議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 霧島市

平成21年第2回定例会(第1日目 6月 1日)




平成21年第2回定例会(第1日目 6月 1日)





             平成21年第2回霧島市議会定例会会議録





 
1.議事日程は次のとおりである。


                       平成21年6月1日(第1日目)午前10時開議


┌──┬──┬────────────────────────────┬──────┐


│日程│議案│   件                  名     │ 備  考 │


│  │  │                            │      │


│番号│番号│                            │      │


├──┼──┴────────────────────────────┼──────┤


│ 1│                42番  深 町 四 雄 議員 │      │


│  │会議録署名議員の指名について                 │      │


│  │                43番  時 任 英 寛 議員 │      │


├──┼───────────────────────────────┼──────┤


│ 2│会期の決定について   6月1日〜6月26日(26日間)     │      │


├──┼──┬────────────────────────────┼──────┤


│ 3│陳情│農薬,除草剤,殺菌剤に関する陳情書           │産業教育常任│


│  │ 5│                            │委員長報告 │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 4│  │閉会中における所管事務調査についての報告        │建設水道常任│


│  │  │                            │委員長報告 │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 5│ 52│霧島市営住宅の設置及び管理に関する条例及び霧島市営単独住│      │


│  │  │宅の設置及び管理に関する条例の一部改正について     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 6│ 53│霧島市手数料条例の一部改正について           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 7│ 54│霧島市火葬場の設置及び管理に関する条例の一部改正について│      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 8│ 55│請負契約の締結について(牧園中学校屋内運動場改築建築工事)│      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 9│ 56│訴えの提起について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 10│ 57│平成21年度霧島市一般会計補正予算(第1号)について   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 11│選挙│鹿児島県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について  │      │


│  │ 1│                            │      │


└──┴──┴────────────────────────────┴──────┘





2.本日の出席議員は次のとおりである。


    1番  脇 元   敬 君      2番  松 元   深 君


    3番  秋 広 眞 司 君      4番  池 田 綱 雄 君


    5番  有 村 久 行 君      6番  徳 田 拡 志 君


    7番  山 浦 安 生 君      8番  神 園 三 郎 君


    9番  厚 地   覺 君     10番  徳 田 芳 郎 君


   11番  宮之原   稱 君     12番  黒 木 更 生 君


   15番  新 橋   実 君     16番  仮 屋 国 治 君


   17番  林 薗 澄 男 君     18番  脇 元   操 君


   19番  植 山 利 博 君     20番  上 鍋 正 光 君


   21番  塩井川 幸 生 君     22番  久 保 史 郎 君


   23番  岡 村 一二三 君     25番  木野田 恵美子 君


   26番  山 神 生 人 君     27番  池 田   守 君


   28番  下深迫 孝 二 君     29番  栫 井 成 孝 君


   30番  吉 永 民 治 君     31番  今 吉 歳 晴 君


   32番  尾 崎 東記代 君     33番  木 場 幸 一 君


   34番  浦 野 義 仁 君     35番  池 田   靖 君


   36番  細山田 為 重 君     37番  蔵 原   勇 君


   38番  田 代 昇 子 君     39番  前川原 正 人 君


   40番  窪 田   悟 君     41番  川 畑 征 治 君


   42番  深 町 四 雄 君     43番  時 任 英 寛 君


   45番  西 村 新一郎 君     46番  宮 内   博 君


   47番  徳 田 和 昭 君     48番  川 畠   暁 君





3.本日の欠席議員は次のとおりである。


   24番  島 廻 一 心 君





4.会議に出席した議会事務局の職員は次のとおりである。


 議会事務局長    上 原 勝 己 君   議事調査課長   満 留   寛 君


 議事調査課主幹兼  新 窪 政 博 君   総務グループ長  宮 永 幸 一 君


 議事グループ長


 書    記    隈 元 秀 一 君   書    記   吉 村 祐 樹 君





5.地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。


 市     長   前 田 終 止 君   副  市  長  南   洋 海 君


 副  市  長   福 永   腋 君   総 務 部 長  今 村 恭 一 君


 企画部長兼     山 口   剛 君   生活環境部長   南 田 吉 文 君


 行政改革推進監兼


 大学跡地利用対策監


 保健福祉部長    平 野 貴 志 君   農林水産部長   萬 ? 茂 樹 君


 商工観光部長    柳 田 秀 徳 君   建 設 部 長  篠 原 明 博 君


 工事監査部長    大 井   正 君   消 防 局 長  後 庵 博 文 君


 会計管理部長    東   邦 雄 君   水 道 部 長  迫 間   勇 君


 溝辺総合支所長兼  岩 切 正 信 君   横川総合支所長兼 福 原   平 君


 地域振興課長                地域振興課長


 牧園総合支所長兼  間手原   修 君   霧島総合支所長兼 川 野 茂 樹 君


 地域振興課長                地域振興課長


 福山総合支所長兼  福 盛 安 美 君   企画部次長兼   川 村 直 人 君


 地域振興課長                企画政策課長


 総 務 課 長   宗 像 成 昭 君   財 政 課 長  塩 川   剛 君


 教  育  長   ? 田 肥 文 君   教育総務課長   東 郷 一 徳 君


 学校教育課長    村 田 研 史 君





6.会議のてん末は次のとおりである。





              「開 会  午前10時00分」


○議長(西村新一郎君)


 ただいまから平成21年第2回霧島市議会定例会を開会します。直ちに本日の会議を開きます。





  △ 諸般の報告





○議長(西村新一郎君)


 議事に入ります前に諸般の報告をします。お手元に議長の出席した主な行事についての報告と,地方自治法施行令第146条第2項及び第150条第3項の規定により,平成20年度霧島市一般会計予算繰越明許費繰越計算書及び平成20年度霧島市国民健康保険特別会計予算事故繰越し繰越計算書を配付しておりますので,お目通し願います。それでは,お手元に配付しました議事日程に基づき会議を進めてまいります。これより議事に入ります。





  △ 日程第1 会議録署名議員の指名について





○議長(西村新一郎君)


 日程第1,会議録署名議員の指名をします。42番,深町四雄議員,43番,時任英寛議員,以上2名を指名します。





  △ 日程第2 会期の決定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第2,会期の決定についてを議題とします。お諮りします。今定例会の会期は,本日から平成21年6月26日までの26日間としたいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,会期は,本日から平成21年6月26日までの26日間と決定しました。





  △ 日程第3 陳情第5号 農薬,除草剤,殺菌剤に関する陳情書





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第3,陳情第5号,農薬,除草剤,殺菌剤に関する陳情書を議題とします。本件については産業教育常任委員会に付託となっておりましたので,委員長の報告を求めます。


○産業教育常任委員長(上鍋正光君)


 去る4月28日に当委員会に付託になりました陳情第5号,農薬,除草剤,殺菌剤に関する陳情書について審査が終了いたしましたので,その経過と結果についてご報告を申し上げます。農林水産部の説明では,農薬は農薬取締法により使用基準が定められている。農産物の安心安全が叫ばれる中,農家はできるだけ使用回数を減らし,散布時も天候や時間帯を考え,粉剤より粒剤を使用し,飛散防止に十分配慮している。使用状況については,農家に対して作業日誌の記帳を指導している。陳情事項1点目の市有地や市の施設における散布状況は,調査しており公表する。2点目の定期散布と予防散布の中止については,予防散布により害虫発生を抑制する効果があり,一概に中止はできない。3点目の散布情報の周知徹底と危険防止については,道路や公園などの公共施設での散布やヘリコプターによる空中散布では,散布予告や注意呼びかけをするよう施設管理者や農薬使用者に対して指導していく。4点目の市民への周知については,広報紙やホームページで呼びかけていくとの説明。主な質疑では,農薬散布をするときに届け出の義務はあるのかとの質疑に,住宅地においては,使用目的,散布日時,農薬の種類について周辺住民に周知してほしいとの答弁。農家も住宅地での作業には気を使う。住民の自己防衛も必要だし,理解してもらうのも大事だと思うが,今まで住民からの苦情はないかとの質疑に,今まで苦情の電話は来ていないとの答弁。農薬に対する取組は今までどうしていたのかとの質疑に,平成18年6月6日に霧島市農薬飛散防止対策協議会を設立し取り組んでいるとの答弁。採決の結果,陳情第5号については賛成多数で趣旨採択すべきものと決定いたしました。以上で報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長報告に対して質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。これより議案処理に入ります。陳情第5号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で趣旨採択すべきものと決定したとの報告であります。陳情第5号について委員長報告のとおり趣旨採択することに賛成の方の起立を求めます。


                  [賛成者起立]


 出席議員43名,起立者42名,起立多数であります。したがって,陳情第5号は趣旨採択することに決定しました。





  △ 日程第4 閉会中における所管事務調査についての報告





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第4,閉会中における所管事務調査についての報告であります。建設水道常任委員長の報告を求めます。


○建設水道常任委員長(窪田 悟君)


 おはようございます。先の本会議において閉会中の継続調査になりました所管事務調査についてのご報告を申し上げます。霧島市の公園について,4月27日に調査を行いました。現在,事業に着手している福山の(仮称)まきのはら総合運動公園,国分上井地区のコミュニティ広場整備事業と,今年度から来年度にかけて事業を予定している国分広瀬地区のコミュニティ広場整備事業,そして既存の総合公園として多くの市民の方々に利用されている国分の城山公園,県より委託を受けている天降川ふるさとの川河川公園の計5か所を現地調査も実施し審査しました。各公園の概要は,牧之原地区(公園整備):まちづくり交付金事業は,(仮称)まきのはら総合運動公園を核としたスポーツ盛んなまちづくりを推進するため,運動施設の拠点並びにその接続道路を一体的に整備するものであり,(仮称)まきのはら総合運動公園においては施設整備を行うことで観光・レクリエーションの拠点となり,施設間を連携させた多目的機能を発揮する施設の充実を図ることを目的に,全体計画が平成18年度から平成22年度の5年間で,総事業費を約5億7,000万円で,園路,多目的グラウンド,舗装工,プール整備などを行う事業です。次に,コミュニティ広場整備事業の国分上井地区,国分広瀬地区については,交流ふれあいの場として地区住民が身近に利用できる小規模な街区公園の整備を計画的に行うものであり,公園整備を行うことにより世代間の交流の場や地区レベルでの各種レクリエーション活動の場,災害時の避難救援活動の場としての活用が期待できるとの目的で,国分上井地区の全体計画が平成20年度から平成21年度の2年間で,総事業費1億7,907万2,000円で,用地面積1万83m2,芝舗装面積が8,700m2で,トイレ,休憩所,遊具,休養施設,植栽などが主な事業です。また,国分広瀬地区は,全体計画が平成21年度から平成22年度の2年間で,総事業費を約1億8,950万円,用地面積9,623m2で,平成21年度公有財産購入費を8,500万円計上しているとのことでした。城山公園は昭和53年に約14haで開設され,県内外より大勢の行楽客でにぎわう総合公園として利用されてきており,平成19年に約2haの駐車場と緑地広場が増設され,現在の公園面積は約16haであり,公園内の主な施設は,展望所,憩いの家,児童広場,野外ステージ,観覧車,パターゴルフ,ゴーカート,その他遊具一式が整備されている公園であります。次に,天降川河川公園は,天降川の自然環境に配慮し,周辺の景観や地域整備と調和した良好な水辺空間の形成を目的として,ふるさとの川整備事業により鹿児島県が整備を行った県管理の河川公園であります。ただし,芝刈りや清掃等の日常的な維持管理については県と市の維持管理協定により市で行っているのが現状の公園で,平成元年度から平成13年度の13年間で整備され,総事業費が36億円で,公園内の主なエリアは,せせらぎゾーン右岸側2万1,687m2,せせらぎゾーン左岸側1万997m2,出会いのゾーン1万7,287m2,緑園ゾーン右岸側5万3,072m2,緑園ゾーン左岸側3万4,663m2で,小計で右岸側2,230m,9万2,046m2,左岸側770m,4万5,660m2で合計で3,000m,13万7,006m2であるとのことでした。質疑に入り,城山公園について,施設の老朽化や廃棄処理の必要な財産管理の問題など,危険な物や古くなった物など改修すべきであるが,指定管理者と協議をしているのかとの質疑に,指定管理者とは定期的に協議はしている。不具合な部分については報告を受けており,指定管理費の中でやるもの,市の修繕料で対応しなければならないものなど,今後,課内協議し管理運営に努めていきたいとの答弁でした。また,年間来場者数はいくらかの質疑に,施設の利用者数では6万8,348人であるとの答弁でした。また,城山公園が指定管理になった直後にくみ取り式のトイレ改修の話があったが,対応はどうなっているのかとの質疑に,放流先の問題で,いまだにくみ取り式であるが,今後,詳細を調査し,衛生上の面も考慮し対応したいとの答弁でした。また,トイレを中心に調査をされたとのことだが,建設部関係でくみ取り式のトイレは何か所残っているのかの質疑には,現在のところ,浄化槽でない数は把握していないが,随時検討していきたいとの答弁でした。委員の意見として,くみ取り式は安心安全,衛生面からも改修が必要である。合併後10年以内くらいの年次的な計画で調査をしてほしいとの意見と,和式ではなく,時代の流れに合った洋式に改修するなど,十分な検討をしてほしいとの意見が出されました。また,河川公園について,道路の斜面は隼人町時代には放置されていたが,合併当時はきれいであった。しかし,現在はしっかり管理がされていないように思える。整備や管理については管理者である県と協議し,対応を早急にすべきであるとの意見もありました。以上で,建設水道常任委員会の所管事務調査についての報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 以上で,閉会中における所管事務調査についての報告を終わります。





  △ 日程第5 議案第52号 霧島市営住宅の設置及び管理に関する条例及び霧島市営


         単独住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正についてより


    日程第10 議案第57号 平成21年度霧島市一般会計補正予算(第1号)について


         まで一括上程





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第5,議案第52号,霧島市営住宅の設置及び管理に関する条例及び霧島市営単独住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正についてより,日程第10,議案第57号,平成21年度霧島市一般会計補正予算(第1号)についてまで,以上6件を一括し議題とします。提案者の説明を求めます。


○市長(前田終止君)


 皆さん,改めまして,おはようございます。初めに,今般,メキシコやアメリカ等で発生いたしました新型インフルエンザにつきましては,国内への侵入防止を目的といたしました水際対策などの懸命な対応が行われてまいりましたが,関西地域や首都圏などで患者が発生し,その後,急速に感染が拡大している状況にございます。本市は南九州の空の玄関口として多くの人々が往来するエリアにありますことから警戒感を強め,4月26日の新型インフルエンザに対する国や県の動きを受けて,翌27日に庁内で新型インフルエンザ対策連絡調整会議を設置して以来,これまで官・民からなる霧島市感染症予防対策会議の開催や霧島市新型インフルエンザ対策本部の設置をはじめ,職員を対象とした防護服の着脱訓練や発生時の対応マニュアルの確認,学校等への手洗い消毒液の配付や市民を対象とした感染予防チラシ等の配布など,県内でもいち早く予防対策等に取り組んでまいりました。なお,対策本部には,現在も職員が,土曜,日曜も詰めておりまして,市民の皆様からの相談や保健所との連絡調整に努めていますほか,鹿児島検疫所支所の要請を受け,空港検疫後の疑似患者の搬送及び検体の移送などについても職員の応援体制を整えているところでございます。次に,本市の経済対策につきまして昨年12月に緊急経済対策本部を立ち上げ,これまで市独自の景気対策や国の緊急経済対策と一体的に取組を行ってきておりまして,先週,国会において成立いたしました経済危機対策にかかわる補正予算に対応するため,対象事業の検討など,今後の追加補正予算編成に向けた準備作業を進めているところでございます。なお,生活支援と経済対策を目的といたしました定額給付金につきましては,対象世帯数5万7,257世帯に対し,現在の支給率は89.1%でございます。また,生活対策の一環として多子世帯の幼児教育期の負担に配慮する観点から,第2子以降の子ども1人当たり3万6,000円を支給します子育て応援特別手当は,対象児童数1,967人に対し,現在の支給率は93.6%となっております。それでは,本日ここに平成21年6月定例市議会の開会に当たりまして,3月議会以降,これまでの市政運営の状況報告を申し述べますとともに,今回提案いたしております議案につきまして,その概要をご説明申し上げ,議員各位をはじめ市民の皆さん方のご理解とご協力を賜りたいと存じます。それでは,まず市政運営の状況につきまして,総合計画の7つの政策体系に沿ってご説明申し上げます。まず,第1の「快適で魅力あるまちづくり」でございます。道路の整備につきましては,平成13年度から県道北永野田小浜線と県道国分霧島線を結ぶ重要な幹線道路として整備を進めておりました市道向花〜清水線が完成し,4月16日に供用を開始いたしました。これにより交通渋滞の緩和や中心市街地への利便性が大きく向上するものと考えております。同じく,平成13年度から麓第一土地区画整理事業及び街路事業で整備を進めておりました都市計画道路麓北通線の第一麓原橋を含む市道馬立北原線から国道504号までの区間が完成し,4月23日に供用を開始いたしました。これにより隼人方面,北薩方面とのアクセス道路としての経済的効果や,地域住民の利便性が大いに図られるものと期待をいたしているところでございます。防災対策につきましては,4月28日に宮崎河川国道事務所の支援を受け,環霧島会議と本市が共催をして霧島地区と牧園地区の一部の住民の方々を対象とした活火山霧島山に対する防災意識を高めていただくための講演会を霧島公民館で開催し,約150名参加していただきました。また,梅雨・豪雨期を前に,各総合支所で事前に実施をいたしました災害危険箇所点検の結果を踏まえまして,5月11日に本市の防災担当者による市内7か所の危険箇所の点検を実施させていただきましたほか,5月21日開催の市防災会議におきまして,国,県をはじめ,各関係機関とのさらなる連携の強化を確認いたしたところでございます。次に,第2の「自然にやさしいまちづくり」でございます。一般廃棄物管理型最終処分場の整備につきましては,地元説明会や先進地視察など,福山町宝瀬地区の方々のご理解が得られるよう努力してまいりましたが,昨年12月議会におきまして,同地区を候補地とする立地可能性調査の早期実施についての陳情が採択されましたことなどを踏まえまして,先月,立地可能性調査の実施について,地元3地区自治公民館長及び関係団体へお知らせいたしたところでございます。今後は立地可能性調査の発注に向けまして,国,県との協議を進めてまいりたいと存じます。環境対策につきましては,霧島市生活環境美化条例に基づき,この4月に各地区自治公民館推薦によりまして7つの環境美化モデル地区を指定いたしました。今後,地域の住民,環境美化・河川環境保全推進員が一体となった環境美化活動に取り組んでまいりたいと存じます。環境学習につきましては,1909年,高知県出身の牧野富太郎博士により,ミヤマキリシマなどの霧島の植物が命名されて今年で100周年を迎えることを記念し,5月30日に霧島小学校において高知県立牧野植物園の稲垣先生を講師としてお招きし「牧野富太郎博士の功績と霧島の自然」と題しての記念講演会をはじめ,環霧島管内で環境をテーマに活動しておられる団体の活動報告や情報交換を行いました。これによりまして,霧島の自然環境の保全と保護について再認識するとともに,ジオパーク認定に向けた市民の皆様の気運を高める絶好の機会とさせていただきました。地球温暖化対策につきましては,ゴーヤなどの苗を国分中央高等学校の園芸工学科の皆さんに作っていただきまして,先月応募されました市民や学校など94チームの皆様への苗の配布に合わせて,取組の趣旨や育て方について説明会を開催するなど,緑のカーテンモデル事業を実施いたしました。次に,第3の「活力ある産業のまちづくり」でございます。経済対策の一環といたしまして,霧島商工会議所と霧島市商工会が共同で行うプレミアム付き商品券につきましては,本市が補助をいたしますプレミアム分3,000万円を含めた総額3億3,000万円分を,4月22日から発売を開始いたしましたが,おかげさまで大変好評を得まして5月1日には完売となりました。今回の商品券は国の定額給付金の支給時期に合わせたものでございまして,消費者の購買意欲を促進し,商店街の活性化と商工業の振興につながるものと期待をいたしているところでございます。次に,第4の「育み磨きあうまちづくり」でございます。現在策定中の教育振興基本計画につきましては,庁内外の策定体制を構築し,近々,市民の皆様の教育に関する意識調査を実施する予定でございます。天降川小学校につきましては平成22年4月の開校に向けて,校舎,屋内運動場の工事が順調に進んでおりまして,現在,仕上げ工事を行っているところでございます。また,プール建設事業やグラウンド整備事業につきましては,近々,入札を実施することとなっております。牧園中学校の改築工事につきましては,現在,校舎北棟の仕上げ工事を行っているところでございますが,今議会定例会に屋内運動場の改築建築工事請負契約の締結議案を提出いたしておりますので,よろしくお願い申し上げます。次に,第5の「たすけあい支えあうまちづくり」でございます。隼人町内山田地内に新しい作業所が完成した障害者福祉作業所「わかば」の事業運営が4月から開始をされ,現在,市内居住者10人と他市町の8人が通所をされ,地域の自立した日常生活や積極的な社会参加に向けた取組が行われているところでございます。高齢者の生きがいづくりや介護予防の推進につきましては,この4月に県内で初めての試みとして,本市在住の登録された65歳以上の方が,地域での子育てや高齢者等へのボランティア活動に参加した場合に介護保険料負担を軽減する「霧島市介護保険ボランティアポイント制度」をスタートさせていただきました。5月29日現在でボランティア参加の登録者は258人,ボランティア受入施設として94か所が登録されております。地域福祉の推進につきましては,福祉業務に関する相談を一つの窓口で安心して相談していただきますために,4月に福祉総合相談窓口を設置させていただきました。4月の相談件数は,生活保護や育児不安,児童虐待などにかかわる相談が80件となっており,市民の皆さんからの相談等に的確に,かつ迅速に対応してまいりたいと存じます。次に,第6の「共生・協働のまちづくり」でございます。国際交流につきましては,合併前から友好交流を続けております中国上海市嘉定区から人民政府訪日団6名が4月に表敬訪問され交流を深めるとともに,今後の交流について意見交換を行ったところであります。また,この夏,本市の助成を受けて霧島市国際交流協会が,アメリカ,マレーシア,ラオスに中高校生の海外派遣事業が計画されておりましたが,新型インフルエンザの世界的な感染拡大がある状況においては,何よりも生徒たちの健康を最優先に考え,派遣事業をやむなく中止されたとご報告いただいたところでございます。最後に,第7の「新たな行政経営によるまちづくり」でございます。市民サービスセンター「コア・よか」の利用状況につきましては,平成20年度は新たにスタートしたパスポートの受付交付事務取扱件数4,241件を含め1万8,995件でございました。オープンいたしました平成19年度の証明・収納関係の事務取扱件数5,184件と比べますと3倍以上増加しておりまして,市民サービスを提供できる拠点施設として認識が確実に高まり,着実に定着してきているものと考えております。行政組織のあり方につきましては,昨年10月に行政改革推進委員会へ検討をお願いいたしておりました「霧島市の合併10年後の組織のあり方」に対する意見書が,去る4月8日に提出をされました。今後は,そのご意見等を尊重させていただきながら庁内の検討委員会で協議をしてまいりたいと存じます。最後に,環霧島会議につきましてご報告申し上げます。去る5月19日に第4回の環霧島会議が宮崎県高原町で開催をされ,これまで各専門部会で協議検討した結果の報告などをそれぞれ受けまして,今後の具体的な取組事項や方針等の協議を行いました。また,環霧島会議を構成する市町において大規模な災害が発生し,被災した構成市町の単独では十分な応急対策及び復旧等ができない場合,構成市町間で円滑な応援を行うため,「環霧島会議防災総合応援協定」を締結させていただきました。さらに,環霧島広域連携シンポジウムとして総務省地域力創造審議官によります「地域力創造と定住自立圏構想の推進について」を演題とした基調講演や,初の環霧島大使をお願いいたしました原口泉鹿児島大学教授をコーディネーターといたしまして,宮崎県知事をはじめ私を含めた5名のパネリストによる「広域連携と地域資源の新たな活用」をテーマといたしましたパネルディスカッションを行ったところでございます。当日は,関係市町から大勢の皆様のご参加をいただき盛大に開催できました。また,霧島ジオパークにつきましては,本年6月の日本ジオパークの認定申請に向けて準備を進めておりましたが,関係各位と協議をし,今後さらに1年間,活動の輪や実績を積み上げた上に,万全を期して来年度の登録申請を目指してまいることになりましたので,今後とも皆様のご理解,ご支援を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。それでは,本日提案をいたしております議案につきまして,その概要をご説明いたします。まず,議案第52号,霧島市営住宅の設置及び管理に関する条例及び霧島市営単独住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。本案は,霧島市営住宅ストック総合活用計画に基づき,老朽化した市営住宅及び市営単独住宅の取り壊しを行うため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第53号,霧島市手数料条例の一部改正についてであります。本案は,介護保険法及び老人福祉法の一部を改正する法律の施行により,指定地域密着型介護予防サービス事業者の指定に関する介護保険法の根拠条項の変更が生じましたため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第54号,霧島市火葬場の設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。本案は,霧島市国分斎場の火葬業務及び施設の維持管理に関する業務等を指定管理者が行うことができる規定の追加及び開場時間等の運営に関する規定の追加等を行いますため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第55号につきましては,牧園中学校屋内運動場改築建築工事の請負契約の締結に関する議案であります。本案は,霧島市牧園町宿窪田1960番地のヤマグチ株式会社,代表取締役山口克典が工事費2億5,500万円,消費税額1,275万円,合計金額2億6,775万円で落札いたしましたので契約を締結しようとするものであります。次に,議案第56号,訴えの提起についてであります。本案は,旧国分地区衛生管理組合が指名競争入札の方法により締結をいたしました国分地区住吉クリーンセンター,現在の名称は霧島市南部し尿処理場でございますが,このし尿浄化槽汚泥高度処理施設建設工事に関しまして公正取引委員会が審査いたしましたところ,入札参加者間で受注予定者等談合が行われたことが判明をしましたため,当該工事の落札業者に対して,談合により市が被った損害4億290万円の賠償請求をしようとするものであります。次に,議案第57号,平成21年度霧島市一般会計補正予算(第1号)についてご説明をいたします。今回の補正予算は景気低迷による法人市民税の還付金,(仮称)こどもセンターの用地取得に要する経費,新型インフルエンザ対策に要する経費,活動火山周辺地域防災営農対策事業による施設整備等の助成及び鹿児島県の緊急雇用創出事業臨時特例基金事業などを主なものといたしております。歳入につきましては,事業に伴う国県支出金やコミュニティ助成金などを特定財源とし,平成20年度の決算剰余金見込額の一部を一般財源といたしております。歳出の主なものにつきましては,総務費で,コミュニティ助成事業を活用いたしました地区自治公民館連絡協議会等への各種備品の購入助成に要する経費を計上いたしましたほか,景気低迷による法人市民税の還付金などを計上いたしました。民生費では,天降川小学校開校に伴い児童クラブと子育て支援センターを併設しました,(仮称)こどもセンターの建設用地購入に要する経費などを計上し,衛生費で新型インフルエンザ対策に要する経費を計上いたしました。農林水産業費ではバイオマスタウン構想策定に要する経費のほか,活動火山周辺地域防災営農対策事業及び農山漁村活性化プロジェクト支援交付金事業を活用した各種生産基盤施設整備事業等に対する助成に要する経費などを計上いたしました。消防費では,防衛施設周辺民生安定施設整備事業の内定に伴う中央消防署の水槽付きポンプ自動車の購入に要する経費を計上し,教育費で,不登校対策をさらに充実するために子どものサポート体制整備事業に要する経費などを計上いたしました。そのほか鹿児島県の緊急雇用創出事業臨時特例基金事業を活用し,農林業基盤施設周辺景観保全事業等に取り組む経費を計上するなど,歳入歳出総額7億6,699万4,000円を追加計上し,補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ501億8,699万4,000円とするものであります。以上,提案をいたしております議案6件につきまして,一括してその概要をご説明申し上げましたが,よろしくご審議賜りますようお願いを申し上げまして提案理由の説明とさせていただきます。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま提案者の説明が終わりました。この6件の議案に対する質疑は,次の本会議で行います。





  △ 日程第11 選挙第1号 鹿児島県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第11,選挙第1号,鹿児島県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙についてを議題とします。鹿児島県後期高齢者医療広域連合議会議員は県内市町村の長及び議員のうちから市長区分6人,市議会議員区分6人,町村長区分4人,町村議会議員区分4人から構成されています。今回,市議会議員区分に2名の欠員が生じたため,候補者受付の告示を行い届け出を締め切ったところ3人の候補者がありましたので,広域連合規約第8条第2項の規定により選挙を行います。この選挙は同条第4項の規定により,すべての市議会の選挙における得票総数の多い順に当選人を決定することになりますので,会議規則第32条の規定に基づく選挙結果の報告のうち,当選人の報告及び当選人の告知は行えません。そこで,お諮りします。選挙結果の報告については会議規則第32条の規定にかかわらず,有効投票のうち候補者の得票数までを報告することにしたいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,選挙結果の報告については会議規則第32条の規定にかかわらず,有効投票のうち候補者の得票数までを報告することに決定しました。選挙は投票により行います。議場を閉鎖します。


                   [議場閉鎖]


 ただいまの出席議員は44名であります。会議規則第31条第2項の規定により立会人を指名します。立会人に25番,木野田恵美子議員,1番,脇元敬議員を指名します。候補者名簿はお手元に配付のとおりです。候補者名簿の配付漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 配付漏れなしと認めます。投票用紙を配付させます。


                  [投票用紙配付]


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 配付漏れなしと認めます。念のため申し上げます。投票は単記無記名ですので,候補者名を1名のみ記載の上,点呼に応じて順次投票を願います。投票箱を点検させます。


                  [投票箱点検]


 異状なしと認めます。投票を行います。点呼を命じます。


              [事務局長の点呼に応じ順次投票]


 投票漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 投票漏れなしと認めます。投票を終了します。議場の出入り口を開きます。


                   [議場開鎖]


 開票を行います。25番,木野田恵美子議員,1番,脇元敬議員の立ち会いをお願いします。


                    [開票]


 選挙の結果を報告します。投票総数44票,うち有効投票43票,無効投票1票,有効投票のうち,崎田信正氏10票,榎元一已氏31票,?之上大成氏2票,以上のとおりです。以上で本日の日程がすべて終了しました。次の本会議は6月9日であります。本日はこれで散会します。ご苦労さまでした。


              「散 会  午前11時30分」