議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 南九州市

平成 25年 第 2回臨時会( 1月) 01月31日−01号




平成 25年 第 2回臨時会( 1月) − 01月31日−01号









平成 25年 第 2回臨時会( 1月)


 平成25年第2回臨時会会期表

 1.会期日程表
月   日曜日       程
 1・31木 本 会 議

 1.付議事件
 議案第 3号 平成24年度南九州市一般会計補正予算(第10号)         (原案可決)

 本会議1号     (1月31日)
   出席議員     22名
1番議員  西   次 雄        12番議員  峯 苫 勝 範
2番議員  内 園 知恵子        13番議員  蔵 元 慎 一
3番議員  吉 永 賢 三        14番議員  山 下 つきみ
4番議員  伊瀬知 正 人        15番議員  深 町 幸 子
5番議員  蓮 子 幹 夫        16番議員  下 窪 一 輝
6番議員  亀 甲 俊 博        17番議員  浜 田 茂 久
7番議員  塗 木 弘 幸        18番議員  竹 迫   毅
8番議員  田 畑 浩一郎        19番議員  菊 永 忠 行
9番議員  松久保 正 毅        20番議員  満 留 秀 昭
10番議員  東   兼 喜        21番議員  今 吉 賢 二
11番議員  加治佐 民 生        22番議員  森 田 隆 志
   欠席議員     0名
───────────────────────────────────
 地方自治法第121条による出席者
市     長  霜 出 勘 平    教 育 部 長  小 園 和 幸
副  市  長  鶴 田 康 夫    頴 娃 支所長  山 下 由 海
総 務 部 長  有 水 秀 男    知 覧 支所長  上 野 勝 郎
市民福祉 部長  折 田 盛 彦    川 辺 支所長  東   利 文
農林水産 部長  田 中   泉    財 政 課 長  金 田 憲 明
建 設 部 長  下之薗 博 幸    企 画 課 長  下 薗 宏一郎
会 計 管理者  新 留 育 男    交通防災 係長  平 山 憲 二
───────────────────────────────────
 事務局職員出席者
事 務 局 長  中 薗 浩 二    議 事 係 長  浜 田 和 人
庶 務 係 長  朝 隈 克 博                   
 第2回臨時会議事日程(第1号)

 第 1.会議録署名議員の指名
 第 2.会期の決定
 第 3.議案第 3号
     平成24年度南九州市一般会計補正予算(第10号)




平成25年1月31日 午前10時0分開会





△開会



○議長(森田隆志)  ただいまから平成25年第2回南九州市議会臨時会を開会します。

    ────────────────────



△開議



○議長(森田隆志)  これから本日の会議を開きます。

    ────────────────────



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(森田隆志)  日程第1,会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は,会議規則第88条の規定により,議長において,松久保正毅議員,東兼喜議員を指名します。

    ────────────────────



△日程第2会期の決定



○議長(森田隆志)  日程第2,会期の決定の件を議題にします。

 お諮りします。本臨時会の会期は,本日の1日にしたいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(森田隆志)  異議なしと認めます。会期は本日の1日に決定しました。

    ────────────────────



△日程第3議案第3号平成24年度南九州市一般会計補正予算(第10号)



○議長(森田隆志)  日程第3,議案第3号平成24年度南九州市一般会計補正予算(第10号)を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。



◎市長(霜出勘平)  議案第3号平成24年度南九州市一般会計補正予算(第10号)について,御説明を申し上げます。

 今回の補正は,平成25年4月1日の指宿南九州消防組合設立に向けた準備経費について補正しようとするものでございます。

 第1条の歳入歳出予算の補正につきましては,歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ55万1,000円を追加し,歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ219億8,064万7,000円にしようとするものでございます。

 補正予算の内容につきましては,指宿南九州消防組合の設立に伴う一部事務組合負担金と市の消防団が使用する携帯型無線機8台の更新に要する備品購入費でございます。

 一部事務組合への負担金5万5,000円につきましては,昨年11月の指宿地区消防組合一般会計補正予算(第2号)で,本市の負担金が774万9,000円減額された分と1月28日の同組合の臨時議会におきまして議決されました,指宿地区消防組合一般会計補正予算(第3号)での本市の負担金分780万4,000円等を差し引いた後の不足額を追加するものでございます。

 消防組合の準備経費の主なものにつきましては,消防無線の変更経費や事務用のパソコンネットワーク構築費用のほか,看板及び車両等の名称書きかえ,救助資機材購入に要する経費等でございます。

 なお,補正財源につきましては,地方交付税の留保分を充てて予算を調整しようとするものでございます。

 以上で,議案第3号の提案理由の説明を終わります。御審議のほど,よろしくお願いを申し上げます。



○議長(森田隆志)  これをもって,提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。発言の通告がありましたので,これを許します。



◆議員(菊永忠行)  通告してあります議案第3号一般会計補正予算(第10号)について,お伺いをいたします。

 説明資料の消防総務費,上段ですけれども,補正内容,指宿地区消防組合第2号補正の内訳についてお伺いしたいというふうに思っております。また,第3号の補正負担割合についてもお伺いいたします。

 補正3号の1,795万5,000円のうち780万4,000円の負担割合についてですけれども,この割合について,43.46%というようなふうな内容ですけれども,12月27日の臨時議会等について,割合等について,それぞれ指宿あるいは南九州市の持ち分というようなことで,51%と49というような対比,割合というようなことでありました。また,それぞれ機材購入等についても,12月の27日の定例会等ではしご車の購入,オーバーフロー等の比率というようなことで,5階以上の建物についての比率ですけれども,これについては指宿市が27棟,南九州市が6棟というようなことで,81.82対18.18というような答弁等をいただいているところでもあります。消防設備費購入等については,先ほども言いましたように,説明,51対49ということでありましたけれども,それぞれの項目等について,割合が異なるというようなことであるのか,私はそういうふうに理解しているんですけれども,これの割合等についてお伺いしたいというふうに思っております。



◎総務部長(有水秀男)  まず,1点目の指宿地区消防組合第2号補正の内訳ということでございますが,この主な補正内容ということで説明いたしますが,まず,指宿地区消防組合職員の退職によりまして,給料,職員手当等の人件費に不用額が生じたということと,それから消防無線のデジタル化に伴う実施設計というのを平成24年度に計画しておったんですが,これを25年度に変更するということで,不用額等が生じるために減額をしたものでございます。これは主なものでございます。

 それから,2点目でございますが,指宿地区消防組合第3号補正の負担割合ということでございます。

 まず,これにつきましては,予算説明書に添付してございますが,補正予算(第3号)概要説明資料の総務管理費,一般管理費,これの共済費416万2,000円,これにつきましては,南九州市が採用しております職員に係る実額でございますので,この105万9,000円が南九州市の負担というふうになっておるところでございます。これは公的年金の率の改正に伴う分でございます。

 それから次に,総務管理費,一般管理費の旅費,需要費,役務費,それから委託料,備品購入費,総務管理,消防設備の備品購入費の総額が1,379万3,000円となるところでございますが,これは移行準備経費でございます。これにつきまして,指宿市が51.101%,南九州市が48.899%の負担割合ということでございますが,これは平成24年度の基準財政需要額割ということでございます。

 なお,あと,はしご車の分が出ましたが,これについてはおっしゃるとおり,5階以上の建物の割合でということで,この間,答弁したとおりでございます。

 以上でございます。



◆議員(吉永賢三)  議案第3号平成24年一般会計補正予算(第10号)の予算説明資料についてお伺いいたします。

 8款1項の消防総務費で,広域合併を進める中で,本市で消防署設置と救助工作車の導入を行うと今まで説明をされておりましたけど,今回,この資機材を購入に当たり,今後,購入するという工作車に積載し使用できるのか。また,市民の方々からは,資機材を購入するのではなく,工作車を先に購入したほうが予算もかからなく済むのではないかという声も聞かれますが,工作車を先に購入する必要はないのか。

 それと,もう1点,準備経費の中で,布団が38組の91万2,000円という購入が概要説明資料の裏のページに一覧に上がっておりますが,現在あるものが使えなかったのか,この3点を御質問いたします。



○議長(森田隆志)  しばらく休憩します。

午前10時10分休憩

───────────

午前10時11分開議



○議長(森田隆志)  再開します。



◎総務部長(有水秀男)  まず,今回購入予定の資機材は,救助工作車購入後も工作車に積載し,使用できるのかということでございます。まず,これにつきましては,今回購入予定の資機材は通常工作車に配備するものと同じものということで考えておりますが,救助工作車購入後も工作車に積載して使用することが可能でございます。

 それから2点目でございます。工作車を先に購入する必要はないかということでございますが,これにつきましては,救助工作車の配備の時点で消防職員の増員が必要になるということ,それから救助工作車の使用についての入念な検討が必要だと,それから受注から納入までに10カ月程度とかかるというようなことも言われておりますが,新組合で車両整備計画を策定しまして,計画的に配備するということで考えているところでございます。

 それから3点目でございますが,この布団の購入につきましては,現在,川辺,知覧についてはリースで対応しておりますので,そういった面から購入したいということでございます。

 以上でございます。



◆議員(内園知恵子)  説明書の款の8,項の1,目の3の備品購入費について御質問いたします。

 携帯型無線機8台とありますが,これは知覧方面隊のところに配置するとありますが,8台はどの辺のところに配置するのでしょうか,お尋ねいたします。



◎総務部長(有水秀男)  この知覧の方面隊が使っている無線機については,南薩消防組合の無線機と一緒でございますので,これらを買いかえる必要があるというようなことでございまして,知覧中央分団の指揮車に1台,それから分団が7分団ございますので,これの軽トラックに7台ということで,合計8台を設置したということでございます。

 以上です。



○議長(森田隆志)  ほかに質疑はありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(森田隆志)  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。本案については,会議規則第37条第3項の規定により,委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(森田隆志)  異議なしと認めます。本案については,委員会付託を省略することに決定しました。委員会の付託を省略します。

 これから討論を行います。

 まず,本案に反対者の発言を許します。



◎議員(内園知恵子)  議案第3号平成24年度南九州市一般会計補正予算(第10号)について,反対の立場から討論いたします。

 指宿南九州消防組合は,南薩地区消防組合のように近隣との組合ではありません。今までとは違う組合となるので,救助工作車は指宿からは走行距離も長く時間もかかります。市長は,消防署をつくり救助工作車を買うから大丈夫だと申されましたが,合併して7年目の平成27年度から交付金が段階的にぐっと減額されることになっています。最小の予算で,最大の効果を最優先にすべきと考えます。

 また,人件費や維持費もかかります。そして近隣市町とはお互いに協力協定を結ぶから大丈夫とも言っておられますが,緊急体制などについては,市民の立場からは心配が残ります。何もないことにこしたことはございません。しかし,絶対何もないとも言い切れない状況です。南海トラフ,大地震や桜島の大爆発が予想されるという,この時期に,本部が指宿で市民の安心安全に保障があるのでしょうか。このような立場から反対討論といたします。

 以上です。



○議長(森田隆志)  次に,本案に賛成者の発言を許します。



◎議員(菊永忠行)  私は,議案第3号の賛成の立場からの討論をさせていただきます。

 南薩地区消防組合については,それぞれ加盟する南さつま市,枕崎市,南九州市の議会のほうでも,解散するというようなことで承認を得ているというようなことであります。本市については,指宿市と平成25年4月1日,指宿南九州消防組合設置について進んでいるというようなことでもあります。執行部の説明のほうでもあります。市民の安心安全を守るためにも,また,南薩縦貫道の交通網等が整備されてくる中,救急活動に必要な資材等の購入は不可欠なものと考えています。こういうことから賛成の立場で討論とさせていただきます。

 終わります。



○議長(森田隆志)  次に,本案に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(森田隆志)  反対討論なしと認めます。ほかに討論はありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(森田隆志)  これで討論を終わります。

 これから議案第3号を採決します。この採決は起立によって行います。本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(森田隆志)  起立多数であります。議案第3号は原案のとおり可決されました。

    ────────────────────



△閉会



○議長(森田隆志)  これで本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 平25年第2回南九州市議会臨時会を閉会します。

午前10時18分閉会