議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 霧島市

平成21年第4回定例会(第2日目12月15日)




平成21年第4回定例会(第2日目12月15日)





             平成21年第4回霧島市議会定例会会議録





 
1.議事日程は次のとおりである。


                       平成21年12月15日(第2日目)午前10時開議


┌──┬──┬────────────────────────────┬──────┐


│日程│議案│   件                  名     │ 備  考 │


│番号│番号│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 1│ 83│霧島市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部改正に│      │


│  │  │ついて                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 2│ 84│霧島市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 3│ 107│姶良・伊佐地区介護保険組合を組織する地方公共団体の数の減│      │


│  │  │少及び姶良・伊佐地区介護保険組合規約の変更について   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 4│ 108│鹿児島県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減│      │


│  │  │少及び鹿児島県市町村総合事務組合規約の変更について   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 5│ 109│鹿児島県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数│      │


│  │  │の減少について                     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 6│ 116│霧島市公平委員会委員の選任について           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 7│ 117│霧島市固定資産評価審査委員会委員の選任について     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 8│諮問│人権擁護委員の推薦について               │      │


│  │ 3│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 9│諮問│人権擁護委員の推薦について               │      │


│  │ 4│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 10│諮問│人権擁護委員の推薦について               │      │


│  │ 5│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 11│諮問│人権擁護委員の推薦について               │      │


│  │ 6│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 12│ 85│指定管理者の指定について(霧島市民会館,霧島市国分中央地│      │


│  │  │区共同利用施設)                    │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 13│ 86│指定管理者の指定について(霧島市いきいき国分交流センター)│      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 14│ 87│指定管理者の指定について(国分運動公園,霧島市国分体育館│      │


│  │  │,霧島市国分武道館,霧島市国分弓道場)         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 15│ 88│指定管理者の指定について(霧島市横川体育館,霧島市横川運│      │


│  │  │動場,霧島市横川庭球場,霧島市民横川温水プール)    │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 16│ 89│指定管理者の指定について(霧島市牧園アリーナ,霧島市牧園│      │


│  │  │みやまの森運動場)                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 17│ 90│指定管理者の指定について(霧島市隼人体育館,霧島市隼人運│      │


│  │  │動場,霧島市隼人武道場,霧島市隼人弓道場)       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 18│ 91│指定管理者の指定について(霧島市隼人庭球場,霧島市民隼人│      │


│  │  │温水プール,霧島市民隼人健康温水プール)        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 19│ 92│指定管理者の指定について(霧島市国分総合プール)    │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 20│ 93│指定管理者の指定について(霧島市国分児童体育館,南公園,│      │


│  │  │国分海浜公園,北公園,霧島市国分キャンプ海水浴場)   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 21│ 94│指定管理者の指定について(サン・あもり,天降川地区共同利│      │


│  │  │用施設)                        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 22│ 95│指定管理者の指定について(霧島市福山パークゴルフ場,福山│      │


│  │  │多目的交流施設,多目的広場まきばドーム,霧島市牧之原運動│      │


│  │  │場,霧島市福山体育館,霧島市福山プール)        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 23│ 96│指定管理者の指定について(溝辺コミュニティセンター,霧島│      │


│  │  │市溝辺体育館,霧島市溝辺運動場,霧島市溝辺庭球場,霧島市│      │


│  │  │溝辺グラウンドゴルフ場,霧島市溝辺多目的交流施設上床どー│      │


│  │  │む,霧島市溝辺弓道場,霧島市上床公園)         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 24│ 97│指定管理者の指定について(霧島市国分営農研修センター) │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 25│ 98│指定管理者の指定について(霧島市国分上之段・国分平山・国│      │


│  │  │分塚脇地区コミュニティ広場,霧島市国分畜産研修センター)│      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 26│ 99│指定管理者の指定について(霧島市黒石岳森林公園)    │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 27│ 100│指定管理者の指定について(霧島市国分ハイテク展望台,霧島│      │


│  │  │市台明寺渓谷公園)                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 28│ 101│指定管理者の指定について(霧島市霧島温泉健康増進交流セン│      │


│  │  │ター)                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 29│ 102│指定管理者の指定について(霧島高原国民休養地(乗馬施設を│      │


│  │  │除く。),霧島市牧園B&G海洋センター)        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 30│ 103│指定管理者の指定について(霧島高原国民休養地乗馬施設) │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 31│ 104│指定管理者の指定について(城山公園)          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 32│ 105│指定管理者の指定について(中央児童公園,東公園,中央公園│      │


│  │  │,福島児童公園,児童の森,広瀬西公園,正覚寺公園,西地区│      │


│  │  │コミュニティ広場,松木野口地区ふれあい広場,湊地区コミュ│      │


│  │  │ニティ広場,東その山地区コミュニティ広場,こがのもりコミ│      │


│  │  │ュニティ広場,郡山地区コミュニティ広場,姫城地区コミュニ│      │


│  │  │ティ広場,清水地区コミュニティ広場,上井地区コミュニティ│      │


│  │  │広場)                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 33│ 106│指定管理者の指定について(霧島市国分斎場)       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 34│ 110│平成21年度霧島市一般会計補正予算(第5号)について   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 35│ 111│平成21年度霧島市病院事業会計補正予算(第1号)について │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 36│請願│中小業者の自家労賃を必要経費として認めることを求める請願│      │


│  │ 2│書                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 37│陳情│改正貸金業法の早期完全施行等を求める政府等への意見書提出│      │


│  │ 20│に関する陳情                      │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 38│陳情│核兵器の廃絶と恒久平和を求める陳情書          │      │


│  │ 21│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 39│陳情│川内原発3号機増設に係る陳情書             │      │


│  │ 22│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 40│陳情│霧島市の国保税の引き下げを求める陳情書         │      │


│  │ 23│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 41│陳情│陳情書(「霧島市緊急経済対策」の「中小企業の経営安定化支│      │


│  │ 24│援」継続について)                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│  │陳情│陳情書(九州電力の川内原発3号機増設反対に関する決議につ│      │


│ 42│ 25│いて)                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 43│陳情│霧島市立図書館への書籍の納入に関する陳情書       │      │


│  │ 26│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 44│陳情│改正国籍法に関する陳情書                │      │


│  │ 27│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 45│陳情│永住外国人地方参政権付与法案に反対する陳情書      │      │


│  │ 28│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 46│陳情│市道山内田道路整備に関する陳情書            │      │


│  │ 29│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 47│陳情│横川〜山ヶ野線道路整備に関する陳情書          │      │


│  │ 30│                            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 48│ 118│霧島市副市長の選任について               │追加    │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 49│ 119│霧島市副市長の選任について               │追加    │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 50│ 120│霧島市長等の給与等に関する条例及び霧島市教育長の給与等に│追加    │


│  │  │関する条例の一部改正について              │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 51│  │一般質問 前島 広紀君(52ページ)           │      │


│  │  │      ・県下一高いといわれている国民健康保険税の現│      │


│  │  │       状認識と新年度に向けての取り組みを問う  │      │


│  │  │      ・発達障がい者支援の取り組みについて問う  │      │


│  │  │      ・霧島市の林業の現状について問う      │      │


│  │  │     池田 綱雄君(67ページ)           │      │


│  │  │      ・政治姿勢について             │      │


│  │  │      ・子育て支援について            │      │


│  │  │     塩井川幸生君(77ページ)           │      │


│  │  │      ・雇用対策について             │      │


│  │  │      ・選挙開票時間について           │      │


│  │  │     脇元  操君(86ページ)           │      │


│  │  │      ・道路行政について             │      │


│  │  │      ・地域振興について             │      │


└──┴──┴────────────────────────────┴──────┘





2.本日の出席議員は次のとおりである。


    1番  宮 本 明 彦 君      2番  前 島 広 紀 君


    3番  有 村 隆 志 君      4番  志 摩 浩 志 君


    5番  中 村 正 人 君      6番  脇 元   敬 君


    7番  松 元   深 君      8番  秋 広 眞 司 君


    9番  池 田 綱 雄 君     10番  徳 田 拡 志 君


   11番  山 浦 安 生 君     12番  厚 地   覺 君


   13番  新 橋   実 君     14番  仮 屋 国 治 君


   15番  常 盤 信 一 君     16番  脇 元   操 君


   17番  植 山 利 博 君     19番  塩井川 幸 生 君


   20番  久 保 史 郎 君     21番  岡 村 一二三 君


   22番  木野田 恵美子 君     23番  池 田   守 君


   24番  下深迫 孝 二 君     25番  吉 永 民 治 君


   26番  今 吉 歳 晴 君     27番  細山田 為 重 君


   28番  蔵 原   勇 君     29番  田 代 昇 子 君


   30番  前川原 正 人 君     31番  時 任 英 寛 君


   32番  西 村 新一郎 君     33番  宮 内   博 君


   34番  徳 田 和 昭 君





3.本日の欠席議員は次のとおりである。


   18番  上 鍋 正 光 君





4.会議に出席した議会事務局の職員は次のとおりである。


 議会事務局長    上 原 勝 己 君   議事調査課長   満 留   寛 君


 議事調査課主幹兼  新 窪 政 博 君   調査グループ長  齋 藤   修 君


 議事グループ長


 書    記    隈 元 秀 一 君   書    記   吉 村 祐 樹 君





5.地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。


 市     長   前 田 終 止 君   総 務 部 長  今 村 恭 一 君


 企画部長兼     山 口   剛 君   生活環境部長   南 田 吉 文 君


 行政改革推進監兼


 大学跡地利用対策監


 保健福祉部長    平 野 貴 志 君   農林水産部長   萬 ? 茂 樹 君


 商工観光部長    柳 田 秀 徳 君   建 設 部 長  篠 原 明 博 君


 工事監査部長    大 井   正 君   会計管理部長   東   邦 雄 君


 税務対策総括監   末 野 賢 了 君   危機管理監    宇 都 克 枝 君


 企画部次長兼    川 村 直 人 君   生活環境部次長兼 川 畑   巧 君


 企画政策課長                生活環境政策課長


 商工観光部次長兼  細山田 孝 文 君   安心安全課長   尾 堂   守 君


 商工観光政策課長


 秘 書 課 長   馬 場 勝 芳 君   財 政 課 長  塩 川   剛 君


 税 務 課 長   中 村   功 君   収 納 課 長  川 ? 秀一郎 君


 行政改革推進課長  濱 ? 正 治 君   保険年金課長   小 野 博 生 君


 保健福祉政策課長  花 堂   誠 君   児童福祉課長   隈 元   悟 君


 長寿・障害福祉課長 荒 木   敏 君   健康増進課長   宮 本 順 子 君


 農林水産政策課長  木野田   隆 君   林務水産課長   山 下   晃 君


 観 光 課 長   横 手 航太郎 君   建設政策課長   下 拂   勉 君


 土 木 課 長   中 村 順 二 君   都市整備課長   川 東 千 尋 君


 区画整理課長    三 嶋 辰 雄 君


 教  育  長   ? 田 肥 文 君   教 育 部 長  阿 多 己 清 君


 教育総務課長    東 郷 一 煦 君   学校教育課長   村 田 研 史 君


 保健体育課長兼   藤 山 光 隆 君   生涯学習課長兼  山 下   修 君


 隼人学校給食センター所長          隼人図書館長


 文化振興課長    川 原 和 昭 君


 選挙管理委員会   山 下 英 博 君


 事務局長





6.会議のてん末は次のとおりである。





              「開 議  午前10時00分」


○議長(池田 守君)


 これより本日の会議を開きます。お手元に配付いたしました議事日程に基づき会議を進めてまいります。これより議事に入ります。





  △ 日程第1 議案第83号 霧島市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部


               改正についてより


    日程第47 陳情第30号 横川〜山ヶ野線道路整備に関する陳情書まで一括上程





○議長(池田 守君)


 日程第1,議案第83号,霧島市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部改正についてより,日程第47,陳情第30号,横川〜山ヶ野線道路整備に関する陳情書まで,以上47件を一括し議題とします。これより質疑に入ります。4名の議員より質疑の通告がされておりますので,順次発言を許可します。まず,26番,今吉歳晴議員。


○26番(今吉歳晴君)


 私は,先に通告しておりました点について質疑をいたします。まず,霧島市しみん学習支援公社の代表者につきましては,副市長が兼務されているわけでありますが,指定管理者の指定に問題はないのかお伺いいたします。それと,議案第105号の受託総金額の各年度決算額をお聞きします。これは一般会計からの交付額,利用料金も含まれているのかお伺いいたします。それと申請団体名の公表はできないかお伺いいたします。以上,3点お伺いいたします。


○企画部長兼行政改革推進監兼大学跡地利用対策監(山口 剛君)


 指定管理者の指定についてお答えいたします。1点目の副市長が代表者である霧島市しみん学習支援公社の指定につきましては,地方自治法第244条の2第3項においては,法人その他の団体であれば指定管理者となることができるとされており,指定管理者となることができる団体に特段の制約はありません。また,霧島市では募集要項に参加資格を設けており,その中の一つに地方自治法第166条,これは副市長の兼業禁止ですけれども,この規定に準じた取り扱いをすることとしており,特に問題はありません。2点目の議案第105号の指定管理候補者である霧島市しみん学習支援公社の受託総額についてですが,平成19年度は,施設の受託件数は,平成20年度と同数の34件で,総額は2億98万5,000円であり,平成20年度は651万7,000円の増額となっております。3点目の申請者名の公表についてですが,申請者名の公表については,地方自治法に特段の定めはありませんが,霧島市個人情報保護条例第17条に不開示の条件が列挙してあり,その第3号に,「開示することにより,当該法人または個人の権利,競争上の地位その他正当な利益を害するおそれのあるもの」とあり,これに基づき募集要項で次点以下の団体名の公表は行わないこととしておりますので,公表はできないものと考えております。


○26番(今吉歳晴君)


 予算を査定し,交付側の代表の一人であります副市長が,交付を受ける代表者と同一ということは,これは私は常識的にはおかしいのではないかというふうな考えを持っております。再度お聞きいたします。それから,指定管理者の指定は,民間の持つノウハウにより質の高いサービスと維持管理費の軽減がされるものと期待しているわけでありますが,更新に当たっては年度ごとの利用状況,収支状況の分かる資料をぜひ添付していただきたいと思います。添付されておりますこの資料では,更新を協議する資料としては,私は非常に不足してるという考えを持っておりますが,いかがでしょうか。それから,申請団体名の公表でありますが,競争入札におきましては,落札業者以外もちゃんと公表されているわけですね。そうした中でこの指定管理者につきましては,A申請者,B申請者というふうになってるわけですが,このことを私は公表しないよりも,したほうが情報公開上はかえっていいんじゃないかというような考えもするわけですが,いかがでしょうか。


○企画部長兼行政改革推進監兼大学跡地利用対策監(山口 剛君)


 まず,しみん学習支援公社が,副市長が理事はどうなのかというお言葉なんですけども,あくまでも私どもは法に沿ってやっておりますので,法が許す限りは特に何の問題もないものというふうに考えております。それから,ここで出しております資料につきましては,その受託者のどういった内容であるか,その会社とか,例えばその法人がどういった内容であるかということをお示ししている,そういった資料として考えておりますので,ご理解いただきたいと思います。それから,3点目の公表ですけれども,今回こういった場合は知的財産,その組織が,その団体が,自分たちのこの施設はどのようにしていくというような知的財産が含まれておりますので,そういった中である意味では2位以下になってしまったということ,知的財産そのものを,中身を知ってしまうと,そういった知的財産そのものを低い位置に見られたということで,そういった全体的な,そういうふうに思われてしまうのを防ぎたいということから,どういったところがというのは伏せているところでございます。


○26番(今吉歳晴君)


 代表者となることはできる,ならないこともできるんじゃないかというふうに私は思うんですが,例えばこの導入施設の事業報告書,この運営状況について,担当課長は検証されているわけですが,副市長が代表を務める事業について,これは公正公平な検証ができるのか。私はこれは無理があるのではないかというふうな考えを持っているわけですが,いかがでしょうか。やはりこの代表者は,私は先ほど申し上げましたとおり,予算を査定する代表者の一人が交付を受ける団体の代表者と同一人ということは,私はこれについては,常識的には非常におかしいと思います。このことにつきましては,執行部以外の人選をすべきであるというふうに考えます。それから,申請者名の公表ですが,これは私は普通の入札と同じではないかと思うんですが,普通の入札におきましては,落札業者以外もちゃんとホームページでも公表されてるわけですね。それと私は全く同じではないかというふうな考えを持っておりますが,再度お伺いいたしたいと思います。


○企画部長兼行政改革推進監兼大学跡地利用対策監(山口 剛君)


 先ほども申しましたけれども,中身の提案そのものが,知的財産がかなり大きな部分を占めております。それはその団体に対する製品そのものだと思います。ある意味ではその製品を,例えば1番であれ2番であれ,2番以下になったということは,その団体にとっては,できたら名前を伏せておいていただきたいものに該当するものではないかというふうな判断から,2位以下の部分は公表していないところでございます。しみん学習支援公社は,ご案内のとおり100%市が出資している財団法人でございます。さらに,公益法人であり,利益を追求する,そういった性格を持たない団体でございますので,市が100%出資している以上は,市が何らかの形で関与すべきものというふうに考えております。


○議長(池田 守君)


 次に,33番,宮内博議員。


○33番(宮内 博君)


 私は,議案第110号の一般会計補正予算(第5号)についてお尋ねをしておきたいと思います。今回,補正予算の中に土地区画整理事業費として,隼人駅東地区土地区画整理事業の公有財産購入費7,660万4,000円が計上をされております。その説明を読んでみますと,減歩率緩和のために4,358m2の土地を購入するという説明がなされているところです。そこで,お尋ねをいたしますけれども,これによる減歩率を何%ということで見込んでいらっしゃるのかというのが第1点です。2つ目には,従来隼人地区では姫城,浜之市の土地区画整理事業が行われて,浜之市では現在進行中でございますけれども,そこの減歩率と比較して,その結果はどうなのかというのを第2点目にお尋ねをしておきたいと思います。3点目に,公共性の高い隼人駅を中心とした高規格道路を計画の柱にしているというふうに見てとることができるわけですけれども,であるなら,さらなる減歩率の引き下げは必要ではないかというふうに思いますので,その辺をどのように検討なされているか,以上,3点についてお聞きをしておきたいと思います。


○建設部長(篠原明博君)


 議案第110号,平成21年度霧島市一般会計補正予算(第5号)についてのご質疑にお答えをいたします。まず1点目の減歩率を何%と見込んでいるのかについてでございますが,昨年の12月に開催をいたしました事業説明会において,減歩率は25から26%と説明をしておりました。今回の公有財産購入によって23.14%で計画をしているところでございます。2点目の姫城,浜之市の減歩率との比較についてお答えをいたします。本地区の減歩率につきましては姫城地区の19.07%,浜之市地区の19.14%と比較しますと若干高いようでございます。3点目のさらなる減歩率の引き下げが必要ではないのかについてお答えをいたします。本地区の減歩につきましては,事業地区がJR隼人駅に隣接するため,駅前広場の設置や,それにアクセスする都市計画道路等の整備水準の高さなどの地区特性から,通常行われる地区よりも増加していることから,その部分の公共施設用地面積の相当分を減歩緩和対策として投入したものであります。よって,それ以上の減歩率の引き下げにつきましては考えておりません。


○33番(宮内 博君)


 今,回答がありましたように,当地域は隼人駅という,非常に公共性の高い所を中心とした土地区画整理事業ということになるわけです。その分も考えて今回減歩率を引き下げるための取り組みをしたということですが,駅前広場だけではなくて,それに通ずる主要道路も,当然駅を中心とした区画整理の中に組み込まれているわけでして,特に20m道路だとか,あるいは18m道路だとか,かなりの広い区画の幹線道路を整備するというような計画になってるわけですね。今,浜之市の計画でも国道10号は18mですよ。それを上回る道路を造るということも計画がなされているわけでありまして,であるならそれを減歩率の対象ということですべてするのではなくて,さらに減歩をしなければ地域住民の皆さんは非常に重い負担になってくるというふうに思うわけですけれども,今のご回答では今後考えていないということでありますが,それでこの区画整理事業にかかわる地権者の皆さんの理解を得ることができるというふうに考えているのかどうかですね,その点が第1点。2つ目に,事業計画案の段階では公共減歩を21.98%と,そして保留地減歩を5.74%ということで,当初計画では27.72%ということで説明をしていたわけですね。先ほどの回答では25%から26%ということで答弁があったんですけれども,当初の事業計画素案の段階からしまして,今回の23.14%という計画はどこの部分なのか。公共減歩の部分なのか,保留地減歩の部分なのか,その点をお示しください。


○建設部長(篠原明博君)


 先ほど一応質疑にお答えいたしましたけれども,若干説明が不足していたようでございます。昨年の事業説明会において25ないし26%の減歩率になるということで説明会をしたときには,先ほどの駅前広場という特殊な事情がございますので,この駅前広場については,一応減歩率の対象緩和策として,それを入れるということで25ないし26%として説明をした経緯がございます。今回,先ほど答弁をいたしましたように,非常に公共性の高い20mの道路でありましたり,18mの都市計画道路,あるいは区画道路につきましても8mというもので計画をいたしておりましたので,先ほど議員おっしゃいますように,非常に公共性が高いもので高規格の道路であるが,それを減歩率緩和として何とかできないかということで検討してまいりました結果,先ほどの23.14%にした減歩率緩和につきましては,駅東線,日当山線の20m道路,18m道路を標準の16mで換算して,その差額分を減歩緩和対策としての面積で出しております。また,区画道路の8mにつきましても,6mを標準として,その差の面積分を減歩率緩和対策としての面積に加えております。また,あそこにつきましては特殊道路といって,歩行者専用道路がJRの沿線に計画いたしておりましたので,その面積につきましても,ほかの地域と違って特殊な事情であろうというようなことで,面積を合算いたしました結果,今回の約4,200m2ぐらいを新たに公共減歩緩和対策としての面積に加えて,その分を先行の土地買収をしようということでございます。先ほどおっしゃいましたように,減歩の中身につきましては,当然そういうことからいたしますと,公共の減歩率のほうで先行して緩和策をとったというふうにご理解をいただければと思います。先ほどの2問目の質問でございます。公共減歩と保留地減歩,どちらのほうで考えているかということにつきましては,先ほど申し上げましたように,従前の公共の用地の中に充てるための公共の土地を買収するということでございます。


○33番(宮内 博君)


 先ほど聞きましたけれども,回答がございませんでしたので再度お聞きしますが,今回の減歩率緩和のための用地購入によって,結果的には23.14%という減歩率になるということで説明があったんですけれども,冒頭,姫城の土地区画整理事業,浜之市の土地区画整理事業と比較をして,それでもまだ随分高いという,こういう状況があるんですけれども,それで住民の合意が得られるというふうにお考えですかという点について,再度お聞きをしておきたいと思います。もう一つは,隼人駅北線の関係ですが,今回第1地区と第2地区分けて,第1地区のほうから着工しようという計画なんですけれども,駅北線については平面交差も含めた検討も進めるということで,取り組みの検討がなされているのかどうか確認をしておきたいと思います。


○建設部長(篠原明博君)


 今のこの減歩率が他の地区と比べて若干まだ高いのではないか,あるいは住民の方に理解を得られるかということでございますけれども,先ほど申しましたように,従前の公共用地を確保するための施策については,先ほど申したとおりでございます。ただ公共減歩率につきましては,事業地域内の宅地化の状況でありますとか,農地などの割合,あるいは道路,水路といった従前の公共用地率と非常にかかわりがあるわけでございまして,それらを踏まえて保留地減歩率等で決定をされます。先ほどのお話みたいに,整備水準のある程度の同一性を図るために,どうしても減歩によって整備水準の高さを高めるということからいたしますと,従前の公共用地率が非常に重要な数値になってくるというようなことでございます。先ほどの浜之市地区の減歩率が19.14%でございますけど,従前の公共用地率が約14.3%でございます。また,姫城地区につきましては,同様に7.2%になっております。それに比べますと隼人駅東につきましては,約5.4%と低くなっている状況でございます。そういったことから,それらの公共減歩率をある程度の率で統一して,整備水準を一定にするためにはやむを得ないというふうに考えております。また,保留地減歩につきましては,先ほどおっしゃいましたように隼人駅前及び姫城地区については,その当時は取っていない,そういう形で保留地減歩という形では徴収をしていない時期でございまして,それらを考えますと今土地区画整理事業をするに当たっては,どうしても保留地減歩分が増加になってくるというようなことでございますので,そこらあたりを踏まえて今回の公共減歩率を定めたわけでございます。近くの保留地減歩につきましては,隼人駅東につきましては,そういう形で考えているということでございます。それから,隼人駅北線の話でございますが,この隼人駅北線につきましては,今までもいろんな経緯で検討してまいりました。議員おっしゃいますように,平面交差も一つの検討の材料になっております。今委託をいたしまして,その道路につきましての整備についての検討を行っているところであり,それに伴いましては公安委員会,あるいはJR等とも十分協議を重ねながら,早い時期にそれらの方針を出して,地域の皆様にご説明をさせていただきたいというふうに思っているところでございます。


○議長(池田 守君)


 次に,30番,前川原正人議員。


○30番(前川原正人君)


 議案第91号,指定管理の指定についてと議案第110号,一般会計補正予算の第5号になりますが,これについて質疑をさせていただきたいと思います。まず,指定管理をされている,今回の議案の91号ですが,一団体となっているわけでありますが,ほかに公募はなかったのか。また,一団体で競争性が発揮できるというふうに考えられるのかお聞きをしておきたい。また,今回の指定管理の指定の,特に隼人温水プールでは,死亡事故が発生をしたという,こういう経過もあるわけでありますが,指定管理に当たって,このような発生をした事故等のことについて,どのような議論がされて再指定となったのか,お聞きをしておきたいと思います。2つ目には,議案第110号の一般会計補正予算の第5号ですが,今回,全国瞬時警報システムの設置工事費ということで633万1,000円が計上をされております。今年の4月の時点では,受信システムの導入自治体というのが11.7%という報告がありますけれども,今回,補正予算で計上されているわけでありますけれども,設置を急ぐ必要があったのか。また,県内の設置状況はどういう状況なのか,お示しをいただきたいと思います。


○教育部長(阿多己清君)


 議案第91号に関するご質疑にお答えをいたします。まず1点目についてでございます。この議案の対象施設は,霧島市隼人庭球場,霧島市民隼人温水プール,霧島市民隼人健康温水プールでありますが,ほかの施設と同様に公募を行った結果,申請団体は一団体のみでございました。競争性を考えた場合,確かに一団体では比較することはできませんが,選定基準に基づき評点を行い,その後,この団体を候補者として選定してよいか協議を行った結果,NPO法人隼人錦江スポーツクラブの総合型地域スポーツクラブとしてのこれまでの活動実績,地域との連携,つながり,提出されました事業計画等の提案もよく,選定委員会としては候補者として決定することといたしました。2点目についてお答えいたします。確かに隼人温水プールで平成19年5月に,当時小学校2年生の児童の尊い命が失われるという痛ましい事故がございました。本年9月に遺族との和解が成立したとの報告も受けております。選定委員会でも,この件について議論されたところでございますが,市当局においても施設の改修を行っており,クラブとしてもこの事故を教訓に危機管理マニュアルの全面的見直しを行い,その後,万全の対策を講じている。また,施設の利用者増への努力の跡や管理経費の削減に向けた取り組み,不測の事態に備えた体制づくりなど,総合的に優れているという総合評価をいただき,指定管理候補者にふさわしいとして選定をされたところでございます。


○危機管理監(宇都克枝君)


 全国瞬時警報システムの設置に関する質問にお答えいたします。このシステムは国が緊急地震速報,津波警報,弾道ミサイル情報等,国民に対して緊急情報を瞬時に伝達するためのものです。このシステムを整備するために補正予算として整備費を計上しておりますが,これは消防庁が緊急地域安全対策事業として,同システムを本年度全国一斉に全額国庫負担により整備しようとするものです。したがって,整備に必要な費用については,国から県を通じて市に交付されることになっております。また,これまでに県内で設置されている自治体は県,奄美市,喜界町及び十島村の4つの自治体であります。


○30番(前川原正人君)


 それぞれ答弁いただきました。指定管理のほうからもう一回お聞きをしておきたいと思いますが,当初,指定管理制度の導入の目的というのが5%程度の維持管理費等の経費の削減を目的にされるということが,一つの方向性であったわけですけれども,当初の指定管理の状態から見たときに,そのことは今まで直営でやった場合,100%の維持管理費から5%を引いて95%で推移をしてきているのか,お聞きをしておきたいと思います。それと,110号の補正予算のほうですが,今答弁いただきましたけれども,県内で3か所の設置をしているということでありますが,老朽化が進んでいる無線システム等が1市6町の中にはあると思うんですけれども,老朽化が進んでいる無線システムも,今回の全国瞬時警報システムの対象の設置器具として使うことができるという認識でよいのかお聞きをしておきたいと思います。


○行政改革推進課長(濱?正治君)


 ただいま質問のございました1番目の指定管理料,基準価格ですけれども,19年9月から3年7か月というようなことで指定管理をしていただいておりますけれども,この基準価格を出すに当たりましては平成17年,これは合併前の市町村の決算を基に,そしてまた平成17年に特殊なものが含まれてないかどうか,平成15年,16年も見まして,業務をどこまでお願いするのか,そういうのを含めて,平成17年度を基準にして基準価格を定めております。そしてまた,人件費等につきましては,市のある程度の基準もつくりまして,職員が当たっていたところにつきましては,その賃金を基に計算をして,そして95%を掛けて基準価格を設定いたした経緯がございます。


 議案第91号の隼人庭球場,温水プール,健康プールにつきましては,18年9月導入時は,そういう基準価格を設定して募集した経緯がございます。今回につきましては,先ほど言いましたけれども,先ほどは旧市町村の平成17年度を基準に制定いたした経緯がございますけれども,今回は18年,19年,20年の合併してからの数字を基に,そしてまたいろいろ体育館は5か所あったり,プールが3か所とか,そういう施設の横並び,統一性とか,そういうのも含めて統一された単価をもとに,整合性のある単価をもとに今回は基準価格を制定いたしております。それで,今回については95%は掛けておりません。


○危機管理監(宇都克枝君)


 先ほどのJ−ALERT,全国瞬時警報システム,これが現在,市が保有しております,各旧市町の古い機材で対応できるかということでございますが,これは端的に言いますと対応できません。現在,市は今年の10月31日で防災行政無線の整備の実施設計が終わりまして,来年度から整備をしてまいりますけども,この防災行政無線ができた段階で,初めて今回整備の対象となっておりますJ−ALERT,これが運用できるということになっております。


○30番(前川原正人君)


 今,教育部じゃなくて,こちらのほうから聞きましたので,想定外でしたけど,指定管理の,先ほどおっしゃるように,最初の目的というのが平成17年の旧市町村,1市6町の合併前の数値,判断の基準を一つの目安にして95%というのが最初に出たわけですね。そうしますと今回の指定管理の指定についての判断の基準,選定基準というのは,95%は排除をしたということで答弁をいただいたわけですが,実際経費の節減,いわゆる維持管理費の節減ということが,指定管理の大きな目的だったと思う。そういう角度から見た場合に指定管理料,数字の世界になりますけれども,指定管理料はどういうような経費の,それをどこで判断するかというのも,難しい部分がありますけれども,例えば1,000万円今までかかっていれば,これまでは950万でオーケーだよと。今度はまた指定管理が再指定になった。そう見たときに経費の節減という点から見た場合には,どういう数字を予測されているのかお聞きをしておきたい。もう一点は,今の状況の瞬時警報システムについては使えないということになりますけれども,そうした場合にカバー率というのをどの程度考えていらっしゃるのか,どの程度を網羅できるのかということが出てくると思うんですが,その辺,どういうふうに想定をされているのかお聞きをしておきたいと思います。


○行政改革推進課長(濱?正治君)


 先ほども言いましたけれども,1期目のとき17年度を基準に,こういう業務をやっていただきたいというようなことで,その業務には行政でやっていたとき,いくらかかったというのを算出して,それに95%を掛けた基準価格を設けております。そして,その以下で指定管理を行っていただいた経緯がございます。今回は18,19,20,これは指定管理者がその基準価格以下でとった95%を掛けた価格で3年間運営をしていただいておりますので,1回95%はかかっておりますので,それで2回掛けるというようなことはいたしておりません。


○危機管理監(宇都克枝君)


 J−ALERTが整備された場合のカバー率でありますけども,これは基本的に防災行政無線が整備されて,初めて瞬時に起動させて全市民に通報できるというものでありますが,それが整備されない段階におきましては,市の本庁までしか衛星のほうからの情報は届きません。しかるに,市からはファクス,電話,そういったもので,時間はかかりますけども,そういう手段でしか現在は伝達をすることはできないというふうに考えております。


○議長(池田 守君)


 次に,21番,岡村一二三議員。


○21番(岡村一二三君)


 私は,先に通告しておきました質疑についてお尋ねしますが,まず議案第85号から議案第93号までと,議案第95号から議案第105号について関連がありますので質疑をしますが,それぞれ提案されている議案で,管理をしようとする提案者が提出した指定管理料と利用料金,収入金額は,これまでの実績に基づく積算が行われているのか。次に,それぞれこれまでの指定管理料はいくらであったのか。なお,指定期間内でこれから支出しようとする合計金額はいくらになるのか。次に,議案第85号,93号,議案第99号,議案第100号,議案第105号についてでありますが,しみん学習支援公社が指定管理者として選定されているわけですが,同支援公社は理事長に南副市長,理事に福永副市長,評議員に商工観光部長等がなっているわけですが,内部選定委員として関与することについて,職務上はどうなっているのかお尋ねしておきたい。次に,議案第90号,議案第91号についてですが,NPO法人隼人錦江スポーツクラブが指定管理者として選定されているわけですが,当該法人事務所は本市の隼人体育館の一部を借り受けての事務所という経緯があるわけですが,公共施設内に法人事務所登記が行われたままということでは,申請団体は一つであったとしても,客観的にどうなのか。次に,議案第96号についてでありますが,まず1点は管理者として提案された指定管理料は,現在の管理料より高く見積もられているわけですが,本市の指定管理者制度導入に関する指針の目的に合致しているのかどうなのか。2点目として,管理施設に自動販売機が設置されているわけですが,設置許可の手続はとられているのか。次に,22年度の利用料金収入金額合計欄は,項目ごとに手書きで訂正されております。しかるに,23年度以降分は利用料金合計額は一致しておりません。書類審査の手続の問題ではなかったのか。なお,手書き訂正があることから,事業計画書の再提出があったのではないのか,どうだったのか。次に,5年間という長期の指定を行うに当たり,提案書だけでなく,現在の管理状況が,一番の選定委員会での判断基準とされると思うわけですが,現地確認調査はどのようにして行われたのかどうなのか。最後に,委員会の委員長は副市長でありますが,議事進行上,公平な発言の本件議事の進行が行われたのかどうなのか。以上,質疑をしておきたい。


○企画部長兼行政改革推進監兼大学跡地利用対策監(山口 剛君)


 議案第85号から議案第93号まで,議案95号から議案第105号までの1点目についてお答えいたします。申請者から提案されました指定管理料と利用料金収入金額につきましては,それぞれ募集要項で現在の指定管理者のこれまでの決算書等をもとに算出した基準価格と,過去3か年の利用状況及び利用料金収入を公開しておりますので,申請者が提案している事業計画等を考慮して積算されていると考えられます。次に,2点目の各指定議案にかかわる各施設の現在の指定管理者のこれまでの指定管理料と新たな指定管理者による今後の指定管理料の合計額についてお答えいたします。議案第85号は,これまで3年の指定期間で1億316万9,000円,今後は3年の指定期間で1億257万円。議案第86号は,これまで3年7か月の指定期間で1億3,573万円,今後は5年の指定期間で1億8,975万円。議案第87号は,これまで3年7か月の指定期間で1億5,897万5,000円,今後は5年の指定期間で2億2,500万円。議案第88号は,これまで3年7か月の指定期間で7,547万2,000円,今後は5年の指定期間で1億950万円。議案第89号は,これまで3年7か月の指定期間で7,165万円,今後は5年の指定期間で1億450万円。議案第90号は,これまで3年7か月の指定期間で3,876万3,000円,今後は5年の指定期間で6,119万円。議案第91号は,これまで3年7か月の指定期間で5,012万円,今後は5年の指定期間で9,186万円。議案第92号は,これまで3年7か月の指定期間で1億101万7,000円,今後は5年の指定期間で1億4,250万円。議案第93号は,これまで3年の指定期間で9,965万円,今後は3年の指定期間で9,953万4,000円。議案第95号は,これまで3年7か月の指定期間で1,319万3,000円,今後は5年の指定期間で4,484万1,000円。議案第96号は,これまで3年7か月の指定期間で6,259万2,000円,今後は5年の指定期間で8,826万5,000円。議案第97号と議案第98号は,これまで一つの区分で指定しており,3年の指定期間で1,420万1,000円であり,今後は議案第97号は5年の指定期間で2,032万5,000円,議案第98号は5年の指定期間で482万5,000円。議案第99号は,これまで3年の指定期間で1,920万円,今後は3年の指定期間で1,920万円。議案第100号は,これまで3年の指定期間で3,256万5,000円,今後は5年の指定期間で4,500万円。議案第101号は,これまで3年7か月の指定期間で8,464万2,000円,今後は4年の指定期間で1億363万2,000円。議案第102号は,これまで国民休養地とB&G海洋センターに分かれており,それぞれ3年7か月の指定期間で90万円と2年の指定期間で1,285万6,000円,今後は一つの区分として5年の指定期間で2,340万円。議案第103号は,これまで3年7か月の指定期間で360万円,今後は5年の指定期間で950万円。議案第104号は,これまで3年7か月の指定期間で6,251万3,000円,今後は5年の指定期間で1億448万円。議案第105号は,これまで15か所の都市公園を3年の指定期間で6,030万5,000円,今後は16か所を5年の指定期間で9,003万5,000円となっております。次に,議案第85号,議案第93号,議案第99号,議案第100号,議案第105号の指定議案についてお答えいたします。議案第85号,議案第93号,議案第99号につきましては,直接指定により指定管理者を指定しようとするものであり,霧島市指定管理候補者選定委員会においての選定は行っておりません。議案第100号,議案第105号につきましては,公募により指定管理者を指定しようとするものであり,選定委員会により指定管理候補者を選定しております。霧島市指定管理者選定委員会は,内部委員と外部委員で構成されております。内部委員は公の施設の設置者としての責任ある立場から,両副市長,教育長,総務部長,施設担当部長を委員としております。この選定委員会では,公平公正な審査が行われることを目的として内規を定めており,第3項で申請団体の関係者であった場合の評点参加を制限しております。今回のようにしみん学習支援公社が公募に参加した場合の取り扱いについては,議員のご指摘のようなことが懸念されることから,内部で事前に評点の進め方について協議を重ねました。その結果,まずしみん学習支援公社は,市の100%出資で設立された営利を目的としない団体である。その役員である理事については,市を代表して両副市長,教育長が充て職として就任している。副市長,教育長はしみん学習支援公社の理事である前に,市の公の施設を活用するために,公平公正であるべき立場の職である。選定委員会は内部委員と外部委員がおよそ半々で構成されており,理事全員が評点から外れると,施設の設置責任者の意見が反映されなくなるおそれがある。また,商工観光部長が務める評議員の職務は,法人の重要な業務運営について客観的な立場から,理事等の執行機関を牽制し,適正な法人運営の確保を図るということであり,公平中立な立場にある。以上の点から,しみん学習支援公社が申請している施設の評点については,理事長である南副市長のみを外すということにいたしたところでございます。


○教育部長(阿多己清君)


 それでは,議案第90号,91号のご質疑にお答えをいたします。この2つの議案の対象施設の指定管理候補者は,ともにNPO法人隼人錦江スポーツクラブでございます。NPO法人隼人錦江スポーツクラブは,平成12年9月に文部科学省が生涯スポーツ社会の実現に向け,平成13年度から22年度までの10年間を目標として打ち出しております,スポーツ振興基本計画の施策目標の具体策としての一つである総合型地域スポーツクラブの全国展開とその集積センター的な広域スポーツセンターの設置に基づき,平成15年に設立されております。総合型地域スポーツクラブは,地域の連帯意識の高揚,世代間交流等の地域社会の活性化や再生にも寄与するものであることなどから,当NPO法人は議員がご指摘されましたとおり,隼人体育館の一部を事務所とし使用しております。市といたしましては,地方自治法第238条の4第4項に,行政財産は,その用途または目的を妨げない限度において,その使用を許可することができるとされており,現状では体育館としての用途,または目的を妨げないものであると判断をいたしております。次に,4番目の議案第96号に関するご質疑,1点目についてお答えをいたします。指定管理者の募集は公募型プロポーザル方式を採用しており,あらかじめ基準価格を提示して,その金額の範囲内で,どのようなサービスをしていけるかを競う方式でございます。具体的にはサービス向上や利用者増加の手法,管理運営コストの縮減方策,公共性の担保,プログラムサービスの充実などが上げられます。これらの項目については,公募を行う際に選定基準として募集要項に提示しているところでございます。市の指定管理者の手続条例では平等利用,効用効果,管理経費の縮減,人的・物的経営資源等から総合的に判断して,候補者を選定することとしておりますので,必ずしも提案額の安い団体が指定管理候補者になるとは限らないところでございます。次に,2点目についてお答えいたします。自動販売機の設置につきましては,指定管理者が行政財産使用許可申請書を取りまとめて市に提出しております。今回の場合は溝辺出張所教育振興課で内容を精査し,適当と認め,上司の決裁を経て,使用許可書を指定管理者に発行しているところでございます。次に,3点目についてお答えいたします。指定管理候補者から提出されました申請書の中の収支予算書の年度ごとの管理運営業務の収支内訳書の中で,利用料金収入の項目だけが1,000円単位で記載をされておらず,万単位で記載されておりました。23年度以降も万単位で計算をいたしますと,総額は一致しております。したがいまして,指定管理料そのものには何ら影響がありませんでしたので,収支内訳書の再提出は求めませんでした。次に,4点目にお答えいたします。当該施設は10月5日月曜日,外部委員6名,内部委員1名,事務局2名,合計9名で現地確認調査を行っております。残りの4名の内部委員につきましては,それ以前に確認をしていただいております。次に,5点目にお答えいたします。霧島市指定管理候補者選定委員会設置要綱第3条に基づき,委員長は副市長が務め,選定委員会は5回開催をされております。この中で委員長は2社から提出をされました申請書に基づき,プレゼンテーションの司会,各委員が持ち帰り採点をした結果の取りまとめの会議の司会,採点集計後の委員からの意見の聴取など行っておりまして,議事進行については,公平公正な立場だったと考えております。


○21番(岡村一二三君)


 それぞれ答弁をいただきました。この管理料,指定期間内で支出される合計金額,5年間で14億6,000万円というようなことになるようです。大変な大きな金額ですね。後でそれぞれ一般質問とか委員会審査で議論していただくことになると思いますので,この件は割愛しますが,先ほど部長のほうで金額の話,指定管理者導入指針の目的にそぐわないものがあるが,どうなのかという質疑をしたわけなんですが,現在,この施設は1,730万円ですよね,指定管理料が。残念ながら今回提案されているのは55万3,000円高く見積もられていますよ。だから,これ質疑したわけです。あと事業計画書の関係で私,お尋ねしましたが,この件,答弁はありませんでした。事業計画書の再提出が行われたのではないのかどうなのかという質疑をしたわけですが,再提出の話はありませんでしたね。それと選定委員会の現地確認調査の話ですが,答弁をいただきました。会議録によると,車窓からしましたよということになってるんです。車の窓からこの施設は確認をしたと。だから,この質疑をしてるんですよね。車の窓から,車から降りないで現地確認をした調査が本当に反映したのかどうかということです。それと,委員会の委員長が公平にしたという答弁でした。まず,車窓から現地確認調査をしたということになっているんですが,後で結構なんですけど,ホームページに総合評価一覧というのがあるんですよ。ホームページで引っ張り出しました。この施設はSです。錦江スポーツクラブもSとなっています。Sとはどういうのかというと,定義はすぐれていると認められるということになっているんですが,後で結構です。評価委員はどなたが評価されてSになったのか。今,私が質疑をしてるこの議案の部分については,実際は,私,写真を撮ってきました。そうはなっていません,Sには。あと市長に答弁を求めたいんですが,この選定委員会の会議録によりますと,本件審査を行う会議でA社のことを,委員長が性質上,指定管理者となり得るのかどうか,疑問が残るという発言をされていらっしゃいます。市役所のナンバーツーですよ,委員長は。評点結果を出さなければならない選定委員会の委員へどのような評点結果を与えたと判断すればよいのか,私,疑問に思うんですが,市長,このことについて市長の答弁を求めておきます。


○教育部長(阿多己清君)


 失礼いたしました。先ほどは収支内訳書だけというところでご答弁を申し上げておりますが,事業計画書すべてでございますので,この事業計画書についての再提出は求めておりません。そして,車窓からという部分でございますけれども,教育委員会の関係の視察はかなり多かったわけでございますが,一部車の中でずっと見て回った施設もございました。中には各出張所の職員の車に乗っていただき,車の中でそういう現状等の報告を受けた施設もございました。


○企画部長兼行政改革推進監兼大学跡地利用対策監(山口 剛君)


 指定管理者となり得るのか疑問が残るということは,どういうことだったのかというお尋ねだったんですけども,指定管理者に申請されていた方の定款の中で,その方々が申請されていたのが,その定款の中で本当にできるのかどうかというのが疑問があったので,そこを確認してもらいたいという意味での発言だったように記憶いたしております。


○議長(池田 守君)


 ここでしばらく休憩いたします。


               「休憩  午前11時10分」


               ──────────────


               「再開  午前11時25分」


○議長(池田 守君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。執行部の答弁を求めます。


○教育総務課長(東郷一煦君)


 先ほど指定管理料のご指摘された件についてお答えをいたします。今回,市より基準額を提示した額は年割で1,795万3,000円でございます。今回,指定管理候補者が提示いたしました金額は1,785万3,000円でございます。基準額につきましては,平成18,19,20年度の3か年の実績をもとに算定いたしております。基準価格以内で提案されたものでございますので,受け付けをいたしたところでございます。


○市長(前田終止君)


 市長へのお尋ねでございましたけれども,ご指摘の議事録による委員長の発言につきましては,何日間かにわたる審議の統括としての発言でございまして,その内容は提案者の定款等に制約があり,提案されている内容の実現が本当に可能であるのかどうか,事務局に調べてほしい旨の発言だったとお聞きいたしております。


○議長(池田 守君)


 以上で通告による質疑を終わります。ほかに質疑ありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 以上で,日程第1,議案第83号より日程第35,議案第111号までの質疑のすべてを終結します。これより議案処理に入ります。お諮りします。日程第1,議案第83号,霧島市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部改正についてより,日程第11,諮問第6号,人権擁護委員の推薦についてまで,以上11件については,会議規則第38条第3項の規定により,委員会付託を省略し審議したいと思いますが,これにご異議ございませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。





  △ 日程第1 議案第83号 霧島市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部


               改正について





○議長(池田 守君)


 それでは,議案第83号,霧島市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第83号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第83号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第2 議案第84号 霧島市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について





○議長(池田 守君)


 次に,議案第84号,霧島市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第84号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第84号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第3 議案第 107号 姶良・伊佐地区介護保険組合を組織する地方公共団体


                の数の減少及び姶良・伊佐地区介護保険組合規約の変


                更について





○議長(池田 守君)


 次に,議案第107号,姶良・伊佐地区介護保険組合を組織する地方公共団体の数の減少及び姶良・伊佐地区介護保険組合規約の変更について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第107号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第107号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第4 議案第 108号 鹿児島県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体


                の数の減少及び鹿児島県市町村総合事務組合規約の変


                更について





○議長(池田 守君)


 次に,議案第108号,鹿児島県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び鹿児島県市町村総合事務組合規約の変更について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第108号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第108号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第5 議案第 109号 鹿児島県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共


                団体の数の減少について





○議長(池田 守君)


 次に,議案第109号,鹿児島県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第109号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第109号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第6 議案第116号 霧島市公平委員会委員の選任についてより


    日程第11 諮問第6号 人権擁護委員の推薦についてまで一括上程





○議長(池田 守君)


 次に,議案第116号より諮問第6号まで,以上6件について一括して討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。ここでお諮りします。議案第116号及び議案第117号の採決は無記名投票をもって行い,議案第117号の投票終了までの間,議場を閉鎖し,議事を進行したいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。議場を閉鎖します。


                   [議場閉鎖]





  △ 日程第6 議案第116号 霧島市公平委員会委員の選任について





○議長(池田 守君)


 まず,議案第116号,霧島市公平委員会委員の選任について採決します。本件の採決は無記名投票をもって行います。ただいまの出席議員は32名であります。会議規則第31条第2項の規定により立会人を指名します。立会人に7番,松元深議員,25番,吉永民治議員を指名します。投票用紙を配付させます。


                  [投票用紙配付]


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 配付漏れなしと認めます。念のため申し上げます。本件を可とする方は「〇」,否とする方は「×」と記載の上,点呼に応じて順次投票をお願いします。投票箱を点検させます。


                  [投票箱点検]


 異状なしと認めます。重ねて申し上げます。投票中賛否を表明しない投票及び賛否の明らかでない投票は,会議規則第73条第2項の規定により否とみなします。投票を行います。点呼を命じます。


              [事務局長の点呼に応じ順次投票]


 投票漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 投票漏れなしと認めます。投票を終了します。開票を行います。7番,松元深議員,25番,吉永民治議員,立ち会いをお願いいたします。


                    [開票]


 投票の結果を報告します。投票総数32票,うち可とするもの24票,否とするもの8票,以上のとおり賛成多数であります。したがって,議案第116号は原案のとおり同意されました。





  △ 日程第7 議案第117号 霧島市固定資産評価審査委員会委員の選任について





○議長(池田 守君)


 次に,議案第117号,霧島市固定資産評価審査委員会委員の選任について採決します。本件の採決は無記名投票をもって行います。ただいまの出席議員は32名であります。会議規則第31条第2項の規定により立会人を指名します。立会人に8番,秋広眞司議員,26番,今吉歳晴議員を指名します。投票用紙を配付させます。


                  [投票用紙配付]


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 配付漏れなしと認めます。投票箱を点検させます。


                  [投票箱点検]


 異状なしと認めます。投票を行います。点呼を命じます。


              [事務局長の点呼に応じ順次投票]


 投票漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 投票漏れなしと認めます。投票を終了します。議場の出入り口を開きます。


                   [議場開鎖]


 開票を行います。8番,秋広眞司議員,26番,今吉歳晴議員の立ち会いをお願いします。


                    [開票]


 投票の結果を報告します。投票総数32票,うち可とするもの25票,否とするもの7票,以上のとおり賛成多数であります。したがって,議案第117号は原案のとおり同意されました。ここで,本日選任された川路正新固定資産評価審査委員会委員より発言の申し出がありましたので,発言を許可します。


○新固定資産評価審査委員(川路 正君)


 固定資産評価審査委員会の委員として同意をいただきました川路正と申します。今後は固定資産の適正な価格の把握に努め,委員としての責任を果たしていきたいと思っております。今後ともよろしくお願いします。簡単ですが,あいさつに代えさせていただきます。


○議長(池田 守君)


 ここでしばらく休憩いたします。


               「休憩  午前11時48分」


               ──────────────


               「再開  午後 1時00分」


○議長(池田 守君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。ここで,お諮りします。諮問第3号より諮問第6号まで,以上4件の採決は無記名投票をもって行い,諮問第6号の投票終了までの間,議場を閉鎖し,議事を進行したいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。議場を閉鎖します。


                   [議場閉鎖]





  △ 日程第8 諮問第3号 人権擁護委員の推薦について





○議長(池田 守君)


 これより諮問第3号,人権擁護委員の推薦について採決します。本件の採決は無記名投票をもって行います。ただいまの出席議員は32名であります。会議規則第31条第2項の規定により,立会人を指名します。立会人に9番,池田綱雄議員,27番,細山田為重議員を指名します。投票用紙を配付させます。


                  [投票用紙配付]


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 配付漏れなしと認めます。投票箱を点検させます。


                  [投票箱点検]


 異状なしと認めます。投票を行います。点呼を命じます。


              [事務局長の点呼に応じ順次投票]


 投票漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 投票漏れなしと認めます。投票を終了します。開票を行います。9番,池田綱雄議員,27番,細山田為重議員の立ち会いをお願いします。


                    [開票]


 投票の結果を報告します。投票総数32票,うち可とするもの26票,否とするもの6票,以上のとおり賛成多数であります。したがって,諮問第3号は原案のとおり答申することに決定しました。





  △ 日程第9 諮問第4号 人権擁護委員の推薦について





○議長(池田 守君)


 次に,諮問第4号,人権擁護委員の推薦について採決します。本件の採決は無記名投票をもって行います。ただいまの出席議員は32名であります。会議規則第31条第2項の規定により,立会人を指名します。立会人に10番,徳田拡志議員,28番,蔵原勇議員を指名します。投票用紙を配付させます。


                  [投票用紙配付]


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 配付漏れなしと認めます。投票箱を点検させます。


                  [投票箱点検]


 異状なしと認めます。投票を行います。点呼を命じます。


              [事務局長の点呼に応じ順次投票]


 投票漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 投票漏れなしと認めます。投票を終了します。開票を行います。10番,徳田拡志議員,28番,蔵原勇議員の立ち会いをお願いします。


                    [開票]


 投票の結果を報告します。投票総数32票,うち可とするもの25票,否とするもの7票,以上のとおり賛成多数であります。したがって,諮問第4号は原案のとおり答申することに決定しました。





  △ 日程第10 諮問第5号 人権擁護委員の推薦について





○議長(池田 守君)


 次に,諮問第5号,人権擁護委員の推薦について採決します。本件の採決は無記名投票をもって行います。ただいまの出席議員は32名であります。会議規則第31条第2項の規定により,立会人を指名します。立会人に11番,山浦安生議員,29番,田代昇子議員を指名します。投票用紙を配付させます。


                  [投票用紙配付]


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 配付漏れなしと認めます。投票箱を点検させます。


                  [投票箱点検]


 異状なしと認めます。投票を行います。点呼を命じます。


              [事務局長の点呼に応じ順次投票]


 投票漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 投票漏れなしと認めます。投票を終了します。開票を行います。11番,山浦安生議員,29番,田代昇子議員の立ち会いをお願いします。


                    [開票]


 投票の結果を報告します。投票総数32票,うち可とするもの27票,否とするもの5票,以上のとおり賛成多数であります。したがって,諮問第5号は原案のとおり答申することに決定しました。





  △ 日程第11 諮問第6号 人権擁護委員の推薦について





○議長(池田 守君)


 次に,諮問第6号,人権擁護委員の推薦について採決します。本件の採決は無記名投票をもって行います。ただいまの出席議員は32名であります。会議規則第31条第2項の規定により,立会人を指名します。立会人に12番,厚地覺議員,30番,前川原正人議員を指名します。投票用紙を配付させます。


                  [投票用紙配付]


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 配付漏れなしと認めます。投票箱を点検させます。


                  [投票箱点検]


 異状なしと認めます。投票を行います。点呼を命じます。


              [事務局長の点呼に応じ順次投票]


 投票漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 投票漏れなしと認めます。投票を終了します。議場の出入口を開きます。


                   [議場開鎖]


 開票を行います。12番,厚地覺議員,30番,前川原正人議員の立ち会いをお願いします。


                    [開票]


 投票の結果を報告します。投票総数32票,うち可とするもの25票,否とするもの7票,以上のとおり賛成多数であります。したがって,諮問第6号は原案のとおり答申することに決定しました。





  △ 日程第12 議案第85号 指定管理者の指定について(霧島市民会館,霧島市国分


               中央地区共同利用施設)より


  △ 日程第47 陳情第30号 横川〜山ヶ野線道路整備に関する陳情書まで委員会付託





○議長(池田 守君)


 続いて,委員会付託であります。日程第12,議案第85号,指定管理者の指定について(霧島市民会館,霧島市国分中央地区共同利用施設)より日程第47,陳情第30号,横川〜山ヶ野線道路整備に関する陳情書まで,以上36件については,お手元に配付しております付託表のとおり所管の常任委員会に付託しますので,お目通し願います。お諮りします。付託表に誤りがあったときは議長において処理することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。





  △ 日程第48 議案第 118号 霧島市副市長の選任についてより


    日程第50 議案第 120号 霧島市長等の給与等に関する条例及び霧島市教育長の


                給与等に関する条例の一部改正についてまで一括上程





○議長(池田 守君)


 次に,追加議案が提出されております。日程第48,議案第118号,霧島市副市長の選任についてより日程第50,議案第120号,霧島市長等の給与等に関する条例及び霧島市教育長の給与等に関する条例の一部改正についてまで,以上3件を一括し,議題とします。提案者の説明を求めます。


○市長(前田終止君)


 それでは,本日提案いたしております議案につきまして,その概要をご説明いたします。まず,議案第118号及び議案第119号は,霧島市副市長の選任についてであります。本案は,大塚行則氏及び南田吉文氏,両氏が人格・識見ともに優れ,最適任者と考えますことから,副市長として選任したいので,議会の同意を得ようとするものであります。大塚氏及び南田氏の経歴につきましては,添付の資料のとおりでございます。次に,議案第120号,霧島市長等の給与等に関する条例及び霧島市教育長の給与等に関する条例の一部改正についてであります。本案は,市長の給料月額について,引き続き20%相当額を減額し,また副市長及び教育長の給料月額については10%相当額を減額したいので,本条例の所要の改正をしようとするものであります。以上,提案をいたしております議案3件につきまして,その概要をご説明申し上げましたが,よろしくご審議賜りますようお願いを申し上げまして,提案理由の説明とさせていただきます。


○議長(池田 守君)


 ただいま提案者の説明が終わりました。この議案3件に対する質疑は12月18日の本会議で行います。





  △ 日程第51 一般質問





○議長(池田 守君)


 それでは,日程第51,一般質問を行います。一般質問は23名の議員から通告されております。順次発言を許可します。まず,2番,前島広紀議員より3件通告されております。したがって,前島広紀議員の発言を許可します。


○2番(前島広紀君)


 前島広紀でございます。ただいま議長の許可をいただきましたので,先に通告しました3点について市長に質問をいたします。今回,私は市議会議員に初めて立候補し,市民の皆さんの温かいご理解とご支援をいただきまして当選させていただきました。檀上からではございますが,この場をお借りして厚く御礼を申し上げます。私は,子どもや障がい者,お年寄りにやさしいまちづくりを目指し,霧島市のさらなる発展と市民福祉の向上のために,初心を忘れず,市民の目線で政治活動を行っていくことをお誓い申し上げます。では,最初に,県下一高いと言われている国民健康保険税の現状認識と新年度に向けての取り組みについてお尋ねします。明確な回答をお願いします。霧島市は,平成19年4月に国民健康保険税の税率を改定しました。その結果,霧島市の国民健康保険税は県下18市の中で一番高いという意見が多数あります。去る21年11月11日の南日本新聞によりますと,資産割を採用していない霧島市と同じ課税方式の鹿児島市や奄美市と比べた場合,夫45歳で所得200万円,妻40歳で所得55万円,10歳と15歳の子どもがいる家庭をモデルにしてみますと,鹿児島市は33万9,500円,奄美市は32万9,600円に対し,霧島市は38万2,500円となり,霧島市は独自に15歳以上18歳未満の子どもがいる家庭などに年間1人当たり1万5,800円の減免措置を行っているにもかかわらず,他市より高いと言っています。いろいろなモデルケースで試算した比較数値をそれぞれの団体などが発表していますが,市長は県下で一番高いという意見に対してどのように認識しているのか,お尋ねいたします。また,市長はマニフェストで資産割を廃止したため,約6割の世帯で合併前より国保税が下がっていると言っておられますが,その資産割を廃止した目的とその恩恵を受けているのはどの所得層なのか。また,平成21年度現在の所得階層別世帯数をお知らせください。さらに,市長は,国保税はなぜ合併より上がったのかというこのマニフェストの質問に対し,合併後に医療費等が115億円から145億円に増加したため,その医療費を賄うため国保税が30億から38億に増えたので,合併前より上がったのだと答えておられます。8億円医療費が増えたので,改定時にその分を上乗せされたのだと解釈しますけれど,それでは合併前の1市6町の国保税の歳入額と収納率はそれぞれいくらであったのか。あわせて,18年度,19年度,20年度の国保会計の歳入額と歳出額をお知らせください。さらに市長は,霧島市の国保税は,県内他市より安いか同等であると書いておられますが,前の質問では,医療費が増加したため,合併前より国保税は上がったと言っておられます。合併前より上がっても,まだ他市よりは安いという市長の認識には,一般市民との間に隔たりがあるのではないかと私は考えております。なぜなら,霧島市の国保税は県下一高いという批判が多数あるのも事実だからです。お互いに有利な一部の数値の比較であり,他市と比較するのは難しいと指摘もありますが,ここで県内他市より安いか同等と言われるマニフェストのグラフの数値の根拠について,具体的にどこの他市と比較されたのか,お答えください。また,県内他市より安いか同等という意見を,国保加入者の一般市民が理解し,納得しているとお考えなのか,あわせて伺います。次に,国保税の収納率に関して伺います。国保税の収納率の低下によって調整交付金がカットを受けるというふうに聞いておりますが,その基準は何%ですか。それに対し,霧島市の過去4年間の年度別収納率はどうなっていますか。また,それぞれの年度の未収額はいくらかお伺いします。霧島市は日本で最初に12歳以上18歳未満の児童を対象にした特定扶養者の特別減免条例を制定したことは,大変評価に値することだと思います。そこで,この制度の実施状況は何人程度で,金額ではいくらぐらいなのか,お伺いします。さて,国保税に関し,最後の質問でございますが,新年度,平成22年度の国保税収の見込みと基金の残高に関し,お伺いします。新年度の見込みが不明だとすれば,今年度,すなわち平成21年度の決算見込額をお知らせください。次に,2問目の発達障がい者支援の取り組みについて質問します。発達障がいとは,乳幼児期にもっぱら見られる発達の障がいのことで,全般的な知識障がいはない,特定の課題の解決ができない,集団行動ができない,コミュニケーションが十分にとれないという共通点があると言われており,2004年に発達障害者支援法ができて,早期発見と教育的支援の環境が整いつつあると聞いておりますが,霧島市における現状はどうなっているのか。具体的に発達障がい者の人数などを把握できているのか。また,支援活動をしている市民団体などがあるのか,お伺いします。次に,学校,地域,行政間における支援の連携体制はどのようになっているのか。また,今後どのように発達障がい者支援システムを推進していく計画なのか,お尋ねします。次に,3問目の霧島市の林業の現状について質問します。まず,霧島市のスギやヒノキなどの人工造林と自然林との現況及びそこに働く林業従事者の現状についてお尋ねします。農業全般に言えることですが,従事者の高齢化が課題となってきています。林業においては問題がないのか,あわせて伺います。今回,国の追加経済策として,環境分野では,林道の整備や人材育成を支援するため,約8,000億円の予算を計上しています。農林水産業はこれからの時代の基盤産業だと思っていますが,霧島市におきましては,観光とも絡んで重要な産業であると言えます。そこで,霧島市の林道整備の現状についてもどう認識されているか,お伺いします。ところで,最近,環境問題がよく話題となりますが,その一つの課題に,山が荒れていくことが上げられます。安い外国木材に押され割高な国産材は,あまり建築に利用されないのか,お金をかけてまで山の手入れをしないのだろうと思われます。しかし,山は水源涵養として,また治山・治水,あるいは漁業まで影響する地域全体にとって,とても重要な根源をなすものでありますが,その保全のために,例えば,間伐などに対する補助金があるのか,その現状とその効果についてどうとらえておられるのか,お伺いします。次に,霧島産木材の流通促進に対する行政の取り組みについて,何か施策を講じておられるのか,お伺いします。林業問題の最後となりましたが,地材地消を推進するための施策として,国産材を利用して霧島市内に住宅を建築・改築する際に,助成措置を創設してはどうかと提言いたします。地元木材の利用が少ないと,山から木を切り出すことも推進しません。定住促進,環境保全などの観点からも,地元木材の消費拡大を推し進めていかなければならないと私は考えます。以上で檀上からの質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 前島議員から3点につきましてのご質問でございました。1点目,1につきましては,私のほうからご答弁させていただきます。そのほかにつきましては,関係部長等がそれぞれご答弁させていただきます。1点目についてお答えいたします。本市の国民健康保険の現状は,11月末現在で加入世帯1万8,605世帯,被保険者数3万1,667人で,約3割の世帯が国民健康保険に加入しておられます。国民健康保険加入世帯の世帯員別の構成割合は,1人世帯が53%,2人世帯が32%,3人世帯が9%,4人世帯が4%となっております。このうち約85%と大多数を占める1人または2人世帯について,一定条件の下でそれぞれ国民健康保険税額を県内他市と比較してみますと,いずれも18市中12番目の税額でありまして,決して県内一高い税額であるとの認識は持っておりません。本市では,平成19年度には今後の医療費見込みなどを考慮して,不均一課税を解消する税率改正を行いました。その中で,国民健康保険税の賦課方法については,資産を持った低所得者に配慮をした資産割のない3方式を導入をし,また災害,リストラ等の減免措置のほか,県内初となる特定扶養に係る特別減免や自己及び連帯債務弁済に係る減免を行っているところでございまして,税のあり方といたしましては,地域の実情に応じた適切なものだと考えております。しかし,今回の選挙期間中においても,今日の経済不況の中,少しでも負担軽減策を図ってほしいという多くの市民の方々の意見もお聞きいたしております。現時点では,平成21年度の医療費の需要額や税収の見込み額が不透明であること,国の制度改正であります国民健康保険税の限度額の引き上げ等審議中であり,さらに民主党の政権公約である医療保険の一元化の地ならしとして,広域化支援の法改正が見込まれるなど,国の大きな動きを見極める必要がございますため,現時点で明確に負担軽減策をお示しすることはできませんが,今後,平成21年度決算見込み及び平成21年の個人所得の状況を見ながら軽減策を検討してまいりたいと考えております。


○生活環境部長(南田吉文君)


 質問事項1のうち,(2)から(5)につきましては,生活環境部,それから総務部,保健福祉部に関連がございますが,私のほうから一括してご答弁させていただきます。まず,2点目についてお答えいたします。ご承知のとおり,平成19年度の国民健康保険税の税率改正は,合併時,霧島市全体の医療費等の総額が毎年5%程度の伸びを示しており,これを補てんするため,また,基金は平成18年度末には約4,000万円程度に減少する見込みであり,平成18年度の税率統一前の税収入額では,平成19年度には8億円ほどの不足が生じ,医療費を賄うことができない状態が予想されたため,税率の統一と同時に,大幅な税収入の増額を余儀なくされまして,適正な国保財政の運営をするために,国民健康保険税の税率の改正を実施したところでございます。さて,資産割の廃止については,平成19年度の税率改正時の資料では,4方式における所得階層別の資産割合を分析した結果,世帯所得が100万円以下の低所得階層で,かつ資産割の課税されている世帯が,世帯数で約57%を占め,偏った税制になっていたため,さっきも市長が申されましたが,3方式にされたものでございます。お尋ねのマニフェストの「資産割をゼロ%にしたことから約6割の世帯で合併前より下がっております」との根拠についてでございますが,従前資産割が課税されていた世帯が約6割であったことから,資産割の廃止によりましてこの約6割が下がっていると表現したものでございます。次に,3点目についてお答えいたします。本市の国民健康保険税の統一前税率は,合併後の平成18年度までは旧1市6町の地域ごとの税率で課税されております。また,平成18年度国民健康保険税決算額は31億5,141万5,500円となっております。次に,医療費の増加については,平成16年度は72億3,200万円,平成20年度は87億7,000万円で,この間15億3,800万円の増加になっております。その原因といたしましては,平成14年10月の制度改正によりまして,保険医療対象者の年齢の上限が70歳未満から75歳未満に引き上げられたことで,該当する年齢の方々が国民健康保険で診療を受けることになり増加したことと,診療費1回当たりの伸びが増加の主な原因と思われます。それに対する対策としましては,市民の健康意識の向上や健康づくり活動がしやすい社会環境づくりやジェネリック医薬品の普及推進など,医療費抑制に努めているところでございます。今後も健康相談や健康づくりに皆様方と一体となって取り組み,医療費抑制に努めてまいりたいと考えております。次に,4点目についてお答えいたします。平成19年度国民健康保険税率で実はいちき串木野市さんと比較したものでございます。また,世帯構成例として1世帯被保険者2人,固定資産税10万円,いわゆる7割,5割,2割の軽減を反映したものでございますが,所得階層で見ますと,所得額約200万円以下で88.9%の世帯が安くなり,400万円以上では4.8%の世帯が同等となっております。次に,5点目についてお答えいたします。まず,平成21年度の国保税収の見込みでございますが,経済不況の中,昨年度同様,依然厳しい状況が続いておりまして,現時点では昨年度と同程度の収納率で推移すると予想し,現年課税分で約23億円,滞納繰越分で約1億6,000万円を見込んでおります。また,平成22年度につきましても,経済状況が好転しない限り,厳しい状況は続くものと考えております。次に,基金残高でございますが,11月末現在で2億7,015万2,000円でございます。


○税務対策総括監(末野賢了君)


 次に,6点目についてお答えをいたします。年度別の収納率と未収額でございますが,平成17年度は収納率が現年課税分90.44%,滞納繰越分12.21%,計75.85%で,未収額は2億9,828万9,367円,平成18年度は収納率が現年課税分91.20%,滞納繰越分13.44%,計73.67%,未収額は2億7,738万7,623円,平成19年度は収納率が現年課税分89.26%,滞納繰越分11.92%,計73.34%で,未収額は3億9,834万2,286円,平成20年度は収納率が現年課税分86.34%,滞納繰越分12.82%,計65.28%で,未収額は3億8,287万4,529円となっております。次に,7点目についてお答えいたします。ご承知のとおり,この特定扶養者の特別減免につきましては,本市独自の条例といたしまして,平成19年度に制定いたしました「霧島市国民健康保険税の特別減免に関する条例」に規定しているものでございます。具体的には,子育て支援や次世代の担い手となる12歳から18歳未満の子どもを扶養する世帯と,納税義務者が自己及び親族の債務返済のため所有する土地または家屋を譲渡した場合に税負担を軽減するものでございます。適用期間につきましては,現下の厳しい経済状況に配慮し,同条例については平成21年度まで1年間延長し,実施いたしております。今までの状況を申し上げますと,12歳から18歳までに係る特定扶養減免については,平成19年度は349世帯で減免金額592万2,200円,平成20年度は389世帯で減免金額617万6,900円,平成21年度は11月末現在303世帯で減免金額507万1,000円となっております。自己及び連帯債務につきましては,平成20年度に1件で減免金額12万9,000円となっております。近年の世界的金融危機等により,所得の伸びにつきましては期待できないところでありますが,本市の国民健康保険の被保険者の所得状況も大変厳しく,また減免申請も多いことから,本条例の必要性は大きいものと判断いたしておりますので,後年度への延長につきましては,その都度具体的に検討してまいりたいというふうに考えております。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 発達障がい者支援の取り組みについて,1点目と2点目を一括してお答えいたします。まず,発達障がい者の数の把握につきましては,現在把握していないところでございます。本市では,発達障がい者やその保護者等に対する支援の施策といたしまして,発達障がい者及びその疑いのある人や保護者に対する発達相談,幼稚園・保育園・小中学校・学童クラブ等の支援者や保護者を対象とした学習会,遊びを通しての発達障がいの子どもの関わり方の指導や,グループワークを目的とした親子教室の開催,市民の皆様方への啓発・広報活動など,早期発見及び早期療育を推進するため,発達障がい者支援事業をはじめ,乳幼児健診,乳幼児育児相談事業や保育園等への巡回相談事業に取り組んでおります。一方,専門的な相談や訓練など療育が必要な子どもたちにつきましては,県児童総合相談センターや県発達障害者支援センター,医療機関,療育機関などへ紹介するなど,適切な対応ができるように多くの方々への支援に努めております。平成21年度におきましては,筑波大学附属久里浜特別支援学校の瀬戸口裕二先生を講師にお迎えし,1日目に,幼稚園・保育園・小中学校・児童クラブ等の支援者の方々を対象とした研修会を開催し,2日目には,市民の皆様方や保護者の方々を対象とした講演会を開催し,市民の皆様方をはじめ,多くの方々にご参加をいただきました。さらに,平成21年度から日常的に障がい児等の相談にも迅速に対応できるように常勤の臨床心理士を配置するなど,専門的な立場から総合相談等の支援体制強化やピアカウンセリングの実施など,事業の充実を図るとともに,発育発達専門の小児科医師による月1回の発育発達相談を開始し,保護者等への支援が可能となっております。また,今年10月から霧島市立医師会医療センターにおきまして,毎月1回,試験的ではございますが,発達専門の小児科医師による発達専門外来を開設し,医学的診断や保護者への心理的ケアなどのほか,療育機関等との連携を充実させるなど,平成22年度からの本格実施に向けた取り組みを進めているところでございます。一方,発達障がい者の早期発見と乳幼児期から成人期までの一貫した支援を推進するため,発達障がいに関わっている庁内の担当者で組織する「発達障がい者支援連絡調整会議」を設置するなど,各部署間の連携を図っております。今後も引き続き関係機関等の連携強化を図りながら,発達障がい者やその保護者等に対する支援事業を充実するとともに,発達障がいの早期発見と早期療育に取り組んでまいりたいと考えております。


○農林水産部長(萬?茂樹君)


 霧島市の林業の現状についてお答えいたします。まず,1点目についてお答えします。平成21年度鹿児島県森林林業統計によりますと,市の総面積6万368haのうち,国有林を除く民有林面積が3万3,461haあります。その中にはスギ,ヒノキ等の人工林が2万3,300ha,天然林が8,487ha,竹林などその他山林が1,674haとなっております。また,年間を通じて従事している林業従事者は,平成17年国勢調査報告によりますと75名となっております。現在は若者を中心に,少しずつではありますが,林業に従事しようという人が増加してきております。また,林業従事者の高齢化が進んでいるということで,これに対しまして,どのように考えるかということでございますけれども,ほかの農業あるいは水産業にいたしましても,非常に高齢化が進んでいるということで,やはり担い手の確保というのが一番大きな問題ではないかというふうに考えているところでございます。このような中で,林業につきましては,国が支援する緑の雇用担い手対策事業,すなわち林業就業に意欲を有する者に対する技術の習得に必要な研修を支援する事業に市内の3つの森林組合が取り組みをされており,現在10名の方が研修を受けていらっしゃるところでございます。また,本市の林道網の整備状況についてでございますけれども,平成46年度を目標に林道網密度を1ha当たり9.9mという形で計画しております。19年度末では,1ha当たり5.7mの林道網密度でございまして,達成率は約57%でございます。今後も路網の整備につきましては,積極的に整備を進めていきたいというふうに考えているところでございます。次に,2点目についてお答えいたします。間伐につきましては,平成19年度に策定しました平成20年度からの間伐推進5か年計画に基づき,毎年796haを目標に間伐を推進しており,平成20年度は目標を上回る830haの間伐を実施したところでございます。間伐に対する補助金につきましては,山林所有者の負担をできるだけ軽減するために,国,県の補助事業を可能な限り導入しており,国の事業として標準事業費の68%補助や,緊急経済対策関連の事業ではほとんど100%に近い補助率もございます。また,県の関係事業では50%の補助となっております。さらに市では,標準事業費の10%を上乗せ補助しており,山林所有者の負担がさらに軽減されることにより,間伐を行う山林所有者が増え,健全な森林が保全されるとともに,森林施業を行わない放置林対策にもつながり,さらに森林の持つ公益的機能が保たれ,環境保全にも効果があるものと考えております。次に,3点目についてお答えします。鹿児島県におきましては,県知事を会長とし,建築設計,施工関係者,消費者,学識経験者,木材関係者,行政で構成する「木材利用推進協議会」を設置し,木材利用推進に関する意見,情報交換などを行っているところであり,それと同様な組織が県内の地域振興局ごとに「地区木材利用推進協議会」として設置され,各地区における木材利用推進に努めているところであります。姶良地区におきましては,平成19年4月に「姶良地区木材利用推進協議会」が設置され,行政,木材関係者一体となって地元産の木材普及に努めているところであり,PR活動の一つとして,毎年秋には市民の皆様に林業や木材利用に対する理解をいただくための「森林のまつり」を開催しております。本市といたしましても,霧島の気候や風土に合った木造住宅の良さを強調し,地域材を供給する地元製材所や建築に直接携わる工務店等関連業界と連携し,地域材,地元資源を使用した木造住宅の建設促進を図っていきたいと考えております。次に,4点目についてお答えします。鹿児島県において認証かごしま材を使用して建築された木造住宅の中で,一定の条件を満たす住居について2つの助成措置を行っています。1つは,「認証かごしま材の家金利優遇制度」で,民間金融機関と連携し,住宅ローンの借入金利の優遇措置を行っています。2つには,「認証かごしま材の家住宅瑕疵担保保険支援制度」で,財団法人住宅保証機構の提供する住宅瑕疵担保責任保険を付与する際の保険料の3分の1を補助しております。市民を含む県民に対する助成措置でありますので,今後も推進してまいりたいと考えております。なお,ご質問のありました市独自の助成措置創設については,現在のところ考えておりませんが,木材利用推進対策の一つの方法として今後研究していきたいと考えております。


○2番(前島広紀君)


 ご答弁をいただきました。引き続いて質問席からの質問を行います。その前に平成16年から21年度という期間の出来事を確認してみますと,平成17年11月に1市6町が合併し,国保税が統一されました。そして19年4月に霧島市の国保税が改正され,平成20年4月に後期高齢者医療制度が導入されたため,約7,800世帯の75歳以上の人たちがそちらの制度へ移行しました。また,霧島市は19年4月から21年3月までの期限限定で特定扶養者の特別減免条例を制定しましたが,22年3月まで1年間延長されていますと,私はこのように認識しております。私が本当に知りかったのは,所得階層別の世帯数の割合を知りたかったわけですが,私が持っています数値で質問させていただきます。資産割を廃止したのは,所得が100万以下の6割の世帯で負担の割合が上がるためとマニフェストには書いてございます。平成18年度の数値だと思います。しかし,現在は,平成20年度より後期高齢者医療制度の導入により,当時の国保加入世帯数は約2万6,000世帯から現在は約1万8,000世帯に,7,800世帯ほど減少しています。この数値は75歳以上の人が移動したためだと思いますが,そうだとすると,恐らく現在は所得が100万以下の階層の割合が約30%減少しているのではないかと考えられます。このような状況下でも資産割を廃止した課税方式のほうが所得が低い人の税負担の軽減になっているのか,高所得者で資産を多く持っている人も減税の対象になっているわけで,逆に高所得者に有利な計算になってはいませんか。現在,すなわち後期高齢者医療制度導入後の国保加入者を対象として,資産割を導入した場合と廃止した場合の比較をシミュレーションされたことがございますか,伺います。


○税務課長(中村 功君)


 今ご質問の中で21年度の所得階層ごとの世帯数の話が出ましたので,私が持っている平成21年度の所得階層別世帯数を申し上げます。所得階層がゼロ円から100万円以下の世帯が1万2,500世帯ほどありまして,約68.8%を占めております。そして100万円から200万円以下の世帯が3,645世帯ありまして,20%を占めております。この2つを足しますと約88.8%を占めているという状況であります。それから200万円から300万円以下が1,179世帯で6.5%,それから300万円から400万円が2.2%であります。400万円を超えるもの,それ以上が約2.5%であります。それと,平成18年度当時の階層ですが,18年度の時点での階層別世帯数を申し上げると,ゼロから100万円の世帯が1万7,532世帯で66.7%を占めております。そして100万円から200万円以下が5,345世帯の20.3%を占めております。200万円から300万円以下が1,932世帯の7.4%,300万円から400万円以下が647世帯で2.5%,400万円から500万円以下が282世帯の1.1%,500万円を超えるものが総体で1.5%という割合になっております。18年度と19年度で資産割を想定してのシミュレーションはいたしておりません。(P99に訂正あり)


○2番(前島広紀君)


 どうも数字が合わないんですけど,18年は2万6,000世帯あるわけですが,20年度の後期高齢者制度で7,800世帯ほど抜けているという考え方は間違いですか,お伺いします。


○税務課長(中村 功君)


 今おっしゃった後期高齢者が抜けて約1万8,000世帯になったということは間違いありません。そして,私が先ほど申し上げた18年度の数値ですが,それはとらえる時点にもよるんでしょうけれども,私が持っている資料で約2万6,200世帯ほどの内訳でございます。


○2番(前島広紀君)


 ちょっと数が合いませんけど,時間がございませんので,次に進まさせてください。ぜひシミュレーションをしていただきたいと思います。次に,合併により医療費が8億円上がったとのことですが,これは合併したことが原因ですか,ほかにも原因がありますか,伺います。


○保険年金課長(小野博生君)


 答弁の中でも医療費の伸びにつきましてご報告させていただいたところでございますが,現在若干数字を申し上げておきますと,国保の中での医療費に係る保険給付費でございます。先ほどの部分でございますが,16年で,72億3,200万ということでございます。そして17,18年度でこの医療費の伸びで見てみますと,17年度で約110%,そして18年度では108%,19年度で103%です。そして20年度でございますが,先ほど議員が言われましたとおり,後期高齢者医療制度に20年度は移行いたしまして,国民健康保険特別会計で支払いをしております保険給付費につきましては,87億7,000万ということでございます。97.5%と,19年に比べまして20年度では若干減ってきているということでございます。ただし,今後の伸びのことでございますけれども,現在のところ,ある程度の決算見込みは出しているところでございますが,いろいろ先ほども言いますように,保険給付費は年々伸びているのが現状でございます。ですので,本年度につきましても,やはり今までの伸びから言いますと,やはり3%前後ぐらいずつ伸びてきているようでございますので,保険給付費につきましても,やはり21年度は見込みといたしましてはその程度は伸びるのではないかと現在は見込んでいるところでございます。8億円の原因といたしましては,先ほど申し上げました中で言っておりますが,平成18年度当時の医療費の伸びといたしましては,先ほど申しましたとおり,全体的に約10%から8%ずつ伸びてきていたというのが大きな原因でございます。それと,国保財政といたしましては,当時といたしましては基金を取り崩しながらやっておりました。ですので,健全な国保財政を運営する上でも,今後,保険料と必要な額としてあと8億円必要であるということで,そのように試算をして,今後の将来的な医療費の伸びと健全的な国保財政の安定,そういうのを考慮いたしまして8億円必要ということで試算をしたということでございます。8億円の伸びといたしましては,そういうことでございますので,ほかの要因はないということでございます。


○2番(前島広紀君)


 伺いたかったのは,その8億円の増というのが合併に伴うことであれば,その財源の不足分を一般会計から繰り入れるべきであったのではないかと私は思います。例えば,奄美市では,合併に伴う6億円の財源不足を2年かけて一般財源から繰り入れています。霧島市は合併に伴って財源不足が生じたことを国保加入者にだけ押し付けたことから,今日霧島市の国保税は県下一高いと言われている原因の一つになったのではないかと考えますが,いかがお考えか,お伺いいたします。


○生活環境部長(南田吉文君)


 先ほど4方式と3方式を申し上げましたけども,合併時に税統一するときどういう議論があって,そしてまた,どうしても8億円を賄わなければならない中でどういう割り振りをするのかという議論がこの議会でもあったとこでございます。その中で資産割をなくするのかどうするのかという議論があったわけでございます。そういたしますと,18市の中で3方式を取り入れていますのは,先ほど紹介のありました奄美市,鹿児島市,霧島市,これだけ結果としてはなりました。そういたしますと,どこから財源を持ってくるのかということでありますと,やはり均等割であったり平等割の率の問題もあるわけですけども,応能割,応益割の比率を考えながら,所得割にどうしても重きを置かなくてはならない,これはもう自然の流れといいますか,そういう形になったわけでございます。そういった中で,宮内議員等もよく指摘されるんですけども,確かに税率,これは鹿児島県で一番高い。これはもう率直に認めるところでございます。理由はそういったところからでございます。資産割がない分を所得割等に上乗せしたということでございますから,それはご理解いただけるのかなと思うところでございます。ところで,資産割をどうして採用しなかったかと言いますと,先ほどから紹介ありますように,大多数の,七,八〇%という部分が所得の少ない低所得者層でございますね。そういったところから資産割を課税いたしますと,どうしても負担増になるというふうなことから,低所得者への配慮ということで資産割を廃止したというのが当時の実情であるというふうに理解をいたしておるところでございます。


○2番(前島広紀君)


 今のお答えに関しましては,先ほども申しましたように,私は高所得者のほうが優遇な税制課税措置であるのではないかと考えております。ぜひ再シミュレーションをお願いしたいと思います。先ほどもお答えがございましたが,医療費の上昇は今後も続くものと考えられます。医療費がさらに上昇すれば,現在でも高いと言われる国保税をさらに増税しなければならないわけです。住民がこのまちに住みたい,住んでよかったという実感できる市政にするために,一般財源から国保への補てんを考えるべきだと私は思います。なぜ一般財源から国保への補てんを強く求めるかと言いますと,調整交付金のカットが国保加入者の大きな負担を招いていると考えるからです。調整交付金の件に関しましては,これまでも先輩議員によってたびたび議題にされていますので,今回は深くは触れませんが,国保税が大幅に引き上げられたために徴収率が低下し,調整金がカットを受け,その負担を市民に押し付けているように私は思います。悪循環を起こし,ますます未納者が増えていくことが十分予測されていますが,いかがお考えでしょうか。


○総務部長(今村恭一君)


 まず,基本は,国保税が県内で一番高いと言われているということに対して,先ほど市長の答弁がございましたけれども,我々は県内一高いとは考えておりません。その根拠をちょっと申し上げてみたいと思います。まず,国保税の,今議員が言われたのは,夫婦と子どもの4人の世帯でございます。所得は255万というのを設定しております。固定資産税は5万でしております。それで試算すれば,確かに県内一高い国保税になります。ただし,霧島市の国保というのは,1人世帯もあれば2人世帯もある,3人世帯もある,いろいろな世帯がございます。ですから,ある一点をとらえて,そこで試算したら一番高いということは言えるかもしれませんけれども,霧島市の現状を申しますと,21年8月現在で分析したところによりますと,1人世帯が53%です。2人世帯が31%でございます。先ほど市長の答弁にありましたように,3人世帯が9%,4人世帯が4%です。この4%のところで試算したのが,県内一高いと言われているわけです。それで1人世帯と2人世帯を合わせたパーセントは85%でございます。ここで比較するのが霧島市の現状に合った国保世帯と言えると思います。それで,1人世帯,2人世帯を合わせたところの所得階層を調べてみました。100万円以下の所得階層がその85%の人の中で6割を占めております。つまり100万円以下の人が6割おられるということです,1人世帯,2人世帯は。ですから,その6割おられる100万円以下の課税所得,いくら取っているかというのを平均を出してみました。そうしたところ,1人当たり8万3,790円になります。ですから,設定の仕方としては,2人世帯,所得課税標準額が8万5,000円で固定資産税が5万円ということで設定いたしております。先ほど市長の答弁の中で,ある一定条件のもとと言ったのはこの設定の仕方でございますけども,課税標準額は8万5,000円,2人世帯,固定資産税5万ということで試算をしますと,県下で12番目になります。ですから,一般的に国保が高いと言われるのはいろんな階層で違うんですけれども,霧島市の現状に合わせて言えば,大体18市の中で12番目ぐらいの位置になると思います。ですから,国保の税率というのが県下の中で一番高いというのは,市のほうとしてはそういう認識は持っていないというところでございます。


○2番(前島広紀君)


 壇上からも申し上げましたが,このことに関しましてはお互いに水かけ論になりますので,これで先に進みたいと思います。これまでの会議録などを見ますと,国保税を引き下げるために一般財源からの補てんをしている自治体は例がないとたびたび答弁されていますが,霧島市は日本で最初に特定扶養者の特別減免条例を制定した実績があります。前例がないことでもやればできるということです。前向きに検討していただきたいと思います。また,県内18市のうち一般財源から国の基準以上の繰り入れをしているのは7市あると言われていますが,これらの市は国や県の指導に反した措置を行っているとお考えでしょうか。また,法定外の繰り入れをした場合に制裁措置等があるのでしょうか,お伺いいたします。


○生活環境部長(南田吉文君)


 国の例えば通知だとか県の見解に反しているのかといいますと,それは反していると思います。と申しますのは,やはり国保特会の性格を考えますと,国保特会内で完結できるところは完結する,これがやっぱり原則論でございます。これは崩してはならないと思います。なぜ入れてるかといいますと,やはり先ほど例えば悪循環を起こしていると言われましたけども,まさに悪循環を制度の中で起こしてるんじゃないんでしょうか。例えば基金がなくなる。そういたしますと,繰上充用という方式をほとんどの市がとっています。繰上充用。次の年の歳入を充てると,これを繰り返しながらもやってる。こういうことで悪循環をまさに起こしているんです。本市の場合には職員の努力等もございまして,健全な運営をしてると,これは言えると思います。2点目でございますけども,制裁があるのか,制裁措置があるかといいますと,それはございません。


○2番(前島広紀君)


 分かりました。それでは次に,霧島市の国保加入世帯は全世帯数の約3分の1の世帯に当たる1万8,000世帯,約3万1,700人であります。市長のマニフェストによりますと,3分の1の世帯でありますから安易に繰り入れをすることはよくないと,そういうふうに書いてございますが,話は変わりますが,今回の市長選の大きな争点の1つは,国保税の引き下げに関することであったと思います。前田市長は,有権者の約3分の1の支持を得て市長に再選されました。対立候補者もほぼ同数でした。市長は3分の1の人の重みをどのように受けとめておられますか,少数意見だとお考えですか,お伺いいたします。


○市長(前田終止君)


 今回の市長選挙の,選挙の結果をとらまえてのご指摘でございますが,私といたしましても,選挙戦を通じてかなり市民の皆さん方からの厳しいご批判,ご指摘など率直にあったことを認めたいと思います。そして,どうにかできる軽減策,こういうものもその結果をがっちり受けとめて,どうにかできないか,それを当選後も引き続いて指示を出したところでございます。先ほどの答弁でも終わりの部分で申し上げましたけれども,現時点ではいろいろ需要額とか税収の見込み,こういうことが不透明でありますと,あるいはまた国の制度改正であります国保の限度額の引き上げなど審議中であると。そしてまた政権党・民主党の公約である医療保険の一元化,そういうものなど広域化支援の法改正が見込まれるなど,大きな動きなどを見極めながら,ぜひ,将来にわたって積極的な検討を重ねながら,今後,今の時点で明確な軽減策を示すことはできませんけど,今後の中で,平成21年度決算見込み,21年の個人所得の状況を見ながら適切な軽減策,どうにかできないか,今知恵をみんなで絞っているところでございます。


○2番(前島広紀君)


 国保問題に関して,最後に,私は提言としまして県内18市の中で一番高いと言われている霧島市の国保税の問題を解決する方法としまして,先に申し上げましたように,一般財源からの繰り入れを行い,税額を引き下げることによって国保税の収納率を上げる。そして調整交付金のカットを受けないようにすることで,収入減を確保する一方,市民の健康づくり大作戦等を推進して医療費削減を抑制し,健全な国保運営を目指すべきではないかと考えます。また,課税方式を再検討し,所得の低い階層の税負担軽減になっているかを再度確認していただきたいと思います。そして,少なくとも鹿児島市や奄美市並みの課税額にすべきです。ちょうどよい機会だと思います。市長の高度な政治判断で改善され,血の通った政治をされますことを強く求めます。ぜひ新年度から実施してほしいと提言をさせていただきます。続きまして,発達障がい者支援について質問させていただきます。発達障がい者支援に関しまして,先輩議員方からたびたび質問がされていまして,それによりますと霧島市は県内でも先進的な取り組みがされているとのことです。そのような認識でよろしいのでしょうか,お伺いいたします。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 先ほどご答弁も申し上げましたけれども,まず,支援者向けの学習会あるいは保護者等に対する,あるいは市民向けの講演会,またさらにそれまで手の届かなかった療育への分野に踏み込んだ形での連携,そういったものを専門の小児科医,あるいは臨床心理士,そういった方々を配置することによって平成21年度からは特に連携が深くなっている,あるいはそういう啓発を行うことによって市民の方々の理解が進んできているというようなことで,今後もそのような取り組みを続けてまいりたいと思っております。他の市町村の状況等につきましては,正確に把握しておりませんけれども,そういう面につきましては,非常に進んだ取り組みをしているというふうな理解をしているところでございます。


○2番(前島広紀君)


 古い議事録を読みますと,発達障がい者の数は把握されていないという答弁がたびたび出てまいります。今回も同じでございましたけれども,これは数が把握できないというのは,プライバシーの問題でしょうか,それとも数が把握できなくても行政として取り組みに不備はございませんでしょうか,お伺いいたします。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 この数の把握の問題でございますけれども,子どもが発達,成長していく中ではさまざまな行動等が見られるというふうに理解をいたしております。したがいまして,その保護者によっては自分の子どもが発達障がいのそういうものがあるのか,あるいはその疑いがあるのかといったようなところの部分につきましては,なかなか把握は困難でございますので,先ほど申し上げましたように,さまざまな取り組みをすることによって,そういう不安あるいは育児に対するそういう自信を持っていただくとか,そのような取り組みを進めることによって防げると。ですから,私どもとしてはそういう行動がある子どもさんたちが,すべてがそういうものというふうには理解しておりませんので,その数の把握というものに努めるということについては,現在のところしていないというところでございます。


○2番(前島広紀君)


 発達障がい者に限らず障がい者支援に対しては,本人に対する支援はもとより,親,すなわち家庭に対する支援が必要であると思います。そこで,今回は親,すなわち家庭に対してどのような支援策をとっておられるか,お伺いいたします。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 先ほどのご答弁と重複いたしますけれども,保護者の方々に対しましては,専門的な医師あるいは臨床心理士,そういった方々を配することによりまして,相談がしやすい体制,それからその相談をしていただいた中で,どうしても療育の分野へ進んでいただく中にはちゃんとした医師の診断等が必要になってまいりますので,そういう診断ができる体制,それから療育のほうへとつなげていく,専門機関へつなげていくという,そういうところの連携が図れるような取り組みをいたしております。また一方では,その疑いのある子どもたちを育てておられるというふうな,そういう保護者の方々に対しましては講演会を開いたり,あるいは育児相談,あるいは健診,そういうところでの相談等を随時お受けしながら保護者の方々のケアといいますか,相談等に対応して施策を進めているというところでございます。入り口の部分,それからまた,深く専門的な部分,そういうものの両方について対応ができるシステムをとっているということでございます。


○2番(前島広紀君)


 最後に,林業についてお伺いいたします。戦後の林業施策により,険しい山の頂上までスギ,ヒノキなどの針葉樹が植林されていますが,今適切な手入れがなされず,荒廃している山を多く目にします。間伐による補助金によって,木を切り出してもそれが木材として流通していないのではないかと思います。先ほどのご答弁におきますと,最高100%の助成などもあると答弁いただきましたが,それでも間伐は進んでいないと感じております。現状をどう認識されておりますでしょうか。


○農林水産部長(萬?茂樹君)


 先ほども答弁申し上げましたけれども,平成20年度からの5か年計画ということで約800ha毎年間伐を進めていきましょうという形で今取り組みをしておりまして,平成20年の実績は830haということで目標達成したと。それぞれ関係者一体となって,毎年800haの間伐実施に向けて今努力をしているとこでございます。確かに,周りの山を見た場合,手入れのされていない山がたくさんございます。そういった面で計画的に間伐を進めていこうという形で,今,関係者一生懸命取り組みをしているところでございます。


○2番(前島広紀君)


 林業従事者に話を伺いますと,間伐をしても,木を市場に持っていっても木が売れないと,売れないから間伐も進まない,そういう話もよく耳にいたします。ですから,流通に対する補助なり施策なり,そのあたりにもっと力を注ぐべきではないのかと思います。先ほどのご答弁でもいろいろ県の補助とかあると伺いましたけれども,例えば霧島市におきまして,公共工事等において霧島産木材を積極的に利用することはできないでしょうか。市の公園の整備工事などを見ますと,ほとんど石材が使用されています。木のほうがぬくもりが感じられ,霧島市の個性表現にもつながっていくのではないかと思います。いかがでしょうか。


○農林水産部長(萬?茂樹君)


 今,前島議員の指摘はもう本当にもっともなことだと思います。やはり間伐をしても,あるいは道路が,林道がなかったり,作業道がなかったりという形で持ち出しをするのにかなりの経費が要ると。結局,非常に木材価格が安いわけですけども,そういった搬出費,あるいは切り出しに対する経費が非常に高いということで,実績では赤字になってしまうというような形で,間伐してもそのまま山に放置してあるというのが現状でございます。そういった面で,少しでも経費を抑えるためには,路網の整備の取り組みをしていかないといけないということと,あと山林所有者に対してきちんと森林施業に対して説明ができる,森林施業プランナーというのを今それぞれ森林組合のほうで育成をしております。実際今,3つの森林組合で13名の方が森林施業プランナーとして育成をされ,今,山林所有者に対して施業の推進をしているところでございます。やはりはけ口ですね,結局間伐をしても売れるところ,そういった面で木材の利用促進,これが非常に大きな課題になってこようかと思いますし,そういった取り組みを林業関係者あるいは行政一体となってしていかないといけないというふうに思っております。本市におきましては,教育委員会のほうで今それぞれ新設の小学校,中学校を建設されてきているわけですけれども,その中でも仕様書の中で鹿児島の認証かごしま材ですね,それを優先して使っていただきたいという形の取り組みもしていただいているところでございます。やはり今後,木材の利用ができるものについては,市の関連するいろんな公共施設につきましても,利用促進を図っていくようにやっぱり庁内でもいろんな形で呼びかけ,あるいは協力をお願いしていきたいというふうに考えております。


○市長(前田終止君)


 今前島議員ご指摘の公共事業等,市が推進するものに当たって,できるだけ地産地消と申しますか,地材地建といいますか,そういう方針を明確に打ち出すようにということを1期4年間の間も申し上げてきておりますし,具体的には,例えば牧園中学校の学校の改築あるいは天降川小学校等の改築,こういうものについてはなるべく地元の産材を利用する。そうでない,どうしても調達できないのは県産材,そういうものを利用するよう指示を私の立場からも常に出しておるところでございます。


○2番(前島広紀君)


 ぜひそれを推進していただきたいと思います。最後に,林業の問題に関しまして,鹿児島県環境税などがあると思いますが,それをもう少し活用いたしまして,例えば夏休みの教室とかそういうものを推進していってほしいと思います。これで質問を終わります。


○議長(池田 守君)


 以上で,前島広紀議員の一般質問を終わります。ここで,しばらく休憩いたします。


               「休憩  午後 2時52分」


               ──────────────


               「再開  午後 3時10分」


○議長(池田 守君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。次に,9番,池田綱雄議員より2件通告がされております。したがって,池田綱雄議員の発言を許可します。


○9番(池田綱雄君)


 ただいま議長の許可を得ましたので,通告に従い一般質問をいたします。私は,今回の霧島市議会議員選挙に4年前と同じ「子育てに優しい,だれもが住みたいまちづくり」をスローガンに掲げ,2期目の挑戦をいたしました池田綱雄でございます。今回は選挙区がなくなった最初の選挙戦でありました。603km2の霧島市はさすがに広く,選挙区の半分も回れない状況の中での選挙でございましたが,市民の皆様の温かいご支援,ご支持により再び市政壇上に送っていただき,身の引き締まる思いをしているところでございます。私は,4年前の最初の一般質問でも申し上げましたが,私どもの霧島市は,全国に783の市がある中で,空港があり,観光地があり,焼酎やお茶などの特産品があり,京セラ,ソニーをはじめ多くの働く企業がある,全国でも5番の中に入る環境の整った市であると思っております。これを生かすも殺すも行政と議会の役割は大変重要であると思います。私を支持してくださった皆様が,池田綱雄を応援してよかったと言ってもらえるような議員を目指すとともに,霧島市発展のため,今後4年間一生懸命がんばってまいります。また,同じ日に行われた市長選挙では,2期目の立候補をされた前田市長が,相手候補に207票の差をつけて当選され,まことにおめでとうございます。これからの4年間は霧島市にとりまして最も大事な4年間であると思います。どうか健康に十分留意され,今まで以上にリーダーシップを発揮され,霧島市勢発展にご尽力されるようご期待をいたします。さて,質問の1点目として,4年前の市長選挙で開かれた市政,活力ある市政,そして公正公平な市政の基本姿勢を掲げられた前田市長が,見事に当選をされました。だれが市長になっても合併後の大変難しい1期4年間をさまざまな実績を上げてこられた前田市長が,前回以上の差で当選されると思ったのは私だけでしょうか。今回の市長選挙はわずか207票差であり,また無効票788票があったことを考えると,大変厳しい結果ではなかったかと思います。そこでお尋ねいたしますが,今回の市長選挙の結果をどのようにとらえ,今後どのように生かしていかれるのか,お尋ねいたします。次に,子育て支援についてお尋ねいたします。今年の4月から乳幼児医療費の無料化が3歳児未満児から小学校就学前まで引き上げられ,対象になる親御さんから子どもを産む気になった,2人目を産みたいなど,大変喜ばれているところでございます。私は,乳幼児の医療費の無料化がこの4年間でゼロ歳児から3歳児へ,さらには小学校就学前まで引き上げられましたので,この問題については一息つけるかと思っておりましたが,先日の新聞報道で薩摩川内市は,来年4月から,乳幼児医療費助成の対象を現在の小学校入学前から,一気に中学生まで無料化すると発表しました。また一歩先を越されたなと思っておるところでございますが,薩摩川内市にできることが,市長がよく言われる県下ナンバーツーの市・霧島市にできないことはないと思いますが,市長,医療費の無料化を中学生まで引き上げる考えはないか,お尋ねいたします。次に,子育て支援の2問目,市が関与する結婚相談所と子ども一時預かり所についてお尋ねいたします。この件については,過去に2回質問をしておりますが,適齢期の子どもを持つ親にとりましては,大変関心が強く,必要性を感じている問題であります。今年6月に青年会議所が婚活の一環として,ホテル京セラで男女103人のパーティーを開いたところ,その日のうちに17組のカップルが誕生したそうであり,出会いの場を求める若者の多さにびっくりいたしました。また今回,クローバーの夕べ実行委員会が12月19日に25歳以上の独身男女それぞれ50名の参加募集を行っております。このようなイベントによる出会いの場が広がりつつあり,一歩前進したかなと思っているところでございます。もう1点の子ども一時預かり所についてですが,現在,ファミリーサポートセンター事業で対応されておりますが,この事業は預ける側と預かる側がそれぞれ会員登録をし,預ける前にお互いに事前の打ち合わせが必要であります。私は,子どもを預けたいときにいつでも預かっていただけるような一時預かり所はできないかという質問をいたしているところでございます。これまで結婚相談所も子ども一時預かり所も前向きな答弁をいただいておりますが,どのように取り組んでおられるのか,その進捗状況をお尋ねし,壇上からの質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 池田議員から2点につきまして質問でございました。1点目につきましては,私のほうから答弁をいたします。2点目につきましては,保健福祉部長が答弁をさせていただきます。1問目の私の政治姿勢についてのご質問についてお答えいたします。先の市長選挙におきまして,議員ご承知のとおり極めて厳しい選挙戦を制しての2期目の当選をさせていただきました。私といたしましては,初代市長としての4年間,市民が主役の日本一のふるさとづくりを目指して,市民総親和・総努力を掲げ,「開かれた,活力ある,公正で公平な市政」と現場主義を堅持し,市民の皆様や議会,職員の理解と協力を得ながら,マニフェストに掲げた各種施策,第一次霧島市総合計画をはじめとする各種基本計画の策定や行財政改革の推進など,精力的かつ積極的に取り組み,一応の成果を残せたものと思っております。しかしながら,合併後の新市霧島市に寄せる市民の皆様の思い,期待感というものはそれ以上に大きいものがあったと,そのことが私への不平不満として,あるいは批判としてあらわれたものと考えております。私は,この結果を率直に,そしてまた謙虚に受けとめて,1期目の課題や反省点も踏まえて,市民の皆様の思いや期待にこたえるべく,これまで以上に市民が主役の信念のもと,民意を第一とし,私の政治信条でございます,「開かれた市政,活力ある市政,公正で公平な市政」の基本姿勢を堅持しつつ,そして,市民の皆様とともに生きる「共生」,ともに働く「共働」,そしてともに助け合う「共助」,こういうことを大事にしながら,2期目の霧島市政運営に最大限の努力をしてまいろうと考えているところでございます。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 子育て支援についての1点目についてお答えいたします。乳幼児医療費助成制度につきましては,子育て世帯のさらなる経済的負担を軽減するため,平成21年4月診療分から保険診療に係る医療費の自己負担額の助成対象を,これまでの3歳未満から小学校就学前までに引き上げ,拡充したところでございます。現在の乳幼児医療費助成制度は,ゼロ歳から小学校就学前の対象者に対して,県と市が助成しているものでございます。このため,小学生以上の乳幼児医療費につきましては,その全額を市の一般財源で賄うことになりますので,中学生までの助成対象者の引き上げにつきましては,現在のところ大変厳しいものと考えております。しかしながら,子育て環境の充実は重要な課題であると認識いたしておりますので,今後,財源の確保等を含め研究してまいりたいと考えております。2点目についてお答えいたします。行政関与の結婚相談所の開設につきましては,これまで,例えばNPO法人に委託する方法など,いろいろな運営手法が考えられる旨のご答弁を申し上げてきておりますが,霧島商工会議所におきまして,現在,子ども一時預かりなど,主として子育ての支援に関する事業などを行うためのNPO法人設立の準備を進められると伺っております。このNPO法人の定款では,議員お尋ねの結婚相談所に関する事業も取り組める内容になっていると伺っておりますので,NPO法人設立後,関係者等と協議してまいりたいと考えております。なお,市が関与する事業といたしましては,現在策定中の次世代育成支援対策後期行動計画において,結婚支援に関する総合的な事業として,(仮称)きりしま出会いサポート事業に取り組むように計画しているところであり,まずは地域の公共的団体,NPO法人,民間事業者等と連携し,出会いのためのイベントを開催することとしており,今後,状況を見極めながら結婚に関する相談事業の運営手法について検討してまいりたいと考えております。


○9番(池田綱雄君)


 それぞれ答弁をいただきましたが,再質問を順次行わせていただきます。まず市長,最初に207票差というのを選挙前想定されましたか。


○市長(前田終止君)


 4年前が2,000少々の差でございましたので,1期4年間,皆さん方の理解と協力を得ながら,がんばるだけ精いっぱいがんばってみた。ですから,その4年前の2,000差に若干は接近戦になってもプラスして,例えばあと1,000とか,あるいはそれ以上プラスして勝たしていただきたい,強く自信も持ちながら進めさせていただいておりました。


○9番(池田綱雄君)


 選挙前ちょっと話す機会があって,何か余裕というか,何か感じたんですよね,もう圧倒的な強さだなというような,だけど207,もう実質負け選挙ですよね,207というのは。だから,これを207というのが本当にどこに,いろいろ答弁にありましたけど,どこに一番の原因というのは油断ですか,何ですか。


○市長(前田終止君)


 私も県議選を6回,首長選挙3回,合わせて9回自らの選挙をやっております。人様の選挙はもう何十回とやりました。大きな国会議員選挙,あるいは県知事選挙,あるいは県議会議員,市町村長選挙,人様の選挙はもう数十回やっています。選挙というのは,実質負け選挙だったという見方もあるでしょう。しかし,僅差でも,1票差でも勝ちは勝ちなんですよ。負けは負け,これはもう厳粛な事実ですね。もういろんな選挙を体験しましたけど,そう思いますよ。ですから,これは結果をしっかり受けとめながら,責任を担っていきたいと,こう思っております。ただやっぱり,本当に僅差になったことに対する自らの謙虚さ,そしてまたそれにめげることなく,たくましさ,謙虚にたくましく担っていかなければリーダーじゃないと,こう思っておりますから,その差はがっちりと受けとめながら,これからの2期目4年間,1期目4年間の基礎の上にしっかりがんばり抜いてまいろうと,こう決意いたしております。


○9番(池田綱雄君)


 元気な声を聞いて安心しました。市長は4年間,あちこち飛び回っていろいろアピールして回られましたよね。それが票になっておるのか,市民のそういうのになっているのかなあと思うんですが,そういうスタイルは今後変えませんか。


○市長(前田終止君)


 全く変える気はありません。今後とも今までの経験,そしてまた自らが感じる改革はやってまいります。皆さん方も選挙される方ですから実際考えてみてください。選挙というのは3つに分析できると思うんですよ。1期4年間の流れ,これにおける自信を持った,あるいはまたいろんなことをたくましくやっていくということ,それで今度は選挙戦そのもののドラマがある,あとは開票のドラマがあるんですよ,開票のドラマの部分をおっしゃってるわけですよね。私といたしましては,1期4年間の皆さんといろいろと議論をさせていただき,そしてまた職員の皆さん方としっかり肩を組み,そしてまた市民の皆さん方の声を聞きながらやってきた1期4年間,そして市,県,国内外を駆けめぐった,そういうこと等本当に大事に,大きなまた手ごたえも感じながら4年間を過ごさせていただきました。そして,また今回の2つ目の選挙のそのものの流れの中でも,マニフェストの比べ,あるいはまた公開討論会の比べ,あるいはまた事務所の動き,あるいはまた陣指揮等の力比べなどなど,全体として見て決して引き負けてはいなかったと,自らこう分析いたしております。そういう中で一番反省をいたしておりますのは,仕事は4年間本当に徹底して情熱と信念を持ってやった。ただ,後援会活動に名を借りた,いわば選挙運動的なこと,ほとんどやらなかった。そこいらに自らの反省がございます。そのことをさらに自ら,これからの4年間,四十数年の経験を生かしながら,「見ておれ」と思っています。


○9番(池田綱雄君)


 スタイルは全く変えないというようなことでしたが,見方はいろいろあると思うんですけど,市民の皆さんあるいは職員の皆さん,「市長は行っても市長室においやらんど」と「忙しい人だ」というようなことで,やっぱり職員の人も市長とじかにいろんな書類とかそういうのを話したい職員がいっぱいいると思います。市民も市長に会いに,市役所に来られる方もいっぱいいらっしゃると思う。もう忙しくてほとんど市役所の市長室にいらっしゃらないということで,そういう不平不満も聞くもんだから,だからあえて言ったんですけど,スタイルを貫くならそれでいいと思います。市長は,選挙もう9回ですか,戦って選挙の厳しさとか,そういうのはもう十分分かっておられると。そしてまた今回の票差,何が原因か,今後どうするべきか,市長が一番知っておられると思うんですが,これまでの4年間は両副市長,ベテランですよね,行政の最ベテラン,そしてまた旧国分市を一生懸命つくってこられた両ベテランの副市長がおられて,そういう副市長の助言とかいろんなのがあったと思いますよ,4年間は。ある意味では引っ張ってもらったり,そういうのがあったと思うんですが,今日提案された2人の副市長も前副市長に比べて遜色のない方とは思いますけど,慣れるまでは時間がかかると思いますので,今まで以上に市長の指導力といいますか,リーダーシップというのが必要になってくるんじゃないかというふうに思うんですが,その辺の決意はどうですか。


○市長(前田終止君)


 まず,2つのお尋ねかと思います。1つは,市長として市職員の方々としっかりと向き合った,ずっしり落ち着いた市長職の取り組みを求めるというような意味が1つあったかなというふうに思います。その件につきましては,まずご理解をいただきたいのは,1市6町7自治体が1つになって,7人分を1人で担っている部分が,これは首長の当然の役目でございますが,やっぱり朝から晩まで多くの物事に対して相当な努力をしなければならなかったことは事実であります。1年365日,惜しみなく,もう目が開いている限り4年間動きまくりました。そして,市長室での執務,これについてもやっぱり4年やってみますと,今のようなご指摘についても決裁のスピード感,あるいはまた市長と市職員との語らい,そういうものについてもかなり今のご指摘を逆に生かしながら努力ができたかなと思っております。ただ,2期目に当たっては,もう一つ工夫をしようと思いまして,移動市長室というのをやろうと思っております。これは,隼人庁舎も含むすべての場所に,今までは議会が終わる都度,年4回各総合支所等を訪問して自分の考えを市役所職員に訴えて,そして理解を求める努力をしてきました。しかし,今後はそれにプラス,行って一気に1日で,あるいは半日で回るとかいうのをせず,1日じっくり,その隼人庁舎あるいはまた各総合支所に腰を据えて,そこで職員と向かい合うという努力を最大限にいたします。そしてまた,その地域の今度は市民と語らう機会を「ランチで語イもんそ会」を,その場所で希望者を募ってやろうと思います。そして,その地域ごとに今度はずっと今まである課題,解決できないもの,そういうものにあえて困難に挑戦をしていって,そして現場でそういう関係各位と向き合って,そしてそのことを熱意を持って,私,行政職員,あるいは地域の市民,どうにか解決策はできないのか,結論は出せないのか,そういうことを情熱を持って各地域別にじっくりと腰を落としながら市民とも,あるいはまた行政職員ともしっかり向かい合って,一日市長室を移動しながらこなしていきたいと。そして市民の皆さん方との信頼関係,あるいは職員の皆さん方とさらに深い語らいというものを持ちながら,がんばってみたいというふうにこの2期目4年間,努力することをお誓い申し上げます。もう一つは,両副市長の選任を皆さん方にお願いを申し上げたわけですが,その前に私が申し上げたいことは,本当に両副市長,今日はもう退任後で今両腕を失ったような非常に寂しい思いでこの瞬間,こうして立っております。1期4年間のすべてのときに,いつでも,何でも2人の副市長が人生の先輩としても,また行政のすばらしい経験者としても,本当に多くの困難を私みたいなものでございましたけども,乗り越える最大の努力をしてくれて,もう心の底から感謝してもし尽くせないほどがんばっていただいたことを,あえてまた付言しておきたいと思います。今後ともまたご指導,ご鞭撻をお願いをしたいということで,心の底から敬意と感謝を申し上げることをお伝えしたいと思います。私といたしましては,この両副市長と2期目の4年間,あり方をじっくりと議論もさせていただき,そしてまた,お互い納得度を上げてみんなでつくったこの1期4年間の霧島市という市政の基礎,土台,そして方向付けも第一次総合計画をはじめ,各種の基本計画,そういうものを位置付けた。そこに得がたいそういう2人の副市長の努力を得ながらそういうことができた。今度はこの上に新しい風を注ぎ込んでいこう,新しい感性をまたこれに加えていこう。そしてみんなで力に変えながら二期目,合わせて8年間の私の市政を仕上げてまいろうと,こういうふうに私といたしましては決意をいたしているとこでございます。


○9番(池田綱雄君)


 市長選の結果については,同僚議員も後ほど質問されるようでございますので,もうこれでやめたいと思いますが,とにかく市長職というのは大変な激務ですよね,大変だと思いますけど,健康に十分留意されて,そしてまた私が壇上から言いましたように,全国783市があるわけですよね,本当に空港があって,こうこう働く場,観光地があってというのは,私は本当5番内と言ったけど,もしかしたら3番内に条件的には入っていると思う,伸ばそうと思えばどこまでも伸びる市だと思いますので,ぜひ健康に十分留意されていい点をどんどん伸ばして,まあ鹿児島市には勝てないでしょうけど,ナンバーツーのまちを確立させていただきたいなというふうに思います。次に,医療費の無料化についてですが,薩摩川内市がいきなり小学校前から中学生まで無料化にしておりますけど,他の市町でこのような動きはないか,お尋ねいたします。


○児童福祉課長(隈元 悟君)


 来年4月からの他市町の動きはないかということでございますが,現在,把握しているところでは,薩摩川内市が中学校終了まで全額助成ということで,来年度4月から,それともう一つの1市が,対象年齢を中学生まで,今のところ検討中というところが1市,ほかにあるようでございます。それと,現在の状況でございますけれども,本市の制度よりも拡充されている市といいますと,今3市ございます。出水市が小学校3年生までを対象にしておりますが,自己負担が3,000円あります。それと垂水市が中学校卒業まで対象とされておりますが,自己負担がやはり3,000円,それと南九州市でございますけれども,本年6月から9歳未満を全額助成ということでされているようです。


○9番(池田綱雄君)


 私が聞こえんかったのか,ほかに1市というか,名前を言われましたかね,言えないですか。ほかの1市はどこですか,参考のために。


○児童福祉課長(隈元 悟君)


 今検討中というところで,これがちょっと名前を申し上げていいのか,ちょっと今,ちょっと担当の方とちょっと話をしたいと。


○9番(池田綱雄君)


 はい。いいです。薩摩川内市のほかに1市がそういう動きというか,あるというようなことです。そしてまた9歳,小学校3年ですか,そういうところも二,三市あるというようなことですが,こういう質問に対して,「薩摩川内市は霧島よりも生徒数が少ないからよ」というようなことをよく聞くんですが,少ないからできるというようなことになるんですが,それでは霧島市と薩摩川内市の中学生以下がどれぐらい比較,差があるのか,分かっておったらお答え願います。


○児童福祉課長(隈元 悟君)


 中学生以下の人数でございますけれども,薩摩川内市が中学生以下が1万5,800人,それと霧島市が今年の5月1日現在でございますが,1万9,768人,差が3,968人でございます。


○9番(池田綱雄君)


 私はもっとたくさん差があるかと思ったんですけど,あんまりないですね,4,000人ですよね。それじゃ,例えば医療費の無料化を小学生までした場合と,中学生までした場合に,どれぐらい市の負担が生じるのか,分かっておったらお答え願います。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 小学校まで無料化にした場合,約1億6,000万円の増でございます。それから中学校まで無料化にした場合,また8,000万円増えて2億4,000万円というふうに見込んでいます。


○9番(池田綱雄君)


 小学校までしたら1億6,000万,それからさらに中学生までしたら,さらに8,000万要るということですね。市長,いつも鹿児島県でナンバーツーの市といってあちこちで言われますよね。こんなのもナンバーツー,2番目にはできるぐらい努力をしてもらいたいと思うんですが,その辺どうですか。今後検討したいというような,そういう答弁なんですが,もう一方はやっているんですよ,一方はやっておって,もう一つどこかの市がやろうとされている。もう3番目ですよ,次しても。だから,その辺をぱっと思い切ったのをやらんと,私は市民は納得せんのじゃないかなと,今度の2期目はですね。その辺もお願いしたいんですが,薩摩川内市では新聞報道によりますと,医科,歯科,どっちの診療とも対象で,保護者の所得制限もなく,何でするかといえば,早期の受診,それから早期治療を促し,子どもの保健向上を図るというようなことです。そしてまた,薩摩川内の岩切市長,この人は私が昔,消防長をするとき,あの人は薩摩川内の消防長でした。2年いっしょに消防長をした仲ですが,すばらしい考えを持っておる方でしたけど,その人が新聞で言ってるには,そういう中学生まで無料化することにより,定住促進など波及効果も期待して踏み切ったというようなことですよね。だから,そういうような考えでこういう無料化をしているんですが,市長はその辺,そうした場合に定住促進とかそういうのにもかかってくるんだよということについてはどのようなお考えをお持ちですか。


○市長(前田終止君)


 まず,定住促進にしましても,また安心安全なまちをつくるにしましても,暮らしやすさということを考えましても,あるいはまた子育て支援ということで考えましても,どこのまちにもやっぱり負けたくないなということを,もう当然これは意欲を持って考えているわけでございまして,特に乳幼児の医療費助成を中学生までという提案については,私は今やっと小学校に上がるまできちんと方向付けができたばっかりでございます。そして,かねがねもよく申させてもらっておりますけれども,全体として,子育て支援策を総合して考えれば,県内でもトップレベルのそういう子育て支援策が充実しているものという方向に行く努力をさせてもらっております。先ほどの出水,垂水,南九州市というのは,大変恐縮ながら事実として人口規模が小さい,また小学生,中学生の数がまた少ない中での決断でございます。私たちのまちは小学生でも8,053名,中学生でも3,975名,合わせると1万2,028名という人数がおります。薩摩川内は小学生が5,937名,中学生が2,982名の合わせて,小中学生だけでいいますと8,919名,鹿屋は6,390名の小学生に中学生3,414名,合わせますと9,804名。ですから,やはり何事を決断するにしましても,財源の確保,財政の健全な状況の中で全体を見ながら決断をしなければならない,決断があることもご理解いただきたい。そして総合して今議員ご指摘のやはりこのまちに住みたい,ここがいい,そしてさっきおっしゃったような,前段でおっしゃったようなすばらしい位置付けのある私たちのまちの子育て支援策が,全体として本当にいいまちだねと言えるようなまちができる最大の努力をしたいと,こう存じております。


○9番(池田綱雄君)


 財政状況というのは年々厳しくなる,税収が減る,厳しくなるのはもう分かっていますよね。しかし,子育て支援というのは,これで終わりというのはないと思います。生き物だと思っております。今回,来年の4月から本当に薩摩川内市が中学生まで無料化になれば,またどこかが次から次へそういう施策を打ち出してくると思います。そういうことですので,霧島市もできるだけ早く,もうあそこが中学校までと言ったから高校まではどうなのかなと,せめて中学生までは無料化のほうにがんばっていただきたいというふうに思います。次に,結婚相談所と子ども一時預かり所についてですが,さっき壇上からも言いましたけど,ホテル京セラで103組ずつ4時間ぐらい会わしたら17組のカップルができたというようなことを聞いておるんですが,今回12月19日,もうすぐですよね,今週の土曜日ですか,今度はクローバーの夕べという,そういう男女の出会いをする,そういう計画をされております。これの男女50名ずつというふうに伺っておりますが,その応募状況が分かっておったらお答え願いたいと思います。


○保健福祉政策課長(花堂 誠君)


 ただいま議員の申されました「きりしまクローバーの夕べ」につきましては,青年会議所の皆様を中心とする実行委員会によりまして,霧島市が後援となりまして,今週の土曜日12月19日にシビックセンター多目的ホールで開催されます。主催者に昨日電話をしてお聞きしましたところ,男女各50名ずつをまず募集をされ,超えた場合には抽選で決定されるということで取り組まれたそうですけれども,昨日現在,男性が48名の申し込み,女性は80名あったそうです。女性につきましては,抽選をして60名まで絞っておられますが,明日まで参加費の3,000円と顔写真を送ってくださいと言ってあるそうですが,それらのキャンセルを見越して60名をとっておられるということで,最終的には男性が50行くか行かないか,女性は50を超えるんじゃないかという状況でございます。


○9番(池田綱雄君)


 前のときも女性はすぐ達したんだけど,今回も50名に対して女性は80名というようなことで,どうも男性のほうが少ないようでございます。最初の答弁でもありましたように,結婚相談所とか子ども一時預かり所については,商工会議所が来年4月を目標にNPO法人を立ち上げる準備中というふうに伺っておるんですが,答弁では結婚相談所もその中にメニューとして入っているよというようなことでございますが,その辺をもうちょっと詳しく分かっておったら,いつごろどうなって,どうなっていくんだという,まず結婚相談所のほうからお願いいたします。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 先ほどNPO法人の設立の準備をされているということと,設立後に関係者と協議をしてまいりたいというふうにご答弁申し上げたところでございますけれども,このNPO法人の設立は,来年の4月を目指しておられると。その時点で定款の中に,そういう事業が取り組めるようなものがございますので,その後協議をしてまいりたいというふうに考えております。まず,結婚相談所についてはそのような状況でございます。


○9番(池田綱雄君)


 来年4月にNPO法人が立ち上がって,それから協議していきましょうということですよね。それまで答弁によりますと,いろんな出会いのためのイベントを市が主催というか,そういうのをやっていきたいんだというのがこうして答弁の中で出てきておりますけど,具体的にもういくつかそういうのが決まっておれば,発表できるなら答弁をお願いいたします。


○保健福祉政策課長(花堂 誠君)


 先ほど答弁の中でもございましたが,(仮称)きりしま出会いサポート事業という結婚を支援する総合的な事業として計画している段階でありまして,具体的にそれじゃいつ,どういったイベントをということはまだ具体化されるものは今のところはございません。ただ,第1段階として今週の土曜日にある「きりしまクローバーの夕べ」につきましては,後援という形で広報,それから会場の使用等について便宜を図らせていただき,実行委員会にもボランティアとして職員も参画しながら進めたいと考えているところでございます。具体になっているのは以上でございます。


○9番(池田綱雄君)


 この結婚相談所も,今必要な人もたくさんいらっしゃるわけですね。少しでも早くそういう相談所ができれば結婚につなげる,そういう人もいらっしゃると思いますので,できるだけ早くそういうNPO法人が立ち上がった場合は,協議をしてそういう結婚相談所を設立していただきたいというふうに思います。それから,子どもの一時預かり所ですね,これは今,ファミリーサポートセンター事業というのがありますよね,「コア・よか」内であっせんしているんですが,これは何か預ける側,預かる側それぞれ登録をして,その人たちと話し合っていいよとか,預かるというようなことなんですけど,ファミリーサポートセンター事業というのをもう少し詳しくと,そして会員が現在いくらいらっしゃって,年間どれぐらいの利用者があるのか,分かっておったらお尋ねいたします。


○児童福祉課長(隈元 悟君)


 ファミリーサポートセンターの事業内容でございますが,これは今,議員が申されましたとおり,パークプラザ,あの2階の一部に事務所を置いておりますが,これは平成19年7月から,しみん学習支援公社が自主事業として事業をしているわけでございます。この事業に対して,市から人件費相当分の補助金を交付しているわけでございますが,事業内容といたしましては,育児の援助・支援を受けたい人,この方を依頼会員といいます。それと援助等のサービスを提供できる人,これを提供会員といいます。それぞれ会員登録をしていただいて,会員の間で一時的な子どものお世話を有料で行う会員制のサービスでございます。そのファミリーサポートセンターというのが,この両者の間の,会員間の連絡調整をするところであるというものでございます。依頼会員ということでございますが,これは条件といたしまして,市内に住所を有する方で,それかまたは市内の事業所に勤務する方で,生後3か月から小学校6年生までのお子さんを持っていらっしゃる方ということになります。それと,提供会員でございますが,市内に住所を有する方で20歳以上の方でセンターが定期的に実施する6時間程度以上の講習を受けた人ということになります。それと,援助報酬の金額でございますけれども,月曜日から金曜日,平日でございますと30分で350円になります。それとこれが朝の7時から夜の7時までという金額でございますが,それ以外の時間帯でございますと,30分で450円,同じように土曜日,日曜日,祝日であれば,同じように30分で450円ということになります。それと,会員登録者数ということでございますが,今年の12月1日現在でございますけれども,依頼会員が133名,提供会員が58名,両方会員が37名の合計228名でございます。そして援助依頼の件数といいますと,467件でございます。主に保育園までの送迎等の預かりが多いようでございます。


○9番(池田綱雄君)


 このサポートセンター事業は預けたいときに預かってもらえない,そういう事業ですよね,もう前もって何日か前に,何日に預かってくださいよというような双方が合意したときに預けるというような事業ですが,私が過去2回質問しているのは,連れていっていつでも預かってくれる,そういう預かり所はできないかというので質問しているんですが,来年4月からNPO法人が子ども一時預かり所については開設するような話ですよね。そうしたときに,土曜日・日曜日,そんなのも関係ないのか,そしてまた何歳まで預かるのか,その辺はまだ分かっておりませんか。分かっておったらお答え願います。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 詳細については現在開設までの間に調整しなければなりませんけれども,預かる時間でございますけれども,サービスセンター「コア・よか」の中でございますので,やはりセキュリティーの面等がございまして,夜遅く,あるいは朝早くというようなところの分についてはできないものというふうに思っております。預かる子どもさんの年齢,あるいは料金,そういったとこについても今後調整していきたいというふうに思っております。


○9番(池田綱雄君)


 預かり所ができるというだけで大変な前進でございますが,何事もですけど,この行政がやるのは,せっかくいいそういうのをつくっても,何か宣伝が行き届かなくて利用者が少ないとかいうのがありますから,ぜひいろんな方法で宣伝をしていただきまして,みんなが利用していただくような,そういう施設にしていただきたいというふうに思います。先ほどから市長に言いますように,最近私も薩摩川内市の記事はよく目にとまるんですよ。最近本当に薩摩川内市のいろんなのが,こんなのもやった,こんなのもやったといろいろ出てきますよね,今回の中学生まで無料化とか,いろんなのが出てくるんですが,私は霧島市のライバルは今後薩摩川内市じゃないかなというふうに思います。あそこに負けないように,あそこよりいい政策をどんどん打ち出して,例えば県外から鹿児島県に定住される方が薩摩川内市を選ぶか,霧島市を選ぶかと,そういうときにいろんな政策,そういうのを皆見られると思いますよ。だから,ぜひ負けないように名実ともに県下ナンバーツーの霧島市をつくるために,本当に大変な仕事だと思いますけど,健康に十分留意され,一生懸命がんばっていただきますようにお願いをいたしまして,私の質問を終わります。ありがとうございました。


○議長(池田 守君)


 以上で,9番,池田綱雄議員の一般質問を終わります。次に,19番,塩井川幸生議員より2件通告がされております。したがって,塩井川幸生議員の発言を許可します。


○19番(塩井川幸生君)


 皆さん,もういっときでございますので,よろしくお願い申し上げます。また,先の選挙でこの席に立たせていただきました市民の皆様方には,大変お礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。これから4年間,市民の負託にこたえるように一生懸命がんばってまいりたいと思います。では,早速でございますが,通告に従いまして一般質問をさせていただきます。まず最初に,雇用対策についてでございますが,現在,派遣切り,離職者への雇用対策について大変困っておられる方がたくさんおられます。12月10日,また12月15日失業保険が切れるという話をされる方がたくさんおられました。正月が来るのであろうかと大変心配されている保育園児をお持ちの方,また小学生をお持ちの方,若い方々が大変多く見られたように思います。このようなことから,シルバー人材センターのほうでは何だかんだと仕事はあるんですけれども,20歳代から60歳までの方々は大変仕事がなくて困っておられます。またこういったシルバーセンター等に代わるようなセンター等,この半年,1年間対策をとられる考えはないのか,お伺いいたします。また,2問目につきまして,選挙開票時間についてでございます。私の当選が分かりましたのもちょうど12時でございましたが,大変長く感じた12時でございました。そういった面から,もう少し早く開票できないものか,また投票時間のこういう冬場でございますので,時間を短縮できないものか,また,5時から7時まで,この間に最終の15日にどの程度の方が投票されたのか,お伺いするものでございます。開票時間をとにかく早くできないか,効率的にできないかという質問でございます。以上,2点でございますが,答弁のほうよろしくお願い申し上げます。


○市長(前田終止君)


 塩井川議員から2点につきましての質問でございました。1点目につきましては,私のほうから答弁をさせていただきます。2点目につきましては,選挙管理委員会がご答弁させていただきます。1問目の雇用対策,これについてお答えをいたします。シルバー人材センターは,ご承知のとおり,高年齢者等の雇用の安定等に関する法律に基づく組織でございまして,現役世代は対象外となっているところでございます。そのような中で,現役世代を対象に民間企業におきましては,一般労働者派遣事業を展開いたしておりますし,ハローワーク等におきましても,無料職業紹介事業を展開いたしておりますことから,市といたしましては,シルバー人材センター等に代わる現役世代を対象としたセンターの設置は考えていないところでございます。次に,派遣切り,離職者への雇用対策についての今後の対策につきましては,引き続き鹿児島県緊急雇用創出事業臨時特例基金事業及びふるさと雇用再生特別基金事業を活用させていただいて,雇用の創出に努めてまいりたいと考えているところでございます。また12月4日の第9回緊急経済対策本部会議,これをずっと引き続いて対応をしているところでございますが,第9回緊急経済対策本部会議,これを12月4日に行ったところでございますけれども,雇用の促進につながる,市独自の新たな対策について調査研究を行うように私の立場から指示をいたしたところでございます。


○選挙管理委員会事務局長(山下英博君)


 委員長に代わりまして2問目の質問にお答えいたします。まず,開票時間の繰り上げでございますけれども,この開票作業を早く着手するために開票時間を早くすることが考えられます。投票所の開閉時間は,公職選挙法で午前7時に開き,午後8時に閉じると規定されております。ただし,市町村の選挙管理委員会は,選挙人の投票に支障を来さないと認められる場合に限り,投票所を閉じる時刻を4時間以内の範囲において繰り上げることができることとなっております。霧島市では,3時間繰り上げの午後5時までの投票所が12か所,2時間繰り上げの6時までの投票所が28か所,残りの68か所の投票所が1時間繰り上げの午後7時までとしています。選挙当日の午後4時から午後7時までの投票数は推定で9,886人であり,投票所を閉じる時刻をこれ以上繰り上げる状況にはありません。次に,開票時間の短縮が考えられます。公職選挙法に選挙の結果を選挙人に速やかに知らせるよう努めなければならないと規定されております。開票作業は迅速かつ正確に行う必要があります。開票に従事する職員はそれぞれ自覚し,開票作業に取り組んでおり,これ以上短縮することはできない状況にあると思います。今回の市議会議員選挙の開票では,9名の選挙立会人に開票開始前に投票用紙の点検等について説明し,スムーズな投票用紙の流れをお願いいたしましたが,一部の選挙立会人が自分なりの納得いく点検をされ,投票用紙の流れが停滞することもあり,選挙長の確認も遅くなり,また案分票の配分にも影響し,選挙結果の確定が16日午前零時30分となりました。今後投票用紙の点検の方法を改めることができたら,もっと早く選挙結果を確定させることができると思います。


○19番(塩井川幸生君)


 では,雇用対策について再質問をさせていただきます。市として特別にシルバー人材センターに代わるようなものは考えていないということでございますけれども,派遣切り,離職者への雇用対策については,緊急雇用創出事業臨時特例基金事業,ふるさと雇用再生特別基金事業に努めてまいりたいと考えているところでございますと,答弁がありましたけれども,これはどういうふうに対処されるのか,お聞きいたします。


○商工観光部次長兼商工観光政策課長(細山田孝文君)


 鹿児島県緊急とふるさと雇用は,昨年から24年3月31日まで県の基金等を使って行う事業でございますが,現在,緊急雇用創出事業につきましては,これまで補正等で説明してまいった経過がございます。これにつきましては,21年度活用予定でございますが,総事業費が3,762万7,000円,その中で,雇用予定者数を27名といたしております。まだ現に進めているものでございます。また,ふるさと雇用につきましては,これは,民間のほうに委託をして進めてもらうものでございますが,21年度については,ゼロ件でございました。ただ,今来年度,22年度に向けまして,関係各課,また,民間の方々と調整しながら進めているところでございますが,その予定を一応申し上げますと,緊急雇用,ふるさと雇用,合計で110名程度の雇用が発生するものと一応見込んでいるところでございます。緊急雇用につきましては6か月,ふるさと再生雇用につきましては,1年以内の雇用をするという事業でございます。


○19番(塩井川幸生君)


 説明を受けましたけど,現在,派遣切りとか,仕事のない方々,今把握されてる人数というのはどれぐらいおられるのか,分かっておりましたら,お知らせ願いたいと思います。


○商工観光部次長兼商工観光政策課長(細山田孝文君)


 派遣切りの資料につきましては,また企業の関係のほうで調べて,ちょっとここに持ってきておりませんので,また後でご報告させてください。


○19番(塩井川幸生君)


 臨時特例基金事業で27名,ふるさと雇用はゼロ件だったですね。たったこれだけの人数じゃないわけですね。どうにかして生活保護を申請する方法を教えてもらえませんかという若い方がおられるわけですね,仕事がなくて。健康保険税もなんだかんだあるんですけれども,やはりこうやって仕事は市でやっぱりつくって,やはりこういうときのために,6か月,長くて景気がよくなるまでの1年間ぐらいは,もう早急に対策をとらないと,もう本当に正月が来ない方がたくさんおられるわけですね。最後に,調査研究を行うように指示したと言われますけれども,もう,これは緊急な事態になっているわけですね。これを今いつぐらいに実行されるような研究をされるのか教えてくざたい。


○商工観光部次長兼商工観光政策課長(細山田孝文君)


 先ほど,市長のほうから市独自の新たな雇用促進対策ということがございました。これにつきましては,受けまして今早速進めているところでございます。雇用に係る幅広い分野を想定して,庁内関係各課,合同会議などを開催しながら意見集約を図って,本市独自の雇用促進対策事業になるように努力してまいりたいと思っているんですが,その緊急性につきましては,できれば,もう次の3月議会あたりまでには,何とか調整したいと考えております。


○19番(塩井川幸生君)


 これは,もう6月,9月でも,こういう質問はもう出ておるわけですよね。何が緊急であるかということをよく把握されてないと,正月も迎えられない方々がたくさんおられるわけです。半年前から言ってることが,今から12月4日に,第9回の会議を開いて調査研究を行うと,これは,もう後手後手もいいところなんですね。仕事をまずつくることが大事なんですね。その仕事といいましても,前も出ましたように,海岸端がすごく汚れているとか,ごみが集積しているとか,仕事はつくったらすぐあるわけですよ。そういうことに,今正月が迎えられない方々,また,仕事がハローワークに行ってもすぐ見つからない方々,やっぱり緊急避難的な対策は,市がしっかりととるべきであろうと私は思うんですが,名前だけは緊急なんですけども,もう半年前から言っても緊急じゃないと,こういったことでは困ってる方々の手助けにも何にもなってないと思うんですが,どのように考えておられるか再度質問します。


○商工観光部長(柳田秀徳君)


 昨年の12月10日に,霧島市緊急経済対策本部を設置いたしましてから,この12月4日,先ほど市長が答弁いたしましたように9回の本部会議まで,1回の各種団体との意見交換会,そして,本部会議を行い各種施策は打っております。その間,企業訪問や企業アンケートを行い,状況把握も行い,昨年の12月25日の最終本会議には,経済対策の追加補正予算を提案し議決をいただき,中小企業の経営安定化を図る商工業資金借り入れに係る利子補給率のアップをはじめ,8つの施策を打って,これまで対処してきているところでございます。市でも,景気回復,経済対策,できることは,これまでも一生懸命取り組んでまいったところでございます。しかしながら,何といいましても,日本全体の景気が上向かなければ,なかなか難しいものがあります。国の緊急対策等を研究しながら,一番適切な対処をしていきたいと思います。先ほど,次長が答えましたように,新たな施策と申しますのは,雇用の促進を基本としたものをというようなことで市長から指示を受けておりますし,なるべく早い機会に対処してまいりたいと思います。この施策につきましては,今調べている段階ではございますけれども,あまり他の市では取り組んでいないようでございますので,一生懸命研究してまいりたいと思っております。


○19番(塩井川幸生君)


 私が,今申し上げておるのは,今部長が言われるのは,会社とか,その利子補給とか,そういうのじゃもう,会社に利子補給をしても,会社が成り立ってそこに雇用する余地はないわけですね。ただ会社が残るかどうかの問題であって,私が言うのは,今飯も食えない,もう何もできない人たちがたくさんあふれてるわけです。そういう方に対して,仕事はつくったらあるじゃないですかと,そういう仕事をつくりなさいと言うんですね。その9回も打ち合わせをして,仕事をつくろうという,私が言いました海岸端の掃除とか,道路掃除でも,みんなやってますがね。そういうことは,つくろうと思ったらすぐできますがね。それが,今緊急に必要な人がたくさん待ってるということなんです。正月を迎えられない,生活保護の申請をどうしたらいいんだろうかと,私も一人,こうして全部書かないといかんよと教えた方もおりましたけども,本当,明日が分からん人がたくさんおるわけです。そういう人たちに対して,対策をどうされるんですかということを聞いてるんであって,会社の利子補給とかそんなことを,いくら9回もやっても雇用する体制はできないわけですよ,今。今言われたとおり,世界経済が停滞しとって,利子補給をやって人を雇える,品物がはけないのに人は雇えないわけですから。雇えなくて困っておる方がたくさんおられるから,そういった方に正月が迎えられるぐらいの緊急対策を考えなさいと,そういう考えはできないんですかと聞いてるんですね。いかがですか。


○商工観光部長(柳田秀徳君)


 議員のおっしゃることはよく分かるんですけれども,なかなか市といたしまして,そのような派遣切りに遭われた方とか,仕事のない方に対する施策というのは,なかなか難しいものがございます。そのような中でも,市の臨時職員の雇用とか,いろんなやぶ払いとか,いろんなそういうものをする雇用なども,これまでも図ってきているところでございまして,今言われる派遣切り等に遭われた方等の,全体的にすべての対応というのは,なかなか難しいのが現状でございます。


○19番(塩井川幸生君)


 だから,そうやって臨時職員を使ってもこれで27名,ふるさとの雇用再生がゼロなんでしょ。だから,こういったことが,私が,何をやっているんだろうと,やはり,今さっき聞きました霧島市全体で仕事がない方が何名おるのかと,そういったことを一番最初に把握してその対策をとらないと,これは市長,大変なことになると思うんですが,市長は,この点についてどう思われるんですか。指示をされたということでありますけれども,こういう指示の仕方で十分なんでしょうか。


○市長(前田終止君)


 私どもが,昨年の世界経済,あるいは,日本全体の動きなどをとらまえて,いち早くスピード感を持って取り組んできました今日までのこと,そういうことは,もうどうでもいいんだというような意味のことをおっしゃっておられますが,その件についてはぜひご理解いただいて,スピード感を持って,本当に前進,しっかりと9回,回を重ねながらやるべきことをしっかりとやってきたというふうに,どうかご理解をいただけたらというふうに思ってございます。ただ,今議員ご指摘の点については,まさにそういう大所高所からの全体としての枠組みづくりは,スピード感を持ってきちんとやってるけれども,そこの目の前で「もう正月は送れない,明日の生活をどうするんだ」というようなとこに対する市が行うべきことを,いわば要請されてるというふうに思うわけでございますが,どこまで市がそのことに対しておこたえできるか,この際,今議員のご指摘等も踏まえながら,緊急経済対策本部をつくっておるわけですから,私も,12月4日の第9回会議で,雇用の促進につながる市独自のこの新たな対策を調査研究,検討するようにということを出したばっかりですが,さらに,議員のご指摘等も受けとめて,どのような形でこたえることができるか,勉強させていただきたいと思います。


○19番(塩井川幸生君)


 ですから,もう背に腹はかえられない状態の方が,たくさんおられるということをしっかりと実感として分かっていただきたい。職員の方々,ボーナスももらって,私ももらいましたけれども,やはりそうやって悠々自適の方と,ほかに,もう本当に困って,これがまた新聞ざたにならんように祈ってる状態ですけれども,本当に仕事がないことが一番いかんわけですね。じゃ,生活保護の申請を出してすぐくれるのかと。なかなかくれないでしょう。財産がなくても,全部カバーしとっても,若かったら,もうちょっとがんばって見つけてくださいとか,するわけじゃないですか。もう一つ,この「しみん公社」ってあるんですけれども,しみん公社も,あっちこっち道路作業とか,やぶ払いとかやってますよね。そういったところへの,シルバー人材はもう年齢がありますので,しみん公社への臨時的な仕事を回すとかいうことはできないのか,そういったことで雇用できる場をできないものか,あちこち,そうやって臨時的に,ここでいくら机を交えて緊急対策を調査研究しても,結果は出ないわけですよ。また長くかかるわけですから,とにかく緊急な対策として,しみん公社等々に預かってもらって,何かこの正月を迎えられるような対策はできないものか,いかがですか。


○企画部長兼行政改革推進監兼大学跡地利用対策監(山口 剛君)


 しみん公社というのは,「しみん学習支援公社」のことだと思いますけれども,しみん学習支援公社そのものの事業は,現在,市の委託に基づいて公の施設の管理を行っております。その事務量に適正な人員配置を行っておりますので,その事務量そのものが増えてくれば,またそういったことも考えられるかと思いますけども,現在の事務量に対しては,適正な今職員配置を行っているというふうに考えております。


○19番(塩井川幸生君)


 空港のあそこらは剪定とかしている,あれは違ったですかね。あれは,何というんでしたか,黄色い車で。県じゃなくて,霧島市と書いてあるんだけど。軽トラとかあれに,それで,ちゃんと仕事をやってるんだけど。あれは県じゃなくて,霧島市,しみん公社じゃないですか。


○企画部長兼行政改革推進監兼大学跡地利用対策監(山口 剛君)


 現在は,ほとんど旧国分市内の公の施設に限られておりますので,もし,空港でそういったのがあるとしたら,また,別な事業のほうでやってるんじゃないかと思います。例えば,道路管理とかそういったところで,もしかしたらやっている可能性もあろうかというふうに考えます。


○19番(塩井川幸生君)


 霧島市と書いてあったから,県とかそうじゃないわけですね。軽トラの後ろにも書いてあるし,横にも書いてあったから,それは霧島市でやってるわけです。そういったところで,掃除等やってる姿を見てますから,空港周辺で。私が言うのは,本当に困っておるから緊急的に,これも三千何百万だったですか,そうやって出してると,そんだけしか使ってないと。今,私は本当困っておる方,3,000万,4,000万ぐらいぽっと出して助けてやらないといかんのが,私たちの仕事じゃないですか。そういったことを私は言っておるんであって,長期的に考えてるんじゃなくてもう緊急な対策を,今日あした,ちゃんと考えられんかということを言ってるんで,困ってる人の身になったら,すぐ助けてやらんにゃいかんのですよ。そういうことがありますから,頭を使ったら仕事はつくれるわけですから,まず仕事をつくらないと,できないですよね。もう頭でこの仕事はここしか入ってない。何でもつくらったらできますがね,仕事は。そういった考え・発想を持って大至急に対策を練っていただきたい。今,企画部長,また,商工観光部長も申されましたけども,市長も申されましたが,緊急ですので,どのような結果をいつぐらいまで,私が今質問したことに対して,いつぐらいまでに対応できるのか,ちょっと教えてください。


○商工観光部長(柳田秀徳君)


 できるだけ早い時期に対応したいと考えております。


○19番(塩井川幸生君)


 できるだけと,もう何か月もということではございませんので,あした食えない方がたくさんおるということをしっかりと考えて,大至急対応してもらいたいと思います。では,これは,お願いじゃなくて,もう緊急に対応してもらうことでお願いしておきます。またこのまま置いておかれますと,また,私もまた次の機会にしっかりと申し上げますのでよろしくお願いいたします。次に,選挙の開票時間についてでございますけれども,選挙当日の午後4時から午後7時までの投票者数が推定で9,886名ですか,あったということですが,期日前投票が1週間あるわけですね。1週間というか6日間ですか,その期間に周知徹底,広報等をしたらまだ早くできると,私は思うんです。この11月というのは,もう早い時間に暗くなります。この参考では,4時から7時までしかデータをとってないとなっておりますので,私が一番聞きたいのは,6時,7時,この1時間に何人ぐらいが来られるのか,そこが一番知りたかったわけですね。4時からですから大分時間が,3時間ありますので,9,800人ぐらいおられるわけですね。これを選挙管理委員会で努力するということですが,これを6時までを投票時間にするとかいう考えはございませんか。


○選挙管理委員会事務局長(山下英博君)


 投票時間のあと1時間の繰り上げということですけれども,まず,投票者の投票の便宜を図るというのも,非常に大事な部分でございます。ですから,その大事な1時間をカットするということは,無理じゃないかと思っております。参考までに,期日前投票の時間ごとの投票ですけれども,8時半から夜の8時まで行うわけですが,朝8時半から夕方の5時までの投票率が,74.87%です。それから,17時から18時までの投票者が9.12%,18時から19時までの投票率が10.08%,19時から20時までが5.94%ですので,7時までの投票者というのも,結構いらっしゃいますので,これを繰り上げるということは,今のところ考えておりません。


○19番(塩井川幸生君)


 私は,やっぱりいろんなところで努力したら選挙の経費も大分浮いて,今さっき申し上げました緊急対策のほうにも回せたり,いろいろ考えたら,そういったお金も出てくるのではないかと思います。やっぱり周知徹底というか,広報をしっかりとしたら,私は,この1週間の期日前で十分できるのじゃないかと思うんですよね。時間を決めるからその時間に行くだけのことであって,時間を6時と決めたら,しっかりと周知徹底できたら,それはできると思うんですけども,そこらはどうですか。8時という固定観念を持たれたら,それはなかなか私の質問も何もならないものですから。


○選挙管理委員会事務局長(山下英博君)


 期日前投票でほとんど済ませてもらえればいいでしょうけれども,期日前投票そのものが投票の特例を定めておりまして,投票日当日に何らかの理由で投票に行けないという人が,その期日前投票に来られるわけです。私どもは,その理由を本当かどうか確かめるわけでもありませんので,何らかの理由があれば来て投票していただければいいんですけれども。その期日前投票の広報というのも,広報誌,それから,チラシ,投票所の入場券,整理券ですけれども,それなどに記入して皆さんにお知らせしておりますので,それ以上の広報をするには,またいろんな経費等あります。国,県からの委託金とか来るのであれば,ある程度はまた増やせますけれども,自前の市の資金で選挙をするというふうになれば,また経費がかさみますので,今のところやっていない状況でございます。


○19番(塩井川幸生君)


 それと,スムーズな投票用紙の流れができなかったと。一人だけですか,点検をじっくりとされた立会人ですか,これは何人ぐらいおられたんですか。9人の中の1名なのか,何名なのか,教えてください。


○選挙管理委員会事務局長(山下英博君)


 見ていた感じでは,2名だったと思います。


○19番(塩井川幸生君)


 私は,それは大事なことですから念を入れてされて,もう,このことはみんな大事なことですから念を入れられると思います。私が言いたいのは,とにかく,この冬場に期日前が1週間あって,投票日が7時までですか,それを1時間短縮する努力はできないかという私の質問ですので,そういう努力をして1時間早くなったら,それと,開票の仕方をちょっと教えていただきたいんですが,最初,11時のときは,数字が開票結果が出て,そして,12時になったらまたこう,ころっと変わるようなこの開票速報だったんですが,あれの原因は何なんですか。


○選挙管理委員会事務局長(山下英博君)


 まず,確定した票を,ここにも書いておりますけれども,立会人の方に回して,最後に選挙長を通して選挙システムというコンピューターに入力していくんですけれども,それが偶然一人の人が多かったり,あるいは少なかったりということで,時間ごとに出力をすれば,記録されたのが打ち出されてきますので,操作は任意ではできないと,機械がやってくれますので,そういう状況で今のような状況が起こったんだろうと思っております。


○19番(塩井川幸生君)


 隼人,国分のほうは,後で12時に固まってばっと開票結果が出たような感じになりましたね。最初はゼロとか,11時の段階では,ちょっとしかなくて,後で最後のときにばばっとこうして,それが,私は,ちょっと流れがちょっと分からなかったもんですからね,その原因が,その立会人の流れでそうなったわけですか。


○選挙管理委員会事務局長(山下英博君)


 それも,一つの要因であったんだろうと思っております。


○19番(塩井川幸生君)


 市議会選挙はまた4年後ですので,4年間じっくりと考えて,早くできるように考えてみていただきたいと思います。この2問の質問でございましたけども,市長,派遣切り,離職者,また,仕事のない方々への緊急対策は,本当にこう名前だけじゃなくて,今日あしたの問題でございますので,その対応につきましては,しっかりと対策を即とるようにしていただきたいと思います。これをお願いしまして,私の質問を終わります。


○議長(池田 守君)


 以上で19番,塩井川幸生議員の一般質問を終わります。


○商工観光部次長兼商工観光政策課長(細山田孝文君)


 先ほど,塩井川議員の中で,離職者数の把握についてというのがございました。離職者数と申しますか,ハローワークの情報としまして,求職者数,仕事を求めている方,一般常用で4,021名,パートで1,598名,合計5,619名の方々が職を求めておられる状況でございますので,これに代えて報告をさせていただきます。


○議長(池田 守君)


 本日の会議時間は,議事の都合によりまして,脇元操議員までとしたいと思います。あらかじめ,時間を延長します。ここでしばらく休憩します。


               「休憩  午後 4時44分」


               ──────────────


               「再開  午後 5時00分」


○議長(池田 守君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。次に,16番,脇元操議員より2件通告がされております。したがって,脇元操議員の発言を許可します。


○16番(脇元 操君)


 それでは,しんがりということでございますので,目いっぱいがんばりますので,よろしくお願いします。議長の許可を得ましたので一般質問に入ります。まずは,市長,激戦を制しての勝利,本当にご苦労さんでございました。体には十分留意されまして,厳しい2期目をうんとがんばってもらいたいというふうに思っております。不肖脇元操,皆さんの住民の方々のたくさんの援助をいただきまして,この議場に帰ってまいりました。今後ともよろしくお願い申し上げます。目いっぱいこの4年間がんばっていきたいというふうに思っております。よろしくお願いします。それでは入ります。簡潔に質問を行います。先日の新聞の見出しに,デフレと円高による景気失速の中で,追加経済対策7兆2,000億円と地域経済を支えるため,公共事業,生活道路などに限って復活させるということでありました。追加経済対策を閣議決定したとのことであり,市の運営上にもありがたいものだと,このように思っております。それでは,通告に従い質問に入ります。道路行政について,(1)都市計画道路宮内線の歩道,路面の改良計画があるかないかを伺うものであります。(2)市道宮内小田線(宇都山)周辺の生活道路を拡幅する計画はないか伺うものでございます。2番目,地域振興について,市は地域の活性化を進めているが,厳しい状況である。日当山温泉街を生かすには日当山駅名を改めて,日当山温泉駅と名称を変える必要があると思うがどうか。以上で第1回目の質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 脇元操議員から,2点につきまして質問でございました。2点目につきましては,私のほうから答弁させていただきます。1点目につきましては,建設部長が答弁をいたします。地域振興についてお答えいたします。日当山温泉は長い歴史を持ち,また,名湯と言われる温泉も有する温泉郷であります。近年においては,地域を取り巻く社会状況が厳しい環境にある中,当温泉地も例外でないことは承知いたしておるところでございます。そこで,議員の言われますように,「日当山駅」を「日当山温泉駅」に名称変更することは,この地域の地域振興を図ることはもちろんのこと,観光客に温泉地のイーメジを持って訪れていただくことができ,観光振興の一助になるものと思われます。しかしながら,名称変更につきましては,地元の盛り上がりは当然のことでありますし,さらには,多額の費用や労力も生じてくるものと思われます。今後は,地元の方々や関係される方々のご意見等も伺いながら,総合的に判断をしていく必要があると考えております。


○建設部長(篠原明博君)


 道路行政についての1点目にお答えをいたします。都市計画道路宮内線の道路改良計画につきましては,すでに測量設計等の調査業務は終了しておりますが,工事の実施時期につきましては,他関連事業等の進捗を見ながら,これまで検討を進めてまいりました。本路線のうち,鹿児島銀行隼人支店前から北へ約700mの神田橋までの間は県道でありますことから,鹿児島県が年次的に改良工事を実施中であり,本年度で完了する予定であると伺っております。また,神田橋からさらに北へ約300mの鹿児島神宮入口までの区間は市道でありますので,市で施工することといたしておりますが,下水道工事との相互の調整が必要なことから,道路改良工事につきましては,実施を見合わせたきた経緯がございます。本路線は交通量も多く,舗装の老朽化も著しいことや,現在施工中であります当区間の下水道工事が本年度に完了する見込みであることなどがら,平成22年度の新規事業として早期に着工すべき路線として評価を行いながら実施に向けての検討を行ってまいりたいと考えております。次に,2点目にお答えをいたします。市道宮内小田線は,隼人町内山田から隼人町小田に通ずる市道で宇都山地区は,鹿児島神宮の西側に位置するところにあります。この市道は,内山田側の一部で整備がなされておりますが,宇都山地区では道路幅員が狭く,車の通行に支障となる未整備区間が約300mございます。そこで,この市道の整備につきましては,現在この地域で市道宮内松山線の改良工事を実施していますことから,これらの進捗状況を見ながら,今後検討をしてまいりたいと考えております。


○16番(脇元 操君)


 ただいま一通り回答いただきました。都市計画道路宮内線の改良工事でございますが,これは,旧隼人町の議事録をひもといてみますと,8年前に私が言ってるわけですね。したがって,駅前,いわゆる鹿銀から工事が着手されまして,4年前でした。今やっと最終神田橋までの工事が着々となされております。したがいまして,あれから300m,神宮までの区間約300,この区間,ただいま下水管工事の最中でございますね。今年度で終了するということでございますが,終了した暁には早速かかってもらえますか。


○建設部長(篠原明博君)


 先ほど答弁をいたしましたように,県の事業も今年度,それと,下水道事業も今年度で完了する予定でございますので,あそこの事情は十分認識をいたしておりますので,先ほどの答弁にありましたように,今後財政事情もあり,来年の予算編成もございますが,緊急に整備すべき路線として認識をいたしておりますので,そういった形で検討してまいりたいと思います。


○16番(脇元 操君)


 早急にやるということでよろしいですかね。


○建設部長(篠原明博君)


 何度も同じ答えになりますけれども,そういう形で認識をいたしておりますので,予算編成の中で,やはり最重要路線として位置付けていきたいということしか,今のところ返事ができません。


○16番(脇元 操君)


 ご承知のとおり,本当に路面も老朽化しております。もうでこぼこでございますね。だから,住民の方からもう非常に文句が来るわけですよ。したがって,下水の配管工事が終了した暁には,ここにも回答がありますように,22年度の新規事業でやると,私はこう思うわけですよ。本当に検討を行ってと言わずに,すぐやりますということを聞きたいんですよ。


○建設部長(篠原明博君)


 路線の実施につきましては,市としてもやはり緊急にすべきところは何か所か持っております。そこで,先ほどお話をいたしましたように,新規路線として位置付けをする以上はやはり,全市の中でやはり緊急順位もございます。あるいは,そういう優先度評価等もあるかと思います。だから,そういうものを踏まえた中で実施をしていくということでございますので,今の現状を十分私ども認識をいたしておりますので,その中で検討をさせていただきたいと,こういう答弁でお願いいたします。


○16番(脇元 操君)


 私も,冒頭申し上げましたが,政府も7兆2,000億円と,経済対策追加が決定したというようなことでございますので,早急に着手することを期待しております。部長のおっしゃるのは本当に分かります。厳しい状況下でございます。これも検討する余地があると思いますので,しかし,住民はなるべく早く,もう早急にやってもらいたいというのが本音だと思います。苦しい財政の中でもあるんですが,本当に貴重な道路なんですね。したがって一体感がなくては景観もよくないし,おかげさまで駅前通りは,本当にすばらしい通りになりました。メインストリートですね,隼人駅前と宮内地区というのはもう一体です。一体になってるわけですから,だから,その辺を勘案されまして,早急にやってもらいたいということでございます。これは,私も承知しましたので,次にまいります。2点目に,市道宮内小田線,このことについては,これも,私8年前にやってるんですよ。だから,一向にらちがあかないということで,当時と状況も変わりました。若い方々が,住宅がどんどんどんどん増えてまいりまして,あるいは,ワンボックスカー,もう精いっぱいです,あそこを通るのに。もう離合場所がないんです。まず。いざ災害どきには,本当にお年寄りの病による救急車等なんかも非常に狭い道ですから,これは,もう本当に急を要する道路なんですね。生活道路なんですよ。したがって,いわゆる小田地区から下のほうにいっぱい住宅が,若い方の住宅が点在しております。その方々が,朝晩の近道を利用しているわけですよ。そうすると,いろんなトラブルが発生するのかなというふうに考えてるんですね。要するにその離合場所がないんです。この辺を考慮されまして早急に拡幅工事,あるいは,そういう離合場所等を設置してもらいたいというわけです。いかがなものですか。


○建設部長(篠原明博君)


 市道,生活道路の整備につきましては,今おっしゃいましたように,日常生活で一番大事な道路だというふうに認識をいたしております。当該地区も,周辺に新築の宅地もどんどんできているようでございます。そういったことを踏まえますと,緊急性もあろうかと思いますけども,工法的なもので,例えば,さっきおっしゃいました一時待避所的なもの,あるいは,その工法等については,さまざまな形で検討ができるのではないかというふうに思ってます。ただ,先ほども答弁いたしましたように,今全域,そういう地域で幹線となるところを整備中でございますので,そういった進捗の中で,じゃ,どういった形で,どういう時期にどういう形の整備ができるかというのは,やはり全体の中でとらえていきたいというふうに思っておるところでございます。おっしゃいましたそういう地域の実情で,どうしてもその離合が大変だということであれば,そういった形での工法の検討,あるいは,将来的には,どうしても二車線,あるいは,1.5車線道路が必要であれば,そういう形も検討をしていきたいということでございます。先ほどの中で,そういう非常に生活道路として困っているという実情は十分認識をいたしておりますので,そこらあたりは,先ほどのお話といっしょになりますけども,全体の中の事業の進捗を見ながら検討をさせていただければというふうに思っております。


○16番(脇元 操君)


 現場を恐らく見てもらえば,これはもう拡張せんといかんなということは,もう本当に分かると思います。旧隼人町でも,新田山というのがありますね。後に久保議員も質問なさると思いますが,あそこをスポーツ施設,いわゆる,あの道路を拡張して整備するということであったわけですね。それが頓挫しまして,今現在に至っているわけですが,いよいよそういう開発がなされれば,これはもう,どうしても整備が必要だというふうに思っております。長年,もう8年前ですから,私もその当時もこうして質問いたしましたけど,なかなかいまだかつて動きがないということで,地域の住民の方々の要望を伝えるわけですよ。もうひところ,その7,8年前と今状況はぐっと変わりまして,若い人がどんどんどんどん住宅を造成して建てていらっしゃいます。今でもそうですよ。そうすると,ほとんどの方がワンボックスカーなんですね。それと,ミニの小さい車,2台は必ず持っていらっしゃいますから,ものすごい交通量ですよ,朝晩が。そういうこともありますので,ひとつよく勘案されまして整備をやるということをお願いするわけです。その辺を十分勘案されまして,ひとつ集落の生活道路ということで工事に着手するということをお願いいたします。この問題は,前向きに検討するということでございますので,次に移りたいと思います。2点目の地域振興でございますが,日当山温泉,これは非常に昔から名高い温泉だと,私は認識しております。したがって,温泉は宝だというふうにも思っております。いかんせん,日当山駅,これは,日当山(にっとうざん)とか,日当山(ひあたりやま)とか,いろんな形で。地元の人はそうは思っておりません。だけど,県外からこの地に住居されて住んでいる方は,恐らく,読めないと思いますよね。したがって,この温泉を利用した,いわゆる,何ていいますか,この温泉の宝を何とか付加価値をつけて利用する方法はないだろうかと,いつも考えているわけですが,いかんせんこの,いわゆる「日当山駅」,これを地元の方もおっしゃいますが,何か名称を変えたほうがいいという発想から,「日当山温泉駅」というのはどうだろうかということも,再々お伺いしておるわけでございますが,やっと日当山地区のこの若い方々,あるいは,そういうグループの方々が,日当山温泉を何とかせんないかんという機運が出てまいりました。そこで,この名称を変えたらどうかということでございますので,ひとつどのようなお考えであるか,お聞かせください。


○商工観光部長(柳田秀徳君)


 先ほど市長が答えたとおりでございますけれども,日当山は,西郷隆盛が,最も頻繁に訪れてお湯につかられた地でもありますし,坂本龍馬が塩浸にお龍と向かう途中で最も長く滞在したところだとも聞いております。そのようなことで,観光面からいいますと,非常にいいところであるなというようなことは思っております。そのようなことで,議員のおっしゃいます「日当山温泉駅」にというようなことで名前を変えたらどうかということでございますけれども,これには,地元の方々の盛り上がりが一番大事だと思います。それと,参考までに,霧島温泉駅です。温泉駅に名称変更をした経過を見てみますと,平成9年にそのような声・要望などが上がりまして,実際名称変更をしたのは15年というようなことで,5年数か月の時間も要しておるようでございますし,その牧園のいろんな団体の方々とか,いろんな方々で,それぞれ地域の方が盛り上がられて,いろんな寄附などもたくさん集められて,JRへの支払いとか,そういうのも出てきたように伺っております。だから,それなりの相当の労力も必要かと思います。それらを含めて総合的に判断しなければならないものだと思っております。


○16番(脇元 操君)


 坂本龍馬もいいけど,西郷さんじゃないですか,西郷さんの宿があるんですよ。それを言うてほしかった。


○商工観光部長(柳田秀徳君)


 私が申し上げましたのは,西郷隆盛が最も訪れた温泉地ということと,坂本龍馬もそこを通った経緯があるということを申し上げたところでございます。


○16番(脇元 操君)


 私は,西郷さんを言いたかったんですよ。鹿児島の偉人ですよ。坂本龍馬もいいけど,西郷さんですよ,鹿児島県で言うなら,私はそう思ってるんです。それは,さておいて,いわゆる石體神社から蛭児神社までも,今度はやがて整備が行われると思います。そうすると,非常に観光客に対して散策道路ということになると,非常にいいかなと思っているわけですね。私も,駅舎へ行ってみました。駅舎の中にほたるの云々をこう書いてありましたけど,これも,そういう発想もあったかなというふうにとらえております。しかし,現在日当山駅となっているわけですね。だから,ほたるもいいけど,しかし,温泉駅もいいんじゃないかなというのが,私の主張なんですよ。したがって,いかにこの温泉周辺の,いわゆる,そういうグループの方々が,どう元気を出してくださいますか,今から私もそのグループに加わって一生懸命,この問題等には取り組んでいきたいと。しかし,やっぱり窓口をつくらんと,なかなか話が進まんもんですから,だから,こうして訴えているわけです。いろいろと調べてみますと,姶良郡内で900の温泉源があるそうですね。そうすると,霧島市内に650ありますね,温泉源が。日当山地区を限定すると,やはり100本以上の源泉があるんじゃなかろうかということでございますので,その辺もやはりもったいないことですね。せっかくこうして有名な日当山温泉があるのに,いまいちぱっとしないということでございますので,日当山地区の方々が,もうちょっと元気を出してもらって,そういう名称も変えていくと。そうすると,観光増にも恐らくつながってくると,将来的にはですね。市長もおっしゃっておりますとおり,1,000万人,観光客を呼ぶということでございますが,これまた難儀な数字なんですね。今本当に景気どん底のとこなんですよね。それはまた,恐らく政府も底上げして景気もよくなると信じておりますが,やはり観光立市霧島市ですから,その辺をよく踏まえて,そういう地域おこし,あるいは観光振興,これは相通ずることだと思います。だから,この辺をもうちょっと行政も,官民一体となった行政の考え方をちょっとよかったら教えてください。


○商工観光部長(柳田秀徳君)


 最近になりまして景気も低迷いたしておりますし,新型インフルエンザの流行もございまして,なかなか観光客の増にはつながってないところなんですけれども,霧島市といたしましては,自然に恵まれた山,川,海,そして,温泉地,それと,交通の要衝の地でもありますので,そこら辺を含めていろんな形で観光PRを行いながら,少しずつではありますけれども,観光客の増につなげるように努力をしているところでございます。今後ともまた,そのような観点でいろんな,今,川につきましては,奥天降の調査等もやっておりますし,いろんな塩浸温泉の整備も行っておりますし,そのようなことで,来年の大河ドラマの「龍馬伝」も気にしながら,観光誘客に努めてまいりたいと考えております。


○16番(脇元 操君)


 いろいろと知恵を出せば出てくると思うんですよね。この豊富な温泉を利用して,日本一のプールじゃなくて,露天ぶろをつくったらいかがなもんでしょうかね。そこでもって,いろんな元気の出るようなグラウンドゴルフとか,いろんな健康増進の,いわゆるそういう施設の構想というのも,恐らく出てくると思いますよね。私は,そういう発想がやっぱり観光客を呼ぶ種になるんじゃないかと,こうひそかに思ってるんですよ。行政視察で栃木県に行きましたが,日本一の,そういう施設があるんですよね,1,000人入ります。そういう露天ぶろも,露天ぶろですよ,いわゆる,だから,そこまでやらんと,活性化にならんのかなと思っているわけです。そうすると,ああ,日当山温泉駅に降りて,ほんならそこへつかってみようかなという発想も出てくるわけですね。私の考えどうなんですかね。


○商工観光部長(柳田秀徳君)


 日本一の露天ぶろをつくったらどうかというようなこと,日当山にという意味だと思うんですけれども,霧島市には民間の露天ぶろも,牧園のほうにもたくさんございますし,それぞれございます。民間との競合とか,そういうことも考えなければなりませんし,いろんな面から全体的にやっぱり考えなければなりません。今,霧島市は,泉質10種類のすべての温泉もそれぞれそろっておりますし,民間の方々と競合しないようにといいますか,民間の方々の活力も促しながら,観光客の誘客に努めていきたいと思っております。


○16番(脇元 操君)


 市長,どうですか,日本一のそういう露天ぶろをつくって,健康ランドを設置するというような構想は,お持ちでないですか。


○市長(前田終止君)


 日当山駅の活性化策をどう考えるかという視点でのご質疑だと思いますけれども,私たちがお互いに気づくべきは,肥薩線が,今年ちょうど100周年であると,全線開業100周年,この肥薩線とは,八代癩隼人間なんですね。124.2km,その中に28駅があります。そして,県内10か所,私どもの市内に8か所,駅がございます。そういう駅を念頭に置いた活性化策というものをそれぞれの駅ごとに考えられますよと,その中で,例えば,霧島市内に入ってから,大隅横川駅,一生懸命がんばってますよと,次に,霧島温泉駅,これも,民主導でがんばってますよと,そして,嘉例川駅,ここも本当にまた民主導でがんばってますよと,もちろん大隅横川駅も,民主導でがんばってますよと,こういう事実があります。そして,今,植村が,これに追いつけ追い越せで,本当に地域の方々がボランティアで植村駅周辺の清掃活動を,まずは「隗より始めよ」で始まりました。さて,次はどこだと,こういうふうに考えますと当然,日の当たる山,日当山,ここに着目をしなければならないと。そして,すべて官主導でないことに気づいてほしい。やっぱり民がどういうふうに気持ちをつくって,そして,みんなでやっぱり地域をやっていくかというのが,もうすでに手本があります。そこをお互いに学び合いながら,刺激し合っていくと,私は,この日当山駅というのはすばらしい場所と思います。まず,この肥薩線,8つの市内の駅の中で最も空港と高速道路からの流れの市内の中心部市域,全くど真ん中の流れを持ってる,それに近接しているということ。次に,年間100万人,あるいは,それ以上お越しになるかとも言われている鹿児島神宮,そこにも近い。その間には,いわば,千本桜並木道,そういうものがあって,これを,いわば磨き上げていくと,本当に散策したくなるような,歩きたくなるような,本当にすばらしい川沿いの,すばらしい石體神社からのエリアであるということ,そしてまた,なげきの杜,蛭児神社,これがまた,民の力によって大きく今変わろうと,努力が始まって,すでにほぼその方向が,神社の再建等始まったというふうに認識してございます。そして,西郷どんの宿に西郷どんの湯,そして,すばらしい川と,そして,ちょっとひなびてしまったけれども,日当山の旧通り,水源地,すべての駅の中で最も実質的に温泉地帯と近い,そこいらのもう資源については,ほたるも含めてすごいポテンシャルがある。潜在的な値打ち,価値がある。でも,爆発的に,あるいは,こつこつと,この燃え切っていない悔しさがあるわけですね。そして,これは,霧島市域のすべての温泉の中で,最も古い,昔から,何百年も前から日当山温泉は,天下に聞こえた名泉だったわけですね。しかし,何百年もたってみると,また,江戸末期から明治,大正,昭和,平成と,戦後となってみると,ほとんど山の中だったところが,どんどん活発化して大きなホテル,旅館ができる。日当山はここまで来てみると,最初は江戸の昔は,ずっと一番手だった,チャンピオンだった,場所だった。でも,今ここまで来てみると,もうまちが衰退の一途を,最も恵まれてるのにそれこそたどるだけ。駅の名前を変えたらまちは活性化すると思いますか。例えば,霧島温泉駅は,肥薩線100年の歴史の中で,たった一つの駅ですが,3回名前を変えた駅です。牧園駅,霧島西口駅,そして,霧島温泉駅,その努力は大変なものでした。しかし,名前を変えただけでは,なかなか活性化はできない。ですから,そういう意味では,私は,この日当山に暮らす人たち,そして,私ども全体が,みんなでどうこの日の当たる山,日当山というこの駅を生かしながら,まちづくり,ふるさとづくり,元気出しができるか,これから問われるなというふうに思ってます。もうその,いわば,兆しは,肥薩線全線開業100周年,そして,なげきの杜,蛭児神社の造り替え,そして,皆さん方が問題意識を持って言葉が発せられた,そういうところから一歩ずつ始まっていると,ほかはもうやってるんですよ。そこをともにがんばらなきゃいけない。いっしょになってがんばりましょう。


○16番(脇元 操君)


 名称を変えるのは,非常に多額の資金が要るということではありますけど,これはもう,私もよく承知しております。今日が,いわゆる窓口として,突破口として地域の皆さん方とともどもに,この問題点を今後,私自身も勉強して一生懸命がんばってまいりたいと,このように思っております。


○市長(前田終止君)


 今議員のご指摘の質問の部分で,例えばとおっしゃったわけですが,日本一の,いわば,露天ぶろみたいなものをこの場所にというご提案でもありましたが,私は,日本一のつり橋をかけようと,日本一の露天ぶろをつくろうと,そのことによって本当に本質的にその地域が活性化するかっていうのは,相当慎重によく考えていかなければ,それを特に公共投資などということをおっしゃるんであれば,大変に厳しいものがあろうと思いますよ,これからの時代は。むしろ,本当に地道に,地に足が着いたきっちりとした考え方をみんながこの意識を上げてやっていかなければ,ただただ,お化け大会じゃないわけですから,ちゃんとそういうところを相当な覚悟を持って,みんながあるべき姿探しをしながらやっていかなければ,この地域の本当に,日当山温泉というのが元気が出るというのは難しいと思っております。私も,また一生懸命,皆さんに語りかけていこうと思います。また,脇元議員やら,また,議会の皆さん方も,また,地域社会のリーダーの方々も,ともにがんばっていかなきゃ,ここは嘆き節ばっかりで終わりかねないと思います。


○16番(脇元 操君)


 いろいろとよく精査しまして,私も勉強しまして,この問題等にはまだまだ取り組んでいきたいと,このように思っております。以上で質問を終わります。


○議長(池田 守君)


 以上で,16番,脇元操議員の一般質問を終わります。これで,本日の一般質問を終わります。残りの19名については,明日以降の本会議で行います。ここで申し上げます。明日12月16日から18日の会議は,議事の都合により,会議の開始時間を1時間繰り上げて午前9時から開くことといたします。本日はこれで散会します。


              「散 会  午後 5時40分」