議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 霧島市

平成20年第2回定例会(第1日目 6月 2日)




平成20年第2回定例会(第1日目 6月 2日)





             平成20年第2回霧島市議会定例会会議録


 
1.議事日程は次のとおりである。


                    平成20年6月2日(第1日目)午前10時開議


┌──┬──┬─────────────────────────┬──────┐


│日程│議案│件                 名      │備  考  │


│番号│番号│                         │      │


├──┼──┴─────────────────────────┼──────┤


│ 1│30番  吉 永 民 治 議員              │      │


│  │会議録署名議員の指名について              │      │


│  │31番  今 吉 歳 晴 議員              │      │


├──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 2│会期の決定について   6月2日〜6月27日(26日間)  │      │


├──┼──┬─────────────────────────┼──────┤


│ 3│  │閉会中における所管事務調査についての報告     │建設水道常任│


│  │  │                         │委員長報告 │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 4│報告│専決処分した事件の承認について(霧島市国民健康保険│      │


│  │1 │税条例の一部を改正する条例の専決処分について)  │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 5│報告│専決処分した事件の承認について(霧島市国民健康保険│      │


│  │2 │税の特別減免に関する条例の一部を改正する条例の専決│      │


│  │  │処分について)                  │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 6│報告│専決処分した事件の承認について(平成19年度霧島市国│      │


│  │3 │民健康保険特別会計補正予算(第4号)の専決処分につ│      │


│  │  │いて)                      │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 7│報告│専決処分した事件の承認について(霧島市税条例の一部│      │


│  │4 │を改正する条例の専決処分について)        │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 8│報告│専決処分した事件の承認について(霧島市都市計画税条│      │


│  │5 │例の一部を改正する条例の専決処分について)    │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 9│報告│専決処分した事件の承認について(霧島市国民健康保険│      │


│  │6 │税条例の一部を改正する条例の専決処分について)  │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 10│報告│専決処分した事件の承認について(平成20年度霧島市一│      │


│  │7 │般会計補正予算(第1号)の専決処分について)   │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│  │報告│専決処分した事件の承認について(平成20年度霧島市老│      │


│ 11│8 │人保健医療特別会計補正予算(第1号)の専決処分につ│      │


│  │  │いて)                      │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 12│40 │霧島市手数料条例の一部改正について        │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 13│41 │霧島市国民健康保険高額療養資金貸付基金条例等の一部│      │


│  │  │改正について                   │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 14│42 │霧島市隼人人権啓発センターの設置及び管理に関する条│      │


│  │  │例の一部改正について               │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 15│43 │霧島市溝辺町ケーブルテレビ施設の設置及び管理に関す│      │


│  │  │る条例の一部改正について             │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 16│44 │霧島市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について│      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 17│45 │霧島市土地利用計画審議会条例の制定について    │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 18│46 │霧島市企業立地の促進等による地域における固定資産税│      │


│  │  │の特別措置に関する条例の制定について       │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 19│47 │霧島市企業立地の促進等による地域における産業集積の│      │


│  │  │形成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基づ│      │


│  │  │く準則を定める条例の制定について         │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 20│48 │土地の取得について((仮称)国分上井地区コミュニテ│      │


│  │  │ィ広場)                     │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 21│49 │請負契約の締結について(牧園中学校校舎改築建築工事│      │


│  │  │ 北棟(2工区))                │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 22│50 │鹿児島県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団│      │


│  │  │体の数の減少について               │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 23│51 │平成20年度霧島市一般会計補正予算(第2号)につい│      │


│  │  │て                        │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 24│諮問│人権擁護委員の推薦について            │      │


│  │3 │                         │      │


├──┼──┼─────────────────────────┼──────┤


│ 25│選挙│鹿児島県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙につい│      │


│  │2 │て                        │      │


└──┴──┴─────────────────────────┴──────┘





2.本日の出席議員は次のとおりである。


    1番  脇 元   敬 君      2番  松 元   深 君


    3番  秋 広 眞 司 君      4番  池 田 綱 雄 君


    5番  有 村 久 行 君      6番  徳 田 拡 志 君


    7番  山 浦 安 生 君      8番  神 園 三 郎 君


    9番  厚 地   覺 君     10番  徳 田 芳 郎 君


   11番  宮之原   稱 君     12番  黒 木 更 生 君


   15番  新 橋   実 君     16番  仮 屋 国 治 君


   17番  林 薗 澄 男 君     18番  脇 元   操 君


   19番  植 山 利 博 君     20番  上 鍋 正 光 君


   21番  塩井川 幸 生 君     22番  久 保 史 郎 君


   23番  岡 村 一二三 君     24番  島 廻 一 心 君


   25番  木野田 恵美子 君     26番  山 神 生 人 君


   27番  池 田   守 君     28番  下深迫 孝 二 君


   29番  栫 井 成 孝 君     30番  吉 永 民 治 君


   31番  今 吉 歳 晴 君     32番  尾 崎 東記代 君


   33番  木 場 幸 一 君     34番  浦 野 義 仁 君


   35番  池 田   靖 君     36番  細山田 為 重 君


   37番  蔵 原   勇 君     38番  田 代 昇 子 君


   39番  前川原 正 人 君     40番  窪 田   悟 君


   41番  川 畑 征 治 君     42番  深 町 四 雄 君


   43番  時 任 英 寛 君     45番  西 村 新一郎 君


   46番  宮 内   博 君     47番  徳 田 和 昭 君


   48番  川 畠   暁 君





3.本日の欠席議員は次のとおりである。


   44番  中 村 幸 一 君





4.会議に出席した議会事務局の職員は次のとおりである。


 議会事務局長    上 原 勝 己 君  議事調査課長    福 永 いき子 君


 議事調査課課長補佐 満 留   寛 君  主幹兼調査グループ長 新 窪 政 博 君


 兼議事グループ長


 書     記   吉 村 祐 樹 君  書     記   米 元 利 貴 君





5.地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。


 市     長   前 田 終 止 君  副  市  長   南   洋 海 君


 副  市  長   福 永 いたる 君  総 務 部 長   今 村 恭 一 君


 企画部長兼     山 口   剛 君  生活環境部長    南 田 吉 文 君


 行政改革推進監


 保健福祉部長    平 野 貴 志 君  農林水産部長    萬 ? 茂 樹 君


 商工観光部長    長 崎   薫 君  建 設 部 長   篠 原 明 博 君


 工事監査部長    大 井   正 君  消 防 局 長   中 村   昭 君


 会計管理部長    東   邦 雄 君  水 道 部 長   迫 間   勇 君


 溝辺総合支所長兼  境 田 秀 紀 君  横川総合支所長兼  福 原   平 君


 地域振興課長               地域振興課長


 牧園総合支所長兼  川 野 茂 樹 君  霧島総合支所長兼  西   秀 文 君


 地域振興課長               地域振興課長


 福山総合支所長兼  福 盛 安 美 君  危機管理監     宇 都 克 枝 君


 地域振興課長


 総 務 課 長   阿 多 己 清 君  財 政 課 長   塩 川   剛 君


 企画政策課長    川 村 直 人 君





 教  育  長   ? 田 肥 文 君  教 育 部 長   藤 田   満 君


 教育部次長兼    野 村   望 君  教育総務課長    東 郷 一 徳 君


 生涯学習課長





6.会議のてん末は次のとおりである。





              「開 会  午前10時00分」


○議長(西村新一郎君)


 ただいまから平成20年第2回霧島市議会定例会を開会します。直ちに本日の会議を開きます。





  △ 諸般の報告





○議長(西村新一郎君)


 議事に入ります前に諸般の報告をします。お手元に,議長の出席した主な行事について,また地方自治法及び地方公営企業法の規定により平成19年度霧島市一般会計繰越明許費計算書ほか4計算書及び市長が専決処分した事件の報告5件を配付しておりますので,お目通し願います。それでは,お手元に配付しました議事日程に基づき会議を進めてまいります。これより議事に入ります。





  △ 日程第1 会議録署名議員の指名について





○議長(西村新一郎君)


 日程第1,会議録署名議員を指名します。30番,吉永民治議員,31番,今吉歳晴議員,以上2名を指名します。





  △ 日程第2 会期の決定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第2,会期の決定についてを議題とします。お諮りします。今定例会の会期は,本日から平成20年6月27日までの26日間としたいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,会期は本日から平成20年6月27日までの26日間と決定しました。





  △ 日程第3 閉会中における所管事務調査についての報告





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第3,閉会中における所管事務調査についての報告であります。建設水道常任委員長の報告を求めます。


○建設水道常任委員長(窪田 悟君)


 皆さん,おはようございます。去る3月27日の本会議において閉会中の継続調査になりました所管事務調査についてのご報告を申し上げます。市内各地区の市道の整備状況,土地区画整理事業及び下水道事業の現状について,5月14日に調査を行いました。まず,市内各地区の市道の整備状況についてご報告いたします。隼人地区は地方道路交付金事業で整備される市道住吉東線で,本路線は本市中心部を流れる天降川沿いの道路で,ふるさとの川モデル事業により整備された施設並びに国分・隼人テクノポリスセンターへの連絡道路でもあるとともに,国道10号と市道天降川線とを結ぶ重要な道路でもあります。また,この路線は国道223号見次交差点付近並びに国道10号住吉交差点付近の慢性的な渋滞緩和を図るため,バイパス道路として早急に整備すべき道路として位置づけられており,この路線の整備により本市の幹線道路交通網の整備が図られ,今後の市街地形成の骨格を担う道路となるものであるとの説明でした。次に,溝辺地区は地方道路整備臨時交付金で整備される都市計画道路麓北通線で,この路線は麓第一土地区画整理事業区域の北部に位置し,国道504号及び鹿児島空港と都市計画道路久保山北原線を介して県道隼人加治木線及び崎森隼人線を連絡する重要な幹線街路であり,この路線の整備により加治木隼人方面と北薩方面の円滑な通過交通による経済的効果と,区画整理区域内住民の利便性の向上及び広域的な産業活動や人的な地区間交流の一層の円滑化が期待されるとの説明でした。横川地区は過疎対策事業で整備される市道横川山ケ野線で,本路線は横川市街地と山ケ野,小脇集落を結ぶ生活道路であります。幅員が非常に狭く危険な状況であったため,平成12年度より年次的に改良工事を行っており,今年度は9年間の事業の最終年度で,横川中学校前119mの整備のほか,残区間の舗装工事等で終了する予定であるとのことでした。次に,牧園地区は辺地対策事業で整備される市道持松線で,本路線は笹之段集落と持松集落とを結ぶ幹線道路であります。また,広域関連農道の分岐点付近でもあり,特に交通量が多く,道路網の整備が必要であるとのことでした。また,地区内の交通手段としては自動車がほとんどであり,幅員が狭く視界が悪いため,整備をすることにより安全確保が図られ,今年度は2,000万円で150mの整備を行うとの説明でした。霧島地区は地方道路交付金事業で整備される市道泉水市後柄線で,本路線は平成17年度から21年度の5か年で整備予定であり,九州自動車道栗野インターチェンジから牧園町を経て霧島神宮温泉郷を結び,国道223号を補完する市道であります。沿線の神話の里公園等の観光施設への連絡道としても重要であり,また広域農道を通じて辺地地域と旧霧島町中心部を結ぶ生活幹線道路でもありますが,舗装状況は悪く,通行に支障を来しており,整備することにより,辺地周辺と旧霧島町中心部を結ぶ生活幹線が改善され,辺地地域住民の生活の利便性と通行の安全向上を図るとのことでした。国分地区は臨時地方道特定分で整備される市道清水橋線で,本路線は県道国分霧島線と市道向花清水線及び岩戸新町線とを結び,県道の交通渋滞の緩和と地域住民及び歩行者の安全性を確保することを目的に平成15年度から19年度の5年間で整備され,昨年度で整備が終了しています。なお,県単道路整備事業で平成10年度から平成20年度の11年間で県道国分霧島線清水交差点改良及び歩道を整備中であり,用地取得は完了したものの工事は繰り越しとなり,平成21年3月末完成予定であるとのことでした。福山地区はまちづくり交付金事業で整備された福山プール整備で,本事業は(仮称)牧之原総合運動公園を核としたスポーツ盛んなまちづくりを推進するため,運動施設の拠点並びにその接続道路を一体的に整備するものであります。その中で,福山プールは昭和28年の完成後,市民の健康増進並びに児童及び生徒の体力向上に資する施設として運用してきましたが,施設の老朽化により利用に支障を来しているため建替えを行い,19年度で整備を完了したとのことでした。次に,土地区画整理事業についてご報告申し上げます。隼人地区の浜之市土地区画整理事業及び隼人駅東土地区画整理事業,溝辺地区の麓第一地区土地区画整理事業の3か所を現地調査しました。浜之市土地区画整理事業の事業箇所では,住宅市街地総合整備事業及び公共下水道事業も同時に行われていることから,それらもあわせて調査いたしました。まず,浜之市土地区画整理事業の現地は国道10号と隼人港を中心に発展してきた市街地でありますが,地区内の道路は狭く,隼人港付近については宅地規模の小さい過密住宅地であります。そのため平成8年度から27年度までの事業期間で,都市計画道路,区画道路及び公園等の公共施設の整備改善を行い,土地利用の増進を図り,居住環境の良好な市街地の形成と健康で文化的な生活を営める住宅地の供給を図ろうとするものであり,平成19年度の主な事業内容は事業費6億3,744万6,000円,建物移転補償36戸61棟,区画道路の築造4路線,延長386.9m,整地工事面積6,474m2,建物調査等6件とのことでした。また,併せて施行されている住宅市街地総合整備事業区画整理化については,本事業は浜之市土地区画整理事業との合併施行で,土地区画整理事業区域の面積18.7haのうち,特に老朽住宅が多く密集度の高い地域12.3haについて老朽建築物の外周除去,2つの事業により住宅を失う方の受け皿住宅として賃貸住宅である都市再生住宅の建設,児童遊園及び緑地の整備,集会施設の整備などを全体事業費約26億5,000万円,平成11年度から27年度の事業期間に実施するものであり,一般的に土地区画整理事業での家屋移転は仮換地先が空いてからしかできませんが,本事業では老朽家屋を買収して施行者である市が除去することで地区内の空きスペースが確保され,土地区画整理事業の円滑な事業推進及び事業期間の短縮が図られるなどのメリットがあります。浜之市地区の建物移転済みの棟数は,この事業で実施した83棟を含め,要移転棟数610棟のうち約60%に当たる366棟となっており,平成19年度末現在の進捗率は約56%であり,平成19年度の事業費は1億7,438万3,000円,その主な内容は鉄筋コンクリート造3階建て9戸の都市再生住宅の建築,老朽建築物の除去4件とのことでした。次に,同地区で実施されている公共下水道事業について。本工事は,浜之市地区土地区画整理事業地内と伽藍(がらん)神社周辺及び隼人塚団地内の下水道環境を整備する事業であり,土地区画整理事業内の工事は浜之市団地前から浜之市ふれあいセンター手前までとなり,土地区画整理事業地区内の整備は,家屋,耕作物等の補償が終わり,区画道路部分が確保された公共施設,新たな道路に埋設することになるため,毎年,当初予算編成時期において同時施行として区画整理課と十分,工事箇所の協議調整を図り,手戻り,二重投資がないよう事業を進めている状況である。また,公共下水道が整備されることにより生活環境が改善され,公共用水域の水質の保全に努めている。事業の概要については全体認可面積が767.9ha,うち整備面積が701.1haで整備率91.3%,全体事業費は約255億800万円,平成19年度の事業費は約17億6,200万円とのことでした。次に,隼人駅東土地区画整理事業については,本地区はJR日豊本線隼人駅の東側に位置し,国道223号及び県道北永野田小浜線で囲まれた区域で,近年,商業施設や住宅等の建設が活発となっていますが,公共施設が未整備のまま市街化が進行しています。このようなことから,環境良好な商業地や住宅地の形成を図るため,道路,公園等の公共施設の整備を行い,健全な都市環境を創出しようとするものであります。平成18年3月に区域の決定を行い,事業計画決定に向けた作業を進めているところでありますが,(仮称)隼人駅北線の計画決定が難航しており,事業実施決定に移れないところであります。しかし,住民の方々の理解を得るべく粘り強く説明していくとのことでした。事業区域面積は23.1ha,平成19年度の事業内容は,事業費3,749万7,000円,その内容は実施設計,土地評価及び地質調査3件であるとの説明でした。次に,麓第一土地区画整理事業について。本地区は鹿児島空港の西側に位置し,近年,急速に市街化の傾向が見られる地区でありますが,道路,公園等の公共施設は未整備のままであります。そのため都市計画道路をはじめとした公共施設の整備改善及び宅地の利用増進を図り,空港前の住宅地として健全な市街地の形成を図ろうとするものであり,事業期間が平成5年度から22年度で,現在3年程度延長する見込みで調整中とのことで,事業区域面積42.5ha,全体事業費約82億3,000万円,平成19年度末現在の進捗率は約74%,平成19年度の事業内容は,事業費が2億321万1,000円,幅員16mの都市計画道路久保山北原線の築造,延長280m,整地工事面積4,200m2ほかとのことでした。なお,建物移転としては111棟のうち104棟は済んでおり,約93.7%の建物が移転済みであります。この事業で懸案となっているのは保留地の問題であり,麓第一地区については保留地を2万9,630m2確保しており,平成19年度末現在の処分済みが9,366.96m2,全体の31.6%が処分済みとなっています。現在,販売しているのは21区画6,949.41m2で,率にして23.5%で,保留地として予定しているところで未整備の部分が面積にして1万3,313.63m2,45%近くが未整備の状態であります。この事業を進めるに当たって,保留地の処分がなければ事業の完成がないと考えており,保留地の販売促進を努力しているとのことでした。質疑の中で,道路関係歳入予算で暫定税率分の4月分がとれず,国の規模では2,000億を超える税収が入ってこないということで,本市においても影響が出るのではないかと懸念するがどうかとの質疑には,建設部の事業執行においては暫定税率あるいは道路特定財源に影響する事業が結構あり,土木課等で行っている臨時地方道の交付金は,まだ内示がない状況である。当然,内示が来てから決定を受け事業をするので,やはり1か月から2か月弱,空白ができるというようなことも懸念しているとの答弁でした。また,福山プールの整備で,プールサイドの防水舗装のところに亀裂ができており,どのような対策をするのかという質疑には,一部クラックが入っていたようであり,6月15日オープンということなので早急に対応し,適切に処理したいとの答弁でした。また,現場で見たところ,福山のプールにはAEDの設置がなかったようだが,どのように考えているのかという質疑には,平成20年度予算で購入予定であり,福山プールの分として購入し,プール内に設置するとの答弁でした。市道清水橋線と県道国分霧島線の交差点改良の事業効果について,どの程度の交通渋滞が緩和されると予測しているかとの質疑には,県の方と市の方と分担でやっており,ある程度は解消するとは思うが,自動車保有台数もかなり増えており,現状的には厳しいものがあろうかと思われる。5月末に国分中学校付近で事故多発地点の合同診断会があるが,中学校前の点滅信号で右折が可能なために本線が渋滞する傾向を把握しているので,市としては右折の制限について公安委員会に提案する予定である。それが認められると,かなりの効果が出るのではないかとの答弁でした。隼人地区の土地区画整理事業内では都市計画税を徴収しているが,麓第一地区内では都市計画税を徴収していない。麓第一地区については,保留地の売却を含めても事業費が足りなくなるという推測がある中で,同じ市内において,一方では都市計画税を負担する,もう一方ではしていないという不公平さというものがあってはならないと思う。財源の担保というものが絶対に必要で,受益者負担の原則というものもしっかりと事業の中に取り入れ,都市計画税の早急な導入が必要と考えるがどうかとの質疑には,都市計画区域は旧霧島町を除いて区域を設定しており,その中で都市計画税を取っているのは国分・隼人地区である。今年度から都市計画マスタープラン等の策定に入る予定であり,その中で都市計画区域の見直し,あるいは都市計画事業を,どういう形で市内全域に今後計画をしていくかというものの検討を行う。ある程度,都市計画区域をくくり,その中で事業計画がある程度予測,あるいは計画がされた段階で,都市計画税についても全般的に見直しをしていきたいとの答弁でした。以上で建設水道委員会の所管事務調査についての報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 以上で閉会中における所管事務調査についての報告を終わります。





  △ 日程第4 報告第1号 専決処分した事件の承認について(霧島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分について)より


    日程第24 諮問第3号 人権擁護委員の推薦についてまで一括上程





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第4,報告第1号,専決処分した事件の承認について(霧島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分について)より,日程第24,諮問第3号,人権擁護委員の推薦についてまで,以上21件を一括し議題とします。提案者の説明を求めます。


○市長(前田終止君)


 皆さん,おはようございます。初めに,5月に発生をいたしましたミャンマーのサイクロン被害,中国四川省における大地震と,立て続けに大規模災害が発生をいたしました。何万人という多くの尊い命が両地区で失われ,行方不明者も,本当に想像を絶するような数ほどおられます。被災地の皆さんには心からお見舞いを申し上げますとともに,一日も早い復興を願うものであります。明日は我が身かもしれませんし,両国に申し上げたいこともありますが人道上の問題でもあり,困ったときはお互い助け合うということが,私はとても大事なことだと思います。同じアジアの一員でありますとともに,中国の3都市と友好のある本市といたしましては,早速,国分・隼人庁舎及び各総合支所に義援金箱を設置をし,市を挙げた両国への災害救援活動に取り組んでおり,市民の方々から多くの善意が寄せられているところでございます。次に,4月30日にご逝去されました霧島市名誉市民・元国分市長,故谷口義一氏の市葬を,去る5月21日に霧島市民会館で執り行いましたのでご報告申し上げます。故谷口氏は6期24年の永きにわたり,旧国分市の市長として市勢発展のためご尽力をされました。その功績を賛え,ここに重ねて哀悼の意を表します。市葬には市民や関係者約700人のご参列があり,参加者全員が菊の花を手に,故人と最後のお別れをいたした次第でございます。それでは,本日ここに,平成20年6月定例市議会の開会に当たりまして,3月議会以降の市政運営の状況報告を申し述べますとともに,今回提案いたしております議案につきまして,その概要をご説明申し上げ,議員各位を初め市民の皆様方のご理解とご協力を賜わりたいと存じます。まず,市政運営の状況報告につきましては,総合計画の政策体系に沿ってご説明を申し上げます。「快適で魅力あるまちづくり」を目指してでありますが,はじめに霧島市総合防災訓練についてご説明申し上げます。本年1月,隼人総合支所が分庁化されたことに伴う隼人地区住民の災害に対する不安への対応及び今後到来する梅雨への備えとして,防災関係機関の連携の強化,地域住民の避難体制の確認及び防災意識の向上を目的とした霧島市総合防災訓練を去る5月18日,隼人町日当山温泉公園において実施をいたしました。訓練には,自衛隊,警察,消防,地域住民等14団体,約600名が参加をし,本市が掲げる安心・安全なまちづくりの実施を推進いたした次第であります。なお,今後の雨期に備え,災害危険箇所点検を去る5月24日に実施いたしましたところでございます。次に,コミュニティバスの運行につきましては,本年4月から新たに溝辺・福山地区でも運行を開始するとともに,バスの名称を「ふれあいバス」に統一し,財政面,受益者負担の原則等の観点から路線バス運賃を見直し,定額150円といたしました。さらに,地域内交通の充実を図るため,国分・隼人の市街地を循環する路線バスの拡充,新設霧島高校の通学に対応したバス路線の新設なども行い,高校生の通学や市民の利便性を図ったところであります。また,本年度は,各地区の実情に即した有効な交通輸送サービスのあり方について,さらに調査検討をするため,地域公共交通計画策定にも着手したところであります。次に,「自然にやさしいまちづくり」を目指しての取組でございますが,まず,本市の最大の課題の一つであります一般廃棄物管理型最終処分場の建設につきましては,去る4月15日に福山総合運動公園内のまきばドーム南側に隣接する市有地の山林,福山町宝瀬地区を候補地として選考させていただき,住民説明会を重ねてきているところであります。現在まで,広範囲な説明会から少人数の説明会まで合わせますと16回,5月末現在で延べ417名の皆様にご参加いただいております。今後は,地域単位説明会や先進地視察等を実施しながら,地域住民の皆様をはじめとした関係者の皆様のご理解を得ることに全力を傾注してまいる所存でございます。次に,「育み磨きあうまちづくり」を目指してでございますが,昨年5月24日に不慮の事故が発生をして以来,休館をいたしておりました隼人温水プールの再開につきましては,かけがえのない尊い命を失ったこと,そして何よりもご遺族の心情に配慮をし,1年間の月日をかけて慎重に再開の時期を検討してまいりました。この間,事故調査委員会をはじめとする各種会議を開催し,二度と事故の起きない安心安全なプールを目指して改修工事等を行ってきたことは,議員をはじめ市民の皆様ご承知のとおりでございます。このたび,プールの管理マニュアルなど,指定管理者と十分な協議が整いましたので,去る5月25日,日曜日に,ささやかなリニューアルオープンセレモニーを開催し,スポーツ少年団の子どもたちが早速水しぶきを上げました。今後とも指定管理者との連携を密にし,市民の皆様の健康づくり,体力向上に資する施設となるよう努力してまいる所存であります。「たすけあい支えあうまちづくり」を目指してでございますが,皆様ご案内のように本年10月26日から27日にかけて「ねんりんピック鹿児島2008」のゲートボール交流大会,ゴルフ交流大会,ソフトバレーボール交流大会が,全国から約2,000名の参加者のもと霧島市の3会場で開催をされますが,平成20年度の第1回実行委員会を去る5月20日に開催をし,予算及び事業計画が決定をされました。今後,いよいよ開催本番に向けた本格的な取組をしてまいります。次に,「共生・協働のまちづくり」を目指しての取組でございますが,霧島市歌等の普及につきましてはデモCDを作成し,各種行事に活用いただきますよう地区自治公民館や学校等に配付しますとともに,昼食時間に庁舎で市歌等を流しております。現在,吹奏楽譜等の制作やレコーディングの歌詞を公募しており,市民参加による市歌の制作を推進しているところでございます。また,霧島市音頭「おじゃんせ霧島」の踊りにつきましては,市文化協会加入の舞踏関係団体の皆様に依頼し振り付けを完了いたしましたので,今後,踊りの普及も図ってまいります。次に,国際交流につきましては,合併以来の懸案事項でありました国際交流団体の統合については,国分市国際交流協会と隼人町国際交流協会が発展的に解散し,広く霧島市全域に呼びかけ,去る4月7日に新たに霧島市国際交流協会が設立されました。同じく4月には,昨年,友好交流協議書を締結しました中国耀州区から李志強区長を団長とする友好訪日団8名が本市を訪問され交流を深めるとともに,本市のごみ処理や資源ごみリサイクルの手法を視察されました。次に,「新たな行政経営によるまちづくり」を目指してへの取組でございますが,4月1日から申請受付を開始いたしましたパスポートの発給事務につきましては,広報誌や新聞,ケーブルテレビ等で掲載,放映されたことに伴い,市民の皆様にも周知がなされ順調に利用が伸びております。4月末現在で申請受付件数が211件,交付件数が96件となっております。なお,市民サービスセンター「コアよか」の利用者数も順調に増加をいたしており,スタートいたしました昨年7月は1か月当たり260件でありましたが,本年4月は914件となり,多くの市民の方にご利用いただいております。次に,本市の広報誌「広報きりしま」が,平成20年全国広報コンクール,組写真の部において,総務大臣賞を受賞いたしました。広報誌は,これまでも鹿児島県広報コンクール等において連続特選を受賞いたしておりますが,今回,全国規模の最高の賞を受賞することができました。今後も広報及び広聴活動につきましては,市民の皆様に伝える,市民の皆様から聞くということを基本に,市民と行政のかけ橋となるよう,引き続き力を注いでまいる所存であります。最後に,その他の政策といたしまして,環霧島会議関係についてご報告申し上げます。まず,5月14日に第101回九州市長会が沖縄県石垣市で開催され,そこで私が環霧島会議の設立趣旨,取組等について報告をさせていただきました。また,去る5月22日には第2回目の環霧島会議が都城市の総合文化ホールで開催をされ,これまで専門部会で協議検討した結果の報告を受け,今後の具体的な取組事項や方針等を協議いたしました。さらに,ジオパークについて見識を深めていただくために,鹿児島大学の井村准教授を講師に招き講演会を開催するなど,関係市町から多数の参加をいただき盛大に開催できましたことをご報告申し上げます。それでは,本日提案をいたしております議案につきまして,その概要をご説明いたします。まず,報告第1号から報告第8号の専決処分いたしました事件8件の報告についてであります。報告第1号及び第2号につきましては,本年4月1日から後期高齢者医療制度が開始されることに伴い,霧島市国民健康保険税条例及び霧島市国民健康保険税の特別減免に関する条例について,3月31日付で,それぞれ所要の改正をし,専決処分したものであります。次に,報告第3号,専決処分いたしました平成19年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)につきましてご説明いたします。この補正予算は,平成19年度の決算見込みが赤字となるおそれがあったため,歳入不足分を国民健康保険事業給付基金を取り崩し,補おうとしたものであります。補正額といたしましては,歳入で国民健康保険税を1,000万円減額し,繰入金を1,000万円追加するものでございます。なお,本件につきましては,地方自治法第179条第1項の規定に基づき,本年3月31日に専決処分いたしましたので,報告し承認を求めるものであります。次に,報告第4号から第6号につきましては,ふるさと納税制度の創設など地方税法等の改正に伴い,霧島市税条例,霧島市都市計画税条例及び霧島市国民健康保険税条例について,本年4月30日付で,それぞれ所要の改正をし,専決処分したものであります。次に,報告第7号,専決処分いたしました平成20年度霧島市一般会計補正予算(第1号)につきましてご説明いたします。この補正予算は,霧島市名誉市民谷口義一氏が去る4月30日にご逝去されたことに伴い,故人の偉業をたたえ,追悼する市葬を霧島市名誉市民条例第3条第2号に基づき執り行うに当たり必要な経費を計上したもので,歳入歳出総額660万円を追加計上し,補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ499億3,660万円とするものであります。このことにつきまして,地方自治法第179条第1項の規定に基づき,本年5月8日に専決処分いたしましたので,報告をし承認を求めるものでございます。次に,報告第8号,専決処分した平成20年度霧島市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明いたします。この補正予算は,平成19年度決算見込みにおいて医療費の国庫負担金等が国の予算不足等により年度内に収納できず,歳入が歳出に対し不足する状況となっておりますが,地方公共団体の決算におきましては赤字決算が認められていないことから,地方自治法施行令第166条の2の規定に基づき,平成20年度に過年度分として交付される国庫負担金等を繰り上げて充用しようとするものであります。補正額といたしましては,歳入で支払基金交付金,国庫負担金,歳出で前年度繰上充用金,それぞれ1億4,734万9,000円を追加をし,補正後の歳入歳出予算の総額をそれぞれ24億2,846万円といたしました。なお,本件につきましては,平成19年度の決算上の措置として行うものであり,出納整理期間中に行わなければならなかったことから,地方自治法第179条第1項の規定に基づき本年5月20日に専決処分いたしましたので,報告をし承認を求めるものでございます。次に,議案第40号,霧島市手数料条例の一部改正についてであります。本案は,建築物の安全性の確保を図るための建築基準法等の一部を改正する法律の施行により,確認申請書への添付図書及び検査事項が大幅に増加したことに伴う手数料の見直し並びに従来,行政サービスについて行っていた道路位置指定事務手数料についての額を定めるため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第41号,霧島市国民健康保険高額療養資金貸付基金条例等の一部改正についてであります。本案は,政府契約の支払遅延防止等に関する法律第8条第1項の規定により定められる遅延利息の率が年3.4%から年3.7%に変更されたため,関係条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第42号,霧島市隼人人権啓発センターの設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。本案は,霧島市隼人人権啓発センター運営審議会の委員の構成を霧島市附属機関等の設置等に関する指針の規定により見直しを行うため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第43号,霧島市溝辺町ケーブルテレビ施設の設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。本案は,溝辺地区とブロードバンド環境の整った地区とのインターネットの利用料金等の是正を図るため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第44号,霧島市消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてであります。本案は,非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令の施行により,配偶者以外の扶養親族についての補償基礎額の加算額が引き上げられたことに伴い,文言の整理と併せて本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第45号,霧島市土地利用計画審議会条例の制定についてであります。本案は,霧島市国土利用計画及び霧島市土地利用調整基本計画の策定に当たり,専門的知見等がある学識経験者等で構成する霧島市土地利用計画審議会を設置するため,本条例を制定しようとするものであります。次に,議案第46号,霧島市企業立地の促進等による地域における固定資産税の特別措置に関する条例の制定についてであります。本案は,企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律に基づく承認企業立地計画に従って設置される施設に係る固定資産税の免除の特別措置について定めるため,本条例を制定しようとするものであります。次に,議案第47号,霧島市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基づく準則を定める条例の制定についてであります。本案は,企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律の施行により,同意企業立地重点促進区域における製造業等の緑地面積率等について,工場立地法に基づき公表された準則に代えて適用すべき準則を定めるため,本条例を制定しようとするものであります。次に,議案第48号,土地の取得についてであります。本案は,(仮称)上井地区コミュニティ広場建設用地について,霧島市国分上井928番1ほか9筆,面積1万83m2の田を霧島市土地開発公社から取得しようとするものであります。次に,議案第49号につきましては,牧園中学校校舎改築建築工事北棟(2工区)の請負契約の締結に関する議案であります。本案は,霧島市牧園町宿窪田1960番地のヤマグチ株式会社,代表取締役山口克典が,工事費1億5,460万円,消費税額773万円,合計金額1億6,233万円で落札いたしましたので,契約を締結しようとするものであります。次に,議案第50号,鹿児島県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少についてであります。本案は,市町村合併により伊佐市が設置されることに伴い,鹿児島県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数を減少することについて,地方自治法の規定により議会の議決を求めようとするものであります。次に,議案第51号,平成20年度霧島市一般会計補正予算(第2号)についてであります。今回の補正予算は,活動火山周辺地域防災営農対策事業による花卉生産農家の被覆施設等整備の補助及び霧島市消防団溝辺方面隊麓分団消防詰所建設に要する経費などを主なものといたしております。歳入につきましては,事業に伴う県支出金,コミュニティ助成金,合併特例債を特定財源とし,平成19年度の決算剰余金見込み額の一部を一般財源といたしております。歳出の主なものにつきましては,総務費で,コミュニティ助成事業を活用いたしました霧島地区の逆鉾太鼓ジュニアへの太鼓購入助成を計上いたしました。民生費では,介護保険制度を活用した高齢者のボランティア活動など,社会参加活動を支援する制度導入に向けた調査等に要する地域ケア体制整備モデル事業に係る経費を計上いたしました。農林水産業費では,活動火山周辺地域防災営農対策事業として降灰地域の花卉安定対策のために,空港花卉生産組合の農家の被覆施設等整備に対する補助金を計上いたしたほか,消防費において霧島市消防団溝辺方面隊麓分団の詰所建設に要する経費を計上するなど,歳入歳出総額7,941万4,000円を追加計上し,補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ500億1,601万4,000円とするものであります。次に,諮問第3号,人権擁護委員の推薦についてであります。本案は,人権擁護委員の道祖瀬戸謙二氏の任期が平成20年9月30日をもって満了となりますことから,後任として山下弘文氏を推薦しようとするものであります。以上,提案をいたしております報告8件,議案12件,諮問1件につきまして,一括して,その概要をご説明申し上げましたが,よろしくご審議いただき,ご協賛賜わりますようお願い申し上げまして,提案理由の説明とさせていただきます。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま提案者の説明が終わりました。この21件の議案に対する質疑は,次の本会議で行います。





  △ 日程第25 選挙第2号 鹿児島県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第25,選挙第2号,鹿児島県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙についてを議題とします。鹿児島県後期高齢者医療広域連合議会議員は,県内市町村の長及び議員のうちから,市長区分6人,市議会議員区分6人,町村長区分4人,町村議会議員区分4人から構成されています。今回,市議会議員区分2名の欠員が生じたため,候補者受付の告示を行い,届出を締め切ったところ,3人の候補者がありましたので,広域連合規約第8条第2項の規定により選挙を行います。この選挙は,同条第4項の規定により,すべての市議会の選挙における得票総数の多い順に当選人を決定することになりますので,会議規則第32条の規定に基づく選挙結果の報告のうち,当選人の報告及び当選人の告知は行えません。そこでお諮りします。選挙結果の報告については,会議規則第32条の規定にかかわらず,有効投票のうち候補者の投票数までを報告することにしたいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,選挙結果の報告については,会議規則第32条の規定にかかわらず,有効投票のうち候補者の得票数までを報告することに決定しました。選挙は投票により行います。議場を閉鎖します。


                   [議場閉鎖]


 ただいまの出席議員は45名であります。会議規則第31条第2項の規定により立会人を指名します。立会人に17番,林薗澄男議員,39番,前川原正人議員を指名します。候補者名簿はお手元に配付のとおりです。候補者名簿の配付漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 配付漏れなしと認めます。投票用紙を配付させます。


                  [投票用紙配付]


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 配付漏れなしと認めます。念のため申し上げます。投票は単記無記名ですので,候補者名を1名のみ記載の上,点呼に応じて順次投票願います。投票箱を点検させます。


                  [投票箱点検]


 異常なしと認めます。投票を行います。点呼を命じます。


              [事務局長の点呼に応じ順次投票]


 投票漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 投票漏れなしと認めます。投票を終了します。議場の出入口を開きます。


                   [議場開鎖]


 開票を行います。17番,林薗澄男議員,39番,前川原正人議員の立会いをお願いします。


                    [開票]


 選挙の結果を報告します。投票総数45票,うち有効投票39票,無効投票6票,有効投票のうち,上門秀彦氏32票,新宮領進氏3票,山下ひとみ氏4票,以上のとおりです。以上で本日の日程はすべて終了しました。次の本会議は6月10日であります。本日はこれで散会します。ご苦労さまでした。


              「散 会  午前11時03分」