議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 南九州市

平成 21年 第 3回定例会( 6月) 06月17日−02号




平成 21年 第 3回定例会( 6月) − 06月17日−02号









平成 21年 第 3回定例会( 6月)


 本会議2号     (6月17日)
   出席議員     24名
1番議員  峯 苫 勝 範        13番議員  今 吉 賢 二
2番議員  菊 永 忠 行        14番議員  満 留 秀 昭
3番議員  山 本 森 満        15番議員  内 匠 秋 夫
4番議員  田之脇   厚        16番議員  山 下 つきみ
5番議員  浜 田 茂 久        17番議員  柚 木 茂 樹
6番議員  大 薗 秀 己        18番議員  松久保 正 毅
7番議員  田 畑 浩一郎        19番議員  蔵 元 慎 一
8番議員  深 町 幸 子        20番議員  塗 木 弘 幸
9番議員  竹 迫   毅        21番議員  薗 田   誠
10番議員  森 田 隆 志        22番議員  加治佐 民 生
11番議員  永 吉 義 輝        23番議員  下 窪 一 輝
12番議員  東   兼 喜        24番議員  西   良 仁
   欠席議員     0名
───────────────────────────────────
 地方自治法第121条による出席者
市     長  霜 出 勘 平    総 務 課 長  中木原 重 孝
副  市  長  鶴 田 康 夫    財 政 課 長  上 野 勝 郎
副  市  長  山 内 廣 行    企 画 課 長  金 田 憲 明
教  育  長  小 野 義 記    商工観光 課長  田 代 良 民
総務部長兼
知覧支所長    海江田   操    行革推進 室長  吉 永 正 博
市民福祉 部長  有 水 秀 男    福 祉 課 長  君 野 悦 郎
農林水産 部長  伊瀬知 正 人    農林水産 課長  東   利 文
建 設 部 長  大 坪 三 郎    茶 業 課 長  鮫 島 信 行
会 計 管理者  新 留 和 人    教育総務 課長  小 園 和 幸
教 育 部 長  和 田 二三男    学校教育 課長  大 木 節 夫
頴 娃 支所長  永 谷 岩 男    頴娃支所建設課長 伊瀬知 博 道
川 辺 支所長  土 喰 行 夫    川辺支所 次長  下之薗 博 幸
───────────────────────────────────
 事務局職員出席者
事務局長  中 薗 浩 二    議事係長  浜 田 純 一
庶務係長  堂 園 政 利    議事 係  川 ? 弘一郎






 第3回定例会議事日程(第2号)

 第 1.会議録署名議員の指名
 第 2.一般質問



平成21年6月17日 午前10時0分開会





△開議



○議長(西良仁)  これから本日の会議を開きます。

    ────────────────────



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(西良仁)  日程第1,会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は,会議規則第81条の規定により,議長において加治佐民生議員,下窪一輝議員を指名します。

    ────────────────────



△日程第2一般質問



○議長(西良仁)  日程第2,一般質問を行います。

 順番に発言を許します。

 まず,柚木茂樹議員。

  [17番議員柚木茂樹登壇]



◆議員(柚木茂樹)  おはようございます。私は通告に従い,農業の振興,林業の振興の振興及び契約とその履行について霜出市長にお尋ねします。

 霜出市長は,南九州市を南の食料基地として発展させる構想を提言しております。本市の茶業にあっても,年間140億の売り上げがあり,昭和40年代の農業構造改革事業,50年代のシラス対策事業などの基盤整備や品種の改良,乗用摘採機を代表とする機械の進歩は多耕作化を可能にいたしました。また,お茶の値段は長年高い推移を保ち,つくれば売れる時代がこれまででした。

 しかし,昨年からの茶業の動きは,消費者がお茶を飲まなくなっているリーフ茶の減少,供給過多による在庫余りなど,これまでにない構造的変化から来るものであります。明らかに茶業の時代の流れは変わったと思います。したがって,今回のお茶の価格の低迷は今後もしばらく続くものと考えて間違いないと思います。

 今,生産者の一部で生産調整の動きがありますが,これは全国レベルで実行して初めて効果の上がるもので,うまくいかないのではないかと考えております。まずは,二,三反の零細耕作者が脱落です。次に,体力のないお茶工場が脱落です。完全に強い者が勝つ弱肉強食の時代にお茶業界は入ったと思っております。つまり,これからは産地間競争に勝つ者が生き残るのであります。

 ところが,本市は時代のトレンドは完全に変わっているのに旧態のまま新植補助など,耕作地を増やす政策ですし,時代の局面の変化に合った政策を講じているとは思えません。

 そこで,第1点目は,価格低迷下の茶業への対応と今後の政策の展開について霜出市長に所見を求めます。

 次に,林業の振興について質問いたします。

 産業としての林業は,長年の低迷でもはや死に体と言ってもよいほどの疲弊ぶりであります。林業の持つ他面的機能を発揮しながら,産業としての林業の復興については試案の提案を含め後日に譲りたいと思いますが,今回は南九州市総合計画にある地材地建を推進するとあるとおり,地産地消に地材を加えて推進する考えはないか霜出市長にお尋ねしたいと思います。

 次に,契約とその履行について質問をいたします。

 市道大川門之浦線の用地費補償費が補助対象外となった経緯は,全員協議会で説明になったのは御案内のとおりであります。私は,最終的被害者である市民の立場でこの件を考えてみたいと思います。

 この建物等移転補償契約書は,3回の契約変更をしておりますが,初めの契約書を合わせて都合4回契約をしたことになります。変更契約をなすには,変更契約の伺い書が必要で,変更の理由により霜出市長は4回押印,決裁したことになります。

 同案件を3回もの変更契約は,相当の注意を持って契約に当たらなければならないことを意味します。とりわけ理解できないのは,第3回変更契約です。補助金が対象外の事業と判明した後,平成21年3月31日にその日まで収去すべきだった第2回の変更契約を,2カ月後の5月31日までに第3回の変更契約として延ばしたことです。

 これにより,第2回の変更契約は無効になり,保証金1億888万3,600円は返済要求できなくなったからであります。契約には,債務不履行の場合を想定し,必ず被害の損害を防ぐ設定があるものです。

 実は,保証金対象外として被害が確定したのではなく,この第3回の変更契約で確定したのであります。この第3回変更契約の南九州市の契約者はだれだったのか,霜出市長にお尋ねします。

 以上,大項目3点につき1回目の登壇による質問とします。

  [市長霜出勘平登壇]



◎市長(霜出勘平)  おはようございます。本日もどうかよろしくお願いを申し上げます。

 それでは,柚木議員の御質問にお答えいたします。

 まず,1番目の茶業振興についてでございますが,これまで生産組織の育成,土地基盤,生産基盤の整備など,各種事業に取り組んできたところでございます。平成16年におきましては,過去最高の売上実績を上げたところでございますが,リーフ茶の消費低迷により茶価は年々厳しくなっておりまして,本年度の一番茶は昨年後半からの急速な契機の落ち込みや,リーフ茶の消費低迷によりまして流通業界では多くの在庫を抱え,さらに昨年より10日早い摘採開始となりまして,また摘採直前の低温障害で本市の42%を占めるゆたかみどりが大打撃を受けるなどかつてない厳しい状況となり,本年度の一番茶は終始安値相場で,昨年より16億2,000万円少ない67億8,000万円となったところでございます。

 柚木議員の厳しい状況に置かれている茶業への対応と今後の施策をどのように考えているかという御質問でございますが,当面の対応といたしましては,2番茶以降の生産対策として品質重点生産を目指すとともに,全国的な過剰在庫に対しまして自主的な生産調整とあわせ,樹勢回復のための中刈り,深刈りや,優良品種への改植を進め,また経費削減対策や経営分析による経営改善対策指導を関係機関と一体となり積極的に進めているところでございます。

 今後の施策といたしまして,南九州市の健全な産地の育成と茶業の維持,発展を目標に,現在茶業経営のアンケート調査を生産者及び茶工場ごとに実施をいたしまして,既存茶園の維持や担い手の適正な経営規模の推進として農地流動化対策,処理加工の効率化を目指し,安定的な工場運営を図るための合理的な再編に向けて調査をし,これらをまとめ,茶工場,茶農家の意向を踏まえ対策を講じてまいりたいと思います。

 また,安心・安全,信頼される茶産地づくりといたしまして,ポジティブリスト制度,農薬飛散防止対策の収穫前10日旗の実施や,鹿児島農林水産認証制度のケイギャップ並びにジェイギャップなどの認証を取得いたしまして,生産者みずから各種イベントや消費地に出向き,PRや販売を行うことが大事でありまして,それらの取り組みに対して市としてもできる限り支援してまいたりいと思っております。

 さらに,経営の安定を図るため,国県の補助制度を有効に活用し,足腰の強い,価格低迷に対応し得る施策を講じてまいりたいと考えておるところでございます。

 次に,2番目の林業振興についてお答えいたします。

 林業振興につきましては,これまで除間伐の推進,作業道及び林道の開設,松くい虫防除や海岸防災林対策等を実施いたしまして,森林の持つ機能を発揮しているところでございます。

 南九州市の森林面積は,1万8,268ヘクタールで,うち人工林面積は1万1,824ヘクタールで64.7%であり,その人口林は昭和30年代から植林された杉,ヒノキが中心でございます。

 しかしながら,昭和60年代から平成に入り安い輸入材に押され木材価格は低迷し,森林所有者の山に対する意欲が薄れ森林は荒廃し,現在におきましては,森林組合等が国県の補助事業によりまして造林から除間伐等を実施しているところでありますが,木材価格は依然として低迷いたしており,森林所有者に利用間伐材代として還元が難しい状況の中,南九州市にはいち早く平成6年に旧川辺町に株式会社南薩木材加工センターが建設をされまして,年間約1万4,619立方の木材を製材,加工,販売しているところでございます。

 年々南薩地域の間伐材の仕入れが多く,全体の45.6%の仕入れ材となっております。また,南薩木材加工センターの隣,森林組合の丸棒加工センターが建設され,年間1,498立方メートルの間伐材を加工してるところでございます。

 このようなことから,南薩木材加工センターとしましても,機能を強化し積極的に取り組み,森林所有者に少しでも素材代として還元できるように計画をされておるところでございます。

 質問にあります木材の地産地消につきましては,南薩地域の木材利用推進協議会や南薩の家づくりグループ等とタイアップしながら,積極的に推進してまいりたいと思います。

 次に,3番目の契約についてお答えいたします。

 柚木議員の,3番目の契約についてでございますが,この件につきましては,平成21年4月21日開催されました議会全員協議会で,不適切な事務処理によって用地費補償費が補助対象外事業費扱いとなった経緯と,今後の事務処理について報告をさせていただいたとおり,当初契約と3回と変更契約を交わしておりますが,すべて契約は藤下弘遠氏と南九州市長の締結となっておるところでございます。

 以上で,柚木議員の質問に対する答弁とさせていただきます。



◆議員(柚木茂樹)  2回目からの質問に入ります。

 まず,茶業の件からでありますが,6月5日付新聞に非常に示唆的なことが書いてありますので,後の質問につながりますので少しそこを押さえておきます。

 荒茶に仕上げて市場で入札などするわけですが,それにして商社が27の人に限られて,そして27社が入札するんだということがまず書かれております。

 鹿児島茶の茶商は,静岡や京都など県外茶商に買ってもらうのが仕事だったと,そのことは,現在も基本的には変わらないんじゃないかと思いますが,要するに原料供給基地であるということをここに書いてあるわけであります。

 現在も,生産量の7割は荒茶のまま出荷され,県外で仕上げ茶になる。つまり,京都・静岡の茶商によってブランド化され,仕上げ茶にされ流通されているということがここでわかると思います。

 それと,作れば売れる時代だったが,茶の価格低迷はもう御案内のとおりでありますから触れませんが,原料供給地のままではブランド化は非常に難しいというふうにも書いてあります。消費者認知度を上げる構想が必要であるとも書いてあります。飲まなくても知ってもらうんだということだろうと思います。私は,非常にこの新聞は示唆的で,まずは冒頭押さえておきたいと思います。

 そこで質問に入りますが,茶振興等についてそれぞれの施策を講じておりまが,まずは防霜ファン施設の補助金が市単事業と県補助の2種類あると思います。現在,県補助の事業はどうなってるんでしょうか。



◎茶業課長(鮫島信行)  防霜ファン事業でございますけれども,市の単独補助事業とそれから国庫補助事業,それから県単の補助事業という3つの補助事業の採択があるわけでございますけども,今市の単独事業につきましては国庫補助事業で採択されない茶園の防霜施設の整備ということで,補助率3分の1内でやっております。

 この事業につきましては,山の中の飛び地1枚でも実施でき,農家としては非常に導入しやすい事業でございまして,20年度の実績でございますが,7ヘクタールの予定に対しまして11ヘクタール申し込みがあり,採択委員会を設けまして1年生2年生は次年度回しにお願いして7ヘクタール実施したところでございます。

 それから,国庫補助事業は強い農業づくり交付金で補助率2分の1以内ということでございますけれども,これにつきましては,21年度につきましては農家のほうから申し込み上がってきていなくて計上してございませんけれども,3戸以上のやはり組合組織をつくり,10ヘクタール以上の団地でそのうち利益地2ヘクタール以上ということでございます。

 いずれも,この事業につきましては圃場の一辺が接していて連担団地でなければならないということで,相乗効果の期待できるものでなければならないということになっております。ということで,非常にこうして今飛び飛びの団地ではちょっと採択されないと。

 それからまた,近年ポイント制になりなかなかポイントを稼げずに採択がされにくいということと,会計検査の対象となるということでございます。

 県単事業につきましては,補助率が3分の1内でございまして,1から2ヘクタールの団地でございまして,これもやはり組合組織を条件としており,会計検査はないんですけれども県内に全体合わせて10ヘクタールの予算枠しかなくて,どの市町村もやりやすいということで,会計検査ないということで手を挙げてということで,なかなか回ってこないというそういうわけでございます。

 以上,3点の事業採択があります。



◆議員(柚木茂樹)  丁寧な説明でありがたいんですけど,今防霜ファンのサンライズ事業ですか,県単事業を尋ねましたが,そのことについて一問一答式ですからね。そのことを答えていただければスムーズにいくと思います。

 いずれにしましても,なぜこういう質問したかというと今度の予算に載っていない,要するに申請主義ということがあって,申請が上がってこなかったということでありますが,面積の採択要綱などがあったりするということでありますが,体力をつける農業を育成するには有利な補助金,市は一銭も払わないわけですから,ほとんどですね。一銭もちゅうのは問題がありますが。

 圃場を調査し,あるいは把握して,やはり農家にそういう推進をすべきだと,こういう趣旨で今質問したわけです。もう答弁は要りません。今後,ことしはそういう事業が展開されていないようでありますから,今後農家の把握をして最終的に防霜ファン付ける付けないは農家が決めるでしょうけれども,推進はすべきであるとそういう趣旨で今質問したんです。次の質問に移ります。

 新植,改植補助について質問いたしますが,新植と改植補助の割合を質問いたします。



◎茶業課長(鮫島信行)  昨年の実績でございますけれども,新植と改植の比率でございますが,昨年度が新植が約13ヘクタール,改植が12.9ということで,半々の実績となっております。



◆議員(柚木茂樹)  約半々だと,冒頭登壇でも申し上げたとおり,時代の分水嶺ちゅか分岐点は変わって,もう生産調整の時代に入ってるんだということも冒頭申し上げたんですが,改植はよろしいんです改植は。3年ぐらいは生産に,生葉になりませんから3年か4年はですね。

 新植はまた増やすちゅわけですから,少なくともこの予算はすべてもう改植に改めて,工場のラインを考えながら生産者が判断するでしょうから,特に川辺の辺はやぶきた中心と聞いておりますから,ぜひそういうふうにもう,何というか現状に合ったタイムリーな対応をできないものか,その点を答弁お願いします。



◎茶業課長(鮫島信行)  御指摘のとおり,やはり価格低迷で農家としても本当に新植はとてもできない状況と思っておりますけれども,やはりその中でも将来を見据えて規模拡大をしたい農家もおられると思っております。

 比率が改植のほうにだんだんなってまいるとは思います。しかしながら,そういう新植もされる農家もいるということで,このままの形でもやはり両方使えるということでいいのではないかとは思っておるところでございます。



◆議員(柚木茂樹)  これも答弁要りませんが,少なくとも予算アップを改植のほうにもうちょっとしていただいて,これは生産調整につながるんですよ,都合3年間は。3年4年はですね。それは,方向性として考えていただきたいということぐらいで,とめおきたいと思います。

 次に,流通のことについて申し上げますが,荒茶までは私もわかるんです。荒茶までは生産者が生産して,荒茶以降の流通に関してはどういうふうな認識というか,どういうふうな流れになってるか御説明できますか。



◎茶業課長(鮫島信行)  流れが,今荒茶流通でほとんど小売茶流通は,市内ではJA南さつまさんが一生懸命やっていただいておるわけですが,それと一部の農家の方々が小売茶のほうをやっておられるようでございますけども,その小売茶のシエアが約10%で,御指摘のとおりやはり本市の流通形態といたしましては,ほとんど茶市場利用となっております。

 約9割方,鹿児島の茶市場,あるいは静岡の茶市場のほうに流れておりまして,荒茶流通ということになっておりますけれども,その市場の後は問屋さんが買っていかれる,その後はちょっとこう非常に,どちらのほうに流れているかちょっとわからないような状態で,ちょっと先の読めない状態でございます。



◆議員(柚木茂樹)  要は私の質問は,静岡の茶商などが買った後は,例えば知覧茶はどういうふうなルートでもって流れてるのか,それ把握してるのかって質問でありますから,把握していないんだったら把握していなということだったんですけどね。

 もうこれは答弁要りません。行政が,今後流通に施策をシフトしていかなければならないと思っておりますから,行政の持てる能力をすべて発揮して,知覧茶の例で申し上げますが末端の飲む人までにはこういう流れになっている,いろんな流れがあるでしょう。茶商というのは,非常に茶業会というのは複雑なちゅか特異な分野で,荒茶に仕上げてまたブレンドして,そして昔からまた静岡なら静岡の茶商がそれぞれ独自のルートでもって流していると。ところがどこに売るとは全くわからんとこういうことなんですよ。

 ほんで,私は直接南九州茶を飲む人まで届けないとブランド化は難しいと思っておりますが,少なくともその流れに関しては把握してないということでありますから答弁は要りません。今後の対応,対策で,行政総力を上げてこの流通の流れの解明をお願いしたいと。そこに対応策が見出せるんじゃないか思います。

 次の質問に入ります。茶品質対策事業補助と茶宣伝事業補助は,ブランド確立を目指すための事業でありますが,これに対するブランド化の考え方を答弁いただければありがたいと思います。



◎茶業課長(鮫島信行)  茶宣伝事業でございますが,現在これにつきましてはお茶の消費拡大ということで,本市の飲食店あたりにこうしてお茶を,県外から来られた観光客に対してお茶を提供するものでございまして,この事業につきましてはJAいぶすきが5軒,それからJA南さつま管内が10軒の飲食店が利用していただいておりまして,今茶産地の飲食店としてよいお茶を供給してるといったような評価もあり,消費拡大対策としては効果があるのではないかというふうに考えております。

 また,品評会の出品対策事業につきましても,旧知覧町時代より全国品評会で5年連続産地賞,それから大臣賞,あるいは県品評会でも同じく産地賞に大臣賞を獲得いたしまして,産地の名声を高めたことは大きな銘柄確立につながったとも考えております。

 また,出品対策事業につきましては,やはり農家のそれぞれの優良茶づくりの基礎となっておりまして,南九州市の品質向上にもやはり貢献しておりまして,効果があったのではないかというふうに考えております。



◆議員(柚木茂樹)  出品茶対策事業を否定するものではありませんが,これはまだ県外の方に,一般の消費者に,例えば知覧町の例で申し上げて申しわけないんですが,知覧茶というものがほとんど知れてなかったという時代には,認知をさせるという意味では効果があったと思います。30年前の話ですが。それが,観光客とか来てそういう効果もあってだんだん認知が深まってきたと,こういうのは事実だと思います。

 それで,実際荒茶を生産してるのは小売をしてる人には,自分の袋に産地賞をとったとか書けるわけですから有益なわけですよ,確かに。それを否定するものでありません。さっき言った品質の向上につながった,これも否定するわけでありません。

 ところが,先ほど申し上げましたように,最終的には京都,静岡の茶商が買うわけです。京都,静岡の茶商は鹿児島の業者を通じて買うわけです。鹿児島の茶商は,ここの茶工場はこんなものはもう知っているわけです。出品茶ですか,出品茶は特別な作業によって作ったのであって,普段の茶はそれとはまた違うというのを知っとって,茶商はいい商品を安く買って,混ぜて高く売るちゅうあれですから,なかなかこれでは消費者にとって高値で買ってもらうことにはつながってこないんじゃないかと,こういうことで申し上げたわけです。

 これを否定するものでありませんが,その辺は再考して,まだほかに対策はないのかと考えなければいけない,これ続けながらもですよ,それあともってまたつながってきますから,まずそのことだけ指摘しておきます。

 それから,茶宣伝事業は,名前言うとよくないのかな,この辺の食堂みたいなところで知覧茶を飲ますわけですけど,水とか茶とか来た人はサービスと思ってて飲んでますよね,県外の観光客なんかは。普通ただで出すわけですから。

 別に,これは知覧から補助金でもって,ただですから飲んでくださいとは言わない,ただ出すだけなんですよ。なかなか飲む人たちのインパクトが足りない,私はもうそこの平田邸ですか,今ソムリエあたりが振興会,議会の休憩室で飲ましてくれましたが,おもてなしの心で茶を飲ましてくれましたよ。あれは振興会さんの事業みたいですが,あそこの平田邸あたりで観光客が歩いてるときに,予算化をしてもっと人件費も,ボランティアでもいいんですが,事業予算化をして飲ましたほうがずっと効果は高いとこういうふうに思っております。

 まあありがたいのは食堂屋さんだけで,実際にはなかなか効果になっていないとこういうに考えます。この辺御検討いただいてもう答弁は,あればしてください。要りません。

 次の質問に移ります。要するに,時代の分水嶺はもう既に超えてしまったというふうな認識であって,流通業界,静岡市場,静岡茶商が支配していた時代にそろそろかみ込んでいかなければならないというか,踏み込んでいかなければならない,やっぱり鹿児島茶のブランドで流通まで拡大していかなければならないという趣旨で今申し上げているんですが,いかんせん長引く低迷下の中で茶生産者自体の体力の問題なんですね。

 まず,一番こたえるのは,すべて茶工場に生産者ぶら下がってますから,そのどっかの茶工場で作っていますから,専業はあれは永年作物ですからなかなかそれから転換するわけにもいきません。そういう中で,再編をするんだということもありますが,体力が持つかという話なんですよ,返済金の体力がですよ。その辺についての何か見解はございますか。



◎茶業課長(鮫島信行)  非常に,今茶価の低迷してる中で,農家の手取りが非常に少ないということで,体力的に非常に大変な時期に来ていると思っております。

 先ほど,市長の答弁の中でもございましたように,やはりいろんな当面の対策,それから今後の対策を進めながら,足腰の強い環境をつくっていかなくてはいけないとは思っておりますけれども,やはり今後は御指摘のとおり流通対策を進めながら,やはり自分たちが高く売れるようなお茶づくりをしていかなくてはいけないんじゃなかろうかというふうに考えておるところでございまして,やはりその流通対策につきましては,農家みずから役割,イベントやそういうところにも出向いて行ったり,あるいはJA茶業センターのほうでも付加価値をつけた仕上げ茶での流通というのも考えていっていただきたいというふうにも考えております。

 それからまた,新たな茶種の製品の取り組みということで,少しでも農家の方々に何か還元できるような,そういった取り組みもやっていきたいというふうにも考えておるところでございます。



◆議員(柚木茂樹)  今の答弁は,できれば今後の政策ですから市長が答えていただきたかったと思いますが,市長にもう1回,私は産地間競争に入り,茶工場が体力がないんであればそこに何らかの手だてをしないといけない。私は,返済に対する融資制度を市が作って,融資制度貸付制度ですけれども,これは補助金ではありません。補助金はくれるわけですけど貸付は返してもらえます。

 無利子でもいいんですけど,そういうのもしばらく支援しなければならない団体があるのではないかと思っておりますが,市長その辺について見解を述べてください。



◎市長(霜出勘平)  先ほども申し上げましたように,今までいろいろとこのアンケート等もとっております。そういったことも分析をしながら,これからできることをやっていかなければいけないのではなかろうかなというふうに思っております。

 課長のほうからも話がありましたが,この荒茶が下がっておるわけです。小売茶はそう下がってはいないんじゃないかというふうに思っております。だから,すべて小売で売れるわけはないわけですが,できるだけ小売りで売れるような体制をお互いに考えていかなければいけないのではなかろうかなあというふうに思っております。

 JA南さつまでも,本市と交流のある平川市とか北九州市とかそういったところにも進出をして,この南九州市茶を広めていきたいというような取り組みもされておるところでございますので,そういったところにもやはりこの茶農家の方々も行っていただいて,そして直に消費者のニーズというんですかね,意見等を聞いていただければどういうお茶をつくれば売れるということもわかるんじゃなかろうかなというふうに思っております。

 そういった意味でも,そういう意欲のある方々には市としてもいろんな形で助成をしていきたいと,このように思っております。だから,できるだけ付加価値をつけて高く売れるようなことをお互いに考えていかなければいけないのではなかろうかなというふうに思っております。



◆議員(柚木茂樹)  質問は,茶工場のことでありまして,茶工場経営体質を強化するためにそういう支援制度に対する見解を述べる,それはそれでわかったようでありますが,答弁はよろしいです。

 私は,茶工場つぶれれば茶工場にぶら下がってる農家はそのときからもう困るわけですから,返済金に困っているんであれば調査をして,返済融資制度,基金でもいいですから作るべきだとこういうふうに申し上げておきます。ぜひ御検討ください。

 もう無利子でもいいと思いますが,借金の返済ですからね。市は,またそれを貸し付けるわけですから返してもらわないかん。それに対しては,ちゃんと返してもらわないかんですから,事業計画なり担保というのはその茶工場の経営ですね。経営を見きわめて貸し付ければよろしいかと思います。答弁があれば答弁してもいいですが,答弁は別に要りません。

 そこで,今市長からも,荒茶じゃなくて仕上げ茶で売ることも流通に皆さんの知恵を借りながら今後取り組みたいと,こういう今答弁があったわけですが,少し私の構想でよろしかったら見解もコメントもらいたいと思いますが申し上げてみたいと思います。

 私,官と民の出資による流通会社をつくるべきだと思ってるんです。1億ぐらいあればできるんじゃないかと思ってるんですが,官が5,000万民が5,000万,民の出資者は茶工場関係者を中心に民から株主として投資していただくと,で流通会社つくると。

 ロットがある程度確立されますと,大販店に売れます。今大販店が直接農家と取り引きしますから,そのメリットがあります。

 次に,売りのコンセプトは安心・安全で産地直だと,こういうコンセプトでいいと思います。知覧の南九州茶だけをブレンドして売ると。非常に安心だと。表示には,したがって生産者の名前も入れられれば写真も入れようと思えば入れられるわけであります。

 売り方は,やはり愛郷会に中元お歳暮等も営業してもいいんじゃないかと思います。先ほど申し上げました大販店は,ロットと品質,味で売り込めばいいんじゃないかと思います。

 それに,先ほど茶宣伝事業,要するに食堂などで飲ましている事業ですね。これは,観光客に直接お茶を試供品で上げたらいいんじゃないかと思います。100万人いるこの来る人たちを宣伝の一つの道として使わない手はない。200円以上の景品になると,景品表示法ちゅうの何か引っかかるみたいですね。200円ぐらいはくれていいわけでから。それにCRコードをつけて,CRコードちゅうのは携帯の写メで当てれば,注文が,売買注文ができるちゅうやつです。つけて,うまかったら買ってもらうと,この会社で買ってもらうと。利益上がれば,当然出資者に配当すると。こういう会社をつくり,直接市場との直接関係を結べばいいんじゃないかと思います。

 まずは,飲む前に南九州市は日本一の茶の産地なんだという,全国に認知させることが非常にまずは大事ですね。品評会でも結構ですが,のぼり旗を2,000本も3,000本も立てて,南九州市日本一の茶どころようこそとか,100万人観光客来るわけですからこの100万人の観光客を利用した宣伝をなすべきではないかと,こういうなふうなことも思っております。コメントは要りませんが,あえてコメントがあればコメントをお願いします。



◎市長(霜出勘平)  大変貴重な御意見をいただきました。これから,そういった御意見等も振興会あたりといろいろ協議をしながら,付加価値をつけて売れるように努力をしてまいりたいと思います。

 振興会あたりでも,いろいろと勉強会もしております。その席で,大変貴重な御意見だったわけですので,講演でもしていただいたら茶業界の皆さんも大変助かるんじゃないかと思いますが,そのような機会も持ちたいと思いますので,その節はどうかよろしくお願いをいたしたいと思います。



◆議員(柚木茂樹)  次の第2項目に入ります。地材を地産地消に加えられないかということであります。

 総合計画では,地材地建,地元の地建も推進するにあたりますが,具体的に何かそういう事例がございますか。



◎農林水産課長(東利文)  具体的な例といたしましては,先ほど市長が申し上げましたように南薩の家づくりグループ,これは民間で組織している団体でございますけれども,この団体が,19年度75棟,20年度62棟の実績ということで上がってきております。

 それと,木材利用協議会ということでタイアップしていきたいということで申し上げましたけれども,この中で具体的に申し上げますと,南九州市の椿山団地で公営住宅等整備事業の中で14立米,それから塘之池公園のトイレの整備で13立米,それから知覧警察署勝目駐在所の建設で35立米を使われたと。

 それと,そのほかに川辺地区のほうで小中学校の机の天板に川辺ヒノキを使っていると。平成20年度は300枚使ったという事例がございます。

 以上です。



◆議員(柚木茂樹)  公共あるいは民間60何棟ですか,地材を使って地建でやってるんだと。どの程度地建,建物の中の割合でどの程度の地建が使われてるかはわからないわけですが,一応推進をしてるとこういうことでありますが,ここで私は今後,今度ですよ,今度川辺地区の公民館をつくりますね。それから,今後市長は小学校中学校等も改築,新築含めてやっていくんだということも言ってますね。

 私は,みずから行政ができれば,できる限り地元材を使うと。これ地産地消を推進することになると思いますが,それに対するお考えを市長,お答えいただきたいと思います。



◎市長(霜出勘平)  校区公民館が出ましたが,これについては最初プレハブでということだったんですが,それでは地元の活性化にならんということで,木材で大工さんにお願いをして建てようということで取り組んでおります。多分,この地元材をふんだんに使っての建設になるのではなかろうかなというふうに思っております。



◆議員(柚木茂樹)  非常にありがたいことだと思います。木材というのは,実は非常に高い機能を持った建築資材でありまして,集成材をつくればいろんな形もつくれる,それから土壁とかすればいろんな,何ちゅんですか品のいい建物もつくられる,それから鉄筋を使えば強度も高い,耐用年数は実は鉄筋コンクリート実はこれも変わらないですね。メンテナンスをすれば。改造は可能だと。むしろ,鉄筋コンクリートより有利な面がたくさん持ってます。

 私は,ついつい行政は鉄筋コンクリートに頼りがちだったですが,今後は小学校等も入札制度も柔軟にして,今大工さんは仕事がなくて困ってます。大工さんなどに,一部屋ずつでもいいですよ入札させて,地産地消を出させていくとそういう政策も必要だと思いますが,それに対する何か考えがあれば御答弁ください。



◎市長(霜出勘平)  いろいろこの農林課,そして所管課で木材を使ってそういった建物を建てられないか,鉄筋とか鉄骨とかそれにこだわらず建てられないかというようなことで,今いろいろと勉強もいたしております。

 この建築というのは,もう本当にいろんな方々に,大工さんそれから水道屋さん,いろんな方々に影響があるわけですので,このことについてはそういった,木材にすればまたいろんな形で活性化ができるんじゃなかろかなあというふうに思っておるところでございます。

 一つの例として,勝目保育園を建築を今度するわけでございますが,その途中の段階で木材を使えばそれなりの補助金が出るというようなことでこの検討もいたしたところでございますが,まだちょっとこの国県のほうの対応がはっきりしませんで,途中で断念をした経緯もあるところでございます。これからは,そういったことで,とにかく我々の南九州市に多くある木材を使っての建設というものを心がけていきたいとこのように思っております。



◆議員(柚木茂樹)  地産地消は,なぜこういうことを申し上げたかと申しますと,地元で発生するお金は地元で使い地元に消費してもらうと,地元の中で循環させるとこういうことで申し上げたわけであります。これが,本当の意味での経済効果につながる政策だと。

 それで,大工さんにさせたらどうかと言ったのは,鉄筋なんかの大きな工事はベンチャーを組みます。6割は市外に持っていかれるんですよ,ベンチャーの大きいところに。地元の一定の業者が,ベンチャーで組んでするわけですけど地元には4割しか残らないとこういうことなんです。

 入札やら工夫して,学校なんかも分割して出せば,職人さんは自分の技術がそこに表現できるわけですから,そら必死になってつくりますよ。地元で循環させるとこういう趣旨で申し上げました。

 3番目の質問に入ります。契約者,契約不履行に関する質問であります。全協で説明があったわけですけれども,不適切があったと。私は,全協の説明の折,余りない事例だった関係があって刑事事件には当たらないんじゃないかという,実は甘い認識をその時持ったわけであります。やはり当たるみたいですね。

 それで,意図して県の補助金をだまし取ろうとしたことには意図がありませんから当たらない,詐欺罪にまでは至らないとこういうことでの案件だろうと今そういう認識をしているんですが,なぜここでこういうことを申し上げたのか,質問したかというと,この問題の本質が,問題を起こした職員はそらよくないですよ,絶対によくないと思います。だけに視点が向いて,本当の本質を少し方向づけが変えられてるんじゃないかと,そういうことで質問申し上げるわけです。

 契約者は,第3回の契約者は霜出市長だということですが,その前に2回の契約変更があったわけですが,その2回の契約変更理由は何だったんですか。



◎建設部長(大坪三郎)  1回2回の変更理由は何かということでございますが,1回目におきましては,20年3月26の変更でございますけれども,移転先住居建物工事が予定より期間を要するためという変更理由でございまして,期間内に終わらないと。2回目におきましても,同じ移転先建設工事が予定より期間を要するためということで,1回2回そういうことの理由になっております。



◆議員(柚木茂樹)  移転先,要するに相手方ですね。相手方の準備が間に合わんから変更理由したんだとこういうことなんですよね。これは果たして変更理由になるのかと。それを,都合3回同じ理由で契約変更して,契約撤収期間を延ばしてるわけです。私は,とてもこういうのは変更理由にならんと思いますね。市長,どういう考え方で契約変更に押印なさったんでしょうか。



◎市長(霜出勘平)  このことについては,本当に遺憾なことだと思っております。職員も一生懸命努力はいたしたようでございますが,やはり相手のあることでございまして相手の都合ということでこのような変更をせざるを得なかったということでございますが,これは3月21,3月31日までに何とかしてもう終えたいというようなことで,それぞれ努力をしてきたところですが,今建設部長のほうから申し上げましたように,移転先がはっきり決まらなかったというようなことで,やむなく2回3回と変更をいたしたところでございます。



◆議員(柚木茂樹)  移転先は,本人の責任においてするんじゃないんですか。本人責任において。そこもう1回確認します。市の責任おいてするんですか。



◎市長(霜出勘平)  これは,本人がするわけでございますが,本人としてもなかなかめどが立たないということで変更のお願いがあったようでございます。



◆議員(柚木茂樹)  これ以上質問しても一緒ですから,本人がせんな済まんものを理由に変更理由したというなことは,私はもう理由にならんと思います。

 これ契約書を読みます。9条です。9条,契約書は要するに前項の規定,つまり撤収日までに撤収しなかった場合は債務不履行となり,説明しますが,南九州市に返還しなければならないとあるんですよ。そこで,実際上この返還されるべきお金は幾らですか。



◎建設部長(大坪三郎)  先ほども質問者のほうからございましたが,契約代金というのが1億888万3,600円ということでございますので,不履行ということになりますと全額とだと思います。



◆議員(柚木茂樹)  つまり,この全額返還できるものを3回目で契約変更で,31日までに向こうが移転先が決まらないちゅことで変更を認めた。認めたことで,5月31日だったですか,3月31日までの契約は無効になったわけですよね,無効に。返還請求を求めるべきだったと思いますが,それに対して市長の考えを求めます。



◎建設部長(大坪三郎)  先ほど,私契約金額の1億888万3,600円ということで申し上げましたが,これにつきましては契約と同時に着手払いというのをば70%いたします。その金額が7,621万7,600円ということで支払いがされておりましたので,その金額が不履行になった場合の返還額ということになるかと思います。訂正をさせていただきます。



◎市長(霜出勘平)  お尋ねの件でございますが,これは3月31日までにこれが履行されればいいわけでございますが,それができないというような見通しで,これは我々の監督不行き届きなんですが,建設課の職員で相手に5月31日まででよろしいですよというようなことを申し上げておったようでございます。

 そういうことで,我々といたしましてもこの期限内の完成ができない場合は,この条例,契約書の中にもありますように,これを直ちに返還をというようなこともあるわけですが,それが事実上できなくなったところでございます。



◆議員(柚木茂樹)  契約は市長と相手方と交わしてあるんで,職員に3月31日約束したんだと,これ関係ありません。契約者に約束しなきゃ。この,私がお伺いした全協において見ましたけど,相手方の名前は書いてありますけど約束する相手方の名前ないですよこの確約書には。ありますか,部長,だれに約束したんですか,3月31日までに,勝手に相手方が私は3月31日まで返しますよと約束した,言っただけのことであって,法的には何ら根拠ありません。そのことを踏まえて,市長は返済要求をすべきだったと思いますが,それに対してもう1回答弁を求めます。



◎市長(霜出勘平)  そういうことで,補助金返還,そしてまた過疎債のこのあれができないということでございまして,私どもといたしましては3月31日現在で後の処理をしなければいけないということで,このような変更契約をいたしたところでございます。

 おっしゃるように,相手方をこれには書いてないわけでございますので,こういったことも踏まえまして現在建設部長のほうにこの賠償,この返還ができないかどうか,弁護士ともよく相談をするようにということで指示はいたしておるところです。

 この3月31日を5月31日に変更いたした件につきましては,それぞれの係のほうから説明をさせていただきたいと思います。



◎建設部長(大坪三郎)  それでは,経緯について若干御説明申し上げますが,今市長のほうからも説明もあったところでございますけれども,私どもこの移転がなされていないというのが30日にわかったところでございまして,支所のほうで事業推進をいたしておりましたが30日これがわかったところでございまして,その日に支所のほうで契約の相手先である藤下氏との協議をばやっておりまして,この確約書名前が入ってないということでございますが,そういうことで3月31日まで,30日のことでしたが,あしたが31ということで1日しかないわけでございますけれども,そういうことで支所の建設課のほうで藤下氏との協議をばいたし,5月31日まででいいという,いいていうかそういうことの確約をばいたしておりました。

 それとあわせまして,この用地につきまして既にこの土地については三者契約による土地の道路用地としての取得でございましたが,これが土地については20年10月24日に南九州市の土地になっておりました。名義変更がなされております。

 そういうこともあり確約の問題もあり,今後この道路の整備,地域の道路整備を図るためにこれだけを不履行というか取得できないとなりますと,前後の道路の整備が完全に計画どおりに終わらないということも想定されましたので,そういう用地の問題,用地取得の問題,それからその確約の問題もございましても,事業推進を図るために3月31日に5月31日に工期の延期をしたということになります。

 以上です。



◆議員(柚木茂樹)  大事なことですから,部長がそう言いましたから確認しますが,契約書,確約書も契約書の一部だと思います。契約書というのは,両方が約束する,2つ印鑑が要るんですよ。印鑑ないんです藤下氏しか。それが確約書になりますか。これ大事ですから,間違えないで答弁してくださいよ,法的効力がありますか。これ契約書的法的効力がありますか。

 それを,しかも契約は,その前までの契約は市長と藤下さんしてるんですよ。なぜ,いつまでに撤去しますと,なぜ,その下の関係ない契約した方と延期願いの確約しなきゃあ。意味がわかりません。Aさんと契約してるのにBさんと確約の契約交わしたんですよ。まず法的効力あるかどうか,もう1回確認します。



◎建設部長(大坪三郎)  もちろん,契約におきましては藤下氏と南九州市長で契約をいたすわけでございますが,その事業の推進,公務に当たっては,担当職員がそれぞれ事業の推進をするわけでございまして,ここに市長の契約印が載っておりませんけれども,市長の代理ということで事業推進をするわけでございますから,職員がそういうことで3月30日に藤下氏との確約による協議ということで法的根拠はと言われますとますます難しいところでございますが,私どもはこの確約書は整う確約書であると思っております。



◆議員(柚木茂樹)  確約書には藤下氏の名前の印鑑しかないんです。これは大事な問題です。法的根拠があるはずがない。藤下氏が勝手に主張してるだけですよ,私は5月31日までに撤去しますよと,それは約束しますよと。こんな約束事は,世間では契約書とは言いません。

 私が,なぜ声を荒げるかというと,確約書のせいにしてるんですよ,自分が契約変更したことを。そこにちょっと,何ちゅうですか興奮したわけでありますけれども,これは不作為行為です。明らかに。

 行政がしなければならない,この場合は契約者である市長ですよ。市長が,請求を求めなければならないのを第3回の変更でしなかったと,できなくなったと,これは明らかに市民からすれば市民の財産がそこで損失を受けたわけですから,市民からすれば不作為の行為です。しないのにしない行為,これは国家賠償法で言えば市長が弁償しなければならない,法的に言えばですよ,市長が弁償しなきゃならないお金ですよ。我々の税金じゃなくて。これに対する市長の見解を求めます。



◎市長(霜出勘平)  これは宛名はないんですが,その文章の中にこの南九州市という「平成21年3月31日までに収去するよう努力いたしましたが,諸般の事情により平成21年5月31日までに南九州市の事業の支障とならないように収去することを確約いたします。」ということですので,これは南九州市に対しての確約書だろうというふうに判断をしていいと思います。



◆議員(柚木茂樹)  それの約束をするのは,あなたが立候補されるときに,私が市長としてそういうことは責任を持ちますということを前提に立候補してるわけですよ。市長の印鑑がなければ,南九州市は市長が代表者として約束するわけですよ,確約書は市長の印鑑ありません。

 それを根拠に,自分が弁償すべきお金を確約書があるから違うんだというのは,当面の流れに組み立てておりますが,もうこれで終わりますがこの問題はすりかえられたんじゃなくて,ほかの動いてしまった,じゃあもう職員は処分しなけりゃなりません。実はその何十倍も,変更契約をした,それは最終的に3回もするということは,何で同じ案件が3回も移転先の事情で変更しないといけないのかということ,相当の深い注意力を持って当たらなければならないのに印鑑ついてるというその事実,非常にこれは責任を問われる事実ですよ。

 しかも,実損害を与えたと。そのことだけを申し上げてもう質問終わりたいと思います。



○議長(西良仁)  しばらく休憩します。

午前11時6分休憩

───────────

午前11時16分開議 



○議長(西良仁)  再開します。

 次に,峯苫勝範議員。

  [1番議員峯苫勝範登壇]



◆議員(峯苫勝範)  それでは,先に通告してありました2件について,市長に質問いたします。

 まず1件目,グリーン・ツーリズムの推進について。

 南九州市総合計画の中で,歴史と景観を生かしたにぎわう交流のまちを将来像として掲げ,グリーン・ツーリズムによる滞在型観光を推進し,観光産業の活性化を図り,市全体の産業振興に努めるとあります。

 また,昨年8月25日に南九州市グリーン・ツーリズム協議会が,6実践団体と3協力団体から構成され発足されました。昨年度は,県の子ども農山漁村プログラムモデル事業として,鹿児島市内の名山小学校の児童が川辺町を中心に体験学習されました。

 県は,ことし3月9日付で鹿児島県における農山漁村生活体験学習にかかる取り扱い指針が示されました。この取り扱い指針からすると新たな係が必要かと思うが,市長はどのように考えているか。

 次に,塘之池公園について質問いたします。

 まず1点目,現在塘之池公園は地域住民の憩いと交流の場や観光施設として,平成10年度から7億2,500万かけ整備が進められております。本年度も,6,140万をかけ自然生態園や園路工事などが整備される計画であります。現在,その一部が供用開始され,その利用状況や観光客の入り込みはどのような状況か。

 2点目,公園整備の目的から,塘之池公園を案内する看板等あまりに少ないと思う。また,住民もあまり足を運ばないと聞くが,今後多くの方々が訪れる魅力ある公園づくりにどのように取り組む考えか。

 3点目,平成17年度に塘之池公園の生態系調査が実施されましたが,その後どのような生物,植物が繁殖し,今後どのように守っていくのか。また,池の水質検査も実施され,流入河川の一部に全窒素が多く含まれている結果が出ているが,その原因と今後の対策をどのように取り組む考えか。

 4点目,本年度の塘之池公園の維持管理費は,前年度の約2倍の774万円となっているが,完成後の維持管理はどのくらいと見込んでいるのか。

 以上,登壇での質問とし,あとは自席から行います。

  [市長霜出勘平登壇]



◎市長(霜出勘平)  峯苫議員の御質問にお答えいたします。

 まず,1番目のグリーン・ツーリズムの推進についてでございますが,グリーン・ツーリズムの推進につきましては,本市の特色ある観光資源を生かした観光ルートの開発や,恵まれた自然資源と農畜産物を生かした農家民泊型の交わる,体験する,学ぶ,体験型観光の推進を目指して,昨年8月には,長谷ふるさと村などの民間の6つの実践団体と南さつま農協など3つの協力団体とで,南九州市グリーン・ツーリズム協議会を組織いたしました。

 都市と農村の交流や地域の活性化に努めており,また昨年12月には日置市,南さつま市など4団体で南さつま地域グリーン・ツーリズム協議会を設立いたしまして,体験型修学旅行の定着化と地域の活性化を図りながら,都市と農村の交流の広域的な受け入れ体制の強化を図っております。

 現在,本市におけるグリーン・ツーリズムの推進体制は,農林水産課,商工観光課が一体となって南九州市グリーン・ツーリズム協議会や南さつま地域グリーン・ツーリズム協議会と連携しながら,農業体験学習等を所掌事務の中で推進をいたしております。

 平成20年度に,総務省,文部科学省,農林水産省の3省連携による子ども農山漁村交流プロジェクトが立案をされまして,今後小学生の長期宿泊体験活動が本格化し,修学旅行と組み合わせた農家民泊及び農業体験等の増加も見込まれることなど,今後の国の進める農村交流プロジェクトやグリーン・ツーリズムのニーズの増加に備えていく必要性は感じております。

 そのためには,現行の協力体制をとりながら,担当部署を明確にするため検討を行い,安全に体験者の受け入れが実施できるように,本市の特色ある観光資源を生かした観光ルートの開発や恵まれた自然資源と,農畜産物を生かした体験型観光の推進を図ってまいります。

 次に,塘之池公園についてでございますが,施設の一部が供用されたが,利用状況を示せということでございます。

 塘之池公園は,全体計画公園面積15.9ヘクタールで,平成10年度から整備を開始いたしまして,平成17年4月から公園正面駐車場周辺の約3ヘクタールの一部と,また平成21年4月から多目的芝広場周辺の約5.7ヘクタールの一部を供用開始をいたしました。これまでに,約8.7ヘクタールを供用開始いたしております。

 利用状況につきましては,利用者数の把握はいたしておりませんが,桜の開花時期は利用者は多く見られますが,かねての時期は利用者が少ないのが現状でございます。なお,4月以降につきましては,市内外の幼稚園や小学校からの1日遠足の問い合わせ等も来るようになってはきております。

 今後は,多くの方々に利用していただけるよう市のホームぺージ等を活用し,公園のPRに努めてまいりたいと考えております。

 次に,2点目の,今後多くの人が訪れる魅力ある公園づくりにどのように取り組む考えかということでございますが,当公園は塘之池の自然を生かし,昔ながらの塘之池と桜とにぎわいを復活いたしまして,深い森と豊かな水に抱かれた地域住民の憩いと交流の場や,自然生態や自然と触れ合いのできる場としての施設整備に努め,平成21年度は自然生態園工や自然を散策できる園路工等の整備を進めることにいたしております。

 平成23年度までには全体整備を終えて,多くの来園者を誘導するための案内誘導板の設置も考えておりまして,地域住民の憩いと交流の場,また自然生態や自然と触れ合いのできる場としての公園づくりに努めてまいりたいと思います。

 3点目の御質問でございますが,平成17年度に生態系調査を実施したが,どのような生植物が繁殖し,今後どのように守っていく考えかということでございますが,本公園の整備に当たりまして,塘之池の自然を生かした公園整備を進めるため,生態体系の調査を実施をいたしております。調査後の生・植物の繁殖状況についての把握はいたしておりませんが,整備に当たっては現存する生・植物を守るため,現在の自然をできる限り残し,自然を活用した整備を行うこととしております。

 塘之池への流入河川の一部に,全窒素分が多く見られますが,その原因といたしましては,畜産排水や農地からの肥料などの混入により全窒素分が増加する可能性があります。

 平成16年度には,流入河川の上域にある畜産農家のし尿処理の指導も行い,改善も図られたところでございます。また,水質検査の結果,塘之池の水質につきましてはおおむね環境基準を達成していることから,今後におきましても水質の悪化が生じないよう,水質検査等を実施しながら周辺環境に注視していく必要があると考えております。

 4点目の,本年度の維持管理費は前年度の約2倍の774万円となっているが,完成後の維持管理費の見込み額を示せということでございますが,平成21年度から多目的芝広場周辺の約5.7ヘクタールが供用を開始されたことによりまして,芝生や植栽管理,トイレ管理などの維持管理が増えたことによるものでございます。

 また,完成後の維持管理費でございますが,現時点での積算によりますと約985万円程度が見込まれるところでございます。

 以上で答弁とさせていただきます。



◆議員(峯苫勝範)  農林水産省並びに文部科学省,総務省が連携をとりましてこういった子ども農山漁村交流プロジェクトという事業で20年度,市長が言われました長谷ふるさと村の実践団体が中心になって,鹿児島市の子供たちを農家民泊ということで受け入れをしたわけなんですけれども,どうですかね,南九州市の行政組織規則の第10条,本庁課の分掌事務について,観光課とあれは農政係と連携をとりながら進めているというな市長の答弁だったんですけれども,観光係はこの事務分掌の中で(3)のところに観光客の誘致及び宣伝に関すること,こういうことで旅行エージェント,あるいは教育関係,そういったところに教育旅行のPR活動もしていらっしゃるわけですよね。

 そしてまた,農政係ではこの事務分掌の中で(11)に都市農村交流に関することというふうな取り決めが書かれているところなんですが,どうですか農政係のこの都市農村交流に関する取り組みってどんな事業があるんですか。



◎農林水産部長(伊瀬知正人)  都市農村交流事業につきましては,現在の規定予算の中におきましても,頴娃地区においてはふれあい農園,また川辺地区においてもやすらぎの郷の上のほうにふれあい農園等を設置しておりまして,その有効利用活用もされているわけでございますが,そういった中でやはり都市と農村が交流する中で,農山漁村の方々が潤いを与える,そして生きがいを与えると。また,逆に都市の方もそういった逆のパターンで行くといったようなこと等を,随時受け皿としては常に観光課ともタイアップしながら実施をしているとこでございます。



◆議員(峯苫勝範)  農林水産部長,観光課と連携をとりながらということで説明なんですが,どうも連携がとれていないというのを感じるところなんですけども,例えば本庁,頴娃が本庁になるわけですよね,それでよろしいんでしょうか。



◎農林水産部長(伊瀬知正人)  そういうことでございます。



◆議員(峯苫勝範)  そうすると,この南九州市グリーン・ツーリズム協議会というのの組織,これは6実践団体と3協力団体ですよね。事務局がこの実践団体にあるというのはどういうことなんですか。



◎農林水産部長(伊瀬知正人)  これは昨年の8月に設立をされ,当然民間主導型で6団体,そしてまた3協力団体が一緒になって,当然行政主導型でなくて民間主導型でやりたいといったようなこと等から立ち上がり,またこのことは民間がそういう意気込みでやってるというスタイルの中で,行政は行政としての役割の中で進めていく,今まさしくその方向で向いてるということは非常にいいことだろうというふうに思っていることでございます。そういうことで,国の補助事業等をいち早くいただきながら,事業も継続事業として昨年から実施をしてるといったような段階でございます。



◆議員(峯苫勝範)  民間主導でやったほうが,この6実践団体においては非常にスムーズにいくというようなことだそうですけれども,実際どうですか,この6団体の意識が統一されていると思いますか。どうですか。



◎農林水産部長(伊瀬知正人)  今6団体,3協力団体というな中で,それぞれの知覧,川辺,頴娃,いろんな団体組織がある中で,意気込みに燃えて一生懸命取り組もうとしてる非営利団体NPO法人等も立ち上がっていくスタイルというのは,非常に前向きの姿勢で取り組んでいると認識をしてるとこでございます。



◆議員(峯苫勝範)  やっぱり,民間主導も悪いことはないと思うんですけれども,やはりことし3月9日だったですかね,付けで県が示しました学校教育の一環として,鹿児島県における農山漁村生活体験学習にかかわる取り扱い指針というのが示されましたですよね。

 その中で,7項目ぐらいあるんですが,まず1点目,受け入れ農家等の登録一覧の作成並びに1受け入れ農家等の受け入れ可能人数の確認と,それから食事に関する共同調理をして提供すれば食生活に触れないと,そういった農山漁村生活体験学習にかかわる食品衛生の手引き,こういったものも出とるわけですね。

 また,さらにはやはり宿泊というな形もとりますので,消防法においては住宅用の火災報知機の早期の設置と。

 それから4番目に,これちょっと大事なことやないかなと思うんですが,衛生管理にかかわる必要な知識及び技術を要する安全対策指導責任者を定めなさいと。

 それから5番目なんですが,県や関係機関等の協力を得て,1年に1回以上の安全対策講習会を開きなさいと,実施しなさいと。

 それから6番目なんですが,事故等の発生に備えまして,農山漁村生活体験学習受け入れの手引きを参考にして安全対策を講じなさいと。それから7番目なんですが,受け入れ実績の把握ということで,生徒等の受け入れ後受け入れ実績書を作成し,それを保管しなさいと。

 それから2番目なんですが,体験学習における食事報告書を作成し,それを保管しなさいと。

 それから3番目なんですが,不測の事態が発生した場合関係機関と,これは鹿児島県とか警察とかあるいは消防が関係機関という形なんですが,前項の書類提出を求められた場合には提出をしなければならないと,こういった取り扱い業務があるわけです。これを,果たして民間の団体ができると思いますかどうですか。



◎農林水産課長(東利文)  それにつきましては,南薩地域グリーン・ツーリズム,あるいは南九州市グリーン・ツーリズム協議会の中で,常にそういったことをやろうということで計画をされております。



◆議員(峯苫勝範)  市長,総合振興計画の中にもうたってあるのに,まだ計画の段階というなことなんですが,平成23年には九州新幹線が全線開通しますね。そうすると,今現在でも120万が南九州市に観光客が来るわけです。間に合いますか。どうですか市長。



◎市長(霜出勘平)  大変この新幹線の全面開通には期待をいたしておるところで,そのためにもやはりこういった民間団体をフルに活用をするというんですか,民間団体が働いていただかなければ受け入れも不可能だろうというふうに思います。だから,これからやはり民間団体と連携をとりながら,行政でもいろんな形でお手伝いをしながらこの受け入れが可能になるように努力をしてまいりたいと思います。



◆議員(峯苫勝範)  努力をするということで,ぜひ頑張っていただきたいなあというふうに思います。

 子ども農山漁村プロジェクトを20年度のモデル地域として,全国で53の地域が指定をされたわけですよね。我が南九州市も,その一地域として指定をされておるわけです。これは,昨年発足した南九州市グリーン・ツーリズム協議会ということが設立されましたのでこういった指定を受けたところなんですが,鹿児島県では南九州市だけです。

 九州では,沖縄を含めまして10地区というようなことなんですが,最近では新聞によりますと薩摩川内市や日置市,南さつま市などは,体験型修学旅行を受け入れるための県が制定した受入指針に沿った食品衛生や安全対策に関する研修会等が開かれております。

 どうですか,南九州市ではこういった研修会が開催されているんですか。されているとすれば,その参加者の状況はどのような状況ですか。



◎農林水産課長(東利文)  南薩地域グリーン・ツーリズム協議会の中では,ここに既に4月に計画をして済んでいるというふうに私は理解しております。

 そして,きょうは持ってきておりませんけれども,南九州市のグリーン・ツーリズム協議会の総会に行ったとき計画をしていると,事業計画の中にあったのを記憶しております。

 以上です。



◆議員(峯苫勝範)  実施してるかしてないかということも全然把握をしてないというふうに解釈してよろしいですか。



◎農林水産課長(東利文)  実施しているかいないかということであれば確認はしてないんですけれども,南薩地区の場合は4月に計画しておりましたので,4月14日に南さつまであったと,ここにメモ見つけました。4月14日にあったということでございます。

 それと,南九州市のグリーン・ツーリズム協議会のほうでは,具体的な活動内容が8月から始まりますので,その後,今後されていくという風に考えております。



◆議員(峯苫勝範)  どうも行政が民間任せというような状況にしか受け取れませんが,果たしてこれでグリーン・ツーリズムを推進する推進すると言っていいんでしょうかね,どうでしょうか。いや,もう少し待ってください。

 それと,この南九州市グリーン・ツーリズムの構成団体なんですが,実践団体と協力団体しかないわけですよね。どうして,例えばこの食生活改善推進委員の会とかあるは旅館業組合の会とか観光協会とか特産品協会とか商工会とか,こういった団体がなぜ加入してないのか。というのは,市全体の産業振興にはつながらないというふうに思うんですがどうでしょうか。



◎農林水産課長(東利文)  今度7月1日から,農山漁村生活体験学習における受入農家の登録制度ということで,その登録者の募集をチラシを配ってする予定でございます。

 その中で,登録できる農家が専業農家とか兼業農家,あるいは非農家でそういった事業に関係する人,今言った安全面,衛生面,そういったことに関係する人等も加入いただいてやろうというふうに考えているところでございます。具体的には,7月から募集を始めます。



◆議員(峯苫勝範)  考えているところですと。なかなか前には進んでいないような気がするんですが,先ほども南さつま地域グリーン・ツーリズム推進協議会と,たしかこれは事務局は日置市にあったんじゃないかなと思うんですが,南九州市グリーン・ツーリズム協議会連携を図らないといけないというふうに思ってるんですが,どうですか受入農家の登録件数ていうのはまだ全然把握してないんですか,どうでしょうか。



◎農林水産課長(東利文)  きょうは係をつくるかつくらないかということでしたので,そこ辺までは準備してきておりません。



◆議員(峯苫勝範)  係をつくるかつくらないかという。担当は農政係ということですので,観光課と一体になって取り組むというような市長の答弁でしたのでそういうような形で進めていただきたいと思うんですけれども,早くその受け入れている農家,あるいは体験の内容,体験の料金,それから連絡先というようなことを紹介をする。特に,受入農家等の顔入り写真を紹介するそういったパンフレットというのはつくる計画はございませんか。



◎農林水産課長(東利文)  今,受入農家等を募集するためのパンフレットをつくってありますので,今後受入農家が出てきてそういった数がまとまったりすれば,こういった農家がこういった方を募集していますよと,何人受け入れられますというようなふうに活動を進めていきたいというふうに考えております。



◆議員(峯苫勝範)  このグリーン・ツーリズムの進め方というのは,観光課と連携をとりながらと,農政ととりながらやるということですので,ぜひ観光課もバックアップをしていただいて,どしどし教育力を,あるいはPR活動等においても,ぜひ前向きに広報方よろしくお願いをしたいというふう思います。

 次に,塘之池公園なんですが,利用状況や観光客の入り込み等は把握してないというような市長の答弁だったわけなんですけども,どうですかね,ことしも6,140万,しかも自然生態園や園路工事というなこと,整備をされるということで,現在一部供用開始がされたわけなんですが,4月の桜のころは観光客もちらほら見えるというなことですけれども,塘之池公園に国道を枕崎の方向に走っていくと,ちょうど塘之池公園に行く三叉路がございますけれども,あそこに看板が1本あって,あと看板がどの辺にあるのか,もしわかったら教えてください。



◎建設部長(大坪三郎)  看板の設置がどの辺にあるかという御質問でございますが,1カ所は今質問者が言ったんでありますが,ほかはちょっと把握をしておりませんので,早急にまた調査してみたいと思います。



◆議員(峯苫勝範)  何と情けないといいますか,皆さんが地域住民との憩いの場,あるいは交流観光施設ということで,平成10年からこの事業は取り組んでいらっしゃるんですよ。

 しかも,地域住民の方々の強い要望を持って実施されておるところなんですが,看板もなければちょっと国道から中はいったところになりますよね,塘之池は。なかなかわかりづらいんじゃないかなあと思うんですよ。

 だから,平成23年工事が完了するんで9億500万ですか,かけてやるわけですので,そこら辺も早急にやっぱり取り組む必要があるんじゃないかなと思いますので,よろしくお願いをしたいと思います。

 それから,自然生態園の調査を実施されたわけですよね。その中で,自然生態園ですので何も植えるとか手をかけることは必要じゃないかなというふうに思うんですけれども,どうですかね,例えば岩屋公園はハナショウブが非常にきれいに咲いてるという新聞が出ておりましたけれども,そういった市民が参加してつくる公園というのはできないもんでしょうか,どうでしょうか。



◎建設部長(大坪三郎)  市民が参加してということでございますが,この塘之池公園の整備計画におきましてはいろいろ地域の意見等が出て,そして基本計画のもとで実施設計がされております。

 そういうことで,この親水広場等については先ほど市長が答弁申し上げましたとおり,できるだけ自然を生かして,そして園路,そういうもの入れながら自然に近い形で整備を進めたいということでございますので,今ところ市民が総参加して云々ということは現段階では考えておりません。



◎市長(霜出勘平)   この塘之池公園については,やはり地元の御協力をいただかないと成功しないんじゃないかというふうに思います。今,若い方がいろんな夏祭り等で活躍をしていらっしゃいますが,そういう方々に呼びかけて協力を依頼するということで,そしてまた皆さん方のそういう若い力でもって,もうどこにもないような生態系ちゅんですか,特色のある公園にしていただければということで,これからまだこれが全部でき上がっておりませんが,地域の方々にも協力を呼びかけていきたいというふうに思います。



◆議員(峯苫勝範)  市長そのとおり,私もそのとおりだと思います。知覧のこの上郡武家屋敷通り,それから平和祈念道こういったところも地域の方々が協力をして,こういったエリアといいますか空間といいますかそういうのができてるわけですね。

 特に,平和祈念道においては石灯籠を家族,あるいは遺族,あるいは有志の方々が寄進していただいて,現在けさ聞きましたら1,230基あるというなことです。やはりそういったことで,市民が参加していく,やっぱりそこを行政も力を入れて参加していただくというような公園づくり,例えば滅多に,勝目の人も足を運ばないんだそうですけれども,せっかくこれだけ投資するわけですので,川辺の方々というのはよく自宅の庭先にコイを飼ってますよね。どうですか,塘之池公園の水はコイが飼えますか。



◎川辺支所次長(下之薗博幸)  ただいまの質問にお答えいたします。

 塘之池公園は,かんがい用のため池ということで,毎年用水時期が終わりますとため池の水をば排水をいたします。そういうことで,水をば1年中溜めておくということではございませんので,コイ等を飼うということはできないというふうに考えております。



◆議員(峯苫勝範)  私が小さいころは,コイをあそこでいただいたことがあるという記憶があるんですけれども,せっかくああいった池もあるわけですので,川辺の市民の皆さんにコイの拠出をいただいてコイを飼うとか,そういった何かポイントになるような公園じゃないとお客さん来んわけですよ。だから,もちろん勝目のあそこの地域の方々のおもてなしの心も大事だというふうに思います。

 そういうことで,あそこも今答弁のとおりに水利組合がございますね。それとまた,勝目青年部ですか,の方々が桜の植樹もボランティアでしていただいているというなことで,そういった形で市民になるべく呼びかけをすれば,もちろん公園整備も市民のほうから強い要望があってこういった整備計画が出されているところだと思いますので,ぜひそのような形で市民参加型の公園管理,あるいは公園の整備を進めていただきたいなあというふうに思います。

 水質汚染の問題もあったわけなんですけれども,畜産係あたり等ではこういった水質の検査に基づいて,指導とかそういうのはどうなさっていらっしゃいますか。



◎川辺支所長(土喰行夫)  畜産係ではございませんですが,この一般質問の通告がありまして上流に豚舎がございます。前は汚水が流れてるんじゃないかというなことで,非常に懸念をしていたところでございますけれども,あそこの施設につきましては平成16年から土着菌を使った形での飼育体系に変えているというなことで,汚水は流れないで雨水だけしか流れないというな経営体制になっているということで,一部この前見に行ったときに堆肥の野積みがありましたので,それにつきましても畜産課を通じまして改善をするようにということで指導をしてきたところでございますので,そういった汚水そのものについては改善をされてるというふうに思っております。



◆議員(峯苫勝範)  私もその豚舎を見に行きました。ちょうど塘之池の料亭がございますね。あそこの奥さんにお話聞きましたら,非常に悪臭がして水も変色してすごい時期があったと。その原因は何だったんでしょうかと言ったら,それはもうちょっとわからないというようなことだったんですけども,確かに野積みされた堆肥がございます。

 処理をする施設もあるんですけども,もう処理をしきらないほど堆肥が出てるところですよね。だからやっぱそういうのも,これから雨期に入ります。当然,もうすぐ下を河川が流れとるわけです。当然,塘之池に流れ込むのはもう当たり前だというふうに思います。

 特に,野積みのまだ状態もあるんですけども,豚舎の脇の水路のところにも堆肥がいっぱいこう流れてるんです。それが,雨が降ったら当然もう排水溝のほうに,下水のほうに流れていくというふうな仕組みです。

 だから,やっぱそういうところをもう,横の連携を都市計画係,観光係,それから畜産係,あるいは生活環境係,そういったところが連携をとって,もっと強く指導していくべきではないかなあというふうに思います。

 先ほど市長も言いましたので,住民参加型の要するに公園づくり,地域住民が足を運んでくれないと観光客は来ません。ぜひ,地域住民の意見を集約して,協力をいただいて,公園づくりに取り組んでいっていただきたいということを期待いたしまして私の質問を終わります。



○議長(西良仁)  しばらく休憩します。

午前11時57分休憩

───────────

午後0時58分開議 



○議長(西良仁)  再開をいたします。

 次に,竹迫毅議員。

  [9番議員竹迫 毅登壇]



◆議員(竹迫毅)  どうもお疲れさまでございます。私は,通告してあります道路整備について質問いたします。

 県道は,住民の生活にとって重要な幹線道路であり優先して整備すべきものと考えますが,市長の見解を示していただきたい。中でも,県道霜出南別府線は未改良部分が残っており,住民が常に危険な状態に置かれているのが現状であると思います。そこで,県に対して早急に整備を要請する考えはないか質問いたします。

  [市長霜出勘平登壇]



◎市長(霜出勘平)  竹迫議員の道路整備についてお答えをいたします。

 まず,県道は住民の生活にとって重要な幹線道路であり,優先して整備すべきと考えるがということでございますが,県道の整備に当たって鹿児島県南薩地域振興局といたしましては,道路整備方針として地域住民が安心して安全な生活道路として利用できる整備を図るため,道路建設事業といたしましては重点施策事業,地域密着型事業,半島循環道路,他事業と連携する道路の4タイプの道路整備を進めておりまして,現在南九州市においては南薩縦貫道路,主要地方道石垣加世田線,主要地方道頴娃川辺線,一般県道霜出川辺線の道路改良整備また道路維持事業といたしましては,地域密着型事業の維持整備を進めており,国道226号,一般県道石垣喜入線,主要地方道頴娃川辺線,舗装改修工事等の事業が予定をされておるところでございます。

 次に,県道霜出南別府線の未改良部分を件に対し早急に要請する考えはないかということでございますが,本路線の未整備区間の早期着手につきましては,平成19年度から毎年川辺地区総合開発期成会等を通じて鹿児島県知事に要望書の提出を行い,南薩地域振興局長にも整備の必要性を強く要請をいたしておるところでございます。

 整備の早期着手のため,今後とも引き続き要望と要請を進めてまいりたいと考えております。

 以上で竹迫議員に対する答弁とさせていただきます。



◆議員(竹迫毅)  それでは,2回目の質問いたしますが,引き続き要望していくという答弁であったわけですが,この県道霜出南別府の中でも松山のところの産業道路からずっと下っていきまして松ヶ浦の手前,竹迫仁田尾線,あの交差点のところまでが未改良と。

 これは,あそこを舗装したのがたしか昭和45,6年だったと思います。そのときも,現道舗装ですよね。そういうことで,本当に幅員が狭くてそしてカーブも多いんですよね。特に,産業道路から旧二松中跡,あの付近までは歩道もついています。

 しかし,旧二松中跡のあの付近から竹迫仁田尾線に至るまではもちろん歩道もないわけですが,幅員が狭くてそしてS字カーブが2カ所,S字よりも多いところもあるわけですが,本当その急カーブですよね。

 この舗装をするとき45,6年,その時一部カーブの線形をとったところがあるんですよ。しかし,本当に部分的なところでうんと狭いところなんですよ。そして,特にその二松中跡から松ヶ浦の方向そっちのほうは狭くて,そして死亡事故等は発生していないですが,追突だとかそれからバイク等のトラクターと衝突してというような事故も今まであります。そういうことで,本当に危険なわけです。

 そして,よくウオーキングをしてる方もおります最近では。健康のためというようなことだと私は見ているんですが,そういうことでとにかく狭くて,けさもこの市役所に来る途中に,私の前に大型ダンプが前を走っていたんですよ。

 そうしますと,徐行してとまったんですよね。ほうすっと,向こうからやっぱ大型が来たんですよ。ほしたらもう,停止して通行を待っているんですよね。そういうところがあります。そういうことで,やっぱ早急にやってもらわんないかんと。

 これは,私知覧町時代にもこの路線は一般質問でやってるんですよね。そして,もう本当地域住民の方の切なる願いなんですよ。もうああいうところは県道でもないという思いですよね。

 そういうことで,これは私やっぱ市の県に対する働きかけ,それで私は動くと思うんですよ。それで,地域の方がもう,それこそこれはもう私なんか二松中学校に行く時分から幅員等は変わっていないわけですよね。そういうことでしますと,戦後60数年もう手をつけていないと,舗装しただけというような現状なんです。

 そういうことで,それとこの塩屋地区の農地開発,そこに畑に農地に行かれる農家の皆さん,そういうところのトラクターとか乗用車とかですね,そういうのも結構あります。

 それで,単に松ヶ浦校区だけのことじゃなくて,そういう農業をされている方,そういう方もやっぱりこれはもう少し広かったらいいのにと思わないはずはないんですよね。そういうことで,ぜひとも本腰を入れて市も取り組んでもらわないかんというふうに思っているところです。

 それと,旧二松中跡を下ってそして直線がありますよね。直線のところからまたS字カーブがあるんですが,あそこら辺にこのカーブのとこに山菜とりの車がとまる時期もあるんですよ。

 そして,カーブなもんですからもうそこに行かんとわからんというようなことで,ハンドルを右に切って右に突っ込んだと,道路側に出たというようなことも今まで,そういう自損事故もあったりしています。

 そういうことで,これはもうどうしてもこの県道ですから県にお願いしてやらないかんわけですよね。ですから,本当に地域の方が手も足もつけてくれないというような話も出ます。

 そういうことで,これはもう市長にそういう地域住民の切なる願いですから,やっぱ本腰を入れて県にお願いしていかんと県は動かないと思います。そういうことで,引き続き取り組むということでしたが,再度その取り組みの意気込みをば答弁していただきたい。



◎市長(霜出勘平)  これは,竹迫議員から知覧町時代もそのような要請がありまして,県のほうにもお願いをいたしておるところでございます。こういった写真等もつけまして県のほうには要請をいたしておりますし,また建設課の職員,私,南薩振興局の建設部とのいろんな会合等でも強くお願いはいたしておるところでございます。

 農道から旧二松中学校までも歩道はありますが,あそこも一部狭くなっておりますし,それからまた旧二松中学校から竹迫のほうに行く道路も議員がおっしゃるようにカーブが多く,そして狭いわけでございます。

 また,あそこに卵の販売所もありますね,あそこに車もとまっておったりして大変危険なところでございますので,これまでにもまして一日も早い整備をお願いをしていきたいとこのように思います。



◆議員(竹迫毅)  ぜひとも今答弁されたことをば実行していただきたいというふうに思います。

 それと,市長も十分御存じですが卵の販売所がありますよね。あそこから農地開発の開けたあそこに出る間,あそこはまあ幅員も狭いですよね。そして,両方が山林ですよね。そして,女性の方なんかあそこをこう歩いたりするのは怖いというような,そういう話も数名から聞きます。

 それで,やっぱ幅員が広くなって歩道等がついたら,またそういうことも解消されるんじゃないかと思います。そういうことで,ぜひとも,もうこれ以上の答弁は求めませんが,もう本当に本腰を入れて取り組んでいただきたいというふうに思います。

 以上で終わります。



○議長(西良仁)  次に,大薗秀己議員。

  [6番議員大薗秀己登壇]



◆議員(大薗秀己)   平成21年6月定例議会に一般質問を行います。

 合併して早1年半,ついこの前お正月で初日の出をお祝いしたわけですけれども,あっという間にもう6月になってしまいました。私だけじゃないでしょうけども,この日の過ぎることの早さに困惑しているきょうこのごろでございます。

 私は,住民の声を行政に届ける役目を公約に選挙に出馬いたしました。ありがたいことに,議席をいただきました。自分の幸せはもとより願っているわけですが,住民の幸せを願って議会活動も行っております。

 その中で,地域の集落営農にも参加し,また自分が学生時代から行っておりました剣道を通じてスポーツ振興にも微力ながら参加しているところでもあります。その中で,今回は農業振興と学校教育の2つの質問をいたしたいと思います。

 まず,市長は21年の当初まちづくりの大綱の一つでも,大綱の1番目に,日本一の量を誇るお茶とサツマイモを始めとするさまざまな農畜産物を生産している南九州市であり,安心・安全な食料供給基地を目指す政策を行っていくと言っております。また,自然と共生できるまちづくりにもしていくと述べております。まさにそのとおりだと思います。

 しかし,高齢化が進む現状があります。高齢化の中で,百姓といいますか,小規模他品目を栽培する農家も増加傾向にあることもひとつ注目すべきことです。それは,川辺のやすらぎの郷のことでもあります。

 その出荷協議会が,これまでの10年間でいろいろな歩みがありました。平成12年度オープンした当時には,90戸数足らずの農家で協議会があったわけですが,いまや260戸数を超えるようになり,大いににぎわっているところでもあります。

 その1つの要因として,健康で生きがいのある生涯を送れるような施策の一つとしてあの道の駅を建設した歴史があるわけです。今年でちょうど10年目になりますが,いろいろありスムーズに今の現状があるとは,決して良かったとは言えないこともあります。

 合併という時代の流れに,農産物販売所も頴娃地域,知覧地域からも出荷できるようになりました。このことは非常にいいことだと思います。

 そこで質問1,同じように頴娃地域,知覧地域にも農産物販売所をつくって農業振興,中でも高齢者農業を推進する考えはありませんか。

 次に,我が国の固有の伝統的な文化として武道があります。剣道,柔道,相撲道,弓道,なぎなた道などが主なものでありますが,いまや世界的にスポーツとして広まっているのも皆さん知るところだと思います。

 中でも,柔道はオリンピックの一種目として広く知られておりますし,日本の国技の代表の大相撲に至っては,モンゴル,アメリカなどの大型,それから足腰の強い力士が誕生し,いまや日本人は勝てないといいますか横綱にだれもいないというような現状が起きているのも事実でございます。

 実は,私の行っている剣道も世界大会がありまして,日本が常に1位だったという時代は終わりました。いまや武道という精神をかけ離れた,勝てばいいということでの指導が世界では行われていて,本当の意味の日本の武道,国技としての伝統,それから剣道の理念,礼儀,信義を重んじるというようなことが指導の中に入らずに,世界のスポーツの一端として行われているような気がするのは私だけじゃないと思っております。

 このような中で,今回文部科学省は平成24年度から中学校の教育課程に武道の必修科目とする考えを示しました。この文部科学省は,どのような教育方針を持って行っていくのか,またそのときに武道の各種目,指導者の確保はどのように考えているのかお伺いいたします。

  [市長霜出勘平登壇]



◎市長(霜出勘平)  大薗議員の御質問にお答えをいたします。

 川辺地域の道の駅,川辺やすらぎの郷は農産物を販売し出荷農家に好評であるが,南の食料供給基地を目指す本市として,知覧地域や頴娃地域にも農産物販売所をつくる考えはないかという御質問でございますが,道の駅川辺やすらぎの郷は鹿児島市と結ぶ幹線道路沿いに位置しておりまして,単なる農産物販売所のみならず地域の味を提供するレストランや道の駅などと組み合わせた複合的な施設であることから,販売所の利用向上も図られ,地産地消活動や都市農村交流の拠点ともなり,地域の活性化に寄与しているところでございます。

 頴娃地域では,石垣の国道沿いのふれあい直売,ゆとり館,アグリランドえい及び頴娃中央温泉等で農産物の販売も行っております。知覧地域では,平和会館周辺の物産館に併設いたしました販売所やAコープ等で農産物の販売を行っている状況でございます。

 最近では,消費者の安全・安心,健康志向から,地元農産物に対する期待が高まる中で,県内各地に販売所が数多く整備をされまして,新鮮で安心できる地元の農産物が手軽に入手できるようになってきております。

 なお,高齢者や女性の農業者にとっては,1回に出荷する農産物の量は少なくても近くで出荷できることや現金収入が入ることから,少量多品目で農産物を持ち込める販売所は重要な役割を果たしています。

 地域農業の活性化におきましても,販売所の果たす役割は大きく重要なものがあると考えており,成功している販売所もありますが,多くの施設では維持管理費等厳しい経営状況となっているのが現実でもございます。

 このようなことから,地域条件,需要等を考慮するとともに,長続きさせるためには農家みずからが出資した組織で運営を行うことが最も肝要なことと考えており,魅力ある農産物販売所づくりを目指す地域の取り組みを積極的に支援してまいりたいと考えておりますが,現在のところ市といたしましては農産物販売所を設置することについては計画がないところではございますが,いろいろな御意見等をお聞きしながら,ここであれば大丈夫だろうというようなところがございましたら積極的に計画をしていきたいと,このように思っております。

 私のほうからは以上で答弁とさせていただきます。



◎教育長(小野義記)  中学校の体育のことについてお答えいたしたいと思います。武道のことについてお答えしたいと思います。

 現行の現在の学習指導要領による中学校体育の武道関係については,1年生は武道,ダンスのどちらかを選択する,2年生3年生は球技と武道,ダンスの3領域から1つを選択するというふうになっております。

 これが,平成24年度から実施の新学習指導要領では,1年生2年生は武道が必修となり,3年生は球技,武道の中から1つを選択することになります。1年生2年生のすべてと3年生の一部の生徒は武道をすることになりますが,この課題の一つに,指導者の確保が上げられます。

 このことについては,学校の教師だけの指導者の確保は困難ですので,武道に親しむ地域の方々を非常勤として御協力をいただくことになると考えています。これまでにも,総合的な学習の時間,社会や道徳の時間,体育の時間等に,すぐれた技能等を持つ方々を指導者にお願いしてまいりましたが,平成24年度からは特に柔道,剣道,相撲の指導者の確保が必要になってまいります。中学校体育の中での武道指導が充実するための条件整備に努めたいと考えているところでございます。

 以上でございます。



◆議員(大薗秀己)  このやすらぎの郷の整備を始めてちょうど10年になる節目の年でもあるわけですけれども,先日議会の資料の中にありましたやすらぎの決算報告が一緒に載っております。

 平成16年度,17年度が入り込み客,それから売上もピークにありまして,その後残念ながら4億を割り,入り込み客も30万人を割っている状態であるのは非常に残念なんですが,市長の答弁のとおり今近くに鹿児島市内の物産館もできましたし,それからそれに類似するような販売所もあちこちあるのも事実でございます。

 だけど,先ほど私が壇上で質問した中にもありましたように,高齢者農業の推進を図る上であそこの担った,これまで10年間やってきて協議会が過ごしてしてきた,そしてまた協議会の中で取り組まれてきたことの成功の事例としては非常にいい事案だと私は思っております。

 そこで,その高齢者たちを含めて,それからこの答弁にもあります女性の方々も収入を得るというような,非常にいいメリットを生かした農業というのをやるべき施策も必要ではないかという観点から次の質問に入らせていただきます。

 確かに,大きな大規模農家は,例えば頴娃の農業生産額を見ますと本当に莫大でありましてもうすごいものがありますので,すごいありがたいことだとは思っているわけですが,地元の産品を地元の方が食べて地産地消の原点でありますけども,先ほど同僚議員が言ったように地元で消費,それから収入を得てそれまた地元に使うというようなそういう,地元でお金が回っていったことがいい発想になるんだということおっしゃっておりましたが,私も同感するところなんですけれども,それをやるためにはやはりそこに行政のアイデアであり施策の一つを手助けする必要があるのではないかと思います。

 地域ブランドということで,特許庁が新しくことをしまして,知ってのとおり知覧茶はその地域ブランドにもう認定されているわけですけれども,やはりJAの共販だけを生かして地域ブランドをとるというよりも地場産品での,地元の人たちが本当においしいよ,そして広めていくそういうブランドづくりというのも方法的にはひとつあるのではないかと思ってるんですよ。思うんですよ。

 そこで,先ほど全協で説明がありました経済危機対策の中にも,今回8ぺージのところに農林水産物直売所加工場,こういうものの整備建設の予算もいいですよということになっています。

 だけど,具体的に今度全員で回るはずの活性化実施計画もありますけれども,やすらぎの郷にもお金が出るようになってますし,アグリランドえいにもなっているようですが,一番大きなのはやっぱり道路工事のほうに,先ほどは道路工事を進めなさいという一般質問がありましたが,私は逆に今困っている農業政策のほうに,そしてこれからを願う,税収を振るわせる方のこういうのにお金を使ってほしいという立場で一般質問してるわけですので,これは御理解していただきたいんですがまあこの答弁の中にも,今のところ市としては設置する考えはないということですけども,今私がこのごろ申し上げましたというともう,今後この経済対策も含めて,今私が言いましたけれどもこの中で市長,何かこう市長の気持ちの中で揺れてまた向きが変わったところありましたらそこで何か答弁いただきたいんですが。なかったらないでいいですよ。



◎市長(霜出勘平)  いやいや,先ほども申し上げましたように,私どもとしてはもう未来永劫にわたってこれは作らないということじゃないわけですので,場所,それからそういうような品目ですね,そういった合致するものがあってこれは何とかいけそうだというなところあったら,積極的にやっていきたいという考えでおるところでございます。

 議決をいただきました霜出げんき館の指定管理ですね,あそこでもそういったことを取り組んでいただく予定にしておりますので,そういったことも参考にしながら取り組んでいけたらというふうに思っております。

 やはり,生産してそしてこれを販売して何ぼでございますので,生産するだけでは意味がないわけでございますので,これをできるだけいい値で売って所得を得てということでございますので,何もそれを拒否することはありません。いい方法があったら積極的に取り組んでいきたいとこのように思っております。



◆議員(大薗秀己)  市長,農業の担当の農林水産部長のところでも構わないんですが,実際先ほど言いました高齢者を対象にした農業政策としての道の駅が非常に成功した事例として私は紹介したわけですが,これの高齢者の小規模多品目というような農業の振興というのを考える施策は,何か今回のこの緊急対策の中でもあるのかないのか,それから,今度の計画の中に市長の,それから農業振興の中にこういう計画があるのかないのかをお聞かせください。



◎農林水産課長(東利文)  今回の緊急経済対策の中には,少量多品目栽培のそういったものは入っておりませんが,考え方につきましては先ほど市長が申し上げたとおりでございます。



◆議員(大薗秀己)  担当部局の副市長もいらっしゃいますんでどんどん発言してよろしいですので御意見があったら聞かせていただきたいんですがありませんか。



◎副市長(山内廣行)  旧頴娃町時代に,農業者の高齢者の方々に牛を貸し付けてそしてという施策をやったとことが以前ありましたけれども,今聞いてみますともうこちらになってからそれはないようですが,やはり高齢者の方々のそういう,少しでも所得を上げる,小遣いを稼ぐという意味も含めた所得を上げるためには,御質問者がおっしゃるようなこういう道の駅とか直売所というのは必要だろうと思います。

 かつて頴娃町時代に瀬平公園におきまして,あそこに道の駅をつくりたいと計画も上がってましたけども,やはり国道沿いではありますけども開聞までは非常にその交通量は多いんですか,開聞から頴娃を通りまして枕崎までの間の交通量が非常に少ないということでどうだろうかという,断念した経緯もあります。

 やはり,それと私は公民館長時代に町のほうで,旧郡地区公民館の前に直売所を建設いたしましたが,結局お客さんが少ないから出品される方がいらっしゃらない,買われる方は品物がないから買いに行かないという,卵が先か鶏が先かというような感じでなかなか思うようにうまくいかなかった例もありますし,やはり市長が言いますようにやはり今後いろんな方々のそういう御提言をいただきながら,この直売所は検討していかなきゃならんのじゃないかなと考えております。



◆議員(大薗秀己)  私は道の駅をちょっと,先ほど事例に出して言ったのも一つの例として言いますが,今ある,清水になるのかな野崎,私たちは野崎,田代の境界だと思ってますけれども,あそこは全部反対だったんですよ。地元の方々の,あそこはダメであるとか,右側,左側という意見がたくさんありまして,川辺町民のうちの,当時は1万二,三千の人口だったと思いますけれども,その方々のアンケートをとって6割7割はだめだという意見が多かったと思います。だけど,やって成功させてきたんですよ。

 そのために,先ほど言いました出荷協議会はたった80人しかいなかったんですよ。80何人でした。もう私たち今ここに,同僚議員の方々も家で作っている大根葉などでも持っていってでもその畑のとにかく農産物を集めて,鹿児島のお客さんを呼ぼうということで計画を始めて実行して,今は豆腐がメインとしていろんな物を売ってるのは事実ですけれども,やはりニワトリ卵じゃなくて,いいアイデアを持って取り組んだことが成功事例ということ。

 交通量が少ない,来るように仕向けるのもまた考え方の一つですので,ぜひやらないやらないというんじゃなくて考え方を検討していただく,考える方向で検討もしていただきたいと思います。

 その中で,昨日総務常任委員会の報告がありましたが,市長も目を通していただいたと思いますけれども,この中で2回市長のリーダーシップをという言葉を盛り込んであります。この言葉の重みを市長は感じていただけると思いますけれども,今回私たちが研修に行ったさきでこの道の駅,あそこで言いますと伊達では「あ・ら・伊達な道の駅」というふうな道の駅というのがありまして,300万人の観光客というか来場者があると,9億円の売上をしていると。

 そしてまた,福島でもそういう農産物を売っている場所が非常に繁栄してるということをお聞きして,残念ながらそこにはどちらとも行けなかったわけですけれども,私たちも行ってそこでおもてなしを受けてお茶をいただき,それから話を聞き,つい買ってしまいました。送りました。

 そういう観光行政ともつながってくるんですけれども,そういう道の駅のあり方というのもあると思うんですよ。ただそこに並んでいるから,そこ買ってください,どうぞじゃなくて,お客さんがこれはここにしかない物だなと思ったら自ら土産品だけじゃなくて,自分が使うというような物も含めて,宅急便を使って送っている現地を聞いたわけですから,何かこう私たちのまちにもヒントがあるんじゃないかなと思っております。

 このような農産物販売所は,こういう観光客の観点にもつながってきますので考えていただきたいんですけども,もう一つ,ないものをしなさいとは言いたくないんですけども,考えてほしいので一つアイデアを言いますが,農産物販売所というのは道の駅をつくるだけじゃないと思うんですよ。

 最近は,コンビニに直売所を設けている生産組合もあります。それから,スーパーに,ここはまあ大きなスーパーでしょうけども載ってるのはですね,スーパーのほうに地元の農産物コーナーという出荷協議会と,連携して協定を結んで出しているところもあるようです。

 だから,先ほど副市長が失敗した事例を言いましたけれども,建物をつくるだけじゃなくて今あるもの,またこの報告書の中にもありますように,ないもの探しではなくて足元にある宝探しをすることで南九州市の発展につながるんじゃないかと思うわけです。この件に関しまして,市長最後にもう一つ答弁をいただきたいんですが,足元にある宝探しをぜひやっていただきたいんですが,いかが考えますか。



◎市長(霜出勘平)  成功する,している事例として今やすらぎの郷があるわけでございますが,あそこは先ほども申し上げましたように複合施設ということで,農産物だけではなくて我々が一番頭にあるのは豆腐と。この豆腐,主要品目が大変魅力のある豆腐がありまして,それもこの客を誘引する大きな原動力になってるんじゃないかと思います。

 また,場所的にも鹿児島市に近くて国道ということもあり,交通量も多いということもあるわけでございます。そしてまた,ここに社長がいらっしゃいますが,社長を初め職員の頑張りも大変大きなものがあるんじゃないかなと。また,生産者もそれなりに新鮮な安全な物を供給をするというような気構えで,みんなの気持ちが一つになって今成功されているんじゃなかろうかなというふうに思っております。

 そういうことで,成功事例もあるわけでございますので,そういうものを参考にしながら皆様方の,私もリーダーシップも大したことはありませんので皆さん方の,多くの皆さん方のいろいろなお知恵をお借りしながら,皆さんが新鮮な物を即売れるというようなことを考えていきたいということでございまして,いろいろな形でまた御指導等をいただければありがたいと思います。

 コンビニとかスーパーとかの提携,協力というのは,そういうことはまた,相手もあることでございますので,またそういうような先方との意向等も聞きながら,積極的にそういったことでそういう,やはりこれも品物がそろわない,通年を通して品物がそろわないとスーパーとかいろんな方々にも迷惑をかけるわけでございますので,そういうめどが立ったらそういった方法もどしどし積極的に推し進めていくべきだろうというふうに思っております。



◆議員(大薗秀己)  次にいきます。中学校の武道の必修化についてですが,高校生は今でも柔道と剣道の挌技という授業が行われていると思います。私も,昔の話ですので,古い話ですので今の現状はよく知らないんですが,つい10年前までもちゃんとありました。

 私も,川辺高校の剣道の講師として2年間ほど行ったことがあるもんですから,今もあると思ってるんですが,中学生になって今文部科学省がなぜ武道というこの必修科目にしたのか,何を教えたいのか,教育長お願いします。



◎教育長(小野義記)  現在の保健体育科の内容と,若干先ほどお話をいたしましたけども,現在でもこの武道は中学校の体育の中に入っております。ただし,選択教科になってるわけです。必修ではありません。

 1年生は,武道かダンスから1つ選択すると,それから2年生はそれに球技入りまして,球技,武道,ダンスから1つ,3年生も同じように球技,武道,ダンスから1つていうことになってますので,武道をする子供たちが幾分か球技とかダンスのほうに回ってるというのが現状でございます。中学校でやってるということですね。

 以上でございます。



◆議員(大薗秀己)  教育長,私がちょっと聞きたかったのは,今高校ではそういう授業をして今やってるけれども,武道を必修科目にしたその文部科学省の本意といいますか,そこをちょっと聞きたかったんです。



◎教育長(小野義記)  確かに,第1回目の答弁のときに,どのような教育方針だというこの部分がちょっと弱かったと思いますので,詫びいたしたいと思います。

 この武道というのは,武技,武術などから発生した我が国固有の文化であり,相手の動きに応じて基本動作や基本となる技を身につけ,相手を攻撃したり相手の技を防御したりすることによって勝敗を競い合う楽しさや喜びを味わうことのできる運動であるというふうに武道を考えておりますけども,この武道が取り入れられた目的といいますか,教育的な目的というのはこういうふうにうたわれております。

 技ができる楽しさや喜びを味わい,基本動作や基本となる技ができるようになる。また,武道の学習に積極的に取り組み,伝統的な行動の仕方を守ることなどに興味を持ち,健康や安全に気を配るとともに礼に代表される伝統的な考え方など理解し,課題に応じた運動の取り組み方を工夫できるようにするということが目的になっておりますけど,この部分で伝統的な行動の仕方,それから礼に代表される伝統的な考え方,この部分ですね。この中に,武道を取り入れる一つの教育的な価値といいますか意義があるように思います。

 これは,具体的に言いますと心,技,体を大事にすることです。そしてまた,礼に始まり礼に終わるというこの礼節といいますか,そこを押さえるということになりますが,この心,技,体を大切にするということと礼に始まり礼に終わるというのは,これ一つの日本の文化だと思います。ですから,日本の文化を尊重するということになりますので,これが一つ大きな教育的な意義だろうと思います。

 ですから,こういう日本の文化を大事にするということは,子供たちにとってどういうふうな価値があるのかといいますと,一つは,やはりこれから先の子供たちは国際社会の中で生きていきます。国際社会というのは,やっぱり異文化が調和する時代だろうと思うんですね。

 異文化が調和するためには,自分の国の文化とともに相手の国の文化を尊重しなくてはいけないと。相手の国の文化を尊重する以前に,自分の国の文化を尊重できる子供なくてはいけないというのが一つあります。

 あと一つは,やはり最近の子供たちの現状が,武道をどうしても取り入れなくてはならないというようなことがあったんだろうと思います。最近の子供たちは,非常に規範意識が少ないと,規範意識ですね,規範意識がない。昭和40年代には無気力無関心無感動ていう子供が非常にふえたと言われてますけども,最近はまず自分がない,自分。相手がない。そして規範的な意識がないと,こういうこと言われます。

 その規範的な意識が非常に欠如してますので,この礼儀作法を大切に,武道を通して規範意識を育てていく必要があるだろうということですね。

 国際社会に生きる子供たちにとって非常に大事なことであり,最近の子供たちの実態から考えて規範意識を育てる上で武道というのは非常に大事だと,そういうふうにとらえております。

 以上でございます。



◆議員(大薗秀己)  ここで市内5つの中学校があるわけですが,今中学校の現状の中でこの武道も必修科目だと,必修というか授業の中に入ってるということですが,武道をやっている学校がありますか。それと,武道場,武道館が整備されているわけですね,全部がですね。



◎学校教育課長(大木節夫)  まず1点目についてお答えいたします。

 現在,先ほど教育長が申し上げましたように,選択教科として5つの中学校のうち柔道を実施しているところが4学校ですね。それから,剣道を選択している学校が1中学校,1つあります。全体で5つと,5つの中学校ということでございます。

 時間数につきましては,それぞれ6時間から12時間の範囲内で選択をして,主にそこの体育担当の教員が中心に教えておりますけども,青戸中学校の場合は部外者,校外の指導者を招いて指導を受けております。

 武道館につきましては,それぞれ整備をされて今活用してる状況であります。

 以上です。



◆議員(大薗秀己)  今,指導者の先生もいらっしゃるという答弁があったわけですけれども,特に剣道の場合にはやはり経験者といいますか有段者の指導が,柔道ももちろんそうでしょうけども,要ると思いますけれども,その指導者の把握はどうなっていらっしゃいますかね。

 それと,文部科学省はやるやると言っていろいろ小出しにお金は出してるみたいですけれども,先ほど課長の答弁では,武道館はあるようですが電気の球が切れてる武道館も結構あります。修理をしてほしいのに,学校の先生方にお願いしてもなかなか,教育委員会のほうがとかいう言葉が返ってきますので,ここでせっかく私ここにいるわけですので早目に,武道館も同じ学校ですので電気というか蛍光灯,水銀灯かな,球の交換のほうはこまめにしていただきたいと思いますが,考えていただきたいと思います。

 道具,剣道の場合洋服はどうかなあ,難しいところかもわかりませんが,道具に関することに関して,この今回の条件としてはそこまで考えていらっしゃいますかね。あと3年間あるわけですけれども,全部の学校に1年生が100人おれば,50人でもいいけども1年生のうちの半分の道具をそろえるという方針なのか,それとももう簡単に道具なしで竹刀だけ自前で準備させて,あとは竹刀を振るだけの剣道を教えるだけの考えなのか,この辺の方向がわかってるんだったら教えてください。



◎教育長(小野義記)  まず,指導者の確保の件でございますが,頴娃町それから知覧町,川辺町,それぞれ剣道の有段者の方がたくさんいらっしゃいます。そして,それぞれの町でこれまで非常に大事にされてきた剣道大会が盛んに行われてますので,指導者については,柔道とか相撲に比べますと確保についてはそう困難なことでないだろうというふうに考えております。また,時期が参りましたらそういう指導者のリストですね,そういうのも作っていきたいと思います。

 それから,条件整備のことでございますけども,去る5月29日に平成21年度の補正予算が成立いたしましたけど,この中に中学校の保健体育で武道が必修化されることを踏まえて,安全に実施するための武道場整備費が45億円計上されてます。ですから,今も中学校5校にそれぞれ武道場ありますけども,もう少し整備をされてくだろうと,この予算を使ってですね。そういうことが考えられます。

 それと,武道を取り入れる場合に,やはり今の御指摘ありましたように道具の件があるわけですね。みんなで共用して使えるものと,やっぱり自分の物でなくてはいけない物があると思いますので,子供たちの,これはまた選択教科ですのでどのくらいの子供が何人ですね,例えば柔道を選択するか剣道を選択するかちょっとわからないところなんですけども,そういう子供たちの選択の状況等にあわせながら,少しずつやっぱ整備していく形になるだろうと思います。最初から,きちんとした完全な形の整備の中で行うのはなかなか難しいですので,歩きながら整備をしていくという形になるだろうと考えております。

 以上でございます。



○議長(西良仁)  次に,蔵元慎一議員。

  [19番議員蔵元慎一登壇]



◆議員(蔵元慎一)  それでは,通告していました3点について,市長,教育長の所見を伺いたいと思います。

 我が国の医療を取り巻く状況は,急速な少子高齢化の進展,生活習慣病の増加,医師,看護師等保健医療従事者の不足,地方における医療の地域格差及び診療機能の縮小等新たな課題への対応が生じており,どこに住んでいても安心して医療を受けられる体制を維持,整備するためには,医師,看護師の確保が喫緊の課題となっております。

 そのような中,南九州市では,昭和40年旧頴娃町において地域の保健,教育,福祉の向上を期す観点から頴娃準看護学校が開校し,これまで多くの人材を輩出しています。

 現在においても,定員を超える80名の生徒が保健医療従事者としての必要な準看護師の資格取得並びに鹿児島県立開陽高等学校との連携教育による高等学校卒業資格の獲得のため,日々学業に励んでいるようです。

 しかしながら,今回の合併により学校運営の重要なサポート役である地元医師会の枠組みが変わり,学校運営に対する理解や認識がずれてきて再確認をする必要を感じるところであります。

 また,学校自体の建物や設備に関しても,学習に支障を来たしている部分があり,志を持って入ってきた生徒たちの夢を叶えるための十分な責任が果たされているのか憂慮するところであります。

 そこで質問の1番目ですが,これまでの学校の沿革と現在の運営状況はどうなっているのか,市は学校の施設設備に対してどのように認識しているのか,今回の人事異動で,職員減を行っているが,その経緯また影響はないか,来年閉校が決まっている県立保健看護学校への教材等の譲り受けなど,協力を要請する考えはないか,市としては,今後の中長期的な学校運営方針を示す必要があると思うがどのように考えているか,市長並びに教育長の見解をお聞かせいただきたい。

 次に,昨年の篤姫ブームにおいて,大いににぎわった鹿児島県の観光ですが,早くもその反動が来ており,観光客の入り込み数が低迷しているようですが,武家屋敷においても同様の影響が出ているようです。これは,景気によるものもあるでしょうが,市としても現状を分析し建設的な施策を進めていく必要があると考えます。

 そこで,2番目の質問ですが,テレビコマーシャルにも出てきますが亀甲城周辺は知覧への入口でもあり,観光客にも任期のスポットだと思いますが,現在の管理状況はどうなっているか,また新たに整備する考えないか市長に伺います。

 3番目に,旧知覧町時代から始まった青森県平川市との交流は,青少年国内交流事業からねぷた祭りへと発展し,ことしは14回目を迎えます。昨年は,平川市議会の皆さんが視察に訪れ,先月は文教厚生委員の皆さんが所管事務調査で訪問しています。

 また,今年になってからは二日市でのリンゴの振る舞いや,市内小学校児童へのリンゴのプレゼントもあり,ますます交流の輪が広がっていることに期待を寄せているわけですが,せっかく頑張ってきている両市の交流を経済的交流へと進めていく考えはないか,市長に伺います。

 これで1回目の質問終わります。あとは自席にて行います。

  [市長霜出勘平登壇]



◎市長(霜出勘平)  蔵元議員の御質問にお答えいたします。

 1番目の頴娃準看護学校に関する御質問につきましては,実務を担当いたします教育長からお答えをいたしたいと思います。

 2番目の,亀甲城周辺の整備についてでございますが,まず知覧武家屋敷観光客の動向でございますが,平成2年約49万人をピークといたしまして減少傾向にあります。ここ10年ほど,30万人前後で推移をいたしておるところでございます。平成20年度は30万5,000人で,対前年比2万2,000人増となっており,ここ2年は映画や大河ドラマの影響で増加しておるようでございます。

 御質問の,武家屋敷に隣接いたします亀甲城公園整備についてでございますが,昭和59年から63年度にかけて園路や植栽,休憩場など,風致的な特殊公園といたしまして一応の整備は終了いたしており,現在は清掃や草払いなど日常的な管理を行いながら,市民や歴史愛好家に親しまれておるところでございます。

 この地域の18.6ヘクタールは,重要伝統的建造物群保存地区に指定されていることから,土地の掘削や樹木の伐採,歴史検証に沿わない施設建設などにつきましては,伝建審議会など関係機関との調整が必要となります。現在,施設整備から約20年を経過し,樹木が生い茂り文化財としては適当な環境となっております。

 このようなことから,亀甲城は文化財として現状保存しながらの利用が望ましく,観光地として新たに整備することは制限される状況であることから,樹木選定や案内板の設置など日常的な管理で歴史散策や町歩き,森林浴の対象として提供したいと考えております。

 次に,青森県平川市との交流についてでございますが,青森県平川市とは南九州市として昨年8月3日に新たに交流協定を結びなおしたところでございます。この友好親善交流盟約の内容を御紹介いたしますと,平川市と南九州市は今後相協力して,教育文化を初め産業振興等の交流を図り,相互理解を深め,繁栄と進展をもたらすため一層の努力をすることを誓うと明記されております。

 議員の御指摘のとおり,経済的交流の促進は平川市との交流の大きな目的の一つでございます。この盟約に基づきまして,今後より一層の経済的交流も行っていく考えでございます。

 具体的な経済的交流の例といたしまして,昨年11月には平川市が開催する農林祭りに参加いたしまして,南九州市で生産されたお茶の宣伝販売を実施してまいりました。第1回目で客足が少ない中での販売で,販売実績はいま一つでしたが,おいしいお茶を飲んでいただくことで南九州市のお茶の味を知っていただけたのではないかと思っております。

 また,平川市内で販売されているお茶はほとんどが静岡のお茶でございましたので,地元のJAと交渉いたしまして平川市内のJA物産館に陳列していただくようお願いし,販売注文もとっているところでございます。

 本年度も,平川市での宣伝販売を計画しており,リーフ茶の消費宣伝活動とあわせて実施してまいりたいと思います。今後,お茶だけでなく他の農産物も含め販売促進を図ってまいりたいと思っております。また,平川市特産の農産物であるリンゴ,ジュース等については,本市の農協,道の駅などを利用し販売するなど,相互で経済的交流を行っております。

 このように,今後も教育,文化を初め,経済交流など一体的な相互交流を図り,地域の振興につなげてまいりたいと考えております。

 以上で答弁とさせていただきます。



◎教育長(小野義記)  頴娃準看護学校について5点ほど御質問がありましたので,1番から順に答弁いたしたいと思います。

 まず1番目の,過去の沿革と現在の運営状況を問うということでございますが,頴娃準看護学校の沿革と現状については次のとおりです。

 頴娃町にあります頴娃準看護学校は,昭和40年の4月に揖宿部西部医師会の強い要望と青年子女の教育のため,町立準看護学校が頴娃小学校の一部を仮校舎として発足いたしました。

 1学年1学級で,1学年40人の定員で2年の修業年限は今と変わらず,ほとんどの生徒が頴娃,開聞町を中心とする各病院に委託をされまして,1日おきに登校して授業や実習を受けるという仕組みでした。

 昭和41年の4月には,現在の場所に新校舎が完成しております。

 昭和45年には,鹿児島西高校技能連携校として認可。

 昭和50年には初めて男子学生が入学いたします。

 平成2年3月には新校舎落成。

 平成12年には県立開陽高校技能連携校として認可。

 平成16年に創立40年記念同窓会。

 そして,平成19年12月1日に南九州市立頴娃準看護学校に変更という沿革史でございます。

 今日まで,カリキュラムの変更が2回ほどありまして,授業実数も増加して創立当時2名だった専任教員が現在は4名にっています。入学者は16歳から50歳ぐらいと年齢の幅も大きく,最近の傾向として男子学生の入学応募も増加する傾向にあります。

 過去5年間の入学者数はほぼ定員に達していまして,卒業時の準看護師資格試験も平成18年度の95%以外は100%の合格率で,卒業生の就職進学率も100%でございます。

 次に,学校の施設設備に対する市の認識ということでございますが,頴娃準看護学校の施設設備については,御指摘のようにかなり老朽化したものもございますし,勤務する職員の意見,要望を精査しながら適切な授業実施,安心・安全の確保並びに景観等にも配慮しながら年次的に整備を図っていきたいと考えているところでございます。

 3番目の御質問で,職員減のことについての御質問がございましたけども,このことについては,専任教員の1週間の授業時数を考慮して定員の削減を行いましたが,2年生の8月から12月までと1年生の1月から2月までの病院実習期間は学校運営に無理を生ずるようですので,この8月から2月の期間は臨時職員を1名配置する予定でございます。

 4番目の御質問で,県立保健看護学校からの教材の譲り受けということでございますが,現在知覧町にあります県立保健看護学校が本年度末に閉校いたしますが,その施設設備,備品関係については,まず県立の病院と県の機関に移管譲渡し,その後残余の物品については市町村等との協議により譲渡ということになっているようですので,その動向に留意しながら対処していきたいと考えているところでございます。

 最後に,今後の中長期的な学校運営方針ということでございますが,頴娃準看護学校の運営については,今年度は準看護学校ができて初めての教職員の人事異動を行いました。学校運営の充実を図るため,気風の刷新を行ったところでございます。

 今後とも,教職員の適正配置,男女構成,年齢構成等に努め,カリキュラムの改善,専任教員の指導力の向上,学校運営に関する諸帳簿等の整備,外部講師との密な連携を図る体制づくりを進め,全職員の組織体としての活性化を図ってまいりたいと考えているところでございます。

 以上でございます。



○議長(西良仁)  ここでしばらく休憩します。

午後2時3分休憩

───────────

午後2時15分開議 



○議長(西良仁)  再開します。



◆議員(蔵元慎一)  非常に前向きな答弁をいただいて,質問もなかなか,準備をしてたんですがやってくれるんだなあと思っております。

 まず,じゃあ最初に運営面からなんですけれども,今準看護学校の授業料ですね,これは6,000円というふうになっておりますけれども,これはどういった算定根拠で6,000円という額を決めているのかですね。



○議長(西良仁)  しばらく休憩します。

午後2時17分休憩

───────────

午後2時18分開議 



○議長(西良仁)  再開します。



◎教育部長(和田二三男)  授業料は,月額御存じのとおり6,000円でございますけれども,その根拠は条例で定めておりますが,その額につきましては公立高校の授業料だとか,それから公立の準看護学校がもう1校ございますが,そこ等の状況を参考にして定められております。

 以上です。



◆議員(蔵元慎一)  今の公立高校の授業料は9,900円です。近隣の私立の看護学校が5万150円という金額を月額になっているんですけれども,ここの頴娃準看護学校の市の当初予算でいきますと,補正がちょっと今度かかってかわっているんですけど,当初予算は総額で4,897万1,000円です。その中の職員にかかわる金額が4,231万1,000円です。その職員人件費を総額から引くと666万,これがかねての管理にかかわる費用だと僕は思うんですけども,そういうふうに理解してきたんですけども,ちょっと超えてますけれども,大体授業料を賄うためにいただいているんじゃないかなというふうに理解してきたんですが,今,80名ということで,授業料の収入が576万というふうに上がってます。今年度,予算書のほうで見ると,備品を購入されるんですか,今お金があるのでそれを引くと大体その授業料に合ってくるんで,運営費としてその6,000円というのを逆算していってるかなというふうに思うんですけれども,今回,今度補正で上がってきます100円病院の実習経理費が上がったということで100円の増で来て,それで44万ほど補正で上がってきますよね。これは,通常ですと,生徒が見なければいけないお金じゃないかなというふうに思うんです。かねての運営費ですから,報酬とか,講師の謝金とかということなんです。この辺はどういう,一般財源から補充するように今度はなってますけれども,例えば,生徒たちのかねて払っている授業料の分で見なきゃいけなければ,授業料は途中で上げるというのはできないかもしれませんけれども,臨時にこういった国の通達だったそうです。100円上げたというのは,がかかったんであれば,それは生徒たちから,事情説明してもらって,その収入で充てるというのが本当だと思うんですけど,その辺はどうでしょうか。



◎教育長(小野義記)  その件について今まであんまり考えたこともなかったんですけれども,これまでの私の経験によりますと,私立の短大というか,大学の関係の実習とか勘案いたしますと,私立の場合は,生徒がそういう実習等を支払う場合が多いようです。公立学校の場合は,その生徒には直接に実習費という形ではとってないように思います。ですから,高山の2校あるわけですけど,準看が公立の,高山町立の準看学校全く同じような形をとっておると思います。

 以上でございます。



◆議員(蔵元慎一)  このじゃあ授業料6,000円,今6,000円ですけれども,ここ10年ぐらい値上げとかしたことがあるのかどうか,その辺はわかりますか。



◎教育長(小野義記)  ちょっと年度はわかりませんけども,数年前までは1カ月4,000円でした。4,000円を6,000円に上げております。何年か前かちょっとそこは記憶はありませんけれども,以上でございます。



◆議員(蔵元慎一)  先ほども言いましたっけ,公立高校9,900円とってるんですよね。それで,これも職員の人件費とか,全部県が見るという形で,どういうふうに9,900円が決まっているか僕もわかりませんけれども,やはりこの6,000円という金額はやはり何か根拠がないといけないと思うんです。ただ,今まで6,000円だったから6,000円なんだと。じゃなくて実習費も上がっていくこともあるわけですから,それは,その時々によってそれをやはり逆算しながらかかる費用はやはり上げないといけない。

 今,この総額の4,897万1,000円を生徒数で割ると,年間1人頭に52万円の費用がかかっているようなんです,1人育てるのに。それから,市がやはりその目的を持って設立されているわけですから,それはそれでいいとして,やはりその授業料に関してはきちっとした認識を持っていただきたいと思います。

 今,1年生が38名,それから,2年生が40名在籍ということで聞いておりますけれども,地元南九州市の出身者ということで,どのように,わかると思うんですけれども,何人とか。



◎教育長(小野義記)  わかる範囲内でお答えいたしたいと思いますが,入学者の件でございますが,平成20年は頴娃町は1名,知覧町は3名,川辺町は2名の計6名,ことしは,頴娃町が4名,知覧町5名,川辺町3名の11名ということになっております。現在11名とあわせまして17名の南九州市の子供たちが入学をしているということになります。

 以上でございます。



◆議員(蔵元慎一)  ほかの生徒たちは近隣の学校から来ているということでございますけれども,この頴娃準看護学校は,上のほうからの管轄でいうと厚労省なんですか,それとも文部科学省ですか。



◎教育長(小野義記)  厚生労働省になります。



◆議員(蔵元慎一)  今,厚労省の管轄であるということですが,学校自体は一応教育委員会のほうで見るということでなっているわけですね。

 この学校運営に関して,その厚労省からは補助金とかは来ているんですか。



◎財政課長(上野勝郎)  今の国等からの補助金の関係でございますが,現在のところ補助金等はありません。



◆議員(蔵元慎一)  10数人やはり南九州市の一般財源が使われて,やはりこの学校は運営されているという,そういう認識になると思うんですけれども,次の質問に行きますが,学校の施設,それから,中身の教材等に関して,市はどのように今感じているのか,お願いします。



◎教育長(小野義記)  準看護学校の施設設備につきましては,これまでも毎年計画的な予算措置をしてまいりましたが,どちらかといえば,ここ二,三年,その施設設備,備品等についての予算が確保できなかったということもございますが,学校側からの施設施設,備品等についても改善していこうという,その気持ちが十分伝わってなかったということもあります。そういうこともありまして,ここ二,三年ちょっと予算措置ができておりませんけども,これから,やはり準看護学校と教育委員会との連携,太いパイプをつくりながら風通しが必要だと思います。改善すべきことは明らかにしながら,人的・物的環境の充実を進めていきたいと,今考えているところでございます。

 以上でございます。



◆議員(蔵元慎一)  今教育長の認識としては私も一緒なんですけれども,平成2年に学校が新築されまして,そのときに大分備品等は入れているようです。その後,備品台帳を見ますと,そんなに補充はされていないという状態で,中の設備に関しましても,医療分野ですので,その発達も早いわけです。しかも,人命にかかわることを教えなければならないということですので,ぜひとも今後は計画的に,そういった必要な備品等の補充をしていただきたいというふうに思っております。

 3番目なんですけれども,生徒数が定員を超えているわけです,超えているというかちょうどなんですけれども,4月の定期人事異動で,今まで5名だったのが,1名減らして教員4名という体制になっているわけですけれども,これは間違いないですよね。



◎教育長(小野義記)  間違いございません。



◆議員(蔵元慎一)  この準看学校というのは,厚労省が定める看護師等養成所の運営にかかわる指導要綱というのに基づいて,学校のいろんなことが決められていると思うんですけれども,その中で,一応この今頴娃準看の場合は,その教員の数なんですけれども,5人以上確保するということというふうな項目があるんですけれども,これは御存じですか。



◎教育長(小野義記)  承知しております。



◆議員(蔵元慎一)  括弧書きで当分の間3人以上ということがありますので,このことに関しては,支障がなければそのままの運営でいいと思うんですけれども,その教科の時間の持ち方の手引きというのもあります。その教員は,1週間に15時間程度の授業をさせないということでなっているようですけれども,これは4名体制になっても問題はないんですか。



◎教育長(小野義記)  各専任教員の授業実数等について実態をお話をしたいと思いますが,その前に,平成15年の3月26日の厚生労働省の医局長の通知の中に今御指摘がありましたように,看護師等養成所の運営に関する指導要領の手引きでは,5人が必要だということをうたわれております。そして,当分の間という言葉はもちろんあります。当分の間3人でもいいというのありますけれども,そして,同じ日付けで,厚生労働省医政局看護課長からの通知が参っておりますが,この中に1人の専任教員が担当できる1週間当たりの講義時間の標準を15時間とするとなっております。しかし,この標準時間の1週間の講義時間の15時間の中には,実は実習の時間も含めて計算しているわけです。実習の時間も含めて,平均すると15時間ということになっておりますので,実習がない,いわゆる5カ月間はないわけですけれども,その間の一人当たりの講義の時間は1週間に3時間から4時間程度ということになります,実質は。ということになりまして,小学校,中学校,高等学校との教師の格差も非常に大きいということを感じております。今現在小学校で大体1週間に25時間ぐらいが平均です。中学校が18から20ぐらいです。高等学校が17,8だと思いますが,それでも準看の場合,1週間に3時間から4時間程度だったわけです,実態は。これは実習期間が入っているからなんです。それで,そういうことですので,小中学校との格差が大きいということから,病院実習がない期間は1名減でも対応できるだろうというとらえ方をしております。1名減に対応した場合に,1週間当たりに1人当たりの講義時間が4時間から5時間程度ということになります。

 しかし,先ほどもお話をしましたように,病院の実習期間中は,やはりどうしても人手が必要だということですので,その期間については,ことしは,非常勤職員を1名配置する予定でいるということでございます。もう少しこのことについては検討しながら,きちっとした無理のない人員配置をしていきたいと今考えているとこでございます。

 以上でございます。



◆議員(蔵元慎一)  あともう一つそれこそ規定の中で,教務主任となることのできる者はというくだりがありまして,専任教員の経験を3年以上有する者,厚生労働省看護研修研究センターの幹部看護教員養成課程を修了した者,もしくはアとイと同等以上の学識経験を有すると認められる者というふうに規定をされております。これはクリアをされていると思いますか。



◎教育長(小野義記)  規則等ではそういうふうにうたわれておりますけれども,それもいろいろと担当のほうにも県のほうにも問い合わせしてみたんですけれども,今言われた教務主任としての資格はあるわけです。それと同等の力量があると判断される者については,この限りではないという文章があるわけです。それを今適用してます。

 それと,研修を受けなきゃならないというのがあります。それは,以前は半年間の研修だったわけですけど,今1年になってまして,これは,もう現在は必修ではないということで,現在の教務主任もその講習を受けずに,今教務主任としての役を任務しているということになります。

 以上でございます。



◆議員(蔵元慎一)  私は,その会則がちょっとどうかなというふうに感じておるんですけれども,これは,保健師,看護師としての経験は十分にあるわけですから,これは問題はないと思うんですけれども,ここで言ってる同等以上というのは,人に教えることができるかどうかということを言ってるんだと思うんです。例えば,大学の数学の工学部の数学科に行って勉強した人と教育学部の数学科に行って勉強した人がいますよね。同じ数学なんですけれども,教えるために学んできた人と,自分の研究とかのために学んできた人では全然資質が違うと思うんです。やっぱりここはどっちかというと,人に教える能力があるかどうかということを聞いてることじゃないのかなというふうに思っております。それは教育長の見解がそうであれば,もうそれでやっていただければというふうに思いますけれども,極端な話ですが,全く授業経験のない人に,あしたから学校で40人の子供を教えなさいということが果たして社会一般的常識が通用するのかどうか,そこら辺は疑問に思うところであります。

 しかし,今こういうふうに配置されていますので,一生懸命現場のほうで頑張っていただきたいというふうに思います。

 それと,今回1人減になったということで,5人体制が今4人体制になった。今回補正が1人の人件費が108万ほどですか,補正で上がってきています。これは,準看学校の職員が1人減って入ったのなら,それは,800万という人件費がどっかに行って入ってきた,それは効果があるんですけど,職員はそのままどっかの部署に異動してかかってきた108万円になるわけですよね。今まではかかっていなかったお金だと思うんです。この分は,やはり市としての全体の財政の中からいけば,それだけ不要なお金がかかっているというふうに,私は思うんですけれども,どうでしょう。



◎総務部長兼知覧支所長(海江田操)  人件費の関係ですけれども,今回の補正で,人件費全体の分を計上してございます。人事異動に伴う分,改定に伴う分,上げてあるわけでございますけれども,もちろん市役所の中でそれぞれの部署で人事配置はしてございます。準看学校におきましても,今回はいろんなことを考え,想定して,人事の配置がされたわけでございますけれども,それに伴いまして,当然として,今まで準看学校に配属しておりました職員は,ほかの関係する部署に配置をしているというふうなことで,人件費そのものは,我々職員としてはすべて辞令のもとにあちこち配置をするわけでございますので,給与体系はそれぞれ違うわけでございまして,行ったところでの費目の中での調整ということでございますので,市全体の人件費の中で調整をしていくということになりますので,今まで準看にかかっていた人件費が多くなった,少なくなったという,またほかの部署についても同じことでございますので,市全体の人件費として我々はとらえているところでございます。

 以上です。



◆議員(蔵元慎一)  見解の違いかもしれません。職員人件費じゃなくて,外から来た人に払うわけですから,それは増えているわけです。中で調整しているわけじゃなくて,外から来た臨時の職員に対して払うわけですから,その分は今までかかってない分がかかってきているという,私はそういうふうに考えたんですけれども,そこ辺もむだな経費がちょっとかかってしまったのかなというふうに思います。

 今回の人事の異動に関してですけれども,これは,本当は計画的にされれば,こういう後から臨時職員を入れて調整する必要はないわけですよね,どちらかというと。今まで5人であった中では発生しなかった多分経費でありますので,この臨時職員の雇用というのは,それを考えると,やはり前々からその人事を考えながら5人体制でいけて,ほかの部署に異動させる必要がもしないとしたら,そのままでいけたことでありますので,その辺はやっぱり計画的な人事が,1年前,2年前から考えられていれば発生しなかったことだと思いますので,そこ辺は市のほうでもよく考えていただきたいと思います。



○議長(西良仁)  ちょっとしばらく休憩します。

午後2時41分休憩

───────────

午後2時45分開議



○議長(西良仁)  再開します。



◆議員(蔵元慎一)  ちょっと議事がとまりましたけれども,私は準看学校が要らないとか言ってるんじゃない。減らしたことについて質問しているわけです。何で減らしたのって,80名もいるのに減らしたというのは,それは市のほうが何か準看学校を縮小しようというふうな今言い方にすればそういうふうに感じます。ちゃんと設備もちゃんとしてくださいというふうに言ってるんです,これからも。今の体制ではちゃんとした教育はできないよと,今のあり方はおかしいからきちっとしてくださいというのを,今きょうは質問するために言ってるんです。ちょっとその辺が,あれがちょっと食い違いがあるような気がします。

 とにかくこの準看護学校は今必要な施設であるというふうにも,国もちゃんと認めるわけですから,それをきちっとしていないというのが,今回の質問の趣旨ですので,そこ辺は間違いないようにしていただきたいと思います。

 最後のほうになりますけれども,この県立看護学校が閉校になることが決まっております,3月に。同じような施設でありますので,多分,この頴娃準看護学校よりも非常に整った設備,それから,教材等もそろっていると思います。それはどう処分するかは県の考えですけれども,どうなるかわかりません。ただし,やはり同じ南九州市内にある学校でありますので,県側にやはりそういったもしどこかもう当てもなくまだ使えるような教材等があれば,そういったものに関しては先にお願いしておけば,その譲り受け等は考えられるんじゃないかなというふうに思っておりますけれども,その辺はどうでしょうか。



◎教育長(小野義記)  先ほども答弁したとおりの答弁になっていくと思いますけども,やっぱり県保健看護学校の方針がございます。やっぱり県立ですので,そういう閉鎖をする場合には,県立の病院等への県の機関へ移管,移譲するのが大前提なんです。それがあって,その後,残余,残ったものについてはということになってますので,残ったもの以外について何かどうしてもほしいものがあれば,またそれ以前に要求する方法はあるだろうと思いますけれども,それはまた今からの検討課題ということになりますけども,基本的には残余の物品については,市町村との協議による譲渡ということになっておりますので,それに沿って要望できるものについては,要望していきたいと思っております。

 以上でございます。



◆議員(蔵元慎一)  それから,やはり今後の中で一番私は思ってるのは,冒頭にも言いましたけれども,設立の当初は,揖宿郡の西部医師会というところの要請を受けてというふうになっておりまして,その後,多分指宿市郡医師会とかでなっていると思うんですけれども,今回南九州市というふうに合併があって,その医師会の枠組みも少し変わってきていると思います。やはりこの辺も医師会の協力なくしては存続ができない施設でありますので,その辺のやはり調整もしていかなければならないのかなというふうに思いますけど,その辺の準備はどんなものでしょうか,されてますか。



◎教育長(小野義記)  現在揖宿郡の,今指宿市の医師会が残ってあるわけですね。西部医師会もございませんけど,指宿市の医師会と,それから,こちらの南薩の医師会があるわけです。来年度合併しまして,指宿と川辺合庁が一緒になります。その時点でまたこの医師会の統合等も考えられるだろうと思います。現段階では,南九州市にありますけども,西部の医師会の協力を得ているということになります,西部医師会の。ですから,今後今言われたことについては,また検討しながら,要請をしながら,またいろいろと交渉等をしていかなきゃいけないだろうというふうに考えております。

 以上でございます。



◆議員(蔵元慎一)  やはりこれは医者の先生方ですので,現場の職員とかができる問題ではないと思いますので,ぜひそういう専門的な知識を持った,例えば,臨時でもいいんですけれども,県のそういう保健福祉関係にいた方とか,そのような方のアドバイスをもらいながら調整を行っていく必要があるのかなというふうに思っております。

 ぜひとも,志を持つ生徒たちの一番大事なのは,生徒たちの将来のことですので,それが疎かにならないように,市長もぜひそういったシステムづくりに取りかかっていただきたいと思いますけれども,答弁をお願いします。



◎市長(霜出勘平)  南九州市に一つしかない準看護学校でございますので,そういった点では,我々もよく留意をしていかなければいけないのじゃないかなというふうに思います。



◆議員(蔵元慎一)  では,次の亀甲城周辺の整備についてなんですけれども,ここは,先ほども答弁にありましたけれども,伝統的建造物群保存地区ということで,やはり整備に関しては国の許可,保存会の方々の理解等が必要になってくると,簡単にはいかないというふうに答弁はありますけれども,どれぐらいやってはいけないというふうに指導があるわけですか。



◎商工観光課長(田代良民)  商工観光といたしましては,この整備関係については,管轄外ではございますけれども,以前担当したことがございますので,その立場からちょっと答えさせていただきますが,伝建地区内につきましては,その実際忠実にあったものをつくる,復元するのはやぶさかじゃないと。ただ,それにそぐわない建物等については,現状変更申請書が出されまして,それでもって伝建審議会というのがございますが,そこでもまれて,良し悪し,あるいはいろんな変更指示等があるところでございます。

 例えば, 60年度にこの亀甲城公園を整備するときに,現状変更の申請をせずにスタートした経緯があるところでございますが,そのときに,県の文化財課,それから,国の文化庁からもお見えになりまして,いろいろと指導,お叱りを受けたりやったところでございますが,この中でいろんな協議をした中で進めて,最終的な状態で今現在に至ったところでございますけれども,立ち木を切るにいたしましても,大体12センチ以上の木は切るなといったような指導がありまして,その範囲内で伐採をやったりした経緯があるところでございます。



◆議員(蔵元慎一)  この亀甲城も上のほうに登っていただければわかると思うんですけれども,非常に小高い位置にありまして,もし眺望はきけばいい所だなというふうに感じるんですけれども,前やった整備以降何もしてないので,もう雑木のほうが非常に生い茂って散策をするような状態ではないのが,今の現状であります。ただし,そういった文化庁とかの縛りがあるとなかなかできないということで,その辺のできる範囲でやはり何も手を入れないというのもちょっと僕も理解がちょっと苦しむんですけど,何かをしておかないと,今度は伸びすぎるとまた山が崩れたりとかというのも考えるわけですから,その辺またしっかりその担当の部局と話し合いをしながら,景観を壊さない程度でやって,整備をほうをやっていただきたいと思うんですけれども,この清掃に関しては今どのような体制でなっていますか。草払いとかそういった。



◎商工観光課長(田代良民)  今現状の維持管理につきましては,文化財課のほうによりまして,園路関係,その周辺につきましては,人件費でもって草払いをやっております。

 それから,下のほうに二ツ家民家がございますけれども,その分につきましては,NPO矢櫃庵といった団体がその敷地,建物を借りてまして,その方々が維持管理をやっております。



◆議員(蔵元慎一)  知覧に関しては,あすこがもう手蓑峠をずっと上がってきて,ここから知覧という入口であるわけです。一番先に目にする場所でもありますので,新たな整備がなかなか難しいのあれば,その維持管理に関してはしっかりやっていただきたいと思います。

 では,次に,青森県平川市との経済的交流についてに移りたいと思いますが,市長は旧平賀町の時代もあるかもしれませんけど,平川市のほうには何回ほど行ったことがありますか。



◎市長(霜出勘平)  たしか3回,新市になりまして1回,その前2回ぐらい行った記憶があります。



◆議員(蔵元慎一)  私的なことですけど,私の娘のほうも青少年交流のほうで行かせていただきました。そしてまた,向こうの方々との交流も今ずっと続けているんですけれども,今回質問にある経済的交流ということで,今行って感じられると思うんですけれども,この距離が,行くまでの距離がすごく遠いと,これがやっぱり一番の交流のネックになってくるのかなというふうに思っているわけです。今,JA南さつまさんのほうで,向こうのほうにパンフレットをつくって特産物の展示をする,向こうのほうのJAさんのほうに展示をして物的な交流も始まっているというふうにお伺いしてますけれども,まだ今始まったばかりで,なかなか経費も嵩んでいるような感じであります。

 そこで,市のほうも,この人的な交流はかなりでき上がっているとは思うんですけれども,この行き帰りの流通コストをどうにかしないといけないなというふうに考えているんですが,その辺に関して,市長が定期便を走らせれなかったか,そういった案はございませんか。



◎市長(霜出勘平)  今のところは,そういった具体的な案は持っていないところでございます。ただ,先般も,今議員からも発言がありましたように,このJA南さつまのほうから,やはり行政のほうがそういう人脈があるから,だれか1人行って紹介をしてくれないかというような話もありまして,前の観光課長の村永君が一緒に行ったと思っておりますが,そういったことをしながら,今回はサツマイモ,お茶,そして,加世田の砂丘ラッキョウをJAとしては向こうのほうで販売をしたいというようなことのようでございます。その定期便につきましては,今後またいろいろな形で検討はしてみたいと思うところでございます。



◆議員(蔵元慎一)  ぜひとも,さっき同僚議員が先に言いましたけれども,お茶に関しましても,どうしてももう荒茶で出すのには限界も来ていると。できるだけ小売ができる体制を少しずつでも探していかないといけないというふうに思っております。一つずつでも,今青森があって,次はまた北九州というふうに販路が拡大できるように,その援助を市のほうとしてもぜひやっていただきたいと思います。

 以上で一応質問を終わります。



○議長(西良仁)  次に,加治佐民生議員。22番。

  [22番議員加治佐民生登壇]



◆議員(加治佐民生)  6月議会最後の質問となりました。先ほども同僚議員から同じような質問がありましたけれども,私は通告してありました県道整備について質問をいたします。

 第1次南九州市総合計画によりますと,道路交通体系の整備の基本方向では,市内を東西南北に結ぶ幹線道路や交通網の整備を進め,産業面や観光面での地域経済の活性化を図るとなっています。施策の展開の中では,国,県道の整備については,未整備区間の改良や安全施設の整備を関係機関に働きかけ,広域的な交通体系の確立を目指しますとなっております。そこで,幹線である県道整備を重点的に整備すべきと考えますが,市長の見解を求めます。

 中でも,これまで逐次整備が進められてきた県道石垣喜入線の一部において,未整備地区が残っております。この区間は,中央線もなく狭くカーブの連続であり,安全性確保のため,県へ整備を要請する考えはないか,以上,答弁を求めます。あとは自席で行います。

  [市長霜出勘平登壇]



◎市長(霜出勘平)  加治佐議員の御質問にお答えします。

 幹線道路である県道を重点的に整備すべきと考えるが,市長の見解を問うということでございますが,先ほど竹迫議員の一般質問の答弁でも申し上げましたとおり,南九州市におきましては,南薩縦貫道を初め数々の事業に取り組んでいただいておるところでございます。

 次に,県道石垣喜入線の一部において未整備地区が残っているが,安全性確保のため,県へ整備を要請する考えはないかということでございますが,本路線の未整備区間青戸変電所から折尾自治会の間でございますが,これの早期着手について,平成20年4月3日付,折尾自治会長から南九州市長,私あてに要望書の提出があったところでございます。同年4月17日付で南薩地域振興局長に南九州市長名で,同線の未整備地区について,早期整備着手についての要望を行い,整備の必要性を強く要請してきたところでございます。また,平成20年度から川辺地区総合開発期成会等を通じて,鹿児島県知事に要望書の提出も行っております。整備の早期着手のために,今後も引き続き要望と要請を進めてまいりたいと考えております。

 以上で質問答弁とさせていただきます。



◆議員(加治佐民生)  この件については,私は平成19年6月の旧頴娃町議会において質問をしております。そのときの答弁では,ちょうど石垣から青戸を通りまして,喜入へ抜ける頴娃町の一番大きな幹線であります。特に,頴娃町住民の50%以上は通るというメインの道路でありますけれども,ここの青戸を挟んで,ちょうど青戸から折尾の間が全く未整備のままでございます。特に,この地区はお茶農家等が多く,大型の摘採機等を積んで頻繁に行き帰ります。非常に危ない場所でもございます。その中で,当時の回答としましては,御指摘の県道石垣喜入線については,青戸の交差点から変電所間の計画間が完了したところでありますが,折尾までの間については未改良となっております。町としても,これまで県に出向いて現地の状況と改良の必要性を強調し,現場を見ていただいておりますというところでありますけれども,当時ありました地方自治懇談会というところで,伊藤知事のあいさつでは,県の公債費が他県に比べて非常に高く,この抑制を図らなければならないと。したがって,公共事業に影響が及ばざるを得ないとのことであったと。県の事業においても,地域地権者の理解と協力体制が得られる確約がなければ,事業採択は厳しい状況にありますと。今後も行政と地域が一体となった取り組みが必要であると考えておりますということで回答をもらったわけですが,その後,ただいま市長からの答弁にありましたように,折尾自治会の要望書を見てみますと,当初は平成5年の8月にも最初要望書を提出しております。なぜここまで延びたかということはいろいろ理由もあるかと思いますが,同時に,自治会から道路整備推進同意書も100名以上の連名のもとに出されているようであります。

 また,今回答書でありました川辺地区総合開発期成会総会の提出議題となっておりますけども,その議題の中ではどのように話し合いがなされたのか,そのことを伺いたいというふうに思います。



◎建設部長(大坪三郎)  今の要望がなされた分を期成会のほうで県のほうにどのような形で要望するような調整がされたかという質問だと思いますが,これにつきましては,平成20年度から要望をいたしております。21年度におきましても,先の川辺地区の期成会の総会におきまして,昨年同様要望書,それから,それに関係位置図,そういうものをつけて県のほうに要望をしていただきたいということでは,南九州市が案件として上げて了解をされております。今後これにつきましては,知事のほうに期成会のほうで毎年7月ごろにあるようでございますが,直接知事のほうにそういう要望関係書を持って上がって説明をすると。もちろん地域振興局のほうにもそういうことで内容の説明をし,強く要請も20年度もやっておりますし,今後もしていきたいということでございます。それで,この問題につきましては,県に私どもも出向いた折には要請を,緊急が高いということで要請は十分やっておりますので,御理解をいただきたいと思います。



◆議員(加治佐民生)  なぜ今回こういう質問をしたかといいますと,折尾自治会の当時の要望書を出しました方々に聞きましても,要望書は出したけれども,何らどうなっているのかなという意見がありました。それから,青戸を挟んで南側の地区は現在平成20年度県単道路交付金工事ということで,青戸1工区という名目で700メートルの改良工事が始まっております。ここにつきましては,現在までの片側一車線で少しカーブはありましたが,今度はそのカーブを削って歩道までついております。通学路でもありますから,こっちが先に始まったと思いますけれども,どう見ても順番が逆じゃないかなというふうに思ったものですから,質問に至ったわけでございます。

 それから,6月5日付の南日本新聞によりますと,国道225号川辺改良事業の凍結解除を川辺地区3市でつくる川辺地区総合開発期成会は,4日に国交省で,県の選出国会議員や議員に,早期凍結解除を要請したとなっております。また,6日付の同新聞では,国道225号線川辺改良事業,来月凍結解除を国交省が検討するという記事が出ております。金子国土交通省は,12日の記者会見で,一時凍結している国道路線の事業再開を検討する委員会を開催することを明らかにしたとありますが,市長が東京に出向いて,すぐ国に交渉しても,こういう結果がすぐ出るわけですので,リーダーシップは大変なものがあると思いますので,市長は川辺地区総合開発期成会の会長でもありますから,市長が動けば,すぐ国も対応するようでありますから,未改良となっている市内の県道整備についても,関係機関と一体となって県当局へ強く要請して,先ほどの同僚議員の路線と同様に早期着工をできることを希望しまして,質問を終わります。



○議長(西良仁)  これで一般質問を終わります。

    ────────────────────



△散会



○議長(西良仁)  以上で本日の日程は全部終了しました。

 次の会議は6月26日午前10時から開会することとし,本日はこれにて散会します。

午後3時10分散会