議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 霧島市

平成22年第1回定例会(第2日目 3月 2日)




平成22年第1回定例会(第2日目 3月 2日)





             平成22年第1回霧島市議会定例会会議録





 
1.議事日程は次のとおりである。


                       平成22年3月2日(第2日目)午前10時開議


┌──┬──┬────────────────────────────┬──────┐


│日程│議案│   件                  名     │ 備  考 │


│番号│番号│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 1│陳情│霧島市の国保税の引き下げを求める陳情書         │環境福祉常任│


│  │ 23│                            │委員長報告 │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 2│陳情│霧島市立図書館への書籍の納入に関する陳情書       │産業教育常任│


│  │ 26│                            │委員長報告 │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 3│ 2│霧島市農村地域工業導入促進対策協議会条例の一部改正につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 4│ 20│霧島市違法駐車等の防止に関する条例の一部改正について  │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 5│ 35│霧島市過疎地域産業開発促進条例の一部改正について    │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 6│ 47│霧島市福山機械格納庫の設置及び管理に関する条例の廃止につ│      │


│  │  │いて                          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 7│諮問│人権擁護委員の推薦について               │      │


│  │ 1│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 8│ 1│霧島市新川防災センターの設置及び管理に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 9│ 3│霧島市職員の勤務時間,休暇等に関する条例等の一部改正につ│      │


│  │  │いて                          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 10│ 4│霧島市非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 11│ 5│霧島市立学校施設使用条例の一部改正について       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 12│ 6│霧島市立公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│  │ 7│霧島市青少年の家設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │


│ 13│  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 14│ 8│霧島市いきいき国分交流センターの設置及び管理に関する条例│      │


│  │  │の一部改正について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 15│ 9│霧島市営体育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│      │


│  │  │いて                          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 16│ 10│霧島市営プールの設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 17│ 11│霧島市国分児童体育館の設置及び管理に関する条例の一部改正│      │


│  │  │について                        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 18│ 12│霧島市牧園B&G海洋センターの設置及び管理に関する条例の│      │


│  │  │一部改正について                    │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 19│ 13│霧島市牧園町地区運動場の設置及び管理に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 20│ 14│サン・あもりの設置及び管理に関する条例の一部改正について│      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 21│ 15│霧島市福山町地区体育館の設置及び管理に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 22│ 16│霧島市立郷土館等の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│      │


│  │  │いて                          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 23│ 17│霧島市総合福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 24│ 18│霧島市老人福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 25│ 19│霧島市霧島保健福祉センターの設置及び管理に関する条例の一│      │


│  │  │部改正について                     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 26│ 21│霧島市民会館の設置及び管理に関する条例の一部改正について│      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 27│ 22│霧島市国分中央地区共同利用施設の設置及び管理に関する条例│      │


│  │  │の一部改正について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 28│ 23│霧島市隼人地区共同利用施設の設置及び管理に関する条例の一│      │


│  │  │部改正について                     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 29│ 24│霧島市溝辺コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例│      │


│  │  │の一部改正について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 30│ 25│霧島市西郷公園の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 31│ 26│霧島市丸岡会館の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 32│ 27│霧島市働く婦人の家の設置及び管理に関する条例の一部改正に│      │


│  │  │ついて                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 33│ 28│霧島市多目的ホールの設置及び管理に関する条例の一部改正に│      │


│  │  │ついて                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 34│ 29│霧島市溝辺多目的交流施設上床どーむの設置及び管理に関する│      │


│  │  │条例の一部改正について                 │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 35│ 30│霧島市福山中央地区多目的研修施設の設置及び管理に関する条│      │


│  │  │例の一部改正について                  │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 36│ 31│霧島市浜之市ふれあいセンターの設置及び管理に関する条例の│      │


│  │  │一部改正について                    │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 37│ 32│霧島市公設地方卸売市場の設置及び管理に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 38│ 33│霧島緑の村の設置及び管理に関する条例の一部改正について │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 39│ 34│霧島市国分川原地区加工貯蔵施設の設置及び管理に関する条例│      │


│  │  │の一部改正について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 40│ 36│霧島市横川勤労者技術研修館の設置及び管理に関する条例の一│      │


│  │  │部改正について                     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 41│ 37│霧島市温泉センターの設置及び管理に関する条例の一部改正に│      │


│  │  │ついて                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 42│ 38│霧島市隼人国民保養センターの設置及び管理に関する条例の一│      │


│  │  │部改正について                     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 43│ 39│霧島市都市公園条例の一部改正について          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 44│ 40│霧島市営住宅の設置及び管理に関する条例及び霧島市営単独住│      │


│  │  │宅の設置及び管理に関する条例の一部改正について     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 45│ 41│霧島市給水条例の一部改正について            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 46│ 42│霧島市福山プールの設置及び管理に関する条例の一部改正につ│      │


│  │  │いて                          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 47│ 43│霧島市ごみ処理手数料徴収条例の全部改正について     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 48│ 44│霧島市隼人農村環境改善センターの設置及び管理に関する条例│      │


│  │  │の全部改正について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 49│ 45│霧島市工業開発促進条例の全部改正について        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 50│ 46│霧島市消防団横川方面隊拠点施設の設置及び管理に関する条例│      │


│  │  │の全部改正について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 51│ 48│霧島市農産物加工施設等の設置及び管理に関する条例の制定に│      │


│  │  │ついて                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 52│ 49│霧島市森林公園等の設置及び管理に関する条例の制定について│      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 53│ 50│霧島市塩浸温泉龍馬公園の設置及び管理に関する条例の制定に│      │


│  │  │ついて                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 54│ 51│隼人都市計画事業隼人駅東地区土地区画整理事業施行に関する│      │


│  │  │条例の制定について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 55│ 52│辺地に係る公共的施設の総合整備計画について       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 56│ 53│財産の取得について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 57│陳情│陳情書(私立幼稚園の新入園児保護者への入園料補助の支給に│      │


│  │ 1│関する件)                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 58│陳情│霧島地区湯之宮地域に建設予定の養豚場建設中止を求める陳情│      │


│  │ 2│書                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 59│陳情│350 万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書採択の陳│      │


│  │ 3│情                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 60│陳情│改正国籍法に関する陳情書                │      │


│  │ 4│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 61│陳情│永住外国人地方参政権付与法案に反対する陳情書      │      │


│  │ 5│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 62│陳情│農道の市道昇格を求める陳情書              │      │


│  │ 6│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 63│ 54│平成21年度霧島市一般会計補正予算(第6号)について   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 64│ 55│平成21年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)に│      │


│  │  │ついて                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 65│ 56│平成21年度霧島市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)│      │


│  │  │について                        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 66│ 57│平成21年度霧島市介護保険特別会計補正予算(第2号)につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 67│ 58│平成21年度霧島市交通災害共済事業特別会計補正予算(第1号│      │


│  │  │)について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 68│ 59│平成21年度霧島市下水道事業特別会計補正予算(第1号)につ│      │


│  │  │いて                          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 69│ 60│平成22年度霧島市一般会計予算について          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 70│ 61│平成22年度霧島市国民健康保険特別会計予算について    │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 71│ 62│平成22年度霧島市後期高齢者医療特別会計予算について   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 72│ 63│平成22年度霧島市老人保健医療特別会計予算について    │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 73│ 64│平成22年度霧島市介護保険特別会計予算について      │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 74│ 65│平成22年度霧島市交通災害共済事業特別会計予算について  │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 75│ 66│平成22年度霧島市下水道事業特別会計予算について     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 76│ 67│平成22年度霧島市温泉供給特別会計予算について      │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 77│ 68│平成22年度霧島市水道事業会計予算について        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 78│ 69│平成22年度霧島市工業用水道事業会計予算について     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 79│ 70│平成22年度霧島市病院事業会計予算について        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 80│ 71│平成21年度霧島市一般会計補正予算(第7号)について   │追  加  │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 81│  │一般質問 宮内  博君(50ページ)           │      │


│  │  │      ・森林や林業の再生について         │      │


│  │  │      ・大規模養豚場建設計画について       │      │


│  │  │      ・多重債務者や低所得者対策について     │      │


│  │  │      ・中小零細業者の仕事確保対策について    │      │


│  │  │     今吉 歳晴君(77ページ)           │      │


│  │  │      ・消防の広域化について           │      │


│  │  │      ・工業用水道事業について          │      │


│  │  │     前島 広紀君(87ページ)           │      │


│  │  │      ・霧島市の小児科と産婦人科の現状を問う   │      │


│  │  │      ・霧島市の公立小中学校の図書購入予算化率と目│      │


│  │  │       的外使用はないか問う           │      │


│  │  │      ・指定管理者制度の現状と課題について問う  │      │


│  │  │      ・市営住宅の管理体制について問う      │      │


│  │  │     前川原正人君( 104ページ)          │      │


│  │  │      ・一般廃棄物処分場について         │      │


│  │  │      ・予防医療対策について           │      │


│  │  │      ・教育環境整備について           │      │


│  │  │      ・条例公民館のトイレ改修について      │      │


│  │  │     常盤 信一君( 118ページ)          │      │


│  │  │      ・健康生きがいづくりに関すること      │      │


│  │  │      ・スポーツ振興に関すること         │      │


└──┴──┴────────────────────────────┴──────┘





2.本日の出席議員は次のとおりである。


    1番  宮 本 明 彦 君      2番  前 島 広 紀 君


    3番  有 村 隆 志 君      4番  志 摩 浩 志 君


    5番  中 村 正 人 君      6番  脇 元   敬 君


    7番  松 元   深 君      8番  秋 広 眞 司 君


    9番  池 田 綱 雄 君     10番  徳 田 拡 志 君


   11番  山 浦 安 生 君     12番  厚 地   覺 君


   13番  新 橋   実 君     14番  仮 屋 国 治 君


   15番  常 盤 信 一 君     16番  脇 元   操 君


   17番  植 山 利 博 君     18番  上 鍋 正 光 君


   19番  塩井川 幸 生 君     20番  久 保 史 郎 君


   21番  岡 村 一二三 君     22番  木野田 恵美子 君


   23番  池 田   守 君     24番  下深迫 孝 二 君


   25番  吉 永 民 治 君     26番  今 吉 歳 晴 君


   27番  細山田 為 重 君     28番  蔵 原   勇 君


   29番  田 代 昇 子 君     30番  前川原 正 人 君


   31番  時 任 英 寛 君     32番  西 村 新一郎 君


   33番  宮 内   博 君     34番  徳 田 和 昭 君





3.本日の欠席議員は次のとおりである。


   な し





4.会議に出席した議会事務局の職員は次のとおりである。


 議会事務局長    上 原 勝 己 君   議事調査課長    満 留   寛 君


 議事調査課主幹兼  新 窪 政 博 君   調査グループ長   齋 藤   修 君


 議事グループ長


 書    記    有 村 真 一 君   書    記    隈 元 秀 一 君





5.地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。


 市     長   前 田 終 止 君   副  市  長   南 田 吉 文 君


 副  市  長   大 塚 行 則 君   総 務 部 長   今 村 恭 一 君


 企画部長兼     山 口   剛 君   生活環境部長    川 畑   巧 君


 行政改革推進監兼


 大学跡地利用対策監


 保健福祉部長    平 野 貴 志 君   農林水産部長    萬 ? 茂 樹 君


 商工観光部長    柳 田 秀 徳 君   建 設 部 長   篠 原 明 博 君


 工事監査部長    大 井   正 君   消 防 局 長   後 庵 博 文 君


 会計管理部長    東   邦 雄 君   水 道 部 長   迫 間   勇 君


 企画部次長兼    川 村 直 人 君   廃棄物対策監    西     剛 君


 企画政策課長


 商工観光部次長兼  細山田 孝 文 君   総 務 課 長   宗 像 成 昭 君


 商工観光政策課長


 広報広聴課長    緒 方 祐 二 君   財 政 課 長   塩 川   剛 君


 共生協働推進課長  久 保 隆 義 君   行政改革推進課長  濱 ? 正 治 君


 環境衛生課長    今 村 政 憲 君   保険年金課長    小 野 博 生 君


 衛生施設課長    前 田   理 君   保健福祉政策課長  花 堂   誠 君


 生活福祉課長    町 田 正 一 君   長寿・障害福祉課長 荒 木   敏 君


 健康増進課長    宮 本 順 子 君   林務水産課長    山 下   晃 君


 耕 地 課 長   馬 場 義 光 君   企業振興課長    池 田 洋 一 君


 観 光 課 長   横 手 航太郎 君   建設政策課長    下 拂   勉 君


 土 木 課 長   中 村 順 二 君   建築住宅課長    矢 野 昌 幸 君


 都市整備課長    川 東 千 尋 君   管 理 課 長   岩 下   剛 君


 水 道 課 長   今 吉 近 見 君   消防局総務課長   田 中 義 春 君


 畜産グループ長   八 幡 洋 一 君


 教  育  長   ? 田 肥 文 君   教 育 部 長   阿 多 己 清 君


 教育総務課長    東 郷 一 ? 君   学校教育課長    村 田 研 史 君


 保健体育課長兼   藤 山 光 隆 君   生涯学習課長兼   山 下   修 君


 隼人学校給食セン              隼人図書館長


 ター所長





6.会議のてん末は次のとおりである。








              「開 議  午前 9時58分」


○議長(池田 守君)


 これより本日の会議を開きます。





  △ 諸般の報告





○議長(池田 守君)


 議事に入ります前に諸般の報告をいたします。お手元に,「地熱発電所建設について霧島市議会議員の皆様との話し合いを求める要望書」を配付しておりますので,お目通し願います。それでは,お手元に配付しました議事日程に基づき会議を進めてまいります。これより議事に入ります。





  △ 日程第1 陳情第23号 霧島市の国保税の引き下げを求める陳情書





○議長(池田 守君)


 日程第1,陳情第23号,霧島市の国保税の引き下げを求める陳情書を議題とします。本件については環境福祉常任委員会に付託となっておりましたので,委員長の報告を求めます。


○環境福祉常任委員長(岡村一二三君)


 去る12月15日の本会議で環境福祉常任委員会に付託され,閉会中の継続審査となっておりました陳情第23号,霧島市の国保税の引き下げを求める陳情書について審査が終了しましたので,その経過と結果について報告します。当委員会は第1回の委員会を平成21年12月21日に開き,陳情者代表に陳情内容について説明を求めました。陳情代表者の説明を要約しますと,国保税の引き下げを求める市民の会は今回で3回目の陳情書を提出した。社会経済不況の影響を受け,リストラ等で失業者が増えている今日,国民健康保険被保険者は収入がないのに国保税は払わないといけない。だから,滞納者は増える。国民健康保険被保険者は一番の弱者であるということを認識してもらいたい。今,市民の方々が経済不況の中で苦しんでいるということを踏まえ,市長も新聞等で検討はするとのことだったので,お互いが市民の立場に立ってそういうものを理解し,検討していただきたいとの説明。主なる質疑答弁の要旨は「今回の市長・市議会議員選挙の大きな争点に国民健康保険税の問題もあり,現市長のマニフェストでは88.9%の世帯の国保税が安くなったと書いてあるが,市民の会の方々は市民の皆さんからお聞きした実態はどうなのか」の質疑には「マニフェストに資料を添えて配布されていたグラフで,固定資産税10万円でほかの市より高くないということだが,10万円の固定資産税納税者が国保世帯で何名いるのか。この一つの例を示されているが,現実的に霧島市の国保対象者からすると理解しがたい。なお,滞納者が多い滞納額の問題など当方が提出した資料も皆さん方に配付されたかと思うのでお目通しを」との答弁。第2回の委員会を平成22年2月8日に開催し,1月20日に霧島市の国保税の引き下げを求める市民の会と市長との意見交換会が行われたとのことから,南田副市長並びに関係職員の出席を求め,意見交換会を経て執行部の説明を求めました。説明では,「理由はいろいろあるが,結論的として削減も含め,軽減策として税率あるいは均等割,平等割などの軽減というものも含む,あるいは制度的な面も含むと。幅広く検討し6月議会に提案し,4月に遡及する。なお,3月31日国会において限度額59万円が63万円と4万円引き上げられることが想定されるが,それらは反映された形をとりたい」という説明。主なる質疑答弁の要旨は「県下の平均値より総体では低いという本会議での答弁もあったが,国保税の一部高い方々の対象者がいると,その部分だけを見直していこうとか,今の協議状況はどうなのか」の質疑に「全国保世帯の所得の段階に応じて率を変えるべきではないか。変えたほうがいいのではないかという話もあるかと思うが,地方税法が考えているのが比例税率を考えており,一団体で複数の税率を決めることは適当でないと考えている」との答弁。第3回の委員会を2月17日に開催し,市長,南田副市長の出席を求め,保険者である市長にさらに詳しい説明を求めました。市長の説明では,今日の社会経済状況,またリストラなどなどいろんなことを総合的に状況判断し,国保の軽減策は今までの議論,各委員の指摘などを十分に踏まえ,6月議会に提案させていただき,4月に遡及して適用すると決意している。また,これらのことを附則に定めるということを考えているとの説明。主なる質疑答弁の要旨は「市民の会の皆さんとの意見交換会では,市長は自らの腹は固まっているとのことだったが,そのことをお示しいただきたい。引き下げに対する進捗状況は。国保税の引き下げを求めていらっしゃる陳情者の皆さんは,国保税加入者の皆さんの総意を代表されているのではないかと思う。温かい措置をしていただく。そういう判断を市長に求めたいが,それらのことを聞きたい」との質疑に「結論として一般会計からの一財の繰り出し,前回の委員会の議論や今日の各委員の指摘など十分に踏まえ,6月議会までに具体策を示すことができるようにしたいと。既に副市長をはじめ関係部課長に積極的に軽減策を検討するように指示してある」との答弁。質疑終了後,陳情第23号,霧島市の国保税の引き下げを求める陳情書の討論に入り,原案に対する反対討論はなく,2名の賛成討論があり,本件陳情書は所得にかかる税率あるいは被保険者一人当たりにかかる料金が鹿児島県内18市の中で霧島市のこの所得割,均等割についてはもっとも高いということを踏まえて,この引き下げを一般会計からの補助によって行うということを求め,提出されている。この背景には,昨年1万1,300人の署名が添えられて提出されたということもあるが,本日市長自身も一般会計からの繰り入れを視野に入れていきたい。そのことは副市長,関係部課長にも指示しているということであった。本件陳情書の趣旨と本日市長が述べた見解は沿うものであると思う。この間,高い国保税を払えない世帯を増やし,徴収率が低下し国からの制裁措置を受けると多額の交付金が入ってこないなど悪循環を繰り返している。同時に,国保が最終的に退職者の受け皿となるセーフティネットの役割を果たすことから,その役割が果たせるような国民健康保険にするべきである。当然霧島市だけの努力でできえないものもあり,国への働きかけも必要と考えるが,陳情書にある税率の引き下げは採決して議会として意思を示すべきである。3年間で多額の未納者が出ているということは,もう困窮以外の何者でもないと思う。手厚い手を差し伸べなければならない世帯に対しては,早急に対応するべきなどの賛成討論でありました。討論が終わり,採決したところ,全会一致で原案のとおり採択することに決定しました。最後に委員長報告に付け加える点として,経済的にあるいは子育て世代で非常に困っている世帯に対して,手厚い限定した一財の投入を望むとの意見があったことを申し上げ,報告を終わります。


○議長(池田 守君)


 ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長報告に対して質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。これより議案処理に入ります。陳情第23号について討論に入ります。討論はありませんか。


○33番(宮内 博君)


 私は,日本共産党市議団を代表して,霧島市の国保税の引き下げを求める陳情書に賛成の立場から討論に参加するものであります。本陳情書は,長引く経済不況のもとで1万1,300人を超える市民の署名を添えて昨年9月議会に提出をされ,市長選挙におきましても大きな争点の一つともなり,選挙後に市長も引き下げを明言する中で再提出されたという背景があります。2007年4月から引き上げられました霧島市の国民健康保険税は,8億円の財源が不足するとして資産割を廃止し,所得にかかる税率と一人当たりにかかる均等割を,県内18市の中で最も高く設定し,課税をされました。大幅な税率の引き上げは税金を納められない世帯を増やし,医療保険の使えない資格証明書や期限が限定される短期保険証の発行など医療保険の最後のよりどころである国保制度そのものを脅かそうとしております。この間,国保税の収納率は86%まで低下し,徴収率の低下による国からの調整交付金のカットという制裁措置はこの3年間で約3億円にものぼり,国保財政に大きな負担となる悪循環に陥っております。1月20日に開かれました市民の会と市長との意見交換会では,28年間医療の現場で働いてきたが,国保のことで困っている患者をこれほど多くみるのは初めてだという内科医の先生や,昨年末に名古屋から帰ってきたが,同じ所得で名古屋では23万5,450円の保険料が,霧島市では42万3,000円になったとの訴えがありました。また,68歳の男性は40年間地元で働き納税の義務を果たしてきた。退職して国保に移ったら,一般会計からの繰り入れは不平等だという人がいるが,現役のときに何のために税金を納めてきたのか納得できないなどの声が寄せられたのであります。これらの声を受けた市長は,2月17日に開かれた環境福祉委員会で国保税の負担軽減に取り組むこと,一般会計からの繰り入れを視野に入れ,そのことを副市長など関係者に指示していると答弁をしております。国保税引き下げという市民の切なる願いを行政に先がけて議会が発信をするために,本陳情書は採択すべきであります。議員の皆さんのご協力をお願いいたしまして,本陳情書に賛成する討論といたします。


○議長(池田 守君)


 ほかにありませんか。


○17番(植山利博君)


 私は,陳情第23号,霧島市の国保税の引き下げを求める陳情書に反対の立場で討論をいたします。今回出されております陳情は,霧島市の一般会計からの補助を国保税に投入することを求めており,そのことによって所得割の税率と均等割の引き下げを求める陳情であります。税負担は納税者にとって軽いことは喜ばしいことに変わりはありません。また,国保税の負担が納税者にとって大変大きな重い負担であることも,率直な私自身の感想であります。これまでの議論の中で,国保税の引き下げをすることが徴収率の向上につながり,調整交付金のカットをしないことにつながるのであるという議論があります。また,低所得者にとって大変負担の大きな税であるという議論があります。しかしながら,国保税の制度は7割,5割,2割という法定減免を定めておりまして,低所得者にとっては大変厚い対策が講じられているものと,私は考えております。また,低所得者による徴収率の低下が言われる中で,今回,所得階層別の徴収率を調べて見ますと,マイナス所得の方々の徴収率が92.85%,所得なしの方々が83.68%,以下50万円から100万円までの方々の徴収率が87.81%,まだまだ十分な徴収率ではないわけですけれども,徴収率が所得階層によって大きく変動していると,格差があるというふうには認識ができません。一方,徴収率が大きく低下をしている原因を考えてみますと,年代別徴収率を調べてみますと20代の徴収率が54.8%,30代の徴収率が67.58%,40代が73.02%,50代が80.94%,60歳以上は93.86%となっております。このことは,若年層,特に20代,30代の納税意識が低いと言わざるを得ません。このことを私なりに分析してみますと,高齢者でよく病院に通われる方は,この国保制度の恩恵を多く受けられております。ですから,所得にかかわらず徴収率が高い,納税意識も高いということであります。もともと国保税の制度そのものが,相互扶助の理念に基づき制度設計されたものと考えております。今,オバマ政権の中でアメリカが医療保険制度を一生懸命確立しようとしておりますけれども,なかなか困難で道険しいようでございます。ある報道によりますと,アメリカ人は自分のためにはお金を使うけれども,国のためや人のためにはなかなかお金を出したがらないという記事も見ました。日本人の美徳は相互扶助の中でお互いが世代間であったり,地域であったり,お互いが相互扶助をすることによって社会を構成するという日本人の,私はすばらしい美徳だと思っておるところでございます。国保税の減免をしていくとは必要です。できるだけ負担を軽くし,あらゆる政策を活用しながら国保税の負担の軽減を図ることには,私も全力を持って取り組むべきだと考えておりますけれども,今,国も税の限度額59万円から63万円を視野に検討を進めております。このことは,今,格差が広がる社会の中で所得の再配分をしっかりと進めなければならない,所得の高い人には応分の負担をしていただくということの証だと思います。これまでにも限度額が引き上げられて400万円,500万円以上の所得の方々がしっかりと負担をしていただき,そのことによって,よく例に出されます200万円から300万円の所得があって子どもを2人育てている最も負担の重い年代,所得階層の方々の軽減策を講じるべきだと考えております。以上のような理由で,当初予算を組む段階から一般財源から繰り入れをするという考え方の予算編成は適切でないというふうに考えるところでございます。以上,理由を述べましたとおり,私がこの陳情に対して反対をする理由を述べました。議員諸兄のご協力,ご支援をお願いいたしまして,私の反対討論といたします。


○議長(池田 守君)


 ほかにありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 これで討論を終わります。採決します。委員長報告は全会一致で採択すべきものと決定したとの報告であります。陳情第23号について委員長の報告のとおり採択することに賛成の方の起立を求めます。


                  [賛成者起立]


 総数33名,起立者27名,起立多数であります。したがって,陳情第23号は採択することに決定いたしました。





  △ 日程第2 陳情第26号 霧島市立図書館への書籍の納入に関する陳情書





○議長(池田 守君)


 次に,日程第2,陳情第26号,霧島市立図書館への書籍の納入に関する陳情書を議題とします。本件については産業教育常任委員会に付託となっておりましたので,委員長の報告を求めます。


○産業教育常任委員長(脇元 操君)


 陳情第26号の継続審査についてご報告申し上げます。去る1月8日の本会議で継続審査となっておりました陳情第26号,霧島市立図書館への書籍の納入に関する陳情書について審査が終了いたしましたので,その経過と結果についてご報告申し上げます。去る2月17日午前10時から委員会を開き審査を行いました。まず,教育部より2月10日に教育部と陳情者の話し合いが持たれたとの報告がありました。次に,教育部の説明では,鹿児島県書店商業組合霧島支部は先般1社が脱会し,現在国分が2社,隼人,横川がそれぞれ1社の計4店舗が加入しており,それ以外に6店舗がある。現在全体の3割を地元に発注しているが,組合発注にした場合,他の店舗を排除することになる。また,購入先である株式会社図書館流通センターを通すと3%引で購入できる。組合を通しての購入となるとその3%引がなくなり,新たな支出が発生することになる。書店商業組合霧島支部と霧島図書館納入組合は同じ団体であるが,他の店舗とその具体的な協議はまだなされていないとのことであり,市としてはできるだけ地元の書店から購入したいが,現在組合組織の問題をはじめ,価格の問題,そして書籍発注へのかかわり方等まだはっきりしない部分が多いとの説明がありました。主なる質疑では「陳情書では地元からわずか17%しか購入されていないとのことだが,現在は30%であることなど陳情の内容が現状と合わない部分があるが,どのように考えているか」との質疑に「組合を通して購入する方法もあるかもしれないが,霧島市内に10店舗があるので,全店舗が組織に入った上での話し合いをしてもらえば検討の余地はあるが,今のところ一部の店舗だけという感じがしている。また,購入割合は地元からが30%である」との答弁。「陳情者は市に対して何十回も話し合いを求めたけれども1回も応じてもらえないということだったが,今回の話し合いは陳情者側から持ち込まれたのか」との質疑に対し「2月に入り,図書館長と協議をして,教育部から陳情者へ連絡して話し合いを行った」との答弁。「学校の教科書関係については100%地元から購入しているのか」との質疑に「一部福山地区で曽於市内の書店から購入しているところがある。あとは市内の業者から購入している」との答弁。「図書の納入を霧島支部だけにさせるとなると,組合に加入していない業者を排除することになるが,それについてはどのように考えているのか」との質疑に「鹿児島県内には組合を通じて納入しているところもあるが,組合に加入していない店舗も多数ある。そのようなことで組合発注を排除しているところもある。今後は組合発注ではなく,直接書店から購入するとか,システム等もあり総合的に入札で実施している団体もある。どちらがよいか慎重に見極めていく必要があると考えている」との答弁。「組合を通じて発注している自治体においては,すべての書店が組合に加入しているのか」との質疑に「県内には10の市町村に組合があり,小さな町では1店舗1組合というような組織がある。また,自治体によっては複数ある書店のうちの数店舗が組合をつくっているところもある」との答弁。その他質疑がありました。討論はなく,採決の結果,全会一致で不採択とすべきものと決定いたしました。以上で報告を終わります。


○議長(池田 守君)


 ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長報告に対して質疑に入ります。質疑はありませんか。


○30番(前川原正人君)


 委員長に1点だけお聞きをしておきたいと思います。今の報告の中で,地元業者の納入率というのが約30%あるということで報告をいただいたわけですが,この委員会の中で,地元業者の育成のための納入率の引き上げ,または育成策などについての議論はなかったのか,お聞きをしておきたいと思います。


○産業教育常任委員長(脇元 操君)


 いろいろと精査した議論もありましたが,市にとっても可能な限り納入をするということであります。


○議長(池田 守君)


 ほかにありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 以上で質疑を終わります。これより議案処理に入ります。陳情第26号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で不採択とすべきものと決定したとの報告でありますが,原案に対して採決いたします。陳情第26号について採択することに賛成の方の起立を求めます。


                  [賛成者起立]


 総数33名,起立者2名,起立少数であります。したがって,陳情第26号は不採択とすることに決定いたしました。





  △ 日程第3 議案第2号 霧島市農村地域工業導入促進対策協議会条例の一部改正


               についてから


    日程第62 陳情第6号 農道の市道昇格を求める陳述書まで一括上程





○議長(池田 守君)


 次に,日程第3,議案第2号,霧島市農村地域工業導入促進対策協議会条例の一部改正についてから日程第62,陳情第6号,農道の市道昇格を求める陳述書まで,以上60件を一括し議題とします。これより質疑に入ります。2名の議員から質疑の通告がされておりますので,順次発言を許可します。まず,33番,宮内博議員。


○33番(宮内 博君)


 それでは,4点について質問をさせていただきたいと思います。まず最初に,議案第3号についてでございます。これは,霧島市職員の勤務時間,休暇等に関する条例の一部改正についてでございますけれども,職員の所定労働時間を8時間から7時間45分に15分短縮をする人事院勧告に基づくものと解釈をしているわけでございますけれども,実施に当たっては給与の引き下げなくされるということになっておりまして,実質3.2%の賃金引上げということになるわけです。そこでお尋ねでございますけれども,非正規職員の時間給,日給なども同率の引き上げが求められるというふうに思いますけれども,その取り扱いについてはどういうふうになるのかということについてお聞きをしておきたいと思います。次に,議案第23号についてです。霧島市隼人地区共同利用施設の設置及び管理に関する条例の一部改正についてでありますが,この条例施行後における施設の使用時間で天降川共同利用施設は夜間の利用ができなくなるのではないか。従来どおり,夜間10時までの利用ができる配慮がなされているのかお聞きをしたいのでございます。共同利用施設の設置及び管理に関する条例第2条の2第1号イでは,午前8時30分から午後5時までとなっているわけでありますが,ここのところがそのままにしておりまして,第4条別表で10時までの利用を従来認めてきたという経過があるわけですけれども,その記述がないことからお伺いをするものです。次に,議案第40号の関係についてお聞きをします。霧島市営住宅の設置及び管理に関する条例についてでございます。条例の第64条では,市営住宅の指定管理下により入居者の公募まで指定管理により事務が行われるということがされてございます。指定管理は市民にとってどのようなメリットがあるのかということをお聞きしたいと思います。公営住宅の入居にあたりましては私どももたくさん相談を受けるわけでありますけれども,公平性がそれこそ担保されなければなりません。住宅入居の公平性というのはこの民間委託によってどのように担保できるのかということについて,ご回答をいただきたいと思います。また,本条例では駐車場料金1台500円を徴収するということを明記してございます。市が整備した駐車場の利用が料金を徴収できる条件とするのかどうか。料金徴収と同時に駐車料金を取るということになりますと市にとりましては,今後駐車場整備を計画的に進めていくということが当然必要となってくるわけでありますけれども,その辺をどのように考えているのかお聞きをしておきたいと思います。所有台数をもとに料金徴収はできないはずでありますから,そのことを明確にご回答いただきたいと思います。次に,議案第51号の隼人駅東地区土地区画整理事業の施行に関する条例についてお尋ねをしておきたいと思います。駅東地区の区画整理事業につきましてはこれまでも議論を重ねてきたところです。12月議会では減歩率の緩和措置のための予算措置がなされたわけでありますけれども,その緩和措置を講じましても減歩率は23.14%としております。地元の方は,私も意見を聞きましたけれども,納得をしておりません。地元に皆さんの理解を得るためにさらに引き下げをすることが当然求められてくるというふうに思いますけれども,条例上はそれがどのような形で担保されているのかお聞きをしておきたいというふうに思います。以上,4点についてご回答をよろしくお願いします。


○総務部長(今村恭一君)


 議案第3号,霧島市職員の勤務時間,休暇等に関する条例等の一部改正の質疑についてお答えします。非正規職員の賃金も正規職員と同様に月額単価,日額単価ともに勤務時間の改正前の額に据え置きますので,実質同率の引き上げとなります。


○教育部長(阿多己清君)


 議案第23号に関するご質疑にお答えをいたします。今回の条例改正につきましては,使用料の変更に伴うものが主でありまして,開館時間等の変更は行っていないことをまず申し上げておきたいと思います。霧島市隼人地区共同利用施設のうち,ご質問の天降川地区共同利用施設の利用につきましては,開館時間を午前8時30分から午後5時までといたしております。ただ,条例第2条の2の第2項に,必要があるときは開館時間及び休館日を変更することができるとありますので,現在,公民館講座からの自主グループ等の育成という観点から,いくつかの団体と協議をいたして,夜間利用を許可いたしているところでございます。天降川地区共同利用施設につきましては,本年4月から指定管理者制度導入により民間業者に管理運営を委託することになりますので,現在協定書締結に向けて指定管理予定者と管理運営について協議をしているところでございます。協定書では利用される皆様のサービス低下にならないよう特に配慮しているところですが,夜間の利用につきましても自主グループの育成等市民の学習意欲を十分配慮いたしまして,指定管理者と協議をしていきたいと思っております。


○建設部長(篠原明博君)


 議案第40号,霧島市営住宅の設置及び管理に関する条例及び霧島市営単独住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正についての質疑にお答えをいたします。今回の条例改正の一つとして,指定管理者を導入するため所要の規定を定める予定でございます。市営住宅は年々建物の老朽化により修繕を要する箇所が増えてきております。また,入居者からいろいろな相談も多様化しつつあり,加えて休日の修繕等の要望も増えております。よって,今後において入居者等にいろいろな不便を強いることは否めない状況であり,これらに対応するため,現在,国分隼人地区の市営住宅について指定管理者の導入の検討を行っているところでございます。指定管理を行うことにより,休日や夜間のさまざまな対応も今以上に迅速に行えるものと思われます。入居募集は現在の公募方式をそのまま継承し,市も抽選に立ち会うことから,公平性は確保できるものと考えております。また,入居者の個人情報等の保護につきましては言うまでもなく今後も努める必要があると考えております。次に,駐車場の有料化についてお答えをいたします。現条例では駐車場使用料は市長が決定するとなっており,霧島市営住宅敷地内の駐車場の管理に関する事務処理要領で使用料の額を定めておりましたが,今回条例に使用料の額を規定するものでございます。使用料は,入居者が駐車場を使用する場合に徴収を行い,現在も基本的におおむね1戸につき1台以上が確保された箇所から徴収を行っております。今後,駐車場が不足している団地は,整備可能な箇所から計画的に進めていきたいと考えております。続きまして,議案第51号,隼人都市計画事業隼人駅東地区土地区画整理事業施行に関する条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。本地区の事業計画を定めるに当たり,本地区がJR隼人駅に隣接していることから,駅前広場の設置やそれにアクセスする都市計画道路等の整備水準の高さなどの地区の特性を考慮し,通常施行される地区より公共施設用地が増加する部分について減歩緩和対策を講じ,減歩率を23.14%といたしました。これを踏まえまして,地権者及び関係権利者96名の方々へ事業計画説明会の案内を差し上げ,平成22年1月23日及び24日の両日に事業計画案の住民説明会を実施し,延べ61名の出席をいただきました。説明会では減歩に関する意見・ご質問もありいろいろと議論をいたしましたが,おおむねご理解いただいたものと考えております。説明会のあと,平成22年1月26日から2月8日までの2週間,事業計画案の縦覧を行い延べ12名の方が縦覧に来られましたが,意見書の提出もございませんでしたのでご理解いただけたものと考えております。したがいまして,条例施行後の減歩率の引き下げについては考えておりません。


○33番(宮内 博君)


 今,それぞれ回答をいただいたんですが,議案第51号について23.14%のさらに引き下げを考えていないということになるかと思いますけれども,それで事業ができるのかということについて,意見書も提出をされていなかったので理解が得られたものというふうに解釈をしているということでありますが,地元からはやはり浜之市でありますとか姫城でありますとか20%以下の減歩率で施行されているところからすると,余りにも地権者の負担が大きいということで意見が出されています。特に,この第一次事業計画の中に大きな面積を要する事業所がいくつかあります。瓦工場などは非常に面積が大きいわけですけれども,それらのところからは具体的にそれで計画を進めてもいいというような形で了解が得られているというふうに考えていいのかどうか,その辺再度お聞きをしておきたいと思います。次に,隼人地区の共同利用施設の関係で天降川の共同利用施設の件でありますが,今回は料金の設定の変更ということだけだということで,従来どおり,サービス低下にならないようにしていきたいという回答でございましたが,具体的には踏み込んで従来どおり10時まで,従来天降川共同利用施設は10時まで利用ができるようになっていましたよね。それがきちんと担保されるかということについて,再度確認をしておきたいと思います。2つ目に条例上は5時までというふうになっているんですけれども,そういう運営をするのであれば,ほかの共同利用施設と同じような時間帯まで利用ができるという条例化をきちんとすべきだというふうに思いますけれども,その議論はなかったのか。その点についてお聞きをしておきたいというふうに思います。市営住宅の関係についてでございますけれども,確認でありますけれども,所有台数をもとに料金徴収はしないということで理解していいのかどうか,その点再度確認をしておきたいと思います。さらに,やはり公募まで指定管理者にゆだねるというのは,これは間違っているんじゃないかと思いますけれども,地方公務員には地方公務員法で秘密を守るという義務が課されているわけですけれども,指定管理者にはそれがございません。そこのところがどれほど担保されるのか,かなり個人情報なども扱うということになりますし,もう一つはやっぱり入居の公平性の問題で問題が生じないのか,再度お聞きしておきます。


○建設部長(篠原明博君)


 それでは,最初の議案第51号,区画整理の条例の施行についてのご質疑にお答えをいたします。いろいろとこの減歩率につきましては説明会あるいは地域の方々からも意見が出ております。その中でやはり市といたしましては先ほど申し上げましたようにJR隼人駅前である,非常に駅前広場の設置あるいは高規格の都市計画道路を計画いたした関係で,他の地域と違うところもあるということで,その他の地域と相当を超えるものにつきましてはすべて市の単独費を投入して,その分の用地費を市の単独費で投入することで減歩率を下げるという減歩緩和策をとるということにつきましては,地域あるいは地元説明会でも話をいたしました。そういう話で市として十分それらを勘案して減歩率緩和をいたしましたということにつきましては,ある程度納得をいただいたというふうに私どもは理解をいたしております。それから,他の地区との比較ということでございます。先ほどお話がございましたように,ほかの地域につきましては20%を割る減歩率のところもございます。やはり前々から申し上げておりますように,従前の公共用地の率によりまして,その整備水準を上げるためには,どうしても減歩率にかかわる整備がどうしても必要になってくるということでございまして,これらを他の地区と完全な形で減歩率を統一ということは非常に難しいものがあるかと思います。やはり,その地域にあった土地の利用体系をある程度の整備水準まで上げるということでございますので,当然そういう他の地域と比較することは非常に難しいというふうに考えております。それから,3番目の具体的に大規模な所有者について同意の話でございますけれども,今までの説明会におきましては,通常の説明会あるいは事業計画説明会という形で進めております。具体的に,今,その所有者の方と同意を得ているということではございませんので,今後そういう形で調整あるいはお願いをしていくというふうに考えております。それから,議案第40号の指定管理者の件でございます。まず1点目の駐車場整備についてでございますけれども,所有者台数に沿って整備するのかということでございますけれども,今の私どもの計画では,住宅の1戸当たり1台というものを目標にいたして,今まで整備してきた経緯がございます。ただ,いろいろこういうふうに車社会になりまして1台以上に持っていらっしゃる方がおられます。そこで,いろいろ調査をいたしますと1.2から1.3という台数も出てくるわけでございますので,これらはもう少し実情を把握しながらそういった標準的な所有台数等にあった整備をしていきたいというふうに考えておりますので,所有台数が少ないからその台数で整備するということではございませんで,ある程度の一定の整備の目的をもって駐車場は確保していきたいというふうに考えております。それと,指定管理者におきますいろんな個人情報あるいは公募等の対応につきましてですが,これも先ほどお話をいたしましたように,やはり個人情報が入居者にとっては一番大事なことでございます。今回の指定管理者に変えることでいろんなさまざまな形で修繕その他保全等ができる,あるいは休日等に対応ができるということをメインにいたしておりますので,ただ公募の,例えば入居に対しまして公募まで一応行う,入居者に対してそういうものを一緒にやってもらうことによって維持修繕の場所も迅速に可能になるというふうなことも踏まえておりますので,そういった関連で一応この分も追加いたしたところでございます。今おっしゃいました個人情報については十分我々としても,そういうことが外に漏れないように努力をし,またそういう形の形づくりをして,指定管理者についてそういうふうに進めてまいりたいというふうに考えております。


○教育部長(阿多己清君)


 この利用団体につきましては使用できる方向で現在,今,指定管理者と詰めておりますので,十分協議をしていきたいと思います。そして,時間延長についてですけれども,現状の規定の中で指定管理の公募をいたしました。それで夜間利用の点についてはお話は申し上げておりますが,まだ団体数もそんなに多くない状況でございまして,平成22年度は様子を見ていきたいと考えています。当然委託経費のこともありますので,指定管理者と十分協議をしながら,必要があれば今後また時間延長の条例改正ということになろうかと思いますが,そこらはまた様子を見ていきたいと考えております。


○33番(宮内 博君)


 建設部長に再度お尋ねしたいんですが,いわゆる住宅入居者の所有台数で料金を取るということではないですよねという確認をしておりますので,そこのところを再度ご回答いただきたいと思います。それから,駅東地区の区画整理の関係でありますが,大変規模の大きな所有面積を持っている方たちが何人かいらっしゃるわけです。そういう方たちがこの23.14%の減歩率で理解をするというところまで,今の段階で判断できないと思うんですよ。だって,回答にありましたように,まだ話し合いもしていないという話ですから,今後,今の段階でこれ以上の引き下げをしないということを明言するのではなくて,当然状況によっては引き下げもあり得るという,そういう対応で望むべきではないでしょうか。市長,どのようにお考えですか。非常に公共性の高い駅を中心とした区画整理ということでありますから,部長の答弁ではこれ以上引き下げないということを明確におっしゃっているんだけれども,大変規模の大きな土地を持っていらっしゃる方が中に入っています。そういう方とはまだ話し合いはこれからだということでありますので,そこのところを市長のほうにお聞きしておきます。


○建設部長(篠原明博君)


 まず,1点目の駐車場の件でございます。先ほど言われましたように所有者が持っている台数に応じて取るということではございません。整備可能になってその台数に余裕があったときに,そこに停められる方に対して徴収したいということでございます。それから,区画整理事業におきます減歩率につきまして,大規模な工場あるいは地主の方々もいらっしゃいます。今後,今回事業計画を策定し事業実施をしていくスタートになったわけでございますので,現状においてはこういう市の考え方というものを十分理解していただくように努力するということで,それらを踏まえて我々の考えのもとに減歩率を今の23.14%で十分理解をしていただきながら説明をしていくというふうにご理解いただきたいと思います。


○市長(前田終止君)


 今,部長が答弁したとおりでございます。


○議長(池田 守君)


 次に,30番,前川原正人議員。


○30番(前川原正人君)


 議案第41号,霧島市給水条例の一部改正についてと議案第43号,霧島市ごみ処理手数料徴収条例の全部改正についてと議案第60号,平成22年度一般会計当初予算について,大きくは3点につきまして質疑をさせていただきたいと思います。まず,議案第41号の霧島市給水条例の一部改正についてでありますが,今回の料金改定による給水収益というのは改定前の水準を確保するということで,総括原価方式を採用されていくということでありますが,予定貸借対照表の平成22年度の3月末日での現金預金残高を見てみますと約17億円の現金預金がございます。この現金預金の約17億円,水道料金の負担軽減のために活用はできなかったのかということをお聞きしておきたいと思います。2つ目には議案第43号,霧島市ごみ処理手数料徴収条例の全部改正についてでありますが,旧条例では自ら排出した一般廃棄物を自ら清掃センターに搬入する場合,100kg以下は無料から,今回の改定で30kgまで無料とし,これを超える場合10kgにつき80円を徴収するということでありますが,今回の改定は負担強化となると同時に事業系のごみの搬入が増えることに連動はしないのか。また,一般家庭からの排出ごみ30kg以上と100kgでみた場合に,これまでの実績はどの程度になるのか,お示しをいただきたいと思います。3つ目に議案第60号,平成22年度一般会計当初予算についてでありますが,今回の当初予算から過疎対策事業債が廃目ということで記載をされておりますが,どのような背景と理由によるものなのか。また,廃目により市内の過疎地域の対策をどう進めていくのか,お聞きをしておきたいと思います。そして,問題がこれまで指摘をされている春山公園の事業見直しはされなかったのか,お聞きをしておきたいと思います。


○水道部長(迫間 勇君)


 議案第41号,霧島市給水条例の一部改正についての質疑についてお答えします。水道料金の算定は適正な原価に照らし,公正・妥当が基本であることを踏まえまして,過去の実績及び社会経済情勢の推移に基づく合理的な給水の需要予測と,これに対応する施設計画を前提とした総括原価方式により水道料金の設定をいたしております。算定期間を平成22年度から平成28年度までの7年間とし,その結果,毎年度平均約22億700万円程度の総括原価が必要でありますが,今回の料金設定につきましては,水道料金の低廉化を図るため,統括原価をできるだけ低く抑える必要があり,運営委員会報告書の意見や行財政改革を取り入れた上での料金算定を行いました。その中で補てん財源である現金預金,すなわち建設改良積立金などを算定期間中に取り崩して,水道料金の統一による改定率を最大限引き下げ,水道料金の負担軽減に努めたところであります。


○生活環境部長(川畑 巧君)


 議案第43号,霧島市ごみ処理手数料徴収条例の全部改正についての質疑にお答えいたします。今回の手数料の改正は敷根清掃センターに直接ごみを持ち込まれる市民に対し,牧園並びに横川地区市民の搬入先である伊佐北姶良環境管理組合の手数料に合わせるものであります。事業系のごみについては現在10kgにつき60円徴収しており,その額が80円になるものであり,事業系ごみの搬入量が増えることには連動しないものと考えます。むしろ食品残さのリサイクル化が進むことになり,ごみ量は減少につながることと思われます。家庭ごみの直接搬入実績については昨年10月の1か月間の集計で2,557件でありました。手数料が無料である100kg未満が2,210件で86%であり,そのうち30kg未満は1,199件で47%であります。今回の改正により30kg以上100kg未満である1,011件の39%の方々が有料になる見込みであります。


○総務部長(今村恭一君)


 議案第60号の過疎対策事業債の質疑についてお答えします。現行の過疎地域自立促進特別措置法,いわゆる過疎法につきましては,今月末までの時限立法となっております。そのため与野党において現行の過疎法を平成28年3月31日までの6年間延長,本年4月1日施行とすることの合意がなされ,今後,現在開会中の通常国会に改正法案が議員立法として提出される予定となっております。今後,改正法案が成立した後,県が策定する過疎地域自立促進方針に基づき市町村計画,いわゆる過疎計画を策定することになるものと考えております。本市が現在策定しております過疎計画につきましては,現行の過疎法が期限切れとなる平成21年度末までの計画となっており,本市の平成22年度当初予算においては地方債の根拠が明確になっていないことから,過疎対策事業債を活用した事業を計上しなかったところでございます。なお,今後の同事業債の活用につきましては,改正法案が成立後,市町村計画,過疎計画を策定する段階で対象事業を検討してまいりたいと考えております。


○農林水産部長(萬?茂樹君)


 議案第60号,平成22年度一般会計当初予算についての質疑のありました春山公園についてお答えをいたします。春山緑地公園は,平成12年度までに用地を取得し,平成12年度から県営中山間地域総合整備事業を導入し,平成19年度に補助事業は終了いたしました。平成19年度までに要した事業費は,市単独費1,200万円を含め総事業費約1億5,100万円であります。事業内容としては,1.8haの農村公園と約4haの緑地公園の整備でございます。農村公園は完了し,緑地公園は現在市単独事業で整備中でございます。緑地公園につきましては,当初サッカー等のできる多目的広場として整備する計画でありましたが,市内には同様の施設があり,また福山地区にも建設中であること,また牧園の農大跡地にも計画があることから計画の見直しを求める意見もございました。このような意見を受け検討しました結果,ソフトボールや野球をメインとする土のグラウンドとして整備することとし,地元春山地区の方々と意見交換会を開催し,事業の必要性やあり方などについて話し合いを行いました。その結果,人的交流を目的とする整備を行うことにより,春山地区の活性化や農業振興につながる重要な施設であるとの意見が出され,計画の推進に強い要望がなされましたので,平成20年度に実施設計を行い,平成21年度から工事に着手したところでございます。


○30番(前川原正人君)


 それぞれ答弁をいただきました。まず,議案第41号のほうからですが,現金預金は今の答弁では活用はしないで補てん財源として建設事業基金ということでされたという,そういう理解でよろしいわけですか。先ほどの答弁でよく理解ができなかったので再度お願いをしたいと思います。それと,先ほど部長が答弁の中で今年から7年間22億700万円が必要になってくるということで答弁をいただいたわけですけれども,やはりこの基準をどこに合わせるのかという点でいきますと大変難しい部分があったと思うんですけれども,それが総括原価方式という大枠の中で決められたという,そういうことで説明をいただいたわけですけれども,もっと安定した水の供給を安い料金でやるということで見た場合には,どういう,さらなる今後の議論もあると思うんですが,その辺についてどうなのか,お聞きをしておきたいと思います。それと,議案第43号の件につきましては,100kg以上が86%,30kgが47%ということになるということですが,事業系のごみはほとんど変わらないと,一般ごみも変わらないというふうに理解をしてよろしいのかお聞きをしておきたいと思います。それと,議案第60号の過疎債の件につきましては,時限立法ということで言われましたけれども,予算書では廃目ということで説明されているんですよね。本来であればまた復帰をしてくるということも,予算編成をする時点では廃目だったかもしれませんけれども,科目存置ということだって,当然考えられるべきではなかったのかなというふうに思いますけれども,いかがなのかお聞きをしておきたいと思います。それと春山公園の問題でございますが,この投資額がこれまで,平成19年まで市が1,200万円と,大体1億5,100万円ということで答弁をいただいたわけですけれども,大体いつくらいがめどになって,まだ縮小ということだって考えられる,そういう議論はなかったのか,お聞きをしておきたいと思います。


○水道部長(迫間 勇君)


 まず,1点目の補てん財源の件でございますが,補てん財源とは現金預金イコールのことでございます。同じ意味でございます。それから,2点目の22億700万円ほどの総括原価がかかるということで申し上げました。それでいろいろ今言いました補てん財源を取り崩しまして,最終的に20億4,400万円まで,年間ですね,総括原価を抑えて計算をしたところでございます。


○生活環境部長(川畑 巧君)


 今度の改正で一般系,事業系,ごみが変わらないかということで,先ほども答弁いたしましたけれども,事業系のごみがかなり変わってこようと思います。食品残さとかですね。そういう意味では地球温暖化防止つまりCO2削減にも寄与するものと考えております。


○総務部長(今村恭一君)


 先ほど答弁いたしましたが,現行の過疎法は2月26日時点でまだ国会のほうに提出されておりません。したがいまして,それが提出されて延長になったときには市町村で過疎計画をまず作らないといけないです。それに基づいて予算は計上されるものと考えております。


○農林水産部長(萬?茂樹君)


 春山公園の2問目についてお答えいたします。いつまでに完成をというような形での検討はされなかったのかということと,あとは事業の縮小についてということでございますね。いつまでというのにつきましては,やはり非常に経済状況が厳しい中でどのくらいの予算がつくかというのもありますのであれですが,大体平成24年から平成25年には完成をしたいというような気持ちは持っているところでございます。ただ,これも非常に今は厳しい財政状況でございますので,それぞれの年度の状況を見ながら検討していかなければならないというふうに考えております。それと事業の縮小でございますけれども,既に補助事業関係で下の部分はもう整備をいたしております。そうしますと,それをやっぱり有効に活用するためには,その面積を活用していくというような形でございまして,要はどういう目的で使っていくか,それによって施設の整備内容が変わってまいりますので,その辺のところを検討したということでございます。


○30番(前川原正人君)


 総務部長にもう一回確認をしておきたいと思うんですが,過疎法は今回のは廃目ということで記載はされているわけですよね。また,今後国会が通って審議をされて過疎対策,の名称がどうなるかは分かりませんけれども,そうなったときにまた復活もあり得るということで,また予算措置,過疎地域の事業対策の計画を当然作りながらずっとこうさまざまなこの手立て・段取りを積んでいって,また予算措置という,そういう過疎対策のための事業実施というのは当然霧島市でもあり得るという,そういう理解でよろしいわけですね。


○財政課長(塩川 剛君)


 平成22年度当初予算の市債の欄で過疎対策事業債が本年度予算計上をゼロといたして,前年度が2億9,110万円ということで,対前年度マイナス2億9,110万円ということになっております。これにつきましては,予算書上は対前年度との比較をするために当該年度がゼロであっても一応比較を必要とするためにいたしております。こういったようなものにつきましては,歳入歳出につきましても備考欄に廃目といったようなことで,あえて番号も振らず,そういう形で処理させていただいているところでございますので,あくまで予算作成上の手続きの問題であるというふうにご理解ください。それから,当然新しい過疎法が改正になりまして具体的な中身が分かりますと,過疎計画を作成するということになります。それを受けまして,例えば平成22年度の補正で対応するということになりましたら,それなりの,またおそらく過疎対策事業債ということになろうかとは思いますけれども,それなりの名称でまた予算書上に明示しなければならないものというふうに考えております。


○議長(池田 守君)


 以上で通告による質疑を終わります。ほかに質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑を終わります。これより議案処理に入ります。お諮りします。日程第3,議案第2号,霧島市農村地域工業導入促進対策協議会条例の一部改正についてから日程第7,諮問第1号,人権擁護委員の推薦についてまで,以上5件については,会議規則第38条第3項の規定により,委員会付託を省略し審議したいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定いたしました。





  △ 日程第3 議案第2号 霧島市農村地域工業導入促進対策協議会条例の一部改正


               について





○議長(池田 守君)


 まず議案第2号,霧島市農村地域工業導入促進対策協議会条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第2号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第2号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第4 議案第20号 霧島市違法駐車等の防止に関する条例の一部改正について





○議長(池田 守君)


 次に,議案第20号,霧島市違法駐車等の防止に関する条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第20号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第20号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第5 議案第35号 霧島市過疎地域産業開発促進条例の一部改正について





○議長(池田 守君)


 次に,議案第35号,霧島市過疎地域産業開発促進条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第35号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第35号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第6 議案第47号 霧島市福山機械格納庫の設置及び管理に関する条例の廃


               止について





○議長(池田 守君)


 次に,議案第47号,霧島市福山機械格納庫の設置及び管理に関する条例の廃止について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第47号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第47号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第7 諮問第1号 人権擁護委員の推薦について





○議長(池田 守君)


 次に,諮問第1号,人権擁護委員の推薦について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。ここでお諮りします。諮問第1号の採決は無記名投票をもって行い,投票終了までの間,議場を閉鎖し,議事を進行したいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。議場を閉鎖します。


                   [議場閉鎖]


 ただいまの出席議員は33名であります。会議規則第31条第2項の規定により,立会人を指名します。立会人に17番,植山利博議員,34番,徳田和昭議員を指名します。投票用紙を配付させます。


                  [投票用紙配付]


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 配付漏れなしと認めます。念のため申し上げます。本件を可とする方は「〇」,否とする方は「×」と記載の上,点呼に応じて順次投票をお願いいたします。投票箱を点検させます。


                  [投票箱点検]


 異状なしと認めます。重ねて申し上げます。投票中賛否を表明しない投票及び賛否の明らかでない投票は,会議規則第73条第2項の規定により否とみなします。投票を行います。点呼を命じます。


              [事務局長の点呼に応じ順次投票]


 投票漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 投票漏れなしと認めます。投票を終了します。議場の出入口を開きます。


                   [議場開鎖]


 開票を行います。17番,植山利博議員,34番,徳田和昭議員の立ち会いをお願いいたします。


                    [開票]


 投票の結果を報告します。投票総数33票,うち可とするもの23票,否とするもの10票,以上のとおり賛成多数であります。したがって,諮問第1号は原案のとおり答申することに決定しました。





  △ 日程第8 議案第1号 霧島市新川防災センターの設置及び管理に関する条例の


               一部改正についてから


    日程第62 陳情第6号 農道の市道昇格を求める陳述書まで





○議長(池田 守君)


 続いて,委員会付託であります。日程第8,議案第1号,霧島市新川防災センターの設置及び管理に関する条例の一部改正についてから日程第62,陳情第6号,農道の市道昇格を求める陳述書まで,以上55件については,お手元に配付しております付託表のとおり所管の常任委員会に付託しますので,お目通し願います。お諮りします。付託表に誤りがあったときは議長において処理することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。





  △ 日程第63 議案第54号 平成21年度霧島市一般会計補正予算(第6号)について


               から


    日程第79 議案第70号 平成22年度霧島市病院事業会計予算についてまで一括上


               程





○議長(池田 守君)


 次に,日程第63,議案第54号,平成21年度霧島市一般会計補正予算(第6号)についてから日程第79,議案第70号,平成22年度霧島市病院事業会計予算についてまで,以上17件についてお諮りします。この議案17件については委員会条例第6条の規定により,17名を上限として構成する予算特別委員会を設置し,これに付託したいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。さらにお諮りします。今後提出される予算に関する議案等についても予算特別委員会に付託し,審査したいと思いますが,ご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。ただいま設置されました予算特別委員会の委員の選任については委員会条例第8条の規定により,議長において指名したいと思います。これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,指名します。1番,宮本明彦議員,3番,有村隆志議員,5番,中村正人議員,7番,松元深議員,9番,池田綱雄議員,11番,山浦安生議員,13番,新橋実議員,15番,常盤信一議員,17番,植山利博議員,19番,塩井川幸生議員,21番,岡村一二三議員,25番,吉永民治議員,27番,細山田為重議員,29番,田代昇子議員,33番,宮内博議員,以上15名を指名します。ここで予算特別委員会の正副委員長互選のため,しばらく休憩します。


               「休憩  午前11時29分」


               ──────────────


               「再開  午前11時30分」


○議長(池田 守君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。先ほど設置されました予算特別委員会の正副委員長が互選されましたのでご報告します。予算特別委員長に17番,植山利博議員,副委員長に5番,中村正人議員が互選されました。





  △ 日程第80 議案第71号 平成21年度霧島市一般会計補正予算(第7号)について





○議長(池田 守君)


 次に,追加議案が提出されております。日程第80,議案第71号,平成21年度霧島市一般会計補正予算(第7号)についてを議題とします。提案者の説明を求めます。


○市長(前田終止君)


 本日,追加提案いたしました議案第71号,平成21年度霧島市一般会計補正予算(第7号)についてご説明申し上げます。今回の補正は,農林水産業費の農業費で隼人町小浜地内の用水路改良工事に伴う用地取得にあたり相続人が多数に及ぶため,登記手続きに時間を要し,年度内に完成することが見込めず,平成22年度に繰り越して事業を実施するため,今回繰越明許費の追加をしようとするものであります。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げまして,提案理由の説明とさせていただきます。


○議長(池田 守君)


 ただいま提案者の説明が終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。以上で質疑を終わります。ここでお諮りします。ただいま議題となっております議案第71号については予算特別委員会に付託したいと思いますが,ご異議ございませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。





  △ 日程第81 一般質問





○議長(池田 守君)


 それでは,日程第81,一般質問を行います。一般質問は24名の議員から通告されております。順次発言を許可します。まず,33番,宮内博議員から4件通告がされております。したがって,宮内博議員の発言を許可します。


○33番(宮内 博君)


 私は,日本共産党市議団の一人として質問をいたします。市長の明快な答弁を求めるものであります。命を守りたいとした鳩山政権のもとで打ち出された2010年度の政府予算案は,生活保護の母子加算の復活や父子家庭への児童扶養手当支給,公立高校授業料の無償化など国民生活にとって前向きのものも含まれています。一方,75歳以上の高齢者を別枠の保険医療制度に囲い込む後期高齢者医療制度を何年も先送りしております。無駄を削るとして行われた事業仕分けではありましたが,軍事費や多額の内部留保資金を蓄える大企業,大資産家減税などの聖域にはメスを入れず,これらを温存しているのであります。失業率5.1%,大学生就職内定率62.5%,高校生86.3%が示すように,市民の暮らしへの不安は昨年以上に高まっております。私ども市議団は市民の暮らしを守る施策の積極的な提案と同時に,引き続き市民の皆さんと力を合わせて,市民本位の市政前進のために奮闘する決意であります。質問の第1は,森林や林業の再生についてであります。日本の国土面積の7割を占める森林を守り育てることは,国土の保全にとどまらず地球環境を守るという人類の未来にかかわる問題であります。地場産業である林業は製材から木材の利用まで広い裾野をもった産業であり,森林面積が日本の4割に過ぎないドイツでは木材自給率は100%を超え,林業が130万人の雇用を生み出し,自動車産業の75万人の約1.7倍の雇用を生み出しています。一方,我が国では木材の需要の8割が外国から輸入された外材によって占められ,戦後の植林で伐採期を迎えたスギやヒノキが,木材価格の低迷により伐採すればするほど赤字になるという深刻な事態が現実に存在し,林業関係者や山林所有者の大きな悩みとなっております。ある森林組合の幹部は2月5日に行われた入札では1m3当たりスギで9,080円,ヒノキで1万840円だった。山で切って搬出・運搬まで1m3当たり約9,000円の経費がかかり,森林や下刈りの費用など25年以上かけた費用は全く出ないと現状の林業政策の転換を切実に訴えられております。日本共産党は,林業は地域経済を支える大きな柱であり,低炭素社会実現の不可欠な産業として,国の政策の根幹に位置付けた政策への転換を求めております。そこで伺います。需要の8割を外材に依存する林業政策の転換が求められる中で,市の面積の6割を占める森林の再生をどのように考えているか,答弁を求めるものであります。第2に国産材の積極的活用なしには需要拡大や価格の引き下げにつながらず,後継者が育つ再生可能な林業は再生産が可能な林業にはなりえません。国産材,地元材の積極的活用を図るための助成制度や,公営住宅や学校建設など公共工事への活用策など,市独自の対策を進めるべきであります。どのように考えるか答弁を求めるものであります。次に,大規模養豚場計画についてでございます。昨年末に県の環境影響評価条例のもとで義務化された準備書の縦覧のために提出された霧島永水地区に建設計画が進められている養豚場は,区域面積145万1,976m2,豚舎施設面積22万8,252m2,年間出荷する豚が30万頭という巨大な施設であることが明らかになっております。その計画は出荷数で国内一といわれる伊佐市の養豚場の約2倍の規模となります。伊佐市にある養豚場の年間出荷頭数は約16万頭であります。私たち市議団は2月15日に同施設の視察をいたしましたが,1頭当たり3kgのえさを毎日食べる豚の汚水処理のために,ここでは60万人の人が暮らす都市,鹿児島市に相当いたしますけれども,その汚水処理施設を整備していると説明を受けております。その話から推計いたしますと,30万頭を出荷する施設の汚水処理には約100万人分の処理施設が必要となります。市内を流れ天降川に注ぐ手篭川の源流に近い場所に,このような汚水処理能力を持つ施設を造ることは,環境に多大な負荷を与えることになります。現に,浸透膜方式のろ過装置で排水しているという伊佐市の養豚場の下流には茶色い水が流れております。市長に,今,その写真をお示しいたしました。そこで取水をした水がこの水でございます。手篭川の水は農業用水として活用されております。稲作などへの影響はないのか。また,豚などを原因とする寄生虫による上水道の水源に影響はないのか危惧されるものであります。そこで伺います。手篭川の源流で計画される大規模養豚場で,1日1,520t取水をされ,排水される水が与える影響についてどのように考えるか,答弁を求めるものであります。同予定地は霧島の玄関口である霧島神宮駅や総合支所から約2kmの位置にございます。悪臭や粉じん,景観の保全,観光振興からどのように考えるか,答弁を求めるものであります。また,環境負荷の少ない持続可能なまちづくりを推進する霧島市環境基本条例に照らしてどうか,答弁を求めるものであります。次に,多重債務者や低所得者対策についてであります。経済情勢が厳しい中で求職活動を続けても仕事に就けず暮らしが成り立たないという相談が,私たち市議団にも複数寄せられております。ある50代の男性は4年前に会社が倒産し,求職活動を続けていましたが,仕事に就けず,国保税が払えないために保険証を持ちませんでした。年末に首に出たふきでものが悪化しましたが,病院に行けず,こたつの中で痛みをこらえておりました。私は近所の方から連絡を受け,病院にかつぎこんだときには,あと2日放置したら命はなかったと医者から言われるほど重い症状でした。何とか一命をとりとめることができたのでございます。またある方は,多額の水道料金や公営住宅家賃を滞納して退去を言い渡されている直前に相談に来られましたが,多重債務の解決など多くの問題を抱えていることが分かり,対策を進めております。これらの相談にかかわる中で,市民の方からの相談をたらい回しせず,一元化できる専門員の配置や専用窓口の開設の必要性を痛感しております。どのように考えるか,答弁を求めるものであります。次に,経済的困難で収入が低い場合,医療機関で支払う通常の3割負担が,無料ないし低額で診療を受けることができる無料低額診療が,社会福祉法第2条第3項などにより実施できるのもので,医療費支払いが困難な人に各医療保険の自己負担限度額まで医療費減免を行うものであります。厚生労働省も低額診療について低所得者等に必要な医療を確保する上で重要であるとし,利用機関からの届け入れがあれば受理すべきものとしています。社会福祉法を根拠にした同制度の導入は民間病院での実施となりますが,低所得者救済のための制度として,その取り組みを支援すべきだと思いますけれども,どのように考えるか,答弁を求めるものであります。最後に中小零細業者の仕事確保対策についてです。この事業は,市民が行う住宅改修などのリフォームに対して,その取り組みを促すために工事費の一部を助成する制度であり,経済不況のもとで仕事の少ない中小零細業者の仕事の機会を確保し,支援するものであります。県内では曽於市が昨年7月から臨時経済対策交付金を活用して500万円を予算化して,20万円を超える工事を地元業者が行う場合,工事費の1割,上限額15万円の助成を開始し,この半年間で約6,000万円の工事に活用されております。経済危機対策や中小零細業者の仕事を確保するための積極的な取り組みとして,市民の住宅リフォームに助成ができないのか,答弁を求めまして,壇上からの最初の質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 宮内議員から4点につきましての質問でございました。1問目につきましては,私のほうから答弁させていただきます。そのほかにつきましては,関係部長がそれぞれ答弁させていただきます。森林や林業の再生についての1点目についてお答えをいたします。国土の3分の2を占める森林は,木材生産をはじめ,水資源の涵養,産地災害の防止,地球温暖化防止などの公益的な機能を持ち,私たちに安全な生活環境を提供しております。また,議員の言われるように,戦後植林をされたスギ,ヒノキが木材利用可能な林齢に達しており,需要をまかなう十分な量と質が確保できるようになったことから,国は2008年に24%であった木材自給率を2020年には50%に目標を引き上げ,国を挙げて国産材の利用促進を図ることとしております。本市におきましても,森林の約7割を占めるスギ,ヒノキの人工林の半分以上が林齢30年以上で利用可能であります。しかしながら,1人当たりの山林所有面積の少ない本市では,作業効率が低く,また路網の整備も遅れておりまして,切り倒した木材の搬出に相当な経費がかかりますことから,山林所有者の収入につながらず,間伐等森林施業に消極的であります。間伐等森林施業を進めますには,山林を集約し作業の効率化を図りますとともに,路網整備を進め経費を抑えることで山林所有者の収入につながり,施業意欲が高まるものと考えております。そのようなことから,森林施業の集約化と高性能林業機械の導入支援,路網整備を積極的に推進し,地元木材の供給につなげていきたいと考えているところでございます。次に,2点目についてお答えをします。国におきましては,充実してきた国産材の積極的活用を図るため,学校や自治体の庁舎などの「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」の制定を目指しており,国が率先して公共建築物の木造化に取り組むこととされており,自治体に対しても国に準じた取り組みを求めるようであります。私といたしましても市長就任以来,市発注の公共建築工事での地元木材利用を促進するよう指示を出しており,新設の天降川小学校や牧園中学校等に県産材を積極的に使用しております。なお,木材利用促進に関しましては,本市に木材利用に関しての協議会を設置し,公共施設や公共工事における利用拡大を検討するよう指示したところであります。また,助成制度につきましては,民間金融機関と連携し,住宅ローンの借入金利の優遇措置を行う「認証かごしま材の家金利等優遇制度」と財団法人住宅保証機構の提供する,住宅瑕疵担保責任保険を付与する際の保険料の3分の1を補助する「認証かごしま材の家住宅瑕疵担保責任保険支援制度」の2つの鹿児島県による助成制度がありますので,これを推進してまいりたいと考えております。なお,市独自の助成制度創設につきましては現在のところ考えておりませんが,今後研究していきたいと考えております。


○生活環境部長(川畑 巧君)


 大規模養豚場建設計画についての1点目についてお答えします。鹿児島県環境影響評価条例に基づき,平成21年11月11日から12月10日まで事業者が作成した環境影響評価方法書の縦覧を終え,県知事より環境影響評価方法書についての環境保全の見地から意見を求められましたので,平成22年2月4日付で霧島市環境基本計画の環境配慮指針に基づき,「付近の河川,湧水等の地域水源及び錦江湾の水質保全の観点から環境影響調査を実施すること」など13項目の意見書を提出したところであります。今後は,事業者が最短1年間春・夏・秋・冬の間で環境影響調査を終えた後,準備書を作成し,1か月の縦覧後,県知事から準備書について環境保全の立場から意見を求められる予定でございます。取水の問題は環境影響調査で判明するものと考えます。また,排水処理計画につきましては,複合ラグーンで浄化後,手篭川へ放流し,放流水の水質基準につきましては,BODは1甬当たり20mg以下,大腸菌数は1cm3当たり3,000個以内,全窒素は1甬当たり60mg以内,全リンは1甬当たり8mg以内とされております。2点目につきましてお答えいたします。豚房施設に発酵床養豚方式により臭気の軽減を図り,堆肥化処理施設は切り返し発酵による堆肥化を行い,土着菌の増殖が抑制されないよう温度,水分,通気性等を適切に管理することにより臭気の軽減を図ることとされております。3点目と4点目は関連がありますのであわせてお答えいたします。霧島市環境基本計画の環境配慮指針では,計画段階での指針といたしまして,周辺景観と調和のとれた計画とすることと定められており,また,霧島市環境基本条例では,事業活動に伴う公害防止や自然環境の適正な保全につきまして事業者の責務を定めております。今後は環境影響調査の状況を注視しながら,環境基本条例や環境配慮指針を遵守されるよう要請してまいります。


○商工観光部長(柳田秀徳君)


 大規模養豚場建設計画についての3点目,観光振興の視点からについてお答えいたします。現地は南面を向いており,周囲を小高い山々に囲まれた位置にあります。近辺には人家もなく,人家や観光施設からも見えにくく離れた位置にございます。環境保全等が保たれるのであれば,観光にはほとんど影響はないのではないかと考えております。


○企画部長兼行政改革推進監兼大学跡地利用対策監(山口 剛君)


 多重債務者や低所得者対策についての1点目についてお答えいたします。多重債務等の相談につきましては,現在,霧島市消費生活センターで消費生活専門相談員が対応しているところでございますが,相談者の債務や収入状況等の聞き取りにより,利息の見直しや過払金の助言をし,県内の弁護士・司法書士の有志でつくっているボランティア組織の「鹿児島くすのきの会」を紹介しているところでございます。また,債務整理が必要な相談者につきましては,任意整理の場合は鹿児島県弁護士会や鹿児島県司法書士会などを紹介し,特定調停,個人再生,自己破産の場合は裁判所を紹介しているところでございます。多重債務の相談件数につきましては,平成20年度51件,平成21年度は平成22年1月末現在で28件でございます。このような方々を対象とした公共料金,水道料,住宅使用料,保育料等の相談専用窓口の設置につきましては,業務内容も多岐にわたり制度内容も複雑多様化しており,また,高度な判断が必要になる場合もあると考えますので,現時点においては集約した専用相談窓口の設置は考えておりませんが,今後,組織再編の中で必要性も含めて検討してまいりたいと考えております。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 多重債務者や低所得者対策についての2点目についてお答えいたします。無料低額診療事業とは,社会福祉法第2条第3項第9号の規定に基づき,生計困難者が経済的な理由によって必要な医療を受ける機会を制限されることのないよう,無料または低額な料金で診療を行う事業でございます。実施につきましては,都道府県が事業実施の届け出の受理をした医療機関が実施主体となり,この医療機関の発行する無料低額診療券により,生計困難者に必要な医療を無料・低額で提供されることにより行われるものでございます。なお,議員ご指摘の社会福祉法を根拠とする実施医療機関は本県に2か所あると伺っておりますが,実施しようとする医療機関の延べ患者総数のうち,無料または減額の人が10%以上であるなどの一定の基準を満たす必要があること,実施医療機関につきましては,法人住民税や固定資産税などの税制上の優遇はありますが,無料または減免した医療費につきましては実施医療機関の負担となることなどから,現時点では制度の導入は困難であると考えております。


○商工観光部長(柳田秀徳君)


 4問目の中小零細業者の仕事確保対策についてお答えいたします。住宅リフォームに対する補助金につきましては,県内では曽於市において本年度に限り実施されているようでございます。中小零細業者の仕事の機会を確保するための一つ,あるいは景気浮揚策の一つにはなると考えているところではございますが,職種が限定されてしまうことや経済活動の拡大を図るには一部の方々に限定されてしまうようでございます。また,国の施策の一つとして住宅エコポイント制度が3月8日からスタートし,エコリフォームもエコポイントの対象となることなどから,その活用を見守りたいと考えており,現在のところ,住宅リフォームにかかる工事費の一部助成は考えていないところでございます。


○議長(池田 守君)


 ただいま宮内博議員の壇上からの質問に対する答弁が終わったところでございますが,ここで暫時休憩します。


               「休憩  午前11時59分」


               ──────────────


               「再開  午後 1時00分」


○議長(池田 守君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。宮内博議員の一般質問を続けます。


○33番(宮内 博君)


 それぞれ回答をいただいたんですけれども,まず,森林や林業の再生の関係でありますが,公共施設や公共工事における利用拡大を検討するように指示もしているということでございますけれども,昨年は目標を上回る830haでの間伐が行われたという,そういう報告もされているんですが,これが山林にそのまま放置をされるという,こういう事態もかなり見受けます。そこで,具体的にどうするのかという点では,市長の施政方針の中には盛り込まれておりませんでした。現実に,例えば天降川小学校の国産材の利用率はどうだったのか。今後,建設をされる木之房団地などはどのような目標値を定めて利用率の引き上げに結びつけていくのかということでありますけれども,どのようにお考えなのか,これまでの実績も含めてご回答いただきたいと思います。


○農林水産部長(萬?茂樹君)


 天降川小学校,日当山小学校,牧園中学校が,最近学校の新築等が行われたわけですけれども,天降川小学校につきましては190m3,それと日当山小学校で179m3,それと牧園中学校で70m3の県材を使用しているところでございます。この入札に当たりまして,特記仕様書の中で認証かごしま材を優先的に使用する旨の明記をしているということでございます。


○33番(宮内 博君)


 木之房団地ではどういう,利用率など今後目指していくのかと。


○建築住宅課長(矢野昌幸君)


 木之房団地の木材使用計画についてお答えいたします。建て替えの予定の中で,車いす対応住宅2戸と集会室1棟を木造で計画しております。可能な限り県内産木材を使用する予定であります。また,計画中の省エネモデル住宅2棟も木造で計画しており,これもまた県内産木材を主に使用する予定であります。過去の分についてですけれども,平成18年度で2か所,平成20年度で3か所,平成21年度で3か所,公園のトイレとか事務所等を木造で造っております。


○33番(宮内 博君)


 やはり木材がきちんと需要があって,それなりの価格があれば当然に木材を切り出して売ろうという方も増えるし,そのための雇用拡大っていうのにも結びついていくということがあるわけですけれども,それらのことによって本当に産業としてきちんと成り立つという取り組みが求められるわけですけれども,今,国のほうでも緑の雇用事業というので取り組みをしておりますけれども,1,000万haの人工林の維持管理をするためには最低でも20万人が必要だというふうに言われております。現在,2007年には林業従事者は5万人に減少しているということでありますから,かなりの規模の雇用がここで創出できるという,つくり出すことができるということになるわけですけれども,実際に,ある林業関係者にお話をお聞きしましたところ,なかなか若い人が集まらないということで,そしてまた定着をしないと,絶対的に人手不足だということでありました。ですから,当然市としても独自の取り組みをやっていかなければいけないというふうに思いますけれども,まだ今の段階では考えていないということですけれども,実際にきちんと就労することによって生活ができるという体制まで持ち込んでいくということが必要だと思うんですけども,その辺どういうふうにお考えか,お聞きしておきます。


○農林水産部長(萬?茂樹君)


 まず,非常に今,林家を取り巻く状況というのは,皆様ご案内のとおり非常に木材価格が長い間低迷をしているという中で,先ほど市長のほうからの答弁もございましたとおり,霧島市内,この周辺も含めてですけれども1人当たりの所有する山林が非常に狭いということで,どうしても個々に作業をするということになりますと非常に効率が悪いというようなことで,なかなか山の持ち主の収入が上がってこないっていうことから施業が行われていないという状況でございます。そういった面でやはり山を集約して,まとめることによって非常に,また機械も,高性能の機械等で作業もできますので非常に作業効率がよくなるというような形で,そうしますと当然経費を抑えられますのでその分,山の所有者の収入も上がっていくという形で,やはり施業の集約化,それと高性能な機械の導入,それと当然作業をするためには,そこまで行く道というのはどうしても必要でございますので路網の整備をしていかないと,その整備をすることによって山主の施業意欲というのがわいてきます。そうしますと,当然仕事がどんどん増えてきますので,やはり林業としてやっていけることも経営的には可能になってくるというふうに考えております。そういった面でやはり,まず山主さんの所得が増えるような,経営としてやっていけるようなそういう体制を持っていかないことには,なかなか後継者も育ってこないというふうに考えておりますので,やはりまず私どもといたしましては路網を整備をいたしまして,要は生産コストというか,作業の効率化を上げる支援をしていくと。そういうことが最終的には林家の育成にもつながっていくのかなというふうに考えているところでございます。


○33番(宮内 博君)


 国も現在の木材自給率を24%から50%に引き上げるという再生プランを打ち出しているわけですけれども,やはりそのためにも需要が拡大をするということが何よりも求められてきているのではないかと。ですから,さまざまな施策において国産材,地元材の活用ができる,そういう政策を目的,意識的に持っていくということが求められるというふうに思うんですね。その辺の取り組みについて再度ご回答をいただくと同時に,日本の気象条件は木材の生産に適しておりますので,やはりこれは再生産できる貴重な資源ですから積極的な行政の支援策,具体策を強く求めておきたいと思いますが,その需要策について再度ご回答いただきたいと思います。


○農林水産部長(萬?茂樹君)


 おっしゃるとおり木材の需要のほうが伸びていかないと当然生産のほうも進んでいかないわけでございまして,今,県のほうがその木材利用推進の体制整備がされております。知事をはじめとする建築設計施工関係者,消費者,学識経験者,木材関係者,行政,これで「木材利用推進協議会」というのが県全体でできております。その下に行政サイドとしまして,県のほうで「木材利用庁内推進会議」というのがございます。これは副知事を会長にいたしまして教育長以下,それぞれの部長さん方という形で,公共施設の木材利用の推進という形で推進会議ができております。また,業界サイドでは「木材利用推進運動協議会」というのがございまして,民間主導の木材利用推進が協議会を構成いたしまして利用推進が図られているということでございます。また,これと連動いたしまして,それぞれの地域振興局ごとに「地区木材利用推進協議会」というのができております。これは,こちらの姶良・伊佐地区におきましても,「姶良地区木材利用推進協議会」というのが構成をされておりまして,行政関係,それから建築設計士の方々,それから施工業者の方々,森林組合,そういった木材関係の方々で構成される協議会ができておりまして,この中で木材の利用推進というのを図っているところでございます。この中に私ども霧島市も構成として入っております。そういった面で姶良地区におきます木材利用の推進を進めているところでございます。また,庁内におきましても,先ほど市長の答弁でもございましたとおり,やはり木材利用について公共施設,公共工事等についての利用促進を図るための庁内での協議会の設置,それも指示をされておりますので,早急に協議会を設置し,公共工事関係,公共施設での木材の利用,地元建材の利用というものを進めていきたいというふうに考えているところでございます。


○市長(前田終止君)


 木材のこの需要環境を図られたいと。特に,県産材,地元産材,地材地建という言葉がありますけれども,ぜひこの霧島産材の,願わくばさまざまな木材が,公共事業を中心に民間のほうもぜひぜひ利用促進に当たっていただきたいなと思います。私の立場からいたしましても,今,部長が答弁をいたしているとおりでございますが,積極的に公共事業に木の持つよさを評価して,さまざまなところに木材の取り入れ,積極的利用をお願いするということで,毎年そのような指示を続けて出しているところでございます。木の持つ温もり,暖かさ,そういうものは人々の心をいやし,そしてまた,健康のためにも非常にいいということも言われております。私は,興味ある,ちょっと木材革命という本がございまして,その中で木の建物というのは非常に健康にいいという,静岡大学の農学部の有馬先生という方の実験論の話をちょっと一部紹介してみたいと思います。医学,医療に使われるマウス,ネズミですね,これを木製あるいは金属製,コンクリート製,この3種類の飼育の箱を10組ずつ用意した中に,スギのおがくずをひいて,それぞれ8週間飼育してから交配をさせたと。その後,雄を除いて,雌の分娩した子どものマウスを二,三日観察をしたと。これが木製の場合,子どものネズミの生存率は85.1%だと。金属製では,何とぐんと落ちて41.0%,これがコンクリート製になると,何と6.9%でしかなかった。そればかりでなく,生き残った子マウスの発育状況,これを調べたところ,木製では体重も順調に増加したが,金属製,コンクリート製ではかなり生育が劣ってる。特に生殖器の重量は,木製に対してほかの飼育箱の子どもの,子マウスの半分しかなかったと。こういうデータがこの本では具体的に実験をして,学者の方が紹介をされております。そういう意味で,やっぱり木の持つ温もり,暖かさ,そういうよさ,それを我々はもう一度評価をして地材地建,地元のもので,仮に材が間に合わなければ鹿児島県全体としても県産材,そういう消費を徹底して,官民あわせて需要を増大させていくさまざまな努力を今,まさに適齢期の伐期の木が増えてきただけに,手入れ等,路網等の整備も含めて努力をすべき点だと思っております。


○33番(宮内 博君)


 環境保全とかCO2の吸収などにも,あるいは地球環境の保全にも重要な役割を果たしておりますので,今後も積極的な取り組みを求めておきたいと思います。次に,養豚場の問題についてでございます。先ほど壇上から申し上げましたように,私ども大口の養豚場を視察いたしまして,あの規模の約2倍の出荷量を予定しているという養豚場だということで,さらにその規模の大きさに改めて驚いたところです。同時に,冒頭申し上げましたように,豚は毎日3kgのえさを食べるということで,人間の約130倍の排せつ物を出すというように言われております。家庭の汚水の160倍もの汚染力があるという研究も報告をされているようでございます。排水処理に必要な処理能力を持つ施設が,伊佐市の養豚場で約60万人分の家庭に相当する処理能力を持っているということで,日本一の施設だというふうにおっしゃっております。そこから流れている排水がこれですから,市長。これは,すぐ隣を流れている白木川という川です。この上流には養豚場はありません。これが手篭川のほうに流れてくる可能性がないとは言えないと。しかも,処理能力100万人規模の施設が必要だということに,このお話をお聞きする中では,それほどの施設が必要だということを改めて私ども現地を見させていただいて感じたわけでありますけれども,その処理水が霧島市の中心部に流れ込んでくるというわけです。しかも,伊佐市の処理場では,海水から真水をつくる処理装置であります浸透膜方式で除去しているというふうにおっしゃってるわけですね。それだけの設備投資をしているということでおっしゃっているんですけれども,なぜこの濁度なのかということですね。それで,それが実際手篭川に流れてきて,下流では稲作が営まれてると。また,近くには水源地なども何箇所かあると。国分の水源地にも,当然高低差がありますから影響はないとは言えないというような心配があるわけですけれども,その辺どうお考えなのか,再度お聞きをしておきたいと思います。


○生活環境部長(川畑 巧君)


 鹿児島県環境影響評価条例というものがまずあります。この上に法律がありまして,それぞれやっていくわけですが,今の出されている養豚場の計画が,いわゆる方法書を示して公告・縦覧しまして,そして今の時点では県知事が,じゃ今,議員がおっしゃられるようなことを懸念されるから影響調査をしなさいという段階でございます。ですから,この環境影響評価の実施についても,県は専門の第三者機関を使ってその方法も選定し,なおかつ縦覧期間に市民から意見書が届いています。これも評価方法の中に入れてくれという意見書が出ています。それらも交えて今,県知事は,その提出された業者に最低1年間,春夏秋冬を通して評価をしなさいということであります。そういう段階です。


○33番(宮内 博君)


 事務手続上はそういうことだろうというふうに思うんですけれども,地下の話ですのでどういうふうになってるかというのはなかなか予測はつきにくい話なんですけれども,水源地などに与える影響とか,その辺も大変心配をされるわけですが,先ほど申し上げましたように畜産動物というのは人間の約130倍の排せつ物を出すと,家庭の160倍の汚染力があると,こういう指摘があるわけですね。それで,豚などの腸内に寄生する原虫でクリプトスポリジウムという寄生虫があるそうですけれども,この汚染による集団感染などが国内でも外国でも問題になっているということです。水道のほうでも定期的に,この寄生原虫については年に1回検査をしているというふうに伺っておりますけれども,永水地区にある2か所の水源あるいは国分の水源などへの影響などはどのようにお考えでしょうか。お聞きします。


○生活環境部長(川畑 巧君)


 確かに,ネズミに寄生する細菌でございますが,それらも含めてこのアセスで調査をしている。それで,いわゆるいろんな法律が絡んでいます。例えば悪臭防止法,大気汚染防止法,水質汚濁防止法,そしてさらに環境基本法,しかしながら鹿児島県が持ってらっしゃるこの条例は,平成19年度9月施行になりました環境影響評価法というものと同じ手続きを持っていますが,私が今,言いました各法律でいう環境よりも広い範囲でこの条例はとらえております。ですから,その辺までも十分に調査をされていかれることと思っております。


○水道部長(迫間 勇君)


 さっきクリプトスポリジウムのお話がございましたけれども,私どもは水道法に基づきまして原水検査を行っておりまして,今のところ私どもの霧島市では過去にも1回も出ておりません。全国のを調べてみますと,これまでに全国で6か所ぐらい,過去にこのクリプトスポリジウムが発生をしたようでございます。これは塩素を入れても死なないというやつで,耐塩素性病原微生物ですね。ですから,これが発生をいたしますと,もう水道水としては使えませんということでございます。


○33番(宮内 博君)


 今回の計画では,年間30万頭の出荷を予定しているということです。伊佐市の養豚場でお聞きしましたところ,1日700頭から800頭,子豚が生まれるということでした。ですから,その倍の規模で子豚を生産するということに当然なるわけですよね。ですから,汚染の関係も当然それに比例をしていくというのは心配をされるわけです。悪臭や景観などの件については,答弁を聞きますと観光施設などからも離れているのでそんなに影響はないというふうに考えているという回答でありますけれども,伊佐市の養豚場でも悪臭の問題があります。現に,行きますと大変におっているわけですよね。伊佐市の場合は,街部から4km離れているということでありますけれども,気象条件などによっては街部までにおいがすることがあるというのもお聞きをいたしました。実際霧島神宮駅の真上の養豚場の計画です。堆肥化などの取り組みをして,においが出ないようにそういう取り組みをするというお話でありますが,実際に伊佐市の養豚場の関係者の方からお聞きをしますと,悪臭の発生源の大きな原因というのは堆肥施設だということなんですよね。それで,密閉して飼うことはできないわけですから,当然開放して風通しをよくして飼うということになります。そこから集めた堆肥につきましても,伊佐市の養豚場では毎年9,000tでしたか,の肥料を作って販売してるということでありますけれども,このにおいの問題っていうのは防止策が本当にないというふうに思うんですけれども,2kmの距離というのは大変近いですよね。玄関口である駅に降り立ったときにそういう悪臭がするっていうのは,やっぱり観光の柱として取り組む本市にとっても大きな問題ではないでしょうか。市長どうでしょう。


○商工観光部長(柳田秀徳君)


 全く観光に対して影響はないというものは言えないところでございますけれども,あくまでも,先ほど申しましたように臭気対策とか水処理等,環境保全が適正にされた上でのことでございまして,そういう適正にされれば,それほど観光的には影響はないのではないかというふうに考えているところでございます。


○市長(前田終止君)


 環境への影響,これについて国,県,私ども当該する地元,しっかりとした処理システム,また基準,また調査など行われた上に,この話は将来において実現したいというその当事者の意向であります。観光面的には,答弁にありましたとおり若干目線からはちょっと外れるエリアにはあるのかなと,私も,現場を見てまいりましたけれども,そう思ってました。ただ,直線距離的には,ご指摘のような距離かなというふうに思います。においという問題も堆肥化等,最近の一番進んだ取り組み,現代技術等によって限りなく軽減してまいろうという努力がされるのかなと,こういうふうにも思っているところでございます。今どき,いわば大口のジャパンファームの約2倍という規模の施設整備をなさるということは,本当にさまざまな角度で大変厳しい基準やら指摘のある現代でございます。そういうことに対してきちっとクリアできるだけの努力をなさってこそ初めて許可がおりるものというふうに思うところでございます。特に排水処理計画等については,大変厳しい基準をクリアしてこそ許可になるのかなというふうにも思っているところでございます。


○33番(宮内 博君)


 市長は,そのジャパンファーム,ご覧になったですか。


○市長(前田終止君)


 まだ見ておりません。


○33番(宮内 博君)


 生活環境部長はどうですか。


○生活環境部長(川畑 巧君)


 農政課時代に見ております。


○33番(宮内 博君)


 排水のほうは見られましたですか。


○生活環境部長(川畑 巧君)


 いや,見ておりません。現在のものは見ておりません。


○33番(宮内 博君)


 私の,率直に申し上げて,縦覧に供された書類を見る限りでは想像できませんでした。それで,今おっしゃるとおりさまざまな基準が示されております。排水処理計画についても,取水計画についても。が,実際にイメージとしてわかないわけですよ。それで,伊佐市のこの養豚場はアジア一,国内一というふうに説明をされました。その施設をぜひ見にいっていただいて,そして排水場のほうも裏に回っていただいて見ていただきたいと思います。ただ,事務所しか通してもらえませんから,中に入るには2日間,消毒が必要だということで入らせていただけませんので,事務所の説明しかお聞きすることはできないと思いますけれども,ただそこに行けば,実際ににおいがどうなのか,施設の規模がどんなものなのか,まだこの伊佐市の養豚場は計画されている施設の半分の施設ですから,その2倍の規模だと。排水量にしてもそういう施設だということを現地に行って確かめた上で,本当にそれがこの霧島市が目指す環境基本条例に照らして合致するような,将来に環境負荷の少ない施設なのかということを検証していただきたいと思いますが,どうですか,市長。


○市長(前田終止君)


 伊佐市にあるジャパンファームの施設については,私もまだ全く,一回も行っておりませんので,ぜひ今回のこの計画を聞いて関心も持っておりますので,現場を実際に私も,議員ご指摘のとおり精査してみたいというふうに思います。また,議員が写しておいでになった写真と,あるいはまた,取水されたペットボトルの水も見させて,またにおいもかがかせてももらいました。もちろんそれでは全体のほんのごく一部の,ここに持って来れる範囲の写真であり,現物でありましょう。そして,それらについて地域の人たちがどういう今,評価があるのか。そのことがどういう影響を与えているのか。ちょっと色が濁っている,あるいはまた,そのものの検査などなどアジア一,日本一のそういう施設であるにもかかわらず,なぜそうなっているのか。そのことがどういう影響を,その地域の河川や流域に,人々に与えているのか。その辺がちょっと私も見えませんので,勉強もさせてもらいたいなと思います。


○33番(宮内 博君)


 地理的な条件も当然違います。それで,伊佐市の養豚場は川内川からそんなに遠くないところにあるわけですね。川内川の本流に流れ込んでいくということでありますけれども,手篭川の場合は国分平野をずっと下りまして下流のほうで天降川と合流するということで,その間はずっと用水として利用をされる,そんな地理的な条件も当然あるわけですね。その下で稲作なども耕作をされております。こういう水が本当に流れるようなことになりましたら,もちろん耕作者にとっても大変大きな影響を及ぼすということにもなるでしょう。ですから,ぜひ将来に負荷を与えない,そういうまちをつくっていくんだというのが環境基本条例の中に一貫して流れているものだというふうに理解をしているわけでありますけれども,そのことはぜひ市長に確認をしておきたいというふうに思いますけれども,どうですか。


○市長(前田終止君)


 言われるまでもなく,私たちのかけがえのない,この霧島市というふるさと全域で,次の世代に向かって本当に,環境の面においても将来に禍根を残さない,そういう努力が当然行うべきことだというふうに存じております。


○33番(宮内 博君)


 時間がありませんので次に移りますが,市が策定した環境基本条例が目指す,持続可能なまちづくりを進める上で,こういう環境負荷の大きな,重大な負荷を与えることが懸念される施設に対しては,観光都市を目指す霧島市として許可できないという姿勢を強く求めておきたいというふうに思います。次に,多重債務の問題に移らせていただきます。専用の窓口の設置は,今の段階では考えていないということでございました。この専用窓口の取り組みは,奄美市が大変全国でも有名でして,市役所内に相談窓口が設けられまして,司法書士や弁護士事務所が連携をして多重債務の解決に当たっております。お聞きをしましたところ,2009年の4月から9月までの6か月間の多重債務の相談件数は88件ということでありました。弁護士事務所あるいは司法書士事務所などとも連携をした取り組みをしているんですが,私が相談を受けましたときに感じましたことは,多重債務のところの窓口に行きましても,例えば住宅使用料の長期滞納者であれば住宅課のほうに,あるいは国保税であれば税務課のほうにということで回されて,実際にそれをどうするのかということになってしまっていると。根本にあるこの多重債務を解決して,過払いを取り戻すとかそういう取り組みまでして,それらの長期滞納のものまで解決をしていくという取り組みになかなか結びついていないと。また,実際に家族会議などを開いて初めて多重債務の問題などが明らかになるというような状況でございました。ですから,やはり一元化というのはどうしても必要だと。もうたらい回しではなくてですね,というふうに思いますけれども,暮らし向きが大変厳しい中で対策を求められると思いますけれども,どうでしょうか。お聞きをしておきたいと思います。


○企画部長兼行政改革推進監兼大学跡地利用対策監(山口 剛君)


 私どもも奄美のほうを少し勉強してみました。やはり奄美のほうのことをお聞きしますと,やはりこの多重債務の問題解決するためにはいかに専門家につなぐかという,そういったところに重点を置いているようです。例えば庁内のいろんな,国保の問題とか,税金の問題とか,住宅料とか保育料とかいろいろありますけれども,やはりそこにいかにどう連携していくかというのが大事だなというふうには考えております。そういったことから,今ある消費生活相談の窓口がありますので,ここを充実することによってある程度,こういった今,やっておられる奄美にも近づいていけるのかなというふうに考えております。ちょっとお聞きしますと奄美のほうは,この方は20年以上,専門的にやっておられるということで,やはりそういった人を育てているというのも一つの奄美の強みかと思いますので,私どももそういったある程度,いわゆる専門的なスペシャリストなども育てていかなければ簡単にはできないものであるなというのは少し感じたところでございます。


○33番(宮内 博君)


 政府は12年連続して自殺者は3万人を超えたということを受けて,初めて今月の3月を自殺防止対策月間に取り組むということであります。その4割が40歳代から60歳代の男性で占められていると,自殺者が。ですから,本当に切実な問題だというふうに思いますので,ぜひ対策の一環としても取り組みを求めておきたいというふうに思います。次に移ります。中小零細業者の仕事確保の対策の問題でありますけれども,住宅リフォームの助成の関係でありますが,その助成については考えていないというご回答であったんですけれども,曽於市が昨年から取り組んでおります。冒頭申し上げましたように,昨年7月から実施しているんですけれども,約30件の利用があって6,000万円の事業効果を目指しています。都城は,もう大変歴史的にも古いんですけれども,平成18年度の事業評価シートを見てみますと,ここは限度額10万円で10%補助ですが,補助金額787万5,000円に対しまして,対象工事は1億839万円と13倍の工事が施工されております。経済的な効果が大きいと評価をされております。ぜひとも再検討を求めたいと思いますが,いかがでしょうか。お聞きをいたしまして,私の質問を終わりたいと思います。


○商工観光部長(柳田秀徳君)


 住宅リフォームのことについてお答えいたします。リフォーム補助は,先ほど申し上げましたとおり,一定の経済効果はあると思ってはおります。都城市につきましても調べておりまして,以前なさっておられたようでございます。また,小林市とかもされておられるようでございますけれども,一時的なものでございます。このリフォーム補助につきましては,個人財産への補助になるのではないかと思われることや,限られた人への補助になってしまうのではないかということもございまして,まだ慎重に調査研究する必要があると考えております。


○議長(池田 守君)


 以上で宮内博議員の一般質問を終わります。次に,26番,今吉歳晴議員から2件通告がなされております。したがって,今吉歳晴議員の発言を許可します。


○26番(今吉歳晴君)


 私は,先に通告しました2点のうち,まず1点目,消防広域化について質問します。鹿児島県は,現在の県下19消防本部を地域振興局・市庁管轄区域を単位とする7消防本部計画を策定しています。総務省は,平成18年6月,消防組織法の一部を改正し,7月に市町村消防の広域化に関する基本指針を示し,平成24年度末を目途に消防広域化の実現を目指しています。本年2月1日現在,ほとんどの都道府県で推進計画が策定されており,県も平成20年3月,鹿児島県消防広域化推進計画を策定,広域対象市町村に対しても広域消防運営計画の作成を促し,国の計画に準じ,県内7消防本部体制の期限内実現に積極的に取り組む姿勢のようであります。計画によりますと,来月合併により誕生します姶良市と伊佐市,湧水町の3市1町で人口24万6,000人,対象面積1,372km2の広大な面積を持つ消防本部となります。この広域化問題では,昨年6月,副市長,消防長で姶良・伊佐関係者と協議されていますが,このときは広域化運営協議会の発足までには至らなかったようでありますが,本定例議会冒頭の市長施政方針説明によりますと,協議会設立準備会が設置され,運営協議会設立に向けた協議を進めていくことが確認されているようであります。新聞報道によりますと,南薩地域では既に平成24年度消防広域化実現に向けた動きが,大島・大隅地域でも準備事務局の設置等をされているようであります。今後,市としてどのように対処していかれるのかお伺いします。次に,2点目の工業用水道事業につきましては,平成20年第1回定例会で同じ質問をしましたが,再度お伺いします。この事業は,県から土地,建物,構築物,機械及び装置など多くの固定資産の寄贈を受け,平成元年,事業が開始されております。当初の計画どおり企業立地が進まず,また使用水量の少ない企業等が多く,当初計画の給水量は大きく見直しされています。この工業用水道事業会計では,常に営業収益が営業費用に不足を生じ,毎年給水収益にほぼ等しい額を一般会計からの繰り入れにより,毎年度の当期損益に赤字が出ないようにしているのが実情であります。合併前は分かりませんが,事業が開始されたときから料金見直しはありませんので延々と同じ措置がされてきたのであろうと思います。前回の一般質問で給水原価を下回る料金設定は見直すべきではないかとただしたのに対し,経済産業省の定めた基準単価により料金が設定されているとの答弁でありましたので,このことについては国との話し合いを進めなければ一向に改善されないので,積極的な行動をお示し願いたいと要望したところであります。水道事業においては,今後多額の資本整備が予想され,利用料金問題について諮問した霧島市水道等運営委員会からの答申を受け,今議会に給水条例の一部改正も上程されています。工業用水道事業は,事業開始から20年が経過,有形固定資産の多くは県からの寄贈であり,減価償却をしておりませんので,今後の資本整備等財源確保の問題も考える必要があり,適正料金の設定による運営に努めるべきではないかと思いますが,見解をお伺いします。以上,壇上からの質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 今吉議員から2問につきましてのご質問でございました。その1問目につきましては,私のほうから答弁をさせていただきます。2問目につきましては,水道部長が答弁をいたします。消防広域化についてお答えいたします。近年の消防を取り巻く環境の変化に対応できる消防組織の整備を図る目的で,国は平成18年6月に消防組織法の改正を行い,人口30万人以上の規模を一つの目標とする消防広域化を現在進められているところでございます。それを受け,鹿児島県は平成20年3月に県地域振興局管轄地域を基本とする県域7消防本部体制の推進計画を策定されました。その推進計画によりますと,姶良・伊佐地域振興局の管轄人口は約24万6,000人,面積約1,372km2となっております。このようなことから,本市を含む姶良・伊佐地域の2市4町では,本年1月に姶良・伊佐地域消防広域化運営協議会設立準備会を設置し,(仮称)姶良・伊佐地域消防広域運営協議会の設立に向けた準備を進めているところでございます。消防の広域化につきましては,今後同協議会で協議を進めてまいることとなりますが,十分に検討・審議し,その対応は慎重に進めていかなければならないと考えているところでございます。


○水道部長(迫間 勇君)


 2問目の工業用水道事業についてお答えいたします。工業用水道事業会計は,水道料金の収益では非常に厳しい経営状況でありますので,発足当初から毎年,一般会計から補助金を繰り入れて運営しているところでございます。料金設定につきましては,国の工業用水道事業費補助金の交付を受けている事業でありますことから,当時の通商産業省が示している基準料金の範囲内,1m3当たり45円で設定されております。また,経済産業省が発行しております資料によりますと,九州経済産業局管内に39の事業体がありますけれども,ほとんどがこの料金以下で設定をされております。工業用水道事業は公営企業でありますことから,独立採算が基本でありますけれども,国分上野原テクノパークの工業団地は,当初計画より面積が2分の1に縮小されており,企業立地もなかなか進まない状況であり,立地した企業の中でも使用水量が少ない業種が多く,現在でも企業などには1日当たり,最低10m3の責任使用水量制をお願いしているところであります。また,近年,経済不況のもと,立地企業の経営状況も大変厳しいと言われておりますので,料金の見直しは非常に難しいことから,収入の不足分は一般会計からの補助金で補てんし,料金の改定は今のところ考えていないところであります。今後は,本市の重要施策であります企業誘致を促進し,健全な経営ができるように努めたいと思っております。


○26番(今吉歳晴君)


 それぞれ答弁をいただきましたが,順次再質問をさせていただきます。今定例会の初日の市長施政方針で,姶良・伊佐地域の関係市町で運営協議会設立準備会を設置して,今後運営協議会設立についての協議を進めていくとの報告であったわけでありますが,これは24年度末までの実現を確認した上での設立準備会の設置であるのかお聞きいたします。


○消防局長(後庵博文君)


 あくまでも,いかに準備を進めていくかということでございまして,24年が最終ということの目的の会議ではないと聞いております。


○26番(今吉歳晴君)


 鹿児島県は,消防広域化検討委員会での中間報告に対するアンケートをとっているわけですが,このアンケートの回答は,一つには,県内7消防本部に条件付き賛成を含めて,賛成が41,県域1消防本部体制が2市町村,その他3市町村となっているわけですが,これに対する本市の回答はどういう回答だったのでしょうか。


○消防局長(後庵博文君)


 当時,霧島市におきましては,広域化は希望しておりません。


○26番(今吉歳晴君)


 ということは,その他の3市町村のうちに入ってるわけですね。


○消防局長(後庵博文君)


 そのように解釈しております。


○26番(今吉歳晴君)


 市町村合併は任意であったわけですが,国が進め,また県は枠組みまで示している中で,消防広域化についての市としてはいかがな考えを持っているんですか。


○消防局長(後庵博文君)


 大体国の基本が,人口10万人未満の消防,現在,その当時807,全国で消防本部がありまして,そのうちの485消防本部が10万未満ということであったわけです。国の計画は,10万未満の市は非常に消防力,財政力ともに乏しいから,これを10万以上のまちと広域化することによって資機材の充実を図ろうというような,そのような説明であったわけです,その当時。したがいまして,本市は10万を超えておりましたので,とりあえず広域化しなくても単独でやっていけるのではないかということで,当時の消防長が検討して,希望しないということを県に答申したと思います。


○26番(今吉歳晴君)


 この中で,例えば姶良・伊佐地域関係市町では,この圏域なら消防本部制,これに移行することには,考えというのは一致しているんでしょうか。


○消防局長(後庵博文君)


 とりあえず7消防本部を目安として広域化の話を進めていくということでは一致したかと思っております。


○26番(今吉歳晴君)


 ということは,現在,まだ7消防本部,姶良・伊佐,一つの消防本部とすることについては,まだ意見の一致はしていないというふうに解釈すればいいのでしょうか。


○消防局長(後庵博文君)


 一応,県が示した7消防本部では準備を進めていくということだと思いますけど。


○26番(今吉歳晴君)


 7消防本部ですから,姶良・伊佐地域が一つの消防本部制を敷くということについては,姶良・伊佐,この枠組みの中では意見の一致を見られているのかお伺いします。


○消防局長(後庵博文君)


 意見の一致と申しますか,そういう答申が,県のほうの消防広域化の協議会のほうで,県のほうで検討されまして,その中で7本部制ということで進めていくということでございますので,我々はその7本部制の中で,姶良・伊佐広域についてはどういうふうに進めていくかということは,今後の委員会の協議会の中で論じられていくんではないかと思っております。


○26番(今吉歳晴君)


 現在の市の消防運営で,広域化でないと対応はできないというような問題というのはあるもんでしょうか。


○消防局長(後庵博文君)


 ただいま霧島市消防局としましては,広域化をしなければやっていけないというような大きな問題は現在のところ抱えておりません。


○26番(今吉歳晴君)


 私もある程度の規模を持つこの霧島市であれば,これは十分とはいかないまでもある程度の消防力の維持というのは,維持はできるんじゃないかというふうな考えを持っているところでありますが,消防職員の充足率については,平成18年4月1日現在の県の調査におきましては,県平均が55%で,姶良・伊佐圏域が51%というような数字が出ているわけですが,この中で姶良・伊佐,この51%の中で最高が58%,最低は38%という数字が出ておりますが,この霧島市の充足率というのはどうなんでしょう。


○消防局長(後庵博文君)


 最高の58%が本市でございます。


○26番(今吉歳晴君)


 この鹿児島市を含む鹿児島圏域というのは,最高が78%で,最低54%,平均で72%があるわけですが,なぜこれほどの,姶良・伊佐圏域50%と鹿児島圏域72%,それから北薩地域は66%,なぜこれほどの開きがあるのでしょうか。原因というのは何。


○消防局長(後庵博文君)


 消防力を算定する基準はあるわけでございますが,その消防本部,消防本部によりまして一台一台当たりの台数のとらえ方というものが差がございまして,若干パーセンテージで申しますと違ってくるのかなと思っております。


○26番(今吉歳晴君)


 この差があるということじゃなくて,消防力の整備基準というのは統一された整備配置基準とかあるんじゃないですか。それであれば,私はこの説明はちょっとおかしいような気がするんですが。その配置基準はそれぞれのまちじゃなくて,国が示した一つの基準があって,それにのっとった,車両にしても配置基準があるわけですから,その辺についてはちょっと私は。もう一ぺんお伺いいたします。


○消防局長(後庵博文君)


 先ほど申しましたように,うちは整備力の基準を尊重しまして100%満足できる形で数字を上げていたと。だから,例えば鹿児島市がどういうとらえ方をしてこういうふうになっているのか,あるいは姶良郡西部消防さんがどういうふうにされたのかは,我々はちょっと分からないところです。


○26番(今吉歳晴君)


 今,職員の充足率は最高の58%なんですが,これは100%となった場合は,今,定数は176ですよね。これは100%なった場合は,これはいくらのときが100%,定数は。


○消防局長(後庵博文君)


 基準台数に対する基準数でいきますと240名,本部要員等を含めますと299名が消防力の基準が示す人員でございます。


○26番(今吉歳晴君)


 この姶良・伊佐圏域で58%と38%,20ポイントの開きがあるわけですが,この状態で広域化を図った場合,これは問題っていうのはないもんなんでしょうか。


○消防局長(後庵博文君)


 多分問題は生じるかとは思いますけれども,その辺のところを協議会で今後話し合っていかれるのではないかと思っております。


○26番(今吉歳晴君)


 私は,簡単に考えますと広域化を図れるまでには,霧島市のこの58%まではそれぞれ事情はあるんでしょうが,やはりそれまで歩み寄りをして58%に高めていくような努力はすべきではないかというふうに考えるところです。先ほど言われました車両の配置基準,この充足率というのはどんなものでしょう。


○消防局長(後庵博文君)


 いろいろ国が示す指針がございまして,それによりまして,うちは,先ほど申しましたように市街地がすべて満足できるように国が示す基準で100%上げております。


○26番(今吉歳晴君)


 次に,救急救命士の充足についてお伺いいたしますが,これは現在,何人,救急救命士はいらっしゃいますか。


○消防局長(後庵博文君)


 救急救命士が総体で29名おります。


○26番(今吉歳晴君)


 この救急救命士の中で,気管挿管の認定救急救命士,それから薬剤投与認定の救急救命士の資格者は何人いらっしゃるのか。それと,両方あわせ持った資格者というのは何人いらっしゃるものでしょうか。


○消防局長(後庵博文君)


 気管挿管を修了した者が15名,薬剤投与を済ませた者が15名。両方併せ持った数につきましては,また後ほど報告します。


○26番(今吉歳晴君)


 広域化を言いますが,やはり救急救命士の今後の,救命士の向上,それから救急救命士の高度な知識を有する,この辺については,やはり広域化よりも現在の霧島市のほうが充実が図られていくんではないかというような気がするわけなんですが,これについてはいかがな考えを持っていらっしゃいますか。


○消防局長(後庵博文君)


 現在のところ,議会のご理解をいただきまして,本市においては鹿児島県でも救急救命士の養成につきましては,大体うちの要求どおりの養成費を組んでいただいております。先ほど議員がおっしゃったように,このペースでいきますと,鹿児島県内でも救急救命士の最終的な養成数というのは,ほかの市に負けないような体制がとれるのではないかと思っております。


○26番(今吉歳晴君)


 広域化を図ったことによって,それぞれ救急救命士あるいは車の整備,その辺について単独でいたほうがよかったなということのないように十分な協議をしていただきたいと思います。もう一つ,全国規模での消防無線のデジタル化運用を28年6月からとしているわけですが,国の示したスケジュールによりますと,23年度末までに救急無線のデジタル化と指令業務の共同運営についての基本的な考え方を決定して,24年度基本設計,25年度実施設計,そして26年から27年度にかけて整備するというようなスケジュールを持っているようでありますが,やはり広域化,これが遅れることによってはこの辺の整備が図れなくなるんじゃないかというような懸念を持つんですが,いかがなんでしょうか。


○消防局長(後庵博文君)


 議員お尋ねのとおり,無線デジタル化の28年度というのはもう最終の期限でございまして,広域化が進む進まないにかかわらず28年度までには,もうこれは国の電波法という法律でございますので,単独でもやらざるを得ないというのがデジタル化でございます。今現在,その対応はということでございましたが,鹿児島県内で統一,全部でやるとなりますと,離島も抱えておりますし,大変なコストがかかっていくわけです。例えば1中継局当たりに1億金がかかるということで,どういうふうにやっていくのかということで現在,無線通信担当課長のレベルの作業部会というところで協議中でございまして,まだ具体的に,鹿児島県はこうしようという答申はなされていないところです。


○26番(今吉歳晴君)


 鹿児島県は,そのスケジュールは立ってないか分からないわけですが,ただ言えることは,28年の5月で終わって,26年からこれは運用を開始されるわけですね。そうなりますと,広域化を好む好まざるにかかわらず,ちゃんとしたやはり財源措置は必要になってくるということが出てくると思いますが,その辺まで含めていろいろまた検討していただきたいと思います。それでは,次の工業用水道事業について質問をいたします。この施設整備時に国庫補助を受けている事業者においては,補助率決定の際の基準が上限として設定されているため,料金に縛りがあり,健全な事業運営ができない状況になっているわけですが,事業開始から24年が経過した今,県を交え,直接関係機関と協議をするべきじゃないかというふうに思うわけですが,いかがなんでしょうか。


○水道部長(迫間 勇君)


 このような,今言われましたようなことは全国的な問題として挙げられております。そこで,経済産業省の中に今後の工業用水道事業のあり方に関する研究会なるものができまして,平成16年にその報告書も出されております。この中身を見てみますと,やはり今言われましたように当初,想定をしていた収入は得られなくて,事業収支が悪化しているというようなことでございまして,国が補助事業を導入した工業用水道料金についてはすべて統一をしておりますので,国においてもこのような報告書を受けまして検討がなされているものと思っております。


○26番(今吉歳晴君)


 私は,先の質問で,やはりこのことについては強く国のほうへ働きかけていかなければ,現在のままの料金体系がずっと継続されていくんじゃないかというふうな懸念を持っているわけですが,その辺については全然,国との交渉というのは一度もされたことはないんでしょうか。


○水道部長(迫間 勇君)


 実は,昨日,九州経済産業局に電話を入れまして聞いてみましたところ,今のところ補助金の交付を受けた事業の料金の取り扱いについては,全国一律,国が定めたこれにのっとって料金の単価を設定しているということの返答でございました。


○26番(今吉歳晴君)


 補助金の対象施設の減価償却が完了した事業については基準料金の適用除外ということですが,県からの基礎による施設で減価償却をしていない中では,適用除外の対象にならないということであれば,市としてこれは何とかしたら,市としての対応というのは考えられないもんなんでしょうか。


○水道部長(迫間 勇君)


 確かに今言われましたように,減価償却が完了した暁には料金の改定は自由ですよということは書かれておりますので,今,私どもが受容いたしました資産は,コンクリート構造物でありますと,最大60年というのが一番最後にひっかかってくるようであります。それが,今のところは国がこういうふうに決めておりますので,これに従わなければならないかなと思います。


○26番(今吉歳晴君)


 この減価償却を計上していた,市でしていない中で将来発生するこの資本整備に対してのこの財源措置というのは,考えていらっしゃるのでしょうか。


○水道部長(迫間 勇君)


 実は,それが一番の心配事でございまして,今のところ,基金は4,200万円ほどは貯めているところでございます。当然更新の時期を迎えますと,とてもじゃないけれども足りなくなるのではと思います。そのときにやはり今,一般会計からの繰り入れというようなことしかならないのかなと思うところでございます。


○26番(今吉歳晴君)


 今後,一般財源からの繰り入れは,この更新時期においては相当多額に上ることも予想されているわけですよね。これは企業経営の基本原則からいたしますと,先ほど来,言われておりました総括原価方式のこの原則の例外ということにならないんですかね。


○水道部長(迫間 勇君)


 そのとおりでございます。そもそも総括原価がはじき出せないんですよね。まず,給料を私どもは上水道で払っていますし,それから減価償却を,ゼロ円でありますので,総括原価そのものが成り立っていないということでございます。


○26番(今吉歳晴君)


 料金の見直しをして,それに見合った収入を得られないとやはり厳しい状態が迫ってくるというふうな感じがいたします。例えば霧島市には多くの企業が立地していますし,これらの企業は自前の水源を確保しているところもありましょうが,ほとんどは上水道を利用しているのではないかというふうに考えますが,これらに対しての料金の優遇措置というのはあるもんなんでしょうか。


○水道部長(迫間 勇君)


 優遇措置は設けておりません。


○26番(今吉歳晴君)


 上水道の料金は,工業用水道の約3倍ほどの料金となっているようでありますが,水処理の問題と費用の違いはあるかもしれませんけれども,企業の中には工業用水の水質で十分に対応可能な企業もあるんではないかというふうな考えを持っているわけですが,この一部の地域の企業には一般会計から補助金まで出し,優遇しているということは,これは企業に対する公平性という面からは,非常に私は問題もあるような気がいたしますが,いかがなんでしょうか。


○水道部長(迫間 勇君)


 上水道区域にある企業と,それから上野原テクノパークにあります企業とは,全く切り離して私は考えるべきだろうと思います。補助金は,片方は入って,もう片方は入っていないというのは,もうこれはいたし方ないのかなと私は思っております。


○26番(今吉歳晴君)


 制度的な問題もあるんでしょうけれども,この答弁の中で,近年,経済不況のもと立地企業の経営状況も大変厳しいと言われております。料金の見直しは非常に難しいことから,収入不足は一般会計からの補助金で補てんし,料金改定は考えられないところでありますというふうになっておりますが,これは上野原テクノパークに進出してる企業であろうと,どこに進出する企業であろうと,私はこのことについては同じではないかというふうな考えを持っております。それから,特別基準料金というのがありますよね。このことについてちょっとお聞きしたいと思いますが,この特別基準料金につきましては,近年の工業用水道事業を取り巻く厳しい環境のため,多くの事業で未売水を抱えており,その結果,未売水部分にかかわる経費を料金で回収できず,健全な事業運営に支障を生じている状況が見受けられます。このような状況を踏まえ,未売水を超えている補助金交付事業であって,基準料金の範囲内の料金では健全な事業運営を維持することが困難であると客観的に認められる場合に限り,特例基準料金の範囲内で料金設定を行うことが可能となっているようでありますが,ということは,これに適用ということはできないんですか。この特例基準料金の設定というのは。


○水道部長(迫間 勇君)


 この特例基準料金というのもございますけれども,これも実は,昨日九州経済産業局の担当者にお聞きをしましたところ,特例の基準料金を設けてるところはほとんどないということでございました。


○26番(今吉歳晴君)


 なぜできないんでしょうか。平成11年4月30日,通商産業省環境立地局長名で工業用水道料金算定要領の通達が出ているわけですが,この中では工業用水道事業法第17条の供給規程にしたがって定める料金の認可に当たっては,この要領に基づき算定を行うというようになってるわけですが,この17条というのは,工業用水道事業者は工業用水の料金その他の供給条件について供給規程を定め,経済産業大臣に届けなければならない。これを変更するときも同様とするとなっておりまして,この算定要領に基づき算定を行うというふうになっているわけですが,これはどういうふうに解釈すればいいんでしょうか。


○水道部長(迫間 勇君)


 この工業用水道料金算定要領,これも確かにございます。うちのテクノパークの場合は,これに基づかないで国の補助事業を受けた関係で,国が定めた料金の取り扱いのほうを選択いたしまして,当時の通産省に料金の設定の認可をいただいたところでございます。この算定要領には全く基づいておりません。


○26番(今吉歳晴君)


 算定要領に基づかなくて,こっちの算定要領に基づいてやれば料金の設定はできるわけですね。例えば,工業用水道事業の供給規程に定める工業用水の料金は,能率的な経営のもとにおける適正な原価に照らし,公正妥当なものとなるよう算定するとなっておりまして,また,この算定において料金算定期間とされる期間内において,料金が社会的,経済的事情の変動により著しく不適当となり,工業用水道事業の経営に支障があると認められるときは,当該期間内であっても適時に料金の改定を行うことができるとなっているわけですから,これは先ほど言われました事業の設備に,国の補助金を受けているがために簡単にこの料金設定ができないという一つの縛りがあるわけですが,この辺については私はこの算定要領,この辺で対応ができるんじゃないかというふうな考えを持っているんですが,いかがなんでしょう。


○水道部長(迫間 勇君)


 この算定要領は,確かに今おっしゃいましたようなことが書いてあるんですけれども,人件費をまず見ていない,それから減価償却をしていないというようなことで,この算定要領に基づいても費用の計算ができないと私は思うんですけれども,確かに私は持っていますけれども,料金とはと書いてありますけども,減価償却費というものはゼロ円でありますので,料金の算定はできないものと思っています。


○26番(今吉歳晴君)


 この営業費用には,当然人件費,それから動力費,薬品費,修繕費,取水費,受水費,それから負担金,減価償却費等があるわけですが,この減価償却費については寄贈された財産でありますのでできないんでしょうが,この人件費の計上というのは,当然これは営業費用として算定されていくんじゃないんでしょうかね。それと,私が一番思いますのは,工業用水道事業法のこの第17条の供給規程に定める料金の認可にあっては,この要領に基づき算定を行うというふうになってるわけですから,私はこの17条,まずはこの17条に従う場合は,この算定要領に基づいて算定を行うというふうになっているわけですから,この辺のところをぜひ勉強していただきたいと思います。また,私も勉強させていただきたいと思います。それから,もう一点,霧島市工業用水道事業の設置に関する条例で,1日最大数量を霧島市は2,500tとしておりまして,薩摩川内市は2,100tとしてるわけですね。この小規模事業ということで,3万t以下の場合は45円という一つの縛りがあるわけですが,この薩摩川内市の場合におきましては2,100tでありますから,これも当然45円でなければならないとは思うわけですが,ここは基本料金を63円と定めていらっしゃるわけですが,この辺について,どうしてこの差があるのかお聞きいたします。


○水道部長(迫間 勇君)


 薩摩川内市がこの工業用水道を1件持っております。これは合併前に旧入来町,入来町が誘致をされました会社が,これは会社が施設を造った分でありまして,旧入来町はそのまま町に引き継いだということでございまして補助事業を導入しておりませんので,開設者と旧入来町で料金の単価を設定されたものと伺っております。


○26番(今吉歳晴君)


 事業開始以来20年を区切りとして事業所に原価割れの供給を強いている現状は,工業用水の効率的な供給などほど遠いわけでありまして,事業の安定経営のため,これはやはりどうしても給水原価に対応した料金設定,これは大事なことであると思いますので,どうか関係機関と十分な協議をしていただきたいと思います。以上で私の質問を終わります。


○消防局長(後庵博文君)


 先ほどお尋ねの両方の資格を併せ持った者ですが,9名です。


○議長(池田 守君)


 以上で,今吉歳晴議員の一般質問を終わります。次に,2番,前島広紀議員から4件通告がされております。したがって,前島広紀議員の発言を許可します。


○2番(前島広紀君)


 議長の許可を得ましたので,通告どおり4点について質問をいたします。私は,若者に夢を,子どもや障がい者,お年寄りに優しいまちづくりを目指し,霧島市のさらなる発展と市民福祉の向上のため初心を忘れることなく,市民目線での議員活動を行っています。これは,けさの南日本新聞の5ページでございます。この記事によりますと,鹿児島県は1日,県内の小児科医は,2008年12月末現在で177人で,小児人口1万人当たり7.4人となり,全国平均8.9人を大きく下回っていることを明らかにした。姶良・伊佐地区は5.9人です。庭田保健福祉部長は,「県内の小児科医不足と地域偏在は深刻な状況だ」との認識を示しております。このように全国的に小児科医と産婦人科医の医師不足が深刻な社会問題となっています。いくつもの病院をたらい回しにされ,あげくの果てには治療も受けられず,命を落としていく悲惨なニュースをよく耳にしますが,霧島市内における小児科と産婦人科の病院と医者の人数はどうなっていますか。また,霧島市が開設者である霧島市立医師会医療センターにおける小児科,産婦人科の現状はどうなっていますか。その状況が人口12万8,000人の当市にとって目標を満たしていると認識していますか。さて,最近,加治木町にあります南九州病院において小児科を閉鎖したと聞いていますが,現状はどういう状況にあるか,確認されていますか。公立病院の小児科が霧島近郊に少ない中での閉鎖は,夜間の診療や24時間診療体制に影響を及ぼすと考えられるが,当市としてはどのように対処していく計画なのかお尋ねいたします。また,不足している医師の確保のため,自治体の取り組み状況はどうなのかお伺いいたします。次に,霧島市の公立小中学校における図書購入予算化率についてお尋ねいたします。図書教育を充実させようと,国は2007年度から図書購入歳出費を約130億円から約200億円程度に増額し,購入を促進しているにもかかわらず,自治体が予算化した額はここ数年横ばいで,増加効果が反映されていないと文部科学省は指摘しています。2009年の国の算定を上回った都道府県は,東京都が125%,山梨県が122%,栃木県が103%,愛知県が101%ですが,鹿児島県の予算措置額は2億5,800万円で基準財政需要額の72.1%にとどまっています。また,公立小中学校の図書予算額が多いのは,愛知県が83万円,東京都が80万円,神奈川県が73万円と続いています。1学級当たりでは,山梨県が6万8,000円です。ところが,鹿児島県は1校当たり31万円,1学級当たり4万円と低額になっています。図書購入の財源は地方交付税ですが,使途は自治体の判断に委ねられており,自治体の財政難の中で約2割が目的外使用に充てられているとのことでありますが,霧島市においてはどうなのか。まず,過去4年間の年度別図書購入費及びその予算化率と目的外使用はどの程度あるのかお伺いいたします。次に,図書購入額の公立小中学校1校当たり及び1学級当たりはいくらであるかお伺いします。さらに,活字離れが叫ばれている今日,公立小中学校における図書の貸出状況はどのようになっているのかお伺いします。また,資料によると予算化率が上位の自治体は,約9割以上の学校図書室に司書がいると報告されていますが,当市においては司書が全校に配置されているのかお伺いいたします。次に,指定管理者制度の現状と課題について質問いたします。指定管理者制度は,地方自治法の改正に伴って平成15年9月に施行され,公の施設の管理に関するこれまでの管理委託制度が改正されたことによって,新たに創設された制度であります。その目的として公の施設の管理に民間企業などの技術や知識を活用し,市民サービスの向上と行政の経費節減を図ることにあります。また,単にコスト削減,サービスの向上だけでなく,地域経済の浮揚発展と雇用の創出,地域住民の能力の活用にもつながると言われています。自治体の財政難が言われている今日,公共工事の予算は急激に削減され,民間企業は従来の雇用体制を維持できない状況にあります。そのような中で,指定管理者制度を導入することは地域活性に有効な手段であると考えます。そこで,霧島市は現在,指定管理者制度をどの程度導入しているのか。それに対する課題及び行政の取り組みについてお伺いいたします。また,指定管理者制度の導入による経費や職員のコスト削減の効果はどのようになっているか,部ごとにお伺いいたします。そして,この制度を導入したことにより,従前より市民サービスが向上したと認識しているのかお伺いいたします。最後に,市営住宅の管理体制について質問いたします。長引く景気低迷の影響を受け,倒産する企業や規模縮小する会社が増加しています。給料の未払いや減額,ボーナスの削減など市民生活に重い負担がのしかかっており,やむなく住宅を手放さざるを得なくなった人もたくさんいます。医療と食料,住居は,憲法25条によって最低限保証されるべき不可欠なものであり,市営住宅の確保は今後ますます重要な施策となっていくと考えますが,そこで市営住宅の地域別の全戸数と単身者が入居できる市営住宅の戸数はいくつあるかお伺いいたします。また,市営住宅の入居基準と申し込み状況はどうなっているのかお伺いいたします。さらに,高齢化社会が急速に進み,高齢の単身者が増えていく中で,高齢者の住宅確保は福祉施策の観点からも重要であると思いますが,高齢者,特に高齢単独世帯の住宅政策はどうなっているのかお伺いいたします。


○市長(前田終止君)


 前島議員から4問につきましてご質問でございました。1問目,(1)につきましては,私のほうから答弁いたします。2問目につきましては,教育委員会が答弁をいたします。そのほかにつきましては,関係部長がそれぞれ答弁をさせていただきます。霧島市の小児科と産婦人科の現状についての1点目についてお答えをいたします。まず,本市の出生数につきましては,平成20年の推計値でありますが1,383人となっておりまして,平成19年に比べて122名増加をいたしております。これは,総合的な子育て支援策の効果が現れてきているものと考えているところでありまして,小児科を標榜される医療機関は年々増加してきております。しかしながら,小児科につきましては,軽症患者の夜間・休日の受診の増大,医師の過酷な労働環境や臨床研修制度の影響などにより,全国的に地方の中核病院などにおいては医師の確保が困難となってる現状にあります。本市の医師会医療センターにおきましても,医師会や医療センター,本市の三者が連携して再三の医師派遣要請を行っておりますが,最大の派遣元であります鹿児島大学での入局者が少ないことなどから,医師の補充が極めて困難な状況にあり,平成19年5月から小児科が休診をいたしております。このような中,小児救急医療については姶良郡医師会のご協力のもと,365日体制の「霧島市小児科・内科夜間救急診療事業」も医師会医療センターで実施しておりまして,また,昨年10月からは,月に1回,発達障害専門外来を開設するなど子育て支援に取り組んでおります。今後も小児科医の確保につきましては,医師会や医療センター,本市の三者が連携して,積極的に取り組んでまいりたいと考えております。一方,産婦人科の状況につきましては,姶良・伊佐二次医療圏域における産婦人科の医療機関は,病院が1か所,診療所が4か所,計5か所開設されております。産婦人科を標榜されているほとんどの医療機関で分娩を取り扱っておられ,通常の分娩については当地域内で実施されておりますので,医師会医療センターにおきましては現時点では産婦人科を標榜科目としていないところであります。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 霧島市の小児科と産婦人科の現状についての2点目についてお答えいたします。本市には小児科を標榜している病院が1か所,診療所が5か所,内科・小児科を標榜している医療機関が29か所あり,小児医療や母子保健などに携わっておられます。近年,小児科1か所,内科や外科などの診療科11か所が増えており,地域医療を担っておられます。姶良・伊佐保健医療圏域では,小児科の医師数は減少しており,医師不足による休診や入院施設の減少などが続いております。このようなことから,県では良質な小児医療を安定的に供給していくために,限られた医療資源を効率よく活用し,広域での連携・協力体制の充実が図られるよう推進しているところでございます。一方,本市の医師会医療センターの医師確保に向けての取り組みといたしまして,小児科医のみならず,内科医,外科医などについて医師会や医療センター,本市の三者が連携して,医療センターのホームページでの募集広告や県のドクターバンクへの登録を行うなどの取り組みや大学医局への派遣要請,本県出身者の縁故等による要請など,継続した取り組みを行っており,今後も姶良郡医師会や医療センターと連携し,継続して医師確保に努めてまいりたいと考えております。なお,南九州病院の小児科の現状につきましては,3名の医師がおりますけれども,現状を把握していないところでございます。


○教育長(?田肥文君)


 公立小中学校の図書購入予算化率と目的外使用についてお答えをいたします。まず,1点目でございますが,過去4年間の年度別の図書購入費の予算状況は,平成18年度が1,538万4,000円,平成19年度が1,550万3,000円,平成20年度が1,432万8,000円,平成21年度が1,279万5,000円となっております。次に,普通交付税の基準需用費に算入されます学校図書費相当額に対する本市の当初予算の図書購入費割合,いわゆる予算化率について申し上げます。平成18年度が103.2%,平成19年度が43.4%,平成20年度が40.6%,平成21年度が35.6%となっております。なお,関連がありますので,年度ごとの蔵書達成率を申し上げますが,平成18年度が93.4%,平成19年度が94.6%,平成20年度が96.3%,平成21年度が95.5%となっております。次に,図書購入費以外の経費に充当した額について申し上げます。平成18年度はありませんけれども,平成19年度が2,017万9,000円,平成20年度が2,092万円,平成21年度が2,315万2,000円となっており,これらの経費はすべての小中学校の運営に要する消耗品等や児童生徒の授業に要する教材消耗品等の購入に充てております。ちなみに,平成21年度の普通交付税に算入してあります学校図書費と教材等消耗品の合計額と実際の予算額を比較してみますと,本市の予算額のほうが小学校で約2倍,中学校で約1.5倍多い状況でございます。次に,2点目の公立小中学校1校当たり,1学級当たりの図書購入額でございますが,平成21年度の予算ベースで,1校当たりが26万7,000円,1学級当たりが約2万8,000円となっております。3点目の公立小中学校における図書の貸出状況についてお答えをいたします。各小中学校では,朝読書の時間を設定したり,学年や個人ごとの読書に関する目標冊数を設定したりして読書指導の充実を図る教育を進めております。そのような中,小中学校図書室での年間総貸出冊数は,平成18年度が,小学校61万7,943冊,中学校7万4,883冊,平成19年度は,小学校65万3,371冊,中学校8万2,638冊,平成20年度は,小学校69万6,944冊,中学校8万4,233冊と,年を追うごとに増加をしてきております。また,1人当たりの平均貸出冊数も平成18年度は,小学校80.2冊,中学校25.4冊,平成19年度は,小学校92.2冊,中学校25.5冊,平成20年度は,小学校98.8冊,中学校26.8冊と増加しており,児童生徒の読書への関心が高まっていることがうかがえます。市教育委員会としましては,国民読書年である本年4月から霧島市教育振興基本計画の中に「読書活動推進事業」を設定し,児童生徒の読書活動をさらに充実させるため,各学校での「朝読書」をより一層進めたり,「きりしま親子20分間読書運動」を家庭と連携したりして推進してまいりたいと考えております。4点目の司書の配置についてお答えをいたします。各小中学校で,図書室を中心に児童生徒の読書に関する職務に当たる職員を司書または司書補と呼んでおります。この職員は,市が雇用しておりまして,小学校34校に26人,中学校14校に12人配置しており,小学校7校,中学校2校が兼務の配置となっております。なお,中福良小学校では,養護助教諭が兼務をしておりますが,すべての小中学校に配置をしているところであります。また,12学級以上の学校には司書教諭を配置しており,学校全体の読書活動,学校図書室の活用について司書等と連携を図りながら,児童生徒の読書意欲を高めるため学習情報センターとしての学校図書室運営の活性化に積極的に努めております。


○企画部長兼行政改革推進監兼大学跡地利用対策監(山口 剛君)


 指定管理者制度の現状と課題については関連がありますので,1点目から3点目までまとめてお答えいたします。霧島市では,指定管理者制度については,公の施設における住民サービスの向上と行政コストの削減を目的として,平成18年2月に「霧島市公の施設の指定管理者制度導入に関する指針」を策定いたし,平成18年度から年次的に導入を進め,現在,768の公の施設中,集会施設や都市公園,スポーツ施設等,150の施設に導入しております。制度導入により施設の管理運営は指定管理者に委任することになりましたが,指定管理者の管理監督が行政の新たな業務となっております。霧島市では,指定管理者を公募した施設については,指定管理者の運営状況について「霧島市指定管理者制度導入施設のモニタリングに関する指針」を策定し,自治法や協定に基づくモニタリング等を行いながら指定管理者業務の履行確認を行っております。公募施設の部署ごとの導入効果につきましては,経費削減では,指定期間内の指定管理料の提案額を1年間に換算した額での効果額として,保健福祉部が233万円,農林水産部が42万円,商工観光部が482万円,建設部では809万円,教育委員会では3,810万円の合計5,376万円となっております。職員につきましては,施設管理に直接従事していた職員が建設部で1人,教育委員会で3人の合計4人の削減でありますが,それぞれの管理委託していた施設にも間接的な職員の業務もあり,その削減効果もあったものと考えております。また,サービス面につきましては,指定管理者の提案による開館日の拡大や自主事業等も実施され,毎年実施している利用者アンケート調査では,接客対応や施設の清潔さなど,施設の管理運営等においてサービスが向上したという結果が出ており,総体的にも利用者も増えていることから,満足度は向上しているものと考えております。


○建設部長(篠原明博君)


 市営住宅の管理体制についての1点目にお答えをいたします。平成22年2月1日現在の市営住宅の管理戸数は4,592戸で,このうち空き家政策の住宅が267戸であり,入居可能な住宅は4,325戸であります。地域別戸数は,国分地区2,144戸,溝辺地区384戸,横川地区397戸,牧園地区256戸,霧島地区107戸,隼人地区844戸,そして福山地区で193戸でございます。このうち単身者入居可能住宅は2,012戸で,約47%の割合であります。地域別戸数は,国分地区1,169戸,溝辺地区38戸,横川地区209戸,牧園地区232戸,霧島地区54戸,隼人地区244戸,そして福山地区66戸であります。次に,2点目にお答えをいたします。入居基準につきましては,市営住宅の設置及び管理に関する条例第6条に定めており,(1)同居親族があること,(2)入居者の収入基準,(3)住居に困窮していること,(4)市税を滞納していないこと,(5)暴力団員でないことなどがあります。ただし,公営住宅法施行令で高齢者や障がい者などは単身入居も可能となっています。次に,申込状況につきましては,国分隼人地区においては,申込者が多数であったため,平成20年9月から公募に切り替え,今まで抽選を4回実施いたしました。応募倍率は1倍から16倍であり,建築年度が新しくて利便性のよい団地の部屋がより高い公募となっております。また,国分隼人地区以外は申込順の入居であり,いずれの地区も待機者は少ない状況であります。次に,3点目にお答えいたします。高齢者の住宅政策につきましては,以前は若い家族が中心であった市営住宅の入居者も年々高齢者の占める割合が高くなり,上の階から下の階へ住替希望が多いことから,住替を優先的に認めております。また,現在の3階建て以上の市営住宅は,エレベーターを設置している団地が少ないことから,今後は入居募集で高齢者等を優先的に低層階に入居できないか,現在検討中であります。また,既設の住宅につきましては,階段の手すりの取付工事や内部改造の工事で,浴室や便所に手すりの取り付けを行うことで高齢者への配慮を図っているところでございます。今後,建て替えを行う団地につきましても,さまざまな状況に対応できるよう考慮し,高齢者に優しい住宅づくりを目指してまいりたいと思います。


○議長(池田 守君)


 ただいま前島議員の壇上からの質問に対する答弁があったところですが,ここでしばらく休憩して,質問席からの質問は休憩後に続行いたします。


               「休憩  午後 3時05分」


               ──────────────


               「再開  午後 3時15分」


○議長(池田 守君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。前島広紀議員の一般質問を続けます。


○2番(前島広紀君)


 それでは,質問席からの質問を継続いたします。まず,平成19年5月から霧島市医師会医療センターの小児科医師が不在になって,今年の5月で約3年が経過しますが,単刀直入に伺いますけど,どうして小児科医が来てくれないのか,どのようにお考えですか。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 ご答弁を申し上げます前に,先ほどのお尋ねの件で,独立行政法人国立病院機構南九州病院の小児科のことについてお尋ねがあったところで,現状把握していないというふうにご答弁申し上げたところでございますけれども,この南九州病院につきましては,本年2月1日から小児科医が1名退職されたことに伴いまして,当分の間,一般小児の診療を休診するというようなことでお知らせをされているところでございます。大変失礼いたしました。この小児科医の医師の確保でございますけれども,全国的な医師の確保が大変難しい状況にあるところでございます。また,健診制度が導入されることに伴いまして,特に地方におきましては医師が健診を希望されないというような,そのような状況にあるようでございます。こういうような状況もございまして,さらに小児科を希望される医師,医局のほうに入局されるそういう方々も少ないというような現状もございまして,なかなか医師会医療センターへの小児科医の確保ができない状況でございます。これにつきましては,市長をはじめ,医師会,それから医師会医療センター,協力しまして,先ほどご答弁を申し上げましたように,さまざまな形でアタックしているわけでございますけれども,なかなか医師の確保に結びつかないというような現状にございます。したがいまして,現状ではどうしても1か所では対応できませんので,広域的な対応でその場をしのいでいるというような,そのような状況にあるところでございます。


○2番(前島広紀君)


 今,手元に資料を,今日持ってきておりませんけれども,ある診療所で1月末に南九州病院からファクスが届いておりまして,1月末で小児科を閉鎖すると,そういう通知がありましたけれども,市役所にはそういう情報は届いておりませんでしたでしょうか。


○健康増進課長(宮本順子君)


 市役所のほうには文書としては届いておりませんでした。


○2番(前島広紀君)


 先ほど部長からも答弁がございましたように,この小児科の問題,産婦人科も含めてでありますけれども,広域で対応していかないといけない,そういう状況に来ていると思いますけれども,南九州病院におきます今回の小児科医の閉鎖,このことと,また当霧島市が約3年,小児科が閉鎖している問題,この問題は早く解決しなければいけない大きな問題であろうと思います。広域において解決しないといけないと思いますけれども,近隣の市町村との調整,そういうことは行っておられますでしょうか。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 この医師確保の関係につきましては,議員もご承知のとおり霧島市だけでできる問題ではない部分がございますので,姶良・伊佐の保健医療圏域の中で,まず一つの目安として行っていく必要があると思っております。しかしながら,その取り組みの中ではなかなか実現に至っていない現状でございますので,もうちょっと広域的な観点からしていく必要があろうかと思っております。そういう点につきましては,今後の課題とさせていただきたいと。現在のところはまだ,大きな圏域での部分については取り組みをしていないところでございます。


○2番(前島広紀君)


 霧島市立医師会医療センターは,施設の設置を霧島市長が行い,医療行為や施設等の管理運営等を指定管理者である姶良郡医師会が行っております。そこで,先ほどから医師会,医療センター,本市の三者が連携して再三の医師派遣要請を行っているということでありますけれども,行政としましては医師会に対して強力に要請を依頼しているという事実はございますでしょうか。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 この医師確保のみならず,姶良郡医師会,そしてまた医師会医療センターのほうにおきましても,本市と連携を密にした形でさまざまな取り組みを行っておりますけれども,その一つとして医師確保についても医師会をはじめ,医師会医療センターにおいても取り組みを強化していただくようにお願いをしておりまして,また,さらに連携を深めてまいりたいというふうに考えております。


○2番(前島広紀君)


 この医師確保の問題に関しましては,当然姶良郡医師会を主体にして動かなければ,後々,いろいろの問題もあると思いますけれども,そのほかに自治体や市民,また議会が連携を強化して医師確保の行動を起こさなければいけない時期に来ていると考えておりますけれども,そのための行政独自の医師確保に対する取り組みについてお伺いいたします。行政が独自に鹿児島大学の医学部等に医師派遣を要請することはできないものでしょうか。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 一番の,この医師会医療センターへの派遣元で大きい鹿児島大学の医学部におきましても,市長自ら乗り込んでいただきまして派遣要請を強く行っていただいた経緯等もございます。また,先ほどの連携をしてと申し上げましたその成果といたしましては,本年1月から開設をいたしております脳神経外科の医師確保というものにつながってきておりますので,今後もさらに医師確保に向けた取り組みを強化していきたいというふうに考えております。


○2番(前島広紀君)


 また,聞くところによりますと,同医師会医療センターは,以前自治医科大学からの医師派遣を受けていた経緯があると伺っておりますが,現在はそのルートでの医師派遣要請はできないものでしょうか。それと併せて,霧島市には陸上自衛隊,海上自衛隊があり,相互に有効な支援関係が継続されていると思います。防衛医科大学等からの医師派遣の要請はできないものでしょうか,お伺いいたします。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 自治医科大の出身の先生も,現在,医師会医療センターには勤務をしておられるわけでございます。また,この4月から内科医として1名,新たに医師会医療センターに勤務をいただくというような,そのような予定もございます。この自治医科大のほうにつきましても,私ども行政といたしまして,また医師確保に向けた取り組みをお願いしてまいりたいというふうに考えています。それから,防衛大学の関係でございますけれども,防衛大学につきましても,そのようなことが可能であれば取り組み,医師確保のそのような要請も行っていきたいというふうに考えております。


○2番(前島広紀君)


 行政としましても,独自にもっと強力に動いていただきたいとお願いいたします。それと,大塚副市長は,県から出向していただいておりますが,県とのパイプを生かしてこの医師確保の問題を積極的にリードしていってほしいと思います。どのようにお考えでしょうか。


○副市長(大塚行則君)


 医師確保につきまして,私のほうでパイプといいますか,できるというようなことがありましたら,最大限努力して話のほう持っていきたいと思います。


○2番(前島広紀君)


 少し変わりますが,将来の医師確保のために医学部の学生や研修医に市独自の奨学金制度を創設する考えはございませんか。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 この医師確保に向けた奨学金制度は,県が現在行っております。県が行っております制度では,霧島市を特定した,卒業あるいは研修が終わってからの医師の派遣というものが条件が付けられるようなものではございませんので,現在のところはその取り組みについては,本市といたしましては行っておりませんけれども,今後,現状のような状況が続いていくとするならば,何らかの形での医師確保の対策を行っていかなければならないと思いますけれども,現時点では多額の費用がかかることも試算しておりますので,そういう面からいたしますと現状ではなかなか難しいのではないかというふうに考えております。


○2番(前島広紀君)


 今日の新聞によりますと,県の庭田部長は,小児科の専門研修医に対する研修奨励金の支給やドクターバンクかごしまにおける医師募集,医師奨励奨学金貸与制度の活用を挙げております。今,答弁がございましたように,県はこういうことをやっていくということでございますが,市が病院を経営する団体というのは少ないと思います。霧島市はその数少ない団体であろうと思いますので,市もこういう制度を独自に創設してもいいのではないかなと提言いたします。医師会医療センターは公的病院として,また地域医療の中核をなす観点からも小児科医の不在は早く解決しなければならない重要な課題です。当医療センターは,念願の脳外科を開設した経緯もございますので,もう一度踏ん張っていただき,早急に小児科医師を確保していただきたいと要望いたします。小児科医師確保に関し,市長の考えを伺います。


○市長(前田終止君)


 小児科医確保等について熱心な質問でございます。私も同じような,医師確保についての気持ちを強く持っておりまして,当選と同時に1期4年間,何とかしてこの医師不足の診療科目の部分に対して実績をつくりたい,次に評価をつなげたいという強い思いがございまして,医師会の会長さんをはじめ,また医師会医療センターの院長先生をはじめ,事務スタッフ,幹部の医療スタッフの方々も離合集散を繰り返しまして,鹿児島大学にも乗り込んでいき,また,自らの県内外にある人脈,そういうものも駆使して医師確保への努力をし続けてきたところでございました。その結果,先ほど部長も申し上げましたとおり,みんなの気持ちを,最終的には脳神経外科,開設10年目の今年でございますが,今年の,特に4月から脳神経外科医2人体制,中野先生のほかに確保でき,救急医療体制等もさらに充実を,強化をおかげさまでしていく方向を,方向付けることができたということでございます。あとは,やはりおっしゃる小児科等のさらなる充実強化体制に向かってご指摘のような,例えばこの奨学金制度とか,あるいはまたいろんな医師確保のための手があると聞いておりますけれども,ただ必ずしも,全国的にその動きを調べてみますと,その手を打ってもまず時間がかかる。時間がかかった上に,結果,その制度を最終的にしきったら全額をいきなり返済されて,最終的に医師確保につながるというような事例等もあるということも聞いてございます。なかなか厳しいものだなと思いながら,そのような制度の勉強というものもいろいろとさせてもらっております。もう打つ手,ありとあらゆる手を,議員ご指摘の点を念頭に入れながら2期目のこの4年間,なかなか厳しい医師不足の時代ではありますけれども,県央部のこの立ち位置の地理的なよさ,そして,やはり医療,福祉こういうものは充実していかなければ,企業の誘致にいたしましても,人口の増加にしましても,観光客と,まず住民の生活を安定的に,市の経営,運営というものは難しいということもございます。最大の努力をしながら,今後がんばってまいりたいと思っております。


○2番(前島広紀君)


 できることをすべて,最大限の努力をしていただきたいとお願いいたします。次に,医師会医療センターの件に関しまして2点ほど確認をさせていただきます。まず1点目は,今も説明がございましたように,昨年12月の議会で脳外科開設に伴う人件費等の補正予算が可決され,平成22年1月から脳外科が開設されたとの報告でありましたけれども,平成22年3月1日,昨日現在で確認しましたところ,霧島市立医師会医療センターの公式ホームページに,また同医療センターの入口看板,それと当センターの内部にも診療科目の脳外科が表示されておりません。そこで,現在,同医療センターにおける脳外科の診察状況はどうなっているのか。また,診療科目に脳外科を表示する必要はないのかお伺いいたします。


○健康増進課長(宮本順子君)


 現在,毎日外来のほうをいたしております。それから,手術につきましても,できる範囲でされているということで,まだ件数的にはちょっと上がりませんけれども手術も数件されたと伺っております。病院内あるいはホームページの公表につきましては,至急私どものほうで申し伝えて,ぜひ公表をきちっとするようにしたいと考えております。


○2番(前島広紀君)


 せっかく来ていただいた先生に対しても失礼であろうと思いますので,早急に対応していただきたいと思います。それともう一点,霧島市医療センターのホームページの中に,「同医療センターはへき地医療拠点病院の指定を受け,医療の機会に恵まれない地域,すなわち離島の住民の医療の確保を図るため活動している」と書かれてあります。離島とはどの地域を指すのかお伺いいたします。霧島市に離島がありますか。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 この医師会医療センターの圏域は,姶良・伊佐の保健医療圏域でございますけれども,このへき地医療というものにつきましては,離島を含むものとして考えられておりますので,そういう所に医師会医療センターから医師を派遣すると,そういうものを行うことがへき地医療というふうなとらえ方で定められているものでございます。それから,へき地医療の支援と申しますのは,現状では公的な病院しか担えないということでございますので,先ほど申しましたような医療センターが担っているということでございます。現在は離島への派遣,それから画像の読影などの協力を行っております。件数的には,ちょっと把握してないところでございます。


○2番(前島広紀君)


 霧島市立医師会医療センターの目的といいますか,霧島市立医師会医療センターは霧島市長が設置者でございまして,霧島市民の理解をもらえるような,もっと分かりやすい文章を加えるなどして,分かりやすく丁寧な説明文にしていただきたいと思います。ご検討をお願いいたします。次に,図書購入費の予算化率に関し,質問をいたします。鹿児島県の図書購入費予算化率は72.1%と言われています。先ほどの答弁におきましては,19年度が43.4%,20年度が40.6%,21年度が35.6%という答弁でございましたけれども,これはかなり少ない使用率だと思います。どのようにお考えでしょうか。


○教育総務課長(東郷一?君)


 予算上は図書購入費,一般消耗品ともに小中学校の学校管理費,需用費,消耗品費の中で予算化されております。1点目でございますが,合併直後の1市6町の小中学校のコピー用紙代,ファイル等の事務用品,それと児童生徒が使用いたします教材,消耗品等の一般の消耗品費の状況は,旧1市6町の学校間で格差があったこと。2点目でございます。予算要求,要望聞き取りのとき,一般消耗品費の増額要望が学校から寄せられたこと。3点目でございます。学校図書館蔵書達成率が平成18年度93.4%と比較的高い位置にあったこと。このようなことを総合的に判断いたしまして,厳しい財政状況の中,消耗品費全体の予算は年々減少している状況でございますが,教育委員会としましてはこの4年間,一般消耗品費を重点的に予算化してきております。この結果,一般の消耗品費が学校等の格差が解消されつつありますけども,しかしながら,学校図書購入費は年々減ってきている状況でございます。


○2番(前島広紀君)


 図書購入の財源は地方交付税ですけれども,使途は自治体の判断に委ねられていると。文部科学省はそれを本代に使いなさいと,なぜ使わないのか,全体で約77%,鹿児島県が72.1%しか図書購入に予算化されていないということを指摘しているわけなんですけれども,今,答弁がございましたコピー代とか消耗品に充てているという話であれば,そういう図書以外の消耗品は一般財源で別途予算化するべきではないかと考えますけれども,どのようにお考えでしょうか。


○教育総務課長(東郷一?君)


 それでは,ちょっと財政的な面に入りますけれども,そもそも地方交付税等は,すべての地方公共団体が合理的かつ妥当な水準で行政を行うために必要な財源が確保されるよう税収入不均等を是正し,一定の基準のもと国が地方公共団体に交付する税のことであります。つまりその財源につきましては,国が地方公共団体の財源を国税という形で国民から徴収いたしまして,これを一定の基準に基づき,地方公共団体に再配分しております。財源の不足分に応じて地方自治体に交付することで地方自治体間にある財源の不均衡を調整するねらいがございまして,交付に当たりましては地方交付税法第3条に,国はその使い道を制限することはできないとしているため,地方公共団体が独自にその使い方を決めることのできる一般財源でございますので,ご理解のほどよろしくお願いいたします。


○2番(前島広紀君)


 教育委員会といたしましては本を買う必要はないと,そういうふうにおっしゃるんですか。


○教育総務課長(東郷一?君)


 そのようなことはございませんで,今後におきましては,限られた予算の中ではございますが一般消耗品費を調整いたしまして,今後は国の指針を踏まえ,また小中学校図書館蔵書達成率を,21年度現在で95.5%でございますので,100%に近づけるように図書購入費の充実に努力してまいりたいと考えております。


○2番(前島広紀君)


 この蔵書達成率が94.6%と書いてありますけど,この蔵書達成率というのはどういうふうにして決められたのですか。


○教育総務課長(東郷一?君)


 蔵書達成率の算定方法でございますけれども,文部省の設定しました学校図書館図書標準という蔵書冊数の基準が定められております。したがいまして,各学校ごとに標準蔵書冊数が決められておりますので,それを市の,実際学校図書館にございます蔵書冊数との割合で蔵書達成率を算定しております。


○2番(前島広紀君)


 再度質問いたします。この19年度の43.4%とか,20年度の40.6%,21年度の35.6%,今後この数字を変える予定はございませんか。


○教育総務課長(東郷一?君)


 先ほどご答弁申し上げましたように,今後におきましては,この数値が上向きになるように努力してまいりたいと考えております。


○2番(前島広紀君)


 小中学校時代にすばらしい本に出会うことが人格形成に大きく影響を及ぼすと思います。そのためにはよい本を多く購入し,読書の環境整備を行うべきです。厳しい財政状況のもとであっても教育は決して削減してはいけないと考えますが,図書購入の予算構成のときに今後十分配慮していかれることを要望いたします。次に,司書の件に関してでございますが,司書がいない学校は6校あるということでしたが,具体的にどこの学校がいませんか。


○学校教育課長(村田研史君)


 小学校が木原小,川原小,それから平山小,塚脇小,安良小,それから持松小,三体小,この学校が兼務でございます。それから,中福良小学校は養護助教諭が兼務しています。中学校も併せてお答えいたしますが,木原小中学校は併設でございますので同じでございます。(P104に訂正あり)


○2番(前島広紀君)


 そこは兼務でやっているということであると思いますが,それで何日ぐらい出向していかれるのですか。


○学校教育課長(村田研史君)


 兼務の割合については,それぞれの学校で,例えば1日置きとか,あるいは週に2日と3日といったようなことで分けて対応していただいているところです。


○2番(前島広紀君)


 司書は市の職員ということでありますけれども,人事に関しては一般の人事ということで,どのように行われているのでございますか。


○総務課長(宗像成昭君)


 採用後,一般職員につきましては,毎年,採用試験を実施しているところでございますが,司書に関しては採用試験を実施した経緯はございません。


○2番(前島広紀君)


 司書に関しては異動は行われていないわけでございましょうか。ずっと同じところにいるわけですか。


○教育総務課長(東郷一?君)


 一般の職員と同じように,異動をしております。


○2番(前島広紀君)


 次に,指定管理者制度について質問いたします。先ほどの答弁におきまして,当市における指定管理者制度の割合は768施設に対して150施設で,約19.5%という答弁でございましたけれども,鹿屋市の場合は21年度で330対象施設のうち197施設に指定管理者制度を導入しており,約59.7%ということになっております。先ほどの答弁におきましては,指定管理者制度を導入した成果が上がっているということの答弁でございましたけれども,今後,この指定管理者制度をまだほかのことに導入していく考えがあるのかお伺いいたします。


○行政改革推進課長(濱?正治君)


 指定管理者制度導入につきましては,集中改革プランでそれぞれ目標を立てて今,取り組んでおるところでございますけれども,その中で今回,議案にも出ておりますけれども,市営住宅,これにつきましては22年度の導入に向けて進めたいというようなことで具体的に出ておるようでございます。鹿屋市が60%近く導入しているというようなことですけれども,現在,うちの768,この内訳につきましては,これは公の施設ですので条例で管理運営等については定めなければいけないというようなことになっておりますので,条例の本数が768あるというようなことで,内訳で市営住宅は332ぐらいございます。あと導入していないのが558ありますので,これをある程度すれば半分以上,50%以上の数字はすぐ出てくるものというふうには考えております。


○2番(前島広紀君)


 今,説明がございましたが,第40号議案で市営住宅の管理に関し,指定管理者制度を導入する議案を提案していますが,今,説明がございましたので,いつごろ導入するのか質問したいと考えていましたけれども割愛いたしまして,鹿児島県は新年度から,鹿児島市と離島を除く103団地,508戸の県営住宅の管理を3社で構成するグループに指定管理させる計画であると聞いていますが,先ほどから先輩議員の質問にもございましたけれども,公募の広報性,プライバシー,家賃収入,商業主義との弊害も予測され,県議会においても質問がありました。それで,霧島市がその制度を導入することに関しまして,このような問題は解決できると考えておりますか。


○建設部長(篠原明博君)


 市営住宅の指定管理者への移行でございますが,先ほど答弁の中にもございましたように,来年,平成22年度にできる条例を生かしまして,一応準備期間をいたしまして,運用につきましては平成23年4月をめどに進めていきたいというふうに考えております。それにつきましては,先の質問にもございましたように,やはりその指定管理者に移行するに当たってはいろんな問題があるというふうに考えております。特に個人情報等のプライバシーの保護につきましては,十分配慮すべきだというふうに考えておりますので,今後それらを実施するに当たって,いろんな形で検討してまいりたいと考えております。


○企画部長兼行政改革推進監兼大学跡地利用対策監(山口 剛君)


 指定管理者をする場合は,指定管理者が決まった時点で個別に協定書を結ぶことになります。その中には,先ほど申しました管理業務を行うに当たって保有する個人情報の保護に関する事項とかいろいろな項目を,十何項目のものを細かく決めまして協定書を結びます。その中で担保していくものというふうに考えております。


○2番(前島広紀君)


 次に,市営住宅の件に関して質問いたします。市営住宅の国分地区におきましては,以前は申込順でありましたが,現在は,20年9月から公募に切り替えているということであります。その理由は,申込者が多数であったためと答弁でありますけれども,抽選方法に変えることによってこの多数の申込者が多い現状を解決することができたと考えておられますか。


○建築住宅課長(矢野昌幸君)


 公募につきましては,本来,条例がもともと公募でしなさいということになってたんですけども,以前は申込者が少ない状況でありまして公募にあえてするまでなかったんですけども,近年,国分隼人地区につきましては申し込みが多数になりまして,いつ入るか分からないというようなことで多数苦情が寄せられておりました。そのため,条例の本来の形にかえりまして公募に切り替えたわけですけれども,先ほども答弁でありましたように,やはり利便性のいい団地というのは申し込みが集中しております。そして,周辺の団地につきましては,ほとんど1倍か2倍ということで,以前に比べますと入居者のほうからも前よりよくなったと。ただ,抽選で,やはり,当たる率が問題だというような声は寄せられております。


○2番(前島広紀君)


 申込基準の中に年齢制限というのがございますか。単身者が入る市営住宅に関してのことでございます。


○建設部長(篠原明博君)


 単身者の市営住宅の入居基準につきましては,先ほどの公営住宅法の施行令の中で,高齢者であるということでございまして,高齢者につきましては60歳以上というふうに定めております。


○2番(前島広紀君)


 そのほかに,単身者が入居する場合の入居基準の一つに面積の規則がございますか。


○建設部長(篠原明博君)


 面積要件につきましては,面積は定めておりませんけれども,今の運用の中では六畳二間と四畳半以下の住宅というふうなことで運用いたしております。


○2番(前島広紀君)


 その根拠は何ですか。


○建設部長(篠原明博君)


 やはり市営住宅につきましては,ほとんど三間あるわけでございますけれども,やはり公営住宅のいろんなストックの有効活用とか,あるいは入居者の公平性という形の観点から,やはり世帯数あるいは世帯構成でありますとか,そういうものに応じた,やはり適切な規模であったり,あるいは間取りの住居に入居していただくのが必要じゃないかというふうに考えております。結局,許容規模のそういった水準を超える広い住居に単身世帯あるいは少人数の世帯が入っていただいている状況もあり,今そういった住み替えの方針でいろいろ市としても政策をやっております。そういった住み替えをさせることによりまして,やはり希望をする住宅困窮者の新たな入居も可能になるというようなことも想定いたしておりますので,基本的な運用においては,やはり六畳二間と四畳半の形で入居を許可いたしておりますけども,それ以上になりますとやはり広い宅地に単身者ということにいたしますと,多人数の方々の入居についてある程度限定されてしまうというようなことでございますので,そういったところをうまく調整して住み替えをやりながらやっていくというようなことで,そういうふうに定めております。


○2番(前島広紀君)


 6畳,6畳,6畳と6畳,6畳,4.5畳の広さの違いというのはほとんどないと私は思います。これは,できましたら変えていただきたいと思います。それと,この用紙は現在,市営住宅の申し込みを受け付けている,空いている市営住宅の状況でございますけれども,6畳,6畳,6畳以下の住宅が単身者が入居できる住宅でありますけれども,その住宅というのはほとんどが宮下団地でございます。古い住宅,そこしか,そこに単身者が入るところが多くあるというのは,地域性から考えても好ましくないことではないかと考えます。それで,今度議会に購入が予定されている雇用促進住宅,国分重久宿舎,牧園宿舎に関しても単身者に関する入居制限や間取りの入居基準を設ける計画なのか。高齢者の入居に関し,配慮する計画があるのかお伺いいたします。


○建築住宅課長(矢野昌幸君)


 先ほどから申しますように,広い住宅に1人で入るということにつきましては,平成19年6月に国のほうから,やはり住居規模等のミスマッチだというようなことで,やはり住み替えをさせなさいというような通達も来ております。それで,市の条例の中では3室以下と,室数は3室以下となっているんですけども,それでいたしますと市営住宅はほとんど入れるというようなことになってしまいまして,国のほうの通達はちょっとそぐわない面があります。それで,6畳,6畳,4畳半というような形で定めておるわけですけども,ちなみにほかの県営とか,薩摩川内市なんかもやはり同じような条例でありまして,その中で,運用で面積もしくは部屋数で上限を定めております。それでいきますと,霧島市の場合は,先ほど申しました47%が入居可能ということですけれども,市町村によっては10%以下というようなところもあります。それで,近年の新しい住宅はほとんどが広い住宅であって入れないというようなことで,それにつきましては,やはり問題はあるかと思います。今後造ります住宅につきましては,やはり広い住宅,狭い住宅というふうに,単身者が入れる住宅もやはり今後計画していかなければいけないと考えております。それと,雇用促進住宅につきましてですけども,現在,購入を予定しております雇用促進住宅は,国分の重久宿舎が六畳二間と四畳半,それと牧園宿舎が四畳半が一間と6畳が二間のタイプが一つ,それと,6畳,6畳でしたかね,その分が,狭いタイプがあるんですけども,今の基準で申しますと単身者でも入れるということになるかと思います。


○2番(前島広紀君)


 6畳,6畳,6畳と6畳,6畳,4.5畳の広さの違いをこれ以上論じても仕方がありませんので,次の問題に移りますけれども,高齢者の住宅確保に関しまして,今,説明もございましたけれども,今後,高齢者世帯の増加に伴い,市営住宅の入居希望者が増加することが予測され,住宅に困窮している低所得者を救済するため国土交通省は入居基準を変更し,平成21年4月1日に公営住宅法施行令の一部を改正する政令を施行しております。所得の変動等により高所得者を民間賃貸住宅等に移すことで市営住宅の空き数を増やし,新たに低所得者を入居させることを目的とする政策であるが,当市でも対応されておられますか。ご説明をお願いいたします。


○建築住宅課長(矢野昌幸君)


 昨年の条例改正によりまして,公営住宅の入居基準が,より低所得者にシフトをしたわけですけれども,以前の収入基準でいきますと原則20万までとなっていましたのが,15万8,000円までは入居可能と。それを超えた分については,新規の入居はもうできないということになりましたので,その分低所得者のほうに入居がシフトしてるかと思います。ただ,現在入居していらっしゃる分につきましては,やはり,改正の時期をもって即対応が変わるわけではございませんで,経過措置というのがありまして,その中で収入超過者,それにつきましては家賃の割り増しをやはりかけております。そして,高額所得者につきましては,もう完全な明け渡し義務がありますので,それにつきましては毎年,明け渡しをしてくださいという通知は出しております。もちろん家賃につきましては,民間なりの家賃を参考にして決定して通知をいたしております。


○2番(前島広紀君)


 それに関しまして公告を出しておられますか。都城市,鹿屋市,そのあたりにおきましては,ホームページ等で21年4月の改正に伴う情報を提供しております。霧島市においてはどうですか。


○建築住宅課長(矢野昌幸君)


 ホームページ上では告知はしておりません。やはり入居基準につきましては複雑な部分があるもんですから,できるだけ問い合わせしていただければ詳しくご説明申し上げたいと思います。


○2番(前島広紀君)


 移行措置は3年と私は理解しております。その間に市民の皆様方に理解していただくことが必要だと思いますので,早目に告知をされたほうがよろしいのではないかと考えます。最後に,1枚の書類を持参しております。この書類は,霧島市の公式ホームページからプリントアウトしたもので,だれでも自由に閲覧することができる書類であります。読み上げてみます。「市営住宅の入居募集受付,国分・隼人地区の市営住宅,霧島市営住宅では,随時受付を行い,順番待ちによりお部屋の案内を行い,入居者を決定していました。しかし,国分・隼人地区の市営住宅では,近年,入居申込者が増え,待機者が多くなり,申し込みから入居まで1年から3年くらいの期間がかかり,今後さらに待機期間が長くなる傾向にあるため,住宅に困っている方や低所得者の入居に対応できない状況になりました。そのため,平成22年4月から公募による公開抽選を行い,入居者を決定することにしました。このため,これ以上待機者が増えないように,新規の入居申込受付は平成20年8月31日をもって停止しました。ただし,平成22年3月までに待機者がいなくなった場合は,前倒しして公募により申込者を募集して公開抽選を行います。」という記事でございますけれども,この記事がホームページに掲載されていることを当局はご存じでしょうか。


○建築住宅課長(矢野昌幸君)


 存じております。これにつきましては,以前ホームページを変えるときに,やはり公募に変わったという理由を出さないといけないだろうということで出したわけですけれども,これにつきましては3月をもちまして公募の以前の受付の分が終了するわけですから,4月以降につきましては,もう少し分かりやすいホームページに変えたいと考えております。


○2番(前島広紀君)


 先ほど答弁がございましたように,平成20年から抽選による募集方法に切り替えているということでございまして,この記事は現在,募集はしていないと,そういう情報になっていると思います。現実にそぐわない情報であれば入れ替えていただきたいと思います。それから,過去の検証といたしまして申し込みから入居まで1年から3年ぐらいの時間がかかり,今後さらに待機期間が長くなる傾向にあるとありますが,今までこういう状況であったのでございましょうか。


○建築住宅課長(矢野昌幸君)


 利便性のいい団地,例えば名波ハイタウンとか天降川団地等でございますけれども,そこにつきましては,空きが出て,次の人が入るわけで,それを上回る勢いで申込者が増えていたものですから,いつ入れるんですかというような,やはり苦情は相当来ておりました。


○2番(前島広紀君)


 1年から3年,それ以上待たなければいけないというこういう現状があるのであれば,もっと住宅を増やすべきではないでしょうかと私は考えます。それと,抽選方法に変えたことによりまして低所得者の入居に対応できるようになったとお考えですか。


○建築住宅課長(矢野昌幸君)


 抽選をしたことによって低所得者に対応はできるかという,それではちょっとないんじゃないかと考えます。抽選にすることによって今まで1年,3年とかいうふうに長く待っていらっしゃった方が抽選によっては早く入れると。それと,逆に1年も2年も待てるようであれば,住宅に困っていないのではないかというような感触もあったわけです。それで,抽選することによりまして,本当に必要な方がどんどん申し込みをされているというふうに感じております。


○2番(前島広紀君)


 大きく意見が違うと思います。1年も2年も待つのはなぜ待つのか,安い住宅に入りたいからです。市営住宅と一般の住宅の賃料の差をご存じでありますか。


○建築住宅課長(矢野昌幸君)


 住宅につきましては,民間の住宅に比較しまして半分以下だと感じております。


○2番(前島広紀君)


 その半分以下の住宅に入りたいのが市民の心情です。市民の感情を考えて行動していただきたいと要望いたします。以上をもちまして私の質問を終わります。


○学校教育課長(村田研史君)


 先ほど中学校への司書補の兼務校につきまして木原中学校のみを上げましたけれども,若駒分校も兼務でございますので,訂正をさせていただきたいと思います。


○議長(池田 守君)


 以上で,前島広紀議員の一般質問を終わります。次に,30番,前川原正人議員から4件通告がされております。したがって,前川原正人議員の発言を許可します。


○30番(前川原正人君)


 私は日本共産党市議団の1人として質問をいたします。市当局の明解な答弁を求めるものであります。長く続いた小泉政権での構造改革の名のもとに,市民の暮らしと福祉が極限まで痛めつけられ,貧困の格差が広がりました。その矛盾と不安のもとで昨年政権交代が起こり,それから7か月が経過をしようといたしております。高校授業料の無料化の実施など評価できるものもありますが,すぐに廃止をすると公約をしていた後期高齢者医療制度,これは4年後に先送りをし,雇用対策についても雇用保険の加入要件を6か月以上の雇用見込みから1か月以上に緩和する措置や,失業後,1年間の医療保険の保険料負担を軽減するだけで,失業期間が長期化する中で求められている失業延長給付の実施にも背を向けているのが今の政権であります。日本共産党は,市民の皆さんが安心して生活ができ,そしてこれまで日本の経済を支えてこられた高齢者の皆さんが心配なく暮らせる,その政治実現のために全力を尽くすことをまず最初に表明するものであります。質問の第1番目に,一般廃棄物管理型最終処分場についてであります。平成20年4月に,福山町宝瀬地区が管理型最終処分場建設候補地とされ,これまで大小20回の説明会が行われました。住民の要請による勉強会なども行われてまいりました。一方,住民からは立地可能性調査に対しての反対陳情が2年前に提出をされた経過がございます。最近では,昨年の12月4日に,立地可能性調査の測量,地質,地下水位観測,生活環境などの調査の入札が執行をされ,先月2月10日には,基本計画と基本設計の入札が行われております。2月19日には,立地可能性調査の内容説明会が行われ,地域住民からは建設が前提で調査が行われているのではないかなど,不満の声も上がっているのであります。現在の段階で,理解度と納得度が得られたと言えるでしょうか。答弁を求めるものであります。ごみの焼却方法では,焼却灰や焼却飛灰の塩基度を調整し,廃棄物処分場が不要という技術研究も日進月歩で進んでいるようでありますが,これらの角度からも研究,検討すべきと考えますが,答弁を求めるものであります。旧敷根清掃工場解体工事では,昨年12月17日から25日にかけまして,不燃物処理施設が2月17日,施工管理業務委託,これが24日,可燃物処理施設,これが25日に入札が行われました。昨年の10月14日には,旧敷根工場の解体工事の清掃工場の工事の解体の流れについて現場での説明会の開催,先月の6日にも業者を交えての説明会が開催された経過がございます。地域住民の一番の心配は,解体によるダイオキシン類の飛散で人体へ与える影響への懸念でありますが,対策には万全を期すべきと考えますが,答弁を求めるものであります。質問の2番目に,予防医療対策についてであります。子宮頸がんの99%は,ヒトパピローマウイルスの感染が原因と判明し,ワクチンで予防できる唯一のがん対策として画期的なことであります。ワクチンの接種は,10歳代から有効であり,ワクチンと検診の二重構えで子宮頸がんを100%予防できるとされております。全国的にも自治体が公費負担を実施しておりますが,本市でも予防できるがん対策として施策の計画をすべきと考えますが,答弁を求めるものであります。このワクチンの接種には3回の接種で4万円から6万円と多額の料金がかかり,その負担も大きいものがあります。全国的にワクチン接種を取り組んでいる自治体では,小学校6年生から中学3年生まで,これを全額補助として実施をしており,負担軽減のための努力が行われているのでありますが,本市でも検討すべきではないでしょうか。答弁を求めます。また,肺炎球菌ワクチンの実効性がこれまで検証され,新型インフルエンザの重症化は肺炎球菌との重複感染により,大きな影響があるという結果が出ているのであります。これまで肺炎球菌ワクチンの問題はその実施を提案させていただきましたが,本年度の22年度当初予算には反映をされておりません。これまで,どのような議論がなされてきたのか,答弁を求めるものであります。3番目の質問に,教育環境整備についてであります。一昨年の12月定例議会で,山間部の多い本市の小中学校へのストーブ設置を求めてきた経過がございます。部長答弁では,「適切に対処していきたい」との見解でございましたが,その後の取り組みはどうなったのか,答弁を求めるものであります。最後の質問に,条例で定めている公民館のトイレ改修についてであります。旧福山町の福沢公民館は,くみ取り式トイレという状況であります。衛生面から見ても改修が急がれ,高齢化が進む地域では和式から洋式への移行が求められ,改善すべきと考えますが,答弁を求めるものであります。以上,4項目にわたって質問をさせていただきましたが,市当局の明解な答弁を求めまして,壇上からの私の質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 前川原議員から4問につきましてご質問でございました。1問目,(1)と(2)につきましては,私のほうから答弁をさせていただきます。3問目,4問目につきましては,教育委員会が答弁をいたします。そのほかについては,関係部長がそれぞれ答弁いたします。一般廃棄物処分場についての1点目についてお答えいたします。ご質問の立地可能性調査につきましては,平成20年4月の公表からこの間,地域住民の皆様や議会あるいは各団体からさまざまなご意見を伺い,昨年12月4日と今年2月10日の2回にわたり業務委託を発注したところであります。ご承知のとおり,この調査の期間は約1年の月日を必要といたします。ご質問の「現段階で建設に対して住民の理解と納得度が得られると言えるのか」に対しましては,今後の立地可能性調査の調査結果を踏まえ,仮に整備地として可能であるとなった場合には,その時点でも地元住民の皆様に処分場の建設の理解と納得が得られるように,さらに説明をしていかなければならないと考えているところでございます。次に,2点目についてお答えをいたします。焼却灰や焼却飛灰の塩基度を調整し,建設資材の材料に混合する考え,いわゆる飛灰の再資源化についてかと思われますが,私どもが確認をいたしました情報によりますと,その会社は焼却炉の形式は流動床炉であり,現在その施設は稼働しておらず,焼却灰や焼却飛灰の開発,再資源化による製品化は行っていないとのことでありました。また,飛灰固化物やストーカ炉から排出される飛灰は,建設資材の材料に混合し,再資源化する方法としては法的にはできないと理解しているという回答でありました。しかしながら,敷根清掃センターから排出される溶融飛灰の再資源化につきましては,これまでの地元の説明会や議会でお答えしておりますように,現在もさらに情報収集を行っているところでございます。


○生活環境部長(川畑 巧君)


 一般廃棄物処分場についての3点目についてお答えいたします。ダイオキシン類除去作業は,煙突を含めて建物全体を密閉状態に保つよう,防炎シートで覆い,ダイオキシン類の付着部位を高圧洗浄機で洗い出し,その洗浄水を集める方式なので飛灰はないものと考えます。ダイオキシン類の含まれた水を薬剤処理し,汚泥は特別管理廃棄物として区域外へ搬出いたします。また,厚生労働省の示す,「廃棄物焼却施設内作業時におけるダイオキシン類ばく露防止対策要綱」により施工し,対策には万全を期していきたいと考えています。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 予防医療対策についての1点目,2点目について併せてご答弁を申し上げます。国立がんセンターがん対策情報センターなどによりますと,全国の子宮頸がんの罹患率は,人口10万人当たり11.1人で,20歳から40歳の女性のがんの発症率ではトップとなっております。特に近年,20歳から30歳代の発症が増えており,その主要原因として,ヒトパピローマウイルス感染の若年化が考えられております。このヒトパピローマウイルス感染を予防する子宮頸がんワクチンにつきましては,厚生労働省が昨年10月に国内での使用を承認し,12月から国内で任意接種が開始されたところであり,市内の産婦人科等においても接種が始まっているところでございます。しかしながら,ワクチン接種のみでは感染予防は十分とは言えないため,現在本市が実施しております細胞診による子宮がん検診などとの併用が必要と言われております。なお,本市では,平成19年の死亡統計では,9人の方が子宮がんにより亡くなっておりますが,子宮頸がんによる死亡者は把握できておりません。今後,接種対象者の年齢,ワクチンの効果期間がどのくらいあるのかなど,国の予防接種検討委員会等で協議されることとされておりますので,ワクチン助成について研究してまいりたいと考えております。3点目についてお答えいたします。肺炎球菌ワクチンは,高齢者の肺炎の中で最も頻度の高い肺炎球菌による感染を予防するワクチンでございます。今年度,新型インフルエンザが流行いたしましたが,特に高齢者はインフルエンザに感染すると,肺炎を併発しやすく,その死亡率も高いと言われており,肺炎球菌ワクチンを接種することで新型インフルエンザに感染しても死亡や重症化を抑制できることから,本市といたしましてもその必要性は十分理解しているところでございます。我が国では,今まで生涯に1回とされていた肺炎球菌ワクチン接種の取り扱いが,昨年10月にようやく一定の基準に基づき,再接種ができるよう改定されたところでございます。ワクチンの有効性や安全性などの観点から定期接種に加えるかどうか,現在,国において検討中でありますので,その動向を見守ってまいりたいと考えております。なお,ワクチン接種の助成等の検討を行いましたが,接種費用が1人1回当たり約7,000円であり,対象者を65歳以上の高齢者とした場合,約2万8,000人が対象者となります。公費負担を7,000円全額,接種率を70%で試算した場合,約1億3,720万円,半額の3,500円を公費負担した場合,約6,860万円と想定しており,多額の一般財源での負担となることから,現時点では助成することは考えていないところでございます。


○教育部長(阿多己清君)


 教育環境整備についてお答えをいたします。現在,市内小中学校の暖房設備の設置状況につきましては,管理諸室を中心にストーブで対応をいたしております。山間部の小中学校の普通教室に限定しますと,ストーブ等を設置していない学校は8校,そのうち小学校は3校でございます。これらの学校に対しましては,予算要求ヒアリングの際,普通教室の冬場の室温等について聞き取りを行っており,今年度は特別支援学級への設置要望がありました,山間部の小学校へ特殊な要因を伴うものと判断し,エアコンで対応させていただいております。今後は財政状況等も勘案しながら,山間部のストーブが設置されていない学校への対応方法を含め,総合的に判断をしてまいりたいと考えております。次に,条例公民館のトイレ改修についてお答えいたします。現在,34条例公民館のうち,福山地区の福沢地区公民館,福知地区公民館,それと牧園地区の万膳地区公民館の3公民館が簡易水洗化はいたしておりますが,くみ取り方式でございます。また,この便器についてはすべて和式でございます。水洗化に関しましては衛生面で,また洋式化や手すり設置に関しましては,地区民の方々の高齢化への対応として必要なことであると考えます。ご指摘の水洗化については合併浄化槽整備となりますために,多額の費用を要しますので,今後,財源の検討を含めて,年次的な整備で研究をしてまいりたいと考えております。


○30番(前川原正人君)


 それぞれ答弁をいただきました。2問目以降の質問に入らせていただきたいと思います。まず,一般廃棄物管理型処分場の問題についてなんですが,2月18日に行われました市当局を交えての,大体総勢22名程度が学習会,勉強会ということで参加をされたわけですが,その中でのやはり地域の,地域住民の皆さん方の意見というのは,やはり,なぜここなのか,なぜここの場所が候補地となり,ほかの部分を明らかにできないのかという不満がたくさん続出をした,こういう会合,勉強会ではございましたけれども,やはりこの陳情署名が大体3,000人以上の反対という,立地可能性調査反対という陳情書が提出をされた事実があるわけですけれども,この陳情書に対する行政側の担保といいますか,意見の反映というのをどういうふうに認識されているのか,お聞きをしておきたいと思います。


○廃棄物対策監(西  剛君)


 今,議員がおっしゃいますように,20年度にそういう陳情書が出されました。3,046名という人数でございました。中身につきましては,福山地区,そして市外におきましては鹿児島,遠くは名古屋市の方々が名を連ねておったということでございます。ただ,私ども,この陳情書の3,000名余りの方に対しましては,今まですべて説明をするというわけにはいきませんで,また物理的にもちょっと難しいというふうに考えております。したがいまして,私どもは,重点的に地元の方々,宝瀬地区の方々,この方々を中心に私どもは戸別訪問をいたしましたし,説明,理解を求めたところでございます。


○30番(前川原正人君)


 今おっしゃるように,鹿児島市内だったり,当然その霧島市内だったり,遠くは埼玉県だったりされて,そういう署名が集められたという事実はあるわけですね。これは埼玉の人がやったという事実はありますが,もとはといえば霧島市の出身の方なんですね。なぜ賛同されるかというと,やはり不安というのが一つあって,やはり自分の故郷にこういうことができると,やはり嫌だと,こういう思いが入ってるということになると思うんですけれども。お聞きをしたいのは,その廃棄物の処分場の計画書を見ていきますと,資料として立地可能性調査のときの内容説明会ということで,配付をされた整備の主な流れということで,ここに資料を持ってきているわけですけれども,22年度の終わりに,立地可能性調査は今年度,22年度中に終わって,23年に内容説明会,23年3月に可否の最終判断となってるわけですね,計画では,あくまでも。そうしたときに,地域住民の意思はどの段階で担保をされようとお考えなのか,お聞きをしておきたい。


○廃棄物対策監(西  剛君)


 今おっしゃいましたことは,一応質問がありまして,スケジュールというふうに,私どもがスケジュールを立ててお答えをしたところでございます。その中で,今現在立地可能性調査につきましては,その1,その2ということで実施をさせていただいておるところでございます。ご承知のとおり,これが1年間,一応必要といたします。1年間と申しますのは,最低今年いっぱいはかかるというふうに考えているところでございます。その後,結果が出るわけでございますけれども,その後で,結果の報告会というものをさせていただきたいというふうに思っております。その中で住民の意見というものを私どもは聞いていきたいというふうに思っております。


○30番(前川原正人君)


 今おっしゃるように,1年間この調査をやって,そしてその1年間やった後,結果が可否が出て,その中でオーケーなのか,それとも駄目なのかという結果が出ると思うんですが,その中で結果の報告会ということですけれども,それは結果の報告会であって,例えば悪ければ悪いという結果の報告会,よければよかったという報告会,報告会だけで終わるんですか。どうなんですか。


○廃棄物対策監(西  剛君)


 市長の答弁にもございましたように,結果で,可であるならば,さらなる理解をさせていただきたいと,説明をさせていただきたいというふうにご答弁を申し上げたところでございます。


○30番(前川原正人君)


 ですから,その賛否が出るわけですよね。いずれにしても。1年後には,必ず。計画の段階では。このスケジュールでずっといった場合。結果が例えばマルという結果が出た,バツという結果が出た。それで結果の報告があって,住民の合意なしにゴーということもあり得るんですかということを問うているんです。


○廃棄物対策監(西  剛君)


 今,調査をしている段階でございまして,その結果というのがまだ出ていない状況の中で,その議論というのは差し控えさせていただきたいと思います。


○30番(前川原正人君)


 なかなかうまい答弁ですけど,いずれにしてもこの選択は迫られるんですね。いずれにしても。どんなことがあっても。時間が来れば迫られるんです。1年であろうが,2年であろうが,タイムスケジュールがずれたとしても。最終的な判断というのは市長がされていくわけですね。ですから,今の段階で,先のことを議論をするなという部分も確かに分かる気もしますけれども,住民の皆さん方は今の段階で納得したと,理解をしたというふうには解釈はできないと思うんですけど,いかがですか。


○廃棄物対策監(西  剛君)


 おっしゃるとおりでございまして,私どもは今まで立地可能性調査をさせてくださいということで,今まで説明を申し上げてきました。今,言われるのはその建設についての納得度といいますか,理解というか,そういうふうに一応受け取れるんですけれども,それとまた別なほうと,別のふうの考えというふうに私どもは考えているところです。


○30番(前川原正人君)


 市長に1点だけ確認をしておきたいと思います。これまでの議論の中で,おおむね理解が得られたという見解を示された,この一コマがあったわけですね。これは処分場ではなくて,立地可能性調査に対してのおおむね理解が得られたという,建設とは別の問題だということで理解してよろしいですか。


○市長(前田終止君)


 そのとおりでよろしいと思います。


○30番(前川原正人君)


 もう1点お聞きをします。この地域の住民の理解度,納得度を上げていくという努力をして,強制的には着工はしないんだということを市長は明言をされてきた経過があるわけですけれども,今のこの段階での予定では,スケジュールというのは当然組んでいく性格のものですけれども,住民の反対を押し切ってでも建設,着工ということもあり得ますか。


○市長(前田終止君)


 住民の皆さん方の理解と納得度,これを最大限に上げる努力をさせていただいて説明させていただきたいと思います。


○30番(前川原正人君)


 この議論というのは平行線なんですね。どんなに言っても。確かに必要な施設であるということは,宝瀬地域の皆さん方も認識をされているところだと思っております。その中で,先ほどの1問目で申しましたけれども,焼却灰,それから焼却飛灰の塩基度を調整すると。これはインターネット配信で他県の業者さんが,これは会社のPRという点でも一つはあったというふうに思っているわけですけれども,もう1点はこの福岡県にございます三池製錬,ここが飛灰を,いわゆる焼却飛灰ですが,これを固化する以前の段階で金属類を取り出すということで,技術を持っているわけですけれども,これがお聞きをしますと,青森から沖縄まで自治体の飛灰を受け入れているということなんですが,こういう方法も研究,検討すべきだというふうに思いますが,いかがですか。


○廃棄物対策監(西  剛君)


 今議員がおっしゃいますのは,三池製錬というふうにおっしゃいました。いわゆる我々はこれを山元還元というふうに言っているわけでございます。この山元還元と申しますのが,製錬所と民間製錬施設におきまして,廃棄物などから金属資源を回収することをいうと。製錬所が主に鉱山近郊にあり,金属資源を「山元」いわゆる製錬所でございます,に戻すことから,山元還元というふうに呼ばれているというものでございます。今議員がおっしゃいますように,この製錬所につきましては,福岡県の大牟田市にございます。この山元還元のこの三池製錬につきましては,飛灰とそれから石炭のコークスを一応織り交ぜて,それを豆炭状にして,燃焼して,そこから飛灰にあります金属類,重金属類を取り出すという手法でございます。もちろん,こういう資源化に対しましてのその研究,情報収集というのは行っているとこでございます。


○30番(前川原正人君)


 現在,稼働している焼却施設から飛灰固化物が毎日のように出ているわけですけれども,大体固化する前,いわゆる焼却飛灰ですね,これが大体どの程度排出をされていますか。


○廃棄物対策監(西  剛君)


 今,排出してるのは,キレート剤とセメントを混ぜて固化ということでございまして,約2,000tぐらい出ております。そのキレート剤とセメントを除けば1,700tぐらいですね,平均してそのぐらいというふうに思ってます。


○30番(前川原正人君)


 今おっしゃったように,大体年間1,700tが,この焼却飛灰,キレート剤とかコンクリートを固める溶剤ですね,そういうものを除いてということなんですが,今までその見積もりとかされた経過がございますか。


○廃棄物対策監(西  剛君)


 山元還元の見積もりでございましょうか。


○30番(前川原正人君)


 大牟田市にある三池製錬いわゆるその山元還元ですね。ここへの搬入をした場合,いくらぐらいの見積もりになるのかということを試算されましたかということです。


○廃棄物対策監(西  剛君)


 ある程度の見積もりと申しますか,それはとっているとこでございます。


○30番(前川原正人君)


 大体これも聞いてみますと,大体1t当たり4万2,000円なんですね。焼却飛灰のその引き取りといいますか,これには輸送料は入っておりませんけれども,単純に計算をしますと,大体年間7,140万円,これにプラス輸送費,その他の諸経費がかかるわけですけれども。こういうことも十分に精査をする必要,ちゃんと計算をして,シミュレーションの必要があると思いますけれども,いかがですか。


○廃棄物対策監(西  剛君)


 私どもも,この山元還元につきましては見積もりといいますか,その処理費,4万2,000円とおっしゃいましたけれども,そのシミュレーションといいますか,そのほうは一応いたしているところでございます。


○30番(前川原正人君)


 例えばその固化物になる前の焼却飛灰をまだ固める前の経費と建設をした場合との比較というのを考えますと,ある意味では地球温暖化のための施策だったりとかいうこともありますし,また自然を守る会の立場からいうと,自然のど真ん中に,また公園のど真ん中に造るということなどからこの比較をすると,そういう方法も当然考えていくべきだと。ですから,比較対象物があるわけですので,その場合にどうなるのかということは検討はされてないんですか。


○廃棄物対策監(西  剛君)


 今議員がおっしゃいますのは,その山元還元に持っていった場合と,それから最終処分場の建設した場合との比較ということです。もちろん,それはシミュレーションといいますか,行っているとこです。


○30番(前川原正人君)


 その結果どうでしたか。


○廃棄物対策監(西  剛君)


 具体的に申し上げますけれども,山元還元につきましては,今申し上げられました処理につきまして,トン当たり4万2,000円ということを申し上げました。この中で,私は年間1,700t出るというふうに申し上げましたけれども,ただ向こうのほうに持っていくときには,それに水分をプラスしなくてはならないと。やはり飛散しないように水分をプラスしなくてはならない。それが大体200tぐらい必要なところでございます。それからいたしますと,1,900tということになりますけれども,そのほか運搬費,消耗品,それらを踏まえまして17億ぐらいの試算を考えているとこです。この17億と申しますのは,埋め立ての処分場を造ったときに,1期15年ということで,15年プラス廃棄をするときに,2年は据え置き,1年は事務処理等がございまして,3年をプラスして18年で計算をして,この17億という試算をしたわけございます。一方,最終処分場を造るとした場合に,私どもが前申し上げました事業費そのものが約30億かかるということで申し上げました。その中で,交付金対象,補助金対象というものが約60%,対象外というのが40%でありまして,交付金対象につきましては,その60%というのは18億ですので,それの3分の1補助が出ます。6億が国の補助金ということです。それから,そのほか交付税の対象というのがございまして,その交付税対象が約16億ございます。したがいまして,一般財源,8億ぐらいあるんですけれども,一般財源を8億,それにランニングコスト,それから償還金利子,それにキレート剤とかセメント剤とか使ってましたから,それらを含めますと,大体とんとんぐらいになるという計算をしております。


○30番(前川原正人君)


 この議論はずっと平行線だと思うんですね。最後は市長が判断をされる。最終段階ではということになりますけれども。もう一度確認させてください。住民合意が得られていない。嫌だと言っている,この施設。やはり強制的にはすべきではないというふうに私は思いますが,市長,どうですか。もう1回お願いします。


○市長(前田終止君)


 繰り返しますが,やはり理解,納得度を上げる最大限の努力をして,強制的にやるようなことについては,同じ市民としてなるべく避けたいと。ですから,真摯に誠実に精いっぱい,理解と納得度を上げる最大の努力をしたいと思っています。


○30番(前川原正人君)


 強制的なやり方というのは,やはりこれはもう数の力でどうかという,そういう問題ではなくて,やはり理解度,納得度を上げるというのは当然ですけれども,嫌だと言ってるのはやはりいつまで経っても嫌なんですね。いいよということにはならないと思いますので,強制的には進めないでいただきたいということを申し述べておきたいと思います。次にいきます。旧敷根清掃センターの解体についてですが,今まで使っていた敷根清掃センターの解体の工事が,この間入札が行われて,少しずつ少しずつ進んでいく状況ではございますけれども。お聞きをしたいのは,小廻地区の皆さんが旧敷根清掃センター解体に対して神経をとがらせている大きな要因というのをどういうふうに認識をされていらっしゃいますか。


○衛生施設課長(前田 理君)


 大きな要因と申しますか,いろいろな清掃センターの運転に対しまして,いろいろそういう形で不安を持っておられるということは思っております。


○30番(前川原正人君)


 やはり,その不満というのは具体的に言うと,やはり9万tの焼却残さの問題なんですね。これが平成11年8月の小廻地区の説明会の中で,新しい施設で必ず焼却溶融いたしますという,そういう確約をされているんですね。当時の,その当時は助役ですかね,それと環境衛生課の職員の方たちが見えて,そういう説明をされているんですね。だからこそ神経をとがらせて,本当に,言葉は悪いですけれども,今度はだまされないんだぞという,そういうことの裏返しだと思うんですね。そこで,お聞きをしますけれども,これまで不燃物処理1,280万円ということで97.9%,可燃物処理施設の施設管理業務委託,これが390万,入札率でいきますと97.5%,可燃物処理施設が5,880万円,41.4%と,ダイオキシンが多く含まれている可燃物施設の解体の入札が予定価格の半分以下の値段で落札をされている事実がございますけれども,これで安全な解体ができるというふうにお考えでしょうか。


○衛生施設課長(前田 理君)


 工事完成は担保されるのかということだと思いますが,これはうちの入札につきましては,これはそういうダイオキシンのばく露防止対策要綱というものがございまして,それを確実にできる業者ということで,入札が公募式の,条件付きの一般競争入札になっております。というようなことで,そういう業種が特定されておりますので,言っちゃ悪いですけども,いい加減な業者は入れないということでございまして,そういう41.47%ですけれども,工事についてはちゃんとできるというふうに思っております。そしてまた,鹿児島市の吉丸組ですけれども,これは県内でもそういうダイオキシンのばく露防止対策にのっとった工事も実際行っておりまして,我々もその解体された現場を見に行っておりますけれども,ちゃんとできておるというようなことも担当者からも聞いておりますので,担保されていると思っております。


○30番(前川原正人君)


 普通,これは役所が配信をしている入札執行結果表ということで,この予定価格に105分の100,いわゆる95%で予定落札の金額が書いてありますけれども,1億4,178万8,000円,これの41.4%ですから5,880万円。これで本当に担保できるのかと。今おっしゃるように,条件付きでということで言われましたけれども,その内容というのは具体的にはどういう条件付き入札になったわけですか。


○衛生施設課長(前田 理君)


 設計,施工あわせて発注する設計・施工付き性能発注式ではございます。なお,本工事の実施に際しては,廃棄物処理施設内作業におけるダイオキシン類ばく露防止対策要綱及びアスベスト関連の関係法令,規則,諸通達を遵守し,安全かつ適正な解体工事を実施することはもとより,周辺環境に対しても十分に配慮して行うこととすると。それと,また,最初に申し上げましたように,そういう実績のある業者ということで担保されていると思います。それから,もう一つは,先ほど申し上げましたように,施工管理も契約をいたしております。これは施工管理は,九州管内でも数件のごみ処理施設の解体工事の施工管理の経験を持つ,本社が名古屋市にある中日本建設コンサルタントというところでございまして,この九州支店と施工管理業務委託契約をいたしております。これも専門的な見地から施工管理を行うことになっておりまして,月1回以上の工程会議,それと重要な検査等アスベストの除去作業に入る前の検査とか,そういうときについては必ず立ち会いをするというようなことでございまして,これについて担保はされているというふうに思っております。


○30番(前川原正人君)


 当然,応札をした時点でその責任能力は当然課せられるわけですので,当然完全施工,この場合,安全解体,安全な方法でやられるということになると思います。ただ,一つは説明会の中でございましたけれども,標準砂いわゆる解体工事のこの説明資料の中では標準砂を設けて,ダイオキシン類が飛散をしたかどうか,標準砂というのは新しい砂で各施設内もしくは施設外において検証をするというやり方というふうに理解をしているわけですけれども,当初の説明会では施設内の4か所に設置をして,その工事後,その砂を検査して汚染の有無を確認するということで予定をされているわけですけれども,小廻地区の,例えば施設内はもちろんですが,小廻地区のポイントを決めて設置をすることも,広い範囲での測定も考えるべきだというふうに思います。その際,例えばその地域の公民館長さんと,場所の選定などを協議すべきというふうに考えますが,いかがでしょうか。


○議長(池田 守君)


 ただいま,前川原議員の一般質問中でございますが,本日の会議時間は議事の都合によりまして,常盤議員まで進めたいと思いますので,あらかじめ時間を延長いたします。


○衛生施設課長(前田 理君)


 ただいまご指摘のとおり,標準砂を設置いたします。それはその解体工事の敷地内ということで考えておりましたけれども,この前の住民説明会のときに,そういう地域の要望も入れてほしいというようなことがございましたので,それはまた,自治会長さんと相談をしながら設置の方向で検討いたしたいと思っております。


○30番(前川原正人君)


 次に入ります。予防医療対策の問題についてですけれども,このがん死亡率というのが,子宮頸がんについては把握ができないということで答弁をいただいたわけですが,本市の場合,19年度の死亡統計で9人の方が亡くなっていると。そして,人口10万人当たり,霧島市の場合,大体12万8,000人ですので,これはあくまでも統計上の話ですけれども,人口10万人当たり11.1人ということで,20歳から40歳の女性ががんの発症率ということでトップになっているという答弁をいただいているわけですが。確かに金はかかるとはいっても,やはり例えば新潟県の魚沼市とか,それから埼玉県志木市,それから兵庫県明石市,東京都杉並区,ここも大体小学校6年生から中学校1年生あるいは3年生までを対象にして全額補助ということを実施しているわけですが,予防できるがんということでいけば,当然画期的なことであるし,費用負担などの考慮をして行政がやはり住民の暮らしと福祉,命を守るという点でやはり検討すべきだと思いますが,いかがでしょうか。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 ただいまご指摘いただきましたように,大変重要なワクチン接種であろうというふうに考えております。しかしながら先ほども申し上げましたように,まだ詳細部分につきまして,国の予防接種検討委員会などで協議される事項等もたくさんあるようでございます。そのようなものを見極めながら,先ほどご答弁申し上げましたように,今後の研究課題というふうにさせていただきたいというふうに考えております。


○30番(前川原正人君)


 これは十分防げるがんということでいえば,やはり手を打たない手はないと思うんですね。ですから,若い人たちがこの罹患をしているとなりますと,やはり今後を担っていく子どもにも当然影響がありますし,出生率の問題等も影響が出てくると思いますので,ぜひ検討をしていただきたいと思います。次に,この肺炎球菌のワクチンの問題ですが,日本の場合,1回でよろしいということで今まで出されているわけですけれども,1回でいいんでなくて,日本の場合は1回しか接種できないんですね。1回しかできないという,こういう制約があるわけですが。例えば70歳以上を対象にして年次的にやっていくとか,そういうことも検討すべきだと思いますけれども,いかがでしょうか。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 この肺炎球菌ワクチンの接種によりまして,重症化が防げるということは先ほど申し上げたとおりでございます。大変重要なものであるというふうには認識をいたしております。ただ,このワクチン接種による効果は十分に理解をいたしておりますけれども,重症化を防ぐためにはやはり対象者の方々に対して摂取率を上げるということが当然に必要になってまいりますので,そうした場合にどの程度の自己負担等があれば摂取率が上がっていくのかというようなことも含めまして検討させていただきたいと思っております。それから,先ほどご答弁申し上げましたように,従来我が国におきましては,1回接種をした場合にはもう生涯1回しかできないというような,そのような取り扱いがされておったようでございます。この取り扱いが改定をされまして,一定の期間を置けば再接種が可能であるというような取り扱いに変わったところでございます。


○30番(前川原正人君)


 進んだところでは,肺炎球菌ワクチンの接種助成というのは,これは愛知県になりますが,日進市,ここでは3,000円助成をしております。そして,70歳以上を対象として,60歳以上の方で特定身体状況により医師が必要と判断した方ということで条件を付けて接種への助成をされているわけですけれども。こういうこともやはり1回とされていたということでしたけれども,ここの日進市では1回のみだよということで限定をしているわけですね。ですから,重症化を防ぐという点では,確かに金もかかりますけれども,それこそ市長がいつもおっしゃる,やはり市民の健康をやっぱり守っていくと,生命を守っていくという,そういう視点に立てば,1回限りとは言いませんけれども,まずは1回やってみるということも必要だと思いますけれども,市長,いかがですか。やはりこの有効的なことは認識をされていると思いますけれども,最終的には市長の判断で裁量権として判断ができると思いますけれども,いかがでしょうか。


○市長(前田終止君)


 今後よく勉強させていただきます。


○30番(前川原正人君)


 ぜひ実現の方向で検討していただきたいと思います。それと,予防医療という点では,ヒブワクチンの接種の件につきましてもこれまで議論をしてきた経過がございますけれども,これについても同時にどのように取り組まれてきたのか,お聞きをしておきたいと思います。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 ヒブワクチンの予防接種でございますけれども,乳児に対する予防としては非常に有効であるというふうな,そういうことが言われております。私ども本市といたしましては,従来からご答弁申し上げておりますように,これについても今後研究させていただきたいということでございます。


○30番(前川原正人君)


 次に入りたいと思いますが,教育環境整備についてですが,やはりこの各学校からの要望の取りまとめというのを大体年の,年度が変わってすぐなのか,それとも年度途中,後半,もしくは中間地点でされるのか。その取りまとめの時期によって,当然その要望事項というのも変化をしてくるであろうし,気付くでもあろうし,当然その時々の問題が時期によって変化をするということもございますけれども,大体いつぐらいを要望の取りまとめの時期というふうにされていらっしゃるのか,お示しいただけますか。


○教育総務課長(東郷一?君)


 例年,予算を作成する前に学校に聞き取りを行います。その時点におきまして学校からの全体的な予算の要求を聞き取りいたします。それから,例年,今度は予算が成立しました後,5月ごろ,備品等につきまして学校からの要望等を聞き取りいたします。


○30番(前川原正人君)


 大体,今おっしゃる,大体5月に要望のこの取りまとめ,現場の声を十分吸い上げてそれを予算に反映されるということでご答弁いただいたわけですけれども,確かに暖かくなる時期になるわけですね,5月というと。今度は学校の要望というのは,例えば10月に聞けば寒くなりますので,当然その状況も変わってくるということも十分考えられるわけですね。ですから,これを年2回にするとかということで,もっとより正しい情報を共有するために,今1回でも大変だと思いますけれども,例えば2回にしてやるという方法もあると思いますが,いかがですか。


○教育総務課長(東郷一?君)


 先ほどご答弁申し上げましたように,私どもは予算要求聞き取りの段階で,1回学校から聞き取りを行います。それは大体9月から10月にかけて行っております。それから,先ほど申し上げました,5月ごろもう1回正式なといえばあれですけれども,学校からの備品購入について聞き取りを行っております。


○30番(前川原正人君)


 さっきの答弁の中で,特殊な要因を伴うものとし,特異なものといくことで判断をして,エアコンで対応させていただいたということなんですけれども。例えば以前も言いましたけれども,地球温暖化を防止をするという,こういう観点に立てば,化石燃料いわゆる電気なんかもずっと突き詰めていけば化石燃料になっていくわけですが,そういうことを少しでも排除ができるまきストーブとか,いわゆるペレット状の燃料を使うとか,コスト的な問題もありますけれども,長い目で見ると,ひいては林業関係の活性化にもつながっていくというふうに思うんです。ですから,そういうのも検討できませんか。


○教育総務課長(東郷一?君)


 そのペレットの暖房器具につきましては,以前,平成20年の12月議会だったと思うんですけれども,そのときにもご答弁申し上げましたけれども,各小・中学校へ配置した場合,約1億3,000万程度予算的にかかるということで,そのことにつきましては「こちらのほうでは一応考えておりません」ということでご答弁申し上げました経緯がございます。現在もその方針に変わりはございません。


○30番(前川原正人君)


 例えば,ペレットじゃなくても,例えばまきストーブを使うとか,一つに固執するとそれだけにいってしまいますので,より広い視野で見ていただいて,そういう方策というのも検討されるべきではないでしょうか。


○教育総務課長(東郷一?君)


 暖房器具の種類は幾つかございますけれども,まきストーブを現在,冬場の寒いほかの県等におきましては設置をされている状況を私どももテレビ等で拝見することがございます。少人数の学校におきましては,それも可能とは思いますけれども,霧島市みたいに児童・生徒が多い学校がたくさんある状況につきましては,そのまきストーブにつきましては現在のところ安全上の問題から懸念されますので,今のところは考えておりません。


○30番(前川原正人君)


 一番最後の質問に入りますが,この条例公民館のトイレの改修なんですけれども,財源的な問題,年次的な整備について研究をしていきたいということなんですが,やはりこの計画,わずか3か所ですので,中には経費的な問題があって,浄化槽水洗よりもくみ取り式のほうがお金を払わなければならないとか,そういうそれぞれの状況,その集落の事情等もあると思いますけれども,計画を作っていただいて年次的に進めていくというふうなことも考えられますが,そのことを答弁を求めまして,私の答弁を終わらさせていただきます。


○教育部長(阿多己清君)


 先ほどご答弁申し上げましたとおり,3地区公民館についてはくみ取り式という状況でございまして,合併浄化槽となりますとその規模にもよるんですが,一般的には600万前後という概算をいただいています。そこらの費用対効果も踏まえまして,また総合的に判断して研究していきたいと考えております。


○議長(池田 守君)


 以上で,前川原正人議員の一般質問を終わります。ここでしばらく休憩いたします。


               「休憩  午後 5時14分」


               ──────────────


               「再開  午後 5時29分」


○議長(池田 守君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。次に,15番,常盤信一議員から2件通告がされております。したがって,常盤信一議員の発言を許可します。


○15番(常盤信一君)


 ただいま議長の許可をいただきましたので,事前に通告いたしました2点につき質問をさせていただきます。その前に,21世紀に入り早くも10年という節目の年,2010年を迎えて,新市霧島市も誕生して5年目を迎えるという大事なこの時期に質問の機会を与えていただいた多くの市民の皆さんや関係者の皆様方に心から感謝を申し上げたいと思います。与えられた4年間を精いっぱい努力させていただきたいと,新たな決意をしているところです。さて,多くの国民が新年を迎えて,日本の将来に期待より懸念,希望よりあきらめを強く抱かせるような政治の迷走,経済の停滞が続いており,景気は本当によくなるのか,医療や介護が安心して受けられるのかなど,日本の進むべき具体的な処方せんを示すべき時期に来ているのではないでしょうか。また,本市においても同様のことが言えるのではないかと思っているところです。そこで,まず最初に,健康生きがいづくりに関することですが,安心な社会づくりで肝心なのは,医療,介護,福祉だと言われており,社会保障の充実は安全網の整備はもちろんのこと,景気対策の効果も期待できるのではと考えており,国も県も本市も健康問題には十分力を入れているように思っているところです。昨年の国民生活に関する世論調査を見てみますと,政治に不満を持っている人が多い中でも,政治に期待をしている人は,年金,医療,介護などの社会保障制度の充実と言われる方々が7割に達しております。経済の安定と成長を期待している人が45%程度で飛び抜けておりますが,その次に教育の充実で16%程度と聞いております。国民の生活と健康に対する不安が心配される中,厚生労働省は「健康日本21」を平成12年の1月にスタートさせ,鹿児島県は2010年度を最終とする「健康かごしま21」計画を取り組んでいるところです。本市も「健康きりしま21」の4年間の計画の実施中であり,その計画の結果を大いに期待しているものです。そこで,お尋ねをいたします。1つに,健康生きがいづくり推進事業の進捗状況はどうか。2つに,医療費や介護費用の抑制効果をどのように考えているのか,具体的に示していただきたい。3つに,平成25年度終了後の事業のありようをどのように考えているのか,お示しをいただきたいと思います。次に,最初の質問と深くかかわるわけですが,スポーツ振興に関することです。地方自治体における少子高齢化,医療,介護,福祉費の増大,税収の落ち込みなど,状況が予想以上の早さで急変しているときに,健康問題が日常生活と深くかかわりを持ちながら,生涯スポーツをはじめとするスポーツ振興にも大きくかかわるところがあります。昭和36年に制定されたスポーツ振興法では,スポーツを振興することは国民の心身の健全な発展と明るく豊かな国民生活の形成に寄与すると述べています。スポーツ振興に関係する法令は,国民生活という視点からは,憲法あるいは教育基本法,または社会教育法などありますが,健康や環境問題まで多様な関係法が生じると言われています。国民のスポーツに対する多様なニーズに対応できる身近なスポーツ環境の整備充実や国際競技力の向上などの状況を踏まえて,平成12年9月に,平成13年度から22年度の10年計画のスポーツ振興計画が告示されています。さらに,平成18年9月には改定がされ,その主なものは子どもの体力向上,生涯スポーツ社会の実現に向けた地域におけるスポーツ環境の整備,国際競技力の向上などが政策目標となっております。1985年ごろから,子どもの体力,運動能力の低下傾向が続いていると言われていますが,運動をしない生活習慣が安定しているのではという指摘さえあるのが現状です。また,成人の生活習慣病予防のための身体活動量や運動量及び体力の基準などが話題になる中で,鹿児島県も独自の健康づくりのための運動指針を策定し,実践していると聞いているところです。本市においても,スポーツ審議会や競技スポーツ関係団体をはじめ,総合型スポーツクラブなどが地域における一定の役割を果たしていると考えているところです。そこで,お尋ねをいたします。1つに,子どもの体力向上及び生涯スポーツの取り組みと現状はどうなっているのか。また,その課題は何かお尋ねをいたします。2つに,地域におけるスポーツ振興と環境はどうなっているのか。3つに,スポーツ審議会の進捗状況はどうなのか。4つに,スポーツ振興計画策定の計画はないか,あれば具体的に示していただきたい。なければ,その理由を明らかにしていただきたいと思います。以上で,壇上からの質問を終わりますが,答弁次第により,質問席からの再質問をお願いして私の質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 常盤議員から2問につきましてのご質問でございました。1問目,(1)につきましては私のほうから答弁をいたします。(2),(3)につきましては保健福祉部長が答弁をいたします。2問目につきましては,教育委員会が答弁をいたします。健康生きがいづくりに関することの1点目についてお答えいたします。本市では,平成21年3月,総合的な健康づくり,生きがいづくりの基本的な指針となる「健康きりしま21」を策定させていただきました。その中で,住み慣れた地域で健康づくり,生きがいづくりを日常的に習慣化することが重要であると考え,平成21年度から5年間を1期として,「健康・生きがいづくり推進モデル事業」に着手したところでございます。この事業では,最終的に市内全地区自治公民館において,地区自治公民館や自治会,健康運動普及推進員や食生活改善推進員の方々が中心となり,地域の特性やニーズに合った健康・生きがいづくりの取り組みを行うことといたしております。平成21年度は,国分地区が東その山地区自治公民館,溝辺地区が三縄地区自治公民館,横川地区が尾田地区自治公民館,牧園地区が中津川地区自治公民館,霧島地区が永水地区自治公民館,福山地区が小廻地区自治公民館,隼人地区が松永地区自治公民館の7つの地区自治公民館で史跡めぐりウォーキングやレクリエーション,郷土料理づくりなど各地区の特性を生かしたユニークな健康・生きがいづくりの取り組みが行われておりまして,2月23日現在,延べ参加者は1,923人となっております。平成22年度は,新たに25の地区自治公民館で本事業に取り組むことといたしており,継続の7地区を合わせ,計32の地区自治公民館で実施してまいりたいと存じます。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 健康・生きがいづくりに関することについての2点目,3点目についてお答えいたします。健康・生きがいづくり推進モデル事業につきましては,毎年度,参加者に対してアンケート調査を実施するなど,実施前後の行動変容の分析を行うとともに,5年後の評価も行ってまいりたいと考えております。毎年度評価につきましては,自分は健康であるという主観的健康観が増すことにより,健康寿命が延びることが明らかにされていることから,参加前後の体調や健康意識の変化などについてアンケート調査を行う予定であります。具体的には,「社会活動の機会が増えたかどうか」,「健康のための生活習慣の改善ができたか」,「健診を続ける機会が増えたか」,「歩く習慣がついたか」などの詳細な項目を設定し,効果について分析を行う予定であり,本年度実施しております7地区についても今月中に調査を実施することといたしております。また,5年後の評価の目標として事業参加者の毎年度評価に加え,全体的な市民の健康意識についてのアンケート調査やそれぞれの地域の評価なども踏まえて,事業内容の見直しを行いながら,継続的に取り組んでいくことといたしております。また,介護保険ボランティアポイント制度などにつきましては,ボランティア参加者のアンケート調査によりますと,健康,生きがいの意識の変化などについてその効果が見られるところであります。平成25年度には全地区自治公民館で事業に着手することになりますが,初年度の平成21年度に取り組みを始めた地区については,1期5年間であることから,平成25年度は1期5年間が終了することになり,すべての地区が終了するのは平成29年度となります。1期5年間を終了した地区につきましては,事業の成果などを分析するとともに,適宜,事業の見直しを行いながら継続的に実施してまいりたいと考えております。なお,医療費が少ない先進地の事例等を見ますと,数十年来の取り組みにより健康づくりが定着してきていることから,本市におきましても時間をかけて市民の健康・生きがいづくりの意識の向上に努めてまいりたいと考えております。


○教育長(?田肥文君)


 スポーツ振興につきましての1点目についてお答えをいたします。本市の児童・生徒の体力の現状でございますが,小学校5年生,中学校2年生を対象にしました全国体力・運動能力運動習慣等調査の結果によりますと,全国・県平均に比べ,小学校5年生では20mシャトルランの値が下回っておりますが,長座体前屈では上回るなど,体力全般としましては全国・県平均を上回っている状況であります。中学2年生では,反復横跳びや握力は上回っておりますが,20mシャトルランや長座体前屈,立ち幅跳びが下回っており,体力全般としましては全国・県平均を下回っている状況であります。これらのことから,市内小中学校の共通の課題としまして,持久力の育成,また中学校におきましては,柔軟性や跳躍力の育成が挙げられているところであります。各小中学校におきましては,それぞれの学校の課題を克服するために体力向上推進計画を作成して,「一校一運動」や体育の授業の充実を図るとともに,スポーツ少年団や中学校の部活動におきましても,児童・生徒の体力向上に取り組んでいるところでございます。また,生涯スポーツの取り組みといたしましては,地域の子ども会,児童クラブ,高齢者等幅広い年齢層を対象にして,レクリエーションやニュースポーツに親しむ出前講座を実施したりして,各競技団体が取り組んでいる各種スポーツの支援をするなどしまして,市民の皆様がスポーツを楽しむ環境づくりに努めているところであります。次に,2点目の地域におけるスポーツ振興と環境についてお答えをいたします。先ほどの生涯スポーツの取り組みとも関連がございますが,市内には隼人地区を中心としましたNPO法人隼人錦江スポーツクラブと国分地区を中心としました舞鶴スポーツクラブの2つの総合型地域スポーツクラブがあり,1,300名を超える会員の皆様が日ごろからスポーツに親しんでおられます。その中で,市民を対象としたスポーツ教室やアスリートを招いた講演会,実技講習会を開催するなど市民を巻き込んだ取り組みとなっております。それらの活動の場は,公共体育施設や学校施設でありますが,さまざまな種目を実施できるスポーツ施設の環境は,おおむね整っているものと考えております。ただ,会員以外でも本市のスポーツ人口は多く,施設が利用者で重複する曜日や時間帯が発生している現状もございます。そのような中で,公共体育施設は指定管理者制度を導入しましたことで,独自の自主事業を実施し,市民の皆様に対して,スポーツに接する多くの機会を提供いただいております。次に,3点目の霧島市スポーツ振興審議会についてでございますが,合併後の平成18年4月に,スポーツ振興法の規定に基づき設置をいたしております。現在の委員は14名で,男性11名,女性3名で構成をされております。審議会は不定期で開催され,その役割といたしましては本市のスポーツ振興に関する事項で,1つ目に,生涯スポーツに関すること,2つ目に,スポーツ行事の実施及び奨励に関すること,3つ目に,スポーツ団体及び指導者の育成に関することなどにつきまして,教育委員会の諮問に応じて調査審議する機関でございます。これまで,「市の体育指導委員の定数」,「スポーツ少年団の活動について」などに建議をいただいております。最後に,4点目の霧島市スポーツ振興計画の策定についてでございますが,来年度から実施をいたします霧島市教育振興基本計画において,向こう10年間で取り組む重点施策と,その基本方向の中でスポーツ振興基本計画の策定についても触れたところでございます。教育振興基本計画が上位計画でありますので,生涯スポーツの推進やスポーツ振興,スポーツ環境の整備等も視野に入れつつ,併せて「霧島市スポーツ振興審議会」のご意見もお伺いしながら検討を進めてまいりたいと考えております。


○15番(常盤信一君)


 すばらしい回答をいただいおるわけですが,二,三,再質問をさせていただきたいというふうに思います。最初に,生きがいづくりのかかわりですが,今月2月号の市報にも特集なのかどうか分かりませんが,詳細に書いてあるというふうに思ったりもしているわけですけれども,7つの地域が21年度取り組みをしたということで,例も掲載がされておったわけですけど,特徴的な取り組みと,この1年間取り組まれて,どういう経過,結果というんですか,が生まれてきているのか。もしよければ触れていただきたいと思うんですが,お願いします。


○健康増進課長(宮本順子君)


 健康・生きがいづくり推進モデル事業につきましては,平成21年度が初年度でございまして,まだ4月に入りましてから地区のほうにお願いをしたところでもありますが,開始時期は6月ぐらいから開始されております。その中で,非常に積極的に進めていただきまして,現在7地区で,広報にもございますけれども,自分たちなりにウォーキングをされたり,あるいは運動会と一緒に合同にされたり,それから栄養教室,それからNPOとの取り組みを一緒にされたり,それから体育指導委員の方と一緒に,体育指導委員の方を指導者として迎えてニュースポーツをされたり,それから食生活改善推進員との共同による料理教室,そして運動普及推進員が毎回出ておりまして,身近にできるダンベル体操とかタオル体操などの普及を毎回しておりまして,まだ今月評価をいたしますけれども,まだ出ておりませんが,非常に意欲を持って取り組まれている状況がうかがえました。


○15番(常盤信一君)


 高齢化社会の進行に伴って,そういう地域のいろいろレクリエーション,その他健康いきいきサロンだとか,参加をされるという点では非常にいいことだというふうに思っているわけですが,実は私国分の下井に住んでいるんですけれども,国分の時代から平成15年度からですか,いきいきサロンというのを実施しています。旧国分の時代に提唱がされて,何件か取り組みをしたところがあるそうですが,今下井だけが残っているということで,毎月第3月曜日に実施をしているわけですけれども,約15名から20名の方が参加をしていらっしゃいます。すばらしいというふうに思うのは,一つは公民館がやはり積極的に取り組んでるかどうかという問題。それから民生委員の方々,それから福祉アドバイザーの方々がかなり積極的に参加をされていろいろお手伝いをいただいているというケースもございますし,併せて運動普及推進員や社会福祉協議会のお手伝いをいただきながらということになるんですが,そういった連携という点ではこの1年間7つの取り組みの中で特徴的なのがあればお示しをいただければと思いますが,いかがですか。


○健康増進課長(宮本順子君)


 まず,モデル事業の中で連携をとりましたのは,先ほどもちょっと言いましたけれども,体育指導委員の方に,モデル事業7地区のうち3地区へ5回ほどお願いをしております。ニュースポーツなどで来ていただいているところです。それから,地域の中の公民館の中にいらっしゃる方は,さまざまな役職を兼ねていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいまして,民生委員さんの方々なんかもその中に入っていらっしゃると聞いております。それから,いきいきサロンに対する取り組みとしましては,すこやか保健センターのほうから年に何回か血圧測定等にも行っておりますけれども,隼人にもいきいきサロンがたくさんございまして,隼人,国分のほうで運動普及推進員がされておりますので,そういう方々も重複して参加をされているということも伺っております。


○15番(常盤信一君)


 ぜひ,成功させてほしいというふうに思いますし,具体的に多くの方々に情報発信もしていただきたいというふうに思っているところですが,やはり高齢者等の自立した生活を支援する,あるいは介護防止,医療費の抑制も含めて大事なことだというふうに思っておるわけですが,今年の初めですか,東大の先生が何か10年にさかのぼって統計をとられた結果をちょっと聞きましたけれども,退職をして早く亡くなられた方々の要因を調査されたんだそうです。一番多いのはたばこを吸ってる方々だというふうに言っていました。私びっくりしたのはその2番目なんですが,社会活動に参加をしていない人が多いと。その,人の調査ですから,全部に当てはまるかどうかは分かりませんが,そういった視点から見ますと,やはり閉じこもりをしたり,人と交流をしなかったりする方々が意外と早く亡くなっているということになるんではないかというふうに思うんですが。そういった点で,ぜひ努力をしていただいて,大きな成果を上げていただくようにお願いをしたいというふうに思います。それから,今県が,「健康かごしま21」の中間評価報告書というのを18年9月ごろ出しているんですが,この結果についてはご存じですか。


○健康増進課長(宮本順子君)


 はい,存じ上げております。


○15番(常盤信一君)


 これを見てみますと,2010年度が最終目標になっているんで,本年度なんですが,この到達状況を見てみますと,目標達成度が悪化をしているというのが26項目あるというふうに指摘をしています。一つ一つを言うと時間がかかりますけれども,そういった点でいいますと,今年1年を残しているにもかかわらず,目標からいうと,決してすばらしい状況ではないというふうに思っています。なぜそうなのかという点,私詳しく調べてないんですが,行政側としてはこれがそういう形で,余すところ1年でこういう状況になっているという点は,どういうふうに分析をされますか。


○健康増進課長(宮本順子君)


 26項目の中でも非常に重要なところが運動習慣者の減少だと思われます。ほかにもさまざまあるんですけれども,運動習慣,意識的に運動を心がけている人が減っているという現象がありまして,1日8,000歩と言われておりますが,それが6,000歩ぐらいになっているとか,そういう現状がございます。やはりこの経済状況などもあると思いますが,40歳から,若いうちからの,30代も含めますけれども,若いうちからの健康管理というものが非常にまだまだ進んでいないのではないかなと思われます。そういうことで特定健診などが始まり,高脂血症や高血圧,メタボリック症候群と言われるようなものの予防が始まったわけなんですけれども,そういうものを含めながら若いうちからの健康管理をする必要があるのではないかと思われます。それと,この健康生きがいづくりというものを進めることによって,少しずつこういうものを地域でしていく風潮ができれば少しずつ上がっていくのかなというふうに考えております。


○15番(常盤信一君)


 言われることが霧島市の状況なんだろうというふうに思いますが,市長が当初,所信表明をされたときの中に健康づくりの推進についてのコメントがあったわけですが,健康づくり推進室を設置すると。これは庁内の健康づくりの関連部署と連携調整を図って進めていきたいということなんですが,これは本年度の計画として提案をされているわけですので,具体的にはいつごろ,どういう形で,これを起動させていかれるおつもりか,お伺いをします。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 (仮称)健康づくり推進室については,稼働するのはこの4月からということでございます。さまざまな保険者がある中での市民の健康づくりに取り組んでいく,生きがいづくりに取り組んでいくことが必要でございますので,さまざまな保険者がおられる中の調整であるとか,あるいは庁内でもさまざまな部署にわたっての健康あるいはスポーツ等,そういうものについての部署がございますので,そういうところとの連携とかいうものを主に行って健康づくりを進めていこうというようなものでございます。


○15番(常盤信一君)


 具体的にはそのうち姿をあらわしていくんだろうというふうに思いますが,関連部署との連携だとかという点でいいますと,例えば社会体育の関係だとか,健康増進課含めて,通常どういう共通理解を得ながら,例えばこういう健康づくりの推進をされておるのか,もし実態が分かれば少し話していただきたいと思うんですが,いかがでしょうか。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 例えば,地区の自治公民館で行われているものでございますと,それぞれの健康サロン的なものの取り組みは保健福祉部で,そして,地域の例えば運動会でありますとか,あるいはウォーキングでありますとかいったようなものは教育委員会サイドでというような,そのような取り組みが個々に行われているようなものもございますので,そういったところにつきましても,全体的な市民の健康,生きがいづくりの観点からどのような形でしていけばいいのかというものを,さらに突き詰めて充実させていく必要があるというようなことでございます。


○15番(常盤信一君)


 ぜひ,すばらしい事業だというふうに思いますので,推進をしていただいて,すばらしい結果が出るようにお願いをしたいというふうに思います。次に,医療費あるいは介護費用の抑制効果の関係なんですが,生活習慣病などのリスクが要因であると言われますけれども,喫煙,肥満,運動不足の3つに該当する人と該当しない人を比較すると,医療費が4割余り高くなるというのを厚生労働省の研究班が出しておりますが,これは5万人を対象に9年間追跡した結果だというふうに私は聞いているわけです。したがいまして,そういう意味でいうと,健康づくりを含めて,医療予防,介護予防の努力をしていくと,当然必然として医療費や介護費用が要らなくなるというか,そうたくさん多額の金を使わなくても済むということになるわけですが。現在30兆円を超える医療費が国の中で,もう30兆円って言わないのかな,かなりそれを超える額になるのかもしれませんが。あれは昨年ですかね,鹿児島県の医療費適正化計画を策定委員会が議論した結果を新聞に掲載しておりましたけれども,2012年度までの5年間で医療費の伸び率を現状の半分に抑えて,同年度時点で約371億円の削減効果を生むというふうに載っていました。現状,県の関係の医療費見込みがその時点で6,544億円ということで,目標を6,173億円に抑えるという試算の中で,何か371億円の削減効果が生まれるというふうに5年間でしたいというのが,この適正化計画の中で策定委員会が議論した中身として掲載をされておったわけですが。私,生きがいづくりの事業推進をされて,ひとくくりが5年で全部が終わるのが10年ということですが,10年というスパンでどういう結果を見込まれておるのか。これは3番目のこの25年の5年間の関係でもそうですが,どういう姿を描かれて,この事業が見守られていくのかなというのを非常に期待してるんですが。何かそういう具体的な計画は先ほどの答弁では見えてこないんですけれども,数値目標をやはり明らかにして,市民に啓発をして,目的意識的に公民館ぐるみや地域ぐるみで取り組みをしていくということが大事だと思うんですが。ただ,健康を推進しようというだけでは前に進まないような気がするんですが,そこら辺含めてどういうふうにお考えか,お願いしたい。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 まず,この健康・生きがいづくりを1期5年間と,1地区が5年間というふうな区切りをしております。これはこの5年間に,どのような定着のあり方になっているのかというのをまず見たいということでございます。したがいまして,実施年度が各地区によりましてずれてまいりますので,最終的な1期の終了は9年後になるわけでございますけれども,その1期5年間が終わったからといって,その地域のものが終わっていくというふうには考えておりません。先ほどご答弁申し上げましたように,非常に効果が出るには何十年もかかっていくものであろうというふうに考えております。したがいまして,今回着手した中では,その定着をいかにさせていくか,地域の特性に合った形でその地域地域で,どのような形で健康・生きがいづくりに取り組んでいかれるものが定着していくかという,そういうものの部分でまず評価をしていきたいというふうに考えております。ですから,それぞれの地域で取り組みをされますけれども,その中身は例えばこの事業については若干この地域にはなじまないので参加が少ないとかいうようなこともあろうかと思いますので,それらにつきましては,また個々に対応して取り組みをさらに高めていただくような取り組みをしていただくというような,そういうものに考えておりますので,この1期の5年間ですべてが決まるというようなものではないというふうに考えているところでございます。


○15番(常盤信一君)


 計画ですから,実践がというか,実行が伴わないと結果は出ないということになってきますし,分かりませんが。お願いにもなるのかもしれませんけども,先ほど言いましたように,5年で鹿児島県の医療費を371億削減が見込まれるとかいう話をされておるところを見ると,もちろん霧島市もその枠内に入ってるわけですから,そういった視点で物事を分析していただきながら,ぜひ,10年のスパンでどういう健康づくりの推進事業が進んでいくのか。僕は5年でもいいと思いますが,見直しもしていただきながら,すばらしい結果が出るようにしていただきたいなということを申し上げて,このことは終わりたいと思います。次に,スポーツ振興に関することですが,先ほど説明をしていただきまして,大体実情は把握ができるわけですけれども,やはりこの運動不足だというふうに言われているのが,例えば内閣府が発表した体力スポーツに関する世論調査を見ても,運動不足を感じる人が74%ぐらいだというふうに私は聞いています。そういう意味でいうと,前回,昨年の11月ごろの話ですから,3年前と比べると六.数%増えたというふうな結果が出てるわけですが,やはりこの運動不足そのものがある意味では,先ほども健康づくりのかかわりもあるんだろうというふうに思いますが,大変な事態になってきてるんではないのかというふうに思ったりもします。40代では86%を超えるというような統計の発表が出ておるようです。それから,運動不足をあまり感じないという人は25%ぐらいだというふうに聞いておりますけれども,やはりそういった意味ではスポーツの大切さを指摘しているんだろうというふうに考えたりもします。それから,生涯スポーツのかかわりでも同じようなことが言えるんだろうというふうに思いますが,レクリエーションを中心にして,かなり取り組まれている部分も先ほど提起があったというふうに思いますが,こうした視点から見ると,当然この体力向上や生涯スポーツの取り組みというのが今まさに重要なんだと,このことが地域づくり,まちづくりの活性化に大いにプラスになるんだという点での効果の話を先ほどもしてきたというふうに思いますが,そういった視点からしますと,ぜひ年齢別あるいは世代別というんですか,を輪切りにしてでも,その地域に応じた必要な対策をとっていく必要があるんだろうというふうにつくづく感じるんですが,今後,先ほど言われた課題の関係でいうと,具体的に何か特徴的な取り組みを計画をされているのがあればお知らせをいただきたいと思いますが,いかがでしょう。


○保健体育課長兼隼人学校給食センター所長(藤山光隆君)


 先ほど教育長のほうも答弁いたしましたけれども,平成22年度から霧島市の教育振興基本計画を実施してまいりますけれども,その中の今後5年間で集中して取り組む,そういうものの中に,スポーツ施設等を含めた環境の充実,それとチャレンジデー,地域の人たちがスポーツに親しむ時間を多くつくろうと,そのようなことをその中に盛り込みながら,少しでも多くの市民の方がスポーツ,レクリエーションに接するような機会もつくっていこうというふうに考えております。


○15番(常盤信一君)


 ここに,これは文科省が出している,制作は財団法人日本レクリエーション協会の「touch」という本をちょっと私見させてもらってるんですが,子どもの体力の減少やら取り組みの方法やら書いてあります。もちろん,これは国のスポーツ振興計画に基づいて一定の分析がされておるんだろうと,遊び方まで書いてあります。それで,元気アップ親子セミナーというブックの一つの部分だろうというふうに思っているんですが,見させていただきましたけど,非常によく書いてありますし,取り組みやすい内容がかなり書いてあります。そういった視点でいいますと,ぜひ子どもの現状を教育委員会の方々はよく分析をされてらっしゃるし,よく分かってるんだろうと思いますので,多彩な取り組みをしながら進めていただければ助かるなというふうに考えておりますので,ぜひ,その点はよろしくお願いをします。それから,2番目のスポーツ振興の環境についても,ここ霧島市は言えばいいほう,いいほうというんですか,十分だとは言わんにしてもいいほうだという指摘がされているわけですが。全国的にもかなり学校体育施設,社会体育施設ある中で,どのように利用されているのかという統計上のやつも,文科省の白書を見てみますと書かれておったりするんですけれども,霧島市はそういう意味でいいますと,いかがなものなのかなという点で危惧しながら質問をさせていただいておるわけですけれども。先ほど重複をしたりとか,いろいろありましたが,学校でいいますと,地域に開放をしながら使われている部分だとか,社会体育施設だと,その地域地域に置いた施設がそれなりの目的を持って設置をされてるというふうに思うんですが,そういった点では違う形で運用をしなきゃならないというような事態というのは,霧島市ではないと思いますが,もしあったらお知らせいただきたいと思いますが,どうでしょう。


○保健体育課長兼隼人学校給食センター所長(藤山光隆君)


 今議員が指摘されましたような目的外といいますか,そのようなものは特にございませんけれども,ただ,単純に体育館としてスポーツに供給するだけではなくて,その体育施設等を若干文化的な部分も含めたイベントとして使っているような状況はございますけれども,相対的に学校体育施設につきましては,地域のスポーツクラブ,それからスポーツ少年団,そういうところの稼働率が100%ということで,かなり利用頻度も高くて,スポーツを中心とした利用に供されているのではないかというふうに考えております。


○15番(常盤信一君)


 去年でしたか,隼人の温水プールを事故があって改修されたのは。去年でしたか。あれも本来県が国体のときに造って,水球やらできるような形で,深い施設で目的意識的に造ったやつを,事故があったということで,浅くして使えるようにしたということですが,競技スポーツをされてる方々からいうと,ああいう施設がなくなるわけですので,非常に困って,目的を変えたのか,あるいはどういうことでそうされたのか。単なる事故だけの目的ではないというふうに思いますが,ほかにもそういう,いわゆる当初設置をした目的から地域のいろんなさまざまな要望で変えざるを得ないような社会体育施設とか学校施設とかありますか。


○保健体育課長兼隼人学校給食センター所長(藤山光隆君)


 現在では特に地域のほうから,そのような社会体育施設等を他の目的にというようなところは聞いてはおりません。


○15番(常盤信一君)


 そういう意味でいいますと,地域の方々が地域のニーズに合ったスポーツを楽しめる施設や場所があるというふうに理解をさせていただきたいというふうに思いますので,そこら辺もよろしくお願いをします。それから,県の事業の中で,もちろん国のスポーツ振興計画にのっとって実施をしている「健やかスポーツ100日運動」というのがありますね。私も聞いたことがあるんですが,ここら辺の取り組みは,具体的に霧島市ではどういう状況になってるのか分かりますか。分かればお知らせください。


○保健体育課長兼隼人学校給食センター所長(藤山光隆君)


 この県が推進しております「健やかスポーツ100日運動」につきましては,主体的,継続的に週2回,年間100日はスポーツ,レクリエーションをする機会をつくっていこうという事業ですけれども,本市としては,特にこの事業という形でやっているものはございませんけれども,先ほども教育長のほうが答弁いたしました出前講座と,それから体育指導委員による独自のスポーツ大会,それから霧島市の体協に所属する競技団体がそれぞれ独自の地域を中心としたスポーツ大会等も数多く実施しております。その参加者数から見ますと,約1万人近い方々が参加をしておりますので,そういうものが直接この事業にあったものではないかもしれませんけれども,地域の市民の方々がスポーツに接する機会は十分あるのかなと。また,先ほどもありましたように,指定管理者の中で,それぞれ年齢層に応じたユニークな自主事業を展開していただいておりますので,そういう部分でもスポーツに親しむ機会が多くなっているというふうに考えております。


○15番(常盤信一君)


 ぜひ,そういう一つ一つの事業が県もそうですが,市も含めて,公金を使いながらやっているわけですので,やはりチェックをしながら,きちっと一つの事業が市民の意にかなうように進んでいることを把握して,階段をやっぱり上っていけるようにしていただきたいなというふうに考えています。それから,そういうのを把握することも含めて,スポーツ審議会というのもある意味ではあるんだろうと思いますが,先ほど説明をしていただきましたが,18年の4月に設置をしたということですが,18年4月以降,何回ぐらい会議を開催されましたか。


○保健体育課長兼隼人学校給食センター所長(藤山光隆君)


 平成20年度までに3回実施しておりまして,21年度につきましては今のところ実施しておりません。


○15番(常盤信一君)


 健康づくりもそうですが,スポーツ振興計画にのっとって,さまざまな施策を講じなければならない,ある意味では重要な時期だというふうに思いますし,併せて,霧島市が誕生して5年目に入るわけですから,そういう意味では,ぜひ若者の多い地域だというふうにも言われておりますので,今後医療費や介護費もそうですが,やがては年をとっていくわけですので,そういう費用にも金がかからんような努力をしていただければなというふうに思っておるところです。それから,スポーツ振興計画の関係ですけれども,今,先ほど説明がありましたように,教育振興基本計画を策定中で,近いうちに出されるというふうには聞いておるわけですが,実は市の総合計画を出されるときに,平成19年9月から10月にかけて総合計画の基本構想に対するパブリックコメントを実施されて,私も,「育み磨きあうまちづくり」のところで提起をさせていただいたんですが,ほとんどそのスポーツ振興計画については述べられておりません。したがって,ぜひスポーツ振興計画を基本計画の中で国も作るように言ってるわけですので,ぜひそれは作業を進めていただきたいなと。いろんな関係団体と協議をしていただきながら,すばらしいものができるように期待をしている1人でもありますので,よろしくお願いをします。それから,併せて国のスポーツ振興計画は,総合型スポーツクラブのことをかなり時間を,時間というか,時間もそうですが,枚数もかなり使って表現をしておりますので,育成をするという点で,もう作ったけど後はいいということじゃなくて,いろんな形で連携をとり合って,スムーズにこの作業が進み,すばらしい地域づくりやまちづくりができるように努力をしていただくことをお願いして,私の質問を終わります。


○議長(池田 守君)


 以上で,常盤信一議員の一般質問を終わります。これで,本日の一般質問を終わります。残りの19名については,明後日以降の本会議で行います。ここで申し上げます。3月4日,5日及び8日の会議は議事の都合により,会議の開始時間を1時間繰り上げて,午前9時から開くことといたします。本日はこれで散会します。


              「散 会  午後 6時22分」