議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 南九州市

平成 21年 第 5回定例会(12月) 12月22日−04号




平成 21年 第 5回定例会(12月) − 12月22日−04号









平成 21年 第 5回定例会(12月)


 本会議4号     (12月22日)
   出席議員     24名
1番議員  峯 苫 勝 範        13番議員  今 吉 賢 二
2番議員  菊 永 忠 行        14番議員  満 留 秀 昭
3番議員  山 本 森 満        15番議員  内 匠 秋 夫
4番議員  田之脇   厚        16番議員  山 下 つきみ
5番議員  浜 田 茂 久        17番議員  柚 木 茂 樹
6番議員  大 薗 秀 己        18番議員  松久保 正 毅
7番議員  田 畑 浩一郎        19番議員  蔵 元 慎 一
8番議員  深 町 幸 子        20番議員  塗 木 弘 幸
9番議員  竹 迫   毅        21番議員  薗 田   誠
10番議員  森 田 隆 志        22番議員  加治佐 民 生
11番議員  永 吉 義 輝        23番議員  下 窪 一 輝
12番議員  東   兼 喜        24番議員  西   良 仁
   欠席議員     0名
───────────────────────────────────
 地方自治法第121条による出席者
市     長  霜 出 勘 平    建 設 部 長  大 坪 三 郎
副  市  長  鶴 田 康 夫    会 計 管理者  新 留 和 人
副  市  長  山 内 廣 行    教 育 部 長  和 田 二三男
教  育  長  小 野 義 記    頴 娃 支所長  永 谷 岩 男
総務部長兼知覧支所長
         海江田   操    川 辺 支所長  土 喰 行 夫
市民福祉 部長  有 水 秀 男    総 務 課 長  中木原 重 孝
農林水産 部長  伊瀬知 正 人    財 政 課 長  上 野 勝 郎
───────────────────────────────────
 事務局職員出席者
事 務 局 長  中 薗 浩 二    議 事 係 長  浜 田 純 一
庶 務 係 長  堂 園 政 利    議  事  係  川 ? 弘一郎
 
 第5回定例会議事日程(第4号)

 第 1.会議録署名議員の指名
 第 2.発議第 5号
     茶道振興に関する決議について
 第 3.同意第 4号
     南九州市監査委員の選任につき同意を求めることについて
 第 4.議案第96号
     和解及び損害賠償の額を定めることについて
 第 5.議案第97号
     平成21年度南九州市一般会計補正予算(第7号)
 追加第 1.議長の辞職について
 追加第 2.選挙第 2号
       議長の選挙
 追加第 3.副議長の辞職について
 追加第 4.選挙第 3号
       副議長の選挙
 追加第 5.議席の一部変更について
 第 6.常任委員の選任
 第 7.議会運営委員の選任
 第 8.選挙第 4号
     南薩介護保険事務組合議会議員の選挙
 第 9.選挙第 5号
     南薩地区消防組合議会議員の選挙
 第10.選挙第 6号
     南薩地区衛生管理組合議会議員の選挙
 第11.選挙第 7号
     指宿地区消防組合議会議員の選挙
 第12.選挙第 8号
     指宿広域市町村圏組合議会議員の選挙
 第13.学校給食センター建設調査特別委員会の設置
 第14.議員派遣について
 第15.議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査の件及び各常任委員会の閉会中の継続調査の件





平成21年12月22日 午前10時0分開会





△開議



○議長(西良仁)  これから本日の会議を開きます。

    ────────────────────



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(西良仁)  日程第1,会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は,会議規則第81条の規定により,議長において柚木茂樹議員,松久保正毅議員を指名します。

    ────────────────────



△日程第2発議第5号茶業振興に関する決議について



○議長(西良仁)  日程第2,発議第5号茶業振興に関する決議についてを議題とします。

 お諮りします。発議第5号については,会議規則第37条第3項の規定により提案理由の説明を省略したいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  異議なしと認めます。したがって,発議第5号については提案理由の説明を省略することに決定しました。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。本案については,会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  異議なしと認めます。本案については委員会付託を省略することに決定しました。委員会の付託を省略します。

 これから討論を行います。まず,本案に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  反対討論なしと認めます。

 次に,本案に賛成者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから発議第5号を採決します。この表決は起立によって行います。本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(西良仁)  起立多数であります。発議第5号は原案のとおり可決されました。

    ────────────────────



△日程第3同意第4号南九州市監査委員の選任につき同意を求めることについて



○議長(西良仁)  日程第3,同意第4号南九州市監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題とします。

 地方自治法第117条の規定により,蔵元慎一議員の退場を求めます。

 しばらく休憩します。

午前10時2分休憩

───────────

午前10時2分開議

  [19番蔵元慎一議員退場]



○議長(西良仁)  再開します。

 本件について,提出理由の説明を求めます。

市長(霜出勘平) 同意第4号南九州市監査委員の選任につき同意を求めることについてでございます。

 下記の者を南九州市監査委員に任命したいので,地方自治法第196条第1項の規定により,議会の同意を求めるものでございます。

 住所が南九州市知覧町郡128番地2,氏名が蔵元慎一,生年月日は昭和35年7月2日生まれでございます。

 任期につきましては,平成21年12月22日から平成23年12月22日まででございます。

 提出理由といたしまして,平成21年12月15日付で,柚木茂樹監査委員から辞職願いが提出されたため,その後任として蔵元慎一氏を南九州市監査委員に選任しようとするものでございます。御審議の上,御同意いただきますようにお願いを申し上げます。



○議長(西良仁)  これで提出理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。本件については,会議規則第37条第3項の規定により,委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  異議なしと認めます。本件については委員会付託を省略することに決定しました。

 委員会の付託を省略します。

 これから討論を行います。まず,本件に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  反対討論なしと認めます。

 次に,本件に賛成者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから同意第4号を採決します。

 お諮りします。本件については,これに同意することに御異議ございませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  異議なしと認めます。同意第4号は同意することに決定しました。

 しばらく休憩します。

午前10時4分休憩

───────────

午前10時4分開議

  [19番蔵元慎一議員入場]



○議長(西良仁)  再開します。

 蔵元慎一議員に申し上げます。

 ただいま監査委員に選任することが決定しましたので,報告いたします。

    ────────────────────



△日程第4議案第96号和解及び損害賠償の額を定めることについて



○議長(西良仁)  日程第4,議案第96号和解及び損害賠償の額を定めることについてを議題とします。

 本件について,提出理由の説明を求めます。

市長(霜出勘平) 議案第96号和解及び損害賠償の額を定めることについて,御説明を申し上げます。

 本件は,平成21年10月23日午後0時50分,南九州市頴娃町別府3018番地3の先,国道226号と市道次下水成川線の交差点におきまして,南九州市総合営農課の公用車両と一般軽乗用車両が接触をし,双方の車両が損傷した事故でございます。

 和解の相手方でございますが,住所が鹿児島県南九州市頴娃町別府4828番地,氏名が大橋スミ,損害賠償の額を6,536円とするものでございます。

 相手方の車両が一旦停止を怠ったことなどもあり,事故の責任割合につきましては,本市が10%,相手方が90%という割合でございまして,相手方車両の損害額6万5,360円のうち,本市の責任割合10%に応じた6,536円を相手方に支払い,相手方は,本市公用車量の損害額3万9,900円のうち,責任割合90%に応じた3万5,910円を市に支払おうという内容で,地方自治法第96条第1項第12号及び第13号の規定により,事故に係る和解及び損害賠償額を定めることについて,議会の議決を求めるものでございます。

 なお,本市が支払うべき損害賠償額及び本市公用車両の損害額のうち,相手方の責任割合以外の部分の額につきましては,全国自治協会からの自動車損害共済金で措置されること等,後ほど補正予算議案にて別途提案をさせていただきます。御審議のほどよろしくお願いを申し上げます。



○議長(西良仁)  これをもって提出理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。本件については,会議規則第37条第3項の規定により,委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  異議なしと認めます。本件については,委員会付託を省略することに決定しました。

 委員会の付託を省略します。

 これから討論を行います。まず,本件に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  反対討論なしと認めます。

 次に,本件に賛成者の発言を求めます。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第96号を採決します。この表決は起立によって行います。本件は,これを可決することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(西良仁)  起立多数であります。議案第96号は可決されました。

    ────────────────────



△日程第5議案第97号平成21年度南九州市一般会計補正予算(第7号)



○議長(西良仁)  日程第5,議議案第97号平成21年度南九州市一般会計補正予算(第7号)についてを議題とします。

 本案について,提案理由の説明を求めます。

市長(霜出勘平) 議案第97号平成21年度南九州市一般会計補正予算(第7号)について,御説明を申し上げます。

 今回の補正につきましては,議案第96号でお願いいたしました市総合営農課公用車と一般軽車両の衝突事故に係る損害賠償金等について補正するもので,歳入歳出予算の補正については,歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,000円を追加し,歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ214億5,353万5,000円にしようとするものでございます。

 歳出につきましては,損害賠償金に係る経費を総務費に追加計上するとともに,歳入については,見込まれる自動車事故損害負担金等の諸収入を計上し,歳入超過に係る分につきましては,財政調整基金からの繰入金を減額することで調整するものでございます。

 以上で,提案理由の説明を終わります。御審議のほどよろしくお願いを申し上げます。



○議長(西良仁)  これをもって提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。本案については,会議規則第37条第3項の規定により,委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  異議なしと認めます。本案については委員会付託を省略することに決定しました。

 委員会の付託を省略します。

 これから討論を行います。まず,本案に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  反対討論なしと認めます。

 次に,本案に賛成者の発言を求めます。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第97号を採決します。この表決は起立によって行います。本案は,原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(西良仁)  起立多数であります。議案第97号は原案のとおり可決されました。

 ここでしばらく休憩します。

  [執行部退場]

午前10時11分休憩

───────────

午前10時13分開議



○副議長(下窪一輝) 再開します。

 都合により,しばらくの間,議長にかわって副議長がその職務を行います。

    ────────────────────



△追加日程第1議長の辞職について



○副議長(下窪一輝) 西良仁議長から議長の辞職願いが提出されております。

 お諮りします。議長の辞職についてを日程に追加し,追加日程第1として議題とすることに御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○副議長(下窪一輝) 異議なしと認めます。したがって,議長の辞職についてを日程に追加し,追加日程第1として議題とすることに決定しました。

 追加日程第1,議長の辞職についてを議題とします。

 地方自治法第117条の規定により,西良仁議長の退場を求めます。

  [24番西 良仁議員退場]



○副議長(下窪一輝) しばらく休憩します。

午前10時14分休憩

───────────

午前10時14分開議 



○副議長(下窪一輝) 再開します。

 お諮りします。西良仁議員の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○副議長(下窪一輝) 異議なしと認めます。したがって,西良仁議員の議長の辞職を許可することに決定しました。

 しばらく休憩します。

午前10時15分休憩

───────────

午前10時15分開議 

  [24番西 良仁議員入場]



○副議長(下窪一輝) 再開します。

 それでは,西良仁議員に申し上げます。ただいま議長の辞職が許可されましたので報告をいたします。

    ────────────────────



△追加日程第2選挙第2号議長の選挙



○副議長(下窪一輝) ただいま議長が欠けました。

 お諮りします。議長の選挙を日程に追加し,追加日程第2として選挙を行いたいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○副議長(下窪一輝) 異議なしと認めます。したがって,議長の選挙を日程に追加し,追加日程第2として選挙を行うことに決定しました。

 追加日程第2,選挙第2号議長の選挙を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場の出入口を閉めます。

  [議場閉鎖]



○副議長(下窪一輝) ただいまの出席議員数は24人です。

 次に,立会人を指名します。会議規則第31条第2項の規定により,立会人に蔵元慎一議員及び塗木弘幸議員を指名します。

 投票用紙を配ります。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。

  [投票用紙配付]



○副議長(下窪一輝) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○副議長(下窪一輝) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検します。

  [投票箱点検]



○副議長(下窪一輝) 異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。1番議員から順番に投票願います。

  [議員投票]

    ────────────────────


 1番  峯 苫 勝 範 議員      2番  菊 永 忠 行 議員
 3番  山 本 森 満 議員      4番  田 之 脇 厚 議員
 5番  浜 田 茂 久 議員      6番  大 薗 秀 己 議員
 7番  田 畑 浩一郎 議員      8番  深 町 幸 子 議員
 9番  竹 迫   毅 議員      10番  森 田 隆 志 議員
 11番  永 吉 義 輝 議員      12番  東   兼 喜 議員
 13番  今 吉 賢 二 議員      14番  満 留 秀 昭 議員





 15番  内 匠 秋 夫 議員      16番  山 下 つきみ 議員
 17番  柚 木 茂 樹 議員      18番  松久保 正 毅 議員
 19番  蔵 元 慎 一 議員      20番  塗 木 弘 幸 議員
 21番  薗 田   誠 議員      22番  加治佐 民 生 議員
 23番  下 窪 一 輝 議員      24番  西 良   仁 議員




    ────────────────────



○副議長(下窪一輝) 投票漏れはありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○副議長(下窪一輝) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終わります。

 開票を行います。蔵元慎一議員及び塗木弘幸議員,開票の立ち会いをお願いします。

  [開票]



○副議長(下窪一輝) 選挙の結果を報告します。

 投票総数24票,有効投票24票,有効投票のうち,田之脇厚議員14票,山本森満議員10票,以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は6票です。したがって,田之脇厚議員が議長に当選されました。

 議場の出入口を開きます。

  [議場開鎖]



○副議長(下窪一輝) ただいま議長に当選された田之脇厚議員が議場におられます。

 会議規則第32条第2項の規定により,当選の告知をします。

 田之脇厚議員,議長当選承諾及びあいさつをお願いいたします。

  [4番議員田之脇厚登壇]

4番議員(田之脇厚) 一言,議長就任のごあいさつを申し上げます。

 このたびの議会構成に当たり,不肖私が議長選挙において多くの方々の支持を得まして当選人となりましたことは,私自身にとりまして限りない光栄と存じますとともに,その責任の重さをひしひしと感じている次第でございます。私は,議員経験も浅く,また浅学非才でありますが,全身全霊で頑張っていく覚悟でございます。

 また,議員各位にお願いしたいことは,議会は言論の府であります。だからといって何を言ってもよいというのではなかろうかと存じます。「舌は鋼ではないが人を切る」ということわざがあります。お互いの人格と名誉を尊重する言論の府であってほしいと念願するものでございます。

 多様化する市民のニーズにこたえられるよう,執行部と一体となり,チェック機能を果たしながら,同じような方向性を導き出すことが大事ではなかろうかと思っております。南九州市の発展と市民福祉の向上を目指して職責を全うする覚悟でございますので,重ねてのお願いでございますけれども,御指導,御支援,そして御協力をよろしくお願い申し上げまして,就任のあいさつといたします。ありがとうございました。



○副議長(下窪一輝) 議長,議長席におつき願います。

 しばらく休憩します。

午前10時27分休憩

───────────

午前10時28分開議

  [副議長退席,議長着席]



○議長(田之脇厚) 再開します。

 それでは,ただいまから議長の職務を執行させていただきます。

    ────────────────────



△追加日程第3副議長の辞職について



○議長(田之脇厚) 副議長下窪一輝議員から副議長の辞職願いが提出されております。

 お諮りします。副議長の辞職についてを日程に追加し,追加日程第3として議題とすることに御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,副議長の辞職についてを日程に追加し,追加日程第3として議題とすることに決定しました。

 追加日程第3,副議長の辞職についてを議題とします。

 地方自治法第117条の規定により,下窪一輝議員の退場を求めます。

  [23番下窪一輝議員退場]



○議長(田之脇厚) しばらく休憩します。

午前10時29分休憩

───────────

午前10時29分開議 



○議長(田之脇厚) 再開します。

 お諮りします。下窪一輝議員の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,下窪一輝議員の副議長の辞職を許可することに決定しました。

 しばらく休憩します。

午前10時30分休憩

───────────

午前10時30分開議 

  [23番下窪一輝議員入場]



○議長(田之脇厚) 再開します。

 それでは,下窪一輝議員に申し上げます。

 ただいま副議長の辞職が許可されましたので報告をいたします。

    ────────────────────



△追加日程第4選挙第3号副議長の選挙



○議長(田之脇厚) ただいま副議長が欠けました。

 お諮りします。副議長の選挙を日程に追加し,追加日程第4として選挙を行いたいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,副議長の選挙を日程に追加し,追加日程第4として選挙を行うことに決定しました。

 追加日程第4,選挙第3号副議長の選挙を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場の出入口を閉めます。

  [議場閉鎖]



○議長(田之脇厚) ただいまの出席議員数は24人です。

 次に,立会人を指名します。会議規則第31条第2項の規定により,立会人に加治佐民生議員及び下窪一輝議員を指名します。

 投票用紙を配ります。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。

  [投票用紙配付]



○議長(田之脇厚) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検します。

  [投票箱点検]



○議長(田之脇厚) 異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。1番議員から順番に投票願います。

  [議員投票]

    ────────────────────




 1番  峯 苫 勝 範 議員      2番  菊 永 忠 行 議員
 3番  山 本 森 満 議員      4番  田 之 脇 厚 議員
 5番  浜 田 茂 久 議員      6番  大 薗 秀 己 議員
 7番  田 畑 浩一郎 議員      8番  深 町 幸 子 議員
 9番  竹 迫   毅 議員      10番  森 田 隆 志 議員
 11番  永 吉 義 輝 議員      12番  東   兼 喜 議員
 13番  今 吉 賢 二 議員      14番  満 留 秀 昭 議員
 15番  内 匠 秋 夫 議員      16番  山 下 つきみ 議員
 17番  柚 木 茂 樹 議員      18番  松久保 正 毅 議員
 19番  蔵 元 慎 一 議員      20番  塗 木 弘 幸 議員
 21番  薗 田   誠 議員      22番  加治佐 民 生 議員
 23番  下 窪 一 輝 議員      24番  西 良   仁 議員




    ────────────────────



○議長(田之脇厚) 投票漏れはありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終わります。

 開票を行います。加治佐民生議員及び下窪一輝議員,開票の立ち会いをお願いします。

  [開票]



○議長(田之脇厚) 選挙の結果を報告します。

 投票総数24票,有効投票24票,有効投票のうち,森田隆志議員13票,薗田誠議員11票,以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は6票です。したがって,森田隆志議員が副議長に当選されました。

 議場の出入口を開きます。

  [議場開鎖]



○議長(田之脇厚) ただいま副議長に当選されました森田隆志議員が議場におられます。

 会議規則第32条第2項の規定により,当選の告知をします。

 森田隆志議員,副議長当選承諾及びあいさつをお願いします。

  [10番議員森田隆志登壇]

10番議員(森田隆志) ただいま皆様方の御推薦によりまして,副議長に当選いたしました森田でございます。先ほど議長が当選のあいさつを申しましたけれども,田之脇議長を側面から支えまして,この南九州市の議会運営がうまくいきますように努力をしてまいりたいと思います。

 そしてまた,立候補のお願いのときに申しましたけれども,議会といたしましても執行部の情報を今まで以上に求めていきながら,スムーズな議会運営ができますように努力をしていきたいと思います。どうか皆様方の御協力をよろしくお願いいたします。ありがとうございました。



○議長(田之脇厚) しばらく休憩します。

午前10時41分休憩

───────────

午前10時42分開議

  [議席表の配付]



○議長(田之脇厚) 再開します。

    ────────────────────



△追加日程第5議席の一部変更について



○議長(田之脇厚) お諮りします。議席の一部変更についてを日程に追加し,追加日程第5として議題とすることに御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,議席の一部変更についてを日程に追加し,追加日程第5として議題にすることを決定しました。

 追加日程第5,議席の一部変更についてを議題とします。

 議長及び副議長の選挙に伴い,会議規則第4条第3項の規定により,お手元に配付の議席表のとおり,議席を変更することに御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。ただいま変更いたしました議席に御着席ください。

 しばらく休憩します。

午前10時43分休憩

───────────

午前10時45分開議

  [名簿表の配付]



○議長(田之脇厚) 再開します。

    ────────────────────



△日程第6常任委員の選任



○議長(田之脇厚) 日程第6,常任委員の選任を行います。

 お諮りします。常任委員の選任については,委員会条例第8条第1項の規定により,お手元にお配りしました名簿のとおり指名したいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,常任委員はお手元に配付しました名簿のとおり選任することに決定しました。

 しばらく休憩します。

午前10時46分休憩

───────────

午前11時9分開議

  [名簿表の配付]



○議長(田之脇厚) 再開します。

    ────────────────────



△日程第7議会運営委員の選任



○議長(田之脇厚) 日程第7,議会運営委員の選任を行います。

 お諮りします。議会運営委員の選任については,委員会条例第8条第1項の規定により,お手元にお配りしました名簿のとおり指名したいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,議会運営委員はお手元に配付しました名簿のとおり選任することに決定しました。

    ────────────────────



△日程第8選挙第4号南薩介護保険事務組合議会議員の選挙



○議長(田之脇厚) 日程第8,選挙第4号南薩介護保険事務組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法については,地方自治法第118条第2項の規定により,指名推選にしたいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 お諮りします。指名の方法については,議長が指名することにしたいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,議長が指名することに決定しました。

 南薩介護保険事務組合議会議員に,田之脇厚議員,森田隆志議員,今吉賢二議員及び塗木弘幸議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長が指名しました田之脇厚議員,森田隆志議員,今吉賢二議員及び塗木弘幸議員を南薩介護保険事務組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,ただいま指名しました田之脇厚議員,森田隆志議員,今吉賢二議員及び塗木弘幸議員が南薩介護保険事務組合議会議員に当選されました。

 ただいま南薩介護保険事務組合議会議員に当選されました田之脇厚議員,森田隆志議員,今吉賢二議員及び塗木弘幸議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。

    ────────────────────



△日程第9選挙第5号南薩地区消防組合議会議員の選挙



○議長(田之脇厚) 日程第9,選挙第5号南薩地区消防組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法については,地方自治法第118条第2項の規定により指名推選にしたいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 お諮りします。指名の方法については,議長が指名することにしたいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,議長が指名することに決定しました。

 南薩地区消防組合議会議員に,田之脇厚議員,内匠秋夫議員及び永吉義輝議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長が指名しました田之脇厚議員,内匠秋夫議員及び永吉義輝議員を南薩地区消防組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,ただいま指名しました田之脇厚議員,内匠秋夫議員及び永吉義輝議員が南薩地区消防組合議会議員に当選されました。

 ただいま南薩地区消防組合議会議員に当選されました田之脇厚議員,内匠秋夫議員及び永吉義輝議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。

    ────────────────────



△日程第10選挙第6号南薩地区衛生管理組合議会議員の選挙



○議長(田之脇厚) 日程第10,選挙第6号南薩地区衛生管理組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法については,地方自治法第118条第2項の規定により指名推選にしたいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 お諮りします。指名の方法については,議長が指名することにしたいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,議長が指名することに決定しました。南薩地区衛生管理組合議会議員に,田之脇厚議員,今吉賢二議員及び塗木弘幸議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長が指名しました田之脇厚議員,今吉賢二議員及び塗木弘幸議員を南薩地区衛生管理組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,ただいま指名しました田之脇厚議員,今吉賢二議員及び塗木弘幸議員が南薩地区衛生管理組合議会議員に当選されました。

 ただいま南薩地区衛生管理組合議会議員に当選されました田之脇厚議員,今吉賢二議員及び塗木弘幸議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。

    ────────────────────



△日程第11選挙第7号指宿地区消防組合議会議員の選挙



○議長(田之脇厚) 日程第11,選挙第7号指宿地区消防組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法については,地方自治法第118条第2項の規定により指名推選にしたいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 お諮りします。指名の方法については,議長が指名することにしたいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,議長が指名することに決定しました。指宿地区消防組合議会議員に,田之脇厚議員及び内匠秋夫議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長が指名しました田之脇厚議員及び内匠秋夫議員を指宿地区消防組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,ただいま指名しました田之脇厚議員及び内匠秋夫議員が指宿地区消防組合議会議員に当選されました。

 ただいま指宿地区消防組合議会議員の選挙に当選されました田之脇厚議員及び内匠秋夫議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をします。

    ────────────────────



△日程第12選挙第8号指宿広域市町村圏組合議会議員の選挙



○議長(田之脇厚) 日程第12,選挙第8号指宿広域市町村圏組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法については,地方自治法第118条第2項の規定により指名推選にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 お諮りします。指名の方法については,議長が指名することにしたいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,議長が指名することに決定しました。

 指宿広域市町村圏組合議会議員に,田之脇厚議員及び今吉賢二議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長が指名しました田之脇厚議員及び今吉賢二議員を指宿広域市町村圏組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。したがって,ただいま指名しました田之脇厚議員及び今吉賢二議員が指宿広域市町村圏組合議会議員に当選されました。

 ただいま指宿広域市町村圏組合議会議員に当選されました田之脇厚議員及び今吉賢二議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をします。

    ────────────────────



△日程第13学校給食センター建設調査特別委員会の設置



○議長(田之脇厚) 日程第13,学校給食センター建設調査特別委員会の設置についてを議題とします。

 お諮りします。調査事項,学校給食センター建設について,議長を除く議員全員で構成する「学校給食センター建設調査特別委員会」を設置し,これに付託して調査が終了するまでの閉会中も継続したいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。本件については,議長を除く議員全員で構成する「学校給食センター建設調査特別委員会」を設置し,これに付託して調査が終了するまでの閉会中も継続することに決定しました。

 これから委員長及び副委員長を互選していただきます。

 しばらく休憩します。

午前11時19分休憩

───────────

午前11時34分開議 



○議長(田之脇厚) 再開します。

 ここで報告します。学校給食センター建設調査特別委員会委員長に今吉賢二議員,副委員長に塗木弘幸議員が選任された旨,通知がありましたので,報告します。

    ────────────────────



△日程第14議員派遣について



○議長(田之脇厚) 日程第14,議員派遣の件を議題とします。

 お諮りします。会議規則第160条第1項及び第2項の規定により,お手元に配付のとおり,議員を派遣することにしたいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。議員の派遣については,お手元に配付のとおりとすることに決定しました。

    ────────────────────



△日程第15議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査の件及び各常任委員会の閉会中の継続調査の件



○議長(田之脇厚) 日程第15,議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査の件及び各常任委員会の閉会中の継続調査の件を議題とします。

 議会運営委員長から,所掌事務のうち,会議規則第104条の規定により,お手元に配付しました議会運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項,並びに各常任委員長から所管事務のうち,会議規則第104条の規定により,お手元に配付しました調査中の事件について,閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りします。各委員長から申し出のとおり,閉会中の継続調査とすることに御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(田之脇厚) 異議なしと認めます。各委員長から申し出のとおり,閉会中の継続調査とすることに決定しました。

    ────────────────────



△閉会



○議長(田之脇厚) これで,本日の日程は全部終了しました。会議を閉じます。

 平成21年第5回南九州市議会定例会を閉会します。

午前11分36分閉会



茶業振興に関する意見書



 現在,全国の茶産地においては,その土地の恵まれた気象や立地条件を生かし,緑茶生産に取り組み,平成21年度においては約9万トンの荒茶が生産されている。

 お茶は,歴史的にも日本の生活文化の発展とともに深く根をおろし,また,健康増進や地域経済の浮揚及び発展に大きく寄与し,広く産業振興に貢献してきたことは誰もが認めるところである。

 しかしながら,昨今の茶業情勢を見るとき,世界的経済情勢の悪化に加え,生活習慣の変化などにより,リーフ茶を中心に緑茶の消費は減少の一途をたどり,市場価格は低迷し続け,このままでは茶産地の存続はおろか,日本の農業からも埋没するのではないかと懸念されている。

 また,昨今の茶業界の様相は極めて危機的な状況にあり,これまで土地の集積,茶園の造成,茶工場経営,販路開拓など懸命に汗を流しながら頑張り続けてきた地域担い手が,その努力が報われないまま将来の展望を断ち切らざるをえなくなる事態に陥れば,単に茶業者だけの問題ではなく,日本の伝統文化の継承,農業・農村の活性化,地域経済発展へ及ぼす影響や損失は計り知れないものがあると思われる。

 日本の農業政策の中では,お茶は単なる嗜好品扱いにより価格の安定対策もされず,茶業の将来展望などは,まったく見えてこないのが現状である。

 こういう状況を踏まえ,国におかれては,再度日本の茶業を見直し,茶業界が将来にわたり安定的かつ健全な発展が続けられるよう,以下の事項について,早急に実現されるよう強く要望する。



1 茶生産者価格の低迷に対処し,茶の需給動向に即応した茶業の安定的かつ持続的な発展を図るための「茶業振興法」(仮称)を制定すること。

2 産地における,茶園や製茶工場などの老朽化に伴う茶園の改植や基盤整備・施設整備などの更なる整備強化対策を行うこと。

3 荒茶価格低迷に対する,安定対策を行うこと。

4 緑茶の有する健康機能の一層の明確化や新商品開発など需要開拓の取り組みに対する,需要拡大策を強化すること。

5 古くから国民生活に定着して発展してきたお茶文化の更なる振興方策を展開すること。



 以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。



  平成21年12月22日




南九州市議会 
 内閣総理大臣  鳩山由紀夫 殿
 総務大臣    原口 一博 殿
 財務大臣    藤井 裕久 殿
 農林水産大臣  赤松 広隆 殿
 民主党鹿児島県
 地域主権推進会議
      会長 川内 博史 殿