議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 霧島市

平成18年第4回定例会(第2日目12月 5日)




平成18年第4回定例会(第2日目12月 5日)





              平成18年第4回霧島市議会定例会会議録





 
1.議事日程は次のとおりである。


                    平成18年12月5日(第2日目)午前10時5分開議


┌──┬──┬────────────────────────────┬─────┐


│日程│議案│   件                  名     │ 備 考 │


│  │  │                            │     │


│番号│番号│                            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 1│報告│専決処分した事件の承認について(平成18年度霧島市一般会計│     │


│  │ 10│補正予算(第4号)について)              │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 2│ 311│霧島市し尿処理場の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 3│ 322│霧島市副市長の定数を定める条例の制定について      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 4│ 325│霧島町高齢者等給食サービス事業の実施に関する条例の廃止に│     │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 5│ 326│字の区域変更について                  │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 6│ 307│霧島市特別職報酬等審議会条例等の一部改正について    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 7│ 308│霧島市国民健康保険税条例の一部改正について       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 8│ 309│霧島市手数料条例の一部改正について           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 9│ 310│霧島市乳幼児医療費助成条例の一部改正について      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 10│ 312│霧島市し尿処理手数料徴収条例の一部改正について     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 11│ 313│霧島市溝辺町ケーブルテレビ施設の設置及び管理に関する条例│     │


│  │  │の一部改正について                   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 12│ 314│霧島市横川体験農園の設置及び管理に関する条例の一部改正に│     │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 13│ 315│霧島市黒石岳森林公園の設置及び管理に関する条例の一部改正│     │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 14│ 316│霧島市森林活用環境施設の設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 15│ 317│霧島市横川農業交流センターの設置及び管理に関する条例の一│     │


│  │  │部改正について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 16│ 318│霧島市横川勤労者技術研修館の設置及び管理に関する条例の一│     │


│  │  │部改正について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 17│ 319│霧島市国分キャンプ海水浴場の施設の管理条例の一部改正につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 18│ 320│霧島高原国民休養地設置及び管理に関する条例の一部改正につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 19│ 321│霧島市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 20│ 323│霧島市補助金等理念条例の制定について          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 21│ 324│霧島市安心安全まちづくり条例の制定について       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 22│ 327│損害賠償の額を定め和解することについて         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 23│ 328│指定管理者の指定について(霧島市黒石岳森林公園)    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 24│ 329│指定管理者の指定について(国分海浜公園・国分キャンプ海水│     │


│  │  │浴場・北公園・南公園)                 │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 25│ 330│指定管理者の指定について(丸岡公園)          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 26│ 331│鹿児島県後期高齢者医療広域連合の設立について      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 27│ 332│平成18年度霧島市一般会計補正予算(第5号)について   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 28│ 333│平成18年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)に│     │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 29│ 334│平成18年度霧島市下水道事業特別会計補正予算(第1号)につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 30│ 335│平成18年度霧島市丸岡公園特別会計補正予算(第1号)につい│     │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 31│ 336│平成18年度霧島市温泉供給特別会計補正予算(第1号)につい│     │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 32│請願│請願書(公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保│     │


│  │ 9│に関する意見書提出を求める件)             │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 33│陳情│陳情書(ふれあいバス路線の永水地区への拡充について)  │     │


│  │ 15│                            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 34│陳情│陳情書(単独処理浄化槽を合併処理浄化槽に入れ替える場合の│     │


│  │ 16│上乗せ補助の実施について)               │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 35│陳情│陳情書(霧島市単独就園奨励費の最低支給額について 他2項│     │


│  │ 17│目)                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 36│陳情│霧島市立医療センター小児科医療の存続を求める陳情書   │     │


│  │ 18│                            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 37│陳情│リハビリテーション打ち切りの実態把握と改善のための政府へ│     │


│  │ 19│の意見書提出を求める陳情書               │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 38│陳情│霧島市立図書館の書籍の購入方法改善についての陳情書   │     │


│  │ 20│                            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│  │  │鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数│     │


│ 39│ 339│の増加及び鹿児島県市町村職員退職手当組合の共同処理する事│ 追 加 │


│  │  │務の変更並びに鹿児島県市町村職員退職手当組合規約の変更に│     │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 40│ 340│鹿児島県市町村職員退職手当組合の財産処分について    │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 41│ 341│鹿児島県市町村自治会館管理組合の解散について      │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 42│ 342│鹿児島県市町村自治会館管理組合の解散に伴う財産処分につい│ 追 加 │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 43│ 343│鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合の解散について│ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 44│ 344│鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合の解散に伴う財│ 追 加 │


│  │  │産処分について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 45│ 345│鹿児島県市町村議会議員公務災害補償等組合の解散について │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 46│ 346│鹿児島県市町村議会議員公務災害補償等組合の解散に伴う財産│ 追 加 │


│  │  │処分について                      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 47│ 347│霧島市教育委員会委員の任命について           │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 48│  │一般質問 塩井川幸生君(★ページ)           │     │


│  │  │    ・学校教育等について              │     │


│  │  │    ・観光立市霧島について             │     │


│  │  │   前川原正人君(★ページ)             │     │


│  │  │    ・政治姿勢について               │     │


│  │  │    ・一般廃棄物管理型最終処分場建設問題について  │     │


│  │  │    ・市役所職員の人事と処遇について        │     │


│  │  │    ・教育行政について               │     │


│  │  │   宮内 博君(★ページ)              │     │


│  │  │    ・政治姿勢について               │     │


│  │  │    ・医療センター小児科問題について        │     │


│  │  │    ・子育て支援について              │     │


│  │  │    ・消防防火対策について             │     │


│  │  │   木場幸一君(★ページ)              │     │


│  │  │    ・行財政運営について              │     │


│  │  │    ・麓第一土地区画整理事業について        │     │


│  │  │    ・地域審議会について              │     │


└──┴──┴────────────────────────────┴─────┘





2.本日の出席議員は次のとおりである。


    1番  脇 元   敬 君      2番  松 元   深 君


    3番  秋 広 眞 司 君      4番  池 田 綱 雄 君


    5番  有 村 久 行 君      6番  徳 田 拡 志 君


    7番  山 浦 安 生 君      8番  神 園 三 郎 君


    9番  厚 地   覺 君     10番  徳 田 芳 郎 君


   11番  宮之原   稱 君     12番  黒 木 更 生 君


   14番  四 元 寿 満 君     15番  新 橋   実 君


   16番  仮 屋 国 治 君     17番  林 薗 澄 男 君


   18番  脇 元   操 君     19番  植 山 利 博 君


   20番  上 鍋 正 光 君     21番  塩井川 幸 生 君


   22番  久 保 史 郎 君     23番  岡 村 一二三 君


   24番  島 廻 一 心 君     25番  木野田 恵美子 君


   26番  山 神 生 人 君     27番  池 田   守 君


   28番  下深迫 孝 二 君     29番  栫 井 成 孝 君


   30番  吉 永 民 治 君     31番  今 吉 歳 晴 君


   32番  尾 崎 東記代 君     33番  木 場 幸 一 君


   34番  浦 野 義 仁 君     35番  池 田   靖 君


   36番  細山田 為 重 君     37番  蔵 原   勇 君


   38番  田 代 昇 子 君     39番  前川原 正 人 君


   40番  窪 田   悟 君     41番  川 畑 征 治 君


   42番  深 町 四 雄 君     43番  時 任 英 寛 君


   44番  中 村 幸 一 君     45番  西 村 新一郎 君


   46番  宮 内   博 君     47番  徳 田 和 昭 君


   48番  川 畠   暁 君





3.本日の欠席議員は次のとおりである。


   な し





4.地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。


 市     長   前 田 終 止 君   助     役  南   洋 海 君


 助     役   福 永 いたる 君   総 務 部 長  西 重 正 志 君


 企 画 部 長   藤 田   満 君   生活環境部長   林   兼 行 君


 保健福祉部長    今 村 恭 一 君   農林水産部長   東   邦 雄 君


 建 設 部 長   秋 窪 直 哉 君   工事監査部長   大 井   正 君


 まちづくり調整監  内   達 朗 君   消 防 局 長  中 村   昭 君


 会計管理部長    池 田 和 弘 君   水 道 部 長  濱 崎 幸 嗣 君


 総務部次長兼    南 田 吉 文 君   行政改革推進監  山 口   剛 君


 総務課長


 企画部次長兼    福 原   平 君   生活環境部次長  杢 田 耕 一 君


 企画政策課長


 農林水産部次長   外 山 幸 喜 君   商工観光部次長  柳 田 秀 徳 君


 兼農政畜産課長               兼商工労政課長


 建設部次長     塩入谷 政 秋 君   消防局次長兼   林   兼 哉 君


 兼建築住宅課長               警防課長


 職 員 課 長   津 曲 正 昭 君   財 政 課 長  平 野 貴 志 君


 税 務 課 長   川 畑   巧 君   行政改革推進課長 濱 ? 正 治 君


 地域振興課長    馬 場 勝 芳 君   環境衛生課長   川 村 直 人 君


 市 民 課 長   宗 像 成 昭 君   保険年金課長   坂 元 良 行 君


 環境衛生施設課長  前 田   理 君   児童福祉課長   阿 多 己 清 君


 高齢・障害福祉課長 西     剛 君   国分西・下井   蔵 元 隆 美 君


                       保育園長


 横川・佐々木    傳 住 信 夫 君   健康増進課長   宮 本 順 子 君


 保育園長


 市立病院管理課長  小 濱   泉 君   林務水産課長   山 下   晃 君


 耕 地 課 長   馬 場 義 光 君   企業振興課長   成 尾 智 広 君


 観 光 課 長   後 藤 辰 美 君   区画整理課長   迫 間   勇 君


 消防局総務課長   西 尾   潔 君


 教  育  長   古 川 次 男 君   教 育 部 長  吉 永 冨城夫 君


 教育部次長兼    石 塚 義 人 君   学校教育課長   村 田 研 史 君


 教育総務課長


 生涯学習課長    末 野 賢 了 君


 新教育委員会委員  新 田 弘 子 君





5.会議に出席した議会事務局の職員は次のとおりである。


 議会事務局長    成 枝 靖 夫 君   議事調査課長   谷 山 忠 憲 君


 議事調査課課長   山 元 春 行 君   主幹兼調査係長  新 窪 政 博 君


 補佐兼議事係長


 書    記    赤 塚 孝 平 君   書    記   井 上 寛 昭 君


 書    記    米 元 利 貴 君





6.会議のてん末は次のとおりである。





               「開 議  午前10時05分」


○議長(西村新一郎君)


 ただいまの出席議員は47名であります。したがって,定足数に達しておりますので,直ちに本日の会議を開きます。お手元に配付しました議事日程に基づき会議を進めて参ります。





  △ 諸般の報告





○議長(西村新一郎君)


 議事に入ります前に諸般の報告をします。お手元に環境福祉常任委員会及び議会運営委員会の行政視察報告書並びに要望書(木材需要の拡大について)を配付しておりますので,お目通し願います。これより議事に入ります。





  △ 日程第1 報告第10号 専決処分した事件の承認について(平成18年度霧島市一


               般会計補正予算(第4号)について)より


    日程第38 陳情第20号 霧島市立図書館の書籍の購入方法改善についての陳情書


               まで一括上程





○議長(西村新一郎君)


 日程第1,報告第10号,専決処分した事件の承認について(平成18年度霧島市一般会計補正予算 (第4号)について)より日程第38,陳情第20号,霧島市立図書館の書籍の購入方法改善についての陳情書まで以上38件を一括し議題とします。これより質疑に入ります。5名の議員より質疑の通告がされておりますので,順次発言を許可します。まず,32番尾崎東記代議員。


○32番(尾崎東記代君)


 私は通告しております3点のことについて質疑をいたします。まず1点目でありますが,議案第323号,霧島市補助金等理念条例の制定についての第6条についてであります。第6条「この条例を具現化するための事項は,市長が別に定める。」とあるが,どのような内容のものを定める考えなのか。2点目,議案第324号,霧島市安心安全まちづくり条例の制定についての第17条について,「この条例の施行に関し,必要な事項は規則で定める。」とあるが,どのような事項についてどのような内容の規則をつくる考えなのか。3点目,議案第327号,損害賠償の額を定め和解することについて,この和解案は,平成17年9月14日の台風14号によって林道の法面が崩壊し,損害を与えた建物を賠償し,904万5,900円で和解しようとするものでありますが,この金額の904万5,900円は市県民税の均等割の約3千人分に当たる多額なものであります。新聞報道によると「昨年7月までの点検で法面に数箇所の亀裂を発見,対処の遅れを認めている。」とあります。旧国分市時代に発生し,引き継いでいる問題でありますが,この種の問題は今後も起こり得る問題であり,防止策についてはどのように考えておられるのかお尋ねいたします。以上3点について質疑いたします。


○総務部長(西重正志君)


 補助金等理念条例第6条関係についてお答えいたします。補助金の見直しにつきましては,先般策定いたしました霧島市行政改革大綱及び霧島市経営健全化計画におきまして市単独補助金等の見直しを行うこととしており,これに伴い今回霧島市補助金等理念条例を制定するものであります。これからのまちづくりは,市と市民がそれぞれの役割分担を明確にし,対等の立場に立ち,協働で行う必要があります。また,補助金につきましても市民活動の自主性,自立性,創造性が尊重される必要があり,市の政策を推進する上で明確な効果が担保されていなければなりません。このような認識に基づき本条例を制定し,これを具現化するための方策として今般霧島市補助金等交付指針を策定したところであります。本指針におきましては,現在の本市の厳しい財政状況を鑑み,補助金等を効果的,効率的かつ適正なものとするため,新規及び既存の補助金等の在り方を見直しいたします。これは単に補助金額を削減することが目的ではなく,財政運営の透明性を確保する観点からも公平な検討を行い,市民の皆様に対し,行政経営の公平性,透明性につながる説明責任をも果たすことができるものと考えております。現状での課題としましては,補助効果の検証や補助制度の見直しを行うシステムがないことなど様々な課題が見受けられたところであります。このようなことから本指針の中では幾つかの指標を用いて補助対象事業に公益性があるのかなどの仕分けを行い,税金で負担して補助することが適切であるのかなどの検証を行って参ります。また,具体的取り組みとしまして補助金の交付基準に基づく見直しやチェックリストによる見直しなど行政評価の手法を取り入れることといたしております。


○生活環境部長(林 兼行君)


 次に,議案第324号,霧島市安心安全まちづくり条例の制定についての第17条についてお答えをいたします。霧島市安心安全まちづくり条例第17条の規定によります規則で定める事項は,霧島市安心安全まちづくり推進協議会の設置規則を定めるよういたしております。内容につきましては,推進協議会の会長・副会長の規定,会議の招集,議長の規定,意見聴取や庶務の規定などの内容となっております。


○農林水産部長(東 邦雄君)


 3点目の議案第327号,損害賠償の額を定め和解することについてのご質疑にお答えいたします。この林道は,旧国分市の横断道路として県営事業で実施し,その後市に譲渡を受け管理している広域基幹林道国分山麓線であります。今回の件につきましては,昨年7月下旬に施設損傷の事実確認後,その処理について県とも協議をしておりましたが,9月初めに襲来した台風により崩壊したものであります。今後林道等の公共施設の維持管理につきましては,より一層点検を強化し,適切な安全管理に努力して参りたいと考えております。なお,この法面改良につきましては今年度の県単林道改良事業により改良工事中であります。


○32番(尾崎東記代君)


 ただいま答弁をいただきましたけれども,2点目,3点目につきましては了解いたしました。あと1点目につきまして再度質疑をいたします。これにつきましても11月の24日の新聞に掲載されておりましたけれども,「第6条の条例を具体化するための指針を17日に策定したと。そして補助金を事業費と人件費が主になるその組織の維持型に分類,その上でそれぞれについて広域性,地域性,公益性,必需性などを基に交付の是非や額を判断する。」,そういうふうに掲載をされておりましたけれども,具体化するための指針を17日に策定されたのであれば,これを第16条に当てて,言わば,その市長が別に定めるということではなくて,この条文を掲載する考えはなかったのか。そのことについて再度お聞かせ願いたいと思います。


○財政課長(平野貴志君)


 補助金等の交付指針の決定時期の在り方と条例制定との時期のずれのご指摘,ご質問だと思いますけれども,この交付指針につきましては,既に今年の8月に市の単独の補助金につきまして両助役のヒアリング,各課からのヒアリングを既に行ったところでございます。このヒアリングの結果等につきましては平成19年度以降の予算編成にどのような位置付けをするかということで行ったわけでございまして,そういうヒアリング等を受け,また,先ほど部長がご答弁申し上げましたように,行革大綱あるいは経営健全化計画,こういうものに単独の補助金についてすべて見直しをするというようなそういう表現がなされておりますので,それをどのような形で行っていけばいいのかということで,この交付指針を条例に先駆けて制定しなければならないという必然性からでございます。ご承知のとおり,平成19年度の予算につきましての取り組みは,10月に予算編成方針が示されておりまして,既に取り組みを行っているところでございまして,条例制定後に策定するとなりますと年明けになるということで,平成19年度の予算編成に間に合わないというようなこともございまして,指針の方を先に策定をしたということでございます。したがいまして,この指針を担保するためには,やはり条例を制定することによってこの交付指針の方を担保していこうと,実効あるものにしていこうということで,ずれが生じたということでございます。


○議長(西村新一郎君)


 次に,46番宮内博議員から通告がなされております。質疑を許可します。


○46番(宮内 博君)


 私は議案308号の霧島市国民健康保険税条例の一部改正について質問をさせていただきたいというふうに思います。今回の国保税の一本化,来年4月から実施をされるとの提案でありますけれども,資産割を廃止をして,所得割で約62%,均等割で36%,平等割で15%の引き上げを提案をいたしております。所得250万円,固定資産税5万円の夫婦共働き世帯で試算をいたしますと,私の試算では38.8%の税負担の引き上げとなっております。最も負担が大きいのは旧溝辺町で約72%の税負担の引き上げということになります。そこでまず第1に市民所得が伸びない中で大幅に引き上げをする提案となったこの具体的な根拠を数字的に明確にしていただきたいということでございます。二つ目には,今回資産割を廃止しての提案ということになるわけでありますけれども,県内では鹿児島市,奄美市などの一部が採用をいたしております。地価の高い都市部に住む高齢者に配慮してとの措置ということでありますけれども,廃止ではなくて,旧市町で最も資産割負担の少なかった旧溝辺町以下にすることはできなかった理由,それは何かということについて答弁を求めます。また,その根拠についても説明をいただきたいと思います。国保審議会では資産割廃止の方向のみの説明をしているのではないかと思いますが,9月議会の答弁では「両方を示して判断を求める。」という答弁がなされた経過がありますので,そのことについてもお尋ねをしておきたいと思います。第3点に応能・応益負担について今回の改定でどのようになるのかお示しをいただきたいと思います。第4点目に国保は所得が少なくて高齢者が多く加入しているという構造的な問題を持っております。霧島市でも法律による法定減免措置を受けている市民が60.7%を占めているという報告をされております。今回急激な負担増を軽減をするために市としてどのような対策をとったのかということを具体的にご説明をいただきたいと思います。以上4点について質問をいたします。


○生活環境部長(林 兼行君)


 それでは,宮内議員のご質問に対しましてまず1点目についてお答えをいたします。平成14年度から実施をされました前期高齢者制度により年間本市におきまして1千人ほどの70歳以上の高齢者が増え,医療費もここ数年平均して約5%ほどの伸びを示しているところでございます。平成18年度の国保会計予算は通常当初からは繰り入れるべきでない約5億の基金を取り崩して編成せざるを得なかった状況でございまして,現在の基金残高は約3,800万円となっております。よって,平成19年度は,前年度の多額な繰越金も期待できず,例年税収入の不足に充てていました約6億円ほどの基金及び繰越金が見込めないため,これを税収入で賄うしかなく,また,医療費の伸びも考慮いたしまして前年度より約8億円ほどの増額で約38億円を税収の見込みを確保いたしたく今回の税率の改正となった次第でございます。


○総務部長(西重正志君)


 国保税についての2点目にお答えいたします。旧溝辺町税率で計算をいたしますと約26億円でございます。先ほどの説明で約38億円必要ということですので,約12億円不足することになります。資産割の廃止につきましては,分析した結果,世帯の所得が100万円以下の低所得階層における資産割の課税されている割合が世帯数で57.5%,固定資産税額では40.5%を占めており,このようなことから資産割の廃止を提案いたしたところでございます。次に,3点目についてお答えします。応能割46.45%,応益割53.55%になります。4点目にお答えします。中間所得層のために応益割合の45%から55%の中で最適な53.55%に設定いたしております。また,リストラ減免の方法を,これまでより方法を充実させ,その実効性を確保して参りたいと思っております。


○46番(宮内 博君)


 それぞれ回答をいただきましたが,まず質問に答えていない部分があります。それは国保審議会に提案をする時に資産割の廃止をした場合とそうでない場合のこの2案について提案をするというそういう9月議会では答弁をされているわけですけれども,議事録を見てみますとそういう方向になってない。それでこの資産割廃止の方向だけで説明をしたのではないかというふうに聞いておりますが,答弁がございませんでしたので,再度ご答弁をいただきたいというふうに思います。それから,その医療費の伸びが5%水準で伸びているということでありますけれども,確かに保険給付費は歳出の72%を占めております。その財源を確保するというのは大変求められていることですけれども,一方ではその老人保健拠出金でありますけれども,これはこの間の前期高齢者医療制度等の導入によって減少してきているという現実があるわけですね。その辺はどのように試算をされているのかということについて再度答弁を求めておきたいというふうに思います。それから,3点目には,9月議会の答弁では「周辺の市,町の動向についても調査をした上で新しい税率については提案をすることになるだろう。」と,そういう説明が,答弁がされた経過があります。今回の税率引き上げは,鹿児島市やあるいは薩摩川内市と比べましても余りにもこの引き上げが大きいというそういう状況になっていると思いますが,これらの関係についてはどのように調査をしたのかということを答弁をいただきたいと思います。次に,4点目にこの市独自の軽減策についてでありますけれども,「サラリーマンに対するリストラ等については制度を充実していく。」というそういう回答でありましたけれども,実際この,先ほど言いましたように,高齢者が多く加入する。そして同時に低所得者が非常に多いというのが国保の特徴の大きなものなわけですね。税負担の急激なこの引き上げを回避するために一般会計からの繰り入れなどでそれらをこの軽減をしていく対策ということがとられております。鹿児島市では22億円の純粋な一般会計からの投入を行っている。それを霧島市に当てはめますと5億1,800万円の一般会計からの投入というのに等しい額になるわけですけれども,これらの対策は考えなかったのかということについてお聞きをしておきます。さらに5割,7割,2割の法定減免が制度上あるわけですけれども,これは後に交付税措置として措置される,80%はですね,ものです。その残り20%についても当然一般会計から補てんをすべきというふうに思いますけれども,その扱いをどういうふうにしているのかということについてもお聞きをしておきます。それから,最後に,2008年から75歳以上の高齢者を対象とする医療制度が創設をされるわけです。この影響はどのように試算をされたのかお示しをいただきたいと思います。


○税務課長(川畑 巧君)


 お答えいたします。まず国保運営協議会に二本立てで諮問しなかったんじゃないかという質疑なんですが,運営協議会は計4回開催されております。そして3回目,いわゆる諮問としての3回までは両立てでご提案しております。3回目の運営協議会の決議で諮問としたら一本にまとめるべきじゃないかという結論が出ました。市長の諮問案としてはじゃあそこで一本化すると。しかし,我々は資料としては資産割も出しますよという形でご提案をし,そしていわゆる資産割を除く3方式で全会一致でご承認いただいたところであります。その時にいわゆる資産割と4方式と3方式の比較という資料も出しております。いわゆる3方式を採用することで増額になる世帯,3方式を採用することで減額になる世帯ということを議題としております。そこでいわゆる7割軽減がかかるような33万以下の方は増額になる方は一人もいらっしゃいません,3方式をとることによって。ところが,3方式を採用することによって減額になる世帯は所得33万以下の方が5,934世帯あると。そういう形で100万未満の所が増額になる所が2,317世帯,そして減額になる所が2,201世帯と,こういう形の資料も併せてやっているところであります。あといわゆる3方式にした形での説明については,いわゆる先ほど部長がお答えいたしましたけども,資産割総額,いわゆる固定資産税割額,総額10億7,156万4,335円になりますけども,この中の税を33万以下の階層の方が2億6,835万8,986円払うことになります。そして,さらに,100万円未満の所得の低い方々が1億6,612万6,882円支払う。ですから,先ほど総務部長がお答えしましたように,固定資産税割,資産割額が全体の40.5%も占めていくと。ということは税の在り方としてかなり偏った階層に税を求めると。通常言われていますのが,30%の偏在性というのが言われています。霧島市が合併して,いわゆる旧単独市町村の場合の時はそれほど偏在性というのはなかったかと思いますが,広域合併をしたおかげでこういう税の構成になると。それゆえに資産割を除く3方式をとったと。全国的に言いますと,いわゆる3方式というのが中小都市の形態の国保体系だろうと,2方式が大都市の国保体制だろうと,そして4方式が地方都市の税制だろうというふうに通常は言われているゆえんであります。あともし仮に医療費の伸びということで具体的に今,世帯構成の私どもがこういう試算をしたらということでありましたけども,それを私どもの方で仮に17年度決算でどうなるかという試算もしてあります。としますと,17年度の医療費総額で試算いたしますと確実に旧福山,旧隼人,旧霧島は減額になります。そういう形で国保財政というものが医療費総額との相関関係にあると,これは9月議会でも申したとおりであります。あと他の都市との比較はどうかということで申し上げますけども,全国的に言いますと,平成16年度の資料ですけども,4方式をとっている所が87.4%です。ところが,かなりそれも減ってきております。そして3方式の所が全国で11.2%,2方式が1.4%です。団体数でいきますと,合併を進めていきますけども,かなり4方式が減ってきているのが事実が分かります。あと軽減策の関係で一般財源の投入の考えはないかというご質問でしたが,今度の税制においては,その一般会計からの繰り入れというのは想定してない税制をとったつもりでおります。あともう1点,平成20年4月1日から始まります後期高齢者の問題はどのようにとらえたかというご質疑だったかと思いますけども,当然国保制度を考える場合に後期高齢者の制度をというものを考えております。まだ後期高齢者については不明確な所がありますけども,国が試算した一人当たりの年額7万4,400円程度を考えております。夫婦二人,75歳以上の方がいらっしゃった時に14万幾らになる。ですから,それよりは国保税としては抑えたつもりであります。あとまたちょっと漏らした点があるかも知れませんけど,以上で答弁を終わりたいと思います。


○46番(宮内 博君)


 それぞれ回答をいただきましたけれども,他市との比較という,周辺の市との比較という点では,全国的にこの資産割を廃止をしている所との比較ということではお示しになりましたけれども,この税率等で,例えば,鹿児島市やあるいはこの薩摩川内市など既に一本化を図っている所との比較でどうなのかということで比較をしてみますと,このかなり本市の今回のこの税率が高いと。鹿児島市の所得割は9%,均等割で2万3,700円,平等割で2万7,400円です。薩摩川内市では,所得割8.4%,資産割25%,均等割2万5千円,平等割2万4千円と比較にならないほど本市の今回の計画というのがどれほど高いのかということがうかがえるわけですけども,その辺はどのように検討したのかということを再度答弁をいただきたいというふうに思います。それから,この後期高齢者医療制度の関係についてでありますが,私がお尋ねしたいのは,このこれによる後期高齢者の負担ということではなくて,これによってこの医療費の国民健康保険からの支出というのは当然変化があるというふうに思うんですけれども,75歳以上の後期高齢者が占める国保医療に対する給付費の中でどのような影響が出てくるのかということについてどのようなこの作業を行ったのかということをお聞きしているわけですので,その点については再度ご回答をいただきたいというふうに思います。それから,この2問目の所でも申し上げましたけれども,いわゆる法定減免措置に対する交付税額ですね,これはこの8割の補てんということになってるわけです。不足する2割については当然市からの一般会計からの繰り出しをして100%軽減分については担保するという措置は当然とるべきなわけですね。薩摩川内市でもそういう措置をとっております。それが今回のこの算定の中に入っているのかということについて確認をしたわけでありますけれども,その回答がありませんでしたので,お聞きをしておきたいというふうに思います。それから,最後に市長についてでありますが,その旧溝辺町では72%もの引き上げになります。平均で金額的に計算をいたしますと38.8%という大幅な引き上げです。国保審議会でも最高約30万円値上げになる人がいるだろうと,こういう報告がされております。これらのこの多額の負担増をいきなり一本化によって押しつけることについて市長はどういうふうに考えるか再度お聞きをしておきます。


○税務課長(川畑 巧君)


 他市との比較ですが,県内の比較については議員がおっしゃったとおりの数字であります。あと九州,南九州関係で申しますと,熊本市が所得割で10.40です。それから八代市が11.70です。こういう形で3方式になってきておりますが,全国的に言いますと所得割で20%の以上の団体が48団体あります。そして今度霧島市がとりました15.3%の範囲の12%から14%の税率を持つ団体が23団体,こういう形で他の比較とも国保運営審議会にお示ししたところであります。それから,後期高齢者の関係ですが,私どもが今,霧島市で約,国保世帯だけですね,社保は抜きますけども,1万2千人が該当になるかと思います,20年4月1日から国保から抜けていくと。その時の税収の減が約8億かと思います。そして,さらに,国保から拠出する医療費が12億円あるんじゃないかと。それでその差額4億円,この分で当然この国保会計が十分支えられていく。先ほども言いましたけども,国民健康保険事業の支出の大半が医療という不確定要素の大きいものでありますけども,この財源不足を理由に支出を削減できない特殊な制度でありますので,そういう後期高齢者の制度も,まだ定かではありませんが,あらゆる情報を得まして試算したところであります。それから,法定減免の7割,5割,2割の調整交付金に対する2割,それは当然入ってこようかと思います。それから,溝辺町の関係で具体的にお話がありましたけども,先ほども申しましたけども,17年度の医療費総額に対する税額をもし仮に求めるとすれば,溝辺町であっても新しい税率に換算しますと,税率,所得割9.60,均等割2万3,800円,平等割2万1,100円で税率が制定したかと思います。ですから,医療費総額総体と税率にはそういう相関関係があるということであります。


○市長(前田終止君)


 市長へお尋ねでございますけれども,その点については課長が答弁したとおりでございます。


○議長(西村新一郎君)


 以上で宮内議員の質疑を終了いたします。次に,39番前川原正人議員。


○39番(前川原正人君)


 3点について質疑をさせていただきたいと思います。まず第1番目は報告第10号の専決処分にした事件の報告について,18年度霧島市一般会計補正予算(第4号)ですが,この国税局の申告漏れの内容と,異議申し立てが認められた具体的説明はどのようにされてきたのかですね。これがまず第1点です。二つ目には議案第312号,霧島市し尿処理手数料徴収条例の一部改正について,牧園・横川地区し尿処理場の料金に合わせることになるわけですが,今回名称を変えて南部し尿処理場でということになりますが,処理料は幾らぐらいになるのか。また,どの程度の金額を見込んでいらっしゃるのか明らかにしていただきたいと思うんです。三つ目には議案第331号です。鹿児島県後期高齢者医療広域連合の設立についてでございますが,新制度の最大の問題というのが医療給付費が増加をすれば保険料の値上げになるというこういう仕組みとなっておりますが,自治体としてどういうような対処をしていくのかお示しをいただきたいと思います。二つ目には,この制度は介護保険制度と同じように大体,年金天引き,毎月大体月の年金額が1万5千円以上の方についてはこの自動天引きをしていくという方式をとるわけですが,保険料滞納者は国保証を取り上げられ,短期保険証,資格証明書の発行と,こういうことも想定をされるわけですが,市当局の対応はどうしていくのかお示しをいただきたいと思います。三つ目には,本市でのこの後期高齢者医療制度が創設をされるとなりますと大体どれぐらいの人たちが対象年齢になるのか。そして保険料について本市の場合どの程度の保険料というふうに想定をされているのかお示しをいただきたいと思います。


○総務部長(西重正志君)


 専決処分した事件の報告についてお答えします。この件につきましては,海外小会社に有利な取引をして,国内で課税されるべき所得を海外に移転していたため,申告漏れを指摘され,追徴課税をされていたものでありますけれども,これを不服として国税局に異議申し立てをしており,これの一部が認められたもので,法人税の更正等に係るものでございます。


○生活環境部長(林 兼行君)


 議案第312号,霧島市し尿処理手数料徴収条例の一部改正についてお答えをいたします。現在のし尿処理場において平成17年度のし尿,浄化槽汚泥の搬入実績は,生し尿2万4,634kl,浄化槽汚泥3万6,563kl,合計いたしますと年間6万1,197klとなっております。新しい南部し尿処理場は平成19年4月から本格稼働に向け現在管理棟の工事中でございますが,平成19年度のし尿,浄化槽汚泥の搬入量は下水道事業の進捗により前年と比べて若干少なくなることが予想をされます。よって,年間約6万klを見込んでおるところでございます。また,手数料の金額につきましては千?当たり175円で計算をいたしますと年間総額で1,050万円になります。次に,議案第331号の1点目についてお答えをいたします。保険料につきましてはおおむね2年間を通じて財政の均等を保つこととされていることから2年ごとに見直すことになります。見直しに当たりましては,2年間の療養給付費,各拠出金,保健事業に要する費用などの額を予想して保険料を算定し,広域連合議会の議決により決定することとなっております。保険料に影響してくる医療費につきましては,医療適正化,保健事業等により医療費の抑制に努めて参りたいと考えております。2点目についてお答えをいたします。被保険者間の負担の公平化を図るという観点から,保険料を滞納した場合には,国保同様,通常1年と比較して有効期限の短い3か月から6か月被保険者証,短期保険証を発行することになります。また,滞納発生後1年を経過した滞納者に対しては,特別の事情のない限り,国保同様,被保険者証の返還を求め,資格証明書の交付を行うこととされております。しかし,低所得者につきましては世帯の所得水準に応じて保険料を軽減することとなっており,7割,5割,2割の軽減措置が設けられておるところでございます。また,被用者保険の被保険者として保険料を負担してこなかった方についても後期高齢者医療制度に加入した時から2年間5割の軽減措置が設けられております。3点目についてお答えいたします。本市の平成20年4月時点での対象者数は1万6千人程度になる見込みでございます。また,保険料の金額については,厚生労働省の試算によれば,軽減制度を適用しない場合の平均額は月額6,200円程度と見込んでおるところでございます。


○39番(前川原正人君)


 それぞれ答弁いただいたわけですが,そのまず報告第10号のこの専決処分の関係ですが,その今,部長の答弁で「海外に移転をして,その関係で異議申し立てがあったと。その一部が認められた。」ということなんですが,一部となりますと全額ではないわけですね。だとするならばその異議申立書の書かれている金額,全体の1億2千万円というこういう還付になると思うんですが,全体では,その異議申し立てというのは金額はどの程度のその金額ということで認識をされていらっしゃるんでしょうか。それともう1点は,この企業と言っても大企業だと思うんですが,霧島市内の大きな企業ということで認識をするわけですが,これは1社のみなんですか。どうなんでしょうかお示しをいただきたいと思います。二つ目のし尿処理の料金の場合,今,答弁いただきましたように,175円の手数料が発生をするということになっていきますと年間1,050万円の収入手数料が上がってくると。一番懸念をするのは,この汲取料に対して手数料が発生をしますと,その手数料が汲み取りをお願いをする市民の皆さんへのその転嫁といいますか,そういうのが懸念されるわけですね。汲取料にその影響がこう出ていくということが十分懸念をされるんですが,その辺についてもそのどういう調整をしていくのかお示しをいただきたいと思います。331号の件についてもう1回お聞きをいたしますが, 「この医療費の抑制に努めていく。」と言うだけで,今,部長がおっしゃるように,自治体としては漠としているわけですね。医療費の抑制に努めていく。ところが,制度を見ていきますと,この先ほども申し上げましたように,月1万5千円以上の年金を受給をされている方は自動天引きと,こうなりますと介護保険と全く同じ制度になっていくわけですね。大体,新聞報道等で見てみますと,介護保険料と後期高齢者医療制度の創設で1万円を超える支出負担となっていくわけです。そうなったときに大体1か月3万円ないし多くても5万円の年金暮らしのお年寄りの皆さんがまたまたこの負担が増えていくと,こういう結果になっていくわけですが,そうなりますと当然このこれに対象になる,すべてではないですが,約1万6千人程度の方々の中には取られるだけ取られて,この制度の変更ということも一つはあるんですが,この一層,病院に行けなくなると,こういうことも懸念をされるわけですが,市としての独自の取り組みというのは検討はされてこなかったのか。今後されていくのかお示しをいただきたい。それと国保と同じように「7割,5割,2割の軽減措置がある。」ということでご答弁いただきましたけれども,こういう人員が現時点で,まだこう数字は動くと思うんですが,どの程度の人たちが対象人員となるのかお示しをいただきたいと思います。


○財政課長(平野貴志君)


 1点目についてお答え申し上げます。この報告10号につきましては平成17年度に旧国分市と旧隼人町で法人税が収納をされていたものでございます。法人税の納付の合計が約3億3,700万円でございます。今回返納をするものが本税で1億800万円程度でございます。そのほかに延滞金として納付されていたもの,それから本税あるいは延滞金に係る還付加算金を加えて1億2千万円程度を返納をするものでございます。それから,本件につきましては該当の事業所は1箇所ということでございます。


○生活環境部長(林 兼行君)


 汲取料の具体的な額につきましては,まず浄化槽で5人槽でございますが,年間1,600リットルの汚泥を処理をするというふうに仮定いたしますと,5人槽の場合年額約280円程度になります。また,汲取便槽の件につきまして1回当たり約240リットルの汲み取りにおきまして,これは回数によって違いますが,3か月に1回の汲み取りの場合年額168円の増額ということでございまして,押しなべて市民の皆様に応能・応益的な負担をいただくということになろうというふうに思います。


○保険年金課長(坂元良行君)


 お答え申し上げます。今回の広域の設立でございます。医療費の1割が保険料で,4割が各保険者の支援金で,あとは公費が5割でございます。その中でこの制度につきましては現在の国保と同じような仕組みになっていくと思います。それとさっき部長が申し上げました短期証等については所得に合わして,そして,また,それなりの対処を,やはり所得が低い方々につきましては公費をひっくるめた対処方を非常に用心していかなければいけないかと思っております。それと軽減の問題も国保と一緒でございます。これにつきましてはさっきの答弁で平均額が6,200円というのが出ておりましたけども,基礎年金受給者で基礎年金が79万円の場合には月に約900円ぐらいに減額なるところでございます。ただいままだ,3月1日の広域で,それから6月1日に広域の議会議員の選挙がありまして,それからいろいろと協議をなされていくところでございますので,今後国の動向を見ながら善処していきたいと思います。


○39番(前川原正人君)


 もう再度求めたいと思うんですが,この今,財政課長がおっしゃったその回答では「返納が本課税で1億800万円と,それで延滞金関係も含めて合計で1億2千万円」ということで,当然その異議申し立てをして認められたということが前提になってるわけですが,そうしますと一部が申し立てられたということになりますと,ほかにもほかのその要件というのがまだあったと思うんですね。そういうのは認識はされてはいらっしゃらないんですか。それをお聞きをしておきたいと思います。2点目には,この林部長からいただいた回答の中では,「その5人槽で1年で1,600リットルと。年間大体世帯当たり270円,汲み取りが,押しなべてですけど,240リットルということで183円の負担増になって,負担が発生をする。」ということで回答いただいたんですが,お聞きをしているのはこの汲取業者さんとの行政との関係でどういう調整方法を見出していくのかということです。もう金を取るので,もうこれはもう仕方がないというふうにあきらめて,じゃあお願いしますというふうにやるのか。当然その汲み取りの衛生処理関係の事業所というのは営利企業ですので,当然その赤字を出してまではしないわけでして,その行政としてどういうその指導といいますか,調整の方向を見出していくのかということをお聞きをしていると。3番目の今,坂元課長がおっしゃいましたように,「それなりの対処が必要である。」ということで今おっしゃいましたけれども,この平均大体6千円ないし6,200円程度がその新たに介護保険料とは別に,この後期高齢者医療制度が創設をされますとこの負担が増えることは見えてるわけですよね。来年の4月1日から施行されていくことになるんですが,行政として,公費も含めてですが,そういう軽減措置の検討もあり得るということで理解をしても,してよろしいわけですね。お示しいただきたいと思います。


○財政課長(平野貴志君)


 1点目についてお答えを申し上げます。本件の返納の事態が発生したものは,国税当局との価格移転税制,いわゆる先ほど部長が申し上げましたような国内と国外の2国間の税の取り扱いが異なるというようなことのものの見解の相違でございまして,今回その一部が返納すべきということで認められてしたものでございます。したがいまして,新聞報道等によりますと今後もそういう企業の方で努力をされていくということでございますので,今回のケース等を勘案した場合には今後もそのような返納が生じる可能性もあるのではないかというふうに判断をしているところでございます。


○生活環境部長(林 兼行君)


 失礼をいたしました。この手数料の徴収方法等につきましてこれまで清掃業者の方々と事前に数回協議を重ねたところでございます。特に浄化槽の契約につきましては1年更新ということで,1年間にまたがっておるという関係で施行日を平成20年4月からというお願いをいたしているところでございます。また,市民の皆様への周知につきましては,1年間かけて市報なり,あるいは公民館文書,回覧等を含めて事前に周知を図りたいというふうに考えておるところでございます。


○保険年金課長(坂元良行君)


 お答え申し上げます。今,議員の言われたそういうものをひっくるめて検討するかということですが,これから設立されていろんな内容,また,詰めていかなければいけないことがあると思います。そこにおいていろんなケース・バイ・ケースを提示されて話し合いが,協議がなされると思います。


○議長(西村新一郎君)


 以上で39番前川原正人議員の質疑を終わります。次に,23番岡村一二三議員より質疑の通告がされております。発言を許可いたします。


○23番(岡村一二三君)


 私は議案の327号,先ほど同僚議員の方からも質疑がありましたが,提案理由では,その9月7日にいわゆる豪雨発生による林道法面が崩壊したと,損害を与えたということであります。私が考えるには霧島市になってなぜか賠償事案が多いというふうに認識しているわけなんですが,まず質疑の第1点は,損害賠償金額はどのような方法でだれが決定されたのか。例えば,固定資産税と同じように再建築価格方式採用とか,いろんな方法があったろうかと思いますので,どういう決定方法をされたのかもう1回。2点目は,林道を造る時に林道工事に係る設計,施工はどうであったのかということになりますが,いつ造られた林道なのか。3点目は,「県営事業で行った。」という先ほど答弁があったわけなんですが,工事の施行管理者はどなたであったのか。4点目は,出来上がった林道管理責任者は市であるということでありますので,管理の状況をお尋ねしておきたいんですが,毎年雨季前には,防災点検実施も行われてきたと思いますので,17年9月7日に突然予期できなかった豪雨のための崩壊なのか。それとも豪雨前に法面亀裂を見過ごしていたものか。まずお尋ねします。


○農林水産部長(東 邦雄君)


 4点のご質疑をいただきましたが,最初に私の方からはまず4点目のいつの時点でその確認したのかというところをお答えしたいと思います。もう先ほど尾崎議員のご質疑でご回答したとおりですけれども,この案件につきましては,法面が崩壊しましたのはその昨年の9月の台風の時であります。その前,7月に法面にその亀裂箇所があることを確認いたしております。その亀裂箇所についてそのどう処置したものか県と検討協議しておりましたが,その9月に台風が襲来しまして残念ながらこの災害を起こしてしまったというわけであります。今回この和解案というか,賠償の和解案上程いたしておりますけども,市といたしましてはその確認をした亀裂について処理をする必要があると判断して,管理者としてですね。結果的にそれが処理する前にもう台風の襲来を受けて崩壊してしまったということで,手だてが遅れたということを認めて今回損害賠償を上程するに至ったというそういう経緯であります。工法的な問題については担当課長の方から答弁いたします。


○林務水産課長(山下 晃君)


 まず,補償費の積算につきましては補償コンサルタントにお願いして積算をしております。それと,ここは県営事業で平成14年度以前に終わった所を15年3月に市が引き取りまして,それ以降管理をしております。台風とか,集中豪雨の後などには随時この現場も含めまして現地の確認の,災害等の確認の調査に行っております。それと県営事業ですので,施行者は鹿児島県というふうになっております。


○23番(岡村一二三君)


 おおむね分かりましたがね,その7月に亀裂があることを確認しているということなんですよね。例えば,豪雨などが発生すると農林事務所に林道災害基礎一覧表など提出するわけなんですよね,されていらっしゃると思うんですが,報告をですね。本件の被害場所の報告について,こういったものを出されて農林事務所の指導,指導とか,市の対応とか即時にできなかったのか。これを即時に亀裂が生じた時に対応措置をとっておけば,こういった9月の時点の災害は未然に少なくで済んだんじゃないかという観点もありますので,倒壊前に,亀裂が生じた時に担当農林事務所の担当課にですね基礎一覧表など提出されて農林事務所からの指示とか,そういうものはなかったのか。最後に聞いておきたいと思います。


○林務水産課長(山下 晃君)


 その時点ではクラックを認めたということで,すぐ市の方でもどうしようかというもちろん検討もしましたし,県の方にお願いに行きました。その時点では,もう完全に壊れているわけじゃなくて,クラックを確認した時点で県の方にも相談しまして,年度途中ということで,一応県の方とはそうなら次年度の林道改良で対応すればいいんじゃないかという内諾を得ていたところに,発見から1か月か2か月程度の間に台風がきてしまったということで,一応すぐには対応というか,協議はしております。


○議長(西村新一郎君)


 以上で岡村議員の質疑を終わります。次に,19番植山利博議員より通告がなされております。発言を許可いたします。


○19番(植山利博君)


 議案第308号,霧島市国民健康保険税条例の一部改正について質疑の通告をいたしておりましたけれども,先ほど同僚議員の方からも質疑がなされておりますので,質疑通告の1点目,経緯と基本理念については答弁は結構です。今後の展望について,今回の税制改正が今後の国保運営についてどの程度のスパンで検討なされたものかお尋ねをしておきます。2番目の19年度の税収見込みも先ほど答弁がありましたので,答弁は要りません。それから,3番目の今回の改正が特徴的にどのような所得階層に大きく影響があるのか。この2点について答弁を求めます。


○生活環境部長(林 兼行君)


 植山議員のご質問にお答えをいたします。今後は中長期的な健全な国保財政運営ができるように適正な税率はもとより,保健事業の実施による医療費の抑制,収納体制の強化による収納率の向上などに努めて参りたいと考えております。それから,先ほどの答弁もございましたとおり,国民健康保険運営協議会の中での審議の中でこれまで4回ほど慎重に審議をした経過がございます。


○総務部長(西重正志君)


 どのような所得階層に大きな影響があるかについてお答えします。世帯所得階層が350万円から400万円の階層が影響が大きいと思います。


○19番(植山利博君)


 1点目については,何といいますか,漠然とした答弁だったような気がするわけですけれども,今回の改正で,「今現在基金が3,800万程度だ。」という先ほどの答弁もありました。国が示す適正な基金というのが医療費の3か月分ということになりますと約25億から30億というふうになるのではないかと思いますが,その辺も含めて今回のこの改正が見通しになっているのかどうか。そういう観点で今後の展望を,今回の税制改正がある一定の期間これでいけるのかどうかと。非常に綱渡り的な状況であるのではないかというふうに思っていますので,やはり毎年毎年税率をいじるというようなことはあってはならないという気がしますが,いかがですか。それと2点目ですけれども,低所得者に対する非常にこう配慮というのは見てとれるわけですけれども,持続可能な国保の運営をするには,その制度設計というのは霧島市だけではできない。国が大きく関わる所が大きいわけですけれども,最高税の53万,ここの所をそのいじるというような国の計画があるのか。そういう情報は得られていないものか。それと資産割を今回除かれているわけですけれども,資産割を除かれた理由,根拠,先ほどの説明で十分理解ができて,低所得者に対する配慮がなされているなあというふうに理解をしますが,資産割が,例えば,預貯金であるとか,それから証券などに,非常に課税客体としてはとらえにくいものでしょうけれども,霧島市独自でそういうものに課税ができる範囲なのかどうか。やはり国の制度改革がなければできないものなのか。2点だけお尋ねをしておきます。


○税務課長(川畑 巧君)


 限度,まず限度額を法令で定めておりますけども,この辺の動向はどうかという話ですね。確かに今回の税制改正で限度額超過の世帯というのが一般医療費で108世帯あるわけです。この分がもし仮に限度額を法律で上限をさらに上げた場合はという,単純な計算でいきますと楽になるのは事実でございます。しかしながら,いわゆる限度額と法定減免を受けた,7割を受けた方々の税の負担と,いわゆる社会保障制度でありますので,その辺は法律事項かなと考えておるところであります。それから,いわゆる資産割としての固定資産税への外形標準と預貯金の外形標準と。ただ国としたら預貯金等を外形標準課税とするには曖昧さがあるとしてこれは認めてないところであります。それから,基金を当然25億から35億持つ必要があるんじゃないかと。これについても今回の税制では配慮して,いたしてきております。先ほども申しましたけども,この事業の大半が医療費という不確定要素がありますけども,最低法に求められている5%の基金は何とかやっていこうじゃないかと。ただし,先が見えないというのが,先ほどもそれぞれ質疑がありましたけども,後期高齢者医療制度,これをもう少し研究させていただきたいなと考えております。その中で正念場は平成19年度予算であろうかと考えているところであります。


○議長(西村新一郎君)


 以上で植山利博議員の質疑を終わります。以上で通告による質疑を終わります。ほかに質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。以上で報告第10号より議案第336号までの質疑のすべてを終結します。これより議案処理に入ります。





  △ 日程第1 報告第 10号 専決処分した事件の承認について(平成18年度霧島市一


               般会計補正予算(第4号)について)より


    日程第5 議案第326号 字の区域変更についてまで





○議長(西村新一郎君)


 お諮りします。日程第1,報告第10号,専決処分した事件の承認について(平成18年度霧島市一般会計補正予算(第4号)について)より日程第5,議案第326号,字の区域変更についてまで以上5件については,会議規則第38条第2項の規定により委員会付託を省略し審査したいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。





  △ 日程第1 報告第10号 専決処分した事件の承認について(平成18年度霧島市一般会計補                正予算(第4号)について)





○議長(西村新一郎君)


 それでは,報告第10号,専決処分した事件の承認について(平成18年度霧島市一般会計補正予算 (第4号)について)討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。報告第10号について承認することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,報告第10号は承認されました。





  △ 日程第2 議案第311号 霧島市し尿処理場の設置及び管理に関する条例の一部改


               正について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第311号,霧島市し尿処理場の設置及び管理に関する条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第311号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第311号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第3 議案第322号 霧島市副市長の定数を定める条例の制定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第322号,霧島市副市長の定数を定める条例の制定について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第322号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第322号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第4 議案第325号 霧島町高齢者等給食サービス事業の実施に関する条例の


               廃止について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第325号,霧島町高齢者等給食サービス事業の実施に関する条例の廃止について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第325号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第325号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第5 議案第326号 字の区域変更について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第326号,字の区域変更について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第326号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第326号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第6 議案第 307号 霧島市特別職報酬等審議会条例等の一部改正について


                より


    日程第38 陳情第 20号 霧島市立図書館の書籍の購入方法改善についてまでの


                陳情書まで委員会付託





○議長(西村新一郎君)


 続いて委員会付託であります。日程第6,議案第307号,霧島市特別職報酬等審議会条例等の一部改正についてより日程第38,陳情第20号,霧島市立図書館の書籍の購入方法改善についての陳情書まで以上33件については,お手元に配付しております付託表のとおり所管の常任委員会に付託しますので,お目通し願います。お諮りします。付託表に誤りがあったときは,議長において処理することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。





  △ 日程第39 議案第 339号 鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共


                団体の数の増加及び鹿児島県市町村職員退職手当組合


                の共同処理する事務の変更並びに鹿児島県市町村職員


                退職手当組合規約の変更についてより


    日程第47 議案第 347号 霧島市教育委員会委員の任命についてまで一括上程





○議長(西村新一郎君)


 次に,追加議案が提出されております。日程第39,議案第339号,鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村職員退職手当組合の共同処理する事務の変更並びに鹿児島県市町村職員退職手当組合規約の変更についてより日程第47,議案第347号,霧島市教育委員会委員の任命についてまで以上9件を一括し議題とします。提案者の説明を求めます。


○市長(前田終止君)


 本日追加提案いたしました議案9件につきましてその概要をご説明いたします。まず,議案第339号,鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村職員退職手当組合の共同処理する事務の変更並びに鹿児島県市町村職員退職手当組合規約の変更についてから議案第346号,鹿児島県市町村議会議員公務災害補償等組合の解散に伴う財産処分についてまでの8件についてであります。本8件につきましては,平成19年4月1日から鹿児島県市町村職員退職手当組合,鹿児島県市町村自治会館管理組合,鹿児島県市町村消防補償等組合,鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合,鹿児島県市町村議会議員公務災害補償等組合,鹿児島県市町村交通災害共済組合及び鹿児島県離島緊急医療対策組合の7組合を統合をし,鹿児島県市町村職員退職手当組合を除き,解散する6組合の事務を鹿児島県市町村退職手当組合から名称変更される鹿児島県市町村統合事務組合に承継させることに伴い,本市の加入している四つの組合の規約変更,組合の解散,財産の処分等について議会の議決を求めようとするものであります。次に,議案第347号,霧島市教育委員会委員の任命についてでございます。本案は,霧島市教育委員会委員の有村兼誠氏の任期が平成18年12月9日で満了となりますので,その後任として新田弘子氏を任命しようとするものであります。新田氏の履歴につきましては別紙資料のとおりでございますけれども,新田氏は鹿児島県職員として39年間奉職をされ,女性政策室長,出納室会計課長など歴任をされておられます。以上,追加提案いたしております議案9件につきまして一括してその概要をご説明申し上げましたけれども,よろしくご審議いただき,ご協賛賜りますようお願い申し上げまして提案理由の説明といたします。





  △ 日程第39 議案第 339号 鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共


                団体の数の増加及び鹿児島県市町村職員退職手当組合


                の共同処理する事務の変更並びに鹿児島県市町村職員


                退職手当組合規約の変更についてより


    日程第46 議案第 346号 鹿児島県市町村議会議員公務災害補償等組合の解散に


                伴う財産処分についてまで





○議長(西村新一郎君)


 ただいま提案者の説明が終わりました。ここでお諮りいたします。日程第39,議案第339号,鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村職員退職手当組合の共同処理する事務の変更並びに鹿児島県市町村職員退職手当組合規約の変更についてより日程第46,議案第346号,鹿児島県市町村議会議員公務災害補償等組合の解散に伴う財産処分についてまで以上8件については,会議規則第38条第2項の規定により委員会付託を省略し審査したいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定いたしました。次に,議案第339号より議案第346号まで以上8件について一括し質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。以上で議案第339号より議案第346号までの質疑のすべてを終結します。





  △ 日程第39 議案第 339号 鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共


                団体の数の増加及び鹿児島県市町村職員退職手当組合


                の共同処理する事務の変更並びに鹿児島県市町村職員


                退職手当組合規約の変更について





○議長(西村新一郎君)


 議案第339号,鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村職員退職手当組合の共同処理する事務の変更並びに鹿児島県市町村職員退職手当組合規約の変更について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第339号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第339号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第40 議案第340号 鹿児島県市町村職員退職手当組合の財産処分について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第340号,鹿児島県市町村職員退職手当組合の財産処分について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第340号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第340号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第41 議案第341号 鹿児島県市町村自治会館管理組合の解散について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第341号,鹿児島県市町村自治会館管理組合の解散について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第341号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第341号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第42 議案第 342号 鹿児島県市町村自治会館管理組合の解散に伴う財産処


                分について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第342号,鹿児島県市町村自治会館管理組合の解散に伴う財産処分について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第342号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第342号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第43 議案第 343号 鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合の解散


                について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第343号,鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合の解散について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第343号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第343号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第44 議案第 344号 鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合の解散


                に伴う財産処分について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第344号,鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合の解散に伴う財産処分について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第344号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第344号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第45 議案第 345号 鹿児島県市町村議会議員公務災害補償等組合の解散に


                ついて





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第345号,鹿児島県市町村議会議員公務災害補償等組合の解散について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第345号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第345号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第46 議案第 346号 鹿児島県市町村議会議員公務災害補償等組合の解散に


                伴う財産処分について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第346号,鹿児島県市町村議会議員公務災害補償等組合の解散に伴う財産処分について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第346号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第346号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第47 議案第347号 霧島市教育委員会委員の任命について





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第47,議案第347号,霧島市教育委員会委員の任命については,会議規則第38条第2項の規定により委員会付託を省略し審査したいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。議案第347号について質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。以上で議案第347号の質疑を終わります。議案第347号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。これより議案第347号について採決します。本件の採決は無記名投票をもって行います。議場を閉鎖します。


                   [議場閉鎖]


 ただいまの出席議員は46名であります。会議規則第31条第2項の規定により立会人を指名します。立会人に23番岡村一二三議員,48番川畠暁議員を指名します。投票用紙を配付させます。


                  [投票用紙配付]


 申し上げます。本件を可とする方は「〇」,否とする方は「×」と記載の上,点呼に応じて順次投票をお願いします。投票箱を点検させます。


                  [投票箱点検]


 異常なしと認めます。重ねて申し上げます。投票中賛否を表明しない投票及び賛否の明らかでない投票は,会議規則第73条第2項の規定により否とみなします。投票を行います。点呼を命じます。


              [事務局長の点呼に応じ順次投票]


 投票漏れはありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 投票漏れなしと認めます。投票を終了します。議場の出入口を開きます。


                   [議場開鎖]


 開票を行います。23番岡村一二三議員,48番川畠暁議員の立ち会いをお願いします。


                    [開票]


 投票の結果を報告します。投票総数46票,うち可とするもの41票,否とするもの5票,以上のとおり賛成多数であります。したがって,議案第347号は原案のとおり同意されました。ここで新田弘子新教育委員会委員より発言の申し出がありましたので,新田弘子新教育委員会委員の発言を許可します。


○新教育委員会委員(新田弘子君)


 このたび霧島市の教育委員に選任をいただきました新田弘子でございます。このような所からお礼のごあいさつをさせていただく機会をいただきまして感謝申し上げます。霧島市が誕生して満1年が経過いたしますが,県下第2の都市として発展する霧島市にとりまして教育の向上振興は特に重要な課題であります。最近,いじめ問題はもとより,教育を取り巻く情勢は極めて厳しいものがありますことはご案内のとおりでございます。このような時期に教育委員の重責を担うことになり,責任の重大さを痛感しております。皆様方のご指導・ご支援をいただきながら,微力ではございますが,霧島市の教育の振興にお役に立てるよう努力して参りたいと存じますので,どうぞよろしくお願い申し上げます。簡単でございますが,あいさつに代えさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)


○議長(西村新一郎君)


 ここでしばらく休憩をいたします。


               「休憩  午前11時58分」


               ──────────────


               「再開  午後 1時00分」





  △ 日程第48 一般質問





○議長(西村新一郎君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。これより日程第48,一般質問を行います。一般質問は24名の議員から通告されております。順次発言を許可します。まず,21番塩井川幸生議員より2件通告がなされております。塩井川議員の発言を許可します。


○21番(塩井川幸生君)


 皆さん午前中の審議ご苦労さまでございました。議長の許可をもらいましたので,質問させていただきます。私はこの1年間一般質問のトップバッターを4回させていただきました。誠に光栄に思っております。合併してはや1年が過ぎ,あっという間に12月議会を迎えました。市民の皆様,職員の皆様,臨時職員の皆様,大変慌ただしい多忙な日々であったと思います。皆様方のご協力に心から感謝申し上げます。新市霧島市も1年を過ぎ大分霧島市という言葉にも耳慣れてきたように思います。国政では,小泉首相から安倍首相に替わり,美しい国づくりをモットーに頑張っておられます。私ども市議会議員47名も霧島市の将来を見据えて合併効果がいい方に,いい方向に向かうように努力しておるところでございます。この厳しい財政状況の中,市民の皆様方に100%納得できる行政ができましたら幸いではございますが,説明責任を自覚し推進していきたいと思います。では,通告に従い質問させていただきます。まず第1点目に学校教育等について,いじめ問題について本市の現状はどうかということでお聞きいたします。現在,この前までは履修問題でもめておりました学校の教育問題でございましたが,この昨今いじめ問題がテレビ等で大分出るようになりまして,履修問題も薄れて参って意識が薄れているように思います。また,このいじめ問題で大分子供の被害,また,校長先生等の被害,不幸な事件もたくさん起こっておるようでございます。このいじめ問題について当霧島市の現状はどのようになっておるのか。また,アンケート等取られておるようでございますけれども,アンケート等の結果と本市霧島市の現状はどのようになっているのか。お伺いいたします。2番目に公立保育園,幼稚園の臨時職員の待遇状況についてでございます。公立保育園の臨時職員の方々がどのような推移で現在本市の保育園等に勤務されておるのか。人数,正職員,臨時職員等の割合が分かっておりましたら,お知らせ願いたいと思います。それと,この前も新聞に載っておりましたけれども,保育料の値上げに対し,市長の所に24〜25名の方がお見えになって申し入れをされたという新聞も見ましたけれども,福山,横川町が特に格差が生まれるということでお伺いされたようでございます。この問題と臨時職員の配置状況でも何か保育料にも関連しているのではないかと思います。この状況についてどのようになっておるのかお伺いをいたします。2点目の観光立市霧島についてということで,まず1番目に鹿児島空港利用促進について今後どのような対策を考えているかということでございます。私も先月上海の方に観光議連の皆様方と行って参りました。大変目覚ましい発展の中,私が前回行った時以上の発展が見えておるようでございます。嘉定区という所と交流があるということで嘉定区の方にも行きました。大変,現状を説明されまして,区役所の方に参りましたけれども,大変立派な所でございました。区役所の中にも接待用の食堂,食堂というか,パーティー会場もありまして,その中で交流会もさせていただきました。藤の縁で,藤の藤園を見てきたわけでございますけれども,大変立派な藤園ができておりました。本市牧園町とのつながりもございましていろいろと見て参りましたけれども,発展目覚ましい上海のちょっと外れの方向になりますけれども,嘉定区という素晴らしい場所を見せていただきました。そこで,そこの代表の方が前田市長とも会われておると思うんですけれども,大変素晴らしい話もお聞かせいただきました。その中で,嘉定区の中で霧島市という,鹿児島県,また,南九州圏の中の宮崎,熊本,鹿児島という認識という点で地域の方々に幅広く教えるという,認知させるという状況ではないようでございました。そこで,今,中国の目覚ましい発展の中でいろいろとあるわけでございますけれども,空港利用に関しましてどのようなことを望まれるのか。いろいろ聞いてみました。聞いてみますと,ビザの問題と,それとやはり大変空気も霧がかかったような所でございまして,空気,霧島市を見ましたときに霧島市の素晴らしい自然と温泉等々を説明いたしますと,そういった所はあの嘉定区の中にはないものでございます。そういったところから空港利用をしてどうか鹿児島に来てくださいというお願いをしましても,裕福な方でございましたら来られるのではないか。そういったところに利用促進に対して何かこの霧島市がしなければならないこと。鹿児島県がしなければならないこと。また,宮崎県がしなければならないこと。熊本県がしなければならないこと。たくさん課題があるようでございます。その中で私が一番感じましたのは,嘉定区の区役所へ行きまして,姉妹盟約は結んでないわけでございますけれども,交流をしている中におきましても霧島市のポスターがじゃあそこにあるかと言いますと,そういった物もないように見受けられました。単に表面上の交流ではなく,密接な交流がすぐ図られることもたくさんあるように思いました。鹿児島空港は上海に一番近い所の国際空港でございます。この国際空港につきましては,9月議会でも有村議員の方からも質問がございましたけれども,今後どのような対策を霧島市として考えておられるのか。お伺いをいたします。2番目に北京オリンピック,上海万博等に向けた本市の対応を問うということでお聞きいたします。北京オリンピック,上海万博と続けてございますけれども,大変な市場でございます。私ども観光議連のメンバーとサーキット場を見に行きましたけれども,膨大なスケールの施設でございました。まず日本では考えられないような施設がございました。そういった中国の懐広い,また,限りなく広い平野部,土地,それと人口ですね,もう1日1日変わっていく上海を見ましてびっくりしたところでございます。本市空港利用促進とも重なって参りますけれども,北京オリンピック,上海万博,これを南九州圏内で協議し,是非,鹿児島空港利用促進にもつなげ,また,霧島市として北京オリンピック,上海万博等に向けた霧島市独自の考えはないものか対応を問うものでございます。3番目に空港利用促進に助成対策は考えていないかという点でございます。現在県の方から団体でございましたら1万円とか助成金が出ております。本市,鹿児島空港も,新幹線の開通が近々,近くなって参りますと大変脅威でございます。そのためにも空港利用促進に対し助成はできないものか。上海,また,韓国,香港,台湾,いろいろな所から来られるわけですけれども,今,台湾,韓国からはゴルフの利用客等多いようでございます。しかし,それにも増して魅力のあるのは中国であろうと。ここ15年,10年の間に素晴らしい発展を遂げるのではないかと考えております。そういった中から,新幹線開通を目の前にしまして減るのは,空港利用客が減るのはもう目に見えておるわけでございます。そういった観点から霧島市独自の助成対策はできないものか。また,1時間20分で行く所でございます,上海は。そういった所に対しての修学旅行対策,また,地域の方々,団体で行かれる方々に対して霧島市独自の助成対策は考えていないものかお伺いいたします。4番目に今後の観光地PRについてでございます。1番目の所でも申し上げましたけれども,観光PRという点で私は,国内のことはちょっと置いときますが,国内ももちろんでございますけれども,私は海外に向けての観光PRについて問うものでございます。海外に行きまして,今回は上海に行きましたが,上海に行きまして観光会社,中国でも2番目とか,いわゆる大きな観光会社でございました。また,上海タワーの持ち主でもある,35〜36歳の社長さんだったですかね,素晴らしい社長さんでございました。その方とも交流会を通じまして一つ,やはり霧島市の欠けてる所,鹿児島県の欠けてる所,いろんな面痛感いたしましたけれども,まずPRが一つもなされてないということでございます。今後,中国,韓国,台湾,この近隣のアジア諸国との観光PRに力を注ぐべきではないかと思います。今後こういった地域の方々の観光会社の方々をよく,向こうの方々も,中国も人口は十何億とおられます。その中で裕福層と言われる方々が,日本の人口まではいかないと思いますけれども,その半分程度にしましても5千万人近い裕福層の方々がおられると,そのような感触も受けました。そういった方々はどういったことに興味を持たれておるかと申しますと,まず東京秋葉原,また,大阪,名古屋,それと福岡,そういった所の認識しかないと。まず鹿児島と言って鹿児島がピーンと頭に浮かぶかと申しますと,全然浮かんでこないと。霧島と言っても,また全然分からないと。観光会社を回りまして特にそれを痛感したところでございます。今後このそういった所の観光会社との交流,また,こちらに呼んでいろんなPR対策とか,また,こちらから行って観光PR等協議したりする必要性もあろうかと思いますが,市長のお考えはどのような考えであられるのか。お聞きしたいと思います。また,この観光PRにつきましてとにかく宣伝が足りないということは特に感じたところでございます。こういった点を考えましたときに鹿児島空港,鹿児島国際空港がより発展していく道が開けるのではないかと思います。以上2点につきまして,細目6点につきまして質問いたします。どうか明快な答弁,また,交流につながる答弁をお願いいたしまして壇上からの質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 塩井川議員から2点につきまして質問がございました。2点目につきましては私の方から答弁をいたします。1点目につきましては,教育長,教育部長及び保健福祉部長が答弁をいたします。観光立市霧島について4点にわたる質問でございました。まず1点目,鹿児島空港利用促進について今後どのような対策を考えているのかという質問でございました。鹿児島空港の利用者数につきましては,平成14年の国内線,国際線利用者数が約626万人,ピークであったわけでございますが,これを境に減少傾向に転じております。国際線につきましてはSARS(サーズ)やテロ活動などの国際的な情勢が主な要因で利用客の動向へ影響し減少したのではないかと思われるところでございます。一方,国内線につきましてはやっぱり減少傾向にあるわけでございますけれども,九州新幹線のこの一部開業,これがやっぱり大きな要因の一つではないかと思われております。空港利用促進を図る上では空港までのこのアクセス強化,これが最重要課題でございます。鹿児島県も県内各地から1時間以内で空港までこの移動できることが理想であろうということで,県におかれても引き続きこのアクセス道路の整備を行うなど広域交流拠点にふさわしい鹿児島空港都市の建設を目指されておられるところでございます。九州新幹線,これが全面開通をいたしますとさらにこの競争が激しくなることが予想され,霧島市といたしましても関係機関と連携を密にしながら空港周辺の環境整備が進むよう努力いたしますとともに,県とも連携を図り鹿児島空港開港35周年記念の式典への取り組み,全国また空港フォーラムの開催などをはじめとして,各種イベントの充実を図り,全国規模の多くの会議,行事などの誘致など努力を重ねて空港の利用促進にも貢献していきたいと。さらには地域のお互いの努力によって交流人口の拡大,そのような視点で市としても最大限の努力をして参ろうという考えでございます。2番目の北京オリンピック,上海万博等に向けた本市の対応についてでございますが,鹿児島空港のこの国際線の運航状況につきましては,現在ソウル線が週3便,そして上海線が週2便の運航を行っておるわけであります。国際線の利用促進につきましては,本年度県,そして,また,霧島市及び航空各社などで構成をされております新たに発足をした鹿児島空港国際化促進協議会で取り組みを行っておりまして,鹿児島空港の国際化を促進をし,南九州の空の交通の拠点空港として中国や東南アジア諸国などとの国際航空路線の拡充・強化の促進を図る努力が続いているところでございます。2008年に開催をされます北京オリンピック,2010年に開催をされます上海万博に向けた対応につきましては,中国をはじめ,外国へ鹿児島県や霧島市をアピールする絶好の機会ととらえて,県をはじめ,観光団体など関係機関とも十分連携を図り,鹿児島県全体での観光PRはできないか。空港利用にも広がるよう努力をして参りたいというふうに思っております。議員のご指摘は,まさにこの県とかいう範囲でやらねばならぬことあろうけれども,市として具体的にどのようなことを本当にできるのか。また,どういうつもりでいるのかというような趣旨が貫かれた質問の姿勢でございました。やっぱりこの国際観光というのは,私の考えでは,市独自の視点で何か大きな取り組みをするというのはいささか無理が私はあるというふうに基本的には思っております。やっぱり国外に出てアジア全体を見て,あるいは,また,訪問の国を見て考える場合,できれば,まず大きな国は日本なんですよね。そして九州でありますし,その中で南九州でございますし,その中でまた鹿児島県である。そして私たちの市が初めてこの存在感を示すということになろうかと思うんです。東京まで960?,上海まで860?,100?この短い,最も,私どもの地域にとって世界の中で大きな最も近い大都市は,実は東京でもない。上海でありますね。ですから,言われる意味はよく分かるわけでございますけれども,やっぱりここは鹿児島県,願わくば南九州3県,なおできれば九州全体でパイを大きくする努力がさらにまた当分の間必要であろうというふうに私は認識をいたしております。ただやっぱりこの空港を抱いている私どもの霧島市として本当にそこに直行便があり,そして交流する窓口が上海市は嘉定区,また,ほかの二つの都市との長いそれなりの交流があるわけで,そこを突破口にしながら努力を重ねていくということも,また,議員ご指摘のとおりですね,大変必要なことかというふうに思います。そしてやっぱりこの,例えば,上海はそれだけ近いということでありますと,上海の万博などにお越しになる方々がもう国内感覚で,中国を移動するよりも,日本の素晴らしい観光地に選択しておいでになる。そうなるとやっぱり上海のエージェントと私どものこの地域のエージェントがしたたかに組み合ってそういうコースをつくっていく。世界中から北京に,上海に集まってきた時に,中国観光もあるでしょうけども,アジア観光をやっぱりなさるわけですね。その中で日本の特にもう東京,京都行った人は,日本の本当の日本らしさがある我々の地域に来てくれというのをかねがね仕込んでおいて,北京あるいは上海に向かってしたたかに組んでお互いがこの共通する利益の方向で動くような仕込みというものも必要かなというふうにも思っておるもんでございます。3番目に空港利用促進に助成対策は考えていないかという点でございます。現在鹿児島空港国際化促進協議会での助成事業といたしまして,鹿児島空港発着のソウル線,上海線の利用に対して国際交流促進ツアー助成事業,あるいは,また,海外ビジネスツアー助成事業,パスポート新規取得者モニター助成事業などの助成事業が行われております。このほかにもマスコミ等が積極的に国際線の魅力を紹介していただくために上海・ソウル線のPR番組の作成,そして新聞記事掲載等に対する取材経費の助成を行い,テレビ,新聞等を通じて広く県民の方々へ利用の促進を図っているところでございます。本市といたしましては今後も鹿児島空港国際化促進協議会と連携を図りながら利用促進に努めて参りたいというふうに思っております。観光にはアウトバウンドとインバウンド,両方あるわけでございますから,こちらから利用促進を図り,そして行く者だけが幾らたくさん利用をして行ってもですね,アウトだけが強化されたんじゃ,やっぱりこれでは大きくマイナスですよと。外貨を持ち出すことに,重ねていくことになりますよ。ですから,逆にこのインバウンドをさらに強化をしていく知恵も出さなきゃならない。そのためには,議員がおっしゃったようなPRというものを県を挙げて,あるいは南九州,九州挙げて,日本を挙げてやっていかなきゃならない側面があるわけです。それは向こうのメディア,テレビであったり,新聞であったり,あるいは向こうの各種旅に対する情報誌であったり,そういう所に九州として,あるいは,また,南九州として,鹿児島県として,県として,そん中に霧島が存在感を示す形でしっかりこの攻め込んでいくと。そして記者招待事業とかね,テレビ,新聞など,そういうのを具体的にやらなきゃ,わが霧島市だけが幾ら力んでも,なかなかにそう簡単にはいきませんわという点等があるわけですね。ただやっぱりこの空港所在地の市でありますし,アウトバウンドについて,東京よりも近いわけですし,しかも利用料金は安い。そして外国感覚を楽しめる。ショッピングも,食の方も,非常にこの見応えが両方ともあると。ですから,そういう意味ではもっとさらに徹底した利用促進策をソウル・上海便とも重ねて参るべきじゃないかなと。観議連の皆さん方のさらなるこの利用促進へのお知恵もまた拝借もしたいなと思っております。4番目の点でございますが,観光地PRの今後について問うということでございます。私ども霧島市は,国際航空路を有する鹿児島空港を持ち,歴史的に見ても霧島をはじめ,多くのこの観光素材というものがあるわけでございまして,先般開催をされました霧島市誕生一周年記念式典では国際観光文化の立市宣言をさせていただいたところでございます。また,この時に市のPRビデオもつくりました。これは英語版,中国バージョン,そういうものも今後整備をして参りますし,また,しっかりと本市が売り込めるような体制もさらに強化をして参りたいというふうにも思ってるもんでございます。鹿児島空港におけるこの国際便,これは現在上海とソウル便の定期航空路のほか,香港,台湾などのプロムチャーター便を含め主に東南アジアを中心に運航をされております。その中で霧島という名前,地名ですね,これは国内的には一応どうにかこの知名度というものは高いものがあろうと,こう思いたいわけでございますけれども,それにしましてもなかなか日本全体をみると,まだまだ頑張らないかんという実感をいたしていますよ。特になお海外においては旅行業者などのもう本当に一部関係者だけしか霧島という単独地名で言っても認知されていないのが実情でございましょう。まさに議員前置きで様々な観点からおっしゃったご指摘のとおりかというふうに思っております。今後北京オリンピックや上海万博をこの控えて旅行者のこの往来というのはますます弾みがつくものと思われますけれども,海外でのこの誘致活動は,霧島市単独ではなかなかこの効果が期待できないと考えますので,県内主要観光地であります鹿児島地区,指宿地区,知覧地区などで構成をするこの4地区観光連絡協議会や県観光連盟,さらには九州観光都市連盟などの広域の団体と一体となって取り組んでいかなければならないものというふうに私といたしましては思っているところでございます。


○教育長(古川次男君)


 学校教育等についての1点目についてお答えをいたします。全国においていじめによる自らの命を絶つという痛ましい事故が多数発生し,いじめ問題に関する報道が毎日のようになされております。教育関係者のみならず,多くの方々がこのいじめ問題に対して心を痛めておる昨今でございます。さて,お尋ねの本市の状況でございますが,今年度9月末までの学校からの報告ではいじめの報告はありませんでした。しかし,本市教育委員会では,この一連のいじめ問題に接し,再度各学校のいじめに対する取り組みを再点検するために10月末に全小・中学校,高等学校に対していじめ問題に関する総点検及び実態調査を実施いたしました。この調査は平成18年4月1日から平成18年10月20日までのいじめ件数を対象とし,平成18年4月1日以前から継続しているいじめも含む調査であります。また,その調査と関連し,10月の月例報告で報告を求めました。その結果,いじめ件数は,小学校13件,中学校10件という状況でございました。


○保健福祉部長(今村恭一君)


 公立保育園の臨時職員の待遇状況についてお答えいたします。現在霧島市における公立保育園は12園ありますが,正規職員が47名,嘱託職員が31名,保育及び調理補佐員が68名,計146名で運営をいたしております。11月1日現在での園児数は,定数890名に対しまして753名の入所園児数で84.6%の入所率となっております。また,土曜日も子供さんをお預かりしております関係上,週休分につきましては別な曜日に取ってもらうなど全職員でローテーションを組んで行っております。臨時職員の待遇状況ですが,嘱託職員の賃金については月額賃金で,保育補佐員や調理補佐員については日額となっています。保険については,短期勤務の一部の者を除き,ほとんどの者が雇用保険と社会保険を取得しています。なお,通勤手当は支給しておりません。さらに年次有給休暇につきましては,嘱託職員については市職員の規定に準じ,保育補佐員,調理補佐員については労働基準法により定められた所定の日数を付与いたしております。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 幼稚園の臨時職員の待遇状況についてお答えします。現在霧島市における公立幼稚園は6園ございまして,教諭等正規職員15人,嘱託助教諭5人,保育補佐助教諭1人の合計21人で運営いたしております。11月1日現在の園児数は,定数635人に対しまして248人,これは39.1%でございます,の園児が在籍しております。臨時職員の待遇状況ですが,保育園同様,嘱託助教諭の賃金につきましては月額賃金で,保育補佐助教諭につきましては日額となっています。保険についてはすべて雇用保険と社会保険を取得しています。通勤手当は支給しておりません。年次有給休暇につきましては,保育園同様,嘱託助教諭につきましては市職員の規定に準じ,保育補佐助教諭につきましては労働基準法の定めにより所定の日数を付与いたしております。


○21番(塩井川幸生君)


 まず,いじめ問題について質問申し上げます。「9月末までは報告は1件もなかった。」と。そして,また,「10月20日までのいじめの件数は,調査したところ,小学校が13件,中学校が10件あった。」ということでございます。この実態は調査後どのような対応をとられたのかお聞きします。


○学校教育課長(村田研史君)


 お答えいたします。4点ほど主に考えておりますけれども,一つは今ありましたその実態調査をもう一遍確認をしたということでございます。それから,2点目は学校訪問を指導主事等が直接いたしましてその内容について確認をしたということでございます。それから,報告のあった内容について特に深刻なものはないかというようなことで電話での連絡あるいは教育委員会に直接出向いていただいての報告をいただいたところであります。それから,併せて全国の総点検というような実態調査もありましたので,そのようなことで再度確認をしたところでございます。


○21番(塩井川幸生君)


 これはもう今までテレビ,新聞等で報道されていた状況と全く本市も一緒であるようでございます。なぜこの教育委員会に報告がされないのか。新聞紙上,テレビ上で出ている全国版と全く霧島市も一緒なのか。霧島市はどうであったのかお伺いします。


○学校教育課長(村田研史君)


 お答えをいたします。一つはいじめはどこにでもあるというような認識でのきめ細かなやはりチェックが不足していたということが考えられるかと思います。そういった反省に立って今回,いじめを発見することは,いじめられた,いじめられているそういった子供たちを救えるんだというような認識に改められたというようなことで報告の件数等が変わってきたというふうに認識をしております。


○21番(塩井川幸生君)


 そうして意識がいい方向にしっかりと変わったらいいわけでございますけれども,本市におきましていじめた,今後どういう対応をしていくのか。この13件,10件,教育委員会の方で聞かれたと。実態調査というか,本人調査はされたものかお聞きします。


○学校教育課長(村田研史君)


 今後の教育委員会としての対応ということで受け止めてよろしいでしょうか。まず,改めて申し上げるまでもないかも知れませんけれども,いわゆるいじめの問題に関する基本的な認識を再度やはり確認する必要があると。大きくは2点あろうかと思います。一つはいじめは人間として絶対にあってはならないと。これは非常にこう卑劣な行為であるということを大人も声を大にしてやはり伝えていく必要がある。そのことを子供たちにもきちんと指導する必要があるということを繰り返しこれまでも述べておりましたけれども,これからも学校等には伝えていきたいということ。それから,一方,いじめられている子供については絶対に守るんだという強い認識で当たっていくと。これが基本的な認識であろうかというふうに思います。そうした上で具体的には4点ほど考えているところです。校内の指導体制を再度見直してきちっとした対応をしていただく。それから教育相談活動を,これは子供ももちろんですけれども,保護者に対しても実施していくと。それから日常の教育活動,それぞれの個性等にきちっと対応した教育活動を努力していくというようなこと。それから,もう1点は,家庭や地域社会との連携,これらについてもきちっとした対応をしていくというようなことを教育委員会も併せて考えていきたいというふうに思っているところです。


○21番(塩井川幸生君)


 このいじめ件数で小学校が13件,中学校が10件とあるんですけれども,これは児童に限ってのいじめであったのか。調査して,いろんな先生方が,新聞紙上によく載られますけれども,そういった調査事項は上がってないものか。調査の結果について,いじめの件数は13件,中学校が10件と。その他に先生の問題とか,いろんなほかの問題はなかったものか。お伺いいたします。


○学校教育課長(村田研史君)


 ここに上げました件数については子供同士の問題ということで小学校13件,中学校10件というふうにとらえております。ただやはり指導の在り方あるいはかねての言動についてはやはり不適切なことはなかったかというようなこと等についても併せて調査をしたところであります。


○21番(塩井川幸生君)


 そういったのが,今,私の質問が悪かったかと思いますが,そういったこの13件,10件,これは子供のことですから,あと先生の調査結果とか,そういうものはなかったかと。ほかの調査事項ですね,ほかに何か上がってないかということです。児童のいじめだけじゃなくて,先生がいじめたとか,だれかがいじめたとか,そういうのは上がってこなかったですかということです。


○学校教育課長(村田研史君)


 今少し触れましたけれども,確かに教職員の言動にもこれは不適切ではないかというような内容もあったということは聞いております。そういったことでよろしいでしょうか。(「件数」と言う声あり),件数は1件でございました。


○21番(塩井川幸生君)


 大変このいじめの問題で今いじめられた方,また,いじめる方の問題,今から取り組んでいかなければならないことは山ほどあると思います。学校の方は,私は,なぜこの教育委員会に報告をしたりするのを何で避けるのかですね。どうしても,これは全国的に教育委員会が怖いのかどうか知りませんけれども,なぜこう正しい報告をしないのか。また,いじめの定義ですね,仲間外れにした。それもいじめですよね。いじめの定義というのが,新聞紙上,テレビ上でも,いろいろこう聞いてみますといろいろこう不安定なんですね。どこがいじめなのか。教育長はその点はどう考えておられますか。


○教育長(古川次男君)


 いじめが報告なぜされないのかということでございますが,やはりいろんな要因がございます。特にいじめを見抜く力という,教職員のですね,それが若干足りないということですね。それから,始終いじめる側といじめられる側がこう入れ替わるようなことがたびたびございますもんだから,教師としての認識がですね,あれ,いじめじゃなくて,遊びというか,あるいはけんかとか,そういう一過性のものであるというような認識をする場合もございます。しかし,教育委員会としましてはそういうような細かな所まで全部目を光らせてそうしなさいと。そして今先ほど学校教育課長が言ったように,いじめるということは最もいけないことだという指導を徹底しなさいというようなことを今指導しているわけです。それから,教職員の言葉遣い,非常にこの乱暴な言葉を使って,それに今度は萎縮する子供も出てくるケースもございますから,それについても厳しい指導をしております。それから,学校が教育委員会が怖くて,教育委員,私が怖くてしないというのでは困るわけでございまして,そういうことは決してないわけですが,いじめの定義が,文科省が出したいじめの定義が長期にわたって云々という,いろんな定義があるんですよ。それに当てはまるとうちはゼロだと,こういうことになっちゃって報告が上がってきてない例が見つかる。今後は些細なことでもいじめの徴候としてとらえて,そしてそれを報告するようにあるいは相談をするように,指導主事もちゃんとおりますし,いつも学校回っておりますが,さらに指導主事は突っ込んで,生徒指導主任というのがおりますから,それらと連携をとっていじめの発見に努めていきたいと思います。


○21番(塩井川幸生君)


 今,教育長がおっしゃいましたそのいじめという定義が余りにもあやふやでですね,いじめというのを上げたら,それはゼロと。文科省に上がってくるのは全部ゼロだと。もうそういうこと自体がもう馬鹿げているわけですね。無視された。仲間外れにされた。もうそれ自体もいじめなんですね。だから,そういう項目があったら,教育委員会として,もう新しく霧島市教育委員会としてですねしっかりと校長にも意思疎通ができる。児童にも通じる。父兄にも通じる。私は,この四者会談と申しますか,児童,先生,父兄,教育委員会,この四者でこれはもう真剣に話し合って早期,いじめが起こらないように対策を練るべきだと。早速,霧島市独自でいいわけですから,もう国が,県がと言ってるからこういうことになるわけで,自分の市は自分で守る。それが教育委員会だと思っておりますが,そういった四者会議等を開く考えはないですか。


○教育長(古川次男君)


 ご指摘のとおりですね,県とか,国とかの基準以外に霧島市独自の手をずっと今までも打ってきておりますし,今後も,今ご提言がございましたように,霧島市独自のいじめ問題の対策を構築して万全を期したいと,こう考えております。


○21番(塩井川幸生君)


 是非そういうことが起こらないように,こうやって調査をしたら出てくるということが,単独でまだ足りないわけですから,霧島市の対応がですね,教育委員会の対応が。だから,後で調査したらこう出てくるわけですから,これが出てこないように,上がってきた,調査しても同じ件数が上がってきたということが実現するようにしていただきたいと思います。2点目の公立保育園の臨時職員の件でございますけれども,12園ありまして,正規職員が47名,嘱託職員が31名,これは保育園の方ですが,こうして,調理補佐員68名,合計146名,それでこの前新聞で見ました。福山,横川という所は保育料が安かったと。隼人が高かったんだったですかね。そうやって上場の方々が陳情に来られたということをお聞きしましたが,市長も大変苦慮されておるというようなことも書いてございましたけれども,この根拠というものが,横川は臨時職員が,正職員がいないわけですね。福山は私どうかちょっと,福山までちょっと調べておりませんけれども,多分福山も少ないんだろうと。このそれなりに安く,保育料も安くできる環境でやってきたと思うんですね,旧横川町,福山町の場合ですね。牧園もそうであったと思います。溝辺もそうであったと思いますけれども,この正職員がこんだけおって,この振り分けで1市6町どういう振り分け正職員はなっていますかね。


○保健福祉部長(今村恭一君)


 保育料は,今度新しい基準をつくったわけですけれども,保育料と,保育料の基準が低い所が保育園の職員が少ないとか,そういうこととは全く関係がございません。ですから,合併する前にそれぞれの市町で職員と嘱託と補佐員がおられたわけですけれども,今後合併してある所には職員が多く,ある所は臨時職員が非常に多くというようなバランスの欠けたところもありますので,そこ辺は職員課の方と相談しながら適正な配置を行っていかなければいけないものと考えております。


○21番(塩井川幸生君)


 私が申し上げているのは,今そうやってですねそういう配置転換のどうこうじゃないんですね。私が申し上げているのは,臨職で一生懸命こう働いておられると。その中でほかの所は正職員でおられると。それを,じゃあその正職はこうぐるぐると回すことは,定期異動をすることは簡単にできるか知れませんけれども,やはりその地域に合った,また地域のことをよく知ってる方々が臨時職員でその地区に働いているわけですね。だから,私が言いたいのは,今その保育料,じゃあなぜその一遍にぐうっと上げるのか。これも関連しているのじゃないかということで今聞いたんですけど,「それは関係がないと。全く関係がない。」と言われれば,もうそれまでなんですけれども,やはり正職員と全く同じ仕事をしているわけですので,免許も持ってですね。あとこの正職員が47名,嘱託職員が31名,それの状況をですね,福山が正職が何人で,「上場の人が来られた。」と言われましたから,その上場の状況をちょっと教えていただきたい。


○国分西・下井保育園長(蔵元隆美君)


 お答えします。福山には保育園はございません。国分,旧国分市と横川と隼人と牧園ですかね,以上でございます。それから,職員とですね,あるいは保育園別に申し上げますと結構長くなるんですけども,例えば,重久保育園があるんですけども,そこは職員が4名で,嘱託が2名,補佐員が3名と,そういうふうな状況です。それから,先ほどおっしゃいました横川町は職員が1人でございまして,あとは嘱託と補佐員で運営をいたしております。以上でよろしいでしょうか。


○21番(塩井川幸生君)


 是非,この臨時職員の中にも,市長,若い,また,免許もいろいろ持った臨時職員もおります。もう是非,市独自の雇用試験と申しますか,採用試験なりしてあげて,正職員になりたいという保育士さんもたくさんおられると思うんですね。是非私はそういう方にも,若くてなってずうっと臨職でこう半年半年の契約で果たして,今の職員さんより仕事をしているみたいなと言っちゃご無礼さあなるかも知れませんけど,そういう方もたくさんおるように見受けます。そういった登用をするような考えはないものか,市長。


○市長(前田終止君)


 臨時で一生懸命能力を発揮なさって頑張っておられる職員の方々を正職員として登用する。そのような考えはないか。こういうご質問かとお伺いいたしましたけれども,議員ご承知のとおり,今,私どもの市は健全な行財政改革を目指しながら,特にその中で人件費等の大変大きな占める割合が高いことから,削減等将来計画をお示し申し上げているような状況下でございます。そういうこと等念頭に置きながら,また,それぞれの職場における採用体系についても,さらに皆さん方のそういう声も聞きつつ,適正にこれが対応できないか。また勉強もさせてもらってみたいと思っています。直ちにそういう方向を目指しながら増やしていきますよと,正職員を増やしますよという方向にはなかなか厳しい状況にあることをご理解いただきたいと思います。


○21番(塩井川幸生君)


 私が申し上げているのは,新規採用ですね,保育士をするような場合,そういった方が立派な方がたくさんおられますので,そういった方を上げていただきたいと。新規採用をもしされるんだったら,それこそ今全然私が言っていることとは逆になりますので,もう実際経験豊富な方は若い人がおるわけですから,そういう方に登用を試験なり受けさして上げる考えはないかということを私は聞きたかったわけでございます。新規採用,もう今度来年こう入るような準備をされとったら,また私の意見と全然違うわけですから,そこは市長どうですか。


○市長(前田終止君)


 この点についてもそうメリハリきかして簡単に増やしていきますという方向にはいかないと今のところ認識いたしております。


○21番(塩井川幸生君)


 新規採用はないということですね。ある時は是非そうしていただきたいとお願いします。続きまして観光面でございますけれども,助成に対しましても,助成,是非,霧島市の中に空港がありまして,霧島市が一番こう頑張らんないかんと。鹿児島県はもちろんのことでございますけれども,霧島市にあってですね,北京,上海,また,どこに行きましても霧島市のポスターもかかってないと。観光客誘致のポスターもないと。とにかく区役所なり,市役所なり,そういった所に持っていって交流して霧島市をPRするということは私はもう一番大事であろうと。テレビ番組にこう頼んでPR活動をしていると。これは鹿児島県内の会社であろうかと思うんですけれども,お互い向こうの方々と交流することが一番手っ取り早い話で一番内容も分かるわけですね。そこを観光課と観光対策についてどう考えて推進されていくのか。市長にお伺いいたします。


○市長(前田終止君)


 国際空港,これが存在している霧島市としての取り組みというのはほかの自治体とは違う期待がやっぱりあるんじゃないかと。そういう点をしっかり念頭に置いて国際交流,あるいは,また,さらに発展をさせて経済交流,観光交流,そういうものをしっかり市として腰を据えてやれという意味かというふうに受け止めました。その点についてはそのとおりだろうと思います。前段の答弁の部分では県全体,あるいは南九州,あるいは九州全体,日本全体で国際観光というのは底上げをしていかなきゃならん努力がまず基本には必要ですよと申し上げました。しかし,一方,議員仰せのとおり,中国はまさに仁知の国というような側面もあります。そういう意味では私ども自身が交流拠点を持っている地域のお互いのこの人脈の掘り下げ,あるいは,また,そういうことに取り組んでおられる上海市を中心とした強力なエージェント,経済界のリーダー,そういう方々と私ども自身としっかりいい意味で人脈ネットワークをつくって,そしてそれを生かし切って送客,誘客,そういうものをお互いに利益をきちんとこう推し量りながら,行政サイドができる範囲のこと,あるいは,また,その営業サイドで理にかなう方々がきちんとおやりになることなど使い分けることができるのかなというふうに思っております。私ども市行政サイドでできる努力については特に県あるいは九州域内の多くの行政のネットワークの中で努力もして参らねばならんと。そして,また,独自にやっぱり市が,あるいは市の民間団体が,あるいは市内の企業が頑張るべきは,またそういう視点をしっかり絞り込んでいって取り組むべきことかなというふうに思っております。


○議長(西村新一郎君)


 以上で塩井川議員の一般質問を終わります。次に,39番前川原正人議員より4件通告がされております。したがって,前川原議員の発言を許可いたします。


○39番(前川原正人君)


 私は市民から選ばれました日本共産党議員団の一人として質問をいたします。市当局の明快な答弁を求めるものであります。昨年の11月7日に1市6町が合併して1年が経過をいたしました。わが党がこれまで自治体合併は自治体の大リストラであることを指摘をしてきた経過があります。合併から1年経った今,行政運営上ももちろんですが,市民の暮らしや福祉などにも大きな影響を及ぼし,当初の合併すれば住民負担は軽く,サービスはより向上するということは反古にされ,住民負担はより重く,サービスはより低下しているのが市民の実感であります。私と日本共産党は,市民の暮らし,福祉,教育向上のために引き続き奮闘することをまず最初に表明をするものであります。質問の第1番目に市長の政治姿勢についてであります。これまで政府は医療費削減のために療養病床の再編・削減の方向を打ち出しました。慢性病を抱える高齢者の患者さんが長期に入院する療養病床には現在医療保険適用の医療型25万床と介護保険適用の介護型13万床がございます。2011年度までの5年間で医療型は15万床に削減し,介護型は全廃するというもので,仮に介護型が全廃することになれば,有料の老人ホームに入るか,家族が最後まで面倒を見るのか。二つに一つの選択をしなければなりません。例えば,身寄りのない高齢者が有料老人ホームへ入るとなれば,1か月3万円ないし5万円の年金生活で経済的負担が大きく入所できないのが実情であります。そこで伺いますが,療養型病床の再編・削減を国が打ち出しており,その理由は介護保険給付費の抑制の名目で介護対象者が外されていくことになります。このことによって高齢者への医療の継続ができるとお考えでしょうか。また,障害者自立支援法がこの10月から施行され,自己負担の問題が社会問題となっておりますが,その軽減のために自治体の施策の実施が今こそ必要と考えますが,答弁を求めるものであります。次に,一般廃棄物管理型最終処分場建設の問題についてであります。敷根最終処分場の9万tの焼却残さは現状では成形・整備する方針が打ち出されておりますが,住民説明会の開催や地下水対策などの万全を期すべきと考えますが,いかがでしょうか。霧島市が建設をしようとしている一般廃棄物管理型最終処分場は環境に負荷のかからない施設で,住民合意を最も尊重し,建設については遮断型の施設で建設すべきと考えますが,答弁を求めるものであります。次に,市役所職員の人事と処遇についてであります。霧島市の今後の行革方針として職員の1割削減を明らかにされております。人員削減により職員の皆さんの長年の経験や技術の継承,勤労意欲を引き出すことができるとお考えでしょうか。また,自治体合併して以降どの程度の職員の皆さん方が退職をされているのか。これまでの人事異動によって退職者が毎回のように出ているようにも見えますが,異動の際の判断基準は何なのか。答弁を求めるものであります。最後の質問に教育行政についてであります。これまでいじめ問題や教科の未履修・教育バウチャー制度の導入,国が行ってきたタウンミーティングでのやらせ質問の中で教育基本法の改定の動きがあることは市当局も承知をされていると思います。これらの問題となっている課題を教育基本法の改定で解決できるとお考えでしょうか。教育長の答弁を求めるものであります。また,現在の学校給食費の徴収は合併前の自治体ごとにその徴収方法は地域性などの違いがあると思いますが,どういう状況なのか明らかにしていただきたいと思います。学校給食費の徴収方法を「口座引き落とし」に統一し,父母負担の軽減のために合理的に改善すべきと考えますが,いかがでしょうか。答弁を求めるものであります。以上4項目について質問をいたしましたが,市当局の明快な答弁を期待して私の壇上からの質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 前川原議員から4点につきまして質問がありました。1点目については私の方から答弁をいたします。4点目につきましては教育長が答弁をいたします。そのほかについてはそれぞれ関係部長に答弁をいたさせます。1,政治姿勢についての1点目についてお答えをいたします。療養型病床の再編・削減を国が打ち出していると。介護医療給付費の抑制の名目で介護対象者が外されていくことになるけれども,高齢者へのこの医療の継続ができると思うかという意味の質問でございました。現在全国で医療保険が適用されている医療療養病床約25万床,介護保険が適用される介護療養病床約13万床の合計38万床の療養病床があるわけでございます。また,ここに入院されている方々のうち約半数の方はほとんど医師による対応の必要のない方,約3割は医師による対応が週1回程度の方でございます。つまり介護は必要でございますが,医療の必要は余りないという方々が全体の約8割程度となっている現状がございます。今回の計画は,ベッド数を純減させるのではなく,38万床を平成23年度までに医療保険適用の療養病床15万床に,残る23万床は介護保険適用で介護等が受けられる老人保健施設やケアハウスなどに転換をするものでございます。したがって,現行の38万床は引き続き確保されますので,それぞれの方々にはその必要性に応じて医療及び介護のサービスが引き続き提供できると考えております。なお,現在霧島市内には20施設1,096床の医療療養病床と12施設169床の介護療養病床がございます。今後平成19年度秋を目途に県が策定をする,仮称でございますが,地域ケア整備構想に沿って各事業者が転換に向けて検討をされると考えております。2番目の障害者自立支援法の施行により自己負担が大きな問題となっていると。その軽減のための自治体の施策が必要ではないかというご質問でございます。障害者自立支援法は,身体・知的・精神の三つの障害福祉サービスを共通の制度の下で一元化をし,市町村は障害者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるように支援を行い,障害者の福祉増進を図るというものでございます。これに伴いホームヘルプサービスなどの障害福祉サービスや自立支援医療等の利用に,これまで所得に応じた負担だったものが,費用の原則1割を負担していただくことになりました。ただし,収入に応じて幾つかの負担軽減措置も設けられております。この制度につきましては,障害のあるだれもが広く利用できるサービスにし,負担の公平性,制度運営を安定的にするものでございます。ご質問のように,利用者にとって負担が増加をいたしましたけれども,現在国において低所得者に対してはさらに負担軽減の措置も検討をされておりまして,今後は国の動向等を見極めながら障害者の自立支援と福祉の増進を図って参りたいと考えております。


○生活環境部長(林 兼行君)


 一般廃棄物管理型最終処分場建設問題についての1点目にお答えをいたします。敷根の一般廃棄物管理型最終処分場は,昭和53年から平成11年までの約21年間にわたり旧敷根清掃工場で焼却した一般廃棄物の焼却灰を埋め立ててきており,現在容量約9万tと満杯の状況でございます。平成12年度に処分場全体の約7割の成形・整備を完了をいたしており,未整備のエリアにつきましては,平成19年度現地の測量設計等を行い,最終的にどのように成形・整備を行うのが最も効果的なのかを検討して参りたいと考えております。なお,住民説明会につきましては,今後,成形・整備の具体的な計画案を策定するなど基本的な方針が定まってから開催をいたしたいと考えております。埋立地からの浸透水につきましては常時微生物による生物処理を行っております。なお,放流水及び地下水の水質につきましては水質基準をすべてクリアしている状況でございます。よって,下流側に及ぼす影響はないと考えているところでございます。未整備のエリアにつきましては今後雨水を埋立地内に極力浸透させない方式を念頭に置きながら排水系統などについても十分検討していきたいと考えているところでございます。引き続き建設問題の2点目についてお答えをいたします。一般廃棄物最終処分場の建設については,前川原議員の言われるとおり,周辺環境に負荷のかからない施設にすべきであると私どもも考えているところでございます。また,新たに造る処分場近辺の住民の皆様に施設の必要性と安全性を十分に説明をして理解と協力を得ることが最も重要なことだと思っております。したがいまして,建設に当たっては環境保全に配慮した住民に理解が得られる施設となるよう努力して参りたいと考えております。一般廃棄物最終処分場につきましては管理型と遮断型の二つの型がありますが,それぞれメリット,デメリットがありますので,今後十分に調査を行い,建設用地の状況等を勘案しながら総合的に検討して参りたいと考えているところでございます。


○総務部長(西重正志君)


 市役所職員の人事と処遇についてお答えいたします。まず1点目についてであります。マスコミ等の報道で団塊の世代の定年の時期が近づき,特に工業系の製造関係の民間企業等ではその道一筋の職人技等の経験や技術の継承について話題になっているようであります。市役所の業務の中にも土木,建築等の専門的な知識,技術を要する部署もありますが,各年代に専門的な技術等を有する複数の職員が在職しておりますので,定年退職等により職員が減少しても技術等の継承については大きな影響はないと考えております。また,ここ数年は大きな塊である団塊世代の退職で職員の世代間の人数の平準化が図られ,後年の大量退職の弊害を防ぐ時宜でもあると考えております。勤労意欲の件についてでありますが,働きやすい環境の整備が勤労意欲を高める大きな要因かと考えておりますので,組織・機構,人員配置,事務所のレイアウトなど総合的な環境整備に努めて参りたいと考えております。2点目の退職の件についてであります。平成17年度で53名,平成18年度は11月末までの退職者と19年3月末の定年退職者20名を合わせますと現在のところ32名であります。また,人事異動の判断基準についてでありますが,各課等の職員配置の状況,業務の状況,職員の在職年数,過去に経験した部署などを考慮し,異動対象者を抽出し,適材適所を基本に異動を行っております。


○教育長(古川次男君)


 教育行政についてお答えをいたします。まず1点目でございます。教育基本法は学校教育法や社会教育法などすべての教育法規の根本法となるものでございます。現在の教育基本法は昭和22年に施行され半世紀以上が経ちました。その間教育水準が向上し,生活が豊かになる一方で,都市化,少子化,高齢化などの進展によって教育を取り巻く社会環境は大きく変わりました。このような中で平成18年4月28日に教育基本法案が国会に提出されました。教育基本法の是非については現在国会で審議中であり,霧島市教育委員会としましては国の動向を見守りながら法に則って教育のあるべき方向を定めていこうと考えておるところでございます。次に,2点目でございます。合併前の旧市町別に報告を申し上げますと,まず国分地区につきましては,学校15校のうち2校が口座引き落とし,2校が校区の役員等が徴収し,学校口座に振り込み,残りの11校が児童・生徒が直接学校に納めております。隼人地区は,8校のうち1校が口座引き落としで,7校は地区の役員等が徴収し,納付書で金融機関に納めているところでございます。牧園地区は,小学校が児童・生徒が直接学校に納め,中学校は口座振り込みとなっております。横川地区は,地区の役員等が徴収し,納付書とともに給食センターに直接納めております。溝辺地区は口座引き落としの人と金融機関へ納付書での納入の2本立てでございます。霧島地区は口座引き落としと金融機関へ納付書で納めております。福山地区では口座引き落としでございます。徴収方法の口座引き落としの統一化につきましては,牧園地区では口座振り替えから直接徴収に切り替えたところ,滞納額が減った経緯もございます。今後の徴収方法については,各地区の意見あるいはPTA,学校の意見も聞きながら検討していきたいと考えておるところでございます。


○議長(西村新一郎君)


 ここでしばらく休憩いたします。休憩後再質問を許可いたします。


               「休憩  午後 2時28分」


               ──────────────


               「再開  午後 2時41分」


○議長(西村新一郎君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。前川原議員の一般質問を続けます。


○39番(前川原正人君)


 それぞれ答弁いただいたわけですが,この今,市長がおっしゃるように,第1番目の政治姿勢の問題から2問目以降の質問をさしていただきたいと思います。「この38万床は引き続き確保をされて,その必要に応じて医療及び介護のサービスが引き続き提供できると考えている。」ということでおっしゃったんですが,その現実問題としては,この介護度認定審査会に介護保険の適用を受けている40歳以上の人たち,これが80項目ですか,この認定審査会の中で一つでも欠けると介護保険の適用にならないわけですね。おまけに今度の介護型の病床,介護療養病床を5年間で全廃をしていくんだという国の方針が出されているわけですが,そうなりますとその本当に介護の必要な方がこう重度化していってなった時に,介護型がなくなったとなった時に,現実問題としては,その介護保険料は取られるが,介護を受けられないと,こういうことが発生をするこの懸念があるわけですね。そこでお聞きをしたいのは,やはりその,国の制度ではありますけれども,今後,答弁の中でもおっしゃいましたように,国の動向も確かにあるんですが,その時点でその市のこのバックアップといいますか,この方策といいますか,それまでにはある程度の方向性を見出しておかなければならないと考えるわけですが,その辺についてはどのようなこの認識を思っていらっしゃるのかお聞きをしておきたいと思います。


○保健福祉部長(今村恭一君)


 この介護保険の療養型の中には医療保険と介護保険適用の部分が2本立てでございます。先ほど市長が答弁しましたように,38万床あるもののうち15万床を医療の療養型として残し,残りはすべて介護保険適用の施設,老健施設あるいはケアハウス,有料老人ホームに転換しようとするものです。これはどうしてそういうような考えになったかと言いますと,医療型と介護型に療養病床に入っている方の半分は,介護は必要であるけれども,医療は必要でない人,1週間に1回程度の医師が必要な方というのがまた3割,8割の方が余り医師,医療としての行為は必要でない方ということに注目しまして,高齢者の状態に即した適切なサービス,つまり医療と介護をきれいにそこで分けるというのが一つございます。もう一つは財源の効率的運用,つまりこういう転換を図ることによって医療費が約4千億節減できます。逆に介護保険適用の施設になりますと1千億の増加でございます。総体で,厚生労働省が全体で考えれば約3千億の節減が経費的にはできるということがございます。もう一つは,今の医療適用と介護適用の病床については医師が3人必要です。そして介護職員が医療適用の方で20人,介護適用の方で17人必要ですけれども,これを介護保険適用の老健施設に転換しますと医師は1人で対応できます。介護職員は9人という形になります。ですから,そういうような諸々のことを考えたときに,今の医師の不足あるいは医療費の増大,そういうものを考えたときにこういう転換の施策が出てきたわけです。それで医療適用の15万床を残して,残りは廃止するのではなくて,介護保険適用の老人保健施設とか,先ほどから言います有料老人ホーム,ケアハウス等に転換するものであり,その転換は平成23年度まで6年間という形になっております。転換する時の介護の方の費用についても新設は1床当たり100万,改修が120万とかいうようないろいろな助成制度もございます。ですから,医療の適用の部分の15万床を除いた残りの人は行き場を失ってしまうんじゃないかというようなご質問ですけども,介護保険の施設に転換した中で対応は十分できるものと考えております。


○39番(前川原正人君)


 この今年の6月26日に,市長もご存じだと思うんですが,療養病床首長アンケートということをこれまで報道をされてきた経過があるんですが,この時の鹿児島県内の市町村長の51%は療養病床の再編・削減に対して反対というこういう立場を明らかにされてるわけです。賛成者は13人で26.5%,この中に,この賛成の中に本市の首長でもあります前田市長も含まれているんですが,その理由として「介護給付,介護等医療給付費の抑制ができる。」と,財源効果への期待ということが言われているわけですが,この一方,反対の理由では,その療養病床首長アンケートという中では,一番懸念をされているのは,「介護医療給付費の抑制はできるとは思うが,受け皿不足」,これは鹿屋市です。 「介護保険料の引き上げが懸念をされ,低所得者対策が必要ではないか。」,これは薩摩川内市がこういうアンケートの回答をしているわけですが,市長にお伺いをしたいのは,この今,部長がおっしゃったように,医療保険の方からはこう,締め出すという言葉は使いたくないんですが,介護の方からも締め出すわけではないけれども,そちらの方に移っていくんだと言われますが,今度はそっちの方がウェイトが多くなると今度は介護保険料への負担の転換という形にも表れてくると思うんですね。そうしますと財政効果だけを追いかけていくのではなくて,やはりその市民の暮らしと福祉を守るというこの自治体独自の施策,こういうことがこの高齢者への医療の継続ということで考えていくと当然必要になってくると思うんですが,その行政当局としても何らかの対応策を今持って,今持てというのは無理な話ですが,5年間の間に一つの方向性を見出してある程度そのどうするということを打ち出していく必要があると思うんですが,いかがでしょうか。


○保健福祉部長(今村恭一君)


 市長のその賛成というのは,うちの方で市長の方に説明に行きました。その時点では転換をするための助成費とか,そういうものはまだ示されておりませんでした。ただし,医療費と介護の削減の効果というのは,先ほどお話ししましたように,3千億円というのは分かっておりました。それでそういう諸々のことを考えると転換をするということについては賛成という方で回答したいということで市長の了解を得ております。ですから,賛成という立場にありましたけれども,反対をした立場の方は,その転換するのに費用が改修120万,新設100万とか,そういうような補助の形態がまだ見えていなかったということなどで不安がられて懸念を示されているところもあったと思います。ただし,議員がおっしゃるように,介護保険が1千億増えると言いました。確かにそれは介護保険料には跳ね返ってくると思います。


○39番(前川原正人君)


 ということは,介護保険に,今お認めになるように,介護保険の方が1千億円こう全体的で増えていくということは今お認めになったわけですが,そうしますと自治体独自の施策というのをやはり考えていかなければならないということになっていくと思うんですが,その辺についてはいかがなんですか。


○保健福祉部長(今村恭一君)


 まだ霧島市内でも転換している所は1床もございません。6年間の間で転換するということになっておりまして,今後の推移などを見ながら検討してみたいと思います。


○39番(前川原正人君)


 その検討というのは,する方向で検討するんですか。しない方向で検討するんですか。


○保健福祉部長(今村恭一君)


 調査をするということです。


○39番(前川原正人君)


 次に入らしていただきたいと思います。次に障害者自立支援法の関係で,この障害者自立支援法の第7条の中で,その法令の中で給付と調整ということで明記されているわけですね。定率1割負担を自治体独自で軽減することは,この法的には可能なわけです。この9月議会でも質問をした経過がございますが,その後全くそういう意思はないですか。いかがでしょう。


○保健福祉部長(今村恭一君)


 議員がおっしゃるように,まさに今ここが国会で論議されております。つまり1割の負担を払って工賃の方が利用料よりも高いという逆転現象やこの障害者の施設の運営についても日割計算になって運営が厳しくなって事業者がなかなか大変だというような話がございます。それで国の方でも障害者自立支援法を,法を変えるのではなくて,運用の規定によって見直すという動きがございまして,明日の衆議院厚生労働委員会で参考人質疑と集中審議が行われ,改善策についても説明をされる予定でございます。その中でそういう軽減策についても示されるものと思っておりますので,国の動向を見たいと思っております。


○39番(前川原正人君)


 この財源の問題で申し上げますと,応益負担導入による利用者の負担の総額は厚生労働省の試算で大体860億円なんです。国と自治体の財政負担はこの分が減額となって,政令市,中核市は10月から,先々月の10月から居宅系のサービス負担の大都市特例が廃止をされて一般の市並みの扱いとなって国が2分の1,県が4分の1,市町村4分の1と,都道府県の負担が入ってくる分市の財政軽減額というのはまだ増えていくということになるわけですね,理論上ではです。その分を軽減策の財源にこの回すことが可能ではないかと思いますが,できないでしょうか。


○保健福祉部長(今村恭一君)


 報道等ではいろいろなその改善策というのが示されておりますけれども,市の方としても正式にどこをどういう形でという情報はいただいておりません。ですから,明日になればそれがはっきり分かると思います。それを見て,国が,議員がおっしゃるように,そういう軽減をしてくれるような改正をしてくれれば素晴らしいのではないかと考えております。


○39番(前川原正人君)


 隣の出水市ですが,ここは今度の12月の補正予算で2千万円この減免のための予算を組まれる予定なんです。実施は来年の4月1日からということを情報として得ているんですが,これは対象者は137名です。いわゆるその大分市がやっていましたように,限度額が国のやつは3段階あるのを,保育料と同じように,この上限を下げて負担区分をしているということをやられているわけですね。ですから,そういうことを考えていくと,この総論でいくと,国も,今おっしゃるように,制度の欠陥を認めたわけですね。これでは自立支援法の欠陥が余りにも大き過ぎると。何らかの手だてをしなければならない。でも,ご存じだと思うんですが,伊藤知事も知覧町の語ろう会ですか,この中で障害者負担を軽減を検討しましょう。こういうことをしっかり打ち出しているわけですね。今度国も,明日以降どういう結論なるか分からんですけれども,県も既にもう軽減をするという方向性を見出しているわけです。国もやろうと思っている。県もやろうと思っている。実施主体である市がなぜできないんでしょうか。本来であれば市が率先して住民の暮らし,福祉を守るというこういう立場に立つべきだと考えますが,いかがでしょうか。


○保健福祉部長(今村恭一君)


 障害者自立支援法は法によって制度を決めております。ですから,当然国がいろいろな制度の下でするのが当たり前で,そこに不備があれば,国の方の改正によってするべきものだと考えております。障害者自立支援法は,今年の18年4月1日から施行されましたけれども,いろいろな不備の面が出てくると思います。それを今,国の方で改正しておりますけれども,3年後にはまた自立支援法の改正をすることになっております。介護保険も始まった時には5年の中で走りながら考えるというような方法でいろいろ改正をして参りました。ですから,今は国が示した軽減措置で,今度もし改正案が示されれば,それに従って本市の方も行っていきたいと思っておりますし,今のところは市の単独の助成というのは考えておりません。


○39番(前川原正人君)


 先ほども申し上げましたが,独自の軽減措置というのは自治体の裁量で,権限でできるんです。その法的根拠というのは,障害者自立支援法の第7条が根拠になっているわけですね。自治体の独自の軽減措置は法に反するとして,この法には反しないわけです。全く反しないです。この7条を述べますと他の法令による給付と調整を規定をしたものであって,このいわゆる重複の介護保険の分とかですね,そういうほかの保険との兼ね合いでの法律による給付との重複を,この重なる部分を禁じているものであって,「定率一定割合を自治体独自に軽減することは法の規定に該当するものではなく,独自減免措置は自治体の判断で行える。」と,これは厚生労働省はこういう文書を出してあるんです。それはできないという根拠というのはじゃあどこにあるんですか。


○保健福祉部長(今村恭一君)


 できないというのではなくて,考えていないということでございます。市が単独でさらに軽減をするというのは,財政状況などを考えた場合に今考えていないということでございます。


○39番(前川原正人君)


 なかなか上手ですね。やはり,市長のマニフェストを見ますと,生きがいを感じられるそういう霧島市の市政をということでマニフェストでもしっかりうたってあるわけですね。それに照らし合わしたときに,これは確かに財源がなければできない問題ではございますが,やはりそういうこの努力をするという,もう金がないから最初からしないとか,そういう問題じゃなくて,何とかこのそういう財源を捻出,創出をして何とかこの弱者の皆さん方のこの負担軽減のためにやるというそういう意気込みというのは全くないわけですか。


○保健福祉部長(今村恭一君)


 今,議員のおっしゃるその軽減というのを,まさにその部分を国の方で今検討しております。県が,県知事がその負担の上限額を落とそうとか,半分にしようかとか,そういうような話がそれぞれの自治体でありますけれども,そこを国が変えようとしておりますので,多分,多分じゃおかしいですけども,明日の提案の中ではそういう形で出てくると思いますので,国がそういう軽減策を準用でしてくれることを期待しております。


○39番(前川原正人君)


 なかなかこう上手に答弁をされるんで,こっちも困ってるんですが,出水市では先ほど申し上げました2千万円を一応予算措置を,予算要求は上げてあるんです。ただそれが財政課がどういうふうにするかというのはまだ不確定部分なんですね。その中でこの担当者の課長さんでしたけれども,お聞きをすると,財政的にその余裕があるのかとお聞きをすると,そうではないと。何とかしなければという思いで財政当局とも協議をして予算措置の方向で,削られるか,削られないかは別の問題として,そういうことで措置をしたと。要はやる気があるか,ないかというこういう問題になるわけですね。じゃあやる気はあるけど,その気がないというそういうことなんですか。


○保健福祉部長(今村恭一君)


 同じ答弁になりますが,国の状況を見ている状況でございます。明日になればはっきり分かると思います。


○39番(前川原正人君)


 市長はどうお考えですか。する気はあるけど,やる気がないとか,そんなことではないと思うんですね。明日になれば分かるという議論もあるんですが,明日までは質問はできませんので,今日30分しかできないわけですので,この場で明快な答弁をいただきたいと思います。


○市長(前田終止君)


 前川原議員のご指摘いろいろ聞かさしていただきまして,余り歯切れのいい答弁しますと後にまた責任が十分きますんで,今までの部長の答弁どおりで是非ご理解をいただきたいと思います。


○39番(前川原正人君)


 次に入らしていただきたいと思います。次に一般廃棄物の管理型処分場の焼却残さの9万tの問題についてですが,これは事務局を通じて当時の工事説明会,第2回の平成11年8月21日です。時間が午後7時から10時までの間に旧福山町の小廻地区のコミュニティセンターで当時の衛生管理組合の5名の方,小廻地区26名の方,旧福山町の三役といいますか,職員も含めてですが,3人の方たちでこういう工事説明会をやられてるわけですね。その中で実施をしてきたわけなんですが,これを検証してみますと,この焼却残さを5年間で処分するということがはっきりとうたわれているんですね,焼却残さを,燃えた残りの灰をですよ。先ほどの答弁では「この今後は何とかそのいい方向を最終的にどういうふうにしていくかということで検討していく。」という答弁をいただいたわけですけれども,この一番大切なことは,先ほども申し上げましたけれども,その次のステップに移るにしても,今ある9万tの焼却残さを5年間で処分をするというのははっきりと活字として残されているんですね。ですから,これはもうそのまま,もうそのままの状態でというそういう理解の仕方にもとられかねない部分があるんですが,その辺についてはいかがなんでしょうか。


○生活環境部長(林 兼行君)


 確かに平成11年8月21日の小廻地区の説明会におきましてはそのような内容がございます。確かに,3点ほど大事なポイントがあろうと思います。今,前川原議員がおっしゃったのはその一つであろうと思います。あと二つは,平成11年のあの状況を何とかしていただきたい。約2万3千?ある最終処分場でございますけれども,何とか成形整備してくれと。それがまた地区の切なる願いだと。これがまず第1点だろう。それに基づいて翌平成12年緊急の再生整備をやった事実がございます。それと2番目のポイント,これが2番目の問題でございますが,要のところだろうと思いますが,新しくできる処理施設で計算上は処分ができる。可能であれば処分をいたしますと,そういう説明もされておりますし,また,一方,5年間で焼却残さを掘り起こして,今言われましたとおり,センターの方で処理をしていくということも説明がしてございます。


○39番(前川原正人君)


 議事録を読んでみますと「新しい施設の余力で最終処分場のゴミ処理ができるのか。その根拠と年数はどうか。」と問うてるわけですね。回答として「5年間で処理能力の余力により処理していきたい。」とはっきりと言われているんですよ。今の話では,確かにその様々なこの状況が変化をして,合併というのも一つありました。ゴミの量の変化もありました。ただその住民の皆さんには5年間で処分を,処理をすると言ったんですね。それは当然守ってもらわなきゃならないという住民の強い思いがあるわけです。今,先ほども部長が答弁されるように,その処理施設の今度は一つの問題というのが,その説明会の中ではその新しい施設で焼却残さを溶融処理をしましょうと。そういうことがこれまでの経過なんです。逆にじゃあもうできないとなると,その時の焼却残さを溶融処理できるはずの施設ではなかったということになるわけですね。そうすると二重にこの欺くということにもなると思うんです。その辺についてはどういうこの見解といいますか,どのようにお考えでしょうか。


○生活環境部長(林 兼行君)


 まずその当時のあのプラントの設計上の能力は1炉81t,2炉ございますから162tでございます。それを前提にいたしまして説明をされたのであろうというふうに推測をいたしますが,諸々,平成12年から1年後にリサイクルの促進がありましてまずゴミ質が大きく変わったと。その新聞,雑誌等,それからその他プラですか,そういうのが家庭ゴミから排出されないと。こういうふうになればカロリーが相当下がってくるということでプラントに大きな負荷を与えるということがまず第1点であろう。それから,平成12年の当時計画を立案する時には1日80t1市3町でのゴミの量であろうというふうに想定をいたしておりましたけれども,平成21年度で11万人という数値がございますけれども,これが平成17年11月に11万約4千というふうになっているわけでございます。そのような中と併せて本市霧島市の中での昼間人口の増大,相当増大いたしております。昼間人口が平成12年国調の中で約2,900人程度,まだ,平成17年国調の評価はまだいただいておりませんけども,それ以上にまた膨れ上がっているのかなと思います。そういうことでゴミ量が相当上がってきていると。それともう一つは,162tというのは,365日,24時間稼働した時の能力でございます。それがプラントの宿命といたしまして年に1回オーバーホール,これが約1.5か月,45日,プラントの1,300℃の熱が下がるのに作業開始に至るまで1週間かかるわけです。それから作業開始ということなんですが,それが二度ございますから約3か月は定期点検に回すと。それから日常的な修理・修繕等々がありますと,今ゴミの量が約1日110tから120t,それと南部し尿処理場のし尿残さ,汚泥残さですか,これが1日8t参るわけですから,どうしても,掘り起こして溶融処理をする。5年間にわたりまして3,400tの実績はありますけれども,非常に厳しい状況でございますので,住民説明会の中で今の現状を篤と説明いたしたいというふうに思っております。


○39番(前川原正人君)


 ずっと私が,平成11年9月の定例議会で旧福山町のこれ議事録なんですが,この中で,これはちょうど当時の小原町長が就任をされて第2回目の定例議会でのやりとりなんですが,こう言われているんですね。「今までの経緯,質問等については,市長の方に質問状を出して,回答をいただいております。」,要するに何が言いたいかと言うと,「住民説明会で不安に思っている,いらっしゃるそういう問題を当時の,管理者です,衛生管理組合の,一部事務組合の管理者に対してその質問状を出して,回答書を得ています。」というこういうことが議事録でちゃんと残っているんですね。そうすると,今,部長がおっしゃるように,そのオーバーホールをしたり,点検をしたりとかというのは当然あり得ることです。しかし,一番大切なことは,住民の皆さんには焼却残さは新しく造る施設でちゃんと溶融処理をしますと言ってはっきりと言われてるんですね。逆に言うとその時の溶融処理をしようとした,する場合のそのプラントの施設が合致をしてなかったということに,そういうことになるんじゃないですか。


○生活環境部長(林 兼行君)


 住民の皆様には今の状況を説明を申し上げる説明責任もあろうかと思いますし,なお,その当時の,平成11年・12年の当時の職員の考え方といたしましては,溶融処理することにおいてどのような負荷がかかり,運転が100%できるのかどうかを見定める資料,あるいは,また,経験等に事例がなかったのかなというふうに,我々は今は推測の域を出ませんけども,そういうふうに感じておるところでございます。


○39番(前川原正人君)


 これですね,当時,当時というか,今から7年前福山民報というのを出してたわけですが,これをひもといてみますと,この平成8年から一般廃棄物処理計画を策定し,12年度着工を目標としておったわけですね,今からその7年前にですよ。その中で言われているのが,平成8年8月に一般廃棄物処理計画を策定し,平成9年から10年にかけて施設の基本計画などをつくり,平成12年度着工目標として現在準備を進めているこの段階だったわけです。現在の施設は,当時の施設ですね,旧の施設ですが,1日50t,8時間稼働だったわけですけど,実際には1日当たりのゴミというのは80tのゴミが処理をされて24時間稼働だったわけです。その時の問題といいますか,補助事業で造っておりますが,その補助金の内容というのが100t以上を処理できなければ国庫補助の対象にならなかったと,こういう事実があるわけですね。逆に言うと補助金を何とか得るがために,一般財源からの持ち出しを少しでも少なくするためにそういう施設になったのではないかというこういう懸念が生まれるわけですが,当時いらっしゃらなければ分からないと思うんですが,その辺についてはどのようにこの認識をされていらっしゃいますか。


○生活環境部長(林 兼行君)


 確かに過去をひもといてみますと,新しい今の現在の清掃センターができる前までに2回ほどの計画立案がされておるのは事実でございます。今,前川原議員がおっしゃったとおり,100t以上云々については私は知り得ませんけれども,多分,平成11年・12年にかけて80tという1日のゴミ量が出ておったわけですから,1市3町の人口,将来予測等々,企業の集積,事業所の集積等を考え併せた時にはやっぱし,今が現実120tでございますから,100t以上という形での規模基準に合わせるべきだったんだろうというふうに考えております。


○39番(前川原正人君)


 その一番大切なことは,やはりその住民説明会でもはっきりと申されているわけですね。当時の一部事務組合の役員の人,旧福山の役場の幹部の方たちがその住民説明会へ出向いてはっきりと言われているわけですね。ですから,この先ほどから申しますように,その焼却残さを何とかしなければならないという認識はみんな持ってるんです。しかし,それを,逆に言うと今のままで,例えば,仮の話ですが,これをすべて埋めてもう何もなかったよというふうにはできないと思うんです,今の現状ではですね。ただその一番,もう一つの問題は,例えば,もしそうした場合に,その遮断シートが敷いてあると思うんですね,遮断シートが。その埋め立てをする時も国庫補助でされているわけですので,国庫補助の対象になりますと会計検査の対象事業になりますので,施工写真とか,工程写真とか,すべての図面まで全部あると思うんです。その資料を是非探していただいて提示をいただきたいと思いますが,提示できませんか。


○生活環境部長(林 兼行君)


 昭和52年度の当時の厚生省の補助事業をいただいての処分場の建設でございます。その当時の金額にいたしまして9,300万の巨費でございます。そのようなことから私どもも設計基準に合致した管理型の最終処分場ができておるというふうに確信はいたしております。2件目の設計図書なり,あるいは写真なり等々について議員の方からも申し入れがありましたけれども,探してはおります。おります。そういうことでもう一度ですね,議員も今回で3回目になるわけですけれども,当時の職員の方々にもお話を伺いながら探してみたいというふうに思います。


○39番(前川原正人君)


 それともう1点は,この一般廃棄物の最終処分場というのはこの産業廃棄物とは性格が違うわけですね。廃棄物処理法の中ではその自治体から出るゴミについては自治体で処理をしなさいというのが大前提になっているわけですね。だから,私はその一般廃棄物の最終処分場というのは当然必要だと思います。家で言えば,食べる所はあるけれど,トイレがないというのと同じことですからね,当然必要なんです。ただ一番の問題というのは,その今後の場所の選定,そして何よりも住民合意が最も尊重されるべきだというふうに考えるんですが,行政当局の方として今後の計画,大体そのタイムスケジュールですね,どれぐらいのスパンで,どういう方向性を持ってされていくのか。それ等を示していただけますか。


○生活環境部長(林 兼行君)


 まず候補地となるべき適地の選定を近いうちにまとめをしたいというふうに考えます。それと最も肝心要は,適地が仮に20点挙がりましたと。その中におきまして,一つは庁内の市長を交えましていろいろ協議をするし,また,外部におきましても環境対策審議会,ゴミ問題プロジェクト等々含めて議論をいただきたいし,肝心要と私は申しましたけれども,適地を絞り込むには相当な時間と労力が要るのであろうと。それと公表するにつきましては,それをバックアップする地域住民の理解と協力がなくては,これは前には進んでいかないということでございますので,ご理解いただきたいというふうに思います。


○39番(前川原正人君)


 次に,市役所職員の皆さんの人事の問題についてお聞きをしておきたいと思います。これも部長の方からそれぞれ答弁いただいたんですが,このこういう資料を入手したんですが,これは若干,2か月,約2か月ほどの資料ですけど,各職員,「職員各位殿」ということで総務部長名で「平成18年度勧奨退職を承認する期限について」という通知書を出されておりますね。これが職場の各職員の皆さんのパソコン画面上にメールで送られていると思うんです。この中にはこう書いてあるんです。「職員が勧奨退職を希望する場合は,退職願を提出していただき,任命権者の決裁を得て承認しますと。昨年度に引き続き今年度についても退職者の補充を考えながら適正な人事配置を進める必要がある。原則として勧奨による退職願の提出を下記のとおり扱うことといたします。なお,この通知は正しい情報の提供と適正な職員配置を目的としたものであり,職員の退職者を募るものではない。」というふうに書いてあって,その下に「退職日が平成18年12月31日までの退職希望者と,勧奨退職者は締切日が11月30日までだよと。19年1月以降は19年3月31日までだよ。」ということでこの勧奨退職を各職員の皆さんにメールで送り付けているんですね。これがやはりこの,こんなことをやって職員の皆さんのその勤労意欲といいますか,おまけにこの驚いたのは,退職の試算ということで,自分の給料の月額,退職時の年齢,採用年月日,退職予定日を入れると自分の退職金が出るようなこういうシステムが出来上がっているんですよ。こんなことはやっぱり,人権侵害といいますか,その就労意欲を損なうんじゃないかと思いますが,いかがでしょうか。


○総務部長(西重正志君)


 お答えします。決して退職をしなさいという意味で出したものではございません。新市になりまして数名の,あるいは先ほど申しましたような数の方が退職をされております。新市になりまして新市の組織あるいはそういう職場環境と言うんですかね,馴染めずに悶々としている方もたくさんいらっしゃいました。そういう方が隠れた方もおるんだろうということもありまして,もし今辞めるんだったら,勧奨制度によって退職金の割増制度も設けておりますので,相談くださいというような趣旨で出したものでございます。決して退職をしなさいとか,勧めるとか,そういうものではございません。


○39番(前川原正人君)


 時間なくなりました。次に入りたいと思いますが,こういうことはやめていただきたいと思います。次に教育行政についてお聞きをしたいんですが,この基本法のこの改定のためにこの日当を払ったりとか,こんなことをされてたわけですね,文部科学省ですね。こういうことが本当に許されると教育長お考えでしょうか。


○教育長(古川次男君)


 日当を払っているというような記事をいろいろ見ましたけれども,そのこと自体は問題はないのではないか。ただやらせ,こんなふうに答えてくださいというのはちょっと,行き過ぎとか,そういうことよりも,誠に不適切だなあというような感じは持っております。


○39番(前川原正人君)


 やはり文部科学省が子供のモラルや学ぶ意欲の低下とか,家族や地域の教育力低下などということで改定をするというそういうふうに言われているわけですが,この全く私は説得力はないと思うんですが,いかがお考えですか。


○教育長(古川次男君)


 受け取り方だろうと思いますけど,この教育基本法そのものは,よく読んでみますと適切な問題もありますし,もちろん問題にされる方もいらっしゃるのじゃないかと,そんなふうに考えております。


○議長(西村新一郎君)


 以上で前川原議員の一般質問を終わります。次に,46番宮内博議員より4件通告がされております。したがって,宮内議員の発言を許可いたします。


○46番(宮内 博君)


 私も前川原議員に続き日本共産党を代表する議員団の一人として質問をさせていただきます。格差社会と貧困の広がりは今大きな社会問題として指摘をされております。財界,大企業はいざなぎ景気を超える景気拡大を続けていると報告されますが,他方で国民の大多数の中で所得が減少し,格差と貧困が広がるという実態があります。この間指摘されている問題に真面目に懸命に働いても貧困から抜け出すことのできないワーキングプアの存在があります。年収300万円以下の数は2005年度1,692万人とされ,この5年間で185万人も増えて全労働者の4割近くになっているとのことであります。若者を中心とした低所得者,非正規雇用の拡大は社会保障制度の土台を揺るがし一層の格差拡大につながるものと言わなければなりません。安い給料で必要な時だけ雇うことができるという非正規労働者は企業にとって使い勝手のいい労働者ということになります。この非正規労働者が今,自動車や電機など日本を代表する企業の現場でも入り乱れて働いているという現実があります。去る10月3日,参議院予算委員会でわが党の市田書記局長がこの問題を取り上げ,大手請負会社コラボレートによる偽装請負の実態を明らかにしたところであります。派遣労働者は,労働安全衛生法に基づく使用者責任と,1年以上派遣が継続した場合,直接雇用の申し入れの義務がメーカー側に発生しますけれども,請負ではそれらの義務が一切発生せず,メーカーは何らの責任を負うことなく労働者を働かせることができるというものであります。この制度を悪用をして請負を装うことで受入先の電機や自動車などの製造会社の負担を軽くし,自らも急成長を遂げたのがコラボレートだと言われています。2003年の労働者派遣法の改定によってそれまで禁じられておりました製造業への労働者派遣が認められるようになり,その結果,製造業への労働者派遣を行う事業者は,法施行当時全国で613事業所でありましたが,2006年には実に13倍の8,016事業所に拡大しています。そこで伺います。今回行政処分されましたコラボレートの偽装請負でソニーセミコンダクタ九州国分テクノロジーセンターに381人の偽装請負があったことが明らかになっており,霧島市においても対応が迫られる問題と言わなければなりません。偽装請負など市内の誘致企業における労働者の実態をどのように市は掌握をしているのか。まず答弁を求めるものであります。また,誘致企業に対して助成措置を講じる際,ここで働く労働者の労働条件改善を求めるなど市独自の対策をどのように考えているのか。答弁を求めるものであります。次に,医療センター小児科の来年4月からの休診の問題についてであります。この問題は9月議会でも同僚議員から質問がされています。その答弁で「準夜間帯の小児救急は継続できる。二次救急についても南九州病院との連携で対応できる体制を整えている。」との答弁でありましたが,「現実には医療センターでは来年4月から入院ベッド5床が使えなくなることになり,大人と違い,24時間付き添いの必要な幼児の両親の看病が遠方にある南九州病院で対応できるのか。」という不安の声が医療関係者からも寄せられているところであります。同時に準夜間帯の小児救急についても郡内の10人の医師のローテーションによって支えられておりますけれども,「現在1人の小児科医が宿舎にいて常時対応できる条件があるからこそこの体制が維持できている。」との関係者の声もあります。そこで伺いますが,医療センターの小児科休診は13万人の人口を擁する霧島市の重大な医療の後退であり,地域医療の確保と子育てのための特別な対策が求められるのでありますけれども,市長はどのように考え,同時に自治体としての役割を発揮しようとしているのか。答弁を求めるものであります。次に,子育て支援についてです。最初に2007年度から従来の福祉部局の「放課後子ども育成事業」 (児童クラブ)と新たに教育委員会部局が担う「放課後子ども教室推進事業」が「放課後子どもプラン」として始まります。児童クラブは共働き家庭を対象とし,放課後子ども教室はすべての子供を対象とする点で大きな違いがあります。この活動内容の異なる事業を霧島市の事業としてどのように生かしていくのか。答弁を求めるものであります。第2に児童クラブは共働き世帯の子供を持つ保護者の方々を中心とした熱心な取り組みと自治体の協力の下で運営をされております。現在市内には22の児童クラブが存在しておりますが,その成り立ちや設置されるまでの苦労は様々であります。私も数年前に日当山児童クラブ設置の取り組みに関わりを持ち,計画を断念した経験をしたことがありますけれども,その苦労を知っている一人として改善を求めるものであります。児童クラブの中には,富隈児童クラブのように借りている民家が白蟻の被害に遭っている所,宮内児童クラブのように保護者がかつて設置した中古のプレハブを今でも使っている所,向花児童クラブのように4年間で3回も引っ越しをして,また近く引っ越しを計画しなければならない苦労の中で運営している所など解決が迫られる問題を抱えたまま懸命に運営している所があります。市長も早速現場に足を運び改善のための取り組みに乗り出しているとお聞きをいたしております。市としての積極的な支援が求められるわけでありますけれども,どのように考えるのか。答弁を求めます。第3に来年4月からの保育園保育料の統一についてであります。市長は既に11月1日に決裁をして保育料負担金の徴収規則を公布をいたしております。それを見てみますと,国分・隼人など従来保育料が高かった市中心部では全体として引き下げる一方で,横川ではすべての階層で,福山,溝辺ではD7階層,D9階層を除くほとんどで,霧島,牧園でもD5階層以上のすべてで値上げをしております。そこで伺います。今回の保育料負担の統一は,これまで過疎化に歯止めをかけるための対策として保育料負担を軽減してきた市周辺部の旧自治体の子育て世代にどのように配慮をしたのか。第2に急激な負担増を回避するために段階的措置などとることができなかったのか。答弁を求めるものであります。最後に消防防火対策についてです。先日合併一周年式典に招かれました俳優の柳生博さんは「里山の再生のために田んぼに水を溜めようではないか。」と提案をし,そのことによって自然が再生する大きなきっかけとなることを強調をいたしました。稲刈りが終わって既に2か月ですけれども,市内の全域を流れていた用水路のほとんどにはこれまで水が流れておりませんでした。私の家の前を流れる宮内原用水路は,土地改良区と交渉した結果,1か月前に日当山駅近くまで水が流れるようになり,この一般質問通告書が公開をされました11月29日から内山田団地前まで流れるようになりました。松永用水路もその日から流れるようになりました。この期間稲刈りを終えてから乾燥が続く時期と重なります。この時期に近くの用水路を水が流れない。旧隼人町議会でも「年間を通じて通水を土地改良区にお願いする。」との当時の津田和町長の答弁がされた経過がございます。そこで伺います。市内を網羅する用水路を年間通水をして消防水利として活用すべきだが,どうか。第2に宮内原用水路,松永用水路はどのようにこれを位置付けをして年間通水のための対策をとっているのか。答弁を求めまして最初の質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 宮内議員から4点につきまして質問がございました。2点目については私の方から答弁をいたします。3点目1については教育部長が答弁をいたします。そのほかにつきましては関係部長などにそれぞれ答弁をいたさせます。2点目,これは医療センター小児科問題についてでございました。医療センター小児科の来年4月からの休診は13万人の人口を擁する霧島市の小児科医療の重大な後退であって,地域医療の確保と子育て支援のための特別な対策が求められているけれども,その方策をどのように考えて自治体としての役割を発揮しようとしているのかという意味の質問でございました。お答えいたします。市民が安心して暮らせる環境を整え,地域で完結できる医療体制,これが理想でありますけれども,この小児科の問題は,医療センターだけの問題ではなく,新臨床研修制度などの影響による全国的な医師不足によるものが原因でありまして,特に小児科医師の確保は極めて非常に厳しい状況でございます。現在あらゆる情報を基に姶良郡医師会と連携を密にし医師確保に努めているところでございます。また,指定管理者である姶良郡医師会では県内外の病院を回るなどの努力をし続けていただいているところでございます。なお,医師確保が困難な場合でも,地域医療の確保と子育て支援のため,現在行っております準夜間帯の小児外来は医師会員の協力の下で継続をし,また,二次救急体制については,市民の皆様には大変ご不便をおかけすることになりますけれども,加治木町にある国立病院機構南九州病院で対応できるよう鹿児島大学医学部,郡医師会,医療センターとの協議がなされていますので,どうかご理解をいただきたいと思います。


○商工観光部次長兼商工労政課長(柳田秀徳君)


 1点目の政治姿勢についてお答えいたします。本市の誘致企業における労働者の実態につきましては,常用,パート,臨時の雇用形態は把握しているものの,偽装請負の実態は把握していないところでございます。労働条件改善につきましては,管轄している県労働局におきまして偽装請負の防止,解消を図るために監督・指導を強化されております。また,厚生労働省では,最近の偽装請負の問題をはじめとする労働者派遣法等の労働関係法令違反,労働条件や処遇等の改善の必要性,これらの職場で働く労働者のキャリア発展の道筋が明らかでないなど様々な問題点も指摘されていることから,再チャレンジ可能な社会の実現に向けまして製造業の請負事業の適正化及び雇用管理の改善に関する研究会が設立され,今年10月から研究会において検討されているようでございます。このように労働関係法令に係る指導・監督は市の管轄ではございませんが,本市といたしましては誘致企業に対し機会をとらえてあらゆる法令遵守の呼びかけをして参りたいと考えております。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 子育て支援の1点目についてお答えいたします。ご承知のとおり,放課後児童健全育成事業(児童クラブ)は厚生労働省所管であり,また,放課後子ども教室推進事業は文部科学省所管でございます。議員ご指摘のとおり,この2事業は対象となる児童の年齢や開設日数等も異なり,それぞれ別々に実施されるものであります。また,どの事業を実施するかは,今後それぞれの市町村ごとに協議し,研究し,選択することになります。現在市内におきましては厚労省の放課後児童クラブを既に導入している小学校区もございますので,既存の放課後児童クラブの運営等に支障が生じることのないよう今後教育委員会及び福祉部局,学校等と十分協議し,調整を図りながら対応していく必要があると考えております。このため,この二つの事業を一体的あるいは連携して実施するため,教育委員会及び福祉部局などを含めた運営委員会を設置して参ります。そして放課後子どもプランの策定やコーディネーターを配置するなど両事業の運営方法等を共同で検討・実施していくことになります。なお,実施に当たりましては,この放課後子どもプランに基づき放課後子ども教室と放課後児童クラブのお互いの特色を生かしながら,運営委員会やコーディネーターなどお互い連携を密にしながら,放課後の子供の安全で健やかな居場所の確保,勉強,スポーツ,文化活動,地域住民との交流活動等の取り組みの充実を図って参りたいと考えております。


○保健福祉部長(今村恭一君)


 子育て支援についての1点目について答弁いたします。文部科学省等が進める放課後子どもプランについては平成19年度からスタートさせるとのことで,現在教育委員会においていろいろな準備,検討がなされていますが,これまで福祉部局で実施して参りました放課後児童クラブにつきましてはこれまでどおりの内容で育成支援していく予定でございます。この放課後児童クラブ事業は,低学年児童の安全確保,健全育成に大きく寄与しているものと考えていますので,これまで設置されている児童クラブを生かしながら,まだ設置されていない小学校区を中心に放課後子どもプランの事業が進んでいけばと大変期待しているところです。今回,国も子供の生活実態や保護者の就労形態に即した適切な運営確保の観点から児童クラブの補助対象となる年間の開設日数を281日以上から250日以上に改め条件等を緩和するほか,大規模化を防ぎ,規模適正化を促進するため,71人以上のクラブについては3か年の経過措置後補助金を廃止するとのことでございます。いずれにいたしましても教育委員会との連携をとりながら両事業の推進を図り,子供たちの健全育成,安全確保のため引き続き努力していきたいと考えております。次に,2点目について答弁いたします。児童クラブの施設整備につきましては,国や県等の補助事業を受けられる場合であれば,整備に向けて検討するとこれまでの一般質問等でも申し上げて参りました。それにより新年度におきましてとみくま児童クラブの新設工事を県に要望しておりましたが,県の規定によりますと既存の児童クラブの施設は補助の対象とならない。あくまでも新たに創設する児童クラブのための施設でないと対象としないとのことで断念せざるを得なくなり,そのほか民間等の整備補助も調査いたしましたが,補助対象とならず,既存の児童クラブの施設整備をする場合は市単独事業でしかできないという現状にございます。施設整備を市の一般財源だけで行うことは相当な経費負担となりますことから現在のところ考えられません。現在市においても財政が厳しい状況でもあり,新たに一般財源の経費を充てることは難しい状況下にございますので,ご理解をお願いいたします。なお,現在市長も合間を見て既存の児童クラブを視察し,現場での声を聞かせてもらったりしております。今回の現場調査の結果,行政として何ができるのか今後研究してみたいと思います。次に,3点目について答弁いたします。子育て世代にどう配慮したかとのご質問でございますが,階層区分を細かく分ければ分けるほど所得に応じた保育料の設定ができることになりますので,基準となる国の7階層の区分をできるだけ細区分し,第3階層で2区分,第4階層で3区分,第5階層で3区分とし,特に低所得者層に配慮した13階層といたしました。階層ごとに保育料の合計を総園児数で割り,階層の平均値を出し基準値といたしましたが,低所得者層については,旧1市6町の保育料の平均が国の基準額の80%から83%であったことから,これを国の基準の75%程度に引き下げました。また,高所得者階層,特に最高区分の階層については,国の基準額の75%では高額になるため,62%で設定いたしました。したがって,国の基準額と比較しますと,3歳未満児で約62%,3歳以上児で約45%の保育料となります。このように保育料が国の基準額より下回る部分は市の一般財源を投入することになりますが,その費用も約1億6千万円になります。市の一般財源を充て保育料を抑えていることでもあり,それ相応の負担をしていただきますようご理解をお願いいたします。なお,保育料の負担増への対策として今回新たな規則を整備し,経過措置を設けました。


○消防局長(中村 昭君)


 4番目,消防防火対策について,その1点目,市内を網羅する用水路を年間通水し,消防水利として活用できるようにすべきだがと,2点目,宮内原用水,松永用水の位置付けと年間通水のための対策はについてお答えいたします。なお,1点目,2点目につきましては関連がございますので,一括してお答えいたします。用水路を消防水利としてどのように考えるかということでございますが,通常火災発生時におきましては,消防水利はもとより,通水時の用水路等の活用を図っているところでございますが,用水路は現在用水時期だけの通水となっております。宮内原用水,松永溝用水につきましても通水時は水利として活用しておりますが,維持管理上落水期があるため,消防用水利としての指定は現在していないところであります。したがいまして,年間通水につきましては土地改良区と協議していく必要がございます。なお,現在の用水期以外の通水につきましてはそれぞれの土地改良区と生活排水及び防火用水としての通水協定に基づき通水されております。


○46番(宮内 博君)


 それぞれご回答をいただいたわけでありますが,順次再度質問をさせていただきたいというふうに思います。まず最初の偽装請負の問題についてでございますけれども,この15歳から34歳までの正社員はこの2002年から2006年まで140万人も減少していると,こういう統計が示されているわけですね。この状況はさらに続くであろうという懸念が広がってるわけです。特にこの20から24歳までの非正規労働者,パートやアルバイトだけで生活をせざるを得ない。こういう労働者は全体の31.8%と,3人に1人がそんなこの不安定な状況で働かされているということなわけです。最初の質問でも申し上げましたように,まさにこの今後の日本の社会を支える,特に社会保障制度を支えるこの土台の部分で揺らいでいるという大変深刻な問題があります。同時にその将来を担う世代をこのつくっていくためのこの子育て世代に当然これは関わる問題でして,少子高齢化を進めるさらに大きな原因の一つになってきているということでもあるわけですが,市長にお尋ねをいたしますけれども,まずこういう現実についてどういうふうにお考えですか。お聞きしておきます。


○商工観光部次長兼商工労政課長(柳田秀徳君)


 今の状況といいますか,現在の状況を見ますと,偽装請負や非正規労働者の増加というのは,企業にとりましては,正社員や派遣労働者に比べまして,非正規労働者なり,こういうので対処いたしますと人件費の抑制や仕事量に応じた人員整理がしやすいという点があるかと思っております。このようなことから今,企業側にとりましてもこのような非正規労働者の増加の傾向にあるというふうに感じております。


○46番(宮内 博君)


 だから,それが問題だということじゃないですかということをお聞きしているわけですね。それで今回問題になりました,10月3日の参議院の委員会で問題になりまして,偽装請負をこのコラボレートから請け負って,受け入れている企業が私どものすぐ近くにあるということで,私自身も驚いたわけでありますが,このソニーは工場を今年大きく増設をいたしましたね。これによって80数人の新規採用を受け入れたということでお聞きをしているんですけれども,鹿児島県はこの企業立地交付金として,私どもの税金であります10億円をこの増設に伴って補助しようという,交付金を交付しようという予算を計上しているというふうに聞いているわけです。霧島市としてもこれらに類するような立地促進に関する条例等があるわけですけども,市当局は,このソニーの増設について補助申請が今のところないということで,予定もないというふうにお聞きをしているんですけれども,私がお尋ねしたいのは,その市のこの交付に適用する場合の誘致企業にこの交付する場合の基準の中に職員の位置付けというのはどういうふうになっているのかということについてまずお示しをいただけませんか。


○企業振興課長(成尾智広君)


 霧島市が設けております補助交付金に対応する従業員でありますが,新規雇用5名以上という位置付けで補助金を交付しております。また,その新規雇用につきましては社会保険適用者という位置付けで規定をしております。


○46番(宮内 博君)


 確かに5人以上という条件がされておりますけども,これはこのいわゆる非正規ではなくて,正規にこの正社員として雇うということを条件にしているということで解してよろしいですか。


○企業振興課長(成尾智広君)


 そのとおりでございます。


○46番(宮内 博君)


 この問題は,労働基準監督署でありますとか,ハローワーク等にも実態を調査をしてみましたけれども,一つはその企業秘密ということで,それがハードルとなってなかなか実態が見えにくいという現実がございます。また,ただ,しかし,私どもの知らない所で現実にはこういったこの請負で,安い労働力で働かされている若い世代が本当に増えているという深刻な事態があるということが事実です。ですから,あらゆる機会を通じてしっかりこの正社員としてその雇用をしていただく取り組みというのを求めるべきだというふうに思いますけど,これについては市長お答えできるでしょう。お聞きしておきます。


○市長(前田終止君)


 その誘致した企業について新規雇用,正社員,これはもう私としては当然にお願いをしたいということで今日までも努力しておりますし,この後も年間を通じて会う機会も結構ございますから,そのように取り計らって参りたいと思っております。


○46番(宮内 博君)


 次に移ります。次に,医療センターの小児病棟の入院ベッドが使えなくなるという問題についてです。市長は答弁の中で「準夜間帯の小児外来は今後も継続できる。」と,こういうふうにおっしゃっておりますけれども,この関係者の皆さん方からのお話をお聞きしますと,今常勤の医師が一人おられて,すぐ近くのこの宿舎に住んでおられて,いざ事ある時にはすぐ駆け付ける体制があるからこそ今の体制が回っているんだということなんですけども,そのことについてはどういうふうに認識をされておりますか。


○健康増進課長(宮本順子君)


 現在小児内科,小児科の夜間救急診療事業というのが本年の6月1日から開始されておりますが,姶良郡医師会の開業医の先生方が協力をいただきまして回していただいておりますが,今,議員のおっしゃるように,もしいなくなったらというようなことでご不安を持っていらっしゃる先生がいらっしゃるということはお聞きいたしましたが,現在のところその救急診療につきましては順調に推移しておりますので,まず心配はしていないところです。


○46番(宮内 博君)


 実際にベッドは使えなくなるんですよね,その受け皿がなくなるわけですから。そうしますとですね南九州病院まで運ばなきゃいけない。あるいは10床を持ってる生協病院まで運ばなきゃいけない。13万人のこの人口の中で,市の統計によりますと,0歳から15歳までが小児科ということになりますけれども,市の統計では14歳までしか取っておりませんから,これで見ましても15.9%,2万377人が18年7月1日現在いらっしゃると。その子供の数に対して10のベッドしか受け皿がなくなると,この霧島市管内で。こういう事態ですよね。少なくとも今,医療センターにいる一人の医師,最低これは確保しておく必要があるんじゃないかというふうに思いますけど,そうでなければ,この生協病院でも実際にはもう医師も過労死に近いような状況で働かざるを得ないという深刻な事態に陥っていると。「さらにこの事態が進めばより深刻な事態が当然予想される。」という心配の声が出されているんです。そのことについてはどうでしょうか。


○市立病院管理課長(小濱 泉君)


 我々も当市立病院,医療センターの方に小児科がなくなるというのは本当に危惧しているところでございます。しかし,国が今年打ち出した事業の中に小児科医が,これは全国的にも不足しているということで集約化を図っております。そのようなことでこれが衆議院,参議院を通りまして,この地域におきましては南九州病院をその中核センターということで医師を5名程度にし,ベッドも現在増やす予定でいるということで,小児科医が点在しているそういう部分を,加治木のこの病院に集約しようとする政策がとられているところでございまして,郡の医師会も医療センターの方との協議の中に南九州病院の院長等も入ってもらって今後の二次体制につきましての整備を取り込もうとして,医療センターにつきましては準夜間帯での一次救急は継続するというような確約もとられているということでございまして,入院につきましては,先ほど市長の方からも答弁がありましたように,大変不便を来すことになるかも知れませんけど,加治木の南九州病院の方で診療を受けてもらうということをお願いしたいというふうに思っております。


○46番(宮内 博君)


 確認をいたしますけれども,準夜間帯のこの小児外来,これはその来年以降もきちんとこの人の体制も含めて継続できるということは文書で確認をしているんですか。お聞きします。


○健康増進課長(宮本順子君)


 文書では現在確認はしておりませんが,今後も,姶良郡医師会の方と医療センターの方とは今後も継続するということで話し合いを進めております。


○46番(宮内 博君)


 13万人の中でその10床しか入院できる施設がなくなるというこういう異常な事態に実際にこれはなってるわけですね。市長自身はこの公約の中で「安心して子供を生み,育てることができる環境を整えるということは大変大事な仕事だ。」と,こういうふうにおっしゃってます。この事態に至って市長としてその特別の対策が求められているんじゃないかなと。9月議会でも若干答弁がありますけれども,この間そのことについてどういうようなこの指示を出し,自ら動いていらっしゃるのかですね。お聞きします。


○市長(前田終止君)


 鹿児島県で2番目に大きな市となり,合併をした新市霧島市,ここにおけるこの医療の確保,これは今の現状は,ご指摘のとおり,大変に厳しい状態であることを認めざるを得ません。私といたしましては,小児科,あるいは,また,産婦人科,あと残る全診療科目に対してもですね本当に医師確保対策というものはとても厳しい状態にあるという現状でございます。医師会病院の方とも連携を密にして医師会の皆さん方とも常にこう語らいながら進めて参ってきておりますけれども,まずこの短期的にこの医師確保をどうするべきか。徹底してともかく最高の,最大の手を考えられるすべて全知全能を傾けてやってくれということを私としてはもう既に早く指示を現実に向き合いながら出しており,また,医療センターの方にも私も直接足を運んだりして先生方とも語らい,また,生協病院等も現場も見させていただいたりして,おっしゃる事実の現場も直接その先生方からのお話,あるいは,また,入院をなさっている方々の直接的なお話,お母さん方,お父さん方,そういう機会もこのまちのトップとしてつぶさに私ももう痛いほど身に感じながら対応をさせてもらっている最中でございます。一方,また,中長期的に将来に向かってそのような状況をどう克服していくかまた厳しく問われているものと認識をいたしております。それについてもあらん限りの知恵を出し絞って将来に向かって,またこれも県,国の動き等あるわけではございますけれども,県下で2番目に大きい,また,その地理的な位置付けといいですね,このまちこそ本当にこの安心して暮らせる医療,命と健康,そういう方向に向かう体制が強固にできているというようなまちを,ふるさとをつくろうと。そのために短期,中期,長期視点を絞りながら具体策を今後随時年々歳々打ち出していこうというふうに思っているところでございます。県におかれましてはそれこそ奨学金制度をつくって中長期的には将来卒業なさる医師に対して自分たちの地域にこそ来てくれという段取りをなさっておりますし,全国的には幾つかの自治体は自治体独自の,例えば,深刻な離島医療,そういうことを念頭に置いて相当な,例えば,5年,8年先だけど,10年先だけど,その方向に向かって具体的に約束事をしながらもう取り組んでいるという地域もあるわけでございます。私といたしましても将来に向かう対策,中長期的にもわがまちが本当にここで結婚をしたい。ここで子育てをしたい。ここで暮らしたい。ここで働きたい,学びたいというふるさと霧島市づくりに向かって全力を挙げて英知を振り絞ってこのような問題に対処できるよう最大限の努力をいたしたいと思っております。


○46番(宮内 博君)


 小児科の特徴というのは,このお医者さん方にお話をお聞きしますと,やっぱり患者自身が自分の主張をすることができないというそういうこの子供たちだということだと,普通の医療と難しいのはですね。熱発とか,あるいはその急性疾患が多いと。また,同時に時間外もう非常に多いと。流行性感冒など一遍に患者が増えるというこういう点でも大変困難な問題を抱えているが,不採算の医療でもあるという問題を抱えているというふうに強調されました。本当に,今,市長おっしゃるように,子育てしやすい環境づくり,これは共に手を携えて取り組んでいかなきゃいけない課題でありますけれども,是非とも一人でもこの医療センターの方に医師を確保できるように取り組みを求めまして次に移りたいと思います。次に,子育て支援の関係で特に児童クラブ,保育料の関係についてでございますけれども,この子育てプランの中で示されております問題でこの放課後子ども教室ですね,これはこの児童クラブがない所などに積極的に取り組んでいきたいかのようなふうに聞こえたんですけれども,実際にどのようなこの見通しを持って計画を進めようとしているんですか。お聞きしておきます。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 放課後子ども教室の実施に向けましては市内34小学校すべてに意向調査を実施いたしました。そのうち七つの小学校の方からやりたいという希望がありましたけれども,その中にはもう既に児童クラブが置かれている所もございますし,そういったものがなくて,放課後の子供の世話を,面倒を見る必要があると判断された学校もございます。


○46番(宮内 博君)


 子ども教室と児童クラブでは性格も,その所管も当然違うわけですね。特に児童クラブは共働き世帯のこの子供たちを支えるという点で大変大きな特徴があります。そこで遊びであったり,学習であったり,あるいは昼寝であったり,そういう生活の一部をその場で過ごしていくというこういう大事な場所を提供しているということになるわけです。同じようにとらえてこれを運営していくということになると,いわゆる放課後子ども教室をですね,やはりそれはちょっと違うんじゃないかなというふうに思うんですね。ですから,そこのところの区分けは十分しながら,児童クラブの未設置の所はきちんと児童クラブを設置をしていくという取り組みをしていただきたいと思いますが,そのことについてはどうでしょう。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 今回文科省が提出しましたこの放課後子どもプランの従来の児童クラブに比較しまして優れているところといいますか,親にとって,子供にとって幸せなところはすべての子供が対象,児童クラブは1年生から3年生までというところでございますが,そこが違います。それと既存の小学校施設を使うということになりますと発足,その場所を置いてスタートするということが従来と比較しますとやや容易ではないだろうかというようなこと。それとその中身でございますけれども,文科省の方では,勉強やスポーツ,文化活動,あるいは地域住民と交流活動の取り組みを推進するというふうにうたっておりまして,厚労省の方の児童クラブとはやや設置目的が,いかにも文科省,子供のこの学力も,体格も,そういったものまで含めて一緒にやっていくんだというような考え方で今のところ進んでいるようでございます。


○46番(宮内 博君)


 今ありましたように,全く性格が違うというものです。それで児童クラブについてはこの未設置の所はきちんと設置をしていくという取り組みが別に当然求められるというふうに思うわけですけれども,答弁ではその児童クラブの設置,新設の所については県としても補助金出しましょうということなんだけれども,民家であろうと何であろうと今既に開設している所は補助金出しませんよというふうに言われてると。ですから,なかなか,現実に早くから立ち上げてこれまで苦労されて取り組んできた所はその補助対象とならないというこういうこの姿勢だということですけれども,2007年度の学童保育所関係の予算を見てみますと190億円という規模で進めていくという計画のようです。本年度と比べますと70億円のこの増を見込んでいるわけですね。その補助対象箇所数も現在の1万4,100箇所から2万箇所に拡大をするというこういう方針なんですよ。にもかかわらず,県の方がそういう態度だということについては,やはりこの積極的に働きかけをして既設の所にもそういう補助対象を拡大する。今の時代の要請だというふうに思いますけど,市長是非とも県の方に強く働きかけをしていただきたいと思いますが,どうですか。


○保健福祉部長(今村恭一君)


 現在厚生労働省が補助を行っております児童クラブにつきましては,我々の方も既存の児童クラブがある所が老朽化したりした場合に建て替えをする場合に補助がつくものだろうと考えておりました。県の方に聞きましたら,既存の児童クラブがある所の新設は補助対象にはならないというような返答で,富隈小学校も,とみくま児童クラブも同じような考えでおりましたけれども,断念せざるを得なかった状況でございます。したがいまして,県がそういう基準をつくっています以上,うちとしてはお願いはしてみますけども,県はその県の基準によって新設は認められないということでありますので,なかなか難しいのではないかと考えております。


○46番(宮内 博君)


 これ厚生労働省も同じ基準ではないというふうに思うんですね。だって,今具体的に申し上げましたように,その平成19年度5,900箇所新しく増やすという方針持っているんですよ。予算も70億円増やすという計画なんですよ。厚生労働省にもきっちり確認をして市としての対応をとるべきだと思いますが,どうですか。


○保健福祉部長(今村恭一君)


 確かに19年度の児童クラブの厚生労働省の予算では5,900箇所の増,189億7千万で69億5千万の増となっております。確認してみます。これは多分,厚生労働省はそういう基準は設けていなくて,県の方でそういうような基準をつくっているのではないかと思われますけれども,そこら辺はもう1回確認いたします。


○46番(宮内 博君)


 多分そうだろうと思いますね。その国の方に直接働きかけもして取り組みをしていただくようにこれは要請をしておきたいと思います。それから,その子どもプランについて確認いたしますけれども,その今後児童クラブも,それから放課後子ども教室も学校のこの中で取り組みをしていくという方向になっているというふうに思いますが,それはどういうふうに認識しておりますか。お聞きしておきます。


○教育長(古川次男君)


 一番望ましいのは,今おっしゃるように,学校の中でそういうのができたら一番いいという,厚労省の場合も空き教室のある所,去年1校だけ校長の理解を得られて牧園町の中津川は児童クラブで発足しましたが,学校の教室を活用しているわけです。ところが,なかなかですね,富隈などはもう教室はプレハブを造らなきゃいけないぐらい空き教室がないわけでございます。そういう所はそのちょっと困難である。ただし,学校に居場所をつくってやるというのは,これは運動場も居場所でございますし,体育館も,部活動,小学校などは部活動はあんまりやっておりませんが,いろんな行事もやりますけれども,工夫をすれば学校の中にそういうことが文科省のプランではできると。ところが,厚労省の1年生から3年生までのそういう寝転んだり,休んだりというようなのは,やっぱり空き教室が仮にある所でないとなかなか提供し難いと,校長たちもそういうような考え方でございますので,できるだけ福祉部と連携をとって可能な限り子供たちの居場所づくりに努力をして参りたいと思いますが,何せ予算がまだしかと分かりませんので,例えば,2万箇所ぐらい造ると言っているんですが,一体全体霧島市何箇所認めるのか,そういうこともまだ漠然としておりますので,今のところはそういう答えしかできません。


○46番(宮内 博君)


 今ありましたように,その学校にとにかく近い所にそういうこの子供が過ごせる場所をつくっていこうという方針はこれは確立しているわけですね。そうしますと当然この福祉の方と連携をしながら,教育委員会は,空き教室があればいいですけれども,なければ,学校の敷地内にあるいはその周辺にそれに適する場所を計画的に確保していくということをやっていかなきゃいけないというふうに思うんですね。例えば,向花児童クラブは,先ほど言いましたように,その4年間で3回も引っ越ししているんですよね。また引っ越しをしなきゃいけない。場所がないからなんですよ。例えば,この宮内児童クラブはこの今プレハブありますけれども,裏の方の田んぼを借りてるわけですね。これを市が購入をして増築してくれれば,児童クラブもそこを遊び場としてきちんと確保してですねやることができるというそういう願いを持っております。とみくま児童クラブは,今,ソバを植えてありますけども,プールの下の所にちゃんと土地が確保されてると。学校のいずれも近い所にそういうその条件が整いつつある所もあるわけですよね。そういうのに対してきちんと政策的にこの連携をしながら打ち出していくということをやっていく必要があるというふうに思いますけど,どうでしょう。


○教育長(古川次男君)


 向花の小学校はちょっと私も詳しくは分かりませんが,非常に学校自体がもう狭いんです,あそこは。だから,学校の中に造るということはもうほとんど不可能に近いと考えます。ところが,富隈小は,これは旧隼人町時代に学校の敷地の一部を児童クラブとしてあそこに土地だけは確保したわけですね。それから,宮内小学校も学校長の了解を得て土地だけは確保して,あそこはちょっといかんから向こうの方へ引っ越すということも話し合いがついております。そういうような努力はするわけですが,それぞれ学校によって事情が異なりますので,一概にもう全部こうするというようなことはここでははっきり明言できないところでございます。


○46番(宮内 博君)


 いや,私が言っているのは,当然そのそれぞれ条件があると。ただ,しかし,やはり市がそういう方針を持って,校庭の狭い所は,隣接地にその民有地で売却,購入できるような所はないかとかいうことなども含めて計画的な対応をとってもらいたいと,こういうことを申し上げているわけです。具体的にはこの向花の児童クラブについてはまた引っ越しをしなければいけないというようなこういう困難な状況もあります。宮内児童クラブは,先ほど言いましたように,後ろの方に土地を借りているんですよ。これはその是非とも市が計画的に購入をして,今後児童クラブの充実のためにその活用すると。宮内,とみくま児童クラブは土地が確保されているわけですから,当然そこに計画的なこの児童クラブの設置を進めていくという対応がこの求められるというふうに思いますけども,市長どうでしょうか。


○市長(前田終止君)


 とみくま児童クラブについても,宮内児童クラブについても,また,向花の児童クラブについても現場を踏まさしていただきました。そしてその経営に携わっておられる先生方のお話も,また,子供たちの表情もつぶさに見させていただく機会も得ました。私どもの市内に22箇所このような取り組みを本当に大変な努力をなさってやっておられる所があるわけでございます。私といたしましては,この22箇所のすべてを,一生懸命現場で頑張っておられるその方々の現状を,できるだけ年内に回り切って直接子供たちの表情も見て,そして,また,その様々な条件,今,議員ご指摘のようなことなどを自分自身の目で,足で実態を把握しながら,国や県の動きなど,そして,また,独自に我々の霧島市として,この未来を担う子供たちのために安心・安全のまちづくりをどうなさしていくべきか。これは本当に働くお父さん,お母さん方のためにもよう考えていかなきゃならない問題でもございますし,市政全体の本当に子育てという問題等,安心・安全等含みながら重要な問題だと思っています。今のところ議員に,あるいは,また,皆さん方に向かってこういう方針でやるぞというその具体策,これがまだ答える状況にありませんけれども,この努力を続けながら英知を集めて何らかの霧島市なりの具体策を模索してみたいと,こう思っております。


○46番(宮内 博君)


 答弁にもありましたように,この71人以上の児童クラブは3年以内にその経過措置をとって補助金を廃止すると,こういう方針が出されておるんですね。宮内児童クラブは来年62人になる見込みだと。9月議会の同僚議員から日当山児童クラブの件について質問がありましたけども,大きなこの学校を抱えている所はこのやはり複数のこの児童クラブ設置というのがこれはもう求められる時期になってきているというふうに思いますけれども,その件については具体的にどういうふうに政策を打ち出してやっていきますか。お聞きしておきます。


○保健福祉部長(今村恭一君)


 現在児童クラブの中で一番多い所が西児童クラブでございます。西児童クラブで,登録が110名でございます。そして児童クラブというのは平均の数,児童クラブに行った数で出しますので,登録していて減る,毎日行く人,平均をとりますと大体60ぐらいになるんじゃないかなと考えておりますけれども,確かに西小学校がマンモス化して,そこの子供たちが西児童クラブに行っております。そういう関係で児童クラブは,今後はこの71人の以上の大規模クラブについては3年間の経過措置後廃止するというのは,子供の情緒面への配慮及び安全性の確保の視点から適正な人口規模へ移行するということで71人以上は廃止することになっておりますので,今後は児童クラブの分割というのも考えなければいけないと思いますが,教育委員会の方で行う放課後子どもプラン,それも連携をとりながら,どっちの方ですればいいのかというのもよく話し合いをしながら進めていかなければいけないものと考えております。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 先ほど申しました学校に対する意向調査の結果,七つの小学校で放課後子ども教室を設置したいとの意向を表明していただきました。そのうち三つの小学校は既に児童クラブを擁している所でございます。したがいまして,今,宮内議員がおっしゃいました児童数の多過ぎるような,将来的には分割しなければいけないような児童クラブにつきましては,教育委員会と福祉部局の方で協議をしながらよりよい形に持っていきたいというふうに考えております。


○46番(宮内 博君)


 次に移ります。次に,その保育料の関係ですが,新たな規則を整備して経過措置を設けたということですが,これについて再度お聞きしておきます。


○保健福祉部長(今村恭一君)


 新たな規則についてお答えいたします。去る12月1日に制定した規則は,霧島市児童福祉法に基づく負担金徴収基準の負担増の緩和に関する規則であります。今回の統一保育料と旧市町のそれぞれの保育料とを比較して増額した部分の保育料を3年間で調整するものであります。具体的には,19年度に増額した部分の保育料の3分の1の額とし,20年度に3分の2の額とし,21年度に統一保育料とするものであります。今回の軽減措置で3歳未満児で最高に引き上がるのは牧園地区で所得はD9階層区分の方でありますが,当初2万1,650円の負担増でありましたが,19年度は7,200円増の3万5,200円,20年度は1万4,400円増の4万2,400円となります。また,3歳以上児での最高額も牧園地区の所得区分は同じくD9階層区分でありますが,当初1万1,850円の負担増でありましたが,これが19年度中は3,900円増の2万6,900円,20年度は7,900円増の3万900円となります。


○46番(宮内 博君)


 後ほどその資料をいただきたいと思いますが,一定の努力をしていただきました。ありがとうございます。最後に防火問題,消防防火の問題についてお尋ねをいたしますけれども,その用水路が現在用水時期だけの通水となっていることに問題があるんじゃないかということを言ってるわけです。消防法の第21条には「消防長又は消防署長は,消防の用に供し得る水利について,その承諾を得て消防水利に指定をすることができる。」と,こういうふうに決められていますけれども,これをこの適用をしてこの全市内を網羅をするこの用水路が防火水利としてきっちり活用できるための対策をとるべきだと思いますが,どのようにお考えでしょうか。お聞きしておきます。


○消防局長(中村 昭君)


 議員おっしゃるとおり,消防法21条にはそのような規定がされています。ただ先ほどもご答弁申し上げましたが,用水路につきましては,土地改良区にお伺いしましたところ,その目的上,例えば,刈取期の一月,また,これは国分土地改良区でございましたが,通水前の清掃と言いますかね,そこの期間で一月,それで2か月,また,水路を例えば横断するような排水路とか,公共工事等にも,その期間当然落水するというようなことで,先ほども申し上げましたが,年間を通して通水が可能であれば非常に,消防の活動にとりましてはもう水は重要なことはもう十分認識しております。そのようなことでどうしても落水はやむを得ないという形でございまして,消防につきましてはそのようなことを勘案しながら,また,別途防火水利計画に基づきました年次計画で計画をいたしているところです。


○議長(西村新一郎君)


 以上で宮内議員の一般質問を終わります。ここで休憩後,本日の会議時間を延長をし,


木場議員の一般質問終了まで行いたいと思います。しばらく休憩します。


               「休憩  午後 4時42分」


               ──────────────


               「再開  午後 4時53分」


○議長(西村新一郎君)


 休憩前に引き続き一般質問を続けます。次に,33番木場幸一議員より3件通告がされております。したがって,木場議員の発言を許可いたします。


○33番(木場幸一君)


 今,国内では少子高齢化の中で最も大切な子供たちが犠牲になる殺人事件やいじめによる自殺など余りにも痛ましい事件が連鎖反応的に起きています。早急な抜本的対策を望むところであります。それでは,先に通告いたしました3点について質問をいたします。まず1点目,行財政運営について伺います。霧島市が誕生して早くも1年と1か月が過ぎようとしています。市民が合併して良かったと思える霧島市を,それは前田市政の最優先課題ではなかったかと思いますが,まだ市民の皆様が実感されるものはほとんどなく,いち早く見えてきたのは大きな財源不足であります。そのような状況の中で新市まちづくり計画に組み込まれた継続事業や多くの新規事業への対応など厳しい財政運営を強いられている現状であります。そして市民の方々の中には合併と時を前後して国の税制改正や政策の見直しなどによる負担の増加も合併による影響と思い込んでいる方もあるようです。合併の背景が厳しい財政であることは市民の皆様も理解されていると思うので,今の時期にサービスの向上など期待できないにしても,負担の増加には大きな抵抗があります。この1年の行財政運営を踏まえて市民が合併して良かったと実感できる霧島市を構築するには今後取り組むべき主な課題は何か。市長に伺います。次に,総合支所の機能の充実について伺います。おおむね10年総合支所にするとした新市の事務所の位置は合併の基本的事項の一つとされており,小委員会を設けて慎重に審議された項目であります。合併が厳しい財政によるものであることを十分認識されている協議会委員の方であるにもかかわらず,「当分は」としてあったものを,「おおむね10年」とされた要因は,役場がなくなることへの大きな不安や本庁方式による一極集中の行政を心配する住民への配慮によるものであります。そしてこの合併は合併特例法に基づき法定協議会が設置されて職員や協議会委員はじめ,多くの人たちが多額の経費と2年余りの長きにわたって決められた協定項目に基づいて市民は合併への判断をして,各議会はこの民意を反映して1市6町の合併を議決してきたはずであります。こうして合併して1年,まだ市民の期待に十分に応えられない行財政運営に住民の不安は不満となって聞こえて参ります。役場の機能のほとんどを残すのが総合支所ではなかったのでしょうか。しかし,行財政改革は本市にとって重要な課題であり,機構の見直しも十分認識はいたしますが,合併して1年,今,霧島市は合併自治体から通常の自治体への過渡期であります。多くの課題を抱える今こそ十分な機能を備えた総合支所が必要なのです。行財政改革,組織・機構見直しの中で総合支所の機能をいかに充実させるか。市長に伺います。続いて住民の負担に伴う協定項目について伺います。本定例会で条例改正案が提出された国民健康保険税と保育料は平成19年度に統一されることになっており,合併5年後には水道料金も統一されますが,これら負担を伴う協定項目には市民の皆様も強い関心を示しておられます。平成15年に作成された合併の説明資料の中で合併の効果として福祉サービス等のサービス水準はできるだけ高い方へ,負担はできるだけ低い方へという基本的な考え方に基づき調整を行っていくという説明があります。このことを踏まえ市民に直接経済的負担が伴う協定項目の調整をどのように考えておられるか。お伺いいたします。次に,麓第一土地区画整理事業について伺います。本事業は鹿児島県が平成5年策定した鹿児島空港都市整備構想に対応できる住環境の整備を図る目的で計画されたものであります。鹿児島空港都市建設の狙いは「空港とその周辺地域において新しい時代にふさわしい各種機能の集積と充実を図り,南の拠点にふさわしい未来に躍動する空港都市の形成を目指す。」としてあり,鹿児島臨空団地の整備もその一環であります。そしてこの麓第一土地区画整理事業も平成5年を初年度として総面積42.5ha,その内訳は,住宅地4.8ha,率で11.2%であります。町有地4.9ha,公共用地4.7ha,そして農地と山林,原野が27.1haで全体の64%を占めていますが,これを数回見直しして平成22年度を最終年度として土地区画整理事業が進められております。また,本事業は開始に当たり,農地が生活のすべてである農家の協力をいただくために事業完成までは都市計画税は課税しないとの約束になっていることから,事業の完成こそが課税環境の整備となるわけであります。この都市計画地域は空港や高速道路バス停にも近く,事業が完成しますと魅力的な住宅地となり,また,臨空工業団地への進出企業の従業員や,夜間人口より昼間人口が1,300人も多い地域性や団塊の世代のUターン,Iターンなど今後この住宅地需要は高まるものと思われます。課税環境の整備や保留地処分の促進の観点から麓第一土地区画整理事業の早期完成は考えられないか。伺います。最後に地域審議会についてお伺いします。審議会の設置については,合併によって議員数が減ることで地域住民の声が行政に届きにくくなるという市民の不安に対応して設置されたもので,市民はその活躍に大きな期待をされております。本年2月1市6町に審議会を設置されて9か月が経ちましたが,今までどのような事項を諮問されたか。また,どのような成果があったかお伺いいたします。そして地域審議会の設置に関する協議書の第3条第2項に「審議会は,予算編成の際の事業等に関する要望やその他必要と認める事項について審議し,市長に意見を述べることができる。」とあります。この設置の目的からして市民の要望や意見を市政に反映させるという任務を十分果たしていただくために委員としての自主的・積極的に活動するための予算措置は考えられないか。市長にお伺いいたしまして壇上からの質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 木場議員から3点につきましてご質問がございました。1点目につきましては私の方から答弁をいたします。そのほかにつきましては関係部長にそれぞれ答弁をいたさせます。行財政運営について3項目ほどの質問でございます。その1点目,合併して1年の経過を踏まえ,今後取り組むべき主な課題は何かという質問でございますが,本市は財政状況が厳しい中で様々な問題に対して適切に対応していかなければならないわけでございますが,そのような中で今後本市が取り組むべき課題というのは,まず財政の健全化を推進していく必要がございます。またそれに関連をして多種多様な行政サービスを選択と集中を行いながら,常にその事務事業が最適な状態となるよう改革・改善を進めていかなければならないものと思っております。さらに,組織・機構に関しましては,今後5年間で10%以上の職員削減をしなければなりませんが,今後少なくなる職員数で住民の期待に応えていくためには,職員の能力を高め,人材の育成に努めるとともに,効率的で効果的な組織・機構の構築を進める必要があると思っております。次に,2点目ですが,総合支所の機能の充実にどう取り組んでいくのかという質問でございました。本市の組織は本庁と総合支所方式となっておりますが,この方式は本庁と総合支所の機能と役割が必ずしも明確でなく,住民サービスに直接関わりのない部分でも言わば二重行政的なところもありますことから改善を進める必要があると考えております。また,その場合は市民に不安のないような身近なサービス提供が実施されますよう考慮をし,本庁と総合支所の機能と役割はどうあるべきで,何をすべきなのかを明確にする必要があると思っているものでございます。以上のことから本市の組織・機構はどうあるべきか。現在策定を進めている組織機構改革計画で検討を進めて参りたいと考えているところでございます。3点目に合併協定項目の中で市民の負担が伴うものについて調整をどのように考えているのかという質問でございます。合併協定項目の中には新市において調整をするという項目がございます。その中で市民の負担を伴う調整項目は,都市計画税の新たな区域と税率,国民健康保険税,保育料,上水道・簡易水道料金,下水道使用料等の項目がありました。そして保育料につきましては11月で既に規則を定め,また,国民健康保険税についても今議会に条例改正を提案しており,それぞれ来年4月から実施の予定といたしております。なお,これらの調整につきましては,いずれも現在実施している事務事業・制度等を比較をし,住民生活に及ぼす影響などの検討を十分行い,負担公平の原則に立ち,住民の方々が不公平感を持つことがないよう十分配慮をしております。


○建設部長(秋窪直哉君)


 麓第一土地区画整理事業の1点目についてお答えいたします。平成5年度に着手してから平成18年の末の進捗率が事業費ベースで約73.4%の見込みであります。現在の計画では換地処分までの事業完成を平成22年度としております。市といたしましても早期完成を目指しておりますが,今後の事業に必要な財源については,事業計画の中で保留地の処分金が大半を占めておりますので,これの販売促進をどのように図っていくかが最大の課題であります。また,保留地の処分が進まない理由の一つとして場所,形状,面積,価格等が消費者のニーズに合致してないことも原因の一つではないかと考えております。このご質問の早期完成による課税環境の整備でありますが,都市計画税については旧溝辺町時代に事業完了後導入する説明を行ったと聞いておりますが,現在の霧島市の財政事情を考えますと都市計画税の早期導入とこの事業の施行期間の延長はこれからの検討課題であると思っております。また,鹿児島県の空港都市構想により臨空団地が整備され,企業の誘致も進みつつありますので,新たに雇用される人,空港関連施設に勤務している人,さらには空港に出入りする人等をターゲットに保留地の販売促進を積極的に図っていきたいと考えております。


○企画部長(藤田 満君)


 3点目の地域審議会についてお答えをいたします。1点目,これまでに地域審議会に諮問された事項とその成果についてお答えをいたします。地域審議会は今年2月24日に第1回霧島市地域審議会合同会を開催して以来これまで各地域においてそれぞれ3回開催をいたしております。その内容は,地域審議会の取り組みと新市まちづくり計画についての説明,新市まちづくり計画についての意見交換,本年度から2か年間で策定をする総合計画についての説明,平成19年度予算に対する要望,意見等を取りまとめての提言等でございます。ご質問の市長からの地域審議会に対する諮問は現在までのところございません。2点目の第3条第2項の任務を積極的に遂行するため,自主的活動の予算措置はできないかについてお答えいたします。地域審議会の設置に関する協議第3条第2項は,その規定はお尋ねにあったとおりでございます。これまで開催した地域審議会につきましてはただいま申し上げましたとおりでございますが,今後の予定につきましては,各地区の会長,副会長による地域審議会代表者会議を開催し,これまでの各地域での開催状況についての意見交換を踏まえ,これからの地域審議会の進め方について協議していただくことといたしております。また,総合計画の中に地域計画を掲載することといたしており,この計画の策定については各地区の地域審議会で取りまとめていただくことといたしております。ご指摘の自主的活動に対する予算措置につきましては,これからの活動を積極的に進める上で委員の皆様からのご意見を伺いながら検討して参りたいと,このように考えております。


○33番(木場幸一君)


 それでは,2回目のご質問をさせていただきますが,要旨1と2はもうまとめて質問させていただきたいと思います。先日本定例会の1日目の行財政改革調査特別委員会の中間報告の中で総合支所の権限と強化について,その特性をしっかりと生かしながら総合支所を残すべきであるというような意見もあったというような報告を聞きまして非常にこう励みになるところでございますが,今,総合支所の見直しなどが議論されるようになりましたことで非常に周辺地域の住民の方々に大きな反響があっていろいろな方々から電話をいただくようになっております。今日は勉強の意味も含めましていろいろ質問させていただきたいと思いますが,まず行財政大綱に対する答申の中の組織の在り方の中に「意思決定過程,指令命令系統の複雑化,二重行政等の問題が発生している。」というようなこともありますが,このことについて具体的に説明をいただきたいと思うんです。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 例えば,総合支所にある申請を出したとします。その申請書をまず担当者が中身をチェックしまして,それを今度は,例えば,パソコンに打ち込む作業をして,それが済んだら総合支所の係長,課長がそれの中身のチェックをいたします。そしてそれを今度は本庁の方に送りますと,そのパソコンに入れた内容と中身が間違いないかどうかというのを確認作業を本庁の方が行います。そして今度はそこの本庁の係長,課長がそれについて,例えば,何とか手当であれば,その手当が出すべきかどうかという判断をします。それで課長,係長の判断というのが総合支所で1回行われ,再度本庁でも行われるというような部分が二重行政になっているようでございます。それでそのあたりがうまくいきますと,例えば,総合支所で受け付けたら,そのまま本庁の方に送って本庁の方で意思決定をするということであれば二重行政は防げますし,反対に今度は総合支所でもうしたものをば本庁でもう決裁しないと,そういうことも考えられますけれども,そこをやってしまいますと霧島市としての一体的な考え方というのができない。総合支所の考え方と,A総合支所ではこういう考え方で許可になったけど,B総合支所では許可にならなかったとか,そういった意味では合併した一つの霧島市としての意思決定というのができないというようなこともあろうかと思います。そういったのがいろいろヒアリングをしていく中で,ああ,ここは二重行政になっているなあというふうに感じた部分の一つでございます。


○33番(木場幸一君)


 ちょっと余り詳しく説明いただきましたので,分かりにくくなりましたけれども,総合支所長とあるいは総合支所の課長などの決裁事項が本庁ではどのような形で扱われているのか。簡単明瞭に答弁をお願いします。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 例えば,予算上のものを決裁する時は300万までの決裁権がございますので,これは本庁の部長と全く同じでございます。300万まではそこで完結しますけれども,300万を超える部分については本庁の部長と同じように財政課を通っていくとか,それぞれ関係課を通っていくというような格好になろうかと思います。


○33番(木場幸一君)


 ということは,本庁に行けばもう助役なり,市長の決裁で済むということになる。そのような理解でいいわけですか。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 300万までは部長決裁ということでございますので,どこの課でございましても300万までは,例えば,総務部長であれば300万までは総務部長の決裁で終わると。A総合支所であれば300万まではその総合支所で終わると。300万を超える部分については,例えば,財政課の合議をもらうと。例えば,総務課で,総務部であっても300万を超える場合は,商工観光課であっても,どこの部であっても300万を超える場合は財政課の合議をもらうと,全く同じ取り扱いをいたしているところでございます。


○33番(木場幸一君)


 以前から総合支所の支所長まで決裁されたことが,また本庁に行って係からあるいは係長から決裁されるというようなことを聞いたわけですが,それは事実じゃなかったということですか。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 組織上の決裁に参りますと,総合支所長なり,部長級の方がされた部分についても,まずそれがチェックをする,担当としてチェックをする部分がございますので,そういったチェックをするためにも財政課のまず1係から係長,課長と行って,総務部長に行って,助役,市長まで行くというようなことになっております。これは,例えば,県庁にしましても,どこにしましてもほとんどの組織でこういった形がとられているというふうに考えております。


○33番(木場幸一君)


 ただ総合支所の人たちの権限というのがどこまであるのか。その前に決裁,執行前に十分な打ち合わせでもされていたら,総合支所のあるいは課長とか,支所長が決裁されたものを,本庁の方の係長が決裁というようなことでなくても,直接助役なり,市長の決裁で済むんじゃないかと思うんですが,その辺について。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 例えば,財政課の職員が見るとか,そういったものは,決裁という感覚もございますけれども,進行管理を行うということが主なことでございます。例えば,財政課である予算で,例えば,ここに1億ございますと。その1億のうち今どれだけ使われているかとか,そういったのをやはり進行管理していくことがございますので,やはりそのあたりもやはり担当も知らなきゃならないということから見ているということでございます。


○33番(木場幸一君)


 非常に,この件はそいじゃあまた後の方でお聞きいたしますが,総合支所のことがいろいろ議論されることになりまして周辺地域の方たちが非常にその辺には心配されているわけです。9月定例会におきまして同僚議員の総合支所についての答弁の中で市長の方から「合併の協定項目の効力は法律上の規定はなく,法的に拘束されるものではないと解される。」とありました。合併協定項目は合併特例法に基づいて,しかも法定協議会で決定されまして,また,それを各議会で議決されたものでありますが,このこととの整合性について説明いただきたい。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 私どももその部分につきましては調べて参りました。それで合併協議会で協議,決定した合併協定項目に法的拘束力はあるかということでいろいろ調べました。そして最初いろいろな県のホームページを見たところ,その中にも「合併協定項目の決定までの過程が連絡調整に当たるものと考えられ,この連絡調整の結果について,その効力についての法律上の規定はない。」というようなホームページがございました。これは他県のものでございましたので,鹿児島県庁の方にもこの部分について同じような考え方でよろしいかということで確認いたしましたところ,「そういったことで間違いない。」というご意見をいただきましたので,それに沿って現在行っているところでございます。


○33番(木場幸一君)


 ということは,市長をはじめ,執行部の皆様はそういう認識の下におられるという判断,理解していいんですか。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 今申し上げましたことにつきましては,法的拘束力はあるかどうかということに対しての法的拘束ではないというお話ではございます。「ただし,これはやはり事実上の市町村の議会における廃置分合の議決の前提となるものでございますので,特段の理由もなくこれを変更して不履行とすることは許されない。」ということもただし書きで書いてございます。そういった中でその後行革の国の動きなどをとらえながら,どうしても職員を,例えば,今回も140人以上の職員を減らさなけりゃならないということもございましたけれども,そういった新たな事実が出ております。例えば,現組織を全く変えないまま140人を削減したとした時に職員の負担というのはかなり重くなっていこうかと思います。そういった中でどこに,無駄があるとしたらどこを削ったらいいのかというのをまず考えていって,その中で,例えば,総合支所の問題,総合支所だけじゃなくて,本庁の中にも無駄があるかも知れません。そういった無駄がある場合は,それをなくしていって,それぞれ140人削減した中で職員が負担にならないような組織・機構に変えていかなければならないというふうに考えております。


○33番(木場幸一君)


 私が質問いたしますのは,総合支所の今後はどうなるのか。住民が非常に心配していることを根拠にして聞いているわけであります。今,いろいろこの合併協議会をするに当たりましては,国の政策といたしましても地方交付税の段階補正あるいは合併特例債,建設計画,地域審議会,これなどのほとんどが期限を10年間としてありますが,この10年間とした背景は何なのか。その辺をどのように理解されているのか伺います。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 やはりまちづくりというのは10年スパンぐらいで考えていくものもあろうかと思います。新市霧島市をどのようなまちにするかというのを10年後を描かれたんだというふうに,ちょっと私も直接はタッチしておりませんので,分かりませんけれども,やはり10年スパンのまちづくりを考えられたということと思っております。ただその中でやはり途中途中でいろんな条件が変わってこようかと思います。その長期的な部分,それから短期的に変えなけりゃならない部分というのもどうしても出てこようかと思います。短期的なものが出てきた時に,それに10年間というとらわれてしまったらやはり大変なことになるんじゃないかなというふうに思います。


○33番(木場幸一君)


 今,霧島市は合併したばかりの自治体であります。私は合併自治体から通常の行財政運営を持っていくのに10年間かかるということでこういう期間を定めたんじゃないかというような理解をしております。そのことについて市長どうでしょうか。どうお考えですか。


○市長(前田終止君)


 合併協議会におきましておおむね10年というようなことをお互いに確認をして合併が進んだわけでございました。合併をして1年経って今日でございます。そして合併に期待した分,それでまた合併への不安,様々なこの1年間の間にお互いにね現実として横たわったわけでございました。その中で,合併協議会で1年半余真剣にお互いが協議を重ねて参ったもの,しかし,現実にやってみて,1年間だけども,走ってみて,これはやっぱり見直すべきじゃないかというような点など現実対応が,例えば,今まで議員が行政監と議論をいただいた点など等を含めて事実としてやっぱりあるわけでございます。よって,私といたしましては,この組織・機構の改革計画,これを今進めてもらっているところでございまして,議会の皆さん方にも十分なご指摘等いただきながら,また,市民の声を真剣に聞きながら適切な判断をして参りたいというふうに思っておるところでございます。


○33番(木場幸一君)


 行財政改革は急がなければならない分もかなりあると思います。その辺は十分認識しております。市長と語イもんそ会は各地域2回ずつ回れたわけですが,その中で総合支所のことについて質問なり,意見なりが出たのかお伺いします。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 市長と語イもんそ会の中では総合支所に対してどうなるのかというようなご質問もありました。それにつきましては,まずその職員数が減になるというお話の中で,そして,また,私どもは2月ぐらいに各総合支所にどのぐらいのお客様が見えていられるのか。それから,本庁にどのくらいのお客様が見えていられるのかとか,そういった分析も行いました結果,やはり,もしそこに,例えば,住民課などには意外と多くのお客様が見えてますので,そういった所に特化した部分もできるんではないかということで,例えば,行革大綱の中には住民関連部門への特化というのもできるんじゃないかというようなことも書いてございますし,そういった意味での議論などもいたしております。


○33番(木場幸一君)


 合併したことで役場がなくなるということに対しては特に周辺地域の住民はいろんな面で心配しているわけですが,今,総合支所のことについてはいろいろ議論をされておりますけど,もちろん機構改革は必要であると思います。それは本庁にかかわらず,総合支所にもメスを入れていかなければならないと思いますけれども,その前にやはり住民の一番心配している地域の過疎化,地域がされていくんじゃないかというような心配を強くされるために,対応するためにはやっぱり地域の活性化がまず第1じゃないかと思うんです。そうすることで霧島市の一体感が築かれていくんじゃないかと思いますが,そういうようなことをするためにはどうしても総合支所の機能の充実が重要なんです。だから,職員の負担に対しても能力の,職員の方はそれぞれに採用試験をパスされた方でありますので,能力はお持ちであると思いますけれども,ある程度のやはり違いはあると思いますので,能力のある方を支所に配置していただきまして周辺地域の状況をつぶさに見ていただきたい。そのような気持ちであります。では,続きまして次の質問をさせていただきますが,住民負担を伴う調整項目どのように配慮,考えておられるか伺っているわけですが,さっき健康保険の問題は同僚議員から質疑がありましたけれども,この件についていま一つお伺いいたしますけれども,保育料の中で経過措置を設けたというようなことですが,この健康保険にしても,先の説明によりますとかなり上がる人がおるわけですが,それに対してこのような対策は講じられないものかどうか。お伺いいたします。


○税務課長(川畑 巧君)


 国民健康保険税について申し上げますが,市長が答弁いたしましたように,今定例会に提案しておりますので,よろしくお願いいたします。


○33番(木場幸一君)


 私がお聞きしているのは,保育料みたいな経過措置はとれないかと今お伺いしているところであります。


○税務課長(川畑 巧君)


 答弁にちょっと苦心していますのが,付託前に返らないということがありまして,市長が答弁したように,今定例会に提案しておりますということでございます。


○33番(木場幸一君)


 もうその件は一応あきらめまして,一応保育料のことも経過措置をとっていただいたことで保護者の方々はこのことについて非常に関心を示して心配されておりました。しかし,こういう経過措置をとるようになられた。どのような協議の下にこういう形をとられていただくようになったのか説明をいただきたいと思います。


○児童福祉課長(阿多己清君)


 お答えを申し上げます。この経過措置の内容につきましては先ほど部長が宮内議員の質問の中でお答えを申し上げましたとおりでございますが,その今回統一するというのは,合併前の首長会等で 「経過措置を設けない。平成19年度をめどに統一を図る。」というようなご決定をいただき,その話の中で合併協議会でご提案申し上げ,了解されたということでございまして,それを受けまして私ども各総合支所の担当者,それから係長,担当課長等を含めまして協議をして参りました。当初のその首長会の意見等を尊重した形で当初経過措置を設けない。段階的の措置はとらないという方針で行った関係がございまして,先般議員の皆様方にもお知らせしたとおり,11月1日の規則改正公布をしたところでございます。その後に中旬以降になりまして保護者等からご批判,意見が相次ぎまして,再度内部で検討した結果,苦渋の選択をしたということでございます。これにつきましては12月1日の改正規則で3年間の経過措置という状況でございます。一度決定していながら再度こういう見直しをしたということに関しましては,子育て世代への負担増のお気持ちをそういう担当課として配慮に欠けていたという部分では大変申し訳なく思っております。


○市長(前田終止君)


 今,担当の者が申し上げたとおりでございますけれども,私も初代市長を目指して子育て支援というものについてやっぱり大事だということを常々申しておりまして,いろいろ立場立場で最後の最後まで,ぎりぎりまで議論をし尽くして,皆さん方の声,市民の声,支所の声などなど念頭に置きながら,子育て支援という判断でこのような措置に最終的に踏み切ったわけであります。


○33番(木場幸一君)


 今,児童福祉課長の方から苦渋の選択というようなことがありましたけれども,これは保護者の方から見れば歓迎の選択であると思います。私も合併に際しましては,合併はサービスの向上や負担の低減を期待できるものではなくて,負担の増加とサービスの低下を抑制するのが今の合併の方向付けだというようなことを説明してきましたので,住民の方にいたしましてもある程度の負担増はやっぱり覚悟されている部分もあります,あると思いますけれども,急激な負担増に対しては非常に大きな抵抗があります。特に,この子供を持つ保護者の世帯に対しましては,保育料だけでなくて,水道料あるいは健康保険料,非常にダブルパンチ,トリプルパンチを心配しておるところでありましたけれども,こういう措置をとっていただいたことで非常に喜んでいただくものと思います。非常に前田市長の決断を評価したいと思います。続きまして都市計画について再度お伺いいたしますけれども,先の答弁の中にも霧島市の財政事情からしても計画年度の完成は厳しいというようなことでありますけれども,その中で保留地の処分について場所や形状,面積,この辺に問題があるような答弁でありますが,そのことについてちょっと具体的に説明いただきたいと思います。


○区画整理課長(迫間 勇君)


 それでは,保留地の現状を申し上げますと,全体で約9千坪を保留地として処分をする事業計画になっております。その中で今現在保留地の整備を済ましたのが約50%ほどでございます。そしてあとこれから残りの50%も保留地を処分するために整備をしなけりゃなりませんけれども,現在のその仮換地指定,仮換地を押し込んだのが,もうすべて位置が保留地の位置も決まっております。それを全体的に眺めてみますと,その恐らく半分ぐらいしかまともな保留地としての格好がとれてない。といいますのは,残された半分ぐらいがちょうど区域界のあたりに,その格好の悪いあるいは場所の悪いというような所に位置が設けてあるようでございます。そのようなことから先ほど部長が答弁いたしました場所,形状,面積等に問題があるのではないかというようなことを答弁いたした次第でございます。


○33番(木場幸一君)


 ただいま説明いただきましてなるほどという部分もありますけれども,この区画整理地域は空港に近いことやらあるいは高速道路のバス停に近いし,また,空港からの県内各地域への非常に交通の上にもいい場所でありますので,完成することによって,全体像が見えてくることによって非常に評価も上がると思うんですよ。だから,そうなりますと非常に保留地処分もやりやすくなるんじゃないかと思うわけです。ただ周辺部にあるというようなこともありますけど,人によっては周辺部を好まれる方もありますし,その辺もやっぱり考慮しながらいかにしてこの事業を早期に完成して,例えば,今,答弁にありましたように,都市計画税を検討されるようなこともありますけど,これは溝辺町が平成5年に手掛けた事業でありまして,ただもう十数年溝辺町でやってきた事業を,合併したことでそう簡単に方向転換してもらうことがあってはならないと思うんですよ。やはり初期の計画は貫いてもらわないといけない。ただ財政的に厳しいとなれば,私は,今この区域の中で27.1haの農地や山林があるということですが,これが完成しますと約15haの宅地となるわけです。今市街化されている所の土地区画整理事業と違いまして,かなりの固定資産評価が上がっていって,将来的にはその建物に対しても課税されるわけで非常に税源確保にもなるわけですので,その辺についてはそれなりの理解をいただきまして,やはりこれは事業が延びることで得策というようなことが考えられたら,それでも良しにしましても,ただ早く完成することで今この都市計画税にしても課税できるようになるわけですし,いろんな土地の評価も上がるわけですし,保留地処分も,当初申し上げましたような条件の下で促進しやすいようになると思いますけれども,今その都市計画税について触れられましたけれども,このことについてもう1回答弁をお願いします。


○議長(西村新一郎君)


 しばらく休憩します。


               「休憩  午後 5時47分」


               ──────────────


               「再開  午後 5時54分」


○議長(西村新一郎君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。木場議員の一般質問を続けます。


○33番(木場幸一君)


 さっき一応お尋ねしたわけですが,都市計画税の早期導入というような答弁があったわけですが,その辺についての考え方を再度求めます。


○税務課長(川畑 巧君)


 先ほど建設部長がご答弁いたしました都市計画税の早期導入というものが検討課題であると答弁がありました。私ども税務課から言いますと,いわゆる都市サイドの都市計画事業や区域の見直しに合わせ,そしてその課税区域や税率の検討が必要だと,こういうふうに考えているところであります。そして,また,その検討課題の一つであるという答弁でございましたけども,いわゆる税を含めた都市経済学の見地からは税を担保に市債を起こすのが基本かと考えているところであります。


○33番(木場幸一君)


 先ほども申し上げましたけれども,これは旧溝辺町が10年以上も手掛けてきた事業でありますので,ここにきて課税するような方向転換をすることについてどのような説明をすればいいのか。その辺について再度市長,お伺いいたします。


○建設部長(秋窪直哉君)


 この,土地区画整理事業につきましては,人の財産等を預かり,家を動かして,非常に換地処分が確定しないことには事業が完了しないというふうに考えておりますので,議員が言われるように,早期完成は目指しますけど,いかんせんそのあとの予算的な問題というのが相当保留地処分等で滞っておりますで,それらを努力しながら早期完成に向けて頑張っていきたいというように考えております。


○33番(木場幸一君)


 この事業については合併した時点で起債の,借金の残りを全部一括返済して一般会計の方で事業を進めていただくようになったわけですが,完成した時の後の税収のことを考えたら借り入れをしてでも事業を早く推進した方がいいんじゃないかというような考え方もできると思いますが,借り入れの場合はそこに利子が生じるわけですけど,その辺と完成してからの税と比較したときどっちが得かというようなこともやっぱり考慮してもらう必要があるんじゃないかと思うんですが,その辺についてお伺いいたします。


○建設部長(秋窪直哉君)


 税金,通常の都市計画税というのはその事業の目的として使うべき財源の一番大きなものになるわけですが,それらとまた借り入れをする。若しくは国の補助金等がございますけど,いかんせんこの事業は市の単独の持ち出し分と国の補助金と保留地処分による事業費での転嫁になっておりますから,そこらあたりのことを考えますとなかなか,保留地処分のお金が滞っておるというような形から見ますと,いかんせん市の単独の持ち出しだけではこの事業を進めるというのは非常に難しいというふうに考えております。


○33番(木場幸一君)


 市の単独の財源だけでは厳しいということは理解しておりますので,借り入れでもして事業を推進できないかということです。そうしたとき,利子と完成後に課税できる税と比較したときどっちが得かというようなことの判断についてどうお考えかを伺っているわけです。


○建設部長(秋窪直哉君)


 当時,溝辺町が持っておりました保留地処分等の特別会計におきましても多大な金利等が発生しておりまして,それらについても議員の皆さんの同意を得た段階で早期返還を行っておりますので,限られた中での借り入れしかできないというふうに考えております。


○助役(南 洋海君)


 先ほど財政についてのお話もございましたけれども,経営健全化計画で平成,今の財政計画でいきますと平成23年度には赤字再建団体になるという試算もなされております。非常に厳しい財政事情でございます。先ほど部長が答弁を申し上げましたけども,ただいま議員のご指摘のございます起債でやるべきか。それとも一般単独でやるべきか。時期を延長すべきか。先ほど検討課題と申し上げましたけども,非常に私どもも重大な決意をしなければならない時でございますけども,検討をさしていただきたいと思っております。


○33番(木場幸一君)


 本事業は,将来に向けて秩序ある都市を形成するとともに,大きな財源を確保することにもなるわけですので,その辺の財源確保には極力努力をいただきまして努めて早く事業が完成することをご期待申し上げまして次の地域審議会について,あと1分しか時間がないわけですが,伺いますけれども,地域審議会はこれまで結成されてからまだ1年経ってないわけですが,先の答弁の中でもまだ諮問という形は出されていないということですけれども,諮問だけじゃなくて,さっき質問いたしましたように,条項の中にいろいろ任務が課せられているわけですが,これに対しては,昨年は市長が語イもんそ会2回も開かれたことで市民の要望や意見は十分吸収されたんじゃないかと思います。そのことで住民や審議会の委員の方々からはこの存在感が薄れたようなところもありますけれども,これからが非常にその大事,本領を発揮してもらわなければならない時期であると思いますので,さっき答弁にもありましたように,委員の人たちの意見を聞きながら本予算措置も進めていきたいというようなことでありましたので,前向きに対応いただくことをご期待申し上げまして私の質問を終わります。どうもありがとうございました。


○区画整理課長(迫間 勇君)


 先ほどの答弁の中で個人的意見として申し上げたようでございますので,大変失礼いたしました。削除をお願いいたします。


○議長(西村新一郎君)


 議長において整理をするという確認を皆様方同意を得ておりますので,そのように後ほど協議をした上で対応さしていただきたいと思います。以上で木場議員の一般質問を終わります。これで本日の一般質問を終わります。残りの20名については明日以降の本会議で行います。ここで申し上げます。12月6日から8日の会議は,議事の都合により会議の開始時間を1時間繰り上げて午前9時から開くことにいたします。本日はこれで散会します。ご苦労さまでした。


              「散 会  午後 6時04分」