議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 南九州市

平成 21年 第 5回定例会(12月) 12月10日−03号




平成 21年 第 5回定例会(12月) − 12月10日−03号









平成 21年 第 5回定例会(12月)


 本会議3号     (12月10日)
   出席議員     24名
1番議員  峯 苫 勝 範        13番議員  今 吉 賢 二
2番議員  菊 永 忠 行        14番議員  満 留 秀 昭
3番議員  山 本 森 満        15番議員  内 匠 秋 夫
4番議員  田之脇   厚        16番議員  山 下 つきみ
5番議員  浜 田 茂 久        17番議員  柚 木 茂 樹
6番議員  大 薗 秀 己        18番議員  松久保 正 毅
7番議員  田 畑 浩一郎        19番議員  蔵 元 慎 一
8番議員  深 町 幸 子        20番議員  塗 木 弘 幸
9番議員  竹 迫   毅        21番議員  薗 田   誠
10番議員  森 田 隆 志        22番議員  加治佐 民 生
11番議員  永 吉 義 輝        23番議員  下 窪 一 輝
12番議員  東   兼 喜        24番議員  西   良 仁
   欠席議員     0名
───────────────────────────────────
 地方自治法第121条による出席者
市     長  霜 出 勘 平    危機管理 室長  有 村 壽 内
副  市  長  鶴 田 康 夫    財 政 課 長  上 野 勝 郎
副  市  長  山 内 廣 行    企 画 課 長  金 田 憲 明
教  育  長  小 野 義 記    商工観光 課長  田 代 良 民
総務部長兼知覧支所長
         海江田   操    市民生活 課長  折 田 盛 彦
市民福祉 部長  有 水 秀 男    福 祉 課 長  君 野 悦 郎
農林水産 部長  伊瀬知 正 人    農林水産 課長  東   利 文
建 設 部 長  大 坪 三 郎    耕 地 課 長  山 下 由 海
会 計 管理者  新 留 和 人    茶 業 課 長  鮫 島 信 行
教 育 部 長  和 田 二三男    水 道 課 長  神 薗   誠
頴 娃 支所長  永 谷 岩 男    教育総務 課長  小 園 和 幸
川 辺 支所長  土 喰 行 夫    学校教育 課長  大 木 節 夫
総 務 課 長  中木原 重 孝                   
───────────────────────────────────
 事務局職員出席者
事 務 局 長  中 薗 浩 二    議 事 係 長  浜 田 純 一
庶 務 係 長  堂 園 政 利    議  事  係  川 ? 弘一郎

 第5回定例会議事日程(第3号)

 第 1.会議録署名議員の指名
 第 2.議案第84号
     市道路線の認定について
 第 3.議案第85号
     平成21年度南九州市一般会計補正予算(第6号)
 第 4.議案第86号
     平成21年度南九州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
 第 5.議案第87号
     平成21年度南九州市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)
 第 6.議案第88号
     平成21年度南九州市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)
 第 7.議案第89号
     平成21年度南九州市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)
 第 8.議案第90号
     平成21年度南九州市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
 第 9.議案第91号
     平成21年度南九州市水道事業会計補正予算(第2号)
 第10.陳情第 4号
     勝目地区新保育施設に関する陳情
 第11.議案第92号
     知覧地区小学校地上デジタル放送対応テレビ購入に係る物品売買契約の締結について
 第12.議案第93号
     川辺地区小・中学校教育用パソコン及び校務用パソコン整備に係る物品売買契約の締結につい
     て
 第13.議案第94号
     知覧地区小・中学校校務用パソコン整備に係る物品売買契約の締結について
 第14.議案第95号
     頴娃地区小・中学校校務用パソコン整備に係る物品売買契約の締結について


平成21年12月10日 午前10時0分開会





△開議



○議長(西良仁)  これから,本日の会議を開きます。

    ────────────────────



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(西良仁)  日程第1,会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は,会議規則第81条の規定により,議長において内匠秋夫議員,山下つきみ議員を指名します。

    ────────────────────



△日程第2議案第84号市道路線の認定について



○議長(西良仁)  日程第2,議案第84号市道路線の認定についてを議題とします。

 本件について産業建設常任委員長の報告を求めます。

  [産業建設常任委員長内匠秋夫議員登壇]



◎産業建設常任委員長(内匠秋夫)  産業建設常任委員長に付託された議案第84号市道路線の認定について,審査の経過と結果を報告申し上げます。

 委員会は12月3日に開催し,執行部の出席を求め審査いたしました。

 本件は,川辺地域の2路線を市道認定しようとするものであり,永田中福良団地線は,土地開発公社による永田中福良団地の造成完了に伴い,市に帰属されていた団地内の道路65メートルを市道認定しようとするものであります。

 また,平山六町線は14年9月に旧川辺町において,町道廃止していた路線を広域農道の整備完了により110メートルを市道認定しようとするものであります。

 なお,今回の市道認定による増加分を加えると,路線数は1,580路線となり,総延長は122万6,706メートルとなる見込みであります。

 以上,討論はなく,採決の結果,賛成多数で本件は可決すべきものと決定いたしました。

 これで,産業建設常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(西良仁)  これをもって,産業建設常任委員長の審査報告を終わります。

 これから本件についての委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 まず,本件に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  反対討論なしと認めます。

 次に,本件に賛成者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから,議案第84号を採決します。この表決は起立によって行います。本件に対する委員長の報告は可決です。本件は,委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(西良仁)  起立多数であります。議案第84号は委員長の報告のとおり可決されました。

    ────────────────────



△日程第3議案第85号平成21年度南九州市一般会計補正予算(第6号)



○議長(西良仁)  日程第3,議案第85号平成21年度南九州市一般会計補正予算(第6号)についてを議題とします。

 本案について各常任委員長の報告を求めます。

 まず,総務常任委員長の報告を求めます。

  [総務常任委員長竹迫 毅議員登壇]



◎総務常任委員長(竹迫毅)  皆さんおはようございます。

 総務常任委員会に付託された議案第85号平成21年度南九州市一般会計補正予算(第6号)の所管に属する部分について,審査の経過と結果を報告申し上げます。

 委員会は12月3日に開催し,執行部の出席を求め審査しました。

 まず,歳出の主なものについて申し上げます。

 総務費の移住定住促進対策事業費は,若者定住や市外からの移住を促進し,合わせて出身地域への回帰による自治会活動振興に資するため,住宅取得などを行うものに対して補助を行うもので,今後不足が見込まれるため補正するものであります。

 委員から,3地域ごとの申請件数についてただしたところ,11月末現在,頴娃地域が10件,知覧地域が18件,川辺地域が24件,合計52件との答弁でありました。なお,補正に示された件数は不足が見込まれる要件ごとの件数であります。

 市民歌制定普及事業費は,市民歌の制定に向け市民歌制定委員会を設置するもので,当委員会開催に伴う委員22人への報償費であります。委員から,今後のスケジュールについてただしたところ,今年度に市民歌の応募要綱を委員会で決定した後,歌詞の募集を行い,来年度に歌詞を選定し,曲は作曲家,または本市出身の音楽関係者などに委託し,制定したいとの答弁でありました。

 消防費の一般経費は,大規模災害や武力攻撃事態などが発生した際に,住民の保護のために必要な情報を通信衛星を利用して,瞬時に防災行政無線を自動起動させ,住民へ緊急情報を伝達する,全国瞬時警報システムの導入経費でありますが,システムの整備にあわせて,川辺庁舎にある防災行政無線のデジタル対応親卓を知覧庁舎移設するとともに,3地域の防災行政無線の親卓を,NTTの回線で結び,統合化するための工事費が補正計上されております。

 委員から,住民に緊急情報が伝達されるまでの所要時間及び,緊急地震速報の場合,情報を伝達される振度をただしたところ,消防長が情報を配信してから二,三秒で放送が流れ,震度4以上の地震との答弁でありました。

 また,委員から,情報伝達の流れについて説明を求めたところ,気象庁などから緊急事態などを受けた消防長は,通信衛星を利用して緊急情報を配信し,受信した本市の防災行政無線が自動起動され,屋外拡声子局などから情報が市民に伝達されるとのことでありました。

 諸支出金の公共施設等整備基金費は,頴娃地域の公共施設などの整備に活用してほしいとの意向で寄附された一般寄附金1,000万円の基金への積み立てが主なものであります。委員から,寄附金は来年度に活用するとのことだったが,何の事業に充てる予定かただしたところ,現在,当初予算の査定中で,具体的な事業は検討中だが,御領地区の事業関係に充当したい考えであるとの答弁でありました。

 次に,歳入の主なものについて申し上げます。

 財政調整基金繰入金は,補正に係る財源調整の結果,529万3,000円の一般財源の超過が生じたので,同額を減額補正するものであります。

 以上,討論はなく,採決の結果,賛成多数で本案の所管に属する部分は原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 これで,総務常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(西良仁)  次に,文教厚生常任委員長の報告を求めます。

  [文教厚生常任委員長永吉義輝議員登壇]



◎文教厚生常任委員長(永吉義輝)  おはようございます。文教厚生常任委員会に付託された議案第85号平成21年度南九州市一般会計補正予算(第6号)の所管に属する部分について,審査の経過と結果を報告申し上げます。

 委員会は12月3日に開催し,執行部の出席を求め,現地調査を踏まえ審査いたしました。以下,主なものについて申し上げます。

 歳入については,それぞれの算出基準に基づく国,県からの補助金,繰入金及び市債等が主であります。

 次に,歳出について申し上げます。

 妊婦健康診査関係費は,妊婦健康診査受診件数の減及び単価改正による委託料の減額補正であります。委員から,受診件数の減及び単価の減額改正の理由について説明を求めたところ,受診件数の減は当初妊婦数を330人で見込んでいたが,実績として300人に減少したこと。20年度まで5回であった受診回数が,本年度から14回となったことから,妊婦によっては受診が本年度から次年度に継続するケースがあり,次年度での受診件数分を今回減としたことが主な要因である。また,単価改正は年間の受診回数増により,1回当たりの単価7,065円から6,165円と安価となったとのことでありました。

 ひとり親家庭医療費助成事業費は,医療費が増加したことから,ひとり親家庭へ助成する額の不足分を増額補正するものであります。委員から,医療費の増加した原因をただしたところ,助成対象世帯を当初914世帯見込んでいたが,27世帯増加したことによるとの答弁でありました。

 安全・安心な学校づくり交付金事業費は,川辺小学校東側校舎の地震補強大規模改造工事実施に伴う工事請負費,仮設校舎借り上げ料及び,工事管理業務委託料等を補正計上するものであります。委員から,当初予算計上せず,補正対応にしたことについてただしたところ,国が21年度中に耐震補強とともに,執行する大規模改造について,通常3分の1である補助率を2分の1に嵩上げすることから今回補正計上したとの答弁でありました。

 委員から,財源内訳について説明を求めたところ,国庫支出金は安全・安心な学校づくり交付金で,また地方債は大半が交付税措置される補正予算債であり,その他財源は学校整備積立基金繰入金を充当することとしている。なお,基金の21年度末残高は1億9,334万1,000円の見込みとのことでありました。

 委員から,地震補強や大規模改造が必要な学校施設は多数あり,学校整備積立基金へ計画的に積み立てを行い,整備計画が遅れることのないようとの意見が出されたところであります。

 また,委員から,繰越明許費となっているが,工事の工程及び工期についてただしたところ,21年度は仮設校舎建設を行い,残りの工事等はすべて22年度に繰り越す。なお,工期は22年10月までを見込んでいるとの答弁でありました。

 社会体育推進費は,海洋センターの重油タンク検査手数料,体験セミナー及び全国大会補助金の減額補正であります。委員から,体験セミナーの減額について説明を求めたところ,セミナーはB&Gが主催する海洋レクリエーションでの共同生活を行うもので,2人募集を行ったが,申し込みがなかったため補助金を減額するとのことでありました。

 伝建地区公開施設等管理費は,旧高城家住宅の茅葺屋根の葺き替え修理と,茅切り作業の委託料を補正計上してあります。委員から,国庫補助対象とならなかった理由についてただしたところ,補助申請する場合は事前に国と協議する必要があるが,今回は雨漏りが発生し,緊急に修理をしなければならなかったとの答弁でありました。委員から,葺き替え修理及び茅切り作業の委託先について説明を求めたところ,葺き替え修理は茅ぶき保存会に茅切り作業は茶農家に委託する考えとのことでありました。

 これまでは,修理と茅切り作業を一括して茅葺保存会に委託していたが,茅切り作業を切り離して茶農家に委託した場合,3分の1の経費で抑えられるとのことでありました。委員から,今後も事業執行に当たっては,経費節減に向け,十分検討を行うようとの意見が出されたところであります。

 以上,討論はなく,採決の結果,賛成多数で本案の所管に属する部分は原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 これで,文教厚生常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(西良仁)  次に,産業建設常任委員長の報告を求めます。

  [産業建設常任委員長内匠秋夫議員登壇]



◎産業建設常任委員長(内匠秋夫)  産業建設常任委員会に付託された議案第85号平成21年度南九州市一般会計補正予算(第6号)の所管に属する部分について,審査の経過と結果を報告申し上げます。

 委員会は,12月3日に開催し,執行部の出席を求め,現地調査を踏まえて審査いたしました。

 まず,農林水産業費の主なものについて申し上げます。農業人材育成事業費は,当初,農業後継者育成確保奨励金の交付対象となる新規就農者を夫婦5組,単身者10人見込んでおりましたが,実績として夫婦4組,単身者7人となったことから,減額補正するものであります。委員から,新規就農者の地域及び,経営作物について説明を求めたところ,頴娃地域は夫婦1組,単身者5人で,お茶,青果用甘藷,ピーマン,知覧地域は夫婦2組,単身者1人で,お茶,和牛肥育,原料用甘藷,川辺地域は夫婦1組,単身者1人で,酪農,和牛肥育とのことでありました。

 農地等利用調整対策事業費は,耕作放棄地を解消するため,国の補助対象とならない連担面積1ヘクタール未満の農地等を認定農業者等へ利用権を設定した場合において,土地の貸主及び借主に対し助成するもので,6月補正において臨時交付金対策事業として,田畑20ヘクタール,遊休農地5ヘクタール分を新たに計上しましたが,助成申請が見込み以上に多かったことから,20ヘクタール分を今回一般財源により増額補正するものであります。委員から,この事業は耕作放棄地の防止,解消に大きく寄与することと考えることから,今後さらに推進していくようとの意見が出されたところであります。

 農村集落活性化対策事業費は,本市の普通財産で,現在貸し付けを行っているサツマイモとお茶の館,知覧の里が,建築後16年経過し,屋根瓦の塗装がはがれていることから,屋根瓦の塗装工事を行うものであります。委員から,本施設は武家屋敷の入口に位置し,立地条件に恵まれており,内容等の充実により観光客の施設利用増が見込めることから,問題点等の抜本的な見直しを行い,観光地にふさわしい施設として有効活用を図るようとの意見が出されたところであります。

 林業振興費は,南薩木材加工センターの乾燥施設及び木材処理施設の増設のため,用地取得費を当初予算において計上しておりましたが,用地の一部が取得困難となったことから,増設予定地を変更しなければならなくなったため,公有財産購入費の減額及び補償費の増額補正をするものであります。委員から,変更された予定地について説明を求めたところ,当初施設の奥を予定していたが,今回施設入口横の県道沿いとなり,面積は9筆で1万74平方メートルとのことでありました。

 また,委員から変更された予定地は当初予定地より面積が6,426平方メートル減となっているが,施設運営に支障がないかとただしたところ,機械の配置等を変更し対応したいとの答弁でありました。委員会としては,事業執行上用地取得が最重要課題であり,計画時において十分な調査協議を行うよう要望します。

 有害鳥獣等駆除事業費は,有害鳥獣の捕獲数が増加したことにより補正するものであります。委員から,補助金が,タヌキ3,400円に比較しイノシシ4,400円と,1,000円のみの差額となっているが,タヌキに比べイノシシの捕獲には労力を要することから,捕獲種による補助金の再検討が必要ではないかとただしたところ,今後そのような点も考慮し,総合的に検討していくとの答弁でありました。

 川辺やすらぎ館施設整備事業費は,ウッドデッキの改修工事を着手したところ,ウッドデッキ下の鋼板に腐食が見られ,今後雨漏りが生じる恐れがあることから,腐食による錆を除去し,防水剤を塗布するものであります。診査の中で,鋼板のさび除去は高圧洗浄により行うとの説明があり,委員から高圧洗浄にあたっては,1階ホール等に損傷を与えないよう,十分配慮するようとの意見が出されたところであります。

 基幹水利施設管理事業費は,8月,9月の干ばつのため,揚水機場ポンプの連続稼動により電気料が大幅な増となり,今後電気料の支出に不足が見込まれることから,高熱水費が増額補正されております。なお,財源として団体営土地改良事業基金により繰り入れを行うものであります。

 また,補助事業費確定により,県支出金,分担金,受託事業収入が減額されております。委員から,干ばつの影響による,揚水機場ポンプの汲み上げ料,及び電気料の前年度比較について説明を求めたところ,4月から10月までの汲み上げ料は389万トン増の2.2倍で,電気料は714万6,000円増の1.3倍とのことでありました。

 茶園新・改植事業費は,新植及び改植に伴う20ヘクタール分の苗木購入に対する補助金を当初計上されておりましたが,申請面積が27.47へタールとなったことから,今後の見込み分を含め,茶園10ヘクタール分の補助金を増額補正するものであります。委員から,地域ごとの申請面積をただしたところ,頴娃地域12.13ヘクタール,知覧地域12.43ヘクタール,川辺地域2.91ヘクタールとの答弁でありました。

 県単独茶園改植事業費は,近年のリーフ茶離れによる茶価低迷に加え,生産資材の高騰等により経営の厳しい南薩地域のお茶農家に対し,優良茶品種の改植を奨励することから,改植を行う際の抜根による経費に対し,10アールあたり3万5,000円助成する県事業で,本市のお茶農家より申請がなされた21.25ヘクタール分の補助金が計上されております。 地域ごとの申請面積は頴娃地域8.6ヘクタール,知覧地域9.85ヘクタール,川辺地域2.8ヘクタールとのことでありました。

 次に土木費について申し上げます。県道整備事業費は,県事業の地方特定道路整備事業石垣加世田線水成川工区が,県への地元負担を要しない交通安全施設等整備事業に振りかえられたことから,負担金を減額補正するものであります。市道単独整備事業費は,事業執行に伴う7路線に経費の組み替えがなされております。

 以上,討論はなく,採決の結果,賛成多数で本案の所管に属する部分は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 これで,産業建設常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(西良仁)  これをもって,各常任委員長の審査報告を終わります。

 これから各常任委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 まず,本案に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  反対討論なしと認めます。

 次に,本案に賛成者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第85号を採決します。この表決は起立によって行います。本案に対する各常任委員長の報告は原案可決です。本案は,各常任委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(西良仁)  起立多数であります。議案第85号は各常任委員長の報告のとおり原案可決されました。

    ────────────────────



△日程第4―日程第6

         議案第86号―議案第88号一括上程



○議長(西良仁)  日程第4,議案第86号平成21年度南九州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)についてから,日程第6,議案第88号平成21年度南九州市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)についてまでの,以上3件を一括議題とします。

 本案について文教厚生常任委員長の報告を求めます。

  [文教厚生常任委員長永吉義輝議員登壇]



◎文教厚生常任委員長(永吉義輝)  文教厚生常任委員会に付託された議案第86号,議案第87号及び議案第88号について審査の経過と結果について報告申し上げます。

 委員会は12月3日に開催し,執行部の出席を求め審査いたしました。

 まず,議案第86号平成21年度南九州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)について,歳出の主なものから申し上げます。

 一般被保険者保険税還付金は,一般被保険者の過年度分保険税の還付金の不足見込み額が補正計上されております。

 委員から,不足見込み額の算出方法について説明を求めたところ,対象人数は年度ごとに変動があり,前年度の状況を勘案して不足分を計上しているとのことでありました。

 歳入については,諸収入として返納金が計上されております。

 以上,討論はなく,採決の結果,賛成多数で本案は原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 次に,議案第87号平成21年度南九州市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)について,歳出の主なものから申し上げます。

 保険料還付金は,過年度分保険料還付金の不足見込み額が補正計上されております。

 歳入については,諸収入として保険料還付金が計上されております。

 以上,討論はなく,採決の結果,賛成多数で本案は原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 次に,議案第88号平成21年度南九州市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について,歳出の主なものから申し上げます。

 居宅介護サービス給付費は,居宅サービス利用件数等が当初見込みより増加していることから,増額補正するものであります。

 委員から,増額補正に至った主な要因をただしたところ,介護認定者の増加及び後期高齢者の認定者増による利用率のアップが主な要因であるが,21年度からの介護従事者処遇改善を目的とした介護報酬の改正による介護報酬単価の引き上げや各種加算の新たな設定も要因の一つであるとの答弁でありました。

 また,委員から過剰なサービス利用がないかただしたところ,利用者にはその事業所に所属する担当のケアマネジャーが配置されており,主治医を含めた本人,家族等で担当者会議を開き,ケアマネジメントを行っているとの答弁でありました。

 歳入については,国県支出金,支払い交付金及び繰入金が計上されております。

 以上,討論はなく,採決の結果,賛成多数で本案は原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 これで,文教厚生常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(西良仁)  これをもって,文教厚生常任委員長の審査報告を終わります。

 これから,議案第86号から議案第88号までの以上3件の委員長報告に対し,一括して質疑を行います。質疑はありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから,議案第86号平成21年度南九州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)について,討論を行います。

 まず,本案に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  反対討論なしと認めます。

 次に,本案に賛成者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第86号を採決します。この表決は起立によって行います。本案に対する委員長の報告は原案可決です。本案は,委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(西良仁)  起立多数であります。議案第86号は委員長の報告のとおり原案可決されました。

 次に,議案第87号平成21年度南九州市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)について討論を行います。

 まず,本案に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  反対討論なしと認めます。

 次に,本案に賛成者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第87号を採決します。この表決は起立によって行います。本案に対する委員長の報告は原案可決です。本案は,委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(西良仁)  起立多数であります。議案第87号は委員長の報告のとおり原案可決されました。

 次に,議案第88号平成21年度南九州市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)についての討論を行います。

 まず,本案に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  反対討論なしと認めます。

 次に,本案に賛成者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第88号を採決します。この表決は起立によって行います。本案に対する委員長の報告は原案可決です。本案は,委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(西良仁)  起立多数であります。議案第88号は委員長の報告のとおり原案可決されました。

    ────────────────────



△日程第7―日程第9

         議案第89号―議案第91号一括上程



○議長(西良仁)  日程第7,議案第89号平成21年度南九州市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)についてから,日程第9,議案第91号平成21年度南九州市水道事業会計補正予算(第2号)についてまでの,以上3件を一括議題とします。

 本案について,産業建設常任委員長の報告を求めます。

  [産業建設常任委員長内匠秋夫議員登壇]



◎産業建設常任委員長(内匠秋夫)  産業建設常任委員会に付託された議案第89号,議案第90号及び議案第91号について,審査の経過と結果を報告申し上げます。

 委員会は,12月3日に開催し,執行部の出席を求め審査いたしました。

 まず,議案第89号平成21年度南九州市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)について申し上げます。

 本案は,人事院勧告及び職員異動等に伴う人件費の減額補正であります。

 以上,討論はなく,採決の結果,賛成多数で本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に,議案第90号平成21年度南九州市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について申し上げます。

 本案は,人事院勧告等に伴う人件費の減額補正であります。

 以上,討論はなく,採決の結果,賛成多数で本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に,議案第91号平成21年度南九州市水道事業会計補正予算(第2号)について申し上げます。

 本案は,人事院勧告等に伴う人件費の減額補正であります。

 以上,討論はなく,採決の結果,賛成多数で本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 これで,産業建設常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(西良仁)  これをもって,産業建設常任委員長の審査報告を終わります。

 これから,議案第89号から議案第91号までの以上3件の委員長報告に対し,一括して質疑を行います。質疑はありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから,議案第89号平成21年度南九州市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)について,討論を行います。

 まず,本案に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  反対討論なしと認めます。

 次に,本案に賛成者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第89号を採決します。この表決は起立によって行います。本案に対する委員長の報告は原案可決です。本案は,委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(西良仁)  起立多数であります。議案第89号は委員長の報告のとおり原案可決されました。

 次に,議案第90号平成21年度南九州市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)についての討論を行います。

 まず,本案に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  反対討論なしと認めます。

 次に,本案に賛成者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第90号を採決します。この表決は起立によって行います。本案に対する委員長の報告は原案可決です。本案は,委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(西良仁)  起立多数であります。議案第90号は委員長の報告のとおり原案可決されました。

 次に,議案第91号平成21年度南九州市水道事業会計補正予算(第2号)についての討論を行います。

 まず,本案に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  反対討論なしと認めます。

 次に,本案に賛成者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第91号を採決します。この表決は起立によって行います。本案に対する委員長の報告は原案可決です。本案は,委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(西良仁)  起立多数であります。議案第91号は委員長の報告のとおり原案可決されました。

    ────────────────────



△日程第10陳情第4号勝目地区新保育施設に関する陳情



○議長(西良仁)  日程第10,陳情第4号勝目地区新保育施設に関する陳情を議題とします。

 本件について,文教厚生常任委員長の報告を求めます。

  [文教厚生常任委員長永吉義輝議員登壇]



◎文教厚生常任委員長(永吉義輝)  文教厚生常任委員会に付託された陳情第4号勝目地区新保育施設に関する陳情についての審査の経過と結果について報告申し上げます。

 委員会は,12月3日に開催し,参考人と執行部の出席を求め,本陳情に対する見解も参考にし,審査いたしました。本陳情の主な趣旨は,第1項が地域のすべての子が平等で,良質な教育,保育の環境に恵まれるよう関係者は努力すること。第2項が仮称勝目保育所は,できれば名称を勝目子ども園が望ましい。第3項が,市の保育所民営化計画を明らかにすることを求める内容となっております。

 委員会の審査の中で,陳情事項の第1項の地域のすべての子が平等で,良質な教育,保育の環境に恵まれるよう関係者は努力することについては,憲法においてすべて国民は法の下に平等であることがうたわれており,妥当性を認めましたが,第2項の名称はできれば勝目子ども園が望ましいことについては,既に市民に名称募集されており,22年1月中旬に選定委員会で決定する運びである。なお,認定子ども園については新政権においてその推進が打ち出されたが,来年4月開始を予定の施設においては,施設対応は可能であるが,体制が整っていないことから,今後においての検討は必要であるが,現時点においては願意は認められないとの見解でありました。

 また,第3項の市の保育所民営化計画を明らかにすることについては,保育所民営化計画は,行政が計画するものであり,議会の関与は及ばないもので願意は認められないとの見解でありました。

 以上,本件については討論はなく,採決の結果,陳情内容の第1項については願意は妥当と認め,賛成多数で採択すべきものと決定し,第2項及び第3項については賛成なしで,不採択とすべきものと決定しました。

 これで,文教厚生常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(西良仁)  これをもって,文教厚生常任委員長の審査報告を終わります。

 これから委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 まず,本件に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  反対討論なしと認めます。

 次に,本件に賛成者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから,陳情第4号を採決します。この表決は起立によって行います。この陳情に対する委員長の報告は第1項については採択すべきもの,第2項及び第3項については不採択とすべきものとなっております。この陳情は,委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(西良仁)  起立多数であります。陳情第4号は委員長の報告のとおり第1項については採択,第2項及び第3項については不採択とすることに決定しました。

    ────────────────────



△日程第11―日程第14

         議案第92号―議案第95号一括上程



○議長(西良仁)  日程第11,議案第92号知覧地区小学校地上デジタル放送対応テレビ購入に係る物品売買契約の締結についてから,日程第14,議案第95号頴娃地区小・中学校校務用パソコン整備に係る物品売買契約の締結についてまでの,以上4件を一括議題とします。

 本件について,提出理由の説明を求めます。



◎市長(霜出勘平)  議案第92号から議案第95号までの4件について一括して提出理由の説明を申し上げます。

 4件とも指名競争によりそれぞれに入札を執行し,落札したそれぞれの相手方と契約を締結するため,南九州市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定に基づき議会の議決を求めるものでございます。

 まず,議案第92号知覧地区小学校地上デジタル放送対応テレビ購入に係る物品売買契約の締結についてでございます。

 本件は,地上デジタル放送への移行に対応するため,知覧地区小学校の既設アナログテレビについて機器の更新を行い,情報活用能力の育成促進と教育の質の向上を図ろうとして整備するものでございます。

 内容は,50から52型の地上デジタル放送対応テレビ計71台と,ほか関係機器の設置接続調整等でございます。契約金額は1,345万9,950円,契約の相手方は南九州市頴娃町牧之内3000番地株式会社文泉堂代表取締役瀬川浩三でございます。

 次に,議案第93号川辺地区小・中学校教育用パソコン及び校務用パソコン整備に係る物品売買契約の締結についてであります。

 本件は,川辺地区小・中学校において,教育用パソコン及び校務用パソコンを整備することにより,教育の資質向上,業務の効率化を図ろうとするものでございます。

 内容は,川辺地区7小学校で257台,1中学校で83台のデスクトップパソコン及びこれに付随するソフトウエア,ネットワーク通信関連機器の整備でございます。契約金額は7,732万2,000円,契約の相手方は南さつま市加世田武田15248番地11株式会社エルム,代表取締役宮原隆和でございます。

 次に,議案第94号知覧地区小・中学校校務用パソコン整備に係る物品売買契約の締結についてであります。

 本件は,知覧地区小・中学校において,校務用パソコンを整備することにより,教育の資質向上,業務の効率化を図ろうとするものでございます。

 内容は,知覧地区7小学校で50台,1中学校で21台のデスクトップパソコン及びこれに付随するソフトウエア,ネットワーク通信関連機器の整備でございます。契約金額は2,310万円,契約の相手方は鹿児島市中町3番11号南日本マイクロコンピューター株式会社,代表取締役野元幸浮でございます。

 次に,議案第95号頴娃地区小・中学校校務用パソコン整備に係る物品売買契約の締結についてでございます。

 本件は,頴娃地区小・中学校において,校務用パソコンを整備することにより,教育の資質向上,業務の効率化を図ろうとするものでございます。

 内容は,頴娃地区7小学校で48台,3中学校で28台のデスクトップパソコン及びこれに付随するソフトウエア,ネットワーク通信関連機器の整備でございます。契約金額は2,289万円,契約の相手方は鹿児島市金生町4番10号富士電機ITソリューション株式会社鹿児島支店支店長黒木耕でございます。

 以上で,提出理由の説明とさせていただきますが,参考資料といたしましてただいま御説明申し上げました4件それぞれに物品売買仮契約書及び仕様書,入札執行調書をお示ししてございます。

 御審議をいただきまして,御決定を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(西良仁)  これをもって,提出理由の説明を終わります。

 これから,議案第92号から議案第95号までの,以上4件について一括して質疑を行います。質疑はありませんか。



◆議員(大薗秀己)  このことについては,ちょっと自分が不得手な部分なんですが,お聞きします。

 今あるこの各学校にパソコンも何台か整備されているわけですけど,この後始末に関する契約はなされているんですか。データの始末,個人情報とかあると思うんですけども。

 それとこのパソコンに関しましては,3社がそれぞれ頴娃地区,川辺,それから知覧地区ということで,別々の会社が入札を落札しているようでございますが,全学校別々な機種になるのか,例えばパナソニック,ソニー,富士通いろいろメーカーはあると思いますけども,それぞれ別個の機材,機種そういうつながりになっているのかを聞きます。



◎学校教育課長(大木節夫)  まず,パソコンのリサイクルの件ですけども,処分につきましては,契約業者に依頼をするということで考えてございます。中のデータはもうすべて消去と。処分料も入れてございます。契約の中にですね。

 それから,2点目ですけども,現在の契約,3地区の契約の業者がそのまま同じ業者で契約をするということにたまたま,偶然ですけどもなりましたので,今使っている各学校のパソコンと,まあそれぞれ機種は違いますけども,業者が違いますので,富士通とかNECとかなりますけども,それについては全然支障はないということでございます。

 以上です。



◆議員(大薗秀己)  この契約書の中に,いわゆるリサイクルまで含んだ契約となっているということで確認です。もう一切その後の費用は発生しないということなのかですね。それと,これまで学校ではそれぞれパソコンの授業というのは行われていたということなんですけれども,それを置く室内ですよね,LANケーブルなんかが旧川辺町時代も室内が環境的によくなかったということで,補修というか,修理が出てきたんですが,室内ですよね。床とか,天井とかの関係,これも整備はもう既に終わっている状態でしょうか。



◎学校教育課長(大木節夫)  まず,1点目の費用の件ですけども,これについてはこの契約の中で執行するということでございます。

 それから,LANケーブル等につきましては,既存のものを,基本的には既存のものを活用すると。しかしながら,新たに必要なものにつきましては設置をしていくということで,整備を進めてまいるつもりでございます。

 先ほどの,機種についてはオペレーションシステムが同一でございますので,支障はないということでつけ加えされていただきます。

 以上です。



◆議員(大薗秀己)  もう一つ念を押します。そのデータのことに関してですが,教材として学校の先生方も使っている機材も入っているようでありますが,完全に消去され,今マスコミ等でよくデータの紛失ということで騒がれてしまうと,非常に個人保護条例の関係で問題になると思います。確認ができる状態まで学校教育課としては承認できるところなんでしょうか。全部消去できたということが,確認ができるか,できないかですね。責任問題です。



◎学校教育課長(大木節夫)  今の件は,非常に個人情報の保護とも関連して大事なことでございますので,契約業者としっかりと確認しながら,私ども教育委員会としてもしっかり確認して個人情報が一切流出しないように対処してまいりたいと思っております。

 以上です。



○議長(西良仁)  ほかに質疑はありませんか。



◆議員(竹迫毅)  参考までに質問いたしますが,この今議題になっているそれぞれの契約相手ですね,資本金等はわかっていますか。



◎財政課長(上野勝郎)  ただいまの御質問でございますけども,そういうところまで,詳しいところまでは把握をいたしておりませんが,この入札についきましてはやはり地元業者を優先ということで,指名願に出されていない業者等さんもございましたので,臨時的に指名願を受付をいたしまして対象といたしたところでございます。その案件の中に指名願を,受けつける中にそれぞれの所要の確認事項は求めておりますので,その点資本金等につきましては問題ないものというふうに考えているところでございます。

 以上でございます。



◆議員(竹迫毅)  この最近,いろんな企業で倒産とかそういうのが結構あるわけですよね。名前が一応通っているから安心かなとそうもいかないのが今は現実だと思うんですよね。ですから,いずれにしてもこのアフターとかそういうのが大事なわけですから,資本金だけじゃなくて,会社の業績とかそういうものもやはり慎重に調査して,やっぱ契約すべきだと思うんですよね。今回はそういうものは調べていないということですが,今後はやっぱそういうとこまで念入りにやるべきだと思うんですが,どうですかね,答弁いただきたい。



◎財政課長(上野勝郎)  失礼いたしました。手元に資料を持ち合わせておりませんので,確認次第また提出させていただきたいというふうに考えています。

 以上でございます。



○議長(西良仁)  ほかに質疑はありませんか。



◆議員(蔵元慎一)  参考までに聞いておきたいんですけれども,こういったものが対象になるかどうかわかりませんが,エコポイントというのを今市場のほうでは使われていますよね。それはどうなんですか。



○議長(西良仁)  済みません。私もよくわからなかった。蔵元議員もう一遍。



◆議員(蔵元慎一)  今,一般の市場ではテレビを1台買うとエコポイントというのがつきます。で,あとでそれ返金されます。商品券みたいな形で。まあ,多分こういったのは対象になるかどうかわかりませんけれども,一応聞いておきたいなと思いますが,どうでしょうか。



◎財政課長(上野勝郎)  ただいまのエコポイントの付与につきましては,公共団体が実施する業務につきましては対象とならないという形で指導を受けておりますので,対象となっておりません。



○議長(西良仁)  ほかにございませんか。



◆議員(浜田茂久)  先ほどの落札者に対する資本金等々の質問がありましたが,関連いたします。入札制度の中で日本全国,国の指導もあるはずでありますが,その制度を用いているはずですが,必ず保証人制度というのがすべてにありますで,明快に財政課長のほうから,保証人制度ですべて対処いたしますという明快な答弁がいただきたいなと思うんです。

 以上。



◎財政課長(上野勝郎)  その点につきましても,内容を調査して報告させていただきたいというふうに思います。



○議長(西良仁)  ほかに質疑はありませんか。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。議案第92号から議案第95号までの以上4件については,会議規則第37条第3項規定により委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

  [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  異議なしと認めます。議案第92号から議案第95号までの以上4件については,委員会付託を省略することに決定しました。委員会の付託を省略します。

 これから,議案第92号知覧地区小学校地上デジタル放送対応テレビ購入に係る物品売買契約の締結についての討論を行います。

 まず,本件に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  反対討論なしと認めます。

 次に,本件に賛成者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから,議案第92号を採決します。この表決は起立によって行います。本件はこれを可決することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(西良仁)  起立多数であります。議案第92号は可決されました。

 次に,議案第93号川辺地区小・中学校教育用パソコン及び校務用パソコン整備に係る物品売買契約の締結についての討論を行います。

 まず,本件に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  反対討論なしと認めます。

 次に,本件に賛成者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから,議案第93号を採決します。この表決は起立によって行います。本件はこれを可決することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(西良仁)  起立多数であります。議案第93号は可決されました。

 次に,議案第94号知覧地区小・中学校校務用パソコン整備に係る物品売買契約の締結について討論を行います。

 まず,本件に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  反対討論なしと認めます。

 次に,本件に賛成者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから,議案第94号を採決します。この表決は起立によって行います。本件はこれを可決することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(西良仁)  起立多数であります。議案第94号は可決されました。

 次に,議案第95号頴娃地区小・中学校校務用パソコン整備に係る物品売買契約の締結についての討論を行います。

 まず,本件に反対者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  反対討論なしと認めます。

 次に,本件に賛成者の発言を許します。

  [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西良仁)  賛成討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから,議案第95号を採決します。この表決は起立によって行います。本件はこれを可決することに賛成の方は起立願います。

  [賛成者起立]



○議長(西良仁)  起立多数であります。議案第95号は可決されました。

    ────────────────────



△散会



○議長(西良仁)  以上で,本日の日程は全部終了しました。

 次の会議は12月22日午前10時から開会することとし,本日はこれにて散会します。

午前11時3分散会