議事ロックス -地方議会議事録検索-


鹿児島県 霧島市

平成18年第1回定例会(第2日目 3月 7日)




平成18年第1回定例会(第2日目 3月 7日)





             平成18年第1回霧島市議会定例会会議録





 
1.議事日程は次のとおりである。


                     平成18年3月7日(第2日目)午前10時開議


┌──┬──┬────────────────────────────┬─────┐


│日程│議案│   件                  名     │ 備 考 │


│  │  │                            │     │


│番号│番号│                            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 1│報告│専決処分した事件の承認について(上告(上告受理の申立)の│     │


│  │ 1│の提起について)                    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 2│ 10│霧島市農業委員会の選挙による委員の定数等に関する条例の一│     │


│  │  │部改正について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 3│ 11│霧島市農業委員会委員の選挙区に関する条例の一部改正につい│     │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 4│ 15│霧島市国分シビックセンター駐車場の設置及び管理に関する条│     │


│  │  │例の制定について                    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 5│ 22│霧島市下水道事業職員退職手当準備基金条例の廃止について │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 6│ 23│国分市児童福祉手当支給条例等の廃止について       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 7│ 24│鹿児島県市町村自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数│     │


│  │  │の減少について(鹿屋市・指宿市・志布志市関係分)    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│  │  │鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合を組織する地方│     │


│ 8│ 25│公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補│     │


│  │  │償等組合規約の変更について(阿久根市・大口市・垂水市関係│     │


│  │  │分)                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│  │  │鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合を組織する地方│     │


│ 9│ 26│公共団体の数の減少及び鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補│     │


│  │  │償等組合規約の変更について(徳之島三ヵ町と畜場組合関係分)│     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 10│ 27│鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合の財産処分につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│  │  │鹿児島県市町村議会議員公務災害補償等組合を組織する地方公│     │


│ 11│ 28│共団体の数の増加及び鹿児島県市町村議会議員公務災害補償等│     │


│  │  │組合規約の変更について(枕崎市・阿久根市・大口市・垂水市│     │


│  │  │関係分)                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│  │  │鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数│     │


│ 12│ 29│の増加及び鹿児島県市町村職員退職手当組合規約の変更につい│     │


│  │  │て(阿久根市・阿久根地区消防組合関係分)        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│  │  │鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数│     │


│ 13│ 30│の減少及び鹿児島県市町村職員退職手当組合規約の変更につい│     │


│  │  │て(徳之島三ヵ町と畜場組合関係分)           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 14│ 31│鹿児島県市町村職員退職手当組合の財産処分について    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 15│ 32│姶良・伊佐地区介護保険組合規約の一部変更について    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 16│ 35│損害賠償の額を定め和解することについて         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 17│ 1│霧島市個人情報保護条例の一部改正について        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 18│ 2│霧島市職員定数条例の一部改正について          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 19│ 3│霧島市報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 20│ 4│霧島市職員の給与に関する条例の一部改正について     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 21│ 5│霧島市特別会計条例の一部改正について          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 22│ 6│霧島市手数料条例の一部改正について           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 23│ 7│霧島市下水道建設事業基金条例の一部改正について     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 24│ 8│霧島市乳幼児医療費助成条例の一部改正について      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 25│ 9│霧島市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について│     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 26│ 12│霧島市公設地方卸売市場の設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 27│ 13│霧島市工場等立地促進に関する条例の一部改正について   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 28│ 14│霧島市国民保護協議会条例の制定について         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 29│ 16│長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定│     │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 30│ 17│霧島市国分ふれあいの郷の設置及び管理に関する条例の制定に│     │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 31│ 18│霧島市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例│     │


│  │  │の制定について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 32│ 19│霧島市立地企業従業員用住宅の設置及び管理に関する条例の制│     │


│  │  │定について                       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 33│ 20│霧島市学校給食運営審議会条例の制定について       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 34│ 21│霧島市スポーツ振興審議会条例の制定について       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 35│ 33│霧島市過疎地域自立促進計画の策定について        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 36│ 34│市道路線の廃止について                 │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 37│ 36│平成17年度霧島市一般会計補正予算(第1号)について   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 38│ 37│平成17年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)に│     │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 39│ 38│平成17年度霧島市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)に│     │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 40│ 39│平成17年度霧島市麓第一土地区画整理事業特別会計補正予算 │     │


│  │  │(第1号)について                   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 41│ 40│平成17年度霧島市下水道事業特別会計補正予算(第1号)につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 42│ 41│平成17年度霧島市丸岡公園特別会計補正予算(第1号)につい│     │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 43│ 42│平成18年度霧島市一般会計予算について          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 44│ 43│平成18年度霧島市国民健康保険特別会計予算について    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 45│ 44│平成18年度霧島市老人保健医療特別会計予算について    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 46│ 45│平成18年度霧島市介護保険特別会計予算について      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 47│ 46│平成18年度霧島市交通災害共済事業特別会計予算について  │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 48│ 47│平成18年度霧島市空港県営駐車場管理事業特別会計予算につい│     │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 49│ 48│平成18年度霧島市国民休養地事業特別会計予算について   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 50│ 49│平成18年度霧島市下水道事業特別会計予算について     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 51│ 50│平成18年度霧島市丸岡公園特別会計予算について      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 52│ 51│平成18年度霧島市温泉供給特別会計予算について      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 53│ 52│平成18年度霧島市水道事業会計予算について        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 54│ 53│平成18年度霧島市簡易水道事業会計予算について      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 55│ 54│平成18年度霧島市工業用水道事業会計予算について     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 56│ 55│平成18年度霧島市病院事業会計予算について        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 57│ 56│霧島市いきいき国分交流センターの設置及び管理に関する条例│     │


│  │  │の一部改正について                   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 58│ 57│霧島市隼人真孝西集会所の設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 59│ 58│霧島市営体育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 60│ 59│霧島市営プールの設置及び管理に関する条例の一部改正につい│     │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 61│ 60│霧島市国分児童体育館の設置及び管理に関する条例の一部改正│     │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 62│ 61│サン・あもりの設置及び管理に関する条例の一部改正について│     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 63│ 62│霧島市福山パークゴルフ場の設置及び管理に関する条例の一部│     │


│  │  │改正について                      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 64│ 63│霧島市総合福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 65│ 64│霧島市老人福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 66│ 65│霧島市老人憩の家の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 67│ 66│霧島市国分老人集会所の設置及び管理に関する条例の一部改正│     │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 68│ 67│霧島市障害者福祉作業所の設置及び管理に関する条例の一部改│     │


│  │  │正について                       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 69│ 68│霧島市霧島保健福祉センターの設置及び管理に関する条例の一│     │


│  │  │部改正について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 70│ 69│霧島市病院事業の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│     │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 71│ 70│霧島市民会館の設置及び管理に関する条例の一部改正について│     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 72│ 71│霧島市国分中央地区共同利用施設の設置及び管理に関する条例│     │


│  │  │の一部改正について                   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 73│ 72│霧島市国分府中地区共同利用施設の設置及び管理に関する条例│     │


│  │  │の一部改正について                   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 74│ 73│霧島市溝辺麓地区共同利用施設の設置及び管理に関する条例の│     │


│  │  │一部改正について                    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 75│ 74│霧島市隼人地区共同利用施設の設置及び管理に関する条例の一│     │


│  │  │部改正について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 76│ 75│霧島市国分地区集会所の設置及び管理に関する条例の一部改正│     │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 77│ 76│霧島市国分福島地区コミュニティ供用施設の設置及び管理に関│     │


│  │  │する条例の一部改正について               │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 78│ 77│霧島市溝辺コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例│     │


│  │  │の一部改正について                   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 79│ 78│霧島市上床公園の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│     │


│  │  │て                           │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 80│ 79│霧島市横川山ヶ野ふれあい交流館の設置及び管理に関する条例│     │


│  │  │の一部改正について                   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 81│ 80│霧島市国分多目的集会施設の設置及び管理に関する条例の一部│     │


│  │  │改正について                      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 82│ 81│霧島市溝辺多目的交流施設上床どーむの設置及び管理に関する│     │


│  │  │条例の一部改正について                 │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 83│ 82│霧島市福山多目的交流施設の設置及び管理に関する条例の一部│     │


│  │  │改正について                      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 84│ 83│霧島市営農研修センター等の設置及び管理に関する条例の一部│     │


│  │  │改正について                      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 85│ 84│霧島市国分営農研修施設設置及び管理に関する条例の一部改正│     │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 86│ 85│霧島市国分広報研修施設設置及び管理に関する条例の一部改正│     │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 87│ 86│霧島市国分上之段・国分平山・国分塚脇地区コミュニティ広場│     │


│  │  │の設置及び管理に関する条例の一部改正について      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 88│ 87│霧島市溝辺竹子集会センターの設置及び管理に関する条例の一│     │


│  │  │部改正について                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 89│ 88│霧島市浜之市ふれあいセンターの設置及び管理に関する条例の│     │


│  │  │一部改正について                    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 90│ 89│霧島市農村活性化施設の設置及び管理に関する条例の一部改正│     │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 91│ 90│霧島市黒石岳森林公園の設置及び管理に関する条例の一部改正│     │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 92│ 91│霧島市生活改善研修センター設置管理条例の全部改正について│     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 93│ 92│霧島市国分ハイテク展望台の設置及び管理に関する条例の一部│     │


│  │  │改正について                      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 94│ 93│霧島市台明寺渓谷公園の設置及び管理に関する条例の一部改正│     │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 95│ 94│霧島市国分キャンプ海水浴場の施設の管理条例の一部改正につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 96│ 95│霧島市観光案内所施設の設置及び管理に関する条例の一部改正│     │


│  │  │について                        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 97│ 96│霧島市温泉センターの設置及び管理に関する条例の一部改正に│     │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 98│ 97│霧島高原国民休養地設置及び管理に関する条例の一部改正につ│     │


│  │  │いて                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 99│ 98│霧島市都市公園条例の一部改正について          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 100│ 99│霧島市神話の里公園の設置及び管理に関する条例の一部改正に│     │


│  │  │ついて                         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 101│ 100│指定管理者の指定について(国分府中地区共同利用施設)  │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 102│ 101│指定管理者の指定について(国分木原地区集会所)     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 103│ 102│指定管理者の指定について(国分上之段地区集会所)    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 104│ 103│指定管理者の指定について(国分郡山地区集会所)     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 105│ 104│指定管理者の指定について(国分上小川地区集会所)    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 106│ 105│指定管理者の指定について(国分下井地区集会所)     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 107│ 106│指定管理者の指定について(国分平山地区集会所)     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 108│ 107│指定管理者の指定について(国分向花地区コミュニティセンタ│     │


│  │  │ー)                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 109│ 108│指定管理者の指定について(国分川内地区コミュニティセンタ│     │


│  │  │ー)                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 110│ 109│指定管理者の指定について(国分福島地区コミュニティ供用施│     │


│  │  │設)                          │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 111│ 110│指定管理者の指定について(国分湊多目的集会施設)    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 112│ 111│指定管理者の指定について(国分上井多目的集会施設)   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 113│ 112│指定管理者の指定について(国分清水多目的集会施設)   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 114│ 113│指定管理者の指定について(国分川原多目的集会施設)   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 115│ 114│指定管理者の指定について(国分塚脇多目的集会施設)   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 116│ 115│指定管理者の指定について(国分南地区老人集会所)    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 117│ 116│指定管理者の指定について(国分北地区老人集会所)    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 118│ 117│指定管理者の指定について(国分野口生活改善センター)  │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 119│ 118│指定管理者の指定について(国分新町生活改善センター)  │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 120│ 119│指定管理者の指定について(国分広瀬生活改善センター)  │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 121│ 120│指定管理者の指定について(国分姫城広報研修施設)    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 122│ 121│指定管理者の指定について(国分本戸営農研修施設)    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 123│ 122│指定管理者の指定について(国分松木営農研修施設)    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 124│ 123│指定管理者の指定について(溝辺麓地区共同利用施設)   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 125│ 124│指定管理者の指定について(竹子集会センター)      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 126│ 125│指定管理者の指定について(横川床波活性化センター)   │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 127│ 126│指定管理者の指定について(横川紫尾田活性化センター)  │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 128│ 127│指定管理者の指定について(横川正牟田活性化センター)  │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 129│ 128│指定管理者の指定について(横川上小脇活性化センター)  │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 130│ 129│指定管理者の指定について(横川山ヶ野ふれあい交流館)  │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 131│ 130│指定管理者の指定について(糸走地区共同利用施設)    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 132│ 131│指定管理者の指定について(隼人真孝西集会所)      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 133│ 132│指定管理者の指定について(国分総合福祉センター・隼人総合│     │


│  │  │福祉センター)                     │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 134│ 133│指定管理者の指定について(溝辺ふれあい温泉センター・横川│     │


│  │  │健康温泉センター・牧園塩浸温泉福祉の里)        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 135│ 134│指定管理者の指定について(牧園老人福祉センター)    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 136│ 135│指定管理者の指定について(霧島保健福祉センター)    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 137│ 136│指定管理者の指定について(牧之原老人憩の家)      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 138│ 137│指定管理者の指定について(国分障害者福祉作業所)    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 139│ 138│指定管理者の指定について(観光案内所)         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 141│ 139│指定管理者の指定について(神話の里公園)        │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 141│ 140│指定管理者の指定について(隼人障害者福祉作業所)    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 142│ 141│指定管理者の指定について(霧島市立医師会医療センター) │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 143│ 142│指定管理者の指定について(国分児童体育館・南公園・国分海│     │


│  │  │浜公園・北公園)                    │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 144│ 143│指定管理者の指定について(霧島市民会館・国分中央地区共同│     │


│  │  │利用施設)                       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│  │  │指定管理者の指定について(中央公園・東公園・中央児童公園│     │


│  │  │・福島児童公園・広瀬西公園・正覚寺公園・西地区コミュニテ│     │


│ 145│ 144│ィ広場・松木野口地区ふれあい広場・児童の森・湊地区コミュ│     │


│  │  │ニティ広場・東その山地区コミュニティ広場・こがのもりコミ│     │


│  │  │ュニティ広場・郡山地区コミュニティ広場・姫城地区コミュニ│     │


│  │  │ニティ広場・清水地区コミュニティ広場)         │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 146│ 145│指定管理者の指定について(国分上之段・国分平山・国分塚脇│     │


│  │  │地区コミュニティ広場・国分営農研修センター)      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 147│ 146│指定管理者の指定について(黒石岳森林公園)       │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 148│ 147│指定管理者の指定について(台明寺渓谷公園・国分ハイテク展│     │


│  │  │望台・国分キャンプ海水浴場)              │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 149│ 148│指定管理者の指定について(国分ふれあいの郷)      │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 150│請願│陵南児童クラブ施設整備に関する請願書          │     │


│  │ 3│                            │     │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 151│ 149│霧島市介護保険条例の一部改正について          │ 追 加 │


├──┼──┼────────────────────────────┼─────┤


│ 152│  │一般質問 塩井川幸生君(99ページ)          │     │


│  │  │      ・幼稚園,小・中・高等学校校舎の結露及び雨漏│     │


│  │  │       り対策について              │     │


│  │  │      ・農業,畜産について            │     │


│  │  │      ・行財政改革について            │     │


│  │  │     林薗澄男君(111ページ)          │     │


│  │  │      ・国分西小学校の整備問題について      │     │


│  │  │      ・各小中学校における教職員の制服着用について│     │


│  │  │      ・市長の政治姿勢について          │     │


│  │  │     上鍋正光君(123ページ)          │     │


│  │  │      ・道路整備について             │     │


│  │  │      ・職員の異動と職務について         │     │


│  │  │      ・「霧島ブランド」について         │     │


│  │  │     前川原正人君(137ページ)         │     │


│  │  │      ・政治姿勢について             │     │


│  │  │      ・マンモス校の解消について         │     │


│  │  │      ・アスベスト対策について          │     │


│  │  │      ・国民健康保険について           │     │


│  │  │      ・就学援助について             │     │


└──┴──┴────────────────────────────┴─────┘





2.本日の出席議員は次のとおりである。


    1番  脇 元   敬 君      2番  秋 元   深 君


    3番  秋 広 眞 司 君      4番  池 田 綱 雄 君


    5番  有 村 久 行 君      6番  徳 田 拡 志 君


    7番  山 浦 安 生 君      8番  神 園 三 郎 君


    9番  厚 地   覺 君     10番  徳 田 芳 郎 君


   11番  宮之原   稱 君     12番  黒 木 更 生 君


   13番  中 重 真 一 君     14番  四 元 寿 満 君


   15番  新 橋   実 君     16番  仮 屋 国 治 君


   17番  林 薗 澄 男 君     18番  脇 元   操 君


   19番  植 山 利 博 君     20番  上 鍋 正 光 君


   21番  塩井川 幸 生 君     22番  久 保 史 郎 君


   23番  岡 村 一二三 君     24番  島 廻 一 心 君


   25番  木野田 恵美子 君     26番  山 神 生 人 君


   27番  池 田   守 君     28番  下深迫 孝 二 君


   29番  栫 井 成 孝 君     30番  吉 永 民 治 君


   31番  今 吉 歳 晴 君     32番  尾 崎 東記代 君


   33番  木 場 幸 一 君     34番  浦 野 義 仁 君


   35番  池 田   靖 君     36番  細山田 為 重 君


   37番  蔵 原   勇 君     38番  田 代 昇 子 君


   39番  前川原 正 人 君     40番  窪 田   悟 君


   41番  川 畑 征 治 君     42番  深 町 四 雄 君


   43番  時 任 英 寛 君     44番  中 村 幸 一 君


   45番  西 村 新一郎 君     46番  宮 内   博 君


   47番  徳 田 和 昭 君     48番  川 畠   暁 君





3.本日の欠席議員は次のとおりである。


   な し





4.地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。


 市     長   前 田 終 止 君   助     役  南   洋 海 君


 助     役   福 永 いたる 君   まちづくり調整監 内   達 朗 君


 総 務 部 長   西 重 正 志 君   企 画 部 長  藤 田   満 君


 生活環境部長    中 村   昭 君   商工観光部長   長 崎   薫 君


 農林水産部長    東   邦 雄 君   保健福祉部長   福 盛 安 美 君


 建 設 部 長   成 枝 靖 夫 君   工事監査部長   秋 窪 直 哉 君


 水 道 部 長   濱 崎 幸 嗣 君   消防局長     中 馬 達 己 君


 総務部次長兼    南 田 吉 文 君   行政改革推進監  山 口   剛 君


 総務課長


 企画部次長兼    福 原   平 君   商工観光部次長  柳 田 秀 徳 君


 企画調整課長                兼商工労政課長


 農林水産部次長   鈴 木 重 成 君   保健福祉部次長  今 村 恭 一 君


 兼農政畜産課長


 建設部次長     塩入谷 政 秋 君   職 員 課 長  津 曲 正 昭 君


 秘 書 課 長   萬 徳 茂 樹 君   管 財 課 長  山 下 英 博 君


 財 政 課 長   平 野 貴 志 君   税 務 課 長  小 濱   泉 君


 収 納 課 長   横 手 航太郎 君   行政改革推進課長 濱 崎 正 治 君


 行政改革推進課参事 馬 場 勝 芳 君   市 民 課 長  宗 像 成 昭 君


 環境衛生課長    前 田   理 君   保険年金課長   坂 元 良 行 君


 児童福祉課長    阿 多 己 清 君   高齢・障害者   西     剛 君


                       福祉課長


 土 木 課 長   岩 重 芳 人 君   建築住宅課長   牧   國 夫 君


 都市整備課長    篠 原 明 博 君   契 約 課 長  山 下 英 男 君


 水道部管理課長   中 村   功 君


 教  育  長   古 川 次 男 君   教 育 部 長  吉 永 冨城夫 君


 教育次長兼教育   石 塚 義 人 君   学校教育課長   池 田 幸 二 君


 総務課長





5.会議に出席した議会事務局の職員は次のとおりである。


 議会事務局長    松 元 政 和 君   議会事務局次長  杢 田 耕 一 君


 課長補佐兼議事係長 山 元 春 行 君   書    記   赤 塚 孝 平 君


 書    記    井 上 寛 昭 君   書    記   米 元 利 貴 君





6.会議のてん末は次のとおりである。





              「開 議  午前10時00分」


○議長(西村新一郎君)


 ただいまの出席議員は47名であります。したがって,定足数に達しておりますので,直ちに本日の会議を開きます。お手元に配付しました議事日程に基づき会議を進めてまいります。





  △ 諸般の報告





○議長(西村新一郎君)


 議事に入ります前に諸般の報告を申し上げます。お手元に介護保険改定に伴う利用者負担軽減のための市独自の条例制定を求める陳情及び「公共サービス」の安易な民間開放は行わず,充実を求める意見書提出に関する陳情をそれぞれ配付しておりますので,お目通し願います。以上で諸般の報告を終わります。それでは,議事に入ります。





  △ 日程第 1 報告第1号 専決処分した事件の承認について(上告(上告受理の


                申立)の提起について)より


    日程第 150 請願第3号 陵南児童クラブ施設整備に関する請願書まで





○議長(西村新一郎君)


 日程第1,報告第1号,専決処分した事件の承認について(上告(上告受理の申立)の提起について)より日程第150,請願第3号,陵南児童クラブ設置整備に関する請願書まで以上150件を一括し議題とします。これより質疑に入ります。6名の議員より質疑の通告がされておりますので,順次発言を許可します。まず,46番宮内博議員。


○46番(宮内 博君)


 私は,今回提案をされております150件という議案につきまして,その大まかなものについて質問をさせていただきたいというふうに思います。まず最初に議案第42号,一般会計に関係をするものについてお尋ねをしておきたいと思います。今回提出をされましたこの一般会計は経常収支比率を2005年度末見込みを93.2ということでいたしております。今回の予算の提案にあたりまして06年度末の起債残高を829億3,541万3千円としているわけでありますけれども,経常収支比率の予測をどのように考えているのかということをまずお尋ねをしておきたいというふうに思います。二つ目には,説明資料50ページ,予算書132ページになりますけれども,県営中山間地域総合整備事業における春山緑地公園事業の総事業費と,それから市負担金,これの総額がどういうふうになっていくのかということを明らかにしていただきたいということであります。また同時にこの投資効果をどのように試算をされて事業化をなさっているのかということについて詳細を明らかにしていただきたいというふうに思います。次に,予算書108ページ,説明資料では30ページになりますけれども,今回児童クラブの事業費として5,194万円が計上されております。主要事業の説明では3,972万円としてございますけれども,これはこの単独事業だというふうに思いますが,この従来のこの単独事業との違いがどのようになっているのかということが第1点,二つ目には,この間議論をされてまいりましたけれども,児童クラブを立ち上げる時あるいは今借家でクラブ運営をしているなどの場合に施設を整備をしたいということがあった時などどのような対応を今回の予算に盛り込んだのかということをですねお聞きをしておきたいというふうに思います。次に,説明資料では68ページ,予算書では151ページになりますけれども,隼人新港建設の予算として,負担金でありますが,6,288万円が計上をされております。隼人新港建設の大きな一つの理由にこの貨物取り扱いがこの限界状態にあるためと,こういうふうに言われてきた経過がございます。この間の加治木港,福山港のこの取扱量の推移が当初計画どおりこの貨物取り扱いが限界状態になっているという状況が示されているのかですね。この点についてお示しをいただきたいというふうに思います。次に,説明資料83ページ,予算書では171ページになるわけでありますけれども,中学校,小学校などの学校施設の整備事業が計上されているわけでありますが,日当山中学校はこの外壁の危険がありまして現在補修をして急場をしのいでいると,こういう状況になっております。今回この予算措置がなされていないわけでありますけれども,この子供たちが毎日通っているこの学校の安全性というのは何よりも先駆けて予算措置を行うべきだというふうに思うわけでありますけれども,この外壁落下の危険性というのは回避できるのかということをお聞きをしておきたいと思います。次に,予算書158ページ,説明資料では75ページになりますけれども,旧隼人町の総合振興計画との関連がありますので,お聞きをしておきたいというふうに思います。今回住宅管理費につきましては川原団地など外壁の工事費が計上をされているようでありますけれども,この川原団地では構造上の理由から4階建て部分の水圧不足のために湯沸かし器やウォシュレット,シャワーが使えないと,こういう状況が続いております。これらの改善のために旧隼人町の総合振興計画では本年度から2か年計画で水圧をこの解消する,水圧不足を解消するための計画を盛り込んでいたところでありますけれども,今回の予算には計上されておりません。その理由を明確にしていただきたいというのが1点,二つ目には,これらの解消策をですね,日常不便を来している状況が続いているわけでありますので,どのようにお考えになっておるのかということをですねこの際明確にしていただきたいというふうに思います。次に,予算書178ページでありますけれども,説明資料では87ページになりますが,公民館費についてでございます。これも旧隼人町の総合振興計画の中では日当山地区公民館の空調機の改修工事の実施年度として2006年度を予定をして計画を進めてきた経過があります。この施設は航空機防音対策事業として導入をされた,整備された施設でありますけれども,空調機がこの全室1箇所での管理になっているということで,各部屋で利用した場合のこの調整ができないという大変この無駄なですねエネルギーを消費をしている施設であります。ですから,これを解消しようという計画が進められてきたんですけれども,予算に計上されておりません。それらの経過,今後の対策などをお聞きをいたしましてまず一般会計に関する件から最初にお尋ねをしておきたいと思います。


○総務部長(西重正志君)


 まず1点目の平成18年度の経常収支比率はどのようになるのかの質問についてお答えいたします。経常収支比率は市税や地方交付税等の経常的に収入される一般財源のうち人件費や扶助費あるいは公債費などの経常的な経費に充当される経常一般財源がどのくらいあるのかを示す財政的な指標であります。あくまでも現時点での見込みでありますが,97.6%と試算しており,本年度見込みより4.4ポイント悪化するのではないかと試算をいたしております。以上でございます。


○農林水産部長(東 邦雄君)


 県営中山間地域総合整備事業における春山緑地公園事業についてご説明申し上げます。県営中山間地域総合整備事業における公園事業計画では,農村公園1.5ha,多目的グラウンド3.8haの規模となっており,総事業費は2億1,924万円で,市の負担分はその15%の300,ごめんなさい,3,289万円であります。農村公園につきましては,観光農園地帯の地域住民の保養空間として,また来訪者の交流拠点として芝広場や東屋などの休憩施設を整備するとともに,多目的グラウンド利用者等の駐車場を整備いたしております。多目的グラウンドにつきましては,大学生や企業で働く若人のスポーツ熱の高まりにより,計画当時で野球約30チーム,サッカー約20チームが活動しておりました。しかし,これらのチームが十分に練習や大会を行う場所に恵まれていなかったことから,市民及び近隣町のスポーツ交流の場,憩いの場,コミュニティの場としての利用が可能な施設整備について検討協議した結果として現在に至っているものでございます。春山緑地公園は,農村公園と一体となり地域住民の交流とスポーツ活動の向上を図ることを目的として多くの人々が気軽に利用できる施設を目指すとともに,ソフトボール,サッカー,ラグビーなどの各種競技大会の開催地として利用できるように計画いたしております。以上でございます。


○保健福祉部長(福盛安美君)


 児童,放課後児童クラブ関係についてご答弁いたします。この3,972万円につきましては,これまでの県の補助要綱に基づく運営補助分の3,590万3千円をはじめ,安全衛生助成や母親クラブなどへの県補助分381万7千円でございます。施設整備に関する費用は計上いたしておりません。平成19年度において国・県等への補助事業等を活用しまして取り組んでいく考えでございます。また,市単独補助分につきましては市単児童クラブ育成事業補助金を計上しておりまして1千万円の範囲内で2年程度の経過措置を設けながら規模に応じた助成をしていく考えでございます。


○建設部長(成枝靖夫君)


 隼人新港建設に関係するご答弁を申し上げます。隼人港は鹿児島湾奥の最奥部に位置する鹿児島県知事管理の地方港湾でございます。現在鹿児島湾奥部には加治木港,隼人港,福山港の3港があり,貨物につきましては主に加治木港で取り扱われております。一部を福山港で取り扱っている状況でございます。港湾統計資料によりますと,湾奥地域の港湾取扱貨物につきましては,平成14年度までは減少しておりましたが,その後は横ばいとなっております。加治木港は地理的・地形的条件から背後に十分な野積場の確保が困難なことから将来の貨物需要に対応が難しい状態にあり,福山港は水深が浅く利用船舶が限定され,近年の船舶の大型化に対応できない状況から,両港を補完する隼人港が必要と考えられております。国分・隼人地区の将来の貨物需要に対応するとともに,災害緊急時における鹿児島市内方面と国分・隼人地区の交通手段確保のためにも隼人港港湾区域内に新たな港湾施設の整備が必要と考えており,県に整備促進を図っていただくようお願いしているところでございます。なお,貨物量につきまして県にお聞きしましたところ,湾奥部の加治木港,福山港での平成13年度以降の貨物取扱量につきましては,平成13年度が加治木港で122万2千t,福山港で4万t,平成14年度加治木港96万8千t,福山港2万7千t,平成15年加治木港83万6千t,福山港1万6千t,平成16年につきましては速報値でございますけど,合計で92万8千tになっているようでございます。以上です。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 日当山中学校の外壁の件につきましてお答えを申し上げます。日当山中学校の大規模改修・改築の事業実施につきましては新市まちづくり計画書に載せ換えているところでございますが,日当山中学校の建設年度は,北校舎が昭和42年から昭和49年度の建設で38年ないし31年経過しております。南校舎が昭和50年度及び51年度の建設で30年ないし29年経過しております。屋内運動場は昭和52年度の建設で28年経過しております。補助事業を導入する場合には昭和56年以前の建物ですので,文部科学省の補助要件として耐力度調査を行います。その結果により改築か大規模改造かの判定をし,次に大規模改造の場合,耐震診断を行い補強が必要かどうかを検討いたしますが,日当山中学校につきましては耐震診断を終えております。その診断結果によりますと,北校舎につきましては今のままで補強を行えば地震に対する安全が確保されるという結果が出ておりますので,改築の必要はなく,補強工事を行うこととなります。南校舎につきましては地震に対しての補強は必要ないという結果が出ております。こちらも改築の必要はないということになります。また,南校舎は現在外壁改修も行っており,また,地震に対しても健全建物ということで現在のところこれ以上の改善計画は考えておりません。また,屋内運動場につきましては平成18年度に耐震補強工事を行う予定です。今後北校舎につきましては,耐震補強だけで地震に対しての安全を確保するのか。補助事業を導入するために南校舎,屋内運動場を含め耐力度調査を行い,補助事業を導入して全体の大規模構造を,改造を行うのか。霧島市全体の小・中学校の耐力度調査が終了した段階で計画を行い,段階的に事業を行っていきたいと考えております。以上でございます。


○建設部長(成枝靖夫君)


 住宅管理についてお答え申し上げます。当団地は昭和53年度建設の鉄筋コンクリート造り4階建て3棟で,県の標準設計図を基に建設した団地で,当時としてはその時代にマッチした住宅でございました。建設されてから27年が経過し,大きくライフスタイルも変化し,入居者より改善・改修の要望が出されておりました。そこで新市まちづくり計画の住宅整備の中で給水管外改修工事を平成18年度から3か年度で行うことといたしておりました。しかしながら,本市の市営住宅管理戸数は4,648戸と多く,その中には建設から相当の年数を経ている古い団地も多数あり,水圧不足やバリアフリーなど多くの問題点を抱えており,特に水圧不足につきましては,当団地でなく,当団地だけでなく,旧国分市でもこれまで同様の問題が発生しております。そのようなことから平成18年度の地域住宅交付金事業で霧島市全体の既設住宅ストックについての基礎調査業務を委託し,改修・改善等を含めて検討を行い,それぞれの団地の位置付けを明確にした地域住宅計画を策定し,優先順位を決めて整備することといたしました。なお,今,議員の方からございましたが,平成18年度は安全性確保ということから緊急度の高い川原団地を含む7団地7棟の外壁改修工事をすることといたしております。以上です。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 7番目の日当山地区公民館空調改修工事についてお答えをいたします。旧隼人町の振興計画では当該施設は平成17年度執行するとしておりましたけれども,17年度の空港環境整備事業協会補助金が空港北側の空港公園整備事業に充てられたために,日当山地区公民館空調機改修工事は後年度事業とせざるを得ませんでした。この空調改修,空調機改修工事には多額の費用が必要であることから,補助金の可能性をある程度推察できないと予算要求もできませんので,18年度当初予算要求は行っておりません。長年の地区住民の要望のあることは理解しておりますので,補助金の要望を強力に続けてまいります。


○46番(宮内 博君)


 それぞれまずご回答いただいたところでありますけれども,改めてもう少しですねお聞きをしておきたいというふうに思いますが,まず最初の児童クラブの市単独事業の関係についてでありますが,後から一般質問でも数件出されておりますので,深くは申し上げませんけれども,この1千万円の範囲で使うということでありますが,その具体的なですねその内容についてもう少しご説明をいただきたいというふうに思います。それから,この隼人新港の建設の問題でありますけれども,私がなぜこの問題を取り上げたかと申しますと,県の財政もですね極めて逼迫をしているという状況のある中でこの公共事業の見直しなども当然進めていかざるを得ない状況になっているのではないかという観点からの質問だということをご理解をいただきたいと思います。今の説明では,私がこの通告の方に出してございますこの加治木港,福山港の貨物の取扱量の推移につきましてご説明をいただいたところでありますけれども,この説明の中でもですね,例えば,この加治木港の貨物取扱量が平成13年度は122万2千tあったと。それがこの平成16年度には92万tにですねこの30万t少なくなってると。福山港で平成13年度4万tですから,それから後平成15年度で1万6千tまで少なくなっているということでありますので,福山港1港分のですね年間取扱量を上回る量が貨物量としては少なくなってきているんじゃないかということをですね申し上げたいわけです。当初計画ではこの平成7年の統計をこの基にして平成15年にはこの完成をしてですね供用開始をするという計画で進められていたわけでありますけれども,平成15年度における推定取扱貨物量を隼人新港でどれだけ取り扱うかという予測も立てております。それを見てみますと,砂やあるいはこの砂利などの取扱量が44万8千tと,鉄鋼製品ですね,これの取扱量が5万4千tと,年間50万2千tの貨物取り扱いをこの予測をしているわけです。これはこのどの根拠に基づいてやっているかというと,平成7年の統計資料を基に建設産業の伸び率を7.4%で推計をしている数字なんですね。その根拠となっている数字そのものも随分この現実とは懸け離れてきているのではないかというふうに思いますけど,その辺をですねどの程度この現在の段階で検証しているのかということについて再度お聞きをしておきたいというふうに思います。次に,この日当山中学校の改修の関係ですが,地震でもこの健全にこの耐えられるという紹介がありました。私が申し上げているのはこの外壁落下の危険性の問題です。外壁の落下というのは,このいわゆる当時使われたコンクリートの中の塩分濃度がですねこの高くて中の鉄筋を腐らせると,そしてその鉄筋が膨らんでこの外壁が落下すると,こういう構造上の問題ですよね。その校舎の下では日常的に生徒たちがこの通って学習しとるわけですよ。そういう施設のこの問題を指摘をしているわけでありまして,この外壁の落下というのはこの子供の命に関わる大変重大な問題ですから,その辺の検証がなされておるのかということでのお尋ねですので,改めてですねお聞きをしておきたいというふうに思います。それから,この川原団地の件ですが,ご回答では「この水圧不足などほかのこの市営住宅などでもまだ改善が必要な所がたくさんある。」ということでございましたが,現にこの水圧不足でシャワーも使えない,夏場はですね。湯沸かし器も冬場はこの水圧が低くて着火しないと,こういう状況なんですけど,そういうこの状況になっている団地がほかに幾つあるんですか。お聞きをしておきます。そして,また,計画についてもですね再度回答ください。次に,この日当山共同利用施設の日当山地区公民館の施設整備の関係ですが,「補助金の可能性の推察ができなかったので,当初予算には計上しなかった。」ということですが,いつ頃その見通しが立つのかですね,その補助金がつくかどうかというのが分かっていれば,ご回答をいただきたいというふうに思います。次に,議案第43号の国民健康保険の問題についてお聞きをしておきたいと思います。私はこの説明資料を見ましてですね実はこの国民健康保険事業の基本という所が非常にこの位置付けが弱いのではないかというふうに感じました。国民健康保険は国民健康保険法第1条の中にこの制度が社会保障制度の一環だということを明記をしてございます。確かに説明資料の中でもそのことを若干触れておりますけれども,この企業経営と類似するとしてですねこの経営のみを優先するような事業と考えているようなですねそういうこの記述になっているのではないかというふうに思うんです。これがこの国保の基本姿勢だとしたらですね,今問題になっている短期保険証でありますとか,資格証明書でありますとか,金がないと医者にもかかれないというこんな事態をですねこの市内全域に広げる可能性があるというふうに思うんです。私はこの市長がこれまで公約をしてきたですね内容ともこれは相反するものではないかという観点からの質問でありますけれども,国保事業,企業経営と類似するとして経営のみを優先するような事業と考えているのかということについてまず1点お尋ねをしておきたい。二つ目には,社会保障制度の一環であるということがその根幹であるとの認識と施策がより重要ではないかというふうに思いますけれども,その件についてご回答をいただきたいというふうに思います。次に,議案第56号から148号に関連をする指定管理制度に関係をする問題でありますけれども,指定管理制度の導入でこの影響を受ける市職員,嘱託職員の数とその身分がどのようにこの保障されているのかということが第1点,二つ目には,指定を予定をしている施設の収入で採算が取れる施設があるのかということをお聞きをしておきたいと思います。最後に議案第74号,隼人地区共同利用施設の設置及び管理条例に関係をすることについてお尋ねをしておきたいと思います。条例では「隼人地区共同利用施設の休館日を土曜日,日曜日,祝祭日」というふうに定めようとしております。同共同利用施設は地区公民館として活用されているという現実がございます。土曜日や日曜日や祝祭日の活動が多い公民館活動に対してこれらの休日を設けるということは地域住民の利用に大変な不便を来すことにつながるのではないかというふうに思います。どのような配慮を行ってですね休館日を設定をしたのかということについてご回答をお願いをしたいと思います。


○議長(西村新一郎君)


 ちょっと順序立てていきますかね。再質疑の方から整理をしましょうか。放課後の児童クラブが第1点,ここからいきますか。


○児童福祉課長(阿多己清君)


 それでは,放課後児童クラブ関係のご質疑にお答えを申し上げます。これまで一部の市町で一律の額が助成されておりましたけれども,今回は規模に応じた助成を考えております。均等割,今のところ均等割部分で年額36万円,規模割で一人あたりの児童・生徒に分で月あたり1,080円で考えているところでございます。ただし,財政事情もありますことから,18年度につきましてはこの額の60%相当,それから19年度は80%相当で2か年にわたって調整をさせていただきたいという考えを持っておるところでございます。ただし,旧国分のクラブ,それから旧隼人のクラブにつきましてはこれまで単独補助を受けておりまして,今回の額が極端に落ちまして運営等に支障が予想されるクラブにつきましては,算出された額にかかわらず,これまでの経緯等を踏まえた形での内容で助成を考えているところでございます。以上でございます。


○建設部長(成枝靖夫君)


 貨物の取扱量につきましては今の経済状況等により変動するものと思っております。なお,ここ数年の数値ではなかなか判断できないのではないかと考えております。なお,また,この事業は県事業でございまして,市の方での計画検証は行っておりません。以上でございます。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 日当山中学校外壁の第2問目にお答えを申し上げます。先ほど答弁申し上げましたように,17年度は一部外壁の補修工事を行っております。校長会とか,教頭会とか,先生方に集まっていただいていろいろこちらからの達し事項をいたしたりするわけですが,その場合には,特に毎回ですけれども,生徒の安全等について最大の注意をするようにというような達しをいたしておりますので,危険な状況があれば学校からも報告があるというふうに思っております。そういった報告ございましたら,現地に行って確認をし,必要があればそれなりの処置をいたしたいというふうに思います。次に,共同利用施設につきまして第2問がございました。補助金の確定時期はいつ頃であるかということでございますが,従来の例でございますと6月,7月頃だったのではないかというふうに記憶しております。


○建築住宅課長(牧 國夫君)


 住宅管理につきましてのシャワー,湯沸かし器等が使えないような水圧不足の団地が幾つあるかということでございますが,旧国分市と旧隼人町合わせまして16団地でございます。以上でございます。


○生活環境部長(中村 昭君)


 議案第43号,国民健康保険事業についての質問にお答えいたします。確かに説明の中で「国保事業の運営は企業経営と類似する。」という表現をいたしております。ただ説明の冒頭でも記述しておりますように,国保事業は,地域住民の医療を保障し,住民の福祉を増進する目的で行われるものでございまして,決して利益を追求する目的とするものではないことはご承知のとおりでございます。国保は市町村が行う公営事業でございます。一般の行政事務が市町村民税等の一般財源により賄われるのに対しまして,国保事業は保険税と国庫負担金等の特定の収入を財源として保険給付を主とする特定の支出に充てられるものでございます。この点で国保は市町村の事務事業の中でも一つの独立した地位を占め,一般の事務事業とは異なる特色を持つものでございます。そのようなことから一つの独立会計として収支のバランスを度外視して事業運営を行うわけにはいかないことは当然のことかと考えます。健全な事業運営を図るため,時には企業経営の原則も考慮しつつ,経済的効率性も追求すべきという意味でこういった表現をいたした次第でございます。特に経営のみを優先して,国民健康保険事業の国保制度の主たる目的である社会保障及び国民保健の向上に寄与するという精神を決して否定するものではございません。その重要性につきましても十分認識いたしております。どうぞご理解を賜りたいと存じます。以上でございます。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 指定管理者制度の導入で影響を受ける市職員,嘱託職員の数とその身分はどのように保障されているのか。また,指定を予定している施設の収入で採算が取れる施設があるのかについて答弁申し上げます。今回4月からの指定の議決をお願いしております73施設につきましては,影響を受ける市職員,嘱託職員は一人もいないところでございます。公募により9月からの制度導入を進めております32施設につきましては,現在職員が2名,嘱託職員及び臨時職員が52名従事いたしております。職員につきましては配置転換などで対応したいと考えております。嘱託職員等につきましては雇用契約に基づくものであり,契約の終了をもって雇用関係も終了するものと考えております。また,指定を予定しております施設の収入で採算性の見込める施設といたしましては霧島の神話の里公園があります。以上でございます。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 議案第74号,隼人地区共同利用施設の設置及び管理条例についてのご質問にお答えいたします。今回条例改正のうちご指摘の部分につきましては共同利用施設全体の基本的な休館日等を規定したものでございます。この条例に規定する四つの共同利用施設のうち二つにつきましては,議員ご指摘のとおり,地区公民館として利用されております。公民館としては月曜日だけを休館としておりますので,この規定にかかわらず,公民館としての利用に何らの支障は生じてまいりません。なお,休館日である月曜日もあるいは館が閉鎖する5時以降も利用の希望があれば貸鍵方式によって館の利用を促進しなさいというような指導は旧隼人町時代からも続けておりますので,引き続き同じような形で住民の利用に供したいというふうに考えております。以上です。


○46番(宮内 博君)


 隼人外港の件についてですねでありますけれども,確かにこれは県の事業です。先ほど申し上げましたように,県もかなり財政的に苦しい状況に立ち至っていると。しかし,1回この事業に着手したものをこの中止をするというのはなかなかできないというのがですねこれまでの経過としては非常に多かったのではないかというふうに思いますけれども,ただ実際この造った時に本当に当初見込んだですね経済効果が発揮されるかどうかということは,一定のこの経済情勢の変化だとか,あるいは周辺の状況だとかですね,そういうものをこの検証して一定の時期にこの見直す作業というのが当然これは必要ではないかというふうに思うわけですね。確かに県の事業ですけれども,本市といたしましても,予算書にありますように,6,288万円負担をするわけですね。ですから,この当然負担する側としてその辺のですねこの言うべきことはきちんと言っていくということが大変大事じゃないかというふうに思いますけれども,この件についてですねどんなふうに考えるかということを最後にお聞きをしておきたいというふうに思います。それから,この国民健康保険事業の関係についてでありますけれども,法律に記載をされてありますように,この社会保障及び国民保健の向上に寄与することが大きなこの国保事業の目的です。社会保障の一環だとする基本姿勢がですね私は非常にこの文面から見まして弱くなっているんじゃないかということを感じましたので,あえて質問をさせていただいたわけですけれども,この経済性だけをですね求めるということになりますと,資格証明書だとか,あるいは短期保険証だとか,病院でこの10割負担をしなければ医者にかかることができないというこういう人たちをですね大きく,多くつくり出すということにつながっていくと。一方では国民健康保険法第44条に基づく医療費の一部負担などをどうこの軽減をするための対策をとるかということなどの手だてがですね非常にこの手薄になってくるという現象をつくり出していくんじゃないかというふうに思うんです。そこでお尋ねですけれども,国民健康保険法第44条に基づく医療費負担に対する減免の取り組みが実際にこの霧島市の中で行われているかどうかですね再度お聞きをしておきたいというふうに思います。次に,指定管理制度の問題についてでありますけれども,公募する32施設の中で52人の方がこの雇用契約が終了する可能性があるということでありますけれども,できるだけ失業者をつくらないということもですね市政の大変大事な施策として進めていくことが大事だというふうに思いますが,この52人の人たちの身分を担保するためのですね対策が求められると思いますけれども,どのようにお考えになっているかということについてお聞きをしておきます。最後に地区の共同利用施設の休館日の設定でありますが,この条例に関係なく,従来どおり地区の公民館としてですねその月曜日のみを休館とするということで差し支えないということですけれど,であるならどうして土曜,日曜,祝日の休館日を設ける必要があったのかということについてですね再度お聞きをしておきたいと思います。


○議長(西村新一郎君)


 これも順序立てて答弁をお願いいたします。


○建設部長(成枝靖夫君)


 ご答弁申し上げます。一応今,議員が言われますように,県が縮小されるにしましても,それはどういう検証されるかわかりませんけど,国分・隼人地区に関しましては将来の貨物需要あるいは災害緊急時における鹿児島市内方面と国分・隼人地区の交通手段確保のためには必要な事業ではないかと考えております。以上でございます。


○議長(西村新一郎君)


 健康保険事業に対しての答弁はどなたがなされますか。


○保険年金課長(坂元良行君)


 お答えいたします。減免等につきましては災害等の減免いろいろあります。そして,また,さっき申されました資格書,短期保険証等の諸々の中でも,災害だけではなくて,所得が今年なくなったとか,そういう方々についてはやはり,災害等だけじゃなくて,所得がない方々もその減免を,減免若しくは,減免等があるようになっております,であります。(「具体的な数をおっしゃってください。」と言う声あり)


○議長(西村新一郎君)


 それではですね,ちょっと協議をしとっくださいね。指定管理者制度をちょっと答弁を先にいたしましょうか。ちょっとその間に協議をしとってください。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 指定管理者の件ですけれども,まず今度公募を行いますけれども,公募に霧島市のしみん学習支援公社が応じることも考えられます。先ほど申しました52名ですけれども,この多くがしみん学習支援公社に所属しておりますので,この公募の中でしみん学習支援公社が取ることになりますと今までと変わらないことになろうかと思います。それから,まず民間の所が公募を取った場合でございますけれども,今までの例を申し上げますと,多くの団体で,民間の方が取られてもそれまでに働いておられた方を多く雇用している例があるようでございます。ですので,6月議会で指定の議決を受けた後,私どもといたしましてはできるだけその公募で指定を取られた所に再雇用していただくように働きかけてまいりたいというふうに考えております。以上です。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 共同利用施設の2回目のご質問にお答えいたします。共同利用施設のこの条例の中に四つのこの共同利用施設があるわけですが,ほかの館との,ほかのこういった施設とのバランス等を考えてこのような休館日の設定をいたしました。公民館,うち二つ,公民館につきまし,公民館として利用されているものにつきましては,先ほど土・日・祭日の利用の方法についてはお答え申し上げましたが,あと一般に開放されております天降川地区利用施設についてもやはり希望があれば鍵貸方式で土・日・祭日等も利用に供しているところでございます。


○議長(西村新一郎君)


 宮内議員,今のこの議案56号から148,指定管理者制度及び議案第74号について3回目の質疑がございましたら,こちを先に進めていただけますか。いえ,これは2回目ですから,今回で3回目になります,はい。一般質疑のですね42号とこの別に分けて通告されておりますので,そういう解釈をいたしております。もしよけれ,答弁準備できました。まだですか。じゃあここでですね次の質疑者に一応進みまして,次の,答弁ができた時点で,用意ができた時点で答弁をしていただきます。よろしゅうございますか。はい,じゃあそのように対応をさしていただきたいと思います。次に,39番前川原正人議員より質疑の通告がされております。


○39番(前川原正人君)


 まず議案第8号,霧島市乳幼児医療費助成条例の一部改正についての件ですが,この今回の条例の制定で,このこれまで国分・隼人地区のみについては0歳児を対象として無料ということから,今回霧島市になりまして3歳未満児に対して年齢対象がこの拡大をされていくそういう内容となっているわけですが,この問題でこの現物支給なのか,それとも償還払方式なのかですね明らかにしていただきたいと思います。また,その周知徹底の方法をどのような方法を考えていらっしゃるのか。お聞きをしておきたいと思います。これがまず第1点です。二つ目には,議案第14号の霧島市国民保護条例の制定についての件です。この本条例は武力攻撃事態法の制定に伴う条例となっ,制定によってそのための条例の制定ということになっているんですが,この中で国民保護協議会というこういう名称が使われておりますが,どのような体制で設置を予定をされているのか。また,国民の自治体,民間組織に対し,米軍と自衛隊の軍事行動への協力を強制的に義務付けられていくのではないかというこういう懸念があるわけですが,どのように認識をされているのか。三つ目には,議案第42号,予算書の80ページ,説明の9ページになりますが,この財産管理費の中で自動体外式除細動器52万円が計上されておりますが,その目的,市民へのこの周知,設置の場所の拡大計画などを示していただきたいと思います。四つ目には,同じく議案第42号,一般会計予算の中で予算書の83ページの,説明資料では15ページの中で簡易水道施設等の整備事業615万6千円の計上ということで予算が計上されておるわけですが,この関係で市水道への移行計画をどのように考えていらっしゃるのか。もう一つは,議案,同じく議案42号,一般会計予算の中で予算書の122ページ,説明資料の28ページの中で資源ゴミの関係で,このこれまで各種のリサイクル法が施行されてきてそれなりの成果を上げてきたというそういう経過がございます。今度,ご存じのとおり,新年度から,4月1日以降ですね,電気用品安全法というこういう法律が2001年に制定をされて,これが5年後の18年度4月1日からこのPSEマークのない家電品については販売ができなくなる。これをどのように認識をされているのか。また,法施行によってこの懸念されることはこの粗大ゴミがこの売れない。このPSEマークがないがためにリサイクル品として住民も持ち込めないし,業者も売れないというこういうことが予測をされるわけですが,そのことによって粗大ゴミが増えていくことも予想されますが,その対策をどのように考えていらっしゃるのかをまずはこの5項,5点を質疑をいたしておきたいと思います。


○保健福祉部長(福盛安美君)


 質疑の乳幼児医療費助成のことについてご答弁申し上げます。今回の改正によりまして3歳未満児まで保険給付に係る自己負担金を全額助成することになりますけれども,支給の方法は,これまでと同様,償還払制度というふうに考えております。また,啓発方法につきましては,今回の条例案を議決いただきましたならば,即刻市報きりしまに掲載いたしますとともに,市のホームページの利用あるいは広報を,市のホームページ等も活用しまして広報伝達に努めていきたいと思っております。また,各医療機関等の窓口にチラシを置くなど又は張り出してもらうなど協力を求めていきたいというふうに考えております。以上です。


○総務部長(西重正志君)


 国民保護協議会条例についてお答えします。今回提案しております霧島市国民保護協議会条例は国民保護法に基づいて協議会の組織及び運営に関し必要な事項を定めるためのもので,そのモデルも国から示されており,それに沿った形で提案するものでございます。国民保護協議会の体制でございますが,その組織についても同法の第40条の中で会長から協議会委員まで各号にそれぞれ明示されております。それにつきましては先般配付してあります議案関連資料の4ページに詳細に記載がしてございます。その中から市町村長が任命することになっておりまして,具体的な人員及び対象者については現在調整中でございます。国民や自治体,民間組織に対し,米軍と自衛隊の軍事行動への協力を強制的に義務付けるためのものではないかとのご質問については,国民保護法は武力攻撃やそれに準ずるテロ等の緊急事態において国民を保護するための法律として成立したものと認識いたしております。次に,自動体外式除細動器についてお答えします。自動体外式除細動器とは突然の心肺停止に陥った人に電気ショックを与えて心臓を正常な動きに戻す医療機器でございます。2004年4月の厚生労働省通知で,それまで医師又は医師の指示を受けた看護師,救急救命士のみ使用できていたものが,一般市民でも使用できることになり,今回シビックセンターに導入しようとするものでございます。市民へは市広報紙に掲載し周知したいと思います。今後の設置箇所の拡大については現時点において計画はございませんけれども,今後関係部署とも協議してまいりたいと考えております。以上でございます。


○企画部長(藤田 満君)


 議案第42号の一般会計予算,簡易水道施設整備事業615万6千円とあるが,市水道への移行の計画はどう進めていくのかという質疑に対しましてご答弁を申し上げたいと思います。まず予算を計上いたしました経緯についてご説明をいたします。当初予算については,旧国分市において上水道施設の整備ができていない山間部の組合等が設置している簡易な給水施設の新設及び維持補修に対し,地域振興補助金制度の中で一定の割合で補助金を交付していたものを,平成18年度より霧島市全域で実施しようとする予算であります。内容につきましては議員ご指摘の中でございました一般会計予算説明資料の15ページに掲載をさしていただいているところでございます。それから,その中でこのような施設を市水道への移行の計画はどう進めていくのかということでございますが,水道部とも確認をいたしまして,水道部といたしましては,関係法令等や合併協議の協議等を踏まえ,このような簡易給水施設等を水道事業へ移行するということは現時点では考えていないということでございますので,今後私どもといたしましてはこの予算に計上した方法でこれらの施設についての施策について進めてまいりたいというふうに考えております。


○生活環境部長(中村 昭君)


 一般会計予算の塵芥処理費についてのご質問にお答えいたします。電気用品安全法につきましては,電気用品による危険及び障害の発生を防止することを目的として,平成13年4月1日の施行日から規制の対象となる電気製品にPSEのマークを表示することを義務付け,既に市場に流通していた規制対象製品については経過措置として5年,7年,10年という猶予期間を設けて,それ以降の販売を禁止するというものでございますが,対象となる製品を使用したり,使用していて不要になった製品を個人が販売することまでを規制するものではございません。市内の小売店や量販店で販売されている電気用品は法の施行後に製造された商品が大部分を占めていると思われますので,5年の猶予期間が経過する本年4月以降に販売はできなくなり,廃棄するような商品はほとんど発生しないものと考えます。なお,市内には中古の電気製品などを取り扱うリサイクルショップなどもございますが,聞き取りを行った数件の店舗では同法の内容を良く理解しており,適切な対応,猶予期間内の販売努力,対象製品の買い取り等の抑制,在庫を抱えない等を検討しているとのことでございました。また,リサイクルショップなどで猶予期間の経過した電気用品の買い取りをしなくなり,家庭から粗大ゴミとして排出される電気用品が増加するのではないかという問題も考えられますが,これまで施行された家電リサイクル法により,電気用品の中でも大型で特に流通の多いブラウン管式テレビ,洗濯機,冷蔵庫などにつきましては既に市としては粗大ゴミとしての回収は行っておりませんので,このたび猶予期間が経過することで回収する粗大ゴミが急激に増加することは想定しておらず,平成18年度におきまして特別な予算の計上は行っておりません。以上でございます。


○39番(前川原正人君)


 それぞれ答弁をいただいたわけですが,まずこの乳幼児医療費の問題では,この今答弁をいただきましたように,償還払方式と,今までと変わらないということで今明らかにされて,していただいたわけですが,この償還払方式の場合だとですね,この最初に病院に行きますね。病院に行って,そして今度はその申請書を役所に取りに行って,そして,また病院で証明書をいただいて,また役所に行き申請をするというこういう手間があるわけですね。しかし,その1か月間,この住民の気持ちとしては,1か月分ですので,金額が小さいと,その無料とはいえどもですね,無料とはいえども,金額が小さいと面倒くさいというのがまず最初にこの頭の中にあるわけですね。これが何万円もとなるとまた全然そのお話といいますか,とらえ方が違ってくると思うんですが,この今答弁の中で「今後はその市報きりしまとか,ホームページ,そして医療機関へのチラシの配布で周知を図っていくんだ。」というふうに言われましたけれども,本来であればもっと使いやすくですね,この利用しやすいようにするという点ではそのもっと簡素化してですねできないのか。これは市長のマニフェストの中でも子供の子育て支援ということでですね,これはある意味ではこのことが一つの具体策として一定評価はできるものというふうには認識をいたしているんですが,もっと使いやすくですねできないのかですね。いかがでしょう。二つ目のこの第14号の,議案第14号の国民保護条例の関係ですが,あくまでもこの条例の制定が運営の内容ということで位置付けられているんですが,例えば,その角度を変えますとですね,武力,武力行使というのがいつの段階でその判断ができるのか。まだ掘り下げていくと今度は緊急避難をする場合にどこにその集めていくのか。その指揮はだれがやるのか。そういう問題があるんですが,その辺についてはどのように考えていらっしゃるのか。お聞きをしておきたい。三つ目にはこの自動体外除細動器の問題ですが,これはこのご存じだと思うんですが,指宿市役所は,指宿警察署がですね,これは南日本新聞の今年の2月28日の新聞切り抜きなんですが,この中ではその,これはAEDというふうに言われているんですが,この実技講習会を初めて開いたと。そしてどういうときに,使うことについてはコンピュータ式で音声ですべてを案内をしてだれでもできるということになっているんですが,この指宿市内ではですね2004年,昨年,一昨年ですね,の1月のいぶすき菜の花マラソンで心停止に陥ったランナーが,後続を走っていた医師,そして看護師と高規格救急車の連携で間一髪助かる事例が発生したと。AEDに対する関心は高く,現在11の事業所に配備をされているということで,この有効性が指摘をされてですね本市でももっとこの拡大を図ってですねいく必要があると思うんですが,「この今の現在のところそういう予定はないということで,計画はないということで,今後計画も関係部署と協議をしていきたい。」ということなんですが,この有効性についてですねどのように考えていらっしゃるのかですね。やはりいいものは大いに広げて大いにこの,たくさん利用をすると心停止の人たちが多いということになりますので,いつでもその救,このサッというですねすぐに対応ができるという体制づくりというのは必要だと思うんですが,いかがでしょう。それとこの一つはPSEマークですね,塵芥処理費の関係で,これもですね,これは我が党の塩川議員が衆議院の予算委員会の中で明らかにしたんですが,このPSEマークを規定といいますか,定めている電気用品安全法関係法令集,その中ではですね猶予期間は製品の流通在庫が,在庫,存在すると考えられる期間のことと。そもそも中古品は同法の規制の対象だということを指摘をいたしまして,この通産省の係官もですね答弁に詰まって全く答えができなかったと。これがこの拡大解釈をされまして中古品も売れなくなるというふうになっているわけですね。だから,一番問題なのは,例えば,その新しい新年度に入りましてこの大学生,学生さんが新品でいわゆるその洗濯機とか,冷蔵庫,テレビ,新品で買うと大体,どんなに安くても6万から7万円,これをリサイクルショップで買うと大体2万5千円から3万5千円の範囲内で安くで買えるというそういう事例もあるわけですね。ある意味ではリサイクル用品を大いにこの利用をできるわけですので,リサイクルの再リサイクルですので,大いにこういう制度,リサイクルは進めていかなければならないんですが,このPSEマークが張ってないと今度はその業者さんが売れないという,売れなくなると,新品を買わなければならない。新品を買うとなると金がかかる。学生にはそういう余裕はないと思うんですね。ですから,このあえてこういう質疑を出していただいたわけですが,その辺の認識をですねどのように考えていらっしゃるのか。この一つは国の法律という,施行,関係法令ということも一つあると思うんですが,どのようにこの本市,霧島市としてですねこの考えていらっしゃるのか。まずはそのことをお聞きをしておきたいと思います。


○保健福祉部長(福盛安美君)


 額が小さいとか,利用しにくいとかいった質問でございますけれども,1回登録していただきますと自動的に口座登録しますから,あとはもう口座に振り込まれます。その後は病院に行って申請して,領収書等を付けて申請していただくわけですけれども,また額が小さいと手続きが面倒くさいということですが,6か月ぐらいですねまとめて申請することも可能でございます。そのようなことからですね少しずつ改善はしておりますけれども,この現物給付そのものについてはですね,こう本市だけで取り組むにはですねその非常に課題が大きいということでございまして,県レベルで取り組むべき問題だというふうに思っております。幸いに県では,鹿児島県では平成18年度予算に開発費等のですね関係費用を計上しまして具体的な制度改善に向けて取り組みを始めているというふうに聞いております。もう少しの辛抱というふうに考えておりますので,よろしくお願いいたします。終わります。


○総務部長(西重正志君)


 まず国民保護協議会の件についてお答えします。武力行使の発生をいつの時点で判断するのかというようなご質問だったと思います。武力発生の判断というのは国がいたします。国が,こういう事例が発生した場合は国は県に対して警報を発します。また,避難等が必要な場合も国の方から県に対して住民の避難の処置を指示します。県は市町村にその旨また指示をいたしますので,この発生の時点というのは国がそういう警報を発した時点だと思っております。それとどこにだれがということなんですけれども,まさにこの計画策定の中でそれらを詰めていきたいと思っております。それと除細動器の件です。もっと拡大をということでございます。有効性については,先ほど議員もおっしゃったとおり,大変有効なものであると思っております。今後積極的に進めていきたいと思っております。


○議長(西村新一郎君)


 PSEはだれがするの。どこそれ,どこね。打ち合わせ中ね。時間かかるの。この前川原議員のPSEマークの件につきましては今協議中であるということでございますが,今2回なさいましたよね。再質疑ありましたら,ほかの順にまたお願いしたいと思いますが,前川原議員。


○39番(前川原正人君)


 この乳幼児の医療費の関係で申し上げると,今,部長がおっしゃるように,18年度県がこの開発費をその計上をすると。ということはそれを待って,償還払方式ではなくて,この現物支給というそういう可能性も大いにあり得るというふうに理解をしてもよろしいわけですね。それともう1点は,そのそれが当座なるまで,現物支給なるまでもうこの償還払方式にせざるを得ないというこの事務の煩雑さも一つあると思うんですが,その場合にその,例えば,近隣のですね,霧島市近隣のよく,よく行くと言ったらおかしいですが,よく利用をされる病院には申請書というのはこの置かしていただく,設置をしておくというその辺についても検討はされているんでしょうか。お聞きをいたしておきたいんです。二つ目にはこの国民保護条例の関係なんですが,この有事の際と災害の際というのは全くこの性格違うわけですね。その相違点は何かというと,災害は地方が主導をするものと,しかし,有事法制については国が主導をすると。つまり有事法制に基づく国民保護や避難の計画は米軍や自衛隊が主導するところに大きなこの特徴があると思う。しかし,その一番問題なのはその有事の際にですね,例えば,その自衛隊の皆さんが例えば何らかの任務に就かれている時に,では,その時に国民のその生命をですね,この武力行使だという時にだれがそれを指揮をするのかと,こういう問題もあると思う。ただ一番問題なのは,その指摘をしておきたいんですが,やはり有事の際のその避難誘導と言いながらですね,結局は米軍のその武力行使,先制攻撃にですね私たち住民がこの動員をされていくと,そういうことが懸念をされていると思うんです。余り立ち入ると委員会での審議に支障が出るといけませんので,これぐらいで抑えておきたいと思うんですが,いかがお考えなのかですね。お聞きをしておきたいと思います。それと先ほど漏れましたけれども,この地域の施設等の補助金615万6千円,これはこの部長もおっしゃるように,やはり公共性があるからですね支出をするわけであって,この水というのがどんなに大切かというその認識の点に立って支出をされているというふうに理解をしているんですが,例えば,地域によってはこの簡易水道,例えば,福山で言いますと2年から,大体1年,2年,長くて3年ぐらいのローテーションでですね,順番で,輪番制で地域の人たちが管理と集金をされているわけですね。これは集金は関係ないんですが,簡易水道施設の管理をされているわけです。70,80になったおじいちゃん,おばあちゃんたちがされているわけです。じゃあそういう所はですねそのすぐにでも改善をしてこう安定的に水を供給できるようにですね市が率先してやるべきものだと思うんです。その辺についてその,そのそういう点での市水への,市水道への移行というこういう質疑だったわけですね。どのように考えていらっしゃるのか。お聞きしておきたい。それと塵芥処理費の件でPSEのマークは,これもまだですね,施行をされるという一つの前提の中での質疑ですので,問題点を指摘をいたしましたけれども,先ほどおっしゃるように,国,この霧島市管内で15のリサイクルショップということがあるんですが,しかし,やはりそのPSEマークというのが5年,7年,10年という製造段階での在庫に対するPSEマークの認識というか,そういう位置付けであったということはご理解して,理解をしていただているとは思いますが,やはりその業者さんも売れなくなる。消費者も買えなくなるというそういう問題点をですね指摘をしておきたいということを述べまして質疑を終わらしていただきたいと思います。


○議長(西村新一郎君)


 答弁はいいですか。


○保健福祉部長(福盛安美君)


 現在医療機関の方に申請書は置いておりません。これについてはまた医療機関との協議が必要になりますので,今後検討したいと思っております。それから,県の方式は現物給付とは若干異なるというようなことを聞いておりまして,窓口で払わないということじゃなくて,一旦は払って,自動償還というふうな形になるのではないかというふうに聞いております。以上です。


○総務部長(西重正志君)


 この法律が米軍や自衛隊のための,動員のための法律ではないかということでございますが,我々はあくまでも国民を保護するための法律と認識いたしております。


○企画部長(藤田 満君)


 先ほどご答弁申し上げました。まずこの零細ないわゆる小規模のこういう簡易水道の組合設置をされている方につきましては,水道事業の方へは今移行は難しいというふうに考えております。ただ実態といたしましてやはりそういう山間部でありますとか,それから過疎化といいますか,高齢化が進むといいますか,そういうような状況がある中で非常に管理運営についてはご苦労があるということも,これからまたさらにあるだろうというふうには認識をしていかなければいけないというふうには考えております。私どもそういうことでこのいわゆる簡易水道の維持補修,それから管理に要する制度をいわゆる水道のこういう供給をされてない所について設けたわけでございます。新市といたしましてもできるだけ,そういう制度が統一したものはございませんでしたので,全体の方に広げていくということで現在この制度をこういう予算化する形で計上さしていただきました。言われますとおり,行政としてどのような対応をしていくのかというのが,今後また私どももまた地域の実態等も把握をしながら取り組みをしていかなきゃならないと思いますけれども,現時点にそこまで大きな声として届いているものはないと思っておりますので,今後またこの制度を地域の方々へも,各総合支所等とも連携をとりながら,説明しながら進めていかなきゃならないと思っておりますので,今後はそこら辺の視点も持ちながら進めてまいりたいというふうに現時点では考えております。


○商工観光部次長兼商工労政課長(柳田秀徳君)


 PSE関連の広報等についてお答えいたします。経済産業省なり,県からの周知広報等の通知は現在のところ私どもの所には届いてないようでございます。今後内容等はっきりした案内,通知等を受けた,受けましたならば,市報等を通じまして市民に広く周知を図ってまいりたいと考えております。


○議長(西村新一郎君)


 前川原議員よろしいございますね。以上で前川原正人議員の質疑を終わります。次に,23番岡村一二三議員より質疑の通告がなされております。したがって,質疑を許可いたします。


○23番(岡村一二三君)


 私は,議案第36号,平成17年度一般会計補正予算(第1号)について多額の減額予算の主なる理由と地方債の確定見込みについての3点ほどをお尋ねします。工事費など減額については,合併前に各市町が事業計画を行った結果の持ち寄り予算であったかと思いますが,その事業計画が適正でなかったための減額なのか。1点,2点目に,予算計上はしたが,何かの理由により住民の要望を無視しその事業を中止したのか。次に,繰越明許費関連での決算見込みについて,地方債現額については確定済みなのかどうか。以上3点についてまずお尋ねします。


○総務部長(西重正志君)


 多額の減額予算の主なる理由と地方債の確定見込みについてお答えいたします。今回の補正予算は各事業費の決算見込みや人件費の決算見込みによる調整などを主な内容といたしております。歳入の主なものでありますが,市税の法人市民税で2億6,471万3千円を増額計上いたしました。地方交付税につきましては普通交付税のうち国の補正予算の成立により調整額分が追加交付されるものであります。国庫支出金につきましては,児童福祉費国庫負担金2億9,184万9千円,幹線市道整備事業費国庫補助金1億505万円などを含め3億9,841万8千円を減額計上いたしました。県支出金につきましては農林水産費県補助金の林地崩壊防止事業費3,853万5千円などを合わせ2億6,618万3千円を減額計上いたしました。諸収入につきましては旧1市6町の決算剰余金の残額18億4,437万7千円を含め18億1,781万2千円を追加計上いたしました。今回特に後年度の財政運営に配慮し,財政調整基金からの繰入金8億5,015万2千円の全額,減債基金繰入金のうち2億円をそれぞれ基金へ戻すこととし,基金繰入金を減額するとともに,市債につきましてはそれぞれの事業費の決算見込みにより増減するなど調整し,総額15億2,260万円を減額いたしました。続きまして歳出の主なものでありますが,民生費では,老人福祉費で在宅介護支援センター事業費455万3千円の減額など4,415万円を減額する一方,老人医療対策費で老人保健医療特別会計への繰出金3,523万3千円を増額するなどを含め9,422万8千円を減額いたしました。農林水産業費では,昨年の台風14号による災害復旧に対応するため林地崩壊防止事業を見込み計上しておりましたが,対象箇所がなかったことから今回5,646万円を減額するものであり,これらを合わせ1億9,802万4千円を減額いたしました。土木費では,決算見込みにより道路新設改良事業で3億562万8千円,幹線市道整備事業で1億6,507万6千円などを減額するとともに,土地区画整理事業費で麓第一土地区画整理事業の未償還金の4億2,676万7千円を繰り上げ償還し,その利子相当分約4,500万円の縮減を図るため,同特別会計へ4億925万2千円を繰り出すことといたしました。これらを合わせて土木費を3億3,829万5千円減額いたしました。消防費では,隼人分遣所の移転新築に伴う土地取得費を一般財源で計上していたことから,今回減額補正し,地方債など有利な財源を活用した事業として平成18年度当初予算へ組み入れることといたしております。そのほかそれぞれの費目におきまして所要の調整を行ったものでございます。この結果,歳入歳出の補正予算額を11億2,250万6千円を減額といたしました。次に,地方債の確定見込みについてでありますが,それぞれの事業費の決算見込みに伴い地方債を増減するなどの調整を行っており,今年度の市債を78億8,400万円といたしております。現時点での今年度末の現在高見込みは817億2,351万7千円となる予定であります。今後県営事業に係るものや災害復旧事業に係る地方債などもありますので,限度額が変わるものもあり,確定したものではないことをご理解賜りたいと思います。以上でございます。


○23番(岡村一二三君)


 私が先ほど3点ほどお尋ねしたんですが,質疑と答弁が一致していないわけですが,議長においてよろしくお取り計らいをお願いします。


○財政課長(平野貴志君)


 先ほどのご質問の中で工事費について,例えば,計画どおり進まなかったのじゃないか。あるいはその要因として何か理由があり,住民の要望どおりできず中止をしたものがあるのではないかというようなご質疑でございますけれども,工事請負費,工事費等につきましては,まず補助事業でございますけれども,補助事業につきましては国あるいは県からの交付決定の範囲内で事業を実施いたしておりますので,その範囲内でございますので,見込みより交付決定額が少なかった場合については減額の補正をする場合,それから単独事業につきましては,既に入札等が終わって,その一定の目的を達したものについては減額をするなどのそういう減額の措置の部分がありますので,工事費等について減額の補正をいたしているところでございます。それから,繰越事業でございますけれども,繰越事業につきましては現時点では見込みでございますので,これにつきましてはまた新年度におきまして繰越計算書等を提出をすることになるというふうに考えております。以上でございます。


○23番(岡村一二三君)


 地方債については分かりました。予算書のですね22ページ,目の9企画調整費とかですね,目の13情報管理費あるいは25ページの衆議院選挙費などなど幾つかありますが,まずですね企画調整費の財源内訳の中で当初予算においては一般財源が8,066万7千円の充当であったわけです。今回の補正予算においてはそれよりも多い8,939万6千円減額補正がなされております。当初予算書では「17年度霧島市の一般会計の予算は,次の定めるところによる。」とされております。財源内訳を見る限り歳入について過充当額と見ることもできるわけですが,どうなのかですね。あるいは歳入については,旧市町で計上していたのを,年度末に収入があるのがほとんどでこうなったのか。どういうふうに旧市町から送られてきたのか。歳入の説明欄のどこにもどの事業分なのか分かりづらい。説明書で明確にしないと単なる過充当としか見えないわけですが,先ほどの説明が正しかったのか。再度説明を求めます。


○財政課長(平野貴志君)


 企画調整費の部分でございますけれども,企画調整費の減の主なるものは立地企業の従業員の住宅建設事業の外構工事等の縮減あるいは入札の減でございます。財源につきましては地方債を活用した事業でございますので,地方債の方を4,830万円の増といたしているものでございます。したがいまして,一般財源と地方債の振り替えをして一般財源の方を減額をしているものでございます。


○23番(岡村一二三君)


 私の質問はですね,この過充当分になっているわけなんですよね,過充当分に,予算書が。だから,これがどうなのか分からないわけなんですよね,説明,説明書の中にも出てきませんから。この部分が本当にどうなのかと分かりづらいんだということなんですよ。だから,過充当で予算が出されるのかという質問なんですよ。当初予算は「17年度霧島市の一般会計の予算は,次の定めるところによる。」と位置付けてあります。最初言ったように,当初予算の一般会計分,歳出分よりもですよ今回の補正は多い減額補正がなされているということなんですから,このことをですねもう少し説明をしてもらわないと理解でき,しづらいと,過充当になっているわけなんですよね,総体を計算すると。この予算については通常考えられないわけなんですよね,一般的に。だから,今回についてどういうことになるのかということをお尋ねしているわけです。当然考えられませんよ,過充当の予算ということは。システムも受け付けないと思います,通常の財務システムであればですね。このことが明確に答弁をしてもらわないと,予算書のですね1ページで第4条地方債の追加及び変更についてと,「第4表地方債補正による。」と規定もされております。これが明確にならないとこの4表も修正が出てくるのではないかと。いずれにしても予算書をですね議会に,このようなですね予算書を議会に提出されても議員としてよく判断できないわけです。したがって,判断,これは正確に,明確にですね説明してもらわないと予算書のつくり替えも始まるんじゃないかと,そういった観点から私質問をしておりますので,もう少しですね丁寧に答弁をお願いします。


○財政課長(平野貴志君)


 財源の振り替えの件でございますけれども,本予算の,当初の17年度の本予算説明でもご説明を申し上げましたように,特定財源につきましても旧市町で財源を受け入れておりますと,それは霧島市といたしましては一般財源として組み入れるというようなそういう財源の取り扱いをいたしておりますので,中の財源の振り替えをする中でこういう事例が発生いたします。国庫,国庫の補助金等を旧市町で11月6日までに受け入れたもの等につきましては霧島,それが事業が完了しない場合につきましては執行が,支出の方が霧島市として支出をいたしますので,その場合の財源といたしましては一般財源として,決算剰余金として受け入れをしているということでございまして,そのような財源の振り替えの部分が出てくるというふうに理解をいたしております。


○議長(西村新一郎君)


 岡村議員,以上で3回の質疑を終了いたしましたので,以上で岡村議員の質疑を終了いたします。次に,32番尾崎東記代議員より質疑の通告がされております。したがって,尾崎議員の発言を許可いたします。


○32番(尾崎東記代君)


 私は2点のことについてお伺いいたします。まず第1点は,議案第17号,霧島市国分ふれあいの郷の設置及び管理に関する条例についてであります。第4条の2項「前条2項中市長は必要があると認めるときは」とあるのは,「指定管理者は必要があると認めるときは,あらかじめ市長の承認を得て」とあります。前条2項目中「市長は必要があると認めるときは,使用時間及び休館日を変更することができる。」は,「指定管理者は必要があると認めるときは,使用時間及び休館日を変更することができる。」となるのが適当と考えるが,「あらかじめ市長の承認を得て」というここの項目がですね必要なのかどうかをお伺いいたします。次に,2点目,議案第35号,損害賠償の額を定め和解することについて,「救急車が現場へ向かうため,交差点で赤信号のため一旦停止し,徐行進行中直進してきた軽自動車と衝突し,物損事故を起こした。」とあります。普通に考えれば救急車側に過失はないのではと考えるわけですけれども,このあたりは基準があるのかどうかということについてお伺いいたします。以上2点をお伺いいたします。


○企画部長(藤田 満君)


 尾崎東記代議員の議案第17号,霧島市国分ふれあいの郷の設置及び管理に関する条例についてのご質疑にお答えをいたします。住民が施設を利用するにあたっての基本的な条件であります休館日,それから開館時間,使用許可に関することなどはいわゆる管理の基準でございまして地方自治法第244条の2第4項の規定に基づいて条例で定めるものでございます。本条例第6条及び第7条に規定する使用の許可,使用の取り消しにつきましては,第5条に定めておりますとおり,それぞれの基準に則り指定管理者が行う業務としての権限を与えるものでございます。これに対しまして施設の休館日や開館時間を変更するということは,指定管理者の業務ということではなく,あらかじめ設定された基準を変更しようとする行為でございます。この行為に対しましては首長,市長の承認を前提としているものでございます。これは利用料金を設定する際に首長の,市長の承認を必要とすることと同様でございます。ただいまご説明いたしました内容は,本条例のみならず,今定例会に上程いたしました他の設置管理条例の一部改正につきましても同様でございますので,ご理解をいただきたいと思います。


○消防局長(中馬達己君)


 尾崎議員の2点目の議案第35号,損害賠償の額を定め和解することについての質疑についてお答えをいたします。道路交通法第39条で緊急自動車の通行区分,同じく第40条で緊急自動車の優先の事項が示してございます。この条項をそのまま解釈をすれば緊急車両運転者には何ら過失はないようにとれるわけでございますが,今回の事故については,救急車を運転していた者の証言では,右側からの進行車両は停止をしていたことを確認をし,左側からの進行車両については,右折車両の停止は確認はしたものの,直進中の相手車両は,右折車両の死角になったため,車両その物が確認できなかったとのことであり,この部分が同法第39条第2項により運転者に注意義務違反が問われたもので,消防局,相手方,それに双方の保険会社による協議の結果,割合を70対30で和解をいたしたところでございます。なお,全く同様の事故が平成9年に佐賀県内で発生をし,過失割合を不服として佐賀地方裁判所で争われた訴訟事件が,福岡高裁から最高裁まで審理をされ,その結果,70対30の過失割合が示され,これが最高裁判例として示されております。今回はそういった判例を参考にして和解をいたしたところでございます。以上でございます。


○32番(尾崎東記代君)


 ただいま回答をいただきましたけれども,まず第1点のことについてですけれども,この中でですね,提案理由にありますけれども,「高齢者,障害者,児童などすべての人々が自立して生き生きと生活するとともに,世代を越えたふれあいを深めるための拠点施設である。」ということで定めてございます。それでですね私が申し上げたいのはですね,確かに今,企画部長の方でご説明がございましたけれども,例えばですね,指定管理者に利用者から時間の延長とかですね,休館日の利用願,そういったものが出された場合にですよ,これはこの条例からいきますとあらかじめ市長の承認を得た上で許可しなけりゃならないということですよね。そうなりますと非常にこう不便を強いることになるんじゃないかということを考えるわけですけれども,その辺のところはどのように解釈をされるのか。再度お聞かせをいただきたいと思います。それから,2点目ですけれども,ほかの例も挙げられましたけれども,例えば,その日常生活の中でですね交差点等で赤信号でも常にその救急車が優先であると,そういったことをですね私どもも承知しておりますけれども,そのような場面がですね,そのような場面にこう遭遇することが多いわけですけれども,今回のようなですね事故が起きるのは可能性があるんじゃないかと,このように考えるわけです。したがってですね,救急体制の中で事故防止対策,この事故防止対策は非常にこう大事ではなかろうかと考えるわけです。そういうことでですねそのような対策をとってもらえるんであれば,お聞かせをいただきたいと思います。以上です。


○企画部長(藤田 満君)


 1点目の方の再度のお尋ねでございます。いろいろと利用する中で恒常的な話ではないかと思いますけれども,変更しなければならないであるとか,あるいは特別な事情でもってこの規定された時間外に使用,利用しなければならないというような事態が発生した場合にどのように対応するかということだろうと思います。基本的には条例の規定としてはこういう規定をせざるを得ないと思っております。あとは申請の段階でそのようなことが想定されるんであれば,当然また許可を受けなければならない話でございますので,市長の権限の中で可能であるというふうに判断しておりますので,その都度判断はしたいと思います。全くできないということではございません。ただやはり指定管理者に管理を委託することになりますので,行政からだけのまた視点でもまいりませんので,当然管理をされる指定管理者の方とも協議をしながらこの件については進めなきゃいけないと思いますけれども,利用者の視点に立って可能である分についてはいろいろとまた協議をしてまいりたいというふうに考えております。


○消防局長(中馬達己君)


 事故防止対策をとっているかというようなご質問であったと思いますが,毎朝業務開始前にすべての車両についてブレーキランプの点検とか,あるいは回転灯の点検とか,あるいはサイレンの点検とか,そういった車両についての装備点検は毎朝やっております。それと緊急自動車運転の研修も茨城県の方で,これは全国に1箇所でございますが,毎年一人研修にやってそういった緊急自動車の運転の向上に努めてきております。以上でございます。


○議長(西村新一郎君)


 以上で尾崎議員の質問を終わります。ここで,宮内博議員の質疑に対する答弁の保留がありました。ここで答弁の申し出がありましたので,答弁を求めたいと思います。


○保険年金課長(坂元良行君)


 お答え申し上げます。国民健康保険法44条の規定による一部負担金の減免につきましては,新市霧島市になってから現時点で実績はございません。


○議長(西村新一郎君)


 以上で午前中の質疑を終わりたいと思います。ここでしばらく休憩をし,残りの通告ありました2名の質疑は1時からといたしたいと思います。暫時休憩といたします。


               「休憩  午前11時55分」


               ──────────────


               「再開  午後 1時00分」


○議長(西村新一郎君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。午前中の岡村一二三議員の議案質疑に対する答弁に対する訂正の申し出がありましたので,この申し出を許可いたします。


○財政課長(平野貴志君)


 議案第36号,平成17年度霧島市一般会計補正予算(第1号)に対します岡村議員の質疑に対するご答弁を申し上げます。議員ご指摘のとおり,予算説明書におきまして一般財源等が過充当になっている項目等もございます。予算に関する説明書等の修正をさせていただき,ご審議をしていただきますようによろしくお願いを申し上げます。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま予算書の修正の申し出がございました。申し出のとおり修正することにご異議ございませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。そのように対応させていただきます。次に,22番久保史郎議員より質疑の通告がされております。したがって,22番久保史郎議員の質疑を許可いたします。


○22番(久保史郎君)


 私は先ほど,先般質疑通告を行いました3点について当局の見解を求めたいと思います。初めに平成18年度の一般会計予算の議案42号でございますけれども,この中の144ページの新エネルギー館対策費の件についてお伺いをいたします。今回も,本年度も新年度の継続といたしましてローカルエネルギー館の金額711万4千円が計上されているわけでございますけれども,私の産業委員会におきましては先ほどの本会議の,先の本会議の閉会中の継続審査の中,継続審査の中でこの館を視察させていただきました。しかしながら,この現状といたしましては非常にこのもう内容等も古いしですね,実質的に見学者も少ないようでございます。ですから,できた当初とですね現在を比べますと果たしてこのままでいいのかというような疑問を持つわけでございますので,今回のこの予算編成にあたりましてはこのローカルエネルギー館は費用対効果の上からも新たな利活用策は検討されなかったかという点をまず1点お伺いをしておきます。同じく議案42の145ページでございますけれども,今年度より電子入札共同利用システム開発負担金というのが859万2千円ほど計上されておりまして,この件につきましては公正・公平,なおかつ透明なそういう入札制度を行うための費用として県が一括してそのようなシステムを構築するための負担金であるようでございますけれども,この件につきまして今回負担することによりその電子入札はいつから行われる計画になっておるのか。また,この制度によりどの程度の透明で公正な入札が確実に行われるかという点をお聞きをしておきます。3点目でございますけれども,同じく156ページの公園費の委託料関係のことでございますけれども,今回城山公園の事業整備委託金としてそれぞれ7,600万円ほどが計上されておりまして,その内訳は,シルバー人材センターとしみん公社,しみん学習支援公社がそれぞれ受託しているわけでございます。説明書の中にはそれぞれの他の公園施設等も含まれているようでございますけれども,この2社に今までしてきたこの理由,それから併せましてこの城山公園に係るそれぞれの他の分野の施設整備費用あるいは清掃作業費等を引いた残りの2社の金額はそれぞれ幾らになっているのかをまずお伺いをいたします。


○商工観光部長(長崎 薫君)


 エネルギー館は費用対効果の上からも新たな利活用策はされなかったのかということにつきましてお答えいたします。ローカルエネルギー館の利活用を図るため,新たな利活用を含めこれまでも旧国分市において平成16年5月に市職員10名による新エネルギー検討準備委員会を設置いたしまして検討を重ね,そして平成17年2月には,市内の小・中学校の代表,企業の代表,一般公募など12名の委員による国分市ローカルエネルギー開発推進協議会を設置し,この協議会から平成17年7月に「ローカルエネルギーについての独自性を持ちながら,自然科学という幅広い枠組みの中で展示,イベント,実験,疑似体験を通じて利用者が何かを発見し,感動できるような子供を中心に大人までもが楽しめる体験型の科学館的なものが望ましい。」という内容の提言書をいただいたところでございます。この提言を受けまして霧島市としましてローカルエネルギー館をどのように有効活用できるか現在検討いたしております。なお,この活用方法について決定しておりませんので,18年度当初予算の中には費用は計上いたしておりません。以上でございます。


○工事監査部長(秋窪直哉君)


 久保議員の議案第42号,電子入札共同利用システム開発負担金859万2千円を今回負担することにより電子入札はいつから行われる計画か。また,この制度により透明で公正な入札が確実に行われるかについて答弁いたします。鹿児島県の電子入札は県と市町村の参加による共同利用でシステム開発や運営を行っていきます。そのスケジュールは,平成17年度基本設計,平成18年度詳細設計,システム開発,規制等改正の準備を行い,平成19年度一部試行,規則の改正,庁内機器類の整備,研修を行い,平成20年度本格実施の計画であります。本市といたしましては県の試行状況を見ながら平成20年度以降の実施を目指しております。電子入札は,入札事務のIT化と将来必ずくる入札制度の改革と,それと入札契約に係る情報が公表され,一般競争入札の導入が全国どこからでも応札可能にするための制度ですので,このことにより透明で公正な入札の一端を担うことができると思っております。終わります。


○建設部長(成枝靖夫君)


 公園費の1点目についてお答えいたします。旧国分市の公園,都市公園につきましては,城山公園を含め適切な維持管理とすべての利用者に対して適切な対応とサービスの向上を図るため,しみん学習支援公社の職員の知識,技術の活用により経費節減に努めながら,市民学習の啓発に考慮しつつ,市民の福祉向上に寄与するため,例年どおりしみん学習支援公社に委託する予定で予算計上をいたしております。また,簡易な維持管理や施設利用に係る補助員については経費節減からシルバー人材センターに委託をいたしております。次に,2点目についてお答えいたします。城山公園に係る経費は,シルバー人材センターで395万6千円,しみん学習支援公社で3,862万3千円であります。なお,城山公園につきましては,今回指定管理者制度を導入し,公募型で募集し,管理委託する予定で今回条例改正を案をお願いいたしているところでございます。以上でございます。


○22番(久保史郎君)


 答弁いただきましたので,もうちょっとこの質疑をさしていただきますけれども,自主的にそのローカルエネルギー館の方はですね,先般の議会の中でも,委員会審議の中でもですねその今回新たなやっぱりその新エネルギー対策館としてのですねそういう勉強といいましょうか,そういうのをさしていただいて取り組みをやっぱりしていくというような答弁で,委員会の中でもそのような答弁であったわけですよ,30万程度でしたかね,そういう費用が前回計上されていたわけですけれども。ですから,これを見ますとですね現状と,そして今後また取り組んでいこうというその視点の中でですね,例えば,その原発施設がある所とか,こちらの方もその地熱発電の霧島関係のですねそういう場所もあるんですけれども,この非常にこの新エネルギーというのはですね日進月歩のそういう進展を図っていくという観点からいきますとですね,また同じような内容を今回幾らかの費用をかけて造ったにしてもですね,10年もすればまた取り残されるというような懸念が非常に大きいわけですよ,そういう内容等はですね。ですから,今今回それがこのように継続という形の中で700万ほど年間運営費の中でですね毎年毎年使われていくというよりもですね,もう1回新たにですね,その新エネルギーという分野だけに限らずですね,この建物そのものの使用法がですね考えられないものか。というのは,この当然国からのですね補助金等をいただいてこの施設は造られたはずですので,その補助金の適化法関係等の問題もあると思うんですけれども,また取り組み方によってはですねなおかつこの新市の霧島市民にとってですねもっといい活用方法があるんじゃないかということをですねちょっとお伺いをこの点についてはしておきたいと思います。それから,併せましてこの件につきましてですね,若干話は横道に逸れるかも知れませんけれども,今回数多くのですね公募をされて指定管理者制度全部で105項目されるわけですけれども,その中でも,その指定管理者のですね施設に関わるその導入に関する指針の中でも「老朽化等によりほとんど利用されない施設や当初の設置目的どおりの役割が果たされていない施設等については廃止も視野に入れた検討を行うものとする。」という一文も入っているんですね。ですから,恐らくこの指定管理者制度を設ける中でもですねこのローカルエネルギー館をどうするかというようなことはですね検討されたと思うんですけれども,その辺については検討されなかったのかどうかという点をもう1点お伺いをしておきます。それから,電子入札共同利用システムのこの負担金の件につきましては,先ほど説明いただきましたようにですね,全国的なそういうどこからでも入札ができるんだということも説明いただきましたけれども,実質的にはこの説明書のですね78ページにも書いてあるんですけれども,この目的に関しましてですね,この中でもう後の方になりますけれども,「不正行為の排除という課題も目的である。」というようなですね一文が入っているわけですよ。実質的にこの入札制度というのはですね,合併,新市になっても,ならなくてもですね,今日本全国的にですねこの入札の不透明,談合という点で非常に大きなですね問題になっているわけです。ですから,この不正行為の排除というここが一番冒頭にくるとですね,公共事業のコスト削減,それから市民の税金の無駄遣いが省けるという点がですね出てくるんじゃないかと思いますけれども,この不正防止に関してですねどの程度のですねそういう電子入札制度になって防げるのか。それが明確にですね,その点への,そのことについて内容的なものがですね恐らく県当局から説明もされていると思いますので,再度答弁をいただきたいと思います。それから,公園費のですね委託料関係のことでございますけれども,先ほど答弁がありましたようにですね,今回この公募する中の32施設の中で城山公園は指定管理者制度を公募するという項目の中に入っております。この金額的なものがですね指定管理者制度,他のその公募事業もそうですけれども,市がそのように管轄して委託している中でその金額を,受託を行わせている金額と,それから新たにその指定管理者制度になった時のですね金額そのものは同じ金額で移行していくのかどうかということについて答弁を求めます。


○商工観光部長(長崎 薫君)


 もっといい利用方法はないのか。ほかに検討はしなかったのかということでございますが,このことにつきましては前の議会の時に検討をしますということもお答えしているわけですが,その時にリニューアルでいいのか。また今後このローカルエネルギー館は必要なのか。別な方法は考えられないのかということを検討しますということを言っておるわけですが,今,職員がいろんな所に行きまして研修を,福岡,九州内を勉強をして回っておりますが,総体的には今どのようにした方がいいのかというのを今後庁内の部・課の庁内会議を立ち上げまして検討していきたいというふうに考えております。以上でございます。


○工事監査部長(秋窪直哉君)


 電子入札によります不正行為の排除ということでございますが,一番大きな効果というのはもう全国どこからでも一般競争入札ができるというのが大きなリミットでございます。それとそれに伴うコスト縮減はもちろんのことでございますので,これらを踏まえた効果というのが考えられるというふうに考えております。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 まず指定管理者になったときに同じ金額かどうかというお話があったかと思いますけれども,これにつきましては指定管理者に移行する場合のメリットとして二つあります。一つはまず同じ金額でサービスを向上させるという視点がございます。それから,サービスは同じだけれども,委託費を下げるという視点がございます。それから,もう一つ,もうこれはサービスも上げるし,委託料も下げるという視点がございます。そういった中で公募した場合にプロポーザル方式になります。このプロポーザル方式をしながら点数を付けていきますけれども,この施設についてはよりサービスの大きな所を自分たちは選びたいとか,いや,これについてはもう委託費を下げることに重点を置きたいと,それによってプロポーザルのときの点数の配分が変わってまいります。例えば,城山公園でありましたり,そういった所であればどこに重点を置くのかというのをば決めていく中でプロポーザル方式で決めていくことになろうかと思います。ですので,同じ金額になることもありますけれども,その場合はサービスが高くなるということがございますし,サービスは同じでも金額は安くなるという視点,二つのアプローチがあろうかと思います。それから,ローカルエネルギー館を廃止とか,それから民間委託とか考えなかったかということでございますけれども,今回の視点,指針につきましては,今年の9月2日までにまず民間委託に,すいません,指定管理者にしなけりゃならないということで,まずスポーツ施設と,それから大規模公園,この二つに限りまして指定管理者の方の議論をしてまいりました。それ以外につきましては,実はこの指定管理者,民間委託,そういった諸々も含めまして集中改革プランの中で議論していくことになろうかと思います。この集中改革プランにつきましては民間の方々の意見を聞いて出さないといけないということになっておりますので,先日行政改革推進委員会というのを立ち上げました。これは民間の方々10名程度の委員の方々でございますけれども,この方々のご意見を伺い,そして,また,市長のマニフェストでございます55人(ゴーゴー)委員会,こちらの方々のご意見を伺いながら,今後どうするというのをば決めてまいりながら,集中改革プランの中に今後の行き方を示していきたいというふうに考えております。以上です。


○議長(西村新一郎君)


 以上で久保史郎議員の議案質疑を終わります。次に,19番植山利博議員より通告がされております。したがって,植山議員の質疑を許可いたします。


○19番(植山利博君)


 通告に従いまして何点か質問をさせていただきます。まず初めに議案36号,平成17年度霧島市一般会計補正予算(第1号)についてお尋ねをいたします。2点ほど通告をいたしておりましたが,2点目の質問については先ほど同僚議員の質問がありましたので,11億2千万余りの減額についての概要については割愛をさせていただきます。補正予算によりますと法人税の約2億6千余りの,6千万余りの増加が計上されておりますけれども,このことについてどのような分析をなされているのか。また,そのことが18年度の予算にどういう形で反映をされているのか。まずお尋ねをいたしておきます。次に,議案42号,平成18年度霧島市一般会計予算についてお尋ねをいたします。施政方針の中で市長は大変厳しい予算編成をされたということがうかがえるわけですが,65億の財源不足を保留財源として想定をされていました特別交付税や決算剰余金見込み,それから,また,基金の45億余りの取り崩しで対処したということでありますけれども,このことがですね19年度以降のその市の財政運営にどういうような影響を与えるのか。市長のその展望をですねお尋ねをしたいと思います。2番目に特別交付税並びに決算剰余金の見込みが歳入財源としてですね本当にこう確実な財源となり得るのか。お尋ねをいたしておきます。3番目に保留財源として想定をされていました特別交付税10億円を当初予算の段階でその計上されていると。このことがですね今後平成18年度の運営,事業実施の中で補正予算のその編成をすることがないのか。若しくはその補正予算を編成する場合にですね財源が果たして確保できるのか。このことについてお尋ねをいたしておきます。4番目に市税の対17年度当初予算比で約4億9千万近い減になっておりますけれども,この主なるものが固定資産税の4億近い減であります。先日の全協の説明の中における説明によりますと評価替えによるということでありますけれども,このことは評価替えによる一過性のことであるのか。若しくは継続的な傾向として考えられるのか。お尋ねをいたしておきます。5番目は,それらのことを踏まえてですね今後の財源的確保の対策が求められているというふうに考えるわけですが,今後の財源確保にどういう考え方を持っておられるのか。お尋ねをしておきます。次に,合併効果と言われます。合併することによって効率的で非常に合理的な財源運営ができるということであったわけですが,18年度の歳出においてですね合併効果と言えるような歳出の削減の主要なものがあれば,お示しをいただきたい。また,今後合併によるスケールメリット,事務事業の合理化や効率化による歳出削減ができる支出はどのようなものか。どの程度を考えられておるのか尋ねておきます。次に,経常経費及び投資的経費の単独事業について対前年度比10%削減とのことでありますけれども,17年度事業の,17年度の事業そのものが合併を前提に新規事業のですね駆け込み的な実施があってかなり膨らんでいるのではないかと,そういう経緯はないのか。お尋ねをいたしておきます。次に,予算書の189ページ,款の10教育費,目の4学校保健体育費の節の19負担金補助金及び交付金についてですけれども,この補助金で中学校・高校各種大会参加500万という予算が措置をされておりますけれども,この内容について伺います。そして併せて17年度の当初予算若しくは補助実績についてお尋ねをしておきます。以上,質問を,1回目の質問をお尋ねをしておきます。以上です。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま質疑をいただきましたけれども,非常に多岐にわたっておりますので,簡潔に順序よく分かりやすいように答弁を求めるものであります。まず,17年度霧島市一般会計補正予算(第1号)についてから答弁を求めます。


○総務部長(西重正志君)


 補正予算の1点目につきましてご答弁申し上げます。今回の補正予算の法人市民税につきましては2億6,471万3千円を増額しております。法人税の事業年度に基づく法人税の中間納付があったことにより本予算編成の時点では計上できなかったものでございます。国内の企業を取り巻く情勢は,一部の業種におきまして業績が回復傾向にあると言われておりますが,一方では中小企業など依然として厳しい状況にあります。本市を取り巻く法人につきましては,一部の企業におきまして業績が上向いてきているものの,設備投資などにより直接税収の増額に結び付かないものもある状況でございます。このようなことから本市の平成18年度当初予算編成にあたりましては現年度分と滞納繰越分を合わせ平成17年度当初に対し13.9%減の14億520万円を見込んだところでございます。次に,議案第42号の1点目の質疑にお答えいたします。平成18年度当初予算編成における財源不足につきましては先に申し上げたとおりでございます。年度間の財源の調整などに充当することとしている基金のうち財政調整基金,減債基金及び特定建設事業基金の3基金,いわゆる取り崩し可能な基金の残高は平成18年度末には約33億円になる見込みであります。平成19年度以降の予算編成につきましては,市税などの自主財源を含め地方交付税などの財源の確保が非常に厳しい状況が予測されることから,歳入に見合った予算を編成していく必要があります。平成18年度当初の予算規模の編成は想定できないものと考えており,経費全般にわたり抜本的な事務事業の徹底した見直しを進め,スリム化した予算編成をしなければならないものと考えております。2点目の特別交付税,決算剰余金の見込みは歳入財源として確実かについて答弁いたします。財源不足を補填するために,当初予算編成では留保財源と考えておりました特別交付税で10億円,17年度の決算剰余見込みのうち5億5千円を見込み計上いたしました。これらの財源のうち特別交付税につきましては,普通交付税における基準財政需要額の算定方法によって捕捉されなかった特別の財政需要があることや災害のため特別の財政需要があることなどにより交付されるものであります。また,決算剰余見込みにつきましても,平成17年度の決算が確定しておりませんので,通常は予算書の款繰越金として項目を設定する程度の額を計上するものであります。したがいまして,現時点ではいずれも確実な財源ではないと理解をいたしております。3点目の留保財源としていた特別交付税10億円を当初予算に計上しているが,補正財源は確保できるかについてお答えいたします。留保財源としていた特別交付税と決算剰余見込みを当初予算に計上いたしておりますので,平成18年度の補正予算を編成する上で確実な財源は現時点におきましては見込めない状況であります。次に,4点目の固定資産税の減額についてお答えします。平成18年度当初予算で固定資産税につきましては3年ごとに行われる評価替えの影響により現年課税分で約4億円の減額を見込んでおります。今回の評価替えで土地につきましては標準地の鑑定を行った結果,一部では地価の下げ止まりが見られましたが,ほとんどの標準地ではまだ下落傾向が続いております。しかし,土地におきましては評価額に対する課税標準額の水準が低いため,課税標準額を徐々に評価額に近づけていく措置がとられております。評価額は下がっても平成18年度で約5,700万円の増加となっております。家屋につきましては,今回の評価替えで物価水準による補正率である再建築費評点補正率が木造家屋でマイナス2%,非木造家屋でマイナス5%下落しております。これにより算出した価格にさらに3年間の家屋の原価としての経年減点補正率を乗じて評価額を算出しております。市内すべての家屋を再計算いたしましたところ税額で約4億9千万円の下落となったものでございます。償却資産につきましては大型な新規設備投資が見込めないことから対前年比で4.5%の減少を見込んでいるところです。次に,今回の固定資産の原価は家屋によるものが大部分でありますが,国が指示する建築資材,労務費等を基に算出する再建築評価,再建築費評点補正率はその時々の水準により変動するものであり,今回の減収は一過性のものでございます。5点目の今後の財源確保の対策について答弁いたします。平成18年度当初予算編成にあたりましては,新市まちづくり計画にある事業や合併の事務事業一元化調整におきまして財源の確保がなされないままの調整などの,ままの要求がなされており,査定よりも,調整することに時間を要したところであります。もう少し関係各部・課等との調整を図ることができましたならさらに経費の見直しが可能であったものと考えております。今後事務事業の見直しにより経費の節減を図り,財源を留保していくことは財源の確保という観点からも一つの選択肢ではないかと考えております。6点目の合併効果で削減できるものは何か。また,今後の削減できるものは何か。どの程度の削減額を考えているかについてお答えします。合併によって削減できる経費といたしましては最も大きなものは人件費であります。今後合併による効果といたしましてはどのようなものがあるかでありますが,事務事業の合理化や効率化による削減できるものは職員の人件費と考えております。このほか物件費などもありますが,現時点では試算をいたしておりません。7点目の経常的経費及び投資的経費の単独事業について対前年度比10%削減とのことだが,17年度の事業費そのものが合併を前提に新規事業等の駆け込み実施により増大したという経緯はないかについてお答えいたします。予算要求にあたりましては,経常的経費につきましてはゼロベースから積み上げたものとし,その合計額は平成17年度9月補正後の予算額の90%の範囲で行うこととし,投資的経費のうち単独事業につきましても平成17年度9月補正後の予算額の90%の範囲で行うことと予算の縮減をお願いいたしたところでございます。一方,旧1市6町の一般会計の当初予算の規模の推移につきましては,平成15年度は約491億円,平成16年度は約502億円,平成17年度は約504億円と少しずつ増加してきております。平成15年度と比較し平成17年度は約12億円,2.5%の増となってきているところでございます。以上でございます。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 植山議員の負担金補助及び交付金についてのご質問にお答え申し上げます。中学校・高校各種大会参加費補助金の対象となる経費は,中体連主催の県内における部活動の旅費及び中体連・高体連主催の中学校,高校の九州大会及び全国大会参加旅費であります。補助金の内訳につきましては,内容につきましては,現在補助金交付要綱を検討中でございまして,教育委員会に諮り,4月1日付で施行する予定でございます。17年度当初予算及び補助実績についてのお尋ねでございましたが,町によりましては体育系部,文化系部合わせて補助金を計上している所がございますので,それらを足し合わせますと当初予算額は862万3千円でございます。当初予算でございます。実績の方は,体育系部と文化系部それぞれ分けて決算が出ておりますので,申し上げますと,体育系の部活動の方は現時点での実績が527万7,600円でございます。文化系の方が242万3千円でございます。以上でございます。


○19番(植山利博君)


 それぞれ答弁をいただきました。これ以上やりますと一般質問みたいになりますので,控えますけれども,8番目のですね今の補助金,中学校,高校の各種大会への補助金につきましてはやはり17年度の実績に比べますとねかなり当初予算が減額になっているようでありますので,またその辺の配慮もねしていく必要があるのかなと。大変厳しい財政状況に変わりはないわけですから,市長にですね1点だけ答えていただきたいと思います。市長が今1市6町の住民の方々と語イもんそ会ということで住民の声に耳を傾けると,これは大変重要な姿勢だというふうに思って評価をしておりますけれども,先日の隼人の語イもんそ会の中でですね「注文取りにまいました。」というような発言をされておりましたけれども,マニフェストも非常に素晴らしいマニフェストができ,これ以上注文を取られてですねどうなるのかとヒャッとする一言を聞きましたので,この今のやりとりを聞かれてですね今後の財政運営について市長の思いを一言だけ聞いて私の質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 いろいろ広範にわたっての市のあるべき財政運営の現状の取り交わしでございました。今それぞれの立場で答弁があったとおりでございますけれども,私が選挙戦を通じて市民の皆さん方にお訴えをした基本は,やはり合併という大事業を成した直後だけに市民の皆さん方の声を聞く姿勢がまず基本的に問われているという強い認識を持ちまして,それで夜とか,土・日とか,祭日等を利用さしていただきまして旧七つの自治体を一通り様々な角度からの市民の声を聞く努力をさせていただきました。また,可能な範囲でランチで市長と語イもんそ会ということもさせていただいておりまして,今確か第7回だったかと思いますが,それも一つの各種団体・グループ別の懇談ということで市民の方々の声を聞く姿勢を貫いております。そこでご指摘のあったですね言わば注文取りに来ましたというのは,これ以上例えば予算を膨らましていくような方向へのそれこそ意味ではございませんで,ある意味ではですね苦情処理といいますか,行政のやはり立場から私どもが市長,執行部を中心として市民の皆さんのお膝下に訪ねて行き,そしてその中でですねかねがね抱いておられるですね市政に対する苦情,そしてその中にはおっしゃるとおりの期待もあってですね言わば注文という誤解を招くような発言になってしまったのかも知れませんが,あくまでも基本は市の行財政運営に対するですね批判あるいは期待,あるいは,また,様々なご指摘等注文をいただく気持ちも持って訪ねてまいっておりますよというようなことでございます。いずれにいたしましても65億当初予算を組むにあたって本当に不足している実態を確認をし,その上でやはり今説明があったとおりの取り組みを昼夜を問わずですね,もう文字通りここまでやってくれるかという担当部・課のですね努力をもう朝から晩まで,私も数回ほどですね財政課を中心に各課夜,ある時は9時前後,ある時は11時前後,ある時は1時前後,役所の中も回って見てですね,各課別に本当に朝は早くから夜は遅くまでですねこれだけの予算を積み上げて検討していく最大の努力をしております。そういう中で選択と集中,厳しい中にもそれなりにですね努力をして芽を出せるもの,それでこれから本当にこう検討の上にですね慎重に判断をしながらやっていくことなどなどをみんなで何度も離合集散を繰り返しながら今日に至ってお示ししたところでございます。今後もですね,来年度になりますともうさらに厳しい状況が見えておりますので,そういう中にあって中期,長期にわたって本当に私どもの市の財政,これをどうですね健全化さらにできる努力ができるか。決死の思いで,もう憎まれても構わんのでですね,もうこの4年間精一杯健全化へのですね道を勇気を持って踏み込んで努力をし続けていきたいというふうに思っております。どうぞ議会の皆さん方のご指導・ご鞭撻よろしくお願い申し上げます。


○議長(西村新一郎君)


 以上で植山議員の質疑を終わります。以上で通告による質疑をすべて終わります。ほかに質疑はございませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 ないようでございます。以上で報告第1号より議案第148号までの質疑のすべてを終結いたします。これより議案処理に入ります。お諮りいたします。日程第1,報告第1号,専決処分した事件の承認について(上告(上告受理の申立)の提起について)より日程第16,議案第35号,損害賠償の額を定め和解することについてまで以上16件については,会議規則第38条第2項の規定により委員会付託を省略し審査したいと思いますが,これにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。





  △ 日程第1 報告第1号 専決処分した事件の承認について(上告(上告受理の申


               立)の提起について)





○議長(西村新一郎君)


 それでは,報告第1号,専決処分した事件の承認について(上告(上告受理の申立)の提起について)討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。これより採決いたします。報告第1号について承認することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,報告第1号は原案のとおり承認されました。





  △ 日程第2 議案第10号 霧島市農業委員会の選挙による委員の定数等に関する条


               例の一部改正について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第10号,霧島市農業委員会の選挙による委員の定数等に関する条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第10号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第10号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第3 議案第11号 霧島市農業委員会委員の選挙区に関する条例の一部改正


               について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第11号,霧島市農業委員会委員の選挙区に関する条例の一部改正について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第11号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第11号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第4 議案第15号 霧島市国分シビックセンター駐車場の設置及び管理に関


               する条例の制定について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第15号,霧島市国分シビックセンター駐車場の設置及び管理に関する条例の制定について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第15号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第15号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第5 議案第22号 霧島市下水道事業職員退職手当準備基金条例の廃止につ


               いて





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第22号,霧島市下水道事業職員退職手当準備基金条例の廃止について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第22号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第22号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第6 議案第23号 国分市児童福祉手当支給条例等の廃止について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第23号,国分市児童福祉手当支給条例等の廃止について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第23号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第23号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第7 議案第24号 鹿児島県市町村自治会館管理組合を組織する地方公共団


               体の数の減少について(鹿屋市・指宿市・志布志市関係


               分)





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第24号,鹿児島県市町村自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数の減少について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第24号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第24号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第8 議案第25号 鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合を組織す


               る地方公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村非常勤職


               員公務災害補償等組合規約の変更について(阿久根市・


               大口市・垂水市関係分)





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第25号,鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合規約の変更について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第25号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第25号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第9 議案第26号 鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合を組織す


               る地方公共団体の数の減少及び鹿児島県市町村非常勤職


               員公務災害補償等組合規約の変更について(徳之島三ヵ


               町と畜場組合関係分)





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第26号,鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の減少及び鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合規約の変更について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第26号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第26号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第10 議案第27号 鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合の財産処


               分について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第27号,鹿児島県市町村非常勤職員公務災害補償等組合の財産処分について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第27号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第27号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第11 議案第28号 鹿児島県市町村議会議員公務災害補償等組合を組織する


               地方公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村議会議員公


               務災害補償等組合規約の変更について(枕崎市・阿久根


               市・大口市・垂水市関係分)





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第28号,鹿児島県市町村議会議員公務災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村議会議員公務災害補償等組合規約の変更について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第28号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第28号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第12 議案第29号 鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団


               体の数の増加及び鹿児島県市町村職員退職手当組合規約


               の変更について(阿久根市・阿久根地区消防組合関係分)





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第29号,鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び鹿児島県市町村職員退職手当組合規約の変更について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第29号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第29号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第13 議案第30号 鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団


               体の数の減少及び鹿児島県市町村職員退職手当組合規約


               の変更について(徳之島三ヵ町と畜場組合関係分)





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第30号,鹿児島県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び鹿児島県市町村職員退職手当組合規約の変更について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第30号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第30号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第14 議案第31号 鹿児島県市町村職員退職手当組合の財産処分について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第31号,鹿児島県市町村職員退職手当組合の財産処分について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第31号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第31号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第15 議案第32号 姶良・伊佐地区介護保険組合規約の一部変更について





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第32号,姶良・伊佐地区介護保険組合規約の一部変更について討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第32号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第32号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第16 議案第35号 損害賠償の額を定め和解することについて





○議長(西村新一郎君)


 次に,議案第35号,損害賠償の額を定め和解することについて討論に入ります。討論はありませんか。


                [「なし」と言う声あり]


 討論なしと認めます。採決します。議案第35号について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,議案第35号は原案のとおり可決されました。





  △ 日程第 17 議案第1号 霧島市個人情報保護条例の一部改正についてより


    日程第150 請願第3号 陵南児童クラブ施設整備に関する請願書まで委員会付託





○議長(西村新一郎君)


 続いて委員会付託であります。日程第17,議案第1号,霧島市個人情報保護条例の一部改正についてより日程第150,請願第3号,陵南児童クラブ設置整備に関する請願書まで以上134件については,お手元に配付しております付託表のとおり所管の常任委員会に付託しますので,お目通し願います。お諮りいたします。付託表に誤りがあったときは,議長において処理することにご異議ありませんか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。





  △ 日程第151 議案第149号 霧島市介護保険条例の一部改正について上程





○議長(西村新一郎君)


 次に,追加議案が提出されております。日程第151,議案第149号,霧島市介護保険条例の一部改正についてを議題とします。提案者の説明を求めます。


○市長(前田終止君)


 本日追加提案いたしました議案1件につきましてその概要を説明いたします。議案第149号,霧島市介護保険条例の一部改正についてであります。本案は,第3期の介護保険事業計画を策定したこと並びに介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令が去る3月1日に公布されたことに伴い,本条例の所要の改正をしようとするものであります。その内容といたしましては,平成18年度から平成20年度までの介護保険料を定め,併せて激変緩和措置を講じようとするものであります。以上,追加提案いたしました議案1件につきましてその概要をご説明いたしましたが,よろしくご審議いただき,ご協賛賜りますようお願い申し上げまして提案理由の説明といたします。


○議長(西村新一郎君)


 ただいま提案者の説明が終わりました。議案第149号に対する質疑は3月20日の本会議で行います。


  △ 日程第152 一般質問





○議長(西村新一郎君)


 これより日程第152,一般質問を行います。一般質問は29名の議員から通告されております。順次発言を許可します。まず,21番塩井川幸生議員より3件通告がされております。塩井川議員の発言を許可します。


○21番(塩井川幸生君)


 皆さんこんにちは。発言の許可をいただきありがとうございます。私は横川選挙区より市会議員として当選させていただきました塩井川でございます。激戦の中,私を支援してくださった方々に深く感謝申し上げます。これから霧島市のために誠心誠意頑張る所存でございます。早いもので3か月が過ぎ3月議会を迎えました。市長におかれましては18年度予算を計上され,これより各委員会で霧島市民に納得してもらえる審議がなされることと思います。これからの4年間よろしくお願い申し上げます。これから通告に従い質問をさせていただきますが,市長をはじめ,錚々たる優秀な霧島市の幹部の皆様を前に大変緊張しております。何分小心者でございますので,よろしくお願い申し上げます。では,質問をさせていただきます。3項目について質問をいたします。まず最初に幼稚園,小・中・高校校舎の結露及び雨漏り対策についてお聞きします。まず一番最初に市内幼稚園,小・中・高等学校等の結露対策について現状把握はできているか。また,その対策について考えておられるか。お伺いします。2番目に,新築,大規模改修等新規事業について計画がたくさんなされておりますが,こういった既存の校舎に対し結露問題が出ている中,これからの対策としてどのように考えておられるか。お聞きします。3番目に各学校,公共施設等の雨漏り対策についてお伺いします。まだ新しい校舎,できて2〜3年の建物等に雨漏りの箇所もあったように思います。所管事務調査で1市6町の学校を回り,あちこちで雨漏りの箇所があったように思います。まだ日の浅い建物にとって保証責任,建築会社,設計事務所等に対する保証責任はないものか。お伺いします。第2項目目,農業,畜産について,1,Iターン,Uターン,高齢者に対してどう取り組んでおられるか。お聞きします。Iターン,Uターン,高齢者に対しましては市長もマニフェストに取り上げて今予算にも上がっておるようでございます。詳しいご説明をお願いします。2点目に霧島ブランドとして霧島牛の確立を考えていないか。お伺いします。県の中央部に位置し,鹿児島黒豚としては鹿児島県のブランドがちゃんと確立されておりますが,黒毛和牛にしましては知名度も低く,ブランド化が急がれる状態ではないのかと思います。これについて市長の考えを伺います。3項目目,行財政改革について,1,本庁,総合支所との決裁権限はどうなっているか。本庁と総合支所,合併をし,3か月が過ぎ,支所に行ってみますとなかなか決裁権限の区別がよく分からない状況になっているように思います。この点についてお伺いいたします。2点目,13万人都市の適正,13万人都市の市役所としての適正職員数は何人ぐらいが適当であるか。また,職員の勧奨退職を募る考えはないか。お伺いします。3点目,能力主義の人材登用(年功序列でない採用の登用)の仕方は考えていないか。お伺いします。せんだって新聞にも,南日本新聞に載っていたようでございますけれども,ある市が係長試験等々で若手の人材登用を発表されておりました。こういったことに鑑み市長の考えをお聞きします。4点目,本庁,支所の職員給与調整はどうなっているか。ラスパイレス指数を見ますと大変地域によって差があるようでございます。この点について市長の考えをお伺いします。以上3項目9点について質問します。再質問につきましては自席からの発言をお許しくださいますよう議長にお願いしまして質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 塩井川議員から3点につきまして質問がございました。2点目と3点目の1につきましては私の方から答弁をさせていただきます。そのほかについては関係部長等にそれぞれ答弁をいたさせます。まず,農業,畜産について,Iターン,Uターン,高齢者に対してどう取り組んでいるのかということについてお答えをいたします。現在横川地区で行われております農業後継者等育成就農支援助成金事業を平成18年度から霧島市全域で実施することにいたしております。この助成金事業は,研修後に市内で就農されることを条件に,就農時の年齢が55歳未満の方に対して市内の農業施設で研修を受ける者に毎月単身者で9万円,扶養家族がある場合は13万5千円を1年間,新規参入者は2年間助成金を支給するものでございます。今後Iターン・Uターン者の就農に大いに貢献できるものと考えております。また,団塊の世代がリタイアされ,それがIターン・Uターン者となり,今後地域の農業を担われる可能性は十分に考えられるところでございます。助成金事業は現在のところ就農時の年齢が55歳未満となっておりますので,今後団塊の世代のI・Uターン者も対象とした助成金事業として対応できるように検討したいと考えております。また,Iターン,Uターン,高齢者に対しての技術的指導も引き続き県や農協など関係機関と協力しながら行っていきたいと考えております。次に,2点目の霧島ブランドとして霧島牛の確立を考えていないかと,この答弁でございますが,BSE対策等により肉用牛枝肉相場は堅調に推移をしておりまして子牛価格は高値が続き活況を呈している現況だとお聞きするわけです。農家戸数,これは高齢化や離農,後継者不足等により減少傾向にあるわけですけれども,繁殖雌牛頭数は多頭飼育者の規模拡大等で増加現象にあります。こうした状況の中で将来にわたって全国から信頼される産地であり続けるためには本県全体の畜産の活性化が求められます。本市におきましても飼養頭数の維持,拡大という大きな課題を抱えておりますが,これまで旧市町で長年にわたりそれぞれの地域で農家の飼養技術向上や優良牛交配による繁殖牛の改良等に取り組まれ,農家の経営安定対策をはじめ,多くの施策を講じてかごしまブランドの一翼を担っておるところでございます。今後は霧島市として畜産組織の確立,充実を図るとともに,黒毛和牛づくりの技術指導の統一による飼養管理技術の向上に努め,増頭運動や繁殖牛の改良を図りながら霧島ブランドへの確立に向け関係者や関係機関・団体と協議検討を加えながらその努力を重ねてまいる所存でございます。行財政改革についてでございます。本庁,総合支所との決裁権限,これはどうなっているのかという質問でございました。これにつきましては国の財政状況が悪化をする中で分権社会の推進や少子高齢化などの重大な課題解決のためには市役所,私ども行政が一丸となって対応していかなければならないものと思っておるのでございます。そのためには本庁が中心となって政策や施策の調整をしながら集約するところは集約の努力をし続け,また,総合支所は本庁と協力をしながら各種事業を実施し,本庁と各総合支所が共通認識を持って霧島市の課題にあたっていくことが大前提になるものと考えております。ご質問の決裁権限につきましてはですね,旧市町の中で最も高い財政課合議の額が30万円であったものを300万円までに引き上げて部長級及び総合支所長の権限を大幅に引き上げたところでございます。今後はその額が霧島市の事務事業を遂行していく中でふさわしいかどうか。また,適正で効率的な事務を進めるためにはどうあるべきか検証してみたいと考えておるところでございます。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 塩井川議員の第1問目について答弁を申し上げます。幼稚園,小・中・高等学校校舎の結露,雨漏り対策についての1点目についてお答えいたします。結露状況につきましては各学校等の調査を行っております。その状況を申し上げますと,地域によっても違いますが,全体的に梅雨時の毎日雨が続いている日や冬期の雨が何日間か続いた日の高温多湿になる,高温多湿状態になるなどの一定の気象条件等になったときに結露が発生しているようでございます。また,ほとんど結露が発生していない学校もございますし,一部の学校につきましては頻度を高く感じることもあるようでございます。現在対処していることをご報告いたしますと,子供たちに放送で走らないように指導を徹底すること。モップで拭き取ること。新聞紙を敷いて水気を吸い取ること。窓の開閉を行うこと。滑りにくい室内履きの採用を検討すること等を行っております。相手が自然でございまして非常に難しい面もございますけれども,今後床に防滑塗料を塗るなどの工法等を含め検討してまいりたいと思います。第2問目でございます。幼稚園,小・中・高等学校の結露及び雨漏り対策についての2点目にお答えいたします。新築,大規模改修等新規事業時の結露対策といたしましては,完全に結露を防ぐということは現実的に難しい問題でありますが,今後新築や大規模改修を計画していく建物につきましては,結露となりやすい建物の北側の入隅部などに断熱を施して結露を防ぐ措置をコスト面を考慮しながら検討してまいりたいと思います。3点目でございます。各学校,公共施設等の雨漏りにつきましては施設の老朽化に伴い発生する場合もあります。軽微な雨漏りにつきましては,学校からの連絡を受け次第早急に対応するように努めております。また,部分的な補修で対応できない場合には年次的に大規模な改修を行っております。今後もこのような対応をしてまいりたいと思います。また,公共施設等につきましても雨漏りの判明し次第対応してまいります。以上でございます。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 行財政改革についての2点目についてお答えいたします。本市における適正な職員数につきましては,これを求める方法といたしまして国が示す定員モデルというものがございます。これはその自治体における人口はもとより,総面積や道路延長,ゴミ処理施設など,ゴミ処理施設数などの数多くの基礎的データを基にその自治体の適正な職員数を算定するものでございます。そのため,人口13万人程度の都市を少し調査してみましたけれども,例えば,職員数800人台から1,600人台までと様々でございます。したがいまして,人口による適正職員数は測れないところでございます。一方,合併前の各市町の状況をこの定員モデルで比較してみますとおおむね適正であったと思われます。しかし,昨年合併した本市におきましては当然職員数の削減を進めなければならないと判断しておりまして,新市発足当時から勧奨年齢を50歳から40歳に引き上げまして勧奨退職制度を実施し,引き下げて勧奨退職制度を実施し,適正な定員管理に努めているところでございます。以上でございます。


○総務部長(西重正志君)


 行財政改革についての3点目と4点目についてお答えします。人材登用の件についてでございますが,これにつきましては試験による方法,人事評価システムなどによる方法が考えられます。職員の能力を的確に判断できる基準などを設けた上で職員の登用への適正な運用を図る必要があると考えております。今後十分に検討してまいりたいと考えております。職員給与の調整の件でございます。旧市町間では昇給,昇格等の基準が異なる部分もあったことや職員がたどった経歴も異なることなどから若干の差異が見られます。現在国では公務員制度改革に着手しておりまして給与制度についても議論がされております。これらの推移を見守りながら今後検討してまいりたいと考えております。以上でございます。


○21番(塩井川幸生君)


 ただいま答弁をいただきまして,まず第1項目目の学校関係から再質問さしていただきます。この結露問題にしましては今答弁された状況なんですけれども,この対策というのは,同じ近くに学校があっても結露する場所と結露しない場所が実際あるわけですね。そして見てみたら床に塗ってある塗料が悪かっ,下に塗ってあるものが違っていたり,そして改築,大規模改修をされた学校でも結露してツルツル滑ると,朝大変であるという報告もお聞きしました。この状況でその対策というものは新聞紙を敷いたり,いろいろ現在学校の方でもやっているんですけれども,もし滑ったりですね,児童がけがをしたり,私の横川中学校では大変な結露状態で,所管事務調査行かれた議員さんも通ってみられたんですが,もうツルツルの状態でございました。そういった危ない状況での学校での生活がですね大変危険であるという父兄の方々,また先生方からもお話を聞きます。この対策が,今答弁されたこういったことではなく,大至急ですね対策を練っていただきたいと。期間が短いとか,梅雨時であるとか,そういった問題でなく,事故が起こってからでは遅いのじゃないかと。何らかの専門家に機会で対処されたらいい答えが出てくるのではないかと思いますが,そういう対策をとっていただけるものか。お聞きします。2番目の雨漏り対策について,新築,大規模改修等の新規事業の結露対策についてでございますけれども,「完全に結露を防ぐということは難しい。」と答弁されますけれども,私はそういうことはないと思うんですね。まず専門家に相談をされてですね,国分の小学校でもある所とない所があると,大体立地条件は似ているわけですね。そういった場所で結露しない。また大規模改修した所でも滑ると。大規模改修する意味がないわけですので,これは,これも今から設計等,また工事等かかられる箇所が予算にも上がっておりますので,これは大至急検討していただきたいと。答弁で,こう答弁を考慮しながらと。まず一番最初に専門家に調査してもらうと。どういう方法で安く上がる方法があるのか。そういった対応をする考えはないか。お伺いいたします。それと3問目の雨漏り対策についてですね,これも私今さっき質問しましたとおり,どういう,こういう大規模改修した。そしてまだ日が浅いのに天井に雨漏りの跡が付いていると,それは雨漏りだと。どっかやはり原因があるわけですね。だから,原因というのが,新しいのになぜ出るかと言ったら,設計の間違い,工事施工の間違い,そこにまだ瑕疵担保の責任があるんじゃないかと思うわけです。そこの調査をされておるのか。そういうきれいな天井にああいう雨漏りの跡が付いている学校が,国分の小学校だったですかね,何箇所か見受けました。そういった所もしっかりと対策をとっていただきたい。また,公共施設等につきましても,ついさっきの質疑の中でも出ておりましたけれども,コンクリート壁が落ちてきそうな場所は多々ありました。そういった所はもう早急にですね,もうこれも落ちてからじゃあもう間に合わないわけですので,実際私も見に行きました霧島の,あれは中学校だったですかね,鉄筋が錆びて膨脹してどんどん割れてくると。自分たちでも割れた所に通ろうと思ったらなかなか怖いような状態でございます。そこをまだ小さい子供が通ったりする現状でございます。こういった,雨漏りが原因でこういった,原因でそういったひび割れと,また壁の老朽化が進んでおると思いますので,これも雨漏り対策が一番大事じゃないかと。どんどん広がる,広がっていく被害に対しまして,これも早急な対策が必要であると思います。この答弁ではまだ答弁らしい答弁では,答えではないと思いますので,もう1回お聞きいたします。一応,一遍に質問しますと分からなくなりますので,この学校関係からよろしくお願いします。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 霧島市が発足いたしましてから学校管理が教育委員会総務課,教育委員会総務課の方に一元化されましたことから,課長が国分の人です。係長さんが国分の人です。したがいまして,ほかの6町の現場を当然知るはずもございませんので,その二人は就任後直ちに全小・中学校を見回りまして校長先生,教頭先生,そして学校主事の方々などの話を聞きながら,今,塩井川議員がおっしゃいました施設について問題のある所,壊れそうな遊具はないかとかですね,そういったものを一々聞き回って,まず第一に子供の安全面,そして施設の健全な維持ということを主眼に置いて聞き取り調査をいたしました。残念ながら,課長と係長とあと技術者が時には一人,時には二人付いて行きましたけれども,残念ながらその時点ではですね結露の話を聞くことができませんでした。私たちも議員さんのその話を聞いて大分驚いたところもございました。その後各町に問い合わせてみますと,結露はもう疑いようもなく,塩井川議員のおっしゃるとおり,ある学校においてはかなりの頻度で起こっているということが分かりました。今まで,今おっしゃいました専門家の意見を聞いて対処を考えるというようなことはやっておりませんで,誠に,今おっしゃいましたように,そのような対策を考えるべきであるというふうに思っております。それとその大規模改造の後の校舎で雨漏りと,それもまた,申し訳ありませんが,ちょっと現場を承知しておりません。また教えていただきまして,すぐさま調査をしてみたいというふうに存じます。その他その,例えば,計画には入っておりませんでしたけれども,例えば,先ほど申しました課長,係長が学校を巡視しました時には,計画にはなかった学校のですね外壁にちょっと危ないなあというような所を判断して予算化をしたりとか,そういった応急の手当てはしたところでございます。以上でございます。


○21番(塩井川幸生君)


 是非,専門家の意見は聞いてないということでございますので,結露したり,雨が降って漏ってる状態の時に現場を見ていただきたい。そうしないと,晴れて結露もしてない所を調査しても何も分かりませんので,その状況の時に調査し,的確に対応をしていただきたいと思います。学校で,幼稚園,小学校,中学校と小さい子供たちが安心・安全な状況でですね勉学に励めるように十分な対策をとっていただきたいと思います。議員の中にも建築の専門家の方もおられますので,もし行かれるような時がございましたら同行さしてもらったりしてですね一緒に見ていただきたいと思います。続きまして2番目の農業,畜産について,Iターン,Uターン,高齢者に対してどう取り組んでいるかということについて質問いたします。ただいま市長の答弁の中に横川地区で行われておりました農業後継者等育成就農支援助成金事業について霧島市で取り組んでいただくということでございました。これは農業後継者に対しての助成でございます。Iターン,Uターンされる方々のことは,市長もマニフェストでうたっておられますように,予算にも上がってきております。私が申します一番取り組んでいただきたいのは高齢者に対してでございます。現在私の住んでおります横川地区又並びに溝辺地区,牧園,霧島,福山といった中山間地域の所ではですね田んぼの荒廃,畑の荒廃,そういったものがたくさんございます。今,農業委員会等で認定農業者,担い手農業者といった国の施策に乗ってやっておるのですけれども,認定農業者,担い手農業者で担える状況ではないんですね,中山間地域が。いかに高齢者の方々が頑張って田畑を守っておられるかということでございます。横川で37名ぐらいの認定農業者がおりますけれども,横川の面積をその方々が全部見れるかと言うと,見れないわけです。国の施策が全く中山間地域にはマッチしない政策であって,我が横川地区にも全く,認定農業者にとってもそういう利益があるものではないと思います。実際私も農業委員会に6年在籍しましたけれども,この認定農業者,担い手農業者に対しての国の制度,県の助成というものが目に見えてあるかと言ったら,「実際そういうものは必要ない。」と農家の方々は申されます。というのは,お金を借りるのに便宜を図ってやろうと,ただそんだけのことなんですね。それは利子はちょっと安いかも知れませんけれども,お金,銀行,農協がしているような仕事の助成をしているようなもんだと思います。こんだけ高齢化が進む中で中山間地域の高齢者に対してですね私はある程度の助成はできないか。市長も申されました「団塊の世代がどーっと帰ってこれる居心地のいい場所にしたい。」と市長も言われましたので,今の現状を見ますと高齢者に対しての元気の出る助成ですね,私の旧横川では60歳以上の方に助成をすると。5名以上の組合をつくって,45万円ですか,5名に対してですね,一人頭9万円です。その助成を出してビニールハウスの間口6mの長さ20mといったハウスを提供して物産館と,作る,助成をする条件に物産館に農産物を出すという条件で助成を出したわけですね。そして今,横川の物産館よいやんせが年間2億売り上げるようになったわけです。この高齢者に対しての,60歳以上に対しての助成というものは全くないわけですね。国・県にしましても全然ございません。9万円の,一人9万円の助成をしていかに元気になって現金収入を得るかと。一人頭よいやんせの売り上げを割ってみますと百四,五十万になるわけですね。何百万も上げられる方もおられます,80歳,そういった年齢の方がですね。これこそ高齢者に対しての健康保険税とか,そういうことを心配しないための対策としましてもですね最高な体制,助成体制ではないかと思うんですが,市長はここをどう考えておられるか。これは55歳までとかなっておりますので,団塊の世代,市長は「若干退職金とか,3千万,4千万持っちょっ。」と言われましたけれども,実際現在住んでおられる60歳以上の方に元気になってもらうという施策はもうすぐしないといけないと思います。市長のマニフェストは来年でも,再来年でもまだ間に合うんじゃないかと思いますので,現在の高齢者に対しての対策をどう考えておるか。お聞きします。それとブランドについてでございますが,このブランド化について,日当山の市場の出荷頭数が17年の3月から18年の2月まで7,947頭だったとお聞きしましたが,その中で2,323頭県外に出ていくわけですね。この答弁にも繁殖牛はうたわれておりますけれども,肥育牛をもうとにかくやらんことにはこのブランド化というのはできないわけですね。鹿児島黒豚が何で売れたかと言ったら,製品としてすぐ出してすごく,大口の沖田牧場さんですかね,もうああいった立派な方が黒豚を,六白の黒豚を出されてあんだけ確立したと思います。また,JA,経済連,市当局,県相当な力入れがあったと思います。私が申し上げたいのはこの霧島という名前なんですね。日本に,全国にパッと出してすぐ売れるブランド名なんですね。そのブランド名で霧島牛と,日本全国の何かアンケートを取りましたら,鹿児島の黒毛和牛は資質ともにナンバーワンであるんだけれども,鹿児島牛というイメージは全然わかないと,黒毛和牛はですね。まだ宮崎牛とか,前田牛とか,もうあっちこっちの銘柄牛がどんどん日本で有名になって肥育農家も増えて収入も増えていると。私が申し上げたいのは7,900頭のうちの2,323頭,優秀な子牛,また肥育牛がですね県外に行くわけですね。そして県外でブランド化されるわけです。前田牛になったり,近江牛になったり,神戸牛になったり,松阪になったりしているわけですね。だから,しっかりとした和牛の県でございますので,これを霧島市が率先して,先頭を切って霧島牛ブランドに向けて取り組むべきではないか。肥育に対しましても,肥育に対して,また販売に対して,こうやって二千三百何頭も県外に出さないように守ってですねブランド化を急いでいただきたいと。そういうプロジェクトをつくるのはもう最優先ではないかと考えております。この点について市長が答弁されておりますので,この2点について市長の再答弁をお願いします。


○農林水産部長(東 邦雄君)


 まず,高齢者に対する支援策がちょっと不十分であるというご指摘,確かに横川,旧横川町時代にそういったハウスの制度をお持ちになって実施されていたということはお聞きいたしております。特に各町それぞれ直販所等がございまして,そこに野菜等を出しておられるのは実は高齢者の方々が比率的には多いということも存じております。私は国分ですが,国分もそのとおりでございます。この中で,今,議員がおっしゃるように,安心してというか,安定して作物を出荷するものとしてはそういった,そんなに規模大きくなくてもいいけれども,そういう施設,ハウス等を造ることが一番手っ取り早いし,またその農家の方にとっても励みになるというところは十分理解できるところであります。先ほど,市長が最初ご答弁申し上げした今後はその,いわゆる団塊の世代とか,そういった,今までは50,取りあえずその横川,旧横川町さんが実施しておられましたその就農支援を取りあえず合併協議の中で霧島市全域にこれは広げるべきであろうということでみんなが合意しましてこの制度は使わせていただこうということで,その時点でも実は年齢のことは少し議論があったんですが,一気にその広げられるかどうかというところで,いわゆる財源の問題になるわけですけれども,少し,自分たちだけではまだ判断しかねるところもあって,取りあえずは制度をとにかく残すことをまず前提でということで話し合いを進めさせていただいた経緯がございます。もう一度繰り返してしまいますが,先ほど市長がご答弁申し上げましたとおり,今後そういった年齢等のことについてもですねまた前向きに検討させていただきたいというふうにも思っておりますし,こういった施設の問題につきましても十分に検討の余地があると思っておりますので,これもありがたいご意見として賜りたいというふうに考えております。それから,いわゆる霧島牛というふうにということでとてもありがたいご意見でうれしく思いますが,正直なところその姶良牛であるとか,鹿児島牛であるとか,地元の人間はそういうふうに言ってはいるんですけれども,全国の中ではさすがにそこまではまだ通り切っていないというのか,こういった事実も私どももある意味では歯がゆさを持って感じているところであります。肥育技術というところでなぜ鹿児島,この姶良管内実際肥育農家もいらっしゃるんですが,中央の枝協とか,そういった所でなかなか,ここで,こういう場所で農林水産大臣賞とか,いろいろ取ってこれれば一躍その名が売れることになるんでしょうが,なかなかまだそこまで技術が行き切ってないのかなと非常に残念に思うところもありますし,まだまだ私たちの,その農家の皆さん方や農協の皆さん方,とにかく関係機関一体となってと言いながらも,まだまだ努力が足りないのかなということで非常に反省する材料でもあると思っております。県外に地元産の牛が流れていくということは非常に寂しい思いをしながらも,ある意味では姶良市場の価格を上げてる要因にもなってると。生産技術に関してはどこにも引けを取らないという,これは皆気持ちが同じであるところだと思います。そういう意味では,議員はなるべくその外へ出るのを抑えろということをおっしゃっていただいているんですが,私どもも優良肉用牛を極力保留していくというのは別途にまた助成金制度等を設けながら農家の方々にも協力していただいておりますので,それはそれで今後とも続けていくこととして,ある程度はやっぱり今度は素牛としても使っていただくというぐらいのそういうその大きな腹構えもあってもいいのではないかということでより質の高い品質のいい子牛を生産することにも今後とも努力をしていきたいというふうにも考えております。なるべく早い時期にですね霧島牛というのがこう全国に名を轟かせられるように,後ほど市長が話をされると思いますが,私どもも頑張っていきたいと思います。以上でございます。


○市長(前田終止君)


 詳細にわたっては今の部長答弁で申したとおりでございますが,私の立場から若干補足をさしていただきますが,Iターン,Uターン,高齢者に対しての取り組み,これで特に高齢者への現実対応,これの一番のご指摘があったかに思いますけれども,まさにおっしゃるとおりで,私も現場主義ということで畜産農家の家々を具体的に畜舎に入って見せてもらい,説明も聞きですね,その大会にもまた市長の立場で参加をさしてもらって率直なご指摘もいただいたり,取り組み等を聞かしてもらったりですねしているわけでございますが,高齢化社会の中で大先輩方が定年のない中で自分の確かな知識,経験,技術,そういうもので胸を張ってこの生きがいの面でもですね頑張っておられる姿を見てですね,市場でお会いしてお話をお聞きいたしましてもですね,本当にこれは私どももまだまだ負けられん。頑張らんないかんなということを率直にいつもこう感じておるもんでございます。そういう意味でもですね,ご指摘の年齢が現在55歳未満となっているのをですね,もう本当に類例を見ない超々高齢化社会に向かう私どものふるさとでございます。そういう意味ではしっかり県,農協,関係機関等とお互いにさらに具体策として,現実的な対応がどう具体策として打ち出すことができるか真剣な協議をして,また後日答えを出したいと,こういうふうに思っております。また,そのご指摘の中で次の段階というご指摘でございましたが,私も直ちにですね2007年問題,700万とも,750万人とも言われております団塊の世代の対応でございますが,そういう方々が日本中のそれぞれのふるさと目指して少なくとも100万人前後が大胆な推測をするとですね向くんじゃなかろうかと,そういうふうにも指摘がございます。どういうふうになるか実際は本当にまだまだ見えない部分もありますけれども,その中で議員ご指摘の言わば決してそういう実情にはないんじゃないかと。そういう実情とは,例えば,今,総務省が発表しました一番新しい2003年度データをちょっと見たんですが,平均貯蓄高1,281万円ですね。それで本当に仮に縁あってですねどっかの地域に帰ってくる。そういう方々,いや,入ってくる。Iターン,あるいはそのもともとこっちにおられて一人生大いに頑張って帰ってこられる方々の中でですねいろんなパターンがあって,ご指摘のとおり,本当にですね慎ましく,そして謙虚に今後生きながら新規就農をなさったり,あるいはそれ以外の知識や経験を持ってですねお働きになる分野を決めて頑張っていかれる。様々なこう生きられ方があろうかと思うんです。いずれにいたしましてもそこいらをですね私どもとしては人口増とともに,10年あるいは15年,それ以上十分に知識や経験を生かしていただいて頑張っていただけるそういう受け入れ態勢を関西,そして関東,あるいは,また,中部,あるいは,また,福岡県等に向かってもですねそれなりにこの1市6町の持つ良さを主張しながら,来る年も来る年も当分の間やっぱりそういう体制をつくる努力をしていくべきかなというふうに私としては思って,またそれを少しずつでも動かしていこうという努力をし続けている真っ最中でございます。もう1点の霧島牛としてのブランド確立を大胆に考えて取り組みなさいという意味かと思いますが,鹿児島県の黒毛和牛,まさに塩井川議員さんがおっしゃっているとおりですね,日本全体における評価でやっぱり神戸牛,あるいは,また,お隣の宮崎県も半端じゃない努力をして頑張っておられますし,県外に自分たちの言わば汗を流したものがほかのブランドでこう出ていくということは大変に残念なことで,過去,今も続いている範囲もありますけど,お茶とか,鰹節とかですね,ましてやこの範囲まで,最後の総仕上げをするだけで別な銘柄でなることに対する悔しさは同様の気持ちでございます。ただ霧島牛という形で今後ですね本当に力を付けるには,我が県の中でも曽於とか,肝属とかいう地域は私どもこの新市霧島市のそれよりもまだはるかに大きな頭数を持ち,技術的にも日本有数のそういう産地形成をなさっている状況であります。まだまだ新市霧島市としてはですね努力をし続けていき,おっしゃるような方向を限りなく目指していくまだ道半ばにあるのかなと思います。畜産農家の方々の熱い思いも,塩井川さんの指摘のような方向でおっしゃる方も多々おられます。今後の努力ということでですね私どもも精一杯頑張ってまいりたいと。そういう日がまいりましたら私もまた広報,営業本部長の気持ちでそれこそ先頭に立って乗り込みたいと思っております。


○21番(塩井川幸生君)


 大変心強い答弁をいただきました。今さっき部長の答弁にありましたけれども,「よそに出るのも農家のためにはいいのではないか。」と言われますけれども,霧島牛のブランドをつくるためには,その技術が足りないから,そこをちゃんとしましょうと。今からお茶でも何でもそうですけど,鹿児島県の人間性か何か知らんけど,何もかんもいい所は取られてしまうわけですね。部長の発言を聞いとったらまさに鹿児島の一番悪い所の科白じゃないかと。まあ取り組んでブランド化しましょうというそういうことで取り組まないとこういうことはならないと思いますので,切にお願いをしておきたいと思います。市長の方もこのことについてはマニフェストに出しておられますので,部長の方でプロジェクトなり考えていただきましたらいい方向にいくのではないかと思いますので,よろしくお願いを申し上げます。続きまして行財政改革について,本庁と総合支所との決裁権限はどうなっているかと。ここに答弁で「30万が300万になった。」と答弁されますけど,このお金の問題もそうなんですけれども,支所とですね庁舎とですね,本庁とですね何でこう差を付けるのか。旧態依然の今,小泉さんがやっている構造改革をですねそのまま,構造改革じゃなくて,地でいっているようなスタイルをそのまま守っていこうとしているような私は感じを受けるわけです。言いましたら総合支所長がですねペーペーの職員にですねお伺いを受け,書類を見してだんだんとこう上がっていくと,部長級なんですね,支所長というのは,総合支所長ですから。そして実際何だかんだ本庁で,支所でできる仕事を本庁で扱おうとする。何で,合併のメリットは何だったのかと。すごく良くなることが合併で,協議会でもうたわれとったわけですね。「いろいろとかえってこれは不便になったと。こら何ちゅうこんな。」と言われるわけです。だから,総合支所の持つ権限というのは,私はこの30万とか,300万というこんな考え方じゃないですね。支所長に絶大なる権限を与えて,何で支所でできる仕事を,書類関係にしましてもですけど,本庁に出してください。本庁で下のペーペーからこう見て上がると。別な書類であっても13か14の印鑑が要ると。それで総合支所の職員が3人ぐらいで本庁に朝一番にお伺いに来ると。午前中かかって,昼1時か1時半頃支所に帰ってくると。その期間は支所は空っぽなんですね,農林課,建設課,あらゆる課長ですね。合併してなぜこうかえって不便になるんだと。支所でできることは何で支所に任さんのかと。それが支所権限なんですね,総合ですから,総合支所ですから。だから,この根本的に間違っているこの今のピラミッド型のこの構造はですね一番総合支所関係の住民の方々大変な迷惑を被っとるわけですね。この権限を総合支所にちゃんと与えなさいということです。このお金の問題にしましても「部長職は300万」と言いますけれども,本庁のここの皆様方は300万の権限じゃないんですよ,決裁している。企画1億,2億の仕事をどんどんするじゃないですか。それが権限なんですね。でも,総合支所長にそういう権限があるかと言えば,あるんですか。それをお伺いしたい。私の権限,決裁権限というのはそういうことでございます。それと適正職員は800人から1,600人と,こうなっております。この今,霧島市が千二百幾らだから,これに当てはまっているからいいという問題ではないと思いますので,これは定員モデルの算式があるということですので,これもちゃんと出していただきたい。それと勧奨退職,50歳から40歳に引き下げて実施するということですので,これも行っていただきたい。まず適正職員数が何人が一番適正なのか。職員が今度本庁から支所の方に何名か行くような話も聞きます。支所の方は本庁からが多いもんですからもう住民への対応もできてないということで何か行くような話も聞きますけれども,そういったところをしっかりとしていいただきたい。それと職員の給与調整についてでございますが,ライパイレスの指数で国分が100.7,溝辺が94.3,横川町が95.9,牧園が95.7,霧島町99.7,隼人町99.4,福山町96.1,この指数をどう思われるのか。合併してみんな平等でないと対等合併の意味がないのではないかと思うんですが,この指数をどう考えられるか。なぜ統一できないものか。仕事量が違うのか。仕事の能力が違うのか。そこをお聞かせ願いたいと思います。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 まず,決裁権限の関係ですけれども,組織論から申しますと,総合支所長はまず部長級でございます。ですから,本庁の部長につきましてもある決裁をする時,例えば,財政課合議をしますと,自分が決裁したものをまた,議員がおっしゃるペーペーからまた見てもらうわけです。これはなぜかと申しますと,組織の中でやはり担当者という役割分担がございます。このこれについてはその担当が押す時にそれぞれ役割がございまして,予算の範囲内かとか,例えば,人事関係であれば,これは人事として有給に値するかとか,それぞれして,そのそれぞれの役割担当の揃っていって,さらに,例えば,財政課長,総務部長というふうに,助役,市長というふうに上がってまいりますので,どうしてもその役割分担を組織の中でやる上では,一旦総合支所長が見ても,本庁の部長が見ても,またそれぞれの担当の所に行くというのは,こういうことになっておりまして,例えば,県庁でありましても,鹿児島市でありましても,ほかのいろんな市でございましてもこれはもう決裁の鉄則だというふうに考えております。それから,適正職員数の問題でございますけれども,行政改革のための大綱を今度つくります。10月をそれを予定しておりますけれども,その中で定員適正化計画というのをつくってまいります。その定員適正化計画を何でつくるかと申しますと,一つは先ほど申しました定員モデルです。国の定員モデルです。これは3月までに合併が全国できますので,モデルの計算式が3月以降になってくるんじゃないかと思いますけれども,それを見ながら,この霧島市,この面積があって,こういう総合支所を持っていて,こういう行政をやっている所がどの程度が適正かというのをまず試算をいたします。それが一つのものになります。それから,国が示しております4年間で4.6%余の純減をしなさい。国は5%以上の純減をしなさいという一つの数値目標がございます。これも加味しなければなりません。例えば,鹿児島市は,国が求めているのは4.6%ですけれども,鹿児島市については,例えば,5%にすると,上乗せするというようなそういったのも行革の中で出たというような新聞もございます。そういったのをしながら霧島市のあるべき職員数は幾らかというのをば定員適正化計画の中でいくことになりまして,その中で霧島市の本当の適正な職員数というのをしていくことになろうかと思いますので,ご理解いただきたいと思います。以上でございます。


○職員課長(津曲正昭君)


 給与調整の問題でございますけれども,ライパイレス指数は確かに平成17年度と比べますと旧国分市が若干高いというような結果が出ております。これにつきましては個々の職員の構造,部分的な構造の違いとか,そこら辺でまた数値が変動をいたしますけれども,基本的には,先ほども部長の方が答弁を申しましたけれども,昇給,例えば,ある級にいる年数がそれぞれの町や市で違ったりとか,採用の時期が違ったりとか,そういうので差が出ているのだろうと推測をするわけでございますけれども,そこの問題につきましては個々に職員一人一人を見てみないと何とも言えない部分がございます。ですので,そこについてはこれからそういう調査をいたしまして検討をしてまいりたいと思っております。以上です。


○21番(塩井川幸生君)


 もう1分しかございませんけど,私も30?かけて来るわけです。本庁,ここは本庁ですね,私の給料は,横川から来ますけれども,みんな平等なんですね。そういうことを私は言いたかったわけです。だから,何でこう差があるんだと,みんな一緒でないといけないということなんですね。そこを錯覚しないように,私も30?かけて来ますけれども,交通手当も何も出ません。全く,みんなもらう給料一緒ですので,平等にしていただきたいと思います。時間でございますので,これで私の質問を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 以上で塩井川議員の一般質問を終わります。ここでしばらく休憩をいたします。再開は15分と,3時15分といたします。


               「休憩  午後 3時03分」


               ──────────────


               「再開  午後 3時15分」


○議長(西村新一郎君)


 休憩前に引き続き一般質問を続けます。改めて皆様方にお諮りいたします。本日予定されておる一般質問者は4名でございます。今の想定では時間を延長して4名を本日消化をいたしたいと,こういうふうに議長として判断をさしていただきます。どうかよろしくお願い申し上げます。それでは,次に,17番林薗澄男議員より3件通告がされております。林薗議員の発言を許可いたします。


○17番(林薗澄男君)


 ただいま議長の許可をいただきましたので,先に通告いたしました3点について質問をさせていただきます。その前に,昨年の11月は市議会議員選挙において市民の温かいご支援・ご支持により議席をいただき誠にありがとうございました。心より厚く御礼を申し上げます。この4年足らずを私なりに一生懸命悔いのないように務めさせていただきます。また,前田市長におかれましても初代霧島市長に就任され,誠におめでとうございます。市長の舵取りをこの13万人霧島市民が大きく期待するものであります。本年は例年にない大寒波の襲来で北海道,日本沿岸を中心を大雪となり,雪害による犠牲者は140人余りに達しております。また,一方では凶悪な犯罪事件が後を絶たず,少子化というのに児童,園児らがこのような事件に巻き込まれ数名が犠牲になっております。この方たちに謹んで心よりご冥福をお祈りいたします。また,明るいニュースでは,トリノオリンピックで日本選手団ただ一人,しかもフィギュアスケートでは日本で初めて金メダルをもたらした荒川選手に心より大拍手を贈るものであります。それでは,質問に入らしていただきます。まず,国分西小学校の整備問題についてでありますが,この質問は平成15年と16年の3月議会でもいたしております。相変わらずこの西小学校は児童数が増え続けております。平成15年の時点では930名でしたが,現在17年,現在17年度が795名,そして,930名,現在,すいません,失礼しました。平成15年度の時点では930名でしたが,現在17年度は975名,そして18年度,つまり来月4月1日からは1,008名の大台に乗り,20年度は1,033名というような増加状況です。少子化時代でどこの小・中学校も減少傾向というのに,大変喜ばしいことではないでしょうか。今や子供は日本の宝です。このような学校こそ早急な整備対策が必要だと私は思います。私が調べたり,校長先生や保護者の要望を聞きますと,まず校庭,つまり運動場が狭いということです。休み時間などボール遊びとか遊びに夢中になっている時,児童同士が接触し,小さなけがはたびたび発生しているとのこと。また,校庭での体育授業など3〜4クラスが重なり,思うような授業ができない。それに運動会での入場行進ができないのもこの西小学校だけです。次に,運動会とか,サッカー,野球などの親善試合のある時は駐車場がなく,市道,農道,それに大野原団地などにかなり迷惑駐車をかけているわけです。そしてこの狭い過程の一角にはガラスが割れないようにネットを被ったプレハブ校舎が4教室,中庭の狭苦しい場所に4教室,このプレハブ校舎はどうしても振動が激しいということです。2階の先生,児童が歩くたびに1階の教室に足音が響き,児童が勉強しにくいということを伺っております。子供だから黙っているけれども,大人だったらまこて2階のしはうじぇらしもんじゃと文句が出るところでございます。そしてプレハブ校舎の西側には工事現場で使用するような仮設トイレが8個校舎ともども4年前から設置,使用されております。このようなトイレは子供に対して安全上・衛生上即見直すべきではないかと思います。そして教職員と保護者会議とか,健全育成連絡会議がある時などまともな会議室がないわけです。どこで会議室を行うかというと,台の上には水道パイプ,ガスパイプが突き出た理科室で背凭れのない木で造った椅子で思い思いの方向を見ながら会議を進めている状況です。まだほかの体育館等の不満がいっぱいありますけれども,この辺でもういいでしょう。いずれにしてもこの西小学校はほかの学校と比較し整備対策関係がかなり取り残されているようです。そこで質問ですが,1点目に,前回も質問いたしました校舎東側の田んぼに運動場を整備し,現在の校庭に運動会とか,いろんなイベントがある時の駐車場にできないか。2点目にプレハブ校舎を撤去し,正規の校舎を整備できないのか。3点目に全体的な改築改修工事はできないか。お尋ねするものであります。次に,2点目は,我々が教わる頃の男性教員はスーツ,ネクタイ,女性教員はそれぞれの事務服の制服姿で教壇に立っていたことを記憶しております。現在はどこの学校の教職員も服装はばらばらです。傍から見ると何か締まりがないように見え,児童・生徒たちから軽視されるような気がいたします。児童・生徒はちゃんと制服を揃えて登下校や授業をしているわけですから,先生も自ら服装を正すべきではないかと思います。それに今問題になっている不審者が侵入した想定でよく訓練もあります。制服を統一したら不審者と先生の見分けがすぐ分かるので,不審者対策にもなるのではないかと思います。そこで質問ですが,別にスーツ,ネクタイでなくてもいいから,ネーム入りの制服を統一できないか。お尋ねするものであります。次に,3点目の市長の政治姿勢についてでありますが,まずその1点目といたしまして,前田市長におかれましては,県議会議員,牧園町町長,そして今回霧島市長選挙という激戦を見事に勝ち取り初代霧島市長に就任されたわけであります。9千人の町政から一気にこうして県で2番目の13万人市政への舵取り役として前田丸は出航してから早いもので3か月半になろうとしております。この間町政とは異なる点など市政をスタートして今日までの感想をお聞かせください。次に,2点目の市長のマニフェストを拝見いたしましてどの項目も即実行していただきたい項目ばかりですが,「子供から高齢者まで男女とも生涯にわたって生き生きと暮らすことができる。共に尊重し合い,共に支え,共に幸せになる。安心して暮らせることができるふるさとを目指す。」ということですが,この三十数項目の中から重要性のある項目をまず早急に立ち上げ,実現化したい項目を3点ほどお示しください。以上,壇上からの質問を終わりますが,答弁次第では再質問を議長にお願いし,終わります。


○市長(前田終止君)


 林薗議員から3点につきまして質問がございました。3点目につきましては私の方から答弁をいたします。そのほかについては教育長及び教育部長にそれぞれ答弁をいたさせます。私の政治姿勢についてでございます。一つ目に13万市民の初代市長として約3か月半が過ぎたが,この間の感想はどうかと。2番目に市長のマニフェストの中で早急に実現したい主な大きな項目を3項目挙げられないかということでございます。1点目からお答えをいたします。昨年の11月の27日に初代霧島市長に就任をさせていただきましてからはや3か月半が過ぎたわけですが,その間助役二人制をしいていただくなど新市の執行体制を整え,新しいまちづくりに精力的に取り組んでいるところでございます。1市6町が合併をしたわけでございますから忙しさも中途半端ではなく,来客への対応,会議への出席,決裁,各種行事,イベントへの出席など土・日,祝日もなく,当然のことながら早朝から夜遅くまで忙しく走り回っております。私は現場主義を掲げております。問題や要望があれば必ず現場に出掛け,直接意見を聞くなど現状把握に努めておりますが,なかなか昼間時間が取れないために,市役所に行く前の早朝7時頃に現場を見にいったりもしております。また,夜の会合は2〜3箇所掛け持ちで回るなど大変ハードな状況ではありますが,体力の続く限り全力投球で頑張っていきたいと考えております。なお,頑張っているのは私だけではございませんで,助役を筆頭に市職員も朝早くから夜遅くまでやる気を出して頑張ってくれております。そのようなことから「市役所の中が変わったと,職員があいさつをよく交わしてくれるようになったと,職員の対応が良くなった。」という市民の方から声もこう聞こえてきますと私もまた元気が出ていくわけでございまして,就任当初から職員の皆さんに意識改革を訴えてきた結果が少しずつでも,不足のご批判の点もあるのかも知れませんけれども,結果が出てきたものと大変にうれしく思っているところでございます。今後とも来る年も来る年も初心忘れずですねお互いに頑張ろうと職員の諸君たちとも申し合わせているところでございます。開かれた市政を掲げた私は,公約の一つでございます市民の皆さんとの対話の場として旧自治体ごとに7箇所で市長と語イもんそ会を,昼間は市長とランチで語イもんそ会を6回これまでに開催さしていただき,市民の皆さんから直接生の声を聞かせていただきました。語イもんそ会終了後には多くの市民の方々が私の方に近寄ってこられて「体に気をつけて気張いやお。」という励ましの言葉をかけていただいたり,またさらなる注文をいただいたりですね,市民の皆さんとの一体感を感じるとともに,さらに頑張っていかなければいかんなと意を新たにしているところでございます。初代霧島市長としては皆さん方,議会の皆さん方のご理解等々をいただきながらそれこそどうにか順調にスピード感を持って不足ながらもスタートできたのではないかと考えております。今後も市民が主役のまちづくりを市民の皆さんと協働して取り組んでまいりたいと,このように思っております。次に,2点目についてお答えをいたします。マニフェストの中で掲げた項目はそれぞれ魅力あるまちづくりを進めるために取り組まなければならないものばっかりでございますけれども,その中からあえて三つを挙げるとするならば,一つには生活環境美化条例の制定,それと環境の問題でございましょうか。二つには観光客1千万人プロジェクト,観光の関係のことでございましょう。三つには農産物等をはじめとする霧島ブランド化への取り組みでございましょうか。これはもう優先順位はありません。いずれも大事な問題だというふうに私自身は思いながら,職員の皆さんの,あるいは,また,市民の皆さんの声を謙虚に聞きながらですねしっかりどこまでできるか頑張ってみたいなと,エンジンフル稼働でですね取り組む姿勢を示さしてもらっているところでございます。この三つを選んだ理由といたしましては,生活環境美化条例につきましては,天降川等の清流保存条例制定にも共通することでございますけれども,日本最初の国立公園に指定をされた霧島連山等の豊かで美しいこの自然景観は私どもの祖先から引き継いだ大切なお互いの宝物であり,この宝物を私たちは今を生きる者として未来に残していくべき責務があり,環境共生の美しいふるさとづくりは先送りできない重要な課題であるというふうに強い認識を私としては感じております。観光客1千万人プロジェクトは,現在日帰りを含めて1年間に霧島市を訪れる観光客約700万人を1千万人に伸ばしたいとするものでございます。合併により霧島市内には美しい豊かな自然環境,豊富な温泉群,豊かな食材,観光農園,焼酎,黒酢,黒豚,史跡,黒牛も入れとかなきゃいけませんね。史跡,文化遺産,歴史,伝統,歴史的・伝統的行事など本当にまだ,また様々なこの魅力溢れる観光資源に人的なこの温かいおもてなしの心を含めてですね本当に恵まれた県央,南九州3県のど真ん中に位置する交通至便なですね私たちのふるさとだというふうに思っております。これらの位置付けを本当に重要にですね生かし切りながら,Jリーグや社会人ソフトボールなどのキャンプ等各種大会の誘致によるスポーツ観光などを積極的に進めて観光客の増加を図り,地域経済というものを活性化していこうというものでございます。そういう意味でですね観光立県の中のそれこそ交通の要の位置にあたっている私どもの霧島市,観光立市としてですね観光振興というものも極めて重要な課題であると考えております。次に,農産物等をはじめとする霧島ブランド化につきましてはですね,霧島市にとって農業は基幹産業であることから農業振興策は重要な課題であるというふうに認識をいたしております。市内各地域で多くの農産物等が生産をされ,出荷されておりますけれども,地域ごとにそれぞれの銘柄でばらばらに生産,出荷されている現状にあります。そこでですねできるものから品質を言わば統一化する努力をし,そして,また,向上をさせ,銘柄をこの統一することによって霧島ブランドとして価値を磨き上げていき,国内外に売り出していくことが農業をはじめとする地域産業の発展に大きく寄与するものと考え,できるものから取り組んでまいりたいと考えているところでございます。霧島ブランドにつきましては,農産物等だけでなく,将来的には,例えばですね,軽井沢とか,箱根とか,湯布院といったようなこう名前を聞くだけでそこのこのイメージというものがこうお互いに頭の中にこの彷彿としてわいてくるわけでございますが,そのような霧の島霧島,いいこの響きですよね。決して負けていない私たちのこの霧島,その価値が分かるようなイメージをつくっていく努力,そういうネームバリュームのあるですね霧島ブランドに持っていきたいというふうに考えております。


○教育長(古川次男君)


 ご答弁を申し上げます。国分西小学校の整備問題で三つの点でご質問でございます。まず第1問目でございますが,国分西小学校の整備問題についての1点目についてお答えをいたします。国分西小学校は平成17年5月1日現在,議員先ほどご指摘のとおり,児童数が975名で,運動場の面積は8,516?でございます。文科省の設置基準によりますと児童数が721人以上の小学校の運動場の面積は7,200?以上となっております。したがって,国分西小の運動場は一応基準は満たしておりますが,議員ご指摘のとおり,決して広いとは申してないような状況にございます。平成18年3月に霧島市立小中学校規模及び通学区域適正審議会の設置,開催を予定しており,その審議の会の答申を踏まえて運動場等につきましても全体的な方針の中で適切な対応に努めていきたいと考えているところでございます。2問目のプレハブ校舎を撤去し,正規の校舎を整備できないかというお尋ねでございます。国分西小学校の整備問題についての2点目については,この小学校ではですね平成17年5月1日現在,先ほど申しましたように,児童数が975名,標準学級数は特殊学級を含め29学級でございます。鹿児島県は平成18年度以降小学1・2年生を30人学級としているため,普通学級数は31学級,保有普通教室は26教室で5教室不足しております。このため仮設教室を平成13年度に4教室,平成16年度に4教室を建設し対応しているところでございます。文部科学省の補助要件として,予算の裏付けになる補助でございますが,老朽校舎を総合的に判断するためにまず昭和56年以前の建物について耐力度調査を行い,5千点を下回った場合は改築が必要となり,5千点を上回った場合は大規模改造の対象となります。国分西小学校につきましては昭和56年以前建築の校舎及び屋内運動場の耐力度調査を平成17年度に実施し,5千点以上の結果となりましたので,新築じゃなくて,大規模改造対象となります。また,平成18年度以降の標準学級数は31学級以上が予想をされ過大規模校となります。この場合には文部科学省の指針により過大規模校の解消に努めることとなっているところでございます。このため現在地で増築につきましては補助事業の対象となりませんので,単独,市単独事業となり,財政状況を勘案しますと市単独での実施は困難であると思われます。全面的な改築改修はできないかというお尋ねでございますが,国分西小学校の整備問題についての3点目,全面的な改修はできないかというお尋ねでございますが,国分西小学校につきましては,先ほどお答えいたしましたとおり,耐力度調査の結果が5千点以上のため,現在の建物を取り壊して新しく校舎を建設する全面的な改築はできないことになります。教育委員会としまして国分西小学校の過大規模校の解消が現在のところ最重要課題と位置付けており,平成18年3月に開催する予定の霧島市立中学校規模及び通学区域等適正化審議会の答申を踏まえて適切な対応に努めなければならないと考えているところでございます。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 林薗議員の2番目の質問にお答えいたします。制服問題でございます。小・中学校の教職員には定期的な人事異動がございます。また,学校には期限付教諭等臨時的に任用されている教職員もおります。したがいまして,教職員に制服を着用させることにつきましては困難ではなかろうかと考えております。教職員が自己の立場を自覚し,それにふさわしい服装を整えることは当然のことでございますので,これまでと同様,時と場に応じた教職員としての望ましい服装の在り方について管理職等を通じましてさらに指導してまいります。以上でございます。


○17番(林薗澄男君)


 1項目のですねこの西小学校問題については1,2,3点一緒に再質問さしていただきます。これはもうどう考えてもですねこの西小学校の整備問題は私は15年に質問してから一歩も前進していないわけですね。少子化対策でそれこそ日本全国必死になっている折,この西小学校は逆に増加しているわけです。何はさておいてもまず最優先的に整備すべきではないかと私は思っているんですよね。取りあえずその霧島市内小学校でですね西小学校以外の学校で,ここ2〜3年,4〜5年でいいですが,今年度まで児童数が増加している学校があれば教えてください。


○議長(西村新一郎君)


 どなたが答えますか。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 ちょっと見てみますとほかにはですねほとんど見当たらないようでございます。


○17番(林薗澄男君)


 そのような状況ですね。先ほど「運動場は文部省科学で調べたら基準に達している。」ということでしたが,この霧島市内の学校を基準にした面積の統計は出ておりませんか。分かっていたら,教えください。


○教育次長兼教育総務課長(石塚義人君)


 はい,お答えします。霧島市内だけの統計というのはありません。取っておりません。以上です。


○17番(林薗澄男君)


 いずれにしてもですね検討委員会で今後検討されるということなんですが,どうしてもこの運動場だけはまず整備してほしいわけです。というのは,いろんなイベントがある時,大野原団地とか,その周辺の道路非常な迷惑をかけているわけですよね,駐車場。そしてあそこに運動場を整備したら,田んぼの方に,今の校庭に運動場をまたこれはできるわけですから,これはもうこのことは私はもう昨日や今日質問したわけじゃないんです。それこそもう15年,平成15年度に言っているわけですから,この辺をどしてん西小学校の運動場を整備してもらいたいわけですね。それから,このプレハブ校舎の件ですが,10年も前からこの西小学校を増加することはおおよそ分かっているはずです。4年前に4教室,昨年4教室とプレハブ校舎で対応しておりますが,この,それから仮設トイレ8個ですね,この建築費プラスリース料,今でに支払った経費が分かっていたら,教えてくださいませんか。


○教育次長兼教育総務課長(石塚義人君)


 西小学校のリースが平成14年度から平成17年度までで2,866万1千円かかっております。以上でございます。


○17番(林薗澄男君)


 このいずれは正規の校舎を造るわけですが,この校舎を整備をするとなれば,長期リースすればするほどそのリース料というのは無駄な経費となるんじゃないですか。


○教育次長兼教育総務課長(石塚義人君)


 先ほど教育長が申し上げましたように,平成18年の3月に霧島市立中学校,小学校中学校規模及び適正,通学適正化審議会等を立ち上げましたので,これによりまして18年度にきちっとした問題をとらえまして全体的な答申の中を重視して進めていきたいというふうに考えておりますので,ご了解いただきたいと思います。


○17番(林薗澄男君)


 青葉小をちょっと例にとってみますとですね,青葉小学校は平屋のプレハブを西小より後から建築しております。なのにこの18年度1億3千万円の予算が計上され,校舎増築工事は青葉小から先,しかも青葉小は年に15人,ここ2〜3年,15人から20人ぐらいずつ児童数は3〜4年減少傾向しているんです。児童数が減る学校が先,増える学校は後回し,ここら辺に大きな違いがあると私は思うんですがね。ちょっと説明してくれますか。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 西小学校問題は,今,議員おっしゃいましたように,旧国分市の時代からかなり深刻な放っておけない問題であるということで大きな議論の対象になってきておりました。それがまだ方向出ませんうちに,ご承知のとおり,合併問題が生じました。そうしますと,新川を渡って東側の隼人町の富隅小学校に通う新川地区の問題がございます。そこの方々が富隅小学校へは遠いと。橋を渡って富隅小学校に通うのは危険性もあるというようなことから,それで国分小,国分地区に,国分市におきます西小学校建築問題がストップせざるを得なかったというような事情もございます。おっしゃいますとおり,青葉小学校ではプレハブ校舎を解消するために本年度工事をいたします。西小学校につきましては,本年度審議会を開催いたしましてできるだけ早く結論をいただき,議員のおっしゃいますその過密をできるだけ早い時期に解消いたしたいというふうに思っております。


○17番(林薗澄男君)


 先ほどの同僚議員のあれ,質問にですね,各学校調査されたとおっしゃいました。西小学校はもちろん調査されたわけですが,西小学校の要望というか,先生たちの,そういったのはどういう要望が出されたか。ちょっとお知らせください。


○教育次長兼教育総務課長(石塚義人君)


 西小学校からはいろいろ運動場の問題,運動場が雨が降ってちょっとぬかるんでおります。そして非常に体育もしづらい環境にございます。そういう問題,あるいは,また,雨漏り等とか,そういうのがありましたら,いろんなことで,先ほど部長が答えましたように,すぐ対処しておりまして,現在雨漏りであれしている所は4,国分市以外ですが,4小学校が雨漏り,これは台風時を除いてでございます,ということで報告を受けております。それも対処していきたいと思っておりますが,西小学校の分についてはそのようなことで,あとほとんど小さないろんなすぐできるものについては対応をしているところでございます。また,今度,その運動場についても全然側溝等はございませんので,今度見ておりますので,あそこもきちんと見ておりますので,その運動場についても対処していきたいというふうに考えております。


○17番(林薗澄男君)


 私はこの前ですね同僚議員と同伴で伺いました。それからその明くる日は今度は私は一人で,隼人の中隅,富隅小と宮内小,日当山小の学校を簡単な調査をさせていただきました。日当山小は今度は大きな改修工事ということでですねもうかなり古いということを印象を受けましたね。それからどこの学校もですね見たところ敷地は広いし,校長室,職員室も広くゆったりと取ってありました。その点西小の校長室,職員室はですねほかの学校よりはるかにこれは狭いです。床はもう合板がすり減っているし,職員室は長机に二人で使用し,その長机は市役所のお下がりで,まともな机は2個ぐらいしかないように見えました。あとの十何個の机はですね斜めに傾き,壊れかかったのばっかりでした。体育館を見れば大きく破れた古いカーテンがまるでぼろぎれのように垂れ下がりですね,このような状況なのに西小の件は予算が全然計上してないと。私はただ単に児童数が増えるだけで行政にこうして整備問題を訴えているのではありません。この西小はスポーツ面などですねこう見えてもドッジボールで県大会,九州大会で勝ち抜き,昨年ですよ,昨年は,この東京で行う全国大会にも出場しております。そして今年もドッジボールで県大会で優勝,九州大会は決まっております。また,サッカーでも県大会で優勝,九州大会は決まっております。霧島市代表じゃないですよ。県代表ですよ。西小のこの辺も考慮していただきですね私の悲痛な叫びを早急に整備できないものか。市長のおっしゃる公正・公平な整備対策とは私は思えないんですよね。何か西小学校だけがこれはママ子いじめみたいな感じがするんです。そういうことですが,市長,一言市長の方からよろしくお願いします。


○市長(前田終止君)


 国分西小学校の学校訪問を私もさせていただきました。校長先生もお会いしていただき,そして,また,校庭にも出てみ,また,校舎のたたずまい,講堂などなどこの目で,この足で見さしていただきました。まさに林薗議員のおっしゃるとおりの現状でございました。この上はですね,今のできる現実対応といたしましては,それこそこの18年3月に霧島市立小中学校規模及び通学区域適正化審議会,これを設置,開催をしてですね,その審議会の答申を踏まえながら,ご指摘の特に西小学校の問題は喫緊の課題として重要にとらまえてまいりたいというふうに思います。


○17番(林薗澄男君)


 西小学校のことはもういっぱいありますから,もうこれでやめます。次に,教職員の制服問題ですが,私の考えですが,教職員が真っ先にですね服装を正すべきじゃないかと思うんですね。もう本当に市役所の職員よりかもうこの学校の先生が私は職を正すべきじゃないかと思うんです。というのは,子供の前で普段着のままで教壇に立つというのは傍から見てですねいま一つどうしても締まりがないように見えます。今の時代どこの学校もこれは制服制度というのはとっていないのか。もし分かっていたら,教えてください。


○教育長(古川次男君)


 児童・生徒の制服はですね大抵の学校決めている所もございますし,小学校,中学校の中でも制服が決めてない学校もあるやに聞いておりますが,教職員の服装につきましてはですねやっぱりそれぞれ教職員の考え方もありますが,私は個人的にはですね服装はその人の人格を表すとも考えておりますので,できれば議員と全く同じ考え方でですねそうしていただきたいと思いますが,ただ考えていただきたいことは,小学校の教師は全員体育をいたします,授業時間はですね。そして今度は教室で授業もする。いわゆるその着替えの部屋とかですね,そういうのも完備していかなければいけない面もございます。それでですねやはり校長,教頭を通しまして児童・生徒の前に立つ時の教員の服装の在り方,姿勢の在り方ということについても厳しく校長先生にお願いをしておりますけれども,なかなかそういう面が徹底していない面もありますので,さらにそういう,制服というところまではいかなくてもですね,その人格を表すような服装で授業をしたり,対応をしたりするように厳しく指導をしてまいりたいと考えております。


○17番(林薗澄男君)


 それで隼人のですね宮内小と日当山小の先生たちは,職員が提げたりするネームプレートと言うんですか,これを提げておられました。もうそれだけでかなり感じは違うもんですね。また,ある先生はですね「制服があった方がいい。」という声もありました。というのは,同じ服ばかり着ていくわけにもいかないし,今日はどの服を着いこっじゃろかい。明日はどんな服を着いこっじゃろかいと迷わなくてもいいと。それに洋服をいっぱい買わなくてもいいと,そういうことでした。やはり私はですね,この児童・生徒はちゃんと制服,ヘルメットを着用しているわけですから,不審者対策としてもですね効果があるような気がします。とにかく県内どこのエリアもこのような制度はなかったらです,この霧島市を手始めにいろんな会議をし,検討する必要があると思うんですが,どうでしょうか。


○教育長(古川次男君)


 今,日当山小,宮内小,あそこがですねこういうネームプレートを提げております。。これは保護者にもですね不審者対策としてですね隼人町の教育委員会ではそういうような指導もしてあそこはそういうような形になったわけですが,やはり外部の人たちから見て,ああ,学校の先生だというようなことがきちっと分かるようなですね服装,態度であってほしいというふうに考えておりますが,霧島市を率先してそういうような服装ですねやれというようなご指摘ですが,それは目下のところ考えておりません。


○17番(林薗澄男君)


 ひとつ教育委員会のひとつしっかりした教育を,ひとつ先生方の教育をひとつよろしくお願いします。次に,市長のこの3か月半の感想を伺ったのですが,力強い感想を聞き安心いたしました。13万市民の市政を任され逆に不安というのは感じなかったですかね。


○市長(前田終止君)


 人口9千人を割った私の出身地の牧園町,そして合併をした結果,約13万人のこの県下第二の人口,面積を有するこの街になったわけです。私はその前に県議会にそれこそ4期16年籍を置かさせてもらっておりました。170今は7万でございますが,かつては180万県民とよく言ったもんでございます。そういう中で議員としてのこの経験からですね多くの方々と向かい合うということは,国会議員の秘書の時代も含めて,誤解のない意味でそれなりにこの場慣れをさせていただいてきたかなと,こういうふうに思っております。ただ小さな町の今度はふるさとの町長になり,そして今度は合併後のこの市長という立場をいただいてですね,自分自身完全無欠でもなければ,それこそ相当な知識や教養やら様々なですね優れた面を持っているものでもない。本当に浅学非才な私でございます。しかし,ただ皆さんと同様,このふるさとを思う気持ち,そして,また,この政治行政に向かう自分の覚悟みたいなものは負けんぞというこういう思いを持ってですね覚悟をしながらの市長職に挑んだわけでございますから,もう不安みたいなものよりも,覚悟を持って臨み,そして大いなる逆に当選によってですね感動をしながらそれこそ,私みたいなもんでございますけれども,精一杯役に立つですね市長として,やがてこれから10年,20年,30年後その合併当時を振り返る日が仮にあった場合,あの初代市長はよくやったというですねやっぱり市長像を目指して来る日も来る日も精一杯頑張ってみたいと,こういうふうに,不安よりも,期待を持ちながら,あるいは,また,感動をしながらですね仕事をさせてもらっておるとご理解いただければ結構です。


○17番(林薗澄男君)


 分かりました。私は市長のあいさつの中でですねバツ1独身と2〜3回聞きました。一般の方からもですね「前田市長どんな一人者じゃんげななあ。」とよく聞かれます。やはりそこら辺は13万市民もですね関心があるというのか,心配しているというのか,ここでお尋ねしたいのですが,今後ですね市長にとってもう素晴らしい出会いがあり,素晴らしいご縁があればですね再婚というのをあり得るのか。その胸のうちをお聞かせください。


○市長(前田終止君)


 8回選挙をさせてもらいましたけれども,妻がいたのは1回でございました。しかし,この妻には本当に大きな力をいただいて本当にありがたかったと思ってます。しかし,その妻とそれこそ協議離婚をいたしましてあっという間に約20年という時間が過ぎました。今は独身のベテランであります。再婚の意思等,しっかり腰を据えていい市政を確立していくために市民のトップリーダーとして身を固めなさいという意味もあろうのかというふうにも理解もいたしますが,私といたしましては今のところ全くそのような気はございません。むしろですねこの新市,合併をした霧島市こそが私の言わば妻,女房であると,うっかただと,こう思っております。そして霧島の緑の大地,そして霧島の美しい連山,これは私の親父だと,私の親だと,こういうふうに父親だと思っております。天降りがす川や多くの川,そして,また,錦江湾,この川や海は私のおふくろだと,母だと,こういうふうに思っております。そして13万市民は私の家族だと,こう思いながらですねそれこそ仕事に向かえばまたさらに元気も出てまいります。林薗議員さんの温かいご指摘などなど自分自身にもですねしっかり言い聞かせながらしっかりとした自分を確立する努力をしてですね,今のところは,よっぽどな素晴らしい出会いがない限りはですね,今の姿勢で貫いてまいりたいと,全くそういう意味では自然体でまいりたいと思っております。


○17番(林薗澄男君)


 本人でもですよ「やっぱり内助の功は大きい。」とおっしゃいましたよね。この前龍馬のハネムーンウォークでおりょうの妻役に連れてこられた,市民会館に連れてこられた方ですね,あれは素晴らしいお似合い,お似合いでした。やっぱい市長にはですね独身は似合わない。これは市長一人の問題じゃないんです。霧島市のトップ,13万人市民が乗りかかっておりますから,この問題はですね今度のこの全体の通告の中で一番大事な問題です。一応これはこれで終わります。次に,2点目のですね早急に実現化したい項目の3点ですが,生活環境,観光客1千万人プロジェクト,農産品ブランドと,今度はいろいろたくさんあったんですが,確かにこの質問も,今言われた,どれをしたらいいのかと迷われたんじゃないかと私は思うんですけどね,一つだけちょっと聞いてみますと,この観光客のPR方法というのどのようなふうにされますか。ちょっと一つだけお願いします。


○商工観光部長(長崎 薫君)


 観光の宣伝についてでございますけれども,観光につきましてはいろんな宣伝がございます。行って宣伝をする。こちらで新聞とか,そういうことで宣伝する。ただ宣伝をする場合に金を使うかどうするかということでございます。人が来てくれるのは人でございますけれども,人が,リピーターとか,そういうものは人が,人が呼んでくれます。ただ金を使ってやるのもいい宣伝でございますけれども,ただその宣伝だけでずっと来るかというと,非常に大きな間違いを起こすことがあります。やはり口伝えといいますか,そういうものが宣伝の一番の効果だと考えております。新聞とか,そういうものについては全体で100万使ったときに3%か2%の効果があると言われておりますけれども,ほかのものにつきましてもいろんな方法があると考えております。宮崎県は電車の山手線で5千万使って観光宣をやったりやっております。ただそういうものが本当にどれぐらいの観光宣になったかというのは分からない状況でございます。ですから,観光については,今投資して10年後,5年後,10年後に返ってくる部分もあるというふうに考えております。大きな宣伝を金をかけてやったからといってすぐ返ってくるものではないというふうに考えております。以上でございます。


○17番(林薗澄男君)


 「この3項目についてですね早急と,早急にこういう項目を立ち上げたい。」とおっしゃいましたけど,もう早急というのも期限がございます。3か月以内なのか。半年以内なのか。1年以内なのか。約束できるですね無理のない期間をお聞かせください。


○市長(前田終止君)


 3項目についてのですね一つの期限的なこの約束というお話でございますが,環境の問題にしましても,観光の問題にしましても,霧島ブランドの問題にしましてもですね,私は短兵急にそうできるものではないということも感じております。環境問題につきましてはそれこそこれに対する環境基本計画をきちんとやっぱり霧島市全体の問題として考えていかなきゃなりませんし,また,そのために審議会,これも立ち上げていきますと。そして,また,ゴミ問題解決プロジェクトというものも位置付けていきながらですね生活環境美化条例,あるいは天降川等のですね整流保存条例等皆さんにまたお示しをして議論をしていただいてご指摘もいただき,その上で賢明なるものをですね位置付けていくと,これだけでもですね相当なそれこそ時間が要すると,拙速に過ぎるものを,未来をそれこそ見ずに,あるいは,また,配慮を欠いたものをお示しするようなことになってはいけないということでございまして,この1年間立ち上げのためにはですねしっかりとそのようなことを関係各位席を務めていただいて議論を尽くしてですね方向付けをし,そして,また,皆さん方にお示しをしていくというやり方になろうかというふうに思います。そして,また,この観光の問題にしましてもですね霧島のこの合併をした瞬間であらばこそ観光霧島基本計画なるものをですねやっぱりしっかりと策定をし,そして,また,本市における霧島の観光の戦略会議,観光未来戦略会議,こういうものをこの当初の時期にこそきちんと,環境の問題等みたいにですね方向付けをやっぱりこの間違わない方向をなるべくこう目指しながら努力をしていく姿こそがまず最初は大事だというふうに思います。そういう意味では専門的なですね分野や観光客サイドから見た観光の在り方などをしっかり多くの立場から検討をしていき,一定の方向性をお示しをし,これから5年,これから10年向こうぐらいまではですねこういう方向でいくんだぞという基本戦略,そういうものをですね間違いのない努力ができるようにお示しをしていく。そういう意味でもですね向こう1年,2年でですねこうなりますよということにはなかなか簡単にはならないと。最初の時点では,しかし,やっぱりこの立ち上げの時期にしっかりとした議論をし尽くしてですね,その向こうに実際観光客1千万人プロジェクト,それが現実化してくるものというふうに思っております。そして霧島ブランドでございますけれども,これはもう特に特産品ブランドのブランドという意味が大きく横たわってくるものというふうには理解をいたしておりますが,やっぱり合併をして七つの自治体が一つになった。私はそういう意味ではですねこの今年の1年というものはまさに新市霧島市の価値創造元年の年だというふうに思うんです。七つの自治体が七つの価値を,宝を持ちながら一つになった。そのことがですね価値創造への,新しいふるさとへの価値創造への始まりである。価値創造元年だというふうに申し上げているもんでございます。そういう中で霧島ブランド推進計画,そういうものをこれからですね向こうそれこそ5年,10年先を見ながらですねやっぱり具体的にきちんとした検討もすることも必要かなと,こういうふうに思っております。特産品ブランドのほかにですね,やっぱり先ほど地名を挙げました湯布院あるいは軽井沢,箱根,そして私たちのこの霧島なるものがですね横に並べて耳にこう聞こえてきてもですね引けを取らんようなですね霧島ブランド,そういうものを多くの分野においてですねイメージができるように魅力あるですね情報が発信できるようなですね私たちのふるさとをつくれることができたらありがたいなと思います。そして先ほどどういうふうに観光PR,地域の情報発信など取り組んでいるのかということでございましたが,私としてはですね市長でありますが,同時に広報,営業本部長だと,こういつも申し上げておりまして,これは高知新聞であります。高知新聞に,ここにカラーでですね「初代霧島市長の前田終止さん,薩摩の龍馬です。」ということでちょっと法被やらあるいはちょっとした霧島エリアの紹介などなどで私が高知市のゲストとしてですね高知市のお客ということで十数名,10名前後でしたね,選ばれて,そして招かれたんです。そしてなかなかやるなと思いましたのは,そのあるホテルの場所にですね,私がゲストスピーカー,そして私が話を,おおむね50分近くでしたけれども,さしてもらって,7千円みんな受益者が金を払って,60名定員でですねその会場に入れ込む。そして私は地元霧島のPR,そして我が思いを語る。今度は聞く側はそれを県都高知市に置き換えて自分たちのふるさとづくりの参考にしたいというようなことですね。それに定員20名ぐらいオーバーしてですね溢れんばっかい人集まっていただきましたけれども,そういう形でですね私は公務出張等についてもふるさとの観光,物産,地域の歴史,自然,様々なものをこのPRしていくような気概を込めながら値打ちのするアクションプログラムを自分自身に持ってですね取り組もう。こういうふうに思っておるところでございます。


○17番(林薗澄男君)


 力強い答弁をいただき誠にありがとうございました。市長は体は小さいけど,パワーは抜群だということを聞いております。この霧島市にはですね難問題が山積しております。霧島市発展のためにも慎重かつ大胆にどしてん気張っくいやんせ。それから,もう1件,さっきのこの3項目に付け加えさしていただきます。さっきの再婚問題も是非考えてください。以上で私の質問を終わります。


○議長(西村新一郎君)


 以上で林薗議員の一般質問を終わります。次に,20番上鍋正光議員より3件通告がされております。上鍋議員の発言を許可します。


○20番(上鍋正光君)


 私は福山選挙区の上鍋正光でございます。今回1市6町の合併により12万8千人の霧島市が誕生いたしました。温泉,観光,空港,そして先端企業あり,黒牛,黒豚,黒酢,そして,また,高速道と県の中央部に位置し,舵取り次第では素晴らしい霧島市になると思っております。今まで1市6町が別々にしてやってきたことを総合的につなぎ合わせ,観光など大きな視野に入れてやることで大きな発展につながると思っております。そのような中,今までいろいろな方々にお願いされたことや日頃考えていることを質問いたします。1点目に道路整備についてでございます。牧之原から空港までの国道504号線のバイパス的な道路建設はできないかということでございますが,現在504号線は鹿屋から牧之原まで鹿屋の方から空港まで1時間でというような合い言葉の下整備が進んでおります。しかし,牧之原から空港までまだ50分ほどかかります。現在504号線は,牧之原から10号線を経て浜之市に出て,それから国道223号線,観光道路ですけれども,それを通って空港まで行っております。旧市町間を結ぶアクセス道路という観点からも国分市内を通らずに空港までのバイパス的な道路は考えられないか。質問いたします。2点目としまして鎮守尾橋の拡幅はできないかということでございます。鎮守尾橋は10号線の鎮守尾交差点から県道大川原〜小村線に架かる橋ですが,幅が狭いため,信号で片側通行になり,交差点の手前のバス停の所を通って追い越しています。しかし,追越車線が短いために時間帯によっては10号線を牧之原の方へ上之段陸橋からトヨタ車体の所までつながるような状況でございます。急な坂で大型車の避難場所でもある所があります。そういうような所ですので,渋滞緩和のためにも拡幅はできないかということをお尋ねします。それと大川原,3点目,大川原〜小村線の国分南公園前信号付近の未整備部分はどうなっているかということでございます。これは上井の郵便局の手前の交差点でございますけれども,信号の直前10mぐらいが歩道と車道の1m幅ぐらいが未整備でございます。早急な対応はできないか。お尋ねします。次に,2番目としまして職員の異動と職務についてお尋ねします。1点目として,近々職員の異動があると聞いておりますが,その規模と各支所の位置付けはどう考えているのか。合併時には約25%ぐらいの職員が本所の方に異動し,支所は空いた部屋だけが目立ち,寂しい思いでもございます。しかし,職員と市民が一体となって頑張っております。4月に異動があるとのことで職員の間でも話題に上がっておりますが,議員が減り,職員が減った中で,各支所とも特性を生かし所得の向上を目指している現状で,せめて係長以上はここ当分異動してほしくないというのが気持ちでございます。そういう中で今回の異動の規模はどの程度か。また,各支所とも同じような考え方で行うのか。お伺いします。2番目としまして,農業委員会の職員は現在兼務が多いが,専従にはできないか。また,支局にはできないか。お尋ねします。合併前までは各支所とも農業委員会事務局があって2〜3名の職員が専従しておりましたが,仕事量は変わらない中で,合併後は各支所とも二つか,三つ,多い所では七つから八つの兼務を一人の職員がやっております。農業委員会の本来の仕事ができない状態でございます。5月からは農業委員の定数も30名になり,各支所とも業務が手薄になるのは目に見えております。担い手農家や認定農業者の育成,遊休農地の利用促進など第一次産業の発展のためには各支所に専従職員の配置と支局の配置はできないか。お尋ねします。次に,「霧島ブランド」についてでございます。1番目として,各支所とも歴史と年月をかけて育ててきた農産物は多いと思いますが,霧島市としてはどのような品目をブランド化し,確立していくのか。また,ブランド品目が今幾つあるのか。お尋ねいたします。次に,黒毛和牛,黒牛でございますが,増頭に市全体で取り組んではどうか。福山町は黒牛の生産を福山ブランドと考え増頭を図ってきて頭数も2,800頭を超え,売り上げも子牛の高値に支えられて10億円を突破しました。姶良郡は競り市出場頭数が,先ほどもありましたけれども,7,500頭ぐらいですが,曽於郡の2万頭,肝属郡の1万7千頭には及びません。「霧島ブランド」として1万頭ぐらいを目指すべきではないかと思っております。現在の霧島市の生産頭数と,高齢化が進む中,戸数は減って1戸あたりの頭数は増えている中,今回家畜導入貸付事業,今までの町有牛でございますけど,3頭の貸し付けになっております。大型農家のためその数を10頭ぐらいにはできないか。お伺いいたします。それと優良肉用牛の確保と子牛出荷向上のために新たに指導員を配置するというのがこの前も出ておりましたけれども,何人ぐらいで,どこに配置するのか。お聞かせ願いたいと思います。先ほど肉用牛の方でとらえておりましたけど,私は生産牛の方でとらえております。それと3番目としまして福山酢や関平温泉水を試飲できるようなコーナーはできないか。福山酢や関平温泉水は私なりにはブランドと認識しております。福山酢は健康ブームに乗り各製造元がしのぎを削り頑張っており,関平温泉水は牧園町の財源として貢献してきました。牧園支所には玄関に試飲コーナーがあります。各支所に黒酢や温泉水を試飲していただき,売り上げ増を図り,財源不足に役立てられないか。また,近年の関平温泉水の年間売り上げはどうなっているかをお示しください。以上3項目を質問いたします。


○市長(前田終止君)


 上鍋議員より3点にわたるご質問でございました。私の方から2点目の職員の異動と職務について答弁をさしていただき,その1ですね,その1についてお答えさしていただき,あとは関係部・課長に答弁をさせます。職員の異動と職務についてでございますが,近々職員の異動があると聞くが,その規模と各支所の位置付けをどう考えているのかという質問でございました。お答えいたします。各総合支所の位置付けにつきましては,本庁と各総合支所が共通認識を持って霧島市の課題にあたっていくことが大前提になると考えております。そのような中,各総合支所は本庁と協力をしながら各種事業を実施する各地域住民に対するサービス提供の最前線であると考えております。4月1日付の異動は,事務事業が円滑に行われることを念頭に置き,合併時には混乱を避けるために実施をしなかった各総合支所間の異動や本庁職員の総合支所への異動,新規採用者の配置等に伴うものになると考えております。


○建設部長(成枝靖夫君)


 道路整備についての1点目についてお答えいたします。牧之原から空港を結ぶ国道504号は,鹿屋市を含む大隅地域からの空港へのアクセス道路でもあり,空港までの時間短縮は沿線皆さんの強い要望でもあると思っております。国道504号は国道10号との併用部分も多く,そのバイパス的な道路については具体的な構想は現在作成されておりませんが,現在国道504号の整備として福山地区においてゴルフ場付近の拡幅整備が行われ,隼人地区の西光寺では4車線化に向けた道路改良事業が実施に向けて進められております。この合併を機に広域的な観点からの道路整備につきましては,市長の施政方針にもありましたとおり,旧市町間を結ぶアクセス道路として国・県道を含むネットワーク化を検討することといたしておりますが,特に空港方面への道路整備は重要な課題と認識しており,今後関係機関と協議を重ねてまいりたいと考えております。次に,道路整備の2点目でございますが,鎮守尾橋の改善につきましては,農道橋として昭和44年に架設され約37年が経過した高桁橋でございます。橋梁幅員も4mと狭く離合や信号待ちに苦慮されている現状ではございます。国道10号から国分市市街地への交通については,旧大隅線跡地に新設道路も整備され交通が分散されている状況でもございます。現在の橋を架け替えることについては,橋本体の耐用年数及び鎮守尾川と国道との距離が短く,道路構造令上の問題もあることから,経過年数を考慮すべき時期がまいりましたら拡幅,架け替えの調査検討を行う必要があるのではないかと考えております。次に,3点目にお答えいたします。県道大川原〜小村線の銅田交差点付近の歩道部分の1筆の未買収地につきましては,これまで県,市,地区関係者で交渉を重ねてまいりましたが,地権者とその隣接者との同意が得られないままに土地の取得ができなく整備がなされておりません。加治木土木事務所に問い合わせましたところ,この地権者と隣接者の同意が得られるならばすぐにでも整備を行いたいということでしたので,今後とも県と協力しながら早急に整備できるよう努めてまいりたいと考えております。以上でございます。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 職員の異動と職務についての2点目にお答えいたします。本市の農業委員会の職員につきましては,本庁の事務局に8名と,国分を除く各総合支所におきましてそれぞれの状況により1名から4名の職員に産業振興課との併任辞令により行っているところでございます。現在県から農業委員会への権限移譲が予定されております。このような中,今後の農業委員会事務局の在り方につきましては,限られた霧島市の職員数の中で住民の期待に応えながら効果的で効率的な組織はどうあるべきで,どうすべきなのかを検討する必要があります。そのようなことから現在は農業委員会の事務局と各総合支所の担当課長を交えながら組織の在り方や仕事の役割分担についての検討会を立ち上げて調査を進めているところでございます。この調査結果を踏まえながら今後対応を考えてまいりたいと思いますので,ご理解ください。


○農林水産部長(東 邦雄君)


 「霧島ブランド」についての1点目,農産物等のブランド化はどのような形で確立していくのかについてお答えいたします。霧島管内では,畜産,水産,木材,農産物や黒酢,焼酎など多岐にわたり多種多様な特産品が生産されております。旧1市6町では長年にわたり地域性を生かした特産品の育成に取り組んでまいりました。中でも農産物につきましては,豊かな自然を背景に茶,水稲,園芸作物,果樹など様々な品目が盛んに栽培されています。これまで旧市町で育んできた特産品の伝統や特性といった良い部分を残しつつ,合併して一つのまちになったことに伴い新たに霧島市の特産品として消費者へPRを図ってまいりたいと思っております。現在霧島市管内では主要な農産物の一つに茶が,お茶が生産されており,県内でも主要な産地となっております。これまで旧市町ごとにそれぞれの銘柄の育成に努めてきたところですが,今後は各地域の特性を生かしながら多様化する消費者ニーズに柔軟に対応してまいりたいと存じます。また,園芸作物につきましては,旧市町ごとに園芸産地育成計画を策定し,合計8品目を重点品目として推進してまいりました。本市では現在のところ県やJA等関係機関との協議の上,地域性を生かした銘柄産地を形成するため,重点品目の選定及び園芸産地育成計画の策定を行っておるところでございます。今後は本市においても,消費者の食の安心・安全に対する意識の高まりの中,生産性の追求だけでなく,環境保全型農業に対する農業者の意識の向上並びに環境保全型農業技術の積極的な普及定着活動に努めながら,消費者のより深い信頼を得られる生産・出荷体系の確立に努めるとともに,消費者のニーズに対応した付加価値の高い銘柄産地育成を推進し,環境や安心・安全に配慮した魅力ある「霧島ブランド」の確立に向けて生産者をはじめ,各生産団体と一体となって取り組んでまいりたいと存じます。次に,2点目の黒毛和牛の増頭に市全体で取り組んではどうかについてお答えいたします。霧島市の黒毛和牛の繁殖農家は平成17年1月1日現在1,012戸で飼養頭数7,800頭,肥育農家は31戸で飼養頭数3,370頭が飼養されております。近年農家数は減少傾向にありますが,畜産農家をはじめ,関係者のご努力により飼養頭数は増加傾向にあります。このような実情を踏まえ,平成18年度から畜産に係る専門指導員の配置を本庁に1名計画し,指導体制の充実を図るとともに,搬送手段を持たない65歳以上の高齢者や婦女子の方々への積み下ろしの一部を助成する子牛出荷支援事業や優良家畜を種類別に応じて家畜導入資金の一部を無利子で貸し付ける家畜導入資金貸付基金などの利用を推進し,これからの増頭対策に一層努力してまいりたいと思います。また,その家畜導入資金の所で大型農家に,肥育農家は既に10頭の枠があるわけですが,生産牛に関しては今のところ3頭というところで,議員にはそれを10頭ぐらいまでに増大できないかというご指摘がございました。大型農家というか,いわゆるその認定農業者に対するその優遇措置等は当然私どもといたしましても検討していかなければならないものと思っておりますので,ご指摘の点につきましては前向きに検討してまいりたいと存じます。以上でございます。


○総務部長(西重正志君)


 「霧島ブランド」についての3点目についてお答えします。福山酢や関平温泉水は既に知名度の高い霧島市の特産品の一つであります。これらを来庁者に飲んでもらうことでより一層の宣伝効果があると思われます。しかし,ご質問のコーナーを設けた場合,福山酢は製造元も多く,また,それを好みに合った味に希釈する必要があること。また,福山酢,関平温泉水ともに衛生上の観点からコーナーを常に清潔に保つためには常に監視が必要と思われるため,コーナーを設置することについては現時点では考えておりません。なお,両製品とも霧島市職員互助会で販売することは,他の特産品との関連もあり,また,スペース等検討する必要もありますが,今後検討してみたいと考えます。以上でございます。


○商工観光部長(長崎 薫君)


 関平鉱泉の売り上げの関係でございます。関平鉱泉は平成15年で5億3,400万の売り上げでございます。平成16年度で6億2,600万でございます。以上でございます。


○農林水産部次長兼農政畜産課長(鈴木重成君)


 先ほど上鍋議員の質問の中での各地域の品目はどのような品目があるのか,重点品目があるのかという質問でございました。補足さしていただきます。部長の答弁に若干補足さしていただきますと,新ごぼう,品目名は申し上げますと,新ごぼう,ニガウリ,根深ネギ,トマト,イチゴ,キュウリ,大根,キャベツ,カボチャ等をそれぞれの地域の指定品目といたしております。


○20番(上鍋正光君)


 1番目の道路整備についてからお尋ねいたします。今のとおり,504は牧之原まではほとんど直線化というような形で進んでおりますけれども,問題は空港まで鹿屋市からの1時間でという合い言葉が標語にも書いてあるようでございますけれども,そういう中でこれから国分市内を通った場合にはどうしても50分以上かかります。その中で大隅半島の発展というような大きな見地の中で,今,牧之原には花文字がございますけれども,花文字の惣陣が丘にトンネルを通してでも504につなげないかと。重久のあたりが一番込むわけでございまして,その中では大きなプロジェクトになるかも知れませんけれども,是非ご返答いただきたいと思っております。それと鎮守尾橋の拡幅でございます。今おっしゃるとおり,新しい先の方へ,旧鉄道跡といいますか,敷根の方からありますけれども,実際その中で10号線に何でこう上の方までつながるかと言いますと,牧之原から来た場合に追い越す車線がないわけですよね。今バス停の所のただ5〜6mのその脇を通っている状態で,もうそこに信号で10号線を赤で止まってしまうともう追い越せないわけです。それでもうずっとつながるわけで,そうなりますともうそこを通れないわけです。方法としては,橋がだめなら,その追い越す車線をもうちょっと長く左側にいけば行くんですけれども,もう止まってしまうもんですから行けないわけで,どうしても今の先の方へ回っていくというような段階ではなくなります。そういう中ではやっぱりこの鎮守尾橋の架け替え以外にはないかなあというような感じがいたしております。現状は本当10号線の場合は大型も通りますし,乗用車あたりで通りますと,坂の場合,後ろから,待避所がありますけれども,ブレーキの効かなくなった大型が後ろから押すんじゃないかというような恐怖感も持っております。そういう中ではいろんな対策が必要ではないかと思っております。それと大川原〜小村線の信号の所の未整地部分でございますが,今までは私どもも福山から1週間に,1週間ぐらいしか来ておりませんでしたけれども,今20日以上,時には2回ほど国分に下ってくる場合があります。今までは国分市のこととしてとらえてきましたけれども,霧島市になってどうしてもこういう箇所を直していただきたいなと思うわけでございますけれども,その中でこの地権者自体こっちにいらっしゃるのか。それとも連絡がつかないのかですね。やっぱりそういう合併した中で,すぐ脇には側溝がありますので,どうしてももう離れて行くもんですからもう朝の渋滞,毎日あそこを通って来ますけれども,もう少し早急な対応はできないものか。お伺いいたします。


○建設部長(成枝靖夫君)


 お答えいたします。この件につきましてはですね不動産登記法が変わりまして,今まではその要するに道路にかかる部分だけの分筆だけで良かったんですけど,今ここがかかればこの1筆を全部調査する際印鑑が要るわけなんです。だから,実際はここへいらっしゃるんだけど,ここの隣接の方とこの地権者,要するに引っかかるこの部分とのここのあれを印鑑がもらえないということで今こういう問題になっております。現実には市内にいらっしゃいます。そういうことです。技術的になりますけど,筆境未定じゃないんです。筆境は決まってて,要するにこの部分が道路としてかかりますよということで,この方はある程度了解されているんだけど,要するにここの隣接者が,この方,この方,この方が,何ですか,確認が要るわけなんですよね。この奥の方との確認ができない,こっちの方との確認ができないというか,決まっているんだけど,いろいろありましてここがまだつかなくてそういう状態になっているんです。実際こっちにいらっしゃいます。そういうことです。


○20番(上鍋正光君)


 あそこは道路2筆だから承諾書が要るわけですかね。その普通はもう通る,その面だけじゃいかんわけですか。


○建設部長(成枝靖夫君)


 今ですね申し上げましたとおり,要するにこの1筆のこの部分がかかるわけなんですよね,ここまではずうっときてますんで。あとこの分筆するがためには当然,前はこの筆だけの確認で良かったんですけど,今度隣の方の確認もないとこの分筆ができない状態になっているんですよね。そういう状態でちょっとまだ確認がもらえずこういう状態になっております。


○20番(上鍋正光君)


 それと先ほどの銅田の鎮守尾橋の件と504の件でもちょっと,鎮守尾橋の件でも,鎮守尾橋のそのどうしても回れない,追い越せない事情があるもんですから,その中で架け替えはどういう,できないかですね。


○建設部長(成枝靖夫君)


 はい,すいません。一応鎮守尾橋につきましてもですね旧国分市でもそういう問題はありました。当然右折帯と言われますように,今度国道の方との協議が必要で,あそこが右折帯を造るには,今,議員がおっしゃったように,相当数の距離がありまして,幅員も狭いわけなんですよね。そういうのを道路構造令上の問題もあってそういうことを含めまして今後検討さしていただきたいということなんですよね。今まだこれちょっと架け替えの調査検討を行う必要があるのではということでご答弁申し上げました。以上で,そして504につきましても旧市町間を結ぶアクセス道路として重要な課題とこっちも認識いたしておりますんで,国道ということもございますし,今後そこらあたりはまた十分協議さしていただきたいということでご了解いただきたいと思います。以上でございます。


○20番(上鍋正光君)


 この504については市長の方からアクセスという大きな形の中ではどう考えられるか。やっぱり10号線は8?急攀がございますけれども,その中ではいろんな面で考え,考えなけりゃいけませんし,1市6町が近くなるためにも,大隅半島のやっぱり鹿屋市との兼ね合いもありますけれども,そん中で何か考えていらっしゃることはないかですねお伺いします。


○市長(前田終止君)


 部長の方からあった答弁が基本になっておりますけれども,空港に県各地から少しでも早く着くような仕組みづくりというものが空港開設以来続いてるわけでございますけれども,まさにそういう意味では議員ご指摘のこのことについては,今後もですね国・県の連携を私どももしっかり当該する地域,自治体として受け止めながらしっかり頑張っていかなきゃならんものと,特にこの今進んでいる,対応している所を現実的にはもうしっかり磨き上げていき,しっかり位置付けていくことが一番大事なことかなと思っております。隼人地区のこの特に西光寺付近の4車線化,これについては私も県政に身を置いている時一番ここの問題を取り上げてきた一人でございました。そういう意味ではですねここの路線の増改築事業しっかりと県にも物申しながら進めてまいりたいと,このように思っています。


○20番(上鍋正光君)


 是非そういう観点の中から大きなプロジェクトとして504のことについてはお願いします。先ほどの鎮守尾橋,それと拡幅につきましては,もうできましたら早急な形でのもう1回あたって,これが何であってもですけれども,棚に乗ってしまいますとなかなかできないのが現状でございますので,対応をお願いいたします。次に,職員の異動についてでございますけれども,これを見ますと本庁と各支所への異動とありますが,私どもも先ほどからいろんな観点からのことも話出ておりますけれども,一番合併になって,農協の合併も過去あったわけですが,顔が分からないというのが本当に寂しくありますし,その中ではいろんな面で事業がスムーズにいかない理由でございます。その中で今いろんな面で今度18年度の予算を組むまでにこぎ着けたわけですけれども,その中ではその地元の者での職員でしか分からない面もたくさんあるわけで,そん中ではもう少しその支所間,いろんな事情もあるかも知れませんけれども,支所間の異動についてはもう少し待てないものか。職員も若い職員は本当に各2〜3年置きに,勉強でありますし,動かなけりゃいけないし,異動しなければいけないわけですけれども,せめて係長以上ぐらいはもうしばらく,安定といいますか,もうちょっとしてからの異動にお願いできないものか。お伺いします。それと異動の基準に,前聞いたことがあったんですけれども,ボランティアというようなことも加味したいという市長の話もございました。それあたりはどう考えられるのか。それをお伺いいたします。それとこの農業委員の件でございますけれども,農業委員の職員の兼職でありますけれども,本当に職員が各支所とも少なくなったなあという感じはいたします。その中で兼務が二つ,三つ,多い所は本当に七つ,八つしているようでございます。そうした中で今度鹿児島県内たくさんの市ができ,町が合併できましたけれども,その中ではほとんどの所が支局を設け,分室をしているようでございます。そういう中においては,こういう農業の厳しい中,担い手農家の少なくなる中では専門職員を一人だけは置いてほしいというのが我々,私も農業委員をしておりますけれども,願いでございますけど,それあたりはどう考えられるかですね。


○議長(西村新一郎君)


 ここで,間もなく5時を迎えます。改めてお断りいたしておりましたけれども,上鍋議員の一般質問を続けた上,本日予定をいたしております前川原議員まで進めたいと思いますが,この運営につきましてご異議はございませんでしょうか。


               [「異議なし」と言う声あり]


 では,ご異議ないようでございますので,時間延長の上,前川原議員まで消化をすることに決めさせていただきます。それでは,続けます。上鍋議員の質疑に対する答弁を求めます。


○総務部長(西重正志君)


 係長以上を2〜3年ちょっと異動をさせないでくれというようなことでございます。先ほど市長が言いましたように,また,先般から総合支所・本庁間のそういうコミュニケーションがうまくいかないとか,事務事業がすり合わせがうまくできないとか,いろんな面もございます。そういうことで,先ほど市長も言いましたように,総合的にはやはり霧島市一体となった仕事ができるような方向性での異動になるかと思います。具体的にはまだ計画というか,そういうのはなっておりませんけれども,先ほど市長が申しましたことを念頭に置きながら異動作業を進めていきたいと思っております。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 農業委員会の関係でございます。先ほどの答弁の中で,農業委員会の事務局と各総合支所の担当課長を交えながらこの前会議を行いました。その中でまず確認いたしましたことが,11月7日の配置でございますけれども,この時の配置は基本的には農業委員会の職員として配置したところでございます。各総合支所に1名ずつと,隼人につきましては2名農業委員会の専任ということで配置いたしました。そしてその場合,例えば,休暇などを取る時に,どうしても農業委員会の職員になりますと上司の決裁が本庁まで取らなきゃなりませんので,その関係で産業振興課の課長,係長,それから本人をば兼務辞令を行ったところでございます。それをまず確認をいたしました。それを確認いたした,中にはそこを少し勘違いされておられたところがあって,兼務であるからどちらもというようなことであったんですけれども,基本的にはそうであるというお話はしたところでございます。ただそういった中で,現在3か月過ぎた中でじゃあどういうやり方が一番いいのかというのをいろいろ議論が出ました。今その議論を踏まえまして今後どうあるべきかというのを考えてまいりたいと思いますので,よろしくご理解のほどをお願いいたします。以上でございます。


○20番(上鍋正光君)


 その異動につきましては極力,まだ各支所がいろんな問題も抱えている中では,知った中での私どももいろんなお願いもしなけりゃなりませんし,そん中では,中は分かりますけれども,各支所ともいろんなことを抱えている中ではできるだけ若い方の異動にとどめていただきたいと,そういう中でございます。それと農業委員会のことでございますけれども,本人にはそういう形でのことで辞令はしてあるかも知れませんけれども,各支所に帰りますとみんな本当に兼務なんですよね。その中で,合併協議会の中でもある程度まではもう専職をという話が進んでて,もう最終的には兼職,兼務になっていったというような話がありますけれども,それあたりはどういう経過をたどっているわけですか。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 やはりいろいろお話を聞いてみますと,同じ課の中にいるものですから,どうしてもこう兼務であるというのが,兼務であるという部分が先行いたしまして,まず農業委員会の専任であるという部分が少し薄れてきたようなお話も聞きました。じゃあどうしたら今後いいかというお話が,いろんなお話が出てきております。例えば,このまま兼務の方がいいというお話もあるし,やっぱり専任にすべきだというお話もあるし,そういった中で職員はどんどん減っていきます。その中でどういうふうに効率的・効果的に,しかも農業委員会の方には権限移譲が今度予定されております。こういった権限移譲にも対応できるような組織としてどうやったらいいのかというのは,いましばらく議論して一番いい方法を探していきたいと思いますので,ご理解いただきたいと思います。以上でございます。


○20番(上鍋正光君)


 先ほども申しましたように,ほとんどの各今までの合併が終わった所によりますと支局を設け専任を置いとるようでございます。その中では是非その専任,兼務,兼務じゃない。専任にしていただきたいなと思っております。それとその支局という考え方に関してはどのような考えを持っていらっしゃいますか。


○行政改革推進監(山口 剛君)


 県内で支局がある所を幾つかあるんですけれども,支局につきましては,合併市町村が,例えば,三つとか,四つとか,支局が二つ,三つというような所が多いようでございます。この地は六つ,総合支所が七つございますけれども,その七つにそれぞれ支局を置いた方がいいのか。それとも少し集約した方がいいのか。いろんな意見があると思いますので,そういった意味でもう少しこの組織については考えさしていただければというふうに考えます。以上でございます。


○20番(上鍋正光君)


 ここにも書いてあります。「役割分担については検討委員会を立ち上げて調査を進める。」と。是非,今先ほど申しましたように,農業は厳しいものがあります。そういう中では30人体制になり,いろんな面で第一次産業の衰退もあるわけでございます。その中では農業軽視というような形が霧島市に見えないような形で,是非組織にしてもしっかりとした形でやっていただきたいというふうに思います。それでは,3番目の「霧島ブランド」についてでございますが,先ほどはあれも,品目についても新ごぼう外されましたけれども,今,農産物などについてのブランドという形はないというわけですね。ないわけですね。それと重点品目というようなことがあると思いますけれども,その中で,今ここに幾つか挙げられましたけれども,ほんならブランド指定は五つなら五つ,これを全部やるのか。それともその中で幾つか絞ってやるのか。それあたりをお聞かせいただきたいと思っております。それと黒毛和牛のことでございますが,先ほどの話の中で1市6町の各市町のおやす,生産の,生産牛の頭数を教えていただければと思っております。その中でやっぱり福山町はそういう私どもも黒牛の生産をブランドという形でのとらえ方をしてきましたし,その中では霧島市の中でも福山に次いでは溝辺が多いと思いますが,その中でもう少し突っ込んだといいますか,形をできないものか。それと技術員も増やすということ,一人増やすということでございますけれども,なかなか,役場の技術員はいろんな統計とか,いろんな事務があって外に出られないわけですよね。その中では何かその外に出られるような形の職員の体系はできないものかですね。そういうことをお伺いいたします。それともう一つ,福山酢と関平鉱泉水の試飲はできないこと,できないかということでございますけど,これを見ますと本当全然こう前向きな回答は全然ないわけですけれども,もちろんその飲料水ですから清潔にしなければならないわけで,それであったら国分,国分の支所は上のレストランに置くとか,どっか入口の見える所に置くとか,そういう形での,やっぱりこの関平鉱泉水は2〜3年前に鹿大との研究でがんに効くということになってからの急増のなったわけでございます。そういう中ではやっぱり,これを今6億,5億,6億一般財源に入っているわけで,それを本当の形でもう少しPRをしてやるためには何らかの形を打たないといけないと思っております。その中ではもう少し突っ込んだ中で,今のこのいろんな面で難しい面もあると思いますけれども,前向きな答弁はできないのかですね。よろしくお願いします。


○農林水産部長(東 邦雄君)


 畜産に関しまして3点ほどございました。ああ,ごめんなさい。重点というか,ブランドの方ですね。最初にその品目の件ですが,先ほど一応その旧1市6町の中で重点品目という一応およそ8品目が重点品目として今まで推進されてきたということを申し上げました。新たにまた広げていこうというような重点品目そのものも先ほど挙げなかった,例えば,小菊とか,スプレー菊とか,こういった花卉類にもそのもう少し力を入れていこうというようなのを今模索しつつあるところで,実際上はまさに今どこにそれを力を集めていくのかを新しい霧島市の体制の中で今煮詰めようとしている段階であります。幾つかに絞るとしたらどれなんだということのお尋ねですが,基本的にはそのブランド化につながる物といったらそれなりの面積を持ち合わせてなければブランドということにはならないわけなんでして,そういう意味でこれまでがその重点品目ででしかなかったところの弱みでもあったというふうに考えております。その重点品目につなが,ごめんさない,ブランド化につなげていけるその野菜,特に野菜であれば品目は何なのかというところもそれこそ今現在まさにそういったその園芸振興作物についての協議を,検討協議を重ねながら絞り込みをしているところですけれども,霧島市になってざっと見回して私自身が思いつくのは,例えば,溝辺で今一生懸命なさっている大根とかですね,こういったのもかなりの面積がございますので,結構一つの指標として持っていけるのではないかというふうな気がいたしておりますが,先ほども申し上げましたとおり,今ちょうどそういったことについて最終的な方向性を打ち出そうという段階ですので,もうしばらくお待ちいただければありがたいというふうに考えます。それから,畜産の技術員のことで,技術指導員というふうに申し上げました。残念ながら職員というわけにはいきませんので,嘱託になります。そういう意味で要するに畜産技術を持ったその経験のあられる方で一応もう退職された方を再度再雇用という形で本庁の方に来ていただこうという今計画でおります。当然この方お一人が霧島市全域をというのは大変なことだと思ってもおりますが,この方には事務は,その内部事務をというわけではなくて,本当に畜産技術の推進のために働いていただこうと考えておりますけれども,ちなみに畜産担当の職員は昼間はほとんど農協と一緒になってですね頑張って農家回りをいたしております。ですので,現在いる畜産担当者も,中には,例えば,旧溝辺町とか,旧福山町もそうだと思いますが,もうほぼその,溝辺町さんは多分技師ですね,福山町さんは職制としては事務吏員かも知れませんが,もともとは農協の技術員だったということで,やはり畜産に力を入れてこられた旧町にあってはやはりそういった方々を職員として採用なさって畜産の振興を図ってこられたという経緯もございますし,今もそういうふうに働いていただいております。こういった人たちも十分にまた働きやすいような職場環境を私どもはまたつくり上げながらですね畜産農家のために努力をしていきたいというふうに思っております。頭数のことにつきましてはちょっと課長の方から答弁をさせます。


○農林水産部次長兼農政畜産課長(鈴木重成君)


 繁殖牛におきます頭数をそれぞれの旧市町ごとに申し上げてみたいと思います。まず国分,旧国分でございますが,700頭,溝辺1,490頭,横川1,140頭,牧園810頭,霧島580頭,隼人420頭,福山2,660頭,この頭数につきましては17年1月1日現在の頭数ということでご理解をいただければと思います。その後におきましては若干の変動がありますので,一応基準日として1月1日,17年の1月1日現在ということでご理解をいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。以上でございます。


○総務部長(西重正志君)


 前向きでないというお叱りを受けました。ただ希釈をしたり,そういう物をですね販売することは,ほか,福山酢においてもメーカーはいっぱいあるわけですね。一つのブランドだけ置くわけにはいかんだろうし,そういうのもあるし,また,ほかに黒酢,福山酢あるいは関平の鉱泉水以外にも多分特産品というのはあると思います。そういうのとの兼ね合いもまた考えていかなければならないということで答弁申し上げました。ただ議員の方からご提案がありましたレストランに置いて,そこで試飲させるというのもいい手だなと今考えております。これも,これについてはレストランの方ともまた調整する必要があるんじゃないかと思っております。それと展示につきましては,1階の方に旧国分市の特産品とか,工芸品とかの展示コーナーがございます。そこに飾ることは,飾ってPRすることは可能だと思っております。


○市長(前田終止君)


 上鍋議員さんよりブランドについてのですね提案,提言等あったわけでございますが,今いろいろ答弁ありましたけれども,私としてはですね,今最後に総務部長が答弁いたしましたけれども,やっぱりその地域の特産品等のブランド,これを自分たちの足元でまずはいい評価をしっかり足を,腰を据えてですねすることもまた大事でございます。対外的にアピールすることももちろん大事ではございますけれども,そういう意味ではですね,私は牧園の前は町長だったわけですが,関平鉱泉は庁舎を訪れますとどなた様でもどうぞという形でですね愛飲できるようにですね,試飲できるように工夫がしてあったわけですね。それでこのほかに市全体としてこれをどうにか試飲ができる工夫をし,そして福山酢については本当に日本中でここにしかできない自分たちの誇りある元気産業,ライスミネガーとしてですね世界に通用する物ではないかという誇りもあるわけですね。それでこれを銘柄が,銘柄といいますか,その会社がたくさんあります。それで業界の方々とよく話し合いをして,本当に健康に安心してこう飲める。しかもある程度その入替制といいますか,順番制みたいな感じでこうお互いが何かいい話し合いができないかどうか。そこいらだろうなと,こう思ってます。いずれにいたしましても自分たちの本所,総合支所ごとにですね市が本当に自信を持って世の中に打ち出していきたい物については本当にこの霧島ブランドというものをどうしていくか。このことについて総合的にですねやっぱり皆さん方のご指摘等をいただきながら考えていかなきゃならんのかなと。先ほどもちょっと申し上げましたけれども,合併をして新市霧島市という新たなる自治体をつくって新しい価値創造元年だなあと,そういうことを思いますと,言わば霧島ブランド推進計画なるものをですねしっかりした協議機関をつくって,そして農産物,あるいは,また,福山酢,あるいは,また,関平鉱泉みたいな物,あるいは街の景観,様々な霧島ブランドとしてどう考えていったらいいのかということをですね,温泉などなど本当に総合的にこの全体として計画をしてみる必要があるのかなと,そういう点についても感じることでございました。ちょっとまだ話が,構想がよくまとまっておりませんけれども,皆さん方,議会の皆さん方のご指摘をしっかり受け止めて,特産品を中心としてまた多くの分野における私たちの霧島ブランド,これをどう考えていくべきか総合的にですねちょっとその仕組みを考えるそのことを,作業をちょっと指示を出したいと思います。もう一つ,前答弁の機会をちょっと失ったんでございますけれども,職員の異動の件で人事の中でですね特に職員の中のボランティアみたいな活動をしっかり職員でありつつもアピールしながらよう頑張っていると。あるいは,また,地域づくり,そういうことに本当に先頭に立って役所の仕事以外にいつもようやっているなとか,そういう職員の皆さん方のですね取り組みというのは傍から見ておっても本当に気持ちのいいもんでございます。そのことを私は就任と同時にまた申し上げたもんでもございます。よってですねやっぱり,その人事異動の基本はやっぱりよくこの顔の見える範囲というのも話も出ましたけれども,適材適所ということをこう念頭に置きながら,七つの支所,七つの旧自治体がございます。その中でよくその自分たちの足元の顔の見える範囲というものを掌握する人たちとの連携というものをしっかりとりながらですね支所間,あるいは,また,本所と支所,また本所から支所へ,そういうことをですねしっかり相互に刺激をし合いながら動いていくことも一方大事かと思うんです。その場所からなるべくなら動きたくないという,あるいは通勤の関係とか,いろんな思いがあられることもあろうかとも思いますが,それはある程度の配慮はある一定の範囲でなされてもいいんですが,ただお互いに2年余にわたるですね合併というものをしっかりもう見据えてそういう中に職員としての意識をつくってこられたわけでございまして,これから私の4年間は合併をした事実ってものをですね職員の皆さん方にはもうしっかりと受け止めていただいてもう十分に今言ったような支所と支所,あるいは本所から支所へ,そして多くの人事交流があり得るということを覚悟していただいてですねいい合併への道のりをしっかり歩かさしていただきたいと。そして職員の皆さん方は置かれたそのポジションにあって不平不満等ありましょうけれども,また,私に対しても相当なこんなはずじゃなかったという思いがあるのかも知れませんが,そこは真剣に毎回異動のたびごとにですね考えながら適材適所,そして今申し上げたようなこと等を念頭に置きですね人事は行ってまいりたいというふうに思っております。以上です。


○20番(上鍋正光君)


 ボランティアということをやっぱり是非考えてもいただきたいという,やっぱりそれが社会参加といいますか,いろんな面で育っていくと思っております。この前もかたいもん会がありましたけれども,職員の方もたくさん来ておりました。これは本当に市長が替わったからだなというのは実感しております。やっぱり合併した中で職員と市民が,そして,また,議会が一緒でないとできないわけで,その中ではやっぱり適材適所,言われるように適材適所,もうトップが替われば職員も替わる中ではやっぱりたくさん底辺にはいい人もいらっしゃいます。そういう人を引き上げながら是非やっていただきたいと思うわけでございます。それとこのブランドとは,今,市長もおっしゃいましたけれども,ブランドとは何かというのは本当に基準は難しいものがございます。先ほどありましたように,面積もございますし,そして,また,各今までの市,町積み上げた中でもございます。そん中で是非,私どももいろんな産地なり,今までのやり方を見ておりますけれども,飛び付くときは,値が高い,売れるというのに飛び付く。そしてやってみた。そしたらその次には値が安くなった。せっかく農家として資材買い,いろんな道具を入れた後にはもう値が安くなってだめになったというのが本当に多うございます。そういう中では産地をつくり上げる中には本当に適地適作,このもんを霧島のものに持っていくんだというもんで持っていかないと,中途半端ではブランドは育たないと思っております。そういう中で是非,広くじゃなくて,狭く浅くといいますか,もちろん広くもせんないかんわけですけど,ブランドをつくるとなるとやっぱり重点的にやらんととても育ちません。それと指導体系の確立だけは是非お願いしたいと思っております。そして霧島市が5年後,10年後農産物での高齢者,涼しい所もありますし,暖かい所もあります。その特性を生かしたブランドを是非育てていってほしいと思っております。それと酢のこと,酢,関平鉱泉の試飲の所につきましては是非,一般財源にこれだけ貢献する,水商売とまではいかんかも知れませんけれども,元の要らないのはないと思っております。入浴用に使って涸れる時期もあるみたいですけれども,やっぱりそれあたりは検討されて是非これも霧島のブランドとして10億,15億売り上げるような形のところにしていただきたいと。新聞によれば垂水市のメーカーは今度また3倍の能力の所にするような大手もございます。そういう中では是非ある物をいかに高く売り,そして,また,収入に得るかというのが一番大きなことではないかと思っております。それで終わりになりますけれども,牛,生産牛のことでございますが,是非,今,福山町では畜産大会という中で小学校5年生を対象にしていろんな牛のそれこそ生まれる所から,そして,また,牧草をつくる所,そして,また,餌やりとか,いろんな体験をさせながらもう長い間やっているわけで,今回も市長もお見えになって畜産大会がございまして,その中では寸劇などやりました。それも一つの大きな,子供たちの作文あたりを見ますと本当将来を見据えた後継者に育つような実感こもった感想を持っております。そういう中ではそういうことも踏まえながら本当に,今,曽於郡の2万頭は日本一でございますけれども,先ほど言いましたように,生産牛の1万頭,そして,また,肥育牛もですけれども,そういうような大産地に育てていただきたいと思っております。その中ではこの前の畜産大会を踏まえながらそういう形での子供たちの育成という形では何らかの形はできないか。その辺をもう最後市長の話で終わりたいと思います。


○市長(前田終止君)


 先日畜産振興大会,それこそ福山町にお邪魔さしていただきました。最後までおれたらよかったんですが,たくさんの日程がございまして,ごあいさつをさしてしばらくしましたら出さしていただきました。しかし,後の残った職員からの報告,そして,また,翌日の新聞等を見ましたら,今,議員おっしゃったようなですね寸劇等素晴らしい福山産の黒毛和牛に取り組む取り組みも行われたと,このことについてはですねまた何か本当にいい機会があれば,食育,そして,また,自分たちのふるさとの黒毛和牛に取り組むその意気込みみたいなものを霧島市民の間にももっとこの分かりやすく理解を高める意味でもその寸劇等をもう一度どこかでかこの催しに出てきていただくような機会はないものかなと,こうも思ったりもしたことでございました。いずれにいたしましても黒牛,あるいは,また,黒豚,黒酢というふうに黒々が続きますが,お茶,これについてはもう既に先発をさしておりまして,それこそこれの霧島市茶業振興会連絡会というものを既にもう立ち上げさせました。それこそJAあるいは県の農林事務所,あるいは,また,普及センター,市行政,もちろんお茶農家のリーダーたちを入れてですね,現在679haお茶があるわけでございますけれども,これがまた増産を図りつつですね霧島茶銘柄確立などそういう形で一つずつ階段を上るような形で仕上げてまいりたいと。そして何よりも値打ちのするブランド化を図っていかなきゃですね,あんまり軽々に指定をするようなことになってはいかんのかなとも思っておるところでございます。ただ最後になりますけれども,先ほどの人事のことについてのご指摘等でございましたけれども,やっぱりやる気のある役所づくり,職員づくり,そういうものが一番根底にこのどっしり腰を据えなきゃいけないのかなということを感じております。そういう意味では人事交流もそういうことへの原点にも逆に私はつながる点もあろうかと思っております。様々な地域づくりへの参加,ボランティア活動など本来の役所の仕事以外に,あるいは,また,地域の市民の皆さんと共に頑張ってる姿というものをこうお見受けすると本当にですね誇らしくも思い,また頼もしいもんだと思います。そういうこともじっと耳を澄まし,目を凝らしながらですねしっかりした適材適所,人事もできるように頑張ってまいりたいと,そういうふうに思っていますんで,どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(西村新一郎君)


 以上で上鍋議員の一般質問を終わります。次に,39番前川原正人議員より5件通告がされております。前川原議員の発言を許可いたします。


○39番(前川原正人君)


 どうもお疲れさまです。本日最後の一般質問をさしていただきます。あとしばらくご協力をよろしくお願いをいたします。私は日本共産党議員団の一人として質問をいたします。市当局の明快な答弁を求めるものであります。市当局もご存じのとおり,定率減税の廃止や医療改悪など私たち庶民の生活を直撃する06年度予算案が3月2日の衆議院本会議で自民党,公明党の賛成多数で可決をされ,参議院に送付をされました。今回の政府予算は,これまでに引き続き所得税,住民税の定率減税の半減から07年度に廃止,たばこ税1本1円相当の引き上げ,第三のビールと言われる酒税は350ml1缶あたり3.8円の増,介護保険料の引き上げや国民年金保険料の現在1万3,300円からプラス月280円の引き上げなど,厚生年金保険料も0.354%の引き上げ,一方,年金給付額は物価スライドで0.3パーセントの削減,70歳以上の高齢者医療では現役並み所得者の窓口負担が現行の2割負担から3割負担となり,長期入院者の食費が現行月2万4千円が4万2千円,住居費0円だった方は1万円の負担と若い世代から高齢者まで容赦なく負担増となり,これまで以上に暮らしにくくなることは火を見るよりも明らかであります。この悪政から自治体が市民の暮らしを守る防波堤の役割こそ求められているのであります。まず第1番目の質問は市長の政治姿勢についてであります。今述べましたこれらの庶民増税と相次ぐ社会保障の後退や医療改悪はこれまで以上に貧困と社会格差の拡大に拍車をかけることになると考えますが,市長はこの事態をどのように考えていらっしゃるのか。答弁を求めるものであります。二つ目の質問はマンモス校解消についてであります。先ほど同僚議員からも出されましたけれども,国分西小学校は18年度の児童数は千人を超す児童数となり,現在でも31クラスという状況であります。その大きな要因の一つに分譲住宅化による影響で今のようなマンモス校となったという関係者の話もお聞きをいたしました。そこで伺いますが,千人を超す同校の解消の手だてを尽くすべきと考えますが,いかがでしょうか。また,学区の見直しや新設校による学校分割など検討すべきと考えますが,答弁を求めるものであります。三つ目の質問はアスベスト対策についてであります。これまで公立学校のアスベスト対策は一定の対策がとられてきた経過がございますが,一方,学校施設に限らず,建築物の解体の際アスベストが飛散をすることで,飛散,これ飛ぶということです,飛散することで作業をされる従事者はそれなりの防塵対策をすることになりますが,その際周辺住民に飛散する予防策を対処をする必要があると考えますが,どのような対策を考えていらっしゃるのか。答弁を求めるものであります。四つ目の質問に国民健康保険についてであります。この国民健康保険は,自営業者や農家の皆さん,年金暮らしの方々など低所得者と言われる皆さん方がたくさん加入をしているという特徴を持っております。長引く不況で仕事をしたくても仕事がない。そういう状況や相次ぐ年金,医療制度の改悪で市民の暮らしは大変であります。国民健康保険税を払いたくても払えないという状況を市当局も認識されていると思いますが,そこで伺います。国民健康保険の短期保険証・資格証明書の発行は市民の生存権を脅かすことになり,憲法第25条の精神から見ても安心して医療を受けられる体制を確立すべきと考えますが,答弁を求めるものであります。最後の質問に就学援助についてであります。この就学援助制度は,義務教育は無償とするとした,規定をした憲法第26条の精神を具体化したものであります。そこで伺いますが,霧島市における就学援助の状況はどうなっているのか。また,全国的平均から見た場合に都市部と地方では開きがあると考えますが,いかがでしょうか。さらに同制度の活用充実を図るべきと考えますが,答弁を求めるものであります。以上5項目にわたって質問をいたしましたが,市当局の手短で簡単明瞭な,明快な答弁を期待をして私の第1回目の質問を終わります。


○市長(前田終止君)


 前川原議員より5点につきまして質問がありました。1点目については私の方から答弁をいたします。そのほかについては教育長外関係部長にそれぞれ答弁をいたさせます。政治姿勢についてお答えいたします。我が国の財政は,平成17年度予算では公債費依存度が41.8%にも伸び,国・地方を合わせた長期債務残高が17年度末でGDP比150%を超える見込みであるなど先進国のいずれの国と比較をしても極めて深刻な状況にあるわけでございます。また,高齢化の進展等に伴う諸経費の増大や公債の増に伴う国債費の増大等により歳入歳出構造はますます硬直化してきておりまして,歳出歳入の両面において思い切った見直しを進め,将来世代に責任が持てる財政を確立していく必要があるとしております。こうした中で国においては財源確保のために平成18年度予算において,先ほど議員が話されましたように,定率減税の廃止やたばこ税等の値上げ,病院にかかった時の患者負担の引き上げなどをお願いをされているということでございます。私は現下の経済・財政状況等を踏まえながら持続的な経済社会の活性化を実現するためにあるべき税制の構築を図ること。また,危機的状況にある社会保障制度や医療制度を堅持していくための財源として受益者に応分の負担をお願いをすることはやむを得ないことであって,広く国民の皆さんに可能な範囲で負担をお願いすることについては理解できるし,また,国及び地方自治体においても徹底した行財政改革による歳出の抑制に努める必要があると思っております。少子高齢化社会が進行する中で,今後過去の高度経済成長のような右肩上がりの所得アップはもう望めない時代になっておりますことから,ここにおいて暮らし自体を見直して住民同士が手をお互いにこの差し伸べ合いながら地域の中で共生していくような姿勢ということが大切だなと,そうすることにより私がマニフェストに掲げております子供から高齢者まで男女ともこの生涯にわたって生き生きと暮らすことができる共にこの尊重し合い,共にこの支え合い,共に幸せになる。安心して暮らすことができるスタートができるのではないかと考えているところでございます。


○教育長(古川次男君)


 お答えをいたします。国分西小学校は現在児童数が975名であります。平成18年度以降6年間は1千名を超える状態が予想をされます。また,現在学級数は31学級でありますが,平成18年度は33学級,19年度は,19年以降も学級増が続き,平成22年度には35学級になる見通しでございます。霧島市としましては国分西小学校を適正な規模にするために霧島市小中学校規模及び通学区域等適正化審議会の答申を得て対処したいと考えております。本年度3月に第1回目の審議会を立ち上げ,平成19年1月までに5回ほど審議会を開き,方針を正式に決定したいと考えておるところでございます。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 アスベスト対策についてお答えいたします。現在霧島市内の小学校34校,中学校13校,高校1校,幼稚園6園につきまして報告いたします。アスベスト含有率が国の基準以下の吹付材が存在する学校が4校という結果が出ております。アスベストを1%以上含む場合,建築物の解体等の作業を行う時は,石綿等による労働者の健康障害を防止するため,石綿障害予防規則に則ってあらかじめ作業計画を定め,かつ当該作業計画により作業を行わなければなりません。本市の場合,1%未満でありますので,通常の作業と同じく労働安全衛生法に則って適切に処理してまいりたいと考えております。5番目の問題,質問でございます。霧島市では832名の児童・生徒が現在認定を受けております。就学援助制度につきましては,市報への掲載はもちろんのこと,全保護者へ「就学援助制度のお知らせ」を配布することで周知を図っております。認定及び支給金額は文部科学省が示す基準に基づいておりまして,都市部と地方における支給額の差は,物価や所得等による生活保護の最低生活費の違いから単価差が生じているものと考えております。以上でございます。


○生活環境部長(中村 昭君)


 4点目の国民健康保険についてお答えいたします。まずもって国民健康保険の目的は,国民健康保険事業の健全な運営の確保と社会保障及び国民保健の向上に寄与することとなっております。その事業の運営に要する財源はほとんどが被保険者の税金と国県,国県支出等の公費で賄われております。そのようなことから保険税を滞納している世帯に対しましては,国民健康保険法施行規則第7条の2第2項の規定に基づき期限を定めた短期被保険者証を発行し,保険給付を実施しております。また,災害や世帯主の事業廃止など特別な事情がないのに保険税を1年を超えて滞納している世帯に対しましては被保険者資格証明書を発行しているところでございます。ご承知のとおり,今日の国保財政は極めて厳しい状況でございます。健全な国保運営を維持するためには,短期被保険者証等を交付することによって納税相談の機会を増やし,保険税の滞納を是正し,税負担の公平を図るためにも必要なことと考えております。ご理解を賜りたいと存じます。以上でございます。


○39番(前川原正人君)


 るる説明を,答弁をいただいたわけなんですが,まず第1点目の政治姿勢の問題からいきたいと思います。この市長のマニフェストの中でも明らかにされているんですが,生き生きと暮らせるふるさとづくりということで,その内容が尊重し合い,共に支え合い,共に幸せになる。ここまでは気持ちの問題だと思うんですね。しかし,安心して暮らせるとなりますと,当然そのある一定以上の経済的に自立しなければ安心して暮らせるということができないというふうに私は考えるわけですね。そこでお聞きをしたいのは,その国のこの政治の動向がですね,本当にその私たち庶民のその生活をこう手厚く守るようなやり方ではなくて,ある意味大企業のこの喜ぶような施策の中でですねこの日本の政治というのは動いているというふうに思うんです。そうなりますとそのどんなにその地方の場でですねどんなに一生懸命やっても限界があると思うんですね。ですから,庶民の懐が冷えていくばかりのこの世の中でですね,この市長のマニフェストと国の進める施策を照らし合わした場合にその限界があると思うんですが,市長の見解を再度求めるものでございます。


○市長(前田終止君)


 最初の答弁で申し上げたことが考え方の基本でございます。ご指摘の安心して暮らせる経済的な安定するこの豊かさみたいなものでしょうかね,そこについてはですねそれこそそれぞれの国民の方々の立場で,日本はもう自由経済,その中で多くの自分たちの可能性に向かって努力をすればそれなりにですね収入を得て自分らしい生活が自分の努力の範囲で獲得できる国だと,私はそう感じて生きてきております。ただそうは言ってみてもなかなか努力をしても経済的に豊かに,自分の思うレベルに達し得ない。そういう人たちも多々おられるとは思います。しかし,この国の大きな,例えば,おっしゃるような大企業本位の政策であるとか,いろいろご指摘をいただきますけれども,私はそれぞれの責任ある立場,国レベル,また私どもにとっては地方レベルで精一杯豊かな地域社会・経済をつくっていこうという努力の選択を大いにお互いが議論をし,した結果,選択をした責任ある立場から,国レベルであったら責任政党,そして,また,地方レベルであれば私ども支持をいただいて市長なり立場を持った者として常にこの不満も,期待も持ちながら一緒になってですねつくっていくものが世の中であろうというふうに考えているところでございます。


○39番(前川原正人君)


 次の項目に入りたいと思うんですが,このマンモス校の解消ですね,この旧隼人のですね,隼人町の新川地区から富隅小校区,富隅小に何名の子供たちがですねこの行き来を,登校されているんでしょう。


○教育長(古川次男君)


 新川地区から145名,富隅小学校。


○39番(前川原正人君)


 だとするとですね,この地図で見れば分かるんですが,ご存じのとおり,新川地区からこの危険で,橋を渡って危険だと。国分西小に行った方が安全だと。これは先ほどの同僚議員からも出たんですが,答弁の中で言われたんですが,そうしますと今度はその旧国分市の野口地区,西地区ですね,ここは向花小学校へ行ってるわけですね。ここは地域的に言うと富隅小に行った方が近いわけなんです。そうしますと旧野口地区からですね向花小学校には何名の子供たちが,児童たちが登下校されているんでしょう。


○教育長(古川次男君)


 旧,現在のこの野口地区からですね向花小学校へ行っている子供たち,これをですね調査,富隅小学校へ行きたいと考えている子供が49名おります。


○39番(前川原正人君)


 そうするとですね,もう当然その認識一緒だと思うんですが,分割しなければならないもう時期にきていると思うんですね。そういたしますと,質問の角度を変えると,お金がないからこのできないのか。それとも敷地がないからこの分割ができないのか。どっちなんでしょう。


○教育長(古川次男君)


 両方だと思います。


○39番(前川原正人君)


 了解です。はい,財政的な分はですね,この行政当局もご存じだと思うんですが,今度三位一体の改革によって今度の06年度の新しい地方債の制度としてこの施設整備事業ができるようになったんですね。その財源の手当てといたしましてこの今度の06年度から4月1日以降ですが,基本的に自治体の裁量で事業実施をできることになりますと。ただし,公立学校については不適格な建物改築事業に限るという条件があるわけです。そうしたときに,先ほどの同僚議員の中からも質問が出されておりまして,その答弁の中で「国分西小は教育行政サイドでは補助事業の対象とならないと。しかし,5千点,56年以降の建築物については,以前の建築物については5千点以上となれば大規模改修になる。」と,これが該当になります。そうすると今回のこの新年度からのですね不適格建物建築事業に限るというふうに国の予算は配分をされているんですが,これには該当をするのか,しないのか。いかがでしょう。


○教育次長兼教育総務課長(石塚義人君)


 お答えします。大規模改造をするまず耐震度を,耐力度を調べておきます。そして耐力度の結果,5千点未満であれば危険校舎ということで即改築ができるわけですが,5千点以上になりますと今度は大規模改造ができます。それは今度は耐震度というのを受けなければあれの,今度は文科省のその補助が来ないということでありますので,まず耐震度を今度受ける予定でございます。ごめんなさい。内部については補助の対象となると思います。


○39番(前川原正人君)


 「補助の対象はなる。」ということで今回答いただいたんですが,そうしますとその計画ですね,大まかには,その審議検討委員会ですか,この適正化の審議委員会を,この先ほどの答弁ではですね来年1年間かけて協議をされて,そしてその後のこの運びと言うですか,段取りと言うんですか,これはまだ打っ立っのうちなんですよね。まだ打っ立ってもいないんですが,来年の1月までは一応準備段階と,実質どういうふうにやっていくのか。議論の内容でも当然違うとは思うんですが,大体その予測,計画としてどれぐらいをめどにですね着工を考えていらっしゃるんでしょうか。


○教育次長兼教育総務課長(石塚義人君)


 一応18年度をかけまして適正化審議会にきちっとした答申を出していただきます。その後,まちづくり計画書にも出しておりますように,19年から20年にかけましてすべての小学校という耐震,耐力度,耐震度を20年度までにすべて終わる予定でございます。ただ西小を,その中の西小につきましては,審議会の方でこれはどうしても分離した方がいいという結論が出ませば,それを尊重しながら,そして西小の区域を分ける,新しく学校を造る土地について,地域についてその区域等をまたきちっとしたそれももんでいただきたい。どの辺に造ればいいのかですね,そういうのも審議会の方でも検討していただきたい。それらにすれば,18年度にちょうど出ませば,19年度にいろいろ地質調査とか,あるいは,また,その用地交渉とか,用地を取得しなければならないと思います。そうしていきますとやっぱり19年,20年度,大きな学校でございますので,1年でできるとは考えておりませんので,やっぱり22年ぐらいにはかかってしまうんじゃなかろうかというふうには考えております。


○39番(前川原正人君)


 ということはですね,今明らかにされたんですが,大体22年ぐらいまでにすべてが完了をするというふうに理解をしてよろしいんですか。


○教育次長兼教育総務課長(石塚義人君)


 スムーズにいけばですね,例えば,用地交渉というのがございますので,その辺がスムーズにいけばですね早急にできるんじゃなかろうかと思いますけれども,いろんな工事は用地が,90%用地でかかりますので,また広い面積を,面積としましてはやはり2万5千以上,2万7〜8千ぐらいはないといけないというふうに考えておりますので,その面積を取得するにはやはり用地交渉が大変なことになるかなというふうに考えております。その用地交渉次第ではそういう年度にいくかも知れませんし,またちょっともめたりあるいはするとですねちょっと延びる可能性もあるかなというふうには考えております。


○39番(前川原正人君)


 その今の論点のこの見方というのは,今ある国分西小学校を広げるという解釈の仕方なのか。それとも新たにもう1校その新設学校ということで考えていらっしゃるのか。どっちなんでしょう。


○教育長(古川次男君)


 現在の国分西小学校を広げるという考えを持っておりません。これはもう限界が,大体ですね30学級を超えますとこれはもう学校教育には適さないという考え方を持っております。もう限界でございます。したがって,文科省としましてもですね30学級を超えて教室を増やしていきますと,それはもう補助をしません。したがいまして,持ち出しで造らなけりゃなりませんので,やっぱり国の補助をいただいて造るのが財政的にも適当であろうと考えておりますし,それから,もう一つ,国分西小だけじゃなくてですね,もう富隅小学校も現在のままではパンク状態になっていきます,これもちょっと増えておりますから。それから,それを考えて,それから,向花小学校に行っている子供たちは非常に遠い距離を行っておって,もうすぐ目の前に富隅小があるのにですね,これは,しかし,保護者がやろうと考えているか。いや,僕の,うちの息子は,父ちゃんも,ばあさん,じいちゃんも全部向花だから向花しか行かんという家庭もございます。だから,その辺のですね保護者の説得なども含めてそういうところにもこう若干向花小やら上小川小に移したりすることも審議会にかけましてですね,そういう動きがうまくいったら適正な方策が見出されるんじゃないかと,そういう意味でこういうような地図も作成しましてですね適切な判断をしていただくように準備をしているところでございます。


○39番(前川原正人君)


 次に入りたいと思います。まずこの次のアスベストの問題ですね,これはこの答弁をいただきましたとおり,この石綿予防,石綿障害予防法ということで,この規則に則ってされるということで,もうご存じだと思うんですが,大体その研修を4時間作業員が受けて,そしてそれを指揮監督するいわゆる監督さんですね,現場の監督さん,この方が講習を受けて,そしてその試験に合格をして初めてそのアスベストを除去する,わずか1%未満とはいえどもですね。これはもう学校施設にかかわらず,この鉄筋で造られた若しく,鉄筋に限らずですねアスベストが含有されていると思われるようなですねそういう施設についてはそういうこの指導をしていかなければ,行政としてしていかなければならない。こういう性格を持っていると思うんですが,市としてはそういう,まだ,まだこの新年度始まっておりませんけれども,今後ですねどういうその業者さんへの指導徹底をですね考えていらっしゃるのか。お聞きをしておきたいと思います。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 答弁で申し上げましたとおり,含有率1%g以下のアスベストが入っておりましても,いわゆる石綿予防,石綿障害予防規則に言うアスベストには該当いたしません。したがいまして,普通の工事現場で,例えば,壊すときにゴミとかが,小さいほこりがこう散らないようにこうネットをします。あるいは壊す前に水をかけてちょっとこう湿りを与えてゴミが飛ばないようにします。そういったような普通の作業をすれば足りるということになります。


○39番(前川原正人君)


 このですね分けて考えていかなきゃならないのは,アスベストの問題と,今度は塵灰法との問題があるんですね。ですから,この学校の施設に限らず,今回は学校ということで特定といいますか,分かりやすくこういう質疑の内容にしたんですが,この学校だけじゃなくて,例えば,今後その,先ほどの老朽化が進む。あるいは耐力度調査をしてですね解体をするとなると,今度は,そのアスベストに限らず,今度は塵灰法の関係の労働安全規則が適用になると思うんですね。私が一番懸念をするのは,そこで働く作業従事をされる方はそれなりの防備をするわけですね。その周囲に飛散という,飛んでいくというそういうその行政の指導方法です。ただ飛ばないようにしなさいねではですね口頭で終わりですので,ちゃんとその,現実の話,調べてみますと,その労働安全規則の中でもただ飛ばないようにビニールシー,分かりやすく言うとシートを被せてですね飛散防止策というこの程度しかできないというのが今の法律の限界なんです。しかし,そのやはり業者さんにしてみると経費が当然かかっていくわけですね,一つのことをやろうとするとですね。ですから,そういう周辺へのこの迷惑といいますか,予防対策としてですねどういう指導をしていくのかということをお聞きをしておるんです。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 ただいま申しましたとおり,今のところその周辺民家とか,人体にほこりが飛ばないようにするにはネットをする。あるいは水をかけて湿り気を与える。それ以外にないのではないかというふうに思います。


○39番(前川原正人君)


 その確かにそういう方法があるんですが,しかし,今度は一方ではですねその従事者に対する,従事者というか,個人といいますか,どっかの建設会社が解体工事を取ったとしますね。その時のこの指導ですね,どういう,飛ばないようにただしてくださいねだけではなくてですね,ちゃんと法的根拠といいますか,その規則を示してこれこれこういうことになっているので,こういう作業の手順でお願いしますといういわゆるその工程と言うんですかね,そういうのも指導をすべきではないのかということを問うているわけです。


○教育部長(吉永冨城夫君)


 その石綿予防規則に定めてあるような厳重なといいますか,例えば,吸い込まないようなとか,就労者が吸い込まないような措置を強制するというか,それを指導,これを絶対守ってくださいとかいうようなやり方はですねちょっとできないとは思うんですけれども,何かできたらやはりその就労者のことを考えますればできるだけ手軽な,例えば,その普通のマスクではなくて,やはり防塵効力の強いマスクを使うとか,あるいはほこりが強ければ,そのほこりの部分を強力にその吸塵して,風は外に出すけども,ゴミはそこで受け止め,引き止めるとかですね,そのような指導はできるものというふうに思います。


○39番(前川原正人君)


 そのですね,その程度と言えばいけないんですが,それはもう当然その発注をするわけですので,業者さんにはそれなりの責任を持っていただかなければならないという点が一つあると思う。ただその作業従事者の場合ですね4時間の,先ほどとちょっと重なるんですが,4時間の特別教育を受け,それを指揮監督する責任者は講習を受け,その試験に合格しなければならない。これ言い換えるとですね粉塵に関する教育を受けなければ解体業務をしちゃならんということになっているんですね。それはどこで確認をされるおつもりなんでしょう。


○工事監査部長(秋窪直哉君)


 今その受注した請負業者の方がですね労働安全衛生法に則った監督員又はその主任技術者においてすべてを受注した業者が処理していくものと思っております。ましては解体のそういう部分については許可を取った解体業者が現場の解体をアスベストに則った処理をするというふうに指導しております。


○39番(前川原正人君)


 そうするとですね当然その指導は当然必要とは思うんですが,例えば,内規とかですね,要綱ですね,市独自の要綱というのは作成とかいうのは考えてはいらっしゃらないわけですか。


○工事監査部長(秋窪直哉君)


 通常のですねこういう現場の管理におきましてはですね,入札条件等でですねお示ししまして業者の方は指導しております。


○39番(前川原正人君)


 次の質問に入ります。次に,国民健康保険税の問題なんですが,この大体先ほどの質疑,質問の中で,国民健康保険のその答弁の中では「災害や世帯主の事業廃止などという特別な事情がない国保税を1年を超えて滞納している世帯に対して被保険者資格証明書を発行をしている。」ということで答弁をいただいたわけですが,現在この短期保険証と資格証明書の発行,これはこの霧島市全体でどの程度そのされているのかですね明らかにしていただきたいと思います。


○生活環境部長(中村 昭君)


 お答えいたします。霧島市全体につきまして短期証の発行状況でございます。これは年度でございますから16年度を参考にさしていただきたいと思います。延べ件数で3,879件でございます。それから,これは資格者書の発行状況,現在でございます。18年2月末現在で158件の資格者書を発行いたしております。以上でございます。


○39番(前川原正人君)


 そのすべて,今答弁されたように,短期の保険証が16年度で延べ,この中には,3,879件の中には,例えば,お金を払ってまた継続,払えなくなって短期保険証と,こういう繰り返しの中で延べという言葉を使われたと思うんですが,その現在,18年度ではです,18年の2月1日現在では158件ということで資格証明書,これ逆に言うとですね10割負担なんですね,10割負担。すべて病院代を負担をしなければならないというこういうことになっていると思うんです。だとすると,ここで言うこの,その中にはですねいろんな家庭の状況の方がいらっしゃると思うんです。そこでお聞きをしたいのは,国民健康保険法の第44条の中では国民健康保険税の減免及び医療費に係る一部負担の助成ということでその明記,法律で規定をされているわけなんですが,先ほどの同僚議員の話ではそういう対象者は現在霧島市ではゼロだということですが,そういう努力をこれまでされてきたのかどうなのか。お聞きをしておきたいと思います。


○保険年金課長(坂元良行君)


 はい,お答え申し上げます。さっきの44条で一部負担金の減免,結局病院で一部負担金を払うということで,この免除が霧島市になってからないということでお答えしたわけですけれども,窓口にはいろんな方々が,困った方が来られます。それにつきましては納税相談を申し上げて,その事情に基づいて特別な事情,結局いろんな問題が発生しておりますので,その弁明書等をいただいて,それなりに経過いたしまして保険証を出す,短期保険証を出すということを行っております。それと,また,所得が去年はあって,今年がないと,今困っているんだという方々については,社会保障であります,国保だけじゃなくて,保護とか,そういうことまで包括的に案内をしているところでございます。


○39番(前川原正人君)


 じゃあ質問の角度を変えたいと思いますが,確かにそれなりの努力はされているとは思うんですが,ではですね,国保税を払わない人と払えない人といらっしゃるわけですね。いわゆる払わないというのは一般的に悪質滞納者というふうに言われております。じゃあどこをじゃあ基準に払わない人と払えない人をですねこの区別を,区別と言ったらおかしいですが,この線を,線引きをですねされているんでしょうか。


○生活環境部長(中村 昭君)


 はい,お答えします。資格者書の交付及び保険給付の差し止め等に関する要綱ということで定めてございます。この2条に「保険税を滞納している世帯が,その納期から1年が経過するまでの間に当該保険税を納付しない場合においては,被保険者証の返還を求める。」ということで,この中で第2項でまた小さく定めてございます。その一つで「過去1年間に訪問,電話,督促及び文書催促等により5回以上の接触機会を持ったにもかかわらず,一向に納付相談,指導に応じようとしない者」,その2点目に「納付相談,指導において取り決められた保険税納付方法を誠意を持って履行しようとしない者,その判定基準は納付誓約書に基づく分割納付を3回以上履行しない者とする。」,また,3点目に「納付相談,指導の結果,その所得及び資産を勘案しても十分な負担能力があると認められるにもかかわらず,納付方法等の取り決めに応じない者」,その4点目に「滞納処分に対し意図的に財産の名義変更をするなど未収保険税に係る滞納処分を逃れようとする者」というようなことで明確に基準を定めておるところでございます。以上でございます。


○39番(前川原正人君)


 このですね国民健康保険税のこの保険の問題というのは,この先ほども指摘をしたんですが,この資格証明書だと,病院にかかりますね。10割負担をします。そして今度は税金を払ったら短期保険証ということで,その時にまた保険の適用分をですね還付をするという,ある意味ではですね金がなければこの病院にかかれない。この行政の意識の中にこの,税金はこれは当然その納税の義務というのがあるんですが,やはりその生存権の否定につながるのではないか。こういう懸念があるわけですね。現実その保険証がないためにですね,病院に行きたいけれども,お金がないから行けないと。保険証があればですねある意味では3割負担でよろしいわけですね。ですから,そういう点から考えたときにこの生存権の否定ということをですね行政自らやるべきではない。そして同時に国保法の第44条の中でありますこの税の減免と同時に一部医療負担のこの助成,減免ですね,こういうこともですね大いにこの周知をしていく必要があると思うんです。現実問題として日本のこの制度というのは修正主義なんですね,申請主義なんですね。申請をしなければ,行政がといいますか,それを認める,認めないの以前の問題として自分から申告をしないと,行政の方からどうですかということはされないわけですね。ですから,そういう第44条のですねその分かりやすくこう説明書きにしてですね,例えば,市報で流すとか,まずは知らせることが大事だと思うんですが,そういう努力といいますか,そういうことは検討はできないでしょうか。


○保険年金課長(坂元良行君)


 お答えいたします。保険だよりがありますので,保険だよりでお知らせしたいと。また,お知らせするのが当たり前だと思っております。


○39番(前川原正人君)


 もう時間がなくなってきましたので,就学援助の問題についてお聞きをして質問をしたいと,再度質問をしたいと思います。この先ほど就学援助の分については832人というの児童・生徒が現在認定を受けている。これは要保護,準要保護合わせた合計の数字なんでしょうか。


○学校教育課長(池田幸二君)


 お答えいたします。準要保護者の数でございます。


○39番(前川原正人君)


 この新しい,一つは昨年の11月の7日に新市霧島市が誕生をいたしましてから,この1市6町の就学援助,この制度のですね所得基準というのが各市町違ったと思うんです。その内容はどういうふうになっていたんでしょうか。


○学校教育課長(池田幸二君)


 申し訳ありません。把握しておりません。はい。


○39番(前川原正人君)


 大体ですね,大体150万ぐらいが平均値だったと思う,この所得がですね。収入とは別です。所得がです。今回は,今度は180万円ぐらいを霧島市の一つの基準として,所得のそれ以下の人をですね就学援助の対象としたいということが霧島市当局の今後の,今後,今年,今年度じゃない。18年度ですね4月1日以降です。そういうふうになっていくと思うんですが,例えば,180万円を一つの基準として,その就学援助を本当に必要な人たち,この所得だけで決められない部分等あるんですが,大体どれぐらいをその想定といいますか,まだ,新市が始まってまだ間もないわけですが,大体どれぐらいをですね,現在の実績では832名ということなんですが,まだこれよりもこの増減を見たときにですねどのようにこの推測といいますか,予測をされているのか。お聞きしておきたいと思います。


○学校教育課長(池田幸二君)


 はい,お答えいたします。こういう世の中でございまして不景気がまだ続いていると言ってもいいかも知れませんが,それから,また,家庭の状況がですねどんどん変わっていく状況がありますので,現在832名でございますけど,予想といたしましては増える方向にあると考えております。はい。


○39番(前川原正人君)


 このですね180万円の所得基準が安いか,高いかというのは,その地方地方の状況によって,また,物価などによってもまた違ってくるというのがあるんですね。もうちなみにですね福岡市,九州では一番の都市部です。ここはですね所得で308万5,600円です。そして徳山市が340万円,岡山市が267万6千円,三重県の松阪市が330万円と,これいずれもですね霧島市と比較をしたときに,このほかのこういう都市部と一概には比較はできないんですが,この本市と比較をした場合にですね適用基準がまだまだこの低いという,物価指数の関係もあるんですが,これはまた鹿児島市に行ってもまた違うと思うんですね。各市町村の判断といいますか,裁量で決められるようになっているんですが,もうちょっとですね基準の所得額をですね上げるということも今後検討していくべきではないのかなというふうに考えますが,いかがでしょうか。


○学校教育課長(池田幸二君)


 お答えいたします。現在霧島市では年間所得金額,子供の数が一人の場合,それから親が一人の場合ですが,その場合に181万8千円という基準を持っております。この基準は,国が定めております計算式がございますので,鹿児島県の場合は計算式に当てはめますとこれにあたります。例えば,今挙げられました福岡市の場合また別な計算基準がございます。ですので,金額は違いますけれども,計算式が全く同じであります。はい。


○39番(前川原正人君)


 そうしますとですね,この先ほど1問目の中で述べたんですが,この憲法の中では「義務教育は,これを無償とする。」ということが一つの前提になっていると思うんですね。ですから,本当に必要な方,世帯には,必要な子供たちにはこの就学援助の制度というのは大いに活用をしていく必要があるというふうに思うんですが,その周知徹底ですね,これは以前も福山町議会でも指摘をした経過があるんですが,教育委員会の方からこの学校長に言います。学校長が教頭先生に言います。教頭先生は担任,各担任に言います。ただ,学童保育じゃなかった。すいません。就学援助の申し込みをしたい方はしてくださいというそういうただ通り一遍のやり方,こういうようなこともあったわけですね。それを紹介する人がその実情,その内容を十分咀嚼してかみ砕いていないがためにそういうことが起こってきたわけなんですが,これもですね周知徹底を図っていくべきだと考えますが,その周知徹底をですね図るべきと思いますが,このいかがでしょうか。


○学校教育課長(池田幸二君)


 お答えいたします。まさにそのような恐れといいますか,があるわけでございますが,なるべく教育委員会の方ではそういう事態が起こらないように学校長を通じて指導をきちんといたします。でも,それでもやはり漏れる可能性がありますので,それにつきましては毎回の管理職研修会でですねとにかくもう漏れている人いませんか。あるいは家庭環境変わった人はいないのかどうか。そういうのを把握してくださいよと。そしてもしそういう家庭がありましたらこういう制度があるということを知らせて申請するようにと,そういうことを年間を通して周知しておるところでもございます。


○39番(前川原正人君)


 そこでですね,今度は申請の方法,これが就学援助についてのお知らせ,これお知らせということで霧島市教育委員会が発行を今後されようとしているプリントの内容なんですが,この申請の手順の中の?の中で「地域の民生委員に連絡し,申請書の所見欄の記入を依頼する。」と,これは必ずなければならない意見書なんですか。


○学校教育課長(池田幸二君)


 現在のところそのように考えております。


○39番(前川原正人君)


 今度ですね,今までですね認定を受ける時によっては民生委員の意見書が必要だったわけです。ところが,今回政令の規定が削除をされまして民生委員が認定に際して意見を出すなどの関与はできなくなったんです。逆に言うと,平たく言うと民生委員の意見書はもう必要ありませんよということが政令で決まったんですね。このことは認識をされているんですか。


○学校教育課長(池田幸二君)


 申し訳ありません。まだ認識をしておりません。はい。


○39番(前川原正人君)


 後で資料を差し上げます。これはですねあくまでも民生委員の関与という言い方になっているんですが,この意見書を付けなさいというのは,あくまでも地域の実情を認識をしている,よく把握をしているという一つの前提があるわけですね。だから,付けなさいとなっているんです。一つは,もう一つは,この背景にあったのは個人の情報保護ですね,この関係でこの関与ができなくなったというふうに私は理解をしておる。ですから,今度のですねこの就学援助のお知らせのこれもですね,〇,地域の申請の手順のこの?「地域の民生委員に連絡し,申請書の所見欄の記入を依頼をする。」というのは当然削除していくべきだというふうに思うんですが,いかがでしょうか。


○学校教育課長(池田幸二君)


 議員のおっしゃることをまだ教育委員会の方で確認しておりませんので,それ確認でき次第この項目は抹消しまして,また様式の方もすぐ改正をいたします。


○39番(前川原正人君)


 最後になりますが,このやはりですね本当に必要な,就学援助が必要な家庭,子供さんにはですね漏れなくですねこのやはり周知徹底を図ってこの利用をしていただくということを求めまして私の質問を終わります。以上です。


○議長(西村新一郎君)


 以上で前川原議員の一般質問を終わります。これで本日の一般質問を終わります。残りの25名については明日以降の本会議で行います。本日はこれで散会します。ご苦労さまでした。


              「閉 会  午後 6時27分」