議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 霧島市

平成18年第2回定例会(第2日目 6月12日)




平成18年第2回定例会(第2日目 6月12日)





             平成18年第2回霧島市議会定例会会議録





 
1.議事日程は次のとおりである。


                      平成18年6月12日(第2日目)午前10時開議


┌──┬──┬────────────────────────────┬─────┐


│日程│議案│   件                  名     │ 備 考 │


│  │  │                            │     │


│番号│番号│                            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 1│ 151│平成17年度国分市一般会計歳入歳出決算認定について    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 2│ 152│平成17年度国分市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 3│ 153│平成17年度国分市老人保健医療特別会計歳入歳出決算認定につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 4│ 154│平成17年度国分市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算認定│     │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 5│ 155│平成17年度国分市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について│     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 6│ 156│平成17年度溝辺町一般会計歳入歳出決算認定について    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 7│ 157│平成17年度溝辺町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定│     │


│  │  │について                        │決算特別委│


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 8│ 158│平成17年度溝辺町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について│員長報告 │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 9│ 159│平成17年度溝辺町空港県営駐車場管理事業特別会計歳入歳出決│     │


│  │  │算認定について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 10│ 160│平成17年度溝辺町麓第一土地区画整理事業特別会計歳入歳出決│     │


│  │  │算認定について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 11│ 161│平成17年度溝辺町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について│     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 12│ 162│平成17年度横川町一般会計歳入歳出決算認定について    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 13│ 163│平成17年度横川町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定│     │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 14│ 164│平成17年度横川町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 15│ 165│平成17年度横川町老人保健(医療)特別会計歳入歳出決算認定│     │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 16│ 166│平成17年度横川町丸岡公園事業特別会計歳入歳出決算認定につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 17│ 167│平成17年度横川町介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 18│ 168│平成17年度牧園町一般会計歳入歳出決算認定について    │決算特別委│


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 19│ 169│平成17年度牧園町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定│員報告  │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 20│ 170│平成17年度牧園町老人保健医療特別会計歳入歳出決算認定につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 21│ 171│平成17年度牧園町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について│     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 22│ 172│平成17年度牧園町水道事業特別会計歳入歳出決算認定について│     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 23│ 173│平成17年度牧園町国民休養地事業特別会計歳入歳出決算認定に│     │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 24│ 174│平成17年度牧園町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につい│     │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 25│ 175│平成17年度霧島町一般会計歳入歳出決算認定について    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 26│ 176│平成17年度霧島町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 27│ 177│平成17年度霧島町温泉供給特別会計歳入歳出決算認定について│     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 28│ 178│平成17年度霧島町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について│     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 29│ 179│平成17年度霧島町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について│     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 30│ 180│平成17年度霧島町水道特別会計歳入歳出決算認定について  │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 31│ 181│平成17年度隼人町一般会計歳入歳出決算認定について    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 32│ 182│平成17年度隼人町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定につ│     │


│  │  │いて                          │決算特別委│


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 33│ 183│平成17年度隼人町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について│員長報告 │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 34│ 184│平成17年度隼人町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について│     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 35│ 185│平成17年度隼人町住宅新築資金等特別会計歳入歳出決算認定に│     │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 36│ 186│平成17年度隼人町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 37│ 187│平成17年度福山町一般会計歳入歳出決算認定について    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 38│ 188│平成17年度福山町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 39│ 189│平成17年度福山町老人保健医療特別会計歳入歳出決算認定につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 40│ 190│平成17年度福山町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について│     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 41│ 191│平成17年度福山町水道特別会計歳入歳出決算認定について  │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 42│ 192│平成17年度福山町公共土木用地先行取得事業等特別会計歳入歳│     │


│  │  │出決算認定について                   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 43│ 193│平成17年度国分地区消防組合一般会計歳入歳出決算認定につい│     │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 44│ 194│平成17年度国分地区衛生管理組合一般会計歳入歳出決算認定に│     │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 45│ 195│平成17年度牧園・横川町衛生管理組合一般会計歳入歳出決算認│決算特別委│


│  │  │定について                       │員長報告 │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 46│ 196│平成17年度国分・隼人公共下水道組合一般会計歳入歳出決算認│     │


│  │  │定について                       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 47│ 197│平成17年度姶良東部地方卸売市場管理組合一般会計歳入歳出決│     │


│  │  │算認定について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 48│ 198│平成17年度国分市水道事業会計決算認定について      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 49│ 199│平成17年度国分市工業用水道事業会計決算認定について   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 50│ 200│平成17年度溝辺町水道事業会計決算認定について      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 51│ 201│平成17年度隼人町水道事業会計決算認定について      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 52│ 202│平成17年度隼人町病院事業会計決算認定について      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 53│報告│専決処分した事件の承認について(平成18年度霧島市老人保健│     │


│  │ 9│医療特別会計補正予算(第1号)について)        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 54│ 203│霧島市情報公開条例の一部改正について          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 55│ 204│霧島市新川防災センターの設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 56│ 206│霧島市国民健康保険高額療養資金貸付基金条例等の一部改正に│     │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 57│ 213│霧島市文化財保護条例の一部改正について         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 58│ 238│霧島市立共同納骨堂の設置及び管理に関する条例の廃止につい│     │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 59│ 262│姶良・伊佐広域市町村圏協議会規約の変更について     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 60│ 263│鹿児島県市町村自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数│     │


│  │  │の減少について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│  │  │鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合を組織する地方│     │


│ 61│ 264│公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補│     │


│  │  │償等組合規約の変更について               │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│  │  │鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数│     │


│ 62│ 265│の増加及び鹿児島県市町村職員退職手当組合規約の変更につい│     │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 63│ 205│霧島市行政財産の使用料徴収条例の一部改正について    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 64│ 207│霧島市立公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│     │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 65│ 208│霧島市青少年の家設置及び管理に関する条例の一部改正につい│     │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 66│ 209│霧島市立図書館の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│     │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 67│ 210│霧島市メディアセンターの設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 68│ 211│霧島市牧園町地区運動場の設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 69│ 212│霧島市福山町地区体育館の設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 70│ 214│霧島市立郷土館等の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 71│ 215│霧島市福祉給食センター設置及び管理に関する条例の一部改正│     │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 72│ 216│霧島市高齢者等福祉作業所の設置及び管理に関する条例の一部│     │


│  │  │改正について                      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 73│ 217│霧島市障害者福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部改正│     │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 74│ 218│霧島市丸岡会館の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│     │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 75│ 219│霧島市働く婦人の家の設置及び管理に関する条例の一部改正に│     │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 76│ 220│霧島市多目的ホールの設置及び管理に関する条例の一部改正に│     │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 77│ 221│霧島市民広場及び霧島市お祭り広場の設置及び管理に関する条│     │


│  │  │例の一部改正について                  │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 78│ 222│霧島市福山ふくふくふれあい館の設置及び管理に関する条例の│     │


│  │  │一部改正について                    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 79│ 223│霧島市福山食の交流館の設置及び管理に関する条例の一部改正│     │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 80│ 224│霧島市溝辺物産館の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 81│ 225│霧島市横川特産品直売所・食材供給施設の設置及び管理に関す│     │


│  │  │る条例の一部改正について                │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 82│ 226│霧島市国分川原地区加工貯蔵施設の設置及び管理に関する条例│     │


│  │  │の一部改正について                   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 83│ 227│霧島市国分畜産研修センターの設置及び管理に関する条例の一│     │


│  │  │部改正について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 84│ 228│霧島市家畜審査場の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 85│ 229│霧島市国分漁港及び永浜漁港の設置及び管理に関する条例の一│     │


│  │  │部改正について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 86│ 230│霧島市ローカルエネルギー館の設置及び管理に関する条例の一│     │


│  │  │部改正について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 87│ 231│霧島市国分浮桟橋の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 88│ 232│霧島市小浜海水浴場休憩所の設置及び管理に関する条例の一部│     │


│  │  │改正について                      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 89│ 233│霧島市隼人国民保養センターの設置及び管理に関する条例の一│     │


│  │  │部改正について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 90│ 234│霧島市営駐車場の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│     │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 91│ 235│霧島市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の│     │


│  │  │一部改正について                    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 92│ 236│霧島市国分シビックセンター駐車場の設置及び管理に関する条│     │


│  │  │例の一部改正について                  │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 93│ 237│霧島市農地災害復旧事業分担金徴収条例の制定について   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 94│ 239│指定管理者の指定について(霧島市牧園福祉給食センター,霧│     │


│  │  │島市隼人老人給食センター,霧島市福山老人給食センター) │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 95│ 240│指定管理者の指定について(霧島市霧島温泉健康増進交流セン│     │


│  │  │ター)                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 96│ 241│指定管理者の指定について(霧島市溝辺物産館)      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 97│ 242│指定管理者の指定について(霧島市横川特産品直売所・食材供│     │


│  │  │給施設)                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 98│ 243│指定管理者の指定について(霧島市福山ふくふくふれあい館)│     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 99│ 244│指定管理者の指定について(霧島高原国民休養地)     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 100│ 245│指定管理者の指定について(霧島高原国民休養地乗馬施設) │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 101│ 246│指定管理者の指定について(城山公園)          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 102│ 247│指定管理者の指定について(いきいき国分交流センター)  │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 103│ 248│指定管理者の指定について(サン・あもり)        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 104│ 249│指定管理者の指定について(溝辺上床運動公園)      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 105│ 250│指定管理者の指定について(国分運動公園)        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 106│ 251│指定管理者の指定について(国分総合プール)       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 107│ 252│指定管理者の指定について(国分武道館)         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 108│ 253│指定管理者の指定について(横川運動公園)        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 109│ 254│指定管理者の指定について(牧園みやまの森運動公園)   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 110│ 255│指定管理者の指定について(隼人運動施設)        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 111│ 256│指定管理者の指定について(隼人松永運動施設)      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 112│ 257│指定管理者の指定について(福山運動公園)        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 113│ 258│財産の処分について(丸山前団地)            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 114│ 259│財産の処分について(赤水団地)             │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 115│ 260│市道路線の認定について                 │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 116│ 261│協定の締結について                   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 117│ 266│平成18年度霧島市一般会計補正予算(第1号)について   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 118│請願│JR九州に係る支援策の継続を求める請願書        │     │


│  │ 4│                            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 119│請願│業務の発注についての請願書               │     │


│  │ 5│                            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 120│請願│霧島市立図書館の書籍の購入方法改善についての請願書   │     │


│  │ 6│                            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 121│請願│次期定数改善計画の実施と義務教育費国庫負担制度の堅持を求│     │


│  │ 7│める意見書の採択要請について              │     │


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 122│陳情│集落道の整備促進に関する陳情書             │     │


│  │ 3│                            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 123│陳情│「霧島市中小企業融資制度」の創設についての陳情書    │     │


│  │ 4│                            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 124│陳情│霧島市中小企業融資制度借り入れに対する「信用保証料補助制│     │


│  │  │度」の創設についての陳情書               │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 125│陳情│「産業フェア」の再開についての陳情書          │     │


│  │ 6│                            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 126│陳情│「非核・平和宣言」の採択についての陳情書        │     │


│  │ 7│                            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 127│陳情│ずさんな米国牛肉の輸入に抗議し,BSEの万全な対策を求め│     │


│  │ 8│る陳情書                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 128│陳情│税金(血税)が無駄遣いされている談合入札に関わる陳情  │     │


│  │ 9│                            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 129│陳情│わかば会共同作業所と新事業体系に関する緊急陳情書    │     │


│  │ 10│                            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 130│ 267│請負契約の締結について(日当山小学校校舎改築建築工事(1│ 追 加 │


│  │  │工区))                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 131│ 268│請負契約の締結について(日当山小学校校舎改築建築工事(2│ 追 加 │


│  │  │工区))                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 132│ 269│請負契約の締結について(日当山小学校校舎改築建築工事(3│ 追 加 │


│  │  │工区))                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 133│ 270│請負契約の締結について(日当山小学校校舎改築建築工事(4│ 追 加 │


│  │  │工区))                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 134│ 271│損害賠償の額を定め和解することについて         │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 135│ 272│霧島市土地開発公社定款の一部変更について        │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 136│ 273│平成18年度霧島市一般会計補正予算(第2号)について   │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 137│  │一般質問 塩井川幸生君(★ページ)           │     │


│  │  │      ・過疎対策について             │     │


│  │  │      ・環境整備について             │     │


│  │  │      ・道路整備について             │     │


│  │  │      ・市の工事入札について           │     │


│  │  │     岡村一二三君(★ページ)           │     │


│  │  │      ・第3期介護保険事業計画について      │     │


│  │  │      ・養護老人ホームの設備改善と運営方針について│     │


│  │  │      ・横川健康温泉センターの外壁補修工事にかかる│     │


│  │  │       瑕疵担保期間について           │     │


└──┴──┴────────────────────────────┴─────┘





2.本日の出席議員は次のとおりである。


    1番  脇 元   敬 君      2番  松 元   深 君


    3番  秋 広 眞 司 君      4番  池 田 綱 雄 君


    5番  有 村 久 行 君      6番  徳 田 拡 志 君


    7番  山 浦 安 生 君      8番  神 園 三 郎 君


    9番  厚 地   覺 君     10番  徳 田 芳 郎 君


   11番  宮之原   稱 君     12番  黒 木 更 生 君


   13番  中 重 真 一 君     14番  四 元 寿 満 君


   15番  新 橋   実 君     16番  仮 屋 国 治 君


   17番  林 薗 澄 男 君     18番  脇 元   操 君


   19番  植 山 利 博 君     20番  上 鍋 正 光 君


   21番  塩井川 幸 生 君     22番  久 保 史 郎 君


   23番  岡 村 一二三 君     24番  島 廻 一 心 君


   25番  木野田 恵美子 君     26番  山 神 生 人 君


   27番  池 田   守 君     28番  下深迫 孝 二 君


   29番  栫 井 成 孝 君     30番  吉 永 民 治 君


   31番  今 吉 歳 晴 君     32番  尾 崎 東記代 君


   33番  木 場 幸 一 君     34番  浦 野 義 仁 君


   35番  池 田   靖 君     36番  細山田 為 重 君


   37番  蔵 原   勇 君     38番  田 代 昇 子 君


   39番  前川原 正 人 君     40番  窪 田   悟 君


   41番  川 畑 征 治 君     42番  深 町 四 雄 君


   43番  時 任 英 寛 君     44番  中 村 幸 一 君


   45番  西 村 新一郎 君     46番  宮 内   博 君


   47番  徳 田 和 昭 君     48番  川 畠   暁 君





3.本日の欠席議員は次のとおりである。


   な し





4.地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。


 市     長   前 田 終 止 君   助     役  南   洋 海 君


 助     役   福 永 いたる 君   総 務 部 長  西 重 正 志 君


 企 画 部 長   藤 田   満 君   生活環境部長   林   兼 行 君


 保健福祉部長    福 盛 安 美 君   農林水産部長   東   邦 雄 君


 商工観光部長    長 崎   薫 君   建 設 部 長  秋 窪 直 哉 君


 工事監査部長    大 井   正 君   まちづくり調整監 内   達 朗 君


 会計管理部長    池 田 和 弘 君   横川総合支所長  野 間   匠 君


 総務部次長兼    南 田 吉 文 君   行政改革推進監  山 口   剛 君


 総務課長


 企画部次長兼    福 原   平 君   生活環境部次長  杢 田 耕 一 君


 企画政策課長


 保健福祉部次長   今 村 恭 一 君   農林水産部次長  鈴 木 重 成 君


                       兼農政畜産課長


 商工観光部次長   柳 田 秀 徳 君   建設部次長    塩入谷 政 秋 君


 兼商工労政課長


 工事監査部次長   沼 口 輝 実 君   職 員 課 長  津 曲 正 昭 君


 兼検査課長


 管 財 課 長   山 下 英 博 君   財 政 課 長  平 野 貴 志 君


 行政改革推進課長  濱 ? 正 治 君   地域振興課長   馬 場 勝 芳 君


 情報政策課長    上脇田   寛 君   環境衛生課長   川 村 直 人 君


 高齢・障害福祉課長 西     剛 君   土 木 課 長  中 村 順 二 君


 都市整備課長    篠 原 明 博 君   下水道課長    三 嶋 辰 雄 君


 契 約 課 長   山 下 英 男 君   横川総合支所   吉 田 ? 文 君


                       保健福祉課長


 教  育  長   古 川 次 男 君   教 育 部 長  吉 永 冨城夫 君


 教育部次長兼    石 塚 義 人 君   学校教育課長   村 田 研 史 君


 教育総務課長


 国分図書館長    木佐木 美 月 君





5.会議に出席した議会事務局の職員は次のとおりである。


 議会事務局長    成 枝 靖 夫 君   議事調査課長   谷 山 忠 憲 君


 議事調査課課長   山 元 春 行 君   書    記   赤 塚 孝 平 君


 補佐兼議事係長


 書    記    井 上 寛 昭 君   書    記   米 元 利 貴 君





6.会議のてん末は次のとおりである。





              「開 議  午前10時00分」


○議長(西村新一郎君)


 ただいまの出席議員は48名であります。したがって,定足数に達しておりますので,直ちに本日の会議を開きます。お手元に配付しました議事日程に基づき会議を進めてまいります。それでは,議事に入ります。





  △ 日程第1 議案第 151号 平成17年度国分市一般会計歳入歳出決算認定について


                より


    日程第52 議案第 202号 平成17年度隼人町病院事業会計決算認定についてまで


                一括上程





○議長(西村新一郎君)


 日程第1,議案第151号,平成17年度国分市一般会計歳入歳出決算認定についてより日程第52,議案第202号,平成17年度隼人町病院事業会計決算認定についてまで以上52件を一括し議題とします。この52件については決算特別委員会に付託となっておりましたので,委員長の報告を求めます。


○決算特別委員長(蔵原 勇君)


 皆さんおはようございます。去る3月30日の本会議において決算特別委員会に付託されました旧1市6町の一般会計及び特別会計の決算認定に関する議案52件についての審査の経過と報告をいたします。まず審査の期間は前半と後半に分けて審査をいたしました。前半は4月17日から現地調査を含め4月21日までの5日間,後半は5月8日から5月16日まで延べ12日間慎重に審査をいたしました。議案第151号から議案第202号まで順次報告いたします。まず最初は議案第151号,平成17年度国分市一般会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。歳入は予算現額251億6,993万8,900円で,調定額177億4,944万8,720円で,収入率は調定額に対して74.1%であります。次に,歳出は予算現額251億6,093万8,900円に対して支出済額115億7,681万8,112円で執行率は46%であります。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,中心市街地の活性化事業計画等施政方針に掲げた成果はどの程度反映しているかの質疑には,事務事業など合併調整が図られてきたと思っている。中心市街地活性化につきましては当初の計画どおり現在もなお完成に向けて事業が進められているとの答弁。滞納繰越分についてはどのような対応をしているのかの質疑には,納税義務者に分納相談等をしている。また,財産調査等を行い,差し押さえられる財産等は差し押さえ等もしているとの答弁。合併浄化槽の補助は対象外の判断基準はどのように定めているかの質疑には,実施計画7年以上の所を補助区域としているとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑出されました。反対討論が出されました。1市6町の一般会計に反対する第1の理由で,旧国分市だけでなく,ほかの6町に相通ずるものであるということであります。旧国分市では,当初予算電算システム統合事業に対して5億3,239万3千円を計上いたしており,第2に中心市街地活性化事業に対して事業費に2億416万7千円について,当時の市長は山形屋新店舗建設に合わせて拠点地区整備や周辺施設整備等一体的に行うことを施政方針で明らかにしており,市役所周辺には山形屋開業まで合わせて690台の駐車場が整備されており,基本的には必要な駐車場は山形屋であっても当然整備をすべきだという立場であり,本決算に対しては反対するとの討論,また,賛成討論の中で,行政効果の高まりや,また限られた財源,効率のいい行政事務を執行するためにはスケールメリットを生かし,この1市6町というこの地域にあっては大変理想的な,合理的な合併を進める中で電算システムの構築や中心市街地の整備など時期を得た事業が展開されてきたものだと考え,非常に歴史の大きな転換期を迎えるにあたり,11月6日打ち切り決算でありますが,効率のよい事業が展開されたと十分に認識するところである。今回の決算については原案のとおり認定すべきとの賛成討論もあり,採決の結果,議案第151号は賛成多数で認定すべきものと決定しました。次に,議案第152号,平成17年度国分市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。歳入について予算現額40億7,192万円,調定額38億4,796万9,757円,収入済額21億9,010万9,350円,収入率は調定額に対して56.9%である。歳出は予算現額40億7,192万円に対して支出済額23億3,279万8,486円,執行率は57.3%であります。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,17年度の期間中における法定減免の現状はの質疑には,2割の法定減免者は申請主義だが,資格者に対して電話などいろいろな方法で申請するように連絡をしている。平成14年度は50%ぐらいの申請であったが,平成17年度の11月現在で申請率86%になっているとの答弁。申請減免の規定の実績はどのようになっているかの質疑には,20件申請があって,すべて許可されているとの答弁。応能・応益割の比率はの質疑には,応能割48.11%,応益割51.89%であるとの答弁。2割制度の活用を選択しながら応益負担を少なくする議論はなかったかの質疑には,資産割を含めた応益・応能を含めてこの1年間見直していくという状況であるとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑が出されました。また,委員から1市6町の国保会計の審査を行ってきた経緯があるが,応益割51.89%,応能割48.11%の比率となり,応益割の負担が大きく,このことは自営業者,農家など低所得者がたくさん加入している特徴を持っており,国保の負担が重くなるということは累進課税方式原則から見ても認めることができず,また,法定減免も国分市にあったが,担税力を超える国保負担には耐え難いものがあり,さらには短期保険証1,612件,資格証明書139件は,国保第1条で明記されている制度から見ても大きく後退しているとの反対討論がありましたが,採決の結果,議案第152号については賛成多数で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第153号,平成17年度国分市老人保健医療特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。歳入予算現額は49億2,045万2千円で,調定額44億8,744万8,635円,収入済額25億7,076万2,909円で,収入率は調定額に対して57.3%,歳出は予算現額49億2,045万2千円に対して支出済額25億4,187万1,955円で執行率は51.7%である。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,老人医療費抑制施策はの質疑には,国分市が取り組んだ事業としては,レセプト点検,医療費通知などであるとの答弁。医療費通知による行政効果についての質疑には,コスト意識を持ってもらう目的であるとの答弁でした。そのほかにいろいろな質疑も出されましたが,採決の結果,議案第153号については全会一致で認定すべきものと決定しました。次に,議案第154号,平成17年度国分市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算認定について報告をいたします。歳入予算現額1,490万円,調定額,収入済額とも825万7,179円で収入率は調定額に対して100%である。歳出予算現額1,490万円に対して支出済額581万3,443円で執行率39.0%である。執行部よりこの制度は昭和43年国分市条例第23号としてできたもので,交通事故による死傷者を救済し,併せて市民生活安定と福祉の増進を図るためにできた制度であるとの説明の後質疑に入り,いろいろと質疑が出されましたが,採決の結果,議案第154号については全会一致で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第155号,平成17年度国分市介護保険特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。歳入予算現額22億3,181万9千円,調定額20億5,766万2,175円,収入済額11億5,438万9,435円で収入率は調定額に対して56.1%である。歳出予算現額22億3,181万9千円に対して支出済額10億4,603万1,581円で執行率は46.9%である。介護保険料徴収状況は打ち切り決算のため46.6%である。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,介護保険制度の市独自の軽減の実績はの質疑には,国分市では,収入80万円以下,預貯金120万円以下,一人あたりで,こういう条件を満たす方々について第2段階の保険料を第1段階に引き下げという軽減措置を設けている。合併までの間に8名の方が申請をして軽減されたとの答弁。滞納繰越分の徴収見込みはあるかとの質疑には,分納をお願いし,部分的に差し押さえもしているとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑が出されました。また,委員から介護保険制度そのものは国の制度であるが,金銭的負担である保険料の負担と介護保険料の負担で低所得者にとっては二重の負担となり,金がなければ介護を受けられない矛盾がある。保険料の減免や利用しやすい利用料減免など本会計に反映されていないとの趣旨での反対討論及び1市6町合併した時の介護保険の準備基金についても当初予定どおりの準備基金を霧島市に引き継ぐなど安定した運営がされているとの賛成討論もあり,採決の結果,議案第155号は賛成多数で認定すべきものと決定しました。次に,議案第156号,平成17年度溝辺町一般会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額41億2,569万1千円で,4億3,525万5千円を追加補正し,前年度から繰越額5億6,619万2千円を加えて最終予算額は51億2,713万8千円であります。収入済額25億5,272万2,400円から支出済額23億82万178円を差し引いた実質収支は2億5,190万2,222円の黒字である。単年度収支は1億5,191万4,294円の黒字になっています。滞納繰越分の徴収率は13.3%である。執行部の説明の後に質疑に入り,いろいろと質疑が出されましたが,委員会より溝辺の学校給食において地元の産品を非常に使っている。今後霧島全市に及ぶような地産地消を進めていただきたい。また,地元の商工者の仕入れなど,野菜に限らず,魚,肉,極力地元商店街,商店から仕入れられる物については地産地消に合わせて推進してほしいということを強く要望します。また,一般常識で考えるよりも高い商品を買っている所もある。少しでも安く買う努力,経費削減する努力をしてほしいとの意見や公に高く納められるという考え方があるからすべてにおいてコスト意識を持ってほしいとの強い意見が出されました。採決の結果,議案第156号は賛成多数で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第157号,平成17年度溝辺町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額7億3,083万円に1,249万9千円追加補正をし,最終予算現額は7億4,332万9千円であります。収入済額4億3,010万1,512円から支出済額4億5,065万5,567円を差し引いた実質収支は2,055万4,055円の赤字であります。単年度収支も5,333万3,081円の赤字になっています。また,国民健康保険基金は前年度末残高1億5,666万8,334円に,当年度は国民健康保険事業特別会計への繰入金3千万円の取り崩しと積立金42万1,616円で2,957万8,382円減少し,年度末残高は1億2,708万9,952円になっています。執行部の説明の後質疑に入り,いろいろと質疑も出されましたが,採決の結果,議案第157号は全会一致で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第158号,平成17年度溝辺町老人保健特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額8億7,200万2千円に941万4千円を追加補正し,最終予算現額8億8,141万6千円であります。収入済額4億8,753万3,233円から支出済額4億8,172万7,168円を差し引いた実質収支は580万6,065円の黒字であります。単年度収支も同じく同額黒字であります。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,医療費抑制のための独自の施策についてはの質疑には,溝辺町は嘱託を雇っていた。栄養士さんの方にレセプトの方で抽出していただいた方に検診,食生活の指導をしていただく。また,在宅の看護師さんに高齢者の訪問をしていただいていたとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑出されましたが,採決の結果,議案第158号は全会一致で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第159号,平成17年度溝辺町空港県営駐車場管理事業特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。歳入予算現額は5,207万円で,調定額,収入済額とも2,978万5,103円で,収入率は予算現額に57.2%である。調定額に対して100%,歳出予算現額は5,207万円に対しまして支出済額2,521万9,798円で執行率は48.4%になっております。執行部の説明の後質疑に入り,いろいろと質疑が出されましたが,採決の結果,議案第159号は全会一致で認定すべきものと決定いたしました。なお,委員から県の財政も大変厳しく霧島市の財政も厳しい中で運営委託料であるが,委託料の引き上げ交渉はできないか。財政確保につながるものではないかとの強い意見がありました。次に,議案第160号,平成17年度溝辺町麓第一土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額は5,323万1千円で,補正はなく,最終予算現額も同額であります。収入済額1,365万356円から支出済額179万6,725円を差し引いた実質収支は1,185万3,631円の黒字になっております。単年度収支も1,119万8,400円の黒字であります。執行部より説明の後質疑に入り,いろいろと質疑出されましたが,採決の結果,議案第160号は全会一致で認定すべきものと決定いたしました。なお,委員から麓第一区画整理事業の保留地の処分について,諸々の経済状況の条件の中で大変厳しい条件にあろうかと思うが,保留地の処分にはより一層特段の努力をしていただきたいとの意見がありました。次に,議案第161号,平成17年度溝辺町介護保険特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額5億1,271万4千円に2,047万3千円を追加補正し,最終予算現額は5億3,318万7千円であります。収入済額2億5,585万7,593円から支出済額2億3,045万4,771円を差し引いた実質収支は2,540万2,822円の黒字であります。単年度収支も492万9,074円の黒字になっています。執行部の説明の後質疑に入り,いろいろと質疑が出されました。また,委員から低所得者に対する減免規定が設けられていないとの趣旨の反対討論もあり及び賛成討論もあり,採決の結果,議案第161号は賛成多数で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第162号,平成17年度横川町一般会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算現額28億5,502万3千円に14億939万4千円を追加補正し,前年度から繰越額8,610万1千円に加えて最終予算額は43億5,051万8千円であります。収入済額27億5,998万306円から支出済額23億218万8,152円を差し引いた実質収支は4億5,779万2,154円の黒字となっています。単年度収支は3億6,249万6,570円の黒字である。町税の徴収率は調定額に対し69.5%になっております。執行部の説明の後に質疑に入り,主な質疑では,宝くじ協会から6,200万円近い助成が入っているが,これを原資に丸岡公園のスロープカー新設事業に充当されているが,対象事業,町の財政状況など使い道に制限があるのかの質疑には,宝くじ事業として補助される事業である。普通宣伝効果の高いものという位置付けの下に交付されるとの答弁。納税は義務だという意識を植え付けることが非常に大事だと思う。17年度の状況の中でそういった取り組みはなされたかの質疑には,臨戸訪問を繰り返しながら納税の意識を高めるということを考えて特に年度末徴収に努力をしたとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑が出されましたが,採決の結果,議案第162号は賛成多数で認定すべきものと決定しました。次に,議案第163号,平成17年度横川町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について報告いたします。当初予算額6億1,172万7千円に1,005万8千円を追加補正し,最終予算額は6億2,178万5千円であります。収入済額3億2,439万8,173円から支出済額3億886万5,210円を差し引いた実質収支は1,553万2,963円の黒字となっております。単年度収支は4,468万3,069円の赤字となっています。収入率は予算現額に対して55.2%,調定額は82%であります。予算現額6億2,178万5千円に対して支出済額3億886万5,210円で執行率は49.7%となっております。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,横川町健康保健センターについては,民生費の中で町のお金を払って管理を社協に委託している。町がお金を出している施設に国保加入者だけが補助の恩恵を受けていたということであるが,共済,ほかの社会保険の方はどのようなサービスを受けられたのかの質疑には,国民健康保険の特別会計事業の一環として事業を行った。社会保険の方々はそれぞれ事業があるであろうということで事業を実施した。今後は温泉の国保における利用券はないとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑が出されました。また,委員から反対討論もありましたが,採決の結果,議案第163号は賛成多数で認定すべきものと決定しました。次に,議案第164号,平成17年度横川町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額9,044万5千円に対して1,844万3千円を追加補正し,最終予算現額は1億888万8千円であります。収入済額6,676万4,544円から支出済額6,076万8,594円を差し引いた実質収支は599万5,950円の黒字となっています。この額から前年度の実質収支624万3,075円を差し引いた単年度収支は24万7,125円の赤字決算となっています。予算に対する収入率は61.3%で執行率は55.8%であります。執行部の説明の後質疑に入り,いろいろと質疑が出されましたが,採決の結果,議案第164号は全会一致で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第165号,平成17年度横川町老人保健(医療)特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額9億8,762万5千円に607万円を追加補正し,最終予算現額は9億9,369万5千円であります。収入済額4億8,037万3,958円から支出済額4億7,557万2,090円を差し引いた実質収支は480万1,868円の黒字であります。単年度収支は402万3,346円の黒字となっております。収入率は予算現額に対して48.3%です。調定額に対して100%であります。執行部の説明の後質疑に入り,いろいろと質疑が出されましたが,採決の結果,議案第165号は全会一致で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第166号,平成17年度横川町丸岡公園事業特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算現額6,955万7千円,600万6千円追加補正し,最終予算現額は7,556万3千円であります。収入済額4,919万2,802円から支出済額3,675万5,756円を差し引いた実質収支は1,243万7,046円の黒字であります。単年度収支も1,140万1,055円の黒字である。調定額4,952万7,754円,収入済額4,919万2,802円で,収入率は,予算現額に対して65.1%,調定額に対して99.3%である。執行率は48.6%になります。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,丸岡会館の利用収入は年間どれくらいかの質疑には,会館を利用した食事などに関する歳入は17年度で2,291万9千円程度であるとの答弁。そのほかいろいろと質疑が出されましたが,採決の結果,議案第166号は全会一致で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第167号,平成17年度横川町介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算現額5億6,354万1千円に754万5千円を追加補正し,最終予算現額は5億7,108万6千円になっております。収入済額3億957万6,790円から支出済額2億9,125万3円を差し引いた実質収支は1,832万6,787円黒字であります。単年度収支も1,077万9,815円の黒字となっています。調定額5億5,385万9,690円,収入済額3億957万6,790円で,収入率は調定額に対して55.9%であります。支出済額は2億9,125万3円で執行率は51%になっています。第一号被保険者の介護保険料の徴収率は42.6%であります。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,所得階層区分はどのようになっているかの質疑には,第1段階が43名,第2段階が1,315名,第3段階が336名,第4段階が82名,第5段階が54名となっているとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑が出されました。また,委員から保険料,利用料減免など町独自の減免規定の設置がされていないとの反対討論もありましたが,採決の結果,議案第167号は賛成多数で認定すべきものと決定しました。次に,議案第168号,平成17年度牧園町一般会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。歳入現額54億8,019万5,500円,調定額44億1,779万370円,収入済額38億2,799万9,574円で,収入率は調定額に対して86.6%であります。歳出現額は54億8,019万5,500円に対して支出済額30億3,671万3,388円で執行率55.4%となっております。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,現地調査をさせていただいた県道1号線の災害現場を見て被害の大きさや今後さらに梅雨を控えてその被害が繰り返されることはないか懸念している。維持管理,災害復旧については県が当たるべき性格のものであるが,私どものまちを通過する以上,霧島市の牧園は観光を重視し,基幹産業として位置付ける中で,あの道路の状況,長い間にわたって放置されていることは大変な問題がある。県との対応及び協議はどのようにされたのかの質疑には,県道1号線は丸尾からえびの方面に向かっての道路だと思います。産業振興にも影響がありまして,災害発生後直ちに担当課と当時の町長外県の栗野土木事務所にいろいろと早急に復旧につきましてはお願いをし,災害査定を受けて現在復旧のめどが立って工事の発注も終わっておりますとの答弁でした。また,この件については災害復旧に関しては早急な対応を求めるべきだと強い意見が委員会から出されております。そのほかいろいろと質疑が出されましたが,採決の結果,議案第168号は賛成多数で認定すべきものと決定しました。次に,議案第169号,平成17年度牧園町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。歳入予算現額10億4,736万3千円で,調定額7億1,753万133円で,収入済額5億5,096万4,888円で,収入率は調定額に対して76.8%であります。歳出予算現額10億4,736万3千円に対して支出済額6億3,504万100円で執行率は60.6%であります。執行部より国民健康保険税収納率は45%であると説明を受けた後質疑に入り,いろいろと質疑が出されました。また,委員から反対討論がありましたが,採決の結果,議案第169号については賛成多数で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第170号,平成17年度牧園町老人保健医療特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。歳入予算現額16億1,330万6千円,調定額,収入額とも8億5,351万円で,収入率は調定額に対して100%であります。歳出予算現額16億1,330万6千円に対して支出済額8億4,545万693円で執行率は52.4%であります。執行部の説明の後質疑に入り,採決の結果,議案第170号は全会一致で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第171号,平成17年度牧園町介護保険特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。歳入予算現額8億4,218万4千円で,調定額7億7,256万7,443円,収入済額4億3,476万9,143円で,収入率は調定額に対して56.3%である。歳出予算現額8億4,218万4千円に対して支出済額4億131万2,759円,執行率は47.7%であります。第一号被保険者の介護保険料の徴収率は48.3%である。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,所得階層区分ごとの対象人数状況はの質疑には,第一号被保険者の所得階層の人数は,第1段階が80名,第2段階が1,811名,第3段階が709名,第4段階が188名,次は第5段階が81名,計2,869名となっておりますとの答弁でした。ほかにもいろいろと質疑が出されました。また,委員から反対討論及び賛成討論もありましたが,採決の結果,議案第171号は賛成多数で認定すべきものと決定しました。次に,議案第172号,平成17年度牧園町水道事業特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。歳入予算現額1億8,802万9千円,調定額1億3,203万3,726円,収入済額1億2,593万7,044円で,収入率は調定額に対して95.4%であります。歳出予算現額1億8,802万9千円,支出済額8,606万6,756円,執行率は45.8%であります。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,企業明細書,借入事務明細書あるいは固定資産賃貸借対照表などとかそのようなものは提示されないのかの質疑には,簡易水道の中にも法的簡易水道事業と非法的簡易水道事業がありまして,平成17年度11月に合併化したということで,旧町の会計につきましては法律に関わらないということでそのような会計処理はしていないとの答弁でした。ほかにもいろいろ質疑が出されました。また,委員から反対討論もありましたが,採決の結果,議案第172号は賛成多数で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第173号,平成17年度牧園町国民休養地事業特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算現額2,514万8千円に513万4千円を追加補正し,最終予算現額は3,028万2千円で,収入済額2,430万4,236円,支出済額1,570万3,638円,差引実質収支は860万598円黒字である。単年度収支は294万8,842円の黒字になっております。執行部の説明の後質疑に入り,いろいろと質疑も出されましたが,採決の結果,議案第173号は全会一致で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第174号,平成17年度牧園町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算現額2億4,438万1千円に651万1千円を減額補正し,最終予算額は2億3,787万円であります。収入済額1億1,933万370円から支出済額1億1,868万8,515円を差し引いた実質収支は64万1,855円の黒字となっております。単年度収支も64万1,855円同額の黒字である。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,地域の受益者負担は?あたりの単価はどのようになっているのかの質疑には,受益者負担金につきましては1?あたり220円を掛け算出しているとの答弁でした。そのほかいろいろ質疑が出ました。また,委員から下水道事業における受益者負担は一括納入した場合に25%の報奨金が支払われている。公共下水道に共通するものであり,国分・隼人公共下水道事業においても前納報奨金20%となっている。この前納報奨金を大幅に減額をすること。そしてそのことによって生み出される収益は受益者負担の軽減のために活用すべきとの反対討論及び賛成討論もありましたが,採決の結果,議案第174号は賛成多数で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第175号,平成17年度霧島町一般会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額は34億436万1千円に1億7,471万1千円を追加補正し,前年度繰越額7,347万3千円を加え最終予算額は36億5,254万5千円であります。収入済額24億1,740万218円から支出済額18億249万4,347円を差し引いた本年度の実質収支は6億1,490万5,871円の黒字になっております。単年度収支は5億5,097万4,038円になっております。執行部より説明の後質疑に入り,主な質疑では,公債費比率,地方債残高どのようになっているかの質疑には,公債費比率は平成16年度19.8%という数字になっている。地方債残高は54億9,600万円になっているとの答弁。周遊バスを土曜日,日曜日に運行されたというが,これはいつ頃からされ,どのくらい予算措置が行われているのかの質疑には,周遊バスが今年で2年目になっている。実質の手出しの方は約40万円でありますとの答弁。温泉センターの管理委託ということで一般財源1,320万3千円を投入して運営しているが,このことについての基本的な考え方はの質疑には,町民の健康増進と私どもが考え,理解しているとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑もありましたが,採決の結果,議案第175号は賛成多数で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第176号,平成17年度霧島町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額6億2,913万4千円,4,441万8千円を追加補正し,最終予算現額は6億7,355万2千円になっております。収入済額3億6,211万3,652円から支出済額3億5,758万2,882円を差し引いた実質収支は453万770円で黒字となっております。単年度収支は2,437万4,249円の赤字である。執行部の説明の後いろいろと質疑が出されました。また,委員から反対討論及び賛成討論があり,採決の結果,議案第176号は賛成多数で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第177号,平成17年度霧島町温泉供給特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額8,254万5千円に406万2千円を追加補正し,最終予算額8,660万7千円であります。実質収支は903万204円の黒字となっております。単年度収支も607万4,169円の黒字となっています。温泉供給事業基金前年度末残高1,148万2千円に10万円を積み立てて本年度1,158万2千円になっております。執行部の説明の後質疑に入り,いろいろと質疑がありましたが,採決の結果,議案第177号は全会一致で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第178号,平成17年度霧島町老人保健特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額8億8,003万円に1,365万7千円を追加補正し,最終予算現額8億9,368万7千円になっている。収入済額4億5,486万4,920円から支出済額4億4,830万3,093円を差し引いた実質収支は656万1,827円の黒字となっています。執行部の説明の後質疑に入り,いろいろな質疑が出されましたが,採決の結果,議案第178号は全会一致で認定すべきものと決定しました。次に,議案第179号,平成17年度霧島町介護保険特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額は4億9,972万6千円に493万9千円を追加補正し,最終予算現額5億466万5千円になっています。単年度収支は508万7,482円の黒字となっています。介護基金は前年度末残高308万9千円に,当年度は平成16年度介護保険特別会計の繰入金229万8千円を取り崩し,本年度末残高は79万1千円であります。第一号被保険者の介護保険料の徴収状況は46.2%の徴収率であります。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,食事代差額支給ということで支出されているが,この内容はどのようになっているのかの質疑には,食事代差額は,通常の老人保健の方であれば病院に入院した時1日あたり780円の食事代を実際かかっていた日数だけ支払うことになる。非課税世帯で減額対象になる方であれば申請をして差額を払い戻しをしているとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑が出されましたが,また,委員から反対討論もありましたが,採決の結果,議案第179号は賛成多数で認定すべきものと決定しました。次に,議案第180号,平成17年度霧島町水道特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額1億3,538万5千円に2,444万2千円を追加補正し,最終予算現額は1億5,982万7千円である。収入済額9,982万3,484円から支出済額8,030万1,013円を差し引いた実質収支は1,952万2,471円の黒字である。単年度収支も507万9,913円の黒字になっております。17年度の収入率62.5%に対して執行率は50.2%となっております。執行部の説明の後,委員よりいろいろ質疑が出されましたが,採決の結果,議案第180号は全会一致で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第181号,平成17年度隼人町一般会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額102億5千万円に6億573万6千円を追加補正し,前年度からの繰越額1億838万1千円を加え最終予算額は109億6,411万7千円である。収入済額61億765万3,102円から支出済額57億1,629万1,730円を差し引いた実質収支は3億9,136万1,372円の黒字であります。この額から前年度の実質収支2億3,536万7,387円を差し引いた単年度収支は1億5,599万3,985円の黒字決算である。収入率は,予算現額に対して55.7%,調定額に対して77.8%であります。町税の徴収率は調定額に対して62.8%で収入済額14億3,083万4,074円になっております。また,滞納繰越分の徴収率は,調定額3億3,792万7,255円に対して収入済額2,326万113円で徴収率は6.9%となっている。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,都市計画税滞納繰越分が大きな額を占めている。主な原因は何かの質疑には,リストラ退職などが多く,そのような関係上大口滞納繰り越しは出る。税だけではなく,あらゆる金融機関からの負債があり,町民税だけではなく,国保税,固定資産税などすべての未収入になり,結局徴収できない。滞納繰り越しを繰り返すことになっているとの答弁。税の徴収率の向上対策についての質疑には,2名一組で4班から5班に分けて徴収をしていただき,ベテランと新人という形で臨戸徴収に心がけた。また,納税専門官という税に長年いて詳しい係長職を2名を配置し,未納の解消を図ってきたとの答弁。旧隼人町では財政健全化計画の下にこれまで進めてきた。しかし,地方交付税削減など経常収支比率は92.5%,平成14年度の段階では86.9と約6%ほどの状況が悪化していることになると思いますが,経常収支比率がこういう状況になってきた主な理由はどのように分析しているかの質疑には,16年度は5,800万円相当増えております。そのうち臨時的経費は2,400万円の減でしたが,逆に経常的経費が8,200万ほど増加しております。この8,200万円の内訳として,本来なら特定財源が欲しいところですが,8千万円のうち280万円しか特定財源が増えなかったということが,経常経費に充当した一般財源が7,900万円相当多くかかってしまったということで,計算上の分母となる一般財源収入額が減ったということであるとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑が出されました。また,委員から反対討論及び賛成討論がありましたが,採決の結果,議案第181号は賛成多数で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第182号,平成17年度隼人町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額30億3,934万円に8億6,998万2千円を追加補正し,最終予算現額は31億2,601万6千円であります。収入済額16億8,455万3,271円から支出済額17億3,992万7,836円を差し引いた実質収支は5,537万4,565円の赤字である。単年度収支も1億4,232万3,481円の赤字であります。歳入調定額23億5,679万4,691円,収入率は調定額に対して71.5%となっております。予算現額に対して支出済額17億3,992万7,836円で執行率は55.7%であります。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,国保会計法定減免7割,5割,2割の軽減世帯はどれだけか。また,被保険者数はどれだけかの質疑には,法定減免の7割世帯数で2,899,人数が4,365人,5割では世帯数が250で人数が765,次は2割世帯が711,人数につきましては1,462人です。また,町独自の減免17件の減免額については68万7千円減免しているとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑がありました。また,委員から反対討論及び賛成討論もありましたが,採決の結果,賛成多数で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第183号,平成17年度隼人町老人保健特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額37億4,259万3千円に補正はなく,最終予算現額も同額である。収入済額20億5,349万8,658円から支出済額20億4,569万2,980円を差し引いた実質収支は780万5,678円の黒字である。収入率は調定額に対して100%であります。予算現額37億4,259万3千円に対して支出済額20億4,569万2,980円で執行率54.7%になっております。執行部の説明の後質疑に入り,いろいろと質疑が出されましたが,採決の結果,議案第183号は全会一致で認定すべきものと決定しました。次に,議案第184号,平成17年度隼人町介護保険特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額20億1,475万9千円に702万8千円を追加補正し,最終予算額20億2,178万7千円,調定額12億298万926円,収入済額10億3,875万4,726円で,収入率は予算現額に対して51.4%,調定額に対して86.3%である。収入済額を前年度の収入済額19億203万5,664円に比較すると8億6,328万938円の減である。収入済額には還付未済額16万9,200円が含まれている。歳出は予算現額20億2,178万7千円に対して支出済額9億9,196万5,940円で執行率49.1%となっております。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,所得段階ごとの人数はどのようになっているかの質疑には,第1段階,特別徴収者が71人,普通徴収者が108人,第2段階,特別徴収者は3,588人,普通徴収者が670人,第3段階,特別徴収者1,553人,普通徴収者が335人,第4段階,特別徴収者が818人,普通徴収者が134人,第5段階が370人,普通徴収者87人となっており,合計7,704人になっているとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑が出されました。また,委員から反対討論もありましたが,採決の結果,議案第184号は賛成多数で認定すべきものと決定しました。次に,議案第185号,平成17年度隼人町住宅新築資金等特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額4,347万2千円で,補正はなく,最終予算現額も同額である。収入済額2,503万8,346円から支出済額2,140万2,679円を差し引いた実質収支は363万5,667円の黒字である。この額から前年度の実質収支0円を差し引いた単年度収支は363万5,667円の同額黒字である。収入率は調定額に対して8%である。歳出は支出済額2,140万2,679円で執行率は49.2%であります。執行部より説明の後質疑に入り,主な質疑では,議案第185号の趣旨がどのようなものかの質疑には,同和対策事業の一環として国の施策の中にある。改修事業は,新築が15年,宅地が25年償還である。金額は50万円から710万円が最高額だと思う。50年度貸し付け以降の件数は212件,8億4,150万円で,人員137名であるとの答弁でした。そのほかいろいろな質疑が出されました。また,委員から2002年に同和対策特別事業が廃止されて一般事業に移行してきた。対象地域との垣根を取り払い,市民の混住化が促進される対策を推し進めることによって差別問題を解消する取り組みを今後とも引き続き進めていかなければならないと強く感じている。このような経過の下,本案については反対であるとの反対討論及びこの事業については大変困難を極め,資金の回収を続けなければならないわけでありますが,今後とも引き続き積極的な資金の回収に特段の努力を求め,この事業については一定の理解を示すべきであるという観点からこの議案については賛成するとの賛成討論もありましたが,採決の結果,議案第185号は賛成多数で認定すべきものと決定しました。次に,議案第186号,平成17年度隼人町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額590万5千円,補正はなく,最終予算現額も同額である。収入済額485万5,240円から支出済額407万7,035円を差し引いた実質収支は77万8,025円の黒字である。歳入は調定額に対して99.6%であります。歳出は支出済額407万7,035円で執行率は69.0%となっております。執行部の説明の後質疑に入り,いろいろと質疑が出されました。採決の結果,議案第186号は全会一致で認定すべきものと決定しました。次に,議案第187号,平成17年度福山町一般会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額31億9,100万円に3億3,358万8千円を追加補正し,前年度からの繰越金490万円を加えて最終予算額は35億2,948万8千円となっております。収入済額25億4,938万2,564円から支出済額20億3,071万9,132円を差し引いた本年度の実質収支は5億1,866万3,432円の黒字である。単年度収支は3億7,865万621円の黒字であります。町税の徴収率は調定額に対して55.5%である。前年度に対して22.7ポイント減少しております。執行部より説明の後質疑に入り,主な質疑では,徴収率を上げないと今後の霧島市にとって影響が出る恐れがある。「固定資産税の1企業の滞納が主な理由」と言われたけど,この企業に対してどのような見通しが立っているかの質疑には,競売も始まっていて何回かある。まだ景気が冷え込んで,債権者が財務省ですので,国税と並んでやっている状況であるとの答弁でした。報償費が310万5千円計上してあるが,地域の活性化を図るため措置と思うが,どのような活性化が図られたかの質疑には,納税奨励金廃止などがあり,各集落も非常に運営が厳しいということで運営補助的な考えで支出したとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑が出されました。また,委員から反対討論もありましたが,採決の結果,議案第187号は賛成多数で認定すべきものと決定しました。次に,議案第188号,平成17年度福山町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額10億3千万円に9,962万円を追加補正し,最終予算現額は11億2,962万円であります。収入済額5億7,020万3,754円から支出済額5億8,332万1,861円を差し引いた実質収支は1,311万8,107円の赤字である。単年度収支は1億889万130円の赤字である。国民健康保険税の徴収状況は,一般被保険者,退職被保険者など徴収率は40.7%であります。執行部の説明の後質疑に入り,いろいろと質疑が出されました。また,委員から反対討論もありましたが,採決の結果,議案第188号は賛成多数で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第189号,平成17年度福山町老人保健医療特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額13億2,164万6千円に1,595万1千円を追加補正し,最終予算現額13億3,759万7千円であります。収入済額7億5,338万1,385円から支出済額7億3,521万2,749円を差し引いた実質収支は1,816万8,636円の黒字であります。単年度収支は1,759万9,993円の黒字であります。予算に対する収入率は56.3%であります。執行率は55.0%であります。執行部の説明の後委員よりいろいろ質疑が出されました。採決の結果,議案第189号は全会一致で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第190号,平成17年度福山町介護保険特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額4億2,252万1千円に2,073万9千円を追加補正し,最終予算現額は4億4,326万円であります。収入済額2億8,270万2,484円から支出済額2億1,246万2,470円を差し引いた実質収支は7,024万14円の黒字となっております。単年度収支は5,134万4,198円の黒字であります。予算に対する収入率は63.8%,執行率は47.9%となっております。執行部の説明の後質疑に入り,いろいろと質疑が出されました。また,委員から反対討論及び賛成討論もありましたが,採決の結果,賛成多数で認定すべきものと決定しました。次に,議案第191号,平成17年度福山町水道特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額2億5,825万2千円に1,245万7千円を減額補正し,最終予算現額は2億4,579万5千円になっております。収入済額1億1,017万8,703円から支出済額9,619万8,439円を差し引いた実質収支は1,398万264円の黒字である。単年度収支は645万1,802円の黒字となっています。予算に対する収入率は44.8%,執行率は39.1%であります。執行部の説明の後質疑に入り,いろいろと質疑が出されました。また,委員から地方交付税算定基礎となる基準財政需要額は十分な措置が施されていないとの反対討論もありましたが,採決の結果,議案第191号は賛成多数で認定すべきものと決定しました。次に,議案第192号,平成17年度福山町公共土木用地先行取得事業等特別会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額2,439万5千円に補正はなく,最終予算現額も同額である。収入済額2,438万122円から支出済額1,228万444円を差し引いた実質収支は1,209万9,678円の黒字であります。単年度収支は1,209万8,562円の黒字であります。予算に対する収入率は99.9%,執行率は50.3%であります。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,開発公社とのすみ分けはどのような形でやっているかの質疑には,先行取得事業債という起債の観点から,この起債は,地価の高騰に対処し,用地を先行取得することによって公共事業の円滑かつ効率的な執行を図ることを目的としているとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑が出されましたが,採決の結果,議案第192号は全会一致で認定すべきものと決定しました。次に,議案第193号,平成17年度国分地区消防組合一般会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額17億8,240万円に2億189万8千円を追加補正し,最終予算現額は19億8,429万8千円であります。収入済額11億6,844万5,698円から支出済額10億9,796万3,525円を差し引いた実質収支は7,048万2,173円の黒字である。単年度収支は2,920万8,553円の黒字となっております。執行部の説明の後質疑に入り,いろいろな観点で質疑が出されました。採決の結果,議案第193号は全会一致で認定すべきものと決定しました。次に,議案第194号,平成17年度国分地区衛生管理組合一般会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額33億9,360万円に9,882万6千円を追加補正し,最終予算現額は34億9,242万6千円であります。収入済額10億5,950万1,128円から支出済額5億2,286万1,019円を差し引いた実質収支は5億3,664万109円の黒字であります。単年度収支は1億5,265万637円の黒字であります。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,当初見込んでいた自家発電による場内での電力を補う計画で,現状ではどのようになっているかの質疑には,売電はできていない。3分の2程度は自家発電で補っているとの答弁。専門会社から常駐している。年間で費用はどれくらいかの質疑には,24時間勤務で,人数26名で,金額は1億3,786万5千円と答弁され,焼却した後の飛灰は焼却数量の何%残るかの質疑には,焼却した量の5から6%残っているとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑が出されました。また,委員から反対討論及び賛成討論もありましたが,採決の結果,議案第194号は賛成多数で認定すべきものと決定しました。次に,議案第195号,平成17年度牧園・横川町衛生管理組合一般会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額1億3,645万7千円に318万4千円を追加補正し,最終予算現額は1億3,964万1千円であります。収入済額1億653万2,860円から支出済額7,226万8,185円を差し引いた実質収支は3,426万4,675円の黒字であります。単年度収支は2,613万4,830円の黒字であります。執行部の説明の後に質疑に入り,主な質疑では,汚泥肥料として年度どのくらい販売できるのかの質疑には,年間約2,200t(P★で訂正あり)販売しているのが現状だとの答弁でした。そのほかいろいろ質疑がありましたが,採決の結果,議案第195号については全会一致で認定すべきものと決定しました。次に,議案第196号,平成17年度国分・隼人公共下水道組合一般会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額16億4,600万円に3,171万5千円を追加補正し,最終予算現額は16億7,771万5千円である。収入済額6億7,904万4,456円から支出済額6億1,287万9,818円を差し引いた実質収支は6,616万4,638円の黒字である。単年度収支は669万6,768円赤字であります。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,受益者負担金430円を見直す計画の年度はいつ頃になるかの質疑には,現認可が完了する平成21年3月まで現制度を継続していくとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑が出されました。また,委員から反対討論及び賛成討論もありましたが,採決の結果,議案第196号は賛成多数で認定すべきものと決定しました。次に,議案第197号,平成17年度姶良東部地方卸売市場管理組合一般会計歳入歳出決算認定についての報告をいたします。当初予算額4,775万1千円に補正はなく,最終予算額も同額である。収入済額3,711万9,238円から支出済額1,458万744円を差し引いた実質収支は2,253万8,494円の黒字である。単年度収支は2,104万3,182円の黒字であります。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,使用料の減免について見直しも必要ではないかとの質疑には,使用料減免について要請もあり,検討されているとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑が出されましたが,採決の結果,議案第197号は全会一致で認定すべきものと決定しました。次に,議案第198号,平成17年度国分市水道事業会計決算認定についての報告をいたします。まず収入は予算現額8億8,064万7千円に対して決算額は5億3,048万9,815円で収入率60.2%である。支出は予算現額7億9,251万3千円に対して決算額は4億2,955万1,994円で執行率は54.2%である。執行部の説明の後に質疑に入り,主な質疑では,基金的な取り扱いができる金額は幾らぐらいかとの質疑には,利益剰余金の中の合計額5億6,911万9,939円が基金的な取り扱いができると思うとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑が出されましたが,採決の結果,議案第198号は全会一致で認定すべきものと決定しました。次に,議案第199号,平成17年度国分市工業用水道事業会計決算認定についての報告をいたします。収入予算現額703万7千円に対して決算額388万3,695円で収入率は55.2%であります。支出は予算現額703万7千円に対して決算額316万3,309円で執行率は45%であります。執行部より説明の後いろいろと質疑が出されましたが,委員から今後内部留保資金をしっかりとしたものを持っていなければならないと思うが,現在の水道の供給単価が安いと思われる。一般会計から繰り入れもなされているが,企業会計として今後やっていくためには内部留保資金が確保できるような価格が設定が大事なことではないかとの強い意見も出されました。また,委員から反対討論及び賛成討論もあり,採決の結果,議案第199号は賛成多数で認定すべきものと決定いたしました。次に,議案第200号,平成17年度溝辺町水道事業会計決算認定について報告いたします。収益的収入は予算現額1億4,325万5千円に対し決算額は8,937万7,498円で収入率62.4%であります。支出は予算現額1億4,325万5千円に対して決算額は6,963万9,187円で執行率48.6%であります。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,簡易水道は自治体が管理しているのが一般的常識であるが,溝辺町としては関与していないのかの質疑には,正式に簡易水道として県の方から許可を受け,地域竹子共生会水道部ということで設立許可を受けているとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑が出されましたが,採決の結果,議案第200号は全会一致で認定すべきものと決定しました。次に,議案第201号,平成17年度隼人町水道事業会計決算認定についての報告をいたします。収益的収入及び支出について,収入は予算現額7億1,228万5千円に対して決算額は4億1,877万5,650円で収入率は58.8%である。支出は予算現額6億9,368万9千円に対して決算額は3億6,163万6,747円で執行率は52.1%であります。当年度の供給単価は1m3あたり前年度と比較して2銭増加し151円17銭,1m3あたりの給水原価は138円86銭で前年度に比較して3円91銭高くなっている。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,公営企業法は,溝辺,国分,隼人,旧3市町が取り組んでいる。有収率については,国分が90.1%,溝辺が91.5%,隼人が84.9%となっているが,余りにも低過ぎるが,原因は何かの質疑には,国道10号線など漏水が非常に本管で多かった。また,表木山・松永方面の有収使用が少なかったということで,捨てる水が多かったとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑が出されました。また,委員から反対討論もありましたが,採決の結果,議案第201号は賛成多数で認定すべきものと決定しました。次に,議案第202号,平成17年度隼人町病院事業会計決算認定についての報告をいたします。収入は予算現額は33億3,498万8千円に対し決算額は19億1,091万375円で収入率は57.3%である。支出は予算現額33億3,340万7千円に対して決算額は17億4,267万7,396円で執行率は52.3%であります。収支差引額は11億6,823万2,979円であり,当年度純利益は1億6,822万1,131円となっています。執行部の説明の後質疑に入り,主な質疑では,隼人町が医師会に委託業務ということであるが,旧隼人町の権限はどこまで及ぶのかの質疑には,開設者が町ということは施設諸々すべて町の方で面倒を見るということである。診療報酬など請求があるが,これも開設者ですることになっている。町の方に収入が入るということになる。基本的には町の方は施設を管理し,それを医師会の方に委託しているとの答弁でした。そのほかいろいろと質疑が出されましたが,採決の結果,議案第202号は全会一致で認定すべきものと決定しました。今回の決算は平成17年度11月6日までの打ち切り決算で,当初予算は1市6町で予算計上しており,決算審査においては戸惑いもあったことは事実でございます。質疑が大変多く出されました。その一部分しか報告できませんでしたけれども,以上で議案第151号,平成17年度国分市一般会計歳入歳出決算より議案第202号,平成17年度隼人町病院事業会計決算までの議案52件についての審査の経過と結果について報告を終わります。ありがとうございました。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長報告に対し一括して質疑に入ります。質疑はありませんか。


○22番(久保史郎君)


 ただいま委員長の報告でお話を,内容を聞かしていただきました。今回12名の委員の皆様方が1市6町という,また52件という多大なる議案を審議していただきましたことに大いに感謝をしているところでございます。委員長の方に1点だけちょっと確認をさしていただきたいと思いますが,議案の151号の中で,平成17年度国分市一般会計歳入歳出決算認定の中でですね旧国分市ですね,国分市におきましては滞納分のですね徴収の所でその差し押さえもありましたという先ほどの委員長の報告でございました。これは私ども旧隼人町にとりましてもですね議案のですね185号等は非常にですね長年にわたってこの差し押さえ問題等が審議されてきた経過がございます。そこで委員長にお聞きしますのは,この差し押さえ等の委員会質疑の中で国分市においてはその件数が何件で,金額がどの程度,また,その差し押さえをしたそういう税の科目はどのようなものがあったのかというのが審議されたのかどうか。お答えを願います。


○決算特別委員長(蔵原 勇君)


 ただいまのご指摘についての詳細については,内容の件数については審査しておりません。


○22番(久保史郎君)


 ちょっとただいまの委員長の報告で審査していないということはですね多分なかったと思うんです。それは審査されたからですね今その差し押さえがありましたという国分市の当局のですね多分答弁があったわけですので,今お聞きしているのはですね意見がいろいろあったことに関してのことでございますので,その件数と金額をお聞きしているところでございます。そういう質疑はなかったのかという件でございます。


○議長(西村新一郎君)


 非常に多岐にわたっての報告をいただいておりますので,ちょっと答弁の整理のために暫時休憩をいたします。


               「休憩  午前11時37分」


               ──────────────


               「再開  午前11時44分」


○議長(西村新一郎君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。蔵原特別委員長の答弁を求めます。


○決算特別委員長(蔵原 勇君)


 大変お待たせしました。今,久保委員のお尋ねについて報告をさせていただきます。成果表の中で申し上げますが,差し押さえられる財産があれば差し押さえをすると。差し押さえは,不動産に限らず,給与,預貯金,そういうものをまず調べて押さえられるもの,あるいは換金,あるいはそういうもの等のことを対応してまいりたいと。その中でですね額としては,旧国分市で押さえられた金額が一番下に合計額が出ておりますけれども,2,364万8,975円によってそういう額でございます。以上です。


○22番(久保史郎君)


 件数の方は質疑がなかったということでよろしいんですね。はい,了解いたしました。


○議長(西村新一郎君)


 ほかにございませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 以上で議案第151号より議案第202号までの質疑のすべてを終結いたします。これより議案処理に入ります。





  △ 日程第1 議案第151号 平成17年度国分市一般会計歳入歳出決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 議案第151号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決いたします。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第151号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。                  [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第151号は認定されました。





  △ 日程第2 議案第 152号 平成17年度国分市国民健康保険特別会計歳入歳出決算


                認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第152号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第152号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第152号は認定されました。





  △ 日程第3 議案第 153号 平成17年度国分市老人保健医療特別会計歳入歳出決算


                認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第153号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第153号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第153号は認定されました。





  △ 日程第4 議案第 154号 平成17年度国分市交通災害共済事業特別会計歳入歳出


                決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第154号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第154号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第154号は認定されました。





  △ 日程第5 議案第 155号 平成17年度国分市介護保険特別会計歳入歳出決算認定


                について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第155号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第155号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第155号は認定されました。





  △ 日程第6 議案第156号 平成17年度溝辺町一般会計歳入歳出決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第156号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第156号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第156号は認定されました。





  △ 日程第7 議案第 157号 平成17年度溝辺町国民健康保険事業特別会計歳入歳出


                決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第157号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第157号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第157号は認定されました。





  △ 日程第8 議案第 158号 平成17年度溝辺町老人保健特別会計歳入歳出決算認定


                について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第158号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第158号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第158号は認定されました。





  △ 日程第9 議案第 159号 平成17年度溝辺町空港県営駐車場管理事業特別会計歳


                入歳出決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第159号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第159号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第159号は認定されました。





  △ 日程第10 議案第 160号 平成17年度溝辺町麓第一土地区画整理事業特別会計歳


                入歳出決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第160号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第160号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第160号は認定されました。





  △ 日程第11 議案第 161号 平成17年度溝辺町介護保険特別会計歳入歳出決算認定


                について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第161号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第161号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第161号は認定されました。





  △ 日程第12 議案第162号 平成17年度横川町一般会計歳入歳出決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第162号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第162号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第162号は認定されました。





  △ 日程第13 議案第 163号 平成17年度横川町国民健康保険事業特別会計歳入歳出


                決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第163号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第163号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第163号は認定されました。





  △ 日程第14 議案第 164号 平成17年度横川町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算


                認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第164号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第164号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第164号は認定されました。





  △ 日程第15 議案第 165号 平成17年度横川町老人保健(医療)特別会計歳入歳出


                決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第165号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第165号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第165号は認定されました。





  △ 日程第16 議案第 166号 平成17年度横川町丸岡公園事業特別会計歳入歳出決算


                認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第166号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第166号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第166号は認定されました。








  △ 日程第17 議案第 167号 平成17年度横川町介護保険事業特別会計歳入歳出決算


                認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第167号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第167号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第167号は認定されました。





  △ 日程第18 議案第 168号 平成17年度牧園町一般会計歳入歳出決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第168号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第168号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第168号は認定されました。





  △ 日程第19 議案第 169号 平成17年度牧園町国民健康保険事業特別会計歳入歳出


                決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第169号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第169号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第169号は認定されました。





  △ 日程第20 議案第 170号 平成17年度牧園町老人保健医療特別会計歳入歳出決算


                認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第170号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第170号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第170号は認定されました。





  △ 日程第21 議案第 171号 平成17年度牧園町介護保険特別会計歳入歳出決算認定


                について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第171号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第171号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第171号は認定されました。





  △ 日程第22 議案第 172号 平成17年度牧園町水道事業特別会計歳入歳出決算認定


                について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第172号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第172号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第172号は認定されました。





  △ 日程第23 議案第 173号 平成17年度牧園町国民休養地事業特別会計歳入歳出決


                算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第173号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第173号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第173号は認定されました。





  △ 日程第24 議案第 174号 平成17年度牧園町下水道事業特別会計歳入歳出決算認


                定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第174号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第174号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第174号は認定されました。





  △ 日程第25 議案第 175号 平成17年度霧島町一般会計歳入歳出決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第175号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第175号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第175号は認定されました。





  △ 日程第26 議案第 176号 平成17年度霧島町国民健康保険特別会計歳入歳出決算


                認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第176号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第176号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第176号は認定されました。





  △ 日程第27 議案第 177号 平成17年度霧島町温泉供給特別会計歳入歳出決算認定


                について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第177号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第177号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第177号は認定されました。





  △ 日程第28 議案第 178号 平成17年度霧島町老人保健特別会計歳入歳出決算認定


                について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第178号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第178号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第178号は認定されました。





  △ 日程第29 議案第 179号 平成17年度霧島町介護保険特別会計歳入歳出決算認定


                について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第179号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第179号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第179号は認定されました。





  △ 日程第30 議案第 180号 平成17年度霧島町水道特別会計歳入歳出決算認定につ


                いて





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第180号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第180号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第180号は認定されました。





  △ 日程第31 議案第 181号 平成17年度隼人町一般会計歳入歳出決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第181号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第181号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第181号は認定されました。





  △ 日程第32 議案第 182号 平成17年度隼人町国民健康保険特別会計歳入歳出決算


                認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第182号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第182号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第182号は認定されました。





  △ 日程第33 議案第 183号 平成17年度隼人町老人保健特別会計歳入歳出決算認定


                について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第183号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第183号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第183号は認定されました。





  △ 日程第34 議案第 184号 平成17年度隼人町介護保険特別会計歳入歳出決算認定


                について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第184号について討論に入ります。討論ありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第184号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第184号は認定されました。





  △ 日程第35 議案第 185号 平成17年度隼人町住宅新築資金等特別会計歳入歳出決


                算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第185号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第185号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第185号は認定されました。





  △ 日程第36 議案第 186号 平成17年度隼人町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算


                認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第186号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第186号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第186号は認定されました。





  △ 日程第37 議案第 187号 平成17年度福山町一般会計歳入歳出決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第187号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第187号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第187号は認定されました。





  △ 日程第38 議案第 188号 平成17年度福山町国民健康保険特別会計歳入歳出決算


                認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第188号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第188号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第188号は認定されました。





  △ 日程第39 議案第 189号 平成17年度福山町老人保健医療特別会計歳入歳出決算


                認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第189号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決いたします。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第189号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第189号は認定されました。





  △ 日程第40 議案第 190号 平成17年度福山町介護保険特別会計歳入歳出決算認定


                について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第190号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第190号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第190号は認定されました。





  △ 日程第41 議案第 191号 平成17年度福山町水道特別会計歳入歳出決算認定につ


                いて





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第191号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第191号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第191号は認定されました。





  △ 日程第42 議案第 192号 平成17年度福山町公共土木用地先行取得事業等特別会


                計歳入歳出決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第192号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第192号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第192号は認定されました。





  △ 日程第43 議案第 193号 平成17年度国分地区消防組合一般会計歳入歳出決算認


                定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第193号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第193号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第193号は認定されました。





  △ 日程第44 議案第 194号 平成17年度国分地区衛生管理組合一般会計歳入歳出決


                算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第194号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第194号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第194号は認定されました。





  △ 日程第45 議案第 195号 平成17年度牧園・横川町衛生管理組合一般会計歳入歳


                出決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第195号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第195号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第195号は認定されました。





  △ 日程第46 議案第 196号 平成17年度国分・隼人公共下水道組合一般会計歳入歳


                出決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第196号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第196号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第196号は認定されました。





  △ 日程第47 議案第 197号 平成17年度姶良東部地方卸売市場管理組合一般会計歳


                入歳出決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第197号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第197号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第197号は認定されました。





  △ 日程第48 議案第198号 平成17年度国分市水道事業会計決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第198号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第198号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第198号は認定されました。





  △ 日程第49 議案第199号 平成17年度国分市工業用水道事業会計決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第199号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第199号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第199号は認定されました。





  △ 日程第50 議案第200号 平成17年度溝辺町水道事業会計決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第200号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第200号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第200号は認定されました。





  △ 日程第51 議案第201号 平成17年度隼人町水道事業会計決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第201号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第201号について委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                   [起立多数]


 賛成多数であります。したがって,議案第201号は認定されました。





  △ 日程第52 議案第202号 平成17年度隼人町病院事業会計決算認定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第202号について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第202号について委員長報告のとおり認定することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第202号は認定されました。ここで暫時休憩をいたします。再開は1時10分といたします。


               「休憩  午後 零時09分」


               ──────────────


               「再開  午後 1時10分」


○議長(西村新一郎君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。ここで37番蔵原勇決算特別委員長より発言の申し出がありますので,許可をいたします。


○決算特別委員長(蔵原 勇君)


 先ほどの私の報告の中で数字の訂正方をお願いします。議案第195号の中で牧園・横川町の衛生管理組合決算の中で汚泥肥料として年間販売をどの程度できるのかの質疑に対して,私の報告の中では「2,200t」と報告いたしましたが,実際はですね「約16t」だそうですので,訂正方をよろしくお願い申し上げます。以上です。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま特別委員長の申し出のとおり訂正をさしていただきたいと,そのような処置をさしていただきたいということでございます。ご異議ございませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 じゃあそのように訂正をさしていただきます。





  △ 日程第 53 報告第9号 専決処分した事件の承認について(平成18年度霧島市


                老人保健医療特別会計補正予算(第1号)について)


                より


    日程第 129 陳情第10号 わかば会共同作業所と新事業体系に関する緊急陳情書


                まで一括上程





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第53,報告第9号,専決処分した事件の承認について(平成18年度霧島市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)について)より日程第129,陳情第10号,わかば会共同作業所と新事業体系に関する緊急陳情書まで以上77件を一括し議題とします。これより質疑に入ります。5名の議員より質疑の通告がされておりますので,順次発言を許可します。まず,23番岡村一二三議員。


○23番(岡村一二三君)


 私は,18年度一般会計補正予算(第1号)のですね予算書14ページ,目の1都市計画総務費の節の19負担金補助及び交付金3億円についてお尋ねします。本市のTMO事業に関する補助金は18年度当初予算で695万7千円計上されております。今回さらに補正予算で3億円計上されたわけですが,TMO事業は,平成11年度に事業計画がなされ,今まで各種事業を行ってこられたと聞いております。そこでこれまでの各年度の補助金は幾らで,総額は幾らになっているのか。また,附則では予算の定める額以内となっているわけですが,今回の補助金の補助率は幾らなのか。なお,また,当事業の事業内容はどのようなものか。お尋ねするものであります。


○まちづくり調整監(内 達朗君)


 ご答弁申し上げます。TMO事業につきましては,平成10年度のTMO構想策定時から補助を行っており,平成10年度以降の補助金は,平成10年度120万円,平成11年度293万6千円,平成12年度910万円,平成13年度1千万円,平成14年度771万5千円,平成15年度722万6千円,平成16年度453万6千円,平成17年度857万6千円の計5,128万9千円であり,事業の内容は複合商業施設整備事業や空き店舗対策事業等であります。TMO事業につきましては,霧島市補助金等の種類及び補助率に関する要綱の中で商工会議所育成補助金として予算の範囲内で補助できることになっており,補助率は特に定めておりませんが,今回の補助金3億円につきましては,事業費を約9億円と想定されており,その事業費のおおむね3分の1を補助することといたしております。また,その事業内容は駐車場や商業テナント及び子育て支援施設等の公共施設の整備を計画されております。以上です。


○財政課長(平野貴志君)


 今回のTMOの補助金3億円の財源措置についてご答弁申し上げます。旧国分市におきまして平成17年9月議会におきまして平成17年度一般会計補正予算(第3号)で中心市街地拠点地区の整備に要する経費に充てるため,平成16年度の決算剰余金約10億6千万円などのうち5億円を特定建設事業基金へ積み立てる予算措置をしておりましたが,合併後の新市霧島市の平成17年度の財政収支見込み等が不透明でありましたことから,国分市では,基金積み立てをせず,留保財源とし,この5億円を含め旧国分市の一般会計の打ち切り決算額約15億7千万円を決算剰余金としまして霧島市の一般会計へ繰り越したものでございます。今回平成18年度へ繰り越しました決算剰余見込みの一部3億円を一般財源としてTMOの補助金に充当しようとするものでございます。以上でございます。


○23番(岡村一二三君)


 今これまでの補助金総額,本年度の事業内容をお聞きしましたが,多額の補助金と思います。是非事業を成功させてほしいと思っております。このTMO事業は国庫補助金を活用するということのようでありますので,補助採択される可能性と採択年度はいつになるのか。なお,また,先ほど財政課長の方からも説明がありましたが,補助事業総額と事業費のですね財源の説明をお願いしたい。


○まちづくり調整監(内 達朗君)


 補助事業についてご答弁申し上げます。TMOにおかれましては,国の少子高齢化等対応中小商業活性化事業の現在二次公募が始まっておりますので,それの申請のために既に協議をなされておるところでございます。採択としましては今年度の7月の採択時期を目指して現在協議をしているところでございます。以上でございます。失礼しました。総事業の内訳でございますが,9億円を全体事業費と計画をしておりまして,3億円が市の補助金でございます。それから残り6億円でございますが,現在のところこれは補助率が2分1のとなっております。ただ総額が9億円のうちすべてが補助対象となるわけではございませんで,その辺も含めて今現在協議を,経済産業省と協議をしております。予想といいますか,でいきますと補助金が3億円,商工会議所が,TMOが3億円,市が3億円というような内訳を現在のところは想定しております。


○23番(岡村一二三君)


 ただいまですね補助事業総額と財源はお聞きしたわけですが,国の財政逼迫により補助金がですね計画以下の決定を受けた場合,補助金に見合った事業費に修正されるのか。あるいは市の補助金増額がなされてくることになるのか。あるいは会員などの負担金で対応することになるのか。お尋ねしておきたいと思います。


○まちづくり調整監(内 達朗君)


 補助金につきまして今協議をしているということでございます。補助対象の内訳を今現在経済産業省と協議をしているわけですが,できるだけ見てもらう,補助に対象に見てもらうようにしております。質問の内容はもし補助金が削減された場合の話でございますけれども,市といたしましてはこの3億円が上限であろうと考えております。ただ,それと規模縮小につきましては,今の運営計画等が駐車場の台数あるいはテナント施設,子育て支援施設等の面積を想定しておりますので,規模縮小はされないと考えております。


○議長(西村新一郎君)


 以上で23番岡村議員の質疑を終わります。次に,39番前川原正人議員より通告がされております。したがって,前川原議員の質疑を許可いたします。


○39番(前川原正人君)


 2点について質疑をさしていただきたいと思います。まず第1番目は,今,岡村議員の質疑とも重複をする部分もあるかとは思いますが,議案第266号の一般会計補正予算,14ページになります。この中で今回中心市街地活性化事業ということで予算計上が3億円されているわけですが,このこれまでの経過とですね財源的内訳をお示しをしていただきたいと思います。そして同時に,今後本事業を進めた場合,完成までの総体予算ですね,総体費用の予算をどの程度この推測をされているのか。そして財政的なこの計画をどのようにこの考えていらっしゃるのか。お聞きをしておきたいと思います。そしてもう1点は,同じく議案第266号の一般会計補正予算の14ページの中で福山地区総合運動公園及び福山プールの実施測量調査委託設計ということで予算計上をされていらっしゃるわけですが,特に福山プールはこれまで旧福山町議会の中でも議論をやったという経過がございます。この福山プールの問題につきまして,この義務教育国庫負担の扱いとせずに,街路事業ということで予算を措置をされていらっしゃるわけですが,この理由はなぜなのかですね。その二つの点についてお聞きをしておきたいと思います。


○まちづくり調整監(内 達朗君)


 ご答弁申し上げます。旧国分市の中心市街地活性化につきましては,平成11年7月に旧国分市が策定しました中心市街地活性化基本計画に基づき行政とTMO及び通り会や民間商業者が一体となって事業の推進を図ってきております。その中で旧国分山形屋跡地を含む拠点地区につきましては,国の全国都市再生モデル調査地区として選定され,その整備計画等について検討を重ね,平成16年3月に中心市街地拠点地区整備基本方針を定めております。この基本方針において旧国分山形屋跡地については,テナント,子育て支援施設,駐車場等を整備する計画となっております。今回この基本方針に基づきTMOが事業主体となって整備するものであります。次に,本拠点地区の総体的な事業計画や事業費については,基本方針にありますように,短期的整備地区や長期的整備地区を各々定め,今後計画を進める予定でありますが,県や市だけでなく,TMO,通り会が事業主体となるものも多く,今後地権者勉強会等を通じてその整備計画や整備手法について検討していく予定であり,事業費や財源計画については現在のところ未定であります。今後の拠点地区の整備については,基本方針にも定めてございますけれども,地権者をはじめ,民間活力を生かした民間主導の事業を想定したまちづくりが主になるものと考えられます。考えております。引き続き福山プールに関してもお答えいたします。福山プールは,市民の健康と福祉の増進を図るため,市民プールとして設置された施設であり,小・中学校の教育施設としても利用されていたものであります。今回施設の老朽化に伴い整備が必要となりましたので,福山地区総合運動公園の整備事業の関連事業としてまちづくり交付金事業牧之原地区の補助事業を導入して整備するものでございます。以上でございます。


○39番(前川原正人君)


 それぞれご答弁いただいたわけですが,まずこのTMO構想の関係で2問目に入らしていただきたいんですが,この先日ですね私たち議員団はこの中心市街地の活性化事業というものがどうであるのか関係部局の方たちにもですねお話をお聞きをした経過があるんですね。そして現場のお話を聞く機会があったわけですが,ここでご紹介を申し上げますと,この山形屋周辺の商店街の意見として「空き店舗の対策を何とかしてほしい。」,これは今回の計画の中に今後短・中・長期的な視野の計画の中で入っていると思います。そしてもう1点は電線の地中化の計画があると,これも計画の中に入っているわけですね。特にですねこの電線の地中化の計画があるが,新市街通りは特にサラ金の看板が多いと。規制が必要ではないのかと,こういう話も承りました。二つ目には,山形屋さんのおかげで特に変化したとは思わない。5月20日にオープンをされて21日,2日間この大きく大々的に宣伝をされて,その時にはその,20日と21日の時には駐車場の分散によってこの2日間は歩いていく人たちが店を覗いたり,立ち寄ったりで少しは変化があったと。また,山形屋のすぐ近くの商店の店主ですが,その方は「もう最悪の状態であると。現在の駐車場が大店舗の山形屋の裏にあるために,目的が終われば,昔から営んでいる店舗には立ち寄るどころか,全くそういうことは望めないと。話によるとこれまであった山形屋の店舗を壊して立体駐車場ができると聞いているが,これにまで今できている店舗を結ぶ橋を付けるのではないかというこういう話も聞いております。こういうことをしたら,地元の業者の育成どころか,客の足は一店舗に集中をし,地元業者の育成どころではないのではないか。」と,こういう生の声をお聞きをしたわけですね。以上のことからその総体的にこの,TMO構想すべてを,私自身もそうですが,否定をしているわけではございませんが,この以上の商店街の人たちの話をお聞きをするとですね,やはり一番大切なことは歩いて買物ができるということが一番のこの中心にしなければならないというふうに思うんですが,そこでお聞きをしたいのはですね,今後,短期的な問題,中期的な問題,長期的な問題ということで今後この事業がどんどん進められていくことになるということになると思うんですが,今後その商工会議所との話し合いの中でもですねその歩いて買物ができるような,一店舗集中型のその形にならないようなですね施策というのが今後必要になってくると思うんですが,その辺についてのご見解,今後のまだ未定の部分もあるとは思うんですが,どうなのかですね。その点をお聞きをしておきたいと思います。二つ目にはこの福山プールの問題なんですが,この問題も以前旧福山町議会の中ではこの旧福山高校のプールだったわけですね,今回のこの調査費の計上というのはですね。その中でその取り上げてきた経過があるんですが,普通であればその事業名によってはその,学校のプールですので,義務教育国庫負担法の適用にした場合に大体2分の1補助ということで,あと起債を起こせば,いわゆる借金を起こせば,その分は交付税で返ってくるというこういう形式的な問題があったと思うんです。そこでお聞きをしたいのはですね,まちづくり交付金でやった場合の補助率,義務教育国庫負担の場合は半分,2分の1が国庫補助ということになっているわけですが,このまちづくり交付金で対応をした場合に建設そのものもそういう形になるのかですね。なった場合には,その補助率はどういうふうに違ってくるのか。その点をお聞きをしておきたいと思います。


○まちづくり調整監(内 達朗君)


 中心市街地の活性化についてその歩いて買物ができるまちづくりができないかというご質問だったかと思います。平成11年度に策定いたしました国分市中心市街地活性化基本計画によりますと84haを中心市街地の区域としておりますけれども,その中を国分駅あるいは今の山形屋さんがございます区域,それと大隅国分寺跡の周辺を3地区を重点地区といたしまして,それを結ぼうというような計画をしております。そういうことで,例えば,今の地区は先導的地区ということで整備を進めておりまして,構想的には将来的には,例えば,大隅国分寺と今の商店街,拠点施設ですね,山形屋さんあるいは今度の駐車場,あるいはその辺を結ぶコミュニティ道路としての街並みの整備をすべきだというのが構想に書いてございます。やはり先導的なそういう地区を整備してからいろんな人を歩いてもらって,例えば,大隅国分寺の方にも行ってもらうと,そういうことでそこの通り道の商店街を見てもらうというような構想になっておりますので,今後もそういう整備をずっと,こういうことを念頭に置きながら整備を進めてまいりたいと考えております。


○建設部長(秋窪直哉君)


 議員の質問がありました2点目にお答えいたします。福山プールでございますが,文科省の補助で計画しておりました。総体事業費が1億5千万円程度のプールでございますが,補助額が文科省では上限が1,900万円の補助となっております。よりまして,今度のまちづくり交付金事業によりますと補助率が40%の約6千万円の補助がいただけるということで,財政的な面でも非常な有利な事業であるということでこの事業を採択してもらうようにお願いしてあります。


○39番(前川原正人君)


 このまずTMO構想の関係についてなんですが,今おっしゃるように,私がお聞きをしているのは,今回のこの山形屋さんのですねこの立体駐車場を造って,その中でこの橋を架けてという部分があると思うんですね。全体の問題としてはその歩いて買物ができるということについては何ら異論はないわけです。ただ一番の問題というのは立体駐車場になっていわゆるその,天気の日は別ですが,その雨降りの日に橋を,今ある既存の部分と今後造っていく部分について橋を架けるというふうに想定をしたときに,雨が降るとですねもうその上空を行き来をするわけですので,ほかの下の方にある商店街の人たちには恩恵が全くないわけではないですが,「行きにくくなる。」というこういう住民の声なんですね。ですから,全体構想としては歩いて買物ができるという点については何ら異論はないわけです。その1点を見たときにですねどうなのかということなんです。これは今後長期的な問題で何らかの形で出てくるとは思うんですが,その今後の問題として商工会議所の分担をする部分,行政がその提言をする部分ということが当然出てくると思うんですが,そういう機会の際にですねそういう結んだときにどうなのかというそういうことを想定をしたときのことを考えていただいてこのTMO構想をやるときに商工会議所の方と協議といいますか,提言といいますか,そういう方向が必要ではないのかということをお伺いをいたしておるわけです。それともう1点はその福山プールの問題なんですが,これはその今,部長からありましたように,「文科省の関係でいくと予算的には1,100万円と,そしてまちづくりで交付金でやった場合6千万円」ということを今ご答弁いただいたわけなんですが,これはそのプールと福山総合運動公園合算が6千万円だと思うんですね,理解の仕方として。それを小分けにしてプールだけで見たときにどれぐらいのこの金額の予想を立てていらっしゃるのかですね。この点をお聞きをしておきたいと思います。


○建設部長(秋窪直哉君)


 文科省の補助金の上限は1,900万円が上限ということでございます。まちづくり交付金事業に言います40%の補助金の6千万というのは,プールに対する補助金が6千万円,40%ということでございます。


○まちづくり調整監(内 達朗君)


 今回の立体駐車場の効果につきましては,例えば,現在市の方がいろいろ駐車場を整備しましたけれども,すべて山形屋のこちら方面,いわゆるシビックセンター,市民会館方面に整備されております。今回より中心市街地に近い,商店街に近い所に駐車場が整備されますので,そういう意味では近い所にできるということは非常にいいこと,効果があると思います。それと横断歩道橋の計画につきましては,それが影響があるかということですけれども,歩行者が国分〜霧島線,新市街道を通るための安全対策としても必要ではないかと考えております。それから,実は,先ほど電線地中化の話も出ました。電線地中化に伴いまして電柱がなくなりますと,やはり景観対策も必要ということで,現在通り会が景観アドバイザーを招いたりして勉強会をされております。そういうふうで地元はそういうことでこれを機に勉強もされております。もちろんこのまちづくりは,何回も申し上げますけど,市だけがするわけではなくて,TMO,通り会,そういうところが連携して進めていかなければならないと考えておりますので,今後も連絡を密にして進めてまいりたいと考えております。


○議長(西村新一郎君)


 以上で前川原正人議員の質疑を終結いたします。次に,46番宮内博議員より通告がなされております。したがって,宮内議員の質疑を許可いたします。


○46番(宮内 博君)


 私はですね三つの問題について大きくは質問をしてみたいというふうに思います。一つは議案第209号の霧島市図書館の設置及び管理に関する条例の関係についてでございます。今回この図書館を指定管理者の対象にするというそういう提案がなされているところです。まずお尋ねをしたいのは,この図書館を指定管理の対象とするその理由についてですねお答えをいただきたいということです。二つ目には,それはこの図書館が持つ役割をこの将来的に担え,そして,また,この図書館の充実に貢献できる者に指定管理者にすることによってですねなるのかどうかということについてはどのように考えているのかということが第2点目です。3点目にはこの図書館の指定管理の在り方をどのように考えての提案なのかということについて,以上,図書館の指定管理の問題については3点ですねお聞きをしておきたいと思います。次に,議案第240号,それから244号から257号までの指定管理者の指定についての議案に関連をすることでありますけれども,今回のこの指定管理者の指定についての議案の中にはこの利用料収入のみで運営できない施設もあるのではないかというふうに思うわけですね。例えば,議案第249号の関係,250号の関係などがそういうものにあたるのかなというふうに思うわけでありますけれども,249号については溝辺の上床運動公園,250号については国分の運動公園ということになっておりますが,どのようなこの契約を結んでいるかということについてお示しをいただきたいと思います。また,二つ目に,今回この指定管理者を指定をするということによりまして,これまでこの施設で働いてきた労働者の再雇用を図るべきだというふうに思いますけれども,どのような対策をとってですね,そしてその結果がどのような方向になっていくというふうに予想されているのかということをですねお答えをいただきたいというふうに思います。次に,議案第266号の一般会計補正予算の関係でありますけれども,これはそれぞれ二人の議員が質問をいたしましたが,中心市街地活性化事業による商工会議所への3億円の補助の関係でありますけれども,この事業は旧国分市の継続事業でございますけれども,実際この計画が練られたのは平成11年ということでお聞きをしております。それから合併という新たな事態を迎えているわけでありますけれども,この合併後のまちづくりをどうしていくのかということをですね再検討なさった上で事業を行うべきではないのかというふうに思うわけです。そのことについてどのようにお考えになっているのかというのが第1点です。二つ目には,先ほども前川原議員からもありましたけれども,この山形屋をこの核として施設整備を行うというのが今の方向性のようでありますけれども,この周辺の個人商店へのこの波及効果というのをですねどのようにこの試算をして,そして今回こういう予算計上しているのかということについてですねお示しをいただきたい。以上の点についてまず最初にお聞きをしておきたいと思います。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 宮内議員のご質問にお答えしたいと思います。今回条例を改正しまして指定管理者による管理ができるようにいたすわけでございますけれども,これは条例が改正されました。それに従いまして図書館の管理条例を変更したもので,今直ちに指定管理者を導入しようというふうに必ずしも考えているわけではございません。ただその法が改正されたことに従って指定管理者も導入できるようにしておくべきであろうという考え方から条例の改正を行ったわけでございます。次に,利用料収入のみで運営できない施設についてお尋ねでございますけれども,およそ大抵の公共施設は利用料金だけでは経営には不足が生じます。その利用,すべての必要経費から利用料金を差し引いた不足額につきましては,指定管理者と市当局との方との額の詰めをやりまして委託料としてお支払いをすると,経費としてお支払いをするというようなことになります。それとこれまで施設で働いてきた労働者の再雇用を図るべきであるとのご指摘でございますが,細かな協定項目の協議を進める中で指定管理者側に従事者等の面接と事業者側の再教育によりできるだけ再雇用してもらえるように協議を進めていきたいというふうに考えております。また,実際出されました,指定管理を受けようとして出された会社,NPO等の計画を見てみますと,例えば,地元人材を主体とするとか,女性功労者もスタッフとして採用したいとか,イベントなど一時的に必要な場合は近隣から雇用するとか,そういったような雇用計画等を出されておるようでございます。以上です。


○まちづくり調整監(内 達朗君)


 中心市街地の活性化についてご答弁申し上げます。中心市街地活性化事業につきましては,平成11年に中心市街地活性化基本計画を策定し,行政とTMO,通り会,商業者が一体となって活性化の取り組みを進めてきております。第三次姶良・伊佐広域市町村振興計画では「旧国分市が圏域内の中心都市として商業,業務,文化などの高次都市拠点機能を分担する。」となっております。また,この中心市街地活性化基本計画においても県央中核都市,姶良・伊佐広域市町村圏域の中核都市ということを念頭に置いております。合併し県下第2位の人口を有する霧島市の中心市街地は商業施設あるいは行政施設等の集中するシビックセンター周辺であることには市民の皆様にも異論がないのではと考えているところでございます。また,旧市役所跡地を有効利用した中心市街地の商業の核店舗としての新国分山形屋の誘致は市民及び周辺通り会の強い要望でありました。今回のきりしま国分山形屋の開店により通り会等の意識も高まってきており,市内外から多くの人々が訪れ,にぎわいを見せている今こそ継続した振興策が必要であると考えております。今回のTMOの事業は,新市霧島市の中心市街地の拠点づくりの一部として駐車場や子育て支援施設等を整備し,市民が憩い,市民の利便性を高め,市民を中心商店街へ誘導することで周辺の個店への波及効果が期待できるため,補助を行うものであります。以上です。


○46番(宮内 博君)


 それぞれ回答をいただきました。一つずつですね再度お尋ねをしておきたいというふうに思います。まず議案第209号の図書館の指定管理の件についてでありますけれども,回答では「すぐに指定管理にしようという考えではないと,法改正によってこういう作業を行った。」ということでありますけれども,そもそもその指定管理制度というのはこの公の施設の目的を効果的に達成するために必要があると認めるときでなければこの導入できないという基本がこれはあると思うんですね。それからしますとですね実際この図書館というものの持つこの極めて大事なこの役割ということから考えるとこの公で運営をしていくということが何よりも効果的だと,私はそう思うわけです。図書館法第3条には「図書館は,土地の事情,一般公衆の規模に沿い,さらに学校教育を援助し得るよう留意すること。」ということが義務付けられております。こういうことがこの民間業者にできるのかということですよね。さらに第13条では「図書館には,専門職員,司書ですね,これを置く。」ということもこの義務付けられております。なお,第17条では「この入館料その他図書館資料の利用に対するいかなる対価も徴収してはならない。」と,このことが明記をされてるわけですね。このことはこの図書館自身がこの市場化に馴染まないということをこれらの三つの法律を見てみましてもですね言えるのではないかというふうに思うんです。同時にこの民間業者にはこのようなこの図書館業務を担うですねノウハウそのものもこれまでないと言わざるを得ないというふうに思うんですね。であるならこのこれらの法の趣旨に基づいてきっちりこの公共的な部分でですねこの部分は担うということを位置付けをするということが法に沿った形の図書館運営ができるということになるのではないかというふうに思いますんで,改めてそういう観点からですねご回答をいただければというふうに思います。次に,指定管理者の件で249号,250号の特に気がつきましたのでですね,ご回答を求めたんですけれども,具体的にその溝辺上床運動公園,国分運動公園についてのことでは回答ありませんでした。なぜこれをこの具体的にですね質問通告をしたのかということですけれども,例えば,溝辺の上床運動公園でございますけれども,見てみますと上床公園を含む8施設の管理を指定するということになるわけですね。平成17年度の年間使用料収入は691万1,692円という金額です。八つの施設をですねこれだけの費用,これだけの収入で当然賄うことはできない。おっしゃるように,「不足額は委託料として支払う。」ということでありますけれども,国分運動公園も6施設をこの指定管理するということになってるわけです。かなりの委託料が必要になるのではないかというふうに思いましたんでですね改めてこの二つの提案に対してお尋ねをしたところでありますけれども,いかほどのですね委託料を払うということになってくるのかですね。この二つの249号と250号の二つの施設に関してだけで結構ですので,お分かりであれば,再度ご回答をいただきたいというふうに思います。それから,この従来これらの施設で働いてこられた労働者の皆さんの再雇用をどう図っていくのかということについては,「この再雇用の協議をしたい。」というご回答でありましたが,これはこの指定管理を受ける指定管理者に対して文書でですねきっちりそのことをこの要請をするという形をとるのか。口頭だけのお願いなのかですね。その辺どういうふうに考えていらっしゃるのか。お聞きをしておきたいというふうに思います。次に,一般会計の補正予算の関係についてでございますけれども,広域市町村計画でも旧国分市が中心的なですねこの市街地を構成をするということになってるということでございますけれども,TMO計画がこの決定をされたのは平成11年ですよね,平成12年には,決定をしたその翌年には国の大店舗法の改定が行われましてこの郊外型のスーパーを設置をするということが可能になってます。そのことによってこの私ども旧隼人町の周辺でもですね郊外型のスーパーがたくさん増えてきているという状況が広がっております。こういう状況の中で従来型のこのまちづくりの在り方というのをそのまま踏襲してその継続していいのかということはですね,やはり大いにこの議論を交わした上でこの新しいまちづくりの在り方を検討していくべきだというふうに私は思うわけですね。そういう意味でこの合併という新しい事態を迎えてどんな商店街をつくっていくのか。旧6町の商店街はどんなふうに対策をとっていくのかということなどとも相まってですね対策をとるべきだというふうに思いますけれども,その辺をどのように考えているのかということをですね改めてお聞きをしておきたいというふうに思います。それから,今回の3億円の補助事業による総額9億円の事業費を投入をして旧山形屋跡地に子育てセンターやあるいは250台の駐車スペースを造るということでありますけれども,これをこの山形屋と一体で結ぶというですねいう計画というのが,やはり商店,従来の個人商店の方たちにですね大変大きなこの不安を広げているということをですね,先ほどもありましたように,直接商店の皆さんと対話をいたしましてですねそのことを痛感をいたしました。ですから,このもっと,これまで旧国分市のこのまちづくりのためにですね本当にこの難儀苦労されてこられた旧個人商店の皆さんの意見をですねもっと吸い上げて,その上で計画を進めるべきだというふうに思いますんで,そのことについてどういうふうに考えるかですね。これは市長にお尋ねをしておきたいというふうに思います。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 図書館の指定管理の件についてお答えを申し上げます。県内では既に阿久根市が図書館を指定管理者に管理を委ねております。それは阿久根市の場合は元図書館に勤めておられた職員の方が主となってNPO法人を結成されて,その中には司書もおられてということで図書館の指定管理がなされているようでございます。北九州市,中津市とか,今,九州でもその指定管理が広がりつつございます。教育委員会の中の職員の間でも図書館については指定管理に馴染まないんではないか。あるいは馴染まない部分があるのではないかというそれぞれの意見がございます。ただ,ただいま申しましたとおり,県内におきましても,九州におきましても指定管理の波が広がりつつあるということでございます。ということで,先ほど申しましたとおり,条例の方だけはやはり法の趣旨に合わせるべきであろうということで今回改正をお願いするわけでございます。それと上床運動公園と国分運動公園の管理の費用のことですが,管理費用の根拠になったのは平成16年度の決算でございます。平成16年度の管理費用の95%,それから収入を引きました額を委託料として市の方が差し上げる。そういったやり方でどうでございましょうかということで,相手はそれに応じて応募してこられたわけですから,16年決算からすると少なくとも5%の管理費用の軽減ができるということでございます。それと職員の雇用につきましては,その応募されてきた方々にはそれぞれどのような施設としていきたい。どのような応対をする社員を育てていきたい。どのようなサービスをしたいというそれぞれ思いがございまして,やはり社員教育についてもそれぞれの考え方をお持ちのようでございます。したがいまして,必ず全員再雇用されるかどうかというのは難しいのではないかなという面もございます。また,新たに責任を持って管理されるわけですので,文書でもってそれを雇用を求めるということにはいかないのではないかというふうに存じます。


○まちづくり調整監(内 達朗君)


 中心市街地についてお答えいたします。中心市街地の駐車場でございますけれども,中心市街地につきましては,駐車場は小規模なもともと個店所有が多く,共同駐車場は以前からその市民の強い要望あるいは懸案事業でございました。今回山形屋跡地に駐車場を整備するわけでございますけれども,現在の駐車場がシビックセンター方面に集中しております。中心市街地により近い所に整備することで人を誘導でき,また,あるいは民間でありますと24時間営業ということであればいろんな意味で中心商店街には効果があるのではないかと考えております。それから,まちづくり三法の話が出たかと思います。大店立地法につきましては,先月でしたか,改正されまして,それによりますと街中に機能を集積しなければならないということで街中居住の推進ですとか,あるいは商業の活性化でありますと中心市街地における空き店舗への大型小売店舗出店時は規制緩和をするというようなことになっております。そういう意味でいきますと,確かに国分の基本計画は平成11年度に策定されておりますけれども,やはり核店舗が必要ということを当時うたっております。ただそういうことでいきますれば,今の改正された大店立地法でいけば,中心市街地にやはり核施設ができるということは,この改正された手法の中では非常に沿ったものではないかと考えております。以上です。


○市長(前田終止君)


 今答弁があったとおりのことではございますけれども,私といたしましては,やはりこの合併をして県下第2の都市となり,そして南九州3県のど真ん中という大変地理的にも交通の要衝,要の位置でもありますし,県央中核都市としてですね私どものこの圏域の大変に一番基礎となる将来的な念頭に置いていかなきゃならない重要な取り組みだというふうに評価をいたしております。


○46番(宮内 博君)


 改めてですねその図書館の関係についてお尋ねをしますが,冒頭申し上げましたように,全国ではその既に指定管理をしている所もあるということですが,具体的三つの図書館法の中にあるですね条文を紹介をいたしました。公の施設の目的を効果的に達成をするということに照らしてですね,この図書館法の中に明記してあるこの基準に照らしてどうなのかということで再度検討をですねする必要があるというふうに思いますけれども,そのことについてですねどのようにお考えかですね再度お聞きをしておきたいというふうに思います。次に,指定管理者の関係についてでありますが,「指定管理をすることによって5%のこの削減ができる。」ということでございましたけれども,ただ実際にこの利用収入がこれよりもこの少なくなってくるということになってきますと,当然この指定管理者を指定をされた方にもですねこの料金などのこの設定ができるという条項を盛り込まれているようでありますが,こういう公の施設がこの利用料金などが引き上げられるそういうこの原因をつくり出すことになりはしないかというふうに思いますが,その辺の懸念についてはどういうふうにお考えかですねお聞きをしておきたいというふうに思います。最後にTMOの関係でございますけれども,山形屋へのこの一極集中化を今回の山形屋跡地の250台の駐車場整備というのは一層もう進めることになるんじゃないかということをですね実際商店の皆さん方のお話をお聞きして強く感じました。個人商店がこの閉鎖をされたり,あるいはこのシャッター通り化に拍車をかけたりと,こんなことになってはならんわけでありまして,商店街の皆さんの不安の声として出されているこの施設を山形屋とつなぐというですねこの計画そのものはこの再度検討することはできないのかどうかですねお聞きをしておきたいというふうに思います。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 再検討の必要があるのではないかというご指摘でございます。既に平成15年に中央教育審議会生涯学習分科会におきまして公民館も,図書館も,博物館も館長業務を含めて全面的に民間へ管理委託することが可能であるということでもう全国的に指定管理の方向に流れ自体は動いていると。ただ,今,宮内議員おっしゃいますように,例えば,霧島の図書館の場合にも,例えば,ボランティアの方々のお手伝いをいただいてお話のこの部屋とか,影絵の教室とかですね,いろいろやっております。そういった部分がもし指定管理となったらどうなるのか。あるいは霧島市の場合は国分,隼人に図書館を置いて,五つの図書室を置いておりますが,そこの本のこのやりとりとかですね,あるいは巡回図書車でこう配本しておりますが,そういった部分はどうなるのか。あるいは将来2図書館,5図書室をシステムで結んで本がどこにあるか。何という本がどこにあるか。その本を例えばすぐ横川に持っていけるか。福山に持っていけるか。そういったシステムの開発をしようかなと思っているところですが,指定管理をするとすれば本館だけなのか。隼人も含めてなのか。五つの図書室も含めてなのかというような非常に大きな問題がございまして,今のところ具体的な検討はこの全くいたしていないというような現状でございます。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 先ほどのお話の中で赤字になってくると利用料が上がるんではないかというご質問でございましたけれども,これにつきましては条例の中で限度が決めてございます。その限度内ですることになりますので,勝手に,例えば,指定管理者が勝手にするということはできないことになります。この限度内の中で市と協議をしながら決めていくことになります。そして万一変えるとした時には,それに対する合理的な理由がなけりゃなりませんので,ただ赤字であるからというようなことでそういった引き上げがなされるということはないというふうに考えております。以上でございます。


○まちづくり調整監(内 達朗君)


 連絡通路についてお答えいたします。今回TMOが整備いたします旧国分山形屋跡につきましては,テナント,子育て支援施設,駐車場を整備する計画でございますけれども,この子育て支援室におきましては育児相談あるいは一時預かりなどを考えております。そういうことにおきますと子供さんを連れたご家族なんかもたくさんおいでになるのではないかと思います。そういう意味でいきますと県道の横断ということからしましても安全対策としましては横断歩道橋といいますか,必要なものではないかと考えております。


○議長(西村新一郎君)


 以上で宮内議員の質疑を終結いたします。次に,32番尾崎東記代議員より質疑の通告がされております。したがって,尾崎議員の発言を許可いたします。


○32番(尾崎東記代君)


 私は指定管理者関係で3点のことについて質疑通告をいたしておりますけれども,ただいま宮内議員の方から施設従事者の継続雇用についてということで重複いたしますので,3点目は省略させていただきます。1点目でありますけれども,議案239号,241号,242号,243号,ともに条例改正とそれに伴う指定管理者の指定議案の同時提案についてでございますが,新たに指定管理者を導入しようとする施設の管理者指定ではあるんですけれども,そうであっても,関係条例が議決され,公布の手続きを完了してから,所定の手続きを踏んで管理者指定のこの4議案は提出するのが正しいのではないかということであります。2点目は,議案214号から234号,236号と239号から257号,指定管理者の選定についてであります。3月定例議会で45件,今定例会で27件,計72件の指定管理者への移行条例を可決,提案して,今回19件の指定管理者の指定の提案であります。残りの12件はいつ提案できる見込みであるのか。また,6月1日の南日本新聞に「霧島市31指定管理者候補決まる」との見出しでその候補団体を公表しました。「6月議会に提案する。」と報道されております。これについて事実と異なる部分があるように思うわけですが,どうなのか。お聞かせいただきたいと思います。以上2点のことについて質疑をいたします。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 まず1点目についてお答えいたします。基本的には議員の言われるとおりの順番で議決することが順当であろうかと思います。しかしながら,これらの議決事項を同一の議会で議決することは可能であるとの見解が出ており,それに沿って本定例会でご提案申し上げた次第でございます。次に,2点目についてお答えします。今回条例改正を上程した27件につきましては,指定管理者による管理を可能とするため,できる規定を設けようとするものであります。また,先の新聞報道では「公募施設の31施設に指定管理候補者が決まった。」との報道がなされましたが,今回この公募関係での指定の議決をお願いしている件数は15議案でございます。これは施設その物は31施設ございまして,これを15くくりに区分しているからでございます。近接関連する施設を一つの指定管理者により管理を行うことにより効果的・効率的な管理が可能と判断したことによるものでございまして,複数の施設をまとめて一つの指定管理者に運営させたいということでございます。以上でございます。


○32番(尾崎東記代君)


 ただいまご説明をいただきましたけれども,この新聞をですねご覧になった方は分かると思うんですけれども,見出しがですよ「31指定管理者候補決まる」ということでですね,「これをすべてその6月議会に提案すると,提案する。」ということに書いてあるわけですよね。だから,これを見られた方はですね私はこのままとられるんじゃなかろうかと。私もそのようにとったわけですけれども,その辺のところをですねやはりその記者とですね,記者がそのようにとられたのかなあとは思うんですけれども,しかしながら,やはりですね今説明があったようなふうにですねやはり報道されるのが当然じゃないかと,このように考えるわけですが,その辺のところはどのように考えられますか。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 記事の方に「31指定管理者候補決まる」としております。確かにこれは31施設の指定管理者候補決まるということになりますので,私どもの説明不足だったというふうに思っております。


○議長(西村新一郎君)


 以上で尾崎議員の質疑を終結いたします。次に,10番徳田芳郎議員より質疑の通告がされております。発言を許可いたします。


○10番(徳田芳郎君)


 私は,議案266号,一般会計補正予算の14ページの都市計画総務費の負担金補助及び交付金の3億円について通告をしておりましたけども,1点目の経過と負担については先ほど説明もあり,3名の議員から質疑がありましたので,これについては省略をします。2点目の事業運営と財政見通しについてでございますけれども,先ほど午前中経過説明等がありまして,この件については分かりましたけれども,しかしながら,具体的な中身について余り細かく説明がありませんでしたので,財政問題について若干お伺いしていきたいと思います。この事業は市有地に商工会議所が事業主となって将来建設がされて運営をされていくというふうに思いますけども,現在のところ地方においてはまだまだ必ずしも景気が順調に回復していないというふうに思っておるところであります。そういう厳しい環境の中で,この事業では,テナントの施設の事業とか,駐車場事業とか,いろいろ計画されているようですけども,山形屋がオープンをしましたが,その隣に市営の駐車場も整備をされております。そういったことで市営駐車場についてはそういった所の利用が,かなり買物をされる方々の利用があるのではないかということを懸念しています。そういった意味からもこのテナント事業をはじめとしたこのTMO事業の中でのここの事業が計画どおり収益が上がるのかどうか私は不安を持っているところでございます。そういった営業収益等の見込みについてはどのような見通しを,協議の中では見通しを立てておられたのかお伺いします。


○まちづくり調整監(内 達朗君)


 今回のTMO事業の事業運営と財政見通しについてお答えいたします。今回TMOが計画している事業の運営計画によりますと,主な収入は賃借料収入と駐車場収入で,支出は施設管理費や市への固定資産税と土地借地料及び借入金の返済等を想定しておられます。本計画につきましては長期収支計画における損益計算や借入金返済計画からして市といたしましても十分採算の取れた計画であると判断しております。以上です。


○10番(徳田芳郎君)


 先ほども申し上げましたけれども,駐車場事業の件についてもですねもう250台余りという形が計画されておりますが,その駐車場の隣に確かに商店街がたくさんあるわけですけども,しかしながら,一方ではですね,先ほどから議論があるところですけども,山形屋のお客さんというのが,結構私は数的にはそういった方々が多数占められるのかなあという形も思っています。確かに隣に銀行もありますけども,そういったこと。それから,テナント施設についても,実際その中に入ってこられるいわゆる子育て支援の関係なんかについてを含めてその商店街の方々が,先の同僚議員の質問の中でも店を閉めておられる方々もいらっしゃると。そういった中で計画どおりですね私は必ずしも,そういった形ができれば非常に結構だと思います。しかしながら,現状の中でのそういった見たときに計画どおり果たしてこういったことが,文書上はそういった作文はできたにしても,現実の問題がそこまで果たして,車も常時相当数な数が停まる。そしてテナント施設も全部埋まって,そして人の交流も盛んにできるというようなことが私は懸念をされるもんだからそういった質問をしましたけども,再度そこら辺りについては具体的にですね商工会議所の方のこのTMO事業の中での収支見通しを立てておられる数字といいますか,そこら辺りについては,チェックの仕方については協議の中では一つ一つの細かに検討されてきたのかどうか再度お伺いします。


○まちづくり調整監(内 達朗君)


 TMOの運営計画についてお答えいたします。駐車場収入につきましては,260台駐車場がございますけれども,230台分につきまして平日2回転,休日4回転,平均で2.6回ですけれども,これを大体1時間停めるというような想定をしております。あと残り30台につきましては定期貸しという形で,近隣住民の方あるいは勤労者の方に定期という形で想定をしております。それで大体年間2,400万ほど収入があるのではということを考えておられます。実はこの回転,駐車場の回転率ですけれども,先月,18年5月の駐車場でいきますと,市民会館が90台ございますけれども,5月で日平均584台,大体6.5回転ほどしております。シビックセンター東の駐車場は142台駐車可能ですが,ここが日平均780台,大体5.5回転ほどしております。それから,お祭り広場が395台駐車可能ですけれども,日平均で1,117台,大体2.8回転ほどしております。山形屋さんに行く車がすべてここじゃなくて,市役所に来られている方も当然停めておりますので,すべてが山形屋さんに行くわけではございません。あるいは中心市街地に行くわけではございませんが,先ほど,もしこの駐車場ができますと一番近いということもございますので,結構な車が駐車されるのではないかと思います,今の市の駐車場の回転というか,駐車の実績からいきますと。そういうことでいきますれば,この運営計画で載っております平日2回転あるいは休日4回転,駐車平均が1時間というのはかなり控え目な想定ではなかろうかと思います。以上です。


○10番(徳田芳郎君)


 先の議会でもですね私は委員会の中で山形屋の駐車場の件についてお伺いをしました。これは私の私案ですけども,先ほど申し上げましたとおり,企業,景気がこうしたまだ地方では必ずしも順調な回復方向でないというような形を考えるときに,考えられることは,もしこういったいわゆる計画どおりこの駐車場事業が思わしくない場合については,例えば,山形屋がこのTMO事業の中の駐車場事業を常時何台か借り上げをしていただいて,そして,いわゆる山形屋という企業の努力の中で,市営駐車場じゃなくして,そういったことを考えてその駐車場事業の中に一定の山形屋の専用の駐車場を確保をしてもらうなりですね,そういったことの検討の余地がないのかなあという形が考えますので,そこら辺りについても,将来こういった事業が停滞をして将来の問題として必ずしも,計画どおりいけばいいですけども,もし万が一そういったことが発生したときにですね改めてまた市の負担とかいったことがないようなことを考えるときにやはりそういった広範な考え方も必要になってくるのかなあという感じがしますので,そこら辺りについては十分配慮をしていただきたいと思いますが,どうですか。


○まちづくり調整監(内 達朗君)


 貴重なご意見ありがとうございます。確かにこの駐車場につきましては山形屋さんにつきましても一番近い駐車場になりますし,連絡橋といいますか,歩道橋ができますと山形屋さんが接続されることも考えておられますので,そういう意味では非常に便利な駐車場になろうかと思います。そういう意味でいきますと,山形屋さんもそういうことは考えて当然TMOさんと話し合いをされるのではないかなあと思います。確かに運営については非常にご心配な点があろうかと思いますけれども,市の方としても,先ほど申し上げたみたいに厳しくといいますか,過大な運営計画ではないかということは結構チェックをしたつもりでございます。そういう意味でいきますと今大丈夫ではないかと判断しております。ただいろんな意味で市としても支援しますし,TMOもまた自己の資金もたくさん出資されるということですので,頑張れると思いますので,市,TMOと通り会,みんなで,いろんな関係者が連携して活性化に努めてまいりたいと思います。以上です。


○議長(西村新一郎君)


 以上で徳田芳郎議員の質疑を終結をいたします。以上で通告による質疑を終わります。ほかに質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 ないようでございます。以上で報告第9号より議案第266号までの質疑のすべてを終結します。これより議案処理に入ります。お諮りします。日程第53,報告第9号,専決処分した事件の承認について(平成18年度霧島市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)について)より日程第62,議案第265号,鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村職員退職手当組合規約の変更についてまで以上10件については,会議規則第38条第2項の規定により委員会付託を省略し審査したいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。





  △ 日程第53 報告第9号 専決処分した事件の承認について(平成18年度霧島市老


               人保健医療特別会計補正予算(第1号)について)





○議長(西村新一郎君)


 それでは,報告第9号,専決処分した事件の承認について(平成18年度霧島市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)について)討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。報告第9号について承認することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,報告第9号は承認されました。





  △ 日程第54 議案第203号 霧島市情報公開条例の一部改正について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第203号,霧島市情報公開条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第203号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第203号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第55 議案第 204号 霧島市新川防災センターの設置及び管理に関する条例


                の一部改正について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第204号,霧島市新川防災センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第204号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第204号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第56 議案第 206号 霧島市国民健康保険高額療養資金貸付基金条例等の一


                部改正について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第206号,霧島市国民健康保険高額療養資金貸付基金条例等の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第206号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第206号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第57 議案第 213号 霧島市文化財保護条例の一部改正について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第213号,霧島市文化財保護条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第213号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第213号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第58 議案第 238号 霧島市立共同納骨堂の設置及び管理に関する条例の廃


                止について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第238号,霧島市立共同納骨堂の設置及び管理に関する条例の廃止について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第238号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第238号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第59 議案第262号 姶良・伊佐広域市町村圏協議会規約の変更について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第262号,姶良・伊佐広域市町村圏協議会規約の変更について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第262号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第262号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第60 議案第 263号 鹿児島県市町村自治会館管理組合を組織する地方公共


                団体の数の減少について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第263号,鹿児島県市町村自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数の減少について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第263号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第263号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第61 議案第 264号 鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合を組織


                する地方公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村非常


                勤職員公務災害補償等組合規約の変更について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第264号,鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合規約の変更について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第264号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第264号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第62 議案第 265号 鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共


                団体の数の増加及び鹿児島県市町村職員退職手当組合


                規約の変更について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第265号,鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村職員退職手当組合規約の変更について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第265号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第265号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第 63 議案第205号 霧島市行政財産の使用料徴収条例の一部改正について


                より


    日程第129 陳情第 10号 わかば会共同作業所と新事業体系に関する緊急陳情書


                まで委員会付託





○議長(西村新一郎君)


 続いて委員会付託であります。日程第63,議案第205号,霧島市行政財産の使用料徴収条例の一部改正についてより日程第129,陳情第10号,わかば会共同作業所と新事業体系に関する緊急陳情書まで以上67件については,お手元に配付いたしております付託表のとおり所管の常任委員会に付託しますので,お目通し願います。お諮りします。付託表に誤りがあったときは,議長において処理することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。次に,追加議案が提出されております。





  △ 日程第130 議案第267号 請負契約の締結について(日当山小学校校舎改築建築


                工事(1工区))より


    日程第136 議案第273号 平成18年度霧島市一般会計補正予算(第2号)につい


                てまで一括上程





○議長(西村新一郎君)


 日程第130,議案第267号,請負契約の締結について(日当山小学校校舎改築建築工事(1工区))より日程第136,議案第273号,平成18年度霧島市一般会計補正予算(第2号)についてまで以上7件を一括し議題とします。提案者の説明を求めます。


○市長(前田終止君)


 本日追加提案いたしました議案7件につきましてその概要をご説明いたします。まず議案第267号から議案第270号につきましては,去る5月29日に指名競争入札を行いました日当山小学校校舎改築建築工事の1工区から4工区の請負契約の締結に関する議案4件であります。1工区につきましては,霧島市隼人町松永3282番地4,株式会社津田和建設代表取締役津田和亨が工事費2億600万円,消費税額1,030万円,合計金額2億1,630万円で落札いたしましたので,契約を締結しようとするものであります。2工区につきましては,霧島市隼人町東郷1010番地,川原・末広特定建設工事共同企業体代表者株式会社川原建設代表取締役塚田洋一が工事費3億6,340万円,消費税額1,817万円,合計金額3億8,157万円で落札いたしましたので,契約を締結しようとするものであります。3工区につきましては,霧島市隼人町見次270番地,秋窪建設株式会社代表取締役秋窪義秀が工事費2億2,190万円,消費税額1,109万5千円,合計金額2億3,299万5千円で落札いたしましたので,契約を締結しようとするものであります。4工区につきましては,霧島市隼人町神宮三丁目1番26号,曽山建設株式会社・株式会社佐々木組特定建設工事共同企業体代表者曽山建設株式会社代表取締役曽山純廣が工事費3億7千万円,消費税額1,850万円,合計金額3億8,850万円で落札いたしましたので,契約を締結しようとするものであります。次に,議案第271号,損害賠償の額を定め和解することについてであります。本案は,平成14年に中学校の部活動中に発生をした事故について,相手方から霧島市,これは旧隼人町時代でございますけれども,と当事者の生徒及びその両親を被告として平成17年5月27日に鹿児島地方裁判所加治木支部に損害賠償を請求する訴えが提起されておりましたが,この事件に関し裁判所から和解勧告案が示され,その案に従い損害賠償の額を定め和解したいので,地方自治法第96条の規定により議会の議決を求めようとするものであります。次に,議案第272号,霧島市土地開発公社定款の一部変更についてであります。本案は,公有地の拡大の推進に関する法律施行令の一部を改正する政令により,土地開発公社の業務範囲が拡大されたことに伴う,霧島市土地開発公社の業務範囲の拡大並びに当該業務範囲の拡大及び1市6町の合併に伴う業務の増加等に対応するための基本財産の増額に関わる霧島市土地開発公社の定款の一部変更について,公有地の拡大の推進に関する法律の規定により議会の議決を求めようとするものであります。次に,議案第273号,霧島市一般会計補正予算(第2号)についてであります。今回の補正は,先ほど説明をいたしました議案第271号の損害賠償の案件に関わるものであり,歳出では総務費で和解勧告に基づく賠償金や訴訟委任契約に基づく弁護士への成功報酬等を計上をし,歳入では,特定財源として諸収入で損害賠償補償金を,一般財源として平成17年度の決算剰余見込額の一部を計上をし,歳入歳出総額353万4千円を追加計上をし,補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ534億2,020万3千円とするものであります。以上,追加提案いたしました議案7件につきましてその概要をご説明いたしましたが,よろしくご審議いただき,ご協賛賜りますようお願いを申し上げまして提案理由の説明といたします。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま提案者の説明が終わりました。ここでしばらく休憩をいたします。


               「休憩  午後 2時44分」


               ──────────────


               「再開  午後 3時32分」


○議長(西村新一郎君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。これより議案第267号より議案第273号まで一括して質疑に入ります。質疑はありませんか。


○23番(岡村一二三君)


 私は,提案されております議案第267号,請負契約議案についてお尋ねしますが,今回4工区に分けて管内のA級の入札業者を指名委員会で選定し,指名競争入札の結果を受けて請負契約をしようということでありますが,そこで一つには期限内の工事完了の確証は得ているのかということであります。工事期間が1年間であります。契約の相手方の手持工事は幾らあるのかなど調査をされたのか。1点,二つ目には入札金額についてであります。今,全国的に問題になり,国民,また,我が霧島市の市民もそれなりの関心を寄せておりますのが自治体における公共工事入札の落札率の問題があります。この議案について私なりに計算してみますと落札率は約99%になるようであります。本日提案されておりますほかの3件も同様な率であります。前田市長はこの事実をどのように認識されていらっしゃるのか。以上の2点についてお尋ねします。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 期限内完了ができる確信があるのかとのお尋ねでございますが,指名しました業者,霧島市内に15社建築Aの業者がいらっしゃったわけですが,その中には他の公共工事を請け負って,現に請け負っていらっしゃる方もいらっしゃいましたし,その時点でまだ公共工事は持っていらっしゃらないという方もいらっしゃいました。それぞれでございました。ただそのこちらの方が完成期限を提示しておりますので,落札されて契約をされる会社は最大限その期間内に完成するための努力を当然にしていただけるものというふうに思っております。それと落札率の件でございますけれども,設計の額と言いますものはこちら,我らが,例えば,部材の,部品の市場価格等を調査いたしまして,あるいは労賃等を調査いたしまして,現在これだけの建物を造るとこの工事についてはこれだけの費用がかかるはずであるというふうな積算をするわけでございますけれども,したがいまして,設計額と予定価格は近いものにならざるを得ないし,それにまた落札額は近くて不思議ではないというような気持ちを持っております。以上でございます。


○15番(新橋 実君)


 私も議案第267号から270号のこの請負契約の締結について質問をいたします。この建物はプロポーザルで決定されたと先ほどお伺いしたわけですが,その特徴ですね,どういった所が重視されてここに決まったのか。それがまず1点目ですね。2点目には,グラウンドに建設をされるとのことでございますけども,その代替地はどういうふうなことを考えていらっしゃるのか。実際グラウンドが使えなくなるわけですので,その辺,その2点です。それと3点目にですね,屋内運動場は次年度に建設をされるということでございますけども,これは多分使われていかれるのではないかと思っております。これは今建物を造られる場所の,今後この建物の安全対策ですね,その辺についてお伺いしたいと思います。安全対策について留意している点があるかですね。それとあともう1点,今,学校では学校内禁煙ということでなっておりますけども,工事施工者への対策はその辺はどういうふうに考えていらっしゃるのか。以上4点お伺いいたします。


○教育部次長兼教育総務課長(石塚義人君)


 それでは,まず1点目のプロポーザルでその日当山小学校の特徴でございますけれども,特徴といたしましては,エレベーターを1基設置をしておりまして体の不自由な方も自由に行動できるように設計していると。そして段差のある所にはスロープを設置しているということでございます。また,学習活動の充実を図るため,コンピューターや情報ネットワークなどを活用,すべての教室でインターネットに接続できるようにしてLANの整備を計画をしているということ。また,飲み水については市水を,市の水道を利用しておりまして,学校施設を地域社会のコミュニティの中心として位置付け,会議室を地域の方々やPTAの活動等に積極的に開放できるような施設として計画をしていると。また,採光と通風に最も便利である,有利である東西軸を中心に校舎全体の配置を計画しているということ。それと夏場の暑さ対策としましては,各普通教室には6台の扇風機を設置して,図書館,音楽室等には冷暖房を設置しております。屋根には,前説明いたしましたとおり,片勾配屋根を採用して空気の流通ができるようにしてあります。また,南側及び西側より外気を取り入れて,北側より東側の今大気を,換気口より排出する自然エネルギーを利用した設計を行っているというのが特徴でございます。そしてグラウンドの代替でございますけれども,グラウンドの代替は,学校敷地としまして多少校庭の方に,今現在駐車場をするというそこの所に大体,大きな運動会とか,そういうのはできませんけれども,各学級単位の体育はできる程度の広場がありますので,そこに安全対策を施しながらやっていきたいと。そして運動会につきましては,日当山小学校の側に公園がございます。それを借りて運動会は1回しのごうかなというふうに考えております。屋内運動場については次年度にするということでしておりますけれども,屋内運動場が,耐力度検査をした結果,3,966点でございましたので,改修対象ということになりましたので,それで次年度に改修,改築をするということにいたしております。以上でございます。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 安全対策でございますけれども,学校のすぐ近くには道路を隔てて一般民家もございます。トラックの走る音,機材を上げ,積み降ろしする音等が考えられます。そして,また,万一にも子供が工事区域内に入らないようにとのことから工事区域と道路,工事区域と学校はいずれもフェンスでもって,防音フェンスでもって遮断するという計画でございます。なお,また,学校敷地内でございますので,運動会,校内奉仕等で保護者に校内に立ち入っていただく場合は禁煙をお願いしておりますが,同じように業者の皆様にも禁煙をお願いすることになるというふうに思っております。以上です。


○24番(島廻一心君)


 2〜3点ちょっと内容をお尋ねをしてみたいと思います。ここに日当山小学校の資料を,配置図,平面図,立面図,透視図,各いただいておりますけど,中の内容がちょっと分からんもんですから,質問さしていただくわけですけど,あそこの日当山小学校はですよ上空を航空機が通りますよね。従来お隣の中学校も防音対策工事で体育館なんかもしてございますよね。旧隼人町ではそうでしたよね。今回その防音対策工事の検討をされたのかどうか。その点が1点,それから,されたとすれば,具体的にどの部門をされているのかですね。それが2点,3点目に,旧運輸省関係で補助対象でやっていらっしゃったですけど,その補助が今回も入っているのかどうか。その点を一応3点ご質問させていただきます。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 特に防音の対策はとっておりませんで,普通のサッシでございます。3番目ですが,同じ,それゆえに補助金は,そのための,防音の補助金は使っておりません。


○24番(島廻一心君)


 隣のですよその中学校はもう本当離れてないですよね,小学校と中学校は。隣は,中学校は防音対策工事で今現在残っておるけど,それを考慮されんかったということは私にはちょっと考えられんというような気がするんですけど。


○議長(西村新一郎君)


 ちょっと整理をさしていただきますと,空港のちょうど路線に入っているんじゃないかということもあるんでしょう,そういう補助事業を導入できないかということは。


○24番(島廻一心君)


 防音対策ですね,補助対象で今現在ありますよね,体育館なんかも。


○議長(西村新一郎君)


 ちょっと答弁の整理のために暫時休憩をいたします。


               「休憩  午後 3時47分」


               ──────────────


               「再開  午後 3時49分」


○議長(西村新一郎君)


 引き続き会議を開きます。はい,答弁を求めます。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 隣の日当山中学校は古い学校でありますが,あの頃は航空機騒音も非常にこう厳しく,大きくて,強くて,航空機の騒音関係の補助金がもらえる制度ございました。現在もう航空機性能が上昇しまして騒音も小さくなっているというようなことから特段の防音対策はいたしておりません。以上です。


○24番(島廻一心君)


 最後にですね,本当は,従来そういうことで中学校も防音対策工事で補助を受けてやっているんですから,その辺は非常に子供さんの一般教室授業等でそういう時はうるさく来ると思うんですよ。私はもうそういうふうに思っています。だから,本当は検討されんといかんかったんじゃないのかなあというふうに考えます。それで結構です。


○38番(田代昇子君)


 先ほど何名かの方が指摘されまして,いろいろ聞かせていただいたんですが,その中で空気の換気を利用した自然エネルギーの配慮ということで聞かせていただいたんですけれども,大変大きな施設でございますが,前の国分中もだったと思いますが,太陽光発電の利用をちっともされていないが,話し合いがなされたのかどうか。お聞かせいただきたいと思います。


○教育部次長兼教育総務課長(石塚義人君)


 一応自然エネルギーにつきましてはいろんな角度から検討をしてまいりまして,そして太陽光につきましてはコストが非常に高く上がるという面もございますが,国分中,そして今度の日当山小も,先ほど申しました自然エネルギーといいますか,片屋根勾配にしまして,そして夏は非常に高い温度になって焼けますので,その空気が,暖まった空気が外に出ていくように,快適に授業ができるようにはしております。その太陽光について考えなかったということはないんですが,一応は考えてはおりました。


○38番(田代昇子君)


 「考えたけれども,しなかった。」ということでございましたが,私は,大型を全部しないといけないということじゃなくて,やはり環境を,CO★を出さない。そういう教育の一面でも少しでも取り付けてほしいなという思いがありました。是非どっかでできるものなら前向きに次の機会でも検討していただきたいと強くお願いしておきたいと思います。以上です。


○46番(宮内 博君)


 一つですねお尋ねをしておきたいというふうに思います。日当山小学校の改築は長年子供たちや保護者から要望があったですねものでありまして,やっと実現をするということになりました。そういう意味では大変喜んでいるところでありますけれども,ただ,しかし,先ほどありましたように,入札のこの結果は私どもにこの新たなですね課題をこう突き付けているんじゃないかと,そんなふうに実は思うんです。予定価格に対する落札率が98.99%という数字が出ております。市長自身はその公共工事を5%カットするということで選挙公約をされた経過があるわけですけれども,今回の工事では1%分ぐらいしか節約をされないというですねそういう結果になっております。この結果をですねどんなふうにこう受け止めてるかということについては先ほど質問がありましたので,省略いたしますが,ただこの談合などの不正をなくす一つの方法として事前に予定価格を公表するという手法がこの間とられてきた背景があるわけですね。ただそれがこの落札価格を非常にこの予定価格に近づけるという結果を逆に生み出しているということがこの入札でも表れているんじゃないかなというふうに思うんですけれども,ならばどうするかということです。長野県ではこの予定価格の事前公表を中止をして事後公表に転換をしております。同時にこの公共工事の改革もですね進めているという状況があるわけですけれども,今回の事態をとらえてですね市長自身どのようにこのお考えになっているかということをですね1点だけお聞きをしておきたいというふうに思います。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 先ほど申しましたとおり,設計額と言いますものは,現在の材料あるいは労賃,必要経費等を積み上げて計算するものでございまして,したがいまして,その業者の方が積み上げられる必要な経費と我々が積み上げる額というのは,必要な額というふうにしてはじき出す額というのは,公表したにしても,公表しなかったにしても,そうそう変わるものではないというふうに思っております。ただいま長野県の事後公表の例を言われましたけれども,従来価格を全く公表しない時代が長く続いたわけですけれども,その時代もまたそれなりに公表した方がいいのではないかとか,いろいろ言われまして,一概にあの方法がいい,この方法がいいと決め付けるのもまたなかなか難しいことではなかろうかというふうに思います。以上でございます。


○46番(宮内 博君)


 確かにそうだと思うんですね。ただ現実にこういう問題がやはり起きているということです。それで実際にじゃあどういうふうにこの取り組んでいくのかというのはですね,やはり新市になって新たなこの私どもに課題が突き付けられているというふうに思うんですよね。一つの試みとして,先ほど紹介をいたしましたように,長野県ではですね一旦予定価格を事前公表していたけれども,その弊害をこの改めて検証してですね事後公表に踏み切っていると。またそのほかにも様々なですね取り組みをやっているということが報告をされておるようです。是非その辺もですね改めて検証をしてですねいくことが求められるという観点からのお尋ねですから,どなたか答弁できる人はいないんですか。


○工事監査部長(大井 正君)


 今回の日当山小学校校舎改築工事につきましては霧島市初めての大型建築事業ということで,霧島市建設共同企業体入札参加資格等の取扱要綱,それから霧島市公募型指名競争入札実施要綱等を基に,さらに霧島市公募型応募要件内規を作成いたしております。そのような中に透明性,それから競争性,それから客観性を高めながら不正が起きにくい方法を今回採用して実施したものと考えております。ご指摘のありましたそういうふうなものもまた今後こういうふうな内規の分に活用しながらいきたいと思っております。以上です。


○議長(西村新一郎君)


 ほかにありませんか。


○19番(植山利博君)


 いろいろ議論されておりますけれども,何点かお尋ねをさせていただきたいと思います。まずですね今回の日当山小学校の改築工事の普通教室が全部で18教室になっているようでございます。1学年3教室ずつの配分かなというふうに考えるわけですけれども,このことを,生徒数のですね今後の推移をどういうふうに考えられての設計なのか。また,30人学級に対する,今,小学校の低学年において一部30人学級が導入されておりますが,今後の推移を考えたときにですねその辺も考慮の上されているんだろうと思いますけれども,そこのところをお示しをいただきたいと思います。2点目はですね管理棟が普通教室から少し離れた位置に設計をされております。私ども素人が考えた状況の中ではですね,管理棟が子供たちの生活,学校生活の中心に近い所に管理棟があった方がより小学校の子供たちの管理がうまくスムーズにいきやすいのかなというそういうような思いを持っているわけですが,今回あえて管理棟が普通教室と離れた所に設計をされているところのその根拠をお示しをいただきたいと思います。3点目にですね工事期間についてでありますけれども,議決の日から2日後より19年6月13日までというふうに設け,設定をされておりますけれども,小・中学校の様々な工事については,夏休み,冬休み,春休みを利用する工事が多いわけですけれども,あえて6月,夏休み前にこう工事が完了するような設定になっておりますが,確かに日当山小学校の建設は旧隼人町にとってですね本当に長年待ちわびた町民の方々からの要望の高かった事業であります。財政健全化ということで押して押して押してですね今まで,2〜3年遅れた事業ではないかなというふうに理解しておりますから,1日でも早い工事完成を目指すというのはよく分かるわけですけれども,工事期間中の防音対策であるとか,安全対策であるとかいうことを考慮すればですねやはり夏休みを有効に使う方がよりベターではないかなというふうに考えるわけですけれども,工事期間を6月13日の完了というふうに設定をされた根拠について,以上3点お尋ねをしておきたいと思います。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 児童数は現在がほぼピークなのではないかというふうに思っております。また,現在の児童数によって,児童の数によって補助面積等が決まりますので,もし将来増えるという予測がつきましても,補助事業をもってしては予備的に余計な教室を造るというわけにはいかないんではないかというふうに思います。現在のところ現在の生徒数,児童数がピークであるのではないかなあと。したがいまして,現在の学級数をこなすことができますれば,将来的にはそれほど心配は要らないのではないかというふうに思っております。管理棟はなぜ離れたかというふうなご質問ございますが,先ほど差し上げました図面を見ていただきますと校長室等がちょっとこう校庭側に張り出して造ってございます。玄関を通る,に入る人たちとかですね,校庭の状況とかいうのを少しでもこう見やすい,横の真っすぐの中に校長室,職員室があるよりも,ちょっとこう出てこうそういった部屋があった方が全体に関する目が行き届きやすいのではないかという配慮がございます。それと工期19年6月ということでございますが,夏休みには早速旧校舎,現在の校舎を解体する工事,一番騒音が出まして子供たちにも危険性がありそうな,及びそうな気がする校舎解体工事等をその夏休みの間にこなしてしまうということから6月という工期を設定してございます。以上でございます。


○議長(西村新一郎君)


 ほかにありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。以上で議案第267号より議案第273号までの質疑のすべてを終結します。これより議案処理に入ります。まず委員会付託であります。





  △ 日程第130 議案第267号 請負契約の締結について(日当山小学校校舎改築建築


                工事(1工区))より


    日程第133 議案第270号 請負契約の締結について(日当山小学校校舎改築建築


                工事(4工区))まで委員会付託





○議長(西村新一郎君)


 日程第130,議案第267号,請負契約の締結について(日当山小学校校舎改築建築工事(1工区))より日程第133,議案第270号,請負契約の締結について(日当山小学校校舎改築建築工事(4工区))まで以上4件については産業教育常任委員会に付託いたしたいと思いますが,ご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。お諮りいたします。議案第271号,損害賠償の額を定め和解することについてより議案第273号,平成18年度霧島市一般会計補正予算 (第2号)についてまで以上3件については,会議規則第38条第2項の規定により委員会付託を省略し審査したいと思います。これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。





  △ 日程第134 議案第271号 損害賠償の額を定め和解することについて





○議長(西村新一郎君)


 議案第271号,損害賠償の額を定め和解することについて討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第271号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第271号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第135 議案第272号 霧島市土地開発公社定款の一部変更について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第272号,霧島市土地開発公社定款の一部変更について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第272号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第272号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第136 議案第273号 平成18年度霧島市一般会計補正予算(第2号)について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第273号,平成18年度霧島市一般会計補正予算(第2号)について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第273号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第273号は原案のとおり可決されました。ただいま可決されました議案第273号,平成18年度霧島市一般会計補正予算(第2号)は平成18年度霧島市一般会計補正予算(第1号)として可決されました。したがって,必要な計数等の整理については,会議規則第44条の規定に基づき議長に委任されたいと思いますが,ご異議ございませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。ここで整理分を配付いたします。





  △ 日程第137 一般質問





○議長(西村新一郎君)


 それでは,これより日程第137,一般質問を行います。一般質問は24名の議員から通告されております。順次発言を許可します。まず,21番塩井川幸生議員より4件通告がされております。塩井川議員の発言を許可します。


○21番(塩井川幸生君)


 長い時間どうもご苦労さまでございます。私は光栄にも3月議会,また,6月議会,一般質問のトップを飾らさしていただきます。市長におかれましては各校区ごとの語イもんそ会,どうもご苦労さまでございます。いろいろな意見,苦情等聞かれ大変であろうかと思っております。また,財政の厳しい折,いろいろな事業等に取り組み,また,私ども議会としましても大変苦慮しているところでございます。私は通告に4項目通告しておりますが,市長の明快な答弁を求めまして次の方にバトンを渡したいと思っております。答弁はイエスか,ノーか,二つに一つしかございませんけれども,なるべくイエスの方でお願いをいたしたいと思います。では,第1項目目,過疎対策について,まず周辺町,周辺町と申しますと,横川,牧園,溝辺,霧島,福山でございますが,大変,人口減の徴候が大変見られております。これにつきまして定住促進対策をどのように考えておられるか。また,私ども周辺町におきましては土地は安く分譲してできるものと考えております。また,こういった安い分譲地の広報について,隼人,国分,そして,また,近隣町に広報する考えはないか。広報の周知徹底がなされたら,安い土地を求めて定住される方もおられるのではないかと思います。2番目に周辺町の高齢者対策,巡回バスの適時運行についてお伺いいたします。これは,巡回バスにつきましては市当局の方で検討委員会も設立される予算も上がっておったようでございますが,大変面々に巡回バスの運行,またスクールバスの運行等されております。これにつきまして高齢者の方々からの要望でございますけれども,大変使いにくいバスの時間帯であると。今まで3年,4年とやってこられた運行方法に問題があるのではないかと。それと小学校,中学校の部活動に対しまして,ただいま5時のバスを利用していると。夏場になりますと7時ぐらいまで部活動をやっておるというような状況でこのような巡回バスの利用したい時にバスがないと,大変親御さんの方も困って送り迎えに苦労されている面があるようでございます。こういった点をどのように考えておられるか。高齢者の方々につきましてもいろいろな視点から各支所ごとに意見を聞き,それに対応する適時運行というようなことを考えていくべきではないかと考えております。こういったことを検討する委員会ができておりますので,それまでの間どのように対応していくかを十二分に検討していただきたいと。3番目に団塊世代の受け入れ対策についてお伺いいたします。今年からだんだんと団塊世代がUータン,Iターン,いろいろ私の横川の地区でも見受けられるようになりました。しかし,帰ってまいりましてまず困られるのが仕事の面でございます。仕事を何かしたいのだけれども,なかなか年が年だけに受入先がないと。あと農業をしたいにも機械も何もないというようなことでございます。そういったことで市長自ら団塊世代の受け入れについては十二分に検討されておられることと思いますが,どのような対策を持っておられるのか。お伺いいたします。大きい2番目の生活環境整備についてお伺いいたします。まず最初に合併浄化槽設置補助金について伺いますが,私も決算委員会で決算を見さしていただきましたけれども,その中で霧島町が汲み取りトイレを合併浄化槽にする場合は5万円の町独自の補助を出していたと。単独浄化槽については10万円補助をしていたと。その結果,普及戸数も増えておったように結果が出ておったように思います。そういったことのない町村につきましては設置率がそう増えていないというようでございました。この霧島町の制度が大変,設置される方々にも大変いい補助金であったのではないかと考えます。いろいろと設置の補助につきましては,国・県から5人槽35万4千円,7人槽41万1千円,10人槽が54万ぐらいですか,そういった補助金が出ておりますが,まだまだ浄化槽設置率は,聞いてみますとまだまだたくさん残っておるようでございます。そういった観点から1年間に霧島市で浄化槽,合併浄化槽の設置数が幾らあるものかをお聞きをいたします。この補助金について霧島町の制度が大変いい制度であったと思いますので,このような補助金設置についてはどう考えておられるかをお伺いします。2番目に防災無線を地域広報に活用できないかということでお聞きいたしますが,現在福山町さんの方で防災無線を使って各戸放送の設備も整っておると,金額的にも安く上がっておったようでございます。私の横川町におきましても防災無線はあるのですけれども,こういった福山方式でこう普及はできないかと。現在免許の要らない無線の申請も私の横川から2〜3件上がっておると思いますけれども,それを付けないといけないものであるのか。その防災無線を活用することはできないものか。新しく無線を付けられますと,またこの霧島市全体で統一することにつきましてまたやりにくくなるのではないかと,これを統一する方向でどのように考えておられるのか。お伺いいたします。3番目にタバコ喫煙についてでございますが,私も大変ヘビースモーカーでございまして,この4月から喫煙機がなくなったことをとても残念に思っております。どういう意図で撤去されたのか。また,各支所におきましても外に灰皿が置いてありまして大変見苦しいという不評が舞い込んでおります。今までなかったことであるように思います。タバコのまた喫煙機の方も,聞いてみますと,リースでなくて,もう買い上げている所もあると。この機械をどうするのかということも併せてお聞きいたしますが,前の状況の方がかえって私は市民の方々もご利用しやすかったんじゃなかろうか。玄関の前に灰皿を置いてかえって見苦しいのではないかと考えております。また,職員の方々も喫煙者の方はたくさんおられると思いますけれども,仕事の面でも能率が下がるんじゃないかと思っております。各階とまでは申しませんけれども,各フロアに今まであった状態で,どうしてこう撤去しなければならなかったのかをお伺いいたします。“花は霧島,たばこは国分”という歌にも出てまいりますけれども,歌が寂しく思われるんじゃないかと思います。歌自体が消えるんじゃないかと。タバコ生産者の方々からも「これは是非言ってください。」と頼まれておりますので,市長の方もよく考えて答弁をお願いしたいと思います。続きまして各支所にモニターテレビの設置をする考えはないかということでお伺いいたします。現在モニターテレビが市役所の1階の方にもございましてこういった議会等見れるようになっておりますけれども,各支所にはそういった物はございません。市長も選挙公約で「ケーブルテレビには一生懸命頑張る。」と言われておりましたけれども,なかなか,試算をしてみますと大変なお金でございます。これをすぐ実現するようなことはなかなか時間もかかるのではないかと思います。それまでに各支所に町民広場というような場を設けましてモニターテレビを設置する考えはないか。また,いろんな情報を各支所にも流す必要性はあろうかと考えます。公正な立場で,ケーブルテレビが完成するまでの間,こういったテレビを設置し広報にも努めるべきではないかと考えております。是非こういったことも平等になるように考えていただきたいと思います。どう考えておられるか。お伺いいたします。では,3番目に道路整備についてお伺いいたします。生活道路整備についてでございますが,私も委員会の方で各支所を現地調査にまいりまして大変道路事情の悪い所,狭い所,また舗装状況の悪い所,また側溝等排水設備のない道路,走ってみますとたくさんの箇所でそういった箇所がございます。また舗装も水道の本管工事が終わってから30年以上経っている道路もそのままの状態であるというような状況の道路がたくさんございます。そういった所を舗装工事だけの工事をされたら金額等はそう上がらないと,そういった住民の要望としましては,これがガタガタがなくなって,道の拡幅もしなくてもいいから,この表面を舗装工事をしてくれんかということでございます。そういった箇所がたくさんございますので,こういった生活道路について優先順位を,生活道路でございますので,こういった所に力を注ぐべきであろうかと考えますが,どのように考えておられるか。お聞きします。続きまして既存の道路整備について,簡易な整備でできる箇所が多いが,どのように対処するか。お伺いいたします。既存の道路,この1番の生活道路とも関連いたしますけれども,各支所ごとにアンケート等,また要望等,市長も語イもんそ会でたくさん聞いておられると思うんですけれども,各支所単位でアンケートを取り,その中でできる箇所から整備していくということをしていったらどうかと,アンケート等を取ってこういった市長の所まで届けるというような方法はできないものか。お伺いいたします。4番目に市の工事入札についてお聞きいたします。まず最初に入札基準についてでございますが,どのようなランク付けをされておられるのか。また,金額がA,B,C,Dとございますけれども,金額はどっからどこまでなのか。私が聞いたところによりますと,「県の工事入札に準じる。」という返事をもらいましたけども,全然県の入札基準には準じておりません。金額も決まっておるようなことをお聞きしましたが,このランク付けの請負金額の上限,下限はどのようになっておるのかをお伺いいたします。また,2番目に,今,日当山小学校の例もございましたが,分割発注ということをされております。これは大変いいことだと私は考えております。また,これに電気設備,機械設備といったものもございます。それと造園工事等いろいろあるわけでございますが,そういった仕事を分離発注できないか。また,霧島市内の業者育成のためにも霧島市の業者に仕事をしてもらうといったような方法を考えておられないか。お伺いいたします。昨今この建築工事,土木工事,財政上苦しくて大変少なくなっております。みんなで力を合わして頑張らないといけないと思っておりますので,そこらをどのように考えておられるか。お聞きいたします。以上4項目でございますが,市長の明快な答弁を求めまして,大変時間も残り少なくなりましたので,答弁の方は明確ないい答弁をお願いしまして私の質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 塩井川議員から4点につきまして質問がございました。1点目については私の方から答弁をいたします。そのほかについては関係部長等にそれぞれ答弁をいたさせます。最初に過疎対策についての1でございますが,周辺地域の人口減に対する定住促進対策を伺いたいということでございました。合併協議会における定住促進に関する補助制度の調整方針は,「現行のとおり新市に引き継ぎ,補助制度期限後は新市において調整する。」となっております。現在定住促進に関する補助制度があるのは旧横川町のみでございまして,その制度は転入者が住宅の建設及び購入をした場合の定住補助金制度で平成19年9月30日までとなっております。補助制度期限後は,交流人口の拡大や企業誘致を進めながら,地域性や霧島市全体のバランスを考慮して生産人口の増加につながる若者の定住促進,地域内の企業への通勤者等を対象にした住宅や宅地の提供による定住の促進,そしてUターン・Iターン者への積極的な受け入れを行うなど霧島市全体で統一した制度を平成19年度までにですね構築するため,今後検討委員会等を設置をすることにいたしておりまして,各地域ごとに特色のある定住促進を進めることにいたしております。適切な知らしめる意味での広報等の考えはないかと,市内外にそういう考えはないかという質問もありましたが,そういうことも含めてですね検討を進めてまいりたいと思っております。2番目の周辺地域の高齢者対策,巡回バスの適時運行についてのお伺いでございますけれども,現在巡回バスの運行については契約形態と運行形態に若干の違いがございます。現在国分,横川,牧園,霧島,隼人地区で運行をしております。巡回バスの運行に際しては,交通不便地域の解消と併せて特に交通弱者と言われる高齢者の方々や児童・生徒に対して配慮をし,なるべく公共施設や医療機関,学校及び駅などを結ぶ運行経路や運行時間を設定をしておりまして利用者の日常の利便性を図っているところであります。今回補正予算でお願いをしております,仮称でございますが,霧島市コミュニティバス検討委員会の中で見直し等の検討をしてまいりたいというふうに思っております。3番目に団塊の世代の受け入れ対策をどのように具体的に考えているのかということでございます。鹿児島県の将来推計人口によりますと2030年には10%以上の人口が減少をするとしております。このことは将来の霧島市にとりましても大きな課題であると考えております。このような中,元気な高齢者は大きな消費主体でございまして,彼らを地域に招くことが地域復活の大きな要因の一つになると見ております。団塊の世代の移住,交流促進を図るため,定住を図るため,地域に住む私どもが地域の良さというものを自覚をし,都市住民の方々に本市の魅力をPRすべきであると考えているところでございます。このため,市といたしましては情報発信の充実強化に取り組みたいと考えておりまして,私どもの住環境,生活環境,就労あるいは福祉,医療,そういう情報などを一元化してですね提供し,また,ワンストップのですね相談体制の整備等を念頭にですね7月1日付で次長級のですね専門監,例えば,仮称でございますが,おじゃんせ霧島推進監,あるいは,また,よかとこ霧島定住促進監みたいなこの名称でですね係を設置をして,併せて関係部署とのプロジェクトを発足させる予定でございます。私といたしましても首都圏や関西圏などで活動されているふるさと会の皆さんに既にもう呼びかけ,団塊世代のUターン,Iターンの推進など霧島市発展のための支援協力をもう既に仕込みをお願いしているところでございまして,また,将来的にはこの方々をいい知恵を出して,例えば,霧島ふるさと大使,おじゃんせ霧島大使などみたいな名称を考えて役所をお引き受けになっていらっしゃる皆さんにですね観光客や企業誘致等,あるいは,また,U・Iターン等へのですねお力添えもいただこうかなと,こういうふうにも考えているところでございます。また,現在市民の方々の間でも霧島市への団塊の世代の受け皿づくりとしてですね新現役の会の霧島支部が立ち上がり,団塊の世代が多量定年をする2007年に向けて再出発の準備をする学びの場,新生道場の開設を目指して活動をされているところでもございます。また,6月2日,3日,つい先日でございましたけれども,NPO法人全国生涯学習まちづくり協会の方々20名がですね全国から参加をされて壮年活動の動き,こういうこともございまして,これは観光の面も含んでおりますけれども,本当に自分の将来の終の住処,人生のゴールを目指していいとこはないかなということでですねやっぱり大きな関心をこういう方々もお持ちでございます。そういう方々ともまた市といたしましても連携を強めながらですね力を尽くしてみたいと,このように考えております。


○生活環境部長(林 兼行君)


 2点目の環境整備についてのご質問のうち合併処理浄化槽設置補助金に関するご質問についてお答えをいたします。本市では,合併処理浄化槽の設置に際し,一定の要件を満たした場合,補助金交付要綱に基づき補助金を交付いたしております。補助金は合併処理浄化槽のサイズに応じ国が定めた補助基準額を基に交付しており,その財源は,国が3分の1,県が約3分の1,残りを市が負担をしているところでございます。また,本市では単独経費による上乗せ補助の制度は実施いたしておりませんが,合併前の旧霧島町におきましては実施されており,補助基準額に対し,汲み取り式から合併処理浄化槽へはプラス5万円,単独処理浄化槽から合併処理浄化槽へはプラス10万円それぞれ上乗せされていたようでございます。なお,平成17年度の合併処理浄化槽の設置基数につきましては1市6町合わせて682基となっております。


○総務部長(西重正志君)


 環境整備についての2点目,防災無線の活用についてお答えします。この無線は防災対策等のために設置された無線ですが,災害時以外のいわゆる平常時には,営利的な通信や私用,いわゆる私用の通信を除き,一般行政事務に関する周知や地域的な行事などの連絡を行うことも可能でございます。ところで,子機を自治会長宅に置いて自治会単位で放送できないかというお尋ねですが,旧福山町では,放送時間の限定はありますけれども,議員ご指摘のような運用がなされておりますので,旧横川町においてもシステム的にはできることになります。コミュニティ情報の伝達の手段や広報は現在も旧1市6町様々でありますが,現行では,合併協議の結果,地域振興補助金制度により逐次整備していく計画でございます。また,霧島市の防災行政無線はアナログ式同報系通信と移動系通信が運用されておりますが,平成22年から現在の体系を基本に段階的にデジタル通信システムへ移行していく計画でございますので,ご理解を賜りたいと思っております。次に,3点目の喫煙についてお答えします。健康増進法第25条受動喫煙の防止の規定に「多数の者が利用する施設を管理する者は,これらを利用する者について,受動喫煙,これは他人のたばこの煙を吸わされることを言いますが,受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない。」とあり,この規定に基づきシビックセンター及び各総合支所の建物内での禁煙については,平成18年5月1日から原則建物内は禁煙とし,シビックセンターの喫煙場所としましては,建物の外に主に市民など来客用に1階と2階に1箇所ずつ,議会棟4階バルコニーに1箇所,主に職員用に1階に1箇所設け,また,総合支所においてはそれぞれ実情に応じ建物外に喫煙所を設け喫煙される方に利用をお願いいたしております。また,分煙機のことでお尋ねがございました。分煙機については,リースしている分には返却,購入している分には,一般競争入札を実施し,払い下げすることで現在準備を進めております。以上でございます。


○企画部長(藤田 満君)


 塩井川議員の環境整備についての4点目,各支所にモニターテレビを設置する考えはないかについてお答えいたします。ご質問の趣旨は各総合支所にモニターテレビを通して議会中継を見ることができるように施設整備をする考えはないかというようなことだと思っております。本庁舎内では従前よりテレビ専用の同軸ケーブルを通しまして市民が本庁舎1階フロアのモニターで議会中継を見ることができるようになっております。ご質問にありますように,各支所にモニターテレビを設置し議会中継を見るためには新たに施設を整備する必要がございます。ネットワーク構築及びその他の多額の費用が生じることになりますが,今後議会中継をテレビ等を通して広く市民の皆さんに見ていただくということは重要なことだと私ども考えておりますが,先に述べました経費面の問題も含め,また,これを運用するためには関係部署等との協議も必要になってまいります。したがいまして,これらのことを踏まえまして今後検討させていただきたいというふうに思っております。以上でございます。


○建設部長(秋窪直哉君)


 3番目の道路整備についての1点目にお答えいたします。集落内の生活道路につきましては各自治会等から道路整備について多くの要望が寄せられておりますが,原則として市としましては地域まちづくり支援事業によるまちづくり計画書の中で緊急性の高い箇所から道路整備を実施しております。まだ計画書を作成していない地区については現地調査を行いながら対処しております。今後も危険性,交通対策などの緊急性の高い箇所から道路整備を進めていきたいと考えております。次に,道路整備についての2点目にお答えいたします。既存の道路整備につきましては,道路パトロールや自治会からの情報等により路面や側溝の補修,また,街路樹等の管理など日常の維持補修作業を行い適正な管理に努めているところであります。路面の損傷などの簡易な補修は直営又はシルバー人材センターへの委託をしておりますが,それ以外の緊急性のある小規模な道路整備につきましては建設業者に発注して早急な対応に努めているところでございます。


○工事監査部長(大井 正君)


 4番目の市の工事入札についての1点目についてお答えいたします。霧島市が発注する建設工事につきましては,競争入札に参加することができる者の資格や有資格業者の指名又は選定の基準に関し必要な事項を定めているところでございます。入札参加資格の格付けにつきましては,合併時の調整結果として土木一式工事,建築一式工事,舗装工事は当分の間県の格付けを準用することとしており,土木並びに建築一式工事でAからDまでを4区分,舗装工事でAからCまでを3区分として格付けを行い現在執行いたしております。建設工事の指名競争入札に有資格業者を指名する場合の基準といたしまして格付区分に応じて標準金額を定めております。なお,指名にあたりましては,格付区分に属する者のうちから建設工事場所の地域性,建設業者の経営状況,手持工事量,施工についての技術的適性,指名回数等の機会均等などなどを勘案し,指名委員会で審議し,決定しているところでございます。なお,建設工事の種類及び標準金額の入札参加資格でございますけれども,まず土木一式工事についてのみご説明をいたします。2千万円以上がA級,1千万円以上2千万円未満をB級,500万以上1千万円未満をC級,500万円未満をD級というふうに位置付けをいたしております。なお,この金額の設定につきましては県の標準金額のおおむね2分の1を採用いたしております。次の2点目についてお答えいたします。現在工事の発注にあたりましては,中小建設業者の受注機会を確保するため,建設工事においては,価格,数量,工程等の面から見て分離・分割して発注することがどうかを十分検討し,可能な限り分割して発注を行うよう努めてきているところでございます。特に建築工事につきましては,建築本体工事,電気設備工事,衛生設備工事,空調設備工事等に分離発注をし,また,土木工事におきましても工区分けをして分割発注をすることによってより適正な発注規模の確保に配慮しながら,地元建設業者の受注機会の確保を今後ともさらに図っていきたいと考えているところでございます。以上です。


○議長(西村新一郎君)


 ここでお断りを申し上げます。やがて5時を,定刻を迎えてまいりますが,本日の会議時間は一般質問の都合によりまして岡村一二三議員までいたしたいと思います。あらかじめ時間を延長いたします。


○21番(塩井川幸生君)


 ただいま答弁をいただきました。過疎対策につきましては市長の方でいろいろと考えておられますので,是非効果の上がるようにしていただきたいと思います。また,その巡回バス等につきましては高齢者の利便度,また,今の時期でもですね「国分,隼人にですね,溝辺にこう回るそういうのはないのか。」と言われる方々も多く見られるようになりました。各地域だけをこう巡回しているんじゃなくて,この霧島市をですねこう巡回して病院にも行ける。買物もできるというようなそういった使用頻度の広がりのある運行にしていただきたいということでございます。是非そのように今後の検討委員会で十分もんでいただきたいと思います。それと団塊世代の受け入れにつきましては,答弁書にもございますが,いろいろと市長が考えておられますおじゃんせ霧島大使等の任命とか,おじゃんせ霧島推進監を設置するとか,いろいろ実行に移されることと思いますが,団塊の世代の皆様方も帰って見えまして「田んぼ,畑でですね何か作ってみたい。」と言われる方もたくさんおられます。そういったところの援助体制というのも考えるべきではないか。情報を,前に市長は「そういう方々は何千万かお金を持ってくるんだと,4千万ぐらい持っちょらせんどかい。」と言われたこともございましたけれども,そういって持ってこられるお金を有効に農業に転換できるような方策を考えていった方がいいのではないかと私は考えます。周辺町におきましては本当に人口減が激しくなっております。そういった面での対策をとっていっていただきたいと思います。その2番目の環境整備につきまして合併浄化槽補助金をどうするかと,答弁,答えが出ておりません。ただこう国がこんだけあると,県がこんだけやっていると。私が申し上げたいのは,汲み取りトイレで5万円の補助をする考えはないか。単独浄化槽から合併浄化槽にするのにプラス10万円をする考えがないかと,それの答弁をいただきたいわけでございます。682基付けました時,5万円の補助の時がですね3,410万ぐらい上がってくると思います。市長も観光,環境と,環境が良くなかったらですね観光も,観光にも影響が出るのではないかと,まず環境整備が一番大事であろうと思います。そのために5万円して1年間に3,410万というお金が出せないのかということで質問しておりますので,その答弁をお願いします。


○生活環境部長(林 兼行君)


 お答えを申し上げます。先ほど本市霧島市単独の上積み,単費による上積み,上乗せ補助はしないという,霧島市の事例を申し上げたわけでございますけども,合併協議の中で単費による上乗せ補助はしないということでございます。しかしながら,既存の単独浄化槽から合併処理浄化槽への転換を推進するため,今年度から一定の要件を満たせば合併処理浄化槽の設置に伴う単独処理浄化槽の撤去費を基準額の特例として国の助成対象に含めることとなったため,本市におきましても当該経費を補助対象とするよう現在補助金交付要綱の所要の改正作業を進めているところでございます。なお,単独浄化槽の撤去費等については約10万円程度の経費が必要と概算見積もりをいたしております。以上でございます。


○21番(塩井川幸生君)


 今そういったことを考えておられるということでございます。是非その方向で,汲み取りトイレの方も是非考えていただきたいと。あれももう大変,大変な仕事でございますので,考えていただきたいと思います。続きまして環境整備の防災無線を地域広報に活用できないかということでございますが,いろいろ平成22年からデジタル通信システムへ移行するということでございます。今,無線関係の予算も3月上がっておりましたけれども,そうやってこうまちまちにやっていってそれでいいものか。1戸あたり1万7〜8千円ですか,かかるということでございますけど,こう統一した状況に何かしていかないと,みんなまばらに,いつ統一する方向で,22年まで待つ方法ですね,要らんお金をまた出してですねせんないかんようになるわけですが,22年度からこれを,このデジタル通信システムへ移行する計画ですので,理解してくださいと。自分たち,今待ってる状況の住民の方々にどうしたらいいのか。そこの答弁をお願いいたします。


○総務部次長兼総務課長(南田吉文君)


 結論の方は,先ほど申しましたように,活用できるわけでございますけれども,幾つかクリアしなくてはならないことがあると思います。今,議員おっしゃいましたように,平成22年からアナログ式同報系通信からあるいは移動系通信からデジタル化していくという方針が出されております。ただ霧島市としてはどうするのかという具体的な方針はまだないところでございます。そういった中で仮に横川町さんのアナログ式同報系通信を一部そういったようなコミュニティ情報の伝達に使うということになりますと,まずは横川総合支所さんの地域情報伝達システムをどう考えているかということ等整理をしないといけないと思っております。その後整備していこうという方針が出ますと,防災無線の担当課は私ども総務課でございますので,総務課で九州総合通信局との手続き等をしなくてはならない。そして,また,一番問題なのは整備費をどうするかということではないかと思います。今現在,先ほど部長が答えましたけど,1市6町ばらばら,様々な伝達方針を使っております。その辺の整合性,統一性,どうしていくのかという方針も決めなくてはならないと思っております。仮に今ございます,部長答えました地域振興補助金制を活用するとなりますと,その補助金では6割程度しか補助できない。そういうようなこともあるということでございます。現在のところしばらくは,今,有線放送がありますですね。そちらの方をしばらくご活用いただくしかないのかなと考えておるところでございます。以上です。


○21番(塩井川幸生君)


 今,そういったことで,じゃあ今予算計上されているやつはもう外されるということですか。何か,無線のですよ,免許の要らない無線の地域の連絡網の無線の申請が出てるでしょう。私はそういったものを,もうばらばらそうしてですね,横川は今,有線でやっているわけですよね。ただ全部,私が言うのは,霧島市になったんだからとにかく統一,何もかんも統一しないとですね,そんなら総合支所でそら対応さすんのかと。そんなら予算計上したら,それを通してくれるのかと。だから,そういったことを,もう霧島市ですからこれを統一できないのかと。そういったことを22年にはこれがしっかりとできるのかと。それだったら4年間待とうかとか,そういうのがあるわけですよね。だから,今その免許の要らない無線だったら1万7〜8千円自腹を切らんないかんわけですよ。それをどうするかと。それをだからいつまで,それが上がっとったと思いますから,それは今回削っているのかと,「もうちょっと待ってください。」と言われたから。それをどう考えておりますかということを聞いております。


○総務部次長兼総務課長(南田吉文君)


 ちょっと誤解があるようですけれども,今使っている無線というのはですね実は防災行政無線でございまして,一般的に私どもがやっている有線放送,公民会で使っているようなそれには日常的に使ったらやっぱりいけないわけですよね。ただ平常時はそういったものに使っても,時間を限定して使っても構わないと,ただそれだけのことでございます。さっき申し上げましたのは,また,ちょっと私どもの総務課のあれとは,範疇ではないわけですけれども,コミュニティ無線と,そして,また,有線無線の,有線のですね放送の施設整備は,全市的にはそちらの方向で今やっているということでございます。そういうことでございます。


○21番(塩井川幸生君)


 私がもう言うてるその防災無線はですね今そういう状況で分かったんですよ。私が言うのは,今現在うちは,横川町は今有線を使っておると,有線ですね。それでその有線の線なんかの補修に老人が,高齢者が増えて手が回らないと,補修に。だから,今,無線,どっか隼人の会社,無線の会社がありますね。あれを申請されてると思うんですよ。だから,それでずうっとこう霧島市で統一する考えなのか。それが予算に上がっとったから,それは今度議会を通っているから,そんまま設置するのかと,そういうことを聞いているんですね。それで霧島市はどういう方向でそれを考えているのかと。最終的に22年頃てなっておるから,あとそれなら有線の状態で4年我慢したら新しい体制が霧島市全体でできるのかということを聞いておるわけです。


○企画部長(藤田 満君)


 今,防災行政無線の方と,それからいわゆるコミュニティ,いわゆる自治会,地区自治公民館,それから自治会ですね,ここの使い方について今ちょっと仕分けができたのかなと思っております。地域振興課の方が補助制度を今,最初の答弁の所で申し上げましたが,その補助の6割の補助する制度を持っております。これにつきましてはいわゆる自治公民館単位,それか若しくは自治会,そういう単位になりますので,自治公民館単位となりますと,旧横川町全域にとか,あるいは霧島市全域となりますと少し考え方が違ってまいります。したがいまして,横川町の地区の中でこういうコミュニティ無線を使って整備をしたいということであれば,現在確か申請も上がっていると聞いておりますので,その分についてはいわゆる自治会,自治公民館のいわゆるご判断で設置をされるわけでございますので,それについてはお応えができる分については,予算化もしてありますから,応えてまいれると思っております。


○21番(塩井川幸生君)


 続きましてこのタバコでございますが,どうしてもこう納得がいかんのですが,大変4階でありますと,私どもの一番使いやすい場所に1箇所ですねしていただきたいと。それはもう大変でございます。職員の方々も大変だと思うんですけどね,喫煙される方はちょっと私に応援をしていただきたいんですが,タバコを吸うのに見苦しい格好でですね外で吸うというのも私はどうもおかしいと思うんですが,タバコ税の方も7億ぐらい入ってくるわけですね。これをどんどんやめさしてですね,その減った分をどう,どこでカバーするのか。財政課長は考えておられますか。タバコを吸って,吸えないというのが一番苛々してですね執行部の方々にもご迷惑をかけると思うんですが,このタバコにつきましていい対策は考えておられないのか。部屋での喫煙ですね,是非考えていただきたいんですが。議会棟も4階ということで雨が降ったら吸えませんので,この3階ぐらいにですね造っていただきたいと。体に悪いと言われますけれども,議会に17,18名おられます。でも,ほかの方々は側に寄られませんので,まず喫煙機があったらですね体には何も害はないと思うんですね,私は。そこらは何か考えておられないですか。


○総務部長(西重正志君)


 私もタバコを吸います。でも,やはり,先ほど言いましたように,この健康増進法の趣旨からいけばですねやはりタバコを吸わない方にまず迷惑をかけないということで今回のこの処置をしたところでございます。今,議員のおっしゃるように,どっか何階かにということは現時点では考えておりません。あとそういうタバコを吸われない方に迷惑をかけない方法がないのか検討してみたいと思います。


○21番(塩井川幸生君)


 是非考えていただきたいものでございます。次に,モニターテレビでございますが,これも「検討させていただきます。」ということでございますが,ケーブルテレビ等,私は質問しましたとおり,なかなか遠い話ではないかと考えております。幾らぐらいかかるのか。モニターテレビ設置がですね幾らぐらいかかるのかちょっと分かりませんけれども,是非各支所に平等な情報を流すという点から十二分に検討していただきたいと思いますが,いかがでしょうか。


○企画部長(藤田 満君)


 広報については,現在本庁と各総合支所をネットワークで結んでおります。この回線を使って施設の整備をすれば技術的には可能な状況にあるようでございます。金額的にも恐らく,これはもうザッとした計算ですけれども,1千万程度ぐらいはかかるのではないかなと思っております。そういうことで技術的には可能と。ただほかにこういう進歩が,進歩している非常に技術の世界です。インターネットを使ってのそういう提供であるとかもできるというふうには聞いておりますが,これはただかなり莫大な開発の経費といいますか,導入の経費がかかるようでございまして,費用対効果という点も考えなければいけないと思います。そういうことで検討しなきゃならないと思っています。それから,必ずしもその生中継でなければいけないと,いわゆるライブの状況ですね,生中継で流れていますので,例えば,これをもう少し時間を置いて,今ここでモニターでモニタリングしているわけですので,それを少しビデオテープあたりで,少しタイムラグはあるかも知れませんけれども,そういう議会情報として,公共の施設であるような総合支所ですね,そういう所の一室に見れるようにするとか,いろいろな方法もあるのではないかと思います。ただそういう情報の提供の仕方については,当然議会情報につきましてはまた議会のルールもあろうかと思いますので,そういう所とも十分関係部署として,技術的な部分と,またその提供の仕方についても十分協議をしながら,どのような提供をしていけばいいのかということも今後検討の対象になってくるのではないかと。今そのようなところかなあというふうに判断しているところでございます。


○21番(塩井川幸生君)


 是非,まずできることから,経費のかからないことからどんどん取り入れていっていただきたいと思います。続きまして,道路整備についてはよかったですね。市の工事入札について,今さっき土木の方は聞いたんですが,建築の方の金額を聞いておりません。それと「県に準じておる。」と言われましたけれども,県の幅,これを今幅を持たして,B級ですね,「1千万から2千万」と言われました。そこがその範囲でピタッと切るのか。県はそこに1千万からちょっとは見てるわけですね。霧島市はどう見ておられるのか。教えていただきたい。建築のランク付けは聞いておりませんので,ランクのA,B,C,Dを教えていただきたい。


○工事監査部長(大井 正君)


 それでは,建築一式工事,あるいは,また,舗装工事についての格付けを申し上げます。3,200万円以上A級,それから1,400万円以上3,200万円未満をB級,500万円以上1,400万円未満C級,500万円未満がD級となっております。舗装工事につきましては,600万円以上がA級,600万円未満B級,200万円未満についてC級となっております。それから,先ほど格付けをそれぞれ土木,建築,舗装工事につきまして申し上げましたが,このほかにも直近上位という形で若干の余裕は見ております。この見直しにつきましては,いろいろと判定基準がございますけれども,先ほど申し上げました霧島市建設工事等入札参加資格審査要綱に基づきまして判定基準がございます。電気工事,配管工事を含めた建築一式工事については5年,その他の土木等のものについては3年の工事完成高及び工事成績の平均値を格付けに反映するというふうになっておりますけども,ただ,今ご指摘のありましたこのこういうふうな5年,あるいは,また,3年という期間が非常に長いということもございますけども,このようなことにつきましてもこれからこの実績等を反映しながら,できるだけいい時期に格付けをしていきたいというふうな形を思っております。以上です。


○21番(塩井川幸生君)


 是非そのように頑張っていただきたいと思います。B級から下の方々がですね大分狭まって,上限がですね,もう県と比べて雲泥の差であるということを大分聞きます。今これの基準からしたらもうAしか食っていけないというような状況になるのではないかと私は考えております。「ここは県に準ずる。」,また「県の入札基準と合わす。」ということも言われましたので,是非そこは県工事に合わすのが私はいいのではないかと考えております。そういったところをしっかりと検討していただきたいと思います。私の質問をこれで終わります。どうもありがとうございました。


○議長(西村新一郎君)


 以上で塩井川議員の一般質問を終わります。次に,23番岡村一二三議員より3件通告がされております。岡村議員の発言を許可いたします。


○23番(岡村一二三君)


 私は先に通告したことについて質問します。まず,第3期介護保険事業計画について伺うものであります。今年3月に策定された第3期計画は,介護保険事業との調整,連携として施行5年目の介護保険制度の改正に伴い霧島市の介護保険事業がより健全な形での定着を目指すものであると理解してはおりますが,介護は人間対人間の関係を立証とするものだけにさらにきめ細かな対応策が欠かせません。市町村の役割として地域の福祉ネットワークの協力なしでは不可能であり,いかに制度が立派にできていても,その運用が問題であります。行政として公平・公正,透明性の原則と効率化の追求をベースに住民の理解と協力を求めながら負担と給付の不満だけは解決しなければならない立場でもあります。そこで今後の運用も含めて疑問点を伺うものであります。まず第1点は,介護予防効果が明らかだと新たなプログラムとして介護予防通所系サービスの中で要支援1・2の人に提供される選択的サービスとして利用者の目標に応じて利用できるもので,運動機能向上・栄養改善・口腔機能の向上などを新メニューとして導入するとしております。これらは毎日することによって効果が期待できますが,月額サービス費の目安を参考にすると3日に1回程度の金額でありますが,通所者に対しての効果的対応は万全なのか。どのように考えられて推進していくのか。お尋ねするものであります。2点目は,本市では10の区域割りを設定し,日常生活圏域内に計画目標達成のために必要な介護給付対象サービスなどを提供する地域密着型サービスとして「小規模多機能型居宅介護」,「認知症対応型共同生活介護」などの整備を進めるということであります。高齢者は生活の場が変わっただけで認知症になると言われております。住民のニーズに沿ったサービスが望まれます。計画達成の具体策についてお尋ねするものであります。3点目に,介護保険において整備する地域包括支援センターを地域ケアのネットワークの中核として位置付け,高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができるように地域ケア会議や各種相談,権利擁護などの機能を充実するということであります。本市では4月に介護保険法改正に伴い地域包括支援センターを設置し,社会福祉協議会へ委託し,当面市域全体を対象に日常生活圏域に配慮したマネジメント体制を確立していくとともに,実情に応じた柔軟な対応をするということのようであります。本市は面積603km2,人口12万8千人,うち5月17日現在高齢者人口は2万7,514名であります。地域包括支援センターは国の定めた設置基準もあります。また,この10月からは地域包括支援センターが介護予防支援業務を委託する場合について居宅介護支援事業所のケアマネジャー一人あたり8件の上限を設けることになっております。被保険者主義の公平なサービスを提供するケアマネジャーの人員確保は可能なのかどうか。当局の計画実現のための実情に応じた柔軟な対応策とはどのようなことが想定されているのか不明でありますので,1市6町が合併して10ある日常生活圏域のケアプランをつくる所であるとするならば,地域に密着した形で管内の高齢者に公平にサービスの提供ができるように数箇所を設置する必要はないのか。福祉は住民の権利であります。関係者で議論はなされなかったのか。このことについて1点,以上3点について質問するものであります。次に,養護老人ホームの設備改善と運営方針についてであります。まず一つには,養護老人ホームの設備及び運営に関する基準の一部改正が行われ居室の定員は一人となりました。市で設置管理を行っている長安寮と春光園は居室の定員の見直しの必要性が生じました。どのような方向付けで施設設備を行われるのか。1点,二つ目には,春光園の入所者の食堂として使われている場所は畳敷きであります。足腰の弱くなった高齢者が食事などを食する場として衛生面を含めて早急にリフォームする必要性についてどう考えているのか。1点,三つ目に入所者の定員割れの補充などについてであります。養護老人ホームは,家庭的,経済的に恵まれない人を国民がみんなで面倒を見させていただこうという施設であります。先般施設を訪問した時に新規入所者受け入れの考え方,利用者の生活の質の向上へつなげる老人福祉施設の在り方について疑問を感じました。社会福祉は国民の権利であり,国や地方公共団体にはその権利を保障する義務が課されております。福祉施設としての基本的なことは施設の運営に関する重要事項など厚生省令でも示されております。長期的に数名の定員割れの施設は職員数など経営的にも考えなければならないかと思います。運営方針はどう示されているのか。以上3点についてお尋ねするものであります。次に,横川健康温泉センターの外壁補修工事に係る瑕疵担保期間についてであります。横川健康温泉センターは平成6年度に完成したものであり,翌7年度の台風襲来により雨漏りが発生,以後今日まで風雨時には雨漏りが発生する現状であり,まちづくり計画において工事費1,500万円が計上されたものと考えておりました。築後10年以上経過しております。外壁補修工事費は18年度本市では予算措置はしてありませんが,今回どのような財源をもって外壁補修工事が行われたのか。まちづくり計画での1,500万円の積算根拠の経緯もありますので,補修工事費が不用であったのであれば,この施設の瑕疵担保期間は何年間と契約がなされていたのか。お尋ねするものであります。以上のことについて壇上からの質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 岡村議員より3点につきまして質問がございました。1点目の3については私の方から答弁をいたします。そのほかについては関係部長等にそれぞれ答弁をいたさせます。第3期介護保険事業計画の中で霧島市の介護保険事業より健全な形での定着を目指すものであると理解をしていると。それを前提として地域包括支援センターの設置は現在1箇所であるけれども,1市6町合併の当市では少ないのではないかというようなお尋ねでございます。お答えをいたします。本市の平成18年6月1日現在の65歳以上の人口は2万7,523人でございます。これを国が示しました地域包括支援センターの設置基準の高齢者6千人に1箇所に当てはめますとおよそ4箇所程度の設置が必要ということになります。現在保健師,社会福祉士,主任ケアマネジャーの三つの専門職種を各2名ずつ配置しておりますので,霧島市としては2箇所分のセンターの機能を1箇所に集中配置していることになります。併せて身近な相談機関としては,地域型在宅介護支援センターを民間社会福祉法人や医療法人に委託をして旧国分市の区域に3箇所,旧隼人町の区域に2箇所,その他の旧町の区域に各1箇所の合計10箇所を引き続き設置しているところでございます。


○保健福祉部長(福盛安美君)


 第3期介護保険事業計画についての1点目についてお答えをいたします。筋力向上・栄養改善・口腔機能向上のプログラムは,主に通所介護,通所リハビリテーションの中で選択的サービスとして提供をされます。また,要支援者に対するデイサービスやデイ・ケアという介護予防通所サービスは介護報酬の改定によりまして月額の定額報酬とされたところでございます。利用回数や利用時間についての国の考え方につきましては,利用者を取り巻く環境や希望を勘案して行う介護予防ケアマネジメントを踏まえて事業者と利用者の契約により適切な利用回数,利用時間が設定されると示しておりまして,国において一律に上限や標準利用回数を定めてはおりません。そのようなことから本市といたしましては,それぞれの利用者や家族の皆様とかかりつけの主治医,ケアマネジャー等の予防計画を作成する人,サービス提供事業者などが十分に連携をとって利用者の方に最適なサービスが提供なされる必要があると考えておりますので,自立支援に資する利用者本位のサービスが提供されるよう地域包括支援センターの保健師が中心となって適切なマネジメントを行ってまいります。なお,市内の通所サービス提供事業所のほとんどが,これらのサービスを提供する運動機能向上加算,栄養改善加算,口腔機能向上加算を算定できる事業所・事業者として県へ届出を提出いたしております。次に,2点目についてお答えいたします。本市では10箇所の日常生活圏域を設けてそれぞれの圏域ごとに地域密着型サービスを整備していくことといたしております。去る6月5日にこの地域密着型サービス事業参入者にお集まりいただき整備事業者選定のための説明会を開催いたしました。今後は事業者から6月19日までに事業計画の概要書などを提出していただき,その計画書を福祉の専門家や住民代表からなる委員会においてご審議いただき,整備事業者を選定することといたしております。次に,2件目の養護老人ホームの設備改善と運営方針についてでございますが,まず1点目についてお答えいたします。現在舞鶴園につきましては個室でございまして,春光園,長安寮につきましては1居室に2名が入居,入所している状況であります。今年1月から養護老人ホームの設備及び運営に関する基準の一部改正が行われ,基本方針,規模,設備の基準及び居室の入所人員等についての改正が行われたところでございます。なお,既存の施設については経過措置が設けられております。このような改正を踏まえまして春光園,長安寮については施設の改善を検討していく必要があると考えております。よって,今後は新市まちづくり計画の実施計画とも照らし合わせながら,国の基準に示されていますとおり,入所者の状況に応じて社会復帰の促進及び自立のための必要な指導及び訓練その他の援助を行い,入所者が自立した日常生活を営むことができますよう支援し,1居室の定員を基本的には一人とする体制に向けて検討していきたいと考えているところでございます。次に,2点目についてお答えします。春光園の食堂は畳56畳に舞台が付いて多目的に利用をされております。施設自体が老朽化しており,居室を含めた改善が必要なことから,現在のところ食堂だけのリフォームは考えておりません。最後の3点目についてお答えします。5月1日現在での春光園入所者数は,50名の定員に対しまして43名の入所者となっております。この定員割れの補充については現在霧島市以外の自治体及び姶良福祉事務所等に補充についてのお願いをいたしているところでございます。これに伴い施設の見学あるいは問い合わせ等がございますが,入所までには至らないケースが多いようでございます。原因の一つといたしましては,施設が築28年を経過し老朽化が進んでいることもあり,緊急性を除き,新規入所へとつながりにくいという現状もあります。施設は,入所者の意思及び人格を尊重し,常にその者の立場に立って処遇を行うように努め,また,この業務に携わる職員は基本方針の原点に返り,一人一人が高齢者福祉の在り方について再確認することはもとより,入所者の心身の状況やその置かれている環境の状況等を総合的に勘案して適切に対応する必要があると思います。したがいまして,今後は,ご承知の養護老人ホームの設備及び運営に関する基準にも示されていますように,明るく家庭的な雰囲気づくりと福祉に関する熱意を持って職員一人一人が自覚し,入所者に喜ばれる施設となるように運営に努めてまいります。以上でございます。


○横川総合支所長(野間 匠君)


 最後に3点目の質問にお答えいたします。横川健康温泉センターの外壁補修工事に係る瑕疵担保期間でありますが,請負人の担保責任及びその期間等につきましては請負契約約款に規定しておりまして,石造,金属造,コンクート造などによる建物及びその他土地の工作物又は地盤の瑕疵につきましては2年,木造建物等その他につきましては1年の瑕疵担保期間を規定しております。また,請負人の故意若しくは重大な過失による場合におきましては5年とすることが規定されております。横川健康温泉センター請け負いにつきましては,先ほどもご指摘ありましたように,平成6年9月12日に引き渡しを受けたものでありますが,平成8年7月の台風6号によりまして事務室等への雨漏り漏水被害が発生しております。そのために設計業者と請負業者によります原因の究明と応急の対策工事を行っておりますが,その時点では明確な原因の特定ができていない状況でありました。その後平成11年,平成16年,平成17年に襲来しました台風のたびにこの雨漏り漏水被害が発生し,その都度原因の調査や応急工事を繰り返しておりましたことから,旧横川町におきましては大々的,抜本的な原因究明と対策工事が必要であると判断をされましてまちづくり計画に対策費として1,500万円を計上したところであります。これまで対策を協議する中で,引き渡し後間もなくの台風により雨漏り被害が発生していることや,その後の原因調査におきましても完全復旧していないことが確認されたため,設計業者と請負業者の両者から自らの責任で対策を講じたいとする申し出があり,業者の費用負担による徹底した原因究明と対策工事を今年4月5日から着手し,5月23日に確認検査を行い対策工事が完了したというところであります。


○23番(岡村一二三君)


 それぞれ答弁をいただきました。順を追って再度お尋ねします。まず1点目の通所者に対する介護予防の新メニューのことであります。私の手元の資料ではですね要支援1・2の対象者は隼人,国分,牧園の順に多いわけです。介護保険ガイド,18年4月,このことですが,改訂版,7ページでですね通所介護サービス費の目安として要支援1・2の一月あたりの目安が示されております。この目安金額は国の基準ではおおむね週1回と週2回分とされているのではないのかと,私はそう思っています。なお,また,このケアマネジメントを行うという説明でありますが,この8ページにですサービス費の目安が示されているわけです。介護予防効果が明らかなということで新メニューを加えたのであればですね,この口腔機能とか,こういったことは,これらは毎日することによって効果が期待できるわけです。サービス費の目安をこの資料を見てですね参考にしたときに効果的対応ができるとお考えなのか。再度ご答弁をお願いします。


○高齢・障害福祉課長(西 剛君)


 以前と今回の法改正を比較をしてみますと,通所介護につきましては送迎加算と,それから入浴加算,これらを足しまして議員の言われるような数字そのものが出てくると思います。この件につきましては今年の3月に出されました厚生労働省の「Q&A」の中で,先に答弁をいたしましたけれども,現行の利用形態や介護予防に関する研究班マニュアルと,これは厚生労働省の研究班が行っているところでございますけれども,これを踏まえますと,要支援1についてはやはり週1回,それから要支援2につきましては週2回程度が想定をされ,それを参考となるということで回答がございます。これに沿って助言をしているところでございます。以上です。


○23番(岡村一二三君)


 ちょっと私の質問が悪かったのか,ちょっと答弁が理解できませんけど,この件はさておいてですね,次にですね2点目の地域密着型サービスの関係についてですが,「今後事業者を選定する。」というご答弁であります。そこでですねまず1点,「小規模多機能型居宅介護」をですね24時間行うとすれば,このガイドブックの8ページの要支援1から要介護1までの月額金額はですね4万4,690円から11万4,300円の目安とされております。これで受託事業者のですね確保ができるのか。再度お尋ねしたい。


○高齢・障害福祉課長(西 剛君)


 これについては6月5日に地域密着型のサービス事業参入説明会というものを持ちました。この中で今,議員が言われる「小規模多機能型居宅介護」というのも希望を取っているところでございます。この「小規模多機能居宅介護」につきましては地域に,国分,隼人は二つ,ちょっと人口が多いために2箇所以上,そのほか各圏域に各1箇所を考えているところでございまして,この今言われるように,要支援につきましては4万4,690円,それから要介護1につきましては11万4,300円という,これは国の示した数字がございまして,これを,事業者の方に一応これを提示をいたしました。提示といいますか,事業者の方も分かっていらっしゃいます。これを含めて希望の取りましたところ,26件,1市6町,旧1市6町で26件の希望がございました。これによりまして業者そのものは確保できるんじゃないだろうかというふうに考えているところでございます。


○23番(岡村一二三君)


 はい,分かりました。このここでですね認知症対応型の関係なんですが,いわゆるグループホームと言われるやつですね。この本市の中でですね,本市の中の生活圏域では横川,福山にまずこのないわけなんですが,したがって,日常生活圏域にこういろいろこううたわれておりますので,幸い,プランでですね。事業設置希望者が確保できるお見込みを持っていらっしゃるのかどうなのか。お尋ねしたい。


○高齢・障害福祉課長(西 剛君)


 今,小規模多機能型の居宅介護のことで申し上げましたけれども,そのほかに6月5日に地域密着型の事業説明会を行った時にそのほかに認知症対応型グループホームも一緒にですね,応募といいますか,それを募ったところでございます。これにつきましては,今おっしゃるように,横川,福山,それに国分南ですね,が各1箇所を考えているところでございまして,これにつきましては応募者,事業の参入といいますか,希望者がですね24箇所ございました。この数字から見てどうにか確保ができるのではないかというふうに考えているところでございます。


○23番(岡村一二三君)


 次にですね地域包括支援センターの件についてですが,高齢者6千人に1箇所に当てはめると,国の設置基準ですね,そういうご答弁もいただきました。本市としては先般4月に設置した所については2箇所分の人員配置を行っているというような説明であったようです。でですね,このすこやか支えあいプラン,このですね67ページに誠にもって当たり前のことが列記されているわけなんですが,ただですね国の定めた設置基準は高齢者人口3千人から6千人に1箇所ということで,本市にとっては大きく国の基準を下回っているわけですね,下回っていると思うんですが,このことについて下回っていないということであれば,またご答弁をいただきたいんですが,地域包括支援センターの人員配置基準のですね緩和措置もあろうと思いますが,高齢者はですね足の確保も考えないといけないわけなんですよね。日常生活圏域内,10あるわけですから,圏域が,設置,設定されたわけですから,この日常生活圏域全体に公平に配置することをですねこの本市において一応排除したような格好になるんですよね,1箇所に2箇所分を設置して,あとまだ全然考えていらっしゃらないわけですので。何か理由があるんですかね。このことについて伺いたい。


○高齢・障害福祉課長(西 剛君)


 本市につきましては今1箇所に2箇所分の包括支援センターを設置をしているところでございます。基準から申し上げますと,今,霧島市につきましては2万7,500人ぐらい高齢者の方がいらっしゃいます。それを単に6千人で割りますと大体4箇所から5箇所ぐらいの包括支援センターそのものが必要になろうかというふうに思います。それも考え,しかしながらですね,合併も今回間もないことからですね,合併前の旧市町の区域を無視して高齢者人口,6千人に1箇所ですけれども,それのみに着目をして設置をするということは無理だと判断をしたわけでございます。当然地域によって2千人の所あるいは3千人の所,そして人口の多い所は6千人を超す所,そういう所がございます。そのようなことから一応判断を,今回のところで判断をしましたところでございまして,従来は地域包括支援センターを,在宅介護支援センターが従来ありましたんで,10箇所,旧1市6町10箇所ありましたんで,それを今回はそのまま引き続き設置をしたというふうにしておるところでございます。


○23番(岡村一二三君)


 この地域包括支援センターのことですが,先ほども言ったように,10月からこのケアマネジャーが事業所で受けた場合ですよ8人がもう上限ということは決まっているわけなんですよね。したがって,いろいろこう調査をした中で,このセンターの業務はですよ,社会福祉協議会が介護報酬4千円の中から業者へ3,570円でケアプラン作成を,利用者が希望するケアマネジャーへの採択を考えていらっしゃると思います。したがって,10月からのこともありますので,本当に地域に目配りしたですね利用者へサービスが可能なのか。このことについてどのように考えていらっしゃるのか。再度お尋ねしておきたい。


○高齢・障害福祉課長(西 剛君)


 今回改正がございまして,10月には大体2千件ぐらいの,要支援1・2につきましては2千件ぐらいが今回見込まれるわけでございます,ケアプランがですね。その作成につきましては,市内にケアマネジャーが120人ぐらいいらっしゃいます。これを8件だけでということですので,それにつきましては単に120を掛ければ大体千人分になります。これが委託というふうに考えておりまして,残りの千件につきましては,包括支援センター,これの10箇所と申しますか,在宅介護支援センターをそのまま10箇所残しております。これをそのままでは8箇所になります,1件8箇所になりますので,それをサブセンター化をすれば当然その件数は上乗せをされて制限がなくなるわけでございます。その10箇所につきましてを大体1箇所で60件ぐらいはできるんじゃないだろうかというふうに踏んでおりまして,それが大体600件といたします。残りの400件につきましては,当然10月からそれがオーバーしますので,ケアマネジャーをその件数につきまして雇わなければならないのではなかろうかというふうに考えているところで,そのように対処したいと考えているところでございます。


○23番(岡村一二三君)


 介護保険,保険者は市長ですので,市長にちょっと伺いたいんですがね,この支えあいプランですね,これももう市長の顔がこうあいさつも載っていますので,思いがおありだろうと思います。この3月に発行されたこのことなんですが,これは3年を1期として定めて策定されたものであるということです。したがって,3年後の20年には,20年度には見直しをするということになってるようです。したがって,「包括支援センターはですね三つの専門職を中心に,介護,福祉,医療などの連携をとり地域の高齢者の生活を総合的に支えていく拠点となるべき」ということでこう書いてあるわけなんですね。そういったいろんな理想追求の一段階をこう掲げてあると思うんですよ。この計画をつくったり,いろいろ策定していただいて市長の思いもおありと思うんですが,団塊世代の話も,市長は団塊世代の退職者の受け入れも標榜されていらっしゃるわけなんですが,医療と福祉が充実しないと来てもらえないということをまず念頭に置かないといけないと思います。また,一方ではですね高齢者が増えることでの国保会計,介護保険会計,福祉予算のことなどいろんな思いも出てくるわけなんですよね。したがって,こういったことなどですねアイデンティーを確立して市の将来像をですね明確にするべきだと思っております。そういったことで計画の実現性をですねどのようにとらえていらっしゃるのか。先ほど言ったように,保険者は市長でありますので,すこやか支えあいプランのですねグラウンドデザインをお尋ねしておきたいと思います。


○市長(前田終止君)


 岡村議員さんより多面にわたる第3期介護保険事業計画等についての様々なご指摘でございます。今特に最後の部分,団塊の世代の受け入れ態勢等についても,また,それよりなお今を暮らす私たちの地域社会の健やかな長寿を迎えていきたいという地域の今まで頑張ってもらった方々,そういうもの全体を通してですねやはり私どものこのかけがえのない地域社会が本当ににこやかに健やかな長寿社会を形成することは大事だというふうに思います。特に団塊の世代の様々な情報発信を今可能な範囲で発信をしてみて問われるのがですね,やっぱり医療,福祉の面,あるいは,また,求職,就農,生涯教育,そういうことを主にですね本当にこの街は期待を持てますかという意味のこともよく問われるわけでございまして,私といたしましては周辺地域隅々にわたる利用者の皆さん方への配慮,そういうものに気を配りながら,議員ご指摘の点等しっかり念頭に入れながら,さらに鋭意努力をしてまいりたいと,このように思っております。


○23番(岡村一二三君)


 はい,ありがとうございます。市長の思いを述べていただきました。次にですね養護老人ホームの関係ですが,この居室についてであります。すこやか支えあいプランの53ページでそれぞれ施設のことを書いてあります。この施設も,養護老人ホームも特別養護老人ホームと同じで個人のプライバシーの関連から個室をということでこうなってきているわけなんですが,市民の施設,三つあるわけですから,養護老人ホームがですね,舞鶴園と同じ環境整備を整えるべきじゃないかと思います。「一人とする体制に向けて検討していきたい。」ということです。したがって,いつまでに検討して具現化するのか。再度伺っておきたいと思います。


○保健福祉部長(福盛安美君)


 日当山春光園につきましては,これはもう旧隼人町の時代から老朽化いたしておりまして,建て替えをしなければいけないということがもう4〜5年前から議論をしてきたところでございました。何とかこの建て替えの計画を合併した新市に引き継いでいけないかなあというようなことを考えまして,まちづくり計画の中に入れていただきまして,当時の合併事務局と議論をしてきた経緯がございまして,何としても入れたいという思いがございまして,議論しまして,実はもう早目に実施計画の中に入れていただきたかったんですけれども,なかなか予算的な,財政的なものがございまして,計画だけでもというような形で入れていただきました。それで平成20年度に一応調査測量という形のですね測量設計をする計画で一応計画の中に入れてございまして,その後実施的な関係でまた今後とも詰めていきたいというふうに考えております。


○23番(岡村一二三君)


 次に,食堂のリフォームの関係なんですが,「居室を含めた改善が必要なことから,リフォームは取りあえず考えていない。」というようなご答弁をいただいているわけなんですが,高齢者になればですねなるほど足腰も弱くなり,正座も困難になるわけなんですよね。車イス対応も考えなければならないわけです。したがって,畳部屋でですね座卓で食事をとる人,腰高テーブルとイスで食事をとる人,違和感を感じない方が私はおかしいと思いますよ,あの施設でですね,50人施設で。この前訪問さしていただきました。車イスの方もいらっしゃるでしょうし,車イスで畳部屋を移動したりすることについてはもう環境保健,衛生上の認識はどうあるべきなのか。非常に私このことについてですね,改築と一緒にこうリフォームをというお話なんだけれども,どうも,この毎日の入所者のことを考えたり,畳部屋に車等を押したりとか,半分の人は座卓,半分の人は腰高のテーブルで食事を腰掛けてすると。どうしてもですね環境衛生関係,いろいろな関係からですねどのように認識,このことについてどのように,部長でもいいですけど,認識されていらっしゃるのか。お答えいただきたい。


○保健福祉部次長(今村恭一君)


 私も先日春光園の方を見学をさせていただきました。確かに食堂については,畳部屋にテーブルの部分で食べる人が半分ぐらい,そして畳に座って食べられる方が半分ぐらいおられます。それで高齢者は足腰が弱ってなかなか畳に座るのが大変だということも聞いておりますけれども,早速春光園では6月にすべての人がイスに座って食べられるような形にはイスと机は購入したそうです。ただどうしても畳の方がいいと言われる方はそのまま畳で食べられる状態もつくってあります。そして食堂の場所が娯楽室も兼ねているもんですから一応畳はそのままにした方がいいんじゃないか。改築をする時にその床のフローリングにした方がいいんじゃないかというようなことも考えまして,現在のところはその畳の所に机を置いてテーブルで食べるという形をとる計画でございます。ただし,ホームに入っておられる方は,現在今車イスで往来をしておられる方はおられませんけれども,老人カーのように支えてするのは使っておられる方はいっぱいおられるそうです。それで今は食堂の前の所に停めて,そっから,皆さんすべて歩くことが可能だそうですので,食堂の部屋に老人カーを押して入るということはないそうです。だから,衛生面には気をつけますけれども,現在のところは畳の部屋にテーブルで食事がとれるような体制にしていきたいと考えております。


○23番(岡村一二三君)


 現在のところ畳の上にという話ですが,お金はですね試算をされたことがありますかね。そんなにかからないと思いますよ。畳の所をもう1回板張りにするのはですねお金はそんなにかからないと思いますから,計算をしてですよ,できたらしてあげるべきだと思いますよ。みんなですよ自分のことに考えても結構だと思いますよ。自分の家でですね最後まで生きたいわけですよね。それもままならないから国民がみんなで面倒を見させてもらおうという施設ですよね。だから,自分のことに考えてもうちょっと前向きでですね市長検討していただきたいと思いますので,よろしくお願いしておきます,この件についてはですね。あとですね入所者の定員割れと運営方針についてなんですが,このですね18年4月1日付でですね福祉施設のですね定員規模別職員配置表というのが手に入りました。50人定員施設のですね介護職員,改正後は支援員と呼ばれることになるそうですが,厚労省の老健局長通知によるとですねこの4月1日から平均一人の支援員さんでですね12.5人の入所者の生活支援をするということになったようであります,これから見ますとですね。現在の職員数から考えますと,これ春光園のことですよ。一人で5.3人の方の生活支援を行っているというふうになります。したがって,特老並みの職員体制ということになるんじゃないかと,私はそういうふうに,この4月1日の改正を見たときにですよ,思います。1問目も話をしましたが,経営者としてですねどうあるべきなのか。この施設の入所者に対する職員の体制ですよ,支援員の体制ですね,今まで50人施設は5人で10人の方を面倒を見させてもらうということになっていたんだけど,今度は50人施設は4人で12.5人を見るというふうにこう改正がなされていますので,やっぱり経営感覚も必要だろうと思います。入所者は少なくなった。職員はずうっと前のままということはちょっとやっぱり経営的にもおかしいと思いますので,この辺の経営者としてのですねご認識を伺っておきたいと思います。


○保健福祉部長(福盛安美君)


 確かに基準の改正が4月から行われましてそういった人員体制についてもあるいは呼び名についても改正されたようでございます。今後とも施設につきましてはその改正の趣旨に沿ったような形でですねしていく必要があろうというふうに,また居室の平米数,あるいはそういった一人体制というのも含めましてそういった施設設備の基準に合ったような形に持っていくのがやはり責任者,責任であろうというふうには考えるところでございます。今後とも,ただ早急にというのはなかなかできないことでございますので,今後とも引き続き関係機関あるいは関係そういった方々とも十分協議しながら,するべきところはやっぱりしなければなりませんので,そういった認識に立って今後とも進めてまいりたいというふうに思っております。


○23番(岡村一二三君)


 この老人ホームの関係はですねもう最後ですが,先般私どもの常任委員会でですね春光園を訪問させていただきました。その時施設職員の方からお話もいただきました。このお話の内容はここでは申し上げませんが,簡単に言うとですね入所者がいらっしゃるから施設があるわけですよね。したがって,そこで働くことができる職員が生まれてくるわけなんですよね。そういったことでこういった施設入所者,ここでそして初めて働くことができると,そういった理論をですね持つなら,そこで働くことのできる職員がですね入所者を選択する考えは私は不適切だろうと思います。老人福祉施設でお年寄りの世話をさせていただくという考え方がですね,世話をするんじゃなくて,させていただくという考え方が私は優先しないといけないと思っております。子供は生まれる時には親を選べないのと同じでですね,すべての入所者の方が施設は選べない状況ですよね,今日の社会では。私は,舞鶴園が個室がある。新築しているから,あっちに行きたいと言っても,そうはなかなかならないわけで,かわいそうだということも考えます。ちょっとですね今後のことを,市長でも,部長でも結構なんですが,今後の考え方なんですけど,この11月7日に対等合併したにもかかわらずですね,春光園と長安寮の無年金者と言われる方がこの3月までの小遣い銭ですね,舞鶴園の入所者は1万円,ほかの二つは7千円と3千円の差がありました。その是正について私どもの委員会でもいろいろ職員の方にもお願いもしました,公平にできないのかと。そうしたところが職員側からは合併協議における職員の専門部会で決めたことだということで担当部局は取り合ってくれなかったともお聞もしました。社会福祉は国民の権利です。先ほども言いました。私どもはこの権利を保障する義務があるわけなんです。社会福祉事業に関する熱意及び能力を有する職員による適切な処遇に努めますというお話なんですが,市長どうですかね,自ら施設にたまには出向いてですよ入所者の方とお話をされるその機会をお持ち,気持ちを持とうというお気持ちはありますかね。お伺いしたい。


○市長(前田終止君)


 いろいろな点についてのご指摘をいただきました。私もこの議会のですねめどがつきましたら,早速,議員仰せのとおり,現場を踏んで働く方々,またそこに当然入所なさっている方々の率直な現状というものをですね見聞をさらにさせていただいて,今ご指摘の点等念頭に置きながら,どういうふうにまたさらに改善をしていくべきか。しっかりと対応をして一定の方針をまたお示ししたいというふうに思っております。


○23番(岡村一二三君)


 老人ホームのことについては市長の熱い思いをお伺いしましたので,よろしくお願いしておきたいと思います。最後にですねこの瑕疵担保期間の関係ですが,先ほど答弁をいただきました。したがってですね,まず一つお尋ねします。上段に瑕疵担保期間のことが書いてあります。したがって,平成6年度の工事なんですが,まだ契約書,そういった物が存在するのか,しないのか。ここに答弁いただきましたので,お尋ねしたい。


○横川総合支所長(野間 匠君)


 当時の設計図書契約書一式まだあります。


○23番(岡村一二三君)


 あるということのようですので,答弁ができたということだろうと思います。でですね,いろいろここに長い答弁もいただきました。このまちづくり計画に伴う1,500万円,この1,500万円の積算根拠ですね,積算根拠はどこから出されたのか。


○横川総合支所長(野間 匠君)


 当時の担当に聞いておりますが,抜本的対策を講じるためのまず原因究明の調査費を含みまして実施設計委託費と,その原因が外壁全体の改修を必要とするという工事に及んだ場合の事業費を合わせて1,500万円という積算をしたということでございます。


○23番(岡村一二三君)


 最後この件について質問をしますが,私この件について,大した政策論争にもならないわけなんですけど,非常にこの築後11年も,12年もなってからですねこう1,500万計上して,それが使わないで修繕をしてもらったということになりましたので,不思議だということで,通告後にそれなりに調査をさしてもらいました。この件について私の調査が間違いであれば,その間違いの部分を指摘していただいて手直しをしたいと思います。私の調査じゃですね,ここで「業者の方からも申し出があった。」というふうに答弁をいただいておりますが,新市発足後の庁議の中でまちづくり説明が行われたと。その席で市長より1,500万円の件について質問があったと。横川総合支所から当時の支所長並びに当時の保健福祉課長が事業費計上について,台風時の住民の避難場所になっているなど,今日までの雨漏りの状況など件について説明したと。そうしたところが,市長が当時の支所長並びに担当課長によく調べてくれというお話があったと,指示があったと。それを受けて平成17年12月26日,横川総合支所に津曲工業の建築課長,衛藤中山設計の鬼塚建三氏が来庁したと。そして総合支所の職員と話し合いをしたと。その結果を市長につなぎましたよと。そして3月7日付で業者から管理棟1階漏水による調査点検の工程手順についての書類が提出されましたよと。報告書には「改修工事等については,衛藤中山設計,株式会社津曲工業において対応します。」と記されております。このことも市長に報告しました。そういった経緯を受けて5月23日工事完了で監査部長が調査をされたという,私こういうふうで通告後にお話をいただいたんですが,この件で私の調査と違いがあれば,答弁を求めて私の質問を終わります。


○横川総合支所長(野間 匠君)


 隣に当時の担当課長,今現在も担当課長でありますが,おりますが,ご指摘のとおりの事実であるということでありますので,よろしくお願いしたいと思います。以上です。


○議長(西村新一郎君)


 以上で岡村議員の一般質問を終わります。これで本日の一般質問を終わります。残りの22名については明日以降の本会議で行います。ここでお諮りいたします。6月13日から15日の会議は,一般質問の都合によって会議の開始時間を1時間繰り上げて午前9時からとし,午後5時を延長して開くこととしたいと思いますが,これにご異議ございませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 それでは,6月13日から15日の会議時間の開始時間を1時間繰り上げて午前9時からとし,午後5時を延長して会議を開くことといたします。本日はこれで散会いたします。ご苦労さまでございました。


              「散 会  午後 6時14分」