議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 宜野湾市

平成23年  3月 定例会(第360回) 03月15日−06号




平成23年  3月 定例会(第360回) − 03月15日−06号









平成23年  3月 定例会(第360回)



   平成23年第360回宜野湾市議会定例会会議録(第6日目)

                       午前10時00分(開議時刻)

            平成23年3月15日(火)

                       午後5時16分(散会時刻)

1.出席議員(28名)

     議席番号   氏名    議席番号   氏名

       1   玉元一恵     2   米須清正

       3   屋良千枝美    4   宮城勝子

       5   佐喜真 進    6   宮城 克

       7   宮城 司     8   知名康司

       9   濱元朝晴    10   桃原 朗

      11   伊波秀男    12   桃原 功

      13   喜舍場 保   14   森田 進

      15   比嘉憲康    16   呉屋 等

      17   島 勝政    18   平良眞一

      19   上地安之    20   呉屋 勉

      21   知念吉男    22   我如古盛英

      23   岸本一徳    24   伊波一男

      25   大城政利    26   又吉清義

      27   仲村春松    28   伊佐光雄

2.欠席議員(なし)

3.説明のために出席した者

      職名       氏名     職名       氏名

     市長       安里 猛   教育長      宮城茂雄

     水道事業管理者  新田宗仁   総務部長     仲村 隆

     企画部長     城間盛久   基地政策部長   山内繁雄

     福祉保健部長   玉那覇豊子  市民経済部長   新城正一

     建設部長     稲嶺盛政   教育部長     宮平良和

     指導部長     下地邦敏   消防長      平安名常明

     会計管理者    國吉秀子

4.議会事務局出席者

      職名       氏名     職名       氏名

     事務局長     松川正則   次長       和田敬悟

     議事係長     宮城秀樹   主任主事     上地章弘

     主任主事     伊禮理子   主事       松田江里奈

5.会議に付した事件は議事日程第6号のとおりである。

              議事日程第6号

         平成23年3月15日(火)午前10時開議

 日程第1 議案第13号 平成23年度宜野湾市一般会計予算



○議長(呉屋勉君) おはようございます。ただいまから第360回宜野湾市議会定例会第6日目の会議を開きます。(開議時刻 午前10時00分)

 本日の日程は、お手元に配付してあります議事日程表第6号のとおり進めてまいります。

 日程第1.議案第13号 平成23年度宜野湾市一般会計予算を議題といたします。

 本件に対する質疑を許します。宮城克議員。



◆6番(宮城克君) おはようございます。では、けさのトップバッターとしてよろしくお願いします。

 では、一般会計の予算書23ページです。きのうも資料請求いたしましたが、1目の4節、児童福祉費、負担金の中の放課後児童クラブに関して、幾つか質疑させていただきます。

 当市、児童センターが5カ所あると思うのですが、今回このクラブの保護者負担金ということで、資料の中でいろいろなメニューがあるのですが、要は5カ所児童センターがある中に、この3カ所しかないというその理由、ちょっと御説明願えますか。



○議長(呉屋勉君) 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) おはようございます。宮城克議員の御質疑にお答えいたします。市内には5つの児童センターがございますけれども、放課後児童クラブの事業としては、大山児童センター、新城児童センター、我如古児童センターの3児童センターで実施をしております。あと大謝名児童センター、赤道児童センターには今ございません。これにつきましては、施設のまだ整備がされていないという現状でやられておりませんけれども、今後そのニーズ等の調査等も勘案しながら、その施設整備が必要かどうかについては、これまでも検討はしておりますし、継続して検討はしていきたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 宮城克議員。



◆6番(宮城克君) ただいま部長から御説明があったのですが、この今の御説明の中で、整備が整っていないのとニーズ等というのを今後検討と今、話があったのですが、せっかくこの児童センターあるわけですから、そういったものは率先して進めていくべきではないかなと思うのです。

 今、ニーズ等とかそういった調査、周りの声とか整備というお話、御説明があったのですが、例えば現段階で、そういった声というのが少数でも届けられているのか。あと、整備していくという今御説明があったので、せっかくですから、例えば目標年数というか、例えば今年度、来年度みたいな感じで、そういったお考えがあるのか、その辺ちょっと御説明願えますか。



○議長(呉屋勉君) 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) お答えいたします。子供たちの放課後の活動については、児童福祉の面からも、福祉保健部としては取り組むべき課題ではございますけれども、この放課後児童クラブは、市内にも数カ所ございまして、民間で今間に合っているというような一部声もございます。そして、また公立で必要だという声もございますので、その辺は公として必要かどうかについては今後の研究課題とさせていただきますし、どうしても市が設立しなければならないという条件にまだなっておりませんので、今のところはそこで、民活のほうで進めている状況でございます。



○議長(呉屋勉君) 宮城克議員。



◆6番(宮城克君) わかりました。今の御説明で本員も納得しましたので、ですから、また周りのニーズもありますので、今後また検討をされて、必要であればすぐ事業に取り組める体制というか、そういったものがあったほうがいいので。今、そういう説明もありましたので、今後も引き続き検討と見守っていくという形で、よろしくお願いします。

 では、次の質疑に移らせていただきますが、26ページの5目の3節、きのうも資料請求させていただいたのですが、3節の中の屋外劇場使用料について、何点か質疑させていただきます。

 今回、この屋外劇場の使用料が、今年度の予算、前年比約300万円ほど計上、要は増額になっているのですが、その増額の理由、御説明願えますか。



○議長(呉屋勉君) 建設部長。



◎建設部長(稲嶺盛政君) おはようございます。宮城克議員の御質疑にお答えしたいと思います。屋外劇場の使用料が、前年に比べて230何万円余り増額で予算計上をしてございますが、それについては私どもある程度、過去3年の実績を見込んで一応予算の計上はしてございますが、資料としてお手元のほうに配られた資料の中で、極端に年度的に落ちた経緯もございます。

 ただ、これについては屋外劇場の維持というのですか、その中で補修すべき修理とか改修とかやる事業がございまして、その関係で、事業を実施した期間等については屋外劇場が使用できないという状況もありますので、それで去年についてはその実施の計画等があって、一部補修工事を実施するということで、その分の収入が見込めなかったということでございます。

 ただ、新年度において、それをまた復活して、ある程度収入を上げてきたということは、その屋外劇場が今のところは十分使用できる状態まで維持補修とかやって、補修終わって、十分それなりの収入も見込めるということで、増額の計上ということでございます。



○議長(呉屋勉君) 宮城克議員。



◆6番(宮城克君) わかりました。

 再度、2〜3点ちょっとお聞きしたいのですが、例えばことしに入って、フジテレビさんですか、何かめざましテレビでのコンサート、めざましライブなるもの、相当人も集まって、盛大に盛り上がったという話お聞きしているのですが、そういった感じの新しい、今回これは新しい取り組みというか、この場所を使ってのコンサート的なものだったのですが、年次的に、例えば新年度の中で、決まったライブコンサートとか、そういったイベント等みたいなものが、何か大きなイベントみたいな何か、予定とかそういったものは入っていますか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前10時09分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前10時10分)

 建設部長。



◎建設部長(稲嶺盛政君) お答えします。今のところ、そういった形で芸能的なものとかそういったものの大きなイベントとか、そういったものの申し込みは、新年度における申し込み等については、まだ来てございません。



○議長(呉屋勉君) 宮城克議員。



◆6番(宮城克君) ありがとうございました。とりあえず、これで一たんおさめます。



○議長(呉屋勉君) 岸本一徳議員。



◆23番(岸本一徳君) おはようございます。まず、国の経済対策を受けての本市の一般会計補正予算に計上した部分もあると思いますし、それから新年度、この一般会計予算に反映をされている部分、その辺の整理をした資料を、どのように国の補正予算、これは円高デフレに対応するための緊急総合経済対策という国の予算を活用しての本市の事業というのですか、今、一般会計ですけれども、あわせてできましたら資料としていただけませんでしょうか、議長。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前10時12分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前10時12分)

 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) おはようございます。岸本議員にお答えします。国のほうでは、平成23年度、新年度予算の編成に向けて、県あるいは市町村に向けての説明会が、大体1月の中旬から末にかけてあるわけです。宜野湾市のほうでも、次長を初め財政担当が行っております。その際の説明を受けたものと、それから資料等がございますので、そのあたりの中で明記されているものを引っ張りながら、資料提供はしていきたいと思っております。



○議長(呉屋勉君) 岸本一徳議員。



◆23番(岸本一徳君) 本市で活用されている、計上されているという資料をいただきたいと思います。

 それから、予算説明資料の32ページの分析表のその2についてなのですけれども、これで自主財源、それから依存財源という、そういう内訳がございますけれども、これも例えば自主財源、大幅にアップしている部分のこの理由の説明。例えば寄附金とか、それからまた繰入金、これも5億6,000万円余り増加をしていると思います。伸び率の大きい部分です。61.80%。それから、ちょっと気になる分担金及び負担金というのも14.20%ということで大きくなっておりますけれども、特に繰入金とかという部分については、理由というのですか、それから内訳というのですか、そういうものがわかる資料をいただければというふうに思います。この資料提供、どうでしょうか。



○議長(呉屋勉君) 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) お答えいたします。今、岸本議員からありました32ページなのですけれども、ちょっとここで説明します。繰入金とか何かは財調の取り崩しでありますので、今回編成等が厳しかった財調であるとか公共施設云々等、かなり崩しましたので、それから寄附金については公社からの一般寄附5億円等があったというようなことありますけれども、しかし、今の件の増の分とかいう件については、資料提供をしていきたいと思っております。



○議長(呉屋勉君) 岸本一徳議員。



◆23番(岸本一徳君) よろしくお願いいたします。

 それから、同じくこの分析表のその2の中で依存財源、特に10款の地方交付税等の伸び、1億5,000万円余り伸びております。それから、国庫支出金も私のほうではちょっと分析できないのですけれども、12億円余りふえておりますけれども、この辺の説明も、根拠等も、事業も多岐にわたっているので、大まかに、例えば国の経済対策であるとか、そういう部分が反映されて大きくなっているのか、それとも本市の政策的な事業が大きいからふえているのだとか、さまざま要因あると思いますので、それについても御説明ができる資料をいただきたいと思うのですが、どうでしょうか。



○議長(呉屋勉君) 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) 岸本議員の今の件についても、自主財源、依存財源の件ありましたので、国庫支出金等が何でふえているかというお話。端的に言えば、公共事業等、要するに学校関係の支出等が、建設等がかなりあるというようなことの伸び等でありますけれども、この件についても、資料等を作成して、理由等も明記していきたいなと思っております。



○議長(呉屋勉君) 岸本一徳議員。



◆23番(岸本一徳君) では、よろしくお願いをしたいと思います。

 それから、予算書の2−1−10です、89ページ。きのうも桃原功議員から資料提供の質疑もありましたけれども、まず04の災害時要援護者支援ネットワーク事業、それから自主防災組織育成事業、たしか平成18年あたりから予算は計上されて、継続をされてきているというふうに思うのですけれども、予算もほとんど毎年変わりませんし、それからまた中身も担当部署が頑張っている割には、なかなか市民への啓発ができていないと。こういう部分もあると思うのですけれども、今回の大震災を受けて、海側の方々は物すごく不安に感じているところだと思います。きのうもある1人の市民とお話をしたのですけれども、自分は伊佐に住んでいるけれども、心配でしたと、避難はどこにすればいいのですかねと。避難ビルは指定もされていないし、そういう不安な市民の思いというのは、市はどんなふうにして考えていらっしゃるのですかと。こういう質問がありました。

 私、ハザードマップ、これはもう古いものですけれども、まだ伊佐の公民館が避難場所なのですね。自主防災組織を立ち上げる際にもそこを、避難場所をもう想定して、そこでの避難訓練というのをやっているわけなのですけれども、これは意味がないのです。避難訓練そのものは、意味があるのでしょうけれども、場所はそこではないのです。と思うのです。だから、そういうことのどういうものを想定をして準備をするかとか、それから防災の意識を市民に啓発をしていくのかというふうなことが、なかなか総務部のほうでやっている、市全体でやっている部分が見えてこない部分があるのです。

 04の災害時要援護者支援ネットワーク事業ということなのですけれども、これも社協にずっと任せきりなものですから、きのうも防災会議をやって、中身はわかりませんけれども、そういうことをそろそろもう市民と一緒になって考えていくということをしたらいかがかなというふうに思うのです。市長、どうですか、その点について。



○議長(呉屋勉君) 市長。



◎市長(安里猛君) ただいまの岸本議員の質疑にお答えをしたいと思います。改めて今回の東北地方の震災については、被害に遭われた皆さんに、この場をかりてお見舞いを申し上げたいと思います。

 昨日、防災対策会議の第3回目の会議を持ちましたが、やはり今回の取り組みを通して、各部署からの報告を受けながら、反省すべき点は幾つかございました。1つには、岸本議員が御指摘のように、避難地域である伊佐の自治会公民館が避難場所として有効かということについては、まさに御指摘のとおりでございまして、今回の避難場所も普天間中学校の体育館、それから大山小学校の体育館、真志喜中学校の体育館と大謝名小学校の体育館を避難場所として指定をいたしました。

 その中で、建設部門からも指摘がありましたが、大謝名小学校の低地帯における避難場所として有効かということ等も反省点として挙げられましたし、大山小学校と老人センターが今回の避難の一番大きい人数を占めておりました。老人センターで40名余り、それから大山小学校の体育館に12名の避難者がおりましたが、やはり緊急な取り組みでございまして、避難場所であるという表示すら体育館の前になかったということ。それから、保安要員の待機の方と避難者との見分けがつかないなどの指摘もありまして、防災対策会議としても、そのことについては反省点として次の機会に生かしていきたいなというふうに思っておりまして、今回の岸本議員の指摘の趣旨は十分理解をしておりまして、これからの防災の取り組みの中で生かしてまいりたいというふうに思っております。



○議長(呉屋勉君) 岸本一徳議員。



◆23番(岸本一徳君) ぜひ、もうどこでどういう震災が起こるかというのは予測がつかない、もう対岸の火事と思わないでぜひその対策を。要は減災ですから。地震そのものをとめられるはずはありませんので、津波そのものをとめられるはずがありませんので、その備えをする、用意をする。市民一体となってやっていくという、そういうことがもう求められているというふうに思います。

 沖縄は、決して地震がありません、津波もありませんという話ではありませんので。宜野湾市だけそれをやっていれば、対策をやっていればいいという話でもないのですけれども、これは県全体、近隣のほうとの連携もとらないといけないというそういう部分もあると思います。ですから、ボランティアも含めて、この要援護者、災害弱者と言われる方々の登録も、たしか平成18年、19年でしたか、結成をして、社協のホームページを見たらその計画もしっかり載っていますけれども、今登録者数は100名超えていないのではないですか。

 この前視察で行ったところは、7,000名余りの登録者があって、それは総務省の国からの予算をもらって、その登録をITを使ってやっていると。だから、宜野湾市でこの登録の、いわゆるITを使った事業をやる場合には、無償で提供しますよと、こういう話もありました。

 ですから、何を想定をして、どういうことを市民にお願いをしていくか。市民と一体となって何をしていくかというふうなことを、できればもうそろそろ予算にもしっかり反映をさせていく。僕は、ハード部分よりもソフトの部分というのですか、例えば公助というとお金かかりますので、自助と共助という部分をしっかり整えていくというのですか、そういうことをそろそろしないといけないのではないのかなというふうに思います。

 自主防災組織というのも、実は阪神大震災で、消防や自衛隊やそういう方々が来るまでには遅いと、自分たちで近所の方々を助け合ってやったと。こういうことが要するに自主防災組織の始まりだということなのです。そうすると、今自治会とか単位でやっている自主防災組織というのは、ちょっと大き過ぎるというふうに思うのです。これから、もう少しきめ細かく、そういう意識を持ってやっていくというふうに、やっぱり市民を啓発していかなければならない、そういう考え方も出てくるのだろうというふうに思います。自治会長が全部責任を持って避難をさせるとか、そういうふうなことはなかなかできる話ではまたないというふうに思いますので。これは技術的なことであり、またいざというときの備えのための一つの考え方として、防災会議等でも、それからまた部内のそういう検討もしっかり生かしていただきたいなというふうに思います。

 それと、もう一つ、市長、予算には反映されない部分なのですけれども、伊波市長のときに、僕は消防のほうと連携とれるように、消防から1人は出向して、総務部で一緒に計画なり準備なりというような体制を整えられる人を専属で置く人事配置はできませんかという話をしたら、できないという話だったのです。副市長のときですから、市長もいらっしゃったと思いますけれども、もう宜野湾市の知恵と、それからまたあらゆるノウハウをそういう結集するように。だから、見直し作業もおくれているのではないかなと僕は思うのです。県がどうのこうのと言っていますけれども、中身を見たら、僕はそうでもないのではないかなという気がしてしようがないのです。当局の皆さんを信用していないわけではないのですけれども、もう少し急いでやるべきものとか、そういうものがあっていいのではないかなというふうに思うのですけれども。

 人事配置については、市長、この予算と関係ない部分もありますけれども、ぜひそういう実際に計画を立てていくときの、やっぱり消防の人たちのノウハウというのですか、僕はOBでもいいと思いますし、それからまた実際に長年携わってこられた方のノウハウを生かしていくということは大事ではないかなというふうに思いますけれども、市長どうですか。



○議長(呉屋勉君) 市長。



◎市長(安里猛君) ただいまの岸本議員の質疑にお答えをしたいと思いますが、岸本議員の御指摘は、急いで取り組むべきだということでございますが、私の立場としましては、現在消防に課せられた早急な課題が2つございます。それは何かと申しますと、今消防の広域化、県単一の消防組織への移行の問題がございます。もう一つは、無線のデジタル化の問題でございます。これも近いうちに整理をしなければならない課題でございまして、広域化の検討協議会の場にも1人出向を送っております。今の市全体としての定員適正化計画が平成22年度の取り組みで終了をすることにはなっておりますが、十分計画を達成するまでには至っておりません。そういったこと等もかんがみますと、今、全体の総人員数、職員数が、今の需要に見合った形で十分なり得ていないということもございます。そういったこともありますが、今の岸本議員の御指摘については、担当部署からも要求としては私に上がっております。消防職の経験者を防災担当としてどうしても知恵をかりたいということもあります。

 そういったことも平成23年度から見直しをしていくことになってございまして、その中で消防の80名総定数を維持しながら、人員力を維持しながら、そういった形での日常の備えができるかということを検討をしてまいりたいというふうに思っております。



○議長(呉屋勉君) 岸本一徳議員。



◆23番(岸本一徳君) 要援護者の登録者数、総務部長、資料でいただけますか。



○議長(呉屋勉君) 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) 要援護者の登録者数については資料を提供します。

 それから、岸本議員、OB等の活用、消防職員ということで、予算書の89ページ、02、真ん中あたり、防災事務運営費の2番目、防災事務担当嘱託員180万円ということで、定数は厳しいのですけれども、こういうOB活用をしながら、現スタッフに強化しながら、いろんなものを強化していきたいということで、平成23年度は予算措置をしております。



○議長(呉屋勉君) 又吉清義議員。



◆26番(又吉清義君) 少し、岸本議員と関連してなのですが、48ページですね。ちょっと確認です、考え方です。やっぱり新年度予算ですので、私たちやはり議決するからには、また共通認識をしないといけないだろうと思いますが、この繰入金がふえるということは、当宜野湾市としては財源的に豊かになったというふうにして、将来的には解釈していいのか、厳しくなったというふうに解釈していいのか。この解釈の仕方は、皆さんどのようにしておられるかということですが、その点についてお答えください。



○議長(呉屋勉君) 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) 又吉清義議員の質疑にお答えいたします。48ページですけれども、基金繰り入れということで、財調の取り崩しということになっているのですけれども、大きい金額等で申しますと、今言うように財調あたりとか、公共施設等かなり取り崩しがあるのですけれども、トータルで見ますと、本年度が14億円、前年度が9億円ぐらいの取り崩しとなっておりますけれども、要するに、今回は非常に財源が厳しい状況の中において、基金の取り崩しをせざるを得なかったと。そういうような状況の厳しい中での今回の平成23年度の予算編成であったと。絶えず財政的には厳しいものがあると理解しております。



○議長(呉屋勉君) 又吉清義議員。



◆26番(又吉清義君) ぜひ、やはりそういった説明もしていただければ、お互い共通認識になるかと思います。やっぱり繰入金がふえましたと、いかにも財源が豊かで、幾らでもこっちからつぎ込むことができるよと。こう誤解したらお互いこの予算編成で大きな過ちを犯すのではないかなと思います。ぜひ、やはり繰入金、お互いの今まで蓄えてきた預貯金を取り崩すということ自体、自分の体力を削っていくことですので、やはりいざというときに対応できるかと非常に危惧するものですから、あえて聞いている次第です。

 そこで、1ページのほうに戻っていただけませんか。この間、農協の理事会に出たら、思わぬことがちょっとわかって、考え方ですが、1ページの第4条です。一時借入金が最高額で、最初のページで、予算書1ページ、70億円ことし計上されております。この一時借入金70億円をすることに関して、やはり議会の議決事項なのですが、それはそれでよろしいかと思います。その場合の3行合わせて、農協合わせて4つの金融機関ですか、この順番制でそのお金を借りているかと思うのですが、この70億円の借り方というのは多分、市当局の皆さんの規則か、そういったものにのっとっているかと思うのです。議会の議決事項ではないのですが、この70億円の借り方というのは、順番制というのは、どのように決まっておるかということをお伺いいたします。



○議長(呉屋勉君) 会計管理者。



◎会計管理者(國吉秀子君) ただいまの又吉議員の御質疑にお答えいたしますが、一時借入金につきましては、本市は2年間で指定金融機関を定めておりますが、その指定金融機関と当座貸し越しを契約いたしまして、その都度、歳出が厳しい場合については借り入れをしているということで、指定金融機関との契約になっております。以上でございます。



○議長(呉屋勉君) 又吉清義議員。



◆26番(又吉清義君) 指定金融機関との契約だというのは、確かに本員も理解しておるのですが、まだ、大変済みません、条例十分まだ目を通していなくて、この2カ年スパンでやる、そして輪番制でやるということは、多分条例事項ではなかったかと思うのですが、まずこれが条例事項であるかということと、現在70億円の利率というのは何%であるかということなのですが、その2点お答えをお願いします。



○議長(呉屋勉君) 会計管理者。



◎会計管理者(國吉秀子君) ただいまの質疑にお答えいたしますが、指定金融機関に関しましては、順位というものを議会のほうで承認していただいております。あわせて利率につきましては、本市が指定金融機関と定期預金を行いますけれども、一借においてですね。その定期プラス0.25%ということで、現在0.85%の利率で借り入れをしております。以上でございます。



○議長(呉屋勉君) 又吉清義議員。



◆26番(又吉清義君) わかりました。では、後で資料をいただいて、また詳しくやりたいのですが、ぜひ、2年間で議会の議決事項であるならば、ちょっと思わぬことがわかったのが、0.85%という利率なのですが、農協のほうで約350億円のお金を寝かせているのです。借り手がいないのです。貯貸率が40%なのです、550億円の預貯金があって。これをお互いそういった利率をこの厳しい中を70億円の0.1%下げるだけでも、どんぶり勘定でも7,000万円ですから、そう悪くはないのかなと。そういったことが可能であれば、今後そういった思い切った政策も必要ではないのかなと思うものですから。

 ですから、貸すところがなければそういったこともできないのですが、JA宜野湾には今350億円のお金が寝ております。貯貸率は40%ですから。そうすれば、財源も少しは、約7,000万円も活用できたら。ですから、それはしかし、指定金融機関という70億円のお金を借りる、また金融業務自体を整理する事業もあるかと思いますが、そういったものがもし分割して金融を取り扱う、借りる場所を変えるということをすることによって、財源を豊かにすることができれば、今後もそういった政策も必要ではないのかなと思っておりますので、では後で資料をいただいてから、またやりたいと思います。

 次に、済みません、また考え方なのですが、新年度予算に入る前に、皆さんの予算編成方針というのがあります。この中で、本当にこの考え方これでいいのかなと私危惧しておるのですが、5ページのほうです。よろしいですか。5ページのほうで補助金と負担金の見直しというのがあります。もちろんこの中で、非常に皆さんが誤解していないかなというのを私危惧するのが、この補助金・負担金の見直しで、前年度決算で多額の繰越金が生じている団体の補助金・負担金は、削減、廃止を含めて検討をするということなのですが、繰越金を出すという考え方は、皆さんは、これは事業が執行できていないというふうにして解釈しておられるのか。

 私は逆です。皆さんからいただいた予算を、今デフレ現象です。努力して、当初は10万円する品物を9万円で買ったと。だから、1万円浮かすことができる。私はすばらしいことだと思っています。事業を執行して繰り越しをすることができる事業は、むしろ褒めてあげるべきだと思っておりますが、これからすると皆さん、計上した予算は残すなと、すべて使い切れと、そういうふうに誤解を受けませんかと思いますが、その解釈の仕方。皆さんは、この繰越金を出す、そしてそういった考え方はどのように考えておられるかということですが。



○議長(呉屋勉君) 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) 又吉議員の質疑にお答えいたします。予算の編成、予算の位置づけといいますか、例えば歳入歳出を組むときに、歳出で組んだときに、例えば予備費がたくさん余ったというような月には、反対側からの見方をすれば、その分だけ業務執行しなかったのではないかなというようなことも、要するに一般財源上ではあるわけです。そういうようなこと等も踏まえて、この補助団体において、繰越金等、余剰金等があるのであれば、そのあたりは注意をして何で執行しなかったかということで、ただ一義的にすべて繰越金だから、では次年度はその分だけカットしましょうというようなことでは査定はやっておりません。

 そういう理由等もつきまして、例えば決算のほうが6月ぐらいにしか各団体等ございませんので、その分の総会費用を持つためのある程度の繰越金等も持たなければいけないというような補助団体等の意見等もありますので、そういうことも加味した中での繰越金という位置づけを我々はしておりますので。



○議長(呉屋勉君) 又吉清義議員。



◆26番(又吉清義君) 今、部長の答弁を聞いてちょっと一安心しているのですが、しかし、この予算方針からはそのように見受けることができないのです。やはり事業執行を完了してなおかつ残ると、そういった表現の仕方をしておかないと、えらい誤解を生じるなと。部長のほうで、やはりすべての事業を執行して、なおかつそういった鋭意努力した結果のものに関しては、それなりのものがあるということを聞いて、ちょっと安心しておりますが、やはりそういった文書の表現もしておかないと、ややもすると、よく民間からこういううわさも出ております。公務員の皆さん、年度末になると出張が多いですと。何で出張が多いですかと。理由簡単です。繰越金を残すなという合い言葉です。そういうふうに誤解を生じませんかと。

 だから、これを民間から体質的にそういうようになっていると言われても、これもう仕方ないのです、こういう表現の仕方をするとです。この辺の表現の仕方です。もっと明確に、事業執行をして、なおかつそういった努力をしたところには、むしろ次年度は1割増しで上げるぐらいのことをすると、私はかなり皆さん努力をするかと思いますよ。

 前からよく提言しております。小中学校に対して光熱費です。努力したら大分下がります。学校はそういう意識全くないです、はっきり言って。電気もつけっ放し、水道も出たら出っ放しです。なぜですかですよ。自分のものという意識がないからです。学校だけに限りません。よくだから、僕はあちこち公共施設へ行って、水道が出っ放しになっているの、だれもとめる人いませんよ、正直言って。行ったときには、お互いトイレを使う、洗面所を使う、ちょっと顔を出して、そういうのをやるだけ、きっちりと締めるだけでかなり浮くかと思います。やっぱりそういった努力をして、そういうのをぜひ部長のほうで、任期中に逆にそういう制度をつくっていただければ幸いかなと思いますので。

 では、ぜひ確認しておきます。これは事業執行をして、努力したものに限ってはそういったことではないということを再度確認いたします。



○議長(呉屋勉君) 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) お答えします。各種団体等の繰出金について、今答弁したように、あるいは議員から御提言があったようなことを踏まえながら、今の条文等については、誤解を招くようなものがあれば、今の実態を踏まえたような形での表現等に変えていきたいなと思っております。



○議長(呉屋勉君) 又吉清義議員。



◆26番(又吉清義君) これを聞いて安心いたしました。

 そして、済みません。ページが何ページかちょっとまだ探し切れないのですが、皆さんからいただいた資料で、緊急雇用創出事業があります。その中で、大変済みません。もしかして私だけが資料をいただいたかなと思うのですが、この緊急雇用創出事業で、平成22年度、23年度、当初私たちが平成22年度にいただいた中身と平成23年度は、中身が随分変わってきたのです。その中で、平成23年度は新しい事業が6つもふえているのです。部長よろしいですか、あけなくていいですよ、部長。私が説明しますから。

 平成23年度は22年度より6つも事業がふえたのです。その中で気になるのがあるので1つだけ、新しい事業として、保育園滞納徴収業務というのがあるのですが、保育園滞納徴収業務ですね。331万円の予算をかけて2人の方を採用するのですが、こういった新しい事業を組む場合の事業の組み方というのは、どのようにして組んでおられますかということから、まずお伺いいたします。



○議長(呉屋勉君) 市民経済部長。



◎市民経済部長(新城正一君) 質疑にお答えいたします。これにつきましては、当初でこちらのほうから募集をしまして、それに対しまして各課からこういうふうに要望が出ることになっております。以上でございます。



○議長(呉屋勉君) 又吉清義議員。



◆26番(又吉清義君) 済みません。答弁している間に、163ページというお知らせがありました。163ページに載っております。今、各課から要望があったということなのですが、ちょっとでは建設部長のほうにお答え願います。建設部長は、そういった緊急雇用で何も要望はなかったかどうかですが。例えば滞納金です。保育料と市営住宅の滞納金、どちらがどのくらい多いですかと、比較検討をしたことがありますか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前10時47分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前10時48分)

 建設部長。



◎建設部長(稲嶺盛政君) お答えします。保育料と比較したことがありますかという御質疑だと思うのですけれども、保育料の滞納と市営住宅の滞納の比較ということで、我々比較したことは正直言ってございません。



○議長(呉屋勉君) 又吉清義議員。



◆26番(又吉清義君) 多分、部長も忙しくてやっていないだろうと思います。皆さんからいただいた資料で、市営住宅2,000万円の正直言って滞納です。そして、不納欠損処分もしております。保育料450万円ぐらいです。市として、どっちに力を入れたほうが財源豊かになるかといった場合に、この事業は間違えておりませんかと私は思いますが、今からやり直しも可能なのですか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前10時49分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前10時49分)

 又吉清義議員。



◆26番(又吉清義君) 比較をしてもらいたいということで、とても大ざっぱに言います。市営住宅の滞納2,000万円超しますよと。皆さんからいただいた資料、立てかえでも1,200万円は間違いなく滞納ですよと、駐車料金も合わせて約1,400万円近くの滞納です。保育料は、この8年、9年で400万円余りの滞納ですよと。そうすると、徴収業務をどこに力を入れるべきかと。小さいほうに力を入れて取るよりは、たくさんたまっているところに力を入れて取るほうが財源は豊かになりませんかと、私そう思うのですが、皆さんとしては、大きいのは見逃して、小さいほうに力を入れたほうがよろしいですかということを、今それをお尋ねしているわけです。大きいほうが、私は財源的には厳しいのだから、そのほうが非常にいいかと思いますが、いかがお考えですか。



○議長(呉屋勉君) 建設部長。



◎建設部長(稲嶺盛政君) お答えします。市営住宅の滞納について、大変厳しい御指摘だと思いますが、私どももそれについては重々認識しています。その滞納について、緊急雇用という形での徴収業務の話で、そこにできないかという御指摘だと思うのですけれども、私どもは、今の係の中で滞納について、前年度、今年度を踏まえて、相当それに力を入れて今、滞納の整理等に努めてはございます。

 そして、これは今年度末の決算にもなるかと思いますけれども、実質予算上は400幾らかの滞納の徴収ということで、平成22年度予算には組んでございますが、既にもう500万円余りの徴収も、今実績も上げて、努力して上げてございます。

 ただ、これについて、その金額が大きいところに力を入れて、そういった滞納の整理もしていくべきではないかという御指摘でございますが、私ども今の段階で相当滞納について力を入れて、悪質なものについては明け渡しを求めたり、そういったものを踏まえて今いわゆる努力している途中ですので、その辺については御理解願いたいと思っています。



○議長(呉屋勉君) 又吉清義議員。



◆26番(又吉清義君) 時間ありませんので、部長、努力しているのは大いに認めております。ですから、もっと努力を、パワーアップするためには、私は保育料よりは、皆さんのほうに力を注いだほうがよろしいのではないかという意見です。同じ金額をかけてですね。では次に質問します。ありがとうございます。



○議長(呉屋勉君) 暫時休憩いたします。(休憩時刻 午前10時52分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前11時07分)

 休憩前に引き続き会議を進めてまいります。議案第13号に対する質疑を許します。呉屋等議員。



◆16番(呉屋等君) それでは、質疑のほうをいたします。予算書の130ページのほうをお願いいたします。予算書130ページ、3款民生費、2目の児童措置費でございます。説明の欄の05番子ども手当支給事業27億6,567万3,000円でございます。御承知のとおり、子ども手当のほうは民主党政権において、全額国庫でこの辺は支給していくと。2万6,000円の予定が平成22年度は半額になり、そして平成23年度も半額の1万3,000円。しかし、それは全額国庫ではなくて、地方の負担分もあるということで、平成22年度に続き23年度もそのような方針を政府のほうは明らかにしております。したがいまして、他府県におきましても、この子ども手当、地方負担分に関して反対の声が各地で起こっておりまして、けさのタイムスのほうにも県内41市町村のうち38の市町村において反対、どちらかといえば反対というようなアンケートも掲載されておりました。

 それに基づきまして、今回のこの子ども手当支給事業27億6,567万3,000円でございますが、歳入のほうを見ますと国庫負担金が21億4,994万円、そして県負担金が3億780万3,000円ということで、単純に差っ引くと、本市の負担分というのが3億787万円なのかなというような計算もできるのですが、予算書ずっと見ていきますと、職員給与の中にも子ども手当というのが入っております。ということは、この03で説明されている子ども手当支給事業の総額には、いわゆる職員分の金額は含まれていないというふうな理解の仕方でよろしいのかどうか。まずは、総額に対して、では市の職員分は幾らになっているのか。そして、先ほど私がこの内容を言ったような、要は、市の負担は3億787万円ですかというようなお話をしましたが、この2点についてまずは御説明をお願いいたします。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前11時09分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前11時09分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) 職員のものから説明しましょう。予算書65ページ、2−1−1の01職員給与の中の真ん中あたり、子ども手当989万1,000円。あとは205ページ、これ10款のほうです。いわゆる教育委員会の01職員給与の中の大体真ん中あたり、子ども手当255万5,000円ということで、職員のものはその中で措置をしてございます。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前11時11分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前11時11分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) 呉屋議員、済みませんでした。今、2款と10款の説明ですけれども、大きなものはやったのですけれども、すべての人件費のものに入っています。すべてのです。総額的には5,651万9,000円の予算措置をしてございます。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前11時12分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前11時13分)

 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) 呉屋議員の御質疑にお答えいたします。平成23年度の市の負担分は3億786万8,000円となっております。



○議長(呉屋勉君) 呉屋等議員。



◆16番(呉屋等君) この事業の総額から国と県の負担金を除いた分が市の負担金。ただ、先ほど各款で出てきています職員の分の子ども手当が5,651万9,000円という部長の答弁もありましたので、それちょっと整理して資料をいただきたいと思うのですが。というのは、児童手当の分が、当然これは費目存置の1,000円になっています。今、国会でもこの子ども手当、関連法案含めて非常にどうなるかわからない状況であります。また、つなぎ法案の話も出ておりますので、市民としてはその子ども手当どうなるのか、その場合市の負担はどうなるのかというのは、我々議員としては、当然これは確認をすべき項目でございますので、資料のほうとしまして、この子ども手当の総額、当然職員の分も含めてです。この27億6,500円に恐らく5,600万円の分をプラスしないといけないと思うのですが、それを加えた総額。そして、国の負担分、県の負担分。そして、その中で、児童手当、仮にもし児童手当になった場合、ではどれだけ児童手当、あとこれぐらいの金額に市の負担分がなります。そして、児童手当にならなければということで、その分をわかりやすく資料を見られるような形で。場合によっては、こういう表というかグラフにしていただくと余計わかりやすいのかなと思いますが、それを見やすくしていただいた資料を議長を通してお願いしたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前11時16分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前11時18分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。子ども手当については予算計上をされていますけれども、あとそれを、もし国会でそれができなくなった場合には、当然また児童手当というものが生きてくるわけですけれども、その数字についてはできるだけ努力をして、正確に近い数字かわかりませんけれども、職員については概算でも出してみたいと思っております。

 福祉については、また福祉保健部のほうから答弁させていただきます。



○議長(呉屋勉君) 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) お答えいたします。福祉保健部で所管している子ども手当の分につきましては、公務員を除く分の費用になっておりますので、別々に資料を提出していきたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 呉屋等議員。



◆16番(呉屋等君) では、別々でということでございますので、資料のほう、一覧で見てわかりやすいような、いろいろ数式とかあったのですけれども、見てわかりやすいような形で提出のほうお願いしたいと思います。

 また、これは、いわゆる国のほうから文書で通達があったと思うのですが、この通達分も一緒に資料としてお願いをしたいと思います。これに関連して、また後で議員のほうからまた質疑があると思いますので、私はこれぐらいにとどめまして、次の質疑のほうに移りたいと思います。

 79ページのほう、6目企画費の10番、キャンプ瑞慶覧跡地利用計画策定事業(補助)でございます。このキャンプ瑞慶覧の策定事業というのは、いわゆる平成19年度末に返還予定であったキャンプ瑞慶覧の55ヘクタール部分と関連いたします。

 まずお聞きしたいのは、この平成19年度末の返還予定でありましたキャンプ瑞慶覧55ヘクタール、地主会からも、55ヘクタールではなくてもう少し大規模な返還をということで陳情もありました、要請もございました。ただ、その55ヘクタールの返還、あるいはキャンプ瑞慶覧の大規模返還について、全くその状況が伝わってこないという状況がございまして、当局としましては、跡地策定事業は予算計上して、これは国庫補助でありますが、国とどのような話し合いに今なっているのか。途中経過でも結構でございますので、いつごろこのめどがあるのか、もう55ヘクタールからは譲れないのか、それとももう少し大規模返還という形で普天間以南という中でパッケージでこれも入ってくるのか。その辺の状況が全く見えてこないものですから、それに関して御答弁をお願いします。



○議長(呉屋勉君) 基地政策部長。



◎基地政策部長(山内繁雄君) お答えします。キャンプ瑞慶覧については、55ヘクタールは返還予定ということでやっております。しかしながら、まだそれが拡大されるだろうという、そういう話はありますけれども、具体的に国からいついつどの辺までというそれは、まだ提示されておりません。

 それと、今、沖縄県の中で中南部のその跡地の取り扱いについて、いろいろ論議をしてございます。その中では、55ヘクタールプラス国道58号までの部分も含めて、今いろいろ検討をしているというところでございます。



○議長(呉屋勉君) 呉屋等議員。



◆16番(呉屋等君) 国からの提示がまだないということでございますが、逆に他市においては普天間飛行場返還後の嘉手納以南をもう切り離して、パッケージとは切り離して返還をというふうな自治体も出ていますので、我々宜野湾市におきましても、この今部長がおっしゃるとおり55ヘクタールでは跡地利用もなかなか難しいということは承知のとおりでございます。国道58号との接続もあわせて、そういったものも考えながら国と交渉するのも一つの方法としていいのかなというふうなこともあります。

 というのは、この跡地策定で国庫補助は出ても、一体全体その55ヘクタールのまま、たしか平成20年にコンペで跡地利用の企画がありました。それについての予算も出ていました。それとの整合性は、では一体全体どうなるのだろうというふうな素朴な疑問があるのですが、この補助メニューについて策定事業、一体どのようなものを、内容でやっていくのか、委託料が大半を占めておりますが、それについて御説明願えますか。



○議長(呉屋勉君) 基地政策部長。



◎基地政策部長(山内繁雄君) お答えします。この策定事業については、あくまでも55ヘクタールを今にらんで、それでやっております。

 それで、平成15年度までに瑞慶覧の跡地利用基本計画を一応策定をしております。それから、ずっとまちづくりの実現に向けて、地権者とのいろいろ懇談会をしながら、より具体的な跡地利用ができるような形で、いろんな課題がたくさんありますので、それを常に地権者の皆さんと勉強会も重ねながら、今進めているというところでございます。



○議長(呉屋勉君) 呉屋等議員。



◆16番(呉屋等君) 部長、勉強会はわかるのですが、この委託料が1,200万円ほどあります。この委託料の中身について、いわゆる実際跡地に対してのもうそういうプレゼンテーションをされるのかどうかです。そこ、中身が全くわからないものですから。勉強会だけではないですよね、これだけの金額ですので、その辺のところ。

 そして、これは指名競争でいくのか、それともコンペ方式をとるのかとか、その辺のところも。あるいは、もう既に業者は決まっているのか。その辺をもう少し詳しく説明いただけますか。



○議長(呉屋勉君) 基地政策部長。



◎基地政策部長(山内繁雄君) 失礼しました。この調査事業の中には、まちづくりの懇談会ですね、それから跡地利用の講演会、それから地権者の意向調査、先ほど言いましたような勉強会、それから県内の先進地の視察会を予定しています。それから、ニュースの発行です。そして、ホームページの更新と。そして、今回は特にまちづくりハンドブックというのを作成をして、地権者の皆さんが情報を共有できるような形で進めていきたいなというふうに持っております。以上です。



○議長(呉屋勉君) 呉屋等議員。



◆16番(呉屋等君) そうすると、イメージとしては今やっている普天間飛行場跡地の委託的なもので、一社に任せるということなのか、それともこの分野に関してはA社、B社、C社という要は分散型になるのか、その点だけ教えてもらえますか。



○議長(呉屋勉君) 基地政策部長。



◎基地政策部長(山内繁雄君) お答えします。入札については、まだどうするかは検討はしてございません。ただ、今までのやり方は指名競争入札という形で進めてございます。



○議長(呉屋勉君) 呉屋等議員。



◆16番(呉屋等君) 指名競争入札において、その市の考え等もよく理解していただけるところにまた委託のほうをお願いしたいと思います。

 では、同じくキャンプ瑞慶覧のつながりで、少しページは飛びますが、予算書246ページのほうお願いいたします。246ページの説明のほうでいくと、14番キャンプ瑞慶覧基地内埋蔵文化財緊急発掘調査事業、これも受託事業でございます。国の受託事業で、1億3,600万円という金額であります。この地域は現在、海軍病院の建設が進んでいる地域でございます。試掘調査も終わり、本調査も今着々と進んでおりますが、これはちょっとおさらいをする意味で、本調査、いつから始まって、そしてこの発掘事業の完了年度のほうについて御説明を願いますか。



○議長(呉屋勉君) 教育部長。



◎教育部長(宮平良和君) お答えいたします。今御指摘の工事につきましては、御指摘のとおりキャンプ瑞慶覧の発掘調査事業でございますけれども、この分については、今回の補正予算の中で債務負担行為を設定させていただきました。そして、今年度で事業実施をしていくということにはなりますけれども、ただこの計画自体が、では最終年度とした場合に、海軍病院の建築事業等も絡んできますので、時期についてはちょっと確認させていただきたいと思いますけれども、一たん保留にさせていただきたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 呉屋等議員。



◆16番(呉屋等君) 時期、そして終了年が、決まった地域ですので、決められた地域であれば当然、終了も決まってくると思います。

 ちょっと少し資料をいただきたいのでありますが、この海軍病院、今建設している予定地域の緊急発掘調査、市の分、そして県と。県は埋蔵文化財センターと両方並行して進めております。それで、昨年度まで、もしくは今年度という言い方が正しいのかもしれませんが、もう既に埋蔵文化財の発掘調査を終えた部分と、そしてこの平成23年度でやっていく部分。これを市の分、そして県の部分と分けていただいて、そしてその図面の上に海軍病院の見取り図を重ねた状態で、もう終わったところ、そして平成23年度やるところ。もし平成24年度がわかるようでしたら、その分も載せていただいたほうがありがたいのですが、県の分とそして市がやった部分ですね、そこを見やすく分けてもらいたい。海軍病院の見取り図もあわせて資料として要求しますが、どうでしょうか。



○議長(呉屋勉君) 教育部長。



◎教育部長(宮平良和君) 今の資料については、県とも一応確認しながら提供をしていきたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 平良眞一議員。



◆18番(平良眞一君) 歳入の4ページ、個人市民税のほうで人数に対しての根拠がよくわからないものですから、そこを少し質疑させていただきたいと思います。個人市民税です。そこの人数のほうなのですけれども、まず宜野湾市は人口約9万3,000人いると思うのですけれども、そのうちの非対象者、課税に対する非対象者です。例えば20歳未満ですか、18歳未満でしたか、非対象者がいると思いますけれども、その9万3,000人の人口のうち非対象者を除いた課税対象者の人数は何名なのか。そして、そのうちの非課税の人数、例えば生活保護等々あると思いますけれども、まずその約9万3,000人の人口のうちの非対象者の人数です。そして、そのうちの非課税対象者の人数をまず御説明お願いしたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前11時32分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前11時33分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。今回、予算計上している部分は、均等割は3万4,995人。3万4,995名掛ける3,000円の計上率は95.5%で計上してあります。議員がおっしゃっている非課税とか、それから対象外という部分については、ちょっとその辺は基礎データがあるかどうかは、ちょっと現段階では即答できませんけれども、ちょっと後で確認して、そのデータがあるのであれば提供しますけれども、そこまでのデータがあるかどうかは、ちょっと今即答はしかねます。



○議長(呉屋勉君) 平良眞一議員。



◆18番(平良眞一君) 部長、これは課税するためには、このデータというのは基本的なものではないですか。これは課税するための根拠になるのです。これをぱっとわからないで、これ課税、テーゲーでやっているのですか、皆さんは。この数字が出て初めて、この課税というのはその方々に、この人数にやるべきであって、それもちゃんとわからないで、課税人数、3万4,995人というのは少しおかしいですよ。基本ですよ、まず。それから答弁をお願いします。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前11時34分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前11時36分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) 税は、税の課税は申告で納付をしてもらいます。都道府県に住所を有する個人が申告をしながら課税をしていきます。それによっては、それをしながら申告のものの中で、それが非課税になるのかならないのかというもののデータは、ちょっとこれ調べてみないとわかりませんけれども、人口9万人余りの中でどういう構成比率になっているのかということの部分では、そのデータというものは、それが出せるかどうかについては即答できかねるということでございます。

 近々においては、人数的な部分については減少傾向が続いていることは事実であります。



○議長(呉屋勉君) 平良眞一議員。



◆18番(平良眞一君) 申告する云々言っているのはよくわからないですけれども、税は公正公平でなければいけませんよね。9万3,000人の皆さん市報にもよく出しているではないですか、人口。これ基本なのです。それから、この課税しない非対象者を引けば、残りは課税に対する対象ではないですか。それはぱっと出るのではないですか。その非対象者を除いた課税対象者、基本的に、その課税対象者のうちの生活保護とかそういったものを入れた非課税対象者、引けば公正公平な課税対象になるのではないですか。基本的にそうではないですか。これを申告どうのこうのというのはよくわからないです。もう一度、もし時間がかかるようであれば、後でやります。時間がもったいないです、今回は。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前11時38分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前11時39分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。平良議員が今御指摘の部分について、その数字の部分の中で整理について、努力をしてみて、その内容についてはまたわかる範囲内のバックデータについては御説明をしたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 平良眞一議員。



◆18番(平良眞一君) また午後からこの続きはやりたいと思いますので、ぜひ。まず先ほど言った非対象者の数と、その数からこの非課税になる方々の人数です。そして、本当の課税人数、課税対象者の人数です。だから、皆さんが計上している3万4,995人というのは、正確な数字ではないと思うのです。本当であれば、もう少しいるのではないかなというふうに思います。一緒であればいいのですけれども、ちゃんとした課税対象者の人数です。それまでぜひ調べてください。そしてまた、午後からその続きはやりたいと思いますので、ひとつよろしくお願いいたします。

 それから、95ページちょっとお願いしたいのですが、95ページの04固定資産管理業務委託事業、前年に比べて大分予算増になっていますけれども、まずこの点の御説明をお願いいたします。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前11時41分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前11時41分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。前年度より521万7,000円の増でございます。その理由は、航空写真撮影がございます。平成24年度の評価に向けて、航空写真を撮りながら実態等調査して、平成24年度の課税に向けての準備の費用でございます。



○議長(呉屋勉君) 平良眞一議員。



◆18番(平良眞一君) 評価がえが平成24年ということで、その準備ということで、その調査ということでわかりました。

 では、その下の固定資産税の過誤納付補てん金、これも前年は費目存置であったのです。今回200万円計上されております。これ過誤納付、もうせぬといけないということで、今でもうわかっているということなのでしょうか。御説明をお願いします。



○議長(呉屋勉君) 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。従来、当初予算は費目存置で計上してありました。発生したときに補正等で毎回お願いしてあったのですけれども、今回は、わかっている部分があるものですから、土地家屋です。わかっている部分があるものですから、できるだけ予算措置をして、それを延ばすことによって市民にも迷惑をかけるし、また利息等もかさむものですから、その分については当初予算の中で計上してやっていきたいと思っております。



○議長(呉屋勉君) 平良眞一議員。



◆18番(平良眞一君) 部長、こういう固定資産税の評価誤りなのかわからないのですけれども、どうしてこう毎年毎年出てくるのですか。その要因というのは何ですか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前11時43分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前11時43分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) 課税の実態把握というものの調査が全体的な分あるものですから、地目の変更とかいろんな形のものが、当初のものとまた変更したり、そういったものの追跡調査等が十分でない部分があります。それは、我々がまた調査をしながら、先ほど航空写真とかいろいろあったのですけれども、見ながら実態がわかった段階で、自分たちで修正する部分もありますし、それからまた市民からの申告とか要請でもってあります。

 先ほど、私予算計上してあるという部分は、あくまでもそれが今現実にわかっているということではなくて、やはりこういったものは毎年実績としては平成15年度から平成22年度まで、やはり600万円とか400万円とか何100万円単位であるものですから、そういったものを加味して、今回は当初で200万円を、とりあえず200万円を計上して、それがわかる部分については速やかに支払いの対処をしていきたいということでございます。

 この過誤納についてはなかなか難しい部分があるのですけれども、できるだけそれは早く是正をしていきながら、その努力はしていきたいと思っております。



○議長(呉屋勉君) 平良眞一議員。



◆18番(平良眞一君) 部長、この過誤納付に関して、1年間間違っているのだったらまたその分返せばいいのですけれども、何年分までさかのぼって返すことができるのですか。5年なのですか、それともその以前のものも返金、返すことができるのかです。そのあたりはどうなのでしょうか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前11時48分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前11時49分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。税法上は5年ということですけれども、しかし我々が今やっている分については10年までさかのぼってやっております。



○議長(呉屋勉君) 平良眞一議員。



◆18番(平良眞一君) 税法上は5年だと。10年までやっているというのは、これはもう市長判断という形で理解していいのか。そして、これまで何件ぐらいがこの5年以上のものがあったのか。即答ができるのであれば即答していただいて、即答ができなければ後で、先ほどの質疑と一緒にお聞きしたいと思いますけれども。



○議長(呉屋勉君) 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) 5年以上云々の部分については、ちょっと調べてみないとわかりませんけれども、今私がわかっている分だけでは、平成22年度が368万円、21年度は842万円、20年度が329万円、19年度が198万円、18年度が468万円、17年度が670万円、16年度が570万円、15年度が197万円ということで、こういう単位で実績が上がっております。資料については、後で提供したいと思っております。



○議長(呉屋勉君) 平良眞一議員。



◆18番(平良眞一君) 済みません。部長、96ページ、次のページまでひとつ御説明いただきたいのですけれども、06の徴収事務運営費の中の過誤納付金の還付金というふうにありますけれども、このほうはどういったことなのでしょうか。御説明いただけますか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前11時51分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前11時51分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) 済みません。お答えします。これは納税課の予算措置分ですけれども、これは実績見込みを勘案してやってありますけれども、これは税法上の5年以内のものがこの数字です。先ほど話したものが、5年以上10年、いわゆる独自でやっています部分が先ほど話したものということでございます。この部分については、税法上の5年以内の過誤納付、先ほど話したものは、いわゆる5年から10年、市独自でやっている部分の範囲の額ということでございます。



○議長(呉屋勉君) 平良眞一議員。



◆18番(平良眞一君) 先ほどの05に関しては5年以上10年未満の還付と、この06に関しては5年以内の還付金ということで、金額的にこんなにあるのですか。前年度が2,200万円余りあったのです。今年度2,800万円、こんなにこれ5年以内の誤りがあるのですか。件数は何件なのですか。御説明お願いできますか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前11時53分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前11時53分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。この部分、予算書95ページのものは、法人税等も、いわゆる前もっての見込み申告をして、最終的に確定するとまた返還があります。これもここの部分には入っています。先ほどまた話した地目の誤りとか、そういったミスも入っていますけれども、この95ページ、予算書の部分には法人税の確定申告に基づく還付もこれには含まれております。単純な誤りだけではないです、中身としては。



○議長(呉屋勉君) 平良眞一議員。



◆18番(平良眞一君) では、部長、法人税の部分と個人の部分と、資料としていただけたらと思いますが、いかがですか。



○議長(呉屋勉君) 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) 過去のものはわかりますけれども、新年度見込みのものは実績に基づいて予測をしての予算編成でございますので、その辺はそういう内容であれば提供したいと思っております。



○議長(呉屋勉君) 平良眞一議員。



◆18番(平良眞一君) あと資料を見てから質疑したいと思います。以上です。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午前11時54分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午前11時54分)

 先ほど保留してありました呉屋等議員の質疑に対する答弁を求めます。教育部長。



◎教育部長(宮平良和君) では、呉屋等議員。先ほどのキャンプ瑞慶覧の発掘調査の最終年度、現段階で予定として、最終の本調査が平成25年度で、最終報告書まで、その間のまた資料整理として、最終報告書は平成27年度ということで、本調査は25年度で一応完了する予定ということで、あくまでもこれ現段階での調査計画でございますので、あとはもう海軍病院の建設計画との調整ということになろうかと思います。



○議長(呉屋勉君) 午前の会議はこれで終わり、午後は2時から会議を開きます。その間休憩いたします。(休憩時刻 午前11時54分)



△午後の会議



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後2時00分)

 午前に引き続き、午後の会議を進めてまいります。

 議案第13号に対する質疑を許します。伊佐光雄議員。



◆28番(伊佐光雄君) 質疑をさせていただきます。まず、予算書の5ページ、1款市税の固定資産税なのですけれども、ほかの議員も質疑はありましたけれども、本員は、この中での固定資産税の軍用地の質疑をさせてもらいます。

 この中で当然、軍用地入っておりますけれども、本市の軍用地に対する固定資産税の課税です。2種類ありますけれども、本市はどういった形の課税評価基準をとっているのか説明をいただきたいと思っています。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後2時01分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後2時02分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。軍用地につきましては、課税は100%までなのですけれども、現在40%の段階でございます。あと2011年から2012年ちょっとは上昇が続くものかなと思っております。



○議長(呉屋勉君) 伊佐光雄議員。



◆28番(伊佐光雄君) 今40%と言っておりますけれども、もちろん今県内の軍用地主の皆さんおりますけれども、本市だけでも約3,000名余りと言われておりますけれども、その中で、要するに評価額の課税評価額というのがあって、何種類あるのか。その1種類目は何なのかで、宜野湾市は何を適用しているのかということを説明していただけますか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後2時03分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後2時04分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。今現在、宜野湾市と浦添市は同一方法で、それ以外の市町村は県に準じた形の方法をとっておりますけれども、ちょっと細かい資料を今準備していますので、それができてから説明したいと思っております。



○議長(呉屋勉君) 伊佐光雄議員。



◆28番(伊佐光雄君) ぜひ、後で細かい資料を。要するに、今県内で各市町村で違うのです、課税の方法が。宜野湾市は何をとっているかというのは、後で資料を見ればわかると思うのですけれども、統一した課税にしていきたいという話はあるのです。見直しと申しましょうか、評価がえと申しましょうか、これが平成24年度に評価がえが今、そういう予定されておりますけれども、それも含めて宜野湾市はどういった形のこの課税の評価基準額を設定するのか。それも含めて後で資料として、同時に答弁お願いします。平成24年に評価がえがありますので、その件に関して答弁をお願いします。



○議長(呉屋勉君) 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。今、県を中心に各市町村、検討会というのですか、勉強会をしております。それぞれの市町村のあとは課税のあり方の選択を判断しなければいけませんけれども、その資料については後で提出したいと思っております。



○議長(呉屋勉君) 伊佐光雄議員。



◆28番(伊佐光雄君) では、これまた資料が来てから、また後ほど質疑をさせていただきたいと思っております。

 次は、予算書の7ページ、先ほど同じ会派の宮城司議員から質疑がありましたたばこ税に関する件でありますけれども、国産たばこ、外国産たばこの卸売業ということで、3カ所の会社のたばこ税の納税で予算書が今上程されておりますけれども、部長、この3カ所の会社名、3カ所です。どの会社、どの会社、3カ所ですから、それを答弁していただけますか。額はよろしいです。



○議長(呉屋勉君) 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) 外国産たばこの輸入元、販売元というのですか、それですけれども、双日、国際物産、クラヨシ、3カ所でございます。



○議長(呉屋勉君) 伊佐光雄議員。



◆28番(伊佐光雄君) 3カ所、双日、国際物産、クラヨシ、3件と。クラヨシさんも入っているということでありますけれども、この件はまた後ほど、別の機会で質疑をさせていただきます。この点はとどめておきまして、あと47ページです。47ページの17款の寄附金です。

 その中で、ふるさと応援寄附金というのがあります。属に言うふるさと納税という理解をしておりますけれども、その中身をふるさと応援寄附金、費目存置でありますけれども、その中で一般寄附金もあります。その説明の欄の宜野湾市ふるさと応援寄附金の中身と、その流れです。どういった形で宜野湾市が受け入れをするのか。そこら辺を簡潔に説明していただけますか。



○議長(呉屋勉君) 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) 光雄議員にお答えいたします。ふるさと応援寄附金について、たしか2〜3年ほど前に条例制定をして、他府県、他市町村等で働いているとか、ふるさとである宜野湾市に恩返しをしたい云々というような趣旨等で、ふるさと応援寄附条例はつくられているのですけれども、実はそういう趣旨があるということで、企業の方、あるいは一般の方が理解をしていただいて、例えば本土の方であるとか、宜野湾のほうに寄附をして、何らかの役に立ちたいというようなことが、連絡等があったときに、私たちはそのセッティングをして、そして受け入れをするというような内容で、例えば条例の中にはどういった内容に寄附をしますか。例えば社会福祉関係、あるいはスポーツ関係とか、いろんなことを本人側から申し出があって、それに丸をつけさせていただいて、個々受け入れをして、そしてお礼をするというような流れになっております。

 ちなみに平成22年度ですけれども、トータルで101万円ほど、条例が施行してから、101万円ほどが入っているということであります。



○議長(呉屋勉君) 伊佐光雄議員。



◆28番(伊佐光雄君) 平成22年度で101万円ということでありますけれども、これ条例が制定されて、本員もいろいろと、資料を見てみますと、ふるさと納税とは、自分が生まれ育ったふるさとに貢献したい、自分とかかわりが深い地域を応援したいというのを形として、そして納税者が県外からも自分のふるさとに納税ができるというシステムだと。寄附の流れはいろいろとありますけれども、その中で、先ほど部長が示したように使い道のメニューがあるわけです。その中で、本員が今資料で持っている北海道夕張郡由仁町のメニューですけれども、まず未来を築く人材育成コースのメニューがあるわけです。人にやさしいふれあいコース、子育て支援とか、快適な生活環境づくりコース、土木関係とか道路の整備事業に使ってもらいたいと。また観光産業とか、あとはまた直接首長に任せるというような5つのメニューがありますけれども、宜野湾市もそういったのをきめ細かく策定したほうが、またこの納税者にもわかりやすいだろうと思うのですけれども、その点に関してはいかがなものでしょうか。区分けして、今いうのは、これは他市町村の事例ですけれども、宜野湾市の独特な構想を納税者がわかるように。そういうことではいかがなものでしょうか。



○議長(呉屋勉君) 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) お答えいたします。条例の中に、例えば寄附金を受ける場合に、先ほど言ったようにどういったものに受け入れ、これを使ってくださいということで条例の中で制定してあるのですけれども、宜野湾市では教育・文化に関する事業、健康・福祉に関する事業、環境保全に関する事業、交流・産業振興に関する事業、基地対策に関するもの、あとはその他として、市長がまちづくりに必要と認める事業というようなことで、受け入れをしているということで、そのあたりは、寄附をやるというときに、どういった事業を目的にしてやりますかというような、その表等も示しながら、ある人は中学校関係のお子さんがいるからスポーツ関係の派遣事業に使ってくださいとか、そういうような話等もありますので、そういうことで、本人の前でこれですねということで、受け入れ等はしているところであります。



○議長(呉屋勉君) 伊佐光雄議員。



◆28番(伊佐光雄君) きめ細かいふるさと納税の仕組みをぜひともやっていただきたいと思っております。

 それと、平成22年度の101万円という受け入れですけれども、もっとふやすには、当然本市の自主財源、約38%ですか、そういう形でありますけれども、やっぱりもっとふるさと納税の額をふやしたいというならばどういった方法があるのか。例えば大地震で関東、東北、もう相当今大変なことでありますけれども、沖縄県人というのは、ある意味では全県に広がっているわけです。各地域、例えば関西、関東とか、九州とか、沖縄郷友会とか県人会とかあるのです。そこの宜野湾出身の方たちに協力願いするとか、もちろん寄附ですから、相手の心意気ではありますけれども、こういったある意味では知らない方もいると思うのです。宜野湾出身の企業が活躍している。例えば東京、名古屋とか、福岡、九州、そういった方たちに広報をして、ぜひ宜野湾市に納税してくださいというのを加えれば、101万円ではなくて、平成23年度はもっと額が上がるのではないかなという本員の考えですけれども、そこら辺の質疑に対しての御説明、そしてその件に関して市長の答弁もいただきたいと思っているのです。



○議長(呉屋勉君) 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) お答えいたします。本当に財源が厳しい中、このようにして寄附金をいただくということで、非常に財政上プラスになるということで、非常に我々喜ぶところですけれども、その広報、PR等については、例えばある方が寄附金をしたと。この寄附金をしたというものを市報であるとか、ネット上で大いに宣伝するというのか、広報をするというような状況の中で、他府県の方々も知っていただいて、宜野湾市はこういうのをやっているのだなとかいう方法等もあるのかなと。それ実際やっているのですけれども。ある市町村あたりでは、地域の特産品等を何かお礼にというようなこともあるみたいですので、このあたり等も検討をしながら、PRが行き届くような形で、宜野湾市やっているのだ、そういう受け皿があるのだというような雰囲気づくり、あるいは他市町村がどのような考えでもってやっているか、そのあたりも資料を収集しながら検討をしていきたいなと思っております。

 それから、先ほどのちょっと訂正させてください。金額の話をしたのですけれども、総額で平成21年度のみで101万円、それから平成22年度で42万円の寄附金があったということで、訂正させてください。



○議長(呉屋勉君) 市長。



◎市長(安里猛君) 伊佐議員の質疑にお答えいたします。伊佐議員の質疑の趣旨については理解もいたしますし、またそのように宜野湾市を広くPRしながら、宜野湾市にかかわりのある皆さんに、ふるさと応援寄附が広がっていくように努力をしてまいりたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 伊佐光雄議員。



◆28番(伊佐光雄君) ぜひ周知方お願いしたいと思っております。

 時間も迫っておりますので、176ページ、商工費、3目の観光費ですけれども。3目観光費です。03のはごろも祭り・カチャーシー大会の予算が1,700万円余り計上されておりますけれども、もちろん毎年カチャーシー、はごろも祭りは盛大でありますけれども、これ以前は市単費の予算以外に補助金があったというのを聞いておりますけれども、多分、電源開発だったでしょうか。それがもちろん途絶えたのですけれども、今後、その間また当然単費で今その運営費出しておりますけれども、補助金を活用しての、省庁どこでも構いませんけれども、11省庁あります。防衛も含めてですけれども、そういったアイデアを出して、今予算不足とかいろいろなものができているものですから、どうしても国からの補助金が必要だというような声もあるわけです。もちろん市長がこれ全体的な運営委員長でありますけれども、そういった考えを今後どういった形にするのか。そういうまた目出しはあるのか、また将来性そういった可能性あるのか。そこら辺を説明していただけますか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後2時18分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後2時19分)

 市民経済部長。



◎市民経済部長(新城正一君) 質疑にお答えいたします。議員おっしゃいますように、以前は補助金として、電源立地の補助があったのですけれども、今のところ補助メニューとして、はごろも祭りに対して、果たして補助をつけられるものがあるのかどうか。これからまたちょっと検討していきたいと、そういうふうに思っております。恐らくここ何年か、そのまま単費でやっているということは、その辺の補助金がまだないのかなと。ただ、これについては一応、とりあえずメニューはないか、これを研究をしてみたいと、そして探してみたいと、そういうふうに思っております。



○議長(呉屋勉君) 伊佐光雄議員。



◆28番(伊佐光雄君) ぜひ、はごろも祭り、その中で、カチャーシー大会は特に県内でも評価が高くて、規模も拡大してやっておりますのが現状でありますので、ぜひ市長を初め、もちろん今単費でもできるのですけれども、やっぱりもっといろいろな形で市からの単費だけではなくて、県、それから国から補助金を出してもらえば、もっとまたいい祭りになるのではないかなと思っておりますので、ぜひ頑張っていただいて、補助金をもらえるようにやっていただきたいと思っております。

 とりあえずこの辺でとめておきます。



○議長(呉屋勉君) 知念吉男議員。



◆21番(知念吉男君) 予算書の4ページ、午前中もありましたけれども。市民税、個人税について質疑したいと思います。平成22年度、23年度と、本年度は3,100万円、新年度では4,300万円余りと年々減額になってきている市民税です。この中身について、なぜこのように連続して減になっているのか、この中身については、今の経済不況のもとで、市民の所得、収入が減になってきているのが大きな原因なのか、ひとつ説明をしていただきたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。市民税については、きのうも説明はしたのですけれども、今回、前年度に比較して549万1,000円、これは市民税合計ですけれども、減になっております。内訳としては、個人市民税においては4,555万6,000円の減でございます。内容としては、均等割が、前年度は1億64万2,000円が1億26万円になって、マイナス38万2,000円の減であります。これは、人数的には昨年より318万円の減。しかし、徴収率については0.5%増の95%で計上してあります。所得割については26億7,459万7,000円から26億3,433万7,000円で、減としては4,026万円、所得割です。それから、前年度の繰越分、これは4、5月の特徴分の部分ですけれども、この分においては3億1,113万4,000円から3億622万円で、491万4,000円の減ということであります。

 滞納分関係は、逆に245万5,000円の増ということになっておりますけれども、個人市民税については、依然として厳しい経済情勢が続いておりまして、平成23年度においても先行きが不透明な状況にあることから、ほぼ前年並みの、前年度並みというのは、平成22年度決算見込額の状況を見込んでの予算計上になっております。しかし、前年度よりは4,556万6,000円の減を見込んでおります。



○議長(呉屋勉君) 知念吉男議員。



◆21番(知念吉男君) 経済的な問題が一番といったようなことでありますが、私が一番心配しているのは、この説明欄で均等割人数です。これは、毎年毎年この人数はふえてきていると思うのです。ふえている中で、去年、平成22年度、23年度と減額に、個人税ですよ、なっているということで、非常に心配しているわけなのです。人数が減って、その分減額になるというのは、これはもう自然の流れですけれども、人口はふえて、課税対象者もふえている中で、この税収が減額という問題が、今の不況の中で本当に厳しい今、市民の皆さんの懐ぐあいではないかなというふうに考えておるのが心配であるわけです。

 そういった意味で、午前中にも平良議員からありましたこの資料です。やはり毎年毎年、市民の皆さんの生活、経済状況がどのような状況になっているかという問題では、この非課税世帯、あるいは非課税者、何名おられて、宜野湾市の一体市民の所得はどういうふうになっているのだということで、この税の中でもわかるようにしていただきたいなというのが私の希望ですけれども、これは今からでも調査をされて、この次の対策としてできるかどうか、御答弁をお願いしたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。この個人税の住民税の減というのは、何も宜野湾市だけではなくて、沖縄県とか、日本全国各地でそういう傾向があろうかと思っております。

 全体把握については、先ほど平良議員からもありまして、こういう均等割に該当した人と、これに該当したとか、非課税世帯とか、あるいはまた高校生以下の子供たちとか、非該当というのですか、そういったものはちょっと私どもが今のデータでどこまでそれができるかわかりませんけれども、できるだけちょっと全体のものを、図解なりわかりやすくできるように、ちょっと努力をして、この一般会計審議中にはどうにかして資料提供できるように、努力をしたいと思っております。



○議長(呉屋勉君) 知念吉男議員。



◆21番(知念吉男君) よろしくお願いします。

 私がなぜここを取り上げているかといいますと、この市民税の個人税です。平成20年、平成19年です。定率減税が廃止になって、市民の税負担が多くなりました。その時点で、26億円だった市民の個人税が30億円を突破するようになったのです、定率減税廃止の年から。そして、老人減税の廃止とか、そういう減税が廃止されて5億円余りの税収が、個人税のほうでふえるようになった。ところが、こういう市民の負担もありながら、またさらに経済の不況で、今この中からまた毎年、この個人税が3,000万円から4,000万円の減収が出ているというこのもとで、平成19年、20年のこの定率減税廃止の中でのまた市民の負担、そしてその後の経済不況、これがますます経済不況につながっていって、この市民を苦しめているという状況は、この中身をやはり地方自治体が掌握をされて、こういうふうな市民の経済的な負担が重なっているということを、やはり私は、これは一自治体の問題でなくして、やはり地方自治体の苦しみをやはり全国、国のほうにも訴えていけるような、こういう資料が必要だと思うのです。

 今、この10年間で国民の所得はもう61万円減額になって、負担が大きくなっているというのが今の実態であり、やはり大企業への減税をこのままにして、大金持ちにも減税、そのままというようなことではなくて、やはり応分の税負担をというようなことで、これは全国的にも訴えて解明をしていくべき問題だと思いますので、ぜひこの資料についてはこれからでもお願いをしていきたいと思います。この問題はこれで終わります。

 そういう問題の中で、負担金で、23ページです。1目の説明の欄のあしび村やーデイサービス自己負担金ですけれども、これも負担金が、私は今の高齢化社会の中で、このあしび村やーデイサービス。非常に参加される高齢者の皆さんは喜んで、こういうサービスをぜひ続けてほしいということで、楽しく過ごされて、健康づくりのためにも多くの皆さんが利用されております。そういった意味で、この負担が少なくなっている原因です。私の懸念しているような、ここに参加される高齢者の皆さんが少なくなって、こういうふうに負担が少なくなっているのか、あるいはまた負担が減額となっているのか、御説明をお願いしたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) 知念議員の御質疑にお答えいたします。あしび村やーデイサービス自己負担金につきましては、前年度と比較しまして28万8,000円の減で、マイナス11%になっておりますけれども、これは予算での比較でございますので、前年はできるだけこのデイサービスの人員をふやしていこうということで、伸ばす予定で予算化もしたのですけれども、現実的には2〜3人はふやせなかったということで、今回は、前年度と比較いたしまして減額をしております。

 このデイサービスの事業については、地域では大変喜んでいただいておりますけれども、ただこれから高齢化が進む中で、かなり高学歴、さまざまな趣味やいろいろお持ちの方、このデイサービスへの要望というのが多種、多様化をしているのではないかなというふうにして、福祉保健部としては考えておりますので、今後このあしび村やーデイサービスの内容についても、今、各地域と話し合っているというふうな状況でございますので、今後ともぜひこのあしび村やーデイサービスを強化する中で、医療の増加を防止していくということも含めて、介護予防も含めて取り組んでいきたいというふうにして考えております。



○議長(呉屋勉君) 知念吉男議員。



◆21番(知念吉男君) 今、部長から答弁がありましたように、このデイサービス、やはりふえている自治会のほうもあるかもわかりませんけれども、減ってきている自治会もあるということで私聞いておりまして、予算を見ましたら新年度予算、この額としては減額にはなっていない、このまま続けるというような格好の予算になっていますけれども、この負担金の減で、やはり参加される高齢者の皆さんが少なくなっているのかなという思いでいて、この中身について、このあしび村やーデイサービスに参加されている皆さんからすれば、本当に続けてほしいという方々が多いわけでありますけれども、やはり中身について、先ほど部長が答弁されましたように、いろいろな趣味や趣向の違いがありますので、ここを検討されて、中身のほうでもっとお互いに知恵を出し合っていただいて、地域の高齢者の皆さんが本当に参加しやすい、参加したいというような中身に、今回の新年度予算では額は同じですから、ぜひ中身のほうも切りかえていただきたいなと思いますけれども、ただ先ほどの部長の答弁ではこういうふうにしたいということをおっしゃっていますけれども、やはり具体的にこれは社会福祉協議会に委託されている事業だと思いますので、協議会と連携をとり合って、具体的に進められるような方法を頑張っていただきたいと思うのですが、これはさらに充実させていけば、介護保険のまた財政とも関連して、非常にすばらしい方向にも向かえる事業ではないかなと思いますので、頑張っていただきたいと思います。以上で、終わります。



○議長(呉屋勉君) 大城政利議員。



◆25番(大城政利君) では、説明資料です、皆さんから出された一般会計予算説明資料。この中から何点か質疑をさせていただきたいと思います。

 まず、ちょっとよくわからないのがあって、35ページをお願いしたいと思います。これは、義務的経費の中で、いわゆる性質別経費の状況、この中で、まずこの確認をしたいのですが、35ページ、児童手当と書いてあります、科目。これは子ども手当ではないわけですか。35ページ、2行目、児童手当ですか。まずお答えください。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後2時38分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後2時40分)

 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) お答えいたします。申しわけございません。今、調整したら、今大城議員御指摘のとおり、平成23年度は児童手当ではなくて、子ども手当になるべきらしいです。だが、ここに表示してあるのは、平成22年度は一部、要するに子ども手当が走った段階で、1月、2月分については後でまた支払いするということで、その児童手当自体が平成22年度も生きていましたので、ここでは今言うように、2つに分けないで、単純に児童手当ということでやってあるということで、来年度からは、しっかりと、児童手当がなくなってきますので、子ども手当だけになると思います。

 そういうようなちょっとあれがあったということで、申しわけございません。



○議長(呉屋勉君) 大城政利議員。



◆25番(大城政利君) それはまたしっかりと、表記については我々議員がまたわかりやすく、理解がしやすいようにやっていただきたいと思います。

 そこで、その下の(5)地方公務員共済組合等負担金とあります。7億4,896万1,000円、これは前年度と比べて8,700万円も大幅に増加しておりますけれども、この意味と内容について御説明いただきたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後2時41分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後2時42分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) 今回、議員の共済給付負担金というのが9,835万2,000円増なのですけれども、この中に入っているかどうかです。その辺はチェックしてから、後でまた御報告したいと思っております。



○議長(呉屋勉君) 大城政利議員。



◆25番(大城政利君) では、後で報告をいただきたいと思います。

 そこで、また同じページなのですけれども、(9)職員互助会補助金、これが対前年度減額にはなっていますけれども、去年は1,000万円余り、これについて御説明いただけますか。

 また、法的な根拠です。どういうことでそれは裏づけ、そのようにして補助金を互助会、職員互助会とはどういうものなのか。それに対する補助金の内容を御説明いただきたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後2時43分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後2時45分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。まず、減額の理由については、団塊世代、結構給料が高いものですから、その退職ということもあるものですから、それが新採用にかわるものですから、そういったもののいわゆる給与の、基本給が若い職員は減っていくものですから、その差額のものが減額になっていきます。給与の本給自体が仮に35万円とか40万円のものが、新職員であれば15万円とか20万円になりますから、その負担率というものが変わっていきます。これは、給与積算は、4月の給与総額に1,000分の5を掛けた率なのです。

 お尋ねの互助会の根拠というのですか、目的というのは、これは設立経緯がございます。沖縄県が琉球政府時代の市町村共済組合が日本復帰により、市町村共済会の適用化となり役割を閉じることになったが、その資金の運用を行うため、民法第34条の規定により設立をされたというのが設立経緯でございます。

 加入状況が平成17年4月1日現在で45市町村、27の一部事務組合、11広域連合、13関係団体等の合計86団体が加入しております。それが9,467名でございます。設立目的は、県市町村互助会の定款第1条に、この会は地方公務員の精神にのっとり、市町村職員の福祉の増進を図るため、市町村職員の相互共済等を行い、市町村行政の円滑な推進に協力し、もって地方自治の本旨の実現に寄与することを目的として規定されております。

 これは、なぜ加入しているかといいますと、地公法第41条、職員の福利及び利益の保護の規定の趣旨、あるいは第42条、厚生福利制度が給与制度などとともに、職員の生活を安定させることを目的とするものであって、職員が安心して公務に専念できるように、公務の増進等を図る等の目的を持ってつくられております。



○議長(呉屋勉君) 大城政利議員。



◆25番(大城政利君) 部長、これを今、説明をした内容については、資料を後で、議長を通してお願いしたいと思います。

 これ、職員団体に対する補助金ではないわけですよね。どういう形で、このいわゆる補助金を出しておりますけれども、今、職員の福利の問題がかかわりがあるという説明でしたけれども、あれとは別ですよね、職員が退職をすると、そのときに市長も出かけていって激励会とかって。その中で、前監査の指摘があったと思いますけれども、その中から、市のほうから職員団体に、この退職者激励会か、そこに補助金か何かを出していて、それでそのお金を使って、退職される方々に記念品とか、何か結構豪華な内容だったようですけれども、そういうのが贈られたという話がありましたが、それとは別ですか。



○議長(呉屋勉君) 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。それとは別です。それは市独自の共済組織で、またお互いの会費徴収をしながら得ていますけれども、それとは別の組織でございます。

 先ほどの互助会の目的とか、その分については、資料を提供します。



○議長(呉屋勉君) 大城政利議員。



◆25番(大城政利君) あわせて、その団体の多分決算、締めていると思いますので、予算書、決算書含めて、過去3年なり、お願いをしたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後2時50分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後2時50分)

 大城政利議員。



◆25番(大城政利君) これは部長、ちょっと予算書の中ではどこに出てきますか。ちょっと探せないものですから、そこはどこにありますか。何款何項何目にこの今の職員互助会補助金は出てきますか。ちょっと御説明いただけませんか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後2時50分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後2時50分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) 大城議員、それぞれの支出科目の職員給与等があるところ、例えばですけれども、65ページ、これは2−1−1、2款ですけれども、01の職員給与の中の真ん中あたりです。市町村職員互助会負担金ということで、172万4,000円です、出てきます。トータル的には1,010万9,000円、全体的にはです。1,000万円ちょっとです。それが負担金として人件費の分で出てきます。



○議長(呉屋勉君) 大城政利議員。



◆25番(大城政利君) 補助金と出ているので、そこを探したのですけれども、負担金なのですか、これは。では、負担割合があるわけですよね。先ほど説明がありました。負担割合も含めて、さっきの資料にはそれは当然出てくると考えていいですか。



○議長(呉屋勉君) 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) 給与月額の1,000分の5ということで、個人個人基本給が違いますので、若干の変動はあるのですけれども。基本給に応じた形で負担というものは出てきます。



○議長(呉屋勉君) 大城政利議員。



◆25番(大城政利君) なかなか性質別のものを見てみると、ちょっと予算書と照らし合わせて、ページ数がないものがあるものですから、少しわかりにくいので今聞かせてもらいました。

 あと1点だけ、ちょっと表記の仕方というのですか、この件少し気になったので、いわゆる節の名称というのですか、例えば58ページをお願いいたします。この中で、58、59、例えば59ページの監査委員事務局、課所名です。事項名、監査委員事務運営費と。細々説明が、例えば全国都市監査委員会負担金とかありますね。ところが、上の選挙管理委員会の事務局、その上の上の段ですけれども、58ページ、これは全選連とか九選連とか略して書いてあるわけです。これは適切ですか。本来ならば、だから全選連というから、全国選挙管理委員会事務局連合なのか連盟なのか、これについてちょっと御説明いただけますか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後2時53分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後2時54分)

 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) 大城議員、お答えいたします。やっぱり今こういうところでは正式な文書、そういう資料になりますので、今後、略するというような文書ではなくして、名称ではなくして、ちゃんとした正式名称を入れるべきだと反省して、また次年度からということです。



○議長(呉屋勉君) 大城政利議員。



◆25番(大城政利君) 部長、そのとおりだと思うのです。これは公文ですから、やっぱり議会、市民に対する中でこういう略した形で書いたのが何カ所か散見されます。これについても、私は、本員は、皆さん方の中にある、そういう緩みというか、適当ではないと思うのですが、結構いいかげんに考えているのかなと思って、実は、私は非常にこのことについてはちょっと情けないというか、そういう気がしております。

 これ何カ所かあって、もう1カ所、55ページも、文化課のほうなのですけれども、いわゆる2万円、沖史協、全史協、そういうふうな形になっているのです。これは何ですかと聞きたいのです。細かいことですけれども、そこら辺は皆さん、この説明資料を作成するに当たっても、きちっとチェックもしてもらって、正式に名前を挙げてくる。これは当然だと思います。ちょっとそこら辺は若干細かいことを言うようで余りいい気はしないのですけれども、しかしやっぱりそういう小さいところから大きな間違いにつながるわけですから、そこら辺、ひとつ皆さんの中にある緩みはないのか、そこはしっかりチェックをしてもらいたいと思います。

 以上で終わります。



○議長(呉屋勉君) 暫時休憩いたします。(休憩時刻 午後2時56分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後3時12分)

 休憩前に引き続き、会議を進めてまいります。議案第13号に対する質疑を許します。宮城司議員。



◆7番(宮城司君) では、平成23年度宜野湾市一般会計予算ということで、321億円の計上、31億円の増、10%増、自主財源が120億円、そして依存財源が201億円ということですが、この予算というのは今までで日本の国が平時のときにつくられた予算ですが、今、11日のあの災害があって非常時なのですが、この予算、実際、国の補助金とかもいっぱいあるのですが、そこら辺は歳入欠陥というか、予定どおりというか、できていくのかというのをちょっと考え方を教えてください。



○議長(呉屋勉君) 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) 議員おっしゃるとおり、今、東北での大きな震災があったということで、ああいう未曾有な大きな震災等が発生したということで、国のほうもそれ相当の膨大な、莫大な予算等を組まなければいかぬということは、我々サイドでも知っているのですけれども、現時点で市町村が負う云々については、まだ届いていないような状況で、おいおい国のほうも市町村の地方債計画の中で、どういった方向性は示してくるものなのかなということは理解しております。

 現時点では今の予算の体制でいくというような形で、あとは民主党政権でどういうような方向性でとっていくかについては、何らかの形でまた追って通知、連絡等があるのかなと思っております。それに向けて、また対処はしていきたいなと思っております。



○議長(呉屋勉君) 宮城司議員。



◆7番(宮城司君) ということは、また今後6月議会、9月議会、補正予算で減にしていくという形になっていくわけですか。



○議長(呉屋勉君) 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) 議員おっしゃるとおり、減になる、増になるということはしっかりとわからないのですけれども、先ほどもおっしゃったとおり、国のほうがこの災害等をどう乗り切っていくかということで、復興費とか結構出てくると思いますので、例えば単純に、今言う、子ども手当論議されているのですけれども、このあたりが仮に減になるのかどうかわからないのですけれども、あるいは建設事業費等が、あるいは地方交付税等が減になるとか、そういうことは考えられると思います。民生費等の減とかですね。

 そのあたりは、先ほどから繰り返し申し上げておりますけれども、国が一定の基準等を示してきて、恐らく地方公共団体等にも示されてくるものなのかなと思っております。



○議長(呉屋勉君) 宮城司議員。



◆7番(宮城司君) 理解しました。では、歳入予算のほうで28ページ。一般廃棄物手数料ということで1億300万円、前年より100万円のアップの予算計上しておりますが、そこら辺の説明と、根拠ですね、説明をお願いします。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後3時16分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後3時18分)

 市民経済部長。



◎市民経済部長(新城正一君) それでは、質疑にお答えいたします。これにつきましては有料袋です。普通家庭ごみとして出す袋がありますけれども、この袋にも種類がございまして、大、中、小と、それとあと粗大ごみの処理券、ステッカーがございます。こういったものの売り上げのほうが多くなったということで、それだけの増が出ているというところでございます。



○議長(呉屋勉君) 宮城司議員。



◆7番(宮城司君) ということは、今、当局のほうでも、ごみ減量化事業ということでやられていると思うのですが、ごみの量はふえてきているということですか。



○議長(呉屋勉君) 市民経済部長。



◎市民経済部長(新城正一君) 質疑にお答えいたします。これにつきましては人口の増とか、あるいは世帯数が多くなったための人口増が、若干ふえていると、そのためにごみのほうも多くなっているというところでございます。



○議長(呉屋勉君) 宮城司議員。



◆7番(宮城司君) わかりました。では、次は、きょうの新聞を見てちょっとびっくりしているのですが、11市の生活保護費の件でけさの新聞に載っていたのですが、2011年度の一般会計当初予算の生活保護費ということで、11市の生活保護費が載っているわけですが、その中で宜野湾市が32.4%の前年比増ということで、県内でも断トツのトップクラスなのですが、その原因、要因をちょっと説明お願いします。



○議長(呉屋勉君) 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) お答えいたします。他の市と比較をいたしまして伸び率が高い理由といたしましては、市内の宅老所が多いということが要因に考えられております。それから、琉大病院、国立病院、沖縄ダルクが市内や近隣にあるということ、それから大学が市内、近隣町村にあるため、学生向けの安いアパートが多いということで、その利用者が低所得者で、その利用が多いというふうにして考えております。



○議長(呉屋勉君) 宮城司議員。



◆7番(宮城司君) これは、ことしに限ったことですか。



○議長(呉屋勉君) 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) お答えいたします。新聞報道とはちょっと時点が違いますので、数値には多少の差がございますけれども、宜野湾市の平成20年度末の被保護人員が1,395人で95.28パーミル、それから平成21年度末が1,592人で17.28パーミル、それから平成22年度の11月末で1,792名の19.37パーミルということで、平成20年度と比較をいたしますと4.09パーミル増加しているということで、先ほど申しました宅老所、それから琉大病院、大学等の利用については、この過去2〜3年はそんなに大きな変動がないと思われます。



○議長(呉屋勉君) 宮城司議員。



◆7番(宮城司君) この新聞記事の中でも財政負担、生活保護費、扶助費の増を予算額の理由に挙げているのですが、那覇市議会では財政負担の地域間格差を求め、国庫負担分の増額を求める意見書を15日に採択する方針であると、そしてまた宜野湾市は基金を取り崩して対応、担当者は「かなりの伸び率、このまま増加すれば将来的な事業見直しも視野に入れなければならない」と書いてあるのですが、この将来的な事業見直しというのは、具体的にどのようなことを言っているのか、ちょっと説明お願いします。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後3時24分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後3時26分)

 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) 申しわけありません。去年、ことしと生活保護費が伸びているというのは、議員既に承知かと思うのですけれども、では財政的に将来的にもどういう形で財政運営等予算編成組んでいくかという話になるかと思うのですけれども、きのう来、予算編成方針についてということで、よく質疑等がございましたけれども、担当としては予算編成方針の中にも書いてありますけれども、行財政改革を進めるという内容と、その中には必要、不必要、本当に必要なものを予算計上するとか、あるいは人件費の削減等もありますけれども、とにかくアウトソーシングできるものはアウトソーシングする、事務の見直し分があるものは事務の見直し等も図りながら、とにかく歳出の、一般論の話になりますけれども、歳出を抑える。そして、国の補助金、県の補助金等があるものについては、できるだけ財源等はめていくというようなことをお互いが小さなところから努力をして、それを保護費等、伸びる分等については、できるだけ幾らでもいいから、財政課としてはそういうような削減云々等を図っていきたいな、努力していきたいなと思っております。



○議長(呉屋勉君) 宮城司議員。



◆7番(宮城司君) 生活保護費ということで、これだけの多額の金が出ているわけでございますが、生活保護費の中にも生活扶助、住宅扶助、教育扶助とかあるわけですが、これ国庫補助金、21億9,000万円、県負担金が2,300万円ということが出ているのですけれども、この内容の負担率というのは全部これ一律ですか。例えば4分の3、4分の1、4分の1という形で。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後3時28分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後3時28分)

 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) お答えいたします。国庫補助金では、30ページ、14款1項1目の生活保護費になりますけれども、この費用につきましては、国が4分の3、市が4分の1、負担ということでございます。



○議長(呉屋勉君) 宮城司議員。



◆7番(宮城司君) 今、聞いたのは、この細かいところも全部一緒ということで理解してよろしいですね。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後3時29分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後3時30分)

 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) お答えいたします。歳出の146ページですけれども、01生活保護事業ですが、各生活扶助費から医療扶助費までございますけれども、この合算で4分の3ではございますけれども、その中でも住所を有しない方、例えば浮浪者と申しましょうか、そういう方たちの生活保護を一時的にした場合については、県の負担になりますので上記にあります県負担金、生活保護費が一部県が負担、4分の1は県が負担をすることになって、国が4分の3を負担することになります。



○議長(呉屋勉君) 宮城司議員。



◆7番(宮城司君) この細かいところの資料をお願いします。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後3時31分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後3時33分)

 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) お答えいたします。今、ただいまの司議員の被保護世帯の資料と申しますと、具体的にどういう資料とおっしゃってくだされば資料提供もできますけれども、ただ生活保護と申しましても、福祉保健部で発刊をしております福祉保健概要の2−1から2−9までのページに、生活保護の内容については記載をしてありますので、よろしければそれを参照していただきたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 宮城司議員。



◆7番(宮城司君) この扶助費の生活、住宅扶助の、国の補助、県の補助というこの区分けというのは、この1つずつで割合が違うということではないわけですよね。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後3時34分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後3時35分)

 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(玉那覇豊子君) お答えいたします。全部の合算で、先ほどの申し上げました県の負担金を除いて、4分の3が国の負担、それから4分の1が市の負担ということで、それぞれの扶助費を明確に分けるのではなくて、合算ということでございます。



○議長(呉屋勉君) 宮城司議員。



◆7番(宮城司君) 以上です。



○議長(呉屋勉君) 伊波秀男議員。



◆11番(伊波秀男君) では、少しお願いします。予算書の33ページです。14款2項7目の説明のところに宜野湾市風景づくり推進事業費というのがあります。どのようなものなのかの、まず説明をお願いします。



○議長(呉屋勉君) 建設部長。



◎建設部長(稲嶺盛政君) お答えします。まず、予算書のページの190ページをお開き願いたいと思うのですけれども、その中の05で宜野湾市風景づくり推進事業ということでございます。これの財源の歳入ということでございますので、この190ページのほうの歳出のほうで御説明したいと思います。

 これについては、宜野湾市の景観計画策定に向けて、景観の現状や問題点の整理及び住民の景観に関する意見の聴取、そして合意形成、啓発等の活動を行うことで、住民との協働による良好な景観計画を策定し、景観施策を総合的に展開していく方策を取りまとめるということで、これの委託事業が今回主な内容でございますが、これについては、国庫補助金で先ほどありました歳入が一応目当てですけれども、平成23年度から平成25年度までの3カ年計画で事業を実施していく形で、平成23年度については景観計画の基礎調査、そして平成24年度以降にその景観計画案の作成や条例案の作成、条例の制定とか、そして平成25年度において計画の取りまとめ、そしてガイドラインとかパンフレット、リーフレット等を作成して、市民を啓発していくような形の事業ということになっています。



○議長(呉屋勉君) 伊波秀男議員。



◆11番(伊波秀男君) これは今年度からの、平成23年度からのものということですね。ぜひ、宜野湾市の普天間飛行場跡地の問題もありますが、そこもやはり計画的な都市計画を、そして景観も配慮した、そういう計画をつくる必要があると思います。

 そういうことでは、今回のものを一つの踏み台にして、これからすばらしい宜野湾市都市計画、あるいは宜野湾市らしいそういう景観づくり、まちづくりをしてほしいなと思います。

 それでは、次の質疑ですが、92ページお願いします。2款1項11目の03野球場施設整備事業というのがあります。この野球場整備、前に説明あったかと思いますが、済みませんが、もう一度、何の整備をするのかお聞かせ願いたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 建設部長。



◎建設部長(稲嶺盛政君) お答えします。92ページの03の野球場施設整備事業でございますが、今回委託料と工事請負費を組んでございますが、この委託料というのは工事の設計、発注に伴う委託料等を含んでおりますので、工事のほうの概要を、今、新年度において予定している概要を一応説明したいと思います。

 施設がつくられてから年数がたって老朽化が進んできたために、その施設について改修すべきところとかが出てきております。その内容について、新年度において予定しているのは、主に門扉等、野球場の行くときの、皆さんも行かれてよく御経験もあると思うのですけれども、門扉とかそういった鉄製のものとか、そういったものの腐食が激しくて、ちょっと利用する市民に対して大変不便をかこっている点もあるものですから、主に門扉等の改修工事、それに付随してその周辺とか、門扉を改修するために周辺も含めて改修する箇所が、あちこち野球場の中であるということで、今回の計上ということでございます。



○議長(呉屋勉君) 伊波秀男議員。



◆11番(伊波秀男君) 門扉とのことです。それと、そのグラウンドそのものの整備、そしてまた中の芝の整備もあると思いますが、そのグラウンド自体の整備というのは検討はされておりませんでしょうか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後3時42分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後3時42分)

 建設部長。



◎建設部長(稲嶺盛政君) お答えします。野球場の今回の工事については、主に先ほども説明した門扉ということでございますが、その野球場内のスタンド、いわゆるグラウンドとかそういった芝等については、芝生等一部そういったはげたところ、そういったところについては芝の管理業務ということで別途委託料で、先ほどもちょっと委託という組んだ内容がありますけれども、その中で芝の管理業務というのも想定していますので、一部芝がはげたところとかそういったのは、その委託事業の中で補修はしていくということになっております。



○議長(呉屋勉君) 伊波秀男議員。



◆11番(伊波秀男君) 実は、知り合いの方に連れられて、グラウンドが荒れているよと、芝もやはり手入れをする必要があるよということを実際見せられました。そういうことがありますので、ぜひグラウンドそのものが一番野球選手にとっては大事ですから、そこの整備もぜひ進めてほしいと思います。

 今まで、ベイスターズが来て何年になりますか、わかりませんが、そのベイスターズからの、あそこをこうしてほしい、ああしてほしいという、今までそういう要望というのはなかったのでしょう、ありませんでしたでしょうか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後3時44分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後3時44分)

 市民経済部長。



◎市民経済部長(新城正一君) 質疑にお答えいたします。このベイスターズの、今、本市に来ましていろいろキャンプをしておりますけれども、これは毎年、商工振興課、そしてまた建設部、ベイスターズのメンバーとか、こういうふうに集まって、そしてこの施設、要するにグラウンド等の改修につきましては毎年やっております。以上でございます。



○議長(呉屋勉君) 伊波秀男議員。



◆11番(伊波秀男君) ぜひ引き続き、宜野湾市営球場を利用してもらえるように、整備もよろしくお願いしたいと思います。

 では、次の質疑ですが、予算書220ページ。10款2項2目15の小学校学習支援員活用事業について質疑をさせてもらいます。この小学校学習支援員活用事業、どのような子供たちに対してのものなのか、そしてどういうようなメンバーでもって、どのようなやり方をなさっているのか。ちょっとはっきりわからないものですから、どのようなものなのかということの説明をお願いいたします。



○議長(呉屋勉君) 指導部長。



◎指導部長(下地邦敏君) お答えいたします。小学校の学習支援員活動事業ですけれども、基本的には小学生の学習におくれをとっている児童に対して学習支援をするということでございまして、具体的には学校に教員免許を持っている指導員を、各小学校8校に配置しておりまして、基本的には学校のニーズにこたえた形でその子供たちの学習支援をするということであります。

 ですから、特に学級、学年に入っているところもあれば、それから特に指導を要する個別指導をしている場合もございます。その学校のニーズに合った形で支援をしているという事業でございます。以上です。



○議長(呉屋勉君) 伊波秀男議員。



◆11番(伊波秀男君) 1,300万円余りの予算が計上されております。この1人当たりの報酬といいますか、そしてまたこの派遣される任期といいますか、期間、これを教えてもらえますでしょうか。



○議長(呉屋勉君) 指導部長。



◎指導部長(下地邦敏君) まず、学習支援員の報酬でございますけれども、8名ということで1,320万円、1人当たり15万円の11月という形での計算でございます。それに通勤費用が17万6,000円という計上をしてございます。以上です。

 失礼しました。期間ですが、基本的に1年の委嘱をするということです。



○議長(呉屋勉君) 伊波秀男議員。



◆11番(伊波秀男君) そういうことであれば、毎年毎年この指導員というのがかわるということでしょうか。そして、これは希望すればできるものなのかどうか、その辺のところ、どのようにしてそういう指導員を、支援員を決定するのか、それを教えてください。



○議長(呉屋勉君) 指導部長。



◎指導部長(下地邦敏君) お答えします。学習支援員に関しては子供たちと直接かかわりますので、その指導においてやはりしっかりとした力を発揮していただく方を配置したいというふうに考えておりまして、1年一応任用しましたら新たに面接をしまして、その力の合った方をしっかりと人選を行って、任用していくという手法をとっております。



○議長(呉屋勉君) 伊波秀男議員。



◆11番(伊波秀男君) そうですね。ぜひ中学校も、中学校になりますとなかなかもうわからなくなります。やはり小学校3年生、4年生のころが一つのひっかかるところだと思うのです。算数にしろ、そして国語の漢字の語数にしろ、その3年生、4年生、その辺のところの対策をぜひとってもらって、小学校のところでサポートしていく。わからない子がいないように、ぜひ力を入れて取り組んでほしいと思います。以上です。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後3時51分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後3時51分)

 会議時間の延長についてお諮りいたします。本日の会議時間は議事の都合により、この際、あらかじめこれを延長したいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」という者あり)



○議長(呉屋勉君) 御異議ありませんので、さよう決定いたしました。

 比嘉憲康議員。



◆15番(比嘉憲康君) 2〜3点ほど、ちょっとお聞きしたいところです。予算書の72ページの2款1項1目のほうの38で、業務マネジメントシステム運用支援事業とありますけれども、なかなか聞きなれない、これは委託料になっていますけれども、このほうの説明をいただきたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後3時53分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後3時53分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。これは、業務マニュアル事業ということで、前から進めております。平成20年度から業務マニュアル活用支援事業ということで、名称を変更をしてきております。

 事業目的としては、これまで政策事業として取り組んできた業務マネジメント推進事業は、平成22年度で一応終了します。

 平成23年度からは、これまで蓄積してきた、構築してきた業務マネジメントシステムの保守管理及びシステムの改善、改良等、内容等、システムの運用支援事業に入っていきます。

 これは市の業務2,000近くあるのですけれども、それぞれの個々の業務をマニュアル化して、1つのその事業ごとにです。それを、次に政策事業とか予算審議とか事業をやる場合に伝えていくもの、それからあるいは人事異動等があったときには、しっかりそれを次の者に引き継ぎしていきながら、事務事業の効率というのか、あるいはまたその事業がいつになったら要らなくなるとか、あるいはまたもっと強化していくとか、そういう形をしていくために、宜野湾市の事業のすべてにおいて、各課のすべてにおいてその業務マニュアルをつくっておりまして、その統括が行革においてこの業務マネジメント事業ということで行っております。

 平成23年度からは運用の管理をしていきながら、また必要に応じてはシステムの改善もしながら、これをしっかり自分たちのものにしていって、効率的な行政運営あるいは行財政改革に貢献できるような形のものをつくっていきたいというふうに考えております。



○議長(呉屋勉君) 比嘉憲康議員。



◆15番(比嘉憲康君) 言ってみれば、スクラップ・アンド・ビルド的な形で、運用管理とかに今年度は重点を置いて委託していくということでありますけれども、ぜひとも業務のスリム化、そして能率化を図って、それによるやっぱり経費の削減もできると思いますので、今、各部署に各一人一人にパソコンとかもありますので、そのほうがなかなか電子化とかいろいろ宜野湾市のほうでは、そういったいろいろ電子化に向けてやってきていますので、そこら辺の経費の削減のあれがなかなか見えないものですから、ここら辺でもうぜひともこういったのを通して、ただつくった表紙だけではなくて、ちゃんと実現できるように、ぜひともこの業務を進めてほしいと思っております。

 次に、下のページですけれども、小さいことであるのですけれども、73ページの2款総務費の1項1目の日本広報協会負担金とありますけれども、2万4,000円ですか。このほうの説明、この負担金のところでもいろいろありましたので、負担金の見直し等もやっていくとおっしゃっていましたけれども、どういった負担金になっているのか、説明をお願いします。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後3時57分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後3時58分)

 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) お答えいたします。日本広報協会負担金、2万4,000円。これは各市町村等が広報を発行しておりまして、その広報の取材の方法とか質の向上とか、あるいは見やすい広報、市民に対してどういった方向性で見やすい広報をどうするか、いろいろ勉強会したりとか研修会するようなための組織があるということで、それの負担金という内容になっております。



○議長(呉屋勉君) 比嘉憲康議員。



◆15番(比嘉憲康君) わかりました。では、各市町村でこれ取り組んでいる勉強会とかとしての負担金ということで理解してよろしいですか。

 あと1点、一般会計説明資料のほうの34ページですけれども、この中で下から7行目ですか、特殊勤務手当。普通、特殊勤務手当といいますと、危険を要するような職種についた方の手当だと思いますけれども、このほうどういった職種なのか、そして何名程度がこれに該当するのか、人数と、そして職種とについてお答えできますか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後3時59分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後4時00分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) 特殊勤務手当は業種ごとにたくさんあります。お手元の資料の給与費明細書なのですけれども、一般会計予算のですね。269ページの中で特殊勤務手当ということで、トータル的には本年度は1,074万6,000円、前年度に比較して8,000円の減なのですけれども、消防とか税務とか結構あります。

 もし必要であれば、資料等で提供できる分は提供したいと思っておりますので、よろしくお願いします。



○議長(呉屋勉君) 比嘉憲康議員。



◆15番(比嘉憲康君) このほう、ぜひ資料等お願いします。また、福寿園とか、そういったところもまた入っているのかなと思ったものですから、それはやっぱり介護を要するものですから、いろいろいろんな形で患者さんと接したり、そういった方たちの危険性といいますか、そういったのが普通は病院とかあるものですから、そこら辺のやっぱり職種、ちゃんと資料のほうで提出してもらいたいと思いますので、ひとつよろしくお願いいたします。

 それと、この手当はみんな一律4%とか8%とか、やっぱり給与に対するパーセンテージもその資料の中でわかれば、公表できればお願いしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。以上です。



○議長(呉屋勉君) 資料提供は可能とのことです。

 呉屋等議員。



◆16番(呉屋等君) 済みません。少しだけちょっと質疑のほうさせてください。100ページのほうです。予算書のほうの100ページの説明の02のほうです。選挙管理事務運営費、そしてその下の選挙管理委員会事務局長嘱託員報酬ということで、予算が計上されています。192万円です。これは、そのまま読むと現在の正職員である事務局長、選挙管理委員会の事務局長を嘱託にかえるというふうな予算措置かと思うのですが、この選挙管理委員会の事務局長、一般の行政職でいうと課長職に当たると本員は理解しておりますが、まずそこら辺の確認を少し御答弁をお願いします。



○議長(呉屋勉君) 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。現在の局長については、課長職クラスでございます。



○議長(呉屋勉君) 呉屋等議員。



◆16番(呉屋等君) それでは、現在その課長職でほかの部署で嘱託を充てている部署というのは本市に、今、過去も含めてあるのでしょうか。



○議長(呉屋勉君) 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) 課長クラス、行政委員会ではないのですけれども、老人福祉センターはありますけれども、従来、全部課長クラスでやってきておりましたけれども、定数削減等で嘱託化にかえている部分はございます。



○議長(呉屋勉君) 呉屋等議員。



◆16番(呉屋等君) それでは、少し資料をまたお願いしたいのですが、今回初めてこのように事務局長の嘱託報酬ということが出ていますので、ほかの10市の状況について、本市を除けば10市のほうの選挙管理委員会の事務局長が正職なのか、それとも嘱託なのか、このほうの一覧と、あと昨年実施されました参議院選挙、市議会議員選挙、県知事選挙、市長選挙、若干ダブるところはございますが、その中で事務局長の勤務実態です。参議院選挙、昨年の夏実施されました参議院選挙、そして市議、市長、そして県知事選挙においての事務局長の勤務実態、1週間どのような勤務時間帯で、どのように勤務をしていたのか、よろしいですか、選挙期間中の。

 あと、このまず他市の状況、そして昨年実施された、今言った選挙での事務局長の勤務状態についての資料を議長を通してお願いしたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。他市の状況については、調べて提供できるものと思っております。しかし、勤務状況、参議院選とかのものについては、実態については、選挙管理委員会事務局にお願いしなくてはいけませんので、その辺でどれだけそのデータがあるかどうかにかかりますけれども、わかる範囲内であれば提供したいと思っております。



○議長(呉屋勉君) 呉屋等議員。



◆16番(呉屋等君) ぜひ大事な案件でありますので、特にその勤務実態、この条例に照らし合わせまして嘱託のものが本当に適正なのかどうか、そのほうも確認したいと思いますので、勤務実態のほうもぜひ資料としてお願いいたします。この件は、また資料届きまして質疑いたします。

 では、済みません。予算書のほう25ページのほうに少し戻らせてください。昨日、資料請求をしまして、早速資料のほう届きました。どうもありがとうございます。人材育成交流センター使用料に関する資料ということで、説明のほうの上から2番目のほうです、総務使用料の人材育成交流センター使用料が18万1,000円、平成21年度4月の条例改正に伴い、この使用料のほうが大分上がってきています。

 いただいた資料によりますと、平成21年度が12カ月フルで研修室、冷房費、印刷機、トータルで18万2,947円です。平成22年度は、1月までの分ではございますが、21万189円、この平成21年度1月の後の2月、3月に関しては、平成21年度の実績を仮に換算しますと、平成22年度は22万9,000円、約23万円というふうな数字を算出することができます。

 要は、その平成22年度の2月、3月はないのですけれども、平成21年の実績を換算すれば23万円、平成21年と平成22年を足して2で割っても20万6,000円という最低ラインは出てくるのかなということで、要は見込みということでありますが、少し額が少な過ぎるのではないかなと、使用料が18万1,000円というのは、少し少ないのではないかなということをお伺いしたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) お答えいたします。議員おっしゃるとおり、去年の平成21年度の実績は18万2,000円と、今回は、今、1月分までのトータルで21万円出してあるのですけれども、予算編成時期がどうしても11月、12月になりますので、とするとどうしても前年度の予想を立てて、前年度の要するに平成21年度の実績を踏まえての形になりますので、そういう形で18万円、今の金額等をやってあるということで、今、実績からすると議員おっしゃるとおり、やっぱり20万円は超してという形になります。今、あくまでも実績が出ているから見えるだけであって、前年度分で予約を立てていきますので、こういう形での計上になっております。



○議長(呉屋勉君) 呉屋等議員。



◆16番(呉屋等君) 部長の説明で大体わかるのですが、もっと使ってもらうためにもいろいろ工夫も必要かなということでございます。

 実際、その利用者の声というのでしょうか。条例が平成21年4月に改正になった後、利用者の反応を、要は利用者も満足している、それともやや不満があるとか、その辺のアンケートあるいは使用後の調査というのは、もしとられているのでしたら、どのような反響、利用者はこれで満足をしているのかどうか、その辺ちょっと御説明願えますか。



○議長(呉屋勉君) 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) お答えいたします。現在のめぶきのほうは、議員も承知だと思うのですけれども、2階部分で非常に研修室等が狭隘であると、狭いということで、婦人会であるとか、あるいは女性団体連絡協議会であるとか、そういうような団体が40〜50名集まるような会議等にはなかなか対応し切れないスペースになっているというようなことと、それから駐車場が現時点でちっちゃいというようなことで、駐車場の拡大等は何とかできないかというような要望等が多いというような現状等はあります。

 それで、平成22年度から23年度にかけて隣の今のバスケット場のところに増設を図っていくというような、それで受け皿については対応をしていきたいなということで、今言う不満があるというのは、非常に狭隘であるというのと駐車場のスペースが少ないなと、使い勝手は非常にいいというお話は聞いております。ただ、バス停もちょっと小さいのかな、奥に入っているかなという、そういうような話等はあって、中身については非常に利用価値があるというような話は聞いております。



○議長(呉屋勉君) 呉屋等議員。



◆16番(呉屋等君) 利用者からも使用料も取り、またクーラーの施設料も取っておりますので、やっぱりその利用者が満足できるような駐車場の件とか、そういうのも検討していただいて、こういう工事も入っている予定もありますので、そういったところもうまくやっていただければなと思います。大変、利用者のほうもあと使い勝手に関しては満足であれば、あとはその駐車場の問題、スペースの問題だけかなと思います。ぜひ、また引き続きお願いします。

 では、続きまして、済みません、56ページのほうなのですが、56ページの雑入の部分であります。説明の欄の一番下の部分、雑入の広告収入129万6,000円、広告収入に関してもこの予算審議、質疑で何度か質疑と提言をさせていただいていまして、この予算編成方針の中でも5ページに有料広告の掲載ということで、たびたび提言させていただいていますホームページのバナー広告、それについてもバナー広告、有料広告の掲載による広告収入の確保に努めるということで、これからするとバナー広告をやるというふうに理解をするのですが、実際、現在のホームページではまだバナー広告の設定あるいは募集が、私が見た限りではまだないのですが、いつごろからこのバナー広告、平成23年度の募集を行っていくのでしょうか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後4時12分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後4時13分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。呉屋議員がいつも提言されていますけれども、我々総務、ITを所管する部署としては、企画部を中心としながら全体的な広告収入等、バナーだけではなくて、全体的な広告収入等の一つの方針的なことを指針を検討しながら、その中でバナー広告も含めて位置づけできないものかということで、ITだけでの一つの方針というものにはちょっと我々としてもまだ踏み込めない状況があります。ですから、毎回呉屋議員が御提言等あるのですけれども、平成23年度においては総務、企画を中心にしながら広告収入全体の一つの精査、検討をして、その中でバナー広告についてもどうするのかを、しっかり検討していきたいと思っております。



○議長(呉屋勉君) 呉屋等議員。



◆16番(呉屋等君) 今の部長の答弁だと、この方針書の中ではバナー広告など有料広告掲載による広告収入確保、確保というのはもうやるということかと思ったのですが、ではこれは確保ではなくて検討するということでしょうか。

 そうなるとまたその方針について、確保と検討は少し意味が違うのかなと。というのは、平成22年度、今年度ですね、22年度の広告収入が129万6,000円で同額なのです。同額の中で、しかし方針としてはバナー広告を確保するということであれば、バナー広告、本市のホームページというのは県内11市の中でもトップクラスのアクセス件数でありますということは、前からも申し上げさせていただきました。そして、枠の中で最低でも年間10万円ぐらいの広告料、10枠であれば100万円の広告掲載料、そしてバナー広告掲載した企業にとっても直接リンクができますので、メリットは本当にたくさんあるのです。

 そういった中で、わざわざそれを見過ごしているのは、IT推進をしている自治体としてどうなのかなと。そして、自主財源の確保という意味でも、むざむざそれを見過ごすのはいかがなものかなということで、何度も提言させていただきましたが、これそんなに難しいものなのでしょうか。ホームページのトップメニューをかえる、約5年間で何10億円というITへの投資もしている中で、どうして自主財源を確保するためのものがこれだけできないのか、本当に不思議なのです。もう県はもとより、那覇市、ほかの市町村に至るまでもうバナー広告随時入っていまして、広告収入だけではないのです。そこの企業にとっても、今、本市というのは普天間飛行場の問題で、普天間ですぐヒットするのです、宜野湾市というのは。ですから、全国からもアクセス件数ができる本当にITの環境として恵まれた中で、なぜバナー広告ぐらいもできないのか、本当に不思議でならないのですけれども、その辺は本当に議論しているのでしょうか、技術的な問題なのでしょうか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後4時16分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後4時16分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。技術的な問題はございません。内部の調整とか一つの考え方であります。平成23年度、間違いなくやっていきたいと思っています。新年度、やっていきたいと思っております。



○議長(呉屋勉君) 呉屋等議員。



◆16番(呉屋等君) 部長から、平成23年度必ずやるというお言葉を聞いて安心しました。本当に今ちょうどリンク張られている「ふてんま結いちば」のホームページも、本市からのリンクで相当な件数が入っていまして、あと商工振興課でもやっている「ぎのわんだー」でしょうか、そこもリンク多いのです、アクセスが。なので、そこでバナー広告を右端にでもつければ広告収入も入ってきますし、また一番その企業にとっても全国から宜野湾市のホームページ、トップメニューからアクセスをすると相当な利益にもつながっていく、そしてそれがまた法人税としてはね返ってくるということも当然ありますので、ぜひとも平成23年度内での実施、お願いして終わりたいと思います。ありがとうございます。



○議長(呉屋勉君) 暫時休憩いたします。(休憩時刻 午後4時18分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後4時34分)

 休憩前に引き続き、会議を進めてまいります。議案第13号に対する質疑を許します。又吉清義議員。



◆26番(又吉清義君) 先ほどの16番、呉屋等議員から出ましたことについてちょっと、100ページ、選挙管理委員会について先ほど等議員のほうから、課長クラスのところでそういった職は宜野湾市で嘱託のほうがあるかということで、老人福祉センターですか、あるという説明だったと思うのですが、どうでしょうか、考え方として嘱託と正職員での勤務体制、中身が根本から違うかと思いますが、皆さんとしてそういうふうに嘱託があるから安易に嘱託なのか、皆さんの行財政改革の中の議事録を見ますと、「ことしは選挙がないからいいのだろう」と、そういう考えが主だったと思いますが、それについてもう一度確認いたします。



○議長(呉屋勉君) 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。嘱託というのは地公法第3条第3項の中で位置づけされております。臨時職員は地公法の第22条が位置づけなのですけれども、嘱託は地公法第3条第3項の中で位置づけされております。

 地公法第3条第3項というのは、通常の基本的には4分の3の勤務でございます。地公法第3条第3項第3号の適用です、今回、我々が考えているものは。

 考え方としては、議員も、又吉議員も御承知のとおり、定数削減があります。今回は議会事務局も1名減にしてもらっております。過去には選挙管理委員会等、いっぱい各行政委員会にもやってもらっております。我々は、国の方針である定数削減計画5.7%、そういったものの目標があるものですから、市長部局だけではなくて全体で対処して、今回のものを乗り切ろうということの考え方があります。

 今回の配置はあくまでも緊急的であります。定数条例はちゃんと選管の定数は置いてありますから、緊急的な実行でありまして当面の間の配置、当面の間というのはおおむね1年、その体制で臨みたい。

 また、事務局の状況を把握をしながら、また1年後は再検討を実施していくということになります。選挙管理委員会の規定に定めております事務局長の職務、専決事項等処理するために、特定の学識とか経験を持った者の適任者を充てていくという考え方です。業務に支障のないように職員OBやあるいは経験者を活用しながら、しっかり選挙管理委員会の職務を、選挙管理委員会は行政委員会ですので、当然選挙委員の皆さんの権限決定、いろいろなことをやりながら、事務については専決として局長のほうにゆだねている分があるものですから、その範囲をしっかり職員の皆さんと一緒になってやってもらうということで今回は考えております。



○議長(呉屋勉君) 又吉清義議員。



◆26番(又吉清義君) 考えは大変すばらしいことなのですが、果たして幾ら職員減でも、その部署にそれでいいのかというのを考えた場合に、本当に皆さん、もう既にことしは既に3月に選挙があるのか、4月に選挙があるのかということでうわさされている年ですよ。去年から。

 そして、職員定数も宜野湾市の定数条例によれば、選挙管理委員会の職員はうちは4名ですよね、皆さん、条例上は。その中であえて減らすというのは、行財政改革の、皆さん、中身が違うのではないですかと、ほかの部署から、ほかのまだやるべきところあるのではないですかと私は非常に疑問であるのですが、そしてまた皆さん自身もこの行財政改革推進委員会の中で定数云々どうのこうの言う前に、やはり事務局を減らす大きな理由というのは、とにかく来年度は選挙がないだろうと、そのような安易な考えですよ。

 本当にこれで当宜野湾市が乗り切ることができるかなと、非常に本員も疑問だし、そして老人センターで嘱託でできる、多分可能でしょう。10時から4時までのお仕事ですから。

 選挙管理委員会というのはそんなに甘いものかなと、常勤ではないと。先ほど言った選挙管理委員長で常勤をするということなのですが、お年になった方が常勤で朝から晩までやって、果たしてこれがもつかなという健康面も私は配慮してあげるべきだと思います。先ほど等議員がおっしゃっておりました、皆さんの資料要求いたしました、勤務体制どのぐらいですかと、かなりハードですよ、ハードですよ。それ見てから私も入れたいのですが、そういったハードな中でお年寄りに、定年退職をなさった方に、朝から晩まで来てずっと常駐しなさいと、健康面皆さん大丈夫かということで私は非常に危惧いたします。だから、本当にこの行財政改革のあり方、間違えていませんかと、目のつけどころちょっと間違えていませんかと思っております。資料来てからまたやりたいと思いますので。

 次、65ページです。65ページのほうの、よろしいですか、説明のほうの01です。特別職給料のほうが、対前年比特別職給料800万円増になっておるのですが、この800万円なぜ増になったのかなということで、あれこれ見てみたのですが、もしかして特別職で1人ふえるのかなと本員思っていたのですが、しかし1人ふえるのではなくて、皆さんの給与費明細書、268ページをあけてみますと、特別職の給料はむしろ対前年比減っているわけです。ただ、その中で私わからないのですが、長等というところの欄があります。その中で、長の給料のほうが、今までは1,971万6,000円だったところが、2,778万円で約800万円値上がりしているのですが、この長等というのはどういった方々を指すのかということを、ちょっと御説明いただけませんか。



○議長(呉屋勉君) 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。まず、65ページの2−1−1、職員給与の中の特別職給料は、今回議員おっしゃるようにプラス806万円ですか、ふえております。これは、長は市長と副市長の部分ですけれども、政策調整監ということです。

 政策調整監というものの制度をつくって、やろうということの考え方で、予算の中には組み込んであります。それが議員御指摘の268ページの中で下の比較に長等ということで職員数も1、給料も806万4,000円、期末手当とか共済費とかで合計が1,215万6,000円ふえていますけれども、これは政策調整監の条例化をやろうということの考え方を持っておりまして、予算には計上をしてございます。



○議長(呉屋勉君) 市長。



◎市長(安里猛君) 又吉清義議員の質疑にお答えをいたします。このことについては政策調整監については、私のほうが指示をして予算編成作業の中で取り組む作業をさせたものでございますので、考え方を説明をしておきたいと思いますが、私は昨年の11月28日に……。

     (又吉清義議員「議長。説明はいいです。私の時間がなくなるので」と呼ぶ)



○議長(呉屋勉君) 簡潔にお願いします。市長。



◎市長(安里猛君) なお、私は昨年の11月28日に就任をして以来、これまでの市の行政に携わって、市の大きい課題が4つございます。私がどうしても解決したい課題というのが4つありまして、その課題解決のためには、どうしても力を発揮してもらえる、求心力のある政策調整監を配置をしたいという考えで、予算編成、予算の中では盛り込んでございます。そのことについては条例化をしながら、議員の皆さんの理解を得ながら取り組むことになりますので、またあわせてその中で議論をお願いをしたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 又吉清義議員。



◆26番(又吉清義君) 私も偶然見てしまったものですから、きのうまでは見ていなかったのです。これは実際、総務課で私聞いたのですよ。そういう予算は計上してありませんと言うものだから、そうあることを願っていたのです。会計管理者、お尋ねいたします。これは法的に問題ないですか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後4時46分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後4時46分)

 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) お答えいたします。制度的なものになりますので、財政課のほうが答えたほうがいいかと思いますので、実は、今、市長のほうからも話がありましたけれども、市長のほうから指示があったということで言っておりましたけれども、要するに条例とその予算はセットでありますので、そういうことで要するに追加で、今、今回、その人事案件は出てきますので、条例は出てきます。

 では、そうするとその条例の裏付けとして予算をセットというようなことで、今回は政策調整監の分も予算は計上してあるということになります。



○議長(呉屋勉君) 又吉清義議員。



◆26番(又吉清義君) 私は条例上これでいいのかなと、今、部長おっしゃいました条例でセットであるとしましょう、アフターぐらい欲しいですよ。皆さん、そういうことは議案説明会でもないですよ。私は総務課に聞いたのですよ、じかに。「そんなことは計上してありません」と明確にお答えいたしましたよ。「まさか政策調整監の予算は入っていませんよね」と聞きましたよ、私、ある方に。「いや、そういうことありませんよ」と、だめですよ、そんなこと言ったら。

 さっき言いました条例と予算がセットであれば、配慮ぐらい欲しいですよ、皆さん、配慮ないですよ。皆さん、今、初めて聞いたから説明しているのであって、だれか説明いたしました。だれも説明していないでしょう。だれも気づかなければ、そのままめくら発車ですよ、皆さん。パッシングではないですか、これでは予算のほうも見ることできません。次にいきます、もう時間ないですから。

 次、先ほどの緊急雇用創出事業、163ページです。次は安心してください、もうかるお話ですから、ちょっと厳しいのですが。03の緊急雇用創出事業、皆さん、やはりやるからには、やはり財源も厳しいという中でやっている場合に、とても大事なことをお忘れしていませんかと。今裁判問題にもなったような問題もありました、どういったことかといいますと、46ページの不動産売払収入があります。

 この中で皆さん、不動産売払収入ということで予算が毎年入ってきますが、主にどのような予算が定期的に入ってきますか。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後4時49分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後4時49分)

 総務部長。



◎総務部長(仲村隆君) お答えいたします。予算書の46ページの不動産売払収入、土地売払収入については当初予算は費目存置で置いております。

 これは、普通財産の里道関係等が出てきた場合には、毎回若干ありますけれども、補正等で計上してございます。

 それから、46ページの建物売払収入というのは、ちょっと実績等ないのですけれども、しかしそういったものがあった場合にはということで費目存置で予算措置、受け皿はつくっております。



○議長(呉屋勉君) 又吉清義議員。



◆26番(又吉清義君) だから、もうかるお話だと私断言いたしました。不動産売払収入、里道関係です。毎年定期的に収入が入ってきております。そして、当時、里道のところに昔家をつくってしまって、建てかえするときつくれないのです。建築許可おりません。昔はできたのですけれども、今はできません。させてもらえません。これが当然です。

 市民からすると、その里道、必要でなければ売り買いができる、非常にうれしいことなのです。昔はできなかったのです。しかし、宜野湾市でどのぐらいこの里道が、実際どさくさに紛れて住宅地に入っているか調べたら、すごくあると思います。私はこれだけでも、皆さんがセールスして売って歩くと、売り買いができるのですから、私は億単位の収入が出てくると思います。わずか300万円余りの人件費で、ノルマ制にすると喜んで買ってもらえると思います。大山でもありました里道の売り買いについて、皆さんがアフターをしないばかりに、いたずらに裁判に行ってしまった。

 そうではなくて、こういうのができますよと皆さんでアフターをしてあげると市民も喜ぶ、皆さんも財源が上がってくるかと思いますが、建設部長にお尋ねいたしますが、このような里道が住宅地内に入ってしまった件数というのは、私は1,000件ぐらいは市内で最低あるかと思いますが、建設部長としては何件ぐらいあるか、調査したことがあるかないか、まずその点をお尋ねいたします。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後4時52分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後4時52分)

 建設部長。



◎建設部長(稲嶺盛政君) お答えします。確かに、今、又吉議員のおっしゃるとおり、相当数あるということは認識しています。ただ、何件ぐらいあるかといういわゆる数を数える、そういったことは、実際、今のところやってはございません。



○議長(呉屋勉君) 又吉清義議員。



◆26番(又吉清義君) ですから、やはりそういうのも皆さんで売ることができる、そしてちゃんと国から移管されたのですから、やはり市民も喜ぶ、皆さんも財源として入ってくればこんないいことはないと思います。ぜひ部長、今年度で退職と聞いておるのですが、お土産に部長の実績としてそういうのをぜひ引き継ぎで、調べさせることに時間がかかってもよろしいかと思います。そういったこともぜひお願いしたいのですが、いかがでしょうか。



○議長(呉屋勉君) 建設部長。



◎建設部長(稲嶺盛政君) 大変厳しい御質疑でございますが、確かに私はこの3月で一応退職するということになるのですけれども、後任部長等が決まりましたら、その辺については引き継ぎはしていきたいと思っています。

 ただ、現実の問題として、今のスタッフの問題とか、そういったものを考えた場合に、何件あるかどうかそういったことを踏まえて、さらにこれについてはまず里道については、やはり利用されている方々がもし買いたいという場合については、あくまでその里道の廃止手続というものをとって、それを普通財産化した後、今総務部長答えたように総務部のほうに財産の所管がえをして、そこにまた買いたい方が申請して買うという形になるのですけれども、実際、相当数あるということは認識していますが、これを時間をかけてということであれば、当然ある程度の実績は上げられると思うのですけれども、今すぐそれに取り組んで、それについて何件か調べてトップセールス、セールスみたいにできるかどうかについては、今のところでは、私では一応即答しかねています。大変申しわけございません。



○議長(呉屋勉君) 又吉清義議員。



◆26番(又吉清義君) 確かに即答はできないので、ぜひ頑張っていただきたいなと。300万円かけて400万円の保育料を徴収するより、そのほうが私はまだ価値あると思います。また次やります。以上です。ありがとうございます。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後4時55分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後4時55分)

 知名康司議員。



◆8番(知名康司君) 2〜3質疑してまいります。78ページです。総務費の中の6目企画費の05、地域づくり推進助成事業とあります。その内容を説明よろしくお願いします。05の地域づくり推進助成事業のほうです。



○議長(呉屋勉君) 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) お答えいたします。78ページの地域づくり推進助成事業ということで、知名議員、ちょっと予算書78ページあけていただければわかりますが、この基金からの繰り入れということがございますけれども、250万円です。これはそのような基金を持っております。何億円か。それの果実分をこの事業に充てると。これは毎年大体5事業充てている。要するに5事業でも団体のほうに、地域おこしであるかとか、そういうような絡みの地域おこし関係の事業等を展開する団体等に対して、例えば、宜野湾市の青年会のふるさとエイサー大会がありますね、そういうようなものにもこういうものをはめています。マックスで大体50万円で5団体を対象にしていると。要するに地域おこし、まちおこし、そういうようなものに対してこの助成事業、地域づくり事業ということで展開をしております。事業メニューもありはしますけれども、ちょっと今手元にございませんので、そういう地域おこし関係のものでということで、今、50万円を上限にして支給しております。



○議長(呉屋勉君) 知名康司議員。



◆8番(知名康司君) 今の説明で地域おこしの事業ということで、5団体ありますけれども、その予定はございますか。



○議長(呉屋勉君) 企画部長。



◎企画部長(城間盛久君) 済みません。平成23年度申請が上がっている団体、ちょっと読み上げます。伊佐区地域の防災協力事業というのがあります。それから、先ほどちょっと申しましたけれども、青年エイサー祭りへの団体への補助金です。それから、もう一つ同じ青年会なのですけれども、そのエイサーの歴史調査をするということで2つあるということと、それから宜野湾市の婦人連合会が人材育成事業ということで申請があると、あと1点はふてんままつり実行委員会というのがあり、現時点では申請5件が出ているという内容になっている。欲しいと言われましたら、資料等については提出させていただきます。



○議長(呉屋勉君) 知名康司議員。



◆8番(知名康司君) では、資料提出のほう、よろしくお願いします。

 それでは、71ページに戻って、一般管理費の中の29、一般コミュニティ助成事業とあるのですけれども、250万円計上されておりますけれども、一般コミュニティ助成事業です。その内容のほうも説明お願いします。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後4時59分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後5時01分)

 市民経済部長。



◎市民経済部長(新城正一君) 質疑にお答えいたします。これは一般コミュニティ助成事業ということで、この事業は宝くじの普及、そして広報事業の一環で、コミュニティー活動に必要な整備を行う組織への助成事業でございまして、今回は大謝名団地自治会、向こうのほうがこの250万円の補助が受けられるということになっております。

 これは、この助成事業といいますのは、主に備品購入とかそういったものでございまして、この大謝名団地自治会の250万円の内訳等がございますが、エンジン用の草刈り機とか、会議用のテーブル、スピーカーとか、あるいはそのほか定時のスピーカーのラインとか、そのあと特に額が大きいものが定時放送マシンということで、これは恐らく中身につきましては、これは一つの広報関係なのかなと、ちょっと詳しいことはわかりませんですけれども、そういうものなのかなと思ったりもしておりますけれども、これは先ほど申し上げましたとおり宝くじによる補助金でございます。

 前回は嘉数自治会のほうでこの補助を受けております。以上でございます。



○議長(呉屋勉君) 知名康司議員。



◆8番(知名康司君) では、今の説明だと、主に自治会のほうに、ほとんど備品関係の助成ですか、そういった形でということで理解しました。

 それと、72ページの一般管理費の中の37、自治会加入促進事業2万5,000円と計上されておりますけれども、この自治会加入促進事業2万5,000円の内訳を説明お願いします。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後5時04分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後5時05分)

 市民経済部長。



◎市民経済部長(新城正一君) 質疑にお答えいたします。この2万円につきましては、自治会加入促進のための横幕です。横断幕、そのほうの金額でございます。



○議長(呉屋勉君) 知名康司議員。



◆8番(知名康司君) 自治会加入のほうが、御存じのように加入率がどんどん減っています。全体でも約30%割るのではないかなということで、そういった不安感というか、各自治会が、役割が、大変大きな役割を持っているものですから、一応補助金などは7,800万円ということでいただいておりますけれども、自治会加入促進事業は主に社会福祉協議会がやっていて、当局側としてはただこの横断幕だけで加入促進するという、その中身です、内容、当局側が実際、自治会、自治会の役目、重み、そういった内容は非常に重要だと思うのです、これから今後も。

 自治会があって、当然、広報活動もできますし、自治会で婦人会、老人会、子ども会、いろいろ組織があって、その中の活動が大変重要なものですから、それを育成、今後ふやす、加入のほうをふやすためにはどうすればいいかを真剣に考えないといけないところまで来ていると思うのです。当然、議員の皆さんも加入していると思うし、自治会は入っていると思いますし。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後5時07分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後5時08分)

 知名康司議員。



◆8番(知名康司君) みんなで真剣に考えたいものです。

 あとは208ページ、教育費の事務局費の中に11、教育委員会労働安全衛生事業、421万円計上されておりますけれども、その中身の説明をお願いします。



○議長(呉屋勉君) 教育部長。



◎教育部長(宮平良和君) お答えいたします。従来、平成20年度予算までは、例えば労働安全衛生委員会に係る準備事業として、教育委員会の総務事務運営費のほうに予算計上してございました。去る3月初めごろでしたか、教育委員会のほうで2つの労働安全衛生委員会を立ち上げております。それに伴って基本的には、今年度はその労働安全衛生の推進委員会の研修会等を実施しておりますけれども、具体的な取り組みとして、平成23年度から労働安全衛生委員会に係る事業を実施していきたいということで、この中で教育委員会の労働安全衛生事業ということで、新規に予算化をしてございます。

 その中には、保健師の配置1名、あとは委託料として産業医、内科とメンタルヘルスの精神医療科の産業医の委託、そしてあとは備品購入事業等で体温計等、健康相談に係るその相談備品としてそういった健康器具等の購入と、そしてあとは推進委員会に係る研修負担金、特に当面は推進委員の皆さんの研修会等も重点的に取り組んでいきたいということでございます。

 そういうことで次年度からは、教育委員会独自の教育委員会の職員のものと、あと学校関係の職員のものの2つの安全衛生委員会を立ち上げておりますので、そこに係る委員会事業の予算ということで御理解いただきたいと思います。



○議長(呉屋勉君) 知名康司議員。



◆8番(知名康司君) 労働安全ということですから、先生方が主に対象ですか。



○議長(呉屋勉君) 教育部長。



◎教育部長(宮平良和君) 先ほど申し上げた2つの労働安全衛生委員会ということで、1つは教育委員会の学校関係以外の職員を対象とした安全委員会と、そしてまた学校総括安全衛生委員会というのがございまして、それは学校現場の職員を対象とした安全委員会ということで、2つの安全委員会を立ち上げてございます。



○議長(呉屋勉君) 知名康司議員。



◆8番(知名康司君) わかりました。最後になりますけれども、同じく教育指導費の中の01、学校教育事務運営費、2,557万9,000円計上されております。その中の学校用消耗品費が、昨年度159万円から今回2,322万6,000円という額が計上されておりますけれども、その中身のほうを答弁お願いします。



○議長(呉屋勉君) 指導部長。



◎指導部長(下地邦敏君) ただいまの質疑にお答えいたします。今回の学校用消耗品の中身ですけれども、これは主に教師が使う学習指導の指導書の購入分でございます。

 去年よりも多いということですけれども、実は平成23年度、新しく学習指導要領が改訂をされているということで、新たに一新されます。そういう意味での去年との違いです。以上です。



○議長(呉屋勉君) 知名康司議員。



◆8番(知名康司君) 今の説明で指導書が改訂されるだけで、これだけの金額がかかるのですか。



○議長(呉屋勉君) 指導部長。



◎指導部長(下地邦敏君) 学習指導要領といいまして、国が示します指導の基準なのですけれども、これが平成23年度から新しい内容を含んだものになるわけです。したがいまして、これまで使っていた指導内容も全面的に変わるものですから、先生方が使うその指導書そのものも新しいものに全部切りかわらないといけないということで、そういう消耗品の計上になっています。



○議長(呉屋勉君) 知名康司議員。



◆8番(知名康司君) この改訂する年度というのは定期的に決まるのですか、それとも定期ではなくて、いつということはないということで、どういうふうに理解すればよろしいですか。



○議長(呉屋勉君) 指導部長。



◎指導部長(下地邦敏君) 通常、学習指導要領の改訂は10年に1回がめどでございます。



○議長(呉屋勉君) 休憩いたします。(休憩時刻 午後5時15分)



○議長(呉屋勉君) 再開いたします。(再開時刻 午後5時15分)

 本件については、質疑の段階で継続審議としておきたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」という者あり)



○議長(呉屋勉君) 御異議ありませんので、さよう決定いたしました。

 以上をもちまして、本日の全日程が終了しましたので、本日の会議を閉議いたします。なお、次の本会議は3月16日午前10時から会議を開きます。本日はこれにて散会いたします。御苦労さまでございました。(散会時刻 午後5時16分)