議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 霧島市

平成21年第1回定例会(第2日目 3月 3日)




平成21年第1回定例会(第2日目 3月 3日)





             平成21年第1回霧島市議会定例会会議録


 
1.議事日程は次のとおりである。


                     平成21年3月3日(第2日目)午前10時開議


┌──┬──┬─────────────────────────────┬───┐


│日程│議案│件                 名          │備 考│


│  │  │                             │   │


│番号│番号│                             │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 1│1 │霧島市出頭人及び参加人に対する実費弁償に関する条例の一部改│   │


│  │  │正について                        │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 2│4 │霧島市奨学資金条例の一部改正について           │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 3│6 │霧島市介護保険条例の一部改正について           │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 4│7 │霧島市認可地縁団体印鑑の登録及び証明に関する条例の一部改正│   │


│  │  │について                         │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 5│10 │霧島市国民健康保険税の特別減免に関する条例の一部改正につい│   │


│  │  │て                            │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 6│11 │霧島市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正について │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 7│12 │霧島市後期高齢者医療に関する条例の一部改正について    │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 8│16 │霧島市横川福祉公園の設置及び管理に関する条例の廃止について│   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 9│23 │伊佐北姶良環境管理組合規約の変更について         │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 10│24 │鹿児島県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少│   │


│  │  │及び鹿児島県市町村総合事務組合規約の変更について     │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 11│25 │鹿児島県市町村総合事務組合の財産処分について       │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 12│2 │霧島市手数料条例の一部改正について            │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 13│3 │霧島市立学校施設使用条例の一部改正について        │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 14│5 │霧島市乳幼児医療費助成条例の一部改正について       │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 15│8 │霧島市隼人地区共同利用施設の設置及び管理に関する条例の一部│   │


│  │  │改正について                       │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 16│9 │霧島市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正について │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 17│13 │霧島市健康・生きがいづくり推進協議会設置条例の制定について│   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 18│14 │霧島市ふるさときばいやんせ基金条例の制定について     │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 19│15 │霧島市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について  │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 20│17 │第一次霧島市国土利用計画について             │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 21│18 │辺地に係る公共的施設の総合整備計画について        │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 22│19 │請負契約の変更について                  │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 23│20 │損害賠償の額を定め和解することについて          │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 24│21 │指定管理者の指定について(霧島市障害者福祉作業所あいご園)│   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 25│22 │指定管理者の指定について(霧島市障害者福祉作業所わかば) │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 26│27 │平成20年度霧島市一般会計補正予算(第7号)について    │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 27│28 │平成20年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)につ│   │


│  │  │いて                           │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 28│29 │平成20年度霧島市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)に│   │


│  │  │ついて                          │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 29│30 │平成20年度霧島市老人保健医療特別会計補正予算(第2号)につ│   │


│  │  │いて                           │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 30│31 │平成20年度霧島市介護保険特別会計補正予算(第3号)について│   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 31│32 │平成20年度霧島市下水道事業特別会計補正予算(第1号)につい│   │


│  │  │て                            │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 32│33 │平成20年度霧島市温泉供給特別会計補正予算(第1号)について│   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 33│34 │平成21年度霧島市一般会計予算について           │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 34│35 │平成21年度霧島市国民健康保険特別会計予算について     │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 35│36 │平成21年度霧島市後期高齢者医療特別会計予算について    │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 36│37 │平成21年度霧島市老人保健医療特別会計予算について     │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 37│38 │平成21年度霧島市介護保険特別会計予算について       │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 38│39 │平成21年度霧島市交通災害共済事業特別会計予算について   │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 39│40 │平成21年度霧島市下水道事業特別会計予算について      │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 40│41 │平成21年度霧島市温泉供給特別会計予算について       │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 41│42 │平成21年度霧島市水道事業会計予算について         │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 42│43 │平成21年度霧島市工業用水道事業会計予算について      │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 43│44 │平成21年度霧島市病院事業会計予算について         │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 44│請願│隼人港沖合いの小島通称神造島の買戻しを求める請願書    │   │


│  │1 │                             │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 45│陳情│市道の整備に関する陳情書                 │   │


│  │1 │                             │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 46│陳情│陳情書(九州電力の川内原発3号機増設反対に関する決議につい│   │


│  │2 │て)                           │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 47│陳情│陳情書(川内原発3号機増設に関わる環境影響評価の県民合意を│   │


│  │3 │図るとともに,増設反対を求める意見書の採択について)   │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 48│45 │霧島市ひとり親家庭医療費助成に関する条例及び霧島市国民健康│追 加│


│  │  │保険条例の一部改正について                │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 49│46 │霧島市立学校の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例│追 加│


│  │  │の一部改正について                    │   │


├──┼──┼─────────────────────────────┼───┤


│ 50│  │一般質問 山神 生人君(54ページ)           │   │


│  │  │      ・平成21年度当初予算について         │   │


│  │  │      ・環霧島会議について             │   │


│  │  │      ・住宅用太陽光発電の導入支援事業について   │   │


│  │  │      ・限界集落について              │   │


│  │  │     塩井川幸生君(69ページ)           │   │


│  │  │      ・市の景気対策について            │   │


│  │  │      ・総合支所の今後について           │   │


│  │  │      ・農政について                │   │


│  │  │     今吉 歳晴君(84ページ)           │   │


│  │  │      ・公営競技施設について            │   │


│  │  │      ・各種行事開催について            │   │


│  │  │     宮内  博君(95ページ)           │   │


│  │  │      ・政治姿勢について              │   │


│  │  │      ・雇用・暮らしを守る対策について       │   │


│  │  │      ・乳幼児医療費の窓口無料化対策について    │   │


│  │  │      ・市民サービスについて            │   │


│  │  │     前川原正人君(109ページ)          │   │


│  │  │      ・場外車券場建設問題について         │   │


│  │  │      ・医療費削減の取組について          │   │


│  │  │      ・福祉政策について              │   │


│  │  │      ・学校教育行政について            │   │


└──┴──┴─────────────────────────────┴───┘





2.本日の出席議員は次のとおりである。


    1番  脇 元   敬 君      2番  松 元   深 君


    3番  秋 広 眞 司 君      4番  池 田 綱 雄 君


    5番  有 村 久 行 君      6番  徳 田 拡 志 君


    7番  山 浦 安 生 君      8番  神 園 三 郎 君


    9番  厚 地   覺 君     10番  徳 田 芳 郎 君


   11番  宮之原   稱 君     12番  黒 木 更 生 君


   15番  新 橋   実 君     16番  仮 屋 国 治 君


   17番  林 薗 澄 男 君     18番  脇 元   操 君


   19番  植 山 利 博 君     20番  上 鍋 正 光 君


   21番  塩井川 幸 生 君     22番  久 保 史 郎 君


   23番  岡 村 一二三 君     24番  島 廻 一 心 君


   25番  木野田 恵美子 君     26番  山 神 生 人 君


   27番  池 田   守 君     28番  下深迫 孝 二 君


   29番  栫 井 成 孝 君     30番  吉 永 民 治 君


   31番  今 吉 歳 晴 君     32番  尾 崎 東記代 君


   33番  木 場 幸 一 君     34番  浦 野 義 仁 君


   35番  池 田   靖 君     36番  細山田 為 重 君


   37番  蔵 原   勇 君     38番  田 代 昇 子 君


   39番  前川原 正 人 君     40番  窪 田   悟 君


   41番  川 畑 征 治 君     42番  深 町 四 雄 君


   43番  時 任 英 寛 君     45番  西 村 新一郎 君


   46番  宮 内   博 君     47番  徳 田 和 昭 君


   48番  川 畠   暁 君





3.本日の欠席議員は次のとおりである。


   なし





4.会議に出席した議会事務局の職員は次のとおりである。


 議会事務局長    上 原 勝 己 君  議事調査課長    福 永 いき子 君


 議事調査課課長補佐 満 留   寛 君  書     記   吉 村 祐 樹 君


 兼議事グループ長


 書     記   米 元 利 貴 君





5.地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。


 市     長    前 田 終 止 君  副  市  長  南   洋 海 君


 副  市  長    福 永 いたる 君  総 務 部 長  今 村 恭 一 君


 企画部長兼      山 口   剛 君  生活環境部長   南 田 吉 文 君


 行政改革推進監


 保健福祉部長     平 野 貴 志 君  農林水産部長   萬 ? 茂 樹 君


 商工観光部長     長 崎   薫 君  建 設 部 長  篠 原 明 博 君


 工事監査部長     大 井   正 君  会計管理部長   東   邦 雄 君


 税務対策総括監    末 野 賢 了 君  生活環境部次長兼 川 畑   巧 君


                       生活環境政策課長


 商工観光部次長兼   柳 田 秀 徳 君  総 務 課 長  阿 多 己 清 君


 商工観光政策課長


 秘 書 課 長    馬 場 勝 芳 君  管 財 課 長  津 曲 正 昭 君


 財 政 課 長    塩 川   剛 君  税 務 課 長  中 村   功 君


 企画政策課長     川 村 直 人 君  共生協働推進課長 宗 像 成 昭 君


 行政改革推進課長   濱 ? 正 治 君  環境衛生課長   今 村 政 憲 君


 保険年金課長     川 ? 秀一郎 君  保健福祉政策課長 花 堂   誠 君


 児童福祉課長     隈 元   悟 君  健康増進課長   宮 本 順 子 君


 農林水産政策課長   原之園 丈 二 君  農政畜産課長   浜 田 健 治 君


 林務水産課長     山 下   晃 君  耕 地 課 長  馬 場 義 光 君


 観 光 課 長    横 手 航太郎 君  建設政策課長   岡 元 邦 昭 君


 都市整備課長     川 東 千 尋 君  区画整理課長   下 拂   勉 君


 契 約 課 長    山 下 英 男 君  税務課課長補佐  池 田 洋 二 君





 教  育  長    ? 田 肥 文 君  教 育 部 長  藤 田   満 君


 教育総務課長     東 郷 一 徳 君  学校教育課長   村 田 研 史 君


 保健体育課長兼    藤 山 光 隆 君


 隼人給食センター所長





 農業委員会事務局長 西 山 幹 夫 君





6.会議のてん末は次のとおりである。





              「開 議  午前10時00分」


○議長(西村新一郎君)


 これより本日の会議を開きます。お手元に配付しました議事日程に基づき会議を進めてまいります。それでは,議事に入ります。





  △ 日程第1 議案第1号 霧島市出頭人及び参加人に対する実費弁償に関する条例の一部改正についてより


    日程第47 陳情第3号 陳情書(川内原発3号機増設に関わる環境影響評価の県民合意を図るとともに増設反対を求める意見書の採択について)まで一括上程





○議長(西村新一郎君)


 日程第1,議案第1号,霧島市出頭人及び参加人に対する実費弁償に関する条例の一部改正についてより,日程第47,陳情第3号,陳情書(川内原発3号機増設に関わる環境影響評価の県民合意を図るとともに増設反対を求める意見書の採択について)まで,以上47件を一括し議題とします。これより質疑に入ります。3名の議員より質疑の通告がされておりますので,順次発言を許可します。まず,32番,尾崎東記代議員。


○32番(尾崎東記代君)


 それでは,通告しております,議案第34号,平成21年度霧島市一般会計予算について,2点のことにつき質疑いたします。まず第1点は,事項別明細書271ページから272ページの一時借入金に係る利子の見込み額についてであります。予算総則第4条に,一時借入金の最高限度額を40億円と提案されておりますが,その一時借入金の利子については,事項別明細書271ページから272ページの公債費の目の利子の中に,市債に係る利子と一時借入金に係る利子を合わせた13億4,858万2,000円計上されております。本来それぞれの金額を明示されるべきのものでありますが,それが記載されておりません。そこで,最高限度額を40億円として借入れる一時借入金の利子をどれだけ見込んでいるのか,明らかにしていただきたいのであります。2点目は,予算総則第2条の債務負担行為の内容についてであります。これは,第2表に12項目,事項,期間,限度額が提案されております。その一番下の土地開発公社への土地先行取得の項目についてであります。2億円の限度で公共用地の先行取得を依頼するものですが,その公共用地取得の目的,面積,場所はどうなっているのか。以上,質疑いたします。


○総務部長(今村恭一君)


 議案第34号の一時借入金の利子の質疑にお答えします。一時借入金利子につきましては,13億4,858万2,000円のうち1,000万円を計上しております。続きまして,議案第34号,平成21年度霧島市一般会計予算の第2表,債務負担行為中,霧島市土地開発公社の公共用地先行取得についてお答えします。霧島市土地開発公社の公共用地先行取得につきましては,霧島市が行う各種事業用地を市に代わって計画的に取得するため,債務負担行為の限度額2億円を設定しているものであります。公共用地の取得場所としましては,隼人水源地付近の水源涵養林としての山林購入,また,現在県が進めております魅力ある観光地づくり事業と一体的に整備を図るため,天降川流域の旧ラムネ温泉跡地周辺及び嘉例川駅の駐車場用地などを予定しております。そのほか,市道等の道路用地や区画整理事業の公益施設用地などについては,緊急に用地取得の必要性が生じた場合などを想定し,概算見込みによるものを含めた設定としているところであります。


○32番(尾崎東記代君)


 一応了解いたしましたけれど,面積は今お答えになりましたかね。


○総務部長(今村恭一君)


 面積につきましては,緊急に用地取得の必要性が生じた場合などを想定しておりますので,ちょっとこの場では面積の規模についてはお答えできないところであります。


○32番(尾崎東記代君)


 了解。


○議長(西村新一郎君)


 以上で,尾崎東記代議員の質疑を終わります。次に,46番,宮内博議員から通告がされております。したがって,許可いたします。


○46番(宮内 博君)


 私は,一般会計補正予算(第7号)の関係と,平成21年度の一般会計の当初予算の関係でお尋ねをしておきたいと思います。一つに,これは地方自治法第210条の総計予算主義の立場からお尋ねをするものでございますけれども,今回,7号補正によりまして9億5,665万円の地方交付税が補正をされているわけです。総額135億5,665万円ということでなるわけですけれども,補正予算としては最後の予算となろうかと思うわけですが,前年度は16億円余りを計上していなかったという問題がありましたので,この関係から,2008年度の交付税額のすべてをここで計上しているということなのかどうなのかということを一つ目には確認をしておきたいと思います。それから,次に,総額9億7,729万円に上る給付金の問題についてでありますけれども,報道では,明日にも衆議院の再議決で成立をする可能性があるやに聞いているわけですけれども,実際まだ国会では成立をしておりません。それで,流動的な部分があるわけですが,この給付金そのものは国会で成立がされなければ当然配布できないということになるわけですけれども,事務費につきましては第6号の補正予算で説明がされたんですけれども,給付金そのものについては,どのような段階まで財政的な保障がなされるということで説明がなされているのか,ご説明をいただきたいと思います。次に,議案第34号の平成21年度の一般会計予算についてでありますが,これも7号補正のところでも申し上げましたけれども,地方交付税の130億円の歳入が見込み計上されているわけです。2008年度の対比で5億5,665万円の減額という形になるわけですけれども,2009年度の見込み額のどれほどをこれは計上しているのかということでお尋ねをしておきたいと思います。二つ目には,固定資産税の関係についてでございますけれども,今回,平成21年度の予算では70億4,700万円が計上されているわけですけれども,前年度から比較をいたしますと,5,800万円減額として計上をされております。固定資産税の減額というのは珍しいわけですけれど,それがどういう理由によるものなのかというのが1点です。二つ目には,相関関係がある都市計画税についてでございますが,平成21年度6億4,300万円が計上されているんですが,固定資産税は減額でありますけれども,都市計画税は300万円の増額になっているということであります。この説明をお願いをしたいと思います。それから,航空機燃料譲与税の関係でお尋ねをしたいと思いますけれど,平成20年度の予算1億8,000万円でありますが,これが21年度は1億600万円ということで,57.5%にとどまっております。その理由について明確にしていただければと思います。次に,歳出の関係ですけれども,隼人駅の土地区画整理事業,全体計画を見直しまして,約13.1haで実施をすると,そのために2,779万円を計上しているわけでありますけれども,公共性の高い駅周辺の整備であるわけですが,減歩率をどのように算定をなさっているのか,その辺の説明をいただきたいと思います。


○総務部長(今村恭一君)


 議案第27号,平成20年度霧島市一般会計補正予算(第7号)についての地方交付税につきましてお答えします。今回の地方交付税の補正額9億5,665万円は,変更決定後の平成20年度分の普通交付税の額127億5,665万円と,既に予算に計上済みしている118億円との差額を計上しているものであります。したがいまして,普通交付税につきましては,変更決定後の全額を今回予算計上したものであります。なお,特別交付税につきましては,3月分の交付額が未確定のため補正計上しておりません。議案第34号,平成21年度霧島市一般会計予算についての地方交付税についてお答えします。国の平成21年度予算編成の地方交付税につきましては,既定の加算とは別枠で1兆円の増額がなされております。1兆円の別枠を除いた平成21年度地方交付税額は14兆8,202億円になり,対前年度予算と比較すると,5,859億円,約3.8%の減額になります。本市の平成21年度一般会計予算における地方交付税の見込みにつきましては,総務省等から示された資料に基づき推計し,普通交付税122億,特別交付税8億円,合わせて130億円を計上しております。平成21年度普通交付税当初予算額の見込みにつきましては,平成20年度の変更決定後の普通交付税額127億5,665万円と比較し,5億5,665万円,4.36%の減の122億円といたしたところであります。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 議案第27号,平成20年度霧島市一般会計補正予算(第7号)についての定額給付金についてお答えいたします。定額給付金の支給時期につきましては,20年度内の支給は大変厳しいと考えておりますが,できるだけ早く支給ができるよう事務を進めてまいります。財政的保障につきましては,今回の定額給付金事業は全額国の補助で行われるものであります。現在国会で審議中の関連法案が不成立になったといたしましても,事務費につきましては,1月28日に施行されました定額給付金給付事務費補助金交付要綱に基づき,国から全額補助されることになります。


○税務対策総括監(末野賢了君)


 議案第34号,平成21年度霧島市一般会計の歳入の都市計画税についてお答えいたします。ご質問の,固定資産税の減額に対し都市計画税が増加した理由でありますが,土地にかかる都市計画税につきましては,課税区域内での宅地への地目変更が多くなされたことと,負担水準が法に規定する限度の率に達していないため,課税標準額が上昇したことでその分税額が大きくなり,一方,平成19年度に市街地を中心に評価額の時点修正をしているため,今回の評価替えによる下落率は低くなり,税額の減少幅は小さいものとなりました。その結果,都市計画税が増額となったものでございます。また,土地にかかる固定資産税につきましては,負担調整等による税額の上昇よりも,評価替えによる税額の減少が大きかったため減額となっております。なお,家屋につきましては,都市計画税,固定資産税ともに減額となっております。次に,航空機燃料譲与税についてお答えいたします。議員の言われるとおり,2006年度決算に対し,57.5%の計上としております。その理由についてお答えをいたします。航空機燃料譲与税の推移を見ると,18年度を100とした場合,19年度が75.9%,20年度決算見込みでは62.1%になります。この結果をもとに,21年度の見込みを18年度の57.5%に当たる1億600万円としたところでございます。航空機燃料譲与税が大きく減少したのが19年度であります。19年度は県も同様に減少いたしております。航空機燃料譲与税は,航空機燃料税の収入額の13分の2に相当する額の5分の1が県に,残りの5分の4が市町村に譲与されます。昨年,この減少した状況において,空港所在都市数か所に聞き取りを行ったところ,ほかの都市についてはばらつきがあるようです。また,県を通して国へ確認をしたところ,国からは,騒音を受ける世帯数のとらえ方等により減少したとのことでありました。このようなことから,20年度につきましても,既に本市に納付済みの額から予測し,今回の補正予算で減額補正をいたしておるところでございます。また,21年度につきましては,この2か年の実績と20年度の見込み額をもとに計上をいたしておりますが,今後,燃料税の納付状況によっては変動があると考えているとこでございます。


○建設部長(篠原明博君)


 議案第34号,平成21年度霧島市一般会計予算についての歳出の1点目にお答えいたします。隼人駅東地区土地区画整理事業につきましては,平成18年3月に施工区域を23.1haとした都市計画決定がなされておりますが,本年度その整備手法の見直しを検討したところでございます。その結果,まず,南側の地区の約13.1haを第1地区として整備を進めることとし,昨年12月に延べ6回の地権者説明会を開催したところであります。今後は,この地区の事業計画を決定して整備を進めてまいりたいと考えております。事業計画を決定するに当たり,減歩率につきましては,分割して整備することで,2地区の土地所有者の方々の負担に大きな差が生じないように配慮した設計に心がけたいと考えております。現在,具体的な土地区画整理事業の設計の作業途中であり,詳細な数字は申し上げられませんが,地区の諸条件等を勘案いたしますと,平均減歩率はおおよそ25%から26%程度になるものと考えておりますので,当初説明いたしておりました約27.72%よりは低くなるものではないかと考えております。


○46番(宮内 博君)


 それぞれ回答いただいたんですけれども,改めて再度お伺いをしときます。7号補正の関係ですが,地方交付税,これまでのような扱いではなくて,全額計上をするという方針を確立をしたということで確認をしてよろしいですか。特交については未確認だということですけれども,そのことについて再度お聞きをしておきます。それから,平成21年度の関係でございますけれども,国の予算案を見てみますと,地方交付税そのものは全体で6.4%増えるということで予定を組んでいるわけですけれども,それとの相関関係を再度ご説明をいただけないでしょうか。また,留保財源をどの程度予想しているのかということについてもご説明をいただければと思います。航空機燃料譲与税の関係ですけれど,騒音を受ける世帯の減少によって少なくなったという説明を受けてるということですが,これは新たにコンターの見直しがなされたということなんでしょうか。であれば,もう少し説明をください。あと,駅東の区画整理の関係ですが,25%から26%ということになりますと,従来とほとんど変わらないと思いますけれども,駅周辺の公共性の高いところの配慮というのはなされるのか,再度お聞きします。


○財政課長(塩川 剛君)


 まず,1点目の平成20年度の一般会計補正予算(第7号)の地方交付税についてですけれども,今回は交付税の決定額127億5,665万円全額計上いたしております。今後につきましては,歳出に見合った歳入を計上するということでございます。今回たまたま全額計上いたしましたが,それぞれの年度によって変動はあろうと思いますけれども,決定額につきましては,極力計上していきたいと考えているところでございます。それから,平成21年度の普通交付税の算定についてでございます。留保財源をということでございましたけれども,まず,先ほど部長のほうでも説明ございましたけれども,平成21年度国の地方交付税が15兆8,202億円で,うち1兆円は別枠というようなことで,通常額で考えました場合,国のほうが3.8%の減ということになります。本市の平成20年度の決定額が127億5,000万円でございますので,この率,マイナス3.8%でございます。96.2%になりますが,これを掛けますと122億6,500万円ということになります。したがいまして,端数切り捨てまして,普通交付税を122億と計上したところであります。また,国の1兆円の特別枠の関係でございますけれども,この中には,地域雇用創出推進費の創出といたしまして5,000億円,それから地方財政計画の歳入歳出の見直しを通じた地方財源の充実ということで5,000億円計上されております。この地方財政計画の歳入歳出の見直しを通じた地方財源の充実ということでの5,000億円につきましては,平成20年度までに不交付団体であった団体が交付団体になるというようなことが大いに想定されます。そのようなことから,この分につきましては,実質的な増額にはならないのではないかと考えているところでございまして,この5,000億円分については計上いたしておりません。また,地域雇用創出推進費の5,000億円に相当する分につきましては,現在,総務省から各自治体に試算額が通知されておりまして,本市では約4億円程度になるのではないかと考えているところでございます。この地域雇用創出推進費分として交付されます交付税につきましては,平成21年度の交付税の算定の際に最新の数値により算定するということになっております関係上,総務省からも,算定時にはその時点の最新の数値を用いるため,数値等は変動するものであるといったようなこと,また,この4億円につきましては,基金に積立てて活用することが望ましいというような説明を総務省はいたしておりますけれども,具体的なまだ通知がなく,不確定な状況となっております。したがいまして,この地域雇用創出費の4億円分につきましては,現在,歳入歳出とも当初予算に計上していない状況でございまして,普通交付税の算定の段階で確定した時点で積立てるなり,もしくは直接雇用の創出のための歳出に充てるなり,そのあたりの方針を決定した上で予算に計上することと考えているところでございます。そのようなことから,現在122億円普通交付税を見込んでおりますけれども,現段階でいっぱいいっぱい,目いっぱい見たところでの普通交付税ということでございます。


○税務課長(中村 功君)


 航空機燃料譲与税の回答の中の,騒音を受ける世帯数のとらえ方等による減少と申し上げましたが,昨年,県を通して国に確認をしましたところ,この辺も含めて確認をしたんですが,回答が得られませんでした。現在分かっておりません。それで,通常の国,県に報告する資料におきましては,霧島市ではその区域内に42世帯が増加しているという報告はしておりますが,結果として譲与税額は減っているという結果であります。


○建設部長(篠原明博君)


 事業区域の平均減歩率についてお答えいたします。事業計画案を作成する段階で平均減歩率は明確となるわけでございますが,今回の隼人駅東地区の区画整理事業におきましては,交通拠点でございますJR駅など,都市計画道路であります幹線道路を接続する場合,両施設の利用機能を高めるために,都市施設としての駅前広場を設けるわけです。この場合,駅前広場は道路の一部として交通広場に位置づけられております。駅前広場は,土地区画整理事業施工区域の住民の利便性に供するもののほか,利便性はその区域内のみならず,広く駅利用者の利便性にも寄与するものと考えられます。よって,今回,駅前広場という特殊な公共施設を含む土地区画整理事業において,その土地面積相当分を市が負担しようとするものであり,それによって当初の減歩率から減歩緩和につなげたいと考えております。


○46番(宮内 博君)


 予算の計上のあり方についての関係で地方交付税のことを申し上げておりますけれども,平成19年度の決算を踏まえて,16億円余り計上していなかったと,地方交付税を,このことを申し上げているわけですけれども,先ほど課長からの答弁では,歳出に見合った予算を極力計上していきたいと回答なさってるんですけれども,私は申し上げているのは,地方自治法の210条の中ではっきり書かれているんです。すべての歳入歳出の予算を計上するという形で,そこをしっかり堅持して,予算を編成をするという方針を確立したのかということを聞いているわけです。そういう意味でこの問題を提起しているわけですから,再度お聞きしておきます。


○財政課長(塩川 剛君)


 今回,普通交付税を全額計上いたしましたのは,これまで平成19年度決算審査等を受ける中でご指摘がありましたことなどを踏まえて,全額計上したものでございます。総計予算主義につきましては,歳入と歳出の混同をしてはならないといったようなこと等が本来の意味かと私ども考えております。そのようなことから,当然,歳出に見合った財源としての歳入を予算計上すべきでございまして,歳出の一般財源で不足する分がありますと,当然,普通交付税なり繰越金等で一般財源を充当していくということになりますけれども,今後もそういったような総計予算主義,結局,歳入と歳出を混同してはならないといったようなこと等の本来の意味等を踏まえまして,予算を計上していきたいと考えているところでございます。


○議長(西村新一郎君)


 以上で,宮内博議員の質疑を終わります。次に,39番,前川原正人議員より通告がされております。発言を許可いたします。


○39番(前川原正人君)


 私は,議案第34号,平成21年度霧島市一般会計予算の中の事項別明細書の220ページにございますが,(仮称)霧島中央公園基本設計委託予算ということで予算計上されております。その中で,この計画の全体像をどのようにお考えなのか。そして,総事業費をどの程度見込んでいらっしゃるのか。今後,市の財政負担はどのようになっていくのか。また,補助事業の活用も考えていらっしゃるのか,これが第1点です。二つ目には,春山緑地公園の公園整備事業の全体計画,総事業費をどのようにお考えなのか,お示しいただければと思います。


○建設部長(篠原明博君)


 議案第34号,平成21年度霧島市一般会計予算についての1点目にお答えをいたします。(仮称)霧島中央公園の基本構想においては,県立農業大学校跡地27haを主体として,隣接する牧場跡地を含めた約40haの土地について,上位計画や霧島市の自然や景観,周辺施設との連携を考慮し,自然環境の保全やスポーツ,芸術・文化の振興,観光業の振興などを目的とした総合公園としての利用を目的として,全体的な検討を行っております。また,総事業費については,現時点では算定されておりませんが,昨年のプロポーザルで提案された同様の計画案をもとに類推いたしますと,約20億円から30億円ほどになるものではないかと考えております。事業実施の期間や財源などの具体的な計画につきましては,整備内容や概算事業費の算定結果をもとに行政評価を行い,県や国と協議を行いながら今後策定していくことになりますが,当然ながら補助事業の導入を前提とした事業計画になるものと考えております。


○農林水産部長(萬?茂樹君)


 質疑のありました,2点目の春山緑地公園整備事業の全体計画,総事業費についてお答えいたします。春山緑地公園整備は,野球,ソフトボールなどの野外球技をメインとした多目的グラウンドとして,約4haの整備を計画しているところでございます。グラウンドには,少年野球であればコートが4面,一般野球であればコートが2面,また,クレーコートではありますが,サッカーコート2面が設置ができます。現在,実施設計書を作成中でありますが,総事業費としましては,排水施設を含む敷地整備,グラウンドのクレー舗装,野球場としての運動施設,管理棟などの管理施設などの整備に現段階で約4億9,000万円を見込んでいるところでございます。


○39番(前川原正人君)


 それぞれ答弁いただきました。まだ現在のところ,期間,時期というのは全く分かっていないということでおっしゃいましたけれども,私たち,一部の議員,もしくは一部の方々にはその資料をしっかり配付をされているんですね。ですから,例えばまだ鳥瞰図はできてないとは思いますが,今の現段階での市が,行政側が考えていらっしゃるこれまでの経過報告というのはあってもよろしいかと思うんですが,その辺の対応方についてはいかがですか。それと,もう1点は春山緑地公園のことについては,大体4億9,000万円程度ということで,これは07年,今から2年前の農林水産部長の答弁の中で,これは委員会審査の中でお聞きをした部分なんですが,大体2億3,000万から3億円程度の整備費用がかかるだろうと,その時点では。ところが,これを見てみますと,大体約2億円ほど増額ということになっているんですが,そうなった主な理由,その時点での,当然,時期だったり,やり方だったり,さまざまな要因があると思うんですが,その辺についてはいかがなもんでしょうか。


○建設部長(篠原明博君)


 霧島中央公園の件についてお答えいたします。先ほどもお話をいたしましたように,27haを主体として,今いろいろな基本構想というものを市の中でやっております。それを計画いたしますに当たりましては,前回の議会でもいろいろご答弁申し上げましたように,地域の方々の意見を十分聞くということで,その関係者の方々の意見交換会をいたしております。また,市民の幅広い意見を聞くというようなことで,今現在,3月,今日までですか,2月2日から3月3日までパブリックコメントをいたしておりまして,その中で市民の声を十分聞いていきたいと思っております。その基本構想を策定し,また確実なものにするために,いろんな方々のご意見を十分聞き,また市民の意見を反映した形で基本構想をつくり,それを踏まえた形で基本計画というものを今後実施いたしていきます。基本計画を作成するに当たりましては,当然,事業費に伴います経済効果あるいは行政評価というものを実際していかないといけないということで,そういうものを踏まえた形で,(仮称)霧島中央公園の基本計画に持っていきたいというふうに考えております。現在の経緯につきましては,いろんな形でそういうものを意見聴取している段階であり,それらを踏まえた形で,今後,基本計画及び来年度に向けて基本設計に移っていきたいということで今考えているところです。


○農林水産部長(萬?茂樹君)


 2年ほど前の答弁の中で,大体2億3,000万から3億程度かかっていたものが,今回4億9,000万という形で増えた理由ということでございますけれども,当初は多目的なグラウンド整備ということで考えておったわけですけれども,今回,野球,ソフトボール,そういった施設に特化した形で整備を進めるということで今,実施計画を作成しているわけでございまして,そうしますと,野球場としての運動施設とか,あるいは管理棟としての管理施設,こういったものが増えてまいりましたので,その分が増えてきたということでございます。


○39番(前川原正人君)


 確認をしておきたいと思うんですが,先ほど1問目の(仮称)霧島中央公園の件についてですけれども,確かにまだ進行形,まだまだ詰めていかなければならないというのは,確かにそれはもうよく理解ができるわけですが,要は,どういう工程で,どのような方向性を見出してというのが議会には明らかにされてないわけですね。あるのは,この一次実施計画書の中で,新規事業として事業費の金額が1,400万円,あと事業内容が調査ということで,21年,22年ということで,27haをエリアをということで,この程度しか記載はされてないわけです。ですから,今分かっている段階での議会への説明というのがあってしかるべきではないですかということをお聞きしてるんです。


○建設部長(篠原明博君)


 現在行っている状況について若干申し上げます。基本構想案というものを市内部でつくり,その基本構想案を市民及び地域の関係の方々にお流しし,それに基づく案を策定をいたしております。その中身につきましてでございますが,あの地域は27haの農業跡地だけの議論では到底その方向性は見出せないということでございますので,その周囲を含めまして約40haのいろんな施設の事情を確認しながら,それを有効に活用できる方法は何かというものを視点に置いて今考えているところでございます。今ホームページでもお示しいたしておりますけれども,そのゾーニングについて,一つ,市民や観光客の交流の場としての出会いのレクリエーションゾーン,二つ目が,スポーツを主体としたスポーツ交流ゾーン,三つ目が,自然や芸術・文化に触れ合い親しむ触れ合いゾーン,4番目が,花や樹木を主とした癒しの空間,花と緑に親しむゾーン,5番目が,自然に親しむ体験や学習のできる体験学習ゾーンということで,40haをおおむねこの5つにゾーニングをいたしまして,そのゾーニングに基づき,今後公園として進めるべき方向性をある程度確認し,それに地域の皆様の声あるいは市民の声を踏まえて,実際の行政評価も行いながら,今後どういった形で公園としての整備を進めるかというのを現在検討中でございます。今後それらを踏まえて,全体的なこの公園の霧島市の中での位置付けをある程度明確にした形で,公園整備におけますいろんな事業等を模索しながら,一番いい補助事業等を導入して,一番いい形での事業を持っていきたいと,そう考えているとこでございます。


○議長(西村新一郎君)


 以上で,前川原正人議員の質疑を終わります。以上で,通告による質疑を終わります。ほかに質疑ありませんか。


[「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。以上で,日程第1,議案第1号より日程第43,議案第44号までの質疑のすべてを終結します。これより議案処理に入ります。お諮りします。日程第1,議案第1号,霧島市出頭人及び参加人に対する実費弁償に関する条例の一部改正についてより,日程第11,議案第25号,鹿児島県市町村総合事務組合の財産処分についてまで,以上11件については,会議規則第38条第3項の規定により,委員会付託を省略し審議したいと思いますが,これにご異議ありませんか。


[「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。





  △ 日程第1 議案第1号 霧島市出頭人及び参加人に対する実費弁償に関する条例の一部改正について





○議長(西村新一郎君)


 それでは,議案第1号,霧島市出頭人及び参加人に対する実費弁償に関する条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


[「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第1号について,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


[「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第1号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第2 議案第4号 霧島市奨学資金条例の一部改正について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第4号,霧島市奨学資金条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


[「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第4号について,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


[「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第4号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第3 議案第6号 霧島市介護保険条例の一部改正について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第6号,霧島市介護保険条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


[「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第6号について,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


[「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第6号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第4 議案第7号 霧島市認可地縁団体印鑑の登録及び証明に関する条例の一部改正について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第7号,霧島市認可地縁団体印鑑の登録及び証明に関する条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


[「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第7号について,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


[「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第7号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第5 議案第10号 霧島市国民健康保険税の特別減免に関する条例の一部改正について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第10号,霧島市国民健康保険税の特別減免に関する条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


[「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第10号について,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


[「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第10号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第6 議案第11号 霧島市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第11号,霧島市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


[「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第11号について,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


[「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第11号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第7 議案第12号 霧島市後期高齢者医療に関する条例の一部改正について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第12号,霧島市後期高齢者医療に関する条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


[「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第12号について,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


[「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第12号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第8 議案第16号 霧島市横川福祉公園の設置及び管理に関する条例の廃止について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第16号,霧島市横川福祉公園の設置及び管理に関する条例の廃止について討論に入ります。討論はありませんか。


[「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第16号について,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


[「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第16号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第9 議案第23号 伊佐北姶良環境管理組合規約の変更について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第23号,伊佐北姶良環境管理組合規約の変更について討論に入ります。討論はありませんか。


[「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第23号について,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


[「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第23号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第10 議案第24号 鹿児島県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び鹿児島県市町村総合事務組合規約の変更について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第24号,鹿児島県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び鹿児島県市町村総合事務組合規約の変更について討論に入ります。討論はありませんか。


[「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第24号について,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


[「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第24号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第11 議案第25号 鹿児島県市町村総合事務組合の財産処分について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第25号,鹿児島県市町村総合事務組合の財産処分について討論に入ります。討論はありませんか。


[「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第25号について,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


[「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第25号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第12 議案第2号 霧島市手数料条例の一部改正についてより


    日程第47 陳情第3号 陳情書(川内原発3号機増設に関わる環境影響評価の県民合意を図るとともに増設反対を求める意見書の採択について)まで





○議長(西村新一郎君)


 続いて,委員会付託であります。日程第12,議案第2号,霧島市手数料条例の一部改正についてより,日程第47,陳情第3号,陳情書(川内原発3号機増設に関わる環境影響評価の県民合意を図るとともに増設反対を求める意見書の採択について)まで,以上36件については,お手元に配付しております付託表のとおり所管の常任委員会に付託しますので,お目通し願います。お諮りします。付託表に誤りがあったときは議長において処理することにご異議ありませんか。


[「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。





  △ 日程第48 議案第45号 霧島市ひとり親家庭医療費助成に関する条例及び霧島市国民健康保険条例の一部改正について及び


    日程第49 議案第46号 霧島市立学校の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の一部改正について一括上程





○議長(西村新一郎君)


 次に,追加議案が提出されております。日程第48,議案第45号,霧島市ひとり親家庭医療費助成に関する条例及び霧島市国民健康保険条例の一部改正について及び日程第49,議案第46号,霧島市立学校の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の一部改正についてを議題とします。提案者の説明を求めます。


○市長(前田終止君)


 本日,追加提案いたしました議案2件につきまして,その概要をご説明いたします。まず,議案第45号,霧島市ひとり親家庭医療費助成に関する条例及び霧島市国民健康保険条例の一部改正についてであります。本案は,児童福祉法等の一部を改正する法律により,小規模住宅型児童養育事業が創設されることに伴い,両条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第46号,霧島市立学校の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の一部改正についてであります。本案は,(仮称)霧島市立第二国分西小学校の正式名称を公募により,霧島市立天降川小学校と選考をさせていただき,また,所在地を改めるため,霧島市立学校の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の未施行部分の所要の改正をしようとするものであります。以上,追加提案いたしました議案2件につきましてご説明申し上げましたけれども,よろしくご審議いただきご協賛賜りますようお願いいたしまして,提案理由の説明といたします。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま提案者の説明が終わりました。ここでお諮りいたします。日程第48,議案第45号,霧島市ひとり親家庭医療費助成に関する条例及び霧島市国民健康保険条例の一部改正について及び日程第49,議案第46号,霧島市立学校の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の一部改正については,会議規則第38条第3項の規定により,委員会付託を省略し審議したいと思いますが,これにご異議ございませんか。


[「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。これより議案第45号及び議案第46号について一括し質疑に入ります。質疑はありませんか。


[「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。以上で,議案第45号及び議案第46号の質疑を終結します。これより議案処理に入ります。





  △ 日程第48 議案第45号 霧島市ひとり親家庭医療費助成に関する条例及び霧島市国民健康保険条例の一部改正について





○議長(西村新一郎君)


 議案第45号について討論に入ります。討論はありませんか。


[「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第45号について,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


[「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第45号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第49 議案第46号 霧島市立学校の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の一部改正について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第46号について討論に入ります。討論はありませんか。


[「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第46号について,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


[「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第46号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第50 一般質問





○議長(西村新一郎君)


 それでは,日程第50,一般質問を行います。一般質問は27名の議員から通告されております。順次発言を許可します。まず,26番,山神生人議員より4件通告がされております。したがって,山神議員の発言を許可します。


○26番(山神生人君)


 おはようございます。トップバッターですので元気よくまいりたいと思います。ただいま議長の許可をいただきましたので,先に通告いたしました3件につき質問をいたします。米国での金融破綻による経済危機により,100年に1度と言われる世界経済不況で,あらゆる分野においてその影響を受けて最悪な経済状況となっております。毎日の新聞を見れば,リストラや企業の経営悪化で赤字がどこまで増えるのか,先行き不透明な不安材料ばかりでございます。たまには明るいニュースはないものかと思いつつ毎日新聞を見ている昨今でございます。そのような中,先の霧島市の前田市長が会長を務める,5市2町で構成する環霧島会議でジオパーク構想が発信されたことは唯一明るいニュースではなかったでしょうか。ぜひ成功するように願うものでございます。市民の方々の盛り上がりを期待したいものでございます。さて,未曽有の危機的経済の中で当市霧島市においては,厳しい状況を素早く判断し,昨年の12月に緊急経済対策本部を設置,対応されたことは評価するところであります。しかし,先が見えないこの厳しい経済下では,企業の経営悪化による税収減,失業率のアップ,ひいては税の未納に拍車がかかり,行政としても大変なリスクを伴う状況になる要素を含んでいると危惧しております。今こそ行政手腕を問われるときと思います。市長,トップとして,めりはりのきいた,きめ細かい,かゆいところに手の届く施策の推進をお願いしたいものでございます。以上のようなことを踏まえて,次の3件につき質問をいたします。一つには,平成21年度の当初予算について3点質問いたします。1点目には,合併後4年目となりますが,霧島市の基本的な予算の枠はどのように考えていますか。合併後の平成18年度に,厳しい財政立て直しを目的に経営健全化計画を立てて一丸となって取組んでいくとのことでありましたが,現状では当初の数値と余りにも差異が生じているのはなぜでしょう。経営健全化計画の数値の重みをどのようにとらえているのか疑問に思うものでございます。2点目には,米国の金融危機に端を発した100年に1度と言われる世界経済不況による当市の実態と本年度,来年度の歳入はどのようにとらえていらっしゃいますか,お伺いいたします。世界経済不況のあおりを受けて当市の歳入も大きくダウンすると思いますが,大方の見通しをお伺いいたします。3点目には,未曽有の経済不況に対して,市独自の対策と予算編成した主たる施策と金額をお教えください。通常予算とは別に,具体的に数値と内容をお示しいただきたい。次に,環霧島会議についての1点目には,5市2町で構成されている環霧島会議の会長である前田市長の役割と課題は何かを具体的にお示し願いたい。2点目には,会議の目的の中にジオパークの認定を目指しているとありますが,その具体的な目的と当市に対してのメリットをどのように考え,将来像を描いているのか,お伺いいたします。さらに,ジオパーク認定を受けるには事前の整備事業や予算等は発生しないのか,お伺いいたします。この件に関しましては,前田市長の最も得意とする懸案ですが,余り長くならない答弁でよろしくお願いいたします。次に,住宅用太陽光発電の導入支援事業についての1点目には,住宅用太陽光発電を含む新エネルギーに関する行政の取組みについての見解を問うものであります。具体的にお示しください。2点目には,国は補助金を設けて住宅用太陽光発電の普及に取組んでいますが,霧島市独自の具体的支援策は考えていないか,お伺いいたします。国は住宅用の太陽光発電システムや燃料電池の普及に対して,導入補助金を用意して大々的に推進を図ろうとしております。特に太陽光発電に関しては,2020年度までに現在の10倍,30年には同40倍に引き上げようとしています。我が霧島市も国の補助を後押しに独自の導入補助を設けて,景気浮揚の一因とすべきと思いますが,いかがでしょうか。最後に,限界集落についてお伺いいたします。本市の現状と今後の見通しはどのようにとらえていますか。昨年の6月19日南日本新聞報道の中に,鹿児島県内で10年以内に消滅する可能性がある集落,50集落,いずれ消滅する集落,156集落,計206集落とショッキングな記事がありました。当市の実態はどうですか,また,このようなことを踏まえ,霧島市は今後の対策についてどのような政策を考えていらっしゃいますか,お伺いいたします。以上で檀上からの質問となりますが,答弁次第では自席からの再質問をお願いして終わります。


○市長(前田終止君)


 山神議員から4点につきまして質問がございました。2点目につきましては,私から答弁をさせていただきます。そのほかにつきましては,関係部長がそれぞれご答弁させていただきます。2点目の環霧島会議についてのご質問のうち,まず,環霧島会議の会長としての私の役割,課題についてお答えいたします。環霧島会議は,日本最初の国立公園である霧島屋久国立公園の霧島山をふるさとの山と見据え,鹿児島,宮崎,両県の5市2町がそれぞれの行政区域を越えて連携をいたし,そしてまた環境,あるいはまた観光及び防災などなどにかかわるさまざまな施策,事業について,お互いに知恵を出し合い,協働することによって地域の活性化を図ることを目的といたしておりまして,平成19年11月9日に設置をされまして,規約に基づき,委員である各市町の首長及び議会議長の皆様の互選により,同会議の提唱者であります私を会長に選出していただき,会長といたしましてその責任の重さを感じながら,これまで3回の会議を各地域順次に持ち回りで開催をさせていただきました。また,この間,担当課長で構成をする,環境,観光,防災,スポーツ及び広報の各専門部会を継続的に開催し,各種検討を進めておりまして,霧島山系の自然環境再生事業に関する国への要望活動案の取りまとめや,防災相互応援協定の締結に向けた協定書案の作成など,環霧島会議としての具体的な成果も実現しつつあります。なお,次の第4回環霧島会議は,宮崎県は高原町で開催を予定をいたしておりまして,鹿児島,宮崎,両県知事を招き,そしてまた総務省の幹部の方々からも講演を依頼しているところでございます。皆さん方のぜひ参加をお願い申し上げたいと存じております。これは5月19日です。会長として会議を運営していく上での課題は,財政状況が厳しい中での予算の確保や問題意識の共有化,マンパワーの集結,地域の一体感の醸成等が考えられますが,今後も構成市町間の連携を密にし,相互理解を深めながら各種調整等を行い,環霧島地域が広域的な取組みを行うことによって効果が上がるような施策を着実に推進できるよう,円滑な会議運営を図ってまいることが会長としての役割であると考えているところでございます。次に,ジオパーク認定を目指す具体的な目的と当市に対してのメリットについてお答えいたします。ジオパークとは,科学的に見て特別に重要である貴重な,あるいは美しい地質遺産を複数含む,一種の自然公園のことでございまして,火山や活断層でできた特色ある地形などを地質遺産として保護し,地学教育や観光に,地域活性化に生かす仕組みが整った地域を目指します。このようなことから,環霧島地域の美しい地質遺産を地域住民,行政等が連携をして保護,研究をし,教育的活用やジオツーリズムの場として利用できる環境整備を行うことにより,地域社会の活性化に寄与していくことがジオパークを目指す目的,理由でございます。なお,ジオパークに認定されますと,環霧島地域の魅力が広く世界に発信されることになり,国内はもとより,海外からの観光客の増加も期待されるといった直接的な効果,メリットもあるのではないかと考えているところでございます。最後に,ジオパークの認定を受けるに当たっての整備事項や予算等についてお答えいたします。ジオパークの認定を受ける際,最も重要なことは地域の盛り上がりであると考えております。このようなことから,ジオパークとは何か,どういうものかといったことや霧島のすばらしさを多くの地域住民の皆様に知っていただくために,講演会などを開催するとともに,昨年10月に自治体のみで設立されました霧島ジオパーク推進連絡協議会に環霧島地域の観光協会,商工関係団体及びNPO法人等の民間の方々にも加わっていただき,官民一体となってジオパークの基準を満たすために地域全体で取組んでいく必要がございます。ジオパークの関連予算といたしましては,同協議会への負担金などを含む501万3,000円を計上し,ジオパーク認定に向けた申請書の作成を初め,フォーラム開催やチラシ,パンフレットの作成等がなされることになっております。なお,ジオツーリズム等を実施していく上で必要となってくる環境整備などに関する予算につきましては,適時対応してまいりたいと存じます。


○総務部長(今村恭一君)


 平成21年度当初予算についての1点目につきましてお答えします。本市の財政運営につきましては,平成18年8月に策定しました霧島市経営健全化計画に基づき,これまで財政健全化に取組んでまいりました。健全化計画の中では平成23年度を目標年度とし,収支の均衡を図りながら市債残高の縮減を図り,基金残高を確保していくことを基本としております。そのため,歳出削減の取組みとして,人件費の縮減,市単独補助金の見直し,物件費の見直しなど経常経費の削減に努めているところでございます。一方,自主財源の安定的確保のために,歳入確保対策本部を中心に,市税,住宅使用料及び保育料の収納対策や使用料の見直しなどにも取組んでいるところでございます。また,市債発行額につきましても,経営健全化計画の計画額以内で抑制してきているところであります。そのような中,21年度の予算編成におきましては,健全化計画で示しております予算総額を念頭に進めてまいりましたが,予算総額が健全化計画で示しておりました470億円を約24億円超過いたしました。これは後期高齢者医療制度に伴う経費,退職手当負担金及びコミュニティバスの経費など,健全化計画策定時に想定していなかった経費によるものと考えております。また,本市の財政状況は類似団体と比較しましても,人件費,扶助費及び公債費の義務的経費や普通建設事業など投資的経費の占める割合が高いことから,今後も徹底した行財政改革を進め,歳入に見合った予算編成に努めていきたいと考えております。次に,2点目にお答えします。昨年の9月半ばのアメリカ証券会社の破綻をきっかけに深刻化した金融危機に端を発した100年に1度と言われている世界経済不況により,日本でも昨年10月ごろから本格的にその影響を受け始めているようであります。このようなことから,平成21年度当初予算の税収につきましては,不況の影響は大きいものと判断し予算計上しております。まず,市税のうち,経済不況に大きく影響を受ける法人市民税について申し上げますと,企業の業績悪化傾向に伴い,平成20年度の11月末までに申告された税額は対前年比9.5%減であり,特に8月から11月までの4か月間では20%減となっております。法人市民税の法人税割は法人税額が課税標準でありますから,具体的には各法人の法人税の確定を待たないと税収見込みは立てられないところでありますが,この景気悪化状況が本年も引き続く場合,本市には3月を事業年度の終結時としている企業が多いことから,平成21年度の法人市民税は大きく落ち込むことは避けられない状況であり,対前年度比50.2%減としたところであります。また,個人市民税につきましても,企業業績の悪化,雇用の悪化等から,所得の減少による個人市民税も減額するものと判断しておりますが,平成21年度予算につきましては,平成20年度中の所得状況が不透明な部分もありますが,0.1%減としているところであります。次に,平成22年度の市民税について,現時点で予測されることを申し上げます。本市の市民税について予測するに当たり,日本の経済動向について参考にしたものを申し上げます。新聞報道されていることでありますが,日本銀行が2009年鹿児島県金融経済の展望として,2009年の鹿児島県の景気は総じて景気後退が続くと公表しております。また,九州財務局は,20年度通期見通しで27%の減益となると公表しております。政府は景気の基調判断を5か月連続で下方修正し,急速な悪化が続いており,厳しい状況にあるとしております。複数の経済専門家の見方ではありますが,21年3月期の大幅減益は避けられないことであること,また,平成22年3月期についても,国内の景気が回復しない可能性が強いこと,企業が投資や雇用に対して慎重な姿勢であること,アメリカの景気も後退が長期化するおそれが強まっていることなどから,日本国内の景気低迷も当分続く公算が大きく,景気の回復は平成23年にずれ込む可能性が高いと見ております。このようなことから,仮に来年まで景気後退が続いた場合,本市の平成22年度法人市民税は21年度と同程度の約10億円と予測しております。また,平成22年度個人市民税につきましては,平成21年度中において企業業績の悪化,雇用の悪化等が引き続いた場合,個人所得の減少に伴い,個人市民税は前年の所得により課税されるものでありますので,平成21年度予算よりもさらに減少することが予測されます。次に,3点目についてお答えします。平成21年度の当初予算におきましては,生活対策や生活防衛のための緊急対策を盛り込んだ国の第2次補正予算に伴い編成した平成20年度3月補正と連携して,一体的な予算として,雇用,経済対策について積極的に取組むこととしております。まず,補正予算におきましては,総額約6億4,500万円の地域活性化・生活対策臨時交付金による地域活性化等に係るインフラ整備として,平成21年度以降に実施予定していた事業を一部前倒しして実施することとし,小中学校の耐震補強を初めとする安心・安全な学校づくりのための施設整備事業,市道・農道等の維持補修事業,塩浸温泉福祉の里の廃止に伴う跡地整備事業及び陵南児童クラブの整備など18の事業に要する経費11億2,583万円を計上したほか,本市独自の地域経済活性化対策として,霧島商工会議所及び霧島市商工会が実施する,総額3億3,000万円のプレミアム付き商品券発行助成に要する経費3,500万円を計上しております。なお,定額給付金給付事業等を含めますと,約33億円の経費を計上しているところであります。また,平成21年度予算におきましても緊急経済対策として,平成20年度に引き続き,商工業資金利子補給事業及び信用保証料の補助として通常分を合わせ5,929万円,奨学資金の貸付けとして緊急対策分を10名分372万円,臨時職員の雇用として延べ60人分540万6,000円を計上しております。このほか,再就職支援のためのホームヘルパー資格取得養成講座につきましては,現在2回目の講座開設に向け応募を受け付けており,今回の補正予算におきまして繰越明許費の設定を,また離職者世帯の生活を緊急に支援するための生活福祉資金利子助成につきましても債務負担行為の設定を行っているところであります。今後もこれまでの緊急経済対策の効果などを踏まえ,引き続き地域活性化のため,緊急経済対策に基づく施策を進めていくこととしております。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 3問目の住宅用太陽光発電の導入支援事業についての1点目,新エネルギーに関する行政の取組みについてお答えいたします。新エネルギーは再生可能なエネルギーとして,化石燃料等の資源を利用するエネルギーに比べ,二酸化炭素などの排出が抑制され,環境に優しいエネルギーと言われており,平成20年7月に閣議決定されました低酸素社会づくりの行動計画や霧島市環境基本計画等に基づき,本市においても積極的な取組みが必要であると考えております。新エネルギーの概念につきましては,いわゆる新エネルギー法の施行令で規定されており,太陽光をはじめ,風力,バイオマス,地熱等を指しますが,本市におきましては,住宅用太陽光発電補助制度の創設やバイオマスタウン構想の策定検討,リニューアル予定のローカルエネルギー館の活用など,新エネルギーの啓発普及のための各種施策を進めてまいりたいと考えております。


○生活環境部長(南田吉文君)


 2問目についてお答えいたします。国の住宅用太陽光発電システムの設置に対する補助金制度が平成21年1月13日にスタートいたしました。これを受けまして,霧島市でも平成21年度から上乗せ補助金を交付することといたしております。対象要件と補助金の交付対象者は,霧島市に居住し,みずから居住する霧島市内の既存住宅及び新築住宅,これには店舗等の併用住宅も含んでおりますが,これらの新築住宅に発電システムを設置し,または設置済みの建て売り住宅を購入した個人,個人の中には法人等は入っておりません,対象外でございます。これらの個人で電灯契約をして,国の補助金交付確定通知書を受領し,かつ市税を滞納していない市民といたしております。市の補助単価,補助金額といたしましては,出力1kw当たり3万円,ただし,29万9,000円を上限とし,合計10kw未満のものを対象と考えております。補助金の開始時期といたしましては,平成21年4月1日以降を予定いたしております。申請時期としましては,国の補助金交付確定通知書を受けましてから原則3か月以内とし,平成20年度の国の補助金交付決定通知書を受けた方も対象としております。なお,申請件数は,平成20年度分,平成21年度分,2か年で111件程度を予定しているところでございます。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 4点目の限界集落についての1問目にお答えいたします。本市には65歳以上の高齢化率が50%を超える地区自治公民館が90のうち5つあり,これらの地域では過疎化,高齢化の進行により,冠婚葬祭等の生活扶助機能の低下,生活道路の維持管理,耕作放棄地,空き家の増加などの課題が生じております。また,55歳以上が50%を超える地区自治公民館は現在28あり,これらの地域においても高齢化が進行するものと予想されます。2問目にお答えいたします。平成21年度は元気なふるさと再生委員会において,平成20年度に実施した井戸端会議モデル事業やマンパワー支援事業等を検証し,集落の対策のあり方について取りまとめ,対象となる地域にその取組みを広げてまいりたいと考えております。また,5地区の自治公民館においては,集落支援員を配置し,市及び地区自治公民館と連携を図りながら,集落の定期的な巡回や集落のあり方の話し合いへの参加など,集落の維持活性化に向けた取組みをサポートすることといたしております。


○26番(山神生人君)


 私は,21年度の当初予算に関して質問していますんで,補正予算は含まれていませんから,その辺は余り長くならんような答弁でよかったかのと思っているんですけども。それでは,順次いきますけども,順番若干変えて太陽光発電のほうからちょっと質問をさせていただきたいと思います。国のほうでは,もう既に太陽光発電の普及に向けて大々的な取組をされているのは,先ほど発表があったとおりだと思うんですけども,国は大体1割補助をやっていますよね。先ほどの中には1kw当たり3万円という話だったんですけど,10kw上限,個人で10kwつける人はいないのかなあと思うんですけども,もう少しその辺は,個人的なそういう一般市民の方を対象にした補助金のあり方でいいのじゃないのかなと思うんですが,言い替えれば,もう少し個人の補助金というものを現状に合ったやり方でもう少しアップしてもいいのじゃないかなと思うんですけども,その辺はもう3万円と決められていますけども,今後,この辺は状況に応じて検討していくというようなことはないのかどうか,お伺いいたします。


○生活環境部長(南田吉文君)


 国のそのような政策を受けまして,本市といたしましても,何がしかの上乗せ補助をしようということでいろいろ検討したところでございます。結果,国分市で太陽光発電について補助していた経緯がございます。そのようなところをいろいろ勘案しました結果,3万円ということに相なったわけでございます。また,県内の状況等ももちろん調査をいたしております。ただ,ご存じのように経済産業省,あるいは資源エネルギー庁,あるいは環境省等々の現在の動きを見てみますと,日本版のグリーン・ニューディール政策であるとか,そういったことも取りざたされております。かなり国のほうもこのことについては本腰を入れるとお聞きいたしておりますので,その辺の状況を見ながら対応していきたいと考えております。


○26番(山神生人君)


 一般的には3kwが普通だと思うんですけども,そうすると9万円の補助金となりますよね。国が1割で大体1戸当たり20万円,市が9万円となると29万円ぐらいの補助金になるかと思うんですけど,なぜこれ私も取り上げたかというと,化石燃料に頼らない新エネルギーをやっていくためには,これは一番大事な問題だと思っているんですよね。この普及に向けて,個人がいくら頑張っても普及に関しては無理だと思うんですよ。だから,行政が補助金等の支援で後押しをしていかないと,なかなか普及には声をかけてもならないんだろうと。いろいろ国際的にも見ても,太陽光発電が普及している国の実態を見ると,行政が相当の支援をしている。そして一遍に代替エネルギーとしてこういう太陽光発電を普及に追い込んでいくと。一般市民まで浸透させていくということを行政が積極的な取組をやっているんですよね。そういう意味から見ると,ちょっと私はまだ弱腰かなあと思うんですけども,市長,この辺は状況を見て,やっぱり相当推進していくというとらえ方でよろしいですかね。


○生活環境部長(南田吉文君)


 これまで日本が太陽光発電の世界をリードしてきたわけでありますけども,ご存じのようにドイツに先年抜かれまして,まだその半分にも及ばないという状況に現在落ち至っております。やはり日本は補助金制度で運用してきたわけでございますけども,ドイツのほうでは売買,先ほど申した電灯契約でございますが,売買に非常に力を入れているというような状況もございます。そのようなところも勘案しながら,今後の日本の国策と申しますか,太陽光発電のあり方というのが問われるんじゃないかと思っております。先ほど申しましたように,昨日現在の政府の動きでございますけれども,環境大臣も経済産業省が電気事業連合との間で太陽光発電の電力等の2倍程度の価格で買取るというような新しい制度も合意したというようなニュースも流れております。これらを環境省も非常に興味を持って検討を始めるというような談話も載っておるようでございます。今後もかなり大きな動きがあるのじゃないかというふうに思っております。それに応じまして機敏な対応を本市もしていけたらと思っているところでございます。以上でございます。


○26番(山神生人君)


 国も10年後,20年後,30年後の大々的なそういう推進に向けて取組んでいる中ですから,一応のこういう行政としても国の支援策とあわせて,そういう乗っかって一緒にやって取組んでいくということをしないと,実質的には声かけだけでは伸びていかないだろうと思いますので,そこらあたりの取組も積極的にお願いしたいと。これも経済,今こういう厳しい事業ですんで,景気浮揚策にも非常になるかと思うんですよ。やっぱり幅広くそういう形で支援していくことが大事だと思いますので,よろしくお願いします。それでは,限界集落についてお伺いいたします。昨年の6月19日に南日本で出ておりましたね。鹿児島県では10年以内に消滅する可能性があるのは50,いずれの可能性があるところは156と,206。鹿児島県内ではそういう地域が今後出てくるという報道がなされていました。先ほども我が市のそういう話もありましたけども,我が市では90のうち5つ,また10年以内では28というような数字が出ましたけども,これはある面では非常に大変な問題だろうと思っています。行政が今後これにどう歯止めをかけていくかと,これはどうしてもこういう数字がどんどん増えていくのには仕方ありませんので,少しでも歯止めをかけるためにはどういう施策をうっていったらいいかということを,具体的にはやっていかないといけないと思うんですね。集落支援員を配置しているという前向きな取組もありました。維持・活性化に向けて取組をサポートしていくんだと。これだけではちょっと私弱いんじゃないかなと思うんですね。具体的に出すものも出すと,具体的にそういう支援をやっていかないと,地方はこれを私は相当下げてくるんだろうと思いますよ。まちづくりの一環としてでも,まちづくりを推進していくためにも,支援員も大事なんですけども,支援員を配置しながら具体的にお金も出していくと。どういうお金を出していくのかということを真剣に取組んでやっていかないと,どんどんまちは寂れる,地方は寂れていく。だから,そういうところの歯止めをどうしていくかというのは具体的にやっぱり示すべきだろうと思うんですね。こういうとこなくする努力をしますんじゃなくて,こういう努力をすることによって歯止めをかけていくというような,具体的な事例をもう少し私は期待しとったんですけども,その辺は何かありますかね。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 現在,霧島市元気なふるさと再生委員会というのを開いております。これは5つのいわゆる限界集落と呼ばれているところの自治公民館長さんにも入っていただきまして,何が今課題なのかというのを探っております。いろいろ課題が今出てきておりますので,こういったのを大体秋ごろまでには取りまとめて,それによって次のその課題を解決するための政策を考えていきたい,そういうふうに現在考えているところでございます。


○26番(山神生人君)


 あと時間がありますので,次の平成21年度当初予算について質問いたします。私は,これ何を取り上げた,細かいことを言うつもりはありません。ただ,ここにもありますように,我が霧島市の合併後の経営健全化,危機的状況にある霧島市の財政を立て直していくために,経営健全化計画を打ち出されました。そこで,私はちょっと疑問に思ったのは,当初予算の推移でありますけども,経営健全化計画でこういう予算の組み方をすべきだということで,具体的に数値まで出されているのに,組まれた予算は余りにも格差があり過ぎ,先ほどありました24億円という格差がある。ここらあたりがよく分かんないですね。経営健全化で我が市の財政を立て直そうという,こういう数字であるべきだと出しておきながら,片方では出てきた数字がこんなにも違い過ぎるというのは,我々はどう捉えたらいいのかなということで,そこらあたりもう少し説明をお願いします。


○財政課長(塩川 剛君)


 経営健全化計画につきましては,平成18年度に策定しておりまして,平成23年度を目標として収支のバランスをとりながら地方債残高を縮減し,基金残高の確保を図っていくというのを基本としております。先ほど部長からも説明があったところですけれども,当初予定しておりました計画よりも平成21年度470億に対しまして,平成21年度の当初予算が494億ということで,24億程度オーバーしているわけですけれども,当初見込みました計画時点よりも後期高齢者医療制度など,また退職手当負担金の負担利率の増加,それからコミュニティバスなど,それぞれ計画作成した時点よりもそういった特殊要因等がございまして,数値がオーバーしているということが実態でございます。


○26番(山神生人君)


 それは理由はよく分かってるんでしょう。だから,予算の立て方が,プラスの,予算の積上げ式予算を組むからそうなるんじゃないかと思うんですね。上限がこれだけは出すという形で予算を組んでいくのと,出された予算を足していったらこれだけになりましたと言って,494億になりましたという二通りの予算の立て方は,私はどちらを選択するかということだろうと。経営健全化型計画でこうあるべきだと決めたら,私はそれに近い数字で予算を組んでいくべきだろうと思ってるんですよ。確かに,基金も増えて地方債も減っております。全体的には霧島市はいい方向に向かっているかもしれません。ただ,この大きな一本柱の一番大事なところの当初予算の立て方というのは,基本的な考え方をもう少しきちっと決めるべきよ。でないと,どんどん予算は膨らんでいく,足し算方式でいけば。だから,本当にこれだけ増えるんだったら,景気対策にこのうち差額の24億は景気対策に取り込んだんだと言うんだったら構いません。そこらが先ほど私言いました景気対策にいくら予算を組んだのか,具体的に示してくださいというのは,景気対策には当初予算では余り金額的には大した予算組んでないんですよね。数千万ですよ。だからそこらあたりをもう少し具体的に出して,当初予算の中でこの厳しい100年に一度という景気対策をどういうふうにうっていくんだということを,もう少し明確にしっていただきたかったという,市長,その辺はどうですかね。


○財政課長(塩川 剛君)


 今後の景気対策ということで若干ご答弁させていただきたいんですけれども,国が経済対策及び生活防衛のための緊急対策で講じました雇用対策等に基づきまして,鹿児島県のほうで現在,ふるさと雇用再生事業,それから,緊急雇用創出事業臨時特例基金事業という2つの大きな事業を持っておりまして,これらの県から市へ今後財源が入ってまいりまして,それに基づいて雇用対策を実施するということになってまいります。また,先ほど答弁申しましたが,平成21年度の普通交付税の中で地域雇用創出推進費ということで,約4億円を想定されております。これにつきましては,21年度と22年度ということになります。合計8億円程度になるのではないかなと思っておりますが,これらのもの等を活用しまして,緊急経済対策のほうもまた今後補正等で対応していくということになろうかと考えているところでございます。


○26番(山神生人君)


 経済,この100年に1度の不況の経済をどう立て直していくかとなると,私は我慢すべきとこは我慢して,経済対策に手を打つところは思い切って手を打っていくと,こういうめりはりをつけていかないといけないということを市長にお願いしたいわけです。景気浮揚策には道路をつくったり,公共事業の前倒しをしたり,環境整備をしたり,化石燃料の先ほど言いましたそういう代替補助事業を増やしたり,市長が今度打ち出していますプレミアム付き商品券の発行補助,こういうことをもう少し大々的に打っていくべきである。例えば,プレミアム付き商品券の発行なんか,3,000万,事務費が500万ですよね。3,000万と言わずに,もうちょっと思い切ったらどうなんですかと,私は思うんです。だから,やるべきところにはもう少しどんとやってもいいんじゃないですかと,大きな建物をつくったり,大きな施設をつくると何億円,先ほどありましたように公園でも20億,30億かかるわけですよ。そのお金を景気対策に,100年に1度ですから,どーんと打ったらどうですかと,それが幅広く皆さん方に非常にためになることじゃないですかと,そういうめりはりをつけていくべきだと。そのために24億アップしたんだと言ったら,私は非常にいいことだと思っているんですよ。そこらあたりのめりはりをつけていく。そのためには皆さんここは我慢してくださいよと,そういう予算組というのを私は望んでいたわけですよ。だけど,ふたを開けてみたら,非常にこれはちょろいもんだなあと思いましたよ,正直言ってね。そこらあたりをもう少し私は思い切った施策というのを,これはやっていかないと,今の景気対策には歯止めはかからないのじゃないかなあと思うんですけどね,どうですか。


○市長(前田終止君)


 議員ご指摘のような視点で私どもとしても,私といたしましても精いっぱい堅実な財政運営等々を念頭に置いて,今回の予算枠組を努力をしたわけでございます。いろいろ議員の視点からのご指摘と同感の部分多々ありでございますが,やっぱり責任ある財政運営等々を考えますと,今回のような形で提案をさせていただいたとご理解いただければありがたいと思います。


○26番(山神生人君)


 それと,非常に厳しいこういう経済状況ですので,収入も相当私は先ほど発表あったあんなレベルじゃないんだろうと私は思ってるんですね。というのは,もう霧島市も中間課税を昨年の末受けて,そして今度確定課税をやりますよね,そうしたときの差額がいくらぐらい出るのかというのを計算すると,私は先ほど発表あった数字あんなもんじゃ済まないんじゃないのかなあというふうに思うんですよね。自主財源も20年度は42.4%,21年度は41.3%と出ていますね。自主財源を私は来年度は40%を切るんじゃないか。30%そこそこになるだろうと。そうしたときに非常に厳しい状況が予測されるだろうと。だから,そういう意味では今年の予算組というのは,非常に私はポイントを重きを置いてやっていくべきだろうなと思うんですね,今年の予算の組み方というのは。だから,今年次第ではそこらあたりがどういうふうに変化していくかというのが,非常に大きいだろうと思っているんです。そういうところも見ていくと,こういう入る収入に関しては厳しめに見て,私は考えていくべきだろうと思っています。そこらあたりもあるもんですから,予算の組み方というのは先ほど言いました健全化計画にのっとってある程度近い数字を出していくべきであると,積上げ方式じゃなくて,逆の発想で予算組というのはすべきだと,そういう形で思ってるんですね。そこらあたりは,収入に関しても私はもう少し厳しめに行きたいと思うんですけど,どうですか,先ほどの数字はちょっと楽観的な数字じゃなかったかなあと思うんですけど,もう一度お願いします。


○税務課長(中村 功君)


 先ほどご答弁いたしました21年度の予算,それと22年度現在予測される額を申し上げましたが,こちらでいろんな資料等を判断しながら推計したわけですけれども,現時点では厳しく査定を予測したつもりであります。


○26番(山神生人君)


 できるだけ後にそういう楽なほうは先にやって,苦しいものは厳しめに見て早く回復するような取組をしていただきたいなと,そういう意味では先ほどから何回も言いますけど,この100年に一度の経済不況の中にあっては,どのような積極的な思い切った施策を打っていくかというのは大事だろうと思いますので,ぜひ先ほども言いましたプレミアム付き商品券なんかも,市民の多くの方が参加して幅広く皆さん方が利用される方向としては非常にいい発想だと私は思ってるんですよ。であれば,例えば一つの使い方も,今はまだ細かいところの状況は余り決まっていないかと思うんですが,できたら,地元商店街が重きに置いた取組をやるとか,もう少し具体的に言わせていただければ,地元に税金を納める地元業者に幅広く商品券が発行されるような,利用されるようなそういう施策を打っていただきたい。みんながせっかく大事な税金をつぎ込んで取組んだ商品券が,全部よそに,ちょっと言い方悪いかもしれませんね,全部よそに買われて,税金も全部どこか,地元に入らないようなことでは,私は本当に景気対策になるのかなあと思うんですよね。ぜひそこらあたりは地元商店街が活性化するような,そういう取組というのは何か方法的には検討されているんですか。


○商工観光部次長兼商工観光政策課長(柳田秀徳君)


 ただいま商品券の件でございますけれども,商工会,商工会議所とも私どもと一緒になりまして,地元の商店街で利用できるような形で,具体的に中身につきましていろんな名称とか,額とか,1人当たりが使える限度額,それから商品券のデザイン等かれこれ,細かなところを今協議をしている最中でございます。


○26番(山神生人君)


 もう少し分かりやすく言えば,売られた商店が売上げの利益を地元に税金を落とされるようなところだけを対象にしたらどうですかということ言いたかったわけなんですね。そうでないと,やっぱり本当の税金が生かされないのじゃないかなと,市長,分かりますよね。そういう取組でもう少しどんと思い切った補助をしたらどうですかということなんですよね。


○市長(前田終止君)


 山神議員のご指摘もっともな指摘だと存じております。私といたしましても,いろんな全国の動き,県内の動き,勉強もさせていただきながら,今ご指摘の地元でのいわば利用の形態,景気対策にしっかりつながるような意識,そういうものが生まれる工夫,そういう視点で今指示を出しておりますのは,今年は地元意識を本当に強く,みんなが分かち合っていくには,日本で最初に国立公園になってからちょうど75周年でございます。ですから,祝霧島国立公園75周年,目指せジオパークという形で,それに対する券のデザイン,それと霧島連山,ふるさとの山,そういうものががっちり市民の皆さん方と地元意識というものを喚起していくような視点での支給検討をやって,地元商品拡大,景気対策につながるような意欲を持って取組まれたいと,注文もつけてるとこでございます。


○26番(山神生人君)


 ぜひそこらあたりを細かく見ていただいて,せっかく皆さんが買い物をされたら,その一部が当地に落ちるような取組をしていただきたいなあと思います。それでは,これはこれで終わりまして,あと市長の得意なジオパークにちょっと入りたいと思っております。私,ジオパークは非常にいいことだと先ほど壇上からも申しましたけども,いまいち,ちょっとよく分からないのは,ジオパークはやっぱり地質・遺産を含む自然公園を守っていくというのが一つの大きな,それは景気やらいろんな観光に生かしていくということだろうと思うんですけども,そこらあたりを市長はジオパークの認定を受けたら,その後どういうふうに生かしていきたいかということ,ちょっともう少し詳しく教えていただきたい。もう少し分かりやすく言えば,観光促進のためにやっていくんだというのか,そこらあたりももう少し,短くお願いいたします。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 まず,ジオパークはユネスコが認定するものでございますので,大きくは教育というのが大きくあると思います。ユネスコは国際連合教育科学文化機関となっておりますので,まず,どう教育に生かすかということが一つの部分になってくると思います。それから,どれだけジオに対する資産がこの霧島にあるかということを見ますと,それをどう保全するかということが2つ目になってくると思います。教育と保全をする,それを生かすという部分で観光という部分が出てくると思います。ですので,教育・保全・観光というのが一つのキーワードになるんではないかというふうに考えております。


○26番(山神生人君)


 ジオパークの認定を受けたとしますよね,すると非常に観光的にも私はねらいとしてはいろんな周りの世界的な注目を浴びることになるだろうと。そうすると,せっかくのこの自然公園が,ある面で荒らされる場合もあるかもしれない。いろんなことを想定しないといけない。であれば,自然遺産をこのジオパークの認定を受けるためだけの目的じゃなくて,受けた後どうするかと同時に,同時並行でどういう整備事業をしないといけないのかと,どういうことをしないといけないのかとしないと,認定受けた,人が来て,山が荒らされるじゃ困るんですよね。最初の目的は,そういう自然を,日本最初の自然公園を守っていくというのが一つの目的だろうと思いますので,そこらあたりはまだよく見えないとこだからお聞きしているわけでありましてね。


○市長(前田終止君)


 ユネスコが認定する世界的な制度の中で,世界自然遺産というのがあります。これは,ご承知のとおり,屋久島と白神山地とか,知床半島とかあるわけでございますが,これは地球上でここにしかない極相を示す本当にすばらしい保護・保全していかなくてはならないというのが最優先で,入島,入山,地域への入ることの制限をしたり,いろんなことをやっていますけれども,これがいわば世界自然遺産,しかし,同じユネスコでもこのジオパークは,保全・保護もしっかりやりつつも,もっと教育的に,もっと科学的に,もっと文化的に,もっと観光的に,もっと地域活性化的にしっかりこれを利活用してくださいという制度でございまして,それで今,世界でそれこそ18か国57か所認定をされております。日本でも,こういう形で,これは東京の新聞でございますけれども,これだけ日本地質遺産というのが,たくさん該当する場所がありますよということで,私たちの地域も紹介をされております。それを私たちは,何としても認定を取りつけて,日本,世界ネットワーク入りを目指したい,いうのが今私の置かされている立場でございます。そして,環霧島5市2町,ここをしっかりと意識をつくって,行政と議会だけが一生懸命じゃなくて,民間もこれにそうだということでさまざまな関係各機関が頑張っていただかない限りは,認定から外されるという憂き目に遭う危険性も持っております。よって,民間のほうの盛り上がりとして,この3月の10日には「環霧島青年会議」というものが持ち上がってきますし,そしてまた,私どもは2回目の推進協議会を4月にはやりますし,そして5月にはまた全体の会議も重ねて環霧島会議とともにやっていきますよと。そして,難しいことじゃなくて,ここにちょっと資料を持ってまいりましたけれども,これは,私たちの頭の中には国立公園法の法の網の狭い範囲の思い込みがあると思うですよ。しかし,このジオパークで目指している範囲,これは5市2町のすそ野まで含む全体だと,その中で例えばこういうことが言えるという意味で,ひょっとしたらと思ってあえて持ってきたんですが,出番があってありがたかったです。実はつい先日の日曜日に,山ケ野金山ウォークに連続参加させていただきました。そして10か所ぐらいガイドが用意してありまして,地域の先輩方がこの地域についての説明を子どもたちにちゃんとかねがねの指導があって,もう8年間,そういう取組を横川では山ケ野金山地域挙げてやっておられますよ。そして,いわゆる霧島の地形の中の地質遺産,それがまさに金鉱山というのはあったわけですね。これは金鉱石です,もうきらきら金がこれに入って見えております。これも小さいやつですね,これを訪問者には全部下さいました。そして2万6,000年前にこれはできたものでございましてという,子どもたちがしっかりガイドをするわけですね。そしてそこに県内外からお越しの人たちがずうっと地域の資源として,地質資源としての歴史,産業資源としての歴史,そういうものを学習しながらまた地域との交流をやっていく。これが立派なジオパークの現実的な取組む姿であります。こういうものを5市2町7基礎自治体エリアにたくさんの分野で,うちのほうではまた地層の中に含まれている9,500年前の上野原縄文の森などもございますし,そしてまた温泉,水資源,そこでまた生態系が動物も植物も貴重なものが生まれているわけで,そこにまた自然の人間の歴史があるわけですね。そういうものを全体として売り込めるのがメリットであります。これは,将来の子どもたちのためにも,時世のためにも,そしてまた観光のためにも,地域のためにも本当に私はこのジオパークというものは50年,100年に一遍の大きな大きな取組だと,これを何としてもやり切ることに情熱を当分の間,皆さんとともに傾けたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 先ほどユネスコが選定すると申し上げましたけれども,選定は世界ジオパークネットワークが選定し,ユネスコが支援するということでございます。それとあともう1点,保護という観点から自己評価の部分がございまして,ちょっと読み上げさせてもらいますと,地質学的サイトをその特徴や損傷を予防する対策をとっていますか。それからジオサイトの損傷や不正な利用を予防するために何をしますか。そしてまた,ジオサイトとそれにかかわる施設を損傷や自然劣化などから保護するためにどのような手段を考えていますか。こういった視点がございますので,こういったのをクリアしないとジオパークには認定されないということになってまいります。そしてこれも4年に1回ずつ見直しがございますので,永続的にこの部分は保護をやっていかないとジオパークとしての認定はできないということになっております。


○26番(山神生人君)


 まさに今言われた保護の部分が私は一番大事だろうと思ってるんですよ。認定を受ければ,多くの方が確かに来られて非常に観光にも一躍担うでしょう。ただ,逆に人が来るがために負の遺産も私は出てくるんだろうと思うんですよね。だから,そこの部分のいろんな手立てが必要でないのかということもお聞きしたかったんで,それには予算も発生するはずだと。これはもう以前から同僚議員にもあそこの山に登ったらいろんな観光整備が悪いよねえとか,例えばひとつトイレにしてもよくないよねえとか,そういう話も今までもいろいろ出てますよね。文化庁のいろんな権限等の制約もあるから難しいところもあるかもしれません。ただ,認定を取るがために認定だけを追っかけていくんじゃなくて,そういういろんな整備を同時に計画を立てて私はやっていくので,そして自然のあの美しい山を荒らさないような,汚さないような,散らさないような,そういうことを本当は同時並行してやっていくべきだろうと思っているんですよ。登山道によってはものすごい汚いとこありますよね。ああいうのは何でかといったら,ちゃんとそういう手立てがなされていないからなんですよね。そういうところを私はきちっと計画をもう今のうちに立ててやっていかないと,認定を受けたけども,人がわんさと来て,結果として荒らされただけでは意味がないんだろうと思ってるんですよ。そういうところに総体的な教育も含めた環境整備というのを,本当はもうちょっとやるべきじゃないのかと,そういうところに山の奥にトイレをつくったら太陽光発電でくまんでいいような,そういう設備をつけるとか,何かそういうところをもう少し先んじた取組というのを私は必要だろうと思っていますんで,このジオパーク認定そのものは私も非常にいいことだと思っている。いいことだ。だけど,いいことずくめじゃないんで,市長,そこらあたりの同時並行でやるべきことをピシッとやって,やっぱりそういう美しいこの自然を守っていくという努力を私は行政がすべきだろうと思っている。どうですかね,ボランティアだけでは私は駄目だと思うんですよ。具体的に行政が後押しすることによって,いろんなボランティアの方々とタイアップして,あの美しい霧島山が永々劫々と守られていくものだと思いますけど,どうですか。


○市長(前田終止君)


 大変大事なご指摘だと思います。しっかりとその地質遺産,自然環境,そういうものを保全・保護するという基本を大事にしながら,そこに対してまた適切な先の一手,先を見る一手,そういうものを行政的に県境,市町境越えながら,霧島市側だけしっかりやればいいという話でもございませんので,山に入る人たち,すそをまためぐる人たち,それぞれがそれぞれの思いを持ってお越しになるわけでございますけれども,特に国際的なネットワーク入りを実現した場合は,世界自然遺産の世界めぐりと一緒で,大きく国際的にもさらに注目を集めるということにもなりますから,さまざまなサイン計画の見直しも当然やっていかなきゃなりませんし,おっしゃるような環境をしっかり先を見た諸施策というものを対応していかなきゃならんのかなと,そしてまた,ガイドの養成,そういうことについても行政がしっかりいざなうシステムをつくって,そして民間,それを受益して,それをしっかり今度は生かし切っていくという努力をみんなで産学官,地域社会がともになってやっていくべきことだと存じ上げております。いい指摘をいただきまして,私どももまた自信を持って前に進めさせていただきたいと思います。


○26番(山神生人君)


 ぜひそういう取組を積極的にやっていっていただきたいし,また,冒頭言いました当初予算の中でも,景気対策をどうしていくんだという話もさせていただきました。まさにこういう事業をどんどん前倒ししていくことが,一つの景気対策にもなるかと思います。そういう意味では,いろんな思い切った施策をやらないといけないんですけども,ただ幅広く施策を打つのじゃなくて,ポイントを置いた,重きを置いたそういう予算の配分というものをやって,今は何が重要なんだということを,もう少し私は市民の方に分かるような予算組をすべきだろうと,そう思っております。そういう意味では,先ほどのちょっと限界集落に関してもちょっと言わせていただきましたけども,例えば地域のまちが廃れていく,道路のやぶ払いする人がいないとなったら,そういうところを行政が積極的に取組んでやってあげることも,一つの景気対策にもなるかと思うんですよね。日ごろできないところを行政が手厚く今回やってあげる,そういうお金は私は遠慮なく使うべきだろうと。だから,そういうめりはりをつけた行政運営というのを今回の予算の中ではなかなか分かりづらいとこもありましたんで,市長,そこらあたりは補正予算でまた組まれるときもあるかもしれません。だけど,当初予算の中にそういう対策をきちっと打っていけば,皆さん方非常に不安はなくなるんだろうと思う,市民の方。こうして行くんだと,我が霧島市は。これだけの財源を使えるんだと,であればこういうところに重点的に配分してやっていくんだというところをもう少し分かりやすくやるということと,市報等にそこらあたりをきちっと載っけて,市民の方たちの理解をいただくという活動もやっていく必要があろうかと思うわけ,ぜひそこらあたりを踏まえて,市長,今年は正念場だと思いますので,よろしくお願いいたします。


○議長(西村新一郎君)


 以上で山神議員の一般質問を終わります。ここでしばらく休憩をいたします。


「休憩  午後 零時09分」


               ──────────────


「再開  午後 1時10分」


○議長(西村新一郎君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。一般質問を続けます。次に,21番,塩井川幸生議員より3件通告がされております。したがって,塩井川議員の発言を許可します。


○21番(塩井川幸生君)


 無所属の塩井川でございます。よろしくお願いします。KYという,空気を読めないという言葉の意味がよく分かる国会内閣の姿ではないでしょうか。振り回される地方にとって,霧島市当局も難儀をされた21年度予算であったろうと思います。霧島市は霧島市独自の政策で頑張りましょう。では,許可をいただきましたので,通告に従い質問いたします。まず1点目に,景気対策について霧島市の対策を伺います。1項目めに,現在の経済状況,雇用状況を打開するために市としてどのように対策をとっているのか,伺います。私は,公共工事を前倒し発注,計画事業の推進による対応が霧島市にとって即効効果が見込めると思いますが,市の対応を伺います。2項目めに,商店街活性化について,市営駐車場の土日以外の無料化は考えていないかをお伺いいたします。駐車場の問題で土曜日曜以外は駐車場において,土日のように車を置いたりして利用したりという方々がたくさんおられました。3項目めに,市が示されている対策について,現在の効果状況を伺いますが,市としてはこれ以上の独自の対策は考えていないかをお伺いします。2点目に,総合支所の今後について,執行部の計画・指針を伺います。1項目めに,これまで何回となく質問してまいりましたが,本庁支所間の決裁打ち合わせ等,今の時代にふさわしい事務手続が可能であると思いますが,現在,市として対応を考えているのか,また,このシステムにするため,真剣に取組んでおられるのか,お伺いします。2項目めに,臨時職員の処遇についてでありますが,12月議会で答弁はいただいておりましたが,再質問ができませんでしたので質問いたします。臨時職員の待遇処遇について,今のままでいいと考えているのか,余りにも正規職員との格差があるように思いますが,改善の考えはないのか,お伺いします。3点目に,農政についてお伺いします。1項目めに,農業委員会の事務事業が県より移管されると聞いておりますが,現在,農地取得条件が下場地区で2,000m2,上場地区で3,000m2と今までより1,000m2減りましたが,農地取得について現在,農地付きの土地が欲しい方,移り住みたいが条件が厳しいと農業行政に不満の声が聞こえますが,霧島市として遊休農地解消,農業従事者確保,定住者増につながると思うが,市として1,000m2に変えていく考えはないか,お伺いいたします。2項目めに,農業後継者支援体制について,国,県の支援体制は今年度新たなものがあるのか,また市独自の支援対策があるのか,お伺いします。2項目めに,農畜林産業従事者に対して,国,県,市の助成制度,補助制度,支援制度等についてJA,市,関係団体の対応は十分であるのか,また,新規事業を始めたい方々への対応はどのような状況か,お伺いします。4項目めに,今年になって農政部より4条申請,地目変更手続について,山林化した田畑,遊休農地の所有者に対して通知が配布されておりますが,受理者より不満・不平の相談が多くなっています。この処理は緊急を要した市の対応であったのか,お伺いします。また,各地区の件数,面積についてお伺いいたします。以上,3点について明快な答弁を求め,質問を終わります。よろしくお願いします。


○市長(前田終止君)


 塩井川議員から3点につきまして質問がございました。1点目の1につきましては,私から答弁をさせていただきます。そのほかにつきましては,関係部長等がそれぞれご答弁をさせていただきます。1点目でございますが,お答えいたします。景気対策についてのお尋ねでございました。ご承知のとおり,我が国の経済は,アメリカのサブプライムローン問題に端を発する金融不況により,100年に1度とも言われる危機的な経済状況に陥り,本市においても雇用の悪化などにより,市民生活への影響も懸念されているところでございます。このような状況を踏まえまして,昨年12月にはいち早く霧島市緊急経済対策を打ち出さしていただき,本市独自の取組として,再就職対策や継続的な雇用の確保などの景気対策事業を講じることといたしております。このようなことから,今回の3月補正では,国の二次補正予算に伴い,本市の緊急経済対策として,平成21年度に予定をしていた一部の事業を平成20年度に前倒しするなど,総額32億1,242万1,000円を計上したところでございます。そのうち,公共工事などの普通建設事業を含む投資的経費は,約11億円でございまして,平成21年度の投資的経費と合わせますと,約85億円となりまして,この金額は平成20年度当初予算と比較いたしますと,5.3%の増となるわけでございます。今回の3月補正に緊急経済対策として盛り込んでおりますが,公共工事につきましては,すべて平成21年度への繰越事業となりますが,平成21年度の早い時期に発注を行い,継続的な雇用機会の確保が図られるよう努めてまいります。また,平成21年度予算に計上しております公共工事につきましても,今後の発注状況などを見極めながら,計画的な執行を行ってまいります。


○総務部長(今村恭一君)


 市の景気対策についての2点目についてお答えします。国分シビックセンター周辺には,お祭り広場,シビックセンター東及びシビックセンター西,市民会館駐車場の4か所の市営駐車場があります。駐車場として利用できる時間は午前8時から午後9時20分までとなっております。これらの駐車場は2時間まで無料で駐車でき,シビックセンター利用者は2時間を超える場合でも免除証明書等の提示により,無料としております。また,土曜日,日曜日,祝日,年末年始は,終日無料としています。仮に市営駐車場を無料開放しますと,放置車両,JR国分駅利用者や周辺の事業所の勤務者が駐車場として利用されることなどが懸念され,本来の目的であるシビックセンター利用者の利便性が阻害されるおそれがあることから,現時点では全面的な無料開放は考えておりません。次に,3点目についてお答えします。本市の緊急経済対策の中で,臨時職員の雇用については,延べ26人分の予算を確保し,対応してきているところでございます。昨年の10月以降,解雇または雇い止めなどになった人を対象とし,市道等の維持管理作業,環境パトロール員,敷根清掃センター内での労務作業や本庁内部での事務補佐等,6種の業務内容で募集いたしましたが,現在のところ3種の業務に8名の方を雇用しております。まだ枠にも余裕がありますので,引き続きそのような条件に適合する市民がおられましたら,すぐに対応していきたいと考えております。また,雇用の人数が少ないとのご質問ですが,当初設定する段階でも協議しましたが,新たに雇用創出できる部署を調査した結果をもとに,とりあえずの人数を設定したものでございます。今後,多くの方々の雇用希望があれば,追加で対応していきたいと考えております。なお,平成21年度の緊急経済対策における臨時職員につきましては,延べ60人分を計上しております。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 総合支所の今後についての1点目にお答えします。本市が合併して3年が経過した現在,定員適正化の観点から,より効率的で効果的な組織は今後どうあるべきかの検討を早急に行う必要があります。そこで現在,本市では学識経験者や市民の代表を委員とする行政改革推進委員会において,今後の組織のあり方に関する議論をいただきながら検討を進めているところです。その中で,定員の適正化を図るには,本庁と総合支所の役割を明確にした組織機構改革は必要不可欠であると考えています。また,この組織機構の改革を行うには,同時に仕事のやり方を変えることや職員の能力を高めることが組織を健全に運営していく上で大切なことであると考えております。ご指摘の本庁と総合支所の連携を強化することについては,仕事のやり方を変えるという点で重要な項目であると思われますので,今後の組織機構の改革の方向を見極めながら,できることから進めてまいりたいと考えております。


○総務部長(今村恭一君)


 次に,2点目について答弁いたします。この関係については,昨年の12月議会における塩井川議員の一般質問でお答えしておりますが,本市の臨時職員は本庁や総合支所を含め,多くの部署に配置しており,昨年の10月1日現在,592名となっています。賃金体系につきましては,日額者については,合併後職種ごとに日額単価を統一しておりますが,月額者,いわゆる嘱託職員等につきましては,額に大分差が生じているところでございます。これは,旧市町での雇用条件,賃金額をそのまま引き継いだことなどが要因でございます。平成18年度から3年間である程度調整しようと計画したところでございましたが,福祉施設等で多くの離職者が出たため,やむなく中断し,現在に至っているところでございます。なお,新年度から合併後も一部旧自治体のままであった賃金形態の統一を図ることとしております。資格や経験の必要な職種につきまして,職種をグループ化し,類似する職務に従事する正規職員の1級1号給の給料月額を基礎とする賃金の基準単価を設定いたしました。また,現在,雇用している臨時職員で新基準より高い額の臨時職員については,現在の月額を保障し,低い人には段階的に引き上げていく予定でございます。今後も予算の範囲内ではありますが,臨時職員の処遇改善等については努力していきたいと思います。


○農業委員会事務局長(西山幹夫君)


 会長の委任を受けておりますので,回答させていただきます。農政についての1点目についてお答えします。下限面積の変更については,現在のところ知事の権限に属しており,平成21年4月1日からは権限移譲により市で決定することになりますが,国が平成20年12月3日に示した農地改革プランに下限面積改正についての方向性が示され,今後,法案として審議されることになりますので,国の農地法改正の動向を見守って対処したいと考えております。農地法が改正されるまでは,合併後に見直しました平成20年3月1日から施行の下限面積,旧国分市,旧隼人町,旧福山町大字福山の下場地区が20a,旧溝辺町,旧横川町,旧牧園町,旧霧島町,旧福山町の上場地区が30aで運営をしたいと思っております。本市の農家につきましては,経営面積30a未満の農家が3,107戸で,全体の52.7%を占めており,農家の生産性も低いようであります。やはり農業生産の発展と農用地の有効的な利用を図るため,また,農業者として農業経営に対する意欲も能力もある人に農地を優先利用してもらい,規模拡大することにより農業生産が増加し,農業経営が安定し,農業所得の向上にもつながると思われますので,余りにも下限面積が低いと農地は取得できますが,農業生産性は望めないと思われます。また,農地を宅地に転用する場合の計画面積については,土地の効率的な利用を図る観点から,許可申請に係る土地の面積の相当性を審査するものであります。農地は農業生産の基盤であり,転用されるべき農地の面積はできるだけ少ないことが望ましく,転用事業を造成する上において必要とされる最低限度のものにすべきであることから,国が示した農地転用許可基準に定められてある一般住宅が500m2,農家住宅が1,000m2の農地転用許可基準を遵守していきたいと考えております。次に,農政についての4点目についてお答えします。近年,農業者の減少,高齢化の進行等により,耕作放棄地が年々増加しており,その解消を図ることが重要な課題となっております。このため,昨年の5月,国,県の指導のもと,すべての耕作放棄地を対象に現地調査を実施することとされました。国が示した耕作放棄地全体調査要領に基づき,農地に戻せるものと戻せないものとに振り分け,農地に戻せる土地については,おおむね5年後をめどにその解消を目指し,農地に戻せない土地については,非農地として区分し,非農業的利用を図ることになりました。本市においては,昨年7月から8月にかけて現地調査を実施し,本年2月初めに所有者に対し非農地通知書を発送しております。非農地通知書を出した件数は3,121件であります。非農地と判断された耕作放棄地については,不動産登記法第37条の規定により,所有者に対し地目変更登記を要請することとしております。地目変更の登記は,自分ですることもできますし,自分でできない方につきましては,行政書士等に依頼することになります。地目変更登記に要する経費は,1筆当たりおおむね4万円と伺っております。自然的に山林原野化した農地については,農地法第4条の許可申請が不要で,非農地通知書を登記申請書に添付して地目変更の申請が可能となります。


○農林水産部長(萬?茂樹君)


 農政についての2点目にお答えいたします。本市の農業を持続的に発展させていくためには,農業経営を継承する後継者の確保が重要な課題であり,これまでも国,県の事業を導入しながら積極的に取組んできているところでございます。平成19年度に設置いたしました霧島市担い手育成総合支援協議会は,直接国の支援を受け,地域農業を担う農業者育成を関係機関が一体的に進めるため,担い手への支援策等を協議するアクションサポート会議を開催したり,就農・営農相談に対応するワンストップ窓口相談員を設置して,就農相談や後継者の営農相談に対応しております。農業経営の継承は,それぞれの経営主の意向により異なりますが,農業経営も企業や会社経営と同様に,その経営状況に後継者という従業員が増えることにより,経営が改善され,拡大しているか否かを長期的な展望で検討しなければなりません。これまで農業者個々の経営基盤を強化するために国,県の補助事業等の導入や,市単独補助事業により規模拡大のための農用地利用集積や,降灰,霜害に対する施設,機械等の整備,家畜管理労力を軽減するためのパドック付き牛舎設置に対する助成等の支援を実施してまいりました。後継者に対する新たな支援についての取組はありませんが,今後も引き続き担い手育成総合支援協議会を通しての担い手育成支援や,経営基盤強化につながるさまざまな事業導入による支援を実施してまいりたいと考えております。次に,3点目にお答えいたします。通常の国,県補助事業は,年度当初に県の主催で開催されます事業説明会にて市町村担当者に伝えられ,担当者は各部門や品目で組織される振興会等の座談会や研修会等の折,これらの補助事業について説明したり,市のホームページに記載するなど,農家の皆様への周知に努めてきているところでございます。しかしながら,インターネットが普及し,あらゆる情報を瞬時に得ることができる情報化社会では,スピード化が要求され,情報を待つのではなく,情報を収集する姿勢が重要でありますことから,常に国のホームページ等のチェックや東京に派遣している職員からの情報収集を行い,いい情報がありましたら農家の皆様へおつなぎしたいと思います。また,新規就農についての相談につきましては,農政畜産課内に相談窓口を設置し,専門相談員が相談に応じているところでございます。


○21番(塩井川幸生君)


 まず,市の景気対策についてお聞きいたします。公共工事が一番即効効果があるのではないかと私は申し上げましたけれども,今,緊急対策は市でもとられたわけでございますけれども,それから1月15日に私たちがもらっているわけですが,これから2月,3月となりまして,会社で1月,2月は勤められたけど,3月になって週休4日,5日と,もう会社1日でいいと,そういう会社がもうたくさん声を聞きます。そういった中で,アルバイトをしてもいいよと言う会社もございます。そしてアルバイトをしてもいいよと言うけども,アルバイト先があるかといったらまた大変な状況でございます。そういった中で,私が提案しました公共工事というものが,一番即効性があると,11億だったですか,これを組んで対応しておるということでございますけれども,前倒しし,先ほど山神議員のほうからも言われましたけども,霧島市として大胆な対策をとってこの場を乗り切っていかないと,もう1か月,2か月の間にころころともう情勢がどんどん変わりますので,先が,1年後はよくなるよという1年先も見えません,半年先も見えません。そこで,霧島市として,また山神議員と同じ質問にもなりますけれども,公共工事を前倒しされる答弁はなっておるんですけれども,これに即対応するということですが,補正予算の分も21年度からと言われますが,大体そういった発注体制というのは何月ごろ検討されておりますか。


○工事監査部長(大井 正君)


 公共工事の前倒しにつきましては,今回の経済状況に限らず,従来より各部署ごとに年間を通して上半期下半期の発注を平準化いたしまして,計画的に発注しているところでございますが,特に,補助金を伴わない市の単独事業等につきましては,極力前倒しにより早期発注に心がけているところでございます。このことによりまして,雇用の促進はもとより,工期の的確な確保と良質な工事の出来高,そしてまた品質の成果を収めることとなりますので,今後とも建設業界が地域産業の中核として維持できる環境整備に努めてまいります。ちなみに,平成20年度の前倒しの状況でございますが,4月から6月までの1四半期を見てみますと,今20年度まだ年度途中でございますが,2月末現在で全体件数587件,そのうち前倒し分が70件,率にいたしまして12%,金額にいたしまして2月末の工事請負高が67億3,000万円,前倒し分が5億9,800万円,率にいたしまして9%の前倒し発注となっております。


○21番(塩井川幸生君)


 部長,何月ごろからなるか,なるべく早くと言われましたが,今私が言いました,もう3月に入ってからどんどん首を切られたり,もう週休4日・5日制という方々がたくさん増えているわけですね。もう4月に入ったらすぐ発注の体制がとれるのか,それが大体何月ごろになるのか,前倒しの分が今9.何%だったですか,言われましたけれども,それもちょっと幅を持たすことはできないのか,どうなんでしょうか。


○副市長(南 洋海君)


 特に今回の補正等については,予算説明の中でも申し上げておりますけども,道路の農道,市道等の維持修繕的なもの,早急に発注できるものも含まれております。そういうものについては,あと職員の頑張りでございますけども,職員に頑張っていただきまして,なるべく早い時期に発注し,少しでも景気対策に貢献できるよう職員一同頑張りたいと思っております。以上でございます。


○21番(塩井川幸生君)


 ぜひ緊急を要しますので,緊急対策等は即かからないと緊急になりませんので,早くしていただきたいと思います。続きまして,市営駐車場の無料開放についてでございますが,今国分商店街,シビックセンター利用のために土日祝日以外は無料開放できないという回答でございますが,利用者から見ますと,花の金曜日ですね,金曜日車をとめてゆっくりとできないと,駐車場は9時20分までで閉まってしまうわけですね。そういった夜の間が,私は平日も無料開放にしていただきたいんですけれども,夜9時からはもう閉めるわけですから,そこを無料開放できないかと,こういった点はどうでしょうか。


○総務部長(今村恭一君)


 通常の日の夜開放しますと,さまざまな問題が生じます。まず,この近辺の方々が車庫代わりとして使うおそれがあること,それから近辺にはいろんな問題の中で,まず,不法駐車が増えるんじゃないかということやら,駐車場を経営している人がいっぱいおられるわけですけども,その人たちの経営を圧迫するということ,本来の日に用務のある人がとめられなくなる可能性もあるということ,イベントをするときに不法駐車でずっととめておられたらイベントがなかなかすることができないということ,それから最大の,この市営駐車場は身体障害者協会に委託しております。無料開放しますと,その身体障害者協会の人たちの働く場所がなくなるということも考えられますけれども,まず,市役所に用務のある人が自由にとめられるスペースを確保しておくためには,やはり2時間まで無料という形で夜も駐車でき,料金を取るということを考えております。


○21番(塩井川幸生君)


 今,土日祭日とか3連休があったりしますよね,ああいうときはどうなっているんですか。ずっと無料開放ですよね。ずっと朝まで開いたままなんですよね。どうなんですか。


○管財課長(津曲正昭君)


 金曜日の夜は一たん閉めます。で,土曜日からは無料開放ですので,朝開けて,土曜日,日曜日は当然無料開放です。また次の月曜日の朝は一たん閉めてというような形をとっております。(P126に訂正あり)


○21番(塩井川幸生君)


 ですから,3日連休とかやったらそのまま開いてるわけですよね,休みのときは。だから,そういったときにそうやって不法駐車とかそういった何かもめごととか,市が困ったということがあったんですかね。今一番長い連休は3連休とかあるわけですけども,そういうことはなかったですか。


○管財課長(津曲正昭君)


 例えばイベントをこの日に行うとなりますと,事前に何日か前からお知らせをしたり,あとローピングをしてもう入れないような状況をつくって場所を確保するというようなこともやっておりますし,土日に限らず通常の日でも一晩とめられたりとか,二晩とめられたりとかして,そのままというようなこともあったりして,ちゃんと料金は払ってくださる方は払ってくださるんですけれども,そのままというようなのもあるようです。


○21番(塩井川幸生君)


 私が言うのは,3日連休あって,3日無料の時期があるわけでしょう。そのときのトラブルと,料金を払うときは有料のときですから,ただ無料のときにはもうなかったですかと。3日間開けっ放しになっとるわけでしょう。だから,その3日間の連休のときに事故とかそういう苦情とか,そういうことはなかったですかって。


○管財課長(津曲正昭君)


 私の知る限りでは無料開放してる土日,祝日,休日などに特にトラブルがあって苦情が来たということは聞いておりません。


○21番(塩井川幸生君)


 総務部長がそういうのを懸念されて,答弁されましたけれども,3日してないということは,まあ試験的にもやる効果は私はあるんじゃないかと思うんですよね,無料化に向けてですね。そういう固定観念で考えてものを言われたら,何も経済効果も起こってこないわけですから,経済効果が出てこないという考えであったら,それはもうどうしようもないことですけれども,そこらの。


○総務部長(今村恭一君)


 今,市長からちょっと聞いたんですけども,出初め式で車がとまっていて,それを除去するのに大変な苦労をされたということもありますけれども,以前,国分市が,旧国分市が駐車場無料開放しているときに,2時間までは無料だったんですけども,この近辺に働いている従業員の方々が,そこに通勤用の車をとめて2時間前にまた来て,そして出して,それを繰り返して券売機でものすごい駐車券が発行されたことがあります。そして,あの近くの従業員の人たちが駐車場代わりに日常化してしまった事例もありますので,今のところはなかなか夜も無料開放するのは難しいんじゃないかと考えております。


○21番(塩井川幸生君)


 もうこれ以上のいい答弁は返ってきそうにございませんので,もうやめますが,ぜひ,私は経済効果は十分あると思いますので,出初め式で市長が言われたといいますけど,出初め式するときにちゃんと前もって分かっているわけですから,それは準備はできるわけですね。そのときどうこうというんじゃなくて,準備が悪かったということです。私も消防団ですのでよく分かります。続きまして,臨時職員雇用については,答弁がございましたけれども,この26名されて,今8名採用されたと。これもうちょっと期間が1か月とか短いからなかなか応募が少ないと思うんですね。せめて半年ぐらいのスパンをもってくれたら,もう本当1か月ぐらいでは本当腰かけなんですね。もう本当の日雇いに行くようなものなんですね。こういうのでは私は来ないと思うんですね。せめて半年あったらと。1か月行くんだったら,かえって面倒するわけですよ。それが6か月とか,そういう考えはございませんか。


○総務部長(今村恭一君)


 現在,緊急雇用で臨時を雇用しているのは1か月間でございます。市に雇用で来られる方は,まず職場をリストラ解雇されたり,雇い止めをされた方などは安定した職場というのを求められておられる方がほとんどでございます。それで,まず職安に行って離職票を出して,そこで失業保険をもらいながら次の職を探すというのが通常でございます。それで,市に来て臨時で雇用されるというのは,職安の失業保険をその中から引いた額が支給されたり,個人によってケースはいろいろだそうですけども,そういうような関係で,まず安定した職場というのを求められている関係上,なかなか問い合わせは多いんですけれども,1か月の雇用の中ではこういう8名という状況になっております。でも,市の考え方としましては,通常の臨時職員という方も多数願書を出されております。それとは別に,緊急雇用で雇用する人については,自治体によっては6か月とかしているところもありますけれども,霧島市としては短期間の雇用というのを考えているところでございます。


○21番(塩井川幸生君)


 今年度は60名と考えておられますが,全く同じ条件ですか。


○総務部長(今村恭一君)


 同じ条件でございます。ただ,1か月の人がさらに雇用を望まれる場合で,そういう申し込みが少ない,枠があるときには,それをまだあと1か月延ばすという方法も考えております。


○21番(塩井川幸生君)


 ですから,今年出されたこの提案が評判が悪いから26名にしても私は来ないんだろうと思うんですね。だから,来年度に60名つくっても,同じ条件だったらまた同じ結果で,10人来るか15人来るか分からないですよね。本当腰かけで,職安に行きながら,私も知ってる人で職安にしょっちゅう行ってするんだけど,その合間は仕事できないですもんね。じゃ,今日明日,2日出てきますから,明後日はちょっと職安に行ってきますから職安とちょっと会社見たりしてきますって,そういうわけいかんわけでしょう,この仕事は。どうなんですか。


○総務部長(今村恭一君)


 おっしゃるとおりです。1か月働くわけです,市のほうで。ですから,次の職を探すというのもなかなか難しいと思います。それで,市の緊急雇用の人については職安のほうにも霧島市で1か月雇用のこういうのがあるよというのは紹介をいただくように広報をしております。


○21番(塩井川幸生君)


 ですから,霧島市としては月曜日から金曜日でしょう,募集がですね。だったら,この猶予期間の次の仕事をどうこうという前に,1か月間拘束されるわけでしょう。何も,活動も何もできんですがね。何も対策じゃないです,緊急対策じゃなくて,ただ職がないもねかれば,ちょこっちかせをせんなあというようなことで,全く日雇い的な緊急対策なんですね。だから,こういう対策がそういう困った方々にためになってるかといったら,私はなっていないと思うから,これを改める考えはないですか。


○総務部長(今村恭一君)


 先ほどもお答えしましたが,職業安定所で失業保険をもらいながら職を探すという方法が一番職を探す方法としてはやりやすいやり方だと思います。市のほうは,1か月という間は職を探せないというのは前提にありますけれども,そこ辺も市で1か月働く中で,そういう条件だよというのは話はしてあります。ですから,土曜,日曜というのは活用できるかもしれませんけれども,土曜,日曜がハローワークが開いているわけじゃないですので,なかなかそこ辺は難しいと思いますけども,通常の臨時職員の雇用というのもしておりますので,そこ辺の兼ね合いを見ると,緊急雇用でした人を長くというのは今のところは考えていないところでございます。


○21番(塩井川幸生君)


 ですから,派遣社員の首切りとか,とめられている方なんかが,緊急に半年なりその期間だったら十二分に,半年したらすぐ景気が回復して次があるのかというたら,ないわけですから,今現在,自分たちは,部長もさっきも言われたが,6か月で回復するなんて考えられないでしょう。だからこの1か月でできるあれじゃないから,それを1か月,2か月と決めてあるけど,期間を延ばして,腰を据えて,いい会社が見つかるまでとか,そういうことは前向きに考える余地はございませんか。


○総務部長(今村恭一君)


 今のところはございません。


○21番(塩井川幸生君)


 後ほど,公務員の給与のことで申し上げますが,そのときにまた申し上げます。雇用については,どうにもならんようでございますので,やめます。2項目めに,総合支所の今後についてお伺いしますが,私も何回となく求めておりました。事務処理の迅速化,そういったことで質問してまいりましたけれども,この対策の何回も委員会をする,すると言われますけども,企画部長の答弁はいつも学識経験者や市民の代表の委員として,こうしてやってまいりますと言われますけれども,これは私も半年も前から言っていると思うんですけれども,この対応が今総合支所管内の地域の市民に対して,市民が不安をものすごく持っているわけです。もう総合支所はねごんなったいげなという状況で話される方もおります。ここはほんのこんの支所に早よなったいげなと。あと1・2年もすりゃねごっなったいげなとか,そういう不安を今持たれている市民が,ここの隼人,国分にはいらっしゃらないと思いますが,周辺地域にはたくさんおられるわけです。そういった対応を今どうとられておられるんですか。そういう市民の対応についてどう思われますか。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 合併の際に,10年間は総合支所方式をするといったところでございました。その間,職員の適正化という問題が出てまいりまして,去年の4月で107名減りまして,今度の4月もまた50名近く職員が減ろうかと思っております。そういった中で,霧島市の組織,特に総合支所のあり方をどうしようかというのは,一つの喫緊の課題となったのが,福山総合支所のうちの牧之原支所が建替えないとどうしようもないという現実が出てまいりまして,早急にここの部分は,議論しなければならないというようなことでございました。総合支所は,まず10年間は残りますけど,その後はなくなるのではないかというご議論に対しては,今回,福山の総合支所を牧之原のほうに建替えるということですので,まずなくなるということはないという部分はご理解いただけるのではないかと思っております。あとは,その組織の中身がどうなるかということでございますけれども,先ほど申しましたとおり,今年の4月1日には,もう合併からしますと157名,約160名ぐらいの職員が少なくなってまいりますし,例えば先ほど農業委員会の関係もございましたけれども,今度は権限移譲で,新たな事務なども発生してくると。そういったことなどを考えますと,この組織というのはどうあるべきかというのは,早急に考えなければならないと,そういった中で,組織そのものは本来は管理運営事項ではございますけれども,やっぱり住民の皆様方に便利に使っていただくためにはどうあるべきかということで,行政改革推進委員会の方々のご意見も伺いながら,現在の総合支所の状況などを勘案しながら,今ご議論いただいているところでございます。


○21番(塩井川幸生君)


 ですから,職員の適正化,そういったことを考えた場合に,私が提案しているそういった事務手続き,また打ち合わせ等の簡略化ということが一番市民は不満に思っているわけです。総合支所に行って相談に行ったのは1人か2人しかいないわけです。その人に部長もグループ化,グループ化とされましたけども,グループでなくて1人なんです。だから,何を聞いても,ちょっと課長がおりません。知っている方がおりません。それで何も機能してないわけです。ですから,そこに課長なり係なり,本庁にわざわざ来んでもいいわけです。ですから,そこをつなぐ手立てを早急にする考えはないのかということを私は前々から提案しているわけです。それを早急にすることが,周辺地域の,市民が一番納得するわけです。やはり権限も小さいですけども,持っている課長たちがおったらほっとするわけです。ですから,そういったのをするためにも,それが必要ではないかと思うんですが,どうなんですか,そこを早く対応する,ここに書いてある,また学識者もそういう人を集めるとか,集めんでも,せんにゃいかんことだと思うんですが。しない限りは,市民は不安があるわけです。若い職員1人おって,分からん,分からんじゃ余計不安になる。そこはどう思いますか。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 管理者の方が不在にして,本庁に別途来るとか,そういったことを解消するために,たしか12月議会で,電子決裁とかテレビ電話会議とか,そういったのをご提案になられたと思っております。この件につきましては,集中改革プランの中でも早急に方針を決定するとしておりますけれども,ただ総合支所と本庁が,特に今回なんか50人ぐらい減っていきますので,そこの役割分担というのはどうなるかというのが,少しまだ見えない部分もありますので,そういったところが見えてきたならば,方針を決定していくことになろうかと思います。ただ,これはやる,やらんという方針の決定というふうに理解していただければありがたいと思います。


○21番(塩井川幸生君)


 私もよく分からないんですが,パソコンとパソコンで,映るようにするのは,お金もそんなにかからんのではないですか。部長,知らないですか。


○行政改革推進課長(濱?正治君)


 お答え申し上げます。テレビ会議システム,これにつきましては,今回見積りをもらっておりますけれども,役所が7か所ありますので,会議室の室にテレビを置いて,そしてそういうシステムを設置して,というようなことでいけば,7地点同時会議ができるようなシステム導入につきましては,700万程度というような見積りもあるようでございます。ただし,これにつきましては,それをつなぐネットワークについては,既存のものが使えるという前提での,そういうふうな見積もりでございます。


○21番(塩井川幸生君)


 少なくても,700万で1市6町ですから,100万ずつです。そんな安い経費で顔の見える行政ができるわけです。すぐせんないかんことなんです。ですから,わざわざ来て,市長と副市長と必ず会って,しゃべらんないかんのかと私は思うときがある。テレビがある前で,しゃべったら,全部済むことだと思うんです。隠し事はしないわけですから。ですから,そういったことで,1町当たり100万で済む経費を惜しまずに,早く顔の見える総合支所,本庁との連携をとるようにしてもらいたいと思いますが,いかがですか,市長。


○市長(前田終止君)


 12月議会に引き続いて,塩井川議員からこの件についての質疑が続いているわけでございますが,合併して3年過ぎて,大きく職員の数も減っていると。そして,総合支所は市民から見て,かつて合併前の姿から考えると,大きく人件費削減効果は出ているものの,寂しいと。そしてまた,具体的に,決裁システム,そういうものへのスピード感,効率というものを考えた場合,電子決裁システムだとか,あるいはテレビ会議システムなどなどを通信回線,これを将来に備えて徹底して準備をし,今の組織のあり方をもっと将来を見据えたスリムな,その上にもスピード感のある手法をとれというご指摘というふうにお聞きしているわけでございますけれども,そのようなことを含めて,現在,行政改革推進委員会で議論を,大所高所から,市民の代表並びに議員のほうからは,そういうことばっかりしているということで,今そういうことをしっかりと議論をしきってやり切らなければ,市民の皆さん方の血税をなるべく有効にしっかり使うということはできないわけですから,もちろん,私が政治決裁でとんとんと行けという側面も,大中小,たまにあります。だけど,やっぱり,この手の問題は,お互いに納得度をしっかり上げて,市民の声を聞きながら,しっかりやっていくという対応が必要かなと,大事かなと思っておりますので,指摘については,よく気持ちは理解しているつもりでございます。


○21番(塩井川幸生君)


 総合支所がなくなったり,やはり市民は不安を持っておりますので,そこを,今市長の経費とかいろいろ言われますけども,今言われた700万です。それで,課長と次々と行ったり来たりする経費を考えたら,どっちが高いと思いますか。こっちのほうがずっと顔が見えて,腰を据えて,お客さんが来たら,すぐ対応ができるわけです。だから,そういうことを総合支所のあり方として,しっかりと地域に根差した総合支所体制が,市民が理解したら,何も心配しないわけです。だから,そこをちゃんとまとめてから,ワンステップ上に話を進めていただきたいと。何もせずにおってそういううわさが出ただけでも私は嫌な気持ちになるわけです。聞かれたら,やっぱり答えないかんわけです。そんなことはないですよと。ですから,そういう,地域は地域でちゃんとまとまる地盤を固めて,それからステップを踏むというのは,原則ですので,そこは絶対に履き違えないように,前向きに進めていっていただきたいと思います。続きまして,臨時職員の処遇について,ここに私は総合支所の今後についてと書いてありますが,行財政改革の間違いでございましたので,申しわけございません。臨時職員の,12月にもらった資料を見ますと,安い人は,いくらだったですか。6万いくらだったですか。それから高い人が29万4,000円か3,000円だったですね。そういった臨時職員の中でも格差があると。私は今回,申し上げたいのは,阿久根市長が職員の給料を公開したと,私もインターネットで拾ってみますと,周りの市民が見てどう感じるかはあれですが,私自身もびっくりしました。臨時職員が一番高い人でいくらだったですか。


○総務課長(阿多己清君)


 昨年の12月議会でお答えをいたしましたけれども,給食センターに勤務する臨時職員ですけども,29万ほどでございます。


○21番(塩井川幸生君)


 私は,年俸を聞きたいわけでしたが,それに掛ける12でいいわけですね。ボーナスもないわけですね。霧島市の職員の平均給与はいくらですか。


○総務課長(阿多己清君)


 一般行政職の職員になりますけれども,給与費明細書にも掲げておりますが,平成20年度の予算書によりますと,33万3,000円でございます。年齢にして42歳でございます。


○21番(塩井川幸生君)


 課長,済みません。霧島市の職員の年収の平均。六百何十万あると思うんですけれども,それが分かっていたら教えてください。


○総務課長(阿多己清君)


 一般会計予算の人件費で職員数を割った数字で,ご回答申し上げたいと思いますけれども,19年度の数字しか人件費,持ってないものですから,640万でございます。


○21番(塩井川幸生君)


 共済費まで入れてですか。


○総務課長(阿多己清君)


 共済費は入っておりません。給料と職員手当等でございます。


○21番(塩井川幸生君)


 民間では,会社が払う,市が払う共済費を足したのが1人頭のあれでございますので,共済費まで含めた部分を全部ひっくるめて,平均がいくらなのかというたら,相当上がるわけです。そうでしょう。1人当たりの経費が。ですから,私が申し上げるのは,もう一つだけお願いします。臨時職員で,今さっき29万4,000円だったですか。それは掛ける12の金額でいいですか。


○総務課長(阿多己清君)


 そのとおりでございます。12月を掛けていただければ結構です。


○21番(塩井川幸生君)


 市の職員の方々が,私は平均しますと,700万近くなるんじゃないかと思うんですが,その給料と三百何十万,その金額,2分の1でもまだ足りないと。一番臨時職員の一番高い人が,こうなるわけですが,この違いをどう考えていますか。


○総務課長(阿多己清君)


 確かに金額に差があるのは事実でございます。今回,その人事院の通達にもあるんですが,行政職給料表の諸号俸に基づいた単価を設定するということで,国の機関に,それぞれ人事院のほうが通達をしているようです。それを受けて,各地方自治体も取組むことになるんでしょうけれども,現段階では,まだ私どものほうに国・県のほうから来ておりません。その人事院通達の通達を受けまして,今回21年度の賃金についても,若干の見直しをして,改善を図るべく,今予算を協議をしているところでございます。


○21番(塩井川幸生君)


 市長は,この賃金格差といった面では,どう考えてますか。市長は,市長報酬を下げておられますので,職員がもらう給料,臨時職員がもらう給料を考えたときに,その格差をどう考えておられますか。


○市長(前田終止君)


 正職員と臨時職員の給与格差への市長としての感想ということでございますけれども,十分に私も,その点については承知いたしております。答弁でも申し上げてございますように,今後,また将来に向かって,少しでもその格差が是正できる方向への多くの勉強を,あらゆる角度からさせてもらっているところでございます。ただ,その出発点,入り口点において,どだい最初から条件が違う中で採用の形態が始まっておられます。そういう中から発生してきた現実ということで,このような状況になっていることもご理解していただきたいと思います。


○21番(塩井川幸生君)


 この格差がまだ同じになるということはまずないですけれども,職員さんよりできる臨時職員さんがおるという現実もあるわけです。これはまた情けない,給料がその人は倍ぐらいもらっていると。そういう現実を踏まえて,しっかりと対応していただきたいと思います。県の職員は6%削減とか,やっておりますが,霧島市の給与水準から見て,そういったことをどうかしてくれんかというようなことは,市長の考えはございませんか。


○市長(前田終止君)


 職員給与の削減ということにつきましても,市民各位の,私自身がリーダーの方々とか,市民の方と接するときに,そういうご指摘も今日までも,市長職の3年間の間に複数の方々からもかねがね指摘も受けておるところでございます。そういう中で,現実的に,この市政運営,組織の運営,また経営的感覚をと,こう持ちながら,皆さんの声も聞きつつ,そしてまた市職員もやる気がしっかり保たれながら,市政のあり方を一生懸命探して頑張っているというところでございますが,そういう中で,まず身を削るという方向を真っ先に出していくのは,私自身が自ら最初にその範を示しながら,この4年間,初代市長として覚悟しながら臨むよという気持ちは指し示しておるつもりでございます。ご承知のとおり,両副市長,教育長,4年間を通じて20%カットという実情で当然のことながら,それをよしと受けとめながら,頑張っております。そのかわり,いわば組織のあり方,そして人件費の削減努力,さまざまな形態で頑張る市民,職員,そういうものが人件費を最初からカットしてくるということに,いきなり踏み込んでいくという段階から目をつけるよりも,まずは全体の創意工夫,できる限り努力をし切って,やがて,本当にそのような必要性というものを判断をするべき時期が来れば,さらに,真剣な検討もしなければならないかもしれんということも念頭に置きながら,厳しい市政運営に向かわさせてもらっているところでございます。


○21番(塩井川幸生君)


 つい最近ですけれども,職員の方に市営住宅に住んでいる方が相談されたと。ちょっと危ないから,ちょっとしてくれんかというたら,まず一言が,銭がないということであったのは2・3人聞きました。どこの支所とは申しませんが,そういう職員さんもおられます。銭がないと,まず市民目線で職員の方々もしっかりと見たら,目の前がちゃんと見えると思うんです。だから,市民目線なのか,公務員目線なのか,今,本当に困っている人,市営住宅に住んでいるが,こうだから,銭がないと,市の職員がそういうわけです。あんた,給与引かれたことがあるのかと。ボーナスが下がったことがあるのかと。怒りたいです。そういう人たちにたくさんやるよりも,一生懸命まだ頑張っている人にやったほうがいいわけです。当たり前のように考えておられる体質が目につきましたので,今日申し上げました。この問題はまた大事な問題でございますので,そういう指針が決まってから,また申し上げたいと思います。最後になりますが,農政の4項目め,地目変更の通知について,議長,1分間だけください。この問題で,年をとった方々にたくさん通知が来ているわけです。また,何で今の時期にと,件数が多いわけです。今さっき件数もたくさん言われましたけれども,これで1人当たり4万円かかると。定額給付金が1万2,000円,それが出る。何の振興にもならんです。まだ足さにゃいかんことになる。これをなぜ今の時期に,そういう定額給付が出るときにせにゃいかんのか。まだ猶予があったんじゃないかと思うのですが,こういうことをちょっと時期も考えて,やはり,そういうのが当たり前じゃないかと思うんですが,最後になりますので,こういったお年寄り等々に大変迷惑をかけている内容でございますので,この点について最後にお聞きして終わります。


○農業委員会事務局長(西山幹夫君)


 今回の通知につきましては,先ほど答弁いたしましたが,国の示しております耕作放棄地全体調査要領に基づきまして,農地であるかないかの判断を行った後,所有者に対して,地目変更の要請をするという流れになっております。ただ,今回のお知らせと申しますのは,これまでは例えば植林をされたりしますと,4条申請といいまして,農業委員会の申請をして,許可を得てからでないとできなかったわけでございますが,この通知書をもとに,今回のは4条申請の手続が省かれるというものでございます。そのようなことから,通知を差し上げた自然林となっております農地につきましては,そういう通知をさせていただいておりますので,4条申請は不要ですよと。だから地目変更の登記をなさってくださいという通知でございます。この時期が議員のおっしゃるようなそういった時期と重なったとか,そこのところを農業委員会サイドでは想定したものではございませんので,ただ農地につきましては,地目が変わった場合は,地目の変更を速やかに一月以内に行うということが不動産登記法の37条でも規定されておりますので,農業委員会といたしましては,現地を見まして,10月の総会で決定をいたしましたので,その旨の通知を,今度は所有者ごとに1件1件洗い出して,通知を差し上げただけでございます。そういうことをご理解いただきたいと思います。


○議長(西村新一郎君)


 以上で,塩井川議員の一般質問を終わります。次に,31番,今吉歳晴議員より2件通告がされております。したがって,今吉議員の発言を許可いたします。


○31番(今吉歳晴君)


 私は,先に通告しました2件について質問します。まず,飯塚オート場を主催する福岡県飯塚市が,本市に場外車券場建設を進めていますが,公営競技施設設置に対する市長の考えをお伺いするものであります。新聞報道によりますと,飯塚市は,既に昨年12月に2回の住民説明会を開き,地元からは雇用,交通面での安全確保の条件は出されたが,反対意見はなかった,全会一致で計画は了承されたと報道され,今後霧島市に,計画についての説明を行う予定とのことであります。昨年1月23日付の新聞によりますと,熊本県のほぼ中央に位置する氷川町でも,オート場場外車券売場建設が計画され,地元では地権者や住民の同意取りつけが進んでおり,早期の着工営業を目指し,年間売上げ60億円を見込んでいるとの報道であります。前年の10月,飯塚市公営競技部長が氷川町を訪れ,説明されていますが,そのときの様子を記者に聞かれた副町長は,会ったのは事実だが,公式な協議はしてない。町としては,白紙で関知していないとのコメント。私は,その後の経緯について,氷川町に電話をしてお伺いしましたところ,その話は立ち消えになっているとのことであります。また,昨年11月12日の飯塚市市民経済委員会会議録によりますと,同年5月開催の委員会の席上,福岡県の吉富町に建設計画中の場外車券場売場について説明されていますが,わずか半年後の11月の同委員会では,吉富町長の議会,住民意思により同意しない旨コメントを受け,断念せざるを得ないと報告されています。全国唯一実現した例として,群馬県伊勢崎オート場を主催する伊勢崎市は,この地から北にオート場場外車券場はないという状況下,新潟県堀之内町に東京都競馬が総事業費12億5,570万円を負担し,平成11年12月,伊勢崎市直接運営による全国唯一の場外車券場アレッグ越後を開設しましたが,開設以来,営業不振が続き,わずか3年4か月後の15年3月閉鎖,現在,全国には1か所もない状況であります。伊勢崎市では,有識者8名からなるオートレース経営再建審議会が市に対して日本自動車振興会の交付金,上納金とも呼ばれているようであります。延納特例期間3か年終了後,経営基盤の強化が図られず,赤字体質が改善されなかった場合,オートレース事業を廃止するよう提言しています。また,浜松市においても,平成17年11月,有識者で構成する浜松市オートレース事業検討委員会は,現状のままでの事業運営は困難であり,一定期間を設けた後,廃止が適当であり,一定期間の事業経営については,包括的民間委託をし,選択肢の一つである旨の提言により,既に平成18年4月から包括的民間委託とされています。千葉県は船橋オートを船橋市と共催していますが,外部監査指摘として,現行スキムの下での赤字脱却は困難であり,早期に事業から撤退するか,今後とも事業を存続させるのであれば,単年度黒字化を条件とする旨,2つの条件が示されています。また,オート場の中で最大の売上げ収益を誇る埼玉県の川口オートでは,年間14開催,112日のうち,7開催,56日間主催してきた埼玉県は,平成18年9月,オート競技からの撤退を表明,川口市に解決一時金として15億900万円を支払い,19年度末で撤退しています。埼玉県からの施設使用料収入により黒字化している状況下,オートレース事業のみの黒字は難しいとの見方もされているようであります。霧島市には,溝辺町に場外車券場がありますが,現在,全国には47競輪場,55の場外車券場施設がありますが,年間売上げは19年度8,401億円で,ピーク時の平成3年度1兆9,553億円の半分にも至らず,オートレースにおいては,現在6オート場の売上げは,19年度1,092億円で,平成3年度3,394億円の3分の1以下となり,公営競技のマーケットが縮小傾向にある中,他の競技と比較し,特に低い売上げであります。主催者が包括的民間委託化したり,計画されたりする中,特にオートレース事業の将来見通しは厳しく,展望が開けない状況ではないかと思います。公営競技場,場外売場設置に対する前田市長の見解をお伺いし,次の質問に入ります。夏祭り,花火大会は,市民の楽しみな夏の風物詩であり,国分での開催に統一せず,合併前の従来どおりの開催は維持すべきと思いますが,そこで市長の考えをお聞きします。合併協議において,観光イベント,伝統行事については,伝統や歴史文化が失われないよう,現行のとおり新市に引き継ぐ。ただし,内容や期日等,類似しているものについては,新市において統合を検討するとなっています。その町にあってこその伝統,歴史,文化であり,統合とはある町においては廃止であり,内容が類似しているからと統合ありきで協議してはならないと思います。人口規模では劣る市の周辺部に住み,同じ霧島市民となった今,楽しみにしている夏祭り等への補助金は開催する町にも等しく配分し,存続する手立てをしないと,周辺部は疲弊していきます。市長の聡明な考えをお伺いします。次に,合併市制記念事業は毎年開催されていますが,節目での開催が適当と思います。市長にお伺いしますが,平成20年11月の市長コラムで市長は市民の一体感を醸成するためには,祭りごとや節目の行事も必要であり,元気な市民,明るい地域づくりも大事であると述べられています。私も同感でありますが,合併市制記念事業は,節目に開催してこそ,市民の心に残るのではないかとの思いがあります。以上,壇上からの質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 今吉議員から2点につきまして質問がございました。1点目につきましては,私から答弁いたします。2点目につきましては,関係部長がそれぞれ答弁をいたします。1点目の質問は,公営競技施設についての質問でございました。新聞等で報道されましたように,去る1月28日に地元の自治会長をはじめとする5名の方々の連名による霧島市国分敷根脇元地区に福岡県飯塚市公営競技事業部が運営をいたしております飯塚オートレース場の専用場外車券売場,(仮称)オートレース国分の設置を要望する件,この要望書が本市に提出をされたところでございます。しかしながら,これまでのところ,飯塚オートレース場を運営する飯塚市側から本市に対しまして,当該計画に関する本当に正式な申し入れ,これは具体的にはなされておりません。したがいまして,私どもとしましては,今後の推移を見守ってまいりたいと思っております。


○商工観光部長(長崎 薫君)


 各種行事開催についての1点目についてお答えいたします。各種行事の実施方法につきましては,観光イベントとして,小さなものを一つにまとめ,観光客に来てもらうこと,また知ってもらうことにより,大きなイベントとして実施し,ある程度の経済効果があるものと地域おこしとして,地域に根づいた伝統文化を引き継ぐもの等があります。これまでの市商工会が主体となり旧町単位で夏祭り等が実施されておりますが,これらについては,商工会を通じ,市から補助金を交付しているところであり,今後も続けられるものと考えています。


○総務部長(今村恭一君)


 各種行事開催についての2点目について答弁いたします。霧島市が誕生して早いもので3年3か月が経過しておりますが,これまで平成18年2月12日に霧島市誕生記念事業として記念式典とふるさと祭りを開催いたしました。記念式典では,総務大臣や県知事,合併功労者の方々にもお越しいただき,合併功労者の表彰や,市の木と花を発表するなど,みんなで新市の誕生をお祝いいたしました。また,平成18年11月5日には,霧島市誕生1周年記念式典を開催し,旧7自治体の住民が同じ市民として一体化を進めている姿を県内外に発信するとともに,市民の精神的柱となる市民憲章と市の宣言を発表いたしました。さらに,平成20年11月9日には,霧島市制3周年記念式典を開催し,市民表彰を行うとともに,新しく制作した市歌,愛唱歌及び音頭とおじゃんせ霧島の踊りも披露するなど,合併からの市政の軌跡を発表いたしました。また,記念式典と同時に開催された事業が市民表彰のほか,記念植樹祭や霧島ふるさと祭などもありますが,従来の行事等に冠をつけて開催したものも多数ございます。このように,節目節目において重要な事項を,または市政の様子を市内外の方々に見ていただく,または発信していく場をつくることは,開かれた活力ある公正で公平な市政づくりのためにも大切なことであり,大きな宣伝効果があるものと考えております。したがいまして,今後においても,大きな記念式典等については,節目での開催とする考えでございますが,市民表彰についてだけは,毎年11月7日の市制施行時に原則実施していく予定でございます。


○31番(今吉歳晴君)


 それぞれに,回答をもらったわけでありますが,この公営競技におきましては,正式な申し入れはなされてないということでありますが,新聞報道によりますと,地元では反対意見もなく,全会一致で計画は了承されたということで,地元から市長には推進要望書が出ている以上,これはいつかまた,市長は回答をされるのではないかと考えるわけでありますが,そういうことで,市としての基本的な考えをお伺いいたしたいと思います。まず,飯塚市は,この南九州市にも建設計画を進めているわけですが,昨年の10月19日に,住民説明会が開かれておりまして,事業管理課長は,その半年ほど前の3月,南九州市に出向いて市長ほか幹部職員に事業概要,現状,場外売り場の設置条件あるいは設置のメリット等を説明した旨,飯塚市の市民経済委員会で報告されていますが,いまだ霧島市にはこの説明がないということは,これは,この違いはどう解釈すればいいですか。


○市長(前田終止君)


 私のところに,確かに関係者が2回ほど過去,私の記憶ではおいでになったことはありますが,市当局自身が行政レベルで,正式にきちんと話を持ってこられたことはないという意味でございます。


○31番(今吉歳晴君)


 ということは,設置者の何ら話はないと。


○市長(前田終止君)


 私のところに,今のところ,まだ届いてないわけで,先日の報道等の指摘ございましたけど,その報道の後,確認をしてみますと,行政レベルで,正確な日時等については,係の者が,後で答弁させますけれども,説明が1回あったそうでございます。


○31番(今吉歳晴君)


 溝辺町の例を申しますと,溝辺町の競輪場外車券場は,主催者につきましては,これは武雄競輪場でありますが,設置者は九州みぞべ興産が土地,建物を建設を負担しまして,現在運営しているわけですが,建設当時からこの設置者が住民説明会を開き,住民同意を得ると同時に,議会に対する説明会を開催して,車券場への進入路建設あるいは交通対策等,住民不安解消の取組をしたのはすべて設置者であったわけでありますが,今後,この飯塚市が説明に来るとすれば,当然私はこの設置者も同伴した中で説明を受けるべきと思いますが,いかがな考えでしょうか。


○市長(前田終止君)


 全くそのとおりかと存じます。


○31番(今吉歳晴君)


 先ほど壇上から申し上げましたが,このオートレースの場外車券場があちこちで立ち消えになっているのは,ほかの公営競技の中で,特にオートレースにつきましては,オートレース自体の売上げが少なく,現状に運営上の不安があって,なかなか設置者が二の足を踏んでいることも一つの原因ではないかと思います。また,新聞は,売上げを,南日本新聞,それから読売におきましては,20億とも30億とも報道されておりまして,売上金の1%を市に交付する方針とありますが,溝辺の場合も,どこか同じような報道をされていましたが,結果的には,0.75%の交付でありますから,1%,私はこれは確定した数字ではないというふうに考えるところであります。そこでお伺いいたしたいと思いますが,飯塚市のオートレース事業のこの19年度決算を見ますと,実質収支は6億504万5,632円の赤字で,前年度歳入繰上充用金で措置されているわけでありまして,手元にあります17年度以降の決算では,毎年繰上充用金処理されております。また17年度策定の収支改善計画では,日本小型自動車振興会の交付金,交付猶予金を使って,従業員を全員解雇し,再雇用や施設整備されていますが,3か年の支払い猶予額15億3,055万7,000円の交付金返納が21年度から始まりますし,多くのオートレース事業の経営が悪化し,事業見直しを進める中,新たな投資となる施設設置については,飯塚市には財政的な厳しさを感じるわけですが,その辺についてはいかがな判断をされるものでしょうか。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 先ほど市長がお話した中で,事務レベルでは飯塚市と1回だけお会いしております。それは,新聞に載るまでの間,私どものほうに話がなかったものですから,それに関しまして,どういうことでしょうかということで,お話した中で,そちらに入っていった経緯,そういったものをお話に来たのみで,お話を聞くだけということでございました。先ほど設置者のお話がありましたけれども,お会いした中では,設置者という部分は全然見えていないところでした。そういったことから,まだ私どもは正式にお話を受けておりませんので,そこに対して,そこをまだ分析するに至っていないところでございます。


○31番(今吉歳晴君)


 それでは,この住民同意,これについての考えをお聞きいたしたいと思いますが,経済産業省は,住民同意は必要であるが,市の同意は求めていませんが,後々問題が発生する要因になるのではないかという考えを持つわけですが,いかがでしょうか。


○企画政策課長(川村直人君)


 オートレースの法的根拠でございます小型自動車競走法というのがございます。それで経済産業省が行政指導を行っておりまして,当該場外車券発売施設の設置場所の所在する町内会とまたは地方自治体の長の同意を得ると,地域社会との調整を十分行ったことを証する署名を云々という指導がなされております。したがいまして,町内会と,または地方自治体の同意というようなことでなっております。経済産業省にその辺を確認してみますと,町内会の同意につきましては,必ずお願いしているけれども,地方自治体の同意,その小型自動車競走法に基づく同意というのは,特には言われておりませんでした。ただ,警察あるいは消防関係で,必ず地元の自治体とは協定を結ぶように言われているでしょうから,協定というのは必ず必要になると思います。そういうことでございました。


○31番(今吉歳晴君)


 行く行くはどっちみち行政協定を結ばなければならないわけでしょうし,それからまず警察との協議が必要でしょうから,それについては,どうしても自治体の,この同意は当然求められてくるんじゃないかという考えがするわけですが,そこで,この住民同意のこの範囲については,いかがな判断をされるのでしょうか。


○企画政策課長(川村直人君)


 その辺についての明快な基準というのは設けてはないということでございました。


○31番(今吉歳晴君)


 私は,ある程度,一定の範囲は自治体として示さないと,これは後々いろいろと問題が出てくるんじゃないかという考えがするわけですが,いかがでしょうか。


○企画政策課長(川村直人君)


 その自治会等の同意につきましては,通常は代表の方々の同意で足りるというようなことでございました。具体的な基準を設けてないということでございますので,ケース・バイ・ケースで対応するということでもございました。そして,その例えば自治会の場所等が他の自治体との境界付近であれば,その隣の自治体なんかももらうこともあるというようなことで,状況によっては,ケース・バイ・ケースで対応するということ,あと,そういった自治会内で何%ぐらいの賛成があれば同意とみなすかというようなことにつきましては,それらについても,具体的な何%とかそのようなのはないんだけれども,あくまでも地元での合意形成をお願いをしたいと。話し合いをしていただきたいということでございました。


○31番(今吉歳晴君)


 多数決で決まった同意といいますと,後々この場外車券場設置手順の中では,許可申請書の作成には,地域住民の意思を,同意書への署名捺印が必要である。そうした場合,その代表者の意思だけで事足りるじゃなくて,やはりその意思については,全員の意思が尊重されるんじゃないかと考えを持つわけですが,いかがですか。


○企画政策課長(川村直人君)


 実際の運用としましては,そのようなことはされておられないようでございます。


○31番(今吉歳晴君)


 新聞によりますと,全会一致で了承されたと報道されているわけですが,この全会一致とは,関係する自治会の意思として今後は反対はないという解釈をしてもいいものか,ちょっと迷うところですが,いかがでしょう。


○企画政策課長(川村直人君)


 その地元の方々に詳細にわたっての事情聴取というのは,現在のところはまだ市では行っておりません。したがいまして,どういった形でそのような報道がなされたかというのも,確認はできないわけですけれども,中には,やはり敷根地区の方では,そういうことについては,なかなか賛成はできないという声もあるようには聞いております。


○31番(今吉歳晴君)


 私はこの同意の取り付けはなかなか厳しいものではないかという考えがいたします。この地元自治会からの推進要望書の受理に対しては,市長はいかがなコメントをされたんでしょうか。


○市長(前田終止君)


 私はこの手の話は,昔から,余り好きな話じゃないということをおいでになった瞬間に,座った途端に言いました。ただし,合併して,今日まで来る中で,歳入の確保,財源の確保,本当にトップとして大きな責任を感じながら,苦慮しつつ,今後も努力は続ける。ですから,合併前の自分と,合併後のこのことに関しての自分の政治姿勢,これを若干昔に比べたらソフトに持ってきたという理解でいいかなと。そして,関係者と向き合うたびに,嫌な話だなと,余り積極的な気持ちはないよねということを申し上げてきました。そして,地元の方々がお越しになったときも,同様の意味を,真正面から申し上げておきました。そしてまた,なお複数の団体から,この地域に関係される方々を含めて,反対が私のところにも,また一報届いていることも事実でございます。


○31番(今吉歳晴君)


 となりますと,正式には反対は表明されていないわけですが,その時期はいつかはっきりとしたこの要望書に対する回答はされるわけですか。はっきりとした意思表明はされるのですか。


○市長(前田終止君)


 まだ,今のところ,本当にどこが一体設置される主体的な責任のある立場になられるのか,そして本当に,同じ行政の絡みが,地方自治体として,飯塚市と霧島市,あるわけでございますが,ちゃんとしたさらなる正式な意思表明,そういうもの等をしっかり受けとめて,そしてまた,議会の,今回質問が複数ございますけれども,そういう方々の,市民を代表される皆様方の声,あるいはまた地域の声,市民の声と謙虚に聞きながら,最終的に判断をさせていただきたいと。今のところまだ白紙の状態と,ご理解いただければ結構かと思います。


○31番(今吉歳晴君)


 この全国の施行者団体の中には,オートレース場について,経営改善が求められる今,場外車券場設置は,投資に見合う収入が得られるか分からないとした見解もありまして,現在では,自宅にいながら競技に参加できる,電話投票,インターネット投票も進んでいるようでありまして,競輪とオートレースは同じ経済産業省所管でありまして,平成20年,昨年の4月1日をもって事実上,競輪とオートレースは同一の財団法人JKAに統合されているわけでありまして,今後は,この既存の競輪場が車券場での複合販売が可能になってくるんではないかという予測もするわけですが,オートレースの場外車券売場設置については,市長の慎重な判断を求めてまいりたいと思います。それでは次に入ります。今年の花火大会予算については,計上されてないわけですが,これについてはなぜ中止されたのか。


○観光課長(横手航太郎君)


 今年の花火大会の予算が計上されてないということでございますけれども,今年の花火予算は,結論からいいますと,経済不況のこういうご時世でございますので,自粛するという考えで上げてありません。


○31番(今吉歳晴君)


 これは今後の開催についてはいかがな。


○商工観光部長(長崎 薫君)


 今後の開催につきましては,今後また検討するということで,今回につきましては,さっき課長が言ったとおりでございます。


○31番(今吉歳晴君)


 検討するとは,中止もある。あるいは継続する。その辺のところは今後の判断をされるということでしょうか。


○商工観光部長(長崎 薫君)


 引き続き,実際はやろうという考え方もあったわけですけれども,今後引き続きやろうという考え方はございますので,今回につきましては,経済不況とか,そういうことで中止しようということでございます。


○31番(今吉歳晴君)


 経済云々を言われますと,私は今度3年にされた5年,そういう節目,そういうことをされていくのかと思ったわけですが,景気の回復を待って,いつになるかは分からないが,現在のところは,あくまでも白紙ということで通していかれるわけですか。


○商工観光部長(長崎 薫君)


 時期としては,未定でございますけれども,今後も続けていくということではございました。


○31番(今吉歳晴君)


 基本的には続けていく。しかし,景気の回復が思わしくなければ,現状のまま,中止,休憩をされていくのかも分からないということでしょうか。21年度は,来年度予算につきましては,国分商工会議所に,霧島国分夏祭り支援事業として,1,059万3,000円が予算化されているわけですが,昨年予算化されていたこの横川夏祭りの予算は,今年は載ってないわけですが,いかがでしょうか。


○観光課長(横手航太郎君)


 横川夏祭り大会につきましては,今年は商工会に補助金を流しておりますので,商工会から行くと思っております。


○31番(今吉歳晴君)


 商工会に補助金を流されたということですが,とすれば,昨年の分が上乗せされた商工会の補助金となっているかと思いますが,今年は100万から少ないわけです。ということは,これはどういう解釈。


○商工観光部長(長崎 薫君)


 昨年二重に計上していたということでございますので,今回につきましては,商工会の補助金の中に含めて計上いたしております。


○31番(今吉歳晴君)


 この商工会の運営費と,これは夏祭り開催補助金として,別々に商工会には補助金を流されていたのですか。


○商工観光部次長兼商工観光政策課長(柳田秀徳君)


 横川町の夏祭りにつきましては,20年度まで商工会を通じての補助と,直接の補助と,先ほど部長が答えましたように,2通りからなされておりましたので,ほかの町と均衡を図ったということで,横川町の夏祭りにつきましては,商工会を通じて一本化されたということでございます。金額につきましては,商工会を通じて,これまでやっていた額と同額だけでございます。


○31番(今吉歳晴君)


 となりますと,横川の分は入っている。あと,ほかの分についてはいかがですか。例えば私は溝辺出身になりますが,溝辺の分,あるいは隼人夏祭り,これについては,もう中止される。どうなんですか。


○商工観光部次長兼商工観光政策課長(柳田秀徳君)


 ほかのところの夏祭りについてお答えいたしますけれども,商工会を通じましては,溝辺の夏祭りにも補助しておりますし,霧島はおじゃんせ市とか,横川の秋市とかも補助いたしております。商工会を通じての分でございます。


○31番(今吉歳晴君)


 同じ霧島市であります。例えば福山町,これについては,やはり補助金は流されているわけですか。


○商工観光部次長兼商工観光政策課長(柳田秀徳君)


 商工会を通じてのイベント等の補助でございますけれども,福山の分は入っておりません。


○31番(今吉歳晴君)


 片方には補助金を流す,そして福山の夏祭りは流してない。これはどういうことですか。


○商工観光部次長兼商工観光政策課長(柳田秀徳君)


 商工会を通じてやっている事業は,地域総合振興事業でしているわけでございますけれども,商工会からの予算要求の中で,商工会は各地域において地域活性化のために各地域にイベントについて,それぞれの自主性を尊重してやっているということでございますので,商工会の予算要求に基づいてやっているところでございます。ご質問のところの福山とか霧島の夏祭りなどは自主的に自分たちで,自助努力によられましてやっておられるものと理解しております。


○31番(今吉歳晴君)


 自分たちで自主開催されているんでしょうが,例えば補助金があれば,それなりの花火も打ち上げられるでしょうし,同じ夏祭りをするのに,例えば国分の夏祭り,これについては,1,059万予算組んであるわけです。そうした中では,もう一遍お聞きしますが,夏祭り補助金は,商工会を通じて流されているのはどことどこですか。


○商工観光部次長兼商工観光政策課長(柳田秀徳君)


 夏祭りに限って申し上げますと,溝辺夏祭りと横川夏祭りでございます。


○31番(今吉歳晴君)


 昨年,花火大会があったとき,国分納涼花火大会実行委員会と隼人町夏祭り実行委員会それぞれ会合をされているわけですが,隼人の夏祭り実行委員会の中では,日当山の地域の祭りとして,小規模でもいいから計画したいので補助金を出してほしいという要望があるわけです。これについては,市長,いかがでしょうか。私は,やはりこの要望がある以上は,ただ1か所に特定するんじゃなくて,地域で取組むこの行事には,それなりの補助金は出して,存続していくのが一番いいのではないかと思うんですが,いかがでしょうか。


○商工観光部長(長崎 薫君)


 議員の言われるとおり,日当山から最初,要望がございました。途中で,我々は事務局とか,そういうことはできないので,実行委員会ができないので,できませんということが出てまいりましたので,補助金を切りました。


○31番(今吉歳晴君)


 違うんです。隼人の協議結果は,隼人夏祭りは実行委員会で開催できないということで決定した。しかし,日当山の地域の祭りとして,小規模でも計画したいので補助金を出してほしいという要望です。納得はしたが,夏祭りは中止してもいいですよ。そのかわり,小さくてもいいから,日当山の地域の夏祭りとして,残してほしいという,いくらでもいいから,補助金を出してという,こういう要望があってきてるわけです。というふうに私は解釈するんですが。


○商工観光部長(長崎 薫君)


 私どもとしましては,途中で日当山,最初やりますということで,補助金を出すとしていたわけですけれども,後で,我々は事務局とかそういうものはできませんので,やめますということを言われたものですから,できませんですねということで,話し合いをしたつもりでございます。


○31番(今吉歳晴君)


 先ほど壇上から申し上げましたが,合併協議会の中で,内容,期日等,類似しているものについては,新市において統合するとしていますが,600km2のこの霧島市で,国分1か所で開催ということには,これは相当無理があるんじゃないかと思うんですが,いかがでしょう。


○商工観光部長(長崎 薫君)


 このことにつきましては,イベント調整が行われまして,そういう話がありました。そのときに,これも合併の協議会で,イベントについては,先ほど言われましたように,伝統,文化,歴史が失われないようにというのが入れてありましたので,そういうものを検討したわけですけれども,内容,時期,類似しているものについては,新市において今後検討するということになっておりましたが,我々の市から,これはやめなさいとか,これはしないほうがいいよとか,統合しなさいということにつきましては,今観光で行っております九面太鼓と神楽,それを2つを合併したのが一つでございます。あと,花火とか,そういうものについては,合併とかそういうものはしておりません。


○31番(今吉歳晴君)


 合併前は,いろいろと例えば隼人につきましても,夏祭り補助金として550万,それから溝辺につきましても165万,それが出ているわけですね。やはり,この補助金に頼らないと,国分は企業もありますから,開催はできるんでしょうが,なかなか上場の地域においては,なかなか寄附金も集まりにくい状態ですから,どうしても寄附金を当てにしないと開催が危ぶまれるような状態なんです。そう考えますと,やはりこの辺については,地域の広さも広いわけですから,やはり地域の楽しみというのは,残すべきであると思うんです。私はこの統一を市民は絶対望んでいるわけじゃないと思いますが,いかがでしょうか。


○商工観光部長(長崎 薫君)


 先ほども次長が言いましたように,商工会によって,溝辺とか横川とかいう場合,商工会に補助金を流して地域でやってもらっているということでございます。ですから,地域のものを統一してやろうとかそういうことでなしに,地域で自分たちにやられるところもあると思いますけれども,ただ補助金のカットとかそういうものは財政上の問題であると思いますけれども,地域で自主的にやっていただくこととか,商工会でやっていただくこととか,そういう部分については,また補助金を流していきたいと考えております。


○31番(今吉歳晴君)


 流す場合は,商工会の運営補助と夏祭り事業補助,これを別々に離して,分けて,やっていただきたいものだと思います。この市の中心部においては,期日が前後して大きな祭りがあるわけですが,例えば京セラ,ソニー,独自の夏祭りを開催されているわけですが,市独自の開催ではなくて,例えば京セラ,ソニーと,共催という形の開催というのは考えられたことはなかったのでしょうか。


○商工観光部長(長崎 薫君)


 京セラ,ソニー,アルバックというような感じで夏祭りはあるわけですけれども,市と共催して,こういう会社とやるというのは今まで考えておりませんでしたが,ただ趣旨が違うのではないかというのがあります。職員とか家族等の親睦とか交流とか,そういうのを目的とした会社の夏祭りではないかと思いますので,地域を全体参加するというのはどうなのかなと思っているところでございます。


○31番(今吉歳晴君)


 行革推進監に1点お聞きしたいと思いますが,この特に大きな霧島市にあっては,地域ににぎわいを取り戻す手立てをすることが一番大事だと思いますが,特に人口の多い,少ないを尺度にしてはならないと思います。そうであれば,統一するのではなくて,やはり地方で開催できるものは,地方で開催していくような手立てはぜひ欲しいと思うのですが,いかがでしょうか。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 それぞれの目的があろうかと思います。その目的が例えばそこの地域活性化とか,いろいろ考えながら,例えばこれは地域の活性化,これは観光,これは市民の憩いとか,いろいろな目的を考えながら,今後考えていくべきであろうかと考えます。


○31番(今吉歳晴君)


 3点目で一つお聞きしますが,21年度予算に国立公園75周年記念事業が計画されていますが,この目的は何でしょうか。


○観光課長(横手航太郎君)


 国立公園75周年というのは,今年3月16日,やってきますけれども,それに対しまして,霧島市では,経費をかけずにどんなことができるかというと,今度国立公園関係都市協議会というのが全国のものが霧島市で開催されますので,それを利用しまして,国立公園75周年記念という冠をつけまして,全国の市長さんたちをお呼びして開催する計画でございます。


○31番(今吉歳晴君)


 これは,市の単独事業としなくて,環霧島5市2町で取組むべき事業には非常にふさわしいんじゃないかというような感じがするわけですが,いかがでしょう。


○市長(前田終止君)


 昭和9年3月16日に国立公園の保護指定を受けまして,ちょうど75年目の節目の年でございます。80年近く前から,日本最初の国立公園を勝ち取りたい。そういう運動が瀬戸内海,雲仙,霧島,続いて,結果それを成し遂げて,75年後が今日の世界でございます。私といたしましては,限りなく少ない予算で,この国立公園のあり方というものを市民の皆さん方に問いかけたい。そしてこれをきっかけに,さらに国立公園のあるべき姿,方向性を位置づけてまいりたいと,そういう思いがございまして,市長会の中にある国立公園所在都市協議会,こういう機関がございまして,そしてこの7月30,31日,の予定で,全国の国立公園所在都市の協議会の関係自治体,またその役員かれこれ,あるいはまた,国のその手の関係の役所の方々,全国のそのような組織団体のリーダーの方々の一部が,規模において100名前後になりましょうか,そんなに大きな規模ではありません。当選と同時に1年目のこの協議に参加をするときに,3年後,今日を予測して,手を挙げておいて,その協議会の費用で大半をほとんど賄うというような会議でございます。もちろん,議員ご指摘の環霧島の関係で,あるいはまた,それといわず,市民各位でも興味のあられる方々については,ぜひ足を運んで,オープンに会議もやってまいりたいと,どうぞご一緒にという場面もお作り申し上げたいというふうにも考えているところでございます。


○議長(西村新一郎君)


 以上で,今吉議員の一般質問を終わります。


 ここでしばらく休憩をいたします。


「休憩  午後 3時20分」


               ──────────────


「再開  午後 3時37分」


○議長(西村新一郎君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。一般質問を続けます。次に,46番,宮内博議員より4件通告がされております。したがって,宮内博議員の発言を許可いたします。46番,宮内博議員。


○46番(宮内 博君)


 私は日本共産党市議団の一人として質問をさせていただきます。全国の金融危機に端を発した景気悪化は,昨年10月から12月の国内総生産がマイナス12.7%を示すなど,この間の構造改革路線が外需優先,内需や家計をないがしろにした結果だとして指摘をされ,年末の派遣村に象徴される使い捨て労働の深刻な広がりも構造改革の名による労働法制の規制緩和で,この10年間で正規労働者が409万人も削減をされ,非正規労働者が606万人も増加する中でもたらされたものであります。この路線は,医療や介護,年金や生活保護など社会保障のすべての分野にも及び,毎年2,200億円もの社会保障費の予算の削減は国民の生存権をも脅かし,貧困と格差を拡大をしております。我が党は国民への痛みを強いる政治が経済危機を一層深刻にして,明日への希望を奪うとして構造改革路線に真正面から反対をし,大企業や大資本家への行き過ぎた減税をただし,年間5兆円にも及ぶ軍事費にメスを入れるなど,財源も示して政治の転換を求めております。官から民へとのかけ声のもと進められた構造改革路線が雇用不安を拡大をし,個人消費や内需を冷え込ませ,景気悪化を加速させております。この悪循環を押しとどめることが今の政治に求められているのであります。そこで伺います。この霧島市においても,行財政改革の名のもと指定管理者制度の導入,保育所や老人ホームなどの民営化計画を盛り込んだ集中改革プランが取組まれてきましたけれども,この構造改革路線が完全に破たんをして,市政においても内需拡大のための施策の転換が求められると思いますけれども,どのように考えるか答弁を求めるものであります。次に,市民の雇用と暮らしを守る問題についてです。厚生労働省は,3月末までに15万8,000人,業界団体の試算でも製造業だけで40万人の正規労働者が職を失う可能性があるとしております。霧島市でもその例外ではなく多くの労働者が職を失い,さらに失われようとしております。先日,隼人町にある大手ハウスメーカーの撤退が明らかになりまして,この企業の撤退により90人近い労働者が職を失うと言われております。私ども市議団はこの間,ハローワーク国分前における雇用生活相談所を開設をして,職場を失った労働者の実態を直接お聞きをし,再就職の支援や住まいの確保,福祉資金の活用などによる生活再建を手助けする活動を行っております。当日は20代から30代の青年男女8人から相談が寄せられましたけれども,今年3月まで期間が残されているにもかかわらず,12月末で明日から来なくていいと言われたという24歳の青年や2月28日で辞めてもらうとの解雇通告を受けている34歳の青年など,市内の誘致企業などで働く労働者から切実な相談が寄せられております。この活動の中で,東広島市で派遣労働者として働いていた32歳の青年は,住まいがない,弟の家に転がり込んで求職活動をしているとの相談を寄せまして,この相談会を通じて県の住宅支援策を活用した県営住宅への入居が決まっております。そこで伺います。昨年末から市が実施をした緊急経済対策の効果とその活動の中で明らかになった補強すべき対策をどのように検証しているのか,新年度の施策として反映させているのか,また中小零細業者の支援を含む市独自の雇用創出のための対策,就労支援対策,福祉資金の制度活用や市独自の対策などの具体化について答弁を求めるものであります。次に,市役所で働く臨時職員など,非正規職員の労働条件の改善を図る問題についてです。私は,昨年9月の議会でも592人を占める霧島市役所で働く非正規職員の労働条件の改善を求めております。市議団ではこの間,労働条件の改善を求める申し入れを市長に行うと同時に,非正規職員の方を対象にしたアンケート活動を行い,公務の現場における労働の実態について調査をしてまいりました。アンケートには,子どもを妊娠すると産休がないために職場を辞めなければならない,いつ解雇と言われるかと思うと将来が心配です。通勤のガソリン代,仕事着やエプロン,筆記用具,食費など,必要なものを購入するとこの給料ではやっていけないなど,切実な声が寄せられ,回答を寄せた方の76.7%の方が将来が不安だと回答をしております。霧島市では,保育園など職員の73%が非正規で占められ,短期大学を卒業して保育師としての資格を有し,職員と同じ責任の下で働いているにもかかわらず,通勤手当やボーナスも皆無という労働の実態があります。にもかかわらず,73.2%の人が今の仕事に対してやりがいがあると答えており,誇りを持って取組んでいるのであります。これが今の市民サービスを支えているのであります。そこで伺います。昨年8月26日に発せられた人事院総務局長による通知は,臨時職員の給与について職務内容や経験などを考慮したものとすること,通勤手当を支給すること,長期にわたって勤務する非常勤職員に対し,期末手当に相当する給与の支給に努めることを明記しております。また,人事院は正規職員の勤務時間を賃金を下げることなく,1日15分短縮する勧告も行っており,賃金の時間単価が3.2%上昇することになり,非正規職員にも同様の措置が求められているのであります。これらの勧告は地方自治体にも対応が求められているものであり,どのように考えるか答弁を求めるものであります。また,霧島市では592人の非正規職員の中で335人,56.6%が3年以上継続して勤務しており,正規職員としての対応を求めたいと思いますが,どのように考えるか答弁を求めるものであります。次に,乳幼児医療費の窓口無料化対策についてです。今回,市長は子どもの医療費を小学校入学前まで拡充する子育て支援の充実に踏み出していただきました。感謝申し上げます。私が今回提案しておりますのは,さらに制度を充実させるために,現在の償還払い制度,すなわち病院窓口で医療費の2割を自己負担して後に払い戻しを受ける方式から,病院窓口での無料化まで制度を充実をして保護者の負担を軽減することを求めるものであります。若い子育て世代の中で広がる非正規雇用の拡大は,病院窓口での支払いができず分割納付の申し出が増えているとの声もあり,今回の提案となったものであります。答弁を求めます。次に,市民サービスの問題です。隼人総合支所の廃止から1年が経過をしまして,市民からもサービス低下として指摘をされている一つが,税の窓口がないという苦情であります。2月3日に開かれました行財政改革調査特別委員会での聞き取りでも,税務グループがないために住民への対応ができないとの要望も寄せられております。隼人分庁舎に税務課窓口を常設をして,市民サービスを充実すべきだがどうか答弁を求めまして,壇上からの質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 宮内議員から4点につきましてご質問でございました。1点目につきましては,私から答弁をいたします。そのほかにつきましては,関係部長がそれぞれ答弁をさせていただきます。政治姿勢についてお答えいたします。我が国ではこれまで国鉄の民営化や金融ビックバン,郵便事業の民営化,労働者派遣法の緩和など,さまざまな分野において規制緩和が行われ,構造改革が進みました。一方,直接住民とかかわりを持つ地方自治体においては,地方分権の推進により各自治体の自主性と自立性が進んだことや,三位一体改革に伴う地方交付税の縮減など,厳しい財政状況においてもしっかりとした公共サービスが提供できるよう,これまで以上に効果的で効率的な行政経営が必要となっております。そのようなことから,地域住民をはじめNPOや企業など地域のさまざまな力を結集し,民間にできることは民間にゆだねるなど,真に行政として対応しなければならない課題に対応をした行政を実現することが求められており,市の担うべき役割の重点化や行政ニーズへの迅速かつ的確な対応を可能とする組織機構の構築,そして将来にわたり持続可能な健全財政の確立などに取組む必要から,本市では平成18年度に霧島市行政改革大綱と霧島市集中改革プランを策定させていただき,行政改革に取組んでいるところでございます。このことは,効率的で効果的な行政経営を確立するためには重要なことであり,基本的な方針の転換は考えておりません。しかしながら,個々の取組において新たな課題が発生をした場合においては,状況に応じて見直しをしてまいりたいと思います。


○商工観光部長(長崎 薫君)


 雇用・暮らしを守る対策についての1点目についてお答えをいたします。緊急経済対策の効果といたしましては,セーフティネット認定件数161件,失業者の住宅支援相談件数10件,市営住宅入居戸数2件,再就職支援関係としまして,ヘルパー講座受講者数23名,生徒・学生の就学支援相談件数4件,就学貸付件数1件,臨時職員雇用8名であり,大変効果があったものと考えております。補強すべき施策といたしましては,消費者の購買意欲を促進し,商店街の活性化を図るプレミアム付き商品券発行事業を新たに実施することとし,今回の補正予算に計上いたしているところであります。新年度におきましても,離職者に対する市役所における短期的な臨時職員の雇用をはじめ,これまでの市単独の対策につきましては引き続き実施をし,雇用創出,就労支援等をすることといたしております。福祉資金の制度活用についてでございますが,これまで緊急に資金を必要とされる方,生活のつなぎ資金または不意の出資による一時補てん金の必要な方につきましては,霧島市社会福祉協議会において単独の制度として貸付限度5万円で無利子の小口資金貸付制度を創設しております。一方,霧島市におきましては,厳しい経済,雇用情勢の中,職を失われた方の再就職までの当面の生活を支援するため,霧島市社会福祉協議会から生活福祉資金のうち離職者支援資金を借りられる方を対象に,返済される利子額の一部を助成する生活福祉資金利子助成制度を新たに実施することとしており,今回の補正予算に計上いたしているところであります。この利子助成制度につきましては,既に2月24日発行の市の広報紙においてお知らせしたところであります。


○総務部長(今村恭一君)


 雇用・暮らしを守る対策についての2点目についてお答えします。労働条件の改善でありますが,臨時職員の賃金面の待遇について,霧島市経常経費検討ワーキンググループ会議等におきまして協議し,資格や経験の必要な職種につきましては,基本となる賃金額を類似する職務に従事する正規職員の属する1級1号級の俸給月額を基礎とし,職務内容等を考慮し,職種をグループ化し,それぞれの賃金の基準単価を設定いたしました。また,既雇用者のうち新基準単価より賃金額の高い臨時職員については現給を保障し,低い臨時職員については新基準単価に引き上げることとしました。さらに,基本的には日額雇用でありますが,保育士等一部の職種につきましては,一定期間経過後に月額雇用に切りかえる基準等も整理したところでございます。一時金,通勤手当についてでありますが,県あるいは県内の同規模の団体の動向を参考にしながら検討したいと考えております。勤務時間につきましては,平成21年度も20年度と同じ勤務時間となりますので,時間短縮に伴う賃金額の見直しは考えておりません。また,正規職員化についてでありますが,原則として競争試験において採用したいと考えております。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 乳幼児医療費の窓口無料化対策についてご答弁申し上げます。乳幼児医療費助成制度につきましては,子育て世帯のさらなる経済的負担の軽減を図るために,平成21年度診療分から小学校就学前までの乳幼児の保護者に対して,保険診療に係る医療費の自己負担分を全額助成するものでございます。医療費の支払い方法といたしましては,医療機関の窓口で保護者等が乳幼児医療費の自己負担分を一たん支払った後,後日自己負担分を助成する自動償還払い方式といたしております。ご質問のように,医療機関の窓口で医療費の支払いをせず,市が直接医療機関に支払う現物給付の方法を導入した場合,医師会,医療機関,調剤薬局などのご協力が不可欠であること,また医療費を集計するシステムの開発費用など多額の経費が見込まれることなど課題が多いことから,本市独自で対処することは現時点では大変難しいと考えております。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 市民サービスについてお答えいたします。隼人庁舎の税に関係する業務につきましては,20年1月の分庁以降なるべく住民サービスの低下を招かないように,納税証明書など税関係の証明書の交付と国民健康保険税の簡易申告の受理などの業務を隼人市民課で行っております。分庁後とまどいのある方もおられましたが,現在では市民の皆様におおむね理解を得られているものと考えております。このようなことから,隼人庁舎に税務課の窓口設置を行うことにつきましては,今後も定員適正化を進める必要があること,国分庁舎と隼人庁舎の位置等を考えますと,税務課の窓口の常設は行わず,両庁舎における一層の連携強化を進めることが大事であり,住民の方々には両庁舎の業務内容の周知を行うなどの対応策を図り,市民サービスの充実に努めてまいりたいと考えております。


○46番(宮内 博君)


 それぞれ回答をいただいたんですけれども,引き続き質問をさせていただきます。政治姿勢の関係でありますが,これまでと同じような形で行っていくと,基本的な方針の転換は考えていないということでありますけれども,今回のこの構造改革路線というのは,この内需や家計をないがしろにしてきたと,日本経済を極端に外需頼みの構造にしてきたんだということで,このアメリカ発の津波から国民の暮らしと経済を守る防波堤を崩してきたんではないのかということが指摘をされてるわけです。行財政改革も人件費の削減を最優先に進めまして,全く同じように内需を削減をしてきたということは,これは間違いないところです。例えば,この指定管理者制度でありますけれども,昨年4月1日現在の市内18の公園やあるいは施設で働く136人の職員で,正規職員,非正規職員はどういうふうになっていますか,お聞きします。正規職員はわずかに1人ですよね,それで,残り135人は全員非正規です。こういう形でこの,役所は非正規の労働者をつくり出す,そういう機関になっている部分というのもあるわけです。こういうこの内需を冷え込ませるような対策の転換が今求められているんだという認識を持つべきじゃないんですかということを言ってるわけです。ご回答ください。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 もともとこの集中改革プランは行政改革大綱に基づいて,その実施計画として行っているところでございます。行政改革大綱そのものが今やっている,無理,無駄,むら,こういったのを省いていこうということでやっております。そういったことから,指定管理者につきましても,より指定管理者にしたほうがサービスの向上が図れるとか,一部設計委託料などが小額で済むとか,そういった経済的効果,それから住民サービス,そういった意味で指定管理者に行っておりますので,適正に行われているものというふうに考えております。


○46番(宮内 博君)


 今度のこの経済不況というのは,先ほど来から同僚議員からもありますように,かつて経験したことがない経済不況なんだと言われているわけです。無駄を省くとおっしゃいましたけれども,人件費にかけるこの費用がやっぱり無駄の中に組み込まれているという,このこともやっぱり今問われているということになってきとるんじゃないですかと,それだけ内需を冷え込ませるわけですよね。購買意欲がそがれるわけですから,そういう対策を,後段でも申し上げますけれども,今本当に真剣に庁内で見直していくことが内需を拡大する方策として検討が進められる時期に来ているんじゃないですかということを言ってるわけです。これまでの方針の転換が迫られているんですよと。その辺の認識がどうなんですかっていうことを聞いてるわけです。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 あくまでも私どもは無理,無駄,むらがあればやっぱりそこはなくしていきたいと,そういったことから基本的にはこの集中改革プランは基本線は踏襲していきたいというふうに考えております。


○46番(宮内 博君)


 それではなかなか内需拡大はできませんよね,本当にこの購買意欲をどういうふうに高めていくかということになりますと,当然入る分もどんな対策をとっていくのかということを検討していかなきゃいけない。両方相まっていかないと,これは内需の拡大っていうのはなかなか難しいのではないのかなと思うんです。役所がどれだけの仕事ができるのかっていうことでは,いろんな制限があると思いますけど,冒頭申し上げましたように,例えば,中小零細業者などを支援をするためのこの利子補給とかそういうのも緊急経済対策の中で取組みましたけれども,30万円以下のこの零細額の仕事などについては,優先的に市内の中小零細業者に発注をするとか,あるいは市民が行います,例えば住宅リフォームなどの工事に対しまして,一定額の助成をするリフォーム助成制度などを導入するとか,今本当に緊急に経済対策をどういうふうに掘り起こしていくのかということの検討が求められていると思いますけれども,もう少し具体的にどの程度検討されて実施に移そうとしているのか,どうもこれまでの延長線にしか私には見えておりませんので,その辺もう少し立ち入ってご回答いただけませんか。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 例えば,指定管理者のお話で申し上げますと,今までは市が独占していた仕事を民間の方々に広げたということでございます。ですから,市内の民間の方々が指定管理者として入っておりますけれども,それまでは企業の方々が市の公の施設の管理をする,そういったところまではできなかったのが民間の方々に開放できた,そういった効果などもあるのではないかと考えております。


○商工観光部次長兼商工観光政策課長(柳田秀徳君)


 ご質問の中に,住宅リフォーム事業の話が出てまいりましたのでお答えいたします。住宅リフォーム事業というのがございまして,特にいろいろ調べてみますと,宮崎県でされておられまして,小林市とか国富町などで取組まれておりまして,木材の需要拡大や住宅リフォームにかかわる人の雇用促進とか景気回復とか地域経済の活性化を図る一つの手段ではあると思いますけれども,都城市では15,16年の2か年の限定事業とされておられたようで,そのときに1億数千万の費用が投じられたようでございます。鹿児島県内にはその住宅リフォーム事業というのは取組んでいる所はないようでございます。いろんな意味もありますけれども,個人財産への投資とかっていうのになるのかなというところもあるようでございます。そのようなことで,議員のおっしゃることは,そういうのも含めて緊急経済対策の中で考えたらどうかというようなご提案だと思います。そのようなことも含めて勉強させていただきたいと思います。緊急経済対策につきましては,いち早く対策本部を設けまして,市民の方々,離職をされた方々にどのようなことをやったら一番いいかということで,十分もんで対策を図ったところでございます。今後どのようなことが出てくるかもしれませんけれども,臨機応変といいますか,それに合った対策を図っていきたいと考えております。


○46番(宮内 博君)


 やっぱり全国にはいろんな取組みがあるんです。ですから,視点を変えていくということが必要だと思うんです。この住宅リフォームの問題については,過去に前川原議員も提案をしているんです。全くだから検討されてないというところがあるからそういう発想が出てこないんじゃないのかなって思うんです。東京の東大和市では,この事態を受けて緊急経済対策の一環として,住宅や店舗の改修修繕で15万円以上の工事に対してその5%,上限で10万円以内を助成をするという制度を導入しておりますし,埼玉県では20の自治体でこれが取組まれておりまして,助成額の14倍の経済波及効果を発揮しているという報告がされています。冒頭申し上げましたように,隼人ではハウスメーカーが撤退するんですよ,こういう事態が実際に起きようとしている。きちんと対策が必要じゃないですか,お聞きします。


○商工観光部次長兼商工観光政策課長(柳田秀徳君)


 ただいまご質問の中にありました隼人工場の一つの工場のことだと思いますけども,私どもで調査いたしましたところ,ここにおかれましては全国に工場があるため生産調整をすることが多いと。隼人工場でも増えたり減ったりしていると,会社の統廃合,縮小については,本社が進めることでございまして,今のところ当工場には直接的には連絡は来てないというような情報を得ているところでございます。


○議長(西村新一郎君)


 経済対策でそのような措置を講じる考えはございませんかということを問うてるわけだから,それに対して答えてください。


○商工観光部長(長崎 薫君)


 リフォーム事業につきましては,うちの次長が説明したばかりでございますが,このことについては,先ほど申し上げましたように,宮崎県でたくさんやられているということでございます。このことにつきまして,緊急経済対策の中で今後どのようにしていけばいいのかっていうことなんかを勉強させていただきたいと思っております。


○46番(宮内 博君)


 先ほど塩井川議員からの質問もあったんですけれども,例えば市独自の雇用対策,雇用創出の対策,60人分,540万円の予算を計上しているという報告だったんですけれども,実際に見てみますと,わずか9万円ですよね,1人当たりの収入というのは,60人分ですから。これでは本当に雇用を創出するということにはこれならんでしょう。やっぱり本当に継続して収入が確保できるというような見通しがないと,実際上なかなか臨時職員で職に就こうということにならないんじゃないですか,再度検討していく必要があるんじゃないですか,どうでしょうか。


○総務部長(今村恭一君)


 緊急雇用対策としての短期の雇用を考えておりますので,長期に雇用するというような考えは今のところはございません。


○46番(宮内 博君)


 実際,本当に私どもも労働相談やってみて,深刻な事態が市民のもとに襲っていると。20代から30代の青年ですよ,ほとんど私どものほうに相談に来られたのは。子どもを抱えて,本当に先々どうして生活をしていったらいいのかという相談などが本当に寄せられているわけです。実際に市独自もその雇用対策を,就労支援対策を実のあるものにしていくという取組みが本当に求められていると思うんですけれども,昔はこの失業対策事業というのがありましたよね,そういう事業が今なくなっているわけですけれども,改めて何らかのそういう取組も求められる時期に来ているんじゃないかと思いますけれども,その辺検討されたんですか,もう最初から無理だということで余り検討なされてないんですか,お聞きします。


○総務部長(今村恭一君)


 市の臨時職員の緊急雇用に対する雇用については,短期間で雇用するというのを前提に市役所内部の必要とする課をいろいろ調査しました結果,できる範囲での雇用の要望のあるところを雇用したわけでございます。したがいまして,長期に緊急雇用で雇用するというのは検討しておりません。


○46番(宮内 博君)


 もう少し私は本当に詰めて議論をしていただきたいというふうに思うんです。市長,今のままでよろしいですか。


○市長(前田終止君)


 先日,第6回目の緊急対策の本部の会議をやらさせていただきました。総合的に私たちの市として,昨年,年末来の今日までの取組としては精いっぱい,その担当担当をつかさずに,お互いに,議員ご指摘の点などを含めて,今何が緊急的に,可及的にできるかということなどを徹底議論して,12月の議会でもスピード感を持って提案をさせてもらった。また,その間私自身も,あるいは副市長も含めて30社に及ぶ企業を直接訪問したりして,私どもの市の段階でできることはそんなにたくさんはないわけでございますけども,精いっぱいお互いにこの連帯感やあるべき姿を,方向性を探る,情報収集の努力もさせてもらい,今日に至っているわけでございます。今,議員ご指摘のこの点については,中長期的には臨時職員の採用システムというものが安定的に存在しているわけですよね,そして,私どもが今打ち出しているやつは,部長も申し上げていますけども,本当に緊急,可及的に今,就業の機会を失われたそういう方に,ほんのしばらくの間というようなねらいの政策として提案をさせてもらっていると,もちろんこれはハローワークともその当事者あたりにとっては,どちらがどうなのかっていうこともよく問い合わせもされて,その上で手を広げて待っている範囲で出てきた数字と理解をいただけたらありがたいと思っております。


○46番(宮内 博君)


 視点を変えていけば,就労の場っていうのはまだまだあるのではないのかなと,従来の延長線だったらないですよ。というのは,例えば,昨日,私ども市議団,(仮称)霧島中央公園の現地を調査をしてまいりましたけれども,龍馬ウォークが近づいているということで,それこそ3・40人のシルバー人材センターの方たちが伐採作業をしてましたよ。そういう取組などもあるんだけれども,そういうところに新しく臨時職員として採用して派遣をするとか,取組の延長線ではなくて,今のこの経済状態を考えて発想の転換をしていくということなどもないと,新しい雇用っていうのを創出できる取組はできないんですよ。ですから,やはりそういったこの発想の転換が,延長線ではなくて求められているんではないんでしょうかということを言ってるわけです。


○市長(前田終止君)


 今まさにご指摘ありましたけども,私も全く同じような方向で指示を出しました。そういう熱心な立場からの,視点からの議論をし,そして,それが一つ一つ施策として決定をされてきているとご理解ぜひいただきたい。例えば,シルバーの方々にあの広大な農大跡地の雑草が生えている法面,実際手のつけられていない範疇の見苦しくない状況への維持,そういうためにも具体的にやろうじゃないかと。そういうのが過去の一つ一つの自治体であった範囲の中に相当数あるはずだから,そこに目をやって仕事の機会,雇用の機会を増大していくような努力をしなさい。そういう指示も本当に出しているところでございます。


○46番(宮内 博君)


 それから,この福祉資金の活用ですけれども,この利子補給などの制度を新たに設けていくということで回答がなされておりますけれども,12月議会でもこれは指摘をしました。その後,1月30日の地元新聞に「失業者に融資進まず」ということで,まさに福祉資金の問題が報道をされておりまして,貸付残高が全体で2007年度967億円も全体として残されているという紹介がされております。霧島市の社会福祉協議会でも,申し込んでも本当にハードルが高いと。実際にこの制度はあるけれども借りることができないという,こういう状況があるわけですけれども,その辺をどう改善をしようと考えていますか。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 生活福祉資金等の貸し付けの状況でございますが,平成20年度の1月末でございますけれども,74件の貸付残の現在の件数でございますけれども,20年度は貸し付けにつきましては1件ということでございます。非常に貸し付けに対する条件等が厳しいのじゃないかというようなご指摘でございますけれども,霧島市の社会福祉協議会におきましては,小口の貸付制度を独自に持っておりまして,5万円を上限とした貸し付けも行っておりますので,そういったところの貸し付けの部分を活用していただきたいと思っております。また,そういうご相談等につきましても,21年度から新たに福祉の総合相談の窓口としまして,相談員を2名配置をするということでも,さらに充実してまいりたいと考えております。


○46番(宮内 博君)


 それは,市役所の窓口に新たにそういう配置をするという話ですか。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 そのとおりでございます。


○46番(宮内 博君)


 そのハードルを低くするという取組はどうなんですか。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 この生活福祉資金の窓口は社会福祉協議会となっております。また,その資金につきましては,県の社会福祉協議会等のものを活用する制度となっておりますことから,そういうものにつきまして,今後まだ十分な協議といいますか,検討が必要じゃないかと考えております。


○46番(宮内 博君)


 せっかくある制度で,国が原資の3分の2を出して,都道府県が3分の1を出資している。まさに公的な資金ですよ。ですから,ある制度を有効に活用できるように,これはさらに対策をとっていただきたいと思います。次に,市役所の非正規労働者の件についてでありますけれども,いわゆる昨年4月に施行されたパート労働法という法律があります。ここでも貫かれているのは,同一労働,同一賃金というものが世界の標準ともなって,日本でも当たり前の取組として進められていくという観点に立ったものであったわけですけれども,そのことをとらえたときに,市役所で働く非正規職員の現状というのをどういう認識をなさっているのか再度お聞きします。


○総務課長(阿多己清君)


 確かにパートタイム労働法が昨年の4月に改正がなされているわけですけれども,これを受けて国の人事院勧告でもそういう非常勤職員等の賃金面,改善面について勧告がなされ,また,人事院のほうで8月にまたその旨の通達がなされている状況もございます。そういう内容を受けましても,当然非正規職員,臨時職員等の賃金とか,そういう勤務対応の部分について,正規職員と同等な形で格差を,できるだけなくすというような,そういう通達でございます。現在のところ,私どもの臨時職員が590名前後いるわけですけれども,確かに年間の所得といいますと100万未満の方が結構多い中で働いていただいております。そういうところを考えますと,かなりの差があるという部分は認識しているところでございます。


○46番(宮内 博君)


 実際,592人のうち年間収入,いわゆる官製ワーキングプアと言われているんですね,200万円以下がどれほどの率を占めていますか。


○総務課長(阿多己清君)


 昨年の10月1日時点でおられた臨時職員の源泉から判断いたしますと,89%程度が200万以下ということになるようでございます。


○46番(宮内 博君)


 先ほど指定管理のところでも申し上げましたけれども,公の現場でもこういう状況が広がっているということも,実際にこの内需を冷え込ませている大きな原因をつくり出しているということに当然なってくるわけです。その転換が本当に今求められているというわけです。それで,先ほどの回答を見てみますと,例えば人事院が勧告をしている通勤手当,あるいは期末手当などについても,同級の団体の動向を参考にしながらというふうに回答なさっていますけれども,これは人勧が出しているんですよね,当然地方自治体にも同じような取り扱いをする義務が発生すると思いますが,どうですか。


○総務課長(阿多己清君)


 確かにそのとおりという認識はしております。ただ,そういう改善という部分ではそういう思いは持っておりますが,引き上げるにしても,また支給するにしてもかなりの金額になりますので,できる部分から改善をしたいと考えております。先ほどの部長の答弁の中で,21年度においてそういう初号俸の給料月額を基準にした賃金単価というのを今整備をしつつあるところでございます。その勧告を受けて,また通達を受けた形での改善を少しはしているつもりでございます。また,少しずつですが,一応改善する努力をいたしたいと考えております。


○46番(宮内 博君)


 平成20年度の12月26日付の総務省自治行政局が都道府県の総務課あてに文書で出しているものに,私壇上で申し上げました労働時間の短縮に伴う問題があります。それで,回答では,今年は同じ勤務時間になるので考えていないという回答をしているんですけれども,勤務時間が少なくなるということは,その分単価が上がるという,労働単価が上がるということですよね,実施しないということですか,これは。


○総務課長(阿多己清君)


 臨時職員の勤務時間につきましても,職員の勤務時間と同等で今行っているところでございます。職員の勤務時間の条例の中に条例改正というのが当然必要になってくると思いますが,休息の廃止という部分がございます。職員団体とはある程度のそういう了解はいただいているところですけれども,休息の廃止の部分,そして当然トイレの部分,それからたばこの関係,それと水分補給,そういうものが考えられるわけですけれども,この休息を廃止した場合にどうなるのか,ここらの部分がまだはっきりしなかったために,今回改正をちょっと送った状況でございます。また,近くそこらを固めた上でご提案を申し上げたいと考えております。


○46番(宮内 博君)


 ということは,将来的には実施をしていくということですね。


○総務課長(阿多己清君)


 そのとおりでございます。


○46番(宮内 博君)


 正職員との問題でありますが,当然競争試験において採用していきたいという回答をしているんですけれども,採用試験というのは当然やっていくということになるんでしょうが,ただ,原則ですね,これはパート労働法の第8条の中にあるんですけれども,事業主や退職までの長期的な人材活用の仕組みや運用などが通常の労働者と同一のパートタイム労働者であって,期限の定めのない労働契約を締結しているものについては,その処遇について差別的扱いをしてはならないとして,反復更新によって期間の定めのない人も同様の対象だとしているわけですよね。これからしますと,実際に正職員と同じような扱いをしていくということは避けて通れないんじゃないですか。


○総務課長(阿多己清君)


 現在の私どものほうの臨時職員の方々がおられるわけですけれども,この臨時職員の雇用という部分では,公務員法の規定に基づいた当然規定があるわけですが,その規定によりますと最高1年ということになります。しかし,雇用の部分では1年を超えて雇用をしている方々が多いわけですが,その分では実態に合わないという状況にございます。だからといって,その部分を職員採用ができるかという分については現在考えてないわけですが,あくまでも職員採用については競争試験というのを大原則にしております。


○46番(宮内 博君)


 いずれにしても,責任も仕事の内容も全く同じ内容で,かなりの低い賃金で働かされているという実態はある。これはぜひとも緊急に改善をしていくという取組を,市長にこれは求めていきたいと思いますが,どうでしょうか。


○総務課長(阿多己清君)


 現在,総務省でも非常勤職員に対する,いろいろ給与,雇用関係の指針等が一応通知が,そういう答申と言いましょうか,そういうのがまとめられているようでございます。現在,地方自治体にそのようなまだ通知そのものはないわけですけれども,何らかの法的な部分の整備とかいうのが総務省でも検討がなされるものと考えております。それらを期待をしているところでございますけれども,ここらの臨時職員の雇用についても,できるだけ国の方針,それから県等の部分を参考にしながら整備ができればと考えております。


○市長(前田終止君)


 宮内議員よりご指摘でございますが,ご指摘の点と今もろもろ議論があった点踏まえながら,少しでもできる改善への努力をさせていただきたいと思っております。


○46番(宮内 博君)


 次に移ります。乳幼児の医療費の助成の関係ですが,現時点では大変難しいということですけれども,先ほど申し上げましたように,若い世代の中で非正規労働者が本当に増えているんです。実際に安心して子どもを産み育てることができないという,病気になったときにはまずお金を心配しなきゃいけないと。こんな事態があるわけです。一たん入院をしますと,1日2万円の医療費が点数的にはかかるわけです。その30日分60万円の2割,12万円はどうしても必要になってくるわけですよ。そのほかに食事費だとかそういうものも増えてくる。当然加算されてくると。実際,全国でかなり多くの所で現物支給をやっているんですけど,その辺の研究をなさったんですか。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 乳幼児の医療対策につきましては,これまでもさまざまな取組をしてきておるところでございまして,この現下の経済社会状況等を勘案した場合には,平成21年度,この4月から拡大する,拡充するという,そういう方針を決めたわけでございますけれども,現在の本市の子育て支援等の総合的な対策等からいたしますと,この数年間で新生児の数が,平成20年につきましては100人以上上回った形で増えているというような状況等もございます。したがいまして,この乳幼児医療に限らず総合的な少子化対策,あるいは子育て支援の対策を講じていく必要があるということを考えておりますので,現段階では先ほど答弁しましたような回答でございます。当面のところは,現時点では大変難しいと,そういう状況でございます。


○46番(宮内 博君)


 市長,例えば乳幼児医療費の無料化,就学前まで0円になりますよね,それはどういう形かというと個人の口座に振り込まれるわけです。一たん立替えておいて。それを医療機関の口座に振り込んでもらえれば,それで事足りるという話ですよ。市が指定医療機関を指定をして,その医療機関と契約を交わすことで,保険証と乳幼児医療証を窓口に提示することで,保険診療の自己負担分を払わなくても済むんです。お金の動きを変えるだけの話なんですけども,本当に難しいですか。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 この乳幼児医療費の助成を行うに当たりましては,やはり医療機関があるわけでございます。この医療を受けられる方々は霧島市民でございますけれども,その医療施設は全国津々浦々想定をされるところでございます。したがいまして,先ほども申し上げましたように,医療機関とのご協力等ももちろんでございますけれども,そういう医療費を積算するシステム等に非常に多大な経費がかかるということから,先ほどのような答弁をしているところでございます。


○46番(宮内 博君)


 まず霧島市内の医療機関から始めたらどうですか,市長。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 市民の方々がどの医療機関を使われるかということを限定をすることは不可能でございますので,そういう限定した取組はできないものというふうに考えております。


○46番(宮内 博君)


 いや,やってるんですよ,やってる所があるからそう言ってるわけで,ぜひこの問題はまた議論をしたいと思いますが,時間の関係でこの辺にしますけれども,本当にきちんと取組をやっている所を参考にして,何ができないかと,何が問題なのかということを考えながら検討してください。そのことを強く求めておきたいと思います。あと,隼人分庁舎への税務課の恒常的な窓口の関係ですけれど,直接私も何人かそういう相談を受けています。実際に役所の窓口に来られた方何人か対応しております。そういう,この分庁舎からの要望も寄せられているんでしょう,違いますか。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 確かに分庁した当初,隼人のほうに行かれて,そしてできないということで混乱した部分は聞いております。ただ,それは大方が知らずに行って解決できなかったということから混乱を来たしたと聞いております。分庁後約1年たって,ほぼそういったご意見というのはなくなってきたと認識いたしております。


○46番(宮内 博君)


 実際,今税の窓口が開設されております。申請の窓口が開設されておりますけれども,これも合併前,旧隼人町で30か所ぐらいで窓口を設けてサービスをやっていたんですよ,それが1か所に絞られて,さらに恒常的な窓口もなくなったということで,本当にサービス低下を実感している旧隼人町の人たちが多いというのはこれ事実ですから,ぜひそれに基づいて対策をとっていただきたいと思いますが,最後市長にお聞きをして終わります。


○市長(前田終止君)


 先ほど関係部長が答弁をしたとおりでございますが,やはり市民にとってどんな行政サービスでも本当に利便性が高まる努力は,大変に私ども行政に携わる者の課題だと認識しております。特に今ご指摘の点については,答弁にもございましたように,連携強化を図りながら精いっぱい努力をさせていただくということで,ぜひご理解を賜りたいと思います。


○議長(西村新一郎君)


 以上で,宮内博議員の一般質問を終わります。ここで,お知らせしておきます。本日の会議時間は,議事の都合によりまして,次の前川原正人議員までといたしたいと思います。あらかじめ時間を延長いたします。次に,39番,前川原正人議員より4件通告がされております。したがって,前川原議員の発言を許可します。


○39番(前川原正人君)


 本日最後の質問になると思いますが,よろしくお願いします。私は,日本共産党市議団の一人として,宮内議員に引き続き質問をいたします。市当局の明快な答弁を求めるものであります。昨年からの金融危機から始まり,それは世界的規模で広がりました。その影響は計り知れないものがあります。大企業がこれと並行して国内でも派遣切り,雇いどめ,非正規切りなど,働く人たちを切り捨て,景気のいいときには正社員を派遣や期間工に置きかえて大もうけをし,景気が悪化したら物のように切り捨てるやり方がこれまで横行をいたしました。その結果,40万人以上の失業者が生まれると言われているほどであります。この大本の原因には,10年前に我が党以外の賛成で成立をした労働者派遣を原則自由化したことに端を発し,規制緩和によるしわ寄せとなったのであります。また,相次ぐ社会保障政策の後退で,市民の暮らしは不安にさらされているのであります。日本共産党はその改善のために引き続き奮闘することをまず最初に表明をするものであります。質問の第1番目に,場外車券場建設問題についてであります。先ほどの今吉議員の質問と重複をする部分もありますが,ご理解をいただきたいと思います。今回,国分敷根脇本地区に約2万4,000m2に建設計画をされているオート場外車券場計画について,市長はどのように考えていらっしゃるのか,市長は2年前に場外船券売場の建設計画が浮上したときに,市のイメージがよくなる施設ではないとの理由で誘致は不許可とされた経過があります。今回のオート場外車券場計画について見解を求めるものであります。また,これまで飯塚市からどのように説明がされているのか,霧島市には既に競輪場のサテライト溝辺が設置され,利用者の減少が続いております。これ以上の場外車券場設置が必要なのか,地域活性化の手立てとしてギャンブル施設は,観光立市を取組む市長の政治姿勢から見て計画不許可の態度を示すべきと考えますが,答弁を求めるものであります。次に,医療費削減の取組についてであります。本市の市民便利帳を見てみますと,BCG,ポリオ,三種混合など,予防接種のあり方が記載をされております。昨年の12月19日からヒブワクチンが認可をされ,細菌性髄膜炎を防止する効果的手段と言われております。また,肺炎球菌ワクチンやインフルエンザワクチンの接種も有効な手段であります。そこで伺いますが,ヒブワクチン,肺炎球菌ワクチンなどの接種は医療費削減の効果が期待できますが,市当局の認識を問うものであります。その具体的な措置として,これらのワクチンへの助成制度の充実を図るべきと考えますが,答弁を求めるものであります。次に,福祉政策についてであります。2月16日の南日本新聞でも紹介されておりましたが,離婚などによる父子家庭も景気悪化で生活に苦しむ世帯も少なくないという,こういう内容の報道でございました。母子家庭の場合,法に基づきそれなりに援助されておりますが,父子家庭の場合,母子家庭と比較してその支援は手薄であります。母子家庭も父子家庭も同じ一人親家庭ではありますが,父子家庭への手当など市独自の制度を検討すべきと考えますが,答弁を求めるものであります。最後の質問に,学校教育行政についてであります。昨年10月に,登校中の児童が病死するという,痛ましい事態が発生をいたしました。これは小学校です。保護者の方は,なぜ救急車を呼べなかったのか,緊急事態発生の際は救急車を呼ぶべきではないのかという疑問も持たれておりました。二度とこのようなことがあってはならないと思いますが,今後教育行政が再発防止のためにどう取組んでいくのかなど,直接申し入れも行ってきた経過があります。今後二度とこういう痛ましい事態が発生しないように,教育委員会としてどう取組んでいくのか,危機管理体制のあり方が問われている問題だと思います。教育長の見解を問うものであります。教育行政の問題の2つ目として,牧之原中学校体育館の問題は,合併して私も最初の議会の一般質問で取り上げた経過がございます。本体育館は建設をされましてから30年以上が経過をしており,老朽化も進んでおります。建替えや大規模改修など早急な対応が求められますが,答弁を求めるものであります。以上,4項目にわたって質問をいたしましたが,市当局の明快な答弁を期待して,私の壇上からの質問を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 ここでしばらく休憩をいたします。


「休憩  午後 4時49分」


               ──────────────


「再開  午後 5時06分」


○議長(西村新一郎君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。一般質問を続けます。39番,前川原正人議員の壇上からの質疑に対する答弁を求めます。


○市長(前田終止君)


 前川原議員より4点につきまして質問がございました。2点目については,私から答弁をさせていただきます。そのほかにつきましては,教育長及び関係部長がそれぞれ答弁をいたします。医療費削減の取組についての1点目,2点目についてご答弁申し上げます。感染症を予防するためのワクチン接種は,感染症の罹患予防や重症化の予防などに効果がありますことから,ひいては医療費の削減にもつながっていくと考えております。ヒブワクチン,いわゆるインフルエンザb型菌の予防接種でありますが,このワクチンは特に乳幼児の細菌性髄膜炎の発症予防に有効であると言われております。我が国では,平成20年12月から接種できるようになりましたけれども,現在は任意接種であり,また保険適用外のためその自己負担額は2万円から3万円と高額になっております。一方,乳幼児の細菌性髄膜炎は早期診断が難しいことや,罹患した場合の医療費も高額となりますことから,保護者の負担は大きいものと考えられます。そのため,ヒブワクチンの助成につきましては,ワクチンの接種効果が高く乳幼児の疾病の予防につながることから,今後研究してまいりたいと考えております。次に,肺炎球菌ワクチンについてでありますが,このワクチンは高齢者の肺炎の予防に有効であるとされております。しかしながら,我が国では接種回数などに制限があり,また,その効果は約5年間と言われているなど,ワクチンの有効性や安全性などの観点から,定期接種に加えるかどうか現在国において検討中でありますので,その動向を見守りたいと存じます。次に,インフルエンザワクチンにつきましては,本市では現在65歳以上の高齢者に対して1,500円の公費の助成を実施いたしております。一方,乳幼児や児童生徒などのインフルエンザのワクチン接種につきましては,過去に抑制効果などが疑問視されたことなどから,集団接種者数が減少し,現在は任意の個別接種で行われております。このようなことから,助成については現在のところ考えていないところであります。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 1問目の場外車券場建設問題についての4点のご質問は,内容が関連しておりますので,一括してお答えいたします。飯塚オートレース場を運営する福岡県飯塚市が国分敷根脇元地区に場外車券売場を設置するという計画につきましては,現時点で飯塚市側から本市に正式な申し入れはなされていないところでございます。オートレースの場外車券発売場を設置するためには,小型自動車競走法の規定に基づき,経済産業大臣の許可が必要であるとともに,自治会や地元自治体の長の同意等を得るように,経済産業省から行政指導がなされているところでございます。したがいまして,このような計画の申し入れがあった場合は,交通や環境問題など周辺に及ぼす影響をはじめ,雇用の拡大などによる地域の活性化や地域経済,本市の財政上の観点など,さまざまな角度から総合的に検討しなければならないと考えているところでございます。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 福祉政策についてご答弁を申し上げます。父子家庭への支援といたしましては,現在,児童手当及びひとり親家庭医療費助成制度がありますが,近年本市においては離婚などにより父子家庭が年々増加しており,父子家庭に対しても一人親家庭としての支援の要望等が寄せられているところでございます。また,全国的にも父子家庭への手当支給を要望する声もあり,全国市長会を通じ国に対して,父子家庭への児童扶養手当の支給について要望しているところであり,現段階で市独自の制度は考えていないところでございます。


○教育長(?田肥文君)


 学校教育行政についての1点目についてお答えいたします。まず初めに,数万人に1人とも言われる病気により,尊い命を亡くされた小学校2年生の女子児童に対し,心からお悔やみを申し上げ,ご冥福をお祈りいたします。学校における保健衛生面の危機管理体制としましては,定期健康診断の実施や保護者に保健調査票の提出を求めることにより,児童生徒一人一人の健康状況を把握するとともに,特に心臓病等による突然死を防止するために,小学校,中学校,高校の1年生全員に心電図検診を義務づけております。その中で,特に気になる児童生徒につきましては,その状況を全職員で共通理解し,緊急時の対応ができるように,すべての学校で危機管理マニュアルを作成するとともに,意識の喚起を行っているところであります。また,安全面としての危機管理としましては,火災や地震,不審者侵入に対する避難訓練等も実施しているところでございます。市教委といたしましては,20年度は4月に学校安全指導担当者会を開催をし,市の消防局及び警察署の方を講師として招いて,不審者対応訓練,心肺蘇生法,AEDの取り扱い研修を実施をいたしました。また,6月には教頭研修会におきまして,再度心肺蘇生法,AEDの取り扱い研修を行ったところであります。さらに,年5回ずつ実施をしております校長研修会,教頭研修会での安全指導の徹底等を通して,学校における危機管理体制の充実を図っているところでございます。AEDにつきましても,現在全中学校への設置が完了し,さらにすべての小学校,幼稚園にも設置が完了するよう,平成21年度当初予算に計上しているところでございます。設置の際には,各学校ごとに全職員参加による取り扱い研修会を実施し,予測不可能な事態にも慎重に対処するよう指導してまいります。


○教育部長(藤田 満君)


 学校教育行政の2点目についてお答えいたします。牧之原中学校の屋内運動場,いわゆる体育館は,昭和41年度に建設され,鉄骨造の一部2階建です。合併後は,平成18年度にステージ回り改修工事,平成20年度にひさし等の鉄骨修繕を行っております。昭和56年6月以前に建築確認を受けた建物でありますので,平成20年度に屋内運動場の耐震診断を行いました。それによりますと,建替えではなく現在の建物に補強工事を施し,引き続き使用するという診断結果が出ております。教育委員会では,学校施設の耐震化を最優先課題として取組んでおりますので,牧之原中学校の屋内運動場につきましては,平成21年度に耐震補強計画,補強設計を行い,補強工事につきましては,財政状況を勘案しながら平成22年度に行う予定でおります。


○39番(前川原正人君)


 それぞれ答弁いただきました。2問目以降の質問に入らせていただきたいと思います。まず,第1問目のオート車券場の場外車券場の問題についてですが,この新聞報道を見てみますと,12月14日,そして12月21日に説明会を飯塚市公営競走事業部の方と住民説明会ということでなされております。この中で,お聞きをしたいのは,要望書の内容というのはどういう内容,役職名,どういう内容になっているんですか。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 5名の方が連名で,地元自治会の会長,公民館の館長,副館長,書記,会計,役員といった方の5名の者でございます。そして,件名といたしましては,霧島市国分敷根脇元地区に福岡県飯塚市公営競技事業部が運営いたしております飯塚オートレース場の専用場外車券発売場,(仮称)オートレース国分の設置を要望する件ということでいただいております。


○39番(前川原正人君)


 今答弁されたわけですが,その地区の役員の方たちが要望書を出されているわけですね。ところが,昨年の2月14日,このときに地区の代表16名が参加をして説明会を受けられているんですね。そして,21日に20世帯23人,合計で39名の方がこの説明会に参加されているんです。それを見たときに,この新聞報道から見ますと,全会一致でこれを了承したということに報道されているわけですが,地域全体の皆さんを集めて了承したとは言えないと思いますが,いかがですか。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 この説明会がどのような趣旨で行われたのかというのは私どもは承知いたしておりませんので,そのあたりについては見解はできないところでございます。


○39番(前川原正人君)


 3月1日の住民基本台帳をもとにした敷根地区の世帯数を見てみますと881世帯あります。その中で,人口が2,139名ということで,そのうちの39名ですので,全体として見た場合に,わずか一部の人たちだけでこういう説明がされているんです。敷根地区というのは公民会でいうと大体20ぐらいあると思うんですが,それは間違いないですか。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 自治会につきましては,調べて後ほどご連絡いたしたいと思います。


○39番(前川原正人君)


 大体今申し上げましたとおり,39名が参加をされて,全体で見ると2,139人,約2,200人の方たちが生活をされているわけですけれども,新聞報道を否定するわけではないですが,全会一致ということにはならないと思います。このことは述べておきたいと思います。それと,もう1点は溝辺町には競輪のほうですが,敷根地区の今回の場外車券売場というのは,バイクを走らせてオートバイのレースですので,同じ人力でやるのか機械的にやるのかというレースになるわけですが,溝辺町には既に競輪場の場外車券売場が設置をされているわけですが,この入場者や売上げ,市の財政の歳入などを見た場合に,どのように推移をしていますか。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 今,減少傾向にあると考えております。


○39番(前川原正人君)


 資料を見てみますと,今おっしゃるように,年々減少傾向ですよね。それは,さまざまな理由があるんですが,人的にも,売上的にも,それはもう賭け金的にも,減少傾向だというデータを示している資料がありますけれども,例えば,これは飯塚オートレース場の入場者と売上額の比較表を見てみますと,大体14億5,800万円減収と,19年度と比較してですね。で,入場者数が4万6,525人の減少ということになっているわけですが,先ほど今吉議員からもありましたけれども,新潟県のアレッグ越後,これは越後市にある場外車券売場なんですが,これが2003年3月24日で閉鎖と。それで,昨年でしたけれども,閉鎖をして,もう取り壊すとなっております。この脇元地区に建設されて,採算が合わず撤退となれば,市長がいつもおっしゃっている観光立市という点から見ても,こんなはずじゃなかったということにもなりかねないと思うんですが,市長,いかがですか。


○市長(前田終止君)


 本日,お2方から,この件についての質問があったわけでございますが,私としましては,今の段階では,しっかりと飯塚市から正式な要請というものが,まだ私のところまで届き切っていない実情にありますので,答えとしては,白紙の状態ですよと。そして,今後どうするのということになりますと,前にも答弁をさせていただきましたけれども,こういう市民の皆さん方の代表的立場でこうして議会を構成されて,議会の皆さん方の声も聞き,そしてまた,地域の皆さん方の声も聞き,市民の声を可能な限り謙虚に聞きながら,最終的に判断をしてまいりたいと,こう思っております。


○39番(前川原正人君)


 今の現時点では,総合的に判断をしていく。今の現時点では,白紙の状態だということをおっしゃったわけですが,今回の場外車券売場,オート車券場ですが,これが,この霧島市ではなくて,計画が上がっているのが南九州市の旧川辺町の中と今回の霧島市の敷根脇元地区ということになってるわけですけれども,なぜここにそういう計画が持ち上がったのかということを,認識はいかがですか。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 何回も申し上げますけれども,設置者そのものがまだ決まっていない状況でございますので,詳しいことをお聞きできる状態にはございませんので,そのあたりにつきましても,設置者が決まった時点でお話することになろうかと考えております。


○39番(前川原正人君)


 この今回の計画の背景を見てみますと,飯塚市は,平成15年と16年のオート車券場の関係ですが,累積赤字が6億2,000万円に達したと。その一環として,場外車券売場を南九州市と霧島市に誘致を計画をしていると。で,2008年度,昨年ですが,前年比で14億5,838万円の減収。飯塚市の収支改善計画で行う予定だった全従業員の解雇によるパート化,正職だったのをパート化して,3年前の18年に前倒しをして,そのときの退職金,約300名分ですが,4億4,000万円を支払い,19年度から再雇用をしていると。こういう背景があるわけですね。場外車券売場の設置が霧島市の本当に経済効果を生み出すとお考えでしょうか。いかがですか。


○市長(前田終止君)


 南九州市,そして私どもの市,あるいはまた,マスコミの報道によりますと,都城にも同じこの流れをおつくりになられているやにも聞いております。ただ,私は,再三申し上げますけれども,本当に正式な段階での申し込み,そして,そういう希望,期待については,確かに2度,関係者とは会いましたけど,しっかりまだ,それで受けとめては,私としては,正式にはしておりません。ですから,全く今のところは,この問題を真剣に考える,そして白紙の状態であるということで,ご理解いただけたらと思っております。


○39番(前川原正人君)


 この脇元地区というのは,平成9年から平成11年度に脇元3号線道路改良新設工事の事業で8,473万5,000円,そして昭和54年には,観光施設整備事業で約2,000万円の経費をかけて,地域の活性化のための施策が行われてきたという経過があります。ですので,今の段階では白紙,何とも言えないというのは確かに分かりますが,このギャンブル施設ではない方法で地域の活性化というのも図れると思いますが,いかがお考えですか。


○市長(前田終止君)


 この当地域の方々が,あれだけの場所を空き地のままさらされていることについては,今日まで,旧国分市の時代から,地域で暮らす人々にとっては,どうにかならんのかよという熱い強い思いがあったことは,もう痛いほどよう分かります。言い替えますと,このような手合いの場所が旧7つの自治体ごとに,国分だったらあの場所だよねと,福山だったらここも似たような状況があるねというのは,どの自治体にも思いがある場所はございます。私といたしましては,願わくば,この手の施設で本当に魂を込めて地域活性化を,将来のために雇用の増大だとか,あるいは地域活性化を担っていくんだという余り強い信念は,正直のところございません。これは,一貫して,私自身の政治に取組む一人としての気持ち,姿勢でございます。むしろ,その代わり,今おっしゃったような視点でいきますと,今度合併して3年になったわけですが,今まで雇用の増大,企業の誘致等の努力を,職員の関係部署のものと本当に力を尽くし合いながら,既にもう18社,企業誘致等々に努力をしているわけで,いずれまた19社目も,このような厳しい情勢ではありますが,しっかりもう見えております。そういう形で,今後努力をし続けさせていただきたい。そして,敷根の当地域みたいな場所に一つでも多く夢を実現していく,持っていくというふうに,私としては願っているところでございます。いずれにいたしましても,本日のこのオートの車券場についての見解を問われるならば,私としては,今の段階では真剣に熟慮をすると,そして白紙の状態ですよということを繰り返し申し上げておきたいと思います。


○39番(前川原正人君)


 何回もくどいようですけど,現時点では何とも言えないというのはよく分かります。ただ,平成14年の第2回の定例議会,これは当時,国分市の時代ですが,この海釣り公園や駐車場などの整備などを求めると,こういう内容の質問をされていらっしゃるわけですね。で,行政当局は,その当時,どういう答えをされているかというと,この海釣り公園や駐車場の整備なども含めて,今後検討していくというふうに言われているんですね。平成14年ですので,今から約6年前になりますが,この間,どういう検討をされてきましたか。


○市長(前田終止君)


 平成14年の旧国分市時代からの,そのときからの引き続いてのご指摘ということで答弁いたしますが,私は,合併してまだ3年少々でございますけれども,この間,地元選出の議員さん方,地域のリーダーの方々,こういう方々のいわば熱い思いというのを,まず私は現場に入ったことがなかったということも含めまして,実は,この場所を見にまいりました。そして,駐車場に予定されるところ,あるいはまた,海岸部の大変な流木が,その時々,状況によっては流れ着き,ここでいわばボランティアで,本当に大きな汗をかいて,そういうものを除去する努力が続いているところ,あるいはまた,若尊の岬,そして神社まで,ずうっと踏査をさせてもらった経緯がございます。しかしながら,その現場を調査をし,そして夢を実現する,そういうための道づくりは,もう議員もご承知のとおり,地元の方はなお深く存じ上げておられると思うんですが,もう急しゅんな山の斜面が立ち上がっておりまして,災害を受けて,せっかく公共投資をしたそのルートの固めた場所は,すばらしい場所であるにもかかわらず,それが危険ながけ下に再び大きな公共投資をすることへの懸念,そういうことがブレーキになっておりまして,本当に県段階,私どもの段階においても,二の足を踏まさせてもらったまま,災害を受けたまま,今日までつらい状況にあるということで認識をいたしております。


○39番(前川原正人君)


 今,答弁いただいたわけですが,この平成14年というと旧国分市ですので,市長も変わっていらっしゃいますし,合併をしたという事実もありますので,この辺についてはさまざまな物理的な問題,県との関係,いろいろあると思うんですが,最終的にはオートレース場を認可をするかどうかというのは,先ほどの答弁の中でもありましたけれども,経済産業省から自治体の長の同意を得るように行政指導がなされているということになりますので,許可をするか不許可にするかという権限は市長にあるという,そういう理解の仕方でよろしいわけですね。


○企画政策課長(川村直人君)


 許可権者は経済産業大臣でございまして,地元の自治体には,そういった権限はございません。また,今吉議員の一般質問でもご答弁いたしましたけれども,この地元自治体の同意というのは,このオートレース関係の法的な根拠の一つにはなっておりません。したがいまして,地元の方々の自治会等の同意につきましては,必ず得るようにというような行政指導をなされているということでございます。


○39番(前川原正人君)


 先ほどの答弁では,自治体の長の同意を得るように経済産業省からということで,許可は自治体の長にはないけれども,自治体の長の同意は必要だよという,そういうことですよね。逆に言うと,自治体の長が同意をしてもしなくてもできるという理解でよろしいわけですか。


○企画政策課長(川村直人君)


 こういった場外車券場をつくる場合は,小型自動車競走法だけではございませんで,まだ警察の関係,あるいは消防との関係,さまざまな事項でずっと基準がクリアされていかないとできないわけでございます。したがいまして,この小型自動車競走法に基づいては,先ほど説明したようなことでございます。


○39番(前川原正人君)


 ちょっと理解に苦しむんですね,今の答弁というのは。ですから,とにかく,市長がいつもおっしゃっているように,観光立市を目指す霧島市であるんであれば,やはりギャンブルについてはなじまないということを述べておきたいと思います。ですので,もしも同意がどうこうとなったときには,同意は不同意ということで強く求めておきたいと思います。以上です。次の質問に入ります。医療費削減の取組についてですが,先ほど,今後,ワクチンの接種効果が高いということで,乳幼児の疾病の予防につながることから,今後研究してまいりたいということで,これは研究ということは,当然やる方向で,実施をするという方向での研究ということになりますが,今現在,この対象者,どれぐらいいらっしゃいますか。


○健康増進課長(宮本順子君)


 お答えいたします。ヒブワクチンにつきましては,対象者はゼロ歳児から4歳児を考えておりますが,約6,300人いらっしゃいます。


○39番(前川原正人君)


 約6,300人いらっしゃると。これが全額補助ということになればまだいいわけですけれども,例えば半額を補助をするとした場合に,大体どの程度の財源が必要になってきますか。


○健康増進課長(宮本順子君)


 1回の公費負担を7,000円といたしまして,回数については年齢によって変わりますけれども,7,000円として,接種率を75%で試算した場合,約5,400万円程度となります。これを半分負担補助するということにしますと,約2,700万円程度と想定をしております。


○39番(前川原正人君)


 今言われるように,半額を補助をしたときに2,700万円ということですが,市長,子育て支援という点でいけば,ゼロ歳から4歳未満になりますが,今後検討していく価値はあると思いますが,いかがですか。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 ただいまご答弁を申し上げましたのは,1回につきでございます。で,1回では効果がありませんので,年齢に応じて複数回接種をしなければならないことになりますので,その接種をする時期によりまして額は変わってくるということでございます。


○39番(前川原正人君)


 複数回ということをおっしゃいましたけれども,それでは複数回やったと仮定して,どのぐらいの財源の投入が予想されますか。


○健康増進課長(宮本順子君)


 先ほど2,700万円と申しましたが,開始時期がいろいろございまして,2か月から7か月児の場合は4回接種をいたします。1歳過ぎてから5歳未満までは1回接種ということで想定をして,半額で2,700万円ということになります。


○39番(前川原正人君)


 市長にお聞きをしておきたいと思います。今,答弁をされましたように,大体2,700万円必要だということで答弁いただいたわけですが,子育て支援という点で見ると,乳幼児医療費も当然子育て支援の一環になるわけですが,こういう生まれてからの経過の中での先行投資ということも当然必要になってくると思うんですが,そういうことも検討すべきではないかと思いますが,いかがですか。


○市長(前田終止君)


 今後,さらに研究をさせていただきます。


○39番(前川原正人君)


 研究をさせていただきたいということで,ぜひ研究をしていただきたいと思います。次に入りたいと思います。父子家庭への福祉政策についてお聞きをしておきたいと思います。今,現実,先ほどの答弁でもありましたけれども,質問でも言いました。母子家庭には,法的にはしっかりとした財政措置というのがあるわけですね,援助措置というのがあるわけですが,現在,母子家庭への支援はどのような内容のものがありますか。


○児童福祉課長(隈元 悟君)


 現在のところ,母子家庭には児童扶養手当という制度があります。


○39番(前川原正人君)


 同じひとり親家庭という一くくりで見ると,母子家庭も父子家庭も同じなんですね。この新聞報道を見てみますと,栃木県の鹿沼市では,18歳以下の子ども1人当たり月額最大約4万2,000円の児童育成手当を支給と,こういうことを実施をしている自治体もあります。東京都なども進んだ取組をしているわけなんですが,今現在,今日の質問の中でも出ましたけれども,いわゆる就職がない,働く場所がないということで,年々所得も減って,収入も減って,生活が大変だというところが,そういうご時世になってきたわけですけれども,今後検討するという余地もあると思いますが,いかがですか。


○保健福祉部長(平野貴志君)


 先ほどもご答弁申し上げましたように,現在,全国市長会を通じて,この父子家庭に対する支援はできないかということで,国に対して要望をしているところでございますので,今後もそういう要望活動を続けてまいりたいと考えております。


○39番(前川原正人君)


 この問題は,先ほどの答弁でもありましたけれども,現在取組みつつあると,全国市長会を通じて,国に対して父子家庭への児童扶養手当の支給について要望をしていくことでおっしゃいましたけれども,今現在,父子家庭というのは,霧島市内にどの程度いらっしゃることになりますか。


○児童福祉課長(隈元 悟君)


 言われますとおり,父子家庭には児童扶養手当がないわけですけれども,ひとり親家庭医療費助成というのは対象となるわけです,父子家庭もですね。その対象者で把握している父子家庭でございますけれども,保護者が約88人,児童数約149人ということで把握しております。


○39番(前川原正人君)


 今言われましたように,保護者で88人,児童数で約150人の児童がいらっしゃるわけですので,ぜひこの問題については強力に推し進めていっていただきたいと思います。次に行きたいと思います。次に,先ほどの教育長の答弁で,マニュアルを作成をする,そして意識の喚起を行っていくということで答弁をいただきましたけれども,一番問題なのは,亡くなるという想定をしていなかったというのもあるんですね,一つはですね。だから,危機管理という点では,二度とこういう事例が,亡くならないという,命を落とさないという点では,相当な努力が必要だと思うんですね。ですから,二度とこういう起こさないための手立てというのは,例えばAEDを設置をするというのは,先ほど答弁でもありました。やはり大事なことは,保護者の方とも直接話をしましたけれども,データ等を見ると15万人に1人という急性心筋症ですか,そういう病気で亡くなられたわけですけれども,二度とこういうことが起こらないようにどうするのかということが,万全な対策が必要だということをおっしゃられるわけですね。ですから,教育行政として,先ほどの答弁でもありましたとおり,予測不可能な事態にも慎重に対処できるということが求められていくと思うんですが,具体的にはどういうことを想定をされているのか。そのマニュアルの中には,どういう内容として,この予測不能な事態に対応するとお考えなんでしょうか。


○保健体育課長兼隼人給食センター所長(藤山光隆君)


 今回の事件につきましては,先ほど教育長及びまた議員もおっしゃったような,本当,もう10万人に1人というような事故であったわけですけども,具体的には,学校側といたしましては,救急車を要請するような場合といたしましては,保健調査表等で特に気になる児童生徒の事故や頭を打った場合のこと,それから自家用車での搬送が困難な場合など,救急な対応を必要とするような事態が想定された場合に救急車を呼んで,そしてまた,その他の事故等につきましては,保護者と連絡をとりながら,保護者の行きつけの病院等で診察してもらうように,そのような対応をしていきたいと。具体的には,また,教育委員会としてのそれぞれのマニュアルを作成しておりますので,今後さらに,そういうようなことが起きないように,学校安全対策会議等も含めまして,今後また研修を積んでまいりたいと考えております。


○39番(前川原正人君)


 確かに研修は必要なんですが,AEDの操作というのは,今は自動的にAEDが必要なのかっていう判別をする機能がついているわけですけれども,以前,消防局にお聞きをしたときに,AEDってそんなにすぐ使えるもんですかっていう話をさせていただいたときに,なかなかいざとなるとできないと。ですから,研修で終わりじゃなくて,やはり恒常的にそういう研さんといいますか,訓練といいますか,学校の中及びPTAも含めてですけど,そういうことも当然必要になってくると思いますが,そういう計画なども策定,いわゆるマニュアルの中に網羅されていらっしゃるんですか。


○学校教育課長(村田研史君)


 先ほど教育長の答弁の中で,本年度中に中学校にはすべてAEDを導入しますと,そして,小学校,それから幼稚園についても来年度はというお話をいたしました。それにあわせて,研修も実施をしますと答弁をしたわけですけれども,年間1・2回の研修をやればそれで事足りるというふうには,もう決して考えておりません。ですから,できるだけ機会をつくって,今後,そういった不測の事態に備えていくということも考えていきたいと思っております。


○保健体育課長兼隼人給食センター所長(藤山光隆君)


 今,学校教育課長も答弁いたしましたけれども,また,保健体育課といたしましては,さまざまなスポーツの分野でそのようなことが考えられますので,スポーツ少年団の育成会,それから指導者等を対象にいたしまして,3月中に再度,このAEDの研修を行うように計画しているところでございます。


○39番(前川原正人君)


 ぜひ,二度とそういう痛ましい事件,事故が起こらないような万全の対策をとっていただきたいと思います。最後の学校教育行政の中の中学校の建替えの関係ですが,先ほど答弁の中で,21年度に耐震補強計画と,で,補強設計を行って補強工事で対応していくと,財政状況を勘案しながら平成22年度に行う予定であるということで答弁をいただいたわけですが,耐震補強の計画ということで答弁をいただいたわけですけれども,どの程度の補強計画なのかですね。そして,それは耐震をやってみて,その中で,20年度に耐震診断をされているわけですけれども,どの程度の耐震診断,もしくは,今後,建替えではなくて補強工事で対応するということでおっしゃいましたけれども,その内容はどういうような内容だったのか,示していただければと思います。


○教育総務課長(東郷一徳君)


 耐震診断を行いまして,耐震補強工事が必要ということの結果が出ておるわけでございます。したがいまして,建物をそっくりそのまま改めてつくり直しますよという工事じゃございません。それで,ある一部分,柱と柱の間隔のところに補強を入れて,筋交いですけども,そういうふうに補強いたしまして,建物を震度6以上の地震が来た場合に耐えられるような構造に持っていくという工事でございます。


○39番(前川原正人君)


 今おっしゃるように,建替えではないよと,筋交いとか,補強部分が主になると思うんですけれども,大体どれぐらいの経費,まだ先の話ですけれども,どれぐらいを見込んでいらっしゃるのか,概算で結構です,お知らせいただければと思います。


○教育総務課長(東郷一徳君)


 耐震診断の結果が出ましたので,今から耐震補強計画,実施設計と進んでいくわけでございますけども,今の段階では,金額がどれぐらいになるという計算は立っておりません。実際,補強計画,それと実施設計の段階になった段階でないと金額は分からないところでございます。


○39番(前川原正人君)


 ぜひ,学びよい,スポーツもちゃんと屋内で,ちゃんとした子どもたちの環境整備のために努力をしていただきたいと思います。2分も残しましたけど,これで終わりたいと思います。


○企画部長兼行政改革推進監(山口 剛君)


 先ほどの場外車券場建設問題についての中で,敷根地区自治公民館の中の自治会数をお尋ねになりましたけれども,議員ご推察のとおり,20自治会でございます。


○議長(西村新一郎君)


 以上で前川原正人議員の一般質問を終わります。これで本日の一般質問を終わります。残りの22名については明日以降の本会議で行います。ここで申し上げます。明日3月4日から3月6日の会議は,議事の都合により,会議の開始時間を1時間繰り上げて午前9時から開くことといたします。本日はこれで散会します。ご苦労さまでした。


「散 会  午後 5時57分」