議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 霧島市

平成19年第1回定例会(第1日目 2月27日)




平成19年第1回定例会(第1日目 2月27日)





             平成19年第1回霧島市議会定例会会議録


 
1.議事日程は次のとおりである。


                      平成19年2月27日(第1日目)午前10時開議


┌──┬──┬───────────────────────────┬──────┐


│日程│議案│   件                 名     │ 備 考  │


│  │  │                           │      │


│番号│番号│                           │      │


├──┼──┴───────────────────────────┼──────┤


│  │               16番  仮 屋 国 治 議員 │      │


│ 1│会議録署名議員の指名について                │      │


│  │               17番  林 薗 澄 男 議員 │      │


├──┼──────────────────────────────┼──────┤


│ 2│会期の決定について   2月27日〜3月27日(29日間)     │      │


├──┼──┬───────────────────────────┼──────┤


│  │  │                           │総務常任委員│


│  │  │                           │長報告   │


│ 3│  │閉会中における所管事務調査についての報告       │環境福祉常任│


│  │  │                           │委員長報告 │


│  │  │                           │建設水道常任│


│  │  │                           │委員長報告 │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 4│陳情│陳情書(ふれあいバス路線の永水地区への拡充について) │総務常任委員│


│  │ 15│                           │長報告   │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 5│陳情│肺炎球菌ワクチン接種に公的助成を求める陳情書     │環境福祉常任│


│  │ 1│                           │委員長報告 │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 6│ 1│霧島市部設置条例等の一部改正について         │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 7│ 2│霧島市障害児就学指導委員会条例の一部改正について   │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 8│ 3│霧島市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 9│ 4│霧島市特別会計条例の一部改正について         │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 10│ 5│霧島市手数料条例の一部改正について          │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 11│ 6│霧島市職員の給与に関する条例の一部改正について    │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 12│ 7│霧島市ひとり親家庭医療費助成に関する条例の一部改正につ│      │


│  │  │いて                         │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 13│ 8│霧島市国分ハイテク展望台の設置及び管理に関する条例の一│      │


│  │  │部改正について                    │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 14│ 9│霧島市自転車駐車場の設置及び管理に関する条例の一部改正│      │


│  │  │について                       │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 15│ 10│霧島市都市公園条例の一部改正について         │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 16│ 11│霧島市給水条例の一部改正について           │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 17│ 12│霧島市消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部│      │


│  │  │改正について                     │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 18│ 13│霧島市国民保護対策本部及び霧島市緊急対処事態対策本部条│      │


│  │  │例の制定について                   │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 19│ 14│霧島市国分駅総合待合所の設置及び管理に関する条例の制定│      │


│  │  │について                       │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 20│ 15│霧島九面太鼓搬送用クレーン付き舞台兼用トラック購入事業│      │


│  │  │分担金徴収条例の廃止について             │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 21│ 16│辺地に係る公共的施設の総合整備計画について      │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 22│ 17│字の区域変更について                 │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 23│ 18│市道路線の認定について                │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 24│ 19│国分隼人公共下水道根幹的施設(国分隼人クリーンセンター)│      │


│  │  │の建設工事に関する基本協定の一部変更について     │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│  │  │指定管理者の指定について(霧島市国分営農研修センター,│      │


│ 25│ 20│霧島市国分上之段・国分平山・国分塚脇地区コミュニティ広│      │


│  │  │場,霧島市国分畜産研修センター)           │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│  │  │指定管理者の指定について(中央公園,東公園,中央児童公│      │


│  │  │園,福島児童公園,広瀬西公園,正覚寺公園,西地区コミュ│      │


│ 26│ 21│ニティ広場,松木野口地区ふれあい広場,児童の森,湊地区│      │


│  │  │コミュニティ広場,東その山地区コミュニティ広場,こがの│      │


│  │  │もりコミュニティ広場,郡山地区コミュニティ広場,姫城地│      │


│  │  │区コミュニティ広場,清水地区コミュニティ広場)    │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 27│ 22│指定管理者の指定について(霧島市国分ハイテク展望台,霧│      │


│  │  │島市台明寺渓谷公園)                 │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 28│ 23│指定管理者の指定について(霧島市民会館,霧島市国分中央│      │


│  │  │地区共同利用施設)                  │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 29│ 24│指定管理者の指定について(霧島市国分児童体育館)   │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 30│ 25│姶良・伊佐地区介護保険組合規約の一部変更について   │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 31│ 26│姶良伊佐環境保全センター管理組合規約の一部変更について│      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 32│ 27│伊佐北姶良環境管理組合規約の一部変更について     │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 33│ 28│伊佐北姶良火葬場管理組合規約の一部変更について    │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 34│ 29│平成18年度霧島市一般会計補正予算(第6号)について  │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 35│ 30│平成18年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)│      │


│  │  │について                       │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 36│ 31│平成18年度霧島市介護保険特別会計補正予算(第2号)につ│      │


│  │  │いて                         │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 37│ 32│平成18年度霧島市国民休養地事業特別会計補正予算(第1号)│      │


│  │  │について                       │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 38│ 33│平成18年度霧島市下水道事業特別会計補正予算(第2号)に│      │


│  │  │ついて                        │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 39│ 34│平成18年度霧島市丸岡公園特別会計補正予算(第2号)につ│      │


│  │  │いて                         │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 40│ 35│平成19年度霧島市一般会計予算について         │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 41│ 36│平成19年度霧島市国民健康保険特別会計予算について   │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 42│ 37│平成19年度霧島市老人保健医療特別会計予算について   │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 43│ 38│平成19年度霧島市介護保険特別会計予算について     │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 44│ 39│平成19年度霧島市交通災害共済事業特別会計予算について │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 45│ 40│平成19年度霧島市下水道事業特別会計予算について    │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 46│ 41│平成19年度霧島市温泉供給特別会計予算について     │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 47│ 42│平成19年度霧島市水道事業会計予算について       │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 48│ 43│平成19年度霧島市簡易水道事業会計予算について     │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 49│ 44│平成19年度霧島市工業用水道事業会計予算について    │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 50│ 45│平成19年度霧島市病院事業会計予算について       │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 51│諮問│人権擁護委員の推薦について              │      │


│  │ 1│                           │      │


├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤


│ 52│  │請願第8号の取下げについて              │      │


└──┴──┴───────────────────────────┴──────┘





2.本日の出席議員は次のとおりである。


    1番  脇 元   敬 君      2番  松 元   深 君


    3番  秋 広 眞 司 君      4番  池 田 綱 雄 君


    5番  有 村 久 行 君      6番  徳 田 拡 志 君


    7番  山 浦 安 生 君      8番  神 園 三 郎 君


    9番  厚 地   覺 君     10番  徳 田 芳 郎 君


   11番  宮之原   稱 君     12番  黒 木 更 生 君


   15番  新 橋   実 君     16番  仮 屋 国 治 君


   17番  林 薗 澄 男 君     18番  脇 元   操 君


   19番  植 山 利 博 君     20番  上 鍋 正 光 君


   21番  塩井川 幸 生 君     22番  久 保 史 郎 君


   23番  岡 村 一二三 君     24番  島 廻 一 心 君


   25番  木野田 恵美子 君     26番  山 神 生 人 君


   27番  池 田   守 君     28番  下深迫 孝 二 君


   29番  栫 井 成 孝 君     30番  吉 永 民 治 君


   31番  今 吉 歳 晴 君     32番  尾 崎 東記代 君


   33番  木 場 幸 一 君     34番  浦 野 義 仁 君


   35番  池 田   靖 君     36番  細山田 為 重 君


   37番  蔵 原   勇 君     38番  田 代 昇 子 君


   39番  前川原 正 人 君     40番  窪 田   悟 君


   41番  川 畑 征 治 君     42番  深 町 四 雄 君


   43番  時 任 英 寛 君     44番  中 村 幸 一 君


   45番  西 村 新一郎 君     46番  宮 内   博 君


   47番  徳 田 和 昭 君     48番  川 畠   暁 君





3.本日の欠席議員は次のとおりである。


   14番  四 元 寿 満 君





4.地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。


 市     長   前 田 終 止 君   助     役  南   洋 海 君


 助     役   福 永 いたる 君   総 務 部 長  西 重 正 志 君


 企 画 部 長   藤 田   満 君   保健福祉部長   今 村 恭 一 君


 農林水産部長    東   邦 雄 君   商工観光部長   長 崎   薫 君


 建 設 部 長   秋 窪 直 哉 君   工事監査部長   大 井   正 君


 まちづくり調整監  内   達 朗 君   消 防 局 長  中 村   昭 君


 会計管理部長    池 田 和 弘 君   水 道 部 長  濱 崎 幸 嗣 君


 溝辺総合支所長   境 田 秀 紀 君   牧園総合支所長  山 下 弘 文 君


 霧島総合支所長   西   秀 文 君   隼人総合支所長  川 野 茂 樹 君


 福山総合支所長   福 盛 安 美 君   総務部次長兼   南 田 吉 文 君


                       総務課長


 行政改革推進監   山 口   剛 君   企画部次長兼   福 原   平 君


                       企画政策課長


 財 政 課 長   平 野 貴 志 君   横川総合支所   猿 渡 茂 樹 君


                       総務課長





 教  育  長   古 川 次 男 君   教 育 部 長  吉 永 冨城夫 君


 教育部次長兼    石 塚 義 人 君


 教育総務課長





5.会議に出席した議会事務局の職員は次のとおりである。


 議会事務局長    成 枝 靖 夫 君   議事調査課長   谷 山 忠 憲 君


 議事調査課課長   山 元 春 行 君   書    記   赤 塚 孝 平 君


 補佐兼議事係長


 書    記    井 上 寛 昭 君   書    記   米 元 利 貴 君





6.会議のてん末は次のとおりである。





              「開 会  午前10時00分」


○議長(西村新一郎君)


 ただいまから平成19年第1回霧島市議会定例会を開会します。直ちに本日の会議を開きます。お手元に配付しました議事日程に基づき会議を進めてまいります。





  △ 諸般の報告





○議長(西村新一郎君)


 議事に入ります前に諸般の報告をします。お手元に議長の出席した主な行事について配付しておりますので,お目通し願います。これより議事に入ります。





  △ 日程第1 会議録署名議員の指名について





○議長(西村新一郎君)


 日程第1,会議録署名議員の指名をします。16番仮屋国治議員,17番林薗澄男議員,以上2名を指名します。





  △ 日程第2 会期の決定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第2,会期の決定についてを議題とします。お諮りします。今定例会の会期は本日から平成19年3月27日までの29日間としたいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,会期は本日から平成19年3月27日までの29日間と決定しました。





  △ 日程第3 閉会中における所管事務調査についての報告





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第3,閉会中における所管事務調査についての報告であります。総務常任委員長,環境福祉常任委員長,建設水道常任委員長の順に報告を求めます。まず,吉永総務常任委員長。


○総務常任委員長(吉永民治君)


 おはようございます。それでは,報告をさせていただきます。近年,ご承知のとおり,宅地開発が進み,広範囲にわたり市街地が形成されつつある中,防火水槽,消火栓の整備が立ち後れている現状,農業用水路が防火水利として果たす役割は大きい。これらのことを踏まえ,1月22日,松永・宮内原農業用水利が年間を通じ消防水利としていかに活用できる状況にあるのかについて調査いたしましたので,その調査結果の報告をいたします。まず,宮内原用水路を鹿児島神宮から宇都山,原地区まで視察し,現地で宮内原土地改良区の職員から年間通水状況等の説明を受けた後質疑を行い,次に,松永用水路は,小鹿野取水口,松永地区,姫城地区,府中地区を視察した後,委員会室で国分土地改良区の職員から説明を受けた後質疑を行い,状況把握に努めたところである。まず,概要についての説明があり,宮内原用水路は隼人町西光寺で天降川から取水し,天降川右岸の湯田,鳥越,牟田,東郷,見次,内山田,真孝,小田,野久美田,島津新田,住吉まで総延長約20?,受益農地面積314ha,松永用水路は隼人町上小鹿野で取水し,上小鹿野,津曲,平熊,下平,姫城,新町,向花,府中,野口,福島,広瀬,小村まで幹線河川総延長16?,支線等の正確な数字については,受益農地面積とともに県の幹線河川の整備事業との関係で現在調査中である。年間通水計画については,両水路とも農業用水利であるが,防火用水,環境用水ということで毎年市と契約し,年間通水することになっているが,宮内原用水については,3月から4月の1か月と7月末から8月初め土用干しで数日間,稲刈り時期の2か月は落水している。松永用水については,3月15日から3月20日までの5日間と7月末から8月初めの3日間土用干し,稲刈り時期は10月5日から11月28日まで落水している。いずれも落水している間に水路の清掃や水門,分水バルブ,遮断板の点検補修を行っている。稲刈り時期については,バルブ,遮断板が完全に機能すれば通水できるが,完全に遮断できないために漏水が生じ,作物に影響が出ることが予測されるため,やむなく落水しているのが現状である。その他に道路工事に影響がある場合等落水することもある。消防局と環境衛生係とは常時連絡をとり合っている。冬場の通水は水量的には本通水の3分の1程度であるが,下流になれば水路幅員が細くなるので,途中の水門で下流への流量調整を行っている。以上の説明の後質疑に入り,その質疑,答弁の主なるものは要旨次のとおりであります。質疑,両水路はかなり広範なエリアで消防水利として活用できると思うが,漏水などの理由で稲の収穫時期を含め乾燥期に2か月間落水せざるを得ないということであるが,流量の5分の1ぐらいにして消防水利として確保できないか。答弁,年間通水できない理由の第1点は水路が整備されていないということである。松永用水路は,約7.8?が未整備で水が絞ったり,漏水があったりで,また,三面張りに整備がされていても流水が少ないとゴミなどが溜まり,そこに洲ができ,草や藻が生えたりで通水に支障を来すため難しい。質疑,三面張工事は県の事業であるが,計画では完成年度はいつ頃になるか。答弁,今,設計中であり,概算4億ぐらいの事業で5年から6年ぐらいかかるものと思われる。着工時期,完成年度については把握していない。以上で質疑を終わり,意見を求めたところ,多くの意見が出されましたが,その主なるところは要旨次のとおりであります。分水地点のバルブや遮断板が不完全なために漏水があり,年間通水できないということであったが,このバルブや遮断板が整備されれば通年通水が可能ということである。今回の調査でこのように問題点が明らかになったので,改良区に再調査をしてもらい,不備の箇所の補修整備をするよう,また,未整備水路の早期整備を県に働きかけるべきとの意見。県に働きかけるのは良いことだと思うが,霧島市全体を把握した上でしないと不都合を生じるのではないか。霧島市全域を調査した上ですべきである等々であり,総務常任委員会としては引き続き霧島市全域について調査を行い,水路整備,分水バルブ及び遮断板等の不備については早急に補修・整備をするよう要望,働きかけをすべきことを確認したところであります。以上で報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 次に,田代環境福祉常任委員長。


○環境福祉常任委員長(田代昇子君)


 おはようございます。環境福祉常任委員会からのご報告を申し上げます。去る12月22日の本会議におきまして閉会中の継続調査となりました所管事務調査について2月15日に調査いたしましたので,その報告を申し上げます。まず,執行部より一般廃棄物最終処分場建設に関わる現状などについて説明を受けました。執行部の説明では,各総合支所から推薦のあった用地や市民の方々などから寄せられた情報の用地の中から,各種の法令や土地利用上,最終処分場を設置することができない地区あるいは好ましくない地域・地区にある用地を除外した後,必要に応じて現地調査をしながら候補地の選定作業を進めており,本年度中には数箇所に絞り込みたいと考えている。さらに来年度は専門的見地から検討を加えるとともに,経済性や地元住民の意向などを総合的に勘案しながら建設予定地を決定する予定であるが,決定に際しては住民説明会を開催するなど地元に対して十分な説明と理解が得られるよう最大限の努力をしたいと考えているとの説明でありました。また,施設整備については国の循環型社会形成推進交付金制度を活用する予定であり,平成19年度にその要件となる循環型社会形成推進地域計画を環境省及び県と協議をしながら策定し,計画承認を受ける予定であるとの説明でありました。調査の中で出た主な質疑では,候補地については本年度中に絞り込みの作業をしたいということだが,何箇所ぐらいを考えているか。また,説明会などについてはどの程度突っ込んだ説明をするのかの質疑に,現在のところは全体で10箇所程度の用地について調べているが,10箇所というのは多いので,もう少し絞り込みをして,最終的にどの程度になるかは19年度になってからになるのではないか。したがって,住民説明会などについては,その時期や内容についてもその候補地とそれぞれが密接な関係があるので,具体的にどのような形にするかはまだ考えていないとの答弁でございました。また,専門的見地とはどのようなことかの質疑には,一般廃棄物最終処分場が地形的に適するかということ。例えば,交通アクセスとか,下流の水の問題とか,いわゆる土木的な観点から見たときの専門的見地であるとの答弁。また,10箇所では多過ぎるということであるが,いつ頃までに何箇所に絞り込みをされるのかの質疑には,来年度できるだけ早い時期に絞り込みたい。最終的に環境アセスメントなどもしなければならないので,できればアセスメントをする段階では1箇所に絞った方が効率的な面,経済的な面で良いと思っている。そうしないとアセスメントの費用もかかり,複数の提示をすれば住民の方々の戸惑いもあると思う。10箇所から一気に1箇所というのはできないが,段階的に絞っていくことになると思うとの答弁。また,敷根清掃センターから出た残さを宮崎で引き取らなくなるというようなことから,霧島市に一般廃棄物最終処分場が必要であるために造ると理解しているが,この一般廃棄物最終処分場は残さを処分するための処分場なのかの質疑に対して,原則としては霧島市内に一般廃棄物の最終処分場は必要であるという認識でいる。その処分をするのが飛灰だけかということについては,きっかけは確かに敷根清掃センターの飛灰の処理であったが,現在安定型の処分場については霧島市内に旧各市町で持っているが,それぞれの安定型の処分場もだんだん埋まってきている。そうするといっぱいになればまた探さなければいけなくなるという状況もあるので,最初から飛灰だけにするのか。あるいは場合によっては,安定型が埋まってきたら捨てる所がないので,新しい処分場に捨てさせるようにするかという議論も当然していかなければならないと考えている。また,クローズ型にするか,管理型にするかというのも,どういう物を捨てていくかという目的によって変わっていく。飛灰だけであればクローズ型でも良いが,一方でクローズ型は管理型よりもコストがかなり高くなるというデメリットもあるので,そういったことを総体的に考えながら,今のところ飛灰だけを処分するための処分場ということに限定はしていない。今,安定型に捨てている物を将来捨てる所がなくなったらどうするかということなども念頭に置きながら選定に当たっていきたいということで,今のところはそういう候補地の数にしている。いろいろな方々から意見などを伺い作業を進めていきたいと考えているとの答弁。また,飛灰は一廃なのか,産廃なのかよく聞かれるが,行政側としてどのように考えているか。また,根拠についてはの質疑には,国・県からも一般廃棄物が中間処理,つまり「焼却された後の燃え殻などについては一般廃棄物である。」という回答を得ており,その見解に従い整理しているとの答弁。19年度予算措置をしたとの説明であったが,処理場を造るための予算を計上したのかの質疑には,施設整備の手法としては国の循環型社会形成推進交付金制度を活用するが,その要件として循環型社会形成推進地域計画を策定するようになっている。したがって,その計画を策定するための経費を計上している。また,その計画を策定する際には当然コンサルにお願いすることになる。その中で専門的なアドバイスをいただきながらやっていくことになるとの答弁でございました。そのほかいろいろと質疑がなされました。以上で閉会中の所管事務調査の報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 次に,中村建設水道常任委員長。


○建設水道常任委員長(中村幸一君)


 皆さんおはようございます。去る12月22日の本会議において閉会中の継続調査になりました事件についてのご報告を申し上げます。所管事務調査として国分城山公園の指定管理後の状況について1月29日に調査を行いました。執行部の説明によりますと,昨年の9月1日から今年の3月までということできりしまPPP株式会社が指定管理をしており,基本的には,市が定めた条例,規則等によって管理しているが,指定管理者が作業内容やイベント,実施事業等を計画し,利用促進を図っている。マルチスタッフ体制ということですべての人がすべての事業に関わる無駄のない効率良い施設運営ということを提案しており,景観整備や看板設置,インターネットなど広告を含めサービス意識の向上を図っており,前年と比較すると,少しずつではあるが,利用客,利用料金等も増えている状況であるとの説明がありました。質疑の中では,指定管理後に改善した点や利用者からの要望等についての質疑には,独自のアンケート調査の結果,景観対策として周囲樹木の剪定や雑草,雑木の刈り払い,そして迷子対策としてツツジ等の植え込みを低く刈り込み公園内の死角を可能な限りなくした。要望としては,イベントやフリーマーケットの開催,職員の駐車場利用のあり方などがあったとの答弁でした。過去に事故等が発生した時の対応で若干の反省点があったようだが,事故が発生した時の対応等についてマニュアルはあるのかとの質疑には,管理をする中で観覧車とゴーカートについては特に安全に気をつけている。観覧車については,日次点検,月次点検,3か月点検,年次点検とあり,年次点検は法定で定められており,風速15m以上の風が観測されると運営は止めている。ゴーカートについては毎日点検をしており,始業前に1回は必ずコースを係員が回り,利用できる子どもたちについても身長が120?という遊具の規定があり,スタートは4箇所に設置しているモニターで確認している。そのほかのマニュアルについては基本的なものを引き継いで運用しているとの答弁でした。公園下側に現在整備中である駐車場等の内容と整備後の管理についてはどのようになるのかとの質疑には,面積約2.8haで150台ぐらいの駐車場を確保し,その奥に子どもたちが遊べ,ゲーム等もできるような公園として芝の広場を計画している。そして周辺に散策できるような緑地と上の方とのアクセスに伴う歩道を計画し,下と上との連係をさせて桜をメインとした植栽を計画している。管理についても,城山公園の一部ということで拡大するので,一体の施設として城山公園の管理の中に含めていきたいとの答弁でした。調査の中では,指定管理者の姿勢がだれもが利用できて楽しんでもらえるような開かれた公園というものを目指しており,マナー向上を重視した利用する側の立場に立った運営に力を入れているため,非常に良く管理・運営がなされているようでありました。以上で建設水道委員会の所管事務調査についての報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 以上で閉会中における所管事務調査についての報告を終わります。





  △ 日程第4 陳情第15号 陳情書(ふれあいバス路線の永水地区への拡充について)


               上程





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第4,陳情第15号,陳情書(ふれあいバス路線の永水地区への拡充について)を議題とします。本件については総務常任委員会に付託となっておりましたので,委員長の報告を求めます。


○総務常任委員長(吉永民治君)


 それでは,ご報告申し上げます。平成18年12月5日本会議で付託された陳情第15号,ふれあいバス路線の永水地区への拡充についての審査の経過と結果の報告をいたします。この件に関しましては平成18年12月12日委員会室において,平成19年1月22日は所管事務調査を行い,現地永水小学校に赴き,陳情者との意見交換をし,平成19年2月9日委員会室において3回にわたって審査いたしました。審査に当たり,その参考のために企画部にふれあいバスの運行状況と今後の計画等について,また,教育委員会には特認校制度等について,陳情者には陳情に至った経過や趣旨説明を求めたところ,要旨次のような説明がありました。陳情者説明は,永水小学校区は県内初の市民会を結成し,自治組織が一丸となって山村留学事業に取り組んできた。平成3年4月スタートし,今年で15年になる。その間,県内外,遠くは北海道から計128名の子どもたちが制度活用してくれた実績がある。一方,地元の児童数は10年後30名を下回ることが予測され,学校も新しくなった今,これまでに培われたノウハウと地域特性,学校の特色を生かし,さらなる学校活性化を図るため,特認校の認可を受け,18年度から募集開始したが,交通機関がないために通学を断念された経緯があり,19年度は1月22日現在6名,2月9日現在で11名の希望がある。この子どもたちの希望に応えるために基本は朝夕,重久の車庫と始発起点を結ぶ回送車を生かした運行をお願いしているとの説明。教育委員会説明は,現在特認校は,小学校7校,中学校1校,計8校で,全体の児童・生徒数は91名で,新たに申請されているのが佐々木小学校,持松小学校の2校,特認校の措置を要望される要件としては,児童・生徒が非常に少なく,学校の維持,教育活動の維持,子どもたちの社会生活を培うことがなかなかできないということと,活気ある学校にしたい,つくりたいということから地元より要望が出される傾向にあるが,特認校において他にない何を体験できるのか。何が勉強できるのか。どのように育っていくのかということがその学校の特性として世間に認知されないと,ふるさと,山里の体験が単にできるというだけではうまくいかないと考えられる。特認校の認定については教育委員会の審議に付され,これまで認可されてきているが,特認希望者への許可の条件として,霧島市小規模校入学特別認可制度実施要綱第3条1項に「保護者の責任において通学が可能であること。」,2項に「1年以上通学できること。」,3項に「特認校指定以外の児童・生徒であること。」が定めてある。次に,企画部説明は,霧島地区のコミュニティバスの運行状況は旧霧島町から引き継いだ形で行っているが,その目的は,高齢者等交通弱者の積極的な生活支援,社会参加を図る目的で運行しており,乗車制限はない。運行形態としては林田バスに委託して行っている。運行日は火曜日から金曜日で,福祉センターを中心に5路線,1日4便から5便巡回運行している。林田バス国分営業所が車庫のため,ここから毎朝起点まで出向き,夕方には帰ってくるということであり,以上が霧島地区のふれあいバスの運行状況である。以上の説明の後質疑を行い,その質疑,答弁の主なるもの要旨次のとおりであります。質疑,現在霧島地区のふれあいバスは1台で運行されているが,時刻表を見ると永水地区の方々の要望をかなえるには無理があるのではないか。答弁,時刻表では始発が大方8時50分あるいは9時になっている。重久営業所で子どもを乗せ,永水小に降ろしてから,ふれあいバスの始発地点へ行くのは可能であるが,責任問題等もあり,それなりの費用負担が伴うことになる。路線バスの路線変更については,バス会社において児童数等確定していない状況では協議できないということであった。ただ今後の方向として他の特認校とのバランスをどのようにしていくかという新たな問題が生じることも考えなければならない。質疑,特認希望の児童がいるのであれば,何らかの形で取り組むべきではないか。答弁,教育委員会としては何らかの形でバスあるいは他の方法で通学手段が保障され,特認制度が生きていくということはありがたく思うが,原則特認制度実施要綱第3条1項「保護者の責任において通学が可能であること。」を認可条件の一つとしておるので,委員会でこのための予算要求はできないものと考える。質疑,特認制度活用の児童・生徒の総体数と通学形態はどのようになっているか。答弁,現在特認校制度利用者数は89名,うちJR9名,路線バス26名,保護者送迎1名,残り53名がふれあいバス利用ということになる。質疑,新たにバス路線を設けることを一つの条件として児童・生徒の勧誘というようなことがあってはならない。そういうことになると他の地区が手を挙げることになり,市としてはその対応に苦慮することになると思うが,どうか。答弁,原則保護者送迎であるが,現在3路線を特認通学制度対応として取組をしているところである。永水小の件については現在運行中のバス活用ということで可能であると思ってはいるが,ふれあいバスについてはこれまで旧市町の運営に形態的にばらつきがあり,平成19年度全体の見直しを行い,平成20年度から霧島市としてのふれあいバスの運行をするという形で調整を行っているところであるが,特認校児童・生徒の送迎を全地域で行うとなると大きな見直しをせざるを得なくなり,財政的な負担も相当増大することが想定され,具体的なところは今後の検討課題である。質疑,永水小は経営方針として国語と英語に力を入れているという特色を持ち,そこに関心を抱いた保護者がわが子を通わせたいという思いがあるやに聞いているが,どうか。答弁,今年で3年目になるが,英語は6年間,ヒアリングの力がつくように通常の授業なども英語を交えてというぐらいではあるが,少しずつ力をつけているようである。国語は俳句に力を入れており,永水の出身で有名な方がおられ,その方にご指導をいただいている。21年度全国へき地小規模校大会が鹿児島で開かれ,本校も研究公開を行う予定であり,職員も懸命に取り組んでおり,全国的に理解と認知を深めていただけるのではと考えている。質疑,永水小学校への通学に対応するため,新たに月曜日の運行を加える形態で回送バスを活用した場合の費用負担はどうなるか。答弁,細かいことは今後の協議ということになるが,基本的にバス会社の試算では年間84万円,併せて参考的にシビックセンターを起点とした場合の試算は91万3,500円の見積もりが出ている。以上で質疑を終わり,委員に意見を求めたところ,多くの意見が出され,その意見を取りまとめますと要旨次のような意見であります。学校が地域活性化に果たす役割は大きい。市としても施策として周辺部の活性化を図る必要があり,地域が一丸となっての地域活性化の取組に対しては支援していかなければならないと考える。そうした意味でもシビックセンター等中心部と結ぶふれあいバス路線というような踏み込んだ取組をすべきである。今回の陳情趣旨は回送バスの活用ということで年間費用わずか84万円,仮に路線拡大してシビックセンターを経由しても7万円プラスの91万円と少ない費用で済み,一般の方々も有効活用できることを考慮して採択すべきである。以上の意見を踏まえ,総務常任委員会としては,あくまでも特認校の交通手段としてのバス路線開設という発想でなく,周辺部に配慮し,児童・生徒を含め交通弱者の社会参加を積極的に支援するという基本理念に基づき,企画部が19年度中に検討・調整を図る予定のふれあいバス路線にはシビックセンター等公共施設等を中心に周辺部と特認校を包含した路線を配慮するようにとの意見を付して,陳情第15号,ふれあいバス路線の永水地区への拡充については全会一致で採択すべきものと決定いたしました。以上で報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長報告に対して質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で採択すべきものと決定したとの報告であります。陳情第15号について委員長の報告のとおり採択することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,陳情第15号は採択することに決定しました。





  △ 日程第5 陳情第1号 肺炎球菌ワクチン接種に公的助成を求める陳情書上程





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第5,陳情第1号,肺炎球菌ワクチン接種に公的助成を求める陳情書を議題とします。本件については環境福祉常任委員会に付託となっておりましたので,委員長の報告を求めます。


○環境福祉常任委員長(田代昇子君)


 それでは,ご報告申し上げます。平成18年1月10日の本会議で本委員会に付託されました陳情第1号,肺炎球菌ワクチン接種に公的助成を求める陳情書について審査が終了しましたので,その経過と結果についてご報告申し上げます。この陳情趣旨は,肺炎は死亡原因の中で4位を占め,特に肺炎による死亡率が高齢になるほど増加する傾向にある。肺炎球菌ワクチン接種をすることにより医療費削減,経済効果,地域住民の福祉の向上につながることから公的助成を求めるものであります。これまで5回の審査を重ねてきており,1回目の審査では陳情者からの説明及び執行部からの現状の説明を受け審査を行っていますが,継続審査となっておりました。今回閉会中に継続審査をし,再度執行部から現状や課題について説明を受けました。執行部の説明によりますと,国内でも知見が集積されつつあるが,予防接種の使用実績が少ないことや患者数やワクチン接種の有効性,安全性に関する調査が行われていない現状,また,国内で接種が広がらない理由として肺炎球菌ワクチンの知名度が極端に低いことや健康保険がきかないこと。予防接種の重篤な副作用に対する不安が挙げられるとの説明でありました。審査の中で出た主な質疑では,接種が1回しか認められない根拠は何かの質疑に,海外で行われた試験で2年未満で再接種した成人で副反応,注射部位が腫れるとか,熱感を持つなどが強く表れることが観察されており,その後の検査で4年以上の間隔をもって接種すれば局所反応が回避できることが確認されている。厚生労働省についてはこの知見が集まっていないことから一生に1回となっているとの答弁でありました。国内30自治体でこの助成金を交付しているということだが,今年度検討するという状況にあるのか。また,どの程度の額を助成しているのかの質疑には,目黒区とか,宮城県白石市などが65歳以上の方に助成しているが,鹿児島県においてはまだなされておらず,当市においても2006年度接種は考えていない。また,目黒区,白石市においては8千円のうち3千円を公費負担しているとの答弁でありました。そのほかいろいろと質疑が出されましたが,委員より現状として執行部では公的助成は考えていないということ。また,厚生労働省の関係などを見てもはっきりした保障が認められていないとのことである。しかし,肺炎球菌ワクチンに対して趣旨はある程度理解できるので,そういう観点から趣旨採択としてはどうかとの意見があり,採決の結果,賛成多数で趣旨採択すべきものと決定いたしました。以上で陳情第1号の報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長報告に対し質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で趣旨採択とすべきものと決定したとの報告であります。陳情第1号について委員長の報告のとおり趣旨採択とすることに賛成の方の起立を求めます。


                  [賛成者起立]


 起立者45名であります。したがって,全員賛成であります。以上のとおり陳情第1号は趣旨採択とすることに決定しました。





  △ 日程第6 議案第1号 霧島市部設置条例等の一部改正についてより


    日程第51 諮問第1号 人権擁護委員の推薦についてまで一括上程





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第6,議案第1号,霧島市部設置条例等の一部改正についてより日程第51,諮問第1号,人権擁護委員の推薦についてまで以上46件を一括し議題とします。提案者の説明を求めます。


○市長(前田終止君)


 皆さん改めましておはようございます。第1回定例会本会議の開催に当たりまして冒頭に改めまして議会の皆さんや,また,何よりも市民の皆さんに御礼を申し上げたいと思います。2点ございます。それは,かねがねより懸案の県教育委員会による県立高校の再編整備問題で県立牧園高校の跡地に,敷地に新設高校を設置するという決定をいただいたことでございます。工業科1学級と総合学科3学級を併置した新設高校を平成20年4月1日に開校をするという決定でございました。その結果,栗野工業高校と牧園高校の2高校は,平成20年度から生徒募集を停止をし,平成22年3月31日をもって廃止するということになります。2万数千名余の市民の皆さん方のご署名をいただいたわけでございましたが,この節は議会の方々や行政の職員,関係各位,本当に大変なご協力をいただきました。ここに心から改めて御礼を申し上げます。ありがとうございました。これを機にこの上は素晴らしい校名を付けていただいて,そして私たちのこの地域の魅力を生かした新設高校がスタートできますよう大きな期待を申し上げ,私どももまた市内にフレッシュな人材を輩出できる高校が六つもあることを誇とし,そういう意味でまた地元としてもできる限りのご協力をさせていただきたいと存じます。2点目は,本市の広報きりしまが県広報コンクールでおかげさまで特選を受賞いたしました。合併を機に刷新をした広報誌が,県のトップ,日本一を目指せと指示を出した結果,努力をして1年目にして県のトップとなったことは,ひとえに議会の皆さん方や市民の皆さん方のご指導,ご鞭撻,ご声援のおかげと心から御礼を申し上げます。平成の大合併で世の中がダイナミックに変わり,財政の状況が厳しい局面をお互いの知恵で乗り越えようとする時,その背景や理由,自治体としての努力や工夫などを丁寧に市民の皆さんへ説明をし,理解していただかなければなりません。その間に全世帯に通じていく広報誌があるということであります。広報力を高めるということが大変に重要なことだと私は感じております。皆さん方もこの広報誌を毎月目にしていただいていると思うんですが,旧七つの自治体の中にこんなにも美しい,こんなにも素晴らしい風景があったのか。こんな人たちが同じ新しい市民,新市民なのかと,いいなと,こう思わせる広報誌づくりを努力をしていただいているところでございます。また,全国でも珍しい,県内では初めてという読者のページでは,自分で50円切手を貼って初めて意見を寄せることのできるとじ込み葉書により,一方通行でない,お知らせ型でない,双方向性を求め,対話型の広報誌づくりに努めておりまして,市民の皆さんへ行政が説明責任を果たしていく努力を続けさせてもらっているところでございます。広報力を高め,市民と行政の間によりよい関係が築かれることができると信じております。何よりも市民の皆さんの,広報誌が市民の皆さんの一番の信頼をかち得ていくということ。そして親しまれ,よく読まれる広報誌づくりに努めるということ。そのことが私は新しく合併をした自分たちのふるさとに誇りと自信を持って語ることのできるそういう市民の皆さん方が増えていくことだと信じております。結果として今後はそのような広報誌づくりの方針をしっかり見つめながら,結果としてこの後は日本一になれるよう頑張れと指示を出したところでございます。今後ともどうぞ市民の皆さんや議会の皆さんのご指導・ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。さて,本日ここに平成19年第1回霧島市議会定例会の開会に当たりまして,市政運営に臨む私の所信の一端を申し上げますとともに,今回提案をいたしております議案につきましてその概要をご説明申し上げ,議員各位をはじめ,市民の皆さん方のご理解とご協力を賜りたいと存じます。平成17年11月27日に市長に就任をいたしましてから,早いもので1年約3か月近くが経過をいたしました。この間,平成18年度は価値創造元年予算を念頭に新市霧島市の「黎明の年」として市政運営を行ってまいりましたが,同時に,霧島市の課題は何なのかを探ることに多くの労力や時間を注いでまいりました。「市長と語イもんそ会」,「市長とランチで語イもんそ会」や各種審議会の開催,また,若い方々のご意見を聞く機会なども積極的に開催をし,徹底して市民の皆さんのご意見を聞かさせていただきました。また,市役所内におきましても,私を中心とする幹部会や部長層,課長層による徹底した議論を幾度となく繰り返し,霧島市の課題の抽出を行った結果,いろいろな政策ごとの課題が出てまいりました。行政改革大綱にも掲げておりますが,それらのうち,最も大きな課題として「経営健全化に関する事」,「県下第2位の人口を擁する地域中核都市としての行政サービスのあり方」,そして「組織機構と定員管理に関する事」のこの三つが喫緊の課題であると認識をいたしました次第でございます。まず,経営健全化につきましては,地方交付税の縮減や積立金の取り崩し,税等の自主財源の大幅な増収が期待できないなど極めて厳しい財政状況の中,平成19年度予算編成に先立ち,いち早く「霧島市経営健全化計画」を策定をし,「霧島市補助金等理念条例」や「霧島市補助金交付指針」などの策定により徹底した事務事業の見直しを行いながら編成をした結果,平成19年度当初予算額は前年度と比較いたしまして7.1%減の緊縮型予算といたすことができ,経営健全化への第一歩が踏み出せたものと考えております。なお,歳入面におきましても市税等の収納率向上のための取組といたしまして税務対策総括監を設置をし,改めて滞納整理体制をより強化するため収納対策室を設置するなど計画的に滞納整理を実施するとともに,全庁的な収納体制を構築してまいりたいと考えております。次に,県下第2位の人口を擁する地域中核都市としての行政サービスのあり方につきましては,県都鹿児島市と相互に連携しあうネットワーク型の県土形成のため,権限・財源の移譲を県に対しまして強く求めてまいりました。その結果,平成19年4月1日より建築確認事務など15項目176事務の権限を受けることができ,地方分権の受け皿として独自の街づくりへの大きな一歩を踏み出せるものと考えております。また,13万都市としての住民サービスの向上策として,現在TMOが建設中の立体駐車場のビルの2階フロアに,仮称でございますが,「市民サービスセンター」を開設をし,子育て支援に関する各種事業や高齢者に対する相談などの総合的な支援を行う地域包括支援センターの設置をいたします。また,住民票の発行などの窓口サービスの充実に努めますとともに,全国でも珍しく,県内ではおそらく初めてとなる夕方や土曜,日曜,祝日等にもいつでも税金や保育料などが納められる環境の整備を図ってまいります。なお,市役所窓口にはフロアマネージャーを設置をし,市役所を訪れた市民の皆様方に対しまして窓口の案内や申請書類等の記載のお手伝いなど市民サービスの向上が図られるものと考えており,今後とも,市民の皆様にとって使い勝手の良い,親しまれ,愛される市役所づくりを目指してまいる所存でございます。次に,組織機構と定員管理につきましては,平成18年4月1日現在の職員数は1,408人であり,国の試算値からしますと約8%超過をいたしておりまして,人件費総額は当初予算額の23%を占めておりますので,今回定員適正化計画を策定をし,5年間で約10%,140人以上の削減目標を定めたところでございます。今後はこの計画を基に職員数の適正化を図ってまいらなければなりません。また,一方,本市は県下第2位の人口を擁する都市として新たな行政課題などにも対応していく必要がございます。このようなことから,意思決定過程が簡素化され,政策・施策に柔軟に対応できる効果的で効率的な組織を構築する必要がありますことから,今回,「組織機構再編計画」を定め,18年4月現在19部局121課312係等ある組織を部課等の再編やグループ制の導入を進めることで平成23年4月までに概ね11部局80課200グループ程度まで簡素化してまいりたいと思っております。さらに,霧島市が抱える多くの課題を解決をし,市民の皆様に納得していただく行政を行うため,行政改革大綱の実施計画として市民サービスの向上や健全な財政運営など185項目からなる集中改革プランを策定したところでございまして,その進捗状況につきましては逐次市民の皆さん方に公表をしてまいる考えでございます。このようなことから平成19年度は,「経営健全化計画」の実現に向けた取り組みを着実に進めるための『行財政改革断行元年』と位置付けて,「市民総親和」の下,私のマニフェストに掲げております「美しい霧島市」,「日本一のふるさと」づくりを目指して,「開かれた市政」,「活力ある市政」,「公正で公平な市政」の三つの基本姿勢を今後も堅持しながら,新たな霧島市政の健全経営を進めてまいる所存でございます。さて,国の平成19年度予算編成におきましては,「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006」に沿って歳出・歳入一体改革に取り組むこととし,平成23年度に国と地方の基礎的財政収支を確実に黒字化するため,これまでの歳出構造改革路線を強化することとされたところであります。地方財政につきましては依然として大幅な財源不足が生じると見込まれますことから,「基本方針2006」に沿って給与関係経費や地方単独事業費の抑制を通じて地方財政規模の抑制に努めることにより,財源不足の圧縮が図られたところであります。安定的な財政運営に必要な地方税,地方交付税等の一般財源の総額の確保が図られたところでもあります。また,鹿児島県におきましては引き続き厳しい財政状況にあり,これまで「県政刷新大綱」に基づき歳入・歳出両面にわたる徹底した見直しが行われてきました。「平成19年度の財政収支の見通し」では,財源不足額が平成18年度より大幅に拡大することが見込まれることから,「県政刷新大綱」をより一層踏まえた行財政改革を目指した当初予算編成がなされており,県単独事業などの削減が予測をされ,本市におきましてもその影響が懸念されるところでございます。本市の財政運営につきましては,国・県同様に大変に厳しい財政状況でありますことは,これまでも機会あるごとに申し上げてきたところでございます。このような現状から脱却するため,平成19年度予算編成に当たりましては,将来の霧島市を明るい展望あるものにするために自主財源や新たな収入の積極的な確保に努めるとともに,投資的経費の抑制による市債残高の引下げ等を軸に,歳出抑制のため,徹底した事務経費の抑制や事務執行の効率化を図るなどの厳しい方針で臨み,「選択と集中」,「自己決定,自己責任,自己完結」を基本に,緊急性,費用対効果等を勘案をし,限られた財源の効果的かつ効率的な配分を念頭に臨んでまいりました。さらに,「経営健全化計画」に基づき,歳入の身の丈に合った予算編成を心がけ,将来にわたって健全財政を堅持できるシステムを構築することはもとより,様々な分野において本市の将来を見据えながら,厳しい財政状況にあっても本市独自の施策を積極的に推進する予算として編成をした結果,平成19年度一般会計予算の総額を492億5千万円とし,平成18年度と比較いたしまして37億4千万円の減額,7.1%減の緊縮予算といたしたところであります。今後も,「将来にわたり持続可能な健全財政」を維持するため,平成19年度以降につきましても財政健全化にさらに努めてまいる所存でございます。それでは,次に,新年度に取り組む主な事業等についてご説明を申し上げます。まず,平成20年度を初年度とする「霧島市総合計画」につきましては,新市まちづくり計画を基本に人口13万人を擁する地域中核都市としての行政機能を十分に発揮できる政策や施策を策定をし,霧島市総合計画審議会へ諮問する予定であります。審議会からの答申をいただき,最終的に「霧島市総合計画(案)」としてこれを取りまとめた上で,本年中には議会の皆さんへご提案申し上げる予定にいたしております。道義高揚・豊かな心の推進につきましては,花いっぱい運動,あいさつ運動や姉妹都市交流の推進などのほかに,新たに市歌の制定,市の歌ですね,市歌の制定,ふるさと霧島カルタの作成や市民憲章の啓発活動を推進するとともに,薩摩義士の偉業と精神を顕彰するため,薩摩義士顕彰会の結成を支援いたします。市民との共生・協働につきましては,これからのまちづくりにおいて市民活動が果たす役割がますます大きくなっており,住民の自主的かつ積極的な市民活動を促進をし,共生・協働のまちづくりに努めてまいります。次に,子育て支援につきましては,新たな「霧島市次世代育成支援対策地域行動計画」を策定をし,保育サービスの充実,子どもと母親等の健康確保対策など総合的な子育て支援を引き続き推進をいたします。新たな取組といたしまして3人目以降の保育料の無料化や3歳未満の乳幼児の児童手当を引き上げるほか,広く地域全体で子育て支援の意識の醸成や子育て世帯の負担軽減などを目的とした子育て支援パスポート事業にも着手をいたします。また,子育て支援センター事業,子育て短期支援事業,出生祝い金支給事業や保育料の緩和措置なども引き続き実施をいたします。放課後児童クラブへの支援策につきましては,国や県の補助制度に加えて本市独自で上乗せ助成を行っておりますが,さらに本年度から建物の老朽化など多大な改修費用を要するものなどにつきましては,年次的に施設の整備を行ってまいります。乳幼児医療費助成事業につきましては,本年3月診療分から自動償還払い方式を導入をし,保護者の皆さん方の利便性の向上を図ることといたしました。一方,特定不妊治療費の助成につきましては,従来年間1回で上限額を5万円といたしておりましたが,今回上限額を10万円に引き上げ,対象者の経済的な負担の軽減を図ることといたしました。そのほか延長保育にも積極的に取り組み,休日保育事業や各種の保育事業等の支援を行い,心豊かに子育てができる環境づくりを目指します。高齢者福祉につきましては,「霧島市高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画」が平成18年度から平成20年度までの3か年計画で策定をされており,本年度も引き続き高齢者が住み慣れた地域社会で自立した生活ができるよう積極的な支援を行ってまいります。また,平成20年度に本県で開催をされる「第21回全国健康福祉祭かごしま大会」,いわゆる「ねんりんピック鹿児島2008」の前年度に当たりリハーサル大会が開催されます。本市では,ゲートボール,ソフトバレーボール,ゴルフの3種目にわたって開催されることとなっており,本大会に備えての取組を行ってまいりたいと存じます。また,障害者福祉につきましては,障害者自立支援法に基づき平成18年度に策定をする「霧島市障害福祉計画及び障害者計画」を推進をし,障害者の方々が地域で自立して安心に暮らせるサービス体制の充実を図ってまいります。また,障害児のデイサービスにつきましては,これまでの預かりから障害児の療育へと質的な向上を図り,利用料の1割負担分を公費負担とすることにより本市に居住をする障害児の保護者の負担軽減と障害児の早期療育に取り組んでまいります。市民の健康増進につきましては,「増健・食農育宣言」を推進するため,「霧島市食育推進計画」を策定いたしますとともに,食育に関する様々な事業や健康づくり事業を充実してまいります。また,新たに,仮称ではございますが,「健康福祉まつり」を開催するなど市民の皆様方の健康づくりへの機運の醸成を図ります。さらに,今後の市民の皆様の健康づくりの指標となる,仮称ではございますが,「健康霧島21計画」を策定しますとともに,健康運動普及推進員などの育成強化を図りながら健康づくりを積極的に推進して参ります。環境対策につきましては,環境まちづくりのビジョンを定める「霧島市環境基本計画」を策定しますとともに,「地球温暖化対策実行計画」を策定いたします。また,「生活環境美化条例」,これは案でございますが,「生活環境美化条例」や「(仮称)天降川等の清流保全条例」につきましては年内の制定を目指した準備を進めているところであります。一方,現在,一般廃棄物の搬入可能な管理型最終処分場が1箇所もない本市にとりまして一般廃棄物管理型最終処分場の整備が喫緊の課題であります。本年度は,建設候補地の選定を行いますとともに,循環型社会形成推進地域計画を策定いたしますとともに,施設整備事業の早期着手に向けた取組を推進してまいります。観光の振興につきましては,本市の観光行政を推進していくための指針となります 「霧島市観光基本計画」を策定いたします。これらを踏まえ,本年度は,森林セラピー事業の推進,観光ボランティアの育成やいいとこ観光案内所の開設などに積極的に取り組んでまいります。また,観光協会の早期合併を促進をし,観光事業者の資質向上やもてなしの心の醸成が図られるよう支援をいたします。さらに,平成20年1月から放映をされますNHK大河ドラマ「篤姫」による観光客の誘致やIJUターン者,これは「IJU」と書いて「移住」ターン者などを対象として広く霧島市をPRするためパンフレット等を作成するほか,観光団体などと連携をし,観光客の受け入れ態勢を整備してまいります。国際交流につきましては,これまで旧自治体が交流をしていた中国は陝西省の耀州区,上海市嘉定区,瀏陽市,アメリカソノラ市と青少年,市民レベルでの交流を促進をし,今後も国際交流団体との連携を図り,在住外国人との交流やホームステイの受け入れを推進いたします。また,86年もの長きにわたり世界的にも有名なザルツブルグ音楽祭が開催をされますオーストリア,ザルツブルグ市と霧島国際音楽祭が開催される本市と音楽を通じた友好都市としての交流ができないか可能性を調査してまいりたいと考えております。定住・移住対策につきましては,本年度から団塊世代の大量退職が始まりますことから,本年5月12日に東京都渋谷で開催をされます「首都圏霧島市ふるさと会設立祝賀会」や10月に開催をされます「ふるさと回帰フェア2007」等に参加をし,関係団体とも連携をしながら積極的に霧島市をPRするとともに,移住希望者等を対象とした,仮称でございますが,「週末農業をやってみ隊」,すなわち宿泊体験農業などに参加をしていただき本市の魅力をPRするなど定住促進につなげてまいりたいと考えております。企業の誘致につきましては,本市には多くの企業が立地をし,本市の経済,地域の活性化や雇用の確保など大きな貢献をいただいておりまして,平成18年度は既に7社の企業と立地協定を締結いたしたところであります。今後も工業団地等の全国紙への広報掲載や県外企業で働いておられる本市出身者等の人材を活用をした情報や鹿児島県東京事務所等の情報などを基に企業訪問を行い積極的に企業誘致に努めてまいります。商工業の振興につきましては,商工会議所や商工会に対する支援を行いますとともに,商工業資金利子補給事業を引き続き実施するなど中小企業者の経営の安定化を促進いたします。農業の振興につきましては,農業従事者の高齢化や担い手農家及び農業後継者不足はもとより,安心・安全・健康・安価に象徴される消費者ニーズの多様化や外国産野菜の市場参入による価格の低迷など数多くの問題が山積をいたしております。このため,認定農業者の確保,集落営農組織の育成,農地の流動化,地産地消運動の推進や循環型社会の構築を基本とした地域農業の確立など多くの課題に対処する必要があります。今後とも中山間地域における直接支払交付金事業の継続をはじめ,グリーンツーリズム総合推進事業による都市・農村交流の推進体制の確立,米の数量調整,サンライズかごしま茶産地総合整備事業による農家経営の安定,農業後継者等育成就農支援事業による新規就農者の支援,認定農業者農用地利用集積促進事業による農用地の集積拡大などに努めてまいります。農業農村整備につきましては,地域の過疎化,高齢化,混住化等の進行に伴う集落機能低下の状況から,農地及び住環境の良好な保全と質的向上を図るため,地域ぐるみで高い効果が期待をされる共同作業や農家の先進的な営農活動を一体的に支援をする農地・水・環境保全向上等対策を推進しながら,農道整備,農地防災等の各種基盤整備事業に努めてまいります。畜産につきましては,優良家畜の導入を円滑に推進するため貸付資金を増資いたしますとともに,生乳価格の低迷など厳しい経営環境にある酪農家に対しまして乳用牛優良精液導入補助を行い畜産経営の安定化を促進いたします。林業につきましては,国土の保全,水源涵養,生活環境の保全・保健・教育など森林の持つ多面的機能を発揮できるような適正な森林整備を促進をし,健全な森林の育成を通じて林産物の安定供給を図るとともに,公益的機能を維持向上させ,安全で豊かな市民生活の形成に努めてまいりたいと思っております。また,木材価格の低迷,林業生産コストの増大などによる経営意欲の低下や林業従事者の減少,高齢化による林業生産活動の停滞など依然として厳しい林業情勢でありますことから,森林整備地域活動支援交付金の活用による計画的な森林施業を促進いたします。さらに,地域の振興に果たす役割の大きい林道の改良,舗装,作業路,集材路等の開設を行い林業経営の活性化を図りたいと思っております。水産業につきましては,いか柴による産卵礁の設置やマダイ,ヒラメの放流事業等を継続するなど水産資源の培養を図ってまいります。道路整備につきましては,市民の皆さんが快適な市民生活の確保のため,また,都市機能の充実及び産業経済の発展を図る重要な社会資本の整備でありますので,今後も計画的に整備を図ってまいりたいと思っております。また,国道や県道と本市が整備を進めている道路につきましては,広域道路ネットワークによる総合的な交通体系の構築を進めていく計画であります。地域住民の生命財産を守るため,急傾斜地崩壊対策事業では溝辺宮川内6地区などの6箇所,県単砂防事業として牧園古道川地区など9箇所で実施をいたします。総合治水対策につきましては,国分・隼人地区の総合的な治水対策を図るため,天降川流域では実施計画の策定を進め,国分市街地におきましては豪雨時の浸水被害の低減を図るための排水施設の実施設計を行うことといたしております。河川等活用事業では,天降川左岸側の堤防及び緑地広場が一体となった「水と人がふれあう夢のある霧島」を推進するための天降川橋周辺の整備を行う計画でありまして,本年度は天降川橋から野口橋までの河川堤防を利用した連絡道路の整備を行うことといたしております。港湾整備につきましては,現在県営事業として隼人港外港は2千t級岸壁2バースの整備を進められておりまして,本年度は岸壁となるケーソンの製作が行われる予定であり,福山港は船舶の安全な係留と航行の確保を図るため防波堤の整備が進められておりまして,本年度で完了をする予定であります。また,福山海岸では海洋性レクリエーション拠点の創出を図るため人工海浜と海浜緑地を一体的に整備される計画であり,本年度は突堤の整備が予定をされております。都市計画につきましては,今後策定をいたします「霧島市都市計画マスタープラン」等のため,人口,産業,住宅,土地利用,建物などの都市計画基礎調査を実施いたします。また,国分地区の中心市街地につきましては,旧国分山形屋跡地に現在建設中の,仮称でございますが,「国分駐車場複合ビル」やその周辺の施設整備を一体的に行いまして,潤いのある都市景観整備による市民の皆様の利便性や快適性を向上させ,TMO等と連携を図り中心市街地の活性化を図ってまいります。街路事業につきましては,平和通線は国分隼人地区を東西に結ぶ幹線道路であり,本路線の整備促進を図り,交通渋滞緩和と歩行者の安全確保及び中心商店街の活性化のため,都市景観に配慮をした道路整備を推進してまいりたいと考えております。麓北通線につきましては,土地区画整理区域内の本路線の一体的整備を図りますことで,加治木・隼人方面と北薩方面の通過交通の円滑化及び区域住民の利便性の向上を図るものであります。公園・緑地の整備につきましては,今後霧島市の緑の基本計画を策定する予定でございまして,これまで旧市町で計画策定をされておりました緑の基本計画で位置付けられた公園整備を基にして引き続き計画的に事業を進めていくことといたしております。本年度は隼人緑化重点地区整備事業として隼人駅前公園の再整備を行い市民の健康増進やコミュニティの場を確保したいと考えております。土地区画整理事業につきましては,浜之市土地区画整理事業は平成18年度末の進捗率が事業費ベースで約40%であり,本年度も引き続き地権者との調整を図りながら建物移転補償及び区画道路の築造工事を行い,平成27年度の完成を目指して計画的に事業を進めてまいります。さらに,土地区画整理事業と合併施行いたしております住宅市街地総合整備事業は,浜之市団地1棟9戸を建設をし,5棟36戸すべてが完成をいたしますので,地区住民の利便性の向上に寄与することになります。麓第一土地区画整理事業は着工後13年が経過をし,平成18年度末の進捗率が事業費ベースで約71%でありますが,本年度も仮換地指定及び都市計画道路の築造工事等を実施いたします。また,隼人駅周辺まちづくり事業につきましては,昨年都市計画決定を行い,現在事業計画及び実施計画を作成中であります。今年度は事業計画を決定をし,実施計画の承認を予定しておりまして,事業着手に向け地権者の理解を得ながら進めてまいります。下水道事業につきましては,国分隼人地区及び牧園地区の整備計画面積は2,237ha,計画処理人口は8万8,800人として事業を進めており,平成18年3月末での整備状況は,整備面積729.3ha,処理人口2万8,174人で,下水道処理人口普及率は22%となっております。本年度は国分隼人地区23.1haと牧園地区2.3haの面的整備を行い新たに1千人の処理人口の増加と,牧場クリーンセンターにおきましては水処理の機能の充実を図り,増加する汚水の円滑な処理を行ってまいります。市営住宅につきましては,入居者に安全で快適な住環境を提供するため,各団地の外壁改修工事を計画的に進めてまいります。また,消防法で義務付けられております火災報知器の設置や地上デジタル放送全面移行に伴う受信設備の改修工事の設計業務委託や耐震診断事業を実施いたします。学校教育につきましては,郷土の自然や伝統・文化・歴史・産業・人材等の豊かな教育資源や教育力を生かして児童・生徒が自ら学ぶ意欲を持つとともに,確かな学力を身につけ,道義高揚・豊かな心推進宣言都市として「心の教育」を充実させ,体力の増進,郷土を愛し郷土の発展に尽くそうとする意欲や態度を育てる教育の推進に力を注いでまいります。また,家庭や地域との密接な連携を図りながら特色のある教育活動を推進をし,開かれた学校づくりを目指します。学校施設の整備につきましては,国分西小学校におきましては学校規模の過大化に対応した教育環境の整備が長年の懸案となっておりましたが,分離新設することとし,仮称でございますけれども,第二国分西小学校を建設するため,本年度は用地取得,地質調査,実施設計を行います。また,老朽化が進んでおります牧園中学校の校舎改築工事にも着手いたします。国分中央高等学校につきましては,専門校として高度情報化社会等に即応できる人材の育成に取り組みますとともに,「生活産業と職業に重点を置いた基礎学習」,「職場体験学習」及び「生物活用に関する学習」を取り入れるなどの充実を図り,生徒一人一人の個性に合った特色と魅力ある学校づくりに努めてまいります。生涯学習につきましては,地域ぐるみで青少年の体験活動を支援していく人的・物的な環境づくりを目的に策定をした『わんぱく「きりしまっ子」育成プラン』に基づき青少年健全育成事業を推進してまいります。霧島の自然,文化,伝統,施設等を生かした多様な活動体験の場や機会を提供するなど,霧島の特性を生かし,豊かな自然環境の中で心と体のバランスのとれた霧島の次世代を担う青少年の育成を図ってまいります。成人教育につきましては,すべての市民の皆さんが多くの学習機会にふれ,教養を高め,人間性を育むための環境整備や学習体制を確立いたす努力をいたします。また,生涯学習ボランティアセンターの登録を促し,ボランティア活動に対する異議を深め,生涯学習の活性化を目指してまいります。図書館につきましては,市民の読書意欲を高めるために図書資料の充実に努め,各種読書に関する講座及び図書展示などを開催をし,読書運動の推進及び移動図書館による巡回サービスを行ってまいります。スポーツの振興につきましては,市民にとって身近なスポーツ施設を拠点として子どもから高齢者まですべての人々がいつでも気軽に参加できる総合型地域スポーツクラブの一層の充実を図り,市民の健康・体力の保持増進を図りますとともに,融和と連帯感を養い,温もりと活力に満ちた明るく豊かな地域・まちづくりのために,スポーツ・レクリエーション活動を普及・奨励いたします。指導体制の整備充実並びに指導者の養成,資質の向上に努め,生涯スポーツの普及振興と競技スポーツの充実を図りながら,各種スポーツ施設の整備と利用促進を図りますとともに,県内外各種大会を積極的に受け入れスポーツ交流人口の増大を図ります。文化振興につきましては,市民が等しく文化芸術を鑑賞をし,文化創造のできる文化芸術事業の充実と併せ,第28回霧島国際音楽祭をはじめとする各地域に根付いた特色のある文化活動を支援しますとともに,青少年を対象としました芸術鑑賞事業の実施,各種文化団体の芸術活動の促進並びに地域間の連携等を積極的に推進してまいります。文化財の保存活用につきましては,「歴史や文化を守り育むふるさと」を目指すため,霧島市が持つ豊かな文化遺産,とりわけ古くは縄文時代から始まる遺跡群,天孫降臨やクマソ・ハヤトに纏わる伝説の地,奈良時代初頭,大隅国が建国してできた大隅国府跡や大隅国分寺跡など他の地域にない貴重な文化財が数多く点在していますので,市民の皆様方や本市を訪れられる方々に広く知っていただくため,「霧島市を知る」をテーマとした市内史跡めぐり,山ケ野史跡めぐりウォーキング,歴史街道「平家物語の道」ウォーキングなどの地域の文化財を生かした事業を展開してまいります。また,大隅国府跡と大隅正八幡,鹿児島神宮のことでございますが,関連遺跡の範囲確認調査を実施しておりますが,大隅国府跡を含めてその全容が明らかになるよう今後も調査を進めてまいります。安心安全対策につきましては,災害や武力攻撃事態等から市民の生命,身体及び財産を守り,安心して暮らせるまちづくりを目指すための指針となる「地域防災計画」, 「国民保護計画」及び「防災ハザードマップ」をこの3月中に策定をいたします。今後これらを基に行政,地域社会,住民が一体となった防災対策等の取組を展開してまいります。また,老朽化し手狭になってきている北消防署の移転改築につきましては,旧高千穂小学校に移転するために調査設計を行うことといたしております。防犯につきましては,住民,警察,行政が一体的に取り組む必要があります。このため,安全で安心なまちづくりを目指し,民間ボランティアによる防犯パトロール隊などの防犯活動をさらに支援してまいります。交通安全につきましては,道路における危険を防止をし,交通の安全と円滑化を図るため,必要に応じてカーブミラーやガードレールなどの交通安全施設を整備いたしますほか,交通規制や危険箇所点検の実施など警察署と連携を図りながら道路交通環境の整備を図ります。入札,契約制度の改革につきましては,全国的に公共工事に関する談合や疑惑が後を絶たず,また,落札率の高止まりが大きく批判される中で,入札契約適正化法等を基本とし,透明性と競争性の促進,不正行為の排除などこれらの現状を抜本的に改善しますとともに,改善するため,地元建設業者の育成と受注機会の確保を考慮しつつ,公正で透明性の高い入札制度の早急な確立と電子入札制度の導入と併せてコスト縮減を図ってまいります。次に,その他の予算及び条例等の議案についてその概要をご説明いたします。まず,議案第1号,霧島市部設置条例等の一部改正についてであります。本案は,平成19年4月1日からの組織機構再編に伴い,部の事務分掌を改めるとともに,審議会等の事務の所管を改めるため,関係条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第2号,霧島市障害児就学指導委員会条例の一部改正についてであります。本案は,学校教育法等の一部改正により,特別支援学校制度が創設されたことに伴い,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第3号,霧島市職員の育児休業等に関する条例の一部改正についてであります。本案は,国の一般職の職員の給与に関する法律等の改正に伴い,育児休業をした職員の職務復帰後における給与等の取扱いを見直すため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第4号,霧島市特別会計条例の一部改正についてであります。本案は,空港県営駐車場管理事業特別会計の一般会計への統合並びに国民休養地事業特別会計及び丸岡公園特別会計の指定管理者制度導入に伴い,それぞれの特別会計を廃止するため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第5号,霧島市手数料条例の一部改正についてであります。本案は,建築物の安全性の確保を図るための建築基準法等の一部を改正する法律の制定により,構造計算適合性判定が導入され,鹿児島県手数料徴収条例が改正されたことに伴い,構造計算適合性判定及び計画通知について手数料を徴収するため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第6号,霧島市職員の給与に関する条例の一部改正についてであります。本案は,国の一般職の職員の給与に関する法律等の改正に伴い,扶養手当等について,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第7号,霧島市ひとり親家庭医療費助成に関する条例の一部改正についてであります。本案は,鹿児島県の補助基準に合わせ所得制限を設けるため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第8号,霧島市国分ハイテク展望台の設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。本案は,住居表示の実施に伴い国分ハイテク展望台の位置を変更するため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第9号,霧島市自転車駐車場の設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。本案は,国分駅西口駅前広場に自転車駐車場を併設することに伴い,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第10号,霧島市都市公園条例の一部改正についてであります。本案は,丸岡公園に設置してあるスロープカーの使用料について定めるため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第11号,霧島市給水条例の一部改正についてであります。本案は,平成15年に最高裁判所が水道料金は民法第173条第1号の「生産者,卸売商人及び小売商人が売却したる産物及び商品の代価」であると判断したことに伴い,民法第145条の時効の援用のない債権の債権債務が永久に残りますことから,消滅時効が完成をした水道料金債権の放棄を定めるため,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第12号,霧島市消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部改正についてであります。本案は,非常勤消防団員等に係る損害賠償の基準を定める政令等の改正による霧島市消防団員等公務災害補償条例の改正に伴い,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第13号,霧島市国民保護対策本部及び霧島市緊急対処事態対策本部条例の制定についてであります。本案は,霧島市が実施する武力攻撃事態等における国民の保護のための総合的な事務をつかさどるために国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部を設置することに伴い,本条例を制定しようとするものであります。次に,議案第14号,霧島市国分駅総合待合所の設置及び管理に関する条例の制定についてであります。本案は,霧島市国分駅総合待合所の整備に伴い,その設置及び管理に関し必要な事項を定めるため,本条例の制定をしようとするものであります。次に,議案第15号,霧島九面太鼓搬送用クレーン付き舞台兼用トラック購入事業分担金徴収条例の廃止についてであります。本案は,霧島九面太鼓搬送用クレーン付き舞台兼用トラック購入に要する費用の分担金納入が完了をしたため,本条例を廃止しようとするものであります。次に,議案第16号,辺地に係る公共的施設の総合整備計画についてであります。本案は,牧園町持松地区,霧島永水地区及び霧島野上地区住民の利便性の向上,地域の活性化を図るため,辺地に係る公共的施設に関する総合整備計画を定めることについて議会の議決を求めようとするものであります。議案第17号,字の区域変更についてであります。本案は,県営中山間地域総合整備事業の区画整理に伴い字界を一部変更するため議会の議決を求めようとするものであります。次に,議案第18号,市道路線の認定についてであります。本案は,まちづくり総合整備事業等に伴う新規路線の開設,県道改良に伴う引き継ぎ及び所管替えによる市道路線の認定をしようとするものであります。次に,議案第19号,国分隼人公共下水道根幹施設の建設工事に関する基本協定の一部変更についてであります。本案は,国分隼人公共下水道根幹施設,括弧でございますが,国分隼人クリーンセンター,この建設工事に係る工事費の確定に伴い,協定の一部を変更しようとするものであります。次に,議案第20号から議案第24号につきましては,国分営農研修センターほか22施設の公の施設の指定管理者の指定に係る議案であります。本5議案は平成19年4月1日からの指定管理者の指定について議決を求めようとするものであります。次に,議案第25号,姶良・伊佐地区介護保険組合規約の一部変更についてから議案第28号,伊佐北姶良火葬場管理組合規約の一部変更についてまでの4件についてであります。本4議案は,地方自治法の改正に伴い,平成19年4月1日から市町村の助役は副市町村長に,吏員は職員にそれぞれ見直しがされること及び収入役を廃止し,新たに会計管理者を置くこととされますことから,一部事務組合においても助役を副管理者に,吏員を職員にそれぞれ変更をし,新たに会計管理者を設置するため,それぞれの一部事務組合の規約の変更をしようとするものであります。次に,議案第29号,平成18年度霧島市一般会計補正予算(第6号)についてであります。今回の補正は,国の補正に伴う市町村合併推進体制整備費補助金を活用した経費を追加計上をし,また,各事業の決算見込みによる事業費の清算や人件費の決算見込みによる調整を主なものとしており,特に後年度の財政運営に配慮をし,基金繰入金を減額しましたほか,地方債の借り入れを見直すなど財源調整を図り,歳入歳出それぞれ1億668万2千円を減額するものであります。そのほか繰越事業の設定や債務負担行為及び地方債の補正を行うものであります。議案第30号,平成18年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)では保険給付費や老人保健医療費拠出金などの不足に伴う補正を行うほか,議案第34号,平成18年度霧島市丸岡公園特別会計補正予算(第2号)までの5特別会計におきまして所要の補正を行い,特別会計で合計9億5,378万8千円を増額しようとするものであります。次に,特別会計及び企業会計の当初予算についてご説明を申し上げます。議案第36号,平成19年度霧島市国民健康保険特別会計予算におきましては,医療費の増加の見込まれる中で国民健康保険事業の安定した財政運営を図るため,不均一課税であった税率を均一課税とし歳入の確保を図るほか,医療費抑制対策強化や収納率向上対策強化などを前提に編成をし,歳入歳出の総額をそれぞれ129億223万2千円といたしました。その他議案第41号までの6特別会計におきまして特別会計合計で歳入歳出総額365億2,322万8千円を計上いたしました。また,議案第42号,平成19年度霧島市水道事業会計予算から議案第45号,平成19年度霧島市病院事業会計予算までの4企業会計におきましても公営企業の原則としての経済性と公益性を発揮するための所要の経費を計上いたしました。次に,諮問第1号,人権擁護委員の推薦についてであります。本案は,人権擁護委員の川畑和子氏の任期が平成19年6月30日をもって満了となりますことから,引き続き同氏を推薦しようとするものであります。以上,提案をいたしております議案45件,諮問1件につきまして一括してその概要をご説明申し上げましたが,よろしくご審議いただき,ご協賛賜りますようお願いを申し上げまして市政運営に対する私の所信の一端と提案理由の説明といたします。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま提案者の説明が終わりました。この46件の議案に対する質疑は次の本会議で行います。





  △ 日程第52 請願第8号の取下げについて





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第52,請願第8号の取下げについてを議題とします。お諮りします。請願第8号については請願者から取り下げたいとの申し出がありましたので,これを許可することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,請願第8号の取下げは許可することに決定しました。以上で本日の日程はすべて終了しました。次の本会議は3月5日であります。本日はこれで散会します。ご苦労さまでした。


              「散 会  午前11時57分」