議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 南九州市

平成 24年 第 8回臨時会(12月) 12月27日−01号




平成 24年 第 8回臨時会(12月) − 12月27日−01号









平成 24年 第 8回臨時会(12月)


 平成24年第8回臨時会会期表

 1.会期日程表
月   日曜日       程
12・27木 本 会 議

 1.付議事件
 議案第94号 指宿地区消防組合の共同処理する事務の変更及び同組合規約の変更について (可決)

 本会議1号     (12月27日)
   出席議員     22名
1番議員  西   次 雄        12番議員  峯 苫 勝 範
2番議員  内 園 知恵子        13番議員  蔵 元 慎 一
3番議員  吉 永 賢 三        14番議員  山 下 つきみ
4番議員  伊瀬知 正 人        15番議員  深 町 幸 子
5番議員  蓮 子 幹 夫        16番議員  下 窪 一 輝
6番議員  亀 甲 俊 博        17番議員  浜 田 茂 久
7番議員  塗 木 弘 幸        18番議員  竹 迫   毅
8番議員  田 畑 浩一郎        19番議員  菊 永 忠 行
9番議員  松久保 正 毅        20番議員  満 留 秀 昭
10番議員  東   兼 喜        21番議員  今 吉 賢 二
11番議員  加治佐 民 生        22番議員  森 田 隆 志
   欠席議員     0名
───────────────────────────────────
 地方自治法第121条による出席者
市     長  霜 出 勘 平    教 育 部 長  小 園 和 幸
副  市  長  鶴 田 康 夫    頴 娃 支所長  山 下 由 海
教  育  長  小 野 義 記    知 覧 支所長  上 野 勝 郎
総 務 部 長  有 水 秀 男    川 辺 支所長  東   利 文
市民福祉 部長  折 田 盛 彦    財 政 課 長  金 田 憲 明
農林水産 部長  田 中   泉    企 画 課 長  下 薗 宏一郎
建 設 部 長  下之薗 博 幸    健康増進 課長  石 田 俊 彦
会 計 管理者  新 留 育 男                    
───────────────────────────────────
 事務局職員出席者
事 務 局 長  中 薗 浩 二    議 事 係 長  浜 田 和 人
庶 務 係 長  朝 隈 克 博                    
 
 第8回臨時会議事日程(第1号)

 第 1.会議録署名議員の指名
 第 2.会期の決定
 第 3.議案第94号
     指宿地区消防組合の共同処理する事務の変更及び同組合規約の変更について



平成24年12月27日 午前10時0分開会





△開会



○議長(森田隆志)  ただいまから,平成24年第8回南九州市議会臨時会を開会します。

    ────────────────────



△開議



○議長(森田隆志)  これから本日の会議を開きます。

    ────────────────────



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(森田隆志)  日程第1,会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は,会議規則第88条の規定により,議長において吉永賢三議員,伊瀬知正人議員を指名します。

    ────────────────────



△日程第2会期の決定



○議長(森田隆志)  日程第2,会期の決定の件を議題にします。

 お諮りします。本臨時会の会期は,本日の1日にしたいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(森田隆志)  異議なしと認めます。会期は,本日の1日に決定しました。

    ────────────────────



△日程第3議案第94号指宿地区消防組合の共同処理する事務の変更及び同組合規約の変更について



○議長(森田隆志)  日程第3,議案第94号指宿地区消防組合の共同処理する事務の変更及び同組合規約の変更についてを議題とします。

 本件について提出理由の説明を求めます。



◎市長(霜出勘平)  議案第94号指宿地区消防組合の共同処理する事務の変更及び同組合規約の変更について御説明を申し上げます。

 平成25年3月31日付で南薩地区消防組合を解散することについて,同組合を構成する枕崎市,南さつま市及び南九州市の議会でそれぞれ議決されたところでございます。

 本市は消防体制の充実を図り,住民の安心安全に対する十分な対応を目指すことや,消防無線のデジタル化対応の経費削減を図る観点などから,2つの組合に加入している状態を解消するため,平成24年7月11日に「指宿市・南九州市消防広域化協議会」を設置し,両市での消防広域化について計4回の協議会を開催し協議してまいりましたが,協議すべき21項目の全ての調整方針が承認されたところでございます。

 本件は,平成25年4月1日から指宿地区消防組合規約第3条に規定する共同処理する事務について,南九州市における対象区域を同市頴娃町から同市全域に拡大し,組合の名称を「指宿南九州消防組合」に改称するほか,組合の議会の組織及び経費の支弁方法等を改めるため,指宿地区消防組合の共同処理する事務及び同組合規約を変更することに関し,関係市と協議の上定めることについて,地方自地方第290条の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 御審議のほど,よろしくお願いを申し上げます。



○議長(森田隆志)  これをもって提出理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。



◆議員(吉永賢三)  質疑通告していなかったんですが,指宿の消防署建設にあたっての負担割合を確認なんですが,それとはしご車の購入のオーバーホールの負担割合を教えていただきたいと思います。



◎総務部長(有水秀男)  建設費の負担割合でしょうか。建設費については基本的に25対75ということで,旧頴娃町の分ということでやっております。



○議長(森田隆志)  しばらく休憩します。

午前10時6分休憩

───────────

午前10時10分開議



○議長(森田隆志)  再開します。



◎総務部長(有水秀男)  指宿消防署の建設費については,24年度分までに生じた分については,大まかにいいますと指宿が75,いわゆる旧頴娃町分ということで25でございます。その後の25年度以降につきましては,公債費が発生しますので指宿が51,南九州市が49ということで負担をすることになります。

 それから,このオーバーホールのはしご車のこの割合でございますが,これについては5階以上の建物ということで,現在把握しているのが指宿が27,南九州が6ありますので,この負担割合ということでございますので,割合にしたら指宿が81.82,それから南九州が18.18という割合で負担することになります。

 以上でございます。



○議長(森田隆志)  ほかに質疑はありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(森田隆志)  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。本件については,会議規則第37条第3項の規定により,委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(森田隆志)  異議なしと認めます。本件については委員会付託を省略することに決定しました。委員会の付託を省略します。

 これから討論を行います。まず本件に反対者の発言を許します。



◎議員(西次雄)  私は,この件につきましては7,208名の市民の方が反対の署名をしておられること,そして南薩医師会も反対を表明をしていることで,私はその意見を尊重して反対の討論といたします。



○議長(森田隆志)  次に,本件に賛成者の発言を許します。



◎議員(田畑浩一郎)  私は,これについて賛成の立場で討論いたします。

 枕崎,南さつま,南九州それぞれ3市とも南薩地区消防組合解散の議決をされ,本市の安心安全を守るためにも,やはり指宿市との広域合併を進めているわけで,4月1日からということですけれども,単独でやるよりもやはりこの指宿市と合併し,さらに市民の安心安全を守るためにも私は賛成の立場から討論します。議員各位の賛同をお願いいたしまして終わります。



○議長(森田隆志)  次に,本件に反対者の発言を許します。



◎議員(内園知恵子)  議案第94号指宿地区消防組合の共同処理する事務の変更及び同組合規約の変更について反対の立場から討論いたします。

 南薩地区消防組合には,水槽車も救助工作車も整っております。それに,平成27年度から交付税もだんだん減っていく中で財政も厳しくなると思います。このような中で,やはり住民の福祉の増進にはつながらないと考えられます。また,南九州市の住民の命と安全を守ることについては7,208筆の反対も上がっており,合意ができていません。このような考えから反対討論といたします。



○議長(森田隆志)  次に,本件に賛成者の発言を許します。



◎議員(蓮子幹夫)  私は,この議案に賛成の立場で討論をいたしますけれども,るるここまで時系列的にいろいろな局面が展開をされてきましたが,いよいよこの時期になって,南薩地区消防組合の解散の議案が各市で可決をされてきました。この中で,地方自治の第一義的なものは地域住民の安心安全,生命,財産を守ることとされています。その中で,市長が負託を受けて英断をされたということは大いに尊重すべきことでありますし,行政がやっていくことで財政的にも効率化を図り,より安心安全をうたい文句とするこの南九州市は,より強硬に進めていくべきだと思いますので,賛成の立場で討論いたします。



○議長(森田隆志)  次に,本件に反対者の発言を許します。



◎議員(亀甲俊博)  私は,反対の立場から討論をいたします。

 南九州市が南薩地区消防組合から離脱し,指宿市との消防広域化については住民から7,200人余りの反対署名が出されました。これは,住民が住民の安全安心が保たれないということから出されたものであります。また,医師会も反対をしております。それに,指示病院からも反対の要望書が出されたという話も聞きました。これは,住民のわがままではなく,南九州市のことを考えてのことであります。

 市長は,説明会の中で住民に再度説明会を開催する旨の発言をしたということで,説明会が開催されないというのは公約違反ではないかという住民もいらっしゃいました。また,県議会での反対陳情も現在継続審査となっております。住民の納得が得られていない以上,この規約の変更には反対するものであります。

 以上です。



○議長(森田隆志)  次に,本件に賛成者の発言を許します。



◎議員(菊永忠行)  私は,議案94号について賛成の立場から討論させていただきます。この件については,もう何回も協議をしていることでありまして,先ほどから出ているように,南さつま市あるいは枕崎市,南九州市ということで解散について議決をそれぞれやっているというようなことであります。

 それから,反対7,208人の陳情が出ているというようなことでもありますけれども,この件については説明会の中でも救急については今までどおり何ら変わりはないというような県の説明等あったということで,各地域で説明会のときにもやっているというようなことであります。

 それからいろいろ先ほども出ていたようですけれども,今回指宿のほうで建設をする消防署ですけれども,これについても25対75というような形で,南九州市の負担,頴娃町の分というようなことで25%と,こういうことでもあります。また,平成25年度からのそういういろんなものについては,51対49というような形で南九州市は49と,この財政的なことについても同じように半分,半分というような50,50というような形であるんでしょうけれども,指宿のほうは51というようなことでありまして,財政的にもいい組み合わせというような形で,これ市民の安心安全,市長が言っています。これはもう後戻りできない喫緊の課題だというようなふうに感じております。市民の安心安全です。こういうことで,ぜひこの消防の広域化については,皆さんの賛同をいただきたいというふうに思っております。後戻りできない喫緊の課題というようなことであります。

 終わります。



○議長(森田隆志)  次に,本件に反対者の発言を許します。



◎議員(吉永賢三)  それぞれ同僚議員からいろんな意見が出ておりますが,私はこの第94号の規約に対して反対の立場から意見を申します。

 今まで協議された中で,大変執行部また市長も協議されてきたことだろうと思いますが,住民の不安もそうですが,議会のこの中で協議した結果を書類の報告資料の不足とまた十分な説明,協議がなかなか至らない部分から,本当にこの合併に向けての審議をもう少し慎重にしていただきたいという気持ちを含めまして反対の討論とさせていただきます。



○議長(森田隆志)  次に,本件に賛成者の発言を許します。



◎議員(峯苫勝範)  私はこの議案94号について賛成の立場で討論させていただきたいと思います。昭和49年に枕崎市外3町消防組合という形で発足いたしました。

 その中で私は23年間仕事をさせていただきました。今,南薩地区消防組合というような形になっておったわけですけれども,それぞれいろんな事情がありまして,今回こういう形になったわけなんですが,皆さん賛成の立場,反対の立場それぞれお話をされております。私は賛成の立場で,やはり市民の安心安全な生活を守るというのはこれは当然我々議会あるいは執行部の責任でもあるわけです。

 皆さん,御存じだと思いますけれども,消防力の基準,これは消防組織法にのっております。この南九州市は,その組織法にのっとって着実に進めていると私は思っております。というのは,非常備の消防においても100%を超えております。もちろん常備も100%を超えております。その中で市民が,いろんなところに不安を持っているというのはこれはわかります。

 例えば,救急の問題にしてもしかりです。消防が発足したころはそれぞれ知覧は知覧,川辺は川辺,坊津は坊津,枕崎は枕崎という,自分たちのところは自分たちで守るというのがまず第一でありました。今回,南九州市になりまして,2つの市にまたがっておる広域消防です。これを1つにまとめようというのは,私はやはりそこの首長たる政治姿勢じゃないかなというふうに思います。そういうことを思えば,市民の皆さんの安心安全を守るのは当然首長の責任であります。首長はその辺をちゃんと考えて進めている,その姿勢について私は賛成の立場で討論いたします。

 終わります。



○議長(森田隆志)  次に,本件に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(森田隆志)  反対討論なしと認めます。ほかに討論はありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(森田隆志)  これで討論を終わります。

 これから議案第94号を採決します。この採決は,起立によって行います。本件はこれを可決することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(森田隆志)  起立多数であります。議案第94号は可決されました。

    ────────────────────



△閉会



○議長(森田隆志)  これで,本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。平成24年第8回南九州市議会臨時会を閉会します。

午前10時25分閉会