議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 霧島市

平成18年第2回定例会(第1日目 6月 5日)




平成18年第2回定例会(第1日目 6月 5日)





             平成18年第2回霧島市議会定例会会議録





 
1.議事日程は次のとおりである。


                       平成18年6月5日(第1日目)午前10時開議


┌──┬──┬────────────────────────────┬──────┐


│日程│議案│   件                  名     │ 備  考 │


│  │  │                            │      │


│番号│番号│                            │      │


├──┼──┴────────────────────────────┼──────┤


│  │                9番  厚 地   覺 議員 │      │


│ 1│会議録署名議員の指名について                 │      │


│  │                10番  徳 田 芳 郎 議員 │      │


├──┼───────────────────────────────┼──────┤


│ 2│会期の決定について   6月5日〜6月28日(24日間)     │      │


├──┼──┬────────────────────────────┼──────┤


│  │  │                            │総務常任委員│


│  │  │                            │長報告   │


│ 3│  │閉会中における所管事務調査についての報告        │環境福祉常任│


│  │  │                            │委員長報告 │


│  │  │                            │産業教育常任│


│  │  │                            │委員長報告 │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 4│報告│専決処分した事件の承認について(平成18年度霧島市老人保健│      │


│  │ 9│医療特別会計補正予算(第1号)について)        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 5│ 203│霧島市情報公開条例の一部改正について          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 6│ 204│霧島市新川防災センターの設置及び管理に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 7│ 205│霧島市行政財産の使用料徴収条例の一部改正について    │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 8│ 206│霧島市国民健康保険高額療養資金貸付基金条例等の一部改正に│      │


│  │  │ついて                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 9│ 207│霧島市立公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 10│ 208│霧島市青少年の家設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 11│ 209│霧島市立図書館の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 12│ 210│霧島市メディアセンターの設置及び管理に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 13│ 211│霧島市牧園町地区運動場の設置及び管理に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 14│ 212│霧島市福山町地区体育館の設置及び管理に関する条例の一部改│      │


│  │  │正について                       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 15│ 213│霧島市文化財保護条例の一部改正について         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 16│ 214│霧島市立郷土館等の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│      │


│  │  │いて                          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 17│ 215│霧島市福祉給食センター設置及び管理に関する条例の一部改正│      │


│  │  │について                        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 18│ 216│霧島市高齢者等福祉作業所の設置及び管理に関する条例の一部│      │


│  │  │改正について                      │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 19│ 217│霧島市障害者福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部改正│      │


│  │  │について                        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 20│ 218│霧島市丸岡会館の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 21│ 219│霧島市働く婦人の家の設置及び管理に関する条例の一部改正に│      │


│  │  │ついて                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 22│ 220│霧島市多目的ホールの設置及び管理に関する条例の一部改正に│      │


│  │  │ついて                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 23│ 221│霧島市民広場及び霧島市お祭り広場の設置及び管理に関する条│      │


│  │  │例の一部改正について                  │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 24│ 222│霧島市福山ふくふくふれあい館の設置及び管理に関する条例の│      │


│  │  │一部改正について                    │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 25│ 223│霧島市福山食の交流館の設置及び管理に関する条例の一部改正│      │


│  │  │について                        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 26│ 224│霧島市溝辺物産館の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│      │


│  │  │いて                          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 27│ 225│霧島市横川特産品直売所・食材供給施設の設置及び管理に関す│      │


│  │  │る条例の一部改正について                │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 28│ 226│霧島市国分川原地区加工貯蔵施設の設置及び管理に関する条例│      │


│  │  │の一部改正について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 29│ 227│霧島市国分畜産研修センターの設置及び管理に関する条例の一│      │


│  │  │部改正について                     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 30│ 228│霧島市家畜審査場の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│      │


│  │  │いて                          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 31│ 229│霧島市国分漁港及び永浜漁港の設置及び管理に関する条例の一│      │


│  │  │部改正について                     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 32│ 230│霧島市ローカルエネルギー館の設置及び管理に関する条例の一│      │


│  │  │部改正について                     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 33│ 231│霧島市国分浮桟橋の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│      │


│  │  │いて                          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 34│ 232│霧島市小浜海水浴場休憩所の設置及び管理に関する条例の一部│      │


│  │  │改正について                      │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 35│ 233│霧島市隼人国民保養センターの設置及び管理に関する条例の一│      │


│  │  │部改正について                     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 36│ 234│霧島市営駐車場の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 37│ 235│霧島市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の│      │


│  │  │一部改正について                    │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 38│ 236│霧島市国分シビックセンター駐車場の設置及び管理に関する条│      │


│  │  │例の一部改正について                  │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 39│ 237│霧島市農地災害復旧事業分担金徴収条例の制定について   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 40│ 238│霧島市立共同納骨堂の設置及び管理に関する条例の廃止につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 41│ 239│指定管理者の指定について(霧島市牧園福祉給食センター,霧│      │


│  │  │島市隼人老人給食センター,霧島市福山老人給食センター) │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 42│ 240│指定管理者の指定について(霧島市霧島温泉健康増進交流セン│      │


│  │  │ター)                         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 43│ 241│指定管理者の指定について(霧島市溝辺物産館)      │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 44│ 242│指定管理者の指定について(霧島市横川特産品直売所・食材供│      │


│  │  │給施設)                        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 45│ 243│指定管理者の指定について(霧島市福山ふくふくふれあい館)│      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 46│ 244│指定管理者の指定について(霧島高原国民休養地)     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 47│ 245│指定管理者の指定について(霧島高原国民休養地乗馬施設) │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 48│ 246│指定管理者の指定について(城山公園)          │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 49│ 247│指定管理者の指定について(いきいき国分交流センター)  │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 50│ 248│指定管理者の指定について(サン・あもり)        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 51│ 249│指定管理者の指定について(溝辺上床運動公園)      │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 52│ 250│指定管理者の指定について(国分運動公園)        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 53│ 251│指定管理者の指定について(国分総合プール)       │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 54│ 252│指定管理者の指定について(国分武道館)         │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 55│ 253│指定管理者の指定について(横川運動公園)        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 56│ 254│指定管理者の指定について(牧園みやまの森運動公園)   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 57│ 255│指定管理者の指定について(隼人運動施設)        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 58│ 256│指定管理者の指定について(隼人松永運動施設)      │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 59│ 257│指定管理者の指定について(福山運動公園)        │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 60│ 258│財産の処分について(丸山前団地)            │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 61│ 259│財産の処分について(赤水団地)             │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 62│ 260│市道路線の認定について                 │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 63│ 261│協定の締結について                   │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 64│ 262│姶良・伊佐広域市町村圏協議会規約の変更について     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 65│ 263│鹿児島県市町村自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数│      │


│  │  │の減少について                     │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│  │  │鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合を組織する地方│      │


│ 66│ 264│公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補│      │


│  │  │償等組合規約の変更について               │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│  │  │鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数│      │


│ 67│ 265│の増加及び鹿児島県市町村職員退職手当組合規約の変更につい│      │


│  │  │て                           │      │


├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤


│ 68│ 266│平成18年度霧島市一般会計補正予算(第1号)について   │      │


└──┴──┴────────────────────────────┴──────┘





2.本日の出席議員は次のとおりである。


    1番  脇 元   敬 君      2番  松 元   深 君


    3番  秋 広 眞 司 君      4番  池 田 綱 雄 君


    5番  有 村 久 行 君      6番  徳 田 拡 志 君


    7番  山 浦 安 生 君      8番  神 園 三 郎 君


    9番  厚 地   覺 君     10番  徳 田 芳 郎 君


   11番  宮之原   稱 君     12番  黒 木 更 生 君


   13番  中 重 真 一 君     14番  四 元 寿 満 君


   15番  新 橋   実 君     16番  仮 屋 国 治 君


   17番  林 薗 澄 男 君     18番  脇 元   操 君


   19番  植 山 利 博 君     20番  上 鍋 正 光 君


   21番  塩井川 幸 生 君     22番  久 保 史 郎 君


   23番  岡 村 一二三 君     24番  島 廻 一 心 君


   25番  木野田 恵美子 君     26番  山 神 生 人 君


   27番  池 田   守 君     28番  下深迫 孝 二 君


   29番  栫 井 成 孝 君     30番  吉 永 民 治 君


   31番  今 吉 歳 晴 君     32番  尾 崎 東記代 君


   33番  木 場 幸 一 君     34番  浦 野 義 仁 君


   35番  池 田   靖 君     36番  細山田 為 重 君


   37番  蔵 原   勇 君     38番  田 代 昇 子 君


   39番  前川原 正 人 君     40番  窪 田   悟 君


   41番  川 畑 征 治 君     42番  深 町 四 雄 君


   43番  時 任 英 寛 君     44番  中 村 幸 一 君


   45番  西 村 新一郎 君     46番  宮 内   博 君


   47番  徳 田 和 昭 君     48番  川 畠   暁 君





3.本日の欠席議員は次のとおりである。


   な し





4.地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。


 市     長   前 田 終 止 君   助     役  南   洋 海 君


 助     役   福 永 いたる 君   総 務 部 長  西 重 正 志 君


 企 画 部 長   藤 田   満 君   生活環境部長   林   兼 行 君


 保健福祉部長    福 盛 安 美 君   農林水産部長   東   邦 雄 君


 商工観光部長    長 崎   薫 君   建 設 部 長  秋 窪 直 哉 君


 工事監査部長    大 井   正 君   まちづくり調整監 内   達 朗 君


 消 防 局 長   中 馬 達 己 君   会計管理部長   池 田 和 弘 君


 水 道 部 長   濱 崎 幸 嗣 君   溝辺総合支所長  境 田 秀 紀 君


 横川総合支所長   野 間   匠 君   牧園総合支所長  山 下 弘 文 君


 霧島総合支所長   西   秀 文 君   隼人総合支所長  川 野 茂 樹 君


 福山総合支所長   中 村   昭 君   総務部次長兼   南 田 吉 文 君


                       総務課長


 行政改革推進監   山 口   剛 君   企画部次長兼   福 原   平 君


                       企画政策課長


 財 政 課 長   平 野 貴 志 君


 教  育  長   古 川 次 男 君   教 育 部 長  吉 永 冨城夫 君


 教育部次長兼    石 塚 義 人 君


 教育総務課長





5.会議に出席した議会事務局の職員は次のとおりである。


 議会事務局長    成 枝 靖 夫 君   議事調査課長   谷 山 忠 憲 君


 議事調査課課長   山 元 春 行 君   書    記   赤 塚 孝 平 君


 補佐兼議事係長


 書    記    井 上 寛 昭 君   書    記   米 元 利 貴 君





6.会議のてん末は次のとおりである。





              「開 会  午前10時00分」


○議長(西村新一郎君)


 ただいまの出席議員は48名であります。したがって,定足数に達しておりますので,これより平成18年第2回霧島市議会定例会を開会します。直ちに本日の会議を開きます。お手元に配付しました議事日程に基づき会議を進めてまいります。





  △ 諸般の報告





○議長(西村新一郎君)


 議事に入ります前に諸般の報告をします。お手元に議長の出席した主な行事について,また,平成17年度霧島市一般会計予算繰越明許費繰越計算書,平成17年度霧島市水道事業会計予算繰越計算書及び平成17年度霧島市簡易水道事業会計予算繰越計算書について,地方自治法及び地方公営企業法の規定によりこれを受理し,お手元に配付しておりますので,お目通し願います。監査委員の監査結果報告,例月出納検査報告については,その都度これを受理し,議会事務局に保管しておりますので,閲覧など必要な方はご利用ください。さらに本年5月に実施しました産業教育常任委員会の行政視察報告書を配付しておりますので,お目通し願います。以上で諸般の報告を終わります。これより議事に入ります。





  △ 日程第1 会議録署名議員の指名について





○議長(西村新一郎君)


 日程第1,会議録署名議員の指名をします。9番厚地覺議員,10番徳田芳郎議員,以上2名を指名します。





  △ 日程第2 会期の決定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第2,会期の決定についてを議題とします。お諮りします。今定例会の会期は本日から平成18年6月28日までの24日間としたいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,会期は本日から平成18年6月28日までの24日間と決定しました。





  △ 日程第3 閉会中における所管事務調査についての報告





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第3,閉会中における所管事務調査についての報告であります。総務常任委員長,環境福祉常任委員長,産業教育常任委員長の順に報告を求めます。まず,吉永総務常任委員長。


○総務常任委員長(吉永民治君)


 おはようございます。閉会中の継続調査となっていた指定管理者制度導入施設に係る年間事業計画及び管理運営状況について平成18年5月18日調査いたしましたので,その報告をいたします。調査は,今回指定管理協定を結んだ17施設のうち,溝辺麓地区共同利用施設,国分清水多目的集会施設,国分府中地区共同利用施設,国分ふれあいの郷1階部分,国分福島地区コミュニティ供用施設,国分川内地区コミュニティセンター,国分川原多目的集会施設の7施設の調査を行いました。清水地区,府中地区,福島地区,川内地区については,年間計画,利用状況等管理運営体制は適切であり,住民福祉のためにその施設がよく生かされており,その役割を十分果たしていると感じたところであります。ただ問題は,施設の古い物,あるいは指定管理者の組織,会計規模の大小を鑑み,施設の損傷について,故意,悪意によるものは問題外であるが,負担上限額の検討を要すると感じたところであります。国分ふれあいの郷1階部分についてであるが,管理者が常駐しておらず,2階の子育て支援センターと玄関が同一で,2階の職員は不審者等人の出入りを確認できないため,セキュリティ上問題があり,また,何か事故等問題が生じた時,非常階段等避難路が確保されておらず,安心して仕事ができないとの指摘があった。安全確保のため何らかの策を講じる必要が認められ,早急に可能な手だてとしてモニター付インターホンを設置すべきである等の意見が出されました。川原多目的集会施設の場合は,指定管理者が高齢で広場の芝生の管理が大きな負担であり,今後の課題であります。溝辺麓地区共同利用施設は,航空機騒音対策事業により総額7,287万2千円,うち国庫補助金6,675万円を投じ地区住民福祉増進のため昭和51年度設置されました多目的施設であり,当時としては大変立派な施設であったろうと思われますが,老朽化による雨漏りや設備の損傷,機械室のアスベスト等の問題等もあり,現在1階の集会所だけが利用されている状況で,委員からは,今回多額の補修費を投じても,古いがゆえに今後もさらに多額の補修が予想されるため取り壊したらどうかとの意見も出されたが,解体撤去については国土交通省の許可が必要であり,補助金適化法に基づく補助金返納の可能性もあり,このことについては国土交通省に確認をとっているところでありますが,おいそれと解体撤去もできない状況にあり,後日再度麓公正会に意見を求めたところ,地元住民としては地区民が集える集会施設は必要である。管理運営上現状に見合った規模の施設が必要であるとの意見が大勢を占めており,何とかそのようにお取り計らいいただきたいとのことでありました。後日,5月28日でありますが,指定管理者の麓公正会より同趣旨の要望書が総務委員会あてに届いております。以上,閉会中の所管事務調査の報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 次に,田代環境福祉常任委員長。


○環境福祉常任委員長(田代昇子君)


 おはようございます。ご報告申し上げます。先の3月議会において閉会中の継続調査となっておりました所管事務調査について去る5月22日,項目を環境福祉常任委員会所管における施設等の現状についてとし,霧島市地域子育て支援センター及び養護老人ホーム国分舞鶴園,日当山春光園並びに資源ゴミ中間処理などを委託している国分隼人衛生公社の施設である天降川リサイクルセンターへ赴き調査を行いました。まず,子育て支援センターについては,平成18年度新設された国分ふれあいの郷の2階部分に,子育て支援事業をするため,2名の保育士の配置がされ開設されたものであり,事業内容として育児不安などについての相談・指導,子育て支援サークルサロン等への育児支援,保育事業等の普及啓発の目的で事業がなされています。ふれあいの郷の2階の施設内容としては,事務室兼相談室,子育て支援室,屋上広場のスペースなどでありました。平成18年度は1日平均15,16組の子育てサロンなどの参加があり,また,平成17年度中の,平成18年3月までの子育て支援センターの実績としては,相談件数119件,クラブ,サークルなどへ出掛けての遊びなどの指導延べ92回となっており,その内容としては,保健センター協力事業,親子教室,プレイルームで25回,地域の子育て支援協力事業として福島,有下,広瀬地区サロンで50回,自主サークル育児支援事業,すくすくポケット,かごっままで17回となっていました。このようなことを踏まえ,18年度事業計画として曜日ごとに電話相談,面接相談,年齢別サロン,地域協力事業を計画しており,2名という少ない保育士によってハードとも思える計画でありました。次に,養護老人ホーム国分舞鶴園については,本市の高齢者保健福祉計画の基本理念である「心豊かな支えあいのまち,ほっと霧島」を目指し,高齢者の自立した生きがいを感じられる園生活を築くための運営を進めておられ,施設については平成11年度に新築され,定員55名の6畳間の全個室となっており,特徴としては,ショートステイ専用の部屋,8畳の二人部屋が3室設けてあることや夫婦対応の部屋を12室設けていること。トイレ及び洗面所を各個室入口付近に設置していること。コミュニケーションを図る場としてテレビ,給茶器のある談話コーナーを3箇所設けていること。また,浴室には温泉が引いてあることが挙げられます。職員は,園長,看護師,介護職員,栄養士,調理員等16名で対応しており,入所者は,男性15名,女性40名で,市内44名,市外11名,平均年齢81.8歳となっていました。在園期間は,1年未満が10名,1年から3年が11名,3年から5年が7名,5年から10年が12名,10年から15年が7名,15年以上が8名となっている。また,委員より入所待機者数,入所者の介護度,また,防災面についての質疑があり,入所待機者は1名と思っている。入所者の介護認定は,要支援が10名,要介護1が9名,要介護2が3名,要介護3が1名である。その方々への対応は園で対応している。また,防災面については,防災訓練は11月と5月の年2回行っており,夜間当直はシルバー人材センター依頼1名と職員1名で対応しているとの答弁でありました。次に,日当山春光園については,園の目的は,老人福祉法による65歳以上で在宅において日常生活を営むのに支障があるものに対し,心身の状況,生活環境の状況などを勘案して入所させ介護する措置施設で,昭和54年4月現在地に移転建築され開設されたもので,入所定員は50名,職員13名であり,調理部門については栄養士1名を含め7名を社会福祉協議会に委託している。現在入所者は43名,男性10名,女性31名で,市内23名,市外20名,平均年齢80.5歳となっている。また,この施設は平成18年4月1日から介護保険の適用施設となり,入所者が介助から介護が必要になった場合,介護認定に時間がかかるため待機待ちがあるのと,入院して長期化することも多く,満室といかない面があるとの説明でありました。また,委員より避難訓練と夜間体制についての質疑がありました。避難訓練については消防計画に基づき昼と夜間の場合を計画して実施しているが,施設そのものに段差があったり,入所者にとっては難しい環境があり,また,夜間体制については職員1名とシルバー人材センターからの1名でやっているが,おむつ換えや手のかかる入所者が多く大変厳しいものがあるとの答弁でした。なお,施設は4月1日から入所基準として1室1名になっているが,2名ずつの入所の実態と,その他施設の雨漏り,ひび割れなどが目にとまったのが現状でした。委員から建て替えを検討する時期にきているのではと意見がありましたことを申し添えます。次に,天降川リサイクルセンターについては,資源ゴミの回収は平成12年から始まり,平成16年4月からその他プラの分別収集が追加されており,平成17年からは溝辺町の缶,ペットボトル,その他プラの回収も実施されています。また,平成17年度のステーションで回収された実績として茶色ガラス28万5,250?,無色透明20万4,557?,その他の色ガラス5万877?,生きビン5万989?,缶26万8,880?,ペットボトル16万9,090?,蛍光灯1万1,816?,その他プラ40万1,290?,乾電池2万4,159?,廃植物油3万4,234?,合計150万1,142?となっていました。当日は説明を受けながらセンターの調査を行いましたが,特に同センターでは食用廃油を自動車の燃料に再生するプラントが導入されており,昨年4月から稼働をし,従来の軽油に比べ環境に優しいエネルギーとなり,リサイクルセンターの車13台分が賄われているとの説明でありました。以上で環境福祉委員会の閉会中の所管事務調査についての報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 次に,仮屋産業教育常任委員長の報告を求めます。


○産業教育常任委員長(仮屋国治君)


 去る3月30日の本会議において閉会中の継続調査となりました所管事務調査につきましては,5月26日に春山農村公園及び緑地公園の整備状況,犬飼の滝周辺整備状況について調査を行いましたので,その調査結果についてご報告を申し上げます。まず,春山農村公園及び緑地公園については,当初春山地区の23haの用地のうち約15haを都市公園として整備する計画で旧国分市の(仮称)春山緑地公園検討委員会において検討されてきたが,都市公園区域外である春山地区の農振農用地を除外し,都市計画区域に編入することなどが困難となり,平成12年度より旧国分市,霧島町,牧園町,隼人町の1市3町による広域連携型の中山間地域整備事業を導入し,KAMきりしま南部地区として市民の保養空間,都市住民との交流,観光農園の販路拡大をも視野に入れた観光と農業の融合された空間の創設を目的として整備されることになった。農村公園は平成17年度までに市単独事業の0.3haを含む1.8haが整備済みであり,緑地公園の3.8haを平成20年度完成を目標に整備する予定で,総事業費は3億3,171万6千円,うち市単独事業費1億9,200万円であるとの経緯説明,緑地公園の整備内容はどのようなものになるのかとの質疑には,排水溝745m,暗渠排水溝2,850m,張芝工4,650?のほか,整地並びに公園整備一式で本年度から平成20年度まで事業費2億976万7千円,うち市単独事業費1億7,976万7千円を予定しており,ほとんどが土の多目的グラウンドになるとの答弁。土地開発公社による土地購入面積と残地面積はどれくらいかとの質疑には,約10haを購入し,約4haの森林を残地として保有しているとの答弁。交通アクセスとしての進入路の整備計画はどのようになっているかとの質疑には,現在5本の進入路があるが,整備については霧島市総合計画の中で検討されていく予定であるとの答弁。委員の総括として費用対効果の面から来年度以降の市単独事業費1億7千万円は十分に精査,再検討し,最低限の支出にとどめるべきである。交流人口の増加のために有効な利活用策を検討すべきである。春山台地の奥まった場所にあり,進入口への掲示並びに有効的なアクセス道路の整備も進めるべきであるなどの意見が出されました。次に,犬飼の滝周辺整備状況について報告いたします。本計画は旧牧園町で平成7年度に策定され,現在まで和気公園の公園整備,トイレ新築工事,藤棚設置工事,藤植栽,東屋設置,展望所遊歩道,和気公園入口遊歩道整備など約1億5千万円をかけて年次的に整備がなされてきた。本年度は2,197万円の予算で展望所下から川沿いに犬飼の滝近くまでの162mの遊歩道整備,7,084?の森林整備などを行う予定である。平成19年度は約5,200万円の予算で駐車場の土地購入,70台の駐車スペース整備及びトイレの建設工事を,平成20年度には約700万円の予算で隣接する森林の土地購入と整備を行う予定であるとの経緯説明,最終的に総事業費はどのくらいになる予定かとの質疑には,総額2億3,123万6千円の予定で,そのうち過疎債,補助金などは7,490万円であるとの答弁。和気公園の藤祭り以外にどれくらいの来訪者があるかとの質疑には,藤祭りで約2万人,その他癒しの場所,森林の散策ルートとして年間23から24万人の来訪者があるとの答弁。乗用車70台分の駐車スペースが必要なのかとの質疑には,大型バスが5〜6台駐車できるスペースを確保して観光ルートに組み入れたいとの答弁。委員の総括として来年度整備予定の駐車場は,和気公園,犬飼の滝両方から離れており,その利便性が懸念される。また,和気公園への進入道路の拡幅整備も計画されているようであり,こちらを優先し,既存の和気公園駐車場を再整備した方が得策ではないかとの意見,また,観光ルートに組み入れていくには藤祭り期間外の魅力的な誘客策が必要であるなどの意見が出されましたので,今後これらの意見を参考に最善の努力を図られるよう要望いたします。今回調査しました2件の整備事業は平成20年度を完成年度とする旧自治体からの継続事業でありますが,特に来年度以降の整備事業に関しましては,霧島市総合計画や観光霧島基本構想の中で早急に総合的かつ広域的視野に立ってその在り方を見直し,費用対効果等を勘案しながら,限られた財源の効率的な配分に努められるよう切望して報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 以上で閉会中における所管事務調査についての報告を終わります。





  △ 日程第4 報告第 9号 専決処分した事件の承認について(平成18年度霧島市


                老人保健医療特別会計補正予算(第1号)について)


                より


    日程第68 議案第 266号 平成18年度霧島市一般会計補正予算(第1号)につい


                てまで一括上程





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第4,報告第9号,専決処分した事件の承認について(平成18年度霧島市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)について)より日程第68,議案第266号,平成18年度霧島市一般会計補正予算(第1号)についてまで以上65件を一括し議題とします。提案者の説明を求めます。


○市長(前田終止君)


 皆さん改めましておはようございます。本日ここに平成18年6月定例市議会の開会にあたりましてこれまでの市政運営の状況報告を申し述べますとともに,今回提案いたしております議案につきましてその概要をご説明申し上げ,議員各位をはじめ,市民の皆様方のご理解とご協力を賜りたいと存じます。さて,昨年11月の市長就任以来はや6か月余り,私にとりましても,議員各位,市職員の皆様にとりましても大規模合併直後の新霧島市の基礎を固める希望と困難が交錯をした長くもあり,短くもあった貴重な6か月であったと思うものでございます。4月の定期人事異動では本庁と支所あるいは支所間での人事交流を行い,助役二人体制の下,新市一体となった新しいまちづくりを目指しておりますが,まだほんの始まりに過ぎず,一層の奮起の下,粉骨砕身,一緒にキバリたいと思っております。ところで,私のマニフェストの根幹であり,市政の基本であるべき市民の声を聞くことの具体的手段として直接対話による市長と語イもんそ会を平成18年度各小学校区単位34箇所で計画,昨年度から通算すれば既に22箇所で開催をしており,多くの市民のご参加をいただきました。9月議会前までには全日程を終了いたしたいと思っております。また,それとは別に応募による市民の皆様との市長室でのランチで語イもんそ会をこれまでに15回,また,市民の方々の主催による自主的な言わば出前語イもんそ会も6回となり,都合43回にわたり多くの市民の皆様と身近にふれあいながら多くの忌憚のない貴重なご意見を伺う機会を得ました。私は,語り合い,聞き合ったことは,答えを出し,必要とあれば現場に出向き,さらに検討,協議をし,問題点解決のできる役所づくりを目指して積極的かつ果敢に市政にこのことを反映をさせてまいりたいと存じます。開かれた市政のもう一つの具体的な展開として広報誌も5月号からリニューアルをし,行政情報をできるだけ分かりやすく,また,親しみやすく構成することで市民の皆様に手に取って読んでもらえる日本一の広報誌づくりを目指しております。また,霧島市のホームページでは,市長の毎日のスケジュールや交際費の執行状況,市長と語イもんそ会,所信表明及び施政方針などを日々更新,紹介させていただいております。次に,市民が主役の市政,市民参加の市政の一環であります行政改革でございますが,庁内に行政改革推進本部と住民代表からなる霧島市行政改革推進委員会を設置をし,行政改革大綱の策定及び推進体制を整えたところであり,本年度に大綱及びプランを策定することといたしております。また,5月13日には公募による第1回55人委員会,ゴーゴー委員会と言っていただいても結構でございますが,これを開催をし,その意見等も反映をさせてまいります。ほかにも霧島観光未来戦略会議の委員会公募,パブリックコメント制度も導入をし,全面情報公開をいたしております。世界に拓く霧島市としての国際交流につきましては,私を団長とする霧島市国際交流友好訪中団が3月に陝西省銅川市耀州区と上海市嘉定区を訪問をし,今後の交流について協議をし,友好を深めたところでございます。また,5月初旬には湖南省瀏陽市から訪日団が本市を訪れました。これまで合併前のそれぞれの地域で行われておりました友好交流は流れを止めることなく,これからも積極的に継続,拡大をしてまいります。国内の姉妹都市交流としては,4月下旬に市議会をはじめ,市民の方々のご理解をいただきながら,岐阜県海津市,岡山県和気町,長崎県雲仙市を訪問をし,海津市,雲仙市とは姉妹盟約締結を行い,海津市とは5月25日姉妹都市盟約記念式典を霧島市で開催をいたしたところでございます。5月16日には18日までの3日間第98回九州市長会を本市で開催をし,九州,沖縄115市のうち106市の市長など約340名の参加があり,地元市長として総会の議長役をはじめ,ホスト役としてこれを務め,新市霧島市を大いにアピールをいたしました。私はこれまで霧島市の広報営業本部長を自認しており,各種会合等へ出席の際は,霧島市をアピールするための手段として新市霧島市の魅力満載の自前の名刺を配布をし,そしてハッピを着用して広報宣伝をいたしております。特にこのハッピは視覚効果やインパクト十分であり,新たに100着新調いたしました。このハッピは市民の方々にも無料で貸し出しております。議会の議員さんをはじめ,各種団体等の皆様にも積極的なご活用をお願いをいたします。さらに首都圏で活動されている旧1市6町のそれぞれのふるさと会の皆さんに霧島市誕生に伴い首都圏霧島市ふるさと会の結成を呼びかけさしていただき,企業誘致,観光,あるいは霧島ブランド特産品のPR,団塊の世代のUターン,Iターンの推進など郷里霧島市発展のための支援,協力をお願いしたところでございます。それでは,次に,具体的な事業について報告申し上げます。まず,安全・安心なまちづくりについてでありますが,5月11日霧島市防犯組合連合会設立総会が開催をされ新市の組織がスタートをし,特に各地区において防犯パトロール隊が発足,現在23の隊が結成をされております。既にもう旧隼人町は全町においてですねこの防犯パトロール隊が結成をされたことも報告をしておきます。私は,このような防犯パトロール隊が私どもの新市霧島市でですね全市においてこれが実現することをこいねがい,また,各旧地区ごとにそのことをお願いを申し上げ続けているところでございますが,議会の皆さん方におかれましてもご協力・ご理解いただきますようお願いを申し上げるものでございます。私はこのことが昨今の心痛む悲惨な事件の頻発に対する防波堤の一つとなるよう願っておるものであります。また,安全・安心なまちづくり条例制定に向け近日中に検討会を開催をする予定であります。次に,美しいわがふるさと霧島市の環境政策を計画的・総合的に推進するため環境基本条例の制定も9月議会提案を目指し作業を進めているところであります。子育て支援対策につきましては,乳幼児医療費助成事業の充実を図るために四役の給料4年間20%カット分の一部を医療費全額助成に充当をし,対象者をこれまでの0歳児のみから3歳未満児までに拡充をいたしました。また,地域子育て支援センター事業についてはこのたび新設されました国分ふれあいの郷の2階部分に移転をして4月から運営を始めております。企業誘致につきましては合併から今年5月までに新たに6企業が本市と立地協定を結び90名近い新たな雇用が見込まれております。また,ソニーセミコンダクタ九州株式会社は6月2日に鹿児島テクノロジーセンター7号棟を100億を超す設備投資の下新築オープンをされました。このことは地元における雇用の創出,活性化はもとより,地域経済の発展に大きく寄与されるものと考えております。中心市街地活性化につきましては,中心市街地活性化基本計画に基づき県や市及びTMO,民間事業者等が一体となり進めておりますが,旧市役所跡地にきりしま国分山形屋が増床移転をし,5月20日にオープンをいたしました。併せて市においても中心市街地の活性化を図るため,市民会館周辺の広場整備や市民駐車場の整備を行うとともに,県において街路川跡線の新市街通りの電線地中化に着工していただいており,景観形成に配慮した街並整備を進めておるところでございます。道路整備といたしましては,市道府中23号線のホテル京セラ前に天降川橋が完成をし,4月24日に開通をいたしました。これで国道223号の見次交差点周辺及び県道北永野田〜小浜線の野口橋周辺の渋滞緩和が図られるものと期待をいたしております。学校施設の整備につきましては日当山小学校校舎改築工事に着手いたしました。また,霧島市立小中学校規模及び通学区域等適正化審議会を開催をして学区の見直しや定員適正化などの検討にも着手をいたした次第でございます。合併からおよそ半年余りが過ぎ,旧1市6町の底流にあったふるさとへの想いという熱いマグマが新市霧島市に融合をし,巨大なエネルギーとなって活動期を迎える前兆,大いなる躍動感を私は実感として受け止めております。日本一の新ふるさとづくりに向かって市民の皆さんも,議会の皆さんも,市職員もみんなで一緒になってキバイもんそと心の底から申し上げたいと存じます。以上,これまで取り組んでまいりました事業等についてご説明を申し上げました。なお,最後に,新聞報道等でご承知のとおり,路線バス問題について現状報告をいたします。4月6日にいわさきコーポレーション株式会社によるバス事業に係る基本方針の説明会が行われ,バス路線の廃止について説明がありました。これを受けて4月28日に霧島市長,加治木町長,姶良町長の連名でいわさきコーポレーション及び鹿児島県へ地方バス路線運行継続の要望書を提出いたしております。さらに5月8日にはいわさきグループが路線バス廃止届を正式に提出したのを受け,5月26日には県バス対策協議会路線確保対策部会が開催をされ,今後バス路線対策の協議を行っていくことを確認した次第であります。それでは,本日提案をいたしております議案につきましてその概要をご説明いたします。まず,報告第9号,専決処分した平成18年度霧島市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)についてであります。今回の補正は,平成17年度決算見込みにおいて医療費の国庫負担金が国の予算不足により年度内に収納できず,歳入が歳出に対し不足する状況となりました。地方公共団体の決算におきましては赤字決算が認められていないことから,地方自治法施行令第166条の2の規定に基づき平成18年度に過年度分として交付される国庫負担金を繰り上げて充用したものであります。補正額といたしましては,歳入で国庫負担金,歳出で前年度繰上充用金それぞれ2,147万2千円を追加をし,補正後の歳入歳出予算の総額をそれぞれ144億4,311万9千円といたしました。なお,本件につきましては平成17年度の決算上の措置として行うものであり,出納整理期間中に行わなければならなかったことから地方自治法第179条第1項の規定に基づき平成18年5月25日に専決処分いたしましたので,報告をし,承認を求めるものでございます。次に,議案第203号,霧島市情報公開条例の一部改正についてであります。本案は,指定管理者の導入に伴い公の施設を管理する指定管理者は業務に関わる情報を保有することとなるので,利用者等に対する説明責任の観点から指定管理者に対しても出資法人と同様に情報公開が推進されるよう規定を設けるため,本条例の所要の改正をしようとするものでございます。次に,議案第205号,霧島市行政財産の使用料徴収条例の一部改正についてであります。本案は,電気事業者及び電気通信事業者に対する行政財産の目的外使用に係る使用料について用語の整理及び根拠規定を統一することにより財産管理事務の適正化を図ろうとするものであります。次に,議案第206号,霧島市国民健康保険高額療養資金貸付基金条例等の一部改正についてであります。本案は,政府契約の支払遅延防止等に関する法律の規定に基づき政府契約の支払遅延に対する遅延利息の率を定める件の一部が改正されたことに伴い,関係条例の改正をしようとするものであります。次に,議案第213号,霧島市文化財保護条例の一部改正についてであります。本案は条文中の用語を整理しようとするものであります。次に,議案第235号,霧島市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正についてであります。本案は,消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部を改正する政令の施行に伴い,本条例の所要の改正をしようとするものであります。次に,議案第237号,霧島市農地災害復旧事業分担金徴収条例の制定についてであります。本案は,合併前の農地災害復旧事業分担金徴収について,その取り扱いが異なっていたことから,新たに条例を制定をし,統一しようとするものであります。そのほか議案第204号,議案第207号から議案第212号,議案第214号から議案第234号,議案第236号及び議案第238号の公の施設の設置及び管理に関する条例の一部改正等については,地方自治法の改正により公の施設について管理委託制度から指定管理者制度に移行されたことに伴い,条例改正等をしようとするものであります。その内容としましては,新たに指定管理者を導入しようとする施設や,現時点では指定管理者は導入しないものの,条例中に指定管理者を導入することが可能となるよう規定する施設についての条例改正等をしようとするものであります。次に,議案第239号から議案第257号の指定管理者の指定についてであります。公募施設については,公募期間を3月22日から4月14日までとし,市が設置した指定管理候補者選定委員会で審査選定作業を進めてきました。市は選定委員会からの報告を受けて国分運動公園外14区分に民間事業者4社を含む7団体を指定管理候補者に決定をし,指定をしようとするものであります。また,公募以外で新たに指定管理者を導入しようとする牧園福祉給食センター外5施設については,市の事業を推進する上で密接な関係がある霧島市社会福祉協議会等を指定管理者として指定しようとするものであります。次に,議案第258号及び議案第259号の財産の処分についてであります。本案は,定住の促進及び過疎地域における活性化を図るため,過疎対策事業債等を活用をし整備をした横川町の丸山前団地32区画及び赤水団地13区画を分譲するため,財産の処分をしようとするものであります。次に,議案第260号,市道路線の認定であります。本案は,地方道路整備事業で整備した隼人町の住吉東線及び赤水団地内等の道路整備に伴い市道8路線の認定をしようとするものであります。次に,議案第261号の協定の締結についてであります。本案は,霧島市特定環境保全公共下水道根幹的施設である牧場クリーンセンターの建設工事委託に関する協定について日本下水道事業団と3億1,200万円で協定を締結しようとするものであります。次に,議案第262号から議案第265号について,本市が加入している一部事務組合及び協議会について市町村合併や新たに加入する団体の増加等に伴い所要の手続きをしようとするものであります。次に,議案第266号,平成18年度霧島市一般会計補正予算(第1号)についてであります。今回の補正予算の主なものは,霧島市誕生一周年記念事業を実施するにあたり,記念式典や記念イベントの開催に要する経費や中心市街地整備事業における商工会議所TMOへの補助や土地区画整理事業費の国庫支出金等の内示による事業費の増減などを行おうとするものであります。歳入につきましては,これらの事業に伴う国庫支出金や市債などを特定財源とし,平成17年度の決算剰余見込額の一部を一般財源としております。歳出の主なものでありますが,総務費で霧島市誕生一周年記念事業として記念イベントの開催等に要する経費や,コミュニティバスの運行等を協議するため,仮称でございますが,霧島市コミュニティバス検討委員会の設置に要する経費,土木費では,中心市街地活性化基本計画の一環として商工会議所が事業主体となり国分山形屋の跡地を市民のふれあい交流ゾーンとして整備するための事業費補助や土地区画整理事業費の国庫支出金等の内示に伴う事業費の増減を行うとともに,まちづくり交付金や合併特例債を活用した福山地区総合運動公園や福山プールの整備に要する経費を計上をいたしました。そのほか緊急に修繕を要する経費などを含め歳出総額4億2,666万9千円を追加計上をし,補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ534億1,666万9千円とするほか,第2表で地方債の変更を行うものであります。以上,提案をいたしております報告1件,議案64件につきまして一括してその概要をご説明申し上げましたが,よろしくご審議いただき,ご協賛賜りますようお願いを申し上げまして提案理由の説明といたします。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま提案者の説明が終わりました。この65件の議案に対する質疑は次の本会議で行います。以上で本日の日程はすべて終了しました。次の本会議は6月12日であります。本日はこれにて散会します。ご苦労さまでした。


              「散 会  午前10時57分」