議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 南九州市

平成 23年 第 4回定例会( 6月) 06月22日−02号




平成 23年 第 4回定例会( 6月) − 06月22日−02号









平成 23年 第 4回定例会( 6月)


 本会議2号     (6月22日)
   出席議員     23名
1番議員  峯 苫 勝 範        13番議員  内 匠 秋 夫
2番議員  菊 永 忠 行        14番議員  山 下 つきみ
3番議員  山 本 森 満        16番議員  松久保 正 毅
4番議員  浜 田 茂 久        17番議員  蔵 元 慎 一
5番議員  大 薗 秀 己        18番議員  塗 木 弘 幸
6番議員  田 畑 浩一郎        19番議員  薗 田   誠
7番議員  深 町 幸 子        20番議員  加治佐 民 生
8番議員  竹 迫   毅        21番議員  下 窪 一 輝
9番議員  永 吉 義 輝        22番議員  西   良 仁
10番議員  東   兼 喜        23番議員  森 田 隆 志
11番議員  今 吉 賢 二        24番議員  田之脇   厚
12番議員  満 留 秀 昭        
   欠席議員     0名
───────────────────────────────────
 地方自治法第121条による出席者
市     長  霜 出 勘 平    川 辺 支所長  新 屋 清 盛
副  市  長  鶴 田 康 夫    財 政 課 長  上 野 勝 郎
副  市  長  山 内 廣 行    企 画 課 長  下 薗 宏一郎
教  育  長  小 野 義 記    税 務 課 長  東     篤
総 務 部 長  有 水 秀 男    福 祉 課 長  堂 園 政 利
市民福祉 部長  折 田 盛 彦    総合営農 課長  川 畑 雅 樹
農林水産 部長  田 中   泉    畜 産 課 長  三 宅 俊 正
建 設 部 長  田 代 良 民    茶 業 課 長  鮫 島 信 行
会 計 管理者  新 留 育 男    耕 地 課 長  松 窪 義 高
教 育 部 長  小 園 和 幸    建築住宅 課長  厚 村 善 人
頴 娃 支所長  山 下 由 海    建 設 課 長  下之薗 博 幸
知 覧 支所長  大 坪 三 郎    学校教育 課長  大 木 節 夫
───────────────────────────────────
 事務局職員出席者
事 務 局 長  中 薗 浩 二    議 事 係 長  浜 田 和 人
議  事  係  川 ? 弘一郎
 
 第4回定例会議事日程(第2号)

 第 1.会議録署名議員の指名
 第 2.一般質問




平成23年6月22日 午前10時0分開会





△開議



○議長(田之脇厚)  これから本日の会議を開きます。

    ────────────────────



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(田之脇厚)  日程第1,会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は,会議規則第81条の規定により,議長において内匠秋夫議員,山下つきみ議員を指名します。

    ────────────────────



△日程第2一般質問



○議長(田之脇厚)  日程第2,一般質問を行います。

 順番に発言を許します。

 まず,永吉義輝議員。

  [9番議員永吉義輝登壇]



◆議員(永吉義輝)  先に通告してありましたので質問いたします。

 地域防災につきましては,きのう竹迫議員と菊永議員が質問しており,答弁を得られた部分がありましたけれども,通告をしてありましたので質問をいたします。

 まず1番目,東北太平洋沖地震により津波が発生しました。20メートル級の津波が発生をし,被害を受けたところでありますけれども,わが南九州市も海岸を20キロ有し,地域に20メートル級の津波がきた場合どの程度の被害を被るのか,またその被害地域にある小学校,中学校,高校あたりはどの学校が該当するか,またここには書いてありませんけれども公民館,校区公民館ですね,はどの校区公民館が当たるか。そして,農作物等の被害はどの程度予想されるか。2番目,津波による水没予想地域のハザードマップの作成などにより,危険地域を住民に周知する考えはないか。3番目,頴娃地域長崎集落は,地震災害等により国道226号が不通となった場合孤立すると考えられるが,その対策はどうか。

 大きな2番目,ナンバープレートについて,市が交付している原動機つき自転車やフォークリフトなどのナンバープレートに,特色あるご当地ナンバープレートを導入する考えはないか。

 以上を質問いたします。

  [市長霜出勘平登壇]



◎市長(霜出勘平)  皆さんおはようございます。本日もどうかよろしくお願いいたします。それでは,永吉議員の御質問にお答えをいたします。

 まず,被害を受ける地域や学校を示せとの御質問でございますが,東日本大震災の資料によりますと,海面から一番高い場所で被害を受けたのは宮城県女川町で,15メートルから20メートルでございました。

 これを参考にしますと,本市では被害の及ぶ地域及び影響のあるところは,知覧地域では松ヶ浦校区はほぼ全部の7自治会でございます。頴娃地域では,郡地区で長崎,鬼口,前原,浜村,下大久保自治会の5自治会,宮脇地区では,水之元,東春向,西春向,赤崎を除く8自治会,御領地区は鶴田自治会を除く全自治会で11自治会,別府地区は蓮子,摺木,耳原上,耳原下,小原,松永を除く12自治会で,頴娃地域では36自治会,南九州市全体では43自治会が被害を受けるものと想定をされます。

 学校につきましては,教育長のほうから答弁をいたします。

 また,圃場,農作物等の被害につきましては,東日本大震災と同規模の15メートルから20メートルの津波が発生した場合,本市におきましては,水田で約165ヘクタール,畑で106ヘクタールの浸水が予想をされます。これにより,カンショ,野菜,早期水稲等の農作物について相当額の被害が見込まれるところでございます。

 2番目の御質問でございますが,現在津波のハザードマップ作成の準備作業中でございます。案ができましたら,議会全員協議会等でも説明を申し上げたいと考えております。

 ハザードマップが完成いたしましたら,河川,海岸近くの浸水等が予想される全世帯と校区公民館,自治会,公共施設,福祉施設及び学校等へ配付したいと考えております。また,あわせて標高(海抜)標示の看板等も作成いたしまして,主だったところへ設置する予定でございます。

 最後に,長崎自治会が災害により孤立した場合の対応でありますが,まずは自治会内で安否確認をした後,国道が使えないとなると長崎桜線,長崎荷辛路線の市道を利用し避難することになると思います。また,船による脱出も考えなければいけないと思います。海上保安庁,かいゑい漁協等にもお願いをしていかなければならないと考えております。

 次に,ナンバープレートについてお答えをいたします。原動機付き自転車等の課税標識,いわゆるナンバープレートにつきましては,総務省通達によりまして材質,寸法,塗色,文字の塗色,寸法等が標準的な規格として決められておりますが,これによらず自治体で独自に決めることもできるとされているところでございます。

 御質問の市独自のデザインのナンバープレート,いわゆるご当地ナンバープレートにつきましては,近年話題性等を生かし,市のPRや地域活性化策の一つとして導入を図る自治体があるところでございます。

 本市におきましては,課税標識としてのナンバープレートの目的,コスト,視認性等に加え,原動機付き自転車という車両の特性が市内での使用が大半で,ナンバープレートによる宣伝効果は限定的であることなどから,これらを総合的に判断いたしまして,総務省通達による標準的なデザインのものを採用しているところでございます。

 本市では,これまでご当地ナンバー導入について具体的な検討はいたしておりませんが,他市町村の導入事例から,市のイメージづくり,観光面,まちづくり,郷土愛を育むなどの効用も考えられますことから,ご当地ナンバーの導入につきましては今後調査研究を行う中で,これに係る費用とその効果等について総合的に検討してまいりたいと考えております。

 これで永吉議員の御質問に対する答弁とさせていただきます。



◎教育長(小野義記)  津波の被害を受ける学校関係についてお答えいたします。

 津波による被害を受ける学校関係は,グーグルアース等による標高を参考にしてお答えいたします。

 東日本大震災の津波については,地形によって相当な違いがありますが,東京海洋大学の現地調査によると岩手県宮古では津波の溯上高が観測史上最大規模の38.9メートルに達したと発表されていますが,実際に被害を受けたのは海面から15メートルから20メートルと言われてます。この海抜20メートル以下の学校等は被害を受けると考えますと,宮脇小,別府小,松ヶ浦小,准看護学校の4校は被害を受ける可能性があるということなります。これに頴娃高校を加えますと5つの学校が被害を受けると,そういう可能性あることになります。

 以上でございます。



◎総務部長(有水秀男)  頴娃地区の校区の公民館で津波による影響を受けると思われるところでございますが,御領地区公民館,標高が11メートルでございます。それから別府地区の公民館が16メートル,大川公民館が14メートルとなっております。

 それから,知覧地域では松ヶ浦校区公民館が20メートルということになっております。



◆議員(永吉義輝)  それでは,今5つの学校が表示され,校区公民館が3つ4つですかされたわけですが,きのうの議員の2人の答弁の中からも得られたんですが,この標識を設置するという考えでありますけれども,小学校の通学路に当たる,今答弁をいただいた地域ですね,大体15メートルから20メートルに及ぶ地域の海岸線に属するガイドラインというものを設置し,そこらにつきましては,小学校とか学校関係,校区公民館等につきましては避難道路標識,誘導標識ですか,なるものを設置する考えはありませんか。

 といいますのは,津波は何も昼間来て目に見える時期に来るわけでもございませんし,いつ来るかわかりません。やはり,朝晩に避難誘導路なるものの標識を設置し,ここが標準海抜何メートルであるというような標識をその該当する地域等におきまして,いち早く設置をしてもう日常的に体で覚えておくというのが必要であろうとか思います。

 やはり夜になってどっちに行くんだろうかと,標識が見えないときにはわからんわけですから,もう通常学童が通学する道路,人が通る道路,そういうところには学校からどのぐらいの時間で,例えばですね,津波の到達時刻が30分ぐらいというような報道もされました。そうしますと,それらを想定し,30分以内に学童の場合だったら逃げれる高台はどっちであるというその最短距離の標識とか,そういうものをまず設置する考えはありますか。まずこれから答弁願います。



◎総務部長(有水秀男)  きのうもお答えいたしましたが,看板等で標高とか,ここは津波が起こりやすいとこでとか,そういったのをあわせましてその避難所への誘導につきましても,その誘導の避難経路といいますかそういったのも必要であろうかと思いますので,それらについても検討して作成したいと考えております。



◆議員(永吉義輝)  ガイドラインを設置して,なるべく早い時期に,いつ来るかわかりませんので,1年先か100年先かわかりませんけれども,やはりそういうことを認識し,子どもたちが体で覚えて避難をするというようなことの位置づけが必要ではないかと思いますので,ぜひ早いところでその設置をしていただきたいと思います。

 そして,まず地域,自主防災組織というのが整備されているわけです。私のところを言いますと,宮脇地区,春向自治会というところですけれども,年に1回程度は皆さん方とそういう,運動会等に訓練を取り入れたホース伸ばしとかチェックをやっております。

 学校が今こういうふうに5校示された,この,まだ低学年の児童の場合は,なかなか一度に避難,災害が起きた場合には,先生方も学童をまとめたりとか避難をしたりとかというのは難しいであろうと。であるならば,地域防災組織を抱えてる自治会,例えば私のところは小学校まで歩いて何分もかからない地域にございますので,そういう自治会には当然学校と連携をした防災意識を高めるための訓練等も織り込んでいく,これを学校として考えられないか,これについてはどうでしょうか。



◎教育長(小野義記)  昨日もお答えいたしましたけども,海抜標示については松ヶ浦小学校のようにもう既に表示してるところもございます。それで,やはり先ほどお話をしました海抜20メートルで,津波を受ける恐れのある学校については海抜標示して,子どもたちや職員あるいは校区の皆様方が津波に対する意識を,認識を高める必要があるだろうと思っております。

 なお,避難訓練等については,これもきのうお話をいたしましたけども,いろいろな災害からの避難訓練とあわせて実施していきたいと思っておりますけども,特にこの津波からの避難訓練については,まず1番目に,御指摘のように避難する場所を特定する必要があります。

 それから2番目に,より早くより安全に避難場所へ行くことのできる避難経路を特定する必要があります。避難する場所と避難経路を特定し,あと避難訓練をすることになりますけども,津波の場合は地震を伴うことが非常に多いですので,まず地震からの避難訓練とともに実施することになると考えられます。

 避難の仕方については,ほかの避難訓練と同様に押さないとか駆けないとかしゃべらないとかですねそういうことが徹底できるようにして,すばやく行動できる集団行動の育成が必要になってまいります。

 以上でございます。



◆議員(永吉義輝)  先ほども申したように,まず15メートル20メートル級の津波が来た場合は,一番水没する危険がある災害を受ける地域の場合は,まず海岸より離れたところにはそういう津波の影響もないわけですから,できるだけ早くいろいろなことを検討してほかの地域よりかも早目に,地域防災計画におきましては崖崩れと道路の損壊等の防災計画の見直しなどが書いてありますけれども,この市が作成されました地域防災につきましては,津波に関することも書いてありますが,避難の,3メートルから10メートル以上というところに,津波が予想されますので厳重に警戒してくださいというような放送をするというような程度しか書いてありませんので,これらの見直しも早急に行っていただきたいと思います。

 それから,農作物の被害等が先ほど示されましたけれども,このハザードマップをつくる時点でまずその地域,20メートル級の津波が到達するであろう地域にハザードマップにきのうは色づけしたりとかやることを作成しつつあると言いましたけども,例えば農作物,南九州市は基幹産業は農業が多いわけですから,これらの被害がやっぱり生じると,当然相当な被害をほかのところにも及ぼしていくであろうというふうに考えられます。

 その中で,ハザードマップの中に,東北では,例えば田んぼが潮水につかり塩害を受けて,その田植えをするには何回も耕してそして水抜きをするというようなことが報道されました。

 ところが,長崎の松橋というとこ,松橋と書いてまつばせというところもこれが塩害でちょっと,いわゆる海岸との標高差が低いもんですから,台風の災害時その潮水が来たわけです。これらがやっぱり塩害が出たんですけど,これを克服した農家がありまして,これを参考とするならば,今頴娃町で水害を受けた,塩害を受けるような地域のハザードマップをつくるときに,そういう地域の意見などを参考にして集約したものをハザードマップに何とか提示するなりとか,またこの防災面においての指導そういうものもつくる考えはないですか。



◎農林水産部長(田中泉)  今,塩害の被害の件が出たわけですけれども,地区別に15メートルから20メートルの津波が来た場合,頴娃地域で畑で56ヘクタール,水田で165ヘクタールの浸水が予想されております。また,知覧地区では畑の50ヘクタールが浸水されると予想されますけれども,その後の対策は東北等の実例を見ましても難しいところがございますが,このハザードマップの中で浸水が予想される農地につきましては,入れることは可能ではないかというふうに思います。

 今議員のほうから提案ありました,そういう事例があるということであれば参考にさせていただいて,防災マップのほうに活かしていきたいというふうに思います。



◆議員(永吉義輝)  やはり農作物は,イモにしましても焼酎工場に出すイモなんかしたら相当なやっぱ被害額も予想されますし,即私ども農家の者にとっては被害を受けた場合に生活は困難になるというようなこともございます。

 参考までに,この熊本県の方の,市とか県がその田んぼに入った汚泥を搬出する予算を組んだわけですけれども,今トマトとメロンをつくってる農家はそれをしなくて,海からの塩害があった分はミネラル分があるものですから,それを逆手に取っていわゆる肥やしにしたという経緯がございます。

 御存じのように,原子力でゼオライトというのを使ってやりましたけれども,放射能を除去するために使ってます。これを田んぼ,畑に入れて塩害を克服したと。まず塩害があって,もう1年目にはトマト,メロンつくって何ら影響なくて,今現在その農家は6,000万円ぐらいの収入があるということでございます。どのぐらいつくってるかわかりませんけれども,ただそういう事例がありますのでぜひ調べて,そういうのも農家の方々に,もし,そういう被害があると想定された中であるならば,そういうのも示せるようなものをつくっていただきたいと思います。

 それでは,長崎の集落のまず孤立したところを質問しましたけれども,答弁の中で荷辛路線と桜線ですかあるんですけれども,長崎集落は以前にもあったんですけども,よく今も工事をしております。

 私たち通称七曲というとこ,瀬平公園のところなんですけど,あそこが土砂崩れがあったりしたときはもうすぐ通行どめになります。それで,前は土手のところ火災があって,そのときにも車が2時間ぐらい通れなくなったりとか,もう簡単に通行不能になったりするんですね。

 そうすると,開聞町に接しているんですけれども,この長崎集落は開聞町に行く道路というのも非常に狭小でありまして,そこらあたりが,例えば土砂崩れ等起こった場合にはこれはもう完全な孤立です。それで海上から,市長の答弁では海上のほうからのもあるということですけれども,ここはまた岩場は近くにたくさんありまして,地引をあそこら辺の近くでやっても網がかかるぐらい岩場があるというところで,なかなか難しいであろうというふうに考えます。

 それを考えますれば,この長崎の桜線と荷辛路線の道路改良をせめてやるべきではないかというふうに考えるわけです。これらについての計画等は今後なされるのか,またどういうふうに考えおられるか,この点について。



◎建設部長(田代良民)  今御指摘のありました長崎荷辛路線,それから長崎桜線という市道がございますが,これにつきましては現段階では道路改良的な計画はないところでございますが,旧町時代に市道認定された道路ということでございまして,現在の段階では定期的に危険な箇所あるいは補修すべきところがあれば年次的に補修程度をするような計画であるだけで,後の抜本的な改良という計画は持ってはいないところでございます。



◆議員(永吉義輝)  長崎荷辛路線など,桜線を拡幅して避難道路とした考えはないかというのは,例えば長崎集落の場合は長崎自治会も,20メートル級恐らくそこまでいかなくても津波がもし来た場合は,ここの公民館あたりも水没すると思います。

 というのは,長崎集落はもう海岸のところからすごい近いんですよね。そうすると,これまで台風時期でもそうですけど,非常に大雨が降ったりしたときなんかはもう風も強くて車が結構通行するときに,軽自動車の箱バンなんかがもう何回も引っくり返っております。通常でもこういうこと起こり得るわけですので,この集落の方々はもう完全に孤立した場合に,これ荷辛路線のほうは山手になりますけれども,もうこちらのルートしかないんですよ。

 そうするとこの荷辛路線は,ちょっと話がそれますけれども,頴娃の郡の最終処分場のところに通ずる道路でありまして,これが途中までしか整備されてないと。そうすると,ごみ処理場を整備するときに迷惑施設に関する道路整備というところなども検討されてるというような話も聞いておりますので,この際やはり防災面の考え方と,今申し上げた考え方を検討していくならば,市の道路建設をする過程において予算づけも楽になるのではないかと考えるんですがどうでしょうか。



◎市長(霜出勘平)  この長崎集落については,いろいろと我々も庁内におきまして協議をいたしたところです。長崎自治会からも,この道路整備の陳情も要望書も出ておりますし,これはもう早急に整備をしていかなければいけないというふうに思っております。できれば,この作業として避難経路,避難道路としても利用できればというようなことを考えておるところです。

 この15メートルから20メートル級の津波が押し寄せた場合は,まずこのJR線がありますね。JR線の西というんでしょうか上というんでしょうか,そこは20数メートルあるようでございますので,まずそこに避難をしていただきたいということ。それで,この道路のほうも早急に整備をしたいと考えておりますが,作業道も兼ねて4トントラックぐらいは行けるような道路を整備をすべきだろうというふうなことで今庁舎内においていろいろ協議をいたしておると。人命が伴うわけでございますので早くこれを整備をしていくように努力をしていきたいというふうに思っております。



◆議員(永吉義輝)  やっぱり生活しておられる地域の方々が不安になり,道路については要望も出しておられるということでありますので,検討する方向ではなくて実施する方向で,そして自治会の皆様方の一番要望としてこれが必要なんであるというようなところを皆さんとお話をして,自治会の方々と話をして,そして道路の整備に当たっては取り