議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 南九州市

平成 22年 第 1回臨時会( 1月) 01月20日−01号




平成 22年 第 1回臨時会( 1月) − 01月20日−01号









平成 22年 第 1回臨時会( 1月)


 平成22年第1回臨時会会期表

 1.会期日程表
月   日曜日       程
 1・20水 本 会 議

 1.付議事件
 議案第 1号 平成21年度南九州市一般会計補正予算(第8号)          (原案可決)

 本会議1号     (1月20日)
   出席議員     24名
1番議員  峯 苫 勝 範        13番議員  内 匠 秋 夫
2番議員  菊 永 忠 行        14番議員  山 下 つきみ
3番議員  山 本 森 満        15番議員  柚 木 茂 樹
4番議員  浜 田 茂 久        16番議員  松久保 正 毅
5番議員  大 薗 秀 己        17番議員  蔵 元 慎 一
6番議員  田 畑 浩一郎        18番議員  塗 木 弘 幸
7番議員  深 町 幸 子        19番議員  薗 田   誠
8番議員  竹 迫   毅        20番議員  加治佐 民 生
9番議員  永 吉 義 輝        21番議員  下 窪 一 輝
10番議員  東   兼 喜        22番議員  西   良 仁
11番議員  今 吉 賢 二        23番議員  森 田 隆 志
12番議員  満 留 秀 昭        24番議員  田之脇   厚
   欠席議員     0名
───────────────────────────────────
 地方自治法第121条による出席者
市     長  霜 出 勘 平    市民福祉 部長  有 水 秀 男
副  市  長  鶴 田 康 夫    総 務 課 長  中木原 重 孝
副  市  長  山 内 廣 行    財 政 課 長  上 野 勝 郎
総務部長兼知覧支所長
         海江田   操    福 祉 課 長  君 野 悦 郎
───────────────────────────────────
 事務局職員出席者
事 務 局 長  中 薗 浩 二    議 事 係 長  浜 田 純 一
庶 務 係 長  堂 園 政 利    議  事  係  川 ? 弘一郎
 第1回臨時会議事日程(第1号)

 第 1.会議録署名議員の指名
 第 2.会期の決定
 第 3.議案第1号
     平成21年度南九州市一般会計補正予算(第8号)



平成22年1月20日 午前9時0分開会





△開会



○議長(田之脇厚)  ただいまから,平成22年第1回南九州市議会臨時会を開会します。

    ────────────────────



△開議



○議長(田之脇厚)  本日の会議を開きます。

    ────────────────────



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(田之脇厚)  日程第1,会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は,会議規則第81条の規定により,議長において峯苫勝範議員,菊永忠行議員を指名します。

    ────────────────────



△日程第2会期の決定



○議長(田之脇厚)  日程第2,会期の決定の件を議題にします。

 お諮りします。本臨時会の会期は,本日の1日にしたいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚)  異議なしと認めます。会期は本日の1日に決定しました。

    ────────────────────



△日程第3議案第1号平成21年度南九州市一般会計補正予算(第8号)



○議長(田之脇厚)  日程第3,議案第1号平成21年度南九州市一般会計補正予算(第8号)についてを議題とします。

 本案について,提案理由の説明を求めます。



◎市長(霜出勘平)  議案第1号平成21年度南九州市一般会計補正予算(第8号)について,御説明を申し上げます。

 今回の補正につきましては,児童手当支給関係費等の経費について補正するものでございまして,歳入歳出予算の補正につきましては,歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ964万円を追加し,歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ214億6,317万5,000円にしようとするものでございます。

 歳出につきましては,児童手当支給に係る経費を民生費に追加計上するとともに,歳入につきましては,見込まれる国庫支出金及び県支出金を増額補正し,不足する財源につきましては,地方交付税を充当いたしました。

 なお,補正の主な理由につきましては,当初予算では,少子化の状況から,前年度を勘案しまして予算計上していたところでございますが,平成20年度の9月までの出生児116人に対し,10月以降の半年間の出生児156人と40人多くなったこと,及び平成21年度の出生児も13人多くなっていること等から,児童手当の支給額に不足を生じたものでございます。

 本来であれば,10月に支給した後,今後の予測を立て12月議会に補正をお願いすべきでありましたが,本日の臨時議会で補正予算をお願いすることとなりましたことに対し,おわびを申し上げたいと思います。

 以上で提案理由の説明を終わります。御審議のほどよろしくお願いを申し上げます。



○議長(田之脇厚)  これをもって提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。



◆議員(薗田誠)  今,不足を生じるための補正ということで説明がありましたけれども,出生のほうが前年度と比べて40人ほど増えたということは,ああ増えてよかったなというふうな思いですが,当然もう6月,10月においては支払いがなされて,大体の不足する部分がもうはっきりとわかったと思うんですよね。ですから,いつの時点でそういうのがわかって,その時点が遅れたためにこういう臨時会を開かないといけなかったということだと思いますので,その点をまずお聞かせください。



◎福祉課長(君野悦郎)  お答え申し上げます。

 誠に私どもの事務の不手際でございまして,児童手当につきましては,6月に2,3,4,5月分を支払いいたします。それから10月に6,7,8,9の4カ月分を支払いをいたすものでございます。

 その時点で,私どもとしてはきちっと精査をし,2月分に支給する額,約3分の1必要なわけですので,6月支給分と10月支給分を勘案しながら予測を立てればよかったわけでございますけれども,それがきちっと精査をしたのが1月に入ってから,その部分がこの精査をしてみたら不足するというのが出まして,実は2月に支給をするということがわかりましたので,3月に補正ができないということから,誠に申しわけございませんが,本日の臨時会に提案をさせていただくということになったところでございます。よろしくお願いします。



◆議員(薗田誠)  20年度の決算の審査も9月に行われておりますし,その時点でも前年度の決算は2億8,100万から支出がされているわけですよ。当然そういうような予算とか決算をちゃんと慎重に審査すればその時点でもすぐわかると思うんですよ。ですから非常にこの事務の不手際といいましょうか,こういうことが二度とないように十分注意していただきたいと思います。

 終わります。



◆議員(浜田茂久)  今のやりとりを聞いておりましたが,支出負担行為ちゅうのは2,6,10と決まっておりますから,見通しの甘さというより数字の点検の確認だと思うんですよ。出生するのは手帳がありますから予測がついておりますので,その点も考慮しながら進めていただきたいということを発言して終わります。



○議長(田之脇厚)  他に質疑はありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚)  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。本案については,会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚)  異議なしと認めます。本案については委員会付託を省略することに決定しました。委員会の付託を省略します。

 これから討論を行います。まず,本案に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚)  反対討論なしと認めます。

 次に,本案に賛成者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第1号を採決します。この表決は起立によって行います。本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(田之脇厚)  起立多数であります。議案第1号は原案のとおり可決されました。

    ────────────────────



△閉会



○議長(田之脇厚)  これで本日の日程は全部終了しました。会議を閉じます。

 平成22年第1回南九州市議会臨時会を閉会します。

午前9時13分閉会