議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 霧島市

平成22年第1回定例会(第1日目 2月23日)




平成22年第1回定例会(第1日目 2月23日)





             平成22年第1回霧島市議会定例会会議録





 
1.議事日程は次のとおりである。


                       平成22年2月23日(第1日目)午前10時開議


┌──┬──┬────────────────────────────┬──────┐


│日程│議案│   件                  名     │ 備  考 │


│番号│番号│                            │      │


├──┼──┴────────────────────────────┼──────┤


│ 1│                5番  中 村 正 人 議員 │      │


│  │会議録署名議員の指名について                 │      │


│  │                6番  脇 元   敬 議員 │      │


├──┼───────────────────────────────┼──────┤


│ 2│会期の決定について   2月23日〜3月30日(36日間)     │      │


├──┼──┬────────────────────────────┼──────┤


│ 3│  │陳情第27号の取下げについて               │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 4│  │陳情第28号の取下げについて               │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 5│ 1│霧島市新川防災センターの設置及び管理に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 6│ 2│霧島市農村地域工業導入促進対策協議会条例の一部改正につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 7│ 3│霧島市職員の勤務時間,休暇等に関する条例等の一部改正につ│      │


│  │  │いて                          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 8│ 4│霧島市非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 9│ 5│霧島市立学校施設使用条例の一部改正について       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 10│ 6│霧島市立公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 11│ 7│霧島市青少年の家設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 12│ 8│霧島市いきいき国分交流センターの設置及び管理に関する条例│      │


│  │  │の一部改正について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 13│ 9│霧島市営体育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│      │


│  │  │いて                          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 14│ 10│霧島市営プールの設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 15│ 11│霧島市国分児童体育館の設置及び管理に関する条例の一部改正│      │


│  │  │について                        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 16│ 12│霧島市牧園B&G海洋センターの設置及び管理に関する条例の│      │


│  │  │一部改正について                    │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 17│ 13│霧島市牧園町地区運動場の設置及び管理に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 18│ 14│サン・あもりの設置及び管理に関する条例の一部改正について│      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 19│ 15│霧島市福山町地区体育館の設置及び管理に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 20│ 16│霧島市立郷土館等の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│      │


│  │  │いて                          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 21│ 17│霧島市総合福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 22│ 18│霧島市老人福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 23│ 19│霧島市霧島保健福祉センターの設置及び管理に関する条例の一│      │


│  │  │部改正について                     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 24│ 20│霧島市違法駐車等の防止に関する条例の一部改正について  │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 25│ 21│霧島市民会館の設置及び管理に関する条例の一部改正について│      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 26│ 22│霧島市国分中央地区共同利用施設の設置及び管理に関する条例│      │


│  │  │の一部改正について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 27│ 23│霧島市隼人地区共同利用施設の設置及び管理に関する条例の一│      │


│  │  │部改正について                     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 28│ 24│霧島市溝辺コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例│      │


│  │  │の一部改正について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 29│ 25│霧島市西郷公園の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 30│ 26│霧島市丸岡会館の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 31│ 27│霧島市働く婦人の家の設置及び管理に関する条例の一部改正に│      │


│  │  │ついて                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 32│ 28│霧島市多目的ホールの設置及び管理に関する条例の一部改正に│      │


│  │  │ついて                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 33│ 29│霧島市溝辺多目的交流施設上床どーむの設置及び管理に関する│      │


│  │  │条例の一部改正について                 │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 34│ 30│霧島市福山中央地区多目的研修施設の設置及び管理に関する条│      │


│  │  │例の一部改正について                  │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 35│ 31│霧島市浜之市ふれあいセンターの設置及び管理に関する条例の│      │


│  │  │一部改正について                    │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 36│ 32│霧島市公設地方卸売市場の設置及び管理に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 37│ 33│霧島緑の村の設置及び管理に関する条例の一部改正について │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 38│ 34│霧島市国分川原地区加工貯蔵施設の設置及び管理に関する条例│      │


│  │  │の一部改正について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 39│ 35│霧島市過疎地域産業開発促進条例の一部改正について    │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 40│ 36│霧島市横川勤労者技術研修館の設置及び管理に関する条例の一│      │


│  │  │部改正について                     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 41│ 37│霧島市温泉センターの設置及び管理に関する条例の一部改正に│      │


│  │  │ついて                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 42│ 38│霧島市隼人国民保養センターの設置及び管理に関する条例の一│      │


│  │  │部改正について                     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 43│ 39│霧島市都市公園条例の一部改正について          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 44│ 40│霧島市営住宅の設置及び管理に関する条例及び霧島市営単独住│      │


│  │  │宅の設置及び管理に関する条例の一部改正について     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 45│ 41│霧島市給水条例の一部改正について            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 46│ 42│霧島市福山プールの設置及び管理に関する条例の一部改正につ│      │


│  │  │いて                          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 47│ 43│霧島市ごみ処理手数料徴収条例の全部改正について     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 48│ 44│霧島市隼人農村環境改善センターの設置及び管理に関する条例│      │


│  │  │の全部改正について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 49│ 45│霧島市工業開発促進条例の全部改正について        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 50│ 46│霧島市消防団横川方面隊拠点施設の設置及び管理に関する条例│      │


│  │  │の全部改正について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 51│ 47│霧島市福山機械格納庫の設置及び管理に関する条例の廃止につ│      │


│  │  │いて                          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 52│ 48│霧島市農産物加工施設等の設置及び管理に関する条例の制定に│      │


│  │  │ついて                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 53│ 49│霧島市森林公園等の設置及び管理に関する条例の制定について│      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 54│ 50│霧島市塩浸温泉龍馬公園の設置及び管理に関する条例の制定に│      │


│  │  │ついて                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 55│ 51│隼人都市計画事業隼人駅東地区土地区画整理事業施行に関する│      │


│  │  │条例の制定について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 56│ 52│辺地に係る公共的施設の総合整備計画について       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 57│ 53│財産の取得について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 58│ 54│平成21年度霧島市一般会計補正予算(第6号)について   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 59│ 55│平成21年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)に│      │


│  │  │ついて                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 60│ 56│平成21年度霧島市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)│      │


│  │  │について                        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 61│ 57│平成21年度霧島市介護保険特別会計補正予算(第2号)につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 62│ 58│平成21年度霧島市交通災害共済事業特別会計補正予算(第1号│      │


│  │  │)について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 63│ 59│平成21年度霧島市下水道事業特別会計補正予算(第1号)につ│      │


│  │  │いて                          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 64│ 60│平成22年度霧島市一般会計予算について          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 65│ 61│平成22年度霧島市国民健康保険特別会計予算について    │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 66│ 62│平成22年度霧島市後期高齢者医療特別会計予算について   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 67│ 63│平成22年度霧島市老人保健医療特別会計予算について    │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 68│ 64│平成22年度霧島市介護保険特別会計予算について      │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 69│ 65│平成22年度霧島市交通災害共済事業特別会計予算について  │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 70│ 66│平成22年度霧島市下水道事業特別会計予算について     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 71│ 67│平成22年度霧島市温泉供給特別会計予算について      │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 72│ 68│平成22年度霧島市水道事業会計予算について        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 73│ 69│平成22年度霧島市工業用水道事業会計予算について     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 74│ 70│平成22年度霧島市病院事業会計予算について        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 75│諮問│人権擁護委員の推薦について               │      │


│  │ 1│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 76│議提│核兵器の廃絶と恒久平和を求める意見書について      │      │


│  │ 1│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 77│陳情│核兵器の廃絶と恒久平和を求める陳情書          │みなし採決 │


│  │ 21│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 78│議提│交通事故防止に関する決議について            │      │


│  │ 2│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 79│選挙│鹿児島県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について  │      │


│  │ 1│                            │      │


└──┴──┴────────────────────────────┴──────┘





2.本日の出席議員は次のとおりである。


    1番  宮 本 明 彦 君      2番  前 島 広 紀 君


    3番  有 村 隆 志 君      4番  志 摩 浩 志 君


    5番  中 村 正 人 君      6番  脇 元   敬 君


    7番  松 元   深 君      8番  秋 広 眞 司 君


    9番  池 田 綱 雄 君     10番  徳 田 拡 志 君


   11番  山 浦 安 生 君     12番  厚 地   覺 君


   13番  新 橋   実 君     14番  仮 屋 国 治 君


   15番  常 盤 信 一 君     16番  脇 元   操 君


   17番  植 山 利 博 君     18番  上 鍋 正 光 君


   19番  塩井川 幸 生 君     20番  久 保 史 郎 君


   21番  岡 村 一二三 君     22番  木野田 恵美子 君


   23番  池 田   守 君     24番  下深迫 孝 二 君


   25番  吉 永 民 治 君     26番  今 吉 歳 晴 君


   27番  細山田 為 重 君     28番  蔵 原   勇 君


   29番  田 代 昇 子 君     30番  前川原 正 人 君


   31番  時 任 英 寛 君     32番  西 村 新一郎 君


   33番  宮 内   博 君     34番  徳 田 和 昭 君





3.本日の欠席議員は次のとおりである。


   な し





4.会議に出席した議会事務局の職員は次のとおりである。


 議会事務局長    上 原 勝 己 君   議事調査課長   満 留   寛 君


 議事調査課主幹兼  新 窪 政 博 君   調査グループ長  齋 藤   修 君


 議事グループ長


 書    記    隈 元 秀 一 君   書    記   中 見 嘉 雄 君





5.地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。


 市     長   前 田 終 止 君   副  市  長  南 田 吉 文 君


 副  市  長   大 塚 行 則 君   総 務 部 長  今 村 恭 一 君


 企画部長兼     山 口   剛 君   生活環境部長   川 畑   巧 君


 行政改革推進監兼


 大学跡地利用対策監


 保健福祉部長    平 野 貴 志 君   農林水産部長   萬 ? 茂 樹 君


 商工観光部長    柳 田 秀 徳 君   建 設 部 長  篠 原 明 博 君


 工事監査部長    大 井   正 君   会計管理部長   東   邦 雄 君


 水 道 部 長   迫 間   勇 君   溝辺総合支所長兼 岩 切 正 信 君


                       地域振興課長


 横川総合支所長兼  福 原   平 君   牧園総合支所長兼 間手原   修 君


 地域振興課長                地域振興課長


 霧島総合支所長兼  川 野 茂 樹 君   福山総合支所長兼 福 盛 安 美 君


 地域振興課長                地域振興課長


 企画部次長兼    川 村 直 人 君   総 務 課 長  宗 像 成 昭 君


 企画政策課長


 財 政 課 長   塩 川   剛 君


 教  育  長   ? 田 肥 文 君   教 育 部 長  阿 多 己 清 君





6.会議のてん末は次のとおりである。








              「開 会  午前10時00分」


○議長(池田 守君)


 ただいまから,平成22年第1回霧島市議会定例会を開会します。直ちに本日の会議を開きます。





  △ 諸般の報告





○議長(池田 守君)


 議事に入ります前に,諸般の報告をいたします。お手元に議長等の出席した主な行事についての報告と,地方自治法の規定により市長が専決処分した事件の報告3件を配付しておりますので,お目通し願います。それでは,お手元に配付しました議事日程に基づき会議を進めてまいります。これより議事に入ります。





  △ 日程第1 会議録署名議員の指名について





○議長(池田 守君)


 日程第1,会議録署名議員の指名をします。5番,中村正人議員,6番,脇元敬議員,以上2名を指名します。





  △ 日程第2 会期の決定について





○議長(池田 守君)


 次に,日程第2,会期の決定についてを議題とします。お諮りします。今定例会の会期は,本日から平成22年3月30日までの36日間にしたいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,会期は本日から平成22年3月30日までの36日間と決定しました。





  △ 日程第3 陳情第27号の取下げについてから


    日程第4 陳情第28号の取下げについてまで一括上程





○議長(池田 守君)


 次に,日程第3,陳情第27号の取下げについてから,日程第4,陳情第28号の取下げについてまで,以上2件を一括して議題とします。お諮りします。陳情第27号及び陳情第28号については,陳情者から取り下げたいとの申し出がありましたので,これを許可することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,陳情第27号及び陳情第28号の取り下げは,許可することに決定しました。





  △ 日程第5 議案第1号 霧島市新川防災センターの設置及び管理に関する条例の


               一部改正についてから


    日程第75 諮問第1号 人権擁護委員の推薦についてまで一括上程





○議長(池田 守君)


 次に,日程第5,議案第1号,霧島市新川防災センターの設置及び管理に関する条例の一部改正についてから,日程第75,諮問第1号,人権擁護委員の推薦についてまで,以上71件を一括し,議題といたします。提案者の説明を求めます。


○市長(前田終止君)


 本日ここに,平成22年第1回霧島市議会定例会の開会にあたりまして,市政運営に臨む私の所信を申し述べますとともに,今回提案いたしております議案につきまして,その概要をご説明申し上げ,議員各位をはじめ,市民の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。さて,私が合併後の新市霧島市の初代市長として2期目をスタートさせていただきましてから,早いもので3か月が経過しようといたしております。これまでの1期4年間を振り返ってみますと,初代市長として市民の皆様のご理解とご協力をいただきながら,霧島市政の運営に全身全霊を傾け,精いっぱい取り組んでまいりましたが,一定の成果を挙げたと評価していただく一方で,この1期4年間の市政に対するさまざまなご意見やご指摘,ご批判等もいただきました。私といたしましては,これらのことを謙虚にそして前向きに受けとめるとともに,これからの4年間,これまでの課題や反省点を十分に踏まえながら,市民の皆様のさまざまな思いや期待に応え,市長としての重責を果たせるよう誠心誠意,全力を傾注してまいる覚悟でございますので,どうぞ議員各位をはじめ,市民の皆様に,これまで以上のご支援,ご協力,ご指導を賜りますようよろしくお願いを申し上げる次第でございます。私の2期目の市政運営につきましては,市長就任以来申し上げてまいりました「市民が主役」,この信念のもと,民意を第一にそして現場主義を堅持しながら,「開かれた市政」,「活力ある市政」,「公正公平な市政」,この3つの基本姿勢をモットーに,「あれも,これも」という政策から「あれか,これか」という「選択と集中」による政策をさらに進めますとともに,霧島市の「地域力」・「市民力」と私ども行政が「共生・共働・共助」することにより,「元気!霧島・市民力のまちづくり」を進め,誰もが「このまちに住みたい,住んでよかった」と実感できるような市民生活の実現に向けて,霧島市の新しい時代をつくってまいりたいと考えているところでございます。具体的な施策につきましては,私のマニフェストや「第一次霧島市総合計画」の7つの基本政策に基づき,積極的に進めてまいりますが,特に私が総合支所等に自ら出向いて執務を行う「1日移動市長室」につきましては,市民の皆さんとあるいはまた行政のそれぞれの支所の職員と気軽に語り合い,課題やトラブルに対してなるべくスピーディーな対応を行うことを目的として,4月から毎月第3月曜日を基本として実施することといたしております。さて,我が国経済は,世界同時不況の影響を受け,失業率が高水準で推移するなど依然として厳しい状況にあります中,緊急経済対策の効果などを背景に景気が持ち直していくと見られる一方,物価の動向は緩やかなデフレ状況にあり,消費者物価は大幅な供給超過等から4年ぶりに下落に転じると見込まれております。こうした経済情勢の中,国は国民の暮らしの豊かさに力点を置いた経済社会への転換を目指す観点から,子育て,雇用,環境,科学・技術に特に重点を置いた平成22年度予算編成を行うとされたところでございます。一方,地方財政につきましては,個人所得の大幅な減少や企業収益の急激な悪化等により,地方税収入や地方交付税の原資となる国税収入が引き続き落ち込む中で,社会保障関係経費の自然増や公債費が高い水準で推移することなどにより,財源不足額が18兆2,168億円と過去最大の規模に拡大するものと見込まれております。また,地域主権の確立に向けた制度改革に取り組むとともに,地域の住民サービスの提供に必要な地方財政の所要財源を確保し,地方経済を支え,地域活力の回復を図るといった観点から,地方交付税総額を対前年度比で1.1兆円増額するとともに,地方財政計画の一般歳出に約1兆円の「地域活性化・雇用等臨時特例費」が計上されたところでございます。鹿児島県におきましては,景気の後退に伴い県税収入が大幅に落ち込んでいる上に,国の予算における公共事業関係費の大幅な削減の影響や少子高齢化の進展に伴う社会保障関係費の増,高水準で推移する公債費など引き続き厳しい財政状況の中,平成22年度予算におきましては,「県政刷新大綱」のフレームを踏まえた歳出削減・歳入確保の取り組みを継続しつつ,「改革継続・生活優先予算」としてほぼ前年度と同規模の予算編成がなされたところであります。さて,本市の財政状況につきましては,「霧島市行政改革大綱」,「霧島市集中改革プラン」及び「霧島市経営健全化計画」の取り組みを積極的に進めてきました結果,財政健全化に向けた成果は出てきていますものの,依然として国・県同様に厳しい状況にありますので,引き続き財政健全化に向けて,自主財源の確保や新たな収入の積極的な確保に努めますとともに,投資的経費等の抑制による市債残高の縮減等を軸に,歳出抑制のため徹底した事務経費等の抑制及び事務執行の効率化等を図るなど,徹底した行財政改革により一層推進していく必要がございます。このようなことから,平成22年度予算につきましては,前年度に引き続き「持続可能な健全財政の確立」,「将来市民負担の軽減」,「ビルドアンドスクラップの推進」,「市民への説明責任」を編成の基本方針として定めて,「第一次霧島市総合計画」の将来像である「人と自然が輝き,人が拓く,多機能都市」の実現に向け,7つの政策を着実に推進する内容といたしたところでございます。なお,予算編成に際しましては,行政評価システムを活用し,予算と総合計画が連動し,効果的・合理的なものとなるよう努めたところでございます。平成22年度の当初予算は,国の第二次補正予算と歩調を合わせ,平成21年度一般会計補正予算(第6号)と一体的な予算とし,将来の霧島市を見据え,今取り組むべき施策を盛り込み,引き続き「霧島・元気なふるさと再生予算」としており,「環境,子育て,健康,雇用,観光,環霧島,霧島茶,教育」この8つのアルファベットの「K」,この「K」をキーワードに取り組む予算といたしました。その結果,平成22年度一般会計当初予算の総額を503億7,000万円とし,平成21年度と比較いたしまして,9億5,000万円,1.9%増の予算といたしました。なお,平成22年度は景気の後退により,市税や地方消費税交付金等で約3億6,500万円の減と見込まれますことから,一般財源の不足額10億2,000万円を財政調整基金の取り崩しで対応することといたしました。平成22年度以降につきましても,「将来にわたり持続可能な健全財政」を維持するため,引き続き財政健全化に努めてまいる所存でございます。それでは,次に平成22年度に取り組む主な事業等について総合計画の7つの政策体系に沿って,ご説明申し上げます。第1の「快適で魅力あるまちづくり」につきましては,生活や産業の基盤となるインフラストラクチャーの整備を積極的かつ計画的に進めてまいります。まず,道路につきましては国道や県道とリンクした広域道路ネットワークによる総合的な交通体系の構築を基本に,安全性や緊急性,利便性,事業効果等を見極めながら,道路体系に応じた整備を進めてまいります。平成22年度は辺地対策事業を導入し,交通の円滑化及び地域住民の利便性の向上を図るため,平成17年度から整備を進めてきた国分上井地区の市道瀬谷〜岩崎山下線の,(仮称)黒塚第二橋や,平成16年度から整備を進めてきた牧園町持松地区の県道豊後迫〜隼人線と県道犬飼〜霧島神宮停車場線を結ぶ市道真方〜臼崎線が完成する予定でございます。また,日常生活に密接な関連のある生活関連道路につきましては,各地区のまちづくり計画等に基づき,地域の実情に応じた改良,維持補修に努め,道路の改善・向上を図ってまいります。港湾整備につきましては,福山港及び隼人港における船舶の安全な係留と航行の確保などを図るため,県営事業による防波堤や階段護岸,遊歩道の整備のほか,防波堤への消波ブロックの設置が行われることになっております。なお,隼人港外港の整備につきましては,多くの課題はございますが,今後も引き続き粘り強く,県への要望や働きかけなどを行い,その実現に向けて努力してまいります。市営住宅につきましては,老朽化した木之房団地の建替事業計画戸数70戸のうち,第1期工事として1棟32戸の建替工事に本年度から着手し,団地全体の完成予定を平成26年度としているところでございます。また,入居者に安全で快適な住環境を提供するため,各団地の外壁改修工事や個別改善工事を計画的に推進してまいりますとともに,消防法で義務付けられている火災報知器の設置や,地上デジタル放送全面移行に伴う受信設備の改修工事,耐震診断事業を実施してまいります。都市計画につきましては,現在策定中の都市計画マスタープランの実現に向け,都市計画区域内の土地利用の規制・誘導を行い,秩序ある整備の推進を図るため,平成21年度から作業を進めております都市計画区域及び用途地域の見直しや,日常生活における住所及び事務所等の所在地の不便を解消するため,市街化が進行する舞鶴中学校周辺の住居表示の整備を進めるほか,潤いのある豊かな生活環境を創造するため,景観条例の制定や景観計画の策定に取り組んでまいります。街路につきましては,交通渋滞緩和と歩行者の安全確保及び商店街の活性化を図るため,平和通線の整備を引き続き進めるほか,幹線道路として早急な整備が望まれている(仮称)新川北線の事業化に向けた手続きを進めるとともに,測量設計に着手することといたしております。公園・緑地につきましては,平成18年度から実施している福山地区の「まきのはら運動公園」の多目的広場等の完成を目指すほか,国分広瀬地区のコミュニティ広場の整備を進めてまいります。また,緑地の保全及び緑化の推進に関する総合的な計画である「緑の基本計画」の策定に着手し,(仮称)霧島中央公園の整備につきましても,本計画において市域全体の公園・緑地等の整備構想に即した検討を行ってまいりますとともに,都市公園における総合的な安全・安心対策を計画的に実施するための「公園施設長寿命化計画」の策定に着手いたします。土地区画整理につきましては,土地利用の増進及び安全で快適な住宅地の供給を図り,既成市街地の再生と地域の発展に寄与するため,各地区において鋭意事業を進めているところであり,浜之市地区が平成27年度,麓第一地区が平成28年度の完成をそれぞれ予定いたしているところでございます。なお,隼人駅東地区につきましては,事業の認可がおり次第,着手してまいります。上水道・簡易水道事業につきましては,公営企業の経済性と公共性を重視するとともに,独立採算制の原則を堅持しながら,管路の新設及び老朽管の布設替え,配水池等の施設整備などを計画的に行い,安全で良質な水の安定供給に努めてまいります。なお,合併協議において,「合併後5年間で水道料金を統一する」とされていた調整方針につきましては,平成22年度内に統一してまいります。移住定住促進につきましては,おじゃんせ霧島関連の一環として,移住定住促進助成や移住体験研修事業を引き続き実施するほか,全国の「霧島ふるさと会」や「ふるさと回帰フェア」等のイベントに積極的に参加し,本市の魅力を積極的にPRするとともに,関係団体と連携した活動を展開し,移住者の増加を図ってまいります。バス運行事業につきましては,「霧島市地域公共交通計画」を踏まえ,平成20年度から市内全域に運行を始めたふれあいバスや巡回バス等の地域の実情を踏まえた運行に努めるとともに,これまでの運行状況等を総合的に検証しながら,さらなる利用者の利便性向上と効率的な運行を目指すため,コミュニティバス検討委員会や地域審議会等のご意見を拝聴しながら,抜本的な運行の見直し作業を進めてまいります。地上デジタル放送対策につきましては,市内全域で快適に地上デジタルテレビ放送を視聴できるよう,国及びNHKの補助事業等を活用しながら,テレビ難視聴地域における共同受信施設の新設及び改修を支援してまいります。消防につきましては,携帯電話からの119番通報の確認作業を飛躍的に高速化するための「携帯119番位置情報通知システム」を新たに導入するほか,高規格救急車の更新や消防団用車両の更新,防火水槽等の整備を計画的に実施してまいります。防災行政無線整備につきましては,平成22年度から5か年計画でデジタル化による同報系基幹システムの整備に着手し,災害情報伝達の一元化や迅速化を図り,危機管理体制の充実に努めるものであります。また,環霧島会議においては,霧島火山対策として構成市町で連携し,当該市町間での通話が可能となるMCA無線による通信網を整備するほか,霧島連山における山岳遭難時に,関係機関が迅速,的確かつ効率的に県境・市町境を越えて捜査・救助ができる体制の確立に向けての協議を進めるなど,広域的な相互協力・応援体制を構築してまいります。さらに,隔年で実施しております本市の総合防災訓練につきましては,今年は県の総合防災訓練と併せて5月に牧園地区において実施することになっており,この訓練を契機に更なる防災関係機関の相互の連携向上と住民の防災意識の高揚に努めてまいります。土砂災害・河川災害の防止対策につきましては,地域住民の生命財産を守るため,急傾斜地崩壊対策事業として隼人山之口地区など6か所を,また県単砂防事業として福山湊川など10か所を,さらに,県単急傾斜地崩壊対策事業として溝辺宮川内6地区外1か所で実施する計画でございます。総合治水対策につきましては,国分・隼人地区の豪雨時の浸水被害の低減を図るため,国分市街地における排水施設の改修工事を引き続き実施するとともに,天降川流域周辺における放水路及び樋門設置の詳細設計などを行ってまいります。交通安全対策につきましては,高齢運転者の交通事故防止対策の一環として,バス事業者のご理解とご協力をいただき,自主的に運転免許証を返納された65歳以上の方に,ふれあいバス等に使用できるプリペイドカードを交付する「高齢者運転免許証自主返納支援事業」を新たに創設し,高齢者が運転免許証を返納しやすい環境づくりに努めてまいります。消費生活の安全性向上につきましては,消費生活相談員を増員し,多重債務相談や消費生活啓発など消費者対策を強化してまいります。次に,第2の「自然にやさしいまちづくり」についてでございます。自然環境の保全につきましては,環境省や県,関係市町の主催により,本市をメイン会場として11月に開催される「自然公園ふれあい全国大会」などの機会を大いに活用しながら,自然保護・保全の意識啓発を図り,人と自然との豊かなふれあいを推進するほか,本来の霧島山系の植生で自然林の再生を図るため,県のふるさと雇用再生特別基金事業を活用し,森の再生事業を実施いたします。また,低炭素社会の実現に向けて,住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金事業や緑のカーテンモデル事業を継続して実施するほか,省エネ住宅の普及促進のため省エネモデル住宅の建築など,地球温暖化を防止する取り組みを推進してまいります。さらに,公共水域の水質保全対策として,現在の下水処理人口普及率が27.1%となっている下水道事業において,新たに国分隼人地区32.6haと牧園地区4.0haの面的整備を行うことにより,約1,440人の処理人口の増加を図るとともに,合併処理浄化槽の普及促進をより一層推進するため,くみ取りトイレから合併処理浄化槽へ切り替える際,市独自の上乗せ補助を新たに実施するほか,「霧島市生活排水対策推進計画」に基づき,地域の生活排水対策のリーダーとして15人の生活排水対策推進員を任命し,普及啓発活動や環境浄化微生物資材などを活用した河川,海の水質浄化に積極的に取り組んでまいります。生活環境の向上につきましては,県の緊急雇用創出事業臨時特例基金事業や地域グリーンニューディール基金事業を活用し,天降川等河川堤防沿いの草払いや,海岸沿いに集積した漂着物等の回収作業を実施してまいります。また,2年目となる「環境美化モデル地区」を新たに7地区指定しますほか,環境美化推進員の方々や地域住民の皆様と連携しながら,地域の環境美化に努めてまいります。循環型社会の形成につきましては,可燃ごみの焼却灰の資源化調査研究を進めますとともに,現在,隼人地区7自治会で実施している生ごみ分別リサイクルの試行を市内全域18自治会に拡大するなど可燃ごみの減量化等を図り,結果として,中間施設であるごみ焼却施設への負荷低減や維持管理費の削減につながるよう努めてまいります。また,一般廃棄物管理型最終処分場の整備につきましては,福山町宝瀬地区を候補地として選定させていただきましてから,2年が経過しようとしておりますが,この間,地元の方々のご理解を得るため,説明会や先進地研修を実施するとともに,昨年12月には生活環境影響調査等を行う1回の立地可能性調査に,今月には1回目の調査と連携しながら,基本計画・設計を行う2回目の立地可能性調査に着手いたしたところでございます。これらの立地可能性調査はそれぞれ約1年間の期間を要することから,随時,地元や各関係団体の皆様へ調査内容等を報告し,情報を共有しながら進めてまいりたいと存じております。「環境エコプラザ」につきましては,現在休館中のローカルエネルギー館を,環境をテーマに市民が集い・学び・交流できるような拠点施設として活用するため,市民の代表や企業の皆様,環境学習の専門家等により検討委員会を設置し,施設のあり方や管理運営の方法について検討してまいりたいと考えております。次に,第3の「活力ある産業のまちづくり」についてでございます。農林水産業につきましては,国内の食料自給率向上が急務となっている中,国では米の戸別所得補償制度のモデル対策事業,農山漁村地域整備交付金等の創設など新たな政策の展開が行われる反面,土地改良事業をはじめとする公共事業予算の大幅な削減が見込まれております。このような中,本市では,農林水産業者の経営体質の強化を最重点に置き,新たに「農林水産業ビジョン」を策定し,後継者や新規就業者等の担い手の確保対策や各種生産組織の育成,支援による経営体質の強化等に引き続き取り組んでまいります。農業の振興につきましては,農業の根幹である農地や農道,用排水路等の計画的な整備と適切な維持管理を行うことなどにより,活力と潤いのある農村環境づくりを推進してまいります。また,長引く景気低迷による経営悪化の支援策の一環としての利子補給や農地流動化による農地の集積拡大,野菜・果樹安定対策として国・県の事業導入による施設整備等を引き続き進めるほか,新規就農者育成,農作業受委託及び農地流動化など一体的に農業経営を支援する農業公社の設立について,関係機関と連携しながら検討してまいります。さらに,お茶をはじめとする霧島ブランド確立に向けた取り組みの一環として,平成23年度に本市で開催されます「全国お茶まつり鹿児島大会」の準備を万全の体制で進めますとともに,地元として,農林水産大臣賞・産地賞等の受賞ができるよう,県や関係機関と連携を強化しながら出品農家や振興会等へ支援を行ってまいります。畜産の振興につきましては,家畜導入資金の貸し付けや優良素牛の保留及び肥育素牛の地元購入,環境に配慮した牛舎等の整備を促進するなど,効率的かつ安定的な畜産経営の向上を引き続き図ってまいります。林業の振興につきましては,林業経営体の生産額の向上に向けた経営体質の強化や,林地残材や間伐材等の搬出,森林施業推進のための路網等の整備を計画的に行うとともに,地球温暖化に伴う二酸化炭素の吸収源でもある森林の適正な施業や広葉樹等への転換などにより,森林の持つ多面的機能が発揮できるよう森林整備を促進し,健全な森林の育成を通じて林産物の安定供給や公益的機能の維持向上に努めてまいります。また,有害鳥獣による農林業等への深刻な被害に対処するため「有害鳥獣被害防止計画」を策定しますとともに,特に多大な食害を及ぼしているシカの頭数や被害の実態のさらなる把握をするための生態系調査等を関係機関,団体と連携しながら実施してまいります。水産業の振興につきましては,イカ産卵礁の設置,マダイ,ヒラメの放流事業等を継続して行うなど,水産資源の増殖や水産経営の安定を図りますとともに,アマモの移植及び播種や,稚貝の放流などを実施し,藻場・干潟を保全・回復することにより錦江湾の水質浄化を図る新たな取り組みを支援してまいります。商工業の振興につきましては,商工業者の経営安定と体質強化を図るため,制度資金借入に対する利子補給補助事業や信用保証料補助事業を継続して実施するほか,商工業者の経営改善指導等を行う商工会議所や商工会に対する活動支援事業などに取り組んでまいります。企業誘致につきましては,昨今の景気悪化に伴い,企業も設備投資等を控え,企業誘致を行う上で依然として非常に厳しい状況が続いておりますが,ようやく少しずつではありますが,大企業を中心に明るい兆しも見えはじめておりますことから,今後も県をはじめ関係機関と連携を図りながら,積極的に粘り強く企業訪問を行うなど,企業誘致に向けた取り組みを進めてまいります。観光業の振興につきましては,「霧島市観光基本計画」を踏まえまして,現在放映中で好評を得ておりますNHK大河ドラマ「龍馬伝」の影響等により,今後本市への観光客の増加が期待されます中,龍馬ゆかりの地であります「福祉の里塩浸温泉」跡地に整備中の「塩浸温泉龍馬公園」など,観光資源を生かしたPRや長崎,高知,山口の3県でのバスラッピング広告など積極的に行い,観光誘客に努めてまいります。また,平成23年春の九州新幹線全線開業に伴い,JR鹿児島中央駅経由で霧島を訪れる観光客の増加が予想されますため,JR九州やバス事業者など関係機関との連携を図りながら,観光スポット等への移動の利便性を高めるような公共交通ネットワークの構築に取り組んでまいります。そのほか,市制5周年記念事業の一環として,「霧島市花火大会」や「霧島ふるさと祭」を霧島商工会議所や関係団体と連携しながら実施してまいります。雇用の促進につきましては,緊急雇用対策の一環として,新たに農林水産業や商工業など一定の要件を満たした業種にも対応した緊急雇用促進補助制度を創設するほか,県の緊急雇用創出事業臨時特例基金事業やふるさと雇用再生特別基金事業を活用したさまざまな雇用創出事業を実施してまいります。次に,第4の「育み磨きあうまちづくり」についてでございます。教育全般につきましては,平成22年度を初年度とする霧島市教育振興基本計画等に基づき,各種施策を推進してまいります。学校教育につきましては,道義高揚・豊かな心推進宣言都市として「心の教育」をこれまで以上に充実させるとともに,家庭や地域と緊密な連携を図りながら,霧島らしい特色ある教育活動を推進し,開かれた学校づくりを目指してまいります。具体的には,特色ある学校づくりを具現化する「マイ・スクール・プランニング事業」の一つとして,昨年度に引き続き複数の小規模校合同による1週間程度の「きずな・ふれあい集合学習」を実施するほか,小学校から中学校への円滑な移行を図るための支援員を配置する「小6・中1かけはしプラン」,学力向上や部活動等での支援を行う「ふるさと達人支援プラン」,全小中学校が情操教育の一環として,みやまコンセールを活用する「霧島市小中学校音楽の集い」,特別な配慮を必要とする幼児・児童・生徒のために支援員を配置する「特別支援教育推進事業」などを充実しながら取り組んでまいります。学校施設の整備につきましては,牧園中学校の体育館,グラウンド,プールの建設工事を実施し,平成22年度ですべての施設整備が完了するほか,国分西小学校の校舎等大規模改造事業に本格的に着手してまいります。国分中央高等学校につきましては,平成23年3月の中学校卒業者数減少に対応するとともに,時代や地域の要請に応え,魅力ある専門高校づくりに資するため,(仮称)スポーツ科学科新設などの学科再編に取り組んでまいります。また,校舎及び屋内運動場の耐震補強設計を実施し,安全安心な学習環境の確保に努めてまいります。幼稚園教育につきましては,小学校との連携を深めるための「幼・保・小連携研修会」の充実を図るとともに,私立幼稚園保護者の保育料の負担軽減を図るため,「私立幼稚園就園奨励費補助金」の助成を引き続き行ってまいります。青少年教育につきましては,『わんぱく「きりしまっ子」育成プラン』に基づく青少年健全育成事業をさらに充実し,恵まれた豊かな自然環境の中で,心と体のバランスのとれた,本市の次世代を担う青少年の育成を図ってまいります。成人教育につきましては,多くの学習機会を創設し,そのことにより教養を高めることのできる学習体制の構築を図るほか,生涯学習ボランティアセンターの活性化に努め,学習成果を生かした活動の場を提供してまいります。学校保健体育及びスポーツの振興につきましては,豊かな人間性とたくましい気力・体力を持つ児童生徒の育成に努めるとともに,子どもから高齢者まですべての人々がいつでもスポーツに親しめる環境づくりや,各種スポーツイベント等の開催を通じて,スポーツ人口の底辺拡大に努めてまいります。また,8月に霧島山系で開催されます全国高等学校総合体育大会登山大会や,同月に鹿児島県内で開催されます国民体育大会九州ブロック大会に向け,関係機関と連携しながら鋭意準備を進めてまいります。なお,本市では,ハンドボール,県道,柔剣道の3競技が国分体育館などで実施されることになっております。文化振興につきましては,市民に優れた舞台技術を提供することにより,文化芸術に対する興味・関心を喚起するとともに,美術展等の開催により創作活動の促進や地域に根付いた特色ある文化活動の充実を図り,文化力向上と新たな文化芸術の創造を目指してまいります。文化財の保存・活用につきましては,本市が持つ豊かな自然や歴史,文化遺産を後世に伝えますとともに,市民が文化財に触れる機会を多く提供するため,史跡めぐりなどを実施するほか,市民の一体感の醸成や保存会の活性化を図るため,市内各地に連綿と受け継がれてきた数多くのすばらしい郷土芸能を披露する(仮称)「霧島市郷土芸能祭」を開催するなど,地域の文化財を生かした事業を展開し,「歴史や文化を守り育むふるさと」を目指してまいります。図書館及びメディアセンターにつきましては,市民の教養と文化の向上を図るため,図書資料や視聴覚教材の充実,各種講座・研修会の開催,移動図書館サービスなどを実施するほか,「いつでも」「どこでも」インターネットや携帯電話で蔵書検索や貸出予約が本年3月から可能となる「新図書館システム」などを活用しながら,利用者の利便性の向上や図書館の効率的な運営を図ってまいります。次に,第5の「たすけあい支えあうまちづくり」についてでございます。医療体制の充実につきましては,長年の懸案でありました霧島市立医師会医療センターの脳神経外科を先月開設いたしたところでございますが,4月から新たに1名の脳神経外科医を鹿児島大学医学部から派遣していただき,2名体制で診療を始めることとなっておりますほか,急性期医療や地域医療連携の中核施設として本格的な稼動ができますよう中央手術棟の建設や専門医療機器の整備などを鋭意進めてまいりたいと存じます。健康づくりの推進につきましては,「健康きりしま21」に基づき,「笑顔が自然にこぼれる霧島市」を基本理念に,生活習慣病対策や健康・生きがいづくりなど,総合的かつ一体的に推進するための体制として,新たに「健康づくり推進室」を設置し,庁内の健康づくりの関連部署との連携・調整等を強化するほか,市民健康講座の開催など幅広い観点から市民の健康意識の向上に努めてまいります。また,地区自治公民館,自治会,健康運動普及推進員,食生活改善推進員などの協力を得ながら,それぞれの地域の特性やニーズに合わせた生活習慣の改善やウォーキングなどを実施する「健康・生きがいづくり推進モデル事業」のモデル地区を現在の7地区から32地区に増やし,住み慣れた地域で継続して実践できる健康・生きがいづくりを積極的に展開してまいります。さらに,がん検診などの各種検診の受診率向上に努めますとともに,「自殺対策基本法」に基づき,自殺予防対策のための講演会や講習会などを引き続き実施するほか,歯周疾患の予防対策として個別の歯周病検診の節目年齢の拡大等を図ってまいります。高齢者福祉につきましては,2年目となる「霧島市新すこやか支えあいプラン」に基づき,高齢者が住み慣れた地域で,尊厳を持っていきいきと安心して暮らし続けられるよう,地域包括支援センターを拠点とした高齢者等の身近な総合相談や支援体制の機能強化・充実を図るとともに,高齢者に対する要援護や日常生活を支援するため,24時間対応可能なコールセンター方式の緊急通報体制整備事業や,栄養改善,安否確認などを行うための配食サービス活用事業などを引き続き実施してまいります。また,高齢者等の生きがいづくりや介護予防を推進するための介護保険ボランティアポイント制度を充実するとともに,生活機能維持強化のための介護予防事業など,高齢者福祉の充実に向けた取り組みを推進してまいります。障がい者福祉につきましては,「霧島市障がい者福祉計画」等に基づき,障がい者の地域における自立した日常生活や社会参加を促進するために,障がい者相談員の配置や自立支援総合対策事業を推進するとともに,家族等の負担軽減を図るため,地域生活支援事業や日中一時支援事業などを実施するほか,臨床心理士や保健師等と連携して,子どもの発育発達や育児について不安のある保護者等への相談支援などに取り組んでまいります。生活保護につきましては,現下の厳しい雇用情勢等により,生活保護受給者は増加の傾向にありますことから,被保護者の就労による経済的自立支援策として,新たに生活保護就労支援員を配置するとともに,要援護者に対する自立・就労に向けた支援サービスを一体的に実施し,地域社会のセーフティネット機能の強化を図ってまいります。子育て環境の充実につきましては,「安心して子どもを生み,子育てができる霧島市」を目指して,現在策定中の「次世代育成支援対策行動計画」いわゆる「きりしますくすく子どもプラン」の後期行動計画等に基づき,次代を担う子どもたちが健やかに育つ環境整備の充実など,子育て家庭への支援に計画的,総合的に取り組んでまいります。具体的には,市民サービスセンター「コア・よか」において,これまで市民の皆様から要望がありました買い物のときなどに子どもを一時的に預けられる一時預かり事業を新たに実施いたしますほか,子育てにかかる経済的負担の軽減を図るため,保育所,幼稚園に通所・通園する多子世帯第3子以降の保育料の減額や,子育てされている方々が安心して働くことができるよう多種多様化する保育需要に対応するため,延長保育・一時預かり等の保育サービスの充実を図ってまいります。また,国の主要施策である子ども手当支給制度につきましては,次世代の社会を担う子ども一人一人の育ちを社会全体で応援する観点から,中学校修了までの児童生徒を対象に,1人につき月額1万3,000円を支給するほか,ひとり親家庭への自立支援策として,これまで支給対象となっていなかった父子家庭にも新たに児童扶養手当を支給してまいります。少子化対策につきましては,乳幼児健診の充実,特定不妊治療費助成や妊婦検診14回の公費負担による経済的負担の軽減を図ってまいるほか,医師による子どもの発育発達に関する相談に加え,医師会医療センターで発達専門外来を本格的に開始してまいります。そのほか,家庭養育能力の低下に等により児童虐待,非行,不登校等の問題が年々深刻化してきており,家庭児童相談室に寄せられる相談内容も複雑多種多様化し,相談件数も増加していることや,最近相談件数が増えているDV被害者等の相談に対応するため,従来の家庭児童相談員3名に加え,新たに1名の女性相談員を配置し,相談・支援体制の充実を図ってまいります。次に,第6の「共生・協働のまちづくり」についてでございます。市民参加によるまちづくりにつきましては,市民・市民団体による市民力・地域力と行政間の連携強化を図るため,平成22年度も自治会加入推進月間を設け,未加入者の自治会加入を促進するほか,地区自治公民館・自治会が実施する事業・活動に対する財政支援や,ボランティア団体・NPO等が実施する自主的な事業を支援する市民活動支援事業を引き続き実施してまいります。また住民一人一人が「自分たちの地域のことは自分たちで考え,みんなと一緒によりよくしていく」,「行政と連携・協働しながら地域づくりをしていく」という住民自治の基本原則などを定める「自治基本条例」の制定について,検討を進めてまいりたいと存じます。再生集落対策につきましては,集落支援員の配置や,マンパワー支援事業,井戸端会議モデル事業などの「霧島・元気なふるさと再生事業」を引き続き実施してまいりますとともに,霧島市元気なふるさと再生委員会でご提言いただきました事項について検討を重ねながら,中山間地域の政策課題の解決に取り組んでまいります。国際交流につきましては,青少年の海外派遣生とともに韓国の釜山や,「藤の花」を縁に交流を続けている中国上海嘉定区を訪問いたします予定のほか,初めてマレーシア・マラッカ市の青少年の受け入れや,国際交流員を活用した地域の国際化,国際交流団体との連携を強化しながら,市民の方々と本市在住の外国人との交流活動を推進するなど,国際交流の裾野をさらに広げるよう努めてまいります。人権の尊重につきましては,「霧島市人権教育・啓発基本計画」に基づき,障がいのある人の人権問題を啓発の重点項目に掲げ推進してまいりますとともに,地域で参加しやすい人権学習の機会の創出の一環として,「じんけんフェスタ」を8月に福山地区で開催し,引き続き人権の輪を市全体の広げていくよう努めてまいります。男女共同参画の推進につきましては,男女の人権の尊重を重点項目に掲げ,市民が学習しやすい環境づくりを進めるため,市内各地区で講座等を開催し,男女共同参画の理念の浸透と意識啓発に努めるなど,「霧島市男女共同参画計画」の着実な実現に向けた各種施策に取り組んでまいりますとともに,現在策定中の「霧島市配偶者等からの暴力防止及び被害者支援に関する計画」に基づき,DVの防止と被害者の保護及び自立の支援に関する施策を総合的に推進してまいります。次に,第7の「新たな行政経営によるまちづくり」についてでございます。行政改革につきましては,厳しい財政状況の中で,高度化・多様化する行政ニーズに適切かつ迅速に対応できる効果的で効率的な行政経営を目指し,「霧島市集中改革プラン」の既に終了いたしました項目を除く119項目について改革改善を進めてまいりますとともに,現在の「霧島市行政改革大綱」等は,平成22年度で期間満了となりますことから,新たな大綱やプランの策定に取り組んでまいります。福山地区総合支所につきましては,牧之原に新たな庁舎を平成22年度中に建設し,総合支所機能を新庁舎に集約するとともに,現在の総合支所においてはこれまで牧之原支所で行っていた窓口業務を行うことといたしております。公の施設の民間委託の推進につきましては,管理費の効率化や利便性の向上を目指し,積極的に指定管理者制度導入に努めた結果,平成22年度は前年度より6施設増え,156施設において導入がなされることとなっておりますが,今後もさらに導入を推進してまいりたいと存じます。行政経営システムの構築につきましては,平成18年度から構築を進めているところでございますが,行政評価の結果をより行政経営に反映させる仕組みづくりとその運用確立に努めてまいります。人事評価制度につきましては,住民本位の良質で効率的な行政サービスを提供するため,その担い手である職員の資質向上の手段として,職員個人の能力,実績を公正かつ客観的に評価できる新たな制度の構築に取り組んでまいります。市民サービスセンター「コア・よか」につきましては,平成21年度の1月までの利用者数は1万3,417人で,対前年度比で29%の増,取扱件数も2万449件で,対前年度比で34.4%の増となっております。また,1月末現在の利用者累計が2万7,000人を超えておりますが,特に利用者の46%が午後5時以降や土日・祝日にご利用いただいておりますことから,今後とも市民のニーズに応じたサービスを提供できる拠点施設として,適切に運営してまいりたいと存じます。税収確保の取り組みにつきましては,近年の経済不況の中,現年度分の徴収強化はもちろんのこと,税負担の公正性の確保や滞納繰越分の圧縮を図るため,差押えや公売の実施など滞納処分の強化に努めてまいりますとともに,平成22年度から主な税目を対象としたコンビニ収納を可能にするなど,納税者が納税しやすい環境づくりに一層取り組んでまいります。なお,税目以外の歳入確保対策の一環として,4月から保育料や住宅使用料などの公共料金もコンビニ収納が可能となります。入札・契約制度につきましては,「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」や「公共工事の品質確保の促進に関する法律」等を踏まえ,透明性の確保,公正な競争の促進,適正な施工の確保,不正行為の排除の徹底等の4つの基本原則に従い,発注や契約に関する事務等を適切に実施してまいります。また,平成21年度と同様,「5%程度縮減」の目標を掲げ,公共工事のコスト縮減対策に取り組んでまいります。最後に,「広域的な施策の取組」についてでございます。まず,「環霧島会議」につきましては,これまで5回の会議を開催させていただき,構成市町の課長等で組織する5つの専門部会からそれぞれ活動報告を受け,今後の取り組み等についての協議を行ってまいりましたが,新たに設置されました「環霧島教育長会議」や「教育専門部会」においても,今後「霧島山」をキーワードに,お互いに知恵を出し合い,共通する課題や目的に向かって,活発な議論が重ねられていくものと大いに期待をいたしているところでございます。なお,第6回目の会議は,5月19日に宮崎県えびの市で開催されることに決定しておりまして,各構成市町で活躍されているまちづくり団体の活動発表等を通じて,環霧島地域の住民の相互理解と交流も深めてまいりたいと存じます。ジオパークにつきましては,日本ジオパークネットワークへの加盟申請を1年延期し,この間,ジオツーリズムを提供するために必要な人材の育成を最優先課題と位置付け,「霧島ジオパークガイド養成講座」を開設いたしましたほか,シンポジウムやフォーラムの開催による地域住民の意識啓発,ジオマップの作成,学校教育で使用する副読本の作成など,ジオパークとしての必要な数々の実績を積み上げてまいりました。今年の加盟申請期限まで残りわずかとなり,申請作業に全力を傾注することは言うまでもありませんが,今後も霧島ジオパークが抱える課題を十分に踏まえながら,官民で組織する「霧島ジオパーク推進連絡協議会」が中心となって,これまでの活動を継続する一方,5月のインタブ(火山噴出物に関する国際会議)の霧島市での開催や,ジオサイトの学術的説明を記載した看板の設置など,各種事業を積極的に展開しますとともに,情報発信の機能を備えた拠点施設の整備等に関する協議を関係機関と進めてまいりたいと存じます。市町村消防の広域化につきましては,国の「市町村の消防の広域化に関する基本方針」や「鹿児島県消防広域化推進計画」等を踏まえ,先月,姶良・伊佐地域の2市4町で構成する「姶良・伊佐地域消防広域化運営協議会設立準備会」を設置したところでございますが,今後,(仮称)「姶良・伊佐地域消防広域化運営協議会」を設立し,消防の広域化について協議を進めてまいることとなっております。次に,そのほかの条例等及び予算の議案について,その概要をご説明いたします。本市の公の施設の使用料につきましては,これまでそれぞれの施設の規模や建設年次,種類等の条件をもとに検討を重ねてまいりました。その結果,額の改定をすべきと判断をした施設に係る条例の改正案を今回提案いたしております。まず,議案第1号,霧島市新川防災センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第5号,霧島市立学校施設使用条例の一部改正について,議案第6号,霧島市立公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第8号,霧島市いきいき国分交流センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第9号,霧島市営体育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第10号,霧島市営プールの設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第11号,霧島市国分児童体育館の設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第12号,霧島市牧園B&G海洋センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第13号,霧島市牧園町地区運動場の設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第14号,サン・あもりの設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第15号,霧島市福山町地区体育館の設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第16号,霧島市立郷土館等の設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第17号,霧島市総合福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第18号,霧島市老人福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第19号,霧島市霧島保健福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第21号,霧島市民会館の設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第22号,霧島市国分中央地区共同利用施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第23号,霧島市隼人地区共同利用施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第24号,霧島市溝辺コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第25号,霧島市西郷公園の設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第26号,霧島市丸岡会館の設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第27号,霧島市働く婦人の家の設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第28号,霧島市多目的ホールの設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第29号,霧島市溝辺多目的交流施設上床どーむの設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第30号,霧島市福山中央地区多目的研修施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第31号,霧島市浜之市ふれあいセンターの設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第32号,霧島市公設地方卸売市場の設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第33号,霧島緑の村の設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第34号,霧島市国分川原地区加工貯蔵施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第36号,霧島市横川勤労者技術研修館の設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第37号,霧島市温泉センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第38号,霧島市隼人国民保養センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について,議案第39号,霧島市都市公園条例の一部改正について,議案第42号,霧島市福山プールの設置及び管理に関する条例の一部改正について,以上,34件につきましては,使用料の見直しを主な改正内容とし,併せて使用料の返還,減免に関する規定や文言の整理等を行うため,所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第44号,霧島市隼人農村環境改善センターの設置及び管理に関する条例の全部改正についてであります。本案は,使用料の見直しを行うとともに,使用料の返還及び減免に関する規定についてほかの類似施設と整合性を図り,併せて施設の管理を指定管理者に行わせる規定を追加するため,本条例の全部を改正しようとするものであります。次に,議案第46号,霧島市消防団横川方面隊拠点施設の設置及び管理に関する条例の全部改正についてであります。本案は,使用料の見直しを行うとともに,行政財産の目的外使用に係る規定を整理するため,本条例の全部を改正しようとするものであります。次に,議案第48号,霧島市農産物加工施設等の設置及び管理に関する条例制定について,及び議案第49号,霧島市森林公園等の設置及び管理に関する条例の制定について,以上,2件につきましては,関係施設の使用料を見直すとともに,類似施設に関する条例を統合するため,条例の制定をし,関係条例を廃止しようとするものであります。なお,これらの改正案による新たな使用料は,半年間の周知期間を置き,平成22年10月1日から適用することといたしております。次に,議案第2号,霧島市農村地域工業導入促進対策協議会条例の一部改正についてであります。本案は,平成22年4月1日付の組織改正において,商工観光政策課と企業振興課を統合し,新たに商工振興課を設置するため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第3号,霧島市職員の勤務時間,休暇等に関する条例等の一部改正についてであります。本案は,一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律の施行に伴い,月60時間を超える超過勤務に係る時間外勤務手当の支給割合の引き上げを行いますとともに,国家公務員が実施しております1日当たり7時間45分の勤務時間を本市においても実施するため,関係条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第4号,霧島市非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてであります。本案は,報酬の支給制限を受ける職員を明確に規定するとともに,本市26地区公民館のうち隼人地域8地区公民館のみ非常勤職員を館長として配置しているものをほかの地区公民館と同様,施設主管課長を館長とするため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第7号,霧島市青少年の家設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。本案は,牧園青少年の家の老朽化及び利用者の減少,並びに牧園活性化センターや県立霧島ふれあいセンターなど青少年研修施設の近隣への設置に伴い,青少年に係る研修の場も確保されておりますことから,平成22年度から当該施設を廃止するため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第20号,霧島市違法駐車等の防止に関する条例の一部改正についてであります。本案は,道路交通法の一部を改正する法律により,高齢運転者等専用駐車区間制度の創設等がなされたことに伴い,引用規定に変更が生じたため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第35号,霧島市過疎地域産業開発促進条例の一部改正についてであります。本案は,租税特別措置法施行令の一部を改正する政令の施行に伴い,引用規定に変更が生じたため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第40号,霧島市営住宅の設置及び管理に関する条例,及び霧島市営単独住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。本案は,施設の管理を指定管理者に行わせる規定及び駐車場使用料に関する規定を追加し,併せて独立行政法人雇用・能力開発機構から取得する雇用促進住宅を単独住宅として設置及び管理をするため,関係条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第41号,霧島市給水条例の一部改正についてであります。本案は,総括原価方式による水道料金を設定することにより,不均一料金を統一するため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第43号,霧島市ごみ処理手数料徴収条例の全部改正についてであります。本案は,敷根清掃センターに搬入される一般廃棄物のごみ処理手数料を見直すとともに,手数料の徴収に関する規定等を整備するため,本条例の全部を改正しようとするものであります。次に,議案第45号,霧島市工業開発促進条例の全部改正についてであります。本案は,農村地域工業等導入促進法の規定に基づく固定資産税の減免措置に対する交付税の減収補てん措置の期限到来後も市独自の減免措置を継続するにあたり,用語の整理等を行うため,本条例の全部を改正しようとするものであります。次に,議案第47号,霧島市福山機械格納庫の設置及び管理に関する条例の廃止についてであります。本案は,農村地域振興及び農村環境整備のため導入した機械の保全管理を目的とした施設に保全管理対象の機械がなく,施設の設置目的を果たしていないため,平成22年度から本条例を廃止しようとするものであります。次に,議案第50号,霧島市塩浸温泉龍馬公園の設置及び管理に関する条例の制定についてであります。本案は,自然環境及び歴史的風土を生かした公園施設を効率的に活用することにより,観光及び産業の振興並びに地域活性化を図るため設置する塩浸温泉龍馬公園について必要な事項を定めるため,本条例を制定しようとするものであります。次に,議案第51号,隼人都市計画事業隼人駅東地区土地区画整理事業施行に関する条例の制定についてであります。本案は,本市が施行する隼人地区東地区土地区画整理事業に関し,その施行について必要な事項を定めるため,本条例を制定しようとするものであります。次に,議案第52号,辺地に係る公共的施設の総合整備計画についてであります。本案は,国分口輪野・永迫地区住民の利便性の向上,地域の活性化を図るため,辺地に係る公共的施設の総合整備計画を定めることについて,議会の議決を求めようとするものであります。次に,議案第53号,財産の取得についてであります。本案は,地域定住促進及び市営住宅の入居待ち解消を図るため,独立行政法人雇用・能力開発機構から雇用促進住宅国分重久宿舎2棟,牧園宿舎2棟,附属建物7棟を1億553万408円で取得することについて,議会の議決を求めようとするものであります。次に,議案第54号,平成21年度霧島市一般会計補正予算(第6号)についてご説明いたします。今回の補正予算の主なものは,経済金融情勢に呼応して決定をされました「明日の安心と成長のための緊急経済対策」を盛り込んだ国の第二次補正予算に伴う「地域活性化・きめ細かな臨時交付金」に係る事業のほか,現在予算計上しております各事業の決算見込みによる事業費の精算,人件費の決算見込みによる調整,地方財政法第7条第1項の規定に基づく平成20年度決算剰余金の積み立てなどを主なものとしております。地域活性化・きめ細やかな臨時交付金を活用した主な事業といたしましては,小・中学校の耐震補強をはじめとする安心安全な学校づくりのための施設整備事業,市道の改修事業,市道・農道等の維持補修事業,コミュニティ広場整備事業及び総合治水対策事業に要する経費などを計上いたしました。また,天降川小学校北隣の土地開発公社所有地内に係る汚染土壌処理経費のうち,既に市が取得いたしている学校用地及び道路用地に係る負担分を土地開発公社へ支払うための経費を計上したほか,土地開発公社経営健全化計画に基づく土地取得経費を計上いたしました。そのほか,各事業の決算見込みによる事業費の精算,人件費の決算見込みによる調整,地方財政法第7条第1項の規定に基づく平成20年度決算剰余金の積み立てなどを計上するなど,歳入歳出それぞれ22億793万6,000円を追加計上し,併せて繰越明許費の設定と債務負担行為及び地方債の補正を行うものであり,補正後の予算の総額を歳入歳出それぞれ552億3,655万1,000円とするものであります。次に,議案第55号,平成21年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)から議案第59号,平成21年度霧島市下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明いたします。まず,国民健康保険特別会計補正予算につきましては,70歳から74歳の自己負担割合の凍結に係る諸経費及び退職被保険者等医療費の見込みによる補正を行おうとするものであります。次に,後期高齢者医療特別会計補正予算につきましては,後期高齢者医療制度周知広報に要する経費,保険基盤安定制度負担金の確定に伴う減額及び長寿健診実施に伴う経費の減額を行おうとするものであります。そのほか,3特別会計におきましても所要の補正を行うとするものであります。次に,特別会計及び企業会計の平成22年度当初予算につきまして,ご説明いたします。まず,国民健康保険特別会計予算におきましては,国民健康保険事業の安定した財政運営を図るため,21年度に引き続き生活習慣病対策として特定健診・特定保健指導にかかる経費や疾病の早期発見・早期治療のための人間ドックの拡充を目的に新規事業として脳ドックの受診助成費に係る新たな経費を加え,医療費抑制対策強化を目指した予算を編成し,歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ135億9,966万円とするものであります。次に,介護保険特別会計予算におきましては,平成22年度が第4期介護保険事業計画及び第5期高齢者福祉計画の2年度目に当たり,認知症予防教室開催など介護予防等に資する新たな事業に着手することとし,引き続き介護サービス等のより一層の充実と保険給付の適正化を推進し,介護保険制度の健全な運営を堅持することといたしております。また,第1号被保険者の保険料につきましては,介護給付費準備基金,介護従事者処遇改善臨時特例基金をそれぞれ取り崩して財源充当することにより,据え置くこととし,歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ82億3,350万円といたしました。次に,後期高齢者特別会計予算におきましては,平成20年度からの後期高齢者医療制度の開始に伴い,平成21年度に引き続き保険医療制度の健全化及び,医療費に対する被保険者一人一人の意識高揚など医療費適正化の積極的な推進を図ることを基本として編成し,歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ10億8,314万円といたしました。次に,温泉供給特別会計予算におきましては,大規模改良から15年近く経過し,施設の老朽化等も懸念されることから,温泉供給事業の安定的な給湯体制の確立を図るために,総合的な基本計画策定の予算などを計上し,歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9,974万1,000円といたしました。そのほか,下水道事業特別会計など3特別会計を含め,特別会計合計で歳入歳出総額246億795万2,000円を計上いたしました。また,3企業会計におきましては,公営企業の原則としての経済性と公益性を発揮するため,所要の経費を計上いたしておりますが,水道事業会計予算におきましては,独立採算制の原則を堅持し,水道ライフラインの機能を果たすためにも,清浄で豊富な水の安定供給,公衆衛生向上及び生活環境の改善に寄与することを基本理念に予算の編成をいたしました。次に,工業用水道事業会計予算におきましては,国分上野原テクノパークに立地している工場群への工業用水道の安定供給を目的とした予算の編成をいたしました。次に,病院事業会計予算におきましては,霧島市立医師会医療センターの長年の懸案でありました脳神経外科を医師1名体制で本年1月から開設し,4月から医師2名体制とすることしし,中央手術棟の建設や専門医療機器の整備など本格的な稼動に向けての準備を進め,地域住民の健康保持に必要な医療環境の充実を図り,地域の中核病院として地域医療機関との連携を図りながら,必要な高度医療を提供できるよう予算の編成をいたしました。次に,諮問第1号,人権擁護委員の推薦についてであります。本案は,人権擁護委員の川畑和子氏の任期が平成22年6月30日で満了いたしますが,引き続き同氏を推薦したいので,議会の意見を求めようとするものであります。以上,提案をいたしております議案70件及び諮問1件につきまして,一括してその概要をご説明申し上げましたが,よろしくご審議賜りますようお願い申し上げまして,提案理由の説明といたします。


○議長(池田 守君)


 ただいま提案者の説明が終わりました。この71件の議案等に対する質疑は次の本会議で行います。





  △ 日程第76 議提第1号 核兵器の廃絶と恒久平和を求める意見書について





○議長(池田 守君)


 次に,日程第76,議提第1号,核兵器の廃絶と恒久平和を求める意見書についてを議題とします。提出者の趣旨説明を求めます。


○総務常任委員長(下深迫孝二君)


 本日提出しました議提第1号,核兵器の廃絶と恒久平和を求める意見書について趣旨説明いたします。お手元に配付しております意見書を読み上げて趣旨説明といたします。「核兵器の廃絶と恒久平和を求める意見書」ノーモア・ヒロシマ,ノーモア・ナガサキ,ノーモア・ヒバクシャ。この訴えは,核兵器廃絶と恒久平和を願う私たち被爆国民の心からの叫びである。しかし,核兵器は未だに世界に2万1,000発も存在し,核兵器の脅威から,今なお人類は解放されていない。2000年の核拡散防止条約(NPT)再検討委員会で約束された全面的な核兵器廃絶を,2005年の同会議では実質合意ができず,核軍縮はもとより核不拡散体制そのものが危機的状況に直面している。米国,ロシア,英国,フランス,中国の核保有5か国に加え,NPT未加盟のインド,パキスタンが核兵器を保有し,さらに事実上の保有国であるイスラエル,核兵器開発につながるウラン濃縮・拡大するイラン,核実験した北朝鮮の動向などは,核不拡散体制を大きく揺るがしている。よって,政府においては,核兵器の廃絶と恒久平和実現のため,被爆65周年を迎える2010年に開かれる核拡散防止条約再検討会議に向けて,実効ある核兵器廃絶の合意がなされるべく核軍縮・不拡散外交に強力に取り組まれることを要請する。1つ,政府は,国是である非核三原則を堅持するとともに,平和市長会議が提唱する2020年までに核兵器の廃絶を目指す「2020ビジョン」を支持し,その実現に向けて取り組むこと。2つ,非核兵器地帯構想が世界平和の維持に重要な意義を有していることに考慮し,世界各地に非核兵器地帯条約が実現するよう国際的努力を行うこと。特に,朝鮮半島と日本を含めた北東アジア非核兵器地帯構想を早急に検討すること。3つ,核拡散防止条約の遵守及び加盟促進,包括的核実験禁止条約早期発効,核実験モラトリアムの継続,兵器用核分裂性物質生産禁止条約(カットオフ条約)の交渉開始と早期妥結に全力で取り組むこと。以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。平成22年2月23日,鹿児島県霧島市議会,提出先は衆議院議長,参議院議長,内閣総理大臣,外務大臣です。以上,会議規則第14条第2項の規定により総務常任委員会下深迫孝二,松元深,宮本明彦,脇元敬,仮屋国治,吉永民治,田代昇子,以上,7名で提出するものです。よろしくご審議の上,議決いただきますようお願いを申し上げ趣旨説明といたします。


○議長(池田 守君)


 ただいま提案者の趣旨説明が終わりました。お諮りします。本件については,会議規則第38条第3項の規定により,委員会付託を省略し,審議したいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。これより議案処理に入ります。議提第1号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議提第1号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議あり」と言う声あり]


 異議ありですので,可決することに賛成の方の起立を求めます。


                  [賛成者起立]


 総数33名,起立者32名,起立多数であります。したがって,議提第1号は原案のとおり可決されました。ただいま可決されました意見書の字句の訂正,提出の手続などにつきましては,議長にご一任願います。





  △ 日程第77 陳情第21号 核兵器の廃絶と恒久平和を求める陳情書





○議長(池田 守君)


 次に,日程第77,陳情第21号,核兵器の廃絶と恒久平和を求める陳情書を議題とします。本件については,先ほど同じ内容の意見書が可決されましたので,みなし採択とすることにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,陳情第21号はみなし採択と決定しました。





  △ 日程第78 議提第2号 交通事故防止に関する議決について





○議長(池田 守君)


 次に,日程第78,議提第2号,交通事故防止に関する議決についてを議題とします。提出者の趣旨説明を求めます。


○議会運営委員長(徳田和昭君)


 平成21年中の鹿児島県下及び霧島市における交通事故の発生が全体的に増加をしている現状を霧島市議会として真摯に受けとめ,本日提案することについては議会運営委員会において協議し,全会一致で提案することが決定されたところであります。それでは,本日提出いたしました議提第2号,交通事故防止に関する決議について,趣旨説明をいたします。お手元に配付をいたしました決議を読み上げて趣旨説明といたします。「交通事故防止に関する決議」現下の交通情勢は交通死亡事故多発傾向に一向に歯止めがかからず,平成21年中の県下の交通事故死者数は3年ぶりに100人を超え101人となり,前年を大幅に上回る深刻な事態となっている。霧島市においても,平成21年中は9人の方が交通事故で亡くなり,また,交通事故発生件数も依然として減少傾向が見られず,交通死亡事故の抑制と交通事故総量抑止が緊急の課題である。安全で安心して暮らせる地域社会を実現することは,市民の負託を受けた我々の重大な責務である。交通死亡事故は,一瞬にして大切な命を奪い,その家族等や取り巻く知人・友人を深い悲しみに陥らせる。また,交通事故が多発することは,市民生活の安全に対する重大な脅威であり,多くの観光客等が行き交う霧島市のイメージをも損なうものであり,今一度市民と一体となった交通安全への取り組みが重要である。よって,本市議会は市民の安全で安心な暮らしを守る立場から,「日本一,交通事故の少ない安心・安全な街づくり」を目指し,警察や関係機関・団体と連携し,市民と一体となって交通死亡事故抑止に対する姿勢を明確に示すとともに,すべての市民が交通事故の被害に遭わない,起こさないための防止策を積極的に推進することを決意するものである。以上,決議する。平成22年2月23日,霧島市議会。以上,会議規則第14条第2項の規定により,霧島市議会議会運営委員徳田和昭,秋広眞司,有村隆志,松元深,池田綱雄,常盤信一,植山利博,塩井川幸生,今吉歳晴,田代昇子,宮内博の11名で提出するものであります。よろしくご審議の上,議決いただきますようお願いを申し上げ,趣旨の説明といたします。


○議長(池田 守君)


 ただいま提案者の説明が終わりました。お諮りします。本件については,会議規則第38条第3項の規定により,委員会付託を省略し,審議したいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なし認めます。これより議案処理に入ります。議提第2号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議提第2号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議提第2号は全会一致で原案のとおり可決されました。





  △ 日程第79 選挙第1号 鹿児島県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について





○議長(池田 守君)


 次に,日程第79,選挙第1号,鹿児島県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙についてを議題とします。鹿児島県後期高齢者医療広域連合議会議員は,県内市町村の長及び議員のうちから,市長区分6人,市議会議員区分6人,町村長区分4人,町村議会議員区分4人から構成されています。今回,市議会議員区分に2人の欠員が生じたため,候補者受付の告示を行い,届出を締め切ったところ3名の候補者がありましたので,広域連合規約第8条第2項の規定により選挙を行います。この選挙は,同条第4項の規定により,すべての市議会の選挙における得票総数の多い順に当選人を決定することになりますので,会議規則第32条の規定に基づく選挙結果の報告のうち,当選人の報告及び当選の告知は行えません。そこで,お諮りします。選挙結果の報告については,会議規則第32条の規定にかかわらず,有効投票のうち候補者の得票数までを報告することにしたいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,選挙結果の報告については,会議規則第32条の規定にかかわらず,有効投票のうち候補者の得票数までを報告することに決定しました。選挙は投票により行います。議場を閉鎖します。


                   [議場閉鎖]


 ただいまの出席議員は34名であります。会議規則第31条第2項の規定により,立会人を指名します。立会人に16番,脇元操議員,33番,宮内博議員を指名します。候補者名簿はお手元に配付のとおりです。候補者名簿の配付漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 配付漏れなしと認めます。投票用紙を配付させます。


                  [投票用紙配付]


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 配付漏れなしと認めます。念のため申し上げます。


 投票は単記無記名ですので,候補者名を1名のみ記載の上,点呼に応じて順次投票願います。投票箱を点検させます。


                  [投票箱点検]


 異状なしと認めます。投票を行います。点呼を命じます。


              [事務局長の点呼に応じ順次投票]


 投票漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 投票漏れなしと認めます。投票を終了します。議場の出入口を開きます。


                   [議場開鎖]


 開票を行います。16番,脇元操議員,33番,宮内博議員の立ち会いをお願いいたします。


                    [開票]


 選挙の結果を報告します。投票総数34票,うち有効投票34票,無効投票ゼロ票,有効投票のうち,池田守27票,大津亮二氏ゼロ票,崎田信正氏7票,以上のとおりであります。以上で本日の日程はすべて終了しました。次の本会議は3月2日であります。本日はこれで散会します。


              「散 会  午後 零時05分」