幹公園条例の一部を改正する条例      │ 可     決  │
│議案第67号│ 石垣市公共下水八島町汚水中継ポンプ場の建設工事委託に │ 同     意  │
│     │ 関する協定(機械・電気)について           │          │
│議案第68号│ 石垣港港湾区域内公有水面埋立について         │ 可     決  │
│議案第69号│ 工事請負契約についての議決内容の一部変更について   │ 同     意  │
│議案第70号│ 工事請負契約について                 │ 同     意  │
│議案第62号│ 平成26年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計補正予 │ 可     決  │
│     │ 算(第1号)                     │          │
│議案第63号│ 平成26年度石垣市公共下水道事業特別会計補正予算(第  │ 可     決  │
│     │ 1号)                        │          │
└─────┴────────────────────────────┴──────────┘
┌─────┬────────────────────────────┬──────────┐
│ 番 号 │      件              名      │   処理結果   │
├─────┼────────────────────────────┼──────────┤
│議案第64号│ 平成26年度石垣市港湾事業特別会計補正予算(第1号)  │ 可     決  │
│議案第71号│ 工事請負契約について                 │ 経済民生委員会付託│
│議案第72号│ 工事請負契約について                 │     〃    │
└─────┴────────────────────────────┴──────────┘



             平成26年第6回石垣市議会(定例会)

                  10月14日(火)

                    (7日目)



                               開 議 午前10時01分





○議長(知念辰憲君) おはようございます。ただいまより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お配りしてあるプリントのとおりであります。

 これより議事に入ります。

 日程第1、議案の一部訂正についてを議題とし、提案者の説明を求めます。石垣市長、中山義隆君。



◎市長(中山義隆君) おはようございます。議案の一部訂正についてご説明申し上げます。

 本定例会に提出いたしました議案において、その一部に訂正を要する箇所がございましたので、おわびして訂正させていただきます。

 平成26年9月29日に提出いたしました議案第52号石垣市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例及び議案第53号石垣市放課後児童健全育成の設備及び運営に関する基準を定める条例でございます。

 訂正内容といたしまして、本条例の一部をお手元の訂正文のとおり、字句の訂正及び文言の追加等を行うものでございます。

 ご承認を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(知念辰憲君) 説明は終わりました。質疑を許します。

             〔(質疑なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件について承認することにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、議案の一部訂正については承認されました。

 次に、日程第2、承認第5号専決処分の承認について。日程第3、議案第48号石垣市税条例の一部を改正する条例。日程第4、議案第49号石垣市固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例。日程第5、議案第56号石垣市心身障がい児適正就学指導委員会条例の一部を改正する条例。日程第6、議案第66号沖縄県都市交通災害共済組合の解散について。日程第7、議案第57号平成26年度石垣市一般会計補正予算(第5号)。以上6件を一括議題とし、総務財政委員会委員長の審査報告を求めます。総務財政委員会委員長、平良秀之君。



◎総務財政委員会委員長(平良秀之君) 

               委 員 会 審 査 報 告 書 

 本委員会に付託となりました事件に関し、慎重審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告をいたします。

                     記

1.事件及び結果 

(1)承認第5号 専決処分の承認について 

         〔平成26年度石垣市一般会計補正予算(第4号)〕

         〔承認すべきものと決定した〕

(2)議案第48号 石垣市税条例の一部を改正する条例 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

(3)議案第49号 石垣市固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

(4)議案第56号 石垣市心身障がい児適正就学指導委員会条例の一部を改正する条例 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

(5)議案第66号 沖縄県都市交通災害共済組合の解散について 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

(6)議案第57号 平成26年度石垣市一般会計補正予算(第5号) 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

2.理由 

(1)承認第5号について 

 本件は、平成26年度石垣市一般会計補正予算(第4号)の専決処分の承認についてであります。

 今回の補正は、既決の歳入歳出予算総額に歳入歳出それぞれ8,000万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ239億5,410万7,000円にするものであります。

 その主な内容は、平成26年8月11日の落雷による災害復旧費で、歳入において財政調整基金積立金繰入金8,000万円を増額し、歳出においては平喜名揚水機場災害復旧工事費8,000万円とするものであります。

 以上が本補正予算の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本件については適切なものと認め、承認すべきものと決定いたしました。

(2)議案第48号について 

 本案は、石垣市税条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、公益性のある固定資産の所有者に対して課税する固定資産税を減免するため、本条例の一部を改正するものであります。

 その主な内容は、公共工事に伴う用地買収等に係る手続で賦課期日を超えるもの及び高齢者の健康増進に資する施設として供される用地等を対象とし、附則において平成26年4月1日に遡及し適用するものです。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、公益性のある固定資産の所有者に対して、広く周知していただくよう要望いたします。

(3)議案第49号について 

 本案は、石垣市固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、沖縄振興特別措置法の一部が改正され、平成26年4月1日に施行されたことに伴い、本条例の一部を改正するものであります。

 その主な内容は、第2条において、用語の定義及び規定条文の整理を行い、第3条では、対象施設要件の拡大と取得価格要件の引き下げを行うもので、附則において平成26年4月1日に遡及し適用するものです。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については関係法の改正による一部改正で適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(4)議案第56号について 

 本案は、石垣市心身障がい児適正就学指導委員会条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、学校教育法施行令の一部が改正されたことに伴い、本条例の一部を改正するものであります。

 その主な内容は、題名を「石垣市就学支援委員会条例」に改めるとともに、第1条中「振興」を「推進」に、「適正就学を期するため、石垣市心身障がい児適正就学指導委員会」を「就学に係る教育的支援を行うため、石垣市就学支援委員会」に改め、第2条中「判定及び教育措置」を「就学の判断及び教育的支援」に改め、第4条中「の各号」を削り、「委嘱」の次に「又は任命」を加えるとともに、第7条第2項中「過半数以上」を「過半数」に改めるものであります。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については上位法の改正による一部改正で適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(5)議案第66号について 

 本案は、沖縄県都市交通災害共済組合の解散についてであります。

 地方自治法第288条の規定により、平成26年10月31日をもって、沖縄県都市交通災害共済組合を解散するものであります。

 その主な内容は、沖縄県都市交通災害共済組合を取り巻く環境の変化により事業の必要性が低下したことから、災害見舞金請求期限の到来に伴い、同組合を解散するものであります。

 以上が概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(6)議案第57号について 

 本案は、平成26年度石垣市一般会計補正予算(第5号)であります。

 今回の補正は、既決の歳入歳出予算総額に歳入歳出それぞれ8億5,537万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ248億947万8,000円にするものであります。

 その主な内容といたしまして、歳入においては、増額分として平成26年度地方交付税7,522万1,000円、臨時福祉給付金補助金1億500万円、子育て世帯臨時特例給付金給付事業費補助金1,867万9,000円、保育緊急確保事業補助金2,372万2,000円、沖縄県待機児童解消支援交付金1,260万円、平成25年度決算剰余金6億7,619万5,000円などとなっております。

 また、減額分といたしましては、住宅市街地総合整備事業補助金3,341万2,000円などであります。

 一方、歳出においては、増額分として財政調整基金費3億3,899万9,000円、庁舎建設基金費1億9,999万9,000円、国民健康保険事業特別会計への繰出金1億5,920万9,000円、まちなか美しゃ守り隊事業144万2,000円、多面的機能支払交付金事業931万5,000円、明石小学校屋内運動場新増改築事業4,700万円などとなっております。

 また、減額分として、新川地域居住再生推進事業4,455万円などであります。

 沖縄振興特別推進交付金事業については、南の島の猫アイランド事業などの事業を初め、観光地受入基盤強化事業や“石垣産の牛”生産推進事業などを計上してあります。

 以上が本補正予算の概要であります、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上、報告をいたします。



○議長(知念辰憲君) ただいまの委員会審査報告に対する質疑を許します。

             〔(質疑なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本6件について、総務財政委員会委員長の審査報告どおり、それぞれ承認並びに原案のとおり可決することにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、承認第5号については承認、議案第48号、議案第49号、議案第56号、議案第66号、議案第57号については、それぞれ原案のとおり可決されました。

 次に、日程第8、議案第50号石垣市母子及び父子家庭等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例。日程第9、議案第51号石垣市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例。日程第10、議案第52号石垣市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例。日程第11、議案第53号石垣市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例。日程第12、議案第58号平成26年度石垣市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)。日程第13、議案第59号平成26年度石垣市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)。日程第14、議案第60号平成26年度石垣市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)。日程第15、議案第61号平成26年度石垣市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)。以上8件を一括議題とし、経済民生委員会委員長の審査報告を求めます。経済民生委員会委員長、大石行英君。



◎経済民生委員会委員長(大石行英君) おはようございます。委員会審査報告を行います。

               委 員 会 審 査 報 告 書 

 本委員会に付託となりました事件に関し、慎重審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告をいたします。

                     記

1.事件及び結果 

(1)議案第50号 石垣市母子及び父子家庭等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

(2)議案第51号 石垣市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

(3)議案第52号 石垣市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

(4)議案第53号 石垣市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

(5)議案第58号 平成26年度石垣市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号) 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

(6)議案第59号 平成26年度石垣市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号) 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

(7)議案第60号 平成26年度石垣市介護保険事業特別会計補正予算(第1号) 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

(8)議案第61号 平成26年度石垣市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号) 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

2.理由 

(1)議案第50号について 

 本案は、石垣市母子及び父子家庭等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、母子及び寡婦福祉法の一部改正に伴い、受給資格の消滅に関する規定を加える等所要の規定の追加・見直しを行い、公布の日から施行するものであります。

 以上が本条例の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(2)議案第51号について 

 本案は、石垣市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例であります。

 本条例は、子ども・子育て支援新制度の平成27年4月からの施行に伴い、子ども・子育て支援法第34条第2項及び第46条第2項の規定に基づき、特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準について、国が定める従うべき基準及び参酌すべき基準を踏まえて必要な事項を定めるもので、全52条及び附則から構成されております。

 本委員会では、国が定める従うべき基準及び参酌すべき基準についての考え方、特定地域型保育事業において実施を予定する家庭的保育事業及び小規模保育事業に従事する保育士の人材確保の見通し、認定こども園への移行に伴う公立保育所等の既存施設のあり方等について質疑を行いました。

 以上が本条例審査の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(3)議案第52号について 

 本案は、石垣市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例であります。

 本条例は、子ども・子育て支援新制度の平成27年4月からの施行に伴い、児童福祉法第34条の16の規定に基づき、家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準について、国が定める従うべき基準及び参酌すべき基準を踏まえて必要な事項を定めるもので、全49条及び附則から構成されております。

 本委員会では、国が定める従うべき基準及び参酌すべき基準についての考え方並びに市独自の基準、無認可保育事業者の家庭的保育事業及び小規模保育事業等への移行へ向けた取り組み等について質疑を行いました。

 以上が本条例審査の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(4)議案第53号について 

 本案は、石垣市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例であります。

 本条例は、子ども・子育て支援新制度の平成27年4月からの施行に伴い、児童福祉法第34条の8の2第1項の規定に基づき、放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準について、国が定める従うべき基準及び参酌すべき基準を踏まえて必要な事項を定めるもので、全22条及び附則から構成されております。

 本委員会では、国が定める従うべき基準及び参酌すべき基準についての考え方並びに市独自の基準、現在、民間事業者が実施している放課後児童クラブと幼稚園施設における預かり保育の現状と課題及び新制度移行へ向けた取り組み等について質疑を行いました。

 以上が本条例審査の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(5)議案第58号について 

 本案は、平成26年度石垣市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)であります。

 今回の補正は、既決予算の総額から歳入歳出それぞれ3,084万5,000円を減額し、予算の総額を歳入歳出それぞれ75億3,292万円とするものであります。

 その主な内容は、歳入において、11款繰入金で一般会計からの繰入金1億5,920万9,000円を増額計上するとともに、5款療養給付費等交付金で退職被保険者等療養給付費交付金として814万1,000円、13款諸収入で歳入欠陥に伴う繰り上げ充用額の確定により1億8,294万7,000円をそれぞれ減額計上してあります。

 一方、歳出においては、11款諸支出金で前年度療養給付費等負担金の超過交付等による償還金として1,751万5,000円を増額計上するとともに、12款繰り上げ充用金で前年度繰り上げ充用額の確定により4,960万3,000円を減額計上してあります。

 以上が本補正予算の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(6)議案第59号について 

 本案は、平成26年度石垣市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)であります。

 今回の補正は、既決予算の総額に歳入歳出それぞれ2,436万5,000円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ3億925万1,000円とするものであります。

 その主な内容は、歳入において、1款後期高齢者医療保険料で現年度分及び滞納繰越分として2,068万2,000円、4款繰越金で前年度決算剰余金として183万2,000円、5款諸収入で保険料還付金及び還付加算金として181万3,000円をそれぞれ増額計上してあります。

 一方、歳出においては、2款後期高齢者医療広域連合納付金2,278万7,000円、3款諸支出金で保険料還付金及び還付加算金等として154万円をそれぞれ増額計上してあります。

 以上が本補正予算の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(7)議案第60号について 

 本案は、平成26年度石垣市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)であります。

 今回の補正は、既決予算の総額に歳入歳出それぞれ5,507万円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ36億8,737万8,000円とするものであります。

 その主な内容は、歳入において、4款支払基金交付金で590万円、7款繰入金で一般会計繰入金として87万4,000円、8款繰越金で前年度決算剰余金の4,829万6,000円をそれぞれ増額計上してあります。

 一方、歳出においては、5款基金積立金として1,482万3,000円、8款諸支出金で国庫及び県負担金の償還金として2,410万3,000円、一般会計繰出金として1,325万1,000円をそれぞれ増額計上してあります。

 以上が本補正予算の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(8)議案第61号について 

 本案は、平成26年度石垣市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)であります。

 今回の補正は、既決予算の総額に歳入歳出それぞれ596万5,000円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ1億2,206万6,000円とするものであります。

 その主な内容は、歳入において、5款繰越金で前年度決算剰余金として471万7,000円、6款諸収入で太陽光発電売電料として124万8,000円をそれぞれ増額計上してあります。

 一方、歳出においては、1款総務費で財政調整基金積立金及び一般会計繰出金等として588万5,000円、3款公債費で償還金元金として8万円をそれぞれ増額計上してあります。

 以上が本補正予算の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上、報告をいたします。



○議長(知念辰憲君) ただいまの委員会審査報告に対する質疑を許します。仲間 均君。



◆1番(仲間均君) 議案第58号についてお伺いをいたします。

 一般会計から1億5,000万円余のお金を計上してある。13款において歳入欠陥に伴う繰り上げ充用額の確定によりというんですが、この意味、皆さんは全会一致をもって原案のとおり可決したとあるんだけれども、歳入欠陥に伴う繰り上げ充用額の確定とは何を意味するのか。

 そして、一般会計において1億5,000万円余のお金が入っているんだけども、13款において1億8,000万円余り減額していますよね。これとの整合性というのがあるのかどうか、この辺について委員会でどのような審議がなされたのか、答弁を賜ります。



○議長(知念辰憲君) 大石行英君。



◎経済民生委員会委員長(大石行英君) ただいまの仲間議員の質問にお答えいたします。

 歳入欠陥について、特に深い審議はなされなかったんですけれども、当局にいろいろ伺いますと、やっぱり保険料等の滞納が大きな原因だと伺っておりますので、その滞納の内容等詳しいことについては当局に答えさせていただきたいと思います。

             〔(これはちょっと違うんじゃないか、今言った答弁とは)という仲間 均議員〕



○議長(知念辰憲君) 休憩します。

                               休 憩 午前10時30分

                               再 開 午前10時31分



○議長(知念辰憲君) 再開します。市民保健部長、長嶺康茂君。



◎市民保健部長(長嶺康茂君) ただいま仲間議員のご質問にお答えいたします。

 大変前年度歳入、支出が上回って、歳入に不足が生じております。その場合、前年度から繰り上げて充当するという制度をこれまでもずっととらせて処理させていただいております。その欠陥に伴う繰り上げ充用額の確定ということで、制度を改めるということもずっと財政当局とも相談しているんですけど、今のこの形で処理しております。ご理解いただきたいと思います。



○議長(知念辰憲君) 仲間 均君。



◆1番(仲間均君) 委員長には、その辺も委員会のほうでしっかりと取り組んでもらいたいと思っております。

 それから、もう一点、保健事業がありますね、保健事業費。これは、特定健診受診率向上事業というのは、金額は非常に小さい事業ではございますけれども、この件についてどのような論議がなされたのか、委員会のほうで、だから議案第58号は、これ書かれてないんです。審議がなされていないんじゃないかと私は思いますが。ただ単に金額を乗っけたからはい終わりですよじゃなくて、やっぱり特定健診の受診というものが、非常に、その国民健康保険に返ってくるかということがございまして、この向上率というけれども、この向上率はどのような、行政が、皆さんが、どのような観点からあるいはまた人数的にも調査をしたことがあるのか、向上率について、その辺を委員長、委員長わからんようですけれども、とりあえず委員長にご説明を願いたいと思います。



○議長(知念辰憲君) 休憩します。

                               休 憩 午前10時34分

                               再 開 午前10時34分



○議長(知念辰憲君) 再開します。大石行英君。



◎経済民生委員会委員長(大石行英君) 専門的な用語はちょっと忘れましたけども、健康アップのためのそういうヘルスアップ事業ということで、事細かにこの専門的な健康に関するアドバイス等も含めて……

             〔(全くわからんものは答弁しないほうがいいよ)という仲間 均議員〕

 わかりました。そういういろんな事業を一生懸命考えているということでございますので、よろしくお願いします。もう少し詳しくは、当局お願いします。



○議長(知念辰憲君) 健康福祉センター所長、前底正之君。



◎健康福祉センター所長(前底正之君) 仲間 均議員のご質問にお答えいたします。

 健康福祉センターのほうでは、特定健診、保健指導、これを精力的に行っております。それで、受診率のほうなんですが、平成24年度と比較しまして、平成24年度は45.5%の受診率、平成25年度は48.3%と、これは3%ほど上昇しております。そして、保健指導率、これにつきましても、平成24年度につきましては34.6%、今回、平成25年度は53.3%ということで、精力的に保健師そして管理栄養士ともに保健指導を行っております。

 以上です。

             〔(向上率)という仲間 均議員〕

 失礼いたしました。受診率と先ほど言いました3%ほど伸びているんですが、保健指導率、これにつきましては19%ほど、精力的に、この数字上は伸びております。ただし、保健指導率、平成25年度の確定というものにつきましては、厚生労働省のほうから10月下旬に発表されます。現在のところ53.3%、20%近い上昇率となっております。

 以上です。



○議長(知念辰憲君) 伊良皆高信君。



◆20番(伊良皆高信君) 2点ほどお伺いをさせていただきます。議案第51号と議案第52号についてであります。

 今回の一般質問等でもいろいろ取り上げられておりました。議案第51号については、家庭的保育及び小規模保育事業に従事する保育士の人材確保と認定こども園への移行に伴う保育事業所の既存施設のあり方等についてという議論がなされたようでありますが、この点につきまして、公立保育所、一般質問等でもあったように公立保育所の保育士の人材不足等々を含めて、これをうたってるのは家庭的と小規模の部分で人材確保の見通しについて書かれております。しかしながら、公立保育所の人材確保についてはどのような話し合いがなされたのか。

 それと、毎年、石垣市の市職員採用試験において従来どおり2名から3名常に確保されてると思うんですけども、その中においても常に人材不足であると指摘されております。それを補うために賃金職員、要するに臨時職員を雇って補っているのが現状であろうかと思います。その対応についても、賃金職員の賃料が値上げされたと答弁されておりますけど、この辺についての公立保育所の人材の確保についての議論がどのようになされたかということと。

 議案第52号についてでありますけども、この辺も一般質問等々で私も取り上げておりますけども、無認可保育所の事業者に対して家庭的保育並びに小規模保育事業の移行について話し合いがなされてると当局から答弁いただきました。その中で、家庭的保育あるいは小規模保育に関しては、認可外保育の事業者の皆さん方は3園移行に向けて今話し合いを進めている段階であると答弁いただきました。しかしながら、その他の保育、認可外の保育、何園あって、その残りの園はどのように対処していくような話し合いがなされたかという部分について、この2点をお伺いしてます。



○議長(知念辰憲君) 大石行英君。



◎経済民生委員会委員長(大石行英君) 伊良皆議員からの質問がございました。

 まず初めに、議案第51号のこの新たな展開について、やっぱり人材確保といいますか、このことについては5カ年計画で今度、平成24年に新子ども3法が成立をして、これは5カ年計画の中で達成していくという内容になっておりまして、その施行されるのが来年の4月スタートなるんですけども、やはりどんな制度をつくっても人材が不足するんじゃないかということに議論が集中しまして、もちろん、これは消費税10%の施行と同時にこの子ども・子育て予算については約7,000億円準備をされてると、その中で保育士の人材育成事業も同時に走らせていきますということで、今この5カ年の計画というスパンの中で意向調査をしっかりと今行ってますということでございました。

 それから、無認可保育事業者それから家庭保育事業者の小規模事業等についてはどうかということでございますが、これもすぐあすからというわけにはいきませんと、来年スタートしてもやっぱり5カ年間の猶予があるので、随時行っていきますと。その目的としては、やはり保護者の負担をいかに減らすかということと、この認可外における保育におけるサービスの格差をどう解消していくかと、この大きな2点からしっかりと説明をして、ゆっくりこの、ゆっくりと言っても、この5カ年間のもちろん計画も立てますけども、その中で順次スムーズに移行できるようにやっていきますということでございましたので、よろしくお願いします。



○議長(知念辰憲君) 休憩します。

                               休 憩 午前10時41分

                               再 開 午前10時42分



○議長(知念辰憲君) 再開します。大石行英君。



◎経済民生委員会委員長(大石行英君) 現在、認可保育園が約10カ所、認可外は約20カ所ということで、これから新たなジャンルは家庭的保育事業、小規模保育事業の中にA、B、Cといろんな形があると、そして居宅訪問事業とあると。しかし、この認可外の20カ所は、小規模保育事業、20名以内のそういう事業に恐らく該当するであろうということで、この説明を順次丁寧にやっていると。

 それから、また人材確保の件だけど、それはきちっとその支援法の中で人材育成事業と基金が設けられるということですので、それについては当局のほうから答えさせていただきます。



○議長(知念辰憲君) 福祉部長、知念 修君。



◎福祉部長(知念修君) お答えいたします。伊良皆議員からの2点のご質問の中の1点目のまず公立保育所の今後のあり方についてお答えさせていただきます。

 実は、来年、平成27年から認定こども園が始まりますが、その中で公立保育所は認定こども園になり得ないということがもうはっきりしてるわけです。幼稚園とかほかのところはなり得るんですけど、じゃあ、市の財政として今後どうするかというときに、やはり、沖縄本島、一般質問でもちょっと答えさせてもらいましたけど、名護市とか宮古島市も公設民営型ということで、市でつくってもう民営化していこうということでもう進んでるわけです、沖縄本島内でも。それで、我々石垣市としても、この認定こども園をするに当たり、どうしても今の公立保育所のままでは財源的にもかなり厳しいと、しかし保育事業はふえる、安定した保育、それから待機児童を減らしたいということで、公立保育所のあり方検討委員会というのをこれから持とうと、そしてこの中で公立保育所をできるだけ認定こども園に持っていくように、つまり公立保育所だけでは認定こども園になり得ませんので、幼稚園とかという形で持っていかないといけないわけです。いずれにしろ民営化の形に持っていかないとできないわけです。

 そういう中で、人材育成に関しては、もちろん人材育成、保育士の確保についてはいろいろやりますけど、ただ、公立保育所を、先ほどご質問があった保育士が少ないんじゃないかということに関しては、できるだけ民営化で対応していきたいという形で考えております。まだ具体的な案はこれについてはないんですけど、公立保育所のあり方検討委員会の中で進めて取り組んでいきたいと考えております。

 それから、2点目の認可保育園の件についてなんですけど、先ほど委員長からもいろいろご説明ありましたけど、実は20園あります、認可外保育園。そして、意向調査を行った結果、3園が申し出てるわけです。そして、このことに関しては、我々は、やっぱり家庭的保育事業、小規模保育事業ということで、今ある認可外保育園がそういう制度に乗らない限り補助が少ないということで、どうしてもこの補助に乗ってほしいと。そうすると、国から3分の1、県から3分の1、市から3分の1の補助が出ます。今よりずっと待遇もよくなります。そうすることによって、安定的保育それから待機児童解消ということになりますので、そういう中で、ぜひそれを移行してほしいということで意向調査もやって、今後随時受け付けたいということで、そのためにも何がメリットあるのかということに関しても我々は説明会を通してじっくり保育園の皆さんと膝を交えながらお話して、ぜひこの制度に乗っていただきたいということで努力してまいります。

 以上です。



○議長(知念辰憲君) 質疑を終結します。

 お諮りいたします。本8件について、経済民生委員会委員長の審査報告どおり、それぞれ原案のとおり可決することにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、議案第50号、議案第51号、議案第52号、議案第53号、議案第58号、議案第59号、議案第60号、議案第61号については、それぞれ原案のとおり可決されました。

 次に、日程第16、議案第54号石垣市中央運動公園条例の一部を改正する条例。日程第17、議案第55号石垣市住区基幹公園条例の一部を改正する条例。日程第18、議案第67号石垣市公共下水道八島町汚水中継ポンプ場の建設工事委託に関する協定(機械・電気)について。日程第19、議案第68号石垣港港湾区域内公有水面埋立について。日程第20、議案第69号工事請負契約についての議決内容の一部変更について。日程第21、議案第70号工事請負契約について。日程第22、議案第62号平成26年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)。日程第23、議案第63号平成26年度石垣市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)。日程第24、議案第64号平成26年度石垣市港湾事業特別会計補正予算(第1号)。以上9件を一括議題とし、建設土木委員会委員長の審査報告を求めます。建設土木委員会委員長、伊良皆高信君。



◎建設土木委員会委員長(伊良皆高信君) おはようございます。委員会審査報告をいたします。ご審議の上、議決されますようお願いを申し上げます。

               委 員 会 審 査 報 告 書 

 本委員会に付託となりました事件に関し、慎重審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告いたします。

                     記

1.事件及び結果 

(1)議案第54号 石垣市中央運動公園条例の一部を改正する条例 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

(2)議案第55号 石垣市住区基幹公園条例の一部を改正する条例 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

(3)議案第67号 石垣市公共下水道八島町汚水中継ポンプ場の建設工事委託に関する協定(機械・電気)について 

         〔同意すべきものと決定した〕

(4)議案第68号 石垣港港湾区域内公有水面埋立について 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

(5)議案第69号 工事請負契約についての議決内容の一部変更について 

         〔同意すべきものと決定した〕

(6)議案第70号 工事請負契約について 

         〔同意決すべきものと決定した〕

(7)議案第62号 平成26年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号) 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

(8)議案第63号 平成26年度石垣市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号) 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

(9)議案第64号 平成26年度石垣市港湾事業特別会計補正予算(第1号) 

         〔原案のとおり可決すべきものと決定した〕

2.理由 

(1)議案第54号について 

 本案は、石垣市中央運動公園条例の一部を改正する条例であります。

 今回の改正は、都市公園法第5条第1項の規定により、市以外の者が公園施設を設置または管理する場合は、条例で定める事項を記載した申請書を公園管理者に提出し、その許可を受けなければならないとしていることから、当該事項を定めるため文言並びに条項の整理を行い平成26年11月1日から施行するものであります。

 本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(2)議案第55号について 

 本案は、石垣市住区基幹公園条例の一部を改正する条例でありますが、本条例も議案第54号と同趣旨、同理由により本条例の一部を改正するもので、新たなに第2条第3項第4号に、暴力団による不当な行為の防止等に関する法律の趣旨に基づき、暴力団による不法行為等を防止する条項を定めるための文言並びに条項の整理をするものであります。

 本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(3)議案第67号について 

 本件は、石垣市公共下水道八島町汚水中継ポンプ場の建設工事委託に関する協定(機械・電気)についてであります。

 その内容は、1.協定の目的、石垣市公共下水道八島町汚水中継ポンプ場の建設工事委託に関する協定(機械・電気)。2.協定の方法、随意契約。3.協定の金額、3億3,800万円。4.協定の相手方、日本下水道事業団となっております。

 以上が本件の内容でありますが、本委員会は審査の結果、本件については適切なものと認め、同意すべきものと決定いたしました。

(4)議案第68号について 

 本案は、石垣港港湾区域内公有水面埋立についてでありますが、これは浜崎町3丁目12番地の地先公有水面における水深9.0メーター岸壁(大型旅客船バース)に係る公有水面埋立承認願書について異議のない旨、石垣港港湾管理者へ答申するものであります。

 本事業の目的は、大型旅客船対応の岸壁(埋め立て面積1万2,681.99平方メートル、水深9メーター及び回頭に要する全面水域)を整備するものであります。

 本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(5)議案第69号について 

 本件は、平成26年第1回定例会で議案第32号をもって議決した工事請負契約についての議決内容の一部変更についてでありますが、本変更は、石垣港6号上屋建築工事の設計の一部変更に伴い、契約金額「3億6,197万2,800円」を「4億883万7,240円」に変更するものであります。

 その主な内容は、直接仮設工事について施工の安全確保のための内部足場を追加するとともに、地業工事(基礎くい等)は実施出来高精算とし、コンクリート工事は冬季のコンクリート強度から夏季の強度に変更するものであります。

 なお、執行当局は、前回の石垣港5号上屋工事の指摘にもかかわらず、今回の事案に関しても何ら反映されてないことは極めて遺憾であります。当局においては、特に公共工事の発注に伴う積算業務等に当たっては、慎重に十分検討を重ねて執行するようこれまでも再三再四議会より指摘をしてきましたが、常に社会情勢等による資材単価等の変化には迅速かつ適正に対応するとともに、今後このような事案が発生しないよう強く指摘し、本件については同意すべきものと決定いたしました。

(6)議案第70号について 

 本案は、工事請負契約についてであります。

 その内容は、1.契約の目的、石垣港離島フェリーバース整備工事。2.契約の方法、指名競争入札。3.契約金額、1億5,822万円。4.契約の相手方、石垣市字平得348番地、琉穂建設株式会社となっております。

 以上が本案の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、同意すべきものと決定いたしました。

(7)議案第62号について 

 本案は、平成26年度石垣都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)であります。

 今回の補正は、既決予算の総額に歳入歳出それぞれ2,143万6,000円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ1億4,820万4,000円と定めるものであります。

 その主な内容は、まず歳入において、3款繰入金で一般会計繰入金及び基金繰入金の761万7,000円を増額計上するとともに、4款繰越金で前年度決算剰余金の191万1,000円、6款市債で登野城地区土地区画整理事業債1,180万円をそれぞれ増額計上してあります。

 一方、歳出においては、1款総務費で一般会計繰出金等の56万8,000円、2款土地区画整理事業費で2,086万8,000円を増額計上してありますが、これは主に物件移転に伴う補償費等と人事異動に伴う給与費等の増減が主なものとなっております。

 以上が本補正予算の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(8)議案第63号について 

 本案は、平成26年度石垣市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)であります。

 今回の補正は、既決予算の総額に歳入歳出それぞれ298万4,000円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ17億5,329万9,000円と定めるものであります。

 その主な内容は、まず歳入において、2款国庫支出金で2万円、6款繰越金で前年度決算剰余金1,289万円をそれぞれ増額計上してあります。また、5款繰入金で一般会計繰入金992万6,000円を減額計上してありますが、これは主に前年度決算剰余金の増額と人事異動に伴う人件費等の整理補正であります。

 一方、歳出においては、1款総務費において前年度決算剰余金の2分の1の649万9,000円を下水道事業財政調整基金積立金として増額計上するとともに、施設管理費で使用料及び賃借料の28万4,000円、備品購入費で生物顕微鏡デジタルカメラシステムの341万3,000円をそれぞれ増額計上してあります。また、人事異動に伴う人件費等の整理補正及び工事請負費の執行残799万1,000円を減額計上してあります。

 以上が本補正予算の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

(9)議案第64号について 

 本案は、平成26年度石垣市港湾事業特別会計補正予算(第1号)であります。

 今回の補正は、既決予算の総額に歳入歳出それぞれ8,376万9,000円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ13億4,861万3,000円と定めるものであります。

 その主な内容は、まず歳入においては、3款県支出金で人工ビーチ附帯施設整備事業補助金の400万円、5款繰入金で財政調整基金繰入金の2,025万円、6款繰越金で前年度決算剰余金7,774万4,000円をそれぞれ増額計上してあります。

 一方、歳出においては、1款総務費で公有財産購入費並びに財政調整基金積立金等としての7,876万9,000円、2款港湾整備事業費で人工ビーチ附帯施設整備事業に伴う設計業務委託料の500万円をそれぞれ増額計上してあります。

 以上が本補正予算の概要でありますが、本委員会は審査の結果、本案については適切なものと認め、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上、報告いたします。



○議長(知念辰憲君) ただいまの委員会審査報告に対する質疑を許します。仲嶺忠師君。



◆2番(仲嶺忠師君) 議案第69号についてですが、この件については委員会でも相当ご指摘がなされているところではございますが、その中で、コンクリート工事は冬季コンクリート強度から夏季の強度に変更するものであると報告がありましたけど、なぜこのように変更になったのか、委員会のほうでどのような説明がなされたのか、お願いしたいと思います。



○議長(知念辰憲君) 伊良皆高信君。



◎建設土木委員会委員長(伊良皆高信君) ただいまの議案第69号についてでありますけども、コンクリート工事、約500万円の金額の上程があります。当初、市当局の説明では、当初計画のコンクリートは冬季強度を適用し計上しておりましたが、コンクリート打設時期が夏季、5月5日から11月5日となるため、規格を変更したということであります。

 コンクリートに関しては以上なんですけども、先ほど報告もありましたように、一連の流れの中で、平成22年度の上程されました第5号上屋と全く同等な予算の計上の流れであるというご指摘もいただきまして、その中でさまざまなご意見等々がありまして、本来は明らかに設計の段階でわかることをなぜ今ごろ補正予算に上げてまで上程しなければいけないのかという議論がありまして、その辺は当局といたしましては、これ、二度とないようにという話もしておりましたけども、しかしながら、余りにも我々素人でもわかるような設計から工事に係るこの流れの中で、もっと真剣に取り組んでいただきたいという旨のことを意見として当局にお願いしてあります。

 そのほかに、コンクリート工事につきましてさらに詳しいことは当局に答弁させたいと思います。



○議長(知念辰憲君) 建設部長、石垣雅好君。



◎建設部長(石垣雅好君) コンクリートの強度の変更についてお答えいたします。

 コンクリートについては、規格が冬場と夏場で何か変わったようであります。その中で、規格を27ニュートンから30ニュートンに規格変更に伴う増額であります。

 以上です。

             〔(議長、ちょっと休憩。なぜ、冬季から夏季に変わったかということを聞いてるのよ、規格が変わったということじゃない。なぜ冬季予定してたのが夏季に変わったかというのを聞いてるわけ、僕は)という仲嶺忠師議員〕

 お答えします。

 コンクリートの仕様については、打設時期によって変更するようにと通知があった模様であります。

 以上です。

             〔(いや、それはわかるよ。もう一回聞くから)という仲嶺忠師議員〕



○議長(知念辰憲君) 休憩します。

                               休 憩 午前11時05分

                               再 開 午前11時05分



○議長(知念辰憲君) 再開します。仲嶺忠師君。



◆2番(仲嶺忠師君) 私は、なぜ冬季コンクリートを予定してたのに夏季に変わったかという理由が聞きたいんです。

 というのは、これ3月議会で、発注がおくれた内容について、理由について、まず一番の原因が建築確認をとるのに時間を相当要したという理由でした。もう一点が、工事の内容、工種、それぞれ単価の変動等があってその積算にもまた時間を要したと言ってるんです。それで承認したんです、我々は。

 それにもかかわらず、なぜ、一番の原因はこれ発注がずれたことですよね。当初冬場に打設する予定が、発注がずれることによって夏場になったわけですよね、これ、そうですよね。当初からこれわかってることでしょう。なぜ、建築確認の時間を要したと、それと単価の変動、積算の見直しとかあったと言ってるのにもかかわらず、この場所で、今議会にこのような補正が上がってくるのかがちょっと理解できないんです。

 さまざまなご指摘があるように、3月議会でもたくさん指摘させていただきましたけど、発注時期がずれることによってこのように大きな金額の差額が出てくるんです。今回の一般質問でもさせていただきましたけど、積算なり何なりしっかりと精査して、今後工事の発注にしていただきたいと思いますので、何かありましたら一言。



○議長(知念辰憲君) 建設部長、石垣雅好君。

             〔何事かいう者あり〕



◎建設部長(石垣雅好君) お答えします。

 ほんとに、まことに申しわけありませんでした。

 これまでも……

             〔何事かいう者あり〕

 発注時期によって工事積算をしておりましたけれども、今回の場合は発注時期がずれたことにより本来設計変更すべきでありました。今後はこういうことがないように気をつけたいと思っております。



○議長(知念辰憲君) 伊良皆高信君。



◎建設土木委員会委員長(伊良皆高信君) 仲嶺議員の質問にお答え申し上げます。

 ご案内のように、前土木委員長ですから詳しい内容等々把握されておると思いますけども、ただいまも申し上げましたように、一つに、基本設計それから実施設計と移っていく中で、明らかに当初からわかるような予算の計上をまた今回もしてきたという指摘をもう重々港湾のほうにしております。

 5点からあって、直接仮設工事約370万円、そして地業工事、要するにくい打ち、これが1,100万円、そして今言ったコンクリート工事が500万、その他の工事というのは、鉄筋とか型枠とか防水、屋根等々含めまして、左官等も含めましての工事約1,030万円、土間工事約1,600万円等々を含めた工事の上程がなされております。

 ご案内のように、この流れからしてくると本来なら実施設計でしっかりと当初予算でうたうべき予算の計上だと思うんです。その辺を含めても、なぜ今ごろこのように追加補正で出してくるのかという我々の疑問に、当局としては、ただいま部長がおっしゃったような答弁になっております。

 したがいまして、委員会報告でも指摘しておりますように、このようにはっきりとしてわかるような公共工事に関しては、しっかりと当初予算で計上するのが当たり前の予算化の流れ方として当然のことだということを強く指摘しております。

 以上です。



○議長(知念辰憲君) 宮良 操君。



◆15番(宮良操君) 議案第69号について、仲嶺議員と同じような質問内容を予定しておりましたけども、先ほど回答がありましたんで、視点を変えてもう一点、二点、質問したいと思います。

 これだけの工期のおくれで3億6,000万円余りから4億8,000万円と約1億円余りの差額が出てると、非常に……

             〔何事かいう者あり〕

 金額の差が出てるという状況にあります。それで、設計業者が前回の上屋工事と一緒なのかどうなのかというのが、まず第一点。

 それと、もう一点は、地業工事、出来高払いってあるよね、実施出来高払いと、この中身について、要するに打ってみないとわからないのでそれで出来高払いと理解していいのかどうなのか。そういう出来高払いとして予算計上して確定してることが本来あったのかどうなのか、好ましいのかどうなのか、このあたり、2点、ぜひ教えていただきたいと思います。



○議長(知念辰憲君) 伊良皆高信君。



◎建設土木委員会委員長(伊良皆高信君) お答えいたします。

 平成22年度の発注の第5号上屋建築工事に関しては、会社名は控えさせていただきたいと思いますけども……

             〔(同一業者なのかどうかと)という宮良 操議員〕

 いや、別の設計業者であります。

             〔(地業工事の出来高払いの中身)という宮良 操議員〕

 この辺については、出来高払い等に関しては委員会のほうで報告を受けておりませんので、それは当局に答弁させたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(知念辰憲君) 建設部長、石垣雅好君。



◎建設部長(石垣雅好君) お答えいたします。

 これ、地業工事、ほとんど基礎工事、鋼管くいを地面の中に……

             〔(中身はわかる)という宮良 操議員〕

 打ち込んでやるやつですので、それについてはボーリング調査等をもとに、推定の深さのもとに打ち込んでおります。今回、ほとんど深い位置にありまして、くいの長さが思ったよりも長くなって、中間くいのほうがちょっと規格を一回り大きくしないといけないということで、変更してそこのようになっております。

 あとは、こういうのは設計変更の対象となっておりますので、その旨認めてもらいたいと思います。

 以上です。

             〔何事かいう者あり〕

 済いません、お答えします。

 出来高払いというのは、精算、要するに途中で工事が終わった中間払いのことを言ってると思うんです。



○議長(知念辰憲君) 休憩します。

                               休 憩 午前11時13分

                               再 開 午前11時13分



○議長(知念辰憲君) 再開します。建設部長、石垣雅好君。



◎建設部長(石垣雅好君) お答えいたします。

 先ほども申し上げましたけれども、打って、結果、出来高でそれで精算するという形になっております。それについては、変更の対象としております。

 以上です。



○議長(知念辰憲君) 宮良 操君。



◆15番(宮良操君) 工事、実施設計するまでの間には、基礎、結局ボーリング調査を、土質調査をやるわけだよね。設計をする場合にはくいが何本入るでしょうと。なぜならその根拠は、ボーリング調査等をして、土質調査をして、何本くらい入るでしょうと。そうしたら、くい打ち事業、地業工事にはどれぐらいの予算が計上しますというのをやるわけでしょう。それはよくわります、これをやるというのは。

 出来高払いっていうのは、数が多くなる場合も少なくなる場合もあるわけよね、出来高っていうのは。そうしたら、この出来高払いっていうのは予算の枠はあるけれども、もし仮に100万円としましょう。少なかった場合は出来高として予算が減るということも可能性あるのかということで、その枠の中だけで対応するのか、それとも打ってみて足りなかったらまた追加で補正するという考えなのか、そのあたりをどうなのかって言うことを聞いてるんです。



○議長(知念辰憲君) 建設部長、石垣雅好君。



◎建設部長(石垣雅好君) お答えいたします。

 確かに、ふえる場合も減る場合もあります。それにつきましては、他の数量変更も合せて設計変更を行います。今回の場合は、おおむね全部深いということで、増額の変更で対応したいと思っております。

             〔(わかりました、以上です)という宮良 操議員〕



○議長(知念辰憲君) 質疑を終結します。

 本9件について、建設土木委員会委員長の審査報告どおり、それぞれ同意並びに原案のとおり可決することにご異議ございませんか。

             〔(異議なし)という者あり〕



○議長(知念辰憲君) ご異議なしと認めます。よって、議案第67号、議案第69号、議案第70号については同意、議案第54号、議案第55号、議案第68号、議案第62号、議案第63号、議案第64号については、それぞれ原案のとおり可決されました。

 次に、日程第25、議案第71号工事請負契約について。日程第26、議案第72号工事請負契約について。以上2件を一括議題とし、提案者の説明を求めます。市長、中山義隆君。



◎市長(中山義隆君) ご説明申し上げます。

 議案第71号は、工事請負契約についてでございます。

 本件は、地方自治法第96条第1項及び石垣市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 契約の目的は、石垣市クリーンセンター基幹的施設整備工事(給じん装置更新工事)。契約の方法は、指名競争入札。契約金額は、2億2,680万円。契約の相手方は、神奈川県横浜市中区錦町12番地、三菱日立パワーシステムズエンジニアリング株式会社、代表取締役石川雅雄でございます。

 以上でございます。

 失礼いたしました。ご説明申し上げます。

 議案第72号は、工事請負契約についてでございます。

 本件は、地方自治法第96条第1項及び石垣市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 契約の目的は、石垣漁港水産加工施設建築工事。契約の方法は、随意契約。契約金額は、2億4,172万5,600円。契約の相手方は、石垣市字石垣136番地1、株式会社玉吉建設、代表取締役玉吉秀庸でございます。

 以上でございます。



○議長(知念辰憲君) 説明は終わりました。

 本2件については、経済民生委員会に付託いたします。

 以上で、本日予定の議事は全て終了いたしました。

 それでは、10月21日火曜日午前10時再開することとし、本日はこれにて散会いたします。お疲れさまでした。

                               散 会 午前11時18分