議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 霧島市

平成18年第1回定例会(第7日目 3月20日)




平成18年第1回定例会(第7日目 3月20日)





             平成18年第1回霧島市議会定例会会議録





 
1.議事日程は次のとおりである。


                      平成18年3月20日(第7日目)午前10時開議


┌──┬──┬────────────────────────────┬─────┐


│日程│議案│   件                  名     │ 備 考 │


│  │  │                            │     │


│番号│番号│                            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 1│ 36│平成17年度霧島市一般会計補正予算(第1号)について   │各常任委員│


│  │  │                            │長報告  │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 2│ 37│平成17年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)に│     │


│  │  │ついて                         │環境福祉委│


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 3│ 38│平成17年度霧島市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)に│員長報告 │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 4│ 39│平成17年度霧島市麓第一土地区画整理事業特別会計補正予算 │     │


│  │  │(第1号)について                   │建設水道委│


├──┼──┼────────────────────────────┤     │


│ 5│ 40│平成17年度霧島市下水道事業特別会計補正予算(第1号)につ│員長報告 │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 6│ 41│平成17年度霧島市丸岡公園特別会計補正予算(第1号)につい│産業教育委│


│  │  │て                           │員長報告 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 7│ 150│霧島市部設置条例等の一部改正について          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 8│ 149│霧島市介護保険条例の一部改正について          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 9│ 151│平成17年度国分市一般会計歳入歳出決算認定について    │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 10│ 152│平成17年度国分市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定につ│ 追 加 │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 11│ 153│平成17年度国分市老人保健医療特別会計歳入歳出決算認定につ│ 追 加 │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 12│ 154│平成17年度国分市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算認定│ 追 加 │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 13│ 155│平成17年度国分市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について│ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 14│ 156│平成17年度溝辺町一般会計歳入歳出決算認定について    │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 15│ 157│平成17年度溝辺町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定│ 追 加 │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 16│ 158│平成17年度溝辺町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について│ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 17│ 159│平成17年度溝辺町空港県営駐車場管理事業特別会計歳入歳出決│ 追 加 │


│  │  │算認定について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 18│ 160│平成17年度溝辺町麓第一土地区画整理事業特別会計歳入歳出決│ 追 加 │


│  │  │算認定について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 19│ 161│平成17年度溝辺町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について│ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 20│ 162│平成17年度横川町一般会計歳入歳出決算認定について    │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 21│ 163│平成17年度横川町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定│ 追 加 │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 22│ 164│平成17年度横川町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ│ 追 加 │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 23│ 165│平成17年度横川町老人保健(医療)特別会計歳入歳出決算認定│ 追 加 │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 24│ 166│平成17年度横川町丸岡公園事業特別会計歳入歳出決算認定につ│ 追 加 │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 25│ 167│平成17年度横川町介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定につ│ 追 加 │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 26│ 168│平成17年度牧園町一般会計歳入歳出決算認定について    │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 27│ 169│平成17年度牧園町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定│ 追 加 │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 28│ 170│平成17年度牧園町老人保健医療特別会計歳入歳出決算認定につ│ 追 加 │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 29│ 171│平成17年度牧園町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について│ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 30│ 172│平成17年度牧園町水道事業特別会計歳入歳出決算認定について│ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 31│ 173│平成17年度牧園町国民休養地事業特別会計歳入歳出決算認定に│ 追 加 │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 32│ 174│平成17年度牧園町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につい│ 追 加 │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 33│ 175│平成17年度霧島町一般会計歳入歳出決算認定について    │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 34│ 176│平成17年度霧島町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定につ│ 追 加 │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 35│ 177│平成17年度霧島町温泉供給特別会計歳入歳出決算認定について│ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 36│ 178│平成17年度霧島町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について│ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 37│ 179│平成17年度霧島町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について│ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 38│ 180│平成17年度霧島町水道特別会計歳入歳出決算認定について  │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 39│ 181│平成17年度隼人町一般会計歳入歳出決算認定について    │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 40│ 182│平成17年度隼人町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定につ│ 追 加 │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 41│ 183│平成17年度隼人町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について│ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 42│ 184│平成17年度隼人町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について│ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 43│ 185│平成17年度隼人町住宅新築資金等特別会計歳入歳出決算認定に│ 追 加 │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 44│ 186│平成17年度隼人町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ│ 追 加 │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 45│ 187│平成17年度福山町一般会計歳入歳出決算認定について    │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 46│ 188│平成17年度福山町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定につ│ 追 加 │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 47│ 189│平成17年度福山町老人保健医療特別会計歳入歳出決算認定につ│ 追 加 │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 48│ 190│平成17年度福山町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について│ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 49│ 191│平成17年度福山町水道特別会計歳入歳出決算認定について  │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 50│ 192│平成17年度福山町公共土木用地先行取得事業等特別会計歳入歳│ 追 加 │


│  │  │出決算認定について                   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 51│ 193│平成17年度国分地区消防組合一般会計歳入歳出決算認定につい│ 追 加 │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 52│ 194│平成17年度国分地区衛生管理組合一般会計歳入歳出決算認定に│ 追 加 │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 53│ 195│平成17年度牧園・横川町衛生管理組合一般会計歳入歳出決算認│ 追 加 │


│  │  │定について                       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 54│ 196│平成17年度国分・隼人公共下水道組合一般会計歳入歳出決算認│ 追 加 │


│  │  │定について                       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 55│ 197│平成17年度姶良東部地方卸売市場管理組合一般会計歳入歳出決│ 追 加 │


│  │  │算認定について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 56│ 198│平成17年度国分市水道事業会計決算認定について      │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 57│ 199│平成17年度国分市工業用水道事業会計決算認定について   │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 58│ 200│平成17年度溝辺町水道事業会計決算認定について      │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 59│ 201│平成17年度隼人町水道事業会計決算認定について      │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 60│ 202│平成17年度隼人町病院事業会計決算認定について      │ 追 加 │


└──┴──┴────────────────────────────┴─────┘





2.本日の出席議員は次のとおりである。


    1番  脇 元   敬 君      2番  松 元   深 君


    3番  秋 広 眞 司 君      4番  池 田 綱 雄 君


    5番  有 村 久 行 君      6番  徳 田 拡 志 君


    7番  山 浦 安 生 君      8番  神 園 三 郎 君


    9番  厚 地   覺 君     10番  徳 田 芳 郎 君


   11番  宮之原   稱 君     12番  黒 木 更 生 君


   13番  中 重 真 一 君     14番  四 元 寿 満 君


   15番  新 橋   実 君     16番  仮 屋 国 治 君


   17番  林 薗 澄 男 君     18番  脇 元   操 君


   19番  植 山 利 博 君     20番  上 鍋 正 光 君


   21番  塩井川 幸 生 君     22番  久 保 史 郎 君


   23番  岡 村 一二三 君     24番  島 廻 一 心 君


   25番  木野田 恵美子 君     26番  山 神 生 人 君


   27番  池 田   守 君     28番  下深迫 孝 二 君


   29番  栫 井 成 孝 君     30番  吉 永 民 治 君


   31番  今 吉 歳 晴 君     32番  尾 崎 東記代 君


   33番  木 場 幸 一 君     34番  浦 野 義 仁 君


   35番  池 田   靖 君     36番  細山田 為 重 君


   37番  蔵 原   勇 君     38番  田 代 昇 子 君


   39番  前川原 正 人 君     40番  窪 田   悟 君


   41番  川 畑 征 治 君     42番  深 町 四 雄 君


   43番  時 任 英 寛 君     44番  中 村 幸 一 君


   45番  西 村 新一郎 君     46番  宮 内   博 君


   47番  徳 田 和 昭 君     48番  川 畠   暁 君





3.本日の欠席議員は次のとおりである。


  な し





4.地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。


 市     長   前 田 終 止 君   助     役  南   洋 海 君


 助     役   福 永 いたる 君   まちづくり調整監 内   達 朗 君


 企 画 部 長   藤 田   満 君   生活環境部長   中 村   昭 君


 保健福祉部長    福 盛 安 美 君   農林水産部長   東   邦 雄 君


 商工観光部長    長 崎   薫 君   建 設 部 長  成 枝 靖 夫 君


 工事監査部長    秋 窪 直 哉 君   総務部次長兼   南 田 吉 文 君


                       総務課長


 行政改革推進監   山 口   剛 君   企画部次長兼   福 原   平 君


                       企画調整課長


 保健福祉部次長   今 村 恭 一 君   農林水産部次長  鈴 木 重 成 君


                       兼農政畜産課長


 商工観光部次長   柳 田 秀 徳 君   建設部次長    塩入谷 政 秋 君


 兼商工労政課長


 財 政 課 長   平 野 貴 志 君   行政改革推進課長 濱 崎 正 治 君


 市 民 課 長   宗 像 成 昭 君   高齢・障害者   西     剛 君


                       福祉課長


 教  育  長   古 川 次 男 君   教 育 部 長  吉 永 冨城夫 君


 教育次長兼教育   石 塚 義 人 君


 総務課長





5.会議に出席した議会事務局の職員は次のとおりである。


 議会事務局長    松 元 政 和 君   議会事務局次長  杢 田 耕 一 君


                       兼議事調査課長


 課長補佐兼議事係長 山 元 春 行 君   書    記   赤 塚 孝 平 君


 書    記    井 上 寛 昭 君   書    記   米 元 利 貴 君





6.会議のてん末は次のとおりである。





              「開 議  午前10時00分」


○議長(西村新一郎君)


 ただいまの出席議員は48名であります。したがって,定足数に達しておりますので,直ちに本日の会議を開きます。お手元に配付しました議事日程に基づき会議を進めてまいります。早速議事に入ります。





  △ 日程第1 議案第36号 平成17年度霧島市一般会計補正予算(第1号)について


               上程





○議長(西村新一郎君)


 日程第1,議案第36号,平成17年度霧島市一般会計補正予算(第1号)についてを議題とします。議案第36号については各常任委員会に付託となっておりましたので,順次委員長の報告を求めます。まず,吉永総務委員長。


○総務委員長(吉永民治君)


 それでは,議案第36号,平成17年度一般会計補正予算(第1号)のうち総務常任委員会所管に係る補正予算についての総務委員会の報告を申し上げます。平成18年2月28日の本会議において付託された議案第36号,平成17年度一般会計補正予算(第1号),総務常任委員会の所管に係る予算に対する審議の経過と結果の報告をいたします。審議にあたり執行部に本予算について説明を求めたところ,歳入について主なるものでは,市民税2億6,471万3千円を増額計上し,国庫支出金については,児童福祉費国庫負担金,幹線市道整備事業国庫補助金などを含め3億9,841万8千円を減額計上し,県支出金については,農林水産業費県補助金,林地崩壊防止事業費などを合わせて2億6,618万3千円を減額計上し,諸収入については旧1市6町の決算剰余金の残額等を含め18億1,781万2千円追加計上し,今回特に今後の財政運営に配慮し,財政調整基金からの繰入金8億5,015万2千円の減額,減債基金繰入金2億円をそれぞれ基金へ戻し,基金繰入金を減額するとともに,市債についてはそれぞれの事業費の決算見込みにより増減するなど調整し,総額15億2,260万円を減額,歳出の主なるものは,老人福祉費で在宅介護支援センター事業費の減額,老人医療対策費で老人医療保健特別会計への繰出金の増額等を含め9,422万8千円を減額,農林水産業費は,災害復旧に対応するため林地崩壊防止事業を見込み計上していたが,対象箇所がなかったこともあり,合わせて今回1億9,802万4千円を減額,土木費では,決算見込みにより道路新設改良事業,幹線市道整備事業で減額,土地区画整理事業費で麓第一土地区画整理事業の未償還金を繰り上げ償還し,その利子相当分の縮減を図るため,同特別会計への繰出金を増額,これらを合わせ土木費3億3,829万5千円を減額し,歳入歳出それぞれ11億2,250万6千円を減額したとの総括説明がありました。細目説明は説明欄及び資料記載のとおりでありますので,省略いたします。以上の説明の後,質疑に入り,慎重審議いたしました。その質疑,答弁の主なるものは要旨次のとおりであります。2月28日の本会議において「今回の補正予算について過充当になっている。」との指摘が岡村議員より指摘があり,補正予算書が差し替えになった件についての質疑であります。これについては,予算書の作成は旧国分市の予算システムを使っているものである。旧国分市においてこういう問題は全く発生していなかった。今回の補正はほとんどが減額補正であり,今回発生した原因は,補正予算総額から特定財源の差し引きをするというもので,その差が全部一般財源の方に回っていく。そこでその一般財源の額が当初の額を上回るもの,そこのところのチェックがうまく対応できなかったところに原因があると判明したところである。特定財源として見るものと一般財源として見るものとの両方があり,その部分でのチェックが曖昧であったということであるとの答弁であります。次に,諸収入について,決算剰余金を諸収入に加えたということであるが,合併協議会等で協議され,財政シミュレーションなり予測を立てた額に対して53億6,334万5千円というこの額が多かったのか,少なかったのか。それとも合併前の各自治体で駆け込み事業があって結果的に剰余金なるものが少なくなり,18年度当初予算編成に影響があるのではと思われるがの質疑に対し,見込みよりも決算剰余の額が多かったということになる。霧島市としては普通交付税として受け入れるか,決算剰余金として受け入れるかということであるが,見込みで多かったというのは,本来旧1市6町で11月6日までに支出する予定であったのが,霧島市で支出したので,その分が決算剰余金として入ったということである。次に,基金について説明しますと,財政調整基金,減債基金,その他特定目的基金,これらを合わせて財政シミュレーションの中で127億円と試算していたところであるが,11月7日の合併時点ではこの額が125億円で2億円ぐらいの減額になっているが,当初の計画どおり確保されていると理解している。したがって,基金の取り崩しによる事業はなかったと理解している。基金の持ち寄りを決めていたかということについては,三位一体の改革等もあり財源確保が難しいということもあり,あえて持寄額を決めることは適当でないという判断もあったが,しかしながら,事務方としてはどのくらい基金が確保されておれば良いかということから予算上どれくらいの取り崩しが可能かという協議をして基金の確保を図ったところである。法人税の追加補正額2億6,471万3千円が計上されているが,これは主にどういう業種からのものか。また,地域的に見てどの地域のものか説明願いたいの質疑に対し,法人税は年間を通じてその経済的動向によっても毎年税額が変わり不安定な税である。決算では何億という税額があっても,修正中間納付申告当時の状況によっては返さなければならない例も出てくることもある。今回の2億6千万についてはほとんどが国分地区の企業によるものであるとの答弁。次に,職員の超過勤務手当に絡み幾つかの質疑がなされました。職員手当の4,841万6千円の追加補正についてであるが,合併時から月別どのような状況なのか。また,個人的にはどうなのか説明願いたいに対し,答弁,11月1万8千時間で4,600万,12月2万時間で5,700万,1月1万6千時間で4,800万,個人的には予算編成の関係で財政が一人あたり150時間で,電算の関係が87時間という状況である。質疑,時期により特定の課の職員負担が増えるが,忙しい時職員を重点配置して時間外を制限して負担を軽くしていく考えはないか。健康管理の面から考えても必要なことと思うが,どうかに対し,答弁,当然職員の健康管理というのも考えていかなければならない。また,行革の中でもグループ制の導入を検討し,仕事の量が偏らないよう検討していきたい。質疑,組織機構の中で今回新たに政策係ができたが,各部,各課で協議ができて査定ができるとなれば前段である程度絞り込みができて相当な負担軽減になると思うが,その政策決定について責任を持ってやるという考え方で良いのか。答弁,基本的にはそういうことである。例えば,総務にはこれだけやるよ。その中で考えてくれ。財政課にはこれだけの中で査定しますよと,これからはそういう形になっていくと思う。電算機器のリースに関係する補正,補償補填費3,286万6千円の減額と18年度当初予算との関わりについての質疑に対し,答弁は,17年度で返す予定の3,800万ぐらいが当初予算で計上しているが,いろいろ見直しを旧1市6町でしてもらって,そしてできるだけ早く返そうと,今まで使っていたリース契約は5年とするのが通常だが,例えば,リースをしていて3年ぐらいで合併を迎えたということになりますと使える機器についてできるだけ有効活用しますが,新規システムが入ったおかげで使わなくなったシステムについては残りの2年間はリース残が残ることになり,その分についても支払い義務があるので,支払うことになる。保証契約については,残りの2年間使わなければその間の保証はしなくても済む。その分については払わなくても良いことになる。したがって,できるだけ早くリース料を払うと保証料については浮いてくる。そのようなことで17年度で終わらせる予定であったが,既存のシステムがまだ使わなければならない部分もあり,17年度予算執行ができなかった分減額したものである。18年度で改めて計上し直したということである。実際17年度予算において補償補填費で執行している決算見込みというのは2,435万ぐらいである。執行しているのは旧国分市,旧福山町であり,残りの5町については新年度計上分から執行することになるとの答弁があった。消防団員の欠員の確保に苦慮されている状況であると聞いているが,その原因の一つには報酬が少ないということもあるのではないか。また,全国類似団体と比較してどうかの質疑には,欠員の確保には確かに苦慮している。退団される方に後任を探して退団してほしいとお願いしたり,消防後援会の方々に積極的に取り組んでいただいているが,思うようにいかないところである。報酬については九州管内では鹿児島県が一番高く,中でも姶良郡は県内トップレベルであり,その中で一番高い水準の所に全団員から団長までの階級全部を合わせたというのが実情であるとの答弁がありました。選挙管理委員会に対しては,4年後の選挙について,特に選挙広報等限られた期限の中でどう手早く有権者の元へ届けるか。早い段階で配布される体制について検討をしておく必要があると思うが,どのように考えているかの質疑に対し,選挙広報については条例で一応選挙当日の1日前までには届けなければならないところとなっている。今後については選挙担当者の方に集まっていただいて選挙の全般的な研修や詰めをしなければならないと考えている。広報については事前審査の時チェックをしているが,印刷会社との兼ね合いもあるので,広報原文については早目に提出いただけるよう考えていきたいとの答弁であった。以上で質疑を終わり,討論に入ったが,なかったので,採決したところ,議案第36号,平成17年度一般会計補正予算(第1号)のうち総務常任委員会所管に係る補正予算については全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定しました。以上で報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。次に,田代環境福祉委員長の報告を求めます。


○環境福祉委員長(田代昇子君)


 おはようございます。ご報告申し上げる前に一言お断りしておきたいと思います。声変わりがしてかれてますので,ひとつ,聞きづらいところがあろうかと思いますけれども,よろしくお願い申し上げます。それでは,ご報告申し上げます。去る3月7日の本会議におきまして当環境福祉委員会に付託になっておりました議案第36号,平成17年度霧島市一般会計補正予算(第1号)について当委員会所管部門の審査が終了しましたので,その経過と結果についてご報告申し上げます。議案第36号,平成17年度霧島市一般会計補正予算(第1号)のうち当委員会所管部門については,審査の結果,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。執行部の説明によりますと,まず,生活環境部については,衛生費の清掃費について繰越明許費を計上しているほか,人権養護推進費,保険年金課の老人医療対策費及び国民年金事務費について補正を計上しているものであるとの説明でした。また,保健福祉部については,繰越明許費に社会福祉施設整備助成事業として5,047万2千円を計上しているほか,地方債補正では災害援助資金貸付事業及び保健衛生施設整備事業について限度額を0に変更し,歳入については,衛生費負担金の健康診査負担金,民生費国庫負担金の児童福祉費負担金,民生費県負担金の児童福祉負担金及び民生費県補助のうち11の事業についていずれも決算見込みより減額をし,歳出についても同じく社会福祉費の社会福祉総務費及び老人福祉費並びに児童福祉費の保育所費,保健衛生費の保健衛生総務費,予防費,母子保健費及び老人保健費のいずれも決算見込みによる減額をし,また,災害救助費については財源の補正をしようとするものであるとの説明でありました。審査の中で出た主な質疑では,まず,生活環境部に対する質疑では,委員から老人医療対策費の通信運搬費が597万7千円の減額になっているが,余りにも大きい。詳しい説明をとの質疑には,新市の老人医療受給者証を11月に発送する際国民健康保険証と同じ世帯の受給者分については一緒に併せて発送したために多くの不用額が出たとの答弁でございました。人権啓発講演会が開催されなかったために多額の不用額が出ているが,開催できなかった理由は何かとの質疑には,講演会は12月4日から12月10日までの人権週間で開催するものであったが,合併があるために最初に前倒しで開催する計画をしていたが,やはり合併などの絡みもあり,3月まで開催を送ってきたが,他の講演などが重なり実施できなかったとの答弁でございました。次に,保健福祉部関係に対する質疑では,国分郡田の特別養護老人ホーム(仮称)清祥園の完成予定が平成17年度中から平成18年5月にずれ込むという説明であったが,何床ぐらいを予定しているのかの質疑には,これは地域介護・福祉空間整備事業補助金で国・県の補助事業である。各地方公共団体が地域の実情に合わせてその裁量や自主性を生かしながら介護サービスやその基盤整備を支援する交付金であり,市町村交付金と都道府県交付金の二つあるが,今回は都道府県交付金の方に入り,補助金は国・県の分については事業所そのものに直接入り,残りのうち20%を市が単独で補助をするというものであり,中身については50人分を予定しているとの答弁でございました。社会福祉費の減額については決算見込みより調整をしたという説明であったが,中身を詳しくとの質疑には,社会福祉総務費の人件費については合併時に本予算を組んだが,育児休業の1人,それ以後の退職者が3人となったため,4人減となった分の給料,職員手当等,共済費の減が2,292万1千円となっているとの答弁でございました。老人保健費の委託料の減額は受診者減によるものであるとの説明があったが,これは旧市町同じような傾向だったのかの質疑には,老人保健事業の様々な検診が今年度少し減となっている。おおむねどの旧市町も同じような傾向であり,今回統計を取ってみたが,老人保健の基本健診が26.4%の受診率,胃がん検診が17.6%,子宮がん検診が12.8%となっている。国は老人保健事業については5割ぐらいの目標を持っているが,今年度は下がっている現状であるとの答弁でございました。その他委員から多くの質疑が出されましたが,採決の結果,当委員会所管部門については全会一致で可決すべきものと決定いたしました。以上で当委員会に付託になっております議案第36号の報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長報告に対し質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。次に,仮屋産業教育委員長の報告を求めます。


○産業教育委員長(仮屋国治君)


 去る3月7日に産業教育委員会に付託になりました議案第36号,平成17年度霧島市一般会計補正予算(第1号)分割付託分について審査が終了いたしましたので,その経過と結果についてご報告を申し上げます。まず,商工観光部の審査において,観光費の丸岡公園特別会計の繰出金を297万円計上しており,そのほかについては執行残に伴う計上であるとの説明がなされました。主な質疑では,企業誘致推進費の負担金補助及び交付金においてマイナス補正523万3千円が計上されている理由は何かとの質疑には,株式会社KIC,アルバック精機株式会社,前橋橋本合金株式会社3社の立地操業による額の確定による減額分であるとのことでありました。次に,教育委員会の審査において,教育費が補正前の36億2,227万2千円から1億2,992万8千円を減額し,補正後の額を34億9,234万4千円とする。債務負担行為補正のうち小学校仮設教室使用料は1,018万2千円増額して4,041万4千円としており,その理由は,18年度までの予定であった国分西小学校仮設校舎借り上げを19年度まで延長することと,去る12月議会で審議した本予算の中に計上すべきであった宮内小学校の仮設校舎借上料18年・19年度分を計上していなかったことが判明し,今回追加計上することによる。また,国分中学校改築事業は17年度締結した契約により17年・18年度事業費が確定し,それに基づいて減額する。地方債補正では舞鶴城周辺整備事業は朱門移設事業費に係る起債の額1,200万円を新たに起債する。社会体育施設整備事業930万円は国分体育館改修事業に充てる。地方債補正の変更があり,義務教育施設整備事業は15億4,260万円から15億2,770万円に減額しているが,これは陵南中の整備事業の財源組み替えによるものであるとの説明がありました。主な質疑では,中央高校の授業料が減額の312万6千円になっているが,どういう理由かとの質疑には,授業料の減免,退学者等が大きな要因であるとのことでありました。農林水産部の審査において,本予算額17億4,364万4千円に対し,1億9,802万4千円を減額補正し,補正後の予算額を15億4,562万円としている。減額補正の主なものは,県支出金の中の農林水産業費県補助金9,870万4千円で,そのほかに農林水産業費分担金や農林水産業債の減額などがあり,これら歳入減に伴う一般財源の減額8,947万9千円であるとの説明がありました。主な質疑では,中山間地域等直接支払交付金が1,139万6千円の減になっているのはどういう理由かとの質疑には,取組面積を536万3千?,協定数81ということで予定をしていたが,取組面積が532万5,240?,80協定の実績であったことが主な理由であるとのことでありました。最後に農業委員会の審査において,歳入において農林水産業費県補助金の中の農業委員会費219万3千円の減であり,合併前の1市6町分の合計額である17年度の本予算の計上額が2,122万8千円であったが,国分の分が合併後に入金予定のものが,概算払いを244万3千円受けていたことと,溝辺分の農業委員会活動強化対策事業費を分割して計上していたが,この分25万円が農業委員会費に入ってくることになり,合計193万5千円となり,219万3千円の減となった。また,歳出において,農業委員会費の補正前の額5,518万5千円であったが,354万9千円減額補正し,5,163万6千円となる。財源内訳は,国庫支出金で219万3千円,一般財源で135万6千円の減であるとの説明でした。以上,商工観光部,教育委員会,農林水産部,農業委員会について慎重に審議した結果,議案第36号,平成17年度霧島市一般会計補正予算(第1号)分割付託分については全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。以上で本委員会に付託されました議案第36号の報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長報告に対し質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。次に,中村建設水道委員長の報告を求めます。


○建設水道委員長(中村幸一君)


 去る3月7日の本会議において当委員会に付託になりました議案第36号について去る3月17日に審査が終了いたしましたので,その経過と結果についてご報告を申し上げます。議案第36号,平成17年度霧島市一般会計補正予算(第1号)のうち当委員会所管部門について,執行部の説明によりますと,今回の補正については人件費等の決算見込みにより調整した増減と補助事業決定等に伴う減額予算が主なるものであるとの説明でした。審議の中で出た主な質疑では,土地区画整理費と街路事業費及び住宅建設費においていずれも地方債は減額になり,一般財源が大幅に増えているが,借金をするよりも一般財源を投入した方が良かったのか。交付税措置のある地方債を借りて財政運営を的確に進めるということが大事ではないかとの質疑には,後年度に交付税措置のある有利な地方債の活用を図っていくということ。そして元金の償還額を上回らない借入額で財政運営を行っていくというような考え方に立っており,平成17年度の予算編成の場合は当初予算あるいは9月補正予算については旧市町で予算編成をいたしてきたところであり,霧島市においてはそういうものを基本としながらも地方債の取り扱いについてはより有利な交付税措置のある地方債の活用をしていくということで予算編成をしているとのことであり,例えば,住宅建設の事業は交付税措置が全くないので,それについては地方債は借りないということ。それから,それぞれの事業の中で交付税措置の低いものについても後年度の財政負担等を考えて借りずに,一般財源で組み替えるというような規模にしたとのことであった。一方,交付税措置のある地方債の中で今回全額を減額計上とした地域再生事業債についても,その起債の制度上後年度に標準事業費で交付税措置,元利償還の交付税措置がされることになるが,この地方債については借り入れをしても,しなくても,交付税措置のあるものであり,これは単独事業等を行う場合に過去の実績等を上回ったものについては,地方財政の立て直しを図るということで,そういう上回る単独事業をするものについては地域再生債を充当できるよう制度をつくったものであるとの答弁がなされました。そのほかにも質疑が出されましたが,特に委員から市営住宅の修繕費の旧市町での対応を統一するということについてできるだけ早くすべきという意見が出ました。そして慎重に審議した結果,当委員会所管部門については全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。以上で当委員会に付託されました議案36号のうち当委員会所管部門についての報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長報告に対し質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。これより議案第36号,平成17年度霧島市一般会計補正予算(第1号)について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告はいずれも原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第36号について委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第36号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第2 議案第37号 平成17年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第1


               号)についてより


    日程第6 議案第41号 平成17年度霧島市丸岡公園特別会計補正予算(第1号)


               についてまで一括上程





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第2,議案第37号,平成17年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてより日程第6,議案第41号,平成17年度霧島市丸岡公園特別会計補正予算(第1号)についてまで以上5件を一括し議題とします。まず,議案第37号及び議案第38号については環境福祉委員会付託となっておりましたので,委員長の報告を求めます。


○環境福祉委員長(田代昇子君)


 去る3月7日の本会議におきまして当環境福祉委員会に付託になっておりました議案第37号,平成17年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について及び議案第38号,平成17年度霧島市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)について審査が終了しましたので,その経過と結果についてご報告申し上げます。まず,議案第37号,平成17年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)については,審査の結果,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。執行部の説明によりますと,今回の補正は,人件費などに係る経費について今後の支払見込額が当初の見込みに対して一部不足が見込まれることから,その不足分を補正しようとするものや,保険給付費のうち療養諸費と高額療養費についても大幅な不足が生じると予想されることから,その不足分を補正しようとするものである。補正額として歳入歳出それぞれ3億3,810万3千円を追加し,補正後の歳入歳出予算の総額をそれぞれ58億4,858万5千円とするものであるとの説明でありました。審議の中で出た主な質疑では,国保特別会計はこれから先さらに厳しい運営状況になっていくと思われるが,これから基金の推移はどのように予想されるかの質疑には,基金については条例で「保険給付費の約3か月相当を積み立てる。」とうたっているが,現実には厳しいものがあり,今回の補正,また,18年度の当初予算でも繰り入れをしなくては予算が組めない厳しい状況である。今回の補正では442万1千円,また,当初では約5億円の基金繰り入れとなっている。合併時の基金は総額で約5億3千万であるが,400万円や5億円の取り崩しをする予定なので,0に近い数字となっていく。しかし,国保を運営していくためには当然基金は必要であり,霧島市において保険給付費の3か月相当分の基金というと20億円に近い基金が理想的ではないかと考える。今後は,いざというときのための基金であるので,財政課と協議しながら,20億円とは厳しいものがあるが,それなりの基金を準備できたらと考えているとの答弁でございました。そのほか委員から多くの質疑が出されましたが,審議の結果,全会一致で可決すべきものと決定いたしました。次に,議案第38号,平成17年度霧島市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)は,審査の結果,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。執行部の説明によりますと,今回の補正は,医療給付費と医療費支給費において大幅な不足が生じることが予想されることから,その不足分を補正しようとするもので,補正額としては歳入歳出それぞれ3億2,684万9千円を追加し,補正後の歳入歳出予算の総額をそれぞれ71億3,937万円とするものであるとの説明でありました。審議の中で出た主な質疑では,審査支払手数料が減額されたのはどういう理由かの質疑には,審査手数料については,国保連合会,支払基金に対して点検した枚数で手数料を支払っている。1市6町それぞれ17年度の予算は組んであったが,見込みの金額が大きかったために今回補正で減額するものであるとの答弁でありました。そのほか委員から多くの質疑が出されましたが,審議の結果,全会一致で可決すべきものと決定いたしました。以上で当委員会に付託になっておりました議案第37号及び議案第38号の報告を終わります。以上です。


○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第39号及び議案第40号については建設水道委員会付託となっておりましたので,委員長の報告を求めます。


○建設水道委員長(中村幸一君)


 去る3月7日の本会議において当委員会に付託になりました議案第39号,議案第40号の2件について去る3月17日に審査が終了いたしましたので,その経過と結果についてご報告申し上げます。まず,議案第39号,平成17年度霧島市麓第一土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について,執行部の説明によりますと,関連して議案第5号の霧島市特別会計条例の一部改正について,事業を実施するため平成8年度において特別会計を設け,宅地整地工事費に充当するための地域開発事業債を借り入れて宅地整地工事を行い,宅地整地箇所に保留地を設定し,この保留地を処分して工事費を借入金返済に充ててきたが,現在の社会情勢から保留地処分も思うように進まず,平成16年度からは元金並びに利子返済に充てる財源として一般会計からの繰入金で対応している現状であった。そこで今回の補正で借入金を一括して繰り上げ償還を行うことで特別会計を廃止し,保留地処分金については今後一般会計で対応するとの説明でした。審議の中で出た主な質疑では,今までの借り入れの利子は幾らかとの質疑には,高いもので2.7%,一番低いもので1%との答弁でした。財産収入についてどの程度の面積であったかとの質疑には,総体の面積は1,693.73?であったとの答弁でした。保留地面積であとどのくらいあるかとの質疑には,総体で2万9,060?程度であり,現在販売している面積が7,723.92?である。その差し引きが残りで,確保していかなければならない面積になるとの答弁でした。そのほかにも質疑が出されましたが,特に委員からは保留地処分について特段の努力を求めたいという意見が出ました。そして慎重に審議した結果,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。次に,議案第40号,平成17年度霧島市下水道事業特別会計補正予算(第1号)について,執行部の説明によりますと,歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ4,350万3千円を減額し,歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ11億2,682万6千円とするとの説明でした。審議の中で出た主な質疑では,特定環境保全公共下水道について及びその中で公課費の打ち切りについての質疑には,主に国立公園内の自然環境の保護を目的とした公共下水道で,処理人口が概ね1万人以下の所で行う公共事業であり,公課費の打ち切りは11月6日までの決算に伴う打切決算になるとの答弁でした。そのほかにも質疑が出されましたが,慎重に審議をした結果,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。以上で当委員会に付託されました議案2件についての報告を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第41号については産業教育委員会付託となっておりましたので,委員長の報告を求めます。


○産業教育委員長(仮屋国治君)


 去る3月7日に当委員会に付託になりました議案第41号,平成17年度霧島市丸岡公園特別会計補正予算(第1号)について3月14日に審査が終了いたしましたので,その経過と結果についてご報告を申し上げます。執行部の説明によりますと,歳入については,レストランの売り上げ減のため会館利用収入が427万2千円の減額,売店の売り上げ減により売店収入が74万2千円の減額であり,合計で事業収入を501万4千円の減額補正,また,一般会計から297万円を繰入補正し,歳入合計が減額の204万4千円,歳出については,一般管理費の賃金,職員手当等で204万4千円の減額になっているとのことでありました。審査の中で出た主な質疑では,一般会計繰入金297万円は利用収入が減額になったことで繰り入れをしたと思うが,その理由,経過はどうなっているかとの質疑には,合併前までは職員1名ということで所長を中心にして営業をやってきたが,12時間労働の毎日出勤であったため,合併後において職員2名体制にしていただいた。予算的な面ではもう一人の職員分も特別会計の歳出の中で費用を捻出するという予算計上になっていたが,予想以上に営業収入が厳しく,増えた職員分の賃金,手当のすべてを捻出できなくなったので,一般会計で補填をお願いしたとの答弁がありました。このほか多くの質疑等が出されましたが,慎重に審議した結果,議案第41号,平成17年度霧島市丸岡公園特別会計補正予算(第1号)については,審査の結果,全会一致で可決すべきものと決定した次第です。以上で本委員会に付託されました議案第41号の報告を終わります。





  △ 日程第2 議案第37号 平成17年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第1


               号)について





○議長(西村新一郎君)


 ただいま委員長の報告が終わりました。議案第37号,平成17年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第37号について委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第37号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第3 議案第38号 平成17年度霧島市老人保健医療特別会計補正予算(第1


               号)について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第38号,平成17年度霧島市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)について質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第38号について委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第38号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第4 議案第39号 平成17年度霧島市麓第一土地区画整理事業特別会計補正


               予算(第1号)について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第39号,平成17年度霧島市麓第一土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第39号について委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第39号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第5 議案第40号 平成17年度霧島市下水道事業特別会計補正予算(第1号)


               について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第40号,平成17年度霧島市下水道事業特別会計補正予算(第1号)について質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第40号について委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第40号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第6 議案第41号 平成17年度霧島市丸岡公園特別会計補正予算(第1号)


               について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第41号,平成17年度霧島市丸岡公園特別会計補正予算(第1号)について質疑に入ります。質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 質疑なしと認めます。討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第41号について委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第41号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第7 議案第150号 霧島市部設置条例等の一部改正について及び


    日程第8 議案第149号 霧島市介護保険条例の一部改正について一括上程





○議長(西村新一郎君)


 次に,日程第7,議案第150号,霧島市部設置条例等の一部改正について及び日程第8,議案第149号,霧島市介護保険条例の一部改正について以上2件を一括し議題とします。これより質疑に入ります。46番宮内博議員より質疑の通告がされておりますので,発言を許可いたします。


○46番(宮内 博君)


 私は,今回提案をされております議案第149号,霧島市介護保険条例の一部改正につきまして質疑をさせていただきたいというふうに思います。今回の介護保険条例の一部改正は平成18年度から平成20年度の介護保険料の料金を決定をしようというものであるかというふうに思います。そこでまず第1にお尋ねをしたいのは,今回の改定によりまして新たに所得階層別を6段階にしているところでございますけれども,所得段階ごとのまず人数について再度明確にしていただきたいというのが第1点であります。二つ目には,今回の介護保険料の改定は旧市町の平均保険料の14.8%を引き上げようというものになっているようであります。特に従来保険料負担が最も少なかった旧福山町では40%の負担増となる。そういう試算がなされているようであります。高齢者控除の廃止など負担増が続く中にありましてこれらの負担に本当に高齢者が耐えられるのかということをお尋ねしておきたいというふうに思います。同時に,所得階層ごとの段階を見てみますと,最も所得階層の低い区分になる第1段階の所でありますけれども,これは生活保護基準以下の基準で生活をしている世帯に属する者であるというふうに思うわけでありますけれども,年収80万円以下で暮らします高齢者に対して今回この保険料の減免措置が必要ではなかったかというふうに思いますけれども,市独自の減免措置など考えられなかったかにつきましてですね,以上3点についてお尋ねをしておきたいというふうに思います。


○保健福祉部長(福盛安美君)


 宮内議員のご質問の1点目についてお答えをいたします。介護保険料は,平成18年度から平成20年度までの介護給付費等の所要額見込額や65歳から74歳までの前期高齢者,75歳以上の後期高齢者のそれぞれの見込人数,それと所得段階ごとの被保険者の分布状況等の見込数をそれぞれ国が配付いたしました保険料推計に用いるコンピュータソフトに入力して算定いたしております。お尋ねの所得段階区分ごとの人数につきましてもあくまでも平成16年分の所得の申告等の情報を基にした推計であります。平成18年度保険料賦課における所得段階ごとの人数につきましては,税務課で所管する平成17年分の介護保険料の申告や税務署で所管する確定申告に基づきまして今後明確になってまいります。現在の段階で各所得段階ごとの人数を明確に回答することは不可能でございますが,しかしながら,今回平成18年度から平成20年度までの計画策定の際に介護保険料の算定を行った最終的な所得段階ごとの推計人数は合計で2万7,298人となっております。これをそれぞれ段階別に申し上げますと,第1段階で615人の2.2%,第2段階で8,969人の32.9%,第3段階で7,252人の26.6%,第4段階で6,474人の23.7%,第5段階で2,528人の9.3%,第6段階で1,460人の5.3%と推計いたしております。次に,2点目についてでございますが,ご質問の対象者については,市県民税非課税世帯に属する合計所得金額及び課税年金収入額の合計が年間80万円以下の方で,生活保護受給者及び老齢福祉年金受給者を除く方であろうと思います。これらの方々については,平成17年度までは保険料第2段階に該当いたしまして保険料率0.75に該当する方々でございましたが,今回の改正において生活保護や老齢福祉年金受給者が該当する保険料第1段階と同等の0.5に保険料率が引き下げられております。18年度からの保険料率で申し上げますと,以前の保険料率では年額3万7,800円に改定されるはずだったものが,新保険料率で2万5,200円に改定されております。また,平成17年度まではご質問の対象区分で預貯金120万円以下の方に対して保険料率第2段階から保険料率第1段階へ減額する市独自の制度を設けていたところでございます。今回の法改正に伴いまして保険料段階を第5段階から第6段階に変更し,従来の市独自の減額制度以上の負担軽減が図られてきておりますので,低所得者対策は向上してきたものと考えております。以上でございます。


○46番(宮内 博君)


 今ご説明がございましたけれども,ただ今回この税制改正による公的年金の控除の縮小でありますとか,あるいはこの老齢者控除等の廃止によりまして従来この住民税非課税だった高齢者が,収入は変わらないにもかかわらず,これらの税制改正によってこの課税対象に変わるということで,これはこの厚生労働省の試算でありますけれども,高齢者の6人に1人が保険料段階が上昇するという試算がなされているわけであります。これについて前回と比較をいたしましてですねどういう状況にこの霧島市でなっているかということについてお分かりであれば,ご説明をいただきたというふうに思います。それから,この答弁では「今回の改定によって所得5段階を6段階にするということによって従来所得第2段階であった方が第1段階にこの移行するということで負担割合も0.75から0.5に軽減をされるという措置がとられた。」ということでございますけれども,この第1段階というのは,生活保護は受けていないけれども,実収入としては生活保護基準以下の方がですね多く含まれているというふうに私は理解をしております。同時に第2段階の中にもそういう該当者が入ってくるというふうに思うわけでありますが,これはこの憲法25条で担保されている生存権の規定,そして同時にこの最低生活費には課税をしないというですねこの原則からいたしましてもですねやはりこの改善が必要があるというふうに思いますけれども,今のご回答では,従来の市の独自の助成を上回る形で今回減額になるということで,独自の施策を施すそういう予定がないというふうに聞こえましたけれども,再度ご確認をですねしておきたいというふうに思います。


○保健福祉部長(福盛安美君)


 今回の改正につきましては,先ほども申し上げましたとおり,5段階から6段階と,そのうちの1段階と2段階が同じ保険料率になっておりまして,私どもが独自に設けておりました減額制度,これについては必要がなくなったというところでございますが,以前の独自の減額制度につきましてはそれぞれ制限を,このほかにも制限を設けておりまして,先ほども申し上げましたとおり,預貯金の制限を設けておりました。また,土地,家屋等資産,これらについてのですね制限を設けておりました。これらの制限を一応今回この制度になりまして撤廃するというようなことでございますので,それぞれ対象者そのものはですねもっと多くなると考えているところでございます。その意味から低所得者対策についてはですね今のところ広がるということから考えていないというところでございます。


○保健福祉部次長(今村恭一君)


 税制改革による,その所得は変わらないけれども,保険料が上がるという見込みの試算についてお答えいたします。先ほど部長が説明しましたが,保険料の対象が2万7,298人でございます。その中で第4段階の方の,総体の6,474人の中で第2段階から第4段階に変わる見込みの人が127人,0.5%です。それから第3段階から第4段階に変わる見込みの人が127人,0.5%でございます。それから第5段階,2,528人の中で第3段階から第5段階に変更になる人が769人,2.8%,第4段階から第5段階に変わる見込みの人が548人,2.0%でございます。この方たちについては18年度,19年度,20年度で激変緩和に関する比率によって減額さらにされます。


○46番(宮内 博君)


 それぞれ所得階層ごとではですね具体的な数字をお持ちかと思いますけれども,今ありましたように,3年間の激変緩和措置はあるけれども,現実に今回の高齢者控除等の廃止などによってですねこれだけのこの負担が増えてくるという実態がですね示されたのではないかというふうに思います。所得の,単純に所得の関係でですねのお尋ねですけれども,生活保護基準額でいきますと平成16年度の試算では冬期加算を含めませんと月額7万50円ということになります。それに12か月を掛けますと80万円を超える生活保護基準額なんですね。先ほど言いましたように,その第1・第2段階にはそういう層がかなり含まれているというふうに思いますけれども,80万円以下の人数というのが一体どれぐらいになっているのかということがお分かりであれば,お示しをください。その方にも2万5,200円の保険料がですね課税されるということでありますので,改めてお聞きをしておきたいと思います。


○保健福祉部次長(今村恭一君)


 すいません。もう一度お聞きいたしますけれども,80万以下の所得の方が何人いるかということでしょうか。80万以下の方で第1段階は生活保護世帯あるいは老齢福祉年金受給者でございます。第1段階が615人,2.3%,それから80万以下の非課税世帯,第2段階が8,969人,32.9%でございます。


○議長(西村新一郎君)


 以上で通告による質疑を終わります。ほかに質疑はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 以上で議案第150号及び議案第149号の質疑を終結します。これより議案処理に入ります。お諮りいたします。議案第150号,霧島市部設置条例等の一部改正については,会議規則第38条第2項の規定により委員会付託を省略し審査したいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。





  △ 日程第7 議案第150号 霧島市部設置条例等の一部改正について





○議長(西村新一郎君)


 それでは,議案第150号,霧島市部設置条例等の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。これより採決します。議案第150号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第150号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第8 議案第149号 霧島市介護保険条例の一部改正について委員会付託





○議長(西村新一郎君)


 続いて委員会付託であります。日程第8,議案第149号,霧島市介護保険条例の一部改正については,お手元に配付しております付託表のとおり所管の常任委員会に付託しますので,お目通し願います。確認のため,事務局に朗読させます。


○議会事務局次長兼議事調査課長(杢田耕一君)


 それでは,申し上げます。平成18年第1回霧島市議会定例会議案等付託表,平成18年3月20日分,付託委員会環境福祉常任委員会,議案第149号,霧島市介護保険条例の一部改正について,以上でございます。終わります。


○議長(西村新一郎君)


 お諮りいたします。付託表に誤りがあったときは,議長において処理することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。次に,追加議案が提出されております。





  △ 日程第9 議案第 151号 平成17年度国分市一般会計歳入歳出決算認定について


                より


    日程第60 議案第 202号 平成17年度隼人町病院事業会計決算認定についてまで


                一括上程





○議長(西村新一郎君)


 日程第9,議案第151号,平成17年度国分市一般会計歳入歳出決算認定についてより日程第60,議案第202号,平成17年度隼人町病院事業会計決算認定についてまで以上52件を一括し議題とします。提案者の説明を求めます。


○市長(前田終止君)


 本日追加提案いたしました議案についてご説明をいたします。議案第151号から議案第197号までにつきましては,合併前の国分市,溝辺町,横川町,牧園町,霧島町,隼人町,福山町,国分地区消防組合,国分地区衛生管理組合,牧園・横川町衛生管理組合,国分・隼人公共下水道組合並びに姶良東部地方卸売市場管理組合における平成17年度の各会計歳入歳出決算について監査委員の審査を経ましたので,地方自治法第233条第3項の規定により監査委員の意見書を添えて議会の認定に付するものであります。また,議案第198号から議案第222号までにつきましても合併前の国分市,溝辺町,隼人町の水道事業会計及び国分市工業用水道事業会計並びに隼人町病院事業会計の決算認定につきましても同様に議会の認定に付するものであります。なお,会計の決算は,平成17年11月7日に旧1市6町の合併及び五つの一部事務組合が新市に引き継がれたことにより各会計とも11月6日をもって会計処理を打ち切った内容となっておりますので,その点ご承知おき願いたいと思います。以上,追加提案いたしました議案につきましてご説明いたしましたが,よろしくご審議いただき,ご協賛賜りますようお願いを申し上げまして提案理由の説明といたします。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま提案者の説明が終わりました。この52件の議案に対する質疑は次の本会議で行います。以上で本日の日程はすべて終了しました。次の本会議は3月30日であります。本日はこれで散会します。ご苦労さまでした。


              「散 会  午前11時17分」